EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

村中 俊哉

TOSHIYA MURANAKA

工学研究科 生物工学専攻,教授

keyword 植物バイオテクノロジー,合成生物学,ゲノム編集,代謝工学

学歴

  • 1983年04月 ~ 1985年03月,京都大学,大学院農学研究科,農芸化学専攻
  • 1979年04月 ~ 1983年03月,京都大学,農学部

経歴

  • 2010年05月 ~ 継続中,大阪大学,大学院工学研究科,教授
  • 2007年04月 ~ 2010年04月,横浜市立大学,木原生物学研究所,教授
  • 2005年04月 ~ 2008年03月,独立行政法人理化学研究所,植物科学研究センター多様性代謝研究チーム,チームリーダー
  • 2001年04月 ~ 2004年03月,理化学研究所,植物科学研究センターバイオケミカルリソース研究チーム,チームリーダー
  • 2000年10月 ~ 2001年03月,住友化学工業株式会社,農業化学品研究所,主席研究員
  • 1992年10月 ~ 2000年09月,住友化学工業株式会社,生命工学研究所,副主任研究員
  • 1985年04月 ~ 1992年09月,住友化学工業株式会社,宝塚総合研究所生命工学研究所,研究員

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,植物分子、生理科学
  • ライフサイエンス,応用生物化学

所属学会

  • 日本生薬学会
  • 植物化学調節学会
  • 日本生物工学会
  • 日本ゲノム編集学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本植物バイオテクノロジー学会

論文

  • The biosynthetic pathway of potato solanidanes diverged from that of spirosolanes due to evolution of a dioxygenase,Ryota Akiyama,Bunta Watanabe,Masaru Nakayasu,Hyoung Jae Lee,Junpei Kato,Naoyuki Umemoto,Toshiya Muranaka,Kazuki Saito,Yukihiro Sugimoto,Masaharu Mizutani,Nature Communications,Vol. 12,No. 1,2021年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Insights into the diversification of subclade IVa bHLH transcription factors in Fabaceae,Hayato Suzuki,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,BMC Plant Biology,Vol. 21,No. 1,2021年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of C‐26 aminotransferase, indispensable for steroidal glycoalkaloid biosynthesis,Masaru Nakayasu,Naoyuki Umemoto,Ryota Akiyama,Kiyoshi Ohyama,Hyoung J. Lee,Haruka Miyachi,Bunta Watanabe,Toshiya Muranaka,Kazuki Saito,Yukihiro Sugimoto,Masaharu Mizutani,The Plant Journal,Wiley,2021年08月09日,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of UDP-glucose dehydrogenase isoforms in the medicinal legume <i>Glycyrrhiza uralensis</i>,Ayumi Kawasaki,Ayaka Chikugo,Keita Tamura,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology,Vol. 38,No. 2,p. 205-218,2021年06月25日,研究論文(学術雑誌)
  • Tomato E8 Encodes a C-27 Hydroxylase in Metabolic Detoxification of α-Tomatine during Fruit Ripening.,Ryota Akiyama,Masaru Nakayasu,Naoyuki Umemoto,Junpei Kato,Midori Kobayashi,Hyoung Jae Lee,Yukihiro Sugimoto,Yoko Iijima,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Masaharu Mizutani,Plant & cell physiology,2021年06月08日,研究論文(学術雑誌)
  • 植物の有用成分を酵母でつくるー有機合成が難しい天然物をいかにして持続的に生産するか,村中俊哉,關光,化学,Vol. 76,No. 6,p. 66-67,2021年06月
  • Allylic Hydroxylation Activity Is a Source of Saponin Chemodiversity in the Genus Glycyrrhiza,Much Z. Fanani,Satoru Sawai,Hikaru Seki,Masato Ishimori,Kiyoshi Ohyama,Ery O. Fukushima,Hiroshi Sudo,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Plant and Cell Physiology,Vol. 62,No. 2,p. 262-271,2021年05月11日,研究論文(学術雑誌)
  • グリチルリチン生合成機構の解明と組換え酵母での生産,關 光,Soo Yeon Chung,村中 俊哉,ファルマシア,公益社団法人 日本薬学会,Vol. 57,No. 8,p. 710-714,2021年,研究論文(学術雑誌)
  • 酵母を用いた植物由来の甘味成分グリチルリチンの生産,Chung Soo Yeon,關 光,村中 俊哉,バイオサイエンスとインダストリー,バイオインダストリー協会,Vol. 79,No. 3,p. 205-209,2021年
  • Expression of two key enzymes of artemisinin biosynthesis FPS and ADS genes in saccharomyces cerevisiae,Elfahmi,Rizqiya Astri Hapsari,Tamara Chrysanthy,Vaniarta Synthiarini,Fifi Fitriyah Masduki,Agus Setiawan,Toshiya Muranaka,Advanced Pharmaceutical Bulletin,Vol. 11,No. 1,p. 181-187,2021年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A cellulose synthase-derived enzyme catalyses 3-O-glucuronosylation in saponin biosynthesis,Soo Yeon Chung,Hikaru Seki,Yukiko Fujisawa,Yoshikazu Shimoda,Susumu Hiraga,Yuhta Nomura,Kazuki Saito,Masao Ishimoto,Toshiya Muranaka,Nature Communications,Vol. 11,No. 1,p. 5664-5664,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Production of the bioactive plant-derived triterpenoid morolic acid in engineered Saccharomyces cerevisiae,Pisanee Srisawat,Shuhei Yasumoto,Ery O. Fukushima,Jekson Robertlee,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Biotechnology and Bioengineering,WILEY,Vol. 117,No. 7,p. 2198-2208,2020年07月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Preface to the special issue “technology in tissue culture toward horizon of plant biotechnology”,Yutaka Tabei,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,Vol. 37,No. 2,p. 117-120,2020年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Targeted genome editing in tetraploid potato through transient talen expression by agrobacterium infection,Shuhei Yasumoto,Satoru Sawai,Hyoung Jae Lee,Masaharu Mizutani,Kazuki Saito,Naoyuki Umemoto,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 37,No. 2,p. 205-211,2020年06月,研究論文(学術雑誌)
  • ロールプレイで一般市民から多様な意見を引き出す : 「ゲノム編集」をテーマに複数の視点で考え議論する,佐々 義子,真山 武志,田中 利一,村中 俊哉,小泉 望,遺伝 : 生物の科学,エヌ・ティー・エス,Vol. 74,No. 3,p. 314-320,2020年05月
  • The effect of nojirimycin on the transcriptome of germinating Orobanche minor seeds,Atsushi Okazawa,Takatoshi Wakabayashi,Toshiya Muranaka,Yukihiro Sugimoto,Daisaku Ohta,Journal of Pesticide Science,Vol. 45,No. 4,p. 230-237,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of α-tomatine 23-hydroxylase involved in the detoxification of a bitter glycoalkaloid,Masaru Nakayasu,Ryota Akiyama,Midori Kobayashi,Hyoung Jae Lee,Takashi Kawasaki,Bunta Watanabe,Shingo Urakawa,Junpei Kato,Yukihiro Sugimoto,Yoko Iijima,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Naoyuki Umemoto,Masaharu Mizutani,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 61,No. 1,p. 21-28,2020年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Structure–Activity Relationships of Pentacyclic Triterpenoids as Inhibitors of Cyclooxygenase and Lipoxygenase Enzymes,Nhu Ngoc Quynh Vo,Yuhta Nomura,Toshiya Muranaka,Ery Odette Fukushima,Journal of Natural Products,American Chemical Society ({ACS}),Vol. 82,No. 12,p. 3311-3320,2019年12月27日,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of steroid 5α-reductase involved in α-tomatine biosynthesis in tomatoes.,Ryota Akiyama,Hyoung Jae Lee,Masaru Nakayasu,Keishi Osakabe,Yuriko Osakabe,Naoyuki Umemoto,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Yukihiro Sugimoto,Masaharu Mizutani,Plant biotechnology (Tokyo, Japan),Vol. 36,No. 4,p. 253-263,2019年12月25日,研究論文(学術雑誌)
  • Isolation of Artemisia capillaris membrane-bound di-prenyltransferase for phenylpropanoids and redesign of artepillin C in yeast,Ryosuke Munakata,Tomoya Takemura,Kanade Tatsumi,Eiko Moriyoshi,Koki Yanagihara,Akifumi Sugiyama,Hideyuki Suzuki,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Noriaki Kawano,Kayo Yoshimatsu,Nobuo Kawahara,Takao Yamaura,Jérémy Grosjean,Frédéric Bourgaud,Alain Hehn,Kazufumi Yazaki,Communications Biology,Vol. 2,No. 1,2019年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Basis of C-30 Product Regioselectivity of Legume Oxidases Involved in High-Value Triterpenoid Biosynthesis,Much Zaenal Fanani,Ery Odette Fukushima,Satoru Sawai,Jianwei Tang,Masato Ishimori,Hiroshi Sudo,Kiyoshi Ohyama,Hikaru Seki,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Frontiers in Plant Science,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 10,No. 1520,p. 1520-1520,2019年11月26日,研究論文(学術雑誌)
  • Lotus japonicus Triterpenoid Profile and Characterization of the CYP716A51 and LjCYP93E1 Genes Involved in Their Biosynthesis in Planta,Hayato Suzuki,Ery Odette Fukushima,Yuko Shimizu,Hikaru Seki,Yukiko Fujisawa,Masao Ishimoto,Keishi Osakabe,Yuriko Osakabe,Toshiya Muranaka,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 60,No. 11,p. 2496-2509,2019年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • グリチルリチン酸生合成制御の理解に向けて,關 光,高上馬 希重,村中 俊哉,アグリバイオ = Agricultural biotechnology,北隆館,Vol. 3,No. 11,p. 1038-1041,2019年10月
  • Isolation of Artemisia capillaris membrane-bound di-prenyltransferase for phenylpropanoids and redesign of artepillin C in yeast,Ryosuke Munakata,Tomoya Takemura,Kanade Tatsumi,Eiko Moriyoshi,Koki Yanagihara,Akifumi Sugiyama,Hideyuki Suzuki,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Noriaki Kawano,Kayo Yoshimatsu,Nobuo Kawahara,Takao Yamaura,Jeremy Grosjean,Frederic Bourgaud,Alain Hehn,Kazufumi Yazaki,COMMUNICATIONS BIOLOGY,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 2,p. 384-384,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Efficient genome engineering using Platinum TALEN in potato,Shuhei Yasumoto,Naoyuki Umemotoz,Hyoung Jae Lee,Masaru Nakayasu,Satoru Sawai,Tetsushi Sakuma,Takashi Yamamoto,Masaharu Mizutani,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,PLANT BIOTECHNOLOGY,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 36,No. 3,p. 167-173,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional specialization of UDP-glycosyltransferase 73P12 in licorice to produce a sweet triterpenoid saponin, glycyrrhizin,Yuhta Nomura,Hikaru Seki,Tomonori Suzuki,Kiyoshi Ohyama,Masaharu Mizutani,Tomomi Kaku,Keita Tamura,Eiichiro Ono,Manabu Horikawa,Hiroshi Sudo,Hiroaki Hayashi,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Plant Journal,WILEY,Vol. 99,No. 6,p. 1127-1143,2019年09月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Identification and characterization of (+)-α-bisabolol and 7-epi-silphiperfol-5-ene synthases from Artemisia abrotanum,Muangphrom P,Misaki M,Suzuki M,Shimomura M,Suzuki H,Seki H,Muranaka T,Phytochemistry,Vol. 164,p. 144-153,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Atrazine exposed phytoplankton causes the production of non-viable offspring on Daphnia magna,Pijar Religia,Yasuhiko Kato,Ery Odette Fukushima,Tomoaki Matsuura,Toshiya Muranaka,Hajime Watanabe,Marine Environmental Research,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 145,p. 177-183,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 栄養繁殖性である四倍体ジャガイモのゲノム編集と社会実装に向けて (特集 ゲノム編集技術による画期的な農水産物の開発),村中 俊哉,JATAFFジャーナル = JATAFF journal : 農林水産技術,農林水産・食品産業技術振興協会,Vol. 7,No. 2,p. 42-46,2019年02月
  • Identification of a 3b-hydroxysteroid dehydrogenase/ 3-ketosteroid reductase involved in a-tomatine biosynthesis in tomato,Hyoung Jae Lee,Masaru Nakayasu,Ryota Akiyama,Midori Kobayashi,Haruka Miyachi,Yukihiro Sugimoto,Naoyuki Umemoto,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Masaharu Mizutani,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 60,No. 6,p. 1304-1315,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of oxidosqualene cyclases from the medicinal legume tree Bauhinia forficata: a step toward discovering preponderant α-amyrin-producing activity,Srisawat P,Fukushima EO,Yasumoto S,Robertlee J,Suzuki H,Seki H,Muranaka T,New Phytologist,Vol. 224,No. 1,p. 352-366,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • The mevalonate pathway but not the methylerythritol phosphate pathway is critical for elaioplast and pollen coat development in arabidopsis,Keiko Kobayashi,Masashi Suzuki,Toshiya Muranaka,Noriko Nagata,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 35,No. 4,p. 381-385,2018年12月25日
  • Transcriptome sequencing and identification of cytochrome p450 monooxygenases involved in the biosynthesis of maslinic acid and corosolic acid in Avicennia marina,Mitsuki Nakamura,Tran My Linh,Le Quynh Lien,Hayato Suzuki,Nguyen Chi Mai,Vu Huong Giang,Keita Tamura,Nguyen van Thanh,Hideyuki Suzuki,Ryo Misaki,Toshiya Muranaka,Ninh Khac Ban,Kazuhito Fujiyama,Hikaru Seki,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 35,No. 4,p. 341-348,2018年12月25日,研究論文(学術雑誌)
  • Establishment of a modified CRISPR/Cas9 system with increased mutagenesis frequency using the translational enhancer dMac3 and multiple guide RNAs in potato,Hiroaki Kusano,Mariko Ohnuma,Hiromi Mutsuro-Aoki,Takahiro Asahi,Dai Ichinosawa,Hitomi Onodera,Kenji Asano,Takahiro Noda,Takaaki Horie,Kou Fukumoto,Miho Kihira,Hiroshi Teramura,Kazufumi Yazaki,Naoyuki Umemoto,Toshiya Muranaka,Hiroaki Shimada,Scientific Reports,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 8,No. 1,p. 13753-13753,2018年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Genetic and functional characterization of Sg-4 glycosyltransferase involved in the formation of sugar chain structure at the C-3 position of soybean saponins,Kyoko Takagi,Ryoichi Yano,Saeko Tochigi,Yukiko Fujisawa,Hiroki Tsuchinaga,Yuya Takahashi,Yoshitake Takada,Akito Kaga,Toyoaki Anai,Chigen Tsukamoto,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Masao Ishimoto,Phytochemistry,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 156,p. 96-105,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • ゲノム編集による農作物の品種改良 : イネ,トマト,ジャガイモからさらに拡大 (特集 ゲノム編集),安本 周平,藤本 大輝,村中 俊哉,遺伝 : 生物の科学,エヌ・ティー・エス,Vol. 72,No. 6,p. 585-590,2018年11月
  • Generation of α-solanine-free hairy roots of potato by CRISPR/Cas9 mediated genome editing of the St16DOX gene.,Nakayasu M,Akiyama R,Lee HJ,Osakabe K,Osakabe Y,Watanabe B,Sugimoto Y,Umemoto N,Saito K,Muranaka T,Mizutani M,Plant physiology and biochemistry : PPB,Vol. 131,p. 70-77,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Generation of -solanine-free hairy roots of potato by CRISPR/Cas9 mediated genome editing of the St16DOX gene,Nakayasu Masaru,Akiyama Ryota,Lee Jae Hyoung,Keishi Osakabe,Yuriko Osakabe,Watanabe Bunta,Sugimoto Yukihiro,Umemoto Naoyuki,Saito Kazuki,Muranaka Toshiya,Mizutani Masaharu,Plant Physiology and Biochemistry : PPB,Vol. Vol.131,p. 70-77,2018年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Isolation and Characterization of the Soybean Sg-3 Gene that is Involved in Genetic Variation in Sugar Chain Composition at the C-3 Position in Soyasaponins,Ryoichi Yano,Kyoko Takagi,Saeko Tochigi,Yukiko Fujisawa,Yuhta Nomura,Hiroki Tsuchinaga,Yuya Takahashi,Yoshitake Takada,Akito Kaga,Toyoaki Anai,Chigen Tsukamoto,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Masao Ishimoto,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 59,No. 4,p. 797-810,2018年04月,研究論文(学術雑誌)
  • The Basic Helix-Loop-Helix Transcription Factor GubHLH3 Positively Regulates Soyasaponin Biosynthetic Genes in Glycyrrhiza uralensis,Keita Tamura,Koki Yoshida,Yasuko Hiraoka,Daiki Sakaguchi,Ayaka Chikugo,Keiichi Mochida,Mareshige Kojoma,Nobutaka Mitsuda,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Hikaru Seki,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 59,No. 4,p. 783-796,2018年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 四倍体作物,ジャガイモのゲノム編集:ジャガイモ育種の革新,梅基 直行,水谷 正治,村中 俊哉,化学と生物,公益社団法人 日本農芸化学会,Vol. 56,No. 8,p. 566-572,2018年
  • 植物の有用成分を生産させる'器'はなにが適当か? : 高度機能分化した植物組織による植物特化代謝産物の生産に向けて,村中 俊哉,生産と技術 = Manufacturing & technology,生産技術振興協会,Vol. 70,No. 3,p. 40-45,2018年
  • Evidence that the arabidopsis thaliana 3-hydroxy-3-methylglutaryl-coa reductase 1 is phosphorylated at ser577 in planta,Jekson Robertlee,Keiko Kobayashi,Jianwei Tang,Masashi Suzuki,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 35,No. 1,p. 1-7,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Isolation and Characterization of the Soybean Sg-3 Gene that is Involved in Genetic Variation in Sugar Chain Composition at the C-3 Position in Soyasaponins,Yano, R.,Takagi, K.,Tochigi, S.,Fujisawa, Y.,Nomura, Y.,Tsuchinaga, H.,Takahashi, Y.,Takada, Y.,Kaga, A.,Anai, T.,Tsukamoto, C.,Seki, H.,Muranaka, T.,Ishimoto, M.,Plant and Cell Physiology,Vol. 59,No. 4,p. 792-805,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Identification and characterization of a novel sesquiterpene synthase, 4-amorphen-11-ol synthase, from artemisia maritima,Paskorn Muangphrom,Hikaru Seki,Seiya Matsumoto,Mika Nishiwaki,Ery O. Fukushima,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 35,No. 2,p. 113-121,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Comparative analysis of CYP716A subfamily enzymes for the heterologous production of C-28 oxidized triterpenoids in transgenic yeast,Hayato Suzuki,Ery Odette Fukushima,Naoyuki Umemoto,Kiyoshi Ohyama,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 35,No. 2,p. 131-139,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Plant-derived isoprenoid sweeteners: Recent progress in biosynthetic gene discovery and perspectives on microbial production,Hikaru Seki,Keita Tamura,Toshiya Muranaka,Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 82,No. 6,p. 927-934,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Dark conditions enhance aluminum tolerance in several rice cultivars via multiple modulations of membrane sterols,Tadao Wagatsuma,Eriko Maejima,Toshihiro Watanabe,Tomonobu Toyomasu,Masaharu Kuroda,Toshiya Muranaka,Kiyoshi Ohyama,Akifumi Ishikawa,Masami Usui,Shahadat Hossain Khan,Hayato Maruyama,Keitaro Tawaraya,Yuriko Kobayashi,Hiroyuki Koyama,JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 69,No. 3,p. 567-577,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Revealing the catalytic residues of amorpha-4,11-diene synthase (ADS): new insight for engineering terpene synthases,Muangphrom P,Seki H,Muranaka T,Biotarget,Vol. 1,No. 19,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A Dioxygenase Catalyzes Steroid 16α-Hydroxylation in Steroidal Glycoalkaloid Biosynthesis.,Nakayasu M,Umemoto N,Ohyama K,Fujimoto Y,Lee HJ,Watanabe B,Muranaka T,Saito K,Sugimoto Y,Mizutani M,Plant physiology,Vol. 175,No. 1,p. 120-133,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Cytochrome P450 Monooxygenase CYP716A141 is a Unique b-Amyrin C-16b Oxidase Involved in Triterpenoid Saponin Biosynthesis in Platycodon grandiflorus (vol 57, pg 874, 2017),Keita Tamura,Yuga Teranishi,Shinya Ueda,Hideyuki Suzuki,Noriaki Kawano,Kayo Yoshimatsu,Kazuki Saito,Nobuo Kawahara,Toshiya Muranaka,Hikaru Seki,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 58,No. 6,p. 1119-1119,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Cytochrome P450 Monooxygenase CYP716A141 is a Unique β-Amyrin C-16β Oxidase Involved in Triterpenoid Saponin Biosynthesis in Platycodon grandiflorus.,Tamura K,Teranishi Y,Ueda S,Suzuki H,Kawano N,Yoshimatsu K,Saito K,Kawahara N,Muranaka T,Seki H,Plant & cell physiology,Vol. 58,No. 5,p. 874-884,2017年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • AKIN10, a representative Arabidopsis SNF1-related protein kinase 1 (SnRK1), phosphorylates and downregulates plant HMG-CoA reductase,Jekson Robertlee,Keiko Kobayashi,Masashi Suzuki,Toshiya Muranaka,FEBS Letters,WILEY,Vol. 591,No. 8,p. 1159-1166,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 農水産物のゲノム編集技術の今・未来 (2016年第58回シンポジウム(シンポジウム・ワークショップ)報告),江面 浩,廣瀬 咲子,小松 晃,安東 郁男,近藤 始彦,有泉 亨,三浦 謙治,村中 俊哉,玄 浩一郎,大澤 良,育種学研究 = Breeding research : 日本育種学会和文誌,日本育種学会,Vol. 19,No. 1,p. 14-20,2017年03月
  • CYP716A179 functions as a triterpene C-28 oxidase in tissue-cultured stolons of Glycyrrhiza uralensis,Keita Tamura,Hikaru Seki,Hideyuki Suzuki,Mareshige Kojoma,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Plant Cell Reports,SPRINGER,Vol. 36,No. 3,p. 437-445,2017年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Functional characterization of CYP716 family P450 enzymes in triterpenoid biosynthesis in tomato,Shuhei Yasumoto,Hikaru Seki,Yuko Shimizu,Ery O. Fukushima,Toshiya Muranaka,Frontiers in Plant Science,Vol. 8,No. JANUARY,p. 21-21,2017年01月30日,研究論文(学術雑誌)
  • 毒をつくらず薬をつくるジャガイモの分子育種をめざして,秋山 遼太,中安 大,梅基 直行,村中 俊哉,水谷 正治,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 52,No. 2,p. 92-98,2017年
  • 四倍体であり栄養繁殖するジャガイモへのゲノム編集技術の適用 (特集 有用植物のゲノム編集) -- (野菜),梅基 直行,島田 浩章,草野 博彰,村中 俊哉,アグリバイオ = Agricultural biotechnology,北隆館,Vol. 1,No. 1,p. 23-26,2017年01月
  • Structure and hemolytic activity relationships of triterpenoid saponins and sapogenins,Nhu Ngoc Quynh Vo,Ery Odette Fukushima,Toshiya Muranaka,Journal of Natural Medicines,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 71,No. 1,p. 50-58,2017年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Platform for “chemical metabolic switching” to increase sesquiterpene content in plants,Kobayashi K,Kobayashi K,Yamaguchi H,Inoue Y.M,Takagi K,Fushihara K,Seki H,Suzuki M,Nagata N,Muranaka T,Plant Biotechnology,Vol. 34,No. 1,p. 65-69,2017年
  • Draft genome assembly and annotation of Glycyrrhiza uralensis, a medicinal legume,Keiichi Mochida,Tetsuya Sakurai,Hikaru Seki,Takuhiro Yoshida,Kotaro Takahagi,Satoru Sawai,Hiroshi Uchiyama,Toshiya Muranaka,Kazuki Saito,Plant Journal,WILEY,Vol. 89,No. 2,p. 181-194,2017年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Glycyrrhizin production in hairy root cultures of Glycyrrhiza uralensis induced triterpenoid biosynthetic gene,M. Kojoma,H. Seki,K. Ohyama,S. Y. Kim,T. Muranaka,PLANTA MEDICA,GEORG THIEME VERLAG KG,Vol. 82,2016年12月
  • Two Cytochrome P450 Monooxygenases Catalyze Early Hydroxylation Steps in the Potato Steroid Glycoalkaloid Biosynthetic Pathway,Naoyuki Umemoto,Masaru Nakayasu,Kiyoshi Ohyama,Mari Yotsu-Yamashita,Masaharu Mizutani,Hikaru Seki,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,PLANT PHYSIOLOGY,AMER SOC PLANT BIOLOGISTS,Vol. 171,No. 4,p. 2458-2467,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional analysis of amorpha-4,11-diene synthase (ADS) homologs from non-artemisinin-producing artemisia species: The discovery of novel koidzumiol and (+)-a-Bisabolol synthases,Paskorn Muangphrom,Hikaru Seki,Munenori Suzuki,Aya Komori,Mika Nishiwaki,Ryota Mikawa,Ery Odette Fukushima,Toshiya Muranaka,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 57,No. 8,p. 1678-1688,2016年08月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 毒にも薬にもなる植物の話 : パン酵母で薬を造る、毒のないジャガイモを創る (特集 生物毒),村中 俊哉,Milsil : 自然と科学の情報誌,国立科学博物館,Vol. 9,No. 4,p. 11-13,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional characterization of CYP71D443, a cytochrome P450 catalyzing C-22 hydroxylation in the 20-hydroxyecdysone biosynthesis of Ajuga hairy roots,Yuki Tsukagoshi,Kiyoshi Ohyama,Hikaru Seki,Tomoyoshi Akashi,Toshiya Muranaka,Hideyuki Suzuki,Yoshinori Fujimoto,PHYTOCHEMISTRY,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 127,p. 23-28,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Artemisinin-based antimalarial research: application of biotechnology to the production of artemisinin, its mode of action, and the mechanism of resistance of Plasmodium parasites,Paskorn Muangphrom,Hikaru Seki,Ery Odette Fukushima,Toshiya Muranaka,Journal of Natural Medicines,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 70,No. 3,p. 318-334,2016年07月01日
  • Ajuga Δ24-sterol reductase catalyzes the direct reductive conversion of 24-methylenecholesterol to campesterol,Tsukagoshi Y,Suzuki H,Seki H,Muranaka T,Ohyama K,Fujimoto Y,Journal of Biological Chemistry,Vol. 291,No. 15,p. 8189-8198,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Novel triterpene oxidizing activity of Arabidopsis thaliana CYP716A subfamily enzymes,Shuhei Yasumoto,Ery O. Fukushima,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,FEBS LETTERS,WILEY,Vol. 590,No. 4,p. 533-540,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 植物の非糖質系天然甘味成分の生合成,關 光,田村 啓太,村中 俊哉,Foods & food ingredients journal of Japan : FFIジャーナル,FFIジャーナル編集委員会,Vol. 221,No. 3,p. 225-231,2016年
  • Identification of furostanol glycoside 26-O-β-glucosidase involved in steroidal saponin biosynthesis from Dioscorea esculenta,Masaru Nakayasu,Takashi Kawasaki,Hyoung Jae Lee,Yukihiro Sugimoto,Michio Onjo,Toshiya Muranaka,Masaharu Mizutani,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 32,No. 4,p. 299-308,2015年12月29日,研究論文(学術雑誌)
  • Identification and genome organization of saponin pathway genes from a wild crucifer, and their use for transient production of saponins in Nicotiana benthamiana,Bekzod Khakimov,Vera Kuzina,Pernille Erthmann,Ery Odette Fukushima,Jörg M. Augustin,Carl Erik Olsen,Jelle Scholtalbers,Hanne Volpin,Sven Bode Andersen,Thure P. Hauser,Toshiya Muranaka,Søren Bak,Plant Journal,WILEY-BLACKWELL,Vol. 84,No. 3,p. 478-490,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • P450s and UGTs: Key Players in the Structural Diversity of Triterpenoid Saponins,Hikaru Seki,Keita Tamura,Toshiya Muranaka,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 56,No. 8,p. 1463-1471,2015年08月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Planteose as a storage carbohydrate required for early stage of germination of Orobanche minor and its metabolism as a possible target for selective control,Takatoshi Wakabayashi,Benesh Joseph,Shuhei Yasumoto,Tomoyoshi Akashi,Toshio Aoki,Kazuo Harada,Satoru Muranaka,Takeshi Bamba,Eiichiro Fukusaki,Yasutomo Takeuchi,Koichi Yoneyama,Toshiya Muranaka,Yukihiro Sugimoto,Atsushi Okazawa,JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 66,No. 11,p. 3085-3097,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • TALENを用いたゲノム編集による植物代謝改変,安本周平,關 光,村中俊哉,生物工学会誌,日本生物工学会,Vol. 92,No. 10,p. 553-555,2014年10月
  • Successful expression of a novel bacterial gene for pinoresinol reductase and its effect on lignan biosynthesis in transgenic Arabidopsis thaliana,Masayuki Tamura,Yukiko Tsuji,Tatsuya Kusunose,Atsushi Okazawa,Naofumi Kamimura,Tetsuya Mori,Ryo Nakabayashi,Shojiro Hishiyama,Yuki Fukuhara,Hirofumi Hara,Kanna Sato-Izawa,Toshiya Muranaka,Kazuki Saito,Yoshihiro Katayama,Masao Fukuda,Eiji Masai,Shinya Kajita,APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY,SPRINGER,Vol. 98,No. 19,p. 8165-8177,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Sterol side chain reductase 2 is a key enzyme in the biosynthesis of cholesterol, the common precursor of toxic steroidal glycoalkaloids in potato,Satoru Sawai,Kiyoshi Ohyama,Shuhei Yasumoto,Hikaru Seki,Tetsushi Sakuma,Takashi Yamamoto,Yumiko Takebayashi,Mikiko Kojima,Hitoshi Sakakibara,Toshio Aoki,Toshiya Muranaka,Kazuki Saito,Naoyuki Umemoto,Plant Cell,AMER SOC PLANT BIOLOGISTS,Vol. 26,No. 9,p. 3763-3774,2014年09月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Study on the effect of nojirimycin on sugar metabolism in germinating seeds for selective control of root parasitic weeds,Takatoshi Wakabayashi,Shuhei Yasumoto,Tomoyoshi Akashi,Toshio Aoki,Yukihiro Sugimoto,Daisaku Ohta,Toshiya Muranaka,Atsushi Okazawa,ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 248,2014年08月
  • 特集によせて(<特集>植物バイオテクノロジー実用化研究の最前線),岡澤 敦司,村中 俊哉,生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi,日本生物工学会,Vol. 92,No. 10,p. 536-536,2014年
  • Plant cytochrome P450s in triterpenoid biosynthesis: Diversity and application to combinatorial biosynthesis,Ery Odette Fukushima,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Fifty Years of Cytochrome P450 Research,Fifty Years of Cytochrome P450 Research,p. 125-134,2014年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Heterologous expression of triterpene biosynthetic genes in yeast and Subsequent Metabolite Identification Through GC-MS,Ery Odette Fukushima,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Methods in Molecular Biology,Methods in Molecular Biology,Vol. 1153,p. 235-243,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • The role of Arabidopsis ABCG9 and ABCG31 ATP binding cassette transporters in pollen fitness and the deposition of steryl glycosides on the pollen coat,Hyunju Choi,Kiyoshi Ohyama,Yu Young Kim,Jun Young Jin,Saet Buyl Lee,Yasuyo Yamaoka,Toshiya Muranaka,Mi Chung Suh,Shozo Fujioka,Youngsook Lee,Plant Cell,AMER SOC PLANT BIOLOGISTS,Vol. 26,No. 1,p. 310-324,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional analysis of orthologous artemisinic aldehyde Δ11(13)-reductase reveals potential artemisinin-producing activity in non-artemisinin-producing Artemisia absinthium,Paskorn Muangphrom,Munenori Suzuki,Hikaru Seki,Ery Odette Fukushima,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 31,No. 5,p. 483-491,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Glucosyltransferase activity of Arabidopsis UGT71C1 towards pinoresinol and lariciresinol,Atsushi Okazawa,Tatsuya Kusunose,Eiichiro Ono,Hyun Jung Kim,Honoo Satake,Bun Ichi Shimizu,Masaharu Mizutani,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 31,No. 5,p. 561-566,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • 植物テルペノイド代謝の多様性とコンビナトリアル生合成,福島エリオデット,關 光,村中俊哉,生物工学会誌,日本生物工学会,Vol. 91,No. 6,p. 337-341,2013年06月
  • Combinatorial biosynthesis of legume natural and rare triterpenoids in engineered yeast,Ery O. Fukushima,Hikaru Seki,Satoru Sawai,Munenori Suzuki,Kiyoshi Ohyama,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 54,No. 5,p. 740-749,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Glycyrrhiza uralensis transcriptome landscape and study of phytochemicals,Jordan A. Ramilowski,Satoru Sawai,Hikaru Seki,Keiichi Mochida,Takuhiro Yoshida,Tetsuya Sakurai,Toshiya Muranaka,Kazuki Saito,Carsten O. Daub,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 54,No. 5,p. 697-710,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Phytochemical genomics on the way,Toshiya Muranaka,Kazuki Saito,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 54,No. 5,p. 645-646,2013年05月
  • Multi-Gene Transformation for Pathway Engineering of Secondary Metabolites,Hideyuki Suzuki,Eiji Takita,Kiyoshi Ohyama,Satoru Sawai,Hikaru Seki,Nozomu Sakurai,Toshiya Muranaka,Masao Ishimoto,Hiroshi Sudo,Kazuki Saito,Daisuke Shibata,The Handbook of Plant Metabolomics,The Handbook of Plant Metabolomics,p. 227-244,2013年04月,論文集(書籍)内論文
  • Comparative functional analysis of CYP71AV1 natural variants reveals an important residue for the successive oxidation of amorpha-4,11-diene,Aya Komori,Munenori Suzuki,Hikaru Seki,Tomoko Nishizawa,Jacobus Johannes Marion Meyer,Hideaki Shimizu,Shigeyuki Yokoyama,Toshiya Muranaka,FEBS Letters,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 587,No. 3,p. 278-284,2013年01月31日,研究論文(学術雑誌)
  • Functional analysis of HMG-CoA reductase and oxidosqualene cyclases in arabidopsis,Toshiya Muranaka,Kiyoshi Ohyama,Isoprenoid Synthesis in Plants and Microorganisms: New Concepts and Experimental Approaches,Isoprenoid Synthesis in Plants and Microorganisms: New Concepts and Experimental Approaches,p. 465-474,2013年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Development of Capsicum EST-SSR markers for species identification and in silico mapping onto the tomato genome sequence,Kenta Shirasawa,Kohei Ishii,Cholgwang Kim,Tomohiro Ban,Munenori Suzuki,Takashi Ito,Toshiya Muranaka,Megumi Kobayashi,Noriko Nagata,Sachiko Isobe,Satoshi Tabata,Molecular Breeding,SPRINGER,Vol. 31,No. 1,p. 101-110,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Differences in plant growth and leaf sesamin content of the lignan-rich sesame variety 'Gomazou' under continuous light of different wavelengths,Naoki Hata,Yoshinori Hayashi,Eiichiro Ono,Honoo Satake,Akio Kobayashi,Toshiya Muranaka,Atsushi Okazawa,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 30,No. 1,p. 1-8,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of marneral synthase, which is critical for growth and development in Arabidopsis,Young S. Go,Saet B. Lee,Hae J. Kim,Jungmook Kim,Hyo Young Park,Jeong Kook Kim,Kyomi Shibata,Takao Yokota,Kiyoshi Ohyama,Toshiya Muranaka,Siméon Arseniyadis,Mi C. Suh,Plant Journal,WILEY,Vol. 72,No. 5,p. 791-804,2012年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Green leaf volatiles enhance methyl jasmonate response in Arabidopsis,Toshihiro Hirao,Atsushi Okazawa,Kazuo Harada,Akio Kobayashi,Toshiya Muranaka,Kazumasa Hirata,Journal of Bioscience and Bioengineering,SOC BIOSCIENCE BIOENGINEERING JAPAN,Vol. 114,No. 5,p. 540-545,2012年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 植物遺伝資源確保に向けた有用遺伝子単離とその利用,村中 俊哉,小森 彩,生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi,日本生物工学会,Vol. 90,No. 10,p. 623-624,2012年10月25日
  • Photobiocatalyzed asymmetric reduction of ketones using Chlorella sp. MK201,Ken ichi Itoh,Kaoru Nakamura,Tadashi Aoyama,Ryusuke Matsuba,Tsuyoshi Kakimoto,Masahiko Murakami,Rio Yamanaka,Toshiya Muranaka,Hiroshi Sakamaki,Toshio Takido,Biotechnology Letters,SPRINGER,Vol. 34,No. 11,p. 2083-2086,2012年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 植物の代謝多様性とその応用 : この10年と今後の展開,村中 俊哉,生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi,日本生物工学会,Vol. 90,No. 9,p. 572-575,2012年09月25日
  • 組換え酵母を用いた植物由来有用トリテルペノイドの生産,關 光,村中俊哉,バイオサイエンスとインダストリー,バイオインダストリー協会,Vol. 70,No. 3,p. 192-195,2012年05月
  • β-amyrin oxidation by oat CYP51H10 expressed heterologously in yeast cells: The first example of CYP51-dependent metabolism other than the 14-demethylation of sterol precursors,Mieko Kunii,Yutaka Kitahama,Ery Odette Fukushima,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Yuzo Yoshida,Yuri Aoyama,Biological and Pharmaceutical Bulletin,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 35,No. 5,p. 801-804,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Phosphoproteome exploration reveals a reformatting of cellular processes in response to low sterol biosynthetic capacity in Arabidopsis,Dimitri Heintz,Sebastien Gallien,Vincent Compagnon,Anne Berna,Masashi Suzuki,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Alain Van Dorsselaer,Christine Schaeffer,Thomas J. Bach,Hubert Schaller,Journal of Proteome Research,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 11,No. 2,p. 1228-1239,2012年02月03日,研究論文(学術雑誌)
  • β-Amyrin oxidation by oat CYP51H10 expressed heterologously in yeast cells: the first example of CYP51-dependent metabolism other than the 14-demethylation of sterol precursors.,Kunii M,Kitahama Y,Fukushima EO,Seki H,Muranaka T,Yoshida Y,Aoyama Y,Biological & pharmaceutical bulletin,Vol. 35,No. 5,p. 801-4,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • 閉鎖型植物工場における連続光の利用(第2報) : 連続光下におけるキク科・その他作物の生育様相ならびに障害発生,畑 直樹,桝田 正治,小林 昭雄,村中 俊哉,岡澤 敦司,村上 賢治,植物環境工学,日本植物工場学会,Vol. 23,No. 4,p. 127-136,2011年12月01日
  • 閉鎖型植物工場における連続光の利用(第3報) : 連続光障害の緩和要因と耐性の相対評価,畑 直樹,桝田 正治,小林 昭雄,村中 俊哉,岡澤 敦司,村上 賢治,植物環境工学,日本植物工場学会,Vol. 23,No. 4,p. 137-143,2011年12月01日
  • グリチルリチンなどトリテルペノイドの遺伝子組換え酵母での生産,澤井 学,關 光,大山 清,村中俊哉,斉藤和季,BIO INDUSTRY,Vol. 28,p. 6-12,2011年12月
  • 組換え酵母を用いた植物テルペノイドの生産,關 光,村中俊哉,生物工学会誌,日本生物工学会,Vol. 89,No. 11,p. 656-659,2011年12月
  • CYP716A subfamily members are multifunctional oxidases in triterpenoid biosynthesis,Ery O. Fukushima,Hikaru Seki,Kiyoshi Ohyama,Eiichiro Ono,Naoyuki Umemoto,Masaharu Mizutani,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 52,No. 12,p. 2050-2061,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A New Insight into Application for Barley Chromosome Addition Lines of Common Wheat: Achievement of Stigmasterol Accumulation,Jianwei Tang,Kiyoshi Ohyama,Kanako Kawaura,Hiromi Hashinokuchi,Yoko Kamiya,Masashi Suzuki,Toshiya Muranaka,Yasunari Ogihara,PLANT PHYSIOLOGY,AMER SOC PLANT BIOLOGISTS,Vol. 157,No. 3,p. 1555-1567,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Triterpene functional genomics in licorice for identification of CYP72A154 involved in the biosynthesis of glycyrrhizin,Hikaru Seki,Satoru Sawai,Kiyoshi Ohyama,Masaharu Mizutani,Toshiyuki Ohnishi,Hiroshi Sudo,Ery Odette Fukushima,Tomoyoshi Akashi,Toshio Aoki,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Plant Cell,AMER SOC PLANT BIOLOGISTS,Vol. 23,No. 11,p. 4112-4123,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 閉鎖型植物工場における連続光の利用(第1報) : 連続光下におけるナス科・ウリ科作物の生育様相ならびに障害発生,畑 直樹,桝田 正治,小林 昭雄,村中 俊哉,岡澤 敦司,村上 賢治,植物環境工学,日本植物工場学会,Vol. 23,No. 3,p. 93-100,2011年09月01日
  • 特集によせて(<特集>植物遺伝子の魅力~生物工学分野への応用),村中 俊哉,中山 亨,生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi,日本生物工学会,Vol. 89,No. 11,p. 642-642,2011年
  • 有用物質をつくる植物の開発に向けて,村中 俊哉,生産と技術,生産技術振興協会,Vol. 63,No. 4,p. 81-83,図巻頭1p,2011年
  • Plant gateway vectors for RNAi as a tool for functional genomic studies.,Toshiya Muranaka,Methods in molecular biology (Clifton, N.J.),Vol. 744,p. 27-35,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • 植物遺伝子の魅力 : 生物工学分野への応用,村中 俊哉,田口 悟朗,中山 亨,生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi,日本生物工学会,Vol. 88,No. 12,p. 672-672,2010年12月25日
  • Agrobacterium-Mediated Transformation of Euphorbia tirucalli Callus,Hidenobu Uchida,Hirofumi Yamashita,Toyoaki Anai,Toshiya Muranaka,Kanji Ohyama,BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY,TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 74,No. 4,p. 851-853,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Production of pharmaceuticals by plant tissue cultures,Toshiya Muranaka,Kazuki Saito,Comprehensive Natural Products II: Chemistry and Biology,Comprehensive Natural Products II: Chemistry and Biology,Vol. 3,p. 615-628,2010年03月,論文集(書籍)内論文
  • The mitochondrial PPR protein LOVASTATIN INSENSITIVE 1 plays regulatory roles in cytosolic and plastidial isoprenoid biosynthesis through RNA editing,Jianwei Tang,Keiko Kobayashi,Masashi Suzuki,Shogo Matsumoto,Toshiya Muranaka,PLANT JOURNAL,WILEY,Vol. 61,No. 3,p. 456-466,2010年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 植物セスキテルペノイドの生産制御研究,小森 彩,村中 俊哉,横浜市立大学論叢 自然科学系列,横浜市立大学学術研究会,Vol. 59,No. 1,p. 59-68,2010年,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • The AMI1 gene family: Indole-3-acetamide hydrolase functions in auxin biosynthesis in plants,Yoshihiro Mano,Keiichirou Nemoto,Masashi Suzuki,Hikaru Seki,Isao Fujii,Toshiya Muranaka,Journal of Experimental Botany,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 61,No. 1,p. 25-32,2010年01月
  • Upregulation of phytosterol and triterpene biosynthesis in Centella asiatica hairy roots overexpressed ginseng farnesyl diphosphate synthase,Ok Tae Kim,Sun Hee Kim,Kiyoshi Ohyama,Toshiya Muranaka,Yong Eui Choi,Hyeon Yong Lee,Min Young Kim,Baik Hwang,Plant Cell Reports,SPRINGER,Vol. 29,No. 4,p. 403-411,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • In vitro proliferation and triterpenoid characteristics of licorice (glycyrrhiza uralensis fischer, leguminosae) stolons,Mareshige Kojoma,Kiyoshi Ohyama,Hikaru Seki,Yasuko Hiraoka,Sandra Naomi Asazu,Satoko Sawa,Haruo Sekizaki,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOL,Vol. 27,No. 1,p. 59-66,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Triterpenoid levels are reduced during Euphorbia tirucalli L. callus formation,Hidenobu Uchida,Kiyoshi Ohyama,Masashi Suzuki,Hirofumi Yamashita,Toshiya Muranaka,Kanji Ohyama,PLANT BIOTECHNOLOGY,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOL,Vol. 27,No. 1,p. 105-109,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • The molecular cloning of dihydroartemisinic aldehyde reductase and its implication in artemisinin biosynthesis in artemisia annua,Anna Margareta Rydén,Carolien Ruyter-Spira,Wim J. Quax,Hiroyuki Osada,Toshiya Muranaka,Oliver Kayser,Harro Bouwmeester,Planta Medica,GEORG THIEME VERLAG KG,Vol. 76,No. 15,p. 1778-1783,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Function of the aux and rol genes of the Ri plasmid in plant cell division in vitro,Keiichirou Nemoto,Masamitsu Hara,Masashi Suzuki,Hikaru Seki,Atsuhiro Oka,Toshiya Muranaka,Yoshihiro Mano,Plant Signaling and Behavior,Vol. 4,No. 12,p. 1145-1147,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 植物の新たなステロイド生合成経路の発見,大山 清,鈴木 優志,村中 俊哉,バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry,バイオインダストリー協会,Vol. 67,No. 8,p. 428-430,2009年11月01日
  • Isolation and Identification of a Novel Chlorophenol from a Cell Suspension Culture of Helichrysum aureonitens,Seyed Mahdi Ziaratnia,Kiyoshi Ohyama,Ahmed Abdel-Fattah Hussein,Toshiya Muranaka,Namrita Lall,Karl Josef Kunert,Jacobus Johannes Marion Meyer,CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 57,No. 11,p. 1282-1283,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • カンゾウのグリチルリチン生合成遺伝子ディスカバリーと今後の研究展開,村中 俊哉,關 光,大山 清,ファルマシア,公益社団法人日本薬学会,Vol. 45,No. 9,p. 865-869,2009年09月01日
  • 薬用植物カンゾウ(甘草、Glycyrrhiza uralensis)のストロン培養システムによるクローン増殖について,高上馬 希重,浅津 なをみサンドラ,澤 聡子,関崎 春雄,關 光,平岡 靖子,村中 俊哉,大山 清,林 茂樹,柴田 敏郎,根の研究 = Root research,Vol. 18,No. 2,p. 64-64,2009年06月26日
  • Complete blockage of the mevalonate pathway results in male gametophyte lethality,Masashi Suzuki,Shoko Nakagawa,Yukiko Kamide,Keiko Kobayashi,Kiyoshi Ohyama,Hiromi Hashinokuchi,Reiko Kiuchi,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Noriko Nagata,Journal of Experimental Botany,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 60,No. 7,p. 2055-2064,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Cloning and characterization of a squalene synthase gene from a petroleum plant, Euphorbia tirucalli L.,Hidenobu Uchida,Hirofumi Yamashita,Masataka Kajikawa,Kiyoshi Ohyama,Osamu Nakayachi,Ryuji Sugiyama,Katsuyuki T. Yamato,Toshiya Muranaka,Hideya Fukuzawa,Miho Takemura,Kanji Ohyama,PLANTA,SPRINGER,Vol. 229,No. 6,p. 1243-1252,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • The aux1 gene of the Ri plasmid is sufficient to confer auxin autotrophy in tobacco BY-2 cells,Keiichirou Nemoto,Masamitsu Hara,Shingo Goto,Kouji Kasai,Hikaru Seki,Masashi Suzuki,Atsuhiro Oka,Toshiya Muranaka,Yoshihiro Mano,Journal of Plant Physiology,ELSEVIER GMBH, URBAN & FISCHER VERLAG,Vol. 166,No. 7,p. 729-738,2009年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 薬用植物甘草のグリチルリチン生合成遺伝子の発見 -組み換え酵母で生合成中間体の生産に成功-,關 光,大山 清,村中俊哉,化学と生物,公益社団法人 日本農芸化学会,Vol. 47,No. 2,p. 714-716,2009年02月
  • The NtAMI1 gene functions in cell division of tobacco BY-2 cells in the presence of indole-3-acetamide,Keiichirou Nemoto,Masamitsu Hara,Masashi Suzuki,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Yoshihiro Mano,FEBS Letters,Vol. 583,No. 2,p. 487-492,2009年01月22日,研究論文(学術雑誌)
  • Dual biosynthetic pathways to phytosterol via cycloartenol and lanosterol in Arabidopsis,Kiyoshi Ohyama,Masashi Suzuki,Jun Kikuchi,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,NATL ACAD SCIENCES,Vol. 106,No. 3,p. 725-730,2009年01月20日,研究論文(学術雑誌)
  • 植物トリテルペンの代謝多様性(<特集>二次代謝),大山 清,村中 俊哉,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 44,No. 1,p. 56-66,2009年
  • 高等植物特異的IPP生合成調節機構に見られるオルガネラ間ネットワーク,小林 啓子,鈴木 優志,村中 俊哉,PLANT MORPHOLOGY,The Japanese Society of Plant Morphology,Vol. 21,No. 1,p. 47-53,2009年
  • Expressed sequence tags from rhizomes of Glycyrrhiza uralensis,Hiroshi Sudo,Hikaru Seki,Nozomu Sakurai,Hideyuki Suzuki,Daisuke Shibata,Atsushi Toyoda,Yasushi Totoki,Yoshiyuki Sakaki,Osamu Lida,Toshiro Shibata,Mareshige Kojoma,Toshiya Muranaka,Kazuki Saito,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 26,No. 1,p. 105-107,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • The NtAMI1 gene functions in cell division of tobacco BY-2 cells in the presence of indole-3-acetamide,Keiichirou Nemoto,Masamitsu Hara,Masashi Suzuki,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Yoshihiro Mano,FEBS LETTERS,WILEY,Vol. 583,No. 2,p. 487-492,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Albinism and cell viability in cycloartenol synthase deficient Arabidopsis,Elena Babiychuk,Pierrette Bouvier-Navé,Vincent Compagnon,Masashi Suzuki,Toshiya Muranaka,Marc Van Montagu,Sergei Kushnir,Hubert Schaller,Plant Signaling and Behavior,Vol. 3,No. 11,p. 978-980,2008年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Licorice β-amyrin 11-oxidase, a cytochrome P450 with a key role in the biosynthesis of the triterpene sweetener glycyrrhizin,Hikaru Seki,Kiyoshi Ohyama,Satoru Sawai,Masaharu Mizutani,Toshiyuki Ohnishi,Hiroshi Sudo,Tomoyoshi Akashi,Toshio Aoki,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,NATL ACAD SCIENCES,Vol. 105,No. 37,p. 14204-14209,2008年09月16日,研究論文(学術雑誌)
  • 植物ステロールの骨格を形成する複雑な仕組み,鈴木 優志,大山 清,村中 俊哉,バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry,バイオインダストリー協会,Vol. 66,No. 9,p. 517-519,2008年09月01日
  • Dolichol biosynthesis and its effects on the unfolded protein response and abiotic stress resistance in Arabidopsis,Hairong Zhang,Kiyoshi Ohyama,Julie Boudet,Zhizhong Chen,Jilai Yang,Min Zhang,Toshiya Muranaka,Christophe Maurel,Jian-Kang Zhu,Zhizhong Gong,PLANT CELL,AMER SOC PLANT BIOLOGISTS,Vol. 20,No. 7,p. 1879-1898,2008年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced secretory activity of Atropa belladonna hairy root culture over-expressing ADP-ribosylation factor gene,Yuki Asakura,Hikaru Seki,Toshiya Muranaka,Yoshimi Yamamura,Fumiya Kurosaki,Biological and Pharmaceutical Bulletin,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 31,No. 7,p. 1465-1468,2008年07月,研究論文(学術雑誌)
  • ステロールがタペータム脂質系オルガネラとポーレンコート形成に果たす役割--ステロールメチルトランスフェラーゼ遺伝子欠損変異体の超微構造学的解析,鈴木 英理子,鈴木 優志,大山 清,村中 俊哉,永田典子,日本女子大学紀要 理学部,日本女子大学,No. 16,p. 29-33,2008年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Allelic mutant series reveal distinct functions for Arabidopsis cycloartenol synthase 1 in cell viability and plastid biogenesis,Elena Babiychuk,Pierrette Bouvier-Nave,Vincent Compagnon,Masashi Suzuki,Toshiya Muranaka,Marc Van Montagu,Sergei Kushnir,Hubert Schaller,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,NATL ACAD SCIENCES,Vol. 105,No. 8,p. 3163-3168,2008年02月26日,研究論文(学術雑誌)
  • The resist wall experiment on EMCS,T. Hoson,S. Matsumoto,K. Soga,K. Wakabayashi,T. Hashimoto,S. Sonobe,T. Muranaka,S. Kamisaka,M. Kamada,K. Omori,N. Ishioka,T. Shimazu,European Space Agency, (Special Publication) ESA SP,Vol. 663 SP,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The "all-in-one" rol-type binary vectors as a tool for functional genomic studies using hairy roots,Hikaru Seki,Kiyoshi Ohyama,Tomoko Nishizawa,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOL,Vol. 25,No. 4,p. 347-355,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Novel root culture system using a recessive mutant with a rooty phenotype,Masashi Suzuki,Keiko Kobayashi,Noriko Nagata,Osamu Matsuda,Koh Iba,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Plant Biotechnology,JAPANESE SOC PLANT CELL & MOLECULAR BIOL,Vol. 25,No. 2,p. 197-200,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Chemical phenotypes of the hmg1 and hmg2 mutants of Arabidopsis demonstrate the in-planta role of HMG-CoA reductase in triterpene biosynthesis,Kiyoshi Ohyama,Masashi Suzuki,Kazuo Masuda,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Chemical and Pharmaceutical Bulletin,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 55,No. 10,p. 1518-1521,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Plants utilize isoprene emission as a thermotolerance mechanism,Kanako Sasaki,Takuya Saito,Mari Lämsä,Kirsi Marja Oksman-Caldentey,Masashi Suzuki,Kiyoshi Ohyama,Toshiya Muranaka,Kazuaki Ohara,Kazufumi Yazaki,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 48,No. 9,p. 1254-1262,2007年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Lovastatin insensitive 1, a novel pentatricopeptide repeat protein, is a potential regulatory factor of isoprenoid biosynthesis in Arabidopsis,Keiko Kobayashi,Masashi Suzuki,Jianwei Tang,Noriko Nagata,Kiyoshi Ohyama,Hikaru Seki,Reiko Kiuchi,Yasuko Kaneko,Miki Nakazawa,Minami Matsui,Shogo Matsumoto,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 48,No. 2,p. 322-331,2007年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization and engineering of glycosyltransferases responsible for steroid saponin biosynthesis in Solanaceous plants,Atsuko Kohara,Chiharu Nakajima,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Phytochemistry,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 68,No. 4,p. 478-486,2007年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular genetics of plant sterol backbone synthesis,Masashi Suzuki,Toshiya Muranaka,Lipids,AMER OIL CHEMISTS SOC A O C S PRESS,Vol. 42,No. 1,p. 47-54,2007年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 植物ステロールの新しい生合成経路 : ラノステロール合成酵素の発見. 植物ステロールの多様性を解く鍵か?,鈴木 優志,村中 俊哉,化学と生物,Vol. 44,No. 12,p. 806-807,2006年12月01日
  • Exogenous plant H6H but not bacterial HCHL gene is expressed in Duboisia leichhardtii hairy roots and affects tropane alkaloid production,Laiq ur Rahman,Yoshie Kitamura,Junko Yamaguchi,Miki Mukai,Kuniko Akiyama,Hirobumi Yamamoto,Toshiya Muranaka,Toshihiko Ikenaga,Enzyme and Microbial Technology,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 39,No. 6,p. 1183-1189,2006年10月03日,研究論文(学術雑誌)
  • DNA polymorphisms in the tetrahydrocannabinolic acid (THCA) synthase gene in "drug-type" and "fiber-type" Cannabis sativa L.,Mareshige Kojoma,Hikaru Seki,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Forensic Science International,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 159,No. 2-3,p. 132-140,2006年06月02日,研究論文(学術雑誌)
  • 大麻の「ドラッグタイプ」と「ファイバータイプ」におけるTHCA生合成酵素遺伝子の多型検出,高上馬 希重,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉,DNA多型 = DNA polymorphism,Vol. 14,p. 123-129,2006年05月30日
  • 毛状根培養系の新展開 : 物質生産研究20年目に当たり,關 光,村中 俊哉,バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry,バイオインダストリー協会,Vol. 64,No. 5,p. 261-266,2006年05月01日
  • Lanosterol synthase in dicotyledonous plants,Masashi Suzuki,Ting Xiang,Kiyoshi Ohyama,Hikaru Seki,Kazuki Saito,Toshiya Muranaka,Hiroaki Hayashi,Yuji Katsube,Tetsuo Kushiro,Masaaki Shibuya,Yutaka Ebizuka,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 47,No. 5,p. 565-571,2006年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 植物ステロイドの糖転移酵素 : 配糖化に関わる遺伝子の解明により毒と薬の生産制御に期待,村中 俊哉,小原 淳子,化学と生物,Vol. 44,No. 1,p. 6-7,2006年01月01日
  • Hairy root-activation tagging: A high-throughput system for activation tagging in transformed hairy roots,Hikaru Seki,Tomoko Nishizawa,Nobukazu Tanaka,Yasuo Niwa,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Plant Molecular Biology,SPRINGER,Vol. 59,No. 5,p. 793-807,2005年11月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel glucosyltransferase involved in steroid saponin biosynthesis in Solanum aculeatissimum,Atsuko Kohara,Chiharu Nakajima,Kimiko Hashimoto,Toshihiko Ikenaga,Hiroyuki Tanaka,Yukihiro Shoyama,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Plant Molecular Biology,SPRINGER,Vol. 57,No. 2,p. 225-239,2005年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 大麻 Cannabis sativa L. における cannabinoid 生合成遺伝子の解析,高上馬 希重,村中 俊哉,吉田 茂男,飯田 修,関田 節子,佐竹 元吉,牧野 由紀子,DNA多型 = DNA polymorphism,Vol. 12,p. 60-63,2004年06月30日
  • Loss of function of 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase 1 (HMG1) in Arabidopsis leads to dwarfing, early senescence and male sterility, and reduced sterol levels,Masashi Suzuki,Yukiko Kamide,Noriko Nagata,Hikaru Seki,Kiyoshi Ohyama,Hisashi Kato,Kazuo Masuda,Shusei Sato,Tomohiko Kato,Satoshi Tabata,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Plant Journal,BLACKWELL PUBLISHING LTD,Vol. 37,No. 5,p. 750-761,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Action of mevalonic acid-derived isoprenoids in arabidopsis,N Nagata,M Suzuki,S Yoshida,T Muranaka,ADVANCED RESEARCH ON PLANT LIPIDS,SPRINGER,p. 245-248,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mevalonic acid partially restores chloroplast and etioplast development in Arabidopsis lacking the non-mevalonate pathway,Noriko Nagata,Masashi Suzuki,Shigeo Yoshida,Toshiya Muranaka,Planta,SPRINGER-VERLAG,Vol. 216,No. 2,p. 345-350,2002年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Amyloplast formation in cultured tobacco BY-2 cells requires a high cytokinin content,Yutaka Miyazawa,Hisashi Kato,Toshiya Muranaka,Shigeo Yoshida,Plant and Cell Physiology,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 43,No. 12,p. 1534-1541,2002年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Determination of aculeatisides based on immunoassay using a polyclonal antibody against aculeatiside A,Waraporn Putalun,Hiroyuki Tanaka,Toshiya Muranaka,Yukihiro Shoyama,Analyst,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 127,No. 10,p. 1328-1332,2002年10月,研究論文(学術雑誌)
  • わが国独自の植物機能制御技術を目指して,吉田 茂男,村中 俊哉,日本農芸化学会誌,公益社団法人 日本農芸化学会,Vol. 76,No. 1,p. 37-41,2002年
  • A novel orfB-related gene of carrot mitochondrial genomes that is associated with homeotic cytoplasmic male sterility (CMS),Yuki Nakajima,Toshiya Yamamoto,Toshiya Muranaka,Kenji Oeda,Plant Molecular Biology,Vol. 46,No. 1,p. 99-107,2001年,研究論文(学術雑誌)
  • 微細藻類による二酸化炭素の固定と有効利用 (特集 環境・安全関連),村中 俊哉,西出 哲也,村上 仁一,住友化学,住友化学工業,Vol. 2000,No. 2,p. 19-25,2000年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 植物の糖・脂質代謝制御に関わるプロテインキナーゼに関する研究,村中 俊哉,植物の化学調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 35,No. 1,p. 17-24,2000年
  • Regulatory interaction of PRL1 WD protein with Arabidopsis SNF1-like protein kinases,Rishikesh P. Bhalerao,Klaus Salchert,László Bakó,László Ökrész,László Szabados,Toshiya Muranaka,Yasunori Machida,Jeff Schell,Csaba Koncz,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,Vol. 96,No. 9,p. 5322-5327,1999年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Genetic variation of petaloid male-sterile cytoplasm of carrots revealed by sequence-tagged sites (STSs),Y. Nakajima,T. Yamamoto,T. Muranaka,K. Oeda,Theoretical and Applied Genetics,Vol. 99,No. 5,p. 837-843,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • The biological CO<inf>2</inf> fixation using Chlorella sp. with high capability in fixing CO<inf>2</inf>,M. Murakami,F. Yamada,T. Nishide,T. Muranaka,N. Yamaguchi,Y. Takimoto,Studies in Surface Science and Catalysis,Studies in Surface Science and Catalysis,Vol. 114,p. 315-320,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Over-expressed effect of carbonic anhydrase on CO<inf>2</inf> fixation in cyanobacterium, Synechococcus sp. PCC7942,M. Murakami,N. Yamaguchi,T. Nishide,T. Muranaka,Y. Takimoto,Studies in Surface Science and Catalysis,Studies in Surface Science and Catalysis,Vol. 114,p. 629-632,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Fungal and bacterial disease resistance in transgenic plants expressing human lysozyme,H. Nakajima,T. Muranaka,F. Ishige,K. Akutsu,K. Oeda,Plant Cell Reports,Vol. 16,No. 10,p. 674-679,1997年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 酢酸-メバロン酸経路の代謝制御,村中 俊哉,植物の化学調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 32,No. 2,p. 150-159,1997年
  • Growth and steroidal saponin production in hairy root cultures of Solanum aculeatissimum,Toshihiko Ikenaga,Toshiyuki Oyama,Toshiya Muranaka,Plant Cell Reports,Vol. 14,No. 7,p. 413-417,1995年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A model for a bioconversion system with the promoter of the parAt gene, which confers a high level of expression of a transgene in hairy roots,Toshiya Muranaka,Yasuo Niwa,Yasunori Machida,Applied Microbiology and Biotechnology,Vol. 40,No. 6,p. 841-845,1994年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Organ-specific and auxin-inducible expression of two tobacco par A-related genes in transgenic plants,Yasuo Niwa,Toshiya Muranaka,Akiko Baba,Yasunori Machida,DNA Research,Vol. 1,No. 5,p. 213-222,1994年,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of tobacco protein kinase NPK5, a homolog of Saccharomyces cerevisiae SNF1 that constitutively activates expression of the glucose-repressible SUC2 gene for a secreted invertase of S. cerevisiae,T. Muranaka,H. Banno,Y. Machida,Molecular and Cellular Biology,Vol. 14,No. 5,p. 2958-2965,1994年,研究論文(学術雑誌)
  • Continuous production of scopolamine by a culture of Duboisia leichhardtii hairy root clone in a bioreactor system,Toshiya Muranaka,Hideo Ohkawa,Yasuyuki Yamada,Applied Microbiology and Biotechnology,Vol. 40,No. 2-3,p. 219-223,1993年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Characteristics of Scopolamine-releasing Hairy Root Clones of Duboisia leichhardtii,Toshiya Muranaka,Toru Kazuoka,Hideo Ohkawa,Yasuyuki Yamada,Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,Vol. 57,No. 8,p. 1398-1399,1993年,研究論文(学術雑誌)
  • Scopolamine release into media by Duboisia leichhardtii hairy root clones,Toshiya Muranaka,Hideo Ohkawa,Yasuyuki Yamada,Applied Microbiology and Biotechnology,Vol. 37,No. 5,p. 554-559,1992年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Organization and characterization of the virCD genes from Agrobacterium rhizogenes,Takashi Hirayama,Toshiya Muranaka,Hideo Ohkawa,Atsuhiro Oka,MGG Molecular &amp; General Genetics,Vol. 213,No. 2-3,p. 229-237,1988年08月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Resist Tubule宇宙実験による植物の抗重力反応機構の解明-細胞壁の機能,保尊 隆享,谷村 祐介,馬渕 敦士,曽我 康一,若林 和幸,橋本 博文,東端 晃,矢野 幸子,嶋津 徹,松本 翔平,笠原 春夫,長田 郁子,鎌田 源司,山崎 千秋,村中 俊哉,橋本 隆,Hoson Takayuki,Tanimura Yusuke,Mabuchi Atsushi,Soga Kouichi,Wakabayashi Kazuyuki,Hashimoto Hirofumi,Higashibata Akira,Yano Sachiko,Shimazu Toru,Matsumoto Shohei,Kasahara Haruo,Osada Ikuko,Kamada Motoshi,Yamazaki Chiaki,Muranaka Toshiya,Hashimoto Takashi,宇宙環境利用シンポジウム 第32回: 平成29年度 = Space Utilization Research, Vol. 32 2017: Proceedings of The Thirty-second Space Utilization Symposium,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(JAXA)(ISAS),No. 32,2018年01月
  • Triterpenoids as lead compounds for the production of non-steroidal anti-inflammatory drugs (nsaids),Nhu Ngoc Quynh Vo,Ery O. Fukushima,Toshiya Muranaka,JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES,JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC,Vol. 133,No. 3,p. S156-S156,2017年03月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Resist Tubule宇宙実験による植物の抗重力反応機構の解明-表層微小管の機能,保尊 隆享,村上 愛,加藤 志朋,谷村 佑介,馬渕 敦士,曽我 康一,若林 和幸,橋本 博文,山下 雅道,長谷川 克也,東端 晃,矢野 幸子,嶋津 徹,松本 翔平,笠原 春夫,長田 郁子,鎌田 源司,山崎 千秋,村中 俊哉,橋本 隆,Hoson Takayuki,Murakami Mana,Kato Shiho,Tanimura Yusuke,Mabuchi Atsushi,Soga Kouichi,Wakabayashi Kazuyuki,Hashimoto Hirofumi,Yamashita Masamichi,Hasegawa Katsuya,Higashibata Akira,Yano Sachiko,Shimazu Toru,Matsumoto Shohei,Kasahara Haruo,Osada Ikuko,Kamada Motoshi,Yamazaki Chiaki,Muranaka Toshiya,Hashimoto Takashi,宇宙環境利用シンポジウム 第31回: 平成28年度 = Space Utilization Research, Vol. 31 2016: Proceedings of The Thirty-first Space Utilization Sysmposium,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(JAXA)(ISAS),No. 31,2017年01月
  • P050 根寄生雑草ヤセウツボの発芽過程におけるRNA-Seqによるトランスクリプトーム解析(ポスター発表,植物化学調節学会第50回大会),若林 孝俊,村中 俊哉,杉本 幸裕,岡澤 敦司,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 50,p. 68-68,2015年
  • 3P-218 毛状根培養を用いたゲノム編集のための人工ヌクレアーゼ評価系の構築(植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般講演),安本 周平,澤井 学,若林 孝俊,關 光,刑部 祐里子,刑部 敬史,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 67,p. 325-325,2015年
  • 3S-Ep01 植物代謝工学 : 産業化を見据えて、今めざすべきもの(植物バイオテクノロジー実用化の最前線,シンポジウム),村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 66,p. 192-192,2014年
  • 3P-236 酵母における植物トリテルペン配糖体生合成マシナリーの構築(植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般講演),辻 恵里花,關 光,福島 エリオデット,土永 浩輝,鈴木 宗典,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 66,p. 253-253,2014年
  • 2P-098 TALEN を用いたゲノム編集によるジャガイモグリコアルカロイドの代謝改変(代謝工学,一般講演),安本 周平,關 光,澤井 学,大山 清,梅基 直行,佐久間 哲史,山本 卓,斉藤 和季,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 66,p. 131-131,2014年
  • C214 ノジリマイシンによる根寄生雑草ヤセウツボ種子の発芽と糖代謝への影響(作用機構 抵抗性 代謝,分解,動態,一般講演要旨),若林 孝俊,安本 周平,明石 智義,青木 俊夫,杉本 幸裕,太田 大策,村中 俊哉,岡澤 敦司,講演要旨集,日本農薬学会,No. 38,p. 106-106,2013年03月14日
  • 3P-222 アブシジン酸様活性化合物と受容体の相互作用評価系の構築(植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般講演),加来 友美,川村 大地,吉岡 元気,岡澤 敦司,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 65,p. 243-243,2013年
  • 3P-223 組換え緑藻による植物由来ジテルペンの生産(植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般講演),吉岡 元気,池澤 信博,關 光,富崎 由佳理,松尾 拓哉,石浦 正寛,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 65,p. 244-244,2013年
  • 88. 根寄生雑草の選択的防除法確立に資するヤセウツボ発芽時の糖代謝に関する研究(口頭発表,植物化学調節学会第48回大会),若林 孝俊,安本 周平,明石 智義,青木 俊夫,杉本 幸裕,太田 大策,村中 俊哉,岡澤 敦司,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 48,p. 103-103,2013年
  • 1S-Dp05 人工ヌクレアーゼ TALEN を用いた植物代謝工学(次世代の植物バイオテクノロジー-未来型分子育種への挑戦-,シンポジウム),村中 俊哉,關 光,安本 周平,福島 エリオデット,山本 卓,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 65,p. 15-15,2013年
  • 3P-169 グリチルレチン酸関連物質の酵母での製造開発に向けた研究(生物化学工学,一般講演),唐 建偉,大山 清,澤井 学,關 光,斉藤 和季,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 65,p. 230-230,2013年
  • 3P-221 薬用植物カンゾウのグリチルリチン生合成に関わる糖転移酵素遺伝子の単離と機能解析(植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般講演),關 光,大山 清,水谷 正治,須藤 浩,斉藤 和季,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 65,p. 243-243,2013年
  • 71. ナス科植物ステロイドグリコアルカロイド生合成に関わる新規2-オキソグルタル酸依存性ジオキシゲナーゼ : 16位水酸化酵素の同定と機能解析(口頭発表,植物化学調節学会第48回大会),中安 大,梅基 直行,大山 清,渡辺 文太,村中 俊哉,斉藤 和季,杉本 幸裕,水谷 正治,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 48,No. 0,p. 86-86,2013年
  • 2Ga13 ヨモギ属植物由来新規α-bisabolol合成酵素遺伝子の同定(代謝工学,一般講演),西脇 美香,關 光,鈴木 宗典,小森 彩,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 64,p. 60-60,2012年
  • 2Ga12 オレアノール酸等、植物トリテルペノイドの微生物生産に向けた研究(代謝工学,一般講演),關 光,福島 エリオデット,大山 清,梅基 直行,斉藤 和季,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 64,p. 59-59,2012年
  • Isolation of useful genes for plant genetic resources and its utilization,Toshiya Muranaka,S. Komori,Seibutsu-kogaku Kaishi,Vol. 90,No. 10,p. 623-624,2012年
  • 植物の抗重力反応解明,保尊 隆享,神阪 盛一郎,高橋 秀幸,山下 雅道,北宅 善昭,飯田 秀利,村中 俊哉,橋本 隆,園部 誠司,谷本 英一,Hoson Takayuki,Kamisaka Seiichiro,Takahashi Hideyuki,Yamashita Masamichi,Kitaya Yoshiaki,Iida Hidetoshi,Muranaka Toshiya,Hashimoto Takashi,Sonobe Seiji,Tanimoto Eiichi,宇宙利用シンポジウム: 第27回: 平成22年度 = Space Utilization Research, Vol. 27 2011: Proceedings of The Twenty-seventh Space Utilization Symposium,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 (JAXA)(ISAS),No. 27,p. 164-165,2011年03月
  • 2Ba08 寄生植物ヤセウツボの発芽種子における希少三糖ゲンチアノースの代謝経路の解明(バイオマス・資源・エネルギー工学/植物細胞工学・組織培養・育種工学/有機化学・高分子化学,一般講演),若林 孝俊,東久保 諒,米山 弘一,杉本 幸裕,村中 俊哉,岡澤 敦司,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 63,p. 119-119,2011年
  • 共発現解析による、タルウマゴヤシのトリテルペンサポニン生合成関連P450の同定,福島 エリオデット,關 光,大山 清,澤井 学,斉藤 和季,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2011,p. 251-251,2011年
  • カンゾウ属植物が生成するサポニンの化学的多様性起源,澤井 学,石森 雅人,大山 清,關 光,須藤 浩,明石 智義,青木 俊夫,村中 俊哉,斉藤 和季,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2011,p. 250-250,2011年
  • ステロールによる葉緑体脂質制御機構の解析,鈴木 優志,村中 俊哉,岡咲 洋三,大山 清,佐々木 江理子,上出 由希子,橋之口 裕美,高橋 知登世,嶋田 幸久,斉藤 和季,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2011,p. 99-99,2011年
  • トリテルペノイドの構造多様化をもたらす分子基盤の解明,關 光,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2011,p. S0052-S0052,2011年
  • 60. 根寄生植物ヤセウツボの発芽を阻害するノジリマイシンの作用点(口頭発表,植物化学調節学会第46回大会),若林 孝俊,東久保 諒,安本 周平,竹内 安智,米山 弘一,杉本 幸裕,村中 俊哉,岡澤 敦司,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 46,p. 76-76,2011年
  • アルクチン・アルクチゲニンの多機能性と高含有植物の利用,畑 直樹,小林 昭雄,村中 俊哉,岡澤 敦司,農業および園芸,養賢堂,Vol. 86,No. 1,p. 10-20,2011年01月
  • 33.根寄生雑草ヤセウツボの発芽に関わる糖代謝酵素の解析(口頭発表),若林 孝俊,Benesh Joseph,米山 弘一,竹内 安智,杉本 幸裕,村中 俊哉,岡澤 敦司,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 45,p. 50-50,2010年
  • 55.緑葉揮発成分によるシロイヌナズナのメチルジャスモン酸感受性の増強(口頭発表),平尾 壽啓,岡澤 敦司,原田 和生,小林 昭雄,村中 俊哉,平田 収正,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 45,p. 72-72,2010年
  • 84.ヨモギ属植物の新規セスキテルペン環化酵素遺伝子の単離(口頭発表),下村 昌也,鈴木 宗典,關 光,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 45,p. 101-101,2010年
  • 2P-2081 寄生雑草ヤセウツボ種子の発芽とゲンチアノース代謝活性の相関解析(7a 植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般演題,植物バイオテクノロジー,伝統の技と先端科学技術の融合),若林 孝俊,Joseph Benesh,米山 弘一,竹内 安智,杉本 幸裕,村中 俊哉,岡澤 敦司,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 22,p. 130-130,2010年
  • シロイヌナズナのオミクスデータを利用した植物ホルモンによる代謝制御の一斉解析,佐々木 江理子,鈴木 優志,村中 俊哉,山口 信次郎,中野 雄司,榊原 均,南原 英司,浅見 忠男,斉藤 和季,嶋田 幸久,松田 史生,草野 都,岡咲 洋三,及川 彰,平井 優美,福島 敦史,平山 隆志,山本 興太朗,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2010,p. 190-190,2010年
  • ステロール量・組成変動による遺伝子発現変化の解析,鈴木 優志,村中 俊哉,嶋田 幸久,大山 清,上出 由希子,岡咲 洋三,橋之口 裕美,佐々木 江理子,高橋 知登世,斉藤 和季,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2010,p. 225-225,2010年
  • マメ科植物トリテルペノイドのコンビナトリアル生合成,福島 エリオデット,關 光,大山 清,斉藤 和季,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2010,p. 228-228,2010年
  • CYP71AV1とそのホモログタンパク質の機能比較,小森 彩,關 光,鈴木 宗典,西澤 具子,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2010,p. 229-229,2010年
  • マイクロトム変異体リソースの活用:トマチンの生合成機構の解明に向けて,大山 清,鈴木 優志,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2010,p. S0037-S0037,2010年
  • 2S-Da01 はじめに温故知新 : 植物組織培養による有用物質生産からジーンディスカバリーへ~その次に来るもの(植物遺伝子の魅力~生物工学分野への応用,シンポジウム,伝統の技と先端科学技術の融合),村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 22,p. 226-226,2010年
  • 2S-Da06 植物の代謝多様性を利用した非天然型テルペノイドの創製(植物遺伝子の魅力~生物工学分野への応用,シンポジウム,伝統の技と先端科学技術の融合),關 光,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 22,p. 228-228,2010年
  • 11-19 根端細胞膜脂質を改変してアルミニウム耐性植物を創る(2)(11.植物の有害元素,2010年度北海道大会),我妻 忠雄,小山 博之,渡部 敏裕,豊増 知伸,黒田 昌治,大山 清,村中 俊哉,石川 明史,神成 貴之,村山 哲也,日本土壌肥料学会講演要旨集,一般社団法人 日本土壌肥料学会,Vol. 56,p. 81-81,2010年
  • 35.ヨモギ属植物におけるセスキテルペノイドプロファイルの比較解析(口頭発表),下村 昌也,村中 俊哉,鈴木 宗典,伊藤 隆,關 光,西澤 具子,南雲 清二,秋田 徹,前嶋 一宏,高上馬 希重,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 44,p. 49-49,2009年
  • 36.ヨモギ属植物のセスキテルペン環化機構もとにしたクラスター解析(口頭発表),鈴木 宗典,村中 俊哉,下村 昌也,伊藤 隆,關 光,西澤 具子,南雲 清二,秋田 徹,前嶋 一宏,高上馬 希重,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 44,p. 50-50,2009年
  • 葯タペータムと雄性配偶体形成を制御するステロールの役割,鈴木 優志,大山 清,上出 由紀子,棚橋 沙由理,斉藤 和季,村中 俊哉,永田 典子,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2009,p. 798-798,2009年
  • 植物の抗重力反応におけるシグナル変換・伝達機構の解明,保尊 隆享,曽我 康一,榊 剛,村中 俊哉,橋本 隆,園部 誠司,小竹 敬久,Hoson Takayuki,Soga Koichi,Sakaki Takeshi,Muranaka Toshiya,Hashimoto Takashi,Sonobe Seiji,Kotake Toshihisa,宇宙利用シンポジウム 第24回 平成19年度 = Space Utilization Research: Proceedings of the Twenty-fourth Space Utilization Symposium,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部,p. 390-393,2008年03月
  • 71.ヨモギ属植物のテルペンプロファイル及びテルペン環化酵素遺伝子の比較解析(口頭発表),鈴木 宗典,關 光,下村 昌也,小森 彩,西澤 具子,南雲 清二,高上馬 希重,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 43,p. 85-85,2008年
  • ミトコンドリア局在PPRタンパクによる呼吸鎖と代謝制御のダイナミズム,小林 啓子,唐 建偉,鈴木 優志,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2008,p. S0046-S0046,2008年
  • ミトコンドリア呼吸鎖関連遺伝子の転写後調節を介した植物イソプレノイド生合成制御の可能性,小林 啓子,吉田 茂男,村中 俊哉,鈴木 優志,唐 建偉,永田 典子,關 光,大山 清,野口 航,渡辺 千尋,松本 正吾,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2008,p. 775-775,2008年
  • メバロン酸経路の完全遮断は雄性配偶体致死となる,鈴木 優志,永田 典子,中川 祥子,小林 啓子,大山 清,上出 由希子,橋之口 裕美,木内 玲子,斉藤 和季,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2008,p. 144-144,2008年
  • ポーレンコートを形成するタペータム特異的な脂質系オルガネラの挙動,鈴木 英理子,鈴木 優志,村中 俊哉,永田 典子,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2008,p. 654-654,2008年
  • 植物の抗重力反応解明,保尊 隆享,神阪 盛一郎,高橋 秀幸,山下 雅道,北宅 善昭,飯田 秀利,村中 俊哉,橋本 隆,園部 誠司,谷本 英一,Hoson Takayuki,Kamisaka Seiichiro,Takahashi Hideyuki,Yamashita Masamichi,Kitaya Yoshiaki,Iida Hidetoshi,Muranaka Toshiya,Hashimoto Takashi,Sonobe Seiji,Tanimoto Eiichi,宇宙利用シンポジウム 第23回 平成18年度 = Space Utilization Research: Proceedings of the Twenty-third Space Utilization Symposium,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部,No. 22,p. 375-378,2007年03月
  • 7 ラノステロールを経由する植物ステロール新規生合成経路(口頭発表の部),大山 清,村中 俊哉,鈴木 優志,Xiang Ting,關 光,菊地 淳,久城 哲夫,渋谷 雅明,海老塚 豊,斉藤 和季,天然有機化合物討論会講演要旨集,天然有機化合物討論会実行委員会,Vol. 49,p. 37-42,2007年
  • 新規ミトコンドリア型PPRタンパク質であるLOI1はイソプレノイド合成に関与する,小林 啓子,吉田 茂男,村中 俊哉,鈴木 優志,唐 建偉,永田 典子,關 光,大山 清,木内 玲子,金子 康子,松本 正吾,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 48,p. S85-S85,2007年
  • 茎器官の抗重力反応における膜ステロールの役割,小泉 朋子,榊 剛,鈴木 優志,村中 俊哉,曽我 康一,若林 和幸,保尊 隆享,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 48,p. S161-S161,2007年
  • タペータム特異的な脂質系オルガネラの形成と脂質成分の花粉壁への沈着に関する研究,永田 典子,中川 祥子,許斐 麻美,村中 俊哉,鈴木 英理子,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 48,p. S207-S207,2007年
  • タペータム特異的な脂質系オルガネラの形態に関わるイソプレノイド合成経路の代謝産物の解析,鈴木 英理子,中川 祥子,青山 留美,Schallar Hubert,鈴木 優志,村中 俊哉,永田 典子,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 48,p. S208-S208,2007年
  • ポプラ由来イソプレン合成酵素の環境応答性と生理機能,佐々木 佳菜子,斉藤 拓也,鈴木 優志,村中 俊哉,矢崎 一史,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 47,p. S46-S46,2006年
  • 59. シロイヌナズナラノステロール合成酵素の同定,鈴木 優志,Xiang Ting,大山 清,斉藤 和季,村中 俊哉,渋谷 雅明,海老塚 豊,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 40,p. 78-78,2005年
  • ナス科Solanum malacoxylonにおけるvitamin D3化合物生産に関する研究:I. 組織培養による植物体再生と形質転換系開発について,高上馬 希重,丹下 健,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉,日本森林学会大会発表データベース,日本森林学会,Vol. 116,p. 3-3,2005年
  • シロイヌナズナ<I>hmg1</I>変異体の早期老化形質の解析,鈴木 優志,上出 由希子,大山 清,郷田 秀樹,嶋田 幸久,吉田 茂男,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2005,p. 667-667,2005年
  • タペ-タム形成と雄性配偶子形成に関わる脂質に富んだオルガネラの分化転換,永田 典子,鈴木 優志,上出 由希子,木内 玲子,關 光,大山 清,吉田 茂夫,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2005,p. 822-822,2005年
  • 26. カンゾウ(Glycyrrhiza uralensis)におけるグリチルリチンの生合成中間体および生合成関連遺伝子の探索,大山 清,關 光,高上馬 希重,柴田 敏郎,巽 二郎,吉田 茂男,斉藤 和季,村中 俊哉,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 40,No. 0,p. 45-45,2005年
  • 19. シロイヌナズナのHMG-CoAレダクターゼ阻害剤に対する耐性変異体loi1の解析,小林 啓子,鈴木 優志,永田 典子,關 光,大山 清,木内 玲子,唐 建偉,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 39,p. 40-40,2004年
  • 20. hmg1変異体が示すトリテルペンの新しい機能,鈴木 優志,永田 典子,上出 由希子,木内 玲子,大山 清,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 39,p. 41-41,2004年
  • 21. 重水素化トリテルペノイドの合成とhmg1変異体におけるトリテルペノイドの定量分析,大山 清,鈴木 優志,増田 和夫,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 39,p. 42-42,2004年
  • HMG-CoAレダクターゼ変異体の解析から見えてきたトリテルペン化合物の役割,鈴木 優志,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2004,p. S013-S013,2004年
  • シロイヌナズナにおけるHMG-CoAレダクターゼ阻害剤に対する耐性変異体の単離と解析,小林 啓子,松井 南,吉田 茂男,村中 俊哉,鈴木 優志,永田 典子,關 光,大山 清,上出 由希子,中嶋 千晴,市川 尚斉,中澤 美紀,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2004,p. 731-731,2004年
  • シロイヌナズナ配偶子形成におけるHMG-CoAレダクターゼの役割,鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,大山 清,曽我 康一,保尊 隆享,吉田 茂男,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2004,p. 732-732,2004年
  • 毛状根培養系を利用した遺伝子機能解析 -毛状根培養系を使ってみませんか?,關 光,中嶋 千晴,吉田 茂男,村中 俊哉,根の研究 = Root research,Vol. 12,No. 4,p. 196-196,2003年12月19日
  • 薬用植物カンゾウ Glycyrrhiza uralensis における効果的な毛状根誘導法について,高上馬 希重,中嶋 千晴,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉,根の研究 = Root research,Vol. 12,No. 4,p. 197-197,2003年12月19日
  • 13. hmg1 変異体はステロール欠損変異体か?,鈴木 優志,村中 俊哉,永田 典子,上出 由希子,關 光,大山 清,木内 玲子,孫城 瑞希,加藤 尚志,吉田 茂男,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 38,p. 30-30,2003年
  • 42. 新規緑化変異体 hayamidori (ham) の解析,五十嵐 雅江,吉田 茂男,永田 典子,鈴木 優志,關 光,市川 尚斉,中澤 美紀,松井 南,浅見 忠男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 38,p. 59-59,2003年
  • タンパク質凝集体の液胞移行による分解機構の解明,豊岡 公徳,竹内 雅宜,森安 裕二,村中 俊哉,福田 裕穂,松岡 健,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2003,p. 711-711,2003年
  • HMG-CoA Reductaseの翻訳後修飾に関わるキナーゼ遺伝子の解析,鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2003,p. 645-645,2003年
  • <B>シロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株の解析</B>,上出 由希子,鈴木 優志,永田 典子,加藤 尚志,佐藤 修正,加藤 友彦,田畑 哲之,吉田 茂男,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,日本植物生理学会,Vol. 2003,p. 644-644,2003年
  • 第10回国際植物バイオテク会議報告(談話室),村中 俊哉,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,No. 2,p. 198-200,2002年
  • 酢酸メバロン酸経路と非酢酸メバロン酸経路間の物質のクロストークが植物の生長に及ぼす影響について(第37回大会研究発表抄録),永田 典子,鈴木 優志,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,No. 2,p. 209-210,2002年
  • 酢酸メバロン酸経路の解析におけるHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株の有用性(第37回大会研究発表抄録),上出 由希子,鈴木 優志,永田 典子,佐藤 修正,加藤 友彦,田畑 哲之,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,No. 2,p. 210-210,2002年
  • HMG-CoA Reductaseの翻訳後修飾に関わるキナーゼ遺伝子の探索(第37回大会研究発表抄録),鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,No. 2,p. 210-210,2002年
  • ステロイドサポニン含有ナス科植物における配糖化酵素遺伝子の傷害及びホルモン応答性(第37回大会研究発表抄録),小原 淳子,中嶋 千晴,橋本 貴美子,池永 敏彦,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,No. 2,p. 218-218,2002年
  • タバコ培養細胞BY-2のアミロプラスト分化に対するLovastatinの影響(第37回大会研究発表抄録),宮沢 豊,加藤 尚志,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,No. 2,p. 218-218,2002年
  • 暗所芽生えにおいて細胞分裂及び色素体分化を調節するブラシノステロイドとサイトカイニンの作用について(第37回大会研究発表抄録),永田 典子,関亦 克彦,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,No. 2,p. 228-228,2002年
  • 11 酢酸メバロン酸経路と非酢酸メバロン酸経路間の物質のクロストークが植物の生長に及ぼす影響について,永田 典子,鈴木 優志,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,p. 31-32,2002年
  • 12 酢酸メバロン酸経路の解析におけるHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株の有用性,上出 由希子,鈴木 優志,永田 典子,佐藤 修正,加藤 友彦,田畑 哲之,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,p. 33-34,2002年
  • 13 HMG-CoA Reductaseの翻訳後修飾に関わるキナーゼ遺伝子の探索,鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,p. 35-36,2002年
  • 47 ステロイドサポニン含有ナス科植物における配糖化酵素遺伝子の傷害及びホルモン応答性,小原 淳子,中嶋 千晴,橋本 貴美子,池永 敏彦,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,p. 103-104,2002年
  • 48 タバコ培養細胞 BY-2 のアミロプラスト分化に対する Lovastatin の影響,宮沢 豊,加藤 尚志,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,p. 105-106,2002年
  • 97 暗所芽生えにおいて細胞分裂及び色素体分化を調節するブラシノステロイドとサイトカイニンの作用について,永田 典子,関亦 克彦,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 37,p. 203-204,2002年
  • 8.暗所での光形態形成におけるブラシノステロイドとサイトカイニンの作用(第36回大会研究発表抄録),永田 典子,嶋田 幸久,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 36,No. 2,p. 231-232,2001年
  • 44.シロイヌナズナの生長に及ぼすHMG-CoAレダクターゼ阻害剤の影響(第36回大会研究発表抄録),鈴木 優志,永田 典子,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 36,No. 2,p. 240-240,2001年
  • 8 暗所での光形態形成におけるブラシノステロイドとサイトカイニンの作用,氷田 典子,嶋田 幸久,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 36,p. 27-28,2001年
  • 44 シロイヌナズナの生長に及ぼすHMG-CoAレダクターゼ阻害剤の影響,鈴木 優志,永田 典子,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 36,p. 99-100,2001年
  • EB33 本邦で採集されたディルドリン抵抗性チャバネゴキブリの GABA_A 受容体遺伝子の解析,高田 容司,村中 俊哉,江下 優樹,衛生動物,日本衛生動物学会,Vol. 52,p. 148-148,2001年
  • 82. 糖代謝におけるNPK5プロテインキナーゼの役割,村中 俊哉,KONCZ Casba,町田 泰則,植物の化学調節,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 34,No. 2,p. 358-358,1999年
  • 植物の糖・脂質代謝制御に関わるプロテインキナーゼに関する研究,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 34,p. 5-6,1999年
  • 82 糖代謝におけるNPK5プロテインキナーゼの役割,村中 俊哉,Csaba Koncz,町田 泰則,植物化学調節学会 研究発表記録集,一般社団法人 植物化学調節学会,Vol. 34,p. 158-158,1999年
  • 308 Chlorella sp. の種内および種間における電気的細胞融合,稲福 桂一郎,大城 宜子,宮里 和朋,中村 大助,村中 俊哉,村上 仁一,比嘉 永彦,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 11,p. 30-30,1999年
  • 501 PCR法を用いた高効率CO_2固定Chlorella sp.の迅速単離法,村中 俊哉,山口 典子,西出 哲也,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 11,p. 81-81,1999年
  • 1039 軟X線処理により作出にたChlorella sp.色素変異株の特性評価と増殖シミュレーション,村上 仁一,西出 哲也,山田 文博,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 11,p. 230-230,1999年
  • 1106 Chlorella sp.の明暗周期培養における暗期のバイオマス低下抑制の試み,西出 哲也,村中 俊哉,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 11,p. 242-242,1999年
  • 1107 緑藻Chlorella sp. MK201株とラン藻Synechocystis aquatilis SI-2株の混合培養による光エネルギー利用効率の向上検討,村上 仁一,西出 哲也,村中 俊哉,藏野 憲秀,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 11,p. 242-242,1999年
  • タバコプロテインキナーゼNPK5の糖・脂質代謝制御における役割,村中 俊哉,大江田 憲治,町田 泰則,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,Vol. 21,p. 557-557,1998年12月01日
  • 高温・高二酸化炭素耐性Chlorella sp. の16SリボソーマルRNAに見られた特徴的な配列,村中 俊哉,山口 典子,村上 仁一,日本植物学会大会研究発表記録 = Proceedings of the annual meeting of the Botanical Society of Japan,Vol. 62,p. 146-146,1998年09月01日
  • 409 高温・高CO_2耐性微細藻類の野外からのスクリーニング,山口 典子,西出 哲也,村中 俊哉,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 10,p. 47-47,1998年
  • 410 多検体培養システムによる新規高効率CO_2固定緑藻Chlorella sp. MK201の特性評価,西出 哲也,村中 俊哉,山口 典子,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 10,p. 47-47,1998年
  • 411 新規高効率CO_2固定Chlorella sp.の安定的大量培養のための基礎検討,村中 俊哉,西出 哲也,山田 文博,山口 典子,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 10,p. 48-48,1998年
  • ラットCYP1A1およびその酵母NADPH-P450還元酵素との融合酵素のタバコ葉緑体への輸送と光合成電子伝達系との相互作用,杉浦 美羽,村中 俊哉,薮崎 義康,大川 秀郎,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,Vol. 19,p. 146-146,1996年08月
  • タバコNPK5は脂質代謝制御に係わるプロテインキナーゼか?,村中 俊哉,大江田 憲治,町田 泰則,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,Vol. 19,p. 621-621,1996年08月01日
  • ヒト・リゾチーム遺伝子の植物への導入と病害抵抗性の付与,中島 寛樹,村中 俊哉,石毛 郁治,阿久津 克己,大江田 憲治,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,Vol. 19,p. 728-728,1996年08月01日
  • 1059 ラン藻Synechococcus sp. PCC7942における炭酸脱水酵素の高発現とカルボキシゾームへの局在化,村上 仁一,山口 典子,村上 裕子,西出 哲也,村中 俊哉,山田 文博,瀧本 善之,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 8,p. 328-328,1996年
  • 166 毛状根培養によるスコポラミン連続生産,大川 秀郎,村中 俊哉,日本醗酵工学会大会講演要旨集,日本醗酵工学会,Vol. 2,p. 40-40,1990年
  • 320 分化器官培養による物質生産,村中 俊哉,大川 秀郎,日本醗酵工学会大会講演要旨集,日本醗酵工学会,Vol. 63,p. 93-93,1988年
  • ベラドンナ再分化植物におけるトロパンアルカロイド産生能について,佐藤 文彦,村中 俊哉,山田 康之,植物組織培養,日本植物細胞分子生物学会,Vol. 2,p. 139-139,1985年

著書

  • 薬用植物・生薬の最前線 : 国内栽培技術から品質評価,製品開発まで,關 光,田村啓太,村中俊哉,シーエムシー出版,ISBN:9784781315713,2021年07月
  • ゲノム編集食品―農林水産分野への応用と持続的社会の実現,安本周平,村中俊哉,エヌ・ティー・エス,ISBN:4860437160,2021年02月01日
  • ゲノム編集食品―農林水産分野への応用と持続的社会の実現,安本周平,梅基直行,村中俊哉,エヌ・ティー・エス,ISBN:4860437160,2021年02月01日
  • 機能性配糖体の合成と応用 : 糖転移酵素を中心に,濱田, 博喜,大山 清,關 光,村中俊哉,シーエムシー出版,ISBN:9784781314525,2020年04月
  • ゲノム編集実験スタンダード : 完全版 : CRISPR-Cas9の設計・作製と各生物種でのプロトコールを徹底解説,安本周平,村中俊哉,羊土社,ISBN:9784758122443,2019年12月
  • 基礎から学ぶ植物代謝生化学,水谷, 正治,士反, 伸和,杉山, 暁史,轟, 泰司,鈴木秀幸,關 光,刑部祐里子,刑部敬史,村中俊哉,羊土社,ISBN:9784758120906,2019年01月
  • ゲノム編集入門 : ZFN・TALEN・CRISPR-Cas9,山本, 卓(理学),石野, 良純,近藤, 昭彦,西田, 敬二,荒添, 貴之,丹羽, 隆介,坂本, 尚昭,泰松, 清人,川原, 敦雄,鈴木, 賢一,宮坂, 佳樹,真下, 知士,安本, 周平,村中, 俊哉,宮本, 達雄,田中, 伸和,裳華房,ISBN:9784785358662,2016年12月
  • ゲノム編集成功の秘訣Q&A : 論文だけではわからない : TALEN、CRISPR/Cas9の極意,山本, 卓(理学),佐久間, 哲史,落合, 博,李, 紅梅,堀田, 秋津,藤原, 祥高,伊川, 正人,真下, 知士,鈴木, 賢一,川原, 敦雄,木下, 政人,笹倉, 靖徳,林, 茂生,大門, 高明,杉, 拓磨,安本, 周平,關, 光,刑部, 祐里子,刑部, 敬史,村中, 俊哉,羊土社,ISBN:9784758101936,2015年12月
  • 進化するゲノム編集技術,安本周平,關光,村中俊哉,エヌティーエス,ISBN:4860434358,2015年10月12日
  • Plant Isoprenoids: Methods and Protocols (Methods in Molecular Biology, 1153),Humana,ISBN:9781493906055,2014年04月29日
  • 今すぐ始めるゲノム編集〜TALEN&CRISPR/Cas9の必須知識と実験プロトコール (実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ),安本周平,關 光,村中俊哉,羊土社,ISBN:4758101906,2014年03月25日
  • ポイントがわかる分子生物学,真野, 佳博,川向, 誠,村中俊哉,丸善,ISBN:9784621082850,2010年10月

特許・実用新案・意匠

  • 微生物由来トリテルペン酸化酵素を用いたグリチルレチン酸の製造方法,藤田 靖也,唐 建偉,斉藤 和季,村中 俊哉,關 光,宮奥 康平,阪本 剛,特願2020-064237,出願日:2020年03月31日
  • 植物形質転換体,村中 俊哉,關 光,石本 政男,佐藤 由紀子,▲高▼木 恭子,矢野 亮一,特願2020-004640,出願日:2020年01月15日
  • 22α位水酸化五環系トリテルペンの生産およびその利用,村中 俊哉,關 光,福島 エリ,オデット,安本 周平,特願2016-016511,出願日:2016年01月29日
  • 酸化セスキテルペンの生産およびその利用,村中 俊哉,關 光,山田 祐太朗,池澤 信博,鈴木 宗典,特願2015-035855,出願日:2015年02月25日
  • アモルファ−4,11−ジエン増産方法及び天然ゴム増産方法,山口 晴彦,井之上 ゆき乃,高木 啓治,伏原 和久,村中 俊哉,鈴木 啓子,小林 佳那子,特願2014-242895,出願日:2014年12月01日
  • 変異タンパク質、該変異タンパク質の製造方法、該変異タンパク質をコードする遺伝子、該遺伝子を保有する組換えベクター及び植物、メバロン酸産生量及びイソプレノイド産生量を制御する方法、3−ヒドロキシ−3−メチルグルタリルCoAレダクターゼ活性の制御方法,鈴木 啓子,ジェクソン ロベルトリー,村中 俊哉,高木 啓治,井之上 ゆき乃,伏原 和久,JP2015064821,出願日:2015年05月22日
  • 緑藻、ならびにそれを用いて生産されるジテルペン、ジテルペン樹脂酸およびロジン代替物,村中 俊哉,關 光,吉岡 元気,特願2013-191683,出願日:2013年09月17日
  • グルクロン酸転移酵素、それをコードする遺伝子及びその利用方法,村中 俊哉,關 光,斉藤 和季,大山 清,JP2014059923,出願日:2014年04月04日
  • 28位がヒドロキシメチル基またはカルボキシル基である五環系トリテルペン化合物の製造方法,村中 俊哉,關 光,福島 エリ,オデット,梅基 直行,JP2011069922,出願日:2011年09月01日
  • スティグマステロール含量改変植物およびその利用,村中 俊哉,唐 建偉,川浦 香奈子,荻原 保成,大山 清,鈴木 優志,特願2009-086352,出願日:2009年03月31日
  • カンゾウ属植物由来トリテルペン酸化酵素、それをコードする遺伝子及びその利用法,村中 俊哉,關 光,大山 清,須藤 浩,澤井 学,齊藤 和季,JP2009065197,出願日:2009年08月31日
  • カンゾウ属植物由来トリテルペン酸化酵素、それをコードする遺伝子およびその利用,村中 俊哉,關 光,大山 清,須藤 浩,澤井 学,齊藤 和季,JP2008064496,出願日:2008年08月06日
  • ラノステロール合成酵素,村中 俊哉,鈴木 優志,海老塚 豊,渋谷 雅明,ティン シァン,青木 俊夫,綾部 真一,澤井 学,特願2006-192301,出願日:2006年07月13日
  • 大麻CannabissativaL.の識別方法,村中 俊哉,高上馬 希重,特願2005-207068,出願日:2005年07月15日
  • カンゾウ属植物の組織培養方法,高上馬 希重,村中 俊哉,吉田 茂男,特願2003-378336,出願日:2003年11月07日
  • カンゾウ属植物の組織培養方法,高上馬 希重,村中 俊哉,吉田 茂男,特許第4452483号,特願2003-378336,出願日:2003年11月07日
  • 植物遺伝子活性化ベクターおよびその利用,村中 俊哉,關 光,特願2003-153985,出願日:2003年05月30日
  • 配糖化酵素遺伝子SaGT6およびその利用,村中 俊哉,小原 淳子,特願2003-055452,出願日:2003年03月03日
  • 配糖化酵素遺伝子SaGT4およびその利用,村中 俊哉,小原 淳子,JP2004002675,出願日:2004年03月03日
  • 毛状根による遺伝子活性化方法,村中 俊哉,特願2002-320704,出願日:2002年11月05日
  • 免疫寛容の誘導方法,村中 俊哉,新川 武,清野 宏,特願2000-272863,出願日:2000年09月08日
  • 緑藻のω3脂肪酸不飽和化酵素遺伝子及びその利用,村中 俊哉,村上 仁一,特願平11-344447,出願日:1999年12月03日
  • 新規クロレラおよびその利用,村上 仁一,村中 俊哉,特願平11-183667,出願日:1999年06月29日
  • 緑藻の識別方法,村中 俊哉,村上 仁一,特願平10-243648,出願日:1998年08月28日
  • 薬剤代謝能を付与する発現カセット及びその利用,大川 秀郎,村中 俊哉,藪崎 義康,特願平8-064330,出願日:1996年03月21日
  • 植物の改変方法及び改変植物,町田 泰則,村中 俊哉,大江田 憲治,特願平7-285839,出願日:1995年11月02日
  • プロテインキナーゼ遺伝子,村中 俊哉,大江田 憲治,特願平6-243933,出願日:1994年10月07日
  • 植物における病害虫抵抗性増強方法,中島 寛樹,大江田 憲治,村中 俊哉,石毛 郁治,特願平6-276573,出願日:1994年11月10日
  • ナス科植物の酵母SNF1ホモログタンパク質リン酸化酵素遺伝子,村中 俊哉,町田 泰則,坂野 弘美,特願平3-330417,出願日:1991年12月13日
  • 外来遺伝子を導入した植物根培養による物質製造方法,町田 泰則,村中 俊哉,丹羽 康夫,特願平4-008266,出願日:1992年01月21日
  • 毛状根培養によるトロパンアルカロイドの長期連続製造方法,村中 俊哉,大川 秀郎,特許第2705125号,特願昭63-185785,出願日:1988年07月25日
  • 28位がヒドロキシメチル基またはカルボキシル基である五環系トリテルペン化合物の製造方法,村中 俊哉,關 光,福島 エリ,オデット,梅基 直行,特許第6018915号,特願2012-531963,出願日:2011年09月01日
  • カンゾウ属植物由来トリテルペン酸化酵素、それをコードする遺伝子及びその利用法,村中 俊哉,關 光,大山 清,須藤 浩,澤井 学,齊藤 和季,特許第5771846号,特願2010-526810,出願日:2009年08月31日
  • カンゾウ属植物由来トリテルペン酸化酵素、それをコードする遺伝子およびその利用,村中 俊哉,關 光,大山 清,須藤 浩,澤井 学,齊藤 和季,特許第5526323号,特願2009-526512,出願日:2008年08月06日

受賞

  • 2019年度日本植物細胞分子生物学会学術賞,日本植物細胞分子生物学会,2019年09月
  • 第15回(平成11年度)植物化学調節学会奨励賞,植物化学調節学会,1999年10月

講演・口頭発表等

  • Metabolic Engineering of Glycoalkaloid-Free Potatoes Accumulating Useful Steroidal Saponins by Genome Editing,Mizutani, M,Akiyama, R,Nakayasu, M,Lee, H.-J,Sugimoto, Y,Yasumoto, S,Sawai, S,Seki, H,Asano, K,Osakabe, K,Osakabe, Y,Watanabe, B,Umemoto, N,Saito, K,Muranaka, T,10th World Potato Congress, Cusco, Peru,2018年05月
  • 薬用植物キキョウのトリテルペン酸化酵素遺伝子の単離と機能解析,田村 啓太,寺西 優雅,植田 慎弥,鈴木 秀幸,河野 徳昭,吉松 嘉代,斉藤 和季,川原 信夫,村中 俊哉,關 光,日本生薬学会年会講演要旨集,2017年08月
  • キク科カワラヨモギにおけるフェニルプロパノイド特異的プレニル化酵素のcDNA単離と機能解析,竹村 知陽,棟方 涼介,杉山 暁史,鈴木 秀幸,關 光,村中 俊哉,山浦 高夫,矢崎 一史,第58回日本植物生理学会大会,2017年03月
  • カワラヨモギにおけるフェニルプロパノイドのプレニル化酵素遺伝子の機能解析,竹村 知陽,棟方 涼介,杉山 暁史,鈴木 秀幸,關 光,村中 俊哉,山浦 高夫,矢崎 一史,第34回日本植物細胞分子生物学会,2016年09月
  • 植物におけるフェニルプロパノイド特異的プレニル基転移酵素遺伝子の単離と機能解析,竹村 知陽,棟方 涼介,杉山 暁史,鈴木 秀幸,關 光,村中 俊哉,山浦 高夫,矢崎 一史,第26回イソプレノイド研究会例会,2016年09月
  • カワラヨモギのフェニルプロパノイド特異的プレニル基転移酵素遺伝子の同定,竹村 知陽,棟方 涼介,杉山 暁史,鈴木 秀幸,關 光,村中 俊哉,山浦 高夫,矢崎 一史,日本農芸化学会2016年度大会,2016年03月
  • 3P-218 毛状根培養を用いたゲノム編集のための人工ヌクレアーゼ評価系の構築(植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般講演),安本 周平,澤井 学,若林 孝俊,關 光,刑部 祐里子,刑部 敬史,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,2015年09月25日
  • フェニルプロパノイド基質プレニル化酵素のcDNA単離と機能解析,竹村知陽,棟方涼介,杉山暁史,熊澤茂則,鈴木秀幸,關光,村中俊哉,矢崎一史,第25回 イソプレノイド研究会,2015年09月
  • 大豆サポニンのC‐3位の配糖化に関わるSg‐4遺伝子の同定,高木恭子,矢野亮一,土永浩輝,高田吉丈,高橋祐也,塚本知玄,加賀秋人,關光,村中俊哉,石本政男,日本植物細胞分子生物学会大会,2014年07月30日
  • 2P-098 TALEN を用いたゲノム編集によるジャガイモグリコアルカロイドの代謝改変(代謝工学,一般講演),安本 周平,關 光,澤井 学,大山 清,梅基 直行,佐久間 哲史,山本 卓,斉藤 和季,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,2014年
  • 3S-Ep01 植物代謝工学 : 産業化を見据えて、今めざすべきもの(植物バイオテクノロジー実用化の最前線,シンポジウム),村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,2014年
  • 3P-236 酵母における植物トリテルペン配糖体生合成マシナリーの構築(植物細胞工学,組織培養,育種工学,一般講演),辻 恵里花,關 光,福島 エリオデット,土永 浩輝,鈴木 宗典,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,2014年
  • 3P-231 Functional analysis of double bond reductase 2 in Artemisia absinthium :,Paskorn Muangphrom,Munenori Suzuki,Hikaru Seki,Ery Odette Fukushima,Toshiya Muranaka,日本生物工学会大会講演要旨集,2014年
  • 88. 根寄生雑草の選択的防除法確立に資するヤセウツボ発芽時の糖代謝に関する研究(口頭発表,植物化学調節学会第48回大会),若林 孝俊,安本 周平,明石 智義,青木 俊夫,杉本 幸裕,太田 大策,村中 俊哉,岡澤 敦司,植物化学調節学会研究発表記録集,2013年10月04日
  • 薬用植物カンゾウのグリチルレチン酸の微生物製造法開発 酵母の分子育種,村中 俊哉,唐 建偉,大山 清,澤井 学,關 光,斉藤 和季,日本生薬学会年会講演要旨集,2013年08月
  • C214 ノジリマイシンによる根寄生雑草ヤセウツボ種子の発芽と糖代謝への影響(作用機構 抵抗性 代謝,分解,動態,一般講演要旨),若林 孝俊,安本 周平,明石 智義,青木 俊夫,杉本 幸裕,太田 大策,村中 俊哉,岡澤 敦司,講演要旨集,2013年03月14日
  • 1P-140 Production of natural and rare triterpenoids by combinatorial biosynthesis in engineered yeast :,Fukushima Ery Odette,Seki Hikaru,Sawai Satoru,Suzuki Munenori,Ohyama Kiyoshi,Saito Kazuki,Muranaka Toshiya,日本生物工学会大会講演要旨集,2013年
  • カンゾウ属植物が生成するサポニンの化学的多様性起源の分子生物学的研究,澤井 学,石森 雅人,大山 清,關 光,須藤 浩,明石 智義,青木 俊夫,村中 俊哉,斉藤 和季,日本生薬学会年会講演要旨集,2012年08月
  • 2Ga12 オレアノール酸等、植物トリテルペノイドの微生物生産に向けた研究(代謝工学,一般講演),關 光,福島 エリオデット,大山 清,梅基 直行,斉藤 和季,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,2012年
  • EST-SSRマーカーおよび葉緑体遺伝子配列によるトウガラシ属の遺伝的多様性の解析,白澤健太,石井航平,KIM C.,坂智広,鈴木宗典,伊藤隆,村中俊哉,小林恵,永田典子,磯部祥子,田畑哲之,育種学研究,2012年
  • 2Ga13 ヨモギ属植物由来新規α-bisabolol合成酵素遺伝子の同定(代謝工学,一般講演),西脇 美香,關 光,鈴木 宗典,小森 彩,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,2012年
  • 2Fa08 Production of plant triterpenoids in engineered yeast(Advances in PhytoGenomics) :,MURANAKA Toshiya,SEKI Hikaru,日本生物工学会大会講演要旨集,2012年
  • 共発現解析による、タルウマゴヤシのトリテルペンサポニン生合成関連P450の同定,福島 エリオデット,關 光,大山 清,澤井 学,斉藤 和季,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2011年
  • カンゾウ属植物が生成するサポニンの化学的多様性起源,澤井 学,石森 雅人,大山 清,關 光,須藤 浩,明石 智義,青木 俊夫,村中 俊哉,斉藤 和季,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2011年
  • 11-19 根端細胞膜脂質を改変してアルミニウム耐性植物を創る(2)(11.植物の有害元素,2010年度北海道大会),我妻 忠雄,小山 博之,渡部 敏裕,豊増 知伸,黒田 昌治,大山 清,村中 俊哉,石川 明史,神成 貴之,村山 哲也,日本土壌肥料学会講演要旨集,2010年
  • 2S-Da06 植物の代謝多様性を利用した非天然型テルペノイドの創製(植物遺伝子の魅力~生物工学分野への応用,シンポジウム,伝統の技と先端科学技術の融合),關 光,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,2010年
  • 2S-Da01 はじめに温故知新 : 植物組織培養による有用物質生産からジーンディスカバリーへ~その次に来るもの(植物遺伝子の魅力~生物工学分野への応用,シンポジウム,伝統の技と先端科学技術の融合),村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,2010年
  • マイクロトム変異体リソースの活用:トマチンの生合成機構の解明に向けて,大山 清,鈴木 優志,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2010年
  • ステロール量・組成変動による遺伝子発現変化の解析,鈴木 優志,嶋田 幸久,大山 清,上出 由希子,岡咲 洋三,橋之口 裕美,佐々木 江理子,高橋 知登世,斉藤 和季,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2010年
  • マメ科植物トリテルペノイドのコンビナトリアル生合成,福島 エリオデット,關 光,大山 清,斉藤 和季,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2010年
  • シロイヌナズナのオミクスデータを利用した植物ホルモンによる代謝制御の一斉解析,佐々木 江理子,松田 史生,草野 都,岡咲 洋三,及川 彰,平井 優美,福島 敦史,平山 隆志,山本 興太朗,鈴木 優志,村中 俊哉,山口 信次郎,中野 雄司,榊原 均,南原 英司,浅見 忠男,斉藤 和季,嶋田 幸久,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2010年
  • 36.ヨモギ属植物のセスキテルペン環化機構もとにしたクラスター解析(口頭発表),鈴木 宗典,村中 俊哉,下村 昌也,伊藤 隆,關 光,西澤 具子,南雲 清二,秋田 徹,前嶋 一宏,高上馬 希重,植物化学調節学会 研究発表記録集,2009年
  • 35.ヨモギ属植物におけるセスキテルペノイドプロファイルの比較解析(口頭発表),下村 昌也,村中 俊哉,鈴木 宗典,伊藤 隆,關 光,西澤 具子,南雲 清二,秋田 徹,前嶋 一宏,高上馬 希重,植物化学調節学会 研究発表記録集,2009年
  • 葯タペータムと雄性配偶体形成を制御するステロールの役割,鈴木 優志,大山 清,上出 由紀子,棚橋 沙由理,斉藤 和季,村中 俊哉,永田 典子,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2009年
  • ミトコンドリア呼吸鎖関連遺伝子の転写後調節を介した植物イソプレノイド生合成制御の可能性,小林 啓子,吉田 茂男,村中 俊哉,鈴木 優志,唐 建偉,永田 典子,關 光,大山 清,野口 航,渡辺 千尋,松本 正吾,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2008年
  • ミトコンドリア局在PPRタンパクによる呼吸鎖と代謝制御のダイナミズム,小林 啓子,唐 建偉,鈴木 優志,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2008年
  • 71.ヨモギ属植物のテルペンプロファイル及びテルペン環化酵素遺伝子の比較解析(口頭発表),鈴木 宗典,關 光,下村 昌也,小森 彩,西澤 具子,南雲 清二,高上馬 希重,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,2008年
  • メバロン酸経路の完全遮断は雄性配偶体致死となる,鈴木 優志,中川 祥子,小林 啓子,大山 清,上出 由希子,橋之口 裕美,木内 玲子,斉藤 和季,村中 俊哉,永田 典子,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2008年
  • 甘草(Glycyrrhiza uralensis)の毛状根による形質転換について,高上 馬希重,關 光,大山 清,吉松 嘉代,柴田 敏郎,関崎 春雄,斉藤 和季,村中 俊哉,日本生薬学会年会講演要旨集,2007年09月
  • ラノステロールを経由する植物ステロール新規生合成経路,大山清,鈴木優志,TING Xiang,關光,菊地淳,久城哲夫,渋谷雅明,海老塚豊,斉藤和季,村中俊哉,天然有機化合物討論会講演要旨集,2007年08月24日
  • シロイヌナズナにおけるラノステロールを経由する植物ステロール生合成経路,大山清,鈴木優志,關光,菊地淳,斉藤和季,村中俊哉,日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集,2007年08月08日
  • 59. シロイヌナズナラノステロール合成酵素の同定,鈴木 優志,Xiang Ting,大山 清,斉藤 和季,村中 俊哉,渋谷 雅明,海老塚 豊,植物の生長調節,2005年
  • The analysis of early senescence phenotype of hmg1 mutant in Arabidopsis,M Suzuki,Y Kamide,K Ohyama,H Goda,Y Shimada,S Yoshida,T Muranaka,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,2005年
  • Differentiation of lipid-rich organelles involved in tapetum development and male gametophyte development,N Nagata,M Suzuki,Y Kamide,R Kiuchi,H Seki,K Ohyama,S Yoshida,T Muranaka,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,2005年
  • タバコBY-2毛状根細胞におけるオーキシン生合成酵素遺伝子の解析,真野佳博,根本圭一郎,関光,鈴木優志,岡穆宏,村中俊哉,日本農芸化学会大会講演要旨集,2005年
  • Agrobacterium rhizogenesによって形質転換したタバコBY-2細胞の特性,根本圭一郎,関光,鈴木優志,岡穆宏,村中俊哉,真野佳博,日本農芸化学会大会講演要旨集,2005年
  • シロイヌナズナ配偶子形成におけるHMG-CoAレダクターゼの役割,鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,大山 清,曽我 康一,保尊 隆享,吉田 茂男,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2004年
  • シロイヌナズナにおけるHMG-CoAレダクターゼ阻害剤に対する耐性変異体の単離と解析,小林 啓子,松井 南,吉田 茂男,村中 俊哉,鈴木 優志,永田 典子,關 光,大山 清,上出 由希子,中嶋 千晴,市川 尚斉,中澤 美紀,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2004年
  • HMG-CoAレダクターゼ変異体の解析から見えてきたトリテルペン化合物の役割,鈴木 優志,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2004年
  • 21. 重水素化トリテルペノイドの合成とhmg1変異体におけるトリテルペノイドの定量分析,大山 清,鈴木 優志,増田 和夫,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,2004年
  • 20. hmg1変異体が示すトリテルペンの新しい機能,鈴木 優志,永田 典子,上出 由希子,木内 玲子,大山 清,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,2004年
  • CLONING AND CHARACTERIZING A NOVEL GLUCOSYLTRANSFERASE ACTING ON STEROIDAL SAPOGENIN FROM SOLANUM ACULEATISSIMUM,A. Kohara,C. Nakajima,H. Tanaka,Y. Shoyama,T. Ikenaga,K. Hashimoto,S. Yoshida,T. Muranaka,ACTA PHYSIOLOGIAE PLANTARUM,2004年
  • The role of HMG-CoA reductase on Arabidopsis gametogenesis,M Suzuki,Y Kamide,N Nagata,H Seki,K Ohyama,K Soga,T Hoson,S Yoshida,T Muranaka,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,2004年
  • Isolation and characterization of a mutant that is resistant to lovastatin, a HMG-CoA reductase inhibitor,K Kobayashi,M Suzuki,N Nagata,H Seki,K Ohyama,Y Kamide,C Nakajima,T Ichikawa,M Nakazawa,M Matsui,S Yoshida,T Muranaka,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,2004年
  • hmgr mutants showed us the new insights of the role of triterpenes,M Suzuki,T Muranaka,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,2004年
  • <B>シロイヌナズナHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株の解析</B>,上出 由希子,鈴木 優志,永田 典子,加藤 尚志,佐藤 修正,加藤 友彦,田畑 哲之,吉田 茂男,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2003年
  • HMG-CoA Reductaseの翻訳後修飾に関わるキナーゼ遺伝子の解析,鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2003年
  • タンパク質凝集体の液胞移行による分解機構の解明,豊岡 公徳,竹内 雅宜,森安 裕二,村中 俊哉,福田 裕穂,松岡 健,日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集,2003年
  • 42. 新規緑化変異体 hayamidori (ham) の解析,五十嵐 雅江,吉田 茂男,永田 典子,鈴木 優志,關 光,市川 尚斉,中澤 美紀,松井 南,浅見 忠男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,2003年
  • 13. hmg1 変異体はステロール欠損変異体か?,鈴木 優志,村中 俊哉,永田 典子,上出 由希子,關 光,大山 清,木内 玲子,孫城 瑞希,加藤 尚志,吉田 茂男,植物化学調節学会 研究発表記録集,2003年
  • Analysis of T-DNA insertion mutants of 3-hydroxy-3-methylglutaryl-CoA reductase genes in Arabidopsis,Y Kamide,M Suzuki,N Nagata,H Kato,S Sato,T Kato,S Tabata,S Yoshida,T Muranaka,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,2003年
  • The analysis of the kinase genes which are involved in the post-translational regulation of Arabidopsis HMG-CoA reductase.,M Suzuki,Y Kamide,N Nagata,H Seki,S Yoshida,T Muranaka,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,2003年
  • 97 暗所芽生えにおいて細胞分裂及び色素体分化を調節するブラシノステロイドとサイトカイニンの作用について,永田 典子,関亦 克彦,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物化学調節学会 研究発表記録集,2002年
  • 48 タバコ培養細胞 BY-2 のアミロプラスト分化に対する Lovastatin の影響,宮沢 豊,加藤 尚志,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物化学調節学会 研究発表記録集,2002年
  • 47 ステロイドサポニン含有ナス科植物における配糖化酵素遺伝子の傷害及びホルモン応答性,小原 淳子,中嶋 千晴,橋本 貴美子,池永 敏彦,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,2002年
  • 13 HMG-CoA Reductaseの翻訳後修飾に関わるキナーゼ遺伝子の探索,鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,2002年
  • 12 酢酸メバロン酸経路の解析におけるHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株の有用性,上出 由希子,鈴木 優志,永田 典子,佐藤 修正,加藤 友彦,田畑 哲之,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,2002年
  • 11 酢酸メバロン酸経路と非酢酸メバロン酸経路間の物質のクロストークが植物の生長に及ぼす影響について,永田 典子,鈴木 優志,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,2002年
  • 暗所芽生えにおいて細胞分裂及び色素体分化を調節するブラシノステロイドとサイトカイニンの作用について(第37回大会研究発表抄録),永田 典子,関亦 克彦,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物の生長調節,2002年
  • タバコ培養細胞BY-2のアミロプラスト分化に対するLovastatinの影響(第37回大会研究発表抄録),宮沢 豊,加藤 尚志,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物の生長調節,2002年
  • ステロイドサポニン含有ナス科植物における配糖化酵素遺伝子の傷害及びホルモン応答性(第37回大会研究発表抄録),小原 淳子,中嶋 千晴,橋本 貴美子,池永 敏彦,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,2002年
  • HMG-CoA Reductaseの翻訳後修飾に関わるキナーゼ遺伝子の探索(第37回大会研究発表抄録),鈴木 優志,上出 由希子,永田 典子,關 光,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,2002年
  • 酢酸メバロン酸経路の解析におけるHMG-CoAレダクターゼ遺伝子破壊株の有用性(第37回大会研究発表抄録),上出 由希子,鈴木 優志,永田 典子,佐藤 修正,加藤 友彦,田畑 哲之,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,2002年
  • 酢酸メバロン酸経路と非酢酸メバロン酸経路間の物質のクロストークが植物の生長に及ぼす影響について(第37回大会研究発表抄録),永田 典子,鈴木 優志,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,2002年
  • Effects of lovastatin on amyloplast development of tobacco cultured cells BY-2.,Y Miyazawa,H Kato,M Suzuki,T Muranaka,S Yoshida,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,2002年
  • The study of the mechanism of cell elongation using an inhibitor of 3-hydroxy-3-methyglutaryl-CoA reductase.,M Suzuki,N Nagata,H Kato,Y Kamide,S Yoshida,T Muranaka,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,2002年
  • EB33 本邦で採集されたディルドリン抵抗性チャバネゴキブリの GABA_A 受容体遺伝子の解析,高田 容司,村中 俊哉,江下 優樹,衛生動物,2001年
  • 44 シロイヌナズナの生長に及ぼすHMG-CoAレダクターゼ阻害剤の影響,鈴木 優志,永田 典子,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,2001年
  • 44.シロイヌナズナの生長に及ぼすHMG-CoAレダクターゼ阻害剤の影響(第36回大会研究発表抄録),鈴木 優志,永田 典子,上出 由希子,吉田 茂男,村中 俊哉,植物の生長調節,2001年
  • 8.暗所での光形態形成におけるブラシノステロイドとサイトカイニンの作用(第36回大会研究発表抄録),永田 典子,嶋田 幸久,村中 俊哉,浅見 忠男,吉田 茂男,植物の生長調節,2001年
  • 1107 緑藻Chlorella sp. MK201株とラン藻Synechocystis aquatilis SI-2株の混合培養による光エネルギー利用効率の向上検討,村上 仁一,西出 哲也,村中 俊哉,藏野 憲秀,日本生物工学会大会講演要旨集,1999年
  • 1106 Chlorella sp.の明暗周期培養における暗期のバイオマス低下抑制の試み,西出 哲也,村中 俊哉,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,1999年
  • 1039 軟X線処理により作出にたChlorella sp.色素変異株の特性評価と増殖シミュレーション,村上 仁一,西出 哲也,山田 文博,村中 俊哉,日本生物工学会大会講演要旨集,1999年
  • 501 PCR法を用いた高効率CO_2固定Chlorella sp.の迅速単離法,村中 俊哉,山口 典子,西出 哲也,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,1999年
  • 308 Chlorella sp. の種内および種間における電気的細胞融合,稲福 桂一郎,大城 宜子,宮里 和朋,中村 大助,村中 俊哉,村上 仁一,比嘉 永彦,日本生物工学会大会講演要旨集,1999年
  • 82 糖代謝におけるNPK5プロテインキナーゼの役割,村中 俊哉,Csaba Koncz,町田 泰則,植物化学調節学会 研究発表記録集,1999年
  • 植物の糖・脂質代謝制御に関わるプロテインキナーゼに関する研究,村中 俊哉,植物化学調節学会 研究発表記録集,1999年
  • 82. 糖代謝におけるNPK5プロテインキナーゼの役割,村中 俊哉,KONCZ Casba,町田 泰則,植物の化学調節,1999年
  • タバコプロテインキナーゼNPK5の糖・脂質代謝制御における役割,村中 俊哉,大江田 憲治,町田 泰則,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,1998年12月01日
  • 高温・高二酸化炭素耐性Chlorella sp. の16SリボソーマルRNAに見られた特徴的な配列,村中 俊哉,山口 典子,村上 仁一,日本植物学会大会研究発表記録 = Proceedings of the annual meeting of the Botanical Society of Japan,1998年09月01日
  • 411 新規高効率CO_2固定Chlorella sp.の安定的大量培養のための基礎検討,村中 俊哉,西出 哲也,山田 文博,山口 典子,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,1998年
  • 410 多検体培養システムによる新規高効率CO_2固定緑藻Chlorella sp. MK201の特性評価,西出 哲也,村中 俊哉,山口 典子,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,1998年
  • 409 高温・高CO_2耐性微細藻類の野外からのスクリーニング,山口 典子,西出 哲也,村中 俊哉,村上 仁一,日本生物工学会大会講演要旨集,1998年
  • A TOBACCO NPK5 PROTEIN KINASE FUNCTIONS AS A HMG-COA REDUCTASE KINASE IN PLANT,MURANAKA Toshiya,OEDA Kenji,MACHIDA Yasunori,Plant and cell physiology,1997年03月
  • ヒト・リゾチーム遺伝子の植物への導入と病害抵抗性の付与,中島 寛樹,村中 俊哉,石毛 郁治,阿久津 克己,大江田 憲治,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,1996年08月01日
  • タバコNPK5は脂質代謝制御に係わるプロテインキナーゼか?,村中 俊哉,大江田 憲治,町田 泰則,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,1996年08月01日
  • ラットCYP1A1およびその酵母NADPH-P450還元酵素との融合酵素のタバコ葉緑体への輸送と光合成電子伝達系との相互作用,杉浦 美羽,村中 俊哉,薮崎 義康,大川 秀郎,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,1996年08月
  • 1059 ラン藻Synechococcus sp. PCC7942における炭酸脱水酵素の高発現とカルボキシゾームへの局在化,村上 仁一,山口 典子,村上 裕子,西出 哲也,村中 俊哉,山田 文博,瀧本 善之,日本生物工学会大会講演要旨集,1996年
  • 166 毛状根培養によるスコポラミン連続生産,大川 秀郎,村中 俊哉,日本醗酵工学会大会講演要旨集,1990年
  • 320 分化器官培養による物質生産,村中 俊哉,大川 秀郎,日本醗酵工学会大会講演要旨集,1988年
  • ベラドンナ再分化植物におけるトロパンアルカロイド産生能について,佐藤 文彦,村中 俊哉,山田 康之,植物組織培養,1985年

委員歴

  • 日本学術会議,連携会員,2017年07月 ~ 継続中
  • 学協会,植物化学調節学会,代議員,2016年10月 ~ 2024年09月
  • 学協会,日本ゲノム編集学会,理事,2016年04月 ~ 2022年06月
  • 政府,国立研究開発法人科学技術振興機構,未来社会創造事業 研究開発運営会議委員,2020年11月 ~ 2022年03月
  • 日本植物生理学会,代議員,2018年01月 ~ 2021年12月
  • 日本植物バイオテクノロジー学会,代議員,2018年 ~ 2021年
  • 学協会,日本植物生理学会,学会賞選考委員長,2019年01月 ~ 2019年12月
  • 学協会,日本植物細胞分子生物学会,会長,2016年 ~ 2017年
  • 学協会,日本植物生理学会,PCP 編集実行委員,2012年01月 ~ 2015年12月
  • 日本植物細胞分子生物学会,幹事長,2010年 ~ 2011年
  • 学協会,日本植物生理学会,年会委員長,2020年 ~