EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

大野 優子

Yuuko Ohno

基礎工学研究科 システム創成専攻,特任教授(常勤)

keyword 医療情報学,認知科学,医学意思決定論,数理保健学

学歴

  • ~ 1985年03月,東京大学,医学系研究科,医学
  • ~ 1985年03月,東京大学,医学系研究科,医学
  • ~ 1985年,東京大学,医学系研究科,生理学医用電子工学
  • ~ 1979年03月,東京大学,医学部,保健学科

経歴

  • 2017年04月 ~ 継続中,国立がんセンター・連携大学院Catalyst教授
  • 2003年04月01日 ~ 継続中,大阪大学 医学系研究科 保健学専攻,教授
  • 1995年04月 ~ 継続中,大阪大学教授
  • 2003年04月 ~ 2005年03月,文部科学省統計数理研究所・客員教授
  • 1995年04月01日 ~ 2003年03月31日,大阪大学 医学部,教授
  • 1992年04月 ~ 1995年03月,東京都神経科学総合研究所主任研究員
  • 1987年04月 ~ 1992年03月,国立がんセンター研究所疫学部非常勤研究員
  • 1985年10月 ~ 1987年03月,日本学術振興会特別研究員 (文部省統計数理研究所)
  • 1985年04月 ~ 1985年09月,日本学術振興会奨励研究員 (東京大学)

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,医療管理学、医療系社会学
  • ライフサイエンス,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
  • ライフサイエンス,医療管理学、医療系社会学
  • 社会基盤(土木・建築・防災),安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災),社会システム工学
  • 人文・社会,認知科学

所属学会

  • 日本医療マネジメント学会
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会
  • 日本生体医工学会
  • 日本応用統計学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本看護科学学会
  • IEEE
  • 日本早期認知症学会
  • 日本生活支援工学会
  • 日本認知科学学会
  • 日本行動計量学会
  • 日本集団災害医学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本OR学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本医療情報学会
  • 日本ME学会

論文

  • Targeting senescent cells and tumor therapy (Review).,Zehua Wang,Jianwen Gao,Haiou Liu,Yuko Ohno,Congjian Xu,International journal of molecular medicine,Vol. 46,No. 5,p. 1603-1610,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Association of crossing capillaries in the finger nailfold with diabetic retinopathy in type 2 diabetes mellitus.,Maiko Shikama,Nao Sonoda,Akiko Morimoto,Sayaka Suga,Tetsuya Tajima,Junji Kozawa,Norikazu Maeda,Michio Otsuki,Taka-Aki Matsuoka,Iichiro Shimomura,Yuko Ohno,Journal of diabetes investigation,2020年10月18日,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of Clinicopathological Characteristics of Appendiceal Tumors in Japan: A Multicenter Collaborative Retrospective Clinical Study- A Japanese Nationwide Survey.,Shimpei Matsui,Kohei Murata,Yosuke Fukunaga,Takashi Takeda,Makoto Fujii,Tatsuro Yamaguchi,Yoshinori Kagawa,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Takashi Yao,Yuichiro Doki,Kenichi Sugihara,Diseases of the colon and rectum,Vol. 63,No. 10,p. 1403-1410,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Exploring the relationship between oral high-risk HPV infection and sexual behavior among over 400 medical professionals in Japan,Yuko Tokita,Yuko Ohno,Hiroki Cho,Makoto Fujii,Hiroyuki Ishihara,Hidenori Inohara,JOURNAL OF PUBLIC HEALTH-HEIDELBERG,SPRINGER HEIDELBERG,2020年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of a balloon-type vaginal endoscope based on three-dimensional printing technology for self-assessment of pelvic organ prolapse,Myoungjae Jun,Hieyong Jeong,Masayuki Endo,Michiko Kodama,Yuko Ohno,Applied Sciences (Switzerland),Vol. 10,No. 15,2020年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Work-related, personal, and diabetes-related factors relevant to dropout from outpatient diabetes treatment visits among Japanese male employees with diabetes,Nao Sonoda,Soichiro Watanabe,Yuko Ohno,Kayo Godai,Chieko Hatamochi,Yoshie Sugimoto,Satoko Okawa,Maiko Shikama,Akiko Morimoto,Diabetology International,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 11,No. 3,p. 261-268,2020年07月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Driving to childhood cancer hub hospitals: A study on hospital accessibility in Japan,Anna Tsutsui,Yukari Taniyama,Yuko Ohno,Asian Pacific Journal of Cancer Prevention,Vol. 21,No. 6,p. 1725-1730,2020年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence of human papillomavirus in oral gargles and tonsillar washings,H. Cho,T. Kishikawa,Y. Tokita,M. Suzuki,N. Takemoto,A. Hanamoto,T. Fukusumi,M. Yamamoto,M. Fujii,Y. Ohno,H. Inohara,Oral Oncology,Vol. 105,p. 104669-104669,2020年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Hyperuricemia predicts the risk for developing hypertension independent of alcohol drinking status in men and women: the Saku study,Yukako Tatsumi,Kei Asayama,Akiko Morimoto,Michihiro Satoh,Nao Sonoda,Naomi Miyamatsu,Yuko Ohno,Yoshihiro Miyamoto,Satoshi Izawa,Takayoshi Ohkubo,Hypertension Research,SPRINGERNATURE,Vol. 43,No. 5,p. 442-449,2020年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Associations among work-related stress and mental fatigue, and regular exercise in Japanese employees with or without diabetes,Akiko Morimoto,Soichiro Watanabe,Yuko Ohno,Kayo Godai,Chieko Hatamochi,Yoshie Sugimoto,Satoko Okawa,Maiko Shikama,Nao Sonoda,Diabetology International,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 11,No. 2,p. 105-113,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Lymph Node Positivity in One-Step Nucleic Acid Amplification is a Prognostic Factor for Postoperative Cancer Recurrence in Patients with Stage II Colorectal Cancer: A Prospective, Multicenter Study,Michio Itabashi,Hirofumi Yamamoto,Naohiro Tomita,Masafumi Inomata,Kohei Murata,Shigeoki Hayashi,Yasuhiro Miyake,Seiji Igarashi,Takeshi Kato,Shingo Noura,Tomohisa Furuhata,Heita Ozawa,Ichiro Takemasa,Masayoshi Yasui,Hiroshi Takeyama,Shu Okamura,Yuko Ohno,Nariaki Matsuura,Annals of Surgical Oncology,SPRINGER,Vol. 27,No. 4,p. 1077-1083,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Plantar Tactile Sensation for Young Females with Hiesho,Tianyi Wang,Masayuki Endo,Haruka Uehara,Sayaka Suga,Masayo Matsuzaki,Goji Nakamoto,Yuko Ohno,LifeTech 2020 - 2020 IEEE 2nd Global Conference on Life Sciences and Technologies,p. 329-330,2020年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Application of Google Distance Matrix API to investigate healthcare access: a study on Hokkaido, Japan,筒井杏奈,大野ゆう子,SAS Global Forum 2020 Conference Proceedings,Vol. 2020,No. 5026,p. 1-14,2020年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 看護師がおこなうがん患者の疼痛管理教育の効果と支援内容・方法の検討 無作為化比較試験のメタアナリシス,玉木 朋子,竹内 佐智恵,犬丸 杏里,辻川 真弓,大野 ゆう子,三重看護学誌,三重大学医学部看護学科,Vol. 22,No. 22,p. 9-20,2020年03月
  • Rosiglitazone ameliorates senescence and promotes apoptosis in ovarian cancer induced by olaparib,Zehua Wang,Jianwen Gao,Yuko Ohno,Haiou Liu,Congjian Xu,Cancer Chemotherapy and Pharmacology,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 85,No. 2,p. 273-284,2020年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Support needs among eldery and older ostomates: assessment of functional independence and quality of life,Makoto Fujii,Yoshiko Ando,Yuko Ohno,2020年01月
  • Development and evaluation of an end-of-life care simulation for undergraduate nursing students, and its prospects for wider implementation,Tomoko Tamaki,Anri Inumaru,Yumie Yokoi,Makoto Fujii,Yuko Ohno,Mayumi Tsujikawa,2020年01月
  • The life course of cancer survivors: support for survivors of cancer with anxiety about multiple cancers,Mayumi Nagayasu,Makoto Fujii,Haruka Kudo,Yuko Ohno,2020年01月
  • Development of speech-to-text system for real-time nursing record in operatingroom: a preliminary study,Natsumiko Ando,Mayumi Nagayasu,Tetsuya Tajima,Takako Fujimaki,Sayaka Suga,Haruka Kudo,Anna Tsutsui,Maiko Shikama,Makoto Fujii,Jeong Hieyong,Yuko Ohno,2020年01月
  • Analysis on the characteristics of flatus gas sound of gastrointestinal stoma for development sound reduction device,Tetsuya Tajima,Yoshiko Ando,Makoto Fujii,Teruaki Nochino,Yutaka Matsuura,Jeong Hieyong,Yuko Ohno,2020年01月
  • Prototype of three-dimensional-printing-based vaginal endoscope,Myoungjae Jun,Hieyong Jeong,Masayuki Endo,Michiko Kodama,Yuko Ohno,DESIGN AND QUALITY FOR BIOMEDICAL TECHNOLOGIES XIII,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 11231,2020年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Prototype of three-dimensional-printing-based vaginal endoscope,Myoungjae Jun,Hieyong Jeong,Masayuki Endo,Michiko Kodama,Yuko Ohno,Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,Vol. 11231,2020年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Operation of assistive apparatus through recognition of human behavior: Development and experimental evaluation of chair-typed assistive apparatus of nine-link mechanism with 1 degree of freedom,Myoungjae Jun,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Advances in Mechanical Engineering,SAGE PUBLICATIONS LTD,Vol. 12,No. 7,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Hospital Surgical Volume and 3-Year Mortality in Severe Prognosis Cancers: A Population-Based Study Using Cancer Registry Data,Taniyama Yukari,Tabuchi Takahiro,Ohno Yuko,Morishima Toshitaka,Okawa Sumiyo,Koyama Shihoko,Miyashiro Isao,Journal of Epidemiology,日本疫学会,2020年
  • Fasting Blood Glucose Predicts Incidence of Hypertension Independent of HbA1c Levels and Insulin Resistance in Middle-Aged Japanese: The Saku Study,Yukako Tatsumi,Akiko Morimoto,Kei Asayama,Nao Sonoda,Naomi Miyamatsu,Yuko Ohno,Yoshihiro Miyamoto,Satoshi Izawa,Takayoshi Ohkubo,American Journal of Hypertension,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 32,No. 12,p. 1178-1185,2019年11月15日,研究論文(学術雑誌)
  • ストーマ保有者のライフコースに関する検討 排泄自立状況と身体機能の変化に影響を与える要因,藤井 誠,安藤 嘉子,大野 ゆう子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 39回,p. [PB-17],2019年11月
  • シミュレーション教育で知識・技術・自信の向上を目指す End of Lifeケア教育への導入を例として,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,藤井 誠,木戸 倫子,大野 ゆう子,辻川 真弓,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 39回,p. [K24]-[K24],2019年11月
  • ストーマ保有者のライフコースに関する検討 排泄自立状況と身体機能の変化に影響を与える要因,藤井 誠,安藤 嘉子,大野 ゆう子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 39回,p. [PB-17],2019年11月
  • Validation of eurolung risk models in a japanese population: A retrospective single-centre analysis of 612 cases,Akihiro Nagoya,Ryu Kanzaki,Takashi Kanou,Naoko Ose,Soichiro Funaki,Masato Minami,Yasushi Shintani,Anna Tsutsui,Sayaka Suga,Tetsuya Tajima,Yuko Ohno,Meinoshin Okumura,Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 29,No. 5,p. 722-728,2019年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Proposal of a Useful Surrogate Endpoint of the Overall Survival in Patients Undergoing Pulmonary Metastasectomy: The Time to Local Therapy Failure,Ryu Kanzaki,Takashi Kanou,Naoko Ose,Soichiro Funaki,Masato Minami,Testuya Tajima,Makoto Fujii,Yuko Ohno,Yasushi Shintani,World Journal of Surgery,SPRINGER,Vol. 43,No. 10,p. 2640-2646,2019年10月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Image similarity check of nailfold capillary by template matching,Sayaka Suga,Aoi Otomo,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2019,p. 799-803,2019年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Robot Control through Human Intention: Basic Consideration with Assistance of Sit-to-Stand and Stand-to-Sit Movements,Myongjae Jun,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,International Conference on Control, Automation and Systems,Vol. 2019-October,p. 967-969,2019年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 日本における年齢群別ストーマ管理の自立の違いに関する横断的研究,安藤 嘉子,大野 ゆう子,土田 敏恵,片岡 ひとみ,酒井 透江,松原 康美,渡邉 光子,三富 陽子,藤井 誠,木戸 倫子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,一般社団法人 日本創傷・オストミー・失禁管理学会,Vol. 23,No. 3,p. 305-317,2019年10月
  • Associations among work-related stress and mental fatigue, and regular exercise in Japanese employees with or without diabetes,Akiko Morimoto,Soichiro Watanabe,Yuko Ohno,Kayo Godai,Chieko Hatamochi,Yoshie Sugimoto,Satoko Okawa,Maiko Shikama,Nao Sonoda,DIABETOLOGY INTERNATIONAL,SPRINGER JAPAN KK,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Brachial intima-media thickness is associated with coronary artery atherosclerosis in patients with diabetes mellitus.,Tamaki Ono,Toru Miyoshi,Yuko Ohno,Kazuhiro Osawa,Yoichi Takaya,Takashi Miki,Keishi Ichikawa,Hiroshi Ito,Heart and vessels,Vol. 34,No. 9,p. 1405-1411,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • A cross-sectional study on the difference among the age group in independence for stoma management in Japan,Yoshiko Ando,Toshie Tsuchida,Hitomi Kataoka,Yukie Sakai,Yasumi Matsubara,Mitsuko Watanabe,Yoko Mitomi,Makoto Fujii,Michiko Kido,Yuko Ohno,Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy, and Continence Management,Vol. 23,No. 3,p. 305-317,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • The association between glycemic control and lung function impairment in individuals with diabetes: the Saku study,Nao Sonoda,Akiko Morimoto,Yukako Tatsumi,Kei Asayama,Takayoshi Ohkubo,Satoshi Izawa,Yuko Ohno,Diabetology International,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 10,No. 3,p. 213-218,2019年07月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Population-based comparison of determinants of undiagnosed/diagnosed primary angle closure glaucoma (PACG) and open-angle glaucoma (POAG) in the same region,Araie Makoto,Sakai Hiroshi,Fujii Makoto,Iwase Aiko,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,Vol. 60,No. 9,2019年07月
  • Development of four-bar linkage mechanism on chair system for assisting sit-to-stand movement,Hieyong Jeong,An Guo,Tianyi Wang,Myoungiae Jun,Yuko Ohno,2019 4th IEEE International Conference on Advanced Robotics and Mechatronics, ICARM 2019,IEEE,p. 303-308,2019年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Effects of myopia-associated factors and aging on visual field (VF) subfield sensitivities in normal eyes,Iwase Aiko,Fujii Makoto,Ohno Yuko,Araie Makoto,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 60,No. 9,2019年07月
  • Cause of death among 688,474 cancer patients: NANDE study linking vital statistics data and population-based cancer registry data.,Makoto Fujii,Takafumi Shinagawa,Mayumi Nagayasu,Haruka Kudo,Toshitaka Morishima,Yuko Ohno,Tomotaka Sobue,Isao Miyashiro,Group NANDE,2019 Vancouver: NAACCR / IACR Combined Annual Conference,2019年06月
  • Features of the cause of death by age in breast cancer patients and by years after diagnosis: NANDE study linking vital statistics data and population-based cancer registry data,Mayumi Nagayasu,Makoto Fujii,Takafumi Shinagawa,Haruka Kudo,Toshitaka Morishima,Yuko Ohno,Tomotaka Sobue,Isao Miyashiro,Group NANDE,2019 Vancouver: NAACCR / IACR Combined Annual Conference,2019年06月
  • The effectiveness of end-of-life care simulation in undergraduate nursing education: A randomized controlled trial,Tomoko Tamaki,Anri Inumaru,Yumie Yokoi,Makoto Fujii,Mayu Tomita,Yuta Inoue,Michiko Kido,Yuko Ohno,Mayumi Tsujikawa,Nurse Education Today,CHURCHILL LIVINGSTONE,Vol. 76,p. 1-7,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Sleep stage estimation method using a camera for home use,Teruaki Nochino,Yuko Ohno,Takafumi Kato,Masako Taniike,Shima Okada,Biomedical Engineering Letters,SPRINGERNATURE,Vol. 9,No. 2,p. 257-265,2019年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Longitudinal analyses of physiological aging effect on thickness of retinal ganglion cell-related layers and sap sensitivity in normal japanese eyes,Aiko Iwase,MakotoFujii,Yuko Ohno,Gary Lee,Makoto Araie,8th world glaucoma congress,2019年03月
  • Noninvasive measurement for emotional arousal during acupuncture using thermal image,Tianyi Wang,Hieyong Jeong,Shima Okada,Yuko Ohno,2019 IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies, LifeTech 2019,IEEE,p. 63-64,2019年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Impact of fatty pancreas and lifestyle on the development of subclinical chronic pancreatitis in healthy people undergoing a medical checkup,Makoto Fujii,Yuko Ohno,Makoto Yamada,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Environmental Health and Preventive Medicine,SPRINGER,Vol. 24,No. 1,p. 10-10,2019年02月07日,研究論文(学術雑誌)
  • 後期高齢者における死因割合の経年的変化,藤牧貴子,藤井 誠,井上勇太,田嶋哲也,永安真弓,大野ゆう子,平成30年度放射線健康管理・健康不安対策事業祖父江第2回班会議,2019年02月
  • 後期高齢者の死亡動向の検討,田嶋哲也,藤井 誠,井上勇太,永安真弓,藤牧貴子,大野ゆう子,平成30年度放射線健康管理・健康不安対策事業祖父江第2回班会議,2019年02月
  • 周産期データの動向,井上勇太,藤井 誠,藤牧貴子,永安真弓,田嶋哲也,大野ゆう子,平成30年度放射線健康管理・健康不安対策事業祖父江第2回班会議,2019年02月
  • Cause of death other than cancer for 323,791 cancer patients: NANDE study, a record linkage of vital statistics data and population-based cancer registry data.,Isao Miyashiro,Takafumi Shinagawa,Makoto Fujii,Toshitaka Morishima,Yuko Ohno,Tomotaka Sobue,Group NANDE,11th AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: Biology to Precision Medicine,2019年02月
  • The effect of tea catechins on natural killer cell activity in the elderly: A pilot study,Ryo Iketani,Daisuke Furushima,Takuma Nishimura,Yui Hirama,Shintaro Onishi,Hidetoshi Kanbara,Takuya Mori,Noriyasu Ota,Yuko Ohno,Hiroshi Yamada,Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics,The Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics,Vol. 50,No. 4,p. 139-145,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory Effects of Tofogliflozin on Cardiac Hypertrophy in Dahl Salt-Sensitive and Salt-Resistant Rats Fed a High-Fat Diet,Kimura Tomonari,Miura Daiji,Wada Jun,Ito Hiroshi,Nakamura Kazufumi,Miyoshi Toru,Yoshida Masashi,Akazawa Kaoru,Saito Yukihiro,Akagi Satoshi,Ohno Yuko,Kondo Megumi,International Heart Journal,一般社団法人 インターナショナル・ハート・ジャーナル刊行会,Vol. 60,No. 3,p. 728-735,2019年
  • Impact of an End-Of-Life care simulation for undergraduate nursing students: results from a multisite university implementation in Japan,Tomoko Tamaki,Anri Inumaru,Yumie Yokoi,Mayu Tomita,Makoto Fujii,Yuta Inoue,Nanae Ikeda,Masako Miyajima,Michiko Kido,Yuko Ohno,Mayumi Tsujikawa,East Asian Forum of Nursing Scholars,Vol. 22,p. 3-3,2019年01月
  • Development and evaluation of a terminal care simulation scenario for nursing students: Examination of reliability between evaluators in the Objective Structured Clinical Examination in a randomized controlled trial,Makoto Fujii,Tomoko Tamaki,Anri Inumaru,Yumie Yokoi,Yuta Inoue,Yuko Ohno,Mayumi Tsujikawa,East Asian Forum of Nursing Scholars,Vol. 22,p. 266-266,2019年01月
  • プロジェクト研究会-虫垂癌の臨床病理学的研究- 集積データの一次報告,武田和,藤井誠,賀川義規,三吉範克,高橋秀和,原口直紹,畑泰司,松田宙,水島恒和,山本浩文,森正樹,土岐祐一郎,大野ゆう子,村田幸平,第90回 大腸癌研究会,2019年01月
  • Robot Control through Human Intention: Basic Consideration with Assistance of Sit-to-Stand and Stand-to-Sit Movements,Myongjae Jun,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,2019 19TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONTROL, AUTOMATION AND SYSTEMS (ICCAS 2019),IEEE,p. 967-969,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Risk of developing type 2 diabetes according to blood pressure levels and presence or absence of hypertensive treatment: the Saku study,Yukako Tatsumi,Akiko Morimoto,Kei Asayama,Nao Sonoda,Naomi Miyamatsu,Yuko Ohno,Yoshihiro Miyamoto,Satoshi Izawa,Takayoshi Ohkubo,Hypertension Research,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 42,No. 1,p. 105-113,2019年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 医療機器運用全体のavailability評価に関する研究 臨床工学技士による問い合わせ(オンコール)対応からのアプローチ,藤井 清孝,大野 ゆう子,丁 憙勇,木戸 倫子,医療機器学,(一社)日本医療機器学会,Vol. 88,No. 6,p. 620-627,2018年12月
  • Fault classification with discriminant analysis during sit-to-stand movement assisted by a nursing care robot,Tianyi Wang,Hieyong Jeong,Mikio Watanabe,Yoshinori Iwatani,Yuko Ohno,Mechanical Systems and Signal Processing,ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 113,p. 90-101,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 人工肛門保有者の排ガス音の客観的評価に関する研究,田嶋哲也,安藤嘉子,松裏豊,藤井誠,丁憙勇,木戸倫子,大野ゆう子,看護理工学会学術集会,Vol. 6,2018年10月
  • Collaborative work on Population-based cancer registry data in Indonesia,Pradnya Sri Rahayu,Julyanti Agustina,Fariha Ramadhaniah,Septiawati,Desy Khairina,Anggi Kartikawati,Rini Yulianita,Dian Triana Sinulingga,Evlina Suzanna Sinuraya,Abdul Kadir,Aries Hamzah,Ester Marini Lubis,Niken W. Palupi,Ina Rosalina,Lily S. Sulistiowati,Tri Hesty,Widyastuti M,Henggar Pramudityo,Makoto Fujii,Yuko Ohno,Kumiko Saika,Tomohiro Matsuda,Asian National Cancer Centers Alliance,2018年10月
  • Correction: Atrial natriuretic peptide prevents cancer metastasis through vascular endothelial cells (Proc Natl Acad Sci USA, (2015) 112 (4086–4091) DOI: 10.1073/pnas.1417273112),Takashi Nojiri,Hiroshi Hosoda,Takeshi Tokudome,Koichi Miura,Shin Ishikane,Kentaro Otani,Ichiro Kishimoto,Yasushi Shintani,Masayoshi Inoue,Toru Kimura,Noriyoshi Sawabata,Masato Minami,Tomoyuki Nakagiri,Soichiro Funaki,Yukiyasu Takeuchi,Hajime Maeda,Hiroyasu Kidoya,Hiroshi Kiyonari,Go Shioi,Yuji Arai,Takeshi Hasegawa,Nobuyuki Takakura,Megumi Hori,Yuko Ohno,Mikiya Miyazato,Naoki Mochizuki,Meinoshin Okumura,Kenji Kangawa,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,Vol. 115,No. 33,p. E7883-E7886,2018年08月14日,研究論文(学術雑誌)
  • Structure-function relationship in the aging process in normal subjects,Araie Makoto,Fujii Makoto,Ohno Yuko,Tanaka Yuki,Kikawa Tsutomu,Iwase Aiko,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 59,No. 9,2018年07月
  • A prospective study of the impact of diabetes mellitus on restrictive and obstructive lung function impairment: The Saku study,Nao Sonoda,Akiko Morimoto,Yukako Tatsumi,Kei Asayama,Takayoshi Ohkubo,Satoshi Izawa,Yuko Ohno,Metabolism: Clinical and Experimental,W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC,Vol. 82,p. 58-64,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • The effect of concentric constriction of the visual field to 10 and 15 degrees on simulated motor vehicle accidents,Sachiko Udagawa,Shinji Ohkubo,Aiko Iwase,Yuto Susuki,Shiho Kunimatsu-Sanuki,Takeo Fukuchi,Chota Matsumoto,Yuko Ohno,Hiroshi Ono,Kazuhisa Sugiyama,Makoto Araie,PLoS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 13,No. 3,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation and Fault Classification for Service Robot during Sit- to-Stand Movement through Center of Mass,Tianyi Wang,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Service Robots,InTech,p. 45-64,2018年01月04日,論文集(書籍)内論文
  • Effect of Wandering Sensing Systems on Wireless Medical Telemetry Systems,Fujii Kiyotaka,Ohno Yuko,Kido Michiko,Ishida Kai,Jeong Hieyong,医療情報学,一般社団法人 日本医療情報学会,Vol. 38,No. 6,p. 321-336,2018年
  • Classification of skilled experts through center-of-pressure velocity,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering,Vol. 56,No. Proc,p. 61-62,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of breast cancer risk based on common genetic variants in Japanese women,Hidemi Ito,Motoki Iwasaki,Chihaya Koriyama,Yukari Taniyama,Isao Oze,Issei Imoto,Yuko Ohno,Shoichiro Tsugane,Hiroji Iwata,Keitaro Matsuo,CANCER SCIENCE,WILEY,Vol. 109,p. 483-483,2018年01月
  • Estimation of lifetime cumulative incidence risk by risk stratification for Japanese women,Yukari Taniyama,Hidemi Ito,Motoki Iwasaki,Chihaya Koriyama,Shoichiro Tsugane,Yuko Ohno,Keitaro Matsuo,CANCER SCIENCE,WILEY,Vol. 109,p. 483-483,2018年01月
  • Association between alcohol consumption and incidence of impaired insulin secretion and insulin resistance in Japanese: The Saku study,Yukako Tatsumi,Akiko Morimoto,Kei Asayama,Nao Sonoda,Naomi Miyamatsu,Yuko Ohno,Yoshihiro Miyamoto,Satoshi Izawa,Takayoshi Ohkubo,Diabetes Research and Clinical Practice,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 135,p. 11-17,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Japanese Sleep Questionnaire for Elementary Schoolers (JSQ-ES): validation and population-based score distribution,Ayano Kuwada,Ikuko Mohri,Ryosuke Asano,Shigeyuki Matsuzawa,Kumi Kato-Nishimura,Ikuko Hirata,Takashi Mitsuhosi,Kuriko Kagitani-Shimono,Mariko Nakanishi,Masaya Tachibana,Yuko Ohno,Masako Taniike,Sleep Medicine,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 41,p. 69-77,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • The impact of one-dose package of medicines on patient waiting time in dispensing pharmacy: Application of a discrete event simulation model,Daisuke Furushima,Hiroshi Yamada,Michiko Kido,Yuko Ohno,Biological and Pharmaceutical Bulletin,The Pharmaceutical Society of Japan,Vol. 41,No. 3,p. 409-418,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Development of noncontact respiration monitoring method with web-camera during sleep,Teruaki Nochino,Yuko Ohno,Shima Okada,2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2017,IEEE,Vol. 2017-January,p. 1-2,2017年12月19日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Author Replies,Masaaki Miyo,Ichiro Takemasa,Hiroyuki Ishihara,Taishi Hata,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Diseases of the Colon and Rectum,Vol. 60,No. 11,p. e631-e632,2017年11月01日
  • Trends in cancer incidence rate among elderly adults in Japan using population-based cancer registries,Makoto Fujii,Chisato Abe,Naoko Wada,Hiroyuki Ishihara,Yuta Inoue,Michiko Kido,Jeong Hieyong,Yuko Ohno,Annual Conference International Associational of Cancer Registries,Vol. 39th,p. 81-81,2017年10月
  • Trends of blood cancer among elderly adults,Yuta Inoue,Hiroyuki Ishihara,Makoto Fujii,Akiho Mihara,Michiko Kido,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Annual Conference International Associational of Cancer Registries,Vol. 39th,p. 89-89,2017年10月
  • The long-term trends of childhood cancer in Japan based on population-based cancer registries,Hiroyuki Ishihara,Midori Soda,Makoto Fujii,Junichi Hara,Yuko Ohno,Annual Conference International Associational of Cancer Registries,Vol. 39th,p. 78-78,2017年10月
  • Trends among elderly people requiring a stoma in Japan,Akiho Mihara,Hiroyuki Ishihara,Makoto Fujii,Yoshiko Ando,Michiko Kido,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Annual Conference International Associational of Cancer Registries,Vol. 39th,p. 88-88,2017年10月
  • Symmetric lifting posture recognition of skilled experts with linear discriminant analysis by center-of-pressure velocity,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Intelligent Service Robotics,SPRINGER HEIDELBERG,Vol. 10,No. 4,p. 323-332,2017年10月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Control of twisting manipulation using a multi-fingered robotic hand with a common rotational axis,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,International Journal of Control, Automation and Systems,INST CONTROL ROBOTICS & SYSTEMS, KOREAN INST ELECTRICAL ENGINEERS,Vol. 15,No. 5,p. 2262-2271,2017年10月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory Effects of Mulberry Leaf Leachates on Proliferation of MDA-MB-231 Cells and Their Survivin Protein Expression,Wei Wei Miao,Zhi Xiong Wang,Tong Yu Shi,YuKo Ohno,Modern Food Science and Technology,Vol. 33,No. 9,p. 13-19,2017年09月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Self-Reliance Support Robot Through Relative Phase,Tianyi Wang,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,IEEE Access,IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC,Vol. 5,p. 17816-17823,2017年08月31日,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of dust concentration due to differences in internal structure of restaurant,馬醫世志子,鈴木珠水,大野ゆう子,新里嘉澄,野村佳那子,樋口玲,Japan Hospitals,No. 36,p. 15-23,2017年07月
  • Status of use of laundry detergent and fabric softener by nursing school students in Japan and review of fragrance preferences,鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子,Japan Hospitals,No. 36,p. 43-53,2017年07月
  • Epidemiological analysis of childhood cancer in Japan based on population-based cancer registries, 1993-2009,Hiroyuki Ishihara,Yuko Ohno,Makoto Fujii,Junichi Hara,Midori Soda,Japanese Journal of Clinical Oncology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 47,No. 7,p. 660-663,2017年07月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Long-term outcomes of single-site laparoscopic colectomy with complete mesocolic excision for colon cancer: Comparison with conventional multiport laparoscopic colectomy using propensity score matching,Masaaki Miyo,Ichiro Takemasa,Hiroyuki Ishihara,Taishi Hata,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Diseases of the Colon and Rectum,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 60,No. 7,p. 664-673,2017年07月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of behavioral change after adenotonsillectomy for obstructive sleep apnea in children with autism spectrum disorder,Emi Murata,Ikuko Mohri,Kumi Kato-Nishimura,Jiro Iimura,Makoto Ogawa,Masaya Tachibana,Yuko Ohno,Masako Taniike,Research in Developmental Disabilities,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 65,p. 127-139,2017年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Estimation of the basic reproduction number of novel influenza A (H1N1) pdm09 in elementary schools using the SIR model,Daisuke Furushima,Shoko Kawano,Yuko Ohno,Masayuki Kakehashi,Open Nursing Journal,Vol. 11,p. 64-72,2017年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Screening sleep disordered breathing with noncontact measurement in a clinical site,Yutaka Matsuura,Hieyong Jeong,Kenji Yamada,Kenji Watabe,Kayo Yoshimoto,Yuko Ohno,Journal of Robotics and Mechatronics,Fuji Technology Press Ltd.,Vol. 29,No. 2,p. 327-337,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluating the effectiveness of a vascular access imaging device used in training recently graduated nurses,Yutaka Murakami,Yuko Ohno,Miki Nishimura,Michiko Kido,Kenji Yamada,Journal of Robotics and Mechatronics,Vol. 29,No. 2,p. 346-352,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Group-sequential three-arm noninferiority clinical trial designs,Toshimitsu Ochiai,Toshimitsu Hamasaki,Scott R. Evans,Koko Asakura,Yuko Ohno,Journal of Biopharmaceutical Statistics,TAYLOR & FRANCIS INC,Vol. 27,No. 1,p. 1-24,2017年01月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluating the Effectiveness of a Vascular Access Imaging Device Used in Training Recently Graduated Nurses,Murakami Yutaka,Ohno Yuko,Nishimura Miki,Kido Michiko,Yamada Kenji,Journal of Robotics and Mechatronics,富士技術出版株式会社,Vol. 29,No. 2,p. 346-352,2017年
  • Screening Sleep Disordered Breathing with Noncontact Measurement in a Clinical Site.,Yutaka Matsuura,Hieyong Jeong,Kenji Yamada,Kenji Watabe,Kayo Yoshimoto,Yuko Ohno,J. Robotics Mechatronics,Vol. 29,No. 2,p. 327-337,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Reduction in Fall Risk and Medical Cost with Foot Care in the Elderly,Yamashita Kazuhiko,Anzai Emi,Yamashita Tomoko,Ohta Yuji,Sato Mitsuru,Ino Shuichi,Yamada Kenji,Ohno Yuko,Advanced Biomedical Engineering,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 6,No. 0,p. 83-87,2017年
  • Estimation of lifetime cumulative incidence and mortality risk of gastric cancer,Yukari Taniyama,Kota Katanoda,Hadrien Charvat,Megumi Hori,Yuko Ohno,Shizuka Sasazuki,Shoichiro Tsugane,Japanese Journal of Clinical Oncology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 47,No. 11,p. 1097-1102,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Measurement of respiration rate and depth through difference in temperature between skin surface and nostril by using thermal image,Hieyong Jeong,Yutaka Matsuura,Yuko Ohno,Studies in Health Technology and Informatics,IOS PRESS,Vol. 245,p. 417-421,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Linear discriminant analysis for symmetric lifting recognition of skilled logistic experts by center of pressure trajectory,Hieyong Jeong,Michiko Kido,Yuko Ohno,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,IEEE,Vol. 2016-October,p. 4573-4576,2016年10月13日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 人工肛門保有者の排ガス音の客観的評価と食事・睡眠とガスの関連性に関する研究,安藤嘉子,松裏豊,藤井誠,木戸倫子,大野ゆう子,看護理工学会学術集会,Vol. 4,2016年10月
  • Risk of proteinuria among individuals with persistent borderline diabetes: the Saku study,Yukako Tatsumi,Akiko Morimoto,Fumie Soyano,Tetsuo Shimoda,Naomi Miyamatsu,Yuko Ohno,Shiro Sakaguchi,Diabetology International,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 7,No. 2,p. 181-187,2016年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Decreased glucagon levels and decreased insulin secretion after sitagliptin versus mitiglinide administration with similar glycemic levels following an oral glucose load: a randomized crossover pharmaceutical mechanistic study.,Akiyama Y,Morita-Ohkubo T,Oshitani N,Ohno Y,Aso Y,Inukai T,Kakei M,Kawakami M,Awata T,Katayama S,Matsuda M,Diabetology international,Vol. 7,No. 1,p. 25-33,2016年03月
  • Sleep problems are more frequent and associated with problematic behaviors in preschoolers with autism spectrum disorder,Ikuko Hirata,Ikuko Mohri,Kumi Kato-Nishimura,Masaya Tachibana,Ayano Kuwada,Kuriko Kagitani-Shimono,Yuko Ohno,Keiichi Ozono,Masako Taniike,Research in Developmental Disabilities,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 49-50,p. 86-99,2016年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of Center of Pressure Location during Asymmetric Lifting,Hieyong Jeong,Kenji Yamada,Michiko Kido,Yuko Ohno,Soichiro Watanabe,Taishin Nomura,Proceedings - 2015 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2015,IEEE COMPUTER SOC,p. 2471-2474,2016年01月12日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Effectiveness of surface enhanced Raman spectroscopy of tear fluid with soft substrate for point-of-care therapeutic drug monitoring,K. Yamada,T. Endo,H. Imai,M. Kido,H. Jeong,Y. Ohno,Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,Vol. 9715,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation of motion compensation method for assessing the gastrointestinal motility using three dimensional endoscope,Kayo Yoshimoto,Kenji Yamada,Kenji Watabe,Tetsuji Fujinaga,Michiko Kido,Toshiaki Nagakura,Hideya Takahashi,Hideki Iijima,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Yuko Ohno,Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,Vol. 9698,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Linear Discriminant Analysis for Symmetric Lifting Recognition of Skilled Logistic Experts by Center of Pressure Trajectory,Hieyong Jeong,Michiko Kido,Yuko Ohno,2016 38TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY (EMBC),IEEE,p. 4573-4576,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation of motion compensation method for assessing the gastrointestinal motility using three dimensional endoscope,Kayo Yoshimoto,Kenji Yamada,Kenji Watabe,Tetsuji Fujinaga,Michiko Kido,Toshiaki Nagakura,Hideya Takahashi,Hideki Iijima,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Yuko Ohno,ADVANCED BIOMEDICAL AND CLINICAL DIAGNOSTIC AND SURGICAL GUIDANCE SYSTEMS XIV,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 9698,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Continuous non-invasive blood pressure during continuous repositioning by pulse transit time,Hieyong Jeong,Kayo Yoshimoto,Tianyi Wang,Takafumi Ohno,Kenji Yamada,Michiko Kido,Yuko Ohno,Cogent Engineering,TAYLOR & FRANCIS AS,Vol. 3,No. 1,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Biatrial Appendage Thrombi in a Heart Failure Patient With Sinus Rhythm Detailed Assessment by Real-Time 3-Dimensional Transesophageal Echocardiography,Hiroki Oe,Yuko Ohno,Toshiaki Yamanaka,Nobuhisa Watanabe,Hiroshi Ito,CIRCULATION,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 133,No. 1,p. E1-E4,2016年01月
  • Analysis of Difference in Center-of-Pressure Positions between Experts and Novices during Asymmetric Lifting,Hieyong Jeong,Kenji Yamada,Michiko Kido,Shima Okada,Taishin Nomura,Yuko Ohno,IEEE Journal of Translational Engineering in Health and Medicine,Vol. 4,p. 2100311-2100311,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • 機能評価係数Ⅱ各係数における評価の妥当性の検討,藤井誠,大野ゆう子,木戸倫子,山田憲嗣,看護理工学会学術集会,Vol. 3,2015年10月
  • 地域がん登録を利用した小児がんに関する基礎データ分析,石原啓之,大野ゆう子,木戸倫子,安藤嘉子,藤井誠,澤田想野,松裏豊,谷山祐香里,今井秀人,河野愛弓,王天一,看護理工学会学術集会,Vol. 3,p. 55-55,2015年10月
  • 網羅的治療経過データベースの構築についての検討,谷山祐香里,大野ゆう子,菫乙琦,藤井誠,石原啓之,澤田想野,木戸倫子,松村泰志,藤井歩美,小林栄仁,木村正,看護理工学会学術集会,Vol. 3,p. 63-63,2015年10月
  • 救急隊による救急コールから病院決定・搬送までの実態と情報システムの課題調査,平田澪奈,藤井誠,木戸倫子,大野ゆう子,看護理工学会学術集会,Vol. 3,2015年10月
  • Relation analysis on the Second Functional Evaluation Coefficients and the hospital parameters; Based on the association of local in Japan.,Makoto Fujii,Yuko Ohno,Association of Pacific Rim Universities Global Health Workshop,2015年10月
  • Development of a simple driving simulator (DS) with gaze-tracking system and factors and visual subfield relating to the DS-collision in glaucoma patients,Aiko Iwase,Makoto Araie,Shiho Kunimatsu-Sanuki,Hiroshi Ono,Yuto Susuki,Yuko Ohno,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 56,No. 7,2015年06月
  • Combination antiemetic therapy with aprepitant/fosaprepitant in patients with colorectal cancer receiving oxaliplatin-based chemotherapy (SENRI trial): A multicentre, randomised, controlled phase 3 trial,Junichi Nishimura,Taroh Satoh,Mutsumi Fukunaga,Hiroyoshi Takemoto,Ken Nakata,Yoshihito Ide,Takayuki Fukuzaki,Toshihiro Kudo,Yasuhiro Miyake,Masayoshi Yasui,Shunji Morita,Daisuke Sakai,Mamoru Uemura,Taishi Hata,Ichiro Takemasa,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Hirofumi Yamamoto,Mitsugu Sekimoto,Riichiro Nezu,Yuichiro Doki,Masaki Mori,European Journal of Cancer,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 51,No. 10,p. 1274-1282,2015年05月30日,研究論文(学術雑誌)
  • Daytime physical activity and sleep in pre-schoolers with developmental disorders,Yukako Tatsumi,Ikuko Mohri,Sachiko Shimizu,Masaya Tachibana,Yuko Ohno,Masako Taniike,Journal of paediatrics and child health,WILEY-BLACKWELL,Vol. 51,No. 4,p. 396-402,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Sample Size Considerations in Clinical Trials When Comparing Two Interventions Using Multiple Co-Primary Binary Relative Risk Contrasts,Yuki Ando,Toshimitsu Hamasaki,Scott R. Evans,Koko Asakura,Tomoyuki Sugimoto,Takashi Sozu,Yuko Ohno,Statistics in Biopharmaceutical Research,AMER STATISTICAL ASSOC,Vol. 7,No. 2,p. 81-94,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Atrial natriuretic peptide prevents cancer metastasis through vascular endothelial cells.,Takashi Nojiri,Hiroshi Hosoda,Takeshi Tokudome,Koichi Miura,Shin Ishikane,Kentaro Otani,Ichiro Kishimoto,Yasushi Shintani,Masayoshi Inoue,Toru Kimura,Noriyoshi Sawabata,Masato Minami,Tomoyuki Nakagiri,Soichiro Funaki,Yukiyasu Takeuchi,Hajime Maeda,Hiroyasu Kidoya,Hiroshi Kiyonari,Go Shioi,Yuji Arai,Takeshi Hasegawa,Nobuyuki Takakura,Megumi Hori,Yuko Ohno,Mikiya Miyazato,Naoki Mochizuki,Meinoshin Okumura,Kenji Kangawa,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,NATL ACAD SCIENCES,Vol. 112,No. 13,p. 4086-91,2015年03月31日,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of body mass index on insulin secretion or sensitivity and diabetes,Yukako Tatsumi,Akiko Morimoto,Naomi Miyamatsu,Mitsuhiko Noda,Yuko Ohno,Kijyo Deura,American Journal of Preventive Medicine,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 48,No. 2,p. 128-135,2015年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A study on the quantitative evaluation of skin barrier function,Tomomi Maruyama,Yasuhiro Kabetani,Michiko Kido,Kenji Yamada,Hirotoshi Oikaze,Yohei Takechi,Tomotaka Furuta,Shoichi Ishii,Haruna Katayama,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,Vol. 9313,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Paper-based surface enhanced Raman spectroscopy of phenobarbital sodium for point-of-care therapeutic drug monitoring,Moe Yokoyama,Kenji Yamada,Takahiro Nishimura,Michiko Kido,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,Vol. 9332,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Paper-based surfaced enhanced Raman spectroscopy for drug level testing with tear fluid,Kenji Yamada,Moe Yokoyama,Hieyong Jeong,Michiko Kido,Yuko Ohno,CLINICAL AND BIOMEDICAL SPECTROSCOPY AND IMAGING IV,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 9537,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Gastrointestinal tract volume measurement method using a compound eye type endoscope,Kayo Yoshimoto,Kenji Yamada,Kenji Watabe,Michiko Kido,Toshiaki Nagakura,Hideya Takahashi,Tsutomu Nishida,Hideki Iijima,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Yuko Ohno,Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,Vol. 9313,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A study on the quantitative evaluation of skin barrier function,Tomomi Maruyama,Yasuhiro Kabetani,Michiko Kido,Kenji Yamada,Hirotoshi Oikaze,Yohei Takechi,Tomotaka Furuta,Shoichi Ishii,Haruna Katayama,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,ADVANCED BIOMEDICAL AND CLINICAL DIAGNOSTIC AND SURGICAL GUIDANCE SYSTEMS XIII,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 9313,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Gastrointestinal tract volume measurement method using a compound eye type endoscope,Kayo Yoshimoto,Kenji Yamada,Kenji Watabe,Michiko Kido,Toshiaki Nagakura,Hideya Takahashi,Tsutomu Nishida,Hideki Iijima,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Yuko Ohno,ADVANCED BIOMEDICAL AND CLINICAL DIAGNOSTIC AND SURGICAL GUIDANCE SYSTEMS XIII,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 9313,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Paper-based surface enhanced Raman spectroscopy of phenobarbital sodium for point-of-care therapeutic drug monitoring,Moe Yokoyama,Kenji Yamada,Takahiro Nishimura,Michiko Kido,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,OPTICAL DIAGNOSTICS AND SENSING XV: TOWARD POINT-OF-CARE DIAGNOSTICS,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 9332,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Risk of bile duct cancer among printing workers exposed to 1,2-dichloropropane and/or dichloromethane,Tomotaka Sobue,Mai Utada,Takeshi Makiuchi,Yuko Ohno,Shinichiro Uehara,Tomoshige Hayashi,Kyoko Kogawa Sato,Ginji Endo,Journal of Occupational Health,Japan Society for Occupational Health,Vol. 57,No. 3,p. 230-236,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Predicting Preoperative Hemodynamic Changes Using the Visual Analog Scale,Noriyoshi Tanaka,Yuko Ohno,Megumi Hori,Mai Utada,Kenji Ito,Toshiyasu Suzuki,Fumiko Furukawa,Journal of Perianesthesia Nursing,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 30,No. 6,p. 460-467,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Transdermal drug delivery system constructed by polyhydroxyalkanoates and PAMAM dendrimers,Wei Wei Miao,Zhi Xiong Wang,Jun Li Zhang,Ohno Yuko,Chinese Journal of Tissue Engineering Research,Journal of Clinical Rehabilitative Tissue Engineering Research,Vol. 18,No. 52,p. 8433-8437,2014年12月17日,研究論文(学術雑誌)
  • An analysis of the developmental trajectory of children with autism spectrum disorders,Hammi Azuma,Ikuko Mohri,Masaya Tachibana,Yuko Ohno,Masako Taniike,No To Hattatsu,Vol. 46,No. 6,p. 429-437,2014年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility study of paper-based surface enhanced Raman spectroscopy of tear fluids for onsite therapeutic drug monitoring,Moe Yokoyama,Takahiro Nishimura,Kenji Yamada,Michiko Kido,Yuko Ohno,Yoshiaki Sakurai,Daiki Mita,Yoshinori Yamaguchi,Eiichi Tamiya,Toshiaki Nagakura,World Automation Congress Proceedings,IEEE,p. 474-477,2014年10月24日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 機能評価係数Ⅱ向上に向けたDPC病院の取り組みの方向性についての分析,藤井誠,大野ゆう子,石原啓之,辰巳友佳子,董乙琦,劉暁輝,木戸倫子,山田憲嗣,看護理工学会学術集会,Vol. 2,2014年10月
  • The burden of rare cancer in Japan: Application of the RARECARE definition,Tomoko Tamaki,Yiqi Dong,Yuko Ohno,Tomotaka Sobue,Hiroshi Nishimoto,Akiko Shibata,Cancer Epidemiology,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 38,No. 5,p. 490-495,2014年10月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Increase in Homeostasis Model Assessment of Insulin Resistance (HOMA-IR) had a strong impact on the development of type 2 diabetes in Japanese individuals with impaired insulin secretion: The Saku study,Akiko Morimoto,Yukako Tatsumi,Fumie Soyano,Naomi Miyamatsu,Nao Sonoda,Kayo Godai,Yuko Ohno,Mitsuhiko Noda,Kijyo Deura,PLoS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 9,No. 8,2014年08月28日,研究論文(学術雑誌)
  • Paper-based surfaced enhanced Raman spectroscopy for drug level testing with tear fluid,Kenji Yamada,Moe Yokoyama,Hieyong Jeong,Michiko Kido,Yuko Ohno,Optics InfoBase Conference Papers,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 9537,2014年07月21日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Seasonal differences in total antioxidant capacity intake from foods consumed by a Japanese population,Y. Tatsumi,J. Ishihara,A. Morimoto,Y. Ohno,S. Watanabe,European Journal of Clinical Nutrition,Nature Publishing Group,Vol. 68,No. 7,p. 799-803,2014年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Incidence of multiple primary cancers and interval between first and second primary cancers,Mai Utada,Yuko Ohno,Megumi Hori,Midori Soda,Cancer Science,WILEY-BLACKWELL,Vol. 105,No. 7,p. 890-896,2014年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Psychometric properties and population-based score distributions of the Japanese Sleep Questionnaire for Preschoolers,Sachiko Shimizu,Kumi Kato-Nishimura,Ikuko Mohri,Kuriko Kagitani-Shimono,Masaya Tachibana,Yuko Ohno,Masako Taniike,Sleep Medicine,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 15,No. 4,p. 451-458,2014年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluating the effectiveness of vascular access imaging device in training of new graduate nurses,Y. Murakami,Y. Ohno,M. Nishimura,M. Kido,K. Yamada,2014 IEEE Healthcare Innovation Conference, HIC 2014,p. 343-346,2014年02月10日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Paper-based Raman spectroscopy for on-site therapeutic drug monitoring,Moe Yokoyama,Takahiro Nishimura,Kenji Yamada,Yuko Ohno,2014 IEEE Healthcare Innovation Conference, HIC 2014,IEEE,p. 207-210,2014年02月10日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A study on estimating blood pressure during body postural change based on pulse transit time,Hieyong Jeong,Mari Hayashi,Masaki Sekine,Toshiyo Tamura,Michiko Kido,Kenji Yamada,Yuko Ohno,2014 IEEE Healthcare Innovation Conference, HIC 2014,IEEE,p. 153-156,2014年02月10日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Optimization of workspace through perturbation analysis of rehabilitation cable robot,Hieyong Jeong,Soichiro Watanabe,Kenji Yamada,Kiyoshi Yoshida,Michiko Kido,Yuko Ohno,BMEiCON 2014 - 7th Biomedical Engineering International Conference,IEEE,2014年01月20日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Forward kinematic solution through geometry analysis for rehabilitation cable robot,Hieyong Jeong,Soichiro Watanabe,Kenji Yamada,Kiyoshi Yoshida,Michiko Kido,Yuko Ohno,BMEiCON 2014 - 7th Biomedical Engineering International Conference,IEEE,2014年01月20日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Effectiveness evaluation of waist support tool through human posture balance,Saki Shimizu,Hieyong Jeong,Michiko Kido,Eiji Miyoshi,Kenji Yamada,Yuko Ohno,Taishin Nomura,Soichiro Watanabe,Kazuo Torigai,Masanobu Hayashi,BMEiCON 2014 - 7th Biomedical Engineering International Conference,IEEE,2014年01月20日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Speech analysis of the empathic statuses in free conversations,Yahan Gao,Risu Na,Yuko Ohno,Yoshihiko Hayashi,Proceedings of the IASTED International Conference on Modelling, Simulation and Identification, MSI 2014,p. 99-104,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Estimating empathic states in a spoken dialogue data by using speech parameters,Yahan Gao,Risu Na,Yuko Ohno,Yoshihiko Hayashi,Proceedings of the IASTED International Conference on Health Informatics, AfricaHI 2014,p. 321-328,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Amplification and modulation of fluorescent signals by using hybridization chain reactions for multiplexed sensing of biomolecules in a one-pot,Takahiro Nishimura,Yusuke Ogura,Kenji Yamada,Yuko Ohno,Jun Tanida,Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,SPIE,Vol. 8954,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation of the three-dimensional endoscope system for assessing the gastrointestinal motility,Kayo Yoshimoto,Kenji Yamada,Kenji Watabe,Maki Takeda,Takahiro Nishimura,Michiko Kido,Toshiaki Nagakura,Hideya Takahashi,Tsutomu Nishida,Hideki Iijima,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Yuko Ohno,Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,Vol. 8935,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Photonic DNA Processors for Optical Communication between Nano and MacroWorld,Takahiro Nishimura,Yusuke Ogura,Kenji Yamada,Yuko Ohno,Jun Tanida,IEICE Proceeding Series,The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers,No. 46,p. 582-585,2014年
  • Long-term trends in incidence and mortality of intrahepatic and extrahepatic bile duct cancer in Japan,Mai Utada,Yuko Ohno,Tomoko Tamaki,Tomotaka Sobue,Ginji Endo,Journal of Epidemiology,Japan Epidemiological Association,Vol. 24,No. 3,p. 193-199,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the three-dimensional endoscope system for assessing the gastrointestinal motility,Kayo Yoshimoto,Kenji Yamada,Kenji Watabe,Maki Takeda,Takahiro Nishimura,Michiko Kido,Toshiaki Nagakura,Hideya Takahashi,Tsutomu Nishida,Hideki Iijima,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Yuko Ohno,ADVANCED BIOMEDICAL AND CLINICAL DIAGNOSTIC AND SURGICAL GUIDANCE SYSTEMS XII,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 8935,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Amplification and modulation of fluorescent signals by using hybridization chain reactions for multiplexed sensing of biomolecules in a one-pot,Takahiro Nishimura,Yusuke Ogura,Kenji Ymada,Yuko Ohno,Jun Tanida,NANOSCALE IMAGING, SENSING, AND ACTUATION FOR BIOMEDICAL APPLICATIONS XI,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 8954,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Experimental evaluation of human postural balance through lifting loads,Hieyong Jeong,Saki Shimizu,Michiko Kido,Taishin Nomura,Eiji Miyoshi,Kenji Yamada,Yuko Ohno,Soichiro Watanabe,Kazuo Torigai,Masanobu Hayashi,Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,IEEE,Vol. 2014-January,No. January,p. 3675-3678,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Gastric Contraction Imaging System Using a 3-D Endoscope,Kayo Yoshimoto,Kenji Yamada,Kenji Watabe,Maki Takeda,Takahiro Nishimura,Michiko Kido,Toshiaki Nagakura,Hideya Takahashi,Tsutomu Nishida,Hideki Iijima,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Yuko Ohno,IEEE Journal of Translational Engineering in Health and Medicine,Vol. 2,p. 1800208-1800208,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Long-term trends in incidence and mortality of intrahepatic and extrahepatic bile duct cancer in Japan.,Mai Utada,Yuko Ohno,Tomoko Tamaki,Tomotaka Sobue,Ginji Endo,Journal of epidemiology,JAPAN EPIDEMIOLOGICAL ASSOC,Vol. 24,No. 3,p. 193-9,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Multicentred surgical site infection surveillance using partitioning analysis,Y. Fujiwara,T. Yamada,Y. Naomoto,T. Yamatsuji,Y. Shirakawa,S. Tanabe,K. Noma,T. Kimura,H. Aoki,H. Matsukawa,M. Kimura,Y. Nonaka,H. Sasaki,T. Onoda,Y. Otawa,M. Takaoka,T. Fukazawa,Y. Ohno,T. Fujiwara,Journal of Hospital Infection,Vol. 85,No. 4,p. 282-288,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Age differences in the risk of diabetes incidence according to body mass index level in Japanese women: BMI and diabetes in women,Yukako Tatsumi,Yuko Ohno,Akiko Morimoto,Yoshio Nishigaki,Shoichi Mizuno,Shaw Watanabe,Obesity Research and Clinical Practice,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 7,No. 6,p. e455-63-E463,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of soybean product intake on fasting and postload hyperglycemia and type 2 diabetes in Japanese men with high body mass index: The Saku study,Yukako Tatsumi,Akiko Morimoto,Kijyo Deura,Shoichi Mizuno,Yuko Ohno,Shaw Watanabe,Journal of Diabetes Investigation,WILEY-BLACKWELL,Vol. 4,No. 6,p. 626-633,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • BMI percentile curves for Japanese men and women aged 20-79 years who underwent a health check-up in 1980 and 2005,Yukako Tatsumi,Yuko Ohno,Akiko Morimoto,Yoshio Nishigaki,Shoichi Mizuno,Shaw Watanabe,Obesity Research and Clinical Practice,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 7,No. 5,p. E401-E406,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of impaired insulin secretion and insulin resistance on the incidence of type 2 diabetes mellitus in a Japanese population: The Saku study,Akiko Morimoto,Yukako Tatsumi,Kijyo Deura,Shoichi Mizuno,Yuko Ohno,Naomi Miyamatsu,Shaw Watanabe,Diabetologia,SPRINGER,Vol. 56,No. 8,p. 1671-1679,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • The change in lifestyle data during 9 years: the reliability and continuity of baseline health practices,KOETAKA Hanayo,OHNO Yuko,MORIMOTO Kanehisa,Environmental health and preventive medicine,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 18,No. 4,p. 335-340,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Cost-effectiveness analysis of a pertussis vaccination programme for Japan considering intergenerational infection,Tomoya Itatani,Sachiko Shimizu,Maya Iwasa,Yasushi Ohkusa,Kazuo Hayakawa,Vaccine,Vol. 31,No. 27,p. 2891-2897,2013年06月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Lifestyle and the risk of diabetes mellitus in a Japanese population,Yukako Tatsumi,Yuko Ohno,Akiko Morimoto,Yoshio Nishigaki,Shoichi Mizuno,Shaw Watanabe,Journal of Behavioral Medicine,SPRINGER/PLENUM PUBLISHERS,Vol. 36,No. 3,p. 225-233,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of cigarette smoking on impaired insulin secretion and insulin resistance in Japanese men: The Saku study,Akiko Morimoto,Yukako Tatsumi,Kijyo Deura,Shoichi Mizuno,Yuko Ohno,Shaw Watanabe,Journal of Diabetes Investigation,WILEY-BLACKWELL,Vol. 4,No. 3,p. 274-280,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A randomised controlled trial of the resistive heating blanket versus the convective warming system for preventing hypothermia during major abdominal surgery.,Noriyoshi Tanaka,Yuko Ohno,Megumi Hori,Mai Utada,Kenji Ito,Toshiyasu Suzuki,Journal of perioperative practice,Vol. 23,No. 4,p. 82-86,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Short-term effect on scalp blood flow by using head-care robot,Takeshi Ando,Toshinori Hirose,Soichiro Fujioka,Osamu Mizuno,Kenji Yamada,Yuko Ohno,Yukio Honda,Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering,Vol. 51,No. 2,p. 157-161,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Automated approach for time study about transporting patients with wheel chair,Masahiro Nakatani,Shima Okada,Sachiko Shimizu,Yuko Ohno,Masaaki Makikawa,IFMBE Proceedings,Vol. 39 IFMBE,p. 740-742,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation of a compound eye type tactile endoscope,Kayo Yoshimoto,Kenji Yamada,Nagisa Sasaki,Maki Takeda,Sachiko Shimizu,Toshiaki Nagakura,Hideya Takahashi,Yuko Ohno,Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE,Vol. 8575,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Alogliptin ameliorates postprandial lipemia and postprandial endothelial dysfunction in non-diabetic subjects: a preliminary report,Yoko Noda,Toru Miyoshi,Hiroki Oe,Yuko Ohno,Kazufumi Nakamura,Norihisa Toh,Kunihisa Kohno,Hiroshi Morita,Kengo Kusano,Hiroshi Ito,CARDIOVASCULAR DIABETOLOGY,BMC,Vol. 12,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Novel Sleep Stage Estimation Method for Children Using Body Movement,Shima Okada,Sachiko Shimizu,Yuko Ohno,Ikuko Mohri,Masako Taniike,Masaaki Makikawa,Journal of Public Health Frontier,Vol. 2,No. 2,2013年
  • Comparison of gross body movements during sleep between normally developed children and ADHD children using video images,Shima Okada,Keisuke Koyama,Sachiko Shimizu,Ikuko Mohri,Yuko Ohno,Masako Taniike,Masaaki Makikawa,IFMBE Proceedings,Vol. 39 IFMBE,p. 1372-1374,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation of a compound eye type tactile endoscope,Kayo Yoshimoto,Kenji Yamada,Nagisa Sasaki,Maki Takeda,Sachiko Shimizu,Toshiaki Nagakura,Hideya Takahashi,Yuko Ohno,ENDOSCOPIC MICROSCOPY VIII,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 8575,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Amplification and encoding of biomolecular signals with designed reactions of DNA,Takahiro Nishimura,Kenji Yamada,Yuko Ohno,Yusuke Ogura,Jun Tanida,BMEiCON 2013 - 6th Biomedical Engineering International Conference,IEEE,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Proposal of estimation method for drug concentration in blood by Raman spectroscopy of tear fluids,Moe Yokoyama,Takahiro Nishimura,Kenji Yamada,Yuko Ohno,Yoshiaki Sakurai,BMEiCON 2013 - 6th Biomedical Engineering International Conference,IEEE,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The discriminant analysis of the voice expression of emotion - Focus on the nursing experience - Focus o,Yahan Gao,Yuko Ohno,Feng Qian,Zhaoyan Hu,Zhixiong Wang,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,IEEE,Vol. 2013,p. 1262-1265,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Body movement analysis during sleep for children with ADHD using video image processing,Masahiro Nakatani,Shima Okada,Sachiko Shimizu,Ikuko Mohri,Yuko Ohno,Masako Taniike,Masaaki Makikawa,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,IEEE,Vol. 2013,p. 6389-6392,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Biosignal-based relaxation evaluation of head-care robot,Takeshi Ando,Maki Takeda,Tomomi Maruyama,Yuto Susuki,Toshinori Hirose,Soichiro Fujioka,Osamu Mizuno,Kenji Yamada,Yuko Ohno,Honda Yukio,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,IEEE,Vol. 2013,p. 6732-6735,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • U-shaped relationship between body mass index and incidence of diabetes,Yukako Tatsumi,Yuko Ohno,Akiko Morimoto,Yoshio Nishigaki,Fumio Maejima,Shoichi Mizuno,Shaw Watanabe,Diabetology International,Vol. 3,No. 2,p. 92-98,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Drip adjuster: Use of an LED display to manually adjust intravenous fluid infusion rate,Takeshi Ando,Noriyoshi Tanaka,Kenji Yamada,Yuko Ohno,Journal of Robotics and Mechatronics,Fuji Technology Press,Vol. 24,No. 3,p. 452-457,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of smoking cessation on incidence of diabetes mellitus among overweight or normal-weight Japanese men,Akiko Morimoto,Yuko Ohno,Yukako Tatsumi,Yoshio Nishigaki,Fumio Maejima,Shoichi Mizuno,Shaw Watanabe,Diabetes Research and Clinical Practice,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 96,No. 3,p. 407-413,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Risk of smoking and body mass index for incidence of diabetes mellitus in a rural Japanese population,Akiko Morimoto,Yuko Ohno,Yukako Tatsumi,Yoshio Nishigaki,Fumio Maejima,Shoichi Mizuno,Shaw Watanabe,Preventive Medicine,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 54,No. 5,p. 341-344,2012年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Systolic blood pressure percentile curves for rural Japanese men and women aged 20 to 79 years in 1980 and 2005,Morimoto A,Ohno Y,Tatsumi Y,Anti-Aging Medicine,Vol. 9,No. 3,p. 84-88,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Nutritional status of patients undergoing chemoradiotherapy for lung cancer,Yasushi Shintani,Naoki Ikeda,Tomoshige Matsumoto,Yoshihisa Kadota,Meinoshin Okumura,Yuko Ohno,Mitsunori Ohta,Asian Cardiovascular and Thoracic Annals,Vol. 20,No. 2,p. 172-176,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Pharmacophore modeling for hERG channel facilitation,Yuko Yamakawa,Kazuharu Furutani,Atsushi Inanobe,Yuko Ohno,Yoshihisa Kurachi,Biochemical and Biophysical Research Communications,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 418,No. 1,p. 161-166,2012年02月03日,研究論文(学術雑誌)
  • Cancer incidence and mortality in Osaka, Japan: Future trends estimation with an age-period-cohort model,Mai Utada,Yuko Ohno,Sachiko Shimizu,Yuri Ito,Hideaki Tsukuma,Asian Pacific Journal of Cancer Prevention,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 13,No. 8,p. 3893-3898,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison between overall, cause-specific, and relative survival rates based on data from a population-based cancer registry,Mai Utada,Yuko Ohno,Sachiko Shimizu,Megumi Hori,Midori Soda,Asian Pacific Journal of Cancer Prevention,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 13,No. 11,p. 5681-5685,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of healthy dietary pattern and other lifestyle factors on incidence of diabetes in a rural Japanese population,Akiko Morimoto,Yuko Ohno,Yukako Tatsumi,Shoichi Mizuno,Shaw Watanabe,Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition,H E C PRESS, HEALTHY EATING CLUB PTY LTD,Vol. 21,No. 4,p. 601-608,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Cancer incidence and mortality in Osaka, Japan: future trends estimation with an age-period-cohort model.,Mai Utada,Yuko Ohno,Sachiko Shimizu,Yuri Ito,Hideaki Tsukuma,Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 13,No. 8,p. 3893-8,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison between overall, cause-specific, and relative survival rates based on data from a population-based cancer registry.,Mai Utada,Yuko Ohno,Sachiko Shimizu,Megumi Hori,Midori Soda,Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 13,No. 11,p. 5681-5,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Development and preliminary evaluation of video analysis for detecting Gross movement during sleep in children,Shima Okada,Yuko Ohno,Sachiko Shimizu,Kumi Kato-Nishimura,Ikuko Mohri,Masako Taniike,Masaaki Makikawa,Biomedical Engineering Letters,Vol. 1,No. 4,p. 220-225,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 看護業務中断についての報告,冨沢理恵,早川和生,大野ゆう子,石井豊恵,東村昌代,清水佐知子,ITヘルスケア,2011年06月
  • 看護業務における中断の影響測定に関する研究,笠原聡子,大野ゆう子,石井豊恵,沼崎穂高,清水佐知子,ITヘルスケア,Vol. 6,No. 1,p. 31-3,2011年06月
  • 訪問看護ステーション における休日夜間電話対応についての実態調査,馬醫 世志子,鈴木 珠水,大野 ゆう子,棚橋 さつき,ITヘルスケア,Vol. 6,No. 1,p. 91-94,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 訪問看護ステーション利 用者の情報共有に関する研究―デジタルフォトフレームを活用して―,鈴木 珠水,馬醫 世志子,大野 ゆう子,棚橋 さつき,ITヘルスケア,Vol. 6,No. 1,p. 81-84,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • CARCINOEMBRYONIC ANTIGEN STAINING PATTERN RELATE WITH SUBTYPES OF PATHOLOGICAL STAGE IA PULMONARY ADENOCARCINOMA,Tomoyuki Nakagiri,Noriyoshi Sawabata,Eiichi Morii,Masayoshi Inoue,Yoshiki Kadota,Soichiro Funaki,Yuko Ohno,Meinoshin Okumura,JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 6,No. 6,p. S1513-S1514,2011年06月
  • Lugol-voiding lesions are an important risk factor for a second primary squamous cell carcinoma in patients with esosphageal cancer or head and neck cancer,Keisuke Hori,Hiroyuki Okada,Yoshiro Kawahara,Ryuta Takenaka,Sachiko Shimizu,Yuko Ohno,Tomoo Onoda,Yasuhiro Sirakawa,Yoshio Naomoto,Kazuhide Yamamoto,American Journal of Gastroenterology,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 106,No. 5,p. 858-866,2011年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 看護ケアサプライチェインにおける看護師業務遂行に関する分析,清水佐知子,冨澤理恵,林剣煌,東村昌代,飯沼正博,石井豊恵,山田憲嗣,大野ゆう子,第50回日本生体医工学会 CD-ROM,2011年04月
  • Risk of pleural recurrence after computed tomographic-guided percutaneous needle biopsy in stage i lung cancer patients,Masayoshi Inoue,Osamu Honda,Noriyuki Tomiyama,Masato Minami,Noriyoshi Sawabata,Yoshihisa Kadota,Yasushi Shintani,Yuko Ohno,Meinoshin Okumura,Annals of Thoracic Surgery,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 91,No. 4,p. 1066-1071,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Decision making factors behind the use of modern and traditional medicine of healthcare workers in five African Francophone countries,Iwasa Maya,Ohno Yuko,Tsutsui Anna,SHIMIZU Sachiko,民族衞生,日本民族衛生学会,Vol. 77,No. 1,p. 3-18,2011年01月31日
  • Nursing Business Modeling with UML From Time and Motion Study to Business Modeling,Sachiko S,Rie T,Maya I,Satoko K,Tamami S,Fumiko W,Ichiroh K,Kazuo K,Atsue I,Kenji Y,Yuko O,Modern Approaches to Quality Control,p. 405-414,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • 健康診断受診者の血圧値のパーセンタイル曲線,辰巳友佳子,大野ゆう子,森本明子,前島文夫,西垣良夫,渡邊 昌,水野正一,第21回日本疫学会学術総会講演集,2011年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 健康診断受診者のBMI値のパーセンタイル曲線,森本明子,大野ゆう子,辰巳友佳子,前島文夫,西垣良夫,渡邊 昌,水野正一,第21回日本疫学会学術総会講演集,2011年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • タイムプロセススタディを用いた看護ワークフローにおける中断影響の可視化,笠原聡子,大野ゆう子,石井豊恵,沼崎穂高,ITヘルスケア,Vol. 5,No. 2,p. 124-134,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 看護業務を測る~無人タイムスタディ~,山田 憲嗣,薄 雄斗,武田 真季,岡田 志麻,清水 佐知子,石井 豊恵,中川 里恵,松村 泰志,野田 祐子,長倉 俊明,石原 謙,大野 ゆう子,生体医工学,2010年12月
  • UMLを用いた看護業務の分析と業務改善,清水佐知子,大野ゆう子,第30回医療情報学連合大会論文集,2010年11月
  • 看護師行動量・行動パタンと看護業務の関連に関する検討,林 剣煌,大野ゆう子,喜久元香,清水佐知子,尾島裕子,東村昌代,第30回医療情報学連合大会論文集(CDR),2010年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • マルコフモデルによるがん患者予後の解析-長崎がん登録を用いて-,堀芽久美,大野ゆう子,清水佐知子,早田みどり,陶山昭彦,地域がん登録全国協議会第19回学術集会抄録集,2010年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Markov model analysis on the prognosis of cancer patients in nagasaki, japan,Hori M,Ohno Y,Shimizu S,Soda M,32nd Annual Meeting of International Association of Cancer Registries,2010年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 日本の都道府県別がん罹患者数推計,辰巳友佳子,大野ゆう子,歌田真依,清水佐知子,加茂憲一,早田みどり,地域がん登録全国協議会第19回学術集会抄録集,2010年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 長崎県がん登録に基づく2種類のIM比に関する検討,歌田真依,大野ゆう子,清水佐知子,早田みどり,陶山昭彦,地域がん登録全国協議会第19回学術集会抄録集,2010年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Projection of cancer incidence up to 2010 in japan -all and by prefectures,Tatsumi Y,Ohno Y,Utada M,Shimizu S,Kamo K,Soda M,32nd Annual Meeting of International Association of Cancer Registries,2010年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of incidence/mortality ratio based on nagasaki cancer registry: If we use the total mortality that including all death-causes,Utada M,Ohno Y,Shimizu S,Soda M,32nd Annual Meeting of International Association of Cancer Registries,2010年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 看護業務における中断発生と経験年数との関係,笠原 聡子,大野 ゆう子,石井 豊恵,沼崎 穂高,清水 佐知子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 69回,p. 479-479,2010年10月
  • 凝りの定量化に関する研究,大野ゆう子,王 媛媛,薄 雄斗,生体医工学シンポジウム2010,Vol. 2010,No. 121,p. 19-20,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • セネガルにおける地理的環境の異なる地域住民の主観的重症度と受療行動の比較,岩佐真也,大野ゆう子,清水佐知子,持丸祐子,第25回日本国際保健医療学会学術大会抄録集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 医看工融合におけるベッドからの転倒転落動作に関する研究,武田真季,山田憲嗣,喜久元香,薄 雄斗,清水佐知子,八木哲也,長倉俊明,石原 謙,大野ゆう子,第25回生体生理工学シンポジウム論文集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 急性期病棟の状態把握における看護師の観察情報処理系の検討,森本明子,大野ゆう子,辰巳友佳子,堀芽久美,歌田真依,武田真季,薄 雄斗,喜久元香,尾島裕子,坂田奈津美,田中範佳,山田憲嗣,清水佐知子,第25回生体生理工学シンポジウム論文集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 薄膜シリコーンを利用した触覚内視鏡開発の基礎検討,山田憲嗣,薄 雄斗,武田真季,喜久元香,長倉俊明,石原 謙,大野ゆう子,生体医工学シンポジウム2010,Vol. 2010,No. 121,p. 11-12,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 外来化学療法におけるタイムプロセススタディおよびそれに基づく待ち時間シミュレーションに関する研究,坂田奈津美,大野ゆう子,清水佐知子,横内光子,田墨惠子,水木満佐央,生体医工学シンポジウム2011講演予稿集(CDROM),2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 転倒転落の事前検知システムの開発 (1)病棟ベッド環境,武田真季,山田憲嗣,喜久元香,薄 雄斗,清水佐知子,八木哲也,長倉俊明,石原 謙,大野ゆう子,生体医工学シンポジウム2010講演予稿集(CDROM),2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 手術台の縦転・横転が及ぼす体圧の変化,田中範佳,大野ゆう子,山田憲嗣,岩佐真也,生体医工学シンポジウム2010講演予稿集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 自由対話における発話の共感状態の音声分析,高 亜罕,大野ゆう子,林 良彦,FIT2010第9回情報科学技術フォーラム,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 対話における共感状態の音声情報からの推定,高 亜罕,大野ゆう子,林 良彦,電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会,2010年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Consideration of grand design for care environment in hospitals -smell, lighting and sound-.,Suzuki T,Bai Y,Ohno Y,Japan Hospitals,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Syringe design for the administration of an accurate dose,Tanaka N,Toya T,Ohno Y,The Virginia Henderson International Nursing Library,2010年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Helicopter emergency medical services (doctor-helicopter) in Fukushima Prefecture: present state and problems.,Tase C,Ohno Y,Hasegawa A,Tsukada Y,Shimada J,Ikegami Y,Fukushima journal of medical science,Vol. 56,No. 1,p. 71-79,2010年06月
  • 急性期循環器病専門治療施設の 患者移送およびエレベータ待ち時間に関する研究,大井慎太郎,大野ゆう子,清水佐知子,井上泰子,尾島裕子,岡田志麻,牧川方昭,森本明子,大西喜一郎,山田憲嗣,田中あつ子,本杉ふじえ,岡田千鶴,ITヘルスケア学会第四回年次学術大会抄録集,2010年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Predictive factors for postoperative acute exacerbation of interstitial pneumonia combined with lung cancer,Yasushi Shintani,Mitsunori Ohta,Teruo Iwasaki,Naoki Ikeda,Emiko Tomita,Kunimitsu Kawahara,Yuko Ohno,General Thoracic and Cardiovascular Surgery,Vol. 58,No. 4,p. 182-185,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Malignancy in Crohn's disease: Incidence and clinical characteristics in Japan,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Kiyokazu Nakajima,Yasuyuki Kai,Hideki Iijima,Mitsugu Sekimoto,Toshirou Nishida,Riichiro Nezu,Toshinori Ito,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Digestion,KARGER,Vol. 81,No. 4,p. 265-270,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 対話における共感状態の音声分析,高 亜罕,大野ゆう子,林 良彦,電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会,2010年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • AN EPIDEMIOLOGICAL STUDY OF PEDIATRIC SLEEP DISORDERS IN JAPANESE CHILDREN BY USING JAPANESE CHILDREN'S SLEEP QUESTIONNAIRE,K. Kato-Nishimura,S. Shimizu,Y. Ohno,Mohri, I,F. Tsuji,S. Matsumoto,M. Taniike,SLEEP,AMER ACAD SLEEP MEDICINE,Vol. 33,p. A321-A321,2010年
  • The Working Process and Time Efficiency of Patient Transportation in Cardiovascular Hospital Using Time Process Modeling.,Hiroko Ojima,Yuko Ohno,Sachiko Shimizu,Shintaroh Oi,Yasuko Inoue,Atsue Ishii,Satoko Kasahara,Katsumi Hirakawa,Shohei Nakamura,Ichiroh Kanaya,Kazuo Kawasaki,Atsuko Tanaka,Fujie Motosugi,Chizuru Okada,E-Health IFIP Advances in Information and Communication Technology,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 335,p. 232-233,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Design and image processing for tactile endoscope system,Kenji Yamada,Yuto Susuki,Toshiaki Nagakura,Ken Ishihara,Yuko Ohno,Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 7797,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of new type incontinence sensor using RFID tag,Kenji Yamada,Nagakura Toshiaki,Ken Ishihara,Rie Takahashi,Yuko Ohno,Atsue Ishii,Sachiko Shimizu,Hideya Takahashi,Eiji Shimizu,Tomoyuki Araki,Conference Proceedings - IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics,IEEE,p. 2695-2700,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • System design for automated time study of nursing,Shohei Nakamura,Ichiroh Kanaya,Yuko Ohno,Kazuo Kawasaki,IFIP Advances in Information and Communication Technology,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 335,p. 228-229,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Practical application of cure mixture model for long-term censored survivor data from a withdrawal clinical trial of patients with major depressive disorder,Ichiro Arano,Tomoyuki Sugimoto,Toshimitsu Hamasaki,Yuko Ohno,BMC Medical Research Methodology,BMC,Vol. 10,p. 33-33,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Estimation of Cancer Incidence by Prefectures in Japan,Utada Mai,Ohno Yuko,Tatsumi Yukako,Soda Midori,ITヘルスケア誌,ITヘルスケア学会,Vol. 5,No. 2,p. 135-154,2010年
  • Extraction of Speech Parameters Relating to the Characteristics of Emotional Expression:Focus on the Attentiveness,Yahan Gao,Ohno Yuko,Okada Shima,ITヘルスケア誌,ITヘルスケア学会,Vol. 5,No. 2,p. 114-123,2010年
  • Motion analysis on the bed using Intelligent vision sensor,Maki Takeda,Kenji Yamada,Sachiko Shimizu,Yuko Ohno,Toshiaki Nagakura,Ken Ishihara,SCIS and ISIS 2010 - Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent Systems,Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics,Vol. 2010,No. 0,p. 1480-1485,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Visualizing the Impact of Interruptions in Nursing Workflow using a Time Process Study,Kasahara Satoko,Ohno Yuko,Ishii Atsue,Numasaki Hodaka,ITヘルスケア誌,ITヘルスケア学会,Vol. 5,No. 2,p. 124-134,2010年
  • Estimation of cancer incidence in Japan with an age-period-cohort model.,Mai Utada,Yuko Ohno,Midori Soda,Ken-ichi Kamo,Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 11,No. 5,p. 1235-40,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of the standardization and centralization for cancer treatment in Nagasaki prefecture.,Mai Utada,Yuko Ohno,Megumi Hori,Midori Soda,Akihiko Suyama,Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 11,No. 2,p. 409-12,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • The working process and time efficiency of patient transportation in cardiovascular hospital using time process modeling,Hiroko Ojima,Yuko Ohno,Sachiko Shimizu,Shintaroh Oi,Yasuko Inoue,Atsue Ishii,Satoko Kasahara,Katsumi Hirakawa,Shohei Nakamura,Ichiro Kanaya,Kazuo Kawasaki,Atsuko Tanaka,Fujie Motosugi,Chizuru Okada,IFIP Advances in Information and Communication Technology,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 335,p. 232-233,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The impact of electronic medical records on the work process of outpatient care: Extracting use-cases of paper-based medical records using a time process study,Sachiko Shimizu,Yuko Ohno,Hiroko Noda,Shohei Nakamura,Ichiro Kanaya,Kenji Yamada,Atsue Ishii,Satoko Kasahara,Katsumi Hirakawa,Rie Nakagawa,Yasushi Matsumura,IFIP Advances in Information and Communication Technology,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 335,p. 230-231,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Relations between radiotherapy resources and breast cancer patient survival rates.,Yuko Mochimaru,Yuko Ohno,Hodaka Numasaki,Teruki Theshima,Hitoshi Shibuya,Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 11,No. 2,p. 513-7,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • 感情表出の特性に関連する音声関連パラメータの抽出,高 亜罕,大野ゆう子,岡田志麻,ITヘルスケア,2009年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Rationale, design, and profiles of the new integrated suburban seniority investigation (NISSIN) project: A study of an age-specific, community-based cohort of Japanese elderly,Kitamura, T.,Kawamura, T.,Tamakoshi, A.,Wakai, K.,Ando, M.,Ohno, Y.,Journal of Epidemiology,Vol. 19,No. 5,p. 237-243,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Possibility of estimation of sleep state using video image,Shima OKADA,Yuko OHNO,Masaaki MAKIKAWA,Proc. of Ubiquitous Healthcare 2009,2009年
  • Development of non-restrictive body movement measurement method during sleep for children using difference images,Shima Okada,Yuko Ohno,Yen Yen Wang,Kumi Kato,Ikuko Mohri,Masako Taniike,IFMBE Proceedings,SPRINGER,Vol. 25,No. 4,p. 2107-2110,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Unified Modeling Language (UML) for hospital-based cancer registration processes,Naomi Shiki,Yuko Ohno,Ayumi Fujii,Taizo Murata,Yasushi Matsumura,Asian Pacific Journal of Cancer Prevention,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 9,No. 4,p. 789-796,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • A three-year-follow-up study on the change in physical and mental functions of the aged by the level ofADL. Evaluation of data from the Japanese elderly care insurance certification of long-term care need.,Aki Nakamura,Yosuke Ooe,Yuko Ohno,Takashi Nakamura,Japan-hospitals : the journal of the Japan Hospital Association,No. 26,p. 41-52,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • New approach for the time motion analysis of medical staffs in a ward by video image processing,Shima Okada,Yuko Ohno,Proceedings of the SICE Annual Conference,IEEE,p. 2750-2753,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • わが国における20世紀の脳血管疾患死亡率の変動要因と今後の動向,三輪 のり子,中村 隆,成瀬 優知,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生雑誌 = JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH,日本公衆衛生学会,Vol. 53,No. 7,p. 493-503,2006年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者の階段下降時における視点移動の特徴,笠原 聡子,山野 園子,阪倉 直子,大野 ゆう子,生体医工学シンポジウム2005公演予稿集(CD-R),2005年09月
  • 三次元動作解析による介助動作の定量的評価,越野八恵美,大野 ゆう子,橋本 雅至,吉田 正樹,生体医工学シンポジウム2005公演予稿集(CD-R),2005年09月
  • THE EVALUATION OF THE IMPROVEMENT FOR CANCER SURVIVAL,USING THE METHOD OF AGE AND STAGE ADJUSTED SURVIVAL RATE,OSAKA IN JAPAN.,Ito Y,Ohno Y,Kasahara S,Saika K,Ura R,Tanaka H,Tsukuma H,Oshima A,27th Annual Meeting of the International Association of Cancer Final Program and Abstract Book,2005年09月
  • THE STUDY ON THE METHODLOGY FOR THE ESTIMATION OF 5-YEAR CANCER PREVALENCE IN OSAKA , JAPAN.,Ura.R, Ohno.Y,Saika.K,Ito.Y,Tsukuma H,Oshima A,27th Annual Meeting of the International Association of Cancer Final Program and Abstract Book,2005年09月
  • THE CHANGE OF THE CURE AND THE MEAN SURVIVAL TIMEOF CANCER PATIENTS IN HUKUI, JAPAN,Koshino Y,Ohno Y,Saika K,Ito Y,Ura R,Fujita M,Su Y,27th Annual Meeting of the International Association of Cancer Final Program and Abstract Book,2005年09月
  • The Patterns of Care Study and Regional Cancer Registry for non-small-cell lung cancer in Japan,Hiromi Sugiyama,Teruki Teshima,Yuko Ohno,Toshihiko Inoue,Yutaka Takahashi,Akira Oshima,Minako Sumi,Takashi Uno,Hiroshi Ikeda,International Journal of Radiation Oncology Biology Physics,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 56,No. 4,p. 1005-1012,2003年07月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Patterns of Care Study Quantitative evaluation of the quality of radiotherapy in Japan,Tanisada K,Teshima T,Ohno Y,Inoue T,Abe M,Ikeda H,Owen JB,Hanks GE,Masuda K,Honke Y,the Japanese P,Working Group,Cancer,95(1),164-171,2002年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 昭和55年度乳幼児身体発育値および文部省学校保健統計調査結果を用いた平滑化スプライン身体発育曲線の作成,大野ゆう子,石島央子,巷野悟郎,田原佳子,村田光範,小児保健研究,(46),299-304,(公社)日本小児保健協会,Vol. 46,No. 2,p. 178-178,1987年04月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Use of Multivariate Analysis in the Prognostication of Ocular Hypertension,Kitazawa Y,Go F,Shirato S,Akiba Y,Glaucoma Update II Kriglstein GK /Leydhecker W(eds) Springer Verlag ,145-148,Vol. 145-148,1983年04月
  • 若年女性における冷え症と血管生理機能との関連,上原 陽香,王 天一,遠藤 誠之,松崎 政代,大野 ゆう子,母性衛生,(公社)日本母性衛生学会,Vol. 61,No. 3,p. 123-123,2020年09月
  • 食道癌患者における他臓器癌(気道・消化器癌)の罹患/死亡リスクの検討,大森 正泰,石原 立,森島 敏隆,田淵 貴大,岡田 裕之,大野 ゆう子,祖父江 友孝,宮代 勲,日本消化器病学会中国支部例会プログラム・抄録集,日本消化器病学会-中国支部,Vol. 113回,p. 95-95,2020年05月
  • シミュレーション教育で知識・技術・自信の向上を目指す End of Lifeケア教育への導入を例として,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,藤井 誠,木戸 倫子,大野 ゆう子,辻川 真弓,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 39回,p. [K24]-[K24],2019年11月
  • 後期高齢者の死因の動向からみた東日本大震災の影響に関する研究,藤牧 貴子,井上 勇太,田嶋 哲也,藤井 誠,永安 真弓,工藤 榛香,大野 ゆう子,祖父江 友孝,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 78回,p. 306-306,2019年10月
  • 日本における年齢群別ストーマ管理の自立の違いに関する横断的研究,安藤 嘉子,大野 ゆう子,土田 敏恵,片岡 ひとみ,酒井 透江,松原 康美,渡邉 光子,三富 陽子,藤井 誠,木戸 倫子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,一般社団法人 日本創傷・オストミー・失禁管理学会,Vol. 23,No. 3,p. 305-317,2019年10月
  • SASによるWeb APIの利用方法と注意点:Google Distance Matrix APIを例として,筒井杏奈,大野ゆう子,SASユーザー総会論文集,Vol. 2019,2019年09月05日
  • Cordless monitoring system for respiratory and heart rates in bed by using large-scale pressure sensor sheet,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Smart Health,Vol. 13,2019年08月
  • あの人にインタビュー 日本生活支援工学会代表理事 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻長 大野ゆう子氏 進化する福祉機器に求められるエビデンスのこれから,大野 ゆう子,地域ケアリング,北隆館,Vol. 21,No. 9,p. 1-3,2019年08月
  • 「認知症患者を減らす」ニュースから,大野 ゆう子,日本早期認知症学会誌,日本早期認知症学会,Vol. 12,No. 1,p. 6-6,2019年07月
  • 介護福祉機器・臨床看護機器の開発から製品化へ 「医学部の倫理審査」という感覚,大野 ゆう子,日本生活支援工学会誌,(一社)日本生活支援工学会,Vol. 19,No. 1,p. 17-18,2019年06月
  • 日本における年齢群別ストーマ管理の自立の違いに関する横断的研究,安藤嘉子,土田敏恵,片岡ひとみ,酒井透江,松原康美,渡邊光子,三富陽子,藤井誠,木戸倫子,大野ゆう子,大阪ガスグループ福祉財団調査・研究報告集,大阪ガスグループ福祉財団,Vol. 32,p. 19‐26-26,2019年06月
  • ストーマ保有者の排泄管理と生活状況の経年的変化,安藤 嘉子,遠藤 麻子,藤井 誠,木戸 倫子,大野 ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,(一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会,Vol. 23,No. 2,p. 150-150,2019年05月
  • 正常眼視野感度に及ぼす加齢と眼軸延長関連因子の影響,岩瀬愛子,新家眞,澤口昭一,藤井誠,大野ゆう子,日本眼科学会雑誌,Vol. 123,2019年03月13日
  • 原発開放及び原発閉塞隅角緑内障の診断・未診断関連因子:同一地域に於ける検討,新家眞,岩瀬愛子,澤口昭一,藤井誠,大野ゆう子,日本眼科学会雑誌,Vol. 123,2019年03月13日
  • 世界の平均寿命と社会指標の関係について時系列的変化を検討,長倉 俊明,平良 百萌,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 57,No. 0,p. S98_2-S98_2,2019年
  • 人工肛門保有者の排ガス音の客観的評価と消音対策の基礎検証,田嶋 哲也,安藤 嘉子,藤井 誠,後野 光覚,松裏 豊,木戸 倫子,Jeong Hieyong,大野 ゆう子,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 57,No. 0,p. S116_1-S116_1,2019年
  • 人的要因による医療機器トラブルの実態と対策:ME部署への対応依頼データに基づく検討,清水春香,田嶋哲也,谷山祐香里,藤井清孝,木戸倫子,大野ゆう子,ITヘルスケア誌(Web),Vol. 14,No. 1,2019年
  • 看護大学生を対象とした終末期ケアシミュレーションの教育効果の評価 2施設における実施結果の比較,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,藤井 誠,井上 勇太,大野 ゆう子,池田 七衣,宮嶋 正子,辻川 真弓,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 38回,p. [O23-2],2018年12月
  • 看護大学生を対象とした終末期ケアシミュレーションの評価 OSCE評価者における評価者間信頼性の検討,藤井 誠,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,井上 勇太,大野 ゆう子,辻川 真弓,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 38回,p. [O23-4],2018年12月
  • 重症心身障害者および筋ジストロフィー患者にとっての「スヌーズレン」体験について,長尾 弘子,本郷 千草,今井 由香理,杉浦 敦子,長沼 知樹,木戸 倫子,丁 憙勇,大野 ゆう子,国立病院総合医学会講演抄録集,国立病院総合医学会,Vol. 72回,p. 1912-1912,2018年11月
  • ストーマ保有者の術後経過年数による排泄自立割合の特徴と年代別比較―ストーマ保有者の実態調査より―,安藤嘉子,片岡ひとみ,酒井透江,土田敏恵,三富陽子,渡邉光子,藤井誠,大野ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,Vol. 22,No. 2,2018年11月
  • ストーマ装具代金の負担感に関する関連要因の分析~ストーマ保有者の実態調査より~,酒井透江,松原康美,安藤嘉子,片岡ひとみ,土田敏恵,三富陽子,渡邉光子,藤井誠,大野ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,Vol. 22,No. 2,2018年11月
  • 重症心身障害者および筋ジストロフィー患者にとっての「スヌーズレン」体験について,長尾 弘子,本郷 千草,今井 由香理,杉浦 敦子,長沼 知樹,木戸 倫子,丁 憙勇,大野 ゆう子,国立病院総合医学会講演抄録集,国立病院総合医学会,Vol. 72回,p. 1912-1912,2018年11月
  • 人工妊娠中絶の長期的な変動を評価する妊娠数に即した新たな指標の提案,井上勇太,大野ゆう子,大橋一友,藤井誠,安藤絵美子,藤森敬也,祖父江友孝,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 77th,2018年10月09日
  • クラスター分析による世界の平均寿命に影響を与える社会指標変遷の研究,平良 百萌,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,長倉 俊明,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. 4,p. 714-714,2018年10月
  • クラスター分析による世界の平均寿命に影響を与える社会指標変遷の研究,平良 百萌,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,長倉 俊明,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. 4,p. 714-714,2018年10月
  • 人工妊娠中絶の長期的な変動を評価する妊娠数に即した新たな指標の提案,井上 勇太,大野 ゆう子,大橋 一友,藤井 誠,安藤 絵美子,藤森 敬也,祖父江 友孝,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 77回,p. 205-205,2018年10月
  • 自分でやりたいこと,機械にやってほしいこと~「便利」と「体にいい」の間~,大野ゆう子,日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2018,2018年09月03日
  • 模擬患者と協働した終末期ケアシミュレーション教育の評価:無作為化比較試験による検討,玉木朋子,犬丸杏里,横井弓枝,藤井誠,井上勇太,大野ゆう子,池田七衣,宮嶋正子,辻川真弓,日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集,Vol. 31,2018年09月
  • ライフラインを活用した独居高齢者の生活行動のモニタリング(Monitoring Living Activities of the Elderly Living Alone Using a Lifeline),纐纈 朋弥,大野 ゆう子,石原 多佳子,西本 裕,小林 和成,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 13,No. 2,p. 12-19,2018年08月
  • 【大腸】結腸癌に対するRPSの現状と展望 単孔式手術の整容性に関する第三者評価,沖田 憲司,竹政 伊知朗,関本 貢嗣,三代 雅明,岡島 正純,森 俊幸,大野 ゆう子,土岐 祐一郎,森 正樹,単孔式内視鏡手術研究会,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 73回,p. 65-65,2018年07月
  • 【大腸】結腸癌に対するRPSの現状と展望 単孔式手術の整容性に関する第三者評価,沖田 憲司,竹政 伊知朗,関本 貢嗣,三代 雅明,岡島 正純,森 俊幸,大野 ゆう子,土岐 祐一郎,森 正樹,単孔式内視鏡手術研究会,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 73回,p. 65-65,2018年07月
  • 糖尿病と拘束性及び閉塞性肺機能障害に関する縦断的検討 佐久研究,園田 奈央,森本 明子,辰巳 友佳子,浅山 敬,大久保 孝義,伊澤 敏,大野 ゆう子,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 61,No. 6,p. 448-448,2018年06月
  • 糖尿病と拘束性及び閉塞性肺機能障害に関する縦断的検討 佐久研究,園田 奈央,森本 明子,辰巳 友佳子,浅山 敬,大久保 孝義,伊澤 敏,大野 ゆう子,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 61,No. 6,p. 448-448,2018年06月
  • 血糖およびインスリン作用と高血圧発症との関連:佐久研究,辰巳友佳子,辰巳友佳子,辰巳友佳子,森本明子,浅山敬,浅山敬,園田奈央,宮松直美,大野ゆう子,宮本恵宏,伊澤敏,大久保孝義,日本循環器病予防学会誌,Vol. 53,No. 2,2018年05月25日
  • 血糖およびインスリン作用と高血圧発症との関連 佐久研究,辰巳 友佳子,森本 明子,浅山 敬,園田 奈央,宮松 直美,大野 ゆう子,宮本 恵宏,伊澤 敏,大久保 孝義,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 53,No. 2,p. 181-181,2018年05月
  • ストーマ装具代金の負担感に関する関連要因の分析 ストーマ保有者の実態調査より,酒井 透江,松原 康美,安藤 嘉子,片岡 ひとみ,土田 敏恵,三富 陽子,渡邉 光子,藤井 誠,大野 ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,(一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会,Vol. 22,No. 2,p. 188-188,2018年05月
  • ストーマ保有者の術後経過年数による排泄自立割合の特徴と年代別比較 ストーマ保有者の実態調査より,安藤 嘉子,片岡 ひとみ,酒井 透江,土田 敏恵,三富 陽子,渡邉 光子,藤井 誠,大野 ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,(一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会,Vol. 22,No. 2,p. 214-214,2018年05月
  • ベッドサイドモニタの既存機能を利用した無線LANテレメータ点検方法,藤井清孝,藤井清孝,高橋哲哉,井上宗紀,加藤博史,大野ゆう子,医療機器学,Vol. 88,No. 2,2018年04月01日
  • ベッドサイドモニタの既存機能を利用した無線LANテレメータ点検方法,藤井 清孝,高橋 哲哉,井上 宗紀,加藤 博史,大野 ゆう子,医療機器学,(一社)日本医療機器学会,Vol. 88,No. 2,p. 182-182,2018年04月
  • 糖尿病者と非糖尿病者の肺機能の比較:大規模集団における性・年代別検討,園田奈央,森本明子,辰巳友佳子,大野ゆう子,大阪大学看護学雑誌(Web),Vol. 24,No. 1,2018年03月31日
  • 糖尿病者と非糖尿病者の肺機能の比較 : 大規模集団における性・年代別検討,園田 奈央,森本 明子,辰己 友佳子,大野 ゆう子,Sonoda Nao,Morimoto Akiko,Tatsumi Yukako,Ohno Yuko,ソノダ ナオ,モリモト アキコ,タツミ ユカコ,オオノ ユウコ,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 24,No. 1,p. 1-9,2018年03月31日
  • 糖尿病者と非糖尿病者の肺機能の比較 大規模集団における性・年代別検討,園田 奈央,森本 明子,辰巳 友佳子,大野 ゆう子,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 24,No. 1,p. 1-9,2018年03月
  • Classification of Skilled Experts through Center-of-Pressure Velocity,Jeong Hieyong,Ohno Yuko,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 56,No. 0,p. S372-S372,2018年
  • The influence of tea catechins on immune function in the elderly: application of the Bayesian statistical approach to an exploratory clinical trial,Iketani Ryo,Furushima Daisuke,Nishimura Takuma,Hirama Yui,Onishi Shintaro,Mori Takuya,Ohno Yuko,Yamada Hiroshi,日本薬理学会年会要旨集,公益社団法人 日本薬理学会,Vol. 2018,No. 0,p. PO3-10-12,2018年
  • The influence of tea catechins on immune function in the elderly: a single-arm, open-label clinical trial,Furushima Daisuke,Iketani Ryo,Nishimura Takuma,Hirama Yui,Onishi Shintaro,Mori Takuya,Ohno Yuko,Yamada Hiroshi,日本薬理学会年会要旨集,公益社団法人 日本薬理学会,Vol. 2018,No. 0,p. PO3-10-16,2018年
  • 講演 「養生」しながらの生活支援とは (超高齢社会における健康寿命延伸・自立支援プロジェクト) -- (自立支援に向けた研究とものづくり),大野 ゆう子,静岡がん会議 : 記録集,静岡県 ; 2004-,p. 98-107,2018年
  • Monitoring Living Activities of the Elderly Living Alone Using a Lifeline,纐纈朋弥,大野ゆう子,石原多佳子,西本裕,小林和成,ITヘルスケア誌(Web),Vol. 13,No. 2,2018年
  • 糖尿病と拘束性及び閉塞性肺機能障害に関する縦断的検討:佐久研究,園田奈央,森本明子,辰巳友佳子,浅山敬,大久保孝義,伊澤敏,大野ゆう子,糖尿病(Web),Vol. 61,No. 6,2018年
  • 化学放射線療法中の頭頸部がん患者における口腔粘膜乾燥に対するマスク着用の効果,三木佐登美,大野ゆう子,日本がん看護学会誌(Web),Vol. 32,2018年01月
  • 酸化チタンを用いた有機物の臭気除去の定量的研究,長倉 俊明,門田 直之,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,山田 憲嗣,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 56,No. 0,p. S168-S168,2018年
  • 化学放射線療法中の頭頸部がん患者における口腔粘膜乾燥に対するマスク着用の効果,三木 佐登美,大野 ゆう子,日本がん看護学会誌,(一社)日本がん看護学会,Vol. 32,No. Suppl.,p. 142-142,2018年01月
  • ライフラインを活用した独居高齢者の生活行動のモニタリング,纐纈 朋弥,大野 ゆう子,石原 多佳子,西本 裕,小林 和成,ITヘルスケア誌,ITヘルスケア学会,Vol. 13,No. 2,p. 12-19,2018年
  • 酸化チタンを用いた有機物の臭気除去の定量的研究,長倉 俊明,門田 直之,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,山田 憲嗣,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 56,No. 0,p. S168-S168,2018年
  • 自分でやりたいこと、機械にやってほしいこと:~「便利」と「体にいい」の間~,大野 ゆう子,年次大会,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2018,No. 0,2018年
  • End of Lifeケアシミュレーションの無作為化比較試験による教育効果の評価 知識テストとOSCEによる検討,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,冨田 真由,辻川 真弓,藤井 誠,井上 勇太,木戸 倫子,大野 ゆう子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 37回,p. [PE-8],2017年12月
  • 看護基礎教育における終末期ケアシミュレーションシナリオの開発と評価 フロー体験チェックリストを用いた無作為比較化試験による検討,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,冨田 真由,木戸 倫子,大野 ゆう子,辻川 真弓,日本看護科学会誌,(公社)日本看護科学学会,Vol. 37,No. 0,p. 408-416,2017年12月
  • Single-Incision Laparoscopic Colectomy with Complete Mesocolic Excision Versus Multiport Laparoscopic Colectomy for Colon Cancer Reply,Masaaki Miyo,Ichiro Takemasa,Hiroyuki Ishihara,Taishi Hata,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Yuichiro Doki,Masaki Mori,DISEASES OF THE COLON & RECTUM,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 60,No. 11,p. E631-E632,2017年11月,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • Medication Event Monitoring Systemを用いた睡眠薬の処方遵守の評価に関する研究,河野愛弓,大野ゆう子,木戸倫子,丁憙勇,足立浩祥,医療情報学連合大会プログラム・抄録集,Vol. 37th,2017年11月01日
  • サーモグラフィによる意思表現が不自由な患者における情緒変化の把握:「ゆめ水族園」体験時の情緒評価,丁憙勇,木戸倫子,長尾弘子,三原明穂,本郷千草,星田徹,大野ゆう子,医療情報学連合大会プログラム・抄録集,Vol. 37th,2017年11月01日
  • 徘徊感知機器による医用テレメータへの影響の可視化・実証調査,藤井清孝,井上宗紀,加藤博史,大野ゆう子,病院設備,Vol. 59,No. 6,2017年11月01日
  • Medication Event Monitoring Systemを用いた睡眠薬の処方遵守の評価に関する研究,河野愛弓,大野ゆう子,木戸倫子,JEONG Hieyong,足立浩祥,足立浩祥,医療情報学連合大会論文集(CD-ROM),Vol. 37th,2017年11月01日
  • 調剤薬局での患者待ち時間対策の検討のための離散型シミュレーションモデルの適応可能性,古島 大資,瀧本 浩之,山田 浩,大野 ゆう子,臨床薬理,(一社)日本臨床薬理学会,Vol. 48,No. Suppl.,p. S338-S338,2017年11月
  • 徘徊感知機器による医用テレメータへの影響の可視化・実証調査,藤井 清孝,井上 宗紀,加藤 博史,大野 ゆう子,病院設備,(一社)日本医療福祉設備協会,Vol. 59,No. 6,p. 149-149,2017年11月
  • 調剤薬局での患者待ち時間対策の検討のための離散型シミュレーションモデルの適応可能性,古島 大資,瀧本 浩之,山田 浩,大野 ゆう子,臨床薬理,(一社)日本臨床薬理学会,Vol. 48,No. Suppl.,p. S338-S338,2017年11月
  • Medication Event Monitoring Systemを用いた睡眠薬の処方遵守の評価に関する研究,河野 愛弓,大野 ゆう子,木戸 倫子,丁 憙勇,足立 浩祥,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 37回,p. 770-771,2017年11月
  • サーモグラフィによる意思表現が不自由な患者・障害者における情緒変化の把握 「ゆめ水族園」体験時の情緒評価(Thermal Imaging-Based Evaluation of Autonomic Nervous System in YUME Aquarium),丁 憙勇,三原 明穂,木戸 倫子,長尾 弘子,本郷 千草,星田 徹,大野 ゆう子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 37回,p. 1061-1062,2017年11月
  • 電気的連続計測法による浮腫の原因推定のための基礎研究,岩津 星吾,坂本 翔大,平川 侃,松下 和生,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,長倉 俊明,看護理工学会学術集会・看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会合同学術集会プログラム・抄録集,看護理工学会・看護実践学会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会,Vol. 5回・11回・7回,p. 119-119,2017年10月
  • 酸化チタンの光化学反応を用いた有機物の臭気除去の定量的研究,門田 直之,木戸 倫子,大野 ゆう子,山田 憲嗣,石井 豊恵,長倉 俊明,看護理工学会学術集会・看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会合同学術集会プログラム・抄録集,看護理工学会・看護実践学会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会,Vol. 5回・11回・7回,p. 118-118,2017年10月
  • 酸化チタンの光化学反応を用いた有機物の臭気除去の定量的研究,門田 直之,木戸 倫子,大野 ゆう子,山田 憲嗣,石井 豊恵,長倉 俊明,看護理工学会学術集会・看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会合同学術集会プログラム・抄録集,看護理工学会・看護実践学会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会,Vol. 5回・11回・7回,p. 118-118,2017年10月
  • 電気的連続計測法による浮腫の原因推定のための基礎研究,岩津 星吾,坂本 翔大,平川 侃,松下 和生,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,長倉 俊明,看護理工学会学術集会・看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会合同学術集会プログラム・抄録集,看護理工学会・看護実践学会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会,Vol. 5回・11回・7回,p. 119-119,2017年10月
  • 高齢者の足病リスク推定のための足部特徴量評価システムの開発,山下知子,山下和彦,山田憲嗣,大野ゆう子,LIFE講演概要集(CD-ROM),Vol. 2017 (Web),2017年09月05日
  • 日本人女性における乳がん感受性遺伝子多型による乳がんリスク予測,伊藤 秀美,岩崎 基,郡山 千早,谷山 祐香里,尾瀬 功,井本 逸勢,大野 ゆう子,津金 昌一郎,岩田 広治,松尾 恵太郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. J-2023,2017年09月
  • 日本人女性の乳がんリスク層別生涯累積罹患リスク推計,谷山 祐香里,伊藤 秀美,岩崎 基,郡山 千早,津金 昌一郎,大野 ゆう子,松尾 恵太郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. J-2024,2017年09月
  • 高齢者の足病リスク推定のための足部特徴量評価システムの開発,山下 知子,山下 和彦,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2017,p. 127-128,2017年09月
  • 飲酒量とインスリン分泌障害・インスリン抵抗性発症との関連:佐久研究,辰巳友佳子,辰巳友佳子,辰巳友佳子,森本明子,浅山敬,浅山敬,園田奈央,宮松直美,大野ゆう子,宮本恵宏,伊澤敏,大久保孝義,日本アルコール・薬物医学会雑誌,Vol. 52,No. 4,2017年08月
  • 早期認知症高齢者を対象とした服薬支援製品に求められる機能についての検討,河野 愛弓,大野 ゆう子,木戸 倫子,日本早期認知症学会誌,日本早期認知症学会,Vol. 10,No. 2,p. 18-26,2017年08月
  • 親の認識から検討する子どもの健康的な睡眠に向けた生活習慣 日本版幼児睡眠質問票を用いた調査から,西田 千夏,下村 明子,張 暁春,三宅 靖子,清水 佐知子,加藤 久美,毛利 育子,下野 九理子,大野 ゆう子,谷池 雅子,日本看護研究学会雑誌,(一社)日本看護研究学会,Vol. 40,No. 3,p. 441-441,2017年08月
  • 飲酒量とインスリン分泌障害・インスリン抵抗性発症との関連 佐久研究,辰巳 友佳子,森本 明子,浅山 敬,園田 奈央,宮松 直美,大野 ゆう子,宮本 恵宏,伊澤 敏,大久保 孝義,日本アルコール・薬物医学会雑誌,(一社)日本アルコール・アディクション医学会,Vol. 52,No. 4,p. 233-233,2017年08月
  • 重症心身障害児・者の「ゆめ水族園」体験前後での自律神経指標および行動の変化,長尾 弘子,杉浦 敦子,本郷 千草,星田 徹,木戸 倫子,丁 喜勇,大野 ゆう子,日本医療マネジメント学会雑誌,(NPO)日本医療マネジメント学会,Vol. 18,No. Suppl.,p. 323-323,2017年07月
  • 重症心身障害児・者の「ゆめ水族園」体験前後での自律神経指標および行動の変化,長尾 弘子,杉浦 敦子,本郷 千草,星田 徹,木戸 倫子,丁 喜勇,大野 ゆう子,日本医療マネジメント学会雑誌,(NPO)日本医療マネジメント学会,Vol. 18,No. Suppl.,p. 323-323,2017年07月
  • ドライビングシミュレータを用いた自動車運転時における健常人のアイトラッキングに関する研究,薄 雄斗,大野 ゆう子,古田 誠朗,小野 浩,国松 志保[佐貫],岩瀬 愛子,新家 眞,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 12,No. 2,p. 2-8,2017年07月
  • 高校生の化学物質過敏性に関する調査,鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子,日本臨床環境医学会学術集会プログラム・抄録集,Vol. 26th,2017年06月23日
  • 高校生の化学物質過敏性に関する調査,鈴木 珠水,馬醫 世志子,大野 ゆう子,日本臨床環境医学会総会プログラム・抄録集,日本臨床環境医学会,Vol. 26回,p. 61-61,2017年06月
  • 正常高値血圧および高血圧の糖尿病発症リスク:佐久研究,辰巳友佳子,辰巳友佳子,辰巳友佳子,森本明子,浅山敬,浅山敬,園田奈央,宮松直美,大野ゆう子,宮本恵宏,伊澤敏,大久保孝義,日本循環器病予防学会誌,Vol. 52,No. 2,2017年05月29日
  • 認知症ケアにおける転倒予防のためのメディカルフットケアに関する研究,山下知子,山下和彦,山田憲嗣,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web),Vol. 56th,2017年05月03日
  • 正常高値血圧および高血圧の糖尿病発症リスク 佐久研究,辰巳 友佳子,森本 明子,浅山 敬,園田 奈央,宮松 直美,大野 ゆう子,宮本 恵宏,伊澤 敏,大久保 孝義,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 52,No. 2,p. 194-194,2017年05月
  • 日本版子どもの眠りの質問票[小学生版]の開発と標準化,桑田 綾乃,三星 喬史,加藤 久美,平田 郁子,下野 九理子,中西 真理子,橘 雅弥,松澤 重行,浅野 良輔,大野 ゆう子,谷池 雅子,毛利 育子,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 49,No. Suppl.,p. S402-S402,2017年05月
  • 家族が介護できない虚弱高齢者の漂流 : 医療的ニーズが「終の住処」を脅かす,玉木 朋子,大達 亮,大野 ゆう子,伊藤 美樹子,未来共生学,大阪大学未来戦略機構第五部門未来共生イノベーター博士課程プログラム,No. 4,p. 89-109,2017年03月
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態とその対応から医療継続について考える―第一報 病院の被害状況と対応―,松裏豊,大野ゆう子,河野愛弓,園田奈央,井上勇太,前本康夫,梅田幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,Vol. 21,No. 3,2017年02月01日
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える~第四報:患者の入院・転院及び避難者の来院の実態と対応~,園田奈央,大野ゆう子,河野愛弓,松裏豊,井上勇太,前本康央,梅田幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,Vol. 21,No. 3,2017年02月01日
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える~第二報:ライフラインの被害状況の実態と対応~,河野愛弓,大野ゆう子,松裏豊,井上勇太,園田奈央,前本康央,梅田幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,Vol. 21,No. 3,2017年02月01日
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える~第三報:医療継続に関わる被害状況と対応~,井上勇太,大野ゆう子,園田奈央,河野愛弓,松裏豊,前本康央,梅田幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,Vol. 21,No. 3,2017年02月01日
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態とその対応から医療継続について考える(第一報) 病院の被害状況と対応,松裏 豊,大野 ゆう子,河野 愛弓,園田 奈央,井上 勇太,前本 康夫,梅田 幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,(一社)日本災害医学会,Vol. 21,No. 3,p. 607-607,2017年02月
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える(第二報) ライフラインの被害状況の実態と対応,河野 愛弓,大野 ゆう子,松裏 豊,井上 勇太,園田 奈央,前本 康央,梅田 幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,(一社)日本災害医学会,Vol. 21,No. 3,p. 633-633,2017年02月
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える(第三報) 医療継続に関わる被害状況と対応,井上 勇太,大野 ゆう子,園田 奈央,河野 愛弓,松裏 豊,前本 康央,梅田 幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,(一社)日本災害医学会,Vol. 21,No. 3,p. 633-633,2017年02月
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える(第四報) 患者の入院・転院及び避難者の来院の実態と対応,園田 奈央,大野 ゆう子,河野 愛弓,松裏 豊,井上 勇太,前本 康央,梅田 幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,(一社)日本災害医学会,Vol. 21,No. 3,p. 633-633,2017年02月
  • 「蕁麻疹の原因と最新治療」に寄せる 高校生における蕁麻疹の関連要因の検討,鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子,月刊アレルギーの臨床,No. 495,2017年01月20日
  • ドライビングシミュレータを用いた自動車運転時における健常人のアイトラッキングに関する研究,薄雄斗,大野ゆう子,古田誠朗,小野浩,国松(佐貫)志保,岩瀬愛子,新家眞,ITヘルスケア誌(Web),Vol. 12,No. 2,2017年
  • フットケアによる地域在住高齢者の歩行機能の改善,山下和彦,山下和彦,山下知子,安在絵美,武蔵可乃子,折笠無我,大須賀範子,宮川春妃,佐藤満,井野秀一,山田憲嗣,大野ゆう子,日本フットケア学会年次学術集会プログラム・抄録集,Vol. 15th,2017年
  • 「蕁麻疹の原因と最新治療」に寄せる 高校生における蕁麻疹の関連要因の検討,鈴木 珠水,馬醫 世志子,大野 ゆう子,アレルギーの臨床,(株)北隆館,Vol. 37,No. 1,p. 62-67,2017年01月
  • 早期認知症高齢者を対象とした服薬支援製品に求められる機能についての検討,河野 愛弓,大野 ゆう子,木戸 倫子,日本早期認知症学会誌 = The journal of Japan Society for Early Stage of Dementia,日本早期認知症学会 ; 2012-,Vol. 10,No. 2,p. 18-26,2017年
  • 「よくなった、よかった」というために 看護の視点を活かす統計学,大野 ゆう子,日本感染看護学会誌,日本感染看護学会,Vol. 12,No. 1,p. 10-19,2016年12月
  • 教育講演 「よくなった,よかった」というために : 看護の視点を活かす統計学 (第15回日本感染看護学会学術集会),大野 ゆう子,日本感染看護学会誌 = Journal of Japanese Society of Nursing Care and Infection Control,日本感染看護学会,Vol. 12,No. 1,p. 10-19,2016年12月
  • End of Life看護シミュレーション教育の評価 シナリオの開発とフローによる評価,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,冨田 真由,木戸 倫子,大野 ゆう子,辻川 真弓,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 36回,p. 222-222,2016年11月
  • End of Life看護シミュレーション教育の評価 シナリオの開発とフローによる評価,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,冨田 真由,木戸 倫子,大野 ゆう子,辻川 真弓,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 36回,p. 222-222,2016年11月
  • 中高年の健康支援のための活動量計を用いた生活機能・歩行機能評価システムの開発,山下知子,山下和彦,清水裕子,井野秀一,山田憲嗣,大野ゆう子,LIFE講演概要集(CD-ROM),Vol. 2016,2016年09月04日
  • 高齢者の転倒リスク低減のための歩行機能向上の支援技術,山下和彦,山下和彦,山下知子,安在絵美,佐藤満,井野秀一,太田裕治,山田憲嗣,大野ゆう子,LIFE講演概要集(CD-ROM),Vol. 2016,2016年09月04日
  • 介護ロボットの近未来~人工知能,IoTによる生活支援,大野ゆう子,New Diet Therapy,Vol. 32,No. 2,2016年09月01日
  • 介護ロボットの近未来 人工知能、IoTによる生活支援,大野 ゆう子,New Diet Therapy,(一社)日本臨床栄養協会,Vol. 32,No. 2,p. 62-62,2016年09月
  • 中高年の健康支援のための活動量計を用いた生活機能・歩行機能評価システムの開発,山下 知子,山下 和彦,清水 裕子,井野 秀一,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2016,p. 007-008,2016年09月
  • 高齢者の転倒リスク低減のための歩行機能向上の支援技術,山下 和彦,山下 知子,安在 絵美,佐藤 満,井野 秀一,太田 裕治,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2016,p. 013-014,2016年09月
  • 「アレルギーの臨床」に寄せる 化学物質過敏症高リスク群とアレルギー疾患の検討,鈴木 珠水,馬醫 世志子,大野 ゆう子,アレルギーの臨床,(株)北隆館,Vol. 36,No. 8,p. 792-796,2016年08月
  • IT機器を介した高齢者地域見守りモデル事業導入時の課題,纐纈 朋弥,石原 多佳子,西本 裕,小林 和成,山崎 仁朗,高木 和美,大野 ゆう子,日本早期認知症学会誌,日本早期認知症学会,Vol. 9,No. 2,p. 43-48,2016年08月
  • 着用型腰部補助装置の臨床応用を看護の視点により評価する(Evaluating the clinical applicability of a wearable lift assist device from a nursing perspective),村上 寛,大野 ゆう子,足立 光生,小笠原 伸浩,小林 宏,看護理工学会誌,看護理工学会,Vol. 3,No. 2,p. 101-108,2016年07月
  • 「化学物質過敏症」に寄せる 化学物質過敏症高リスク群とアレルギー疾患の検討,鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子,月刊アレルギーの臨床,No. 486,2016年06月20日
  • 「化学物質過敏症」に寄せる 化学物質過敏症高リスク群とアレルギー疾患の検討,鈴木 珠水,馬醫 世志子,大野 ゆう子,アレルギーの臨床,(株)北隆館,Vol. 36,No. 6,p. 558-562,2016年06月
  • 服薬支援製品に求められる規格・機能に関する検討~ユーザビリティの視点から~,河野愛弓,大野ゆう子,木戸倫子,ITヘルスケア誌(Web),Vol. 11,No. 1,2016年05月21日
  • ライフラインを活用した山間地域で暮らす独居高齢者の生活の見守りの検討,纐纈朋弥,石原多佳子,西本裕,小林和成,大野ゆう子,ITヘルスケア誌(Web),Vol. 11,No. 1,2016年05月21日
  • 高校生の喫煙状況に関連する要因の検討,鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子,日本衛生学雑誌(Web),Vol. 71,No. Supplement,2016年05月
  • 高校生の喫煙状況に関連する要因の検討,鈴木 珠水,馬醫 世志子,大野 ゆう子,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 71,No. Suppl.,p. S210-S210,2016年05月
  • 手術室での活用を目指したRFIDタグ付き手術器械システムの開発,山下和彦,山下和彦,大久保憲,山田憲嗣,大野ゆう子,楠田佳緒,太田裕治,黒田悟,飴谷充隆,伊藤嘉智,本田宏,小美野勝,田中慎一,田中聖人,医療機器学,Vol. 86,No. 2,2016年04月01日
  • 飲酒習慣とインスリン分泌障害およびインスリン抵抗性との関連 佐久研究,辰巳 友佳子,森本 明子,宮松 直美,霜田 哲夫,大野 ゆう子,宮本 恵宏,坂口 志朗,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 59,No. Suppl.1,p. S-148,2016年04月
  • 手術室での活用を目指したRFIDタグ付き手術器械システムの開発,山下 和彦,大久保 憲,山田 憲嗣,大野 ゆう子,楠田 佳緒,太田 裕治,黒田 悟,飴谷 充隆,伊藤 嘉智,本田 宏,小美野 勝,田中 慎一,田中 聖人,医療機器学,(一社)日本医療機器学会,Vol. 86,No. 2,p. 243-243,2016年04月
  • 学校における欠席者数報告にもとづくインフルエンザ流行予測―パンデミック2009H1N1を対象として―,古島大資,河野梢子,大野ゆう子,梯正之,Journal of Epidemiology (Web),Vol. 26,No. Supplement 1,2016年01月21日
  • The Comparison of the Eye-Tracking Characteristics among the Subjects with Different Visual Field Loss,SUSUKI Yuto,OHNO Yuko,FURUTA Masao,ONO Hiroshi,KUNIMATSU-SANUKI Shiho,IWASE Aiko,ARAIE Makoto,サイス ジェイシムシ,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 9,No. 4,p. 173-178,2016年
  • Evaluation of Influence of Assisting Speed of Nursing Care Robot on Sit-to-Stand Movement through Vertical Ground Reaction Force,Wang Tianyi,Shikata Noriyuki,Jeong Hieyong,Ohno Takafumi,Watanabe Soichiro,Kido Michiko,Yamada Kenji,Ohno Yuko,Okazaki Yasunao,Terashima Masayuki,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,p. 2P1-02b5,2016年
  • 地域在住高齢者へのフットケアによる身体機能の改善と医療費への影響,山下和彦,山下和彦,安在絵美,山下知子,佐藤満,井野秀一,山田憲嗣,大野ゆう子,日本フットケア学会年次学術集会プログラム・抄録集,Vol. 14th,2016年
  • がん患者の痛みに対する効果的な看護支援内容の抽出,玉木朋子,辰巳友佳子,木戸倫子,大野ゆう子,日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集,Vol. 29th,2016年
  • 地域がん登録に基づいた小児がん罹患数の経年変化の検討,石原啓之,大野ゆう子,原純一,早田みどり,がん予防学術大会プログラム・抄録集,Vol. 2016,2016年
  • 飲酒習慣とインスリン分泌障害およびインスリン抵抗性との関連:佐久研究,辰巳友佳子,辰巳友佳子,森本明子,宮松直美,霜田哲夫,大野ゆう子,宮本恵宏,坂口志朗,糖尿病(Web),Vol. 59,No. Suppl,2016年
  • IT機器を介した高齢者地域見守りモデル事業導入時の課題,纐纈 朋弥,石原 多佳子,西本 裕,小林 和成,山崎 仁朗,髙木 和美,大野 ゆう子,日本早期認知症学会誌 = The journal of Japan Society for Early Stage of Dementia,日本早期認知症学会 ; 2012-,Vol. 9,No. 2,p. 43-48,2016年
  • 子どもの足部計測による発達の課題,山下 和彦,山下 知子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 26,p. S77-S77,2016年
  • 活動量計を用いた中高年者の活動範囲評価システムの開発,山下 知子,山下 和彦,清水 裕子,宮川 市郎,井野 秀一,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 27,p. S177-S177,2016年
  • 電気的体液移動計測の研究,松下 和生,渡辺 晃也,横山 萌恵,石井 豊恵,木戸 倫子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,長倉 俊明,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 27,p. S154-S154,2016年
  • 内視鏡画像の距離による色情報変化に関する研究,安武 拓忠,大川内 涼太,横山 萌恵,石井 豊恵,木戸 倫子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,長倉 俊明,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S345-S345,2016年
  • 酸化チタンを用いた臭気除去の定量的計測研究,山口 瞭,木下 亮平,横山 萌恵,石井 豊恵,木戸 倫子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,長倉 俊明,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S335-S335,2016年
  • Depthカメラを用いた睡眠時呼吸状態におけるモニタリング評価に対する基礎的研究,松裏 豊,大野 ゆう子,丁 憙勇,山田 憲嗣,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S356-S356,2016年
  • 着用型腰部補助装置の臨床応用を看護の視点により評価する,村上 寛,大野 ゆう子,足立 光生,小笠原 伸浩,小林 宏,看護理工学会誌,看護理工学会,Vol. 3,No. 2,p. 101-108,2016年
  • 大阪大学 ロボティクス&デザイン看工融合共同研究講座:―融合領域講座の設立から現在まで,山田 憲嗣,大野 ゆう子,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 60,No. 10,p. 451-452,2016年
  • 線形判別分析法(LDA)による重量物持ち上げ姿勢の異常検知システムに関する検討,渡辺 宗一郎,丁 憙勇,鳥飼 一男,林 雅信,山田 憲嗣,大野 ゆう子,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,p. 2P1-03a7,2016年
  • 消化管出血部位自動検出のための診断支援システムの研究,長倉 俊明,吉田 成人,薫森 亮輝,安武 拓忠,横山 萌恵,石井 豊恵,木戸 倫子,野上 真子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S346-S346,2016年
  • 看護系大学学生の洗濯洗剤・柔軟剤の嗜好傾向と化学物質過敏症の授業効果の検討,鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子,室内環境学会学術大会講演要旨集,Vol. 2015,p. 228-229,2015年12月02日
  • 新概念ロボット,マイクロマシンによる未来医療福祉 看護工学入門,山田憲嗣,山田憲嗣,山田憲嗣,山田憲嗣,山田憲嗣,山田憲嗣,武田真季,武田真季,大野ゆう子,大野ゆう子,大野ゆう子,大野ゆう子,大野ゆう子,大野ゆう子,大野ゆう子,金属,Vol. 85,No. 12,p. 1026-1034,2015年12月01日
  • 看護系大学学生の洗濯洗剤・柔軟剤の嗜好傾向と化学物質過敏症の授業効果の検討,鈴木 珠水,馬醫 世志子,大野 ゆう子,室内環境学会学術大会講演要旨集,(一社)室内環境学会,Vol. 平成27年,p. 228-229,2015年12月
  • 看護工学入門 (特集 新概念ロボット,マイクロマシンによる未来医療福祉),山田 憲嗣,武田 真季,大野 ゆう子,金属,アグネ技術センター,Vol. 85,No. 12,p. 1026-1034,2015年12月
  • 世界および日本の肝内・肝外胆管がんの動向とその要因,歌田 真依,大野 ゆう子,玉木 朋子,祖父江 友孝,圓藤 吟史,JACR Monograph,(NPO)日本がん登録協議会,No. 21,p. 3-10,2015年11月
  • 圧力中心による回転ハンドリング動作の分析,丁 憙勇,山田 憲嗣,木戸 倫子,渡辺 宗一郎,野村 泰伸,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2015,p. 32-32,2015年09月
  • ライフラインを活用した独居高齢者の見守りの検討,纐纈朋弥,小林和成,石原多佳子,大野ゆう子,日本早期認知症学会誌,Vol. 8,No. 2,2015年08月31日
  • 薬物療法に関するガイドラインと服薬支援の必要性から検討する療養分類,木戸 倫子,大野 ゆう子,河野 愛弓,丁 憙勇,山田 憲嗣,長倉 俊明,日本早期認知症学会誌,日本早期認知症学会,Vol. 8,No. 2,p. 188-188,2015年08月
  • 早期認知症高齢者に対する服薬管理・支援製品に求められる機能についての検討,河野 愛弓,大野 ゆう子,木戸 倫子,笠原 聡子,大石 雅子,丁 憙勇,山田 憲嗣,日本早期認知症学会誌,日本早期認知症学会,Vol. 8,No. 2,p. 188-188,2015年08月
  • 薬物療法に関するガイドラインと服薬支援の必要性から検討する療養分類,木戸 倫子,大野 ゆう子,河野 愛弓,丁 憙勇,山田 憲嗣,長倉 俊明,日本早期認知症学会誌,日本早期認知症学会,Vol. 8,No. 2,p. 188-188,2015年08月
  • 早期認知症高齢者に対する服薬管理・支援製品に求められる機能についての検討,河野 愛弓,大野 ゆう子,木戸 倫子,笠原 聡子,大石 雅子,丁 憙勇,山田 憲嗣,日本早期認知症学会誌,日本早期認知症学会,Vol. 8,No. 2,p. 188-188,2015年08月
  • ライフラインを活用した独居高齢者の見守りの検討,纐纈 朋弥,小林 和成,石原 多佳子,大野 ゆう子,日本早期認知症学会誌,日本早期認知症学会,Vol. 8,No. 2,p. 191-191,2015年08月
  • 「よくなった、よかった」というために 看護の視点を活かす統計学,大野 ゆう子,日本感染看護学会学術集会講演集,日本感染看護学会,Vol. 15回,p. 6-6,2015年08月
  • 日本の小学生の睡眠習慣と睡眠に影響を及ぼすライフスタイルについての大規模調査,村田 絵美,毛利 育子,星野 恭子,三星 喬史,加藤 久美,松澤 重行,橘 雅弥,大野 ゆう子,谷池 雅子,日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集,(一社)日本睡眠学会,Vol. 40回,p. 245-245,2015年07月
  • 既存の大規模コホートデータを用いた職業と疾病リスクに関する検討,喜多村 祐里,堅山 遥菜,歌田 真依,大野 ゆう子,北村 哲久,西野 善一,田中 英夫,中山 富雄,伊藤 ゆり,片野田 耕太,富永 祐民,祖父江 友孝,産業衛生学雑誌,(公社)日本産業衛生学会,Vol. 57,No. 2,p. 57-57,2015年03月
  • 既存の大規模コホートデータを用いた職業と疾病リスクに関する検討,喜多村 祐里,堅山 遥菜,歌田 真依,大野 ゆう子,北村 哲久,西野 善一,田中 英夫,中山 富雄,伊藤 ゆり,片野田 耕太,富永 祐民,祖父江 友孝,産業衛生学雑誌,(公社)日本産業衛生学会,Vol. 57,No. 2,p. 57-57,2015年03月
  • 他計式連続型タイムスタディデータを用いた看護師の手指衛生機会数の検討,西村美樹,大野ゆう子,日本環境感染学会誌,Vol. 30,No. Supplement,2015年01月30日
  • 胆のうがんの罹患率と死亡率の年次推移,歌田真依,大野ゆう子,祖父江友孝,がん予防学術大会プログラム・抄録集,Vol. 2015,2015年
  • 統計的手法によるがん患者への看護支援方法抽出の可能性~疼痛管理教育に焦点をあてた検討~,玉木朋子,竹内佐智恵,大野ゆう子,日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集,Vol. 28th,2015年
  • 印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 印刷労働者における洗浄剤累積使用量別胆管がん罹患リスク,圓藤吟史,祖父江友孝,林朝茂,佐藤恭子,上原新一郎,牧内武,歌田真依,大野ゆう子,印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 平成26年度 総括・分担研究年度終了報告書,2015年
  • 「よくなった,よかった」というために~看護の視点を活かす統計学~,大野ゆう子,日本感染看護学会学術集会講演集,Vol. 15th,2015年
  • ポイントオブケア治療薬物モニタリングに向けた紙製基板を用いた涙液ラマン分光法の可能性,横山 萌恵,西村 隆宏,山田 憲嗣,丁 憙勇,木戸 倫子,櫻井 芳昭,大野 ゆう子,看護理工学会誌,看護理工学会,Vol. 2,No. 1,p. 25-31,2015年01月
  • さまざまな取り組みから見えてくる手指衛生遵守向上と維持のノウハウ 継続的なモニタリングからわかること、期待できること 向上しても維持は難しい 継続的な測定は可能か? 他計式連続型タイムスタディデータを用いた看護師の手指衛生機会数の検討,西村 美樹,大野 ゆう子,日本環境感染学会誌,(一社)日本環境感染学会,Vol. 30,No. Suppl.,p. 154-154,2015年01月
  • HSV表示内視鏡画像の色情報と分光画像による比較検討,大河内 涼太,河合 真子,吉田 成人,長倉 俊明,柏木 航,薫森 亮輝,廣田 優希,安武 拓忠,木戸 倫子,横山 萌恵,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S203_01-S203_01,2015年
  • 消化管内視鏡画像による診断支援ツールのための画像処理の研究,柏木 航,河合 真子,吉田 成人,長倉 俊明,長倉 俊明,大河内 涼太,薫森 亮輝,廣田 優希,安武 拓忠,木戸 倫子,横山 萌恵,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S203_02-S203_02,2015年
  • 電気インピーダンスによる生体電気特性連続計測による研究,渡辺 晃也,松下 和生,石井 豊恵,木戸 倫子,横山 萌恵,山田 憲嗣,大野 ゆう子,長倉 俊明,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S265_01-S265_01,2015年
  • 圧力中心測定による持ち上げ姿勢評価方法の有効性,丁 憙勇,渡辺 宗一郎,木戸 倫子,八木 雅和,野村 泰伸,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S258_03-S258_03,2015年
  • ポイントオブケア治療薬物モニタリングに向けた紙製基板を用いた涙液ラマン分光法の可能性,横山 萌恵,西村 隆宏,山田 憲嗣,丁 憙勇,木戸 倫子,櫻井 芳昭,大野 ゆう子,看護理工学会誌,看護理工学会,Vol. 2,No. 1,p. 25-31,2015年
  • セネガル共和国ファティック州における治癒までの疾患別治療費,岩佐真也,森本安紀,大野ゆう子,千里金蘭大学紀要,No. 11,p. 27-33,2014年12月24日
  • セネガル共和国ファティック州における治癒までの疾患別治療費,岩佐 真也,森本 安紀,大野 ゆう子,千里金蘭大学紀要,千里金蘭大学,No. 11,p. 27-33,2014年12月
  • 自動車運転時における視野正常者と視野欠損者におけるアイトラッキング特性の比較検討,薄雄斗,大野ゆう子,古田誠,小野浩,国松志保,岩瀬愛子,新家眞,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2014年11月21日
  • テキストマイニング手法を用いた参与観察データの多角的視点分析,岩佐真也,大野ゆう子,日本熱帯医学会大会プログラム抄録集,Vol. 55th,2014年11月01日
  • 日本の小学生の睡眠習慣と睡眠に影響を及ぼすライフスタイルについての大規模調査,村田 絵美,毛利 育子,星野 恭子,三星 喬史,加藤 久美,松澤 重行,橘 雅弥,大野 ゆう子,谷池 雅子,小児保健研究,(公社)日本小児保健協会,Vol. 73,No. 6,p. 798-810,2014年11月
  • 自閉症スペクトラム障害児の発達軌跡の解析,東 晴美,毛利 育子,橘 雅弥,大野 ゆう子,谷池 雅子,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 46,No. 6,p. 429-437,2014年11月
  • 日本の小学生の睡眠習慣と睡眠に影響を及ぼすライフスタイルについての大規模調査,村田 絵美,毛利 育子,星野 恭子,三星 喬史,加藤 久美,松澤 重行,橘 雅弥,大野 ゆう子,谷池 雅子,小児保健研究,(公社)日本小児保健協会,Vol. 73,No. 6,p. 798-810,2014年11月
  • 涙液中の薬物モニタリングに向けたラマン分光システム,横山萌恵,西村隆宏,山田憲嗣,大野ゆう子,応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 75th,2014年09月01日
  • 重量物取扱時の被験者の重心移動に関する比較検討,渡辺 宗一郎,鳥飼 一男,林 雅信,丁 憙勇,清水 咲希,木戸 倫子,野村 泰伸,三善 英知,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2014,p. OS3-2,2014年09月
  • 看護と工学 身体バランスの視点からみた腰部サポートウェアの効果,丁 憙勇,清水 咲希,渡辺 宗一郎,鳥飼 一男,林 雅信,木戸 倫子,野村 泰伸,三善 英知,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2014,p. 46-46,2014年09月
  • 看護と工学 重量物取扱時の被験者の重心移動に関する比較検討,渡辺 宗一郎,丁 憙勇,清水 咲希,鳥飼 一男,林 雅信,木戸 倫子,野村 泰伸,三善 英知,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2014,p. 47-47,2014年09月
  • 身体バランスの視点からみた腰部サポートウェアの効果(An Influence on Human Postural Balance of Waist Support Wear during Lifting Loads),丁 憙勇,清水 咲希,渡辺 宗一郎,鳥飼 一男,林 雅信,木戸 倫子,野村 泰伸,三善 英知,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2014,p. OS3-2,2014年09月
  • 重量物取扱時の被験者の重心移動に関する比較検討,渡辺 宗一郎,鳥飼 一男,林 雅信,丁 憙勇,清水 咲希,木戸 倫子,野村 泰伸,三善 英知,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2014,p. OS3-2,2014年09月
  • 看護学×理工学 融合と発展を探る(第8回) 看護理工学における大学・研究機関の役割と人材育成,大野 ゆう子,山田 憲嗣,看護技術,(株)メヂカルフレンド社,Vol. 60,No. 9,p. 904-905,2014年08月
  • 官能評価と生理学評価に基づくヘッドケアロボットの開発,安藤健,武田真季,山田憲嗣,大野ゆう子,本田幸夫,バイオメカニズム,Vol. 22,p. 213-224,2014年07月31日
  • 大豆摂取の2型糖尿病,インスリン抵抗性,インスリン分泌不全に対する効果―75g OGTTで評価する大規模前向きコホート研究―,辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,大野ゆう子,水野正一,渡邊昌,大豆たん白質研究,Vol. 16,p. 104-111,2014年06月
  • 超音波タグを用いた手術部の医療従事者の行動分析の基礎的解析,山下和彦,楠田佳緒,鈴木孝樹,山本愛子,丸山惠,松原要一,渡辺利光,佐藤俊彦,太田裕治,山田憲嗣,大野ゆう子,大久保憲,医療機器学,Vol. 84,No. 3,p. 325-334,2014年06月01日
  • 地域住民を対象とする三府県コホート併合データを用いた職業別死亡リスクの検討,喜多村 祐里,堅山 遥菜,歌田 真依,大野 ゆう子,北村 哲久,西野 善一,田中 英夫,中山 富雄,伊藤 ゆり,片野田 耕太,富永 祐民,祖父江 友孝,産業衛生学雑誌,(公社)日本産業衛生学会,Vol. 56,No. 臨増,p. 452-452,2014年05月
  • 既存の地域住民コホート併合データを用いた職業と疾病リスクについての検討,喜多村 祐里,堅山 遙菜,歌田 真依,大野 ゆう子,西野 善一,田中 英夫,中山 富雄,片野田 耕太,富永 祐民,祖父江 友孝,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 69,No. Suppl.,p. S208-S208,2014年05月
  • 地域住民を対象とする三府県コホート併合データを用いた職業別死亡リスクの検討,喜多村 祐里,堅山 遥菜,歌田 真依,大野 ゆう子,北村 哲久,西野 善一,田中 英夫,中山 富雄,伊藤 ゆり,片野田 耕太,富永 祐民,祖父江 友孝,産業衛生学雑誌,(公社)日本産業衛生学会,Vol. 56,No. 臨増,p. 452-452,2014年05月
  • 宮城・愛知・大阪における三府県コホートを用いた職業別死亡に関する網羅的検討,喜多村祐里,堅山遥菜,歌田真依,佐道准也,伊藤ゆり,片野田耕太,西野善一,田中英夫,富永祐民,大野ゆう子,北村哲久,祖父江友孝,Journal of Epidemiology,Vol. 24,No. Supplement 1,2014年01月23日
  • 多重がんにおける化学療法と放射線療法の影響,歌田真依,大野ゆう子,堀芽久美,早田みどり,Journal of Epidemiology,Vol. 24,No. Supplement 1,2014年01月23日
  • インスリン分泌不全の有無によるHOMA‐IR増加が糖尿病発症に及ぼす影響:佐久研究,森本明子,辰巳友佳子,出浦喜丈,征矢野文恵,宮松直美,大野ゆう子,水野正一,渡邊昌,Journal of Epidemiology,Vol. 24,No. Supplement 1,2014年01月23日
  • 境界型糖尿病と慢性腎臓病の関連:佐久研究,辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,征矢野文恵,大野ゆう子,宮松直美,水野正一,渡邊昌,Journal of Epidemiology,Vol. 24,No. Supplement 1,2014年01月23日
  • A difference of human posture between beginner and expert during lifting a heavy load,Soichiro Watanabe,Kazuo Torigai,Masanobu Hayashi,Hieyong Jeong,Saki Shimizu,Michiko Kido,Taishin Nomura,Eiji Miyoshi,Kenji Yamada,Yuko Ohno,BMEiCON 2014 - 7th Biomedical Engineering International Conference,2014年01月20日
  • 病院内空間の適正配置に関する研究,笹森光子,武田真季,吉本佳世,山田憲嗣,大野ゆう子,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集,Vol. 2013,p. 133-134,2014年01月17日
  • Illness prevalence and healthcare utilization behaviors in rural Senegal : a population-based study,IWASA Maya,SHIMIZU Sachiko,OHNO Yuko,民族衛生,日本民族衛生学会,Vol. 80,No. 6,p. 261-274,2014年
  • 印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 1.印刷労働者における従事期間別胆管がん罹患リスク,圓藤吟史,祖父江友孝,上原新一郎,林朝茂,佐藤恭子,歌田真依,大野ゆう子,印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 平成25年度研究報告書,p. 30-37,2014年
  • 自閉症スペクトラム障害児の発達軌跡の解析,東 晴美,毛利 育子,橘 雅弥,大野 ゆう子,谷池 雅子,脳と発達,一般社団法人 日本小児神経学会,Vol. 46,No. 6,p. 429-437,2014年
  • 官能評価と生理学評価に基づくヘッドケアロボットの開発,安藤 健,武田 真季,山田 憲嗣,大野 ゆう子,本田 幸夫,バイオメカニズム,バイオメカニズム学会,Vol. 22,No. 0,p. 213-224,2014年
  • テキストマイニング手法を用いた参与観察データの多角的視点分析,岩佐真也,大野ゆう子,千里金蘭大学紀要,No. 10,p. 39-46,2013年12月26日
  • 洗浄性と快適性を提供するヘッドケアロボット,安藤 健,廣瀬 俊典,藤岡 総一郎,水野 修,武田 真季,山田 憲嗣,大野 ゆう子,本田 幸夫,日本生活支援工学会誌,(一社)日本生活支援工学会,Vol. 13,No. 2,p. 83-83,2013年12月
  • 多重がんの発生頻度と発生間隔,歌田 真依,大野 ゆう子,堀 芽久美,早田 みどり,JACR Monograph,(NPO)日本がん登録協議会,No. 19,p. 151-152,2013年12月
  • 日本版小学生睡眠質問票の開発,三星喬史,毛利育子,星野恭子,加藤久美,清水佐知子,下野九理子,橘雅弥,大野ゆう子,谷池雅子,小児保健研究,Vol. 72,No. 6,p. 789-798,2013年11月30日
  • インスリン分泌不全と体重増加が糖尿病発症に及ぼす影響:佐久研究,辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,大野ゆう子,宮松直美,水野正一,渡邊昌,日本循環器病予防学会誌,Vol. 48,No. 3,p. 210-215,2013年11月10日
  • インスリン分泌不全と体重増加が糖尿病発症に及ぼす影響 佐久研究,辰巳 友佳子,森本 明子,出浦 喜丈,大野 ゆう子,宮松 直美,水野 正一,渡邊 昌,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 48,No. 3,p. 210-215,2013年11月
  • 日本版小学生睡眠質問票の開発,三星 喬史,毛利 育子,星野 恭子,加藤 久美,清水 佐知子,下野 九理子,橘 雅弥,大野 ゆう子,谷池 雅子,小児保健研究,(公社)日本小児保健協会,Vol. 72,No. 6,p. 789-798,2013年11月
  • 医療現場に根ざしたモノづくり,大野 ゆう子,東海病院管理学研究会年報,東海病院管理学研究会,No. 平成24年度,p. 69-71,2013年11月
  • 都道府県別にみた自殺率に対する年齢・時代・世代要因の影響 6県における試み,三輪 のり子,中村 隆,田中 貴子,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 72回,p. 569-569,2013年10月
  • 都道府県別にみた自殺率に対する年齢・時代・世代要因の影響 6県における試み,三輪 のり子,中村 隆,田中 貴子,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 72回,p. 569-569,2013年10月
  • 日本の稀少がん罹患の実態 EUの稀少がんの定義の適用(Incidence of rare cancers in Japan: Adaptation of EU rare cancers definition),柴田 亜希子,玉木 朋子,董 乙き,大野 ゆう子,祖父江 友孝,西本 寛,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 72回,p. 212-212,2013年10月
  • 5節リンク機構により洗浄性を向上したヘッドケアロボットの開発,安藤健,廣瀬俊典,藤岡総一郎,水野修,武田真季,丸山知美,山田憲嗣,大野ゆう子,本田幸夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 31st,2013年09月04日
  • 喫煙関連がんの多重がん発生頻度と発生間隔,歌田真依,大野ゆう子,堀芽久美,早田みどり,統計関連学会連合大会講演報告集,Vol. 2013,2013年09月
  • 病理判定の一致度と判定に対する影響因子の施設間比較,堀芽久美,大野ゆう子,加藤毅,尾路祐介,統計関連学会連合大会講演報告集,Vol. 2013,2013年09月
  • 成人学習療法システムの看護・介護者教育への応用について,大野 ゆう子,山田 憲嗣,西村 隆宏,武田 真季,木戸 倫子,浅田 久子,大野 悦子,日本早期認知症学会誌,日本早期認知症学会,Vol. 6,No. 2,p. 138-138,2013年09月
  • 自動車運転時の視線の解析 正常視野群と緑内障視野群での比較,岩瀬 愛子,大野 ゆう子,薄 雄斗,古田 誠,小野 浩,国松 志保,新家 眞,日本緑内障学会抄録集,日本緑内障学会,Vol. 24回,p. 112-112,2013年09月
  • 蛍光カラー符号化による簡易分子スクリーニング技術の検討,西村 隆宏,小倉 裕介,山田 憲嗣,大野 ゆう子,谷田 純,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2013,p. OS2-4,2013年09月
  • ATL患者の多重がんの発生頻度と発生間隔,歌田真依,大野ゆう子,堀芽久美,岩永正子,上平憲,早田みどり,ATLシンポジウム/HTLV-1国際シンポジウム/HTLV-1研究会プログラム・抄録集,Vol. 2nd-3rd-6th,2013年08月23日
  • 一般病棟と外来化学療法室の看護業務における協働業務の実態と特徴,平田記子,石井豊恵,冨田耕平,平野方子,横内光子,大野ゆう子,清水佐知子,東村昌代,内田宣江,日本医療情報学会看護学術大会論文集,Vol. 14th,p. 59-60,2013年07月12日
  • 一般病棟と外来化学療法室の看護業務における協働業務の実態と特徴,平田 記子,石井 豊恵,冨田 耕平,平野 方子,横内 光子,大野 ゆう子,清水 佐知子,東村 昌代,内田 宣江,日本医療情報学会看護学術大会論文集,日本医療情報学会看護部会,Vol. 14回,p. 59-60,2013年07月
  • インスリン分泌不全と体重増加が糖尿病発症に及ぼす影響:佐久研究,辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,水野正一,大野ゆう子,渡邊昌,日本循環器病予防学会誌,Vol. 48,No. 2,2013年05月17日
  • インスリン分泌不全と体重増加が糖尿病発症に及ぼす影響 佐久研究,辰巳 友佳子,森本 明子,出浦 喜丈,水野 正一,大野 ゆう子,渡邊 昌,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 48,No. 2,p. 131-131,2013年05月
  • ヘッドケアロボット使用が頭皮血流に与える短期的影響,安藤健,廣瀬俊典,藤岡総一郎,水野修,山田憲嗣,大野ゆう子,本田幸夫,生体医工学,Vol. 51,No. 2,p. 157-161,2013年04月10日
  • ヘッドケアロボット使用が頭皮血流に与える短期的影響,安藤 健,廣瀬 俊典,藤岡 総一郎,水野 修,山田 憲嗣,大野 ゆう子,本田 幸夫,生体医工学,(公社)日本生体医工学会,Vol. 51,No. 2,p. 157-160,2013年04月
  • 肝内および肝外胆管がんの死亡・罹患率の年次推移,祖父江友孝,歌田真依,大野ゆう子,圓藤吟史,日本衛生学雑誌,Vol. 68,No. Supplement,2013年03月
  • 肝内および肝外胆管がんの死亡・罹患率の年次推移,祖父江 友孝,歌田 真依,大野 ゆう子,圓藤 吟史,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 68,No. Suppl.,p. S174-S174,2013年03月
  • 「心地良さ」を生み出す技術―感性重視型技術の最前線―超高齢社会に求められる「心地良さ」―看工融合領域におけるロボットによる心地良さへの試み,山田憲嗣,武田真季,大野ゆう子,機能材料,Vol. 33,No. 2,p. 43-47,2013年02月05日
  • 教師用BRIEFの日本における標準化の試み(2),永谷文代,大野ゆう子,清水佐知子,諏訪絵里子,廣瀬央恵,松嵜順子,毛利育子,谷池雅子,日本発達心理学会大会論文集,Vol. 24th,2013年02月01日
  • 看工融合領域におけるロボットによる心地良さへの試み (特集 「心地良さ」を生み出す技術 : 感性重視型技術の最前線) -- (超高齢社会に求められる「心地良さ」),山田 憲嗣,武田 真季,大野 ゆう子,機能材料,シーエムシー出版,Vol. 33,No. 2,p. 43-47,2013年02月
  • 胃がん家族歴と胃がん死亡リスクの関連,歌田真依,大野ゆう子,祖父江友孝,堅山遥菜,西野善一,田中英夫,中山富雄,片野田耕太,富永祐民,Journal of Epidemiology,Vol. 23,No. Supplement 1,2013年01月24日
  • インスリン分泌不全と抵抗性の2型糖尿病発症への影響:佐久研究,森本明子,辰巳友佳子,出浦喜丈,水野正一,大野ゆう子,渡邊昌,Journal of Epidemiology,Vol. 23,No. Supplement 1,2013年01月24日
  • 10年コホート調査に基づく職業と部位別がん死亡の関係,堅山遥菜,大野ゆう子,祖父江友孝,歌田真依,西野善一,田中英夫,中山富雄,片野田耕太,富永祐民,Journal of Epidemiology,Vol. 23,No. Supplement 1,2013年01月24日
  • 肥満度別のインスリン分泌不全及び抵抗性の2型糖尿病発症への影響:佐久研究,辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,水野正一,大野ゆう子,渡邊昌,Journal of Epidemiology,Vol. 23,No. Supplement 1,2013年01月24日
  • 院内がん登録全国集計を用いたがん患者受療動態の可視化に関する研究,片山和子,大野ゆう子,歌田真依,堀芽久美,清水佐知子,西本寛,Journal of Epidemiology,Vol. 23,No. Supplement 1,2013年01月24日
  • Investigation on the Optimal Observation Time Interval for the Work Sampling at Hospital Wards; Based on the Big Continuous Time-And-Motion Study (TMS) Database,Torii Kanako,Shimizu Sachiko,OHNO Yuko,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 51,No. 0,p. R-312-R-312,2013年
  • 看護師によるがん患者に対する疼痛管理教育の効果と看護への実践:メタアナリシス,玉木朋子,竹内佐智恵,大野ゆう子,日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集,Vol. 26th,2013年
  • 自動車運転時の視線の解析 正常視野群と緑内障視野群での比較,岩瀬愛子,大野ゆう子,薄雄斗,古田誠,小野浩,国松志保,新家眞,日本緑内障学会抄録集,Vol. 24th,2013年
  • 印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 4.印刷業と胆管がん死亡―三府県コホートを用いて―,祖父江友孝,堅山遥菜,大野ゆう子,印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 平成24年度総括・分担研究報告書,p. 45-51,2013年
  • 印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 5.胆管がんの罹患と死亡の年次推移,祖父江友孝,歌田真依,大野ゆう子,印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 平成24年度総括・分担研究報告書,p. 52-67,2013年
  • 印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 1.印刷労働者における胆管がんの標準化罹患比と標準化死亡比,圓藤吟史,祖父江友孝,上原新一郎,林朝茂,佐藤恭子,歌田真依,大野ゆう子,印刷労働者にみられる胆管癌発症の疫学的解明と原因追究 平成24年度総括・分担研究報告書,p. 32-36,2013年
  • テキストマイニング手法を用いた参与観察データの多角的視点分析,岩佐 真也,大野 ゆう子,Maya Iwasa,Ohno Yuko,千里金蘭大学 看護学部,大阪大学大学院 医学系研究科,千里金蘭大学紀要,千里金蘭大学,p. 39-46,2013年
  • 日本の幼児の睡眠習慣と睡眠に影響を及ぼす要因について,三星 喬史,加藤 久美,清水 佐知子,松本 小百合,鳫野 雪保,井上 悦子,毛利 育子,下野 九理子,大野 ゆう子,谷池 雅子,小児保健研究,日本小児保健協会,Vol. 71,No. 6,p. 808-816,2012年11月30日
  • 重度脳性まひ児の残存機能を利用した人・機械相互学習型電動車いすの開発,安藤 健,小島 康史,関 雅俊,川村 和也,二瓶 美里,佐藤 春彦,辰巳 友佳子,大野 ゆう子,井上 剛伸,藤江 正克,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 30,No. 9,p. 873-880,2012年11月15日
  • 重度脳性まひ児の残存機能を利用した人・機械相互学習型電動車いすの開発,安藤 健,小島 康史,関 雅俊,川村 和也,二瓶 美里,佐藤 春彦,辰巳 友佳子,大野 ゆう子,井上 剛伸,藤江 正克,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 30,No. 9,p. 873-880,2012年11月15日
  • 調査目的に応じた最適な看護業務タイムスタディ設計に関する研究,鳥居佳奈子,清水佐知子,大野ゆう子,医療情報学連合大会論文集,Vol. 32nd,p. 792-794,2012年11月14日
  • 調査目的に応じた最適な看護業務タイムスタディ設計に関する研究,鳥居 佳奈子,清水 佐知子,大野 ゆう子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 32回,p. 792-794,2012年11月
  • 「看護系」と「工学系」の会話,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 2012,p. SP2-5,2012年11月
  • 日本の幼児の睡眠習慣と睡眠に影響を及ぼす要因について,三星 喬史,加藤 久美,清水 佐知子,松本 小百合,鳫野 雪保,井上 悦子,毛利 育子,下野 九理子,大野 ゆう子,谷池 雅子,小児保健研究,(公社)日本小児保健協会,Vol. 71,No. 6,p. 808-816,2012年11月
  • 【看護研究の進め方論文の書き方(第2版)】(第4章)研究デザインと研究手法 (第1節)研究デザインとは,大野 ゆう子,笠原 聡子,JJNスペシャル,(株)医学書院,No. 94,p. 60-61,2012年10月
  • 【看護研究の進め方論文の書き方(第2版)】(第4章)研究デザインと研究手法 (第2節)研究デザインの大分類,大野 ゆう子,笠原 聡子,JJNスペシャル,(株)医学書院,No. 94,p. 62-67,2012年10月
  • 【看護研究の進め方論文の書き方(第2版)】(第4章)研究デザインと研究手法 (第3節)研究デザインの種類と選択,大野 ゆう子,笠原 聡子,JJNスペシャル,(株)医学書院,No. 94,p. 68-75,2012年10月
  • 【看護研究の進め方論文の書き方(第2版)】(第4章)研究デザインと研究手法 (第4節)研究デザインと実施順序性,大野 ゆう子,笠原 聡子,JJNスペシャル,(株)医学書院,No. 94,p. 76-78,2012年10月
  • 【看護研究の進め方論文の書き方(第2版)】(第4章)研究デザインと研究手法 (第5節)その他の研究デザイン,大野 ゆう子,笠原 聡子,JJNスペシャル,(株)医学書院,No. 94,p. 79-80,2012年10月
  • 糖尿病発症へのインスリン分泌不全及び抵抗性の影響,森本明子,辰巳友佳子,出浦喜丈,水野正一,大野ゆう子,渡邊昌,日本循環器病予防学会誌,Vol. 47,No. 2,2012年04月30日
  • Impaired Glucose Toleranceの糖尿病発症リスクと糖尿病発症予測に有効な血糖指標,辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,水野正一,大野ゆう子,渡邊昌,日本循環器病予防学会誌,Vol. 47,No. 2,2012年04月30日
  • Impaired Glucose Toleranceの糖尿病発症リスクと糖尿病発症予測に有効な血糖指標,辰巳 友佳子,森本 明子,出浦 喜丈,水野 正一,大野 ゆう子,渡邊 昌,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 47,No. 2,p. 103-103,2012年04月
  • 糖尿病発症へのインスリン分泌不全及び抵抗性の影響,森本 明子,辰巳 友佳子,出浦 喜丈,水野 正一,大野 ゆう子,渡邊 昌,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 47,No. 2,p. 106-106,2012年04月
  • 大阪府のがん罹患数・死亡数将来推計,歌田 真依,大野 ゆう子,清水 佐知子,伊藤 ゆり,津熊 秀明,JACR Monograph,(NPO)日本がん登録協議会,No. 17,p. 46-47,2012年03月
  • 部分荷重歩行訓練における装着型床反力計を用いたバイオフィードックシステム,坂田奈津美,安藤健,藤谷順子,石川秀俊,藤本雅史,小池友和,纐纈和美,清水佐知子,山田憲嗣,大野ゆう子,藤江正克,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 24th (CD-ROM),2012年01月06日
  • 電動ベッドに後付け可能な起立支援機器の提案,安藤健,山田憲嗣,清水佐知子,大野ゆう子,日本機械学会論文集 C編(Web),Vol. 78,No. 785,2012年
  • 洗髪による洗浄効果の検討,武田真季,山田憲嗣,薄雄斗,吉本佳世,佐々木なぎさ,清水佐知子,石井豊恵,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 51st,2012年
  • 病院の臭気の局在と臭気除去の研究,長倉俊明,伏井義人,山田憲嗣,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 51st,2012年
  • 「看護系」と「工学系」の会話,大野ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2012,2012年
  • 地域におけるがん患者等社会的支援の効果的な実施に関する研究 定量的調査に基づく患者支援の評価に関する研究,大野ゆう子,山田憲嗣,安藤健,地域におけるがん患者等社会的支援の効果的な実施に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書,p. 27-33,2012年
  • 看護分野におけるツール開発について,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,清水佐知子,山田憲嗣,第24回バイオエンジニアリング講演会 CD-ROM,Vol. 24th (CD-ROM),2012年01月
  • 8E33 看護分野におけるツール開発について(OS14 未来を創る診断・治療・看護工学~医看工融合研究を目指して~1),石井 豊恵,大野 ゆう子,笠原 聡子,清水 佐知子,山田 憲嗣,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _8E33-1_-_8E33-2_,2012年
  • 8E34 部分荷重歩行訓練における装着型床反力計を用いたバイオフィードバックシステム(OS14 未来を創る診断・治療・看護工学~医看工融合研究を目指して~1),坂田 奈津美,大野 ゆう子,藤江 正克,安藤 健,藤谷 順子,石川 秀俊,藤本 雅史,小池 友和,纐纈 和美,清水 佐知子,山田 憲嗣,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _8E34-1_-_8E34-2_,2012年
  • 電動ベッドに後付け可能な起立支援機器の提案,安藤 健,山田 憲嗣,清水 佐知子,大野 ゆう子,日本機械学会論文集 C編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 78,No. 785,p. 151-162,2012年
  • Unified Modeling Language手法を用いたアフリカ諸国における受療行動の検討(The study on the visualization of utilization behaviors in health care in Africa by Unified Modeling Language),岩佐 真也,大野 ゆう子,清水 佐知子,千里金蘭大学紀要,千里金蘭大学,No. 8,p. 96-103,2011年12月
  • シックハウス症候群および/または化学物質過敏症患者の症状と室内・室外空気質の研究(Research into the Symptoms of Sick House Syndrome and/or Multiple Chemical Sensitivity Patients and indoor and OutdoorAir Quality),鈴木 珠水,大野 ゆう子,馬醫 世志子,井上 雅雄,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 6,No. 2,p. 154-166,2011年12月
  • 受療行動と治療費:セネガル地方での住民調査,岩佐真也,大野ゆう子,清水佐知子,日本熱帯医学会大会プログラム抄録集,Vol. 52nd,2011年11月04日
  • 業務改善に向けたタイムスタディのあり方の研究―看護スタッフと患者の双方の視点から―,大野ゆう子,山田憲嗣,清水佐知子,武田真季,佐々木なぎさ,本田幸夫,高橋里恵,笠原聡子,岡田千鶴,酒井文代,池川充洋,病院設備,Vol. 53,No. 6,p. 89-90,2011年11月01日
  • 業務改善に向けたタイムスタディのあり方の研究 看護スタッフと患者の双方の視点から,大野 ゆう子,山田 憲嗣,清水 佐知子,武田 真季,佐々木 なぎさ,本田 幸夫,高橋 里恵,笠原 聡子,岡田 千鶴,酒井 文代,池川 充洋,病院設備,(一社)日本医療福祉設備協会,Vol. 53,No. 6,p. 89-90,2011年11月
  • 臨床工学技士 高まる役割とその現実 医学と工学の融合領域と医療現場の実態について,長倉 俊明,山田 憲嗣,大野 ゆう子,石原 謙,日本医学会総会会誌,日本医学会,Vol. 28回,No. II,p. 118-118,2011年10月
  • 側臥位・腹臥位での局所圧迫を回避できる枕の検討,田中範佳,大野ゆう子,鈴木利保,日本手術医学会誌,Vol. 32,2011年09月15日
  • がん生存率検討における死因の影響について : 長崎県がん登録に基づくIncidence Mortality比の検討から(一般セッション 統計数理研究所),歌田 真依,大野 ゆう子,清水 佐知子,堀 芽久美,早田 みどり,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 39,p. 125-126,2011年09月11日
  • 地域がん登録を用いた乳がん患者の予後と関連する要因についての検討 : 長崎県がん登録を用いて(一般セッション 統計数理研究所),堅山 遥菜,大野 ゆう子,清水 佐知子,歌田 真依,片山 和子,早田 みどり,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 39,p. 127-128,2011年09月11日
  • 業務Interruptionにおける看護師の臨床判断論理に関する研究(一般セッション 医学・看護),笠原 聡子,大野 ゆう子,石井 豊恵,清水 佐知子,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 39,p. 233-236,2011年09月11日
  • 長期外来患者の判別問題(特別セッション 判別分析の新潮流(2)),堀 芽久美,大野 ゆう子,清水 佐知子,歌田 真依,松村 泰志,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 39,p. 427-428,2011年09月11日
  • 側臥位・腹臥位での局所圧迫を回避できる枕の検討,田中 範佳,大野 ゆう子,鈴木 利保,日本手術医学会誌,日本手術医学会,Vol. 32,No. Suppl.,p. 74-74,2011年09月
  • 壮年期から中年期におけるBMIの変化と糖尿病発症の関連,辰巳友佳子,大野ゆう子,森本明子,前島文夫,西垣良夫,水野正一,渡邊昌,日本循環器病予防学会誌,Vol. 46,No. 2,2011年04月30日
  • 糖尿病発症への喫煙および肥満度の影響,森本明子,大野ゆう子,辰巳友佳子,前島文夫,西垣良夫,水野正一,渡邊昌,日本循環器病予防学会誌,Vol. 46,No. 2,2011年04月30日
  • 糖尿病発症への喫煙および肥満度の影響,森本 明子,大野 ゆう子,辰巳 友佳子,前島 文夫,西垣 良夫,水野 正一,渡邊 昌,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 46,No. 2,p. 138-138,2011年04月
  • 壮年期から中年期におけるBMIの変化と糖尿病発症の関連,辰巳 友佳子,大野 ゆう子,森本 明子,前島 文夫,西垣 良夫,水野 正一,渡邊 昌,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 46,No. 2,p. 151-151,2011年04月
  • 網膜チップセンサーを用いた病院内人物モニタシステムの開発,松村隆史,武田真季,奥野弘嗣,山田憲嗣,大野ゆう子,八木哲也,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 110,No. 460,p. 141-145,2011年03月
  • 訪問看護ステーションにおける時間外対応の内容分析と記録フォーマットに関する研究,鈴木 珠水,馬醫 世志子,大野 ゆう子,平成21年度一般公募 公益法人在宅医療助成 勇美記念財団 完了報告書,2011年02月
  • 網膜チップセンサーを用いた病院内人物モニタシステムの開発,松村 隆史,武田 真季,奥野 弘嗣,山田 憲嗣,大野 ゆう子,八木 哲也,電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス),(一社)電子情報通信学会,Vol. 110,No. 460,p. 141-145,2011年02月
  • 健康診断受診者のBMI値のパーセンタイル曲線,森本明子,大野ゆう子,辰巳友佳子,前島文夫,西垣良夫,渡邊昌,水野正一,Journal of Epidemiology,Vol. 21,No. 1 Supplement,2011年01月21日
  • 健康診断受診者の血圧値のパーセンタイル曲線,辰巳友佳子,大野ゆう子,森本明子,前島文夫,西垣良夫,渡邊昌,水野正一,Journal of Epidemiology,Vol. 21,No. 1 Supplement,2011年01月21日
  • デザインによる医療の安全向上への検討(看護工学による医療支援),長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,生田幸士,石原謙,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 50th,2011年
  • 医用工学と看護工学による産業振興への提案,長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,生田幸士,石原謙,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 50th,2011年
  • がんの生存率に対するマルコフモデルの適用について,堀芽久美,大野ゆう子,清水佐知子,歌田真依,早田みどり,濱崎俊光,応用統計学会年会講演予稿集,Vol. 2011,p. 112-113,2011年
  • 看護学生による看護工学の実例,山田憲嗣,武田真希,佐々木なぎさ,田中範佳,竪山春菜,清水佐知子,長倉俊明,石原謙,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 50th,2011年
  • 長期療養型病院の外来配置換え前後における患者・病院スタッフの動線の変化に関する研究,佐々木なぎさ,武田真季,山田憲嗣,清水佐知子,岡田千鶴,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 50th,2011年
  • 地域におけるがん患者等社会的支援の効果的な実施に関する研究 定量的調査に基づく患者支援の評価に関する研究,大野ゆう子,地域におけるがん患者等社会的支援の効果的な実施に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書,p. 29-35,2011年
  • 編集後記,大野 ゆう子,ITヘルスケア誌,ITヘルスケア学会,Vol. 6,No. 2,p. 167-167,2011年
  • 看護を測るME タイムスタディによる看護業務プロセスの可視化,清水佐知子,大野ゆう子,岩佐真也,尾島裕子,LIN Jianhuang,冨澤理恵,大西喜一郎,本杉ふじえ,岡田千鶴,生体医工学,Vol. 48,No. 6,p. 536-541,2010年12月10日
  • 看護を測るME,大野 ゆう子,生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 48,No. 6,p. 511-512,2010年12月10日
  • 看護業務を測る〜無人タイムスタデイ〜,山田 憲嗣,薄 雄斗,武田 真季,岡田 志麻,清水 佐知子,石井 豊恵,中川 里恵,松村 泰志,野田 祐子,長倉 俊明,石原 謙,大野 ゆう子,生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 48,No. 6,p. 517-522,2010年12月10日
  • タイムスタディによる看護業務プロセスの可視化,清水 佐知子,大野 ゆう子,岩佐 真也,尾島 裕子,林 剣煌,冨澤 理恵,大西 喜一郎,本杉 ふじゑ,岡田 千鶴,生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 48,No. 6,p. 536-541,2010年12月10日
  • 日本版幼児睡眠質問票の開発,清水佐知子,加藤久美,毛利育子,下野九理子,大野ゆう子,谷池雅子,小児保健研究,日本小児保健協会,Vol. 69,No. 6,p. 803-813,2010年12月
  • タイムスタディ研究の進展 タイムスタディによる看護業務の観測と構造化,清水 佐知子,大野 ゆう子,岩佐 真也,冨澤 理恵,尾島 裕子,林 剣煌,坂田 奈津美,大西 喜一郎,看護研究,(株)医学書院,Vol. 43,No. 7,p. 551-557,2010年12月
  • 感情表出の特性に関連する音声関連パラメータの抽出 看護実務経験などの気配り関連パラメータを考えて(Extraction of Speech Parameters Relating to the Characteristics of Emotional Expression: Focus on the Attentiveness-relatecl Parameters such as the Nursing Experience),高 亜罕,大野 ゆう子,岡田 志麻,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 5,No. 2,p. 114-123,2010年12月
  • タイムプロセススタディを用いた看護ワークフローにおける中断影響の可視化(Visualizing the Impact of Interruptions in Nursing Work flow using a Time Process Study),笠原 聡子,大野 ゆう子,石井 豊恵,沼崎 穂高,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 5,No. 2,p. 124-134,2010年12月
  • 日本の都道府県別がん罹患者数推計(Estimation of Cancer Incidence by Prefectures in Japan),歌田 真依,大野 ゆう子,辰巳 友佳子,早田 みどり,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 5,No. 2,p. 135-154,2010年12月
  • 【看護を測るME】看護業務を測る 無人タイムスタディ,山田 憲嗣,薄 雄斗,武田 真季,岡田 志麻,清水 佐知子,石井 豊恵,中川 里恵,松村 泰志,野田 祐子,長倉 俊明,石原 謙,大野 ゆう子,生体医工学,(公社)日本生体医工学会,Vol. 48,No. 6,p. 517-521,2010年12月
  • 【看護を測るME】タイムスタディによる看護業務プロセスの可視化,清水 佐知子,大野 ゆう子,岩佐 真也,尾島 裕子,林 剣煌,冨澤 理恵,大西 喜一郎,本杉 ふじゑ,岡田 千鶴,生体医工学,(公社)日本生体医工学会,Vol. 48,No. 6,p. 536-541,2010年12月
  • 訪問看護ステーションにおける携帯電話当番についての意識調査,鈴木珠水,馬醫世志子,小林和成,大野ゆう子,棚橋さつき,山路聡子,医療情報学連合大会論文集,Vol. 30th,p. 1225-1228,2010年11月19日
  • 複眼光学系を利用したカプセル型内視鏡の基礎的検討,山田憲嗣,香川景一郎,吉田成人,谷田純,長倉俊明,石原謙,大野ゆう子,Optics & Photonics Japan講演予稿集,Vol. 2010,p. 650-651,2010年11月08日
  • 複眼光学系を利用した内視鏡システム,山田憲嗣,長倉俊明,石原謙,大野ゆう子,香川景一郎,谷田純,吉田成人,日本コンピュータ外科学会誌,Vol. 12,No. 3,p. 458-459,2010年11月02日
  • 対応点探索を改善させた内視鏡ステレオマッチング法の検討,長倉俊明,牧坂光,瀬戸山浩平,高田祐樹,丸橋学,川合真子,道田知樹,平尾素弘,河原邦光,山田憲嗣,吉田成人,大野ゆう子,日本コンピュータ外科学会誌,Vol. 12,No. 3,p. 230-231,2010年11月02日
  • 看護師行動量・行動パタンと看護業務の関連に関する検討,林 剣煌,大野 ゆう子,喜久元 香,清水 佐知子,尾島 裕子,東村 昌代,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 30回,p. 1090-1091,2010年11月
  • オブジェクト指向に基づく患者移送関連看護業務モデリングの試み,清水 佐知子,大野 ゆう子,中村 昌平,金谷 一朗,川崎 和男,冨澤 理恵,尾島 裕子,坂田 奈津美,石井 豊恵,山田 憲嗣,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 30回,p. 1199-1200,2010年11月
  • 訪問看護ステーションにおける携帯電話当番についての意識調査,鈴木 珠水,馬醫 世志子,小林 和成,大野 ゆう子,棚橋 さつき,山路 聡子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 30回,p. 1225-1228,2010年11月
  • 対応点探索を改善させた内視鏡ステレオマッチング法の検討,長倉 俊明,牧坂 光,瀬戸山 浩平,高田 祐樹,丸橋 学,川合 真子,道田 知樹,平尾 素弘,河原 邦光,山田 憲嗣,吉田 成人,大野 ゆう子,日本コンピュータ外科学会誌,(一社)日本コンピュータ外科学会,Vol. 12,No. 3,p. 230-231,2010年11月
  • 複眼光学系を利用した内視鏡システム,山田 憲嗣,長倉 俊明,石原 謙,大野 ゆう子,香川 景一郎,谷田 純,吉田 成人,日本コンピュータ外科学会誌,(一社)日本コンピュータ外科学会,Vol. 12,No. 3,p. 458-459,2010年11月
  • 日本版幼児睡眠質問票の開発,清水 佐知子,加藤 久美,毛利 育子,下野 九理子,大野 ゆう子,谷池 雅子,小児保健研究,(公社)日本小児保健協会,Vol. 69,No. 6,p. 803-813,2010年11月
  • 急性期病棟の状態把握における看護師の観察情報処理系の検討,森本明子,大野ゆう子,辰巳友佳子,堀芽久美,歌田真依,武田真季,薄雄斗,喜久元香,尾島裕子,坂田奈津美,田中範佳,山田憲嗣,清水佐知子,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 25th,p. 257-258,2010年09月23日
  • 医看工融合におけるベッドからの転倒転落動作に関する研究,武田真季,山田憲嗣,喜久元香,薄雄斗,清水佐知子,八木哲也,長倉俊明,石原謙,大野ゆう子,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 25th,p. 259-260,2010年09月23日
  • 薄膜シリコーンを利用した触覚内視鏡開発の基礎検討,山田 憲嗣,薄 雄斗,長倉 俊明,石原 謙,大野 ゆう子,電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会,Vol. 2010,No. 121,p. 11-12,2010年09月10日
  • 凝りの定量化に関する研究,大野 ゆう子,王 媛媛,薄 雄斗,電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会,Vol. 2010,No. 121,p. 19-20,2010年09月10日
  • 自由対話における発話の共感状態の音声分析,GAO Yahan,大野ゆう子,林良彦,情報科学技術フォーラム講演論文集,Vol. 9th,p. 55-62,2010年08月20日
  • 対話における共感状態の音声情報からの推定,高 亜罕,大野 ゆう子,林 良彦,電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 110,No. 185,p. 37-42,2010年08月20日
  • RJ-002 自由対話における発話の共感状態の音声分析(J分野:ヒューマンコミュニケーション&インタラクション,査読付き論文),高 亜罕,大野 ゆう子,林 良彦,情報科学技術フォーラム講演論文集,FIT(電子情報通信学会・情報処理学会)運営委員会,Vol. 9,No. 3,p. 55-62,2010年08月20日
  • Acquired resistance to the rice blast in transgenic rice accumulating the antimicrobial peptide thanatin,Imamura Tomohiro,Yasuda Michiko,Kusano Hiroaki,Nakashita Hideo,Ohno Yuko,Kamakura Takashi,Taguchi Seiichi,Shimada Hiroaki,Transgenic Research,Springer Netherlands,Vol. 19,No. 3,p. 415-424,2010年06月
  • 電子カルテ導入前後の外来診察状況の変化に関する研究,薄 雄斗,大野 ゆう子,清水 佐知子,山田 憲嗣,喜久元 香,中川 里恵,松村 泰志,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 5,No. 1,p. 44-47,2010年05月
  • 急性期循環器病専門治療施設の患者移送およびエレベータ待ち時間に関する研究,大井 慎太郎,大野 ゆう子,清水 佐知子,井上 泰子,尾島 裕子,岡田 志麻,牧川 方昭,坂田 奈津美,森本 明子,大西 喜一郎,山田 憲嗣,田中 あつ子,本杉 ふじえ,岡田 千鶴,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 5,No. 1,p. 100-103,2010年05月
  • 「子どもの眠りの質問票」を用いた小児睡眠関連疾患の疫学についての検討,加藤 久美,清水 佐知子,大野 ゆう子,毛利 育子,辻 富士子,松本 小百合,谷池 雅子,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 42,No. Suppl.,p. S160-S160,2010年05月
  • 2種のOCTによる網膜神経線維層厚と静的視野計によるMean deviationの関係,坂本純平,丸山勝彦,白土城照,大野ゆう子,土坂麻子,後藤浩,日本眼科学会雑誌,Vol. 114,2010年03月15日
  • 対話における共感状態の分析,YAHAN Gao,大野ゆう子,林良彦,情報処理学会全国大会講演論文集,Vol. 72nd,No. 2,p. 2.35-2.36-36,2010年03月08日
  • 対話における共感状態の音声分析,高 亜罕,大野 ゆう子,林 良彦,電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 109,No. 457,p. 1-6,2010年03月01日
  • 2種のOCTによる網膜神経線維層厚と静的視野計によるMean deviationの関係,坂本 純平,丸山 勝彦,白土 城照,大野 ゆう子,土坂 麻子,後藤 浩,日本眼科学会雑誌,(公財)日本眼科学会,Vol. 114,No. 臨増,p. 261-261,2010年03月
  • 第2回 基礎・臨床交流セミナー : Ras パスウェイの遺伝学的解析,高橋 智聡,大野 ゆう子,林 良彦,金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the J◆U00FB◆zen Medical Society,金沢大学十全医学会 = The Juzen Medical Society Kanazawa University,Vol. 119,No. 1,p. 16-16,2010年03月01日
  • がん患者のサバイバーシップ わが国におけるがんの有病者数について:その読み方と生存率・がん登録との関係,大野ゆう子,清水佐知子,堀芽久美,岩佐真也,薄雄斗,月刊腫瘍内科,Vol. 5,No. 2,p. 100-106,2010年02月28日
  • 【がん患者のサバイバーシップ】わが国におけるがんの有病者数について その読み方と生存率・がん登録との関係,大野 ゆう子,清水 佐知子,堀 芽久美,岩佐 真也,薄 雄斗,腫瘍内科,(有)科学評論社,Vol. 5,No. 2,p. 100-106,2010年02月
  • SURVIVAL OF A REFRACTORY VENTRICULAR FIBRILLATION BY COOPERATIVE TREATMENTS,TASE CHOICHIRO,OHNO YUKO,HASEGAWA ARIFUMI,TSUKADA YASUHIKO,SHIMADA JIRO,IKEGAMI YUKIHIRO,SAKAMOTO NOBUO,TAKEISHI YASUCHIKA,福島医学会,福島医学会,Vol. 56,No. 2,p. 139-143,2010年
  • わが国におけるがんの有病者数について:その読み方と生存率・がん登録との関係,大野ゆう子,清水佐知子,堀芽久美,岩佐真也,薄雄斗,腫瘍内科,Vol. 5(2), 100-106,2010年01月
  • 大阪府におけるがん患者受療動態および地域別生存率の検討,志岐 直美,大野 ゆう子,伊藤 ゆり,津熊 秀明,厚生の指標,(一財)厚生労働統計協会,Vol. 57,No. 1,p. 28-35,2010年01月
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐2.無人タイムスタディに関する研究(ビデオ画像に基づく研究)差分処理を用いた看護師の移動距離推定法,山田憲嗣,大野ゆう子,清水佐知子,金谷一朗,川崎和男,岡田千鶴,薄雄斗,喜久元香,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 115-118,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐2.無人タイムスタディに関する研究(ビデオ画像に基づく研究)差分画像とオプティカルフローによる人物検出の可能性,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 99-106,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐3.無人タイムスタディに関する研究(記録に注目した研究)看護記録時間自動記録ペンの開発,山田憲嗣,大野ゆう子,清水佐知子,薄雄斗,野田裕子,喜久元香,中川里恵,松村泰志,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 163-164,2010年
  • WEB版がんよろず相談システムの構築と活用に関する研究 QOLに基づくがん患者支援療法等の分類および効果評価に関する研究,大野ゆう子,WEB版がんよろず相談システムの構築と活用に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 143-144,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 治療予後に関する確率モデルによる検討,村上亜弥,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 653-668,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐1.タイムスタディ方法論に関する研究 患者移送に関する他計式タイムスタディの実施,野田裕子,石井豊恵,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 55-62,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 大阪府がん登録資料に基づく患者受療動態の解析,志岐直美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 613-619,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 大阪府における乳がん患者の集学的治療受療傾向と医療機関特性が患者予後に与える影響について,持丸祐子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 633-636,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 III.がん医療における専門スタッフの効果的配置に関する研究 UMLを用いた院内がん登録業務のタイムプロセススタディ,志岐直美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 311-328,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐2.無人タイムスタディに関する研究(ビデオ画像に基づく研究)無人タイムスタディの検討,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 75-84,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐1.無人タイムスタディの可能性に関する研究 ビデオ画像による特殊行動検出の可能性,喜久元香,大野ゆう子,山田憲嗣,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 35-40,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐2.タイムスタディからタイムプロセススタディへ タイムプロセススタディによる外来化学療法部の業務分析,大野ゆう子,坂田奈津美,清水佐知子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 117-120,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐1.無人タイムスタディの可能性に関する研究 ビデオ画像による診察・相談業務把握の可能性,喜久元香,大野ゆう子,山田憲嗣,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 41-46,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐2.無人タイムスタディに関する研究(ビデオ画像に基づく研究)ビデオ画像による診察・相談業務把握の可能性,喜久元香,大野ゆう子,山田憲嗣,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 131-136,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐2.タイムスタディからタイムプロセススタディへ 患者移送に関する他計式タイムスタディの実施,野田裕子,石井豊恵,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 95-102,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐2.タイムスタディからタイムプロセススタディへ 患者移送に関するタイムスタディ,野田裕子,清水佐知子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 103-108,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐1.無人タイムスタディの可能性に関する研究 感情表出の特性に関連する音声関連パラメータの抽出~音声による相談業務分析の可能性についての検討~,高亜罕,大野ゆう子,岡田志麻,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 85-90,2010年
  • 医工連携による研究によって得られた効果(医工連携が目指すもの―同床異夢?―我々はこんな人を育てる),長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,生田幸士,石原謙,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 49th,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 V.がん患者の療養環境と支援する専門スタッフの職場環境のあり方に関する研究 がん末期患者における介護保険機能について:要介護高齢者における介護状態推移から,中村亜紀,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 551-557,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐1.無人タイムスタディの可能性に関する研究 ビデオスタディによる業務把握の可能性,清水佐知子,野田裕子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 21-23,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐3.無人タイムスタディに関する研究(記録に注目した研究)看護師記録業務量自動計測システムの検討―デジタルペンレコーダによる検出可能性―,清水佐知子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 143-146,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 がん医療における医療圏のあり方,志岐直美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 621-632,2010年
  • デザインによる医用工学機器開発の可能性(バイオメディカルデザイン戦略による未来医療),長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,生田幸士,石原謙,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 49th,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 III.がん医療における専門スタッフの効果的配置に関する研究 特定業務に注目したタイムスタディ設計,清水佐知子,石井豊恵,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 233-235,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐4.無人タイムスタディに関する研究(音に注目した研究)感情表出の特性に関連する音声関連パラメータの抽出~音声による相談業務分析の可能性についての検討~,高亜罕,大野ゆう子,岡田志麻,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 181-186,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 IV.がん治療の基盤システムに関する研究 IV‐4.がん患者のリハビリテーション環境に関する研究 介助動作の定量的評価,越野八重美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 467-472,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 III.がん医療における専門スタッフの効果的配置に関する研究 患者移送に関するタイムスタディ,野田裕子,清水佐知子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 237-242,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐5.無人タイムスタディに関する研究(タグなどその他の方法論に関する研究)3軸加速度センサ付日常行動記録計による行動検出,喜久元香,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 221-226,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 日本の都道府県別がん罹患者数推計,歌田真依,大野ゆう子,加茂憲一,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 693-742,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 小児がんにおける治療の集中化の検討,筒井杏奈,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 605-612,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐1.無人タイムスタディの可能性に関する研究 差分処理を用いた看護師の移動距離推定法,山田憲嗣,大野ゆう子,清水佐知子,金谷一朗,川崎和男,岡田千鶴,薄雄斗,喜久元香,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 31-34,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐2.無人タイムスタディに関する研究(ビデオ画像に基づく研究)ビデオ画像による特殊行動検出の可能性,喜久元香,大野ゆう子,山田憲嗣,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 125-130,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 大阪府における放射線治療資源と乳がん患者予後に関する研究,持丸祐子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 637-651,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 V.がん患者の療養環境と支援する専門スタッフの職場環境のあり方に関する研究 介護者教育と外国人の受入れ,中村亜紀,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 559-563,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐5.無人タイムスタディに関する研究(タグなどその他の方法論に関する研究)RFIDのタイムスタディへの導入の検討,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 187-194,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐2.無人タイムスタディに関する研究(ビデオ画像に基づく研究)ビデオカメラによる観察分析の補正について,検見崎兼治,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 91-98,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 IV.がん治療の基盤システムに関する研究 IV‐1.病院としてのがん医療への取り組み ベストを目指すがん専門病院,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 333-336,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐1.無人タイムスタディの可能性に関する研究 3軸加速度センサ付日常行動記録計による行動検出,喜久元香,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 65-70,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 日本のがん罹患者数推計―がん罹患数推計2004の検討も含めて―,歌田真依,大野ゆう子,加茂憲一,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 683-692,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 がん登録の悉皆性検討について,筒井杏奈,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 599-603,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐1.タイムスタディ方法論に関する研究 タイムスタディに基づく業務検討における問題点,稲邑清也,門田守人,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 47-48,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 III.がん医療における専門スタッフの効果的配置に関する研究 タイムプロセススタディによる外来化学療法部の業務分析,大野ゆう子,坂田奈津美,清水佐知子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 291-294,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐2.タイムスタディからタイムプロセススタディへ 特定業務に注目したタイムスタディ設計,清水佐知子,石井豊恵,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 91-93,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 がん登録の悉皆性評価に関するサーベイ,志岐直美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 589-598,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐3.がん治療における基盤システムと基本資料のあり方に関する研究 日本の都道府県別がん罹患者数推計,歌田真依,大野ゆう子,加茂憲一,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 175-224,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 IV.がん治療の基盤システムに関する研究 IV‐1.病院としてのがん医療への取り組み 患者支援における首都圏私立大学病院のとりくみ,杉田塩,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 345-348,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 IV.がん治療の基盤システムに関する研究 IV‐1.病院としてのがん医療への取り組み 大学医学部附属病院の今後の方向性とがん拠点病院への取り組み,門田守人,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 329-331,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐1.無人タイムスタディの可能性に関する研究 看護記録時間自動記録ペンの開発,山田憲嗣,大野ゆう子,清水佐知子,薄雄斗,野田裕子,喜久元香,中川里恵,松村泰志,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 63-64,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 1-45,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 1-19,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II.タイムスタディ等定量的調査法に関する研究 II‐5.無人タイムスタディに関する研究(タグなどその他の方法論に関する研究)3軸加速度センサ付日常行動記録計を用いた行動検出に関する研究,喜久元香,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 207-219,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 IV.がん治療の基盤システムに関する研究 IV‐1.病院としてのがん医療への取り組み 患者支援における地方国立大学の取り組み,笠原聡子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 337-344,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 VII.がん登録をもとにしたがん専門病院の機能の検討 要観察期間に関する数学モデルによる検討,田端奈々,大野ゆう子,伊藤ゆり,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19-21年度 総合研究報告書,p. 669-681,2010年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 II‐3.がん治療における基盤システムと基本資料のあり方に関する研究 日本のがん罹患者数推計―がん罹患数推計2004の検討も含めて―,歌田真依,大野ゆう子,加茂憲一,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成21年度 総括研究報告書,p. 165-174,2010年
  • 内視鏡と内視鏡室の管理方法について―海外との比較―,長倉俊明,山田憲嗣,大野ゆう子,高橋秀也,平尾素弘,吉田成人,生田幸士,石原謙,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 49th,2010年
  • 大阪府におけるがん患者受療動態および地域別生存率の検討,志岐直美,大野ゆう子,伊藤ゆり,津熊秀明,厚生の指標,Vol. 57,No. 1,p. 28-35,2010年01月
  • Analysis of the standardization and centralization for cancer treatment in Nagasaki prefecture,Mai Utada,Yuko Ohno,Megumi Hori,Midori Soda,Akihiko Suyama,Asian Pacific Journal of Cancer Prevention,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 11,No. 2,p. 409-412,2010年
  • Relations between radiotherapy resources and breast cancer patient survival rates,Yuko Mochimaru,Yuko Ohno,Hodaka Numasaki,Teruki Theshima,Hitoshi Shibuya,Asian Pacific Journal of Cancer Prevention,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 11,No. 2,p. 513-517,2010年
  • Estimation of cancer incidence in Japan with an age-period-cohort model,Mai Utada,Yuko Ohno,Midori Soda,Ken Ichi Kamo,Asian Pacific Journal of Cancer Prevention,ASIAN PACIFIC ORGANIZATION CANCER PREVENTION,Vol. 11,No. 5,p. 1235-1240,2010年
  • Development of new type tactile endoscope with silicone rubber membrane,Yuto Susuki,Kenji Yamada,Sachiko Shimizu,Yuko Ohno,Toshiaki Nagakura,Ken Ishihara,2010 World Automation Congress, WAC 2010,2010年
  • Measurement for nursing service ̃ an unattended time study ̃,Kenji Yamada,Yuto Susuki,Maki Takeda,Shima Okada,Sachiko Shimizu,Atue Ishii,Rie Nakagawa,Yasushi Matsumura,Yuko Noda,Toshiaki Nagakura,Ken Ishihara,Yuko Ohno,Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering,Vol. 48,No. 6,p. 517-522,2010年,書評論文,書評,文献紹介等
  • Visualizing nursing work process using time and motion study,Sachiko Shimizu,Yuko Ohno,Maya Iwasa,Hiroko Ojima,Jianhuang Lin,Rie Tomizawa,Kiichiroh Ohnishi,Fujie Motosugi,Chizuru Okada,Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering,Vol. 48,No. 6,p. 536-541,2010年,書評論文,書評,文献紹介等
  • Research and development for innovative nursing,Yuko Ohno,Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering,Vol. 48,No. 6,p. 511-512,2010年,書評論文,書評,文献紹介等
  • 編集後記,大野 ゆう子,ITヘルスケア誌,ITヘルスケア学会,Vol. 5,No. 2,p. 155-55,2010年
  • 看護業務中断の構造と勤務時間超過への影響,笠原 聡子,大野 ゆう子,石井 豊恵,沼崎 穂高,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 29回,p. 224-224,2009年11月
  • Bootstrap simulation for evaluating effects of missing data on survival rate based on Nagasaki Cancer Registry,Yoshioka,N,Ohno,Y,Shimizu,S,Ohnishi,K,Utada,M,Hori,M,Soda,M,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics proceedings,Vol. 6,60,2009年11月
  • 画像処理を用いた医療現場における特定行動の自動検出に関する基礎的検討,喜久元香,大野ゆう子,清水佐知子,山田憲嗣,松村泰志,平成21年電気関係学会関西支部連合大会プログラム・公演論文集(CD),Vol. G323,2009年11月
  • Analysis of standardization and centralization of cancer treatment in Nagasaki Prefecture,Utada,M,Ohno,Y,Hori,M,Tutui,A,Mochimaru,Y,Shiki,N,Soda,M,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics,Vol. 6,16,2009年11月
  • Fundamental Detection into Using Image Processing to The Consulting Behavior,Kikumoto, K,Ohno, Y,Shimizu, S,Yamada, K,Matsumura,Y,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics,Vol. 6,13,2009年11月
  • The twelve-years' trend of he outpatients in the university hospital and its future projection,Hori, M,Ohno, Y,Shimizu, S,Murata, T,Matsumura,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics,Vol. 6,15,2009年11月
  • Evaluation of Curative Effect for Pediatric OSAS with Image Processing,Wang, Y.Y,Ohno, Y,Taniike, M,Kato, K,Mouri, I,Okada, S,Biomedical Engineering Society 2009 Annual Meeting,Vol. 367,2009年11月
  • Social Interaction in Risky Behavior by College Student in Japan,Shimizu, S,Ohno, Y,Ohnishi, K,Iwasa, M,Gaoyahan,Mochimaru,Y,Wang, Y,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics proceedings,Vol. 6,63,2009年11月
  • An Interactive, Multimodal Visualization and Analysis System for Time Motion Study,Lin, J,Ohno, Y,Ishii, A,Shimizu, S,Susuki, Y,Noda, H,Iwasa, M,Yoshioka, N,Wang, L,Numasaki, H,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6,35,2009年11月
  • Visualizing the Impact of Interruptions in Nursing Workflow by Using Bpmn,Kasahara, S,Ohno, Y,Ishii, A,Numasaki, H,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6, 31,2009年11月
  • The Efficiency of the Time Process Modeling Language in Hospital Job Analysis,Yokouchi, M,Ohno, Y,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6, 36,2009年11月
  • Development of Automatic Head-Count Method at Nurse Station Using Omnidirectional Camera,Ebihara, S,Fukumura, H,Okada, S,Kanaya, I,Ohno, Y,Ikeda, S,Manebe, Y,Chihara, K,Kawasaki, K,Makikawa, M,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6, O-03.,2009年11月
  • Proposal of Detection Procedure of Ecg Monitor Alarm in Nurse Station by Frequency and Waveform Analysis,Fukumura, H,Komoto, K,Okada, S,Ohno, Y,Shimizu, S,Nishijima, Y,Okada, C,Makikawa, M,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6, O-01,2009年11月
  • Time Study for Nursing Using Automatic Recorder Consisting of Ballpoint Pen and Stopwatch,Komoto, K,Fukumura, H,Okada, S,Ohno, Y,Makikawa, M,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6, P-27,2009年11月
  • Proposal of New Time and Motion Study for Work at the Nurse Station by Image Procesing,Matsukawa, G,Fukumura, H,Takabayashi, Y,Okada, S,Ohno, Y,Makikawa, M,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6, P-28,2009年11月
  • Prefectural and Japan Future Time Trends in the Cerebrovascular Disease Mortality Projections, Based on Age-Period-Cohort Analyses,Miwa, N,Nakamura, T,Ohno, Y,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6, P-62,2009年11月
  • Development of Automated Time-and-Motion Study for Analyzing Patient Transport by Measurement of Wheel Rotation Angle,Takabayashi, Y,Okada, S,Ohno, Y,Makikawa, M,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6, P-37,2009年11月
  • シリコーンを用いた触覚内視鏡に関する基礎的検討,薄雄斗,大野ゆう子,山田憲嗣,松村泰志,平成21年電気関係学会関西支部連合大会, プログラム・公演論文集(CD),Vol. G49,2009年11月
  • Does the Rise of Initial Visit Fee Change the Property of New Patients?,Tsuji, M,Ohno, Y,Hori, M,Shimizu, S,Murata, T,Matsumura, Y,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics Proceedings,Vol. 6, P-14,2009年11月
  • Bootstrap simulation for evaluating effects of missing data on survival rate based on Nagasaki Cancer Registry,Yoshioka,N,Ohno,Y,Shimizu,S,Ohnishi,K,Utada,M,Hori,M,Soda,M,6th Asia Pacific Association for Medical Informatics proceedings,Vol. 6,60,2009年11月
  • 看護業務中断の構造と勤務時間超過への影響,笠原聡子,大野ゆう子,石井豊恵,沼崎穂高,日本看護科学学会学術集会講演集,Vol. 29th,2009年11月
  • シリコーンを用いた触覚内視鏡に関する基礎的検討,薄雄斗,大野ゆう子,山田憲嗣,電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2009,2009年10月28日
  • 画像処理を用いた医療現場における特定行動の自動検出に関する基礎的検討,喜久元香,大野ゆう子,清水佐知子,山田憲嗣,松村泰志,電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2009,2009年10月28日
  • アフリカ諸国フランス語圏における医療の行方,岩佐真也,大野ゆう子,清水佐知子,持丸祐子,志岐直美,筒井杏奈,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 68th,2009年10月15日
  • 介助動作学習における数量的検討,越野 八重美,大野 ゆう子,電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス),(一社)電子情報通信学会,Vol. 109,No. 258,p. 13-16,2009年10月
  • アフリカ諸国フランス語圏における医療の行方,岩佐 真也,大野 ゆう子,清水 佐知子,持丸 祐子,志岐 直美,筒井 杏奈,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 68回,p. 300-300,2009年10月
  • RFIDタグによる患者安全・見守りシステムの実験的検討,清水佐知子,大野ゆう子,石井豊恵,東村昌代,保坂良資,生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,Vol. 7th (CD-ROM),2009年09月24日
  • 病棟における看護業務中断の実際と改善への提案,笠原聡子,大野ゆう子,石井豊恵,沼崎穂高,生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,Vol. 7th (CD-ROM),2009年09月24日
  • 小児睡眠質問票の基準連関的構成及びその標準化,清水佐知子,大野ゆう子,加藤久美,毛利育子,谷池雅子,第1回ISMSJ学術集会抄録集,Vol. 40,2009年09月
  • 画像処理による特殊行動抽出のための行動パラメータ検討,喜久元 香,大野ゆう子,清水佐知子,石井豊恵,山田憲嗣,生体医工学シンポジウム2009講演予稿集,Vol. 115,2009年09月
  • 画像処理を用いた小児OSASの治療効果評価法の提案,王媛媛,大野ゆう子,谷池雅子,加藤久美,毛利育子,岡田志麻,第1回ISMSJ学術集会抄録集,Vol. 39,2009年09月
  • 病棟における看護業務中断の実際と改善への提案,笠原 聡子,大野 ゆう子,石井 豊恵,沼崎 穂高,生活支援工学系学会連合大会講演予稿集,(一社)ライフサポート学会,Vol. 7回,p. 129-130,2009年09月
  • 長崎県におけるがん治療均てん化と集中化の検討,歌田 真依,大野 ゆう子,堀 芽久美,志岐 直美,筒井 杏奈,持丸 祐子,早田みどり,生体医工学シンポジウム2009講演予稿集,Vol. 148,2009年09月
  • 長崎県におけるがん患者受療行動の分析,堀芽久美,大野ゆう子,清水佐知子,志岐直美,早田みどり,日本行動計量学会第37回大会発表抄録集,Vol. 206-07,2009年08月
  • 病棟タイムスタディデータベース構築に関する研究,林剣煌,大野ゆう子,清水佐知子,石井豊恵,沼崎穂高,日本行動計量学会第37回大会発表論文抄録集,Vol. 148-149,2009年08月
  • 飲酒・喫煙への社会的相互作用効果に関する実証研究,清水佐知子,大野ゆう子,吉岡なつき,持丸祐子,志岐直美,日本行動計量学会第37回大会発表抄録集,Vol. 210-11,2009年08月
  • 長崎県における小児がん治療集中化の検討,歌田真依,大野ゆう子,清水佐知子,筒井杏奈,早田みどり,日本行動計量学会第37回大会発表抄録集,Vol. 204-5,2009年08月
  • 階層移動検出結果の基礎データ化 -日常行動記録計のタイムスタディ応用を想 定して-,喜久元香,大野ゆう子,石井豊恵,清水佐知子,日本行動計量学会第37回大会発表抄録集,Vol. 296-97,2009年08月
  • リスク選好が健康関連行動に与える影響に関する研究,吉岡なつき,大野ゆう子,清水佐知子,持丸祐子,志岐直美,日本行動計量学会第37回大会発表抄録集,Vol. 202-3,2009年08月
  • 2.病棟タイムスタディデータベース構築に関する研究(一般セッション 看護・福祉),林 剣煌,大野 ゆう子,清水 佐知子,石井 豊恵,沼崎 穂高,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 37,p. 148-149,2009年07月20日
  • 3.循環器系疾患専門病院における患者搬送業務の分析(一般セッション 看護・福祉),野田 裕子,大野 ゆう子,清水 佐知子,金谷 一朗,岡田 千鶴,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 37,p. 150-151,2009年07月20日
  • 1.リスク選好が健康関連行動に与える影響に関する研究(一般セッション 医療II),吉岡 なつき,大野 ゆう子,清水 佐知子,持丸 祐子,志岐 直美,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 37,p. 202-203,2009年07月20日
  • 2.長崎県における小児がん治療集中化の検討(一般セッション 医療II),歌田 真依,大野 ゆう子,清水 佐知子,筒井 杏奈,早田 みどり,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 37,p. 204-205,2009年07月20日
  • 3.長崎県におけるがん患者受療行動の分析(一般セッション 医療II),堀 芽久美,大野 ゆう子,清水 佐知子,志岐 直美,早田 みどり,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 37,p. 206-207,2009年07月20日
  • 5.飲酒・喫煙への社会的相互作用効果に関する実証研究 : 大学生を対象としたアンケート調査に基づく(一般セッション 医療II),清水 佐知子,大野 ゆう子,吉岡 なつき,持丸 祐子,志岐 直美,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 37,p. 210-211,2009年07月20日
  • 1.階層移動検出結果の基礎データ化 : 日常行動記録計のタイムスタディ応用を想定して(一般セッション 行動分析),喜久 元香,大野 ゆう子,石井 豊恵,清水 佐知子,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 37,p. 296-297,2009年07月20日
  • Age-period-cohort analysis of suicides among Japanese 1950-2003: a Bayesian cohort model analysis.,Yosuke Ooe,Yuko Ohno,Takashi Nakamura,Japan-hospitals : the journal of the Japan Hospital Association,Vol. 28, 71-78,No. 28,p. 71-78,2009年07月
  • Social Interaction in Risky Behavior by College Student in Japan,Shimizu, S,Yoshioka, N,Iwasa, M,Yahan, G,Ohno, Y,7th World Congress on Health Economics,2009年07月
  • New indicators for the evaluation of community policies based on period and cohort effects in cerebrovascular disease mortality rates.,Miwa M. Noriko,T. Nakamura,Y. Ohno,Japan-hospitals : the journal of the Japan Hospital Association,No. 28,p. 79-85,2009年07月
  • UHF帯パッシブRFIDタグによる病棟内患者自動検知の可能性に関する研究,保坂 良資,石井 豊恵,清水 佐知子,大野 ゆう子,東村 昌代,電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会,Vol. 2009,No. 71,p. 5-10,2009年06月26日
  • UHF帯パッシブRFIDタグによる病棟内患者自動検知の可能性に関する研究,保坂良資,石井豊恵,清水佐知子,大野ゆう子,東村昌代,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 109,No. 106(MBE2009 13-17),p. 5-10,2009年06月19日
  • Analyse des facteurs de decision pour les etablissements medicaux en Afrique : choix entre la medecine moderne et la medecine traditionnelle.,Iwasa,M,Ohno,Y,Shiki,N.,Tsutsui.A,The International Council of Nurses 24TH QUADRENNIAL CONGRESS,Vol. C.060.C,2009年06月
  • UHF帯パッシブRFIDタグによる病棟内患者自動検知の可能性に関する研究,保坂 良資,石井 豊恵,清水 佐知子,大野 ゆう子,東村 昌代,電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス),(一社)電子情報通信学会,Vol. 109,No. 106,p. 5-10,2009年06月
  • 介助動作学習における数量的検討,越野八重美,大野ゆう子,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 109,No. 258,p. 13-16,2009年06月
  • わが国高齢者の人口予測について,大江洋介,古川俊之,大野ゆう子,米田正太郎,日本老年医学会雑誌,Vol. 46,2009年05月18日
  • Long-term effects of lifestyle on multiple risk factors in male workers.,Hanayo Koetaka,Yuko Ohno,Kanehisa Morimoto,Environmental health and preventive medicine,Vol. 14,No. 3,p. 165-72,2009年05月
  • 感情表現のうまさに関連する音声パラメータの抽出,高亜罕,大野ゆう子,岡田志麻,ITヘルスケア学会第3回学術大会,2009年05月
  • 大学附属病院における外来受診患者の経年変動と将来予測,堀 芽久美,大野 ゆう子,清水 佐知子,村田 泰三,松村 泰志,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 4,No. 1,p. 74-77,2009年05月
  • APCモデルによる胃がん罹患数推計法の比較研究,歌田 真依,大野 ゆう子,清水 佐知子,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 4,No. 1,p. 84-87,2009年05月
  • 新しい業務分析手法の提案 院内がん登録業務におけるタイムプロセススタディ,志岐 直美,大野 ゆう子,藤井 歩美,村田 泰三,松村 泰志,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 4,No. 1,p. 88-91,2009年05月
  • 気圧センサ付き日常行動記録計を用いた行動検出の実験的検討,喜久元香,大野ゆう子,清水佐知子,ITヘルスケア学会第3回学術大会,2009年05月
  • Long-term effects of lifestyle on multiple risk factors in male workers,Hanayo Koetaka,Yuko Ohno,Kanehisa Morimoto,Environmental Health and Preventive Medicine,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 14,No. 3,p. 165-172,2009年05月
  • 日本版「子どもの眠りの質問票」の作成と標準化,加藤 久美,清水 佐知子,大野 ゆう子,毛利 育子,谷口 充孝,松本 小百合,谷池 雅子,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 41,No. Suppl.,p. S148-S148,2009年05月
  • わが国高齢者の人口予測について,大江 洋介,古川 俊之,大野 ゆう子,米田 正太郎,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 46,No. Suppl.,p. 94-94,2009年05月
  • 気圧センサ付日常行動記録計を用いた行動検出の実験的検討,喜久元 香,大野 ゆう子,清水 佐知子,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 4,No. 1,p. 22-25,2009年05月
  • 感情表出の特性に関連する音声関連パラメータの抽出 看護実務経験などの気配り度を考えて,高 亜罕,大野 ゆう子,岡田 志麻,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 4,No. 1,p. 46-49,2009年05月
  • JASTROデータベースに基づく大阪府の放射線治療施設における治療資源の変化,持丸 祐子,大野 ゆう子,沼崎 穂高,手島 昭樹,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 4,No. 1,p. 80-83,2009年05月
  • Intraoperative pleural lavage cytology after lung resection as an independent prognostic factor for staging lung cancer,Yasushi Shintani,Mitsunori Ohta,Teruo Iwasaki,Naoki Ikeda,Takashi Kanou,Emiko Tomita,Katsuhiro Nakagawa,Tsutomu Yasumitsu,Yuko Ohno,Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery,MOSBY-ELSEVIER,Vol. 137,No. 4,p. 835-839,2009年04月
  • オプティカルトラッキングを用いた看護士の行動モニタリング,金谷 一朗,大野 ゆう子,川崎 和男,医工学治療,(NPO)日本医工学治療学会,Vol. 21,No. Suppl.,p. 120-120,2009年04月
  • リスク選好が健康関連行動へ与える影響に関する研究,吉岡なつき,清水佐知子,志岐直美,大野ゆう子,日本衛生学雑誌,Vol. 64,No. 2,2009年03月15日
  • 喫煙行動における社会的相互作用の影響に関する実証研究,清水佐知子,吉岡なつき,持丸祐子,岩佐真也,大野ゆう子,日本衛生学雑誌,Vol. 64,No. 2,2009年03月15日
  • Time‐domain OCTならびにSpectral‐domain OCTによる網膜神経線維厚測定結果の一致性,羽田麻以,白土城照,大野ゆう子,丸山勝彦,坂本純平,日本眼科学会雑誌,Vol. 113,2009年03月15日
  • リスク選好が健康関連行動に与える影響に関する研究,吉岡なつき,清水佐知子,志岐直美,大野ゆう子,日本衛生学雑誌,Vol. 64(2),409,2009年03月
  • 喫煙行動における社会的相互作用の影響に関する実証研究,清水 佐知子,吉岡 なつき,持丸 祐子,岩佐 真也,大野 ゆう子,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 64,No. 2,p. 379-379,2009年03月
  • リスク選好が健康関連行動へ与える影響に関する研究,吉岡 なつき,清水 佐知子,志岐 直美,大野 ゆう子,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 64,No. 2,p. 409-409,2009年03月
  • Time-domain OCTならびにSpectral-domain OCTによる網膜神経線維厚測定結果の一致性,羽田 麻以,白土 城照,大野 ゆう子,丸山 勝彦,坂本 純平,日本眼科学会雑誌,(公財)日本眼科学会,Vol. 113,No. 臨増,p. 216-216,2009年03月
  • リネンRFIDタグによる患者安全・見守りシステムの実験的検討,日本生体医工学会誌第47巻特別号,Vol. Vol.47 p139,2009年
  • 外来化学療法部門の診療システムシミュレーション,,横内光子,大野 ゆう子,高桑 宗右ヱ門,Wijewickram Athula,竹井 留美,岡本 麻美,日本行動計量学会第37回大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 146-147,p. 146-147,2009年
  • The enhancement of the radiotherapy resources in Osaka, Japan; based on the Japanese structure surveys in 2003 and 2005,Y. Mochimaru,Yuko Ohno,H. Numsaki,H. Shibuya,T. Nishimura,T. Teshima,IFMBE Proceedings,SPRINGER,Vol. 25,No. 12,p. 332-335,2009年
  • Time process study with UML: A new method for process analysis,N. Shiki,Y. Ohno,A. Fujii,T. Murata,Y. Matsumura,Methods of Information in Medicine,SCHATTAUER GMBH-VERLAG MEDIZIN NATURWISSENSCHAFTEN,Vol. 48,No. 6,p. 582-588,2009年
  • 動画像による睡眠時の体動検出,岡田 志麻,大野 ゆう子,検見崎 兼治,王 媛媛,筒井 杏奈,日本感性工学会論文誌,日本感性工学会,Vol. 8,No. 3,p. 709-715,2009年
  • Trends of centralization of childhood cancer treatment between 1975 and 2002 in Osaka, Japan,Anna Tsutsui,Yuko Ohno,Junichi Hara,Yuri Ito,Hideaki Tsukuma,Japanese Journal of Clinical Oncology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 39,No. 2,p. 127-131,2009年
  • JASTROデータベースにもとづく大阪府の放射線治療施設における治療資源の変化,ITヘルスケア学会第3回学術大会,2009年
  • A,Vol. Vol.47 p139,2009年
  • Social Interaction in Risky Behavior by College Student in Japan,2009年
  • A,Vol. 148-149,2009年
  • A,Vol. 115,2009年
  • A,Vol. 117,2009年
  • An Interactive, Multimodal Visualization and Analysis System for Time Motion Study,Vol. 6,35,2009年
  • Social Interaction in Risky Behavior by College Student in Japan,Vol. 6,63,2009年
  • A,Vol. 224,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 タイムスタディの具体的方法論に関する研究 タイムスタディに基づく業務検討における問題点,稲邑清也,門田守人,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 13-14,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 タイムスタディの具体的方法論に関する研究 3軸加速度センサ付日常行動記録計を用いた行動検出に関する研究,喜久元香,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 67-79,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 タイムスタディの具体的方法論に関する研究 ビデオカメラによる観察分析の補正について,検見崎兼治,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 39-46,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 タイムスタディの発展的解析 UMLを用いた院内がん登録業務のタイムプロセススタディ,志岐直美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 81-98,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 地域のがん治療レベル及びがん拠点病院の機能評価に関する研究 がん医療における医療圏のあり方,志岐直美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 159-170,2009年
  • オプティカルトラッキングを用いた看護士の行動モニタリング,金谷一朗,大野ゆう子,川崎和男,医工学治療,Vol. 21,No. Supplement,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 地域のがん治療レベル及びがん拠点病院の機能評価に関する研究 大阪府における放射線治療資源と乳がん患者予後に関する研究,持丸祐子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 171-185,2009年
  • リネンRFIDタグによる患者安全・見守りシステムの実験的検討,石井豊恵,清水佐知子,保坂良資,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 48th,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 地域のがん治療レベル及びがん拠点病院の機能評価に関する研究 小児がんにおける治療の集中化の検討,筒井杏奈,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 151-158,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 タイムスタディの具体的方法論に関する研究 差分画像とオプティカルフローによる人物検出の可能性,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 21-28,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 地域のがん治療レベル及びがん拠点病院の機能評価に関する研究 がん登録の悉皆性評価に関するサーベイ,志岐直美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 141-150,2009年
  • 新しい診断機器の検診への応用とこれらを用いた診断精度の向上に関する研究 新しい診断手技の経済評価に関する研究,中山富雄,清水佐知子,大野ゆう子,伊藤ゆり,新しい診断機器の健診への応用とこれらを用いた診断制度の向上に関する研究 平成20年度 総括・分担研究報告書,p. 38-40,2009年
  • WEB版がんよろず相談システムの構築と活用に関する研究 QOLに基づくがん患者支援療法等の分類および効果評価に関する研究,大野ゆう子,高亜罕,WEB版がんよろず相談システムの構築と活用に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 130-132,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 タイムスタディの具体的方法論に関する研究 看護師記録業務量自動計測システムの検討―デジタルペンレコーダによる検出可能性―,清水佐知子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 47-50,2009年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成20年度 総括研究報告書,p. 1-12,2009年
  • 日本版「子どもの眠りの質問票」の作成と標準化 第一報,加藤久美,清水佐知子,大野ゆう子,毛利育子,松本小百合,辻富士子,大薗恵一,谷池雅子,日本小児保健学会講演集,Vol. 56th,2009年
  • 東大阪市3歳半健診における小児睡眠質問票を用いた睡眠調査,松本小百合,加藤久美,清水佐知子,大野ゆう子,毛利育子,大薗恵一,谷池雅子,日本小児保健学会講演集,Vol. 56th,2009年
  • The enhancement of the radiotherapy resources in Osaka, Japan; based on the Japanese structure surveys in 2003 and 2005,Y. Mochimaru,Y. Ohno,H. Numsaki,H. Shibuya,T. Nishimura,T. Teshima,WORLD CONGRESS ON MEDICAL PHYSICS AND BIOMEDICAL ENGINEERING, VOL 25, PT 12,SPRINGER,Vol. 25,No. 12,p. 332-+,2009年
  • Development of non-restrictive body movement measurement method during sleep for children using difference images,Shima Okada,Yuko Ohno,Yen-Yen Wang,Kumi Kato,Ikuko Mohri,Masako Taniike,IFMBE Proceedings,Vol. 25,No. 4,p. 2107-2110,2009年
  • 差分画像を用いた就寝中の患者見守り方法の検討(Investigation into Using Difference Images to Monitor Sleeping Patients),岡田 志麻,大野 ゆう子,高 亜罕,王 媛媛,加藤 久美,毛利 育子,谷池 雅子,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 3,No. 2,p. 85-95,2008年12月
  • Medical service area for cancer patients in Osaka, Japan,Naomi Shiki,Yuko Ohno,Yuri Ito,Hideaki Tsukuma,30th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries Programme and Book of Abstracts,Vol. 4(Suppl. 3),A174-175,2008年11月
  • Jastro Committee, Relation between radiotherapy facilities and breast cancer survival; database linkage study,Mochimaru, Y,Ohno, Y,Numasaki, H,Ito, Y,Tsukuma, H,Soda, M,Suyama, A,Teshima, T,30th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries Programme and Book of Abstracts,Vol. 4 (Suppl. 2), A168,2008年11月
  • The concentration of treatment facilities for childhood cancer from the viewpoint of Pareto curve and the number of patients treated per hospital in Osaka Japan,Anna Tsutsui,Yuko Ohno,Junichi Hara,Yuri Ito,Hideaki Tsukuma,30th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries Programme and Book of Abstracts,Vol. 4(Suppl. 4),A180,2008年11月
  • アフリカ諸国における受療機関決定要因分析:現代医療と伝統医療の選択,岩佐真也,大野ゆう子,志岐直美,筒井杏奈,谷口賀一,Tropical Medicine and Health,2008年10月25日
  • Population-based relationship between 5-year survival rate and hospital treatment volume of childhood cancer in Osaka,Anna Tsutsui,Yuko Ohno,Yuri Ito,Hideaki Tsukuma,The 67th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,Vol. 377,2008年10月
  • 脳血管疾患死亡におけるPeriod効果とCohort効果の対策評価指標としての検討(2),三輪のり子,中村隆,大野ゆう子,日本公衆衛生雑誌,日本公衆衛生学会,Vol. 67回,p. 313-313,2008年10月
  • 3)小児におけるビデオグラフィを用いた睡眠時体動解析の試み,岡田志麻,大野ゆう子,王媛媛,加藤久美,毛利育子,谷池雅子,臨床神経生理学,Vol. 36,No. 5,2008年10月01日
  • 脳血管疾患死亡におけるPeriod効果とCohort効果の対策評価指標としての検討(2),三輪 のり子,中村 隆,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 67回,p. 313-313,2008年10月
  • 大阪府におけるがん患者の生存率のトレンド:年齢・進行度の影響,伊藤 ゆり,大野 ゆう子,Rachet Bernard,Coleman Michel P.,井岡 亜希子,津熊 秀明,大島 明,成人病,(公財)大阪成人病予防協会,Vol. 48,No. 2,p. 3-4,2008年10月
  • 小児の睡眠の評価 polysomnography revisited 小児におけるビデオグラフィを用いた睡眠時体動解析の試み,岡田 志麻,大野 ゆう子,王 媛媛,加藤 久美,毛利 育子,谷池 雅子,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 36,No. 5,p. 457-457,2008年10月
  • 世界の食糧供給量に関する社会指標と平均寿命の統計学的検討(一般セッション 医学),永江 陽介,長倉 俊明,大野 ゆう子,大江 洋介,古川 俊之,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 36,p. 117-118,2008年09月02日
  • 喫煙習慣の臨床検査値への影響分析 : BMIと中性脂肪に影響する因子の探索と禁煙後の特徴把握(一般セッション 医学),中村 明日奈,大野 ゆう子,清水 佐知子,森本 兼曩,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 36,p. 115-116,2008年09月02日
  • 小児がん患者の治療は集中化したか? : 大阪府がん登録による(一般セッション 医学),筒井 杏奈,大野 ゆう子,原 純一,伊藤 ゆり,津熊 秀明,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 36,p. 113-114,2008年09月02日
  • 看護実務経験者と未経験者の音声表現の違い~感情別音声分析に基づく検討~,高亜罕,大野ゆう子,岡田志麻,第10回日本感性工学会大会抄録集,Vol. 11B2-01,2008年09月
  • 動画像による睡眠時の体動検出,岡田志麻,大野ゆう子,検見崎兼治,王媛媛,筒井杏奈,第10回日本感性工学会大会抄録集,2008年09月
  • 小児がん患者の治療は集中化したか?-大阪府がん登録による-,筒井杏奈,大野ゆう子,原純一,伊藤ゆり,津熊秀明,日本行動計量学会第36回大会,Vol. 113-14,2008年09月
  • UML手法を用いたアフリカ諸国における受療行動の検討,岩佐真也,大野ゆう子,生体医工学シンポジウム2008抄録集,2008年09月
  • 喫煙習慣の臨床検査値への影響分析―BMIと中性脂肪に影響する因子の探索と喫煙後の特徴把握―,中村明日奈,大野ゆう子,清水佐知子,森本兼曩,日本行動計量学会第36回大会,Vol. 115-116,2008年09月
  • 大阪府における小児がん患者の治療件数規模別の5年生存率の比較(Population-based relationship between 5-year survival rate and hospital treatment volume of childhood cancer in Osaka),筒井 杏奈,大野 ゆう子,伊藤 ゆり,津熊 秀明,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 67回,p. 377-377,2008年09月
  • アフリカ諸国における受療機関決定要因分析:現代医療と伝統医療の選択,岩佐真也,大野ゆう子,志岐直美,筒井杏奈,谷口賀一,第49回日本熱帯医学会・第23回日本国際保健医療学会学術大会合同大会プログラム抄録集,2008年08月
  • Workflow analysis of medical staff in surgical wards based on time-motion study data.,Hodaka Numasaki,Yuko Ohno,Atsue Ishii,Satoko Kasahara,Harumi Fujimoto,Hajime Harauchi,Kiyonari Inamura,Morito Monden,Masato Sakon,Japan-hospitals : the journal of the Japan Hospital Association,Vol. 27,No. 27,p. 75-80,2008年07月
  • 食道癌術後合併症としての深部静脈血栓症の診断・治療およびリスク評価,藤原康宏,猶本良夫,田辺俊介,野間和広,櫻間一史,白川靖博,山辻知樹,松岡順治,江木盛時,花崎元彦,片山浩,大野ゆう子,清水佐知子,森田潔,田中紀章,外科治療,Vol. 99,No. 1,p. 101-105,2008年07月01日
  • 食道癌術後合併症としての深部静脈血栓症の診断・治療およびリスク評価,藤原 康宏,猶本 良夫,田辺 俊介,野間 和広,櫻間 一史,白川 靖博,山辻 知樹,松岡 順治,江木 盛時,花崎 元彦,片山 浩,大野 ゆう子,清水 佐知子,森田 潔,田中 紀章,外科治療,(株)永井書店,Vol. 99,No. 1,p. 101-105,2008年07月
  • 日本における高齢死亡の推移―高齢者の寿命延長傾向について,大江洋介,古川俊之,大野ゆう子,米田正太郎,日本老年医学会雑誌,Vol. 45,2008年05月19日
  • 睡眠時における体動検出の自動化を目指した差分処理手法の検討,検見崎 兼治,大野 ゆう子,岡田 志麻,清水 佐知子,王 緩緩,筒井 杏奈,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 3,No. 1,p. 30-33,2008年05月
  • がん医療均てん化指標としてのがん患者受療動態と地域別生存率に関する研究,志岐 直美,大野 ゆう子,清水 佐知子,伊藤 ゆり,井岡 亜希子,津熊 秀明,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 3,No. 1,p. 58-61,2008年05月
  • 移動検知可能なアクティブRFID の看護業務モニタリングへの応用:人的フロー・患者安全最適化へ向けて,清水佐知子,大野ゆう子,第47回日本生体医工学会大会抄録集,Vol. SS9-4,2008年05月
  • がん拠点病院が備えるべき集学的治療環境指標の研究,持丸 祐子,大野 ゆう子,沼崎 穂高,手島 昭樹,伊藤 ゆり,津熊 秀明,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 3,No. 1,p. 54-57,2008年05月
  • 日本における高齢死亡の推移 高齢者の寿命延長傾向について,大江 洋介,古川 俊之,大野 ゆう子,米田 正太郎,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 45,No. Suppl.,p. 58-58,2008年05月
  • Localization of FAK is related with colorectal carcinogenesis,Toshihiro Murata,Yoshio Naomoto,Tomoki Yamatsuji,Takaomi Okawa,Yasuhiro Shirakawa,Mehmet Gunduz,Tetsuji Nobuhisa,Munenori Takaoka,Mehmet Sirmali,Motowo Nakajima,Yuko Ohno,Noriaki Tanaka,International Journal of Oncology,SPANDIDOS PUBL LTD,Vol. 32,No. 4,p. 791-796,2008年04月
  • Efficacy of the Patient Monitoring Method by Difference Image Processing during Sleep.,Okada, S,Ohno, Y,Yahan, G,Wang, Y,Kato-Nishimura, K,Mohri, I,Taniike, M,Japanese Journal of Applied IT Healthcare,Vol. 3(2), 85-95.,2008年04月
  • 不眠症の未病治療のあり方―中医学文献に基づく検討―,王霊芝,大野ゆう子,遠藤淑美,王彩霊,日本未病システム学会雑誌,Vol. 13,No. 2,p. 263-264,2008年03月12日
  • がん専門病院における施設設計,石井豊恵,大野ゆう子,厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究,Vol. 165-169,2008年03月
  • がん専門病院における施設設計,石井豊恵,大野ゆう子,厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究,Vol. 165-169,2008年03月
  • 麻疹のoutbreakにおける施策の評価・検討 System Dynamics modelによるシミュレーション,古島 大資,大野 ゆう子,清水 佐知子,田中 政宏,梯 正之,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 63,No. 2,p. 394-394,2008年03月
  • 麻疹のoutbreakにおける施策の評価・検討 System Dynamics modelによるシミュレーション,古島 大資,大野 ゆう子,清水 佐知子,田中 政宏,梯 正之,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 63,No. 2,p. 394-394,2008年03月
  • 不眠症の未病治療のあり方 中医学文献に基づく検討,王 霊芝,大野 ゆう子,遠藤 淑美,王 彩霊,日本未病システム学会雑誌,(一社)日本未病学会,Vol. 13,No. 2,p. 263-264,2008年03月
  • 麻疹の outbreak における施策の評価・検討 : System Dynamics model によるシミュレーション,古島 大資,大野 ゆう子,清水 佐知子,田中 政宏,梯 正之,日本衞生學雜誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 63,No. 2,p. 394-394,2008年03月01日
  • Partial cancer prevalence in Japan up to 2020: Estimates based on incidence and survival data from population-based cancer registries,Nana Tabata,Yuko Ohno,Rieko Matsui,Hiromi Sugiyama,Yuri Ito,Hideaki Tsukuma,Akira Oshima,Japanese Journal of Clinical Oncology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 38,No. 2,p. 146-157,2008年02月
  • 小児におけるビデオグラフィを用いた睡眠時体動解析の試み,岡田志麻,大野ゆう子,西村久美,毛利育子,谷池雅子,第38回日本臨床神経生理学会研究論文集,2008年01月
  • Examination of non-restrictive and non-invasive sleep evaluation technique for children using difference images,Shima Okada,Yuko Ohno,Goyahan,Kumi Kato-Nishimura,Ikuko Mohri,Masako Taniike,Proceedings of the 30th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS'08 - "Personalized Healthcare through Technology",IEEE,Vol. 2008,p. 3483-3487,2008年
  • Significance of the body-weight’s ratio of caregiver and receiver in the training process of care-giving motion,Yaemi Koshino,Yuko Ohno,Proceedings of 4th European Congress for Medical and Biological Engineering 2008,Vol. 22,p. 2138-2141,2008年
  • Development of non-restrained sleep-monitoring method by using difference image processing,Shima Okada,Y. Ohno,K. Kenmizaki,A. Tsutsui,Y. Wang,IFMBE Proceedings,SPRINGER,Vol. 22,No. 1-3,p. 1765-1768,2008年
  • A,A,Vol. 165-169,2008年
  • Efficacy of the Patient Monitoring Method by Difference Image Processing during Sleep.,Vol. 3(2), 85-95.,2008年
  • Population-based relationship between 5-year survival rate and hospital treatment volume of childhood cancer in Osaka,Vol. 377,2008年
  • Medical service area for cancer patients in Osaka, Japan,Vol. 4(Suppl. 3),A174-175,2008年
  • Jastro Committee, Relation between radiotherapy facilities and breast cancer survival; database linkage study,Vol. 4 (Suppl. 2), A168,2008年
  • Significance of the body-weight's ratio of caregiver and receiver in the training process of care-giving motion,Yaemi Koshino,Y. Ohno,IFMBE Proceedings,Vol. 22,p. 2138-2141,2008年
  • The concentration of treatment facilities for childhood cancer from the viewpoint of Pareto curve and the number of patients treated per hospital in Osaka Japan,Vol. 4(Suppl. 4),A180,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 患者支援に関する研究 患者支援における首都圏私立大学病院のとりくみ,杉田塩,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 145-148,2008年
  • 動画像による睡眠時の体動検出,岡田志麻,大野ゆう子,検見崎謙治,王媛媛,筒井杏奈,日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM),Vol. 10th,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 がん登録に関する研究 要観察期間に関する数学モデルによる検討,田端奈々,大野ゆう子,伊藤ゆり,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 101-113,2008年
  • がん患者の医療機関受診に関する動態調査 がん医療均てん化指標としてのがん患者受療動態と地域別生存率に関する研究,志岐直美,大野ゆう子,清水佐知子,伊藤ゆり,井岡亜希子,津熊秀明,がん患者の医療機関受診に関する動態調査 平成18・19年度 総括・分担研究報告書,p. 81-84,2008年
  • 新しい診断機器の検診への応用とこれらを用いた診断精度の向上に関する研究 新しい診断手技の経済評価に関する研究,中山富雄,清水佐知子,大野ゆう子,伊藤ゆり,新しい診断機器の健診への応用とこれらを用いた診断制度の向上に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 43-48,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 がん登録に関する研究 治療予後に関する確率モデルによる検討,村上亜弥,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 85-100,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 がん登録に関する研究 がん登録の悉皆性検討について,筒井杏奈,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 71-75,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 在宅ケアに関する研究 がん末期患者における介護保険機能について:要介護高齢者における介護状態推移から,中村亜紀,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 183-189,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 タイムスタディに関する研究 RFIDのタイムスタディへの導入の検討,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 29-36,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 1-12,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 在宅ケアに関する研究 介護者教育と外国人の受入れ,中村亜紀,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 191-195,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 がん登録に関する研究 大阪府における乳がん患者の集学的治療受療傾向と医療機関特性が患者予後に与える影響について,持丸祐子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 67-70,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 患者支援に関する研究 大学医学部附属病院の今後の方向性とがん拠点病院への取り組み,門田守人,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 115-117,2008年
  • 大阪府におけるがん患者の生存率のトレンド:年齢・進行度の影響,伊藤ゆり,大野ゆう子,RACHET Bernard,COLEMAN Michel P,井岡亜希子,津熊秀明,大島明,成人病,Vol. 48,No. 2,p. 3-4,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 患者支援に関する研究 ベストを目指すがん専門病院,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 133-136,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 在宅ケアに関する研究 介助動作の定量的評価,越野八重美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 177-182,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 がん登録に関する研究 大阪府がん登録資料に基づく患者受療動態の解析,志岐直美,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 77-83,2008年
  • 看護実務経験者と未経験者の音声表現の違い~感情別音声分析に基づく検討~,高亜罕,大野ゆう子,岡田志麻,日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM),Vol. 10th,2008年
  • 移動検知可能なアクティブRFIDタグの看護業務モニタリングへの応用,清水佐知子,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 47th,2008年
  • WEB版がんよろず相談システムの構築と活用に関する研究 QOLに基づくがん患者支援療法等の分類および効果評価に関する研究,大野ゆう子,志岐直美,WEB版がんよろず相談システムの構築と活用に関する研究 平成19年度 総括研究報告書,p. 120-121,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 患者支援に関する研究 患者支援における地方国立大学の取り組み,笠原聡子,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 137-144,2008年
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 タイムスタディに関する研究 無人タイムスタディの検討,岡田志麻,大野ゆう子,タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書,p. 19-28,2008年
  • Investigation into Using Difference Images to Monitor Sleeping Patients,岡田志麻,大野ゆう子,高亜罕,王媛媛,加藤久美,毛利育子,谷池雅子,ITヘルスケア誌(Web),Vol. 3,No. 2,2008年
  • 差分画像を用いた就寝中の患者見守り方法の検討,岡田 志麻,大野 ゆう子,高 亜罕,王 媛媛,加藤 久美,毛利 育子,谷池 雅子,ITヘルスケア誌,ITヘルスケア学会,Vol. 3,No. 2,p. 85-95,2008年
  • Evaluation parameters for care-giving motions,Yaemi Koshino,Yuko Ohno,Masashi Hashimoto,Masaki Yoshida,Journal of Physical Therapy Science,The Society of Physical Therapy Science,Vol. 19,No. 4,p. 299-306,2007年12月05日
  • 麻疹流行における予防接種と免疫低下の関連性の分析 数理モデルによるシミュレーション,古島 大資,梯 正之,田中 政宏,大野 ゆう子,厚生の指標,(一財)厚生労働統計協会,Vol. 54,No. 15,p. 9-16,2007年12月
  • 麻疹流行における予防接種と免疫低下の関連性の分析 数理モデルによるシミュレーション,古島 大資,梯 正之,田中 政宏,大野 ゆう子,厚生の指標,(一財)厚生労働統計協会,Vol. 54,No. 15,p. 9-16,2007年12月
  • 麻疹流行における予防接種と免疫低下の関連性の分析 数理モデルによるシミュレーション,古島 大資,梯 正之,田中 政宏,大野 ゆう子,厚生の指標,(一財)厚生労働統計協会,Vol. 54,No. 15,p. 9-16,2007年12月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう--全体のバランスで人体をみる(最終回)中医学の現状とアメリカにおける発展,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,精神看護出版,Vol. 34,No. 12,p. 58-61,2007年12月
  • がん有病数推計における推計値呈示ソフトウエア,岡田志麻,田端奈々,大野ゆう子,医療情報学連合大会論文集,Vol. 27th,p. 623-624,2007年11月23日
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう‐全体のバランスで人体をみる‐最終回 中医学の現状とアメリカにおける発展,王霊芝,遠藤淑美,大野ゆう子,精神科看護,No. 183,p. 58-61,2007年11月20日
  • Frequency doubling technology threshold visual field results vary with software version,Nagisa Kojima,Shiroaki Shirato,Yuko Ohno,Japanese Journal of Ophthalmology,Vol. 51,No. 6,p. 448-452,2007年11月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう 全体のバランスで人体をみる 中医学の現状とアメリカにおける発展,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,(株)精神看護出版,Vol. 34,No. 12,p. 58-61,2007年11月
  • がん有病数推計における推計値呈示ソフトウエア,岡田 志麻,田端 奈々,大野 ゆう子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 27回,p. 623-624,2007年11月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう--全体のバランスで人体をみる(11)秋の養生,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,精神看護出版,Vol. 34,No. 11,p. 61-64,2007年11月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう―全体のバランスで人体をみる―第11回 秋の養生,王霊芝,遠藤淑美,大野ゆう子,精神科看護,No. 182,p. 61-64,2007年10月20日
  • 乳がん治療における放射線治療導入の状況~大阪府がん登録に基づく分析~,持丸祐子,大野ゆう子,田端奈々,伊藤ゆり,井岡亜希子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 66th,p. 239-240,2007年10月15日
  • 大阪府における子宮がん患者の地域別生存貞と患者動向に関する研究,志岐直美,大野ゆう子,田端奈々,清水佐知子,伊藤ゆり,井岡亜希子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 66th,2007年10月15日
  • Period法による長崎県がん登録資料を用いた5年有病数推計,田端奈々,大野ゆう子,伊藤ゆり,早田みどり,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 66th,2007年10月15日
  • 大阪府における小児がん受療に関する罹患の地域差の現状把握,筒井杏奈,大野ゆう子,田端奈々,清水佐知子,伊藤ゆり,井岡亜希子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 66th,2007年10月15日
  • 不眠症の未病治療のあり方~中医学文献に基づく検討~,王霊芝,大野ゆう子,遠藤淑美,王彩霊,日本未病システム学会学術総会抄録集,Vol. 14th,2007年10月05日
  • 大阪府における小児がん受療に関する罹患の地域差の現状把握,筒井 杏奈,大野 ゆう子,田端 奈々,清水 佐知子,伊藤 ゆり,井岡 亜希子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 66回,p. 240-240,2007年10月
  • 脳血管疾患死亡におけるPeriod効果とCohort効果の脳卒中対策評価指標としての検討,三輪のり子,中村隆,大野ゆう子,日本公衆衛生雑誌,日本公衆衛生学会,Vol. 66回,p. 417-417,2007年10月
  • 大阪府における子宮がん患者の地域別生存率と患者動向に関する研究,志岐 直美,大野 ゆう子,田端 奈々,清水 佐知子,伊藤 ゆり,井岡 亜希子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 66回,p. 240-240,2007年10月
  • 乳がん治療における放射線治療導入の状況 大阪府がん登録に基づく分析,持丸 祐子,大野 ゆう子,田端 奈々,伊藤 ゆり,井岡 亜希子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 66回,p. 239-240,2007年10月
  • Period法による長崎県がん登録資料を用いた5年有病数推計,田端 奈々,大野 ゆう子,伊藤 ゆり,早田 みどり,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 66回,p. 240-240,2007年10月
  • New Approach for Medical Ward Monitoring Method by Difference Image Processing,Shima Okada,Yuko Ohno,The international Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007 KEER2007Abstract (CD),2007年10月
  • 麻疹の発生と感染拡大防止策の効果に関する検討 数理モデルによるシミュレーション,古島 大資,大野 ゆう子,清水 佐知子,梯 正之,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 66回,p. 601-601,2007年10月
  • Fixation Point Analysis of Nursing Students In the Observation of a Patient receiving Oxygen Treatment,S Kasahara,M okuda,Y Maeda,Y Ohno,The international Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007 KEER2007Abstract (CD),Vol. C-23,2007年10月
  • Trend of Introduction of Radiation Therapy for Breast Cancer Treatment in Osaka, JAPAN -Based on Data From Osaka Cancer Registry-.,Mochimaru,Y,Ohno,Y,Numasaki,H,Teshima,T,Ito,Y,Tsukuma, H,The 15th Anniversary of Hiroshima Cancer Seminar,Vol. 42,2007年10月
  • 麻疹の発生と感染拡大防止策の効果に関する検討 数理モデルによるシミュレーション,古島 大資,大野 ゆう子,清水 佐知子,梯 正之,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 66回,p. 601-601,2007年10月
  • 脳血管疾患死亡におけるPeriod効果とCohort効果の脳卒中対策評価指標としての検討,三輪 のり子,中村 隆,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 66回,p. 417-417,2007年10月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう 全体のバランスで人体をみる 秋の養生,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,(株)精神看護出版,Vol. 34,No. 11,p. 61-64,2007年10月
  • 低体温における内臓、気血の変化および低体温への未病治療 -中医学文献より検討 -,王彩霊,大野ゆう子,王霊芝,日本未病システム学会雑誌,日本未病システム学会,Vol. 13,No. 1,p. 92-95,2007年10月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう--全体のバランスで人体をみる(10)冷え症,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,精神看護出版,Vol. 34,No. 10,p. 57-61,2007年10月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう‐全体のバランスで人体をみる‐第10回 冷え症,王霊芝,遠藤淑美,大野ゆう子,精神科看護,No. 181,p. 57-61,2007年09月20日
  • 社会指標が与える日本人の寿命の変化(セッションN-2(MK203) 一般セッション 医学),高岡 佳史,長倉 俊明,大江 洋介,大野 ゆう子,古川 俊之,日本行動計量学会大会発表論文抄録集,日本行動計量学会,Vol. 35,p. 25-28,2007年09月02日
  • The Estimation of the Cure Probability by Markov Model,Aya Murakami,Yuko Ohno,Nana Tabata,Sachiko Shimizu,29th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries Programme and Book of Abstracts,Vol. 204,2007年09月
  • Follow-up time required for cure of cancer patients using mixture cure models In Osaka, Japan,Nana Tabata,Yuko Ohno,Aya Murakami,Daisuke Furushima,Yuri Ito,29th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries Programme and Book of Abstracts,Vol. 221,2007年09月
  • 医療と画像処理 放射線治療における照射野辺縁モデル細胞の動態解析,三上麻里,手島昭樹,大野ゆう子,松浦成昭,東山繁樹,古澤佳也,画像ラボ,Vol. 18,No. 9,p. 76-79,2007年09月01日
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう 全体のバランスで人体をみる 冷え症,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,(株)精神看護出版,Vol. 34,No. 10,p. 57-61,2007年09月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう--全体のバランスで人体をみる(9)不眠症の見方,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,精神看護出版,Vol. 34,No. 9,p. 56-61,2007年09月
  • 放射線治療における照射野辺縁モデル細胞の動態解析 (特集 医療と画像処理),三上 麻里,手島 昭樹,大野 ゆう子,画像ラボ,日本工業出版,Vol. 18,No. 9,p. 76-79,2007年09月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう―全体のバランスで人体をみる―第9回 不眠症の見方,王霊芝,遠藤淑美,大野ゆう子,精神科看護,No. 180,p. 56-61,2007年08月20日
  • New classification of medical staff clinical services for optimal reconstruction of job workflow in a surgical ward: Application of spectrum analysis and sequence relational analysis,Hodaka Numasaki,Hajime Harauchi,Yuko Ohno,Kiyonari Inamura,Satoko Kasahara,Morito Monden,Masato Sakon,Computational Statistics and Data Analysis,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 51,No. 12,p. 5708-5717,2007年08月15日
  • Cardiopulmonary co-morbidity: A critical negative prognostic predictor for pulmonary resection following preoperative chemotherapy and/or radiation therapy in lung cancer patients,Masayoshi Inoue,Meinoshin Okumura,Masato Minami,Hiroyuki Shiono,Noriyoshi Sawabata,Tomoki Utsumi,Yuko Ohno,Yoshiki Sawa,General Thoracic and Cardiovascular Surgery,Vol. 55,No. 8,p. 315-321,2007年08月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう 全体のバランスで人体をみる 不眠症の見方,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,(株)精神看護出版,Vol. 34,No. 9,p. 56-61,2007年08月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう--全体のバランスで人体をみる(8)舌と病気,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,精神看護出版,Vol. 34,No. 8,p. 56-60,2007年08月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう―全体のバランスで人体をみる―第8回 舌と病気,王霊芝,遠藤淑美,大野ゆう子,精神科看護,No. 179,p. 56-60,2007年07月20日
  • 個人の体質に基づく健康維持,未病治療のあり方―中医学文献に基づく検討―,王霊芝,大野ゆう子,王彩霊,日本未病システム学会雑誌,Vol. 13,No. 1,p. 89-91,2007年07月20日
  • A Three-Year-Follow-up study on the Change in Physical and Mental Functions of the Aged by the Level of ADL,Aki Nakamura,Yuko Ohno,Yosuke Ooe,Takashi Nakamura,Japan Hospitals,Vol. 26,41-52,2007年07月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう 全体のバランスで人体をみる 舌と病気,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,(株)精神看護出版,Vol. 34,No. 8,p. 56-60,2007年07月
  • 個人の体質に基づく健康維持、未病治療のあり方 中医学文献に基づく検討,王 霊芝,大野 ゆう子,王 彩霊,日本未病システム学会雑誌,(一社)日本未病学会,Vol. 13,No. 1,p. 89-91,2007年07月
  • 低体温症における内臓、気血の変化および低体温への未病治療 中医学文献より検討,王 彩霊,大野 ゆう子,王 霊芝,日本未病システム学会雑誌,(一社)日本未病学会,Vol. 13,No. 1,p. 92-95,2007年07月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう--全体のバランスで人体をみる(7)便秘について,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,精神看護出版,Vol. 34,No. 7,p. 55-58,2007年07月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう―全体のバランスで人体をみる―第7回 便秘について,王霊芝,遠藤淑美,大野ゆう子,精神科看護,No. 178,p. 55-58,2007年06月20日
  • Cancer survival trends in Osaka, Japan: The influence of age and stage at diagnosis,Yuri Ito,Yuko Ohno,Bernard Rachet,Michel P. Coleman,Hideaki Tsukuma,Akira Oshima,Japanese Journal of Clinical Oncology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 37,No. 6,p. 452-458,2007年06月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう 全体のバランスで人体をみる 便秘について,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,(株)精神看護出版,Vol. 34,No. 7,p. 55-58,2007年06月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう--全体のバランスで人体をみる(6)花粉症の見方および治療と予防,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,精神看護出版,Vol. 34,No. 6,p. 58-63,2007年06月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう―全体のバランスで人体をみる―第6回 花粉症の見方および治療と予防,王霊芝,遠藤淑美,大野ゆう子,精神科看護,No. 177,p. 58-63,2007年05月20日
  • 要介護度による高齢者ADLの変化と性差,大江洋介,中村亜紀,大野ゆう子,古川俊之,日本老年医学会雑誌,Vol. 44,2007年05月20日
  • 酵素療法中に患者に対する看護学生の注視点分析,笠原聡子,徳田恵,前田有希,大野ゆう子,第9回日本感性工学会大会予稿集2007,2007年05月
  • 要介護度による高齢者ADLの変化と性差,大江 洋介,中村 亜紀,大野 ゆう子,古川 俊之,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 44,No. Suppl.,p. 69-69,2007年05月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう 全体のバランスで人体をみる 花粉症の見方および治療と予防,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,(株)精神看護出版,Vol. 34,No. 6,p. 58-63,2007年05月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう--全体のバランスで人体をみる(5)統合失調症の診断と治療法,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,精神看護出版,Vol. 34,No. 5,p. 56-60,2007年05月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう―全体のバランスで人体をみる―第5回 統合失調症の診断と治療法,王霊芝,遠藤淑美,大野ゆう子,精神科看護,No. 176,p. 56-60,2007年04月20日
  • ICタグと医療環境 3 病棟での個体情報管理とICタグ,大野ゆう子,清水佐知子,情報処理,Vol. 48,No. 4,p. 344-348,2007年04月15日
  • ICタグと医療環境 : 3.病棟での個体情報管理とICタグ,大野ゆう子,清水 佐知子,情報処理,一般社団法人情報処理学会,Vol. 48,No. 4,p. 344-348,2007年04月15日
  • 病棟での個人情報管理とICタグ,大野ゆう子,清水佐知子,情報処理,Vol. 48(4), 344-348,2007年04月
  • 病棟での個人情報管理とICタグ,大野ゆう子,清水佐知子,情報処理,Vol. 48(4), 344-348,2007年04月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう 全体のバランスで人体をみる 統合失調症の診断と治療法,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,(株)精神看護出版,Vol. 34,No. 5,p. 56-60,2007年04月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう--全体のバランスで人体をみる(4)中医学からみた統合失調症,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,精神看護出版,Vol. 34,No. 4,p. 56-59,2007年04月
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう―全体のバランスで人体をみる―第4回 中医学からみた統合失調症,王霊芝,遠藤淑美,大野ゆう子,精神科看護,No. 175,p. 56-59,2007年03月20日
  • 高脂血症関連検査値の個人内変動の特性,鈴木 珠水,聲高 英代,大野 ゆう子,南雲 篤子,森本 兼曩,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 62,No. 2,p. 677-677,2007年03月
  • 中医学(東洋医学)の保健・看護領域学部教育および大学院教育への導入の試み ~1996年から2006年まで~,大野ゆう子,清水佐知子,笠原聡子,大阪大学看護雑誌,Vol. 13(1), 19-23,2007年03月
  • 医療サプライチェーンとしての病棟運営評価方法について,大野ゆう子,清水佐知子,沼崎穂高,伊藤ゆり,声高英代,鈴木珠水,萩本明子,輪湖史子,越野八重美,大西喜一郎,杉田塩,笠原聡子,三輪のり子,岡田志麻,池田明日香,田端奈々,古島大資,村上亜弥,高亜罕,王彩霊,検見崎謙二,志岐直美,筒井杏奈,金善恵,統計数理研究所共同研究レポート202,2007年03月
  • 中医学(東洋医学)の保健・看護領域学部教育および大学院教育への導入の試み ~1996年から2006年まで~,大野ゆう子,清水佐知子,笠原聡子,大阪大学看護雑誌,Vol. 13(1),19-23,2007年03月
  • 中医学(東洋医学)の保健・看護学領域学部教育および大学院教育への導入の試み~1996年から2006年まで~,大野ゆう子,清水佐知子,笠原聡子,大阪大学看護学雑誌,Vol. 13,No. 1,p. 19-23,2007年03月
  • ライフスタイル改善は肥満発症を予防するか―勤労者9年間の変容追跡,大野ゆう子,聲高英代,南雲篤子,森本兼曩,日本衛生学雑誌,Vol. 62,No. 2,2007年03月01日
  • 中医学の視点をケアに取り入れよう 全体のバランスで人体をみる 中医学からみた統合失調症,王 霊芝,遠藤 淑美,大野 ゆう子,精神科看護,(株)精神看護出版,Vol. 34,No. 4,p. 56-59,2007年03月
  • 胃がん、肺がんにおける術後5年までの外科手術技術集積性に関する検討(The trend of the effect of surgical volume up to 5 years after resection for stomach and lung cancer patients),雑賀 公美子,大野 ゆう子,田中 英夫,長谷川 敏彦,津熊 秀明,大島 明,ITヘルスケア,(一社)ITヘルスケア学会,Vol. 1,No. 2,p. 42-49,2007年03月
  • ベースライン喫煙習慣変動度の検討 喫煙習慣の変化パタンの分析,聲高 英代,大野 ゆう子,南雲 篤子,森本 兼曩,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 62,No. 2,p. 516-516,2007年03月
  • ライフスタイル改善は肥満発症を予防するか 勤労者9年間の変容追跡,大野 ゆう子,聲高 英代,南雲 篤子,森本 兼曩,日本衛生学雑誌,(一社)日本衛生学会,Vol. 62,No. 2,p. 683-683,2007年03月
  • 中医学(東洋医学)の保健・看護学領域学部教育および大学院教育への導入の試み 1996年から2006年まで,大野 ゆう子,清水 佐知子,笠原 聡子,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 13,No. 1,p. 19-23,2007年03月
  • ベースライン喫煙習慣変動度の検討-喫煙習慣の変化パターンの分析 慣変動度の検討-喫煙習慣の変化パターンの分析,聲高英代,大野ゆう子,南雲篤子,森本兼曩,日本衛生学雑誌,Vol. 62,516,2007年01月
  • Eye movement patterns of the elderly during stair descent: Effect of illumination,Satoko Kasagara,Sonoko Okabe,Naoko Nakazato,Yuko Ohno,Journal of Light and Visual Environment,The Illuminating Engineering Institute of Japan,Vol. 31,No. 3,p. 134-140,2007年
  • The trend of the effect of surgical volume for stomach and lung cancer patients,Saika Kumiko,Ohno Yuko,Tanaka Hideo,Hasegawa Toshihiko,Tsukuma Hideaki,Oshima Akira,ITヘルスケア誌,ITヘルスケア学会,Vol. 1,No. 2,p. 42-49,2007年
  • New approach for the time motion analysis of medical staffs in a ward by video image processing,Shima Okada,Yuko Ohno,Proceedings of the SICE Annual Conference,Vol. 2750-2753,p. 2750-2753,2007年
  • 低体温症における内臓,気血の変化および低体温への未病治療―中医学文献より検討―:―中医学文献より検討―,王 彩霊,大野 ゆう子,王 霊芝,日本未病システム学会雑誌,日本未病システム学会,Vol. 13,No. 1,p. 92-95,2007年
  • The trend of the effect of surgical volume up to 5 year after resection for stomach and lung cancer patients,Vol. 1(2),42-49,2007年
  • A Three-Year-Follow-up study on the Change in Physical and Mental Functions of the Aged by the Level of ADL,Vol. 26,41-52,2007年
  • Follow-up time required for cure of cancer patients using mixture cure models In Osaka, Japan,Vol. 221,2007年
  • New Approach for the Time Motion Analysis of Medical Staff in a Ward by Video Image Processing,Vol. 2750-2753,2007年
  • The Estimation of the Cure Probability by Markov Model,Vol. 204,2007年
  • Fixation Point Analysis of Nursing Students In the Observation of a Patient receiving Oxygen Treatment,Vol. C-23,2007年
  • New Approach for Medical Ward Monitoring Method by Difference Image Processing,2007年
  • Trend of Introduction of Radiation Therapy for Breast Cancer Treatment in Osaka, JAPAN -Based on Data From Osaka Cancer Registry-.,Vol. 42,2007年
  • ヘルスサービスリサーチにおけるICタグの利活用の可能性~人的フロー及び患者安全の最適化の視点から~,清水佐知子,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 46th,2007年
  • 酸素療法中の患者に対する看護学生の注視点分析,笠原聡子,徳田恵,前田有希,大野ゆう子,日本感性工学会大会予稿集,Vol. 9th(CD-ROM),2007年
  • その他,がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究―Japanese National Cancer Database(JNCDB)の構築―がん登録データベースに基づくがん研究のあり方に関する研究 JNCDB統計解析,住民票照会,個人情報関連基盤に関する研究,大野ゆう子,その他、がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究-Japanese National Cancer Database(JNCDB)の構築 平成16-18年度 総合研究報告書,p. 55-56,2007年
  • その他,がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究―Japanese National Cancer Database(JNCDB)の構築―データベース情報に基づく医療需要把握に関する研究 JNCDB統計解析,住民票照会,個人情報関連基盤に関する研究,大野ゆう子,清水佐知子,その他、がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究-Japanese National Cancer Database(JNCDB)の構築 平成18年度 総括・分担研究報告書,2007年
  • ベースライン喫煙習慣変動度の検討-喫煙習慣の変化パターンの分析 慣変動度の検討-喫煙習慣の変化パターンの分析,聲高英代,大野ゆう子,南雲篤子,森本兼曩,日本衛生学雑誌,Vol. 62,No. 2,2007年01月
  • 高脂血症関連検査値の個人内変動の特性,鈴木珠水,聲高英代,大野ゆう子,南雲篤子,森本兼曩,日本衛生学雑誌,Vol. 62,No. 2,2007年01月
  • 個人の体質に基づく健康維持,未病治療のあり方―中医学文献に基づく検討―:―中医学文献に基づく検討―,王 霊芝,大野 ゆう子,王 彩霊,日本未病システム学会雑誌,日本未病システム学会,Vol. 13,No. 1,p. 89-91,2007年
  • 不眠症の未病治療のあり方:―中医学文献に基づく検討―,王 霊芝,大野 ゆう子,遠藤 淑美,王 彩霊,日本未病システム学会雑誌,日本未病システム学会,Vol. 13,No. 2,p. 263-264,2007年
  • がん罹患率APC分析をもとにしたがん罹患年次変化のクラスタ分析,三輪のり子,大野ゆう子,医学統計研究会ウィンター・フォーラム,2006年12月
  • がんの疫学,大野ゆう子,伊藤ゆり,がんのベーシックサイエンス,Vol. 39,593,2006年12月
  • 個人の体質に基づく健康維持,未病治療のあり方~中医学文献に基づく検討~,王霊芝,大野ゆう子,王彩霊,日本未病システム学会学術総会抄録集,Vol. 13th,2006年11月15日
  • 低体温症における内臓,気血の変化及び低体温への未病治療~中医学文献より検討~,王彩霊,大野ゆう子,王霊芝,日本未病システム学会学術総会抄録集,Vol. 13th,2006年11月15日
  • 脳血管疾患の病型別死亡数の将来推計―ベイズ型ポアソンAge-Period-Cohortモデルに基づく―,三輪のり子,中村隆,大野ゆう子,大江洋介,成瀬優知,第26回医療情報学連合大会抄録集(CD-R),2006年11月
  • 麻疹における予防接種と免疫低下との関連性の分析,古島大資,梯正之,大野ゆう子,第65回日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 53,931,2006年11月
  • Baggingによる決定樹モデルの妥当性評価,村上亜弥,大野ゆう子,三輪のり子,清水佐知子,白土城照,立花直子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 26回,p. 552-553,2006年11月
  • 最新データを反映するperiod法によるがん患者の生存推計-長崎県がん登録女性肺がんを例として-,伊藤ゆり,大野ゆう子,早田みどり,大島明,癌の臨床,Vol. 52(2),97-102,2006年11月
  • 都道府県別にみた脳血管疾患死亡率のAge-Period-Cohort効果―6都道府県における試み―,三輪のり子,中村隆,大野ゆう子,第65回日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年11月
  • 全国におけるがん5年有病者数推計~方法論の検討と将来推計~(1),池田明日香,大野ゆう子,松井梨枝子,大島明,第65回日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年11月
  • 男性労働者におけるMetabolic Syndromeとライフスタイルの関連,聲高英代,大野ゆう子,清水佐知子,森本兼曩,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年11月
  • 非侵襲,無拘束型睡眠観察・評価システムの開発:(1)基礎検討,岡田志麻,大野ゆう子,谷池雅子,医療情報学連合大会論文集,Vol. 26th,p. 1041-1042,2006年10月30日
  • 労働者の喫煙率変動の特徴把握と喫煙率将来推計の方法論の検討,大野裕子,大野ゆう子,雑賀公美子,聲高英代,森本兼曩,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年10月15日
  • 中医学論理に基づく自己健康管理CAIシステムの構築,王彩霊,大野ゆう子,王霊芝,池田明日香,清水佐知子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年10月15日
  • 大阪府における肝がんの治療方法の推移とその予後について,田端奈々,大野ゆう子,伊藤ゆり,大島明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年10月15日
  • ビジュアルセンシングによる疲労度推定システムの基礎検討,岡田志麻,大野ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年10月15日
  • 全国におけるがん5年有病者数推計~方法論の検討と将来推計~(2),池田明日香,大野ゆう子,松井梨枝子,大島明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年10月15日
  • タイムスタディデータベースに基づく自動解析プログラムの開発,検見崎兼治,大野ゆう子,沼崎穂高,笠原聡子,石井豊恵,山口建,鳶巣賢一,戸塚規子,吉田里恵,鶴田清子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年10月15日
  • 刺激の種類が脳波(事象関連電位P300)に与える影響について,島田寛子,大野ゆう子,越野八重美,笠原聡子,江田英雄,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年10月15日
  • 保健医療領域におけるモンゴル語,中国語,日本語間の情報伝達について,高亜罕,大野ゆう子,池田明日香,王彩霊,紅旗,清水佐知子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年10月15日
  • 看護業務における看護師の電子カルテの使用状況について,上田樹里,上田樹里,大野ゆう子,沼崎穂高,笠原聡子,石井豊恵,山口建,鳶巣賢一,戸塚規子,吉田里恵,鶴田清子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 65th,2006年10月15日
  • 保健医療データと統計数理:APCモデルについて,大野ゆう子,清水佐知子,三輪のり子,日本化学会情報化学部会誌,公益社団法人 日本化学会・情報化学部会,Vol. 24,No. 4,p. 127-127,2006年10月
  • 大阪府がん登録から見たがん罹患の将来予測,大野ゆう子,三輪のり子,2006年度上半期OPTA粒子線がんセミナー報告集,Vol. 55-58,2006年10月
  • 大阪府における肝がんの治療方法の推移とその予後について,田端 奈々,大野 ゆう子,伊藤 ゆり,大島 明,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 612-612,2006年10月
  • 刺激の種類が脳波(事象関連電位P300)に与える影響について,島田 寛子,大野 ゆう子,越野 八重美,笠原 聡子,江田 英雄,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 295-295,2006年10月
  • 労働者の喫煙率変動の特徴把握と喫煙率将来推計の方法論の検討,大野 裕子,大野 ゆう子,雑賀 公美子,聲高 英代,森本 兼曩,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 291-291,2006年10月
  • 看護業務における看護師の電子カルテの使用状況について,上田 樹里,大野 ゆう子,沼崎 穂高,笠原 聡子,石井 豊恵,山口 建,鳶巣 賢一,戸塚 規子,吉田 里恵,鶴田 清子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 289-289,2006年10月
  • 全国におけるがん5年有病者数推計 方法論の検討と将来推計(2),池田 明日香,大野 ゆう子,松井 梨枝子,大島 明,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 612-612,2006年10月
  • 都道府県別にみた脳血管疾患死亡率のAge-Period-Cohort効果 6都道府県における試み,三輪 のり子,中村 隆,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 605-605,2006年10月
  • 保健医療領域におけるモンゴル語、中国語、日本語間の情報伝達について,高 亜罕,大野 ゆう子,池田 明日香,王 彩霊,紅 旗,清水 佐知子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 1034-1034,2006年10月
  • タイムスタディデータベースに基づく自動解析プログラムの開発,検見崎 兼治,大野 ゆう子,沼崎 穂高,笠原 聡子,石井 豊恵,山口 建,鳶巣 賢一,戸塚 規子,吉田 里恵,鶴田 清子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 289-289,2006年10月
  • 非侵襲、無拘束型睡眠観察・評価システムの開発(1) 基礎検討,岡田 志麻,大野 ゆう子,谷池 雅子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 26回,p. 1041-1042,2006年10月
  • ビジュアルセンシングによる疲労度推定システムの基礎検討,岡田 志麻,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 292-292,2006年10月
  • 中医学論理に基づく自己健康管理CAIシステムの構築,王 彩霊,大野 ゆう子,王 霊芝,池田 明日香,清水 佐知子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 387-387,2006年10月
  • 男性労働者におけるMetabolic Syndromeとライフスタイルの関連,聲高 英代,大野 ゆう子,清水 佐知子,森本 兼曩,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 991-991,2006年10月
  • 麻疹における予防接種と免疫低下との関連性の分析 数理モデルによるシミュレーション,古島 大資,梯 正之,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 931-931,2006年10月
  • Baggingによる決定樹モデルの妥当性評価,村上 亜弥,大野 ゆう子,三輪 のり子,清水 佐知子,白土 城照,立花 直子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 26回,p. 552-553,2006年10月
  • 脳血管疾患の病型別死亡数の将来推計 ベイズ型ポワソンAge-Period-Cohortモデルに基づく,三輪 のり子,中村 隆,大野 ゆう子,大江 洋介,成瀬 優知,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 26回,p. 522-523,2006年10月
  • 全国におけるがん5年有病者数推計 方法論の検討と将来推計,松井 梨枝子,大野 ゆう子,伊藤 ゆり,大島 明,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 283-283,2006年10月
  • 麻疹における予防接種と免疫低下との関連性の分析 数理モデルによるシミュレーション,古島 大資,梯 正之,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 65回,p. 931-931,2006年10月
  • 脳血管疾患の病型別死亡数の将来推計 ベイズ型ポワソンAge-Period-Cohortモデルに基づく,三輪 のり子,中村 隆,大野 ゆう子,大江 洋介,成瀬 優知,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 26回,p. 522-523,2006年10月
  • 臨床における医療用電子タグ利用の可能性-臨床看護師の視点から-,守口絵里,大野ゆう子,日本生体医工学会誌生体医工学,Vol. 44,190,2006年09月
  • 大阪府がん登録から見たがん罹患の将来予測,大野ゆう子,公開シンポジウム(大阪と癌と粒子線治療)NPO法人大阪粒子線癌治療研究会(OPTA),2006年09月
  • 乳頭長短径比を考慮したHeidelberg Retina Tomographによる緑内障検出,内田 英哉,富所 敦男,新家 眞,白柏 基宏,八百枝 潔,山本 哲也,岩瀬 愛子,池田 明日香,大野 ゆう子,緑内障,(株)メディカル葵出版,Vol. 16,No. 臨増,p. 118-118,2006年08月
  • 未病治の観点に基づく精神的ストレスの内臓,気血への影響および疾病―中医学古典文献に基づく検討―,王霊芝,大野ゆう子,王彩霊,日本未病システム学会雑誌,Vol. 12,No. 1,p. 98-100,2006年07月31日
  • 未病治の観点に基づく精神的ストレスの内臓,気血への影響および疾病 中医学古典文献に基づく検討,王 霊芝,大野 ゆう子,王 彩霊,日本未病システム学会雑誌,(一社)日本未病学会,Vol. 12,No. 1,p. 98-100,2006年07月
  • タイムスタディによる看護業務スケジューリング分析,横内光子,大野ゆう子,笠原聡子,沼崎穂高,石井豊恵,藤本春美,尾畠直子,看護情報研究会論文集,Vol. 7th,p. 25-28,2006年07月
  • わが国における20世紀の脳血管疾患死亡率の変動要因と今後の動向,三輪 のり子,中村 隆,成瀬 優知,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生雑誌,日本公衆衛生学会,Vol. 53,No. 7,p. 493-503,2006年07月
  • タイムスタディによる看護業務スケジューリング分析,横内 光子,大野 ゆう子,笠原 聡子,沼崎 穂高,石井 豊恵,藤本 春美,尾畠 直子,看護情報研究会論文集,日本医療情報学会看護部会,Vol. 7回,p. 25-28,2006年07月
  • 最新データを反映するperiod法によるがん患者の生存率推計―長崎県がん登録女性肺がんを例として―,伊藤ゆり,大野ゆう子,早田みどり,大島明,癌の臨床,Vol. 52,No. 2,p. 97-102,2006年06月10日
  • 放射線によるがんの浸潤・転移能への影響,尾方 俊至,手島 昭樹,木原 彩佳,大野 ゆう子,菱川 良夫,香川 一史,須賀 大作,古澤 佳也,東山 繁樹,松浦 成昭,INNERVISION,(株)インナービジョン,Vol. 21,No. 7,p. 51-51,2006年06月
  • 最新データを反映するperiod法によるがん患者の生存率推計 長崎県がん登録女性肺がんを例として,伊藤 ゆり,大野 ゆう子,早田 みどり,大島 明,癌の臨床,(株)篠原出版新社,Vol. 52,No. 2,p. 97-102,2006年06月
  • 臨床における医療用電子タグ利用の可能性―臨床看護師の視点から―,守口絵里,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集,Vol. 45th,2006年05月15日
  • 年齢による要介護度の差の検討,大江洋介,中村亜紀,大野ゆう子,古川俊之,日本老年医学会雑誌,Vol. 43,2006年05月07日
  • 年齢による要介護度の差の検討,大江 洋介,中村 亜紀,大野 ゆう子,古川 俊之,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 43,No. Suppl.,p. 134-134,2006年05月
  • 治療成績比較における新たな提案とデータベース情報の不完全性,大野ゆう子,伊藤ゆり,厚生労働科学研究費補助金第3次対がん総合戦略研究事業「その他、がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究-Japanese National Center Database (JNCDB)の構築-」平成17年度総括・分担報告書,2006年03月
  • 老人保健事業の推進のためのITを活用した地域健康づくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究,中村正和,坂根直樹,内藤義彦,増居志津子,山口幸生,足立淑子,嶋田洋徳,大野ゆう子,厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業「老人保健事業の推進のためのITを活用した地域健康づくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究」平成16~17年度総合研究居報告書,2006年03月
  • 指導者教育の効果評価に関する研究,大野ゆう子,増居志津子,厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業「老人保健事業の推進のためのITを活用した地域健康づくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究」平成17年度総括・分担研究居報告書,Vol. 145-165,2006年03月
  • Comparison of the additive effects of nipradilol and carteolol to latanoprost in open-angle glaucoma,Mai Haneda,Shiroaki Shirato,Katsuhiko Maruyama,Yuko Ohno,Japanese Journal of Ophthalmology,Vol. 50,No. 1,p. 33-37,2006年01月
  • Non-restrictive heart rate monitoring using an acceleration sensor,Shima Okada,Yoshihisa Fujiwara,Masashi Yasuda,Yuko Ohno,Masaaki Makikawa,Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings,IEEE,Vol. 1,5093-5096,p. 5093-5096,2006年
  • わが国における20世紀の脳血管疾患死亡率の変動要因と今後の動向,三輪 のり子,中村 隆,成瀬 優知,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生雑誌,日本公衆衛生学会,Vol. 53,No. 7,p. 493-503,2006年
  • 全国におけるがん5年有病者数推計~方法論の検討と将来推計~(1),第65回日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 53,612,2006年
  • 老人保健事業の推進のためのITを活用した地域健康づくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究 指導者教育の効果評価に関する研究,大野ゆう子,増居志津子,老人保健事業の推進のためのITを活用した地域健康づくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究 平成17年度 総括・分担研究報告書,p. 145-165,2006年
  • その他,がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究‐Japanese National Cancer Database(JNCDB)の構築‐治療成績比較における新たな提案とデータベース情報の不完全性,大野ゆう子,伊藤ゆり,その他、がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究-Japanese National Cancer Database(JNCDB)の構築 平成17年度 総括・分担研究報告書,p. 37-40,2006年
  • 高度総合診療施設における看護電子カルテの実用化と評価に関する研究 完全電子カルテ化病院における看護師の電子カルテ利用状況について,大野ゆう子,高度総合診療施設における看護電子カルテの実用化と評価に関する研究 平成17年度 総括研究報告書,p. 22-28,2006年
  • 保健医療データと統計数理:APCモデルについて,大野 ゆう子,清水 佐知子,三輪 のり子,日本化学会情報化学部会誌,公益社団法人 日本化学会・情報化学部会,Vol. 24,No. 4,p. 127-127,2006年
  • 未病治の観点に基づく精神的ストレスの内臓,気血への影響および疾病―中医学古典文献に基づく検討―:―中医学古典文献に基づく検討―,王 霊芝,大野 ゆう子,王 彩霊,日本未病システム学会雑誌,日本未病システム学会,Vol. 12,No. 1,p. 98-100,2006年
  • 未病治の観点に基づく精神的ストレスの内臓,気血への影響および疾病--中医学古典文献に基づく検討 (第12回日本未病システム学会論文集),王 霊芝,大野 ゆう子,王 彩霊,日本未病システム学会雑誌,日本未病システム学会,Vol. 12,No. 1,p. 98-100,2006年
  • 業務スケジューリングからみた看護業務属性の検討,横内光子,大野ゆう子,笠原聡子,沼崎穂高,石井豊恵,生体医工学,Vol. 43,No. 4,p. 762-768,2005年12月10日
  • 未病治の観点に基づく精神的ストレスの内臓,気血への影響及び疾病―中医学古典文献に基づく検討―,王霊芝,大野ゆう子,王彩霊,日本未病システム学会学術総会抄録集,Vol. 12th,2005年12月
  • 外来通院中の妊婦へのアロマセラピーの導入(第2報) 報告,溝江 香,田中 響,小河原 みゆき,笠原 聡子,大野 ゆう子,兵庫県母性衛生学会雑誌,兵庫県母性衛生学会,No. 14,p. 10-15,2005年12月
  • 業務スケジューリングからみた看護業務属性の検討,横内 光子,大野 ゆう子,笠原 聡子,沼崎 穂高,石井 豊恵,生体医工学,(公社)日本生体医工学会,Vol. 43,No. 4,p. 762-768,2005年12月
  • ベッドサイドの看護に生かす睡眠医学 看護および患者ケアのポイント 臨床看護における睡眠・光環境への取り組み,大野ゆう子,笠原聡子,馬場百合,西川真希子,茂木南津美,重信香織,中尾恵,池田恵津子,大木規子,加藤秀子,臨床看護,Vol. 31,No. 12,p. 1819-1822,2005年11月15日
  • 【ベッドサイドの看護に生かす睡眠医学】看護および患者ケアのポイント 臨床看護における睡眠・光環境への取り組み,大野 ゆう子,笠原 聡子,馬場 百合,西川 真希子,茂木 南津美,重信 香織,中尾 恵,池田 恵津子,大木 規子,加藤 秀子,臨床看護,(株)へるす出版,Vol. 31,No. 12,p. 1819-1822,2005年11月
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の要治療群判別ロジックの分析,大野ゆう子,立花直子,笠原聡子,野田裕子,第22回日本コンピュータサイエンス学会学術総会プログラム,Vol. p22,2005年10月
  • 完全電子カルテ化病院におけるタイムスタディ分析-看護師の電子カルテ使用状況について-,笠原聡子,上田樹里,検見崎兼治,大野ゆう子,第22回日本コンピュータサイエンス学会学術総会プログラム,Vol. p23,2005年10月
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の要治療群判別ロジックの分析,大野ゆう子,立花直子,笠原聡子,野田裕子,第22回日本コンピュータサイエンス学会学術総会プログラム,Vol. p22,2005年10月
  • 完全電子カルテ化病院におけるタイムスタディ分析-看護師の電子カルテ使用状況について-,笠原聡子,上田樹里,検見崎兼治,大野ゆう子,第22回日本コンピュータサイエンス学会学術総会プログラム,Vol. p23,2005年10月
  • 日常生活の諸要因と糖尿病の予防・早期診断との関連について 東洋医学の視点から,王 霊芝,大野 ゆう子,日本未病システム学会雑誌,(一社)日本未病学会,Vol. 11,No. 1,p. 54-56,2005年09月
  • RLS(Restless Legs Syndrome)とフェリチン値の検討,木村容子,大野ゆう子,雑賀公美子,伊藤ゆり,八尾正之,立花直子,大倉睦美,嶋本喬,日本公衆衛生雑誌,Vol. 64th,2005年09月
  • Patterns of care study in Japan,Teruki Teshima,Michihide Mitsumori,Takashi Uno,Katsumasa Nakamura,Minako Sumi,Masahiro Kenjo,Naoto Shikama,Takafumi Toita,Kazuhiko Ogawa,Masahiko Koizumi,Hiroshi Onishi,Yasuo Ashino,Masahiko Oguchi,Chikako Yamauchi,Yoshiharu Negoro,Toshiyuki Gunbai,Heitetsu Sai,Keiji Nihei,Yoshihide Sasaki,Tomonari Sasaki,Yoshiyuki Shioyama,Yusuke Urashima,Madoka Saku,Tadamasa Yoshitake,Shigeru Sasaki,Atsushi Nishikawa,Norio Mitsuhashi,Katsuya Maebayashi,Kaori Seki,Yuji Murakami,Koichi Domoto,Hiroyuki Kawakami,Shiho Tanaka,Hiroshi Marino,Takashi Komiyama,Takeshi Kodaira,Atunori Shinoda,Yuko Ohno,Mitsuhiro Nakamura,Hideki Takegawa,Munenori Yoshioka,Hodaka Numasaki,Toshihiko Inoue,Hiroshi Ikeda,Japanese Journal of Clinical Oncology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 35,No. 9,p. 497-506,2005年09月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 酸素療法中の患者に対する看護観察に関する学習段階別にみた看護学生の視線移動の特徴,前田有希,徳田恵,笠原聡子,大野ゆう子,雑賀公美子,伊藤ゆり,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 64th,2005年08月15日
  • 睡眠呼吸障害におけるピッツバーグ睡眠質問票を規定する因子,太田垣尚子,大野ゆう子,伊藤ゆり,鈴木珠美,八尾正之,立花直子,大倉睦美,嶋本喬,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 64th,2005年08月15日
  • 禁煙による疾病リスクの低下に伴う医療費の変化~受動喫煙による医療費を考慮して,竹村明子,大野ゆう子,雑賀公美子,伊藤ゆり,笠原聡子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 64th,2005年08月15日
  • 三次元動作解析による熟練者と非熟練者の介助動作の比較,越野八重美,大野ゆう子,吉田正樹,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 64th,2005年08月15日
  • 看護師の役割機能別病棟移動パタン分析及び患者病室配置が看護動線に与える影響,浅原千智,大野ゆう子,笠原聡子,石井豊恵,沼崎穂高,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 64th,2005年08月15日
  • いい看護観察とは~酸素療法中の患者に対する看護学生の注視点分析より~,徳田恵,前田有希,笠原聡子,大野ゆう子,沼崎穂高,浦梨枝子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 64th,2005年08月15日
  • 大阪府がん登録データを用いた5年有病者数推計方法の検討,浦梨枝子,大野ゆう子,雑賀公美子,伊藤ゆり,大島明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 64th,2005年08月15日
  • 日本の脳卒中死亡数の2050年までの将来推計,三輪 のり子,中村 隆,成瀬 優知,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 611-611,2005年08月
  • 大阪府がん登録データを用いた5年有病者数推計方法の検討,浦 梨枝子,大野 ゆう子,雑賀 公美子,伊藤 ゆり,大島 明,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 269-269,2005年08月
  • 看護師の役割機能別病棟移動パタン分析及び患者病室配置が看護動線に与える影響,淺原 千智,大野 ゆう子,笠原 聡子,石井 豊恵,沼崎 穂高,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 285-285,2005年08月
  • 禁煙による疾病リスクの低下に伴う医療費の変化 受動喫煙による医療費を考慮して,竹村 明子,大野 ゆう子,雑賀 公美子,伊藤 ゆり,笠原 聡子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 430-430,2005年08月
  • 日本の脳卒中死亡数の2050年までの将来推計,三輪 のり子,中村 隆,成瀬 優知,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 611-611,2005年08月
  • 三次元動作解析による熟練者と非熟練者の介助動作の比較,越野 八重美,大野 ゆう子,吉田 正樹,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 769-769,2005年08月
  • 酸素療法中の患者に対する看護観察に関する学習段階別にみた看護学生の視線移動の特徴,前田 有希,徳田 恵,笠原 聡子,大野 ゆう子,雑賀 公美子,伊藤 ゆり,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 1046-1046,2005年08月
  • いい看護観察とは 酸素療法中の患者に対する看護学生の注視点分析より,徳田 恵,前田 有希,笠原 聡子,大野 ゆう子,沼崎 穂高,浦 梨枝子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 1047-1047,2005年08月
  • 睡眠呼吸障害におけるピッツバーグ睡眠質問票を規定する因子,太田垣 尚子,大野 ゆう子,伊藤 ゆり,鈴木 珠美,八尾 正之,立花 直子,大倉 睦美,嶋本 喬,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 1047-1047,2005年08月
  • RLS(Restless Legs Syndrome)とフェリチン値の検討,木村 容子,大野 ゆう子,伊藤 ゆり,雑賀 公美子,八尾 正之,立花 直子,大倉 睦美,嶋本 喬,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 64回,p. 1048-1048,2005年08月
  • 継続して訪問調査を受けた高齢者の初回要介護度別介護時間推移の検討,中村亜紀,大野ゆう子,大江洋介,日本老年医学会雑誌,Vol. 42,2005年05月15日
  • 要介護度の分布における性差の検討,大江 洋介,中村 亜紀,大野 ゆう子,古川 俊之,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 42,No. Suppl.,p. 99-99,2005年05月
  • 継続して訪問調査を受けた高齢者の初回要介護度別介護時間推移の検討,中村 亜紀,大野 ゆう子,大江 洋介,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 42,No. Suppl.,p. 122-122,2005年05月
  • 糖尿病の早期診断・予防と治療システム―東洋医学の視点より―,王霊芝,大野ゆう子,王彩霊,未病と抗老化,Vol. 14,No. 1,p. 162-167,2005年04月25日
  • 糖尿病の早期診断・予防と治療システム 東洋医学の視点より,王 霊芝,大野 ゆう子,王 彩霊,未病と抗老化,(一財)博慈会老人病研究所,Vol. 14,No. 1,p. 162-167,2005年04月
  • 複数データベースにおける個人情報の取り扱いについて~(1)電子カルテ導入期の病棟における個人情報の取扱いについて~,大野ゆう子,沼崎穂高,雑賀公美子,厚生労働科学研究費補助金(第3次対がん10ヵ年総合戦略研究事業)「がんの実態把握とがん情報の発信に関する研究」平成16年度研究報告書(主任研究者 手島昭樹),Vol. 28-29,2005年04月
  • Statistical estimation of the number of breast cancer patients with disabilities resulting from surgery,Yuko Kitamura,Yuko Ohno,Satoko Kasahara,Kanako Murata,Hiromi Sugiyama,Akira Oshima,Hideaki Tsukuma,Wakiko Ajiki,Toshihiko Hasegawa,Breast Cancer,The Japanese Breast Cancer Society,Vol. 12,No. 2,p. 130-134,2005年04月
  • 糖尿病の早期診断・予防と治療システム--束洋医学の視点より,王 霊芝,大野 ゆう子,王 彩霊,未病と抗老化,博慈会老人病研究所,Vol. 14,No. 1,p. 162-167,2005年04月
  • 療養デザインがない病院でスタッフも患者も右往左往,大野 ゆう子,医療と社会,医療科学研究所,Vol. 14,No. 4,p. 33-45,2005年03月30日
  • 老人保健事業推進のためのITを活用した地域けんこうづくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究,中村正和,坂根直樹,内藤義彦,増居志津子,山口幸生,足達淑子,嶋田洋徳,大野ゆう子,赤松利恵,厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業 平成16年度 総括・分担研究報告書,Vol. 129-137,2005年03月
  • 電子カルテを導入した看護部における使用状況と問題点,楠岡英雄,岡垣篤彦,東堂龍平,松村泰志,武田裕,石川澄,大野ゆう子,厚生労働省科学研究費補助金 医療技術評価総合研究事業 高度総合診療施設における看護電子カルテの実用化と評価に関する研究,Vol. 21-104,2005年03月
  • 療養デザインがない病院でスタッフも右往左往,大野ゆう子,医療と社会,Vol. 14(4),33-45/,,2005年03月
  • Period Analysisを用いたがん患者の生存率推計,伊藤ゆり,蘇瑛,大野ゆう子,早田みどり,陶山昭彦,津熊秀明,大島明,地域がん登録精度向上と活用に関する研究平成16年度報告書,p. 70-76,2005年03月
  • がん主要部位における5年有病数推計について,大野ゆう子,浦梨枝子,雑賀公美子,伊藤ゆり,津熊秀明,大島明,地域がん登録精度向上と活用に関する研究平成16年度報告書,p. 77-88,2005年03月
  • 三次元空間としての病院デザイン,長倉 俊明,大野 ゆう子,川崎 和男,古谷 誠章,医療と社会,(公財)医療科学研究所,Vol. 14,No. 4,p. 2-81,2005年03月
  • がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究,厚生労働科学研究費補助金 第3次対がん総合戦略研究事業 平成16年度 総括・分担研究報告書,Vol. 30,2005年
  • 最新 医学大辞典第3版,医歯薬出版株式会社,2005年
  • 老人保健事業の推進のためのITを活用した地域健康づくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究 指導者教育の効果評価に関する研究,大野ゆう子,増居志津子,馬医世志子,萩本明子,老人保健事業の推進のためのITを活用した地域健康づくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究 平成16年度 総括・分担研究報告書,p. 129-136,2005年
  • 高度総合診療施設における看護電子カルテの実用化と評価に関する研究 電子カルテを導入した看護部における使用状況と問題点,大野ゆう子,高度総合診療施設における看護電子カルテの実用化と評価に関する研究 平成16年度 総括研究報告書,p. 21-24,2005年
  • その他,がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究―Japanese National Cancer Database(JNCDB)の構築―「複数データベースにおける個人情報の取り扱いについて」~(1)電子カルテ導入期の病棟における個人情報の取扱について~,大野ゆう子,沼崎穂高,雑賀公美子,その他、がんの実態把握とがん情報発信に関する特に重要な研究-Japanese National Cancer Database(JNCDB)の構築 平成16年度 総括・分担研究報告書,p. 28-29,2005年
  • 要介護度の分布における性差の検討,大江洋介,中村亜紀,大野ゆう子,古川俊之,日本老年医学会雑誌,Japan Geriatrics Society,Vol. 42,No. 1,p. 99-105,2005年
  • 日常生活の諸要因と糖尿病の予防・早期診断との関連について―東洋医学の視点から―:―東洋医学の視点から―,王 霊芝,大野 ゆう子,日本未病システム学会雑誌,日本未病システム学会,Vol. 11,No. 1,p. 54-56,2005年
  • 業務スケジューリングからみた看護業務属性の検討,横内 光子,大野 ゆう子,笠原 聡子,沼崎 穂高,石井 豊恵,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 43,No. 4,p. 762-768,2005年
  • 日常生活の諸要因と糖尿病の予防・早期診断との関連について--東洋医学の視点から (第11回日本未病システム学会論文集),王 霊芝,大野 ゆう子,日本未病システム学会雑誌,日本未病システム学会,Vol. 11,No. 1,p. 54-56,2005年
  • 日常生活の諸要因と糖尿病の予防・早期診断との関連について~東洋医学の視点から~,王霊芝,大野ゆう子,日本未病システム学会学術総会抄録集,Vol. 11th,2004年12月06日
  • システムダイナミクスモデルにおける推移確率行列の最尤推定法の開発に関する研究―高血圧人口動態モデルの構築を例に―,村田加奈子,中村隆,大野ゆう子,医療情報学連合大会論文集,Vol. 24th,p. 1178-1179,2004年11月26日
  • THE CHARACTERRISTICS OF FUNCTIONAL DECLINE ALONG WITH AGE IN THE JAPANESE HEALTHY FLDERLY PEOPLE,Nakamura A,Ohno Y,Ooe Y,Nakamura T,Haruki E,THE GERONTOLOGIST,GERONTOLOGICAL SOCIETY AMER,Vol. 44,p. 490-490,2004年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • EFFECT OF TRAINING HEALTH PROFESSIONALS TO PROVIDE SMOKING CESSATION INTERVENTIONS AT HEALTH CHECKUP,Nakamura M,Masui S,Hagimoto A,Bai Y,Ohno Y,Oshima A,2004年11月
  • システムダイナミクスモデルにおける推移確率行列の最尤推定法の開発に関する研究 高血圧人口動態モデルの構築を例に,村田 加奈子,中村 隆,大野 ゆう子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 24回,p. 1178-1179,2004年11月
  • ADL CHANGE WITH AGING IN JAPAN,Ooe Y,Nakamura A,Ohno Y,THE GERONTOLOGIST,GERONTOLOGICAL SOCIETY AMER,Vol. 44,p. 168-168,2004年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • システムダイナミクスモデルにおける推移確率行列の最尤推定法の開発に関する研究-高血圧人口動態モデルの構築を例に-,村田加奈子,中村隆,大野ゆう子,医療情報学 第24回医療情報学連合大会論文集(第5回日本医療情報学会学術大会),Vol. 24(suppl),1178-1179/,,2004年11月
  • EFFECT OF TRAINING HEALTH PROFESSIONALS TO PROVIDE SMOKING CESSATION INTERVENTIONS AT HEALTH CHECKUP,Nakamura M,Masui S,Hagimoto A,Bai Y,Ohno Y,Oshima A,2004年11月
  • アイマークレコーダを用いた階段上昇時の視線移動解析:松葉杖使用時の特徴,田中由美子,笠原聡子,大野ゆう子,雑賀公美子,蘇瑛,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 63rd,2004年10月15日
  • 禁煙指導者トレーニングの効果に関する研究の総括―ワークショップ方式の効果,中村正和,増居志津子,萩本明子,馬医世志子,大野ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 63rd,2004年10月15日
  • う蝕モデルにおけるパラメータ年次推移の検討,う力,大野ゆう子,笠原聡子,那須郁夫,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 63rd,2004年10月15日
  • 指導技術面からみた禁煙指導者トレーニングプログラムの評価,馬医世志子,大野ゆう子,萩本明子,増居志津子,中村正和,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 63rd,2004年10月15日
  • 睡眠時無呼吸症候群における要治療群判別のためのdecision treeについての検討,野田裕子,大野ゆう子,笠原聡子,立花直子,八尾正之,大倉睦美,嶋本喬,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 63rd,2004年10月15日
  • う蝕モデルにおけるパラメータ年次推移の検討,于 力,大野 ゆう子,笠原 聡子,那須 郁夫,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 790-790,2004年10月
  • アイマークレコーダを用いた階段上昇時の視線移動解析 松葉杖使用時の特徴,田中 由美子,笠原 聡子,大野 ゆう子,雑賀 公美子,蘇 瑛,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 931-931,2004年10月
  • 階段下降時における松葉杖使用者の視線運動と動作特性 アイマークレコーダによる分析,千原 由香,笠原 聡子,大野 ゆう子,于 力,石井 豊恵,伊藤 ゆり,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 932-932,2004年10月
  • 睡眠時無呼吸症候群における要治療群判別のためのdecision treeについての検討,野田 裕子,大野 ゆう子,笠原 聡子,立花 直子,八尾 正之,大倉 睦美,嶋本 喬,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 932-932,2004年10月
  • 脳卒中死亡率のAge-Period-Cohort分析(1報) 脳梗塞,三輪 のり子,成瀬 優知,中村 隆,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 509-509,2004年10月
  • 指導技術面からみた禁煙指導者トレーニングプログラムの評価,馬醫 世志子,大野 ゆう子,萩本 明子,増居 志津子,中村 正和,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 275-275,2004年10月
  • 禁煙指導者トレーニングの効果に関する研究の総括 ワークショップ方式の効果,中村 正和,増居 志津子,萩本 明子,馬醫 世志子,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 219-219,2004年10月
  • 脳卒中死亡率のAge-Period-Cohort分析(1報)-脳出血・クモ膜下出血ー,成瀬優知,三輪のり子,中村隆,大江洋介,大野ゆう子,日本公衆衛生雑誌 第63回日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 51(10),509/,,2004年10月
  • 三次元空間としての病院デザイン,大野ゆう子,2004年10月
  • The characteristics of functional decline along with age in the Japanese healthy elderly people,A Nakamura,Y Ohno,Y Ooe,T Nakamura,E Haruki,GERONTOLOGIST,GERONTOLOGICAL SOCIETY AMER,Vol. 44,p. 490-490,2004年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ADL change with aging in Japan,Y Ooe,A Nakamura,Y Ohno,GERONTOLOGIST,GERONTOLOGICAL SOCIETY AMER,Vol. 44,p. 168-168,2004年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 脳卒中死亡率のAge-Period-Cohort分析(1報) 脳梗塞,三輪 のり子,成瀬 優知,中村 隆,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 509-509,2004年10月
  • 階段下降時における松葉杖使用者の視線運動と動作特性 アイマークレコーダによる分析,千原由香,笠原聡子,大野ゆう子,于力,石井豊恵,伊藤ゆり,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 63rd,2004年10月
  • 脳卒中死亡率のAge-Period-Cohort分析(2報) 脳出血・クモ膜下出血,成瀬 優知,三輪 のり子,中村 隆,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 509-509,2004年10月
  • 脳卒中死亡率のAge-Period-Cohort分析(2報) 脳出血・クモ膜下出血,成瀬 優知,三輪 のり子,中村 隆,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 63回,p. 509-509,2004年10月
  • SURGICAL VOLUME-OUTCOME ON STOMACH AND LUNG CANCER,Saika K,Ohno Y,Tsukuma H,Oshima A,Hasegawa T,26th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries, P-8-051,Vol. P-8-051,2004年09月
  • 薬の副作用について,上田志朗,手塚和彰,藤正巌,斎藤芳雄,松谷明彦,羽藤邦利,大野ゆう子,古川俊之,田村高幸,中村亜紀,千葉大学法学論集, 19(2),Vol. 19(2),2004年09月
  • THE CHANGE OF THE CURE AND THE MEAN SURVIVAL TIME FOR THE LIVER CANCER PATIENTS IN NAGASAKI JAPAN,Su Ying,Ohno Y,Sugiyama H,Saika K,Ito Y,Soda M,Suyama A,26th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries, P-8-053,Vol. P-8-053,2004年09月
  • ON THE APPLICATION OF PERIOD ANALYSIS FOR CANCER SURVIVAL IN NAGASAKI CANCER REGISTRY, JAPAN,Ito Y,Ohno Y,Kasahara S,Sugiyama H,Su Y,Soda M,Suyama A,26th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries, P-8-050,Vol. P-8-050,2004年09月
  • PROJECTIONS OF JAPANESE CANCER INCIDENCES BASED ON THE ANALYSES USING A BAYESIAN AGE-PERIOD-COHORT MODEL,Ohno Y,Nakamura T,Murata K,Tsukuma H,Oshima A,26th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries, P-1-052,Vol. P-1-052,2004年09月
  • THE CHANGE OF THE CURE AND THE MEAN SURVIVAL TIME FOR THE LIVER CANCER PATIENTS IN NAGASAKI JAPAN,Su Ying,Ohno Y,Sugiyama H,Saika K,Ito Y,Soda M,Suyama A,26th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries, P-8-053,Vol. P-8-053,2004年09月
  • ON THE APPLICATION OF PERIOD ANALYSIS FOR CANCER SURVIVAL IN NAGASAKI CANCER REGISTRY, JAPAN,Ito Y,Ohno Y,Kasahara S,Sugiyama H,Su Y,Soda M,Suyama A,26th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries, P-8-050,Vol. P-8-050,2004年09月
  • SURGICAL VOLUME-OUTCOME ON STOMACH AND LUNG CANCER,Saika K,Ohno Y,Tsukuma H,Oshima A,Hasegawa T,26th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries, P-8-051,Vol. P-8-051,2004年09月
  • PROJECTIONS OF JAPANESE CANCER INCIDENCES BASED ON THE ANALYSES USING A BAYESIAN AGE-PERIOD-COHORT MODEL,Ohno Y,Nakamura T,Murata K,Tsukuma H,Oshima A,26th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries, P-1-052,Vol. P-1-052,2004年09月
  • タイムスタディを円滑に進めるための実践的な諸課題とその対応,石井豊恵,笠原聡子,沼崎穂高,左近賢人,藤本春美,杉田 塩,門田守人,原内 一,大野ゆう子,看護研究, 37(4), 59-72,医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 345-358,2004年08月
  • 看護・医療の研究におけるタイムスタディの役割と将来動向,大野ゆう子,看護研究,37(4),3-9,医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 289-295,2004年08月
  • タイムスタディによる結果の解析手法,石井豊恵,笠原聡子,沼崎穂高,杉田 塩,古川有香,飯沼正博,国府裕子,原内 一,稲邑清也,大野ゆう子,看護研究, 37(4), 47-58,医学書院,Vol. 37(4), 47-58/,,2004年08月
  • タイムスタディの実施,笠原聡子,石井豊恵,沼崎穂高,中村亜紀,聲高英代,原内 一,稲邑清也,大野ゆう子,看護研究, 37(4), 23-31,医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 309-317,2004年08月
  • タイムスタディにおけるデータ管理,沼崎穂高,笠原聡子,石井豊恵,古川有香,飯沼正博,国府裕子,北村有子,萩本明子,雑賀公美子,原内 一,稲邑清也,大野ゆう子,看護研究, 37(4), 33-46,医学書院,Vol. 37(4), 33-46/,,2004年08月
  • タイムスタディとは-その背景と特徴-,笠原聡子,石井豊恵,沼崎穂高,浦梨枝子,馬醫世志子,輪湖 史子,横内光子,鈴木珠水,大野ゆう子,看護研究, 37(4), 11-22,医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 297-308,2004年08月
  • 【看護・医療の研究におけるタイムスタディ】看護・医療の研究におけるタイムスタディの役割と将来動向,大野 ゆう子,看護研究,(株)医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 289-295,2004年08月
  • 【看護・医療の研究におけるタイムスタディ】タイムスタディとは その背景と特徴,笠原 聡子,石井 豊恵,沼崎 穂高,浦 梨枝子,馬醫 世志子,輪湖 史子,横内 光子,鈴木 珠水,大野 ゆう子,看護研究,(株)医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 297-308,2004年08月
  • 【看護・医療の研究におけるタイムスタディ】タイムスタディの実施,笠原 聡子,石井 豊恵,沼崎 穂高,中村 亜紀,聲高 英代,原内 一,稲邑 清也,大野 ゆう子,看護研究,(株)医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 309-317,2004年08月
  • 【看護・医療の研究におけるタイムスタディ】タイムスタディにおけるデータ管理,沼崎 穂高,笠原 聡子,石井 豊恵,古川 有香,飯沼 正博,国府 裕子,北村 有子,萩本 明子,雑賀 公美子,原内 一,稲邑 清也,大野 ゆう子,看護研究,(株)医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 319-332,2004年08月
  • 【看護・医療の研究におけるタイムスタディ】タイムスタディによる結果の解析手法,石井 豊恵,笠原 聡子,沼崎 穂高,杉田 塩,古川 有香,飯沼 正博,国府 裕子,原内 一,稲邑 清也,大野 ゆう子,看護研究,(株)医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 333-344,2004年08月
  • 【看護・医療の研究におけるタイムスタディ】タイムスタディを円滑に進めるための実践的な諸課題とその対応,石井 豊恵,笠原 聡子,沼崎 穂高,左近 賢人,藤本 春美,杉田 塩,門田 守人,原内 一,大野 ゆう子,看護研究,(株)医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 345-358,2004年08月
  • Application of spectrum analysis and sequence relational analysis for the medical staff's job classification: Use of time factor and behavior factor for job workflow,Numasaki H,Harauchi H,Ohno Y,Inamura K,Kasahara S,Monden M,Sakon M,IFCS-2004 Program and Abstracts Book,Vol. 102-103,2004年07月
  • Benefits of surgery for patients with pulmonary metastases from colorectal carcinoma,Masayoshi Inoue,Mitsunori Ohta,Keiji Iuchi,Akihide Matsumura,Kan Ideguchi,Tsutomu Yasumitsu,Katsuhiro Nakagawa,Kenjiro Fukuhara,Hajime Maeda,Shin Ichi Takeda,Masato Minami,Yuko Ohno,Hikaru Matsuda,Annals of Thoracic Surgery,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 78,No. 1,p. 238-244,2004年07月
  • 看護・医療の研究におけるタイムスタディの役割と将来動向 (焦点 看護・医療の研究におけるタイムスタディ),大野 ゆう子,看護研究,医学書院,Vol. 37,No. 4,p. 289-295,2004年07月
  • シリーズ「がん体験者の声」第1集 がん体験者の悩みや負担等に関する実態調査報告書 概要版 がんと向き合った7,885人の声,山口健,大野ゆう子,がんの社会学,に関する合同研究班,2004年06月
  • 禁煙指導技術による禁煙効果の分析,萩本明子,大野ゆう子,馬醫世志子,増居志津子,中村正和,日本健康教育学会誌,Vol. 12,p. 108-109,2004年06月
  • 訪問調査の中間評価7項目による要介護度の性差の検討,大江洋介,中村亜紀,大野ゆう子,リハビリテーション医学,Vol. 41,2004年05月18日
  • 要介護認定申請者における要介護状態の3年間の変動,中村亜紀,大野ゆう子,大江洋介,日本老年医学会雑誌,Vol. 41,2004年05月17日
  • 寿命の性差と要介護度の検討,大江洋介,中村亜紀,大野ゆう子,古川俊之,日本老年医学会雑誌,Vol. 41,2004年05月17日
  • 寿命の性差と要介護度の検討,大江 洋介,中村 亜紀,大野 ゆう子,古川 俊之,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 41,No. Suppl.,p. 104-104,2004年05月
  • 禁煙指導技術による禁煙効果の分析,萩本 明子,大野 ゆう子,馬醫 世志子,増居 志津子,中村 正和,日本健康教育学会誌,日本健康教育学会,Vol. 12,No. Suppl.,p. 108-109,2004年05月
  • 訪問調査の中間評価7項目による要介護度の性差の検討,大江 洋介,中村 亜紀,大野 ゆう子,リハビリテーション医学,(公社)日本リハビリテーション医学会,Vol. 41,No. Suppl.,p. S373-S373,2004年05月
  • 要介護認定申請者における要介護状態の3年間の変動,中村 亜紀,大野 ゆう子,大江 洋介,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 41,No. Suppl.,p. 155-155,2004年05月
  • 高校生におけるライフスタイル・心身状態からみた学年・進路別の健康度比較,村田加奈子,大野ゆう子,笠原聡子,藤田麻里,矢野忠,Health Sciences,Vol. 20,No. 2,p. 214-222,2004年04月20日
  • 高校生におけるライフスタイル・心身状態からみた学年・進路別の健康度比較,村田 加奈子,大野 ゆう子,笠原 聡子,藤田 麻里,矢野 忠,Health Sciences,日本健康科学学会,Vol. 20,No. 2,p. 214-222,2004年04月
  • Results of surgical intervention for p-stage ⅢA(N2) non-small cell lung cancer: Acceptable prognosis predicted by complete resection in patients with single N2 disease with primary tumor in the upper lobe,Takumi Inoue,Noriyoshi Sawabata,Shin-ichi Takeda,Mitsunori Ohta,Yuko Ohno,Hajime Maeda,The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery,127(4),1100-1106,Mosby Inc.,Vol. 127,No. 4,p. 1100-1106,2004年04月
  • 地域ぐるみのたばこ対策評価のためのモニタリング方法の検討,大野ゆう子,雑賀公美子,中村隆,安間明日香,厚生労働科学研究費補助金(がん予防等健康科学総合研究事業)「地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究」平成15年度研究報告書(主任研究者 大島明),2004年03月
  • Improvement in cognitive impairment after cataract surgery in elderly patients,Hiroki Tamura,Hidetoshi Tsukamoto,Satoshi Mukai,Tomoko Kato,Atsushi Minamoto,Yuko Ohno,Hidetoshi Yamashita,Hiromu K. Mishima,Journal of Cataract and Refractive Surgery,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 30,No. 3,p. 598-602,2004年03月
  • 21世紀型保健医療指標の開発(2),大野ゆう子,中村隆,大島明,左近賢人,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,早田みどり,門田守人,永野浩昭,藤本春美,森田輝代,立花直子,中村正和,増居志津子,稲邑清也,原内一,笠原聡子,村田加奈子,王霊芝,中村亜紀,石井豊恵,北村有子,杉山裕美,雑賀公美子,沼崎穂高,横内光子,萩本明,統計数理研究所共同研究リポート166,,Vol. 166,/,,2004年03月
  • 禁煙指導の評価、指導技術の解析(その2),中村正和,萩本明子,大野ゆう子,健康増進効果の高い保健指導の方法等に関する研究-効果的な保健指導方法の開発とその評価-,60-66,Vol. 60-66,2004年03月
  • 禁煙指導の評価、指導技術の解析(その2),中村正和,萩本明子,大野ゆう子,健康増進効果の高い保健指導の方法等に関する研究-効果的な保健指導方法の開発とその評価-,60-66,Vol. 60-66,2004年03月
  • 21世紀型保健医療指標の開発(2),大野ゆう子,中村隆,大島明,左近賢人,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,早田みどり,門田守人,永野浩昭,藤本春美,森田輝代,立花直子,中村正和,増居志津子,稲邑清也,原内一,笠原聡子,村田加奈子,王霊芝,中村亜紀,石井豊恵,北村有子,杉山裕美,雑賀公美子,沼崎穂高,横内光子,萩本明,統計数理研究所共同研究リポート166,,2004年03月
  • BAPCによる癌り患率の将来予測,大野ゆう子,統計数理研究所共同研究リポート,No. 166,2004年03月
  • 肺がん外科手術例における治療機関別手術件数と予後との関係,雑賀公美子,大野ゆう子,杉山裕美,津熊秀明,大島明,長谷川敏彦,Supplement to Journal of Epidemiology (第14回 日本疫学会学術総会講演集),14(1),184(P-106),Vol. 14(1),184(P-106)/,,2004年01月
  • 結腸がんの治癒患者割合と平均生存時間に関する研究,杉山裕美,大野ゆう子,雑賀公美子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,Supplement to Journal of Epidemiology (第14回 日本疫学会学術総会講演集),14(1),180(P-102),Vol. 14(1),180(P-102)/,,2004年01月
  • がん・統計白書―罹患/死亡/予後―2004,篠原出版新社,Vol. p201-p217,2004年
  • 看護・医療の研究におけるタイムスタディの役割と将来動向,看護研究,37(4),3-9,Vol. 37(4),3-9/,,2004年
  • タイムスタディにおけるデータ管理,看護研究, 37(4), 33-46,Vol. 37(4), 33-46/,,2004年
  • タイムスタディを円滑に進めるための実践的な諸課題とその対応,看護研究, 37(4), 59-72,Vol. 37(4), 59-72/,,2004年
  • タイムスタディによる結果の解析手法,看護研究, 37(4), 47-58,Vol. 37(4), 47-58/,,2004年
  • タイムスタディの実施,看護研究, 37(4), 23-31,Vol. 37(4), 23-31/,,2004年
  • タイムスタディとは-その背景と特徴-,看護研究, 37(4), 11-22,Vol. 37(4), 11-22/,,2004年
  • 結腸がんの治癒患者割合と平均生存時間に関する研究,杉山裕美,大野ゆう子,雑賀公美子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,Supplement to Journal of Epidemiology (第14回 日本疫学会学術総会講演集),14(1),180(P-102),Vol. 14(1),180(P-102)/,,2004年01月
  • 肺がん外科手術例における治療機関別手術件数と予後との関係,雑賀公美子,大野ゆう子,杉山裕美,津熊秀明,大島明,長谷川敏彦,Supplement to Journal of Epidemiology (第14回 日本疫学会学術総会講演集),14(1),184(P-106),Vol. 14(1),184(P-106)/,,2004年01月
  • Application of spectrum analysis and sequence relational analysis for the medical staff's job classification: Use of time factor and behavior factor for job workflow,Vol. 102-103,2004年
  • 地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究 地域ぐるみのたばこ対策評価のためのモニタリング方法の検討,大野ゆう子,雑賀公美子,中村隆,安間明日香,地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究 平成15年度 総括・分担研究報告書,p. 59-69,2004年
  • 地域がん登録精度向上と活用に関する研究 数学モデルによる新しい解析 ベイズ型ポワソン・コウホートモデルよる日本のがんり患の将来予測,大野ゆう子,村田加奈子,中村隆,津熊秀明,味木和喜子,大島明,地域がん登録精度向上と活用に関する研究 平成15年度報告書,p. 87-96,2004年
  • 喉頭摘出術を受けるがん患者のための療養経過シナリオ構築,北村有子,大野ゆう子,杉山裕美,村田加奈子,東村昌代,長谷川敏彦,柿川房子,医療マネジメント学会雑誌,Vol. 4,No. 3,p. 389-394,2003年12月01日
  • 喉頭摘出術を受けるがん患者のための療養経過シナリオ構築,北村 有子,大野 ゆう子,杉山 裕美,村田 加奈子,東村 昌代,長谷川 敏彦,柿川 房子,医療マネジメント学会雑誌,(NPO)日本医療マネジメント学会,Vol. 4,No. 3,p. 389-394,2003年12月
  • The Construction of the Optimized Workflow Model at the Radiotherapy and the Surgical Ward,Hodaka Numasaki,Hajime Harauchi,Yuko Ohno,Kiyonari Inamura,Satoko Kasahara,Atsue Ishii,Radiological Sosiety of North America Scientific Assembly and Annual Meeting Program 2003,173-174,Vol. 173-174,2003年11月
  • The Construction of the Optimized Workflow Model at the Radiotherapy and the Surgical Ward,Hodaka Numasaki,Hajime Harauchi,Yuko Ohno,Kiyonari Inamura,Satoko Kasahara,Atsue Ishii,Radiological Sosiety of North America Scientific Assembly and Annual Meeting Program 2003,173-174,Vol. 173-174,2003年11月
  • システムダイナミクスを用いた肺がん自然史モデルの構築と1次予防,2次予防効果の検討,安間明日香,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,雑賀公美子,中村正和,大島明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • 介護保険制度における在宅要介護者の機能訓練の効果について,中村亜紀,大野ゆう子,村田加奈子,杉山裕美,大江洋介,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • 高齢者の不眠の特徴―睡眠ドック受診者の症例を中心に―,上村真葵,大野ゆう子,笠原聡子,北村有子,石井豊恵,八尾正之,中村幸枝,小林万紗,こがね美砂,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群と肥満度についての検討,小林万紗,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,雑賀公美子,八尾正之,こがね美砂,中村幸枝,上村真葵,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • 高齢者の生きがい支援策の現状と課題について~高齢者の就業に主眼をおいて~,岩瀬裕三子,大野ゆう子,笠原聡子,中村亜紀,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • Period Analysisを用いた生存率推計―長崎県がん登録胃がんデータから―,蘇瑛,大野ゆう子,杉山裕美,伊藤ゆり,笠原聡子,須山昭彦,早田みどり,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • 小児事故に対する保護者のリスク認知と情報ニーズ,横内光子,笠原聡子,大野ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • 日本の中高年男性の睡眠パターン―睡眠負債と睡眠への満足度の観点から―,中村幸枝,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,北村有子,八尾正之,上村真葵,こがね美砂,小林万紗,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • ESSの意味するもの―睡眠時無呼吸症候群のデータ解析から―,こがね美砂,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,村田加奈子,八尾正之,上村真葵,小林万紗,中村幸枝,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • 歯科保健のシステムダイナミクスモデル,う力,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 62nd,2003年10月15日
  • 日本の中高年男性の睡眠パターン-睡眠負債と睡眠への満足度の観点から-,中村幸枝,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,北村有子,雑賀公美子,八尾正之,立花直子,大倉睦美,上村真葵,美砂,小林万紗,嶋本喬,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),314,Vol. 50(10),314/,,2003年10月
  • システムダイナミクスを用いた肺がん自然史モデルの構築と1次予防、2次予防効果の検討,安間明日香,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,雑賀公美子,中村正和,大島明,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),534,Vol. 50(10),534/,,2003年10月
  • Period Analysisを用いた生存率推計-長崎県がん登録胃がんデータから-,蘇瑛,大野ゆう子,杉山裕美,伊藤ゆり,笠原聡子,陶山昭彦,早田みどり,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),535,Vol. 50(10),535/,,2003年10月
  • 小児事故に対する保護者のリスク認知と情報ニーズ,横内光子,笠原聡子,大野ゆう子,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),618,Vol. 50(10),618/,,2003年10月
  • 高齢者の生きがい支援策の現状と課題について~高齢者の就業に主眼をおいて~,岩瀬裕三子,大野ゆう子,笠原聡子,中村亜紀,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),685,Vol. 50(10),685/,,2003年10月
  • 歯科保健システムダイナミクスモデル,于力,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),797,Vol. 50(10),797/,,2003年10月
  • ESSの意味するもの-睡眠時無呼吸症候群のデータ解析から-,こがま美砂,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,村田加奈子,伊藤ゆり,八尾正之,立花直子,大倉睦美,上村真葵,小林万紗,中村幸枝,嶋本喬,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),313,Vol. 50(10),313/,,2003年10月
  • 高齢者の不眠の特徴-睡眠ドック受信者の症例を中心に-,上村真葵,大野ゆう子,笠原聡子,北村有子,石井豊恵,八尾正之,立花直子,大倉睦美,中村幸枝,小林万紗,美砂,嶋本喬,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),312,Vol. 50(10),312/,,2003年10月
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群と肥満度についての検討,小林万紗,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,雑賀公美子,萩本明子,八尾正之,立花直子,大倉睦美,美砂,中村幸枝,上村真葵,嶋本喬,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),313,Vol. 50(10),313/,,2003年10月
  • 介護保険制度における在宅要介護者の機能訓練の効果について,中村亜紀,大野ゆう子,村田加奈子,杉山裕美,大江洋介,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),50(10),200,Vol. 50(10),200/,,2003年10月
  • New classification of medical staff's job for the optimal reconstruction of the job workflow in a surgical ward; application of the spectrum analysis and the sequence relational analysis,Hodaka Numasaki,Hajime Harauchi,Yuko Ohno,Kiyonari Inamura,Satoko Kasahara,Morito Monden,Masato Sakon,Atsue Ishii,Yuko Kitamura,Aki Nakamura,Hiroko Kou,Masahiro Iinuma,生体医工学シンポジウム2003講演予稿集(CR),,2003年09月
  • Time Study データを用いた看護業務のOverrunに関する検討~Multilevel AnalysisとMonte-Carlo法を用いて~,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,原内一,稲邑清也,門田守人,左近賢人,藤本春美,森田輝代,飯沼正博,国府裕子,萩本明子,生体医工学シンポジウム2003講演予稿集(CR),,2003年09月
  • Time Study データを用いた看護業務のOverrunに関する検討~Multilevel AnalysisとMonte-Carlo法を用いて~,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,原内一,稲邑清也,門田守人,左近賢人,藤本春美,森田輝代,飯沼正博,国府裕子,萩本明子,生体医工学シンポジウム2003講演予稿集(CR),,2003年09月
  • New classification of medical staff's job for the optimal reconstruction of the job workflow in a surgical ward; application of the spectrum analysis and the sequence relational analysis,Hodaka Numasaki,Hajime Harauchi,Yuko Ohno,Kiyonari Inamura,Satoko Kasahara,Morito Monden,Masato Sakon,Atsue Ishii,Yuko Kitamura,Aki Nakamura,Hiroko Kou,Masahiro Iinuma,生体医工学シンポジウム2003講演予稿集(CR),,2003年09月
  • The Patterns of Care Study and Regional Cancer Registry for non-small-cell lung cancer in Japan.,Hiromi Sugiyama,Teruki Teshima,Yuko Ohno,Toshihiko Inoue,Yutaka Takahashi,Akira Oshima,Minako Sumi,Takashi Uno,Hiroshi Ikeda,International journal of radiation oncology, biology, physics,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 56,No. 4,p. 1005-12,2003年07月15日
  • PROPORTION OF CURED CANCER PATIENTS AND OBSERVATION TIME TO DISTINGUISH CURED/FATAL CASES IN OSAKA, JAPAN,Sugiyama H,Ohno Y,Saika K,Ajiki W,Tsukuma H,Oshima A,25th Annual Scientific Congress and Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2003,32(P-22),Vol. 32(P-22),2003年06月
  • FORECASTION THE JAPANESE STOMACH CANCER INCIDENCE RATES USING A BAYESIAN COHORT MODEL,Ohno Y,Nakamura T,Murata K,Saika K,Oshima A,Tsukuma H,25th Annual Scientific Congress and Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2003,29(P-16),Vol. 29(P-16),2003年06月
  • THE ESTIMATION OF UP-TO-DATE SURVIVAL RATES FROM NAGASAKI CANCER REGISTRY IN JAPAN: USING THE PERIOD ANALYSIS AND THE TREND EXTRAPOLATION METHOD,Ito Y,Ohno Y,Kasahara S,Sugiyama H,Soda M,Suyama A,25th Annual Scientific Congress and Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2003,26(P-10),Vol. 26(P-10),2003年06月
  • THE ESTIMATION OF UP-TO-DATE SURVIVAL RATES FROM NAGASAKI CANCER REGISTRY IN JAPAN: USING THE PERIOD ANALYSIS AND THE TREND EXTRAPOLATION METHOD,Ito Y,Ohno Y,Kasahara S,Sugiyama H,Soda M,Suyama A,25th Annual Scientific Congress and Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2003,26(P-10),Vol. 26(P-10),2003年06月
  • FORECASTION THE JAPANESE STOMACH CANCER INCIDENCE RATES USING A BAYESIAN COHORT MODEL,Ohno Y,Nakamura T,Murata K,Saika K,Oshima A,Tsukuma H,25th Annual Scientific Congress and Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2003,29(P-16),Vol. 29(P-16),2003年06月
  • PROPORTION OF CURED CANCER PATIENTS AND OBSERVATION TIME TO DISTINGUISH CURED/FATAL CASES IN OSAKA, JAPAN,Sugiyama H,Ohno Y,Saika K,Ajiki W,Tsukuma H,Oshima A,25th Annual Scientific Congress and Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2003,32(P-22),Vol. 32(P-22),2003年06月
  • 「療養経過シナリオ」の有用性の検討 喉頭摘出と人工内耳の2疾患について,北村 有子,大野 ゆう子,久保 武,井脇 貴子,東村 昌代,長谷川 敏彦,柿川 房子,医療マネジメント学会雑誌,(NPO)日本医療マネジメント学会,Vol. 4,No. 1,p. 169-169,2003年05月
  • がん生活障害と支援モデルの開発に関する研究,柿川房子,長谷川敏彦,大野ゆう子,厚生科学研究費補助金(21世紀型医療開拓推進研究事業)「短期(治療後5年以内)がん生存者を中心とした心のケア、医療相談等のあり方に関する調査研究」(班長 山口 建)平成13年度研究報告書,,2003年03月
  • 地域ぐるみのたばこ対策評価のためのモニタリング方法の検討-地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究-,大野ゆう子,安間明日香,村田加奈子,雑賀公美子,萩本 明子,厚生労働科学研究費補助金健康科学総合研究事業「地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究」(主任研究者 大島 明)平成14年度研究報告書,大野-1-大野15,Vol. 15,2003年03月
  • (がんの社会学)21世紀の包括的がん施策おける経済的視点の導入と計画立案指針,長谷川敏彦,大野ゆう子,柿川房子,厚生科学研究費補助金(21世紀型医療開拓推進研究事業)「短期(治療後5年以内)がん生存者を中心とした心のケア、医療相談等のあり方に関する調査研究」(班長 山口 建)平成13年度研究報告書,,2003年03月
  • AGE-PERIOD-COHORTモデルによる胃がん男性全国罹患率の解析および将来推計,大野ゆう子,中村 隆,村田加奈子,安間明日香,雑賀公美子,厚生労働省がん研究助成金 地域がん登録の精度向上と活用に関する研究 平成14年度報告書,133-137,Vol. 133-137,2003年03月
  • がんの治癒患者割合の推計に関する研究,大野ゆう子,杉山裕美,雑賀公美子,大島 明,津熊秀明,味木和喜子,厚生労働省がん研究助成金 地域がん登録の精度向上と活用に関する研究 平成14年度報告書,144-150,Vol. 144-150,2003年03月
  • 21世紀型保健医療指標の開発(1),大野ゆう子,中村隆,大島明,左近賢人,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,門田守人,永野浩昭,藤本春美,森田輝代,立花直子,中村正和,増居志津子,彼末一之,稲邑清也,原内一,平河勝美,笠原聡子,村田加奈子,王霊芝,中村亜紀,石井豊恵,北村有子,杉山裕美,雑賀公美子,安間明日香,萩本明,統計数理研究所共同研究リポート159,,Vol. 159,/,,2003年03月
  • 生存率の推計方法の検討~大阪府地域がん登録胃がんデータによる~,大野ゆう子,杉山裕美,笠原聡子,伊藤ゆり,蘇瑛,大島 明,津熊秀明,味木和喜子,厚生労働省がん研究助成金 地域がん登録の精度向上と活用に関する研究 平成14年度報告書,138-143,Vol. 138-143,2003年03月
  • (がんの社会学)喉頭がん罹患者の療養支援シナリオの検討と需要推定方法に関する研究,大野ゆう子,長谷川敏彦,柿川房子,厚生科学研究費補助金(21世紀型医療開拓推進研究事業)「短期(治療後5年以内)がん生存者を中心とした心のケア、医療相談等のあり方に関する調査研究」(班長 山口 建)平成13年度研究報告書,,2003年03月
  • (がんの社会学)喉頭がん罹患者の療養支援シナリオの検討と需要推定方法に関する研究,大野ゆう子,長谷川敏彦,柿川房子,厚生科学研究費補助金(21世紀型医療開拓推進研究事業)「短期(治療後5年以内)がん生存者を中心とした心のケア、医療相談等のあり方に関する調査研究」(班長 山口 建)平成13年度研究報告書,,2003年03月
  • (がんの社会学)21世紀の包括的がん施策おける経済的視点の導入と計画立案指針,長谷川敏彦,大野ゆう子,柿川房子,厚生科学研究費補助金(21世紀型医療開拓推進研究事業)「短期(治療後5年以内)がん生存者を中心とした心のケア、医療相談等のあり方に関する調査研究」(班長 山口 建)平成13年度研究報告書,,2003年03月
  • がん生活障害と支援モデルの開発に関する研究,柿川房子,長谷川敏彦,大野ゆう子,厚生科学研究費補助金(21世紀型医療開拓推進研究事業)「短期(治療後5年以内)がん生存者を中心とした心のケア、医療相談等のあり方に関する調査研究」(班長 山口 建)平成13年度研究報告書,,2003年03月
  • 地域ぐるみのたばこ対策評価のためのモニタリング方法の検討-地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究-,大野ゆう子,安間明日香,村田加奈子,雑賀公美子,萩本 明子,厚生労働科学研究費補助金健康科学総合研究事業「地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究」(主任研究者 大島 明)平成14年度研究報告書,大野-1-大野15,Vol. 大野-1-大野15,2003年03月
  • 21世紀型保健医療指標の開発(1),大野ゆう子,中村隆,大島明,左近賢人,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,門田守人,永野浩昭,藤本春美,森田輝代,立花直子,中村正和,増居志津子,彼末一之,稲邑清也,原内一,平河勝美,笠原聡子,村田加奈子,王霊芝,中村亜紀,石井豊恵,北村有子,杉山裕美,雑賀公美子,安間明日香,萩本明,統計数理研究所共同研究リポート159,,2003年03月
  • 21世紀型保健医療指標の開発 (1),大野ゆう子,中村隆,大島明,左近賢人,津熊秀明,長谷川敏彦,藤本春美,平河勝美,上村真葵,統計数理研究所共同研究リポート,No. 159,p. 1-223,2003年03月
  • Logical checking function increases the accuracy of data entry in the patterns of care study,Katsuyuki Kinoshita,Teruki Teshima,Yuko Ohno,Toshihiko Inoue,Takashi Yamashita,Masahiro Hiraoka,Norio Mitsuhashi,Minako Sumi,Strahlentherapie und Onkologie,URBAN & VOGEL,Vol. 179,No. 2,p. 107-112,2003年02月01日
  • 介護保険制度における在宅要介護者の機能訓練の効果について,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),200/,,2003年
  • 高齢者の不眠の特徴-睡眠ドック受信者の症例を中心に-,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),312/,,2003年
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群と肥満度についての検討,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),313/,,2003年
  • ESSの意味するもの-睡眠時無呼吸症候群のデータ解析から-,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),313/,,2003年
  • 日本の中高年男性の睡眠パターン-睡眠負債と睡眠への満足度の観点から-,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),314/,,2003年
  • システムダイナミクスを用いた肺がん自然史モデルの構築と1次予防、2次予防効果の検討,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),534/,,2003年
  • Period Analysisを用いた生存率推計-長崎県がん登録胃がんデータから-,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),535/,,2003年
  • 小児事故に対する保護者のリスク認知と情報ニーズ,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),618/,,2003年
  • 高齢者の生きがい支援策の現状と課題について~高齢者の就業に主眼をおいて~,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),685/,,2003年
  • 歯科保健システムダイナミクスモデル,日本公衆衛生雑誌(第62回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 50(10),797/,,2003年
  • AGE-PERIOD-COHORTモデルによる胃がん男性全国罹患率の解析および将来推計,厚生労働省がん研究助成金 地域がん登録の精度向上と活用に関する研究 平成14年度報告書,Vol. 133-137,2003年
  • 生存率の推計方法の検討~大阪府地域がん登録胃がんデータによる~,厚生労働省がん研究助成金 地域がん登録の精度向上と活用に関する研究 平成14年度報告書,Vol. 138-143,2003年
  • がんの治癒患者割合の推計に関する研究,厚生労働省がん研究助成金 地域がん登録の精度向上と活用に関する研究 平成14年度報告書,Vol. 144-150,2003年
  • FORECASTION THE JAPANESE STOMACH CANCER INCIDENCE RATES USING A BAYESIAN COHORT MODEL,Vol. 29(P-16),2003年
  • PROPORTION OF CURED CANCER PATIENTS AND OBSERVATION TIME TO DISTINGUISH CURED/FATAL CASES IN OSAKA, JAPAN,Vol. 32(P-22),2003年
  • THE ESTIMATION OF UP-TO-DATE SURVIVAL RATES FROM NAGASAKI CANCER REGISTRY IN JAPAN: USING THE PERIOD ANALYSIS AND THE TREND EXTRAPOLATION METHOD,Vol. 26(P-10),2003年
  • New classification of medical staff's job for the optimal reconstruction of the job workflow in a surgical ward; application of the spectrum analysis and the sequence relational analysis,2003年
  • The Construction of the Optimized Workflow Model at the Radiotherapy and the Surgical Ward,Vol. 173-174,2003年
  • The Construction of the Optimized Workflow Model at the Radiotherapy and the Surgical Ward,Radiological Sosiety of North America Scientific Assembly and Annual Meeting Program 2003,Vol. 173-174,2003年
  • THE ESTIMATION OF UP-TO-DATE SURVIVAL RATES FROM NAGASAKI CANCER REGISTRY IN JAPAN: USING THE PERIOD ANALYSIS AND THE TREND EXTRAPOLATION METHOD,25th Annual Scientific Congress and Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2003,Vol. 26(P-10),2003年
  • FORECASTION THE JAPANESE STOMACH CANCER INCIDENCE RATES USING A BAYESIAN COHORT MODEL,25th Annual Scientific Congress and Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2003,Vol. 29(P-16),2003年
  • PROPORTION OF CURED CANCER PATIENTS AND OBSERVATION TIME TO DISTINGUISH CURED/FATAL CASES IN OSAKA, JAPAN,25th Annual Scientific Congress and Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2003,Vol. 32(P-22),2003年
  • 地域がん登録精度向上と活用に関する研究[V]数学モデルによる新しい解析 がんの治癒患者割合の推計に関する研究,大野ゆう子,杉山裕美,雑賀公美子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,地域がん登録精度向上と活用に関する研究 平成14年度報告書,p. 144-150,2003年
  • 地域がん登録精度向上と活用に関する研究[V]数学モデルによる新しい解析 生存率の推計方法の検討~大阪府地域がん登録胃がんデータによる~,大野ゆう子,杉山裕美,笠原聡子,伊藤ゆり,蘇瑛,大島明,津熊秀明,味木和喜子,地域がん登録精度向上と活用に関する研究 平成14年度報告書,p. 138-143,2003年
  • 地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究 地域ぐるみのたばこ対策評価のためのモニタリング方法の検討 地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究,大野ゆう子,安間明日香,村田加奈子,雑賀公美子,萩本明子,地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究 平成14年度 総括・分担研究報告書,2003年
  • 地域がん登録精度向上と活用に関する研究[V]数学モデルによる新しい解析 AGE‐PERIOD‐COHORTモデルによる胃がん男性全国り患率の解析および将来推計,大野ゆう子,中村隆,村田加奈子,安間明日香,雑賀公美子,地域がん登録精度向上と活用に関する研究 平成14年度報告書,p. 133-137,2003年
  • 喉頭摘出術を受けるがん患者のための療養経過シナリオ構築,北村 有子,大野 ゆう子,杉山 裕美,医療マネジメント学会雑誌,日本医療マネジメント学会,Vol. 4,No. 3,p. 389-394,2003年
  • The Study of the Relationship Between Patient Status Indicators and Patient's Care Time Using Multilevel Analysis,Atsue ISHII,Yuko OHNO,Satoko KASAHARA,Katsumi HIRAKAWA,Yuko KITAMURA,Aki NAKAMURA,Kanako MURATA,Kiyonari INAMURA,Hajime HARAUCHI,Morita MONDEN,Masato SAKON,Harumi FUJIMOTO,Teruyo MORITA,医療情報学,Vol. vol.22 No.5 367-375,2002年12月
  • 外来患者の服薬アドヒアランスに関する調査報告,笠原 聡子,大野 ゆう子,菅生 綾子,日本公衆衛生雑誌,日本公衆衛生学会,Vol. 49,No. 12,p. 1259-1267,2002年12月
  • The Study of the Relationship Between Patient Status Indicators and Patient's Care Time Using Multilevel Analysis,Atsue Ishii,Yuko OHNO,Satoko KASAHARA,Katsumi HIRAKAWA,Yuko KITAMURA,Aki NAKAMURA,Kanako MURATA,Kiyonari INAMURA,Hajime HARAUCHI,Morita MONDEN,Masato SAKON,Harumi FUJIMOTO,Teruyo MORITA,Reprint from Japan Journal of Medical Informatics,22(5),367-375,Vol. 22(5),367-375/,,2002年12月
  • The Study of the Relationship Between Patient Status Indicators and Patient's Care Time Using Multilevel Analysis,Atsue Ishii,Yuko OHNO,Satoko KASAHARA,Katsumi HIRAKAWA,Yuko KITAMURA,Aki NAKAMURA,Kanako MURATA,Kiyonari INAMURA,Hajime HARAUCHI,Morita MONDEN,Masato SAKON,Harumi FUJIMOTO,Teruyo MORITA,Reprint from Japan Journal of Medical Informatics,22(5),367-375,Vol. 22(5),367-375/,,2002年12月
  • The Study of the Relationship Between Patient Status Indicators and Patient's Care Time Using Multilevel Analysis,ISHII Atsue,OHNO Yuko,KASAHARA Satoko,HIRAKAWA Katsumi,KITAMURA Yuko,HAGIMOTO Akiko,NAKAMURA Aki,MURATA Kanako,INAMURA Kiyonari,HARAUCHI Hajime,MONDEN Morito,SAKON Masato,FUJIMOTO Harumi,MORITA Teruyo,医療情報学 = Japan journal of medical informatics,一般社団法人 日本医療情報学会,Vol. 22,No. 5,p. 367-375,2002年12月01日
  • A report on medication adherence among outpatients,Satoko Kasahara,Yuko Ohno,Ayako Sugo,[Nippon kōshū eisei zasshi] Japanese journal of public health,Vol. 49,No. 12,p. 1259-1267,2002年12月
  • タイムスタディデータに基づく同時進行病棟業務の特性分析,萩本明子,大野ゆう子,石井豊恵,笠原聡子,中村亜紀,稲邑清也,原内一,門田守人,左近賢人,医療情報学連合大会論文集,Vol. 22nd,p. 678-679,2002年11月14日
  • Age-period-cohort Analysis of the Proportions of Hypertension Patients in Japan (1956-1995),Ohno Y,Nakamura T,Murata K,Hasegawa T,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,332,Vol. 332,2002年11月
  • A Simulation of the Total Patient Care Time at a 50-bed Surgical Unit from the Data of 24-hour Time Study,Kasahara S,Ohno Y,Ishii A,Kitamura Y,Hagimoto A,Hirakawa K,Inamura K,Harauchi H,Fujimoto H,Sakon M,Monden M,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,342,Vol. 342,2002年11月
  • Welfare Brings: The Historical Review and its Future,Nakamura A,Ohno Y,Otani T,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,336,Vol. 336,2002年11月
  • Relation of Aging Population to Deaths from Malignant Neoplasm,Yousuke Ohe,Toshiyuki Furukawa,Toshiaki Nagakura,Yuko Ohno,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,336,Vol. 336,2002年11月
  • The Change of High School Students' Health Status and Lifestyle by Grade and Course,Murata K,Ohno Y,Kasahara S,Yasuma A,Fujita M,Yano T,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,342,Vol. 342,2002年11月
  • Analysis on the Relationship between the Incidence of Heat Stroke and Meteorological Data in Kobe City (1996-2000),Yasuma A,Saika K,Ohno Y,Kasahara S,Nakamura Y,Nakamura T,Kanosue K,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,343,Vol. 343,2002年11月
  • The Job Analysis of Intern Doctors and Nurses in The University Hospitals,Hagimoto A,Ohno Y,Ishii A,Kasahara S,Nakamura A,Inamura K,Harauchi H,Monden M,Sakon M,Fujimoto H,Bando M,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,344,Vol. 344,2002年11月
  • Analysis of Medical Institution Selection Using the Analytic Hierarchy Process,Ito Y,Ohno Y,Kasahara S,Murata K,Sugiyama H,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,343,Vol. 343,2002年11月
  • The Comparison of the Decadal Change of Motalities in Major Diseases by Cohort Analysis: China (Rural and Urban Area), Japan, Hong Kong and Korea,Wang L,Ohno Y,Kasahara S,Saika K,Murata K,Hagimoto A,Yasuma A,Ito Y,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,343,Vol. 343,2002年11月
  • タイムスタディデータに基づく同時進行病棟業務の特性分析,萩本 明子,大野 ゆう子,石井 豊恵,笠原 聡子,中村 亜紀,稲邑 清也,原内 一,門田 守人,左近 賢人,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 22回,p. 678-679,2002年11月
  • Age-period-cohort Analysis of the Proportions of Hypertension Patients in Japan (1956-1995),Ohno Y,Nakamura T,Murata K,Hasegawa T,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,332,Vol. 332,2002年11月
  • Relation of Aging Population to Deaths from Malignant Neoplasm,Yousuke Ohe,Toshiyuki Furukawa,Toshiaki Nagakura,Yuko Ohno,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,336,Vol. 336,2002年11月
  • Welfare Brings: The Historical Review and its Future,Nakamura A,Ohno Y,Otani T,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,336,Vol. 336,2002年11月
  • A Simulation of the Total Patient Care Time at a 50-bed Surgical Unit from the Data of 24-hour Time Study,Kasahara S,Ohno Y,Ishii A,Kitamura Y,Hagimoto A,Hirakawa K,Inamura K,Harauchi H,Fujimoto H,Sakon M,Monden M,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,342,Vol. 342,2002年11月
  • The Change of High School Students' Health Status and Lifestyle by Grade and Course,Murata K,Ohno Y,Kasahara S,Yasuma A,Fujita M,Yano T,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,342,Vol. 342,2002年11月
  • The Comparison of the Decadal Change of Motalities in Major Diseases by Cohort Analysis: China (Rural and Urban Area), Japan, Hong Kong and Korea,Wang L,Ohno Y,Kasahara S,Saika K,Murata K,Hagimoto A,Yasuma A,Ito Y,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,343,Vol. 343,2002年11月
  • Analysis on the Relationship between the Incidence of Heat Stroke and Meteorological Data in Kobe City (1996-2000),Yasuma A,Saika K,Ohno Y,Kasahara S,Nakamura Y,Nakamura T,Kanosue K,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,343,Vol. 343,2002年11月
  • Analysis of Medical Institution Selection Using the Analytic Hierarchy Process,Ito Y,Ohno Y,Kasahara S,Murata K,Sugiyama H,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,343,Vol. 343,2002年11月
  • The Job Analysis of Intern Doctors and Nurses in The University Hospitals,Hagimoto A,Ohno Y,Ishii A,Kasahara S,Nakamura A,Inamura K,Harauchi H,Monden M,Sakon M,Fujimoto H,Bando M,中日医学大会2002 China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,344,Vol. 344,2002年11月
  • 神戸市における熱中症の発生と気温要因の分析,安間明日香,大野ゆう子,笠原聡子,雑賀公美子,彼末一之,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 61st,2002年10月15日
  • 長期入院統合失調症患者のパーソナルスペース,飯村麻紀,大野ゆう子,笠原聡子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 61st,2002年10月15日
  • 階層分析法(AHP)を用いた医療機関選択の分析,伊藤ゆり,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,中村亜紀,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 61st,2002年10月15日
  • 多重ロジスティック回帰分析を用いた大腸がんの予後にかかわるリスクの分析,改発友紀子,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 61st,2002年10月15日
  • 「健康日本21」の「休息」増進を担うための新しい睡眠ドックの試み (第二報) ゲンキープ方式睡眠ドックの問題点と今後のあり方,北村有子,大野ゆう子,立花直子,八尾正之,大倉睦美,中村幸枝,小林万紗,こう美砂,嶋本喬,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 61st,2002年10月15日
  • たばこ対策と肺がんの死亡率,り患率の推移 日本とオーストラリアのコウホート分析比較,雑賀公美子,大野ゆう子,中村隆,笠原聡子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 61st,2002年10月15日
  • 階層分析法(AHP)を用いた医療機関選択の分析,伊藤ゆり,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,中村亜紀,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),49(10),322,Vol. 49(10),322/,,2002年10月
  • 「健康日本21」の「休息」増進を担うための新しい睡眠ドックの試み(第二報)-ゲンキープ方式睡眠ドックの問題点と今後のあり方-,北村有子,大野ゆう子,立花直子,八尾正之,大倉睦美,中村幸枝,小林万紗,こがま美砂,嶋本 喬,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),49(10),412,Vol. 49(10),412/,,2002年10月
  • たばこ対策と肺がんの死亡率、罹患率の推移:日本とオーストラリアのコウホート分析比較,雑賀公美子,大野ゆうこ,中村隆,笠原聡子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),49(10),454,Vol. 49(10),454/,,2002年10月
  • 多重ロジスティック回帰分析を用いた大腸がんの予後にかかわるリスクの分析,改發友紀子,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),49(10),591,Vol. 49(10),591/,,2002年10月
  • 長期入院統合失調症患者のパーソナルスペース,飯村麻紀,大野ゆう子,笠原聡子,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),49(10),815,Vol. 49(10),815/,,2002年10月
  • 神戸市における熱中症の発生と気温要因の分析,安間明日香,大野ゆう子,笠原聡子,雑賀公美子,彼末一之,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),49(10),941,Vol. 49(10),941/,,2002年10月
  • The Proportion of Cured Cancer Patients in Osaka, Japan,Hiromi Sugiyama,Yuko Ohno,Kumiko Saika,Akira Oshima,Hideaki Tsukuma,Wakiko Ajiki,UICC Symposium "Asian Cancer Prevention-Today and Tomorrow" The First APOCP Conference "Inflammation and Cancer",,2002年10月
  • The Proportion of Cured Cancer Patients in Osaka, Japan,Hiromi Sugiyama,Yuko Ohno,Kumiko Saika,Akira Oshima,Hideaki Tsukuma,Wakiko Ajiki,UICC Symposium "Asian Cancer Prevention-Today and Tomorrow" The First APOCP Conference "Inflammation and Cancer",,2002年10月
  • Development of New Job Classification Method in Job Elements Analysis for the Purpose of Human Cost Calculation in Hospitals,Hodaka Numasaki,Hajime Harauchi,Yasuhiko Okura,Atsue Ishii,Satoko Kasahara,Morito Monden,Masato Sakon,Masako Bando,Yuko Ohno,Kiyonari Inamura,PROCEEDINGS of The Third Korea-Japan Joint Meeting on Medical Physics and The Second Asia Oceania Congress of Medical Physics,492-494,Vol. 492-494,2002年09月
  • Development of New Job Classification Method in Job Elements Analysis for the Purpose of Human Cost Calculation in Hospitals,Hodaka Numasaki,Hajime Harauchi,Yasuhiko Okura,Atsue Ishii,Satoko Kasahara,Morito Monden,Masato Sakon,Masako Bando,Yuko Ohno,Kiyonari Inamura,PROCEEDINGS of The Third Korea-Japan Joint Meeting on Medical Physics and The Second Asia Oceania Congress of Medical Physics,492-494,Vol. 492-494,2002年09月
  • Properties of perimetric threshold estimates from full threshold, SITA standard, and SITA fast strategies,PH Artes,A Iwase,Y Ohno,Y Kitazawa,BC Chauban,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 43,No. 8,p. 2654-2659,2002年08月
  • Properties of perimetric threshold estimates from Full Threshold, SITA Standard, and SITA Fast strategies.,Paul H Artes,Aiko Iwase,Yuko Ohno,Yoshiaki Kitazawa,Balwantray C Chauhan,Investigative ophthalmology & visual science,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 43,No. 8,p. 2654-9,2002年08月
  • Properties of perimetric threshold estimates from full threshold, SITA standard, and SITA fast strategies,PH Artes,A Iwase,Y Ohno,Y Kitazawa,BC Chauban,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 43,No. 8,p. 2654-2659,2002年08月
  • Properties of perimetric threshold estimates from full threshold, SITA standard, and SITA fast strategies,PH Artes,A Iwase,Y Ohno,Y Kitazawa,BC Chauban,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 43,No. 8,p. 2654-2659,2002年08月
  • Patterns of care study quantitative evaluation of the quality of radiotherapy in Japan,Kazuaki Tanisada,Teruki Teshima,Yuko Ohno,Toshihiko Inoue,Mitsuyuki Abe,Hiroshi Ikeda,Jean B. Owen,Gerald E. Hanks,Kouji Masuda,Yoshifumi Honke,Jun Arisawa,Shigeru Sasaki,Kouichi Kawakami,Kazuyoshi Takei,Masato Noguchi,Kouichi Wadasaki,Yoshiaki Miyata,Cancer,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 95,No. 1,p. 164-171,2002年07月01日
  • Multilevel analysis による患者状態情報項目の妥当性の検討,石井 豊恵,大野 ゆう子,笠原 聡子,北村 有子,中村 亜紀,稲邑 清也,原内 一,門田 守人,左近 賢人,藤本 晴美,平河 勝美,看護情報研究会論文集 : JAMI-NS,Vol. 3,p. 53-55,2002年06月29日
  • Multilevel analysisによる患者状態情報項目の妥当性の検討,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,北村有子,中村亜紀,稲邑清也,原内一,藤本晴美,平河勝美,看護情報研究会論文集,Vol. 3rd,p. 53-55,2002年06月29日
  • 喉頭摘出者における療養経過シナリオ,北村有子,大野ゆう子,柿川房子,長谷川敏彦,医療マネジメント学会雑誌 平成14年度学術総会号(第4回医療マネジメント学会学術総会プログラム・抄録),3(1),214,2002年06月
  • The estimation of the number of rectum cancer patients living with stoma using statistical model and cancer registry data,Kasahara S,Ohno Y,Kitamura Y,Sugiyama H,Murata K,Oshima A,Tsukuma H,Ajiki W,Hasegawa T,Kakikawa F,24th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2002,P97,Vol. P97,2002年06月
  • AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS OF CANCER INCIDENCE RATES IN JAPAN USING THE BAYESIAN COHORT MODEL,Ohno Y,Nakamura T,Oshima A,24th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2002,P16,Vol. P16,2002年06月
  • THE ODDS RATIO ANALYSIS OF THE PROGNOSIS OF THE JAPANESE COLORECTUM CANCER DURING 1975-1999,Murata K,Kaihatsu Y,Ohno Y,Sugiyama H,Oshima A,24th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2002,P14,Vol. P14,2002年06月
  • THE ODDS RATIO ANALYSIS OF THE PROGNOSIS OF THE JAPANESE COLORECTUM CANCER DURING 1975-1999,Murata K,Kaihatsu Y,Ohno Y,Sugiyama H,Oshima A,24th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2002,P14,Vol. P14,2002年06月
  • AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS OF CANCER INCIDENCE RATES IN JAPAN USING THE BAYESIAN COHORT MODEL,Ohno Y,Nakamura T,Oshima A,24th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2002,P16,Vol. P16,2002年06月
  • The estimation of the number of rectum cancer patients living with stoma using statistical model and cancer registry data,Kasahara S,Ohno Y,Kitamura Y,Sugiyama H,Murata K,Oshima A,Tsukuma H,Ajiki W,Hasegawa T,Kakikawa F,24th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2002,P97,Vol. P97,2002年06月
  • 喉頭摘出者における療養経過シナリオ,北村有子,大野ゆう子,柿川房子,長谷川敏彦,医療マネジメント学会雑誌 平成14年度学術総会号(第4回医療マネジメント学会学術総会プログラム・抄録),3(1),214,Vol. 3(1),214/,,2002年06月
  • 喉頭摘出患者における療養経過シナリオ,北村有子,大野ゆう子,柿川房子,長谷川敏彦,医療マネジメント学会雑誌,Vol. 3,No. 1,2002年06月01日
  • 患者中心・情報開示対応の行動変容プログラム導入調査・研究事業,大野ゆう子,金外淑,竹脇喜代子,辻本好子,松本清子,南雄三,安川林良,和田ちひろ,平成13年度 特別保健福祉事業 「患者中心・情報開示対応の行動変容プログラム導入調査・研究事業」報告書,,2002年04月
  • 患者中心・情報開示対応の行動変容プログラム導入調査・研究事業,大野ゆう子,金外淑,竹脇喜代子,辻本好子,松本清子,南雄三,安川林良,和田ちひろ,平成13年度 特別保健福祉事業 「患者中心・情報開示対応の行動変容プログラム導入調査・研究事業」報告書,,2002年04月
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(3),大野ゆう子,中村隆,門田守人,大島明,左近賢人,永野浩昭,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,柿川房子,稲邑清也,原内一,堀正二,彼末一之,森田輝代,東村昌代,藤本春美,水谷美代,平河勝美,笠原聡子,村田加奈子,王霊芝,中村亜紀,石井豊恵,北村有子,杉山裕美,雑賀公美子,安間明日香,統計数理研究所共同研究リポート153,,Vol. 153,/,,2002年03月
  • パス解析による病院運営合理化の研究-タイムスタディおよび治療法選択過程をもとにして-,大野ゆう子,稲邑清也,武田裕,高橋隆,井上俊彦,門田守人,木村通男,山口直人,小山和伸,文部省科学研究費補助金(基盤(B)11470500)研究成果報告書,1-276,Vol. 1-276,2002年03月
  • ワイブル関数を用いた有病者数と実際の有病者数との比較,大野ゆう子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,味木和喜子,厚生省がん研究助成金 地域がん登録の精度向上と活用に関する研究 平成13年度報告書,141-148,Vol. 141-148,2002年03月
  • 地域ぐるみのたばこ対策評価のためのモニタリング方法の検討,大野ゆう子,村田加奈子,雑賀公美子,安間明日香,厚生科学研究費補助金健康科学総合研究事業「地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究」(主任研究者 大島 明)平成13年度研究報告書,41-52,Vol. 41-52,2002年03月
  • 地域ぐるみのたばこ対策評価のためのモニタリング方法の検討,大野ゆう子,村田加奈子,雑賀公美子,安間明日香,厚生科学研究費補助金健康科学総合研究事業「地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究」(主任研究者 大島 明)平成13年度研究報告書,41-52,Vol. 41-52,2002年03月
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(3),大野ゆう子,中村隆,門田守人,大島明,左近賢人,永野浩昭,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,柿川房子,稲邑清也,原内一,堀正二,彼末一之,森田輝代,東村昌代,藤本春美,水谷美代,平河勝美,笠原聡子,村田加奈子,王霊芝,中村亜紀,石井豊恵,北村有子,杉山裕美,雑賀公美子,安間明日香,統計数理研究所共同研究リポート153,,2002年03月
  • パス解析による病院運営合理化の研究-タイムスタディおよび治療法選択過程をもとにして-,大野ゆう子,稲邑清也,武田裕,高橋隆,井上俊彦,門田守人,木村通男,山口直人,小山和伸,文部省科学研究費補助金(基盤(B)11470500)研究成果報告書,1-276,Vol. 1-276,2002年03月
  • 「患者の意思を尊重」した病名告知に向けての取り組み,大野 ゆう子,逓信医学,(株)郵研社,Vol. 54,No. 2,p. 77-80,2002年03月
  • 第50回総会・座長推薦論文 「患者の意思を尊重」した病名告知に向けての取り組み,大野 ゆう子,逓信医学,郵研社,Vol. 54,No. 2,p. 77-80,2002年03月
  • 階層分析法(AHP)を用いた医療機関選択の分析,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 49(10),322/,,2002年
  • 「健康日本21」の「休息」増進を担うための新しい睡眠ドックの試み(第二報)-ゲンキープ方式睡眠ドックの問題点と今後のあり方-,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 49(10),412/,,2002年
  • たばこ対策と肺がんの死亡率、罹患率の推移:日本とオーストラリアのコウホート分析比較,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 49(10),454/,,2002年
  • 多重ロジスティック回帰分析を用いた大腸がんの予後にかかわるリスクの分析,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 49(10),591/,,2002年
  • 長期入院統合失調症患者のパーソナルスペース,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 49(10),815/,,2002年
  • 神戸市における熱中症の発生と気温要因の分析,日本公衆衛生雑誌(第61回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 49(10),941/,,2002年
  • ワイブル関数を用いた有病者数と実際の有病者数との比較,厚生省がん研究助成金 地域がん登録の精度向上と活用に関する研究 平成13年度報告書,Vol. 141-148,2002年
  • AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS OF CANCER INCIDENCE RATES IN JAPAN USING THE BAYESIAN COHORT MODEL,Vol. P16,2002年
  • The estimation of the number of rectum cancer patients living with stoma using statistical model and cancer registry data,Vol. P97,2002年
  • THE ODDS RATIO ANALYSIS OF THE PROGNOSIS OF THE JAPANESE COLORECTUM CANCER DURING 1975-1999,Vol. P14,2002年
  • Development of New Job Classification Method in Job Elements Analysis for the Purpose of Human Cost Calculation in Hospitals,Vol. 492-494,2002年
  • The Proportion of Cured Cancer Patients in Osaka, Japan,2002年
  • Welfare Brings: The Historical Review and its Future,Vol. 336,2002年
  • A Simulation of the Total Patient Care Time at a 50-bed Surgical Unit from the Data of 24-hour Time Study,Vol. 342,2002年
  • The Change of High School Students' Health Status and Lifestyle by Grade and Course,Vol. 342,2002年
  • The Comparison of the Decadal Change of Motalities in Major Diseases by Cohort Analysis: China (Rural and Urban Area), Japan, Hong Kong and Korea,Vol. 343,2002年
  • Analysis on the Relationship between the Incidence of Heat Stroke and Meteorological Data in Kobe City (1996-2000),Vol. 343,2002年
  • Analysis of Medical Institution Selection Using the Analytic Hierarchy Process,Vol. 343,2002年
  • The Job Analysis of Intern Doctors and Nurses in The University Hospitals,Vol. 344,2002年
  • Relation of Aging Population to Deaths from Malignant Neoplasm,Vol. 336,2002年
  • Age-period-cohort Analysis of the Proportions of Hypertension Patients in Japan (1956-1995),Vol. 332,2002年
  • The Study of the Relationship Between Patient Status Indicators and Patient's Care Time Using Multilevel Analysis,Vol. 22(5),367-375/,,2002年
  • Age-period-cohort Analysis of the Proportions of Hypertension Patients in Japan (1956-1995),China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,Vol. 332,2002年
  • Relation of Aging Population to Deaths from Malignant Neoplasm,China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,Vol. 336,2002年
  • Welfare Brings: The Historical Review and its Future,China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,Vol. 336,2002年
  • A Simulation of the Total Patient Care Time at a 50-bed Surgical Unit from the Data of 24-hour Time Study,China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,Vol. 342,2002年
  • The Change of High School Students' Health Status and Lifestyle by Grade and Course,China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,Vol. 342,2002年
  • The Comparison of the Decadal Change of Motalities in Major Diseases by Cohort Analysis: China (Rural and Urban Area), Japan, Hong Kong and Korea,China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,Vol. 343,2002年
  • Analysis on the Relationship between the Incidence of Heat Stroke and Meteorological Data in Kobe City (1996-2000),China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,Vol. 343,2002年
  • Analysis of Medical Institution Selection Using the Analytic Hierarchy Process,China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,Vol. 343,2002年
  • The Job Analysis of Intern Doctors and Nurses in The University Hospitals,China-Japan Medical Conference 2002 November 3-6, 2002 Beijing, China,Vol. 344,2002年
  • The Proportion of Cured Cancer Patients in Osaka, Japan,UICC Symposium "Asian Cancer Prevention-Today and Tomorrow" The First APOCP Conference "Inflammation and Cancer",2002年
  • Development of New Job Classification Method in Job Elements Analysis for the Purpose of Human Cost Calculation in Hospitals,PROCEEDINGS of The Third Korea-Japan Joint Meeting on Medical Physics and The Second Asia Oceania Congress of Medical Physics,Vol. 492-494,2002年
  • THE ODDS RATIO ANALYSIS OF THE PROGNOSIS OF THE JAPANESE COLORECTUM CANCER DURING 1975-1999,24th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2002,Vol. P14,2002年
  • AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS OF CANCER INCIDENCE RATES IN JAPAN USING THE BAYESIAN COHORT MODEL,24th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2002,Vol. P16,2002年
  • The estimation of the number of rectum cancer patients living with stoma using statistical model and cancer registry data,24th Annual Meeting of the International Association of Cancer Registries IACR 2002,Vol. P97,2002年
  • 温暖化による健康影響と環境変化による社会の脆弱性の予測と適応によるリスク低減化に関する研究 (1) 温暖化による健康影響と社会適応に向けた総合的リスク評価に関する研究 (環境省S),安藤満,山元昭二,彼末一之,大野ゆう子,中井誠一,高橋謙,川原一祐,入来正み,清水茂文,温暖化による健康影響と環境変化による社会の脆弱性の予測と適応によるリスク低減化に関する研究 平成11-13年度,p. 6-33,2002年
  • 地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究 地域ぐるみのたばこ対策評価のためのモニタリング方法の検討,大野ゆう子,村田加奈子,雑賀公美子,安間明日香,地域におけるたばこ対策とその評価に関する研究 平成13年度 総括・分担研究報告書,2002年
  • 地理・環境情報を用いた日本・中国の疾病り患傾向の分析,WANG L,大野ゆう子,笠原聡子,中村亜紀,医療情報学連合大会論文集,Vol. 21st,p. 640-641,2001年11月26日
  • 神戸市5年間のデータに基づく熱中症発生における気温要因の分析,安間明日香,大野ゆう子,雑賀公美子,黒川美由紀,早川友里,彼末一之,医療情報学連合大会論文集,Vol. 21st,p. 532-533,2001年11月26日
  • 高血圧症・脳血管疾患患者数推計のためのモデル構築,村田加奈子,大野ゆう子,笠原聡子,雑賀公美子,安間明日香,鈴木一夫,長谷川敏彦,医療情報学連合大会論文集,Vol. 21st,p. 524-525,2001年11月26日
  • マーケットバスケット法による入院小児服薬状況の分析,萩本明子,大野ゆう子,堀田法子,医療情報学連合大会論文集,Vol. 21st,p. 289-290,2001年11月26日
  • The patterns of care study and regional cancer registry for non-small cell lung cancer in Japan,H Sugiyama,T Teshima,Y Ohno,T Inoue,Y Takahashi,A Ohshima,RADIOLOGY,RADIOLOGICAL SOC NORTH AMERICA,Vol. 221,p. 228-229,2001年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 非小細胞がんにおけるPCSと大阪府地域がん登録との比較解析,杉山裕美,大野ゆう子,手島昭樹,井上俊彦,角美奈子,池田 恢,宇野隆,The Journal of JASTRO The Official Journal of The Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology 日本放射線腫瘍学会誌日本放射線腫瘍学会第4回学術大会報文集 ,13(Supplement1),84,Vol. 13(Supplement1),84/,,2001年11月
  • 非小細胞がんにおけるPCSと大阪府地域がん登録との比較解析,杉山裕美,大野ゆう子,手島昭樹,井上俊彦,角美奈子,池田 恢,宇野隆,The Journal of JASTRO The Official Journal of The Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology 日本放射線腫瘍学会誌日本放射線腫瘍学会第4回学術大会報文集 ,13(Supplement1),84,Vol. 13(Supplement1),84/,,2001年11月
  • The patterns of care study and regional cancer registry for non-small cell lung cancer in Japan,H Sugiyama,T Teshima,Y Ohno,T Inoue,Y Takahashi,A Ohshima,RADIOLOGY,RADIOLOGICAL SOC NORTH AMERICA,Vol. 221,p. 228-229,2001年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • マーケットバスケット法による入院小児服薬状況の分析,萩本 明子,大野 ゆう子,堀田 法子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 21回,p. 289-290,2001年11月
  • 高血圧症・脳血管疾患患者数推計のためのモデル構築,村田 加奈子,大野 ゆう子,笠原 聡子,雑賀 公美子,安間 明日香,鈴木 一夫,長谷川 敏彦,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 21回,p. 524-525,2001年11月
  • 業務分析における階層モデル導入の可能性について 看護業務を例として,石井 豊恵,大野 ゆう子,笠原 聡子,平河 勝美,中村 亜紀,北村 有子,稲邑 清也,原内 一,藤本 晴美,森田 輝代,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 21回,p. 526-527,2001年11月
  • 乳がん治療による生活障害をかかえる患者数推計に関する研究,北村 有子,大野 ゆう子,笠原 聡子,杉山 裕美,村田 加奈子,大島 明,津熊 秀明,味木 和喜子,長谷川 敏彦,柿川 房子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 21回,p. 530-531,2001年11月
  • 地理・環境情報を用いた日本・中国の疾病罹患傾向の分析,王 霊芝,大野 ゆう子,笠原 聡子,中村 亜紀,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 21回,p. 640-641,2001年11月
  • The patterns of care study and regional cancer registry for non-small cell lung cancer in Japan,H Sugiyama,T Teshima,Y Ohno,T Inoue,Y Takahashi,A Ohshima,RADIOLOGY,RADIOLOGICAL SOC NORTH AMERICA,Vol. 221,p. 228-229,2001年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 高血圧症・脳血管疾患患者数推計のためのモデル構築,村田加奈子,大野ゆう子,笠原聡子,雑賀公美子,安間明日香,鈴木一夫,長谷川敏彦,第21回医療情報学連合大会論文集,524-525,Vol. 524-525,2001年11月
  • 直腸がん術後に機能障害をかかえて生活する患者の長期予後と患者数推計,笠原聡子,大野ゆう子,北村有子,杉山裕美,村田加奈子,大島 明,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,柿川房子,第21回医療情報学連合大会論文集,518-519,Vol. 518-519,2001年11月
  • 業務分析における階層モデル導入の可能性について:看護業務を例として,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,平河勝美,中村亜紀,北村有子,稲邑清也,原内一,藤本春美,森田輝代,門田守人,左近賢人,第21回医療情報学連合大会論文集,526-527,Vol. 526-527,2001年11月
  • 神戸市5年間のデータに基づく熱中症発症における気候・環境要因の分析,安間明日香,大野ゆう子,雑賀公美子,黒川美由紀,早川友理,彼末一之,第21回医療情報学連合大会論文集,532-533,Vol. 532-533,2001年11月
  • 地理・環境情報を用いた日本・中国の疾病罹患傾向の分析,王霊芝,大野ゆう子,笠原聡子,中村亜紀,第21回医療情報学連合大会論文集,640-641,Vol. 640-641,2001年11月
  • 乳がん治療による生活障害をかかえる患者数推計に関する研究,北村有子,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,村田加奈子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,柿川房子,第21回医療情報学連合大会論文集,530-531,Vol. 530-531,2001年11月
  • The patterns of care study and regional cancer registry for non-small cell lung cancer in Japan,H Sugiyama,T Teshima,Y Ohno,T Inoue,Y Takahashi,A Ohshima,RADIOLOGY,RADIOLOGICAL SOC NORTH AMERICA,Vol. 221,p. 228-229,2001年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 非小細胞肺がんにおけるPCSと大阪府地域がん登録との比較解析,杉山裕美,大野ゆう子,手島昭樹,井上俊彦,角美奈子,池田恢,宇野隆,日本放射線腫よう学会誌,Vol. 13,No. Supplement 1,2001年11月
  • 直腸がん術後の機能障害をかかえて生活する患者の長期予後と患者数推計,笠原 聡子,大野 ゆう子,北村 有子,杉山 裕美,村田 加奈子,大島 明,津熊 秀明,味木 和喜子,長谷川 敏彦,柿川 房子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 21回,p. 518-519,2001年11月
  • 神戸市5年間のデータに基づく熱中症発生における気温要因の分析,安間 明日香,大野 ゆう子,雑賀 公美子,黒川 美由紀,早川 友里,彼末 一之,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 21回,p. 532-533,2001年11月
  • ベイズ型Age‐Period‐Cohortモデルによる胃がんり患率の分析,大野ゆう子,中村隆,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 直腸がん患者における長期生存率推計に関する研究,笠原聡子,大野ゆう子,村田加奈子,杉山裕美,北村有子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 経験年数,職階による看護婦の病棟業務比較,石井豊恵,大野ゆう子,中村亜紀,笠原聡子,稲邑清也,原内一,平河勝美,森田輝代,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 慢性透析療法における自己管理状況とその影響因子の分析,柄沢郁美,大野ゆう子,笠原聡子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 大阪府における胃がんの治療方法の年次推移と予後実態に基づく療養支援のあり方の検討,雑賀公美子,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,味木和喜子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 大阪府における胃がんの治療法の年次推移と予後実態に基づく療養支援のあり方の検討,黒川美由紀,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,味木和喜子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 大阪府における喉頭がん治療の変遷と医療・看護ニーズの検討,早川友理,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,北村有子,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 日本と中国の衛生指標比較,王霊芝,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,村田加奈子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • C型肝炎ウイルス持続感染に伴う肝がん患者数予測モデルの構築と医療施策効果の検討,安間明日香,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 乳がん患者における長期生存率推計に関する研究,北村有子,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,村田加奈子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 胃がん患者における長期生存率推計に関する研究,杉山裕美,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,北村有子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 高血圧のAge‐Period‐Cohort分析と保健医療情報との比較検討,村田加奈子,大野ゆう子,中村隆,長谷川敏彦,松本邦愛,石原明子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 60th,2001年10月15日
  • 神戸市における気温と熱中症発生との関係について,安間明日香,大野ゆう子,雑賀公美子,中井誠一,彼末一之,日本生気象学会雑誌,Vol. 38,No. 2,2001年10月13日
  • C型肝炎ウイルス持続感染に伴う肝がん患者数予測モデルの構築と医療施策効果の検討,安間明日香,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),211,Vol. 48(10),211/,,2001年10月
  • 乳がん患者における長期生存率推計に関する研究,北村有子,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),217,Vol. 48(10),217/,,2001年10月
  • ベイズ型Age-Period-Cohortモデルによる胃がん罹患率の分析,大野ゆう子,中村隆,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),220,Vol. 48(10),220/,,2001年10月
  • 直腸がん患者における長期生存率推計に関する研究,笠原聡子,大野ゆう子,村田加奈子,杉山裕美,北村有子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),216,Vol. 48(10),216/,,2001年10月
  • 胃がん患者における長期生存率推計に関する研究,杉山裕美,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,北村有子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),216,Vol. 48(10),216/,,2001年10月
  • 高血圧のAge-Period-Cohort分析と保健医療情報との比較検討,村田加奈子,大野ゆう子,中村隆,長谷川敏彦,松本邦愛,石原明子,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),222,Vol. 48(10),222/,,2001年10月
  • 大阪府における肺がんの治療法の年次推移と予後実態に基づく療養支援のあり方の検討,雑賀公美子,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,味気和喜子,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),523,Vol. 48(10),523/,,2001年10月
  • 慢性透析療法における自己管理状況とその影響因子の分析,柄沢郁美,大野ゆう子,笠原聡子,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),545,Vol. 48(10),545/,,2001年10月
  • 経験年数、職階による看護婦の病棟業務比較,石井豊恵,大野ゆう子,中村亜紀,笠原聡子,稲邑清也,原内 一,平河勝美,森田輝代,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),870,Vol. 48(10),870/,,2001年10月
  • 日本と中国の衛生指標比較,王霊芝,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,村田加奈子,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),908,Vol. 48(10),908/,,2001年10月
  • 大阪府における喉頭がん治療の変遷と医療・看護ニーズの検討,早川友理,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,北村有子,大島明,津熊秀明,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),524,Vol. 48(10),524/,,2001年10月
  • 大阪府における胃がんの治療法の年次推移と予後実態に基づく療養支援のあり方の検討,黒川美由紀,大野ゆう子,笠原聡子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,味気和喜子,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),48(10),523,Vol. 48(10),523/,,2001年10月
  • 患者状態情報と看護提供時間の関連についての分析-タイムスタディ情報、患者記録より 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(2),大野ゆう子,中村 隆,中山博文,大島 明,津熊秀明,味木和喜子,永野浩昭,稲邑清也,原内 一,堀 正二,佐藤秀幸,佐藤 洋,森田輝代,藤本晴美,笠原聡子,佐伯有香辻本朋美,村田加奈子,石井豊恵,坂倉直子,統計数理研究所共同研究レポート139,Vol. 139,2001年10月
  • 患者状態情報と看護提供時間の関連についての分析-タイムスタディ情報、患者記録より 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(2),大野ゆう子,中村 隆,中山博文,大島 明,津熊秀明,味木和喜子,永野浩昭,稲邑清也,原内 一,堀 正二,佐藤秀幸,佐藤 洋,森田輝代,藤本晴美,笠原聡子,佐伯有香辻本朋美,村田加奈子,石井豊恵,坂倉直子,統計数理研究所共同研究レポート139,2001年10月
  • 非小細胞肺がんにおけるPCSと大阪府地域がん登録との比較解析,杉山 裕美,大野 ゆう子,手島 昭樹,井上 俊彦,角 美奈子,池田 恢,宇野 隆,日本放射線腫瘍学会誌,(公社)日本放射線腫瘍学会,Vol. 13,No. Suppl.1,p. 84-84,2001年10月
  • 【PCSによる放射線治療の現状】PCSと大阪府地域がん登録データの比較,杉山 裕美,大野 ゆう子,手島 昭樹,高橋 豊,井上 俊彦,角 美奈子,池田 恢,宇野 隆,日本PCS肺がん小作業部会,癌の臨床,(株)篠原出版新社,Vol. 47,No. 8,p. 637-642,2001年10月
  • 【PCSによる放射線治療の現状】PCS 米国の状況,方法論と意義,手島 昭樹,高橋 豊,大野 ゆう子,井上 俊彦,平岡 眞寛,山下 孝,三橋 紀夫,角 美奈子,日本PCS作業部会,癌の臨床,(株)篠原出版新社,Vol. 47,No. 8,p. 623-628,2001年10月
  • 【PCSによる放射線治療の現状】PCSによる放射線治療需要の将来予測,今井 敦,手島 昭樹,大野 ゆう子,井上 俊彦,平岡 眞寛,山下 孝,三橋 紀夫,角 美奈子,佐藤 眞一郎,日本PCS作業部会,癌の臨床,(株)篠原出版新社,Vol. 47,No. 8,p. 711-717,2001年10月
  • 神戸市における気温と熱中症発生との関係について,安間 明日香,大野 ゆう子,雑賀 公美子,中井 誠一,彼末 一之,日本生気象学会雑誌,日本生気象学会,Vol. 38,No. 2,p. S44-S44,2001年10月
  • 医療スタッフのワークフロー分析のための時間因子と行動内容による業務分類法,沼崎穂高,原内 一,大倉保彦,石井豊江,笠原聡子,門田守人,左近賢人,板東昌子,大野ゆう子,稲邑清也,医学物理Vol.21 Suppl.3, (P.188-191),Vol. (P.188-191),2001年09月
  • 医療人件費計算ための業務発生傾向のデータマイニング方法論の構築,原内 一,沼崎穂高,大倉 保彦,稲邑清也,大野ゆう子,笠原聡子,日本行動計量学会第29回大会発表論文抄録集(P.90-91),Vol. (P.90-91),2001年09月
  • PCSによる放射線治療の現状 PCSと大阪府地域がん登録データの比較,杉山裕美,大野ゆう子,手島昭樹,高橋豊,井上俊彦,角美奈子,池田恢,宇野隆,癌の臨床,Vol. 47,No. 8,p. 637-642,2001年08月
  • PCSによる放射線治療の現状 PCSによる放射線治療需要の将来予測,今井敦,手島昭樹,大野ゆう子,井上俊彦,平岡真寛,山下孝,三橋紀夫,角美奈子,佐藤真一郎,癌の臨床,Vol. 47,No. 8,p. 711-717,2001年08月
  • PCSによる放射線治療の現状 PCS 米国の状況,方法論と意義,手島昭樹,高橋豊,大野ゆう子,井上俊彦,平岡真寛,山下孝,三橋紀夫,角美奈子,癌の臨床,Vol. 47,No. 8,p. 623-628,2001年08月
  • The construction of the population dynamic model for the estimation of the total medical care needs in Japan.,K. Murata,Y. Ohno,S. Kasahara,A. Ishii,Y. Kitamura,H. Sugiyama,Japan-hospitals : the journal of the Japan Hospital Association,Vol. (20),35-39/,,No. 20,p. 35-39,2001年07月
  • 病院システム変革(1998-2000)に伴う業務量変化の検討,中村 亜紀,大野 ゆう子,笠原 聡子,石井 豊恵,稲邑 清也,原内 一,藤本 春美,森田 輝代,門田 守人,左近 賢人,看護情報研究会論文集 : JAMI-NS,Vol. 2,p. 47-48,2001年06月30日
  • 患者状態の記述に関する研究 : 業務負荷解析の立場から,石井 豊恵,大野 ゆう子,笠原 聡子,平河 勝美,北村 有子,中村 亜紀,看護情報研究会論文集 : JAMI-NS,Vol. 2,p. 49-50,2001年06月30日
  • 病院システム変革(1998‐2000)に伴う業務量変化の検討,中村亜紀,大野ゆう子,笠原聡子,石井豊恵,原内一,藤本春美,森田輝代,門田守人,左近賢人,看護情報研究会論文集,Vol. 2nd,p. 47-48,2001年06月30日
  • 患者状態の記述に関する研究 業務負荷解析の立場から,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,平河勝美,北村有子,中村亜紀,看護情報研究会論文集,Vol. 2nd,p. 49-50,2001年06月30日
  • がん診療における障害マネ-ジメント,柿川房子,石川睦弓,渋谷優子,村田千代,大野ゆう子,鈴木志津枝,住吉蝶子,皆川智子,安川文朗,長谷川敏彦,医療マネジメント学会雑誌(第3回医療マネジメント学会学術総会プログラム・抄録),2(1),139,Vol. 2(1),139/,,2001年06月
  • 喉頭がん手術後の生活障害マネジメント,北村有子,大野ゆう子,杉山裕美,柿川房子,長谷川敏彦,医療マネジメント学会雑誌(第3回医療マネジメント学会学術総会プログラム・抄録),2(1),140,Vol. 2(1),140/,,2001年06月
  • 喉頭がん手術後の生活障害マネジメント,北村有子,大野ゆう子,杉山裕美,柿川房子,長谷川敏彦,医療マネジメント学会雑誌(第3回医療マネジメント学会学術総会プログラム・抄録),2(1),140,Vol. 2(1),140/,,2001年06月
  • がん診療における障害マネ-ジメント,柿川房子,石川睦弓,渋谷優子,村田千代,大野ゆう子,鈴木志津枝,住吉蝶子,皆川智子,安川文朗,長谷川敏彦,医療マネジメント学会雑誌(第3回医療マネジメント学会学術総会プログラム・抄録),2(1),139,Vol. 2,No. 1,2001年06月
  • 喉頭がん手術後の生活障害マネジメント,北村有子,大野ゆう子,杉山裕美,柿川房子,長谷川敏彦,医療マネジメント学会雑誌,Vol. 2,No. 1,2001年05月07日
  • THE DEVEROPMENT OF COMPUTER PROGRAM FOR THE LONG-TEAM PROGNOSTIC ANALYSIS OF LARYNX CANCER TREATED WITH RADIOTHERAPY AND SURGERY,Ohno Y,Sugiyama H,Kasahara S,Oshima A,Tsukuma H,Ajiki W,Joint Meeting 4th Symposium Japanese-Scandinavian Radiological Sosiety and 7th Nordic-Japan PACS Symposium,27,Vol. 27,2001年05月
  • THE COMPARISON OF RADIOTHERAPY RESULT BETWEEN THE PATTERNS OF CARE STUDY AND REGIONAL CANCER REGISTRY STUDY FOR NON-SMALL CELL LUNG CANCER,Hiromi Sugiyama,Yuko Ohno,Teruki Teshima,Toshihiko Inoue,Kanako Murata,Hideaki Thukuma,Akira Oshima,Minako Sumi,Takashi Uno,Hiroshi Ikeda,Japanese PCS Working Subgroup,for Lung Cancer,Joint Meeting 4th Symposium Japanese-Scandinavian Radiological Society and 7th Nordic-Japan PACS Symposium,19,Vol. 19,2001年05月
  • THE COMPARISON OF RADIOTHERAPY RESULT BETWEEN THE PATTERNS OF CARE STUDY AND REGIONAL CANCER REGISTRY STUDY FOR NON-SMALL CELL LUNG CANCER,Hiromi Sugiyama,Yuko Ohno,Teruki Teshima,Toshihiko Inoue,Kanako Murata,Hideaki Thukuma,Akira Oshima,Minako Sumi,Takashi Uno,Hiroshi Ikeda,Japanese PCS Working Subgroup,for Lung Cancer,Joint Meeting 4th Symposium Japanese-Scandinavian Radiological Society and 7th Nordic-Japan PACS Symposium,19,Vol. 19,2001年05月
  • THE DEVEROPMENT OF COMPUTER PROGRAM FOR THE LONG-TEAM PROGNOSTIC ANALYSIS OF LARYNX CANCER TREATED WITH RADIOTHERAPY AND SURGERY,Ohno Y,Sugiyama H,Kasahara S,Oshima A,Tsukuma H,Ajiki W,Joint Meeting 4th Symposium Japanese-Scandinavian Radiological Sosiety and 7th Nordic-Japan PACS Symposium,27,Vol. 27,2001年05月
  • 最近10年間の放射線治療患者数の変遷と将来予測,今井敦,井上俊彦,手島昭樹,大野ゆう子,平岡真寛,日本医学放射線学会雑誌,Vol. 61,No. 5,2001年04月25日
  • 医療人件費計算ための業務発生傾向のデータマイニング方法論の構築,原内 一,沼崎穂高,大倉 保彦,稲邑清也,大野ゆう子,笠原聡子,日本行動計量学会(第29回大会発表論文抄録集),90-91,Vol. 90-91,2001年04月
  • 神戸市における気温と熱中症の関係について,安間明日香,大野ゆう子,雑賀公美子,中井誠一,彼末一之,日本生気象学会雑誌(第40回日本生気象学会大会特集),38(2),S44,Vol. 38(2),S44/,,2001年04月
  • The future demand for and structural problems of Japanese radiotherapy,A Imai,T Teshima,Y Ohno,T Inoue,T Yamashita,N Mitsuhashi,M Hiraoka,M Sumi,JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 31,No. 4,p. 135-141,2001年04月
  • The future demand for and structural problems of Japanese radiotherapy,A Imai,T Teshima,Y Ohno,T Inoue,T Yamashita,N Mitsuhashi,M Hiraoka,M Sumi,JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 31,No. 4,p. 135-141,2001年04月
  • 医療スタッフのワークフロー分析のための時間因子と行動内容による業務分類法,沼崎穂高,原内一,大倉保彦,石井豊恵,笠原聡子,門田守人,左近賢人,坂東昌子,大野ゆう子,稲邑清也,第82回日本医学物理学会学術大会JSMP2001,3(21),188-191,Vol. 3(21),188-191/,,2001年04月
  • The future demand for and structural problems of Japanese radiotherapy,A Imai,T Teshima,Y Ohno,T Inoue,T Yamashita,N Mitsuhashi,M Hiraoka,M Sumi,JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 31,No. 4,p. 135-141,2001年04月
  • 最近10年間の放射線治療患者数の変遷と将来予測,今井 敦,井上 俊彦,手島 昭樹,大野 ゆう子,平岡 真寛,日本医学放射線学会雑誌,(公社)日本医学放射線学会,Vol. 61,No. 5,p. 252-252,2001年04月
  • 生命現象の数理モデルの総合的研究「生命の数理的認識の原理と展開」,松浦弘幸,中野正博,大山達雄,大野ゆう子,巌佐 庸,亀高惟倫,四方義啓,長倉俊明,前田充浩,平成12年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業フィジビリティ研究成果報告書(研究リーダー 松浦弘幸、中野正博、大山達雄、大野ゆう子、巌佐庸、亀高惟倫、四方義啓、長倉俊明、前田充浩),397-462,Vol. 397-462,2001年03月
  • システムダイナミクスによるHCV持続感染に起因する肝がん患者数推計モデルの構築と医療施設効果の検討,大野ゆう子,杉山裕美,安間明日香,村田加奈子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,厚生省がん研究助成金「地域がん登録の精度向上と活用に関する研究」(主任研究者 大島 明)平成12年度報告書,177-184,Vol. 177-184,2001年03月
  • 大阪府におけるがんの有病率の推定に関する研究,大野ゆう子,杉山裕美,雑賀公美子,黒川美由紀,大島明,津熊秀明,味木和喜子,厚生省がん研究助成金「地域がん登録の精度向上と活用に関する研究」(主任研究者 大島 明)平成12年度報告書,121-152,Vol. 121-152,2001年03月
  • 大阪府におけるがんの有病率の推定に関する研究,大野ゆう子,杉山裕美,雑賀公美子,黒川美由紀,大島明,津熊秀明,味木和喜子,厚生省がん研究助成金「地域がん登録の精度向上と活用に関する研究」(主任研究者 大島 明)平成12年度報告書,121-152,Vol. 121-152,2001年03月
  • システムダイナミクスによるHCV持続感染に起因する肝がん患者数推計モデルの構築と医療施設効果の検討,大野ゆう子,杉山裕美,安間明日香,村田加奈子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,厚生省がん研究助成金「地域がん登録の精度向上と活用に関する研究」(主任研究者 大島 明)平成12年度報告書,177-184,Vol. 177-184,2001年03月
  • 生命現象の数理モデルの総合的研究「生命の数理的認識の原理と展開」,松浦弘幸,中野正博,大山達雄,大野ゆう子,巌佐 庸,亀高惟倫,四方義啓,長倉俊明,前田充浩,平成12年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業フィジビリティ研究成果報告書(研究リーダー 松浦弘幸、中野正博、大山達雄、大野ゆう子、巌佐庸、亀高惟倫、四方義啓、長倉俊明、前田充浩),397-462,Vol. 397-462,2001年03月
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(2),大野ゆう子,中村隆,門田守人,中村博文,大島明,津熊秀明,味木和喜子,左近賢人,永野浩昭,稲邑清也,原内一,堀正二,佐藤秀幸,佐藤洋,森田輝代,藤本春美,笠原(辻)聡子,佐伯有香,辻本朋美,村田加奈子,石井豊恵,北村有子,杉山裕美,阪倉直子,山野園子,柄沢郁美,黒川美由紀,雑賀公美子,統計数理研究所共同研究リポート139,,Vol. 139,/,,2001年03月
  • パソコンネットワークを利用した周産期データベースの構築,松岡 百合,春日井 正秀,大野 ゆう子,鵜飼 史貴,林 純子,原 孝子,蜷川 映巳,逓信医学,(株)郵研社,Vol. 53,No. 1,p. 30-30,2001年01月
  • 大阪府地域がん登録に基づく確率モデルを用いた予後解析,杉山裕美,大野ゆう子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,雑賀公美子,笠原聡子,Supplement to Journal of Epidemiology (第11回 日本疫学会学術総会講演集),11(1),148,Vol. 11(1),148/,,2001年01月
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(2),統計数理研究所共同研究リポート139,,Vol. 139,/,,2001年
  • 医療スタッフのワークフロー分析のための時間因子と行動内容による業務分類法,第82回日本医学物理学会学術大会JSMP2001,3(21),188-191,Vol. 3(21),188-191/,,2001年
  • 直腸がん術後に機能障害をかかえて生活する患者の長期予後と患者数推計,第21回医療情報学連合大会論文集,518-519,Vol. 518-519,2001年
  • 神戸市5年間のデータに基づく熱中症発症における気候・環境要因の分析,第21回医療情報学連合大会論文集,532-533,Vol. 532-533,2001年
  • 直腸がん術後に機能障害をかかえて生活する患者の長期予後と患者数推計,第21回医療情報学連合大会論文集,Vol. 518-519,2001年
  • 神戸市5年間のデータに基づく熱中症発症における気候・環境要因の分析,第21回医療情報学連合大会論文集,Vol. 532-533,2001年
  • C型肝炎ウイルス持続感染に伴う肝がん患者数予測モデルの構築と医療施策効果の検討,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),211/,,2001年
  • 胃がん患者における長期生存率推計に関する研究,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),216/,,2001年
  • 直腸がん患者における長期生存率推計に関する研究,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),216/,,2001年
  • 乳がん患者における長期生存率推計に関する研究,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),217/,,2001年
  • ベイズ型Age-Period-Cohortモデルによる胃がん罹患率の分析,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),220/,,2001年
  • 高血圧のAge-Period-Cohort分析と保健医療情報との比較検討,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),222/,,2001年
  • 大阪府における胃がんの治療法の年次推移と予後実態に基づく療養支援のあり方の検討,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),523/,,2001年
  • 大阪府における肺がんの治療法の年次推移と予後実態に基づく療養支援のあり方の検討,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),523/,,2001年
  • 大阪府における喉頭がん治療の変遷と医療・看護ニーズの検討,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),524/,,2001年
  • 慢性透析療法における自己管理状況とその影響因子の分析,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),545/,,2001年
  • 経験年数、職階による看護婦の病棟業務比較,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),870/,,2001年
  • 日本と中国の衛生指標比較,日本公衆衛生雑誌(第60回日本公衆衛生学会総会抄録集),Vol. 48(10),908/,,2001年
  • 医療スタッフのワークフロー分析のための時間因子と行動内容による業務分類法,医学物理,Vol. 21 (Suppl.3), 188-191/,,2001年
  • がん診療における障害マネ-ジメント,医療マネジメント学会雑誌(第3回医療マネジメント学会学術総会プログラム・抄録),Vol. 2(1),139/,,2001年
  • 医療スタッフのワークフロー分析のための時間因子と行動内容による業務分類法,第82回日本医学物理学会学術大会JSMP2001,Vol. 3(21),188-191/,,2001年
  • 医療人件費計算ための業務発生傾向のデータマイニング方法論の構築,日本行動計量学会(第29回大会発表論文抄録集),Vol. 90-91,2001年
  • 神戸市における気温と熱中症の関係について,日本生気象学会雑誌(第40回日本生気象学会大会特集),Vol. 38(2),S44/,,2001年
  • Automatic search for optimal conditions in clinical studies,M. Hayashi,T. Teshima,K. Tanisada,Y. Ohno,T. Inoue,M. Hiraoka,T. Yamashita,N. Mitsuhashi,M. Sumi,Anticancer Research,Vol. 21,No. 2 B,p. 1371-1374,2001年
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(2),統計数理研究所共同研究リポート139,2001年
  • 大阪府地域がん登録に基づく確率モデルを用いた予後解析,杉山裕美,大野ゆう子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,雑賀公美子,笠原聡子,Supplement to Journal of Epidemiology (第11回 日本疫学会学術総会講演集),11(1),148,Vol. 11(1),148/,,2001年01月
  • The future demand for and structural problems of Japanese radiotherapy,Atsushi Imai,Teruki Teshima,Yuko Ohno,Toshihiko Inoue,Takashi Yamashita,Norio Mitsuhashi,Masahiro Hiraoka,Minako Sumi,Japanese Journal of Clinical Oncology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 31,No. 4,p. 135-141,2001年
  • THE DEVEROPMENT OF COMPUTER PROGRAM FOR THE LONG-TEAM PROGNOSTIC ANALYSIS OF LARYNX CANCER TREATED WITH RADIOTHERAPY AND SURGERY,Vol. 27,2001年
  • THE COMPARISON OF RADIOTHERAPY RESULT BETWEEN THE PATTERNS OF CARE STUDY AND REGIONAL CANCER REGISTRY STUDY FOR NON-SMALL CELL LUNG CANCER,Vol. 19,2001年
  • Time series analysis on the medical staff activities relating to the change of the hospital management system(1998-2000),Vol. 47-48,2001年
  • THE COMPARISON OF RADIOTHERAPY RESULT BETWEEN THE PATTERNS OF CARE STUDY AND REGIONAL CANCER REGISTRY STUDY FOR NON-SMALL CELL LUNG CANCER,Joint Meeting 4th Symposium Japanese-Scandinavian Radiological Society and 7th Nordic-Japan PACS Symposium,Vol. 19,2001年
  • THE DEVEROPMENT OF COMPUTER PROGRAM FOR THE LONG-TEAM PROGNOSTIC ANALYSIS OF LARYNX CANCER TREATED WITH RADIOTHERAPY AND SURGERY,Joint Meeting 4th Symposium Japanese-Scandinavian Radiological Sosiety and 7th Nordic-Japan PACS Symposium,Vol. 27,2001年
  • The future demand for and structural problems of Japanese radiotherapy,Atsushi Imai,Teruki Teshima,Yuko Ohno,Toshihiko Inoue,Takashi Yamashita,Norio Mitsuhashi,Masahiro Hiraoka,Minako Sumi,Japanese Journal of Clinical Oncology,Vol. 31,No. 4,p. 135-141,2001年
  • 医療人件費計算のための業務発生傾向のデータマイニング方法論の構築,原内一,沼崎 穂高,大倉 保彦,稲邑 清也,大野 ゆう子,笠原 聡子,日本行動計量学会第29回大会発表論文抄録集, 2001,日本行動計量学会,p. 90-91,2001年
  • 医療実態調査研究(PCS)における診療過程と治療結果の定量評価法の開発 第2報,高橋豊,手島昭樹,大野ゆう子,井上俊彦,平岡真寛,山下孝,三橋紀夫,角美奈子,日本医学放射線学会雑誌,Vol. 60,No. 13,2000年11月25日
  • 大規模フォローアップデータベースに基づく急性心筋梗塞発症者の抑うつ度とライフスタイルの変化に関する検討,北村有子,大野ゆう子,村田加奈子,笹井靖子,石井豊恵,医療情報学,Vol. 20,No. Supplement 2,p. 760-761,2000年11月23日
  • 国民栄養調査に基づく日本人高血圧割合のAge‐Period‐Cohort分析,大野ゆう子,中村隆,長谷川敏彦,村田加奈子,杉山裕美,笠原聡子,医療情報学,Vol. 20,No. Supplement 2,p. 636-637,2000年11月23日
  • 高齢社会における保健医療提供人員数推計のための医師動態モデルの構築,村田加奈子,大野ゆう子,笠原聡子,安間明日香,柄沢郁美,早川友里,長谷川敏彦,医療情報学,Vol. 20,No. Supplement 2,p. 632-633,2000年11月23日
  • 医療需要からみたがん有病者数についての検討,杉山裕美,大野ゆう子,笠原聡子,大島明,津熊秀明,味木和喜子,長谷川敏彦,松本邦愛,医療情報学,Vol. 20,No. Supplement 2,p. 640-641,2000年11月23日
  • 高齢社会における保健医療提供人員数推計のための医師動態モデルの構築,村田 加奈子,大野 ゆう子,笠原 聡子,安間 明日香,柄沢 郁美,早川 友里,長谷川 敏彦,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 20回,p. 632-633,2000年11月
  • 患者の心的情況のフィードバックシステム 告知された早期胃がん患者における心的情況データベース作成のパイロットスタディ,神崎 初美,窪田 英明,芦田 信之,城戸 良弘,大野 ゆう子,田間 恵賓子,織田 百代,濱口 弘子,森口 直子,小室 多恵子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 20回,p. 680-681,2000年11月
  • 大規模フォローアップデータベースに基づく急性心筋梗塞発症者の抑うつ度とライフスタイルの変化に関する検討,北村 有子,大野 ゆう子,村田 加奈子,笹井 靖子,石井 豊恵,大阪急性冠症候群調査会,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 20回,p. 760-761,2000年11月
  • 医療需要からみたがん有病者数についての検討,杉山 裕美,大野 ゆう子,笠原 聡子,大島 明,津熊 秀明,味木 和喜子,長谷川 敏彦,松本 邦愛,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 20回,p. 640-641,2000年11月
  • 国民栄養調査に基づく日本人高血圧割合のAge-Period-Cohort分析,大野 ゆう子,中村 隆,長谷川 敏彦,村田 加奈子,杉山 裕美,笠原 聡子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 20回,p. 636-637,2000年11月
  • 医療実態調査研究(PCS)における診療過程と治療結果の定量評価法の開発(第2報),高橋 豊,手島 昭樹,大野 ゆう子,井上 俊彦,平岡 眞寛,山下 孝,三橋 紀夫,角 美奈子,日本医学放射線学会雑誌,(公社)日本医学放射線学会,Vol. 60,No. 13,p. 771-771,2000年11月
  • がん治療による生活障害をもつ患者における長期的療養支援パス作成に関する研究,北村有子,大野ゆう子,杉山裕美,村田加奈子,笠原聡子,藤本春美,東村昌代,柿川房子,長谷川敏彦,日本公衆衛生雑誌,Vol. 47,No. 11,2000年10月15日
  • がん治療による生活障害をもつ患者数推計に関する研究,笠原聡子,大野ゆう子,杉山裕美,村田加奈子,藤田晴久,長谷川敏彦,大島明,津熊秀明,味木和喜子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 59th,2000年10月15日
  • タイムスタディに基づく患者重症度別業務時間の分析,杉田塩,大野ゆう子,笠原聡子,佐伯有香,国府裕子,門田守人,福岡富子,森田輝代,武田裕,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 59th,2000年10月15日
  • 病棟業務実態調査に基づく看護必要度の検討 (1) 業務実態調査と看護度との比較検討,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,佐伯有香,安藤邦子,福岡富子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 59th,2000年10月15日
  • 階段下降時の転倒防止を目的とした視点移動分析,山野園子,大野ゆう子,笠原聡子,阪倉直子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 59th,2000年10月15日
  • 大阪府におけるがんの有病者数推定に関する研究,杉山裕美,大野ゆう子,雑賀公美子,黒川美由紀,大島明,津熊秀明,味木和喜子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 59th,2000年10月15日
  • 長期的保健医療提供システム設計のための医療需要度別患者数推計モデルの構築,村田加奈子,大野ゆう子,笠原聡子,辻本朋美,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 59th,2000年10月15日
  • ベイズ型Age‐Period‐Cohortモデルによる肝がんり患率の分析,大野ゆう子,中村隆,大島明,津熊秀明,味木和喜子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 59th,2000年10月15日
  • 急性心筋梗塞患者6ケ月追跡調査に基づく食生活の変化とその要因に関する基礎的検討,笹井靖子,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 59th,2000年10月15日
  • 大阪府におけるがんの有病者数推計に関する研究,杉山裕美,大野ゆう子,雑賀公美子,黒川美由紀,大島明,津熊秀明,味木和喜子,日本公衆衛生雑誌(第59回日本公衆衛生学会総会抄録集),47(11),492,Vol. 47(11),492/,,2000年10月
  • がん治療による生活障害をもつ患者数推計に関する研究,笠原聡子,大野ゆう子,杉山裕美,村田加奈子,安間明日香,藤田晴久,長谷川敏彦,大島明,津熊秀明,味気和喜子,日本公衆衛生雑誌(第59回日本公衆衛生学会総会抄録集),47(11),493,Vol. 47(11),493/,,2000年10月
  • 病棟業務実態調査に基づく看護必要度の検討(1)業務実態調査と看護度との比較検討,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,佐伯有香,安藤邦子,福岡富子,日本公衆衛生雑誌(第59回日本公衆衛生学会総会抄録集),47(11),806,Vol. 47(11),806/,,2000年10月
  • がん治療による生活障害をもつ患者における長期的療養支援パス作成に関する研究,北村有子,大野ゆう子,杉山裕美,村田加奈子,笠原聡子,藤本春美,東村昌代,左近賢人,柿川房子,長谷川敏彦,日本公衆衛生雑誌(第59回日本公衆衛生学会総会抄録集),47(11),492,Vol. 47(11),492/,,2000年10月
  • タイムスタディに基づく患者重症度別業務時間の分析,杉田塩,大野ゆう子,笠原聡子,佐伯有香,稲邑清也,原内一,飯沼正博,国府裕子,門田守人,左近賢人,安藤邦子,藤本春美,福岡富子,森田輝代,武田裕,日本公衆衛生雑誌(第59回日本公衆衛生学会総会抄録集),47(11),435,Vol. 47(11),435/,,2000年10月
  • 急性心筋梗塞患者6ヶ月追跡調査に基づく食生活の変化とその要因に関する基礎的検討,笹井靖子,大野ゆう子,笠原聡子,村田加奈子,日本公衆衛生雑誌(第59回日本公衆衛生学会総会抄録集),47(11),219,Vol. 47(11),219/,,2000年10月
  • 階段下降時の転倒防止を目的とした視点移動分析,山野園子,大野ゆう子,笠原聡子,阪倉直子,日本公衆衛生雑誌(第59回日本公衆衛生学会総会抄録集),47(11),263,Vol. 47(11),263/,,2000年10月
  • 長期的保健医療提供システム設計のための医療需要度別患者数推計モデルの構築,村田加奈子,大野ゆう子,笠原聡子,辻本朋美,日本公衆衛生雑誌(第59回日本公衆衛生学会総会抄録集),47(11),294,Vol. 47(11),294/,,2000年10月
  • ベイズ型Age-Period-Cohortモデルによる肝がん罹患率の分析,大野ゆう子,中村隆,大島明,津熊秀明,味木和喜子,日本公衆衛生雑誌(第59回日本公衆衛生学会総会抄録集),47(11),179,Vol. 47(11),179/,,2000年10月
  • 看護ケア提供量把握の為の業務時間分析,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,佐伯有香,安藤邦子,福岡富子,看護情報研究会論文集,Vol. 1st,p. 45-46,2000年09月23日
  • 患者情報とタイムスタディデータに基づく看護提供時間推定の試み,佐伯有香,大野ゆう子,平河勝美,笠原聡子,藤本春美,安藤邦子,福岡富子,門田守人,左近賢人,看護情報研究会論文集,Vol. 1st,p. 43-44,2000年09月23日
  • Information feedback system for discharged patients,H. Ishida,H. Tanaka,H. Kubota,N. Ashida,Y. Ohno,Y. Kido,T. Haseagwa,T. Komuro,H. Yamamoto,N. Moriguchi,H. Hamaguchi,M. Oda,H. Oishi,Asia Pacific Association for Medical Informatics, 8 pages,Vol. 8 pages,2000年09月
  • 患者情報とタイムスタディデータに基づく看護提供時間推定の試み,佐伯有香,大野ゆう子,平河勝美,笠原聡子,藤本春美,安藤邦子,森田輝代,福岡富子,門田守人,JAMI-NS 第1回看護情報研究会論文集,43-44,Vol. 43-44,2000年09月
  • Information feedback system for discharged patients,H. Ishida,H. Tanaka,H. Kubota,N. Ashida,Y. Ohno,Y. Kido,T. Haseagwa,T. Komuro,H. Yamamoto,N. Moriguchi,H. Hamaguchi,M. Oda,H. Oishi,Asia Pacific Association for Medical Informatics, 8 pages,Vol. 8 pages,2000年09月
  • 看護ケア情報量把握の為の業務時間分析,石井豊恵,大野ゆう子,笠原聡子,佐伯有香,安藤邦子,福岡富子,JAMI-NS 第1回看護情報研究会論文集,45-46,Vol. 45,No. 46,2000年09月
  • 高校生における肩こりと東洋医学的所見およびストレス要因との関連性について,藤田 麻里,矢野 忠,大野 ゆう子,笹井 靖子,三浦 早苗,辻 聡子,Health Sciences,日本健康科学学会,Vol. 16,No. 3,p. 223-235,2000年08月
  • 第12回日本臨床腫よう研究会 I. 日本における臨床試験 (1) 医療実態調査研究Patterns of Care Studyによる施設の臨床的精度管理,手島昭樹,谷貞和明,大野ゆう子,井上俊彦,平岡真寛,山下孝,三橋紀夫,角美奈子,癌と化学療法,Vol. 27,No. 8,p. 1201-1207,2000年07月31日
  • 日本における臨床試験 医療実態調査研究Patterns of Care Studyによる施設の臨床的精度管理,手島 昭樹,谷貞 和明,大野 ゆう子,井上 俊彦,平岡 眞寛,山下 孝,三橋 紀夫,角 美奈子,日本PCS作業部会,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 27,No. 8,p. 1201-1207,2000年07月
  • Clinical quality assurance at institutions according to a patterns of care study. Japanese PCS Working Group,T. Teshima,K. Tanisada,Y. Ohno,T. Inoue,M. Hiraoka,T. Yamashita,N. Mitsuhashi,M. Sumi,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 27,No. 8,p. 1201-1207,2000年07月
  • 患者情報に基づく看護提供時間推定可能性の検討 タイムスタディ情報より,佐伯有香,大野ゆう子,平河勝美,辻聡子,藤本春美,青木越子,日本看護研究学会雑誌,Vol. 23,No. 3,2000年06月27日
  • 脳卒中電話相談における脳卒中患者,家族,一般市民の医療福祉情報ニーズと分析,三浦早苗,大野ゆう子,日本看護研究学会雑誌,Vol. 23,No. 3,2000年06月27日
  • A STUDY OF CANCER PREVALENCE IN OSAKA,Kumiko Saika,Yuko Ohno,Hiromi Sugiyama,Miyuki Kurokawa,Asuka Yasuma,Satoko Kasahara,Akira Oshima,Hideaki Tsukuma,Wakiko Ajiki,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries IACR 2000,94,Vol. 94,2000年06月
  • THE AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS OF JAPANESE CANCER INCIDENCES BASED ON THE OSAKA CANCER REGISTRY,Yuko Ohno,Takashi Nakamura,Hiromi Sugiyama,Akira Oshima,Hideaki Tsukuma,Wakiko Ajiki,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries IACR 2000,96,Vol. 96,2000年06月
  • AN INVESTIGATION ON THE NUMBER OF PEOPLE WHO NEEDS CANCER MEDICATION AND/OR AFTER CARE SERVICES,Hiromi Sugiyama,Yuko Ohno,Kanako Murata,Akira Oshima,Hideaki Tsukuma,Wakiko Ajiki,Kunichika Matsumoto,Toshihiko Hasegawa,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries IACR 2000,76,Vol. 76,2000年06月
  • AN INVESTIGATION ON THE NUMBER OF PEOPLE WHO NEEDS CANCER MEDICATION AND/OR AFTER CARE SERVICES,Hiromi Sugiyama,Yuko Ohno,Kanako Murata,Akira Oshima,Hideaki Tsukuma,Wakiko Ajiki,Kunichika Matsumoto,Toshihiko Hasegawa,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries IACR 2000,76,Vol. 76,2000年06月
  • A STUDY OF CANCER PREVALENCE IN OSAKA,Kumiko Saika,Yuko Ohno,Hiromi Sugiyama,Miyuki Kurokawa,Asuka Yasuma,Satoko Kasahara,Akira Oshima,Hideaki Tsukuma,Wakiko Ajiki,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries IACR 2000,94,Vol. 94,2000年06月
  • THE AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS OF JAPANESE CANCER INCIDENCES BASED ON THE OSAKA CANCER REGISTRY,Yuko Ohno,Takashi Nakamura,Hiromi Sugiyama,Akira Oshima,Hideaki Tsukuma,Wakiko Ajiki,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries IACR 2000,96,Vol. 96,2000年06月
  • 脳卒中電話相談における脳卒中患者,家族,一般市民の医療福祉情報ニーズと分析,三浦 早苗,大野 ゆう子,日本看護研究学会雑誌,(一社)日本看護研究学会,Vol. 23,No. 3,p. 349-349,2000年06月
  • 患者情報に基づく看護提供時間推定可能性の検討 タイムスタディ情報より,佐伯 有香,大野 ゆう子,平河 勝美,辻 聡子,藤本 春美,青木 越子,日本看護研究学会雑誌,(一社)日本看護研究学会,Vol. 23,No. 3,p. 223-223,2000年06月
  • 患者の意思を尊重した病名告知に向けての取り組み,大野 ゆう子,逓信医学,(株)郵研社,Vol. 52,No. 4,p. 176-176,2000年05月
  • 医療用データベースから抽出する臨床情報の新しい定量的表現手法に関する研究,中村基子,原内一,稲邑清也,大野ゆう子,杉田塩,坂東昌子,安藤邦子,井上俊彦,井上武宏,医学物理,Vol. 20,No. Supplement 2,p. 79-80,2000年04月06日
  • COMPARISON OF THE THRESHOLD VALUE OF SITA WITH THAT OF CONVENTIONAL PERIMETRY BY HUMPHREY FIELD ANALYZER IN GLAUCOMA PATIENTS.,Iwase A,Kitazawa Y,Ohno Y,Ansan I,Chauhan B,ARVO,41(4),466,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 41,No. 4,p. S89-S89,2000年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 医療費実態調査研究Patterns of Care Studyによる施設の臨床的精度管理,手島昭樹,谷貞和明,大野ゆう子,井上俊彦,平岡眞寛,山下孝,三橋紀夫,角美奈子,癌と化学療法,27(8),1201-1207,Vol. 27(8),1201-1207/,,2000年04月
  • Information Feedback System for Discharged Patients,Ishida H,Tanaka H,Kubota H,Ashida N,Ohno Y,Kido Y,Hasegawa T,Komuro K,Yamamoto H,Moriguchi N,Hamaguchi H,Oda M,Oishi H,APAMI-MIC2000 IT & Health in the 21st Century,81,Vol. 81,2000年04月
  • 医療用データベースから抽出する臨床情報の新しい定量的表現方法に関する研究,中村基子,原内 一,稲邑清也,大野 ゆう子,杉田 塩,佐伯有香,板東昌子,安藤邦子,井上俊彦,井上武宏,Japanese Journal of Medical Physics 20 Sup.2, (P.79-80),Vol. 20 Sup.2, (P.79-80)/,,2000年04月
  • Information Feedback System for Discharged Patients,Ishida H,Tanaka H,Kubota H,Ashida N,Ohno Y,Kido Y,Hasegawa T,Komuro K,Yamamoto H,Moriguchi N,Hamaguchi H,Oda M,Oishi H,APAMI-MIC2000 IT & Health in the 21st Century,81,Vol. 81,2000年04月
  • 一般市民の脳卒中に関する知識,辻本 朋美,三浦 早苗,中山 博文,大野 ゆう子,山口 武典,亀山 正邦,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 22,No. 1,p. 79-79,2000年04月
  • 一般市民の脳卒中に対するイメージ,中山 博文,辻本 朋美,三浦 早苗,大野 ゆう子,山口 武典,亀山 正邦,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 22,No. 1,p. 156-156,2000年04月
  • 一般市民の脳卒中に関する知識,辻本朋美,三浦早苗,中山博文,大野ゆう子,山口武典,亀山正邦,脳卒中,Vol. 22,No. 1,2000年04月01日
  • 一般市民の脳卒中に対するイメージ,中山博文,辻本朋美,三浦早苗,大野ゆう子,山口武典,亀山正邦,脳卒中,Vol. 22,No. 1,2000年04月01日
  • 高校生における肩こりと東洋医学的所見およびストレス要因との関連性について,藤田麻里,矢野忠,大野ゆう子,笹井靖子,三浦早苗,辻聡子,Health Sciences,16(3),223-235,Vol. 16,No. 3,p. 223-235,2000年04月
  • 大阪府における乳がんの有病率の推定に関する研究,大野ゆう子,杉山裕美,大島明,津熊秀明,味木和喜子,厚生省がん研究助成金「地域がん登録の精度向上と活用に関する研究」(主任研究者 大島 明)平成11年度報告書,95-100,Vol. 95-100,2000年03月
  • COMPARISON OF THE THRESHOLD VALUE OF SITA WITH THAT OF CONVENTIONAL PERIMETRY BY HUMPHREY FIELD ANALYZER IN GLAUCOMA PATIENTS.,A Iwase,Y Kitazawa,Y Ohno,Ansari, I,B Chauhan,ARVO,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 41,No. 4,p. S89-S89,2000年03月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(1),大野ゆう子,中村隆,矢野忠,中村博文,門田守人,左近賢人,永野浩,堀正二,佐藤秀幸,佐藤洋,藤本春美,稲邑清也,原内一,辻聡子,笹井靖子,杉田塩,三浦早苗,佐伯有香,辻本朋美,村田加奈子,杉山裕美,統計数理研究所共同研究リポート126 ,,Vol. 126 ,/,,2000年03月
  • Comparison of the threshold value of SITA with that of conventional perimetry by Humphrey field analyzer in glaucoma patients.,A Iwase,Y Kitazawa,Y Ohno,Ansari, I,B Chauhan,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,ASSOC RESEARCH VISION OPHTHALMOLOGY INC,Vol. 41,No. 4,p. S89-S89,2000年03月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討 (1) (文部省統計数理研究所S),大野ゆう子,統計数理研究所共同研究リポート,No. 126,2000年03月
  • 医療実態調査研究(PCS)による放射線治療の診療過程および治療結果の定量評価法の開発,谷貞和明,手島照樹,大野ゆう子,井上俊彦,平岡真寛,阿部光幸,池田ひろし,日本医学放射線学会雑誌,Vol. 60,No. 1,2000年01月25日
  • 保健医療システムとBME,大野 ゆう子,BME : bio medical engineering,Vol. 14,No. 1,p. 25-28,2000年01月10日
  • 256) 脳卒中電話相談における脳卒中患者、家族、一般市民の医療福祉情報ニーズと分析,三浦 早苗,大野 ゆう子,日本看護研究学会雑誌,一般社団法人 日本看護研究学会,Vol. 23,No. 3,p. 3_349-3_349,2000年
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(1),統計数理研究所共同研究リポート126 ,,Vol. 126 ,/,,2000年
  • これからの看護研究 -基礎と応用ー,廣川書店,Vol. p111-p122,p241-p257/,,2000年
  • 134) 患者情報に基づく看護提供時間推定可能性の検討:-タイムスタディ情報より-,佐伯 有香,大野 ゆう子,平河 勝美,辻 聡子,藤木 春美,青木 越子,日本看護研究学会雑誌,一般社団法人 日本看護研究学会,Vol. 23,No. 3,p. 3_223-3_223,2000年
  • 看護ケア情報量把握の為の業務時間分析,JAMI-NS 第1回看護情報研究会論文集,45-46,Vol. 45-46,2000年
  • 患者情報とタイムスタディデータに基づく看護提供時間推定の試み,JAMI-NS 第1回看護情報研究会論文集,43-44,Vol. 43-44,2000年
  • Information feedback system for discharged patients,Asia Pacific Association for Medical Informatics,Vol. 8,2000年
  • 医療用データベースから抽出する臨床情報の新しい定量的表現方法に関する研究,Japanese Journal of Medical Physics,Vol. 20 Sup.2, 79-80/,,2000年
  • 高齢社会における保健医療提供人員数推計で医師動態モデルを構築,Japan Medicine,Vol. 143,No. 1,2000年
  • 看護婦の「忙しさ」探るタイムスタディのアプローチ,Japan Medicine,Vol. 126,No. 1,2000年
  • 脳卒中における一般市民の意識調査,週刊医学界新聞,Vol. 2404,No. 4,2000年
  • 大阪府におけるがんの有病者数推計研究,日本公衆衛生雑誌,Vol. 47,No. 11,2000年
  • ベイズ型Age-Period-Cohortモデルによる肝がん罹患率の分析,日本公衆衛生雑誌,Vol. 47,No. 11,2000年
  • がん治療による生活障害をもつ患者数推計に関する研究,日本公衆衛生雑誌,Vol. 47,No. 11,2000年
  • 長期的保健医療提供システム設計のための医療需要度別患者数推計モデルの構築,日本公衆衛生雑誌,Vol. 47,No. 11,2000年
  • 階段下降時の転倒防止を目的とした視点移動分析,日本公衆衛生雑誌,Vol. 47,No. 11,2000年
  • 急性心筋梗塞患者6ケ月追跡調査に基づく食生活の変化とその要因に関する基礎的検討,日本公衆衛生雑誌,Vol. 47,No. 11,2000年
  • タイムスタディに基づく患者重症度別業務時間の分析,日本公衆衛生雑誌,Vol. 47,No. 11,2000年
  • 病棟業務実態調査に基づく看護必要の検討(1)業務実態調査と看護度との比較検討,日本公衆衛生雑誌,Vol. 47,No. 11,2000年
  • 患者の心的情況のフィートバックシステムー告知された早期胃がん患者における心的情況データベース作成のパイロットスタディ-,第20回医療情報学連合大会論文集,Vol. 680-681,2000年
  • 患者情報とタイムスタディデータに基づく看護提供時間推定の試み,第一回看護情報研究会論文集,Vol. 43-44,2000年
  • 看護ケア提供量把握の為の業務時間分析,第一回看護情報研究会論文集,Vol. 45,No. 46,2000年
  • 医療費実態調査研究Patterns of Care Studyによる施設の臨床的精度管理,癌と化学療法,Vol. 27,No. 8,p. 1201-1207,2000年
  • 一般市民の脳卒中に対する知識,脳卒中,Vol. 22,No. 1,2000年
  • 大阪府における乳がんの有病率の推定に関する研究,地域がん登録の精度向上と活用に関する研究,平成11年度報告書,Vol. 95-100,2000年
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討(1),統計数理研究所共同研究リポート126,Vol. 1-234,2000年
  • Information Feedback System for Discharged Patients,Vol. 81,2000年
  • THE AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS OF JAPANESE CANCER INCIDENCES BASED ON THE OSAKA CANCER REGISTRY,Vol. 96,2000年
  • A STUDY OF CANCER PREVALENCE IN OSAKA,Vol. 94,2000年
  • AN INVESTIGATION ON THE NUMBER OF PEOPLE WHO NEEDS CANCER MEDICATION AND/OR AFTER CARE SERVICES,Vol. 76,2000年
  • The nursing job Analysis on 24 hours of a University Hospital,Vol. 45-46,2000年
  • THE AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS OF THE PROPORTIONS OF HYPERTENSION PATIENTS IN JAPAN,BASED ON THE JAPANESE NUTIRITION INTAKE STUDY,Vol. 20(2),636-637/,,2000年
  • An investigation on the number of people who needs cancer medication,Vol. 20(2),640-641/,,2000年
  • The relationship between the depressive status and the life style based on the large follow-up study of acute myocardial infarction,Vol. 20(2),760-761/,,2000年
  • Information feedback system for discharged patients,Asia Pacific Association for Medical Informatics,Vol. 8,2000年
  • AN INVESTIGATION ON THE NUMBER OF PEOPLE WHO NEEDS CANCER MEDICATION AND/OR AFTER CARE SERVICES,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries IACR 2000,Vol. 76,2000年
  • A STUDY OF CANCER PREVALENCE IN OSAKA,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries IACR 2000,Vol. 94,2000年
  • THE AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS OF JAPANESE CANCER INCIDENCES BASED ON THE OSAKA CANCER REGISTRY,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries IACR 2000,Vol. 96,2000年
  • Information Feedback System for Discharged Patients,APAMI-MIC2000 IT & Health in the 21st Century,Vol. 81,2000年
  • A STUDY OF CANCER PREVALENCE IN OSAKA,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries,2000年
  • THE AGE-PERID-COHORT ANALYSIS OF JAPANESE CANCER INCIDENCES BASED ON THE OSAKA CAHCER REGISTRY,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries,2000年
  • AN INVESTIGATION ON THE NUMBER OF PEOPLE WHO NEEDS CANCER MEDICATION AND/OR AFTER ACRE SERVICES,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries,2000年
  • AN INVESTIGATION ON THE NUMBER OF PEOPLE WHO NEEDS CANCER MEDICATION AND/OR AFTER ACRE SERVICES,The 22nd Annual Meeting of The International Association of Cancer Registries,2000年
  • COMPARISON OF THE THRESHOLD VALUE OF SITA WITH THAT OF CONVENTIONAL PERIMETRY BY HUM,ARVO,Vol. 41,No. 4,2000年
  • Information Feedback System for Discharged Patients,APAMI-MIC2000 IT & Health in the 21st Century,2000年
  • BAISIAN AGE-PERIOD-COHORT ANALYSIS ON LIVER CANCER INCIDENCE,JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH,Vol. 47,No. 11,2000年
  • An Investigation on the Number of People Who Needs Cancer Medication,20th JCMI,Vol. 680-681,2000年
  • The Relationship Between the Depressive Status and the Life Style Based on the Large Follow-up Study of Acute Myocardial Infarction,20th JCMI,Vol. 760-761,2000年
  • An Investigation on the Number5 of People Who Needs Cancer Medication,20th JCMI,Vol. 640-641,2000年
  • The Age-Period-Cohort Analysis of the Proportions of Hypertention Patients in Japan ,Based on the Japanese Nutrition Intake Study,20th JCMI,Vol. 636-637,2000年
  • ESTIMEATION FOR THE NURSING CARE TIME WIOTH PATIENT'SINFOMATION AND THEM STUDY DATA,Vol. 43-44,2000年
  • CLINICALK MEDICATION MANAGEMENT WITH PCS STUDY,CANCER AND CHEMOTHERAPY,Vol. 27,No. 8,p. 1201-1207,2000年
  • THE CITIZN'S INFORMATIONS FOR THE STROKE IN JAPAN,Vol. 22,No. 1,2000年
  • THE CITIZN'S IMAGE FOR THE STROKE IN JAPAN,Vol. 22,No. 1,2000年
  • BME FOR THE 21st HELTH,MEDICAL AND WELFARE SYSTEM,BME,Vol. 14,No. 1,p. 25-28,2000年
  • The Prevalence and the Characteristics of Shoulder Stiffness and Its Relationship with Mental Stress and the General States Evaluated According to the Theory of Oriental Medicine Among High School Students,Health Sciences,Vol. 16,No. 3,p. 223-235,2000年
  • THE ESTIMATION OF THE PREVALENCE OF BREAST CANCER IN OSAKA,Vol. 95-100,2000年
  • THE HEALTH CARE,WELFARE AND EDUCATION SYSTEM FOR THE 21st,Vol. 1-234,2000年
  • 医療実態調査研究(PCS)による放射線治療の診療過程及び治療結果の定量評価法の開発,谷貞 和明,手島 昭樹,大野 ゆう子,井上 俊彦,平岡 真寛,阿部 光幸,池田 恢,日本医学放射線学会雑誌,(公社)日本医学放射線学会,Vol. 60,No. 1,p. 52-52,2000年01月
  • 【21世紀のBMEタイムテーブル】保健医療システムとBME,大野 ゆう子,BME,(公社)日本生体医工学会,Vol. 14,No. 1,p. 25-28,2000年01月
  • 高齢社会における保健医療提供人員数推計のための医療需要度別患者モデルの構築,村田加奈子,大野ゆう子,辻聡子,辻本朋美,杉山裕美,医療情報学連合大会論文集,Vol. 19th,p. 982-983,1999年11月25日
  • タイムスタディに基づくケア提供と看護量測定尺度の実証的検討,佐伯有香,大野ゆう子,辻聡子,杉田塩,稲邑清也,左近賢人,安藤邦子,藤本春美,武田裕,医療情報学連合大会論文集,Vol. 19th,p. 922-923,1999年11月25日
  • タイムスタディに基づく患者重症度別業務量の比較,杉田塩,大野ゆう子,辻聡子,国府裕子,稲邑清也,左近賢人,安藤邦子,藤本春美,武田裕,医療情報学連合大会論文集,Vol. 19th,p. 920-921,1999年11月25日
  • 大規模調査研究におけるデータベース管理の問題点と在り方,笹井靖子,大野ゆう子,辻聡子,村田加奈子,医療情報学連合大会論文集,Vol. 19th,p. 998-999,1999年11月25日
  • 退院後患者による退院指導評価と退院後生活調査 患者情報フィードバックシステム案の検討,石田英代,竹村匡正,杉田塩,南江由記子,大野ゆう子,森口直子,浜口弘子,織田百代,長谷川利典,医療情報学連合大会論文集,Vol. 19th,p. 256-257,1999年11月25日
  • 電話相談の医療情報提供能力の評価,三浦早苗,中山博文,大野ゆう子,亀山正邦,山口武典,医療情報学連合大会論文集,Vol. 19th,p. 976-977,1999年11月25日
  • Standardization of Job Analysis and Cost Aalysis in Departments of Radiotherapy and Surgery by Employing Computerized Database,INAMURA Kiyonari,HARAUCHI Hajime,SUGITA Shio,OHNO Yuko,FUJIMOTO Harumi,SAKON Masato,MONDEN Morito,TAKEDA Hiroshi,INOUE Takehiro,INOUE Toshihiko,UMEDA Tokuo,放射線医学物理,Vol. 61,p. 316-319,1999年11月05日
  • Standardization of job analysis and cost analysis in departments of radiotherapy and surgery by employing computerized database,K. Inamura,H. Harauchi,S. Sugita,Y. Ohno,H. Fujimoto,M. Sakon,M. Monden,H. Takeda,Ta. Inoue,To. Inoue,T. Umeda,Japanese Journal ofMedicalPhysics Vol. 19Suppl. 61 (P.316-319),Vol. Vol. 19Suppl. 61 (P.316-319),1999年11月
  • タイムスタディに基づく患者重症度別業務量の比較,杉田 塩,大野 ゆう子,辻 聡子,佐伯 有香,稲邑 清也,原内 一,飯沼 正博,金原 素子,中村 基子,国府 裕子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 19回,p. 920-921,1999年11月
  • タイムスタディに基づくケア提供と看護量測定尺度の実証的検討,佐伯 有香,大野 ゆう子,辻 聡子,杉田 塩,稲邑 清也,原内 一,飯沼 正博,金原 素子,中村 基子,国府 裕子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 19回,p. 922-923,1999年11月
  • 電話相談の医療情報提供能力の評価,三浦 早苗,中山 博文,大野 ゆう子,亀山 正邦,山口 武典,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 19回,p. 976-977,1999年11月
  • 高齢社会における保健医療提供人員数推計のための医療需要度別患者モデルの構築,村田 加奈子,大野 ゆう子,辻 聡子,辻本 朋美,杉山 裕美,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 19回,p. 982-983,1999年11月
  • 大規模調査研究におけるデータベース管理の問題点と在り方,笹井 靖子,大野 ゆう子,辻 聡子,村田 加奈子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 19回,p. 998-999,1999年11月
  • 退院後患者による退院指導評価と退院後生活調査 患者情報フィードバックシステム案の検討,石田 英代,竹村 匡正,杉田 塩,南江 由記子,大野 ゆう子,芦田 信之,窪田 英明,小室 多恵子,森口 直子,濱口 弘子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 19回,p. 256-257,1999年11月
  • 携帯型ボイスレコーダーを使用した看護業務タイムスタディ,窪田英明,河田由紀子,石田英代,竹村匡正,田中初美,南江由記子,寒川義純,星雅丈,芦田信之,長谷川利典,東家千佳子,今村ミチ子,森口直子,濱口弘子,織田百代,第19回医療情報学連合大会論文集,652‐653,Vol. 652‐653,1999年11月
  • タイムスタディに基づくケア提供と看護量測定尺度の実証的検討,佐伯有香,大野ゆう子,辻聡子,杉田塩,稲邑清成,原内一,飯沼正博,金原素子,中村基子,国府裕子,門田守人,左近賢人,安藤邦子,藤本春美,武田裕,第19回医療情報学連合大会論文集,922-923,Vol. 922-923,1999年11月
  • 高齢社会における保健医療提供人員数推計のための医療需要度別患者モデルの構築,村田加奈子,大野ゆう子,辻聡子,辻本朋美,杉山裕美,第19回医療情報学連合大会論文集,982-983,Vol. 982-983,1999年11月
  • 大規模調査研究におけるデータベース管理の問題点と在り方,笹井靖子,大野ゆう子,辻聡子,村田加奈子,第19回医療情報学連合大会論文集,998-999,Vol. 998-999,1999年11月
  • 電話相談の医療情報提供能力の評価,三浦早苗,中山博文,大野ゆう子,亀山正弘,山口武典,第19回医療情報学連合大会論文集,976-977,Vol. 976-977,1999年11月
  • タイムスタディに基づく患者重症度別業務量の比較,杉田塩,大野 ゆう子,辻 聡子,佐伯 有香,稲邑 清也,原内 一,飯沼 正博,金原素子,中村基子,国府裕子,門田 守人,左近 賢人,安藤 邦子,藤本 春美,武田 裕,第19回医療情報学連合大会論文集,920-921,Vol. 920-921,1999年11月
  • 退院後患者による退院指導評価と退院後生活調査-患者情報フィードバックシステム案の検討-,石田英代,竹村匡正,杉田塩,南江由記子,大野ゆう子,芦田信之,窪田英明,小室多恵子,森口直子,濱口弘子,織田百代,長谷川利典,第19回医療情報学連合大会論文集,256‐257,第19回医療情報学連合大会論文集,Vol. 256-257,1999年11月
  • 甲状腺疾患の術後頚部創における有効な創傷管理,東村昌代,藤野博美,藤本春美,辻聡子,大野ゆう子,芝英一,甲状腺外科研究会,Vol. 32nd,1999年10月28日
  • 高校生の健康レベルおよび関連因子に関する研究,大野ゆう子,樋口智子,浦野友子,村田加奈子,杉山裕美,辻本朋美,笹井靖子,三浦早苗,辻聡子(大阪大,保健,矢野忠,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),542L,Vol. 46(10),542L/,,1999年10月
  • 高校生における学年、進路別にみた健康とライフスタイルの特性,村田加奈子,大野ゆう子,辻聡子,浦野友子,樋口智子,健,藤田麻里,矢野忠,明治,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),543R,Vol. 46(10),543R/,,1999年10月
  • 高校生における心身健康レベルの妥当性検討,浦野友子,大野ゆう子,辻聡子,樋口智子,村田加奈子,辻本朋美,杉山裕美,笹井靖子,三浦早苗,藤田麻里,矢野忠,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),542,Vol. 46(10),542/,,1999年10月
  • 視機能の測定と評価に関する研究-プロ野球選手の視機能-,杉山裕美,大野ゆう子,辻聡子,田村知則,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),230,Vol. 46(10),230/,,1999年10月
  • 脳卒中の知識教育のあり方に関する一考察,辻本朋美,辻本朋美,大野ゆう子,三浦早苗,中山博文,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),242R,Vol. 46(10),242R/,,1999年10月
  • 外来患者における服薬コンプライアンス関連要因の検討,辻聡子,大野ゆう子,菅生綾子,三宮信江,中原藤子,山本優子,藤田洋子,安藤邦子,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),346,Vol. 46(10),346/,,1999年10月
  • 急性心筋梗塞患者の発症危険因子と関連付けた生活習慣に対する認識,笹井靖子,大野ゆう子,辻聡子,村田加奈子,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),425L,1999年10月
  • 脳卒中意識調査に基づく高齢者における生活習慣の意識と実際,三浦早苗,中山博文,大野ゆう子,辻本朋美,亀山正邦,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),242,Vol. 46(10),242/,,1999年10月
  • タイムスタディに基づく病棟医師、看護業務の実態分析,杉田塩,大野ゆう子,辻聡子,佐伯有香,稲邑清成,原内一,飯沼正博,金原素子,中村基子,竹下英之,国府裕子,門田守人,左近賢人,藤本春美,安藤邦子,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),185,Vol. 46(10),185/,,1999年10月
  • 病棟看護業務の構成要素についての考察-タイムスタディに基づく業務専門性分析による-,佐伯有香,大野ゆう子,辻聡子,杉田塩,石田英代,杉山裕美,平河勝美,藤本春美,坂藤昌子,安藤邦子,日本公衆衛生雑誌(第58回日本公衆衛生学会総会抄録集),46(10),185,Vol. 46(10),185/,,1999年10月
  • 病棟看護業務の構成要素についての考察 タイムスタディに基づく業務専門性分析による,佐伯 有香,大野 ゆう子,辻 聡子,杉田 塩,石田 英代,杉山 裕美,平河 勝美,藤本 春美,坂藤 昌子,安藤 邦子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 185-185,1999年10月
  • 外来患者における服薬コンプライアンス関連要因の検討,辻 聡子,大野 ゆう子,菅生 綾子,三宮 信江,中原 藤子,山本 優子,藤田 洋子,安藤 邦子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 346-346,1999年10月
  • 脳卒中の知識教育のあり方に関する一考察,辻本 朋美,大野 ゆう子,三浦 早苗,中山 博文,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 242-242,1999年10月
  • 高校生における学年、進路別にみた健康とライフスタイルの特性,村田 加奈子,大野 ゆう子,辻 聡子,浦野 友子,樋口 智子,藤田 麻里,矢野 忠,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 543-543,1999年10月
  • 高校生における心身健康レベルの妥当性検討,浦野 友子,大野 ゆう子,辻 聡子,樋口 智子,村田 加奈子,辻本 朋美,杉山 裕美,佐伯 有香,笹井 靖子,三浦 早苗,藤田 麻里,矢野 忠,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 542-542,1999年10月
  • 高校生の健康レベルおよび関連因子に関する研究,大野 ゆう子,樋口 智子,浦野 友子,村田 加奈子,杉山 裕美,辻本 朋美,笹井 靖子,三浦 早苗,辻 聡子,矢野 忠,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 542-542,1999年10月
  • 脳卒中意識調査に基づく高齢者における生活習慣の意識と実際,三浦 早苗,中山 博文,大野 ゆう子,辻本 朋美,亀山 正邦,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 573-573,1999年10月
  • タイムスタディに基づく病棟医師、看護業務の実態分析,杉田 塩,大野 ゆう子,辻 聡子,佐伯 有香,稲邑 清也,原内 一,飯沼 正博,金原 素子,中村 基子,竹下 英之,国府 裕子,門田 守人,左近 賢人,藤本 春美,安藤 邦子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 185-185,1999年10月
  • 急性心筋梗塞患者の発症危険因子と関連付けた生活習慣に対する認識,笹井 靖子,大野 ゆう子,辻 聡子,村田 加奈子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 425-425,1999年10月
  • 視機能の測定と評価に関する研究 プロ野球選手の視能力,杉山 裕美,大野 ゆう子,辻 聡子,田村 知則,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 58回,p. 230-230,1999年10月
  • 甲状腺疾患の術後頸部創における有効な創傷管理,東村 昌代,藤野 博美,藤本 春美,辻 聡子,大野 ゆう子,芝 英一,甲状腺外科研究会,甲状腺外科研究会,Vol. 32回,p. 53-53,1999年10月
  • 業務調査結果からみた消化器外科臨床研修システムにおける21世紀の課題,左近 賢人,大野 ゆう子,稲邑 清也,藤本 春美,永野 浩昭,大植 雅之,冨田 尚裕,辻仲 利政,塩崎 均,門田 守人,日本外科系連合学会誌,日本外科系連合学会,Vol. 24,No. 3,p. 379-379,1999年06月
  • 大学院医学系研究科保健学専攻における医用物理学・工学領域大学院教育,稲邑 清也,大野 ゆう子,長谷川 利典,日本医学放射線学会雑誌,(公社)日本医学放射線学会,Vol. 59,No. 7,p. 358-358,1999年06月
  • 放射線治療における対費用効果比の分析に関する研究,稲邑 清也,井上 俊彦,大野 ゆう子,池田 恢,山下 孝,安藤 裕,山口 直人,土器屋 卓志,広川 裕,日本医学放射線学会雑誌,(公社)日本医学放射線学会,Vol. 59,No. 7,p. 360-360,1999年06月
  • 業務効率からみた大学附属病院における最適業務時間配分・評価に関する研究,杉田塩,大野ゆう子,辻聡子,石田英代,佐伯有香,安藤邦子,藤本春美,坂藤昌子,武田裕,医療情報学,Vol. 19,No. Suppl.,p. 80-81,1999年05月31日
  • 業務効率からみた大学付属病院における最適業務時間配分・評価に関する研究,杉田 塩,大野 ゆう子,辻 聡子,石田 英代,佐伯 有香,稲邑 清也,原内 一,飯沼 正博,井上 俊彦,井上 武宏,門田 守人,左近 賢人,安藤 邦子,藤本 春美,坂藤 昌子,武田 裕,医療情報学 = Japan journal of medical informatics,Vol. 19,p. 80-81,1999年05月31日
  • 業務効率からみた大学附属病院における最適業務時間配分・評価に関する研究,杉田 塩,大野 ゆう子,辻 聡子,石田 英代,佐伯 有香,稲邑 清也,原内 一,飯沼 正博,井上 俊彦,井上 武宏,門田 守人,左近 賢人,安藤 邦子,藤本 春美,坂藤 昌子,武田 裕,医療情報学,(一社)日本医療情報学会,Vol. 19,No. Suppl.,p. 80-81,1999年05月
  • Construction of a Job Analysis System for Optimizing Workflows and Medical Staffs Deployment in Hospital,Harauchi H,Sugita S,Inamura K,Ohno Y,Inoue T,Inoue T,Monden M,Radiological Sosiety of North America Scientific Assembly and Annual Meeting Program 1999,213(P),263,RADIOLOGICAL SOC NORTH AMER,Vol. 213P,p. 263-263,1999年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Computerized database for job analysis in departments of radiotherapy and surgery,Harauchi H,Inamura K,Sugita S,Ohno Y,Fujimoto H,Sakon M,Monden M,Bando M,Inoue T,Inoue T,CARS’99,426-429,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1191,p. 426-429,1999年04月
  • 脳卒中についての理解度に関する研究,中山博文,三浦早苗,大野ゆう子,山口武典,亀山正邦,松岡正己,久保田稔,恵谷秀紀,今泉昌利,住友海上火災研究助成報告書,114-117,Vol. 114-117,1999年04月
  • The characteristics of SITA program on HFA,Iwase A,Ohno Y,Tsuji S,Kitazawa Y,Perimetry Update 1998/1999: Wall M, Wild LM (eds) Kugler Pub,9-10,Vol. 9月10日,1999年04月
  • 消化器外科研修医の業務調査結果からみた消化器外科における21世紀の展望,左近賢人,大野 ゆう子,稲邑 清也,藤本 春美,永野 浩昭,大植 雅之,富田 尚祐,辻仲 利政,塩崎 均,門田 守人,第24回日本外科系連合学会学術集会,,1999年04月
  • 業務効率から見た大学附属病院における最適業務時間配分・評価に関する研究,杉田塩,大野ゆう子,辻聡子,石田英代,佐伯有香,稲邑清成,原内一,飯沼正博,井上俊彦,井上武宏,門田守人,左近賢人,安藤邦子,藤本春美,坂藤昌子,武田裕,第3回日本医療情報学会シンポジウム「医療のリエンジニアリングと医療情報学」,19((Suppl)),80-81,Vol. 80-81,1999年04月
  • The characteristics of SITA program on HFA,Iwase A,Ohno Y,Tsuji S,Kitazawa Y,International Perimetric Society 13th Visual Field Symposium , Riviera, Italy,41,Vol. 41,1999年04月
  • Analysis of Inquieries made to Telephone Consultation Service of the Japan Stroke Association,Miura S,Nakayama H,Ohno Y,Kameyama M,Yamaguchi T,CVD in ASIA,,1999年04月
  • 業務効率から見た大学附属病院における最適業務時間配分・評価に関する研究,杉田 塩,大野ゆう子,辻 聡子,石田英代,佐伯有香,稲邑清也,原内 一,飯沼正博,井上俊彦,井上武宏,門田守人,左近賢人,安藤邦子,藤本春美,坂藤昌子,武田 裕,第3回日本医療情報学会シンポジウム「日本のリエンジニアリングと医療情報学」, (Suppl.)(P.80-81),Vol. (P.80-81),1999年04月
  • Validation of Defining Characteristics of Body Image Disturbance in Japan,Ogasawara C,Matsuki M,Egawa T,Ohno Y,Masutani E,Yamamoto Y,Kume Y,Nursing Diagnosis,10,15-20,Vol. 9,p. 15-20,1999年04月
  • 甲状腺疾患の術後創における患者のニーズに応じた創傷管理,東村昌代,藤野博美,藤本春美,辻聡子,大野ゆう子,大阪大学看護学雑誌,5(1),48-55,Vol. 5,No. 1,p. 48-55,1999年04月
  • 甲状腺疾患の術後創における患者のニーズに応じた創傷管理,東村 昌代,藤野 博美,藤本 春美,辻 聡子,大野 ゆう子,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 5,No. 1,p. 48-55,1999年03月
  • 脳卒中の疾患イメージに関する研究,中山博文,三浦早苗,大野ゆう子,恵谷秀紀,今泉昌利,芦田敬一,大和証券ヘルス財団研究業績集,Vol. 22,p. 157-162,1999年02月20日
  • 脳卒中の疾患イメージに関する研究,中山 博文,三浦 早苗,大野 ゆう子,恵谷 秀紀,今泉 昌利,芦田 敬一,大和証券ヘルス財団研究業績集,(公財)大和証券ヘルス財団,Vol. 157-162,No. 22,p. 157-162,1999年02月
  • Validation of the defining characteristics of body image disturbance,C Ogasawara,T Egawa,E Masutani,Y Kume,M Matsuki,Y Ohno,Y Yamamoto,CLASSIFICATION OF NURSING DIAGNOSES, PROCEEDINGS,CINAHL CUMULATIVE INDEX NURSING ALLIED HLTH LITERATURE,Vol. 10,15-20/,,p. 494-499,1999年
  • 携帯型ボイスレコーダーを使用した看護業務タイムスタディ,第19回医療情報学連合大会論文集,652‐653,Vol. 652‐653,1999年
  • 退院後に生活する上で大切なことは何ですか.,毎日ライフ,Vol. 30,p. 80-84,1999年
  • The characteristics of SITA program on HFA,Vol. 9月10日,1999年
  • The characteristics of SITA program on HFA,Vol. 41,1999年
  • Analysis of Inquieries made to Telephone Consultation Service of the Japan Stroke Association,1999年
  • Computerized database for job analysis in departments of radiotherapy and surgery,H Harauchi,K Inamura,S Sugita,Y Ohno,H Fujimoto,M Sakon,M Monden,M Bando,T Inoue,T Inouei,CARS '99: COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1191,p. 426-429,1999年
  • The Development of a New Dressing Method for the Prohibition of Post-Operative Hypertrophic Scar of Female Patients with Thyroid Diseases,Vol. 5(1),48-55/,,1999年
  • Evaluation of discharge teaching and investigation of discharged patient's life,Vol. 256‐257,1999年
  • Validation of the defining characteristics of body image disturbance in Japan.,C. Ogasawara,M. Matsuki,T. Egawa,Y. Ohno,E. Masutani,Y. Yamamoto,Y. Kume,Nursing diagnosis : ND : the official journal of the North American Nursing Diagnosis Association,Vol. 10,No. 1,p. 15-20,1999年
  • 甲状腺術後創傷管理法の患者自己選択ガイドラインの検討,辻 聡子,大野 ゆう子,東村 昌代,藤野 博美,藤本 春美,日本看護科学会誌,Vol. 18,No. 4,p. 416-417,1998年12月03日
  • 甲状腺疾患における創傷管理のフローチャート作成と看護支援の効果,東村 昌代,藤野 博美,藤本 春美,辻 聡子,大野 ゆう子,日本看護科学会誌,Vol. 18,No. 4,p. 418-419,1998年12月03日
  • 甲状腺疾患における術後創傷管理と看護介入の評価,東村 昌代,藤野 博美,藤本 春美,大野 ゆう子,辻 聡子,日本看護学会論文集: 看護総合,日本看護学会,Vol. 35-36,No. 29,p. 35-36,1998年12月
  • 未病理論に基づく自己健康チェックシステムの開発 東洋医学理論を導入した自己健康管理,笹井 靖子,大野 ゆう子,飯沼 正博,辻 聡子,藤田 麻里,岡本 芳幸,矢野 忠,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 18回,p. 712-713,1998年11月
  • 多次元因子からみた高校生のライフスタイル,柿澤満絵,大野ゆう子,辻聡子,三浦早苗,木下真里,吉本菜津子,矢野忠,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),489,Vol. 45(10),489/,,1998年11月
  • 高校生の進路別学年別心身健康度の比較,吉本菜津子,大野ゆう子,辻聡子,柿澤満絵,木下真里,三浦早苗,矢野忠,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),490,Vol. 45(10),490/,,1998年11月
  • 看護婦と高校生におけるストレスと精神状態の比較,木下真里,大野ゆう子,辻聡子,柿澤満絵,舩橋舞,三浦早苗,吉本菜津子,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),597,Vol. 45(10),597/,,1998年11月
  • 看護テキストにおける栄養・食事の記述と病院給食内容との比較検討,上田康代,大野ゆう子,辻聡子,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),684,Vol. 45(10),684/,,1998年11月
  • 高校生における生活環境の違いによる心身健康状態の比較,藤田麻里,矢野忠,大野ゆう子,辻聡子,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),490,Vol. 45(10),490/,,1998年11月
  • 高校生における生活習慣、生活満足度が心身の健康度に及ぼす影響,三浦早苗,大野ゆう子,辻聡子,吉本菜津子,柿澤満絵,木下真里,矢野忠,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),489,Vol. 45(10),489/,,1998年11月
  • 大規模臨床調査研究におけるClinical Research Coordinator(CRC)の導入と役割,笹井靖子,大野ゆう子,辻聡子,三浦早苗,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),164,Vol. 45(10),164/,,1998年11月
  • 治療法選択における評価基準の定量化に関する研究,大野 ゆう子,辻 聡子,三浦 早苗,笹井 靖子,稲邑 清也,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 18回,p. 706-707,1998年11月
  • 大規模臨床調査研究におけるClinical Research Coordinator(CRC)の導入と役割,笹井靖子,大野ゆう子,辻聡子,三浦早苗,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),164,1998年11月
  • 看護テキストにおける栄養・食事の記述と病院給食内容との比較検討,上田康代,大野ゆう子,辻聡子,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),684,1998年11月
  • 高校生における生活環境の違いによる心身健康状態の比較,藤田麻里,矢野忠,大野ゆう子,辻聡子,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),490,1998年11月
  • 高校生における生活習慣、生活満足度が心身の健康度に及ぼす影響,三浦早苗,大野ゆう子,辻聡子,吉本菜津子,柿澤満絵,木下真里,矢野忠,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),489,1998年11月
  • 高校生の進路別学年別心身健康度の比較,吉本菜津子,大野ゆう子,辻聡子,柿澤満絵,木下真里,三浦早苗,矢野忠,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),490,1998年11月
  • 看護婦と高校生におけるストレスと精神状態の比較,木下真里,大野ゆう子,辻聡子,柿澤満絵,舩橋舞,三浦早苗,吉本菜津子,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),597,1998年11月
  • 多次元因子からみた高校生のライフスタイル,柿澤満絵,大野ゆう子,辻聡子,三浦早苗,木下真里,吉本菜津子,矢野忠,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),489,1998年11月
  • 視野感度閾値検査における測定所要時間と測定値変動との関連分析,大野ゆう子,辻聡子,岩瀬愛子,北澤克明,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),180,1998年11月
  • 未病理論に基づく自己健康チェックシステムの開発ー東洋医学理論を導入した自己健康管理ー,笹井靖子,大野ゆう子,飯沼正博,辻聡子,藤田麻里,岡本芳幸,矢野忠,第18回医療情報学連合大会論文集,712-713,1998年11月
  • タイムスタディに基づく医療費原価試算の試みー第一報 病棟多職種職員および患者のタイムスタディ結果ー,大野ゆう子,稲邑清也,井上俊彦,井上武宏,門田守人,左近賢人,安藤邦子,藤本春美,坂藤昌子,原内一,辻聡子,笹井靖子,三浦早苗,中村基子,武田裕,第18回医療情報学連合大会論文集,708-709,1998年11月
  • 治療法選択における評価基準の定量化に関する研究,大野ゆう子,辻聡子,三浦早苗,笹井靖子,稲邑清也,第18回医療情報学連合大会論文集,706-707,Vol. 706-707,1998年11月
  • タイムスタディに基づく医療費原価試算の試み 第一報 病棟多職種職員および患者のタイムスタディ結果,大野ゆう子,稲邑清也,井上俊彦,井上武宏,門田守人,坂藤昌子,三浦早苗,中村基子,武田裕,医療情報学連合大会論文集,Vol. 18th,p. 708-709,1998年11月
  • 未病理論に基づく自己健康チェックシステムの開発 東洋医学理論を導入した自己健康管理,笹井靖子,大野ゆう子,飯沼正博,辻聡子,藤田麻里,岡本芳幸,矢野忠,医療情報学連合大会論文集,Vol. 18th,p. 712-713,1998年11月
  • 治療法選択における評価基準の定量化に関する研究,大野ゆう子,辻聡子,三浦早苗,笹井靖子,稲邑清也,医療情報学連合大会論文集,Vol. 18th,p. 706-707,1998年11月
  • 甲状腺疾患における創傷管理のフローチャート作成と看護支援の効果,東村昌代,藤野博美,藤本春美,辻聡子,大野ゆう子,日本看護科学学会学術集会講演集,Vol. 18th,p. 418-419,1998年11月
  • 甲状腺術後創傷管理法の患者自己選択ガイドラインの検討,辻聡子,大野ゆう子,東村昌代,藤野博美,藤本春美,日本看護科学学会学術集会講演集,Vol. 18th,p. 416-417,1998年11月
  • 甲状腺術後創傷管理法の患者自己選択ガイドラインの検討,辻 聡子,大野 ゆう子,東村 昌代,藤野 博美,藤本 春美,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 18回,p. 416-417,1998年11月
  • 甲状腺疾患における創傷管理のフローチャート作成と看護支援の効果,東村 昌代,藤野 博美,藤本 春美,辻 聡子,大野 ゆう子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 18回,p. 418-419,1998年11月
  • タイムスタディに基づく医療費原価試算の試み(第1報) 病棟多職種職員及び患者のタイムスタディ結果,大野 ゆう子,稲邑 清也,井上 俊彦,井上 武宏,門田 守人,左近 賢人,安藤 邦子,藤本 春美,坂藤 昌子,原内 一,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 18回,p. 708-709,1998年11月
  • 視野検査法別の測定時間に関する特性の比較,辻 聡子,大野 ゆう子,岩瀬 愛子,北澤 克明,Health Sciences,日本健康科学学会,Vol. 14,No. 4,p. 222-223,1998年10月
  • 東洋医学的視点から見た高校生のライフスタイル,藤田 麻里,矢野 忠,笹井 靖子,三浦 早苗,辻本 朋美,村田 加奈子,辻 聡子,大野 ゆう子,Health Sciences,日本健康科学学会,Vol. 14,No. 4,p. 226-227,1998年10月
  • 高校生のライフスタイルと健康に関する因子分析を用いた検討,笹井 靖子,大野 ゆう子,浦野 友子,樋口 智子,三浦 早苗,辻 聡子,藤田 麻里,矢野 忠,Health Sciences,日本健康科学学会,Vol. 14,No. 4,p. 230-231,1998年10月
  • 視野感度閾値検査における測定所要時間と測定値変動との関連分析,大野 ゆう子,辻 聡子,岩瀬 愛子,北澤 克明,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 57回,p. 180-180,1998年10月
  • 多次元因子からみた高校生のライフスタイル,柿澤 満絵,大野 ゆう子,辻 聡子,三浦 早苗,木下 真里,吉本 菜津子,矢野 忠,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 57回,p. 489-489,1998年10月
  • 看護婦と高校生におけるストレスと精神状態の比較,木下 真里,大野 ゆう子,辻 聡子,柿澤 満絵,舩橋 舞,三浦 早苗,吉本 菜津子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 57回,p. 597-597,1998年10月
  • 大規模臨床調査研究におけるClinical Research Coordinator(CRC)の導入と役割,笹井 靖子,大野 ゆう子,辻 聡子,三浦 早苗,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 57回,p. 164-164,1998年10月
  • 浮腫のアセスメントとケア 現代西洋医学と東洋医学の視点から,北村 有子,大野 ゆう子,矢野 忠,辻 聡子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 57回,p. 235-235,1998年10月
  • 高校生における生活環境の違いによる心身健康状態の比較,藤田 麻里,矢野 忠,大野 ゆう子,辻 聡子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 57回,p. 490-490,1998年10月
  • 高校生の進路別学年別心身健康度の比較,吉本 菜津子,大野 ゆう子,辻 聡子,柿沢 満絵,木下 真里,三浦 早苗,矢野 忠,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 57回,p. 490-490,1998年10月
  • 視野感度いき値検査における測定所要時間と測定値変動との関連分析,大野ゆう子,辻聡子,岩瀬愛子,北沢克明,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 57th,1998年10月
  • 看護テキストにおける栄養・食事の記述と病院給食内容との比較検討,上田 康代,大野 ゆう子,辻 聡子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 57回,p. 684-684,1998年10月
  • 高校生における生活習慣、生活満足度が心身の健康度に及ぼす影響,三浦 早苗,大野 ゆう子,辻 聡子,吉本 奈津子,柿澤 満絵,木下 真里,矢野 忠,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 57回,p. 489-489,1998年10月
  • 大学院医学系研究科保健学専攻における医用物理学 ・ 工学領域の大学院教育,稲邑 清也,大野 ゆう子,長谷川 利典,放射線医学物理,Vol. 57,p. 208-210,1998年09月18日
  • 放射線治療における対費用効果比の分析に関する研究,稲邑 清也,井上 俊彦,池田 恢,山下 孝,安藤 裕,山口 直人,土器屋 卓志,広川 裕,大野 ゆう子,放射線医学物理,Vol. 57,p. 244-247,1998年09月18日
  • 甲状腺疾患における術後創傷管理プロトコルと看護介入マニュアルの作成と実施について,東村昌代,藤野博美,藤本春美,大野ゆう子,辻聡子,日本看護学会抄録集 看護総合,Vol. 29th,1998年07月
  • STATPAC for SITAによる緑内障視野判定,岩瀬愛子,白木玲子,辻聡子,大野ゆう子,山本哲也,北澤克明,第9回日本緑内障学会,,1998年04月
  • SITAプログラムにおける緑内障眼の感度閾値の変動,岩瀬愛子,白木玲子,辻聡子,大野ゆう子,北澤克明,日本眼科学会雑誌,102(臨時増刊号),158,Vol. 102(臨時増刊号),158/,,1998年04月
  • NANDA看護診断ラベルの適切性の評価,山本裕子,松木光子,大谷英子,江川隆子,小笠原知枝,大野ゆう子,看護診断,3(1),100-107,Vol. 3(1),100-107/,,1998年04月
  • 看護診断カテゴリーの「使用頻度」「重要度」に関する研究,大谷英子,松木光子,山本裕子,小笠原知枝,江川隆子,大野ゆう子,看護診断,3(1),90-99,Vol. 3(1),90-99/,,1998年04月
  • 在宅経気管人工換気療法の気道浄化看護に関する研究,徳山祥子,川村佐和子,数間恵子,牛込三和子,輪湖史子,大野ゆう子,日本呼吸管理学会誌,(7),213-218,Vol. (7),213-218/,,1998年04月
  • SITAプログラムによる繰り返し測定の比較,岩瀬愛子,白木玲子,辻聡子,大野ゆう子,北澤克明,第52回日本臨床眼科学会,,1998年04月
  • SITAにおける正常眼感度閾値の年齢変化,岩瀬愛子,白木玲子,辻聡子,大野ゆう子,北澤克明,第52回日本臨床眼科学会,,1998年04月
  • SITAプログラムにおける緑内障眼の感度閾値の変動,岩瀬愛子,白木玲子,辻聡子,大野ゆう子,北澤克明,日本眼科学会雑誌,102(臨時増刊号),158,Vol. 102,No. 臨床増刊,1998年04月
  • SITAプログラムによる繰り返し測定の比較,岩瀬愛子,白木玲子,辻聡子,大野ゆう子,北澤克明,第52回日本臨床眼科学会,,1998年04月
  • SITAにおける正常眼感度閾値の年齢変化,岩瀬愛子,白木玲子,辻聡子,大野ゆう子,北澤克明,第52回日本臨床眼科学会,,1998年04月
  • STATPAC for SITAによる緑内障視野判定,岩瀬愛子,白木玲子,辻聡子,大野ゆう子,山本哲也,北澤克明,第9回日本緑内障学会,,1998年04月
  • 高校生のライフスタイルと健康に関する因子分析を用いた検討,笹井靖子,大野ゆう子,浦野友子,樋口智子,三浦早苗,辻聡子,藤田麻里,矢野忠,日本健康科学学会誌(第14回日本健康科学学会),14(4),230-231,Vol. 14,No. 4,p. 230-231,1998年04月
  • 高校生における心身健康状態別にみた生活習慣、生活満足度,三浦早苗,大野ゆう子,佐伯有香,杉山裕美,笹井靖子,辻聡子,藤田麻里,矢野忠,日本健康科学学会誌(第14回日本健康科学学会),14(4),228-229,Vol. 14,No. 4,p. 228-229,1998年04月
  • 東洋医学的視点から見た高校生のライフスタイル,藤田麻里,矢野忠,笹井靖子,三浦早苗,辻本朋美,村田加奈子,辻聡子,大野ゆう子,日本健康科学学会誌(第14回日本健康科学学会),14(4),226-227,Vol. 14,No. 4,p. 226-227,1998年04月
  • 在宅経気管人工換気療法の気道浄化看護に関する研究,徳山祥子,川村佐和子,数間恵子,牛込三和子,輪湖史子,大野ゆう子,日本呼吸管理学会誌,(7),213-218,Vol. 7,p. 213-218,1998年04月
  • NANDA看護診断ラベルの適切性の評価,山本裕子,松木光子,大谷英子,江川隆子,小笠原知枝,大野ゆう子,看護診断,3(1),100-107,Vol. 3,p. 100-107,1998年04月
  • 看護診断カテゴリーの「使用頻度」「重要度」に関する研究,大谷英子,松木光子,山本裕子,小笠原知枝,江川隆子,大野ゆう子,看護診断,3(1),90-99,Vol. 3,p. 90-99,1998年04月
  • 視野検査法別の測定時間に関する特性の比較,辻聡子,大野ゆう子,岩瀬愛子,北澤克明,日本健康科学学会誌(第14回日本健康科学学会),14(4),222-223,Vol. 14(4),222-223/,,1998年04月
  • 長期在宅経気管人工換気療法者における気道浄化看護に関する検討,徳山祥子,川村佐和子,数間恵子,牛込三和子,輪湖史子,大野ゆう子,日本呼吸管理学会誌,Vol. 7,No. 3,p. 213-218,1998年03月
  • 高校生における心身健康状態別にみた生活習慣、生活満足度,日本健康科学学会誌(第14回日本健康科学学会),14(4),228-229,Vol. 14(4),228-229/,,1998年
  • 看護学概論,廣川書店,Vol. p78-p87,1998年
  • タイムスタディに基づく医療費原価試算の試みー第一報 病棟多職種職員および患者のタイムスタディ結果ー,第18回医療情報学連合大会論文集,708-709,Vol. 708-709,1998年
  • 浮腫のアセスメントとケアー現代西洋医学と東洋医学の視点からー,日本公衆衛生雑誌(第57回日本公衆衛生学会総会抄録集),45(10),235,Vol. 45(10),235/,,1998年
  • 甲状線疾患における術後創傷管理と看護介入の評価(共著),日本看護学会(看護総合),1998年
  • 浮腫のアクスセメントとケア-現代西洋医学と東洋医学の視点から-(共著),第57回日本公衆衛生学会総会抄録集,1998年
  • 甲状線術後創傷管理法の患者自己選択ガイドラインの検討(共著),日本看護科学会誌,Vol. 18,1998年
  • 甲状線疾患における創傷管理のフローチャート作成と看護支援の効果(共著),日本看護科学会誌,Vol. 18,1998年
  • 治療的選択における評価基準の定量化に関する研究(共著),第18回医療情報学連合大会,1998年
  • 視野検査法別の測定時間に関する特性の比較(共著),日本健康科学学会誌,Vol. 14,No. 4,p. 222-223,1998年
  • The characteristics of high school students' life style from the view point of Oriental medicine,Vol. 14(4),226-227/,,1998年
  • Highschool Students' Life Style and Health-A Result from Factor Analysis-,Vol. 14(4),230-231/,,1998年
  • The life style analysis on mental and physical health lebel of highschool students,Vol. 14(4),228-229/,,1998年
  • Medical Physics・Engineering Graduated Course Education in the Graduated Course Education of Allie Health Sciences,Vol. 18(57),208-210/,,1998年
  • Development of health checkup system based on the theory of condition of pre-illness,Vol. 712-713,1998年
  • Culculation of medical care cost based on the time study -the result of measurement at wards-,Vol. 708-709,1998年
  • Losey, Nursing Process and Nursing Diagnosis(共著),1998年
  • 甲状腺疾患における術後創傷管理と看護介入の評価,東村昌代,藤野博美,藤本春美,大野ゆう子,辻聡子,日本看護学会論文集 看護総合,Vol. 29th,p. 35-36,1998年
  • 長期在宅経気管人工換気療法者における気道浄化看護に関する検討,徳山 祥子,川村 佐和子,数間 恵子,牛込 三和子,輪湖 史子,大野 ゆう子,日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会,Vol. 7,No. 3,p. 213-218,1998年
  • 「ボディイメージの障害」の診断指標に関する妥当性研究,小笠原知枝,松木光子,大谷英子,山本裕子,江川隆子,大野ゆう子,看護診断,2(2),64-65,Vol. 2(2),64-65/,,1997年04月
  • 「活動不耐」の診断指標に関する妥当性研究,山本裕子,松木光子,大谷英子,江川隆子,小笠原知枝,大野ゆう子,看護診断 第3回日本看護診断学会学術大会プログラム,2(2),62-63,Vol. 2(2),62-63/,,1997年04月
  • 看護情報システム構築のための看護診断の標準化と評価用具のソフト開発,松木光子,小笠原知枝,江川隆子,大野ゆう子,城戸良弘,大谷英子,山本裕子,梶谷武久,文部省科学研究費補助金(基盤(B)07457568)研究報告書,38-51,Vol. 38-51,1997年03月
  • 看護情報システム構築のための看護診断の標準化と評価用具のソフト開発,松木光子,小笠原知枝,江川隆子,大野ゆう子,大谷英子,山本裕子他,文部省科学研究費補助金(基盤(B))研究報告書,1-127,Vol. 1-127,1997年03月
  • Nursing process and nursing diagnosis - Iyer,PW, Taptich,BJ, BernocchiLosey,D,EM WardMurray,N&HC-PERSPECTIVES ON COMMUNITY,NATL LEAGUE FOR NURSING,Vol. 18,No. 2,p. 101-101,1997年03月,書評論文,書評,文献紹介等
  • <翻訳>'Welcome Dead Body' by Shinich Hoshi,Ohno Yuko,SELLA,白百合女子大学,Vol. 26,p. 84-113,1997年
  • Modification of Proteoglycan Synthesis by Corneal Stromal Cells on Co-Culture with Either Epithelial or Endothelial Cells.,Nakazawa Kiyoshi,Takahashi Ikuko,Ohno Yuko,Sato Masami,The Journal of Biochemistry,The Japanese Biochemical Society,Vol. 122,No. 4,p. 851-858,1997年
  • 看護過程と看護診断 第3版,廣川書店,Vol. p270-p293,1997年
  • 看護情報システム構築のための看護診断の標準化と評価用具のソフト開発,文部省科学研究費研究報告書(課題番号07457568),p. 38-51,1997年
  • 特殊疾病対策の基本的なあり方に関する研究 難病患者療養実態の数量的把握に関する研究 平成7年度及び平成8年度実態調査の解析 (東京都衛生局S),牛込三和子,江沢(角田)和江,戸島真美,佐藤恭信,武田春代,奥山典子,西三郎,川村佐和子,大野ゆう子,特殊疾病(難病)に関する研究報告書 平成7年度,p. 183-204,1997年
  • NANDA診断カテゴリーの使用頻度と重要性に関する調査,大谷 英子,松木 光子,小笠原 知枝,江川 隆子,大野 ゆう子,日本看護科学会誌,Vol. 16,No. 2,p. 190-191,1996年12月06日
  • NANDA看護診断カテゴリーの使用頻度と重要性に関する調査,大谷英子,松木光子,小笠原知枝,江川隆子,大野ゆう子,第16回日本看護科学学会,Vol. 16,No. 2,p. 190-191,1996年12月
  • NANDA看護診断カテゴリーの適切性の評価,江川隆子,松木光子,大谷英子,小笠原知枝,大野ゆう子,第16回日本看護科学学会,日本看護科学会誌,Vol. 16,No. 2,p. 188-189,1996年12月
  • 難病患者の療養実態の数量的把握に関する研究―平成6年度特殊疾病(難病)患者療養実態調査,牛込三和子,斎藤紀子,佐藤真喜子,木村久子,松本恵津子,多田力,安島周平,長坂玲子,藤沼美奈子,篠原猛,沼野みえ子,田中今朝寿,村田欣造,川村佐和子,西三郎,大野ゆう子,江沢和江,輪湖史子,逸見功,平成6年度東京都衛生局特殊疾病(難病)に関する研究報告書,192-221,Vol. 192-221,1996年04月
  • 看護基礎教育における臨床場面への早期暴露とグループワークを関連づけることによる学習効果,小笠原知枝,久米弥寿子,田中結華,阿曽洋子,大野ゆう子,松木光子,大阪大学看護学雑誌,2(1),23-28,Vol. 2(1),23-28/,,1996年04月
  • 基礎看護学教育における臨床場面への早期曝露とグループワークを関連づけることによる学習効果,小笠原知枝,久米弥寿子,田中結華,阿曽洋子,大野ゆう子,松木光子,大阪大学看護学雑誌,Vol. 2,No. 1,p. 23-28,1996年03月
  • 基礎看護学教育における臨床場面への早期曝露とグループワークを関連づけることによる学習効果,小笠原 知枝,久米 弥寿子,田中 結華,阿曽 洋子,大野 ゆう子,松木 光子,Ogasawara Chie,Kume Yasuko,Aso Yohko,Ohno Yuko,Matsuki Mitsuko,オガサワラ チエ,クメ ヤスコ,タナカ ユカ,アソ ヨウコ,オオノ ユウコ,マツキ ミツコ,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 2,No. 1,p. 23-28,1996年03月
  • NANDA 看護診断カテゴリーの適切性の評価,江川 隆子,松木 光子,大谷 英子,小笠原 知枝,大野 ゆう子,日本看護科学会誌,Japan Academy of Nursing Science,Vol. 16,No. 2,p. 188-189,1996年
  • 難病患者の療養実態の数量的把握に関する研究,特殊疾病(難病)に関する研究報告書,p. 192-221,1996年
  • 看護基礎教育における臨床場面への早期曝露とグループワークを関連づけることによる学習効果,大阪大学看護学雑誌,Vol. 2,p. 23-27,1996年
  • NANDA診断カテゴリーの使用頻度と重要性に関する調査,大谷 英子,松木 光子,小笠原 知枝,江川 隆子,大野 ゆう子,日本看護科学会誌,Japan Academy of Nursing Science,Vol. 16,No. 2,p. 190-191,1996年
  • 地域側からみた難病長期療養施設ニーズ,江沢和江,大野ゆう子,日本公衆衛生雑誌(第54回日本公衆衛生学会総会抄録集),42(10),654,Vol. 42,No. 10,1995年11月
  • 神奈川県における特定疾患患者療養生活の実態,小野光子,大野ゆう子,日本公衆衛生雑誌(第54回日本公衆衛生学会総会抄録集),42(10),653,Vol. 42,No. 10,1995年11月
  • 神経難病の看護と保健活動,大野 ゆう子,牛込 三和子,綜合臨床,(株)永井書店,Vol. 44,No. 11,p. 2546-2554,1995年11月
  • 神経難病および周辺疾患 神経難病の看護と保健活動,大野ゆう子,牛込三和子,綜合臨床,Vol. 44,No. 11,p. 2546-2554,1995年11月
  • 長野・篠ノ井保健所管内の神経難病の実態(第1報),小山 せつ子,近藤 俊明,牛込 三和子,江澤 和江,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 54,p. 658-658,1995年10月15日
  • 地域側からみた難病長期療養施設ニーズ,江澤 和江,牛込 三和子,輪湖 史子,逸見 功,長谷川 美津子,川村 佐和子,大野 ゆう子,長坂 玲子,篠原 猛,藤沼 美奈子,沼野 みえ子,田中 今朝寿,村田 欣造,吉村 伸子,向山 晴子,大黒 寛,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 54,p. 654-654,1995年10月15日
  • 神奈川県における特定疾患患者療養生活の実態,小野 光子,米木 柞子,河西 悦子,逸見 功,牛込 三和子,大野 ゆう子,川村 佐和子,西 三郎,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 54,p. 653-653,1995年10月15日
  • 神奈川県における特定疾患患者療養生活の実態,小野光子,米木さく子,河西悦子,逸見功,牛込三和子,大野ゆう子,川村佐和子,西三郎,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 54th,1995年10月
  • 地域側からみた難病長期療養施設ニーズ,江沢和江,牛込三和子,川村佐和子,大野ゆう子,長坂玲子,藤沼美奈子,沼野みえ子,村田欣造,吉村伸子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 54th,1995年10月
  • 長野・篠ノ井保健所管内の神経難病の実態 (第1報),小山せつ子,近藤俊明,牛込三和子,江沢和江,大野ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 54th,1995年10月
  • 府中病院通院の進行性筋ジストロフィー症患者会員に対する看護支援,牛込三和子,輪湖史子,江沢和江,大野ゆう子,秋村純江,関谷栄子,川村佐和子,プロジェクト研究「府中キャンパスにおける在宅看護システムのあり方に関する研究」第2年次報告書,43-47,Vol. 43-47,1995年04月
  • 筋・神経系難病患者における病期別支援のあり方に関する研究,近藤紀子,奥山典子,長沢つるよ,長谷部綾子,牛込三和子,大野ゆう子,塚原洋子,飯島康代,伊藤方子,野田美和子,石黒久江,井上洋子,望月美奈子,渡辺いづみ,野呂幸子,小川一枝,竹本郁代,飯田恵久子,厚生省特定疾患「難病のケア・システム調査研究班」平成6年度報告,100-103,Vol. 100-103,1995年04月
  • 在宅人工呼吸療法における機器供給システムに関する研究,牛込三和子,川村佐和子,廣瀬和彦,大野ゆう子,輪湖史子,江沢和江,長谷川美津子,藤田朗子,徳山祥子,厚生省特定疾患「難病のケア・システム調査研究班」平成6年度報告,147-150,Vol. 147-150,1995年04月
  • 在宅医療システムに関する研究,牛込三和子,大野ゆう子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,23,125-126,Vol. 23,125-126/,,1995年04月
  • 神経・筋疾患の在宅看護に関する研究,牛込三和子,大野ゆう子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,23,126-128,Vol. 23,126-128/,,1995年04月
  • 難病の人々の支援システムに関する数量的研究,大野ゆう子,逸見功,江沢和江,輪湖史子,三浦博子,佐藤多嘉子,本間康子,牛込三和子,川村佐和子,徳山祥子,近藤紀子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,23,129-130,Vol. 23,129-130/,,1995年04月
  • 地域ケアシステムの再構築に関する研究,衛藤幹子,牛込三和子,大野ゆう子,福渡靖,武藤孝司,西三郎,平岡広一,杉沢あつ子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,23,132-133,Vol. 23,132-133/,,1995年04月
  • 在宅人工呼吸療法者の看護・神経研でのとりくみ,牛込三和子,江沢和江,輪湖史子,大野ゆう子,川村佐和子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,23,204-209,Vol. 23,204-209/,,1995年04月
  • 筋・神経系疾患患者および心身障害者に対する保健・医療・福祉システムとケアに関する研究,牛込三和子,大野ゆう子,江沢和江,輪湖史子,川村佐和子,長谷川美津子,近藤紀子,三浦博子,佐藤多嘉子,東京都神経科学総合研究所年報,23,72-74,Vol. 23,72-74/,,1995年04月
  • 筋・神経系障害をもつ人々に対する地域ケア・システムに関する数量的研究,大野ゆう子,牛込三和子,江沢和江,輪湖史子,逸見功,川村佐和子,長谷川美津子,近藤紀子,三浦博子,本間康子,東京都神経科学総合研究所年報,23,75-76,Vol. 23,75-76/,,1995年04月
  • 筋・神経系難病の地域支援システムの再構築に関する研究,衛藤幹子,大野ゆう子,東京都神経科学総合研究所年報,23,77-78,Vol. 23,77-78/,,1995年04月
  • 患者側からみた東京都難病施策の利用状況と今後の展望,牛込三和子,川村佐和子,大野ゆう子,江沢和江,輪湖史子,衛藤幹子,平成5年度特殊疾病(難病)に関する研究報告書,249-270,Vol. 249-270,1995年04月
  • 府中病院通院の進行性筋ジストロフィー症患者会会員に対する看護支援,牛込三和子,大野ゆう子,プロジェクト研究「府中キャンパスにおける在宅看護システムのあり方に関する研究(第2年次報告),43-47,Vol. 43-47,1995年04月
  • 在宅人工呼吸法(HMV)児における医療システムに関する研究,長谷川美津子,大野ゆう子,日本呼吸管理学会誌,15(1),32,Vol. 15(1),32/,,1995年04月
  • 在宅医療システムに関する研究,牛込三和子,大野ゆう子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,23,125-126,Vol. 23,p. 125-126,1995年04月
  • 患者側からみた東京都難病施策の利用状況と今後の展望,牛込三和子,川村佐和子,大野ゆう子,江沢和江,輪湖史子,衛藤幹子,平成5年度特殊疾病(難病)に関する研究報告書,249-270,p. 249-270,1995年04月
  • 在宅人工呼吸療法者の看護・神経研でのとりくみ,牛込三和子,江沢和江,輪湖史子,大野ゆう子,川村佐和子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,23,204-209,Vol. 23,p. 204-209,1995年04月
  • 在宅人工呼吸療法患者の看護―神経研でのとりくみ,牛之三和子,江沢和江,輪湖史子,大野ゆう子,川村佐和子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,Vol. 23(1994),p. 204-209,1995年03月
  • 長野・篠ノ井保健所館内の神経難病の実態 (第一報) (共),日本公衆衛生雑誌,Vol. 42,No. 10,1995年
  • 在宅人工呼吸療法(HMV)児における医療システムに関する研究 (共),日本呼吸管理学会誌,Vol. 15,No. 1,1995年
  • 筋・神経系難病患者における病期別支援の在り方に関する研究 (共),厚生省特定疾患「難病のケア・システム調研究班」平成6年度報告,p. 100-103,1995年
  • The need for the new facilities for the intractable disease patients-a sanatorium-like facilities for long-term treatment,Jpa. Soc. Public Health,Vol. 42,No. 10,1995年
  • The study on the intractable disease patients in Shinonoi Nagano prefecture,Jpa. Soc. Public Health,Vol. 42,No. 10,1995年
  • The study on the intractable disease patients in Kanagawa prefecture,Jpa. Soc. Public Health,Vol. 42,No. 10,1995年
  • The needs for the public health care system for intractable disease,Sogo-Rinsyo,Vol. 44,No. 11,p. 2546-2554,1995年
  • The care system for child patients under HMV,Jpn. Soc. for Respiratory Care,Vol. 15,No. 1,1995年
  • The development of regional health care support system,Bull. Tokyo Metropolitan lnst. for Neurosciences,Vol. 23,p. 125-126,1995年
  • The home care support system for the intractable neuron disease,Research Report of Care System for intractable Disease in 1995,p. 100-103,1995年
  • Social support system for the intractable disease patients in Tokyo,Research Report of Division of Public Health in Tokyo,p. 249-270,1995年
  • The care system for HMV patients by Tokyo Metropolitan lnst. for neuroscience,Bull. Tokyo Metropolitan lnst. for Neurosciences,Vol. 23,p. 204-209,1995年
  • 筋・神経系難病患者における病期別支援のあり方に関する研究 (厚生省S),近藤紀子,奥山典子,長沢つるよ,牛込三和子,大野ゆう子,塚原洋子,飯島康代,伊藤方子,飯田恵久子,難病のケア・システム調査研究班 平成6年度研究報告,p. 100-103,1995年
  • 在宅人工呼吸療法における機器供給システムに関する研究 (厚生省S),牛込三和子,川村佐和子,広瀬和彦,大野ゆう子,輪湖史子,江沢和江,長谷川美津子,藤田朗子,徳山祥子,難病のケア・システム調査研究班 平成6年度研究報告,p. 147-150,1995年
  • 特殊疾病対策の基本的なあり方に関する研究 患者側からみた東京都難病施策の利用状況と今後の展望 (東京都衛生局S),牛込三和子,川村佐和子,大野ゆう子,江沢和江,輪湖史子,衛藤幹子,特殊疾病(難病)に関する研究報告書 平成5年度,p. 249-270,1995年
  • 保健・医療・福祉の連携に関する調査報告 アンケートにみる関連職種の意識と行動,衛藤幹子,福渡靖,武藤孝司,大野ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 53rd,1994年10月
  • 難病の地域ケアの構築のための基礎的研究 6 療養形態別療養支援特性の分析,大野ゆう子,江沢和江,輪湖史子,牛込三和子,豊川裕之,川村佐和子,吉村伸子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 53rd,1994年10月
  • 難病に関する保健婦研修のニーズとプログラム編成,牛込三和子,江沢和江,輪湖史子,大野ゆう子,川村佐和子,近藤紀子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 53rd,1994年10月
  • 難病の地域ケア構築のための基礎的研究(6)療養形態別療養支援特性の分析,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 53回,p. 526-526,1994年10月
  • 終末期看護の授業方法の検討,福士 陽子,牛込 三和子,大野 ゆう子,日本看護学会集録,(株)日本看護協会出版会,Vol. 25回,No. 看護教育,p. 159-160,1994年07月
  • 終末期看護の授業方法の検討,福士陽子,牛込三和子,大野ゆう子,野口トミ子,日本看護学会集録 看護教育,Vol. 25th,p. 159-160,1994年07月
  • 在宅看護技術に関する研究,牛込三和子,大野ゆう子,江沢和江,輪湖史子,三浦博子,佐藤多嘉子,川村佐和子,木下安子,近藤紀子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,22,189-190,Vol. 22,189-190/,,1994年04月
  • 筋・神経系障害をもつ人々に対する地域ケア・システムに関する数量的研究,大野ゆう子,東京都神経科学総合研究所年報,22,122-123,Vol. 22,122-123/,,1994年04月
  • 難病患者の長期療養施設の整備に関する研究,西三郎,里吉栄二郎,川村佐和子,加藤修一,今井尚志,牛込三和子,江沢和江,大野ゆう子,衛藤幹子,平成4年度東京都衛生局特殊疾病(難病)に関する研究報告書,304-315,Vol. 304-315,1994年04月
  • 特殊疾病対策のあり方に関する研究,西三郎,里吉栄二郎,川村佐和子,星野信也,副田あけみ,大野ゆう子,衛藤幹子,島千加良,須加美明,平成4年度東京都衛生局特殊疾病(難病)に関する研究報告書,298-303,Vol. 298-303,1994年04月
  • 難病の人々の支援システムに関する数量的研究,大野ゆう子,牛込三和子,江沢和江,輪湖史子,三浦博子,佐藤多嘉子,川村佐和子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,22,190-192,Vol. 22,190-192/,,1994年04月
  • 筋・神経系疾患の地域ケア・システムに関する研究,牛込三和子,大野ゆう子,江沢和江,輪湖史子,三浦博子,佐藤多嘉子,川村佐和子,木下安子,近藤紀子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,22,187-189,Vol. 22,187-189/,,1994年04月
  • 吸引回数に影響する環境要因-気管切開患者の6年間の調査から,徳山祥子,川村佐和子,秋村純江,牛込三和子,江澤和江,大野ゆう子,難病看護研究会報告集,(15),62-65,Vol. (15),62-65/,,1994年04月
  • 在宅人工呼吸療法患者の看護-神経研でのとりくみ,牛込三和子,江沢和江,輪湖史子,大野ゆう子,川村佐和子,プロジェクト研究「府中キャンパスにおける在宅看護システムのあり方に関する研究」第1年次報告書,39-44,Vol. 39-44,1994年04月
  • 難病の在宅看護研修に関する研究,長沢つるよ,近藤紀子,奥山典子,牛込三和子,大野ゆう子,東京都衛生局学会誌,(93),38-39,Vol. (93),38-39/,,1994年04月
  • 難病患者の長期療養施設の整備に関する研究,西三郎,里吉栄二郎,川村佐和子,加藤修一,今井尚志,牛込三和子,江沢和江,大野ゆう子,衛藤幹子,平成4年度東京都衛生局特殊疾病(難病)に関する研究報告書,304-315,p. 304-315,1994年04月
  • 保健・医療・福祉の連携に関する調査報告 (共),日本公衆衛生雑誌,Vol. 41,1994年
  • 難病に関する保健婦研修のニーズとプログラム編成 (共),日本公衆衛生雑誌,Vol. 41,1994年
  • 難病の地域ケア構築のための基礎的研究6 (共),日本公衆衛生雑誌,Vol. 41,1994年
  • Research on the cooperation of divisions of public health, medical care and welfare,Jpn. Soc. Public health,Vol. 41,1994年
  • The Study on the education program for the Public health nurse working for the intractable disease patient,Jpn. Soc. Public health,Vol. 41,1994年
  • The study on the development of community health system for the intractable disease patients,Jpn. Soc. Public health,Vol. 41,1994年
  • The metical-nursing home for the introctable disease patients,Research Report of Division of Public helath in Tokyo,p. 304-315,1994年
  • 在宅人工呼吸療法患者の看護 神経研でのとりくみ (東京都神経科学総合研究所S),牛込三和子,江沢和江,輪湖史子,大野ゆう子,川村佐和子,府中キャンパスにおける在宅看護システムのあり方に関する研究 平成5年度 第1年次報告 プロジェクト研究,p. 39-44,1994年
  • 在宅医療に関する研究 在宅看護の器具や器材の供給システムに関する研究,牛込三和子,川村佐和子,村井貞子,近藤紀子,広瀬和彦,大野ゆう子,秋村純江,長谷川美津子,輪湖史子,医科学応用研究財団研究報告,Vol. 11(1992),p. 81-89,1993年12月
  • 神経難病患者の長期療養施設に関する研究 施設理念と装備内容,衛藤幹子,西三郎,川村佐和子,江沢和江,大野ゆう子,牛込三和子,金田麻里子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 52nd,1993年10月
  • 難病のケア・システム構築のための基礎的研究 その5 受療形態別家族介護負担感と患者の状態との関連分析,江沢和江,大野ゆう子,牛込三和子,川村佐和子,秋村純江,豊川裕之,西川浩昭,吉村伸子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 52nd,1993年10月
  • 難病のケア・システム構築のための基礎的研究 その4 疾患別受療形態・らい病期間と症状の訴えとの関係分析,大野ゆう子,江沢和江,牛込三和子,川村佐和子,秋村純江,豊川裕之,西川浩昭,吉村伸子,日本公衆衛生学会総会抄録集,Vol. 52nd,1993年10月
  • 神経難病患者における臨床ケア情報の統合化 (統計数理研究所 研究活動 (平成4年度 統計数理研究所 共同研究一覧及び概要)),大野 ゆう子,統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics,統計数理研究所,Vol. 41,No. 1,p. 106-107,1993年06月
  • 在宅看護における携帯用パルスオキシメーター導入の基礎的研究,江澤和江,秋村純江,大野ゆう子,牛込三和子,近藤紀子,長沢つるよ,奥山典子,長谷川美津子,平田宏子,輪湖史子,川村佐和子,日本呼吸管理学会誌,(2),156-160,Vol. (2),156-160/,,1993年04月
  • 在宅ケアにおける細菌学的環境の研究,村井貞子,川村佐和子,江澤和江,秋村純江,大野ゆう子,牛込三和子,川村佐和子,近藤紀子,長谷川美津子,宮川高一,宍戸輝男,時田美穂子,難病看護研究会報告集,(14),65-69,Vol. (14),65-69/,,1993年04月
  • 在宅看護技術の開発に関する研究(2)気管カニューレ装着者の在宅看護管理,牛込三和子,川村佐和子,近藤紀子,江沢和江,秋村純江,大野ゆう子,長沢つるよ,奥山典子,厚生省特定疾患「難病のケアシステム」調査研究班平成4年度報告書,171-176,Vol. 171-176,1993年04月
  • 東京都衛生局委託研究「特殊疾病患者実態調査解析」に関する研究,牛込三和子,川村佐和子,西三郎,豊川裕之,西川浩昭,大野ゆう子,江沢和江,東京都衛生局委託研究平成4年度報告書,1-142,Vol. 1-142,1993年04月
  • 東京都委託研究 難病のケアシステムに関する医療・看護・福祉ニーズの分析,牛込三和子,大野ゆう子,江沢和江,秋村純江,川村佐和子,近藤紀子,木下安子,東京都神経科学総合研究所年報,21,143-144,Vol. 21,143-144/,,1993年04月
  • 神経難病患者における臨床ケア情報の統合化,大野ゆう子,平成4年度文部省統計数理研究所共同研究実施報告書,161-162,Vol. 161-162,1993年04月
  • 筋・神経系障害をもつ人々に対する地域ケア・システムに関する数量的研究,大野ゆう子,東京都神経科学総合研究所年報,21,124-125,Vol. 21,124-125/,,1993年04月
  • 在宅看護における携帯用パルスオキシメーター導入に関する研究,牛込三和子,川村佐和子,近藤紀子,江沢和江,秋村純江,大野ゆう子,長沢つるよ,奥山典子,長谷川美津子,平田宏子,輪湖史子,厚生省特定疾患「難病のケアシステム」調査研究班平成4年度報告書,177-182,Vol. 177-182,1993年04月
  • 在宅看護の機具や器材の供給システムに関する研究,牛込三和子,川村佐和子,村井貞子,近藤紀子,廣瀬和彦,大野ゆう子,秋村純江,江沢和江,長谷川美津子,輪湖史子,1992年度医科学応用研究財団研究報告書,81-89,Vol. 81-89,1993年04月
  • 在宅看護におけるパルスオキシメーター導入の基礎的研究,江澤和江,牛込三和子,秋村純江,大野ゆう子,川村佐和子,近藤紀子,長沢つるよ,奥山典子,長谷川美津子,平田宏子,難病看護研究会報告集,(14),20-22,Vol. (14),20-22/,,1993年04月
  • 在宅看護における携帯用パルスオキシメーター導入の基礎的研究,江澤和江,秋村純江,大野ゆう子,牛込三和子,近藤紀子,長沢つるよ,奥山典子,長谷川美津子,平田宏子,輪湖史子,川村佐和子,日本呼吸管理学会誌,(2),156-160,Vol. 2,p. 156-160,1993年04月
  • 在宅看護における携帯用パルスオキシメーター導入の基礎的研究,江沢和江,秋村純江,大野ゆう子,近藤紀子,長沢つるよ,長谷川美津子,平田宏子,輪湖史子,川村佐和子,日本呼吸管理学会誌,Vol. 2,No. 2,p. 156-160,1993年04月
  • 在宅看護における携帯用パルスオキシメーター導入の基礎的研究,江澤 和江,輪湖 史子,川村 佐和子,秋村 純江,大野 ゆう子,牛込 三和子,近藤 紀子,長沢 つるよ,奥山 典子,長谷川 美津子,平田 宏子,日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会,Vol. 2,No. 2,p. 156-160,1993年
  • 在宅看護におけるモニター導入の基礎的研究,長谷川 美津子,牛込 三和子,秋村 純江,江澤 かずえ,大野 ゆう子,川村 佐和子,近藤 紀子,長沢 つるよ,奥山 典子,平田 宏子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 51回,p. 393-393,1992年10月
  • 在宅ケアでの細菌学的環境の研究,村井 貞子,川村 佐和子,江澤 かずえ,秋村 純江,牛込 三和子,大野 ゆう子,近藤 紀子,長谷川 美津子,宮川 高一,宍戸 輝男,時田 美穂子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 51回,p. 395-395,1992年10月
  • 難病のケア・システム構築のための基礎的研究(その3) 疾患別受療形態別の介護ニーズと家族負担の分析,江澤 かずえ,大野 ゆう子,秋村 純江,牛込 三和子,川村 佐和子,豊川 裕之,西川 浩昭,金田 麻里子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 51回,p. 403-403,1992年10月
  • 難病のケア・システム構築のための基礎的研究(その2) 疾患別受療形態別の状態と医療・介護用具のニーズ分析,大野 ゆう子,江澤 かずえ,秋村 純江,牛込 三和子,川村 佐和子,豊川 裕之,西川 浩昭,金田 麻里子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 51回,p. 402-402,1992年10月
  • 難病のケア・システム構築のための基礎的研究(その1) 疾患別受療形態のパタン分析,川村 佐和子,江澤 かずえ,大野 ゆう子,秋村 純江,牛込 三和子,豊川 裕之,西川 浩昭,金田 麻里子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 51回,p. 401-401,1992年10月
  • 運動ニューロン系疾患患者の受療経過からみた専門病院の役割,大野 ゆう子,牛込 三和子,川村 佐和子,プライマリ・ケア,日本プライマリ・ケア学会,Vol. 15,No. 3,p. 43-51,1992年09月
  • 筋萎縮性側策硬化症の受療経過に関する研究:その4,近藤紀子,廣瀬和彦,川村佐和子,牛込三和子,大野ゆう子,厚生省特定疾患「難病のケアシステム」調査研究班平成3年度報告書,147-150,Vol. 147-150,1992年04月
  • 難病の人々の支援システムに関する数量的研究,大野ゆう子,東京都神経科学総合研究所研究紀要,21,207-209,Vol. 21,207-209/,,1992年04月
  • 運動ニューロン系疾患患者の受療経過からみた専門病院の役割,大野ゆう子,牛込三和子,川村佐和子,廣瀬和彦,近藤紀子,長沢つるよ,奥山典子,日本プライマリ・ケア学会誌,(15),43-51,Vol. 15,p. 43-51,1992年04月
  • 運動ニューロン系疾患患者の受療経過からみた専門病院の役割,大野ゆう子,牛込三和子,川村佐和子,広瀬和彦,近藤紀子,長沢つるよ,奥山典子,プライマリ・ケア,Vol. 15,No. 3,p. 43-51,1992年
  • 筋萎縮性側索硬化症の受療経過に関する研究,近藤 紀子,広瀬 和彦,長沢 つるよ,奥山 典子,川村 佐和子,大野 ゆう子,牛込 三和子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 50回II,p. 293-293,1991年10月
  • 難病患者の支援システムに関する研究(その1) 難病患者の受診の援助課題,角田 和江,秋村 純江,牛込 三和子,川村 佐和子,豊川 裕之,西川 浩昭,島 千加良,田邊 等,近藤 紀子,井口 ちよ,松井 瑠璃,平田 宏子,下田 正枝,吉川 泉,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 50回II,p. 297-297,1991年10月
  • 難病患者の支援システムに関する研究(その2) ホスピス・長期療養施設への希望,川村 佐和子,牛込 三和子,秋村 純江,角田 和江,豊川 裕之,西川 浩昭,島 千加良,田邊 等,近藤 紀子,井口 ちよ,松井 瑠璃,平田 宏子,下田 正枝,吉川 泉,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 50回II,p. 298-298,1991年10月
  • 筋萎縮性側策硬化症の受療経過に関する研究:その1 疾病経過と受療状況,廣瀬和彦,近藤紀子,川村佐和子,大野ゆう子,厚生省特定疾患「難病のケアシステム」調査研究班平成2年度報告書,23-27,Vol. 23-27,1991年04月
  • 筋萎縮性側策硬化症の受療経過に関する研究:その3 死亡例の分析,川村佐和子,近藤紀子,廣瀬和彦,大野ゆう子,厚生省特定疾患「難病のケアシステム」調査研究班平成2年度報告書,64-68,Vol. 64-68,1991年04月
  • 筋萎縮性側策硬化症の受療経過に関する研究:その2 外来患者の受療経過,近藤紀子,廣瀬和彦,川村佐和子,大野ゆう子,厚生省特定疾患「難病のケアシステム」調査研究班平成2年度報告書,141-144,Vol. 141-144,1991年04月
  • 終末期医療-問題の解決に向けて,最新医学社,Vol. p207-p248,1991年
  • がん看護最前線 喫煙の害の公衆教育について,大野ゆう子,月刊ナーシング,Vol. 10,No. 13,p. 32-35,1990年12月
  • がん看護最前線 終末期患者における症状コントロールの評価:遺族の調査から,柿川 房子,大野 ゆう子,飯塚 京子,ナーシング,(株)学研メディカル秀潤社,Vol. 10,No. 13,p. 48-51,1990年12月
  • 健康スクリーニング調査からみたライフスタイルと血液分析データとの関連,大野ゆう子,渡辺昌,津金昌一郎,松島松翠,宮沢昭一,夏川周介,癌の臨床,(36),383-390,Vol. (36),383-390/,,1990年04月
  • The relation among the smoking, life style and diseases,Ohno Y,6th International Cancer Nursing Conference, Amsterdam Holland,7,Vol. 7,1990年04月
  • アイマークレコーダによるテレビ視聴行動のパタン抽出,大野ゆう子,馬場康維,難波和明,水上啓子,羽崎泰男,駒澤勉,平成元年度統計数理研究所共同研究報告書,64-65,Vol. 64-65,1990年04月
  • Re-evaluation of the symptom control of the terminal patients;the questionnaire study for the bereaved family,Kakikawa F,Ohno Y,Iiduka K,6th International Cancer Nursing Conference, Amsterdam Holland,41,Vol. 41,1990年04月
  • Re-evaluation of the symptom control of the terminal patients;the questionnaire study for the bereaved family,Kakikawa F,Ohno Y,Iiduka K,6th International Cancer Nursing Conference, Amsterdam Holland,41,Vol. 10,No. 13,p. 48-51,1990年04月
  • 当短大生の月経に関する調査,土居 久子,北島 靖子,大野 ゆう子,順天堂医療短期大学紀要,順天堂大学医療看護学部,Vol. 1,p. 31-38,1990年03月
  • がん患者の病院におけるケアのあり方に関する調査 5病院の遺族に対するアンケート調査,柿川房子,今村勢子,飯塚京子,中沢元香,大野ゆう子,片岡俊子,羽部よしみ,鎮守条子,藤川孝子,大和証券ヘルス財団研究業績集,Vol. 14,p. 57-62,1990年03月
  • 当短大生の月経に関する調査,土居久子,北島靖子,大野ゆう子,西村あをい,大槻優子,順天堂医療短期大学紀要,Vol. 1,p. 31-38,1990年03月
  • 健康スクリーニング調査からみたライフスタイルと血液分析データとの関連 長野県厚生連健康スクリーニング調査結果より,大野ゆう子,渡辺昌,津金昌一郎,松島松翠,宮沢昭一,夏川周介,癌の臨床,Vol. 36,No. 3,p. 383-390,1990年03月
  • 健康スクリーニング調査からみたライフスタイルと血液分析データとの関連 長野県厚生連健康スクリーニング調査結果より,大野 ゆう子,渡辺 昌,津金 昌一郎,癌の臨床,(株)篠原出版新社,Vol. 36,No. 3,p. 383-390,1990年02月
  • 健康スクリ-ニング調査からみたライフスタイルと血液分析デ-タとの関連--長野県厚生連健康スクリ-ニング調査結果より (がんとライフスタイル--がん予防への道<特集>) -- (方法論など),大野 ゆう子,癌の臨床,篠原出版,Vol. 36,No. 3,p. p383-390,1990年02月
  • The relation among the smoking, life style and diseases,Vol. 7,1990年
  • Re-evaluation of the symptom control of the terminal patients;the questionnaire study for the bereaved family,Vol. 41,1990年
  • 集団健康スクリーニング調査に基づく既往歴,家族歴およびライフスタイル,臨床検査データの関連について,大野 ゆう子,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 48回,p. 434-434,1989年10月
  • 正常視野に加齢の及ぼす影響,岩瀬 愛子,北沢 克明,大野 ゆう子,日本眼科紀要,日本眼科紀要会,Vol. 40,No. 5,p. 785-791,1989年05月
  • 正常視野に加齢の及ぼす影響,岩瀬愛子,北沢克明,大野ゆう子,日本眼科紀要,Vol. 40,No. 5,p. 785-791,1989年05月
  • Stochastic analysis of the carcinogenesis of adult T cell leukemia lymphoma,Okamoto T,Mori S,Ohno Y,Tsugane S,Watanabe S,Shimoyama M,Tajima K,Miwa M,Shimotohno K,Proc.Trinidad HTLV Conf,2-14,Vol. 2月14日,1989年04月
  • 視点抽出に基づく子供のテレビ番組の見方の解析,大野ゆう子,難波和明,羽崎泰男,高沢美佐子,渡辺多恵,昭和62年度後期放送文化基金報告書,1-4,一般社団法人 日本教育心理学会,Vol. 31,No. 0,p. 18-18,1989年04月
  • がん告知、認知における調査-遺族調査から-地域性・専門病院・一般病院の比較検討,柿川房子,大野ゆう子,渡辺昌,飯塚京子,丸口ミサエ,中沢元香,今村勢子,片岡俊子,羽部よしみ,藤川孝子,鎮守条子,竹内美恵子,昭和63年度厚生省がん研究助成金「がん患者に対する終末期医療のあり方に関する研究」報告書,108-115,Vol. 108-115,1989年04月
  • 末期癌患者に対する看護、癌の告知、認知における問題と医療者の対応について,柿川房子,大野ゆう子,飯塚京子,中沢元香,丸口ミサエ,渡辺昌,今村勢子,片岡俊子,羽部よしみ,藤川孝子,鎮守条子,竹内美恵子,KARKINOS,2(8),917-924,Vol. 2(8),917-924/,,1989年04月
  • Multi‐step Carcinogenesis Model for Adult T‐cell Leukemia,Takashi Okarmoto,Yuko Ohno,Shoichiro Tsugane,Shaw Watanabe,Masanori Shimoyama,Kazuo Tajima,Masanao Miwa,Kunitada Shimotohno,Japanese Journal of Cancer Research,JAPANESE CANCER ASSOCIATION,Vol. 80,No. 3,p. 191-195,1989年03月
  • Multi‐step Carcinogenesis Model for Adult T‐cell Leukemia,Takashi Okarmoto,Yuko Ohno,Shoichiro Tsugane,Shaw Watanabe,Masanori Shimoyama,Kazuo Tajima,Masanao Miwa,Kunitada Shimotohno,Japanese Journal of Cancer Research,Vol. 80,No. 3,p. 191-195,1989年
  • Stochastic analysis of the carcinogenesis of adult T cell leukemia lymphoma,Vol. 2月14日,1989年
  • The aging effect on the nonmalvisual field (共著),Folia Ophthalmol. Jpn.,Vol. 40,p. 785-791,1989年
  • A Randomized clinical trial of hyperthermia and radiation versus radiation alone for superficially located cancers,Sunao Egawa,Iwao Tsukiyama,Shaw Watanabe,Yuko Ohno,Kozo Morita,Suketami Tominaga,Yasuto Onoyama,Shozo Hashimoto,Shigeo Yanagawa,Satoru Uehara,Mitsuyuki Abe,Sachio Mochizuki,Akira Sugiyama,Takehiro Inoue,The Journal of JASTRO,Vol. 1,No. 2,p. 135-140,1989年
  • A randomized clinical trial of hyperthermia and radiation versus radiation alone for superficially located cancers.,柄川 順,上原 智,阿部 光幸,望月 幸夫,杉山 彰,井上 武宏,築山 巌,渡辺 昌,大野 ゆう子,森田 皓三,富永 祐民,小野山 靖人,橋本 省三,柳川 繁雄,日本放射線腫瘍学会誌,一般社団法人 日本放射線腫瘍学会,Vol. 1,No. 2,p. 135-140,1989年
  • 母と子の医療需要実態について こどもの城小児保健部利用者へのアンケート調査,大野ゆう子,近藤洋子,巷野悟郎,小児保健研究,Vol. 47,No. 5,p. 537-544,1988年09月
  • 国立がんセンター病院入院患者における食生活アンケート調査,大野 ゆう子,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 47回,p. 61-61,1988年09月
  • 母と子の医療需要実態について こどもの城小児保健部利用者へのアンケート調査,大野 ゆう子,近藤 洋子,巷野 悟郎,小児保健研究,(公社)日本小児保健協会,Vol. 47,No. 5,p. 537-544,1988年09月
  • スプライン平滑化法を用いた標準身体発育曲線の作成,大野 ゆう子,田原 佳子,村田 光範,日本小児科学会雑誌,(公社)日本小児科学会,Vol. 92,No. 8,p. 1699-1704,1988年08月
  • スプライン平滑化法を用いた標準身体発育曲線の作成,大野ゆう子,田原佳子,村田光範,巷野悟郎,日本小児科学会雑誌,Vol. 92,No. 8,p. 1699-1704,1988年08月
  • 母と子の医療需要実態について,大野ゆう子,近藤洋子,巷野悟郎,小児保健研究,(47),537-544,Vol. (47),537-544/,,1988年04月
  • Prediction of the gastric cancer mortality in 2000 in Japan,Watanabe S,Tsugane S,Ohno Y,J.J.CancerRes.(Gann),79,439-444,Vol. 79,439-444/,,p. 439-444,1988年04月
  • 国立がんセンター病院におけるケアの現状,柿川房子,丸口ミサエ,飯塚京子,高橋須寿子,冨永松江,大野ゆう子,渡辺昌,国立がんセンター病院ターミナルケア研究会報告書,3-40,Vol. 3-40,1988年04月
  • 子宮がん検診の効率化に関する数学モデルの作成,渡辺昌,大野ゆう子,駒澤勉,馬場康維,津金昌一郎,恒松隆一郎,昭和62年度統計数理研究所共同研究報告書,46-47,Vol. 46-47,1988年04月
  • あいまい情報に基づく最適区間推定問題,大野ゆう子,駒澤勉,北澤克明,昭和62年度統計数理研究所共同研究報告書,52-53,Vol. 52-53,1988年04月
  • 悪性リンパ腫の疫学,渡辺昌,大野ゆう子,癌の臨床,34(5),517-527,Vol. 90,No. 11,p. 1425-1429,1988年04月
  • Prediction of the Gastric Cancer Mortality in 2000 in Japan,Shaw Watanabe,Shoichiro Tsugane,Yuhko Ohno,Japanese Journal of Cancer Research,JAPANESE CANCER ASSOCIATION,Vol. 79,No. 4,p. 439-444,1988年04月
  • On age related norms of the visual field,Iwase A,Kitazawa Y,Ohno Y,J.J.Opthalmol,32,429-437,JAPAN J OPHTHALMOL,Vol. 32,No. 4,p. 429-437,1988年04月
  • Epidemiology of lymphoid malignancy,S. Watanabe,Y. Ohno,Gan no rinsho. Japan journal of cancer clinics,Vol. 34,No. 5,p. 517-527,1988年04月
  • ON AGE-RELATED NORMS OF THE VISUAL-FIELD,A IWASE,Y KITAZAWA,Y OHNO,JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY,JAPAN J OPHTHALMOL,Vol. 32,No. 4,p. 429-437,1988年
  • ON AGE-RELATED NORMS OF THE VISUAL-FIELD,A IWASE,Y KITAZAWA,Y OHNO,JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY,JAPAN J OPHTHALMOL,Vol. 32,No. 4,p. 429-437,1988年
  • 昭和55年度乳幼児身体発育値および文部省学校保健統計調査結果を用いた平滑化スプライン身体発育曲線の作成,大野 優子,石島 央子,巷野 悟郎,小児保健研究,(公社)日本小児保健協会,Vol. 46,No. 3,p. 299-304,1987年05月
  • 社会(福祉・医療)政策立案のためのマクロモデルの理論的ならびに実証的研究,大野ゆう子,昭和61年度文部省科学研究費補助金実績報告書(奨励研究(A)課題番号60790137),,1987年04月
  • 不完全生存時間データに基づく最適観察間隔・期間の推定,大野ゆう子,駒澤勉,白土城照,昭和61年度統計数理研究所共同研究報告書,58-59,Vol. 58-59,1987年04月
  • スプライン平滑化による標準身体発育曲線の作成,大野 優子,石島 央子,村田 光範,統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics,統計数理研究所,Vol. 34,No. 2,p. 221-232,1986年12月
  • エキスパートシステム開発支援ツールKEEによる輸液診断,秋場 優子,医用電子と生体工学,(公社)日本生体医工学会,Vol. 24,No. 5,p. 356-357,1986年09月
  • Parameter estimation from interval censored data,Kamakura T,Ohno Y,Bull.Facul.Sci&Eng.Chuo Univ,29,429-436,Vol. 29,429-436/,,1986年04月
  • エキスパートシステム開発支援ツールKEEによる輸液診断,秋場優子,医用電子と生体工学,(24),312-313,Vol. 24,p. 312-313,1986年04月
  • スプライン平滑化による標準身体発育曲線の作成,大野ゆう子,石島央子,村田光範,統計数理,(34),222-232,統計数理研究所,Vol. 34,No. 2,p. p221-232,1986年04月
  • 昭和55年度の乳幼児身体発育値および文部省学校保健統計調査結果を用いた平滑化スプライン身体発育曲線について,秋場 優子,小児保健研究,(公社)日本小児保健協会,Vol. 45,No. 2,p. 155-155,1986年03月
  • 924 視知覚協応機能の発達の定量的評価に関する研究(テストの妥当性II,測定・評価4),石島 央子,大野 優子,川井 尚,平山 宗宏,日本教育心理学会総会発表論文集,一般社団法人 日本教育心理学会,Vol. 28,No. 0,p. 918-919,1986年
  • Parameter estimation from interval censored data,Vol. 29,429-436/,,1986年
  • The fluid therapy consultation system based on the ゛KEE゛, the expert system tool,The Japan Society of M. E. & Biol. Eng.,Vol. 24,p. 312-313,1986年
  • The smoothed growth curves for children,Proc. Inst. Stat. Math.,Vol. 34,p. 222-232,1986年
  • Parameter estimation from interval censored data (共著),Bull. Facul. Sci. & Eng. Chuo Univ.,Vol. 29,p. 429-436,1986年
  • エキスパートシステム開発支援ツールKEEによる輸液診断,秋場 優子,医用電子と生体工学,(公社)日本生体医工学会,Vol. 23,No. 特別,p. 639-639,1985年05月
  • 視知覚協応機能の定量的評価システムの小児への応用,秋場 優子,小児保健研究,(公社)日本小児保健協会,Vol. 44,No. 2,p. 202-202,1985年03月
  • CAI機能を持った輸液コンサルテーションシステム,秋場 優子,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 4回,p. 350-351,1984年11月
  • CAI (computer assisted instruction)機能を持った輸液コンサルテーションシステム,秋場 優子,医療情報学,(一社)日本医療情報学会,Vol. 4,No. 2,p. 134-135,1984年10月
  • 循環器疾患対策評価モデル,古川俊之,北村和夫,はた野しゅう一,藤正巌,関田康慶,田中博,秋場優子,日本循環器管理研究協議会雑誌,Vol. 19,No. 2,p. 79-91,1984年10月
  • Der Augen-innendruck und die Prognose Okulaere Hypertension,Kitazawa Y,Shirato S,Yamamoto T,Akiba Y,Okulaere Hypertension. Leydhecker W/Kriglstein GK (eds) Kaden Verlag,13-18,Vol. 13-18,1984年04月
  • 循環器疾患対策評価モデル,古川俊之,北村和夫,籏野脩一,藤正巌,関田康慶,田中博,秋場優子,日本循環器管理研究協議会雑誌,(19),79-91,Vol. (19),79-91/,,1984年04月
  • 高次脳機能の定量的評価と乳幼児発達検査への応用の試み,秋場優子,女性のためのエッソ研究奨励制度研究報告集,2,10-13,Vol. 2,10-13/,,1984年04月
  • Argon laser iridotomy and surgical iridectomy in treatment of primary angleclosure glaucoma,Go F,Akiba Y,Yamamoto T,Kitazawa Y,J.J.Opthalmol,28,36-46,JAPAN J OPHTHALMOL,Vol. 28,No. 1,p. 36-46,1984年04月
  • MATHEMATICAL MODEL OF BODY FLUID REGULATION SYSTEM.,Hiroshi Tanaka,Shoichiro Hara,Yuko Akiba,Kaname Hirayanagi,Hiroyuki Nakamura,Tadashi Ihara,Shinya Nakazawa,Shigehiro Kinoshita,Takao Aoki,Noboru Yamanoi,Toshiyuki Furukawa,Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering,Vol. 22,p. 856-857,1984年04月01日
  • THREE DIMENSIONAL COORDINATES MEASUREMENT OF EPICARDIAL AND TORSO SURFACE ELECTRODES LOCATIONS.,H. Tanaka,N. Yamanoi,Y. Akiba,K. Hirayanagi,H. Nakamura,T. Ihara,S. Hara,S. Nakazawa,S. Kinoshita,T. Aoki,T. Furukawa,Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering,Vol. 22,p. 258-259,1984年04月01日
  • CHARACTERISTIC OF CARDIAC POTENTIALS IN VOLUME CONDUCTOR FIELD AND ITS EFFECTS TO THE INVERSE SOLUTION.,Hiroshi Tanaka,Kaname Hirayanagi,Yuko Akiba,Hiroyuki Nakamura,Tadashi Ihara,Shoichiro Hara,Shinya Nakazawa,Shigehiro Kinoshita,Takao Aoki,Noboru Yamanoi,Toshiyuki Furukawa,Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering,Vol. 22,p. 256-257,1984年04月01日
  • EVALUATION OF HAND-EYE COORDINATION BY PURSUIT TRACKING SYSTEM.,Hiroshi Tanaka,Yuko Akiba,Kaname Hirayanagi,Hiroyuki Nakamura,Tadashi Ihara,Shoichiro Hara,Shinya Nakazawa,Shigehiro Kinoshita,Takao Aoki,Noboru Yamanoi,Toshiyaki Furukawa,Shigenobu Ishigami,Takuo Iida,Hiroko Ishijima,Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering,Vol. 22,p. 548-549,1984年04月01日
  • INVESTIGATION OF FORWARD AND INVERSE PROBLEM USING ISOLATED BLOOD PERFUSED CANINE HEART.,Hiroshi Tanaka,Tadashi Ihara,Yuko Akiba,Kaname Hirayanagi,Hiroyuki Nakamuro,Shoichiro Hara,Shinya Nakazawa,Shigehiro Kinoshita,Takao Aoki,Noboru Yamanoi,Toshiyuki Furukawa,Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering,Vol. 22,p. 250-251,1984年04月01日
  • MATHEMATICAL MODEL OF ARRHYTHMIA GENERATING MECHANISM BASED ON THE MODULATED PARASYSTOLE THEORY.,Hiroshi Tanaka,Yuko Akiba,Kaname Hirayanagi,Hiroyuki Nakamura,Tadashi Ihara,Shoichiro Hara,Shinya Nakazawa,Shigehiro Kinoshita,Takao Aoki,Noboru Yamanoi,Toshiyuki Furukawa,Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering,Vol. 22,p. 248-249,1984年04月01日
  • FLUID THERAPY CONSULTATION SYSTEM BASED ON KNOWLEDGE ENGINEERING TECHNIQUE.,Hiroshi Tanaka,Shinya Nakazawa,Yuko Akiba,Kaname Hirayanagi,Hiroyuki Nakamura,Tadashi Ihara,Shoichiro Hara,Shigehiro Kinoshita,Takao Aoki,Noboru Yamanoi,Toshiyuki Furukawa,Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering,Vol. 22,p. 940-941,1984年04月01日
  • INVESTIGATION ON CARDIAC POTENTIAL TRANSFER PROCESS BY USING ISOLATED BLOOD PERFUSED HEART PREPARATION.,Hiroshi Tanaka,Takao Aoki,Yuko Akiba,Kaname Hirayanagi,Hiroyuki Nakamura,Tadashi Ihara,Shoichiro Hara,Shinya Nakazawa,Shigehiro Kinoshita,Noboru Yamanoi,Toshiyuki Furukawa,Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering,Vol. 22,p. 252-253,1984年04月01日
  • EVALUATION OF AND REMEDY FOR A. C. INTERFERENCE IN BIOPOTENTIAL RECORDING.,H. Tanaka,Hiroyuki Nakamura,Y. Akiba,K. Hirayanagi,T. Ihara,S. Hara,S. Nakazawa,S. Kinoshita,T. Aoki,N. Yamanoi,T. Furukawa,Japanese Journal of Medical Electronics and Biological Engineering,Vol. 22,p. 292-293,1984年04月01日
  • マクロモデルを用いた循環器疾患対策の事前評価の研究,田中 博,古川 俊之,秋場 優子,大和ヘルス財団研究業績集,(公財)大和証券ヘルス財団,Vol. 8,38-45/,,No. 8,p. 38-45,1984年03月
  • ARGON-LASER IRIDOTOMY AND SURGICAL IRIDECTOMY IN TREATMENT OF PRIMARY ANGLE-CLOSURE GLAUCOMA,FJ GO,Y AKIBA,T YAMAMOTO,Y KITAZAWA,JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY,JAPAN J OPHTHALMOL,Vol. 28,No. 1,p. 36-46,1984年
  • Der Augen-innendruck und die Prognose Okulaere Hypertension,Vol. 13-18,1984年
  • ARGON-LASER IRIDOTOMY AND SURGICAL IRIDECTOMY IN TREATMENT OF PRIMARY ANGLE-CLOSURE GLAUCOMA,FJ GO,Y AKIBA,T YAMAMOTO,Y KITAZAWA,JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY,JAPAN J OPHTHALMOL,Vol. 28,No. 1,p. 36-46,1984年
  • 2次元手動制御系と用いた Hand-eye Coordination 発達の評価,青木 隆夫,秋場 優子,仲村 洋之,山野井 昇,古川 俊之,人間工学,一般社団法人 日本人間工学会,Vol. 20,No. 0,p. 138-139,1984年
  • 「昭和58年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告」課題番号56指-3 循環器疾患対策の効率的体系化に関する研究,重松 逸造,材木 允男,堀部 博,古川 俊之,北村 和夫,籏野 脩一,藤正 巌,関田 康慶,田中 博,秋場 優子,日本循環器管理研究協議会雑誌,社団法人 日本循環器管理研究協議会,Vol. 19,No. 2,p. 63-95,1984年
  • 2次元手動制御系と用いた Hand-eye Coordination 発達の評価,青木 隆夫,秋場 優子,仲村 洋之,山野井 昇,古川 俊之,人間工学,一般社団法人 日本人間工学会,Vol. 20,No. 0,p. 138-139,1984年
  • 28. Cybex による等速性運動の新しい情報処理(運動学),仲村 洋之,秋場 優子,古川 俊之,石神 重信,酒井 桂太,山崎 省一,近藤 陽一,リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌,社団法人日本リハビリテーション医学会,Vol. 20,No. 6,p. 376-377,1983年11月18日
  • 輸液量の計算法 特にパーソナルコンピューターの活用,古川 俊之,秋場 優子,木下 重博,臨床検査,(株)医学書院,Vol. 27,No. 12,p. 1457-1465,1983年11月
  • 医療とマイクロコンピュータ(2)マイコンによる輸液診断,古川 俊之,秋場 優子,中沢 真也,内科,(株)南江堂,Vol. 52,No. 2,p. 332-334,1983年08月
  • 医療とマイクロコンピュータ II マイコンによる輸液診断,古川俊之,秋場優子,中沢真也,内科,Vol. 52,No. 2,p. 332-334,1983年08月
  • 知識ベースにもとづく輸液診断システムの開発研究,古川 俊之,秋場 優子,木下 重博,JJPEN: The Japanese Journal of Parenteral and Enteral Nutrition,メディカル・コア(株)日本医学中央会,Vol. 5,No. 3,p. 191-198,1983年07月
  • A microcomputer-aided fluid therapy consultation system,Akiba Y,Tanaka H,Hara S,Nakazawa S,Furukawa T,Proc of the 4th World Conference on Medical Informatics 4,585-588,Vol. 4,585-588/,,1983年04月
  • マイコンによる輸液診断,古川俊之,秋場優子,中沢真也,内科,52(2),332-334,Vol. 52(2),332-334/,,1983年04月
  • Use of Multivariate Analysis in the Prognostication of Ocular Hypertension,Vol. 145-148,1983年
  • A microcomputer-aided fluid therapy consultation system,Vol. 4,585-588/,,1983年
  • Use of multivariate analysis in the prognostication of ocular hypertention (共著),Glaucoma Update II,Vol. I,p. 145-148,1983年
  • A microcomputer-aided fluid therapy consultation system (共著),Proc. 4th World Conference on Medical Information,Vol. 1,p. 585-588,1983年
  • Prognostic analysis of adult nephritic syndrome by Weibull regression model,Tanaka H,Akiba Y,Yajima K,Furukawa T,World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Hamburg, Germany,5.3,1982年04月
  • Fluidtherapy consultation system supported by a microcomputer,Akiba Y,Tanaka H,Hara S,Yajima K,Furukawa T,World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Hamburg, Germany,15.18,1982年04月
  • マルコフモデルによる成人ネフローゼ症候群の長期予後予測,秋場優子,田中博,谷島一嘉,古川俊之,行動計量学,10(1),36-45,Vol. 10,p. 36-45,1982年04月
  • マルコフモデルによる成人ネフローゼ症候群の長期予後予測,秋場 優子,田中 博,谷島 一嘉,古川 俊之,行動計量学,日本行動計量学会,Vol. 10,No. 1,p. 36-45,1982年
  • Prognostic analysis of adult nephritic syndrome by Weibull regression model,1982年
  • Fluidtherapy consultation system supported by a microcomputer,1982年
  • Estimating prognosis of adult nephrotic syndrome using Markovchoin model,behaviormetrics,Vol. 10,p. 36-45,1982年
  • 画像表示を用いた輸液診断コンサルテーションシステム,古川 俊之,谷島 一嘉,田中 博,秋場 優子,原 正一郎,臨床薬理,一般社団法人 日本臨床薬理学会,Vol. 13,No. 1,p. 97-98,1982年
  • 体液調節のシミュレーション,古川俊ゆき,谷島一よし,田中博,原正一郎,秋場優子,臨床科学,Vol. 17,No. 7,p. 775-784,1981年07月
  • 体液調節のシミュレーション,古川俊之,谷島一嘉,田中博,秋場優子,臨床科学,17(7),775-784,Vol. 17(7),775-784/,,1981年04月
  • ワイブルモデル及び多重ワイブルモデルによる成人ネフローゼ症候群の予後経過分析,田中博,秋場優子,谷島一嘉,古川俊之,行動計量学,8(2),1-13,Vol. 8(2),1-13/,,1981年04月
  • 寿命の数理モデル,古川俊之,谷島一嘉,田中博,秋場優子,綜合臨床,30(1),139-146,Vol. 30(1),139-146/,,1981年04月
  • ワイブルモデル及び多重ワイブルモデルによる成人ネフローゼ症候群の予後経過分析,田中博,秋場優子,谷島一嘉,古川俊之,行動計量学,8(2),1-13,Vol. 8,p. 1-13,1981年04月
  • An organ culture method for glandular stomach of new born rat.,KUROKAWA YUJI,TAKAHASHI MICHIHITO,OHNO YUKO,TAKAMURA NAOKO,ODASHIMA SHIGEYOSHI,The Tohoku Journal of Experimental Medicine,東北ジャーナル刊行会,Vol. 134,No. 2,p. 183-193,1981年
  • ワイブルモデルおよび多重ワイブルモデルによる成人ネフローゼ症候群の予後経過分析,田中 博,秋場 優子,谷島 一嘉,古川 俊之,行動計量学,日本行動計量学会,Vol. 8,No. 2,p. 1-13,1981年
  • 老化 疫学 寿命の数理モデル,古川俊之,谷島一よし,田中博,秋場優子,綜合臨床,Vol. 30,No. 1,p. 139-146,1981年01月
  • A study on the time series property of disease by Weibull distribution function,Akiba Y,Yajima K,Tanaka H,Furukawa T,Proc of the 3rd World Conference on Medical Informatics 3 ,86-89,Vol. 3 ,86-89/,,1980年04月
  • Application of the Weibull distribution to the analysis of the clinical course of disese,Furukawa T,Yajima K,Tanaka H,Akiba Y,Automedica,3,151-163,Vol. 3,151-163/,,1980年04月
  • ネフローゼ症候群,古川俊之,田中博,秋場優子,臨牀と研究,大道学館出版部,Vol. 57,No. 2,p. 419-430,1980年02月
  • A study on the time series property of disease by Weibull distribution function,Vol. 3 ,86-89/,,1980年
  • Application of the Weibull distribution to the analysis of the clinical course of disese,Vol. 3,151-163/,,1980年
  • A study on the time series property of disease by Weibull distribution function(共著),Proc. 3rd World Conference on Medical Informatics,Vol. 2,p. 986-996,1980年
  • Application of the Weilbull distribution to the analysis of the clinical courseof disease (共著),Automedica,Vol. 3,p. 151-163,1980年
  • Estimation of the prevalence period by exponential weibull model,K. Yajima,H. Tanaka,Y. Akiba,K. Hirayanagi,H. Nakamura,T. Ihara,S. Kinoshita,T. Aoki,N. Yamanoi,T. Furukawa,Japanese journal of medical electronics and biological engineering,Vol. 18,p. 420-433,1980年01月01日
  • ワイブル分布による罹病期間の予測,古川俊之,田中博,秋場優子,医学のあゆみ,医歯薬出版(株),Vol. 110,No. 13,p. 912-920,1979年09月
  • Application of sequential link analysis method to ECG equipment panel.(No 2),K. Yajima,S. Takasugi,H. Tanaka,K. Hirayanagi,Y. Akiba,S. Kinoshita,T. Aoki,N. Yamanoi,T. Furukawa,Japanese journal of medical electronics and biological engineering,Vol. 17,p. 202-211,1979年01月01日
  • 腎糸球体障害に関する臨床疫学調査と多変量確率分布モデルの応用,古川俊之,田中博,秋場優子,折田義正,加藤俊夫,厚生省特定疾患腎糸球体障害調査研究班昭和53年度業績第一巻,1,237-244,Vol. 第一巻,1,237-244/,,1978年04月
  • THE CHARACTERISTICS OF SITA PROGRAM ON HFA. IPS proc. (共著),Perimetry Update 1998/99

著書

  • 一般書・啓蒙書,第I章総論6節 がんの疫学 がん放射線治療と看護の実践 部位別でわかりやすい!,大野ゆう子,森本明子,歌田真依,堀芽久美,最新治療と有害事象ケア(第1版) 金原出版,2011年11月
  • 学術書,最新 医学大辞典第3版,大野ゆう子,医歯薬出版株式会社,2005年04月
  • 学術書,がん・統計白書―罹患/死亡/予後―2004,大島明,黒石哲生,田島和雄,篠原出版新社,2004年06月
  • 教科書・概説・概論,文部科学省著作高等学校職業教育教科書「看護基礎医学1」,文部科学省,文部科学省,2003年04月
  • 教科書・概説・概論,文部科学省著作高等学校職業教育教科書「基礎看護」,文部科学省,文部科学省,2003年04月
  • 教科書・概説・概論,文部科学省著作高等学校職業教育教科書「基礎看護」,文部科学省,文部科学省,2003年04月
  • 教科書・概説・概論,文部科学省著作高等学校職業教育教科書「看護基礎医学3」,文部科学省,文部科学省,2003年04月
  • 教科書・概説・概論,文部科学省著作高等学校職業教育教科書「看護基礎医学1」,文部科学省,文部科学省,2003年04月
  • 文部科学省著作高等学校職業教育教科書「看護基礎医学3」,文部科学省,2003年
  • 学術書,これからの看護研究 -基礎と応用ー,松木光子,小笠原知枝,久米弥子,稲岡文昭,岩崎弥生,河口てる子,水谷信子,廣川書店,2000年04月
  • 実験計画,これからの看護研究-基礎と応用-,廣川書店,2000年
  • 学術書,看護学概論,松木光子編,廣川書店,1998年04月
  • 学術書,看護過程と看護診断 第3版,江川隆子,小田正枝,川野雅資,松田たみ子,村本淳子,廣川書店,1997年04月
  • 学術書,終末期医療-問題の解決に向けて,平賀一陽編,最新医学社,1991年04月
  • 終末期医療 (共),最新医学社,1991年
  • The terminal Care,Shaishinigaku-sha,1991年

作品

  • 業務量調査をもとにした21世紀型大学附属病院における運営評価方法の研究,2003年 ~ 2005年
  • The Development of Indices for the Health Care Status in the 21st Century,2002年 ~ 2004年
  • 21世紀型保健医療指標の開発,2002年 ~ 2003年
  • パス解析による病院運営合理化の研究-タイムスタディおよび治療法選択過程をもとにして-,1999年 ~ 2001年
  • 長期療養時代の保健医療福祉システムの検討,1999年 ~ 2001年
  • The health care, Welfare and Education system for the 21st Century,1999年 ~ 2001年
  • 疾病登録の悉皆性に関する研究,2008年 ~
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究,2008年 ~
  • タイムスタディ等の定量的な検討を踏まえたがん医療における専門スタッフの効果的な配置や支援のあり方に関する研究,2007年 ~
  • Japanese National Cancer Databaseの構築と運用,2006年 ~
  • Japanese National Cancer Database (JNCDB),2006年 ~
  • 「診療機能のアウトカム評価について」,2004年 ~
  • 「高度総合診療施設における看護電子カルテの実用化と評価に関する研究」,2004年 ~
  • 「老人保健事業の推進のためのITを活用した地域健康づくりの推進方策と指導者教育法の確立に関する研究」,2004年 ~
  • 業務量調査をもとにした21世紀型大学附属病院における運営評価方法の研究,2004年 ~
  • 「21世紀型保健医療指標の開発(3)」,2004年 ~
  • 「地域がん登録」研究班,2004年 ~

受賞

  • Honorable Mention 賞,Tianyi Wang, Shima Okada, Masaaki Makikawa, Yuko Ohno,International Multi-Conference on Engineering and Technology,2020年10月
  • ベストリサーチアワード,王天一,岡田志麻,牧川 方昭,遠藤 誠之,大野 ゆう子,生体医工学会,2020年09月
  • SASグローバルフォーラム,Anna Tsutsui,SAS,2020年04月
  • 協会活動助成 研究助成(最優秀論文賞),村田絵美,日本小児保健協会,2015年06月
  • Chikio Hayashi Travel Award,Numasaki H,Harauchi H,Ohno Y,Inamura K,Kasahara S,Monden M,Sakon M,The 2004 Meeting of the International Federation of Classification Societies,2004年07月
  • Chikio Hayashi Travel Award (The 2004 Meeting of the International Federation of Classification Societies),2004年
  • Chikio Hayashi Travel Award,2004年
  • Chikio Hayashi Travel Award (The 2004 Meeting of the International Federation of Classification Societies),2004年
  • Best Poster Award,Sugiyama H,Ohno Y,Saika K,Ajiki W,Tsukuma H,Oshima A,25th Annual meeting of IACR,2003年04月
  • ベストリサーチアワード,Numasaki H,Harauchi H,Ohno Y,Inamura K,Kasahara S,Monden M,Sakon M,Ishii A,Kitamura Y,Nakamura A,Kou H,Iinuma M,生体医工学シンポジウム2003,2003年04月
  • Best Poster Award (25th Annual Meeting of IACR in Hawaii),2003年
  • Best Research Award 生体医工学シンポジウム2003,2003年
  • Best Research Award,2003年
  • Best Poster Award (25th Annual Meeting of IACR in Hawaii),2003年
  • Best Research Award JSMBE Symposium in 2003,Numasaki H,Harauchi H,Ohno Y,Inamura K,Kasahara S,Monden M,Sakon M,Ishii A,Kitamura Y,Nakamura A,Kou H,Iinuma M,2003年
  • Best Poster Award (24th Annual Meeting of IACR in Finland),Ohno Y,Nakamura T,Oshima A,IACR,2002年04月
  • Best Poster Award 24th Annual meeting of IACR inn Finland,Kasahara S,Ohno Y,Kitamura Y,Sugiyama H,Murata K,Oshima A,Tsukuma H,Ajiki W,Hasegawa T,Kakikawa F,IACR,2002年04月
  • 奨励賞,沼崎穂高,原内一,大倉保彦,石井豊恵,笠原聡子,門田守人,左近賢人,坂東昌子,大野ゆう子,稲邑清也,第82回日本物理学会学術大会,2001年04月
  • ベストポスター賞,萩本明子,大野ゆう子,堀田法子,第21回医療情報学連合大会,2001年04月
  • 奨励賞(第82回日本物理学会学術大会),2001年
  • ベストポスター賞(第21回医療情報学連合大会),2001年
  • Best Poster Award,2001年
  • 日本ME学会研究奨励賞,大野 優子,日本ME学会,1986年04月
  • 日本ME学会研究奨励賞,大野 優子,日本ME学会,1986年04月

講演・口頭発表等

  • 若年女性における冷え症と血管生理機能との関連,上原 陽香,王 天一,遠藤 誠之,松崎 政代,大野 ゆう子,母性衛生,2020年09月
  • 食道癌患者における他臓器癌(気道・消化器癌)の罹患/死亡リスクの検討,大森 正泰,石原 立,森島 敏隆,田淵 貴大,岡田 裕之,大野 ゆう子,祖父江 友孝,宮代 勲,日本消化器病学会中国支部例会プログラム・抄録集,2020年05月
  • シミュレーション教育で知識・技術・自信の向上を目指す End of Lifeケア教育への導入を例として,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,藤井 誠,木戸 倫子,大野 ゆう子,辻川 真弓,日本看護科学学会学術集会講演集,2019年11月
  • 日本における年齢群別ストーマ管理の自立の違いに関する横断的研究,安藤 嘉子,大野 ゆう子,土田 敏恵,片岡 ひとみ,酒井 透江,松原 康美,渡邉 光子,三富 陽子,藤井 誠,木戸 倫子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,2019年10月
  • 後期高齢者の死因の動向からみた東日本大震災の影響に関する研究,藤牧 貴子,井上 勇太,田嶋 哲也,藤井 誠,永安 真弓,工藤 榛香,大野 ゆう子,祖父江 友孝,日本公衆衛生学会総会抄録集,2019年10月
  • ストーマ保有者の排泄管理と生活状況の経年的変化,安藤 嘉子,遠藤 麻子,藤井 誠,木戸 倫子,大野 ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,2019年05月
  • 原発開放及び原発閉塞隅角緑内障の診断・未診断関連因子:同一地域に於ける検討,新家眞,岩瀬愛子,澤口昭一,藤井誠,大野ゆう子,日本眼科学会雑誌,2019年03月13日
  • 正常眼視野感度に及ぼす加齢と眼軸延長関連因子の影響,岩瀬愛子,新家眞,澤口昭一,藤井誠,大野ゆう子,日本眼科学会雑誌,2019年03月13日
  • 人工肛門保有者の排ガス音の客観的評価と消音対策の基礎検証,田嶋 哲也,安藤 嘉子,藤井 誠,後野 光覚,松裏 豊,木戸 倫子,Jeong Hieyong,大野 ゆう子,生体医工学,2019年
  • 世界の平均寿命と社会指標の関係について時系列的変化を検討,長倉 俊明,平良 百萌,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,生体医工学,2019年
  • 看護大学生を対象とした終末期ケアシミュレーションの教育効果の評価 2施設における実施結果の比較,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,藤井 誠,井上 勇太,大野 ゆう子,池田 七衣,宮嶋 正子,辻川 真弓,日本看護科学学会学術集会講演集,2018年12月
  • ストーマ装具代金の負担感に関する関連要因の分析~ストーマ保有者の実態調査より~,酒井透江,松原康美,安藤嘉子,片岡ひとみ,土田敏恵,三富陽子,渡邉光子,藤井誠,大野ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,2018年11月
  • ストーマ保有者の術後経過年数による排泄自立割合の特徴と年代別比較―ストーマ保有者の実態調査より―,安藤嘉子,片岡ひとみ,酒井透江,土田敏恵,三富陽子,渡邉光子,藤井誠,大野ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,2018年11月
  • 重症心身障害者および筋ジストロフィー患者にとっての「スヌーズレン」体験について,長尾 弘子,本郷 千草,今井 由香理,杉浦 敦子,長沼 知樹,木戸 倫子,丁 憙勇,大野 ゆう子,国立病院総合医学会講演抄録集,2018年11月
  • Collaborative work on Population-based cancer registry data in Indonesia,Pradnya Sri Rahayu,Julyanti Agustina,Fariha Ramadhaniah,Septiawati,Desy Khairina,Anggi Kartikawati,Rini Yulianita,Dian Triana Sinulingga,Evlina Suzanna Sinuraya,Abdul Kadir,Aries Hamzah,Ester Marini Lubis,Niken W. Palupi,Ina Rosalina,Lily S. Sulistiowati,Tri Hesty,Widyastuti M,Henggar Pramudityo,Makoto Fujii,Yuko Ohno,Kumiko Saika,Tomohiro Matsuda,Asian National Cancer Centers Alliance,2018年10月
  • 人工肛門保有者の排ガス音の客観的評価に関する研究,田嶋哲也,安藤嘉子,松裏豊,藤井誠,丁憙勇,木戸倫子,大野ゆう子,看護理工学会学術集会,2018年10月
  • 人工妊娠中絶の長期的な変動を評価する妊娠数に即した新たな指標の提案,井上 勇太,大野 ゆう子,大橋 一友,藤井 誠,安藤 絵美子,藤森 敬也,祖父江 友孝,日本公衆衛生学会総会抄録集,2018年10月
  • クラスター分析による世界の平均寿命に影響を与える社会指標変遷の研究,平良 百萌,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,長倉 俊明,日本老年医学会雑誌,2018年10月
  • 自分でやりたいこと,機械にやってほしいこと~「便利」と「体にいい」の間~,大野ゆう子,日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM),2018年09月03日
  • 模擬患者と協働した終末期ケアシミュレーション教育の評価:無作為化比較試験による検討,玉木朋子,犬丸杏里,横井弓枝,藤井誠,井上勇太,大野ゆう子,池田七衣,宮嶋正子,辻川真弓,日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集,2018年09月
  • Structure-function relationship in the aging process in normal subjects,Araie Makoto,Fujii Makoto,Ohno Yuko,Tanaka Yuki,Kikawa Tsutomu,Iwase Aiko,INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE,2018年07月
  • 【大腸】結腸癌に対するRPSの現状と展望 単孔式手術の整容性に関する第三者評価,沖田 憲司,竹政 伊知朗,関本 貢嗣,三代 雅明,岡島 正純,森 俊幸,大野 ゆう子,土岐 祐一郎,森 正樹,単孔式内視鏡手術研究会,日本消化器外科学会総会,2018年07月
  • 糖尿病と拘束性及び閉塞性肺機能障害に関する縦断的検討 佐久研究,園田 奈央,森本 明子,辰巳 友佳子,浅山 敬,大久保 孝義,伊澤 敏,大野 ゆう子,糖尿病,2018年06月
  • 血糖およびインスリン作用と高血圧発症との関連:佐久研究,辰巳友佳子,辰巳友佳子,辰巳友佳子,森本明子,浅山敬,浅山敬,園田奈央,宮松直美,大野ゆう子,宮本恵宏,伊澤敏,大久保孝義,日本循環器病予防学会誌,2018年05月25日
  • ストーマ保有者の術後経過年数による排泄自立割合の特徴と年代別比較 ストーマ保有者の実態調査より,安藤 嘉子,片岡 ひとみ,酒井 透江,土田 敏恵,三富 陽子,渡邉 光子,藤井 誠,大野 ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,2018年05月
  • ストーマ装具代金の負担感に関する関連要因の分析 ストーマ保有者の実態調査より,酒井 透江,松原 康美,安藤 嘉子,片岡 ひとみ,土田 敏恵,三富 陽子,渡邉 光子,藤井 誠,大野 ゆう子,日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌,2018年05月
  • ベッドサイドモニタの既存機能を利用した無線LANテレメータ点検方法,藤井 清孝,高橋 哲哉,井上 宗紀,加藤 博史,大野 ゆう子,医療機器学,2018年04月
  • 糖尿病者と非糖尿病者の肺機能の比較:大規模集団における性・年代別検討,園田奈央,森本明子,辰巳友佳子,大野ゆう子,大阪大学看護学雑誌(Web),2018年03月31日
  • 酸化チタンを用いた有機物の臭気除去の定量的研究,長倉 俊明,門田 直之,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,山田 憲嗣,生体医工学,2018年
  • 化学放射線療法中の頭頸部がん患者における口腔粘膜乾燥に対するマスク着用の効果,三木 佐登美,大野 ゆう子,日本がん看護学会誌,2018年01月
  • 講演 「養生」しながらの生活支援とは (超高齢社会における健康寿命延伸・自立支援プロジェクト) -- (自立支援に向けた研究とものづくり),大野 ゆう子,静岡がん会議 : 記録集,2018年
  • The influence of tea catechins on immune function in the elderly: application of the Bayesian statistical approach to an exploratory clinical trial,Iketani Ryo,Furushima Daisuke,Nishimura Takuma,Hirama Yui,Onishi Shintaro,Mori Takuya,Ohno Yuko,Yamada Hiroshi,日本薬理学会年会要旨集,2018年
  • 看護基礎教育における終末期ケアシミュレーションシナリオの開発と評価 フロー体験チェックリストを用いた無作為比較化試験による検討,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,冨田 真由,木戸 倫子,大野 ゆう子,辻川 真弓,日本看護科学会誌,2017年12月
  • End of Lifeケアシミュレーションの無作為化比較試験による教育効果の評価 知識テストとOSCEによる検討,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,冨田 真由,辻川 真弓,藤井 誠,井上 勇太,木戸 倫子,大野 ゆう子,日本看護科学学会学術集会講演集,2017年12月
  • サーモグラフィによる意思表現が不自由な患者・障害者における情緒変化の把握 「ゆめ水族園」体験時の情緒評価(Thermal Imaging-Based Evaluation of Autonomic Nervous System in YUME Aquarium),丁 憙勇,三原 明穂,木戸 倫子,長尾 弘子,本郷 千草,星田 徹,大野 ゆう子,医療情報学連合大会論文集,2017年11月
  • 調剤薬局での患者待ち時間対策の検討のための離散型シミュレーションモデルの適応可能性,古島 大資,瀧本 浩之,山田 浩,大野 ゆう子,臨床薬理,2017年11月
  • 徘徊感知機器による医用テレメータへの影響の可視化・実証調査,藤井清孝,井上宗紀,加藤博史,大野ゆう子,病院設備,2017年11月01日
  • サーモグラフィによる意思表現が不自由な患者における情緒変化の把握:「ゆめ水族園」体験時の情緒評価,丁憙勇,木戸倫子,長尾弘子,三原明穂,本郷千草,星田徹,大野ゆう子,医療情報学連合大会プログラム・抄録集,2017年11月01日
  • Medication Event Monitoring Systemを用いた睡眠薬の処方遵守の評価に関する研究,河野愛弓,大野ゆう子,木戸倫子,丁憙勇,足立浩祥,医療情報学連合大会プログラム・抄録集,2017年11月01日
  • Single-Incision Laparoscopic Colectomy with Complete Mesocolic Excision Versus Multiport Laparoscopic Colectomy for Colon Cancer Reply,Masaaki Miyo,Ichiro Takemasa,Hiroyuki Ishihara,Taishi Hata,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Yuichiro Doki,Masaki Mori,DISEASES OF THE COLON & RECTUM,2017年11月
  • Trends among elderly people requiring a stoma in Japan,Akiho Mihara,Hiroyuki Ishihara,Makoto Fujii,Yoshiko Ando,Michiko Kido,Hieyong Jeong,Yuko Ohno,Annual Conference International Associational of Cancer Registries,2017年10月
  • The long-term trends of childhood cancer in Japan based on population-based cancer registries,Hiroyuki Ishihara,Midori Soda,Makoto Fujii,Junichi Hara,Yuko Ohno,Annual Conference International Associational of Cancer Registries,2017年10月
  • 酸化チタンの光化学反応を用いた有機物の臭気除去の定量的研究,門田 直之,木戸 倫子,大野 ゆう子,山田 憲嗣,石井 豊恵,長倉 俊明,看護理工学会学術集会・看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会合同学術集会プログラム・抄録集,2017年10月
  • 電気的連続計測法による浮腫の原因推定のための基礎研究,岩津 星吾,坂本 翔大,平川 侃,松下 和生,木戸 倫子,大野 ゆう子,石井 豊恵,長倉 俊明,看護理工学会学術集会・看護実践学会学術集会・国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会学術集会合同学術集会プログラム・抄録集,2017年10月
  • 高齢者の足病リスク推定のための足部特徴量評価システムの開発,山下知子,山下和彦,山田憲嗣,大野ゆう子,LIFE講演概要集(CD-ROM),2017年09月05日
  • 日本人女性の乳がんリスク層別生涯累積罹患リスク推計,谷山 祐香里,伊藤 秀美,岩崎 基,郡山 千早,津金 昌一郎,大野 ゆう子,松尾 恵太郎,日本癌学会総会記事,2017年09月
  • 日本人女性における乳がん感受性遺伝子多型による乳がんリスク予測,伊藤 秀美,岩崎 基,郡山 千早,谷山 祐香里,尾瀬 功,井本 逸勢,大野 ゆう子,津金 昌一郎,岩田 広治,松尾 恵太郎,日本癌学会総会記事,2017年09月
  • 飲酒量とインスリン分泌障害・インスリン抵抗性発症との関連 佐久研究,辰巳 友佳子,森本 明子,浅山 敬,園田 奈央,宮松 直美,大野 ゆう子,宮本 恵宏,伊澤 敏,大久保 孝義,日本アルコール・薬物医学会雑誌,2017年08月
  • 親の認識から検討する子どもの健康的な睡眠に向けた生活習慣 日本版幼児睡眠質問票を用いた調査から,西田 千夏,下村 明子,張 暁春,三宅 靖子,清水 佐知子,加藤 久美,毛利 育子,下野 九理子,大野 ゆう子,谷池 雅子,日本看護研究学会雑誌,2017年08月
  • 早期認知症高齢者を対象とした服薬支援製品に求められる機能についての検討,河野 愛弓,大野 ゆう子,木戸 倫子,日本早期認知症学会誌,2017年08月
  • ドライビングシミュレータを用いた自動車運転時における健常人のアイトラッキングに関する研究,薄 雄斗,大野 ゆう子,古田 誠朗,小野 浩,国松 志保[佐貫],岩瀬 愛子,新家 眞,ITヘルスケア,2017年07月
  • 重症心身障害児・者の「ゆめ水族園」体験前後での自律神経指標および行動の変化,長尾 弘子,杉浦 敦子,本郷 千草,星田 徹,木戸 倫子,丁 喜勇,大野 ゆう子,日本医療マネジメント学会雑誌,2017年07月
  • 高校生の化学物質過敏性に関する調査,鈴木珠水,馬醫世志子,大野ゆう子,日本臨床環境医学会学術集会プログラム・抄録集,2017年06月23日
  • 正常高値血圧および高血圧の糖尿病発症リスク:佐久研究,辰巳友佳子,辰巳友佳子,辰巳友佳子,森本明子,浅山敬,浅山敬,園田奈央,宮松直美,大野ゆう子,宮本恵宏,伊澤敏,大久保孝義,日本循環器病予防学会誌,2017年05月29日
  • 認知症ケアにおける転倒予防のためのメディカルフットケアに関する研究,山下知子,山下和彦,山田憲嗣,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web),2017年05月03日
  • 日本版子どもの眠りの質問票[小学生版]の開発と標準化,桑田 綾乃,三星 喬史,加藤 久美,平田 郁子,下野 九理子,中西 真理子,橘 雅弥,松澤 重行,浅野 良輔,大野 ゆう子,谷池 雅子,毛利 育子,脳と発達,2017年05月
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態とその対応から医療継続について考える(第一報) 病院の被害状況と対応,松裏 豊,大野 ゆう子,河野 愛弓,園田 奈央,井上 勇太,前本 康夫,梅田 幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,2017年02月
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える~第三報:医療継続に関わる被害状況と対応~,井上勇太,大野ゆう子,園田奈央,河野愛弓,松裏豊,前本康央,梅田幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,2017年02月01日
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える~第二報:ライフラインの被害状況の実態と対応~,河野愛弓,大野ゆう子,松裏豊,井上勇太,園田奈央,前本康央,梅田幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,2017年02月01日
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態と対応から医療継続について考える~第四報:患者の入院・転院及び避難者の来院の実態と対応~,園田奈央,大野ゆう子,河野愛弓,松裏豊,井上勇太,前本康央,梅田幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,2017年02月01日
  • 熊本地震の災害急性期の被災の実態とその対応から医療継続について考える―第一報 病院の被害状況と対応―,松裏豊,大野ゆう子,河野愛弓,園田奈央,井上勇太,前本康夫,梅田幸治,Japanese Journal of Disaster Medicine,2017年02月01日
  • 教育講演 「よくなった,よかった」というために : 看護の視点を活かす統計学 (第15回日本感染看護学会学術集会),大野 ゆう子,日本感染看護学会誌 = Journal of Japanese Society of Nursing Care and Infection Control,2016年12月
  • End of Life看護シミュレーション教育の評価 シナリオの開発とフローによる評価,玉木 朋子,犬丸 杏里,横井 弓枝,冨田 真由,木戸 倫子,大野 ゆう子,辻川 真弓,日本看護科学学会学術集会講演集,2016年11月
  • 人工肛門保有者の排ガス音の客観的評価と食事・睡眠とガスの関連性に関する研究,安藤嘉子,松裏豊,藤井誠,木戸倫子,大野ゆう子,看護理工学会学術集会,2016年10月
  • 高齢者の転倒リスク低減のための歩行機能向上の支援技術,山下和彦,山下和彦,山下知子,安在絵美,佐藤満,井野秀一,太田裕治,山田憲嗣,大野ゆう子,LIFE講演概要集(CD-ROM),2016年09月04日
  • 中高年の健康支援のための活動量計を用いた生活機能・歩行機能評価システムの開発,山下知子,山下和彦,清水裕子,井野秀一,山田憲嗣,大野ゆう子,LIFE講演概要集(CD-ROM),2016年09月04日
  • ライフラインを活用した山間地域で暮らす独居高齢者の生活の見守りの検討,纐纈朋弥,石原多佳子,西本裕,小林和成,大野ゆう子,ITヘルスケア誌(Web),2016年05月21日
  • 服薬支援製品に求められる規格・機能に関する検討~ユーザビリティの視点から~,河野愛弓,大野ゆう子,木戸倫子,ITヘルスケア誌(Web),2016年05月21日
  • 高校生の喫煙状況に関連する要因の検討,鈴木 珠水,馬醫 世志子,大野 ゆう子,日本衛生学雑誌,2016年05月
  • 手術室での活用を目指したRFIDタグ付き手術器械システムの開発,山下 和彦,大久保 憲,山田 憲嗣,大野 ゆう子,楠田 佳緒,太田 裕治,黒田 悟,飴谷 充隆,伊藤 嘉智,本田 宏,小美野 勝,田中 慎一,田中 聖人,医療機器学,2016年04月
  • 飲酒習慣とインスリン分泌障害およびインスリン抵抗性との関連 佐久研究,辰巳 友佳子,森本 明子,宮松 直美,霜田 哲夫,大野 ゆう子,宮本 恵宏,坂口 志朗,糖尿病,2016年04月
  • 手術室での活用を目指したRFIDタグ付き手術器械システムの開発,山下和彦,山下和彦,大久保憲,山田憲嗣,大野ゆう子,楠田佳緒,太田裕治,黒田悟,飴谷充隆,伊藤嘉智,本田宏,小美野勝,田中慎一,田中聖人,医療機器学,2016年04月01日
  • 学校における欠席者数報告にもとづくインフルエンザ流行予測―パンデミック2009H1N1を対象として―,古島大資,河野梢子,大野ゆう子,梯正之,Journal of Epidemiology (Web),2016年01月21日
  • 消化管出血部位自動検出のための診断支援システムの研究,長倉 俊明,吉田 成人,薫森 亮輝,安武 拓忠,横山 萌恵,石井 豊恵,木戸 倫子,野上 真子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,2016年
  • 線形判別分析法(LDA)による重量物持ち上げ姿勢の異常検知システムに関する検討,渡辺 宗一郎,丁 憙勇,鳥飼 一男,林 雅信,山田 憲嗣,大野 ゆう子,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,2016年
  • Depthカメラを用いた睡眠時呼吸状態におけるモニタリング評価に対する基礎的研究,松裏 豊,大野 ゆう子,丁 憙勇,山田 憲嗣,生体医工学,2016年
  • 酸化チタンを用いた臭気除去の定量的計測研究,山口 瞭,木下 亮平,横山 萌恵,石井 豊恵,木戸 倫子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,長倉 俊明,生体医工学,2016年
  • 内視鏡画像の距離による色情報変化に関する研究,安武 拓忠,大川内 涼太,横山 萌恵,石井 豊恵,木戸 倫子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,長倉 俊明,生体医工学,2016年
  • 電気的体液移動計測の研究,松下 和生,渡辺 晃也,横山 萌恵,石井 豊恵,木戸 倫子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,長倉 俊明,生体医工学,2016年
  • 活動量計を用いた中高年者の活動範囲評価システムの開発,山下 知子,山下 和彦,清水 裕子,宮川 市郎,井野 秀一,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,2016年
  • 子どもの足部計測による発達の課題,山下 和彦,山下 知子,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,2016年
  • 飲酒習慣とインスリン分泌障害およびインスリン抵抗性との関連:佐久研究,辰巳友佳子,辰巳友佳子,森本明子,宮松直美,霜田哲夫,大野ゆう子,宮本恵宏,坂口志朗,糖尿病(Web),2016年
  • 地域がん登録に基づいた小児がん罹患数の経年変化の検討,石原啓之,大野ゆう子,原純一,早田みどり,がん予防学術大会プログラム・抄録集,2016年
  • がん患者の痛みに対する効果的な看護支援内容の抽出,玉木朋子,辰巳友佳子,木戸倫子,大野ゆう子,日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集,2016年
  • 地域在住高齢者へのフットケアによる身体機能の改善と医療費への影響,山下和彦,山下和彦,安在絵美,山下知子,佐藤満,井野秀一,山田憲嗣,大野ゆう子,日本フットケア学会年次学術集会プログラム・抄録集,2016年
  • Evaluation of Influence of Assisting Speed of Nursing Care Robot on Sit-to-Stand Movement through Vertical Ground Reaction Force,Wang Tianyi,Shikata Noriyuki,Jeong Hieyong,Ohno Takafumi,Watanabe Soichiro,Kido Michiko,Yamada Kenji,Ohno Yuko,Okazaki Yasunao,Terashima Masayuki,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,2016年
  • 救急隊による救急コールから病院決定・搬送までの実態と情報システムの課題調査,平田澪奈,藤井誠,木戸倫子,大野ゆう子,看護理工学会学術集会,2015年10月
  • 網羅的治療経過データベースの構築についての検討,谷山祐香里,大野ゆう子,菫乙琦,藤井誠,石原啓之,澤田想野,木戸倫子,松村泰志,藤井歩美,小林栄仁,木村正,看護理工学会学術集会,2015年10月
  • 地域がん登録を利用した小児がんに関する基礎データ分析,石原啓之,大野ゆう子,木戸倫子,安藤嘉子,藤井誠,澤田想野,松裏豊,谷山祐香里,今井秀人,河野愛弓,王天一,看護理工学会学術集会,2015年10月
  • 機能評価係数Ⅱ各係数における評価の妥当性の検討,藤井誠,大野ゆう子,木戸倫子,山田憲嗣,看護理工学会学術集会,2015年10月
  • 圧力中心による回転ハンドリング動作の分析,丁 憙勇,山田 憲嗣,木戸 倫子,渡辺 宗一郎,野村 泰伸,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,2015年09月
  • ライフラインを活用した独居高齢者の見守りの検討,纐纈朋弥,小林和成,石原多佳子,大野ゆう子,日本早期認知症学会誌,2015年08月31日
  • 早期認知症高齢者に対する服薬管理・支援製品に求められる機能についての検討,河野 愛弓,大野 ゆう子,木戸 倫子,笠原 聡子,大石 雅子,丁 憙勇,山田 憲嗣,日本早期認知症学会誌,2015年08月
  • 薬物療法に関するガイドラインと服薬支援の必要性から検討する療養分類,木戸 倫子,大野 ゆう子,河野 愛弓,丁 憙勇,山田 憲嗣,長倉 俊明,日本早期認知症学会誌,2015年08月
  • 日本の小学生の睡眠習慣と睡眠に影響を及ぼすライフスタイルについての大規模調査,村田 絵美,毛利 育子,星野 恭子,三星 喬史,加藤 久美,松澤 重行,橘 雅弥,大野 ゆう子,谷池 雅子,日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集,2015年07月
  • 既存の大規模コホートデータを用いた職業と疾病リスクに関する検討,喜多村 祐里,堅山 遥菜,歌田 真依,大野 ゆう子,北村 哲久,西野 善一,田中 英夫,中山 富雄,伊藤 ゆり,片野田 耕太,富永 祐民,祖父江 友孝,産業衛生学雑誌,2015年03月
  • 他計式連続型タイムスタディデータを用いた看護師の手指衛生機会数の検討,西村美樹,大野ゆう子,日本環境感染学会誌,2015年01月30日
  • 圧力中心測定による持ち上げ姿勢評価方法の有効性,丁 憙勇,渡辺 宗一郎,木戸 倫子,八木 雅和,野村 泰伸,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,2015年
  • 電気インピーダンスによる生体電気特性連続計測による研究,渡辺 晃也,松下 和生,石井 豊恵,木戸 倫子,横山 萌恵,山田 憲嗣,大野 ゆう子,長倉 俊明,生体医工学,2015年
  • 消化管内視鏡画像による診断支援ツールのための画像処理の研究,柏木 航,河合 真子,吉田 成人,長倉 俊明,長倉 俊明,大河内 涼太,薫森 亮輝,廣田 優希,安武 拓忠,木戸 倫子,横山 萌恵,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,2015年
  • HSV表示内視鏡画像の色情報と分光画像による比較検討,大河内 涼太,河合 真子,吉田 成人,長倉 俊明,柏木 航,薫森 亮輝,廣田 優希,安武 拓忠,木戸 倫子,横山 萌恵,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生体医工学,2015年
  • さまざまな取り組みから見えてくる手指衛生遵守向上と維持のノウハウ 継続的なモニタリングからわかること、期待できること 向上しても維持は難しい 継続的な測定は可能か? 他計式連続型タイムスタディデータを用いた看護師の手指衛生機会数の検討,西村 美樹,大野 ゆう子,日本環境感染学会誌,2015年01月
  • 統計的手法によるがん患者への看護支援方法抽出の可能性~疼痛管理教育に焦点をあてた検討~,玉木朋子,竹内佐智恵,大野ゆう子,日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集,2015年
  • 胆のうがんの罹患率と死亡率の年次推移,歌田真依,大野ゆう子,祖父江友孝,がん予防学術大会プログラム・抄録集,2015年
  • 自動車運転時における視野正常者と視野欠損者におけるアイトラッキング特性の比較検討,薄雄斗,大野ゆう子,古田誠,小野浩,国松志保,岩瀬愛子,新家眞,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM),2014年11月21日
  • 重量物取扱時の被験者の重心移動に関する比較検討,渡辺 宗一郎,鳥飼 一男,林 雅信,丁 憙勇,清水 咲希,木戸 倫子,野村 泰伸,三善 英知,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,2014年09月
  • 身体バランスの視点からみた腰部サポートウェアの効果(An Influence on Human Postural Balance of Waist Support Wear during Lifting Loads),丁 憙勇,清水 咲希,渡辺 宗一郎,鳥飼 一男,林 雅信,木戸 倫子,野村 泰伸,三善 英知,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,2014年09月
  • 重量物取扱時の被験者の重心移動に関する比較検討,渡辺 宗一郎,鳥飼 一男,林 雅信,丁 憙勇,清水 咲希,木戸 倫子,野村 泰伸,三善 英知,山田 憲嗣,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,2014年09月
  • 涙液中の薬物モニタリングに向けたラマン分光システム,横山萌恵,西村隆宏,山田憲嗣,大野ゆう子,応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),2014年09月01日
  • 看護学×理工学 融合と発展を探る(第8回) 看護理工学における大学・研究機関の役割と人材育成,大野 ゆう子,山田 憲嗣,看護技術,2014年08月
  • 地域住民を対象とする三府県コホート併合データを用いた職業別死亡リスクの検討,喜多村 祐里,堅山 遥菜,歌田 真依,大野 ゆう子,北村 哲久,西野 善一,田中 英夫,中山 富雄,伊藤 ゆり,片野田 耕太,富永 祐民,祖父江 友孝,産業衛生学雑誌,2014年05月
  • 既存の地域住民コホート併合データを用いた職業と疾病リスクについての検討,喜多村 祐里,堅山 遙菜,歌田 真依,大野 ゆう子,西野 善一,田中 英夫,中山 富雄,片野田 耕太,富永 祐民,祖父江 友孝,日本衛生学雑誌,2014年05月
  • 境界型糖尿病と慢性腎臓病の関連:佐久研究,辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,征矢野文恵,大野ゆう子,宮松直美,水野正一,渡邊昌,Journal of Epidemiology,2014年01月23日
  • インスリン分泌不全の有無によるHOMA‐IR増加が糖尿病発症に及ぼす影響:佐久研究,森本明子,辰巳友佳子,出浦喜丈,征矢野文恵,宮松直美,大野ゆう子,水野正一,渡邊昌,Journal of Epidemiology,2014年01月23日
  • 多重がんにおける化学療法と放射線療法の影響,歌田真依,大野ゆう子,堀芽久美,早田みどり,Journal of Epidemiology,2014年01月23日
  • 宮城・愛知・大阪における三府県コホートを用いた職業別死亡に関する網羅的検討,喜多村祐里,堅山遥菜,歌田真依,佐道准也,伊藤ゆり,片野田耕太,西野善一,田中英夫,富永祐民,大野ゆう子,北村哲久,祖父江友孝,Journal of Epidemiology,2014年01月23日
  • A difference of human posture between beginner and expert during lifting a heavy load,Soichiro Watanabe,Kazuo Torigai,Masanobu Hayashi,Hieyong Jeong,Saki Shimizu,Michiko Kido,Taishin Nomura,Eiji Miyoshi,Kenji Yamada,Yuko Ohno,BMEiCON 2014 - 7th Biomedical Engineering International Conference,2014年01月20日
  • 病院内空間の適正配置に関する研究,笹森光子,武田真季,吉本佳世,山田憲嗣,大野ゆう子,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集,2014年01月17日
  • 洗浄性と快適性を提供するヘッドケアロボット,安藤 健,廣瀬 俊典,藤岡 総一郎,水野 修,武田 真季,山田 憲嗣,大野 ゆう子,本田 幸夫,日本生活支援工学会誌,2013年12月
  • 医療現場に根ざしたモノづくり,大野 ゆう子,東海病院管理学研究会年報,2013年11月
  • 日本の稀少がん罹患の実態 EUの稀少がんの定義の適用(Incidence of rare cancers in Japan: Adaptation of EU rare cancers definition),柴田 亜希子,玉木 朋子,董 乙き,大野 ゆう子,祖父江 友孝,西本 寛,日本癌学会総会記事,2013年10月
  • 都道府県別にみた自殺率に対する年齢・時代・世代要因の影響 6県における試み,三輪 のり子,中村 隆,田中 貴子,大江 洋介,大野 ゆう子,日本公衆衛生学会総会抄録集,2013年10月
  • 5節リンク機構により洗浄性を向上したヘッドケアロボットの開発,安藤健,廣瀬俊典,藤岡総一郎,水野修,武田真季,丸山知美,山田憲嗣,大野ゆう子,本田幸夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),2013年09月04日
  • 蛍光カラー符号化による簡易分子スクリーニング技術の検討,西村 隆宏,小倉 裕介,山田 憲嗣,大野 ゆう子,谷田 純,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,2013年09月
  • 自動車運転時の視線の解析 正常視野群と緑内障視野群での比較,岩瀬 愛子,大野 ゆう子,薄 雄斗,古田 誠,小野 浩,国松 志保,新家 眞,日本緑内障学会抄録集,2013年09月
  • 成人学習療法システムの看護・介護者教育への応用について,大野 ゆう子,山田 憲嗣,西村 隆宏,武田 真季,木戸 倫子,浅田 久子,大野 悦子,日本早期認知症学会誌,2013年09月
  • 病理判定の一致度と判定に対する影響因子の施設間比較,堀芽久美,大野ゆう子,加藤毅,尾路祐介,統計関連学会連合大会講演報告集,2013年09月
  • 喫煙関連がんの多重がん発生頻度と発生間隔,歌田真依,大野ゆう子,堀芽久美,早田みどり,統計関連学会連合大会講演報告集,2013年09月
  • ATL患者の多重がんの発生頻度と発生間隔,歌田真依,大野ゆう子,堀芽久美,岩永正子,上平憲,早田みどり,ATLシンポジウム/HTLV-1国際シンポジウム/HTLV-1研究会プログラム・抄録集,2013年08月23日
  • 一般病棟と外来化学療法室の看護業務における協働業務の実態と特徴,平田記子,石井豊恵,冨田耕平,平野方子,横内光子,大野ゆう子,清水佐知子,東村昌代,内田宣江,日本医療情報学会看護学術大会論文集,2013年07月12日
  • インスリン分泌不全と体重増加が糖尿病発症に及ぼす影響 佐久研究,辰巳 友佳子,森本 明子,出浦 喜丈,水野 正一,大野 ゆう子,渡邊 昌,日本循環器病予防学会誌,2013年05月
  • 肝内および肝外胆管がんの死亡・罹患率の年次推移,祖父江 友孝,歌田 真依,大野 ゆう子,圓藤 吟史,日本衛生学雑誌,2013年03月
  • 教師用BRIEFの日本における標準化の試み(2),永谷文代,大野ゆう子,清水佐知子,諏訪絵里子,廣瀬央恵,松嵜順子,毛利育子,谷池雅子,日本発達心理学会大会論文集,2013年02月01日
  • 院内がん登録全国集計を用いたがん患者受療動態の可視化に関する研究,片山和子,大野ゆう子,歌田真依,堀芽久美,清水佐知子,西本寛,Journal of Epidemiology,2013年01月24日
  • 肥満度別のインスリン分泌不全及び抵抗性の2型糖尿病発症への影響:佐久研究,辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,水野正一,大野ゆう子,渡邊昌,Journal of Epidemiology,2013年01月24日
  • 10年コホート調査に基づく職業と部位別がん死亡の関係,堅山遥菜,大野ゆう子,祖父江友孝,歌田真依,西野善一,田中英夫,中山富雄,片野田耕太,富永祐民,Journal of Epidemiology,2013年01月24日
  • インスリン分泌不全と抵抗性の2型糖尿病発症への影響:佐久研究,森本明子,辰巳友佳子,出浦喜丈,水野正一,大野ゆう子,渡邊昌,Journal of Epidemiology,2013年01月24日
  • 胃がん家族歴と胃がん死亡リスクの関連,歌田真依,大野ゆう子,祖父江友孝,堅山遥菜,西野善一,田中英夫,中山富雄,片野田耕太,富永祐民,Journal of Epidemiology,2013年01月24日
  • 自動車運転時の視線の解析 正常視野群と緑内障視野群での比較,岩瀬愛子,大野ゆう子,薄雄斗,古田誠,小野浩,国松志保,新家眞,日本緑内障学会抄録集,2013年
  • 看護師によるがん患者に対する疼痛管理教育の効果と看護への実践:メタアナリシス,玉木朋子,竹内佐智恵,大野ゆう子,日本サイコオンコロジー学会総会プログラム・抄録集,2013年
  • Investigation on the Optimal Observation Time Interval for the Work Sampling at Hospital Wards; Based on the Big Continuous Time-And-Motion Study (TMS) Database,Torii Kanako,Shimizu Sachiko,OHNO Yuko,生体医工学,2013年
  • 調査目的に応じた最適な看護業務タイムスタディ設計に関する研究,鳥居佳奈子,清水佐知子,大野ゆう子,医療情報学連合大会論文集,2012年11月14日
  • 「看護系」と「工学系」の会話,大野 ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集,2012年11月
  • Impaired Glucose Toleranceの糖尿病発症リスクと糖尿病発症予測に有効な血糖指標,辰巳友佳子,森本明子,出浦喜丈,水野正一,大野ゆう子,渡邊昌,日本循環器病予防学会誌,2012年04月30日
  • 糖尿病発症へのインスリン分泌不全及び抵抗性の影響,森本明子,辰巳友佳子,出浦喜丈,水野正一,大野ゆう子,渡邊昌,日本循環器病予防学会誌,2012年04月30日
  • 大阪府のがん罹患数・死亡数将来推計,歌田 真依,大野 ゆう子,清水 佐知子,伊藤 ゆり,津熊 秀明,JACR Monograph,2012年03月
  • 部分荷重歩行訓練における装着型床反力計を用いたバイオフィードックシステム,坂田奈津美,安藤健,藤谷順子,石川秀俊,藤本雅史,小池友和,纐纈和美,清水佐知子,山田憲嗣,大野ゆう子,藤江正克,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,2012年01月06日
  • 8E34 部分荷重歩行訓練における装着型床反力計を用いたバイオフィードバックシステム(OS14 未来を創る診断・治療・看護工学~医看工融合研究を目指して~1),坂田 奈津美,大野 ゆう子,藤江 正克,安藤 健,藤谷 順子,石川 秀俊,藤本 雅史,小池 友和,纐纈 和美,清水 佐知子,山田 憲嗣,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,2012年
  • 8E33 看護分野におけるツール開発について(OS14 未来を創る診断・治療・看護工学~医看工融合研究を目指して~1),石井 豊恵,大野 ゆう子,笠原 聡子,清水 佐知子,山田 憲嗣,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,2012年
  • 「看護系」と「工学系」の会話,大野ゆう子,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM),2012年
  • 病院の臭気の局在と臭気除去の研究,長倉俊明,伏井義人,山田憲嗣,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),2012年
  • 洗髪による洗浄効果の検討,武田真季,山田憲嗣,薄雄斗,吉本佳世,佐々木なぎさ,清水佐知子,石井豊恵,大野ゆう子,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),2012年
  • 受療行動と治療費:セネガル地方での住民調査,岩佐真也,大野ゆう子,清水佐知子,日本熱帯医学会大会プログラム抄録集,2011年11月04日
  • 臨床工学技士 高まる役割とその現実 医学と工学の融合領域と医療現場の実態について,長倉 俊明,山田 憲嗣,大野 ゆう子,石原 謙,日本医学会総会会誌,2011年10月
  • 側臥位・腹臥位での局所圧迫を回避できる枕の検討,田中範佳,大野ゆう子,鈴木利保,日本手術医学会誌,2011年09月15日
  • 長期外来患者の判別問題(特別セッション 判