JA

Profile

Research

Social

Other

Kunihiko OKUBO

大久保 邦彦

Osaka School of International Public Policy Department of Comparative Public Policy, Professor

Education

  • 1988/04 - 1991/03, Kyoto University, 法学研究科, 博士後期課程 民刑事法専攻 研究指導認定退学
  • 1986/04 - 1988/03, Kyoto University, 法学研究科, 修士課程 民刑事法専攻 修了
  • 1981/04 - 1986/03, Kyoto University, Faculty of Law

Research History

  • 2008/04 - Present, Osaka University, Osaka School of International Public Policy, 教授
  • 2016/04 - 2018/03, Osaka University, 大学院国際公共政策研究科長
  • 2014/04 - 2018/03, Osaka University, 教育研究評議会評議員
  • 2012/04 - 2016/03, Osaka University, Osaka School of International Public Policy, 副研究科長
  • 2004/04 - 2008/03, Konan University, Law School, 教授
  • 2003/04 - 2004/03, Konan University, Faculty of Law, 教授
  • 1995/04 - 2003/03, Kobe Gakuin University, The Faculty of Law, 助教授
  • 1999/04 - 2001/03, ウィーン大学, 法学部民法研究所, 客員研究員
  • 1993/04 - 1995/03, Kobe Gakuin University, The Faculty of Law, 講師
  • 1992/04 - 1993/03, Kyoto University, Graduate School of Law, 助手
  • 1991/04 - 1992/03, Kyoto University, Faculty of Law, 助手

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Civil law

Professional Memberships

  • 日本私法学会

Papers

  • 時効障害の効力の人的範囲の拡張根拠, 大久保邦彦, 阪大法学, Vol. 70, No. 2, p. 221-250, 2020/07
  • 時効制度の存在理由について, 大久保邦彦, 阪大法学, Vol. 69, No. 6, p. 1185-1215, 2020/03
  • Zum Begriff "Forderung" nach der japanischen Schuldrechtsreform, 大久保邦彦, 名城法学, Vol. 69, No. 1-2, p. 91-111, 2019/11
  • Die Verjährungshindernisse nach der japanischen Schuldrechtsreform, 大久保 邦彦, 阪大法学, Vol. 68, No. 3, p. 483-518, 2018/09
  • The Inner System of Tort Law and the Legislation on the Flexible System, Kunihiko OKUBO, 国際公共政策研究, 2013/09
  • The Methodological Basis of the Legislation on the Flexible System, Kunihiko OKUBO, 国際公共政策研究, 2012/09
  • 二面的正当化原理-スキミング被害の預金者保護に向けて-, 大久保邦彦, 甲南法務研究, 2006/03
  • 法律行為法・契約法原理としての「約束」, 大久保邦彦, 甲南法学, 2003/12
  • Der Ersatz reiner Vermoegensschaeden nach japanischem Recht, Kunihiko OKUBO, Zeitschrift fuer Rechtsvergleichung, 2002/12
  • 公法と私法, 大久保邦彦, 神戸学院法学, 2002/09
  • 消費者法の体系的独立性, 大久保邦彦, 神戸学院法学, 2002/02
  • 動的体系論と原理理論の関係に関する一考察, 大久保邦彦, 神戸学院法学, 2001/09
  • 占有権と所有権, 大久保邦彦, 法学教室, Vol. 219号21-25頁, 1998/12
  • 生命・身体の処分と私的自治(1), 大久保邦彦, 神戸学院法学, 1998/01
  • 請求権競合論の問題構造, 大久保邦彦, ジュリスト, Vol. 1092号91-99頁, 1996/06
  • 請求の客観的予備的併合の適法要件, 大久保邦彦, 神戸学院法学, 1996/02
  • 請求権競合問題について, 大久保邦彦, 神戸学院法学, Vol. 105, No. 2, p. 299-359, 1994/11
  • 新実体法説に関する一考察, 大久保邦彦, 神戸学院法学, 1994/02
  • 請求の識別と法的性質決定の区別-新訴訟物理論の批判的検討-, 大久保邦彦, 民商法雑誌, Vol. 103巻6号848-881頁, 1991/03
  • 自己の物の時効取得について(二・完), 大久保邦彦, 民商法雑誌, 1990/03
  • 自己の物の時効取得について(一), 大久保邦彦, 民商法雑誌, 1990/02
  • 民法における法条競合論に関する一考察(二・完)-請求権規範統合説、特にその系譜を中心として-, 大久保邦彦, 民商法雑誌, Vol. 101巻2号175-205頁, 1989/11
  • 民法における法条競合論に関する一考察(一)-請求権規範統合説、特にその系譜を中心として-, 大久保邦彦, 民商法雑誌, Vol. 101巻1号91-120頁, 1989/10

Misc.

  • 債権執行における差押えによる請求債権の消滅時効の中断の効力が生ずるためにその債務者が当該差押えを了知し得る状態に置かれることの要否, 大久保邦彦, 民商法雑誌, Vol. 156, No. 2, p. 341-355, 2020/06
  • 債権差押えによる時効中断効発生のためには,債務者が債権差押えを了知し得る状態に置かれることを要しない, 大久保邦彦, ジュリスト『令和元年度重要判例解説』, No. 1544, p. 64-65, 2020/04
  • 再生計画に基づく再生債務(主債務)の弁済と保証人に対する時効中断効, 大久保邦彦, 金融法務事情, No. 2121, p. 22-25, 2019/09
  • 土地の共同相続人の一人による建物の建築・所有による土地占有と取得時効, 大久保邦彦, 私法判例リマークス, No. 59, p. 10-13, 2019/07
  • 賃借権の時効取得, 大久保邦彦, 別冊ジュリスト『民法判例百選I総則・物権[第8版]』, No. 237, p. 96-97, 2018/03
  • 運用利益の返還義務, 大久保邦彦, 別冊ジュリスト『民法判例百選Ⅱ債権〔第8版〕』, No. 238, p. 156-157, 2018/03
  • 不法行為に基づく損害賠償請求権の遅延損害金への民法四〇五条の類推適用, 大久保邦彦, 私法判例リマークス, No. 55, p. 18-21, 2017/07
  • 運用利益の返還義務, 大久保邦彦, 別冊ジュリスト『民法判例百選Ⅱ〔第7版〕』, No. 224, p. 150-151, 2015/01
  • 事理弁識能力を欠く常況にある者に法定代理人がない場合の民法158条1項の類推適用, 大久保邦彦, 法学教室別冊『判例セレクト2014[I]』, No. 413, p. 17-17, 2015/01
  • 賃借権の時効取得, 大久保邦彦, 別冊ジュリスト『民法判例百選I総則・物権[第7版]』, No. 223, p. 94-95, 2015/01
  • マンションの居住者が建物使用細則に違反して飼育されていた大型犬に咬まれ負傷した結果、その居住する専有部分の賃貸借契約が合意解除された場合において、賃貸人から大型犬の飼育者に対する賃料収入の逸失利益に関する損害賠償請求が一部認容された事例, 大久保邦彦, 判例時報(判例評論), 2014/06
  • 時効完成後の抵当権者と再度の時効取得者の優劣, 大久保邦彦, 民商法雑誌, 2012/09
  • 賃借権の時効取得による抵当権の消滅の可否, 大久保邦彦, 法学教室別冊『判例セレクト2011[I]』, 2012/02
  • 民法704条後段の規定の趣旨, 大久保邦彦, ジュリスト『平成22年度重要判例解説』, Vol. 1420号102-103頁, 2011/04
  • 賃借権の時効取得, 大久保邦彦, 別冊ジュリスト『民法判例百選I〔第6版〕』, Vol. 195号90-91頁, 2009/05
  • 返還されるべき利得の範囲, 大久保邦彦, 別冊ジュリスト『民法判例百選Ⅱ〔第6版〕』, 有斐閣, Vol. 196号146-147頁, 2009/04
  • 期間の計算方法, 大久保邦彦, 甲南法務研究, Vol. 1号22頁, 2005/03
  • 〈判例研究〉ホテル側の重過失による物品盗難と損害賠償額制限条項, 大久保邦彦, 民商法雑誌, Vol. 129巻2号256-261頁, 2003/11
  • 請求権競合問題について, 大久保邦彦, 私法, No. 57, p. 190-196, 1995/04
  • 「請求権を持つ」ということ, 大久保邦彦, 法学セミナー, Vol. 481号61-63頁, 1995/01
  • 〈史料〉永小作権法(一), 大久保邦彦, 民商法雑誌, Vol. 110巻3号574-589頁, 1994/06
  • 〈史料〉共有法(六・完), 大久保邦彦, 民商法雑誌, Vol. 108巻1号149-168頁, 1993/04
  • 〈史料〉共有法(一), 大久保邦彦, 民商法雑誌, Vol. 105巻1号127-136頁, 1991/10
  • 平井宜雄教授特殊講義報告, 大久保邦彦, 院生論集(京都大学大学院法学研究科), Vol. 18号60-62頁, 1990/01
  • 所有権法(四)・完, 大久保邦彦, 龍谷法学, Vol. 21巻1号116-135頁, 1988/06
  • 所有権法(二), 大久保邦彦, 龍谷法学, Vol. 20巻3号424-446頁, 1987/11
  • 〈史料〉物権法(四), 大久保邦彦, 判例タイムズ, Vol. 628号174-179頁, 1987/04

Publications

  • 民法演習サブノート210問, 沖野, 眞已,窪田, 充見,佐久間, 毅, 弘文堂, ISBN:9784335358470, 2020/11
  • 事務管理・不当利得・不法行為〔第2版〕, 橋本, 佳幸,大久保, 邦彦,小池, 泰, 有斐閣, ISBN:9784641179431, 2020/03/30
  • グローバリズムと公共政策の責任 第3巻 自由の共有と公共政策 第1章「『自由』の概念と『積極的自由』の保護可能性」, 星野俊也,大槻恒裕,村上正直,大久保邦彦, 大阪大学出版会, ISBN:9784872595451, 2019/10
  • ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義 第8章「法律家は黒を白と言いくるめる?」, 大阪大学ショセキカプロジェクト, 日本経済新聞出版社, ISBN:9784532199555, 2019/09
  • 実務精選120 離婚・親子・相続事件判例解説 80「遺産分割―不当利得(703条・907条)」, 加藤新太郎,前田陽一,本山敦, 第一法規, ISBN:9784474065642, 2019/05
  • 民法演習サブノート210問 31「条件」、32「消滅時効の起算点、期間の計算」、34「時効の援用権者」、35「時効利益の放棄と喪失」、45「取得時効の完成と占有」, 沖野眞已,窪田充見,佐久間毅編著, 弘文堂, ISBN:9784335357428, 2018/07
  • Law Practice 民法I【総則・物権編】[第4版]21「表見代理:110条」、26「時効利益の放棄・喪失」, 千葉恵美子,潮見佳男,片山直也編, 商事法務, ISBN:9784785726423, 2018/06
  • グローバルな公共倫理とソーシャル・イノベーション 第1章「扶養の担い手と補完性原理」, 大阪大学大学院国際公共政策研究科稲盛財団寄附講座企画委員会編, 金子書房, ISBN:9784760824175, 2018/03
  • 新・判例ハンドブック債権法Ⅰ, 潮見佳男,山野目章夫,山本敬三,窪田充見編著, 日本評論社, ISBN:9784535008281, 2018/03
  • http://www.yuhikaku.co.jp/static_files/17916_hoi.pdf, 橋本佳幸,大久保邦彦,小池泰, 有斐閣, ISBN:9784641179165, 2017/09
  • Law Practice 民法I【総則・物権編】[第3版]19「表見代理:110条」、26「保証と時効」, 千葉恵美子,潮見佳男,片山直也編, 商事法務, ISBN:9784785724986, 2017/03
  • 도넛을 구멍만 남기고 먹는 방법 제8장 법률가는 검은 것도 희다고 한다? : 법의 패러독스가 가져온 것들, 오사카대학 쇼세키카 프로젝트 저,김소연 역, 글항아리, ISBN:9788967353360, 2016/08
  • Law Practice 民法I【総則・物権編】[第2版], 千葉恵美子,潮見佳男,片山直也編, 商事法務, 2014/04
  • ドーナツを穴だけ残して食べる方法 第8章「法律家は黒を白と言いくるめる?」, 大阪大学ショセキカプロジェクト編, 大阪大学出版会, ISBN:9784872594706, 2014/02
  • LEGAL QUEST 民法V 事務管理・不当利得・不法行為, 橋本佳幸,大久保邦彦,小池泰, 有斐閣, 2011/11
  • 判例プラクティス民法Ⅰ 総則・物権171「強制執行手続における抵当権者の債権届出と時効中断」172「原債権の届出名義の変更による求償権の時効中断」174「損害賠償請求訴訟係属による不当利得返還請求権の消滅時効の中断」175「債権者の配当要求による時効中断」, 松本恒雄,潮見佳男編, 信山社, 2010/03
  • Law Practice 民法I【総則・物権編】17「表見代理:110条」, 千葉恵美子,潮見佳男,片山直也編, 商事法務, 2009/09
  • 法学講義民法4債権総論, 奥田昌道,潮見佳男編, 悠々社, 2007/11
  • European Tort Law 2004"Revision of the Japanese Civil Code", Helmut Koziol,Barbara C. Steininger, Springer, 2005/09
  • Revision of the Japanese Civil Code, Helmut Koziol, Barbara C. Steininger (eds.), European Tort Law 2004, 2005
  • Pure Economic Loss"Compensation for Pure Economic Loss Under Japanese Law", Willem H. van Boom,Helmut Koziol,Christian A. Wi, Springer, 2004/01
  • ショートカット民法〔第2版〕, 大島俊之,増成牧,浦野由紀子,浅木慎一,大久保邦彦,西津佐和子, 法律文化社, 2001/01
  • 民法学説百年史2-18「岩田新『占有理論』、田中整爾『占有論の研究』」4-10「奥田昌道『請求権概念の生成と展開』」, 加藤雅信編集代表, 三省堂, 1999/12
  • ショートカット民法〔初版〕, 大島俊之,増成牧,浦野由紀子,浅木慎一,大久保邦彦, 法律文化社, 1999/03
  • 新・現代損害賠償法講座 第1巻 総論第7章「請求権競合」, 山田卓生編集代表,山田卓生編集, 日本評論社, 1997/05
  • 取引関係における違法行為とその法的処理 : 制度間競合論の視点から, 奥田, 昌道, 有斐閣, ISBN:4641038570, 1996/10
  • 判例演習民法3〔債権総論〕8「制限超過利息減縮事件-遅延損害金と利息制限法」, 石田喜久夫,湯浅道男編, 成文堂, 1996/07
  • 奥田昌道先生還暦記念・民事法理論の諸問題 上巻「自然債務否定論」, 前田達明編集代表, 成文堂, 1993/05

Committee Memberships

  • 法務省, 平成29年司法試験予備試験考査委員, 2016/11 - 2017/11
  • 法務省, 平成29年司法試験考査委員, 2016/11 - 2017/11
  • 法務省, 平成28年司法試験予備試験考査委員, 2015/11 - 2016/11
  • 法務省, 平成28年司法試験考査委員, 2015/11 - 2016/11
  • 法務省, 平成25年司法試験考査委員, 2013/06 - 2013/10
  • 大阪大学生活協同組合, 教職員理事, 2010/05 - 2013/05
  • 法務省, 平成24年司法試験考査委員, 2012/06 - 2012/10
  • 法務省, 平成23年司法試験考査委員, 2011/06 - 2011/10
  • 法務省, 平成22年司法試験(新司法試験)考査委員, 2010/06 - 2010/10