JA

Profile

Research

Social

Other

Yamane Sou

山根 聡

Graduate School of Language and Culture Studies in Language and Society, Professor

keyword Modern History of Afghanistan,Urdu Language・Urdu Literature

Education

  • - 1991, Oriental Collage, University of the Punjab, Urdu Literature
  • - 1991, パンジャ-ブ大学大学院オリエンタル・カレッジ
  • - 1989, Osaka University of Foreign Studies, Urdu Linguistics
  • - 1989, Osaka University of Foreign Studies
  • - 1986, Osaka University of Foreign Studies, Faculty of Foreign Language
  • - 1986, Osaka University of Foreign Studies, Faculty of Foreign Studies
  • 2019/03 - , Kyoto University, Graduate School of Asian and African Area Studies

Research History

  • 2018/04 - Present, 大阪大学大学院言語文化研究科
  • 2018/09 - 2019/08, Osaka University
  • 2015/09 - 2019/08, Osaka University
  • 2017/10 - 2018/09, Osaka City University
  • 2015/09 - 2017/08, Osaka University
  • 2013/11 - 2015/08, Osaka University
  • 2013/05 - 2013/05, 日本政府 パキスタン総選挙監視団員
  • 2010/04 - 2012/03, Osaka University
  • 2008/04 - 2008/09, Kyoto University, Graduate School of Asian and African Area Studies
  • 2008/02 - 2008/02, 日本政府・パキスタン総選挙監視団員
  • 2007/04 - 2007/09, Kyoto University, Graduate School of Asian and African Area Studies
  • 2002/11 - 2003/06, 独立行政法人国際協力機構 国際協力総合研修所
  • 1998 - 2003, 大阪外国語大学
  • 1998 - 2001, : : 大阪外国語大学 助教授
  • 1999/07 - 1999/08, Tokyo University of Foreign Studies
  • 1996 - 1997, : : 大阪外国語大学 講師
  • 1994 - 1996, : : 在パキスタン日本国大使館 専門調査員
  • 1994 - 1996, : : Embassy of JAPAN, Pakistan, special assistant ,
  • 1992 - 1994, : : 大阪外国語大学 非常勤講師
  • 1992 - 1994, : : Osaka University of Foreign Studies, Part-time Lecturer ,
  • 1989 - , -: -: 大阪外国語大学 非常勤講師
  • 1989 - , -: -: Osaka University of Foreign Studies, Part-time Lecturer ,

Research Areas

  • Humanities & social sciences, History - Asia/Africa
  • Humanities & social sciences, Literature - General
  • Humanities & social sciences, Literature - Chinese

Professional Memberships

  • 日本オリエント学会
  • 日本・パキスタン協会
  • 大阪大学言語社会学会
  • アジア政経学会
  • 西南アジア研究会
  • Japan Association for South Asian Studies
  • 日本南アジア学会
  • 日本印度学仏教学会

Papers

  • Javed Iqbal, "Zindah Rud", So YAMANE, Vol. 別館, No. 6, p. 8-18, 2020/12
  • 「ウルドゥー語のなぞなぞ」, No. 18, p. 61-75, 2019/03
  • 「2018年のパキスタン―イムラーン新政権誕生は「静かなクーデター」か」, No. 89, p. 103-113, 2019/03
  • 「解「国」新書 債務対策が急務のパキスタン―イムラン新首相への期待と課題」, No. 745, p. 68-69, 2019/01
  • Comment on Dr. Edwion P. Wieringa's "Not bu Sword?ーSome Critical Reflection on the Contemporary Sanitized Myth of Java's Early Islamization"", 2018/07
  • 「南アジア・イスラーム研究の動向と将来―『加賀谷寛著作集』を通して―」, p. 162-170, 2018/03
  • 「南アジア・スーフィズムの諸相」, 2018/03
  • 「2017年のパキスタン情勢―首相辞任と中国の南アジア域内政治への関与―」, No. 88, p. 101-111, 2018/03
  • 「南アジア・イスラーム研究の動向と将来―『加賀谷寛著作集』を通して―」, p. 162-170, 2018/03
  • 「2017年のパキスタン情勢―首相辞任と中国の南アジア域内政治への関与―」, No. 88, p. 101-111, 2018/03
  • 「現代パキスタン社会の動員にみる政治と宗教」, 2017/12
  • "China's New Position in South Asia", 2017/12
  • Comment on Asif Farrukhi's "A New Harvest of Anger: Reading an Alternative Narrative of Pakistan's Society in Contemporary Urdu Literature", 2017/12
  • 「現代パキスタン社会の動員にみる政治と宗教」, 2017/12
  • Some Remarks on Muslim Society in Indonesia- From the Viewpoint of South Asian Studies, 2017/11
  • Some Remarks on Muslim Society in Indonesia- From the Viewpoint of South Asian Studies, 2017/11
  • Some Remarks on Muslim Society in Indonesia- From the Viewpoint of South Asian Studies, 2017/11
  • パキスタンの現状2017―首相辞任と中パ関係にみる新たな展開, 2017/10
  • 「コメント 東南アジアのイスラーム・メディアから見た世界:1920~30年代を中心に」, 2017/10
  • パキスタンの現状2017―首相辞任と中パ関係にみる新たな展開, 2017/10
  • 「コメント 東南アジアのイスラーム・メディアから見た世界:1920~30年代を中心に」, 2017/10
  • Names of Restaurants as Religious Symbols, So YAMANE, 2017/09
  • Names of Restaurants as Religious Symbols, So YAMANE, 2017/09
  • 「パキスタンにおける国家の正統性と宗教」, 2017/09
  • 南アジア・イスラーム研究の動向と将来―『加賀谷寛著作集』を通して, 2017/05
  • Dual Trends of Sufi Poetry Qawwali in South Asia, 2017/05
  • 南アジア・イスラーム研究の動向と将来―『加賀谷寛著作集』を通して, 2017/05
  • Dual Trends of Sufi Poetry Qawwali in South Asia, 2017/05
  • 「書評 小杉泰『イスラームを読む―クルアーンと生きるムスリムたち』, No. 10, p. 317-320, 2017/03
  • パキスタン・第3次シャリーフ政権の課題―対印関係をめぐる軍との関係―, p. 99-104, 2017/03
  • 「書評 小杉泰『イスラームを読む―クルアーンと生きるムスリムたち』, No. 10, p. 317-320, 2017/03
  • パキスタン・第3次シャリーフ政権の課題―対印関係をめぐる軍との関係―, p. 99-104, 2017/03
  • Social and Political Modification in Pakistan in the War on Terror, 2017/01
  • Social and Political Modification in Pakistan in the War on Terror, 2017/01
  • Social and Political Modification in Pakistan in the War on Terror, 2017/01
  • The Taste of Colonization―A Dilemma between Tradition and Modernity among Indo-Muslims under the British Raj in Nadhir Ahmad’s Ibn al-Waqt, 2016/12
  • The Taste of Colonization―A Dilemma between Tradition and Modernity among Indo-Muslims under the British Raj in Nadhir Ahmad’s Ibn al-Waqt, 2016/12
  • パキスタン・シャリーフ政権の課題―外交、内政と軍―, 2016/11
  • 南アジアのムスリムの域外ネットワークについて―東南アジアとの交流から―, 2016/11
  • 「イギリス植民地支配と食をめぐる変化」, p. 60-65, 2016/11
  • パキスタン・シャリーフ政権の課題―外交、内政と軍―, 2016/11
  • 南アジアのムスリムの域外ネットワークについて―東南アジアとの交流から―, 2016/11
  • 「イギリス植民地支配と食をめぐる変化」, p. 60-65, 2016/11
  • ’Jadīd Urdū Adab ke Farogh meṇ Aḥmad Nadīm Qāsmī kī Khidmat’, 2016/10
  • ’Jadīd Urdū Adab ke Farogh meṇ Aḥmad Nadīm Qāsmī kī Khidmat’, 2016/10
  • アフガニスタン安定化への課題, p. 91-103, 2016/09
  • アフガニスタン安定化への課題, p. 91-103, 2016/09
  • ’Muntakhab Urdū Kutb-e Iqbāliyāt kā Tawẓīḥī Ishāriya (Library Mino Campus, Osaka University, Japan) (「大阪大学箕面キャンパス外国語学図書館所蔵のイクバール学関連書籍解題」), p. 45-64, 2016/06
  • 書評『イスラームを読む』, Vol. 65, No. 4, p. 92-92, 2016/06
  • ’Muntakhab Urdū Kutb-e Iqbāliyāt kā Tawẓīḥī Ishāriya (Library Mino Campus, Osaka University, Japan) (「大阪大学箕面キャンパス外国語学図書館所蔵のイクバール学関連書籍解題」), p. 45-64, 2016/06
  • 書評『イスラームを読む』, Vol. 65, No. 4, p. 92-92, 2016/06
  • パキスタンにおける国家行動計画の成果と課題, No. 86, p. 99-106, 2016/03
  • アキール文庫 現代ウルドゥー詩関連文献―ファイズ、ラーシド、マジード・アムジャド、ミーラージー、アフタル・シーラーニー, Vol. 9, p. 172-181, 2016/03
  • アキール文庫 サイイド・アフマド・ハーンとアリーガル運動関連文献, Vol. 9, p. 165-171, 2016/03
  • アキール文庫のイクバール学コレクションについて, Vol. 9, p. 149-164, 2016/03
  • 現代ウルドゥー詩におけるパレスチナ問題―南アジアのムスリムにみられる「向心性」について―, p. 33-56, 2016/03
  • パキスタンにおける国家行動計画の成果と課題, No. 86, p. 99-106, 2016/03
  • アキール文庫 現代ウルドゥー詩関連文献―ファイズ、ラーシド、マジード・アムジャド、ミーラージー、アフタル・シーラーニー, Vol. 9, p. 172-181, 2016/03
  • アキール文庫 サイイド・アフマド・ハーンとアリーガル運動関連文献, Vol. 9, p. 165-171, 2016/03
  • アキール文庫のイクバール学コレクションについて, Vol. 9, p. 149-164, 2016/03
  • 現代ウルドゥー詩におけるパレスチナ問題―南アジアのムスリムにみられる「向心性」について―, p. 33-56, 2016/03
  • From "Who am I?" to "Who Should I Be?"-Question of Self by an Indian Intellectual in Eurpope in the Beginning of the Twentieth Century, 2016/02
  • From "Who am I?" to "Who Should I Be?"-Question of Self by an Indian Intellectual in Eurpope in the Beginning of the Twentieth Century, 2016/02
  • パキスタンにおける「国家行動計画National Action Plan」の成果―イスラームとテロをめぐる内政の変化, 2015/12
  • More Sophisticated, More Nostalgic and More Romantic: A Study of the Urdu Writings on Cuisine Culture under the British Raj, 2015/12
  • パキスタンにおける「国家行動計画National Action Plan」の成果―イスラームとテロをめぐる内政の変化, 2015/12
  • More Sophisticated, More Nostalgic and More Romantic: A Study of the Urdu Writings on Cuisine Culture under the British Raj, 2015/12
  • パキスタンにおける「国家行動計画National Action Plan」の成果―イスラームとテロをめぐる内政の変化, 2015/12
  • パキスタンにおける対テロ戦争の成果と今後の展望, 2015/11
  • パキスタンにおける対テロ戦争の成果と今後の展望, 2015/11
  • 南アジア・イスラーム論―政治・社会運動の宗教的正当性をめぐって, 2015/09
  • 南アジア・イスラーム論―政治・社会運動の宗教的正当性をめぐって, 2015/09
  • パキスタンの社会と歴史の理解にむけて, No. 686, p. 33-36, 2015/08
  • パキスタンの社会と歴史の理解にむけて, No. 686, p. 33-36, 2015/08
  • 対テロ戦争期パキスタンの政治・社会における内的変化, Vol. 61, No. 3, 2015/07
  • 対テロ戦争期パキスタンの政治・社会における内的変化, Vol. 61, No. 3, 2015/07
  • テロとの決別なるか―第21次憲法修正に至るパキスタンの社会変容, No. 254, p. 2-8, 2015/06
  • 「ウルドゥー詩にみられるパレスチナ問題:インド・ムスリムのまなざし」, 2015/03
  • 19 世紀北インドにおけるウルドゥー語とイスラームの親和性, p. 53-76, 2015/03
  • 「ウルドゥー詩にみられるパレスチナ問題:インド・ムスリムのまなざし」, 2015/03
  • 19 世紀北インドにおけるウルドゥー語とイスラームの親和性, p. 53-76, 2015/03
  • パキスタンの民主政権を支えるのは軍か、イスラームか、メディアか?, No. 5, p. 53-68, 2015/02
  • 「パキスタンにおける邪視をめぐる習俗―ことばの力」, 2014/03
  • 「臓器移植とイスラーム―20世紀半ばのパキスタンにおけるイスラーム復興」, p. 203-214, 2014/03
  • 「2013年総選挙にみるパキスタン情勢」, p. 197-210, 2014/03
  • パキスタンにおける女性自立支援, p. 1-18, 2014/03
  • "Urdu Writings on Food", 2014/02
  • Correlation between Sense of Crisis and Islamic Revivalism through the Study of Jama'at-e Islami in Pakistan, So YAMANE, 2013/11
  • 近代ウルドゥー文学に見る食文化, 2013/09
  • A Study of the Sophisticated Terms in the Urdu Writings on Cuisine Culture under the British Raj, So YAMANE, 2013/07
  • 対テロ戦争後にみられるパキスタン社会の変容, 2013/04
  • 臓器移植とイスラーム―20世紀半ばのパキスタンにおけるイスラーム復興, 2013/03
  • 臓器移植とイスラーム―20世紀半ばのパキスタンにおけるイスラーム復興, 2013/03
  • 日本におけるウルドゥー語・文学研究の歴史, 2012/12
  • mardud logon kii majbur aawaazen, 2012/11
  • 総選挙実施に向け流動化するパキスタン情勢, 2012/11
  • 南西アジアにおけるテロ組織, 2012/11
  • 国家とウンマの輪郭のすり合わせ―パキスタンとアフガニスタンをめぐるムスリムの議論, 2012/10
  • ウルドゥー語と都市文化―食文化を通した語彙の洗練とトポフィリア, 2012/10
  • 'Dual Trends of Urdu and Punjabi Prosody',Hiroko Nagasaki (ed.) "Indian and Persian Prosody and Recitation",, 2012/03
  • 「パキスタン情勢をめぐる国際関係の変化」, 2012/02
  • 対テロ戦争によるパキスタンにおける社会変容, 2012/01
  • 「1920-30年代英領インドにおけるウルドゥー語出版とムスリム知識層の台頭」, 2012/01
  • 「民主化から10年を迎えるアフガニスタン―その歩みと課題」, 2012/01
  • Laa Musaaviiyat se Janam lene waalii Aawaazen: Uniisviin Sadii ke Aaghaaz men "Urdu Rasm-al-Khat" kaa Tahqiiqii Jaa'iza, Vol. 19, No. 2, p. 1-48, 2011/12
  • 現代パキスタン社会におけるイスラーム復興, 2011/11
  • 近現代南アジアにおけるムスリムの食生活とイスラーム復興, 2011/11
  • カラーチー情勢からみるパキスタン, 2011/10
  • 現代インドにおける仏教留学, 2011/10
  • 南アジアのイスラームと日本, 2011/10
  • 現代南アジアにおけるムスリム急進派, 2011/10
  • 対テロ戦争が南アジアにもたらした変容, 2011/08
  • 最近のパキスタン政治における権力構造の変容, 2011/03
  • 「パキスタン政治における権力構造の変容―行政と軍のバランスを崩した司法」, 2011/02
  • パキスタンにおける車両の装飾, 2010/12
  • Qawmii Sho'ur kii Takmiil men Adab kaa Kirdaar(国民意識の形成における文学の役割(原文ウルドゥー語)), 2010/10
  • ポスト・ムシャッラフ体制における政治的権力構造の変容, 2010/06
  • 対テロ戦争下におけるパキスタン情勢について, 2010/06
  • Aazaad kii Inshaa-pardaazii-Jadiid Urdu Nathar ke Imkaanaat, p. 178-183, 2010/04
  • Aazaad kii Inshaa-pardaazii-Jadiid Urdu Nathar ke Imkaanaat, p. 178-183, 2010/04
  • Aazaad kii Inshaa-pardaazii-Jadiid Urdu Nathar ke Imkaanaat, p. 178-183, 2010/04
  • 'The Horizons of Islam in South Asia: Iqbal and Maududi', 2010/03
  • 多言語会話文、語彙データを利用した災害救援者教育用アプリケーションの開発, 2010/03
  • 「対ソ戦争直前のアフガニスタンにおけるイスラーム運動」, 2010/03
  • Spread of Violence: A Study of the federal Administrated Tribal Ares in Pakistan, 2010/01
  • 'Urdu zabaan kii munfarid aawaazen aur tahdhiibii shanaakhat'(原文ウルドゥー語「ウルドゥー語独自の音声と文化的アイデンティティ」), No. 8, p. 134-143, 2009
  • Sounds of Difference: A Study on Urdu Orthography in the Beginning of the Ninettenth Century, No. 2, p. 59-85, 2009
  • ポスト・ムシャッラへの模索―パキスタン総選挙の意義と今後の展望, p. 2-8, 2008/03
  • ポスト・ムシャッラへの模索―パキスタン総選挙の意義と今後の展望, p. 2-8, 2008/03
  • 「研究の目的・特色・意義」「研究活動」「課題」, p. 91-111, 2007/03
  • 19世紀初めインドにおけるウルドゥー語の正書法, No. 67, p. 17-47, 2007/03
  • 「研究の目的・特色・意義」「研究活動」「課題」, p. 91-111, 2007/03
  • 19世紀初めインドにおけるウルドゥー語の正書法, No. 67, p. 17-47, 2007/03
  • 「41年ぶりに再開したインド・パキスタン鉄道」, 2006/06
  • 41年ぶりに再開したインド・パキスタン鉄道, p. 24-25, 2006/06
  • Jaapaan men Urdu Zabaan o Adab kaa Farogh(日本におけるウルドゥー語教育と文学研究(ウルドゥー語)), 2006/06
  • 「41年ぶりに再開したインド・パキスタン鉄道」, 2006/06
  • 41年ぶりに再開したインド・パキスタン鉄道, p. 24-25, 2006/06
  • Jaapaan men Urdu Zabaan o Adab kaa Farogh(日本におけるウルドゥー語教育と文学研究(ウルドゥー語)), 2006/06
  • 北欧でのウルドゥー語メディアについて, p. 72-108, 2006
  • ウルドゥー語メディアの発達について, p. 18-33, 2006
  • 「アフガニスタンにおける軍閥と中央集権を巡る課題」, Vol. 251-280, 2005
  • 「フォト・エッセイ パキスタン カスール―聖者と食、そしてパシュトゥーン人の町」, p. 47-50, 2004/03
  • 「フォト・エッセイ パキスタン カスール―聖者と食、そしてパシュトゥーン人の町」, p. 47-50, 2004/03
  • 「イスラーム世界とわたしたち」, No. 89, p. 3-3, 2003/06
  • 「イスラーム世界とわたしたち」, No. 89, p. 3-3, 2003/06
  • 'Education:towards Overcoming Gender Bias and Rapid Growth of the Middle Class', So YAMANE, ,"Country Study for Japan's Official Development Assistance to the Islamic Republic of Pakistan", Institute for International Cooperation Japan International Cooperation Agency, p. 11-12, 2003/03
  • 'Education:towards Overcoming Gender Bias and Rapid Growth of the Middle Class', So YAMANE, ,"Country Study for Japan's Official Development Assistance to the Islamic Republic of Pakistan", Institute for International Cooperation Japan International Cooperation Agency, p. 11-12, 2003/03
  • 「アフガニスタン/「イスラーム的生活」のさまざまな違い」, No. 85, p. 16-17, 2002/10
  • 「表紙Ⅳ解説:世界へのまなざし 働くこども」, 2002/04
  • (座談会)「世界の危機と地域研究の課題」, No. 8, p. 2-26, 2002/03
  • 「ターリバーン後のアフガニスタンとパキスタン」, 2002/03
  • 「World Now アフガニスタン」, p. 1-8, 2002/01
  • 「北東部での戦闘とターリバーン内部の問題」, No. 455, 2000/11
  • 「アフガニスタン:埋まらない外堀」, No. 452, p. 17-17, 2000/08
  • 「アフガニスタン:新たな和平調停の試み」, No. 449, p. 16-16, 2000/05
  • 「アフガニスタン:インド航空機ハイジャック事件とターリバーン」, No. 446, p. 18-18, 2000/02
  • 「キルギスタンにおける法人誘拐事件およびパキスタンの軍事クーデターとターリバーン」, No. 444, p. 20-20, 1999/11
  • 「アフガニスタン:初期ターリバーンの合議制について」, No. 450, p. 23-23, 1999/08
  • 「アフガニスタン:新たな外気に触れるターリバーン政権」, No. 447, p. 18-18, 1999/05
  • 「民族紛争化するグループ対立―アフガニスタンの現状」, 1999/03
  • 「(翻訳)虹(2)」, No. 5, p. 23-29, 1999/03
  • 「行き止まり」(翻訳), No. 12, p. 22-26, 1999/03
  • 「チョウドリー・バルカト・アリー一族と現代ウルドゥー文学」, No. 4, p. 281-315, 1999/03
  • 「行き止まり」(翻訳), No. 12, p. 22-26, 1999/03
  • 「チョウドリー・バルカト・アリー一族と現代ウルドゥー文学」, No. 4, p. 281-315, 1999/03
  • 「アフガニスタン:ターリバーンの現状について」, No. 444, p. 231-231, 1998/11
  • 「殺人事件」(翻訳), No. 11, p. 15-18, 1998/03
  • 「墓場の小さな生命」(翻訳), No. 11, p. 15-18, 1998/03
  • 「墓場の小さな生命」(翻訳), No. 11, p. 15-18, 1998/03
  • 「ムジャーヒディーン政権樹立後のアフガニスタン情勢」, No. 422, p. 4-23, 1997/04
  • "The Current Situation in Afghanistan---Since the Establishment of the Mujahidin Government", No. 7, p. 73-108, 1997/03
  • 「タバッスム・カーシミーリー詩集」(翻訳), Vol. 10, p. 6-23, 1997/03
  • 「グラーム・アッバース研究(2)」, p. 119-128, 1995/03
  • 「20世紀初期ラーホールにおけるウルドゥー文学の出版状況」, Vol. 42, No. 2, p. 1009-1007, 1994/03
  • 「グラーム・アッバース研究(1)」, p. 91-112, 1994/03
  • 「グラーム・アッバース『虹』の出版について」, No. 5, p. 1-7, 1993/03
  • 「(翻訳)月の裏側」, No. 6, p. 51-63, 1993/03
  • 「(翻訳)シンドとムハージル―シンディー・ムスリム文化の原点とその行く先」, No. 126, p. 1-14, 1992/07
  • 「(翻訳)ゴーンドニー広場(2)」, No. 3, 1992/03
  • 「(翻訳)虹(1)」, No. 4, p. 67-85, 1992/03
  • 「ムニール・ニヤーズィー詩集抄」, No. 82, 1992/03
  • 「(翻訳)ムニール・ニヤーズィー詩集」, No. 2, p. 2-26, 1991/03
  • 'Jaapaan men Urdu Adab kaa Irtiqaa', 1990/12
  • 「(翻訳)ゴーンドニー広場(1)」, No. 1, p. 36-55, 1990/03
  • 「Fort William College刊行物リスト(1)」, No. 13, p. 125-139, 1990/03
  • 「ハイダリー版『鸚鵡物語Totaa Kahaanii』に見られる19世紀初期ウルドゥー語の研究」, No. 17, p. 13-48, 1988/03

Misc.

  • Step-by-step Learning through Conversational Sentences for Urdu Beginners, Frontier of Foreign Language Education, No. 4, p. 183-196, 2021/03
  • 現代ウルドゥー短編小説 夕刻,鍋の割れる音, No. 223, p. 2-9, 2009
  • Languages as a Symbol od religious Nationalism - Through the Study on Urdu Orthography, p. 66-91, 2008
  • 19世紀初めインドにおけるウルドゥー語の正書法, No. 67, p. 17-47, 2007
  • Educations and Study on Urdu in Japan, Paksitan, Japan Pakistan Association, Vol. 10-13, 2005
  • Afghanistan in 2004: Promulgation of the Constitution and Establishment of the Governmnet, Yearboook of Asia, Jetro Institute of Developong Ecomonies, Vol. 601-626, 2005
  • Remarks on Warloads and Centralization in Afghanistan, Jetro Institute of Developing Economy, Vol. 251-280, 2005
  • Book Review, A History and Culture of Afghanistan, Shukan Dokusho-jin, Vol. 3, 2005
  • Afghanistan: Four Years After the Anti- Terroism War, Sekai Shuhou, Vol. 52-53, 2005
  • Urdu Kahaanii par Ek Nazar ('A Study on Urdu Stories'(in Urdu)), Adab-e Latif(in Urdu), Lahore, Paksitan, Vol. 15-18, 2005
  • 書評「ヴィレム・フォーサング著『アフガニスタンの歴史と文化』」, Vol. 3., 2005
  • 「『対テロ戦争』から4年迎えるアフガニスタン」, Vol. 52-53, 2005
  • 「2004年のアフガニスタン:憲法発布と大統領選挙による正式政権樹立」, Vol. 581-626, 2005
  • Jaapaan men Iqbaaliyaat(「日本におけるイクバール研究」原文ウルドゥー語), Vol. 19-32, 2005
  • Urdu Kahaanii par Ek Nazar(「ウルドゥー語物語文学について」(原文ウルドゥー語)), Vol. 15-18, 2005
  • What did the Election in Afghanistan Show to Us?, Sekai, Iwanami Publications, Vol. 25-28, 2004
  • アフガニスタン大統領選挙は何を示したか, Vol. pp.25-28, 2004
  • 「ソ連軍侵攻からムジャーヒディーン政権樹立まで」, Vol. pp.38-70, 2004
  • 「2003年のアフガニスタン 中央集権体制確立の動きと実権を巡る駆け引き」, Vol. pp.581-606, 2004
  • 「中央集権で復興目指すアフガニスタン」, Vol. pp.48-49, 2004
  • Education: Towards Overcoming Gender Bias and Rapid Growth of the Middle Class, Country Study for Japan's Official Development Assistance to the Islamic Republic of Pakistan, Institute for International Cooperation Agency, Vol. 11-12, 2003
  • Legal and Inevitable War in Islam-In Maududi's "Al-Jihad fi al-Islam", Kansai Journal of Arabic and Islamic Studies, p. 151-165, 2003
  • Jaapaan men Iqbaaliyaat, Research Journal ALMAS, Shah Abdul Latif University, Khairpur Sindh, Pakistan, Vol. 19-32, 2003
  • 「タリバン政権崩壊から2年迎えたアフガン」, Vol. pp.42-43, 2003
  • アフガンの現状と復興の問題, p. 44-45, 2003
  • タリバン政権崩壊から2年迎えたアフガン, p. 42-43, 2003
  • 2002年のアフガニスタン:復興へのゆるやかな足取り, p. 591-616, 2003
  • イスラームにおける「正当かつ不可避な戦争」についてーマウドゥーディー著『イスラームにおけるジハード』(1930)-, p. 151-165, 2003
  • Lecture by Kishwar Naheed Urdu Literature and Women, Japan International Foundation, 2002
  • Ghalib's Delhi as Gleaned from His Urdu Letters, Vol. 61-99, 2002
  • キシュワル・ナーヒード 講演会: ウルドゥー(パキスタン)文学と女性ーイスラム世界に生きる女性詩人からのメッセージ, 2002
  • 2001年のアフガニスタン:ターリバーン政権の崩壊と暫定政権樹立, Vol. 581-608, 2002
  • 「ガーリブのウルドゥー語書簡に見られる19世紀半ばのデリーについて」, Vol. 61-99, 2002
  • Saiyid Abu al-A'la Maududi's "Al-Jih(]E87BC[)d fi al-Isl(]E87BC[)m", Chiiki Kenkyu Spectrum, No. 7, p. 64-70, 2001
  • Saiyid Abu Al-A'la Maududi's Islamic Revivalism and the Establishment of 'D(]E87BC[)r al-Isl(]E87BC[)m', Bulletin of Asia-Pacific studies, No. 11, p. 167-210, 2001
  • マウドゥーディー著『イスラームにおけるジハード』, No. 7, p. 64-70, 2001
  • マウドゥーディーのイスラーム復興運動 : 20世紀インド・ムスリム知識人の動態的研究, No. 11, p. 167-210, 2001
  • Afghanistan in 2000, IDE ANNUAL REPORT, p. 571-590, 2000
  • Lamentation on Delhi, Sekai Bungaku, No. 5, p. 279-358, 2000
  • Afghanistan in 1999., IDE ANNUAL REPORT, p. 571-590, 2000
  • The Military Authorities and Religious Groups in Afghanistan, IDE TOPIC REPORT, p. 75-86, 2000
  • Lamentation Dedicated to the Declining Capital : Urdu Poetry on Delhi during the Late Mughal Period, 南アジア研究(JJASAS), No. 12, p. 50-72, 2000
  • 北東部での戦闘とターリバーン内部の問題, No. 468, 2000
  • 2000年のアフガニスタン : ターリバーンと国連の深まる溝, p. 571-590, 2000
  • アフガニスタン:インド航空機ハイジャック事件とターリバーン, No. 459, 2000
  • アフガニスタン:内戦の継続と国連による経済制裁発動-ターリバーン「政府」の試練, p. 571-590, 2000
  • パキスタン軍部と宗教勢力:対アフガニスタン政策を通して, p. 75-86, 2000
  • デリーへの哀悼詩, No. 5, p. 279-358, 2000
  • Contribution to the Modern Urdu Literature by Chaudhri Barkat'Ali's Family, World Literature, No. 4, p. 247-280, 1999
  • キルギスタンにおける邦人誘拐事件及びパキスタンでの軍事クーデターとターリバーン, No. 456, 1999
  • チョウドリー・バルカト・アリー一族と現代ウルドゥー文字, No. 4, p. 247-280, 1999
  • アフガニスタン:初期ターリバーンの合議制について, No. 453, 1999
  • アフガニスタン:新たな外気に触れるターリバーン政権, No. 450, 1999
  • 民族紛争化するグループ対立:アフガニスタンの現状, No. 6, 1999
  • アフガニスタン:国内グループ再編成の可能性について, No. 447, 1999
  • アフガニスタン:ターリバーンの現状について, No. 444, 1998
  • The Current Situation in Afghanistan : Since the Establishment of the Mujahidin's Government, OSAKA UNIVERSITY OF FOREIGN STUDIES, BULLETIN OF ASIA-PACIFIC STUDIES, No. 7, p. 73-108, 1997
  • Afghanistan ; After Mujahidin's Regime, Journal of Middle Eastern Studies, No. 422, p. 4-23, 1997
  • ムジャーヒディーン政権樹立後のアフガニスタン情勢, No. 422, p. 4-23, 1997
  • A Study of Ghulam Abbas (2), The Society of the Graduate School, Osaka University of Foreign Studies, Vol. 119-128, 1995
  • グラーム・アッバース研究(2), Vol. 119-128, 1995
  • A Study of Ghulam Abbas (1), The Society of the Graduate School, Osaka University of Foreign Studies, Vol. 91-112, 1994
  • Early Twentieth Century Urdu Publications in Lahore (1), Journal of Indian and Buddhist Studies, Japanese Association of Indian and Buddhist Studies, Vol. 1007-1009, 1994
  • グラーム・アッバース研究(1), Vol. 91-112, 1994
  • 20世紀初期ラーホールにおけるウルドゥー文学の出版状況(1), Vol. 1007-1009, 1994
  • Some Remarks on Ghulam Abbas's "Dhanak", "Urudu Literature 5" Society of Urdu Literature, Vol. 1-7, 1993
  • グラーム・アッバース『虹』の出版について, Vol. 1-7, 1993
  • A List of Publication of Fort William College, The Society of the Graduate School, Osaka University of Foreign Studies, Vol. 125-139, 1990
  • J(]J1107[)p(]J1107[)n men Urd(]J1173[) Zab(]J1107[)n o Adab Ka Irtiq(]J1107[), Oriental College, University of Punjab, Lahore, PAKISTAN "Sharaq", Vol. 108-118, 1990
  • Fort William College刊行物リスト(1), Vol. 125-139, 1990
  • Some Grammatical Characteristics of Urd(]J1173[)-e-mua'll'(]J1107[)-A Study of Haidar(]J1137[)'s "T(]J1155[)t(]J1107[) Kah(]J1107[)n(]J1137[)", The Graduate School, Osaka University of Foreign Studies "STUDIUM", Vol. 13-48, 1988
  • ハイダリー版『鸚鵡物語(T(]E87C7[)t(]J1107[) Kah(]J1107[)n(]J1137[))』に見られる19世紀初期ウルドゥー語の研究, Vol. pp.13-48, 1988
  • 災害救援者支援のための会話集等作成について, No. 1, p. 217-225
  • ムガル朝末期のウルドゥー語資料について, No. 4, p. 58-79
  • [翻訳]史資料としてのウルドゥー語日記―パキスタン独立時における鉄道局工員の記録―, No. 36, p. 91-111
  • アフガニスタン:埋まらない外堀, No. 465
  • アフガニスタン:新たな和平調停の試み, No. 462

Publications

  • 「パキスタン NHKデータブック世界の放送2020」, 2020/03
  • 「三章 イクバールのロンドン」小松久男編『歴史の転換期10 1905年 革命のうねりと連帯の夢』, 山川出版社, ISBN:9784634445109, 2019/03
  • 「第十章 東西パキスタンの世辞・経済・社会」「第十一章 現代パキスタンの政治・経済・社会」長崎暢子編『南アジア史4 近代・現代』, 山川出版社, ISBN:9784634462113, 2019/03
  • 『食から描くインド 近現代の社会変容とアイデンティティ』, 春風社, 2019/02
  • 「パキスタン」『NHKデータブック世界の放送2019』 pp.70-73, NHK放送文化研究所, ISBN:9784140072677, 2019/02
  • 「パキスタン」『NHK データブック世界の放送2018』, NHK出版, ISBN:9784140072646, 2018/02
  • 「植民地時代における言語の政治化」「イスラームとナショナリズム」「近代イスラーム思想」「パキスタンのファッション」「イスラームと食」「果実の王様 マンゴー」『インド文化事典』, 丸善, ISBN:9784621302354, 2018/01
  • 「パキスタン」『世界の名前』, 岩波書店(岩波新書), 2016/03
  • 「パキスタン」『NHK データブック世界の放送2015』, NHK出版, 2016/02
  • 越境者たちのユーラシア, ミネルヴァ書房, 2015/12
  • 「愛国と愛教のはざまで」『現代インド6 還流する文化と宗教』, 東京大学出版会, ISBN:9784130343060, 2015/05
  • 近現代イランの社会と思想―加賀谷寛著作集3, 京都大学イスラーム地域研究センター, 2015/03
  • 『岩波世界人名大辞典』, 岩波書店, 2013/07
  • 「アフガニスタンにおけるターリバーンの台頭(1994-1996年)」『世界史資料1221世紀の世界へ 日本と世界 16世紀以後』, 岩波書店, ISBN:9784000263900, 2013/04
  • Faqir Muhammad Khan Goya. The Encyclopedia of Islam, So YAMANE, Brill, Leiden, 2013/03
  • 「アフガニスタン―ソ連軍侵攻から9.11へ、そしてその後―」『朝倉世界地理講座―大地と人間の物語―5 中央アジア』, 朝倉書店, 2012/07
  • Dual Trends of Urdu and Punjabi Prosody',Hiroko Nagasaki (ed.) "Indian and Persian Prosody and Recitation",, Dehli: Saujanya Publications, 2012/01
  • 『四億の少数派 南アジアのイスラーム』, 山川出版社, 2011/07
  • The Rise of the New Madrasas and the Decline of Tribal Leadership in FATA, Pakistan, "The Moral Economy of Madrasa", So YAMANE, Routledge, 2011/03
  • 「南アジア・イスラームの動態」『イスラームの歴史2』, 山川出版社, 2010/10
  • 「南アジア・イスラームの動態」『イスラームの歴史2』, 山川出版社, 2010/10
  • 「ウルドゥー語」『事典 世界のことば』, 大修館書店, 2008/09
  • 「ウルドゥー語」『事典 世界のことば』, 大修館書店, 2008/09
  • 「研究案内 南アジア」「研究案内 ヒンドゥー教とイスラーム」「海外文献調査ガイド パキスタン」『イスラーム世界研究マニュアル』, 名古屋大学出版会, 2008/08
  • 「研究案内 南アジア」「研究案内 ヒンドゥー教とイスラーム」「海外文献調査ガイド パキスタン」『イスラーム世界研究マニュアル』, 名古屋大学出版会, 2008/08
  • 「南アジア」「ヒンドゥー教とイスラーム」「海外文献調査ガイド・パキスタン」, 『イスラーム世界研究マニュアル』名古屋大学出版会, 2008
  • Jaapaan men Iqbaaliyaat "Jaapaan, Ek Ta'aruf", Paakistan Jaapaan Halqa-e Adab o Thaqaafat, 2007/10
  • Jaapaan men Iqbaaliyaat "Jaapaan, Ek Ta'aruf", Paakistan Jaapaan Halqa-e Adab o Thaqaafat, 2007/10
  • 「アフガニスタンにおける軍閥と中央集権」鈴木均編著『アフガニスタン 国家再建への展望』, 明石書店, 2007/03
  • 「ガーリブの描くデリー」『南アジア史2』, 山川出版社, 2007/03
  • 「ガーリブの描くデリー」『南アジア史2』, 山川出版社, 2007/03
  • ガーリブの描くデリー, 『南アジア史2』山川出版社, 2007
  • 「多言語社会における国語教育」, 『異文化コミュニケーションを学ぶ人のために』世界思想社, 2006
  • 「アフガニスタンにおける軍閥と中央集権を巡る課題」『アフガニスタン国家再建への展望』, 明石書店, 2005/06
  • 「ソ連軍侵攻からムジャーヒディーン政権樹立まで」『ハンドブック現代アフガニスタン』, 明石書店, 2005/03
  • 「アフガニスタン」「アブドゥッラフマーン・ハーン」「アマーヌッラー・ハーン」「ジルガ」「パキスタン」「パシュトゥーン人」「パシュトー語」「マウドゥーディー」『中央ユーラシアを知る事典』, 平凡社, 2005/03
  • 「アフガニスタン」「アブドゥッラフマーン・ハーン」「アマーヌッラー・ハーン」「ジルガ」「パキスタン」「パシュトゥーン人」「パシュトー語」「マウドゥーディー」『中央ユーラシアを知る事典』, 平凡社, 2005/03
  • From the Soviet Invasion to the Establishment of Mujahidin's Government, Handbook MOdern Afghjanistan Akashi Publications, 2005
  • Afghanistan, Abdur Rahman Khan, Amanullah Khan, Jirga, Pakstan, Pashtuns, Pashuto Language,Maududi, Cyclopedia of Central Euroasia, 2005
  • アフガニスタンにおける軍閥と中央集権, 『アフガニスタン 国家再建への展望』明石書店, 2005
  • 「ソ連軍侵攻からムジャーヒディーン政権樹立まで」, 『ハンドブック 現代アフガニスタン』明石書店, 2005
  • 「アフガニスタン」「アブドクッラフマーン・ハーン」「アマーヌッラーハーン」「ジルガ」「パキスタン」「パシュトゥーン人」「パシュトー語」「マウドゥーディー」, 『中央ユーラシアを知る事典』平凡社, 2005
  • 『現代パキスタン分析 民族・国民・国家』, 岩波書店, 2004/01
  • Analysis on Current Pakistan, Iwanami Books, 2004
  • 『現代パキスタン分析』, 岩波書店, 2004
  • 「南アジア・イスラームの地平―イクバールとマウドゥーディー」「アブル・カラーム・アーザード」「ムハンマド・イクバール」「マルヤム・ジャミーラ」「スライマーン・ナドヴィー」「アブル・アアラー・マウドゥーディー」「『現代イスラーム思想と政治運動』イスラーム地域研究叢書2, 東大出版会, 2003/12
  • 『パキスタンを知るための60章』, 明石書店, 2003/08
  • 「2002年のアフガニスタン:復興へのゆるやかな足取り」『アジア動向年報2003』, アジア経済研究所, 2003/05
  • 「南アジア・イスラームの地平―イクバールとマウドゥーディー」『現代イスラーム思想と政治運動』イスラーム地域研究叢書2, 東京大学出版会, 2003/03
  • 「南アジア・イスラームの地平―イクバールとマウドゥーディー」『現代イスラーム思想と政治運動』イスラーム地域研究叢書2, 東京大学出版会, 2003/03
  • A Guidebook for Pakistan Studies, Akashi Shoten, 2003
  • 「民族、部族、言語の地域構造」「基礎教育の実態」「高等教育の再構築」, 『パキスタン 国別援助研究会報告書 持続的社会の構築と発展に向けて』独立行政法人 国際協力機構 国際協力総合研修所, 2003
  • 『パキスタンを知るための60章』, 明石書店, 2003
  • 「南アジア・イスラームの地平 イクバールとマウドゥーディー」, 『現代イスラーム思想と政治運動 イスラーム地域研究叢書2』東京大学出版会, 2003
  • 『アフガニスタン史』, 河出書房新社, 2002/10
  • 「ハーキミーヤ」「マウドゥーディー」「マルヤム・ジャミーラ」『岩波イスラーム辞典』, 岩波書店, 2002/03
  • 「アハレ・ハディース」「ジャマーアテ・イスラーミー」「スィパーヘ・サハーバ」「ムジャーヒディーン運動」『イスラーム世界事典』, 明石書店, 2002/03
  • 「ファイズ」『南アジアを知る事典』, 平凡社, 2002/03
  • 「ハーキミーヤ」「マウドゥーディー」「マルヤム・ジャミーラ」『岩波イスラーム辞典』, 岩波書店, 2002/03
  • 「アハレ・ハディース」「ジャマーアテ・イスラーミー」「スィパーヘ・サハーバ」「ムジャーヒディーン運動」『イスラーム世界事典』, 明石書店, 2002/03
  • 「ファイズ」『南アジアを知る事典』, 平凡社, 2002/03
  • Is There Any Conflict Among Tribes in Afghanistan?, 'Conflicts in The World' Kawade Books, 2002
  • Hakimiya, Maududi, Maryam Jamila, Iwanami's Cyclopedia of Islam, 2002
  • Ahl-e Hadith, Jama'at-e Islami, Sipah-e Sahaba, Mujahidin, Afghanistan, the Taliban Movement, Cyclopedia of Islamic World Akashi-syoten, 2002
  • Faiz, Afghanistan, the Taliban, Cyclopedia of South Asia, Heibon-sya, 2002
  • A History of Afghanistan, KAWADE Books, 2002
  • アフガニスタンでは民族間・部族間で抗争が起きているのか, 『世界の紛争 キーワードで読みとく』河出書房新社, 2002
  • タリバーンと北部同盟, 『だれでもわかるイスラーム入門編』河出書房新社, 2002
  • 南アジアから世界を駆け巡るイスラーム・ネットワーク, 『岐路に立つ世界を語る』平凡社, 2002
  • ハーキミーヤ、マゥドゥーディー、マルヤム・ジャミーラ, 岩波イスラーム事典, 2002
  • アハレ・ハディース、ジャマーアテ・イスラーミー、スィパーヘ・サハーバ、ムジャーヒディーン、アフガニスタン、ターリバーン運動, 『イスラーム世界事典』明石書店, 2002
  • ファイズ、アフガニスタン、ターリバーン, 『南アジアを知る事典』平凡社, 2002
  • タリバーン時代のアフガニスタン, 『アフガニスタン: 南西アジア情勢を読み解く』明石書店, 2002
  • ターリバーンの盛衰, 『対テロ戦争』とイスラム世界、岩波新書, 2002
  • アフガニスタン史, 河出書房新社, 2002
  • 「帝国の栄華と滅亡を詠った詩」「動乱文学」『インドの文学Ⅱ』, 朝日新聞社, 2001/03
  • 「帝国の栄華と滅亡を詠った詩」「動乱文学」『インドの文学Ⅱ』, 朝日新聞社, 2001/03
  • Poems on Glory and Decline of the Empire, World on Riot, Indian Literature Ⅱ, Asahi Shinbun-sya, 2001
  • 帝国の栄華と滅亡を詠った詩、動乱文学, 『インドの文学Ⅱ』朝日新聞社, 2001
  • 「パキスタン軍部と宗教勢力:対アフガニスタン政策を通じて」『パキスタン―軍事クーデタの背景』, アジア経済研究所, 2000/03
  • ウルドゥー語 会話編(共著), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 1999
  • ウルドゥー語 読物編, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 1999
  • Jaapaan men Urdu, Muqtadira Qawmi Zaban (National Language Authority), 1996/05
  • J(]E87BC[)p(]E87BC[)n men Urd(]E87CD[), Bair(]E87CD[)n(]E87C1[) Mum(]E87BC[)lik men Urd(]E87CD[), 1996
  • "Ghulaam 'Abbas : Savaanih o Fan kaa Tahqiiqii Jaa'iza", So YAMANE, Sang-e Meel Publications, 1995/09
  • "Ghulaam 'Abbas : Savaanih o Fan kaa Tahqiiqii Jaa'iza", So YAMANE, Sang-e Meel Publications, 1995/09
  • Ghul(]J1107[)m 'Abb(]J1107[)s : Sav(]J1107[)nih o Fan Ka Tahq(]J1137[)q(]J1137[) J(]J1107[)iza, Sang-e Meel Publications, Lahore, PAKISTAN, 1995
  • J(]J1107[)p(]J1107[)n ke Maqb(]J1173[)l Git, Sang-e Meel Publications, Lahore, PAKISTAN, 1994
  • (]J1007[)nand(]J1137[), Daido Life Foundation, 1991
  • アーナンディー, 財団法人 大同生命国際文化基金, 1991
  • Afghanistan in 2001, IDE Annual Report

Works

  • (研究代表者)「国家の輪郭と越境」新学術領域研究, 2008 - 2012
  • (研究分担者)科学研究費基盤研究(A)(一般) 多言語社会における文学の歴史的展開と現在:インド文学を事例として(水野善文,3000万円), 2004 - 2006
  • (研究代表者)科学研究費基盤研究(B(2))「ウルドゥー語メディアによる南アジアのムスリム・ネットワークに関する研究」(代表:山根聡,800万円), - 2005
  • Study on the Moderates in Islamic World, 2002 - 2003
  • (研究代表者)科学研究費奨励研究(A)「ラーホールでのウルドゥー文学空間の研究:現代南アジアにおける「知」の動態的研究」(代表:山根 聡、約200万円), - 2002
  • Future of Nation, Possibility of Ethnic Groups: Interdiciplinal Study on Pakistan, 2000 - 2001
  • (研究分担者)「イスラーム中道派の研究」(サントリー財団助成:代表者小杉泰), 2002 -
  • 「国民の将来、民族の可能性:現代パキスタンのインターディシプリン的研究」 りそな銀行アジア・オセアニア財団国際交流助成(2001年度), 2001 -
  • 「国民の将来、民族の可能性:現代パキスタンのインターディシプリン的研究」 大和銀行アジア・オセアニア財団国際交流助成(2000年度), 2000 -

Awards

  • ウルドゥー語および文学の教育・研究に対する貢献を称える賞(ロサンジェルス郡保安官), 2007
  • 2007年度ウルドゥー栄誉賞(国際ウルドゥー・センター), 2007
  • Sitara-e Imitiyaz, 2004
  • 「卓越の星Sitaara-e Imtiyaaz」勲章(パキスタン・イスラーム共和国大統領), 2004

Presentations

  • Iqbaal aur Urdu, So YAMANE, International Conference "Iqbal and Urdu", 2020/11/07
  • Pakistan under the Covid-19, 2020/11/20
  • Reshaping the Past: Writings of the Muslim Literati in the Late Nineteenth Century, So YAMANE, 2020/10/09
  • 18世紀パンジャーブのスーフィー詩人ブッレー・シャーについて, 2020/09/16
  • Jaapaan men Urdu ki ta'liim kii Taariikh aur Taraqqii, So YAMANE, 2020/08/14
  • 'Aalamii Wabaa aur Adab, So YAMANE, The Role of Literature in Pandemic, 2020/08
  • Jaapaan men Urdu Afsaane kaa Mutaal'a (日本におけるウルドゥー短編小説研究)(ウルドゥー語)2019年12月8日, 2019/12
  • Jaapaan men Urdu Zabaan kii Ta'liim kii Mukhtasar Taqariikh(日本におけるウルドゥー語教育の歴史、ウルドゥー語)2019年12月8日, 2019/12
  • 「カシミール問題を発端とする国際情勢とパキスタンの現状」2019年11月15日, 2019/11
  • 「南アジア・イスラーム復興思想の拡散に見る翻訳活動」(2019年6月23日), 2019/06
  • 「マウドゥーディー著作の翻訳をめぐる現代イスラーム復興思想の拡散について」2月23日, 2019/02/23
  • 「静かなクーデター」による新政権樹立―パキスタン外交や治安の課題, 2018/10/25

Committee Memberships

  • 共同研究員, 2019/04 - Present
  • 理事, 2018/10 - Present
  • 上級研究員, 2017/04 - Present
  • 中東情勢研究会委員, 2010/04 - Present
  • 共同研究員, 2008/04 - Present
  • 国際スカラシップ 日本人留学助成 選考委員長, 2019/09 - 2021/03
  • 国際スカラシップ 日本人留学助成 選考委員, 2016/09 - 2019/08
  • 英文雑誌編集委員, 2015/10 - 2018/09
  • 理事, 2012/10 - 2016/09
  • 常務理事, 2012/10 - 2014/09
  • 新英文叢書委員, 2009/10 - 2012/09
  • 理事, 2006/10 - 2010/09
  • アフガニスタンをめぐる政治過程と国際関係研究会委員, 2004/05 - 2005/03
  • アフガニスタン研究会委員, 1999/04 - 2005/03
  • 現代アフガニスタンの政治と社会研究会委員, 2003/05 - 2004/03
  • パキスタン国別援助研究会委員, 2002/11 - 2003/06
  • パキスタン―軍事クーデターの背景研究会委員, 1999/04 - 2000/03