EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

清水 安子

Shimizu Yasuko

医学系研究科 保健学専攻,教授

keyword 慢性疾患看護学

学歴

  • ~ 1996年03月,千葉大学,看護学研究科,老人看護学
  • ~ 1996年03月,千葉大学,看護学研究科
  • ~ 1990年03月,千葉大学,看護学部,看護学科
  • ~ 1990年,千葉大学

経歴

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,大阪大学 医学系研究科 保健学専攻,教授

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,臨床看護学

所属学会

  • 日本看護学教育学会
  • 日本慢性看護学会
  • 日本循環器看護学会
  • 日本看護管理学会
  • 日本看護科学学会
  • 千葉看護学会
  • 日本糖尿病教育・看護学会

論文

  • Outpatient nursing support for self-monitoring in patients with chronic heart failure,Chinatsu Taniguchi,Natsuko Seto,Yasuko Shimizu,PLOS ONE,p. 1-11,2021年07月,研究論文(学術雑誌)
  • クラスタ分析を用いた成人期1型糖尿病患者のセルフケア能力の特徴,梅田 英子,清水 安子,河井 伸子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 40回,p. O16-03,2020年12月
  • 外来通院中の中長期在留者が日本で2型糖尿病と共に生きる生活体験のあり様,橘 里佳子,畠中 香織,河井 伸子,北村 広美,清水 安子,日本看護科学会誌,(公社)日本看護科学学会,Vol. 40,p. 661-671,2020年12月
  • How visiting nurses detect symptoms of disease progression in patients with chronic heart failure.,Chinatsu Taniguchi,Ayako Okada,Natsuko Seto,Yasuko Shimizu,International journal of qualitative studies on health and well-being,Vol. 15,No. 1,p. 1735768-1735768,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Employment factors associated with daily time management in working people with type 2 diabetes.,Tomomi Nakao,Chizuko Takeishi,Chiyo Tsutsumi,Yuichi Sato,Yuji Uchizono,Yasuko Shimizu,Japan journal of nursing science : JJNS,2020年11月27日,研究論文(学術雑誌)
  • Difficulties in daily life and the association with self-care ability in adults with type 1 diabetes mellitus in Japan: A cross-sectional study.,Eiko Umeda,Yasuko Shimizu,Nobuko Kawai,Nursing open,Vol. 7,No. 4,p. 943-950,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of the Daily Time Management Scale for Use by Working People with Type 2 Diabetes.,Tomomi Nakao,Chizuko Takeishi,Kiyohide Nunoi,Toyojiro Matsuishi,Hisayoshi Okamura,Yuichi Sato,Yuji Uchizono,Mika Mizuno,Yumi Yokobori,Yasuko Shimizu,Japan journal of nursing science : JJNS,Vol. 17,No. 2,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 就労している2型糖尿病患者の生活時間のマネジメントを活用した個別面接の効果,中尾 友美,武石 千鶴子,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 24,No. 1,p. 17-25,2020年03月
  • 将来検討委員会活動報告 糖尿病教育・看護の核となる機能の明確化の取り組み,清水 安子,正木 治恵,柴山 大賀,瀬戸 奈津子,中山 法子,日本糖尿病教育・看護学会将来検討委員会(2016年9月〜2018年9月),日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 24,No. 1,p. 35-39,2020年03月
  • 外来通院中の中長期在留者が日本で2型糖尿病と共に生きる生活体験のあり様,橘 里佳子,畠中 香織,河井 伸子,北村 広美,清水 安子,日本看護科学会誌,公益社団法人 日本看護科学学会,Vol. 40,p. 661-671,2020年
  • Characteristics of Diabetes Self-Care Agency in Japan Based on Statistical Cluster Analysis.,Eiko Umeda,Yasuko Shimizu,Kyoko Uchiumi,Naoko Murakado,Kumiko Kuroda,Harue Masaki,Natsuko Seto,Hidetoki Ishii,SAGE open nursing,Vol. 6,p. 1-9,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • マルファン症候群患者が抱える困難・課題についての文献レビュー,清水 知子,清水 安子,日本難病看護学会誌,(一社)日本難病看護学会,Vol. 24,No. 2,p. 223-232,2019年12月
  • 2型糖尿病患者の自己管理"継続"を支援するための糖尿病看護スペシャリストによる看護実践,平岩 由衣,清水 安子,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 25,No. 1,p. 54-63,2019年03月
  • 初期・二次救急外来における入院せず帰宅する患者に対する救急看護認定看護師の看護実践,山口 真有美,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護科学会誌,(公社)日本看護科学学会,Vol. 38,p. 176-183,2018年12月
  • 支援のきっかけを見つけづらい青年期・成人初期の糖尿病患者への外来看護師の関わりの実際,津田 ひとみ,野口 英子,清水 安子,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 24,No. 1,p. 35-43,2018年03月
  • 大阪府下の産科施設での妊娠糖尿病女性のフォローアップの実態調査,原田 知佳,津田 ひとみ,市川 奈央子,瀬戸 奈津子,清水 安子,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 24,No. 1,p. 26-34,2018年03月
  • Expertise practice of clinical transplant coordinators in Japan,Journal of Nursing Education and Practice,Vol. 8,No. 6,p. 99-111,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 心血管手術経験をもつマルファン症候群患者の体験,清水 知子,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護科学会誌,(公社)日本看護科学学会,Vol. 37,p. 96-104,2017年12月
  • 支援のきっかけを見つけづらい青年期・成人初期の糖尿病患者への外来看護師の関わりの実際,津田 ひとみ,野口 英子,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 21,No. 特別号,p. 171-171,2017年08月
  • 看護師が援助に困難を感じた糖尿病外来患者に対する援助の手がかりーディスカッションを通してー,瀬戸奈津子,平野美雪,林弥江,平野直美,大原千園,清水安子,正木治恵,日本糖尿病教育・看護学会誌,Vol. 21,No. 1,p. 69-75,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of Recipient Transplant Coordinators in Transplant Outpatient Clinics in Japan: Current Status and Transplant Physician’s Thoughts on Follow-Up Clinics,萩原邦子,瀬戸奈津子,清水安子他,Progress in Transplantation,Vol. 27,No. 1,p. 48-52,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 急性冠症候群を発症した糖尿病患者がFirst Medical Contactに至るまでのプロセス,大串 晃弘,清水 安子,日本看護科学会誌,公益社団法人 日本看護科学学会,Vol. 37,p. 10-17,2017年
  • Structural model of self-care agency in patients with diabetes: A path analysis of the Instrument of Diabetes Self-Care Agency and body self-awareness,Sachiko Waki,Yasuko Shimizu,Kyoko Uchiumi,Kawai Asou,Kumiko Kuroda,Naoko Murakado,Natsuko Seto,Harue Masaki,Hidetoki Ishii,JAPAN JOURNAL OF NURSING SCIENCE,WILEY,Vol. 13,No. 4,p. 478-486,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病腎症患者への療養指導状況と糖尿病透析予防指導管理料の算定がそれに及ぼす影響 : 糖尿病看護認定看護師・慢性疾患看護専門看護師の横断的調査から,柴山 大賀,青木 美智子,小江 奈美子,窪岡 由佑子,清水 安子,西原 晴美,平岡 めぐみ,柳井田 恭子,米田 昭子,稲垣 美智子,日本糖尿病教育・看護学会誌 = The journal of Japan Academy of Diabetes Education and Nursing,日本糖尿病教育・看護学会 ; 1997-,Vol. 20,No. 2,p. 167-174,2016年09月
  • Insights into self-care behavior of patients with diabetes: Support using a computerized self-evaluation system,Sachiko Waki,Yasuko Shimizu,Natsuko Seto,Mayumi Sugahara,Yoshiko Yoshida,Journal of Nursing Education and Practice,Vol. 6,No. 10,p. 51-64,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病患者のセルフケア能力の要素を活用した看護師への教育プログラムの検討,吉田(中濱) 多紀,清水 安子,宮脇 慈子,瀬戸 奈津子,大原 千園,日本糖尿病教育・看護学会誌 = The journal of Japan Academy of Diabetes Education and Nursing,日本糖尿病教育・看護学会 ; 1997-,Vol. 20,No. 1,p. 5-15,2016年03月
  • Classification of Support Needs for Elderly Outpatients with Diabetes Who Live Alone,Yoshiko Miyawaki,Yasuko Shimizu,Natsuko Seto,CANADIAN JOURNAL OF DIABETES,ELSEVIER,Vol. 40,No. 1,p. 43-49,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • A study of pattern management performed by nurses certified in diabetes nursing in Japan and clarification of the related factors,Mika Mizuno,Yasuko Shimizu,Natsuko Seto,Uchiumi Kyouko,Masaki Harue,Akane Hatanaka,Mizuyo Okura,Taki Nakahama,International Diabetes Nursing,Vol. 13,No. 3,p. 108-114,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Nursing tips and know-how for pattern management of blood glucose.,Shimizu Y,Mizuno M,Uchiumi K,Seto N,Masaki H,2015年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 肝臓移植に関わるレシピエント移植コーディネーターの専門的実践 1事例の分析を通して,萩原 邦子,瀬戸 奈津子,清水 安子,移植,(一社)日本移植学会,Vol. 50,No. 総会臨時,p. 433-433,2015年09月
  • 地域密着型整形外科診療所における運動器不安定症高齢者に対する運動継続支援プログラムの評価,福録 恵子,大原 千園,瀬戸 奈津子,清水 安子,The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine,(公社)日本リハビリテーション医学会,Vol. 52,No. Suppl.,p. S387-S387,2015年05月
  • Issues experienced while administering care to patients with dementia in acute care hospitals:A study based on focus group Interviews,Fukuda R,Shimizu Y,Seto N,International journal of qualitative studies on health and well-being,Vol. 10,p. 25828-25828,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Reliability and Validity of a Shortened Version of an Instrument for Diabetes Self-Care Agency,Yoshiko Miyawaki,Yasuko Shimizu,Kyoko Uchiumi,Kawai Asou,Naoko Murakado,Kumiko Kuroda,Harue Masaki,Natsuko Seto,Hidetoki Ishii,JOURNAL OF NURSING MEASUREMENT,SPRINGER PUBLISHING CO,Vol. 23,No. 2,p. 326-335,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • インスリン療法に関するインシデント・アクシデントの内容―全国実態調査の自由記載欄の内容から-,清水安子,大原裕子,米田昭子,森小律恵,瀬戸奈津子,黒田久美子,西垣昌和,宮武曜子,数間恵子,正木治恵,日本糖尿病教育・看護学会誌,Vol. 18,No. 2,p. 151-159,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • ステロイド糖尿病を発症した患者の病気の受け止め、セルフケアの困難と実施内容 全身性エリテマトーデスの女性の事例分析,内海 香子,清水 安子,鈴木 純恵,麻生 佳愛,磯見 智恵,佐藤 佳子,福田 敏子,小沼 真由美,海老原 輝江,木村 紀子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 18,No. 特別号,p. 197-197,2014年08月
  • 糖尿病患者の「こっそり」飲食の実態 状況を理解し支援するために,高田 絢菜,清水 安子,水野 美華,中濱 多紀,宮脇 慈子,大原 千園,瀬戸 奈津子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 18,No. 特別号,p. 194-194,2014年08月
  • 糖尿病看護認定看護師が語る糖尿病患者のエンド・オブ・ライフケアの実践と課題,砂原 梢子,畑中 あかね,水野 美華,中濱 多紀,大原 千園,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 18,No. 特別号,p. 195-195,2014年08月
  • 仕事をもちながら10年以上治療を継続している多発性硬化症患者の事例分析,大原 千園,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本難病看護学会誌,(一社)日本難病看護学会,Vol. 19,No. 1,p. 86-86,2014年07月
  • 視力低下のある糖尿病患者の自己評価の様相 セルフケア自己評価尺度を活用して,脇 幸子,清水 安子,瀬戸 奈津子,日本慢性看護学会誌,日本慢性看護学会,Vol. 8,No. 1,p. A102-A102,2014年05月
  • Area characteristics affecting BS variation from a viewpoint of Diabates specialist nurses in Japan,Shimizu Y,Mizuno M,Uchiumi K,Seto N,Masaki H,2014年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 看護学生の看護師志望への臨地実習の影響について,土井智生,清水安子,瀬戸奈津子,福録恵子,大阪大学看護学雑誌,Vol. 20,No. 1,p. 151-159,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病看護実践能力評価指標の信頼性・妥当性の検証,瀬戸 奈津子,清水 安子,石井 秀宗,正木 治恵,Seto Natsuko,Shimizu Yasuko,Ishii Hidetoki,Masaki Harue,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 20,No. 1,p. 1-12,2014年03月
  • 看護学生の看護師志望への臨地実習の影響について,土井 智生,清水 安子,瀬戸 奈津子,福禄 恵子,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 20,No. 1,p. 19-25,2014年03月
  • A case report on nursing support for hospitalized Parkinson’s disease patients : Focusing on changes in patients as a result of nursing support,Kameishi C,Tanimoto M,Seto N,Shimizu Y,Masaki H,2014年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • SLEの治療経過中にステロイド糖尿病を発症した患者の病気の受けとめ,セルフケアの実施内容と困難及びセルフケアのプロセス,内海 香子,鈴木 純恵,佐藤 佳子,清水 安子,麻生 佳愛,磯見 智恵,福田 敏子,小沼 真由美,海老原 輝江,木村 紀子,Uchiumi Kyoko,Suzuki Sumie,Satoh Yoshiko,Shimizu Yasuko,Aso Kawai,Isomi Chie,Fukuda Toshiko,Onuma Mayumi,Ebihara Terue,Kimura Noriko,獨協医科大学看護学部紀要 = Bulletin of Dokkyo Medical University School of Nursing,獨協医科大学看護学部,Vol. 8,p. 13-30,2014年
  • 慢性心不全患者のセルフモニタリングの看護支援指針作成のための文献検討,上谷 千夏,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 33回,p. 380-380,2013年12月
  • 運動器不安定症高齢者の運動支援プログラムの開発 3次元動作解析による視覚的フィードバックの検討,福録 恵子,亀石 千園,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 33回,p. 400-400,2013年12月
  • 周手術期看護演習で術後患者シミュレーションスーツを使用した学生による演習評価,山下 亮子,師岡 友紀,荒尾 晴惠,小林 珠実,福録 恵子,瀬戸 奈津子,井上 佳代,清水 安子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 33回,p. 457-457,2013年12月
  • Research on nursing for objective self-awareness for patients with diabetes (Results of the 2nd round),M. Okura,C. Uetani,C. Kameishi,N. Seto,Y. Shimizu,IDF2013 ABSTRACT CD-ROM,2013年11月
  • レシピエントとは別世帯を営むきょうだいの,肝臓提供への意思決定プロセスとそれに影響する要因,萩原邦子,瀬戸奈津子,清水安子,石垣靖子,日本看護科学会誌,Vol. 33,No. 3,p. 66-73,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病看護における自己客観視の援助に関する研究,大倉 瑞代,亀石 千園,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 17,No. 特別号,p. 171-171,2013年08月
  • 東日本大震災で被災された糖尿病患者の支援のあり方について,古野 佑佳,中濱 多紀,瀬戸 奈津子,亀石 千園,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 17,No. 特別号,p. 191-191,2013年08月
  • 200床未満の日本糖尿病学会認定教育施設における糖尿病外来看護の実際,古舘 美里,瀬戸 奈津子,亀石 千園,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 17,No. 特別号,p. 212-212,2013年08月
  • 膠原病患者の他者との関係における体験と思い,安藤 恵,清水 安子,亀石 千園,瀬戸 奈津子,日本難病看護学会誌,(一社)日本難病看護学会,Vol. 18,No. 1,p. 77-77,2013年07月
  • 看護学生の臨地実習におけるデイナースへの報告について,中岡 優,清水 安子,亀石 千園,瀬戸 奈津子,日本看護学教育学会誌,(一社)日本看護学教育学会,Vol. 23,No. 学術集会講演集,p. 247-247,2013年07月
  • ユニバーサルデザインを用いた院内環境の整備 他職種へのインタビューを通して,藤本悠,瀬戸奈津子,清水安子,福録恵子,看護,Vol. 66,No. 6,p. 73-78,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • The present condition of registered instructor of cardiac rehabilitation and role of nursing in Japan,Uetani C,Deguchi T,Seto N,Shimizu Y,2013年02月
  • 仕事をもつ慢性心不全患者が生活調整をするためのセルフモニタリング,上谷千夏,瀬戸奈津子,清水安子,日本循環器看護学会誌,Vol. 8,No. 2,p. 17-25,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Diabetes nursing for the patients’ objective self-awareness,Okura M,Kameishi C,Seto N,Shimizu Y,Journal of Diabetes Investigation,Vol. 3,No. Supplement1,2012年11月
  • The issues of self-improvement: A comparison of diabetes care nurses practical abilities self-assessments for each qualification,Seto N,Taira K,Ogata S,Ishii H,Okura M,Shimizu Y,Masaki H,Journal of Diabetes Investigation,Vol. 3,No. Supplement1,2012年11月
  • Development of a support skill scale in insulin therapy: a nationwide study in Japan.,Masakazu Nishigaki,Yasuko Shimizu,Kumiko Kuroda,Kozue Mori,Yuko Ohara,Natsuko Seto,Akiko Yoneda,Yoko Miyatake,Keiko Kazuma,Harue Masaki,Nurse education today,Vol. 32,No. 8,p. 892-6,2012年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 脳卒中による記憶障害をもつ女性患者の家事を中心とした生活体験,伊福 真波,清水 安子,瀬戸 奈津子,福録 恵子,日本脳神経看護研究学会会誌,日本脳神経看護研究学会,Vol. 35,No. 1,p. 57-57,2012年10月
  • 糖尿病患者の自己管理支援のための自己客観視に関する文献検討,大倉 瑞代,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 16,No. 特別号,p. 195-195,2012年08月
  • 糖尿病看護認定看護師が行う血糖パターンマネジメントに関する実態調査,水野 美華,清水 安子,瀬戸 奈津子,正木 治恵,内海 香子,大倉 瑞代,畑中 あかね,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 16,No. 特別号,p. 122-122,2012年08月
  • 東日本大震災における看護学生の災害ボランティア活動の体験,西村 麻友子,清水 安子,瀬戸 奈津子,日本看護学教育学会誌,(一社)日本看護学教育学会,Vol. 22,No. 学術集会講演集,p. 201-201,2012年07月
  • 病棟看護の経験のある訪問看護師が体験した病棟看護と訪問看護の違い,山中 芙味子,清水 安子,瀬戸 奈津子,日本看護学教育学会誌,(一社)日本看護学教育学会,Vol. 22,No. 学術集会講演集,p. 285-285,2012年07月
  • Learning Efficacy after Introduction of Simulation Suits for Postoperative Patient Care : a comparative study of the different length of time after introductive practice,Sachie Takeuchi,Harue Arao,Yuki Morooka,Keiko Fukuroku,Tamami Kobayashi,Hiromi Nagayama,Natsuko Seto,Yasuko Shimizu,The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centers for Nursing and Midwifery Program & Abstracts,2012年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Effectiveness of an improved simulation exercise in postoperative observation for nursing students,Yuki Morooka,Harue Arao,Tamami Kobayashi,Sachie Takeuchi,Yasuko Shimizu,Natsuko Seto,Keiko Fukuroku,Hiromi Nagayama,The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centers for Nursing and Midwifery Program & Abstracts,2012年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A concept analysis op self-monitoring for person with heart falure,Uetani C,Seto N,Shimizu Y,International Journal of Nursing Practice,Vol. 18,No. Supplement1,2012年05月
  • Characteristics in diabetes self-care agency by Statistical Cluster Analysis,Y.Shimizu,K.Uchiumi,K.Asou,K.Kuroda,N.Murakado,K.Mori,N.Seto,H.Masaki,H.Ishii,12th IOS World Congress abstract-book,2012年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 日本血液学会研修施設を対象としたがん化学療法を受ける血液・造血器疾患患者への看護師による口腔ケアの実態,堀河美和,清水安子,瀬戸奈津子,日本がん看護学会誌,Vol. 26,No. 1,p. 50-61,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Characteristics in diabetes self-care agency by Statistical Cluster Analysis,Y.Shimizu,K.Uchiumi,K.Asou,K.Kuroda,N.Murakado,K.Mori,N.Seto,H.Masaki,H.Ishii,2012年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 糖尿病患者を取り巻く人々の糖尿病のイメージの実態 糖尿病サポーターの育成を目指して,村上明華,清水安子,瀬戸奈津子,日本糖尿病教育・看護学会誌,Vol. 16,No. 1,p. 15-22,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Verifying and completing of the evaluation items for development of the diabetes nursing education program in Japan,Seto N,Shimizu Y,Ishii H,Masaki H,International Journal of Nursing Practice,Vol. 18,No. Supplement1,2012年02月
  • 糖尿病教育・看護領域に求められている研究課題の優先度の特定」調査報告,正木 治恵,数間 恵子,黒田 久美子,清水 安子,瀬戸 奈津子,大原 裕子,西垣 昌和,宮武 陽子,森 小律恵,米田 昭子,研究推進委,日本糖尿病教育・看護学会誌,Vol. 16,No. 2,p. 210-213,2012年
  • 長期転倒予防在宅トレーニング介入とその評価 インタビュー調査によるトレーニング継続可能性の検討,福録 恵子,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 31回,p. 411-411,2011年12月
  • 慢性心不全をもつC氏がセルフモニタリングしつつ行う生活調整,上谷 千夏,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 31回,p. 545-545,2011年12月
  • 全身性エリテマトーデス患者の長期ステロイド服用に伴う経験,安江 郁子,清水 安子,瀬戸 奈津子,鈴木 純恵,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 31回,p. 548-548,2011年12月
  • 若手看護師における退職の予測要因の検討,渡邊 里香,荒木田 美香子,清水 安子,鈴木 純恵,日本看護管理学会誌,(一社)日本看護管理学会,Vol. 15,No. 1,p. 17-28,2011年09月
  • Beneficial effects of foot care nursing for people with diabetes mellitus: an uncontrolled before and after intervention study.,Yuko Fujiwara,Ken Kishida,Mika Terao,Mitsuyoshi Takahara,Munehide Matsuhisa,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Yasuko Shimizu,Journal of advanced nursing,WILEY-BLACKWELL,Vol. 67,No. 9,p. 1952-62,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 描画を用いた語りに表れた2型糖尿病高齢女性の食卓の変容 一事例からの食事療法を援助する視点,遠藤 和子,清水 安子,正木 治恵,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 15,No. 2,p. 172-178,2011年09月
  • 糖尿病セルフケア能力測定ツール(修正版)の信頼性・妥当性の検討,清水安子,内海香子,麻生佳愛,村角直子,黒田久美子,瀬戸奈津子,正木治恵,石井秀宗,日本糖尿病教育・看護学会誌,Vol. 15,No. 2,p. 118-127,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • インスリン看護実践能力評価ツールの新人教育における試用,西垣 昌和,清水 安子,黒田 久美子,森 小律恵,大原 裕子,瀬戸 奈津子,米田 昭子,宮武 陽子,数間 恵子,正木 春恵,日本糖尿病教育・看護学会研究推進委員会,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 15,No. 特別号,p. 131-131,2011年08月
  • 糖尿病患者へのカーボカウント法導入の実際,西田 純子,瀬戸 奈津子,福録 恵子,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 15,No. 特別号,p. 191-191,2011年08月
  • 糖尿病看護認定看護師の行う家族への看護援助,平井 新太郎,清水 安子,瀬戸 奈津子,畑中 あかね,福録 恵子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 15,No. 特別号,p. 201-201,2011年08月
  • 日本におけるインスリンエラーの実態(第3報) インスリン使用者の詳細,瀬戸 奈津子,西垣 昌和,清水 安子,黒田 久美子,宮武 陽子,米田 昭子,森 小律恵,大原 裕子,数間 恵子,正木 治恵,日本糖尿病教育・看護学会研究推進委員会,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 15,No. 特別号,p. 222-222,2011年08月
  • ユニバーサルデザインを用いた院内環境の整備,藤本 悠,瀬戸 奈津子,福録 恵子,清水 安子,日本医療マネジメント学会雑誌,(NPO)日本医療マネジメント学会,Vol. 12,No. Suppl.,p. 405-405,2011年06月
  • 軽症の関節リウマチ患者の痛みの実態,清水 安子,狩野 春菜,杉本 めばえ,瀬戸 奈津子,福録 恵子,日本慢性看護学会誌,日本慢性看護学会,Vol. 5,No. 1,p. A115-A115,2011年05月
  • 軽症関節リウマチ患者の痛みへの対処の実態,瀬戸 奈津子,杉本 めばえ,狩野 春菜,清水 安子,福録 恵子,日本慢性看護学会誌,日本慢性看護学会,Vol. 5,No. 1,p. A116-A116,2011年05月
  • インスリン療法を行う糖尿病患者への糖尿病看護のベストプラクティス-糖尿病看護スペシャリストの実践知をもとに-,清水安子,大原裕子,米田昭子,森小律恵,瀬戸奈津子,数間恵子,黒田久美子,西垣昌和,宮武葉子,正木治恵,日本糖尿病教育・看護学会誌,Vol. 15,No. 1,p. 25-34,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • インスリン療法を行う糖尿病患者への糖尿病看護のベストプラクティス-糖尿病看護スペシャリストの実践知をもとに-,清水安子,大原裕子,米田昭子,森小律恵,瀬戸奈津子,数間恵子,黒田久美子,西垣昌和,宮武葉子,正木治恵,日本糖尿病教育・看護学会誌,Vol. 15,No. 1,p. 36-45,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Writers' Award Winner Experiences of Family Members Acting as Primary Caregivers for Patients with Traumatic Brain Injury,Fumiyo Ishikawa,Sumie Suzuki,Akiko Okumiya,Yasuko Shimizu,REHABILITATION NURSING,ASSOC REHABILITATION NURSES,Vol. 36,No. 2,p. 73-82,2011年03月,研究論文(学術雑誌)
  • SELF-MONITORING OF LIFESTYLE ADJUSTMENT BY A WORKING PERSON WITH HEART FALURE,Chinatsu Uetani,Natsuko Seto,Yasuko Shimizu,14th East Asian Forum of Nursing Scholars,2011年02月
  • 脊椎後彎を有する高齢者の転倒予防と活動量増加に効果的なトレーニングプログラムの検討,福録 恵子,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 30回,p. 563-563,2010年12月
  • The Development of an Evaluation Scale for Diabetes Self-Care Agency,Shimizu,Y,Uchiumi,K,Asou,K,Kuroda,K,Murakado,N,Seto,N,Masaki,H,Ishii,H,8th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress,2010年10月
  • Three-Month Survey of All Incidents/Accidents Related to Insulin Therapy in Japan,K Kuroda,N Seto,M Nishigaki,Y Shimizu,Y Miyatake,A Yoneda,K Mori,Y Ohara,K Kazuma,H Masaki,8th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress,2010年10月
  • Analysis of causal models of diet for patients with head and neck cancer receiving radiation therapy.,Norimasa Ogama,Sumie Suzuki,Yoko Yasui,Katumi Azenishi,Yasuko Shimizu,European journal of oncology nursing : the official journal of European Oncology Nursing Society,Vol. 14,No. 4,p. 291-8,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • NANDA看護診断を用いた看護過程の展開に対する学生の苦手意識,田中 美奈,清水 安子,瀬戸 奈津子,日本看護学教育学会誌,(一社)日本看護学教育学会,Vol. 20,No. 学術集会講演集,p. 277-277,2010年07月
  • リハビリテーション領域の介助技術習得に効果的な体験学習の検証,亀岡 千代美,福録 恵子,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護学教育学会誌,(一社)日本看護学教育学会,Vol. 20,No. 学術集会講演集,p. 292-292,2010年07月
  • 実習における患者とのコミュニケーション困難の理由 学生の視点から,橋田 麻美,瀬戸 奈津子,福録 恵子,小林 珠実,清水 安子,日本看護学教育学会誌,(一社)日本看護学教育学会,Vol. 20,No. 学術集会講演集,p. 180-180,2010年07月
  • 看護師ががん看護専門看護師を目指すに至る過程の中での経験や思いに関する研究,小林 珠実,福田 倫子,瀬戸 奈津子,福録 恵子,清水 安子,日本看護学教育学会誌,(一社)日本看護学教育学会,Vol. 20,No. 学術集会講演集,p. 206-206,2010年07月
  • 成人期の女性SLE患者の病気と共にある生活での困難状況,福田 恵理,清水 安子,福録 恵子,瀬戸 奈津子,日本慢性看護学会誌,日本慢性看護学会,Vol. 4,No. 1,p. A109-A109,2010年05月
  • 摂食障害のある人々に対するサポートの在り方について,清川 依里,瀬戸 奈津子,福録 恵子,清水 安子,日本慢性看護学会誌,日本慢性看護学会,Vol. 4,No. 1,p. A109-A109,2010年05月
  • 身体の心地よさに働きかける看護援助-糖尿病患者に対するマッサージを介したセルフケア援助をとおして得られた患者の反応より,大原裕子,清水安子,正木治恵,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 14,No. 1,p. 11-21,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 日本における糖尿病予防に取り組む人々の身体の捉え方とその文化的考察,高橋 良幸,張 平平,清水 安子,文化看護学会誌,文化看護学会,Vol. 2,No. 1,p. 11-19,2010年03月
  • 看護学専攻大学生の自我同一性地位の諸相,師岡 友紀,室井 みや,柴 枝里子,小林 珠実,福録 惠子,清水 安子,瀬戸 奈津子,鈴木 純恵,梅下 浩司,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 16,No. 1,p. 9-17,2010年03月
  • 脊柱後弯を有する高齢者に対する在宅バランストレーニングプログラムの介入効果 : 介入3ヶ月時点の体力測定値変化による検討,福録 惠子,瀬戸 奈津子,清水 安子,太田 暁美,木村 みさか,大阪大学看護学雑誌,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,Vol. 16,No. 1,p. 29-37,2010年03月
  • Appetite and adverse effects associated with radiation therapy in patients with head and neck cancer.,Norimasa Ogama,Sumie Suzuki,Koji Umeshita,Tamami Kobayashi,Shoko Kaneko,Sakiko Kato,Yasuko Shimizu,European journal of oncology nursing : the official journal of European Oncology Nursing Society,Vol. 14,No. 1,p. 3-10,2010年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 整形外科クリニックを拠点とした転倒予防在宅トレーニングプログラムの開発--インタビューによるトレーニング効果とプログラムの評価,福録 恵子,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護学会論文集. 老年看護,日本看護協会出版会,Vol. 41,p. 137-140,2010年
  • Psychosocial adjustment process of mothers caring for young men with traumatic brain injury: focusing on the mother-son relationship.,Ishikawa Fumiyo,Suzuki Sumie,Okumiya Akiko,Shimizu Yasuko,The Journal of neuroscience nursing : journal of the American Association of Neuroscience Nurses,Vol. 41,No. 5,p. 277-86,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病患者のセルフケア能力測定ツールの開発 試用結果に基づいた修正の試み,清水安子,黒田久美子,内海香子,森小律恵,麻生佳愛,村角直子,正木治恵,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 13,No. 2,p. 146-157,2009年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 看護学を専攻する大学生の自我同一性地位と専攻領域選択に伴う認識に関する研究(第1報),小林珠実,師岡友紀,福録恵子,清水安子,瀬戸奈津子,室井みや,梅下浩司,2009年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 看護学を専攻する大学生の自我同一性と専攻領域選択に関する研究(第2報),福録恵子,師岡友紀,瀬戸奈津子,小林珠実,梅下浩司,室井みや,清水安子,2009年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Present conditions and issues of continuing education in diabetes nursing: From the viewpoint of evaluation for nurturing practical ability,Seto N,Shimizu Y,Masaki H,2009年07月
  • Development of A Nursing Program to promote Diabetes Self-Care Agency.,Shimizu,Y,Kuroda,K,Uchiumi,K,Asou,K,Murakado, N,Mori,K,Seto,N,Masaki,H,2009年07月
  • A programme to encourage participation of haemodialysis patients in an exercise regimen.,Itoko Tobita,Sumie Suzuki,Tamami Kobayashi,Yasuko Shimizu,Koji Umeshita,Journal of renal care,Vol. 35,No. 1,p. 48-53,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 看護部長による集中ケア認定看護師の評価(1) 担っている中核的な役割について,瀬戸 奈津子,福録 恵子,清水 安子,道又 元裕,尾野 敏明,日本集中治療医学会雑誌,(一社)日本集中治療医学会,Vol. 16,No. Suppl.,p. 349-349,2009年01月
  • 看護部長による集中ケア認定看護師の評価(2) 施設全体の実践力の向上について,尾野 敏明,道又 元裕,瀬戸 奈津子,福録 恵子,清水 安子,日本集中治療医学会雑誌,(一社)日本集中治療医学会,Vol. 16,No. Suppl.,p. 349-349,2009年01月
  • 看護部長による集中ケア認定看護師の評価(3) さらなる活用への期待について,道又 元裕,瀬戸 奈津子,福録 恵子,清水 安子,尾野 敏明,日本集中治療医学会雑誌,(一社)日本集中治療医学会,Vol. 16,No. Suppl.,p. 349-349,2009年01月
  • 糖尿病外来における看護援助に関する研究 ディスカッションの中で見出された援助の手がかりについて,瀬戸 奈津子,清水 安子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 28回,p. 250-250,2008年11月
  • 大学病院成人慢性疾患外来での看護師の取り組み,清水 安子,瀬戸 奈津子,日本看護科学学会学術集会講演集,(公社)日本看護科学学会,Vol. 28回,p. 255-255,2008年11月
  • 看護部長による救急看護認定看護師の評価 担っている中核的な役割について,瀬戸 奈津子,福録 恵子,清水 安子,菅原 美樹,瀬川 久江,日本救急看護学会雑誌,(一社)日本救急看護学会,Vol. 10,No. 2,p. 171-171,2008年10月
  • 看護部長による救急看護認定看護師の評価 施設全体の実践力の向上について,菅原 美樹,瀬戸 奈津子,福録 恵子,清水 安子,瀬川 久江,日本救急看護学会雑誌,(一社)日本救急看護学会,Vol. 10,No. 2,p. 172-172,2008年10月
  • 看護部長による救急看護認定看護師の評価 さらなる活用への期待について,瀬川 久江,瀬戸 奈津子,清水 安子,福録 恵子,菅原 美樹,日本救急看護学会雑誌,(一社)日本救急看護学会,Vol. 10,No. 2,p. 172-172,2008年10月
  • 療養病棟における高齢者と看護師の入浴援助場面の構造-ケアリング実践に影響する療養病棟文化・環境の考察,坂井 さゆり,田所 良之,清水 安子,正木 治恵,千葉看護学会会誌,千葉看護学会,Vol. 14,No. 1,p. 62-70,2008年06月30日
  • A cross-cultural comparison of the developmental evolution of expertise in diabetes self-management.,Yasuko Shimizu,Barbara L Paterson,Journal of clinical nursing,Vol. 16,No. 11C,p. 350-7,2007年11月,研究論文(学術雑誌)
  • セルフケア研究と予防看護学--糖尿病患者セルフケア能力測定ツール開発研究を通して (焦点 予防看護学研究の進展),清水 安子,看護研究,医学書院,Vol. 40,No. 6,p. 533-538,2007年09月
  • 病状の経過が緩慢な慢性病をもつ患者の身体志向性に関する研究,長瀬 明日香,清水 安子,正木 治恵,千葉看護学会会誌,千葉看護学会,Vol. 12,No. 2,p. 50-56,2006年12月30日
  • 意思をくみ取って援助することに困難を感じる高齢者に対する看護師のとらえ方の構造 : 対人援助関係の構築に焦点をあてた質的研究のメタ統合による分析,鳥田 美紀代,清水 安子,正木 治恵,千葉看護学会会誌,千葉看護学会,Vol. 12,No. 2,p. 63-68,2006年12月30日
  • インスリンを使用する高齢糖尿病患者のセルフケア上の問題状況と看護援助,内海香子,清水安子,黒田久美子,日本糖尿病教育・看護学会誌,2006年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 看護ケアを捉える文化的枠組みの構築 : 海外文献による文化的視点の明確化,瀬戸 奈津子,山本 育子,岡崎 優子,岡田 ゆかり,河井 伸子,坂井 さゆり,森 小律恵,清水 安子,正木 治恵,千葉看護学会会誌,千葉看護学会,Vol. 12,No. 1,p. 65-70,2006年06月30日
  • Constructing A Theoretical & Analytical Framework for Meta-Synthesis of Clinical Knowledge of Interpersonal Relationship in Japanese Nursing.,Harue Masaki,Yasuko Shimizu,Yoshiyuki Tadokoro,Mariko Tanimoto,Shinobu Saitoh,Ayako Sugaya,Mikiyo Enomoto,Kumiko Kuroda,2006年06月
  • Evaluation index of practical ability for Diabetes Care:The clinical knowledge of interpersonal relationship in Japanese nursing.,Natsuko Seto,Yasuko Shimizu,Harue Masaki,2006年06月
  • 大学病院における成人慢性疾患外来の集団指導の実態,清水 安子,今村 美葉,湯浅 美千代,千葉大学看護学部紀要,千葉大学看護学部,No. 28,p. 71-77,2006年03月
  • 日常生活上の改善を要するが切迫感を抱きにくい対象者への対人援助技術 : 国内文献にみられる知見の統合,田所 良之,菅谷 綾子,榎元 美紀代,清水 安子,正木 治恵,千葉看護学会会誌,千葉看護学会,Vol. 11,No. 2,p. 39-47,2005年12月30日
  • 糖尿病患者のセルフケア能力の要素の抽出 : 着護効果測定ツールの開発に向けて,清水 安子,黒田 久美子,内海 香子,正木 治恵,千葉看護学会会誌,千葉看護学会,Vol. 11,No. 2,p. 23-30,2005年12月30日
  • 「日本型対人援助関係の実践知の抽出・統合」のための理論的分析枠組みの構築,正木 治恵,清水 安子,田所 良之,谷本 真理子,斉藤 しのぶ,菅谷 綾子,榎元 美紀代,黒田 久美子,千葉看護学会会誌,千葉看護学会,Vol. 11,No. 1,p. 55-62,2005年06月30日
  • 人工股関節全置換術を受けた患者の自己管理上の問題--自己管理の認識と行動に注目して,堀之内 若名,正木 治恵,清水 安子,整形外科看護,メディカ出版,Vol. 10,No. 4,p. 398-405,2005年04月
  • Nurse’s Understanding and Treatment with Geriatric Patients who have Difficulty Communicating.,Mikiyo Enomoto,Harue Masaki,Yasuko Shimizu,2005年03月
  • Developing a Medication Assessment Tool for Chinese Older Adult at Home,Ping Ping Zhang,Yasuko Shimizu,Harue Masaki,2005年03月
  • 大学病院における成人慢性疾患外来の個別指導の実態と看護の課題,清水 安子,今村 美葉,湯浅 美千代,千葉大学看護学部紀要,千葉大学看護学部,No. 27,p. 19-28,2005年03月
  • 看護管理に生かす看護理論のエッセンス(7)-求められる看護が提供できるようにすること,清水安子,看護管理,2004年02月
  • 高齢糖尿病患者のインスリン使用に伴う生活上の問題状況,内海 香子,野口 美和子,清水 安子,日本看護学会論文集 老年看護,日本看護協会出版会,Vol. 34,p. 135-137,2003年
  • 糖尿病という病名のカミングアウトの実態,金原 陽子,清水 安子,湯浅 美千代,日本看護学会論文集 2 成人看護,日本看護協会出版会,Vol. 33,p. 280-282,2002年
  • 糖尿病患者への看護-対象を見つめて-,清水安子,Quality Nursing,2001年06月
  • 高齢糖尿病患者のケア (焦点 糖尿病患者の看護:セルフケアをサポートする!) -- (事例:糖尿病患者のセルフケアサポートのポイントと実際),清水 安子,看護技術,メヂカルフレンド社,Vol. 46,No. 13,p. 44-49,2000年10月
  • 糖尿病患者のセルフケアの発展プロセスについて,清水 安子,千葉看護学会会誌,千葉看護学会,Vol. 5,No. 1,p. 31-38,1999年07月30日
  • 【慢性病患者へのケア】なぜうまくいかないのか:慢性病をもつ患者へのケアの要点 セルフケア確立に難渋している糖尿病患者へのケア,清水 安子,黒田 久美子,瀬戸 奈津子,看護技術,(株)メヂカルフレンド社,Vol. 44,No. 6,p. 609-613,1998年04月
  • セルフケア確立に難渋している糖尿病患者へのケア (焦点 慢性病患者へのケア) -- (なぜうまくいかないのか:慢性病をもつ患者へのケアの要点),清水 安子,看護技術,メヂカルフレンド社,Vol. 44,No. 6,p. 41-45,1998年04月
  • 拡張型心筋症患者の看護の現状と課題 事例研究の分析から,清水安子,丸橋佐和子,大阪大学医療技術短期大学部研究紀要 自然科学・医療科学編,1994年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 糖尿病外来通院中断者の中断理由と食事療法実施状況について,正木治恵,清水安子,野口美和子,日本看護学会誌,1991年09月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • ステロイド糖尿病を発症したSLE患者の2つの病気のセルフケアの体験,内海 香子,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 24,No. 特別号,p. 83-83,2020年08月
  • 2型糖尿病患者の事例を用いた看護過程演習にケアミーティングを取り入れた学習効果,高橋 慧,川村 英理子,河井 伸子,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 24,No. 特別号,p. 89-89,2020年08月
  • 糖尿病患者とうつの関係 (特集 糖尿病とうつ : 看護師が「気づく」「つなげる」「支援する」ためのポイント),髙橋 慧,清水 安子,看護技術,メヂカルフレンド社,Vol. 66,No. 7,p. 16-21,2020年06月
  • 新人看護師指導に伴う実地指導者の経験についての探索的因子分析,土井 智生,畠中 香織,河井 伸子,清水 安子,日本看護学教育学会誌,(一社)日本看護学教育学会,Vol. 29,No. 学術集会講演集,p. 136-136,2019年08月
  • 認知機能低下が生じた高齢インスリン療法患者・家族への援助指針の開発過程で得た事例のエピソード,黒田 久美子,内海 香子,清水 安子,正木 治恵,錢 淑君,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 23,No. 特別号,p. 137-137,2019年08月
  • 慢性の病いをもつ人々のセルフケア能力を高める支援,清水 安子,日本看護福祉学会誌,日本看護福祉学会,Vol. 24,No. 1,p. 42-47,2018年10月
  • 多職種による糖尿病事例検討会の取り組みと今後の課題,池端 美典,下平 和代,藤原 優子,清水 安子,日本糖尿病教育・看護学会誌,(一社)日本糖尿病教育・看護学会,Vol. 22,No. 特別号,p. 134-134,2018年08月
  • 糖尿病患者セルフケア能力測定ツールの概要 (特集 糖尿病患者セルフケア能力測定ツールを活用した療養支援),清水 安子,看護技術,メヂカルフレンド社,Vol. 64,No. 8,p. 798-802,2018年07月
  • 慢性の病いをもつ人々のセルフケア能力を高める支援,清水 安子,日本看護福祉学会全国学術大会抄録集,日本看護福祉学会,Vol. 31回,p. 24-24,2018年06月
  • クリニカル移植コーディネーターの専門的実践,萩原 邦子,瀬戸 奈津子,清水 安子,移植,(一社)日本移植学会,Vol. 52,No. 総会臨時,p. 388-388,2017年08月
  • 実践報告 英国におけるLecturer Practitionerの役割とシステムの現状,黒田 久美子,清水 安子,田所 良之,千葉大学看護学部紀要,千葉大学看護学部,No. 28,p. 45-49,2006年03月
  • 実践報告 平成16年度千葉大学公開講座「看護におけるマネジメント力--改革に求められる能力と人材育成」,舟島 なをみ,森 恵美,太田 節子,佐藤 まゆみ,北池 正,田中 裕二,清水 安子,千葉大学看護学部紀要,千葉大学看護学部,No. 27,p. 37-41,2005年03月
  • 糖尿病患者の自己管理実践と入院体験から生まれる快体験の変化とその要因,津野 祥子,清水 安子,湯浅 美千代,日本看護学会論文集 2 成人看護,日本看護協会出版会,Vol. 33,p. 283-285,2002年
  • 糖尿病患者への援助--対象を見つめて (特集 糖尿病看護のパラダイムシフト:指導から援助へ),清水 安子,Quality nursing,文光堂,Vol. 7,No. 6,p. 469-473,2001年06月

著書

  • 老年看護,正木, 治恵,照林社,ISBN:9784796524094,2017年05月
  • 老年看護学概論 : 「老いを生きる」を支えることとは,正木, 治恵,真田, 弘美,南江堂,ISBN:9784524259014,2016年09月
  • 学術書,糖尿病看護ベストプラクティス インスリン療法,日本糖尿病教育,看護学会編,日本看護協会出版会,2014年06月
  • 学術書,糖尿病看護フットケア技術第3版,日本糖尿病教育,看護学会編集,日本看護協会出版会,2013年06月
  • 学術書,糖尿病看護フットケア技術第2版,清水安子,瀬戸奈津子他,日本看護協会出版会,2009年01月
  • 糖尿病看護の実践知 : 事例からの学びを共有するために,黒田, 久美子,瀬戸, 奈津子,清水, 安子,正木, 治恵,医学書院,ISBN:9784260005661,2007年09月
  • 学術書,糖尿病看護の実践知 事例からの学びを共有するために,正木治恵監修,黒田久美子,瀬戸奈津子,清水安子編集,医学書院,2007年09月
  • 学術書,糖尿病看護の実践知 事例からの学びを共有するために,正木治恵,黒田久美子,瀬戸奈津子,清水安子他,医学書院,2007年09月
  • 学術書,ナースのための質的研究入門 第2版,監訳 野口美和子,医学書院,2006年04月
  • 学術書,シリーズ 最新・高齢者ナーシング 第2巻 疾病・障害をもつ高齢者の看護,野口美和子他,中央法規,2005年12月
  • 学術書,糖尿病看護フットケア技術,正木治恵,清水安子,瀬戸奈津子編集,看護協会出版会,2005年07月
  • 教科書・概説・概論,老年看護学,正木治恵,勝野とわ子,清水安子,酒井郁子,永田久美子,上野まり,放送大学教育振興会,2004年06月