EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

山田 一憲

Yamada Kazunori

人間科学研究科 附属比較行動実験施設,講師

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,自然人類学,比較行動学
  • 人文・社会,社会心理学,比較行動学
  • 人文・社会,実験心理学

論文

  • Male care in a free-ranging group of Japanese macaques (Macaca fuscata),Masayuki Nakamichi,Masataka Ueno,Kazunori Yamada,Primates,Springer Science and Business Media LLC,2021年09月21日,研究論文(学術雑誌)
  • Individual recognition of monkey (Macaca fuscata) and human (Homo sapiens) images in primatologists.,Masataka Ueno,Hiroki Yamamoto,Kazunori Yamada,Shoji Itakura,Journal of Comparative Psychology,American Psychological Association (APA),Vol. 135,No. 3,p. 394-405,2021年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Triadic grooming among adult females in a free-ranging group of Japanese macaques,Masayuki Nakamichi,Masataka Ueno,Kazunori Yamada,PRIMATES,SPRINGER JAPAN KK,2020年02月,研究論文(学術雑誌)
  • High but not low tolerance populations of Japanese macaques solve a novel cooperative task,Yu Kaigaishi,Masayuki Nakamichi,Kazunori Yamada,Primates,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 60,No. 5,p. 421-430,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 助けるサル、助けないサル,山田一憲,『助ける』 シリーズ人間科学2, 渥美公秀・稲場圭信 (編),大阪大学出版,2019年03月
  • Automatically detecting and tracking free‐ranging Japanese macaques in video recordings with deep learning and particle filters,Masataka Ueno,Hidetaka Hayashi,Ryosuke Kabata,Kazunori Terada,Kazunori Yamada,Ethology,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ニホンザル集団における高齢個体の社会的孤立化の再検討,石川大輝,山田一憲,中道正之,日本発達心理学会第30回大会,2019年03月
  • 飼育下のコモンマーモセットにおけるヘルパーの役割,大西絵奈,中村克樹,三輪美樹,山田一憲,中道正之,2018年度動物園水族館大学シンポジウム「悩める動物園・水族館」,2019年03月
  • Temporal adjustment of short calls according to a partner during vocal turn-taking in Japanese macaques.,N. Katsu,K. Yamada,K. Okanoya,M. Nakamichi,Current Zoology,Vol. 65,p. 99-105,2019年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 淡路島ニホンザル集団における食物分配,貝ヶ石優,山田一憲,中道正之,SAGA21,2018年11月
  • ニホンザルの寛容性にみられる地域間変異,山田一憲,国立民族学博物館共同利用研究会「文化人類学を自然化する」,2018年10月
  • 顔の識別能力の発達と可塑性,上野将敬,山本寛樹,山田一憲,板倉昭二,日本心理学会第82回大会,2018年09月
  • Experimental identification of social learning mechanisms in a free-ranging group of Japanese macaques,Yu Kaigaishi,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,2018年08月
  • Ordering strategies of three-choice task by free-ranging Japanese monkeys (Macaca fuscata).,S. Xu,K. Yamada,M. Nakamichi,M. Tomonaga,第78回日本動物心理学会大会,2018年08月
  • AI技術は霊長類との関わり方を変えるのか,山田一憲,第34回日本霊長類学会,2018年07月
  • 淡路島ニホンザル集団における多頭毛づくろいネットワーク構造の分析,貝ヶ石優,山田一憲,中道正之,2018年07月
  • 深層学習を利用した野生動物検出通知システムの開発,山田一憲,第2回SSIサロン:科学技術と地域資源のコラボレーション~支え合いの仕組みを考える~, 豊中(大阪大学 社会ソリューションイニシアティブ),2018年07月
  • 勝山ニホンザル集団における生後4カ月と12カ月の孤児を成体メスが養子として育てた事例,中道正之,大西賢治,山田一憲,第34回日本霊長類学会,2018年07月
  • 霊長類のロコモーションを野外で計測する試みー母ニホンザルが行う運搬行動の運動力学的解析ー,後藤遼佑,山田一憲,中野良彦,霊長類研究,土倉事務所,2018年07月
  • マカカ属の寛容性とCOMT遺伝子の変異の関連,井上英治,小島梨紗,山田一憲,大西賢治,中川尚史,村山美穂,第34回日本霊長類学会,2018年07月
  • Foraging strategies in a free-ranging group of Japanese monkeys (Macaca fuscata) on Awaji Island.,S. Xu,K. Yamada,M. Nakamichi,M. Tomonaga,第34回日本霊長類学会,2018年07月
  • 淡路島ニホンザル集団における報酬と負荷が意思決定に及ぼす影響,徐沈文,山田一憲,中道正之,ず~なんよ。動物園大学 8 in ひろしま安佐,2018年03月
  • 動物展示施設二フレルにおける来場者の動物への興味・関心,岸本恭子,山田一憲,中道正之,ず~なんよ。動物園大学 8 in ひろしま安佐,2018年03月
  • 宇部市ときわ動物園における寛容性の高いトクモンキーの社会関係,綿貫詩織,山田一憲,中道正之,ず~なんよ。動物園大学 8 in ひろしま安佐,2018年03月
  • 淡路島餌付けニホンザル集団における食物分配行動の報告,貝ヶ石 優,山田一憲,中道正之,ず~なんよ。動物園大学 8 in ひろしま安佐,2018年03月
  • Functions of post-conflict affiliation with a bystander differ between aggressors and victims in Japanese macaques.,N. Katsu,K. Yamada,M. Nakamichi,Ethology,Vol. 124,No. 2,p. 94-104,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 勝山ニホンザル集団と淡路島ニホンザル集団における個体間距離と遊動域の季節変化,山田 一憲,後藤 遼佑,貝ヶ石 優,森光 由樹,霊長類研究 Supplement,日本霊長類学会,Vol. 34,No. 0,p. 58-59,2018年
  • 深層学習とパーティクルフィルタを用いたニホンザルの種追跡と個体識別,林 英誉,加畑亮輔,寺田和憲,上野将敬,山田一憲,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 117,No. 238,p. 121-125,2017年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 動画中のニホンザルの個体識別と追跡,加畑亮輔,林 英誉,寺田和憲,上野将敬,山田一憲,第33回ファジィシステムシンポジウム講演論文集(FSS2017),p. 343-348,2017年09月
  • ニホンザルにおける近距離音声の鳴き交わしと短期的・長期的な親和的関係の関連,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,行動2017,2017年08月
  • ニホンザルにおけるCOMT遺伝子の地域差と寛容性との関連,井上英治,小島梨紗,山田一憲,大西賢治,中川尚史,村山美穂,行動2017,2017年08月
  • Influence of social experience on development in vocal greeting behavior of Japanese macaques.,N. Katsu,K. Yamada,M. Nakamichi,Behaviour 2017,2017年08月
  • 淡路島ニホンザル集団における毛づくろいネットワークの分析,貝ヶ石 優,山田一憲,中道正之,行動2017,2017年08月
  • ディープラーニングとパーティクルフィルタによるニホンザルの個体識別,上野将敬,寺田和憲,加畑亮輔,林 英誉,山田一憲,第33回日本霊長類学会大会,2017年07月
  • 勝山ニホンザル集団におけるαオスになる前後の毛づくろい関係,中道正之,山田一憲,第33回日本霊長類学会大会,2017年07月
  • ニホンザルにおける敵対的交渉後場面の第三者との親和的交渉の効果,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,第33回日本霊長類学会大会,2017年07月
  • 淡路島ニホンザル集団における毛づくろいネットワークの分析,貝ヶ石 優,中道正之,山田一憲,第33回日本霊長類学会大会,2017年07月
  • 勝山集団と淡路島集団の遊動域と個体間距離,山田一憲,京都大学霊長類研究所 共同利用研究会 第16回ニホンザル研究セミナー,2017年06月
  • Vocalizations during post -conflict affiliations from victims toward aggressors based on uncertainty in Japanese macaques,Noriko Katsu,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 12,No. 5,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 人間科学による一つの狂詩曲:人間科学研究科による利他コンポジウムの報告,岡部美香,千葉 泉,稲場圭信,中道正之,栗本英世,中山康雄,山田一憲,上林 梓,新谷真美子,未来共生学,2017年03月
  • ディープラーニングとパーティクルフィルタを用いた動画像中のニホンザルの個体追跡,上野将敬,寺田和憲,加畑亮輔,林 英誉,山田一憲,第64回日本生態学会大会,2017年03月
  • 霊長類における平等と利他性の起源について,山田一憲,日本の科学者,Vol. 52,p. 94-100,2017年02月
  • Influence of social interactions with nonmother females on the development of call usage in Japanese macaques,Noriko Katsu,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,ANIMAL BEHAVIOUR,ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 123,p. 267-276,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 勝山ニホンザル集団と淡路島ニホンザル集団の遊動域と個体間距離:GPS首輪発信器を利用して,山田 一憲,後藤 遼佑,貝ヶ石 優,森光 由樹,霊長類研究 Supplement,日本霊長類学会,Vol. 33,No. 0,p. 63-64,2017年
  • ニホンザルの音声話者交代における発声間隔の調整,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,日本人間行動進化学会第9回大会,2016年12月
  • Influence of social interactions with unrelated adult females on development of vocal greeting behaviors in Japanese macaques.,N. Katsu,K. Yamada,M. Nakamichi,The 76th Annual Meeting of the Japanese Society for Animal Psychology,2016年11月
  • 餌付け群における寛容性の個体群間変異:給餌実験と協力行動実験から,山田一憲,第32回日本霊長類学会大会 自由集会,2016年07月
  • ニホンザルにおける音声使用の発達に母以外の個体との関わりが及ぼす影響,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,第32回日本霊長類学会大会 自由集会,2016年07月
  • ニホンザルが攻撃交渉後に行うfear grimaceの働き,上野将敬,山田一憲,中道正之,第32回日本霊長類学会大会 自由集会,2016年07月
  • タンデム授乳―0歳と2歳の娘に授乳するニホンザルの母,中道正之,上野将敬,大西賢治,山田一憲,第32回日本霊長類学会大会 自由集会,2016年07月
  • なぜニホンザルの寛容性に地域差がみられるのか?―遺伝的多様性が示唆するもの,井上英治,山田一憲,大西賢治,中川尚史,風張喜子,横山慧(京大,村山美穂,第32回日本霊長類学会大会 自由集会,2016年07月
  • Cooperative problem solving in two groups of wild Japanese macaques (Macaca fuscata),Yu Kaigaishi,Masayuki Nakamichi,Kazunori Yamada,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 261-261,2016年07月
  • 霊長類のコンフリクトと共生,山田一憲,共生学が創る世界,2016年03月
  • 京都市動物園を訪れる来園者にとってのふれあいグラウンドの役割,土井穂波,山田一憲,田中正之,和田晴太郎,中道正之,第22回ヒトと動物の関係学会学術大会,2016年03月
  • 京都市動物園を訪れる来園者にとってふれあいグラウンドはどのような役割を果たしているのか,土井穂波,山田一憲,田中正之,和田晴太郎,中道正之,動物園大学 6 in 犬山 ず~だなも。,2016年03月
  • 京都市動物園の幼獣オスキリンのフレーメンについて(A 9-month-old male calf giraffe at Kyoto City Zoo flehmened),川北安奈,山田一憲,中道正之,動物園大学 6 in 犬山 ず~だなも。,2016年03月
  • Function of grunts, girneys and coo calls of Japanese macaques (Macaca fuscata) in relation to call usage, age and dominance relationships,Noriko Katsu,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,BEHAVIOUR,BRILL ACADEMIC PUBLISHERS,Vol. 153,No. 2,p. 125-142,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Emotional states after grooming interactions in Japanese macaques (Macaca fuscata),M. Ueno,K. Yamada,M. Nakamichi,Journal of Comparative Psychology,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 野生ニホンザル集団における協力行動実験: 集団間の寛容性の違いが協力行動に及ぼす影響,貝ヶ石優,中道正之,山田一憲,日本人間行動進化学会第8回大会,2015年12月
  • Emotional States After Grooming Interactions in Japanese Macaques (Macaca fuscata),Masataka Ueno,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,JOURNAL OF COMPARATIVE PSYCHOLOGY,AMER PSYCHOLOGICAL ASSOC,Vol. 129,No. 4,p. 394-401,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 京都市動物園における生後2ヵ月間のキリンの授乳行動の発達変化,川北安奈,山田一憲,中道正之,SAGA 18,2015年11月
  • Influence of uncertainty on vocal usage in post-conflict situations of Japanese macaques,N. KATSU,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,The 75th Annual Meeting of the Japanese Society for Animal Psychology,2015年09月
  • Regional differences in tolerance and genetic polymorphisms of Japanese macaques (Macaca fuscata),K. YAMADA,M. INOUE-MURAYAMA,The 75th Annual Meeting of the Japanese Society for Animal Psychology,2015年09月
  • Influences of genetic polymorphisms in oxytocin receptor gene (OXTR) on affiliative sociality of Japanese macaques (Macaca fuscata),K. ONISHI,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,E. INOUE,A. SAITO,T. HASEGAWA T,M. INOUE-MURAYAMA,The 75th Annual Meeting of the Japanese Society for Animal Psychology,2015年09月
  • Cooperative problem solving by Japanese macaques in the Awajishima group,Y. KAIGAIHI,M. NAKAMICHI,K. YAMADA,The 75th Annual Meeting of the Japanese Society for Animal Psychology,2015年09月
  • Anxiety reduction by vocalization in post-conflict affiliative interactions in a free-ranging group of Japanese macaques,N. KATSU,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,Behaviour 2015,2015年08月
  • 勝山ニホンザル集団における協力行動,山田一憲,貝ヶ石優,上野将敬,中道正之,第31回日本霊長類学会大会,2015年07月
  • ニホンザルは毛づくろいの催促が失敗した時にどう行動するのか,上野将敬,山田一憲,中道正之,第31回日本霊長類学会大会,2015年07月
  • オキシトシン受容体遺伝子の多型がニホンザルの社会性に与える影響,大西賢治,山田一憲,中道正之,井上英治,齋藤慈子,長谷川寿一,井上-村山美穂,第31回日本霊長類学会大会,2015年07月
  • 嵐山集団のニホンザルにおける敵対的交渉後の親和的交渉に伴う音声の機能,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,第31回日本霊長類学会大会,2015年07月
  • 動物園のワオキツネザル集団における子の誕生が集団の社会構造に与える影響の検討,大井裕典,山田一憲,中道正之,第31回日本霊長類学会大会,2015年07月
  • 淡路島ニホンザル集団における協力行動実験,貝ヶ石優,中道正之,山田一憲,第31回日本霊長類学会大会,2015年07月
  • Daytime mother–calf relationships in reticulated giraffes (Giraffa cameloparadalis reticulate) at the Kyoto City Zoo,M. Nakamichi,C. Murata,R. Eto,N. Takagi,K. Yamada,Zoo Biology,Vol. 34,No. 2,p. 110-117,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 霊長類における毛づくろいと利他行動,山田一憲,未来共生学,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • キリンの2歳齢の子が母と離れていたときの行動,川北安奈,山田一憲,中道正之,動物園大学 5 in 高知 ず~ぜよ。,2015年03月
  • オキシトシン受容体遺伝子の多型がニホンザルの社会性の個体差に与える影響,大西賢治,山田一憲,中道正之,井上英治,齋藤慈子,長谷川寿一,井上-村山美穂,「共感性の進化・神経基盤」第2回領域会議,2015年01月
  • 新展示舎への引っ越しがゴリラの行動と来園者の印象に与える影響,濱田千絵,中道正之,山田一憲,SAGA 17,2014年11月
  • キリンのメスの繁殖戦略について,川北安奈,山田一憲,中道正之,SAGA 17,2014年11月
  • ニホンザルの個性と発達,山田一憲,生産と技術,2014年10月
  • 大阪大学人間科学部とは,山田一憲,研伸館 ROYAL NAVI 2015,2014年10月
  • Development in the Usage and Comprehension of Greeting Calls in a Free-Ranging Group of Japanese Macaques (Macaca fuscata),Noriko Katsu,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,ETHOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 120,No. 10,p. 1024-1034,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • ニホンザルが示す寛容性の地域間変異と遺伝的多型,山田一憲,日本心理学会第78回大会公募シンポジウム 「向社会性を多角的な視点でとらえる―遺伝子・神経ホルモン・神経システム・行動に着目して―」,2014年09月
  • ニホンザルにおける社会性の個体差に影響する遺伝子,大西賢治,山田一憲,中道正之,井上英治,齋藤慈子,長谷川寿一,井上-村山美穂,日本哺乳類学会2014年度大会,2014年09月
  • ニホンザルにおける寛容性に関わる候補遺伝子の個体群間比較,井上-村山美穂,山田一憲,井上英治,大西賢治,栗原洋介,早川祥子,風張喜子,中川尚史,日本哺乳類学会2014年度大会,2014年09月
  • 霊長類の社会関係,山田一憲,沖縄シンポジウム 「頭足類学を興す」,2014年08月
  • 霊長類の利他行動,山田一憲,平成26年度ヒューマンサイエンスプロジェクト「利他主義の人間科学の創生に向けて」第2回研究会,2014年08月
  • Development of usage and response to vocalizations mediating social interactions in Japanese macaques,N. KATSU,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,The 25th congress of the International Primatological Society,2014年08月
  • infant handlingがもたらす適応度上の不利益,山田一憲,第30回日本霊長類学会大会 自由集会,2014年07月
  • 淡路島ニホンザル集団で観察された稀な行動,山田一憲,第30回日本霊長類学会大会,2014年07月
  • 勝山ニホンザル集団における親密な社会関係が毛づくろい後のストレス減少に及ぼす影響,上野将敬,山田一憲,中道正之,第30回日本霊長類学会大会,2014年07月
  • ニホンザルにおける敵対的交渉後場面の親和的交渉に伴う音声行動,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,第30回日本霊長類学会大会,2014年07月
  • 飼育アビシニアコロブス集団におけるメスの繁殖状態の推定と子の発達,河野穂夏,山田一憲,中道正之,第30回日本霊長類学会大会,2014年07月
  • Effects of conflicts and combatant status on post-conflict greeting call usage in Japanese macaques,N. KATSU,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,日本動物心理学会第74回大会,2014年07月
  • Stress reduction after giving grooming in Japanese macaques (Macaca fuscata),M. UENO,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,日本動物心理学会第74回大会,2014年07月
  • 餌付け集団におけるニホンザルの死産の報告,勝 野吏子,鈴村崇文,山田一憲,中道正之,霊長類研究,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 社会行動に基づいた飼育アビシニアコロブスの妊娠推定,河野穂夏,山田一憲,中道正之,第14回ニホンザル研究セミナー,2014年06月
  • Maternal Responses to a 1-Year-Old Male Offspring with Severe Injury in a Free-Ranging Group of Japanese Macaques,上野 将敬,山田 一憲,中道 正之,Primate Research,Vol. 30,No. 1,p. 157-162,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 子の発達とメスの妊娠が飼育アビシニアコロブス集団の社会交渉に及ぼす影響,河野穂夏,山田一憲,中道正之,2014年03月
  • The effect of solicitations on grooming exchanges among female Japanese macaques at Katsuyama,Masataka Ueno,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,PRIMATES,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 55,No. 1,p. 81-87,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 飼育アビシニアコロブス集団における未成体個体の発達変化,河野穂夏,中道正之,山田一憲,大会プログラム,2013年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ニホンザルにおけるコンタクトコールを用いた社会交渉の発達,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,日本動物行動学会第32回大会要旨集,2013年11月
  • 天王寺動物園のフクロテナガザル集団の育児における父、母、年長のきょうだいの役割,喜多田廉平,中道正之,山田一憲,大会プログラム,2013年11月
  • 王子動物園のアビシニアコロブス(Colobus guereza)集団における母親の出産間隔が子の社会関係に与える影響,大井裕典,山田一憲,中道正之,動物心理学研究,2013年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 王子動物園のアビシニアコロブスにおけるInfant handlingと毛づくろいの関連,大井裕典,山田一憲,中道正之,霊長類研究,2013年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ニホンザルにおける親和的意図を伝達する音声行動の習得,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,日本心理学会第77回大会発表論文集,2013年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ニホンザルにおける親和的な音声を用いる文脈とその反応に関する発達,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,動物心理学研究,2013年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ニホンザルにおける親和的意図を伝えるコンタクトコールの使用とその反応の発達,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,霊長類研究,2013年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ニホンザルメスのサル団子形成における毛づくろいの役割,上野将敬,山田一憲,中道正之,日本心理学会第77回大会発表論文集,2013年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ニホンザルにおけるハドル形成のための毛づくろい使用,上野将敬,山田一憲,中道正之,動物心理学研究,2013年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 勝山ニホンザル集団のハドル形成における毛づくろいの役割,上野将敬,山田一憲,中道正之,霊長類研究,2013年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 嵐山E 集団におけるニホンザルの行動の符号化と人によるパーソナリティ評定の比較,片山洸彰,山田一憲,中道正之,動物心理学研究,2013年09月
  • 嵐山E集団におけるニホンザルの行動と人によるパーソナリティ評定の関連,片山洸彰,山田一憲,中道正之,霊長類研究,2013年09月
  • 嵐山ニホンザルE集団のパーソナリティ評定,片山洸彰,山田一憲,中道正之,2013年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 王子動物園のアビシニアコロブスにおけるInfant handlingについて,大井裕典,山田一憲,中道正之,2013年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 餌付け集団におけるニホンザルのコンタクトコール使用と反応の発達,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,2013年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 兵庫県の野生ニホンザル個体数とその動向,鈴木克哉,森光由樹,山田一憲,坂田宏志,室山泰之,兵庫県ワイルドライフモノグラフ,Vol. 1,p. 68-74,2013年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 兵庫県に生息するニホンザルの個体数とその動向,鈴木克哉,森光由樹,山田一憲,坂田宏志,室山泰之,兵庫ワイルドライフレポート,2013年02月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 行動や生活史に個体差がみられる理由について,山田一憲,第6回性格・行動遺伝子研究会,2013年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • サルの社会と個性を知る,山田一憲,阪大Now,2013年01月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Social relationships of nulliparous young adult females beyond the ordinary age of the first birth in a free-ranging troop of Japanese macaques (Macaca fuscata),Noriko Katsu,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,Primates,Vol. 54,No. 1,p. 7-11,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 霊長類の学習実験が動物園来園者の行動に与える影響,阪口耕平,山本裕己,松永雅之,伊藤二三夫,田中正之,山田一憲,中道正之,ヒトと動物の関係学会誌,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Grooming-related feeding motivates macaques to groom and affects grooming reciprocity and episode duration in Japanese macaques (Macaca fuscata),Kenji Onishi,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,BEHAVIOURAL PROCESSES,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 92,p. 125-130,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • ニホンザルの個性は何から生まれるのか,山田一憲,中川尚史・友永雅己・山極寿一 (編) 日本のサル学のあした―霊長類研究という「人間学」の可能性 京都通信社,2012年12月
  • ヒトとサルの利他行動:進化的視点から,山田一憲,大阪大学人間科学部創立40周年記念シンポジウム 東日本大震災から考えるコミュニティ復興の人間科学―支え合い・学び合い・利他主義の社会に向けて―,2012年12月
  • 動物の行動に影響する遺伝子多型の解明,村山美穂,阿部秀明,山田 一憲,第35回日本分子生物学会年会,2012年12月
  • 王子動物園のアビシニアコロブス集団における母、子、他のメスの関係に出産が及ぼす影響,大井裕典,中道正之,山田一憲,SAGA 15,2012年11月
  • 王子動物園のチャップマンシマウマにおける行動の発達的変化,片山洸彰,中道正之,山田一憲,SAGA 15,2012年11月
  • ニホンザルの母親による怪我をした子への反応,上野将敬,山田一憲,中道正之,第76回日本心理学会大会,2012年09月
  • ニホンザルによる親和的交渉における音声の使い分けに関する発達的変化,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,第76回日本心理学会大会,2012年09月
  • Menarcheal Age and Health Practice Among Japanese Schoolgirls in 2008,Hinobayashi Toshihiko,Kato Mayuko,Yamada Kazunori,Kanazawa Tadahiro,Akai Seiki,Minami Tetsuhiro,Itoigawa Naosuke,ISSBD2012_AbstractBook,2012年07月
  • ニホンザル地域集団におけるオキシトシン受容体遺伝子の多型解析,山田一憲,井上-村山美穂,第28回日本霊長類学会大会,2012年07月
  • 勝山ニホンザル集団における怪我をした子に対する母親の行動に関する事例研究,上野将敬,山田一憲,中道正之,第28回日本霊長類学会大会,2012年07月
  • ニホンザル成体メスと未成体メスにおけるコンタクトコールの文脈による使い分け,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,第28回日本霊長類学会大会,2012年07月
  • 嵐山ニホンザルE集団における25歳齢以上の老齢メスの2年にわたる行動特性,市川彩代子,山田一憲,中道正之,第28回日本霊長類学会大会,2012年07月
  • 書評: 三谷雅純著 「ヒトは人のはじまり 霊長類学の窓から」,山田一憲,霊長類研究,2012年06月
  • Intra-species differences in tolerance and genetic polymorphisms in Japanese macaques (Macaca fuscata),K. YAMADA,M. Inoue-MURAYAMA,42nd Annual Meeting of the Behavior Genetics Association, June 22-25, 2012, Edinburgh, UK.,2012年06月
  • 野生ニホンザルの母親が怪我をした子へ行った行動,上野将敬,山田一憲,中道正之,動物心理学研究,2012年05月
  • ニホンザルのコンタクトコール発声における文脈特異性の成体メスと未成体メスでの比較,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,動物心理学研究,2012年05月
  • 嵐山ニホンザルE集団における25歳齢以上の超高齢メスの行動特徴,市川彩代子,山田一憲,中道正之,動物心理学研究,2012年05月
  • 大阪大学大学院人間科学研究科比較行動学研究分野で行っている動物園研究について,山田一憲,異分野ゼミ, 京都(京都大学),2012年04月
  • 霊長類の学習実験が動物園来園者の行動に与える影響,阪口耕平,山本裕己,松永雅之,伊藤二三夫,田中正之,山田一憲,中道正之,ず~だがや。動物園大学2 in 名古屋,2012年03月
  • 京都市動物園におけるマンドリルの生後16ヵ月間の行動発達,三谷彩夏,山本裕己,伊藤英之,高井進,山下直樹,山田一憲,中道正之,ず~だがや。動物園大学2 in 名古屋,2012年03月
  • 京都市動物園におけるグレビーシマウマの生後16カ月間の母子関係,山元由実,伊藤英之,柳本博,松岡賢司,山田一憲,中道正之,ず~だがや。動物園大学2 in 名古屋,2012年03月
  • ニホンザルにおける稀にしか見られない行動に関するアンケート調査結果報告,中川尚史,中道正之,山田一憲,霊長類研究,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 嵐山ニホンザル集団における0歳齢みなしごの社会関係の縦断的変化,鋤納 有実子,山田 一憲,中道 正之,SAGA14,2011年11月
  • ニホンザルメス間での毛づくろいの互恵性における催促行動の働き,上野将敬,山田一憲,中道正之,第4回日本人間行動進化学会大会,2011年11月
  • 毛づくろいに伴う採食が毛づくろいの互恵性や継続時間に与える影響 ―野外ニホンザル集団での予備調査報告―,大西賢治,山田一憲,中道正之,動物心理学研究,2011年09月
  • 母との密接さはワカモノ期ニホンザルメスの社会関係に影響するか?,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,日本心理学会第75回大会発表論文集,2011年09月
  • ニホンザルメスの毛づくろいにおける互恵性と催促行動,上野将敬,山田一憲,中道正之,日本心理学会第75回大会発表論文集,2011年09月
  • 野生ニホンザル集団の毛づくろい交換における催促行動の働き,上野将敬,山田一憲,中道正之,動物心理学研究,2011年09月
  • ニホンザルのワカモノ期における母娘関係が成体との毛づくろい関係に及ぼす影響,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,第27回日本霊長類学会大会,2011年07月
  • 勝山ニホンザル集団における毛づくろいの互恵性と催促行動の効果,上野将敬,山田一憲,中道正之,第27回日本霊長類学会大会,2011年07月
  • ワカモノ期におけるニホンザルの母娘関係と成体との毛づくろい関係の形成,勝 野吏子,山田一憲,中道正之,第12回ニホンザル研究セミナー,2011年06月
  • 王子動物園で暮らすアカカンガルーの子育てと母子関係,高田永,山田一憲,中道正之,京都大学連携動物園キックオフシンポジウム「ず~どすぇ。動物園大学 in 京都」,2011年03月
  • なぜニホンザルを研究しているのですか?,山田一憲,生き物たちのつづれ織り,2011年02月
  • The change of interests of Japanese schoolgirls around puberty,T. Hinobayashi,M. Kato,K. Yamada,T. Kanazawa,S. Akai,T. Minami,N. Itoigawa,15TH EUROPEAN CONFERENCE ON DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY,MEDIMOND S R L,p. 441-444,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Parental investments and demands of infants (as symposium organizers),K. YAMADA,K. ONISHI,Primate Research,2010年09月
  • Dealing with weaning conflict in Japanese macaques,K. YAMADA,M. Nakamichi,Primate Research,2010年09月
  • 離乳期のニホンザルにみられる母子の葛藤,山田一憲,日本心理学会第74回大会発表論文集,2010年09月
  • ヒトを含む哺乳類の子育て:海生哺乳類、大型草食動物から霊長類まで (シンポジウム企画者として),中道正之,山田一憲,日本心理学会第74回大会発表論文集,2010年09月
  • 発達加速現象の研究・その24-初潮年齢に見られる地域差の動向-,日野林俊彦,山田一憲,加藤真由子,安田 純,金澤忠博,赤井誠生,南 徹弘,日本心理学会第74回大会発表論文集,2010年09月
  • Lifetime social development in female Japanese macaques,M. NAKAMICHI,K. YAMADA,The Japanese macaques,2010年08月
  • ニホンザルによるムササビへの攻撃反応,大西賢治,中道正之,山田一憲,霊長類研究,Vol. 26,No. 1,p. 35-49,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • ニホンザルにおける社会構造の種内変異:実践編,山田一憲,井上-村山美穂,第11回ニホンザル研究セミナー,2010年06月
  • Old grandmothers provide essential care to their young granddaughters in a free-ranging group of Japanese monkeys (Macaca fuscata),M. NAKAMICHI,K. ONISHI,K. YAMADA,Primates,Vol. 51,No. 2,p. 171-174,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Gender acceptance and Menarche,T. Hinobayashi,K. Yamada,M. Kato,S. Akai,T. Kanazawa,T. Minami,N. Itoigawa,XIV EUROPEAN CONFERENCE ON DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY (ECDP),MEDIMOND S R L,p. 7-10,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 旧世界ザルにおける社会的知性:生態学的側面と発達的側面に注目して,山田一憲,動物心理学研究,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • ニホンザルの稀な行動に関する情報の交換と集約,中道正之,山田一憲,中川尚史,霊長類研究,Vol. 25,No. 1,p. 15-20,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Distribution of dorsal carriage among simians,M. NAKAMICHI,K. YAMADA,Primates,Vol. 50,No. 2,p. 153-168,2009年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 野猿公園に対する意識調査: 来園者からの質問を手がかりとして,山田一憲,中道正之,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 発達加速現象の研究・その22-健康習慣と性成熟-,日野林俊彦,赤井誠生,安田 純,志澤康弘,新居佳子,山田一憲,南 徹弘,日本心理学会第72回大会発表論文集,2008年09月
  • Long-term grooming partnerships between unrelated adult females in a free-ranging group of Japanese monkeys (Macaca fuscata).,M. NAKAMICHI,K. YAMADA,American Journal of Primatology,2007年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A fatal attack on an unweaned infant by a non-resident male in a free-ranging group of Japanese macaques (Macaca fuscata) at Katsuyama,K Yamada,M Nakamichi,PRIMATES,SPRINGER TOKYO,Vol. 47,No. 2,p. 165-169,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 書評: デイビッド・スプレイグ著 『サルの生涯、ヒトの生涯』,山田一憲,霊長類研究,2005年12月
  • サルを見て,ヒトを知る,山田一憲,大阪大学 大学教育実践センター 共通教育だより,2005年04月
  • Grooming relationships of adolescent orphans in a free-raging group of Japanese macaques (Macaca fuscata) at Katsuyama: A comparison among orphans with sisters, orphans without sisters, and females with a surviving mother,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,Y. SHIZAWA,J. YASUDA,S. IMAKAWA,T. HINOBAYASHI,T. MINAMI,Primates,2005年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 勝山ニホンザル集団での出産観察と母親行動に関する事例報告,中道正之,山田一憲,大塚典子,今川真治,安田 純,志澤康弘,霊長類研究,Vol. 20,No. 1,p. 31-43,2004年06月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Exchange of short calls facilitates affiliative social interactions in a free-ranging group of Japanese macaques (Macaca fuscata) at Arashiyama, Japan.,N. Katsu,K. Yamada,K. Okanoya,M. Nakamichi,27th International Primatological Society Congress.,2018年08月
  • Grooming interactions of adult males before and after getting the alpha position in a free-ranging group of Japanese monkeys (Macaca fusucata) at Katsuyama, Japan.,M. Nakamichi,K. Yamada,27th International Primatological Society Congress.,2018年08月
  • Temporal adjustment of short calls in vocal exchange of Japanese macaques.,N. Katsu,K. Yamada,K. Okanoya,M. Nakamichi,Evolang 12th international conferences on language evolution.,2018年04月
  • Influence of non-mother adults on the development of vocal greetings in Japanese macaques,Noriko Katsu,Kazunori Yamada,Masayuki Nakamichi,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 230-230,2016年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Cooperative problem solving in two groups of wild Japanese macaques (Macaca fuscata),Yu Kaigaishi,Masayuki Nakamichi,Kazunori Yamada,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 261-261,2016年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Influence of genetic polymorphisms in oxytocin receptor gene (OXTR) on direct reciprocity of Japanese macaques (Macaca fuscata),K. Onishi,Y. Sato,K. Yamada,M. Nakamichi,T. Hasegawa,The 31st International Congress of Psychology,2016年07月
  • Factors affecting the use of the vocalizations in post-conflict affiliative interactions in Japanese macaques,N. KATSU,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,Tokyo Lectures in Language Evolution,2015年04月
  • Grooming-related feeding benefits the groomer: A preliminary study in Japanese macaques (Macaca fuscata),K. ONISHI,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,Primatology’s legacy and future challenges,2012年08月
  • Effect of soliciting behaviors on grooming reciprocity in free-ranging Japanese macaques.,M. UENO,K. YAMADA,M. NAKAMICHI,The 24th Congress of the International Primatological Society (IPS), August 16, 2012, Cancún, Mexco.,2012年08月
  • General discussion (as symposium organizers),K. ONISHI K,K. YAMADA,The 23TH congress of the International Primatological Society (IPS),2010年09月
  • Sibling numbers and age at menarche.,Hinobayashi, T,Minami, T,Akai, S,Yasuda,J,Shizawa, Y,Itoigawa, N,Yamada, K,International Journal of Psychology,2008年07月
  • Infanticide in Japanese macaques (Macaca fuscata): When does it occur?,K. Yamada,M. Nakamichi,AMERICAN JOURNAL OF PRIMATOLOGY,WILEY-LISS,Vol. 68,p. 81-82,2006年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Grooming relationships of adolescent female orphans in a free-ranging Japanese monkey group,K. Yamada,M. Nakamichi,T. Hinobayashi,T. Minami,FOLIA PRIMATOLOGICA,KARGER,Vol. 75,p. 351-352,2004年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)