EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

吉川 雄一郎

Yoshikawa Yuuichirou

基礎工学研究科 システム創成専攻,准教授

keyword ロボットセラピー,自閉スペクトラム症,複数対話ロボット,対話,ヒューマンロボットインタラクション

学歴

  • 2002年04月 ~ 2005年03月,大阪大学,大学院工学研究科,知能・機能創成工学専攻
  • 2000年04月 ~ 2002年03月,大阪大学,大学院工学研究科,知能・機能創成工学専攻
  • 1996年04月 ~ 2000年03月,大阪大学,工学部

経歴

  • 2014年07月 ~ 継続中,JST ERATO,石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト,研究統括補佐
  • 2013年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院基礎工学研究科,准教授
  • 2010年08月 ~ 2013年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,講師
  • 2006年04月 ~ 2010年07月,JST ERATO 浅田共創知能システムプロジェクト,社会的共創知能グループ,研究員
  • 2005年04月 ~ 2006年03月,国際電気通信基礎技術研究所,知能ロボティクス研究所,研究員

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,認知科学
  • 情報通信,ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • 情報通信,知能ロボティクス

所属学会

  • 日本小児精神神経学会
  • 日本児童青年精神医学会
  • 日本バーチャルリアリティ学会
  • ヒューマンインタフェース学会
  • 日本認知科学会
  • 日本ロボット学会

論文

  • Robotic question support system to reduce hesitation for face‐to‐face questions in lectures,2020年11月19日,研究論文(学術雑誌)
  • Japanese Young Women Did not Discriminate between Robots and Humans as Listeners for Their Self-Disclosure -Pilot Study-,Vol. 4,No. 3,p. 35-35,2020年06月30日,研究論文(学術雑誌)
  • Can a humanoid robot continue to draw attention in an office environment?,p. 1-16,2020年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Please Listen to Me,2020年03月23日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Sharing Experiences to Help a Robot Present Its Mind and Sociability,2020年03月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Continuous Hospitality with Social Robots at a hotel,Vol. 2,No. 3,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Twin-Robot Dialogue System with Robustness against Speech Recognition Failure in Human-Robot Dialogue with Elderly People,Vol. 10,No. 4,p. 1522-1522,2020年02月23日,研究論文(学術雑誌)
  • Hierarchical Argumentation Structure for Persuasive Argumentative Dialogue Generation,Vol. E103.D,No. 2,p. 424-434,2020年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Maintaining the Sense of Agency in Semi-Autonomous Robot Conferencing,Kazuaki Tanaka,Kota Takenouchi,Kohei Ogawa,Yuichiro Yoshikawa,Shuichi Nishio,Hiroshi Ishiguro,Future Internet,Vol. 11,No. 7,2019年11月
  • Effect of Self-representation of Interaction History by the Robot on Perceptions of Mind and Positive Relationship: A Case Study on a Home-use Robot,Hamed Mahzoon,Kohei Ogawa,Yuichiro Yoshikawa,Michiko Tanaka,Kento Ogawa,Ryouta Miyazaki,Yusaku Ota,Hiroshi Ishiguro,Advanced Robotics,Vol. 33,No. 21,p. 1112-1128,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Android Pretending to have Similar Traits of Imagination as Humans Evokes Stronger Perceived Capacity to Feel,Kyohei Tatsukawa,Takahashi Hideyuki,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Frontiers in Robotics and AI,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Self-representation of Interaction History by the Robot on Perceptions of Mind and Positive Relationship: A Case Study on a Home-use Robot,Hamed Mahzoon,Kohei Ogawa,Yuichiro Yoshikawa,Michiko Tanaka,Kento Ogawa,Ryouta Miyazaki,Yusaku Ota,Hiroshi Ishiguro,Advanced Robotics,Vol. 33,No. 21,p. 1-17,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Android Pretending to have Similar Traits of Imagination as Humans Evokes Stronger Perceived Capacity to Feel,Kyohei Tatsukawa,Takahashi Hideyuki,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Frontiers in Robotics and AI,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Job interview training targeting nonverbal communication using an android robot for individuals with autism spectrum disorder.,Vol. 23,No. 6,p. 1586-1595,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Job interview training targeting nonverbal communication using an android robot for individuals with autism spectrum disorder.,Vol. 23,No. 6,p. 1586-1595,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an Effective Information Media Using Two Android Robots,Toshiaki Nishio,Yuichiro Yoshikawa,Kohei Ogawa,Hiroshi Ishiguro,applied sciences,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an Effective Information Media Using Two Android Robots,Toshiaki Nishio,Yuichiro Yoshikawa,Kohei Ogawa,Hiroshi Ishiguro,applied sciences,Vol. 9,No. 17,2019年08月
  • Comedic experience with two robots aided a child with autism spectrum disorder realize the importance of non‐verbal communication,Kumazaki H,Muramatsu T,Yoshikawa Y,Matsumoto Y,Ishiguro H,Sumiyoshi T,Mimura M,Kikuchi M,Psychiatry and Clinical Neurosciences,Vol. 73,No. 7,p. 423-423,2019年07月
  • Maintaining the Sense of Agency in Semi-Autonomous Robot Conferencing,Kazuaki Tanaka,Kota Takenouchi,Kohei Ogawa,Yuichiro Yoshikawa,Shuichi Nishio,Hiroshi Ishiguro,Future Internet,Vol. 11,No. 7,2019年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Comedic experience with two robots aided a child with autism spectrum disorder to realize the importance of nonverbal communication.,Vol. 73,No. 7,p. 423-423,2019年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 【精神医学とテクノロジー】ロボット技術の自閉スペクトラム症者への潜在性,熊崎 博一,吉川 雄一郎,分子精神医学,(株)先端医学社,Vol. 19,No. 2,p. 72-76,2019年04月
  • Brief Report: Evaluating the Utility of Varied Technological Agents to Elicit Social Attention from Children with Autism Spectrum Disorders.,Vol. 49,No. 4,p. 1700-1708,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Brief Report: A Novel System to Evaluate Autism Spectrum Disorders Using Two Humanoid Robots.,Vol. 49,No. 4,p. 1709-1716,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Brief Report: A Novel System to Evaluate Autism Spectrum Disorders Using Two Humanoid Robots.,Vol. 49,No. 4,p. 1709-1716,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Brief Report: Evaluating the Utility of Varied Technological Agents to Elicit Social Attention from Children with Autism Spectrum Disorders.,Vol. 49,No. 4,p. 1700-1708,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Generation of Atmosphere with Haptic Impressions by Using Surrounding Visual Stimuli,p. 134-141,2019年,論文集(書籍)内論文
  • Relaxing Gaze Aversion of Adolescents With Autism Spectrum Disorder in Consecutive Conversations With Human and Android Robot—A Preliminary Study,Yuichiro Yoshikawa,Hirokazu Kumazaki,Yoshio Matsumoto,Masutomo Miyao,Mitsuru Kikuchi,Hiroshi Ishiguro,Frontiers in Psychiatry,Vol. 10,p. 370-370,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Role-Play-Based Guidance for Job Interviews Using an Android Robot for Individuals With Autism Spectrum Disorders.,Vol. 10,p. 239-239,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Ostensive-Cue Sensitive Learning and Exclusive Evaluation of Policies: A Solution for Measuring Contingency of Experiences for Social Developmental Robot,Hamed Mahzoon,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Frontiers in Robotics and AI,Vol. 6,No. 2,2019年01月
  • Communication Support via a Tele-Operated Robot for Easier Talking: Case/Laboratory Study of Individuals with/Without Autism Spectrum Disorder,Vol. 11,No. 1,p. 171-184,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of Japanese adults’ English speaking skills via experiences speaking to a robot,Takamasa Iio,Ryota Maeda,Kohei Ogawa,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Kaori Suzuki,Tomohiro Aoki,Miharu Maesaki,Mika Hama,Journal of Computer Assisted Learning,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Communication Support via a Tele-Operated Robot for Easier Talking: Case/Laboratory Study of Individuals with/Without Autism Spectrum Disorder,Vol. 11,No. 1,p. 171-184,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Ostensive-Cue Sensitive Learning and Exclusive Evaluation of Policies: A Solution for Measuring Contingency of Experiences for Social Developmental Robot,Hamed Mahzoon,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Frontiers in Robotics and AI,Vol. 6,p. 2-2,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • How the Realism of Robot Is Needed for Individuals With Autism Spectrum Disorders in an Interview Setting.,Vol. 10,p. 486-486,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Relaxing Gaze Aversion of Adolescents with Autism Spectrum Disorder in Consecutive Conversations with Human and Android Robot – A Preliminary Study –,Yuichiro Yoshikawa,Hirokazu Kumazaki,Yoshio Matsumoto,Masutomo Miyao,Mitsuru Kikuchi,Hiroshi Ishiguro,Frontiers in Psychiatry.,Vol. 10,p. 370-370,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • How the Realism of Robot Is Needed for Individuals With Autism Spectrum Disorders in an Interview Setting.,Vol. 10,p. 486-486,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of Japanese adults’ English speaking skills via experiences speaking to a robot, Journal of Computer Assisted Learning,Takamasa Iio,Ryota Maeda,Kohei Ogawa,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Kaori Suzuki,Tomohiro Aoki,Miharu Maesaki,Mika Hama,Journal of Computer Assisted Learning,Vol. 35,No. 2,2018年11月
  • Interpersonal Closeness Correlates With Social Influence on Color Perception Task Using Human and Artificial Agents,Kyohei Tatsukawa,Hideyuki Takahashi,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Frontier ICT,2018年09月
  • Will People Morally Crack Under the Authority of a Famous Wicked Robot?,Aroyo, A.M,Tatsukawa, K,Koyama, T,Takahashi, H,Rea, F,Sciutti A,Yoshikawa, Y,Ishiguro, H,Sandini, G,2018 27th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN),2018年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Interpersonal Closeness Correlates With Social Influence on Color Perception Task Using Human and Artificial Agents,Kyohei Tatsukawa,Hideyuki Takahashi,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Frontiers in ICT,p. 1-6,2018年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Impressions of Humanness for Android Robot may Represent an Endophenotype for Autism Spectrum Disorders.,Vol. 48,No. 2,p. 632-634,2018年02月
  • 遠隔対話ロボットと連動して振る舞う陪席ロボットによる遠隔話者の社会的存在感の向上,有本庸浩,吉川雄一朗,石黒浩,電子情報通信学会論文誌,Vol. J101-D,No. 2,p. 253-262,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiple-Robot Conversational Patterns for Concealing Incoherent Responses,Tsunehiro Arimoto,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,International Journal of Social Robotics,p. 1-11,2018年
  • Can Robotic Systems Promote Self-Disclosure in Adolescents with Autism Spectrum Disorder? A Pilot Study.,Vol. 9,No. 36,p. 36-36,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Intrinsically motivated reinforcement learning for human–robot interaction in the real-world,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • 実環境で人に高度な対話感を与える複数体型対話ロボットシステムの開発,有本庸浩,飯尾尊優,吉川雄一郎,石黒浩,電子情報通信学会誌,Vol. J101-D,No. 1,p. 79-91,2018年
  • 遠隔対話ロボットと連動して振る舞う陪席ロボットによる遠隔話者の社会的存在感の向上,有本庸浩,吉川雄一郎,石黒浩,電子情報通信学会誌,Vol. J101-D,No. 2,p. 253-262,2018年
  • The impact of robotic intervention on joint attention in children with autism spectrum disorders.,Vol. 9,p. 46-46,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Intrinsically motivated reinforcement learning for human–robot interaction in the real-world,Vol. 107,p. 23-33,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Can Robotic Systems Promote Self-Disclosure in Adolescents with Autism Spectrum Disorder? A Pilot Study.,Vol. 9,No. 36,p. 36-36,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Multiple-Robot Conversational Patterns for Concealing Incoherent Responses,Tsunehiro Arimoto,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,International Journal of Social Robotics,p. 1-11,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 実環境で人に高度な対話感を与える複数体型対話ロボットシステムの開発,有本庸浩,飯尾尊優,吉川雄一郎,石黒浩,電子情報通信学会論文誌 D,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Proactive Conversation between Multiple Robots to Improve the Sense of Human-Robot Conversation,Yuichiro Yoshikawa,Takamasa Iio,Tsunehiro Arimoto,Hiroaki Sugiyama,Hiroshi Ishiguro,p. 288-294,2017年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Creation and Staging of Android Theatre “Sayonara” toward Developing Highly Human-like Robot,Takenobu Chikaraishi,Yuichiro Yoshikawa,Kohei Ogawa,Oriza Hirata,Hiroshi Ishiguro,Future Internet,Vol. 9,No. 4,2017年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Creation and Staging of Android Theatre “Sayonara” towards Developing Highly Human-Like Robots,Takenobu Chikaraishi,Yuichiro Yoshikawa,Kohei Ogawa,Oriza Hirata,Hiroshi Ishiguro,Future Internet,Vol. 9,No. 4,p. 1-17,2017年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A pilot study for robot appearance preferences among high-functioning individuals with autism spectrum disorder: Implications for therapeutic use,Vol. 12,No. 10,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • A pilot study for robot appearance preferences among high-functioning individuals with autism spectrum disorder: Implications for therapeutic use,Vol. 12,No. 10,p. 1-13,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Android Robot-Mediated Mock Job Interview Sessions for Young Adults with Autism Spectrum Disorder: A Pilot Study,Vol. 8,No. 169,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Tele-Operating an Android Robot to Promote the Understanding of Facial Expressions and to Increase Facial Expressivity in Individuals With Autism Spectrum Disorder,Vol. 174,No. 9,p. 904-905,2017年09月
  • Android Robot-Mediated Mock Job Interview Sessions for Young Adults with Autism Spectrum Disorder: A Pilot Study,Vol. 8,p. 1-8,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Tele-Operating an Android Robot to Promote the Understanding of Facial Expressions and to Increase Facial Expressivity in Individuals With Autism Spectrum Disorder,Vol. 174,No. 9,p. 904-905,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Argumentative dialogue system based on argumentation structures,Ryuichiro Higashinaka,Kazuki Sakai,Hiroaki Sugiyama,Hiromi Narimatsu,Tsunehiro Arimoto,Takaaki Fukutomi,KiyoakiMatsui,Yusuke Ijima,Hiroaki Ito,Shoko Araki,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Yoshihiro Matsuo,2017年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Show, attend and interact: Perceivable human-robot social interaction through neural attention Q-network,p. 1639-1645,2017年07月21日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Generation of Bystander Robot Actions Based on Analysis of Relative Probability of Human Actions,Vol. 21,No. 4,p. 686-696,2017年07月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Generation of Bystander Robot Actions Based on Analysis of Relative Probability of Human Actions,Vol. 21,No. 4,p. 686-696,2017年07月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Retaining Human-Robots Conversation: Comparing Single Robot to Multiple Robots in a Real Event,Takamasa Iio,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol. 12,No. 4,p. 675-685,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Theatrical approach: Designing human-like behaviour in humanoid robots,Vol. 89,p. 158-166,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Theatrical approach: Designing human-like behaviour in humanoid robots,Vol. 89,p. 158-166,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Retaining human-robots conversation: Comparing single robot to multiple robots in a real event,Takamasa Iio,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics,Vol. 21,No. 4,p. 675-685,2017年
  • 複数体のロボットによる音声認識なし対話の可能性,吉川雄一郎,石黒浩,通信ソサイエティマガジンB-plus,Vol. 39,p. 179-183,2016年12月
  • Eyeblink Synchrony in Multimodal Human-Android Interaction,Vol. 6,No. 39718,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Eyeblink Synchrony in Multimodal Human-Android Interaction,Vol. 6,No. 3971,p. 1-8,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • アンドロイドとのタッチディスプレイを通じた対話における半強制的な選択が人間の選好に与える影響,渡辺美紀,小川浩平,吉川雄一郎,石黒浩,Vol. 23,No. 4,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Social Skill Acquisition Model through Face-to-face Interaction: Local Contingency for Open-ended Development,Hamed Mahzoon,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,Frontiers in Robotics and AI,Vol. 3,No. 10,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Attention and preference of humans and robots,p. 95-119,2016年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Social Skill Acquisition Model through Face-to-Face Interaction: Local Contingency for Open-Ended Development,Hamed Mahzoon,Yuichiro Yoshikawa,Hiroshi Ishiguro,frontiers in Robotics and AI,Vol. 24,2016年
  • アンドロイドとのタッチディスプレイを通じた対話における半強制的な選択が人間の選好に与える影響,渡辺美紀,小川浩平,吉川雄一郎,石黒浩,認知科学,Vol. 23,No. 4,p. 411-419,2016年
  • Intervention for children with social anxiety with autism spectrum disorders,Hirokazu Kumazak,Yuichiro Yoshikawa,Yoshio Matsumoto,Akemi Tomoda,Masutomo Miyao,Hiroshi Ishiguro,Taro Muramatsu,Masaru Mimura,2015年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • アンドロイドによる医療支援の可能性,中江 文,吉川 雄一郎,住岡 英信,柴田 政彦,力石 武信,石黒 浩,整形・災害外科,Vol. 58,No. 8,p. 1057-1061,2015年07月
  • Can Robotic Interaction Improve Nonvrebal Communication and Social Anxiety of Children with Autism Spectrum Disorders?,Hirokazu Kumazaki,Yuichiro Yoshikawa,Yoshio Matsumoto,Sakae Mizushima,T. X. Fujisawa,H. Kosaka,A. Tomoda,Sakiko Nemoto,Mitsuko Nakano,Masutomo Miyao,T. Maeda,Hiroshi Ishiguro,T. Muramatsu,Masaru Mimura,p. 488-489,2015年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ロボット・アンドロイド演劇の工学・科学・芸術における意味,坊農真弓,吉川雄一郎,石黒浩,平田オリザ,電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ、ファンダム・レビュー,Vol. 7,No. 4,p. 326-335,2014年04月
  • Trust and artifacts,Vol. 273,p. 231-240,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 痛みを癒す アンドロイドセラピーを目指して アンドロイド参加型自律訓練法の試み,中江 文,安達 友紀,力石 武信,吉川 雄一郎,松田 陽一,柴田 政彦,石黒 浩,眞下 節,Practice of Pain Management,Vol. 4,No. 3,p. 176-180,2013年09月
  • Reproducing Interaction Contingency Toward Open-Ended Development of Social Actions: Case Study on Joint Attention,Hidenobu Sumioka,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,IEEE Transactions on Autonomous Mental Development,Vol. 2,No. 1,p. 40-50,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 音声模倣と語彙獲得の共発達のための主観的整合機構に基づく対応学習,笹本勇輝,吉川雄一郎,浅田稔,日本ロボット学会誌,Vol. 31,No. 1,p. 71-82,2013年
  • 音声模倣と語彙獲得の共発達のための主観的整合機構に基づく対応学習,笹本勇輝,吉川雄一郎,浅田稔,日本ロボット学会誌,Vol. 31,No. 1,p. 71-82,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Acquisition of joint attention through natural interaction utilizing motion cues,Hidenobu Sumioka,Koh Hosoda,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Advanced Robotics,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A Model to Explain the Emergence of Imitation Development Based on Predictability Preference,Vol. 4,No. 1,p. 17-28,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A Model to Explain the Emergence of Imitation Development Based on Predictability Preference,Vol. 4,No. 1,p. 17-28,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 共創知能研究用ヒューマノイドプラットフォームの開発,港隆史,吉川雄一郎,石黒浩,日本ロボット学会誌,2012年01月
  • 社会的共創知能へのアプローチ : 社会的行動獲得と社会関係構築の相互作用の構成,吉川雄一郎,石黒浩,人工知能学会誌,2012年01月
  • Vowel Acquisition Based on an Auto-Mirroring Bias with a Less Imitative Caregiver,Vol. 26,No. 1-2,p. 23-44,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Vowel Acquisition Based on an Auto-Mirroring Bias with a Less Imitative Caregiver,Vol. 26,No. 1-2,p. 23-44,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • HUMANOID PLATFORMS FOR COGNITIVE DEVELOPMENTAL ROBOTICS,Vol. 8,No. 3,p. 391-418,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Humanoid platform for cognitive developmental robotics,Hiroshi Ishiguro,Takashi Minato,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,International Journal of Humanoid Robotics,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Observing Eye Contact between a Robot and Another Person,Vol. 3,No. 2,p. 143-154,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Observing Eye Contact between a Robot and Another Person,Vol. 3,No. 2,p. 143-154,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 乳児母音発達を誘導する自己鏡映的親行動の構成論的検討,石原尚,若狭みゆき,吉川雄一郎,浅田稔,認知科学,Vol. 18,No. 1,p. 100-113,2011年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 予測性を評価した選好性に基づく模倣発達メカニズムの提案,港隆史,デールトーマス,吉川雄一郎,石黒浩,日本ロボット学会誌,Vol. 28,No. 8,p. 1047-1057,2011年
  • 乳児母音発達を誘導する自己鏡映的親行動の構成論的検討,石原尚,若狭みゆき,吉川雄一郎,浅田稔,認知科学,Vol. 18,No. 1,p. 100-113,2011年
  • 予測性を評価した選好性に基づく模倣発達メカニズムの提案,港 隆史,トーマス デール,吉川 雄一郎,石黒 浩,日本ロボット学会誌,Vol. 28,No. 8,p. 1047-1057,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Reproducing Interaction Contingency Toward Open-Ended Development of Social Actions: Case Study on Joint Attention,Vol. 2,No. 1,p. 40-50,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 予測性を評価した選好性に基づく模倣発達メカニズムの提案,港隆史,デールトーマス,吉川雄一郎,石黒浩,日本ロボット学会誌,Vol. 28,No. 8,p. 1047-1057,2010年
  • How Caregiver's Anticipation Shapes Infant's Vowel Through Mutual Imitation,Vol. 1,No. 4,p. 217-225,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • How Caregiver's Anticipation Shapes Infant's Vowel Through Mutual Imitation,Vol. 1,No. 4,p. 217-225,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 相互排他性原理に基づくマルチモーダル共同注意,中野吏,吉川雄一郎,浅田稔,石黒浩,日本ロボット学会誌,2009年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Cognitive Developmental Robotics: A Survey,Vol. 1,No. 1,p. 12-34,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Cognitive Developmental Robotics: A Survey,Vol. 1,No. 1,p. 12-34,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Social Balancing Effect of Eye Contact,p. 992-+,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 相互排他性原理に基づくマルチモーダル共同注意,中野吏,吉川雄一郎,浅田稔,石黒浩,日本ロボット学会誌,Vol. 27,No. 7,p. 814-822,2009年
  • Spiral response-cascade hypothesis - Intrapersonal responding-cascade in gaze interaction,p. 319-326,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Causality Detected by Transfer Entropy Leads Acquisition of Joint Attention,Hidenobu Sumioka,Yuichiro Yoshikawa,Minoru Asada,Journal of Robotics and Mechatronics,Vol. 20,No. 3,p. 378-385,2008年
  • Acquisition of joint attention through natural interaction utilizing motion cues,Vol. 21,No. 9,p. 983-999,2007年09月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Social reflex hypothesis on blinking interaction,Yuichiro Yoshikawa,Kazuhiko Shinozawa,Hiroshi Ishiguro,Proc. of the 29th Annual Conference of the Cognitive Science Society (CogSci 2007),2007年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Unique association between self-occlusion and double-touching towards binding vision and touch,Vol. 70,No. 13-15,p. 2234-2244,2007年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Responsive robot gaze to interaction partner,Yuichiro Yoshikawa,Kazuhiko Shinozawa,Hiroshi Ishiguro,Norihiro Hagita,Takanori Miyamoto,Robotics: Science and Systems Ⅱ,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 応答的注視ロボットによる被注視感の呈示,吉川雄一郎,篠沢一彦,石黒浩,萩田紀博,宮本孝典,情報処理学会論文誌,2007年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Unconscious anchoring in maternal imitation that helps find the correspondence of a caregiver's vowel categories,Vol. 21,No. 13,p. 1583-1600,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Unconscious anchoring in maternal imitation that helps find the correspondence of a caregiver's vowel categories,Vol. 21,No. 13,p. 1583-1600,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Unique association between self-occlusion and double-touching towards binding vision and touch,Vol. 70,No. 13-15,p. 2234-2244,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Interaction rule learning with a human partner based on an imitation faculty with a simple visuo-motor mapping,Vol. 54,No. 5,p. 414-418,2006年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Interaction rule learning with a human partner based on an imitation faculty with a simple visuo-motor mapping,Vol. 54,No. 5,p. 414-418,2006年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 応答的注視ロボットによる被注視感の呈示,吉川雄一郎,篠沢一彦,石黒浩,萩田紀博,宮本孝典,情報処理学会論文誌,Vol. 48,No. 3,p. 1284-1293,2006年
  • 複数センサデータの不変性に基づく身体の発見,吉川雄一郎,細田耕,浅田稔,辻義樹,2005年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 複数センサデータの不変性に基づく身体の発見,吉川雄一郎,細田耕,浅田稔,辻義樹,日本ロボット学会誌,Vol. 23,No. 8,p. 986-992,2005年
  • エピポーラ幾何を利用した呈示者視野復元に基づく模倣の実現,吉川雄一郎,浅田稔,細田耕,日本ロボット学会誌,Vol. 22,No. 1,p. 68-74,2004年
  • エピポーラ幾何を利用した呈示者視野復元に基づく模倣の実現,吉川雄一郎,浅田稔,細田耕,2004年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A constructivist approach to infants' vowel acquisition through mother-infant interaction,Vol. 15,No. 4,p. 245-258,2003年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A constructivist approach to infants' vowel acquisition through mother-infant interaction,Vol. 15,No. 4,p. 245-258,2003年12月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • ロボット技術の自閉スペクトラム症者への潜在性 (特集 精神医学とテクノロジー),熊﨑 博一,吉川 雄一郎,分子精神医学,先端医学社,Vol. 19,No. 2,p. 72-76,2019年04月
  • ロボットを用いた自己開示促進システムの心理過程のモデル化 (特集 絆形成の行動科学・心理学 : 動物,ロボット,想像上の他者),高橋 英之,伴 碧,内田 貴久,島谷 二郎,熊崎 博一,守田 知代,吉川 雄一郎,石黒 浩,行動科学 = Behavioral science research,日本行動科学学会,Vol. 57,No. 1,p. 47-54,2018年09月
  • 社交不安障害患者へのアンドロイドを用いた暴露療法の有効性についての検討,熊崎博一,菊知充,吉川雄一郎,松本吉央,宮尾益知,石黒浩,村松太郎,三村將,三辺義雄,日本精神神経学会総会プログラム・抄録集,Vol. 114th,2018年
  • ロボットを用いた自閉症スペクトラム症治療の可能性,宮尾益知,熊崎博一,松本吉央,吉川雄一郎,石黒浩,日本精神神経学会総会プログラム・抄録集,Vol. 114th,2018年
  • 社会的コミュニケーションの療育における小型・人型ロボットの可能性,吉川雄一郎,熊崎博一,松本吉央,宮尾益知,日本精神神経学会総会プログラム・抄録集,Vol. 114th,2018年
  • 複数ロボット連携による雑談対話における対話破綻感の軽減,杉山弘晃,成松宏美,目黒豊美,吉川雄一郎,大和淳司,人工知能学会言語・音声理解と対話処理研究会資料,Vol. 81st,2017年10月05日
  • 対人不安症状に対する複数のヒト型ロボットを用いた集団療法,熊﨑 博一,吉川 雄一郎,マツダ財団研究報告書. 青少年健全育成関係,マツダ財団,Vol. 29,p. 1-5,2017年
  • 複数ロボット間連携による対話破綻回避効果の分析,杉山弘晃,目黒豊美,吉川雄一郎,大和淳司,人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM),Vol. 31st,2017年
  • 自閉スペクトラム症者へのアンドロイドを用いた就職面接訓練についての予備的実験,熊崎博一,吉川雄一郎,吉川雄一郎,松本吉央,石黒浩,石黒浩,宮尾益知,三邉義雄,菊知充,日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM),Vol. 34th,2017年
  • 対話焦点の不連続性を隠蔽する複数ロボット間連携の生成,有本庸浩,吉川雄一郎,杉山弘晃,目黒豊美,大和淳司,石黒浩,人工知能学会言語・音声理解と対話処理研究会資料,Vol. 78th,2016年10月01日
  • 自閉スペクトラム症児へのヒト型ロボットを用いたコミュニケーション訓練法についての検討,熊崎 博一,松本 吉央,吉川 雄一郎,宮尾 益知,小坂 浩隆,友田 明美,中野 三津子,前田 貴記,村松 太郎,三村 將,精神神経学雑誌,(公社)日本精神神経学会,No. 2016特別号,p. S322-S322,2016年06月
  • 人に酷似したロボットの視線誘導に対する自閉スペクトラム症児の反応の調査,吉川 雄一郎,松本 吉央,熊崎 博一,根本 彩紀子,中野 三津子,石黒 浩,宮尾 益知,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 56回,p. 003-1,2015年09月
  • 自閉スペクトラム症児への複数ロボットを用いた療育に向けての試み,大西 貴子,熊崎 博一,吉川 雄一郎,松本 吉央,新井 清義,小坂 浩隆,友田 明美,平谷 美智夫,石黒 浩,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 56回,p. 003-2,2015年09月
  • 自閉スペクトラム症児へのヒューマノイドを用いた対話訓練法の確立,熊崎 博一,吉川 雄一郎,松本 吉央,根本 彩紀子,水島 栄,藤澤 隆史,小坂 浩隆,友田 明美,中野 三津子,石黒 浩,宮尾 益知,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 56回,p. 003-3,2015年09月
  • 自閉スペクトラム症児(ASD児)におけるコミュニケーション改善の試み(III),宮尾 益知,熊崎 博一,吉川 雄一郎,松本 吉央,石黒 浩,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 56回,p. 003-4,2015年09月
  • アンドロイドを用いた選択性緘黙者への介入,根本 彩紀子,熊崎 博一,吉川 雄一郎,友田 明美,水島 栄,中野 三津子,松本 吉央,石黒 浩,宮尾 益知,小児の精神と神経,(一社)日本小児精神神経学会,Vol. 55,No. 1,p. 62-62,2015年04月
  • ロボットを用いたASD児の共同注視への介入効果についての予備的研究,熊崎 博一,吉川 雄一郎,発達研究 : 発達科学研究教育センター紀要,発達科学研究教育センター,Vol. 29,p. 169-173,2015年
  • アンドロイドを用いた選択性緘黙者への介入,根本 彩紀子,熊崎 博一,吉川 雄一郎,友田 明美,水島 栄,中野 三津子,松本 吉央,石黒 浩,宮尾 益知,日本小児精神神経学会プログラム・抄録集,(一社)日本小児精神神経学会,Vol. 112回,p. 27-27,2014年11月
  • ASD児にとってのアンドロイド コミュニケーション対象として,根本 彩紀子,熊崎 博一,友田 明美,水島 栄,中野 三津子,吉川 雄一郎,松本 吉央,石黒 浩,宮尾 益知,小児の精神と神経,(一社)日本小児精神神経学会,Vol. 54,No. 3,p. 256-257,2014年10月
  • 人に酷似したロボットとの対話におけるASD児の視線の分析,吉川 雄一郎,熊崎 博一,松本 吉央,根本 彩紀子,水島 栄,中野 三津子,友田 明美,石黒 浩,宮尾 益知,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 55回,p. 118-118,2014年10月
  • 発達精神病理学的視点における思春期児童のトラウマの影響とロボット・コミュニケーションの可能性,水島 栄,吉川 雄一郎,松本 吉央,中野 三津子,根本 彩紀子,熊崎 博一,友田 明美,宮尾 益知,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 55回,p. 119-119,2014年10月
  • 自閉症スペクトラム障害児に遠隔操作アンドロイドを用いる意義,熊崎 博一,友田 明美,水島 栄,柴田 眞理子,松本 吉央,中野 三津子,根本 彩紀子,大西 貴子,小坂 浩隆,藤澤 隆史,吉川 雄一郎,宮尾 益知,石黒 浩,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 55回,p. 120-120,2014年10月
  • ロボットを利用した自閉症スペクトラム障害児におけるコミュニケーション改善への試みII,宮尾 益知,熊崎 博一,水島 栄,中野 三津子,根本 彩紀子,松本 吉央,吉川 雄一郎,石黒 浩,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 55回,p. 121-121,2014年10月
  • ASD児にとってのアンドロイド コミュニケーション対象として,根本 彩紀子,熊崎 博一,友田 明美,水島 栄,中野 三津子,吉川 雄一郎,松本 吉央,石黒 浩,宮尾 益知,日本小児精神神経学会プログラム・抄録集,(一社)日本小児精神神経学会,Vol. 111回,p. 46-46,2014年06月
  • アンドロイドとの対話における自閉症スペクトラム障害児の注視パターンの分析,熊崎 博一,友田 明美,水島 栄,根本 彩紀子,中野 三津子,宮尾 益知,松本 吉央,吉川 雄一郎,石黒 浩,村松 太郎,三村 將,精神神経学雑誌,(公社)日本精神神経学会,No. 2014特別,p. S570-S570,2014年06月
  • 複数種類の遠隔操作型ロボットとの対話におけるASD児の反応,吉川 雄一郎,松本 吉央,石黒 浩,熊崎 博一,宮尾 益知,小児の精神と神経,(一社)日本小児精神神経学会,Vol. 54,No. 1,p. 63-64,2014年04月
  • 複数種類の遠隔操作型ロボットの対話におけるASD児の反応,吉川 雄一郎,松本 吉央,石黒 浩,熊崎 博一,宮尾 益知,日本小児精神神経学会プログラム・抄録集,(一社)日本小児精神神経学会,Vol. 110回,p. 34-34,2013年11月
  • ASD児とロボット ASD児とアンドロイドとのインタラクションにおける印象評価,松本 吉央,吉川 雄一郎,水島 栄,熊崎 博一,柴田 眞理子,中野 三津子,宮尾 益知,石黒 浩,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 54回,p. 223-223,2013年10月
  • ASD児とロボット ASD児と関わるロボットのデザイン 遠隔操作によるインタラクションの試行から,吉川 雄一郎,松本 吉央,水島 栄,熊崎 博一,柴田 眞理子,中野 三津子,宮尾 益知,石黒 浩,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 54回,p. 224-224,2013年10月
  • ASD児とロボット ASD児の好むロボットについての調査 アンケート結果から,熊崎 博一,柴田 眞理子,岩田 和彦,吉川 雄一郎,松本 吉央,水島 栄,中野 三津子,宮尾 益知,石黒 浩,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 54回,p. 225-225,2013年10月
  • ASD児とロボット ロボットを利用した自閉症スペクトラムにおけるコミュニケーション改善への試み,宮尾 益知,中野 三津子,水島 栄,熊崎 博一,柴田 眞理子,吉川 雄一郎,松本 吉央,石黒 浩,日本児童青年精神医学会総会抄録集,(一社)日本児童青年精神医学会,Vol. 54回,p. 226-226,2013年10月
  • Simulator platform that enables social interaction simulation - SIGVerse: SocioIntelliGenesis simulator,p. 212-217,2010年
  • 社会的共創知能,石黒浩,港隆史,吉川雄一郎,野田智之,池本周平,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 25th,2007年09月13日
  • 日常空間で対話できるコミュニケーションロボットRobovie-IV(テーマセッション, ユビキタスメディアの将来展望),光永法明,宮下敬宏,吉川雄一郎,石黒浩,小暮潔,萩田紀博,電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理,社団法人電子情報通信学会,Vol. 105,No. 536,p. 47-52,2006年01月13日
  • 相手の視線に応じるロボットの視線の評価,吉川 雄一郎,篠沢 一彦,石黒 浩,萩田紀博,宮本孝典,情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),一般社団法人情報処理学会,Vol. 2006,No. 3,p. 89-94,2006年01月13日
  • Motion-triggered human-robot synchronization for autonomous acquisition of joint attention,Vol. 2005,p. 194-194,2005年
  • Visio-tactile binding through double-touching by a robot with an anthropomorphic tactile sensor,Vol. 2005,p. 126-126,2005年
  • Joint attention with strangers based on generalization through joint attention with caregivers,Akio Morita,Yuichiro Yoshikawa,Koh Hosoda,Koh Hosoda,Minoru Asada,Minoru Asada,2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS),Vol. 4,p. 3744-3749,2004年12月01日
  • Is it my body? - Body extraction from uninterpreted sensory data based on the invariance of multiple sensory attributes,Yuichiro Yoshikawa,Yoshiki Tsuji,Koh Hosoda,Koh Hosoda,Minoru Asada,Minoru Asada,2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS),Vol. 3,p. 2325-2330,2004年12月01日
  • Towards imitation learning from a viewpoint of an internal observer,Vol. 3139,p. 278-283,2004年
  • Primary vowel imitation between agents with different articulation parameters by parrot-like teaching,Vol. 1,p. 149-154,2003年
  • View-based imitation with rotation invariant pan-tilt stereo cameras,Vol. 1,p. 159-164,2002年

受賞

  • Best paper award,吉川 雄一郎,The 2nd International Conference on Cognitive Neurodynamics
  • ベストプロデュース賞,吉川 雄一郎,一般社団法人日本生活文化推進協議会