EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

渡辺 浩司

Watanabe Kouji

文学研究科 文化表現論専攻,准教授

keyword 西洋古典,文学理論,文芸学,美学

学歴

  • ~ 1998年,大阪大学
  • ~ 1998年,大阪大学,文学研究科,芸術学
  • ~ 1987年,大阪大学
  • ~ 1987年,大阪大学,文学部,美学科

経歴

  • 2000年 ~ 継続中,-: - 京都市立芸術大学 非常勤講師
  • 1992年04月 ~ 2007年03月,-: - 大阪歯科大学 非常勤講師
  • 1992年 ~ 1997年,: 大阪市大文学部 非常勤講師
  • 1992年 ~ 1997年,: Osaka City University, Lecturer,
  • 2000年 ~ ,-: - Kyoto City University of Arts, Lecturer,
  • 1992年 ~ ,-: - OSAKA DENTAL UNIVERSITY, Lecturer,

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,ヨーロッパ文学
  • 人文・社会,美術史
  • 人文・社会,美学、芸術論

所属学会

  • 民族藝術学会
  • 広島芸術学会
  • 関西倫理学会
  • 日本西洋古典学会
  • 美学会

論文

  • カトゥッルス64歌とはどいういう歌なのか,渡辺浩司,待兼山論叢,大阪大学文学会,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • カトゥルルス「第64歌」翻訳,渡辺浩司,『美学と弁論術の交叉』科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書(研究代表者:渡辺浩司),p. 52-65,2018年03月
  • G. F. マイアー『あらゆる美しい学の基礎』序論§§1-22,共同訳 井奥陽子,石黒義昭,渡辺浩司,『美学と弁論術の交叉——コモン・センスを中心い』(平成27年度〜平成29年度科学研究費補助金基盤研究(C)(研究代表者:渡辺浩司)研究成果報告書),p. 66-81,2018年03月,学位論文(その他)
  • カトゥルルス第六四歌のエクフラシスー言葉とイメージ,渡辺浩司,『Arts and Media』,No. 7,p. 56-63,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 「1 フェスティバルの企画運営と実際 考察」,渡辺 浩司,『劇場・音楽堂・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業―〈声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声〉芸術祭Ⅰ,Ⅱ 2013-2014年度報告書』、大阪大学大学院文学研究科,p. 11-13,2015年03月,学位論文(その他)
  • メイ・スメサースト『ギリシア悲劇と能における「劇展開」の比較研究に向けて』,翻訳 渡辺浩司,木曽明子,『能楽研究叢書2』法政大学能楽研究所,2014年03月,学位論文(その他)
  • G. F. マイアー『あらゆる美しい学の基礎』序文,共同訳 井奥陽子,石黒義昭,渡辺浩司,『弁論術から美学へ――美学成立における古典弁論術の影響』(平成23年度〜平成25年度科学研究費補助金基盤研究(C)(研究代表者:渡辺浩司)研究成果報告書),p. 70-80,2014年03月,学位論文(その他)
  • エクフラシスーローマ帝政期における弁論教育ー,渡辺 浩司,『弁論術から美学へー美学成立における古典弁論術の影響ー』平成23年度〜平成25年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書(研究代表者:渡辺浩司),p. 7-15,2014年03月
  • 「「名は体を表す」か?」,渡辺 浩司,『図書』,No. 769,p. 34-34,2013年03月,学位論文(その他)
  • 制作学の原理――アリストテレスの『弁論術』と『詩学』より,渡辺浩司,『古代ローマにおける弁論術の形成と発展』平成18年度〜平成21年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書(研究代表者:渡辺浩司),科学研究費補助金基盤研究(B) 研究報告書,p. 7-26,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 説得の論理 説得推論と感情効果ーアリストテレス『詩学』と『弁論術』より,渡辺浩司,Vol. 223号,p.175,2008年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 「プラトンとアリストテレスの音楽観」,渡辺 浩司,『ドラマ空間における音楽に対する観客反応の実証的な研究』(平成15年度~平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))(研究代表者:上倉庸敬)研究成果報告書),p. 39-49,2006年03月,学位論文(その他)
  • 私小説の誕生と死,渡辺浩司,科学研究費補助金 基盤研究(A)(2)研究成果報告書「日本における『芸術概念』の誕生と死」研究代表者 上倉庸 敬、141-150,p. 141-150,2003年03月,研究論文(学術雑誌)
  • キケロ「最も優れた弁論家について」(解題、訳、注),共同訳 戸高和弘,伊達立晶,渡辺浩司,科学研究費補助金 基盤研究(B)(2)研究成果報告書「古代弁論述(レトリック)の理論と実践に関する歴史的・体系的研究」研究代表者 森谷宇一, 106-114,2003年03月
  • 古代ギリシアの弁論術,渡辺浩司,科学研究費補助金 基盤研究(B)(2)研究成果報告書「古代弁論術(レトリック)の理論と実践に関する歴史的・体系的研究」研究代表者 森谷宇一, 1-24,p. 1-24,2003年03月,研究論文(学術雑誌)
  • キケロ「最も優れた弁論家について」渡辺浩司・戸高和弘・伊達立晶訳,平成11-13年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(2) 古代弁論術(レトリック)の理論と実践に関する歴史的・体系的研究,Vol. 106-114,2003年
  • 古代ギリシャの弁論術-弁論術の誕生,平成11-13年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(2) 古代弁論術(レトリック)の理論と実践に関する歴史的・体系的研究,Vol. 1-24,2003年
  • 'Tractatus Coislinianus'翻訳・訳注,共同訳,戸高和弘,渡辺浩司,『文芸学研究』,文芸学研究会,No. 6,p. 135-159,2002年07月
  • 『オイディプス王』と『タウリケのイピゲネイア』──アリストテレス『詩学』13章と14章より,渡辺浩司,『文芸学研究』第5号、28-44,文芸学研究会,2002年03月,研究論文(学術雑誌)
  • アリストテレスの好きな悲劇-『詩学』第13章と第14章を中心に-,渡辺浩司,「藝術学研究」/12,31-43,広島芸術学会,No. 12,p. 31-43,1999年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 理想的悲劇-アリストテレス『詩学』第13章と第14章より,渡辺浩司,第7回日韓美学研究会報告書/7,119-125,日韓美学研究会,No. 7,p. 119-125,1999年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 「アリストテレスの好きな悲劇──『詩学』第十三章と第十四章を中心に──」,渡辺 浩司,『藝術研究』,No. 12,p. 31-43,1999年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 理想的悲劇─アリストテレス『詩学』第十三章と第十四章より,渡辺浩司,『第7回日韓美学研究会報告書』,日韓美学会・広島芸術学会共同研究発表会(口頭発表),p. 119-125,1998年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • アリストテレスの『詩学』についての一考察,渡辺浩司,大阪大学文学部博士号申請論文,1997年
  • 悲劇の第四番目の種類-アリストテレス『詩学』第十八章(1456a2)における欠損部分をるぐって-オ,渡辺浩司,フィロカリア/10,64-91,待兼山芸術学会,No. 10,p. 64-91,1993年03月,研究論文(学術雑誌)
  • カタルシスと快楽に固有の快ーアリストテレス『詩学』よりー,渡辺浩司,『美学』美学会編,待兼山芸術学会第1回研究発表会(口頭発表),Vol. 42,No. 168,p. 23-33,1992年03月,研究論文(学術雑誌)
  • アリストテレスの『詩学』における「悲劇に固有の快」,渡辺浩司,『フィロカリア』,待兼山芸術学会,No. 7,p. 1-23,1990年03月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 「古くて新しいルキアノス」,渡辺 浩司,日本西洋古典学会ホームページ,2013年03月
  • 海外雑誌論文紹介,渡辺浩司,古代哲学研究 METHODOS,Vol. 39 p._56,No. 32,p. 97-109,2007年05月
  • 海外雑誌論文紹介,渡辺浩司,古代哲学研究 METHODOS,Vol. 38 p._77,No. 32,p. 97-109,2006年05月
  • Dionysius/Demetrius rhetorica,KYOTO-UP,2004年
  • Oidipus Tryannus and Iphigenia at Tauris in Poetic of Aristotole,Studies in the Science of Literary Art,No. 5. 28-44,2002年
  • On Plot-structure in ch.13 & ch.14 of Aristotle's ┣DBPoetics(/)-┫DB-estiroate of ┣DBOedipus(/)-┫DB ┣DBthe king(/)-┫DB and ┣DBIphigeneia(/)-┫DB,The classical society of Japan,2001年
  • Rhetoric of Gorgias,The Society for Science of Literary Art,2000年
  • Finest tragedies in chs. 13 and 14 of Aristotle's Poetics,No. 7,p. 119-125,1999年
  • Aristotle's favourite tragedies.,No. 12,p. 31-43,1999年
  • Ideal Tragedies - On chs. 13 & 14 of Aristotle's ┣DBPoetics(/)-┫DB,1998年
  • An essay on Aristotle's ┣DBPoetics(/)-┫DB,Osaka University,1997年
  • Art Theories in Ancient Greece - On Poetics of Aristotle's,1996年
  • 「阿川弘之の見た志賀直哉──阿川弘之『志賀直哉』」,渡辺 浩司,『読書探検』大阪大学生協,No. 7,p. 6-6,1994年10月,書評論文,書評,文献紹介等
  • The fourth Kind of Tragedy : On a Lacuuna of Aristotele's Poetics ch. 18 (1456a2),PHILOKALIA,No. 10,p. 64-91,1993年
  • Catharsis and Pleasure,first meeting of Machikane yama Society for Science of Art.,1991年
  • Pleasure appropriate to tragedy in Aristotle's ┣DBPoetics(/)-┫DB,Philokalia,No. 7,p. 1-23,1990年

著書

  • 『記憶の劇場 : 大阪大学総合学術博物館の試み』,永田靖,山﨑達哉,大阪大学出版会,ISBN:9784872596984,2020年03月
  • 『記憶の劇場 : 大阪大学総合学術博物館の試み』,永田靖,山﨑達哉,大阪大学出版会,ISBN:9784872596984,2020年03月
  • 一般書・啓蒙書,『世界の名前』,渡辺浩司,岩波書店,2016年03月
  • 『岩波 世界人名大辞典』,岩波書店辞典編集部編,岩波書店,2013年12月12日
  • ルキアノス 全集4,渡辺 浩司,京都大学学術出版会,2013年02月
  • 『近代精神と古典解釈ー伝統の崩壊と再構築ー』,手島勲矢編,2012年03月09日
  • 『若者の未来をひらく 教養と教育』,寄川条路編著,角川学芸出版,ISBN:9784046532527,2011年12月20日
  • 学術書,『芸術はどこか来てどこへ行くのか』,渡辺 浩司,晃洋書房,ISBN:9784771019775,2009年05月20日
  • 『クインティリアンス 弁論家の教育 2』,クインティリアヌス,京都大学学術出版会,2009年02月
  • 学術書,『クインティリアヌス 弁論家の教育 1』,クインティリアヌス,京都大学学術出版会,2005年05月
  • 『ディオニュシオス・デメトリオス 修辞学論集』,木曽明子,戸高和弘,渡辺浩司,京都大学学術出版会,2004年08月25日
  • 学術書,『芸術学フォーラム』(文芸学・演劇学編),コンスタンティーノウ,古代における文学概念,渡辺浩司訳,勁草書房,1997年12月

作品

  • 古代ローマにおける弁論術の形成と展開,2009年 ~
  • 「魅力」と「わかりやすさ」を伝える ―人文学研究発表の方法論―,2009年 ~
  • 古代ローマにおける弁論術の形成と展開,2008年 ~
  • 古代ローマにおける弁論術の形成と発展,2007年 ~
  • 古代ローマにおける弁論術の形成と発展,2006年 ~

講演・口頭発表等

  • 「説得の手段 説得推論と感情効果―アリストテレス『弁論術』と『詩学』より」,渡辺 浩司,美学会西部会第268回研究発表会、京都大学,2008年06月07日
  • アリストテレスとホメロス問題,渡辺浩司,『近代精神と古典解釈—伝統の崩壊と再構築—』研究会、財団法人国際高等研究所,2008年
  • 「ギリシア悲劇の仕掛け──アリストテレス『詩学』より」,渡辺 浩司,近現代演劇研究会、大阪大学,2005年07月16日
  • 「アリストテレス『詩学』十三章と十四章との筋構成論──『オイディプス王』の評価と『イピゲネイア』の評価」,渡辺 浩司,日本西洋古典学会第52回大会、新潟大学,2001年06月02日
  • 「ゴルギアスの弁論術」,文芸学研究会第4回研究発表会、大阪大学,2000年07月29日
  • 理想的悲劇--アリストテレスの『詩学』の第13章と第14章より--,日韓美学会・広島芸術学会共同研究発表会、広島県立美術館,1998年08月01日
  • 悲劇の快--アリストテレス『詩学』のカタルシス概念をめぐって--,渡辺浩司,美学会西部会第183回研究発表会、京都大学,1991年06月01日
  • カタルシスと快楽,待兼山芸術学会第1回研究発表会、大阪大学,1991年02月16日

社会貢献

  • 大阪大学大学院文学研究科「徴しの上を鳥が飛ぶ Ⅱ−−文学研究科におけるアート・プラクシス人材育成プログラム」(2020年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」),大阪大学大学院文学研究科 2020年4月1日から2021年3月31日,2020年04月01日 ~ 2021年03月31日
  • 大阪大学大学院文学研究科「徴しの上を鳥が飛ぶ−−文学研究科におけるアート・プラクシス人材育成プログラム」(2019年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」),大阪大学大学院文学研究科,2019年04月01日 ~ 2020年03月31日
  • 大阪大学総合学術博物館「記憶の劇場Ⅲ――大学博物館を活用する文化芸術ファシリテーター育成講座」(平成30年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」),大阪大学総合学術博物館「,2018年04月01日 ~ 2019年03月31日
  • 大阪大学総合学術博物館「記憶の劇場Ⅱ――大学博物館を活用する文化芸術ファシリテーター育成講座」(平成29年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」),大阪大学総合学術博物館,2017年04月01日 ~ 2018年03月31日
  • 大阪大学総合学術博物館「記憶の劇場――大学博物館を活用する文化芸術ファシリテーター育成講座」(平成28年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」),大阪大学総合学術博物館,2016年04月01日 ~ 2017年03月31日
  • 大阪大学大学院文学研究科「劇場・音楽堂・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業」(平成27年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」),大阪大学大学院文学研究科,2015年04月01日 ~ 2016年03月31日
  • 大阪大学大学院文学研究科「劇場・音楽堂・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業」(平成26年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」),大阪大学大学院文学研究科,2014年04月01日 ~ 2015年03月31日
  • 大阪大学大学院文学研究科「劇場・音楽堂・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業」(平成25年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」),大阪大学大学院文学研究科,2013年04月01日 ~ 2014年03月31日

委員歴

  • 学協会,民族藝術学会,理事,2017年04月 ~ 継続中