JA

Profile

Research

Social

Other

Nakayama Ryuichi

中山 竜一

Professor

keyword Philosophy of Law

Education

  • - 1989/03, Kyoto University, Graduate School, Division of Law
  • - 1989, Kyoto University
  • - 1987/03, Kyoto University, Faculty of Law
  • - 1987, Kyoto University, Faculty of Law

Research History

  • 2004/04 - Present, 大阪大学大学院法学研究科教授
  • 2004/04/01 - Present, Osaka University Graduate School of Law and Politics Department of Law and Political Science, Professor
  • 2001/04/01 - 2004/03/31, Osaka University Graduate School of Law and Politics Department of Law and Political Science, Associate Professor
  • 2001/04 - 2004/03, Osaka University, Graduate School of Law and Politics
  • 1996/04 - 2001/03, Kindai University, Faculty of Law
  • 1996 - 2001, Kinki University, Faculty of Law, Associate Professor
  • 1993/04 - 1996/03, Kindai University, Faculty of Law
  • 1993 - 1996, Kinki University, Faculty of Law, Lecturer
  • 1991/04 - 1993/03, Kyoto University, Faculty of Law
  • 1991 - 1993, Kyoto University, Faculty of Law, Research Assistant
  • 2004 - , - 大阪大学大学院法学研究科 教授

Research Areas

  • Humanities & social sciences, Legal theory and history

Professional Memberships

  • 法哲学・社会哲学国際学会連合(IVR)
  • 日本法社会学会
  • 日本法哲学会

Papers

  • 「リスク社会と法」の認識論史から──嶋津格論文・橋本努論文へのコメント, 中山 竜一, 成文堂, No. 38, p. 157-170, 2020/03
  • 法学教育と法哲学──思想史の断片から, 中山竜一, 2011-2015年度科学研究費補助金基盤研究B『学部課程法学教育の社会的機能と指導理念に関する法史学的・法理論的総合研究』研究成果報告書, 2016/03
  • 二つの戦時法体制の類似性と相違をめぐって──法哲学研究者の立場から, 中山竜一, 『戦時体制と法学者 1931~1952』, 国際書院, 2016/03
  • Politics of Reciprocity and Responsibility: Before and After the Materialization of Risk, Ryuichi Nakayama, Ritsumeikan Studies in Language and Culture, 2015/03
  • リスク概念・リスク社会・東アジア的統治形態──风险概念・风险社会・东亚統治形态, 中山竜一, 『東アジアリスク社会──発展・共 識・危機』, OUFCブックレット, p. 139-153, 2014/01
  • 科学的不確実性と法──福島原発事故から何を学ぶか, 中山竜一, 『法律時報』, 日本評論社, 2013/02
  • 損害賠償と予防原則の法哲学──福島原子力発電所事故をめぐって, 中山竜一, 『現代法の変容』, 有斐閣, 2013/02
  • The Fukushima Nuclear Crisis and the Culture of Legal Instrumentalism, Ryuichi Nakayama, 元照出版公司, 2012/12
  • 「正義」を語ることの難しさ──「サンデル現象」から考える, 中山竜一, 文明と哲学, こぶし書房, 2012/06
  • 「ハート=フラー論争」を読み直す─N・レイシーによる思想史的発掘から, 中山竜一, 法の理論30号 記念特集:21世紀の法・社会・国家, 成文堂, 2011/11
  • リスク社会と法:論点の整理と展望, 中山竜一, 法哲学年報2009 リスク社会と法, 有斐閣, 2010/11
  • 特集コメントへの応答, 中山竜一, 法の理論28号 今、日本を考える, 成文堂, 2009/10
  • 予防原則と憲法の政治学, 中山竜一, 法の理論27号 日本国憲法をめぐる基本問題, 成文堂, 2008/08
  • 高齢社会の法と政治, 中山竜一, 「平成17-19年度科学研究費補助金基盤研究B『高齢社会の法理論に関する総合研究』研究成果報告書」, 2008/03
  • 人権, 中山竜一, 『岩波 社会思想事典』, 岩波書店, 2008/03
  • リスク社会における法と自己決定, 中山竜一, 現代法の展望, 有斐閣, 2004/05
  • 宗教は民衆の阿片か, 中山竜一, 書斎の窓 No. 529, 有斐閣, 2003/11
  • 言語と当為─法哲学と法社会学の境界, 中山竜一, 法社会学57号 法─その実践的基盤, 有斐閣, 2002/10
  • 2000年度学会回顧:法哲学, 中山竜一, 法律時報 72巻13号, 日本評論社, 2000/12
  • 法律学的思考と哲学的思考, 中山竜一, 法学セミナー 545号, 日本評論社, 2000/04
  • 二十世紀法理学的範式転換, 中山竜一, 外国法訳評, 2000/03
  • 1999年度学会回顧:法哲学, 中山竜一, 法律時報 71巻13号, 日本評論社, 1999/12
  • 戦後「近代化」論と法理論ー認識論的観点から, 中山竜一, 法哲学年報1998知的資源としての戦後法哲学, 有斐閣, Vol. 28-43, 1999/10
  • 基礎法ガイダンス, 中山竜一,阿部昌樹,波多野敏, 法学セミナー別冊 法学入門1999, 日本評論社, 1999/04
  • Tort Law in the `Insurance Society', KINKIDAIGAKU HOGAKU-The Law Review of Kinki University, Vol. 43, No. 1, 1995/11
  • 「保険会社」の誕生ーフーコー的視座から見た福祉国家と社会的正義, 中山竜一, 法哲学年報1994 市場の法哲学, 有斐閣, p. 154-162, 1995/10
  • Norms and Justice, Journal of Humanities,The Institute for Research in Humanities Kyoto University, No. 76, p. 101-118, 1995/03
  • Discourse Analysis Applied in Legal Study, The Sociology of Law, No. 45, p. 248-251.321, 1993/10
  • 法のレトリックと言説分析─P・グッドリッチの枠組を中心に, 中山竜一, 法的思考の研究, 京都大学人文科学研究所, 1993/03
  • The Linguistic Turn in Legal Theory-An Introduction to Study on "Law and Landuage"(1)(2), HOGAKURONSO, Vol. 129/130, No. 5/2, p. 56-80, 1991/01

Publications

  • A Life of H. L. A. Hart: The Nightmare and the Noble Dream, Nakayama Ryuichi, Morimura Susumu, Morimura Tamaki, 岩波書店, ISBN:9784000614542, 2021/02
  • A History of Legal Thought, Ryuichi Nakayama,Yuki Asana,Yuichi Matsushima,Keisuke Kondo, 有斐閣, ISBN:9784641221338, 2019/12
  • 科研費基盤研究(B)「学部課程法学教育の社会的機能と指導理念に関する法史学的・法理論的総合研究」研究成果報告書, 林智良,中山竜一,三阪佳弘,福井康太,坂口一成,栗原麻子,中尾敏充,山辺規子, 科研費基盤研究(B)「学部課程法学教育の社会的機能と指導理念に関する法史学的・法理論的総合研究」事務局, 2016/03
  • ドゥオーキン 法哲学と政治哲学, 宇佐美誠,濱真一郎編,中山竜一他, 勁草書房, 2011/06
  • Philosophy of Law: A Very Short Introduction, Raymond Wacks, Iwanami Shoten, Publishers, 2011/03
  • ヒューマニティーズ 法学, 中山竜一, 岩波書店, 2009/07
  • 社会/公共性の哲学(岩波講座哲学 第10巻), 井上達夫編,中山竜一他, 岩波書店, 2009/03
  • リスク学とは何か(リスク学入門1), 橘木俊詔,長谷部恭男,今田高俊,益永茂樹編,中山竜一他, 岩波書店, 2007/07
  • The Law of Peoples, John Rawls,trans. Ryuichi Nakayama, Iwanami Shoten Publishers, Tokyo, 2006/06
  • 正義─現代社会の公共哲学を求めて, 平井亮輔編,中山竜一他, 嵯峨野書院, 2004/11
  • 正義──現代社会の公共哲学を求めて, 嵯峨野書院, 2004
  • 二十世紀の法思想, 中山竜一, 岩波書店, 2000/03
  • 現代法学の思想と方法(岩波講座現代の法 第15巻), 田中成明編,中山竜一他, 岩波書店, 1997/03
  • Paradigm Change in the Twentieth Century Legal Theory, Thought and Method of Contemporary Jurisprudence, 1997
  • 現代理論法学入門, 田中成明編,中山竜一他, 法律文化社, 1993/11
  • Legal Rhetoric and Discourse Analysis in Law, Study on Legal Thinking"Published by The Institute for Research in Humanities Kyoto University, 1993

Presentations

  • 「リスク社会と法」再論 ──3.11から10年、そしてコロナ禍の ただなかで, 中山竜一, 日本法哲学会・学術大会 特別企画, 2021/03/08
  • ELSI研究を不可避とする思想史的背景, 中山竜一, 大阪大学ELSIセンター・シンポジウム「科学技術イノベーションと倫理・法・ 社会」, 2021/03/02
  • AIをめぐる法学の最前線──その思想史的意義, 中山竜一, シンポジウム「AIをめぐる法学の最前線──AI・ビッグデータ・プライバシー」, 2021/02/02
  • コメントへの応答:「合評会:中山竜一・浅野有紀・松島裕一・近藤圭介著『法思想史』 (有斐閣、2019年)」, 法理学研究会, 2020/12/19
  • グローバルな正義論における他者──カントとロールズ, 2019/11/16

Academic Activities

  • 日本法哲学会(理事)(企画委員長), 2001/11 - Present
  • 法哲学・社会哲学国際学会連合(IVR)日本支部(事務局長), 2001/11 - 2005/11
  • トランスプロフェッショナル・リテラシーを社会に拡げるために, 大阪大学大学院法学研究科トランスプロフェッショナル・リテラシー科研事務局, 2015/09 -

Social Activities

  • 日本法教育研究センター・コンソーシアム理事, 2019/04/01 - 2021/03/31
  • 「法学とはどのような学問か」出前授業, 大阪府立北野高校, 2019/09/14 -

Committee Memberships

  • 法哲学・社会哲学国際学会連合(IVR,International Association for Philosophy of Law and Social Philosophy), 日本支部事務局長, 2001 -
  • 日本法哲学会, 理事, 2001 -