EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

浅田 稔

Asada Minoru

先導的学際研究機構,特任教授

keyword 包括脳ネットワーク

学歴

  • ~ 1982年03月,大阪大学,基礎工学研究科,物理系
  • ~ 1982年,大阪大学,Graduate School, Division of Engineering Science
  • ~ 1977年,大阪大学,基礎工学部,制御工学
  • ~ 1977年,大阪大学,Faculty of Engineering Science

経歴

  • 2021年04月 ~ 継続中,大阪国際工科専門職大学,副学長
  • 2019年04月01日 ~ 継続中,大阪大学 先導的学際研究機構,特任教授(常勤)
  • 1997年04月 ~ 継続中,大阪大学大学院工学研究科教授
  • 2005年04月01日 ~ 2019年03月31日,大阪大学 工学研究科 知能・機能創成工学専攻,教授
  • 1998年04月01日 ~ 2005年03月31日,大阪大学 工学研究科,教授
  • 1995年04月 ~ 1997年03月,大阪大学工学部教授
  • 1989年04月 ~ 1995年04月,大阪大学工学部助教授
  • 1988年02月 ~ 1989年03月,大阪大学工学部講師
  • 1982年04月 ~ 1988年02月,大阪大学基礎工学部助手

研究内容・専門分野

  • 情報通信,機械力学、メカトロニクス
  • 情報通信,知能ロボティクス
  • 情報通信,知覚情報処理
  • 情報通信,ロボティクス、知能機械システム

所属学会

  • 日本子ども学会
  • AAAI
  • IEEE CS
  • IEEE SMC
  • IEEE R&A
  • システム情報制御学会
  • 計測自動制御学会
  • システム制御情報学会
  • 情報処理学会
  • 電子情報通信学会
  • 日本赤ちゃん学会
  • 日本機械学会
  • 人工知能学会
  • 米国電気電子工学会(IEEE)
  • 日本ロボット学会

論文

  • スモールワールド性がもたらす二つの脳神経モデルの同期,鈴木 健太郎,朴 志勲,河合 祐司,浅田 稔,電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会,2019年07月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • A small-world topology enhances the echo state property and signal propagation in reservoir computing,Yuji Kawai,Jihoon Park,Minoru Asada,Neural Networks,Vol. 112,p. 15-23,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • スパイキングニューロンモデルの興奮性/抑制性バランスが ネットワーク形成に及ぼす影響,朴 志勲,小椋 基弘,河合 祐司,浅田 稔,電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会,2019年,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 勾配積分法に基づく脳波識別に貢献した周波数領域特徴の説明,立川 和樹,河合 祐司,朴 志勲,浅田 稔,第33回人工知能学会全国大会,2019年,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 結合コスト最小化によるエコーステートネットワークの 破滅的忘却の回避,河合 祐司,小笹 悠歩,朴 志勲,浅田 稔,第33回人工知能学会全国大会,2019年,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 触感がもたらすロボット性格印象の変容に対する外見の人らしさの影響,石原尚,山下裕基,池田尊司,浅田稔,認知科学,Vol. 25,No. 4,p. 435-450,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A computational model for child inferences of word meanings via syntactic categories for different ages and languages,Yuji Kawai,Yuji Oshima,Yuki Sasamoto,Yukie Nagai,Minoru Asada,IEEE Transactions on Cognitive and Developmental Systems,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Effectively interpreting electroencephalogram classification using the Shapley sampling value to prune a feature tree,Kazuki Tachikawa,Yuji Kawai,Jihoon Park,Minoru Asada,2018年10月
  • Efficient reward-based learning through body representation in a spiking neural network,Yuji Kawai,Tomohiro Takimoto,Jihoon Park,Minoru Asada,2018年09月
  • Intrinsically bursting neurons enlarge timescales of fluctuations in firing rates,Tomohiro Miki,Yuji Kawai,Jihoon Park,Minoru Asada,2018年07月
  • An excitation / inhibition ratio impacts on organization of neural connectivity and information transfer,Motohiro Ogura,Jihoon Park,Yuji Kawai,Minoru Asada,2018年07月
  • 脳波特徴の階層性を利用した効率的なシャープレイ値推定による脳波識別の根拠の定量化,立川和樹,河合祐司,朴志勲,浅田稔,第32回人工知能学会全国大会,2018年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • スパイクニューラルネットワークの自己組織化と身体運動の相互作用を通した報酬学習,河合祐司,瀧本知弘,朴志勲,浅田稔,第32回人工知能学会全国大会,2018年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 人工物との共同作業における心の知覚と責任帰属の関係,三宅智仁,河合祐司,朴志勲,島谷二朗,高橋英之,浅田稔,第32回人工知能学会全国大会,2018年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Self-Face Recognition Begins to Share Active Region in Right Inferior Parietal Lobule with Proprioceptive Illusion During Adolescence,Morita T,Saito DN,Ban M,Shimada K,Okamoto Y,Kosaka H,Okazawa H,Asada M,Naito E,Cerebral Cortex,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of Right-hemispheric Dominance of Inferior Parietal Lobule in Proprioceptive Illusion Task.,Naito E,Morita T,Saito DN,Ban M,Shimada K,Okamoto Y,Kosaka H,Okazawa H,Asada M,Cerebral Cortex,Vol. 27,p. 5385-5397,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 深層学習を用いた脳磁図計測による子どもの自閉スペクトラム症識別,立川和樹,河合祐司,朴志勲,高橋哲也,池田尊司,吉村優子,菊知充,浅田稔,日本神経発達科学学会 第6回学術集会,2017年,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 聴覚フィードバックに基づくスパイク神経網の自己組織化による喃語獲得の促進,瀧本友弘,河合祐司,朴志勲,浅田稔,電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会,2017年,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • スモールワールド性を有するエコーステートネットワークのロバストな記憶容量,河合祐司,朴志勲,浅田稔,電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会,2017年,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 未分化な文法カテゴリによる幼児発話の誤用:英語の過去形の形態素と日本語の格助詞の過剰生成に共通した計算モデル,河合祐司,大嶋悠司,浅田稔,認知科学,Vol. 24,No. 1,p. 52-66,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • 大域-局所の結合のバランスが神経活動の複雑性に与える影響 -自閉スペクトラム症における特異な神経活動の構成論的考察-,一瀬公輝,朴志勲,河合祐司,鈴木淳一,森裕紀,浅田稔,電子情報通信学会 ニューロコンピューティング研究会,2017年,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 磁性・非磁性エラストマを積層した磁気式触覚センサの基礎特性解析,川節拓実,堀井隆斗,石原尚,浅田稔,日本 AEM 学会誌,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 幼児の統語発達モデル:日本語,英語,中国語の言語構造を反映した統語範疇の獲得過程,河合祐司,大嶋悠司,笹本勇輝,長井志江,浅田稔,認知科学,Vol. 22,No. 3,p. 475-479,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • CHLACに基づく新生児General Movementsの動画像識別,中島翔太,森裕紀,早志英朗,曽智,島谷康司,栗田雄一,浅田稔,辻 敏夫,日本発達神経科学学会第4回学術集会 予稿集,2015年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Design of 22-DOF pneumatically actuated upper body for child android ‘Affetto',H. Ishihara,M. Asada,Advanced Robotics,Vol. 29,No. 18,p. 1158-1163,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 3-Dimensional Motion Recognition by 4-Dimensional Higher-order Local Auto-Correlation,Hiroki Mori,Takaomi Kanda,Dai Hirose,Minoru Asada,2015年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 幼児の統語発達モデル:日本語,英語,中国語の言語構造を反映した統語範疇の獲得過程,河合祐司,大嶋悠司,笹本勇輝,長井志江,浅田稔,日本認知科学会第31回大会,p. 126-133,2014年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Hyperscanning MEG for understanding mother-child cerebral interactions.,Hirata M,Ikeda T,Kikuchi M,Kimura T,Hiraishi H,Yoshimura Y,Asada M,Frontiers in human neuroscience,Vol. 8,2014年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Emergence of diverse behaviors from interactions between nonlinear oscillator complex networks and a musculoskeletal system,Hiroki Mori,Yuzi Okuyama,Minoru Asada,2013年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reproducing Interaction Contingency Toward Open-Ended Development of Social Actions: Case Study on Joint Attention,Hidenobu Sumioka,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,IEEE Transactions on Autonomous Mental Development,Vol. 2,No. 1,p. 40-50,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 音声模倣と語彙獲得の共発達のための主観的整合機構に基づく対応学習,笹本勇輝,吉川雄一郎,浅田稔,日本ロボット学会誌,Vol. 31,No. 1,p. 71-82,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Real-Time Inverse Dynamics Learning for Musculoskeletal Robots based on Echo State Gaussian Process Regression,Christoph Hartmann,Joschka Boedecker,Oliver Obst,Shuhei Ikemoto,Minoru Asada,2012年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Throwing Skill Optimization through Synchronization and Desynchronization of Degree of Freedom,Yuji Kawai,Jihoon Park,Takato Horii,Yuji Oshima,Kazuaki Tanaka,Hiroki Mori,Yukie Nagai,Takashi Takuma,Minoru Asada,2012年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Acquisition of joint attention through natural interaction utilizing motion cues,Hidenobu Sumioka,Koh Hosoda,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Advanced Robotics,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Vowel Acquisition based on an Auto-Mirroring Bias with a Less Imitative Caregiver,Katsushi Miura,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Advanced Robotics,Vol. 26,No. 1-2,p. 23-44,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 構成的発達科学の目指すもの,浅田 稔,川人 光男,土井 美和子,明和 政子,細田 耕,國吉 康夫,乾 敏郎,石黒 浩,日本ロボット学会誌,Vol. 30,No. 1,p. 33-44,2012年01月
  • Manipulation of aggressive behavior of the cricket using a small robot,Hitoshi Aonuma,Rodrigo da,Silva Guerra,Minoru Asada,Koh Hosoda,2011年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 共創知能システムプロジェクトの成果と今後,浅田稔,細田耕,國吉康夫,石黒浩,乾敏郎,2011年09月
  • Humanoid platform for cognitive developmental robotics,Hiroshi Ishiguro,Takashi Minato,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,International Journal of Humanoid Robotics,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 乳児母音発達を誘導する自己鏡映的親行動の構成論的検討,石原尚,若狭みゆき,吉川雄一郎,浅田稔,認知科学,Vol. 18,No. 1,p. 100-113,2011年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Combining EMG Recording and Robust Tracking for Insect/Robot Mixed Society,Rodrigo da,Silva Guerra,Hitoshi Aonuma,Koh Hosoda,Minoru Asada,2011年01月
  • 構成的発達科学を目指して,浅田稔,細田耕,國吉康夫,石黒浩,乾敏郎,佐倉統,2010年09月
  • Semi-Automatic Behavior Analysis Using Robot/Insect Mixed Society and Video Tracking,Rodrigo da,Silva Guerra,Hitoshi Aonuma,Koh Hosoda,Minoru Asada,J Neurosci Methods,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Emulation and behavior understanding through shared values,Yasutake Takahashi,Yoshihiro Tamura,Minoru Asada,Mario Negrello,Robotics and Autonomous Systems,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • ロボットの視覚注視機能を用いた人間の親様動作教示の解析,中谷明子,長井志江,浅田稔,2010年06月
  • 認知発達ロボティクスによる赤ちゃん学の試み,浅田稔,2010年06月
  • 階層的想起型ニューラルネットワークを利用した状況依存型手先運動生成モデル,荻野正樹,疋田麻衣,福家佐和,浅田稔,2010年06月
  • Behavior Change of Crickets in a Robot-Mixed Society,Rodrigo da,Silva Guerra,Hitoshi Aonuma,Koh Hosoda,Minoru Asada,Journal of Robtics and Mechatronics,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • How Caregiver's Anticipation Shapes Infant's Vowel Through Mutual Imitation,Hisashi Ishihara,Yuichiro Yoshikawa,Katsushi Miura,Minoru Asada,IEEE Transactions on Autonomous Mental Development,Vol. 1,No. 4,p. 217-225,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Human centered? Robot centered? Interaction centered Cognitive Developmental Robotics:,Minoru Asada,2009年11月
  • Cognitive Developmental Robotics,Minoru Asada,2009年11月
  • Using Micro-robots as a Tool for Insect Behavior Studies,Rodrigo da,Silva Guerray,Hitoshi Aonuma,Koh Hosoda,Minoru Asada,2009年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cognitive Developmental Robotics: An approach to understand ourselves and to design robots like us,Minoru Asada,2009年10月
  • Can Cognitive Developmental Robotics Shift the Paradigm?,Minoru Asada,2009年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 価値システムに基づく他者行為観察と事項行動学習の循環的発達,高橋泰岳,田村佳宏,浅田稔,日本知能情報ファジイ学会誌,2009年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 相互排他性原理に基づくマルチモーダル共同注意,中野吏,吉川雄一郎,浅田稔,石黒浩,日本ロボット学会誌,2009年09月,研究論文(学術雑誌)
  • View Estimation Learning based on Value System.,Yasutake Takahashi,Kouki Shimada,Minoru Asada,2009年08月
  • Human Instruction Recognition and Self Behavior Acquisition based on State Value.,Yasutake Takahashi,Yoshihiro Tamura,Minoru Asada,2009年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Synergistic Intelligence toward Understanding and designing the Cognitive Development,Minoru Asada,2009年06月
  • 状態価値に基づく人間行為観察と自己行動学習の循環的発達,田村 佳宏,高橋 泰岳,浅田 稔,2009年06月
  • 異なる体格間での状態価値推定誤差に基づく視野推定能力学習,島田 皓樹,高橋 泰岳,浅田 稔,2009年06月
  • 自己の価値に基づく他者行為理解,高橋泰岳,河又輝泰,浅田稔,日本知能情報ファジイ学会誌,Vol. 21,No. 3,p. 381-391,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Towards Computational Developmental Model based on Synthetic Approaches,Minoru Asada,Koh Hosoda,Hiroshi Ishiguro,Yasuo Kuniyoshi,Toshio Inui,2009年06月
  • Efficient Behavior Learning by Utilizing Estimated State Value of Self and Teammates.,Kouki Shimada,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,2009年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 自己・他者の状態価値推定に基づくチーム行動の生成,島田皓樹,高橋泰岳,浅田稔,2009年05月
  • Cognitive Developmental Robotics: A Survey,Minoru Asada,Koh Hosoda,Yasuo Kuniyoshi,Hiroshi Ishiguro,Toshio Inui,Yuichiro Yoshikawa,Masaki Ogino,Chisato Yoshida,IEEE TRANSACTIONS ON AUTONOMOUSMENTAL DEVELOPMENT 9,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Cognitive Developmental Robotics: A Survey,Minoru Asada,Koh Hosoda,Yasuo Kuniyoshi,Hiroshi Ishiguro,Toshio Inui,Yuichiro Yoshikawa,Masaki Ogino,Chisato Yoshida,IEEE TRANSACTIONS ON AUTONOMOUS MENTAL DEVELOPMENT,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • モジュール型学習機構を用いたマルチエージェント環境における競合行動の同時学習,高橋泰岳,枝澤一寛,野間健太郎,浅田稔,日本ロボット学会誌 Vol.27, No.3, pp.350-357, 2009,2009年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Efficient Behavior Learning based on State Value Estimation of Self and Others,Yasutake Takahashi,Kentaro Noma,Minoru Asada,Advanced Robotics,Vol. 22,No. 12,p. 1379-1395,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Object Category Acquisition by Dynamic Touch,Shinya Takamuku,Koh Hosoda,Minoru Asada,Advanced Robotics,Vol. 22,No. 10,p. 1143-1154,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 状態価値に基づく他者行為観察と自己行動学習の循環的発達,田村佳宏,高橋泰岳,浅田稔,第 26 回日本ロボット学会学術講演会予稿集,2008年09月
  • 価値システムに基づく他者行為観察と自己行動学習の循環的発達,田村佳宏,高橋泰岳,浅田稔,第 24 回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,Vol. 21,No. 5,p. 640-652,2008年09月
  • Mutual Development of Behavior Acquisition and Recognition Based on Value System,Yasutake Takahashi,Yoshihiro Tamura,Minoru Asada,Proceedings of the 2008 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots andSystems,2008年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Spiral Development of Behavior Acquisition and Recognition based on State Value,Yasutake Takahashi,Yoshihiro Tamura,Minoru Asada,Proceedings of the 12th annual RoboCup International Symposium,2008年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mutual Development of Behavior Acquisition and Recognition Based on Value System,Yasutake Takahashi,Yoshihiro Tamura,Minoru Asada,From Animals to Animats 10 (Proceedings of 10th International Conference on Simulation of Adaptive Behavior, SAB 2008),2008年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 価値システムに基づく他者行為観察と自己行動学習の循環的発達,田村 佳宏,高橋 泰岳,浅田 稔,ロボティクス・メカトロニクス講演会 '08 予稿集,Vol. 21,No. 5,p. 640-652,2008年06月
  • Behavior Development through Interaction between Acquisition and Recognition of Observed Behaviors,Yasutake Takahashi,Yoshihiro Tamura,Minoru Asada,Proceedings of 2008 IEEE World Congress on Computational Intelligence,2008年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mutual Development of Behavior Acquisition and Recognition based on Value System,Yasutake Takahashi,Yoshihiro Tamura,Minoru Asada,人工知能学会第 27 回 SIG-CHALLENGE 研究会,2008年05月
  • 赤ちゃんの不思議をロボットで探る,浅田稔,生産と技術,Vol. 60,No. 1,p. 41-44,2008年03月
  • Cognitive Developmental Robotics and RoboCup,Minoru Asada,2008年03月
  • 乳児の泣き声の発達変化と状況依存性:1、単位音の音響パラメータ,野中由里,片平健太郎,荻野正樹,浅田稔,岡ノ谷一夫,2008年03月
  • RoboCup and Cognitive Developmental Robotics,Minoru Asada,2008年03月
  • Spiral response cascades hypothesis-intrapersonal responding cascade in gaze interaction,Yuichiro Yoshikawa,Shunsuke Yamamoto,Hidenobu Sumioka,Hiroshi Ishiguro,Minoru Asada,2008年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Synergiztic Intelligence Perspectives on Cognition and Robotics,Minoru Asada,2008年03月
  • 心の先端研究~認知ロボティクスの研究から~,浅田稔,2008年02月
  • RoboCup Humanoid Challenge,Minoru Asada,Michael Mayer,2007年11月
  • On Standardization in the RoboCup Soccer Humanoids Leagues,Michael Mayer,Joschka Boedecker,Minoru Asada,2007年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Visuo-Tactile Face Representation through Self-induced Motor Activity,Sawa Fuke,Masaki Ogino,Minoru Asada,2007年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • CB2: A child robot with biomimetic body for cognitive developmental robotics,Takashi Minato,Yuichiro Yoshikawa,Tomoyuki Noda,Shuhei Ikemoto,Hiroshi Ishiguro,Minoru Asada,2007年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ダイナミックタッチによるカテゴリ獲得,高椋慎也,細田耕,浅田稔,2007年11月
  • Shaking Eases Object Category Acquisition: Experiments with a Robot Arm,Shinya Takamuku,Koh Hosoda,Minoru Asada,2007年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Incremental Behavior Acquisition Based on Reliability of Observed Behavior Recognition,Tomoki Nishi,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Proceedings of the 2007 IEEE/RSJ International,2007年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 相互模倣を通じた相手との声域の対応付けと母音獲得,石原尚,吉川雄一郎,三浦勝司,浅田稔,2007年10月
  • Stabilizing Biped Walking on Rough Terrain based on the Compliance Control,Masaki Ogino,Hiroyuki Toyama,Minoru Asada,2007年10月
  • 応答的視線による観察が他者認知に及ぼす効果,山本俊介,吉川雄一郎,住岡英信,石黒浩,浅田稔,情報処理学会関西支部支部大会講演論文集,2007年10月
  • Emulation and Behavior Understanding through Shared Values,Yasutake Takahashi,Teruyasu Kawamata,Minoru Asada,Mario Negrello,Proceedings of the 2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,2007年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Rapid Behavior Learning in Multi-Agent Environment based on State Value Estimation of Others,Yasutake Takahashi,Kentarou Noma,Minoru Asada,Proceedings of the 2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,,2007年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Incremental Behavior Acquisition Based on Reliability of Observed Behavior Recognition,Tomoki Nishi,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Proceedings of the 2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,2007年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Unconscious Anchoring in Maternal Imitation that Helps Finding the Correspondence of Caregiver's Vowel Categories,Katsushi Miura,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Advanced Robotics,2007年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 養育者の関わりの変容を考慮した移動を伴う共同注意発達モデル,竹内 佑治,住岡 英信,吉川 雄一郎,浅田 稔,日本ロボット学会第25回学術講演会予稿集,2007年09月
  • 社会的認知機能の発達-協調的運動制御からコミュニケーションへ-,吉田千里,石黒浩,浅田稔,2007年09月
  • Unconscious Anchoring in Maternal Imitation that Helps Finding the Correspondence of Caregiver's Vowel Categories,Katsushi Miura,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,2007年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Causality Detected by Transfer Entropy Leads Acquisition of Joint Attention,Hidenobu Sumioka,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,2007 IEEE 6th International Conference on Development and Learning,Vol. 20,No. 3,p. 378-385,2007年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Finding the Correspondence of Caregiver's Vowel Categories Based on Unconscious Anchoring in Material Imitation,Katsushi Miura,Minoru Asada,Yuichiro Yoshikawa,16th IEEE International Symposium on Robot & Human,2007年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Acquiring the Peekaboo communication: early communication model based on the reward predictionFinding the Correspondence of Caregiver's Vowel Categories Based on Unconscious Anchoring in Material Imitation,katsushi Miura,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,2007年08月
  • Unique association between self-occlusion and double-touching towards binding vision and touch,Yuichiro Yoshikawa,Koh Hosoda,Minoru Asada,Neurocomputing,2007年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Does Unconscious Anchoring in Maternal Imitation Help to Solve the Correspondance Problem between Dissimilar Bodies?,Katsushi Miura,Minoru Asada,Yuichiro Yoshikawa,2007年07月
  • Can Causality Detected by Transfer Entropy Lead Acquisition of Gaze Following?,Hidenobu Sumioka,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,2007年07月
  • Acquiring an Early Peekaboo Communication Based on Reward Prediction,Masaki Ogino,Tomomi Ooide,Ayako Watanabe,Minoru Asada,2007年07月
  • Compliance Control for Biped Walking on Rough Terrain,Masaki Ogino,Hiroyuki Toyama,Sawa Fuke,Norbert Michael Mayer,Ayako Watanabe,Minoru Asada,In Proceedings of the 11th annual RoboCup International Symposium,2007年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Acquiring the Peekaboo communication: early communication model based on the reward prediction,Masaki Ogino,Tomoni Ooide,Ayako Watanabe,Minoru Asada,2007年07月
  • Causality detected by Transfer Entropy leads Acquisition of Joint Attention.,Hidenobu Sumioka,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,2007年07月
  • Acquiring Visual-tactile Representation of the Face through Self-induced Motor Activity,Sawa Fuke,Masaki Ogino,Minoru Asada,2007年07月
  • Acquisition of joint attention through natural interaction utilizing motion cues,Hidenobu Sumioka,Koh Hosoda,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Vol. 21,No. 9,p. 983-999,2007年07月,研究論文(学術雑誌)
  • HMDP:A new protocol for motion pattern generation towards behavior abstraction,N.Michael Mayer,Joschka Boedecker,kazuhiro Masui,Masaki Ogino,Minoru Asada,2007年07月
  • Shaking eases Object Categorization,Shinya Takamuku,Koh Hosoda,Minoru Asada,2007年07月
  • Cooperative/Competitive Behavior Acquisition Based on State Value Estimation of Others,Kentaro Noma,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Proceedings of the 11th annual RoboCup International Symposium,2007年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Body image constructed from motor and tactle images with visual informaiton,Fuke Sawa,Masaki Ogino,Minoru Asada,International Journal of Humanoid Robotics,2007年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Mapping Facial Expression to Internal States Based on Intuitive Parenting,Ayako Watanabe,Masaki Ogino,Minoru Asada,Journal of Robotics and Mechatronics,2007年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 母子間相互作用におけるマグネット効果が導く乳児の母音獲得,石原尚,吉川雄一郎,三浦勝司,浅田稔,2007年06月
  • 手先触行動による自己の顔の視触覚表現獲得モデル,福家佐和,荻野正樹,浅田稔,2007年06月
  • 報酬予測に基づく初期コミュニケーション獲得モデル,荻野正樹,大井手友美,渡辺絢子,浅田稔,2007年06月
  • 移動経験が導く共同注意発達の構成的モデル,竹内祐治,吉川雄一郎,住岡英信,浅田稔,2007年06月
  • 母子間インタラクションにおける因果関係の発見が導くコミュニケーション行動の発達~ロボットによる視線追従の獲得を例に~,住岡英信,吉川雄一郎,浅田稔,2007年06月
  • 足首完成関節を用いた2脚歩行/走行ロボットの制御,林 真司,田熊 隆史,浅田 稔,ロボティクス・メカトロニクス講演会 '07 予稿集,2007年05月
  • 報酬予測モデルに基づく初期コミュニケーションの獲得,大井手友美,渡辺絢子,荻野正樹,浅田稔,2007年05月
  • ダイナミックタッチに基づく物体カテゴリの形成,高椋慎也,細田耕,浅田稔,2007年05月
  • 視覚観測困難な自己の顔の身体像におけるパーツ検出モデルの提案,福家佐和,荻野正樹,浅田稔,2007年05月
  • 移動エントロピーによる因果関係の発見とそれに基づく共同注意の獲得,住岡英信,吉川雄一郎,浅田稔,2007年05月
  • 教示者の無意識的引き込み模倣に基づく母音カテゴリの発見,三浦勝司,吉川雄一郎,浅田稔,2007年05月
  • Incremental Behavior Acquisition Based on Reliability of Observed Behavior Recognition,Tomoki Nishi,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,2007年05月
  • Successful Teaching of Agent-Based Programming to Novice Undergrads in a Robotic Soccer Crash Course,Rodorigo da,Silva Guerra,Joschka Boedecker,Hiroshi Ishiguro,Minoru Asada,2007年05月
  • Physical Visualization Sub-League: A New Platform for Research and Edutainment,Rodorigo da,Silva Guerra,Joschka Boedecker,Minoru Asada,2007年05月
  • 他者の状態価値の推定に基づく協調・競合行動の獲得,野間健太郎,高橋泰岳,浅田稔,2007年05月
  • 他者の状態価値の推定に基づく協調・競合行動の獲得,野間健太郎,高橋泰岳,浅田稔,2007年05月
  • ダイナミックタッチに基づく物体カテゴリの形成,高椋慎也,細田耕,浅田稔,2007年05月
  • 他者の状態価値の推定に基づく協調・競合行動の獲得,野間健太郎,高橋泰岳,浅田稔,人工知能学会第25回SIG-CHALLENGE研究会,2007年05月
  • Incremental Behavior Acquisition Based on Reliability of Observed Behavior Recognition,Tomoki Nishi,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,人工知能学会第25回SIG-CHALLENGE研究会,2007年05月
  • 他者の状態価値の推定に基づく協調・競合行動の獲得,野間 健太郎,高橋 泰岳,浅田 稔,ロボティクス・メカトロニクス講演会 '07 予稿集,2007年05月
  • 観察を通した行為認識信頼度に基づく行為の累増的獲得,西 智樹,高橋 泰岳,浅田 稔,ロボティクス・メカトロニクス講演会 '07 予稿集,2007年05月
  • Synergistic Intelligence: Towards Emergence of Communication - A Preliminary Study on Vowel Acquisition by Maternal Imitation-,M.Asada,Y.Yoshikawa,2007年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • "Magnet effects that cause vowel convergence through mutual imitationbetween dissimilar bodies",三浦勝司,吉川雄一郎,浅田稔,2007年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Spatial Configuration of Body Surface based on Motor Image ? Where are my nose, mouth, and eyes?,福家佐和,荻野正樹,浅田稔,2007年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Unique association between self-occlusion and double-touching towards binding vision and touch,Yuichiro Yoshikawa,Koh Hosoda,Minoru Asada,Neurocomputing,Vol. 70,p. 2234-2244,2007年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Mapping from Facial Expression to Intenal State based on Intuitive Parenting,Ayako Watanabe,Masaki Ogino,Minoru Asada,Interdisciplinary College 2007,2007年03月
  • Acquiring Visual-tactile Representation of the Face through Self-induced Motor Activity,Sawa Fuke,Masaki Ogino,Minoru Asada,Interdisciplinary College 2007,2007年03月
  • The RoboCup Soccer Humanoid League: Overview and Outlook.,Minoru Asada,N. Michael Mayer,Joschka Boedecker,Sawa Fuke,Masaki Ogino,Proceedings of the IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (HUMANOIDS'06), 2006.(invited contribution),2006年12月
  • How can humanoid acquire lexicon? -active approach by attention and learning biases based on curiosity-,Masaki Ogino,Masaaki Kikuchi,Minoru Asada,Proceedings of the IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,2006年10月
  • Learning Utility for Behavior Acquisition and Intention Inference of Other Agent,Yasutake Takahashi,Teruyasu Kawamata,Minoru Asada,2006年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Lexicon acquisition based on object-oriented behavior learning,Shinya Takamuku,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Advanced Robotics,Vol. 20,No. 10,p. 1127-1145,2006年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Learning of Joint Attention Helped by Functional Development,Yukie Nagai,Minoru Asada,Koh Hosoda,Advanced Robotics,2006年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Gyro stabilized biped walking,N. Michael Mayer,Kazuhiro Masui,Matthew Browne,Minoru Asada,Proceedings of the IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,2006年09月
  • Mapping from Facial Expression to Internal State based on Intuitive Parenting,Masaki Ogino,Ayako Watanabe,Minoru Asada,Proceedings of the Sixth International Workshop on Epigenetic Robotics,2006年09月
  • Using a Gyro as a tool for the continuously variable lateral stabilization of dynamic bipeds,N. Michael Mayer,Kazuhiro Masui,Minoru Asada,Matthew Browne,Masaki Ogino,Applied Bionics and Biomechanics,2006年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Map Models of the visual cortex: The metric of the stimulus space affects the map formation,N. Michael Mayer,Minoru Asada,The international Computational Neuroscience meeting (CNS) Abstract Book,2006年07月
  • Incremental coevolution with competitive and Cooperative tasks in a multirobot environment,Eiji Uchibe,Minoru Asada,Proceedings of the IEEE,2006年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 3D2Real: Simulation League Finals in Real Robots.,Joschka Boedecker,Rodrigo da,Silva Guerra,Norbert Michael Mayer,Oliver Obst,an,Minoru Asada,Proceedings of the RoboCup Symposium,2006年06月
  • Synergistic Intelligence: Approach to Human Intelligence Through Understanding and Design of Cognitive Development,Minoru Asada,Koh Hosoda,Yasuo Kunioshi,Hiroshi Ishiguro,Toshio Inui,Ken Nishimura,2006年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Vowel Acquisition based on Visual and Auditory Mutual Imitation in Mother-Infant Interaction,Katsushi Miura,Minoru Asada,Koh Hosoda,Yuichiro Yoshikawa,2006年06月
  • 他者観測による内部状態と表情の範疇獲得,渡辺 絢子,荻野 正樹,浅田 稔,ロボティクス・メカトロニクス講演会 '06 予稿集,2006年05月
  • Saliency に基づく能動性を利用した語彙獲得,菊池 匡晃,荻野 正樹,浅田 稔,ロボティクス・メカトロニクス講演会 '06 予稿集,2006年05月
  • 自己受容器を介した視野外の身体像獲得モデルの提案,福家 佐和,荻野 正樹,浅田 稔,ロボティクス・メカトロニクス講演会 '06 予稿集,2006年05月
  • Stabilization of a 3D Simplest Walker by Using a Gyro,Kazuhiro Masui,N. Michael Mayer,Minoru Asada,2006年05月
  • Active lexicon acquisition based on curiosity,Masaki Ogino,Masaaki Kikuchi,Minoru Asada,2006年05月
  • Inferring other's intention based on estimated state value of self,Yasutake Takahashi,Teruyasu Kawamata,Tom Tamura,Minoru Asada,2006年05月
  • 教示者の音韻情報と唇の形状を利用したロボットの音韻獲得,Katsushi Miura,Minoru Asada,Koh Hosoda,YuichiroYoshikawa,2006年05月
  • Interaction rule learning with a human partner based on an imitation faculty with a simple visuo-motor mapping,Masaki Ogino,Hideki Toichi,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Robotics and Autonomous Systems,Vol. 54,No. 5,p. 414-418,2006年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Interaction rule learning with a human partner based on an imitation faculty with a simple visuo-motor mapping,Masaki Ogino,Hideki Toichi,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Robotics and Autonomous Systems,2006年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Synergistic Intelligence Project as Humanoid Science,Minoru Asada,Koh Hosoda,Yasuo Kuniyoshi,Hiroshi Ishiguro,Toshio Inui,Proceedings of the Workshop on Intelligence Dynamics,2006年03月
  • Incremental Purposive Behavior Acquisition based on Modular Learning System,Tomoki Nishi,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,IOS Press,2006年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Anthropomorphic robotic soft fingertip with randomly distributed receptors,Koh Hosoda,Yasunori Tada,Minoru Asada,Robotics and Autonomous Systems,2006年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Humanoid and Android Science,Hiroshi Ishiguro,Minoru Asada,IEEE Intelligent Systems,2006年01月
  • Visuo-motor learning for face-to-face pass between heterogeneous humanoids,Masaki Ogino,Masaaki Kikuchi,Minoru Asada,Robotics and Autonomous Systems,2005年12月,研究論文(学術雑誌)
  • How a mobile robot select landmarks to make a decision based on an information criterion,Noriaki Mitsunaga,Minoru Asada,Autonomous Robots,2005年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Learn to Grasp Utilizing Anthropomorphic Fingertips together with a Vision Sensor,Yasunori Tada,Koh Hosoda,Minoru Asada,2005年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Walking Stabilization of Biped with Pneumatic Actuators against Terrain Changes,Takashi Takuma,Koh Hosoda,Minoru Asada,2005年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Multi-Layered Learning System for Real Robot Behavior Acquisition,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Cutting Edge Robotics,pro literatur Verlag,2005年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Simultaneous Learning to Acquire Competitive Behaviors in Multi-Agent System based on a Modular Learning System,Yasutake Takahashi,Kazuhiro Edazawa,Kentarou Noma,Minoru Asada,2005年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motion-triggered human-robot synchronization for autonomous acquisition of joint attention,Hidenobu Sumioka,Koh Hosoda,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,2005年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Simultaneous Learning to Acquire Competitive Behaviors in Multi-Agent System based on Modular Learning System,Yasutake Takahashi,Kazuhiro Edazawa,Kentarou Noma,Minoru Asada,2005年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Self Task Decomposition for Mo dular Learning System through Interpretation of Instruction by Coach,Yasutake Takahashi,Tomoki Nishi,Minoru Asada,2005年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • モジュール型学習機構を用いたマルチエージェント環境における競合行動の同時学習,野間 健太郎,高橋 泰岳,浅田 稔,2005年06月
  • モジュール型学習機構に置ける例示の理解に基づいた自律的なタスク分解,西 智樹,高橋 泰岳,浅田 稔,2005年06月
  • Modular Learning Systems for Soccer Robot,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Proceedings of the Fourth International Symposium on Human and Artificial Intelligence Systems,2004年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stabilization of Quasi-Passive Pneumatic Muscle Walker,Takashi Takuma,Koh Hosoda,Masaki Ogino,Minoru Asada,2004年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Generated Image Feature based Selective Attention Mechanism by Visuo-Motor Learning,Takashi Minato,Minoru Asada,Proceedings of the 5th International Conference on Machine and Automation, pp.457-462,2004年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Multi-Layered Learning System for Real Robot Behavior Acquisition,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,2004年10月
  • Joint Attention with Strangers based on Generalization through Joint Attention with Caregivers,Akio Morita,Yuichiro Yoshikawa,Koh Hosoda,Minoru Asada,2004年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Acquisition of Human-Robot Joint Attention through Real-time Natural Interaction,Koh Hosoda,Hidenobu Suminoka,Akio Morita,Minoru Asada,2004年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Controlling Lateral Stepping of a Biped Robot by Swinging Torso Toward Energy Efficient Walking,Masaki Ogino,Issei Tsukinoki,Koh Hosoda,Minoru Asada,2004年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Is it my body? - body extraction from uninterpreted sensory data based on the invariance of multiple sensory attributes,Yuichiro Yoshikawa,Yoshiki Tsuji,Koh Hosoda,Minoru Asada,2004年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Controlling walking Period of a Pneumatic Muscle Walker,Takashi Takuma,Koh Hosoda,Masaki Ogino,Minoru Asada,2004年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 複数学習器を用いたマルチエージェント環境における行動獲得,枝澤 一寛,高橋 泰岳,浅田 稔,2004年09月
  • Binding tactile and visual sensations via unique association by cross-anchoring between double-touching and self-occlusion,Yuichiro Yoshikawa,Koh Hosoda,Minoru Asada,2004年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Design of Self-Contained Biped Walker with Pneumatic Actuators,Takashi Takuma,Seigo Nakajima,Koh Hosoda,Minoru Asada,2004年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Sensor fusion as optimization: maximizing mutual information between sensory signals,Tetsushi Ikeda,Hiroshi Ishiguro,Minoru Asada,Proc. of 2004 International Conference on Pattern Recognition (ICPR2004),2004年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Imitation Learning Based on Visuo-Somatic Mapping,Minoru Asada,Masaki Ogino,Shigeo Matsuyama,Jun'ichiro Ooga,Springer Tracts in Advanced Robotics,2004年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A Constructive Approach to Infant's Vowel Acquisition through Mother-Infant Interaction,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Koh Hosoda,Junpei Koga,Connection Science,Vol. 15,No. 4,p. 245-258,2004年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Towards Selective Attention: Generating Image Features by Learning a Visuo-Motor Map,Takashi Minato,Minoru Asada,Robotics and Autonomous Systems, Vol.45, pp.211-221, 2003,2003年12月,研究論文(学術雑誌)
  • ユビキタスセンサ環境における音と画像の直接統合,石黒 浩,浅田 稔,池田 徹志,人工知能学会研究会資料(第18回 AI Challenge 研究会),SIG-Challenge-0318-8,pp.45-50,2003年11月
  • Sensing the Texture of Surfaces by Anthropomorphic Soft Fingertips with Multi-Modal Sensors,Yasunori Tada,Koh Hosoda,Yusuke Yamasaki,Minoru Asada,2003年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Primary Vowel Imitation between Agents with Different Articulation Parameters by Parrot-like Teaching,Yuichiro Yoshikawa,Junpei Koga,Minoru Asada,Koh Hosoda,2003年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Vision-Based Reinforcement Learning for Humanoid Behavior Generation with Rhythmic Walking Parameters,Masaki Ogino,Yutaka Katoh,Masahiro Aono,Minoru Asada,Koh Hosoda,2003年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Behavior Acquisition based on Multi-Module Learning System in Multi-Agent Environment,Yasutake Takahashi,Kazuhiro Edazawa,Minoru Asada,RoboCup 2002: Robot Soccer World Cup VI,Springer,2003年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Incremental Purposive Behavior Acquisition based on Self-Interpretation of Instructions by Coach,Yasutake Takahashi,Koichi Hikita,Minoru Asada,Proceedings of the 2003 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,2003年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cooperative Behavior based on a Subjective Map with Shared Information in a Dynamic Environment,Noriaki Mitsunaga,Taku Izumi,Minoru Asada,Proceedings of the 2003 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,Vol. 19,No. 2,p. 207-218,2003年10月,研究論文(学術雑誌)
  • ユビキタスセンサ環境におけるカメラと床面上の接触センサを統合した人間追跡,池田 徹志,石黒 浩,浅田 稔,情報処理学会関西支部 環境知能研究会報告, B07, pp.117-120,2003年10月
  • Adaptive Fusion of Sensor Signals based on Mutual Information Maximization,T.Ikeda,H.Ishiguro,M.Asada,Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2003), pp.4398-4402,2003年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 生成された画像特徴の選択による注視戦略とタスク分割,港隆史,浅田稔,日本ロボット学会第21回学術講演会予稿集, 3B12, 2003.,2003年09月
  • Multi-Layered Learning Systems for Vision-based Behavior Acquisition of A Real Mobile Robot,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Proceedings of SICE Annual Conference 2003 in Fukui,2003年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • How does an infant acquire the ability of joint attention?: A Constructive Approach,Yukie Nagai,Koh Hosoda,Minoru Asada,2003年08月
  • AConstructive Model of Mother-Infant interaction towards Infant's Vowel Articulation,Yuichiro Yoshikawa,Junpei Koga,Minoru Asada,Koh Hosoda,2003年08月
  • Attention to clapping - A direct method for detecting sound source from video and audio -,T.Ikeda,H.Ishiguro,M.Asada,Proc. of IEEE Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems (MFI2003),,2003年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 例示の理解による階層型学習機構を用いた段階的行動学習,疋田 晃一,高橋 泰岳,浅田 稔,ロボティクス・メカトロニクス講演会 '03 予稿集,2003年05月
  • A constructive model for the development of joint attention,Yukie Nagai,Koh Hosoda,Akio Morita,Minoru Asada,Connection Science,Vol. 15,No. 4,p. 211-229,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A Constructive Approach to Infant's Vowel Acquisition through Mother-Infant Interaction,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Koh Hosoda,Junpei Koga,Connection Science,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Does the invariance in multi-modalities represent the body scheme? -- a case study with vision and proprioception --,Yuichiro Yoshikawa,Koh Hosoda,Minoru Asada,2003年03月
  • Learning Energy Efficient Walking with Ballistic Walking,Masaki Ogino,Koh Hosoda,Minoru Asada,2003年03月
  • 注視機構実現に向けた視覚-行動学習による画像特徴と状態空間の構成,港隆史,浅田稔,日本ロボット学会誌, vol.21, No.2, 2003,2003年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 注視機構実現に向けた視覚-行動学習による画像特徴と状態空間の構成,港 隆史,浅田 稔,日本ロボット学会誌,Vol. 21,No. 1,p. 87-93,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Visual Attention Control for a Legged Mobile Robot Based on Information Criterion,Noriaki Mitsunaga,Minoru Asada,Proceedings of the 2002 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,2002年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Internal Representation of Slip for a Soft Finger with Vision and Tactile Sensors,Koh Hosoda,Yasunori Tada,Minoru Asada,Proc. of 2002 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2002),2002年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • View-based Imitation with Rotation Invariant Pan-Tilt Stereo Cameras,Yuichiro Yoshikawa,Yoshiki Tsuji,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proc. of 2002 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2002),2002年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Developmental Learning Model for Joint Attention,Yukie Nagai,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proc. of 2002 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2002),2002年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Energy Consumption Based Control for Humanoid Walking,Fuminori Yamasaki,Koh Hosoda,Minoru Asada,Proc. of 2002 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2002),2002年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cooperative Behavior Acquisition by Asynchronous Policy Renewal that Enables Simultaneous Learning in Multiagent Environment,Shoichi Ikenoue,Minoru Asada,Koh Hosoda,2002年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Multi-Module Learning System for Behavior Acquisition in Multi-Agent,Yasutake Takahashi,Kazuhiro Edazawa,Minoru Asada,2002年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Acquiring Passive Dynamic Walking Based on Ballistic Walking,Masaki Ogino,Koh Hosoda,Minoru Asada,Proc. of 5th International Conference on Climbing and Walking Robots (CLAWAR 2002),2002年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Strategy Learning For A Team In Adversary Environments,Yasutake Takahashi,Takashi Tamura,Minoru Asada,RoboCup 2001: Robot Soccer World Cup V,Springer,2002年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Body Scheme Acquisition by Cross Map Learning among Tactile, Image and Proprioceptive Spaces,Yuichiro Yoshikawa,Hiroyoshi Kawanishi,Minoru Asada,Koh Hosoda,The 2nd International Workshop on Epigenetic Robotics,2002年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 受動歩行からヒューマノイドロボット歩行に向けて,荻野正樹,春名正樹,俵和史,細田耕,浅田稔,バイオメカニズム16,2002年07月,研究論文(学術雑誌)
  • A Developmental Approach Accelerates Learning of Joint Attention,Yukie Nagai,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proc. of the 2nd International Conference on Development and Learning,2002年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Image Feature Generation Based on Visio-Motor Map Learning,Minoru Asada,Takashi Minato,Papers from the 2001 AAAI Fall Symposium on Anchoring Symbols to Sensor Data in Single and Multiple Robot Systems, Technical Report FS-01-01, pp.31-36, 2001.,2001年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Dynamic DOF assignment through Interaction with Environment,Koh Hosoda,Nobuto Yasuta,Minoru Asada,Proc. of 2001 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2001),,2001年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Yet Another Humanoid Walking --PDW with Torso under Simple PD Control,Masaki Haruna,Masaki Ogino,Koh Hosoda,Minoru Asada,Proc. of 2001 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2001),2001年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • View-Based Imitation Learning by Conflict Resolution with Epipolar Geometry,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proc. of 2001 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2001),2001年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Image Feature Generation by Visio-Motor Map Learning towards Selective Attention,Takashi Minato,Minoru Asada,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.1422-1427, 2001.,2001年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Body Stabilization of PDW toward Humanoid Walking,Masaki Haruna,Masaki Ogino,Koh Hosoda,Minoru Asada,Proc. of 4th International Conference on Climbing and Walking Robots (CLAWAR 2001),2001年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 選択的注意機構のための視覚運動学習による画像特徴の生成,港隆史,浅田稔,日本ロボット学会第19回学術講演会予稿集, pp.253-254, 2001,2001年09月
  • Developmental Approach to Spatial Perception for Imitation Learning: Incremental Demonstrator's View Recovery by Modular Neural Network,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proc. of the 2nd IEEE-RSA International Conference on Humanoid Robot,2001年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Multi-Controller Fusion in Multi-Layered Reinforcement Learning,Y. Takahashi,M. Asada,2001年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 大いなる挑戦:ロボカップとその技術課題,浅田 稔,北野 宏明,ふえらむ (社会法人日本鉄鋼協会会報), Vol.~6, No.~1, pp.~38-43,2001年01月
  • 移動ロボットのための情報理論に基づく選択的注視機構,港隆史,浅田稔,日本ロボット学会第18回学術講演会予稿集, pp.811-812, 2000,2000年09月
  • Improvement Continuous Valued Q-learning and its Application to Vision Guided Behavior Acquisition,Yasutake Takahashi,Masanori Takeda,Minoru Asada,2000年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Emergence of Quadruped Walk by a Combination of Reflexes,Koh Hosoda,Takahiro Miyashita,Minoru Asada,Proceeding of the International Symposium on Adaptive Motion of Animals and Machines,2000年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Learning by Observation without Three-Dimensional Reconstruction,Minoru Asada,Yuichiro Yoshikawa,Koh Hosoda,Proc. of Intelligent Autonomous Systems 6(IAS-6),2000年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Sensor Dependent Task Definition:Object Manipulation by Fingers with Uncalibrated Vision,Koh Hosoda,Takuya Hisano,Minoru Asada,Proceeding of Intelligent Autonomous Systems 6,2000年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Multiple Reward Criterion for Cooperative Behavior Acquisition in a Multiagent Environment,Eiji Uchibe,Minoru Asada,Proceedings of the 1999 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics(CD-ROM配布),1999年10月
  • Learning from Conceptual Aliasing Caused by Direct Teaching,Shoji Suzuki,Takashi Tamura,Minoru Asada,Proceedings of the 1999 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics(CD-ROM配布),1999年10月
  • Active Learning from Cross Perceptual Aliasing Caused by Direct Teaching,Chizuko Mishima,Minoru Asada,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.~1420-1425,1999年10月
  • Learning to Localize Itself --- Vision-Motor Association for Legged Robot ---,Takahiro Miyashita,Shoichi Doi,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proceedings of the 1999 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics,1999年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • How Does a Robot Find Redundancy by Itself? --- A Control Architecture for Adaptive Multi-DOF Robots ---,Koh Hosoda,Minoru Asada,Advances in Robot Learining,Springer,1999年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Visual Tracking of Unknown Moving Object by Adaptive Binocular Visual Servoing,Minoru Asada,Takamaro Tanaka,Koh Hosoda,Proceedings of IEEE/SICE/RSJ International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems,1999年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Robotics in the Home, Office, and Playing Field,Minoru Asada,Henrik I. Christensen,Proceedings of the 16th International Joint Conference on Artificial Intelligence, pp.~1385-1392,1999年08月
  • ビジュアルサーボによる脚式ロボットの揺動の実現,細田 耕,竃門光彦,浅田 稔,日本ロボット学会誌,Vol. 17,No. 5,p. 750-753,1999年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Cooperative and Competitive Behavior Acquisition for Mobile Robots through Co-evolution,Eiji Uchibe,Masateru Nakamura,Minoru Asada,Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference, pp.~1406-1413,1999年07月
  • Behavior Acquisition by Multi-Layered Reinforcement Learning,浅田稔,/,716-721,Proceeding of the 1999 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics,Vol. 18,No. 7,p. 1040-1046,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • Adaptive Hybrid Control for Visual and Force Servoing in an Unknown Environment,Koh Hosoda,Katsuji Igarashi,Minoru Asada,IEEE Robotics and Automation Magazine,1998年12月,研究論文(学術雑誌)
  • RoboCup-97 The First Robot World Cup Soccer Games and Conferences,Istuki Noda (ETL,Sho'ji Suzuki,Hitoshi Matsubara (ETL,Minoru Asada,Hiroaki Kitano,y,AI magazine, Vol.~19, No.~3, pp.~49-59,1998年12月
  • Reflective Walk Based on Lifted Leg Control and Vision-cued Swaying Control,Takahiro Miyashita,Koh Hosoda,Minoru Asada,Proceedings of 1998 BSMEE International Symposium on Climbing and Walking Robots (CLAWAR'98),1998年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Playing Soccer with Legged Robots,Manuela Veloso (CMU,USA), William,Uther (CMU,USA,Masahiro Fujita (Sony,Minoru Asada,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.~437-442,1998年10月
  • Vision-based Learning and Development for Emergence of Robot Behaviors,Minoru Asada,Koh Hosoda,Sho'ji Suzuki,Robotics Research, The Seventh International Symosium, Springer, pp.~327-338,1998年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Hybrid Structure of Reflective Gait Control and Visual Servoing for Walking,Takahiro Miyashita,Koh Hosoda,Minoru Asada,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems 1998 (IROS '98), pp.~229-234,1998年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ズーム機構を利用した視覚サーボ系の構成,細田 耕,森山 斉,浅田 稔,日本ロボット学会誌, Vol.~16, No.~6, pp.~845-850,Vol. 16,No. 6,p. 845-850,1998年09月,研究論文(学術雑誌)
  • TRACKIES RoboCup-97 Middle-Size League World Cochampion,Minoru Asada,Sho'ji Suzuki,Yasutake Takahashi,Eiji Uchibe,Masateru Nakamura,Chizuko Mishima,Hiroshi Ishuzuka,Tatsunoro Kato,AI magazine, Vol.~19, No.~3, pp.~71-78,1998年09月
  • RoboCup: Robot World Cup,Hiroaki Kitano,Sony CSL,Minoru Asada,Itsuki Noda (ET,Hitoshi Matsubara (ET,IEEE Robotics and Automation Magazine, Vol.~5, No.~3, pp.~30-36,1998年09月
  • An Application of Vision-Based Learning for a Real Robot in RoboCup --- A Goal Keeping Behavior for a Robot with an Omnidirectional Vision and an Embedded Servoing,Sho'ji Suzuki,Tatusunori Kato,Hiroshi Ishizuka,Yasutake Takahashi,Eiji Uchibe,Minoru Asada,Proceedings of the 2nd RoboCup Workshop, pp.~281-290,1998年07月
  • Cooperative Behavior Acquisition in a Multiple Mobile Robot Environment by Co-evolution,Eiji Uchibe,Masateru Nakamura,Minoru Asada,RoboCup 98: Roboot Soccer World Cup II, Proceedings of the 2nd RoboCup Workshop, pp.~237-250,1998年07月
  • Behavior Learning for a Mobile Robot with Omnidirectional Vision Enhanced by an Active Zoom Mechanism,Sho'ji Suzuki,Tatsunori Kato,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proceedings of Intelligent Autonomous System 5(IAS-5), pp.~242-249,1998年06月
  • The RoboCup Synthetic Agent Challenge 97,Hiroaki Kitano,Sony CS,Milind Tambe (ISI,USA) Peter,Stone (CMU,USA,Manuela Veloso,CMU,USA,Silvia Coradeschi (Linpong Univ,Sweden,Eiichi Osawa,Sony CS,Hitoshi Matsubara (ETL,Itsuki Noda (ET,Minoru Asada,RoboCup-97: Robot Soccer World Cup I, Editor: H. Kitano, Springer, Lecture Note in Artificail Intelligence 1395, pp.~62-73,1998年05月
  • Behavior-based Map Representation for a Sonar-based Mobile Robot by Statistical Methods,Seiichi Takamura,Takayuki Nakamura,Minoru Asada,Advanced Robotics, Vol. 11, No. 5, pp. 445-462,Vol. 11,No. 5,p. 445-462,1997年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Utilizing Affine Description for Adaptive Visual Servoing,Koh Hosoda,Kyohei Ishida,Minoru Asada,Proceedings of IROS97 Workshop on New Trends in Image-based Robot Servoing, pp. 13-20,1997年09月
  • Adaptive Visual Servoing for Legged Robots --- Vision-Cued Swaying of Legged Robots in Unknown Environments ---,Koh Hosoda,Takahiro Miyashita,Susumu Takeuchi,Minoru Asada,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp. 778-784,1997年09月
  • An Environmental Representation for a Legged Robot Based on Visual Guidance,Takahiro Miyashita,Koh Hosoda,Minoru Asada,Proc. of 6th European Workshop on Learning Robots (EWLR-6),1997年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Vision-Based Learning for Real Robot: Towards RoboCup,Sho'ji Suzuki,Yasutake Takahashi,Eiji Uchibe,Masateru Nakamura,Chizuko Mishima,Minoru Asada,Proceedings of the First International Workshop on RoboCup, pp. 107-110,1997年08月
  • ロボカップ97開催にむけて --- 実ロボットによるサッカー実現における課題 ---,鈴木昭二,浅田 稔,淺間 一,國吉康夫,北野宏明,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'97, pp. 439-440,1997年06月
  • Adaptive Visual Servoing for Various Kinds of Robot Systems,Koh Hosoda,Minoru Asada,Preprints of Fifth International Symposium on Experimental Robotics, pp. 451-462,1997年06月
  • 未知環境内で動作するロボットのビジュアルサーボ/力サーボハイブリッド制御系,細田 耕,五十嵐克司,浅田 稔,日本ロボット学会誌, Vol. 15, No. 4, pp. 642-647,Vol. 15,No. 4,p. 642-647,1997年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Vision-based Servoing Control for Legged Robots,Koh Hosoda,Mitsuhiko Kamado,Minoru Asada,Proceedings of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 3154-3159,1997年04月
  • 三次元再構成を行わない視覚サーボ系のための障害物回避軌道の生成,細田 耕,阪本健二,浅田 稔,日本ロボット学会誌, Vol.15, No.2, pp.290-295,Vol. 15,No. 2,p. 290-295,1997年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Sensor Space Segmentation for Mobile Robot Learning,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Soichi Noda,Koh Hosoda,Proceedings of ICMAS'96 Workshop on Learning, Interaction and Organizations in Multiagent Environment,1996年12月
  • Strategy Classification in Multi-agent Environment -Applying Reinforcement Learning to Soccer Agents,Eiji Uchibe,Minoru Asada,Koh Hosoda,ICMASS'96 Workshop 2: RoboCup Workshop: Soccer as a Problem for Multi-Agent Systems,1996年12月
  • Adaptive Hybrid Visual Servoing/Force Control in Unknown Environment,Koh Hosoda,Katsushi Igarashi,Minoru Asada,Proceedings of the IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems,1996年11月
  • Vision-Based Reinforcement Learning for RoboCup : Towards Real Robot Competition,Eiji Uchibe,Minoru Asada,Soichi Noda,Yasutake Takahashi,Koh Hosoda,Proceedings of IROS 96 Workshop on RoboCup, pp.16-24,1996年11月
  • An Agent and an Environment: A View on ``Having Bodies'' -- A Case Study on Behavior Learning for Vision-Based Mobile Robot,Minoru Asada,Proceedings of 1996 IROS Workshop on Towards Real Autonomy, pp.19-24,1996年11月
  • 主体と環境 -- 身体性に関する一考察 --,浅田 稔,人工知能学会誌, Vol.11, no.5, pp.721-723,1996年09月
  • 視覚と行動の密な統合を目指すロボットビジョン,浅田 稔,光学, Vol.25, No.5, pp.252-257,Vol. 25,No. 5,p. 252-257,1996年05月
  • ロボットプレーヤの感覚と学習,浅田 稔,bit, Vol.28, no.5, pp.37-43,Vol. 28,No. 5,p. 37-43,1996年05月
  • 視覚と行動の密な統合を目指すロボットビジョン,浅田 稔,光学, Vol.25, No.5, pp.252-257,Vol. 25,No. 5,p. 252-257,1996年05月
  • Target Reaching Behavior Learning with Occlusion Detection and Avoidance for a Stereo Vision-Based Mobile Robot,Minoru Asada,Takayuki Nakamura,Proceedings of ROBOLEARN96: An International Workshop on Learning for Autonomous Robots,1996年05月
  • MDL-based Segmentation and Motion Modeling in a Long Image Sequence of Scene with Multiple Independently Moving Objects,Gu Haisong,Yoshiaki Shirai,Minoru Asada,IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence, Vol.18, No.1, pp.58-64,1996年01月,研究論文(学術雑誌)
  • ロボットの行動獲得のための視覚,浅田 稔,電気学会誌, Vol.115, No.11, pp.705-708,Vol. 115,No. 11,p. 705-708,1995年11月
  • Trajectory Generation for Obstacle Avoidance of Uncalibrated Stereo Visual Servoing without 3D Reconstruction,Koh Hosoda,Kenji Sakamoto,Minoru Asada,Proceedings of IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems 95, pp.29-34,1995年08月
  • Vision-Based Robot Learning for Behavior Acquisition,Minoru Asada,Takayuki Nakamura,Koh Hosoda,Proc. of IROS95 Workshop on Vision for Robots, pp.110-115,1995年08月
  • Agents That Learn from Other Competitive Agents,Minoru Asada,Eiji Uchibe,Koh Hosoda,Proc. of Machine Learning Conference Workshop on Agents That Learn from Other Agents, pp.1-7,1995年07月
  • Non-Physical Intervention in Robot Learning based on LfE Method,Minoru Asada,Shoichi Noda,Koh Hosoda,Proc. of Machine Learning Conference Workshop on Learning from Examples vs. Programming by Demonstration, pp.25-31,1995年07月
  • Visual Servoing Utilizing Zoom Mechanism,Koh Hosoda,Hitoshi Moriyama,Minoru Asada,Proceedings of IEEE International Conference on Robotics and Automation 95, pp.178-183,1995年05月
  • How to Bring up a One-eyed Mobile Robo-infant,Takayuki Nakamura,Minoru Asada,Proceedings of International Workshop on Biologically Inspired Evolutionary Systems, pp.21-28,1995年05月
  • 行動獲得のためのリアルタイムビジョン,浅田 稔,日本ロボット学会誌, Vol.13, No.3, pp.351-354,Vol. 13,No. 3,p. 351-354,1995年04月
  • Acquisition of Visual Motion Guided Behaviors,Minoru Asada,Takayuki Nakamura,Proc. of Information Integration Workshop, pp.295-303,Vol. 11,No. 6,p. 905-915,1995年04月
  • 視覚に基づく強化学習によるロボットの行動獲得,浅田 稔,野田彰一,俵積田健,細田 耕,日本ロボット学会誌, Vol.13, No.1, pp.68-74,Vol. 8,No. 1,p. 371-374,1995年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 視覚に基づく強化学習によるロボットの行動獲得,浅田稔,13/1,68-74,日本ロボット学会誌,Vol. 8,No. 1,p. 371-374,1995年,研究論文(学術雑誌)
  • A Study On Applying A Reinforcement Learning For A Real Robot,Shoichi Noda,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proc. of the 2nd Japan-France Congress on Mechatronics,1994年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Coordination Of Multiple Behaviors Acquired By Vision-Based Reinforcement Learning,Minoru Asada,Eiji Uchibe,Shoichi Noda,Sukoya Tawaratsumida,Koh Hosoda,Proc. of IEEE/RSJ/GI International Conference on Intelligent Robots and Sytems 1994 (IROS'94),1994年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Versatile Visual Servoing without Knowledge of True Jacobian,Koh Hosoda,Minoru Asada,Proc. of IEEE/RSJ/GI Int. Conf. on Intelligent Robots and Systems 1994 (IROS'94),1994年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Vision-Based Reinforcement Learning For Coordination Of Soccer Playing Behaviors,Minoru Asada,Eiji Uchibe,Shoichi Noda,Sukoya Tawaratsumida,Koh Hosoda,Proc. of AAAI-94 Workshop on AI and A-life and Entertainment,1994年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Vision-Based Behavior Acquisition For A Shooting Robot By Using A Reinforcement Learning,Minoru Asada,Shoichi Noda,Sukoya Tawaratsumida,Koh Hosoda,Proc. of IAPR/IEEE Workshop on Visual Behaviors-1994,Vol. 93,No. 431,p. 39-46,1994年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integration of Color and range data for three-dimensional scene description (共),浅田稔,E76/4,501-506,IEICE TRansactions,1993年,研究論文(学術雑誌)
  • Tracking a Moving Object by an Active Vision System: PANTHER-VZ,J. Miura,H. Kawarabayashi,M. Watanabe,T. Tanaka,Y. Shirai,M. Asada,Proc. Int. Symp. Robotics, Mechatronics and Manufacturing Systems '92,1992年09月
  • 動画像処理を用いた移動ロボットの環境認識,八木康史,浅田稔,谷内田正彦,辻三郎,電子通信学会論文誌,電子通信学会論文誌,1986年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 移動カメラで撮像した運動物体の検出,八木康史,浅田稔,辻三郎,電子通信学会論文誌,電子通信学会論文誌,1986年01月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 被覆接触によるロボットの性格印象変化における外観の影響,山下裕基,石原尚,池田尊司,浅田稔,情報処理学会研究報告(Web),Vol. 2017,No. HCI-171,2017年01月16日
  • 母子対面中の脳活動に反映される自閉症特性:母子同時MEG研究から,長谷川 千秋,池田 尊司,平田 雅之,吉村 優子,平石 博敏,高橋 哲也,三邉 義雄,浅田 稔,菊知 充,日本発達神経科学学会第4回学術集会,p. 20-20,2015年09月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 親子間社会的相互作用の神経ダイナミクス計測のためのMEGハイパースキャニングシステム,池田 尊司,平田 雅之,菊知 充,木村 友哉,平石 博敏,吉村 優子,浅田 稔,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),一般社団法人情報処理学会,Vol. 2015,No. 1,p. 1-4,2015年01月07日
  • 色‐情動の対応関係を用いた自閉スペクトラム症者の他者情動認識支援,黒木隆大,長井志江,堀井隆斗,池田尊司,熊谷晋一郎,浅田稔,人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),Vol. 29th,2015年
  • 脳磁図を用いた親子同時脳計測装置の開発,池田 尊司,平田 雅之,菊知 充,木村 友哉,平石 博敏,吉村 優子,浅田 稔,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 27,No. 1,p. 168-169,2014年05月
  • Goals of Synthetic Developmental Science,浅田 稔,川人 光男,土井 美和子,明和 政子,細田 耕,國吉 康夫,石黒 浩,乾 敏郎,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 30,No. 1,p. 33-44,2012年
  • 倒立二輪型移動ロボットの全身ダイナミクスを生かした投球動作の学習,西川 剛広,高橋 泰岳,中村 恭之,浅田 稔,石黒 浩,ロボティクス・メカトロニクス講演会 2009,一般社団法人日本機械学会,Vol. 2009,p. "2A2-D18(1)"-"2A2-D18(4)",2009年05月
  • 価値システムに基づく視野推定,島田皓樹,高橋泰岳,浅田稔,第 26 回日本ロボット学会学術講演会予稿集,社団法人 人工知能学会,Vol. 24,No. 1,p. 163-169,2008年09月
  • 複数センサデータの不変性に基づく身体の発見,吉川雄一郎,細田耕,浅田稔,辻義樹,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 23,No. 8,p. 986-992,2005年11月
  • 内部に触覚受容器を持つ人間型柔軟指,多田泰徳,細田耕,浅田稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 23,No. 4,p. 482-487,2005年05月
  • 大阪大学大学院 工学研究科 知能機能創成工学専攻 浅田研究室(研究室紹介),荻野正樹,浅田稔,バイオメカニズム学会誌,バイオメカニズム学会,Vol. 29,No. 1,p. 52-54,2005年
  • 共創知能から共創都市へ,浅田 稔,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,日本ロボット学会,Vol. 23,No. 8,p. 942-945,2005年
  • ロボット・サイエンス&テクノロジーを核とする国際公開共同実験都市構想『RoboCity CoRE』,浅田 稔,石黒 周,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,日本ロボット学会,Vol. 22,No. 7,p. 833-838,2004年10月15日
  • 運動学習から行動学習・認知発達へ,浅田 稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 22,No. 2,p. 150-155,2004年03月15日
  • CP7-7 ロボットテクノロジーの現状と今後 : ヒトと共生・協同するロボットを目指して(総合企画7「New Technologyが創造する泌尿器科の近未来」),浅田稔,日本泌尿器科學會雜誌,社団法人日本泌尿器科学会,Vol. 95,No. 2,2004年03月15日
  • エンタテイメントロボティクスと情動・知能(<特集>エンタテイメントにおけるAI技術),浅田稔,人工知能学会誌,社団法人人工知能学会,Vol. 19,No. 1,p. 15-20,2004年
  • 視覚注視と自己評価型学習の機能に基づくブートストラップ学習を通した共同注意の創発(人工知能学会論文誌アブストラクト),長井志江,細田耕,森田章生,浅田稔,人工知能学会誌,人工知能学会,Vol. 19,No. 1,p. 10-19,2004年
  • エピポーラ幾何を利用した呈示者視野復元に基づく模倣の実現,吉川雄一郎,浅田稔,細田耕,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 22,No. 1,p. 68-74,2004年01月
  • 共同注意発現のためのブートストラップ,細田 耕,長井 志江,浅田 稔,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,Vol. 103,No. 390,p. 25-30,2003年10月24日
  • [招待論文]共同注意発現のためのブートストラップ(PRMU&NCテーマセッション(2) : 模倣学習)(認識と学習,模倣学習),細田耕,長井志江,浅田稔,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,社団法人電子情報通信学会,Vol. 103,No. 392,p. 25-30,2003年10月17日
  • [招待論文]共同注意発現のためのブートストラップ(PRMU&NCテーマセッション(2) : 模倣学習)(認識と学習,模倣学習),細田耕,長井志江,浅田稔,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,社団法人電子情報通信学会,Vol. 103,No. 390,p. 25-30,2003年10月17日
  • 歩行中の観測を考慮した情報量に基づく注視制御,光永 法明,浅田 稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 21,No. 7,p. 819-827,2003年10月
  • 知能化技術とロボット新産業創出の取り組み(<特集>ロボット),浅田稔,エレクトロニクス実装学会誌,社団法人エレクトロニクス実装学会,Vol. 6,No. 6,p. 468-471,2003年09月01日
  • ロボット学会創立20周年記念学術講演会 : 記念講演会パネル討論会報告,浅田 稔,日本ロボット学会誌,Vol. 21,No. 3,p. 29-30,2003年04月15日
  • ロボットと養育者の相互作用に基づく発達的学習モデルによる共同注意の獲得,長井志江,浅田稔,細田耕,人工知能学会論文誌,社団法人 人工知能学会,Vol. 18,No. 2,p. 122-130,2003年03月
  • Emergence ofJoint Attention based on Visual Attention and Self Learning,Yukie Nagai,Koh Hosoda,Akio Morita,Minoru Asada,人工知能学会論文誌 = Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence : AI,社団法人 人工知能学会,Vol. 19,No. 1,p. 10-19,2003年03月
  • 階層型学習機構における状態行動空間の構成,高橋 泰岳,浅田 稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 21,No. 2,p. 164-171,2003年02月
  • ヒューマノイド・サイエンス-ヒト知能の新たな理解を求めて.,浅田稔,生命誌 2002,Vol. pp.72-73,2003年
  • 認知発達ロボティクスにおける学習,浅田稔,人工知能学会誌,Vol. Vol.18, No.5, pp.550--554,2003年
  • An overview of RoboCup 2002 Fukuoka/Busan,M Asada,GA Kaminka,ROBOCUP 2002: ROBOT SOCCER WORLD CUP VI,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 2752,p. 1-7,2003年
  • ゴールに到達するヒューマノイド会おうローチ - リズミックな歩行パラメータに基づく強化学習,浅田稔,Proceedings of the International Symposium of RoboCup2003,2003年
  • 2 アトムの夢 : ロボット技術 : 2-1 認知発達ロボティクス : 身体図式と共同注意を例に(<特別小特集>日本が世界に誇れるもの),浅田稔,電子情報通信学会誌,社団法人電子情報通信学会,Vol. 86,No. 1,p. 6-8,2003年
  • ロボットと教育者の相互作用に基づく発達的学習モデルによる共同注意の獲得,長井志江,浅田稔,細田耕,人工知能学会誌,人工知能学会,Vol. 18,No. 2,p. 122-130,2003年
  • ロボットと養育者の相互作用に基づく発達的学習モデルによる共同注意の獲得,長井 志江,浅田 稔,細田 耕,人工知能学会論文誌 = Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence : AI,Vol. 18,p. 122-130,2003年
  • 「GAの研究に取り組んで十余年」へのコメントと回答(AIマップ),元田浩,三木光範,浅田稔,小林重信,人工知能学会誌,社団法人人工知能学会,Vol. 18,No. 6,p. 739-752,2003年
  • 情報量に基づく移動ロボットの注視制御のためのセンサ空間構成,光永 法明,浅田 稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 20,No. 7,p. 751-758,2002年10月15日
  • 複数の学習するロボットの存在する環境における協調行動獲得のための状態空間の構成,内部英治,浅田稔,細田耕,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 20,No. 3,p. 281-289,2002年03月
  • ロボティクスにおける強化学習,浅田稔,医学のあゆみ,Vol. Vol.202, No.3, pp.197-200,2002年
  • 模倣発達の構成論的展開,浅田稔,数理科学,Vol. Vol.40, No.9, pp.61-69,2002年
  • ロボカップの大いなる挑戦,浅田稔,科学と工業,Vol. Vol.76, No.1, pp.3-11,2002年
  • ロボカップ・ヒューマノイド・リーグ,北野 宏明,浅田 稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 20,No. 1,p. 24-29,2002年
  • RoboCup 中型リーグ研究事例紹介 - 阪大 Trackies -,高橋 泰岳,浅田 稔,日本ロボット学会誌, Vol.20, No.1, pp.43-44,Vol. 20,No. 1,p. 43-44,2002年01月
  • ロボカップの挑戦 : ヒューマノイドリーグの幕開け(<特集>自律分散型サッカーロボット),浅田稔,日本ファジィ学会誌,日本知能情報ファジィ学会,Vol. 14,No. 6,p. 556-561,2002年
  • 移動体の意思決定のための情報量基準に基づく観測対象選択戦略,光永 法明,浅田 稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 19,No. 6,p. 793-800,2001年09月15日
  • 脚式ロボットにおける創発された歩行からの行動レパートリの獲得,宮下敬宏,細田耕,浅田稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 19,No. 7,p. 855-862,2001年08月
  • 視覚サーボと内力の制御の統合に基づく多指ハンドによる操り,久野拓也,細田耕,浅田稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 19,No. 5,p. 646-651,2001年06月
  • ロボット群, ロボット-人間の協調動作の実現,浅田 稔,池内 克史,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 19,No. 4,p. 452-457,2001年05月15日
  • [特別講演]ロボカップの挑戦 : 知能と運動性能の向上,浅田稔,「振動と運動の制御」シンポジウム講演論文集,社団法人日本機械学会,Vol. 2001,No. 7,p. 1-4,2001年04月20日
  • Multiagent Learning towards RoboCup,Minoru Asada,Eiji Uchibe,NEW GENERATION COMPUTING (Computing Paradigms and Comutational Intelligence), Vol.~19, No.~2, pp.~103-120,Vol. 19,No. 2,p. 103-120,2001年02月
  • ロボットの認知発達,浅田 稔,数理科学, Vol.~39, No.~1, pp.~74-80,Vol. Vol.39, No.1, pp.74-80,2001年01月
  • ロボットの学習はヒトの学習とどう違う?,浅田稔,初等理科教育,,Vol. Vol.35, No.9, pp.14-17,2001年
  • 自律ロボットにおける視覚と行動.,浅田稔,光学,Vol. , Vol.30, No.11, pp.712-719,2001年
  • ロボカップ2000 第4回ロボットサッカー世界大会,浅田稔,AI magazine,Vol. 22,No. 1,p. 11-38,2001年
  • 再考:HAL設計論,浅田 稔,人工知能学会誌, Vol.~16, No.~1, pp.~86-89,社団法人人工知能学会,Vol. 16,No. 1,p. 86-89,2001年01月
  • ロボット分野の画像・映像処理応用,浅田 稔,映像情報メディア学会誌,Vol.~54, No.~12, pp.~1669-1672,社団法人映像情報メディア学会,Vol. 54,No. 12,p. 1669-1672,2000年12月
  • ロボカップ戦略:研究プロジェクトとしての意義と価値,浅田 稔,北野 宏明,日本ロボット学会誌, Vol.~18, No.~8, pp.~1081-1084,Vol. 18,No. 8,p. 1081-1084,2000年11月
  • ロボットに心は宿るか?,浅田稔,情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系],社団法人情報処理学会,Vol. 2000,No. 96,p. 43-48,2000年10月13日
  • Vision-Guided Behavior Acquisition of a Mobile Robot by Multi-Layered Reinforcement Learning,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,2000 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS (IROS 2000), VOLS 1-3, PROCEEDINGS,IEEE,Vol. 1,p. 395-402,2000年10月
  • 複数の学習器の階層的構築による行動獲得,高橋泰岳,浅田 稔,日本ロボット学会誌, Vol.~18, No.~7, pp.~1040-1046,日本ロボット学会,Vol. 18,No. 7,p. 1040-1046,2000年10月
  • 手は口ほどに物をいい...,浅田 稔,日本ロボット学会誌,Vol. 18,No. 6,p. 807-808,2000年09月15日
  • 認知発達ロボティクスと創発,浅田 稔,学術月報, Vol.~53, No.~9, pp.~19-23,Vol. 53,No. 9,p. 19-23,2000年09月
  • Overview of RoboCup-99,Silvia Coradeschi,Lars Karlsson,Peter Stone,Tucker Balch,Gerhard Kraetzschmar,Minoru Asada,AI magazine, Vol.~21, No.~3, pp.~11-18,Vol. 21,No. 3,p. 11-18,2000年09月
  • BabyTigers-99: Osaka Legged Robot Team,Noriaki Mitsunaga,Minoru Asada,RoboCup-99: Robot Soccer World Cup III., Springer, Lecture Note in Artificail Intelligence (1856), pp.~762-765,p. 762-765,2000年09月
  • Cognitive Developmental Robotics As a New Paradigm for the Design of Humanoid Robots,Minoru Asada,Karl F. MacDorman,Hiroshi Ishiguro,Wakayama University,Yasuo Kuniyoshi,ElectoroTechinical Laboratory,Proceeding of the 1st IEEE/RSJ International Conference on Humanoid Robots (CD-ROM配布),2000年09月
  • Observation Strategy for Decision Making Based on Information Criterion,Noriaki Mitsunaga,Minoru Asada,Proceedings of the 4th International Workshop on RoboCup, pp.~32-41,IEEE,p. 1038-1043,2000年08月
  • 環境の変化に適応する移動ロボットの行動獲得,港 隆史,浅田 稔,日本ロボット学会誌, Vol.~18, No.~5, pp.~706-712,日本ロボット学会,Vol. 18,No. 5,p. 706-712,2000年07月
  • 反射の組み合わせによる歩行の実現,宮下敬宏,細田 耕,竹内 進,浅田 稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 18,No. 3,p. 381-386,2000年04月
  • 行動獲得過程における視覚情報の自律的構造化 : 分節と統合,浅田稔,内部英治,細田耕,鈴木昭二,情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア],社団法人情報処理学会,Vol. 2000,No. 33,p. 89-96,2000年03月23日
  • Behavior generation for a mobile robot based on the adaptive fitness function,E Uchibe,M Yanase,M Asada,INTELLIGENT AUTONOMOUS SYSTEMS 6,IOS PRESS,p. 3-10,2000年
  • 発達ロボティクス,浅田稔,bit別冊「身体性とコンピュータ」,p. 160-174,2000年
  • AI雑感 : 知能の本質?,浅田稔,人工知能学会誌,社団法人人工知能学会,Vol. 15,No. 1,2000年
  • Behavior Acquisition by Multi-Layered Reinforcement Learning,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Proceedings of the 1999 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics(CD-ROM配布),Vol. 18,No. 7,p. 1040-1046,1999年10月
  • Continuous Valued Q-learning for Vision-Guided Behavior Acquisition,Yasutake Takahashi,Masanori Takeda,Minoru Asada,Proceedings of the 1999 IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems, pp 255-260,p. 255-260,1999年08月
  • RoboCup: Today and Tomorrow --- What We Have Learned,Minoru Asada,Hiroaki Kitano,Itsuki Noda,Manuela Veloso,Artificial Intelligence, Vol.~110, No.~2, pp.~193-214,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 110,No. 2,p. 193-214,1999年06月
  • 実ロボットによる行動学習のための状態空間の漸次的構成,浅田稔,17/1,118-124,日本ロボット学会誌,Vol. 17,No. 1,p. 118-124,1999年
  • 複数の報酬による強化学習を用いたサッカーロボットのゴール守備行動の獲得,浅田稔,/,289-294,第4回ロボティクスシンポジア予稿集,p. 289-294,1999年
  • Cooperative behavior acquisition for mobile robots in dynamically changing real worlds via vision-based reinforcement learning and development(1873K),浅田稔,110/,275-292,Artificial Intelligence,Vol. 110,No. 2,p. 275-292,1999年
  • 認知ロボティクスの目指すもの,浅田 稔,石黒 浩,國吉康夫,日本ロボット学会誌,Vol.~17,No.~1,pp.~2-6,日本ロボット学会,Vol. 17,No. 1,p. 2-6,1999年01月
  • ロボカップによる認知ロボティクス,浅田 稔,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 17,No. 1,p. 34-37,1999年
  • なぜ認知ロボティクスは有望なのか?,中村 恭之,佐藤 知正,國吉 康夫,開 一夫,柴田 智広,浅田 稔,マクドーマン カール,谷 淳,日本ロボット学会誌,日本ロボット学会,Vol. 17,No. 1,p. 38-43,1999年
  • 実環境におけるロボットの学習・進化的手法の適用と課題,浅田稔,38/10,650-653,計測と制御,Vol. 38,No. 10,p. 650-653,1999年
  • Environmental Change Adaptation for Mobile Robot Navigation,Takashi Minato,Minoru Asada,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.~1859-1864,IEEE,p. 1859-1864,1998年10月
  • Co-evolution for Cooperative Behavior Acquisition in a Multiple Mobile Robot Environment,Eiji Uchibe,Masateru Nakamura,Minoru Asada,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.~425-430,IEEE,p. 425-430,1998年10月
  • RoboCup Humanoid Challenge: That's One Small Step for A Robot, One Giant Leap for Mankind,Hiroaki Kitano,Sony CS,Minoru Asada,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.~419-424,IEEE,p. 419-424,1998年10月
  • Skill Acquisition and Self-Improvement for Environmental Change Adaptation of Mobile Robot,Takashi Minato,Minoru Asada,Proceedings of the 5th International Conference on Simulation of Adaptive Behaivior: From Animals to Animats 5, pp.~360-365,M I T PRESS,Vol. 5,p. 360-365,1998年08月
  • 共進化による協調 : ロボカップにおける協調行動の獲得,内部 英治,中村 理輝,浅田 稔,人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI,Vol. 12,p. 96-97,1998年06月16日
  • RoboCup: A Challenge Problem for AI and Robotics,Hiroaki Kitano,Sony CSL,Minoru Asada,Yasuo Kuniyoshi (ETL,Itsuki Noda (ET,Eiichi Osawa,ony CS,Hitoshi Matsubara (ET,RoboCup-97: Robot Soccer World Cup I, Editor: H. Kitano, Springer, Lecture Note in Artificail Intelligence 1395, pp.~1-19,Vol. I,p. 1-19,1998年05月
  • Cooperative Behavior Acquisition in Multi Mobile Robots Environment by Reinforcement Learning Based on State Vector Estimation,Eiji Uchibe,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proceedings of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.~1558-1563,p. 1558-1563,1998年05月
  • Environmental Complexity Control for Vision-Based Learning Mobile Robot,Eiji Uchibe,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proceedings of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.~1865-1870,IEEE,p. 1865-1870,1998年05月
  • Overview of RoboCup-97,Itsuki Noda(Electrotechnical Laboratory,Sho'ji Suzuki,Hitoshi Matsubara(Electrotechnical Laboratory,Minoru Asada,Hiroaki Kitano(Sony CSL,RoboCup-97: Robot Soccer World Cup I, Editor: H. Kitano, Springer, Lecture Note in Artificail Intelligence 1395, pp.~20-41,Vol. I,p. 20-41,1998年04月
  • マルチエージェント環境における行動学習のための部分空間同定法による状態空間の構成,内部英治,浅田稔,細田耕,情報処理学会研究報告. ICS, [知能と複雑系],社団法人情報処理学会,Vol. 98,No. 24,p. 27-32,1998年03月16日
  • The RoboCup Physical Agent Challenge: Phase I,Minoru Asada,Peter Stone (CMU,USA,Hiriaki Kitano,Sony CS,Barry Werger,dise Uni,Yasuo Kuniyoshi (ETL,Alexis Drogoul,LAFORIA/CNRS, France,Dominique Duhaut,LRP, France,Manuel Veleoso (CMU,USA,Hajime Asama (Riken,Sho'ji Suzuki,Applied Artificial Intelligence, Vol.~12, No.~2-3, pp.~251-264,Vol. I,p. 42-61,1998年03月
  • Action Based Sensor Space Segmentation for Soccer Robot Learning,Minoru Asada,Shouichi Noda,Koh Hosoda,Applied Artificial Intelligence,Vol. 12,No. 2,p. 149-164,1998年03月
  • Skill acquisition and self-improvement for environmental change adaptation of mobile robot,T Minato,M Asada,FROM ANIMALS TO ANIMATS 5,M I T PRESS,p. 360-365,1998年
  • State Space Construction for Behavior Acquisition in Multi Agent Environments with Vision and Action,浅田稔,/,870-875,Proc. of International Conference on Computer Vision,p. 870-875,1998年
  • 身体性による知能の発現,浅田 稔,人工知能学会誌, Vol. 13, No. 1, pp. 14-15,社団法人人工知能学会,Vol. 13,No. 1,p. 14-15,1998年01月
  • 学習によるロボットの行動獲得 --- サッカーで試みるロボカップへの挑戦 ---,鈴木昭二,浅田 稔,電気学会誌,Vol. 118, No. 1, pp. 21-24,電気学会,Vol. 118,No. 1,p. 21-24,1998年01月
  • グランドチャレンジ-ロボカップ ダイナミックマルチエージェント環境における協調行動の獲得,浅田稔,電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,社団法人電子情報通信学会,Vol. 1997,p. 271-272,1997年08月13日
  • ステレオスケッチ:ステレオ視覚を持つ移動ロボットの行動獲得,中村 恭之,浅田 稔,日本ロボット学会誌,社団法人 日本ロボット学会,Vol. 15,No. 4,p. 533-541,1997年05月15日
  • Vision-Based Robot Learning Towards Robo Cup : Osaka University'Trackies',浅田稔,I/,305-319,Robo Cup-97 : Robot Soccer World Cup,Vol. I,p. 305-319,1997年
  • ロボットの行動獲得のための状態空間の自律的構成,浅田稔,15/6,886-892,日本ロボット学会誌,Vol. 15,No. 6,p. 886-892,1997年
  • 強化学習の実ロボットへの応用とその課題 (<特集> 強化学習),浅田稔,人工知能学会誌,社団法人人工知能学会,Vol. 12,No. 6,p. 831-836,1997年
  • 1996年 IEEE/RSJ知能ロボットとシステムに関する国際会議(IROS '96),浅田 稔,計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers,Vol. 36,No. 12,1997年
  • Behavior Coordination for a Mobile Robot Using Modular Reinforcement Learning,Eiji Uchibe,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,IEEE,p. 1329-1336,1996年11月
  • Reasonable Performance in Less Learning Time by Real Robot Based on Incremental State Space Segmentation,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,Koh Hosoda,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, pp.1518-1524,I E E E,p. 1518-1524,1996年11月
  • Behavior-Based Map Representation for a Sonor-Based Mobile Robot by Statistical Methods,Takayuki Nakamura,Seiichi Takamura,Minoru Asada,Proceedings of RSJ/IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems,I E E E,p. 276-283,1996年11月
  • Action-Based Sensor Space Categorization for Robot Learning,Minoru Asada,Soichi Noda,Koh Hosoda,Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,I E E E,Vol. 11,No. 6,p. 1502-1509,1996年11月
  • ロボットの行動学習,浅田 稔,日本機械学会誌, Vol.62, no.602, pp.8-13,社団法人情報処理学会,Vol. 38,No. 7,p. 583-588,1996年10月
  • Stereo Sketch: Stereo Vision-Based Target Reaching Behavior Acquisition with Occlusion Detection and Avoidance,Takayuki Nakamura,Minoru Asada,Proceedings of IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation, pp.1314-1319,I E E E,p. 1314-1319,1996年04月
  • 構造やパラメータに関する先験的知識を必要としないフィードフォワード補償器を持つ適応型ビジュアルサーボ系の構成,細田 耕,浅田 稔,日本ロボット学会誌, Vol.14, No.2, pp.159-165,Vol. 14,No. 2,p. 313-319,1996年03月
  • Direct Coupling of Multisensor Information and Actions for Mobile Robot Behavior Acquisition,浅田稔,/,139-144,Proc. of the 1996 IEEE/SICE/RSJ Int. Conf. on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems,p. 139-144,1996年
  • 構造やパラメータに関する先験的な知識を必要としないフィードフォワード補償器を持つ適応型ビジュアルサーボ系の構成,浅田稔,14/2,159-165,日本ロボット学会誌,Vol. 14,No. 2,p. 313-319,1996年
  • 運動スケッチ:画像運動情報に基づく単眼視移動ロボットの行動獲得(共著),浅田稔,11/6,905-915,人工知能学会誌,Vol. 11,No. 6,p. 905-915,1996年
  • Action-based sensor space categorization for robot learning,M Asada,S Noda,K Hosoda,IROS 96 - PROCEEDINGS OF THE 1996 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS - ROBOTIC INTELLIGENCE INTERACTING WITH DYNAMIC WORLDS, VOLS 1-3,I E E E,p. 1502-1509,1996年
  • Purposive Behavior Acquisition for a Real Robot by Vision-Based Reinforcement Learning,浅田稔,1/23,279-303,Machine Learning,Vol. 23,No. 2-3,p. 279-303,1996年
  • Behavior Acquisition via Vision-Based Robot Learning,Minoru Asada,Takayuki Nakamura,Koh Hosoda,Proc. of 7th Int. Sympo. of Robotics Research, pp.239-246,p. 279-286,1995年10月
  • Motion Sketch: Acquisition of Visual Motion Guided Behaviors,Takayuki Nakamura,Minoru Asada,Proc. of 14th Int. Joint Conf. on Artificial Intelligence, pp.126-132,Vol. 11,No. 6,p. 905-915,1995年08月
  • 画像運動情報に基づく単眼視覚移動ロボットの行動獲得,中村 恭之,浅田 稔,人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI,Vol. 9,p. 561-564,1995年07月24日
  • Vision-Based Reinforcement Learning for Purposive Behavior Acquisition,Minoru Asada,Shoichi Noda,Sukoya Tawaratsumida,Koh Hosoda,Proc. of IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation (ICRA95),I E E E,p. 146-153,1995年05月
  • 視覚に基づく強化学習によるロボットの行動獲得,浅田稔,日本ロボット学会誌,Vol. 13,No. 1,p. 68-74,1995年
  • 弱一様乱反射仮定による一般化円筒(SHGC)の形状及び姿勢の決定,浅田稔,J77D-II/7,1226,電子情報通信学会論文誌DII,Vol. J77D-II,No. 7,1994年
  • 複雑な物体間における空間的位置関係の言語記述方法,浅田稔,6/8,935,日本ファジィ学会誌,Vol. 6,No. 8,1994年
  • 弱ランバーシアン仮定に基づく陰影と輪郭からのSHGCの形状と姿勢復元,浅田稔,The Trans. of the Institute of Electronics, and Communication Engineers,Vol. J77D-II,No. 7,1994年
  • 異種視覚センサ情報を処理の中間結果の統合による画像理解,浅田稔,12/5,700,日本ロボット学会誌,Vol. 12,No. 5,1994年
  • Scene interpretation by fusing intermediate results of multiple visual sensory information processing,Y TANIGUCHI,Y SHIRAI,M ASADA,MFI '94 - 1994 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTISENSOR FUSION AND INTEGRATION FOR INTELLIGENT SYSTEMS,I E E E,Vol. 12,No. 5,p. 699-706,1994年
  • INTEGRATION OF COLOR AND RANGE DATA FOR 3-DIMENSIONAL SCENE DESCRIPTION,A OKAMOTO,Y SHIRAI,M ASADA,IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,IEICE-INST ELECTRON INFO COMMUN ENG,Vol. E76D,No. 4,p. 501-506,1993年04月
  • 移動ロボットの最適な案内地図の自動生成(共),浅田稔,59/563,日本機械学会論文集C編,Vol. 59,No. 563,p. 1968-1975,1993年
  • The optimal partition of moving edge segment (共),浅田稔,367-372,Proc. of CVPR'93,Vol. J76-D-II,No. 8,p. 367-372,1993年
  • 照明条件および反射係数未知の場合の筒状物体の形状(共)復元,浅田稔,34/5,884-891,情報処理学会論文誌,Vol. 34,No. 5,p. 884-891,1993年
  • THE OPTIMAL PARTITION OF MOVING EDGE SEGMENTS,HS GU,M ASADA,Y SHIRAI,1993 IEEE COMPUTER SOCIETY CONFERENCE ON COMPUTER VISION AND PATTERN RECOGNITION : PROCEEDINGS,I E E E, COMPUTER SOC PRESS,Vol. 367-372,p. 367-372,1993年
  • Automatic Generation of an Optimal Guide Map for a Mobile Robot,Toshihiko Kanbara,Jun Miura,Yoshiaki Shirai,Minoru Asada,Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, C,Vol. 59,No. 563,p. 1968-1975,1993年
  • 弱一様乱反射仮定による筒状物体の形状及び姿勢の決定,浅田稔,76-D-II/8,1637,電子情報通信学会論文誌DII,Vol. 76-D-II,No. 8,1993年
  • 陰影と輪郭からの筒状物体の形状と姿勢決定のための弱ランバーシアン仮定,浅田稔,The Trans of the Institute of Electronics, and Communication Engineers,Vol. 76-D-II,No. 8,1993年
  • Detecting multiple rigid image motions from an optical flow field obtained with multi-scale, multi-orientation filters (共),浅田稔,E76/10,1253-1263,IEICE Transaction,Vol. E76D,No. 10,p. 1253-1262,1993年
  • エッジの対応に基づくステレオカメラのセルフキャリブレーション(共),浅田稔,11/2,227-234,日本ロボット学会誌,Vol. 11,No. 2,p. 227-234,1993年
  • Self-Calibration of Stereo Cameras Using Correspondences of Edges,Osafumi NAKAYAMA,Yoshiaki SHIRAI,Minoru ASADA,Journal of the Robotics Society of Japan,Vol. 11,No. 2,p. 227-234,1993年
  • 動き情報に基づくエッジセグメントの最適分割(共),浅田稔,J76-D-II/8,1637-1646,電子情報通信学会論文誌DII,Vol. J76-D-II,No. 8,p. 1637-1646,1993年
  • A qualitative approach to quantitative recovery of SHGC'S Shape and pose from shading and contour (共),浅田稔,116-122,Proc. of CVPR'93,Vol. 116-122,p. 116-122,1993年
  • Obtaining optical flow with multi-orientation filters (共),浅田稔,736-737,Proc. of CVPR'93,Vol. 736-737,p. 736-737,1993年
  • 1992年コンピュータビジョンとパターン認識会議参加報告,浅田稔,佐藤嘉伸,大和淳司,山本裕之,ZHENG J Y,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 92,No. 330(PRU92 73-77),p. 31-38,1992年11月21日
  • 1992年コンピュータビジョンとパターン認識会議参加報告,浅田稔,佐藤嘉伸,大和淳司,山本裕之,ZHENG J Y,情報処理学会研究報告,Vol. 92,No. 90(CV-80),p. 245-252,1992年11月19日
  • マルチセンサ情報を動的に統合することによる道路シーンの解釈とモデリング,浅田稔,31/12,情報処理学会論文誌,Vol. 31,No. 12,p. 1743-1754,1990年
  • センサ情報の統合と理解による移動ロボットのための世界モデルの構築,浅田稔,8/2,日本ロボット学会誌,Vol. 8,No. 2,p. 160-170,1990年
  • Representing global world of a mobile robot with relational local maps,浅田稔,SMC-20,IEEE Trans. on System, Man, and Cybernetics,Vol. 20,No. 6,p. 1456-1461,1990年,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • Map building for a mobile robot from sensory data,浅田稔,SMC-20,IEEE Trans. on System, Man, and Cybernetics,Vol. 37,No. 6,p. 1326-1336,1990年
  • Determining surface orientation by projecting a stripe pattern,浅田稔,PAMI-10,IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence,Vol. 10,No. 5,p. 749-753,1988年,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • A motion stereo method based on coarsetofine strategy,浅田稔,PAMI-9,IEEE Trans. on Pattern Analysis and Machine Intelligence,Vol. PAMI-9,1987年
  • Representation of three-dimensional motion in dynamic scenes,浅田稔,21,Computer Vision, Graphics and Image Processing,Vol. 21,No. 1,p. 118-144,1983年
  • 三面世界で動く物体の線画の解釈,浅田稔,(D)J-65D,電子通信学会論文誌(別冊),Vol. (D)J-65D,1982年
  • 物体の3次元運動の解釈,浅田稔,(D)J65-D,電子通信学会論文誌(別冊),Vol. (D)J65-D,1982年
  • 運動物体の検出と追跡,浅田稔,(D)J62-D,電子通信学会論文誌(別冊),Vol. (D)J62-D,1979年

著書

  • 浅田稔のAI研究道--人工知能はココロを持てるか,浅田稔,2020年12月
  • 教科書・概説・概論,Cognitive Neuroscience Robotics A: Synthetic Approaches to Human Understanding,Ishiguro, H,Osaka, M,Fujikado, T,Asada, M,Springer,ISBN:9784431545941,2016年03月
  • 学術書,Throwing Skill Optimization through Synchronization and Desynchronization of Degree of Freedom,Yuji Kawai,Jihoon Park,Takato Horii,Yuji Oshima,Kazuaki Tanaka,Hiroki Mori,Yukie Nagai,Takuma Takuma,Minoru Asada,Springer,ISBN:9783642392498,2013年03月
  • 一般書・啓蒙書,ロボットいう思想 脳と知能の謎に挑む,浅田稔,NHKブックス 1158 「ロボットという思想 脳と知能の謎に挑む」NHK出版,2010年06月
  • 「ベビーサイエンス ターゲット論文 川田学『食の中の模倣過程と自他関係の形成』」に対するコメント-食環境は、自己他者概念創発から社会性獲得にいたる発達の場-,浅田稔,ベビーサイエンス Vol.9, p.38-39, 日本赤ちゃん学会 2010,2010年03月
  • 赤ちゃんからロボットへ-ロボットから読み解く人間の身体・脳・心-,浅田稔,iliholi 01, p.79-86, エクスナレッジ, 2009,2009年09月
  • 人間とロボットが共生する社会,浅田稔,都市問題研究、第61巻、第8号、p3-19、都市問題研究会, 2009,2009年08月
  • 認知発達ロボティクスによる身体・脳・心の理解と設計の試み,浅田稔,心理学評論 Vol.25, No.1 P.5-19, 心理学評論刊行会, 2009,2009年07月
  • 認知発達ロボティクスによる脳と心の理解への挑戦,浅田稔,思考の脳内メカニズム 高等研報告書0803、p.89-115, (財)国際高等研究所, 2009,2009年06月
  • 学術書,赤ちゃんはなぜなめたりしゃぶったりする?,浅田稔,赤ちゃん学カフェ, Vol.2, p.72-73, 日本赤ちゃん学会, 2009.,2009年05月
  • 学術書,浅田共創知能システムプロジェクト,浅田稔,未来材料 Vol.9, No.3, pp.63-67, エヌ・ティーエス, 2009,2009年03月
  • 学術書,総論「身体・脳・心の理解と設計を目指す認知発達ロボティクス」,浅田稔,計測と制御 Vol.48 No.1. p.11-20 2009,2009年01月
  • 一般書・啓蒙書,ロボット未来世紀,浅田稔,NHK「知るを楽しむ この人この世界 ロボット未来世紀」 NHK出版 2008,2008年12月
  • 学術書,ロボットの知能,浅田稔,心理学フロンティア、 pp.92-95, 2008 新曜社,2008年06月
  • 学術書,ロボットの心の理論,浅田稔,心理学フロンティア、 pp.96-99, 2008 新曜社,2008年06月
  • 学術書,赤ちゃんの不思議をロボットで探る,浅田稔,大阪大学生産技術研究会 (Ed.), 生産と技術, vol.60, No.1, pp.41--44, 社団法人生産技術振興協会, 2008.,2008年05月
  • 学術書,Congratulations to the founder of the "Understanding Intelligence" school,Minoru Asada,Artificial Intelligence Laboratory (Ed.), The rediscovery of intelligence , pp.6--7, 2008.,2008年05月
  • 一般書・啓蒙書,心理学フロンティア,浅田 稔,新曜社,2008年03月
  • 学術書,The rediscovery of intelligence,Minoru Asada,Artificial Intelligence Laboratory,2008年03月
  • 学術書,Reinforcement Learning, Theory and Applications,Cornelius Weber,Mark Elshaw,Norbert Michael Mayer,I-TECH Education and Publishing,ISBN:9783902613141,2008年01月
  • 一般書・啓蒙書,Behavior Acquisition in RoboCup Middle Size League Domain,Yasutake Takahashi,Minoru Asada,I-TECH Education and Publishing,ISBN:9783902613219,2007年12月
  • 学術書,Robot Soccer,Pedro Lima,I-TECH Education and Publishing,ISBN:9783902613219,2007年12月
  • 数学イノベーション,編著者,文部科学省科学技術政策研究所,執筆者,浅田稔 他,工業調査会,2007年08月
  • ロボシティ・コア-ナレッジ・キャピタルの核の役割,知的創造拠点の整備と大阪駅北地区のまちづくり,日本不動産学会誌,2007年05月
  • 一般書・啓蒙書,赤ちゃん 成長の不思議な道のり,浅田 稔 他,NHK出版,2007年02月
  • 一般書・啓蒙書,認知科学への招待,大津由紀雄,波多野誼余夫,三宅なほみ,編著,研究社,2006年12月
  • 学術書,岩波講座 ロボット学〈4〉ロボットインテリジェンス,浅田 稔,國吉 康夫,岩波書店,2006年03月
  • 一般書・啓蒙書,大人のための「ロボット学」,浅田 稔 他,PHP研究所,2006年01月
  • 学術書,ロボットの認知「人工知能学辞典」,浅田稔,石黒浩,國吉康夫,共立出版,2005年12月
  • 人工知能学辞典,人工知能学会編,沼尾正行,編集幹事,章担当編集委員,筆者,共立出版,2005年12月
  • 教科書・概説・概論,中型ロボットの基礎技術-対戦のための協調行動に向けて-,中村 恭之,高橋 泰岳,ロボカップ日本委員会,共立出版,2005年12月
  • 学術書,Cutting Edge Robotics,Vedran Kordic,Aleksandar Lazinica,Munir Merdan,Pro literatur Verlag,ISBN:3866110383,2005年07月
  • 学術書,知能の謎,瀬名秀明,浅田稔,銅谷賢治,谷淳,茂木健一郎,開一夫,中島秀幸,石黒浩,國吉康夫,柴田智広,講談社,2004年12月
  • 創発性-ロボカップを通じた認知ロボットの学習と発達-,コロナ社 メカノクリーチャ-生物から学ぶデザインテクノロジー-,2003年
  • RoboCupSoccer ロボットの行動学習・発達・進化. NPOロボカップ日本委員会 (Ed.),,共立出版,2002年
  • 身近になるロボット,浅田 稔,大阪大学出版会,2001年03月
  • Building a 3-D world model for outdoor scenes from multiple Sensory Data (共),浅田稔,(Elsevier),1993年

特許・実用新案・意匠

  • 特徴量抽出装置および特徴量抽出方法,森裕紀,広瀬大,浅田稔,2012-149702,出願日:2012年07月

作品

  • 視覚の脳型情報処理,2001年 ~
  • Study on the emergenc of language and behavior based on a constructive approach from a viewpoint of cognitive development,2001年 ~
  • Visual Information Processing Inspired by Brain Science,2001年 ~
  • 認知発達的視点からの構成論的アプローチによる言語と行動の発現に関する研究,2001年 ~
  • Study on Behaviors emerged by the interaction between a robot with many DOFS and multi modal perception and its environment,2000年 ~
  • 多感覚多自由度ロボットによる環境とのインタラクションにより発現する行動に関する研究,2000年 ~

受賞

  • 大会発表賞,河合祐司,大嶋悠司,笹本勇輝,長井志江,浅田稔,日本認知科学会第31回大会,2014年11月
  • 研究会優秀賞,Jihoon Park,Yuji Kawai,Takato Horii,Kazuaki Tanaka,Hiroki Mori,Yukie Nagai,Takashi Takuma,Minoru Asada,人工知能学会,2013年06月
  • ロボカップ研究賞,Yuji Kawai,Jihoon Park,Takato Horii,Kazuaki Tanaka,Hiroki Mori,Yukie Nagai,Takashi Takuma,Minoru Asada,ロボカップ日本委員会,2013年05月
  • 人工知能学会賞,Jihoon Park,Yuji Kawai,Takato Horii,Kazuaki Tanaka,Hiroki Mori,Yukie Nagai,Takashi Takuma,Minoru Asada,第35回人工知能学会 AIチャレンジ研究会,2012年05月
  • グッドデザイン賞,浅田稔,財団法人日本産業デザイン振興会,2008年11月
  • 日本ロボット学会 フェロー証,浅田稔,社団法人 日本ロボット学会,2008年09月
  • Cognitive Developmental Robotics with a Biomimetic Child-robot",LABRS BEST Video Award and $1000 prize,Tomoyuki Noda,Shuhei Ikemoto,Daniel Quevedo,Toshihiko Shimizu,Hidenobu Sumioka,Hisashi Ishihara,Yuki Sasamoto,Yuichiro Yoshikawa,Takashi Minato,Hiroshi Ishiguro,Minoru Asada,ECSIS Symposium on Learning and Adaptive Behaviors in Robotic Systems(LAB-RS2008),2008年08月
  • 大川出版賞,浅田稔,國吉康夫,(財)大川情報通信基金,2007年11月
  • 科学技術政策研究所 科学技術への顕著な貢献 in 2006(ナイス ステップな研究者)「イノベーション部門」,浅田 稔,科学技術政策研究所,2006年12月
  • 人工知能学会研究会優秀賞,浅田 稔,人工知能学会,2004年11月
  • 人工知能学会研究会優秀賞,2004年06月03日
  • 日本ロボット学会第17回研究奨励賞,光永 法明,日本ロボット学会,2003年09月
  • 第 3 回システムインテグレーション部門講演会 SI2002 ベストセッション賞,長田道春,高橋泰岳,浅田稔,(社)計測自動制御学会,2002年12月
  • 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門賞:学術業績賞,浅田 稔,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,2001年05月
  • 文部科学大臣賞・科学技術普及啓発功績者賞,浅田 稔,文部科学省,2001年04月
  • 平成11年度日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門賞 : 学術業績賞,2001年
  • 2001年度文部科学大臣賞、科学技術普及啓発功績者の表彰,2001年
  • 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門貢献賞,浅田 稔,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,1999年05月
  • 人工知能学会研究奨励賞,浅田 稔,人工知能学会,1998年12月
  • 日本ロボット学会論文賞,1996年
  • 日本ロボット学会論文賞,浅田 稔,1995年
  • IROS'92最優秀論文賞,1993年
  • IEEE/RSJ IROS Best paper,浅田 稔,1992年
  • 情報処理学会研究賞,浅田 稔,情報処理学会,1989年03月

学術貢献

  • シンポジウム「HANDAIロボット展から始まるロボットとの共生社会,大阪大学総合学術博物館,2017年05月 ~
  • 第6回CiNetシンポジウムおもろい脳科学~進学も、就職も、仕事も、…何でも楽しく切り抜けよう~,脳情報通信融合研究センター(CiNet)(NICT/大阪大学/ATR),2016年06月 ~
  • ラボカフェスペシャル 日英ロボットシンポジウム Innovation is GREAT~英国と創る未来~「ロボットコンパニオンと未来社会」,駐日英国大使館、駐日英国総領事館、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター,2015年11月 ~
  • 「自閉スペクトラム症の視覚世界を体験」,科学研究費補助金新学術領域研究,2015年07月 ~
  • 「自閉スペクトラム症の視覚世界を体験」,文部科学省・科学研究費補助金 新学術領域研究,2015年04月 ~

委員歴

  • 学協会,日本機械学会,フェロー,2003年 ~
  • 学協会,日本赤ちゃん学会,理事,2002年 ~
  • 学協会,人工知能学会,理事,1997年 ~
  • 学協会,日本ロボット学会,理事,1996年 ~
  • 学協会,日本ロボット学会,評議員,1992年 ~