EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

水町 衣里

Mizumachi Eri

社会技術共創研究センター,特任講師(常勤)

keyword 生態学,科学教育,科学コミュニケーション

経歴

  • 2016年07月 ~ 2020年03月,大阪大学,COデザインセンター,特任助教
  • 2016年04月 ~ 2016年06月,大阪大学,コミュニケーションデザイン・センター,特任助教
  • 2012年04月 ~ 2016年03月,京都大学物質−細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス),特定研究員
  • 2010年05月 ~ 2012年03月,京都大学総合博物館,教務補佐員
  • 2008年04月 ~ 2012年03月,京都大学物質−細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス),研究員(WPI)
  • 2008年04月 ~ 2010年03月,京都大学大学院情報学研究科,研究員(GCOE)
  • 2005年04月 ~ 2008年03月,日本学術振興会,特別研究員(DC1)
  • 2005年04月 ~ 2008年03月,京都大学大学院農学研究科地域環境科学専攻,博士課程

研究内容・専門分野

  • その他,その他

所属学会

  • 日本教育工学会
  • 日本科学教育学会
  • 日本生態学会

論文

  • 対話ワークショップを通じた高度汎用力教育:自動運転技術の倫理的側面をテーマとして,工藤充,山崎吾郎,水町衣里,Co* Design,Vol. 6,p. 33-50,2019年07月,研究論文(学術雑誌)
  • How science, technology and innovation can be placed in broader visions — Public opinions from inclusive public engagement activities,Kano K , Kudo M , Yoshizawa G , Mizumachi E , Suga M , Akiya N , Ebina K , Goto T , Itoh M , Joh A , Maenami H , Minamoto T , Mori M , Morimura Y , Motoki T , Nakayama A , Takanashi K,Journal of Science Communication,Vol. 18,No. 03,p. 1-19,2019年06月14日,研究論文(学術雑誌)
  • 生物や価値観の多様性を扱う教育プログラム「宇宙箱舟ワークショップ」の実践を通じて生態学と社会のつなぎ方を考える,水町 衣里,日本生態学会誌,Vol. 68,No. 3,p. 189-197,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 萌芽的科学技術に関する公共的関与の実践・研究・教育の統合に向けて:「超スマート社会」を課題としたSTiPS大阪大学拠点の取り組み,工藤充,水町衣里,八木絵香,Co* Design,Vol. 3,p. 35-53,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 高校生を対象とした研究体験で獲得される科学的知識とその限界ーPISA調査の評価枠組みを活用した分析ー,加納圭,一方井祐子,水町衣里,科学教育研究,Vol. 41,No. 2,p. 107-115,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 科学的なものの見方の習得に関する評価の試行:~NHK E テレ「カガクノミカタ」連動ワークショップを事例に~,加納 圭,土井 祐磨,後藤 崇志,水町 衣里,一方井 祐子,日本科学教育学会年会論文集,一般社団法人 日本科学教育学会,Vol. 41,No. 0,p. 31-32,2017年
  • Understanding the plurality of public interests for open strategy in science and innovation,Yoshizawa G,Suga M,Kudo M,Mizumachi E,Kano K,OECD Bluesky3,p. 1-44,2016年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 難易度の高い協力型ボードゲームによる縦割り組織思考の克服,塩瀬隆之,加納圭,江間有沙,工藤充,吉沢剛,水町衣里,情報処理学会研究報告,Vol. 39,p. 1-4,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 対話型パブリックコメントにおける生(なま)の表現とその受け手の問題,高梨克也,秋谷直矩,城綾実,水町衣里,加納圭,人工知能学会第76回言語・音声理解と対話処理研究会(SIG-SLUD),p. 1-6,2016年,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Functional redundancy of multiple forest taxa along an elevational gradient: predicting the consequences of non-random species loss,Mori AS,Shiono T,Haraguchi TF,Ota AT,Koide D,Ohgue T,Kitagawa R,Maeshiro R,Aung TT,Nakamori T,Hagiwara Y,Matsuoka S,Ikeda A,Hishi T,Hobara S,Mizumachi E,Frisch A,Thor G,Fujii S,Osono T,Gustafsson L,Journal of Biogeography,Vol. 42,No. 8,p. 1383-1396,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Asymmetric gene flow and the distribution of genetic diversity in morphologically distinct Abies mariesii populations in contrasting eco-habitats.,Qian S,Saito W,Mimura M,Kaneko S,Isagi Y,Mizumachi E,Mori A. S,Plant Ecology,Vol. 215,No. 12,p. 1385-1397,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • パブリックコメント・ワークショップの試行 : 「宇宙基本計画(案)」をテーマとしたワークショップの事例報告,水町衣里,加納圭,伊藤真之,源利文,中山晶絵,蛯名邦禎,秋谷直矩,科学技術コミュニケーション,Vol. 15,p. 123-136,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 科学・技術イベント参加者層評価 に豪州発セグメンテーション手法を用いることの有効性,後藤崇志,水町衣里,工藤充,加納圭,科学技術コミュニケーション,Vol. 15,p. 17-35,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 何者として、何を話すか : 対話型ワークショップにおける発話者アイデンティティの取り扱い,秋谷直矩,高梨克也,水町衣里,工藤充,加納圭,科学技術コミュニケーション,Vol. 15,p. 107-122,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • インクルーシブデザインワークショップにおける共感的理解を促すアイスブレイク手法の提案,安斎勇樹,塩瀬隆之,山田小百合,水町衣里,日本教育工会論文誌(ショートレター),Vol. 37,No. Suppl.,p. 97-100,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • インクルーシブデザインワークショップにおける,安斎勇樹,塩瀬隆之,山田小百合,水町衣里,日本教育工学雑誌,Vol. 37,p. 97-100,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Progress in the 21st century: a Roadmap for the Ecological Society of Japan,T. Enoki,T. Nakashizuka,S.-I. Nakano,T. Miki,Y.-P. Lin,M. Nakaoka,E. Mizumachi,H. Shibata,Ecological Research,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 29,No. 3,p. 357-368,2014年
  • 知識の状態を提示すること:再生医療にかんするグループインタビューにおける参与構造の分析,秋谷直矩,水町衣里,高梨克也,加納圭,科学技術コミュニケーション,Vol. 13,p. 17-30,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • サイエンスカフェ参加者のセグメンテーションとターゲティング : 「科学・技術への関与」という観点から,加納圭,水町衣里,岩崎琢哉,磯部洋明,川人よし恵,前波晴彦,科学技術コミュニケーション,Vol. 13,p. 3-16,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Community assembly processes shape an altitudinal gradient of forest biodiversity.,Mori, A.S,Shiono, T,Koide, D,Kitagawa, R,Ota, A.T,Mizumachi, E,Global Ecology and Biogeography,Vol. 22,No. 7,p. 878-888,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 教材としての宇宙:答えのない課題を扱う教育プログラム『宇宙箱舟ワークショップ』,水町衣里,磯部洋明,神谷麻梨,黒川紘美,堂野能伸,森奈保子,塩瀬隆之,宇宙航空研究開発機構研究開発報告,Vol. 12,No. 007,p. 19-45,2013年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 一般市民や子どもたちが科学的思考を学ぶための事例収集,ヘイチクパベル,岡本雅子,水町衣里,元木環,秋谷直矩,塩瀬隆之,竹内慎一,加納圭,滋賀大学教育学部附属教育実践総合センター紀要,Vol.21 pp.17- 22,2013-03.,2013年
  • 高校生を対象とした萌芽的科学技術を活かした卓越性の科学教育プログラム開発,加納圭,水町衣里,山水康平,田邊剛士,科学教育研究,Vol. 36,No. 2,p. 162-171,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Variation in herbivory-induced responses within successively flushing Quercus serrata seedlings under different nutrient conditions,E. Mizumachi,A.S. Mori,R. Akiyama,N. Tokuchi,N. Osawa,Journal of Forest Research,SPRINGER TOKYO,Vol. 17,No. 2,p. 175-183,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 双方向コミュニケーションでは誰が誰に話すのか? : サイエンスカフェにおける科学者のコミュニケーションスキルのビデオ分析,高梨克也,加納圭,水町衣里,元木環,科学技術コミュニケーション,Vol. 11,p. 3-7,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • 対話力を備えた科学者養成プログラムのための動画編集・視聴ツール,森村吉貴,加納圭,森幹彦,水町衣里,高梨克也,元木環,2012年度情報処理学会情報教育シンポジウム論文集,Vol. 2012,No. 4,p. 207-212,2012年,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Scientists’ attitudes toward a dialogue with the public: a study using “science cafes”,Mizumachi E,Matsuda K,Kano K,Kawakami M,Kato K,Journal of Science Communication,Vol. 10,No. 4,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Foliage nitrogen turnover: Differences among nitrogen absorbed at different times by Quercus serrata saplings,M.U. Ueda,E. Mizumachi,N. Tokuchi,Annals of Botany,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 108,No. 1,p. 169-175,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 報告:原発をめぐる情報伝達に関する意見交換会から得られたコミュニケーションギャップ,白井哲哉,水町衣里,加納圭,黒川紘美,仲矢史雄,元木環,塩瀬隆之,科学技術コミュニケーション,Vol. 9,p. 107-119,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Winter nitrate uptake by the temperate deciduous tree Quercus serrata,M.U. Ueda,E. Mizumachi,N. Tokuchi,Journal of Forest Research,SPRINGER TOKYO,Vol. 15,No. 6,p. 411-414,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Allocation of nitrogen within the crown during leaf expansion in Quercus serrata saplings,M.U. Ueda,E. Mizumachi,N. Tokuchi,Tree Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 29,No. 7,p. 913-919,2009年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Within-crown structural variability of dwarfed mature abies mariesii in snowy subalpine parkland in central Japan,A.S. Mori,E. Mizumachi,Journal of Forest Research,SPRINGER TOKYO,Vol. 14,No. 3,p. 155-166,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Morphological acclimation to understory environments in Abies amabilis, a shade- and snow-tolerant conifer species of the Cascade Mountains, Washington, USA.,Mori AS,Mizumachi E,Sprugel DG,Tree physiology,5,Vol. 28,No. 5,p. 815-824,2008年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Roles of disturbance and demographic non-equilibrium in species coexistence, inferred from 25-year dynamics of a late-successional old-growth subalpine forest,A.S. Mori,E. Mizumachi,A. Komiyama,Forest Ecology and Management,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 241,No. 1-3,p. 74-83,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Current-year shoots and branches structural variations within the crown of Abies mariesii growing in a forest-meadow ecotone developed on Tateyama Mountain Range in central Japan,Mizumachi E,Mori AS,Proceedings of the International Symposium "Asian Collaboration in IPY 2007 – 2008",p. 205-207,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Possible impacts of changing snow regimes on growth and distribution of conifer species in high elevation ecosystems,Mori AS,Mizumachi E,Sprugel DS,Proceedings of the International Symposium "Asian Collaboration in IPY 2007 – 2008",p. 201-204,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Shoot development and extension of Quercus serrata saplings in response to insect damage and nutrient conditions,E. Mizumachi,A. Mori,N. Osawa,R. Akiyama,N. Tokuchi,Annals of Botany,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 98,No. 1,p. 219-226,2006年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Season and substrate effects on the first-year establishment of current-year seedlings of major conifer species in an old-growth subalpine forest in central Japan,A. Mori,E. Mizumachi,Forest Ecology and Management,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 210,No. 1-3,p. 461-467,2005年,研究論文(学術雑誌)
  • The effects of herbivory and soil fertility on the growth patterns of Quercus serrata and Q. crispula saplings at the shoot and individual levels,E. Mizumachi,N. Osawa,R. Akiyama,N. Tokuchi,Population Ecology,SPRINGER TOKYO,Vol. 46,No. 2,p. 203-211,2004年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Substrate-associated seedling recruitment and establishment of major conifer species in an old-growth subalpine forest in central Japan,A. Mori,E. Mizumachi,T. Osono,Y. Doi,Forest Ecology and Management,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 196,No. 2-3,p. 287-297,2004年07月26日,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 高校生や大学生に幹細胞研究の理解を促し議論する教育プログラムの開発,川上雅弘,水町衣里,加納圭,遠山真理,和田濱裕之,再生医療,Vol. 16,2017年02月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • ボードゲーム風幹細胞教育教材「幹細胞研究やってみよう!」の開発,水町衣里,川上雅弘,加納圭,和田濱裕之,遠山真理,日本科学教育学会年会論文集(CD-ROM),Vol. 40th,2016年,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 科学技術イノベーション政策へのパブリックエンゲージメントー「再生医療」と「夢ビジョン2020」を対象とした取組みー,加納圭,工藤充,菅万希子,前波晴彦,水町衣里,吉澤剛,平成25年度文部科学省委託事業「科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」の推進に向けた試行的実践」調査研究結果,2014年06月
  • 科学のプロセスや不確実性が伝わることを目指したインタラクティブなコンテンツの開発と実践,加納圭,水町衣里,元木環,秋谷直矩,塩瀬隆之,ヘイチク パベル,岡本雅子,佐々木孝暢,北川絵里加,2013年度 日本放送協会からの受託研究報告書,2014年03月
  • 科学のプロセスおよび不確実性に関する事例集,加納圭,水町衣里,元木環,秋谷直矩,塩瀬隆之,ヘイチク パベル,岡本雅子,2012年度 日本放送協会からの受託研究報告書,2013年03月
  • 科学のプロセスや不確実性が伝わるためのコンテンツとは? ー国内外の事例からー,加納圭,水町衣里,元木環,秋谷直矩,塩瀬隆之,ヘイチク パベル,岡本雅子,2012年度 日本放送協会からの受託研究報告書,2013年03月
  • “Trial Practice of Applying Public Needs for RM to the Processes of Making Science, Technology and Innovation Policy in Japan”,Kei KANO,Eri MIZUMACHI,Makiko SUGA,Go YOSHIZAWA,Takayuki GOTO,Katsuya TAKANASHI,Mikihiko MORI,Tamaki MOTOKI,Masayuki ITOH,CiRA International Symposium 2013: Raising the Next Generation of Stem Cell Research, 2013-03.,2013年
  • 羅臼岳における標高傾度に沿った地表性クモ類の群集変化,原口岳,太田藍乃,中森泰三,藤井佐織,萩原佑亮,菱拓雄,森章,水町衣里,大園享司,日本蜘蛛学会第45回大会,2013年
  • インクルーシブデザインでデザイナがユーザに期待する役割(「参加型アプローチの展開」特集号),塩瀬隆之,水町衣里,小林大祐,システム制御情報学会誌 システム/制御/情報,Vol. 56,No. 2,p. 65-70,2012年02月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • “ 対話力を備えた科学者養成プログラムのための 動画編集・視聴ツール”,森村吉貴,加納圭,森幹彦,水町衣里,高梨克也,元木環,情報処理学会 情報教育シンポジウム(SSS), 2012 年8 月.,2012年
  • “ 参加者特性に応じたものづくりワークショップ設計のため の課題抽出”,元木環,森幹彦,平岡斉士,水町衣里,喜多一,Design シンポジウム2012,2012-10,2012年
  • 対話力トレーニングプログラム,加納圭,水町衣里,平成23 年度全国科学館連携協議会海外研修,Crowne Plaza Hotel Canberra, 2012-2-25.,2012年
  • 図書館をとりまくコミュニティのデザイン(特集記事:コミュニティにおけるインタラクションデザイン特集),塩瀬隆之,水町衣里,ヒューマンインタフェース学会誌,Vol. 14,No. 3,p. 163-168,2012年
  • Cases of the Approaches from Science Communication to Science Education in Japan,Mariko Suzuki,Akiko Tsuzuki,Takashi Kusumi,Itsuo Hatono,Mikihito Tanaka,Kei Kano,Eri Mizumachi,Tamaki Motoki,Katsuya Takanashi,EASE International Conference (EASE 2011) , 2011-10.,2011年
  • 科学者の“対話力”トレーニングプログラムの開発―伝える,聴く, 分かち合う,ができる科学者へ―,加納圭,水町衣里,元木環,高梨克也,日本科学教育学会年会論文集35,pp.157–158, 2011.,2011年
  • 科学者の‘対話’力トレーニングプログラムの開発~きく,つたえる, 分かち合う,ができる科学者へ~,加納圭,水町衣里,元木環,高梨克也,日本科学教育学会第35 回年会,Vol.35 PP.351-352, 2011-8.,2011年
  • 石の上にも三時間ー標本をじっくり観察できるようになるためのプログラムー,水町衣里,塩瀬隆之,伊達隆洋,理科教室,Vol. 53,No. 10,p. 48-53,2010年10月
  • 第120回大会イブニングセミナー(第2特集),水町衣里,相川高信,井鷺裕司,比屋根哲,勝山正則,舘野隆之輔,吉岡崇仁,山中典和,富田基史,森章,稲垣善之,牧大介,鳥居厚志,兼子伸吾,森林科学,Vol. 58,p. 24-30,2010年02月
  • インクルーシブデザインによる観光コンテンツの開発,塩瀬隆之,鍵山泰尋,小林大祐,水町衣里,川上浩司,人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),Vol. 24th,2010年
  • 博物館の展示鑑賞者の注意をひきつけるひねったキャプションに関する研究,塩瀬隆之,元木環,水町衣里,石河栄祐,川上浩司,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 2010, キャンパスプラザ京都,2010年
  • “学際融合のための技術史展示:2010 年企画展「科学技術X の謎」を例に”,塩瀬隆之,水町衣里,戸田健太郎,元木環,大学博物館等協議会大会・第5 回博物館科学会講演論旨集,p50, 2010-6.,2010年
  • 伝え手になることで得られる学び : ハンズ・オン・サイエンスカフェという取り組み(科学教育人材養成(1),一般研究発表,次世代の科学力を育てる),水町衣里,塩瀬隆之,山田歩,日本科学教育学会年会論文集,日本科学教育学会,Vol. 33,p. 313-314,2009年08月
  • 待ち合わせ場所のインクルーシブデザイン (第56回ヒューマンインタフェース学会研究会 インタラクションのデザイン(特集:上流工程の方法論)および一般),塩瀬隆之,小林大祐,水町衣里,ヒュ-マンインタフェ-ス学会研究報告集,ヒュ-マンインタフェ-ス学会,Vol. 11,No. 4,p. 19-22,2009年07月
  • 生き物の切っても切れない関係,水町衣里,まなぶ,Vol. 585,p. 46-47,2006年09月
  • コナラ地樹の当年枝バイオマスに対する食害と土壌養分の影響,水町 衣里,秋山 玲子,徳地 直子,大澤 直哉,第51回日本生態学会大会講演要旨集, p.214,2004年
  • 若手フィールド情報学者, 質的研究への挑戦,辻高明,高崎俊之,本吉達郎,水町衣里,やまだようこ,日本質的心理学会第5 回全国大会論文集

著書

  • 〈つながり〉を創りだす術 -続・対話で創るこれからの「大学」,大阪大学COデザインセンター,八木絵香,水町衣里,大阪大学出版会,ISBN:4872597079,2020年02月28日
  • 一般書・啓蒙書,対話で創るこれからの「大学」,監修,大阪大学COデザインセンター,企画,編集,八木絵香,水町衣里,大阪大学出版会,ISBN:9784872595994,2017年09月
  • ワークプレイス・スタディーズ:はたらくことのエスノメソドロジー,編者,水川喜文,秋谷直矩,五十嵐素子,ハーベスト社,2017年03月
  • エコシステムマネジメント-包括的な生態系の保全と管理へ-,編集:森 章,共立出版,2012年09月
  • 学術書,科学技術Xの謎,塩瀬隆之,元木環,水町衣里,戸田健太郎,化学同人,ISBN:4759811982,2010年05月

作品

  • 京都大学総合博物館 平成27年度特別展「研究を伝えるデザイン:研究者の思いをかたちにする工夫とこだわり」(2015年10月7日ー11月8日),2015年10月 ~ 2015年11月
  • 対話ツール:新しい医療と、くらし,企画・制作:八木絵香、水町衣里,2019年10月 ~
  • 対話ツール:これからの宇宙探査,企画・制作:渡邉浩崇、水町衣里,2018年07月 ~
  • 対話ツール:顔認証・追跡システム,企画・制作:工藤充、水町衣里、八木絵香,2018年01月 ~
  • 対話ツール:ビッグデータの光と影,企画・制作:工藤充、水町衣里、八木絵香,2018年01月 ~
  • ”超・立体的”協力ボードゲーム「TATEWARI」,2015年11月 ~
  • 細胞育成ゲーム「幹細胞研究やってみよう!」,2014年10月 ~
  • 宇宙箱舟ワークショップブック,*監修者の1人として,2011年03月 ~
  • 幹細胞研究 やってみよう! Study book&Work Book(第2版),京都大学iCeM,京都大学CiRA,2010年08月 ~
  • 京都大学総合博物館 2010年春季企画展「科学技術Xの謎-天文・医療・文化財 あらゆるものの姿をあらわすX線にせまる-」(2010年4月28日-2010年8月29日),企画,塩瀬隆之,元木環,水町衣里,戸田健太郎,永田奈緒美,2010年04月 ~
  • 幹細胞研究 やってみよう!Study Book&Work Book(第1版),京都大学iCeM,京都大学CiRA,2009年11月 ~
  • ユニバーサル上映をつくろう 情報のユニバーサルデザイン 日本語字幕と音声ガイドをつける方法,2009年04月 ~

受賞

  • 科学教育実践賞,加納圭、水町衣里、塩瀬隆之、竹内慎一,日本科学教育学会,2019年08月
  • 日本科学教育学会2017年度学会賞 年会発表賞,加納圭,水町衣里,塩瀬隆之,ヘイチク パヴェル,岡本雅子,佐々木孝暢,竹内慎一,日本科学教育学会,2017年08月
  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門),加納圭,水町衣里,塩瀬隆之,竹内慎一,文部科学省,2017年04月
  • 第3回ナレッジイノベーションアワード 近畿経済産業局長賞,京都大学物質,細胞統合システム拠点(iCeMS,科学コミュニケーショングループ,水町,衣里,加納 圭,ナレッジキャピタル,2016年03月
  • 京都大学アカデミックデイ賞,水町衣里,展代表者,城綾実,加納圭,森幹彦,元木環,京都大学,2015年10月
  • 優秀賞,考えるカラス,連動ワークショップ実行委員会,加納圭,水町衣里,元木環,ヘイチクパベル,岡本雅子,佐々木孝暢,竹内慎一,ナレッジキャピタル 第2回ナレッジイノベーションアワード・コト部門・優秀賞,2015年03月
  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰、 科学技術賞、理解増進部門,中辻憲夫,加納圭,水町衣里,川上雅弘,遠山真理,文部科学省,2014年04月
  • サイエンスアゴラ賞,科学コミュニケーション研究会,企画運営メンバーの,人として,サイエンスアゴラ,2012年11月
  • 優秀デモ・ポスター賞,森村吉貴,加納圭,森幹彦,水町衣里,高梨克也,元木環,情報教育シンポジウムSSS2012,2012年08月
  • 平成20年度京都大学総長賞,井戸端サイエン,2009年03月
  • Poster Award.,Eri Mizumachi,Akira Mori,The Second Scientific Congress of East Asian Federation of Ecological Societies.,2006年03月

講演・口頭発表等

  • 高校生を対象とした研究体験で獲得される科学的知識とその限界-PISAの評価枠組みを活用した分析-,水町衣里,一方井祐子,加納 圭,日本科学教育学会第41回年会,2017年08月29日
  • 科学的なものの見方の習得に関する評価の試行〜NHK Eテレ「カガクノミカタ」連動ワークショップを事例に〜,加納 圭,土井祐磨,後藤崇志,水町衣里,一方井祐子,日本科学教育学会第41回年会,2017年08月29日
  • 教室におけるアクティブラーニング評価手法に関する教師の懸念,塩瀬隆之,水町衣里,加納 圭,日本科学教育学会第41回年会,2017年08月29日
  • 研究者の対話力トレーニングに対するルーブリックのボトムアップ作成,森幹彦,城綾実,秋谷直矩,高梨克也,元木環,森村吉貴,水町衣里,加納圭,一方井祐子,第7回知識共創フォーラム,2017年03月21日
  • 高校生や大学生に幹細胞研究の理解を促し議論する教育プログラムの開発,川上 雅弘,水町 衣里,加納 圭,和田濱 裕之,遠山 真理,第16回 日本再生医療学会総会,2017年03月09日
  • A Support Tool for Addressing the ELSI of Emerging Science and Technology in Japan,Sugawara Y,Kudo M,Yagi E,Watanabe H,Mizumachi M,Hirakawa H,AAAS 2017 Annual Meeting,2017年02月19日
  • 対話力トレーニングプログラム(フォーラム「3つの科学コミュニケーション研修プログラム(基礎、メディア、対話力)」内),加納圭,水町衣里,第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会 合同大会,2016年11月30日
  • Understanding the plurality of public interests for open strategy in science and innovation,Yoshizawa G,Suga M,Kudo M,Mizumachi M,Kano K,OECD Bluesky III,2016年09月21日
  • Engaging the public in STI policymaking —Using segmentation method as an indicator for science and society—,Kano K,Suga M,Yoshizawa G,Kudo M,Mizumachi M,Goto T,Ebina K,OECD Bluesky III,2016年09月19日
  • Science Active Learning: Using a Japanese educational TV Program, "Think like a Crow: The Scientific Method"(Symposia: Fostering the Scientific Mindset内),加納 圭,水町 衣里,塩瀬 隆之,ヘイチク パヴェル,岡本 雅子,佐々木 孝暢,西田 賢仁,竹内 慎一,2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education (EASE2016TOKYO),2016年08月27日
  • Educational Material for an Introduction to Stem Cell Research(Symposia: Fostering the Scientific Mindset内),水町 衣里,川上 雅弘,加納 圭,和田濱 裕之,遠山 真理,2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education (EASE2016TOKYO),2016年08月27日
  • Practice of Comparison Issues in Aquarium: A Fundamental Skill of the Scientific Mindset(Symposia: Fostering the Scientific Mindset内),塩瀬 隆之,水町 衣里,土井 祐磨,竹内 慎一,加納 圭,2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education (EASE2016TOKYO),2016年08月27日
  • 科学の考え方に注目したアクティブラーニング~NHK Eテレ「考えるカラス」連動ワークショップを例に~,加納 圭,水町 衣里,塩瀬 隆之,ヘイチク パヴェル,岡本 雅子,佐々木 孝暢,西田 賢仁,竹内 慎一,日本科学教育学会第40回年会,2016年08月19日
  • 水族館における「くらべる」課題の実践:カガクノミカタの基盤的スキル,塩瀬 隆之,水町 衣里,土井 祐磨,竹内 慎一,加納 圭,日本科学教育学会第40回年会,2016年08月19日
  • ボードゲーム風幹細胞教育教材「幹細胞研究やってみよう!」の開発,水町 衣里,川上 雅弘,加納 圭,和田濱 裕之,遠山 真理,日本科学教育学会第40回年会,2016年08月19日
  • Toward Achieving Board Public Engagement with Science, Technology, and Innovation Policies,水町 衣里,WINTech 2016: Solving Global Issues: Innovation Ecosystem with Advanced Renewable Enaergy in Future City,2016年03月16日
  • 難易度の高い協力型ボードゲームによる縦割り組織思考の克服,塩瀬 隆之,加納 圭,江間 有沙,工藤 充,吉澤 剛,水町 衣里,第39回エンタテインメントコンピューティング研究会,2016年03月16日
  • 対話型パブリックコメントにおける生(なま)の表現とその受け手の問題,高梨 克也,秋谷 直矩,城 綾実,水町 衣里,加納 圭,人工知能学会 第76回 言語・音声理解と対話処理研究会(SIG-SLUD),2016年02月29日
  • 若手科学者のための対話力トレーニングプログラムにおけるルーブリック開発プロセス,秋谷 直矩,城 綾実,高梨 克也,水町 衣里,元木 環,森 幹彦,森村 吉貴,加納 圭,日本教育工学会 第31回全国大会,2015年09月22日
  • 中学・高校理科教員の理科指導における社会との関連内容を扱う際の意識,川上 雅弘,仲矢 史雄,片桐 昌直,水町 衣里,任田 康夫,Annual Meeting of Japan Society for Science Education 39th,2015年08月23日
  • 「対話型パブリックコメント」による意見収集・集約の利点と課題の分析,高梨 克也,城 綾実,秋谷 直矩,水町 衣里,加納 圭,電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)&ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会(VNV)合同研究会,2015年08月22日
  • STI政策へのパブリックエンゲージメント:「再生医療」と「夢ビジョン2020」を対象に,吉澤 剛,加納 圭,工藤 充,菅 万希子,前波 晴彦,水町 衣里,研究・技術計画学会第29回年次学術大会,2014年10月18日
  • 科学への低関与層も含めた幅広い人々の科学技術への関与 -科学技術イノベーション政策へのパブリックエンゲージメント-,加納 圭,工藤 充,菅 万希子,前波 晴彦,水町 衣里,吉澤 剛,日本科学教育学会第38回大会,2014年09月15日
  • Framework for Broad Public Engagement in Science, Technology and Innovation Policy (PESTI),Kei Kano,Naonori Akiya,Xiaojun Ding,Kuniyoshi Ebina,Takayuki Goto,Koichiro Hioki,Masayuki Itoh,Mitsuru Kudo,Haruhiko Maenami,Toshifumi Minamoto,Eri Mizumachi,Mikihiko Mori,Yoshitaka Morimura,Tamaki Motoki,Akie Nakayama,Makiko Suga,Katsuya Takanashi,Go Yoshizawa,13th International Public Communication of Science and Techonology Conference,2014年05月08日
  • 知床羅臼岳における標高傾度に伴う外生菌根菌群集の変化,松岡俊将,北川涼,小出大,塩野貴之,保原達,川口恵里,森章,水町衣里,大園享司,日本生態学会第61回全国大会,2014年03月16日
  • 知床羅臼岳における標高傾度に伴う植物群集構造の変化:機能ー系統距離に基づく解析,北川涼,小出大,塩野貴之,水町衣里,森章,日本生態学会第61回全国大会,2014年03月15日
  • 「科学の不確実性」を学ぶための事例の収集,岡本雅子,ヘイチク パベル,水町衣里,元木環,秋谷直矩,塩瀬隆之,竹内慎一,加納圭,日本科学教育学会第37回年会,2013年09月08日
  • 「国民との科学・技術対話」のための科学者の対話力トレーニングプログラム開発,加納圭,水町衣里,元木環,高梨克也,森幹彦,森村吉貴,秋谷直矩,加藤和人,日本科学教育学会第37回年会,2013年09月08日
  • 「科学のプロセス」を学ぶための事例の収集,ヘイチク パベル,岡本雅子,水町衣里,元木環,秋谷直矩,塩瀬隆之,竹内慎一,加納圭,2013年09月07日
  • 「国民ニーズ」と「専門家ニーズ」を包含した政策メニュー提言プロセスの検討,前波晴彦,加納圭,水町衣里,工藤充,産学連携学会 第11回大会,2013年06月20日
  • Trial Practice of Applying Public Needs for RM to the Processes of Making Science, Technology and Innovation Policy in Japan,Kei Kano,Eri Mizumachi,Makiko Suga,Go Yoshizawa,Takayuui Goto,Tatsuya Takanashi,Mikihiko Mori,Tamaki Motoki,Masayuki Itoh,CiRA International Symposium 2013: Raising the Next Generation of Stem Cell Research,2013年03月11日
  • 生物や文化の多様性を扱う教材「宇宙箱舟ワークショップ」の実践を通じて、生態学の伝え方を考える,水町衣里,日本生態学会第60回全国大会,2013年03月06日
  • Development of Dialogue Skills Training Program for Scientists,Eri Mizumachi,Naonori Akiya,Kei Kano,Kazuto Kato,6th Annual Symposium on Nanobiotechnology Kyoto Cell-Material Integration,2012年11月08日
  • 参加者特性に応じたものづくりワークショップ設計のための課題抽出,元木環,森幹彦,平岡斉士,水町衣里,喜多一,Design シンポジウム2012,2012年10月17日
  • インクルーシブデザインワークショップにおける共感的理解を促すアイスブレイク手法の提案,水町衣里,安斎勇樹,山田小百合,塩瀬隆之,日本教育工学会第28回全国大会,2012年09月16日
  • 高校生を対象とした萌芽的科学技術を活かした卓越性の科学教育プログラム 開発,加納圭,水町衣里,山水康平,田邊剛士,日本科学教育学会第36回年会,2012年08月27日
  • 幹細胞研究における教材開発の意義,菅万希子,水町衣里,加納圭,商品開発・管理学会第18回全国大会,2012年05月12日
  • Development of Hands-on Activities for Teaching biodiversity and cultural diversity: “Space Ark Workshop”,Eri Mizumachi,Hiroaki Isobe,Mari Kamitani,Hiromi Kurokawa,Takayuki Shiose,Yoshinobu Douno,Naoko Mori,東アジア生態学会連合第5回大会,2012年03月20日
  • 科学と社会とのあいだに立って、視点の違いを見つける、楽しむ,水町衣里,第19回農芸化学Frontiersシンポジウム,2012年03月
  • Science Communication in the Japanese Context,Kei Kano,Eri Mizumachi,Sean Perera,ASC (Australian Science Communicators) National Conference 2012,2012年02月28日
  • 宇宙箱舟ワークショップの開発・実践報告,水町衣里,磯部洋明,黒川紘美,塩瀬隆之,森奈保子,堂野能伸,神谷麻梨,第55回 宇宙科学技術連合講演会,2011年12月
  • あなたは誰に、何を伝えますか?:生物好きでない人を惹き付ける戦略を考えてみる,水町衣里,第43回種生物学シンポジウム,2011年12月
  • 科学的には答えの出ない問いをみんなで考える: 宇宙箱舟ワークショップ開発過程,水町衣里,磯部洋明,神谷麻梨,黒川紘美,塩瀬隆之,堂野能伸,森奈保子,平成23年度日本理科教育学会近畿支部大会,2011年11月
  • 科学者の“対話力”トレーニングプログラムの開発 ~きく、つたえる、分かち合う、ができる科学者へ~,加納圭,水町衣里,元木環,高梨克也,日本科学教育学会第35回年会,2011年08月
  • 答えのない課題を扱う教育プログラムの開発 ~『宇宙箱舟ワークショップ』を事例に~,水町衣里,磯部洋明,神谷麻梨,黒川紘美,塩瀬隆之,堂野能伸,森奈保子,日本科学教育学会第35回年会,2011年08月
  • 科学好きではない人々を惹きつけるための戦略的アプローチ ~アート,サウンドとのコラボレーション~,加納圭,水町衣里,日本科学教育学会第35回年会,2011年08月
  • 多様な分野、多様な興味をつなぐ博物館展示デザインの試み 〜『科学技術X の謎』を通じて〜,元木環,永田奈緒美,岩倉正司,水町衣里,宗本晋作,塩瀬隆之,日本科学教育学会第35回年会,2011年08月
  • 科学映像を「鑑賞」してみる ~ちょっとブルブルしませんか?の実践報告~,水町衣里,加納圭,北野諒,中山陽介,福のり子,第2回西日本原生生物コロキウム,2011年06月19日
  • 知床羅臼岳における、標高傾度に沿ったササラダニ群集と環境要因の関係,太田藍乃,森章,大園享司,保原達,水町衣里,萩原佑亮,塩野貴之,小出大,日本生態学会第58回全国大会,2011年03月
  • 博物館の展示鑑賞者の注意をひきつけるひねったキャプションに関する研究,塩瀬隆之,元木環,水町衣里,石河栄祐,川上浩司,計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 SSI2010,2010年11月
  • Teaching Program for the Introduction to the Stem Cell Research,Eri Mizumachi,Kei Kano,23rd Conference of the Asian Association for Biology Education,2010年10月
  • Development of Devices to raise curiosity,Kei Kano,Eri Mizumachi,23rd Conference of the Asian Association for Biology Education,2010年10月
  • 科学者と高校教員とが協働で開発した「科学についての知識を習得させる教育プログラム」:幹細胞研究やってみよう!,加納圭,水町衣里,日本科学教育学会第34回年会,2010年09月
  • ハテナを引き出すための仕掛けづくり,水町衣里,加納圭,日本科学教育学会第34回年会,2010年09月
  • 石を利用した 小学生向けプログラムの開発 〜 「触れるように見る」ために 〜,水町衣里,近畿科学教育研究集会,2010年05月
  • 科学についての知識を習得するための教員研修プログラム~幹細胞編~,加納圭,水町衣里,日本生物教育学会第88回全国大会,2010年01月10日
  • 科学についての知識を習得するための高校生向け教育プログラム~幹細胞編~,水町衣里,加納圭,日本生物教育学会第88回全国大会,2010年01月09日
  • サイエンスカフェに参加した科学者の科学コミュニケーション活動に対する意識調査,松田健太郎,水町衣里,加納圭,川上雅弘,加藤和人,第32回日本分子生物学会年会,2009年12月
  • 石を利用した 小学生向けプログラムの開発 〜「触れるように見る」ために〜,水町衣里,塩瀬隆之,伊達隆洋,子どもと自然学会第12回京都山科大会,2009年12月
  • 伝え手になることで得られる学び −ハンズ・オン・サイエンスカフェという取り組み−,水町衣里,塩瀬隆之,山田歩,日本科学教育学会第33回年会,2009年08月
  • Visualizing Barriers to Science Communication,Kei Kano,Eri Mizumachi,Kazuto Kato,The 4th iCeMS International symposium "Integrated Physical/Chemical Biology of the Cell: from Genes to Membrane Systems,2009年05月
  • インクルーシブデザインの“もの作りワークショップ”を学び多き場にするために(会員企画シンポジウム 「若手フィールド情報学者、質的研究への挑戦」内,水町衣里,日本質的心理学会第5回大会,2008年11月

委員歴

  • 科学コミュニケーション研究会,運営メンバー,2010年05月 ~ 継続中
  • 学協会,日本長期生態学研究(Japan Long-Term Ecological Research)ネットワーク,情報管理委員会(外部委員),2008年03月 ~ 継続中
  • 平成29年度NHK理科教育番組「カガクノミカタ」番組委員,2017年04月 ~ 2018年03月
  • 政府,文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター,専門調査員,2012年09月 ~ 2018年03月
  • NHK学校放送番組「考えるカラス」 番組委員,2013年06月 ~ 2014年03月

その他の活動内容

  • 2013年10月 ~ 2013年10月
  • 開館前特別ワークショップ「100年残す!?三重のモノ、コト、ワタシ」,2013年08月 ~ 2013年08月
  • 2013年07月 ~ 2013年07月
  • 2013年04月 ~ 2013年04月
  • 2013年03月 ~ 2013年03月
  • 2012年06月 ~ 2012年06月
  • O.Z. CAFE paper、Vol. 0、2010年3月発行(Araki Seminar / KDU)内コラム「セイブツタヨウセイ??」執筆, ~