EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

東 志保

Azuma Shiho

文学研究科 文化動態論専攻,准教授

keyword フランス,比較文化,ドキュメンタリー,映像

学歴

  • 2008年11月 ~ 2014年12月,パリ第三大学,芸術メディア研究科博士課程
  • 2006年04月 ~ 2008年11月,国際基督教大学大学院,比較文化研究科博士後期課程
  • 2007年09月 ~ 2008年06月,パリ第七大学,文学・芸術・映画研究科
  • 2004年04月 ~ 2006年03月,国際基督教大学大学院,比較文化研究科博士前期課程
  • 1998年04月 ~ 2002年03月,国際基督教大学,教養学部,社会科学科

経歴

  • 2017年04月 ~ 継続中,大阪大学,文学研究科,助教
  • 2019年09月 ~ 2020年03月,神戸市立外国語大学,非常勤講師
  • 2018年04月 ~ 2020年03月,京都産業大学,文化学部,非常勤講師
  • 2015年04月 ~ 2018年03月,国際基督教大学,教養学部,非常勤講師
  • 2014年07月 ~ 2017年03月,国際基督教大学,平和研究所,助手
  • 2015年04月 ~ 2016年03月,国際基督教大学ジェンダー研究センター,研究員
  • 2015年04月 ~ 2015年09月,岩手大学,人文社会科学部,非常勤講師

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,芸術実践論,映像研究、比較文化論

所属学会

  • 日本映画学会
  • 日本フランス語教育学会
  • 表象文化論学会
  • カルチュラルスタディーズ学会
  • 日本映像学会

論文

  • The utilization of the lightweight equipment by Jean Rouch and Chris Marker: Cinéma vérité and images of Africa,Shiho Azuma,Dispositif, Cinema & Transmedia Institute at Dong Eui University,Vol. 6,p. 7-18,2020年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ヨリス・イヴェンスのエッセイ映画―『セーヌの詩』から『ロッテルダム・ユーロポート』まで,東志保,Arts and Media,No. 9,2019年07月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Villes Ouvertes. La flânerie dans les images urbaines de Chris Marker,東志保,パリ第三大学(博士論文),2014年12月,学位論文(博士)
  • クリス・マルケルのOuvroirにみられる戦争の記憶,東志保,年報カルチュラルスタディーズ,No. 1,p. 123-138,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • TAとの連携による課外活動の試み,西川葉澄,東志保,古賀健太郎,RENCONTRES,No. 27,p. 75-79,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • クリス・マルケルの都市イメージにおける屑拾いについて,東志保,ICU比較文化,No. 43,p. 117-161,2011年04月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 歴史の裂け目としての都市表象ー『ラ・ジュテ』と『ミュリエル』の作品分析を通してー,東志保,ICU比較文化,No. 40,p. 65-91,2008年04月,研究論文(大学,研究機関等紀要)

MISC

  • 映画史のふたつの潮流について:国際共同研究促進プログラムの報告とその後の雑感,東志保,Arts and Media,No. 10,p. 259-261,2020年07月,記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • 須藤健太郎著『評伝 ジャン・ユス ターシュ 映画は人生のように』,東志保,日本映画学会会報,No. 59,p. 10-13,2020年03月22日,書評論文,書評,文献紹介等
  • 連続公開セミナーおよび国際ワーク ショップ「展示の映画」(5/8, 15, 22, 29)「イメージと時間:写真、映画、ニ ューメディア」(5/26),東志保,表象文化論学会ニューズレ ター『REPRE』,No. 37,2019年10月08日,会議報告等
  • 「シネマフィア」を探して,東志保,日本映像学会報,No. 186,p. 2-2,2019年10月
  • 表象文化論学会第13回研究発表集 会報告 関連企画 バザン・レリス・ 闘牛―映画『闘牛』の上映とワークシ ョップ,東志保,表象文化論学会ニューズレ ター『REPRE』,No. 35,2019年02月17日,会議報告等
  • 越境するメディア、他者との出会い,東志保,Arts & Media,No. 8,2018年07月
  • シネマ・ヴェリテの勃興ージャン・ルーシュとクリス・マルケル,東志保,ドキュメンタリーマガジン neoneo,No. 11,p. 58-61,2018年07月
  • いま、トリン・T・ミンハが問いかけていることー分断から越境へ,東志保,ドキュメンタリーマガジン neoneo,No. 8,p. 46-49,2016年12月
  • 千葉文夫、堀潤之(ほか分担 執筆)東志保・金子遊(編著)、 港千尋(監修)『クリス・マルケ ル 遊動と闘争のシネアスト』,東志保,表象文化論学会ニューズレター 『REPRE』,No. 25,2015年09月15日,書評論文,書評,文献紹介等
  • ゴルゴマンシー「見ること」への問いかけ,東志保,ドキュメンタリーマガジンneoneo,No. 3,p. 90-91,2013年10月
  • トリン・T・ミンハ新作『Night Passage』上映会と講演会の報告,東志保,CGS Newsletter,2005年04月

著書

  • 大阪大学 国際共同研究促進プログラム報告書:連続公開セミナー「展示の映画」、国際ワークショップ「イメージと時間:写真、映画、ニューメディア」,東志保,谷百合子,松井浩子,橋本知子,水田博子,川野惠子,Philippe Dubois,堀潤之,大阪大学文学研究科,2020年03月
  • 学術書,ジャン・ルーシュ 映像人類学の越境者,東志保,森話社,2019年10月
  • 学術書,CinémAction n°165 Chris Marker : Pionnier et novateur,Shiho Azuma,Edition Charles Corlet,2017年12月
  • 時間のランドスケープ―パトリック・キーラー「ロビンソン三部作」,東志保,Office 903,2015年10月
  • 学術書,クリス・マルケル 遊動と闘争のシネアスト,東志保,森話社,2014年11月
  • 未来の記憶のためにークリス・マルケルの旅と闘い,東志保,山形国際ドキュメンタリー映画祭,2013年10月

講演・口頭発表等

  • 「ファシズムの道具にならない芸術の概念」と映画:クリス・マルケル、 アレクサンダー・クルーゲ、パトリシ オ・グスマンを例に,東志保,第15回形象論研究会,2020年09月04日
  • エッセイ映画作家としてのヨリス・ イヴェンス:1950 年代叙情的エッセイ 映画時代の作品にみられる主観性,東志保,表象文化論学会オンライン研究フォーラム,2020年08月10日
  • La photographie, le cinéma et le bricolage: Chris Marker et Agnès Varda,東志保,International Workshop "L'image et le temps: la photographie, le cinéma et les nouveaux médias"@大阪大学,2019年05月26日
  • ジャン・ルーシュとクリス・マルケルーアフリカとシネマ・ヴェリテ,東志保,日本映像学会関西支部研究会@関西学院大学,2019年03月23日
  • クリス・マルケルのトランスポジション,港千尋,東志保,岡村恵子,モデレータ,篠田勝英,第11回恵比寿映像祭日仏会館共催シンポジウム@日仏会館,2019年02月14日
  • アニエス・ヴァルダのインスタレーションにみられるブリコラージュの美学,東志保,日本映像学会第44回全国大会,2018年05月25日
  • クリス・マルケルの『レベル5』について,東志保,クリス・マルケル監督作品『レベル5』日本語字幕版特別上映@アテネ・フランセ文化センター,2018年03月30日
  • 映画生誕 映画よ、動くな、死ね、甦れ! 『リュミエール!』上映&トーク,東志保,森元齊,西南学院大学「ことばの力養成講座」&KBCシネマコラボ企画@KBCシネマ,2018年01月20日
  • 寄せ集めの芸術ークリス・マルケルの『笑う猫事件』とウヴロワール,東志保,Cultural Typhoon 2017,2017年06月25日
  • 第6回みたかジェンダー・セクシュアリティ映画祭in ICU,今泉浩一,たかさきけいいち,崟利子,加藤悠二,東志保,2017年03月04日
  • 記録映画と難民、亡命者ークリス・マルケルの『キャンプの8時ニュース』を中心に,東志保,文学と芸術における宗教・民族をめぐる問い@岩手大学,2016年07月10日
  • クリス・マルケルの映画における幸福のイメージー『サン・ソレイユ』と『アレクサンドルの墓』,東志保,第42回日本映像学会,2016年05月29日
  • クリス・マルケル・シンポジウムーマルチメディア・アーティストとしてのクリス・マルケル,港千尋,千葉文夫,門間貴志,志保,司,@アテネ・フランセ文化センター,2015年08月01日
  • クリス・マルケルとアニエス・ヴァルダの映画におけるグラフィティの意味,東志保,第41回日本映像学会,2015年05月30日
  • マルチメディア・アーティストとしてのクリス・マルケル,港千尋,金子遊,東志保,『クリス・マルケル 遊動と闘争のシネアスト』出版記念イベント@池袋ジュンク堂,2015年01月16日
  • クリス・マルケル作品に見られる「屑拾い」について,東志保,Cultural Typhoon 2014,2014年06月29日
  • クリス・マルケルの『笑う猫事件』と「漂流」の詩学,東志保,第40回日本映像学会,2014年06月08日
  • ゆるやかにつながろうーTAとの連携によるフランス語コミュニティーの作り方ー,西川葉澄,東志保,古賀健太郎,第27回獨協大学フランス語教授法研究会,2013年12月08日
  • TAとの連携による課外活動の試み:文化紹介からコミュニティづくりまで,西川葉澄,東志保,古賀健太郎,第27回関西フランス語教育研究会,2013年03月30日
  • クリス・マルケルのOuvroirにみられる戦争の記憶,東志保,Cultural Typhoon 2012,2012年07月15日
  • Japanese film and "Nouvelle Vague",東志保,一橋大学国際交流セミナー,2011年12月07日
  • クリス・マルケルと都市:越境手段としてのメディア,東志保,Inter Asia Cultural Typhoon 2009,2009年07月05日

社会貢献

  • Podcast Chocolat! フランス語文法問題解説,redたんぽぽ,フランス語 Chocolat!,2014年04月01日 ~ 継続中
  • 山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナルコンペティション部門予備選考委員,山形国際ドキュメンタリー映画祭,2015年01月 ~ 2015年10月

委員歴

  • 学協会,日本映像学会関西支部,幹事,2018年12月 ~ 継続中

その他の活動内容

  • 「最前列」の家に捧げる歌/賢者たちの叡智(仏日翻訳),2016年12月 ~ 2016年12月
  • フランス語教育スタージュ,2015年08月 ~ 2015年08月
  • フランス語教育国内スタージュ,2015年03月 ~ 2015年03月