EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

鎌田 佳宏

Kamada Yoshihiro

医学系研究科 保健学専攻,教授

keyword 超音波検査,肝代謝,肝線維化,包括脳ネットワーク,アディポネクチン,糖鎖,アディポサイトカイン,非アルコール性脂肪性肝疾患,非アルコール性脂肪肝炎

学歴

  • 1999年06月 ~ 2003年03月,大阪大学大学院医学系研究科
  • 1988年04月 ~ 1995年03月,大阪大学医学部医学科
  • 1985年04月 ~ 1988年03月,灘高等学校

経歴

  • 2021年02月 ~ 継続中,大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻,生体物理工学講座,教授
  • 2014年04月 ~ 2021年01月,大阪大学,大学院医学系研究科 保健学専攻,准教授
  • 2011年07月 ~ 2014年03月,大阪大学,医学(系)研究科(研究院),助教
  • 2009年04月 ~ 2011年06月,大阪大学大学院医学系研究科,消化器内科学,医員
  • 2006年06月 ~ 2009年03月,ウイルス肝炎財団,リサーチレジデント
  • 2005年06月 ~ 2006年05月,大阪大学大学院医学系研究科,消化器内科学,特任研究員
  • 2003年04月 ~ 2005年05月,大阪大学大学院医学系研究科,分子制御内科学,研究生
  • 1999年06月 ~ 2003年03月,大阪大学大学院医学系研究科,生体制御医学,大学院生
  • 1998年06月 ~ 1999年05月,兵庫県立西宮病院,内科,医員
  • 1996年06月 ~ 1998年05月,市立川西病院,内科,医員
  • 1995年05月 ~ 1996年05月,大阪大学医学部附属病院,第二内科,研修医

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,代謝、内分泌学,糖・脂質代謝
  • ライフサイエンス,消化器内科学,超音波診断学
  • ライフサイエンス,消化器内科学,バイオマーカー
  • ライフサイエンス,消化器内科学,肝臓病学

所属学会

  • 日本超音波医学会
  • 日本肥満学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本内科学会
  • 日本癌学会
  • 日本生化学会
  • 日本糖質学会
  • 日本膵臓学会
  • 中性脂肪学会
  • 臨床検査医学会
  • 日本消化器内視鏡学会

論文

  • FIB-4 First in the Diagnostic Algorithm of Metabolic-Dysfunction-Associated Fatty Liver Disease in the Era of the Global Metabodemic.,Yoshio Sumida,Masashi Yoneda,Katsutoshi Tokushige,Miwa Kawanaka,Hideki Fujii,Masato Yoneda,Kento Imajo,Hirokazu Takahashi,Yuichiro Eguchi,Masafumi Ono,Yuichi Nozaki,Hideyuki Hyogo,Masahiro Koseki,Yuichi Yoshida,Takumi Kawaguchi,Yoshihiro Kamada,Takeshi Okanoue,Atsushi Nakajima,Japan Study Group Of Nafld Jsg-Nafld,Life (Basel, Switzerland),Vol. 11,No. 2,2021年02月14日,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of fucosylated haptoglobin-producing cells in pancreatic cancer tissue and its molecular mechanism.,Nami Ito,Momoko Yamada,Koichi Morishita,Satoshi Nojima,Kei Motooka,Natsumi Sakata,Tatsuya Asuka,Ryoji Otsu,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,Soichiro Mori,Hirofumi Akita,Hidetoshi Eguchi,Eiichi Morii,Eiji Miyoshi,Glycoconjugate journal,2021年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Eradication of hepatitis C virus with direct-acting antivirals improves glycemic control in diabetes: A multicenter study.,Hirokazu Takahashi,Takashi Nakahara,Tomomi Kogiso,Kento Imajo,Takaomi Kessoku,Takumi Kawaguchi,Tatsuya Ide,Miwa Kawanaka,Hideyuki Hyogo,Hideki Fujii,Masafumi Ono,Yoshihiro Kamada,Yoshio Sumida,Keizo Anzai,Masahito Shimizu,Takuji Torimura,Atsushi Nakajima,Katsutoshi Tokushige,Kazuaki Chayama,Yuichiro Eguchi,JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology,Vol. 5,No. 2,p. 228-234,2021年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Detection of fucosylated haptoglobin using the 10-7G antibody as a biomarker for evaluating endoscopic remission in ulcerative colitis.,Kei Motooka,Koichi Morishita,Nami Ito,Shinichiro Shinzaki,Taku Tashiro,Satoshi Nojima,Kayoko Shimizu,Mutsuhiro Date,Natsumi Sakata,Momoko Yamada,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,Hideki Iijima,Tsunekazu Mizushima,Eiichi Morii,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,World journal of gastroenterology,Vol. 27,No. 2,p. 162-175,2021年01月14日,研究論文(学術雑誌)
  • Loss of core fucosylation reduces low-density lipoprotein receptor expression in hepatocytes by inducing PCSK9 production.,Yoshihiro Kamada,Akiko Yamamoto,Anna Fujiyoshi,Masahiro Koseki,Koichi Morishita,Tatsuya Asuka,Shinji Takamatsu,Yasushi Sakata,Tetsuo Takehara,Naoyuki Taniguchi,Eiji Miyoshi,Biochemical and biophysical research communications,Vol. 527,No. 3,p. 682-688,2020年06月30日,研究論文(学術雑誌)
  • Serum Mac-2 Binding Protein Levels Associate with Metabolic Parameters and Predict Liver Fibrosis Progression in Subjects with Fatty Liver Disease: A 7-Year Longitudinal Study.,Yoshihiro Kamada,Koichi Morishita,Masahiro Koseki,Mayu Nishida,Tatsuya Asuka,Yukiko Naito,Makoto Yamada,Shinji Takamatsu,Yasushi Sakata,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,Nutrients,Vol. 12,No. 6,2020年06月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Loss of Rab6a in the small intestine causes lipid accumulation and epithelial cell death from lactation.,Ayano Iwaki,Kenta Moriwaki,Tomoaki Sobajima,Manabu Taniguchi,Shin-Ichiro Yoshimura,Masataka Kunii,Satoshi Kanda,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Akihiro Harada,FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology,2020年06月04日,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of the epitope of 10-7G glycan antibody to recognize cancer-associated haptoglobin.,Koichi Morishita,Yuta Maki,Shinji Takamatsu,Nami Ito,Sayaka Koda,Kei Motooka,Yoshihiro Kamada,Yasuhiro Kajihara,Eiji Miyoshi,Analytical biochemistry,Vol. 593,p. 113588-113588,2020年03月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Antidiabetic Therapy in the Treatment of Nonalcoholic Steatohepatitis.,Yoshio Sumida,Masashi Yoneda,Katsutoshi Tokushige,Miwa Kawanaka,Hideki Fujii,Masato Yoneda,Kento Imajo,Hirokazu Takahashi,Yuichiro Eguchi,Masafumi Ono,Yuichi Nozaki,Hideyuki Hyogo,Masahiro Koseki,Yuichi Yoshida,Takumi Kawaguchi,Yoshihiro Kamada,Takeshi Okanoue,Atsushi Nakajima,Japan Study Group Of Nafld Jsg-Nafld,International journal of molecular sciences,Vol. 21,No. 6,2020年03月11日,研究論文(学術雑誌)
  • Dietary Oxysterol, 7-Ketocholesterol Accelerates Hepatic Lipid Accumulation and Macrophage Infiltration in Obese Mice.,Jiuyang Chang,Masahiro Koseki,Ayami Saga,Kotaro Kanno,Tomoaki Higo,Daisuke Okuzaki,Takeshi Okada,Hiroyasu Inui,Katsunao Tanaka,Masumi Asaji,Yinghong Zhu,Yoshihiro Kamada,Masafumi Ono,Toshiji Saibara,Ikuyo Ichi,Tohru Ohama,Makoto Nishida,Shizuya Yamashita,Yasushi Sakata,Frontiers in endocrinology,Vol. 11,p. 614692-614692,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Forkhead Box M1 Transcription Factor Drives Liver Inflammation Linking to Hepatocarcinogenesis in Mice.,Tomohide Kurahashi,Yuichi Yoshida,Satoshi Ogura,Mayumi Egawa,Kunimaro Furuta,Hayato Hikita,Takahiro Kodama,Ryotaro Sakamori,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,I-Ching Wang,Hidetoshi Eguchi,Eiichi Morii,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Vladimir V Kalinichenko,Tomohide Tatsumi,Tetsuo Takehara,Cellular and molecular gastroenterology and hepatology,Vol. 9,No. 3,p. 425-446,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • The Core Fucose on an IgG Antibody is an Endogenous Ligand of Dectin-1.,Yoshiyuki Manabe,Roberta Marchetti,Yohei Takakura,Masahiro Nagasaki,Wataru Nihei,Tomoyuki Takebe,Katsunori Tanaka,Kazuya Kabayama,Fabrizio Chiodo,Shinya Hanashima,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Hari Prasad Dulal,Yoshiki Yamaguchi,Yoshiyuki Adachi,Naohito Ohno,Hiroshi Tanaka,Alba Silipo,Koichi Fukase,Antonio Molinaro,Angewandte Chemie (International ed. in English),Vol. 58,No. 51,p. 18697-18702,2019年12月16日,研究論文(学術雑誌)
  • NASH/脂肪肝から発生する肝細胞癌でも腫瘍マーカーは上昇するか【陽性率はウイルス性肝炎由来の肝細胞癌とよく似ている】,三善 英知,鎌田 佳宏,日本医事新報,(株)日本医事新報社,No. 4991,p. 54-55,2019年12月
  • Functional glycomics: application to medical science and hepatology.,Miyoshi E,Kamada Y,Suzuki T,Hepatol Res,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Liver-specific deletion of Ngly1 causes abnormal nuclear morphology and lipid metabolism under food stress.,Fujihira H,Masahara-Negishi Y,Akimoto Y,Hirayama H,Lee HC,Story BA,Mueller WF,Jakob P,Clauder-Münster S,Steinmetz LM,Radhakrishnan SK,Kawakami H,Kamada Y,Miyoshi E,Yokomizo T,Suzuki T,Biochim Biophys Acta Mol Basis Dis.,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 【NAFLD/NASH診療の現在地】NAFLD/NASHの病態と成因,鎌田 佳宏,三善 英知,竹原 徹郎,消化器の臨床,(株)ヴァンメディカル,Vol. 22,No. 4,p. 271-277,2019年11月
  • Establishment and characterization of a fucosylated α-fetoprotein-specific monoclonal antibody: a potential application for clinical research.,Egashira Y,Suganuma M,Kataoka Y,Higa Y,Ide N,Morishita K,Kamada Y,Gu J,Fukagawa K,Miyoshi E,Sci Rep,Vol. 9,No. 1,p. 12359-12359,2019年08月26日,研究論文(学術雑誌)
  • 膵がん特異的なMac-2bpに対する次世代型糖鎖抗体の作成とその生物学的意義,西野 晋輔,桝田 実花,池田 瞬,高松 真二,鎌田 佳宏,江口 英利,三善 英知,膵臓,日本膵臓学会,Vol. 34,No. 3,p. A218-A218,2019年06月
  • Laboratory tests in liver diseases,Sumida Y,Kamada Y,Iwai M,Kwo PY,Yoneda M,Diagnosis of Liver Diseases 2nd edition,p. 19-34,2019年06月
  • Core fucose is essential glycosylation for CD14-dependent Toll-like receptor 4 and Toll-like receptor 2 signalling in macrophages.,Kotarosumitomo Nakayama,Kana Wakamatsu,Hironobu Fujii,Shinichiro Shinzaki,Shinji Takamatsu,Shinobu Kitazume,Yoshihiro Kamada,Tetsuo Takehara,Naoyuki Taniguchi,Eiji Miyoshi,Journal of biochemistry,Vol. 165,No. 3,p. 227-237,2019年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of fatty pancreas and lifestyle on the development of subclinical chronic pancreatitis in healthy people undergoing a medical checkup.,Makoto Fujii,Yuko Ohno,Makoto Yamada,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Environmental health and preventive medicine,Vol. 24,No. 1,p. 10-10,2019年02月07日,研究論文(学術雑誌)
  • Possible involvement of Enterococcus infection in the pathogenesis of chronic pancreatitis and cancer.,Tomohiro Maekawa,Risako Fukaya,Shinji Takamatsu,Saki Itoyama,Tomoya Fukuoka,Makoto Yamada,Tomoki Hata,Satoshi Nagaoka,Koichi Kawamoto,Hidetoshi Eguchi,Kohei Murata,Takashi Kumada,Toshifumi Ito,Masahiro Tanemura,Kahoko Fujimoto,Yasuhiko Tomita,Toru Tobe,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Biochemical and biophysical research communications,Vol. 506,No. 4,p. 962-969,2018年12月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Haptoglobin phenotype is a critical factor in the use of fucosylated haptoglobin for pancreatic cancer diagnosis.,Koichi Morishita,Nami Ito,Sayaka Koda,Megumi Maeda,Kotarosumitomo Nakayama,Kiyoshi Yoshida,Shinji Takamatsu,Makoto Yamada,Hidetoshi Eguchi,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry,Vol. 487,p. 84-89,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A Data Mining-based Prognostic Algorithm for NAFLD-related Hepatoma Patients: A Nationwide Study by the Japan Study Group of NAFLD.,Kawaguchi T,Tokushige K,Hyogo H,Aikata H,Nakajima T,Ono M,Kawanaka M,Sawada K,Imajo K,Honda K,Takahashi H,Mori K,Tanaka S,Seko Y,Nozaki Y,Kamada Y,Fujii H,Kawaguchi A,Takehara T,Yanase M,Sumida Y,Eguchi Y,Seike M,Yoneda M,Suzuki Y,Saibara T,Karino Y,Chayama K,Hashimoto E,George J,Torimura T,Scientific reports,Vol. 8,No. 1,2018年07月
  • Targeting the mevalonate pathway is a novel therapeutic approach to inhibit oncogenic FoxM1 transcription factor in human hepatocellular carcinoma.,Satoshi Ogura,Yuichi Yoshida,Tomohide Kurahashi,Mayumi Egawa,Kunimaro Furuta,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,Hayato Hikita,Hidetoshi Eguchi,Hisakazu Ogita,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Tomohide Tatsumi,Tetsuo Takehara,Oncotarget,Vol. 9,No. 30,p. 21022-21035,2018年04月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Targeting the mevalonate pathway is a novel therapeutic approach to inhibit oncogenic FoxM1 transcription factor in human hepatocellular carcinoma.,Satoshi Ogura,Yuichi Yoshida,Tomohide Kurahashi,Mayumi Egawa,Kunimaro Furuta,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,Hayato Hikita,Hidetoshi Eguchi,Hisakazu Ogita,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Tomohide Tatsumi,Tetsuo Takehara,Oncotarget,Vol. 9,No. 30,p. 21022-21035,2018年04月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Establishment of an antibody specific for cancer-associated haptoglobin: a possible implication of clinical investigation.,Kimihiro Nishino,Sayaka Koda,Naoya Kataoka,Shinji Takamatsu,Miyako Nakano,Shun Ikeda,Yuka Kamamatsu,Koichi Morishita,Kenta Moriwaki,Hidetoshi Eguchi,Eiko Yamamoto,Fumitaka Kikkawa,Yasuhiko Tomita,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Oncotarget,Vol. 9,No. 16,p. 12732-12744,2018年02月27日,研究論文(学術雑誌)
  • 肥満の及ぼす人体への影響~特にアディポサイトカイン~,鎌田佳宏,三善英知,竹原徹郎,消化器・肝臓内科,2018年02月
  • Serum Wisteria floribunda agglutinin-positive Mac-2-binding protein levels and liver fibrosis: A meta-analysis,Kiyoaki Ito,Kenta Murotani,Yukiomi Nakade,Tadahisa Inoue,Haruhisa Nakao,Yoshio Sumida,Yoshihiro Kamada,Masashi Yoneda,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,WILEY,Vol. 32,No. 12,p. 1922-1930,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Fatty Acid-Mediated Stromal Reprogramming of Pancreatic Stellate Cells Induces Inflammation and Fibrosis That Fuels Pancreatic Cancer,Tomoki Hata,Koichi Kawamoto,Hidetoshi Eguchi,Yoshihiro Kamada,Shinji Takamatsu,Tomohiro Maekawa,Satoshi Nagaoka,Daisaku Yamada,Yoshifumi Iwagami,Tadafumi Asaoka,Takehiro Noda,Hiroshi Wada,Kunihito Gotoh,Atsushi Masamune,Eiji Miyoshi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,PANCREAS,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 46,No. 10,p. 1259-1266,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Use of Mac-2 binding protein as a biomarker for nonalcoholic fatty liver disease diagnosis.,Yoshihiro Kamada,Masafumi Ono,Hideyuki Hyogo,Hideki Fujii,Yoshio Sumida,Makoto Yamada,Kojiroh Mori,Saiyu Tanaka,Tomohiro Maekawa,Yusuke Ebisutani,Akiko Yamamoto,Shinji Takamatsu,Masashi Yoneda,Norifumi Kawada,Kazuaki Chayama,Toshiji Saibara,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,Hepatology communications,Vol. 1,No. 8,p. 780-791,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Increased expression of Forkhead box M1 transcription factor is associated with clinicopathological features and confers a poor prognosis in human hepatocellular carcinoma.,Mayumi Egawa,Yuichi Yoshida,Satoshi Ogura,Tomohide Kurahashi,Takashi Kizu,Kunimaro Furuta,Yoshihiro Kamada,Norihiro Chatani,Mina Hamano,Shinichi Kiso,Hayato Hikita,Tomohide Tatsumi,Hidetoshi Eguchi,Hiroaki Nagano,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Tetsuo Takehara,Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology,Vol. 47,No. 11,p. 1196-1205,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Reevaluation of Pholiota squarrosa lectin-reactive haptoglobin as a pancreatic cancer biomarker using an improved ELISA system,Ken Kusama,Yuki Okamoto,Keiko Saito,Tsukasa Kasahara,Teizo Murata,Yasushi Ueno,Yuka Kobayashi,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,GLYCOCONJUGATE JOURNAL,SPRINGER,Vol. 34,No. 4,p. 537-544,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Use of Mac-2 binding protein as a biomarker for nonalcoholic fatty liver disease diagnosis.,Kamada Y,Ono M,Hyogo H,Fujii H,Sumida Y,Yamada M,Mori K,Tanaka S,Maekawa T,Ebisutani Y,Yamamoto A,Takamatsu S,Yoneda M,Kawada N,Chayama K,Saibara T,Takehara T,Miyoshi E,Japan Study,Group of,Nonalcoholic Fatty Liver Disease,SG‐NAFLD,Hepatol Communications,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Establishment of mouse Mac-2 binding protein enzyme-linked immunosorbent assay and its application for mouse chronic liver disease models,Ayumi Iwata,Yoshihiro Kamada,Yusuke Ebisutani,Akiko Yamamoto,Yui Ueda,Hitomi Arai,Hironobu Fujii,Shinji Takamatsu,Nobuhiro Maruyama,Masahiro Maeda,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,HEPATOLOGY RESEARCH,WILEY,Vol. 47,No. 9,p. 902-909,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of α1,6-fucosyltransferase inhibitors through the diversity-oriented syntheses of GDP-fucose mimics using the coupling between alkyne and sulfonyl azide.,Manabe Y,Kasahara S,Takakura Y,Yang X,Takamatsu S,Kamada Y,Miyoshi E,Yoshidome D,Fukase K,Bioorganic & medicinal chemistry,Vol. 25,No. 11,p. 2844-2850,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel pathogenesis of inflammatory bowel disease from the perspective of glyco-immunology,Shinichiro Shinzaki,Hideki Iijima,Hironobu Fujii,Yoshihiro Kamada,Tetsuji Naka,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,JOURNAL OF BIOCHEMISTRY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 161,No. 5,p. 409-415,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • [Comprehensive analysis of disease-related glycosylation, leading to glyco-therapy].,Eiji Miyoshi,Hironobu Fujii,Shinichiro Shinzaki,Masahiro Tanemura,Yoshihiro Kamada,Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society,Vol. 89,No. 2,p. 264-8,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A glycoproteomic approach to identify novel glycomarkers for cancer stem cells,Atsuko Sawanobori,Kenta Moriwaki,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,PROTEOMICS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 16,No. 24,p. 3073-3080,2016年12月
  • A glycoproteomic approach to identify novel glycomarkers for cancer stem cells,Atsuko Sawanobori,Kenta Moriwaki,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,PROTEOMICS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 16,No. 24,p. 3073-3080,2016年12月
  • Core-fucosylation plays a pivotal role in hepatitis B pseudo virus infection: a possible implication for HBV glycotherapy,Shinji Takamatsu,Mayuka Shimomura,Yoshihiro Kamada,Haruka Maeda,Tomoaki Sobajima,Hayato Hikita,Masumi Iijima,Yuta Okamoto,Ryo Misaki,Kazuhito Fujiyama,Shushi Nagamori,Yoshikatsu Kanai,Tetsuo Takehara,Keiji Ueda,Shun'ichi Kuroda,Eiji Miyoshi,GLYCOBIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 26,No. 11,p. 1180-1189,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Hepatic aberrant glycosylation by N-acetylglucosaminyltransferase V accelerates HDL assembly,Yoshihiro Kamada,Sachiho Kida,Ken-ichi Hirano,Satoshi Yamaguchi,Akira Suzuki,Chikako Hashimoto,Akihiro Kimura,Motoya Sato,Hironobu Fujii,Tomoaki Sobajima,Akiko Yamamoto,Yusuke Ebisutani,Shinji Takamatsu,Shinichiro Shinzaki,Yuichi Yoshida,Makoto Yamada,Hironori Nagasaka,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 311,No. 5,p. G859-G868,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Roles of Mac-2 binding protein in the NASH liver fibrosis progression,Yusuke Ebisutani,Yoshihiro Kamada,Akiko Yamamoto,Shun Ikeda,Hitomi Arai,Ayumi Iwata,Yui Ueda,Anna Fujiyoshi,Kotone Asada,Mayu Nishida,Hironobu Fujii,Shinji Takamatsu,Masafumi Ono,Hideyuki Hyogo,Hideki Fujii,Yoshio Sumida,Kohjiroh Mori,Saiyu Tanaka,Yuichi Yoshida,Yoshito Itoh,Norifumi Kawada,Kazuaki Chayama,Toshiji Saibara,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,HEPATOLOGY,WILEY,Vol. 64,p. 784A-785A,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Application of glycoscience to the early detection of pancreatic cancer,Eiji Miyoshi,Yoshihiro Kamada,CANCER SCIENCE,WILEY-BLACKWELL,Vol. 107,No. 10,p. 1357-1362,2016年10月
  • Establishment of mouse Mac-2 binding protein enzyme-linked immunosorbent assay and its application for mouse chronic liver disease models.,Iwata A,Kamada Y,Ebisutani Y,Yamamoto A,Ueda Y,Arai H,Fujii H,Takamatsu S,Maruyama N,Maeda M,Takehara T,Miyoshi E,Hepatology Research,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Application of glyco-science to the early detection of pancreatic cancer.,Miyoshi E,Kamada Y,Cancer Science,2016年07月
  • Hepatocellular carcinoma in Japanese patients with nonalcoholic fatty liver disease and alcoholic liver disease: multicenter survey,Katsutoshi Tokushige,Hideyuki Hyogo,Tomoaki Nakajima,Masafumi Ono,Takumi Kawaguchi,Koichi Honda,Yuichiro Eguchi,Yuichi Nozaki,Miwa Kawanaka,Saiyu Tanaka,Kento Imajo,Yoshio Sumida,Yoshihiro Kamada,Hideki Fujii,Yasuaki Suzuki,Tomomi Kogiso,Yoshiyasu Karino,Kensuke Munekage,Ryoko Kuromatsu,Satoshi Oeda,Mikio Yanase,Kohjiro Mori,Yuji Ogawa,Yuya Seko,Tetsuo Takehara,Yoshito Itoh,Atsushi Nakajima,Kazuyuki Kanemasa,Ken Nishino,Naohiko Masaki,Hirokazu Takahashi,Masataka Seike,Takuji Torimura,Toshiji Saibara,Joji Toyota,Kazuaki Chayama,Etsuko Hashimoto,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 51,No. 6,p. 586-596,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Site-specific and linkage analyses of fucosylated N-glycans on haptoglobin in sera of patients with various types of cancer: possible implication for the differential diagnosis of cancer,Shiro Takahashi,Taiki Sugiyama,Mayuka Shimomura,Yoshihiro Kamada,Kazutoshi Fujita,Norio Nonomura,Eiji Miyoshi,Miyako Nakano,GLYCOCONJUGATE JOURNAL,SPRINGER,Vol. 33,No. 3,p. 471-482,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of plasma transaminase levels on the peripheral blood glutamate levels and memory functions in healthy subjects,Yoshihiro Kamada,Ryota Hashimoto,Hidenaga Yamamori,Yuka Yasuda,Tetsuo Takehara,Yuko Fujita,Kenji Hashimoto,Eiji Miyoshi,BBA Clinical,Elsevier B.V.,Vol. 5,p. 101-107,2016年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Core Fucosylation on T Cells, Required for Activation of T-Cell Receptor Signaling and Induction of Colitis in Mice, Is Increased in Patients With Inflammatory Bowel Disease,Hironobu Fujii,Shinichiro Shinzaki,Hideki Iijima,Kana Wakamatsu,Chizuru Iwamoto,Tomoaki Sobajima,Ryusuke Kuwahara,Satoshi Hiyama,Yoshito Hayashi,Shinji Takamatsu,Naofumi Uozumi,Yoshihiro Kamada,Masahiko Tsujii,Naoyuki Taniguchi,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,GASTROENTEROLOGY,W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC,Vol. 150,No. 7,p. 1620-1632,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Site-specific and linkage analyses of fucosylated N-glycans on haptoglobin in sera of patients with various types of cancer: possible implication for the differential diagnosis of cancer,Shiro Takahashi,Taiki Sugiyama,Mayuka Shimomura,Yoshihiro Kamada,Kazutoshi Fujita,Norio Nonomura,Eiji Miyoshi,Miyako Nakano,GLYCOCONJUGATE JOURNAL,SPRINGER,Vol. 33,No. 3,p. 471-482,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Hepatocellular carcinoma in Japanese patients with nonalcoholic fatty liver disease and alcoholic liver disease: multicenter survey,Katsutoshi Tokushige,Hideyuki Hyogo,Tomoaki Nakajima,Masafumi Ono,Takumi Kawaguchi,Koichi Honda,Yuichiro Eguchi,Yuichi Nozaki,Miwa Kawanaka,Saiyu Tanaka,Kento Imajo,Yoshio Sumida,Yoshihiro Kamada,Hideki Fujii,Yasuaki Suzuki,Tomomi Kogiso,Yoshiyasu Karino,Kensuke Munekage,Ryoko Kuromatsu,Satoshi Oeda,Mikio Yanase,Kohjiro Mori,Yuji Ogawa,Yuya Seko,Tetsuo Takehara,Yoshito Itoh,Atsushi Nakajima,Kazuyuki Kanemasa,Ken Nishino,Naohiko Masaki,Hirokazu Takahashi,Masataka Seike,Takuji Torimura,Toshiji Saibara,Joji Toyota,Kazuaki Chayama,Etsuko Hashimoto,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 51,No. 6,p. 586-596,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Serum Mac-2 binding protein is a novel biomarker for chronic pancreatitis.,Tomohiro Maekawa,Yoshihiro Kamada,Yusuke Ebisutani,Makiko Ueda,Tomoki Hata,Koichi Kawamoto,Shinji Takamatsu,Kayo Mizutani,Mayuka Shimomura,Tomoaki Sobajima,Hironobu Fujii,Kotarosumitomo Nakayama,Kimihiro Nishino,Makoto Yamada,Takashi Kumada,Toshifumi Ito,Hidetoshi Eguchi,Hiroaki Nagano,Eiji Miyoshi,World journal of gastroenterology,Vol. 22,No. 17,p. 4403-10,2016年05月07日,研究論文(学術雑誌)
  • N-Acetylglucosaminyltransferase V exacerbates murine colitis with macrophage dysfunction and enhances colitic tumorigenesis,Shinichiro Shinzaki,Mayuko Ishii,Hironobu Fujii,Hideki Iijima,Kana Wakamatsu,Shoichiro Kawai,Eri Shiraishi,Satoshi Hiyama,Takahiro Inoue,Yoshito Hayashi,Ryusuke Kuwahara,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,Eiichi Morii,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 51,No. 4,p. 357-369,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Role of aberrant IgG glycosylation in the pathogenesis of inflammatory bowel disease,Eiji Miyoshi,Shinichiro Shinzaki,Hironobu Fujii,Hideki Iijima,Yoshihiro Kamada,Tetsuo Takehara,PROTEOMICS CLINICAL APPLICATIONS,WILEY-V C H VERLAG GMBH,Vol. 10,No. 4,p. 384-390,2016年04月
  • Gab1 Adaptor Protein Acts As a Gatekeeper to Balance Hepatocyte Death and Proliferation During Acetaminophen-Induced Liver Injury in Mice,Kunimaro Furuta,Yuichi Yoshida,Satoshi Ogura,Tomohide Kurahashi,Takashi Kizu,Shinichiro Maeda,Mayumi Egawa,Norihiro Chatani,Keigo Nishida,Yoshikazu Nakaoka,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY,Vol. 63,No. 4,p. 1340-1355,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Gab1 Adaptor Protein Acts As a Gatekeeper to Balance Hepatocyte Death and Proliferation During Acetaminophen-Induced Liver Injury in Mice,Kunimaro Furuta,Yuichi Yoshida,Satoshi Ogura,Tomohide Kurahashi,Takashi Kizu,Shinichiro Maeda,Mayumi Egawa,Norihiro Chatani,Keigo Nishida,Yoshikazu Nakaoka,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY,Vol. 63,No. 4,p. 1340-1355,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Role of aberrant IgG glycosylation in the pathogenesis of inflammatory bowel disease,Eiji Miyoshi,Shinichiro Shinzaki,Hironobu Fujii,Hideki Iijima,Yoshihiro Kamada,Tetsuo Takehara,PROTEOMICS CLINICAL APPLICATIONS,WILEY-V C H VERLAG GMBH,Vol. 10,No. 4,p. 384-390,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • N-Acetylglucosaminyltransferase V exacerbates murine colitis with macrophage dysfunction and enhances colitic tumorigenesis,Shinichiro Shinzaki,Mayuko Ishii,Hironobu Fujii,Hideki Iijima,Kana Wakamatsu,Shoichiro Kawai,Eri Shiraishi,Satoshi Hiyama,Takahiro Inoue,Yoshito Hayashi,Ryusuke Kuwahara,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,Eiichi Morii,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 51,No. 4,p. 357-369,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Ectopic expression of N-acetylglucosaminyltransferase V accelerates hepatic triglyceride synthesis,Yoshihiro Kamada,Yusuke Ebisutani,Sachiho Kida,Kayo Mizutani,Maaya Akita,Akiko Yamamoto,Hironobu Fujii,Tomoaki Sobajima,Naoko Terao,Shinji Takamatsu,Yuichi Yoshida,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,HEPATOLOGY RESEARCH,WILEY-BLACKWELL,Vol. 46,No. 3,p. E118-E129,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Specific increase in serum core-fucosylated haptoglobin in patients with chronic pancreatitis,Makiko Ueda,Yoshihiro Kamada,Shinji Takamatsu,Mayuka Shimomura,Tomohiro Maekawa,Tomoaki Sobajima,Hironobu Fujii,Kotarosumitomo Nakayama,Kimihiro Nishino,Makoto Yamada,Yuka Kobayashi,Takashi Kumada,Toshifumi Ito,Hidetoshi Eguchi,Hiroaki Nagano,Eiji Miyoshi,PANCREATOLOGY,KARGER,Vol. 16,No. 2,p. 238-243,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Roles of fucosyltransferases in cancer phenotypes,Eiji Miyoshi,Naofumi Uozumi,Tomoaki Sobajima,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,Glycosignals in Cancer: Mechanisms of Malignant Phenotypes,Springer Japan,p. 3-16,2016年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Elevation of CA19-9-Related Novel Marker, Core 1 Sialyl Lewis A, in Sera of Adenocarcinoma Patients Verified by a SRM-Based Method,Miki Tanaka-Okamoto,Masahiko Yabu,Mikio Mukai,Hidenori Takahashi,Yoshiyuki Fujiwara,Masayuki Ohue,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Yasuhide Miyamoto,JOURNAL OF PROTEOME RESEARCH,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 15,No. 1,p. 152-165,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Core-fucosylation plays a pivotal role in hepatitis B pseudo virus infection: A possible implication for HBV glycotherapy,Shinji Takamatsu,Mayuka Shimomura,Yoshihiro Kamada,Haruka Maeda,Tomoaki Sobajima,Hayato Hikita,Masumi Iijima,Yuta Okamoto,Ryo Misaki,Kazuhito Fujiyama,Shushi Nagamori,Yoshikatsu Kanai,Tetsuo Takehara,Keiji Ueda,Shun'ichi Kuroda,Eiji Miyoshi,Glycobiology,Oxford University Press,Vol. 26,No. 11,p. 1180-1189,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Specific increase in serum core-fucosylated haptoglobin in patients with chronic pancreatitis.,Ueda M,Kamada Y,lly contributed,Takamatsu S,Shimomura M,Maekawa T,Sobajima T,Fujii H,Nakayama K,Nishino K,Yamada M,Kobayashi Y,Kumada T,Ito T,Eguchi H,Nagano H,Miyoshi E,Pancreatology,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Elevation of CA19-9-Related Novel Marker, Core 1 Sialyl Lewis A, in Sera of Adenocarcinoma Patients Verified by a SRM-Based Method,Miki Tanaka-Okamoto,Masahiko Yabu,Mikio Mukai,Hidenori Takahashi,Yoshiyuki Fujiwara,Masayuki Ohue,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Yasuhide Miyamoto,JOURNAL OF PROTEOME RESEARCH,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 15,No. 1,p. 152-165,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel noninvasive diagnostic method for nonalcoholic steatohepatitis using two glycobiomarkers,Yoshihiro Kamada,Masafumi Ono,Hideyuki Hyogo,Hideki Fujii,Yoshio Sumida,Kojiroh Mori,Saiyu Tanaka,Makoto Yamada,Maaya Akita,Kayo Mizutani,Hironobu Fujii,Akiko Yamamoto,Shinji Takamatsu,Yuichi Yoshida,Yoshito Itoh,Norifumi Kawada,Kazuaki Chayama,Toshiji Saibara,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 62,No. 5,p. 1433-1443,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Secreted frizzled-related protein 5 (Sfrp5) decreases hepatic stellate cell activation and liver fibrosis,Norihiro Chatani,Yoshihiro Kamada,Takashi Kizu,Satoshi Ogura,Kunimaro Furuta,Mayumi Egawa,Mina Hamano,Hisao Ezaki,Shinichi Kiso,Akihiko Shimono,Noriyuki Ouchi,Yuichi Yoshida,Tetsuo Takehara,LIVER INTERNATIONAL,WILEY-BLACKWELL,Vol. 35,No. 8,p. 2017-2026,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Value of fetuin-A as a predictor of liver fibrosis in patients with nonalcoholic fatty liver disease. Author's reply,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,LIVER INTERNATIONAL,WILEY-BLACKWELL,Vol. 35,No. 8,p. 2062-2062,2015年08月
  • Value of fetuin-A as a predictor of liver fibrosis in patients with nonalcoholic fatty liver disease. Author's reply,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,LIVER INTERNATIONAL,WILEY-BLACKWELL,Vol. 35,No. 8,p. 2062-2062,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Secreted frizzled-related protein 5 (Sfrp5) decreases hepatic stellate cell activation and liver fibrosis,Norihiro Chatani,Yoshihiro Kamada,Takashi Kizu,Satoshi Ogura,Kunimaro Furuta,Mayumi Egawa,Mina Hamano,Hisao Ezaki,Shinichi Kiso,Akihiko Shimono,Noriyuki Ouchi,Yuichi Yoshida,Tetsuo Takehara,LIVER INTERNATIONAL,WILEY-BLACKWELL,Vol. 35,No. 8,p. 2017-2026,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Establishment of a novel lectin-antibody ELISA system to determine core-fucosylated haptoglobin,Mayuka Shimomura,Kotarosumitomo Nakayama,Kanako Azuma,Naoko Terao,Kimihiro Nishino,Shinji Takamatsu,Miyako Nakano,Shiro Takahashi,Yuka Kobayashi,Kohei Murata,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,CLINICA CHIMICA ACTA,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 446,p. 30-36,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Ectopic expression of N-acetylglucosaminyl transferase V (GnT-V) accelerates hepatic triglyceride synthesis.,Kamada Y,Ebisutani Y,Kida S,Mizutani K,Akita M,Yamamoto A,Fujii H,Sobajima T,Terao N,Takamatsu S,Yoshida Y,Takehara T,Miyoshi E,Hepatology Research,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Establishment of a novel lectin-antibody ELISA system to determine core-fucosylated haptoglobin,Mayuka Shimomura,Kotarosumitomo Nakayama,Kanako Azuma,Naoko Terao,Kimihiro Nishino,Shinji Takamatsu,Miyako Nakano,Shiro Takahashi,Yuka Kobayashi,Kohei Murata,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,CLINICA CHIMICA ACTA,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 446,p. 30-36,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • N-Acetylglucosaminyltransferase V exacerbates concanavalin A-induced hepatitis in mice,Yoshihiro Kamada,Motoya Sato,Sachiho Kida,Maaya Akita,Kayo Mizutani,Hironobu Fujii,Tomoaki Sobajima,Yuichi Yoshida,Shinichiro Shinzaki,Shinji Takamatsu,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,MOLECULAR MEDICINE REPORTS,SPANDIDOS PUBL LTD,Vol. 11,No. 5,p. 3573-3584,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • N-Acetylglucosaminyltransferase V exacerbates concanavalin A-induced hepatitis in mice,Yoshihiro Kamada,Motoya Sato,Sachiho Kida,Maaya Akita,Kayo Mizutani,Hironobu Fujii,Tomoaki Sobajima,Yuichi Yoshida,Shinichiro Shinzaki,Shinji Takamatsu,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,MOLECULAR MEDICINE REPORTS,SPANDIDOS PUBL LTD,Vol. 11,No. 5,p. 3573-3584,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Fucosylation is a common glycosylation type in pancreatic cancer stem cell-like phenotypes,Naoko Terao,Shinji Takamatsu,Tomomi Minehira,Tomoaki Sobajima,Kotarosumitomo Nakayama,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,BAISHIDENG PUBLISHING GROUP INC,Vol. 21,No. 13,p. 3876-3887,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Loss of Gab1 adaptor protein in hepatocytes aggravates experimental liver fibrosis in mice,Takashi Kizu,Yuichi Yoshida,Kunimaro Furuta,Satoshi Ogura,Mayumi Egawa,Norihiro Chatani,Mina Hamano,Takayo Takemura,Hisao Ezaki,Yoshihiro Kamada,Keigo Nishida,Yoshikazu Nakaoka,Shinichi Kiso,Tetsuo Takehara,AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 308,No. 7,p. G613-G624,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Fucosylation is a common glycosylation type in pancreatic cancer stem cell-like phenotypes,Naoko Terao,Shinji Takamatsu,Tomomi Minehira,Tomoaki Sobajima,Kotarosumitomo Nakayama,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,BAISHIDENG PUBLISHING GROUP INC,Vol. 21,No. 13,p. 3876-3887,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Fetuin-A negatively correlates with liver and vascular fibrosis in nonalcoholic fatty liver disease subjects,Motoya Sato,Yoshihiro Kamada,Yuri Takeda,Sachiho Kida,Yuka Ohara,Hironobu Fujii,Maaya Akita,Kayo Mizutani,Yuichi Yoshida,Makoto Yamada,Hidetaka Hougaku,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,LIVER INTERNATIONAL,WILEY-BLACKWELL,Vol. 35,No. 3,p. 925-935,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Fetuin-A negatively correlates with liver and vascular fibrosis in nonalcoholic fatty liver disease subjects,Motoya Sato,Yoshihiro Kamada,Yuri Takeda,Sachiho Kida,Yuka Ohara,Hironobu Fujii,Maaya Akita,Kayo Mizutani,Yuichi Yoshida,Makoto Yamada,Hidetaka Hougaku,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,LIVER INTERNATIONAL,WILEY-BLACKWELL,Vol. 35,No. 3,p. 925-935,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Loss of α1,6-fucosyltransferase suppressed liver regeneration: implication of core fucose in the regulation of growth factor receptor-mediated cellular signaling.,Wang Y,Fukuda T,Isaji T,Lu J,Gu W,Lee HH,Ohkubo Y,Kamada Y,Taniguchi N,Miyoshi E, Gu J,Science Reports,Vol. 5,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Hepatosteatosis and Primary Hepatoma,Eiji Miyoshi,Yoshihiro Kamada,Glycoscience: Biology and Medicine,Springer Japan,p. 1365-1371,2015年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Serum fucosylated haptoglobin in chronic liver diseases as a potential biomarker of hepatocellular carcinoma development,Hitomi Asazawa,Yoshihiro Kamada,Yuri Takeda,Shinji Takamatsu,Shinichiro Shinzaki,Youkoku Kim,Riichiro Nezu,Noriyoshi Kuzushita,Eiji Mita,Michio Kato,Eiji Miyoshi,CLINICAL CHEMISTRY AND LABORATORY MEDICINE,WALTER DE GRUYTER GMBH,Vol. 53,No. 1,p. 95-102,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Serum fucosylated haptoglobin in chronic liver diseases as a potential biomarker of hepatocellular carcinoma development,Hitomi Asazawa,Yoshihiro Kamada,Yuri Takeda,Shinji Takamatsu,Shinichiro Shinzaki,Youkoku Kim,Riichiro Nezu,Noriyoshi Kuzushita,Eiji Mita,Michio Kato,Eiji Miyoshi,CLINICAL CHEMISTRY AND LABORATORY MEDICINE,WALTER DE GRUYTER GMBH,Vol. 53,No. 1,p. 95-102,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of Sialylated Glycoproteins in Doxorubicin-Treated Hepatoma Cells with Glycoproteomic Analyses,Kanako Azuma,Satoshi Serada,Shinji Takamatsu,Naoko Terao,Shunsaku Takeishi,Yoshihiro Kamada,Tetsuji Naka,Eiji Miyoshi,JOURNAL OF PROTEOME RESEARCH,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 13,No. 11,p. 4869-4877,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of Sialylated Glycoproteins in Doxorubicin-Treated Hepatoma Cells with Glycoproteomic Analyses,Kanako Azuma,Satoshi Serada,Shinji Takamatsu,Naoko Terao,Shunsaku Takeishi,Yoshihiro Kamada,Tetsuji Naka,Eiji Miyoshi,JOURNAL OF PROTEOME RESEARCH,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 13,No. 11,p. 4869-4877,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Pancreatic Fatty Degeneration and Fibrosis as Predisposing Factors for the Development of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma,Yasuhiko Tomita,Kanako Azuma,Yuji Nonaka,Yoshihiro Kamada,Miki Tomoeda,Mioka Kishida,Masahiro Tanemura,Eiji Miyoshi,PANCREAS,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 43,No. 7,p. 1032-1041,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Twin studies on the effect of genetic factors on serum agalactosyl immunoglobulin G levels.,Azuma K,Shinzaki S,Asazawa H,Kuroki E,Kawamoto S,Kamada Y,Hayakawa K,Miyoshi E,Biomedical reports,Vol. 2,No. 2,p. 213-216,2014年03月
  • Lipid overloading during liver regeneration causes delayed hepatocyte DNA replication by increasing ER stress in mice with simple hepatic steatosis,Mina Hamano,Hisao Ezaki,Shinichi Kiso,Kunimaro Furuta,Mayumi Egawa,Takashi Kizu,Norihiro Chatani,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Tetsuo Takehara,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 49,No. 2,p. 305-316,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Pancreatic fatty degeneration and fibrosis as predisposing factors for the development of pancreatic ductal adenocarcinoma,Yasuhiko Tomita,Kanako Azuma,Yuji Nonaka,Yoshihiro Kamada,Miki Tomoeda,Mioka Kishida,Masahiro Tanemura,Eiji Miyoshi,Pancreas,Lippincott Williams and Wilkins,Vol. 43,No. 7,p. 1032-1041,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • NAFLDの診断と検査法のupdate,鎌田佳宏,三善英知,竹原徹郎,日本消化器病学会雑誌,Vol. 111,No. 1,p. 25-34,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Novel effect of ezetimibe to inhibit the development of non-alcoholic fatty liver disease in Fatty Liver Shionogi mouse,Xiang Wang,Ken Sugimoto,Tomomi Fujisawa,Nobuyasu Shindo,Satomi Minato,Yoshihiro Kamada,Mina Hamano,Mitsuru Ohishi,Hiroshi Ikegami,Hiromi Rakugi,HEPATOLOGY RESEARCH,WILEY-BLACKWELL,Vol. 44,No. 1,p. 102-113,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Serum Mac-2 binding protein levels as a novel diagnostic biomarker for prediction of disease severity and nonalcoholic steatohepatitis,Yoshihiro Kamada,Hideki Fujii,Hironobu Fujii,Yoshiyuki Sawai,Yoshinori Doi,Naofumi Uozumi,Kayo Mizutani,Maaya Akita,Motoya Sato,Sachiho Kida,Noriaki Kinoshita,Nobuhiro Maruyama,Takayuki Yakushijin,Masanori Miyazaki,Hisao Ezaki,Naoki Hiramatsu,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Yasuharu Imai,Norifumi Kawada,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,PROTEOMICS CLINICAL APPLICATIONS,WILEY-V C H VERLAG GMBH,Vol. 7,No. 9-10,p. 648-656,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Conditional loss of heparin-binding EGF-like growth factor results in enhanced liver fibrosis after bile duct ligation in mice,Takayo Takemura,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Takashi Kizu,Kunimaro Furuta,Hisao Ezaki,Mina Hamano,Mayumi Egawa,Norihiro Chatani,Yoshihiro Kamada,Yasuharu Imai,Shigeki Higashiyama,Ryo Iwamoto,Eisuke Mekada,Tetsuo Takehara,Biochemical and Biophysical Research Communications,Vol. 437,No. 2,p. 185-191,2013年07月26日,研究論文(学術雑誌)
  • Mutation of GDP-Mannose-4,6-Dehydratase in Colorectal Cancer Metastasis,Kotarosumitomo Nakayama,Kenta Moriwaki,Taku Imai,Shinichiro Shinzaki,Yoshihiro Kamada,Kohei Murata,Eiji Miyoshi,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 8,No. 7,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 糖鎖がんマーカー,三善英知,鎌田佳宏,魚住尚史,実験医学,2013年06月
  • Conditional knockout of heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor in the liver accelerates carbon tetrachloride-induced liver injury in mice,Takayo Takemura,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Yukiko Saji,Hisao Ezaki,Mina Hamano,Takashi Kizu,Mayumi Egawa,Norihiro Chatani,Kunimaro Furuta,Yoshihiro Kamada,Ryo Iwamoto,Eisuke Mekada,Shigeki Higashiyama,Norio Hayashi,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY RESEARCH,WILEY-BLACKWELL,Vol. 43,No. 4,p. 384-393,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Pitavastatin ameliorated the progression of steatohepatitis in ovariectomized mice fed a high fat and high cholesterol diet,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Yuichi Yoshida,Norihiro Chatani,Takashi Kizu,Mina Hamano,Mayumi Egawa,Takayo Takemura,Hisao Ezaki,Kunimaro Furuta,Norio Hayashi,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY RESEARCH,WILEY-BLACKWELL,Vol. 43,No. 4,p. 401-412,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Adiponectin negatively correlates with alcoholic and non-alcoholic liver dysfunction: Health check-up study of Japanese men,Mina Hamano,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Kunimaro Furuta,Takashi Kizu,Norihiro Chatani,Mayumi Egawa,Takayo Takemura,Hisao Ezaki,Yuichi Yoshida,Kenji Watabe,Toshimitsu Hamasaki,Miyuki Umeda,Aiko Furubayashi,Kazuo Kinoshita,Osamu Kishida,Takashi Fujimoto,Akira Yamada,Yoshifumi Tsukamoto,Shusaku Tsutsui,Tetsuo Takehara,Norio Hayashi,Yuji Matsuzawa,HEPATOLOGY RESEARCH,WILEY-BLACKWELL,Vol. 43,No. 3,p. 238-248,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Reevaluation of a lectin antibody ELISA kit for measuring fucosylated haptoglobin in various conditions,Yoshihiro Kamada,Noriaki Kinoshita,Yoko Tsuchiya,Kyoko Kobayashi,Hironobu Fujii,Naoko Terao,Kyoko Kamihagi,Nobuto Koyama,Shin Yamada,Yataro Daigo,Yusuke Nakamura,Naoyuki Taniguchi,Eiji Miyoshi,CLINICA CHIMICA ACTA,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 417,p. 48-53,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Lectin-based immunoassay for aberrant IgG glycosylation as the biomarker for Crohn's disease,Shinichiro Shinzaki,Eri Kuroki,Hideki Iijima,Norika Tatsunaka,Mayuko Ishii,Hironobu Fujii,Yoshihiro Kamada,Taku Kobayashi,Narihiro Shibukawa,Takahiro Inoue,Masahiko Tsujii,Shunsaku Takeishi,Tsunekazu Mizushima,Atsushi Ogata,Tetsuji Naka,Scott E. Plevy,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,Inflammatory Bowel Diseases,2,Vol. 19,No. 2,p. 321-331,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Serum Fucosylated Haptoglobin as a Novel Diagnostic Biomarker for Predicting Hepatocyte Ballooning and Nonalcoholic Steatohepatitis.,Yoshihiro Kamada,Maaya Akita,Yuri Takeda,Shin Yamada,Hideki Fujii,Yoshiyuki Sawai,Yoshinori Doi,Hitomi Asazawa,Kotarosumitomo Nakayama,Kayo Mizutani,Hironobu Fujii,Takayuki Yakushijin,Masanori Miyazaki,Hisao Ezaki,Naoki Hiramatsu,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Yasuharu Imai,Norifumi Kawada,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,PloS one,Vol. 8,No. 6,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Physiological roles of N-acetylglucosaminyltransferase V (GnT-V) in mice,Eiji Miyoshi,Mika Terao,Yoshihiro Kamada,BMB REPORTS,KOREAN SOCIETY BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY,Vol. 45,No. 10,p. 554-559,2012年10月,研究論文(学術雑誌)
  • N-Acetylglucosaminyltransferase V regulates TGF-β response in hepatic stellate cells and the progression of steatohepatitis.,Kamada Y,Mori K,Matsumoto H,Kiso S,Yoshida Y,Shinzaki S,Hiramatsu N,Ishii M,Moriwaki K,Kawada N,Takehara T,Miyoshi E,Glycobiology,6,Vol. 22,No. 6,p. 778-787,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of Polarized Secretion of Fucosylated Alpha-Fetoprotein in HepG2 Cells,Tsutomu Nakagawa,Kenta Moriwaki,Naoko Terao,Takatoshi Nakagawa,Yasuhide Miyamoto,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,JOURNAL OF PROTEOME RESEARCH,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 11,No. 5,p. 2798-2806,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Protective role of adiponectin against ethanol-induced gastric injury in mice,Shunsuke Yamamoto,Kenji Watabe,Hiroshi Araki,Yoshihiro Kamada,Motohiko Kato,Takashi Kizu,Shinichi Kiso,Shusaku Tsutsui,Masahiko Tsujii,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,Tetsuo Takehara,AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 302,No. 8,p. G773-G780,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Fucosylation is a promising target for cancer diagnosis and therapy,Eiji Miyoshi,Kenta Moriwaki,Naoko Terao,Cheng-Cheng Tan,Mika Terao,Tsutomu Nakagawa,Hitoshi Matsumoto,Shinichiro Shinzaki,Yoshihiro Kamada,Biomolecules,MDPI AG,Vol. 2,No. 1,p. 34-45,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Association of low serum adiponectin levels with erosive esophagitis in men: an analysis of 2405 subjects undergoing physical check-ups,Motohiko Kato,Kenji Watabe,Toshimitsu Hamasaki,Miyuki Umeda,Aiko Furubayashi,Kazuo Kinoshita,Osamu Kishida,Takashi Fujimoto,Akira Yamada,Yoshifumi Tsukamoto,Shunsuke Yamamoto,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Shusaku Tsutsui,Shinji Kihara,Norio Hayashi,Yuji Matsuzawa,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER TOKYO,Vol. 46,No. 12,p. 1361-1367,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Association of low serum adiponectin levels with erosive esophagitis in men: an analysis of 2405 subjects undergoing physical check-ups,Motohiko Kato,Kenji Watabe,Toshimitsu Hamasaki,Miyuki Umeda,Aiko Furubayashi,Kazuo Kinoshita,Osamu Kishida,Takashi Fujimoto,Akira Yamada,Yoshifumi Tsukamoto,Shunsuke Yamamoto,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Shusaku Tsutsui,Shinji Kihara,Norio Hayashi,Yuji Matsuzawa,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER TOKYO,Vol. 46,No. 12,p. 1361-1367,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Estrogen deficiency worsens steatohepatitis in mice fed high-fat and high-cholesterol diet,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Yuichi Yoshida,Norihiro Chatani,Takashi Kizu,Mina Hamano,Mayumi Tsubakio,Takayo Takemura,Hisao Ezaki,Norio Hayashi,Tetsuo Takehara,AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 301,No. 6,p. G1031-G1043,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Pitavastatin administration ameliorated the progression of steatohepatitis in ovariectomized mice fed with high fat and high cholesterol diet.,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Yuichi Yoshida,Norihiro Chatani,Takashi Kizu,Mina Hamano,Mayumi Tsubakio,Takayo Takemura,Hisao Ezaki,Norio Hayashi,Tetsuo Takehara,2011年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Enhanced Epithelial-Mesenchymal Transition-like Phenotype in N-Acetylglucosaminyltransferase V Transgenic Mouse Skin Promotes Wound Healing,Mika Terao,Akiko Ishikawa,Susumu Nakahara,Akihiro Kimura,Arisa Kato,Kenta Moriwaki,Yoshihiro Kamada,Hiroyuki Murota,Naoyuki Taniguchi,Ichiro Katayama,Eiji Miyoshi,JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY,AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC,Vol. 286,No. 32,p. 28303-28311,2011年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Lower Serum Level of Adiponectin Is Associated with Increased Risk of Endoscopic Erosive Gastritis,Shunsuke Yamamoto,Kenji Watabe,Shusaku Tsutsui,Shinichi Kiso,Toshimitsu Hamasaki,Motohiko Kato,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Shinji Kihara,Miyuki Umeda,Aiko Furubayashi,Kazuo Kinoshita,Osamu Kishida,Takashi Fujimoto,Akira Yamada,Yoshifumi Tsukamoto,Norio Hayashi,Yuji Matsuzawa,DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES,SPRINGER,Vol. 56,No. 8,p. 2354-2360,2011年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Lower Serum Level of Adiponectin Is Associated with Increased Risk of Endoscopic Erosive Gastritis,Shunsuke Yamamoto,Kenji Watabe,Shusaku Tsutsui,Shinichi Kiso,Toshimitsu Hamasaki,Motohiko Kato,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Shinji Kihara,Miyuki Umeda,Aiko Furubayashi,Kazuo Kinoshita,Osamu Kishida,Takashi Fujimoto,Akira Yamada,Yoshifumi Tsukamoto,Norio Hayashi,Yuji Matsuzawa,DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES,SPRINGER,Vol. 56,No. 8,p. 2354-2360,2011年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced Epithelial-Mesenchymal Transition-like Phenotype in N-Acetylglucosaminyltransferase V Transgenic Mouse Skin Promotes Wound Healing,Mika Terao,Akiko Ishikawa,Susumu Nakahara,Akihiro Kimura,Arisa Kato,Kenta Moriwaki,Yoshihiro Kamada,Hiroyuki Murota,Naoyuki Taniguchi,Ichiro Katayama,Eiji Miyoshi,JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY,AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC,Vol. 286,No. 32,p. 28303-28311,2011年08月,研究論文(学術雑誌)
  • メタボリックシンドローム、低アディポネクチン血症と病態,鎌田佳宏,メタボリックシンドローム―低アディポネクチン血症と動脈硬化学,2011年04月
  • アディポサイトカイン,鎌田佳宏,カレントテラピー,2010年12月
  • Estrogen deficiency enhanced the progression of steatohepatitis with increased macrophage infiltration in mice fed with high fat and high cholesterol diet.,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Yuichi Yoshida,Hisao Ezaki,Takayo Takemura,Mina Hamano,Norihiro Chatani,Takashi Kizu,Mayumi Tsubakio,Norio Hayashi,2010年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Adipocytokine regulation in steatohepatitis,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Tetsuo Takehara,Norio Hayashi,2010年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • エストロゲン欠乏状態(閉経後)における高コレステロール血症のNASH病態進展への関与,鎌田佳宏,木曽真一,林 紀夫,2010年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Lack of adiponectin promotes formation of cholesterol gallstones in mice,Hideharu Ogiyama,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Hiroshi Araki,Takuya Yamada,Tamao Nishihara,Kenji Watabe,Yoshihiro Tochino,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Keishi Kanno,Iichiro Shimomura,Shusaku Tsutsui,Susumu Tazuma,Norio Hayashi,BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 399,No. 3,p. 352-358,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Lack of adiponectin promotes formation of cholesterol gallstones in mice,Hideharu Ogiyama,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Hiroshi Araki,Takuya Yamada,Tamao Nishihara,Kenji Watabe,Yoshihiro Tochino,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Keishi Kanno,Iichiro Shimomura,Shusaku Tsutsui,Susumu Tazuma,Norio Hayashi,BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 399,No. 3,p. 352-358,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Adiponectin deficiency enhanced the severity of cerulein-induced chronic pancreatitis in mice,Takuya Yamada,Hiroshi Araki,Kenji Watabe,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Hideharu Ogiyama,Tamao Nishihara,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Shusaku Tsutsui,Norio Hayashi,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER TOKYO,Vol. 45,No. 7,p. 742-749,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Adiponectin deficiency enhanced the severity of cerulein-induced chronic pancreatitis in mice,Takuya Yamada,Hiroshi Araki,Kenji Watabe,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Hideharu Ogiyama,Tamao Nishihara,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Shusaku Tsutsui,Norio Hayashi,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER TOKYO,Vol. 45,No. 7,p. 742-749,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • NASHとアディポネクチン,鎌田佳宏,アディポサイエンス,2010年04月
  • リジン尿性タンパク不耐症(lysinuric protein intolerance: LPI)の1例とその病態解析,鎌田佳宏,木曽真一,林 紀夫,第38回日本肝臓学会西部会記念誌「遺伝性肝疾患」,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • リジン尿性タンパク不耐症の一例:アルギニン欠乏による血中NO低下が引き起こす様々な病態について,鎌田佳宏,木曽真一,林 紀夫,2009年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 卵巣摘出マウスを用いた閉経後のNASH進展メカニズムの解析,鎌田佳宏,木曽真一,林 紀夫,2009年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Visceral obesity and hypoadiponectinemia are significant determinants of hepatic dysfunction: An epidemiologic study of 3827 japanese subjects,Yoshihiro Kamada,Tadashi Nakamura,Tohru Funahashi,Miwa Ryo,Hitoshi Nishizawa,Yukiyoshi Okauchi,Juichi Fukushima,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,Journal of Clinical Gastroenterology,Vol. 43,No. 10,p. 995-1000,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Visceral Obesity and Hypoadiponectinemia are Significant Determinants of Hepatic Dysfunction An Epidemiologic Study of 3827 Japanese Subjects,Yoshihiro Kamada,Adashi Nakamura,Tohru Funahashi,Miwa Ryo,Hitoshi Nishizawa,Yukiyoshi Okauchi,Juichi Fukushima,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,JOURNAL OF CLINICAL GASTROENTEROLOGY,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 43,No. 10,p. 995-1000,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 内臓脂肪蓄積とアディポサイトカイン分泌異常,鎌田佳宏,福島寿一,林 紀夫,治療学,2009年10月
  • Adiponectin prevents progression of steatohepatitis in mice by regulating oxidative stress and Kupffer cell phenotype polarization,Juichi Fukushima,Yoshihiro Kamada,Hitoshi Matsumoto,Yuichi Yoshida,Hisao Ezaki,Takayo Takemura,Yukiko Saji,Takumi Igura,Shusaku Tsutsui,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,HEPATOLOGY RESEARCH,WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC,Vol. 39,No. 7,p. 724-738,2009年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Adiponectin prevents progression of steatohepatitis in mice by regulating oxidative stress and Kupffer cell phenotype polarization,Juichi Fukushima,Yoshihiro Kamada,Hitoshi Matsumoto,Yuichi Yoshida,Hisao Ezaki,Takayo Takemura,Yukiko Saji,Takumi Igura,Shusaku Tsutsui,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,HEPATOLOGY RESEARCH,WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC,Vol. 39,No. 7,p. 724-738,2009年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 一般健常者における肝機能検査値と内臓脂肪面積、血清アディポネクチン値の相関についての疫学的検討,鎌田佳宏,木曽真一,中村 正,船橋 徹,福島寿一,吉田雄一,江崎久男,竹村貴代,筒井秀作,下村伊一郎,林 紀夫,2009年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • アディポサイトカインのNASH進展における意義を探る,鎌田佳宏,松本 仁,林 紀夫,分子消化器病,2009年04月
  • NASH進展に対するアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,木曽真一,林 紀夫,第94回日本消化器病学会総会記念誌,2009年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 肝臓における脂肪蓄積とインスリン抵抗性,鎌田佳宏,下村伊一郎,アディポサイエンス,2009年04月
  • Transplantation of basic fibroblast growth factor-pretreated adipose tissue-derived stromal cells enhances regression of liver fibrosis in mice,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Yukiko Saji,Juichi Fukushima,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 296,No. 2,p. G157-G167,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Transplantation of basic fibroblast growth factor-pretreated adipose tissue-derived stromal cells enhances regression of liver fibrosis in mice,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Yukiko Saji,Juichi Fukushima,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY,AMER PHYSIOLOGICAL SOC,Vol. 296,No. 2,p. G157-G167,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Delayed liver regeneration after partial hepatectomy in adiponectin knockout mice,Hisao Ezaki,Yuichi Yoshida,Yukiko Saji,Takayo Takemura,Juichi Fukushima,Hitoshi Matsumoto,Yoshihiro Kamada,Akira Wada,Takumi Igura,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 378,No. 1,p. 68-72,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Delayed liver regeneration after partial hepatectomy in adiponectin knockout mice,Hisao Ezaki,Yuichi Yoshida,Yukiko Saji,Takayo Takemura,Juichi Fukushima,Hitoshi Matsumoto,Yoshihiro Kamada,Akira Wada,Takumi Igura,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 378,No. 1,p. 68-72,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Lack of adiponectin enhanced oxidative stress in mice NASH model through decreased hepatic catalase expression.,Juichi Fukushima,Yoshihiro Kamada,Hitoshi Matsumoto,Takumi Igura,Yuichi Yoshida,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,2008年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Gab family scaffolding adaptor proteins are essential for liver regeneration after partial hepatectomy,Yukiko Saji,Yuichi Yoshida,Yoshihiro Kamada,Takayo Takemura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,2008年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Transplantation of basic fibroblast growth factor-pretreated adipose tissue-derived stromal cells enhances regression of liver fibrosis and restores hepatic functions in mice,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Yukiko Saji,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,2008年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Molecular chaperon, oxygen-regulated protein150 (ORP150), suppressed palmitate induced hepatocyte apoptosis through reducing ER stress.,Hitoshi Matsumoto,Eiji Miyoshi,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Kentaro Ozawa,Satoshi Ogawa,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,2008年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Adipocytokines and liver disease,Yoshihiro Kamada,Tetsuo Takehara,Norio Hayashi,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,SPRINGER TOKYO,Vol. 43,No. 11,p. 811-822,2008年11月
  • 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)進展におけるアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,下村伊一郎,林 紀夫,2008年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 脂肪組織由来間葉系幹細胞 (ADSC)を用いた肝再生療法開発へ向けた検討-bFGF前処置ADSCの有用性について,鎌田佳宏,木曽真一,林 紀夫,2008年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Adiponectin plays a protective role in caerulein-induced acute pancreatitis in mice fed a high-fat diet,H. Araki,T. Nishihara,M. Matsuda,A. Fukuhara,S. Kihara,T. Funahashi,T. R. Kataoka,Y. Kamada,T. Kiyohara,S. Tamura,N. Hayashi,I. Shimomura,GUT,B M J PUBLISHING GROUP,Vol. 57,No. 10,p. 1431-1440,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography(FDG-PET)にて特徴的な画像を呈した結核性腹膜炎の1例,山本 俊祐,西田 勉,筒井 秀作,山本 克己,藥師神 崇行,井倉 技,鎌田 佳宏,和田 朗,渡部 健二,林 紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 105,No. 10,p. 1515-1522,2008年10月
  • Adipose tissue derived stromal cell(ADSC)を用いた肝再生療法開発へ向けた検討,鎌田佳宏,木曽真一,佐治雪子,吉田雄一,松本 仁,福島寿一,江崎久男,竹村貴代,和田 朗,井倉 技,田村信司,林 紀夫,2008年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • adipose tissue derived stromal cell(ADSC)を用いた肝再生療法開発へ向けた検討,鎌田佳宏,吉田雄一,佐治雪子,松本 仁,福島寿一,江崎久男,竹村貴代,和田 朗,井倉 技,田村信司,木曽真一,林 紀夫,2008年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • NASH進展に対するアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,木曽真一,林 紀夫,2008年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • アディポネクチンとNASH,鎌田佳宏,林 紀夫,NASH診療best approach,2008年04月
  • アディポネクチンと細胞増殖・アポトーシス,鎌田佳宏,田村信司,林 紀夫,アディポネクチンとその受容体,2008年04月
  • PPARと肝疾患,鎌田佳宏,辻井正彦,林 紀夫,炎症と免疫,2008年04月
  • アディポサイトカインとNASH,鎌田佳宏,林 紀夫,最新医学,2008年04月
  • 肝線維化、発癌におけるアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,田村信司,林 紀夫,2007年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Murine adipose tissue derived stromal cells trans-differentiate into hepatic lineage cells by basic fibroblast growth factor.,Yoshihiro Kamada,Shinji Tamura,Yukiko Saji,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,2007年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Expression of Rab5a in hepatocellular carcinoma: Possible involvement in epidermal growth factor signaling,Koji Fukui,Shinji Tamura,Akira Wada,Yoshihiro Kamada,Takumi Igura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,HEPATOLOGY RESEARCH,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 37,No. 11,p. 957-965,2007年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Expression of Rab5a in hepatocellular carcinoma: Possible involvement in epidermal growth factor signaling,Koji Fukui,Shinji Tamura,Akira Wada,Yoshihiro Kamada,Takumi Igura,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,HEPATOLOGY RESEARCH,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 37,No. 11,p. 957-965,2007年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Adipose tissue derived stromal cell (ADSC)から肝細胞様細胞への分化誘導,鎌田佳宏,田村信司,林 紀夫,2007年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Hypoadiponectinemia accelerates hepatic tumor formation in a nonalcoholic steatohepatitis mouse model,Yoshihiro Kamada,Hitoshi Matsumoto,Shinji Tamura,Juichi Fukushima,Shinichi Kiso,Koji Fukui,Takumi Igura,Norikazu Maeda,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Yuji Matsuzawa,Lichiro Shimomura,Norio Hayashi,JOURNAL OF HEPATOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 47,No. 4,p. 556-564,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Hypoadiponectinemia accelerates hepatic tumor formation in a nonalcoholic steatohepatitis mouse model,Yoshihiro Kamada,Hitoshi Matsumoto,Shinji Tamura,Juichi Fukushima,Shinichi Kiso,Koji Fukui,Takumi Igura,Norikazu Maeda,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Yuji Matsuzawa,Lichiro Shimomura,Norio Hayashi,JOURNAL OF HEPATOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 47,No. 4,p. 556-564,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Adipose tissue derived stromal cell (ADSC)の肝細胞様細胞への分化誘導,鎌田佳宏,田村信司,林 紀夫,2007年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • メタボリックシンドロームにおける肝障害とアディポネクチンの関係,鎌田佳宏,田村信司,林 紀夫,2007年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 解説NAFLD/NASHの発症機構,鎌田佳宏,田村信司,総合臨床,2007年04月
  • NASHの病態について,鎌田佳宏,田村信司,林 紀夫,クリニシアン,2007年04月
  • アルコール性肝障害,鎌田佳宏,消化器疾患治療マニュアル,2007年04月
  • 血液検査所見,鎌田佳宏,田村信司,NASH診療ガイドブック,2007年04月
  • 肥満者における肝障害に対する低アディポネクチン血症の意義,鎌田佳宏,田村信司,林 紀夫,2006年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Expression and prognostic role of RhoA GTPases in hepatocellular carcinoma,Koji Fukui,Shinji Tamura,Akira Wada,Yoshihiro Kamada,Yoshiyuki Sawai,Kazuho Imanaka,Takahiko Kudara,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY,SPRINGER,Vol. 132,No. 10,p. 627-633,2006年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Expression and prognostic role of RhoA GTPases in hepatocellular carcinoma,Koji Fukui,Shinji Tamura,Akira Wada,Yoshihiro Kamada,Yoshiyuki Sawai,Kazuho Imanaka,Takahiko Kudara,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,JOURNAL OF CANCER RESEARCH AND CLINICAL ONCOLOGY,SPRINGER,Vol. 132,No. 10,p. 627-633,2006年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Adiponectin deficiency exacerbates lipopolysaccharide/D-galactosamine-induced liver injury in mice,Hitoshi Matsumoto,Shinji Tamura,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Juichi Fukushima,Akira Wada,Norikazu Maeda,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Yuji Matsuzawa,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,W J G PRESS,Vol. 12,No. 21,p. 3352-3358,2006年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of amino-terminal region of adiponectin as a physiologically functional domain,H Ujiie,K Oritani,H Kato,T Yokota,Takahashi, I,T Maeda,H Masaie,M Ichii,Y Kamada,S Tamura,S Kihara,T Funahashi,Y Tomiyama,Y Kanakura,JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY,WILEY-LISS,Vol. 98,No. 1,p. 194-207,2006年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of amino-terminal region of adiponectin as a physiologically functional domain,H Ujiie,K Oritani,H Kato,T Yokota,Takahashi, I,T Maeda,H Masaie,M Ichii,Y Kamada,S Tamura,S Kihara,T Funahashi,Y Tomiyama,Y Kanakura,JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY,WILEY-LISS,Vol. 98,No. 1,p. 194-207,2006年05月,研究論文(学術雑誌)
  • アディポネクチンの肝線維化に対する抑制作用,鎌田佳宏,田村信司,松本 仁,佐治雪子,木曽真一,福井浩司,前田法一,木原進士,2006年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Adiponectin deficiency exacerbates lipopolysaccharide/D-galactosamine-induced liver injury in mice.,Matsumoto H,Tamura S,Kamada Y,Kiso S,Fukushima J,Wada A,Maeda N,Kihara S,Funahashi T,Matsuzawa Y,Shimomura I,Hayashi N,World J Gastroenterol,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Lack of adiponectin, an adipocytokine, enhanced the progression of non-alcoholic steatohepatitis (NASH).,Yoshihiro Kamada,Shinji Tamura,Hitoshi Matsumoto,Juichi Fukushima,Shinichi Kiso,Koji Fukui,Norikazu Maeda,Hitoshi Nishizawa,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Yuji Matsuzawa,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,2005年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 酸化ストレスによるNASHからの発癌に対するアディポネクチンの作用,松本 仁,田村信司,鎌田佳宏,福島寿一,佐治雪子,木曽真一,福井浩司,前田法一,木原進士,篠村恭久,船橋 徹,松澤佑次,下村伊一郎,2005年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • NASH進展におけるアディポネクチンの意義について~酸化ストレスに着目して,福島寿一,鎌田佳宏,田村信司,松本 仁,佐治雪子,江崎久男,福井浩司,木曽真一,船橋 徹,下村伊一郎,林 紀夫,2005年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Non-alcoholic steatohepatitis (NASH)におけるアディポネクチンの意義について,鎌田佳宏,田村信司,松本 仁,福島寿一,佐治雪子,木曽真一,福井浩司,前田法一,木原進士,宮川潤一郎,篠村恭久,船橋 徹,松澤佑次,下村伊一郎,2005年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Effects of growth factors on the growth and differentiation of mouse fetal liver epithelial cells in primary cultures,T Kawasaki,S Tamura,S Kiso,Y Doi,Y Yoshida,Y Kamada,A Saeki,Y Saji,Y Matsuzawa,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,BLACKWELL PUBLISHING ASIA,Vol. 20,No. 6,p. 857-864,2005年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of growth factors on the growth and differentiation of mouse fetal liver epithelial cells in primary cultures,T Kawasaki,S Tamura,S Kiso,Y Doi,Y Yoshida,Y Kamada,A Saeki,Y Saji,Y Matsuzawa,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,BLACKWELL PUBLISHING ASIA,Vol. 20,No. 6,p. 857-864,2005年06月,研究論文(学術雑誌)
  • non-alcoholic steatohepatitis(NASH)におけるアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,田村信司,松本 仁,木曽真一,篠村恭久,船橋 徹,松澤佑次,下村伊一郎,2005年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Multilobular neurilemmoma of the tongue in a child.,Nakasato T,Kamada Y,Ehara S,Miura Y,AJNR. American journal of neuroradiology,Vol. 26,No. 2,p. 421-423,2005年02月
  • Basic fibroblast growth factor promotes the trans-differentiation of mouse bone marrow cells into hepatic lineage cells via multiple liver-enriched transcription factors,Y Saji,S Tamura,Y Yoshida,S Kiso,AS Iizuka,H Matsumoto,T Kawasaki,Y Kamada,Y Matsuzawa,Y Shinomura,JOURNAL OF HEPATOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 41,No. 4,p. 545-550,2004年10月,研究論文(学術雑誌)
  • アディポネクチンの肝脂肪沈着、肝線維化、肝発癌抑制効果について,鎌田佳宏,田村信司,松本 仁,佐治雪子,木曽真一,福井浩司,前田法一,木原進士,宮川潤一郎,篠村恭久,船橋 徹,松澤佑次,2004年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • adipocytokine, angiotensinと肝線維化,鎌田佳宏,田村信司,松澤佑次,肝疾患Review 2004,2004年04月
  • Basic fibroblast growth factor promotes the trans-differentiation of mouse bone marrow cells into hepatic lineage cells via multiple liver-enriched transcription factors.,Saji Y,Tamura S,Yoshida Y,Kiso S,Iizuka AS,Matsumoto H,Kawasaki T,Kamada Y,Matsuzawa Y,Shinomura Y,J Hepatol,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced carbon tetrachloride-induced liver fibrosis in mice lacking adiponectin,Y Kamada,S Tamura,S Kiso,H Matsumoto,Y Saji,Y Yoshida,K Fukui,N Maeda,H Nishizawa,H Nagaretani,Y Okamoto,S Kihara,J Miyagawa,Y Shinomura,T Funahashi,Y Matsuzawa,GASTROENTEROLOGY,W B SAUNDERS CO,Vol. 125,No. 6,p. 1796-1807,2003年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Adiponectin, an adipocytokine, attenuates carbon-tetrachloride induced liver fibrosis in mice.,Yoshihiro Kamada,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Hitoshi Matsumoto,Yukiko Saji,Yuichi Yoshida,Koji Fukui,Norikazu Maeda,Hitoshi Nishizawa,Hiroyuki Nagaretani,Yoshihisa Okamoto,Shinji Kihara,Jun-ichiro Miyagawa,Tohru Funahashi,Yasuhisa Shinomura,Yuji Matsuzawa,2003年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 肝臓におけるアディポネクチンの作用について,鎌田佳宏,田村信司,松本 仁,佐治雪子,木曽真一,吉田雄一,福井浩司,前田法一,木原進士,宮川潤一郎,船橋 徹,篠村恭久,松澤佑次,2003年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • アルギニン欠乏状態における血管内皮機能異常,鎌田佳宏,田村信司,山下静也,松澤佑次,The Lipid,2003年07月
  • Angiotensin II stimulates the nuclear translocation of Smad2 and induces PAI-1 mRNA in rat hepatic stellate cells,Yoshihiro Kamada,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Koji Fukui,Yoshinori Doi,Nobuyuki Ito,Yuki Terui,Takafumi Saito,Hisayoshi Watanabe,Hitoshi Togashi,Sumio Kawata,Yuji Matsuzawa,Hepatology Research,Vol. 25,No. 3,p. 296-305,2003年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Angiotensin II stimulates the nuclear translocation of Smad2 and induces PAI-I mRNA in rat hepatic stellate cells,Y Kamada,S Tamura,S Kiso,K Fukui,Y Doi,N Ito,Y Terui,T Saito,H Watanabe,H Togashi,S Kawata,Y Matsuzawa,HEPATOLOGY RESEARCH,ELSEVIER SCI IRELAND LTD,Vol. 25,No. 3,p. 296-305,2003年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced Carbon Tetrachloride-Induced Liver Fibrosis in Mice Lacking Adiponectin,Yoshihiro Kamada,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Hitoshi Matsumoto,Yukiko Saji,Yuichi Yoshida,Koji Fukui,Norikazu Maeda,Hitoshi Nishizawa,Hiroyuki Nagaretani,Yoshihisa Okamoto,Shinji Kihara,Jun-Ihiro Miyagawa,Yasuhisa Shinomura,Tohru Funahashi,Yuji Matsuzawa,Gastroenterology,W.B. Saunders,Vol. 125,No. 6,p. 1796-1807,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Adiponectin, an adipocyte-derived hormone, suppressed the proliferation, migration, and expression of genes involved in hepatic fibrosis of hepatic stellate cells.,Yoshihiro Kamada,Shinji Tamura,Shinichi Kiso,Yuichi Yoshida,Koji Fukui,Norikazu Maeda,Hitoshi Nishizawa,Hiroyuki Nagaretani,Yoshihisa Okamoto,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Yuji Matsuzawa,2002年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 脂肪細胞特異的蛋白質アディポネクチンの肝線維化に対する抑制作用,鎌田佳宏,田村信司,松澤佑次,2002年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Effect of angiotensin receptor antagonist on liver fibrosis in early stages of chronic hepatitis C,Y Terui,T Saito,H Watanabe,H Togashi,S Kawata,Y Kamada,S Sakuta,HEPATOLOGY,W B SAUNDERS CO,Vol. 36,No. 4,p. 1022-1022,2002年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of angiotensin receptor antagonist on liver fibrosis in early stages of chronic hepatitis C,Y Terui,T Saito,H Watanabe,H Togashi,S Kawata,Y Kamada,S Sakuta,HEPATOLOGY,W B SAUNDERS CO,Vol. 36,No. 4,p. 1022-1022,2002年10月
  • Angiotensin II induces TGF-beta 1 mRNA in rat hepatic stellate cells: The potential therapeutic effect of angiotensin II type 1 receptor blocker for hepatic fibrosis.,Y Kamada,S Tamura,S Kiso,K Fukui,Y Doi,N Ito,Y Terui,T Saito,H Watanabe,H Togashi,S Kawata,Y Matsuzawa,HEPATOLOGY,W B SAUNDERS CO,Vol. 34,No. 4,p. 400A-400A,2001年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Vascular endothelial dysfunction resulting from L-arginine deficiency in a patient with lysinuric protein intolerance,Y Kamada,H Nagaretani,S Tamura,T Ohama,T Maruyama,H Hiraoka,S Yamashita,A Yamada,S Kiso,Y Inui,N Ito,Y Kayanoki,S Kawata,Y Matsuzawa,JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION,AMER SOC CLINICAL INVESTIGATION INC,Vol. 108,No. 5,p. 717-724,2001年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Vascular endothelial dysfunction resulting from L-arginine deficiency in a patient with lysinuric protein intolerance,Yoshihiro Kamada,Hiroyuki Nagaretani,Shinji Tamura,Tohru Ohama,Takao Maruyama,Hisatoyo Hiraoka,Shizuya Yamashita,Akira Yamada,Shinichi Kiso,Yoshiaki Inui,Nobuyuki Ito,Yoshiro Kayanoki,Sumio Kawata,Yuji Matsuzawa,Journal of Clinical Investigation,Vol. 108,No. 5,p. 717-724,2001年,研究論文(学術雑誌)
  • 新しいNO産生低下による病態~リジン尿性蛋白不耐症の病態について,鎌田佳宏,田村信司,河田純男,BIO clinica,2000年12月
  • A case with prolactinoma treated with pergolide and its histology,Y Kamada,H Nakajima,Y Saitoh,K Yamamoto,Y Kawarada,N Arita,L Miyagawa,M Namba,T Hanafusa,T Sugiyama,T Hayakawa,Y Matsuzawa,ENDOCRINE JOURNAL,JAPAN ENDOCRINE SOCIETY,Vol. 45,No. 4,p. 605-606,1998年08月
  • A case with prolactinoma treated with pergolide and its histology,Y. Kamada,H. Nakajima,Y. Saitoh,K. Yamamoto,Y. Kawarada,N. Arita,J. I. Miyagawa,M. Namba,T. Hanafusa,T. Sugiyama,T. Hayakawa,Y. Matsuzawa,Endocrine Journal,Vol. 45,No. 4,p. 605-606,1998年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Surveillance of Hepatocellular Carcinoma in Nonalcoholic Fatty Liver Disease,Yoshio Sumida,Masashi Yoneda,Yuya Seko,Hiroshi Ishiba,Tasuku Hara,Hidenori Toyoda,Satoshi Yasuda,Takashi Kumada,Hideki Hayashi,Takashi Kobayashi,Kento Imajo,Masato Yoneda,Toshifumi Tada,Takumi Kawaguchi,Yuichiro Eguchi,Satoshi Oeda,Hirokazu Takahashi,Eiichi Tomita,Takeshi Okanoue,Atsushi Nakajima,Satoshi Kimoto,Yuji Ogawa,Yasushi Honda,Takaomi Kessoku,Yoichi Nishigaki,Takafumi Uchiki,Takashi Nakahara,Hiroshi Tobita,Shuichi Satoh,Koji Sawada,Kensuke Munekage,Tsunehiro Ochi,Tomomi Kogiso,Katsutoshi Tokushige,Asahiro Morishita,Atsushi Takahashi,Shinya Fukunishi,Kazuhito Kawata,Kazuo Notsumata,Kengo Tomita,Naoto Kawabe,Michihiro Nonaka,Hideyuki Hyogo,Taeang Arai,Tadashi Ikegami,Miwa Kawanaka,Hideki Fujii,Masafumi Ono,Yuichi Nozaki,Masahiro Koseki,Yuichi Yoshida,Yoshihiro Kamada,Diagnostics,Vol. 10,No. 8,2020年08月,書評論文,書評,文献紹介等
  • FoxM1転写因子は肝内炎症を制御し肝線維化・発癌を誘導する,倉橋 知英,吉田 雄一,小倉 智志,柄川 真弓,古田 訓丸,鎌田 佳宏,木曽 真一,小玉 尚宏,疋田 隼人,阪森 亮太郎,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 60,No. Suppl.1,p. A360-A360,2019年04月
  • FoxM1転写因子は肝内炎症を制御し肝線維化・発癌を誘導する,倉橋 知英,吉田 雄一,小倉 智志,柄川 真弓,古田 訓丸,鎌田 佳宏,木曽 真一,小玉 尚宏,疋田 隼人,阪森 亮太郎,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 60,No. Suppl.1,p. A360-A360,2019年04月
  • 【内臓脂肪と異所性脂肪】 非アルコール性脂肪性肝疾患・非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD/NASH),鎌田 佳宏,医学のあゆみ,医歯薬出版(株),Vol. 266,No. 10,p. 763-768,2018年09月
  • 【NAFLD/NASH診療のイノベーション-ガイドラインからパイプラインへ】NAFLD/NASH診断:現在のコンセンサスを知る 血清学的診断法とスコアリングシステム 肝生検を陳腐化できるか?,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,内科,(株)南江堂,Vol. 121,No. 6,p. 1295-1300,2018年06月
  • NAFLD/NASHと動脈硬化症〜臨床的観点から〜 NAFLD/NASH診断糖鎖バイオマーカーの開発,鎌田 佳宏,三善 英知,日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本動脈硬化学会,Vol. 50回,p. 144-144,2018年06月
  • 慢性膵炎の病態進展におけるEnterococcus faecalisの関与,糸山 幸来,深谷 莉紗子,前川 友裕,高松 真二,鎌田 佳宏,江口 英利,戸邊 亨,三善 英知,膵臓,日本膵臓学会,Vol. 33,No. 3,p. 435-435,2018年05月
  • 膵がんの新規糖鎖バイオマーカー、フコシル化ハプトグロビン値はその遺伝子型で変わる,伊藤 菜美,森下 康一,幸田 彩也加,高松 真二,鎌田 佳宏,三善 英知,膵臓,日本膵臓学会,Vol. 33,No. 3,p. 435-435,2018年05月
  • フコシル化ハプトグロビンに対する新規糖鎖抗体の樹立と臨床応用の可能性,森下 康一,幸田 彩也加,西野 公博,片岡 直也,伊藤 菜美,高松 真二,鎌田 佳宏,三善 英知,膵臓,日本膵臓学会,Vol. 33,No. 3,p. 501-501,2018年05月
  • 脂質異常症治療薬スタチンを用いた癌関連蛋白FoxM1制御による肝癌治療の可能性について,吉田 雄一,小倉 智志,倉橋 知英,柄川 真弓,古田 訓丸,木曽 真一,鎌田 佳宏,疋田 隼人,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 59,No. Suppl.1,p. A442-A442,2018年04月
  • 恒常的肝細胞FoxM1過剰発現は、肝内炎症、肝発癌を誘導する,倉橋 知英,吉田 雄一,小倉 智志,柄川 真弓,古田 訓丸,鎌田 佳宏,木曽 真一,小玉 尚宏,疋田 隼人,阪森 亮太郎,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 59,No. Suppl.1,p. A442-A442,2018年04月
  • 【精神科診療でみられる検査値異常の鑑別とその対応】 総蛋白、アルブミン、グロブリン、A/G比、TTT、ZTTの異常,鎌田 佳宏,臨床精神医学,(株)アークメディア,Vol. 47,No. 4,p. 417-421,2018年04月
  • 【NASH/NAFLDの新知見】 臨床検査 糖鎖バイオマーカーを利用したNASH診断の試み,三善 英知,鎌田 佳宏,肝・胆・膵,(株)アークメディア,Vol. 76,No. 4,p. 645-653,2018年04月
  • B型肝炎ウイルスに対する新規治療法開発の展望 糖鎖を標的にした新しいHBV治療開発のための基礎的検討,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 115,No. 臨増総会,p. A160-A160,2018年04月
  • NASHの諸問題〜診断法と治療の再検証〜 コアフコシル化を標的とした新規NASH治療法の開発,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 59,No. Suppl.1,p. A80-A80,2018年04月
  • 脂質異常症治療薬スタチンを用いた癌関連蛋白FoxM1制御による肝癌治療の可能性について,吉田 雄一,小倉 智志,倉橋 知英,柄川 真弓,古田 訓丸,木曽 真一,鎌田 佳宏,疋田 隼人,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 59,No. Suppl.1,p. A442-A442,2018年04月
  • 恒常的肝細胞FoxM1過剰発現は、肝内炎症、肝発癌を誘導する,倉橋 知英,吉田 雄一,小倉 智志,柄川 真弓,古田 訓丸,鎌田 佳宏,木曽 真一,小玉 尚宏,疋田 隼人,阪森 亮太郎,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 59,No. Suppl.1,p. A442-A442,2018年04月
  • 【肥満と消化器疾患】 肥満の及ぼす人体への影響 特にアディポサイトカイン,鎌田 佳宏,三善 英知,竹原 徹郎,消化器・肝臓内科,(有)科学評論社,Vol. 3,No. 2,p. 153-160,2018年02月
  • 【NASH 2018】 NASH診断のバイオマーカー,角田 圭雄,鎌田 佳宏,米田 正人,小野 正文,江口 有一郎,米田 政志,臨床消化器内科,(株)日本メディカルセンター,Vol. 33,No. 1,p. 37-43,2017年12月
  • 生活習慣病関連肝疾患の基礎と臨床 コアフコシル化の肝細胞コレステロール代謝における役割,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 58,No. Suppl.3,p. A704-A704,2017年11月
  • 内臓脂肪、血清中性脂肪と血清尿酸値の改善は検診における肝機能異常の改善に独立して寄与する,松本 仁,野口 緑,岩橋 博見,福島 寿一,鎌田 佳宏,中村 正,船橋 徹,木曽 真一,松澤 佑二,下村 伊一郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 58,No. Suppl.3,p. A841-A841,2017年11月
  • コアフコシル化の中性脂肪代謝における役割について,藤好 杏奈,鎌田 佳宏,山本 晃子,岩田 愛弓,新居 瞳,上田 優衣,西田 真由,矢木 椋子,北 康平,内藤 有紀子,松野 衣里子,高松 真二,三善 英二,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 58,No. Suppl.3,p. A842-A842,2017年11月
  • NAFLD病態進展における肝細胞FoxM1転写因子の役割,倉橋 知英,吉田 雄一,小倉 智志,柄川 真弓,古田 訓丸,鎌田 佳宏,木曽 真一,疋田 隼人,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 58,No. Suppl.3,p. A843-A843,2017年11月
  • マウス肝疾患モデルにおけるMac-2bp ELISAの有用性に関する検討,西田 真由,鎌田 佳宏,戎谷 友佑,岩田 愛弓,新居 瞳,上田 優衣,藤好 杏奈,矢木 椋子,北 康平,内藤 有紀子,松野 衣里子,高松 真二,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 58,No. Suppl.3,p. A867-A867,2017年11月
  • Mac-2 Binding ProteinはNAFLD/NASHの有用な肝線維化バイオマーカーである,鎌田 佳宏,三善 英知,Trends in Glycoscience and Glycotechnology,Forum Carbohydrates Coming of Age事務局,Vol. 29,No. 168-170,p. E85,J61-E91,J61,2017年11月
  • Lipid metabolism regulates oncogenic FoxM1 transcription factor in human hepatocellular carcinoma via the mevalonate-Rho pathway,Yuichi Yoshida,Satoshi Ogura,Tomohide Kurahashi,Mayumi Egawa,Kunimaro Furuta,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,Hayato Hikita,Tomohide Tatsumi,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY,Vol. 66,p. 974A-974A,2017年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Overexpression of FoxM1 transcription factor in murine hepatocytes results in hepatocyte death and liver inflammation.,Tomohide Kurahashi,Yuichi Yoshida,Satoshi Ogura,Mayumi Egawa,Kunimaro Furuta,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Hayato Hikita,Tomohide Tatsumi,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY,Vol. 66,p. 351A-351A,2017年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • A Novel Prognostic Algorithm for Patients with NAFLD-related Hepatocellular Carcinoma: A Nationwide Data-mining Analysis by Japan Study Group of NAFLD,Takumi Kawaguchi,Katsutoshi Tokushige,Hideyuki Hyogo,Hiroshi Aikata,Tomoaki Nakajima,Masafumi Ono,Miwa Kawanaka,Koji Sawada,Kento Imajo,Koichi Honda,Hirokazu Takahashi,Kohjiroh Mori,Saiyu Tanaka,Yuya Seko,Yuichi Nozaki,Yoshihiro Kamada,Hideki Fujii,Atsushi Kawaguchi,Tetsuo Takehara,Mikio Yanase,Yoshio Sumida,Yuichiro Eguchi,Masataka Seike,Masato Yoneda,Yasuaki Suzuki,Toshiji Saibara,Yoshiyasu Karino,Kazuaki Chayama,Etsuko Hashimoto,Jacob George,Takuji Torimura,HEPATOLOGY,WILEY,Vol. 66,p. 763A-763A,2017年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 【肝癌診療A to Z】 肝がん腫瘍マーカーの現状と未来、そして世界の動向,三善 英知,鎌田 佳宏,里村 慎二,肝臓クリニカルアップデート,医学図書出版(株),Vol. 3,No. 2,p. 121-128,2017年10月
  • コアフコシル化を欠損した肝細胞由来の細胞外小胞では、インテグリンα3β1が増加した,新居 瞳,鎌田 佳宏,赤松 佑香,前田 恵,福田 友彦,顧 建国,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. P-1167,2017年09月
  • がん組織特性の数理解析を用いた新規肝臓病理診断の試み,板野 景子,鎌田 佳宏,岩田 愛弓,上田 優衣,三善 英知,鈴木 貴,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. P-1358,2017年09月
  • 新規糖鎖抗体を用いたフコシル化ハプトグロビンは、膵がんの革新的なバイオマーカーとなる,三善 英知,幸田 彩也加,西野 公博,片岡 直也,森下 康一,高松 真二,鎌田 佳宏,中の 三弥子,江口 英利,冨田 裕彦,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. E-2078,2017年09月
  • 膵がん患者に随伴する慢性膵炎には細菌感染が関与する可能性がある,深谷 莉紗子,前川 友裕,糸山 幸来,桝田 実花,高松 真二,鎌田 佳宏,川本 弘一,江口 英利,冨田 裕彦,戸邉 亨,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. P-2282,2017年09月
  • NASH診療のトピックス NASH診療におけるMac-2 binding proteinとM2BPGiの比較検討,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 114,No. 臨増大会,p. A586-A586,2017年09月
  • 内臓脂肪と血清尿酸値の改善は検診での肝機能障害の改善に独立して寄与する,松本 仁,野口 緑,岩橋 博見,福島 寿一,鎌田 佳宏,木曽 真一,中村 正,船橋 徹,松澤 佑次,下村 伊一郎,肥満研究,(一社)日本肥満学会,Vol. 23,No. Suppl.,p. 191-191,2017年09月
  • NASH診療のトピックス NASH診療におけるMac-2 binding proteinとM2BPGiの比較検討,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 58,No. Suppl.2,p. A530-A530,2017年09月
  • メタボがんの高危険群囲い込みのための血液バイオマーカーによる非侵襲的診断方法,鎌田 佳宏,三善 英知,臨床病理,日本臨床検査医学会,Vol. 65,No. 7,p. 778-785,2017年07月
  • 【糖鎖がついにわかる!狙える!診断薬・治療薬イノベーションを導く生命鎖】 フコシル化タンパク質を標的にした新規がん診断・治療薬の開発,三善 英知,高松 真二,魚住 尚史,鎌田 佳宏,実験医学,(株)羊土社,Vol. 35,No. 9,p. 1447-1452,2017年06月
  • 膵がん患者に随伴する慢性膵炎には細菌感染が関与する,前川 友裕,深谷 莉紗子,森下 康一,江口 英利,畑 知樹,川本 弘一,富田 裕彦,戸邉 亨,高松 真二,鎌田 佳宏,三善 英知,膵臓,日本膵臓学会,Vol. 32,No. 3,p. 567-567,2017年05月
  • 慢性膵炎原因菌としてのEnterococcus faecalisの関与に関する検討,深谷 莉紗子,前川 友裕,森下 康一,江口 英利,畑 知樹,川本 弘一,富田 裕彦,高松 真二,鎌田 佳宏,三善 英知,膵臓,日本膵臓学会,Vol. 32,No. 3,p. 567-567,2017年05月
  • 【NAFLD/NASHの病因・病態・治療】 NAFLD/NASHの病因,鎌田 佳宏,三善 英知,竹原 徹郎,日本医事新報,(株)日本医事新報社,No. 4849,p. 28-33,2017年04月
  • 【グライコバイオロジーの新展開】 肝疾患の糖鎖バイオマーカー,鎌田 佳宏,三善 英知,BIO Clinica,(株)北隆館,Vol. 32,No. 4,p. 355-359,2017年04月
  • 疾患糖鎖の解析から糖鎖治療へ,三善 英知,藤井 宏修,新崎 信一郎,種村 匡弘,鎌田 佳宏,生化学,(公社)日本生化学会,Vol. 89,No. 2,p. 264-268,2017年04月
  • NASH診療の現状と問題点 NAFLD病態進展におけるMac-2 binding proteinの意義について,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 58,No. Suppl.1,p. A108-A108,2017年04月
  • 肝疾患における新規バイオマーカーの探索 フコシル化ハプトグロビンに対する糖鎖抗体の作成と臨床応用の可能性,三善 英知,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 58,No. Suppl.1,p. A165-A165,2017年04月
  • 慢性肝疾患における新規炎症制御因子としてのFoxM1転写因子の意義,倉橋 知英,吉田 雄一,小倉 智志,柄川 真弓,古田 訓丸,鎌田 佳宏,木曽 真一,疋田 隼人,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 58,No. Suppl.1,p. A394-A394,2017年04月
  • C型慢性肝炎治療におけるHbA1cの変化,高橋 宏和,中原 隆志,今城 健人,小木曽 智美,川中 美和,藤井 英樹,兵庫 秀幸,川口 巧,角田 圭雄,小野 正文,鎌田 佳宏,徳重 克年,西原 利治,中島 淳,安西 慶三,江口 有一郎,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 60,No. Suppl.1,p. S-496,2017年04月
  • 膵がんハイリスク群の囲い込みを目指した慢性膵炎の新規糖鎖バイオマーカーの開発,前川 友裕,上田 真樹子,山本 晃子,藤井 宏修,傍嶋 智明,高松 真二,鎌田 佳宏,三善 英知,日本分子腫瘍マーカー研究会誌,日本分子腫瘍マーカー研究会,Vol. 32,p. 41-42,2017年03月
  • NAFLD・NASH病態生理の最新知見と治療戦略 マウスMac-2bpの測定系開発と発現制御に関する検討,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 114,No. 臨増総会,p. A53-A53,2017年03月
  • 【NASH-基礎と臨床-】 NASHの血液診断 バイオマーカー,鎌田 佳宏,三善 英知,竹原 徹郎,消化器・肝臓内科,(有)科学評論社,Vol. 1,No. 2,p. 198-206,2017年02月
  • Mac-2 binding protein is a useful liver fibrosis biomarker for NAFLD/NASH,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,Trends in Glycoscience and Glycotechnology,Gakushin Publishing Company,Vol. 29,No. 170,p. E85-E92,2017年,書評論文,書評,文献紹介等
  • Metabolic regulation of FoxM1 transcription factor by mevalonate-Rho pathways in human hepatocellular carcinoma,Satoshi Ogura,Yuichi Yoshida,Tomohide Kurahashi,Mayumi Egawa,Kunimaro Furuta,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,Hayato Hikita,Tomohide Tatsumi,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY,Vol. 64,p. 248A-248A,2016年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Hepatic overexpression of oncogenic FoxM1 transcription factor promotes hepatocyte death and hepatic inflammation in mice,Tomohide Kurahashi,Yuichi Yoshida,Satoshi Ogura,Mayumi Egawa,Kunimaro Furuta,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Hayato Hikita,Tomohide Tatsumi,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY,Vol. 64,p. 518A-519A,2016年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 【病態バイオマーカーの"いま"】 がん 膵がん・慢性膵炎バイオマーカーとしてのフコシル化ハプトグロビン,前川 友裕,鎌田 佳宏,三善 英知,生体の科学,(公財)金原一郎記念医学医療振興財団,Vol. 67,No. 5,p. 456-457,2016年10月
  • NAFLDの病態解明 benchから臨床へ コアフコースを標的とした糖鎖治療法開発の基礎的検討,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.3,p. A639-A639,2016年10月
  • FoxM1転写因子を介した癌脂質代謝プログラムに基づく新たな肝癌治療戦略,小倉 智志,吉田 雄一,倉橋 知英,柄川 真弓,古田 訓丸,木曽 真一,鎌田 佳宏,疋田 隼人,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.3,p. A798-A798,2016年10月
  • FoxM1転写因子による慢性肝疾患の制御機構 新規マウスモデルを用いた検討,倉橋 知英,吉田 雄一,小倉 智志,柄川 真弓,古田 訓丸,鎌田 佳宏,木曽 真一,疋田 隼人,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.3,p. A808-A808,2016年10月
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の脂質代謝におけるコアフコシル化の意義についての検討,山本 晃子,鎌田 佳宏,戎谷 友佑,上田 優衣,藤好 杏奈,新居 瞳,岩田 愛弓,高松 真二,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.3,p. A809-A809,2016年10月
  • 肝細胞、マクロファージにおけるMac-2 binding protein産生メカニズムの検討,新居 瞳,鎌田 佳宏,西田 真由,戎谷 友佑,山本 晃子,藤井 宏修,岩田 愛弓,上田 優衣,高松 真二,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.3,p. A810-A810,2016年10月
  • マウス肝障害モデルにおけるMac-2 binding proteinのバイオマーカーとしての有用性,岩田 愛弓,鎌田 佳宏,戎谷 友佑,山本 晃子,藤井 宏修,新居 瞳,上田 優衣,西田 真由,高松 真二,丸山 順裕,前田 雅弘,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.3,p. A810-A810,2016年10月
  • がん関連ハプトグロビンに対する特殊抗体の作成とその臨床応用の可能性,西野 公博,片岡 直也,高松 真二,中の 三弥子,池田 瞬,幸田 沙也加,山本 英子,吉川 史隆,冨田 裕彦,鎌田 佳宏,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 75回,p. P-2330,2016年10月
  • 抗がん薬処理を行った膵がん細胞におけるMac-2bp誘導の分子機構,桝田 実花,高松 真二,寺尾 尚子,前川 友裕,深谷 莉紗子,鎌田 佳宏,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 75回,p. P-3182,2016年10月
  • 慢性膵炎のバイオマーカー探索のための膵液中からのフコシル化タンパク質の同定,上田 真樹子,鎌田 佳宏,高松 真二,前川 友祐,中山 小太郎純友,種村 匡弘,江口 英利,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 75回,p. P-3183,2016年10月
  • フコシル化ハプトグロビンの新規測定法の臨床応用,幸田 彩也加,西野 公博,高松 真二,前川 友裕,村田 幸平,江口 英利,鎌田 佳宏,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 75回,p. P-3184,2016年10月
  • 新規タンパク質CABINは膵癌細胞株において糖脂質型CA19-9の産生に関与する,小泉 百花,魚住 尚史,澤登 温子,峰平 朋美,傍嶋 智明,高松 真二,鎌田 佳宏,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 75回,p. P-3187,2016年10月
  • 膵がんハイリスク群の囲い込みを目指した慢性膵炎の新規糖鎖バイオマーカーの開発,前川 友裕,上田 真樹子,山本 晃子,藤井 宏修,傍嶋 智明,高松 真二,鎌田 佳宏,三善 英知,日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録,日本分子腫瘍マーカー研究会,Vol. 36回,p. 64-65,2016年09月
  • 【がんのバイオマーカー】 肝がん患者血中糖鎖バイオマーカーの開発,三善 英知,鎌田 佳宏,血液フロンティア,(株)医薬ジャーナル社,Vol. 26,No. 10,p. 1391-1397,2016年09月
  • コアフコシル化を標的とした新規NASH治療法の開発の基礎的検討,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 113,No. 臨増大会,p. A440-A440,2016年09月
  • 肝疾患バイオマーカーの新知見 Mac-2 binding proteinのNASHバイオマーカーとしての意義,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 113,No. 臨増大会,p. A578-A578,2016年09月
  • 消化器癌におけるバイオマーカーの開発と応用 膵がん、慢性膵炎に対する新規糖鎖バイオマーカーの開発,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 113,No. 臨増大会,p. A647-A647,2016年09月
  • 非アルコール性脂肪性肝炎診断に有用な画期的新規抗体の開発,鎌田 佳宏,三善 英知,臨床病理,日本臨床検査医学会,Vol. 64,No. 補冊,p. np21-np21,2016年09月
  • A strategy for detecting high-risk groups for pancreatic cancer with glycol-biomarkers,Eiji Miyoshi,Tomohiro Maekawa,Makiko Ueda,Mayuka Shimomura,Shinji Takamatsu,Kotarosumitomo Nakayama,Yoshihiro Kamada,Yasuhiko Tomita,CANCER RESEARCH,AMER ASSOC CANCER RESEARCH,Vol. 76,2016年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 血清コアフコシル化ハプトグロビンは慢性膵炎の鑑別バイオマーカーとして有用である,前川 友裕,上田 真樹子,鎌田 佳宏,山本 晃子,藤井 宏修,傍嶋 智明,西野 公博,高松 真二,熊田 卓,伊藤 敏文,三善 英知,膵臓,日本膵臓学会,Vol. 31,No. 3,p. 546-546,2016年07月
  • 【肥満を伴う2型糖尿病のマネジメント】 肥満2型糖尿病の合併疾患とそのマネジメント 非アルコール性脂肪肝炎(NASH),鎌田 佳宏,三善 英知,竹原 徹郎,月刊糖尿病,(株)医学出版,Vol. 8,No. 4,p. 71-82,2016年04月
  • 明日から役立つ肝臓病理 NASH 血液糖鎖バイオマーカーを使ったBallooning hepatocyteの診断予測,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.1,p. A138-A138,2016年04月
  • 新規マウスモデルを用いたNASH病態分子機構の解明 FoxM1転写因子の意義,倉橋 知英,吉田 雄一,小倉 智志,柄川 真弓,古田 訓丸,木曽 真一,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.1,p. A193-A193,2016年04月
  • がん化に関わる糖鎖コアフコースは、肝細胞の脂質代謝を劇的に変化させる,山本 晃子,鎌田 佳宏,戎谷 友佑,藤井 宏修,若松 可奈,高松 真二,吉田 雄一,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.1,p. A197-A197,2016年04月
  • Mac-2 binding proteinの肝線維化進展過程における意義,戎谷 友佑,鎌田 佳宏,山本 晃子,藤井 宏修,若松 可奈,高松 真二,吉田 雄一,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.1,p. A257-A257,2016年04月
  • 急性肝不全病態においてGab1は肝細胞運命の決定を担う,古田 訓丸,吉田 雄一,倉橋 知英,小倉 智志,柄川 真弓,木曽 真一,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 57,No. Suppl.1,p. A260-A260,2016年04月
  • NAFLD/NASH研究の新知見から臨床への新たな戦略 レクチンを用いた新規NASH治療法開発への基礎的検討,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 113,No. 臨増総会,p. A126-A126,2016年03月
  • FoxM1転写因子を介した新たな肝癌脂質代謝制御 治療標的としての可能性について,小倉 智志,吉田 雄一,倉橋 知英,柄川 真弓,古田 訓丸,木曽 真一,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 113,No. 臨増総会,p. A237-A237,2016年03月
  • Mac-2 binding protein(Mac2bp)は汎用性を有する新規NASHバイオマーカーである,藤井 宏修,鎌田 佳宏,小野 正文,兵庫 秀幸,藤井 英樹,角田 圭雄,高松 真二,三善 英知,日本分子腫瘍マーカー研究会誌,日本分子腫瘍マーカー研究会,Vol. 31,p. 38-39,2015年12月
  • Liquid biopsyの新展開 NSAH(非アルコール性脂肪性肝炎)の糖鎖バイオマーカー,三善 英知,鎌田 佳宏,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 88回・38回,p. [1W14-p,2015年12月
  • コアフコースを介したT細胞の活性化制御による新しい炎症性腸疾患の発症機構,藤井 宏修,新崎 信一郎,飯島 英樹,若松 可奈,傍嶋 智明,桑原 隆亮,高松 真二,鎌田 佳宏,辻井 正彦,谷口 直之,竹原 徹郎,三善 英知,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 88回・38回,p. [2P0273]-[2P0273],2015年12月
  • マクロファージのTLR4シグナルにおけるコアフコースの関与,若松 可奈,藤井 宏修,高松 真二,鎌田 佳宏,新崎 信一郎,飯島 英樹,竹原 徹郎,三善 英知,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 88回・38回,p. [4T13L-02(3P0273)],2015年12月
  • 慢性膵炎と膵癌では血清フコシル化ハプトグロビンの劇的な糖鎖修飾変化が起こり、鑑別バイオマーカーとして有用である,前川 友裕,上田 真樹子,鎌田 佳宏,山本 晃子,藤井 宏修,傍嶋 智明,西野 公博,高松 真二,三善 英知,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 88回・38回,p. [4T15L-11(3P1277)],2015年12月
  • 関節腫脹から顕在化しBehcet病の合併を診断した症候性原発性胆汁性肝硬変の1例,坂根 貞嗣,宮城 琢也,小豆澤 宏明,阪森 亮太郎,藥師神 崇行,疋田 隼人,小瀬 嗣子,鎌田 佳宏,吉田 雄一,巽 智秀,大川 和良,平松 直樹,辻井 正彦,田中 文,森井 英一,片山 一朗,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 56,No. 11,p. 575-583,2015年11月
  • NAFLDの病態と治療 コアフコシル化のNASH病態進展に及ぼす影響について,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 56,No. Suppl.3,p. A846-A846,2015年11月
  • A novel noninvasive diagnostic method for nonalcoholic steatohepatitis (NASH) using two glycobiomarkers,Yoshihiro Kamada,Masafumi Ono,Hideyuki Hyogo,Hideki Fujii,Yoshio Sumida,Kohjiroh Mori,Saiyu Tanaka,Makoto Yamada,Maaya Akita,Kayo Mizutani,Hironobu Fujii,Akiko Yamamoto,Shinji Takamatsu,Yuichi Yoshida,Yoshito Itoh,Norifumi Kawada,Kazuaki Chayama,Toshiji Saibara,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 62,p. 1258A-1259A,2015年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Gab1 adaptor protein is an essential gatekeeper to balance hepatocyte death and proliferation during acetaminophen-induced liver injury in mice,Yuichi Yoshida,Kunimaro Furuta,Satoshi Ogura,Tomohide Kura-Hashi,Mayumi Egawa,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 62,p. 326A-327A,2015年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Mevalonate pathway targets FoxM1 transcription factor via protein geranylgeranylation in human hepatocellular carcinoma,Satoshi Ogura,Yuichi Yoshida,Mayumi Egawa,Tomohide Kurahashi,Kunimaro Furuta,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 62,p. 1169A-1169A,2015年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Risk factors for hepatocellular carcinoma recurrence in patients with nonalcoholic and alcoholic fatty liver diseases: A Japanese multicenter survey,Tomomi Kogiso,Etsuko Hashimoto,Hideyuki Hyogo,Tomoaki Nakajima,Masafumi Ono,Takumi Kawaguchi,Koichi Honda,Yuichiro Eguchi,Yuichi Nozaki,Miwa Kawanaka,Kento Imajo,Yoshio Sumida,Yoshihiro Kamada,Hideki Fujii,Yasuaki Suzuki,Katsutoshi Tokushige,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 62,p. 1283A-1284A,2015年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • An impact of cellular core-fucosylation in hepatitis B virus infection into hepatoma cell lines,Eiji Miyoshi,Shinji Takamatsu,Mayuka Shimomura,Yoshihiro Kamada,Haruka Maeda,Tomoaki Subajima,Hayato Hikita,Iijima Mayumi,Yuta Okamato,Ryo Misaki,Kazuhito Fujiyama,Tetsuo Takehara,Keiji Ueda,Shunichi Kuroda,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 62,p. 1009A-1010A,2015年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • がんバイオマーカー研究の進展と臨床応用の展望 膵癌に対する糖鎖バイオマーカーの臨床応用,三善 英知,高松 真二,鎌田 佳宏,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 74回,p. CS5-1,2015年10月
  • 膵癌における抗癌剤耐性マーカーとしてのフコシル化蛋白の同定,西野 公博,高松 真二,寺尾 尚子,池田 瞬,桝田 実花,山本 英子,鎌田 佳宏,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 74回,p. J-1368,2015年10月
  • 腸炎関連性発癌におけるコアフコースの関与,藤井 宏修,新崎 信一郎,飯島 英樹,若松 可奈,高松 真二,鎌田 佳宏,辻井 正彦,竹原 徹郎,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 74回,p. J-1369,2015年10月
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)病態進展における肝星細胞のフコシル化の役割,山本 晃子,鎌田 佳宏,藤井 宏修,戎谷 友佑,西野 公博,高松 真二,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 74回,p. P-3141,2015年10月
  • 糖転移酵素GnT-Vは肝臓において中性脂肪の合成を促進させる,戎谷 友佑,鎌田 佳宏,藤井 宏修,山本 晃子,西野 公博,高松 真二,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 74回,p. P-3142,2015年10月
  • 肝細胞癌におけるHMG-CoA還元酵素阻害剤によるFoxM1転写因子の発現制御,小倉 智志,吉田 雄一,柄川 真弓,古田 訓丸,木津 崇,木曽 真一,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 56,No. Suppl.2,p. A744-A744,2015年09月
  • 糖転移酵素N-アセチルグルコサミン転移酵素V(GnT-V)の糖・脂質代謝への影響,鎌田 佳宏,戎谷 友佑,木田 祥穂,山本 晃子,藤井 宏修,高松 真二,吉田 雄一,竹原 徹郎,三善 英知,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 112,No. 臨増大会,p. A864-A864,2015年09月
  • Mac-2 binding protein(Mac2bp)は汎用性を有する新規NASHバイオマーカーである,藤井 宏修,鎌田 佳宏,小野 正文,兵庫 秀幸,藤井 英樹,角田 圭雄,高松 真二,三善 英知,日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録,日本分子腫瘍マーカー研究会,Vol. 35回,p. 64-65,2015年09月
  • Identification of sialylated glycoproteins in doxorubicin-treated hepatoma cells with glycoproteomic analyses,Eiji Miyoshi,Kanako Azuma,Shinji Takamatsu,Naoko Terao,Satoshi Serada,Tetsuji Naka,Yoshihiro Kamada,CANCER RESEARCH,AMER ASSOC CANCER RESEARCH,Vol. 75,2015年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Core Fucosylation Regulates T-Cell Activation and Ameliorates Murine Colitis,Hironobu Fujii,Shinichiro Shinzaki,Hideki Iijima,Kana Wakamatsu,Chizuru Iwamoto,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,GASTROENTEROLOGY,W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC,Vol. 148,No. 4,p. S32-S33,2015年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 肝病態を反映する新たなバイオマーカーの探索 血清糖鎖バイオマーカー組み合わせによる非侵襲的NASH診断法 validation study,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 56,No. Suppl.1,p. A127-A127,2015年04月
  • 重症肝不全病態におけるストレス応答制御分子としての肝細胞Gab1の意義と治療標的としての可能性,古田 訓丸,吉田 雄一,木津 崇,小倉 智志,柄川 真弓,茶谷 徳啓,鎌田 佳宏,木曽 真一,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 56,No. Suppl.1,p. A342-A342,2015年04月
  • NAFLDの酸化ストレス誘導とballooning hepatocyte形成におけるS100A8の意義,向井 香織,宮城 琢也,吉岡 鉄平,横山 恵信,西尾 公美子,田中 聡司,重川 稔,疋田 隼人,阪森 亮太郎,鎌田 佳宏,巽 智秀,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 56,No. Suppl.1,p. A353-A353,2015年04月
  • 肝細胞癌におけるメバロン酸経路を介したFoxM1転写因子の制御と臨床応用の可能性について,小倉 智志,吉田 雄一,柄川 真弓,古田 訓丸,木津 崇,木曽 真一,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 56,No. Suppl.1,p. A382-A382,2015年04月
  • グライコーム解析による肝癌幹細胞の糖鎖標的分子の同定と糖鎖治療の可能性についての検討,三善 英知,東 加奈子,世良田 聡,寺尾 尚子,高松 真二,鎌田 佳宏,仲 哲治,黒田 俊一,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 56,No. Suppl.1,p. A396-A396,2015年04月
  • 糖転移酵素GnT-Vは肝臓での脂肪酸合成・VLDL産生促進を介して血中中性脂肪値を上昇させる,鎌田 佳宏,戎谷 友佑,水谷 佳代,木田 祥穂,山本 晃子,秋田 真彩,藤井 宏修,高松 真二,吉田 雄一,竹原 徹郎,三善 英知,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 58,No. Suppl.1,p. S-481,2015年04月
  • 膵臓幹細胞と糖鎖,三善英知,寺尾尚子,森脇健太,鎌田佳宏,膵島の再生医療~膵β細胞の発生と再生をめぐる新展開,p. 91-95,2015年
  • Functional analyses of a novel type of CA19-9 carrier molecules in micro lipid membrane,Tomomi Minehira,Naofumi Uozumi,Hitomi Asazawa,Atsuko Sawanobori,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,Katsunori Tanaka,Koichi Fukase,Eiji Miyoshi,GLYCOBIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 24,No. 11,p. 1199-1199,2014年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Fucosylation is a common type of glycosylation in the cancer stem cell-like phenotype of pancreatic cancer under various conditions,Naoko Terao,Shinji Takamatsu,Tomomi Minehira,Yoshihiro Kamada,Eiji Miyoshi,GLYCOBIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 24,No. 11,p. 1205-1206,2014年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Combination of two glyco-biomarkers could make a noninvasive diagnosis for nonalcoholic steatohepatitis,Eiji Miyoshi,Maaya Akita,Kayo Mizutani,Hironobu Fujii,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,GLYCOBIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 24,No. 11,p. 1192-1192,2014年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Identification of sialylated glycoproteins in doxorubicin-treated hepatoma cells with glycoproteomic analyses,Shinji Takamatsu,Kanako Azuma,Satoshi Serada,Naoko Terao,Shunsaku Takeishi,Yoshihiro Kamada,Tetsuji Naka,Eiji Miyoshi,GLYCOBIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 24,No. 11,p. 1200-1200,2014年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Serum Mac-2 binding protein levels as a novel diagnostic biomarker for prediction of disease severity and nonalcoholic steatohepatitis,Yoshihiro Kamada,Kayo Mizutani,Hironobu Fujii,Maaya Akita,Yuka Ohara,Shinji Takamatsu,Eiji Miyoshi,CANCER RESEARCH,AMER ASSOC CANCER RESEARCH,Vol. 74,No. 19,2014年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • フコシル化の低下は炎症性腸疾患における免疫抑制シグナルを増強する,若松 可奈,藤井 宏修,新崎 信一郎,飯島 英樹,岩本 ちづる,片岡 直也,鎌田 佳宏,竹原 徹郎,三善 英知,臨床病理,日本臨床検査医学会,Vol. 62,No. 補冊,p. 237-237,2014年10月
  • 非アルコール性脂肪性肝炎の鑑別診断における血中フコシル化ハプトグロビン測定の有用性について,秋田 真彩,鎌田 佳宏,水谷 佳代,藤井 宏修,片岡 直也,戎谷 友佑,山本 晃子,佐藤 元哉,木田 祥穂,浅澤 瞳美,中山 小太郎純友,高松 真二,三善 英知,臨床病理,日本臨床検査医学会,Vol. 62,No. 補冊,p. 239-239,2014年10月
  • フコシル化は膵がんの様々ながん幹細胞様の表現型に共通した糖鎖修飾である(Fucosylation is common glycosylation in cancer stem cell-like phenotype of pancreatic cancer under various conditions),寺尾 尚子,高松 真二,峰平 朋実,鎌田 佳宏,種村 匡弘,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 73回,p. J-3096,2014年09月
  • 膵臓脂肪性変化と線維化は膵癌発生に対する危険因子である(Pancreatic Fatty Degeneration and Fibrosis as Predisposing Factors for Development of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma),冨田 裕彦,東 加奈子,野中 祐二,鎌田 佳宏,友枝 美樹,岸田 澪華,種村 匡弘,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 73回,p. J-2053,2014年09月
  • Mac-2bpは非アルコール性脂肪性肝炎の新たな血液診断バイオマーカーである(Serum Mac-2bp levels as a novel diagnostic biomarker for prediction of disease severity and nonalcoholic steatohepatitis),水谷 佳代,鎌田 佳宏,藤井 宏修,秋田 真彩,佐藤 元哉,木田 祥穂,高松 真二,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 73回,p. J-1088,2014年09月
  • 糖転移酵素GnT-Vはマクロファージの機能異常を介して腸炎を悪化させる(N-Acetylglucosaminyltransferase V (GnT-V) exacerbates murine colitis with dysfunction of macrophages),藤井 宏修,石井 真悠子,新崎 信一郎,飯島 英樹,高松 真二,鎌田 佳宏,辻井 正彦,森井 英一,竹原 徹郎,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 73回,p. P-2057,2014年09月
  • HBV感染における細胞表面上の糖鎖の関与(Involvement of cell surface glycosylation in hepatitis B virus infection),下村 真由香,佐々木 夢香,前田 晴香,寺尾 尚子,高松 真二,鎌田 佳宏,飯嶋 益巳,疋田 隼人,竹原 徹郎,黒田 俊一,三善 英知,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 73回,p. P-3167,2014年09月
  • 新しいレクチンPhoSLを使ったフコシル化ハプトグロビン測定についての検討,東 加奈子,下村 真由香,中山 小太郎純友,高松 真二,鎌田 佳宏,小林 夕香,村田 幸平,高橋 志郎,中野 三弥子,三善 英知,日本分子腫瘍マーカー研究会誌,日本分子腫瘍マーカー研究会,Vol. 29,p. 58-59,2014年04月
  • Grb2-associated binder 1 protects against liver fibrosis via suppression of CCL5 production from hepatocytes,Yuichi Yoshida,Takashi Kizu,Kunimaro Furuta,Satoshi Ogura,Mayumi Egawa,Norihiro Chatani,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 60,p. 567A-567A,2014年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Fetuin-A negatively correlates with liver and vascular fibrosis in NAFLD subjects,Yoshihiro Kamada,Motoya Sato,Yuri Takeda,Sachiho Kida,Yuka Ohara,Hironobu Fujii,Maaya Akita,Kayo Mizutani,Yuichi Yoshida,Makoto Yamada,Hidetaka Hougaku,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 60,p. 607A-607A,2014年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Loss of Grb2-associated binder 1 results in enhanced hepatocyte necrosis and high mortality in mice with acute liver failure,Kunimaro Furuta,Yuichi Yoshida,Takashi Kizu,Satoshi Ogura,Mayumi Egawa,Norihiro Chatani,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 60,p. 224A-224A,2014年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Analysis of serum fucosylated haptoglobin in chronic liver diseases as a potential biomarker of hepatocellular carcinoma development,Eiji Miyoshi,Hitomi Asazawa,Maaya Akita,Yuri Takeda,Shinji Takamatsu,Yoshihiro Kamada,GLYCOBIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 23,No. 11,p. 1405-1405,2013年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Immunological amplification of CXCL1-S100A8 loop via CXCR2-expressing CD11b(+) Gr-1(high) cells in the development of nonalcoholic fatty liver disease,Kaori Mukai,Takuya Miyagi,Kumiko Nishio,Yoshinobu Yokoyama,Teppei Yoshioka,Yoshinobu Saito,Tsukasa Kawaguchi,Satoshi Aono,Satoshi Tanaka,Satoshi Shimizu,Hayato Hikita,Ryotaro Sakamori,Yoshihiro Kamada,Tomohide Tatsumi,Naoki Hiramatsu,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 58,p. 550A-550A,2013年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Grb2-associated binder 1 docking protein is crucial for mortality in a mouse model of acute liver failure,Kunimaro Furuta,Yuichi Yoshida,Takashi Kizu,Satoshi Ogura,Mayumi Egawa,Norihiro Chatani,Mina Hamano,Hisao Ezaki,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 58,p. 285A-285A,2013年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 糖転移酵素GnT-III発現のレドックス制御と貪食能に及ぼすメカニズムの解析(The redox control of glycosyltransferase GnT-III expression mediates phagocytic activity of macrophages),高松 真二,大坪 和明,藤井 宏修,鎌田 佳宏,三善 英知,谷口 直之,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 72回,p. 144-144,2013年10月
  • CA19-9の輸送に関わる新規膜複合体構成蛋白質の機能解析(Functional analysis of a protein associated with trafficking of lipid membrane complex with CA19-9 antigen),峰平 朋実,魚住 尚文,浅澤 瞳美,高松 真二,鎌田 佳宏,田中 克典,深瀬 浩一,三善 英知,藤井 宏修,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 72回,p. 351-351,2013年10月
  • Deficiency of Fucosylation As a Protective Role for Intestinal Inflammation,Hironobu Fujii,Shinichiro Shinzaki,Mayuko Ishii,Yoshihiro Kamada,Hideki Iijima,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,GASTROENTEROLOGY,W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC,Vol. 144,No. 5,p. S318-S318,2013年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 血中Mac‐2binding protein値は新たなNASH鑑別,病期進展のマーカーである,鎌田佳宏,鎌田佳宏,藤井英樹,澤井良之,土井喜宣,水谷佳代,木下憲明,今井康陽,河田則文,竹原徹郎,三善英知,肝臓,Vol. 54,No. Supplement 1,2013年04月25日
  • アディポサイトカインSecreted frizzled‐related prtein5(Sfrp5)KOマウスを用いた肝線維化の検討,茶谷徳啓,鎌田佳宏,古田訓丸,木津崇,柄川真弓,濱野美奈,竹村貴代,江崎久男,吉田雄一,下野明彦,大内乗有,木曽真一,竹原徹郎,日本消化器病学会雑誌,Vol. 110,2013年02月20日
  • 単純性脂肪肝の再生遅延―脂質蓄積とERストレスの関係について―,濱野美奈,江崎久男,古田訓丸,木津崇,茶谷徳啓,鎌田佳宏,吉田雄一,木曽真一,竹原徹郎,日本消化器病学会雑誌,Vol. 110,2013年02月20日
  • 肝細胞におけるアダプター蛋白質Gab1欠損は,マウス胆汁うっ滞誘導性肝線維化を増悪させる,木津崇,吉田雄一,古田訓丸,柄川真弓,茶谷徳啓,濱野美奈,江崎久男,鎌田佳宏,木曽真一,竹原徹郎,日本消化器病学会雑誌,Vol. 110,2013年02月20日
  • 閉経女性NASH患者治療における高コレステロール血症の意義:マウスモデル,健診データでの検討,鎌田佳宏,木曽真一,竹原徹郎,日本消化器病学会雑誌,Vol. 110,2013年02月20日
  • 疾病予防・健康増進のための分子スポーツ医学 3)糖鎖医学:糖鎖リモデリングマウスからのメッセージ―糖転移酵素GnT‐Vの過剰発現がもたらした肝・皮膚の異常,佐藤元哉,鎌田佳宏,三善英知,医学のあゆみ,Vol. 243,No. 11/12,p. 988-994,2012年12月22日
  • 疾病予防・健康増進のための分子スポーツ医学(3)糖鎖医学 : 糖鎖リモデリングマウスからのメッセージ : 糖転移酵素GnT-Vの過剰発現がもたらした肝・皮膚の異常,佐藤 元哉,鎌田 佳宏,三善 英知,医学のあゆみ,医歯薬出版,Vol. 243,No. 11・12,p. 988-994,2012年12月22日
  • Crucial role of FoxM1 transcription factor as a predictor of clinical outcomes in patients with hepatocellular carcinoma,Mayumi Egawa,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Akira Tomokuni,Takashi Kizu,Kunimaro Furuta,Takayo Takemura,Mina Hamano,Norihiro Chatani,Hisao Ezaki,Yoshihiro Kamada,Hiroaki Nagano,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 56,p. 275A-275A,2012年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Association of lipid overaccumulation with delayed liver regeneration in mice with simple steatosis,Mina Hamano,Hisao Ezaki,Kunimaro Furuta,Mayumi Egawa,Takashi Kizu,Norihiro Chatani,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 56,p. 853A-854A,2012年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Fucosylated Haptoglobin is a Novel Type of Biomarker for Pancreatic Cancer,Y. Sasaki,Y. Nonaka,H. Asazawa,N. Terao,S. Takamatsu,S. Shinzaki,Y. Kamada,E. Miyoshi,PANCREAS,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 41,No. 7,p. 1147-1147,2012年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • エストロゲンのNASH病態進展への関与について,鎌田佳宏,鎌田佳宏,木曽真一,吉田雄一,三善英知,竹原徹郎,月刊医学と薬学,Vol. 68,No. 3,2012年09月25日
  • 肝細胞におけるアダプター蛋白質Gab1欠損は,マウス肝線維化を増悪させる,木津崇,吉田雄一,古田訓丸,竹村貴代,柄川真弓,茶谷徳啓,濱野美奈,江崎久男,松本仁,鎌田佳宏,木曽真一,竹原徹郎,日本消化器病学会雑誌,Vol. 109,2012年09月15日
  • Heparin‐binding EGF‐like growth factor(HB‐EGF)による肝線維化制御:TGF‐βシグナルとのクロストークについて,竹村貴代,吉田雄一,古田訓丸,木津崇,柄川真弓,茶谷徳啓,濱野美奈,江崎久男,松本仁,鎌田佳宏,木曽真一,竹原徹郎,日本消化器病学会雑誌,Vol. 109,2012年09月15日
  • ヒト肝細胞癌におけるFoxM1転写因子の発現意義について,柄川真弓,吉田雄一,木曽真一,木津崇,古田訓丸,竹村貴代,茶谷徳啓,濱野美奈,江崎久男,鎌田佳宏,友國晃,永野浩昭,土岐祐一郎,森正樹,竹原徹郎,日本消化器病学会雑誌,Vol. 109,2012年09月15日
  • 肝がんの腫瘍マーカーフコシル化AFP(AFP‐L3)の産生機序と肝細胞の糖タンパク極性輸送について,中川勉,森脇健太,寺尾尚子,中川孝俊,宮本泰豪,鎌田佳宏,三善英知,日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録,Vol. 32nd,p. 44-45,2012年09月05日
  • 【肥満と消化器疾患】胃粘膜傷害におけるアディポネクチンの防御的役割,山本 俊祐,渡部 健二,辻井 正彦,鎌田 佳宏,木曽 真一,竹原 徹郎,消化器内科,(有)科学評論社,Vol. 54,No. 6,p. 650-654,2012年06月
  • Overexpression of N-Acetylglucosaminyltransferase V (GnT-V) Exacerbates Murine Colitis With Dysfunction of Macrophages,Mayuko Ishii,Shinichiro Shinzaki,Hironobu Fujii,Norika Tatsunaka,Yoshihiro Kamada,Hideki Iijima,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,GASTROENTEROLOGY,W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC,Vol. 142,No. 5,p. S688-S688,2012年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Regulation of Oligosaccharide-Associated Enzymes by TNF-Alpha in B Cells of Crohn's Disease,Shinichiro Shinzaki,Norika Tatsunaka,Hironobu Fujii,Mayuko Ishii,Takuya Yamada,Sachiko Nakajima,Yoshihiro Kamada,Tsutomu Nishida,Hideki Iijima,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Eiji Miyoshi,GASTROENTEROLOGY,W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC,Vol. 142,No. 5,p. S886-S886,2012年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • マウスの高脂肪食誘発単純性脂肪肝モデルにおける70%部分肝切除後の肝再生障害についての検討,濱野美奈,江崎久男,古田訓丸,柄川真弓,木津崇,茶谷徳啓,竹村貴代,鎌田佳宏,吉田雄一,木曽真一,竹原徹郎,肝臓,Vol. 53,No. Supplement 1,2012年04月30日
  • 肝臓癌におけるフコシル化ハプトグロビンのバイオマーカーとしての有用性に関する検討,鎌田佳宏,鎌田佳宏,浅澤瞳,佐々木夢香,三田英治,加藤道夫,金よう国,根津理一郎,竹原徹郎,三善英知,肝臓,Vol. 53,No. Supplement 1,2012年04月30日
  • HB‐EGF(heparin‐binding EGF‐like growth factor)は,肝線維化に対して抑制的に働く:遺伝子欠損マウスおよび培養肝星細胞を用いた検討,竹村貴代,吉田雄一,古田訓丸,木津崇,柄川真弓,茶谷徳啓,濱野美奈,江崎久男,鎌田佳宏,木曽真一,竹原徹郎,肝臓,Vol. 53,No. Supplement 1,2012年04月30日
  • ヒト肝細胞癌の予後決定因子としてのFoxM1転写因子の意義:新規分子標的治療のターゲットとしての可能性について,柄川真弓,吉田雄一,木曽真一,木津崇,古田訓丸,竹村貴代,茶谷徳啓,濱野美奈,江崎久男,鎌田佳宏,友國晃,永野浩昭,土岐祐一郎,森正樹,竹原徹郎,肝臓,Vol. 53,No. Supplement 1,2012年04月30日
  • マウス肝線維化進展過程におけるアダプター蛋白質Gab1の関与,木津崇,吉田雄一,古田訓丸,柄川真弓,竹村貴代,茶谷徳啓,濱野美奈,江崎久男,鎌田佳宏,木曽真一,竹原徹郎,肝臓,Vol. 53,No. Supplement 1,2012年04月30日
  • Concanavalin A誘導性肝炎におけるN‐アセチルグルコサミン転移酵素V(GnT‐V)の役割,佐藤元哉,鎌田佳宏,鎌田佳宏,木田祥穂,藤井宏修,石井真悠子,吉田雄一,木曽真一,竹原徹郎,三善英知,肝臓,Vol. 53,No. Supplement 1,2012年04月30日
  • 病態minireview,竹原徹郎,鎌田佳宏,宮城琢也,日本消化器病学会雑誌,Vol. 109,2012年03月15日
  • 肝疾患におけるフコシル化ハプトグロビンのバイオマーカーとしての有用性に関する検討,三善英知,鎌田佳宏,新崎信一郎,肝臓,Vol. 52,No. Supplement 3,2011年11月05日
  • Effective Enrichment of Cancer Stem Cells by anti-CD133 Antibody and SSA Lectin,Shunsaku Takeishi,Kumiko Okudo,Kenta Moriwaki,Naoko Terao,Yoshihiro Kamada,Shunichi Kuroda,Eiji Miyoshi,GLYCOBIOLOGY,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 21,No. 11,p. 1521-1522,2011年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 双子研究から明らかになったIgGの糖鎖構造の遺伝性について,浅澤瞳美,東加奈子,河本早由利,黒木絵莉,新崎信一郎,新崎信一郎,鎌田佳宏,鎌田佳宏,早川和生,三善英知,臨床病理,Vol. 59,2011年10月15日
  • 腸管炎症におけるN‐アセチルグルコサミン転移酵素V(GnT‐V)の役割,石井真悠子,新崎信一郎,新崎信一郎,藤井宏修,鎌田佳宏,鎌田佳宏,三善英知,臨床病理,Vol. 59,2011年10月15日
  • GAB1 SCAFFOLDING ADAPTOR PROTEIN PROTECTS FROM LIVER FIBROSIS DURING CHRONIC LIVER INJURY IN MICE,Takashi Kizu,Yuichi Yoshida,Takayo Takemura,Kunimaro Furuta,Yoshihiro Kamada,Norihiro Chatani,Mina Hamano,Mayumi Tsubakio,Hisao Ezaki,Shinichi Kiso,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 54,p. 741A-741A,2011年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • PROTECTIVE ROLE OF HEPARIN-BINDING EGF-LIKE GROWTH FACTOR DURING LIVER FIBROSIS IN MICE,Takayo Takemura,Yuichi Yoshida,Takashi Kizu,Kunimaro Furuta,Yoshihiro Kamada,Mina Hamano,Mayumi Tsubakio,Norihiro Chatani,Hisao Ezaki,Shinichi Kiso,Tetsuo Takehara,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 54,p. 745A-745A,2011年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 糖鎖を用いた癌幹細胞の単離とその生物学的特性,寺尾尚子,奥戸久美子,森脇健太,佐々木夢香,山谷恵里佳,鎌田佳宏,原口直紹,武石俊作,澤木弘道,成松久,森正樹,三善英知,日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録,Vol. 31st,p. 38-39,2011年09月14日
  • 糖転移酵素N‐アセチルグルコサミン転移酵素(GnT‐V)はマウスNASH進展を抑制する,鎌田佳宏,鎌田佳宏,三善英知,竹原徹郎,肝臓,Vol. 52,No. Supplement 2,2011年09月10日
  • 糖鎖を用いた肝がん幹細胞の単離とその生物学的特性,三善英知,鎌田佳宏,鎌田佳宏,竹原徹郎,肝臓,Vol. 52,No. Supplement 2,2011年09月10日
  • 肝細胞癌におけるGab1の関与と肝細胞癌治療の新規分子標的としての可能性,吉田雄一,木曽真一,椿尾真弓,木津崇,茶谷徳啓,古田訓丸,濱野美奈,竹村貴代,江崎久男,鎌田佳宏,竹原徹郎,肝臓,Vol. 52,No. Supplement 2,2011年09月10日
  • HB‐EGFの細胞保護作用ならびに組織修復作用についての検討,竹村貴代,吉田雄一,木津崇,濱野美奈,茶谷徳啓,椿尾真弓,江崎久男,鎌田佳宏,木曽真一,竹原徹郎,肝臓,Vol. 52,No. Supplement 2,2011年09月10日
  • Lower Serum Adiponectin Increases the Risk of Endoscopic Gastritis Relevant to Excess Gastric Acid: An Epidemiologic Study of 2400 Japanese Subjects,Shunsuke Yamamoto,Kenji Watabe,Shusaku Tsutsui,Shinichi Kiso,Toshimitsu Hamasaki,Yoshihiro Kamada,Motohiko Kato,Yuichi Yoshida,Miyuki Umeda,Aiko Furuhayashi,Kazuo Kinoshita,Osamu Kishida,Takashi Fujimoto,Akira Yamada,Yoshifumi Tsukamoto,Norio Hayashi,Yuji Matsuzawa,GASTROENTEROLOGY,W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC,Vol. 140,No. 5,p. S618-S618,2011年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Protective Role of Adiponectin Against Ethanol Induced Gastric Injury in Mice,Shunsuke Yamamoto,Kenji Watabe,Shusaku Tsutsui,Hiroshi Araki,Motohiko Kato,Yoshihiro Kamada,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Masahiko Tsujii,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,GASTROENTEROLOGY,W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC,Vol. 140,No. 5,p. S477-S477,2011年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 糖鎖を標的にした肝幹細胞の単離とその生物学的特性,三善英知,奥戸久美子,森脇健太,新崎信一郎,鎌田佳宏,肝臓,Vol. 52,No. Supplement 1,2011年04月25日
  • ピタバスタチンの卵巣摘出マウスNASHモデルに対する効果,鎌田佳宏,木曽真一,吉田雄一,茶谷徳啓,木津崇,濱野美奈,椿尾真弓,竹村貴代,江崎久男,林紀夫,林紀夫,肝臓,Vol. 52,No. Supplement 1,2011年04月25日
  • HB‐EGF(heparin‐binding EGF‐1ike growth factor)欠損は,マウス肝線維化を増悪させる,竹村貴代,吉田雄一,木津崇,椿尾真弓,茶谷徳啓,濱野美奈,江崎久男,鎌田佳宏,木曽真一,林紀夫,肝臓,Vol. 52,No. Supplement 1,2011年04月25日
  • 脂肪肝、肝機能異常とアディポネクチンとの関係 飲酒量別検診データでの解析,濱野 美奈,鎌田 佳宏,木曽 真一,椿尾 真弓,木津 嵩,茶谷 徳啓,竹村 貴代,江崎 久男,吉田 雄一,渡部 健二,濱崎 俊光,梅田 美幸,古林 愛子,木下 和郎,岸田 修,藤本 敬,山田 晃,塚本 美文,筒井 秀作,林 紀夫,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 52,No. Suppl.1,p. A260-A260,2011年04月
  • 低アディポネクチン血症はびらん性胃炎のリスクファクターである,山本 俊祐,渡部 健二,筒井 秀作,木曽 真一,鎌田 佳宏,吉田 雄一,加藤 元彦,濱崎 俊光,梅田 美幸,古林 愛子,木下 和郎,岸田 修,藤本 敬,山田 晃,塚本 美文,林 紀夫,松澤 佑次,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 108,No. 臨増総会,p. A298-A298,2011年03月
  • 低アディポネクチン血症は男性において独立した逆流性食道炎のリスクファクターである 検診受診1537例の検討,加藤 元彦,渡部 健二,濱崎 俊光,梅田 美幸,古林 愛子,木下 和郎,岸田 修,藤本 敬,山田 晃,塚本 美文,山本 俊祐,鎌田 佳宏,吉田 雄一,木曽 真一,筒井 秀作,林 紀夫,松澤 佑次,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 108,No. 臨増総会,p. A184-A184,2011年03月
  • アディポネクチン欠損はマウスのコレステロール胆石形成を促進する,荻山 秀治,鎌田 佳宏,木曽 真一,山田 拓哉,渡部 健二,菅野 啓司,下村 伊一郎,筒井 秀作,田妻 進,林 紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 108,No. 臨増総会,p. A244-A244,2011年03月
  • 低アディポネクチン血症はびらん性胃炎のリスクファクターである,山本 俊祐,渡部 健二,筒井 秀作,木曽 真一,鎌田 佳宏,吉田 雄一,加藤 元彦,濱崎 俊光,梅田 美幸,古林 愛子,木下 和郎,岸田 修,藤本 敬,山田 晃,塚本 美文,林 紀夫,松澤 佑次,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 108,No. 臨増総会,p. A298-A298,2011年03月
  • クラウド・コンピューティングを駆使した遠隔地の多施設共同研究の試み―Japan Study Group for NAFLD(JSG‐NAFLD)の試み,小野正文,江口有一郎,角田圭雄,兵庫秀幸,藤井英樹,鎌田佳宏,米田正人,鈴木康秋,青木則明,医療の質・安全学会誌,Vol. 5,No. Supplement,2010年11月01日
  • GAB1 SCAFFOLDING ADAPTOR PROTEIN IS REQUIRED FOR STEM/PROGENITOR CELL MEDIATED LIVER REGENERATION IN MICE,Yuichi Yoshida,Takashi Kizu,Mayumi Tsubakio,Norihiro Chatani,Mina Hamano,Takayo Takemura,Hisao Ezaki,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 52,No. 4,p. 424A-424A,2010年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • HB-EGF CONDITIONAL LOSS OF LIVER ACCELERATES THE CARBON TETRACHLORIDE INDUCED LIVER INJURY IN MICE,Takayo Takemura,Yuichi Yoshida,Yukiko Saji,Hisao Ezaki,Mina Hamano,Takashi Kizu,Mayumi Tsubakio,Norihiro Chatani,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 52,No. 4,p. 970A-970A,2010年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • NASHとアディポサイエンス 基礎 NASHとアディポネクチン,鎌田佳宏,Adiposcience,Vol. 7,No. 1,p. 15-22,2010年09月30日
  • エストロゲン欠乏状態(閉経後)における高コレステロール血症のNASH病態進展への関与,鎌田佳宏,木曽真一,林紀夫,肝臓,Vol. 51,No. Supplement 2,2010年09月10日
  • 糖転移酵素N‐アセチルグルコサミン転移酵素V(GnT‐V)は肝線維化を抑制する,森華奈子,松本仁,新崎信一郎,奥戸久美子,石川章子,鎌田佳宏,吉田雄一,木曽真一,林紀夫,三善英知,肝臓,Vol. 51,No. Supplement 1,2010年04月30日
  • HB‐EGF(heparin binding EGF‐like growth factor)欠損は,マウス急性肝障害を増悪させる,吉田雄一,竹村貴代,濱野美奈,江崎久雄,福島寿一,鎌田佳宏,木曽真一,林紀夫,肝臓,Vol. 51,No. Supplement 1,2010年04月30日
  • NASHの診断と治療 NASHの病態進展におけるアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,林紀夫,診療と新薬,Vol. 47,No. 2,p. 155-166,2010年02月28日
  • アディポネクチン欠損はマウスのコレステロール胆石形成を促進する,荻山秀治,鎌田佳宏,木曽真一,筒井秀作,菅野啓司,田妻進,胆汁酸研究会講演要旨集,Vol. 32nd,2010年
  • 卵巣摘出マウスを用いた閉経後のNASH進展メカニズムの解析,鎌田佳宏,木曽真一,林紀夫,肝臓,Vol. 50,No. Supplement 3,2009年11月05日
  • リジン尿性タンパク不耐症の一例:アルギニン欠乏による血中NO低下が引き起こす様々な病態について,鎌田佳宏,木曽真一,林紀夫,肝臓,Vol. 50,No. Supplement 3,2009年11月05日
  • NASH進展に対するアディポネクチンの予防効果について,福島寿一,鎌田佳宏,松本仁,竹村貴代,江崎久男,吉田雄一,木原進士,船橋徹,下村伊一郎,木曽真一,林紀夫,肝臓,Vol. 50,No. Supplement 3,2009年11月05日
  • NASH NASHの成因と病態 2 内臓脂肪蓄積とアディポサイトカイン分泌異常,鎌田佳宏,福島寿一,林紀夫,治療学,Vol. 43,No. 10,p. 1082-1087,2009年10月10日
  • GAB FAMILY SCAFFOLDING ADAPTOR PROTEINS MEDIATE SIGNALS REQUIRED FOR LIVER REGENERATION THROUGH MAPK/ERK ACTIVATION,Yuichi Yoshida,Yukiko Saji,Takayo Takemura,Hisao Ezaki,Juichi Fukushima,Yoshihiro Kamada,Shinichi Kiso,Norio Hayashi,HEPATOLOGY,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 50,No. 4,p. 353A-354A,2009年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ADIPONECTIN PREVENTS PROGRESSION OF NONALCOHOLIC STEATOHEPATITIS IN MICE BY REGULATING OXIDATIVE STRESS AND KUPFFER CELL PHENOTYPE POLARIZATION,Juichi Fukushima,Yoshihiro Kamada,Hitoshi Matsumoto,Yuichi Yoshida,Hisao Ezaki,Takayo Takemura,Mina Hamano,Shinichi Kiso,Norikazu Maeda,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,HEPATOLOGY,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 50,No. 4,p. 1180A-1180A,2009年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 検診受診者における肝機能検査値と内臓脂肪面積,ウェスト周囲経,BMI,血清アディポネクチン値の相関についての疫学的検討,鎌田佳宏,木曽真一,林紀夫,肝臓,Vol. 50,No. Supplement 2,2009年09月10日
  • 肝再生及び肝不全におけるアダプター蛋白Gab1の役割,吉田雄一,佐治雪子,鎌田佳宏,竹村貴代,江崎久男,福島寿一,松本仁,木曽真一,林紀夫,肝臓,Vol. 50,No. Supplement 2,2009年09月10日
  • 誘導型ノックアウトマウスを用いた急性肝障害時におけるHB‐EGFの役割の検討,竹村貴代,木曽真一,佐治雪子,吉田雄一,江崎久男,福島寿一,松本仁,和田朗,鎌田佳宏,井倉技,林紀夫,肝臓,Vol. 50,No. Supplement 2,2009年09月10日
  • 慢性膵炎の病態形成におけるアディポネクチンの意義,山田 拓哉,荒木 浩士,鎌田 佳宏,西原 承緒,渡部 健二,木曽 真一,前田 法一,木原 進士,船橋 徹,下村 伊一郎,筒井 秀作,林 紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 106,No. 臨増大会,p. A923-A923,2009年09月
  • 糖尿病とアディポサイエンスUpdate 基礎 肝臓における脂肪蓄積とインスリン抵抗性,鎌田佳宏,下村伊一郎,Adiposcience,Vol. 6,No. 1,p. 40-46,2009年06月30日
  • 肝発癌予防・再発予防 アディポネクチンの肝腫瘍発生抑制作用,田村信司,鎌田佳宏,林紀夫,日本臨床,Vol. 67,p. 250-253,2009年05月28日
  • アディポネクチンの肝腫瘍発生抑制作用 (肝癌--基礎・臨床研究のアップデート) -- (肝発癌予防・再発予防),田村 信司,鎌田 佳宏,林 紀夫,日本臨床,日本臨床社,Vol. 67,No. -,p. 250-253,2009年05月
  • 【肝癌 基礎・臨床研究のアップデート】 肝発癌予防・再発予防 アディポネクチンの肝腫瘍発生抑制作用,田村 信司,鎌田 佳宏,林 紀夫,日本臨床,(株)日本臨床社,Vol. 67,No. 増刊3 肝癌,p. 250-253,2009年05月
  • Gabファミリーアダプター蛋白のマウス肝再生過程における役割の解析,吉田雄一,佐治雪子,竹村貴代,江崎久男,福島寿一,松本仁,鎌田佳宏,井倉技,筒井秀作,木曽真一,林紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 50,No. Supplement 1,p. A175-A175,2009年04月30日
  • 糖転移酵素N‐アセチルグルコサミン転移酵素V(GnT‐V)は肝星細胞におけるコラーゲン1の遺伝子発現を抑制する,森華奈子,松本仁,森脇健太,戸田美樹,鎌田佳宏,吉田雄一,木曽真一,林紀夫,三善英知,肝臓,Vol. 50,No. Supplement 1,2009年04月30日
  • 一般健常者における肝機能検査値と内臓脂肪面積,血清アディポネクチン値の相関についての疫学的検討,鎌田佳宏,木曽真一,中村正,船橋徹,福島寿一,吉田雄一,江崎久男,竹村貴代,筒井秀作,下村伊一郎,林紀夫,肝臓,Vol. 50,No. Supplement 1,2009年04月30日
  • NASH・NAFLDの基礎 NASH進展に対するアディポネクチンの予防効果について,福島 寿一,鎌田 佳宏,松本 仁,竹村 貴代,江崎 久男,佐治 雪子,吉田 雄一,井倉 技,木曽 真一,林 紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 50,No. Suppl.1,p. A56-A56,2009年04月
  • 分子シャペロンOxygen‐regulated protein150(ORP150)は飽和脂肪酸負荷によるマウス肝由来細胞株の小胞体ストレス起因性アポトーシスを抑制する,松本仁,三善英知,鎌田佳宏,吉田雄一,木曽真一,林紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 106,No. 臨増総会,p. A220-A220,2009年03月20日
  • Gabファミリー蛋白の肝再生への関与の検討,佐治雪子,吉田雄一,竹村貴代,江崎久男,福島寿一,松本仁,鎌田佳宏,井倉技,筒井秀作,木曽真一,林紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 106,No. 臨増総会,p. A305-A305,2009年03月20日
  • メタボリックシンドロームから消化器疾患に迫る アディポサイトカインのNASH病態進展における意義を探る,鎌田佳宏,松本仁,林紀夫,分子消化器病,(株)先端医学社,Vol. 6,No. 1,p. 47-52,2009年03月01日
  • 慢性膵炎の病態形成におけるアディポネクチンの意義,山田 拓哉,荒木 浩士,鎌田 佳宏,西原 承緒,渡部 健二,木曽 真一,前田 法一,木原 進士,船橋 徹,下村 伊一郎,筒井 秀作,林 紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 106,No. 臨増総会,p. A248-A248,2009年03月
  • 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 脂肪組織由来間葉系(幹)細胞(ADSC)を用いた肝再生療法開発へ向けた検討,林紀夫,鎌田佳宏,木曽真一,難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成20年度 総括・分担研究報告書,p. 115-116,2009年
  • PPARsと炎症 PPARsと肝疾患,鎌田佳宏,辻井正彦,林紀夫,炎症と免疫,(株)先端医学社,Vol. 16,No. 6,p. 680-685,2008年10月20日
  • 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography(FDG-PET)にて特徴的な画像を呈した結核性腹膜炎の1例,山本 俊祐,西田 勉,筒井 秀作,山本 克己,藥師神 崇行,井倉 技,鎌田 佳宏,和田 朗,渡部 健二,林 紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 105,No. 10,p. 1515-1522,2008年10月
  • 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography(FDG-PET)にて特徴的な画像を呈した結核性腹膜炎の1例,山本 俊祐,西田 勉,筒井 秀作,山本 克己,藥師神 崇行,井倉 技,鎌田 佳宏,和田 朗,渡部 健二,林 紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 105,No. 10,p. 1515-1522,2008年10月
  • 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)進展におけるアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,下村伊一郎,林紀夫,肥満研究,Vol. 14,No. Supplement,2008年09月22日
  • NASH発症におけるアディポネクチンの意義:酸化ストレスに着目して,福島寿一,鎌田佳宏,木曽真一,松本仁,竹村貴代,江崎久男,佐治雪子,吉田雄一,前田法一,井倉技,筒井秀作,田村信司,木原進士,船橋徹,下村伊一郎,林紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 105,No. 臨増大会,p. A833-A833,2008年09月15日
  • アディポサイトカインとNASH,鎌田佳宏,林紀夫,最新医学,Vol. 63,No. 9,p. 1738-1743,2008年09月10日
  • 肝特異的HB‐EGF欠損マウスを用いた急性肝障害時における肝再生の検討,竹村貴代,吉田雄一,木曽真一,佐治雪子,江崎久男,福島寿一,松本仁,和田朗,鎌田佳宏,井倉技,筒井秀作,田村信司,林紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 49,No. Supplement 2,p. A596-A596,2008年09月05日
  • 分子シャペロンOxygen‐regulated protein150(ORP150)は肝癌細胞株において脂肪酸負荷による小胞体ストレスを軽減し,アポトーシスを抑制する,松本仁,松本仁,鎌田佳宏,吉田雄一,肝臓,Vol. 49,No. Supplement 2,2008年09月05日
  • 部分肝切除後の肝再生過程におけるGabファミリー蛋白の関与―肝特異的欠損マウスを用いた検討,佐治雪子,吉田雄一,木曽真一,竹村貴代,江崎久男,福島寿一,松本仁,和田朗,鎌田佳宏,井倉技,筒井秀作,林紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 49,No. Supplement 2,p. A596-A596,2008年09月05日
  • 脂肪組織由来間葉系幹細胞(ADSC)を用いた肝再生療法開発へ向けた検討―bFGF前処置ADSCの有用性について,鎌田佳宏,木曽真一,林紀夫,肝臓,Vol. 49,No. Supplement 2,2008年09月05日
  • 慢性膵炎発症におけるアディポネクチンの病態意義の解明,山田 拓哉,西原 承緒,荒木 浩士,鎌田 佳宏,渡部 健二,木曽 真一,筒井 秀作,前田 法一,木原 進士,舟橋 徹,下村 伊一郎,林 紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 105,No. 臨増大会,p. A894-A894,2008年09月
  • 病態 アディポサイトカインとNASH (特集 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)研究をめぐる新展開),鎌田 佳宏,林 紀夫,最新医学,最新医学社,Vol. 63,No. 9,p. 1738-1743,2008年09月
  • 【非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)研究をめぐる新展開】 病態 アディポサイトカインとNASH,鎌田 佳宏,林 紀夫,最新医学,(株)最新医学社,Vol. 63,No. 9,p. 1738-1743,2008年09月
  • 肝臓畑の黄昏と曙 分子シャペロンOxygen-regulated protein 150(ORP150)は肝癌細胞株において脂肪酸負荷による小胞体ストレスを軽減し、アポトーシスを抑制する,松本 仁,鎌田 佳宏,吉田 雄一,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 49,No. Suppl.2,p. A421-A421,2008年09月
  • 肝再生 基礎と臨床のBridge研究 脂肪組織由来間葉系幹細胞(ADSC)を用いた肝再生療法開発へ向けた検討 bFGF前処置ADSCの有用性について,鎌田 佳宏,木曽 真一,林 紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 49,No. Suppl.2,p. A490-A490,2008年09月
  • 肥満症における肝臓の病態的意義 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)進展におけるアディポネクチンの意義,鎌田 佳宏,下村 伊一郎,林 紀夫,肥満研究,(一社)日本肥満学会,Vol. 14,No. Suppl.,p. 107-107,2008年09月
  • Adipose tissue derived stromal cell(ADSC)を用いた肝再生療法開発へ向けた検討,鎌田佳宏,木曽真一,佐治雪子,吉田雄一,松本仁,福島寿一,江崎久男,竹村貴代,和田朗,井倉技,田村信司,林紀夫,肝臓,Vol. 49,No. Supplement 1,2008年04月30日
  • 分子シャペロンOxygen‐regulated protein 150(ORP150)は肝癌細胞株において脂肪酸負荷による小胞体ストレスに起因するアポトーシスを抑制する,松本仁,三善英知,木曽真一,鎌田佳宏,吉田雄一,小澤健太郎,小川智,林紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 49,No. Supplement 1,p. A225-A225,2008年04月30日
  • アディポネクチン欠損マウスにおける70%部分肝切除後の肝再生遅延と脂肪酸代謝障害について,江崎久男,木曽真一,吉田雄一,佐治雪子,鎌田佳宏,松本仁,福島寿一,和田朗,井倉技,竹村貴代,木原進士,船橋徹,下村伊一郎,田村信司,林紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 49,No. Supplement 1,p. A223-A223,2008年04月30日
  • 肝障害と修復に関する研究の展開 Adipose tissue derived stromal cell(ADSC)を用いた肝再生療法開発へ向けた検討,鎌田 佳宏,木曽 真一,佐治 雪子,吉田 雄一,松本 仁,福島 寿一,江崎 久男,竹村 貴代,和田 朗,井倉 技,田村 信司,林 紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 49,No. Suppl.1,p. A73-A73,2008年04月
  • Adiponectin欠損マウスにおける70%部分肝切除後の肝再生遅延および脂肪酸代謝の障害,江崎久男,吉田雄一,佐治雪子,木曽真一,鎌田佳宏,松本仁,福島寿一,和田朗,木原進士,船橋徹,下村伊一郎,田村信司,林紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 105,No. 臨増総会,p. A187-A187,2008年03月20日
  • adipose tissue derived stromal cell(ADSC)を用いた肝再生療法開発へ向けた検討,鎌田佳宏,吉田雄一,佐治雪子,松本仁,福島寿一,江崎久夫,竹村貴代,和田朗,井倉技,田村信司,木曽真一,林紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 105,No. 臨増総会,p. A257-A257,2008年03月20日
  • NASH進展に対するアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,木曽真一,林紀夫,日本消化器病学会雑誌,Vol. 105,2008年03月20日
  • NAFLDの病態・予後・治療 NASH進展に対するアディポネクチンの意義,鎌田 佳宏,木曽 真一,林 紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 105,No. 臨増総会,p. A68-A68,2008年03月
  • NASH進展におけるアディポネクチンの意義,松本仁,鎌田佳宏,福島寿一,木曽真一,林紀夫,胆汁酸研究会講演要旨集,Vol. 30th,2008年
  • 肝線維化,発癌におけるアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,田村信司,林紀夫,肝臓,Vol. 48,No. Supplement 3,2007年11月05日
  • 生活習慣病と消化器疾患 NAFLD/NASHの発症機構,鎌田佳宏,田村信司,綜合臨床,Vol. 56,No. 11,p. 2988-2993,2007年11月01日
  • NAFLD/NASHの発症機構 (特集 生活習慣病と消化器疾患),鎌田 佳宏,田村 信司,綜合臨床,永井書店,Vol. 56,No. 11,p. 2988-2993,2007年11月
  • 【生活習慣病と消化器疾患】 解説 NAFLD/NASHの発症機構,鎌田 佳宏,田村 信司,綜合臨床,(株)永井書店,Vol. 56,No. 11,p. 2988-2993,2007年11月
  • NASHにおける肝線維化と発癌をめぐって 肝線維化、発癌におけるアディポネクチンの意義,鎌田 佳宏,田村 信司,林 紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 48,No. Suppl3,p. A512-A512,2007年11月
  • Delayed liver regeneration and impaired fatty acid metabolism in adiponectin knockout mice after partial hepatectomy,Hisao Ezaki,Yukiko Saji,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Yoshihiro Kamada,Hitoshi Matsumoto,Juichi Fukushima,Akira Wada,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Shinji Tamura,Norio Hayashi,HEPATOLOGY,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 46,No. 4,p. 765A-765A,2007年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • NAFLDとアディポサイトカイン,田村信司,鎌田佳宏,林紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 104,No. 臨増大会,p. A282-A282,2007年09月20日
  • Adipose tissue derived stromal cell(ADSC)から肝細胞様細胞への分化誘導,鎌田佳宏,田村信司,林紀夫,肝臓,Vol. 48,No. Supplement 2,2007年09月15日
  • アディポネクチン欠損マウスにおける部分肝切除後肝再生の障害:脂肪酸代謝との関連について,江崎久男,佐治雪子,吉田雄一,木曽真一,田村信司,鎌田佳宏,松本仁,福島寿一,和田朗,福井浩司,木原進士,船橋徹,下村伊一郎,林紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 48,No. Supplement 2,p. A479-A479,2007年09月15日
  • 肝の再生医学・医療/人工肝臓の現状と展望 Adipose tissue derived stromal cell(ADSC)から肝細胞様細胞への分化誘導,鎌田 佳宏,田村 信司,林 紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 48,No. Suppl.2,p. A355-A355,2007年09月
  • NASH(非アルコール性脂肪肝炎)7 メタボリックシンドロームとNASH,田村信司,鎌田佳宏,林紀夫,Bio Clin,Vol. 22,No. 8,p. 693-698,2007年07月25日
  • NASHの進展について,鎌田佳宏,Clinician,エーザイ(株),Vol. 54,No. 560,p. 751-753,2007年07月01日
  • 【NASH(非アルコール性脂肪肝炎)】 メタボリックシンドロームとNASH,田村 信司,鎌田 佳宏,林 紀夫,BIO Clinica,(株)北隆館,Vol. 22,No. 8,p. 693-698,2007年07月
  • 消化器疾患とアディポサイエンス 肝線維化とアディポサイトカイン,田村信司,鎌田佳宏,Adiposcience,Vol. 4,No. 1,p. 68-74,2007年05月31日
  • 【消化器疾患とアディポサイエンス】 臨床 肝線維化とアディポサイトカイン,田村 信司,鎌田 佳宏,Adiposcience,(有)フジメディカル出版,Vol. 4,No. 1,p. 68-74,2007年05月
  • Adipose tissue derived stromal cell(ADSC)の肝細胞様細胞への分化誘導,鎌田佳宏,田村信司,林紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 48,No. Supplement 1,p. A46-A46,2007年04月25日
  • アディポネクチン欠損マウスにおいて70%部分肝切除後の肝再生は傷害される,江崎久男,佐治雪子,吉田雄一,木曽真一,田村信司,鎌田佳宏,松本仁,福島寿一,和田朗,福井浩司,木原進士,船橋徹,下村伊一郎,林紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 48,No. Supplement 1,p. A123-A123,2007年04月25日
  • NAFLDの病態―アディポサイトカインの面から,田村信司,鎌田佳宏,林紀夫,肝臓,Vol. 48,No. Supplement 1,2007年04月25日
  • 生活習慣病としての肝疾患 NAFLDの病態 アディポサイトカインの面から,田村 信司,鎌田 佳宏,林 紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 48,No. Suppl.1,p. A14-A14,2007年04月
  • メタボリックシンドロームにおける肝障害とアディポネクチンの関係,鎌田佳宏,田村信司,林紀夫,日本消化器病学会雑誌,Vol. 104,2007年03月20日
  • Adiponectin欠損マウスにおける部分肝切除後肝再生の障害,江崎久男,佐治雪子,吉田雄一,木曽真一,田村信二,鎌田佳宏,松本仁,福島寿一,和田朗,福井浩司,木原進士,船橋徹,下村伊一郎,林紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 104,No. 臨増総会,p. A114-A114,2007年03月20日
  • Metabolic syndromeと消化器疾患 メタボリックシンドロームにおける肝障害とアディポネクチンの関係,鎌田 佳宏,田村 信司,林 紀夫,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 104,No. 臨増総会,p. A66-A66,2007年03月
  • 各疾患への最新アプローチ動向 PPARと肝疾患,辻井正彦,鎌田佳宏,林紀夫,医学のあゆみ,Vol. 220,No. 1,p. 105-110,2007年01月06日
  • PPARと肝疾患 (第1土曜特集 PPARと疾患) -- (各疾患への最新アプローチ動向),辻井 正彦,鎌田 佳宏,林 紀夫,医学のあゆみ,医歯薬出版,Vol. 220,No. 1,p. 105-110,2007年01月06日
  • 【PPARと疾患】 各疾患への最新アプローチ動向 PPARと肝疾患,辻井 正彦,鎌田 佳宏,林 紀夫,医学のあゆみ,医歯薬出版(株),Vol. 220,No. 1,p. 105-110,2007年01月
  • Impaired liver regeneration in adiponectin knockout mice after partial hepatectomy,Hisao Ezaki,Yukiko Saji,Yuichi Yoshida,Shinichi Kiso,Shinji Tamura,Yoshihiro Kamada,Hitoshi Matsumoto,Juichi Fukushima,Akira Wada,Koji Fukui,Shinji Kihara,Tohru Funahashi,Iichiro Shimomura,Norio Hayashi,HEPATOLOGY,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 44,No. 4,p. 485A-485A,2006年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 肥満者における肝障害に対する低アディポネクチン血症の意義,鎌田佳宏,田村信司,林紀夫,肝臓,Vol. 47,No. Supplement 2,2006年09月05日
  • 肥満に伴う低アディポネクチン血症のNAFLD進展における意義,鎌田佳宏,田村信司,林紀夫,肝臓,Vol. 47,No. Supplement 2,2006年09月05日
  • NAFLDの病態、治療、予後 肥満に伴う低アディポネクチン血症のNAFLD進展における意義,鎌田 佳宏,田村 信司,林 紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 47,No. Suppl.2,p. A352-A352,2006年09月
  • 消化器がん検診における肥満・NAFLDの諸問題 肥満者における肝障害に対する低アディポネクチン血症の意義,鎌田 佳宏,田村 信司,林 紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 47,No. Suppl.2,p. A386-A386,2006年09月
  • GPのためのセミナー・先端医学トレンド(98)NASHの病態について,鎌田佳宏,田村信司,林紀夫,Clinician,Vol. 53,No. 550,p. 593-598,2006年07月01日
  • GPのためのセミナー 先端医学トレンド NASHの病態について,鎌田 佳宏,田村 信司,林 紀夫,クリニシアン,エーザイ(株),Vol. 53,No. 7,p. 593-598,2006年07月
  • NASH進展におけるアディポネクチンの意義について~酸化ストレスに着目して,福島寿一,鎌田佳宏,田村信司,松本仁,佐治雪子,江崎久男,福井浩司,木曽真一,舟橋徹,下村伊一郎,林紀夫,肝臓,Vol. 47,No. Supplement 1,2006年04月25日
  • C型慢性肝炎に対するアンジオテンシンII1型受容体きっ抗薬の肝線維化抑制作用およびインスリン抵抗性改善作用の検討,伊藤純一,斎藤貴史,佐々木隆,石井里佳,柄沢哲,芳賀弘明,小野寺滋,三条麻衣,三沢慶子,鈴木明彦,奥本和夫,菅原一彦,斎藤孝治,冨樫整,鎌田佳宏,田村信司,河田純男,肝臓,Vol. 47,No. Supplement 1,2006年04月25日
  • 肝の脂質代謝異常の臨床―最新の知見―メタボリックシンドロームにおける肝疾患―NASHにおけるアディポネクチンの意義を中心に―,田村信司,鎌田佳宏,林紀夫,Lipid,(株)メディカルレビュー社,Vol. 17,No. 2,p. 125-130,2006年04月20日
  • 肝線維化の分子機構と治療 C型慢性肝炎に対するアンジオテンシンII1型受容体拮抗薬の肝線維化抑制作用およびインスリン抵抗性改善作用の検討,伊藤 純一,齋藤 貴史,佐々木 隆,石井 里佳,柄沢 哲,芳賀 弘明,小野寺 滋,三條 麻衣,三沢 慶子,鈴木 明彦,奥本 和夫,菅原 一彦,斎藤 孝治,冨樫 整,鎌田 佳宏,田村 信司,河田 純男,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 47,No. Suppl.1,p. A41-A41,2006年04月
  • 酸化ストレスと肝疾患 NASH進展におけるアディポネクチンの意義について 酸化ストレスに着目して,福島 寿一,鎌田 佳宏,田村 信司,松本 仁,佐治 雪子,江崎 久男,福井 浩司,木曽 真一,舟橋 徹,下村 伊一郎,林 紀夫,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 47,No. Suppl.1,p. A43-A43,2006年04月
  • アディポネクチンの肝線維化に対する抑制作用,鎌田佳宏,田村信司,林紀夫,松本仁,福島寿一,佐治雪子,福井浩司,木曽真一,前田法一,木原進士,船橋徹,松沢祐次,下村伊一郎,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 103,No. 臨増総会,p. A147-A147,2006年03月20日
  • 酸化ストレスによるNASHからの発癌に対するアディポネクチンの作用,松本仁,鎌田佳宏,田村信司,日本消化器病学会雑誌,Vol. 102,2005年09月10日
  • 酸化ストレスによるNASHからの発癌に対するアディポネクチンの作用,松本仁,鎌田佳宏,田村信司,肝臓,Vol. 46,No. Supplement 2,2005年09月05日
  • 酸化ストレスと消化器発癌 酸化ストレスによるNASHからの発癌に対するアディポネクチンの作用,松本 仁,鎌田 佳宏,田村 信司,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 46,No. Suppl.2,p. A391-A391,2005年09月
  • 酸化ストレスと消化器発癌 酸化ストレスによるNASHからの発癌に対するアディポネクチンの作用,松本 仁,鎌田 佳宏,田村 信司,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 102,No. 臨増大会,p. A634-A634,2005年09月
  • NAFLDの成因【NASHとアディポネクチン】,田村信司,鎌田佳宏,鎌田佳宏,細胞,(株)ニュー・サイエンス社,Vol. 37,No. 9,p. 357-360,2005年08月20日
  • NASHとアディポネクチン (特集 NAFLDの成因),田村 信司,鎌田 佳宏,細胞,ニュー・サイエンス社,Vol. 37,No. 9,p. 357-360,2005年08月
  • クッパー細胞に対するアディポネクチンの抗炎症作用,松本 仁,田村 信司,鎌田 佳宏,木曽 真一,佐治 雪子,前田 法一,船橋 徹,下村 伊一郎,日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集,日本臨床分子医学会,Vol. 42回,p. 123-123,2005年07月
  • 脂肪細胞と癌,アディポサイエンス アディポネクチンと発癌,田村信司,鎌田佳宏,Adiposcience,Vol. 2,No. 2,p. 122-127,2005年06月30日
  • 【脂肪細胞と癌,アディポサイエンス】 基礎 アディポネクチンと発癌,田村 信司,鎌田 佳宏,Adiposcience,(有)フジメディカル出版,Vol. 2,No. 2,p. 122-127,2005年06月
  • アディポネクチンのKupffer細胞に対する効果,松本仁,田村信司,鎌田佳宏,木曽真一,佐治雪子,福島寿一,前田法一,船橋徹,篠村恭久,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 46,No. Supplement 1,p. A172-A172,2005年05月25日
  • Non‐alcoholic steatohepatitis(NASH)におけるアディポネクチンの意義について,鎌田佳宏,田村信司,松本仁,福島寿一,佐治雪子,木曽真一,福井浩司,前田法一,松沢祐次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 46,No. Supplement 1,p. A43-A43,2005年05月25日
  • 難治性C型慢性肝炎に対するIFN/Ribavirin併用療法+IFN 24週投与の治療効果に関する検討,井倉 技,田村 信司,今井 康陽,薮内 以和夫,高石 健司,柏原 赳,田村 和子,桐山 和雄,稲田 正己,前田 祐一,野田 修造,福島 寿一,鎌田 佳宏,木曽 真一,篠村 恭久,下村 伊一郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 46,No. Suppl.1,p. A210-A210,2005年05月
  • IFN/Ribavirin併用療法+IFN24週投与の有効性と安全性に関する検討,井倉 技,田村 信司,今井 康陽,藪内 以和夫,高石 健司,柏原 赳,田村 和子,桐山 和雄,稲田 正己,前田 佑一,野田 修造,福島 寿一,鎌田 佳宏,木曽 真一,篠村 恭久,下村 伊一郎,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 102,No. 臨増総会,p. A253-A253,2005年03月
  • NASHにおけるアディポネクチンの意義,鎌田佳宏,田村信司,松本仁,木曽真一,篠村恭久,船橋徹,松沢佑次,下村伊一郎,日本内科学会雑誌,(一社)日本内科学会,Vol. 94,No. Suppl.,p. 170-170,2005年02月20日
  • アディポネクチン,日本発,未来へ 4)アディポネクチンの肝線維化および癌における意義,田村信司,鎌田佳宏,Bio Clin,Vol. 19,No. 13,p. 1071-1076,2004年12月10日
  • 【アディポネクチン,日本発,未来へ】 アディポネクチンの肝線維化および癌における意義,田村 信司,鎌田 佳宏,BIO Clinica,(株)北隆館,Vol. 19,No. 13,p. 1071-1076,2004年12月
  • 肥満と生活習慣病―NASHにおけるアディポネクチンの意義―,田村信司,鎌田佳宏,下村伊一郎,肝臓,Vol. 45,No. Supplement 3,2004年11月20日
  • 肝と生活習慣病 肥満と生活習慣病 NASHにおけるアディポネクチンの意義,田村 信司,鎌田 佳宏,下村 伊一郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 45,No. Suppl.3,p. A528-A528,2004年11月
  • Adiponectin, an adipocyte-derived hormone, attenuates lipopolysaccharide induced liver injury.,H Matsumoto,S Tamura,Y Kamada,S Kiso,Y Saji,N Maeda,T Yokota,Y Shinomura,T Funahashi,Shimomura, I,HEPATOLOGY,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 40,No. 4,p. 699A-699A,2004年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • アディポネクチンのエンドトキシンによる急性肝障害に対する抑制効果,松本仁,田村信司,鎌田佳宏,木曽真一,佐治雪子,前田法一,横田貴史,船橋徹,篠村恭久,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 45,No. Supplement 2,p. A454-A454,2004年09月20日
  • アディポネクチンの肝線維化に対する抑制作用,鎌田佳宏,田村信司,松本仁,佐治雪子,木曽真一,福井浩司,前田法一,木原進士,松沢佑次,肥満研究,(一社)日本肥満学会,Vol. 10,No. Supplement,p. 159-159,2004年09月01日
  • C型慢性肝炎に対するコンセンサスインターフェロン長期投与の効果と安全性に関する検討,井倉 技,田村 信司,今井 康陽,高石 健司,桐山 和雄,前田 佑一,柏原 赳,稲田 正己,藪内 以和夫,野田 修三,北田 学利,福島 寿一,鎌田 佳宏,木曽 真一,篠村 恭久,下村 伊一郎,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 45,No. Suppl.2,p. A468-A468,2004年09月
  • アディポネクチンのKupffer細胞におけるTNF‐α分泌抑制効果:培養Kupffer細胞およびアディポネクチンKOマウスを用いた急性肝障害モデルでの検討,松本仁,田村信司,鎌田佳宏,木曽真一,佐治雪子,前田法一,木原進士,篠村恭久,松沢佑次,肝臓,Vol. 45,No. Supplement 1,2004年04月30日
  • アディポネクチンの肝脂胞沈着,肝発癌抑制効果について,鎌田佳宏,田村信司,松本仁,佐治雪子,木曽真一,福井浩司,前田法一,木原進士,松沢佑次,肝臓,Vol. 45,No. Supplement 1,2004年04月30日
  • アディポネクチンの肝臓における抗線維化作用,前田法一,鎌田佳宏,松本仁,西沢均,流谷裕幸,岡本芳久,木曽真一,木原進士,松沢佑次,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 80,No. 1,p. 115-115,2004年04月20日
  • Infliximab投与が有効であったステロイド抵抗性急性GVHD腸炎の一例,村山洋子,筒井秀作,西林宏之,中本憲位,井倉技,鎌田佳宏,松嶋伸好,松田高明,福島寿一,Gastroenterol Endosc,(一社)日本消化器内視鏡学会,Vol. 46,No. Supplement 1,p. 724-724,2004年04月10日
  • アディポネクチンの肝脂肪沈着,肝発癌抑制効果について,鎌田 佳宏,田村 信司,松本 仁,佐治 雪子,木曽 真一,福井 浩司,前田 法一,木原 進士,宮川 潤一郎,篠村 恭久,船橋 徹,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 45,No. Suppl.1,p. A41-A41,2004年04月
  • アディポネクチンのKupffer細胞におけるTNF-α分泌抑制効果 培養Kupffer細胞及びアディポネクチンKOマウスを用いた急性肝障害モデルでの検討,松本 仁,田村 信司,鎌田 佳宏,木曽 真一,佐治 雪子,前田 法一,木原 進士,篠村 恭久,船橋 徹,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 45,No. Suppl.1,p. A139-A139,2004年04月
  • 巨大な胃静脈りゅうを合併したCOACH症候群の一例,伊藤公子,井倉技,鎌田佳宏,福嶋寿一,臼井健朗,宮脇盛子,木曽真一,篠村恭久,田村信司,肝臓,Vol. 44,No. Supplement 3,2003年10月20日
  • 巨大な胃静脈瘤を合併したCOACH症候群の一例,伊藤 公子,井倉 技,鎌田 佳宏,福嶋 寿一,臼井 健朗,宮脇 盛子,木曽 真一,篠村 恭久,田村 信司,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 44,No. Suppl.3,p. A649-A649,2003年10月
  • 肝臓におけるアディポネクチンの作用について,鎌田佳宏,田村信司,松本仁,佐治雪子,木曽真一,吉田雄一,福井浩司,前田法一,松沢佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 44,No. Supplement 2,p. A420-A420,2003年09月30日
  • サイトカインを用いたマウス骨髄細胞の肝細胞系細胞へのin vitro分化誘導法に関する検討,佐治雪子,田村信司,吉田雄一,木曽真一,飯塚亜由子,鎌田佳宏,川崎貴子,松本仁,松沢佑次,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 100,No. 臨増大会,p. A740-A740,2003年09月20日
  • 症例検討 脂質代謝異常症への多角的アプローチ 66 アルギニン欠乏状態における血管内皮機能異常,鎌田佳宏,田村信司,山下静也,松沢佑次,Lipid,Vol. 14,No. 4,p. 392-397,2003年07月10日
  • 脂質代謝異常症への多角的アプローチ アルギニン欠乏状態における血管内皮機能異常,鎌田 佳宏,田村 信司,山下 静也,松澤 佑次,The Lipid,(株)メディカルレビュー社,Vol. 14,No. 4,p. 392-397,2003年07月
  • 造影エコーの後期相で濃染像を呈しSPIO-MRIの所見と乖離を認めた大型の高分化型肝細胞癌の1例,北田 学利,井倉 技,久下 陽子,松本 仁,佐治 雪子,鎌田 佳宏,木曽 真一,篠村 恭久,田村 信司,松澤 佑次,超音波医学,(公社)日本超音波医学会,Vol. 30,No. 3,p. J365-J365,2003年05月
  • マウス骨髄細胞の肝細胞系細胞へのin vitro分化誘導法の検討,佐治雪子,田村信司,吉田雄一,木曽真一,飯塚亜由子,鎌田佳宏,川崎貴子,松本仁,松沢佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 44,No. Supplement 1,p. A208-A208,2003年04月15日
  • アディポネクチンのマウス肝線維化に対する抑制勢果の検討,鎌田佳宏,田村信司,木曽真一,吉田雄一,福井浩司,前田法一,西沢均,流谷裕幸,岡本芳久,肝臓,Vol. 44,No. Supplement 1,2003年04月15日
  • アディポネクチンのマウス肝線維化に対する抑制効果の検討,鎌田 佳宏,田村 信司,木曽 真一,吉田 雄一,福井 浩司,前田 法一,西沢 均,流谷 裕幸,岡本 芳久,木原 進士,宮川 潤一郎,船橋 徹,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 44,No. Suppl.1,p. A102-A102,2003年04月
  • SPIOの所見と組織学的所見の解離から,kupffer細胞の機能を検討し得た20歳の完全内臓逆位に合併した大型の高分化型肝細胞癌の1例,久下陽子,北田学利,臼井健郎,松本仁,鎌田佳宏,山田優二,塩見浩也,井上武宏,井上俊彦,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 100,No. 臨増総会,p. A308-A308,2003年03月20日
  • Regulation of growth and differentiation of fetal hepatic cells by cytokines in vitro.,T Kawasaki,S Tamura,S Kiso,Y Doi,Y Yoshida,Y Kamada,A Saeki,Y Saji,Y Matsuzawa,HEPATOLOGY,W B SAUNDERS CO,Vol. 36,No. 4,p. 438A-438A,2002年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • II.循環器疾患・動脈硬化症 アルギニン欠乏状態の血中NO値および血流動態のおよぼす影響~リジン尿性蛋白不耐症患者における検討,鎌田佳宏,田村信司,流谷裕幸,木曽真一,山田晃,吉田雄一,船橋徹,山下静也,河田純男,日本臨床分子医学会記録,Vol. 39,2002年09月30日
  • 脂肪細胞特異的蛋白質アディポネクチンの肝線維化に対する抑制作用,鎌田佳宏,田村信司,松沢佑次,肝臓,Vol. 43,No. Supplement 2,2002年09月30日
  • 肝前駆細胞移植による肝再生療法開発への基礎的研究 自己骨髄細胞を用いて,吉田雄一,田村信司,木曽真一,飯塚亜由子,鎌田佳宏,川崎貴子,松沢佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 43,No. Supplement 2,p. A369-A369,2002年09月30日
  • マウス胎生期肝細胞に対する増殖因子の分化・増殖に対する影響,川崎貴子,田村信司,木曽真一,吉田雄一,鎌田佳宏,飯塚亜由子,佐治雪子,松沢佑次,日本消化器病学会雑誌,Vol. 99,2002年09月20日
  • アルギニン欠乏状態の血中NO値及び血流動態に及ぼす影響〜リジン尿性蛋白不耐症患者における検討,鎌田 佳宏,田村 信司,流谷 裕幸,木曽 真一,山田 晃,吉田 雄一,船橋 徹,山下 静也,河田 純男,松澤 佑次,日本臨床分子医学会記録,日本臨床分子医学会,Vol. 39,p. 47-47,2002年09月
  • 肝線維化治療のストラテジー 脂肪細胞特異的蛋白質アディポネクチンの肝線維化に対する抑制作用,鎌田 佳宏,田村 信司,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 43,No. Suppl.2,p. A268-A268,2002年09月
  • 肝胆道系酵素異常を契機に診断し,自然経過を観察しえたサルコイドーシスの一例,堀木 優志,田村 信司,井倉 技,山田 晃,吉田 雄一,澤井 良之,鎌田 佳宏,福井 浩司,木曽 真一,伊藤 信之,篠村 恭久,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 43,No. Suppl.2,p. A396-A396,2002年09月
  • ラット肝星細胞におけるアンギオテンシンIIによるTGFβ1,細胞外マトリックス蛋白遺伝子の発現こう進作用,鎌田佳宏,田村信司,土井喜宣,伊藤信之,照井有紀,斉藤貴史,渡辺久剛,河田純男,松沢佑次,肝臓,Vol. 43,No. Supplement 1,2002年05月20日
  • In vitroにおける骨髄細胞の肝細胞系分化誘導に関する検討 各種サイトカインおよび培養条件による分化誘導について,飯塚亜由子,田村信司,木曽真一,吉田雄一,土井喜宣,鎌田佳宏,川崎貴子,佐治幸子,松沢佑次,肝臓,Vol. 43,No. Supplement 1,2002年05月20日
  • Nitric oxide(NO)の肝循環に与える影響,山田晃,鎌田佳宏,松本仁,林昇甫,堂野恵三,左近賢人,門田守人,河田純男,松沢佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 43,No. Supplement 1,p. A194-A194,2002年05月20日
  • ラット肝星細胞におけるアンギオテンシンIIによるTGFβ1,細胞外マトリックス蛋白遺伝子の発現亢進作用,鎌田 佳宏,田村 信司,木曽 真一,福井 浩司,土井 喜宣,伊藤 信之,照井 有紀,斉藤 貴史,渡辺 久剛,富樫 整,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 43,No. Suppl.1,p. A211-A211,2002年05月
  • In vitroにおける骨髄細胞の肝細胞系分化誘導に関する検討 各種サイトカイン及び培養条件による分化誘導について,飯塚 亜由子,田村 信司,木曽 真一,吉田 雄一,土井 喜宣,鎌田 佳宏,川崎 貴子,佐治 幸子,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 43,No. Suppl.1,p. A104-A104,2002年05月
  • 肝細胞癌に対する超音波ガイド下ラジオ波焼灼療法(RFA)におけるLevovist造影エコー法の有用性について,吉田 雄一,山田 晃,澤井 良之,鎌田 佳宏,佐伯 亜由子,川崎 貴子,佐治 雪子,松本 仁,井倉 技,木曽 真一,超音波医学,(公社)日本超音波医学会,Vol. 29,No. 2,p. J194-J194,2002年03月
  • 一酸化窒素(NO)産生障害の肝門脈血流量に及ぼす影響 アルギニン欠乏症例(リジン尿性蛋白不耐症:LPI)における検討,山田 晃,田村 信司,鎌田 佳宏,吉田 雄一,福井 浩司,木曽 真一,林 昇甫,堂野 恵三,左近 賢人,門田 守人,超音波医学,(公社)日本超音波医学会,Vol. 29,No. 2,p. J190-J190,2002年03月
  • アルギニン欠乏状態の血中NO値及び血流動態に及ぼす影響,鎌田 佳宏,田村 信司,流谷 裕幸,木曽 真一,山田 晃,吉田 雄一,山下 静也,河田 純男,松澤 佑次,日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集,日本臨床分子医学会,Vol. 39回,p. 45-45,2002年03月
  • 肝胆道系酵素異常を契機に診断しえたサルコイドーシスの1例,堀木優志,山田晃,吉田雄一,鎌田佳宏,福井浩司,木曽真一,伊藤信之,田村信司,松沢佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 42,No. Supplement 3,p. A582-A582,2001年11月15日
  • 自己免疫性肝炎を合併し,ステロイド治療が奏効した原発性硬化性胆管炎の一例,吉田雄一,山田晃,木村洋,今中和穂,沢井良之,鎌田佳宏,佐伯亜由子,川崎貴子,松沢佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 42,No. Supplement 3,p. A490-A490,2001年11月15日
  • 自己免疫性疾患を合併した晩発性皮膚ポルフィリン症の1例,川崎 貴子,山田 晃,佐伯 亜由子,向坂 直哉,秋山 正夫,吉田 雄一,鎌田 佳宏,澤井 良之,井倉 技,木曽 真一,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 42,No. Suppl.3,p. A586-A586,2001年11月
  • The role of growth factors on the regulation of growth and differentiation in the fetal hepatic cells obtained from the mid-fetal liver of mice.,T Kawasaki,S Tamura,S Kiso,Y Doi,Y Kamada,A Saeki,Y Matsuzawa,HEPATOLOGY,W B SAUNDERS CO,Vol. 34,No. 4,p. 502A-502A,2001年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Expression of cadherins in the developing and maturing mouse liver.,Y Doi,S Tamura,K Fukui,S Kiso,Y Kamada,Y Matsuzawa,HEPATOLOGY,W B SAUNDERS CO,Vol. 34,No. 4,p. 489A-489A,2001年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Mouse-Musashi-1, an RNA-binding protein, is expressed in the mouse hepatic progenitor cells/early hepatocytes during liver development.,S Kiso,S Kawata,S Tamura,JI Miyagawa,Y Doi,T Nanmo,A Saeki,Y Kamada,T Kawasaki,SI Sakakibara,H Okano,Y Matsuzawa,HEPATOLOGY,W B SAUNDERS CO,Vol. 34,No. 4,p. 393A-393A,2001年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • アルギニン欠乏状態における血管内皮機能異常 リジン尿性蛋白不耐症患者での検討,鎌田佳宏,流谷裕幸,田村信司,山田晃,木曽真一,伊藤信之,石神真人,平岡久豊,松沢佑次,動脈硬化,(一社)日本動脈硬化学会,Vol. 29,No. Supplement,p. 252-252,2001年05月15日
  • 培養肝細胞を用いた肝疾患の病態解明と治療 胎生期の肝臓における各種増殖因子,増殖抑制因子の役割 その発現と初代培養胎生肝細胞の反応性について,川崎 貴子,田村 信司,木曽 真一,伊藤 信之,鎌田 佳宏,佐伯 亜由子,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 42,No. Suppl.1,p. A47-A47,2001年05月
  • リジン尿性蛋白不耐症(LPI)患者における肝血流動態について,鎌田 佳宏,田村 信司,山田 晃,吉田 雄一,木曽 真一,伊藤 信之,林 昇甫,堂野 恵三,左近 賢人,門田 守人,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 42,No. Suppl.1,p. A227-A227,2001年05月
  • 胎生期の肝臓における各種増殖因子,増殖抑性因子の役割 その発現と初代培養胎生肝細胞の反応性について,川崎貴子,田村信司,木曽真一,伊藤信之,鎌田佳宏,佐伯亜由子,松沢佑次,肝臓,Vol. 42,No. Supplement 1,2001年04月25日
  • リジン尿性蛋白不耐症(LPI)患者における肝血流動態について,鎌田佳宏,田村信司,山田晃,吉田雄一,林昇甫,堂野恵三,門田守人,河田純男,松沢佑次,肝臓,Vol. 42,No. Supplement 1,2001年04月25日
  • リジン尿性蛋白不耐症(LPI)患者における肝血流についての検討,鎌田佳宏,田村信司,山田晃,吉田雄一,木曽真一,林昇甫,門田守人,河田純男,松沢佑次,日本消化器病学会雑誌,Vol. 98,2001年03月20日
  • 新しいNO産生低下による病態 リジン尿性蛋白不耐症の病態について,鎌田佳宏,田村信司,河田純男,Bio Clin,Vol. 15,No. 13,p. 1047-1051,2000年12月10日
  • アルギニン代謝異常患者における血管内皮機能の検討,松嶋伸好,流谷裕幸,鎌田佳宏,山田晃,丸山貴生,石神真人,平岡久豊,中村正,松沢佑次,Jpn Circ J,(一社)日本循環器学会,Vol. 64,No. Supplement 3,p. 919-919,2000年10月20日
  • 43) アルギニン代謝異常患者における血管内皮機能の検討,松嶋 伸好,流谷 裕幸,鎌田 佳宏,山田 晃,丸山 貴生,石神 眞人,平岡 久豊,中村 正,田村 信司,船橋 徹,山下 静也,河田 純男,松澤 佑次,Japanese circulation journal,社団法人日本循環器学会,Vol. 64,No. SupplementIII,2000年10月20日
  • 二塩基性アミノ酸トランスポーター遺伝子の変異を見出した高アンモニア血症と血中アルギニン低下を来した一例,鎌田佳宏,山田晃,田村信司,木曽真一,伊藤信之,井上聡,河田純男,松沢佑次,肝臓,Vol. 41,No. Supplement 1,2000年05月10日
  • 代謝性肝疾患における遺伝子異常 二塩基性アミノ酸トランスポーター遺伝子の変異を見出した高アンモニア血症と血中アルギニン低下をきたした1例,鎌田 佳宏,山田 晃,田村 信司,木曽 真一,伊藤 信之,井上 聡,河田 純男,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 41,No. Suppl.1,p. A42-A42,2000年05月
  • Bachmann束ペーシングにより心房細動再発を防止できた洞機能不全症候群の2症例,中田敦之,大村素子,鎌田佳宏,山本貴洋,三木均,西内明子,関孝一,Jpn Circ J,(一社)日本循環器学会,Vol. 64,No. Supplement 2,p. 794-794,2000年04月20日
  • 34) Bachmann束ペーシングにより心房細動再発を防止できた洞機能不全症候群の2症例,中田 敦之,大村 素子,鎌田 佳宏,山本 貴洋,三木 均,西内 明子,関 孝,Japanese circulation journal,社団法人日本循環器学会,Vol. 64,No. SupplementII,2000年04月20日
  • アルギニントランスポーター遺伝子の変異を見出したリジン尿性蛋白不耐症(LPI)の1例,鎌田 佳宏,山田 晃,田村 信司,木曽 真一,伊藤 信之,井上 聡,河田 純男,松澤 佑次,肝臓,(一社)日本肝臓学会,Vol. 40,No. Suppl.3,p. 208-208,1999年10月
  • 腹腔鏡検査が診断確定に有用であったボグリボースによる薬剤性肝障害の1例,鎌田 佳宏,渡辺 伸明,西内 明子,加藤 哲也,中田 敦之,安永 祐一,大村 素子,飯田 正人,三木 均,川村 修司,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 42,No. 9,p. 795-795,1999年09月
  • 糖尿病の病態とプロインスリン値との関連,渡辺 伸明,川村 修司,鎌田 佳宏,加藤 哲也,中田 敦之,安永 祐一,大村 素子,飯田 正人,三木 均,亀田 幸男,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 42,No. 9,p. 776-776,1999年09月
  • 腹腔鏡検査にて肝小葉中心壊死型をきたした薬剤性肝障害の3例,鎌田 佳宏,西内 明子,加藤 哲也,安永 祐一,渡辺 伸明,亀田 幸男,関 孝一,興梠 隆,Gastroenterological Endoscopy,(一社)日本消化器内視鏡学会,Vol. 41,No. Suppl.1,p. 687-687,1999年04月
  • 糖尿病の病態,治療に伴うプロインスリン値の変動,渡辺 伸明,川村 修司,鎌田 佳宏,関 孝一,糖尿病,(一社)日本糖尿病学会,Vol. 42,No. Suppl.1,p. S159-S159,1999年04月
  • 極少量のメシル酸ペルゴリドが著効したプロラクチノーマの一例,鎌田 佳宏,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 72,No. 5,p. 811-811,1996年09月

受賞

  • 海外若手研究者賞,鎌田佳宏,アメリカ肝臓学会,2005年11月
  • 大阪大学論文100選,大阪大学,2005年03月
  • Liver Forum in Kyoto研究奨励賞,鎌田佳宏,Liver Forum in Kyoto,2005年03月
  • 大正富山アワード,鎌田佳宏,肝臓フォーラム,2005年03月
  • 海外若手研究者賞,鎌田佳宏,アメリカ肝臓学会,2003年11月
  • 大阪大学論文100選,大阪大学,2003年03月

学術貢献

  • Cancers, Editorial board member, ~
  • Journal of Gastroenterology, Editorial board member,日本消化器病学会, ~

委員歴

  • 学協会,日本消化器病学会,食と消化器病委員会,2021年06月 ~ 継続中
  • NAFLD/NASH作成 ガイドライン委員会,委員,2017年04月 ~ 継続中
  • 中性脂肪学会,理事,2017年04月 ~ 継続中
  • 日本消化器病学会,評議員、指導医,2017年01月 ~ 継続中
  • 日本肝臓学会,評議員、指導医,2016年04月 ~ 継続中