EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

宇野田 尚哉

Unoda Shouya

文学研究科 文化形態論専攻,教授

keyword 日本思想史

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,思想史

所属学会

  • 日本思想史学会
  • 社会思想史学会
  • 同時代史学会

論文

  • Roundtable Discussion: Situating Zainichi Cultural Production in the (Post)Empire,Unoda, Shoya,2019年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 『原爆に生きて』から『この世界の片隅で』へ:山代巴を中心に,宇野田尚哉,原爆文学研究会報,2019年03月
  • 特集2 本特集について,宇野田尚哉,グローバル日本研究クラスター報告書,2019年03月
  • 特集1 本特集について,宇野田尚哉,グローバル日本研究クラスター報告書,2019年03月
  • グローバル日本研究クラスター 2018年度活動記録,宇野田尚哉,グローバル日本研究クラスター報告書,2019年03月
  • 『原爆に生きて』から『この世界の片隅で』へ:山代巴を中心に,宇野田尚哉,2018年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 松江藩儒桃白鹿の『大学』解釈,宇野田尚哉,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)

MISC

  • 神戸大学蔵山口誓子資料の基礎的研究-データベース作成と俳壇史的意義の解明-,科学研究費補助金研究成果報告書 課題番号16520104(研究代表者:木下資一),2006年
  • 転位する〈国民の語り〉,インターカルチュラル,Vol. 3, 123p-131p,2005年
  • 転位する〈国民の語り〉,2004年
  • 方法的視座としての読書論,日本思想史学,Vol. 36, 35p-39p,2004年
  • 成立期帝国日本の政治思想,比較文明,Vol. 19, 不明,2003年
  • コメント,日本史研究,Vol. 487, 199p-204p,2002年
  • 江戸?園派と彦根藩士,懐徳,Vol. 71, 22p-31p,2002年
  • 宗教から東アジアの近代を問う,ぺりかん社,2002年
  • 竹越与三郎における植民地統治論と内地政治論,2001年
  • 近世女訓書における書物と読者,女性史学,Vol. 11, 不明,2001年
  • 世紀転換期日本の思想,2000年
  • 荻生徂徠の思想形成,日本文化論年報,Vol. 4, 不明,2000年
  • 戦時期日本の精神科学,日本思想史学,Vol. 32, 83p-87p,2000年
  • 戦時期日本の精神科学,1999年
  • 古文辞学とその周辺,甲南国文,Vol. 47, 191p-204p,1999年
  • 『徂来先生答問書』再考,江戸の思想,Vol. 10, 57p-77p,1999年
  • 宗教意識と帝国意識,1998年
  • 世紀転換期日本の帝国主義論,1998年
  • 川村肇著『在村知識人の儒学』,日本史研究,Vol. 436, 80p-87p,1998年
  • コメント,日本史研究,Vol. 439, 103p-109p,1998年
  • 小堀一正著『近世大坂と知識人社会』,ヒストリア,Vol. 161, 124p-131p,1998年
  • 近代漢学の成立,1997年
  • 武士道論の成立,江戸の思想,Vol. 7, 29p-50p,1997年
  • 近現代日本における武士道の生成,1996年
  • 板行儒書の普及と近世儒学,江戸の思想,Vol. 5, 8p-28p,1996年
  • 18世紀中・後期における儒家的知の位相,ヒストリア,Vol. 153, 112p-134p,1996年

著書

  • 学術書,京大生小野君の占領期獄中日記,小野信爾,宇野田尚哉,西川祐子,京都大学学術出版会,2018年02月
  • 学術書,『「サークルの時代」を読む』,宇野田尚哉,川口隆行,坂口博,影書房,2016年12月