EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

山川 みやえ

Yamakawa Miyae

医学系研究科 保健学専攻,准教授

keyword 認知症,認知症患者,スタッフ,行動モニタリング,データベース,困難と工夫,若年性認知症,スタッフケア,ケア,家族介護者,スタッフの記録,家族のケア,ICタグモニタリングシステム,若年認知症,夜間の行動アセスメント,スタッフアセスメント,家族,通所サービス,夜間の行動観察,徘徊,高齢者,ICタグ,危険因子,モニター,行動パターン,モニタリング,ケアの質,感染症,インシデントレポート,俳徊

学歴

  • ~ 2012年03月,大阪大学,大学院医学系研究科,保健学専攻 看護学博士
  • ~ 2003年03月,大阪大学,大学院医学系研究科,保健学専攻 保健学修士
  • ~ 2001年03月,大阪大学,医学部,保健学科看護学専攻

経歴

  • 2013年04月 ~ 継続中,公益財団法人 浅香山病院,臨床研修特任部長
  • 2013年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院医学系研究科 保健学専攻,准教授
  • 2007年04月 ~ 2013年03月,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,助教
  • 2005年04月 ~ 2006年03月,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,助手
  • 2003年04月 ~ 2005年03月,大阪府警察本部,保健師

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,高齢者看護学、地域看護学
  • ライフサイエンス,高齢者看護学、地域看護学
  • ライフサイエンス,高齢者看護学、地域看護学
  • ライフサイエンス,基礎看護学
  • ライフサイエンス,臨床看護学

所属学会

  • 日本看護科学会
  • 日本老年看護学会
  • 日本老年精神医学会
  • 日本認知症ケア学会
  • International Psychogeriatric Association

論文

  • 高齢者ケア施設から急性期病院への回避可能な搬送や入院を削減する看護師主導の搬送や入院を削減する看護師主導の介入:スコーピングレビュー,大河原啓文,山川みやえ,諏訪敏幸,佐藤可奈,深堀浩樹,日本在宅救急医学会誌,2021年
  • Defining a good death for people with dementia: A scoping review,Zaiya Takahashi,Miyae Yamakawa,Miharu Nakanishi,Hiroki Fukahori,Naoko Igarashi,Maho Aoyama,Kazuki Sato,Shima Sakai,Hiroko Nagae,Mitsunori Miyashita,Japan Journal of Nursing Science,2021年01月
  • Virtual reality education for dementia care: a scoping review protocol,Yamakawa, M,Sung, HC,Tungpunkom, P,JBI Evidence Synthesis,Vol. 18,No. 9,p. 2075-2081,2020年09月
  • Japan Trial in High-Risk Individuals to Enhance Their Referral to Physicians (J-HARP)-A Nurse-Led, Community-Based Prevention Program of Lifestyle-Related Disease.,Midori Noguchi,Sumi Kojima,Toshimi Sairenchi,Minako Kinuta,Miyae Yamakawa,Hitoshi Nishizawa,Mitsuyoshi Takahara,Hironori Imano,Akihiko Kitamura,Toshiko Yoshida,Ayumi Shintani,Isao Saito,Tetsuji Yokoyama,Iichiro Shimomura,Hiroyasu Iso,Journal of epidemiology,Vol. 30,No. 4,p. 194-199,2020年04月05日,研究論文(学術雑誌)
  • 訪問看護師による在宅認知症高齢者への排尿ケア実態調査報告,大野 彩,山川みやえ,瀧本まどか,櫻井三希子,井上知子,谷口珠美,日本老年泌尿器科学会誌,Vol. 33,No. 2,p. 1-7,2020年
  • Causal relations of health indices inferred statistically using the DirectLiNGAM algorithm from big data of Osaka prefecture health checkups,Kotoku, J,Oyama, A,Kitazumi, K,Toki, H,Haga, A,Yamamoto, R,Shinzawa, M,Yamakawa, M,Fukui, S,Yamamoto, K,Moriyama, T,Plos one,2020年
  • Prevalence of incontinence among cognitively impaired older residents in long-term care facilities in East Asia: a cross-sectional study,Higami Y,Yamakawa M,Kang Y,Kobayashi S,Liao X,Sung H,Suzuki M,Makimoto K,Geriatrics & Gerontology International,Vol. 19,No. 5,p. 445-450,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • High frequency of getting out of bed in patients with Alzheimer’s disease monitored by non-wearable actigraphy.,Higami Y,Yamakawa M,Shigenobu K,Kamide K,Makimoto K,Geriatr Gerontol Int,Vol. 19,No. 2,p. 130-134,2019年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Variations and factors associated with psychotropic use in cognitively impaired elderly residing in long-term care facilities in East Asia: a cross-sectional study,Makimoto, K,Kang, Y,Kobayashi, S,Liao, XY,Panuthai, S,Sung, HC,Suzuki, M,Terada, S,Yamakawa, M,Psychogeriatrics,Vol. 19,No. 2,p. 171-180,2019年
  • Variations and factors associated with psychotropic use in cognitively impaired elderly residing in long-term care facilities in East Asia: a cross-sectional study,Terada, S,Yamakawa, M,Kang, Y,Kobayashi, Y,Liao, XY,Panuthai, S,Sung, HC,Suzuki, M,Makimoto, K.,Psychogeriatrics,Vol. 19,No. 4,p. 291-299,2019年
  • Healthcare professionals’competence in digitalisation:A systematic review. Journal of Clinical Nursing,Konttila J,Siira H,Kyngäs H,Lahtinen M,Elo S,Kääriäinen M,Kaakinen P,Oikarinen A,Yamakawa M,Fukui S,Utsumi M,Higami Y,Higuchi A,Mikkonen K,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Reliability and structural validity of the Chinese version of the Neuropsychiatric Inventory, Nursing Home version,Suhong Chen,Kai Lin,Hanxiao Wang,Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto,Xiaoyan Liao,Psychogeriatrics,Blackwell Publishing Ltd,Vol. 18,No. 2,p. 113-122,2018年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Self-harm and suicide attempts in a Japanese Psychiatric Hospital,C. Tanimoto,S. Yayama,S. Suto,K. Matoba,T. Kajiwara,M. Inoue,Y. Endo,M. Yamakawa,K. Makimoto,East Asian Archives of Psychiatry,Hong Kong Academy of Medicine Press,Vol. 28,No. 1,p. 23-27,2018年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 老年看護政策検討委員会活動報告 認知症ケア加算1・2算定した病院における老人専門看護師・認知症看護認定看護師が認識している認知症ケアの実態と変化,深堀, 浩樹,酒井, 郁子,森山, 祐美,石川, 容子,北川, 公子,亀井, 智子,山川, みやえ,金盛, 琢也,正木, 治恵,堀内, ふき,老年看護精索検討委員会,老年看護学,Vol. 22,No. 2,p. 103-107,2018年01月
  • 老年看護政策検討委員会活動報告 認知症ケア加算2算定申請をした病院の看護管理者からみた認知症看護研修の効果,北川, 公子,酒井, 郁子,深堀, 浩樹,森山, 祐美,石川, 容子,亀井, 智子,山川, みやえ,金盛, 琢也,正木, 治恵,堀内, ふき,老年看護精索検討委員会,老年看護学,Vol. 22,No. 2,p. 97-102,2018年01月
  • Analysis of inedible substance ingestion at a Japanese psychiatric hospital,So Yayama,Chie Tanimoto,Shunji Suto,Kei Matoba,Tomomi Kajiwara,Masue Inoue,Yoshimi Endo,Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto,PSYCHOGERIATRICS,WILEY,Vol. 17,No. 5,p. 292-299,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Assessment and care of visuospatial disorientation in a mixed dementia patient: a case study using objective measurements,Eri Yamada,Kaoru Yatokoro,Miyae Yamakawa,So Yayama,Kazue Shigenobu,Norio Taniguchi,Kiyoko Makimoto,PSYCHOGERIATRICS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 16,No. 4,p. 277-282,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • An integrated literature review on sexuality of elderly nursing home residents with dementia,Kiyoko Makimoto,Hee Sun Kang,Miyae Yamakawa,Rie Konno,INTERNATIONAL JOURNAL OF NURSING PRACTICE,WILEY-BLACKWELL,Vol. 21,p. 80-90,2015年05月
  • Potential underreporting of medication errors in a psychiatric general hospital in Japan,Akari Higuchi,Yoko Higami,Masakazu Takahama,Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto,INTERNATIONAL JOURNAL OF NURSING PRACTICE,WILEY-BLACKWELL,Vol. 21,p. 2-8,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Caring for early-onset dementia with excessive wandering of over 30 kilometres per day: a case report,Miyae Yamakawa,Yukiko Yoshida,Yoko Higami,Kazue Shigenobu,Kiyoko Makimoto,PSYCHOGERIATRICS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 14,No. 4,p. 255-260,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Effectiveness of oral care for people with dementia.,Yamakawa M,Higami Y,Makimoto K,International Journal of Evidence-Based Healthcare,Vol. 12,No. 3,p. 181-2,2014年09月
  • Quantitative Evaluation of Changes in the Clock-Watching Behavior of a Patient With Semantic Dementia,Takahiro Nonaka,Shunji Suto,Miyae Yamakawa,Kazue Shigenobu,Kiyoko Makimoto,AMERICAN JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE AND OTHER DEMENTIAS,SAGE PUBLICATIONS INC,Vol. 29,No. 6,p. 540-547,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Reliability and validity of the Algase Wandering Scale - version 2 for Japanese people with dementia,Chieko Greiner,Kiyoko Makimoto,Mizue Suzuki,Miyae Yamakawa,NURSING & HEALTH SCIENCES,WILEY-BLACKWELL,Vol. 15,No. 4,p. 480-488,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Pattern of Underreporting Falls in a General Psychiatric Hospital in Japan,Yoko Higami,Akari Higuchi,Masakazu Takahama,Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto,PERSPECTIVES IN PSYCHIATRIC CARE,WILEY-BLACKWELL,Vol. 49,No. 4,p. 255-261,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Building evidence to improve wandering or sleep disturbances in patients with dementia by objective measurements.,Yamakawa M,Higami Y,Makimoto K,International Journal of Evidence-Based Healthcare,Vol. 11,No. 3,p. 259-60,2013年09月
  • Degree of ambulation and factors associated with the median distance moved per day in Alzheimer's disease patients,Shiori Nishikata,Miyae Yamakawa,Kazue Shigenobu,Shunji Suto,Kiyoko Makimoto,INTERNATIONAL JOURNAL OF NURSING PRACTICE,WILEY-BLACKWELL,Vol. 19,p. 56-63,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Discrepancy between subjective and objective assessments of wandering behaviours in dementia as measured by the Algase Wandering Scale and the Integrated Circuit tag monitoring system,So Yayama,Miyae Yamakawa,Shunji Suto,Chieko Greiner,Kazue Shigenobu,Kiyoko Makimoto,PSYCHOGERIATRICS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 13,No. 2,p. 80-87,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Changes in activity patterns after the oral administration of brotizolam in institutionalized elderly patients with dementia,Xiao Yan Liao,Miyae Yamakawa,Shunji Suto,Kazue Shigenobu,Kiyoko Makimoto,PSYCHOGERIATRICS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 12,No. 2,p. 99-105,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Comparing dementia patients' nighttime objective movement indicators with staff observations,Miyae Yamakawa,Shunji Suto,Kazue Shigenobu,Kyomi Kunimoto,Kiyoko Makimoto,PSYCHOGERIATRICS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 12,No. 1,p. 18-26,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Difference in sundowning of wandering behavior in patients with Alzheimer disease and frontotemporal dementia,Xiao-Yan Liao,Miyae Yamakawa,Kazue Shigenobu,Shunji Suto,Kiyoko Makimoto,National Medical Journal of China,Vol. 92,No. 3,p. 160-164,2012年01月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Automatic Identification of Apnea Through Acoustic Analysis for At-Home Screening,Yasuhiro Nasu,Nobuyuki Ashida,Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto,Masatsugu Tsuji,TELEMEDICINE AND E-HEALTH,MARY ANN LIEBERT, INC,Vol. 17,No. 6,p. 467-471,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Objective measurement of wandering in elderly patients with dementia,Yayama, S,Yamakawa, M,Kutsumi, M,Makimoto, K,Res. Adv in Age & Aging 1,2011年
  • Pacing and Lapping Movements Among Institutionalized Patients With Dementia,Akiko Nakaoka,Shunji Suto,Kiyoko Makimoto,Miyae Yamakawa,Kazue Shigenobu,Kaoru Tabushi,AMERICAN JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE AND OTHER DEMENTIAS,SAGE PUBLICATIONS INC,Vol. 25,No. 2,p. 167-172,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Trial of Measurement of Sleep Apnea Syndrome with Sound Monitoring and SpO2 at home,Ashida Nobuyuki,Nasu Yasuhiro,Teshima Taiki,Yamakawa Miyae,Makimoto Kiyoko,Higashi Terumasa,2009 11TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON E-HEALTH NETWORKING, APPLICATIONS AND SERVICES (HEALTHCOM 2009),IEEE,p. 66-+,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Association between activity level and changes in bodyweight in dementia patients,Rumiko Miyoshi,Miyae Yamakawa,Kazue Shigenobu,Kiyoko Makimoto,Canqun Zhu,Nanae Segawa,Nobuyuki Ashida,Kaoru Tabushi,PSYCHOGERIATRICS,WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC,Vol. 8,No. 4,p. 170-174,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Association Between Wandering and Constipation in People With Dementia Using IC Tag Monitoring System,N. Segawa,R. Miyoshi,M. Yamakawa,K. Shigenobu,K. Makimoto,S. Suto,N. Ashida,Journal of eHealth Technology and Application,Vol. 6,No. 2,p. 128-132,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Environmental Control Interventions for Frontotemporal Dementia With Reversed Sleep-Wake Cycles,Miyae Yamakawa,Kazue Shigenobu,Kiyoko Makimoto,Canqun Zhu,Nobuyuki Ashida,Kaoru Tabushi,AMERICAN JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE AND OTHER DEMENTIAS,SAGE PUBLICATIONS INC,Vol. 23,No. 5,p. 470-476,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Attempts to differentiate the patterns of temporal movements in Alzheimer's disease patients from vascular dementia patients by the integrated circuit tag monitoring system,Nanae Segawa,Miyae Yamakawa,Kazue Shigenobu,Kiyoko Makimoto,Rumiko Miyoshi,Canqun Zhu,Nobuyuki Ashida,Kaoru Tabushi,PSYCHOGERIATRICS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 8,No. 3,p. 151-152,2008年09月
  • Positive experiences of type 2 diabetes in Japanese patients: An exploratory qualitative study,Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto,INTERNATIONAL JOURNAL OF NURSING STUDIES,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 45,No. 7,p. 1032-1041,2008年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Temporal patterns of movements in institutionalized elderly with dementia during 12 consecutive days of observation in Seoul, Korea,Kiyoko Makimoto,Eun Ah Lee,Younhee Kang,Miyae Yamakawa,Nohuyuki Ashida,Kyung Rim Shin,AMERICAN JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE AND OTHER DEMENTIAS,SAGE PUBLICATIONS INC,Vol. 23,No. 2,p. 200-206,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • IC tag monitoring system identifies an unusual pattern of toilet use by a patient with vascular dementia,Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto,Chieko Greiner,Mizue Suzuki,Shunji Sudo,Nobuyuki Ashida,2008 10TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON E-HEALTH NETWORKING, APPLICATIONS AND SERVICES,IEEE,p. 24-+,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Developing a conceptual framework of nursing errors within the framework of health care safety,Makimoto, K,Yamakawa, M,Motoda, S,Greiner, C,Ashida, N,Journal of eHealth Technology and Application,Vol. 6,No. 2,p. 133-139,2008年
  • Feasibility study of the integrated circuit tag monitoring system for dementia residents in Japan,Chieko Greiner,Kiyoko Makimoto,Mizue Suzuki,Miyae Yamakawa,Nobuyuki Ashida,American Journal of Alzheimer's Disease and other Dementias,Weston Medical Publishing,Vol. 22,No. 2,p. 129-136,2007年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 幻想と現象:感情とエビデンス,山川 みやえ,医薬経済,2021年07月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 変革を起こせない人たち イノベーション論②,山川みやえ,医薬経済,2021年06月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 変革を起こせない人たち イノベーション論①,山川みやえ,医薬経済,2021年05月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 真に問われるべきもの,山川みやえ,医薬経済,2021年04月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 感情的カテゴライズの弊害,山川みやえ,医薬経済,2021年03月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 「意外性」の尊重と「搾取」という悪手,山川みやえ,医薬経済,2021年02月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 行動変容を促すための方法論 「プロ」と「石器時代」の指導の決定的違い,山川みやえ,医薬経済,2021年01月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 露呈した偽善者集団 考えよう『患者視点』とは何か,山川みやえ,医薬経済,2020年12月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 予想できない死に寄り添う,山川みやえ,医薬経済,2020年11月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム コロナ禍で 「わかったつもり」 の人の意思,山川みやえ,医薬経済,2020年10月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 行き当たりばったりでも必要なポジティブ思考,山川みやえ,医薬経済,2020年09月
  • 研究者と臨床家がEvidenceを共につくるために:EvidenceとEvidence-based Practiceの実現に向けた共通認識をもつ.,松中枝理子,的場圭,山田絵里,植木慎吾,山川みやえ,看護研究,Vol. 53,No. 4,p. 330-339,2020年09月
  • 訪問看護師による在宅認知症患者に対する排尿ケア実態調査,大野彩,山川みやえ,谷口珠実,瀧本まどか,櫻井三希子,井上知子,第33回日本老年泌尿器科学会発表,2020年09月
  • 極限的な状況で再認識した研究活動の重要性,山川みやえ,看護研究,医学書院,Vol. 53,No. 5,p. 390-394,2020年08月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 知ろうとしないと永遠に見えない,山川みやえ,医薬経済,2020年08月
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム 本質をわかっていない人たちと見ない人たち,山川みやえ,医薬経済,2020年07月
  • 地域包括ケアシステムと図書館の役割;「認知症にやさしい図書館づくり」京都市醍醐中央図書館と川崎市立宮前図書館の取り組みを中心に,繁信和恵,井上典子,舟田彰,山川みやえ,日本認知症ケア学会誌,Vol. 19,No. 2,p. 378-384,2020年07月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ていねいな暮らしを大事にしてきた著者の生活視点を学べる1冊:書評,山川みやえ,看護教育,医学書院,Vol. 61,No. 8,p. 771-771,2020年07月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 個別の社会課題に対する大学の実力,山川みやえ,大阪大学社会ソリューションイニシアティブ(SSI)年次報告書,大阪大学社会ソリューションイニシアティブ(SSI),2020年07月,会議報告等
  • 看護学者から見た 個別化医療と グローバリズム ニューノーマルへのモチベーション,山川みやえ,医薬経済,2020年06月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 最悪の環境下でできること 氾濫する情報を整理し提供することの大切さ,山川みやえ,医薬経済,2020年05月
  • TIDieR改善された介入の報告:介入の記述と際限のためのテンプレート(TIDieR)チェックリストとガイド,山川みやえ,看護研究,Vol. 53,No. 2,p. 112-113,2020年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 低いプロ意識でも容認された脆い組織 ダイヤモンド・プリンセス号の教訓,山川みやえ,医薬経済,2020年03月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 対話力の欠けた「システム」 自分自身が満足するために人を利用する社会,山川みやえ,医薬経済,2020年02月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム コミュニケーションの本音と建前 大事なのはいかに相手の話を聞けるのか,山川みやえ,医薬経済,2020年01月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 医療と介護の「矛盾した制度」 大義を掲げる人は現場をわからない,山川みやえ,医薬経済,2019年12月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 「地域共生の落とし穴」個別医療と理想論,山川みやえ,医薬経済,2019年11月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • ケアの質向上を目指して科学技術を活用した療養者の早期問題予測ツールの開発 産学共同研究への挑戦,福井 小紀子,樋口 明里,内海 桃絵,樋上 容子,森木 友紀,山川 みやえ,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 39回,p. [K17]-[K17],2019年11月
  • 体動量と睡眠によるがん終末期患者の苦痛の検知 センシング機器を用いた観察研究(その1),樋上 容子,樋口 明里,森木 友紀,内海 桃絵,山川 みやえ,福井 小紀子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 39回,p. [O5-01],2019年11月
  • 終末期がん患者の看取りまでの経過における生体データの比較 センシング機器を用いた観察研究(その2),森木 友紀,樋口 明里,樋上 容子,内海 桃絵,山川 みやえ,福井 小紀子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 39回,p. [O5-02],2019年11月
  • 高齢療養者の「痒み」の実態と関連要因 センシング機器を用いた観察研究(その3),樋口 明里,樋上 容子,森木 友紀,内海 桃絵,山川 みやえ,福井 小紀子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 39回,p. [O5-03],2019年11月
  • EBPを臨床に浸透させる戦略 臨床と学術機関のコラボレーションシステムの提案,植木 慎悟,山川 みやえ,山上 優紀,松中 枝理子,的場 圭,山田 絵里,渡邊 浩子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 39回,p. [K33]-[K33],2019年11月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 「地域共生の落とし穴」聞こえのいい言葉と「無意味な存在」,山川みやえ,医薬経済,2019年10月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 個別化医療を阻む雰囲気 まじめすぎる現場もよくないある事例,山川みやえ,医薬経済,2019年09月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 個別化医療を阻む雰囲気“日和菌”で埋め尽くされた社会,山川みやえ,医薬経済,2019年08月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 大阪大学21世紀懐徳堂 i-spot講座 『他人事ではない認知症:その予防からケアまで』,山川みやえ,大阪大学21世紀懐徳堂 活動報告書 2019,大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂,2019年07月,会議報告等
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 個別化医療につながる素地を作る⑤デジタルヘルスで創り上げるブランド力,山川みやえ,医薬経済,2019年07月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 老年看護政策検討委員会活動報告 外来診療における認知症患者に対する看護師の役割に関する展望,金盛 琢也,酒井 郁子,山川 みやえ,深堀 浩樹,石川 容子,森山 祐美,正木 治恵,亀井 智子,北川 公子,老年看護学,(一社)日本老年看護学会,Vol. 24,No. 1,p. 87-91,2019年07月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 表面的なものに安易に拘る日本人,山川みやえ,医薬経済,2019年06月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 認知症患者におけるGood Deathの在り方に関する認知症患者、家族、医師、看護師、介護職に対するインタビュー調査の内容分析,渡会 紘子,高橋 在也,山川 みやえ,青山 真帆,五十嵐 尚子,坂井 志麻,深堀 浩樹,中西 三春,佐藤 一樹,長江 弘子,宮下 光令,Palliative Care Research,(NPO)日本緩和医療学会,Vol. 14,No. Suppl.,p. S433-S433,2019年06月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 個別化医療につながる素地を作る④先進国との比較編(2),山川みやえ,医薬経済,2019年05月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 超高齢社会における地域包括ケアと排泄ケアへの取り組み 在宅における老化、軽度認知機能障害から終末期までの排尿ケアの工夫,山川 みやえ,日本老年泌尿器科学会誌,日本老年泌尿器科学会,Vol. 32,No. 1,p. 43-43,2019年05月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 個別化医療につながる素地を作る③先進国との比較編(1),山川みやえ,医薬経済,2019年04月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 【新任看護師長必読! メンタリングを活用した人材育成 個人の成長を促し,チームを活性化させる】メンタリングの活用場面 看護管理者に対するメンタリング,山川 みやえ,看護管理,(株)医学書院,Vol. 29,No. 4,p. 352-355,2019年04月
  • 【メンタリングを活用した人材育成 個人の成長を促し,チームを活性化させる】MCI開発者からのメッセージ 医療従事者の臨床実践を支えるメンターの専門実践能力,クリスティナ・ミッコネン,山川 みやえ,マリア・カーリアイネン,看護管理,(株)医学書院,Vol. 29,No. 4,p. 344-345,2019年04月
  • 前頭葉側頭葉変性疾患の家族会発の触法問題に対する地域のシステム作りへの挑戦,杉田 健治,岸田 彰範,黒木 政志,清水 美代子,中井 郁,中牟田 なおみ,福島 健太,古川 隆司,三木 信子,山川 みやえ,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 18,No. 1,p. 92-92,2019年04月
  • やがて終末期に向かう若年性認知症の人の生活支援と意思決定,山川 みやえ,奥田 早弥,柏木 知恵,繁信 和恵,田中 綾,谷口 珠実,鎌田 大啓,勝眞 久美子,大塚 幸子,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 18,No. 1,p. 100-100,2019年04月
  • 認知症から考える多世代交流と地域共生のための公共図書館とは?,永井 邦明,小川 敬之,松原 茂樹,山川 みやえ,松下 太,田中 克博,河上 崇陽,舟田 彰,井上 典子,苗村 昌世,浦部 文子,中川 百里香,繁信 和恵,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 18,No. 1,p. 104-104,2019年04月
  • 認知症疾患医療センター併設病院における家族教室の実際 認知症診断初期からの家族教室の重要性,三好 豊子,釜江 和恵,山本 朝美,稲田 敬子,手嶌 大喜,佐古 真紀,山川 みやえ,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 18,No. 1,p. 197-197,2019年04月
  • 認知症治療病棟の入院患者におけるBPSD軽減の経過に関連する因子の検討 NPI-NHスコアを用いた後ろ向きコホート研究,長澤 史,山川 みやえ,繁信 和恵,国本 京美,東 剛,山本 景一,下川 敏雄,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 18,No. 1,p. 334-334,2019年04月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム PHRにつながる素地を作る②:地域保健編,山川 みやえ,医薬経済,2019年03月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 認知症者と共に―認知症の人が幸せに暮らすには―,小川敬之,山川みやえ,大庭輝,佐藤眞一,2019年03月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム PHRにつながる素地を作る①:地域保健編,山川 みやえ,医薬経済,2019年02月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 【ICT(Information and Communication Technology)と作業療法の未来】ICTの活用と作業療法の未来 VR×患者中心のケア,山川 みやえ,竹原 敦,東京作業療法,(一社)東京都作業療法士会,Vol. 7,p. 8-13,2019年02月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 判断しない人たちの「依存」を助長する土壌,山川 みやえ,医薬経済,2019年01月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 対象を間違える可哀そうな人にならないために,山川 みやえ,医薬経済,2018年12月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 医療と介護のパラダイムシフトを阻害する人,山川 みやえ,医薬経済,2018年11月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 福祉の現場から 在宅認知症患者に対する訪問看護ステーションを基軸にしたアウトリーチの可能性,山川 みやえ,地域ケアリング,(株)北隆館,Vol. 20,No. 12,p. 42-46,2018年11月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム エビデンスにはほど遠い高齢者ケアの実情,山川 みやえ,医薬経済,2018年10月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 【国際学会で発表しよう-その研究が,世界をつなぐ】教員の立場から 国際学会発表の意義とその向こう側,山川 みやえ,看護研究,(株)医学書院,Vol. 51,No. 6,p. 553-560,2018年10月
  • ICTシステムやセンサーデバイスを看護現場で活用する,佐藤 康子,山川 みやえ,医療の質・安全学会誌,(一社)医療の質・安全学会,Vol. 13,No. Suppl.,p. 317-317,2018年10月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム ガイドライン化と茶番劇のエビデンス構築,山川 みやえ,医薬経済,2018年09月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 息苦しいコントロール社会の日本,山川 みやえ,医薬経済,2018年08月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 【老年医学(下)-基礎・臨床研究の最新動向-】老年看護学 高齢者に特有な疾患への看護におけるアセスメントとケア 精神・神経疾患におけるアセスメントとケア,山川 みやえ,日本臨床,(株)日本臨床社,Vol. 76,No. 増刊7 老年医学(下),p. 729-732,2018年08月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 「高齢化先進国」の日本の誇り,山川 みやえ,医薬経済,2018年07月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 医療・介護業界にはびこる残念な管理者,山川 みやえ,医薬経済,2018年06月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム VRで取り戻すプロ意識,山川 みやえ,医薬経済,2018年04月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム VRプロジェクト前夜,山川みやえ,医薬経済,2018年02月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 【VRで未来を変える】 VRの可能性に託した,看護教育への信頼と展望,下河原 忠道,内藤 知佐子,古谷 和紀,堀田 聰子,山川 みやえ,看護教育,(株)医学書院,Vol. 59,No. 2,p. 109-116,2018年02月
  • 【VRで未来を変える】 VR×看護教育 患者の立場に立てる教育方法をめざして,山川 みやえ,古谷 和紀,内藤 知佐子,看護教育,(株)医学書院,Vol. 59,No. 2,p. 92-99,2018年02月
  • 【VRで未来を変える】 VR体験とこれからのケアをつなぐ学習プログラム ルーブリック評価,教員の活用方法とともに,内藤 知佐子,山川 みやえ,看護教育,(株)医学書院,Vol. 59,No. 2,p. 100-108,2018年02月
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム グローバル化に本腰のアジアと日本の「落差」,山川みやえ,医薬経済,2018年01月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 教育効果の測定と持続するための方法,山川 みやえ,医薬経済,2018年,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 勘違いが横行する「相手の立場になる」,山川みやえ,医薬経済,2017年12月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム グローバルな動きを妨げる個人の欠落した自律心,山川みやえ,医薬経済,2017年11月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 「グローバル」にエビデンスを広める難しさ,山川みやえ,医薬経済,2017年10月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 既存の枠組みを超える「グローバリズム」,山川みやえ,医薬経済,2017年09月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 看護師とは何者なのか,山川みやえ,医薬経済,2017年08月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 介護職員の職務における葛藤とその対処は仕事の動機づけにどのように影響するのか?,大庭輝,南川美月,山川みやえ,佐藤眞一,第18回日本認知症ケア学会大会プログラム・抄録集,2017年05月
  • 臨地実習を通して培う看護倫理~実習病院と大学の相互発展~④看護倫理教育の課題と展望,樋上容子,山川みやえ,前田千保子,北之園真由美,看護,Vol. 69,No. 1,p. 93-95,2017年01月
  • 臨地実習を通して培う看護倫理~実習病院と大学の相互発展~③語り合って培う看護倫理 大学での取り組み,樋上容子,山川みやえ,前田千保子,北之園真由美,看護,Vol. 68,No. 15,p. 91-93,2016年12月
  • 臨地実習を通して培う看護倫理~実習病院と大学の相互発展~②語り合って培う看護倫理 病院での取り組み,前田千保子,北之園真由美,樋上容子,山川みやえ,看護,Vol. 68,No. 13,p. 85-87,2016年11月
  • 臨地実習を通して培う看護倫理~実習病院と大学の相互発展~①病院と大学が一緒に倫理教育に取り組むようになったきっかけ,樋上容子,山川みやえ,前田千保子,北之園真由美,看護,Vol. 68,No. 12,p. 86-89,2016年10月
  • 精神科病院のインシデントレポートにおける自傷・自殺企図に関する分析,谷本 千恵,矢山 壮,的場 圭,梶原 友美,周藤 俊治,井上 万寿江,遠藤 淑美,山川 みやえ,牧本 清子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 35回,p. 241-241,2015年11月
  • 若年性認知症の日常的ケア支援データベースシステムの有用性の検討 ウェブ上の問題解決型データベースの構築と課題,山川 みやえ,竹内 志穂,恩塚 浩史,岡村 卓哉,菅 彩香,師井 佳奈子,室谷 牧子,周藤 俊治,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 14,No. 1,p. 189-189,2015年04月
  • 準実験研究による泥状便を確実に安全に除去する陰部ケア法の評価,土田 敏恵,荻野 待子,濱元 佳江,きょう 恵芳,山川 みやえ,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,(一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会,Vol. 19,No. 2,p. 241-241,2015年04月
  • Scramble Zone 異文化交流が看護教育にもたらす効果 日本の高齢者ケア実践を体験した台湾の学生の1か月研修プログラムの紹介,山川 みやえ,渡邊 浩子,牧本 清子,看護教育,(株)医学書院,Vol. 55,No. 12,p. 1146-1151,2014年12月
  • リスク・ベネフィットのバランスを評価した看護実践への挑戦 小児と高齢者看護のベストプラクティス,山川 みやえ,藤田 優一,山田 正己,伊藤 美樹子,心光 世津子,樋上 容子,植木 慎悟,山田 絵里,渡邊 浩子,牧本 清子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 34回,p. 468-468,2014年11月
  • 精神科病院のインシデントレポートにみられた患者によるスタッフへの暴力と患者への暴力の比較,矢山 壮,谷本 千恵,梶原 友美,的場 圭,周藤 俊治,樋上 容子,井上 万寿江,遠藤 淑美,山川 みやえ,牧本 清子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 34回,p. 497-497,2014年11月
  • オープン・アクセスジャーナルへの投稿時の注意点 学術雑誌からのダイレクトメールに潜む落とし穴,山川 みやえ,看護研究,(株)医学書院,Vol. 47,No. 6,p. 576-582,2014年10月
  • 【博士論文を書くということ-あのときの問いといまの問い】 研究者としての覚悟を決めた博士論文執筆,山川 みやえ,看護研究,(株)医学書院,Vol. 47,No. 4,p. 347-351,2014年07月
  • 研究者と臨床家によるベストプラクティスの共有でケアの質向上を 国内外のエビデンスを実践に活かすには,山川 みやえ,日本看護研究学会雑誌,(一社)日本看護研究学会,Vol. 37,No. 3,p. 108-108,2014年07月
  • 【糖尿病の臨床研究をどう紐解くか-批判的吟味を実臨床へつなぐ-】 質的研究を紐解く "How do peer coaches improve diabetes care for low-income patients?:a qualitative analysis"を題材に,山川 みやえ,プラクティス,医歯薬出版(株),Vol. 31,No. 2,p. 210-215,2014年03月
  • 日本のEBPの今後を考える 台湾でのEBPの実際からの考察,山川 みやえ,ナーシング・トゥデイ,(株)日本看護協会出版会,Vol. 29,No. 2,p. 69-71,2014年03月
  • ベストプラクティスの共有でケアの質向上を 国内外のエビデンスを実践に活かすには,山川 みやえ,看護管理,(株)医学書院,Vol. 23,No. 13,p. 1145-1147,2013年12月
  • 大規模全国調査による陰部洗浄方法と使用物品の実態(第1報) 洗浄方法と使用物品,土田 敏恵,山川 みやえ,荻野 待子,竹田 千佐子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 33回,p. 580-580,2013年12月
  • 大規模全国調査による陰部洗浄方法と使用物品の実態(第2報) 病床機能により方法と使用物品は変わるか?,土田 敏恵,山川 みやえ,荻野 待子,竹田 千佐子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 33回,p. 581-581,2013年12月
  • 精神科におけるインシデントレポートの暴力の分析に関する文献レビュー,矢山 壮,野中 高浩,樋上 容子,山川 みやえ,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 33回,p. 647-647,2013年12月
  • Changes in clockwatching activity in a semantic dementia patient with quantitative evaluation,Takahiro Nonaka,Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto,Shunji Suto,Kazue Shigenobu,INTERNATIONAL PSYCHOGERIATRICS,CAMBRIDGE UNIV PRESS,Vol. 25,p. S118-S118,2013年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • How do family caregivers make efforts to care for people with young-onset dementia: Focusing on continence,Miyae Yamakawa,S. Ueno,K. Makimoto,K. Shigenobum,INTERNATIONAL PSYCHOGERIATRICS,CAMBRIDGE UNIV PRESS,Vol. 25,p. S136-S136,2013年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Quantitative evaluation of nursing intervention for a patient with frontotemporal dementia by the Integrated Circuit tag monitoring system,So Yayama,Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto,Akina Masui,Shigenobu Kazue,Shunji Suto,INTERNATIONAL PSYCHOGERIATRICS,CAMBRIDGE UNIV PRESS,Vol. 25,p. S120-S120,2013年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 【認知症患者の退院支援】 認知症のクリニカルパスの開発 多職種チームで質の高いケアの標準化と退院後のケアの継続を目指す,桑木 智美,三好 豊子,田中 恵美,山川 みやえ,師長主任業務実践,(株)産労総合研究所,Vol. 18,No. 390,p. 9-16,2013年09月
  • フィンランド・オウル大学附属病院における現任教育から考える日本の課題,樋上容子,山川みやえ,牧本清子,看護教育,Vol. 54,No. 6,p. 496-499,2013年06月
  • フィンランドの現状から日本の看護基礎教育の改善点を考える 看護実践能力の強化に焦点を当てて,樋口 明里,山川 みやえ,牧本 清子,看護教育,(株)医学書院,Vol. 54,No. 5,p. 394-397,2013年05月
  • リスペリドン中止前後の頭部外傷後遺症患者の活動性の変化 ICタグモニタリングシステムによる客観的評価,樋上 容子,樋口 明里,山川 みやえ,松浦 和江,竹村 有由,繁信 和恵,周藤 俊治,牧本 清子,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 24,No. 4,p. 393-397,2013年04月
  • フィンランド・オウル大学看護学科と大阪大学医学部看護学専攻との学術交流セミナー報告,大村 佳代子,上谷 千夏,矢山 壮,土屋 さやか,山川 みやえ,瀬戸 奈津子,牧本 清子,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 19,No. 1,p. 51-56,2013年03月
  • 臨床における研究・研究における臨床・橋渡し エビデンスに基づく看護実践の推進と課題,心光 世津子,坂本 岳之,山川 みやえ,伊藤 美樹子,牧本 清子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 32回,p. 181-181,2012年11月
  • 研究論文のクリティーク(最終回) レビューをクリティークする,中岡 亜希子,山川 みやえ,内海 桃絵,矢山 壮,九津見 雅美,牧本 清子,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 35,No. 5,p. 90-99,2012年10月
  • 研究論文のクリティーク(第7回) 考察のクリティーク(その2) <論文の価値を決める効果的な考察の流れ>,山川 みやえ,矢山 壮,九津見 雅美,中岡 亜希子,内海 桃絵,牧本 清子,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 35,No. 4,p. 95-102,2012年07月
  • 映画を使ってひと工夫!観る人も観せる人も! クリティカルシンキング能力を高めるシネマプログラムの開発,中岡 亜希子,上杉 裕子,内海 桃絵,九津見 雅美,矢山 壮,樋口 明里,樋上 容子,野中 高浩,山川 みやえ,牧本 清子,日本看護学教育学会誌,(一社)日本看護学教育学会,Vol. 22,No. 学術集会講演集,p. 155-155,2012年07月
  • 大阪府における施設別の入院依頼割合の高いBPSDの種類,矢山 壮,繁信 和恵,山川 みやえ,牧本 清子,田伏 薫,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 23,No. 6,p. 731-738,2012年06月
  • 「INR原著論文翻訳&クリティーク」パキスタンにおける地域保健看護師の能力開発:アシスタントマネージャーの役割,野中高浩,中岡亜希子,九津見雅美,矢山壮,樋上容子,眞壁幸子,植田真帆,植木慎悟,新改法子,山川みやえ,牧本清子,インターナショナルナーシングレビュー,Vol. 35,No. 2,p. 67-78,2012年04月
  • 研究論文のクリティーク(第6回) 考察のクリティーク(その1)<考察に必要な要素>,内海 桃絵,山川 みやえ,矢山 壮,九津見 雅美,中岡 亜希子,牧本 清子,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 35,No. 2,p. 98-103,2012年04月
  • 認知症病棟における退院時看護サマリーの改善に関する研究(第1報) インタビューによる探索的研究,山川 みやえ,九津見 雅美,桑木 智美,土田 京子,田中 恵美,藤本 慎之介,岸 奈緒子,山本 めぐみ,島 宏和,長谷川 郁代,繁信 和恵,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 11,No. 1,p. 399-399,2012年04月
  • 認知症病棟における退院時看護サマリーの改善に関する研究(第2報) 退院先施設別にみたサマリーへのニーズの違い,九津見 雅美,山川 みやえ,土田 京子,和泉谷 五月,桑木 智美,樫本 真美,駒野 敬行,山本 めぐみ,島 宏和,長谷川 郁代,繁信 和恵,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 11,No. 1,p. 400-400,2012年04月
  • 母子保健における異文化看護の現状に関する研究の文献レビュー,池浦 由紀子,山川 みやえ,牧本 清子,日本看護研究学会近畿・北陸地方会学術集会プログラム・抄録集,(一社)日本看護研究学会-近畿・北陸地方会,Vol. 25回,p. 71-71,2012年03月
  • Postal survey of the perceived needs for hospitalisation associated with behavioural and psychological symptoms of dementia (BPSD),S. Yayama,K. Shigenobu,M. Yamakawa,K. Makimoto,K. Tabushi,INTERNATIONAL JOURNAL OF NURSING PRACTICE,WILEY-BLACKWELL,Vol. 18,p. 69-70,2012年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Underreporting of incident reports at a psychiatric general hospital in Osaka, Japan,A. Higuchi,Y. Higami,M. Yamakawa,M. Inagaki,M. Takahama,INTERNATIONAL JOURNAL OF NURSING PRACTICE,WILEY-BLACKWELL,Vol. 18,p. 110-111,2012年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • How are nursing records improved for elderly people?: A literature review,M. Yamakawa,K. Makimoto,INTERNATIONAL JOURNAL OF NURSING PRACTICE,WILEY-BLACKWELL,Vol. 18,p. 68-68,2012年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 【研究者育成のための質保証におけるグローバルスタンダード】 JCEBPの活動からわが国の研究と研究者育成の質保証を考える,伊藤 美樹子,山川 みやえ,心光 世津子,竹内 佐智恵,看護研究,(株)医学書院,Vol. 45,No. 1,p. 53-61,2012年02月
  • 研究論文のクリティーク(第5回) わかりやすい研究結果の見せ方,矢山 壮,山川 みやえ,内海 桃絵,中岡 亜希子,九津見 雅美,牧本 清子,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 35,No. 1,p. 89-95,2012年01月
  • 入所施設の認知症の行動心理学的徴候(BPSD)で入院を依頼する要因の実態調査,矢山 壮,繁信 和恵,山川 みやえ,牧本 清子,田伏 薫,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 22,No. 12,p. 1413-1421,2011年12月
  • 心血管疾患・脳卒中の再発予防に関する文献レビュー,牧本 清子,伊藤 美樹子,竹内 佐智恵,福録 恵子,心光 世津子,山川 みやえ,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 31回,p. 229-229,2011年12月
  • 研究論文のクリティーク(第4回) 研究方法のクリティーク(その2)<データの収集方法と分析方法でのクリティークの視点>,九津見 雅美,山川 みやえ,中岡 亜希子,内海 桃絵,矢山 壮,牧本 清子,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 34,No. 5,p. 89-95,2011年10月
  • ICタグモニタリングシステム(IC)によるアルゲイス徘徊評価尺度(AWS)の評価,矢山 壮,山川 みやえ,グライナー 智恵子,繁信 和恵,牧本 清子,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 10,No. 2,p. 359-359,2011年08月
  • 認知症者における睡眠の測定および介入方法に関する文献レビュー,九津見 雅美,矢山 壮,山川 みやえ,牧本 清子,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 10,No. 2,p. 374-374,2011年08月
  • 【エビデンスに基づく看護実践のためのシステマティックレビュー】 量的研究のシステマティックレビュー,諏訪 敏幸,心光 世津子,山川 みやえ,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 34,No. 4,p. 32-39,2011年07月
  • 【エビデンスに基づく看護実践のためのシステマティックレビュー】 看護領域におけるシステマティックレビューの動向,山川 みやえ,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 34,No. 4,p. 54-60,2011年07月
  • 研究論文のクリティーク(第3回) 研究方法のクリティーク(その1)<研究疑問の明確化から倫理的配慮まで>,内海 桃絵,山川 みやえ,九津見 雅美,矢山 壮,中岡 亜希子,牧本 清子,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 34,No. 4,p. 74-80,2011年07月
  • 認知症患者における活動休息リズムと身体活動の測定 アクチグラフデータとICタグモニタリングシステムデータの比較,九津見 雅美,山川 みやえ,廖 暁艶,牧本 清子,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 48,No. Suppl.,p. 132-132,2011年05月
  • 研究論文のクリティーク(第2回) 魅力的な研究テーマと研究枠組み,中岡 亜希子,山川 みやえ,内海 桃絵,九津見 雅美,矢山 壮,牧本 清子,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 34,No. 2,p. 52-57,2011年04月
  • 研究論文のクリティーク(第1回) 看護疫学研究室の文献抄読会,山川 みやえ,中岡 亜希子,内海 桃絵,九津見 雅美,矢山 壮,牧本 清子,インターナショナルナーシングレビュー,(株)日本看護協会出版会,Vol. 34,No. 1,p. 44-49,2011年01月
  • 映画を使ったクリティカルシンキング(CT)の育成,中岡 亜希子,内海 桃絵,山川 みやえ,牧本 清子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 30回,p. 201-201,2010年12月
  • 認知症患者の夜間の活動における主観的アセスメントと客観的アセスメントに差のある患者の特徴,山川 みやえ,牧本 清子,中岡 亜希子,日本看護研究学会雑誌,(一社)日本看護研究学会,Vol. 33,No. 3,p. 177-177,2010年07月
  • 入院前後の活動リズムをICタグモニタリングシステムにより比較した前頭側頭型認知症の1例,山川 みやえ,中岡 亜希子,繁信 和恵,手嶌 大喜,西方 志織,牧本 清子,田伏 薫,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 21,No. 6,p. 695-701,2010年06月
  • 認知症専門治療病棟におけるブロチゾラム頓用前後の患者の活動-休息パターンの比較 ICタグモニタリングシステムによる客観的指標による評価,廖 暁艶,山川 みやえ,繁信 和恵,周藤 俊治,牧本 清子,田伏 薫,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 21,No. 増刊II,p. 184-184,2010年06月
  • 認知症治療病棟における患者の入院後の夜間の歩行の実態 ICタグモニタリングシステムによる客観的指標,山川 みやえ,繁信 和恵,周藤 俊治,牧本 清子,田伏 薫,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 21,No. 増刊II,p. 207-207,2010年06月
  • 認知症者のモニタリングによる客観的な歩行指標についてのスタッフによる検討 ICタグモニタリングシステムを用いた探索的研究,山川 みやえ,西方 志織,繁信 和恵,三井 昌美,手嶌 大喜,中岡 亜希子,国本 京美,牧本 清子,日本認知症ケア学会誌,(一社)日本認知症ケア学会,Vol. 8,No. 2,p. 233-233,2009年10月
  • 前頭側頭型認知症患者の入院後の歩行パターンの形成 ICタグモニタリングシステムを用いた連続モニタリング,山川 みやえ,繁信 和恵,手嶌 大喜,牧本 清子,瀬川 七重,三好 瑠美子,田伏 薫,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 20,No. 増刊II,p. 140-140,2009年06月
  • 認知症患者の時間帯別歩行指標の関連因子の研究 ICタグモニタリングシステムを用いた客観的検討,山川 みやえ,阪井 幸恵,中岡 亜希子,牧本 清子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 28回,p. 189-189,2008年11月
  • ICタグモニタリングシステムを用いた脳血管性認知症に伴う薬剤性せん妄治療過程の評価,山川 みやえ,三好 瑠美子,瀬川 七重,繁信 和恵,牧本 清子,田伏 薫,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 19,No. 8,p. 900-906,2008年08月
  • 薬剤性せん妄のある脳血管性認知症患者の入院後の活動変化 ICタグモニタリングシステムを用いた客観的評価,山川 みやえ,繁信 和恵,牧本 清子,朱 燦群,芦田 信之,田伏 薫,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 19,No. 増刊II,p. 166-166,2008年06月
  • 昼夜逆転のアルツハイマー病患者の入院後の経過 ICタグモニタリングシステムによる客観的評価,瀬川 七重,繁信 和恵,山川 みやえ,牧本 清子,三好 瑠美子,朱 燦群,田伏 薫,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 19,No. 増刊II,p. 184-184,2008年06月
  • 感染性胃腸炎による隔離がアルツハイマー型認知症患者の行動に与える影響,山川 みやえ,牧本 清子,日本看護研究学会雑誌,(一社)日本看護研究学会,Vol. 30,No. 3,p. 129-129,2007年06月
  • ICタグを用いた認知症高齢者の行動のアウトカム指標の開発,山川 みやえ,牧本 清子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 26回,p. 216-216,2006年11月
  • 【ケアの根拠100】 糖尿病ケア 糖尿病患者をやる気にさせる効果的な面接とは?,山川 みやえ,ナーシング・トゥデイ,(株)日本看護協会出版会,Vol. 21,No. 12,p. 95-95,2006年10月
  • ICタグによる福祉施設内での利用者・介護者の行動モニタリング,芦田 信之,牧本 清子,芦田 好江,福井 誠,山川 みやえ,中川 益枝,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 25回,p. 838-841,2005年11月
  • 2型糖尿病患者のコーピングにおける positive effects : 質的デザインを用いた探索的研究,山川 みやえ,牧本 清子,日本看護研究学会雑誌,(一社)日本看護研究学会,Vol. 26,No. 3,p. 369-369,2003年06月24日

著書

  • 現代看護理論 一人ひとりの看護理論のために,西川ユミ,山川みやえ,塩浦 暲・株式会社新曜社,2021年05月
  • 新型コロナウイルス ナースたちの現場レポート,日本看護協会出版会,日本看護協会出版会,ISBN:9784818023253,2021年03月
  • 認知症と生きる,井出訓,山川みやえ,放送大学教育振興会,ISBN:9784595322631,2021年03月
  • 精神看護学,遠藤淑美,末安民生 編,山川みやえ他,中央法規出版,ISBN:9784805881774,2020年07月
  • 老年看護学,井出訓 編,松岡千代,山田正己,谷口珠実,山川みやえ,放送大学教育振興会,ISBN:9784595319723,2020年06月
  • よくわかる看護研究論文のクリティーク第2版,牧本清子,山川みやえ編,日本看護協会出版会,ISBN:9784818022713,2020年06月
  • JBI:推奨すべき看護実践 海外エビデンスを臨床で活用する,植木慎吾,山川みやえ編,牧本清子監修,日本看護協会出版会,ISBN:9784818022621,2020年06月
  • ほんとうのトコロ認知症って何?,山川みやえ,土岐 博,佐藤眞一,大阪大学出版会,ISBN:9784872596373,2019年
  • 認知症plus退院支援 一般病棟ナースのためのQ&A ([認知症plus]シリーズ),深堀浩樹,酒井郁子,戸村ひかり,山川みやえ,日本看護協会出版会,ISBN:9784818022188,2019年
  • 病院からはじまる在宅看取りケア,福井小紀子,メヂカルフレンド社,ISBN:9784839216283,2018年
  • 認知症:本人と家族の生活基盤を固める多職種連携,山川みやえ,繁信和恵,日本看護協会出版会,ISBN:9784818020405,2017年
  • 予防の観点で考える認知症・サルコペニア - 生活習慣改善に基づく指導とケア,山川みやえ,野口みどり,船橋徹,メディカルレビュー社,ISBN:9784779219559,2017年
  • 領域別 看護過程展開ガイド,任和子,照林社,ISBN:9784796523431,2015年
  • よくわかる看護研究論文のクリティーク : 研究手法別のチェックシートで学ぶ,山川 みやえ,牧本 清子,日本看護協会出版会,ISBN:9784818018495,2014年
  • エビデンスに基づく看護実践のためのシステマティックレビュー,牧本清子,看護協会出版会,ISBN:9784818017917,2013年
  • ケアの根拠:看護の疑問に答える180のエビデンス-糖尿病患者をやる気にさせる効果的な面接とは?,道又元裕,日本看護協会出版会,ISBN:9784818016286,2012年
  • ケアの根拠:看護の疑問に答える151のエビデンス,道又元裕,日本看護協会出版会,2008年

作品

  • 在宅ケア、高齢者住まい・施設における新型コロナウイルス対応情報, ~
  • 若年性認知症セルフサポート くらしのヒント集, ~

講演・口頭発表等

  • ”いのち”に向き合う視点を考える,山川みやえ他,第2回SSI研究者フォーラム,2021年02月22日
  • VRを活用した学習支援実施に向けたノウハウ,山川みやえ,日本福祉大学看護学部FDセミナー,2021年02月18日
  • センシング機器を用いた観察研究2:回復期リハビリテーション病棟高齢入院患者の睡眠障害の関連要因,山川みやえ,内海桃絵,高橋伸平,樋口明里,田中晴佳,生田花澄,福井小紀子,第40回日本看護科学学会学術集会,2020年12月13日
  • エビデンスを臨床現場で活用し浸透させるためのタスク・フォース:日本のJBIセンターの役割,山川みやえ,植木慎悟,石丸美奈,増島麻里子,辻村真由子,西村直子,木村聡子,土屋僚太郎,渡邊浩子,牧本清子,第40回日本看護科学学会学術集会,2020年12月13日
  • 図書館の歩みとこれから--南葵から新しい時代へ想いを繋げる,山川みやえ,第106回全国図書館大会和歌山大会
  • 拡大する図書館の価値:超高齢社会の中での緩やかな変革,山川みやえ,大阪大学社会ソリューションイニシアティブ(SSI)基幹プロジェクト 一人ひとりの死生観と健康自律を支える超高齢社会の創生,2020年09月08日
  • 男女共同参画推進セミナー『私の男女共同参画とSystematic Review』,山川みやえ,2020年07月21日
  • Message from Japan, Gerontological nursing in super-aging society encouraging respect for decision-making and supporting personal autonomy,Miyae Yamakawa,The 6th World Academy of Nursing Science
  • Behavioral and psychological symptoms of dementia (BPSD) of people with dementia (PwD) in day services, visiting regularly dementia ambulatory,Nana Hirokawa,Miho Nishitsuji,Shimpei Takahashi,Kazue Shigenobu,Miyae Yamakawa,23rd EAFONS
  • Field survey of behavioral and psychological symptoms of dementia (BPSD) in outpatients using day services experienced by family caregivers,Miho Nishitsuji,Shimpei Takahashi,Nana Hirokawa,Kazue Shigenobu,Miyae Yamakawa,23rd EAFONS
  • Comparison of the behavioral and psychological symptoms of dementia (BPSD) between the patients’ families observe and the day service staff observe,Shimpei Takahashi,Nana Hirokawa,Miho Nishitsuji,Kazue Shigenobu,Miyae Yamakawa,23rd EAFONS
  • The process of community involvement in terms of dementia-friendly society 2019,Miyae Yamakawa,International Symposium of Better Health care,2019年12月08日
  • Gerontological nursing in super-aging society encouraging respect for decision-making and supporting personal autonomy,Miyae Yamakawa,2019年12月06日
  • 多様性の中での認知症をきっかけとしたリデザイン多世代交流と地域共生のための仕掛け,山川みやえ,第29回全国地域包括・在宅介護支援センター研究大会,2019年12月02日
  • 超高齢社会における生と死を考える,山川みやえ,日本老年行動科学会第22回大阪大会,2019年11月09日
  • 「支え つなぐ 看護の未来」認知症ケア最前線,山川みやえ,第46回秋田県看護協会学術集会,2019年11月08日
  • The effectiveness of using fall risk assessment tools to prevent falls among elderly patients in rehabilitation: a systematic review protocol,Goki Kaya,Miyae Yamakawa,G-I-N & JBI 2019,2019年11月
  • Innovative Nursing care for managing symptoms of persons with dementia: from Asian nursing perspective,Miyae Yamakawa,11th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress
  • Gerontological nursing in super-aging society encouraging respect for decision-making and supporting personal autonomy: Building super-aged-friendly community,Miyae Yamakawa,The 6th International Health and Care Collaboration (IHCC) Symposium,2019年08月24日
  • 超高齢社会における地域包括ケアと排泄ケアへの取り組み 在宅における老化、軽度認知機能障害から終末期までの排尿ケアの工夫,山川みやえ,第32回日本老年泌尿器科学会,2019年06月14日
  • VRの看護応用:VR認知症体験を通して醸成するperson-centered care,山川みやえ,他,第58回日本生体医工学会,2019年06月08日
  • University and Society,Miyae Yamakawa
  • 認知症の人から学ぶ地域共生のためのまちづくり,山川みやえ,福祉住環境サミット認知症分科会,2019年03月17日
  • Ethics and legislation in decision-making regarding digitalization in healthcare,Miyae Yamakawa,2019年03月12日
  • Discrepancy between how patients and nurses assess patients’ ability to perform activities of daily living with respect to fall prevention in a rehabilitation ward,Goki Kaya,Miyae Yamakawa,Hiroaki Naritomi,Misako Shigeuchi,Mai Taniguchi,22nd EAFONS
  • Caring for people with dementia with sleep disorders and nocturia in a dementia care unit: case reports,Aya Ohno,Yoko Higami,So Yayama,Kazue Shigenobu,Akari Higuchi,Miyae Yamakawa,22nd EAFONS
  • 「睡眠状況を可視化して、ケアを見直す・ケアを評価する」「睡眠状況をアセスメントすることの意味」,山川みやえ,医療の質・安全学会 ランチョンセミナー
  • End of life care in Comprehensive community care in Japan,Miyae Yamakawa,2018 TCUST Long-term Care Symposium,2018年10月13日
  • Report on dementia-friendly libraries with a community-based approach Supports for dementia patients and their carers by experts from different field,Miyae Yamakawa,2018年06月05日
  • Building evidence to improve sleep disturbances in patients with dementia by objective measurements: Tailored intervention,Miyae Yamakawa,International conferenceTMU
  • Introduction to Multi-disciplinary Team Approach From Hospital to Community,Miyae Yamakawa,International conferenceTMU
  • 認知症に関する基礎知識及び認知症の方及びご家族からの人権相談の対応について,山川みやえ,2018年03月07日
  • 多職種がつないで支える認知症になった後の生活,山川みやえ,公益財団法人 大阪認知症研究会,2018年03月04日
  • 認知症になっても安心して暮らせるまちづくり,山川みやえ,2018年01月27日
  • N-AGORA グローバル化戦略による個別看護の充実,山川みやえ,2017年12月16日
  • 認知症疾患の進行に沿った多職種連携,山川みやえ,2017年11月22日
  • 認知症ケアから極める超高齢社会への看護学の社会実装,山川みやえ,医療工学特別講演会,2017年11月21日
  • Poster Presentation2の指導について:スマートな国際学会発表を目指して 国際学会発表の意義とその向こう側,山川みやえ,2017年11月18日
  • 臨床実践に使えるエビデンスの活用と産出のための研究論文のクリティーク,山川みやえ,The Japan Centre for Evidence Based Practice,2017年10月29日
  • 認知症にやさしい街づくりの最前線 図書館×認知症の社会実装の戦略,山川みやえ,株式会社 TRAPE seminar,2017年10月25日
  • 教育講演9 肥満症への保健指導の効果,山川みやえ,肥満学会,2017年10月08日
  • 認知症を持つ人の気持ちをつなぐ多職種連携,山川みやえ,2017年09月01日
  • 認知症との長い人生を支える地域包括ケアに必要な認知症疾患のエッセンス,山川みやえ,2017年07月20日
  • 日本の認知症ケアと施策 他人事ではない認知症 その予防からケアまで,山川みやえ,亜細亜大学留学生講義,2017年07月05日
  • 認知症をもつ人の気持ちをつなぐ多職種連携,山川みやえ,2017年06月10日
  • 若年性認知症と診断されるまで そして地域で支えるために高齢者でも認めたくないんです 行動分析を通して今何が起こっているのかを考えてみませんか,山川みやえ,第12回通常総会記念講演,2017年06月
  • 認知症専門治療病棟から発信する「個別ケア」につながるクリニカルパスの開発と多職種での運用の実際,山川みやえ,2017年05月31日
  • 認知症との長い人生を支える地域包括ケアに必要な認知症疾患のエッセンス,山川みやえ,2017年05月
  • 人として、職能人として、組織人としての仕事ぶり 千里中央病院に来る人への職業倫理,山川みやえ,2017年05月
  • Differences in the prevalence of item specific Neuropsychiatric Inventory Nursing Home Version in Asian countries,Terada S,Yamakawa M,Kang Y,Kobayashi S,Liao X,Pan-Uthai S,Sung H,Suzuki M,Makimoto K,32nd ADI
  • Japan Loss and reconstruction in what makes life worth living for a person with early onset dementia,Sekiguchi A,Yamakawa M,Shimizu M,32nd ADI
  • 認知症専門治療病棟から発信する「個別ケア」につながる クリニカルパスの開発と 多職種での運用の実際,山川みやえ,2017年04月22日
  • 知っているようで実はわかっていない認知症の人の世界:その病態からの特徴,山川みやえ,第二回「超高齢社会と図書館研究会」,2014年09月24日

報道

  • 子どもの多くが「コロナにかかったら秘密にしたい」,医薬経済,2020年11月
  • 世界のエビデンスと日本の臨床看護師の知を融合『JBI:推奨すべき看護実践』が刊行,日本看護協会,2020年08月
  • 研究者の知見幅広く共有 ほんとうのトコロ、認知症ってなに?,2019年10月
  • 認知症に「互助」の精神「みまもりあいアプリ」で協力の輪広がる,2019年09月
  • きょう世界アルツハイマーデー 認知症「みまもりあい」,2019年09月
  • 認知症 実例で説明,2019年06月
  • 認知症の人 図書館へどうぞ 患者・家族にやさしく 取り組み拡大,2019年05月
  • 認知症の人 図書館へどうぞ 患者・家族にやさしく 取り組み拡大,2019年05月
  • 読む 『ほんとうのトコロ、認知症ってなに?』,2019年04月
  • 医療ルネサンス 図書館の力5回目,2019年02月
  • 認知症3割身体拘束(一面記事)、拘束必要性 難しい判断(三面記事),2018年11月
  • 図書館運用,2018年10月
  • VRで認知症体験,2018年05月
  • VRで患者・母の世界,2018年03月
  • 認知症ケア 図書館の役割,2018年01月
  • ゲームだけじゃない!社会を変えるVR 看護教育の現場で認知症VRを活用,HuaWave,2018年01月
  • 図書館が高齢社会での新しい役割を模索 ― 地域包括ケアの一つの機能,2017年09月
  • なにわの隅で小休止若年性認知症 離職防ぐ柔軟さ必要,2017年06月
  • 図書館からつながる支援,2017年03月
  • 日曜オピニオン 見る思う 若年性認知症の人への支援を,2016年07月
  • 笑顔とこころでつながる認知症医療,2013年11月
  • Sleep disorder and dementia,2013年10月
  • グループで行う文献抄読会のススメ,2011年08月
  • 授業に活用 秘伝のアイテムご紹介!,2008年11月
  • エッセイ 忘れられないあの一言,2008年11月

委員歴

  • 日本学術会議,連携会員,2020年10月 ~ 継続中
  • The Japan Centre for Evidence Based Practice, the Centre for Excellence of Joanna Briggs Institute,センター長,2017年04月 ~ 継続中
  • 日本老年看護学会,専門査読委員,2016年07月 ~ 継続中
  • 日本老年看護学会,政策検討委員会委員,2016年07月 ~ 継続中
  • 日本老年看護学会,国際交流委員会委員,2016年07月 ~ 継続中
  • 日本看護科学学会,英文誌編集委員会委員,2015年06月 ~ 継続中
  • 日本看護系大学協議会,データベース委員会,2020年08月 ~ 2022年
  • 日本老年看護学会 厚生労働省受託事業,「特別養護老人ホームの介護職員等への標準感染予防周知のための研修プログラム等検討」プロジェクト委員,2020年08月 ~ 2021年03月
  • 日本総研,令和元年度厚生労働省老人保健健康増進等事業「高齢者住まいにおけるACPの推進に関する調査研究事業」委員会委員,2019年08月 ~ 2020年03月
  • 厚生労働省,令和元年度老人保健健康増進等事業高齢者住まいにおけるACPの推進に関する調査研究事業 委員,2019年07月 ~ 2020年03月
  • 京都大学 充実した健康長寿社会を築く総合医療開発リーダー育成プログラム(LIMS),外部評価委員会 委員,2017年04月 ~ 2019年03月
  • 日本看護科学学会,国際活動推進委員会委員,2008年12月 ~ 2009年12月

その他の活動内容

  • 放送大学非常勤主任講師,2019年04月 ~ 2024年03月
  • 東京大学 非常勤講師,2019年04月 ~ 2021年03月
  • 放送大学非常勤講師,2017年04月 ~ 2021年03月
  • 奈良女子大学 客員教授,2019年05月 ~ 2020年03月
  • 京都女子大学非常勤講師,2017年09月 ~ 2018年03月