EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

植竹 裕太

Uetake Yuuta

工学研究科 応用化学専攻,助教

keyword XAFS,金属ナノ粒子,遷移金属触媒,有機合成化学

学歴

  • 2012年04月 ~ 2015年03月,早稲田大学,大学院先進理工学研究科,化学・生命化学専攻 博士後期課程
  • 2010年04月 ~ 2012年03月,早稲田大学,大学院先進理工学研究科,化学・生命化学専攻 修士課程
  • 2006年04月 ~ 2010年03月,早稲田大学,理工学部,化学科

経歴

  • 2021年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院工学研究科,助教
  • 2020年11月 ~ 継続中,特定国立研究開発法人理化学研究所,生命機能科学研究センター,客員研究員(兼任)
  • 2017年11月 ~ 2021年03月,大阪大学,大学院工学研究科,特任助教
  • 2015年04月 ~ 2017年11月,理化学研究所,ライフサイエンス技術基盤研究センター,特別研究員

研究内容・専門分野

  • ナノテク・材料,ナノ材料科学,ナノ粒子
  • ナノテク・材料,無機・錯体化学,遷移金属触媒
  • ナノテク・材料,分析化学,XAFS
  • ナノテク・材料,構造有機化学、物理有機化学
  • ナノテク・材料,有機合成化学

所属学会

  • ナノ学会
  • 触媒学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本化学会

論文

  • Lewis acid-mediated Suzuki–Miyaura Cross-Coupling Reaction,Takashi Niwa,Yuta Uetake,Motoyuki Isoda,Tadashi Takimoto,Miki Nakaoka,Daisuke Hashizume,Hidehiro Sakurai,Takamitsu Hosoya,Cambridge University Press (CUP),2021年08月13日
  • Synthesis and pyrolysis of fullerenol‐stabilized Pt nanocolloids for unique approach to Pt‐doped carbon,Mark Kristan Espejo Cabello,Yuta Uetake,Yu Yao,Susumu Kuwabata,Hidehiro Sakurai,Chemistry – An Asian Journal,Wiley,Vol. 16,No. 16,p. 2280-2285,2021年06月14日,研究論文(学術雑誌)
  • Convergent Synthesis of Fluoroalkenes Using a Dual-Reactive Unit,Motoyuki Isoda,Yuta Uetake,Tadashi Takimoto,Junpei Tsuda,Takamitsu Hosoya,Takashi Niwa,The Journal of Organic Chemistry,American Chemical Society (ACS),Vol. 86,No. 2,p. 1622-1632,2021年01月05日,研究論文(学術雑誌)
  • Volcano-type correlation between particle size and catalytic activity on hydrodechlorination catalyzed by AuPd nanoalloy,Yuta Uetake,Sachi Mouri,Setsiri Haesuwannakij,Kazu Okumura,Hidehiro Sakurai,Nanoscale Advances,Royal Society of Chemistry (RSC),Vol. 3,No. 5,p. 1496-1501,2021年,研究論文(学術雑誌)
  • Size-Controlled Preparation of Gold Nanoparticles Deposited on Surface-Fibrillated Cellulose Obtained by Citric Acid Modification,Threeraphat Chutimasakul,Yuta Uetake,Jonggol Tantirungrotechai,Taka-aki Asoh,Hiroshi Uyama,Hidehiro Sakurai,ACS Omega,American Chemical Society ({ACS}),Vol. 5,p. 33206-33213,2020年12月29日,研究論文(学術雑誌)
  • Dual roles of cellulose monolith in the continuous-flow generation and support of gold nanoparticles for green catalyst,Zheng-Tian Xie,Taka-Aki Asoh,Yuta Uetake,Hidehiro Sakurai,Hiroshi Uyama,Carbohydrate Polymers,Elsevier BV,Vol. 247,p. 116723-116723,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical Study on Singlet Fission Dynamics in Sumanene-Fused Acene Dimers,Kenji Okada,Masayoshi Nakano,Hajime Miyamoto,Hironobu Nakazawa,Yuta Uetake,Hidehiro Sakurai,The Journal of Physical Chemistry C,American Chemical Society (ACS),Vol. 124,No. 36,p. 19499-19507,2020年09月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Selective Oxidative Hydroxylation of Arylboronic Acids by Colloidal Nanogold Catalyzed In Situ Generation of H2O2 from Alcohols under Aerobic Conditions,Vinsen,Yuta Uetake,Hidehiro Sakurai,Bulletin of the Chemical Society of Japan,The Chemical Society of Japan,Vol. 93,No. 2,p. 299-301,2020年02月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Practical Synthesis of [<sup>18</sup>F]Pitavastatin and Evaluation of Hepatobiliary Transport Activity in Rats by Positron Emission Tomography,Nakaoka, T.,Uetake, Y.,Kaneko, K.-I.,Niwa, T.,Ochiai, H.,Irie, S.,Suezaki, Y.,Otsuka, N.,Hayashinaka, E.,Wada, Y.,Cui, Y.,Maeda, K.,Kusuhara, H.,Sugiyama, Y.,Hosoya, T.,Watanabe, Y.,Molecular Pharmaceutics,American Chemical Society (ACS),Vol. 17,No. 6,p. 1884-1898,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Gold Nanoparticles Stabilized by Molecular Fullerenols,Kokubo, K.,Espejo Cabello, M.K.,Sato, N.,Uetake, Y.,Sakurai, H.,ChemNanoMat,Wiley,Vol. 6,No. 4,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of (2,2-Diborylvinyl)Arenes by rhodium-catalyzed desulfanylative gem-diborylation of 2-arylvinyl sulfides,Uetake, Y.,Isoda, M.,Niwa, T.,Hosoya, T.,Organic Letters,American Chemical Society ({ACS}),Vol. 21,No. 13,p. 4933-4938,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Sumanene Hexaester: An Electron-Deficient Buckybowl,Toda, H.,Uetake, Y.,Yakiyama, Y.,Nakazawa, H.,Kajitani, T.,Fukushima, T.,Sakurai, H.,Synthesis (Germany),Vol. 51,No. 24,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Rhodium-Catalyzed Decarbonylative Borylation of Aromatic Thioesters for Facile Diversification of Aromatic Carboxylic Acids,Ochiai, H.,Uetake, Y.,Niwa, T.,Hosoya, T.,Angewandte Chemie - International Edition,WILEY-V C H VERLAG GMBH,Vol. 56,No. 9,p. 2482-2486,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Copper-Catalyzed Regioselective Monodefluoroborylation of Polyfluoroalkenes en Route to Diverse Fluoroalkenes,Sakaguchi, H.,Uetake, Y.,Ohashi, M.,Niwa, T.,Ogoshi, S.,Hosoya, T.,Journal of the American Chemical Society,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 139,No. 36,p. 12855-12862,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Rhodium-Catalyzed ipso-Borylation of Alkylthioarenes via C-S Bond Cleavage,Uetake, Y.,Niwa, T.,Hosoya, T.,Organic Letters,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 18,No. 11,p. 2758-2761,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and characterization of a new C-2-symmetrical chiral tridentate N-heterocyclic carbene ligand coordinated Cr(III) complex,Yuta Uetake,Takashi Niwa,Masahisa Nakada,TETRAHEDRON-ASYMMETRY,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 26,No. 2-3,p. 158-162,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Enantioselective Approach to Polycyclic Polyprenylated Acylphloroglucinols via Catalytic Asymmetric Intramolecular Cyclopropanation,Uetake, Yuta,Uwamori, Masahiro,Nakada, Masahisa,Journal of Organic Chemistry,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 80,No. 3,p. 1735-1745,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of cycloalkanone-fused cyclopropanes by Au(I)-catalyzed oxidative ene-yne cyclizations,Yuta Uetake,Takashi Niwa,Masahisa Nakada,TETRAHEDRON LETTERS,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 55,No. 50,p. 6847-6850,2014年12月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • スマネニルアセンに関する研究,中澤廣宣,應矢彰伸,植竹裕太,燒山佑美,櫻井英博,有機合成シンポジウム講演要旨集,Vol. 115th,2019年05月21日
  • スマネンモノオンからの環拡大反応による新規バッキーボウルの合成,西本真生,植竹裕太,燒山佑美,櫻井英博,日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 99th,2019年03月01日
  • スマネニルアセンの合成と物性,中澤廣宣,應矢彰伸,植竹裕太,燒山佑美,櫻井英博,日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 99th,2019年03月01日
  • スマネンモノオンとトリメチルシリルジアゾメタンとの反応,西本真生,植竹裕太,燒山佑美,櫻井英博,日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 99th,2019年03月01日
  • 銅触媒を用いた2,2‐ジフルオロビニルアレーン類のトランス位選択的脱フッ素ホウ素化反応の開発,植竹裕太,丹羽節,阪口博信,大橋理人,生越專介,細谷孝充,有機合成シンポジウム講演要旨集,Vol. 112th,2017年11月28日
  • アルケニルスルフィド類の炭素‐硫黄結合の切断を経るロジウム触媒を用いた1,1‐ジボリル化反応の開発,磯田紀之,植竹裕太,丹羽節,細谷孝充,反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集,Vol. 43rd,2017年10月16日
  • 銅触媒を用いたgem‐ジフルオロアルケン類の位置選択的脱フッ素ホウ素化反応によるモノフルオロアルケンの合成,植竹裕太,丹羽節,細谷孝充,日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 97th,2017年03月03日
  • ロジウム触媒を用いたビニルスルフィド類の1,1‐ジボリル化によるgem‐ジボリルアルケンの合成,磯田紀之,植竹裕太,丹羽節,細谷孝充,日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 97th,2017年03月03日
  • ロジウム触媒を用いたビニルスルフィド類のジボリル化反応によるgem‐ジボリルアルケン合成,磯田紀之,植竹裕太,丹羽節,細谷孝充,日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),Vol. 137th,2017年
  • ロジウム触媒を用いた芳香族カルボン酸の形式的脱炭酸ホウ素化反応,落合秀紀,植竹裕太,丹羽節,細谷孝充,メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集,Vol. 34th,2016年11月11日
  • ロジウム触媒を用いた芳香族カルボン酸の形式的脱炭酸ホウ素化反応,落合秀紀,植竹裕太,丹羽節,細谷孝充,次世代を担う有機化学シンポジウム講演要旨集,Vol. 14th,2016年05月19日
  • ロジウム触媒を用いたカルボン酸の形式的脱炭酸ホウ素化反応,落合秀紀,植竹裕太,丹羽節,細谷孝充,日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 96th,2016年03月10日
  • ロジウム触媒を用いたアリールスルフィド類のイプソ位ホウ素化反応,植竹裕太,丹羽節,細谷孝充,細谷孝充,日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM),Vol. 96th,2016年03月10日
  • 金(I)触媒による酸化的1,5‐エンイン環化反応を利用したトリシクロ[4.3.0.0<sup>5,7</sup>]ノネン骨格の構築,植竹裕太,丹羽節,中田雅久,日本化学会講演予稿集,Vol. 93rd,No. 4,2013年03月08日

著書

  • ファインケミカル合成を指向した金属ナノ粒子触媒による空気酸化反応,植竹裕太,櫻井英博,一般社団法人 触媒学会,2020年04月
  • 学術書,化学,植竹裕太,櫻井英博,株式会社 化学同人,2018年04月

受賞

  • 三菱ガス化学 研究企画賞,植竹裕太,有機合成化学協会,2020年12月

講演・口頭発表等

  • 種々の置換基を導入した曲面型スマネニルカチオンの合成と性質,田口正宗,大東優也,植竹 裕太,燒山由美,櫻井英博,第31回基礎有機化学討論会,2021年09月22日
  • Synthesis and Properties of Sumanene Functionalized Bis(terpyridine) Ruthenium(II) Complexes,錯体科学会第71回討論会,2021年09月17日
  • マイクロチップレーザーを用いたルテニウムナノ粒子の調製と添加剤の効果,柴垣芙季,植竹裕太,燒山佑美,櫻井英博,第72回コロイドおよび界面化学討論会,2021年09月16日
  • Type-I collagen-stabilized gold nanoparticles produced by simple laser ablation method,第72回コロイドおよび界面化学討論会,2021年09月16日
  • Effects of ablation medium on metal nanoparticles preparation by microchip laser ablation in liquids,第72回コロイドおよび界面化学討論会,2021年09月16日
  • Intramolecular cycloamination of primary amines using gold nanocluster deposited on citric acid-modified surface-fibrillated cellulose,第127回触媒討論会,2021年09月15日
  • 亜鉛を活性化剤として用いる鈴木・宮浦クロスカップリングの反応機構,植竹裕太,丹羽節,細谷孝充,櫻井英博,第127回触媒討論会,2021年09月15日
  • ルイス酸を用いる鈴木・宮浦クロスカップリング反応の開発,丹羽節,植竹 裕太,磯田紀之,中岡光妃,瀧本正,櫻井英博,細谷 孝充,第67回有機金属化学討論会,2021年09月09日
  • 塩基を用いない鈴木・宮浦クロスカップリング反応における反応機構研究,植竹 裕太,丹羽 節,細谷 孝充,櫻井 英博,日本化学会 第101回春季年会,2021年03月
  • 塩基を用いない鈴木・宮浦クロスカップリング反応の開発,丹羽 節,植竹 裕太,中岡 光妃,瀧本 正,櫻井 英博,細谷 孝充,日本化学会 第101回春季年会,2021年03月
  • Fullerenol-Stabilized Pt Nanoparticles as Oxygen Reduction Reaction Electrocatalyst,2020年09月
  • クエン酸変性CNF担持金ナノ粒子のサイズ選択的調製,植竹裕太,Chutimasakul Threeraphat、Suwattananuruk Butsaratip Jonggol Tantirungrotechai,麻生隆彬,宇山 浩,櫻井英博,ナノ学会第18回大会,2020年05月
  • スマネン縮合アセン二量体におけるシングレットフィッションに関する理論研究,岡田健治,吉田 航,宮本 孟,中澤廣宣,植竹裕太,櫻井英博,中野雅由,日本化学会 第100回春季年会,2020年03月
  • Preparation of PVP-Stabilized Gold Nanoparticles in Various Organic Solvents by Laser Ablation,Hettiarachchi Barana,Yuta Uetake,Yumi Yakiyama,Hidehiro Sakurai,The 100th CSJ Annual Meeting,2020年03月
  • Hydrogen transfer type aromatization catalyzed by Au/Pd nanoalloy supported on layered double hydroxide,Chaoyu Wang,Yuta Uetake,Hidehiro Sakurai,The 100th CSJ Annual Meeting,2020年03月
  • クエン酸変性CNFに担持された金属ナノ粒子のサイズ選択的調製と空気酸化反応への応用,植竹裕太,Chutimasakul Threeraphat,Jonggol Tantirungrotechai,麻生隆彬,宇山 浩,櫻井英博,日本化学会 第100回春季年会,2020年03月
  • スマネニルアセンの合成と構造,中澤廣宣,應矢彰伸,植竹裕太,燒山佑美,櫻井英博,第78回有機合成化学協会関東支部シンポジウム –新津シンポジウム–,2019年11月
  • Preparation and properties of colloidal transition-metal nanoclusters stabilized by fullerenol,Mark Kristan,Espejo Cabello,Nozomi Sato,Yuta Uetake,Ken Kokubo,Hidehiro Sakurai,Okinawa colloids,2019年11月
  • スマネンモノオンからの環拡大反応による新規バッキーボウルの合成,西本真生,燒山佑美,植竹裕太,櫻井英博,第116回有機合成シンポジウム,2019年10月
  • クエン酸変性セルロースナノファイバーに担持された金属ナノクラスターのサイズ制御,植竹裕太,Chutimasakul Threeraphat,Jonggol Tantirungrotechai,麻生隆彬,宇山 浩,櫻井英博,2019年09月16日
  • ボリル(フルオロ)(トシルオキシ)エチレンを合成素子としたモノフルオロアルケン類の収束的合成,磯田紀之,植竹裕太,丹羽 節,細谷孝充,日本薬学会第139年会,2019年03月
  • ボリル(フルオロ)(トシルオキシ)エチレンを用いたモノフルオロアルケン類の収束的合成法の開発,磯田紀之,植竹裕太,丹羽 節,細谷孝充,日本化学会 第99回春季年会,2019年03月
  • スマネニルアセンの合成と物性,中澤廣宣,應矢彰伸,植竹裕太,燒山佑美,櫻井英博,日本化学会 第99回春季年会,2019年03月
  • スマネンモノオンとトリメチルシリルジアゾメタンとの反応,西本真生,植竹裕太,燒山佑美,櫻井英博,日本化学会 第99回春季年会,2019年03月
  • スマネンモノオンからの環拡大反応による新規バッキーボウルの合成,西本真生,植竹裕太,燒山佑美,櫻井英博,日本化学会 第99回春季年会,2019年03月
  • Synthesis of Amphiphilic Sumanene Derivatives,Yuqing Shi,Yuya Ohigashi,Yuta Uetake,Yumi Yakiyama,Hidehiro Sakurai,The 99th CSJ Annual Meeting,2019年03月
  • Preparation of fullerenol-stabilized metal nanoclusters for catalytic hydrogenation,Mark Kristan,Espejo Cabello,Nozomi Sato,Yuta Uetake,Ken Kokubo,Hidehiro Sakurai,The 99th CSJ Annual Meeting,2019年03月
  • PET imaging of hepatitis B virus core protein in hepatitis B model mice,Yousuke Kanayama,Takashi Niwa,Yuta Uetake,Hidenori Ochiai,Chinuyo Sumita,Kenji Ogawa,Yasue Ichikawa,Emi Hayashinaka,Yasuhiro Wada,Soichi Kojima,Takamitsu Hosoya,Yasuyoshi Watanabe,2018 World Molecular Imaging Congress (WMIC 2018),2018年09月
  • Copper-catalyzed regioselective monodefluoroborylation of gem-difluoroalkenes for facile preparation of monofluoroalkene mimics,Takashi Niwa,Yuta Uetake,Takamitsu Hosoya,The 22nd International Symposium of Fluorine Chemistry,2018年07月
  • 脱フッ素ホウ素化反応を活用したアミド医薬品のフルオロアルケンミミック化合物の合成とその評価,丹羽 節,植竹裕太,磯田紀之,大江知之,安田大輔,増野匡彦,細谷孝充,日本薬学会第138年会,2018年03月
  • 銅触媒を用いた2,2-ジフルオロビニルアレーン類のトランス位選択的脱フッ素ホウ素化反応の開発,植竹裕太,丹羽 節,阪口博信,大橋理人,生越專介,細谷孝充,第112回有機合成シンポジウム,2017年12月
  • Copper-Catalyzed Defluorosilylation and Defluoroborylation of Fluoroalkenes,Hironobu Sakaguchi,Masato Ohashi,Yuta Uetake,Takashi Niwa,Takamitsu Hosoya,Sensuke Ogoshi,The 7th Junior International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (JICCEOCA-7),2017年11月
  • 銅触媒を用いた2,2-ジフルオロビニルアレーン類の位置選択的脱フッ素ホウ素化反応の開発,丹羽 節,植竹裕太,阪口博信,大橋理人,生越專介,細谷孝充,第40回フッ素化学討論会,2017年11月
  • ロジウム触媒を用いたビニルスルフィド類のジボリル化反応によるgem-ジボリルアルケン合成,磯田紀之,植竹裕太,丹羽 節,細谷孝充,日本薬学会第137年会,2017年03月
  • ロジウム触媒を用いたビニルスルフィド類の1,1-ジボリル化によるgem-ジボリルアルケンの合成,磯田紀之,植竹裕太,丹羽 節,細谷孝充,日本化学会 第97回春季年会,2017年03月
  • 銅触媒を用いたgem-ジフルオロアルケン類の位置選択的脱フッ素ホウ素化反応によるモノフルオロアルケンの合成,植竹裕太,丹羽 節,細谷孝充,日本化学会 第97回春季年会,2017年03月
  • gem-ジフルオロアルケン類の脱フッ素ホウ素化反応の開発とモノフルオロアルケン類合成への応用,植竹裕太,丹羽 節,細谷孝充,第3回 新学術領域研究「中分子戦略」若手シンポジウム,2017年03月
  • Formal decarboxylative borylation of carboxylic acids via Rh-catalyzed decarbonylative C–C bond cleavage of thioesters,Takashi Niwa,Hidenori Ochiai,Yuta Uetake,Takamitsu Hosoya,International Symposium on C-O Activation (ISCO-2016), Hyogo, Japan, October 2016, OP-1.,2016年10月
  • ロジウム触媒を用いた芳香族カルボン酸の形式的脱炭酸ホウ素化反応,落合秀紀,植竹裕太,丹羽 節,細谷孝充,第14回次世代を担う有機化学シンポジウム,2016年05月
  • ロジウム触媒を用いたカルボン酸の形式的脱炭酸ホウ素化反応,落合秀紀,植竹裕太,丹羽 節,細谷孝充,日本化学会 第96回春季年会,2016年03月
  • ロジウム触媒を用いたアリールスルフィド類のイプソ位ホウ素化反応,植竹裕太,丹羽 節,細谷孝充,日本化学会 第96回春季年会,2016年03月
  • nemorosone、garsubellin A、clusianone、hyperforinの形式不斉全合成,植竹裕太,上森理弘,中田雅久,日本化学会 第95回春季年会,2015年03月
  • PPAP類の不斉全合成研究-2,遠藤雄也,植竹裕太,中田雅久,日本化学会 第94回春季年会,2014年03月
  • PPAP類の不斉全合成研究-1,植竹裕太,遠藤雄也,中田雅久,日本化学会 第94回春季年会,2014年03月
  • 金(I)触媒による酸化的1,5-エンイン環化反応を利用したトリシクロ[4.3.0.05,7]ノネン骨格の構築,植竹裕太,丹羽 節,中田雅久,日本化学会 第93回春季年会,2013年03月

報道

  • 反応しやすいフルオロアルケン 理研が簡便合成成功,2017年10月
  • フルオロアルケンを簡便合成 フッ素をホウ素に 創薬への応用期待,2017年10月