EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

貴島 晴彦

Kishima Haruhiko

医学系研究科 医学専攻,教授

keyword 視覚再建,視覚再生,脳皮質電気刺激,ビデオ解析,ラットモデル,神経軸索再生,脊髓損傷,統計学的解析,レーザースペックル血流測定計,電気刺激,行動定量,膀胱機能,外科治療,機能再生,視放線刺激,ラット,緩和外科治療,視覚インプラント,多点計測,皮質脊髓路,探索行動,てんかん発作伝播,運動機能,人工視覚,脊髄損傷,人工視覚装置,スパイク解析,PET,レーザースペックル血流計,嗅粘膜移植

経歴

  • 2020年04月 ~ 継続中,大阪大学 国際医工情報センター,センター長
  • 2019年01月01日 ~ 継続中,大阪大学 国際医工情報センター,兼任教員
  • 2017年03月01日 ~ 継続中,大阪大学 医学系研究科 医学専攻,教授
  • 2017年03月 ~ 継続中,大阪大学大学院医学系研究科脳神経外科,脳神経外科,教授
  • 2012年12月 ~ 2017年02月,大阪大学 医学系研究科,講師
  • 2007年04月 ~ 2012年11月,大阪大学 医学系研究科,助教
  • 2000年09月 ~ 2007年03月,大阪大学 医学系研究科,助手
  • 2002年10月 ~ 2003年09月,URA CEA CNRS 2210 Service Hospitalier Fredric Joliot, Orsay, France
  • 2001年10月 ~ 2002年09月,Hopital Henri Mondor - Service de Neurochirurgie (France)
  • 1998年07月 ~ 1998年07月,医員(大阪大学医学部附属病院)(脳神経外科)
  • 1998年04月 ~ 1998年06月,大阪大学 大学院医学系研究科 研究生(脳神経外科学)
  • 1993年07月 ~ 1994年03月,若弘会若草第一病院 脳神経外科
  • 1991年06月 ~ 1992年05月,医員(研修医)(大阪大学医学部附属病院)
  • 1991年05月 ~ 1991年05月,大阪大学医学部附属病院において臨床補助の研修に従事

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,神経科学一般
  • ライフサイエンス,リハビリテーション科学

所属学会

  • 日本脳神経外科学会 NMC拡大編集委員会
  • 日本生体医工学会
  • 日本メディカルAI学会
  • 日本アロマセラピー学会
  • 日本神経内視鏡学会
  • 日本脳神経外科認知症学会
  • 近畿脊髄外科研究会
  • 日本神経回路学会
  • 国際ニューロモデュレーション学会
  • 日本脳神経外傷学会
  • 日本頭蓋底外科学会
  • 日本脳神経外科救急学会
  • 日本脊髄外科学会
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本脳神経血管内治療学会
  • 日本てんかん学会近畿地方会
  • 日本疼痛学会
  • 日本脳ドック学会
  • 日本脳腫瘍学会
  • 日本臨床神経生理学会
  • 日本分子脳神経外科学会
  • 日本骨髄間葉系幹細胞治療学会
  • 日本老年脳神経外科学会
  • 日本脳卒中協会
  • 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会
  • 脳神経外科手術と機器学会
  • 日本脳循環代謝学会
  • 日本整容脳神経外科学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本小児神経外科学会
  • 日本脳神経CI学会
  • 日本正常圧水頭症学会
  • 日本遺伝子細胞治療学会
  • 日本神経科学学会
  • 日本脳腫瘍の外科学会
  • 日本ボツリヌス治療学会
  • 日本小児神経学会
  • 日本ニューロモデュレーション学会
  • International Neuromodulation Society
  • 日本頭痛学会
  • 日本定位・機能神経外科学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本てんかん外科学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本てんかん学会
  • 日本脳神経外科学会

論文

  • Data-driven electrophysiological feature based on deep learning to detect epileptic seizures,Shota Yamamoto,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Satoru Oshino,Naoki Tani,Hui Ming Khoo,Kohtaroh Edakawa,Maki Kobayashi,Masataka Tanaka,Yuya Fujita,Haruhiko Kishima,Journal of Neural Engineering,IOP Publishing,2021年09月03日,研究論文(学術雑誌)
  • Cerebellar preference of luminal A and B type and basal ganglial preference of HER2‑positive type breast cancer‑derived brain metastases,Nobuyuki Izutsu,Manabu Kinoshita,Tomohiko Ozaki,Mio Sakai,Katsuyuki Nakanishi,Takahiro Nakayama,Yasuhiro Tamaki,Haruhiko Kishima,Molecular and Clinical Oncology,Spandidos Publications,Vol. 15,No. 3,2021年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Phase-amplitude coupling between infraslow and high-frequency activities well discriminates between the preictal and interictal states,Hiroaki Hashimoto,Hui Ming Khoo,Takufumi Yanagisawa,Naoki Tani,Satoru Oshino,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Scientific Reports,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 11,No. 1,2021年08月31日,研究論文(学術雑誌)
  • Cerebrospinal fluid amyloid beta and response of cognition to a tap test in idiopathic normal pressure hydrocephalus: a case–control study,Hideki Kanemoto,Etsuro Mori,Toshihisa Tanaka,Takashi Suehiro,Kenji Yoshiyama,Yukiko Suzuki,Kyosuke Kakeda,Tamiki Wada,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Hiroaki Kazui,Mamoru Hashimoto,Manabu Ikeda,International Psychogeriatrics,Cambridge University Press (CUP),p. 1-9,2021年08月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Magnetic Resonance Relaxometry for Tumor Cell Density Imaging for Glioma: An Exploratory Study via 11C-Methionine PET and Its Validation via Stereotactic Tissue Sampling,Manabu Kinoshita,Masato Uchikoshi,Souichiro Tateishi,Shohei Miyazaki,Mio Sakai,Tomohiko Ozaki,Katsunori Asai,Yuya Fujita,Takahiro Matsuhashi,Yonehiro Kanemura,Eku Shimosegawa,Jun Hatazawa,Shin-ichi Nakatsuka,Haruhiko Kishima,Katsuyuki Nakanishi,Cancers,MDPI AG,Vol. 13,No. 16,p. 4067-4067,2021年08月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Reverse Engineering Glioma Radiomics to Conventional Neuroimaging,Manabu KINOSHITA,Yonehiro KANEMURA,Yoshitaka NARITA,Haruhiko KISHIMA,Neurologia medico-chirurgica,Japan Neurosurgical Society,2021年08月06日,研究論文(学術雑誌)
  • Motor and sensory cortical processing of neural oscillatory activities revealed by human swallowing using intracranial electrodes,Hiroaki Hashimoto,Kazutaka Takahashi,Seiji Kameda,Fumiaki Yoshida,Hitoshi Maezawa,Satoru Oshino,Naoki Tani,Hui Ming Khoo,Takufumi Yanagisawa,Toshiki Yoshimine,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,iScience,Elsevier BV,Vol. 24,No. 7,p. 102786-102786,2021年07月25日,研究論文(学術雑誌)
  • MRガイド下集束超音波治療の仕組みと適応疾患,脳神経外科,Vol. 30,No. 7,p. 519-526,2021年07月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Ophthalmic Artery Flow Pattern-related Stump Pressure and Ischemic Tolerance during Balloon Test Occlusion of the Internal Carotid Artery.,Nobuyuki Izutsu,Takeo Nishida,Masatoshi Takagaki,Tomohiko Ozaki,Tomofumi Takenaka,Shuhei Kawabata,Yuichi Matsui,Shuhei Yamada,Eisaku Terada,Hajime Nakamura,Haruhiko Kishima,Neurologia medico-chirurgica,Vol. 61,No. 7,p. 433-441,2021年07月15日,研究論文(学術雑誌)
  • 振戦に関する定位的外科治療,谷直樹,押野悟,細見晃一,Khoo Hui Ming,貴島晴彦,脳神経外科,Vol. 49,No. 4,2021年07月10日
  • Utility of a novel exoscope, ORBEYE, in gravity-assisted brain retraction surgery for midline lesions of the brain,Noriyuki Kijima,Manabu Kinoshita,Masatoshi Takagaki,Haruhiko Kishima,Surgical Neurology International,Scientific Scholar,Vol. 12,p. 339-339,2021年07月06日,研究論文(学術雑誌)
  • Benefit of spinal cord stimulation for patients with central poststroke pain: a retrospective multicenter study.,Koichi Hosomi,Takamitsu Yamamoto,Takashi Agari,Shinichiro Takeshita,Takafumi Tanei,Hirochika Imoto,Nobuhiko Mori,Satoru Oshino,Kaoru Kurisu,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Journal of neurosurgery,p. 1-12,2021年07月02日,研究論文(学術雑誌)
  • The Impact of 5-Year Tumor Doubling Time to Predict the Subsequent Long-Term Natural History of Asymptomatic Meningiomas.,Shuhei Yamada,Manabu Kinoshita,Tomoyoshi Nakagawa,Ryuichi Hirayama,Noriyuki Kijima,Naoki Kagawa,Haruhiko Kishima,World neurosurgery,Vol. 151,2021年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Distinct difference in tumor-infiltrating immune cells between Wilms’ tumor gene 1 peptide vaccine and anti-programmed cell death-1 antibody therapies,Chisato Yokota,Jun Nakata,Koji Takano,Hiroko Nakajima,Hiromu Hayashibara,Hikaru Minagawa,Yasuyoshi Chiba,Ryuichi Hirayama,Noriyuki Kijima,Manabu Kinoshita,Yoshiko Hashii,Akihiro Tsuboi,Yoshihiro Oka,Yusuke Oji,Atsushi Kumanogoh,Haruo Sugiyama,Naoki Kagawa,Haruhiko Kishima,Neuro-Oncology Advances,Oxford University Press (OUP),Vol. 3,No. 1,2021年06月29日,研究論文(学術雑誌)
  • Characteristics of Nonfunctioning Pituitary Adenomas That Cause Secondary Adrenal Insufficiency.,Satoru Oshino,Youichi Saitoh,Manabu Kinoshita,Kosuke Mukai,Michio Otsuki,Haruhiko Kishima,World neurosurgery,2021年06月26日,研究論文(学術雑誌)
  • A Case Report: Hemorrhagic Venous Infarction after Deep Brain Stimulation Surgery Probably Due to Coagulation of Intradural Veins,Naoki TANI,Takahide YAEGAKI,Haruhiko KISHIMA,NMC Case Report Journal,Japan Neurosurgical Society,Vol. 8,No. 1,p. 315-318,2021年06月23日,研究論文(学術雑誌)
  • Time-outcome relationship in acute large-vessel occlusion exists across all ages: subanalysis of RESCUE-Japan Registry 2.,Kenichi Todo,Shinichi Yoshimura,Kazutaka Uchida,Hiroshi Yamagami,Nobuyuki Sakai,Haruhiko Kishima,Hideki Mochizuki,Masayuki Ezura,Yasushi Okada,Kazuo Kitagawa,Kazumi Kimura,Makoto Sasaki,Norio Tanahashi,Kazunori Toyoda,Eisuke Furui,Yuji Matsumaru,Kazuo Minematsu,Takaya Kitano,Shuhei Okazaki,Tsutomu Sasaki,Manabu Sakaguchi,Masatoshi Takagaki,Takeo Nishida,Hajime Nakamura,Takeshi Morimoto,Scientific reports,Vol. 11,No. 1,p. 12782-12782,2021年06月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Neural networks associated with quality of life in patients with Parkinson's disease.,Tomohito Nakano,Yuta Kajiyama,Gajanan S Revankar,Ryota Hashimoto,Yoshiyuki Watanabe,Haruhiko Kishima,Manabu Ikeda,Masahito Mihara,Hideki Mochizuki,Noriaki Hattori,Parkinsonism & related disorders,Vol. 89,p. 6-12,2021年06月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Mass Spectrometric Enzyme Histochemistry for Choline Acetyltransferase Reveals De Novo Acetylcholine Synthesis in Rodent Brain and Spinal Cord.,Emi Takeo,Yuki Sugiura,Yuichiro Ohnishi,Haruhiko Kishima,Eiichiro Fukusaki,Shuichi Shimma,ACS chemical neuroscience,Vol. 12,No. 12,p. 2079-2087,2021年06月16日,研究論文(学術雑誌)
  • Maintenance of WT1 expression in tumor cells is associated with a good prognosis in malignant glioma patients treated with WT1 peptide vaccine immunotherapy.,Chisato Yokota,Naoki Kagawa,Koji Takano,Yasuyoshi Chiba,Manabu Kinoshita,Noriyuki Kijima,Yusuke Oji,Yoshihiro Oka,Haruo Sugiyama,Akihiro Tsuboi,Shuichi Izumoto,Haruhiko Kishima,Naoya Hashimoto,Cancer immunology, immunotherapy : CII,2021年06月05日,研究論文(学術雑誌)
  • An Older Thrombus Delays Reperfusion after Mechanical Thrombectomy for Ischemic Stroke.,Takaya Kitano,Yumiko Hori,Shuhei Okazaki,Yuki Shimada,Takanori Iwamoto,Hideaki Kanki,Shintaro Sugiyama,Tsutomu Sasaki,Hajime Nakamura,Naoki Oyama,Taku Hoshi,Goichi Beck,Hiroki Takai,Shunji Matsubara,Hiroya Mizuno,Hirotake Nishimura,Ryo Tamaki,Junichi Iida,Jiro Iba,Masaaki Uno,Haruhiko Kishima,Hiroaki Fushimi,Satoshi Hattori,Shigeo Murayama,Eiichi Morii,Manabu Sakaguchi,Yoshiki Yagita,Takeshi Shimazu,Hideki Mochizuki,Kenichi Todo,Thrombosis and haemostasis,2021年06月02日,研究論文(学術雑誌)
  • 神経膠腫手術におけるIFOF同定の試み,松橋 崇寛,木下 学,藤田 祐也,浅井 克則,尾崎 友彦,貴島 晴彦,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 30,No. 6,p. 474-480,2021年06月
  • Phase-amplitude coupling of ripple activities during seizure evolution with theta phase.,Hiroaki Hashimoto,Hui Ming Khoo,Takufumi Yanagisawa,Naoki Tani,Satoru Oshino,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology,Vol. 132,No. 6,p. 1243-1253,2021年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Swallowing-related neural oscillation: an intracranial EEG study.,Hiroaki Hashimoto,Kazutaka Takahashi,Seiji Kameda,Fumiaki Yoshida,Hitoshi Maezawa,Satoru Oshino,Naoki Tani,Hui Ming Khoo,Takufumi Yanagisawa,Toshiki Yoshimine,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Annals of clinical and translational neurology,Vol. 8,No. 6,p. 1224-1238,2021年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Determination of Brain Tumor Recurrence using 11 C-methionine Positron Emission Tomography after Radiotherapy.,Shigeru Yamaguchi,Kenji Hirata,Michinari Okamoto,Eku Shimosegawa,Jun Hatazawa,Ryuichi Hirayama,Naoki Kagawa,Haruhiko Kishima,Noboru Oriuchi,Masazumi Fujii,Kentaro Kobayashi,Hiroyuki Kobayashi,Shunsuke Terasaka,Ken-Ichi Nishijima,Yuji Kuge,Yoichi M Ito,Hiroshi Nishihara,Nagara Tamaki,Tohru Shiga,Cancer science,2021年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Anatomical variation of the internal carotid artery and its implication to the endoscopic endonasal translacerum approach.,Toru Umehara,Masaaki Taniguchi,Nobuyuki Akutsu,Hidehito Kimura,Yoichi Uozumi,Tomoaki Nakai,Haruhiko Kishima,Eiji Kohmura,Head & neck,Vol. 43,No. 5,p. 1535-1544,2021年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiple stenting using anchoring technique with balloon guiding catheter for common carotid artery dissection after aortic arch replacement: A case report,Takeshi Shimizu,Tomoyuki Maruo,Hajime Nakamura,Yukitaka Ushio,Haruhiko Kishima,International Journal of Surgery Case Reports,Elsevier BV,Vol. 81,p. 105748-105748,2021年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A Direct Aspiration First Pass Technique for Basilar Artery Occlusion Caused by Elastic-hard Tumor Embolus via the Pulmonary Vein by Metastatic Prostate Adenocarcinoma: A Case Report.,Asaya Nishi,Yuko Goto,Kazunori Yamanaka,Haruhiko Kishima,NMC case report journal,Vol. 8,No. 1,p. 95-100,2021年04月
  • Efficacy of endovascular intratumoral embolization for meningioma: assessment using dynamic susceptibility contrast-enhanced perfusion-weighted imaging.,Katsunori Asai,Hajime Nakamura,Yoshiyuki Watanabe,Takeo Nishida,Mio Sakai,Atsuko Arisawa,Masatoshi Takagaki,Hideyuki Arita,Tomohiko Ozaki,Naoki Kagawa,Yasunori Fujimoto,Katsuyuki Nakanishi,Manabu Kinoshita,Haruhiko Kishima,Journal of neurointerventional surgery,2021年03月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Focused Ultrasound Thalamotomy for Refractory Essential Tremor: A Japanese Multicenter Single-Arm Study.,Keiichi Abe,Shiro Horisawa,Toshio Yamaguchi,Hiroki Hori,Kazumichi Yamada,Kimito Kondo,Hironori Furukawa,Hajime Kamada,Haruhiko Kishima,Satoru Oshino,Hideki Mochizuki,Manabu Kanemoto,Hidehiro Hirabayashi,Kenji Fukutome,Hideyuki Ohnishi,Keiji Igase,Ichiro Matsubara,Takanori Ohnishi,Kazuhiko Sadamoto,Takaomi Taira,Neurosurgery,Vol. 88,No. 4,p. 751-757,2021年03月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Successful neurosurgical separation of conjoined spinal cords in pygopagus twins: illustrative cases,Chisato Yokota,Naoki Kagawa,Yohei Bamba,Yuko Tazuke,Yasuji Kitabatake,Tomoyoshi Nakagawa,Ryuichi Hirayama,Hiroomi Okuyama,Haruhiko Kishima,Journal of Neurosurgery: Case Lessons,Journal of Neurosurgery Publishing Group (JNSPG),Vol. 1,No. 9,2021年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 【パラダイムシフトの知】顕微鏡手術から視鏡下手術へのパラダイムシフト,木下 学,木嶋 教行,香川 尚己,貴島 晴彦,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 30,No. 3,p. 199-207,2021年03月
  • 大型血栓化脳底動脈瘤に対してLVISステントの多重留置による治療を行った1例,高垣 匡寿,中村 元,村澤 明,中尾 和民,貴島 晴彦,脳卒中の外科,(一社)日本脳卒中の外科学会,Vol. 49,No. 2,p. 129-133,2021年03月
  • Testing of Newly Developed Wide-Field Dual-Array Suprachoroidal-Transretinal Stimulation Prosthesis in Dogs.,Takeshi Morimoto,Takashi Fujikado,Hiroyuki Kanda,Tomomitsu Miyoshi,Takao Endo,Kentaro Nishida,Haruhiko Kishima,Toru Saito,Kunihiko Ito,Motoki Ozawa,Kohji Nishida,Translational vision science & technology,Vol. 10,No. 3,p. 13-13,2021年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 救うぞ!「運転者」を 外傷性頭頸部血管損傷に対する血管内治療の有用性と問題点,藤中 俊之,尾崎 友彦,木谷 知樹,西本 渓佑,山崎 弘輝,澤田 遥奈,瀧 毅伊,金村 米博,中島 伸,中村 元,貴島 晴彦,Neurosurgical Emergency,(NPO)日本脳神経外科救急学会,Vol. 25,No. 3,p. 456-456,2021年02月
  • 救うぞ!「脳」を(破裂脳動脈瘤)治療戦略 時間外に搬送されたくも膜下出血の急性期血管内治療 待機的なコイル塞栓術の安全性,高垣 匡寿,中村 元,西田 武生,井筒 伸之,竹中 朋文,川端 修平,松井 雄一,山田 修平,寺田 栄作,貴島 晴彦,Neurosurgical Emergency,(NPO)日本脳神経外科救急学会,Vol. 25,No. 3,p. 473-473,2021年02月
  • Analgesic Effects of Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation at Different Stimulus Parameters for Neuropathic Pain: A Randomized Study.,Nobuhiko Mori,Koichi Hosomi,Asaya Nishi,Satoru Oshino,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Neuromodulation : journal of the International Neuromodulation Society,2021年01月21日,研究論文(学術雑誌)
  • Retrosigmoid Approach in the Supine Position Using ORBEYE: A Consecutive Series of 14 Cases.,Takeshi Shimizu,Shingo Toyota,Kanji Nakagawa,Tomoaki Murakami,Kanji Mori,Haruhiko Kishima,Takuyu Taki,Neurologia medico-chirurgica,Vol. 61,No. 1,p. 55-61,2021年01月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical evaluation of neuroinflammation in child-onset focal epilepsy: a translocator protein PET study.,Kuriko Kagitani-Shimono,Hiroki Kato,Ryoko Kuwayama,Koji Tominaga,Shin Nabatame,Haruhiko Kishima,Jun Hatazawa,Masako Taniike,Journal of neuroinflammation,Vol. 18,No. 1,p. 8-8,2021年01月06日,研究論文(学術雑誌)
  • A case of meningolacrimal artery aneurysm associated with meningioma.,Hideki Kuroda,Masatoshi Takagaki,Hirayama Ryuichi,Matsui Yuichi,Takeo Nishida,Hajime Nakamura,Haruhiko Kishima,Surgical neurology international,Vol. 12,p. 61-61,2021年
  • 機能性下垂体腺腫の薬物治療と手術適応,押野悟,齋藤洋一,木下学,貴島晴彦,脳神経外科ジャーナル,Vol. 30,No. 1,p. 19-28,2021年
  • Technical Aspects of SEEG and Its Interpretation in the Delineation of the Epileptogenic Zone.,Hui Ming Khoo,Jeffery A Hall,Francois Dubeau,Naoki Tani,Satoru Oshino,Yuya Fujita,Jean Gotman,Haruhiko Kishima,Neurologia medico-chirurgica,Vol. 60,No. 12,p. 565-580,2020年12月15日,研究論文(学術雑誌)
  • 日本人アルツハイマー型認知症に対する反復経頭蓋磁気刺激療法 オープンラベル・パイロットスタディ,齋藤 洋一,眞野 智生,細見 晃一,森 信彦,原田 秀明,貴島 晴彦,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 59,p. 9-13,2020年12月
  • Brain-Machine Interfaceによる幻肢痛の治療,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,田中 将貴,貴島 晴彦,神谷 之康,齋藤 洋一,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 59,p. 14-18,2020年12月
  • 慢性疼痛のイメージングとニューロフィードバック ニューロフィードバックによる幻肢痛の病態解明と治療法の開発,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,田中 将貴,貴島 晴彦,神谷 之康,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,(一社)日本疼痛学会,Vol. 35,No. 4,p. 210-210,2020年12月
  • TERT promoter mutation confers favorable prognosis regardless of 1p/19q status in adult diffuse gliomas with IDH1/2 mutations.,Hideyuki Arita,Yuko Matsushita,Ryunosuke Machida,Kai Yamasaki,Nobuhiro Hata,Makoto Ohno,Shigeru Yamaguchi,Takashi Sasayama,Shota Tanaka,Fumi Higuchi,Toshihiko Iuchi,Kuniaki Saito,Masayuki Kanamori,Ken-Ichiro Matsuda,Yohei Miyake,Kaoru Tamura,Sho Tamai,Taishi Nakamura,Takehiro Uda,Yoshiko Okita,Junya Fukai,Daisuke Sakamoto,Yasuhiko Hattori,Eriel Sandika Pareira,Ryusuke Hatae,Yukitomo Ishi,Yasuji Miyakita,Kazuhiro Tanaka,Shunsaku Takayanagi,Ryohei Otani,Tsukasa Sakaida,Keiichi Kobayashi,Ryuta Saito,Kazuhiko Kurozumi,Tomoko Shofuda,Masahiro Nonaka,Hiroyoshi Suzuki,Makoto Shibuya,Takashi Komori,Hikaru Sasaki,Masahiro Mizoguchi,Haruhiko Kishima,Mitsutoshi Nakada,Yukihiko Sonoda,Teiji Tominaga,Motoo Nagane,Ryo Nishikawa,Yonehiro Kanemura,Aya Kuchiba,Yoshitaka Narita,Koichi Ichimura,Acta neuropathologica communications,Vol. 8,No. 1,p. 201-201,2020年11月23日,研究論文(学術雑誌)
  • Mechanical thrombectomy in acute ischemic stroke patients with left ventricular assist device.,Takaya Kitano,Manabu Sakaguchi,Hiroshi Yamagami,Tatsuya Ishikawa,Hatsue Ishibashi-Ueda,Kanta Tanaka,Shuhei Okazaki,Tsutomu Sasaki,Yoshinori Kadono,Masatoshi Takagaki,Takeo Nishida,Hajime Nakamura,Masanobu Yanase,Norihide Fukushima,Masayuki Shiozawa,Kazunori Toyoda,Jun C Takahashi,Takayuki Funatsu,Bikei Ryu,Daisuke Yoshioka,Koichi Toda,Shigeo Murayama,Takakazu Kawamata,Haruhiko Kishima,Yoshiki Sawa,Hideki Mochizuki,Kenichi Todo,Journal of the neurological sciences,Vol. 418,p. 117142-117142,2020年11月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Burst Spinal Cord Stimulation for the Treatment of Cervical Dystonia with Intractable Pain: A Pilot Study.,Takeshi Shimizu,Tomoyuki Maruo,Shimpei Miura,Yuki Kimoto,Yukitaka Ushio,Satoshi Goto,Haruhiko Kishima,Brain sciences,Vol. 10,No. 11,2020年11月07日
  • 眼窩静脈奇形に対する内視鏡下経鼻手術:2例報告,脳神経外科,Vol. 48,No. 11,p. 1043-1049,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 精神神経疾患の脳波による診断技術の開発,柳澤 琢史,畑 真弘,三浦 慎平,福間 良平,石井 良平,吉山 顕次,池田 学,貴島 晴彦,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 48,No. 5,p. 354-354,2020年10月
  • 精神神経疾患の脳波による診断技術の開発,柳澤 琢史,畑 真弘,三浦 慎平,福間 良平,石井 良平,吉山 顕次,池田 学,貴島 晴彦,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 48,No. 5,p. 354-354,2020年10月
  • Transnasal flow reduction in endovascular treatment for anterior cranial fossa dural arteriovenous fistula.,Shuhei Kawabata,Hajime Nakamura,Takeo Nishida,Masatoshi Takagaki,Nobuyuki Izutsu,Tomofumi Takenaka,Eisaku Terada,Satoru Oshino,Haruhiko Kishima,Journal of surgical case reports,Vol. 2020,No. 10,2020年10月
  • Efficacy of the Endoscopic Triportal Transmaxillary Approach for Treating Lateral Middle Skull Base Tumors: A Technical Note and Retrospective Case Series.,Toru Umehara,Manabu Kinoshita,Masaki Hayama,Takashi Shikina,Yasunori Fujimoto,Maeda Yohei,Hidenori Inohara,Haruhiko Kishima,World neurosurgery,Elsevier BV,Vol. 142,p. 303-311,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Nationwide survey of 780 Japanese patients with amyotrophic lateral sclerosis: their status and expectations from brain-machine interfaces.,Yu Kageyama,Xin He,Toshio Shimokawa,Jinichi Sawada,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Osamu Sakura,Haruhiko Kishima,Hideki Mochizuki,Toshiki Yoshimine,Masayuki Hirata,Journal of neurology,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 267,No. 10,p. 2932-2940,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • A Swallowing Decoder Based on Deep Transfer Learning: AlexNet Classification of the Intracranial Electrocorticogram.,Hiroaki Hashimoto,Seiji Kameda,Hitoshi Maezawa,Satoru Oshino,Naoki Tani,Hui Ming Khoo,Takufumi Yanagisawa,Toshiki Yoshimine,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,International journal of neural systems,p. 2050056-2050056,2020年09月16日,研究論文(学術雑誌)
  • Spontaneous closure of non-cavernous sinus dural arteriovenous fistulas: A case series and systematic review of the literature.,Nobuo Kashiwagi,Koichi Miyazaki,Hiroto Takahashi,Kiyoshi Tsuji,Masahiro Fujiwara,Atsuko Arisawa,Hajime Nakamura,Haruhiko Kishima,Kazunari Ishii,Noriyuki Tomiyama,Journal of neuroradiology = Journal de neuroradiologie,2020年09月09日,研究論文(学術雑誌)
  • Surgical Treatment of Brain Metastasis of Extramammary Paget's Disease: A Case Report.,Shimpei Miura,Noriyuki Kijima,Nagisa Fujimori,Tomoyoshi Nakagawa,Ryota Nakagawa,Tetsuro Tachi,Yoshiko Okita,Yonehiro Kanemura,Shin Nakajima,Masayuki Mano,Haruhiko Kishima,Kentaro Ozawa,Toshiyuki Fujinaka,NMC case report journal,Vol. 7,No. 4,p. 189-193,2020年09月
  • Coupling between infraslow activities and high-frequency oscillations precedes seizure onset.,Hiroaki Hashimoto,Hui Ming Khoo,Takufumi Yanagisawa,Naoki Tani,Satoru Oshino,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Epilepsia open,Wiley,Vol. 5,No. 3,p. 501-506,2020年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Primary central nervous system lymphoma of the bilateral Bochdalek's flower baskets: A case report,Tomoyoshi Nakagawa,Hideyuki Arita,Noriyuki Kijima,Jiro Fujita,Yasuhiro Nagate,Ryuichi Hirayama,Manabu Kinoshita,Naoki Kagawa,Haruhiko Kishima,Interdisciplinary Neurosurgery: Advanced Techniques and Case Management,Vol. 21,2020年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Predictors of Outcomes After Focused Ultrasound Thalamotomy.,Vibhor Krishna,Francesco Sammartino,Rees Cosgrove,Pejman Ghanouni,Michael Schwartz,Ryder Gwinn,Howard Eisenberg,Paul Fishman,Jin Woo Chang,Takaomi Taira,Michael Kaplitt,Ali Rezai,Jordi Rumià,Wady Gedroyc,Keiji Igase,Haruhiko Kishima,Kazumichi Yamada,Hideyuki Ohnishi,Casey Halpern,Neurosurgery,Vol. 87,No. 2,p. 229-237,2020年08月01日,研究論文(学術雑誌)
  • BCI training to move a virtual hand reduces phantom limb pain: A randomized crossover trial.,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Ben Seymour,Masataka Tanaka,Koichi Hosomi,Okito Yamashita,Haruhiko Kishima,Yukiyasu Kamitani,Youichi Saitoh,Neurology,Vol. 95,No. 4,2020年07月28日,研究論文(学術雑誌)
  • デバイスの開発による機能的脳神経外科の進歩,貴島晴彦,脳神経外科ジャーナル,Vol. 29,No. 7,p. 470-474,2020年07月20日
  • Multifaceted evaluation of central post–stroke pain,Nobuhiko Mori,Koichi Hosomi,Masahiko Shibata,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,PAIN RESEARCH,Japanese Association for the Study of Pain,Vol. 35,No. 2,p. 99-106,2020年06月30日,研究論文(学術雑誌)
  • The impact of EGFR mutation status and single brain metastasis on the survival of non-small-cell lung cancer patients with brain metastases,Yuya Fujita,Manabu Kinoshita,Tomohiko Ozaki,Koji Takano,Kei Kunimasa,Madoka Kimura,Takako Inoue,Motohiro Tamiya,Kazumi Nishino,Toru Kumagai,Haruhiko Kishima,Fumio Imamura,Neuro-Oncology Advances,Oxford University Press (OUP),Vol. 2,No. 1,2020年06月10日,研究論文(学術雑誌)
  • A case of COVID-19 infection presenting with a seizure following severe brain edema.,Yoshinori Kadono,Yusaku Nakamura,Yoshihiko Ogawa,Shota Yamamoto,Ryuichiro Kajikawa,Yoshikazu Nakajima,Masayasu Matsumoto,Haruhiko Kishima,Seizure,Vol. 80,p. 53-55,2020年06月09日,研究論文(学術雑誌)
  • Neural decoding of electrocorticographic signals using dynamic mode decomposition.,Yoshiyuki Shiraishi,Yoshinobu Kawahara,Okito Yamashita,Ryohei Fukuma,Shota Yamamoto,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Takufumi Yanagisawa,Journal of neural engineering,Vol. 17,No. 3,p. 036009-036009,2020年06月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Microsurgery "Under the Eaves" Using ORBEYE: A Case of Dural Arteriovenous Fistula of the Anterior Cranial Fossa.,Takamitsu Iwata,Shingo Toyota,Akira Kudo,Kanji Nakagawa,Takeshi Shimizu,Tomoaki Murakami,Kanji Mori,Takuyu Taki,Haruhiko Kishima,World neurosurgery,Vol. 138,p. 178-181,2020年06月
  • A Sufficient Surgical Window for Deep-Seated Extracranial Schwannomas in the Craniocervical Junction by the Anterolateral Approach.,Yu-Ichiro Ohnishi,Nobuhiko Nakajima,Sho Fujiwara,Takashi Moriwaki,Hideyuki Arita,Haruhiko Kishima,Neurospine,Vol. 17,No. 2,p. 453-460,2020年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Futile complete recanalization: patients characteristics and its time course.,Takaya Kitano,Kenichi Todo,Shinichi Yoshimura,Kazutaka Uchida,Hiroshi Yamagami,Nobuyuki Sakai,Manabu Sakaguchi,Hajime Nakamura,Haruhiko Kishima,Hideki Mochizuki,Masayuki Ezura,Yasushi Okada,Kazuo Kitagawa,Kazumi Kimura,Makoto Sasaki,Norio Tanahashi,Kazunori Toyoda,Eisuke Furui,Yuji Matsumaru,Kazuo Minematsu,Takeshi Morimoto,Scientific reports,Vol. 10,No. 1,p. 4973-4973,2020年03月18日,研究論文(学術雑誌)
  • 臀部結合体に対して分離術を施行した1例,吉村 明洋,氏家 剛,永原 啓,福原 慎一郎,藤田 和利,植村 元秀,木内 寛,今村 亮一,野々村 祝夫,田附 裕子,奥山 宏臣,香川 尚己,貴島 晴彦,久保 盾貴,松井 太,松本 富美,泌尿器科紀要,泌尿器科紀要刊行会,Vol. 66,No. 3,p. 99-99,2020年03月
  • 頭蓋内電極留置術イラスト作成の工夫,橋本洋章,山本祥太,クー・ウイミン,谷直樹,藤田祐也,栁澤琢史,押野悟,平田雅之,貴島晴彦,脳神経外科ジャーナル,Vol. 29,No. 3,p. 216-220,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Pilot study of repetitive transcranial magnetic stimulation in patients with chemotherapy-induced peripheral neuropathy.,Yuko Goto,Koichi Hosomi,Toshio Shimokawa,Takeshi Shimizu,Kiyoshi Yoshino,Seung Jin Kim,Tomoo Mano,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia,Vol. 73,p. 101-107,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Jarvik 2000 with postauricular cable as destination therapy: first clinical case in Japan.,Keitaro Domae,Koichi Toda,Ryohei Matsuura,Shigeru Miyagawa,Yasushi Yoshikawa,Hiroki Hata,Shunsuke Saito,Daisuke Yoshioka,Fusako Sera,Kei Nakamoto,Satoru Oshino,Haruhiko Kishima,Yasushi Sakata,Yoshiki Sawa,Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs,Vol. 23,No. 1,p. 89-92,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • T2-FLAIR Mismatch Sign Is Caused by Long T1 and T2 of IDH-mutant, 1p19q Non-codeleted Astrocytoma.,Manabu Kinoshita,Masato Uchikoshi,Mio Sakai,Yonehiro Kanemura,Haruhiko Kishima,Katsuyuki Nakanishi,Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine,2020年02月27日,研究論文(学術雑誌)
  • Proteomic analysis of protein changes in plasma by balloon test occlusion.,Tomohiko Ozaki,Rieko Muramatsu,Hajime Nakamura,Manabu Kinoshita,Haruhiko Kishima,Toshihide Yamashita,Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia,Vol. 72,p. 397-401,2020年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Mystery Case: Parietal lobe epilepsy with ictal manifestation of Gerstmann syndrome.,Hui Ming Khoo,Yuya Fujita,Naoki Tani,Satoru Oshino,Kuriko Kagitani-Shimono,Haruhiko Kishima,Neurology,Vol. 94,No. 4,2020年01月28日,研究論文(学術雑誌)
  • Activated leukocyte cell adhesion molecule expression correlates with the WNT subgroup in medulloblastoma and is involved in regulating tumor cell proliferation and invasion.,Takamune Achiha,Noriyuki Kijima,Yoshinori Kodama,Naoki Kagawa,Manabu Kinoshita,Yasunori Fujimoto,Masahiro Nonaka,Junya Fukai,Akihiro Inoue,Namiko Nishida,Takumi Yamanaka,Atsuko Harada,Kanji Mori,Naohiro Tsuyuguchi,Takehiro Uda,Kenichi Ishibashi,Yusuke Tomogane,Daisuke Sakamoto,Tomoko Shofuda,Ema Yoshioka,Daisuke Kanematsu,Masayuki Mano,Betty Luu,Michael D Taylor,Yonehiro Kanemura,Haruhiko Kishima,PloS one,Vol. 15,No. 12,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of Inversion Time for FLAIR Acquisition on the T2-FLAIR Mismatch Detectability for IDH-Mutant, Non-CODEL Astrocytomas.,Manabu Kinoshita,Hideyuki Arita,Masamichi Takahashi,Takehiro Uda,Junya Fukai,Kenichi Ishibashi,Noriyuki Kijima,Ryuichi Hirayama,Mio Sakai,Atsuko Arisawa,Hiroto Takahashi,Katsuyuki Nakanishi,Naoki Kagawa,Kouichi Ichimura,Yonehiro Kanemura,Yoshitaka Narita,Haruhiko Kishima,Frontiers in oncology,Vol. 10,p. 596448-596448,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Conservative and Surgical Management of Spinal Cord Cavernous Malformations.,Yu-Ichiro Ohnishi,Nobuhiko Nakajima,Tomofumi Takenaka,Sho Fujiwara,Shinpei Miura,Eisaku Terada,Shuhei Yamada,Haruhiko Kishima,World neurosurgery: X,Vol. 5,p. 100066-100066,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Coil Embolization for a Cerebral Aneurysm in a Heart Transplantation Patient: A Case Report.,Masatoshi Takagaki,Tomoyoshi Nakagawa,Shuhei Kawabata,Nobuyuki Izutsu,Takeo Nishida,Hajime Nakamura,Haruhiko Kishima,NMC case report journal,Vol. 7,No. 1,p. 35-38,2020年01月
  • Prediction of IDH and TERT promoter mutations in low-grade glioma from magnetic resonance images using a convolutional neural network.,Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Manabu Kinoshita,Takashi Shinozaki,Hideyuki Arita,Atsushi Kawaguchi,Masamichi Takahashi,Yoshitaka Narita,Yuzo Terakawa,Naohiro Tsuyuguchi,Yoshiko Okita,Masahiro Nonaka,Shusuke Moriuchi,Masatoshi Takagaki,Yasunori Fujimoto,Junya Fukai,Shuichi Izumoto,Kenichi Ishibashi,Yoshikazu Nakajima,Tomoko Shofuda,Daisuke Kanematsu,Ema Yoshioka,Yoshinori Kodama,Masayuki Mano,Kanji Mori,Koichi Ichimura,Yonehiro Kanemura,Haruhiko Kishima,Scientific reports,Vol. 9,No. 1,p. 20311-20311,2019年12月30日,研究論文(学術雑誌)
  • 難治性疼痛に対するニューロモデュレーション 難治性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法の開発 最適刺激条件の検討,細見 晃一,森 信彦,董 冬,藤田 祐也,山本 祥太,西 麻哉,Ming Khoo Hui,柳澤 琢史,谷 直樹,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 59回,p. 77-77,2019年12月
  • 高齢者のパーキンソン病に対する2期的DBS治療の取り組み,山本 祥太,谷 直樹,藤田 祐也,Ming Khoo Hui,柳澤 琢史,細見 晃一,押野 悟,齋藤 洋一,貴島 晴彦,日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 59回,p. 121-121,2019年12月
  • 当院での脳深部刺激術手術手技の変遷と電極留置の正確性,谷 直樹,押野 悟,細見 晃一,Ming Khoo Hui,山本 祥太,藤田 祐也,貴島 晴彦,日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 59回,p. 128-128,2019年12月
  • 振戦に対する凝固術の再考,藤田 祐也,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,Ming Khoo Hui,柳澤 琢史,山本 祥太,齋藤 洋一,貴島 晴彦,日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 59回,p. 140-140,2019年12月
  • ITB療法が奏功した重度の痙縮を伴う若年型DRPLAの2例,中川 智義,谷 直樹,押野 悟,細見 晃一,Ming Khoo Hui,下野 九理子,林 良子,中井 理恵,貴島 晴彦,日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 59回,p. 148-148,2019年12月
  • 不随意運動に対する機能神経外科の現状,押野 悟,谷 直樹,細見晃一,クー ウイ ミン,栁澤琢史,山本祥太,鐘本学,齋藤洋一,貴島晴彦,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 第58巻,p. 65-69,2019年12月
  • Parkinson病患者に対する脳深部刺激調節の意義,谷 直樹,押野 悟,細見晃一,クー ウイ ミン,栁澤琢史,山本祥太,齋藤洋一,貴島晴彦,機能的脳神経外科,Vol. 第58巻,p. 70-73,2019年12月
  • Assessment of Arterial Stiffness Index Calculated from Accelerated Photoplethysmography,Tomoaki Murakami,Katsunori Asai,Yoshinori Kadono,Takeo Nishida,Hajime Nakamura,Haruhiko Kishima,Artery Research,Vol. 25,No. 1-2,p. 37-40,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Endovascular treatment for large vessel occlusion stroke in patients with ventricular assist devices.,Yoshinori Kadono,Hajime Nakamura,Shunsuke Saito,Takeo Nishida,Masatoshi Takagaki,Tomoyoshi Shigematsu,Katsunori Asai,Tomoaki Murakami,Kenichi Todo,Toshiyuki Fujinaka,Manabu Sakaguchi,Koichi Toda,Yoshiki Sawa,Haruhiko Kishima,Journal of neurointerventional surgery,Vol. 11,No. 12,p. 1205-1209,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • West症候群を発症し、焦点発作が難治に経過したsolitary cortical tuberの1例,桑山 良子,青天目 信,中井 理恵,谷河 純平,岩谷 祥子,富永 康仁,下野 九理子,柿田 明美,貴島 晴彦,大薗 恵一,大阪てんかん研究会雑誌,大阪てんかん研究会,Vol. 30,No. 1,p. 13-17,2019年11月
  • 静脈洞サンプリングにおける手技の工夫,角野 喜則,西田 武生,梶川 隆一郎,高垣 匡寿,中村 元,中島 義和,齋藤 洋一,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 4,No. Suppl.,p. S384-S384,2019年11月
  • Changes in brain morphology in patients in the preclinical stage of idiopathic normal pressure hydrocephalus.,Takashi Suehiro,Hiroaki Kazui,Hideki Kanemoto,Kenji Yoshiyama,Shunsuke Sato,Yukiko Suzuki,Shingo Azuma,Takuya Matsumoto,Haruhiko Kishima,Kazunari Ishii,Manabu Ikeda,Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society,Vol. 19,No. 6,p. 557-565,2019年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 脊髄損傷患者における安静時脳活動の特徴 脳磁図による高周波帯域の検討,西 麻哉,柳澤 琢史,福間 良平,田中 將貴,大西 諭一郎,貴島 晴彦,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 47,No. 5,p. 424-424,2019年10月
  • 脳磁図信号源推定を用いた深層学習によるてんかん自動判別に向けて,浦 菜津子,柳澤 琢史,福間 良平,青江 丈,山本 祥太,押野 悟,原田 達也,高橋 正紀,貴島 晴彦,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 47,No. 5,p. 431-431,2019年10月
  • 深層学習を利用した頭蓋内脳波波形からのてんかん発作同定,山本 祥太,柳澤 琢史,福間 良平,藤田 祐也,田中 將貴,小林 真紀,クー・ウイミン,谷 直樹,押野 悟,貴島 晴彦,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 47,No. 5,p. 457-457,2019年10月
  • Validation of magnetic resonance imaging-based automatic high-grade glioma segmentation accuracy via 11C-methionine positron emission tomography.,Tomohiko Ozaki,Manabu Kinoshita,Hideyuki Arita,Naoki Kagawa,Yasunori Fujimoto,Yonehiro Kanemura,Mio Sakai,Yoshiyuki Watanabe,Katsuyuki Nakanishi,Eku Shimosegawa,Jun Hatazawa,Haruhiko Kishima,Oncology letters,Vol. 18,No. 4,p. 4074-4081,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Intra-arterial infusion of fasudil hydrochloride to treat post-traumatic cerebral vasospasm.,Murakami T,Kajikawa R,Nakamura H,Nishida T,Yoshimura K,Yoshihara T,Tsuruzono K,Wakayama A,Kishima H,Acute medicine & surgery,Vol. 6,No. 4,p. 392-395,2019年10月
  • 11C-methionine-18F-FDG dual-PET-tracer-based target delineation of malignant glioma: evaluation of its geometrical and clinical features for planning radiation therapy.,Takero Hirata,Manabu Kinoshita,Keisuke Tamari,Yuji Seo,Osamu Suzuki,Nobuhide Wakai,Takamune Achiha,Toru Umehara,Hideyuki Arita,Naoki Kagawa,Yonehiro Kanemura,Eku Shimosegawa,Naoya Hashimoto,Jun Hatazawa,Haruhiko Kishima,Teruki Teshima,Kazuhiko Ogawa,Journal of neurosurgery,Vol. 131,No. 3,p. 676-686,2019年09月21日,研究論文(学術雑誌)
  • 11C-methionine-18F-FDG dual-PET-tracer-based target delineation of malignant glioma: evaluation of its geometrical and clinical features for planning radiation therapy.,Takero Hirata,Manabu Kinoshita,Keisuke Tamari,Yuji Seo,Osamu Suzuki,Nobuhide Wakai,Takamune Achiha,Toru Umehara,Hideyuki Arita,Naoki Kagawa,Yonehiro Kanemura,Eku Shimosegawa,Naoya Hashimoto,Jun Hatazawa,Haruhiko Kishima,Teruki Teshima,Kazuhiko Ogawa,Journal of neurosurgery,Vol. 131,No. 3,p. 676-686,2019年09月21日,研究論文(学術雑誌)
  • Deep learningを用いたてんかん自動判別機の開発,浦 菜津子,柳澤 琢史,福間 良平,山本 祥太,押野 悟,原田 達也,青江 丈,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 528-528,2019年09月
  • 人工知能を用いた脳磁図てんかん検査の自動化,平田 雅之,平野 諒司,長谷川 史裕,下野 九理子,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 527-527,2019年09月
  • 思春期若年成人のてんかん診療について 思春期・若年成人世代のてんかん診療 脳神経外科における現状と問題点,押野 悟,谷 直樹,クー・ウィミン,柳澤 琢史,平田 雅之,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 394-394,2019年09月
  • 外科治療に対する新規抗てんかん薬の影響,押野 悟,谷 直樹,クー・ウィミン,柳澤 琢史,山本 祥太,橋本 洋章,藤田 祐也,平田 雅之,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 577-577,2019年09月
  • 頭蓋内脳波、高周波振動、DC電位変動同期システムを用いたてんかん解析,橋本 洋章,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,クー・ウィミン,柳澤 琢史,山本 祥太,藤田 祐也,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 579-579,2019年09月
  • てんかん診療へのAIの応用 AIのてんかん波形診断への応用,山本 祥太,柳澤 琢史,福間 良平,Khoo Hui Ming,谷 直樹,押野 悟,枝川 光太郎,小林 真紀,田中 將貴,橋本 洋章,藤田 祐也,原田 達也,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 390-390,2019年09月
  • SEEGによる術前評価 カナダでの動向,Khoo Hui Ming,貴島 晴彦,Frauscher Birgit,Dubeau Francois,Gotman Jean,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 453-453,2019年09月
  • 脳機能の可視化とてんかんのSemiology 電気刺激による脳機能マッピングと発作誘発について,Khoo Hui Ming,貴島 晴彦,Dubeau Francois,Gotman Jean,Frauscher Birgit,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 470-470,2019年09月
  • EEG-fMRI同時測定にて描出した非内側側頭葉てんかん症例における神経回路ネットワーク(Epileptic network depicted using simultaneous EEG-fMRI in a case of non-mesial temporal lobe epilepsy),Huiming Khoo,下川 哲也,谷 直樹,山本 祥太,西 麻哉,藤田 祐也,押野 悟,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 514-514,2019年09月
  • 側頭葉てんかん術後の言語性記銘力変化と術前背景,谷 直樹,Khoo Hui Ming,柳澤 琢史,山本 祥太,藤田 祐也,平田 雅之,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 37,No. 2,p. 562-562,2019年09月
  • 神経障害性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激の最適刺激条件の検討,森 信彦,細見 晃一,眞野 智生,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,(一社)日本疼痛学会,Vol. 34,No. 2,p. 148-148,2019年07月
  • 振戦に対する外科治療の変化,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,服部 憲明,クー・ウィミン,柳澤 琢史,山本 祥太,鐘本 学,齋藤 洋一,望月 秀樹,貴島 晴彦,パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集,Movement Disorder Society of Japan (MDSJ),Vol. 13回,p. 99-99,2019年07月
  • Long-Term Results and Follow-Up Examinations after Endovascular Embolization for Unruptured Cerebral Aneurysms.,T Murakami,T Nishida,K Asai,Y Kadono,H Nakamura,T Fujinaka,H Kishima,AJNR. American journal of neuroradiology,Vol. 40,No. 7,p. 1191-1196,2019年07月
  • Distribution differences in prognostic copy number alteration profiles in IDH-wild-type glioblastoma cause survival discrepancies across cohorts.,Toru Umehara,Hideyuki Arita,Ema Yoshioka,Tomoko Shofuda,Daisuke Kanematsu,Manabu Kinoshita,Yoshinori Kodama,Masayuki Mano,Naoki Kagawa,Yasunori Fujimoto,Yoshiko Okita,Masahiro Nonaka,Kosuke Nakajo,Takehiro Uda,Naohiro Tsuyuguchi,Junya Fukai,Koji Fujita,Daisuke Sakamoto,Kanji Mori,Haruhiko Kishima,Yonehiro Kanemura,Acta neuropathologica communications,Vol. 7,No. 1,p. 99-99,2019年06月18日,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility of Salvage Re-irradiation With Stereotactic Radiotherapy for Recurrent Glioma Using CyberKnife.,Kana Adachi,Kazuhiko Hayashi,Naoki Kagawa,Manabu Kinoshita,Iori Sumida,Yuichi Akino,Hiroya Shiomi,Keisuke Tamari,Osamu Suzuki,Ryuichi Hirayama,Noriyuki Kijima,Fumiaki Isohashi,Yuji Seo,Keisuke Otani,Haruhiko Kishima,Kazuhiko Ogawa,Anticancer research,Vol. 39,No. 6,p. 2935-2940,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Therapeutic strategy against ischemic stroke with the concept of neurovascular unit.,Ozaki T,Nakamura H,Kishima H,Neurochemistry international,Vol. 126,p. 246-251,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 解剖を中心とした脳神経手術手技 神経症状を呈する胸腰椎移行部の骨粗鬆症性椎体破裂骨折の外科治療,佐々木 学,米延 策雄,貴島 晴彦,No shinkei geka. Neurological surgery,Vol. 47,No. 5,p. 511-524,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Carotid artery stenting for patients with occipital-vertebral anastomosis.,Kajikawa R,Fujinaka T,Nakamura H,Kinoshita M,Nishida T,Kishima H,Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences,Vol. 25,No. 2,p. 212-218,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between normalized distributional pattern and functional outcome in patients with acute cardiogenic cerebral embolism.,Takagaki M,Kinoshita M,Kawaguchi A,Murasawa A,Nakao K,Nakamura H,Kishima H,PloS one,Vol. 14,No. 1,2019年04月
  • Impact of skull density ratio on efficacy and safety of magnetic resonance-guided focused ultrasound treatment of essential tremor.,D'Souza M,Chen KS,Rosenberg J,Elias WJ,Eisenberg HM,Gwinn R,Taira T,Chang JW,Lipsman N,Krishna V,Igase K,Yamada K,Kishima H,Cosgrove R,Rumià J,Kaplitt MG,Hirabayashi H,Nandi D,Henderson JM,Butts Pauly K,Dayan M,Halpern CH,Ghanouni P,Journal of neurosurgery,p. 1-6,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Somatosensation Evoked by Cortical Surface Stimulation of the Human Primary Somatosensory Cortex.,Kirin SC,Yanagisawa T,Oshino S,Edakawa K,Tanaka M,Kishima H,Nishimura Y,Frontiers in neuroscience,Vol. 13,2019年04月
  • Study of cortical motor representation and cortical excitability in refractory neuropathic pain,Nobuhiko Mori,Koichi Hosomi,Ryosuke Takeuchi,Chanseok Lim,Tomoo Mano,Akiyoshi Matsugi,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,PAIN RESEARCH,Japanese Association for the Study of Pain,Vol. 34,No. 1,p. 57-64,2019年03月30日,研究論文(学術雑誌)
  • 頭蓋内脳波を用いた嚥下時脳機能の可視化:嚥下BMIへの応用を目指して,橋本 洋章,平田 雅之,吉田 史章,亀田 成司,栁澤 琢史,押野 悟,吉峰 俊樹,貴島 晴彦,CI研究 (日本脳神経CI学会機関誌),Vol. 40,No. 3・4,p. 127-133,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 難治性神経障害性疼痛の運動機能局在と皮質興奮性の検討,森 信彦,細見 晃一,竹内 遼介,林 燦碩,眞野 智生,松木 明好,貴島 晴彦,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 34,No. 1,p. 57-64,2019年03月
  • Automatic diagnosis of neurological diseases using MEG signals with a deep neural network.,Aoe J,Fukuma R,Yanagisawa T,Harada T,Tanaka M,Kobayashi M,Inoue Y,Yamamoto S,Ohnishi Y,Kishima H,Scientific reports,Vol. 9,No. 1,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Apathy and right caudate perfusion in idiopathic normal pressure hydrocephalus: A case-control study.,Hideki Kanemoto,Hiroaki Kazui,Takashi Suehiro,Haruhiko Kishima,Yukiko Suzuki,Shunsuke Sato,Shingo Azuma,Takuya Matsumoto,Kenji Yoshiyama,Eku Shimosegawa,Toshihisa Tanaka,Manabu Ikeda,International journal of geriatric psychiatry,Vol. 34,No. 3,p. 453-462,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ヒト頭蓋内電極を用いた嚥下関連 High γ 帯域活動の解析,橋本 洋章,平田 雅之,亀田 成司,吉田 史章,栁澤 琢史,押野 悟,吉峰 俊樹,貴島 晴彦,臨床神経生理学,Vol. 47,No. 1,p. 9-16,2019年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 脳磁図による新しい診断・治療法の開発,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,田中 将貴,貴島 晴彦,神谷 之康,齋藤 洋一,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 32,No. 1,p. 38-39,2019年
  • 電流源推定を用いたディープラーニングによるてんかんの自動診断,浦 菜津子,柳澤 琢史,福間 良平,山本 翔太,押野 悟,原田 達也,青江 丈,貴島 晴彦,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 32,No. 1,p. 142-143,2019年
  • Using a BCI Prosthetic Hand to Control Phantom Limb Pain.,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Ben Seymour,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Takeshi Shimizu,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,Youichi Saitoh,Brain-Computer Interface Research - A State-of-the-Art Summary 7,Springer,p. 43-52,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Successful Reperfusion with Endovascular Therapy Has Beneficial Effects on Long-Term Outcome Beyond 90 Days.,Kenichi Todo,Nobuyuki Sakai,Hirotoshi Imamura,Hiroshi Yamagami,Hidemitsu Adachi,Tomoyuki Kono,Junya Kobayashi,Shiro Yamamoto,Takeshi Morimoto,Shoichi Tani,Michi Kawamoto,Manabu Sakaguchi,Yasushi Ueno,Takeharu Kunieda,Osamu Narumi,Chiaki Sakai,Akira Ishii,Taku Hoshi,Masaomi Koyanagi,Yohei Mineharu,Tatsuya Ishikawa,Yoji Kuramoto,Shinsuke Sato,Nobuyuki Ohara,Koichi Arimura,Hajime Nakamura,Takeo Nishida,Yasufumi Gon,Toshiyuki Fujinaka,Kazuhisa Yoshiya,Haruhiko Kishima,Hideki Mochizuki,Nobuo Kohara,Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland),Vol. 47,No. 3-4,p. 127-134,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Endovascular Therapy for Ruptured Vertebral Artery Dissecting Aneurysms: Results from Nationwide, Retrospective, Multi-Center Registries in Japan (JR-NET3).,Nakamura H,Fujinaka T,Nishida T,Kishima H,Sakai N,JR-NET,study group,Neurologia medico-chirurgica,Vol. 59,No. 1,p. 10-18,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 中枢性脳卒中後疼痛の神経画像研究と非侵襲脳刺激療法,細見晃一,清水豪士,眞野智生,森信彦,渡邉嘉之,柴田政彦,貴島晴彦,齋藤洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 4,p. 282-293,2018年12月
  • MEG-BMIによる幻肢痛の制御,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 57,p. 57-61,2018年12月
  • Functional connectivity analysis and prediction of cognitive change after carotid artery stenting.,Tani N,Yaegaki T,Nishino A,Fujimoto K,Hashimoto H,Horiuchi K,Nishiguchi M,Kishima H,Journal of neurosurgery,p. 1-7,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • LPA4-Mediated Vascular Network Formation Increases the Efficacy of Anti-PD-1 Therapy against Brain Tumors.,Eino D,Tsukada Y,Naito H,Kanemura Y,Iba T,Wakabayashi T,Muramatsu F,Kidoya H,Arita H,Kagawa N,Fujimoto Y,Takara K,Kishima H,Takakura N,Cancer research,Vol. 78,No. 23,p. 6607-6620,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-invasive quantification of human swallowing using a simple motion tracking system,Hiroaki Hashimoto,Masayuki Hirata,Kazutaka Takahashi,Seiji Kameda,Yuri Katsuta,Fumiaki Yoshida,Noriaki Hattori,Takufumi Yanagisawa,Jason Palmer,Satoru Oshino,Toshiki Yoshimine,Haruhiko Kishima,Scientific Reports,Nature Publishing Group,Vol. 8,No. 1,2018年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of 11C-methionine/FDG dural tracer PET-based, compared with MRI-based target delineation of malignant gliomas for radiation planning.,Hirata Takero,Kinoshita Manabu,Tamari Keisuke,Seo Yuji,Suzuki Osamu,Wakai Nobuhide,Achiha Takamune,Umehara Toru,Arita Hideyuki,Kagawa Naoki,Kanemura Yonehiro,Shimosegawa Eku,Hashimoto Naoya,Hatazawa Jun,Kishima Haruhiko,Teshima Teruki,Ogawa Kazuhiko,NEURO-ONCOLOGY,Vol. 20,p. 232-233,2018年11月
  • Real-Time Neurofeedback to Modulate β-Band Power in the Subthalamic Nucleus in Parkinson's Disease Patients.,Fukuma R,Yanagisawa T,Tanaka M,Yoshida F,Hosomi K,Oshino S,Tani N,Kishima H,eNeuro,Vol. 5,No. 6,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Methylation dependent down-regulation of G0S2 leads to suppression of invasion and improved prognosis of IDH1-mutant glioma.,Fukunaga, T,Fujita, Y,Kishima, H,Yamashita, T,PLoS One,Vol. 13,No. 11,2018年11月
  • 臨床脳機能マッピングupdate BMI技術を応用した脳磁図・皮質脳波からの脳機能マッピング,柳澤 琢史,福間 良平,西本 伸志,中村 優一郎,押野 悟,神谷 之康,貴島 晴彦,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 46,No. 5,p. 338-338,2018年10月
  • Life-Threatening Hemorrhagic Moyamoya Disease: Report of Rare Case of Atraumatic Acute Subdural Hematoma Due to Ruptured Transdural Anastomosis.,Umehara T,Goto Y,Kajikawa R,Wakayama A,Kishima H,World neurosurgery,Vol. 118,p. 16-20,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 「再発」グリオーマの系統解析 IDH1変異が「消失」した症例の解析より,梅原 徹,有田 英之,香川 尚己,藤本 康倫,金村 米博,貴島 晴彦,Brain Tumor Pathology,日本脳腫瘍病理学会,Vol. 35,No. Suppl.,p. 133-133,2018年09月
  • 1p/19q共欠失とTP53変異を併せ持つ神経膠腫の分子遺伝学的検討,有田 英之,梅原 徹,香川 尚己,藤本 康倫,森井 英一,金村 米博,貴島 晴彦,Brain Tumor Pathology,日本脳腫瘍病理学会,Vol. 35,No. Suppl.,p. 164-164,2018年09月
  • 頭蓋内電極留置術での合併症を避けるための工夫,山本 祥太,押野 悟,クー・ウィミン,谷 直樹,柳澤 琢史,田中 將貴,橋本 洋章,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 36,No. 2,p. 426-426,2018年09月
  • てんかんに対する最新のモダリティを使った脳内コネクトーム解析-MRI、MEG、そしてEEG-fMRI Spike Onset ZoneとEEG-fMRI解析,Khoo Hui Ming,von Ellenrieder Nicolas,Zazubovits Natalja,He Danieal,谷 直樹,押野 悟,貴島 晴彦,Dubeau Francois,Gotman Jean,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 36,No. 2,p. 332-333,2018年09月
  • てんかんディベート「ちょっと困るこんな症例」 前頭葉てんかん?全般性てんかん?,谷 直樹,押野 悟,Khoo Hui Ming,柳澤 琢史,山本 祥太,橋本 洋章,平田 雅之,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 36,No. 2,p. 341-341,2018年09月
  • 炎症マーカー[11C]DPA-713を用いたPETによる焦点性てんかんの局在診断,下野 九理子,林 良子,岩谷 祥子,富永 康仁,青天目 信,押野 悟,加藤 弘樹,貴島 晴彦,畑澤 順,谷池 雅子,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 36,No. 2,p. 467-467,2018年09月
  • Carotid artery stenting for patients with occipital-vertebral anastomosis.,Kajikawa R,Fujinaka T,Nakamura H,Kinoshita M,Nishida T,Kishima H,Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences,2018年09月
  • MEG-BMI to Control Phantom Limb Pain.,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Ben Seymour,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Takeshi Shimizu,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,Youichi Saitoh,Neurologia medico-chirurgica,Vol. 58,No. 8,p. 327-333,2018年08月15日,研究論文(学術雑誌)
  • MEG-BMI to Control Phantom Limb Pain.,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Ben Seymour,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Takeshi Shimizu,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,Youichi Saitoh,Neurologia medico-chirurgica,Vol. 58,No. 8,p. 327-333,2018年08月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Repetitive transcranial magnetic stimulation accuracy as a spinal cord stimulation outcome predictor in patients with neuropathic pain,Takeshi Shimizu,Koichi Hosomi,Tomoyuki Maruo,Yuko Goto,Toshio Shimokawa,Kishima Haruhiko,Youichi Saitoh,Journal of Clinical Neuroscience,Churchill Livingstone,Vol. 53,p. 100-105,2018年07月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Optimization of C-11 DPA713 PET for pediatric patients with epilepsy: appropriate scan protocol for lesion detection,Hiroki Kato,Kuriko Shimono,Haruhiko Kishima,Masako Taniike,Jun Hatazawa,2018年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Voxel-based lesion mapping of meningioma: A comprehensive lesion location mapping of 260 lesions,Ryuichi Hirayama,Manabu Kinoshita,Hideyuki Arita,Naoki Kagawa,Haruhiko Kishima,Naoya Hashimoto,Yasunori Fujimoto,Toshiki Yoshimine,Journal of Neurosurgery,American Association of Neurological Surgeons,Vol. 128,No. 6,p. 1707-1712,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Enlargement of papillary glioneuronal tumor in an adult after a follow-up period of 10 years: a case report.,Fujita Y,Kinoshita M,Ozaki T,Kitamura M,Nakatsuka SI,Kanemura Y,Kishima H,Journal of surgical case reports,Vol. 2018,No. 6,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Risk Factors for Postoperative Delirium After Deep Brain Stimulation Surgery for Parkinson Disease,Masataka Tanaka,Naoki Tani,Tomoyuki Maruo,Satoru Oshino,Koichi Hosomi,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,World Neurosurgery,Elsevier Inc.,Vol. 114,p. e518-e523,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Coil and Single-Stent Placement for Ruptured Dissecting Aneurysm of Middle Cerebral Artery: A Case Report,Tomohiko Ozaki,Takeo Nishida,Yuya Fujita,Haruhiko Kishima,Manabu Kinoshita,World Neurosurgery,Elsevier Inc.,Vol. 113,p. 208-211,2018年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Influence of region-of-interest designs on quantitative measurement of multimodal imaging of MR non-enhancing gliomas.,Takano K,Kinoshita M,Arita H,Okita Y,Chiba Y,Kagawa N,Watanabe Y,Shimosegawa E,Hatazawa J,Hashimoto N,Fujimoto Y,Kishima H,Oncology letters,Vol. 15,No. 5,p. 7934-7940,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 小児脳腫瘍治療後の放射線誘発頭蓋内腫瘍に対する治療戦略と問題点,横田 千里,香川 尚己,梅原 徹,阿知波 孝宗,福永 貴典,永野 大輔,有田 英之,藤本 康倫,貴島 晴彦,小児の脳神経,(一社)日本小児神経外科学会,Vol. 43,No. 2,p. 254-254,2018年04月
  • Stereotactic Lesioning of the Thalamic Vo Nucleus for the Treatment of Writer's Cramp (Focal Hand Dystonia).,Shimizu T,Maruo T,Miura S,Kishima H,Ushio Y,Goto S,Frontiers in neurology,Vol. 9,2018年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対するニューロモデュレーション療法,細見晃一,清水豪士,後藤雄子,眞野智生,押野悟,貴島晴彦,齋藤洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 1,p. 18-28,2018年03月
  • 機能外科とニューロモデュレーション,貴島晴彦,㈱中外医学社 Clinical Neuroscience,Vol. Vo.37,No. No.4,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Decoding Visual Stimulus in Semantic Space from Electrocorticography Signals.,Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Shinji Nishimoto,Masataka Tanaka,Shota Yamamoto,Satoru Oshino,Yukiyasu Kamitani,Haruhiko Kishima,IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2018, Miyazaki, Japan, October 7-10, 2018,IEEE,p. 102-104,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • rTMSを用いたパーキンソン病の脳内メカニズムの解明研究 (第57回日本定位・機能神経外科学会優秀演題),眞野 智生,岡田 研一,細見 晃一,後藤 雄子,小林 康,貴島 晴彦,齋藤 洋一,機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,日本定位・機能神経外科学会事務局,Vol. 57,p. 30-34,2018年
  • Training in Use of Brain-Machine Interface-Controlled Robotic Hand Improves Accuracy Decoding Two Types of Hand Movements.,Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Youichi Saitoh,Yukiyasu Kamitani,Haruhiko Kishima,Frontiers in neuroscience,Vol. 12,p. 478-478,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • The optimal stimulation site for high-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation in Parkinson's disease: A double-blind crossover pilot study,Masaru Yokoe,Tomoo Mano,Tomoyuki Maruo,Koichi Hosomi,Toshio Shimokawa,Haruhiko Kishima,Satoru Oshino,Shayne Morris,Yu Kageyama,Yuko Goto,Takeshi Shimizu,Hideki Mochizuki,Toshiki Yoshimine,Youichi Saitoh,Journal of Clinical Neuroscience,Churchill Livingstone,Vol. 47,p. 72-78,2018年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Enchondromatosis-associated oligodendroglioma: case report and literature review.,Takamune Achiha,Hideyuki Arita,Naoki Kagawa,Tsuyoshi Murase,Jun-Ichiro Ikeda,Eiichi Morii,Yonehiro Kanemura,Yasunori Fujimoto,Haruhiko Kishima,Brain tumor pathology,Vol. 35,No. 1,p. 36-40,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • X-ray angiography perfusion imaging with an intra-arterial injection: Comparative study with 15O-gas/water positron emission tomography,Katsunori Asai,Hajime Nakamura,Tadashi Watabe,Takeo Nishida,Manabu Sakaguchi,Jun Hatazawa,Toshiki Yoshimine,Haruhiko Kishima,Journal of NeuroInterventional Surgery,BMJ Publishing Group,Vol. 10,No. 8,p. 780-783,2017年12月04日,研究論文(学術雑誌)
  • 脳機能解析の現状と将来展望,貴島晴彦,栁澤琢史,クー ウイミン,枝川 光太朗,脳神経外科ジャーナル,Vol. 26,No. 12,p. 892-898,2017年12月
  • 髄膜腫塞栓術におけるIntratumoral embolizationの有効性 ASL灌流画像による検討,浅井 克則,中村 元,木下 学,西田 武生,渡邊 嘉之,有田 英之,香川 尚己,藤本 康倫,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 2,No. Suppl.,p. S106-S106,2017年11月
  • 血腫形成型くも膜下出血に対する脳動脈瘤塞栓術の治療成績,角野 喜則,中村 元,西田 武生,浅井 克則,嶋津 岳士,吉矢 和久,射場 治郎,藤中 俊之,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 2,No. Suppl.,p. S133-S133,2017年11月
  • Preservation of Motor Function After Resection of Lower-Grade Glioma at the Precentral Gyrus and Prediction by Presurgical Functional Magnetic Resonance Imaging and Magnetoencephalography.,Izutsu N,Kinoshita M,Yanagisawa T,Nakanishi K,Sakai M,Kishima H,World neurosurgery,Vol. 107,p. 1045.e5-1045.e8,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Brachial-Ankle Pulse Wave Velocity as a Predictor of Silent Cerebral Embolism after Carotid Artery Stenting,Tomoaki Murakami,Hajime Nakamura,Takeo Nishida,Tomohiko Ozaki,Katsunori Asai,Tomoki Kidani,Yoshinori Kadono,Manabu Sakaguchi,Toshiki Yoshimine,Haruhiko Kishima,JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 26,No. 10,p. 2329-2335,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 頭頸部血管損傷の最新治療,中村 元,藤中 俊之,射場 治郎,吉矢 和久,塩崎 忠彦,嶋津 岳士,貴島 晴彦,日本救急医学会雑誌,(一社)日本救急医学会,Vol. 28,No. 9,p. 364-364,2017年09月
  • Lysophosphatidic Acid Receptor 4 Activation Augments Drug Delivery in Tumors by Tightening Endothelial Cell-Cell Contact,Kazuhiro Takara,Daisuke Eino,Koji Ando,Daisuke Yasuda,Hisamichi Naito,Yohei Tsukada,Tomohiro Iba,Taku Wakabayashi,Fumitaka Muramatsu,Hiroyasu Kidoya,Shigetomo Fukuhara,Naoki Mochizuki,Satoshi Ishii,Haruhiko Kishima,Nobuyuki Takakura,CELL REPORTS,CELL PRESS,Vol. 20,No. 9,p. 2072-2086,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Lysophosphatidic Acid Receptor 4 Activation Augments Drug Delivery in Tumors by Tightening Endothelial Cell-Cell Contact.,Takara K,Eino D,Ando K,Yasuda D,Naito H,Tsukada Y,Iba T,Wakabayashi T,Muramatsu F,Kidoya H,Fukuhara S,Mochizuki N,Ishii S,Kishima H,Takakura N,Cell reports,Vol. 20,No. 9,p. 2072-2086,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 硬膜内、神経根上の動静脈瘻の構造と治療戦略,西田武生,中村元,浅井克則,角野喜則,貴島晴彦,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 「痛みと脳」研究の最前線 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療,柳澤 琢史,福間 良平,ベン・シーモア,細見 晃一,貴島 晴彦,平田 雅之,横井 浩史,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 32,No. 2,p. 104-104,2017年06月
  • 母と子に発症した神経膠芽腫の病理組織像と分子遺伝学的検討,香川 尚己,阿知波 孝宗,横田 千里,有田 英之,藤本 康倫,貴島 晴彦,森井 英一,金村 米博,中里 洋一,吉峰 俊樹,Brain Tumor Pathology,日本脳腫瘍病理学会,Vol. 34,No. Suppl.,p. 142-142,2017年05月
  • Mapping ECoG channel contributions to trajectory and muscle activity prediction in human sensorimotor cortex.,Nakanishi Y,Yanagisawa T,Shin D,Kambara H,Yoshimura N,Tanaka M,Fukuma R,Kishima H,Hirata M,Koike Y,Scientific reports,Vol. 7,No. 1,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Mapping ECoG channel contributions to trajectory and muscle activity prediction in human sensorimotor cortex,Yasuhiko Nakanishi,Takufumi Yanagisawa,Duk Shin,Hiroyuki Kambara,Natsue Yoshimura,Masataka Tanaka,Ryohei Fukuma,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Yasuharu Koike,Scientific Reports,Vol. 7,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of diffusion tensor imaging and #U11#URC-methionine positron emission tomography for reliable prediction of tumor cell density in gliomas.,Kinoshita M,Arita H,Okita Y,Kagawa N,Kishima H,Hashimoto N,Tanaka H,Watanabe Y,Shimosegawa E,Hatazawa J,Fujimoto Y,Yoshimine T,Journal of neurosurgery,Vol. 125,No. 5,p. 1136-1142,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • One-Year Outcome of 49-Channel Suprachoroidal-Transretinal Stimulation Prosthesis in Patients With Advanced Retinitis Pigmentosa.,Fujikado T,Kamei M,Sakaguchi H,Kanda H,Endo T,Hirota M,Morimoto T,Nishida K,Kishima H,Terasawa Y,Oosawa K,Ozawa M,Nishida K,Investigative ophthalmology & visual science,Vol. 57,No. 14,p. 6147-6157,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Association between high biomarker probability of Alzheimer's disease and improvement of clinical outcomes after shunt surgery in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus.,Kazui H,Kanemoto H,Yoshiyama K,Kishima H,Suzuki Y,Sato S,Suehiro T,Azuma S,Yoshimine T,Tanaka T,Journal of the neurological sciences,Vol. 369,p. 236-241,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Corrigendum: Real-Time Control of a Neuroprosthetic Hand by Magnetoencephalographic Signals from Paralysed Patients.,Fukuma R,Yanagisawa T,Saitoh Y,Hosomi K,Kishima H,Shimizu T,Sugata H,Yokoi H,Hirata M,Kamitani Y,Yoshimine T,Scientific reports,Vol. 6,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Induced sensorimotor brain plasticity controls pain in phantom limb patients.,Yanagisawa T,Fukuma R,Seymour B,Hosomi K,Kishima H,Shimizu T,Yokoi H,Hirata M,Yoshimine T,Kamitani Y,Saitoh Y,Nature communications,Vol. 7,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 左側頭葉後下部を中心とした脳梗塞により呼称障害と漢字優位の失読失書、意味理解障害を呈した1例,佐藤 俊介,数井 裕光,鐘本 英輝,鈴木 由希子,東 眞吾,末廣 聖,松本 拓也,吉山 顕次,中村 元,貴島 晴彦,池田 学,日本神経心理学会総会プログラム・予稿集,日本神経心理学会,Vol. 40回,p. 103-103,2016年08月
  • Diagnostic and Prognostic Value of 11C-Methionine PET for Nonenhancing Gliomas.,Takano K,Kinoshita M,Arita H,Okita Y,Chiba Y,Kagawa N,Fujimoto Y,Kishima H,Kanemura Y,Nonaka M,Nakajima S,Shimosegawa E,Hatazawa J,Hashimoto N,Yoshimine T,AJNR Am J Neuroradiol.,Vol. 37,No. 1,p. 44-50,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Detection of Epileptic Seizures Using Phase-Amplitude Coupling in Intracranial Electroencephalography.,Edakawa K,Yanagisawa T,Kishima H,Fukuma R,Oshino S,Khoo HM,Kobayashi M,Tanaka M,Yoshimine T,Scientific reports,Vol. 6,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Navigation-assisted trans-inferotemporal cortex selective amygdalohippocampectomy for mesial temporal lobe epilepsy; preserving the temporal stem.,Kishima H,Kato A,Oshino S,Tani N,Maruo T,Khoo HM,Yanagisawa T,Edakawa K,Kobayashi M,Tanaka M,Hosomi K,Hirata M,Yoshimine T,Neurol Res,Vol. 39,No. 3,p. 223-230,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Real-Time Control of a Neuroprosthetic Hand by Magnetoencephalographic Signals from Paralysed Patients.,Fukuma R,Yanagisawa T,Saitoh Y,Hosomi K,Kishima H,Shimizu T,Sugata H,Yokoi H,Hirata M,Kamitani Y,Yoshimine T,Scientific reports,Vol. 6,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of fragmented letters through minimum-distance interpolation,Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Youichi Saitoh,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Takeshi Shimizu,Hisato Sugata,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,Therapeutic Research,Vol. 37,No. 8,p. 795-802,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • 治療戦略と戦術を中心とした症例報告 クリッピング術後に再発した大型VA-PICA瘤に対する治療戦略,中村 元,藤中 俊之,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 25,No. 1,p. 71-75,2016年01月
  • Relationship between spatial pattern of P300 and performance of P300-based braincomputer interface in amyotrophic lateral sclerosis,Sugata H,Hirata M,Kageyama Y,Kishima H,Sawada J,Yoshimine T,Brain-Computer Interfaces,Vol. 3,No. 1,p. 1-8,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Less invasive disconnection surgery using advanced image guidance for wide spread cortical malformations.,Kato A,Nakano N,Kishima H,Yoshimine T,Int J Epilepsy,Vol. 3,No. 1,p. 42-42,2016年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cross-Frequency Couplingによるてんかん発作の同定,枝川 光太朗,柳澤 琢史,貴島 晴彦,押野 悟,小林 真紀,田中 將貴,Khoo Hui Ming,平田 雅之,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 33,No. 2,p. 529-529,2015年09月
  • Default mode network connectivity in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus.,Khoo HM,Kishima H,Tani N,Oshino S,Maruo T,Hosomi K,Yanagisawa T,Kazui H,Watanabe Y,Shimokawa T,Aso T,Kawaguchi A,Yamashita F,Saitoh Y,Yoshimine T,Journal of neurosurgery,Vol. 124,No. 2,p. 350-358,2015年08月
  • Ictal <sup>99m</sup>Tc-Ethyl Cysteinate Dimer SPECT Findings of a Girl With Refractory Localization-Related Epilepsy Who Developed Transient Ictal Bradycardia.,Kimizu T,Toshikawa H,Kimura S,Ikeda T,Mogami Y,Yanagihara K,Kishima H,Suzuki Y,Child neurology open,Vol. 2,No. 3,2015年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 術後一過性に失算を認めた左前頭葉てんかんの一例,井上 洋,貴島 晴彦,押野 悟,Khoo Hui Ming,柳澤 琢史,平田 雅之,枝川 光太朗,圓尾 知之,小林 真紀,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 3,p. 632-632,2015年01月
  • 難治性てんかんの術前評価に対する開頭下のフレームレスイメージガイド定位手術による深部電極留置術(Frameless Image-Guided Stereotactic Implantation of Depth Electrodes via Craniotomy for Presurgical Evaluation of Pharmacoresistant Epilepsy),Khoo Hui Ming,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,圓尾 知之,柳澤 琢史,枝川 光太朗,井上 洋,平田 雅之,小林 真紀,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 354-354,2014年09月
  • 脳磁図・頭蓋内脳波同時計測による側頭葉内側活動の記憶課題における特徴の抽出,井上 洋,柳澤 琢史,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,Khoo Hui Ming,吉峰 俊樹,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 27,No. 1,p. 146-147,2014年05月
  • Electrocorticographic control of a prosthetic hand in paralyzed patients ecog control of a prosthetic hand,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Kojiro Matsushita,Tetsu Goto,Ryohei Fukuma,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,Biosystems and Biorobotics,Springer International Publishing,Vol. 6,p. 95-103,2014年,論文集(書籍)内論文
  • レーザースペックル脳血流計(LSF)を用いたてんかんモデルにおける経時的脳機能解析,圓尾 知之,貴島 晴彦,押野 悟,中村 元,谷 直樹,クー・ウイミン,枝川 光太朗,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 31,No. 2,p. 437-437,2013年09月
  • 大きな髄内の嚢胞性病変に伴った難治性てんかん,Khoo Hui Ming,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,圓尾 知之,柳澤 琢史,枝川 光太朗,沖永 剛,下野 九理子,平田 雅之,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 31,No. 2,p. 407-407,2013年09月
  • Brain-machine interface using brain surface electrodes: Real-time robotic control and a fully implantable wireless system,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Kojiro Matsushita,Hisato Sugata,Yukiyasu Kamitani,Takafumi Suzuki,Hiroshi Yokoi,Tetsu Goto,Morris Shayne,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Mitsuo Kawato,Toshiki Yoshimine,Assistive Technologies: Concepts, Methodologies, Tools, and Applications,IGI Global,p. 1535-1548,2013年08月31日,論文集(書籍)内論文
  • Feasibility of 2nd generation STS retinal prosthesis in dogs.,Fujikado T,Kamei M,Sakaguchi H,Kanda H,Morimoto T,Nishida K,Kishima H,Maruo T,Oosawa K,Ozawa M,Nishida K,Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc.,Vol. 2013,No. Jul,p. 3119-3121,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Radiation-induced anaplastic ependymoma with a remarkable clinical response to temozolomide: A case report,H. M. Khoo,H. Kishima,M. Kinoshita,Y. Goto,N. Kagawa,N. Hashimoto,M. Maruno,T. Yoshimine,British Journal of Neurosurgery,Vol. 27,No. 2,p. 259-261,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Intrathecal Baclofen Therapy on Respiratory Function in Spastic Patients,Kishima Haruhiko,Yanagisawa Takufumi,Oshino Satoru,Goto Yuko,Maruo Tomoyuki,Khoo Hui MIng,Tani Naoki,Saitoh Youichi,Yoshimine Toshiki,STEREOTACTIC AND FUNCTIONAL NEUROSURGERY,Vol. 91,2013年
  • Differential Efficacy Of Motor Cortex Stimulation And Lesioning Of The Dorsal Root Entry Zone For Continuous Vs Paroxysmal Pain Afterroot Avulsion,Youichi Saitoh,Satoru Oshino,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Tomoyuki Maruo,Toshiki Yoshimine,STEREOTACTIC AND FUNCTIONAL NEUROSURGERY,KARGER,Vol. 91,p. 83-83,2013年
  • レーザースペックル脳血流計(LSF)を用いたてんかんモデルに対する脳機能解析,圓尾 知之,貴島 晴彦,押野 悟,中村 元,谷 直樹,Khoo Hui Ming,後藤 雄子,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 453-453,2012年09月
  • 15. Predictive factors of pain relief with repetitive transcranial magnetic stimulation in patients with neuropathic pain,Koichi Hosomi,Tomoyuki Maruo,Haruhiko Kishima,Satoru Oshino,Naoki Tani,Yu Kageyama,Shayne Morris,Taiga Matsuzaki,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Hui Ming Khoo,Toshiki Yoshimine,Youichi Saitoh,Clinical Neurophysiology,Elsevier {BV},Vol. 123,No. 9,2012年09月
  • 16. The consecutive effect of repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) on motor and non-motor symptoms of Parkinson’s disease,Maruo Tomoyuki,Hosomi Koichi,Kishima Haruhiko,Oshino Satoru,Morris Shayne,Kageyama Yu,Ming Khoo Hui,Yoshimine Toshiki,Saitoh Youichi,Clinical Neurophysiology,Elsevier BV,Vol. 123,No. 9,2012年
  • Spinal Cord Stimulation for Thalamic or Central Pain Reply,Mohamed M. Aly,Youichi Saitoh,Satoru Oshino,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Toshiki Yoshimine,NEUROSURGERY,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 68,No. 5,p. E1507-E1508,2011年05月
  • Frequency-dependent spatiotemporal distribution of cerebral oscillatory changes during silent reading: A magnetoencephalographic group analysis (vol 54, pg 560, 2011),Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Yuka Umekawa,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shirou Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 55,No. 3,p. 1407-1407,2011年04月
  • Corrigendum to "Frequency-dependent spatiotemporal distribution of cerebral oscillatory changes during silent reading: A magnetoencephalographic group analysis" [NeuroImage 54/1 (2011) 560-567],Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Yuka Umekawa,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shirou Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NeuroImage,Vol. 55,No. 3,2011年04月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Single trial classification of phonemes for electrocorticographic brain-machine interfaces,Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Kojiro Matsushita,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shayne Morris,Hisato Sugata,Shiro Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E97-E97,2011年
  • Gamma amplitude coupled with alpha phase represents motor information before actual movements,Takufumi Yanagisawa,Okito Yamashita,Masayuki Hirata,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Tetsu Goto,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E98-E98,2011年
  • 3D designed high-density electrodes matching individual brain surface,Shayne Morris,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Koujiro Matsushita,Takufumi Yanagisawa,Takafumi Suzuki,Naotaka Fujii,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E99-E99,2011年
  • Integrative BMI approach for functional restoration using human electrocorticograms,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Tetsu Goto,Kojiro Matsushita,Takafumi Suzuki,Hiroshi Yokoi,Osamu Sakura,Naotaka Fujii,Junichi Ushiba,Takeshi Yoshida,Fumihiro Sato,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E40-E40,2010年
  • Prosthetic arm control by paralyzed patients using electrocorticograms,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Tetsu Goto,Ryohei Fukuma,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E83-E83,2010年
  • Single trial classification of phonemes for electrocorticographic brain-machine interfaces,Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Kojiro Matsushita,Shayne Morris,Hisao Sugata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shiro Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E215-E215,2010年
  • ECoG-based Brain-Machine Interface,Toshiki Yoshimine,Masayuki Hirata,Takuhumi Yanagisawa,Tetsu Goto,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Ryohei Fukuma,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S33-S33,2009年
  • Real time cortical control of a prosthetic hand using electrocorticogram (ECoG),Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Tetsu Goto,Ryohei Fukuma,Haruhiko Kishima,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S49-S49,2009年
  • 穿頭による定位的生検術の診断率と危険性についての検討,有田 英之,橋本 直哉,木下 学,香川 尚己,貴島 晴彦,泉本 修一,馬淵 英一郎,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 3K-7,2007年10月
  • Primary motor cortex stimulation for intractable neuropathic pain,Y. Saitoh,K. Hosorni,H. Kishima,S. Oshino,M. Hirata,N. Tani,T. Shimokawa,T. Yoshimine,PROCEEDINGS OF THE 13TH EUROPEAN CONGRESS OF NEUROSURGERY,MEDIMOND S R L,p. 669-672,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 進行性核上性麻痺(PSP)を伴ったdefinite iNPH の一例.,吉田哲彦,石田友実子,久保嘉彦,德永博正,数井裕光,貴島晴彦,武田雅俊,第8回日本正常圧水頭症研究会記録集CD-R版,2007年
  • Stimulation of primary motor cortex for intractable deafferentation pain.,Saitoh Y,Hirayama A,Kishima H,Oshino S,Hirata M,Kato A,Yoshimine T,Acta neurochirurgica. Supplement,Vol. 99,p. 57-59,2006年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Open radiofrequency ablation for the management of intractable epilepsy associated with sessile hypothalamic hamartoma.,Fujimoto Y,Kato A,Saitoh Y,Ninomiya H,Imai K,Hashimoto N,Kishima H,Maruno M,Yoshimine T,Minimally invasive neurosurgery : MIN,Vol. 48,No. 3,p. 132-135,2005年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Cerebral motor control in patients with gliomas around the central sulcus studied with spatially filtered magnetoencephalography,M Taniguchi,A Kato,H Ninomiya,M Hirata,D Cheyne,SE Robinson,M Maruno,Y Saitoh,H Kishima,T Yoshimine,JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY,BMJ PUBLISHING GROUP,Vol. 75,No. 3,p. 466-471,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrical stimulation of primary motor cortex within the central sulcus for treating deafferentation pain,Y Saitoh,H Kishima,A Hirayama,S Oshino,A Kato,T Yoshimine,11TH INTERNATIONAL PAIN CLINIC: WORLD SOCIETY OF PAIN CLINICIANS,MEDIMOND PUBLISHING CO,p. 319-323,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stereotactic radiofrequency ablation for sessile hypothalamic hamartoma with an image fusion technique.,Fujimoto Y,Kato A,Saitoh Y,Ninomiya H,Imai K,Sakakibara RI,Maruno M,Kishima H,Yoshimura K,Hasegawa H,Yoshimine T,Acta neurochirurgica,Vol. 145,No. 8,p. 697-701,2003年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Spatiotemporal distributions of brain oscillation during silent reading,Masayuki Hirata,Amami Kato,Hirotomo Ninomiya,Masaaki Taniguchi,Haruhiko Kishima,Toshiki Yoshimine,International Congress Series,Vol. 1232,No. C,p. 35-39,2002年04月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A hybrid navigation system for reliable navigation surgery - microscopic optical tracking and electromagnetic suction tube tracking,J Yamada,A Kato,H Kishima,M Hirata,T Yoshimine,CARS 2002: COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,p. 1068-1068,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motor cortex stimulation for deafferentation pain.,Saitoh Y,Hirano S,Kato A,Kishima H,Hirata M,Yamamoto K,Yoshimine T,Neurosurgical focus,Vol. 11,No. 3,2001年09月
  • Radiosensitive giant cell tumour of the sphenoid bone: A case report.,Kishima H,Shimizu K,Miyao Y,Br J Neurosurg,Vol. 15,No. 2,p. 171-174,2001年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Artificial vision for the blind by electrical stimulation of visual cortex.,KatoA,Kishima H,Yamada J,Kumura E,Sasaki H,Fukuda Y,Yoshimine T,Restrative Neurol Neurosci.,2001年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Anticonvulsant-induced suppression of IFN-gamma production by lymphocytes obtained from cervical lymph nodes in glioma-bearing mice.,Yamada M,Ohkawa M,Tamura K,Mabuchi E,Kishima H,Tamura M,Shimizu K,Journal of neuro-oncology,Vol. 47,No. 2,p. 125-132,2000年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Monoclonal antibody ONS-M21 recognizes integrin alpha3 in gliomas and medulloblastomas.,Kishima H,Shimizu K,Tamura K,Miyao Y,Mabuchi E,Tominaga E,Matsuzaki J,Hayakawa T,British journal of cancer,Vol. 79,No. 2,p. 333-339,1999年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Transduction of glioma cells using a high-titer retroviral vector system and their subsequent migration in brain tumors.,Tamura M,Ikenaka K,Tamura K,Yoshimatsu T,Miyao Y,Kishima H,Mabuchi E,Shimizu K,Gene therapy,Vol. 5,No. 12,p. 1698-1704,1998年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A humanized single-chain Fv fragment with high targeting potential against human malignant gliomas.,Ohtomo T,Kawata H,Sekimori Y,Shimizu K,Kishima H,Moriuchi S,Miyao Y,Akamatsu K,Tsuchiya M,Anticancer research,Vol. 18,No. 6A,p. 4311-4315,1998年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Systemic interleukin 12 displays anti-tumour activity in the mouse central nervous system.,Kishima H,Shimizu K,Miyao Y,Mabuchi E,Tamura K,Tamura M,Sasaki M,Hakakawa T,British journal of cancer,Vol. 78,No. 4,p. 446-453,1998年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Internalization with high targeting potential of mouse monoclonal antibody ONS-M21 recognizing human malignant glioma antigen.,Shimizu K,Park KC,Tamura K,Kishima H,Kawata H,Yoshimura Y,Sekimori Y,Miyao Y,Hayakawa T,Cancer letters,Vol. 127,No. 1-2,p. 171-176,1998年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Microvascular permeability of the non-heart-beating rabbit lung after warm ischemia and reperfusion: role of neutrophil elastase.,Kishima H,Takeda S,Miyoshi S,Matsumura A,Minami M,Utsumi T,Omori K,Nakahara K,Matsuda H,The Annals of thoracic surgery,Vol. 65,No. 4,p. 913-918,1998年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Possible common origin of alpha-fetoprotein- and human chorionic gonadotropin--secreting cells in intracranial germ cell tumor. Case report.,Kishima H,Shimizu K,Miyao Y,Mabuchi E,Hayakawa T,Journal of neurosurgery,Vol. 88,No. 3,p. 576-580,1998年03月,研究論文(学術雑誌)
  • FUT-175, a synthetic inhibitor of the complement pathway, protects against the inactivation of infectious retroviruses by human serum.,Miyao Y,Ikenaka K,Kishima H,Tamura M,Nakamura K,Kurumi M,Hayakawa T,Shimizu K,Human gene therapy,Vol. 8,No. 13,p. 1575-1583,1997年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Gene delivery by HVJ-liposome in the experimental gene therapy of murine glioma.,Mabuchi E,Shimizu K,Miyao Y,Kaneda Y,Kishima H,Tamura M,Ikenaka K,Hayakawa T,Gene therapy,Vol. 4,No. 8,p. 768-772,1997年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of a mouse myelin basic protein promoter for gene therapy of malignant glioma: myelin basic protein promoter is strongly active in human malignant glioma cells.,Miyao Y,Shimizu K,Tamura M,Akita H,Ikeda K,Mabuchi E,Kishima H,Hayakawa T,Ikenaka K,Japanese journal of cancer research : Gann,Vol. 88,No. 7,p. 678-686,1997年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Decreased N-myc expression in human medulloblastoma cell lines during differentiation.,Moriuchi S,Shimizu K,Miyao Y,Kishima H,Okawa M,Hayakawa T,Anticancer research,Vol. 17,No. 1A,p. 301-306,1997年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Investigations of retroviral-mediated gene therapy for malignant glioma: Transduction with HTK-bearing retroviruses sensitizes glioma cells to ganciclovir,Y Miyao,K Shimizu,M Tamura,M Yamada,K Tamura,H Kishima,K Nakahira,T Yoshimatsu,K Mikoshiba,K Ikenaka,T Hayakawa,BRAIN TUMOR,SPRINGER-VERLAG,p. 415-421,1996年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Infectious retrovirus is inactivated by serum but not by cerebrospinal fluid or fluid from tumor bed in patients with malignant glioma,Keiji Shimizu,Yasuyoshi Miyao,Masakazu Tamura,Haruhiko Kishima,Motohisa Ohkawa,Eiichiro Mabuchi,Masanobu Yamada,Toru Hayakawa,Kazuhiro Ikenaka,Japanese Journal of Cancer Research,Vol. 86,No. 11,p. 1010-1013,1995年11月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 鎖肛を合併する脊髄髄膜瘤の臨床像と脳神経外科的治療戦略,中川 智義,香川 尚己,平山 龍一,木嶋 教行,渡邊 美穂,田附 裕子,奥山 宏臣,貴島 晴彦,小児の脳神経,(一社)日本小児神経外科学会,Vol. 46,No. 2,p. 135-135,2021年04月
  • 小児神経外科における視鏡下手術 小児神経外科における4K3D外視鏡手術,香川 尚己,平山 龍一,木嶋 教行,中川 智義,貴島 晴彦,小児の脳神経,(一社)日本小児神経外科学会,Vol. 46,No. 2,p. 168-168,2021年04月
  • 小児期の頭部放射線被曝による放射線誘発性髄膜腫において難治性の治療経過を辿った1例,平山 龍一,香川 尚己,中川 智義,木嶋 教行,貴島 晴彦,小児の脳神経,(一社)日本小児神経外科学会,Vol. 46,No. 2,p. 191-191,2021年04月
  • 特殊な脳神経外科手術,貴島晴彦,総合診療,Vol. vol.30,p. 207-212,2020年02月
  • 脳卒中後疼痛の体性感覚障害の特性,森信彦,森信彦,細見晃一,細見晃一,西麻哉,押野悟,貴島晴彦,齋藤洋一,齋藤洋一,Pain Research,Vol. 35,No. 4,2020年
  • 中枢性脳卒中後疼痛の多面的評価,森信彦,森信彦,細見晃一,細見晃一,柴田政彦,貴島晴彦,齋藤洋一,齋藤洋一,Pain Research,Vol. 35,No. 2,2020年
  • 皮質脳波による視覚的意味内容のデコーディング,柳澤琢史,柳澤琢史,柳澤琢史,福間良平,福間良平,西本伸志,菅野秀宣,田村健太郎,飯村康司,山本祥太,押野悟,神谷之康,貴島晴彦,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 22nd,2020年
  • 頭蓋内電極を用いた嚥下関連脳活動の解析と解読,橋本洋章,橋本洋章,橋本洋章,亀田成司,前澤仁志,押野悟,谷直樹,KHOO Hui Ming,柳澤琢史,吉峰俊樹,貴島晴彦,平田雅之,平田雅之,平田雅之,喉頭,Vol. 32,No. 2,2020年
  • 無症候性髄膜腫の長期経過観察例において腫瘍体積増大速度の鈍化ないしは体積変化を認めないものについて,平山龍一,中川知義,梅原徹,木嶋教行,木下学,香川尚己,貴島晴彦,日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集,Vol. 33rd,2020年
  • グリオーマ手術におけるORBEYEの使用経験~導入1年後の考察,木嶋教行,木下学,平山龍一,中川智義,香川尚己,貴島晴彦,日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集,Vol. 25th,2020年
  • テント上脳実質内腫瘍摘出における再現性の高い軟膜下剥離法について,木下学,木嶋教行,有田英之,平山龍一,香川尚己,貴島晴彦,日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集,Vol. 25th,2020年
  • 胎児エコーで精細な形態観察を行い,出生後に外科治療を行った頭頂部脳瘤の2例,中川智義,香川尚己,夫律子,平山龍一,梅原徹,木嶋教行,木下学,味村和哉,遠藤誠之,貴島晴彦,小児の脳神経,Vol. 45,No. 3,2020年
  • 小児中枢神経系腫瘍経験患者における晩期合併症と長期フォローアップの現状と問題点,香川尚己,平山龍一,横田千里,横田千里,木嶋教行,中川智義,宮村能子,木下学,貴島晴彦,小児の脳神経,Vol. 45,No. 3,2020年
  • Pilocytic astrocytomaに対する経時的腫瘍体積曲線による臨床経過及び治療効果判定の試み,平山龍一,香川尚己,中川知義,木嶋教行,貴島晴彦,小児の脳神経,Vol. 45,No. 3,2020年
  • 再発悪性神経膠腫に対するWT1カクテルワクチン療法(WT1 trio),香川尚己,尾路祐介,坪井昭博,平山龍一,木嶋教行,木下学,岡芳弘,杉山治夫,貴島晴彦,Brain Tumor Pathology (Web),Vol. 37,No. Supplement,2020年
  • 大脳半球に発生したunclassified gliomesenchymal tumor with advanced xantholipidizationの一例,中川智義,香川尚己,馬塲庸平,横田千里,平山龍一,木嶋教行,木下学,森井英一,中里洋一,貴島晴彦,Brain Tumor Pathology (Web),Vol. 37,No. Supplement,2020年
  • 厚生労働科学研究成果報告書 第3回 脳波・脳磁図を用いたAI解析による認知症の診断・重症度評価に関する実証研究,柳澤琢史,貴島晴彦,原田達也,数井裕光,吉山顕次,吉村匡史,西田圭一郎,畑真弘,医療情報学,Vol. 40,No. 1,2020年
  • 安静時脳磁図に深層学習を用いた認知症診断,柳澤琢史,柳澤琢史,畑真弘,福間良平,石井良平,吉山顕次,原田達也,池田学,貴島晴彦,日本脳神経外科認知症学会学術総会プログラム・抄録集,Vol. 4th,2020年
  • 皮質脳波ビッグデータによるNeural DecodingとBrain-Computer Interface,柳澤 琢史,福間 良平,西本 伸志,押野 悟,神谷 之康,貴島 晴彦,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 58,p. 26-30,2019年12月
  • 難治性疼痛に対するニューロモデュレーション Brain-Machine Interfaceによる幻肢痛の治療,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,田中 将貴,貴島 晴彦,神谷 之康,齋藤 洋一,日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 59回,p. 80-80,2019年12月
  • 頭蓋外内頸動脈急性閉塞に対する血管内治療の後方視的検討,井筒 伸之,中村 元,西田 武生,高垣 匡寿,川端 修平,藤堂 謙一,岡崎 周平,北野 貴也,望月 秀樹,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 4,No. Suppl.,p. S249-S249,2019年11月
  • 微小脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績 術中破裂と術後合併症の検討,中村 元,西田 武生,高垣 匡寿,井筒 伸之,川端 修平,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 4,No. Suppl.,p. S100-S100,2019年11月
  • 主観的幻肢運動の皮質表現,福間 良平,柳澤 琢史,田中 將貴,Ben Seymour,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 47,No. 5,p. 424-424,2019年10月
  • 中枢神経系胚細胞腫瘍および視神経視床下部神経膠腫の病態と治療,香川尚己,平山龍一,橋井佳子,三善陽子,木下学,有田英之,原純一,貴島晴彦,日本内分泌学会雑誌,一般社団法人 日本内分泌学会,Vol. 95suppl,p. 27-32,2019年10月
  • 人工知能を用いた脳磁図てんかん検査の自動化,平田雅之,平野諒司,長谷川史裕,下野九理子,貴島晴彦,てんかん研究,Vol. 37,No. 2,p. 383-383,2019年09月
  • 定位脳手術のコツ,貴島晴彦,脳神経外科速報,Vol. vol.29,p. 822-828,2019年08月
  • 髄膜腫に対する術前塞栓術 塞栓効果評価と病理診断,藤本 康倫,浅井 克則,渡邉 嘉之,木下 学,西田 武生,中村 元,福永 貴典,貴島 晴彦,Neuro-Oncologyの進歩,近畿脳腫瘍病理検討会,Vol. 26,No. 1,p. 1-11,2019年07月
  • 中枢神経感作 中枢性脳卒中後疼痛における中枢神経感作,細見 晃一,森 信彦,渡邉 嘉之,柴田 政彦,貴島 晴彦,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 34,No. 2,p. 108-108,2019年07月
  • 神経障害性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激の最適刺激条件の検討,森 信彦,細見 晃一,眞野 智生,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 34,No. 2,p. 148-148,2019年07月
  • 中枢性脳卒中後疼痛のアウトカム評価,細見 晃一,森 信彦,眞野 智生,柴田 政彦,貴島 晴彦,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 34,No. 2,p. 160-160,2019年07月
  • 振戦に対する外科治療の変化,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,服部 憲明,クー・ウィミン,柳澤 琢史,山本 祥太,鐘本 学,齋藤 洋一,望月 秀樹,貴島 晴彦,パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集,Movement Disorder Society of Japan (MDSJ),Vol. 13回,p. 99-99,2019年07月
  • 【新しい植込み型神経刺激装置と臨床工学技士のかかわり】ニューロモデュレーションの歴史と概要,谷 直樹,貴島 晴彦,Clinical Engineering,(株)学研メディカル秀潤社,Vol. 30,No. 6,p. 503-509,2019年05月
  • 小児期発症難治てんかんの手術有効例の長期経過についての検討,下野九理子,岩谷祥子,橘 雅弥,富永康仁,押野 悟,青天目 信,貴島晴彦,谷池雅子,大薗恵一,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 51,No. Suppl.,p. S273-S273,2019年05月
  • 小児脳腫瘍のトランスレーショナルリサーチと基礎研究 小児悪性神経膠腫に対する免疫療法の有効性と今後の展開,香川 尚己,橋井 佳子,千葉 泰良,平山 龍一,横田 千里,橋本 直哉,貴島 晴彦,小児の脳神経,(一社)日本小児神経外科学会,Vol. 44,No. 2,p. 141-141,2019年04月
  • 脳室内出血様の画像を呈したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例,東郷 一行,岡崎 周平,藤堂 謙一,佐々木 勉,中川 智義,木下 学,貴島 晴彦,本山 雄一,森井 英一,望月 秀樹,臨床神経学,(一社)日本神経学会,Vol. 59,No. 4,p. 239-239,2019年04月
  • 幻肢痛患者の主観的な幻肢運動の皮質表現,福間 良平,柳澤 琢史,田中 將貴,Ben Seymour,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 34,No. 1,p. 39-43,2019年03月
  • 頭頸部外傷に伴う脳血管損傷と脳血管内治療医の役割,高垣匡寿,中村元,吉矢和久,射場治郎,木下喬弘,西田武生,角野喜則,井筒伸之,川端修平,藤中俊之,嶋津岳士,貴島晴彦,日本脳神経外傷学会プログラム・抄録集,(一社)日本脳神経外傷学会,Vol. 42nd,p. 76-76,2019年02月
  • 左室補助人工心臓装着中に脳塞栓症を繰り返し治療した2例,井筒 伸之,角野 喜則,川端 修平,高垣 匡寿,西田 武生,中村 元,藤堂 謙一,岡崎 周平,北野 貴也,望月 秀樹,貴島 晴彦,Neurosurgical Emergency,(NPO)日本脳神経外科救急学会,Vol. 23,No. 3,p. 316-316,2019年02月
  • 左室補助人工心臓装着中に脳塞栓症を繰り返し治療した2例,井筒 伸之,角野 喜則,川端 修平,高垣 匡寿,西田 武生,中村 元,藤堂 謙一,岡崎 周平,北野 貴也,望月 秀樹,貴島 晴彦,Neurosurgical Emergency,(NPO)日本脳神経外科救急学会,Vol. 23,No. 3,p. 316-316,2019年02月
  • 髄芽腫における集学的治療が長期生存者の神経機能評価,心理社会学的機能に与える影響,香川尚己,平山龍一,横田千里,阿知波孝宗,木嶋教行,千葉泰良,宮村能子,原純一,貴島晴彦,小児の脳神経,Vol. 44,No. 2,2019年
  • 初発膠芽腫におけるアミノレブリン酸塩酸塩を用いた術中蛍光診断の有用性と摘出率の変遷,香川尚己,木嶋教行,木下学,平山龍一,橋本直哉,貴島晴彦,日本レーザー医学会誌,Vol. 40,No. Supplement,2019年
  • マウスグリオーマモデルに対するWT1ペプチドワクチン・抗PD-1抗体併用療法の検討,横田千里,高野浩司,中田潤,皆川光,中島博子,林原弘武,磯川和希,中川智義,平山龍一,木嶋教行,木下学,香川尚己,貴島晴彦,日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集,Vol. 20th,2019年
  • 小児水頭症に対する脈絡叢焼灼術併用内視鏡的第3脳室底開窓術(ETV+CPC)の適応,平山龍一,香川尚己,横田千里,中川知義,梅原徹,木嶋教行,木下学,貴島晴彦,日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集,Vol. 26th,2019年
  • 4K3D外視鏡を用いた脳腫瘍摘出術の現状と課題,香川尚己,木嶋教行,平山龍一,中川智義,梅原徹,横田千里,木下学,貴島晴彦,日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集,Vol. 26th,2019年
  • 髄膜腫の経時的腫瘍体積測定で増大速度の鈍化ないしは体積変化を認めないものについて,平山龍一,中川知義,梅原徹,横田千里,木嶋教行,木下学,香川尚己,貴島晴彦,日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,Vol. 37th,2019年
  • 一次運動野に発生したグリオーマに対する摘出術の2症例,木嶋教行,木下学,平山龍一,梅原徹,横田千里,香川尚己,貴島晴彦,日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,Vol. 37th,2019年
  • 機械学習による画像テクスチャ解析を用いた初発膠芽腫の予後推定,梅原徹,梅原徹,木下学,木下学,木下学,佐々木貴浩,佐々木貴浩,有田英之,有田英之,有田英之,吉岡絵麻,吉岡絵麻,正札智子,正札智子,平山龍一,平山龍一,木嶋教行,木嶋教行,木嶋教行,香川尚己,香川尚己,沖田典子,沖田典子,沖田典子,宇田武弘,宇田武弘,深井順也,深井順也,森艦二,森艦二,貴島晴彦,金村米博,金村米博,金村米博,日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,Vol. 37th,2019年
  • NBCAを用いた髄膜腫に対する腫瘍塞栓術の効果と安全性-Embosphereとの比較から-,高垣匡寿,中村元,川端修平,井筒伸之,平山龍一,木嶋教行,西田武生,木下学,香川尚己,貴島晴彦,脳血管内治療(Web),Vol. 4,No. Supplement,2019年
  • 再発神経膠腫に対する3種混合WT1ペプチドワクチン療法(WT1 trio)の安全性と有効性,香川尚己,尾路祐介,坪井昭博,平山龍一,木嶋教行,木下学,岡芳弘,杉山治夫,貴島晴彦,日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,Vol. 37th,2019年
  • 関西中枢神経腫瘍分子診断ネットワークでのPatient derived xenograftバンクの現状,木嶋教行,木嶋教行,兼松大介,正札智子,埜中正博,埜中正博,岩田亮一,岩田亮一,深井順也,深井順也,井上明宏,井上明宏,篠山隆司,篠山隆司,露口尚弘,露口尚弘,川嶋俊幸,川嶋俊幸,樋口裕一郎,末水洋志,森鑑二,森鑑二,貴島晴彦,金村米博,金村米博,日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,Vol. 37th,2019年
  • グリオーマ手術におけるORBEYE導入初期の課題と注意点,木嶋教行,木下学,平山龍一,横田千里,中川智義,香川尚己,貴島晴彦,日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集,Vol. 24th,2019年
  • びまん性脳幹部神経膠腫に対する外科的治療:手術適応と治療戦略,香川尚己,平山龍一,横田千里,中川智義,木嶋教行,木下学,貴島晴彦,日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集,Vol. 24th,2019年
  • Parkinson病に対するSTN-DBS low frequency刺激の長期follow up,谷直樹,押野悟,細見晃一,圓尾知之,柳澤琢史,後藤雄子,田中将貴,井上洋,山本祥太,橋本洋章,齋藤洋一,貴島晴彦,日本定位・機能神経外科学会機関誌,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 57,p. 89-93,2018年12月
  • Parkinson病に対するSTN-DBS low frequency 刺激の長期follow up,谷 直樹,押野 悟,細見 晃一,圓尾 知之,栁澤 琢史,後藤 雄子,田中 將貴,井上 洋,山本 祥太,橋本 洋章,齋藤 洋一,貴島 晴彦,機能的脳神経外科57(2018),(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 57,p. 89-93,2018年12月
  • 小児難治性てんかん診断のためのC-11 DAP713 PET撮像法の最適化,加藤 弘樹,下野 九理子,貴島 晴彦,谷池 雅子,畑澤 順,核医学,(一社)日本核医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. S219-S219,2018年11月
  • 左室補助人工心臓装着中に血栓回収術を行い頭蓋内出血が生じた2例,北野 貴也,藤堂 謙一,岡崎 周平,佐々木 勉,角野 喜則,高垣 匡寿,西田 武生,中村 元,貴島 晴彦,望月 秀樹,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S318-S318,2018年11月
  • 高度救命救急センター併設施設における再開通治療の現状と課題,高垣 匡寿,中村 元,西田 武生,角野 喜則,井筒 伸之,藤堂 謙一,村瀬 翔,北野 貴也,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S113-S113,2018年11月
  • 血管撮影装置を用いた頸動脈ステント留置術後の過還流評価,角野 喜則,浅井 克則,西田 武生,高垣 匡寿,井筒 伸之,川端 修平,藤堂 謙一,中村 元,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S139-S139,2018年11月
  • 脊髄硬膜動静脈瘻と脊髄硬膜外動静脈瘻に対する血管内手術,西田 武生,中村 元,高垣 匡寿,角野 喜則,井筒 伸之,芝野 克彦,藤中 俊之,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S149-S149,2018年11月
  • 頸動脈バルーン閉塞試験における2D Perfusion解析の後方視的検討,井筒 伸之,西田 武生,浅井 克則,高垣 匡寿,角野 喜則,川端 修平,中村 元,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S267-S267,2018年11月
  • 心・大血管病変に対するカテーテル治療における脳血管内治療医の関わり方,中村 元,西田 武生,高垣 匡寿,角野 喜則,井筒 伸之,川端 修平,藤中 俊之,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S269-S269,2018年11月
  • Sphenopetrosal sinusの硬膜動静脈瘻に対して塞栓術を施行した一例,西田 武生,中村 元,高垣 匡寿,角野 喜則,井筒 伸之,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S330-S330,2018年11月
  • 髄膜腫塞栓術がもたらす腫瘍血流の変化のMR灌流画像を用いた検討,浅井 克則,木下 学,西田 武生,渡邉 嘉之,松橋 崇寛,有田 英之,高垣 匡寿,中村 元,香川 尚己,藤本 康倫,貴島 晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S94-S94,2018年11月
  • 左室補助人工心臓装着中に血栓回収術を行い頭蓋内出血が生じた2例,北野 貴也,藤堂 謙一,岡崎 周平,佐々木 勉,角野 喜則,高垣 匡寿,西田 武生,中村 元,貴島 晴彦,望月 秀樹,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S318-S318,2018年11月
  • 拡張良好なステント留置頸動脈における頸動脈エコー所見の検討,村瀬 翔,大原 真理子,北野 貴也,杉山 慎太郎,岡崎 周平,藤堂 謙一,角野 義則,高垣 匡寿,西田 武生,中村 元,貴島 晴彦,望月 秀樹,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 3,No. Suppl.,p. S297-S297,2018年11月
  • 中枢性脳卒中後疼痛の機能結合の変化,細見 晃一,清水 豪士,森 信彦,眞野 智生,渡邉 嘉之,柴田 政彦,寒 重之,Ming Khoo Hui,谷 直樹,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 46,No. 5,p. 503-503,2018年10月
  • 炎症マーカー[11C]DPA-713を用いたPETによる焦点性てんかんの局在診断,下野九理子,林 良子,岩谷祥子,富永康仁,青天目 信,押野 悟,加藤弘樹,貴島晴彦,畑澤 順,谷池雅子,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 36,No. 2,p. 467-467,2018年10月
  • 中枢性脳卒中後疼痛の機能結合の変化,細見 晃一,清水 豪士,森 信彦,眞野 智生,渡邉 嘉之,柴田 政彦,寒 重之,Ming Khoo Hui,谷 直樹,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 46,No. 5,p. 503-503,2018年10月
  • 難治性疼痛に対する非侵襲脳刺激法の最適刺激条件の検討,森 信彦,細見 晃一,眞野 智生,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 46,No. 5,p. 517-517,2018年10月
  • 処方件数からみた抗てんかん薬の使用状況―診療科による違い―,押野悟,押野悟,谷直樹,柳澤琢史,柳澤琢史,クー ウィミン,クー ウィミン,山本祥太,山本祥太,橋本洋章,橋本洋章,平田雅之,平田雅之,貴島晴彦,貴島晴彦,てんかん研究,Vol. 36,No. 2,2018年09月12日
  • 難治性振戦に対するMRIガイド下集束超音波治療,押野悟,貴島晴彦,Neurosonology,Vol. 31,No. Supplement,2018年06月01日
  • 幻肢痛患者の主観的な幻肢運動の皮質表現,福間 良平,柳澤 琢史,田中 將貴,Seymour Ben,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 2,p. 123-123,2018年06月
  • 脳卒中後疼痛研究の最前線 中枢性脳卒中後疼痛の神経画像研究と非侵襲脳刺激療法,細見 晃一,清水 豪士,眞野 智生,森 信彦,渡邉 嘉之,柴田 政彦,貴島 晴彦,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 2,p. 88-88,2018年06月
  • 幻肢痛患者の主観的な幻肢運動の皮質表現,福間 良平,柳澤 琢史,田中 將貴,Seymour Ben,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 2,p. 123-123,2018年06月
  • 難治性疼痛の一次運動野機能局在と皮質興奮性の検討,森 信彦,細見 晃一,竹内 遼介,眞野 智生,松木 明好,貴島 晴彦,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 2,p. 123-123,2018年06月
  • 難治性疼痛の一次運動野機能局在と皮質興奮性の検討,森 信彦,細見 晃一,竹内 遼介,眞野 智生,松木 明好,貴島 晴彦,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 2,p. 123-123,2018年06月
  • てんかん原性領域の同定における[11C]-DPA713 PET-CTの有用性についての検討,林 良子,下野 九理子,廣恒 実加,岩谷 祥子,橘 雅弥,富永 康仁,青天目 信,毛利 育子,押野 悟,加藤 弘樹,貴島 晴彦,大薗 恵一,谷池 雅子,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 50,No. Suppl.,p. 348-348,2018年05月
  • 結節性硬化症における脳磁場計測による高周波律動の検討,岩谷 祥子,下野 九理子,林 良子,廣恒 実加,谷河 純平,富永 康仁,青天目 信,押野 悟,貴島 晴彦,大薗 恵一,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 50,No. Suppl.,p. 425-425,2018年05月
  • 小児期水頭症に対する脳室腹腔短絡術における周術期管理標準化と合併症回避,香川尚己,横田千里,千葉泰良,阿知波孝宗,有田英之,藤本康倫,貴島晴彦,小児の脳神経,Vol. 43,No. 2,2018年04月30日
  • 小児第四脳室内腫瘍摘出時における神経機能温存のための手術アプローチと脳幹マッピング,香川尚己,阿知波孝宗,横田千里,梅原徹,永野大輔,福永貴典,有田英之,藤本康倫,貴島晴彦,小児の脳神経,Vol. 43,No. 2,2018年04月30日
  • 小児びまん性脳幹部神経膠腫に対する外科的治療の意義と治療戦略,香川尚己,横田千里,阿知波孝宗,永野大輔,福永貴典,梅原徹,有田英之,藤本康倫,貴島晴彦,小児の脳神経,Vol. 43,No. 2,2018年04月30日
  • 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,横井 浩史,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 1,p. 26-31,2018年03月
  • 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,横井 浩史,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 1,p. 26-31,2018年03月
  • 髄芽腫におけるCD166/ALCAM発現と機能解析,阿知波孝宗,木嶋教行,香川尚己,横田千里,藤本康倫,貴島晴彦,小児の脳神経,Vol. 43,No. 2,2018年
  • ALCAMの髄芽腫WNT subgroupにおける発現と浸潤性への関与,阿知波孝宗,阿知波孝宗,木嶋教行,木嶋教行,児玉良典,児玉良典,正札智子,正札智子,吉岡絵麻,吉岡絵麻,兼松大介,兼松大介,眞能正幸,眞能正幸,香川尚己,香川尚己,藤本康倫,藤本康倫,埜中正博,西田南海子,山中巧,原田敦子,森鑑二,深井順也,露口尚弘,宇田武弘,石橋謙一,友金祐介,阪本大輔,TAYLOR Michael,TAYLOR Michael,金村米博,金村米博,金村米博,貴島晴彦,日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,Vol. 36th,2018年
  • Induction of cortical plasticity reveals the mechanism of the phantom limb pain and develops novel treatment,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Seymour Ben,Koichi Hosomi,Takeshi Shimizu,Kishima Haruhiko,Masayuki Hirata,Hiroshi Yokoi,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,Yoichi Saitoh,PAIN RESEARCH,JAPANESE ASSOC STUDY PAIN,Vol. 33,No. 1,p. 26-31,2018年,書評論文,書評,文献紹介等
  • 中枢性脳卒中後疼痛の機能結合の変化,細見晃一,細見晃一,清水豪士,清水豪士,清水豪士,森信彦,眞野智生,眞野智生,渡邉嘉之,柴田政彦,寒重之,MING Khoo Hui,谷直樹,押野悟,貴島晴彦,齋藤洋一,齋藤洋一,臨床神経生理学(Web),Vol. 46,No. 5,2018年
  • 難治性疼痛に対する非侵襲脳刺激法の最適刺激条件の検討,森信彦,細見晃一,細見晃一,眞野智生,眞野智生,押野悟,貴島晴彦,齋藤洋一,齋藤洋一,臨床神経生理学(Web),Vol. 46,No. 5,2018年
  • ヒト頭蓋内電極による嚥下関連脳律動解析とマルチモーダル嚥下計測 (第57回日本定位・機能神経外科学会優秀演題),橋本 洋章,平田 雅之,亀田 成司,吉田 史章,栁澤 琢史,押野 悟,吉峰 俊樹,貴島 晴彦,機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,日本定位・機能神経外科学会事務局,Vol. 57,p. 11-17,2018年
  • 外傷性胸腰椎破裂骨折に対する前方後方併用固定術,藤原翔,中尾和民,大西諭一郎,高垣匡寿,森脇崇,森脇崇,西麻哉,菅野皓文,村澤明,貴島晴彦,日本脊髄外科学会プログラム・抄録集,Vol. 33rd,2018年
  • 3D‐TOF MRA画像解析によるM1蛇行度と中大脳動脈瘤に関する検討,木谷知樹,木谷知樹,中村元,西田武生,西垣匡寿,尾崎友彦,角野喜則,貴島晴彦,日本脳ドック学会総会プログラム・抄録集,Vol. 27th,2018年
  • 難治性振戦に対する集束超音波治療,押野悟,谷直樹,細見晃一,服部憲明,三原雅史,梶山裕太,鐘本学,中村仁信,望月秀樹,貴島晴彦,パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集,Vol. 12th,2018年
  • 下垂体・視床下部障害を伴う意識障害例の特徴と問題点,押野悟,貴島晴彦,齋藤洋一,日本意識障害学会雑誌,Vol. 27,No. 1,2018年
  • BMI技術を応用した脳磁図・皮質脳波からの脳機能マッピング,柳澤琢史,柳澤琢史,柳澤琢史,福間良平,福間良平,西本伸志,中村優一郎,押野悟,神谷之康,神谷之康,貴島晴彦,臨床神経生理学(Web),Vol. 46,No. 5,2018年
  • FUS VIM-thalamotomyによる振戦治療に伴う脳内ネットワーク変化の解析,谷 直樹,押野 悟,細見 晃一,柳澤 琢史,小林 真紀,田中 将貴,貴島 晴彦,機能的脳神経外科,日本定位・機能神経外科学会,Vol. 56,p. 74-78,2017年12月
  • 脊髄神経根引き抜き損傷後疼痛に対する脳神経外科的治療の治療成績,細見 晃一,押野 悟,貴島 晴彦,Ali Mohamed,大西 諭一郎,岩月 幸一,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,機能的脳神経外科,日本定位・機能神経外科学会,Vol. 56,p. 36-40,2017年12月
  • FUS VIM-Thalamotomyによる振戦治療に伴う脳内ネットワークの変化の解析,谷直樹,押野悟,細見晃一,栁澤琢史,小林真紀,田中將貴,貴島晴彦,機能的脳神経外科,日本定位・機能神経外科学会,Vol. 56,p. 74-78,2017年12月
  • BMIによる幻肢痛の病態解明と新たな治療法開発,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,横井 浩史,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 56,p. 41-45,2017年12月
  • Volumetric Changes of Intracranial Germinomas by Low-dose Diagnostic Radiation Before Chemoradiotherapy,Naoki Kagawa,Ryuichi Hirayama,Syogo Fukuya,Yasunori Fujimoto,Yasuyoshi Chiba,Chisato Yokota,Takamune Achiha,Daisuke Eino,Takanori Fukunaga,Toru Umehara,Manabu Kinoshita,Haruhiko Kishima,PEDIATRIC BLOOD & CANCER,WILEY,Vol. 64,p. S52-S53,2017年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • VOXEL-BASED LESION MAPPING TECHNIQUE REVEALS THE SPATIAL DISTRIBUTION OF MENINGIOMAS,Hirayama Ryuichi,Manabu Kinoshita,Hideyuki Arita,Daisuke Eino,Naoki Kagawa,Yasunori Fujimoto,Haruhiko Kishima,NEURO-ONCOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 19,p. 132-132,2017年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • A NEW MOLECULAR PROGNOSTIC MARKER FOR MALIGNANT GLIOMA,Takanori Fukunaga,Yuki Fujita,Hideyuki Arita,Naoki Kagawa,Yasunori Fujimoto,Haruhiko Kishima,Toshihide Yamashita,NEURO-ONCOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 19,p. 179-179,2017年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 急性期内頚動脈閉塞に対する直接血栓吸引の効果と治療成績における検討,高垣匡寿,木田光則,村澤 明,中尾和民,貴島晴彦,脳血管内治療(Web),(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 2,No. Supplement,p. S176(J‐STAGE)-S176,2017年11月
  • 脳底動脈巨大血栓化動脈瘤に対してステント留置術のみで治療を行った1例,木田光則,高垣匡寿,中村 元,村澤明,中尾和民,貴島晴彦,脳血管内治療(Web),(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 2,No. Supplement,p. S317(J‐STAGE)-S317,2017年11月
  • 急性期虚血病態を治す/急性期脳虚血病態を治療する 急性主幹動脈閉塞症例に対する血栓回収療法 診療体制整備と非典型例への対応について,中村 元,西田 武生,浅井 克則,角野 喜則,大山 直紀,藤堂 謙一,佐々木 勉,坂口 学,望月 秀樹,貴島 晴彦,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 29,No. 1,p. 98-98,2017年11月
  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術の長期成績,中村元,西田武生,浅井克則,角野喜則,貴島晴彦,脳血管内治療,(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 2,No. Suppl.,p. S13-S13,2017年11月
  • 髄膜腫塞栓術におけるIntratumoral embolizationの有効性:ASL灌流画像による検討,浅井克則,中村元,木下学,西田武生,渡邊嘉之,有田英之,香川尚己,藤本康倫,貴島晴彦,脳血管内治療(Web),(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 2,No. Supplement,p. S106(J‐STAGE)-S106,2017年11月
  • 超音波ガイド下トロンビン注入療法を行った上腕動脈仮性動脈瘤2例の検討,村瀬翔,権泰史,藤堂謙一,坂口学,角野義則,浅井克則,西田武生,中村元,貴島晴彦,望月秀樹,脳血管内治療(Web),(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 2,No. Supplement,p. S245(J‐STAGE)-S245,2017年11月
  • 血腫形成型くも膜下出血に対する脳動脈瘤塞栓術の治療成績,角野喜則,中村元,西田武生,浅井克則,嶋津岳士,吉矢和久,射場治郎,藤中俊之,貴島晴彦,脳血管内治療(Web),(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 2,No. Supplement,p. S133(J‐STAGE)-S133,2017年11月
  • 未破裂脳動脈瘤塞栓術後の長期成績とフォローアップ期間についての検討,村上知義,村上知義,西田武生,浅井克則,角野喜則,中村元,藤中俊之,藤中俊之,貴島晴彦,脳血管内治療(Web),(NPO)日本脳神経血管内治療学会,Vol. 2,No. Supplement,p. S135(J‐STAGE)-S135,2017年11月
  • 急性主幹動脈閉塞症例に対する血栓回収療法:診療体制整備と非典型例への対応について,中村元,西田武生,浅井克則,角野喜則,貴島晴彦,脳循環代謝(Web),Vol. 29,No. 1,2017年11月
  • 発達障害の診断と治療評価 MEGによる皮質可塑性障害の評価と制御,柳澤 琢史,福間 良平,べん・しーもあ,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 45,No. 5,p. 384-384,2017年10月
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激による機能的結合の変化,細見 晃一,清水 豪士,圓尾 知之,渡邉 嘉之,寒 重之,小山 哲男,眞野 智生,Ming Khoo Hui,谷 直樹,貴島 晴彦,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 45,No. 5,p. 480-480,2017年10月
  • 発達障害の診断と治療評価 MEGによる皮質可塑性障害の評価と制御,柳澤 琢史,福間 良平,べん・しーもあ,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 45,No. 5,p. 384-384,2017年10月
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激による機能的結合の変化,細見 晃一,清水 豪士,圓尾 知之,渡邉 嘉之,寒 重之,小山 哲男,眞野 智生,Ming Khoo Hui,谷 直樹,貴島 晴彦,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 45,No. 5,p. 480-480,2017年10月
  • 頭蓋内脳波の現状と成果,押野悟,柳澤琢史,田中將貴,橋本洋章,山本祥太,平田雅之,貴島晴彦,てんかん研究,Vol. 35,No. 2,2017年09月29日
  • 楔前部海馬機能的結合と側頭葉てんかんの言語性記憶機能の解析,谷 直樹,押野 悟,細見 晃一,柳澤 琢史,田中 將貴,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 35,No. 2,p. 553-553,2017年09月
  • 前頭葉てんかんに対する外科治療の工夫,貴島 晴彦,押野 悟,柳澤 琢史,枝川 光太朗,小林 真紀,田中 將貴,橋本 洋章,山本 祥太,平田 雅之,細見 晃一,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 35,No. 2,p. 487-487,2017年09月
  • 楔前部海馬機能的結合と側頭葉てんかんの言語性記憶機能の解析,谷 直樹,押野 悟,細見 晃一,柳澤 琢史,田中 將貴,貴島 晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 35,No. 2,p. 553-553,2017年09月
  • 特発性正常圧水頭症における認知障害と歩行障害の脳内基盤の解明,佐藤 俊介,数井 裕光,鐘本 英輝,鈴木 由希子,東 眞吾,末廣 聖,松本 拓也,吉山 顕次,貴島 晴彦,池田 学,老年精神医学雑誌,(株)ワールドプランニング,Vol. 28,No. 増刊II,p. 169-169,2017年06月
  • 当院のてんかん外科適応の小児例の傾向-適応とならなかった例のまとめから-,廣恒実加,山下朋代,渡辺陽和,谷河純平,濱田悠介,岩谷祥子,富永康仁,青天目 信,押野 悟,下野九理子,貴島晴彦,大薗恵一,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 49,No. Suppl.,p. S377-S377,2017年06月
  • 症候性てんかんにおける脳磁場計測による高周波律動とてんかん焦点の検討,岩谷祥子,下野九理子,廣恒実加,山下朋代,渡辺陽和,谷河純平,富永康仁,青天目 信,押野 悟,貴島晴彦,大薗恵一,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 49,No. Suppl.,p. S433-S433,2017年06月
  • 「痛みと脳」研究の最前線 中枢性脳卒中後疼痛に対するニューロモデュレーション療法,細見 晃一,清水 豪士,眞野 智生,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 32,No. 2,p. 103-103,2017年06月
  • 経上腕動脈の頚動脈ステント留置術で応用できるprotection方法の工夫,西田武生,中村元,浅井克則,角野喜則,村上知義,貴島晴彦,日本心血管脳卒中学会学術集会プログラム・抄録集,Vol. 4th,2017年04月24日
  • 髄芽腫におけるCD166/ALCAM発現と機能解析,阿知波孝宗,木嶋教行,横田千里,福永貴典,永野大輔,香川尚己,藤本康倫,貴島晴彦,日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,Vol. 35th,2017年
  • 大型脳動脈瘤に対するPipeline Flexを用いた血管内治療成績,藤中俊之,木嶋教行,中川智義,三浦慎平,中川僚太,館哲郎,沖田典子,金村米博,中島伸,中村元,貴島晴彦,脳血管内治療(Web),Vol. 2,No. Supplement,2017年
  • 補助人工心臓装着患者の脳卒中―拍動流型,定常流型で脳卒中病型に違いはあるか―,坂口学,藤堂謙一,大山直紀,権泰史,村瀬翔,渡邊光太郎,北野貴也,中村元,貴島晴彦,坂田泰史,望月秀樹,澤芳樹,日本栓子検出と治療学会プログラム・抄録集,Vol. 20th,2017年
  • 椎骨脳底動脈系の急性期血管内治療,藤堂謙一,坂井信幸,河野智之,尾原信行,今村博敏,足立秀光,坂口学,中村元,貴島晴彦,望月秀樹,日本栓子検出と治療学会プログラム・抄録集,Vol. 20th,2017年
  • 国内大規模画像コホートを用いた人工知能によるGrade II‐III神経膠腫の画像分子診断,木下学,木下学,福間良平,柳澤琢史,柳澤琢史,篠崎隆志,貴島晴彦,高橋雅道,成田善孝,有田英之,有田英之,藤本康倫,藤本康倫,寺川雄三,露口尚弘,深井順也,沖田典子,高垣匡寿,石橋謙一,児玉良典,埜中正博,森内秀祐,泉本修一,中島義和,森鑑二,正札智子,正札智子,市村幸一,金村米博,金村米博,日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,Vol. 35th,2017年
  • 経上腕動脈の頚動脈ステント留置術で応用できるprotection方法の工夫,西田武生,中村元,浅井克則,角野喜則,貴島晴彦,脳血管内治療(Web),Vol. 2,No. Supplement,2017年
  • 髄膜腫に対する術前塞栓術の有用性とASL‐MR灌流画像評価,藤本康倫,浅井克則,中村元,西田武生,渡邉嘉之,木下学,梅原徹,有田英之,香川尚己,貴島晴彦,日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集,Vol. 22nd,2017年
  • 小児難治性てんかんに対する半球・多脳葉離断術の長期機能予後,押野悟,貴島晴彦,枝川光太朗,柳澤琢史,小林真紀,田中將貴,平田雅之,下野久里子,青天目信,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 40th,2017年
  • 痙縮に対する各種の治療,貴島晴彦,押野悟,脳神経外科ジャーナル別刷 Vol26.No4,日本脳神経外科コングレス,Vol. 26,No. 4,p. 273-279,2017年
  • 医学と法学の両視点から軽症小児頭部外傷患者に対する頭部CT検査の適否を考える,森脇 崇,貴島 晴彦,神経外傷 : 日本脳神経外傷学会機関誌 = Neurotraumatology : official journal of the Japan Society of Neurotraumatology,日本脳神経外傷学会事務局,Vol. 40,No. 2,p. 121-128,2017年
  • Voxel-based lesion mapping を用いた中枢性脳卒中後疼痛の病態解析,細見晃一,清水豪士,後藤雄子,眞野智生,角野喜則,押野悟,貴島晴彦,吉峰俊樹,齋藤洋一,Pain Research,日本疼痛学会,Vol. 31,No. 4,p. 228-237,2016年12月
  • 特発性正常圧水頭症でのDefault Mode Networkの変化,貴島 晴彦,Khoo Hui Ming,押野 悟,谷 直樹,圓尾 知之,細見 晃一,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 28,No. 1,p. 198-198,2016年11月
  • 大学病院のてんかんセンターの役割,貴島晴彦,押野 悟,下野九理子,青天目 信,大薗恵一,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 34,No. 2,p. 470-470,2016年10月
  • MEG MEGを用いたネットワーク診断とDecodingによる治療,柳澤 琢史,福間 良平,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,平田 雅之,田中 将貴,小林 真紀,清水 豪志,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 44,No. 5,p. 342-342,2016年10月
  • 治療としての磁気刺激 難治性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法,細見 晃一,清水 豪士,後藤 雄子,眞野 智生,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 44,No. 5,p. 345-345,2016年10月
  • 幻肢痛に対するMEG-DecNef,柳澤 琢史,福間 良平,べん せいもあ,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 44,No. 5,p. 371-371,2016年10月
  • One-Year Outcomes of 49-Channel Suprachoroidal-Transretinal Stimulation (STS) Retinal Prosthesis in Patients with Advanced Retinitis Pigmentosa,Takashi Fujikado,Motohiro Kamei,Haruhiko Kishima,Takeshi Morimoto,Hiroyuki Kanda,Hirokazu Sakaguchi,Kentaro Nishida,Takao Endo,Koji Osawa,Motoki Ozawa,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 57,No. 12,2016年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 難治性振戦に対するMRガイド下集束超音波治療,押野 悟,貴島 晴彦,三原 雅史,鐘本 学,谷 直樹,細見 晃一,平山 龍一,木下 学,望月 秀樹,吉峰 俊樹,Neurosonology,(一社)日本脳神経超音波学会,Vol. 29,No. 増刊,p. 80-80,2016年06月
  • Voxel-based lesion mappingを用いた中枢性脳卒中後疼痛の病態解析,細見 晃一,清水 豪士,後藤 雄子,眞野 智生,角野 喜則,押野 悟,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 31,No. 2,p. 74-74,2016年06月
  • クリッピング術後に再発した大型VA-PICA瘤に対する治療戦略,中村 元,藤中 俊之,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,The Japanese Congress of Neurological Surgeons,Vol. 25,No. 1,p. 74-74,2016年04月
  • 非痙攣性てんかん重積の病態と治療,貴島 晴彦,押野 悟,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 25,No. 3,p. 229-235,2016年03月25日
  • てんかんのネットワーク診断:imaginary coherenceの描出が有用であった1例,柳澤琢史,貴島晴彦,谷直樹,枝川光太朗,押野悟,MING Khoo Hui,平田雅之,圓尾知之,井上洋,菅田陽怜,影山悠,細見晃一,清水豪士,吉峰俊樹,CI研究,Vol. 37,No. 3/4,p. 125‐128-1310,2016年03月
  • ブレイン・マシン・インターフェイス (BMI) が切り開く新しいニューロテクノロジー,吉峰 俊樹,平田 雅之,栁沢 琢史,貴島 晴彦,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 25,No. 12,p. 964-972,2016年
  • 頭蓋内電極留置のpitfallと工夫,押野悟,貴島晴彦,柳澤琢史,枝川光太朗,小林真紀,田中將貴,平田雅之,MING Khoo Hui,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 39th,2015年12月
  • 痛みと末梢神経麻痺 難治性末梢神経障害性疼痛に対する脳神経外科治療,齋藤 洋一,細見 晃一,清水 豪士,後藤 雄子,柳澤 琢史,押野 悟,貴島 晴彦,末梢神経,日本末梢神経学会,Vol. 26,No. 2,p. 151-153,2015年12月
  • 傍海馬回電気刺激による海馬切除術後言語性記憶障害予測,谷直樹,谷直樹,貴島晴彦,MING Khoo Hui,柳澤琢史,押野悟,圓尾知之,圓尾知之,細見晃一,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 39th,2015年12月
  • 脳卒中後運動機能回復を目指した反復経頭蓋磁気刺激を用いた一次運動野刺激,細見 晃一,井間 博之,モリス・シェイン,坂本 知三郎,田口 潤智,圓尾 知之,影山 悠,木下 雄介,後藤 雄子,清水 豪士,押野 悟,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 43,No. 5,p. 417-417,2015年10月
  • 難治性神経障害性疼痛に対するHコイルによる経頭蓋磁気刺激(rTMS)8の字コイルの除痛効果との比較およびSCSの除痛効果との相関,清水 豪士,細見 晃一,圓尾 知之,後藤 雄子,横江 勝,影山 悠,柳澤 琢史,押野 悟,貴島 晴彦,下川 敏雄,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 43,No. 5,p. 451-451,2015年10月
  • 半球・多脳葉離断術の長期機能予後,押野悟,貴島晴彦,下野九理子,青天目信,枝川光太朗,柳澤琢史,小林真紀,平田雅之,田中將貴,大薗恵一,吉峰俊樹,押野悟,貴島晴彦,下野九理子,青天目信,枝川光太朗,柳澤琢史,小林真紀,平田雅之,田中將貴,大薗恵一,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 33,No. 2,2015年09月17日
  • 側頭葉てんかん患者の言語性記憶障害に伴うresting state networkの変化,谷 直樹,貴島 晴彦,クー・ウイミン,押野 悟,圓尾 知之,細見 晃一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 33,No. 2,p. 469-469,2015年09月
  • 脳卒中後運動機能回復を目指した反復経頭蓋磁気刺激を用いた一次運動野刺激,細見 晃一,Shayne Morris,坂本 知三郎,田口 潤智,圓尾 知之,影山 悠,木下 雄介,後藤 雄子,清水 豪士,押野 悟,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,機能的脳神経外科,Vol. 54,p. 6-11,2015年09月
  • 脳卒中後疼痛の機能的結合と反復磁気刺激に伴う機能的結合の変化 複数の解析ソフトによる画像解析,清水 豪士,細見 晃一,圓尾 知之,後藤 雄子,クウ・ウイミン,柳澤 琢史,押野 悟,平田 雅之,貴島 晴彦,渡邊 嘉之,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 30,No. 2,p. 101-101,2015年07月
  • 神経障害性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激の実臨床へ向けての取り組み,細見 晃一,清水 豪士,後藤 雄子,圓尾 知之,中村 仁志,押野 悟,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 30,No. 2,p. 101-101,2015年07月
  • Decoded Neurofeedbackによる幻肢痛メカニズムの解明,柳澤 琢史,福間 良平,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,神谷 之康,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 30,No. 2,p. 109-109,2015年07月
  • Testing of Chronically Implanted 49-Channel Retinal Prosthesis by Suprachoroidal-Transretinal Stimulation (STS) in Patients with Advanced Retinitis Pigmentosa,Takashi Fujikado,Motohiro Kamei,Haruhiko Kishima,Takeshi Morimoto,Hiroyuki Kanda,Hirokazu Sakaguchi,Kentaro Nishida,Takao Endo,Motoki Ozawa,Kohji Nishida,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 56,No. 7,2015年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Real-time MEGを用いたDecoded Neurofeedbackによる幻肢痛の病態解明,柳澤 琢史,齋藤 洋一,福間 良平,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,神谷 之康,吉峰 俊樹,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 28,No. 1,p. 84-85,2015年06月
  • 新生児期・乳児期水頭症に対する脳室腹腔短絡術における周術期管理標準化と合併症回避,香川尚己,千葉泰良,平山龍一,圓尾知之,横田千里,貴島晴彦,橋本直哉,埜中正博,山崎麻美,吉峰俊樹,小児の脳神経,Vol. 40,No. 1,2015年04月30日
  • 小児神経外科領域における放射線画像診断および治療に対する鎮静の現状と問題点,香川尚己,平山龍一,千葉泰良,福屋章悟,高野浩司,永野大輔,橋本直哉,貴島晴彦,吉峰俊樹,小児の脳神経,Vol. 40,No. 1,2015年04月30日
  • 下肢の難治性神経障害性疼痛に対するHコイルによる反復経頭蓋磁気刺激の除痛効果,清水 豪士,圓尾 知之,細見 晃一,後藤 雄子,横江 勝,影山 悠,柳澤 琢史,押野 悟,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 30,No. 1,p. 46-50,2015年04月
  • 一次運動野刺激による中枢性脳卒中後疼痛患者の機能的結合,細見 晃一,清水 豪士,圓尾 知之,渡邉 嘉之,Ming Koo Hui,谷 直樹,後藤 雄子,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 30,No. 3,p. 173-176,2015年04月
  • ITB療法(髄腔内バクロフェン投与療法)の効果と装具,橋田 剛一,井上 悟,貴島 晴彦,阿部 和夫,日本義肢装具学会誌,Japanese Society of Prosthetics and Orthotics,Vol. 31,No. 1,p. 11-15,2015年04月
  • ヒト大脳皮質のECoG信号による指先の3次元軌道推定 (ニューロコンピューティング),中西 康彦,栁澤 琢史,辛 徳,神原 裕行,吉村 奈津江,福間 良平,貴島 晴彦,平田 雅之,小池 康晴,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 114,No. 515,p. 195-198,2015年03月
  • 舌の一次感覚野から摘出した難治性てんかん・海綿状血管腫の一例,押野悟,貴島晴彦,柳澤琢史,小林真紀,田中將貴,枝川光太朗,平田雅之,浅井克則,数井裕光,鐘本英輝,吉峰俊樹,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 17th,2015年
  • 小児難治性てんかんに対する半球・多脳葉離断術の機能予後,押野悟,貴島晴彦,枝川光太朗,柳澤琢史,小林真紀,谷直樹,圓尾知之,クー ウイミン,細見晃一,平田雅之,下野九里子,青天目信,大薗惠一,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 38th,2015年01月
  • 幻肢の主観的運動の可視化,福間良平,福間良平,柳澤琢史,柳澤琢史,柳澤琢史,齋藤洋一,齋藤洋一,貴島晴彦,細見晃一,細見晃一,清水豪士,清水豪士,神谷之康,吉峰俊樹,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 17th,2015年
  • 安静時脳磁図によるてんかんネットワークの評価,柳澤琢史,貴島晴彦,枝川光太朗,小林真紀,押野悟,井上洋,菅田陽怜,平田雅之,細見晃一,清水豪士,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 38th,p. 91-1310,2015年01月
  • 実運動と運動想起との脳活動の共通点と相違点:埋込BMI治療の術前評価法確立に向けて,平田雅之,菅田陽怜,柳澤琢史,貴島晴彦,吉峰俊樹,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 17th,2015年
  • 電気刺激による海馬切除後の記憶低下の予測,貴島晴彦,谷直樹,谷直樹,クー ウイミン,柳澤琢史,押野悟,圓尾知之,細見晃一,平田雅之,数井裕光,加藤天美,吉峰俊樹,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 17th,2015年
  • GPのためのセミナー 先端医学トレンド てんかんに関する最新医学のトピックについて てんかん診断・治療の最近の話題とStand up for Epilepsy,永井 利三郎,貴島 晴彦,青天目 信,クリニシアン,エーザイ(株),Vol. 61,No. 11,p. 1055-1059,2014年11月
  • 頭痛とてんかん・うつの脳循環代謝 てんかん焦点診断における核医学検査,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 26,No. 1,p. 144-144,2014年11月
  • ニューロモデユレーション技術の新展開 一次運動野刺激による難治性神経疾患治療の可能性,齋藤 洋一,細見 晃一,清水 豪士,圓尾 知之,横江 勝,後藤 雄子,松崎 大河,増村 成嗣,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 42,No. 5,p. 254-254,2014年10月
  • 磁気刺激法は治療法となり得るか 難治性疼痛に対する磁気刺激療法の臨床試験の現況,細見 晃一,圓尾 知之,清水 豪士,後藤 雄子,増村 成嗣,松崎 大河,貴島 晴彦,押野 悟,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 42,No. 5,p. 258-258,2014年10月
  • 中枢性脳卒中後疼痛における機能的結合と経頭蓋磁気刺激に伴う機能的結合の変化,清水 豪士,細見 晃一,圓尾 知之,後藤 雄子,横江 勝,渡邊 嘉之,影山 悠,クウ・ウイミン,小山 哲男,押野 悟,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 42,No. 5,p. 326-326,2014年10月
  • 小児てんかん外科領域における臨床神経生理学 小児難治性てんかんに対する外科手術と機能予後,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,細見 晃一,柳澤 琢史,枝川 光太朗,下野 九理子,青天目 信,沖永 剛志,加藤 天美,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 42,No. 5,p. 245-245,2014年10月
  • 側頭葉てんかんの外科治療:最近の話題,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,細見晃一,柳澤琢史,枝川光太朗,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 342-342,2014年09月10日
  • WEST症候群の診断と治療を巡って West症候群に対する外科的治療の適応,下野 九理子,貴島 晴彦,岩谷 祥子,富永 康仁,青天目 信,押野 悟,永井 利三郎,大薗 恵一,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 263-264,2014年09月
  • レーザースペックル脳血流計と脳波同時解析を用いたてんかんモデル動物における脳機能解析,圓尾 知之,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,クー・ウィミン,枝川 光太朗,小林 真紀,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 362-362,2014年09月
  • てんかんの病態からみた頭蓋内脳波の有用性について,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,柳澤 琢史,枝川 光太朗,クー・ウィミン,井上 洋,谷 直樹,圓尾 知之,細見 晃一,小林 真紀,清水 豪士,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 378-378,2014年09月
  • 大阪大学医学部附属病院における脳磁図利用実績,平田 雅之,柳澤 琢史,井上 洋,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,下野 九理子,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 380-380,2014年09月
  • 周術期てんかん患者におけるCross-Frequency Couplingの観点からの発作時頭蓋内脳波解析,枝川 光太朗,貴島 晴彦,柳澤 琢史,井上 洋,小林 真紀,Khoo Hui Ming,細見 晃一,圓尾 知之,平田 雅之,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 412-412,2014年09月
  • 側頭葉てんかん脳の機能的結合変化,谷 直樹,貴島 晴彦,Khoo Hui Ming,押野 悟,圓尾 知之,細見 晃一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 425-425,2014年09月
  • Imaginary coherenceを用いた脳磁図によるてんかんのネットワーク診断(Diagnosis of epileptic network using magnetoencepharography with imaginary coherence),柳澤 琢史,貴島 晴彦,枝川 光太朗,谷 直樹,押野 悟,平田 雅之,井上 洋,菅田 陽怜,細見 晃一,小林 真紀,清水 豪士,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 410-410,2014年09月
  • RECOVERY OF MEMORY FUNCTION FOLLOWING SELECTIVE AMYGDALOHIPPOCAMPECTOMY VIA THE INFERIOR TEMPORAL GYRUS,H. Kishima,S. Oshino,N. Tani,H. M. Khoo,T. Yanagisawa,T. Maruo,Y. Inoue,M. Hirata,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL,Vol. 55,p. 245-245,2014年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 一次運動野刺激による中枢性脳卒中後疼痛患者の機能的結合,細見 晃一,清水 豪士,圓尾 知之,渡邉 嘉之,Khoo Hui Ming,谷 直樹,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 29,No. 2,p. 129-129,2014年06月
  • 下肢の難治性神経障害性疼痛に対するHコイルによる反復経頭蓋磁気刺激,清水豪士,細見晃一,圓尾知之,後藤雄子,影山悠,横江勝,貴島晴彦,吉峰俊樹,齋藤洋一,Pain Research,日本疼痛学会,Vol. 29,No. 2,p. 131-131,2014年06月
  • 脳磁図によるてんかんのネットワーク診断,柳澤琢史,貴島晴彦,枝川光太郎,谷直樹,押野悟,MING Khoo Hui,平田雅之,圓尾知之,井上洋,菅田陽怜,影山悠,細見晃一,清水豪士,吉峰俊樹,日本生体磁気学会誌,Vol. 27,No. 1,p. 18-19,2014年05月
  • てんかんの病態からみた頭蓋内脳波の有用性,押野悟,貴島晴彦,クー ウイミン,平田雅之,圓尾知之,柳澤琢史,枝川光太郎,井上洋,清水豪,谷直樹,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 37th,2014年01月
  • 下肢の難治性神経障害性疼痛に対するHコイル式反復的経頭蓋磁気刺激と8の字コイル式反復的経頭蓋磁気刺激の効果比較,清水 豪士,圓尾 知之,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,後藤 雄子,横江 勝,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 41,No. 5,p. 428-428,2013年10月
  • パーキンソン病患者に対する反復的経頭蓋磁気刺激療法での刺激部位別有効性の検討,横江 勝,圓尾 知之,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,影山 悠,後藤 雄子,清水 豪士,望月 秀樹,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 41,No. 5,p. 469-469,2013年10月
  • 高齢で発症したてんかんの現況,二宮宏智,加藤天美,中野直樹,貴島晴彦,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 31,No. 2,p. 410-410,2013年09月30日
  • 新皮質てんかんの診断検査から手術まで,貴島 晴彦,押野 悟,クー・ウイミン,柳澤 琢史,谷 直樹,圓尾 知之,枝川 光太朗,平田 雅之,青天目 信,下野 九理子,沖永 剛志,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 31,No. 2,p. 320-321,2013年09月
  • 側頭葉てんかん脳における機能的結合の変化(Altered functional connectivity in patients with temporal lobe epilepsy),谷 直樹,貴島 晴彦,クー・ウイミン,押野 悟,圓尾 知之,細見 晃一,柳澤 琢史,平田 雅之,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 31,No. 2,p. 437-437,2013年09月
  • 一次運動野刺激による中枢性脳卒中後疼痛患者の機能的結合の変化,細見 晃一,圓尾 知之,小山 哲男,渡邉 嘉之,Ming Khoo Hui,谷 直樹,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 28,No. 2,p. 121-121,2013年07月
  • IS ADDITIONAL AMYGDALOHIPPCAMPECTOMY NECESSARY FOR THE INTRACTABLE LESIONAL TEMPORAL LOBE EPILEPSY?,H. Kishima,S. Oshino,N. Tani,T. Maruo,H. M. Khoo,S. Morris,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL,Vol. 54,p. 190-190,2013年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • てんかん外科手術を受けた症候群性West症候群における高周波解析 マルチモダリティ間での比較,岩谷 祥子,山崎 早苗,新寶 理子,中野 さやか,東 純史,富永 康仁,青天目 信,下野 九理子,沖永 剛志,押野 悟,貴島 晴彦,永井 利三郎,大薗 恵一,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 45,No. Suppl.,p. S391-S391,2013年05月
  • 難治性てんかんに対するPosterior Quadrantectomy,押野悟,貴島晴彦,クーウィミン,沖永剛志,下野九里子,谷直樹,圓尾知之,細見晃一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 3,p. 544-544,2013年01月31日
  • 高齢者の非けいれん性てんかん重積の4例,二宮宏智,加藤天美,中野直樹,貴島晴彦,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 3,p. 544-545,2013年01月31日
  • 限局した皮質病変に対するてんかん手術の工夫,貴島晴彦,押野悟,クー ウイミン,細見晃一,圓尾知之,谷直樹,柳澤琢史,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 36th,2012年12月20日
  • Posterior Quadrantectomy術後の神経機能について,押野悟,貴島晴彦,クー ウィミン,圓尾知之,谷直樹,加藤天美,沖永剛志,下野九里子,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 36th,2012年12月20日
  • 難治性てんかんに対する当院での迷走神経刺激療法の初期治療効果,二宮宏智,中野直樹,貴島晴彦,加藤天美,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 36th,2012年12月20日
  • 感覚運動野の皮質脳波におけるPhase-amplitude couplingとBMIへの応用,柳澤 琢史,山下 宙人,平田 雅之,貴島 晴彦,齋藤 洋一,後藤 哲,吉峰 俊樹,神谷 之康,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 51,p. 33-37,2012年12月
  • 神経難病への脳神経外科的アプローチ,吉峰俊樹,平田雅之,柳澤琢史,松下光次郎,菅田陽怜,貴島晴彦,齋藤洋一,脳21,Vol. 15,No. 4,2012年10月20日
  • DIFFERENTIATION BETWEEN HIGH- AND LOW-GRADE MR NON-ENHANCING GLIOMAS USING PET-COMPARISON OF 11C-METHIONINE, FDG PET, AND 11C-METHIONINE/FDG DECOUPLING SCORE,Manabu Kinoshita,Ryuichi Hirayama,Yasuyoshi Chiba,Naoki Kagawa,Masahiro Nonaka,Yonehiro Kanemura,Haruhiko Kishima,Shin Nakajima,Jun Hatazawa,Naoya Hashimoto,Toshiki Yoshimine,NEURO-ONCOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 14,p. 121-121,2012年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 複雑部分発作および自動症とはどういう発作なのですか? (特集 てんかんの診断と連携 : プライマリ・ケア医に求められるてんかん診療) -- (Q&A),貴島 晴彦,治療,南山堂,Vol. 94,No. 10,p. 1759-1761,2012年10月
  • 高齢者てんかん治療の現況,二宮宏智,加藤天美,中野直樹,貴島晴彦,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 324-324,2012年09月30日
  • 症例3:迷走神経刺激療法を行った脳症後難治てんかん例,加藤天美,中野直樹,福田光成,貴島晴彦,沖永剛志,菊池知耶,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 303-304,2012年09月30日
  • 機能的大脳半球切除術により退行・自閉症を回避しえた片側巨脳症の長期追跡例,加藤天美,下野九理子,中野直樹,岩谷祥子,林淑文,沖永剛志,貴島晴彦,岡田理恵子,二宮宏智,埜中正博,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 374-374,2012年09月30日
  • 難治性てんかんに対するPosterior Quadrantectomyの機能予後について,押野悟,貴島晴彦,クー ウイミン,沖永剛志,下野九理子,谷直樹,圓尾知之,細見晃一,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 387-387,2012年09月30日
  • てんかん焦点の局在が明確でない難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法あるいは脳梁離断術の手術適応,中野直樹,村上沙織,吉岡宏真,加藤天美,二宮宏智,露口尚弘,貴島晴彦,沖永剛志,鈴木保宏,福田光成,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 389-389,2012年09月30日
  • 下側頭回経由での選択的海馬扁桃核切除術の記憶機能に及ぼす影響,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,谷直樹,圓尾知之,クー ウイミン,柳澤琢史,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 390-390,2012年09月30日
  • 腫瘍切除により二次性てんかん源が消失した側頭葉てんかんの一例,Khoo Hui Ming,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,圓尾 知之,後藤 哲,平田 雅之,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 440-440,2012年09月
  • 脳律動変化にもとづいた脳電磁イメージングとブレイン・マシン・インターフェース,平田雅之,柳澤琢史,菅田陽怜,貴島晴彦,吉峰俊樹,認知神経科学,Vol. 14,No. 2,2012年08月
  • ブレイン・マシン・インターフェースによる機能支援 : リアルタイムロボットアーム制御とワイヤレス完全体内埋込装置の開発,平田 雅之,柳澤 琢史,松下 光次郎,Shayne Morris,神谷 之康,鈴木 隆文,吉田 毅,佐藤 文博,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,影山 悠,川人 光男,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery,Vol. 21,No. 7,p. 541-549,2012年07月20日
  • 【てんかん学の新展開】 てんかん脳のfunctional connectivity(機能的接続性),谷 直樹,貴島 晴彦,Khoo Hui Ming,平田 雅之,吉峰 俊樹,脳21,(株)金芳堂,Vol. 15,No. 3,p. 294-298,2012年07月
  • ニューロリハの最前線 Brain‐machine interfaceの進歩,平田雅之,柳澤琢史,松下光次郎,後藤哲,菅田陽怜,SHAYNE Morris,影山悠,貴島晴彦,齋藤洋一,吉峰俊樹,分子脳血管病,Vol. 11,No. 3,p. 252-259,2012年07月01日
  • ブレイン・マシン・インターフェースによる機能支援 : リアルタイムロボットアーム制御とワイヤレス完全体内埋込装置の開発(<特集>ニューロリハビリテーションの進歩),平田 雅之,柳澤 琢史,松下 光次郎,Shayne Morris,神谷 之康,鈴木 隆文,吉田 毅,佐藤 文博,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,影山 悠,川人 光男,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 21,No. 7,p. 541-549,2012年07月
  • てんかん診療最前線 てんかん治療におけるbrain machine interfaceの可能性,平田 雅之,柳澤 琢史,貴島 晴彦,Epilepsy : てんかんの総合学術誌,メディカルレビュー社,Vol. 6,No. 1,p. 37-42,2012年05月
  • 乳幼児におけるneuronavigation手術の工夫―吸引式体位固定マット補助下ピン固定による安全な頭部固定法―,香川尚己,貴島晴彦,圓尾知之,平山龍一,橋本直哉,加藤天美,吉峰俊樹,小児の脳神経,日本小児神経外科学会,Vol. 37,No. 2,p. 173-173,2012年04月30日
  • 麻痺患者における感覚運動野皮質脳波の変化とBMIへの応用,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,横井 浩史,神谷 之康,吉峰 俊樹,認知神経科学,認知神経科学会,Vol. 13,No. 3,p. 255-260,2012年03月
  • 高齢てんかん症例に新規抗てんかん薬での加療が奏効した2例,二宮宏智,加藤天美,貴島晴彦,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 3,p. 525-526,2012年01月31日
  • 皮質脳波を用いたブレイン・マシン・インターフェースの臨床応用,平田雅之,柳澤琢史,松下光次郎,影山悠,モリス シェイン,菅田陽怜,貴島晴彦,押野悟,森脇崇,梅垣昌士,吉峰俊樹,日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集,Vol. 47th,2012年
  • 麻痺患者における感覚運動野皮質脳波の変化とBMIへの応用,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,横井 浩史,神谷 之康,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 2,p. 124-128,2011年12月
  • ブレイン・マシン・インターフェースによる運動・意思疎通機能再建のためのワイヤレス完全体内埋込装置の開発,平田 雅之,松下 光次郎,モリス シェイン,後藤 哲,柳澤 琢史,鈴木 隆文,吉田 毅,佐藤 文博,齋藤 洋一,貴島 晴彦,影山 悠,川人 光男,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 2,p. 155-159,2011年12月
  • 経頭蓋磁気刺激による大脳運動野刺激療法,細見 晃一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,圓尾 知之,MORRIS Shayne,影山 悠,松崎 大河,MING Khoo Hui,吉峰 俊樹,斎藤 洋一,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 2,p. 185-191,2011年12月
  • 内側側頭葉てんかんにおける中枢性ベンゾジアゼピン受容体と糖代謝の分布,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 23,No. 1,p. 125-125,2011年11月
  • ここまで進んだ日本のブレイン・マシン・インタフェース(BMI)研究 皮質脳波を用いたワイヤレス埋込型ブレイン・マシン・インタフェースによる運動・言語機能再建,平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,松下 光次郎,齋藤 洋一,貴島 晴彦,影山 悠,モリス・シェイン,鈴木 隆文,横井 浩史,吉田 毅,佐藤 文博,澤田 甚一,佐倉 統,神谷 之康,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 39,No. 5,p. 339-339,2011年10月
  • 神経障害性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激の効果予測因子,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,圓尾 知之,影山 悠,Shayne Morris,小金丸 聡子,松崎 大河,平田 雅之,後藤 哲,Khoo Hui Ming,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 39,No. 5,p. 461-461,2011年10月
  • パーキンソン病に対する反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の可能性,圓尾 知之,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,Shayne Morris,影山 悠,Khoo Hui Ming,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 39,No. 5,p. 461-461,2011年10月
  • 視床下核刺激療法(STN-DBS)がパーキンソン病患者の温度覚に及ぼす影響,圓尾 知之,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,Shayne Morris,Khoo Hui Ming,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,Journal of Musculoskeletal Pain Research,(一社)日本運動器疼痛学会,Vol. 3,No. 2,p. 50-50,2011年10月
  • 皮質脳波を用いた発声関連電位と単一施行内容推定,後藤哲,平田雅之,柳澤琢史,松下光次郎,モリス シェイン,菅田陽怜,齋藤洋一,貴島晴彦,依藤史郎,吉峰俊樹,臨床神経生理学,Vol. 39,No. 5,2011年10月01日
  • 脳虚血に対する臨床神経生理学的アプローチ 脳虚血性疾患における運動時の皮質律動変化,押野 悟,平田 雅之,貴島 晴彦,齋藤 洋一,加藤 天美,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 39,No. 5,p. 334-334,2011年10月
  • 高齢者の非痙攣性てんかん重積に対する治療経験,押野悟,竹綱成典,松本勝美,鶴薗浩一郎,貴島晴彦,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 29,No. 2,2011年09月30日
  • 内側側頭葉てんかんにおける中枢性ベンゾジアゼピン受容体と糖代謝分布の相違,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,木下学,平田雅之,後藤哲,圓尾知之,KHOO Hui Ming,下野九理子,沖永剛志,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 2,p. 283-283,2011年09月30日
  • 4種の新規抗てんかん薬時代のてんかん治療,二宮宏智,加藤天美,中野直樹,貴島晴彦,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 2,p. 330-330,2011年09月30日
  • テレビ会議システムを用いたてんかん外科診療ネットワークの構築,加藤天美,中野直樹,貴島晴彦,沖永剛志,下野九理子,LIN Suwen,岡田理恵,岡田理恵,平田雅之,押野悟,後藤哲,柳田英彦,二宮宏智,露口尚弘,吉峰俊樹,てんかん治療研究振興財団研究年報,Vol. 22,p. 105-112,2011年09月30日
  • 新皮質てんかんに対する外科治療の予後予測因子の検討,貴島晴彦,押野悟,細見晃一,平田雅之,圓尾知之,谷直樹,クー ウイミン,柳澤琢史,下野九理子,沖永剛志,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 2,p. 347-347,2011年09月30日
  • フレームレス定位手術システムを用いて深部電極を留置した側頭葉てんかんの1例,クー・ウイミン,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,圓尾 知之,後藤 哲,平田 雅之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 2,p. 317-317,2011年09月
  • BMIのリハビリテーション医療への応用を探る BMIによるロボットアーム制御と脳損傷後皮質脳波変化の定量的解析,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,松下 光次郎,横井 浩,神谷 之康,吉峰 俊樹,認知神経科学,認知神経科学会,Vol. 13,No. 2,p. 172-172,2011年09月
  • 海馬電極刺激を用いた海馬扁桃核切除後の記憶障害の予測(Provocative memory test for amygdalohippocampectomy using depth electrodes implanted in the entorhinal area),谷 直樹,貴島 晴彦,アリ・モハメド,押野 悟,細見 晃一,クー・ウイミン,圓尾 知之,平田 雅之,齋藤 洋一,加藤 天美,数井 裕光,吉田 哲彦,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 2,p. 296-296,2011年09月
  • 内側側頭葉と近時記憶 : 深部電極刺激検査からの知見,数井 裕光,吉田 哲彦,貴島 晴彦,平田 雅之,吉峰 俊樹,武田 雅俊,高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research,一般社団法人 日本高次脳機能障害学会,Vol. 31,No. 3,p. 285-293,2011年09月
  • NAVIGATION GUIDED LESS INVASIVE SELECTIVE AMYGDALOHIPPOCAMPECTOMY VIA INFERIOR TEMPORAL GYRUS,H. Kishima,S. Oshino,M. Hirata,N. Tani,K. Hosomi,T. Maruo,Y. Saitoh,A. Kato,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL,Vol. 52,p. 202-203,2011年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • HOW DO NEW ANTIEPILEPTIC DRUGS IMPACT THE THERAPY OF REFRACTORY EPILEPSY AT THE MUNICIPAL HOSPITAL IN SAKAI?,H. Ninomiya,A. Kato,H. Kishima,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL,Vol. 52,p. 117-118,2011年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • PROVOCATIVE MEMORY TEST FOR AMYGDALOHIPPOCAMPECTOMY USING DEPTH ELECTRODES IMPLANTED IN THE ENTORHINAL AREA,N. Tani,H. Kishima,M. Ali,S. Oshino,K. Hosomi,Hui K. Ming,T. Maruo,Y. Saitoh,M. Hirata,A. Kato,H. Kazui,T. Yoshida,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL,Vol. 52,p. 198-199,2011年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 脳表電極を用いたブレイン・マシン・インタフェースの展望,平田 雅之,松下 光次郎,柳澤 琢史,後藤 哲,モリス シェイン,影山 悠,齋藤 洋一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface,ヒューマンインターフェース学会,Vol. 13,No. 3,p. 131-136,2011年08月
  • Local field potential から考えるパーキンソン病に対するSTN-DBSの展望,貴島 晴彦,柳澤 琢史,押野 悟,平田 雅之,細見 晃一,圓尾 知之,谷 直樹,ALI Mohamed,後藤 哲,原田 悠,SHANE Morris,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 1,p. 2-3,2011年06月
  • ブレイン・マシン・インターフェースによる運動・意思疎通機能再建のためのワイヤレス完全体内埋込装置の開発,平田 雅之,松下 光次郎,後藤 哲,モリス シェイン,柳澤 琢史,鈴木 隆文,吉田 毅,佐藤 文博,齋藤 洋一,貴島 晴彦,原田 悠,川人 光男,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 1,p. 16-17,2011年06月
  • Thalamotomy ではなく, 治療に Vo-complex DBS を選択した focal hand dystonia の2症例,都築 貴,枝川 光太朗,井間 博之,後藤 惠,生塩 之敬,原田 悠,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 1,p. 94-95,2011年06月
  • 多脳葉皮質形成異常に伴う難治てんかんに対する脳葉離断術の有用性,貴島晴彦,加藤天美,平田雅之,押野悟,谷直樹,香川直己,千葉泰良,齋藤洋一,下野九理子,青天目信,沖永剛志,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 445-445,2011年01月31日
  • 脳磁図によるてんかん性異常波の伝播様式推定,押野悟,貴島晴彦,平田雅之,沖永剛志,下野九里子,富永康仁,細見晃一,後藤哲,柳澤琢史,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 450-450,2011年01月31日
  • MEGによるてんかん伝播の解析―難治てんかんを伴う弁蓋部症候群の手術適応決定―,谷直樹,加藤天美,齋藤洋一,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 434-435,2011年01月31日
  • 多病変を有する結節性硬化症の2手術例,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,後藤哲,圓尾知之,柳澤琢史,MOHAMED Ali,北井征宏,富永康仁,下野九理子,沖永剛志,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 457-458,2011年01月31日
  • 機能的半球離断術により良好な経過をたどった片側巨脳症の1例,林淑文,中野直樹,中西欣弥,貴島晴彦,沖永剛志,下野九理子,加藤天美,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 458-459,2011年01月31日
  • 小児期発症の側頭葉てんかん症例の臨床的検討,富永康仁,北井征宏,新谷研,下野九理子,沖永剛志,永井利三郎,大薗恵一,貴島晴彦,加藤天美,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 453-454,2011年01月31日
  • てんかん関連精神病状態を有する左側頭葉海綿状血管腫の一例,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,圓尾 知之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 472-473,2011年01月
  • 広汎性発達障害を伴う全般性てんかんに対して脳梁離断術を施行した2例,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,細見 晃一,後藤 哲,圓尾 知之,富永 康二,下野 九理子,沖永 剛志,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 479-479,2011年01月
  • 人工視覚の最近の動向,寺澤靖雄,斉藤徹,大澤孝治,田代洋行,太田淳,神田寛行,貴島晴彦,瓶井資弘,不二門尚,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 50th,2011年
  • 高齢者の非痙攣性てんかん重責,押野悟,松本勝美,竹綱成典,鶴薗浩一郎,貴島晴彦,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 34th,2010年12月22日
  • イオマゼニルSPECTを用いた側頭葉てんかんにおける側頭葉外の抑制系障害の検討,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,谷直樹,後藤哲,圓尾知之,SHAYNE Morris,原田悠,柳澤琢史,MOHAMED Ali,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 34th,2010年12月22日
  • 学童期以降の新皮質てんかんに対する外科治療のピットホール,貴島晴彦,押野悟,細見晃一,平田雅之,柳澤琢史,圓尾知之,谷直樹,下野九理子,沖永剛志,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 34th,2010年12月22日
  • 皮質下出血後の難治性てんかんに外科治療が奏功した一例,二宮宏智,加藤天美,中野直樹,貴島晴彦,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 34th,2010年12月22日
  • 皮質脳波の生理学的特徴を用いて患者の訓練なく制御できるロボットハンドBMI,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,細見 晃一,横井 浩史,神谷 之康,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 49,No. 2,p. 161-166,2010年12月
  • 視床下核刺激療法(STN-DBS)が温冷覚に及ぼす影響についての検討,圓尾 知之,齋藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,平田 雅之,後藤 哲,SHAYNE Morris,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 49,No. 2,p. 217-221,2010年12月
  • 発作間欠期MEGのmoving dipoleがてんかん焦点決定に有用であった結節性硬化症の一例,貴島晴彦,押野悟,細見晃一,MOHAMED Ali,平田雅之,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,脳神経外科速報,(株)メディカ出版,Vol. 20,No. 10,p. 1179-1183,2010年10月10日
  • 疼痛の種類による反復経頭蓋磁気刺激の除痛効果の相違,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,圓尾 知之,Morris Shayne,原田 悠,平田 雅之,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 38,No. 5,p. 335-335,2010年10月
  • てんかん病態の検索方法の進歩と有用性 脳梁離断による発作間欠期棘波の変容,加藤 天美,押野 悟,貴島 晴彦,中野 直樹,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,沖永 剛志,下野 九里子,岡田 理恵子,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 38,No. 5,p. 301-301,2010年10月
  • 新規抗てんかん薬でてんかん治療はかわったか?,二宮宏智,加藤天美,中野直樹,貴島晴彦,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 2,p. 254-254,2010年09月30日
  • 側頭葉てんかんにおけるIomazenil SPECTとFDG PETの定量的比較,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,ALI Mohamed,後藤哲,原田悠,圓尾知之,MORRIS Shayne,柳澤琢史,下野九理子,沖永剛志,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 2,p. 268-268,2010年09月30日
  • てんかん手術後の社会的予後の検討,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,細見晃一,圓尾知之,ALI Mohamed,下野九理子,沖永剛志,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 2,p. 291-291,2010年09月30日
  • 神経疾患に対するもう一つのEBM―Engineering Based Medicine 3 侵襲型ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)を用いた運動・コミュニケーション機能再建,平田雅之,柳澤琢史,後藤哲,松下光次郎,齋藤洋一,貴島晴彦,菅田陽怜,SHAYNE Morris,原田悠,吉峰俊樹,Brain Med,Vol. 22,No. 3,p. 223-230,2010年09月15日
  • 海馬傍回に留置した深部電極の刺激による記憶機能の評価(Evaluation of memory function with depth electrodes in the parahippocampal gyrus),Ali Mohamed,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,細見 晃一,吉田 哲彦,数井 裕光,加藤 天美,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 2,p. 370-370,2010年09月
  • BMI研究の最前線 基礎-臨床、医学-工学の連携 ヒト皮質脳波を用いたBMI臨床応用への統合的アプローチ(Frontier of Brain-machine Interface: Collaboration between Basic and Clinical Neuroscience Integrative BMI approach for functional restoration using human electrocorticograms),平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,松下 光次郎,鈴木 隆文,横井 浩史,佐倉 統,藤井 直敬,牛場 潤一,吉田 毅,佐藤 文博,齋藤 洋一,貴島 晴彦,神谷 之康,吉峰 俊樹,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 463-463,2010年08月
  • 皮質脳波を用いた麻痺患者による電動義手制御(Prosthetic arm control by paralyzed patients using electrocorticograms),柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,横井 浩,神谷 之康,吉峰 俊樹,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 497-497,2010年08月
  • 皮質脳波を用いた単音発声時の単一施行推定(Single trial classification of phonemes for electrocorticographic brain-machine interfaces),後藤 哲,平田 雅之,柳澤 琢史,松下 光次郎,Morris Shayne,菅田 陽怜,齋藤 洋一,貴島 晴彦,依藤 史郎,吉峰 俊樹,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 598-598,2010年08月
  • 視床下核刺激療法(STN-DBS)がパーキンソン病患者の温度覚に及ぼす影響,圓尾 知之,齊藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,Morris Shayne,平田 雅之,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 25,No. 2,p. 114-114,2010年07月
  • 引き抜き損傷に対する運動野電気刺激術と脊髄後根侵入帯破壊術の除痛効果の相違(Differential effect of electrical motor cortex stimulation and DREZ-otomy on pain due to brachial plexus avulsion),Ali Mohamed,齋藤 洋一,細見 晃一,Morris Shayne,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,柴田 政彦,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 25,No. 2,p. 89-89,2010年07月
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法(Spinal cord stimulation for central post-stroke pain),Ali Mohamed,齋藤 洋一,細見 晃一,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 25,No. 2,p. 90-90,2010年07月
  • 神経疾患に対する非侵襲的中枢神経刺激療法 : 反復経頭蓋磁気刺激,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,ALI Mohamed,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 49,No. 1,p. 2-3,2010年06月
  • 痙性対麻痺に対するバクロフェン髄腔内投与療法,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,圓尾 知之,平田 雅之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 49,No. 1,p. 8-9,2010年06月
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序,細見 晃一,齋藤 洋一,後藤 哲,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,圓尾 知之,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 25,No. 1,p. 1-8,2010年04月
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序,細見 晃一,齋藤 洋一,後藤 哲,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,圓尾 知之,柳澤 琢史,ALI Mohamed,吉峰 俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 25,No. 1,p. 1-8,2010年03月15日
  • 器質性病変を有する側頭葉てんかんに対する病変切除,海馬温存手術の長期予後,貴島晴彦,押野悟,細見晃一,平田雅之,後藤哲,圓尾知之,柳澤琢史,アリ ムハメッド,下野九理子,沖永剛,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 33rd,2009年12月25日
  • 側頭葉てんかんにおける側頭葉外の抑制系障害―Iomazenil‐SPECTを用いて―,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,後藤哲,圓尾知之,柳澤琢史,ALI Mohamed,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 33rd,2009年12月25日
  • 【視覚機能】脳磁図、皮質脳波、ファイバートラッキング、経頭蓋磁気刺激を用いた術前・術中視覚機能評価,平田 雅之,後藤 哲,谷 直樹,甲津 彩子,元木 優,齋藤 洋一,貴島 晴彦,橋本 直哉,柳澤 琢史,細見 晃一,依藤 史郎,吉峰 俊樹,臨床脳波,(株)永井書店,Vol. 51,No. 12,p. 721-728,2009年12月
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法,アリ モハメド,齋藤 洋一,細見 晃一,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 48,No. 2,p. 139-146,2009年12月
  • 難治性神経障害性疼痛に対する脳神経外科的治療の長期成績,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,ALI Mohamed,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 48,No. 2,p. 157-162,2009年12月
  • 体幹部の痙性症状に対する髄腔内バクロフェン投与療法の効果,押野 悟,貴島 晴彦,細見 晃一,齋藤 洋一,平田 雅之,アリ モハメド,圓尾 知之,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 48,No. 2,p. 163-167,2009年12月
  • 神経因性疼痛に対する脊髄刺激療法がもたらす脳内神経活動変化,貴島 晴彦,齋藤 洋一,押野 悟,細見 晃一,モハメッド・アリ,圓尾 知之,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 21,No. 1,p. 153-153,2009年11月
  • SUCCESSFUL SURGICAL TREATMENT FOR INTRACTABLE EPILEPSY CAUSED BY CORTICAL DYSPLASIA,H. Kishima,K. Amami,O. Satoru,H. Masayuki,H. Koichi,G. Tetsu,Y. Takufumi,T. Okinaga,K. Shimono,S. Youichi,Y. Toshiki,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC,Vol. 50,p. 119-119,2009年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • FUNCTIONAL RESTORATION AFTER SURGICAL TREATMENT FOR INTRACTABLE EPILEPSY RELATING SENSORIMOTOR SYSTEM STUDIED BY SYNTHETIC APERTURE MAGNETOMETRY,A. Kato,H. Kishima,M. Hirata,S. Oshino,N. Nakano,Y. Lin,H. Ninomiya,T. Okinaga,K. Shimono,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC,Vol. 50,p. 122-122,2009年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • てんかん研究の最前線 てんかん原性への機能的アプローチ てんかん治療への機能的アプローチ 脳機能の制御メカニズムの活用,平田 雅之,柳澤 琢史,貴島 晴彦,後藤 哲,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 37,No. 5,p. 265-265,2009年10月
  • Neuropathic painの病態と治療 大脳一次運動野磁気刺激による除痛効果とメカニズム,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 37,No. 5,p. 293-294,2009年10月
  • 二次性全般化に認められた高アンモニア血症の2例,二宮宏智,貴島晴彦,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 232-232,2009年09月30日
  • 当科における小児期発症の側頭葉てんかん症例の臨床的検討,富永康仁,池田妙,岩谷祥子,北井征宏,橋本奈津子,新谷研,木村志保子,下野九理子,沖永剛志,平田雅之,貴島晴彦,加藤天美,永井利三郎,大薗恵一,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 243-243,2009年09月30日
  • 側頭葉てんかんにおける123I-iomazenil SPECTの定量解析の試み(Quantitative analysis of 123 I-iomazenil SPECT in temporal lobe epilepsy),細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,Ali Mohamed,下野 九理子,沖永 剛志,加藤 天美,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 241-241,2009年09月
  • 前方脳梁離断術後の発作間欠期脳磁図の変化(Alteration of interictal epileptic discharge after anterior corpus callosotomy),押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,圓尾 知之,齋藤 洋一,下野 九理子,沖永 剛志,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 276-276,2009年09月
  • 側頭葉病変による難治性てんかんに対し扁桃-海馬切除術の追加は必要か?(Is the additional amygdalo-hippocampectomy necessary for intractable epilepsy associated with temporal lesion?),貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,Ali Mohamed,下野 九理子,沖永 剛志,加藤 天美,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 288-288,2009年09月
  • 感覚運動野の新皮質てんかんにおける発作間欠期てんかん波の自発的運動による抑制効果(Movement induces suppression of interictal spikes in sensorimotor neo-cortical epilepsy),柳澤 琢史,平田 雅之,貴島 晴彦,後藤 哲,齋藤 洋一,押野 悟,細見 晃一,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 331-331,2009年09月
  • 脊髄における侵害情報処理と疼痛制御 難治性神経因性疼痛に対する脊髄硬膜外電気刺激療法,齋藤 洋一,貴島 晴彦,住谷 昌彦,畑澤 順,柴田 政彦,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 24,No. 2,p. (39)-(39),2009年07月
  • 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法,押野 悟,齋藤 洋一,細見 晃一,モハメド・アリ,貴島 晴彦,平田 雅之,柴田 政彦,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 24,No. 2,p. 63-63,2009年07月
  • 脳卒中後疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序,細見 晃一,齋藤 洋一,後藤 哲,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,圓尾 知之,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 24,No. 2,p. 79-79,2009年07月
  • てんかん外科 てんかん性異常波伝播の脳磁図解析,加藤天美,押野悟,平田雅之,貴島晴彦,下野九理子,沖永剛志,中野直樹,LIN Suwen,吉峰俊樹,臨床脳波,(株)永井書店,Vol. 51,No. 7,p. 410-417,2009年07月01日
  • 脊髄における侵害情報処理と疼痛制御 難治性神経因性疼痛に対する脊髄硬膜外電気刺激療法,齋藤 洋一,貴島 晴彦,住谷 昌彦,畑澤 順,柴田 政彦,吉峰 俊樹,日本ペインクリニック学会誌,(一社)日本ペインクリニック学会,Vol. 16,No. 3,p. 268-268,2009年06月
  • 難治性神経因性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS),細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,ALI Mohamed,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 48,No. 1,p. 4-5,2009年06月
  • てんかん外科手術を施行したWest症候群6例における予後の検討,森田 祥子,下野 九理子,北井 征宏,新谷 研,富永 康仁,沖永 剛志,貴島 晴彦,加藤 天美,谷池 雅子,永井 利三郎,大薗 恵一,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 41,No. Suppl.,p. S319-S319,2009年05月
  • 巨大な乳児期悪性脳腫瘍に対する化学療法併用多段階手術を用いた治療戦略,香川尚己,千葉泰良,橋本直哉,木下学,沖田典子,山本福子,木嶋教行,圓尾知之,貴島晴彦,吉峰俊樹,小児の脳神経,Vol. 34,No. 2,2009年04月30日
  • 内視鏡支援下脳室腹腔短絡術の有用性と問題点,香川尚己,千葉泰良,橋本直哉,圓尾知之,木嶋教行,木下学,沖田典子,山本福子,貴島晴彦,吉峰俊樹,小児の脳神経,Vol. 34,No. 2,2009年04月30日
  • 脳信号解読技術を用いた脳機能再建,平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,齋藤 洋一,貴島 晴彦,福間 良平,横井 浩史,鈴木 隆文,佐倉 統,神谷 之康,吉峰 俊樹,医工学治療,(NPO)日本医工学治療学会,Vol. 21,No. Suppl.,p. 99-99,2009年04月
  • 髄腔内バクロフェン治療(ITB)後の理学療法:―歩行可能な症例に対する評価とアプローチ―,橋田 剛一,佐藤 睦美,井上 悟,須貝 文宣,貴島 晴彦,日本理学療法学術大会,JAPANESE PHYSICAL THERAPY ASSOCIATION,Vol. 2008,No. 0,p. B3P3276-B3P3276,2009年04月
  • 高頻度反復的経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序 ─電気生理学的検討─,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 24,No. 1,p. 23-29,2009年04月
  • 経頭蓋磁気刺激(TMS)による幻肢痛患者の運動野マッピング,柳澤 琢史,齋藤 洋一,細見 晃一,平田 雅之,貴島 晴彦,押野 悟,後藤 哲,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 24,No. 1,p. 31-36,2009年04月
  • 高頻度反復的経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序 : 電気生理学的検討,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,ALI Mohamed,吉峰 俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 24,No. 1,p. 23-29,2009年02月28日
  • 経頭蓋磁気刺激(TMS)による幻肢痛患者の運動野マッピング,柳澤 琢史,齋藤 洋一,細見 晃一,平田 雅之,貴島 晴彦,押野 悟,後藤 哲,吉峰 俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 24,No. 1,p. 31-36,2009年02月28日
  • 重度障害者用ブレイン・マシン・インターフェースの開発新しいかたちの人生への復帰支援,平田雅之,柳澤琢史,後藤哲,福間良平,齋藤洋一,貴島晴彦,横井浩史,牛場潤一,鈴木隆文,神谷之康,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 68th,2009年
  • 皮質脳波の生理学的特徴を利用したロボット制御用BMIの開発,柳澤琢史,平田雅之,齋藤洋一,貴島晴彦,後藤哲,福間良平,細見晃一,横井浩史,神谷之康,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 68th,2009年
  • FUNCTIONAL ALTERATIONS OF CORTICES AFTER NEUROSURGICAL TREATMENT FOR SENSORIMOTOR LESIONS,Amami Kato,Yoshinobu Hara,Masayuki Hirata,Satoru Oshino,Haruhiko Kishima,Naokii Nakano,Takufumi Yanagisawa,Takeshi Okinaga,Masaaki Taniguchi,Toshiki Yoshimine,Sadao Shiosaka,Jun Ohta,JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES,SPRINGER TOKYO,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 112-112,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 側頭葉てんかんにおけるイオマゼニルSPECTの統計画像解析の有用性,細見晃一,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,後藤哲,圓尾知之,柳澤琢史,MOHAMED Ali,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 68th,2009年
  • 対側病変を有する左半球広範性皮質形成異常に伴った難治性West症候群のてんかん外科治療,青天目信,下野九理子,沖永剛志,今井克美,神尾範子,最上友紀子,新谷研,貴島晴彦,加藤天美,永井利三郎,大薗恵一,大阪てんかん研究会雑誌,大阪てんかん研究会,Vol. 19,No. 1,p. 45-55,2008年12月11日
  • 皮質脳波を用いた脳・コンピュータ連結,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,福間 良平,後藤 哲,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,神谷 之康,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 47,No. 2,p. 130-134,2008年12月
  • 神経因性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,谷 直樹,平山 東,下川 敏雄,押野 悟,平田 雅之,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 47,No. 2,p. 135-140,2008年12月
  • 脳主幹動脈閉塞性疾患における運動時の皮質律動変化,押野 悟,加藤 天美,平田 雅之,貴島 晴彦,齋藤 洋一,藤中 俊之,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 20,No. 1,p. 147-147,2008年11月
  • 磁気刺激の現状と今後 基礎と治療 難治性神経因性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 36,No. 5,p. 446-446,2008年10月
  • 難治性神経因性疼痛に対する高頻度反復経頭蓋磁気刺激 皮質興奮性の検討,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,柳澤 琢史,依藤 史郎,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 36,No. 5,p. 575-575,2008年10月
  • 脳律動変化を用いた言語機能の動的マッピング 皮質脳波と脳磁図の比較,後藤 哲,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,柳沢 琢史,細見 晃一,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 2J-01,2008年10月
  • 難治性神経因性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の有用性の検討,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平山 東,谷 直樹,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,柳澤 琢史,Mohamed Ali,下川 敏雄,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 2D-O08,2008年10月
  • 特発性正常圧水頭症に対する治療法の選択,貴島 晴彦,押野 悟,齋藤 洋一,平田 雅之,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,数井 裕光,木藤 友実子,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 2E-O30,2008年10月
  • Brain-machine interface(BMI)の脳神経外科への応用 機能的脳疾患に対する中枢神経刺激療法 現状と今後の展望,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,細見 晃一,柳澤 琢史,後藤 哲,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 1E-S04,2008年10月
  • 側頭葉てんかん手術の就業状況に及ぼす影響,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,齋藤 洋一,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,沖永 剛志,下野 九理子,加藤 天美,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 3B-O21,2008年10月
  • 皮質脳波を用いたBrain-machine interface(BMI)による運動機能再建,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,後藤 哲,福間 良平,細見 晃一,加藤 天美,横井 浩史,神谷 之康,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 2J-01,2008年10月
  • Brain-machine interface(BMI)の脳神経外科への応用 皮質脳波を用いたBrain machine interfaceによるリアルタイムロボット制御 現状と今後の展望,平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,齋藤 洋一,福間 良平,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,加藤 天美,横井 浩史,鈴木 隆文,佐倉 統,神谷 之康,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 1E-S04,2008年10月
  • O2-20 前方脳梁離断術前後での発作間欠期脳磁図の変化(経過・予後1,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,齋藤 洋一,沖永 剛志,下野 九理子,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O2-25 テレビ会議システムを用いたてんかん外科診療ネットワークの構築(経過・予後3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),加藤 天美,中野 直樹,貴島 晴彦,沖永 剛志,下野 九理子,林 淑文,平田 雅之,押野 悟,柳田 英彦,二宮 宏智,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O2-28 側頭葉てんかん手術の社会生活状況に及ぼす影響(経過・予後3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),貴島 晴彦,押野 悟,齋藤 洋一,平田 雅之,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,沖永 剛志,下野 九理子,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O2-55 West症候群におけるFDG-PETの有用性(画像3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),下野 九理子,森田 祥子,北井 征宏,富永 康仁,新谷 研,沖永 剛志,今井 克美,貴島 晴彦,加藤 天美,永井 利三郎,大薗 惠一,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O2-57 てんかん外科のための脳波律動変化を用いた脳機能マッピング(脳波・脳磁図3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),平田 雅之,後藤 哲,柳澤 琢史,貴島 晴彦,齋藤 洋一,押野 悟,細見 晃一,加藤 天美,依藤 史郎,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O2-73 脳神経外科のてんかん外来における壮年期発症てんかんの特徴について(経過・予後5,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),二宮 宏智,有田 英之,馬淵 英一郎,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • P2-11 対側に二次性焦点を形成した下側頭回神経節細胞腫による難治性てんかんの一例(症例報告3,一般演題(ポスター),第42回日本てんかん学会),林 淑文,中野 直樹,中西 欣弥,貴島 晴彦,沖永 剛志,下野 九理子,加藤 天美,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O1-1 てんかん焦点診断におけるI-123 iomazenil SPECTとFDG-PETの比較(画像1,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),細見 晃一,貴島 晴彦,齋藤 洋一,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,下野 九理子,沖永 剛志,下瀬川 恵久,畑澤 順,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 26,No. 2,2008年09月
  • 経頭蓋磁気刺激(TMS)による幻肢痛患者の運動野マッピング,柳澤 琢史,齋藤 洋一,細見 晃一,平田 雅之,貴島 晴彦,押野 悟,後藤 哲,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 23,No. 2,p. 77-77,2008年07月
  • 高頻度反復的経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序 電気生理学的検討,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 23,No. 2,p. 84-84,2008年07月
  • 難治性求心路遮断痛に対する反復的経頭蓋磁気刺激療法のphase II臨床治験,齋藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,柳澤 琢史,後藤 哲,平田 雅之,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 23,No. 2,p. 85-85,2008年07月
  • 脊髄損傷に対する嗅粘膜移植法 : 海外の現況と当科での基礎実験,臨床応用に向けての準備状況(再生医療-脊髄移植の現状と課題-,第44回日本リハビリテーション医学会学術集会/神戸),岩月 幸一,吉峰 俊樹,貴島 晴彦,青木 正典,リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌,社団法人日本リハビリテーション医学会,Vol. 45,No. 6,p. 361-364,2008年06月
  • 【求心路遮断痛の診断と治療】求心路遮断痛の診断法と臨床的評価 PETによる求心路遮断痛の脳機能解析,貴島 晴彦,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,ペインクリニック,真興交易(株)医書出版部,Vol. 29,No. 別冊春,p. S57-S63,2008年04月
  • 反復的経頭蓋磁気刺激による難治性神経因性疼痛の治療,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 23,No. 1,p. 19-26,2008年04月
  • 求心路遮断性疼痛に対する運動野刺激療法, 脊髄刺激療法の作用機序,貴島 晴彦,齋藤 洋一,平山 東,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,加藤 天美,吉峰 俊樹,CI研究 : progress in computed imaging,Vol. 29,No. 3,p. 153-158,2008年03月31日
  • 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法の治療成績,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 30,No. 2,p. 316-316,2008年03月
  • 脳卒中後の運動関連磁界の変化とその回復過程,押野 悟,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,大江 洋史,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,藤中 俊之,吉峰 俊樹,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 30,No. 2,p. 354-354,2008年03月
  • 反復的経頭蓋磁気刺激による難治性神経因性疼痛の治療,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 23,No. 1,p. 19-26,2008年01月31日
  • 21世紀の脳科学をみすえて 再生・再建 ヒト脳の可塑性と再生・再建,吉峰俊樹,岩月幸一,平田雅之,貴島晴彦,加藤天美,種子田護,脳21,(株)金芳堂,Vol. 11,No. 1,p. 130-142,12-14-142,2008年01月20日
  • ブレインマシンインターフェースを用いた運動機能再建,平田雅之,柳澤琢史,齋藤洋一,福間良平,後藤哲,貴島晴彦,横井浩史,神谷之康,吉峰俊樹,情報処理学会関西支部支部大会講演論文集,Vol. 2008,p. 216-217,2008年
  • 幻肢痛に対する大脳皮質刺激療法のメカニズム解析,柳澤 琢史,齋藤 洋一,平田 雅之,山下 宙人,神谷 之康,押野 悟,貴島 晴彦,谷 直樹,細見 晃一,後藤 哲,佐藤 雅昭,柿木 隆介,吉峰 俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,日本疼痛学会,Vol. 23,No. 1,p. 27-34,2008年01月
  • 脳卒中後疼痛に対する治療戦略 : 大脳運動野刺激療法と脊髄刺激療法の長期予後,齋藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 2,p. 119-124,2007年12月
  • 求心路遮断性疼痛に対する運動野刺激療法, 脊髄刺激療法による脳内活動変化,貴島 晴彦,齋藤 洋一,平山 東,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 2,p. 149-153,2007年12月
  • 難治性疼痛に対する脳神経外科的治療と治療成績,押野 悟,齋藤 洋一,細見 晃一,谷 直樹,貴島 晴彦,平田 雅之,後藤 哲,柳澤 琢史,岩月 幸一,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 2D-S11,2007年10月
  • 脳深部刺激療法におけるimage fusionによる電極留置部位の検討,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 3K-P60,2007年10月
  • 脳・コンピュータ連結による神経機能修正・代行技術の成績,柳澤 琢史,平田 雅之,加藤 天美,神谷 之康,澁谷 大輔,貴島 晴彦,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 2K-P38,2007年10月
  • 皮質形成異常による難治性てんかんに対する手術術式とその結果,貴島 晴彦,加藤 天美,齋藤 洋一,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,沖永 剛志,下野 九理子,富永 康仁,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 3G-O50,2007年10月
  • 長期経過よりみた小児難治てんかんの外科治療,加藤 天美,貴島 晴彦,平田 雅之,沖永 剛志,数井 裕光,中野 直樹,渡邉 啓,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 1A-S05,2007年10月
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピングと脳機能再建への応用,後藤 原,平田 雅之,柳沢 拓史,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,橋本 直哉,加藤 天美,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 1K-P04,2007年10月
  • 開口合成脳磁図を用いた言語優位半球、言語機能局在の術前評価 侵襲的検査法との比較検証,平田 雅之,加藤 天美,齋藤 洋一,貴島 晴彦,橋本 直哉,後藤 哲,柳澤 琢史,谷 直樹,押野 悟,細見 晃一,依藤 史郎,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 3A-S21,2007年10月
  • MEG,IMZ‐SPECTを用いたてんかん術前診断,二宮宏智,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,今井克巳,加藤天美,吉峰俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 35,No. 5,p. 392-393,2007年10月01日
  • てんかん外科とニューロネットワーク てんかん性異常波伝播の脳磁図解析,加藤 天美,押野 悟,平田 雅之,下野 九理子,貴島 晴彦,沖永 剛志,中野 直樹,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 35,No. 5,p. 354-355,2007年10月
  • O1-54 中心溝近傍の限局性皮質形成異常による難治性てんかんの外科治療(外科治療5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),貴島 晴彦,加藤 天美,齋藤 洋一,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,下野 九里子,沖永 剛志,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • O1-55 皮質形成異常に伴う難治性てんかんに対する手術(外科治療5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),加藤 天美,貴島 晴彦,下野 九理子,沖永 剛志,中野 直樹,平田 雅之,押野 悟,数井 裕光,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • O2-30 開口合成脳磁図を用いた言語優位半球、言語機能局在の術前評価(脳波5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),平田 雅之,加藤 天美,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,後藤 哲,谷 直樹,柳澤 琢史,細見 晃一,依藤 史郎,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • O2-31 脳磁図によるてんかん性異常波の伝播様式推定(脳波5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,谷 直樹,後藤 哲,細見 晃一,柳澤 琢史,齋藤 洋一,沖永 剛志,下野 九里子,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • O2-43 てんかん焦点診断におけるI-123 iomazenil SPECT統計画像解析の有用性(画像2,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),細見 晃一,貴島 晴彦,齋藤 洋一,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,下野 九里子,沖永 剛志,下瀬川 恵久,畑澤 順,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • 脳卒中後疼痛に対する脊髄電気刺激療法の有効性,齋藤 洋一,住谷 昌彦,押野 悟,貴島 晴彦,谷 直樹,平田 雅之,細見 晃一,真下 節,吉峰 俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 22,No. 3,p. 123-126,2007年08月06日
  • 幻肢痛における大脳皮質再構築の経頭蓋磁気刺激, 脳磁図, 感覚誘発電位による検討,柳澤 琢史,齋藤 洋一,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,谷 直樹,住谷 昌彦,加藤 天美,吉峰 俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 22,No. 3,p. 143-148,2007年08月06日
  • Efficacy of spinal cord stimulation on post-stroke pain.,Saitoh Y,Sumitani M,Oshino S,Kishima H,Tani N,Hirata M,Hosomi K,Mashimo T,Yoshimine T,Pain Research,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 3,p. 123-126,2007年08月
  • 脊髄・脊髄神経根由来の難治性疼痛に対する脳神経外科的治療,押野悟,齋藤洋一,貴島晴彦,平田雅之,谷直樹,加藤天美,岩月幸一,住谷昌彦,真下節,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 2,p. 98-98,2007年07月07日
  • 反復的経頭蓋磁気刺激による難治性神経因性疼痛の治療,齋藤 洋一,柳澤 琢史,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 2,p. 72-72,2007年07月
  • 難治性疼痛に対する硬膜下電極による大脳一次運動野刺激術の治療成績,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 2,p. 72-72,2007年07月
  • 幻肢痛に対する大脳皮質刺激療法のメカニズム解析,柳澤 琢史,齋藤 洋一,平田 雅之,押野 悟,貴島 晴彦,谷 直樹,細見 晃一,後藤 哲,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 2,p. 85-85,2007年07月
  • Alteration of motor related field in patients with occlusive vascular diseases,Satoru Oshino,Amami Kato,Masayuki Hirata,Masaaki Taniguchi,Naoki Tani,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Toshiyuki Fujinaka,Toshiki Yoshimine,International Congress Series,Vol. 1300,p. 353-356,2007年06月
  • Cerebral motor control in patients with brain tumors around the central sulcus studied with synthetic aperture magnetometry,Amami Kato,Satoru Oshino,Masayuki Hirata,Masaaki Taniguchi,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Naoki Tani,Toshiki Yoshimine,International Congress Series,Vol. 1300,p. 713-716,2007年06月
  • 脳卒中後疼痛に対する治療戦略 : 大脳運動野刺激療法と脊髄刺激療法の長期予後,齋藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 12-13,2007年05月
  • 脊髄由来の難治性疼痛に対する脳神経外科的治療,押野 悟,齋藤 洋一,貴島 晴彦,谷 直樹,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 14-15,2007年05月
  • 痙性斜頸に対する反復的経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の試み,谷 直樹,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,細見 晃一,後藤 哲,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 22-23,2007年05月
  • 上肢痙縮に対する selective musculocutaneous neurotomy の有用性,細見 晃一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,齋藤 洋一,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 48-49,2007年05月
  • 求心路遮断性疼痛に対する運動野刺激療法、脊髄刺激療法による脳内活動変化,貴島 晴彦,齋藤 洋一,平山 東,加藤 天美,平田 雄之,押野 悟,谷 直樹,畑澤 順,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 70-71,2007年05月
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピングと脳機能再建への応用,平田 雅之,加藤 天美,柳澤 琢史,後藤 哲,谷 直樹,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,依藤 史郎,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 86-87,2007年05月
  • 放射線学的診断が困難であった腫瘤性病変に対する生検術の適応について,橋本 直哉,泉本 修一,貴島 晴彦,千葉 泰良,木下 学,羽柴 哲夫,香川 尚己,加藤 天美,吉峰 俊樹,Brain Tumor Pathology,日本脳腫瘍病理学会,Vol. 24,No. Suppl.,p. 84-84,2007年04月
  • 【てんかん外科 てんかん治療の現状と将来】 Key words ナビゲーション手術,加藤 天美,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,吉峰 俊樹,カレントテラピー,(株)ライフメディコム,Vol. 25,No. 4,p. 320-321,2007年04月
  • てんかん外科の基礎と応用 小児てんかん外科手術 日々の脳外科手術にも応用できる手術手技の実際,加藤 天美,貴島 晴彦,平田 雅之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 16,No. 4,p. 337-337,2007年04月
  • 幻肢痛における大脳皮質再構築の経頭蓋磁気刺激, 脳磁図, 感覚誘発電位による検討,柳澤 琢史,齋藤 洋一,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,谷 直樹,住谷 昌彦,加藤 天美,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 3,p. 143-146,2007年04月
  • 2. 小児てんかん外科手術 : 日々の脳外科手術にも応用できる手術手技の実際(MS3-4 てんかん外科の基礎と応用, 第27回 日本脳神経外科コングレス総会),加藤 天美,貴島 晴彦,平田 雅之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 16,No. 4,2007年04月
  • 脳磁図を用いた脳虚血性疾患における潜在的機能異常の検出,押野悟,加藤天美,平田雅之,谷直樹,齋藤洋一,貴島晴彦,藤中俊之,吉峰俊樹,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 29,No. 2,p. 411-411,2007年03月01日
  • より豊かな生活に貢献する医療技術に関する研究 難治性求心路遮断痛に対する反復的高頻度経頭蓋磁気刺激療法の開発,齋藤 洋一,加藤 天美,貴島 晴彦,平山 東,押野 悟,平田 雅之,吉峰 俊樹,医科学応用研究財団研究報告,(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団,Vol. 24,p. 53-56,2007年02月
  • Stereotactic radiofrequency ablation for hypothalamic hamartoma,N. Tani,A. Kato,H. Kishima,M. Hirata,S. Oshino,Y. Saitoh,T. Okinaga,K. Shimono,T. Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 48,p. 120-120,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Less invasive selective amygdalohippocampectomy using navigation system via inferior temporal gyrus,H. Kishima,A. Kato,M. Hirata,S. Oshino,N. Tani,Y. Saitoh,T. Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 48,p. 118-118,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Surgical treatment for intractable paediatric epilepsy with widespread or multilobar cortical dysplasia,A. Kato,H. Kishima,T. Okinaga,M. Hirata,S. Oshino,K. Shimono,N. Tani,N. Kagawa,H. Ninomiya,Y. Saitoh,T. Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 48,p. 123-123,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Noninvasive evaluation of language dominance and localisation using synthetic aperture mag-netometry: Comparison with the wada test and stimulation mapping,M. Hirata,A. Kato,H. Kishima,S. Oshino,N. Tani,T. Goto,Y. Saitoh,N. Hashimoto,Y. Shiro,T. Yorifuji,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 48,p. 134-135,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • The diffusion tensor image and tractography of the patients with post-stroke pain,Tetsu Goto,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Satoru Oshino,Naoki Tani,Naoya Hashimoto,Amami Kato,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 58,p. S55-S55,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Subclinical alteration of motor related magnetic field in patients with cerebral vascular occlusive disease,Satoru Oshino,Amami Kato,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Toshiyuki Fujinaka,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 58,p. S50-S50,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 脳切裁による脳機能回復,加藤天美,貴島晴彦,沖永剛志,平田雅之,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本医学会総会総会会誌,Vol. 27th,2007年
  • Parkinson病 What’s new? 治療 大脳運動野刺激による可能性,齋藤洋一,貴島晴彦,谷直樹,加藤天美,吉峰俊樹,Clin Neurosci,(株)中外医学社,Vol. 25,No. 1,p. 104-105,2007年01月01日
  • 脳虚血性疾患に対する脳磁図を用いた神経機能評価 主幹動脈閉塞性疾患における運動関連磁界の変調,押野 悟,加藤 天美,平田 雅之,谷口 理章,谷 直樹,貴島 晴彦,齋藤 洋一,藤中 俊之,吉峰 俊樹,脳循環代謝,(一社)日本脳循環代謝学会,Vol. 18,No. 3,p. 132-132,2006年11月
  • 経頭蓋磁気刺激,脳磁図,感覚誘発電位による幻肢痛メカニズムの検討,柳澤琢史,齋藤洋一,押野悟,貴島晴彦,住谷昌彦,真下節,湯口貴導,森信太郎,加藤天美,吉峰俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 34,No. 5,p. 449-449,2006年10月01日
  • 事象関連脳律動変化を用いた脳機能マッピング,平田雅之,加藤天美,谷直樹,後藤哲,柳澤琢史,齋藤洋一,貴島晴彦,押野悟,崎原ことえ,梅川夕佳,金森慶子,依藤史郎,吉峰俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 34,No. 5,p. 432-432,2006年10月01日
  • S2-2 小児難治てんかんの外科治療(てんかん臨床のトピックス,シンポジウム2,第40回 日本てんかん学会),加藤 天美,貴島 晴彦,沖永 剛志,下野 九理子,齋藤 洋一,平田 雅之,数井 裕光,二宮 宏智,押野 悟,谷 直樹,橋本 直哉,今井 克美,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-16 Iomazenil(IMZ)SPECTを用いたてんかんの術前診断(画像1,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),二宮 宏智,若山 暁,階堂 三砂子,貴島 晴彦,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-28 視床下部過誤腫に対する定位的体積計測焼灼術(外科治療4,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),谷 直樹,加藤 天美,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,齋藤 洋一,梶田 泰一,沖永 剛志,下野 九理子,青天目 信,田中 順子,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-31 多脳葉にわたる皮質形成異常症に起因する小児難治性てんかんに対する外科治療(外科治療5,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),貴島 晴彦,加藤 天美,押野 悟,平田 雅之,谷 直樹,齋藤 洋一,今井 克美,沖永 剛志,下野 九理子,青天目 信,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-51 MEGによる発作間欠期スパイクの伝播様式解析とてんかん発作焦点の比較(脳磁図,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),押野 悟,加藤 天美,平田 雅之,貴島 晴彦,谷 直樹,齋藤 洋一,橋本 直哉,沖永 剛志,今井 克美,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-55 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピング(脳波・脳磁図,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),平田 雅之,加藤 天美,貴島 晴彦,押野 悟,齋藤 洋一,橋本 直哉,依藤 史郎,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-59 てんかん外科手術を行い皮質形成異常と診断された難治てんかんの臨床的検討(画像・病理,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),下野 九理子,今井 克美,星野 奈津子,富永 康仁,新谷 研,青天目 信,神尾 範子,沖永 剛志,貴島 晴彦,加藤 天美,永井 利三郎,大薗 恵一,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O2-11 機能的大脳半球離断術の周術期管理の工夫(基礎疾患・外科治療,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),香川 尚己,加藤 天美,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,齋藤 洋一,橋本 直哉,谷 直樹,沖永 剛志,富永 康仁,星野 奈津子,今井 克美,吉峰 俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • てんかん臨床のトピックス 小児難治てんかんの外科治療,加藤 天美,貴島 晴彦,沖永 剛志,下野 九理子,齋藤 洋一,平田 雅之,数井 裕光,二宮 宏智,押野 悟,谷 直樹,橋本 直哉,今井 克美,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,p. 176-176,2006年08月
  • 求心路遮断痛に対する一次運動野刺激療法の除痛機序,貴島 晴彦,齋藤 洋一,加藤 天美,平山 東,押野 悟,平田 雅之,大崎 康宏,畑澤 順,吉峰 俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,日本疼痛学会,Vol. 21,No. 3,p. 111-115,2006年08月
  • 脊髄神経根引き抜き損傷後の難治性疼痛に対する外科的治療,押野悟,齋藤洋一,貴島晴彦,加藤天美,平山東,平田雅之,谷直樹,岩月幸一,住谷昌彦,真下節,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 21,No. 2,p. 55-55,2006年07月14日
  • 幻肢痛におけるcortical reorganizationの経頭蓋磁気刺激,脳磁図,感覚誘発電位による検討,柳澤琢史,齋藤洋一,押野悟,貴島晴彦,加藤天美,住谷昌彦,真下節,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 21,No. 2,p. 53-53,2006年07月14日
  • 求心路遮断性疼痛に対する脊髄刺激療法の作用機序,貴島晴彦,齋藤洋一,平山東,加藤天美,押野悟,平田雅之,畑澤順,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 21,No. 2,p. 55-55,2006年07月14日
  • 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法の有効性,齋藤 洋一,住谷 昌彦,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,真下 節,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 21,No. 2,p. 54-54,2006年07月
  • 術前診断が困難であったdemyelinating pseudotumorの1例,橋本 直哉,千葉 泰良,羽柴 哲夫,香川 尚己,泉本 修一,丸野 元彦,貴島 晴彦,加藤 天美,吉峰 俊樹,Brain Tumor Pathology,日本脳腫瘍病理学会,Vol. 23,No. Suppl.,p. 131-131,2006年06月
  • 嗅粘膜移植による損傷脊髄再生への試み,貴島 晴彦,岩月 幸一,青木 正典,LIMA Carlos,加藤 天美,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 45,No. 1,p. 8-9,2006年06月
  • 難治性求心路遮断痛に対する一次運動野電気・磁気刺激療法,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平山 東,平田 雅之,押野 悟,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 45,No. 1,2006年06月
  • 脊髄神経根引き抜き損傷後疼痛に対する外科的治療,押野 悟,齋藤 洋一,貴島 晴彦,加藤 天美,平山 東,平田 雅之,谷 直樹,岩月 幸一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 45,No. 1,p. 24-25,2006年06月
  • 無茎性視床下部過誤腫に対する画像誘導焼灼術,香川尚己,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,沖永剛志,二宮宏智,齋藤洋一,押野悟,谷直樹,下野九理子,青天目信,吉峰俊樹,小児の脳神経,日本小児神経外科学会,Vol. 31,No. 2,p. 173-173,2006年04月30日
  • Reconstruction of brain function: Theoretical and technical backgrounds,Toshiki Yoshimine,Amami Kato,Koichi Iwatsuki,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Naoya Hashimoto,Yoichi Saitoh,Satoru Oshino,Masanori Aoki,Toshihide Yamashita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S37-S37,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 視覚経路の病変による脳内視覚情報処理過程の変化,谷直樹,平田雅之,加藤天美,齋藤洋一,貴島晴彦,押野悟,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 選択的海馬切除術‐低侵襲的下側頭回アプローチ,貴島晴彦,加藤天美,平田雅之,押野悟,谷直樹,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピング,平田雅之,加藤天美,谷直樹,押野悟,齋藤洋一,橋本直哉,貴島晴彦,後藤哲,柳澤琢史,依藤史郎,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 反復的経頭蓋磁気刺激(rTMS)による難治性求心路遮断痛の治療:刺激条件と適応疾患の検討,柳澤琢史,齋藤洋一,平山東,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,湯口貴導,森信太郎,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 主幹動脈閉塞性疾患による慢性脳虚血が神経機能に与える影響脳磁図を用いた運動関連磁界の検討,押野悟,加藤天美,平田雅之,貴島晴彦,谷直樹,齋藤洋一,谷口理章,藤中俊之,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 画像誘導・体積計測焼灼法による巨大髄膜腫の手術支援,橋本直哉,加藤天美,丸野元彦,青木正典,貴島晴彦,齋藤洋一,泉本修一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 脳卒中後疼痛患者におけるdiffusion tensor imageとtractography,後藤哲,齋藤洋一,貴島晴彦,押野悟,橋本直哉,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 小児難治てんかんの外科治療とその成績,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,齋藤洋一,沖永剛志,下野九理子,押野悟,谷直樹,橋本直哉,数井裕光,二宮宏智,今井克美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 難治性疼痛に対する硬膜下電極による大脳一次運動野刺激術の治療成績,細見晃一,齋藤洋一,貴島晴彦,押野悟,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 機能的大脳半球切除術,加藤 天美,貴島 晴彦,沖永 剛志,二宮 宏智,橋本 直哉,押野 悟,平田 雅之,齋藤 洋一,香川 尚己,今井 克美,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 15,No. 3,p. 203-209,2006年
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球, 言語機能局在の非侵襲的同定,平田 雅之,加藤 天美,齋藤 洋一,橋本 直哉,押野 悟,貴島 晴彦,谷 直樹,谷口 理章,二宮 宏智,平山 東,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 44,No. 2,p. 171-175,2005年12月12日
  • 段階的な症状の変化を認めた海綿状血管腫の1例,青木 正典,原田 悠,貴島 晴彦,岩月 幸一,加藤 天美,吉峰 俊樹,大阪市医学会雑誌,大阪市医学会,Vol. 54,No. 3〜4,p. 138-138,2005年12月
  • 中枢性疼痛に対する大脳皮質電気, 磁気刺激療法,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平山 東,押野 悟,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 44,No. 2,p. 144-146,2005年12月
  • 眼科における最新医工学 II. 視機能再生工学 人工視覚 (7) 大脳皮質刺激型電極,平田雅之,加藤天美,三好智満,沢井元,貴島晴彦,谷直樹,吉峰俊樹,臨床眼科,(株)医学書院,Vol. 59,No. 11,p. 142-146,2005年10月30日
  • 【ニューロモデュレーション 疼痛の治療とその周辺】 疼痛 大脳皮質刺激 大脳皮質運動野刺激療法,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平山 東,加藤 天美,吉峰 俊樹,ペインクリニック,真興交易(株)医書出版部,Vol. 26,No. 別冊秋,p. S271-S275,2005年09月
  • 【ニューロモデュレーション 疼痛の治療とその周辺】 疼痛 磁気刺激 難治性求心路遮断痛に対する経頭蓋磁気刺激療法,平山 東,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,ペインクリニック,真興交易(株)医書出版部,Vol. 26,No. 別冊秋,p. S322-S330,2005年09月
  • 顔面神経麻痺を初発症状とした錐体尖部コレステリン肉芽腫症例 経中頭蓋窩法を用いた摘出術,奥村 薫,土井 勝美,西村 洋,久保 武,加藤 天美,貴島 晴彦,日本耳鼻咽喉科学会会報,(一社)日本耳鼻咽喉科学会,Vol. 108,No. 9増刊,p. 942-942,2005年09月
  • 外傷性顔面神経麻痺に対する経乳突・経中頭蓋窩法併用による顔面神経全減荷術,西村 洋,土井 勝美,鎌倉 武史,久保 武,加藤 天美,貴島 晴彦,日本耳鼻咽喉科学会会報,(一社)日本耳鼻咽喉科学会,Vol. 108,No. 9増刊,p. 945-945,2005年09月
  • 難治性求心路遮断痛に対するナビゲーションガイド経頭蓋磁気刺激療法,斎藤洋一,平山東,貴島晴彦,押野悟,加藤天美,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 20,No. 2,p. 72-72,2005年07月27日
  • 求心路遮断痛に対する一次運動野刺激療法のメカニズム解析,貴島晴彦,斎藤洋一,加藤天美,平山東,押野悟,平田雅之,大崎康宏,畑沢順,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 20,No. 2,p. 64-64,2005年07月27日
  • 単語黙読に伴う局所的脳律動変化のSAM・BESA解析,平田 雅之,加藤 天美,押野 悟,谷 直樹,齋藤 洋一,貴島 晴彦,崎原 ことえ,柳 星尹,梅渓 祥子,依藤 史郎,吉峰 俊樹,認知神経科学,認知神経科学会,Vol. 7,No. 2,p. 146-146,2005年07月
  • 腕神経叢引き抜き損傷後・難治性疼痛に対する外科的治療,押野 悟,齋藤 洋一,貴島 晴彦,加藤 天美,平山 東,平田 雅之,岩月 幸一,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 20,No. 2,p. 65-65,2005年07月
  • 機能的大脳半球切除術,加藤天美,今井克美,二宮宏智,貴島晴彦,吉峰俊樹,脳神経外科ジャーナル,Vol. 14,No. 4,2005年04月20日
  • 中枢性とう痛に対する大脳皮質電気・磁気刺激療法,斎藤洋一,貴島晴彦,平山東,平田雅之,押野悟,加藤天美,吉峰俊樹,機能的脳神経外科,Vol. 44,No. 1,2005年04月20日
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球, 言語機能局在の非侵襲的同定,平田 雅之,加藤 天美,齋藤 洋一,押野 悟,平山 東,貴島 晴彦,谷口 理章,二宮 宏智,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 44,No. 1,p. 12-13,2005年04月20日
  • 脳神経外科手術 機能外科 痙性麻痺の外科治療 足関節痙縮に対するSelective Tibial Neurotomy,貴島 晴彦,加藤 天美,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,脳神経外科速報,(株)メディカ出版,Vol. 15,No. 4,p. 321-327,2005年04月
  • 中枢性疼痛に対する大脳皮質電気・磁気刺激療法,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平山 東,平田 雅之,押野 悟,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 44,No. 1,2005年04月
  • Selective tibial neurotomy 前後の足底圧分布の変化,貴島 晴彦,加藤 天美,押野 悟,平田 雅之,齋藤 洋一,佐藤 睦美,橋田 剛一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 44,No. 1,p. 42-43,2005年04月
  • 機能的大脳半球切除術(PA-2 てんかんの外科治療-適応と pitfall 回避法, 第25回 日本脳神経外科コングレス総会),加藤 天美,今井 克美,二宮 宏智,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 14,No. 4,2005年04月
  • 片側巨脳症の垂直法半球離断手術,加藤天美,二宮宏智,橋本直哉,沖永剛志,今井克美,貴島晴彦,斎藤洋一,馬場貴仁,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 23,No. 1,p. 57-57,2005年02月28日
  • 運動関連皮質脳波解析による運動意図判定,加藤天美,平田雅之,押野悟,斎藤洋一,江田英雄,貴島晴彦,真渓歩,柳田敏雄,吉峰俊樹,再生医療,Vol. 4,2005年02月10日
  • 微小多極電極を用いたラット視覚野神経活動の同時多点計測:網膜光刺激と後頭葉電気刺激との比較,平田雅之,加藤天美,佐竹真,三好智満,沢井元,貴島晴彦,依藤史郎,福田淳,吉峰俊樹,再生医療,Vol. 4,2005年02月10日
  • 画像誘導体積計測焼灼術による難治てんかんを伴う無茎性視床下部過誤腫の外科治療,加藤 天美,二宮 宏智,藤本 康倫,今井 克美,齋藤 洋一,橋本 直哉,貴島 晴彦,馬場 貴仁,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 23,No. 1,p. 56-56,2005年02月
  • Volumetric radiofrequency ablation for minimally invasive therapy of intractable epilepsy associated with sessile hypothalamic hamartoma,A Kato,H Kishima,S Oshino,H Ninomiya,Y Fujimoto,N Hashimoto,K Imai,T Okinaga,T Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 46,p. 54-54,2005年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Ictal magnetoencephalography of eleven symptomatic epilepsy patients,H Ninomiya,A Kato,K Imai,H Kishima,A Wakayama,T Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 46,p. 63-63,2005年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Brain computer interfaceを用いた視覚再建,平田雅之,加藤天美,佐竹真,貴島晴彦,谷直樹,三好智満,沢井元,斎藤洋一,依藤史郎,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 引き抜き損傷後とう痛に対する外科的治療選択,二宮貢士,斉藤洋一,押野悟,貴島晴彦,平山東,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 体積計測画像治療,加藤天美,橋本直哉,平田雅之,斎藤洋一,貴島晴彦,谷口理章,平山東,谷直樹,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 症候性てんかん発作時のMEG13例,二宮宏智,加藤天美,今井克美,貴島晴彦,馬淵英一郎,若山暁,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • MEGによるてんかん伝播の解析―難治てんかんを伴う弁蓋部症候群の手術適応決定―,谷直樹,加藤天美,斎藤洋一,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,今井克美,沖永剛志,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 大脳運動野の手術,吉峰俊樹,加藤天美,丸野元彦,泉本修一,橋本直哉,貴島晴彦,平田雅之,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 運動関連磁界よりみた脳虚血性運動障害の回復過程,押野悟,加藤天美,平田雅之,谷口理章,平山東,貴島晴彦,斎藤洋一,谷直樹,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 傍海馬深部電極刺激で優位側海馬切除後の言語・記憶機能が予測できるか?,貴島晴彦,加藤天美,平田雅之,押野悟,斎藤洋一,谷直樹,橋本直哉,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • PETによる求心路遮断痛に対する電気刺激療法の除痛機序解析,平山東,斎藤洋一,貴島晴彦,加藤天美,吉峰俊樹,畑沢順,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • Selective soleus neurotomy により, 歩行時の足底重心移動の改善を認めた1例,貴島 晴彦,加藤 天美,押野 悟,平田 雅之,高垣 匡寿,齋藤 洋一,佐藤 睦美,橋田 剛一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 43,No. 3,p. 261-264,2004年11月
  • 求心路遮断性疼痛に対する大脳皮質一次運動野刺激による局所脳血流変化,貴島 晴彦,齋藤 洋一,加藤 天美,平山 東,押野 悟,大崎 康宏,畑澤 順,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 43,No. 3,p. 265-268,2004年11月
  • 中枢神経損傷後のけい性麻ひのテーラーメード治療,貴島晴彦,加藤天美,押野悟,平田雅之,斎藤洋一,平山東,馬場貴仁,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • 難治性求心路遮断痛に対するナビゲーションガイド下経頭蓋的磁気刺激療法:刺激部位別効果について,平山東,斎藤洋一,貴島晴彦,押野悟,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • 難治性不随意運動に対するボツリヌス毒素治療:針筋電図モニター下選択的運動点注入法,押野悟,加藤天美,貴島晴彦,斎藤洋一,平田雅之,平山東,馬場貴仁,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • 症候性てんかん発作時のMEG10例,二宮宏智,加藤天美,今井克美,貴島晴彦,橋本直哉,馬淵英一郎,若山暁,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球,言語機能局在の非侵襲的同定,平田雅之,加藤天美,斎藤洋一,押野悟,平山東,谷口理章,二宮宏智,貴島晴彦,馬場貴仁,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • PETによる大脳皮質電気刺激療法の除痛メカニズム解析,斎藤洋一,貴島晴彦,大崎康弘,平山東,加藤天美,畑沢順,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • 求心路遮断痛患者における大脳運動野刺激による反対側視床の活性化(Activation of contralateral thalamus in deafferentation pain (DP) patients after successful motor cortex stimulation (MCS)),齋藤 洋一,貴島 晴彦,大崎 康宏,西村 洋,加藤 天美,橋川 一雄,畑澤 順,吉峰 俊樹,神経化学,日本神経化学会,Vol. 43,No. 2-3,p. 395-395,2004年08月
  • 難治性疼痛の外科的治療,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平山 東,馬場 貴仁,押野 悟,加藤 天美,吉峰 俊樹,機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 43,No. 2,p. 132-133,2004年07月20日
  • Selective soleus neurotomy により, 歩行時の足底重心移動の改善を認めた一例,貴島 晴彦,加藤 天美,押野 悟,平田 雅之,高垣 匡寿,齋藤 洋一,佐藤 睦美,橋田 剛一,吉峰 俊樹,機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 43,No. 2,p. 168-169,2004年07月20日
  • 求心路遮断性疼痛に対する大脳皮質刺激前後のPETによる局所脳血流解析,貴島 晴彦,齋藤 洋一,加藤 天美,平山 東,押野 悟,大崎 康宏,畑澤 順,吉峰 俊樹,機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 43,No. 2,p. 174-175,2004年07月20日
  • 【MEGの逆問題解法】空間フィルタリング法(SAM)による脳活動の解析,加藤 天美,谷口 理章,平田 雅之,二宮 宏智,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,臨床脳波,(株)永井書店,Vol. 46,No. 2,p. 72-78,2004年02月
  • 開口合成脳磁図解析法による言語関連領域の画像化 Wada test,利き手側との比較,加藤 天美,平田 雅之,二宮 宏智,今井 克美,齋藤 洋一,谷口 理章,貴島 晴彦,馬場 貴仁,中村 仁信,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 21,No. 1,p. 47-48,2003年02月
  • 一側大脳半球完全離断後の神経機能発達基盤としての皮質機能再組織化の解明,吉峰俊樹,加藤天美,斉藤洋一,丸野元彦,二宮宏智,貴島晴彦,平田雅之,馬場貴仁,新居康夫,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 61st,No. CD-ROM Abstracts,2002年10月02日
  • 人工視覚インプラントの開発-現状と展望-,加藤天美,貴島晴彦,山田淳二,斎藤洋一,馬場貴仁,佐々木仁,福田淳,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 61st,No. CD-ROM Abstracts,2002年10月02日
  • 斜台部脊索腫再発例に対する治療戦略,谷口理章,加藤天美,貴島晴彦,中島義和,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 61st,No. CD-ROM Abstracts,2002年10月02日
  • 腫よう摘出術へのナビゲーションシステムの有用性,山田淳二,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,谷口理章,斎藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 61st,No. CD-ROM Abstracts,2002年10月02日
  • PISCESの適応とその限界 求心路遮断痛に対する大脳運動領野刺激術,齋藤 洋一,柴田 政彦,平野 俊一朗,貴島 晴彦,加藤 天美,真下 節,吉峰 俊樹,日本ペインクリニック学会誌,(一社)日本ペインクリニック学会,Vol. 9,No. 2,p. 90-90,2002年04月
  • 前頭葉てんかんの1手術例からみた症候学的メカニズム 合成開口脳磁図による解析,加藤 天美,二宮 宏智,新居 康夫,今井 克美,谷口 理章,貴島 晴彦,齋藤 洋一,平田 雅之,山田 淳二,平野 俊一朗,吉峰 俊樹,臨床脳波,(株)永井書店,Vol. 44,No. 3,p. 193-200,2002年03月
  • 胎児仮死のともなった2ヵ所の孔脳症をもつ難治性てんかんの1手術例(外科治療),二宮宏智,加藤天美,平田雅之,山田淳二,貴島晴彦,平野俊一郎,今井克美,吉峰俊樹,てんかん研究,日本てんかん学会,Vol. 20,No. 1,2002年02月28日
  • Efficacy of subthalamic nucleus stimulation in advanced Parkinson's disease depends of the accuracy of the intraoperative electrophysiological targeting. Study of 24 consecutive patients,JP Nguyen,JP Lefaucheur,F Von Raison,JM Gurrunchaga,H Kishima,S Oshino,MOVEMENT DISORDERS,WILEY-LISS,Vol. 17,p. S195-S196,2002年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 【神経 最新の脳画像診断と治療機器 New Technologyの臨床応用】脳機能はMEGでどこまで見える?,加藤 天美,齋藤 洋一,二宮 宏,平田 雅之,谷口 理章,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,Mebio,(株)メジカルビュー社,Vol. 19,No. 1,p. 30-35,2002年01月
  • 検査法 術中運動誘発電位(MEP),貴島 晴彦,加藤 天美,吉峰 俊樹,Annual Review神経,(株)中外医学社,Vol. 2002,p. 39-43,2002年01月
  • 開口合成脳磁図解析法による言語関連領域の画像化 : Wada test、利き手側との比較,加藤 天実,平田 雅之,二宮 宏智,齋藤 洋一,谷口 理章,貴島 晴彦,馬場 貴仁,中村 仁信,吉峰 俊樹,日本てんかん学会プログラム・予稿集,日本てんかん学会,No. 36,p. 161-161,2002年
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析,平田 雅之,加藤 天美,谷口 理章,二宮 宏智,山田 淳二,押野 悟,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,脳循環代謝,(一社)日本脳循環代謝学会,Vol. 13,No. 4,p. 356-357,2001年12月
  • Synthetic aperture magnetometry(SAM)による脳機能の同定,加藤天美,谷口理章,平田雅之,貴島晴彦,二宮宏智,斎藤洋一,中村仁信,STEPHAN R,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • グリオーマ摘出術における統合型ナビゲーションシステムの有用性,山田淳二,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,二宮宏智,斉藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • 運動野グリオーマの肉眼的全摘術,斎藤洋一,加藤天美,平田雅之,貴島晴彦,山田淳二,谷口理章,二宮宏智,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • 松果体部腫ようへのoccipital transtentorial approach 手術技法の工夫,加藤天美,平田雅之,丸野元彦,斎藤洋一,貴島晴彦,山田淳二,福島祐治,岩本文徳,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • 21世紀の脳神経外科手術システム 手術台の高機能化,平田雅之,加藤天美,斉藤洋一,貴島晴彦,二宮宏智,山田淳二,谷口理章,赤木功人,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • 一次視覚野電気刺激による人工視覚再建の試み,貴島晴彦,加藤天美,山田淳二,斉藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • G-3 胎児仮死にともなった2ヶ所の孔脳症をもつ難治性てんかんの1手術例,二宮 宏智,加藤 天美,平田 雅之,山田 淳二,貴島 晴彦,平野 俊一郎,今井 克美,吉峰 俊樹,日本てんかん学会プログラム・予稿集,日本てんかん学会,No. 35,2001年09月
  • 【てんかん 最近の病態解明と治療】脳磁図(MEG)のてんかん外科への応用,加藤 天美,二宮 宏智,平田 雅之,谷口 理章,貴島 晴彦,今井 克美,吉峰 俊樹,脳21,(株)金芳堂,Vol. 4,No. 3,p. 256-262,2001年07月
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析,平田 雅之,加藤 天美,谷口 理章,二宮 宏智,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 29,No. 2,p. 170-170,2001年04月
  • 脳手術中の大脳皮質機能mapping 脳磁図解析及び硬膜下電極刺激による言語・運動・感覚領野mapping,平田 雅之,加藤 天美,谷口 理章,二宮 宏智,貴島 晴彦,山田 淳二,吉峰 俊樹,臨床脳波,(株)永井書店,Vol. 43,No. 4,p. 205-211,2001年04月
  • グリオーマ update 手術治療の現況 ニューロナビゲーター,貴島晴彦,加藤天美,山田淳二,平田雅之,吉峰俊樹,Clin Neurosci,(株)中外医学社,Vol. 19,No. 3,p. 329-332,2001年03月01日
  • 手術計画のための機能診断と外科解剖 : 前頭葉言語領野周辺,吉峰 俊樹,平田 雅之,二宮 宏智,谷口 理章,山田 淳二,貴島 晴彦,加藤 天美,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 10,No. 3,p. 142-147,2001年
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語活動領野の解析,平田雅之,加藤天美,谷口理章,二宮宏智,山田淳二,押野悟,貴島晴彦,吉峰俊樹,日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集,Vol. 12th,2000年12月05日
  • 上衣腫細胞株の樹立及びその性状解析,田村 和義,貴島 晴彦,田村 雅一,有田 憲生,清水 恵司,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,Vol. 21,1998年12月01日

著書

  • 振戦に対する定位的外科治療,谷直樹,押野悟,細見晃一,Khoo Hui Ming,貴島晴彦,医学書院,2021年07月10日
  • 巻頭トピックス 5.MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)の最前線,貴島晴彦,南江堂,2021年02月20日
  • てんかん専門医ガイドブック改訂第2版てんかんにかかわる医師のための基本知識,貴島晴彦,診断と治療社,2020年12月25日
  • A.総論:神経症候学・神経診断学とAI AIと脳波,貴島晴彦,中外医学社,2020年11月01日
  • 3.脳腫瘍 2脳機能マッピングの次なるステップ,貴島晴彦,中外医学社,2020年04月15日
  • 学術書,ニューロモデュレーションの歴史と概要,谷 直樹,貴島 晴彦,学研メディカル秀潤社,2019年05月
  • ブレインマシンインターフェースとは何ですか?,橋本洋章,平田雅之,貴島晴彦,中外医学社,2019年
  • 最新主要文献でみる脳神経外科学レビュー,貴島晴彦,総合医学社,2019年
  • 迷走神経刺激療法(VNS)時の反回神経障害の予防法は?,貴島晴彦,メディカ出版,2019年
  • バクロフェン髄腔内投与療法,貴島晴彦,中外医学社,2019年
  • ここが知りたい定位脳手術・電気刺激療法Q&A,上利 崇,岡崎三保子,亀田雅博,貴島晴彦,金 一徹,桑原 研,近藤聡彦,齋藤洋一,佐々木達也,佐々田 晋,新光阿以子,田尻直輝,伊達 勲,橋本洋章,平田雅之,平松匡文,細本 翔,守本 純,安原隆雄,若森孝彰,中外医学社,2019年
  • 学術書,新NS NOW Neurosurgery 脳・脊髄外傷の治療 外傷性てんかんの診断と治療,貴島 晴彦,メジカルビュー社,2018年05月
  • 学術書,機能的脳神経外科 診療ガイドブック ニューロモデュレーション療法:現状と展望,貴島 晴彦,メジカルビュー社,2018年04月
  • 学術書,Pain Research 33 (2018) 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療、,栁澤琢史,福間良平,Ben Seymour,細見晃一,清水豪士,貴島晴彦,平田雅之,横井浩史,吉峰俊樹,神谷之康,日本疼痛学会誌,2018年03月
  • 学術書,脳機能解析の現状と将来展望,貴島 晴彦,柳澤 琢史,クー ウイミン,枝川 光太朗,脳神経科学ジャーナル,2017年12月
  • MRガイド下集束超音波治療器 患者向け資材「気になるふるえの正体」,貴島晴彦,InSightec Japan㈱,2017年
  • MRガイド下集束超音波治療器 患者向け資材「治療の流れについて」,貴島晴彦,InSightec Japan㈱,2017年
  • 学術書,NS NOW 脳波判読の基礎と手術への応用 脳波ギライを克服しよう!,貴島晴彦,メジカルビュー社,2016年09月
  • 学術書,脳神経外科医が知っておきたい薬物治療の考え方と実際,貴島晴彦,文光堂,2016年05月
  • 学術書,新NS NOW IからXIIまで 脳神経から見た脳神経外科手術・X:難治てんかんに対する迷走神経刺激術,貴島晴彦,押野 悟,メジカルビュー社,2016年03月
  • 脳梁離断手術で確実な離断方法は?,貴島晴彦,メディカ出版,2014年
  • 学術書,治療 vol.94 特集 てんかんの診断と連携,貴島 晴彦,南山堂,2012年10月
  • 髄腔内バクロフェン注入法・Neurosurgery NOW No.16 機能的脳神経外科手術の基本 コツと注意点,メジカルビュー社(兵庫),2011年11月
  • 学術書,Neurosurgery NOW No.16 機能的脳神経外科手術の基本 コツと注意点 髄腔内バクロフェン注入法,貴島 晴彦,メジカルビュー社,2011年11月
  • 14.脳腫瘍(てんかんと基礎疾患 てんかんを合併しやすい、いろいろな病気),貴島晴彦,日本てんかん協会,2011年03月
  • 一般書・啓蒙書,てんかんと基礎疾患,永井利三郎監修,石井良平,沖永剛志,貴島晴彦,下野九理子,田川哲三,青天目信,細見晃一,社団法人日本てんかん協会,2011年03月
  • 学術書,機能外科 植え込み機器をめぐって・Neurosurgery NOW No.13 整容脳神経外科Update きれいなキズアトを目指して,貴島 晴彦,メジカルビュー社,2011年02月
  • 嗅粘膜由来神経前駆細胞を用いた神経再生の基礎的研究,貴島 晴彦,[貴島 晴彦],2008年04月
  • Sturge-Weber 症候群,貴島晴彦,加藤天美,診断と治療社(東京),2006年
  • 小児の難治性てんかん Sturge-Weber 症候群,貴島晴彦,加藤天美,診断と治療社(東京),2005年
  • 機能的大脳半球切除術,吉峰俊樹,加藤天美,新居康夫,貴島晴彦,二宮宏智,平田雅之,先端医療技術研究所,2002年
  • 術中運動誘発電位(MEP),貴島晴彦,加藤天美,吉峰俊樹,中外医学社,2002年
  • 脳磁図解析法SAM,加藤天美,谷口理章,平田雅之,齋藤洋一,ニ宮宏智,貴島晴彦,平吹度夫,吉峰俊樹,先端医療技術研究所,2002年

特許・実用新案・意匠

  • てんかん発作判定装置およびてんかん発作検知装置,貴島晴彦,吉峰俊樹,栁澤琢史,枝川光太朗,福間良平,PCT/JP2016/078432,出願日:2016年09月
  • てんかん発作判定装置及びてんかん発作検知装置,貴島晴彦,吉峰俊樹,柳澤琢史,枝川光太朗,福間良平,特願2016 - 8301,出願日:2016年01月

受賞

  • 第54回 日本定位・機能神経外科学会 優秀演題賞,貴島 晴彦,日本定位・機能神経外科学会,2015年01月
  • 第37回 日本脳神経CI学会 優秀演題賞,貴島 晴彦,日本脳神経CI学会,2014年03月
  • 第53回 日本定位・機能神経外科学会 優秀演題賞,貴島 晴彦,第53回 日本定位・機能神経外科学会,2014年02月

講演・口頭発表等

  • 成人の Lennox-Gastaut 症候群に対する脳梁前方離断術後に離断症候群が遷延した一例,三浦 慎平,Hui Ming Khoo,谷 直樹,藤田 祐也,江村 拓人,押野 悟,貴島 晴彦,第54回日本てんかん学会,2021年09月23日
  • 深層学習を用いたてんかんの自動診断と判別に使用される特徴量の探索,藤田 祐也,柳澤 琢史,押野 悟,谷 直樹,Hui Ming Khoo,福間 良平,三浦 慎平,江村 拓人,貴島 晴彦,第54回日本てんかん学会,2021年09月23日
  • 複数回の外科治療を要した難治性てんかん例の臨床像,押野 悟,谷 直樹,クー ウィミン,藤田 祐也,三浦 慎平,江村 拓人,柳澤 琢史,平田 雅之,貴島 晴彦,第54回日本てんかん学会,2021年09月23日
  • 外視鏡 ORBEYE を用いたてんかん手術,谷 直樹,押野 悟,Hui Ming Khoo,藤田 祐也,三浦 慎平,江村 拓人,貴島 晴彦,第54回日本てんかん学会,2021年09月23日
  • 脳波 fMRI 同時計測と FDG-PET の所見の比較検討,根石 淳生,Hui Ming Khoo,藤田 祐也,谷 直樹,下川 哲也,有澤 亜津子,加藤 弘樹,押野 悟,吉岡 芳親,貴島 晴彦,第54回日本てんかん学会,2021年09月23日
  • 外科的治療適応の検討する過程における脳波 fMRI 同時計測のパフォーマンス,Hui Ming Khoo,藤田 祐也,谷 直樹,下川 哲也,有澤 亜津子,押野 悟,吉岡 芳親,貴島 晴彦,第54回日本てんかん学会,2021年09月23日
  • 大規模てんかん脳磁図データを用いた深層学習によるダイポール解析の完全自動化,平田 雅之,平野 諒司,中田 乙,中嶋 俊治,朝井 都,江村 拓人,下野 九理子,貴島 晴彦,第54回日本てんかん学会,2021年09月23日
  • 高齢者てんかんの現状と予後―723 名のてんかん外来より,二宮 宏智,貴島 晴彦,中野 さやか,大星 大観,第54回日本てんかん学会,2021年09月23日
  • 機能神経外科領域におけるボツリヌス毒素治療の現状,押野悟,谷直樹,細見晃一,柳澤琢史,平田雅之,貴島晴彦,第8回日本ボツリヌス治療学会学術大会,2021年09月18日
  • How does EEG-fMRI influence decision-making in epilepsy surgery,Hui Ming Khoo,Yuya Fujita,Naoki Tani,Satoru Oshino,Tetsuya Shimokawa,Atsuko Arisawa,Yoshichika Yoshioka,Haruhiko Kishima,13th Asian & Oceanian Epilepsy Congress,2021年09月10日
  • 当初、転移性脳腫瘍が疑われた亜急性期の脳内血腫形成型破裂前交通動脈瘤の一例,館 哲郎,西田 武生,高垣 匡寿,中村 元,香川 尚己,貴島 晴彦,第80回日本脳神経外科学会近畿支部学術集会,2021年09月04日
  • 左片側巨脳症患者において神経所見から対側の異常が疑われ、手術選択に寄与した一例,藤田 祐也,押野 悟,下野 九理子,谷 直樹,KHOO HUI MING,山田 修平,三浦 慎平,栁澤 琢史,平田 雅之,貴島 晴彦,第17回てんかん学会 近畿地方会,2021年07月18日
  • Trans-inferotemporal cortex selective amygdalohippocampectomy,Kishima H,26th Korean Epilepsy Congress,2021年06月25日
  • てんかん焦点診断の最前線-SEEG-,クー ウイミン,谷 直樹,押野 悟,貴島 晴彦,第41回日本脳神経外科コングレス総会,2021年05月15日
  • 反復経頭蓋磁気刺激の有効な疼痛患者集団の検討:メタ解析,細見 晃一,森 信彦,西 麻哉,董 冬,栁澤 琢史,谷 直樹,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,第35回日本ニューモデュレーション学会,2021年05月08日
  • 脊髄刺激療法後に後根進入部破壊術を行った引き抜き損傷後疼痛の2例,木本 優希,細見 晃一,大西 諭一郎,江村 拓人,森 信彦,西 麻哉,栁澤 琢史,谷 直樹,押野 悟,貴島 晴彦,斎藤 洋一,第35回日本ニューモデュレーション学会,2021年05月08日
  • 脊髄刺激療法による効果の多面的評価,森 信彦,細見 晃一,西 麻哉,董 冬,谷 直樹,押野 悟,貴島 晴彦,齋藤 洋一,第35回日本ニューモデュレーション学会,2021年05月08日
  • PERCEPTTM PC から取り出した視床下核Local Field Potential,谷 直樹,押野 悟,細見 晃一,栁澤 琢史,Khoo Hui Ming,藤田 祐也,江村 拓人,木本 優希,松橋 崇寛,何 馨,Abdi Reza,貴島 晴彦,第35回日本ニューモデュレーション学会,2021年05月08日
  • GPi-DBS 留置1年半後に電極リードの脳底槽への迷入を認めた一例,藤田 祐也,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,柳澤 琢史,Khoo Hui Ming,山本 祥太,三浦 慎平,江村 拓人,貴島 晴彦,第35回日本ニューモデュレーション学会,2021年05月08日
  • バクロフェン髄腔内投与療法 -15年の経験-,貴島 晴彦,第35回日本ニューモデュレーション学会,2021年05月08日
  • SEEG を用いた脳機能マッピング,Khoo Hui Ming,江村拓人,三浦慎平,藤田祐也,柳澤琢史,谷直樹,押野悟,貴島晴彦,第23回日本ヒト脳機能マッピング学会,2021年03月05日
  • 頭蓋内電極データから脳機能を解析する,貴島晴彦,International Joint Meeting 2020 in Kansai
  • LPシャントのデバイス関連合併症,細見晃一,井筒伸之,岩田貴光,川本早希,松橋崇寛,Khoo Hui Ming,谷直樹,押野悟,貴島晴彦,第22回日本正常圧水頭症学会,2021年02月21日
  • 特発性正常圧水頭症の行動心理症状に対するアルツハイマー病併存の影響,鐘本英輝,末廣聖,吉山顕次,小泉冬木,佐竹祐人,欠田恭輔,田中稔久,細見晃一,貴島晴彦,橋本衛,池田学,第22回日本正常圧水頭症学会,2021年02月20日
  • 副腎機能低下を合併する非機能性下垂体腺腫の特徴,押野悟,齋藤洋一,木下学,向井康佑,大月道夫,貴島晴彦,第31回日本間脳下垂体腫瘍学会,2021年02月19日
  • 脳神経外科と神経科学,貴島晴彦,地域医療支援病院等合同研修会,2021年02月13日
  • 上肢痙縮に対する診断と治療ボツリヌス毒素療法を含めて,貴島晴彦,痙縮Web講演会,2021年02月04日
  • Dat scan SBR値とパーキンソン病脳深部刺激術の有効性に関する検討,谷直樹,押野悟,細見晃一,Khoo Hui Ming,藤田祐也,三浦慎平,江村拓人,貴島晴彦,第60回日本定位・機能神経外科学会,2021年01月23日
  • 本態性振戦患者での渦巻き描写の客観的評価の試み,藤田祐也,押野悟,谷直樹,細見晃一,Khoo Hui Ming,柳澤琢史,三浦慎平,江村拓人,貴島晴彦,第60回日本定位・機能神経外科学会,2021年01月23日
  • 振戦に対する集束超音波治療の効果と合併症 ―50件の検討から―,押野悟,何馨,谷直樹,細見晃一,鐘本学,貴島晴彦,第60回日本定位・機能神経外科学会,2021年01月23日
  • EEG-fMRI同時計測におけるてんかん性放電に伴うBOLD変化と頭蓋内HFOの関係,藤田祐也,クーウイミン,押野悟,谷直樹,栁澤琢史,福間良平,三浦慎平,江村拓人,貴島晴彦,第44回日本てんかん外科学会,2021年01月22日
  • サステナビリティーエコシステムをモデルとするてんかん外科学,貴島晴彦,押野悟,谷直樹,クーウイミン,藤田祐也,三浦慎平,江村拓人,栁澤琢史,第44回日本てんかん外科学会,2021年01月22日
  • 深層学習を用いた頭蓋内脳波から朝、昼、夜の時間帯の認識の識別,藤田祐也,栁澤琢史,西本伸志,小出真子,福間良平,押野悟,谷直樹,クーウイミン,三浦慎平,江村拓人,貴島晴彦,第44回日本てんかん外科学会,2021年01月21日
  • てんかん外科から広がる脳情報表現の解明,栁澤琢史,福間良平,西本伸志,菅野秀宣,田村健太郎,飯村康司,山本祥太,押野悟,谷直樹,神谷之康,貴島晴彦,第44回日本てんかん外科学会,2021年01月21日
  • てんかん発作再燃例に対する外科治療の現状,押野悟,谷直樹,クーウイミン,藤田祐也,三浦慎平,江村拓人,栁澤琢史,平田雅之,貴島晴彦,第44回日本てんかん外科学会,2021年01月21日
  • SEEGで焦点が判明した片側体性感覚性前兆から4の字兆候に進展する発作を呈した一例,Khoo Hui Ming,Dubeau Francois,谷直樹,押野悟,貴島晴彦,第44回日本てんかん外科学会,2021年01月21日
  • Key Points of Epilepsy Surgery Using Surgical ORBEYE,谷直樹,押野悟,Khoo Hui Ming,藤田祐也,三浦慎平,江村拓人,貴島晴彦,第44回日本てんかん外科学会,2021年01月21日
  • 集束超音波治療中に遭遇する問題点とその対応,押野悟,鐘本学,何馨,谷直樹,細見晃一,佐伯千寿,梶山裕太,馬場孝輔,望月秀樹,貴島晴彦,第3回日本経頭蓋MRガイド下集束超音波治療研究会,2020年11月28日
  • Refractory epilepsy caused by vascular lesions.,Haruhiko Kishima,ALGKS & AESC 2020.,2020年11月06日
  • これからのてんかん診療を考える,貴島晴彦,第58回奈良エピレプシークラブ,2020年10月30日
  • 女子大学生の左外側側頭葉てんかんの手術,貴島晴彦,谷直樹,Hui Ming Khoo,山本祥太,藤田祐也,三浦慎平,江村拓人,柳澤琢史,押野悟,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年10月17日
  • 側頭葉てんかんの外科治療困難の要因を探る,貴島晴彦,押野悟,谷直樹,Hui Ming Khoo,柳澤琢史,山本祥太,藤田祐也,三浦慎平,平田雅之,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年10月16日
  • 集束超音波治療における有効エレメント数とエネルギー伝達効率との関係,何馨,押野悟,谷直樹,細見晃一,鐘本学,貴島晴彦,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年10月15日
  • 術後合併症低減を目的とした高齢者パーキンソン病患者に対する二期的脳深部刺激術,谷直樹,押野悟,細見晃一,Khoo Hui Ming,藤田裕也,三浦慎平,貴島晴彦,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年10月15日
  • 集束超音波 - パーキンソン病治療の新たな可能性,貴島晴彦,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年10月15日
  • パーキンソン病に対する二期的STN-DBSの有効性と課題,圓尾知之,橋本洋章,中村仁美,後藤恵,生塩之敬,貴島晴彦,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年10月15日
  • 脊髄損傷患者における脳磁図によるfunctional connectivityの検討,西麻哉,柳澤琢史,福間良平,山本祥太,大西 諭一郎,貴島晴彦,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年10月15日
  • 頭蓋内脳波波形からのdata drivenなてんかん発作波形特徴量の抽出,山本祥太,柳澤琢史,福間良平,藤田祐也,田中將貴,角野喜則,小林真紀,Hui Ming Khoo,梶川隆一郎,谷直樹,押野悟,中島義和,貴島晴彦,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年10月15日
  • てんかん外科における手術歴のある治療困難症例への挑戦- SEEGの有用性,Hui Ming Khoo,Jeffery HallFrancois Dubeau,谷直樹,藤田祐也,三浦慎平,押野悟,貴島晴彦,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年10月15日
  • 副腎機能低下を来す非機能性下垂体腺腫の特徴 -内分泌機能の温存・回復を目指すために-,押野悟,齋藤洋一,木下学,梅原徹,向井康佑,大月道夫,貴島晴彦,日本脳神経外科学会第79回学術総会,2020年10月15日
  • 深層学習によるてんかん患者の判別と抽出された特徴量の探索,藤田祐也,柳澤琢史,押野悟,谷直樹,クーウイミン,福間良平,三浦慎平,貴島晴彦,第7回BMI研究会,2020年10月03日
  • Real-Time Neurofeedback to Modulate β-Band Power in the Subthalamic Nucleus in Parkinson's Disease Patients.,Haruhiko Kishima,Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Koichi Hosomi,Naoiki Tani,Satoru Oshino,2020年09月18日
  • 深層学習によるてんかんの自動診断と判別に使用される特徴量の解明,藤田祐也,柳澤琢史,押野悟,谷直樹,Hui Ming Khoo,福間良平,山本祥太,三浦慎平,貴島晴彦,日本脳神経外科学会 第79回学術総会,2020年09月16日
  • 脳血管外科手術再考,貴島晴彦,第49回日本脳卒中の外科学会学術集会,2020年08月24日
  • 当院での本態性振戦に対する両側の外科的治療の安全性と DBSの位置づけ,藤田祐也,押野悟,谷直樹,細見晃一,KHOO HUIMING,柳澤琢史,山本祥太,三浦慎平,齋藤 洋一,貴島晴彦,第34回日本ニューロモデュレーション学会,2020年08月16日
  • 機能性下垂体腺腫の薬物治療と手術適応,押野悟,齋藤洋一,木下学,貴島晴彦,第40回日本脳神経外科コングレス総会,2020年08月10日
  • MRIガイド下集束超音波治療の仕組みと適応疾患,貴島晴彦,押野悟,谷直樹,細見晃一,鐘本学,第40回日本脳神経外科コングレス総会,2020年08月10日
  • Altered thalamic connectivity due to FUS thalamotomy for Essential Tremor Patients,谷直樹,押野悟,細見晃一,クーウイミン,山本祥太,柳澤琢史,服部憲明,望月秀樹,貴島晴彦,第43回日本神経科学大会,2020年08月01日
  • ディープラーニングによるてんかんの⾃動診断における特徴量の探索,藤田祐也,浦菜津子,柳澤琢史,山本祥太,大城武史,福間良平,貴島晴彦,第43回神経科学大会,2020年07月29日
  • 神経学的には無症候だが内分泌障害を来す下垂体腺腫,押野悟,齋藤洋一,木下学,梅原徹,向井康佑,大月道夫,貴島晴彦,第93回日本内分泌学会学術総会,2020年07月11日
  • 頭蓋内電極を用いた脳機能解析,貴島晴彦,先導的学際研究機構 生命医科学融合フロンティア研究部門・創薬サイエンス部門,2020年02月21日
  • てんかん診療の新展開~診断・薬物・手術~,貴島晴彦,てんかん診療を考える会,2020年02月13日
  • 脊髄損傷後疼痛の発症にかかわる中枢神経系の機能的・構造的変化の探索,貴島晴彦,齋藤洋一,渡邉嘉之,細見晃一,大西諭一郎,田島文博,山本正道,中村健,杉浦悠毅,AMED難病研究課2019年度4事業合同成果報告会,2020年02月10日
  • 学習済みDNNモデルを用いた低悪性度グリオーマにおけるIDH・TERTプロモーター変異のMR画像からの推定,福間良平,柳澤琢史,木下学,篠崎隆志,川口淳,深井順也,児玉良典,市村幸一,金村米博,貴島晴彦,第2回日本メディカルAI学会,2020年01月31日
  • 高齢者のパーキンソン病に対する2期的DBS治療の取り組み Two staged DBS for elderly Parkinson disease patients,山本祥太,谷 直樹,藤田 祐也,KHOO HUI MING,柳澤 琢史,細見 晃一,押野 悟,齋藤 洋一,貴島 晴彦,第59回日本定位・機能神経外科学会,2020年01月10日
  • Brain-Machine Interfaceによる幻肢痛の治療 Treatment for phantom limb pain using brain-machine interface,栁澤琢史,福間良平,Ben Seymour,細見晃一,田中将貴,貴島晴彦,神谷之康,齋藤洋一,第59回日本定位・機能神経外科学会,2020年01月10日
  • 患者自発脳活動を利用した頭蓋内脳波による脳機能マッピング,山本祥太,藤田裕也,田中將貴,小林真紀,Khoo Hui Ming,栁澤琢史,谷 直樹,押野 悟,貴島晴彦,第43回日本てんかん外科学会,2020年01月09日
  • 当院における定位的頭蓋内電極留置術の導入と手術手技,藤田祐也,Khoo Hui Ming,谷 直樹,押野 悟,細見晃一,栁澤琢史,山本祥太,貴島晴彦,第43回日本てんかん外科学会,2020年01月09日
  • てんかんの外科のup date,貴島晴彦,愛知脳神経外科カンファレンス2019,2019年11月30日
  • 振戦の解剖生理,貴島晴彦,第2回日本経頭蓋MRガイド下集束超音波治療研究会,2019年11月30日
  • 深層学習を利用した頭蓋内脳波波形からのてんかん発作同定,山本祥太,栁澤琢史,福間良平,藤田祐也,田中將貴,小林真紀,クー ウイミン,谷直樹,押野 悟,貴島晴彦,第49回日本臨床神経生理学会学術大会,2019年11月29日
  • 主観的幻肢運動の皮質表現,福間良平,栁澤 琢史,田中 將貴,Seymour Ben,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,第49回日本臨床神経生理学会学術大会,2019年11月28日
  • てんかん外科のこの10年これからの10年,貴島晴彦,第21回広島機能的脳神経外科研究会,2019年11月25日
  • 未来につながるてんかん治療,貴島晴彦,第20回沖縄てんかん研究会,2019年11月15日
  • 脊髄損傷に伴う脳活動の特徴-脊髄損傷で脳の活動は変わるのか,貴島晴彦,脊髄損傷者による歩行披露イベント「Know No Limit 2019 (J-workout)」,2019年11月04日
  • Development of exoscopic neurosurgery for intractable epilepsy.,Haruhiko Kishima,Satoru Oshino,Naoki Tani,Hui Ming Khoo,Syota Yamamoto,Yuya Fujita,The 13th Asian Epilepsy Surgery Congress,2019年11月01日
  • AIのてんかん波形診断への応用,山本祥太,栁澤 琢史,福間 良平,青江 丈,荒木 俊彦,藤田 祐也,クー,ウイミン,谷 直樹,押野 悟,枝川 光太郎,小林 真紀,田中 將貴,原田 達也,貴島 晴彦,第53回日本てんかん学会学術総会,2019年11月01日
  • 自発活動による高次脳機能マッピングの試み,貴島晴彦,第6回脳神経外科BMI研究会,2019年10月26日
  • Sustainable reduction of phamtom limb pain by MEG-based BMI.,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Ben Seymour,Masataka Tanaka,Koichi Hosomi,Okito Yamashita,Haruhiko Kishima,Yukiyasu Kamitani,Youichi Saitoh,SfN2019,2019年10月22日
  • Semantic vector based decoding of natural scenes from electrocorticogram.,Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Shinji Nishimoto,Masataka Tanaka,Shota Yamamoto,Satoru Oshino,Yukiyasu Kamitani,Haruhiko Kishima,SfN2019,2019年10月21日
  • The efficacy of the deep learning approach for generalization of the seizure prediction algorithm.,Syota Yamamoto,T. Yanagisawa,R. Fukuma,M. Tanaka,HM. Khoo,N. Tani,S. Oshino,H. Kishima,SfN2019,2019年10月20日
  • 新しい治療の展開「脳の可塑性を用いた神経機能回復の試み」,貴島晴彦,日本再生医療学会 第1回秋季科学シンポジウム,2019年10月19日
  • Altered thalamic connectivity due to FUS thalamotomy for Essential Tremor Patients.,N Tani,S Oshino,K Hosomi,HM Khoo,T Yanagisawa,N Hattori,M Kanemoto,H Mochizuki,H Kishima,23 rd International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders,2019年09月24日
  • てんかん外科治療,貴島晴彦,2019年産学連携セミナー 近畿成人てんかんセンター,2019年09月21日
  • てんかんの外科治療 ー基本編ー,貴島晴彦,第5回Kobe epilepsy terakoya,2019年09月10日
  • 振戦に対する外科治療の変化,押野 悟,谷 直樹,細見晃一,服部憲明,山本祥太,藤田裕也,クーウィミン,栁澤琢史,橋本洋章,鐘本 学,齋藤洋一,望月秀樹,貴島晴彦,第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDS-J),2019年07月26日
  • てんかん診療の新展開 ~診断・薬物・手術~,貴島晴彦,第34回日本脳神経外科国際学会フォーラム,2019年07月26日
  • てんかん診療の未来,貴島晴彦,第25回福井県てんかん懇話会,2019年07月12日
  • てんかん診療の新展開 ~診断・薬物・手術~,貴島晴彦,第71回千葉神経外科研究会,2019年07月05日
  • Real-time neurofeedback to modulate β-band power in the subthalamic nucleus in Parkinson’s disease patients.,Kishima H,WSSFN2019,2019年06月24日
  • 脳機能外科の最前線,貴島晴彦,第6回脳神経外科フロンティアミーティング,2019年06月15日
  • パーキンソン病の外科治療,貴島晴彦,第26回神経内科レジデント懇話会,2019年05月31日
  • てんかん外科の現状と未来,貴島晴彦,第52回岩手脳神経外科談話会 CMRI2 講演会,2019年05月24日
  • デバイスの開発による機能的脳神経外科の進歩,貴島晴彦,第39回日本脳神経外科コングレス,2019年05月17日
  • てんかん診療の新展開,貴島晴彦,第9回トランスレーショナルてんかん研究会~てんかんの基礎研究と臨床~,2019年05月10日
  • 不随意運動に対する機能神経外科の現状,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,クー,ウィ ミン,栁澤 琢史,山本 祥太,齋藤 洋一,貴島 晴彦,2019年01月26日
  • MRIガイド下集束超音波治療におけるトラブルシューティング,押野 悟,第1回日本経頭蓋MRガイド下集束超音波治療研究会,2018年12月15日
  • ニューロフィードバックによる脊髄障害治療の可能性,貴島 晴彦,栁澤 琢史,第53回日本脊髄障害医学会,2018年11月23日
  • 脳磁図にあらわれたパーキンソン病の特徴,田中 將貴,栁澤 琢史,福間 良平,貴島 晴彦,第48回日本臨床神経生理学会学術大会,2018年11月09日
  • BMI技術を応用した脳磁図・皮質脳波からの脳機能マッピング,栁澤 琢史,福間 良平,西本 伸志,中村 優一郎,押野 悟,神谷 之康,貴島 晴彦,第48回日本臨床神経生理学会学術大会,2018年11月09日
  • Decoding natural scenes in semantic space from electrocorticography signals.,R. FUKUMA,T. YANAGISAWA,S. NISHIMOTO,M. TANAKA,S. YAMAMOTO,S. OSHINO,Y. KAMITANI,H. KISHIMA,Society for Neuroscience 2018(SfN),2018年11月03日
  • BMI Neurofeedback による幻肢痛の治療,柳澤 琢史,福間 良平,ベン シーモア,細見 晃一,田中 將貴,貴島 晴彦,神谷 之康,齋藤 洋一,日本脳神経外科学会第77回学術集会,2018年10月11日
  • 脳機能マッピングの新展開―深部電極、自発活動―,貴島 晴彦,谷 直樹,栁澤 琢史,山本 祥太,小林 真紀,田中 將貴,橋本 洋章,福間 良平,Hui Ming khoo,日本脳神経外科学会第77回学術集会,2018年10月11日
  • MRgFUSの未来の可能性,貴島 晴彦,日本脳神経外科学会第77回学術集会,2018年10月10日
  • パーキンソン病の脳磁図解析,田中 將貴,栁澤 琢史,福間 良平,貴島 晴彦,日本脳神経外科学会第77回学術集会,2018年10月10日
  • Surgical Therapy for Parkinson’s Disease,貴島 晴彦,MDS-AOS Basic summer school,2018年08月04日
  • 難治性振戦に対する集束超音波治療,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,服部 憲明,三原 雅史,梶山 裕太,鐘本 学,中村 仁信,望月 秀樹,貴島 晴彦,第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,2018年07月06日
  • 機能てんかん外科の基本と応用,貴島 晴彦,順天堂大学 脳神経外科セミナー,2018年07月02日
  • 難治性振戦に対するMRIガイド下集束超音波治療,押野 悟,貴島 晴彦,第37回日本脳神経超音波学会総会,2018年06月18日
  • 頭蓋内電極を用いた小児てんかん患者の脳機能マッピング,貴島 晴彦,小林 真紀,山本 祥太,田中 將貴,橋本 洋章,栁澤 琢史,押野 悟,谷 直樹,第46回日本小児神経外科学会,2018年06月08日
  • 機能的脳神経外科の現状と未来,貴島 晴彦,第19回西宮脳神経セミナー,2018年05月31日
  • 脳機能外科の現状と近未来,貴島 晴彦,第38回日本脳神経外科学会コングレス総会,2018年05月19日
  • パーキンソン病に対する脳深部刺激術の周術期せん妄,谷 直樹,田中 將貴,押野 悟,細見 晃一,圓尾 知之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,第32回日本のニューロモデュレーション学会,2018年05月12日
  • 脳磁図による機能的結合解析の再現性とてんかん診断への応用,貴島晴彦,第41回日本脳神経CI学会総会,2018年03月02日
  • Advanced epilepsy surgery using intracranial electrodes.,貴島 晴彦,Biomedical Engineering Seminar,Epilepsy and Brain Machine Interfaces.,2018年01月29日
  • MEG-BMIによる幻肢痛の制御,柳澤 琢史,福間 良平,Ben Seymour,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,第57回日本定位・機能神経外科学会,2018年01月20日
  • 硬膜下電極を安全に留置するための工夫,山本 祥太,押野 悟,谷 直樹,栁澤 琢史,田中 將貴,橋本 洋章,貴島 晴彦,第41回日本てんかん外科学会,2018年01月19日
  • 頭蓋内脳波の発作波伝播様式から考える後頭葉てんかんの発作症候,井上 洋,押野 悟,栁澤 琢史,田中 將貴,山本 祥太,橋本 洋章,谷 直樹,貴島 晴彦,第41回日本てんかん外科学会,2018年01月18日
  • ECoGによる視覚刺激の意味空間推定,福間良平,栁澤琢史,本伸志,田中將貴,山本祥太,押野 悟,神谷之康,貴島晴彦,次世代脳」第2回冬のシンポジウム2017,2017年12月21日
  • Neurofeedback using DBS electrodes in subthalamic nucleus of patients with Parkinson’s disease,Ryohei Fukuma,Yanagisawa Takufumi,Masataka Tanaka,Koichi Hosomi,Satoru Oshino,Saitoh Youichi,Haruhiko Kishima,rtFIN2017,2017年12月01日
  • Between-subject consistency of functional connectivity in Parkinson's disease patients,Ryohei Fukuma,Masataka Tanaka,Takufumi Yanagisawa,Haruhiko Kishima,NIH MEG-North America Workshop, Washington, D.C.,2017年11月09日
  • 頭蓋内脳波の現状と成果,押野 悟,栁澤 琢史,田中 將貴,橋本 洋章,山本 祥太,平田 雅之,貴島 晴彦,第51回日本てんかん学会学術総会,2017年11月04日
  • 脳磁図による側頭葉てんかんのネットワーク解析,栁澤 琢史,荒木 俊彦,福間 良平,小林 真紀,押野 悟,吉峰 俊樹,貴島 晴彦,第51回日本てんかん学会学術総会,2017年11月04日
  • 脳磁図を用いたパーキンソン病患者の脳信号解析,田中將貴,貴島晴彦,栁澤琢史,福間良平,押野 悟,三原雅史,服部憲明,望月秀樹,第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス,2017年10月27日
  • てんかん外科における頭蓋内電極の有用性と課題,山本 祥太,押野 悟,柳澤 琢史,田中 將貴,橋本 洋章,平田 雅之,貴島 晴彦,第76回日本脳神経外科学会,2017年10月14日
  • 頚動脈狭窄症治療に伴う高次脳機能障害とその予測,谷 直樹,西野 鏡雄,藤本 憲太,八重垣 貴英,橋本 宏之,西口 充久,乾 登史孝,堀内 薫,茶谷 めぐみ,松岡 龍太,貴島 晴彦,第76回日本脳神経外科学会,2017年10月13日
  • 携帯歩行加速度計(見守りゲイト)を用いた機能的脳神経外科周術期における定量的歩行解析の試み,枝川光太朗,押野 悟,細見 晃一,小林 真紀,田中 將貴,橋本 洋章,貴島 晴彦,第76回日本脳神経外科学会,2017年10月13日
  • 脳磁図を用いたパーキンソン病患者の脳信号解析,田中 將貴,貴島 晴彦,栁澤 琢史,福間 良平,押野 悟,三原 雅史,服部 憲明,望月 秀樹,第76回日本脳神経外科学会,2017年10月12日
  • 脳表電極を用いた嚥下関連 High γ 活動の解析,橋本 洋章,平田 雅之,亀田 成司,栁澤 琢史,押野 悟,吉峰 俊樹,貴島 晴彦,第51回日本てんかん学会学術総会,2017年10月03日
  • 感覚運動野の可塑的変化誘導による幻肢痛制御に幻肢運動の指示は必要ない,栁澤 琢史,福間 良平,Ben Seymour,細見 晃一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,第40回 日本神経科学大会,2017年07月20日
  • 皮質可逆性の制御による幻視痛の病態解明と治療,栁澤 琢史,福間 良平,ベン シーモア,細見 晃一,貴島 晴彦,平田 雅之,横井 浩史,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,第39回日本疼痛学会,2017年06月17日
  • 脳機能解析の現状と将来展望,貴島晴彦,栁澤 琢史,第37回 日本脳神経外科コングレス総会,2017年05月11日

報道

  • 関西医事新報社 中四国医事新報社 「患者の為の医療とは」その本質を問い続ける,2019年06月20日
  • 本態性振戦 ~原因不明の震え、超音波で治療,産経新聞,2016年10月
  • 謎の震え超音波で治す,朝日新聞 夕刊,2016年02月
  • 経頭蓋MRガイド下集束超音波(ExAblate Neuro)による本態性振戦,NHK ニュースホット関西,2016年02月
  • 高齢者のてんかんとてんかん治療 特にてんかん外科治療を中心に,MEDICAMENT NEWS,2016年01月
  • てんかんに関する最新医学のトピックについて てんかん診断・治療の最近の話題とstand up for Epilepsy,CLINICIAN ’14,2014年11月
  • 学齢期のてんかん手術,MEDICAMENT NEWS,2014年04月
  • 開催報告:市民公開講座 親子のための「脳のしくみとはたらき」,朝日小学生新聞,2012年11月
  • 告知 :市民公開講座 親子のための「脳のしくみとはたらき」,朝日小学生新聞,2012年08月
  • てんかん手術 後遺症減らせ,朝日新聞,2012年04月
  • 最前線の医師たち てんかん治療の現在,MEDICAMENT NEWS,2012年02月

学術貢献

  • 日本定位・機能神経外科学会(理事),2020年01月 ~ 継続中
  • 日本脳神経外科学会(集束超音波治療器ガイドライン策定委員会委員),2019年11月 ~ 継続中
  • 日本てんかん学会(理事),2019年10月 ~ 継続中
  • 日本脳神経外科学会(理事),2019年08月 ~ 継続中
  • 日本小児神経外科学会(編集委員),2019年07月 ~ 継続中
  • 日本小児神経外科学会(評議員),2019年06月 ~ 継続中
  • 日本小児神経外科学会認定医,2019年06月 ~ 継続中
  • Asian-Australasian Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery (AASSFN)(Executive Committee Member),2019年04月 ~ 継続中
  • 日本脳卒中学会(脳卒中・循環器病対策基本法 都道府県担当委員),2019年03月20日 ~ 継続中
  • 日本脳卒中学会(理事),2019年03月 ~ 継続中
  • 日本脳卒中学会(COI委員),2019年01月28日 ~ 継続中
  • 日本正常圧水頭症学会(理事),2019年01月 ~ 継続中
  • 日本定位・機能神経外科学会(社員),2019年01月 ~ 継続中
  • 株式会社三輪書店 『ニュースタンダード脳神経外科学』誌編集者,2018年12月14日 ~ 継続中
  • 日本定位・機能神経外科学会(渉外委員会委員、将来構想委員会委員),2018年12月13日 ~ 継続中
  • 日本経頭蓋MRガイド下集束超音波治療研究会(世話人),2018年11月19日 ~ 継続中
  • 日本脳神経CI学会(「CI研究」査読),2018年11月16日 ~ 継続中
  • 日本脳神経外科学会(最適使用推進ガイドライン検討会委員),2018年10月17日 ~ 継続中
  • 日本脳腫瘍の外科学会(評議員),2018年09月 ~ 継続中
  • 日本ボツリヌス治療学会(理事),2018年09月 ~ 継続中
  • 大阪府医師会(医学会雑誌編集委員),2018年06月11日 ~ 継続中
  • 日本老年脳神経外科学会(世話人),2018年04月 ~ 継続中
  • 日本脳神経CI学会(世話人),2018年04月 ~ 継続中
  • 日本てんかん外科学会(世話人),2018年01月 ~ 継続中
  • 近畿脊髄外科研究会(理事),2017年10月 ~ 継続中
  • 日本脳神経血管内治療学会 近畿地方会(顧問),2017年09月 ~ 継続中
  • 日本整容脳神経外科学会(理事),2017年09月 ~ 継続中
  • 日本ニューロモデュレーション学会(理事),2017年09月 ~ 継続中
  • 日本脳神経外科認知症学会(理事),2017年06月 ~ 継続中
  • 日本脳神経外科学会 近畿地方会(理事),2017年04月 ~ 継続中
  • 日本てんかん学会(評議員、理事),2013年10月 ~ 継続中
  • てんかん専門医,2010年10月 ~ 継続中
  • 日本てんかん学会 近畿地方会(運営委員),2010年04月 ~ 継続中
  • 日本定位・機能神経外科学会技術認定医,2009年03月 ~ 継続中
  • 日本脳神経外科学会専門医,1998年08月 ~ 継続中
  • 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会(評議員),2020年07月 ~ 2022年07月
  • 日本脳神経外科手術と機器学会(学術企画委員),2020年03月 ~ 2022年03月
  • 日本脳神経外科学会(広報・情報委員会委員長、専門医認定に関する情報処理委員会委員長、学術委員会副委員長、医療機器委員会委員、医療連携対応委員会委員、学会奨励賞委員会委員、専門医認定委員会委員、医療問題検討委員会委員、正史作成委員会委員、データベース委員会委員),2019年10月09日 ~ 2021年10月27日
  • 臨床医工情報学コンソーシアム関西(理事),2020年07月 ~ 2021年07月
  • AMPA-PET治験(中央判定委員),2019年04月01日 ~ 2020年11月30日
  • 日本脳神経外科学会(集束超音波治療器ガイドライン策定委員会委員),2019年10月09日 ~ 2020年03月27日
  • 第53回日本てんかん学会学術集会(オーガナイザー),2019年10月31日 ~ 2019年11月02日
  • 日本脳神経外科学会(代議員),2010年10月 ~ 2019年08月
  • 厚生労働省 「再生医療等製品の最適使用推進ガイドライン作成検討会」構成員,2018年11月01日 ~ 2019年03月31日
  • 日本定位・機能神経外科学会(理事),2018年01月 ~ 2018年12月
  • 頭痛専門医,2007年09月 ~ 2018年09月
  • 日本脳神経外科コングレス(運営委員),2015年05月 ~ 2018年05月
  • 「水俣病の治療向上に関する検討班」委員,2017年07月26日 ~ 2018年03月31日
  • 日本脳腫瘍の外科学会(理事),2019年11月 ~
  • 日本てんかん学会 近畿地方会(運営委員長),2019年07月 ~
  • てんかんセンターセミナー,大阪大学医学部附属病院てんかんセンター,2018年11月 ~
  • 第12回 大阪 CVD 研究会,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年11月 ~
  • 第8回 大阪大学脳神経外科バイパスハンズオン,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年10月 ~
  • 第7回 Neuro-Oncology WEST,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年10月 ~
  • 第30回 大阪脳血管内治療研究会,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年10月 ~
  • 第5回日本ボツリヌス治療学会学術大会,大阪大学,2018年09月 ~
  • 脳腫瘍講演会,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年06月 ~
  • 初期研修医&学生さん向けバイパスハンズオン,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年06月 ~
  • 大阪頭蓋頚椎・頭蓋底研究会,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年05月 ~
  • 第2回 大阪大学脳神経外科血栓回収(IVR)ハンズオン,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年04月 ~
  • 第47 回 大阪脳卒中臨床研究会,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年02月 ~
  • 第12 回 近畿ITB 療法カンファランス,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年02月 ~
  • 第16 回 関西間脳下垂体疾患研究会,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年02月 ~
  • 第55 回 近畿脳神経血管内手術法ワークショップ,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年01月 ~
  • 第47 回 大阪てんかん研究会,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2018年01月 ~
  • 第11 回 大阪CVD 研究会,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2017年11月 ~
  • 第7 回 大阪大学脳神経外科血管吻合ハンズオンセミナー,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2017年10月 ~
  • 第29 回 大阪脳血管内治療研究会,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2017年10月 ~
  • 日本神経細胞治療研究会(会員),2017年08月 ~
  • 日中脳神経外科連盟(世話人),2017年07月 ~
  • 第1回 大阪大学脳神経外科血栓回収(IVR)ハンズオン,大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学,2017年04月 ~
  • てんかんセミナー,大阪大学医学部附属病院てんかんセンター,2015年10月 ~
  • 第4回 大阪大学神経難病フォーラム,大阪大学脳神経外科,2015年07月 ~
  • てんかんセミナー,大阪大学医学部付属病院てんかんセンター,2014年09月 ~
  • 第8回 近畿ITBカンファランス,第一三共株式会社,2014年02月 ~
  • 第7回 近畿ITBカンファランス,第一三共株式会社,2013年03月 ~
  • 第71回 日本脳神経外科学会学術総会 シンポジウム~てんかん学と外科治療~,日本脳神経外科学会,2012年10月 ~
  • 第71回 日本脳神経外科学会 市民公開講座,第71回日本脳神経外科学会・朝日小学生新聞,2012年10月 ~
  • 第1回 てんかんセンター懇話会,てんかんセンター懇話会,2012年10月 ~
  • 第71回 日本脳神経外科学会学術総会,日本脳神経外科学会,2012年10月 ~
  • 第5回 日本整容脳神経外科研究会,日本整容脳神経外科研究会,2012年03月 ~
  • 第21回 脳神経外科手術と機器学会(CNTT),脳神経外科手術と機器学会,2012年03月 ~
  • 第6回てんかん学会近畿地方会,てんかん学会近畿支部会,2010年06月 ~
  • 第3会 アジアてんかん外科学会,大阪大学脳神経外科,2009年06月 ~

社会貢献

  • 日本脳卒中学会 脳卒中・循環器病対策基本法 都道府県担当委員,2019年03月20日 ~ 継続中
  • 自賠責保険・共済紛争処理機構 紛争処理委員,2018年04月 ~ 継続中
  • 株式会社医学書院 『脳神経外科』誌編集委員,2017年11月 ~ 継続中
  • 大阪府国民健康保険診療報酬審査委員会医員,2010年04月 ~ 2017年02月
  • 学習講演会と難病医療相談会「思春期のてんかんと外科治療」,日本てんかん協会大阪府支部,エル大阪,2021年03月07日 ~
  • 市立伊丹病院・公立学校共済組合近畿中央病院統合委員会委員,2020年05月 ~
  • Know No Limit,2019年11月04日 ~
  • あきらめない!「脳卒中の後遺症治療」市民公開講座 in 大阪,2016年06月 ~

委員歴

  • 未来医療交流会 理事,2020年06月 ~ 継続中
  • 医学史料室委員会委員,2017年09月 ~ 継続中
  • ハラスメントに関する相談員,2018年07月 ~ 2022年07月
  • 脳神経精神科部門長,2020年04月 ~ 2022年03月
  • 先導的学際研究機構 生命医科学融合フロンティア研究部門 兼任教員,2020年04月 ~ 2021年03月
  • MEIセンター 産学人材育成部門部門長,2019年01月 ~ 2020年03月
  • 防火・防災管理委員会委員,2018年04月 ~ 2020年03月
  • 治験審査委員,2017年12月 ~ 2019年11月
  • 長期計画検討委員,2017年12月 ~ 2019年03月
  • 研究倫理審査委員会委員,2017年04月 ~ 2019年03月
  • 国際医工情報センター長,2020年04月 ~
  • 国際医工情報センター 大阪大学学術機構会議委員,2020年04月 ~
  • 評価委員会委員,2020年04月 ~
  • 岸本基金奨学助成事業 選考委員,2019年07月 ~
  • AI医療センター運営委員,2019年06月 ~
  • MEIセンター予算委員会委員 国際医工情報センター産学人材育成部門長,2019年04月 ~
  • MEIセンター予算委員会委員 国際医工情報センター運営委員会委員(職指定:産学人材育成部門長),2019年04月 ~
  • MEIセンター予算委員会委員 国際医工情報センター予算委員会委員,2019年04月 ~
  • 研究倫理審査委員会委員,2019年04月 ~
  • 工学研究科における人を対象とした研究倫理委員会委員,2019年04月 ~
  • 疼痛医療センター長,2019年04月 ~
  • 長期計画検討委員,2019年04月 ~
  • 医歯薬生命系戦略会議 医歯薬生命系交流会 副委員長,2019年03月 ~
  • 連携大学院 副指導教授(国立循環器病センター担当),2019年02月 ~
  • 研修医採用選考試験委員会 委員長,2019年02月 ~
  • MEIセンター兼任教員,2019年01月 ~
  • CST専門委員,2019年01月 ~
  • 臨床研究利益相反審査委員会 附属病院治験審査委員会委員長,2018年12月 ~
  • 医歯薬生命系新大学院構想ワーキング委員,2018年09月 ~
  • 診療体制検討委員会委員,2018年05月 ~
  • 疼痛医療センター運営委員,2018年04月 ~
  • てんかんセンター センター長,2018年04月 ~
  • 治験審査委員長,2018年04月 ~
  • 再開発委員会委員,2018年04月 ~
  • 情報化等推進委員会 副委員長,2018年03月 ~
  • 脳卒中センター 副センター長,2017年06月 ~
  • クオリティー審議委員会,2017年04月 ~
  • コンプライアンス推進副責任者,2017年03月 ~
  • 脳死判定に関する委員会 委員長,2017年03月 ~