EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

中島 清一

Nakajima Kiyokazu

医学系研究科,特任教授(常勤)

学歴

  • ~ 1999年03月,大阪大学,医学系研究科
  • ~ 1992年03月,大阪大学,医学部,医学科

経歴

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,大阪大学 医学系研究科,特任教授(常勤)
  • 2015年04月01日 ~ 2019年03月31日,大阪大学 国際医工情報センター,特任教授(常勤)
  • 2012年10月01日 ~ 2015年03月31日,大阪大学 臨床医工学融合研究教育センター,特任教授(常勤)
  • 2012年07月01日 ~ 2012年09月30日,大阪大学 医学系研究科 医学専攻,講師
  • 2012年07月 ~ 2012年09月,大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 講師
  • 2010年10月01日 ~ 2012年06月30日,大阪大学 医学系研究科 医学専攻,助教
  • 2006年04月 ~ 2012年06月,大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 助教
  • 2007年04月01日 ~ 2010年09月30日,大阪大学 外科系臨床医学専攻,助教
  • 2006年04月01日 ~ 2007年03月31日,大阪大学 外科系臨床医学専攻,助手
  • 2004年09月 ~ 2006年03月,労働者健康福祉機構 大阪労災病院 外科 医長
  • 2003年09月 ~ 2004年08月,大阪大学医学部 第一外科 医員
  • 2001年09月 ~ 2003年08月,コーネル大学医学部 大腸外科 主任研究員
  • 1995年04月 ~ 2001年08月,大阪大学医学部 小児外科
  • 1993年01月 ~ 1995年03月,日本生命済生会附属 日生病院 外科 医員
  • 1992年04月 ~ 1992年12月,大阪大学医学部附属病院 第一外科 研修医

研究内容・専門分野

  • その他,その他,医療機器開発
  • ライフサイエンス,外科学一般、小児外科学
  • ライフサイエンス,消化器外科学

所属学会

  • 欧州内視鏡外科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 単孔式内視鏡手技研究会
  • 近畿外科学会
  • J-CASE(先進内視鏡治療研究会)
  • 日本外科系連合学会
  • 日本癌学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本食道学会
  • 米国外科学会
  • 日本がん治療認定医機構
  • 米国内視鏡外科学会
  • 日本小児外科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本外科学会

論文

  • Endoscopic application of novel, infection‐free, advanced hemostatic material: Its usefulness to upper gastrointestinal oozing,Yuto Kubo,Satoru Kobayashi,Keiichi Yamamoto,Yoshie Nakagawa,Kotaro Yamashita,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Kazuyoshi Yamamoto,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,DEN Open,Wiley,Vol. 2,No. 1,2022年04月,研究論文(学術雑誌)
  • APR-246 induces apoptosis and enhances chemo-sensitivity via activation of ROS and TAp73-Noxa signal in oesophageal squamous cell cancer with TP53 missense mutation,Teruyuki Kobayashi,Tomoki Makino,Kotaro Yamashita,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Eiichi Morii,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,British Journal of Cancer,Springer Science and Business Media LLC,2021年10月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A Smoke Evacuator Equipped With a Filter Contributes Enough to Safe Gas Exhaustion From the Abdominal Cavity,Masashi Hirota,Hidekazu Takahashi,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Asian Journal of Endoscopic Surgery,Wiley,2021年09月16日,研究論文(学術雑誌)
  • New response evaluation criteria using early morphological change in imatinib treatment for patients with gastrointestinal stromal tumor,Tomo Ishida,Tsuyoshi Takahashi,Toshirou Nishida,Hiromitsu Ohnishi,Takahiro Tsuboyama,Shinsuke Sato,Yujiro Nakahara,Yasuhiro Miyazaki,Atsushi Takeno,Yukinori Kurokawa,Takuro Saito,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Kazuyoshi Yamamoto,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Gastric Cancer,Springer Science and Business Media LLC,2021年08月20日,研究論文(学術雑誌)
  • The EAES intellectual property awareness survey,Kiyokazu Nakajima,Yoav Mintz,Felix Nickel,Alberto Arezzo,Luigi Boni,Thomas Carus,Manish Chand,Michele Diana,Fanny Ficuciello,Tim Horeman,Young-Woo Kim,Stefania Marconi,George Mylonas,Chen Sagiv,Marlies P. Schijven,Pietro Valdastri,Surgical Endoscopy,Springer Science and Business Media LLC,2021年08月06日,研究論文(学術雑誌)
  • Novel protective retrieval device for a large rectal cancer specimen resected by endoscopic submucosal dissection,Takahiro Inoue,Satoki Shichijo,Kiyokazu Nakajima,Digestive Endoscopy,Wiley,2021年07月09日,研究論文(学術雑誌)
  • Pancreas‐left gastric artery angle is associated with postoperative inflammation and drain amylase after laparoscopic gastrectomy,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Shuji Takiguchi,Yukinori Kurokawa,Ryugo Teranishi,Takuro Saito,Yasuhiro Miyazaki,Kazuyoshi Yamamoto,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Kiyokazu Nakajima,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Makoto Yamasaki,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Asian Journal of Endoscopic Surgery,Wiley,2021年04月26日,研究論文(学術雑誌)
  • Quantity and Quality of Skeletal Muscle as an Important Predictor of Clinical Outcomes in Patients with Esophageal Cancer Undergoing Esophagectomy after Neoadjuvant Chemotherapy,Tomo Ishida,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Takuro Saito,Kazuyoshi Yamamoto,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Annals of Surgical Oncology,Springer Science and Business Media LLC,2021年04月19日,研究論文(学術雑誌)
  • Surgical plume from tissue infected with human hepatitis B virus can contain viral substances,Hirota M,Takahashi H,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Eguchi H,Doki Y,Nakajima K,Minim Invasive Ther Allied Technol .,Vol. 14,p. 1-9,2021年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of prognostic factors in patients with lymph node recurrence after radical esophagectomy: importance of locoregional therapy,Koji Tanaka,Makoto Yamasaki,Tomoki Makino,Kotaro Yamashita,Takuro Saitoh,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Masayuki Mano,Masaki Mori,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Esophagus,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 18,No. 2,p. 195-202,2021年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Continuous ghrelin infusion attenuates the postoperative inflammatory response in patients with esophageal cancer,Kotaro Yamashita,Kazuyoshi Yamamoto,Akihiro Takata,Yasuhiro Miyazaki,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Masayuki Mano,Kiyokazu Nakajima,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Esophagus,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 18,No. 2,p. 239-247,2021年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic surgery for familial multiple gastrointestinal stromal tumors with germ line c‐kit gene mutation,Masahiro Hashimoto,Tsuyoshi Takahashi,Kiyokazu Nakajima,Yukinori Kurokawa,Yasuhiro Miyazaki,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Hidetoshi Eguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Vol. 14,No. 2,p. 250-253,2021年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Impacts of Preoperative Psoas Muscle Mass and Visceral Fat Area on Postoperative Short- and Long-Term Outcomes in Patients with Gastric Cancer,Yoshiki Taniguchi,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Takuro Saito,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,World Journal of Surgery,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 45,No. 3,p. 815-821,2021年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Intraluminal gas escape from biopsy valves and endoscopic devices during endoscopy: caution advised during the COVID-19 era,Shinya Urakawa,Teijiro Hirashita,Kota Momose,Makoto Nishimura,Kiyokazu Nakajima,Jeffrey W. Milsom,Endoscopy International Open,Georg Thieme Verlag KG,Vol. 09,No. 03,p. E443-E449,2021年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Research and development of anti-maceration laparoscopic surgical cotton swabs,Shota Fujii,Yuji Ishii,Shinsuke Katsuyama,Kazutaka Akai,Tomoya Ueda,Mitsuru Inada,Akihiro Fukushima,Kiyokazu Nakajima,Minimally Invasive Therapy & Allied Technologies,Informa UK Limited,p. 1-8,2021年02月13日,研究論文(学術雑誌)
  • The role of adjuvant chemotherapy in esophageal cancer patients after neoadjuvant chemotherapy plus surgery,Norihiro Matsuura,Makoto Yamasaki,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Takuro Saito,Kazuyoshi Yamamoto,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Esophagus,Springer Science and Business Media LLC,2021年02月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Postoperative pregnancy in female achalasia patients: Report of three cases,Yuto Kubo,Kiyokazu Nakajima,Kotaro Yamashita,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hedetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,International Journal of Surgery Case Reports,Elsevier BV,Vol. 79,p. 398-401,2021年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Optimization of insufflation and pressure control in third-space endoscopy,Yuki Ushimaru,Noriko Matsuura,Yasushi Yamasaki,Yoji Takeuchi,Kotaro Yamashita,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Surgical Endoscopy,Springer Science and Business Media LLC,2021年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Taste alteration after gastrectomy in patients with gastric cancer,Takaomi Hagi,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Takuro Saito,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Surgery Today,Springer Science and Business Media LLC,2021年01月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic gastrectomy for heart failure patients with left ventricular assist devices,Tomo Ishida,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Yukinori Kurokawa,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Asian Journal of Endoscopic Surgery,Wiley,Vol. 14,No. 1,p. 81-84,2021年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A case of diaphragmatic hernia incarceration after a heart transplant operation,Masaru Sasaki,Tsuyoshi Takahashi,Soichiro Funaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Naoko Ose,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Yasushi Shintani,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Asian Journal of Endoscopic Surgery,Wiley,Vol. 14,No. 1,p. 116-119,2021年01月,研究論文(学術雑誌)
  • The endoluminal pressures during flexible gastrointestinal endoscopy,Yuki Ushimaru,Kiyokazu Nakajima,Masashi Hirota,Yasuaki Miyazaki,Kotaro Yamashita,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Scientific Reports,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 10,No. 1,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Peritumoral Lymphatic Vessels Associated with Resistance to Neoadjuvant Chemotherapy and Unfavorable Survival in Esophageal Cancer,Takeo Hara,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Kotaro Yamashita,Yuya Nogi,Takuro Saito,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Mitsuaki Tatsumi,Kiyokazu Nakajima,Eiichi Morii,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Annals of Surgical Oncology,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 27,No. 10,p. 3762-3769,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Novel, infection-free, advanced hemostatic material: physical properties and preclinical efficacy,Shinsuke Katsuyama,Yasuhiro Miyazaki,Satoru Kobayashi,Yoshie Nakagawa,Keiichi Yamamoto,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Minimally Invasive Therapy & Allied Technologies,Informa UK Limited,Vol. 29,No. 5,p. 283-292,2020年10月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Third Space Endoscopyを安定化する諸条件の検討,牛丸 裕貴,松浦 倫子,竹内 洋司,山崎 泰史,宮本 学,山下 公太郎,西塔 拓郎,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 120回,p. SF-7,2020年08月
  • イマチニブ投与後遺残GIST細胞に対するGPX4阻害剤の有用性の検討,石田 智,高橋 剛,西塔 拓郎,黒川 幸典,山下 公太郎,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 120回,p. DP-1,2020年08月
  • 初発完全切除GISTに対する再発リスク分類の妥当性,高 正浩,高橋 剛,中島 清一,山下 公太郎,西塔 拓郎,田中 晃司,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 120回,p. DP-2,2020年08月
  • 炎症性腸疾患に対する手術-タイミング・アプローチ法・再建術式のポイント-【Video】長期成績向上のためのクローン病外科治療戦略,水島 恒和,荻野 崇之,武田 和,藤本 侑士,池田 敦世,渡部 嘉文,藤野 志季,三吉 範克,高橋 秀和,植村 守,松田 宙,中島 清一,山本 浩文,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 120回,p. PD-1,2020年08月
  • Real-time ureteral identification with novel, versatile, and inexpensive catheter,Yuki Ushimaru,Atsushi Ohigawa,Kotaro Yamashita,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Surgical Endoscopy,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 34,No. 8,p. 3669-3678,2020年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Pathological Regression of Lymph Nodes Better Predicts Long-term Survival in Esophageal Cancer Patients Undergoing Neoadjuvant Chemotherapy Followed by Surgery,Takaomi Hagi,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Takuro Saito,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Eiichi Morii,Hidetoshi Eguchi,Yuichiro Doki,Annals of Surgery,Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health),Vol. Publish Ahead of Print,2020年07月14日,研究論文(学術雑誌)
  • A Low-cost, Safe, and Effective Method for Smoke Evacuation in Laparoscopic Surgery for Suspected Coronavirus Patients,Yoav Mintz,Alberto Arezzo,Luigi Boni,Manish Chand,Ronit Brodie,Abe Fingerhut,Annals of Surgery,Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health),Vol. 272,No. 1,p. e7-e8,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Is Laparoscopic Gastrectomy More Advantageous for Elderly Patients Than for Young Patients with Resectable Advanced Gastric Cancer?,Yuki Ushimaru,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Takuro Saito,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World Journal of Surgery,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 44,No. 7,p. 2332-2339,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrical contraction of the anal sphincter for intraoperative visualization of anal function.,Nobuyoshi Ohara,Hidekazu Takahashi,Shinsuke Katsuyama,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Kiyokazu Nakajima,Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy,p. 1-10,2020年06月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics of endoscopic snares: a new approach towards more practical and objective performance evaluation,Yasushi Yamasaki,Yoji Takeuchi,Yuki Ushimaru,Noriko Matsuura,Tsuyoshi Yamaguchi,Shun Nitta,Masaomi Agatsuma,Hiroyuki Okada,Kiyokazu Nakajima,Endoscopy International Open,Georg Thieme Verlag KG,Vol. 08,No. 06,p. E792-E795,2020年06月,研究論文(学術雑誌)
  • What is the most useful body composition parameter for predicting toxicities of preoperative chemotherapy for gastric cancer?,Tadayoshi Hashimoto,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Takuro Saito,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 50,No. 5,p. 509-515,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • The Pattern of Residual Tumor After Neoadjuvant Chemotherapy for Locally Advanced Esophageal Cancer and Its Clinical Significance,Tadayoshi Hashimoto,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Eiichi Morii,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of Surgery,Ovid Technologies (Wolters Kluwer Health),Vol. 271,No. 5,p. 875-884,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Anti-glypican-1 antibody–drug conjugate is a potential therapy against pancreatic cancer,Takahiko Nishigaki,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Tomoharu Ohkawara,Hisashi Hara,Takahito Sugase,Toru Otsuru,Yurina Saito,Shigehiro Tsujii,Taisei Nomura,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Hidetoshi Eguchi,Makoto Yamasaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,British Journal of Cancer,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 122,No. 9,p. 1333-1341,2020年04月28日,研究論文(学術雑誌)
  • 巨大胃GISTに対して術前化学療法後に腹腔鏡下根治切除を施行し得た1例,川端 浩太,高橋 剛,中島 清一,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 47,No. 4,p. 670-672,2020年04月
  • [Laparoscopic Resection of a Huge Gastric Gastrointestinal Stromal Tumor after Neoadjuvant Chemotherapy-A Case Report].,Kota Kawabata,Tsuyoshi Takahashi,Kiyokazu Nakajima,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 47,No. 4,p. 670-672,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Tumor-infiltrating M2 macrophage in pretreatment biopsy sample predicts response to chemotherapy and survival in esophageal cancer.,Kei Yamamoto,Tomoki Makino,Eiichi Sato,Toshiki Noma,Shinya Urakawa,Tomohira Takeoka,Kotaro Yamashita,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Hisashi Wada,Cancer science,Vol. 111,No. 4,p. 1103-1112,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Intra-abdominal pressure during endoscopic full-thickness resection comparing manual and automatic control insufflation: a block-randomized porcine study,Shunsuke Kamba,Masakuni Kobayashi,Akio Koizumi,Shingo Ono,Yuko Hara,Nana Shimamoto,Hiroaki Matsui,Hiroto Furuhashi,Tomohiko Richard Ohya,Naoto Tamai,Masako Nishikawa,Kiyokazu Nakajima,Kazuki Sumiyama,Surgical Endoscopy,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 34,No. 4,p. 1625-1633,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • TAS-116 inhibits oncogenic KIT signalling on the Golgi in both imatinib-naïve and imatinib-resistant gastrointestinal stromal tumours.,Yurina Saito,Tsuyoshi Takahashi,Yuuki Obata,Toshirou Nishida,Shuichi Ohkubo,Fumio Nakagawa,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Tomoharu Ohkawara,Takahiko Nishigaki,Takahito Sugase,Masahiro Koh,Tomo Ishida,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Makoto Yamasaki,Seiichi Hirota,Tetsuji Naka,Masaki Mori,Yuichiro Doki,British journal of cancer,Vol. 122,No. 5,p. 658-667,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Barcode Sequencing for Highly Sensitive Detection of Circulating Tumor DNA in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma,Takaomi Hagi,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Takuro Saito,Kotaro Yamashita,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology,S. Karger AG,Vol. 98,No. 4,p. 222-229,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical significance of chromatin remodeling factor CHD5 expression in gastric cancer.,Tadayoshi Hashimoto,Yukinori Kurokawa,Noriko Wada,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology letters,Vol. 19,No. 1,p. 1066-1073,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic Value of the Combined Index of Plasma Fibrinogen and the Neutrophil–Lymphocyte Ratio in Gastric Cancer,Masaaki Yamamoto,Yukinori Kurokawa,Noboru Kobayashi,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World Journal of Surgery,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 44,No. 1,p. 207-212,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 新規止血材である自己組織化ペプチドの腹腔鏡下手術における有用性,勝山 晋亮,小林 智,中川 貴恵,山本 啓一,山下 公太郎,田中 晃司,溝尻 岳,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,丸山 憲太郎,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 24,No. 7,p. MO346-4,2019年12月
  • リアルタイムに尿管同定が可能な新規蛍光カテーテルの共同研究開発,牛丸 裕貴,大井川 淳,山下 公太郎,西塔 拓郎,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 24,No. 7,p. MO346-7,2019年12月
  • 食道巨大憩室を伴う家族性胃GISTに対して胸腔鏡下食道亜全摘、胃局所切除術を施行した一例,在田 麻美,高橋 剛,黒川 幸典,西田 俊朗,山下 公太郎,西塔 拓郎,田中 晃司,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 24,No. 7,p. MO003-2,2019年12月
  • [A Case Report on Larynx-Preserving Surgery with Tracheal Resection of an Advanced Esophageal Cancer with Tracheal Invasion].,Noboru Kobayashi,Koji Tanaka,Makoto Yamasaki,Tomoki Makino,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 46,No. 13,p. 2530-2532,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • [A Case of Two-Stage Combined Resection of Cervical Esophageal Cancer with Bulky Right Supraclavicular Lymph Node Metastasis Invading the Right Common Carotid Artery].,Kei Yamamoto,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kotaro Yamashita,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 46,No. 13,p. 2146-2148,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of measurement of skeletal muscle mass on clinical outcomes in patients with esophageal cancer undergoing esophagectomy after neoadjuvant chemotherapy.,Tomo Ishida,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery,Vol. 166,No. 6,p. 1041-1047,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Risk factors associated with increased drainage volumes of chest tubes after transthoracic esophagectomy for esophageal cancer.,Ryo Kato,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 49,No. 12,p. 1058-1065,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility and safety of duodenal covered self-expandable metallic stent fixation: an experimental study.,Hori Y,Hayashi K,Naitoh I,Kato H,Nomura T,Miyabe K,Yoshida M,Jinno N,Natsume M,Kato A,Asano G,Takiguchi S,Nakajima K,Surg Endosc,Vol. 33,No. 12,p. 4026-4031,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Postoperative Long-Term Outcomes in Elderly Patients with Gastric Cancer and Risk Factors for Death from Other Diseases.,Tadayoshi Hashimoto,Yukinori Kurokawa,Jota Mikami,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of surgery,Vol. 43,No. 11,p. 2885-2893,2019年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Performing laparoscopic sleeve gastrectomy in an obese patient with systemic lupus erythematosus undergoing long-term steroid therapy: a case report.,Atsushi Gakuhara,Yasuhiro Miyazaki,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Tomoki Makino,Koji Tanaka,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical case reports,Vol. 5,No. 1,p. 161-161,2019年10月29日,研究論文(学術雑誌)
  • 長期予後が得られた症例2 切除不能・再発GISTにおける長期生存例の検討,石田 智,高橋 剛,西田 俊朗,黒川 幸典,山下 公太郎,西塔 拓郎,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 80,No. 増刊,p. 415-415,2019年10月
  • 進行GISTに対する術前化学療法の検討,西田 謙太郎,高橋 剛,黒川 幸典,山下 公太郎,西塔 拓郎,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 80,No. 増刊,p. 863-863,2019年10月
  • 当院における高齢GIST患者に対する治療成績,石田 智,高橋 剛,黒川 幸典,山下 公太郎,西塔 拓郎,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 57回,p. O16-2,2019年10月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における手術成績及び長期予後に関する検討,牛丸 裕貴,高橋 剛,中島 清一,宮崎 安弘,益澤 徹,岸 健太郎,黒川 幸典,西塔 拓郎,山下 公太郎,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 57回,p. P13-7,2019年10月
  • GISTイマチニブ治療における血中濃度測定の意義,高 正浩,高橋 剛,山下 公太郎,西塔 拓郎,田中 晃司,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 57回,p. P83-3,2019年10月
  • The use of 3D laparoscopic imaging systems in surgery. EAES consensus development conference 2018,Alberto Arezzo,Nereo Vettoretto,Nader K. Francis,Marco Augusto Bonino,Curtis Nathan J,Amparore Daniele,Simone Arolfo,Barberio Manuel,Luigi Boni,Ronit Brodie,Nicole Bouvy,Elisa Cassinotti,Thomas Carus,Enrico Checcucci,Petra Custers,Michele Diana,Marilou Jansen,Joris Jaspers,Gadi Marom,Kota Momose,Beat Peter Müller-Stich,Kyokazu Nakajima,Felix Nickel,Silvana Perretta,Francesco Porpiglia,Francisco Sánchez-Margallo,Juan Alberto Sánchez-Margallo,Marlies Schijven,Gianfranco Silecchia,Roberto Passera,Yoav Mintz,Surg Endosc.,Vol. 33,No. 10,p. 3251-3274,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Endoscopy-assisted laparoscopic submucosal dissection for a duodenal epithelial tumor.,Miyazaki Y,Takiguchi S,Kurokawa Y,Takahashi T,Fukuda Y,Yamasaki M,Makino T,Tanaka K,Motoori M,Kimura Y,Nakajima K,Mori M,Doki Y,Asian J Endosc Surg.,Vol. 12,No. 4,p. 461-464,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Innovation in surgery/operating room driven by Internet of Things on medical devices.,Ushimaru Y,Takahashi T,Souma Y,Yanagimoto Y,Nagase H,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Surg Endosc,Vol. 33,No. 10,p. 3469-3477,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 糖尿病合併病的肥満症患者に対する腹腔鏡下スリープ状胃切除術の糖尿病改善効果の検討,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,学会誌JSPEN,(一社)日本静脈経腸栄養学会,Vol. 1,No. Suppl.,p. 1250-1250,2019年09月
  • 腹腔鏡手術における開腹移行、その決断のポイント クローン病に対する腹腔鏡下再手術における開腹移行例の検討,水島 恒和,荻野 崇之,松田 宙,畑 泰司,植村 守,原口 直紹,高橋 秀和,三吉 範克,藤野 志季,池田 敦世,安枝 明日香,渡部 嘉文,藤本 侑士,中島 清一,山本 浩文,森 正樹,土岐 祐一郎,日本大腸肛門病学会雑誌,(一社)日本大腸肛門病学会,Vol. 72,No. 9,p. A65-A65,2019年09月
  • Methylprednisolone Inhibits Tumor Growth and Peritoneal Seeding Induced by Surgical Stress and Postoperative Complications.,Yoshiki Taniguchi,Yukinori Kurokawa,Takaomi Hagi,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 26,No. 9,p. 2831-2838,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinicopathological characteristics and survival of primary malignant melanoma of the esophagus.,Tadayoshi Hashimoto,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Eiichi Morii,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology letters,Vol. 18,No. 2,p. 1872-1880,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Lymph Node Response to Neoadjuvant Chemotherapy as an Independent Prognostic Factor in Metastatic Esophageal Cancer.,Shinya Urakawa,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Masaki Motoori,Yutaka Kimura,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgery,2019年07月03日,研究論文(学術雑誌)
  • クローン病再手術における単孔式腹腔鏡手術,水島 恒和,原口 直紹,松田 宙,畑 泰司,高橋 英和,三吉 範克,中島 清一,山本 浩文,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 74回,p. O14-3,2019年07月
  • 【食道】高度食道裂孔ヘルニアに対する内視鏡外科手術の工夫 高度食道裂孔ヘルニアに対する治療戦略,牛丸 裕貴,中島 清一,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 74回,p. WS5-4,2019年07月
  • 進行GISTに対する術前化学療法症例の安全性と有効性の検討,西田 謙太郎,高橋 剛,田中 晃司,黒川 幸典,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 74回,p. P71-5,2019年07月
  • 腫瘍破裂GISTに対する術後補助化学療法の有用性の検討,山本 慧,高橋 剛,中島 清一,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 74回,p. P71-6,2019年07月
  • 切除不能再発GISTに対するイマチニブの治療成績と予後因子に関する検討,石田 智,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 74回,p. P277-1,2019年07月
  • 腹腔鏡下胃切除術におけるアセトアミノフェン定時投与による術後疼痛管理の検討,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 74回,p. P48-5,2019年07月
  • Predictive value of MLH1 and PD-L1 expression for prognosis and response to preoperative chemotherapy in gastric cancer.,Hashimoto T,Kurokawa Y,Takahashi T,Miyazaki Y,Tanaka K,Makino T,Yamasaki M,Nakajima K,Ikeda J,Mori M,Doki Y,Gastric Cancer,Vol. 22,No. 4,p. 785-792,2019年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Validation of new Japanese classification system for esophageal achalasia.,Kato R,Nakajima K,Takahashi T,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Esophagus.,Vol. 16,No. 3,p. 252-257,2019年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下手術の術式上の工夫,牛丸 裕貴,中島 清一,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 73回,p. 69-69,2019年06月
  • 食道癌術前治療による線維化と手術侵襲に伴うIL-6値についての検討,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 73回,p. 379-379,2019年06月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下手術 進行性胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術後の短期および長期転帰(Short-term and long-term outcomes after laparoscopic gastrectomy for advanced gastric cancer),黒川 幸典,牛丸 裕貴,高橋 剛,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 119回,p. SY-3,2019年04月
  • von Recklinghausen病に合併した多発胃・小腸GISTの1例,杉山 剛文,高橋 剛,中島 清一,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 119回,p. RS-4,2019年04月
  • 食道癌術前治療による線維化と術後胸水中IL-6値との関連についての検討,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 119回,p. PS-2,2019年04月
  • 炎症性腸疾患に対する外科治療の成績と方向性 クローン病に対する周術期、術後マネジメントの工夫と長期成績,水島 恒和,松田 宙,畑 泰司,原口 直紹,高橋 秀和,三吉 範克,西村 潤一,荻野 崇之,関戸 悠紀,池田 敦世,渡部 嘉文,中島 清一,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 119回,p. SY-6,2019年04月
  • 外科治療における多職種介入栄養管理-NSTが目指すアウトカム 胃切除後栄養管理におけるONSの有用性に関するランダム化比較試験,宮崎 安弘,黒川 幸典,高橋 剛,額原 敦,原 豪男,大森 健,藤谷 和正,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 119回,p. WS-8,2019年04月
  • 医療用綿製品から溶出するコットン・パーティクルの感染制御学的意義,牛丸 裕貴,平松 征洋,前田 育男,藤井 翔太,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,堀口 安彦,中島 清一,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 119回,p. PS-7,2019年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Effect of c-Met and CD44v6 Expression in Resistance to Chemotherapy in Esophageal Squamous Cell Carcinoma,Hara T,Makino T,Yamasaki M,Tanaka K,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Matsuura N,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol.,Vol. 26,No. 3,p. 899-906,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除の短期・長期成績 PSマッチングを用いた検討,牛丸 裕貴,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 91回,p. 428-428,2019年02月
  • GIST術後補助化学療法の安全性および有用性の検討,原 豪男,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 91回,p. 411-411,2019年02月
  • 胃GISTの臨床病理学的検討 遺伝子変異の点からの検討,野間 俊樹,高橋 剛,廣田 誠一,田中 晃司,宮崎 安弘,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 91回,p. 411-411,2019年02月
  • 噴門側胃切除・ダブルトラクト再建術と胃全摘の術後消化管機能と栄養学的変化の比較,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 91回,p. 523-523,2019年02月
  • GIST術後補助化学療法の安全性および有用性の検討,原 豪男,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 91回,p. 411-411,2019年02月
  • The evolution of minimally invasiveness through technology Session 1: How technology reshaped treatment,Nakajima K,EAES Wintermeeting 2019,2019年02月
  • The evolution of minimally invasiveness through technology Session 1: How technology reshaped treatment,Nakajima K,EAES Wintermeeting 2019,2019年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Laparoscopic distal gastrectomy for gastric cancer with simultaneous resection of para-aortic schwannoma.,Gakuhara A,Miyazaki Y,Kurokawa Y,Takahashi T,Yamasaki M,Makino T,Tanaka K,Motoori M,Kimura Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Asian J Endosc Surg.,2019年02月,研究論文(学術雑誌)
  • [Multi-Look Staging Laparoscopy and Conversion Surgery for Gastric Cancer with Peritoneal Metastases].,Toshiki Noma,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Yukinori Kurokawa,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Kiyokazu Nakajima,Makoto Yamasaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 46,No. 1,p. 184-186,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Facilitating endoscopic submucosal dissection: double balloon endolumenal platform significantly improves dissection time compared with conventional technique.,Sam Sharma,Kota Momose,Hisashi Hara,James East,Kazuki Sumiyama,Kiyokazu Nakajima,Gerd Silbehumer,Jeffrey Milsom,Surg Endosc,Vol. 33,No. 3,p. 992-992,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Occult Hiatal Hernia in Achalasia Patients: Its Incidence and Treatment Options.,Yuki Ushimaru,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Digestive surgery,Vol. 36,No. 5,p. 418-425,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Correction to: Laparoscopic repair of an incarcerated diaphragmatic hernia after right hepatectomy for hepatic injury: a case report.,Shohei Takaichi,Tsuyoshi Takahashi,Soichiro Funaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Meinoshin Okumura,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical case reports,Vol. 4,No. 1,p. 147-147,2018年12月21日,研究論文(学術雑誌)
  • 腹腔鏡下手術による再手術へのチャレンジ クローン病に対する腹腔鏡下手術による再手術の安全性,水島 恒和,原口 直紹,池田 敦世,関戸 悠紀,三吉 範克,高橋 秀和,畑 泰司,松田 宙,中島 清一,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 23,No. 7,p. SY17-5,2018年12月
  • 整容性と機能温存を両立した胃粘膜下腫瘍に対する単孔式腹腔鏡下胃局所切除術,牛丸 裕貴,中島 清一,高橋 剛,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 23,No. 7,p. OS21-4,2018年12月
  • ロボット支援下胃全摘術の術後短期成績の検討,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 23,No. 7,p. DP112-3,2018年12月
  • 上部胃癌に対する再建法を考える 腹腔鏡下胃全摘/噴門側胃切除術におけるCircular stapler法とLinear stapler法のランダム化第II相比較試験,原 豪男,宮崎 安弘,瀧口 修司,木下 敬弘,大森 健,新野 直樹,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 23,No. 7,p. WS12-6,2018年12月
  • Treatment and clinical outcome of clinical T4 esophageal cancer: A systematic review.,Makino T,Yamasaki M,Tanaka K,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Motoori M,Kimura Y,Nakajima K,Mori M,Doki Y,Ann Gastroenterol Surg.,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic Value of Trefoil Factor 3 Expression in Patients with Gastric Cancer.,Taniguchi Y,Kurokawa Y,Takahashi T,Mikami J,Miyazaki Y,Tanaka K,Makino T,Yamasaki M,Nakajima K,Mori M,Doki Y,World J Surg.,Vol. 42,No. 12,p. 3997-4004,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic repair of an incarcerated diaphragmatic hernia after right hepatectomy for hepatic injury: a case report.,Takaichi S,Takahashi T,Funaki S,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Okumura M,Mori M,Doki Y,Surg Case Rep.,Vol. 4,No. 1,p. 135-135,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • The use of 3D laparoscopic imaging systems in surgery: EAES consensus development conference 2018,Arezzo A,Vettoretto N,Francis NK,Bonino MA,Curtis NJ,Amparore D,Arolfo S,Barberio M,Boni L,Brodie R,Bouvy N,Cassinotti E,Carus T,Checcucci E,Custers P,Diana M,Jansen M,Jaspers J,Marom G,Momose K,Müller-Stich BP,Nakajima K,Nickel F,Perretta S,Porpiglia F,Sánchez-Margallo F,Sánchez-Margallo JA,Schijven M,Silecchia G,Passera R,Mintz Y,Surg Endosc,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic Value of Trefoil Factor 3 Expression in Patients with Gastric Cancer.,Yoshiki Taniguchi,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Jota Mikami,Yasuhiro Miyazaki,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of surgery,Vol. 42,No. 12,p. 3997-4004,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 肝損傷に対する右肝切除術後の嵌頓横隔膜ヘルニアの腹腔鏡下修復術 症例報告(Laparoscopic repair of an incarcerated diaphragmatic hernia after right hepatectomy for hepatic injury: a case report),Takaichi Shohei,Takahashi Tsuyoshi,Funaki Soichiro,Tanaka Koji,Miyazaki Yasuhiro,Makino Tomoki,Kurokawa Yukinori,Yamasaki Makoto,Nakajima Kiyokazu,Okumura Meinoshin,Mori Masaki,Doki Yuichiro,Surgical Case Reports,Springer Berlin Heidelberg,Vol. 4,No. November,p. 1-4,2018年11月
  • The R&D frontline 2018: update from Project ENGINE,Nakajima K,INTERNATIONAL NOTES-W.I.D.E.R.,2018年11月
  • Integration of laparoscopy and endoscopy into next generation endoscopic intervention,Nakajima K,SMIT2018-IBEC2018 Joint Conference,2018年11月
  • Medical Device Development,Nakajima K,SMIT2018-IBEC2018 Joint Conference,2018年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Oral Presentation 9,Nakajima K,SMIT2018-IBEC2018 Joint Conference,2018年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Session with video transmission from the Research Institut and Clinical Department Working Group (Access and locking, tunneling techniques, myotomy, gastric reduction and others),Nakajima K,INTERNATIONAL NOTES-W.I.D.E.R.,2018年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The R&D frontline 2018: update from Project ENGINE,Nakajima K,INTERNATIONAL NOTES-W.I.D.E.R.,2018年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integration of laparoscopy and endoscopy into next generation endoscopic intervention,Nakajima K,SMIT2018-IBEC2018 Joint Conference,2018年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Medical Device Development,Nakajima K,SMIT2018-IBEC2018 Joint Conference,2018年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Oral Presentation 9,Nakajima K,SMIT2018-IBEC2018 Joint Conference,2018年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Immunoregulatory influence of abundant MFG-E8 expression by esophageal cancer treated with chemotherapy.,Takashi Kanemura,Hiroshi Miyata,Tomoki Makino,Koji Tanaka,Keijiro Sugimura,Mika Hamada-Uematsu,Yu Mizote,Hiroaki Uchida,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hisashi Wada,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Hideaki Tahara,Cancer science,Vol. 109,No. 11,p. 3393-3402,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • SOCS1 gene therapy has antitumor effects in imatinib-resistant gastrointestinal stromal tumor cells through FAK/PI3 K signaling.,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Tomoharu Ohkawara,Kosuke Hiramatsu,Toshirou Nishida,Seiichi Hirota,Yurina Saito,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Kazuhiro Hanasaki,Tadamitsu Kishimoto,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association,Vol. 21,No. 6,p. 968-976,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • SOCS1 gene therapy has antitumor effects in imatinib-resistant gastrointestinal stromal tumor cells through FAK/PI3 K signaling.,Sugase T,Takahashi T,Serada S,Fujimoto M,Ohkawara T,Hiramatsu K,Nishida T,Hirota S,Saito Y,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Hanasaki K,Kishimoto T,Mori M,Doki Y,Naka T,Gastric Cancer,Vol. 21,No. 6,p. 968-976,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Immunoregulatory influence of abundant MFG-E8 expression by esophageal cancer treated with chemotherapy.,Kanemura T,Miyata H,Makino T,Tanaka K,Sugimura K,Hamada-Uematsu M,Mizote Y,Uchida H,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Wada H,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Tahara H,Cancer Sci.,Vol. 109,No. 11,p. 3393-3402,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • イマチニブ耐性後のGIST治療(外科治療・内科治療) イマチニブ耐性GISTに対する分子標的治療を中心とした集学的治療の成績,高橋 剛,斉藤 百合奈,高 正浩,石田 智,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 56回,p. PD20-3,2018年10月
  • イマチニブ耐性消化管間質腫瘍(GIST)に対するスニチニブの抗腫瘍効果及び安全性の検討,石田 智,高橋 剛,宮崎 安弘,黒川 幸典,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 56回,p. O41-1,2018年10月
  • 高齢者における消化管間質腫瘍(GIST)に対する分子標的薬の治療戦略,勝山 晋亮,高橋 剛,中島 清一,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 56回,p. O41-2,2018年10月
  • 肥満に対する外科治療の最前線 当院における肥満外科手術の適応決定と術前管理,宮崎 安弘,田中 晃司,額原 敦,黒川 幸典,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 79,No. 増刊,p. 374-374,2018年10月
  • スリーブ状胃切除術前後における食欲変化と臨床効果,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 79,No. 増刊,p. 750-750,2018年10月
  • 食道亜全摘術における術後体重減少推移と栄養学的指標変化 胃全摘術との比較,宮崎 安弘,額原 敦,田中 晃司,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 56回,p. P71-8,2018年10月
  • What MedTech can do for the future of OR,Nakajima K,AMG内視鏡外科アカデミーフォーラム,2018年10月
  • R&D of Medical Devices in the Era of Virtual Engineering,Nakajima K,3D4MED The clinical 3D printing laboratory,2018年10月
  • New objective methods for evaluation of dynamic performance of endoscopic snare,Ushimaru Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Miyazaki Y,Tanaka K,Makino T,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Nakajima K,SMIT2018-IBEC2018 Joint Conference,2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • What MedTech can do for the future of OR,Nakajima K,AMG内視鏡外科アカデミーフォーラム,2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Endoscopy and related data,Nakajima K,JISC presentation at ISO/TC215 WG2 (System and device interoperability),2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • R&D of Medical Devices in the Era of Virtual Engineering,Nakajima K,3D4MED The clinical 3D printing laboratory,2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Occult Hiatal Hernia in Achalasia Patients: Its Incidence and Treatment Options.,Ushimaru Y,Nakajima K,Takahashi T,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Dig Surg.,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • GISTに対する新規HSP90阻害薬TAS-116の有効性に関する検討(The efficacy of novel HSP90 inhibitor, TAS-116, against gastrointestinal stromal tumors),斎藤 百合奈,高橋 剛,小幡 裕希,大久保 秀一,世良田 聡,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,廣田 誠一,西田 俊朗,仲 哲治,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 77回,p. 514-514,2018年09月
  • イマチニブ耐性GISTに対するSOCS1を用いた遺伝子治療の有効性に関する検討(SOCS1 gene therapy has antitumor effects in imatinib-resistant gastrointestinal stromal tumor),高橋 剛,菅生 貴仁,世良田 聡,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,西田 俊朗,仲 哲治,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 77回,p. 516-516,2018年09月
  • オルガノイドを用いた食道扁平上皮癌の初代培養および化学療法感受性試験の確立(Primary cultures and chemosensitivity tests for esophageal cancer using organoid cultures),原 豪男,田中 晃司,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 77回,p. 628-628,2018年09月
  • Perioperative Nutritional Support With Beta-hydroxy-beta-methylbutyrate, Arginine, and Glutamine in Surgery for Abdominal Malignancies.,Wada N,Kurokawa Y,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Wada H,Yamasaki M,Yamasaki M,Nakajima K,Eguchi H,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Wounds.,Vol. 30,No. 9,p. 251-256,2018年09月,研究論文(学術雑誌)
  • [II. Treatment Strategy for Esophagogastric Junction Tumor].,Tadayoshi Hashimoto,Yukinori Kurokawa,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamazaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 45,No. 9,p. 1248-1253,2018年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Perioperative Nutritional Support With Beta-hydroxy-beta-methylbutyrate, Arginine, and Glutamine in Surgery for Abdominal Malignancies.,Noriko Wada,Yukinori Kurokawa,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Hiroshi Wada,Makoto Yamasaki,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hidetoshi Eguchi,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Wounds : a compendium of clinical research and practice,Vol. 30,No. 9,p. 251-256,2018年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Lipolysis-stimulated lipoprotein receptor overexpression is a novel predictor of poor clinical prognosis and a potential therapeutic target in gastric cancer.,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Tomoharu Ohkawara,Kosuke Hiramatsu,Masahiro Koh,Yurina Saito,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Kazuhiro Hanazaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,Oncotarget,Vol. 9,No. 68,p. 32917-32928,2018年08月31日,研究論文(学術雑誌)
  • Lipolysis-stimulated lipoprotein receptor overexpression is a novel predictor of poor clinical prognosis and a potential therapeutic target in gastric cancer.,Sugase T,Takahashi T,Serada S,Fujimoto M,Ohkawara T,Hiramatsu K,Koh M,Saito Y,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Hanazaki K,Mori M,Doki Y,Naka T,Oncotarget,Vol. 9,No. 68,p. 32917-32928,2018年08月,研究論文(学術雑誌)
  • The Impact of Pathological Tumor Regression and Nodal Status on Survival and Systemic Disease in Patients Undergoing Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Hiroshi Miyata,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Eiichi Morii,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 25,No. 8,p. 2409-2417,2018年08月,研究論文(学術雑誌)
  • The Impact of Pathological Tumor Regression and Nodal Status on Survival and Systemic Disease in Patients Undergoing Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Miyata H,Tanaka K,Makino T,Yamasaki M,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Morii E,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol.,Vol. 25,No. 8,p. 2409-2417,2018年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 当院におけるImatinib耐性GIST病変に対する外科治療成績,高 正浩,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 73回,p. 883-883,2018年07月
  • 造影CTによるGISTに対するイマチニブ治療効果予測,斎藤 百合奈,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 73回,p. 1126-1126,2018年07月
  • GISTに対するスーテント治療症例の検討,加藤 亮,高橋 剛,中島 清一,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 73回,p. 1127-1127,2018年07月
  • 胸腔鏡下食道切除術における創部痛の術後治療成績に及ぼす影響について,原 豪男,田中 晃司,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 73回,p. 274-274,2018年07月
  • Reflux after esophagectomy with gastric conduit reconstruction in the posterior mediastinum for esophageal cancer: original questionnaire and EORTC QLQ-C30 survey.,Yamasaki M,Miyazaki Y,Tanaka K,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Dis Esophagus.,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Successful Endoscopic Treatment of Post-esophagectomy Refractory Reflux Using OverStitch: The First Clinical Case.,Nagase H,Yamasaki M,Yanagimoto Y,Kanemura T,Higashi S,Momose K,Kato R,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Miyata H,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Clin Med Insights Gastroenterol.,Vol. 11,p. 1179552218784946-1179552218784946,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Facilitating endoscopic submucosal dissection: double balloon endolumenal platform significantly improves dissection time compared with conventional technique (with video).,Sharma S,Momose K,Hara H,East J,Sumiyama K,Nakajima K,Silbehumer G,Milsom J,Surgical endoscopy,Vol. 33,No. 1,p. 315-321,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Histological changes of superficial esophageal squamous cell carcinoma after preoperative chemotherapy.,Takahito Sugase,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Tadayoshi Hashimoto,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Masayuki Mano,Eiichi Morii,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society,2018年06月16日,研究論文(学術雑誌)
  • 胸腔鏡下食道切除術における腹臥位vs側臥位の短期治療成績の比較,原 豪男,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 177-177,2018年06月
  • Development and clinical evaluation of a semi-cocoon-shaped ultra-thin retractor,Katsuyama S,Hirano K,Takahashi T,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Nakajima K,International Congress of the EAES,2018年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Novel, infection-free, advanced hemostatic material: its physical properties and preclinical efficacy,Ushimaru Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Miyazaki Y,Tanaka K,Makino T,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Nakajima K,International Congress of the EAES,2018年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Novel regenerative therapy combined with transphrenic peritoneoscopy-assisted omentopexy,Satoshi Kainuma,Kiyokazu Nakajima,Shigeru Miyagawa,Satsuki Fukushima,Atsuhiro Saito,Akima Harada,Masashi Hirota,Yasuhiro Miyazaki,Noriyoshi Sawabata,Tadashi Watabe,Hiroshi Watabe,Koichi Toda,Jun Hatazawa,Meinoshin Okumura,Yoshiki Sawa,Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery,Oxford University Press,Vol. 26,No. 6,p. 993-1001,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Novel regenerative therapy combined with transphrenic peritoneoscopy-assisted omentopexy,Satoshi Kainuma,Kiyokazu Nakajima,Shigeru Miyagawa,Satsuki Fukushima,Atsuhiro Saito,Akima Harada,Masashi Hirota,Yasuhiro Miyazaki,Noriyoshi Sawabata,Tadashi Watabe,Hiroshi Watabe,Koichi Toda,Jun Hatazawa,Meinoshin Okumura,Yoshiki Sawa,Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery,Oxford University Press,Vol. 26,No. 6,p. 993-1001,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A novel suction/coagulation integrated probe for achieving better hemostasis: development and clinical use.,Hidekazu Takahashi,Naotsugu Haraguchi,Junichi Nishimura,Taishi Hata,Chu Matsuda,Hirofumi Yamamoto,Tsunekazu Mizushima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Surgery today,Vol. 48,No. 6,p. 649-655,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Histological changes of superficial esophageal squamous cell carcinoma after preoperative chemotherapy.,Sugase T,Makino T,Yamasaki M,Tanaka K,Hashimoto T,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Mano M,Morii E,Mori M,Doki Y,Esophagus.,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • O011 - Innovation in surgery/operation room driven by IoT of medical devices,Ushimaru Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Miyazaki Y,Tanaka K,Makino T,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Nakajima K,26th international EAES congress,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • P444 - Potential biological hazard in the surgical plume: It contains dna fragments of virus derived from the host,Hirota M,Higashi S,Takahashi H,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Nakajima K,26th international EAES congress,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • S38 Consensus conference 3D,Luigi Boni,Joris Jaspers,Andrei Keidar,Francisco Sanchez Margallo,Nicole Bouvy,Thomas Carus,Michele Diana,Nader Francis,Beat Muller,Nakajima K,Silvana Perretta,Marlies Schijven,Calin Tiu,Gianfranco Silecchia,Alberto Arezzo,Yoav Mintz,Nereo Vettoretto,26th international EAES congress,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • S31 ALS session: Robotics and enhanced technology,Amjad Parvaiz,Nakajima K,26th international EAES congress,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • AI in the OR Artificial Intel/Big data - Robotics - Innovative tools for surgery,Joris Jaspers,Beat Muller,Nakajima K,26th international EAES congress,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Clinical Engineers in Japan,Nakajima K,Kato T,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Endoscopy and related data,Nakajima K,2018年05月
  • Short-term outcomes and nutritional status after laparoscopic subtotal gastrectomy with a very small remnant stomach for cStage I proximal gastric carcinoma.,Furukawa H,Kurokawa Y,Takiguchi S,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Yamasaki M,Nakajima K,Mori M,Doki Y,Gastric Cancer.,Vol. 21,No. 3,p. 500-507,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 当科における切除可能原発GISTに対する外科治療成績,高 正浩,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 2300-2300,2018年04月
  • Utility of initial induction chemotherapy with 5-fluorouracil, cisplatin, and docetaxel (DCF) for T4 esophageal cancer: A propensity score-matched analysis,Tomoki Makino,M. Yamasaki,Y. Miyazaki,N. Wada,T. Takahashi,Y. Kurokawa,K. Nakajima,S. Takiguchi,M. Mori,Y. Doki,Diseases of the Esophagus,Oxford University Press,Vol. 31,No. 4,2018年04月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Towards next generation endoscopy: lessons learned from NOTES,Nakajima K,2018年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Pressure regretted gas insufflation system for next generation endoscopy,Nakajima K,2018年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An analysis of the risk factors of anastomotic stricture after esophagectomy.,Tanaka K,Makino T,Yamasaki M,Nishigaki T,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Today,Vol. 48,No. 4,p. 449-454,2018年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 当科における切除不能GISTに対するイマチニブ療法の治療成績(Clinical Outcome of Imatinib Treatment for Advanced GIST),高 正浩,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 442-442,2018年03月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における手術成績及び長期予後に関する検討(The surgical feasibility and long-term oncologic outcomes of laparoscopic surgery for gastric GIST),加藤 亮,高橋 剛,中島 清一,西塔 拓郎,宮崎 安弘,益澤 徹,黒川 幸典,岸 健太郎,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 537-537,2018年03月
  • GIST術後補助化学療法の安全性および有用性の検討(The safety and effect of adjuvant chemotherapy after GIST surgery),原 豪男,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 440-440,2018年03月
  • PRIMA-1 induces p53-mediated apoptosis by upregulating Noxa in esophageal squamous cell carcinoma with TP53 missense mutation.,Haruna Furukawa,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Cancer science,Vol. 109,No. 2,p. 412-421,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Needlescopic Surgeryの発展へ ~造り手・使い手のそれぞれの立場から~,中島清一,2018年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Future of NOTES,Nakajima K,2018年02月
  • PRIMA-1 induces p53-mediated apoptosis by upregulating Noxa in esophageal squamous cell carcinoma with TP53 missense mutation.,Haruna Furukawa,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Cancer science,Vol. 109,No. 2,p. 412-421,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • New classification for the thoracic paraaortic lymph nodes of patients with esophageal squamous cell carcinoma.,Yamamoto M,Yamasaki M,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Today,Vol. 48,No. 2,p. 217-222,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility of real-time intestinal bloodstream evaluation using probe-based confocal laser endomicroscopy in a porcine intestinal ischemia model.,Tsuyoshi Takahashi,Rie Nakatsuka,Hisashi Hara,Shigeyoshi Higashi,Kouji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Surgical endoscopy,Vol. 32,No. 2,p. 1043-1050,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel suction/coagulation integrated probe for achieving better hemostasis: development and clinical use,Takahashi H,Haraguchi N,Nishimura J,Hata T,Matsuda C,Yamamoto H,Mizushima T,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Surg Today,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • New classification for the thoracic paraaortic lymph nodes of patients with esophageal squamous cell carcinoma.,Masaaki Yamamoto,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 48,No. 2,p. 217-222,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility of real-time intestinal bloodstream evaluation using probe-based confocal laser endomicroscopy in a porcine intestinal ischemia model.,Takahashi T,Nakatsuka R,Hara H,Higashi S,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Surg Endosc.,Vol. 32,No. 2,p. 1043-1050,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • PRIMA-1 induces p53-madiated apoptosis by upregulating Noxa in esophageal squamous cell carcinoma with TP53 missense mutation.,Furukawa H,Makino T,Yamasaki M,Tanaka K,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Vol. 109,No. 2,p. 412-421,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • ROBOTICS – AN UPDATE,Pietro Valdastri,Nakajima K,EAES Wintermeeting 2018,2018年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Esophageal squamous cell carcinoma with low mitochondrial copy number has mesenchymal and stem-like characteristics, and contributes to poor prognosis.,Yasunori Masuike,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,PloS one,Vol. 13,No. 2,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Esophageal squamous cell carcinoma with low mitochondrial copy number has mesenchymal and stem-like characteristics, and contributes to poor prognosis.,Yasunori Masuike,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,PloS one,Vol. 13,No. 2,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • The Future of Robots in Surgery,Nakajima K,2018年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Towards Next Generation: Are We Ready?,Nakajima K,2018年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The efficacy of active drainage for preventing postoperative organ/space surgical site infections in patients with Crohn's disease,Ryo Ikeshima,Tsunekazu Mizushima,Hidekazu Takahashi,Naotsugu Haraguchi,Junichi Nishimura,Taishi Hata,Chu Matsuda,Masakazu Ikenaga,Kiyokazu Nakajima,Hirofumi Yamamoto,Kohei Murata,Yuichiro Doki,Masaki Mori,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 48,No. 1,p. 25-32,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Single-Incision Laparoscopic Intragastric Surgery for Gastric Submucosal Tumor Located Adjacent to Esophagogastric Junction: Report of Four Cases.,Katsuyama S,Nakajima K,Kurokawa Y,Takahashi T,Miyazaki Y,Makino T,Yamasaki M,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,J Laparoendosc Adv Surg Tech A.,Vol. 28,No. 1,p. 78-82,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • The efficacy of active drainage for preventing postoperative organ/space surgical site infections in patients with Crohn's disease.,Ikeshima R,Mizushima T,Takahashi H,Haraguchi N,Nishimura J,Hata T,Matsuda C,Ikenaga M,Nakajima K,Yamamoto H,Murata K,Doki Y,Mori M,Vol. 48,No. 1,p. 25-32,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Single-Incision Laparoscopic Intragastric Surgery for Gastric Submucosal Tumor Located Adjacent to Esophagogastric Junction: Report of Four Cases.,Shinsuke Katsuyama,Kiyokazu Nakajima,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A,Vol. 28,No. 1,p. 78-82,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • [Treatment of Regorafenib in Patients with Metastatic or Unresectable Gastrointestinal Stromal Tumor after Failure of Imatinib and Sunitinib].,Yurina Saito,Tsuyoshi Takahashi,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 45,No. 1,p. 121-123,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Successful Endoscopic Treatment of Post-esophagectomy Refractory Reflux Using OverStitch: The First Clinical Case.,Hirotsugu Nagase,Makoto Yamasaki,Yoshitomo Yanagimoto,Takashi Kanemura,Shigeyoshi Higashi,Kota Momose,Ryo Kato,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Clinical medicine insights. Gastroenterology,Vol. 11,p. 1179552218784946-1179552218784946,2018年
  • A case of ramucirumab-related gastrointestinal perforation in gastric cancer with small bowel metastasis.,Shinya Urakawa,Daisuke Sakai,Yasuhiro Miyazaki,Toshihiro Kudo,Aya Katou,Chiaki Inagaki,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Taroh Satoh,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical case reports,Vol. 3,No. 1,p. 127-127,2017年12月19日,研究論文(学術雑誌)
  • A case of ramucirumab-related gastrointestinal perforation in gastric cancer with small bowel metastasis.,Shinya Urakawa,Daisuke Sakai,Yasuhiro Miyazaki,Toshihiro Kudo,Aya Katou,Chiaki Inagaki,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Taroh Satoh,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical case reports,Vol. 3,No. 1,p. 127-127,2017年12月19日,研究論文(学術雑誌)
  • SOCS1 Gene Therapy Improves Radiosensitivity and Enhances Irradiation-Induced DNA Damage in Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Kosuke Hiramatsu,Tomoharu Ohkawara,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Tadamitsu Kishimoto,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,Cancer research,Vol. 77,No. 24,p. 6975-6986,2017年12月15日,研究論文(学術雑誌)
  • 上PD-5 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下大動脈周囲リンパ節郭清,黒川幸典,髙橋剛,宮﨑安弘,田中晃司,牧野知紀,山﨑誠,中島清一,森正樹,土岐祐一郎,第30回日本内視鏡外科学会総会,2017年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 医PD1-2 医療機器開発をになう「融合人材」とは,中島清一,2017年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 医療機器開発の現場における知財の取り扱いについて,中島清一,2017年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 産学連携による医療機器開発:可能性と課題,中島清一,2017年12月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • SOCS1 Gene Therapy Improves Radiosensitivity and Enhances Irradiation-Induced DNA Damage in Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Sugase T,Takahashi T,Serada S,Fujimoto M,Hiramatsu K,Ohkawara T,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Kishimoto T,Mori M,Doki Y,Naka T,Cancer Res.,Vol. 77,No. 24,p. 6975-6986,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiple huge epiphrenic esophageal diverticula with motility disease treated with video-assisted thoracoscopic and hand-assisted laparoscopic esophagectomy: a case report.,Yoshiki Taniguchi,Tsuyoshi Takahashi,Kiyokazu Nakajima,Shigeyoshi Higashi,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical case reports,Vol. 3,No. 1,p. 63-63,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic anterior gastropexy for type III/IV hiatal hernia in elderly patients.,Higashi S,Nakajima K,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surgical Case Reports,Vol. 3,No. 45,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic anterior gastropexy for type III/IV hiatal hernia in elderly patients.,Shigeyoshi Higashi,Kiyokazu Nakajima,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical case reports,Vol. 3,No. 1,p. 45-45,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiple huge epiphrenic esophageal diverticula with motility disease treated with video-assisted thoracoscopic and hand-assisted laparoscopic esophagectomy: a case report.,Taniguchi Y,Takahashi T,Nakajima K,Higashi S,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Case Rep.,Vol. 3,No. 1,p. 63-63,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • High Expression of the Mitophagy-Related Protein Pink1 is Associated with a Poor Response to Chemotherapy and a Poor Prognosis for Patients Treated with Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Yamashita K,Miyata H,Makino T,Masuike Y,Furukawa H,Tanaka K,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Morii E,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 24,No. 13,p. 4025-4032,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Broad ligament hernia successfully repaired by single-incision laparoscopy: A case report.,Takeyama H,Kogita Y,Nishigaki T,Yamashita M,Aikawa E,Hoshi M,Taniguchi H,Maruyama Y,Nakajima K,Yamamoto Y,Adachi K,Yamamoto H,Ikeda K,Kurokawa E,Asian journal of endoscopic surgery,2017年11月
  • Session with video transmission from the Research Institut and Clinical Department Working Group (Access and locking, tunneling techniques, myotomy, gastric reduction and others),Nakajima K,INTERNATIONAL NOTES-W.I.D.E.R.,2017年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Endoscopy and related data,Nakajima K,JISC presentation at ISO/TC215 WG2 (System and device interoperability),2017年11月
  • 医療従事者が知っておきたい感染対策,中島清一,2017年11月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • An analysis of the risk factors of anastomotic stricture after esophagectomy.,Tanaka K,Makino T,Yamasaki M,Nishigaki T,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Today,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of short-term outcomes between 2- and 3-field lymph node dissection for esophageal cancer.,Yamashita K,Makino T,Yamasaki M,Tanaka K,Hara T,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Dis Esophagus.,Vol. 30,No. 11,p. 1-8,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Next Generation Endoscopy: from bench to clinics,Nakajima K,2017年11月
  • Session with video transmission from the Research Institut and Clinical Department Working Group (Access and locking, tunneling techniques, myotomy, gastric reduction and others),Nakajima K,2017年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Project ENGINE update: recent progress from R&D frontline.,Nakajima K,2017年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Endoscopy and related data,Nakajima K,2017年11月
  • [Laparoscopic Total Gastrectomy with Pancreatosplenectomy after Neoadjuvant Chemotherapy for Advanced Gastric Cancer with Adjacent Organs Invasion].,Atsushi Gakuhara,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 44,No. 12,p. 1805-1807,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [Three-Year Survival after Lymphadenectomy for Residual Lymph Node Metastasis of Esophageal Cancer with Invasion into the Trachea and Carotid Artery after Chemoradiotherapy - A Case Report].,Kazuki Odagiri,Makoto Yamazaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 44,No. 12,p. 2006-2008,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 外P-997 クローン病関連大腸癌治療成績の現状と展望,水島恒和,松野裕旨,高橋秀和,原口直紹,西村潤一,畑泰司,松田宙,中島清一,山本浩文,根津理一郎,土岐祐一郎,森正樹,JDDW 2017,2017年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 産学連携による医療機器開発:可能性と課題,中島清一,2017年10月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 次世代内視鏡の実現に向けて,中島清一,2017年10月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 産学官連携による国産医療機器開発の現状と課題,中島清一,2017年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 外科医からみた医療機器開発について,中島清一,2017年10月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • NOTESをきっかけとした医療機器開発~10年を振り返る~,中島清一,2017年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • High Expression of the Mitophagy-Related Protein Pink1 is Associated with a Poor Response to Chemotherapy and a Poor Prognosis for Patients Treated with Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Yamashita K,Miyata H,Makino T,Masuike Y,Furukawa H,Tanaka K,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Morii E,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of leucine-rich α2-glycoprotein-1 is a prognostic marker and enhances tumor migration in gastric cancer.,Yamamoto M,Takahashi T,Serada S,Sugase T,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Naka T,Mori M,Doki Y,Cancer Sci.,Vol. 108,No. 10,p. 2052-2060,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of leucine-rich α2-glycoprotein-1 is a prognostic marker and enhances tumor migration in gastric cancer.,Yamamoto M,Takahashi T,Serada S,Sugase T,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Naka T,Mori M,Doki Y,Cancer science,Vol. 108,No. 10,p. 2052-2060,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • イマチニブ耐性GISTに対するHSP90α/β選択的阻害薬TAS-116の有効性に関する検討,斎藤 百合奈,高橋 剛,大久保 秀一,世良田 聡,宮崎 安弘,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,廣田 誠一,西田 俊朗,仲 哲治,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. J-2036,2017年09月
  • Objective evaluation for efficacy of automatic smoke evacuation system in flexible gastrointestinal endoscopy,Takahashi H,Haraguchi N,Nishimura J,Hata T,Matsuda C,Yamamoto H,Mizushima T,Mori M,Doki Y,Nakajima K,2017年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 医工-Key1 医工連携を主導する医師に求められるもの,中島清一,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Short-term outcomes and nutritional status after laparoscopic subtotal gastrectomy with a very small remnant stomach for cStage I proximal gastric carcinoma.,Furukawa H,Kurokawa Y,Takiguchi S,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Yamasaki M,Nakajima K,Mori M,Doki Y,Gastric Cancer.,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Poly (ADP-ribose) polymerase-1 inhibition decreases proliferation through G2/M arrest in esophageal squamous cell carcinoma.,Masaaki Yamamoto,Makoto Yamasaki,Yukiko Tsukao,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology letters,Vol. 14,No. 2,p. 1581-1587,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Poly (ADP-ribose) polymerase-1 inhibition decreases proliferation through G2/M arrest in esophageal squamous cell carcinoma.,Yamamoto M,Yamasaki M,Tsukao Y,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Oncol Lett.,Vol. 14,No. 2,p. 1581-1587,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • The impact of prophylactic administration of a neutrophil elastase inhibitor on the postoperative course in older patients undergoing esophagectomy for esophageal cancer: a propensity score-matched analysis,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Noriko Wada,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ESOPHAGUS,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 14,No. 3,p. 241-248,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • SY03-5 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡手術の変遷と展望,水島恒和,松田宙,畑泰司,西村潤一,原口直紹,高橋秀和,中島清一,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,第72回日本消化器外科学会総会,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 次世代内視鏡治療とは〜 Interventional Digestivistは実現するか 〜,中島清一,2017年07月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • RS1-13-9 要望演題20 ①消化器疾患に関する最新の基礎研究・橋渡し研究1,中島清一,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 次世代内視鏡手術の実現に向けた医療機器の開発:消化器領域での取り組みを通して,中島清一,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • MLH1 expression predicts the response to preoperative therapy and is associated with PD-L1 expression in esophageal cancer.,Kota Momose,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology letters,Vol. 14,No. 1,p. 958-964,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • ω-3 Fatty Acids Reduce Chemotherapy-Induced Hematological Toxicity by Bone Marrow Stimulation in Mice.,Murakami K,Miyata H,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,JPEN. Journal of parenteral and enteral nutrition,Vol. 41,No. 5,p. 815-823,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • MLH1 expression predicts the response to preoperative therapy and is associated with PD-L1 expression in esophageal cancer.,Momose K,Yamasaki M,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Oncol Lett.,Vol. 14,No. 1,p. 958-964,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 定圧CO2送気装置を用いた食道ESD,古橋 広人,炭山 和毅,原 裕子,樺 俊介,小林 雅邦,大谷 友彦,加藤 正之,土橋 昭,郷田 憲一,中島 清一,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 71回,p. P22-4,2017年06月
  • Peritherapeutic Serum p53 Antibody Titers are Predictors of Survival in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma Undergoing Neoadjuvant Chemotherapy and Surgery.,Kotaro Yamashita,Tomoki Makino,Koji Tanaka,Makoto Yamasaki,Masaaki Yamamoto,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of surgery,Vol. 41,No. 6,p. 1566-1574,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Suppressor of cytokine signaling-1 gene therapy induces potent antitumor effect in patient-derived esophageal squamous cell carcinoma xenograft mice,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Rie Nakatsuka,Minoru Fujimoto,Tomoharu Ohkawara,Hisashi Hara,Takahiko Nishigaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Tadamitsu Kishimoto,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,International Journal of Cancer,Wiley-Liss Inc.,Vol. 140,No. 11,p. 2608-2621,2017年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • S75 New technologies for training in surgery: the surgeon, the team, the patient,Nakajima K,Marlies Schijven,2017年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • S59 Best EAES videos in gastrointestinal surgery,Nakajima K,Antonia Wells,2017年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • S17 UGI1,Nakajima K,2017年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Peritherapeutic Serum p53 Antibody Titers are Predictors of Survival in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma Undergoing Neoadjuvant Chemotherapy and Surgery,Yamashita K,Makino T,Tanaka K,Yamasaki M,Yamamoto M,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,World J Surg.,Vol. 41,No. 6,p. 1566-1574,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Suppressor of cytokine signaling-1 gene therapy induces potent antitumor effect in patient-derived esophageal squamous cell carcinoma xenograft mice.,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Rie Nakatsuka,Minoru Fujimoto,Tomoharu Ohkawara,Hisashi Hara,Takahiko Nishigaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Tadamitsu Kishimoto,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,International journal of cancer,Vol. 140,No. 11,p. 2608-2621,2017年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 次世代内視鏡治療とは?,中島清一,2017年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • クローン病術後栄養療法のアドヒアランスと吻合部内視鏡再発に対する治療効果,水島恒和,大原信福,日山智史,松田宙,畑泰司,西村潤一,原口直紹,高橋秀和,新崎信一郎,飯島英樹,中島清一,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,第103回日本消化器病学会総会,2017年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Amylase concentration in drainage fluid as a predictive factor for severe postoperative pancreatic fistula in patients with gastric cancer.,Taniguchi Y,Kurokawa Y,Mikami J,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Today,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Future Endoscopic Tools and Platforms for Endoluminal Surgery,Nakajima K,Jeffrey W. Milsom,Advanced Colonoscopy and Endoluminal Surgery,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Health informatics – standardization of endoscopy-related data output,Nakajima K,2017年04月
  • Amylase concentration in drainage fluid as a predictive factor for severe postoperative pancreatic fistula in patients with gastric cancer.,Taniguchi Y,Kurokawa Y,Mikami J,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Today,Vol. 47,No. 11,p. 1378-1383,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of heat-shock factor 1 is associated with a poor prognosis in esophageal squamous cell carcinoma.,Tsukao Y,Yamasaki M,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Miyata H,Nakajima K,Takiguchi S,Mimori K,Mori M,Doki Y,Oncol Lett.,Vol. 13,No. 3,p. 1819-1825,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Safety and feasibility of laparoscopic gastrectomy for gastric cancer patients with a history of abdominal surgery.,Yamashita K,Miyazaki Y,Takahashi T,Masuike Y,Motoori M,Kimura Y,Kurokawa Y,Makino T,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Today,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Short-term outcomes of laparoscopic surgery for Crohn's disease patients treated with anti-tumor necrosis factor alpha agents.,Hata T,Mizushima T,Osawa H,Takahashi H,Haraguchi N,Nishimura J,Hata T,Takemasa I,Ikenaga M,Nakajima K,Yamamoto H,Murata K,Doki Y,Mori M,Surg Today,Vol. 47,No. 3,p. 320-327,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Future endoscopic toolbox for endoluminal surgery,Kiyokazu Nakajima,Seminars in Colon and Rectal Surgery,W.B. Saunders,Vol. 28,No. 1,p. 47-53,2017年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Mucosal perforation during laparoscopic surgery for achalasia: impact of preoperative pneumatic balloon dilation.,Yoshihito Souma,Kiyokazu Nakajima,Eiji Taniguchi,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tetsuhiro Hamada,Jun Yasuda,Takeyoshi Yumiba,Shuichi Ohashi,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical endoscopy,Vol. 31,No. 3,p. 1427-1435,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Short-term outcomes of laparoscopic surgery for Crohn's disease patients treated with anti-tumor necrosis factor alpha agents,Tsuyoshi Hata,Tsunekazu Mizushima,Hideki Osawa,Hidekazu Takahashi,Naotsugu Haraguchi,Junichi Nishimura,Taishi Hata,Ichiro Takemasa,Masakazu Ikenaga,Kiyokazu Nakajima,Hirofumi Yamamoto,Kohei Murata,Yuichiro Doki,Masaki Mori,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 47,No. 3,p. 320-327,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Mucosal perforation during laparoscopic surgery for achalasia: impact of preoperative pneumatic balloon dilation,Souma Y,Nakajima K,Taniguchi E,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyazaki Y,Makino T,Hamada T,Yasuda J,Yumiba T,Ohashi S,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surgical Endoscopy,Vol. 31,No. 3,p. 1427-1435,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Safety and feasibility of laparoscopic gastrectomy for gastric cancer patients with a history of abdominal surgery.,Yamashita K,Miyazaki Y,Takahashi T,Masuike Y,Motoori M,Kimura Y,Kurokawa Y,Makino T,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Today,Vol. 47,No. 10,p. 1274-1281,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of heat-shock factor 1 is associated with a poor prognosis in esophageal squamous cell carcinoma.,Yukiko Tsukao,Makoto Yamasaki,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Koshi Mimori,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology letters,Vol. 13,No. 3,p. 1819-1825,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ESD手技およびNOTES研究は内視鏡診療に何をもたらしたか,中島清一,消化器内視鏡,Vol. 29,No. 2,p. 184-190,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Appropriate Follow-Up Strategies for Gastrointestinal Stromal Tumor Patients Based on the Analysis of Recurrent Interval and Patterns.,Wada N,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Masuzawa T,Nakatsuka R,Kawada J,Nishida T,Kimura Y,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Yamasaki M,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Digestion,Vol. 95,No. 2,p. 115-121,2017年02月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • The characteristics of the serum carcinoembryonic antigen and carbohydrate antigen 19-9 levels in gastric cancer cases.,Wada N,Kurokawa Y,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Today,Vol. 47,No. 2,p. 227-232,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • The characteristics of the serum carcinoembryonic antigen and carbohydrate antigen 19-9 levels in gastric cancer cases.,Noriko Wada,Yukinori Kurokawa,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 47,No. 2,p. 227-232,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Distribution patterns of metastases in recurrent laryngeal nerve lymph nodes in patients with squamous cell esophageal cancer.,Kanemura T,Makino T,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Diseases of the Esophagus,Vol. 30,No. 1,p. 1-7,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Distribution patterns of metastases in recurrent laryngeal nerve lymph nodes in patients with squamous cell esophageal cancer.,Takashi Kanemura,Tomoki Makino,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus,Vol. 30,No. 1,p. 1-7,2017年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Appropriate Follow-Up Strategies for Gastrointestinal Stromal Tumor Patients Based on the Analysis of Recurrent Interval and Patterns.,Noriko Wada,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Toru Masuzawa,Rie Nakatsuka,Junji Kawada,Toshirou Nishida,Yutaka Kimura,Kouji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Digestion,Vol. 95,No. 2,p. 115-121,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Short- and Long-Term Outcomes of Larynx-Preserving Surgery for Cervical Esophageal Cancer: Analysis of 100 Consecutive Cases.,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 23,No. Suppl 5,p. 858-865,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Surgical resection of recurrent gastrointestinal stromal tumor after interruption of long-term nilotinib therapy.,Sugase T,Takahashi T,Ishikawa T,Ichikawa H,Kanda T,Hirota S,Nakajima K,Tanaka K,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Takiguchi S,Wakai T,Mori M,Doki Y,Surgical Case Reports,Vol. 2,No. 137,p. 137-137,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Endoscopic anti-reflux valve for post-esophagectomy reflux: an animal study.,Yoshitomo Yanagimoto,Makoto Yamasaki,Hirotsugu Nagase,Takashi Kanemura,Shigeyoshi Higashi,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Endoscopy,Vol. 48,No. 12,p. 1119-1124,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Endoscopic Catheter for "Laparoscopy-Like" Irrigation and Suction: Its Research and Development Process and Clinical Evaluation,Miyazaki Yasuhiro,Nakajima Kiyokazu,Hosaka Makoto,Ban Namiko,Takahashi Tsuyoshi,Yamasaki Makoto,Miyata Hiroshi,Kurokawa Yukinori,Takiguchi Shuji,Mori Masaki,Doki Yuichiro,Journal of Laparoendoscopic & Advanced Surgical Techniques,Vol. 26,No. 12,p. 943-949,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A case of advanced systemic sclerosis with severe GERD successfully treated with acotiamide,Ryo Kato,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamazaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical Case Reports,Vol. 2,No. 36,p. 36-36,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A case of advanced systemic sclerosis with severe GERD successfully treated with acotiamide.,Ryo Kato,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical case reports,Vol. 2,No. 1,p. 36-36,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Endoscopic Catheter for "Laparoscopy-Like" Irrigation and Suction: Its Research and Development Process and Clinical Evaluation.,Yasuhiro Miyazaki,Kiyokazu Nakajima,Makoto Hosaka,Namiko Ban,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A,Vol. 26,No. 12,p. 943-949,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Short- and Long-Term Outcomes of Larynx-Preserving Surgery for Cervical Esophageal Cancer: Analysis of 100 Consecutive Cases.,Makino T,Yamasaki M,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 23,No. 5,p. 858-865,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Endoscopic anti-reflux valve for post-esophagectomy reflux: an animal study,Yanagimoto Y,Yamasaki M,Nagase H,Kanemura T,Higashi S,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Miyata H,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Endoscopy,Vol. 48,No. 12,p. 1119-1124,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Surgical resection of recurrent gastrointestinal stromal tumor after interruption of long-term nilotinib therapy.,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Takashi Ishikawa,Hiroshi Ichikawa,Tatsuo Kanda,Seiichi Hirota,Kiyokazu Nakajima,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Toshifumi Wakai,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical case reports,Vol. 2,No. 1,p. 137-137,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Risk Evaluation of Postoperative Delirium Using Comprehensive Geriatric Assessment in Elderly Patients with Esophageal Cancer,Yamamoto M,Yamasaki M,Sugimoto K,Maekawa Y,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Rakugi H,Mori M,Doki Y,World J Surg.,World J Surg.,Vol. 40,No. 11,p. 2705-2712,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Risk Evaluation of Postoperative Delirium Using Comprehensive Geriatric Assessment in Elderly Patients with Esophageal Cancer.,Masaaki Yamamoto,Makoto Yamasaki,Ken Sugimoto,Yoshihiro Maekawa,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Hiromi Rakugi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of surgery,Vol. 40,No. 11,p. 2705-2712,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [Two Cases of Advanced Gastric Cancer in the Upper Portion of the Stomach with Laparoscopic Total Gastrectomy after Neoadjuvant Chemotherapy].,Kazuki Odagiri,Yasuhiro Miyazaki,Shuji Takiguchi,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 43,No. 12,p. 1884-1886,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [The Characteristics of Patients with GIST Who Experienced Late Recurrence after Resection].,Noriko Wada,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Toru Masuzawa,Toshirou Nishida,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 43,No. 12,p. 2118-2120,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 分子標的薬は消化管癌患者の予後を改善しているか? 切除不能・再発GISTに対する分子標的治療を中心とした集学的治療の成績,高橋 剛,中島 清一,土岐 祐一郎,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 113,No. 臨増大会,p. A562-A562,2016年09月
  • Laparoscopic lymphadenectomy around the left renal vein (16a2lat) by tunneling under the pancreas for advanced Siewert type II adenocarcinoma.,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Kohei Murakami,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 46,No. 9,p. 1108-13,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 次世代に向けた内視鏡医療の構築 (1)Robotic Technologyの内視鏡応用,中島清一,臨床消化器内科,Vol. 31,No. 10,p. 1387-1392,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of Preoperative Plasma Fibrinogen Versus Other Prognostic Markers for Predicting Gastric Cancer Recurrence.,Masaaki Yamamoto,Yukinori Kurokawa,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of surgery,Vol. 40,No. 8,p. 1904-9,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinicopathological Characteristics, Surgery and Survival Outcomes of Patients with Duodenal Gastrointestinal Stromal Tumors,Sugase T,Takahashi T,Nakajima K,Hirota S,Masuzawa T,Nishida T,Kimura Y,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Digestion,Vol. 94,No. 1,p. 30-36,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • The effect of Clostridium butyricum MIYAIRI on the prevention of pouchitis and alteration of the microbiota profile in patients with ulcerative colitis,Asuka Yasueda,Tsunekazu Mizushima,Riichiro Nezu,Ryoko Sumi,Mamoru Tanaka,Junichi Nishimura,Yasuyuki Kai,Masaki Hirota,Hideki Osawa,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Toshinori Ito,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 46,No. 8,p. 939-949,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Influence of nutritional status on the therapeutic effect of infliximab in patients with Crohn’s disease,Sumi R,Nakajima K,Iijima H,Wasa M,Shinzaki S,Nezu R,Inoue Y,Ito T,Surg Today,Vol. 46,No. 8,p. 922-929,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel approach of optical biopsy using probe-based confocal laser endomicroscopy for peritoneal metastasis.,Hisashi Hara,Tsuyoshi Takahashi,Rie Nakatsuka,Shigeyoshi Higashi,Tetsuji Naka,Kazuki Sumiyama,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Surg Endosc,Vol. 30,No. 8,p. 3437-46,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Influence of nutritional status on the therapeutic effect of infliximab in patients with Crohn's disease,Ryoko Sumi,Kiyokazu Nakajima,Hideki Iijima,Masafumi Wasa,Shinichiro Shinzaki,Riichiro Nezu,Yoshifumi Inoue,Toshinori Ito,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 46,No. 8,p. 922-929,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • The effect of Clostridium butyricum MIYAIRI on the prevention of pouchitis and alteration of the microbiota profile in patients with ulcerative colitis,Yasueda A,Mizushima T,Nezu R,Sumi R,Tanaka M,Nishimura J,Kai Y,Hirota M,Osawa H,Nakajima K,Mori M,Ito T,Surg Today,Vol. 46,No. 8,p. 939-949,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel approach of optical biopsy using probe-based confocal laser endomicroscopy for peritoneal metastasis.,Hisashi Hara,Tsuyoshi Takahashi,Rie Nakatsuka,Shigeyoshi Higashi,Tetsuji Naka,Kazuki Sumiyama,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Surgical endoscopy,Vol. 30,No. 8,p. 3437-46,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of Preoperative Plasma Fibrinogen Versus Other Prognostic Markers for Predicting Gastric Cancer Recurrence.,Yamamoto M,Kurokawa Y,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,World J Surg,Vol. 40,No. 8,p. 1904-1919,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Detection of Anorectal Cancer among Patients with Crohn's Disease Undergoing Surveillance with Various Biopsy Methods,Matsuno H,Mizushima T,Nezu R,Nakajima K,Takahashi H,Haraguchi N,Nishimura J,Hata T,Yamamoto H,Doki Y,Mori M,Digestion,Vol. 94,No. 1,p. 24-29,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Antitumor effect of antiplatelet agents in gastric cancer cells: an in vivo and in vitro study.,Jota Mikami,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association,Vol. 19,No. 3,p. 817-26,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of glypican-1 implicates poor prognosis and their chemoresistance in oesophageal squamous cell carcinoma.,Hisashi Hara,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Tomoharu Ohkawara,Rie Nakatsuka,Emi Harada,Takahiko Nishigaki,Yusuke Takahashi,Satoshi Nojima,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Eiichi Morii,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,British journal of cancer,Vol. 115,No. 1,p. 66-75,2016年06月28日,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of cisplatin-related renal dysfunction by synthetic ghrelin: a prospective randomised phase II trial.,Yoshitomo Yanagimoto,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Hosoda,Kenji Kangawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,British journal of cancer,Vol. 114,No. 12,p. 1318-25,2016年06月14日,研究論文(学術雑誌)
  • Downregulation of SIRT4 Expression Is Associated with Poor Prognosis in Esophageal Squamous Cell Carcinoma,Nakahara Y,Yamasaki,Sawada G,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mimori K,Mori M,Doki Y,Oncology,Vol. 90,No. 6,p. 347-355,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of cisplatin-related renal dysfunction by synthetic ghrelin: a prospective randomised phase II trial,Yanagimoto Y,Takiguchi S,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Hosoda H,Kangawa K,Mori M,Doki Y,Br J Cancer,Br J Cancer,Vol. 114,No. 12,p. 1318-1325,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of glypican-1 implicates poor prognosis and their chemoresistance in oesophageal squamous cell carcinoma.,Hara H,Takahashi T,Serada S,Fujimoto M,Ohkawara T,Nakatsuka R,Harada E,Nishigaki T,Takahashi Y,Nojima S,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Takiguchi S,Morii E,Mori M,Doki Y,Naka T,British journal of cancer,Vol. 115,No. 1,p. 66-75,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Influence of reviewers' clinical backgrounds on interpretation of confocal laser endomicroscopy findings,Kobayashi M,Neumann H,Hino S,Vieth M,Abe S,Nakai Y,Nakajima K,Kiesslich R,Hirooka S,Sumiyama K,Endoscopy,Vol. 48,No. 6,p. 521-529,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Postoperative Infectious Complications are Associated with Adverse Oncologic Outcomes in Esophageal Cancer Patients Undergoing Preoperative Chemotherapy.,Kotaro Yamashita,Tomoki Makino,Hiroshi Miyata,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 23,No. 6,p. 2106-14,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Solitary Lymph Node Recurrence of Esophageal Squamous Cell Carcinoma: Surgical Failure or Systemic Disease?,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Koji Tanaka,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 23,No. 6,p. 2087-93,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Influence of reviewers' clinical backgrounds on interpretation of confocal laser endomicroscopy findings,Masakuni Kobayashi,Helmut Neumann,Shoryoku Hino,Michael Vieth,Seiichiro Abe,Yousuke Nakai,Kiyokazu Nakajima,Ralf Kiesslich,Shinichi Hirooka,Kazuki Sumiyama,ENDOSCOPY,GEORG THIEME VERLAG KG,Vol. 48,No. 6,p. 521-529,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Simultaneous automatic insufflation and smoke-evacuation system in flexible gastrointestinal endoscopy.,Takahashi H,Hirota M,Takahashi T,Yamasaki M,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Endoscopy,Vol. 48,No. 6,p. 579-83,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Plasma ghrelin levels as a predictor of adverse renal events due to cisplatin-based chemotherapy in patients with esophageal cancer.,Yoshitomo Yanagimoto,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Japanese journal of clinical oncology,Vol. 46,No. 5,p. 421-6,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Negative influence of programmed death-1-ligands on the survival of esophageal cancer patients treated with chemotherapy,Tanaka K,Miyata H,Sugimura K,Kanemura T,Hamada-Uematsu M,Mizote Y,Yamasaki M,Wada H,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Tahara H,Cancer Science,Vol. 107,No. 6,p. 726-733,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Simultaneous automatic insufflation and smoke evacuation system in flexible gastrointestinal endoscopy,Hidekazu Takahashi,Masashi Hirota,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Endoscopy,Vol. 48,No. 6,p. 579-583,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of synthetic ghrelin administration for patients with severe body weight reduction more than 1 year after gastrectomy: a phase II clinical trial.,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Hiroshi Hosoda,Kenji Kangawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 46,No. 3,p. 379-85,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Treatment of gastric outlet obstruction that results from unresectable gastric cancer: Current evidence.,Yasuhiro Miyazaki,Shuji Takiguchi,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of gastrointestinal endoscopy,Vol. 8,No. 3,p. 165-72,2016年02月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Single-incision laparoscopic surgery for stricturing and penetrating Crohn's disease,Tsunekazu Mizushima,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Takeyama,Atsushi Naito,Hideki Osawa,Mamoru Uemura,Junichi Nishimura,Taishi Hata,Ichiro Takemasa,Hirofumi Yamamoto,Yuichiro Doki,Masaki Mori,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 46,No. 2,p. 203-208,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic surgery for esophageal achalasia: Multiport vs single-incision approach,Fukuda S,Nakajima K,Miyazaki Y,Takahashi T,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Asian Journal of Endoscopic Surgery,Vol. 9,No. 1,p. 14-20,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Percutaneous endoscopic gastrostomy under steady pressure automatically controlled endoscopy: First clinical series,Hiroyuki Imaeda,Kiyokazu Nakajima,Naoki Hosoe,Masanori Nakahara,Shinichiro Zushi,Motohiko Kato,Kazuhiro Kashiwagi,Yasushi Matsumoto,Kayoko Kimura,Rieko Nakamura,Norihito Wada,Masahiko Tsujii,Naohisa Yahagi,Toshifumi Hibi,Takanori Kanai,Tetsuo Takehara,Haruhiko Ogata,Wolrd Jounal of Gastrointestinal Endoscopy,Vol. 8,No. 3,p. 186-191,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Single-incision laparoscopic surger for stricturing and penetrating Crohn's disease.,Mizushima T,Nakajima K,Takeyama H,Naito A,Osawa H,Uemura M,Nishimura J,Hata T,Takemasa I,Yamamoto H,Doki Y,Mori M,Surg Today,Vol. 46,No. 2,p. 203-208,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of pain management after laparoscopic distal gastrectomy with and without epidural analgesia.,Yoshitomo Yanagimoto,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Jota Mikami,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 46,No. 2,p. 229-34,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Risk factors for postoperative complications after gastrectomy in gastric cancer patients with comorbidities.,Takuya Hamakawa,Yukinori Kurokawa,Jota Mikami,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 46,No. 2,p. 224-8,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic surgery for esophageal achalasia: Multiport vs single-incision approach.,Shuichi Fukuda,Kiyokazu Nakajima,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Asian journal of endoscopic surgery,Vol. 9,No. 1,p. 14-20,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Percutaneous endoscopic gastrostomy under steady pressure automatically controlled endoscopy: First clinical series.,Imaeda H,Nakajima K,Hosoe N,Nakahara M,Zushi S,Kato M,Kashiwagi K,Matsumoto Y,Kimura K,Nakamura R,Wada N,Tsujii M,Yahagi N,Hibi T,Kanai T,Takehara T,Ogata H,World journal of gastrointestinal endoscopy,Vol. 8,No. 3,p. 186-191,2016年02月
  • Gastrointestinal surgery and herbal medicine, including rikkunshito,Yasuhiro Miyazaki,Shuji Takiguchi,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Methods in Pharmacology and Toxicology,Humana Press Inc.,p. 37-52,2016年,論文集(書籍)内論文
  • Successful esophageal carcinoma resection with intraoperative neuromonitoring in a patient with non-recurrent inferior laryngeal nerve,Kotaro Yamashita,Hiroshi Miyata,Takashi Kanemura,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ESOPHAGUS,SPRINGER JAPAN KK,Vol. 13,No. 1,p. 97-103,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Detection of Anorectal Cancer among Patients with Crohn's Disease Undergoing Surveillance with Various Biopsy Methods,Hiroshi Matsuno,Tsunekazu Mizushima,Riichiro Nezu,Kiyokazu Nakajima,Hidekazu Takahashi,Naotsugu Haraguchi,Junichi Nishimura,Taishi Hata,Hirofumi Yamamoto,Yuichiro Doki,Masaki Mori,DIGESTION,KARGER,Vol. 94,No. 1,p. 24-29,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • A novel device for cleaning the camera port during laparoscopic surgery,Eiji Kobayashi,Mamoru Kakuda,Yusuke Tanaka,Akiko Morimoto,Tomomi Egawa-Takata,Shinya Matsuzaki,Toshihiro Kimura,Yutaka Ueda,Kiyoshi Yoshino,Kiyokazu Nakajima,Tadashi Kimura,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 30,No. 1,p. 330-334,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Novel management of postoperative pain using only oral analgesics after LADG.,Jota Mikami,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 46,No. 1,p. 117-122,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Novel management of postoperative pain using only oral analgesics after LADG,Mikami J,Takiguchi S,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Mori M,Doki Y,Surgical Today,Vol. 46,No. 1,p. 117-122,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel device for cleaning the camera port during laparoscopic surgery,Kobayashi E,Kakuda M,Tanaka Y,Morimoto A,Egawa-Takata T,Matsuzaki S,Kimura T,Ueda Y,Yoshino K,Nakajima K,Kimura T,Surg Endosc,Vol. 30,No. 1,p. 330-334,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic mediastinal dissection via an open left diaphragm approach for advanced Siewert type II adenocarcinoma.,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Naoki Shinno,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 46,No. 1,p. 129-134,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Detecting Secondary C-KIT Mutations in the Peripheral Blood of Patients with Imatinib-Resistant Gastrointestinal Stromal Tumor.,Noriko Wada,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Takuya Hamakawa,Seiichi Hirota,Tetsuji Naka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology,Vol. 90,No. 2,p. 112-7,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Downregulation of SIRT4 Expression Is Associated with Poor Prognosis in Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Yujiro Nakahara,Makoto Yamasaki,Genta Sawada,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Koshi Mimori,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology,Vol. 90,No. 6,p. 347-55,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Clinicopathological Characteristics, Surgery and Survival Outcomes of Patients with Duodenal Gastrointestinal Stromal Tumors.,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Kiyokazu Nakajima,Seiichi Hirota,Toru Masuzawa,Toshirou Nishida,Yutaka Kimura,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Digestion,Vol. 94,No. 1,p. 30-6,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Pyruvate Kinase M2 Modulates Esophageal Squamous Cell Carcinoma Chemotherapy Response by Regulating the Pentose Phosphate Pathway.,Shuichi Fukuda,Hiroshi Miyata,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 22 Suppl 3,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility study of real-time intestinal bloodstream evaluation using probe-based confocal laser endomicroscopy in porcine intestinal ischemia models.,T Takahashi,R Nakatsuka,H Hara,S Higashi,Y Miyazaki,Y Kurokawa,S Takiguchi,M Mori,Y Doki,K Nakajima,Jounal of Gstroenterology and Hepatology,Vol. 30,No. 4,p. 71-71,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics of intraluminal pressure of the sophagus ESD in preclinical experiments,Y Miyazaki,M Yamasaki,Y Kurokawa,T Makino,S Takiguchi,M Mori,Y Doki,K Nakajima,Jounal of Gstroenterology and Hepatology,Vol. 30,No. 4,p. 316-316,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility and safety of optical biopsy using probe based confocal laser endomicroscopy for peritoneal dissemination,Hara H,Takahashi T,Nakatsuka R,Higashi S,Miyazaki Y,Kurokawa Y,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Jounal of Gstroenterology and Hepatology,Vol. 30,No. 4,p. 209-209,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A case of transvaginal NOTES partial gastrectomy using new techniques and devices.,Shigeyoshi Higashi,Kiyokazu Nakajima,Yasuhiro Miyazaki,Tomonori Makino,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical case reports,Vol. 1,No. 1,p. 96-96,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Pyruvate Kinase M2 Modulates Esophageal Squamous Cell Carcinoma Chemotherapy Response by Regulating the Pentose Phosphate Pathway,Fukuda S,Miyata H,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 22 Suppl 3,p. S1461-8-8,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical Outcome of Esophagectomy in Elderly Patients With and Without Neoadjuvant Therapy for Thoracic Esophageal Cancer.,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Tomoki Makino,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 22 Suppl 3,p. S794-801-801,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Pattern of Lymphatic Spread of Esophageal Cancer at the Cervicothoracic Junction Based on the Tumor Location : Surgical Treatment of Esophageal Squamous Cell Carcinoma of the Cervicothoracic Junction.,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 22 Suppl 3,p. S750-7-7,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Which is a more reliable indicator of survival after gastric cancer surgery: Postoperative complication occurrence or C-reactive protein elevation?,Takuro Saito,Yukinori Kurokawa,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of surgical oncology,Vol. 112,No. 8,p. 894-9,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A case of transvaginal NOTES partial gastrectomy using new techniques and devices,Higashi S,Nakajima K,Miyazaki Y,Makino T,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surgical Case Reports,Vol. 1,No. 1,p. 96-96,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • [A Case of Esophageal Cancer Complicated with Idiopathic Thrombocytopenic Purpura].,Yujiro Nakahara,Makoto Yamasaki,Tomoki Makino,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 42,No. 12,p. 1911-3,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [A Case of Unresectable Local Recurrence of Gastric Cancer Successfully Resected after Pre-Operative Chemotherapy with Trastuzumab].,Satoshi Okubo,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamazaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 42,No. 12,p. 2094-6,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [A Case of Colon Cancer That Developed in the Subcutaneously Reconstructed Colon after Esophagectomy for Thoracic Esophageal Cancer].,Masaaki Yamamoto,Makoto Yamasaki,Daisuke Sakai,Tomoki Makino,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 42,No. 12,p. 2230-2,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • The effect of Clostridium butyricum MIYAIRI on the prevention of pouchitis and alteration of the microbiota profile in patients with ulcerative colitis,Asuka Yasueda,Tsunekazu Mizushima,Riichiro Nezu,Ryoko Sumi,Mamoru Tanaka,Junichi Nishimura,Yasuyuki Kai,Masaki Hirota,Hideki Osawa,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Toshinori Ito,Surg Today,2015年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhancing proficiency in performing endoscopic submucosal dissection (ESD) by using a prototype robotic endoscope.,Chiu PW,Phee SJ,Bhandari P,Sumiyama K,Ohya T,Wong J,Poon CC,Tajiri H,Nakajima K,Ho KY,Endoscopy international open,Vol. 3,No. 5,p. E439-42,2015年10月
  • Gastric endoscopic submucosal dissection under steady pressure automatically controlled endoscopy (SPACE); a multicenter randomized preclinical trial.,Yamada T,Hirota M,Tsutsui S,Kato M,Takahashi T,Yasuda K,Sumiyama K,Tsujii M,Takehara T,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Surg Endosc,Vol. 29,No. 9,p. 2748-2755,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Postoperative gastrectomy outcomes in octogenarians with gastric cancer.,Jota Mikami,Yukinori Kurokawa,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 45,No. 9,p. 1134-8,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Gastric endoscopic submucosal dissection under steady pressure automatically controlled endoscopy (SPACE); a multicenter randomized preclinical trial,Takuya Yamada,Masashi Hirota,Shusaku Tsutsui,Motohiko Kato,Tsuyoshi Takahashi,Kazuhiro Yasuda,Kazuki Sumiyama,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 29,No. 9,p. 2748-2755,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Randomized Phase II Study of the Anti-inflammatory Effect of Ghrelin During the Postoperative Period of Esophagectomy.,Akihiro Takata,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Hiroshi Miyata,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Kenji Kangawa,Yuichiro Doki,Annals of surgery,Vol. 262,No. 2,p. 230-6,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of ghrelin administration on the early postoperative inflammatory response after esophagectomy,Takata A,Takiguchi S,Murakami K,Miyazaki Y,Miyata H,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Mori M,Kangawa K,Doki Y,Surg Today,Vol. 45,No. 8,p. 1025-1031,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical Importance of Supraclavicular Lymph Node Metastasis After Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgery,Vol. 262,No. 2,p. 280-5,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of ghrelin administration on the early postoperative inflammatory response after esophagectomy.,Akihiro Takata,Shuji Takiguchi,Kohei Murakami,Yasuhiro Miyazaki,Hiroshi Miyata,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Kenji Kangawa,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 45,No. 8,p. 1025-31,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical Importance of Supraclavicular Lymph Node Metastasis After Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Miyata H,Yamasaki M,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Ann Surg,Vol. 262,No. 2,p. 280-285,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Randomized Phase II Study of the Anti-inflammatory Effect of Ghrelin During the Postoperative Period of Esophagectomy,Akihiro Takata,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Hiroshi Miyata,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Kenji Kangawa,Yuichiro Doki,Annals of Surgery,Vol. 262,No. 2,p. 230-236,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of ghrelin administration on the early postoperative inflammatory response after esophagectomy.,Akihiro Takata,Shuji Takiguchi,Kohei Murakami,Yasuhiro Miyazaki,Hiroshi Miyata,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Kenji Kangawa,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 45,No. 8,p. 1025-31,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • miR-27 is associated with chemoresistance in esophageal cancer through transformation of normal fibroblasts to cancer-associated fibroblasts.,Koji Tanaka,Hiroshi Miyata,Keijiro Sugimura,Shuichi Fukuda,Takashi Kanemura,Kotaro Yamashita,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hisashi Wada,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Carcinogenesis,Vol. 36,No. 8,p. 894-903,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Gene therapy with SOCS1 for gastric cancer induces G2/M arrest and has an antitumour effect on peritoneal carcinomatosis.,Rie Natatsuka,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Tomohiro Ookawara,Toshirou Nishida,Hisashi Hara,Takahiko Nishigaki,Emi Harada,Takashi Murakami,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Tadamitsu Kishimoto,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,British journal of cancer,Vol. 113,No. 3,p. 433-42,2015年07月28日,研究論文(学術雑誌)
  • 潰瘍性大腸炎に対する至適腹腔鏡手術術式に関する検討,水島 恒和,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知朗,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. O-2,2015年07月
  • クローン病関連大腸癌サーベイランスにおける生検法の検討,松野 裕旨,水島 恒和,中島 清一,植村 守,西村 潤一,畑 泰司,竹政 伊知朗,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. P-4,2015年07月
  • Gene therapy with SOCS1 for gastric cancer induces G2/M arrest and has an antitumour effect on peritoneal carcinomatosis.,Natatsuka R,Takahashi T,Serada S,Fujimoto M,Ookawara T,Nishida T,Hara H,Nishigaki T,Harada E,Murakami T,Miyazaki Y,Makino T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Takiguchi S,Kishimoto T,Mori M,Doki Y,Naka T,British Journal of Cancer,Vol. 113,No. 3,p. 433-442,2015年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Use of double-lumen peripherally inserted central catheters for safer perioperative management of esophageal cancer patients,Shuichi Fukuda,Kiyokazu Nakajima,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,JOURNAL OF VASCULAR ACCESS,WICHTIG PUBL,Vol. 16,No. 4,p. 338-343,2015年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Use of double-lumen peripherally inserted central catheters for safer perioperative management of esophageal cancer patients,Fukuda S,Nakajima K,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,J Vasc Access.,Vol. 16,No. 4,p. 338-343,2015年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Therapeutic value of lymph node dissection for esophageal squamous cell carcinoma after neoadjuvant chemotherapy.,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Tomoki Makino,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of surgical oncology,Vol. 112,No. 1,p. 60-5,2015年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic intraoperative navigation surgery for gastric cancer using real-time rendered 3D CT images,Shuji Takiguchi,Y. Fujiwara,M. Yamasaki,H. Miyata,K. Nakajima,T. Nishida,M. Sekimoto,M. Hori,H. Nakamura,M. Mori,Y. Doki,Surgery Today,Springer-Verlag Tokyo,Vol. 45,No. 5,p. 618-624,2015年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • High infiltration of tumor-associated macrophages is associated with a poor response to chemotherapy and poor prognosis of patients undergoing neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer.,Sugimura K,Miyata H,Tanaka K,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,J Surg Oncol,Vol. 111,No. 6,p. 752-759,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • High infiltration of tumor-associated macrophages is associated with a poor response to chemotherapy and poor prognosis of patients undergoing neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer.,Keijiro Sugimura,Hiroshi Miyata,Koji Tanaka,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of surgical oncology,Vol. 111,No. 6,p. 752-9,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • "Delle"を伴う胃GIST 臨床病理学的意義とその手術成績,広田 将司,中島 清一,高橋 剛,黒川 幸典,宮崎 安弘,宮田 博志,瀧口 修司,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,Gastroenterological Endoscopy,(一社)日本消化器内視鏡学会,Vol. 57,No. Suppl.1,p. 879-879,2015年04月
  • 排煙環境下で使用する気腹装置の性能評価,加藤 貴充,石川 慶,西山 侑花,吉田 靖,高階 雅紀,南 正人,五反田 正一,東 重慶,中島 清一,医療機器学,(一社)日本医療機器学会,Vol. 85,No. 2,p. 239-239,2015年04月
  • Preoperative systemic and intraperitoneal chemotherapy consisting of S-1, cisplatin and docetaxel in patients with marginally resectable gastric cancer.,Yukinori Kurokawa,Takuya Hamakawa,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Anticancer research,Vol. 35,No. 4,p. 2223-8,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Surgical strategy for the gastric gastrointestinal stromal tumors (GISTs) larger than 5 cm: laparoscopic surgery is feasible, safe, and oncologically acceptable.,Tsuyoshi Takahashi,Kiyokazu Nakajima,Yasuaki Miyazaki,Yasuhiro Miyazaki,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Toshirou Nishida,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques,Vol. 25,No. 2,p. 114-8,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Surgical strategy for the gastric gastrointestinal stromal tumors (GISTs) larger than 5 cm: Laparoscopic surgery is feasible, safe, and oncologically acceptable,Takahashi T,Nakajima K,Miyazaki Y,Miyazaki Y,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Takiguchi S,Nishida T,Mori M,Doki Y,Surg Laparosc Endosc Percutan Tech,Vol. 25,No. 2,p. 114-118,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Preoperative systemic and intraperitoneal chemotherapy consisting of S-1, cisplatin and docetaxel in patients with marginally resectable gastric cancer.,Kurokawa Y,Hamakawa T,Miyazaki Y,Takahashi T,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Anticancer Res,Vol. 35,No. 4,p. 2223-2228,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • クローン病術後寛解維持療法としての抗TNF-α抗体、成分栄養療法併用の有用性に関する検討,水島 恒和,新崎 信一郎,飯島 英樹,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知朗,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 112,No. 臨増総会,p. A424-A424,2015年03月
  • Chylothorax after esophagectomy cured by intranodal lymphangiography: a case report.,Masaaki Yamamoto,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Noboru Maeda,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Anticancer research,Vol. 35,No. 2,p. 891-5,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical outcomes of laparoscopic partial gastrectomy for gastric submucosal tumors.,Hirota M,Nakajima K,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Takiguchi S,Nishida T,Mori M,Doki Y,Asian J Endosc Surg,Vol. 8,No. 1,p. 24-8,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Accuracy of multidetector-row CT in diagnosing lymph node metastasis in patients with gastric cancer.,Takuro Saito,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,European radiology,Vol. 25,No. 2,p. 368-74,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical outcomes of laparoscopic partial gastrectomy for gastric submucosal tumors.,Masashi Hirota,Kiyokazu Nakajima,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Toshirou Nishida,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Asian journal of endoscopic surgery,Vol. 8,No. 1,p. 24-8,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Chylothorax After Esophagectomy Cured by Intranodal Lymphangiography: A Case Report,Masaaki Yamamoto,Hiroshi MIyata,Makoto Yamasaki,Noboru Maeda,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Anticancer Research,Vol. 35,No. 2,p. 891-896,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Closure of iatrogenic large mucosal and full-thickness defects of the stomach with endoscopic interrupted sutures in in vivo porcine models: are they durable enough?,Masakuni Kobayashi,Kazuki Sumiyama,Yamato Ban,Akira Dobashi,Tomohiko Richard Ohya,Daisuke Aizawa,Shinichi Hirooka,Kiyokazu Nakajima,Hisao Tajiri,BMC GASTROENTEROLOGY,BIOMED CENTRAL LTD,Vol. 15,No. 5,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Monitoring gastric cancer progression with circulating tumour DNA.,Hamakawa T,Kukita Y,Kurokawa Y,Miyazaki Y,Takahashi T,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Taniguchi K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Kato K,Br J Cancer,Vol. 112,No. 2,p. 352-356,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Closure of iatrogenic large mucosal and full-thickness defects of the stomach with endoscopic interrupted sutures in in vivo porcine models: Are they durable enough?,Masakuni Kobayashi,Kazuki Sumiyama,Yamato Ban,Akira Dobashi,Tomohiko R Ohya,Daisuke Aizawa,Shinichi Hirooka,Kiyokazu Nakajima,Hisao Tajiri,BMC Gastroenterology,Vol. 15,No. 5,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • [Adjuvant treatment for esophagogastric junction cancer].,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Nihon Geka Gakkai zasshi,Vol. 116,No. 1,p. 50-4,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Expression of insulin-like growth factor-II mRNA-binding protein-3 as a marker for predicting clinical outcome in patients with esophageal squamous cell carcinoma.,Akihiro Takata,Shuji Takiguchi,Kaoru Okada,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology letters,Vol. 8,No. 5,p. 2027-2031,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Expression of insulin-like growth factor-II mRNA-binding protein-3 as a marker for predicting clinical outcome in patients with esophageal squamous cell carcinoma.,Takata A,Takiguchi S,Okada K,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Mori M,Doki Y,Oncol Lett,Vol. 8,No. 5,p. 2027-2031,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [A case of salvage surgery for gastric wall recurrence of esophageal cancer after chemoradiotherapy].,Yujiro Nakahara,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 41,No. 12,p. 2003-5,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [A case of giant gastric GIST with multiple hepatic metastases with long-term survival after multimodal therapy].,Hisashi Hara,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 41,No. 12,p. 2399-401,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [A case of recurrent gastrointestinal stromal tumor progressing after interruption of long-term imatinib therapy].,Rie Nakatsuka,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 41,No. 12,p. 2478-80,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • GISTにおける遺伝子変異解析(KIT and PDGFRA mutations of gastrointestinal stromal tumor),高橋 剛,西田 俊朗,廣田 誠一,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 73回,p. P-3269,2014年09月
  • Dynamic Article: Steady Pressure CO2 Colonoscopy: Its Feasibility and Underlying Mechanism,Masashi Hirota,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,DISEASES OF THE COLON & RECTUM,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 57,No. 9,p. 1120-1128,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the Nodal Status in the 7th Edition of the UICC-TNM Classification for Esophageal Squamous Cell Carcinoma: Proposed Modifications for Improved Survival Stratification Impact of Lymph Node Metastases on Overall Survival after Esophagectomy,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY,SPRINGER,Vol. 21,No. 9,p. 2850-2856,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Perioperative therapy for esophageal cancer.,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,General thoracic and cardiovascular surgery,Vol. 62,No. 9,p. 531-40,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Steady Pressure CO2 Colonoscopy: Its Feasibility and Underlying Mechanism.,Hirota M,Miyazaki Y,Takahashi T,Yamasaki M,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Dis Colon Rectum,Vol. 57,No. 9,p. 1120-1128,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Esophageal submucosal dissection under steady pressure automatically controlled endoscopy (SPACE) : a clinical feasibility study.,Kato M,Nakajima K,Yamada T,Hirota M,Miyazaki Y,Yamasaki M,Nishida T,Mori M,Doki Y,Tujii M,Takehara T,Endoscopy,Vol. 46,No. 8,p. 680-684,2014年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Esophageal submucosal dissection under steady pressure automatically controlled endoscopy (SPACE): a clinical feasibility study,Motohiko Kato,Kiyokazu Nakajima,Takuya Yamada,Masashi Hirota,Yasuaki Miyazaki,Makoto Yamasaki,Tsutomu Nishida,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Masahiko Tsujii,Tetsuo Takehara,ENDOSCOPY,GEORG THIEME VERLAG KG,Vol. 46,No. 8,p. 680-684,2014年08月,研究論文(学術雑誌)
  • PDGFRA遺伝子変異を有するGISTの臨床病理学的検討,東 重慶,高橋 剛,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 69回,p. P-8,2014年07月
  • クローン病周術期合併症に対する術前免疫調整剤の影響,水島 恒和,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知朗,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,竹山 廣志,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 69回,p. O-2,2014年07月
  • クローン病に対する長期在宅中心静脈栄養症例の検討,北原 知洋,水島 恒和,植村 守,西村 潤一,畑 泰司,竹政 伊知朗,中島 清一,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 69回,p. P-4,2014年07月
  • 瘻孔及び膿瘍を合併したクローン病に対する腹腔鏡下手術症例の検討,大澤 日出樹,水島 恒和,中島 清一,植村 守,西村 潤一,畑 泰史,竹政 伊知朗,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 69回,p. P-7,2014年07月
  • クローン病に合併した大腸sporadic cancerの2例,末田 聖倫,水島 恒和,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知郎,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 69回,p. P-3,2014年07月
  • Perioperative therapy for esophageal cancer.,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gen Thorac Cardiovasc Surg,2014年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility of Chemotherapy in Patients with Inflammatory Bowel Disease-Related Gastrointestinal Cancer,Atsushi Naito,Tsunekazu Mizushima,Hiroshi Takeyama,Daisuke Sakai,Mamoru Uemura,Toshihiro Kudo,Junichi Nishimura,Shinichiro Shinzaki,Taishi Hata,Taro Sato,Ichiro Takemasa,Kiyokazu Nakajima,Hideki Iijima,Hirofumi Yamamoto,Yuichiro Doki,Masaki Mori,HEPATO-GASTROENTEROLOGY,H G E UPDATE MEDICAL PUBLISHING S A,Vol. 61,No. 132,p. 942-946,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic value of CEA and CK20 mRNA in the peritoneal lavage fluid of patients undergoing curative surgery for gastric cancer.,Akihiro Takata,Yukinori Kurokawa,Yoshiyuki Fujiwara,Yurika Nakamura,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of surgery,Vol. 38,No. 5,p. 1107-11,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinicopathological and prognostic significance of FOXM1 expression in esophageal squamous cell carcinoma.,Akihiro Takata,Shuji Takiguchi,Kaoru Okada,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Anticancer research,Vol. 34,No. 5,p. 2427-32,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhancing Proficiency in Performing Endoscopic Submucosal Dissection (ESD) by a Prototype Endoscopic Robotic Platform-a Comparison Between Expert and Novice Endoscopists,Philip W Chiu,S J Phee,Pradeep Bhandari,Sumiyama K,Ohya R T,Jennie Y Wong,Carmen C Poon,Amjad Parvaia,Nakajima K,Khek-Yu Ho,Gastrointestinal Endoscopy,Vol. 79,No. 5,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic Value of CEA and CK20 mRNA in the Peritoneal Lavage Fluid of Patients Undergoing Curative Surgery for Gastric Cancer.,Takata A,Kurokawa Y,Fujiwara Y,Nakamura Y,Takahashi T,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,World J Surg,Vol. 38,No. 5,p. 1107-11,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinicopathological and Prognostic Significance of FOXM1 Expression in Esophageal Squamous Cell Carcinoma.,Takata A,Takiguchi S,Okada K,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Mori M,Doki Y,Anticancer Res,Vol. 34,No. 5,p. 2427-2432,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Magnetic resonance imaging for simultaneous morphological and functional evaluation of esophageal motility disorders,Miyazaki Y,Nakajima K,Sumikawa M,Yamasaki M,Takahashi T,Miyata H,Takiguchi S,Kurokawa Y,Tomiyama N,Mori M,Doki Y,Surg Today,Vol. 44,No. 4,p. 668-76,2014年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Magnetic resonance imaging for simultaneous morphological and functional evaluation of esophageal motility disorders.,Yasuhiro Miyazaki,Kiyokazu Nakajima,Mitsuhiro Sumikawa,Makoto Yamasaki,Tsuyoshi Takahashi,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Yukinori Kurokawa,Noriyuki Tomiyama,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 44,No. 4,p. 668-76,2014年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of the Nodal Status in the 7th Edition of the UICC-TNM Classification for Esophageal Squamous Cell Carcinoma: Proposed Modifications for Improved Survival Stratification,Yamasaki M,Miyata H,Miyazaki Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Annals of Surgical Oncology,Vol. 21,No. 9,p. 2850-6,2014年04月,研究論文(学術雑誌)
  • IBD関連小腸大腸癌診療の実態,水島 恒和,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知朗,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,竹山 廣志,内藤 敦,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 111,No. 臨増総会,p. A356-A356,2014年03月
  • Determinants of response to neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer using 18F-fluorodeoxiglucose positron emission tomography (18F-FDG-PET).,Miyata H,Yamasaki M,Takahashi T,Murakami K,Tanaka K,Yukinori K,Nakajima K,Takiguchi S,Morii E,Hatazawa J,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 21,No. 2,p. 575-82,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Mesenchymal phenotype after chemotherapy is associated with chemoresistance and poor clinical outcome in esophageal cancer.,Johji Hara,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Keijiro Sugimura,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Oncology reports,Vol. 31,No. 2,p. 589-96,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Determinants of response to neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer using 18F-fluorodeoxiglucose positron emission tomography (18F-FDG-PET).,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Tsuyoshi Takahashi,Kohei Murakami,Koji Tanaka,Kurokawa Yukinori,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Eiichi Morii,Jun Hatazawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 21,No. 2,p. 575-82,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Mesenchymal phenotype after chemotherapy is associated with chemoresistance and poor clinical outcome in esophageal cancer,Hara J,Miyata H,Yamasaki M,Sugimura K,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Oncology Reorts,Vol. 31,No. 2,p. 589-596,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical significance of muscle layer interruption in T3 esophageal cancer,Keijiro Sugimura,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Masaaki Motoori,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Eiichi Morii,Masahiko Yano,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Esophagus,Springer-Verlag Tokyo,Vol. 11,No. 2,p. 117-125,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility of laparoscopy-assisted total gastrectomy in patients with clinical stage I gastric cancer.,Wada N,Kurokawa Y,Takiguchi S,Takahashi T,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Mori M,Doki Y,Gastric Cancer,Vol. 17,No. 1,p. 137-140,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel endoscopic submucosal dissection technique with robust and adjustable tissue traction,Masashi Hirota,Motohiko Kato,Makoto Yamasaki,Naoki Kawai,Yasuhiro Miyazaki,Takuya Yamada,Tsuyoshi Takahashi,Tetsuo Takehara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,Endoscopy,Georg Thieme Verlag,Vol. 46,No. 6,p. 499-502,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Single-incision laparoscopic partial gastrectomy for gastric submucosal tumors without compromising transumbilical stapling.,Akihiro Takata,Kiyokazu Nakajima,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Asian journal of endoscopic surgery,Vol. 7,No. 1,p. 25-30,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility of laparoscopy-assisted total gastrectomy in patients with clinical stage I gastric cancer.,Noriko Wada,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association,Vol. 17,No. 1,p. 137-40,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Single-incision laparoscopic partial gastrectomy for gastric submucosal tumors without compromising transumbilical stapling,Takata A,Nakajima K,Kurokawa Y,Takahashi T,Yamasaki M,Miyata H,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Asian J Endosc Surg,Vol. 7,No. 1,p. 25-30,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel endoscopic submucosal dissection technique with robust and adjustable tissue traction.,Hirota M,Kato M,Yamazaki M,Kawai N,Miyazaki Y,Yamada T,Takahashi T,Takehara T,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Endoscopy,Vol. 46,No. 6,p. 499-502,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Circulating miR-200c levels significantly predict response to chemotherapy and prognosis of patients undergoing neoadjuvant chemotherapy for esophageal cancer.,Koji Tanaka,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Keijiro Sugimura,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 20 Suppl 3,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • New findings of kinase switching in gastrointestinal stromal tumor under imatinib using phosphoproteomic analysis.,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Maiko Ako,Minoru Fujimoto,Yasuaki Miyazaki,Rie Nakatsuka,Takayuki Ikezoe,Akihito Yokoyama,Takahiro Taguchi,Kazuki Shimada,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,Toshirou Nishida,International journal of cancer,Vol. 133,No. 11,p. 2737-43,2013年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical significance of Ghrelin expression in the gastric mucosa of morbidly obese patients,Miyazaki Y,Takiguchi S,Seki Y,Kasama K,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Mori M,Doki Y,World J Surg,Vol. 37,No. 12,p. 2883-2890,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • New findings of kinase switching in gastrointestinal stromal tumor under imatinib using phosphoproteomic analysis,Takahashi T,Serada S,Ako M,Fujimoto M,Miyazaki Y,Nakatsuka R,Ikezoe T,Yokoyama A,Taguchi T,Shimada K,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Naka T,Nishida T,Int J Cancer,Vol. 133,No. 11,p. 2737-43,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Circulating miR-200c Levels Significantly Predict Response to Chemotherapy and Prognosis of Patients Undergoing Neoadjuvant Chemotherapy for Esophageal Cancer,Tanaka K,Miyata H,Yamasaki M,Sugimura K,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 20 Suppl 3,p. S607-15-15,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical significance of ghrelin expression in the gastric mucosa of morbidly obese patients.,Yasuhiro Miyazaki,Shuji Takiguchi,Yosuke Seki,Kazunori Kasama,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of surgery,Vol. 37,No. 12,p. 2883-90,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 各領域におけるreduced port surgeryの手技と位置付け クローン病reduced port surgery症例の検討,水島 恒和,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知朗,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,竹山 廣志,内藤 敦,土岐 祐一郎,森 正樹,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 18,No. 7,p. 299-299,2013年11月
  • Successful laparoscopic Nissen fundoplication in a patient with mixed connective tissue disease with a short esophagus: report of a case.,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Shuji Takiguchi,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 43,No. 11,p. 1305-9,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Metachronous, colitis-associated rectal cancer that developed after sporadic adenocarcinoma in an adenoma in a patient with longstanding Crohn's disease: a case report,Takeyama H,Mizushima T,Nakajima K,Uemura M,Haraguchi N,Nishimura J,Hata T,Takemasa I,Yamamoto H,Doki Y,Mori M,World J Surg Oncol,Vol. 11,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Successful laparoscopic Nissen fundoplication in a patient with mixed connective tissue disease with a short esophagus: Report of a case,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Shuji Takiguchi,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery Today,Vol. 43,No. 11,p. 1305-1309,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Successful laparoscopic Nissen fundoplication in a patient with mixed connective tissue disease with a short esophagus: report of a case.,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Shuji Takiguchi,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 43,No. 11,p. 1305-9,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Metachronous, colitis-associated rectal cancer that developed after sporadic adenocarcinoma in an adenoma in a patient with longstanding Crohn's disease: a case report,Hiroshi Takeyama,Tsunekazu Mizushima,Kiyokazu Nakajima,Mamoru Uemura,Naotsugu Haraguchi,Junichi Nishimura,Taishi Hata,Ichiro Takemasa,Hirofumi Yamamoto,Yuichiro Doki,Masaki Mori,WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY,BIOMED CENTRAL LTD,Vol. 11,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [Transvaginal natural orifice translumenal endoscopic surgery partial gastrectomy: initial clinical experience].,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Yasuhiro Miyazaki,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Nihon Geka Gakkai zasshi,Vol. 114,No. 6,p. 303-7,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [Successful multidisciplinary treatment of a case of lymph node recurrence with invasion to adjacent organs after curative resection of esophageal cancer].,Kohei Murakami,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 40,No. 12,p. 2115-7,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [Complete response in a case of advanced esophageal cancer infiltrating into the main bronchus treated by chemoradiation therapy].,Yukiko Tsukao,Makoto Yamazaki,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 40,No. 12,p. 2124-6,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [Clinical experience of topical treatments for liver metastases from esophageal carcinoma].,Noriko Wada,Makoto Yamasaki,Taro Hayashi,Hiroshi Miyata,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 40,No. 12,p. 2158-60,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • リン酸化タンパク解析を用いたGISTイマチニブ耐性機構の解析(The analysis of kinase resistance in gastrointestinal stromal tumor under imatinib using phosphoproteomic methods),高橋 剛,阿古 真伊子,世良田 聡,田口 尚弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博史,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,仲 哲治,西田 俊朗,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 72回,p. 399-399,2013年10月
  • 炎症性腸疾患合併消化器癌に対する化学療法の経験,内藤 敦,水島 恒和,中島 清一,植村 守,西村 潤一,畑 泰司,竹政 伊知朗,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 74,No. 増刊,p. 821-821,2013年10月
  • Relevance of [18F]fluorodeoxyglucose positron emission tomography-positive lymph nodes after neoadjuvant chemotherapy for squamous cell oesophageal cancer,H. Miyata,M. Yamasaki,T. Takahashi,K. Murakami,Y. Kurokawa,K. Nakajima,S. Takiguchi,M. Mori,Y. Doki,British Journal of Surgery,Vol. 100,No. 11,p. 1490-1497,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopy-Assisted Distal Gastrectomy Versus Open Distal Gastrectomy. A Prospective Randomized Single-Blind Study,Shuji Takiguchi,Yoshiyuki Fujiwara,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Mitsugu Sekimoto,Masaki Mori,Yuichiro Doki,WORLD JOURNAL OF SURGERY,SPRINGER,Vol. 37,No. 10,p. 2379-2386,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopy-assisted distal gastrectomy versus open distal gastrectomy. A prospective randomized single-blind study.,Takiguchi S,Fujiwara Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Sekimoto M,Mori M,Doki Y,World J Surg,Vol. 37,No. 10,p. 2379-2386,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Preservation of the Celiac Branch of the Vagus Nerve during Laparoscopy-assisted Distal Gastrectomy: Impact on Postprandial Changes in Ghrelin Secretion.,Takiguchi S,Hiura Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Miyata H,Mori M,Doki Y,World J Surg,Vol. 37,No. 9,p. 2172-9,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Preservation of the celiac branch of the vagus nerve during laparoscopy-assisted distal gastrectomy: impact on postprandial changes in ghrelin secretion.,Shuji Takiguchi,Yuichiro Hiura,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of surgery,Vol. 37,No. 9,p. 2172-9,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Automatic smoke evacuation in laparoscopic surgery: a simplified method for objective evaluation,Hidekazu Takahashi,Makoto Yamasaki,Masashi Hirota,Yasuaki Miyazaki,Jeong Ho Moon,Yoshihito Souma,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Kiyokazu Nakajima,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 27,No. 8,p. 2980-2987,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical significance of surgery for gastric submucosal tumours with size enlargement during watchful waiting period.,Yasuhiro Miyazaki,Kiyokazu Nakajima,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Shuji Takiguchi,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Seiichi Hirota,Toshirou Nishida,Masaki Mori,Yuichiro Doki,European journal of cancer (Oxford, England : 1990),Vol. 49,No. 12,p. 2681-8,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 炎症性腸疾患に対する新しい治療戦略 粘膜修復を重視したクローン病術後周術期管理法の確立に向けて,水島 恒和,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知朗,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,根津 理一郎,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 68回,p. WS-1,2013年07月
  • Gastric schwannomas revisited: has precise preoperative diagnosis become feasible?,Fujiwara S,Nakajima K,Nishida T,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Gastric Cancer,Vol. 16,No. 3,p. 318-23,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Gastric schwannomas revisited: has precise preoperative diagnosis become feasible?,Shinichi Fujiwara,Kiyokazu Nakajima,Toshirou Nishida,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association,Vol. 16,No. 3,p. 318-23,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • The possibility of using fibrin-based collagen as an antibiotic delivery system,Nishimura J,Nakajima K,Souma Y,Takahashi T,Ikeguchi N,Takenaka R,Shinohara N,Nishida T,Doki Y,Mori M,Surg Today,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Anatomical measurements to optimize instrumentation for transvaginal surgery,Kiyokazu Nakajima,Yoshihito Souma,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Yasuaki Miyazaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 27,No. 6,p. 2052-2057,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Postoperative Combination of Nutritional Therapy and Infliximab for Sustained Remission of Adult Crohn's Disease,Shinzaki Shinichiro,Iijima Hideki,Mizushima Tsunekazu,Nakajima Kiyokazu,Kawai Shoichiro,Shiraishi Eri,Hiyama Satoshi,Mukai Akira,Inoue Takahiro,Yamada Takuya,Nishida Tsutomu,Tsujii Masahiko,Takehara Tetsuo,GASTROENTEROLOGY,Vol. 144,No. 5,2013年05月
  • Use of fibrin glue sealant with polyglycolic acid sheets to prevent pancreatic fistula formation after laparoscopic-assisted gastrectomy.,Yuichiro Hiura,Shuji Takiguchi,Kazuyoshi Yamamoto,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgery today,Vol. 43,No. 5,p. 527-33,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical significance of surgery for gastric submucosal tumours with size enlargement during watchful waiting period,Miyazaki Y,Nakajima K,Kurokawa Y,Takahashi T,Takiguchi S,Miyata H,Yamasaki M,Hirota S,Nishida T,Mori M,Doki Y,Eur J Cancer,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Use of fibrin glue sealant with polyglycolic acid sheets to prevent pancreatic fistula formation after laparoscopic-assisted gastrectomy.,Hiura Y,Takiguchi S,Yamamoto K,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Miyata H,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,Surg Today,Vol. 43,No. 5,p. 527-33,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Thoracoscopic enucleation of esophageal schwannoma exhibiting 18F-fluorodeoxyglucose uptake on positron emission tomography,T. Makino,M. Yamasaki,A. Takeno,Y. Kurokawa,H. Miyata,S. Takiguchi,K. Nakajima,Y. Fujiwara,M. Mori,Y. Doki,DISEASES OF THE ESOPHAGUS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 26,No. 3,p. 331-332,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of rikkunshito, a Japanese herbal medicine, on gastrointestinal symptoms and ghrelin levels in gastric cancer patients after gastrectomy.,Takiguchi S,Hiura Y,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Miyata H,Mori M,Hosoda H,Kangawa K,Doki Y,Gastric Cancer,Vol. 16,No. 2,p. 167-74,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of rikkunshito, a Japanese herbal medicine, on gastrointestinal symptoms and ghrelin levels in gastric cancer patients after gastrectomy.,Shuji Takiguchi,Yuichiro Hiura,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Masaki Mori,Hiroshi Hosoda,Kenji Kangawa,Yuichiro Doki,Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association,Vol. 16,No. 2,p. 167-74,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Larynx-preserving limited resection and free jejunal graft for carcinoma of the cervical esophagus.,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,World journal of surgery,Vol. 37,No. 3,p. 551-7,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of forkhead box M1 transcription factor (FOXM1) is a potential prognostic marker and enhances chemoresistance for docetaxel in gastric cancer.,Kaoru Okada,Yoshiyuki Fujiwara,Tsuyoshi Takahashi,Yurika Nakamura,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 20,No. 3,p. 1035-43,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Assistive esophagoscopy during laparoscopic surgery for intra-thoracic stomach,Hirota M,Nakajima K,Souma Y,Mikata S,Iwase K,Demura K,Takahashi T,Yamasaki M,Miyata H,Kurokawa Y,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Esophagus,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel percutaneous “insufflating guide-wire” system for transgastric NOTES (with video),Nakajima K,Takahashi T,Souma Y,Mori M,Doki Y,Surg Endosc,Vol. 27,No. 3,p. 1016-1020,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel percutaneous insufflating guidewire system for transgastric natural orifice translumenal endoscopic surgery (NOTES) (with video),Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Yoshihito Souma,Yasuaki Miyazaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical Endoscopy and Other Interventional Techniques,Vol. 27,No. 3,p. 1016-1020,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of Forkhead Box M1 Transcription Factor (FOXM1) is a Potential Prognostic Marker and Enhances Chemoresistance for Docetaxel in Gastric Cancer,Okada K,Fujiwara Y,Takahashi T,Nakamura Y,Takiguchi S,Nakajima K,Miyata H,Yamasaki M,Kurokawa Y,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 20,No. 3,p. 1035-43,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Larynx-preserving limited resection and free jejunal graft for carcinoma of the cervical esophagus.,Miyata H,Yamasaki M,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,World J Surg,Vol. 37,No. 3,p. 551-7,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Automatic smoke evacuation in laparoscopic surgery: a simplified method for objective evaluation,Takahashi H,Yamasaki M,Hirota M,Miyazaki Y,Moon JH,Souma Y,Mori M,Doki Y,Nakajima K,Surg Endosc,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • The possibility of using fibrin-based collagen as an antibiotic delivery system,Junichi Nishimura,Kiyokazu Nakajima,Yoshihito Souma,Tsuyoshi Takahashi,Naoki Ikeguchi,Rei Takenaka,Naoki Shinohara,Toshirou Nishida,Yuichiro Doki,Masaki Mori,Surgery Today,Vol. 43,No. 2,p. 185-190,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Reduced plasma ghrelin levels on day 1 after esophagectomy: A new predictor of prolonged systemic inflammatory response syndrome,Kazuyoshi Yamamoto,Shuji Takiguchi,Hiroshi Miyata,Yasuhiro Miyazaki,Yuichiro Hiura,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Kenji Kangawa,Yuichiro Doki,Surgery Today,Vol. 43,No. 1,p. 48-54,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Anatomical measurements to optimize instrumentation for transvaginal surgery,Nakajima K,Souma Y,Takahashi T,Yamasaki M,Miyazaki A,Mori M,Doki Y,Surg Endosc,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Reduced plasma ghrelin levels on day 1 after esophagectomy: A new predictor of prolonged systemic inflammatory response syndrome,Kazuyoshi Yamamoto,Shuji Takiguchi,Hiroshi Miyata,Yasuhiro Miyazaki,Yuichiro Hiura,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Kenji Kangawa,Yuichiro Doki,Surgery Today,Vol. 43,No. 1,p. 48-54,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A case of simultaneous transvaginal NOTES gastrectomy and vaginal hysterectomy in a patient with gastric submucosal tumor and uterine prolapse,Hirota M,Nakajima K,Hara J,Takahashi T,Yamasaki M,Tsutsui T,Kobayashi E,Kurokawa Y,Miyata H,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Asian J Endosc Surg,Vol. 5,No. 4,p. 168-71,2012年11月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • A case of simultaneous transvaginal NOTES gastrectomy and vaginal hysterectomy in a patient with gastric submucosal tumor and uterine prolapse.,Masashi Hirota,Kiyokazu Nakajima,Johji Hara,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Tateki Tsutsui,Eiji Kobayashi,Yukinori Kurokawa,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Asian journal of endoscopic surgery,Vol. 5,No. 4,p. 168-71,2012年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of ghrelin administration during chemotherapy with advanced esophageal cancer patients: a prospective, randomized, placebo-controlled phase 2 study.,Yuichiro Hiura,Shuji Takiguchi,Kazuyoshi Yamamoto,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Kenji Kangawa,Yuichiro Doki,Cancer,Vol. 118,No. 19,p. 4785-94,2012年10月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Phase Ⅰ/Ⅱ study of S-1 plus cisplatin combined with peptide vaccines for human vascular endothelial growth factor receptor 1 and 2 in patients with advanced gastric cancer,Masuzawa T,Fujiwara Y,Okada K,Nakamura A,Takiguchi S,Nakajima K,Miyata H,Yamasaki M,Kurokawa Y,Osawa R,Takeda K,Yoshida K,Tsunoda T,Nakamura Y,Mori M,Doki Y,International Journal of Oncology,Vol. 41,No. 4,p. 1297-304,2012年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of ghrelin administration during chemotherapy with advanced esophageal cancer patients: a prospective, randomized, placebo-controlled phase 2 study.,Hiura Y,Takiguchi S,Yamamoto K,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Miyata H,Fujiwara Y,Mori M,Kangawa K,Doki Y,Cancer,Vol. 118,No. 19,p. 4785-94,2012年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Phase I/II study of S-1 plus cisplatin combined with peptide vaccines for human vascular endothelial growth factor receptor 1 and 2 in patients with advanced gastric cancer.,Toru Masuzawa,Yoshiyuki Fujiwara,Kaoru Okada,Ayumu Nakamura,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Ryuji Osawa,Kazuyoshi Takeda,Koji Yoshida,Takuya Tsunoda,Yusuke Nakamura,Masaki Mori,Yuichiro Doki,International journal of oncology,Vol. 41,No. 4,p. 1297-304,2012年10月
  • Clinical relevance of induction triplet chemotherapy for esophageal cancer invading adjacent organs.,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of surgical oncology,Vol. 106,No. 4,p. 441-7,2012年09月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Let-7 expression is a significant determinant of response to chemotherapy through the regulation of IL-6/STAT3 pathway in esophageal squamous cell carcinoma.,Keijiro Sugimura,Hiroshi Miyata,Koji Tanaka,Rie Hamano,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research,Vol. 18,No. 18,p. 5144-53,2012年09月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Antiproliferative effect of SOCS-1 through the suppression of STAT3 and p38 MAPK activation in gastric cancer cells.,Souma Y,Nishida T,Serada S,Iwahori K,Takahashi T,Fujimoto M,Ripley B,Nakajima K,Miyazaki Y,Mori M,Doki Y,Sawa Y,Naka T,Int J Cancer,Vol. 131,No. 6,p. 1287-1296,2012年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Let-7 expression is significant determinant of response to chemotherapy through the regulation of IL-6/STAT3 pathway in esophageal squamous cell carcinoma.,Sugimura K,Miyata H,Tanaka K,Hamano R,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Clin Cancer Res,Vol. 18,No. 18,p. 5144-53,2012年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Antiproliferative effect of SOCS-1 through the suppression of STAT3 and p38 MAPK activation in gastric cancer cells,Yoshihito Souma,Toshirou Nishida,Satoshi Serada,Kota Iwahori,Tsuyoshi Takahashi,Minoru Fujimoto,Barry Ripley,Kiyokazu Nakajima,Yasuaki Miyazaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Yoshiki Sawa,Tetsuji Naka,INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER,WILEY-BLACKWELL,Vol. 131,No. 6,p. 1287-1296,2012年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical Relevance of Induction Triplet Chemotherapy for Esophageal Cancer Invading Adjacent Organs,Miyata H,Yamasaki M,Kurokawa Y,Takiguchi S,Nakajima k,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,J Surg Oncol,Vol. 106,No. 4,p. 441-7,2012年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Fall in plasma ghrelin concentrations after cisplatin-based chemotherapy in esophageal cancer patients.,Yuichiro Hiura,Shuji Takiguchi,Kazuyoshi Yamamoto,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,International journal of clinical oncology,Vol. 17,No. 4,p. 316-23,2012年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Fall in plasma ghrelin concentrations after cisplatin-based chemotherapy in esophageal cancer patients.,Hiura Y,Takiguchi S,Yamamoto K,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Miyata H,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,Int J Clin Oncol,Vol. 17,No. 4,p. 316-23,2012年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical trial of the intratumoral administration of labeled DC combined with systemic chemotherapy for esophageal cancer.,Shinichi Fujiwara,Hisashi Wada,Hiroshi Miyata,Junji Kawada,Ryohei Kawabata,Hiroyoshi Nishikawa,Sacha Gnjatic,Christine Sedrak,Eiichi Sato,Yurika Nakamura,Mitsuru Sakakibara,Tatsuya Kanto,Eku Shimosegawa,Jun Hatazawa,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Eiichi Nakayama,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997),Vol. 35,No. 6,p. 513-21,2012年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical trial of the intratumoral administration of labeled DC combined with systemic chemotherapy for esophageal cancer.,Shinichi Fujiwara,Hisashi Wada,Hiroshi Miyata,Junji Kawada,Ryohei Kawabata,Hiroyoshi Nishikawa,Sacha Gnjatic,Christine Sedrak,Eiichi Sato,Yurika Nakamura,Mitsuru Sakakibara,Tatsuya Kanto,Eku Shimosegawa,Jun Hatazawa,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Eiichi Nakayama,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997),Vol. 35,No. 6,p. 513-21,2012年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Oncofetal protein, IMP-3, a potential marker for prediction of postoperative peritoneal dissemination in gastric adenocarcinoma.,Kaoru Okada,Yoshiyuki Fujiwara,Yurika Nakamura,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Tsuyoshi Takahashi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of surgical oncology,Vol. 105,No. 8,p. 780-5,2012年06月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic intragastric surgery revisited: its role for submucosal tumors adjacent to the esophagogastric junction,Hara J,Nakajima K,Kurokawa Y,Yamasaki M,Miyata H,Takiguchi S,Mori M,Doki Y,Surg Laparosc Endosc Percutan Tech,Vol. 22,No. 3,p. 251-4,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Single port laparoscopic fundoplication: initial clinical experience,Miyazaki Y,Nakajima K,Yamasaki M,Miyata H,Kurokawa Y,Takiguchi S,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,Surg Laparosc Endosc Percutan Tech,Vol. 22,No. 3,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Oncofetal protein, IMP-3, a potential marker for prediction of postoperative peritoneal dissemination in gastric adenocarcinoma.,Okada K,Fujiwara Y,Nakamura Y,Takiguchi S,Nakajima K,Miyata H,Yamasaki M,Kurokawa Y,Takahashi T,Mori M,Doki Y,J Surg Oncol,Vol. 105,No. 8,p. 780-5,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic intragastric surgery revisited: its role for submucosal tumors adjacent to the esophagogastric junction.,Johji Hara,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques,Vol. 22,No. 3,p. 251-4,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Single-port laparoscopic surgery of the distal esophagus: initial clinical experience.,Yasuhiro Miyazaki,Kiyokazu Nakajima,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques,Vol. 22,No. 3,p. e118-21-21,2012年06月
  • DOK2 as a marker of poor prognosis of patients with gastric adenocarcinoma after curative resection.,Miyagaki H,Yamasaki M,Takahashi T,Kurokawa Y,Miyata H,Nakajima K,Takiguchi S,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 19,No. 5,p. 1560-7,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Mapping Analysis of Ghrelin Producing Cells in the Human Stomach Associated with Chronic Gastritis and Early Cancers,Shuji Takiguchi,Shinichi Adachi,Kazuyoshi Yamamoto,Eiichi Morii,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Makoto Yamasaki,Kenji Kangawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES,SPRINGER,Vol. 57,No. 5,p. 1238-1246,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • DOK2 as a marker of poor prognosis of patients with gastric adenocarcinoma after curative resection.,Hiromichi Miyagaki,Makoto Yamasaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 19,No. 5,p. 1560-7,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Mapping analysis of Ghrelin producing cells in the human stomach associated with chronic gastritis and early cancers,Takiguchi S,Adachi S,Yamamoto K,Morii E,Miyata H,Nakajima K,Yamasaki M,Kangawa K,Mori M,Doki Y,Dig Dis Sci,Vol. 57,No. 5,p. 1238-1246,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of stanniocalcin-1 as a prognostic marker in human esophageal squamous cell carcinoma,Mitsuhiro Shirakawa,Yoshiyuki Fujiwara,Yurika Sugita,Jeong-Ho Moon,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ONCOLOGY REPORTS,SPANDIDOS PUBL LTD,Vol. 27,No. 4,p. 940-946,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of stanniocalcin-1 as a prognostic marker in human esophageal squamous cell carcinoma.,Shirakawa M,Fujiwara Y,Sugita Y,Moon JH,Takiguchi S,Nakajima K,Miyata H,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Oncol Rep,Vol. 27,No. 4,p. 940-946,2012年04月,研究論文(学術雑誌)
  • High expression of Lin28 is associated with tumour aggressiveness and poor prognosis of patients in oesophagus cancer,Hamano R,Miyata H,Yamasaki M,Sugimura K,Tanaka K,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,Br J Cancer,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • REGIV as Potential Biomarker for Peritoneal Dissemination in Gastric Adenocarcinoma,Moon JH,Fujiwara Y,Nakamura Y,Okada K,Hanada H,Sakakura C,Takiguchi S,Nakajima k,Miyata H,Yamasaki M,Kurokawa Y,Mori M,Doki Y,J Surg Oncol,Vol. 105,No. 2,p. 189-94,2012年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of PFTK1 predicts resistance to chemotherapy in patients with oesophageal squamous cell carcinoma.,Miyagaki H,Yamasaki M,Miyata H,Takahashi T,Kurokawa Y,Nakajima K,Takiguchi S,Fujiwara Y,Ishii H,Tanaka F,Mori M,Doki Y,Br J Cancer,Vol. 106,No. 5,p. 947-954,2012年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Performance comparison of peripherally inserted central venous catheters in gastrointestinal surgery: A randomized controlled trial,Miyagaki H,Nakajima K,Hara J,Yamasaki M,Kurokawa Y,Miyata H,Takiguchi S,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,Clin Nutrition,Vol. 31,No. 1,p. 48-52,2012年02月,研究論文(学術雑誌)
  • REGIV as a potential biomarker for peritoneal dissemination in gastric adenocarcinoma.,Jeong-Ho Moon,Yoshiyuki Fujiwara,Yurika Nakamura,Kaoru Okada,Hiroyuki Hanada,Chohei Sakakura,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of surgical oncology,Vol. 105,No. 2,p. 189-94,2012年02月
  • Performance comparison of peripherally inserted central venous catheters in gastrointestinal surgery: a randomized controlled trial.,Hiromichi Miyagaki,Kiyokazu Nakajima,Joji Hara,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Clinical nutrition (Edinburgh, Scotland),Vol. 31,No. 1,p. 48-52,2012年02月
  • Esophageal submucosal dissection under steady pressure automatically controlled endoscopy (SPACE): A randomized preclinical trial,K. Nakajima,J. H. Moon,S. Tsutsui,Y. Miyazaki,M. Yamasaki,T. Yamada,M. Kato,K. Yasuda,K. Sumiyama,N. Yahagi,Y. Saida,H. Kondo,T. Nishida,M. Mori,Y. Doki,Endoscopy,Vol. 44,No. 12,p. 1139-1147,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Intraperitoneal docetaxel combined with S-1 for advanced gastric cancer with peritoneal dissemination.,Yoshiyuki Fujiwara,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of surgical oncology,Vol. 105,No. 1,p. 38-42,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • NOTES-究極の未来型低侵襲手術?,中島 清一,Surgical Trauma&Immunological Responses 侵襲と免疫,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 定圧自動送気法による新たなESDの可能性,中島 清一,消化器内視鏡,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Intraperitoneal Docetaxel Combined with S-1 for Advanced Gastric Cancer With Peritoneal Dissemination,Fujiwara Y,Takiguchi S,Nakajima k,Miyata H,Yamasaki M,Kurokawa Y,Mori M,Doki Y,J Surg Oncol,Vol. 105,No. 1,p. 38-42,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Neoadjuvant intraperitoneal and systemic chemotherapy for gastric cancer patients with peritoneal dissemination.,Yoshiyuki Fujiwara,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Kaoru Okada,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 18,No. 13,p. 3726-31,2011年12月
  • Minimally invasive esophagectomy for esophageal cancer: comparative analysis of open and hand-assisted laparoscopic abdominal lymphadenectomy with gastric conduit reconstruction.,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yoshiyuki Fujiwara,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Yukinori Kurokawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Journal of surgical oncology,Vol. 104,No. 6,p. 623-8,2011年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Survival factors in patients with recurrence after curative resection of esophageal squamous cell carcinomas.,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Koji Konishi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Annals of surgical oncology,Vol. 18,No. 12,p. 3353-61,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Survival factors in patients with recurrence after curative resection of esophageal squamous cell carcinomas.,Miyata H,Yamasaki M,Kurokawa Y,Takiguchi S,Nakajima K,Fujiwara Y,Konishi K,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 18,No. 12,p. 3353-61,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Minimally invasive esophagectomy for esophageal cancer: comparative analysis of open and hand-assisted laparoscopic abdominal lymphadenectomy with gastric conduit reconstruction.,Yamasaki M,Miyata H,Fujiwara Y,Takiguchi S,Nakajima K,Kurokawa Y,Mori M,Doki Y,J Surg Oncol,Vol. 104,No. 6,p. 623-8,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [Combination chemotherapy using docetaxel, cisplatin, and S-1 for far advanced gastric cancer].,Takuya Hamakawa,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Tsuyoshi Takahashi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Dok,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 38,No. 12,p. 2342-4,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [Peritoneal lavage cytology under local anesthesia for detection of peritoneal recurrence after surgery].,Kaoru Okada,Yoshiyuki Fujiwara,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 38,No. 12,p. 2363-5,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic value of an inflammation-based score in patients undergoing pre-operative chemotherapy followed by surgery for esophageal cancer.,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Experimental and therapeutic medicine,Vol. 2,No. 5,p. 879-885,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic value of an inflammation-based score in patients undergoing pre-operative chemotherapy followed by surgery for esophageal cancer,Miyata H,yamasaki M,Kirokawa Y,Takiguchi S,Nakaijma K,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,Experimental and Therapeutic Medicine,Vol. 2,No. 5,p. 879-885,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Multimodal treatment for resectable esophageal cancer.,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,General thoracic and cardiovascular surgery,Vol. 59,No. 7,p. 461-6,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Multimodal treatment for resectable esophageal cancer,Miyata H,Yamasaki M,Kurokawa Y,Takiguchi S,Nakajima K,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,General Thoracic and Cardiovascular Surgery,Vol. 59,No. 7,p. 461-6,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • ペプチドワクチンとして使用可能な新規腫瘍抗原の胃癌での発現についての検討,岡田 かおる,藤原 義之,角田 卓也,吉田 浩二,中村 祐輔,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 112,No. 臨増1-2,p. 531-531,2011年05月
  • Overexpression of miR-200c induces chemoresistance in esophageal cancers mediated through activation of the Akt signaling pathway.,Rie Hamano,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yukinori Kurokawa,Johji Hara,Jeong Ho Moon,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research,Vol. 17,No. 9,p. 3029-38,2011年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Preoperative T staging of gastric cancer by multi-detector row cimputed tomography,Makino T,Fujiwara Y,Takiguchi S,Tsuboyama T,Kin T,Nushijima Y,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Mori M,Doki Y,Surgery,Vol. 149,No. 5,p. 672-679,2011年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of miR-200c induces chemoresistance in esophageal cancers mediated through activation of the Akt signaling pathway,Hamano R,Miyata H,Yamasaki M,Kurokawa Y,Hara J,Moon J,Nakajima K,Takiguchi S,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,Clin Can Res,Vol. 17,No. 9,p. 3029-38,2011年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Preoperative T staging of gastric cancer by multi-detector row computed tomography,Tomoki Makino,Yoshiyuki Fujiwara,Shuji Takiguchi,Takahiro Tsuboyama,Tonsok Kim,Youichirou Nushijima,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,SURGERY,MOSBY-ELSEVIER,Vol. 149,No. 5,p. 672-679,2011年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 切除不能進行・再発胃癌に対するS1/CDDP+VEGFRワクチン併用第1・2相臨床試験,益澤 敬,藤原 義之,瀧口 修司,岡田 かおる,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,吉田 浩二,角田 卓也,中村 祐輔,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 83回,p. 221-221,2011年03月
  • 定圧自動送気内視鏡(SPACE)を用いた新しい胃ESDの試み 多施設共同基礎研究,山田 拓哉,中島 清一,安田 一弘,北野 正剛,山崎 誠,相馬 大人,文 正浩,宮嵜 安晃,筒井 秀作,飯島 英樹,新崎 信一郎,加藤 元彦,和田 則仁,北川 雄光,炭山 和毅,田尻 久雄,斉田 芳久,河相 直樹,中原 征則,土岐 祐一郎,Gastroenterological Endoscopy,(一社)日本消化器内視鏡学会,Vol. 53,No. Suppl.1,p. 843-843,2011年03月
  • EMRや手術が施行困難な早期胃癌症例に対するAPCを用いた内視鏡治療の有用性及び定圧自動送気装置の可能性,中原 征則,中島 清一,厨子 慎一郎,松本 康史,井倉 技,澤井 良之,小来田 幸世,福田 和人,中松 大,岩崎 哲也,水本 塁,宇都宮 大輔,土本 雄亮,大濱 日出子,加藤 元彦,山田 拓哉,筒井 秀作,炭山 和毅,今井 康陽,黒川 正典,Gastroenterological Endoscopy,(一社)日本消化器内視鏡学会,Vol. 53,No. Suppl.1,p. 843-843,2011年03月
  • Role of multidrug resistance protein 2 (MRP2) in chemoresistance and clinical outcome in esophageal squamous cell carcinoma.,Yamasaki M,Makino T,Masuzawa T,Kurokawa Y,Miyata H,Takiguchi S,Nakajima K,Fujiwara Y,Matsuura N,Mori M,Doki Y,Br J Cancer,Vol. 104,No. 4,p. 707-713,2011年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic value of endoscopic biopsy findings after induction chemoradiotherapy with and without surgery for esophageal cancer,Miyata H,Yamasaki M,Takiguchi S,Nakajima K,Fujiwara Y,Konishi K,Morii E,Mori M,Doki Y,Ann Surg,Vol. 253,No. 2,p. 279-284,2011年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic Value of Endoscopic Biopsy Findings After Induction Chemoradiotherapy With and Without Surgery for Esophageal Cancer,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Koji Konishi,Eiichi Morii,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ANNALS OF SURGERY,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 253,No. 2,p. 279-284,2011年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Local resection by combined laparoendoscopic surgery for duodenal gastrointestinal stromal tumor,Kiyokazu Nakajima,Motohiko Kato,Toshirou Nishida,Makoto Yamasaki,Tsutomu Nishida,Shusaku Tsutsui,Hideharu Ogiyama,Shunsuke Yamamoto,Takuya Yamada,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Norio Hayashi,Diagnostic and Therapeutic Endoscopy,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • 外科治療 GISTに対する低侵襲手術(腹腔鏡下手術からNOTESまで),中島清一,黒川幸典,西田俊朗,瀧口修司,藤原義之,宮田博志,山崎誠,森正樹,土岐祐一郎,消化器外科,2011年01月
  • State of NOTES in Japan,Kiyokazu Nakajima,Clin Endosc,2011年01月
  • Steady pressure automatically controlled endoscopy (SPACE): a new modality in gastrointestinal endoscopic intervention,Nakajima K,Tsutsui S,Nishida T,Yasuda K,Sumiyama K,Yahagi N,Saida Y,Kondo H,Doki Y,Gastrointest Endosc,2011年01月
  • 第16章 消化器外科手術の新たなる展開−領域における新材料と技術− 1) NOTES,中島清一,竹原徹郎,土岐祐一郎,先端医療シリーズ42 消化器疾患の最新医療,2011年01月
  • 研究最前線:内科・外科統合型次世代超低侵襲内視鏡治療機器,中島 清一,MEDICAL PHOTONICS,2011年01月
  • NOTES臨床導入に伴う課題,中島清一,山崎誠,山田拓哉,加藤元彦,筒井秀作,土岐祐一郎,臨牀消化器内科,2011年01月
  • Local resection by combined laparoendoscopic surgery for duodenal gastrointestinal stromal tumor,Kiyokazu Nakajima,Motohiko Kato,Toshirou Nishida,Makoto Yamasaki,Tsutomu Nishida,Shusaku Tsutsui,Hideharu Ogiyama,Shunsuke Yamamoto,Takuya Yamada,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Norio Hayashi,Diagnostic and Therapeutic Endoscopy,Vol. 2011,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Utility of response evaluation to neo-adjuvant chemotherapy by F-18-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography in locally advanced esophageal squamous cell carcinoma,Tomoki Makino,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yoshiyuki Fujiwara,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Ichiro Higuchi,Jun Hatazawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,SURGERY,MOSBY-ELSEVIER,Vol. 148,No. 5,p. 908-918,2010年11月,研究論文(学術雑誌)
  • The role of hand-assisted laparoscopic surgery in subtotal/total colectomy for Crohn’s colitis,Nakajima K,Nezu R,Hirota M,Nishida T,Surg Endosc,Vol. 24,No. 11,p. 2713-2717,2010年11月,研究論文(学術雑誌)
  • The role of hand-assisted laparoscopic surgery in subtotal and total colectomy for Crohn's colitis,Kiyokazu Nakajima,Riichiro Nezu,Masaki Hirota,Toshirou Nishida,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 24,No. 11,p. 2713-2717,2010年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Utility of response evaluation to neo-adjuvant chemotherapy by 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography in locally advanced esophageal squamous cell carcinoma.,Makino T,Miyata H,Yamasaki M,Fujiwara Y,Takiguchi S,Nakajima K,Higuchi I,Hatazawa J,Mori M,Doki Y,Surgery,Vol. 148,No. 5,p. 908-918,2010年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Current limitations in endoscopic CO₂ insufflation for NOTES: flow and pressure study.,Nakajima K,Nishida T,Milsom JW,Takahashi T,Souma Y,Miyazaki Y,Iijima H,Mori M,Doki Y,Gastrointestinal endoscopy,Vol. 72,No. 5,p. 1036-1042,2010年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [A case of type 4 advanced gastric cancer with aplastic anemia successfully treated with neoadjuvant chemotherapy and surgical resection].,Jeong-Ho Moon,Yoshiyuki Fujiwara,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 37,No. 12,p. 2282-4,2010年11月
  • 食道アカラシアに対し術中内視鏡拡張バルーンを併用した腹腔鏡下Heller-Dor手術の経験,出村 公一,中島 清一,宮嵜 安弘,山本 昌明,和田 範子,今川 敦夫,植木 智之,園尾 広志,山崎 圭一,小川 雅生,大場 一輝,川崎 誠康,亀山 雅男,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 15,No. 7,p. 570-570,2010年10月
  • がんペプチドワクチン療法 切除不能進行・再発胃癌に対するS1/CDDP+VEGFRワクチン併用第I・II相臨床試験,益澤 徹,藤原 義之,瀧口 修司,岡田 かおる,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,吉田 浩二,角田 卓也,中村 祐輔,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会誌,(一社)日本癌治療学会,Vol. 45,No. 2,p. 423-423,2010年09月
  • Hand-assisted laparoscopic restorative proctocolectomy for ulcerative colitis: The optimization of instrumentation toward standardization,Kiyokazu Nakajima,Riichiro Nezu,Toshinori Ito,Toshirou Nishida,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 40,No. 9,p. 840-844,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 切除不能進行、再発胃癌に対するS-1/CDDP+ペプチドワクチン併用療法の第I、II相臨床試験(Clinical trial of peptide vaccine for VEGF receptors combined with S-1 and CDDP for gastric cancer),藤原 義之,益澤 徹,岡田 かおる,瀧口 修司,中島 清一,宮田 博志,山崎 誠,黒川 幸典,吉田 浩二,角田 卓也,中村 祐輔,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,(一社)日本癌学会,Vol. 69回,p. 412-412,2010年08月
  • Abdominal soft tissue sarcoma: a multicenter retrospective study,Junichi Nishimura,Eiichi Morii,Tsuyoshi Takahashi,Yoshihito Souma,Kiyokazu Nakajima,Yuichiro Doki,Toshirou Nishida,INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,SPRINGER TOKYO,Vol. 15,No. 4,p. 399-405,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 消化器癌に対する新たな免疫療法の臨床応用 高度進行胃癌に対するTS-1/CDDP+VEGFR1、R2を標的としたペプチドワクチン併用療法,藤原 義之,益澤 徹,角田 卓也,瀧口 修司,中島 清一,宮田 博志,山崎 誠,中村 祐輔,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 65回,p. 53-53,2010年07月
  • The utility of pre-operative peritoneal lavage examination in serosa-invading gastric cancer patients,Makino T,Fujiwara Y,Takiguchi S,Miyata H,Yamasaki M,Nakajima K,Nishida T,Mori M,Doki Y,Surgery,Vol. 148,No. 1,p. 96-102,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Randomized phase II study of clinical effects of ghrelin after esophagectomy with gastric tube reconstruction,Kazuyoshi Yamamoto,Shuji Takiguchi,Hiroshi Miyata,Shinichi Adachi,Yuichiro Hiura,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Kenji Kangawa,Yuichiro Doki,SURGERY,MOSBY-ELSEVIER,Vol. 148,No. 1,p. 31-38,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Randomized phase II study of clinical effects of ghrelin after esophagectomy with gastric tube reconstruction,Yamamoto K,Takiguchi S,Miyata H,Adachi S,Hiura Y,Yamasaki M,Nakajima K,Fujiwara Y,Mori M,Kangawa K,Doki Y,Surgery,Vol. 148,No. 1,p. 31-38,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • The utility of pre-operative peritoneal lavage examination in serosa-invading gastric cancer patients,Tomoki Makino,Yoshiyuki Fujiwara,Shuji Takiguchi,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Toshirou Nishida,Masaki Mori,Yuichiro Doki,SURGERY,MOSBY-ELSEVIER,Vol. 148,No. 1,p. 96-102,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Pre- and post-therapy nodal status equally affects survival of patients with oesophageal squamous cell carcinoma receiving preoperative chemoradiation,Miyata H,Yamasaki M,Takiguchi S,Nakajima K,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y,Oncology Reports,Vol. 23,No. 5,p. 1331-1337,2010年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Pre- and post-therapy nodal status equally affects survival of patients with oesophageal squamous cell carcinoma receiving preoperative chemoradiation,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ONCOLOGY REPORTS,SPANDIDOS PUBL LTD,Vol. 23,No. 5,p. 1331-1337,2010年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility Study of S-1 and Intraperitoneal Docetaxel Combination Chemotherapy for Gastric Cancer with Peritoneal Dissemination,Yoshiyuki Fujiwara,Toshiro Nishida,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Kazuyoshi Yamamoto,Jeong-Ho Moon,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ANTICANCER RESEARCH,INT INST ANTICANCER RESEARCH,Vol. 30,No. 4,p. 1335-1339,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Gene expression profile prospectively predicts peritoneal relapse after curative surgery of gastric cancer,Takeno A,Takemasa I,Seno S,Yamasaki M,Motoori M,Miyata H,Nakajima K,Takiguchi S,Fujiwara Y,Nishida T,Okayama T,Matsubara K,Takenaka Y,Matsuda H,Monden M,Mori M,Doki Y,Ann Surg oncol,Vol. 17,No. 4,p. 1033-1042,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Ghrelin Administration After Total Gastrectomy: A Prospective, Randomized, Placebo-Controlled Phase II Study,Shinichi Adachi,Shuji Takiguchi,Kazuyuki Okada,Kazuyoshi Yamamoto,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Yoshiyuki Fujiwara,Hiroshi Hosoda,Kenji Kangawa,Masaki Mori,Yuichiro Doki,GASTROENTEROLOGY,W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC,Vol. 138,No. 4,p. 1312-1320,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Abdominal soft tissue sarcoma: a multicenter retrospective study,Nishimura J,Morii E,Takahashi T,Souma Y,Nakajima K,Doki Y,Nishida T,Int J Clin Oncol,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Gene Expression Profile Prospectively Predicts Peritoneal Relapse After Curative Surgery of Gastric Cancer,Atsushi Takeno,Ichiro Takemasa,Shigeto Seno,Makoto Yamasaki,Masaaki Motoori,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Yoshiyuki Fujiwara,Toshiro Nishida,Toshitsugu Okayama,Kenichi Matsubara,Yoichi Takenaka,Hideo Matsuda,Morito Monden,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY,SPRINGER,Vol. 17,No. 4,p. 1033-1042,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Ghrelin administration after total gastrectomy: a prospective, randomized, placebo-controlled phase II study,Adachi S,Takiguchi S,Okada K,Yamamoto K,Yamasaki M,Miyata H,Nakajima K,Fujiwara Y,Hosoda H,Kangawa K,Mori M,Doki Y,Gastroenterology,Vol. 138,No. 4,p. 1312-1320,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility study of S-1 and intraperitoneal docetaxel combination chemotherapy for gastric cancer with peritoneal dissemination,Fujiwara Y,Nishida T,Takiguchi S,Nakajima K,Miyata H,Yamasaki M,Yamamoto K,Moon JH,Mori M,Doki Y,Anticancer Res,Vol. 30,No. 4,p. 1335-1339,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Primary colorectal signet-ring cell carcinoma: Clinicopathological features and postoperative survival,Tsunekazu Mizushima,Masaya Nomura,Makoto Fujii,Hiroki Akamatsu,Hitoshi Mizuno,Harumi Tominaga,Junichi Hasegawa,Kiyokazu Nakajima,Keigo Yasumasa,Masato Yoshikawa,Toshirou Nishida,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 40,No. 3,p. 234-238,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • p53 mutation status predicts pathological response to chemoradiotherapy in locally advanced esophageal cancer,Makino T,Yamasaki M,Miyata H,Yoshioka S,Takiguchi S,Fujiwara Y,Nakajima K,Nishida T,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 17,No. 3,p. 804-811,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • p53 Mutation Status Predicts Pathological Response to Chemoradiotherapy in Locally Advanced Esophageal Cancer,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Setsuko Yoshioka,Shuji Takiguchi,Yoshiyuki Fujiwara,Kiyokazu Nakajima,Toshirou Nishida,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY,SPRINGER,Vol. 17,No. 3,p. 804-811,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Primary colorectal signet-ring cell carcinoma: clinicopathological features and postoperative survival,Mizushima T,Nomura M,Fujii M,Akamatsu H,Mizuno H,Tominaga H,Hasegawa J,Nakajima K,Yasumasa K,Yoshikawa M,Nishida T,Surgery Today,Vol. 40,No. 3,p. 234-238,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • p53 genotype predicts response to chemotherapy in patients with squamous cell carcinoma of the esophagus,Yamasaki M,Miyata H,Fujiwara Y,Takiguchi S,Nakajima K,Nishida T,Yasuda T,Matsuyama J,Mori M,Doki Y,Ann Surg Oncol,Vol. 17,No. 2,p. 634-642,2010年02月,研究論文(学術雑誌)
  • p53 Genotype Predicts Response to Chemotherapy in Patients with Squamous Cell Carcinoma of the Esophagus,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Yoshiyuki Fujiwara,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Toshirou Nishida,Takushi Yasuda,Jin Matsuyama,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY,SPRINGER,Vol. 17,No. 2,p. 634-642,2010年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Malignancy in Crohn's Disease: Incidence and Clinical Characteristics in Japan,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Kiyokazu Nakajima,Yasuyuki Kai,Hideki Iijima,Mitsugu Sekimoto,Toshirou Nishida,Riichiro Nezu,Toshinori Ito,Yuichiro Doki,Masaki Mori,DIGESTION,KARGER,Vol. 81,No. 4,p. 265-270,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • 潰瘍性大腸炎結腸亜全摘術後、小腸潰瘍より出血をきたした一例(臨床コメント),中島清一,Progress in Medicine,2010年01月
  • 特集:これがNOTESだ 「胃局所切除術」,中島清一,消化器内視鏡,2010年01月
  • クローン病に対する腹腔鏡下手術の適応と限界,中島清一,根津理一郎,長谷川順一,廣田昌紀,水島恒和,竹政伊知朗,池田正孝,山本浩文,関本貢嗣,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸肛門病学会雑誌,Vol. 63,No. 10,p. 888-892,2010年01月
  • 消化器外科セミナー NOTESの概念と現況,中島清一,消化器外科,2010年01月
  • Current limitations in endoscopic CO2 insufflation for NOTES: flow and pressure study,Nakajima K,Nishida T,Milsom JW,Takahashi T,Souma Y,Miyazaki Y,Iijima H,Mori M,Doki Y,Gastrointest Endosc,2010年01月
  • プロジェクトENGINE始動 - 医工連携による次世代超低侵襲内視鏡治療関連機器の共同開発 -,中島清一,パワフルかんさい,2010年01月
  • 新しい低侵襲治療法 NOTES の臨床経験,中島清一,CLINICIAN,2010年01月
  • Hand-assisted laparoscopic restorative proctocolectomy for ulcerative colitis: optimization of instrumentation towards standardization,Nakajima K,Nezu R,Nomura M,Ito T,Sawa Y,Nishida T,Surg Today,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Malignancy in Crohn's Disease: Incidence and Clinical Characteristics in Japan,Tsunekazu Mizushima,Yuko Ohno,Kiyokazu Nakajima,Yasuyuki Kai,Hideki Iijima,Mitsugu Sekimoto,Toshirou Nishida,Riichiro Nezu,Toshinori Ito,Yuichiro Doki,Masaki Mori,DIGESTION,KARGER,Vol. 81,No. 4,p. 265-270,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Partial gastrectomy using natural orifice translumenal endoscopic surgery (NOTES) for gastric submucosal tumors: early experience in humans,Kiyokazu Nakajima,Toshirou Nishida,Tsuyoshi Takahashi,Yoshihito Souma,Johji Hara,Takuya Yamada,Toshiyuki Yoshio,Tateki Tsutsui,Takeshi Yokoi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 23,No. 12,p. 2650-2655,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A suspected [F-18]fluorodeoxyglucose positron emission tomography-negative metastatic lymph node successfully diagnosed by laparoscopic staging in esophageal cancer: Report of two cases,Atsushi Takeno,Shuji Takiguchi,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Ryohei Kawabata,Yoichiro Nushijima,Tomoki Makino,Yoshiyuki Fujiwara,Kiyokazu Nakajima,Toshiro Nishida,Masaki Mori,Yuichiro Doki,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 39,No. 10,p. 888-891,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Induction Chemotherapy with Docetaxel, 5-FU and CDDP (DFP) for Advanced Gastric Cancer,Kazuyoshi Yamamoto,Yoshiyuki Fujiwara,Toshiro Nishida,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Masaki Mori,Yuichiro Doki,ANTICANCER RESEARCH,INT INST ANTICANCER RESEARCH,Vol. 29,No. 10,p. 4211-4215,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Cytokeratins 18 and 8 are poor prognostic markers in patients with squamous cell carcinoma of the oesophagus,Makino T,Yamasaki M,Takeno A,Shirakawa M,Miyata H,Takiguchi S,Nakajima K,Fujiwara Y,Nishida T,Matsuura N,Mori M,Doki Y,Br J Cancer,Vol. 101,No. 8,p. 1298-1306,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • The role of intraoperative carbon dioxide insufflating upper gastrointestinal endoscopy during laparoscopic surgery,Souma Y,Nakajima K,Takahashi T,Nishimura J,Fujiwara Y,Takiguchi S,Miyata H,Yamazaki M,Doki Y,Nishida T,Surg Endosc,Vol. 23,No. 10,p. 2279-2285,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • The role of intraoperative carbon dioxide insufflating upper gastrointestinal endoscopy during laparoscopic surgery,Yoshihito Souma,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Junichi Nishimura,Yoshiyuki Fujiwara,Shuji Takiguchi,Hiroshi Miyata,Makoto Yamasaki,Yuichiro Doki,Toshirou Nishida,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 23,No. 10,p. 2279-2285,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • A suspected [18F]fluorodeoxyglucose positron emission tomography-negative metastatic lymph node successfully diagnosed by laparoscopic staging in esophageal cancer: report of two cases.,Takeno A,Takiguchi S,Yamasaki M,Miyata H,Kawabata R,Nushijima Y,Makino T,Fujiwara Y,Nakajima K,Nishida T,Mori M,Doki Y,Surg Today,Vol. 39,No. 10,p. 888-891,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic Heller-Dor surgery for esophageal achalasia: impact of intraoperative real-time manometric feedback on postoperative outcomes,Endo S,Nakajima K,Nishikawa K,Takahashi T,Souma Y,Taniguchi E,Ito T,Nishida T,Dig Surg,Vol. 26,No. 4,p. 342-348,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Induction chemotherapy with docetaxel, 5-FU and CDDP (DFP) for advanced gastric cancer.,Yamamoto K,Fujiwara Y,Nishida T,Takiguchi S,Nakajima K,Miyata H,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,Anticancer Research,Vol. 29,No. 10,p. 4211-4215,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Salvage esophagectomy after definitive chemoradiotherapy for thoracic esophageal cancer,Miyata H,Yamasaki M,Takiguchi S,Nakajima K,Fujiwara Y,Nishida T,Mori M,Doki Y,J Surg Oncol,Vol. 100,No. 6,p. 442-446,2009年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Sunitinib-resistant gastrointestinal stromal tumors harbor cis-mutations in the activation loop of the KIT gene,Nishida T,Takahashi T,Nishitani A,Doi T,Shirao K,Komatsu Y,Nakajima K,Hirota S,Int J Clin Oncol,Vol. 14,No. 2,p. 143-149,2009年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Sunitinib-resistant gastrointestinal stromal tumors harbor cis-mutations in the activation loop of the KIT gene,Toshirou Nishida,Tsuyoshi Takahashi,Akiko Nishitani,Toshihiko Doi,Kuniaki Shirao,Yoshito Komatsu,Kiyokazu Nakajima,Seiichi Hirota,INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,SPRINGER TOKYO,Vol. 14,No. 2,p. 143-149,2009年04月,研究論文(学術雑誌)
  • First lineとしてのTS-1/CDDP+VEGFR1,2ペプチドワクチン免疫化学併用療法の治療成績,藤原 義之,益澤 徹,角田 卓也,吉田 浩二,中村 祐輔,瀧口 修司,中島 清一,宮田 博志,山崎 誠,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 81回,p. 226-226,2009年03月
  • 進行再発胃癌に対するTS-1/CDDP+VEGFR1、2ペプチドワクチン免疫化学併用療法の臨床試験(第I、II相試験),藤原 義之,益澤 徹,角田 卓也,吉田 浩二,中村 祐輔,瀧口 修司,中島 清一,宮田 博志,山崎 誠,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 110,No. 臨増2,p. 257-257,2009年02月
  • Effect of Rikkunshito, a Chinese herbal medicine, on stasis in patients after pylorus-preserving gastrectomy,Takahashi T,Endo S,Nakajima K,Souma Y,Nishida T,World J Surg,Vol. 33,No. 2,p. 296-302,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Rikkunshito, a Chinese Herbal Medicine, on Stasis in Patients After Pylorus-Preserving Gastrectomy,Tsuyoshi Takahashi,Shunji Endo,Kiyokazu Nakajima,Yoshihito Souma,Toshirou Nishida,WORLD JOURNAL OF SURGERY,SPRINGER,Vol. 33,No. 2,p. 296-302,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Liver biopsy,Kiyokazu Nakajima,Hideki Soh,Toshirou Nishida,Essentials of Pediatric Endoscopic Surgery,Springer Berlin Heidelberg,p. 311-315,2009年,論文集(書籍)内論文
  • Laparoscopic Heller-Dor Surgery for Esophageal Achalasia: Impact of Intraoperative Real-Time Manometric Feedback on Postoperative Outcomes,Shunji Endo,Kiyokazu Nakajima,Kazuhiro Nishikawa,Tsuyoshi Takahashi,Yoshihito Souma,Eiji Taniguchi,Toshinori Ito,Toshirou Nishida,DIGESTIVE SURGERY,KARGER,Vol. 26,No. 4,p. 342-348,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • A simple and safe technique for esophagojejunostomy using the hemidouble stapling technique in laparoscopy-assisted total gastrectomy,Takeshi Omori,Tsukasa Oyama,Shin Mizutani,Masayuki Tori,Kiyokazu Nakajima,Hiroki Akamatsu,Masaaki Nakahara,Toshirou Nishida,American Journal of Surgery,Vol. 197,No. 1,p. e13-e17,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • NOTESの臨床経験,中島清一,西田俊朗,山崎誠,土岐祐一郎,外科治療,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 経腟NOTES胃局所切除術,中島清一,医学のあゆみ,2009年01月
  • NOTESの臨床応用,中島清一,西田俊朗,高橋剛,相馬大人,土岐祐一郎,Medical Technology,2009年01月
  • HALSのメリットとは,中島清一,水島恒和,廣田昌紀,根津理一郎,臨床外科,2009年01月
  • Partial gastrectomy using natural orifice translumenal endoscopic surgery (NOTES) for gastric submucosal tumors: early experience in humans,Nakajima K,Nishida T,Takahashi T,Souma Y,Hara J,Yamada T,Yoshio T,Tsutsui T,Yokoi T,Mori M,Doki Y,Surg Endosc,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 第1章 食道-? アカラシア,中島清一,高橋剛,相馬大人,西田俊朗,土岐祐一郎,消化器外科ナーシング,2009年01月
  • A simple and safe technique for esophagojejunostomy using the hemidouble stapling technique in laparoscopy-assisted total gastrectomy,Takeshi Omori,Tsukasa Oyama,Shin Mizutani,Masayuki Tori,Kiyokazu Nakajima,Hiroki Akamatsu,Masaaki Nakahara,Toshirou Nishida,American Journal of Surgery,Vol. 197,No. 1,p. e13-e17,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A case of the gastric squamous cell carcinoma recurred in the kidney 5 years and 4 months after curative resection,Jeong-Ho Moon,Yoshiyuki Fujiwara,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Toshirou Nishida,Hidekazu Morii,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy,Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy Publishers Inc.,Vol. 36,No. 12,p. 2333-2335,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Transvaginal endoscopic partial gastrectomy in porcine models: the role of an extra endoscope for gastric control,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Yoshihito Souma,Shinichiro Shinzaki,Takuya Yamada,Toshiyuki Yoshio,Toshirou Nishida,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 22,No. 12,p. 2733-2736,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Transvaginal endoscopic partial gastrectomy in porcine models: the role of an extra endoscope for gastric control,Nakajima K,Takahashi T,Souma Y,Shinzaki S,Yamada T,Yoshio T,Nishida T,Surg Endosc,Vol. 22,No. 12,p. 2733-2736,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • [Clinical trials of neo-adjuvant chemotherapy for advanced gastric cancer with peritoneal dissemination].,Fujiwara Y,Takiguchi S,Nakajima K,Miyata H,Yamazaki M,Nishida T,Doki Y,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 35,No. 12,p. 1996-1998,2008年11月
  • [A long-term survival case of gastric cancer with liver metastases treated by hepatic arterial infusion chemotherapy].,Masuzawa T,Fujiwara Y,Takiguchi S,Yamazaki M,Miyata H,Nakajima K,Nishida T,Mori M,Doki Y,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,Vol. 35,No. 12,p. 2002-2004,2008年11月
  • 切除不能進行胃癌・再発胃癌に対するVEGFRワクチン療法の有効性試験,益澤 徹,藤原 義之,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,西田 俊朗,吉田 浩二,角田 卓也,中村 祐輔,土岐 祐一郎,日本癌治療学会誌,(一社)日本癌治療学会,Vol. 43,No. 2,p. 906-906,2008年10月
  • Aberrant expression of glycosylation in juvenile gastrointestinal stromal tumors,Tsuyoshi Takahashi,Tetsuji Naka,Minoru Fujimo,Satoshi Serada,Jirou Horino,Fumitaka Terabe,Seiichi Hirota,Eiji Miyoshi,Toshihiro Hirai,Kiyokazu Nakajima,Akiko Nishitani,Yoshihito Souma,Yoshiki Sawa,Toshirou Nishida,PROTEOMICS CLINICAL APPLICATIONS,WILEY-V C H VERLAG GMBH,Vol. 2,No. 9,p. 1246-1254,2008年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Aberrant expression of glycosylation in juvenile gastrointestinal stromal tumors,Takahashi T,Naka T,Fujimoto M,Serada S,Horino J,Terabe F,Hirota S,Miyoshi E,Hirai T,Nakajima K,Nishitani A,Souma Y,Sawa Y,Nishida T,Proteomics Clin Appl,Vol. 2,No. 9,p. 1246-1254,2008年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Intra-abdominal textiloma. A retained surgical sponge mimicking a gastric gastrointestinal stromal tumor: Report of a case,Noriyuki Yamamura,Kiyokazu Nakajima,Tsuyoshi Takahashi,Mamoru Uemura,Akiko Nishitani,Yoshihito Souma,Toshirou Nishida,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 38,No. 6,p. 552-554,2008年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Intra-abdominal textiloma: a case of retained surgical sponge mimicking a gastric SMT,Yamamura N,Nakajima K,Takahashi T,Uemura M,Nishitani A,Souma Y,Nishida T,Surg Today,2008年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Secondary mutations in the kinase domain of the KIT gene are predominant in imatinib-resistant gastrointestinal stromal tumor,Toshirou Nishida,Tatsuo Kanda,Akiko Nishitani,Tsuyoshi Takahashi,Kiyokazu Nakajima,Takashi Ishikawa,Seiichi Hirota,Cancer Science,Vol. 99,No. 4,p. 799-804,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Secondary mutations in the kinase domain of the KIT gene are predominant in imatinib-resistant gastrointestinal stromal tumor,Toshirou Nishida,Tatsuo Kanda,Akiko Nishitani,Tsuyoshi Takahashi,Kiyokazu Nakajima,Takashi Ishikawa,Seiichi Hirota,CANCER SCIENCE,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 99,No. 4,p. 799-804,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Secondary mutations in the kinase domain of the KIT gene are predominant in imatinib-resistant gastrointestinal stromal tumor,Toshirou Nishida,Tatsuo Kanda,Akiko Nishitani,Tsuyoshi Takahashi,Kiyokazu Nakajima,Takashi Ishikawa,Seiichi Hirota,CANCER SCIENCE,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 99,No. 4,p. 799-804,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Current status and activity regarding Natural Orifice Translumenal Endoscopic Surgery (NOTES) in Japan,Kitano S,Tajiri H,Yasuda K,Ikdeda K,Sumiyama K,Nakajima K,Saida Y,Japan NOTES working,group,for,white,paper constitution,Asian J Endosc Surg,2008年02月
  • Laparoscopic intragastric surgery under carbon dioxide pneumostomach,Takeshi Omori,Kiyokazu Nakajima,Shuichi Ohashi,Tsuyoshi Takahashi,Junichi Nishimura,Yoshiki Sawa,Toshirou Nishida,JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES,MARY ANN LIEBERT INC,Vol. 18,No. 1,p. 47-51,2008年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Is it really necessary to close gastrotomy in NOTES? A lesson learned from laparoscopic intragastric surgery,Nakajima K,Souma Y,Ohashi S,Nishida T,Gastrointest Endosc,Vol. 68,No. 2,p. 403-404,2008年02月
  • 炎症性腸疾患に対するHALSの意義,中島清一,根津理一郎,伊藤壽記,西田俊朗,外科治療,2008年01月
  • 低位直腸器械吻合術の工夫,中島清一,根津理一郎,西田俊朗,手術,2008年01月
  • Laparoscopic intragastric surgery under carbon dioxide pneumostomach,Omori T,Nakajima K,Taniguchi E,Ohashi S,Nishida T,J Laparoendosc Adv Surg Tech,2008年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel sphingosine 1-phosphate receptor agonist, KRP-203, regulates chronic colitis in IL-10 gene-deficient mice.,Song J,Matsuda C,Kai Y,Nishida T,Nakajima K,Mizushima T,Kinoshita M,Yasue T,Sawa Y,Ito T,Vol. 324,No. 1,p. 276-283,2008年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel sphingosine 1-phosphate receptor agonist, 2-amino-2-propanediol hydrochloride (KRP-203), regulates chronic colitis in interleukin-10 gene-deficient mice,Jinghai Song,Chu Matsuda,Yasuyuki Kai,Toshirou Nishida,Kiyokazu Nakajima,Tsunekazu Mizushima,Miki Kinoshita,Tokutaro Yasue,Yoshiki Sawa,Toshinori Ito,JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS,AMER SOC PHARMACOLOGY EXPERIMENTAL THERAPEUTICS,Vol. 324,No. 1,p. 276-283,2008年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Human papillomavirus infection is involved in the development of colonic squamous cell dysplasia in ulcerative colitis-associated carcinogenesis,Yoshitake N,Fukui H,Fujii S,Mukawa K,Tominaga K,Sekikawa A,Tomita S,Ichikawa K,Imura J,Nakajima K,Nezu R,Yamada Y,Yoshihara H,Hiraishi H,Fujimori T,Inflamm Bowel Dis,Vol. 13,No. 10,p. 1319-1321,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Robotically assisted small intestinal strictureplasty in dogs: A survival study involving 16 Heineke-Mikulicz strictureplasties,Sonoda T,Lee S,Whelan RL, Le D,Foglia C,Venturero M,Hunt D,Nakajima K,Milsom JW,Surg Endosc,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Human papillomavirus infection is involved in the development of colonic squamous cell dysplasia in ulcerative colitis-associated carcinogenesis,Naoto Yoshitake,Hirokazu Fukui,Shigehiko Fujii,Kenichiroh Mukawa,Keiichi Tominaga,Akira Sekikawa,Shigeki Tomita,Kazuhito Ichikawa,Johji Imura,Kiyokazu Nakajima,Yukinori Yamada,Harumasa Yoshihara,Hideyuki Hiraishi,Takahiro Fujimori,INFLAMMATORY BOWEL DISEASES,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 13,No. 10,p. 1319-1321,2007年10月
  • An enhanced risk-group stratification system for more practical prognostication of clinically malignant gastrointestinal stromal tumors,Tsuyoshi Takahashi,Kiyokazu Nakajima,Akiko Nishitani,Yoshihito Souma,Seiichi Hirota,Yoshiki Sawa,Toshirou Nishida,INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,SPRINGER TOKYO,Vol. 12,No. 5,p. 369-374,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • A simple technique for wedge biopsy of the liver during laparoscopic surgery,Kiyokazu Nakajima,Riichiro Nezu,Tomohiko Sakamoto,Fumiaki Sugiura,Noriyuki Yamamura,Toshinori Ito,Toshirou Nishida,JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES,MARY ANN LIEBERT INC,Vol. 17,No. 4,p. 470-472,2007年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Surgical strategy for gastric gastrointestinal stromal tumors: laparoscopic vs. open resection,Junichi Nishimura,Kiyokazu Nakajima,Takeshi Omori,Tsuyoshi Takahashi,Akiko Nishitani,Toshinori Ito,Toshirou Nishida,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 21,No. 6,p. 875-878,2007年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Surgical strategy for gastric gastrointestinal stromal tumors: laparoscopic vs. open resection,Nishimura J,Nakajima K,Omori T,Takahashi T,Nishitani A,Ito T,Nishida T,Surg Endosc,Vol. 21,No. 6,p. 875-878,2007年06月,研究論文(学術雑誌)
  • An enhanced risk-group stratification system for more practical prognostication of clinically malignant gastrointestinal stromal tumors.,Takahashi T,Nakajima K,Nishitani A,Souma Y,Hirota S,Sawa Y,Nishida T,Int J Clin Oncol,Vol. 12,No. 5,p. 369-374,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A simple application technique of fibrin-coated collagen fleece (TachoComb) in laparoscopic surgery,Kiyokazu Nakajima,Keigo Yasumasa,Shunji Endo,Tsuyoshi Takahashi,Yasuyuki Kai,Riichiro Nezu,Toshirou Nishida,SURGERY TODAY,SPRINGER,Vol. 37,No. 2,p. 176-179,2007年02月,研究論文(学術雑誌)
  • NOTESにおける至適な送気法,中島清一,高橋剛,相馬大人,西村潤一,西田俊朗,日本コンピュータ外科学会誌,Vol. 9,No. 2,p. 73-77,2007年01月
  • 外科系各科における内視鏡手術の現状,中島清一,西田俊朗,大橋秀一,澤芳樹,日本手術医学会誌,Vol. 28,No. 4,p. 296-299,2007年01月
  • 33. 消化管間葉系腫瘍,中島清一,西田俊朗,外科治療,2007年01月
  • A simple technique of liver wedge biopsy at laparoscopic cholecystectomy,Nakajima K,Nezu R,Sakamoto T,Sugiura F,Yamamura N,Ito T,Nishida T,J Laparoendosc Adv Surg Tech,2007年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A simple application technique of fibrin-coated collagen fleece (TachoComb) in laparoscopic surgery,Nakajima K,Yasumasa K,Endo S,Takahashi T,Kai Y,Nezu R,Nishida T,Surg Today,Vol. 37,No. 2,p. 176-179,2007年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 【3次元画像による手術支援】 3次元画像の新たな可能性 内視鏡手術トレーニングにおけるバーチャルリアリティシミュレータ,菰田弘,中島清一,塩野裕之,大森健,李千萬,西田俊朗,大橋秀一,澤芳樹,外科,2007年01月
  • 大腸扁平上皮化生及び異形成を伴ったcolitic cancerの1例,吉竹 直人,藤井 茂彦,武川 賢一郎,市川 一仁,冨田 茂樹,福井 広一,今井 康雄,小野 祐子,中島 清一,根津 理一郎,山田 幸則,吉原 治正,平石 秀幸,藤盛 孝博,Gastroenterological Endoscopy,(一社)日本消化器内視鏡学会,Vol. 48,No. Suppl.2,p. 2194-2194,2006年09月
  • Laparoscopically-assisted total gastrectomy with jejunal pouch interposition,Omori T,Nakajima K,Endo S,Takahashi T,Hasegawa J,Nishida T,Surg Endosc,Vol. 20,No. 9,p. 1497-1500,2006年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Dai-Kenchu-To, Chinese herbal medicine, improved stasis of patients with total gastrectomy and jejunal pouch interposition,Endo S,Nishida T,Nishikawa K,Nakajima K,Hasegawa J,Kitagawa T,Ito T,Matsuda H,Am J Surg,Vol. 192,No. 1,p. 9-13,2006年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Dai-kenchu-to, a Chinese herbal medicine, improves stasis of patients with total gastrectomy and jejunal pouch interposition,S Endo,T Nishida,K Nishikawa,K Nakajima,J Hasegawa,T Kitagawa,T Ito,H Matsuda,AMERICAN JOURNAL OF SURGERY,EXCERPTA MEDICA INC,Vol. 192,No. 1,p. 9-13,2006年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Motility of the pouch correlates with quality of life after total gastrectomy,Endo S,Nishida T,Nishikawa K,Yumiba T,Nakajima K,Yasumasa K,Kitagawa T,Ito T,Matsuda H,Surgery,Vol. 139,No. 4,p. 493-500,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Carbon dioxide insufflation attenuates parietal blood flow obstruction in distended colon: potential advantages of carbon dioxide insufflated colonoscopy,Yasumasa K,Nakajima K,Endo S,Ito T,Matsuda H,Nishida T,Surg Endosc,Vol. 20,No. 4,p. 587-594,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Subcutaneous emphysema along cutaneous striae after laparoscopic surgery - A unique complication,K Nakajima,Y Kai,K Yasumasa,T Nishida,T Ito,R Nezu,SURGICAL LAPAROSCOPY ENDOSCOPY & PERCUTANEOUS TECHNIQUES,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 16,No. 2,p. 119-121,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Motility of the pouch correlates with quality of life after total gastrectomy,S Endo,T Nishida,K Nishikawa,T Yumiba,K Nakajima,K Yasumasa,T Kitagawa,T Ito,H Matsuda,SURGERY,MOSBY, INC,Vol. 139,No. 4,p. 493-500,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Subcutaneous emphysema along cutaneous striae following laparoscopic surgery: A unique complication,Nakajima K,Kai Y,Yasumasa K,Nishida T,Ito T,Nezu R,Surg Laparosc Endosc Percutan Tech,Vol. 16,No. 2,p. 119-121,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A versatile dual-channel CO2 insufflator for various CO2 applications: The prototype.,Nakajima K,Yasumasa K,Endo S,Takahashi T,Nishitani A,Nezu R,Nishida T,Surg Endosc,Vol. 20,No. 2,p. 334-338,2006年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Equipment and instrumentation,Kiyokazu Nakajima,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 10-29,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Educating the surgical team,Kiyokazu Nakajima,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 399-407,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Laparoscopic abdominoperineal resection,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 188-202,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Surgical energy sources,Bartholomäus Böhm,Jeffrey W. Milsom,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 30-47,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Basic laparoscopic surgical skills,Kiyokazu Nakajima,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 66-96,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Future aspects of laparoscopic colorectal surgery,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 408-414,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Laparoscopic anatomy of the abdominal cavity,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 97-110,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Patient preparation and operating room setup,Kiyokazu Nakajima,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 48-52,2006年,論文集(書籍)内論文
  • External evidence of laparoscopic colorectal surgery,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 339-341,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Outcomes after laparoscopic treatment for rectal prolapse,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 370-374,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Outcomes after laparoscopic total colectomy or proctocolectomy,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 365-369,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Small bowel resection,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 111-118,2006年,論文集(書籍)内論文
  • History of laparoscopic surgery,Kiyokazu Nakajima,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 1-9,2006年,論文集(書籍)内論文
  • Outcomes after laparoscopic colectomy for Crohn's disease,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. 359-364,2006年,論文集(書籍)内論文
  • A simple technique for circular-stapled Billroth I reconstruction in laparoscopic gastrectomy,Omori T,Nakajima K,Nishida T,Uchikoshi F,Kitagawa T,Ito T,Matsuda H,Surg Endosc,Vol. 19,No. 5,p. 734-736,2005年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Intraoperative carbon dioxide colonoscopy,K Nakajima,SW Lee,T Sonoda,JW Milsom,SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES,SPRINGER,Vol. 19,No. 3,p. 321-325,2005年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Intraoperative CO2 colonoscopy: A safe insufflation alternative for locating colonic lesions during laparoscopic surgery,Nakajima K,Lee SW,Sonoda T,Milsom JW,Surg Endosc,2005年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 腹腔鏡下手術におけるシート状フィブリン接着剤(タココンブ)誘導法,中島清一,西田俊朗,安政啓吾,遠藤俊治,根津理一郎,吉川澄,Pharma Medica,2005年01月
  • Advantages of laparoscope-assisted surgery for recurrent Crohn's disease,Uchikoshi F,Ito T,Nezu R,Tanemura M,Kai Y,Mizushima T,Nakajima K,Tamagawa H,Matsuda C,Matsuda H,Surg Endosc,Vol. 18,No. 11,p. 1675-1679,2004年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic left-sided Nissen fundoplication in children,K Nakajima,H Kawahara,M Wasa,H Soh,E Taniguchi,S Ohashi,A Okada,SURGERY TODAY,SPRINGER-VERLAG,Vol. 34,No. 6,p. 562-564,2004年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic left-sided Nissen fundoplication in children,Nakajima K,Kawahara H,Wasa M,Soh H,Taniguchi E,Ohashi S,Okada A,Surg Today,Vol. 34,No. 6,p. 562-564,2004年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Characteristics of Pancreas Transplantation Currently Performed in Japan,M Ishibashi,T Ito,A Sugitani,K Nakajima,T Abe,N Matsuno,Y Hirao,M Gotoh,M Tanaka,S Teraoka,H Matsuda,H Taniguchi,T Fukao,R Kikkawa,Y Idezuki,Y Kanazawa,Transplantation Proceedings,Vol. 36,No. 4,p. 1086-1089,2004年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic total colectomy: Hand-assisted versus standard technique,Nakajima K,Lee SW,Cocilovo C,Foglia C,Sonoda T,Milsom JW,Surg Endosc,Vol. 18,No. 4,p. 582-586,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Pancreas-kidney transplantation in Japan: impact of cyclosporine on the development of immunosuppressive therapy,A Sugitani,M Ishibashi,T Ito,K Nakajima,N Matsuno,Y Kanazawa,K Motoyama,H Yamamoto,S Inoue,M Ota,J.-I Yoshida,M Tanaka,Transplantation Proceedings,Vol. 36,No. 2,p. 80S-82S,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Use of the surgical towel in hand-assisted laparoscopic colorectal surgery,Nakajima K,Milsom JW,Margolin DA,Szilagy, EJ,Surg Endosc,Vol. 18,No. 3,p. 552-553,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Hand-assisted laparoscopic colorectal surgery using Gelport: Initial experience with a new hand access device,Nakajima K,Lee SW,Cocilovo C,Foglia C,Kim KH,Sonoda T,Milsom JW,Surg Endosc,Vol. 18,No. 1,p. 102-105,2004年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic liver biopsy performed safely in a child with hepatic dysfunction: report of a case,Kimura T,Nakajima K,Wasa M,Hasegawa T,Soh H,Mushiake S,Okada A,Surg Today,Vol. 33,No. 9,p. 712-713,2003年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopically assisted surgery for congenital gastric or duodenal diaphragm in children,K Nakajima,M Wasa,H Soh,T Sasaki,E Taniguchi,S Ohashi,A Okada,SURGICAL LAPAROSCOPY ENDOSCOPY & PERCUTANEOUS TECHNIQUES,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 13,No. 1,p. 36-38,2003年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic liver biopsy performed safely in a child with hepatic dysfunction: Report of a case,T Kimura,K Nakajima,M Wasa,T Hasegawa,H Soh,S Mushiake,A Okada,SURGERY TODAY,SPRINGER-VERLAG,Vol. 33,No. 9,p. 712-713,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopically-assisted surgery for congenital gastroduodenal diaphragm in children,Nakajima K,Wasa M,Soh H,Sasaki T,Taniguchi E,Ohashi S,Okada A,Surg Laparosc Endosc Percutan Tech,2003年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A modular laparoscopic training program for pediatric surgeons,Nakajima K,Wasa M,Takiguchi S,Taniguchi E,Soh H,Ohashi S,Okada A,JSLS,2003年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A modular laparoscopic training program for pediatric surgeons.,Nakajima K,Wasa M,Takiguchi S,Taniguchi E,Soh H,Ohashi S,Okada A,JSLS : Journal of the Society of Laparoendoscopic Surgeons,Vol. 7,No. 1,p. 33-37,2003年01月
  • Usefulness of endoscopic ultrasonography in the diagnosis of congenital esophageal stenosis,N Usui,S Kamata,H Kawahara,T Sawai,K Nakajima,H Soh,A Okada,JOURNAL OF PEDIATRIC SURGERY,W B SAUNDERS CO,Vol. 37,No. 12,p. 1744-1746,2002年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Usefulness of endoscopic ultrasonography in the diagnosis of congenital esophageal stenosis,Usui N,Kamata S,Kawahara H,Sawai T,Nakajima K,Soh H,Okada A,J Pediatr Surg,Vol. 37,No. 12,p. 1744-1746,2002年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Mechanisms responsible for recurrent gastroesophageal reflux in neurologically impaired children who underwent laparoscopic Nissen fundoplication,Kawahara H,Nakajima K,Yagi M,Okuyama H,Kubota A,Okada A,Surg Endosc,Vol. 16,No. 5,p. 767-771,2002年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Successful laparoscopic fundoplication in children with ventriculoperitoneal shunts,Kimura T,Nakajima K,Wasa M,Yagi M,Kawahara H,Soh H,Ohtani M,Okada A,Surg Endosc,2002年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Three-dimensional pressure imaging: a novel method for intraoperative manometry during laparoscopic esophagomyotomy for esophageal achalasia,Kawahara H,Nakajima K,Soh H,Hasegawa T,Wasa M,Taniguchi E,Ohashi S,Okada A,Pediatr Surg Int,Vol. 17,No. 5-6,p. 455-458,2001年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 小児内視鏡手術の器具と工夫,中島清一,和佐勝史,曹英樹,岡田正,小児外科,2001年01月
  • Motor function of the esophagus and the lower esophageal sphincter in children who undergo laparoscopic nissen fundoplication,Kawahara H,Imura K,Nakajima K,Yagi M,Kamata S,Okada A,J Pediatr Surg,Vol. 35,No. 11,p. 1666-1671,2000年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic intragastric surgery using a radially expandable sleeve,Taniguchi E,Ohashi S,Takiguchi S,Yumiba T,Itoh T,Matsuda H,Nakajima K,Surg Endosc,Vol. 14,No. 5,p. 505-507,2000年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 胆道閉鎖症術後の胃食道静脈瘤の治療 内視鏡的治療抵抗例に対する遠位脾腎静脈シャント術(DSRS)の検討,佐々木 隆士,長谷川 利路,木村 拓也,宇田津 有子,中島 清一,岡田 正,日本小児外科学会雑誌,(一社)日本小児外科学会,Vol. 36,No. 2,p. 414-414,2000年04月
  • Laparoscopic esophagomyotomy with Dor anterior fundoplication in a child with achalasia,Nakajima K,Wasa M,Kawahara H,Soh H,Taniguchi E,Ohashi S,Okada A,Surg Laparosc Endosc,2000年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Extralobar pulmonary sequestration with venous drainage to the portal vein: A case report,Shinkichi Kamata,Toshio Sawai,Keisuke Nose,Toshimichi Hasagawa,Kiyokazu Nakajima,Hideki Soh,Akira Okada,Pediatric Radiology,Springer Verlag,Vol. 30,No. 7,p. 492-494,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • 縦隔腫瘍に対する胸腔鏡下手術,中島清一,和佐勝史,曹英樹,草深竹志,岡田正,日鏡外会誌,Vol. 65,No. 11,p. 973-977,1999年01月,研究論文(学術雑誌)
  • コラーゲンの偏光特性からみた食道吻合部の創傷治癒に関する実験的研究,中島清一,大阪大学医学雑誌,1999年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Percutaneous hepatic suspension method for better exposure of the esophageal hiatus,K. Nakajima,M. Wasa,H. Soh,E. Taniguchi,S. Ohashi,A. Okada,Pediatric Endosurgery and Innovative Techniques,Mary Ann Liebert Inc.,Vol. 3,No. 4,p. 195-197,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • ラット食道吻合部の創傷治癒(第2報),中島清一,岡田正,Progress in Medicine,1999年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Revision laparoscopy for incarcerated hernia at a 5-mm trocar site following pediatric laparoscopic surgery,Nakajima K,Wasa M,Kawahara H,Hasegawa T,Soh H,Taniguchi E,Ohashi S,Okada A,Surg Laparosc Endosc,1999年01月
  • Laparoscopic resection of adrenal tumors in children,K. Nakajima,M. Wasa,H. Soh,T. Kusafuka,K. Imura,A. Okada,Pediatric Endosurgery and Innovative Techniques,Mary Ann Liebert Inc.,Vol. 3,No. 2,p. 73-77,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • Endoscopic variceal ligation in the management of gastroesophageal varices in postoperative biliary atresia,Sasaki T,Hasegawa T,Nakajima K,Tanano H,Wasa M,Fukui Y,Okada A,J Pediatr Surg,Vol. 33,No. 11,p. 1628-1632,1998年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 小児内視鏡手術の進歩と新生児への適用,中島清一,大橋秀一,岡田正,Neonatal Care,1998年01月
  • ラット食道吻合部創傷治癒過程における粘膜下層コラーゲン動態の質的評価,中島清一,岡田正,Progress in Medicine,1998年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Metachronous multiple colorectal cancer with genomic instability in a child,K. Nakajima,M. Fukuzawa,T. Kusafuka,H. Tsuji,T. Oue,M. Inoue,Y. Komoto,A. Okada,Medical and Pediatric Oncology,Vol. 31,No. 6,p. 549-550,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Successful laparoscopic cholecystectomy in a child with upper transverse scarring: report of a case,Nakajima K,Fukui Y,Kamata S,Usui N,Kobayashi T,Nakai H,Fukuzawa M,Okada A,Surg Today,Vol. 28,No. 9,p. 959-961,1998年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Videothoracoscopic resection of the anterior mediastinal teratoma in a child. Report of a case,Nakajima K,Fukuzawa M,Minami M,Fujii Y,Fukui Y,Usui N,Komoto Y,Takashina M,Okada A,Surg Endosc,Vol. 12,No. 1,p. 54-56,1998年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Laparoscopic resection of mass-screened adrenal neuroblastoma in an 8- month-old infant,K. Nakajima,M. Fukuzawa,Y. Fukui,Y. Komoto,N. Usui,Y. Iiboshi,K. Nose,A. Okada,Surgical Laparoscopy and Endoscopy,Vol. 7,No. 6,p. 498-500,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • 成人用手術機器を用いた小児腹腔鏡下手術の問題点,中島清一,福井雄一,福澤正洋,八木誠,大植孝治,井村賢治,岡田正,小児外科,1997年01月,研究論文(学術雑誌)
  • ヘルニオグラフィーが診断上有効であった小児鼡径ヘルニアの1例,中島清一,臼井規朗,黒田征加,中井弘,吾妻達生,岡田正,日臨外会誌,1997年01月
  • 放射線治療19年後に発生した直腸癌の1例,中島清一,宗田滋夫,吉川幸伸,奥野慎一郎,森匡,栗原陽次郎,大嶋正人,日臨外会誌,1995年01月
  • 食道静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法施行後の食道癌の1例,中島清一,宗田滋夫,吉川幸伸,奥野慎一郎,森匡,栗原陽次郎,日臨外会誌,1995年01月
  • ヘルニオグラフィー26例の検討,中島清一,宗田滋夫,吉川幸伸,籾山卓哉,戸田宏一,澤井勉,日臨外会誌,1994年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 肋骨原発軟骨肉腫の1症例,中島清一,宗田滋夫,吉川幸伸,籾山卓哉,戸田宏一,澤井勉,大嶋正人,日臨外会誌,1994年01月
  • パソコンを用いたスライド作成法,中島清一,宗田滋夫,吉川幸伸,奥野慎一郎,澤井勉,栗原陽次郎,日生医誌,1994年01月
  • A case of biloma after laparoscopic cholecystectomy,Nakajima K,Souda S,Yoshikawa Y,Okuno S,Sawai T,Kurihara Y,Ohshima M,Suzuki T,Ohue S,Kitamura I,日生医誌,1993年01月
  • 腹膜転移をきたした胃平滑筋肉腫の1例,中島清一,宗田滋夫,吉川幸伸,籾山卓哉,戸田宏一,澤井勉,大嶋正人,日生医誌,1993年01月

MISC

  • Tracheal resection and anterior mediastinal tracheostomy in the multidisciplinary treatment of esophageal cancer with tracheal invasion.,Makoto Yamasaki,Kotaro Yamashita,Takuro Saito,Koji Tanaka,Tomoki Makino,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Masaaki Motoori,Yutaka Kimura,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus,Oxford University Press (OUP),Vol. 33,No. 5,2020年05月15日
  • 救急科専攻医教育および多職種連携のための外傷手術教育法の開発,竹川 良介,島崎 淳也,大西 光雄,舘野 丈太郎,中島 清一,嶋津 岳士,日本外傷学会雑誌,(一社)日本外傷学会,Vol. 33,No. 2,p. 198-198,2019年05月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下手術 進行性胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術後の短期および長期転帰(Short-term and long-term outcomes after laparoscopic gastrectomy for advanced gastric cancer),黒川 幸典,牛丸 裕貴,高橋 剛,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 119回,p. SY-13,2019年04月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除の短期・長期成績 PSマッチングを用いた検討,牛丸 裕貴,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 91回,p. 428-428,2019年02月
  • 食道癌術後胃管気管瘻の治療経験,田中晃司,山崎誠,牧野知紀,宮崎安弘,高橋剛,黒川幸典,中島清一,杉村啓二郎,宮田博志,矢野雅彦,白石治,木村豊,安田卓司,兼清信介,武田茂,永野浩昭,森正樹,土岐祐一郎,日本外科学会定期学術集会(Web),Vol. 119th,2019年
  • 整容性と機能温存を両立した胃粘膜下腫瘍に対する単孔式腹腔鏡下胃局所切除術,牛丸 裕貴,中島 清一,高橋 剛,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 23,No. 7,p. OS21-4,2018年12月
  • Third Space Endoscopyにおける送気法、圧制御法の最適化に向けて,牛丸 裕貴,宮本 学,竹内 洋司,加藤 元彦,炭山 和毅,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一朗,中島 清一,Gastroenterological Endoscopy,(一社)日本消化器内視鏡学会,Vol. 60,No. Suppl.2,p. 2140-2140,2018年10月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における手術成績及び長期予後に関する検討,牛丸 裕貴,高橋 剛,中島 清一,宮崎 安弘,益澤 徹,黒川 幸典,岸 健太郎,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 56回,p. P11-5,2018年10月
  • 生体豚を用いた外傷手術トレーニング 救急科専攻医教育やチームビルディング、医療機器開発を見据えて,竹川 良介,島崎 淳也,大西 光雄,舘野 丈太郎,中島 清一,嶋津 岳士,日本救急医学会雑誌,(一社)日本救急医学会,Vol. 29,No. 10,p. 490-490,2018年10月
  • アカラシアに対する腹腔鏡下Heller-Dor手術の術後成績とフォロー内視鏡の検討,牛丸 裕貴,中島 清一,高橋 剛,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 89-89,2018年06月
  • Off-the-job trainingの現況 生体豚を用いた外傷手術トレーニング 救急科専攻医への教育や医療機器開発を見据えて,竹川 良介,島崎 淳也,大西 光雄,舘野 丈太郎,中川 雄公,小倉 裕司,中島 清一,嶋津 岳士,日本外傷学会雑誌,(一社)日本外傷学会,Vol. 32,No. 2,p. 231-231,2018年06月
  • 食道亜全摘術における術後体重減少推移と栄養学的指標変化 胃全摘術との比較,宮崎 安弘,額原 敦,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,黒川 幸典,高橋 剛,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 313-313,2018年06月
  • 食道癌106recLリンパ節転移気管浸潤に対する耳介軟骨を用いた気管部分切除術,田中 晃司,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 322-322,2018年06月
  • 食道癌上縦隔再発に対して左総頸動脈合併切除・人工血管置換によりR0切除し得た1例,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 323-323,2018年06月
  • 当院における食道癌に対するSalvage Lymphadenectomy 14例の経験,小田切 数基,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 381-381,2018年06月
  • 食道癌の右単発同時性肺腫瘤切除症例についての検討,松浦 記大,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 397-397,2018年06月
  • 胸部食道癌根治手術後の播種再発の検討,額原 敦,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 398-398,2018年06月
  • 治療に難渋した高度肥満症例の成功例と不成功例 心身両面からの検討 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術後において治療に難渋した2症例 体重減少不成功例と成功例,宮崎 安弘,額原 敦,田中 晃司,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集,日本肥満症治療学会,Vol. 36回,p. 64-64,2018年06月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術後縫合不全の経験,宮崎 安弘,額原 敦,田中 晃司,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集,日本肥満症治療学会,Vol. 36回,p. 132-132,2018年06月
  • 胃癌患者における筋肉量および脂肪量と術前化学療法による有害事象発現との関連,橋本 直佳,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 52,No. 3,p. 165-165,2018年06月
  • 胃癌手術における生菌製剤ミヤBM周術期投与の検討,高 正浩,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 52,No. 3,p. 170-170,2018年06月
  • 食道切除胃管再建術後胃管気管ろう,山崎 誠,田中 晃司,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 16-16,2018年06月
  • 頸部食道癌の治療〜根治性と機能温存の両立を求めて〜 頸部食道癌における喉頭温存を目指した至適導入療法と外科治療成績,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 24-24,2018年06月
  • 当院における食道原発神経内分泌細胞癌9例の臨床病理学的検討,石田 智,牧野 知紀,田中 晃司,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 81-81,2018年06月
  • アカラシアに対する腹腔鏡下Heller-Dor手術の術後成績とフォロー内視鏡の検討,牛丸 裕貴,中島 清一,高橋 剛,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 89-89,2018年06月
  • 胸腔鏡下食道憩室切除術の1例,木戸上 真也,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 102-102,2018年06月
  • ESDを併用することで喉頭温存が可能であった食道癌の1例,谷口 嘉毅,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 115-115,2018年06月
  • 食道癌の治療前CTにおける区域別リンパ節サイズと予後との関連について,小林 照之,山崎 誠,田中 晃司,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 122-122,2018年06月
  • 当科における食道癌手術に対する腸瘻留置の成績,斎藤 百合奈,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 156-156,2018年06月
  • 胸腔鏡下食道切除術における腹臥位vs側臥位の短期治療成績の比較,原 豪男,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 177-177,2018年06月
  • T4食道癌切除症例における治療成績の検討,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 210-210,2018年06月
  • 食道癌DCF(DTX+CDDP+5FU)化学療法による消化管関連有害事象の検討,萩 隆臣,牧野 知紀,田中 晃司,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 222-222,2018年06月
  • 高齢者食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下胃前璧固定術の有用性の検証,勝山 晋亮,中島 清一,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 245-245,2018年06月
  • 局所進行食道癌に対するMRIによる周囲臓器浸潤診断,高 正浩,山崎 誠,田中 晃司,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 260-260,2018年06月
  • 進行食道癌に対する術前化学療法の腫瘍遺残形態に関する検討,橋本 直佳,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 72回,p. 293-293,2018年06月
  • 手術と手術室のイノベーション 医療機器のIoT化がもたらす手術と手術室イノベーションの可能性,牛丸 裕貴,高橋 剛,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 644-644,2018年04月
  • クローン病に対する単孔式腹腔鏡手術の治療成績,水島 恒和,松田 宙,畑 泰司,西村 潤一,原口 直紹,三吉 範克,高橋 秀和,荻野 崇之,波多 豪,大原 信福,森本 祥悠,中島 清一,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 2244-2244,2018年04月
  • 食道癌治療成績向上のための治療戦略 他臓器浸潤食道癌の治療成績向上のための戦略的導入療法,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 511-511,2018年04月
  • 胃切除後ベストな再建方法は何か? cStage I上部胃癌に対する腹腔鏡下手術術式別の治療成績,黒川 幸典,古川 陽菜,高橋 剛,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 589-589,2018年04月
  • 手術と手術室のイノベーション 医療機器のIoT化がもたらす手術と手術室イノベーションの可能性,牛丸 裕貴,高橋 剛,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 644-644,2018年04月
  • 上部消化管癌周術期における予後規定因子 上部消化管術後の炎症が予後におよぼす影響,田中 晃司,宮崎 安弘,黒川 幸典,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 668-668,2018年04月
  • T4食道癌に対する取り組み T4食道癌に対する外科治療を含めた集学的治療,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 712-712,2018年04月
  • 胸腔鏡手術にて切除した食道神経鞘腫の1例,藤本 亮汰,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 1479-1479,2018年04月
  • 癌組織内浸潤CD4+CD8+T細胞の検討,西田 謙太郎,和田 尚,河嶋 厚成,浦川 真哉,加藤 亮,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,植村 元秀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,野々村 祝夫,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 1764-1764,2018年04月
  • 胃癌患者におけるサルコペニア肥満と術後短期および長期成績との関連性,谷口 嘉毅,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,田中 晃司,牧野 知樹,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 1911-1911,2018年04月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績と術前因子・グレリン因子についての検討,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 1925-1925,2018年04月
  • 食道扁平上皮癌におけるミトコンドリアDNAコピー数と治療抵抗性との関連性の検討,山田 萌,田中 晃司,益池 靖典,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 1971-1971,2018年04月
  • 食道癌手術症例における術後急性期呼吸器関連合併症の検討,小林 照之,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 1977-1977,2018年04月
  • CpG ODN・シゾフィラン複合体による抗Glypican1抗体の抗腫瘍活性の増強効果に関する検討,斎藤 百合奈,高橋 剛,平松 宏祐,世良田 聡,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,石井 健,仲 哲治,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 2115-2115,2018年04月
  • 胃癌における免疫関連分子およびリンパ球浸潤と化学療法感受性や予後との関連性,橋本 直佳,黒川 幸典,高橋 剛,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 2268-2268,2018年04月
  • 胃癌術前補助化学療法後の予後に関する代替エンドポイントの検討,萩 隆臣,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 2289-2289,2018年04月
  • 当科における切除可能原発GISTに対する外科治療成績,高 正浩,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 2300-2300,2018年04月
  • 胸部食道癌手術症例における頸部外側リンパ節転移例の検討,小田切 数基,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 2327-2327,2018年04月
  • 血管内カテーテル留置に伴う血管炎の発生機序の解明と予防,勝山 晋亮,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,森井 英一,中島 清一,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 118回,p. 2475-2475,2018年04月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除の短期・長期成績-PSマッチングを用いた検討,牛丸 裕貴,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 405-405,2018年03月
  • 当科におけるロボット支援下胃切除の短期成績,勝山 晋亮,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 263-263,2018年03月
  • 早期胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術Billroth-I法再建における吻合法の比較検討 Delta vs Circular(A comparison of delta-shaped and circular stapled Billroth-I anastomosis),益池 靖典,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 264-264,2018年03月
  • 医師主導治験による胃癌腹膜播種に対する5-ALAを用いた光線力学診断の有用性に関する研究の取り組み(The doctor initiated clinical trial for photodynamic diagnosis by 5-ALA (phase III study)),斎藤 百合奈,高橋 剛,宮崎 安弘,黒川 幸典,田中 晃司,牧野 知紀,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 275-275,2018年03月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除の短期・長期成績-PSマッチングを用いた検討,牛丸 裕貴,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 405-405,2018年03月
  • GIST術後補助化学療法の安全性および有用性の検討(The safety and effect of adjuvant chemotherapy after GIST surgery),原 豪男,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 440-440,2018年03月
  • 当科における切除不能GISTに対するイマチニブ療法の治療成績(Clinical Outcome of Imatinib Treatment for Advanced GIST),高 正浩,高橋 剛,中島 清一,黒川 幸典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 442-442,2018年03月
  • Delta吻合を用いた完全腹腔鏡下幽門側胃切除術の術後体重減少および栄養指標の検討,小田切 数基,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 461-461,2018年03月
  • RGB分類による胃切除術後障害の評価(Assessment of the disorder after gastrectomy by RGB classification),木戸上 真也,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 478-478,2018年03月
  • 75歳以上の高齢者胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除の再建方法比較,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 508-508,2018年03月
  • 胃癌手術における生菌製剤ミヤBM周術期投与の検討,山田 萌,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 522-522,2018年03月
  • 胃癌手術周術期管理における経静脈的脂質投与の検討,小林 照之,宮崎 安弘,黒川 幸典,高橋 剛,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 523-523,2018年03月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における手術成績及び長期予後に関する検討(The surgical feasibility and long-term oncologic outcomes of laparoscopic surgery for gastric GIST),加藤 亮,高橋 剛,中島 清一,西塔 拓郎,宮崎 安弘,益澤 徹,黒川 幸典,岸 健太郎,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 537-537,2018年03月
  • 当科におけるstage II/III胃癌術後補助化学療法の検討(Investigation of post-operative adjuvant chemotherapy for stageII/III gastric cancer patients),西田 謙太郎,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 90回,p. 549-549,2018年03月
  • 切除不能・再発イマチニブ耐性GISTに対するレゴラフェニブ治療の検討,斎藤 百合奈,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 45,No. 1,p. 121-123,2018年01月
  • 完全静脈栄養管理時の注意点 カテーテル内血栓形成モデルにおける抗血栓コーティングの有用性の検証,勝山 晋亮,渡邊 素記,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本静脈経腸栄養学会雑誌,(株)ジェフコーポレーション,Vol. 33,No. Suppl.,p. 252-252,2018年01月
  • 高難度症例への挑戦(胸腔) 局所進行食道癌に対する鏡視下食道切除術,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. VW2-2,2017年12月
  • 食道胃接合部癌に対する内視鏡外科手術 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下大動脈周囲リンパ節郭清,黒川 幸典,高橋 剛,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. PD-5,2017年12月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における胃吊り上げ法による工夫,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. SF015-04,2017年12月
  • 極細径手術用綿棒の開発と臨床導入,勝山 晋亮,赤井 和孝,上田 智也,前田 育男,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. SF023-05,2017年12月
  • 食道癌112リンパ節に対する手術アプローチの工夫,田中 晃司,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. SF100-01,2017年12月
  • 2色LED光源AladuckLS-DLEDを用いた胃癌腹膜播種に対する光力学診断を併用した審査腹腔鏡検査の1例,斎藤 百合奈,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. SF117-06,2017年12月
  • 食道裂孔ヘルニアを合併したアカラシア症例の検討,牛丸 裕貴,中島 清一,高橋 剛,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. EP036-01,2017年12月
  • 心臓移植後に発生した左横隔膜ヘルニア嵌頓の一例,佐々木 優,高橋 剛,舟木 壮一郎,大瀬 尚子,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,奥村 明之進,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. EP070-05,2017年12月
  • 肝外傷に対する肝右葉切除後の右横隔膜ヘルニア横行結腸嵌頓に対して腹腔鏡下修復術を実施した1例,木戸上 真也,高橋 剛,舟木 壮一郎,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,奥村 明之進,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. EP070-07,2017年12月
  • 胃上部早期癌に対する腹腔鏡下胃亜全摘術の術後短期成績,橋本 直佳,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. EP123-07,2017年12月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術におけるEFxシールドを用いた筋膜縫合の経験,宮崎 安弘,額原 敦,田中 晃司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. EP149-01,2017年12月
  • 腹腔鏡下で根治手術をし得た食道癌術後横隔膜ヘルニアの1例,西田 謙太郎,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. EP187-07,2017年12月
  • 大型3型・4型胃癌に対するNathanson liver retractorを用いた視野確保の工夫,浦川 真哉,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. EP191-09,2017年12月
  • 完全内臓逆位症を合併した食道癌・胃癌の重複癌に対して鏡視下切除術を施行した1例,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,勝山 晋亮,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. EP193-03,2017年12月
  • 胸腔鏡下に切除した横隔膜上食道憩室の1例,小田切 数基,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 22,No. 7,p. EP209-04,2017年12月
  • 人の消化器外科医療 内視鏡外科手術への変遷,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,動物臨床医学会年次大会プロシーディング,動物臨床医学会,Vol. 38回,No. 3,p. 237-237,2017年11月
  • 複数臓器浸潤を伴う胃癌に対し術前化学療法後、腹腔鏡下胃全摘術、膵脾合併切除を施行した1例,額原 敦,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 44,No. 12,p. 1805-1807,2017年11月
  • 気管、総頸動脈浸潤食道癌に対する化学放射線療法後の遺残リンパ節にリンパ節郭清術を施行した1例,小田切 数基,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 44,No. 12,p. 2006-2008,2017年11月
  • 胸部食道癌手術周術期におけるグレリン投与による抗炎症効果が予後へ与える影響,宮崎 安弘,益池 靖典,牧野 知紀,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 55回,p. O1-1,2017年10月
  • 【消化器癌腹膜播種の最新知見】 播種巣を検出する術中イメージング,斎藤 百合奈,高橋 剛,菅生 貴仁,西垣 貴彦,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,外科,(株)南江堂,Vol. 79,No. 10,p. 919-924,2017年10月
  • 高齢者の消化器手術 高齢上部消化管癌患者における術前高齢者総合機能評価の有用性,小田切 数基,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 388-388,2017年10月
  • 食道癌根治術後リンパ節再発に対する治療成績,原 豪男,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 581-581,2017年10月
  • 胸部中部食道癌における頸部郭清の適応の至適化について,小林 照之,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 581-581,2017年10月
  • 残胃癌おける長期予後および再発形式の検討,萩 隆臣,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 604-604,2017年10月
  • 食道扁平上皮癌におけるミトコンドリアDNAコピー数の検討,益池 靖典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 622-622,2017年10月
  • 噴門側胃切除・ダブルトラクト再建術後の胃排泄能のシンチグラフィによる評価,額原 敦,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 651-651,2017年10月
  • 胃癌再発症例における再発後生存期間の検討,谷口 嘉毅,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 653-653,2017年10月
  • 虚血性胃症による胃壊死に対して胃全摘術を施行し救命した1例,高 正浩,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 721-721,2017年10月
  • 宗教的輸血拒否患者に対する食道癌の治療方針,西田 謙太郎,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 820-820,2017年10月
  • 肝損傷に対し肝右葉切除術後の右横隔膜ヘルニア横行結腸嵌頓に対して腹腔鏡下ヘルニア修復術を施行した1例,高市 翔平,高橋 剛,舟木 壮一郎,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,奥村 明之進,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 78,No. 増刊,p. 846-846,2017年10月
  • 残胃癌の臨床病理学的特徴と長期予後,萩 隆臣,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 55回,p. P92-6,2017年10月
  • 胸部中部食道癌における頸部郭清の適応の至適化について,小林 照之,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 55回,p. P117-6,2017年10月
  • 食道癌術前化学療法後の腫瘍遺残形態についての検討,橋本 直佳,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 55回,p. P128-3,2017年10月
  • 当科におけるGIST再発に対するイマチニブ療法の治療成績,高 正浩,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 55回,p. P174-1,2017年10月
  • クローン病に対する腹腔鏡手術の治療成績,水島恒和,水島恒和,中島清一,松田宙,畑泰司,西村潤一,原口直紹,高橋秀和,関戸悠紀,池田敦世,渡部嘉文,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸肛門病学会雑誌(Web),Vol. 70,2017年09月
  • 食道扁平上皮癌におけるc-MET・CD44v6共発現の意義について,原 豪男,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. P-1076,2017年09月
  • アルコールは食道癌の増殖と癌幹細胞性に寄与する,田中 晃司,笠木 勇太,古川 陽菜,原 豪男,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,中川 裕,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. J-2035,2017年09月
  • 食道扁平上皮癌においてミトコンドリアDNAコピー数低値は予後増悪と相関する,益池 靖典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. P-2252,2017年09月
  • 胃癌におけるHE4の有用性の検討,谷口 嘉毅,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知樹,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. P-2306,2017年09月
  • 胃癌における予後マーカーとしてのLeucine-rich &alpha2-glycoprotein-1の意義の検討,高橋 剛,山本 昌明,菅生 貴仁,斎藤 百合奈,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,中島 清一,山崎 誠,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 76回,p. J-3138,2017年09月
  • 食道胃接合部癌の組織型と転移再発形式の関連性,橋本 直佳,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器病学会雑誌,(一財)日本消化器病学会,Vol. 114,No. 臨増大会,p. A758-A758,2017年09月
  • 高度肥満症に対するチーム医療の実践/高度肥満症の診断と注意すべき合併症 高度肥満症外科治療におけるチーム医療の重要性と注意すべき合併症,宮崎 安弘,額原 敦,田中 晃司,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,肥満研究,(一社)日本肥満学会,Vol. 23,No. Suppl.,p. 120-120,2017年09月
  • 再発高リスクGISTにおける術後補助化学療法の有用性,西垣 貴彦,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 72回,p. RS1-48,2017年07月
  • 新しい吸引凝固嘴管「サクションボール・コアギュレーター」の開発と臨床導入,勝山 晋亮,黒川 幸典,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 72回,p. PM7-1,2017年07月
  • 巨大食道裂孔ヘルニアに対する胃前壁固定の有用性の検討,東 重慶,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 72回,p. PJ8-1,2017年07月
  • 進行胃癌に対する5-アミノレブリン酸による光力学診断を併用した審査腹腔鏡検査の有用性,斎藤 百合奈,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 72回,p. PH9-5,2017年07月
  • 破裂GISTの臨床病理学的特徴とその予後,菅生 貴仁,高橋 剛,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 72回,p. PG14-4,2017年07月
  • イマチニブ耐性GISTに対する外科治療の短期成績,加藤 亮,高橋 剛,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 72回,p. PG14-6,2017年07月
  • 進行食道癌に対する集学的治療戦略 cT4胸部食道癌における予後解析に基づいた治療戦略の最適化,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 72回,p. SY01-7,2017年07月
  • 食道切除後再建法の工夫と成績 幽門側胃切除後の食道癌に対する残胃温存再建法の検討,田中 晃司,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 72回,p. O1-4,2017年07月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下手術は標準化するのか? 現状と今後の展望 進行胃癌に対する腹腔鏡下手術 Propensity score matchingによる開腹胃切除術との比較,宮崎 安弘,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 72回,p. PD02-2,2017年07月
  • サルベージ手術の成績と問題点 当院における胸部食道癌に対するSalvage食道切除術の治療成績とその対策,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 71回,p. S4-5,2017年06月
  • 食道アカラシア術前後におけるQOL改善効果について,東 重慶,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 71回,p. P69-6,2017年06月
  • 食道癌術後の難治性逆流に対するOverStitchを用いた内視鏡的逆流防止弁形成術,加藤 亮,山崎 誠,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 71回,p. P71-1,2017年06月
  • 糖尿病合併肥満患者に対するLSGの糖尿病寛解予測についての検討,額原 敦,宮崎 安弘,瀧口 修司,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 51,No. 3,p. 119-119,2017年06月
  • 穹窿部およびスリーブ状胃切除後残胃におけるグレリン発現状況と体重減少および術後リバウンドの関連,宮崎 安弘,新野 直樹,額原 敦,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 51,No. 3,p. 127-127,2017年06月
  • 当科における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の現状と成績,宮崎 安弘,新野 直樹,額原 敦,黒川 幸典,高橋 剛,田中 晃司,山崎 誠,牧野 知紀,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集,日本肥満症治療学会,Vol. 35回,p. 137-137,2017年06月
  • LSGにおける肥満治療チームの役割と介入の効果,宮崎 安弘,額原 敦,瀧口 修司,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集,日本肥満症治療学会,Vol. 35回,p. 137-137,2017年06月
  • 高齢者食道癌の治療方針 高齢食道癌患者の手術における術前高齢者総合機能評価(CGA:Comprehensive Geriatric Assessment)の有用性の検討,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 71回,p. S1-3,2017年06月
  • 食道良性疾患の外科治療 食道癌術後胃食道逆流に対する新規治療法の開発,山崎 誠,中島 清一,牧野 知紀,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 71回,p. W1-5,2017年06月
  • 食道癌に対する術前化学療法(ACF療法とDCF療法)における進行度別の治療効果の検討,田中 晃司,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 71回,p. O3-6,2017年06月
  • T4食道癌に対する3剤併用初期導入化学療法の可能性,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 71回,p. P26-3,2017年06月
  • 同時性重複癌を有する食道癌症例の検討,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 71回,p. P66-6,2017年06月
  • A Prospective Study of the Efficacy and Safety of Endoscopic Submucosal Dissection Using an Overtube With a Leak-Proof Adapter for Early Gastric Cancer: A Multicenter Study,Koichiro Sato,Takuya Yamada,Sayo Ito,Tomuyuki Kitagawa,Eiji Mita,Ichiro Yasuda,Kiyokazu Nakajima,Iruru Maetani,GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY,MOSBY-ELSEVIER,Vol. 85,No. 5,p. AB185-AB185,2017年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • SOCS-1 Gene Therapy Improves Irradiation-Resistance Through Targeting on the Inhibition of the STAT3 Activation in Esophageal Squamous Cell Carcinoma,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Tomoharu Ohkawara,Kosuke Hiramatsu,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Testuji Naka,MOLECULAR THERAPY,CELL PRESS,Vol. 25,No. 5,p. 65-65,2017年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Endoscopic Full-Thickness Resection Using a Novel Automatic Co-2 Insufflator,Shunsuke Kamba,Masakuni Kobayashi,Tomohiko R. Ohya,Naoto Tamai,Hiroto Furuhashi,Hiroaki Matsui,Kiyokazu Nakajima,Kazuki Sumiyama,GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY,MOSBY-ELSEVIER,Vol. 85,No. 5,p. AB523-AB523,2017年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 消化管吻合部リークテストの標準化へ向けた圧制御送気法の前臨床的検討,東 重慶,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-098,2017年04月
  • 新規自己組織化ペプチド製剤の滲出性出血に対する止血効果の前臨床検討,勝山 晋亮,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-166,2017年04月
  • 局所進行食道癌に対する集学的治療 食道癌が浸潤した周辺臓器に関する予後予測因子の分析に基づいた至適な導入療法(Optimal induction treatment based on analysis of prognostic factors for esophageal cancer invading adjacent organs),牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. SY-2,2017年04月
  • 食道扁平上皮癌に対するネオアジュバント化学療法 ACF併用療法とDCF併用療法の比較(Neoadjuvant chemotherapy for esophageal squa mous cell carcinoma: comparison of ACF therapy and DCF therapy),田中 晃司,菅生 貴仁,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. SF-07,2017年04月
  • 大血管浸潤食道癌に対する合併切除・再建術,山崎 誠,島村 和男,牧野 知紀,田中 晃司,阪本 朋彦,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,鳥飼 慶,中島 清一,瀧口 修司,倉谷 徹,澤 芳樹,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. SF-33,2017年04月
  • GIST再発高リスク症例に対するContour mapsによる予後予測,西垣 貴彦,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-003,2017年04月
  • 適応拡大を目指した医師主導治験の試み 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学診断,高橋 剛,原 尚志,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-004,2017年04月
  • 胃癌組織に浸潤した制御性T細胞の活性化マーカーとしてのICOSの有用性,浦川 真哉,和田 尚,加藤 亮,武岡 奉均,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-009,2017年04月
  • 胃癌における予後因子としてのTFFの有用性の検討,谷口 嘉毅,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-011,2017年04月
  • 食道癌術前化学療法症例の予後予測におけるMetabolic tumor volume(MTV)測定の有効性,益池 靖典,牧野 知紀,巽 光朗,宮崎 安弘,田中 晃司,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-012,2017年04月
  • 病的肥満症に対するLSG後リバウンド克服に向けて モデルマウスを用いたグレリン産生能変化の検討,新野 直樹,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-091,2017年04月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術後の減量効果不良因子についての検討,額原 敦,宮崎 安弘,瀧口 修司,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-091,2017年04月
  • 胃切除後食道癌手術における残胃温存再建法の検討,百瀬 洸太,山崎 誠,田中 晃司,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-100,2017年04月
  • 胃癌術前化学療法における有害事象のリスク因子の検討,橋本 直佳,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-167,2017年04月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡胃切除術の術後成績の検討 Propensity score matchingを用いた開腹胃切除術との比較,宮崎 安弘,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-174,2017年04月
  • 放射線治療抵抗性食道癌に対するSOCS1遺伝子併用療法の有効性,菅生 貴仁,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-179,2017年04月
  • 変異p53機能回復薬PRIMA-1の食道扁平上皮癌細胞株における治療効果とメカニズムの検証,古川 陽菜,牧野 知紀,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-179,2017年04月
  • イマチニブ耐性GISTに対するHSP90阻害薬の治療効果,斎藤 百合奈,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 117回,p. PS-245,2017年04月
  • ロボット支援下幽門側胃切除術(da Vinci surgical system)における、ラーニングカーブの検討,勝山 晋亮,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 354-354,2017年03月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における手術成績及び長期予後に関する検討(The surgical feasibility and long-term oncologic outcomes of laparoscopic surgery for gastric GIST),加藤 亮,高橋 剛,中島 清一,西村 潤一,益澤 徹,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 496-496,2017年03月
  • 当科におけるロボット支援下胃切除術(幽門側胃切除術および胃全摘術)の短期手術成績,田中 晃司,瀧口 修司,額原 敦,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 247-247,2017年03月
  • 噴門側胃切除後のロボット支援下上川法による食道残胃吻合の経験,額原 敦,宮崎 安弘,瀧口 修司,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 277-277,2017年03月
  • Propensity score matchingを用いた進行胃癌に対する腹腔鏡胃切除術と開腹胃切除術の比較(Comparison between laparoscopic and open gastrectomy),宮崎 安弘,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,田中 晃司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 289-289,2017年03月
  • 腹腔鏡下胃亜全摘と腹腔鏡下噴門側胃切除の短期成績の検討,古川 陽菜,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 314-314,2017年03月
  • 適応拡大を目指した医師主導治験の試み 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学診断(The trial for the doctor initiated clinical trial for photodynamic diagnosis of 5-ALA),高橋 剛,斎藤 百合菜,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 350-350,2017年03月
  • 当科におけるロボット支援下胃全摘術の治療成績,益池 靖典,瀧口 修司,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 354-354,2017年03月
  • 胃癌における術後炎症反応と骨髄由来抑制細胞(MDSC)との関連性,浦川 真哉,和田 尚,加藤 亮,武岡 奉均,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 396-396,2017年03月
  • 胃癌患者における術前診断と病理診断における進行度の乖離に関する検討,谷口 嘉毅,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 405-405,2017年03月
  • アミノレブリン酸による光線力学診断を用いた化学療法施行後の腹膜播種診断(Peritoneal dissemination diagnosis after chemotherapy using photodynamic diagnosis by ALA),斎藤 百合奈,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 438-438,2017年03月
  • 胃癌手術による体組成変化およびサルコペニア発症についての検討,新野 直樹,瀧口 修司,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 445-445,2017年03月
  • 腫瘍浸潤活性化TregのマーカーとしてICOSの有用性の検討,武岡 奉均,長瀬 博次,和田 尚,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 473-473,2017年03月
  • 残胃癌切除症例のリンパ節転移・再発形式に関する臨床病理学的検討(The evaluation for the lymphatic metastasis and recurrence of remnant gastric cancer),菅生 貴仁,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 477-477,2017年03月
  • 高齢胃癌患者の術後短期・長期成績および他病死に関する検討,橋本 直佳,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 489-489,2017年03月
  • 高齢者GIST患者に対するイマチニブ治療(Imatinib treatment for advanced GIST in elderly patients),西垣 貴彦,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 505-505,2017年03月
  • 【表在型食道胃接合部癌の治療戦略】 表在型食道胃接合部癌の外科的切除の実際と課題,黒川 幸典,橋本 直佳,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,胃と腸,(株)医学書院,Vol. 52,No. 3,p. 347-352,2017年03月
  • 【「がん治療と栄養」〜最近のトピックス〜】 消化器がん特に上部消化管がん治療におけるグレリンの役割,宮崎 安弘,瀧口 修司,高橋 剛,黒川 幸典,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本静脈経腸栄養学会雑誌,(株)ジェフコーポレーション,Vol. 32,No. 1,p. 811-816,2017年03月
  • 胃癌患者における血漿フィブリノゲン値と好中球/リンパ球比の統合スコアによる予後予測能(Prognostic value of combination of fibrinogen with neutrophil-lymphocyte ratio in gastric cancer),山本 昌明,黒川 幸典,谷口 嘉毅,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 237-237,2017年03月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術の短期治療成績,原 豪男,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 89回,p. 245-245,2017年03月
  • アカラシア類縁疾患の検討,勝山 晋亮,中島 清一,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,胃病態機能研究会誌,(株)勁草書房コミュニケーション事業部,Vol. 49,p. 51-51,2017年02月
  • 胃癌腹膜播種に対するアデノウイルスベクターを用いたSOCS‐1遺伝子治療,中塚梨絵,高橋剛,世良田聡,藤本穣,大河原知治,宮崎安弘,黒川幸典,中島清一,瀧口修司,仲哲治,森正樹,土岐祐一郎,日本がん転移学会学術集会・総会プログラム抄録集,Vol. 26th,2017年
  • SOCS1遺伝子治療は放射線治療のDNA障害を増強する,菅生貴仁,菅生貴仁,菅生貴仁,高橋剛,世良田聡,平松宏祐,大河原知治,藤本穣,田中晃司,宮崎安弘,牧野知紀,黒川幸典,山崎誠,中島清一,瀧口修司,森正樹,土岐祐一郎,仲哲治,日本がん転移学会学術集会・総会プログラム抄録集,Vol. 26th,2017年
  • クローン病術後吻合部内視鏡再発に対する抗TNFα抗体の治療効果の検討,大原信福,水島恒和,水島恒和,松田宙,畑泰司,西村潤一,原口直紹,高橋秀和,中島清一,土岐祐一郎,森正樹,日本外科学会定期学術集会(Web),Vol. 117th,2017年
  • 潰瘍性大腸炎(癌/Dysplasia・難治)に対する腹腔鏡下大腸全摘・回腸嚢肛門(管)吻合術,水島恒和,松田宙,畑泰司,西村潤一,原口直紹,高橋秀和,深田唯史,松野裕旨,中島清一,土岐祐一郎,森正樹,日本外科学会定期学術集会(Web),Vol. 117th,2017年
  • クローン病関連大腸癌診療におけるサーベイランスの意義,水島恒和,水島恒和,松野裕旨,高橋秀和,原口直紹,西村潤一,畑泰司,松田宙,中島清一,山本浩文,根津理一郎,土岐祐一郎,森正樹,大腸癌研究会プログラム・抄録集,Vol. 87th,2017年
  • 腹腔鏡下胃全摘後の再建法とD2郭清手技 ハザードマップを念頭においた食道空腸リニアステープラー再建,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. PD5-3,2016年12月
  • ロボット支援胃癌手術 安全な導入にむけて 当科におけるロボット支援胃切除術を安全に行うためのシステム・マニュアル策定,宮崎 安弘,額原 敦,浦川 真哉,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. WS23-2,2016年12月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における手術成績及び予後に関する検討,加藤 亮,高橋 剛,中島 清一,西村 潤一,益澤 徹,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. OS40-3,2016年12月
  • 腹腔鏡下胃全摘に対する腹腔鏡下噴門側胃切除、ダブルトラクト再建のメリットとデメリット 術後1年目の比較,額原 敦,宮崎 安弘,瀧口 修司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. OS42-7,2016年12月
  • 腹腔鏡下に切除した早期胃癌に併発した傍大動脈領域の神経鞘腫の1例,額原 敦,宮崎 安弘,瀧口 修司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. DP11-4,2016年12月
  • 極細径手術用綿棒の安全性、有用性の検討,勝山 晋亮,赤井 和孝,前田 育男,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. DP12-3,2016年12月
  • リークテスト標準化に向けた前臨床的検討,東 重慶,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,黒川 幸典,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. DP12-9,2016年12月
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除の郭清法(アプローチ)、吻合法 腹腔鏡下幽門側胃切除B-I再建における術後機能評価 circular吻合とlinear吻合の比較,黒川 幸典,瀧口 修司,柳本 喜智,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. PD11-5,2016年12月
  • 腹腔鏡下胃切除術における至適体位の検討,菅生 貴仁,瀧口 修司,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. OS76-7,2016年12月
  • 5-アミノレブリン酸による光力学診断を併用した胃癌腹膜播種に対する審査腹腔鏡検査の有用性,斎藤 百合奈,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. OS84-2,2016年12月
  • 高齢者食道癌に対する胸腔鏡下食道切除術の短期手術成績,原 豪男,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. OS92-3,2016年12月
  • 開胸手術との比較による胸腔鏡下食道切除術の手術成績の検討,古川 陽菜,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. OS92-5,2016年12月
  • メタボリックサージェリーとしての腹腔鏡下袖状胃切除術,新野 直樹,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. OS108-5,2016年12月
  • 新型シミュレーターを用いた腹腔鏡セミナーの有用性の検討,武岡 奉均,瀧口 修司,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. OS145-1,2016年12月
  • 腹腔鏡下胃亜全摘(極小残胃空腸吻合)による胃底部温存,黒川 幸典,古川 陽菜,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. OS222-4,2016年12月
  • 内視鏡補助腹腔鏡下粘膜下層剥離術で治療しえた傍乳頭十二指腸腫瘍の1例,浦川 真哉,宮崎 安弘,瀧口 修司,高橋 剛,黒川 幸典,田中 晃司,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. DP10-5,2016年12月
  • 大動脈内バルーンパンピングを併用し腹腔鏡下胃切除術を行った拡張型心筋症合併早期胃癌の一例,益池 靖典,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 21,No. 7,p. DP43-11,2016年12月
  • The mutation status of KIT and PDGFRA of GIST patients in Japan,Tsuyoshi Takahashi,Seiichi Hirota,Yashuhiro Miyazaki,Yukinori Kurokawa,Tomonori Makino,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 31,p. 57-57,2016年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Short- and long-term outcomes of larynx preserving surgery for cervical esophageal cancer-analysis of 100 consecutive cases,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Koji Tanaka,Yasuhiro Miyazaki,Tsuyoshi Takahashi,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 31,p. 33-33,2016年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 肉眼的に胃浸潤が疑われた若年発症の小腸間膜原発デスモイドの1例,斎藤 百合奈,高橋 剛,原 尚志,中島 清一,瀧口 修司,土岐 祐一郎,外科,(株)南江堂,Vol. 78,No. 11,p. 1225-1227,2016年11月
  • 上部消化管の術後評価のための指標,小寺 泰弘,中田 浩二,宮崎 安弘,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,本多 通孝,臨床外科,(株)医学書院,Vol. 71,No. 12,p. 1384-1393,2016年11月
  • 胃上部進行胃癌に対する術前化学療法併用腹腔鏡下胃全摘術の2例,小田切 数基,宮崎 安弘,瀧口 修司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 43,No. 12,p. 1884-1886,2016年11月
  • GIST術後5年以降の晩期再発症例の検討,和田 範子,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,益澤 徹,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 43,No. 12,p. 2118-2120,2016年11月
  • クローン病腸管不全症例の検討,渡部嘉文,水島恒和,池嶋遼,関戸悠紀,深田唯史,松野裕旨,高橋秀和,原口直紹,西村潤一,畑泰司,松田宙,中島清一,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本臨床外科学会雑誌,Vol. 77,2016年10月20日
  • 腹腔鏡下手術における新しい吸引凝固嘴管の使用経験,勝山晋亮,中島清一,中島清一,黒川幸典,水島恒和,西村潤一,高橋剛,宮崎安弘,牧野知紀,山崎誠,瀧口修司,森正樹,土岐祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,Vol. 77,2016年10月20日
  • SOCS1を用いた食道癌に対する新規遺伝子治療の有効性,菅生 貴仁,高橋 剛,世良田 聡,中塚 梨絵,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修二,森 正樹,土岐 祐一郎,仲 哲治,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 75回,p. P-3329,2016年10月
  • GIST GISTに対する分子標的薬治療 小腸GISTの臨床病理学的検討,菅生 貴仁,高橋 剛,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修二,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. MS24-3,2016年10月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における当院の工夫,宮崎 安弘,新野 直樹,額原 敦,黒川 幸典,高橋 剛,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 77,No. 増刊,p. 610-610,2016年10月
  • 胃 胃がん手術療法における創意工夫 ロボット支援下腹腔鏡下幽門側胃切除術の治療成績 腹腔鏡下幽門側胃切除術と比較して,宮崎 安弘,浦川 真哉,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. MS25-1,2016年10月
  • 胃 胃がん手術療法における創意工夫 穹窿部進行胃癌における腹腔鏡下16a2lat郭清の安全性と必要性,浦川 真哉,宮崎 安弘,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. MS25-2,2016年10月
  • 胃 予後予測 胃癌術前化学療法における有害事象発現の予測因子の検討,橋本 直佳,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. WS8-3,2016年10月
  • 胃 栄養管理 術前肥満指標が胃癌術後短期成績に及ぼす影響,谷口 嘉毅,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. WS9-6,2016年10月
  • 胃 手術療法 術前化学療法を施行した進行胃癌に対する腹腔鏡手術の安全性についての検討,額原 敦,宮崎 安弘,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. WS46-6,2016年10月
  • 食道 食道がんの予後・有害事象に関連する因子 食道癌術後の右胸腔ドレーン排液量に関連する因子の検討,加藤 亮,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. WS73-3,2016年10月
  • 食道 食道がんの予後・有害事象に関連する因子 食道癌におけるpoly(ADP-ribose)polymerase1発現の意義,山本 昌明,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. WS73-6,2016年10月
  • 胃 化学療法 当科における高齢者胃癌術後補助化学療法の実施状況と高齢者総合機能評価(CGA),古川 陽菜,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. WS101-6,2016年10月
  • 植え込み型左心補助人工心臓下における、胃癌手術の一例,勝山 晋亮,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. P7-8,2016年10月
  • イマチニブ不忍容GIST症例におけるスニチニブ治療の忍容性に関する検討,和田 範子,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,益澤 徹,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. P38-2,2016年10月
  • クローン病直腸肛門病変に対する腹腔鏡下直腸切断術の位置付け,水島恒和,水島恒和,中島清一,松田宙,畑泰司,西村潤一,原口直紹,高橋秀和,深田唯史,松野裕旨,関戸悠紀,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸肛門病学会雑誌(Web),Vol. 69,2016年10月
  • 当院におけるクローン病に対する腹腔鏡下手術の検討,池嶋遼,水島恒和,高橋秀和,原口直紹,西村潤一,畑泰司,松田宙,中島清一,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸肛門病学会雑誌(Web),Vol. 69,2016年10月
  • 食道・胃接合部癌に対する術式選択とその考え方 食道胃接合部癌における縦隔郭清の適応規準,黒川 幸典,和田 範子,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 77,No. 増刊,p. 395-395,2016年10月
  • 残胃癌切除症例に対するリンパ節転移・再発形式に関する臨床病理学的検討,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 77,No. 増刊,p. 553-553,2016年10月
  • 高齢胃癌患者の術後短期および長期成績の検討,橋本 直佳,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 77,No. 増刊,p. 711-711,2016年10月
  • BMIと内臓脂肪面積が胃癌手術の短期成績に及ぼす影響,谷口 嘉毅,黒川 幸典,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 77,No. 増刊,p. 720-720,2016年10月
  • 腫瘍破裂を伴うGISTの臨床病理学的特徴とその予後,菅生 貴仁,高橋 剛,中島 清一,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修二,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 77,No. 増刊,p. 721-721,2016年10月
  • 再発高リスクGISTに対する術後補助化学療法,西垣 貴彦,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 77,No. 増刊,p. 722-722,2016年10月
  • 食道 食道がんのバイオマーカー 食道癌におけるMLH-1発現と化学療法の有効性についての検討,百瀬 洸太,山崎 誠,田中 晃司,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. MS19-2,2016年10月
  • 食道 食道がんのバイオマーカー DCF療法の効果予測としての免疫担当細胞の解析,武岡 奉均,和田 尚,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. MS19-4,2016年10月
  • GIST GISTに対する分子標的薬治療 GISTイマチニブ治療における血中濃度測定,西垣 貴彦,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. MS24-2,2016年10月
  • 胃 手術療法 胃癌手術による体組成および握力変化についての検討,新野 直樹,瀧口 修司,宮崎 安弘,田中 晃司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. WS45-3,2016年10月
  • 食道 食道がんの予後・有害事象に関連する因子 胸部食道癌に対する頸部リンパ節郭清が術後合併症に及ぼす影響 傾向スコア解析より,原 豪男,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,山下 公太郎,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. WS73-1,2016年10月
  • 腹部傍大動脈リンパ節転移を伴った胸部食道表在癌の一切除例,益池 靖典,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. P31-4,2016年10月
  • GISTに対するレゴラフェニブ治療の副作用と用量調整に関する検討,斎藤 百合奈,高橋 剛,田中 晃司,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会学術集会抄録集,(一社)日本癌治療学会,Vol. 54回,p. P38-6,2016年10月
  • Antitumor effect of gene therapy with SOCS-1 in esophageal squamous cell carcinoma,Takahito Sugase,Tsuyoshi Takahashi,Serada Satoshi,Eri Nakatsuka,Minoru Fujimoto,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,CANCER RESEARCH,AMER ASSOC CANCER RESEARCH,Vol. 76,2016年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Glypican-1 is a potential marker of prognosis and involved in chemoresistance of cisplatin in esophageal squamous cell cancer,Takahiko Nishigaki,Tsuyoshi Takahashi,Satishi Serada,Minoru Fujimoto,Hisashi Hara,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,CANCER RESEARCH,AMER ASSOC CANCER RESEARCH,Vol. 76,2016年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 食道胃接合部腺癌の至適郭清範囲と切除範囲 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下大動脈周囲リンパ節郭清,黒川 幸典,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 42-42,2016年07月
  • バルンアシスト併用腹腔鏡下食道アカラシア根治術50例の検討,勝山 晋亮,中島 清一,高橋 剛,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 65-65,2016年07月
  • 食道癌根治術における頸部郭清の個別化についての検討,長瀬 博次,山崎 誠,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 71-71,2016年07月
  • 胸部食道癌におけるNo.106pre、106tbLリンパ節郭清の意義,大久保 聡,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 94-94,2016年07月
  • 食道癌切除術におけるリンパ節郭清領域が術後短期合併症に与える影響,山下 公太郎,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 94-94,2016年07月
  • 胸郭体型および縦隔解剖に基づいた食道癌手術難易度評価の意義,浦川 真哉,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 95-95,2016年07月
  • T4食道癌に対するDCF(DTX、CDDP、5-FU)初回導入化学療法の有用性 傾向スコア解析より,牧野 知紀,山崎 誠,和田 範子,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 98-98,2016年07月
  • 食道癌における術前化学療法の治療成績FAP療法とDCF療法の比較,菅生 貴仁,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 99-99,2016年07月
  • 食道癌術後肺転移症例の検討,谷口 嘉毅,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 106-106,2016年07月
  • 幽門側胃切除、B-I再建後の食道癌に対する残胃温存有茎空腸皮下ダブルトラクト再建,新野 直樹,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 111-111,2016年07月
  • 喫煙歴、飲酒歴が食道扁平上皮癌の臨床病理学的特徴および予後に与える影響について,橋本 直佳,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 125-125,2016年07月
  • 高齢者に対する食道癌術後好中球エラスターゼ阻害薬投与の有用性 傾向スコア解析,和田 範子,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 127-127,2016年07月
  • 食道癌術後の胸腔ドレーン排液量に関連する因子についての検討,加藤 亮,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 129-129,2016年07月
  • 胸部食道癌に対する胸腔鏡下食道切除術の有用性に関する検討,古川 陽菜,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 155-155,2016年07月
  • バルーン拡張術時に食道穿孔を生じ緊急食道抜去術を施行した食道アカラシアの一例,益池 靖典,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 161-161,2016年07月
  • 食道癌術後の逆流頻度とQOLの検討,中原 裕次郎,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 173-173,2016年07月
  • 食道癌患者に対するDCF療法における発熱性好中球減少症に関する検討,山本 昌明,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 180-180,2016年07月
  • グレリン投与による食道癌化学療法に伴う腎障害軽減を目的としたランダム化第2相試験,柳本 喜智,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 181-181,2016年07月
  • cT2N0M0 stageII食道癌に対する術前化学療法の結果(Results of preoperative chemotherapy for esophageal cancer cT2NO MOStagell),斎藤 百合奈,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 182-182,2016年07月
  • 胸部食道癌手術周術期におけるグレリン投与による抗炎症効果および予後への影響,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 185-185,2016年07月
  • 消化管吻合部リークテストの標準化に向けた前臨床的検討,東 重慶,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 198-198,2016年07月
  • 食道癌手術における、ICG蛍光造影を用いた術中気管血流評価法の検討,百瀬 洸太,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 199-199,2016年07月
  • 食道癌術後における吻合部狭窄発症のリスク因子に関する検討,西垣 貴彦,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 202-202,2016年07月
  • 新取扱い規約に基づく食道アカラシア手術症例の中長期成績,加藤 亮,中島 清一,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P1-1,2016年07月
  • アカラシア類縁疾患の検討,勝山 晋亮,中島 清一,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P1-1,2016年07月
  • 食道癌患者に対するGlypican-1の診断マーカーとしての有用性に関する検討,原 尚志,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P1-5,2016年07月
  • 胃切除後症状における胃排泄シンチグラフィーの有用性についての検討,原田 百合奈,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P1-9,2016年07月
  • 胃癌手術による体組成および握力変化についての検討,新野 直樹,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P1-21,2016年07月
  • 5-アミノレブリン酸を用いた胃癌腹膜播種の光線力学診断の有用性に関する医師主導治験の試み,高橋 剛,原 尚志,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P1-23,2016年07月
  • イマチニブ耐性GIST患者の末梢血におけるC-KITの変異検索,和田 範子,黒川 幸典,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P1-26,2016年07月
  • 進行性胃癌に対する腹腔鏡下胃切除 Orthodox & Serendipity 進行性胃癌に対するネオアジュバント化学療法後の腹腔鏡下胃切除術(Laparoscopic gastrectomy for advanced gastric cancer: Orthodox & Serendipity Laparoscopic gastrectomy for advanced gastric cancer following neo adjuvant chemotherapy),瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. SY5-6,2016年07月
  • 食道扁平上皮癌術前化学療法症例における血清p53抗体価の重要性,山下 公太郎,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P2-3,2016年07月
  • 当院における胸部食道癌に対する胸腔鏡下食道切除術の治療成績,古川 陽菜,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P2-7,2016年07月
  • 完全鏡視下腹腔鏡下胃全摘術における食道空腸吻合の定型化,宮崎 安弘,瀧口 修司,新野 直樹,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P2-16,2016年07月
  • 胃癌術前補助化学療法における有害事象発現に関する危険因子の検討,橋本 直佳,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P2-20,2016年07月
  • 胃GISTの発育形態は術前に正確に診断可能か?,東 重慶,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P2-23,2016年07月
  • GIST術後再発の予測に最適なリスク分類の検討,西垣 貴彦,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P2-23,2016年07月
  • LPG double tract再建術とLTG Roux-en-Y再建術の術後1年目における栄養学変化と消化管機能の比較試験,柳本 喜智,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. VD9-1,2016年07月
  • 高齢者食道癌の術前DCF療法は安全か? 高齢者総合機能評価の有用性,百瀬 洸太,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P3-1,2016年07月
  • 食道扁平上皮癌における内視鏡上の腫瘍の局在とリンパ節転移部位の検討,中原 裕次郎,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P3-2,2016年07月
  • 術前化学療法後進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の安全性に関する検討,浦川 真哉,宮崎 安弘,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P3-8,2016年07月
  • RGB分類(食物残渣)が反映する胃術後障害に関する検討,武岡 奉均,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P3-11,2016年07月
  • 小腸GISTの臨床病理学的検討,菅生 貴仁,高橋 剛,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 71回,p. P3-43,2016年07月
  • 食道癌における単発リンパ節再発の検討 Surgical Failure or Systemic disease?,牧野 知紀,山崎 誠,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 70回,p. 104-104,2016年07月
  • メタボリックサージェリーとしての腹腔鏡下袖状胃切除術,新野 直樹,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 50,No. 3,p. 166-166,2016年06月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術施行患者における胃内グレリン発現状況の臨床的意義,宮崎 安弘,新野 直樹,額原 敦,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 50,No. 3,p. 166-166,2016年06月
  • 減量手術治療成績における精神疾患の影響,額原 敦,宮崎 安弘,新野 直樹,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 50,No. 3,p. 167-167,2016年06月
  • 傍乳頭十二指腸腫瘍に対して内視鏡補助腹腔鏡下粘膜下層剥離術を施行しえた1例,宮崎 安弘,瀧口 修司,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科系連合学会誌,日本外科系連合学会,Vol. 41,No. 3,p. 450-450,2016年05月
  • 膵癌細胞株におけるGlypican-1の機能と抗体治療の可能性,西垣 貴彦,高橋 剛,世良田 聡,原 尚志,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,仲 哲治,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. PS-001,2016年04月
  • 開腹手術患者に対するアバンドR投与による創関連合併症発生抑制効果に関する二重盲検化ランダム化比較試験,和田 範子,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,江口 英利,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. PS-014,2016年04月
  • 食道癌に対する新規標的分子Glypican-1についての臨床病理学的検討と薬剤耐性に関する検討,原 尚志,高橋 剛,世良田 聡,西垣 貴彦,菅生 貴仁,大鶴 徹,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,藤本 穣,中島 清一,瀧口 修司,仲 哲治,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-014,2016年04月
  • 食道癌に対するアデノウイルスベクターを用いたSOCS1遺伝子治療,菅生 貴仁,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-014,2016年04月
  • 食道癌における高難度手術 コツと技 気管・大血管浸潤食道癌に対する合併切除・再建術,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. SY-4,2016年04月
  • 胃癌における予後因子としてのTFFの有用性,谷口 嘉毅,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-015,2016年04月
  • 進行食道癌に対する集学的治療の最新の知見 T4食道癌に対する初回導入療法としての3剤併用化学療法の有用性,牧野 知紀,山崎 誠,宮田 博志,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. PD-9,2016年04月
  • 病的肥満症患者におけるグレリン産生細胞数と袖状胃切除術治療効果の関係,新野 直樹,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-043,2016年04月
  • 当院におけるスリーブ状胃切除術成績と術前因子,宮崎 安弘,瀧口 修司,新野 直樹,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-043,2016年04月
  • 腹腔鏡下手術におけるSurgical Smokeの排煙方法の研究,東 重慶,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. PS-119,2016年04月
  • 胃癌術中迅速病理学的検査における切除断端陽性の影響,大久保 聡,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. PS-131,2016年04月
  • 食道癌根治術における頸部郭清の個別化についての検討,百瀬 洸太,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-057,2016年04月
  • 食道癌における大動脈周囲リンパ節に関する検討,山本 昌明,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. PS-113,2016年04月
  • 腫瘍局所に浸潤する制御性T細胞の活性化マーカーとしてICOSの有用性の検討,長瀬 博次,和田 尚,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-078,2016年04月
  • 食道癌化学療法の治療効果予測における血清microRNA測定の意義,古川 陽菜,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. PS-193,2016年04月
  • 食道扁平上皮癌患者における口腔内評価と化学療法有害事象、術後合併症の検討,中原 裕次郎,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. PS-190,2016年04月
  • Toll-like receptor3,4をアジュバントとするNY-ESO-1タンパクがんワクチン臨床試験,武岡 奉均,和田 尚,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-097,2016年04月
  • 胃癌における新規腫瘍マーカーとしてのNY-ESO-1抗体,加藤 亮,和田 尚,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. PS-209,2016年04月
  • 食道癌におけるオートファジーと化学療法抵抗性の関連についての検討,山下 公太郎,牧野 知紀,宮田 博志,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-083,2016年04月
  • 体上部・体下部早期胃癌3病変に対して、内視鏡的粘膜下層剥離術および腹腔鏡下幽門側胃切除を施行し、胃全摘を回避しえた1例,久保 孝介,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. RS-5,2016年04月
  • ヒト食道癌におけるMFG-E8発現を介した免疫抑制機序の存在とその意義,金村 剛志,牧野 知紀,宮田 博志,田中 晃司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,田原 秀晃,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 116回,p. OP-082,2016年04月
  • Siewert typeII 食道胃接合部癌に対する術式の比較・検討,東 重慶,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 193-193,2016年03月
  • 残胃癌切除症例に対するリンパ節転移・再発形式に関する臨床病理学的検討,原 尚志,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 195-195,2016年03月
  • 吻合部に発生した残胃早期癌に対して腹腔鏡下残胃部分切除術を施行した一例,山本 昌明,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 196-196,2016年03月
  • B-I再建後残胃癌に対する腹腔鏡下残胃全摘術の検討,百瀬 洸太,宮崎 安弘,瀧口 修司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 197-197,2016年03月
  • 長期成績評価からみた高齢胃癌患者の手術適応,宮崎 安弘,黒川 幸典,三上 城太,高橋 剛,瀧口 修司,山崎 誠,牧野 知紀,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 203-203,2016年03月
  • 当科における造影CTによるイマチニブのGIST治療効果判定,斎藤 百合奈,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 220-220,2016年03月
  • Imatinib耐性GISTにおけるctDNAからのsecondary mutationの検出(Detecting secondary mutations in circulating tumor DNA of patients with imatinib-resistant GIST),和田 範子,黒川 幸典,高橋 剛,浜川 卓也,廣田 誠一,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 221-221,2016年03月
  • GISTイマチニブ治療における効果予測因子の検討,西垣 貴彦,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 226-226,2016年03月
  • 胃GISTの腹腔鏡下手術における長期予後に関する検討,加藤 亮,高橋 剛,中島 清一,西村 潤一,益澤 徹,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 227-227,2016年03月
  • 腹腔鏡下胃切除術における膵周囲解剖学的位置と周術期短期成績との関係,菅生 貴仁,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 252-252,2016年03月
  • 噴門側胃切除術後再建方法の検討 食道残胃吻合 vs Double-Tract再建,新野 直樹,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 264-264,2016年03月
  • 高度肥満早期胃癌患者に対し腹腔鏡下幽門側胃切除Long Roux-Y再建術を施行した1例,山下 公太郎,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 265-265,2016年03月
  • ロボット支援下幽門側胃切除術の手術成績と今後の展望,浦川 真哉,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 269-269,2016年03月
  • 術後膵液瘻による入院長期化とドレーン排液中アミラーゼ濃度の関連性,谷口 嘉毅,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 279-279,2016年03月
  • 腹腔鏡下噴門側胃切除術ダブルトラクト再建術の術後1年目における栄養学変化と消化管機能,柳本 喜智,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 319-319,2016年03月
  • 胃切除後の残胃におけるRGB分類(食物残渣)が反映する胃術後障害に関する検討,武岡 奉均,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 321-321,2016年03月
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除Billroth-I再建術における吻合法による消化管機能の比較試験,金村 剛志,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 322-322,2016年03月
  • 5-アミノレブリン酸を用いた光線力学診断を用いた審査腹検査の経験,高橋 剛,原 尚志,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 331-331,2016年03月
  • 腫瘍局所に浸潤する制御性T細胞の活性化マーカーとしてICOSの有用性の検討,長瀬 博次,和田 尚,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 370-370,2016年03月
  • 胃癌術中迅速病理学的検査における切除断端陽性と長期予後との関連性,大久保 聡,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 375-375,2016年03月
  • 腹膜炎術後に腹腔鏡下幽門側胃切除術を施行した胃癌の1例,中原 裕次郎,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 390-390,2016年03月
  • MDCTによる胃癌の術前深達度診断精度の検討,古川 陽菜,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 88回,p. 450-450,2016年03月
  • The examination of appropriate surveillance after resection of GIST from 115 recurrent patients,Noriko Wada,Tsuyoshi Takahashi,Toru Masuzawa,Junji Kawata,Toshirou Nishida,Yukinori Kurokawa,Kiyokazu Nakajima,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY,Vol. 34,No. 4,2016年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • The clinical trial for photodynamic diagnosis mediated 5-ALA for peritoneal metastasis due to advanced gastric cancer.,Tsuyoshi Takahashi,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Shuji Takiguchi,Kiyokazu Nakajima,Masaki Mori,Yuichiro Doki,JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY,Vol. 34,No. 4,2016年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Glypican‐1による食道癌に対する化学療法耐性メカニズムの検討,高橋剛,原尚志,原尚志,世良田聡,藤本穣,宮崎安弘,牧野知紀,黒川幸典,山崎誠,中島清一,瀧口修司,仲哲治,森正樹,土岐祐一郎,日本がん分子標的治療学会学術集会プログラム・抄録集,Vol. 20th,2016年
  • サーベイランスで診断したクローン病関連癌症例の検討,松野裕旨,水島恒和,中島清一,高橋秀和,原口直紹,西村潤一,畑泰司,竹政伊知朗,山本浩文,長谷川順一,根津理一郎,土岐祐一郎,森正樹,日本外科学会定期学術集会(Web),Vol. 116th,2016年
  • 食道胃接合部癌に対する内視鏡外科手術 精密なリンパ節郭清そして安全かつ後遺症が少ない再建 進行接合部癌に対する腹腔鏡下・下部食道・噴門側胃切除 下縦隔+16a2lat郭清,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. SY18-3,2015年12月
  • 手術支援ロボットがもたらす新たな胃癌手術 膵上縁リンパ節郭清におけるロボット支援下胃切除術の有用性,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. SY33-4,2015年12月
  • 内視鏡外科のこれからの教育 工夫を持ち寄って最善を探る 内視鏡外科教育の実際と今後,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. WS2-3,2015年12月
  • 胃粘膜下腫瘍に対する臓器温存低侵襲外科治療 胃粘膜下腫瘍に対するtailored approach,中島 清一,高橋 剛,黒川 幸典,宮崎 安弘,山崎 誠,牧野 知紀,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. WS14-3,2015年12月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除 各施設の手技と工夫 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における細径鉗子を用いた肝左葉挙上,宮崎 安弘,瀧口 修司,新野 直樹,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. PD6-5,2015年12月
  • 腹腔鏡下噴門側胃切除後の再建 革新を目指して 噴門側胃切除術後再建方法の検討 食道残胃吻合vs Double-Tract再建,新野 直樹,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. PD10-8,2015年12月
  • 上部進行胃癌に対する腹腔鏡手術 解剖とエビデンスに基づいたリンパ節郭清 食道浸潤を伴う上部進行胃癌に対する腹腔鏡下大動脈周囲リンパ節郭清,黒川 幸典,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. PD13-7,2015年12月
  • 評価型外科縫合シミュレーターを用いた腹腔鏡セミナーによる個々の上達度の検討,武岡 奉均,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS31-4,2015年12月
  • 軟性内視鏡用洗浄吸引カテーテルの改良 産学連携を通じた試み,伴 菜美子,保坂 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,牧野 知紀,黒川 幸典,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS51-2,2015年12月
  • 噴門近傍の胃粘膜下腫瘍に対する単孔式腹腔鏡下胃内手術,金村 剛志,中島 清一,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS98-5,2015年12月
  • 腹部大手術既往症例に対する腹腔鏡下胃切除術のコツとピットフォール,山下 公太郎,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS103-8,2015年12月
  • 当院におけるSiewert TypeII食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下噴門側胃切除Double tract再建,古川 陽菜,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,土岐 祐一郎,森 正樹,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS108-7,2015年12月
  • 胃GISTに対する腹腔鏡下手術における単孔式アプローチの治療成績の検討,高橋 剛,中島 清一,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,牧野 知紀,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS110-2,2015年12月
  • 腹腔鏡手術におけるSurgical Smokeの効率的な排煙法の研究,東 重慶,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS113-6,2015年12月
  • 腹腔鏡下胃切除術における膵周囲解剖学的位置と術後ドレーンアミラーゼ値との関係,菅生 貴仁,宮崎 安弘,瀧口 修司,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS115-2,2015年12月
  • 腹腔鏡下胃全摘後再建における視野展開・手技の定型化 術中トラブルを減らすために,宮崎 安弘,瀧口 修司,新野 直樹,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS157-5,2015年12月
  • 呼吸器症状を契機に診断された巨大食道裂孔ヘルニアに対する胸腔鏡併用腹腔鏡修復術を施行した1例,加藤 亮,高橋 剛,南 正人,木村 賢二,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,奥村 明之進,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS260-2,2015年12月
  • 胃癌腹膜播種に対する5-アミノレブリン酸を用いた光線力学診断の診断能と更なる診断能向上に向けての課題,原 尚志,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS312-7,2015年12月
  • 残胃早期癌に対して腹腔鏡下残胃部分切除術を施行した一例,山本 昌明,宮崎 安弘,高橋 剛,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 20,No. 7,p. OS315-5,2015年12月
  • 【食道胃接合部癌に対する手術手技-コツとピットフォール-】 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下リンパ節郭清手技 下縦隔・大動脈周囲リンパ節郭清,黒川 幸典,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,癌の臨床,(株)篠原出版新社,Vol. 61,No. 5,p. 323-326,2015年11月
  • 特発性血小板減少性紫斑病を合併した食道癌の1例,中原 裕次郎,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 42,No. 12,p. 1911-1913,2015年11月
  • トラスツズマブが著効し治癒切除し得た胃癌術後再々発の1例,大久保 聡,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 42,No. 12,p. 2094-2096,2015年11月
  • 食道癌術後皮下再建結腸に発生した結腸癌の1例,山本 昌明,山崎 誠,坂井 大介,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 42,No. 12,p. 2230-2232,2015年11月
  • 外科医が行う臨床試験 その方法と問題点 5-アミノレブリン酸を用いた胃癌腹膜播種の光線力学診断の有用性に関する医師主導治験の試み,高橋 剛,原 尚志,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 455-455,2015年10月
  • 合併症を減らすステープリングデバイス、自動縫合器の使用方法 腹腔鏡下胃全摘術における食道空腸吻合 合併症を減らすためのステープリングデバイス手技の定型化,宮崎 安弘,瀧口 修司,新野 直樹,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 473-473,2015年10月
  • 超高齢者上部消化管癌手術の術後せん妄予測における高齢者総合機能評価の有用性,山本 昌明,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 568-568,2015年10月
  • 十二指腸GISTの術式別臨床病理学的検討,菅生 貴仁,高橋 剛,中島 清一,益澤 徹,西田 俊朗,廣田 誠一,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 634-634,2015年10月
  • 胃癌術後膵液瘻による入院長期化の予測因子,谷口 嘉毅,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 690-690,2015年10月
  • 胃癌切除術後骨障害の頻度とそのリスク因子,西垣 貴彦,高橋 剛,中塚 梨絵,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 690-690,2015年10月
  • 胃GISTの術前画像と術中所見における発育形態の検討,東 重慶,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 692-692,2015年10月
  • 食道扁平上皮癌の術後再発予測における血清p53抗体価の重要性,山下 公太郎,牧野 知紀,山崎 誠,山本 昌明,古川 陽菜,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 734-734,2015年10月
  • 当院における食道原発悪性黒色腫5例の臨床病理学的検討,橋本 直佳,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 736-736,2015年10月
  • 胃癌R0切除症例におけるリンパ球減少症と予後との関連性,大久保 聡,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 780-780,2015年10月
  • 術前CT検査にて診断した気管憩室を有する胸部食道癌の一例,百瀬 洸太,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 836-836,2015年10月
  • 残胃温存有茎空腸皮下ダブルトラクト再建を施行した食道癌の1例,中原 裕次郎,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 増刊,p. 837-837,2015年10月
  • 腫瘍をめぐるQ&A(Question 83) 食道癌に対する胸腔鏡下手術について教えてください,山本 昌明,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,Surgery Frontier,(株)メディカルレビュー社,Vol. 22,No. 3,p. 273-275,2015年09月
  • 術前画像診断における胃癌漿膜浸潤症例の検討,塚尾 祐貴子,高橋 剛,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,Gastroenterological Endoscopy,(一社)日本消化器内視鏡学会,Vol. 57,No. Suppl.2,p. 2101-2101,2015年09月
  • 胃 胃がんの手術と術後治療法 残胃癌切除症例の転移・再発形式に関する臨床病理学的検討,原 尚志,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会誌,(一社)日本癌治療学会,Vol. 50,No. 3,p. 1356-1356,2015年09月
  • GIST GISTのマネージメント 胃粘膜下腫瘍におけるDelleの意義,福田 周一,中島 清一,高橋 剛,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会誌,(一社)日本癌治療学会,Vol. 50,No. 3,p. 2208-2208,2015年09月
  • GIST GISTのマネージメント GISTに対するイマチニブの血中濃度を用いた治療マネジメント,西垣 貴彦,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会誌,(一社)日本癌治療学会,Vol. 50,No. 3,p. 2209-2209,2015年09月
  • GIST GISTのマネージメント GIST術後再発時期および形式からみた術後サーベイランスの検討,和田 範子,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,瀧口 修司,益澤 徹,川田 純司,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会誌,(一社)日本癌治療学会,Vol. 50,No. 3,p. 2211-2211,2015年09月
  • ニロチニブ耐性GISTに対して手術を施行した2例,菅生 貴仁,高橋 剛,石川 卓,市川 寛,廣田 誠一,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,若井 俊文,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌治療学会誌,(一社)日本癌治療学会,Vol. 50,No. 3,p. 2490-2490,2015年09月
  • 潰瘍性大腸炎の手術適応と腹腔鏡手術術式に関する検討,水島恒和,中島清一,竹政伊知朗,畑泰司,西村潤一,原口直紹,高橋秀和,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸こう門病学会雑誌,Vol. 68,No. 9,2015年09月
  • クローン病患者における大腸癌サーベイランスの生検法の検討,松野裕旨,水島恒和,中島清一,高橋秀和,原口直紹,西村潤一,畑泰司,竹政伊知朗,山本浩文,廣田昌紀,長谷川順一,三宅泰裕,根津理一郎,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸こう門病学会雑誌,Vol. 68,No. 9,2015年09月
  • Gene therapy for esophageal squamous cell carcinoma using SOCS-1 expressing adenoviral vector,Hisashi Hara,Rie Nakatsuka,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Yasuhiro Miyazaki,Tomoki Makino,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,CANCER RESEARCH,AMER ASSOC CANCER RESEARCH,Vol. 75,2015年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 食道癌DCF療法における発熱性好中球減少症に関連する因子の検討,中原 裕次郎,山崎 誠,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 76,No. 8,p. 1819-1824,2015年08月
  • 【食道がん治療戦略のUp to Date】 胸部食道癌に対する根治的CRT後salvage手術の治療成績と問題点,宮田 博志,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,癌の臨床,(株)篠原出版新社,Vol. 61,No. 3,p. 197-204,2015年07月
  • 頸部食道癌の治療戦略 CRTと外科的治療の住み分けと合併治療 当科における予後解析に基づいた頸部食道癌に対する治療戦略の検討,牧野 知紀,山崎 誠,宮田 博志,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 30-30,2015年07月
  • 食道癌術後合併症の診断と治療 新しい工夫 食道癌術後胃食道逆流に対する新規治療法の開発,山崎 誠,中島 清一,牧野 知紀,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 43-43,2015年07月
  • 導入化学療法後に内視鏡下粘膜下層剥離術(ESD)にて治癒切除したcT1bN0食道癌の1例,牧野 知紀,石原 立,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 74-74,2015年07月
  • 食道胃接合部癌における術前PET-CT検査の有用性,和田 範子,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 76-76,2015年07月
  • 食道癌術後患者に対しワイヤレス型pHモニターを用いた胃管残食道逆流症の定量的評価,長瀬 博次,山崎 誠,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 90-90,2015年07月
  • 食道癌術後患者における再建胃管の走向・形態と術後障害、消化器症状との関連,宮崎 安弘,山崎 誠,牧野 知紀,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 91-91,2015年07月
  • 同時性重複癌を有する食道癌症例の治療戦略の検討,西垣 貴彦,牧野 知紀,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 120-120,2015年07月
  • 術前化学療法後に原発巣のpathological CRが得られた食道癌症例の治療成績,福田 周一,宮田 博志,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 144-144,2015年07月
  • 食道原発間葉系腫瘍に対する切除術27例の臨床病理学的検討,中塚 梨絵,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 162-162,2015年07月
  • 多発横隔膜上憩室に対してHALS下部食道切除術を施行した1例,谷口 嘉毅,高橋 剛,中島 清一,山崎 誠,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 198-198,2015年07月
  • 食道裂孔ヘルニア合併アカラシアに対する腹腔鏡下手術11例の検討,東 重慶,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 69回,p. 204-204,2015年07月
  • 世界へ発信する食道外科医療 食道がんに対する高質の手術に先立って実施する化学療法の意義(Esophageal Surgery, Expanding into the World Significance of chemotherapy followed by high quality of surgery for esophageal cancer),牧野 知紀,山崎 誠,宮田 博志,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. SY-1,2015年07月
  • 進行胃癌に対する腹腔鏡手術導入の是非 進行胃癌に対する腹腔鏡手術適応拡大の可能性,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,和田 範子,牧野 知紀,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. PD-1,2015年07月
  • GIST治療におけるイマチニブ血中濃度測定,西垣 貴彦,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. RS-7,2015年07月
  • 評価型外科縫合シミュレーターを用いた腹腔鏡セミナーの有用性の検討,武岡 奉均,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. P-58,2015年07月
  • 食道裂孔ヘルニア合併アカラシアに対する腹腔鏡下手術10例の検討,東 重慶,中島 清一,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. P-32,2015年07月
  • 高齢者消化器癌に対する治療戦略 高齢胃癌患者の術後他病死およびQOLの検討,三上 城太,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. RS-17,2015年07月
  • 食道外科領域における手術手技の工夫 気管浸潤を疑う食道癌に対する気管合併切除・再建手技,山崎 誠,宮田 博志,牧野 知己,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. SY-12,2015年07月
  • 胃外科領域における手術手技の工夫 進行接合部がんに対する腹腔鏡下傍リンパ節郭清(16a2lat),瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. SY-13,2015年07月
  • 腸管虚血に対する共焦点内視顕微鏡を用いた術中血流評価の試み,中塚 梨絵,高橋 剛,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. P-112,2015年07月
  • 再発GIST治療の個別化へ向けて(症例検討) イマチニブ耐性GISTに対する外科治療成績ならびに耐性遺伝子変異の検討,高橋 剛,廣田 誠一,西田 俊朗,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. PD-8,2015年07月
  • 術前化学療法により原発巣の病理学的完全寛解が得られた食道癌症例の検討,福田 周一,宮田 博志,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. P-133,2015年07月
  • 胃癌腹膜播種の病態と診断・治療 進行胃癌に対する光線力学的診断併用審査腹腔鏡検査と一般臨床導入に向けた医師主導治験への取り組み,原 尚志,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. WS-4,2015年07月
  • 進行又は再発消化器がん患者に対するMogamulizumabの安全性および有用性の検討,長瀬 博次,和田 尚,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,上田 龍三,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. P-176,2015年07月
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除Billroth-I再建術における吻合法による消化管機能の比較試験 Delta vs Circular,柳本 喜智,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 70回,p. P-171,2015年07月
  • 【食道切除・胃全摘後再建法;手技のピットフォールとコツ】 胃全摘後再建法 食道空腸吻合法 腹腔鏡下手術 サーキュラーステープラーを用いた方法,瀧口 修司,宮崎 安弘,中原 裕次郎,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,消化器外科,(株)へるす出版,Vol. 38,No. 7,p. 1067-1075,2015年06月
  • 外科侵襲を代謝とサイトカインから考える 予後向上を目指した外科侵襲制御の可能性の検討,土岐 祐一郎,瀧口 修司,山崎 誠,黒川 幸典,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 49,No. 3,p. 138-138,2015年06月
  • 肝移植患者における活性型グレリンの検討,村上 剛平,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 49,No. 3,p. 147-147,2015年06月
  • 食道癌DCF療法におけるグレリン値と腎障害予測因子の検討,柳本 喜智,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,外科と代謝・栄養,日本外科代謝栄養学会,Vol. 49,No. 3,p. 187-187,2015年06月
  • Metabolic Surgeryの理論的根拠 術後ホルモンの動向(グレリン) 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における臨床的意義,瀧口 修司,宮崎 安弘,新野 直樹,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集,日本肥満症治療学会,Vol. 33回,p. 54-54,2015年06月
  • 手術手技とトラブルシューティング 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術(LSG)における胃の授動とステープリング,瀧口 修司,宮崎 安弘,新野 直樹,高橋 剛,黒川 幸典,牧野 知紀,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集,日本肥満症治療学会,Vol. 33回,p. 57-57,2015年06月
  • レジデントからのQ&A 胃切除における予防的抗菌薬投与の意義について教えてください,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,胃がんperspective,(株)メディカルレビュー社,Vol. 8,No. 1,p. 44-46,2015年04月
  • 【食道胃接合部癌のすべて】 食道胃接合部癌の縦隔郭清,黒川 幸典,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,外科,(株)南江堂,Vol. 77,No. 4,p. 403-407,2015年04月
  • 腹腔鏡手術における鉗子の使用頻度 器具ホルダーの開発へ向けた実測,東 重慶,中島 清一,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,藤田 紀子,加藤 貴充,南 正人,医療機器学,(一社)日本医療機器学会,Vol. 85,No. 2,p. 238-238,2015年04月
  • 食道癌Near T4症例に対する治療戦略 上部消化管 T4b胸部食道癌に対する治療戦略,山崎 誠,宮田 博志,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. PD-2,2015年04月
  • 上部消化管 食道癌DCF療法におけるグレリン値と腎障害の検討,柳本 喜智,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-033,2015年04月
  • 上部消化管 ω3系脂肪酸による抗癌剤毒性発現抑制効果の検討,村上 剛平,宮田 博志,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-033,2015年04月
  • 上部消化管 食道扁平上皮癌におけるSIRT4発現の意義,中原 裕次郎,山崎 誠,澤田 元太,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,ミヤタ 博志,中島 清一,瀧口 修司,三森 功士,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-028,2015年04月
  • 上部消化管 食道癌におけるオートファジーマーカーの発現と化学療法治療効果との関連について,山下 公太郎,宮田 博志,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-030,2015年04月
  • 食道胃接合部癌に対する手術手技 コツとピットフォール 上部消化管 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡下リンパ節郭清手技 下縦隔・大動脈周囲リンパ節郭清,黒川 幸典,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. SY-13,2015年04月
  • 上部消化管 スリーブ状胃切除術成績とグレリン因子との臨床的相関,宮崎 安弘,瀧口 修司,新野 直樹,柳本 嘉智,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-094,2015年04月
  • 上部消化管 当科での左側臥位胸腔鏡下食道切除の定型化と治療成績向上に向けた取り組み,宮田 博志,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-125,2015年04月
  • 上部消化管 胃癌腹膜播種に対するSOCS-1遺伝子治療の有効性と細胞周期の制御に与える影響の検討,中塚 梨絵,高橋 剛,世良田 聡,藤本 穣,相馬 大人,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,仲 哲治,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-132,2015年04月
  • 上部消化管 食道胃接合部癌における術前PET-CT検査の有用性,和田 範子,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-097,2015年04月
  • 下部消化管 肉眼的に他臓器浸潤を認めたGIST切除症例の検討,西垣 貴彦,高橋 剛,西田 俊朗,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-121,2015年04月
  • 上部消化管 早期胃癌におけるリンパ節転移症例の腫瘍局在とリンパ節転移部位の関連性,大久保 聡,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-134,2015年04月
  • 上部消化管 高齢者上部消化管癌手術症例における高齢者総合機能評価を用いた術後せん妄発症予測についての検討,山本 昌明,山崎 誠,宮田 博志,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-129,2015年04月
  • 上部消化管 縦隔気管孔造設を要した食道癌手術17例の検討,百瀬 洸太,山崎 誠,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-185,2015年04月
  • 上部消化管 次世代シーケンサーを用いた癌細胞由来遊離DNAの定量的検出による胃癌の術後経過モニタリング,浜川 卓也,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,木村 豊,大里 浩樹,瀧口 修司,加藤 菊也,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-217,2015年04月
  • 上部消化管 食道癌における左頸部食道傍リンパ節転移分布に関する検討,金村 剛志,宮田 博志,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-187,2015年04月
  • 基礎研究・移植再生 TLR-3,4アゴニストをアジュバントとするNY-ESO-1タンパクがんワクチン臨床試験,武岡 奉均,和田 尚,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-240,2015年04月
  • その他 Surgical Smokeの安全性の検討,東 重慶,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-254,2015年04月
  • その他 NY-ESO-1長鎖重複ペプチドを用いたがんワクチン臨床試験,長瀬 博次,和田 尚,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-255,2015年04月
  • その他 加圧トレーニングにおける成長ホルモンとグレリンの関係について,新野 直樹,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会定期学術集会抄録集,(一社)日本外科学会,Vol. 115回,p. OP-255,2015年04月
  • GIST標準診断・治療のピットフォール 押さえておきたい外科、内科、病理のポイント GIST術後補助化学療法 適応と期間,高橋 剛,宮崎 安弘,牧野 知紀,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 166-166,2015年03月
  • 食道胃接合部癌に対する下縦隔郭清のコツとピットフォール 体腔鏡手術の立場から 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡アプローチの定型化を目指して,瀧口 修司,宮崎 安弘,牧野 知紀,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 209-209,2015年03月
  • 腹腔鏡下胃全摘術における食道空腸吻合法の検討 LinearかCircularか,新野 直樹,瀧口 修司,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 264-264,2015年03月
  • 早期胃癌症例におけるリンパ節転移好発basinの検討,大久保 聡,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 276-276,2015年03月
  • 食道胃接合部腺癌における術前PET-CT検査の有用性,和田 範子,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 283-283,2015年03月
  • 胃癌審査腹腔鏡検査における5-アミノレブリン酸を用いた腹膜播種診断に関する検討,山下 公太郎,高橋 剛,原 尚志,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 285-285,2015年03月
  • 腹腔鏡下胃切除術膵上縁リンパ節郭清における神経叢外側剥離層の選択 ドレーンアミラーゼ値に対する影響,百瀬 洸太,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 316-316,2015年03月
  • 幽門保存胃切除術における術後長期成績についての検討,村上 剛平,高橋 剛,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 330-330,2015年03月
  • 胃切除後の残胃におけるRGB分類の臨床的意義についての検討,武岡 奉均,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 335-335,2015年03月
  • 胃癌術後合併症が再発に及ぼす影響,金村 剛志,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 357-357,2015年03月
  • 胃癌術後CRP値と予後との関連性,西塔 拓郎,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 359-359,2015年03月
  • Delleを伴う胃GISTの臨床病理学的特徴と手術成績,福田 周一,中島 清一,高橋 剛,黒川 幸典,宮崎 安弘,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 381-381,2015年03月
  • 完全切除後のGISTに対する術後補助化学療法についての検討,西垣 貴彦,高橋 剛,西田 俊朗,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 383-383,2015年03月
  • GISTに対するスニチニブ治療症例の検討,中塚 梨絵,高橋 剛,西田 俊郎,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 383-383,2015年03月
  • 経腟Hybrid NOTES胃局所切除術の最新手技,東 重慶,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,中島 清一,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 384-384,2015年03月
  • 胃癌における新規腫瘍マーカーとしてのNY-ESO-1抗体,長瀬 博次,和田 尚,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 404-404,2015年03月
  • 胃癌患者における血漿フィブリノゲン値の再発予測能の検討,山本 昌明,黒川 幸典,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 405-405,2015年03月
  • 胃癌腹膜播種診断に対する審査腹腔鏡検査の現状,原 尚志,高橋 剛,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 87回,p. 460-460,2015年03月
  • 胃癌に対するSOCS1を用いたG2/M細胞周期停止による抗腫瘍効果の検討,高橋剛,高橋剛,中塚梨絵,中塚梨絵,世良田聡,藤本穣,宮崎安弘,牧野知紀,黒川幸典,山崎誠,中島清一,瀧口修司,仲哲治,森正樹,土岐祐一郎,日本がん分子標的治療学会学術集会プログラム・抄録集,Vol. 19th,2015年
  • 食道癌に対する新規標的分子Glypican‐1についての臨床病理学的検討,原尚志,原尚志,高橋剛,高橋剛,西垣貴彦,西垣貴彦,世良田聡,藤本穣,宮崎安弘,牧野知紀,黒川幸典,山崎誠,中島清一,瀧口修司,仲哲治,森正樹,土岐祐一郎,日本消化器病学会大会(Web),Vol. 57th,2015年
  • 胃内視鏡検査における管腔内圧動態の経時的な解析,東 重慶,中島 清一,広田 将司,宮崎 安弘,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,黒川 幸典,瀧口 修司,加藤 元彦,辻井 正彦,竹原 徹郎,森 正樹,土岐 祐一郎,胃病態機能研究会誌,(株)勁草書房コミュニケーション事業部,Vol. 47,p. 63-63,2015年01月
  • 炎症性腸疾患関連大腸癌症例の治療成績,水島恒和,飯島英樹,新崎信一郎,中島清一,西村潤一,竹政伊知朗,畑泰司,工藤敏啓,植村守,坂井大介,佐藤太郎,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本外科学会定期学術集会(Web),(一社)日本外科学会,Vol. 115th,p. OP-085-1 (WEB ONLY)-1,2015年
  • 瘻孔及び膿瘍を合併したクローン病に対する腹腔鏡下手術と開腹手術の比較検討,大澤日出樹,水島恒和,中島清一,井上彬,北原知洋,三代雅明,杢谷友香子,上田正射,植村守,西村潤一,畑泰司,竹政伊知朗,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本外科学会定期学術集会(Web),(一社)日本外科学会,Vol. 115th,p. OP-182-7 (WEB ONLY)-7,2015年
  • サーベイランスで診断したクローン病関連大腸癌症例の検討,松野裕旨,水島恒和,中島清一,高橋秀和,原口直紹,西村潤一,畑泰司,竹政伊知朗,山本浩文,長谷川順一,根津理一郎,土岐祐一郎,森正樹,日本癌治療学会学術集会(Web),Vol. 53rd,2015年
  • 潰瘍性大腸炎術後回腸嚢炎に対するプロバイオティクスの予防効果,水島恒和,水島恒和,伊藤壽記,伊藤壽記,安枝明日香,甲斐康之,中島清一,廣田昌紀,山本浩文,竹政伊知朗,畑泰司,西村潤一,植村守,大澤日出樹,根津理一郎,土岐祐一郎,森正樹,日本消化器病学会大会(Web),Vol. 57th,2015年
  • Gastrointestinal stromal tumor associated with neurofibromatosis type I,T. Takahashi,T. Nishida,R. Nakatsuka,M. Kaneda,S. Hirota,Y. Miyazaki,Y. Kurokawa,M. Yamasaki,H. Miyata,K. Nakajima,S. Takiguchi,M. Mori,Y. Doki,S. Serada,T. Naka,EUROPEAN JOURNAL OF CANCER,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 50,p. 127-127,2014年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 食道癌化学放射線療法後の胃壁内再発に対してSalvage手術を施行した1例,中原 裕次郎,山崎 誠,宮田 博志,宮崎 安弘,高橋 剛,黒川 幸典,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 41,No. 12,p. 2003-2005,2014年11月
  • 集学的治療により長期生存が得られた同時性肝転移を有する巨大胃GISTの1例,原 尚志,高橋 剛,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 41,No. 12,p. 2399-2401,2014年11月
  • イマチニブ長期奏効後の中断に伴い再燃を生じた再発GISTの1例,中塚 梨絵,高橋 剛,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,癌と化学療法,(株)癌と化学療法社,Vol. 41,No. 12,p. 2478-2480,2014年11月
  • Gene therapy for peritoneal dissemination model of gastric cancer using SOCS-1 by Adenoviral Vector,Rie Nakatsuka,Tsuyoshi Takahashi,Satoshi Serada,Minoru Fujimoto,Yoshihito Souma,Yasuhiro Miyazaki,Yukinori Kurokawa,Makoto Yamasaki,Hiroshi Miyata,Kiyokazu Nakajima,Shuji Takiguchi,Masaki Mori,Yuichiro Doki,Yuichiro Doki,Tetsuji Naka,CANCER RESEARCH,AMER ASSOC CANCER RESEARCH,Vol. 74,No. 19,2014年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 瘻孔および膿瘍を合併したクローン病に対する腹腔鏡下手術症例の検討,大澤 日出樹,水島 恒和,中島 清一,松野 裕旨,深田 唯史,荻野 崇之,植村 守,西村 潤一,畑 泰司,竹政 伊知朗,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本大腸肛門病学会雑誌,(一社)日本大腸肛門病学会,Vol. 67,No. 9,p. 708-708,2014年09月
  • 全身麻酔下直腸肛門周囲検査によるクローン病関連大腸癌サーベイランスの成績,水島恒和,中島清一,山本浩文,竹政伊知朗,畑泰司,西村潤一,植村守,根津理一郎,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸こう門病学会雑誌,(一社)日本大腸肛門病学会,Vol. 67,No. 9,p. 641-641,2014年09月
  • 医学におけるGISTの診断と治療方針,高橋 剛,西川 晋平,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,Joncol: Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology,(株)ファームプレス,Vol. 10,No. 2,p. 53-58,2014年09月
  • OP-081-3 肥満症患者における胃内局所グレリン発現状況の臨床的意義(OP-081 その他-5,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会),宮崎 安弘,瀧口 修司,関 洋介,笠間 和典,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 115,No. 2,2014年03月05日
  • 胃癌腹膜播種に対するアデノウイルスベクターを用いたSOCS‐1遺伝子治療,中塚梨絵,高橋剛,世良田聡,藤本穣,相馬大人,宮崎安弘,黒川幸典,山崎誠,宮田博志,中島清一,瀧口修司,仲哲治,森正樹,土岐祐一郎,日本外科学会雑誌,Vol. 115,2014年03月05日
  • OP-060-4 胃癌腹膜播種に対するアデノウイルスベクターを用いたSOCS-1遺伝子治療(OP-060 胃 基礎-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会),中塚 梨絵,高橋 剛,世良田 聡,藤本 穣,相馬 大人,宮崎 安弘,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,仲 哲治,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 115,No. 2,2014年03月05日
  • クローン病術後SSI対策と関連因子の検討,水島恒和,中島清一,山本浩文,竹政伊知朗,畑泰司,西村潤一,植村守,土岐祐一郎,森正樹,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 115,No. 臨増2,p. 818-818,2014年03月05日
  • 炎症性腸疾患合併消化器癌に対する化学療法有害事象の検討,内藤敦,水島恒和,中島清一,小川久貴,浜部敦史,平木将之,宗方浩二,植村守,西村潤一,畑泰司,竹政伊知朗,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 115,No. 臨増2,p. 650-650,2014年03月05日
  • 瘻孔を有するクローン病に対する腹腔鏡下手術症例の検討,大澤日出樹,水島恒和,中島清一,井上彬,北原知洋,三代雅明,杢谷友香子,植村守,西村潤一,畑泰司,竹政伊知郎,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 115,No. 臨増2,p. 647-647,2014年03月05日
  • PS-036-5 瘻孔を有するクローン病に対する腹腔鏡下手術症例の検討(PS-036 炎症性腸疾患 その他,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会),大澤 日出樹,水島 恒和,中島 清一,井上 彬,北原 知洋,三代 雅明,杢谷 友香子,植村 守,西村 潤一,畑 泰司,竹政 伊知郎,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 115,No. 2,2014年03月05日
  • PS-038-3 炎症性腸疾患合併消化器癌に対する化学療法有害事象の検討(PS-038 大腸 化学療法-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会),内藤 敦,水島 恒和,中島 清一,小川 久貴,浜部 敦史,平木 将之,宗方 浩二,植村 守,西村 潤一,畑 泰司,竹政 伊知朗,山本 浩文,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 115,No. 2,2014年03月05日
  • PS-122-3 クローン病術後SSI対策と関連因子の検討(PS-122 大腸 合併症-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会),水島 恒和,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知朗,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 115,No. 2,2014年03月05日
  • 肥満症患者における胃内局所グレリン発現状況の臨床的意義,宮崎 安弘,瀧口 修司,関 洋介,笠間 和典,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 115,No. 臨増2,p. 458-458,2014年03月
  • ディベート炎症性腸疾患の外科治療 II.Crohn病に対する外科治療 1.切除吻合法(手縫い吻合vs器械吻合)c)機能的端々吻合法,根津理一郎,廣田昌紀,甲斐康之,三宅泰裕,長谷川順一,安政啓吾,玉川浩司,水島恒和,中島清一,外科,Vol. 76,No. 3,p. 274-277,2014年03月01日
  • 消化管間質腫瘍に対するイマチニブ治療に伴うキナーゼ変化の検討,高橋剛,世良田聡,藤本穣,宮崎安弘,黒川幸典,山崎誠,宮田博志,中島清一,瀧口修司,森正樹,土岐祐一郎,仲哲治,西田俊朗,日本消化器癌発生学会総会プログラム・抄録集,Vol. 25th,2014年
  • 炎症性腸疾患関連小腸大腸癌に対する化学療法の経験,内藤敦,水島恒和,竹山廣志,高橋秀和,植村守,西村潤一,畑泰司,竹政伊知朗,池永雅一,中島清一,根津理一郎,伊藤壽記,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本癌治療学会学術集会(CD-ROM),(一社)日本癌治療学会,Vol. 52nd,No. 3,p. ROMBUNNO.O5-1-903,2014年
  • 穿通型クローン病症例に対するreduced port surgeryの検討,水島恒和,中島清一,山本浩文,竹政伊知朗,畑泰司,西村潤一,植村守,内藤敦,大澤日出樹,深田唯史,伊藤壽記,土岐裕一郎,森正樹,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 19,No. 7,p. 420-420,2014年
  • 全身麻酔下直腸肛門周囲生検によるクローン病関連大腸癌サーベイランスの検討,水島恒和,中島清一,山本浩文,竹政伊知朗,畑泰司,西村潤一,植村守,高橋秀和,竹山廣志,内藤敦,池永雅一,根津理一郎,伊藤壽記,土岐祐一郎,森正樹,日本癌治療学会学術集会(CD-ROM),(一社)日本癌治療学会,Vol. 52nd,No. 3,p. ROMBUNNO.O5-4-906,2014年
  • 穿通型クローン病症例に対する単孔式腹腔鏡手術(Reduced Port Surgery)の検討,水島恒和,中島清一,山本浩文,竹政伊知朗,畑泰司,西村潤一,植村守,大澤日出樹,土岐祐一郎,森正樹,日本消化器病学会大会(Web),(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 56th,No. 7,p. GEP‐176 (WEB ONLY)-420,2014年
  • 心臓血管領域における内視鏡外科の応用 虚血性心筋症モデルに対する細胞シート移植と経横隔膜的腹腔鏡補助下大網移植併用治療の前臨床的検討,甲斐沼 尚,宮川 繁,宮崎 安弘,広田 将司,福嶌 五月,斎藤 充弘,澤端 章好,中島 清一,奥村 明之進,澤 芳樹,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 18,No. 7,p. 314-314,2013年11月
  • 食道癌患者の抗癌剤効果予測・予後予測における血中miR200cの有用性(Usefulness of circulating miR-200c levels in prediction of response to chemotherapy and prognosis in esophageal cancer),田中 晃司,宮田 博志,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 72回,p. 266-266,2013年10月
  • CRPを指標としたクローン病術後周術期管理法の成績,水島恒和,中島清一,山本浩文,竹政伊知朗,畑泰司,西村潤一,植村守,根津理一郎,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸こう門病学会雑誌,(一社)日本大腸肛門病学会,Vol. 66,No. 9,p. 759-759,2013年09月
  • クローン病再手術例における再発形式からみた機能的端々吻合法(FEE)の意義と問題点,廣田昌紀,根津理一郎,中島清一,水島恒和,甲斐康之,西村潤一,清水潤三,池永雅一,金浩敏,人羅俊貴,長谷川順一,日本大腸こう門病学会雑誌,Vol. 66,No. 9,2013年09月
  • 食道癌根治的化学放射線療法後のリンパ節遺残・再発に対するsalvage手術の検討,田中 晃司,宮田 博志,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 68回,p. P-2,2013年07月
  • 病的肥満症患者における胃内グレリン発現状況の臨床的意義,宮崎 安弘,瀧口 修司,関 洋介,笠間 和典,高橋 剛,黒川 幸典,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集,日本肥満症治療学会,Vol. 31回,p. 94-94,2013年06月
  • 食道癌術後リンパ節単独単発再発症例の検討,田中 晃司,宮田 博志,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 67回,p. 312-312,2013年06月
  • VF-085-3 クローン病単孔式腹腔鏡下手術(Reduced port surgery)症例の検討(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会),水島 恒和,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知朗,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,原口 直紹,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 114,No. 2,2013年03月05日
  • VF-085-3 クローン病単孔式腹腔鏡下手術(Reduced port surgery)症例の検討(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会),水島 恒和,中島 清一,山本 浩文,竹政 伊知朗,畑 泰司,西村 潤一,植村 守,原口 直紹,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 114,No. 2,2013年03月05日
  • 食道癌術後リンパ節単独単発再発症例の予後因子の検討,田中 晃司,宮田 博志,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 114,No. 臨増2,p. 757-757,2013年03月
  • 十二指腸Brunner腺過誤腫による十二指腸腸重積の1例,井上 彬,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 85回,p. 434-434,2013年02月
  • 幽門側胃切除術後における筋肉量の意義,田中 晃司,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 85回,p. 342-342,2013年02月
  • クローン病合併小腸大腸癌に対する化学療法の経験,内藤敦,水島恒和,中島清一,植村守,西村潤一,畑泰司,竹政伊知朗,山本浩文,土岐祐一郎,森正樹,日本癌治療学会学術集会(CD-ROM),(一社)日本癌治療学会,Vol. 51st,No. 3,p. ROMBUNNO.P14-21-1909,2013年
  • DCS 3剤併用化学療法後に噴門側胃切除を施行した進行食道胃接合部癌の1例,井上彬,黒川幸典,高橋剛,山崎誠,宮田博志,中島清一,瀧口修司,森正樹,土岐祐一郎,日本臨床外科学会雑誌,日本臨床外科学会,Vol. 73,No. 増刊,p. 806-806,2012年10月20日
  • クローン病に合併した直腸異時性多発癌の1例,竹山廣志,水島恒和,中島清一,原口直紹,植村守,西村潤一,竹政伊知朗,池田正孝,山本浩文,関本貢嗣,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸こう門病学会雑誌,(一社)日本大腸肛門病学会,Vol. 65,No. 9,p. 660-660,2012年09月
  • 潰瘍性大腸炎に対する回腸嚢肛門管吻合(IACA)術後の難治性吻合狭窄に対する経肛門的Pouch Advancementおよび回腸嚢肛門吻合術(IAA),廣田昌紀,中島清一,水島恒和,長谷川順一,清水潤三,金よう国,金浩敏,三宅裕一郎,日本大腸こう門病学会雑誌,Vol. 65,No. 9,2012年09月
  • 潰瘍性大腸炎治療中に肺塞栓症を合併しフォンダパリヌクスにて重篤な出血なく手術を行えた1例,内藤敦,水島恒和,池田正孝,中島清一,植村守,西村潤一,竹政伊知朗,山本浩文,関本貢嗣,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸こう門病学会雑誌,(一社)日本大腸肛門病学会,Vol. 65,No. 9,p. 682-682,2012年09月
  • 食道癌における血清p53抗体価を用いた抗癌剤感受性予測(Prediction of response to chemotherapy for esophageal cancer by anti-p53 antibody),田中 晃司,宮田 博志,杉村 啓二郎,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 71回,p. 392-392,2012年08月
  • 食道癌術後の胃管気管瘻の検討,田中 晃司,宮田 博志,山崎 誠,杉村 啓二郎,黒川 幸典,高橋 剛,中島 清一,瀧口 修司,森 正樹,土岐 祐一郎,日本消化器外科学会総会,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 67回,p. 3-3,2012年07月
  • 食道癌におけるp53抗体価を用いた抗癌剤感受性予測,田中 晃司,宮田 博志,杉村 啓二郎,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 66回,p. 311-311,2012年06月
  • PS-077-7 クローン病に対する直腸切断術術後の感染性合併症対策の意義(PS-077 炎症性腸疾患,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会),廣田 昌紀,根津 理一郎,中島 清一,水島 恒和,松並 展輝,三方 彰喜,清水 潤三,金 〓国,森島 宏隆,相馬 大人,金 浩敏,杢谷 友香子,大澤 日出樹,荒木 麻利子,松浦 雄祐,三宅 祐一郎,高畠 弘幸,長谷川 順一,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 113,No. 2,2012年03月05日
  • PS-059-6 女性外科医に関する関連病院アンケート調査結果(SP-059 臨床研修・女性医師,第112回日本外科学会定期学術集会),西村 潤一,水島 恒和,竹政 伊知朗,江口 英利,中島 清一,宮田 博志,瀧口 修司,池田 正孝,種村 匡弘,山本 浩文,永野 浩昭,関本 貢嗣,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 113,No. 2,2012年03月05日
  • PS-077-8 当院におけるクローン病症例に対する麻酔下肛門周囲検査の現状(PS-077 炎症性腸疾患,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会),水島 恒和,中島 清一,関本 貢嗣,山本 浩文,池田 正孝,竹政 伊知朗,西村 潤一,根津 理一郎,伊藤 壽記,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 113,No. 2,2012年03月05日
  • PS-078-2 Crohn病における活動性と凝固線溶系マーカーの検討(PS-078 消化管 良性,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会),竹山 廣志,水島 恒和,関本 貢嗣,山本 浩文,池田 正孝,中島 清一,竹政 伊知朗,西村 潤一,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 113,No. 2,2012年03月05日
  • 食道癌におけるmicroRNA発現の意義,田中 晃司,宮田 博志,濱野 梨絵,杉村 啓二郎,山崎 誠,高橋 剛,黒川 幸典,瀧口 修司,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 113,No. 臨増2,p. 621-621,2012年03月
  • 幽門側胃切除後再建術式が内臓脂肪へ与える影響,田中 晃司,瀧口 修司,黒川 幸典,高橋 剛,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 84回,p. 347-347,2012年02月
  • 栄養状態がinfliximabの治療効果に及ぼす影響,須見遼子,中島清一,飯島英樹,新崎信一郎,中島佐知子,水島恒和,畑伸顕,和佐勝史,伊藤壽記,静脈経腸栄養,Vol. 27,No. 1,2012年01月25日
  • 難治性炎症性腸管障害に関する調査研究 栄養状態がinfliximabの治療効果に及ぼす影響,伊藤壽記,須見遼子,中島清一,飯島英樹,新崎信一郎,中島佐知子,水島恒和,畑伸顕,和佐勝史,難治性炎症性腸管障害に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書,2012年
  • クローン病診療における外科の役割,水島恒和,中島清一,関本貢嗣,山本浩文,池田正孝,竹政伊知朗,西村潤一,根津理一郎,土岐祐一郎,森正樹,日本消化器外科学会雑誌(Web),Vol. 45,No. Supplement1,2012年
  • 高度の直腸肛門病変を有するクローン病ストーマ造設例の長期経過における問題点,廣田昌紀,中島清一,水島恒和,長谷川順一,金よう国,金浩敏,廣瀬創,杢谷友香子,根津理一郎,日本大腸こう門病学会雑誌,Vol. 64,No. 9,2011年09月
  • Crohn’s colitisに対するminimally invasive extensive colectomyの意義,中島清一,根津理一郎,廣田昌紀,水島恒和,関本貢嗣,土岐祐一郎,森正樹,日本大腸こう門病学会雑誌,Vol. 64,No. 9,2011年09月
  • IS-3-3 炎症性腸疾患に対する用手補助腹腔鏡下手術の意義(IS-3 国際シンポジウム(3)Progress of surgical treatment for IBD,第111回日本外科学会定期学術集会),中島 清一,根津 理一郎,廣田 昌紀,水島 恒和,関本 貢嗣,伊藤 寿記,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 112,No. 1,2011年05月25日
  • PS-018-2 クローン病に対する直腸切断術時の術後感染性合併症対策(PS-018 ポスターセッション(18)大腸:良性-3,第111回日本外科学会定期学術集会),廣田 昌紀,根津 理一郎,中島 清一,水島 恒和,松並 展輝,三方 彰喜,森島 宏隆,金 〓国,西村 潤一,相馬 大人,長谷川 順一,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 112,No. 1,2011年05月25日
  • 定圧自動送気内視鏡(SPACE)時の消化管内圧の推移,宮嵜 安晃,中島 清一,安田 一弘,北野 正剛,山崎 誠,相馬 大人,文 正浩,筒井 秀作,飯島 英樹,新崎 信一郎,山田 拓哉,加藤 元彦,和田 則仁,北川 雄光,炭山 和毅,田尻 久雄,斉田 芳久,河相 直樹,中原 征則,土岐 祐一郎,Gastroenterological Endoscopy,(一社)日本消化器内視鏡学会,Vol. 53,No. Suppl.1,p. 843-843,2011年03月
  • クローン病術後症例に対する合成X a阻害薬の使用経験,水島恒和,池田正孝,中島清一,西村潤一,竹政伊知朗,甲斐康之,山本浩文,関本貢嗣,土岐祐一郎,森正樹,日本消化器外科学会雑誌(Web),Vol. 44,No. Supplement1,2011年
  • クローン病に対するminimally invasive extensive colectomyの治療成績,中島清一,中島清一,根津理一郎,廣田昌紀,水島恒和,関本貢嗣,伊藤壽記,土岐祐一郎,森正樹,日本消化器外科学会雑誌(Web),Vol. 44,No. Supplement1,2011年
  • PD-8-6 潰瘍性大腸炎に対する低侵襲手術の標準化 : learning curveの解析を通じて(炎症性腸疾患に対する外科的治療の標準化,パネルディスカッション,第110回日本外科学会定期学術集会),中島 清一,根津 理一郎,廣田 昌紀,西村 潤一,甲斐 康之,水島 恒和,関木 貢嗣,伊藤 壽記,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 111,No. 2,2010年03月05日
  • OP-086-1 クローン病再手術例における再発形式からみた機能的端々吻合法の意義と問題点(炎症性腸疾患-1,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会),廣田 昌紀,根津 理一郎,中島 清一,水島 恒和,甲斐 康之,松並 展輝,長谷川 順一,三方 彰喜,金 〓国,森島 宏隆,吉田 陽一郎,西村 潤一,大田 浩平,澤田 元太,前川 昌平,杢谷 由香子,大澤 日出樹,吉川 澄,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 111,No. 2,2010年03月05日
  • 術前診断の工夫と進歩 MDCTによる胃癌術前Tステージングの有用性について,牧野 知紀,藤原 義之,瀧口 修司,坪山 尚寛,金 東石,主島 洋一郎,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 82回,p. 181-181,2010年03月
  • 当院における肥満症に対する初回腹腔鏡下調節式胃バンド手術の治療経験,足立 真一,瀧口 修司,関 洋介,太田 正之,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,藤原 義之,北野 正剛,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 14,No. 7,p. 310-310,2009年12月
  • 胸腔鏡下腫瘍核出術を施行した食道原発神経鞘腫の1例,牧野 知紀,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,藤原 義之,中島 清一,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 14,No. 7,p. 444-444,2009年12月
  • 食道扁平上皮癌患者においてサイトケラチン(CK)18は予後不良マーカーである(Cytokeratins(CK) 18 are poor prognostic markers in patients with squamous cell carcinoma of the esophagus),牧野 知紀,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,藤原 義之,中島 清一,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 68回,p. 61-61,2009年08月
  • 肥満症に対する調節式胃バンド手術システムの導入について,足立 真一,瀧口 修司,前田 和久,関 洋介,太田 正之,安井 洋子,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,藤原 義之,西田 俊朗,下村 伊一郎,北野 正剛,森 正樹,土岐 祐一郎,日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集,日本肥満症治療学会,Vol. 2回,p. 56-56,2009年07月
  • RS-6-5 高感度荷重分布計測システムを用いた術中体位変換に伴う局所過荷重の半定量的評価(要望演題6-1 術前術後の合併症対策と発症時の対応1,第64回日本消化器外科学会総会),水島 恒和,中島 清一,畑 豊,関本 貢嗣,山本 浩文,池田 正孝,竹政 伊知郎,西田 俊朗,土岐 祐一郎,森 正樹,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 42,No. 7,2009年07月01日
  • 食道扁平上皮癌におけるCK(サイトケラチン)18およびCK8発現の意義,牧野 知紀,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,藤原 義之,中島 清一,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本食道学会学術集会プログラム・抄録集,(NPO)日本食道学会,Vol. 63回,p. 151-151,2009年06月
  • 開腹手術か腹腔鏡下手術か Hand-assisted laparoscopic surgery(HALS)のメリット (特集 炎症性腸疾患外科治療のcontroversy) -- (クローン病に対する最適な外科治療とは?),中島 清一,水島 恒和,廣田 昌紀,臨床外科,医学書院,Vol. 64,No. 5,p. 637-641,2009年05月
  • 漿膜浸潤胃癌における局麻下腹腔洗浄細胞診の臨床的意義について,牧野 知紀,藤原 義之,瀧口 修司,山崎 誠,宮田 博志,中島 清一,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本胃癌学会総会記事,(一社)日本胃癌学会,Vol. 81回,p. 285-285,2009年03月
  • HP-184-4 クローン病に合併した悪性腫瘍症例の検討(大腸(良性疾患1),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会),水島 恒和,中島 清一,甲斐 康之,玉川 浩司,松田 宙,山本 浩文,池田 正孝,竹政 伊知朗,関本 貢嗣,西田 俊朗,根津 理一郎,伊藤 壽記,土岐 祐一郎,森 正樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 110,No. 2,2009年02月25日
  • HP-122-1 タココンブのコラーゲンシートの抗生剤Drug Delivery Systemとしての可能性(感染症2,ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会),西村 潤一,中島 清一,竹中 玲,高橋 剛,相馬 大人,宮嵜 安晃,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 110,No. 2,2009年02月25日
  • HP-085-5 消化管運動機能とQOLから見た幽門保存胃切除と幽門側胃切除術の比較(胃(再建),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会),西田 俊朗,高橋 剛,西川 和宏,相馬 大人,西村 潤一,中島 清一,宮嵜 安晃,瀧口 修司,藤原 義之,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 110,No. 2,2009年02月25日
  • 食道扁平上皮癌におけるサイトケラチン18(CK18)発現の意義,牧野 知紀,山崎 誠,竹政 伊知朗,宮田 博志,瀧口 修司,藤原 義之,中島 清一,西田 俊朗,森 正樹,土岐 祐一郎,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 110,No. 臨増2,p. 266-266,2009年02月
  • 食道癌術前化学療法の効果判定基準の再考,土岐 祐一郎,牧野 知紀,宮田 博志,山崎 誠,藤原 義之,瀧口 修司,中島 清一,西田 俊朗,秋田 裕文,森 正樹,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 110,No. 臨増2,p. 700-700,2009年02月
  • P-3-161 TNF-α/Actinomycin D誘導肝細胞死における新たな細胞死メカニズム(肝研究,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会),山村 憲幸,柴田 昌弘,吉村 健太郎,小池 正人,中島 清一,内山 安男,西田 俊朗,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 41,No. 7,p. 1539-1539,2008年07月01日
  • 進行食道癌に対する放射線化学療法の組織効果予測におけるp53遺伝子診断の意義の検討,牧野 知紀,土岐 祐一郎,山崎 誠,宮田 博志,瀧口 修司,藤原 義之,中島 清一,西田 俊朗,門田 守人,日本消化器外科学会雑誌,(一社)日本消化器外科学会,Vol. 41,No. 7,p. 1169-1169,2008年07月
  • WS-6-10 炎症性腸疾患に対する低侵襲手術の現状(ワークショップ6 炎症性腸疾患に対する外科治療の現状,第63回日本消化器外科学会総会),中島 清一,根津 理一郎,甲斐 康之,野村 昌哉,水島 恒和,関本 貢嗣,伊藤 壽記,西田 俊朗,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 41,No. 7,2008年07月01日
  • O-2-274 びまん浸潤型大腸癌切除例の臨床病理学的検討(大腸 悪性3,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会),野村 昌哉,水島 恒和,松田 宙,藤井 真,長谷川 順一,赤松 大樹,富永 春海,中島 清一,根津 理一郎,西田 俊朗,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 41,No. 7,2008年07月01日
  • RS-211 GISTに対する分子治療標的薬の治療効果の判定(要望演題11-3 GISTの治療戦略 薬物,第63回日本消化器外科学会総会),西田 俊朗,高橋 剛,相馬 大人,西村 潤一,土岐 祐一郎,中島 清一,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 41,No. 7,2008年07月01日
  • Detection of cis-mutations in the activation loop of the KIT gene in sunitinib-resistant gastrointestinal stromal tumors,T. Nishida,T. Takahashi,K. Nakajima,A. Nishitani,S. Hirota,JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,AMER SOC CLINICAL ONCOLOGY,Vol. 26,No. 15,2008年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • WS-8-5 潰瘍性大腸炎重症例に対する低侵襲手術のタイミングと術式 : semi-emergency HALS(第108回日本外科学会定期学術集会),中島 清一,根津 理一郎,甲斐 康之,野村 昌哉,水島 恒和,関本 貢嗣,伊藤 壽記,西田 俊朗,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 109,No. 2,2008年04月25日
  • DP-014-8 消化管間質腫瘍(GIST)に於ける分子標的治療薬イマチニブとスニチニブへの耐性機構の解明(第108回日本外科学会定期学術集会),西田 俊朗,高橋 剛,西谷 暁子,相馬 大人,瀧口 修司,藤原 義之,土岐 祐一郎,西村 潤一,中島 清一,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 109,No. 2,2008年04月25日
  • DP-136-1 胃間葉系腫瘍に対する臨床病理学的検討(第108回日本外科学会定期学術集会),高橋 剛,中島 清一,相馬 大人,西村 潤一,土岐 祐一郎,藤原 義之,瀧口 修司,廣田 誠一,西田 俊朗,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 109,No. 2,2008年04月25日
  • DP-187-5 腹腔鏡下手術時における術中炭酸ガス送気上部消化管内視鏡の意義 : エア送気内視鏡とのhistorical comparison study(第108回日本外科学会定期学術集会),相馬 大人,中島 清一,高橋 剛,西村 潤一,土岐 祐一郎,藤原 義之,瀧口 修司,宮田 博志,山崎 誠,西田 俊朗,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 109,No. 2,2008年04月25日
  • The roles of lysosomal proteinases in primary hepatocyte death induced by TNF-alpha and actinomycin D,Noriyuki Yamamura,Toshirou Nishida,Kiyokazu Nakajima,Masahiro Shibata,Masato Koike,Yoshiki Sawa,Yasuo Uchiyama,HEPATOLOGY,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 46,No. 4,p. 772A-772A,2007年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • O-2-259 散発性若年者大腸癌切除例の臨床病理学的検討(大腸 手技の工夫4,一般演題(口演),第62回日本消化器外科学会定期学術総会),野村 昌哉,水島 恒和,赤松 大樹,安政 啓吾,松田 宙,中島 清一,西田 俊朗,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 40,No. 7,2007年07月01日
  • V-2-3 腹腔鏡補助下胃全摘術における再建法の工夫(胃3 再建1,一般演題(ビデオ),第62回日本消化器外科学会定期学術総会),大森 健,中島 清一,山村 憲幸,西谷 暁子,高橋 剛,相馬 大人,伊藤 壽記,門田 守人,澤 芳樹,西田 俊朗,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 40,No. 7,2007年07月01日
  • SF-022-3 進行膵癌に対する術前放射線化学療法の意義(第107回日本外科学会定期学術集会),北川 透,伊藤 壽記,李 千萬,種村 匡弘,藤井 仁,野村 昌哉,中島 清一,澤 芳樹,西田 俊朗,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 108,No. 2,2007年03月10日
  • SF-069-4 イマチニブ耐性GISTに対する治療戦略(第107回日本外科学会定期学術集会),西谷 暁子,高橋 剛,大森 健,中島 清一,野村 昌哉,堂野 恵三,門田 守人,廣田 誠一,西田 俊朗,澤 芳樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 108,No. 2,2007年03月10日
  • VD-010-3 Crohn病大腸病変に対するHand-assisted Laparoscopic Extensive Colectomy(第107回日本外科学会定期学術集会),中島 清一,根津 理一郎,甲斐 康之,水島 恒和,伊藤 壽記,西田 俊朗,澤 芳樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 108,No. 2,2007年03月10日
  • DP-002-4 TNF-α依存性初代培養肝細胞の細胞死におけるリソソームプロテアーゼの役割(第107回日本外科学会定期学術集会),山村 憲幸,西田 俊朗,中島 清一,内山 安男,澤 芳樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 108,No. 2,2007年03月10日
  • DP-024-2 若年発症GISTにおける腫瘍化シグナルとKITの検討(第107回日本外科学会定期学術集会),高橋 剛,西田 俊朗,中島 清一,西谷 暁子,北川 透,種村 匡弘,野村 昌哉,廣田 誠一,澤 芳樹,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 108,No. 2,2007年03月10日
  • 食道癌術前化学療法におけるFDG-PETおよびCT診断の比較,牧野 知紀,土岐 祐一郎,宮田 博志,山崎 誠,樋口 一郎,安田 卓司,瀧口 修司,藤原 義之,中島 清一,西田 俊朗,門田 守人,日本外科学会雑誌,(一社)日本外科学会,Vol. 108,No. 臨増2,p. 231-231,2007年03月
  • バーチャル・リアリティ・シミュレータを用いたスキル評価における触覚機能の意義,塩野 裕之,中島 清一,菰田 弘,大森 健,関 洋介,鈴木 玲,西田 俊朗,澤 芳樹,日本内視鏡外科学会雑誌,(一社)日本内視鏡外科学会,Vol. 11,No. 7,p. 422-422,2006年12月
  • 2489 消化管粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡補助下手術(臨床検討1,一般演題,第61回日本消化器外科学会定期学術総会),長谷川 順一,大森 健,西村 潤一,西谷 暁子,高橋 剛,野村 昌哉,中島 清一,種村 匡弘,北川 透,西田 俊朗,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 39,No. 7,2006年07月01日
  • PD-6-7 手縫い吻合・器械吻合からみたクローン病再手術率に関する検討(クローン病に対する外科的治療戦略,パネルディスカッション,第61回日本消化器外科学会定期学術総会),甲斐 康之,根津 理一郎,中島 清一,安政 啓吾,水島 恒和,井上 善文,松田 宙,伊藤 壽記,西田 俊朗,澤 芳樹,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 39,No. 7,2006年07月01日
  • V-17-5 Hemi-double stapling techniqueを用いた幽門側胃切除後Roux-en Y再建(胃3,ビデオセッション17,第61回日本消化器外科学会定期学術総会),大森 健,西田 俊朗,中島 清一,野村 昌哉,長谷川 順一,種村 匡弘,北川 透,澤 芳樹,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 39,No. 7,2006年07月01日
  • Impact of evolving technologies on hand-assisted laparoscopic restorative proctocolectomy for ulcerative colitis : Towards standardization,中島 清一,甲斐 康之,安政 啓吾,長谷川 順一,水島 恒和,西田 俊朗,伊藤 壽記,根津 理一郎,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 107,No. 2,2006年03月05日
  • Preface to the second edition,Jeffrey W. Milsom,Bartholomäus Böhm,Kiyokazu Nakajima,Laparoscopic Colorectal Surgery,Springer New York,p. v-vi,2006年
  • 吻合法によるクローン病再発形式に関する検討(小腸8, 第60回日本消化器外科学会総会),玉川 浩司,伊藤 壽記,長谷川 順一,松田 宙,根津 理一郎,甲斐 康之,中島 清一,打越 史洋,水島 恒和,西田 俊朗,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 38,No. 7,2005年07月01日
  • クローン病 functional end-to-end anastomosis 術後の再発形式に関する検討(第105回日本外科学会定期学術集会),玉川 浩司,長谷川 順一,松田 宙,安政 啓吾,根津 理一郎,甲斐 康之,中島 清一,井上 善文,打越 史洋,水島 恒和,西田 俊朗,伊藤 壽記,松田 暉,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 106,No. 0,2005年04月05日
  • クローン病に対する腹腔鏡下手術の中期成績(第105回日本外科学会定期学術集会),打越 史洋,根津 理一郎,井上 善文,甲斐 康之,水島 恒和,中島 清一,玉川 浩司,西田 俊朗,伊藤 壽記,仲原 正明,松田 暉,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 106,No. 0,2005年04月05日
  • 胃GISTに対する腹腔鏡下手術の適応についての検討(第105回日本外科学会定期学術集会),西村 潤一,西田 俊朗,西谷 暁子,高橋 剛,中島 清一,種村 匡弘,北川 透,長谷川 順一,伊藤 壽記,松田 暉,日本外科学会雑誌,一般社団法人日本外科学会,Vol. 106,No. 0,2005年04月05日
  • PD-3-08 手術手技からみたクローン病再燃再発形式に関する検討(パネルディスカッション3 : 重症炎症性腸疾患の病態と集学的治療),玉川 浩司,打越 史洋,種村 匡弘,中島 清一,松田 宙,根津 理一郎,甲斐 康之,水島 恒和,伊藤 壽記,松田 暉,日本消化器外科学会雑誌,一般社団法人日本消化器外科学会,Vol. 37,No. 7,2004年07月01日
  • Short term outcome comparing laparoscopic and hand-assisted sphincter-saving distal rectal cancer resections,JJ Carter,SW Lee,T Sonoda,K Nakajima,JW Milsom,DISEASES OF THE COLON & RECTUM,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 47,No. 4,p. 626-626,2004年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 経こう門操作を先行させた腹腔鏡補助下こう門括約筋温存手術,打越史洋,西田俊朗,種村匡弘,中島清一,玉川浩司,遠藤俊治,松田宙,伊藤寿記,松田ひかる,日本外科系連合学会誌,Vol. 29,No. 3,2004年

著書

  • 教科書・概説・概論,Advanced Colonoscopy and Endoluminal Surgery (Future Endoscopic Tools and Platforms for Endoluminal Surgery),Editors: Lee, S,Ross, H.M,Rivadeneira, D,Steele, S.R,Feingold, D,Kiyokazu Nakajima,Springer International Publishing,ISBN:9783319483689,2017年03月
  • 学術書,Minimally Invasive Approaches to Colon and Rectal Disease; Technique and Best Practices, Chapter 9 Total Abdominal Colectomy: Hand- Assisted Approach,Nakajima K,Mizushima T,Nezu R,Ross H,Lee S,Mutch M,Rivadeneira D,Steele S,Springer,2014年11月
  • 学術書,【次世代】ヘルスケア機器の新製品開発,中島清一,他多数,技術情報協会,2014年05月
  • 学術書,医学研究者・企業のための特許出願Q&A,中島清一,南江堂,ISBN:4524267921,2014年04月
  • 学術書,小児外科診療ハンドブック,中島清一,根津理一郎,医薬ジャーナル社,2014年02月
  • 内視鏡外科手術トレーニングマニュアル,塩野裕之,中島清一,丸善出版,ISBN:4621062018,2012年07月17日
  • 学術書,消化器疾患最新の治療 2011-2012,中島清一,土岐祐一郎,南江堂,2011年01月
  • 学術書,消化器外科,中島清一,池田正孝,森正樹,へるす出版,2010年01月
  • 学術書,Essentials of Pediatric Endoscopic Surgery,Nakajima K,Soh H,Nishida T,Springer Verlag, Heidelberg,2008年09月
  • 学術書,スーパーローテイターのための内視鏡外科手術トレーニングマニュアル,西田 俊朗,中島 清一,塩野 裕之,シュプリンガー・ジャパン株式会社,2008年07月
  • 学術書,Best Practices in Surgical Education: The Training of Registrars and Residents,Nakajima K,Wasa M,Nishida T,Ethicon Endo-surgery, Inc,2008年01月
  • 学術書,腹腔鏡下大腸手術(日本語版),中島清一,シュプリンガー・ジャパン,2007年01月
  • 学術書,IBDハンドブック,中島清一,文光堂,2006年09月
  • 学術書,Laparoscopic Colorectal Surgery (Second Edition),Milsom JW,Bohm B,Nakajima K,Springer New York,2006年03月
  • 学術書,系統小児外科学 改訂第2版,中島清一,永井書店,2005年01月
  • 学術書,系統小児外科学,中島清一,永井書店,2001年11月
  • 学術書,最新・内視鏡手術ケアマニュアル,中島清一,川原央好,和佐勝史,岡田正,メディカ出版,2000年03月
  • 学術書,消化器外科 内視鏡下手術 完全マニュアル,中島清一,川原央好,岡田正,へるす出版,1999年04月
  • 学術書,内視鏡外科ナーシングプラクティス,中島清一,岡田正,文光堂,1999年01月

特許・実用新案・意匠

  • 内視鏡処理部材,中島清一,高橋康友,特許06896248,特願2019-183957,出願日:2019年10月04日,登録日:2021年06月11日
  • 内視鏡装置および内視鏡システム,特許6683353,特願2018-528877,登録日:2020年03月30日
  • 送気システム及び送気装置,中島清一,宮本学,鳥澤信幸,6097246,特願2014-080255,出願日:2014年04月,登録日:2017年02月
  • 送気装置,中島清一,宮本学,鳥澤信幸,林健太郎,6077973,特願2013-193153,出願日:2013年09月,登録日:2017年01月
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,出口治,伊藤裕也,梅原智,5967517,特願2012-014100,出願日:2012年01月,登録日:2016年07月
  • 送気システム,中島清一,林健太郎,5952916,特願2014-550189,出願日:2015年05月,登録日:2016年06月
  • 手術用吸引凝固嘴管,保阪誠,中村実,中島清一,1554683,2015-002930,出願日:2015年02月,登録日:2016年06月
  • 手術用吸引凝固嘴管,保阪誠,中村実,中島清一,1554920,2015-002931,出願日:2015年02月,登録日:2016年06月
  • マイクロスネークリトラクター,中島清一,蔭山,山下,5912473,特願2011-269473,出願日:2011年12月,登録日:2016年04月
  • 医療用ガウン,中島清一,安井隆幸,ZL201530362715.7,201530362715.7,出願日:2015年09月,登録日:2016年04月
  • 医療用ガウン,中島清一,安井隆幸,山下博之,ZL201530362941.5,201530362941.5,出願日:2015年09月,登録日:2016年04月
  • GUIDE TUBE SYSTEM FOR FORMING PNEUMOPERITONEUM AND PROVIDING ROUTE FOR ACCESSING BODY CAVITY,中島清一,西田,高橋,相馬,9,295,489,13/144,139,出願日:2011年07月,登録日:2016年03月
  • 軟性内視鏡用カテーテル,中島清一,保坂誠,出田智也,5900965,特願2012-505609,出願日:2012年08月,登録日:2016年03月
  • DISTAL END HOOD FOR ENDOSCOPE AND ENDOSCOPE SYSTEM,2449956,11187767.6,出願日:2011年11月03日,登録日:2016年01月13日
  • CATHETER FOR ENDOSCOPE,中島清一,保坂誠,出田智也,ZL201180014707.2,201180014707.2,出願日:2012年09月,登録日:2016年01月
  • 3次元リトラクター,中島清一,清水,山下,山内,5867746,特願2013-500826,出願日:2013年06月,登録日:2016年01月
  • ATTACHMENT FOR ENDOSCOPE AND ENDOSCOPE SYSTEM,ZL201110343434.8,201110343434.79999,出願日:2011年11月03日,登録日:2015年11月04日
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,5835760,特願2014-507888,出願日:2014年09月,登録日:2015年11月
  • ENDOSCOPE AIR-SUPPLY SYSTEM,中島清一,鳥澤信幸,ZL201210084428.X,201210084428.X,出願日:2012年03月,登録日:2015年08月
  • 内視鏡用補助具,中島清一,相馬,宮嵜,伊藤,青木,5787244,特願2010-096377,出願日:2010年04月,登録日:2015年08月
  • ENDOSCOPE GAS FEED SYSTEM, ENDOSCOPE, AND ENDOSCOPE SYSTEM,8936547,13/293,477,出願日:2011年11月10日,登録日:2015年01月20日
  • 手術用具収容バッグ,中島清一,安井隆幸,ZL201430123551.8,201430123551.8,出願日:2014年05月,登録日:2014年12月
  • 手術用具収容バッグ,中島清一,安井隆幸,1513972,2014-007648,出願日:2014年04月,登録日:2014年11月
  • 手術用具収容バッグ,中島清一,安井隆幸,1513464,2014-007647,出願日:2014年04月,登録日:2014年11月
  • 手術用具収容バッグ,中島清一,安井隆幸,1513214,2014-007646,出願日:2014年04月,登録日:2014年11月
  • ATTACHMENT FOR ENDOSCOPE AND ENDOSCOPE SYSTEM,2449955,11187622.300000001,出願日:2011年11月03日,登録日:2014年07月02日
  • 内視鏡送気システム,特許5520877,特願2011-101674,出願日:2011年04月28日,登録日:2014年04月11日
  • 内視鏡送気システム、内視鏡及び内視鏡システム,特許5514083,特願2010-254132,出願日:2010年11月12日,登録日:2014年04月04日
  • 内視鏡用先端フードおよび内視鏡システム,特許5514077,特願2010-248893,出願日:2010年11月05日,登録日:2014年04月04日
  • 内視鏡用アタッチメント及び内視鏡システム,特許5514075,特願2010-247662,出願日:2010年11月04日,登録日:2014年04月04日
  • 内視鏡用挿入補助具,中島清一,相馬,宮嵜,伊藤,青木,5521195,特願2010-096378,出願日:2010年04月,登録日:2014年04月
  • 内視鏡送気システム,中島清一,鳥澤信幸,5384548,特願2011-070293,出願日:2011年03月,登録日:2013年10月
  • 気腹形成および体腔内到達路形成用ガイドチューブシステム,中島清一,西田,高橋,相馬,5311314,特願2010-547491,出願日:2011年06月,登録日:2013年07月
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,5224305,特願2011-521927,出願日:2012年01月,登録日:2013年03月
  • 管腔壁穿刺用オーバーチューブ,中島清一,西田,澤,菰田,5224298,特願2010-517918,出願日:2010年12月,登録日:2013年03月
  • 内視鏡挿入チューブ用脱気防止器,中島清一,出口治,伊藤裕也,1456705,2012-013876,出願日:2012年06月,登録日:2012年11月
  • 内視鏡挿入チューブ用脱気防止器,中島清一,出口治,伊藤裕也,1456704,2012-013875,出願日:2012年06月,登録日:2012年11月
  • 内視鏡保持具,中島清一,相馬大人,宮嵜安晃,伊藤裕也,青木裕太,1402427,2010-000562,出願日:2010年01月,登録日:2010年10月
  • 内視鏡保持具,中島清一,相馬大人,宮嵜安晃,伊藤裕也,青木裕太,1402426,2010-000561,出願日:2010年01月,登録日:2010年10月
  • 内視鏡挿入用ダイレーター,中島清一,相馬大人,宮嵜安晃,伊藤裕也,青木裕太,1400546,2010-000564,出願日:2010年01月,登録日:2010年10月
  • 内視鏡挿入用ダイレーター,中島清一,相馬大人,宮嵜安晃,伊藤裕也,青木裕太,1400332,2010-000563,出願日:2010年01月,登録日:2010年10月
  • 内視鏡用スネア,中島清一,吾妻聖臣,高木秀憲,新田瞬,2016-018568,出願日:2016年02月
  • STERILIZED GOWN,中島清一,安井隆幸,山下博之,15/267,270,出願日:2016年09月
  • 滅菌ガウン,中島清一,安井隆幸,山下博之,特願2015-185721,出願日:2015年09月
  • RETRACTOR,中島清一,山下博之,15/038,882,出願日:2016年05月
  • OVER-TUBE DEVICE FOR ENDOSCOPES,中島清一,広田将司,梅原智,栗山真一,15749657.1,出願日:2016年09月
  • RETRACTOR,中島清一,山下博之,15737127.9,出願日:2016年07月
  • RETRACTOR,中島清一,山下博之,15/111,846,出願日:2016年07月
  • 医療用回収バッグ,中島清一,吾妻聖臣,高木秀憲,新田瞬,201580009368.7,出願日:2016年08月
  • RETRACTOR,中島清一,山下博之,14865996.4,出願日:2016年05月
  • RETRACTOR,中島清一,山下博之,201580004786.7,出願日:2016年07月
  • 内視鏡用カテーテル,中島清一,加藤元彦,保坂誠,特願2015-031111,出願日:2015年02月
  • RETRACTOR,中島清一,山下博之,201480064558.4,出願日:2016年05月
  • HEMOSTATIC AGENT APPLICATOR,中島清一,山本啓一,14/655,364,出願日:2015年06月
  • HEMOSTATIC AGENT APPLICATOR,中島清一,山本啓一,13867032.8,出願日:2015年06月
  • 送気システム及び送気装置,中島清一,宮本学,鳥澤信幸,特願2014-080256,出願日:2014年04月
  • INSUFFLATION SYSTEM,中島清一,林健太郎,13858973.4,出願日:2015年05月
  • INSUFFLATION SYSTEM AND INSUFFLATION APPARATUS,鳥澤信幸,宮本学,中島清一,14/682,116,出願日:2015年04月
  • INSUFFLATION SYSTEM AND INSUFFLATION APPARATUS,中島清一,宮本学,鳥澤信幸,15162631.4,出願日:2015年04月
  • INSUFFLATION SYSTEM AND INSUFFLATION APPARATUS,中島清一,宮本学,鳥澤信幸,201510163103.4,出願日:2015年04月
  • INSUFFLATION SYSTEM AND INSUFFLATION APPARATUS,中島清一,宮本学,鳥澤信幸,14/682,117,出願日:2015年04月
  • 手術用具収容バッグ,中島清一,五反田正一,安井隆幸,PCT/JP2014/063440,出願日:2014年05月
  • INSUFFLATION SYSTEM,中島清一,林健太郎,14/720,993,出願日:2015年05月
  • 医療用回収バッグ,中島清一,吾妻聖臣,高木秀憲,新田瞬,PCT/JP2015/054447,出願日:2015年02月
  • 内視鏡用オーバーチューブデバイス,中島清一,広田将司,梅原智,栗山真一,PCT/JP2015/053869,出願日:2015年02月
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,梅原智,栗山真一,PCT/JP2015/053704,出願日:2015年02月
  • INSUFFLATION SYSTEM,中島清一,林健太郎,201380061526.4,出願日:2015年05月
  • リトラクタ,中島清一,山下博之,PCT/JP2015/051039,出願日:2015年01月
  • リトラクタ,中島清一,山下博之,PCT/JP2014/059262,出願日:2014年03月
  • GAS SUPPLY APPARATUS,中島清一,宮本学,鳥澤信幸,林健太郎,201410472166.3,出願日:2014年09月
  • GAS SUPPLY APPARATUS,中島清一,宮本学,鳥澤信幸,林健太郎,14184708.7,出願日:2014年09月
  • GAS SUPPLY APPARATUS,中島清一,宮本学,鳥澤信幸,林健太郎,14/487,601,出願日:2014年09月
  • 止血剤アプリケータ,中島清一,山本啓一,PCT/JP2013/081439,出願日:2013年11月
  • 送気システム,中島清一,林健太郎,PCT/JP2013/081713,出願日:2013年11月
  • 内視鏡送気システム,特願2012-196420,出願日:2012年09月06日
  • THREE-DIMENSIONAL RETRACTOR,中島清一,清水,山下,山内,11859495.1,出願日:2013年09月
  • THREE-DIMENSIONAL RETRACTOR,中島清一,清水,山下,山内,13/997,468,出願日:2013年06月
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,PCT/JP2013/058677,出願日:2013年03月
  • 内視鏡,中島清一,特願2012-088140,出願日:2012年04月
  • CATHETER FOR ENDOSCOPE,中島清一,保坂誠,出田智也,11756091.2,出願日:2012年10月
  • ENDOSCOPE AIR-SUPPLY SYSTEM,中島清一,鳥澤信幸,12161183.4,出願日:2012年03月
  • 3次元リトラクター,中島清一,清水,山下,山内,PCT/JP2011/071205,出願日:2011年09月
  • 内視鏡用カテーテル,中島清一,保坂誠,出田智也,PCT/JP2011/054971,出願日:2011年03月
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,PCT/JP2010/061472,出願日:2010年07月
  • 気腹形成および体腔内到達路形成用ガイドチューブシステム,中島清一,西田,高橋,相馬,PCT/JP2010/050602,出願日:2010年01月
  • 管腔壁穿刺用オーバーチューブ,中島清一,西田,澤,菰田,PCT/JP2009/060927,出願日:2009年06月
  • リトラクタ,特願2018-005931,出願日:2018年02月16日
  • ENDOSCOPIC SNARE,中島清一,吾妻聖臣,高木秀憲,新田瞬,201710063752.6,出願日:2017年02月
  • ENDOSCOPIC SNARE,中島清一,吾妻聖臣,高木秀憲,新田瞬,15/421,546,出願日:2017年02月
  • 手術用具収容バッグ,中島清一,五反田正一,安井隆幸,2016-512566,出願日:2016年09月
  • 内視鏡用オーバーチューブデバイス,中島清一,広田将司,梅原智,栗山真一,2015-562864,出願日:2016年08月
  • 医療用回収バッグ,中島清一,吾妻聖臣,高木秀憲,新田瞬,2016-504137,出願日:2016年08月
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,梅原智,栗山真一,2015-561251,出願日:2016年08月
  • リトラクタ,中島清一,山下博之,2015-550579,出願日:2016年05月
  • リトラクタ,中島清一,山下博之,2015-557882,出願日:2016年05月
  • 止血剤アプリケータ,中島清一,山本啓一,特願2014-554251,出願日:2015年06月
  • 手術用具収容バッグ,中島清一,五反田正一,安井隆幸,特願2014-078893,出願日:2014年04月
  • 医療用回収バッグ,中島清一,吾妻聖臣,高木秀憲,新田瞬,特願2014-028531,出願日:2014年02月
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,梅原智,栗山真一,特願2014-023721,出願日:2014年02月
  • 内視鏡用オーバーチューブデバイス,中島清一,広田将司,加藤元彦,河相直樹,梅原智,栗山真一,出口治,伊藤裕也,特願2014-024937,出願日:2014年02月
  • リトラクタ,中島清一,山下博之,特願2014-005685,出願日:2014年01月
  • リトラクタ,中島清一,山下博之,特願2013-243891,出願日:2013年11月
  • 止血剤アプリケータ,中島清一,山本啓一,特願2012-281494,出願日:2012年12月
  • 送気システム,中島清一,林健太郎,特願2012-258654,出願日:2012年11月
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,特願2012-070724,出願日:2012年03月
  • 3次元リトラクター,中島清一,清水,山下,山内,特願2011-040943,出願日:2011年02月
  • 軟性内視鏡用カテーテル,中島清一,保坂,出田,特願2010-199913,出願日:2010年09月
  • 軟性内視鏡用カテーテル,中島清一,保坂,出田,特願2010-064882,出願日:2010年03月
  • 内視鏡用挿入補助具,中島清一,相馬,宮嵜,伊藤,青木,特願2009-195605,出願日:2009年08月
  • 内視鏡用オーバーチューブ,中島清一,特願2009-160088,出願日:2009年07月
  • 気腹形成および体腔内到達路形成用ガイドワイヤシステム,中島清一,西田,高橋,相馬,特願2009-010595,出願日:2009年01月
  • 管腔壁穿刺用内視鏡オーバーチューブ,中島清一,西田,澤,菰田,特願2008-160493,出願日:2008年06月

受賞

  • 大上賞,中島清一,日本内視鏡外科学会,2018年12月
  • 2020年度グッドデザイン賞,カーディナルヘルス(日本コヴィディエン,公益財団法人日本デザイン振興会,2020年10月
  • 大阪大学第一外科汲泉会 小澤賞,中島清一,汲泉会,2019年05月
  • 第26回中小企業優秀新技術・新製品賞,中島清一,公益財団法人 りそな中小企業振興財団 日刊工業新聞社,2014年05月
  • 大阪大学総長表彰,中島清一,大阪大学,2014年02月
  • 第5回ものづくり日本大賞,中島清一,経済産業省,2013年09月
  • 第2回MEDTECイノベーション大賞 チャレンジ賞,中島清一,MEDTEC,2013年04月
  • DDW Crystal Award 2009,Kiyokazu Nakajima,ASGE,2009年06月
  • Crystal Award 2009,中島清一,DDW,2009年06月

講演・口頭発表等

  • 一般演題79 胃・十二指腸:腹腔鏡4 座長,中島清一,第76回日本消化器外科学会総会,2021年07月08日
  • 「日本発」医療機器開発の現状とグローバル展開の可能性,中島清一,大阪大学 健康・医療クロスイノベーションフォーラム~クロスイノベーションの5年の歩み~,2021年03月15日
  • MEC2-5 バーチャル、リアル両面での産学官民連携による個人防護具の開発と無償大量供給,日本内視鏡外科学会総会,2021年03月12日
  • 医師が主導する医療機器開発:企業の方へのメッセージ,中島清一,医療機器開発セミナー,2021年02月03日
  • WS2 食道裂孔ヘルニアの手術を再考する,日本消化器外科学会総会,2020年12月15日
  • 次世代医療機器連携拠点整備長事業 ワークショップ,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 次世代医療機器連携拠点整備長事業 ワークショップ,2020年11月27日
  • フェイスシールドプロジェクト クラウドファンディング報告会,中島清一,フェイスシールドプロジェクト クラウドファンディング報告会,2020年11月27日
  • デジタルポスターセッション33 胃:手術(悪性)4,消化器外科学会(日本消化器関連学会週刊 JDDW),2020年11月05日
  • 総会特別企画07-4 外科医が主導する医療機器開発:現状、課題と展望,日本臨床外科学会総会,2020年10月30日
  • COVID-19で変わるのか!?サージカルスモーク対策,中島清一,消化器外科共同研究会 リスクマネジメント分科会,2020年09月25日
  • Technological Advances for Endoluminal Surgery,2020年09月12日
  • Symposium "Advances, Innovation & Telehealth",2020年09月11日
  • SY-4 革新的医療機器の研究開発における外科医の役割,日本外科学会定期学術集会,2020年08月13日
  • Session 1: Technology and corona,2020年06月23日
  • Innovation in Personal Protective Equipment(PPE),2020年04月28日
  • 医師が主導する医療機器開発:産学官連携のあり方,中島清一,NCCH医療機器開発チーム 院内セミナー,2020年02月20日
  • 医療機器のネットワーク化時代をみすえた内視鏡手術の可視化プロジェクト,中島清一,テイジン 未来スタジオ講演,2020年02月18日
  • 途上国向けWHO推奨機器要覧への掲載について,中島清一,国連、世界保健機関のグローバルヘルス戦略:日本企業の国連市場参入とさらなる国際貢献のために,2020年02月09日
  • 医師が主導する医療機器開発 ~小児外科からの学び~,関西小児内視鏡外科研究会,2020年02月08日
  • 一般演題13 伝針の上部消化管2,Needlescopic Surgery Meeting,2020年02月01日
  • Session 3. How technology can help us to treat complications New haemostatic agents,2020年01月24日
  • Session 2. Re-live surgery to demonstrate & discuss the use of technology in the OR Endoscopic treatment of post-esophagectomy severe reflux using OverStitch,2020年01月24日
  • nominated_symposium 12 医療機器開発を進めるために外科医が知っておくべきこと (医工連携ジョイント企画),日本内視鏡外科学会総会,2019年12月06日
  • アカデミアが主導する医療機器の研究開発:プロジェクトENGINE の取り組み,日本内視鏡外科学会総会,2019年12月06日
  • ブレインストーミング(ニーズ検討会),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 次世代医療機器連携拠点整備等事業 ブレインストーミング(ニーズ検討会),2019年11月29日
  • 開会の挨拶,先進内視鏡治療研究会(J-CASE),2019年11月23日
  • Endoscopic minimally invasive resection from EFTR to real pure NOTES,中島清一,先進内視鏡治療研究会(J-CASE),2019年11月23日
  • SPACE technologies for EFTR,2019年11月21日
  • Session: Innovation VDO Presentation,2019年11月21日
  • A shift of robotics, from intra-abdominal to endo-luminal: Are we ready?,日本人工臓器学会大会,2019年11月14日
  • これからの低侵襲治療〜 産学連携の重要性 〜,中島清一,兵庫県内視鏡治療談話会,2019年11月06日
  • セミナー(挨拶、統括),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 2019年度 次世代医療機器連携拠点整備等事業 セミナー,2019年10月04日
  • 医療機器とは,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 2019年度 次世代医療機器連携拠点整備等事業 セミナー,2019年10月04日
  • nominated_symposium13 内視鏡手術の医療機器開発,近畿内視鏡外科研究会,2019年09月21日
  • nominated_symposium5: ロボット支援手術の変遷 現在、今後、平成から令和へ,Reduced Port Surgery Forum (RPS2019),2019年08月02日
  • 医療機器開発を主導する医師に求められるもの,外科フォーラム,2019年07月27日
  • [RS23] 要望演題23 【全般】消化器外科手術におけるデバイス使用の工夫1,日本消化器外科学会総会,2019年07月18日
  • WS06-06 手術室におけるパラダイムシフト : IoT を用いた手技可視化の可能性,日本外科系連合学会,2019年06月20日
  • S10 What’s new in robotic surgery and already available on the market? - Endoluminal robotic systems,2019年06月13日
  • Endoluminal surgery,2019年06月12日
  • 産学連携による医療機器の研究開発,中島清一,大阪大学医学部第一外科同窓会 汲泉会 奨学金(小澤賞)受賞講演,2019年05月18日
  • PS-010 医療機器開発,日本外科学会定期学術集会,2019年04月18日
  • 医療機器開発の進め方,中島清一,キャステム新人研修,2019年04月09日
  • SS09: Colorectal Videos I,2019年04月03日
  • 日本発・医療機器開発の現状とGlobal展開の可能性,中島清一,FIGHT-Japan研究会,2019年02月24日
  • The evolution of minimally invasiveness through technology Session 1: How technology reshaped treatment,2019年02月08日
  • 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 交流シンポジウム,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 交流シンポジウム,2019年01月25日
  • WS7-1 新興国ニーズにもとづく医療機器開発,日本内視鏡外科学会,2018年12月07日
  • 一般演題 33 手術機器 エネルギーデバイス,日本内視鏡外科学会,2018年12月06日
  • The R&D frontline 2018: update from Project ENGINE,2018年11月26日
  • Session with video transmission from the Research Institut and Clinical Department Working Group (Access and locking, tunneling techniques, myotomy, gastric reduction and others),2018年11月26日
  • Oral Presentation 9,2018年11月09日
  • Medical Device Development,2018年11月08日
  • Integration of laparoscopy and endoscopy into next generation endoscopic intervention,2018年11月08日
  • 中級セミナー(挨拶、総括),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 中級セミナー,2018年11月06日
  • 産学・医工連携でブレークスルーは起こるか?,先進内視鏡治療研究会(J-CASE),2018年11月03日
  • W23-基調講演 内視鏡外科の機器開発革新,JDDW 消化器外科学会 肝臓学会,2018年11月03日
  • What MedTech can do for the future of OR,AMG内視鏡外科アカデミーフォーラム,2018年10月27日
  • Endoscopy and related data,JISC presentation at ISO/TC215 WG2 (System and device interoperability),2018年10月23日
  • R&D of Medical Devices in the Era of Virtual Engineering,3D4MED The clinical 3D printing laboratory,2018年10月18日
  • 講演Ⅳ 医師が主導する産学連携活動:現状と課題,大阪大学共同研究講座nominated_symposium,2018年10月10日
  • ニーズ検討会,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 ニーズ検討会,2018年09月21日
  • 第二部,中島清一,ふくしま医療機器開発促進セミナー,2018年09月20日
  • 痛くない「究極の手術」をめざして,中島清一,キャステム本社講演,2018年09月18日
  • nominated_symposium2:”ものづくり技術”がもたらす低侵襲手術の革新と展望,7th Reduced Port Surgery Forum 2018 in Sapporo,2018年08月03日
  • 初級セミナー(挨拶、総括),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 初級セミナー,2018年07月20日
  • 医師が機器開発に携わるということ,EMR/ESD研究会,2018年07月15日
  • フューチャーセッション 次世代の手技および機器開発,EMR/ESD研究会,2018年07月15日
  • P89 デジタルポスター89 胃・十二指腸:良性疾患・その他,日本消化器外科学会総会,2018年07月12日
  • Clinical Engineers in Japan,中島清一、加藤貴充,アジア臨床工学フォーラム,2018年05月17日
  • SY06-5 クローン病患者における栄養状態がインフリキシマブの治療効果に及ぼす影響,日本栄養食糧学会大会,2018年05月12日
  • Endoscopy and related data,JISC presentation at ISO/TC215 WG2 (System and device interoperability),2018年05月01日
  • Towards next generation endoscopy: lessons learned from NOTES,2018年04月21日
  • Pressure regretted gas insufflation system for next generation endoscopy,2018年04月07日
  • [PS-17] 胃-鏡視下手術-胃全摘術・再建法,日本外科学会定期学術集会,2018年04月05日
  • Future of NOTES,null.,MESDA,2018年02月12日
  • 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 交流シンポジウム,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業,2018年02月09日
  • Needlescopic Surgeryの発展へ ~造り手・使い手のそれぞれの立場から~,Needlescopic Surgery Meeting,2018年02月03日
  • Towards Next Generation: Are We Ready?,2018年01月26日
  • The Future of Robots in Surgery,2018年01月26日
  • ISO/TC215の状況,中島清一,経済産業省H29(2017)年度戦略的国際標準化加速事業 第一回SCOT国際標準化検討委員会,2017年12月15日
  • 産学連携による医療機器開発:可能性と課題,中島清一,大阪医科大学 がんセンター 先端医療開発部門 学内講演会,2017年12月14日
  • 医PD1-2 医療機器開発をになう「融合人材」とは,日本内視鏡外科学会総会,2017年12月08日
  • 医療機器開発の現場における知財の取り扱いについて,日本内視鏡外科学会総会,2017年12月07日
  • Session with video transmission from the Research Institut and Clinical Department Working Group (Access and locking, tunneling techniques, myotomy, gastric reduction and others),2017年11月27日
  • Project ENGINE update: recent progress from R&D frontline.,2017年11月27日
  • Next Generation Endoscopy: from bench to clinics,National Cancer Center,2017年11月15日
  • 医療従事者が知っておきたい感染対策,大阪病院学会,2017年11月12日
  • Endoscopy and related data,JISC presentation at ISO/TC215 WG2 (System and device interoperability),2017年11月08日
  • 中級セミナー(挨拶、総括),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 中級セミナー,2017年10月31日
  • 外部資金の獲得,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 中級セミナー,2017年10月31日
  • 次世代内視鏡の実現に向けて,中島清一,大阪大学医学部学友会 北支部会,2017年10月19日
  • 外科医からみた医療機器開発について,中島清一,鳥取大学医学部付属病院 医療機器開発人材育成共学講座,2017年10月17日
  • 産学連携による医療機器開発:可能性と課題,中島清一,鳥取大学医学部付属病院 医療機器開発人材育成共学講座,2017年10月17日
  • NOTESをきっかけとした医療機器開発~10年を振り返る~,先進内視鏡治療研究会(J-CASE),2017年10月14日
  • 産学官連携による国産医療機器開発の現状と課題,中島清一,インターナショナル・ビジネスメンズ・クラブ,2017年10月04日
  • ニーズ検討会,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 ニーズ検討会,2017年09月15日
  • 医工-Key1 医工連携を主導する医師に求められるもの,6th Reduced Port Surgery Forum 2017 in Oita,2017年08月05日
  • 次世代内視鏡治療とは〜 Interventional Digestivistは実現するか 〜,中島清一,長崎大学大学院セミナー,2017年07月25日
  • RS1-13-9 要望演題20 ①消化器疾患に関する最新の基礎研究・橋渡し研究1,日本消化器外科学会総会,2017年07月20日
  • 次世代内視鏡手術の実現に向けた医療機器の開発:消化器領域での取り組みを通して,日本低侵襲心臓手術学会,2017年07月15日
  • 初級セミナー(挨拶、総括),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器 創出促進基盤整備等事業 初級セミナー,2017年07月07日
  • S75 New technologies for training in surgery: the surgeon, the team, the patient,2017年06月17日
  • S59 Best EAES videos in gastrointestinal surgery,2017年06月16日
  • S17 UGI1,2017年06月15日
  • 医療現場におけるR&D(研究開発)チームビルディングを考える ~テクノロジーとリベラルアーツの融合とは・・・~,中島清一,ナレッジサロン 木曜サロン,2017年05月18日
  • 次世代内視鏡治療とは?,日本消化器内視鏡学会総会,2017年05月12日
  • 医療現場で必要とされる医療機器の開発 ~ものづくり技術を活かした医療機器ビジネス~,中島清一,地方創生セミナー IN ナレッジサロン,2017年04月25日
  • Health informatics – standardization of endoscopy-related data output,JISC presentation at ISO/TC215 WG2 (System and device interoperability),2017年04月19日
  • これからの医療におけるイノベーションのあり方 How innovation works in the future,Kiyokazu Nakajima,HCAP東京大学運営委員会,2017年03月17日
  • 消化器癌に対する次世代統合型内視鏡治療:NOTESからの教訓,消化器癌最新情報public_discourse,2017年02月24日
  • 一般演題2,胃病態機能研究会,2017年02月19日
  • Current status and future perspective,2017年02月03日
  • Current approach of JSES towards convergence of academic surgeons and industries for R&D of innovative medical devices,2017年02月03日
  • 産学連携による医療機器開発の最前線,中島清一,那須地区4病院消化器疾患勉強会,2017年01月31日
  • 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 交流シンポジウム,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 第28年度交流シンポジウム,2017年01月27日
  • 深部にある微小病変の位置把握を可能にするRFIDマーキングシステム,日本内視鏡外科学会総会 医工連携企画,2016年12月10日
  • 新興国目線による革新的医療機器の研究開発:新たな潮流,日本内視鏡外科学会総会 特別企画 COOL JSES・医工連携 ?内視鏡外科手術に革新をもたらす新技術?,2016年12月10日
  • そのアイデア、話す前に特許出願を!,日本内視鏡外科学会総会 医工連携企画,2016年12月08日
  • 15. Laparoscopic and Endoscopic Cooperative-Cholecystectomy (LEC-chole)の開発 ~Single port endoscopic cholecystectomyに向けて~,J-CASE(NOTES)研究会,2016年12月07日
  • 胃:良性疾患2,日本臨床外科学会総会,2016年11月25日
  • The R&D frontline: 10 years’ summary and towards next 10 years,2016年11月21日
  • Symposium Dinner-Welcome Banquet WIDER 2016- Museo CosmoCaixa,2016年11月21日
  • Session with video transmission from the Research Institut and Clinical Department Working Group (Access and locking, tunneling techniques, myotomy, gastric reduction and others),2016年11月21日
  • The next generation toolbox for interventional digestivist; from bench to clinics,Kiyokazu Nakajima,OLYMPUS Special evening lecture,2016年11月16日
  • Proposal to standardize laparoscope/endoscope intervention,JISC presentation at ISO/TC215 WG2 (System and device interoperability),2016年11月14日
  • Endoscopy-S4 What Did We Learn from NOTES research?,2016年11月04日
  • Digital Poster, Endoscopy "Upper GI 5",2016年11月03日
  • Advancement of Minimally Invasive Surgical Treatment in Japan and related devices: From Japan to the world,中島清一,Board of Directors’ Japan Visit Medtronic,2016年10月12日
  • All Japanでの医療機器開発支援体制づくりをめざして,中島清一,大分大学シンポジウム,2016年10月06日
  • 中級セミナー(挨拶、総括),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 座学・セミナー「中級コース」,2016年10月04日
  • 外部資金の獲得,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 座学・セミナー「中級コース」,2016年10月04日
  • ニーズ検討会,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 ニーズ検討会,2016年09月02日
  • 総括 臨床実習の案内,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 初級セミナー,2016年07月29日
  • 解剖および医学用語の基礎①,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器 創出促進基盤整備等事業 初級セミナー,2016年07月28日
  • 医療機器開発に取り組む人に求められるものとは,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器 創出促進基盤整備等事業 初級セミナー,2016年07月28日
  • 本事業の進め方(阪大の取り組み),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器 創出促進基盤整備等事業 初級セミナー,2016年07月28日
  • 内視鏡治療の新展開:デバイスのちから New Device Innovation for the treatment of Gastrointestinal Lesions,EMR/ESD研究会,2016年07月17日
  • P2-29 大腸:鏡視下手術3,日本消化器外科学会総会,2016年07月15日
  • 医療機器開発の最前線 ~ビッグデータ時代を見すえて~,大阪臨床外科医会総会・学術講演会,2016年06月02日
  • W12-1. 軟性鏡と硬性鏡のギャップを埋める周辺機器の開発,日本消化器内視鏡学会総会,2016年05月14日
  • PS-222 ポスターセッション(222) 大腸 その他,日本外科学会定期学術集会,2016年04月16日
  • 新しい止血の形 サクションボール・コアギュレーターの開発経緯,日本外科学会定期学術集会,2016年04月15日
  • 医療機器データ利活用への期待 ~臨床現場からの提言~,中島清一,医療機器データ収集・利活用WG,2016年03月11日
  • 大阪大学医学部付属病院の取り組み,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 事業化促進人材等育成の仕組みに関する調査 有識者懇談会,2016年02月29日
  • 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 交流シンポジウム,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 第27年度交流シンポジウム,2016年02月23日
  • 医療機器のネットワーク化時代をみすえた内視鏡手術の可視化プロジェクト,中島清一,自動認識総合展,2016年02月19日
  • 内視鏡治療関連機器開発の最前線:境界を超える,関西腸疾患public_discourse,2016年02月19日
  • 機器開発の最前線:軟性鏡と腹腔鏡の境界を超える,Festa di FRESTA Fukui Red Cross Hospital Endoscopic Surgery Training Academy Forum,2016年01月09日
  • WS14-3 胃粘膜下腫瘍に対するtailored approach,日本内視鏡外科学会総会,2015年12月10日
  • 共同研究講座制度 10年の歩みと今後の展開 「教室紹介 次世代内視鏡治療学共同研究部門」,中島清一,大阪大学共同研究講座シンポジウム,2015年12月02日
  • 中之島総合医療懇談会,中島清一,中之島総合医療懇談会,2015年11月28日
  • 内視鏡外科手技と器具の工夫(肝、胆、膵、脾、食道、胃、その他)3,日本臨床外科学会総会,2015年11月27日
  • Simposio-Cena de Bienvenida,2015年11月23日
  • Session with video transmission from the Research Institute and Clinical Department Working Group (Access and locking, tunneling techniques, myotomy, gastric reduction and others),2015年11月23日
  • A novel portable endoscopy system for universal access.,2015年11月23日
  • 医師が求める医療機器とは?,日本コンピュータ外科学会大会 特別nominated_symposium医療機器研究の事業化展開,2015年11月22日
  • Project ENGINE: Our R&D and Achievements,2015年11月19日
  • ENGINE & HEART: R&D of UHC Devices based on Unmet Needs in LMICs,2015年11月19日
  • CO2 stabilizer for endoscopic diagnosis and interventions.,2015年11月18日
  • 痛くない「究極の手術」をめざして,中島清一,大阪大学×ナレッジキャピタル「考える」を考える学校,2015年11月12日
  • 痛くない「究極の手術」をめざして,中島清一,一般財団法人 海外職業訓練協会 JICA(国際協力機構)日系研修員受入事業「起業・後継者のための経営力強化」コース,2015年10月22日
  • 中級セミナー(挨拶、総括),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 座学・セミナー「中級コース」,2015年10月13日
  • 外部資金の獲得,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 座学・セミナー「中級コース」,2015年10月13日
  • 機器開発、LEXS、GERD治療など,J-CASE(NOTES)研究会,2015年10月10日
  • 胃-鏡視下手術(悪性)4,日本消化器外科学会大会,2015年10月09日
  • WS1-2 エネルギーデバイスを使いこなす~電気メスvs超音波メス~,近畿内視鏡外科研究会,2015年09月12日
  • ニーズ検討会,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 ニーズ検討会,2015年09月11日
  • Development of Medical Devices based on "unmet clinical needs": Are we on the right track?,MEI-Center Summer School,2015年08月05日
  • nominated_symposium1 飛躍:新しい手術手技(Ⅱ),Reduced Port Surgery Forum 2015 in Akita,2015年08月01日
  • NOTES: 得られた教訓と将来への展望,外科フォーラム,2015年07月25日
  • 手術機器 Hands On②,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 座学・セミナー「初級コース」,2015年07月22日
  • 手術機器 Hands On①,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 座学・セミナー「初級コース」,2015年07月21日
  • P-78 大腸癌:手術手技(reduced port surgery) 2,日本消化器外科学会総会,2015年07月16日
  • Project ENGINE, its recent activity and outcomes,中島清一,上海瑞金病院,2015年06月30日
  • Project ENGINE, its recent activity and outcomes,中島清一,南大付属鼓楼病院,2015年06月29日
  • 大阪大学・富士通 共同開発プロジェクト,中島清一,富士通南大軟件公司(FNST:Nanjing Fujitsu Nanda Software Technology Co., Ltd),2015年06月29日
  • W02-10 定圧自動送気内視鏡SPACEの実現へ向けた周辺機器の研究開発,日本消化器内視鏡学会総会,2015年05月31日
  • Next Generation Endoscopy through Surgeon's Eyes,2015年05月17日
  • GS1技術動向WG活動,中島清一,GS1ヘルスケア協議会,2015年04月06日
  • R&D of Medical Devices via Collaboration between AIIMS and Osaka University,2015年03月14日
  • 新興国対策セミナー,中島清一,プロジェクトHEART新興国対策セミナー,2015年03月04日
  • 特別講演「次世代内視鏡治療の実現へ向けた研究開発の最前線」,奈良県内視鏡下手術研究会,2015年02月28日
  • 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 交流シンポジウム,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 第26年度交流シンポジウム,2015年02月24日
  • Project ENGINE, Our R&D Efforts and Achievements,2015年02月20日
  • R&D of medical devices for UHC,Mahosot Hospital,2015年02月03日
  • R&D of medical devices for UHC,Lao ASEAN Hospital,2015年02月02日
  • 第2回ワークショップ,中島清一,文科省COIビジョン対話プログラム,2015年01月24日
  • 次世代型超低侵襲内視鏡手術機器の共同開発『真の産学連携をめざして』,大阪大学共同研究講座nominated_symposium,2014年12月08日
  • Endoscopic insuflation revisited: from air to CO2, from manual to automatic,2014年12月02日
  • Single incision laparoscopic intragastric surgery,2014年12月01日
  • Future of NOTES. A new tool box from ENGINE for next generation endoscopy.,2014年12月01日
  • 33.内視鏡下手術における新たな工夫 2,日本臨床外科学会総会,2014年11月21日
  • ニーズ検討会,中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業 ニーズ検討会,2014年11月08日
  • 第1回ワークショップ,中島清一,文科省COIビジョン対話プログラム,2014年11月01日
  • 統合4-基調講演1 二つの内視鏡:境界を乗り越えた先にあるもの,日本消化器内視鏡学会総会,2014年10月25日
  • R&D of medical devices: What we can build together,AIIMS-Osaka University Joint Workshop & Singing ceremony of MoU,2014年10月13日
  • 医療機器ビジネス実務講座(プログラム概要説明、挨拶),中島清一,国立研究開発法人 日本医療研究開発機構補助事業 国産医療機器創出促進基盤整備等事業,2014年10月07日
  • 産学連携において医師が果たすべき役割とは,日本内視鏡外科学会総会,2014年10月04日
  • 産学連携・ニーズシーズマッチングセッション外科医の思いを形にしよう2,日本内視鏡外科学会総会,2014年10月04日
  • SY18近未来のHybrid手術,日本内視鏡外科学会総会,2014年10月03日
  • SS③-3 医工連携・先端機器開発への挑戦,J-CASE(NOTES)研究会,2014年10月01日
  • 腹腔鏡外科医から見た軟性内視鏡処置具,中島清一,八光講演 MR annual meeting,2014年09月29日
  • Colonic Endoscopic Submucosal Dissection by a combination of a novel endoscopic robot and a novel insufflation device. MASTER-SPACE ESD,2014年09月19日
  • 医療機器開発のチーム作り,中島清一,NEDO キックオフミーティング(慶応大学),2014年09月05日
  • 産学連携による医療機器開発の新たな展開 ~日本初からアジア発へ~,中島清一,H4同期会 (大阪大学医学部1992年度卒同窓会),2014年08月30日
  • Future:新機器 座長,Reduced Port Surgery Forum 2014 in Fukui,2014年08月02日
  • 139 胃十二指腸:基礎3,日本消化器外科学会総会,2014年07月18日
  • O29-6 内視鏡外科手術のさらなる発展に向けた課題とその克服:軟性鏡の操作環境の再構築を通じて,日本消化器外科学会総会,2014年07月16日
  • Our R&D Efforts and Achievements,Nakajima K,Cornell - New York Presbyterian Hospital MINT symposium,2014年07月11日
  • Current status of medical device R&D in Japan,Nakajima K,Apollo Endosurgery Technology meeting,2014年06月14日
  • Next Generation Endoscopic Devices,Nakajima K,NUS-Osaka University JSPS Joint Symposium "Robotics for GI Endscopy",2014年06月07日
  • Pressure Regulated Colonoscopy and Related Procedures,Nakajima K,The American Society of Colon and Rectal Surgeons(ASCRS),2014年05月17日
  • 産学連携による次世代内視鏡治療への取り組み ~beyond NOTES~,中島清一,二木会,2014年05月08日
  • 学際的チームによる新興国対策型UHC医療機器開発プロジェクト,新興国検討会議,2014年04月18日
  • MEDTEC Japan 2014,中島清一,MEDTEC Japan 2014,2014年04月09日
  • PS-036 ポスターセッション(36)「炎症性腸疾患その他」,日本外科学会定期学術集会,2014年04月03日
  • Next Generation Endoscopy and Related Procedure Beyond NOTES,Nakajima K,AIIMS Surgical Week,2014年03月22日
  • R&D of medical devices with SMEs,APEN Lao Mission,2014年03月05日
  • APENラオスミッション,APENラオスミッション・nominated_symposium,2014年03月05日
  • 次世代内視鏡治療への挑戦 ~内科と外科の壁を越える~,中島清一,福山医療センターオープンカンファレンス,2014年02月28日
  • 産学連携による医療機器開発の最前線,中島清一,ヘルスケア産業人材高度化支援技術発表会,2014年02月26日
  • 産学連携による医療機器開発の新展開「いかに出会い、創り、学び、そして売るか」,中島清一,BusinessLink 商売繁盛,2014年02月19日
  • EndoMaster: A Journey from Bench to Bedside and Beyond,中島清一,MEIセンター医工情報連携シンポジウム,2014年02月07日
  • nominated_symposium2 NOTESの現状と今後の展望,日本内視鏡外科学会総会,2013年11月28日
  • 特別企画 NOTES研究会の総括「Quo Vadis?」,NOTES研究会,2013年11月27日
  • 次世代内視鏡治療:研究開発の最前線 ~オーバーチューブから軟性ロボットまで ~,中島清一,阪神消化器病談話会,2013年11月07日
  • What would be required in the tool box for future endoscopic interventions? From a surgeon's perspective,Nakajima K,UEGW,2013年10月16日
  • Next Generation Endoscopy~消化管鏡視下手術の新たなる展開~,日本小児外科学会,2013年09月28日
  • Reduced port surgery,中島清一,近畿内視鏡外科研究会,2013年09月14日
  • 外科医から見た医療機器開発,中島清一,がん研究開発費 第1回班会議,2013年09月13日
  • 3DM 社内研修会,中島清一,3DM 社内研修会,2013年07月12日
  • 医工連携による医療機器実用化促進に向けた政策について,日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,2013年06月21日
  • プロジェクトENGINEにおける超低侵襲医療機器の開発,かがわ健康関連製品開発フォーラム 第4回public_discourse,2013年06月01日
  • Transvaginal partial gastrectomy,Nakajima K,4th NOTES/SILS conference,2013年05月27日
  • Transvaginal approach,Nakajima K,4th NOTES/SILS conference,2013年05月27日
  • Session: NOTES clinical experiences update,2013年05月27日
  • LESS GERD,Nakajima K,4th NOTES/SILS conference,2013年05月27日
  • Laparoscopy ? endoscopy combined approach,Nakajima K,4th NOTES/SILS conference,2013年05月27日
  • Current R&D activity of Project ENGINE,Nakajima K,4th NOTES/SILS conference,2013年05月27日
  • 新講座紹介:次世代内視鏡治療学共同研究部門,中島清一,汲泉会総会,2013年05月18日
  • トピックス:次世代内視鏡治療の実現へ向けて 〜 産学連携の取り組み 〜,中島清一,友謳会総会,2013年05月11日
  • セッション:十二指腸病変に対するLECS、LECS関連手技,LECS研究会,2013年04月27日
  • 司会:ポスターセッション76(大腸 診断・腫瘍マーカー3),日本外科学会定期学術集会,2013年04月11日
  • ビデオnominated_symposium6:新しい機器がもたらす内視鏡手術の新展開 「軟性鏡と腹腔鏡の発展的統合による内視鏡手術の新展開」,日本外科学会定期学術集会,2013年04月11日
  • NOTES/SILS,近畿GIST研究会,2013年03月30日
  • 現場から見た医療機器産業政策について,中島清一,大阪大学医工情報連携シンポジウム,2013年03月27日
  • 内科・外科統合型次世代内視鏡治療機器の研究開発 〜NOTESから学んだこと〜,中島清一,国立がん研究センター東病院 MISカンファレンス,2013年03月12日
  • 定圧自動送気内視鏡システムの開発とその可能性,中島清一,国立がん研究センター リサーチ・カンファレンス,2013年03月12日
  • nominated_symposium1:消化器診療におけるイノベーション,日本消化器病学会近畿支部会,2013年02月16日
  • 医療機器開発の最前線 〜次世代内視鏡治療の実現へ向けて〜,中島清一,香川県消化器談話会,2012年12月13日
  • 産学連携におけるマーフィーの法則,上部消化管外科交流public_discourse,2012年12月07日
  • 経膣NOTES胃局所切除術の臨床経験,日本内視鏡外科学会総会,2012年12月07日
  • 医工連携 出会いの広場:医療機器開発の現場から:ニーズの出し方、求め方,日本内視鏡外科学会総会,2012年12月07日
  • 機器開発の現場から,NOTES研究会,2012年12月05日
  • Steady Pressure automatically Controlled Endoscopy (SPACE) and Related Devices,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2012年12月03日
  • ビデオnominated_symposium10「NOTESは生き残れるか」,日本臨床外科学会総会,2012年12月01日
  • NOTESは生き残っている,日本臨床外科学会総会,2012年12月01日
  • 次世代低侵襲内視鏡治療~産学連携の取組み,形状記憶合金協会nominated_symposium,2012年11月29日
  • はじめに:課題解決型医療機器開発のあり方,The Inaugural SPACE LAB KANSAI Seminar & Hands-on Workshop,2012年10月14日
  • Pre-course didactics,中島清一,2012年10月14日
  • リークカッターが切り拓く次世代内視鏡治療の世界,JDDW 2012 Booth Seminar,2012年10月12日
  • 1. 上部消化器グループ GERD/GIST最新外科治療のアップデート,大阪大学大学院消化器外科連携public_discourse,2012年07月28日
  • 腫瘍の局在から見た腹腔鏡下胃局所切除術後の残胃機能,日本消化器外科学会総会,2012年07月20日
  • 要望演題2:NOTES,日本消化器外科学会総会,2012年07月18日
  • Three dimensional anatomical measurements for safe and effective use of rigid instruments in transvaginal notes,Nakajima K,Souma Y,Miyazaki Y,Takahashi T,Yamasaki M,Mori M,Doki Y,20th International Congress of the European Association for Endoscopic Surgery (EAES),2012年06月23日
  • 「現実的な」医療機器 の研究開発とは 〜超低侵襲内視鏡治療の実現へ向けた産学連携の取り組み〜,中島清一,医療機器 開発・製造展(MEDIX)専門セミナー,2012年06月20日
  • Steady Pressure Automatically Controlled Endoscopy (SPACE): A new modality,日本消化器内視鏡学会総会,2012年05月13日
  • Steady Pressure Endoscopy,Nakajima K,The First Annual Peter D. Stevens Interventional Innovations in Digestive Care,2012年04月26日
  • 消化器外科医から見た内視鏡治療,日本内視鏡学会近畿地方会,2012年03月17日
  • nominated_symposium:管腔内内視鏡治療と内視鏡外科手術の接点と棲み分け,日本内視鏡学会近畿地方会,2012年03月17日
  • A novel flexible over-tube for advanced endoscopic intervention under stabilized visualization with adjustable tissue traction,Nakajima K,Umehara S,Yamasaki M,Hirota M,Kato M,Kawai N,Mori M,Doki Y,SAGES Scientific Session & Postgraduate Course,2012年03月09日
  • 上部消化管疾患に対する低侵襲内視鏡治療の現状と展望,EGMR研究会,2012年01月20日
  • 炎症性腸疾患に対する腹腔鏡補助下大腸(亜)全摘術,日本内視鏡外科学会総会,2011年12月08日
  • nominated_symposium:NOTES 今後の展望,日本内視鏡外科学会総会,2011年12月08日
  • 胃GISTに対する経膣NOTES胃部分切除術,NOTES研究会,2011年12月06日
  • Session I: NOTES,中島清一,NOTES研究会,2011年12月06日
  • Crohn’s colitis に対する minimally invasive extensive colectomy の意義,日本大腸肛門病学会,2011年11月25日
  • Esophageal ESD under steady pressure endoscopy: Results of multicenter basic phase I trial,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2011年11月22日
  • Progress from the R&D frontline: How instruments can improve your NOTES procedure,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2011年11月21日
  • The NOTES spin-off; Steady pressure automatically controlled endoscopy (SPACE),Nakajima K,Korean Society of Gastrointestinal Endoscopy,2011年11月18日
  • State of NOTES in Japan,Nakajima K,Korean Society of Gastrointestinal Endoscopy,2011年11月18日
  • Breakfast Symposium: Step forward for pure NOTES,2011年11月18日
  • NOTESの臨床経験,近畿内視鏡外科研究会,2011年10月15日
  • Transvaginal Hybrid NOTES Partial Gastrectomy for Gastric Submucosal Tumors: The Osaka Experience,Nakajima K,Tsutsui S,Yamasaki M,Takahashi T,Yamada T,Kato M,Miyazaki Y,Hirota M,Kurokawa Y,Takiguchi S,Miyata H,Mori M,Doki Y,Euro-NOTES,2011年09月23日
  • ランチョンpublic_discourse 炭酸ガス送気内視鏡の現状と展望 ?定圧送気内視鏡の実現へ向けて?,日本消化器内視鏡学会総会,2011年08月18日
  • ミニレクチャー 胃食道逆流症の外科治療,中島清一,上部疾患分科会,2011年07月27日
  • Session 2: Laparoscopic surgery,中島清一,2011年07月23日
  • NOTES and SPACE, a future of GI endoscopy,Nakajima K,Kure International Medical Forum,2011年07月23日
  • クローン病に対するminimally invasive extensive colectomyの治療成績,日本消化器外科学会総会,2011年07月15日
  • 炎症性腸疾患に対する用手補助腹腔鏡下手術の意義,日本外科学会定期学術集会,2011年05月30日
  • 定圧自動送気法による新しい内視鏡治療の可能性,日本消化器病学会総会,2011年05月13日
  • Steady pressure automatically controlled endoscopy (SPACE): a new modality in gastrointestinal endoscopic intervention,Nakajima K,Tsutsui S,Nishida T,Yasuda K,Sumiyama K,Yahagi N,Saida Y,Kondo H,Doki Y,DDW,2011年05月09日
  • Laparoscopic D3 Lymph Node Dissection with Preservation of the Left Colic Artery for Cancer in the Sigmoid Colon,Nakajima K,SAGES Scientific Session,2011年03月31日
  • GISTに対する低侵襲手術~腹腔鏡手術からSILS、NOTESまで~,日本胃癌学会総会,2011年03月04日
  • Single incision laparoscopic fundoplication,Nakajima K,SILS and NOTES meeting 2011,2011年02月19日
  • New generation devices,Nakajima K,SILS and NOTES meeting 2011,2011年02月18日
  • Endoluminal procedure: Upper gastrointestinal system,Nakajima K,SILS and NOTES meeting 2011,2011年02月18日
  • Transvaginal gastrectomy,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2010年12月14日
  • Steady pressure automatically controlled endoscopy (SPACE): its concept and possibility,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2010年12月13日
  • Progress from the R&D frontline: innovation and spin-off,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2010年12月13日
  • NOTES and its spin-off technologies,Nakajima K,Korean Surgical Society,2010年11月19日
  • 噴門部胃粘膜下腫瘍に対する低侵襲・噴門機能温存術式,日本内視鏡外科学会総会,2010年10月20日
  • 一般演題 その他 NOTES,日本内視鏡外科学会総会,2010年10月20日
  • NOTES のもたらしたもの:機器開発の現場より,日本内視鏡外科学会総会,2010年10月20日
  • 経腟NOTES用デバイスの至適化へ向けた骨盤―腹腔三次元計測,NOTES研究会,2010年10月17日
  • プログラムⅢ ディベート NOTES vs. 単孔式腹腔鏡下手術,NOTES研究会,2010年10月17日
  • 次世代オーバーチューブシステム,JDDW,2010年10月15日
  • NOTESへ向けた新規医療機器開発:プロジェクトENGINEの取り組み,JDDW,2010年10月15日
  • Minimally invasive surgery for IBD: an update,Nakajima K,Hirota M,Mizushima T,Nezu R,Japan-Korea IBD Symposium,2010年10月02日
  • A fully functioning endoscopic irrigation/suction catheter,Nakajima K,Hosaka M,Ideta T,Souma Y,Kato M,Tsutsui S,Mori M,Doki Y,Euro-NOTES,2010年09月09日
  • NOTESとそのスピン・オフ・テクノロジー,Digestive Disease Renaissance,2010年09月04日
  • 内科・外科統合型次世代超低侵襲内視鏡治療機器の開発,首都圏医工連携フォーラム,2010年09月02日
  • 新世代内視鏡外科手術の現状と展望:NOTESとSPS双方の臨床経験を通じて,日本消化器外科学会総会,2010年07月14日
  • GISTに対する低侵襲手術 ? 腹腔鏡手術からSILS、NOTESまで ?,日本消化器外科学会総会,2010年07月14日
  • 逆流性食道炎の治療 〜外科の立場から〜,中島清一,吹田臨床カンファレンス,2010年06月12日
  • GISTに対する低侵襲外科治療,中島清一,ノバルティスファーマ勉強会,2010年06月04日
  • A novel insufflating guide-wire for transgastric NOTES,Nakajima K,NIshida T,Takahashi T,Souma Y,Mori M,Doki Y,World Congress of Endoscopic Surgery,2010年04月15日
  • 潰瘍性大腸炎に対する低侵襲手術の標準化 ?learning curveの解析を通じて ?,日本外科学会定期学術集会,2010年04月09日
  • NOTES: 内科と外科の発展的統合をめざして,中島清一,南大阪で内視鏡手術を極める会,2010年03月26日
  • Researches and human trials,Nakajima K,SILS and NOTES meeting 2010,2010年02月20日
  • Endoluminal procedures: upper GI,Nakajima K,SILS and NOTES meeting 2010,2010年02月20日
  • UC&CDの内科・外科の接点,IBDクラブジュニアウエスト,2010年02月13日
  • 消化器疾患とNOTES,日本消化器内視鏡学会東海public_discourse,2010年01月23日
  • 経腟的アプローチ,NOTES手技研究会,2009年12月06日
  • 子宮脱・膀胱瘤を伴う胃GISTに対し経膣NOTES胃局所切除術と膣式子宮全摘・膣形成術を同時施行した一例,上部消化管外科交流public_discourse,2009年12月05日
  • 胃粘膜下腫瘍に対する経腟NOTES胃部分切除術の臨床経験,日本内視鏡外科学会総会,2009年12月04日
  • JSES/SAGES Joint Symposium: Current Status of NOTES in Japan - from a surgeon’s point of view,日本内視鏡外科学会総会,2009年12月04日
  • 宿題講演 経膣NOTES胃局所切除術,NOTES研究会,2009年12月02日
  • NOTES as a gastric surgery,Nakajima K,Korean Gastric Cancer Association,2009年11月12日
  • NOTESの現状 ~その課題と展望~,低侵襲治療フォーラム,2009年10月30日
  • Transvaginal partial gastrectomy for gastric SMTs,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2009年09月08日
  • Problems related to endoscopic insufflation,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2009年09月07日
  • 経膣NOTES胃局所切除術の臨床経験,九州大学先端医工学public_discourse,2009年07月21日
  • Transvaginal NOTES partial gastrectomy for gastric submucosal tumors: early experience in humans,Nakajima K,Nishida T,Takahashi T,Souma Y,Nishimura J,Miyazaki Y,Mori M,Doki Y,SAGES Scientific Session,2009年04月23日
  • 経膣的アプローチ,NOTES手技研究会,2009年04月19日
  • 日本第一例目のNOTES ~大変でした一例目~,ウインターpublic_discourse2009,2009年03月14日
  • NOTES: 超低侵襲手術への挑戦,中島清一,呉内視鏡外科セミナー,2009年02月10日
  • NOTESの現状と我々の取組み,中島清一,福山 Advanced MIS 勉強会,2009年01月23日
  • Transvaginal NOTES partial gastrectomy for gastric SMTs,Nakajima K,Power Medical Interventions Annual Winter Symposium,2009年01月10日
  • Access, insufflation and closure for NOTES,Nakajima K,New York NOTES Conference,2008年12月15日
  • 経腟NOTES胃部分切除術の臨床経験,日本臨床外科学会総会,2008年11月27日
  • Transvaginal NOTES Partial Gastrectomy for Gastric SMTs,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2008年11月11日
  • Insufflation Techniques for NOTES,Nakajima K,International NOTES W.I.D.E.R.,2008年11月10日
  • Transvaginal NOTES partial gastrectomy (Power Medical Speakers' Series),Nakajima K,ACS clinical congress,2008年10月12日
  • 経腟的NOTES胃部分切除術:超低侵襲手術へ向けた新しい取り組み,近畿内視鏡外科研究会,2008年09月13日
  • Endoscopic gastric controlを用いた経腟的NOTES胃部分切除術,NOTES研究会,2008年09月06日
  • Transvaginal NOTES gastrectomy under “endoscopic gastric control”: The use of another endoscope as a retracting device of the stomach,Nakajima K,Takahashi T,Souma Y,Nishida T,World Congress of Endoscopic Surgery,2008年09月05日
  • Role of Hand-assisted Laparoscopic Surgery in the Surgical Treatment of Ulcerative Colitis,Nakajima K,Nezu R,Ito T,Nishida T,World Congress of Endoscopic Surgery,2008年09月05日
  • Use of carbon dioxide as an insufflating agent for GI endoscopy (Olympus Booth Seminar),Nakajima K,World Congress of Endoscopic Surgery,2008年09月04日
  • Hand-assisted laparoscopic surgery for severe ulcerative colitis in a semi-emergency setting,Nakajima K,Nezu R,Ito T,Nishida T,World Congress of Endoscopic Surgery,2008年09月03日
  • i-NOLC 45/60を用いたTransvaginal NOTES partial gastrectomy: デジタルステープリングの新しい可能性,日本内視鏡外科学会総会,2008年09月02日
  • 炎症性腸疾患に対する低侵襲手術の現状,日本消化器外科学会総会,2008年07月17日
  • Transvaginal endoscopic partial gastrectomy under endoscopic gastric control,Nakajima K,Takahashi T,Souma Y,Nishida T,International Conference on NOTES (NOSCAR),2008年07月11日
  • 潰瘍性大腸炎重症例に対する低侵襲手術のタイミングと術式:semi-emergency HALS,日本外科学会定期学術集会,2008年05月15日
  • Hand assisted laparoscopic surgery for severe ulcerative colitis in a semi-emergency setting,Kiyokazu Nakajima,Riichiro Nezu,Toshinori Ito,Toshirou Nishida,SAGES Scientific Session,2008年04月11日
  • 外科手術における機器・器具の重要性(内視鏡下手術を中心に),外科手術医療機器public_discourse,2008年03月16日
  • 炎症性腸疾患における炭酸ガス送気内視鏡の意義,中島清一、飯島英樹、根津理一郎、伊藤壽記、西田俊朗,厚生労働省班会議平成19年度第2回総会,2008年02月14日
  • 炎症性腸疾患に対する低侵襲手術,三重県クローン病研究会,2008年01月25日
  • Insufflation techniques for NOTES,Nakajima K,New York NOTES Conference,2007年12月10日
  • 潰瘍性大腸炎に対する(準)緊急手術:タイミングと術式,日本臨床外科学会総会,2007年11月30日
  • 直視手術と鏡視下手術の癒合:炎症性腸疾患に対するHALSの意義,日本臨床外科学会総会,2007年11月30日
  • Optimization of intragastric and transgastric insufflation for NOTES: a pilot assessment,Nakajima K,Takahashi T,Souma Y,Nishida T,SMIT 2007,2007年11月21日
  • NOTESにおける送気法,NOTES研究会,2007年11月18日
  • NOTESにおける至適な送気法,日本コンピュータ外科学会教育public_discourse,2007年11月04日
  • 潰瘍性大腸炎重症例に対するsemi-emergency HALSの意義,日本大腸肛門病学会,2007年11月02日
  • IBD治療 ~ 外科・内科のよりよき連携 ~,関西腸疾患public_discourse,2007年08月03日
  • Current role of HALS in the surgical management of UC,炎症性腸疾患外科フォーラム,2007年07月27日
  • 下部消化管再建におけるカーブ型自動縫合器の使用上の工夫,日本消化器外科学会総会,2007年07月19日
  • Transgastric CO2 pneumoperitoneum: a pilot assessment,Nakajima K,Takahashi T,Souma Y,Nishida T,International Conference on NOTES (NOSCAR),2007年07月13日
  • Minimally invasive approaches to complex crohn's disease: the current role of hals in extensive colectomy,Nakajima K,Nezu R,Kai Y,Yasumasa K,Nomura M,Ito T,Nishida T,SAGES Scientific Session,2007年04月21日
  • Crohn病大腸病変に対するHand-assisted Laparoscopic Extensive Colectomy,日本外科学会定期学術集会,2007年04月12日
  • 内視鏡手術,日本医学会,2007年03月31日
  • クローン病における腸切除後再建法が再手術率、再発形式に及ぼす影響について,伊藤壽記、根津理一郎、 甲斐康之、 中島清一、 水島恒和、 玉川浩司,厚生労働省班会議(平成18年度第2回総会),2007年01月25日
  • 炎症性腸疾患に対する内視鏡手術における血管閉鎖システム(LigaSure)の意義,日本内視鏡外科学会総会,2006年12月06日
  • カーブ型自動縫合器を用いた新しい器械吻合法:tension-free reverse curved-DST,日本臨床外科学会総会,2006年11月11日
  • 外科系各科における内視鏡手術の現状,日本手術医学会,2006年11月01日
  • Crohn病に対する広範大腸切除術における低侵襲アプローチ:Hand-assisted laparoscopic extensive colectomy,日本大腸肛門病学会,2006年09月30日
  • Hand-assisted laparoscopic restorative proctocolectomy for ulcerative colitis: optimization of instrumentation towards standardization,Nakajima K,Kai Y,Yasumasa K,Ito T,Nishida T,Nezu R,World Congress of Endoscopic Surgery,2006年09月13日
  • IACA術後pouch関連合併症に対するendorectal pouch advancement(続報),中島清一、根津理一郎、長谷川順一、安政啓吾、甲斐康之、西田俊朗、伊藤壽記,厚生労働省班会議平成18年度第1回総会,2006年07月20日
  • Crohn病大腸病変に対するHALS extensive colectomy,中島清一、根津理一郎、伊藤壽記,IBD手術手技カンファレンス,2006年07月20日
  • Impact of evolving technologies on hand-assisted laparoscopic restorative proctocolectomy for ulcerative colitis: Towards standardization,日本外科学会定期学術集会,2006年03月30日
  • シート状フィブリン接着剤使用の実際とその新たな可能性,日本外科学会定期学術集会,2006年03月29日
  • IACA術後pouch関連合併症に対する経肛門的salvage手術,中島清一、根津理一郎、甲斐康之、安政啓吾、西田俊朗、伊藤壽記,厚生労働省班会議平成17年度第2回総会,2006年02月17日
  • 潰瘍性大腸炎に対するハンドアシスト腹腔鏡補助下大腸全摘術,日本内視鏡外科学会総会,2005年12月09日
  • 新しい自動縫合器(コントア・カーブドカッター)を用いた回腸嚢肛門管吻合術:curved-DST法,日本臨床外科学会総会,2005年11月09日
  • 大腸全摘・J型回腸嚢肛門管吻合術術後のpouch complicationに対するpouch advancement flapの検討,日本大腸肛門病学会,2005年10月29日
  • UCに対する標準術式としてのHand-assist 腹腔鏡補助下大腸全摘術,中島清一、伊藤壽記、根津理一郎、甲斐康之、玉川浩司、水島桓和,厚生労働省班会議平成17年度第1回総会,2005年07月05日
  • 乳癌肝転移に対してラジオ波焼灼療法が有用であった1例,森島宏隆、根津理一郎、藤川正博、甲斐康之、中島清一、生島裕文、野呂浩史、阪本朋彦、杉浦史哲、吉川 澄,堺乳腺疾患勉強会,2005年07月02日
  • 腹腔鏡下手術におけるタココンブの使用法,中島清一,タココンブ発売5周年記念学術研究会,2005年06月18日
  • A Dual-channel CO2 insufflator: A multifunctional device for wider CO2 applications,Nakajima K,Yasumasa K,Endo S,Takahashi T,Nishitani A,Nezu R,Nishida T,SAGES Scientific Session,2005年04月16日
  • 内視鏡下手術トレーニングの現状と展望,青森県内視鏡外科研究会,2005年03月19日
  • 腹腔鏡下手術におけるシート状フィブリン接着剤使用法の一工夫,日本内視鏡外科学会総会,2004年11月25日
  • バーチャル・リアリティ・シミュレータ:そのmetricとしての意義,日本内視鏡外科学会総会,2004年11月25日
  • 炭酸ガス送気による新しい術中大腸内視鏡:腹腔鏡下大腸手術における安全性と有用性の検討,日本大腸肛門病学会,2004年11月06日
  • 内視鏡手術トレーニングにおけるバーチャル・リアリティ・シミュレータの意義,近畿内視鏡外科研究会,2004年09月25日
  • Intraoperative CO2 Colonoscopy during Laparoscopic Surgery Eliminates Bowel Distention,Nakajima K,Lee SW,Sonoda T,Milsom JW,SAGES Scientific Session,2004年04月03日
  • 仮想現実からCadaverラボまで~日本と米国におけるトレーニングの現状~,日本内視鏡外科学会総会,2003年12月04日
  • マスター・スレイブ型手術支援ロボット~その現状と問題点~,次世代医療システム産業化フォーラム,2003年11月13日
  • Laparoscopic total colectomy: hand-assisted versus standard technique,Kiyokazu Nakajima,Sang W. Lee,Costanza Cocilovo,Christopher Foglia,Toyooki Sonoda,and Jeffrey W. Milsom,SAGES Scientific Session,2003年03月12日
  • Total left-sided crural dissection and repair in pediatric laparoscopic Nissen fundoplication,Kiyokazu Nakajima,Hisayoshi Kawahara,Masafumi Wasa,Hideki Soh,and Akira Okada,SLS International Congress/Endo Expo,2001年12月06日
  • A brand-new pediatric laparoscopic trainer,Kiyokazu Nakajima,Masafumi Wasa,Hideki Soh,Shuichi Ohashi,Akira Okada,SLS International Congress/Endo Expo,2001年12月06日
  • 小児内視鏡外科医がめざすもの,日本外科系連合学会学術集会,2001年06月29日
  • Laparoscopic Nissen Fundoplication in Neurologically Impaired Patients with Severe Spinal Deformities,Nakajima K,Kawahara H,Wasa M,Soh H,Okada A,IPEG annual meeting,2001年03月23日
  • 幽門、十二指腸の先天性膜様閉鎖症(不完全型)に対する腹腔鏡補助下根治術,日本内視鏡外科学会総会,2000年12月15日
  • 小児内視鏡手術の効果的なトレーニング法,日本内視鏡外科学会総会,2000年12月15日
  • 小児外科領域における鏡視下手術導入の実際,日本臨床外科学会総会,2000年11月18日
  • 腹腔鏡下噴門形成術における視野の展開とアプローチの工夫,日本小児内視鏡手術研究会,2000年10月07日
  • 当科における腹腔鏡下Nissen噴門形成術:標準術式化への試み,日本小児外科学会,2000年05月30日
  • 小児における腹腔鏡下噴門形成術の低体重児への適応拡大の試み,日本外科学会定期学術集会,2000年04月14日
  • A Modular Laparoscopic Training Program for Pediatric Surgeons: A Pilot Assessment,Nakajima K,Wasa M,Soh H,Ohashi S,Okada A,IPEG annual meeting,2000年03月28日
  • 食道左側アプローチによる4孔式小児腹腔鏡下Nissen噴門形成術,日本内視鏡外科学会総会,1999年12月01日
  • 小児外科医に対する内視鏡手術トレーニングの有用性の検討,日本内視鏡外科学会総会,1999年12月01日
  • 小児における腹腔鏡下噴門形成術,日本臨床外科学会総会,1999年11月26日
  • 小児外科医に対する内視鏡手術トレーニングの試み,日本小児内視鏡手術研究会,1999年09月11日
  • 小児胸腔鏡下腫瘍摘除術における創意と工夫,日本小児外科学会,1999年06月04日
  • Laparoscopic Esophagomyotomy with Dor-Gavriliu Anterior Fundoplication in a Child with Achalasia,Nakajima K,Wasa M,Kawahara H,Soh H,Okada A,IPEG annual meeting,1999年04月27日
  • 偏光解析から見た表皮増殖因子の食道吻合部強度増強効果,日本外科学会定期学術集会,1999年03月26日
  • 偏光解析法を用いたラット食道吻合部創傷治癒過程および表皮増殖因子投与効果の質的検討,日本消化器外科学会総会,1999年02月19日
  • 小児腹腔鏡下脾摘・胆摘同時施行症例における1.7mm極細径鉗子の使用経験,日本内視鏡外科学会総会,1998年12月11日
  • ラット食道吻合部の創傷治癒(第2報),創傷治癒研究会,1998年12月05日
  • 腹腔鏡下手術術後トロッカー創部にヘルニア嵌頓を来した一乳児例,近畿内視鏡下外科手術研究会,1998年10月24日
  • 縦隔腫瘍に対する胸腔鏡的アプローチ,小児がん学会,1998年10月19日
  • Laparoscopic "total biopsy" of the adrenal neuroblastoma detected by mass screening,Nakajima K,Fukuzawa M,Wasa M,Kusafuka T,Okada A,SIOP annual meeting,1998年10月06日
  • 腹腔鏡下Nissen噴門形成術における手技上の工夫,日本小児内視鏡手術研究会,1998年09月12日
  • Laparoscopic resection of the adrenal tumors in children,Nakajima K,Wasa M,Kusafuka T,Oue T,Inoue M,Kuroda S,Yagi M,Yoneda M,Imura K,Fukuzawa M,Okada A,IPEG annual meeting,1998年06月06日
  • 小児胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘除術:適応の拡大と限界,日本小児外科学会,1998年05月29日
  • 電動式モルセレータを用いた腹腔鏡下摘脾術,日本小児外科学会,1998年05月27日
  • 腹部手術の既往を有する患児に対する腹腔鏡下胆嚢摘除術の試み,日本内視鏡外科学会総会,1997年12月18日
  • ラット食道吻合部創傷治癒過程における粘膜下層コラーゲン動態の質的評価,創傷治癒研究会,1997年12月06日
  • 乳児肥厚性幽門狭窄症手術症例の検討,日本臨床外科医学会,1997年11月14日
  • Electromechanical Morcellatorを用いた小児腹腔鏡下摘脾術,近畿内視鏡下外科手術研究会,1997年10月04日
  • A case of metachronous multiple colorectal cancer with genomic instability in a child,Nakajima K,Fukuzawa M,Tsuji H,Kusafuka T,Oue T,Inoue M,Komoto Y,Okada A,SIOP annual meeting,1997年09月23日
  • 小児外科領域における内視鏡下手術の諸問題,日本外科系連合学会学術集会,1997年06月28日
  • 小児前縦隔奇形腫に対する胸腔鏡下腫瘍摘除術の一例,日本小児外科学会,1997年06月04日
  • Video-assisted thoracoscopic resection of anterior mediastinal teratoma in a child: Report of a case,[Nakajima K, Fukuzawa M, Minami M, Matsuda H, Fukui Y, Usui N, Komoto Y, Takashina M, Okada A],IPEG annual meeting,1997年05月30日
  • 小児前縦隔奇形腫に対する胸腔鏡下腫瘍摘除 術の一例,日本呼吸器外科学会,1997年05月08日
  • 小児期同時性多発大腸癌術後11年を経過して残存結腸に多発癌の発生をみた一例,小児がん学会,1996年12月05日
  • 小児副腎原発神経原性腫瘍に対する腹腔鏡下手術の経験,日本内視鏡外科学会総会,1996年12月04日
  • 副腎原発神経芽腫に対する腹腔鏡下腫瘍摘除術,近畿内視鏡下外科手術研究会,1996年10月19日
  • マス・スクリーニング陽性神経芽腫に対する腹腔鏡下副腎腫瘍摘除術の1経験例,日本小児外科学会近畿地方会,1996年08月24日
  • 小児・青年期の異時性重複多発結腸癌の一例,近畿外科学会,1996年05月11日
  • Laparoscopic cholecystectomy for gallbladder adenomas,Nakajima K,Souda S,Hashimoto J,Yoshikawa Y,Mori T,Kurihara Y,Ohshima M,International Symposium of the Japan-Russia Medical Exchange,1995年06月22日
  • 肝嚢胞腺癌の一例,大阪外科集談会,1995年05月02日
  • 脾過誤腫の一例,大阪外科集談会,1995年02月18日
  • 腹腔鏡下胆摘術を施行した胆嚢腺腫の9例,近畿外科学会,1994年11月12日
  • 家族性溶血性貧血患者に対する胸腔鏡下外科手術の一経験例,大阪外科集談会,1994年09月17日
  • 放射線治療20年後に発生した直腸癌の1例,大阪外科集談会,1994年05月21日
  • 硬化療法施行後食道癌の一例,大阪外科集談会,1994年01月22日
  • 腹腔鏡下胆摘術後のBilomaの一例,大阪外科集談会,1993年09月18日
  • ヘルニオグラフィー23例の検討,大阪外科集談会,1993年05月15日
  • 胃癌に対する膵頭十二指腸切除術の検討,近畿外科学会,1993年05月09日
  • 肋骨原発の軟骨肉腫の一例,大阪外科集談会,1993年02月13日

報道

  • フェイスシールドプロジェクト,日本経済新聞,2020年09月28日
  • フェイスシールドプロジェクト,DtoD コンシェルジュ,2020年08月12日
  • フェイスシールドプロジェクト,MONOist,2020年06月23日
  • フェイスシールドプロジェクト,徳洲会グループ 徳洲新聞,2020年06月22日
  • フェイスシールドプロジェクト,fabcross,2020年06月02日
  • フェイスシールドプロジェクト,テレビ東京系列,2020年06月02日
  • フェイスシールドプロジェクト,産経フォト,2020年05月20日
  • フェイスシールドプロジェクト,日本経済新聞、西日本新聞ニュース、共同通信、関西中小企業PR実践所,2020年05月19日
  • フェイスシールドプロジェクト,FM大阪85.1,2020年05月19日
  • フェイスシールドプロジェクト,日本経済新聞、産経新聞,2020年05月19日
  • フェイスシールドプロジェクト,3DMedNet, Future Science Group,2020年05月13日
  • フェイスシールドプロジェクト,MONOist,2020年05月08日
  • フェイスシールドプロジェクト,朝日新聞、読売新聞,2020年05月01日
  • フェイスシールドプロジェクト,TmediaビジネスONLINE,2020年04月30日
  • フェイスシールドプロジェクト,日本経済新聞、@DIMEアットダイム,2020年04月29日
  • フェイスシールドプロジェクト,ニュースイッチ,2020年04月27日
  • フェイスシールドプロジェクト,朝日新聞デジタル、東京中日スポーツ、YAHOO!ニュース,2020年04月23日
  • フェイスシールドプロジェクト,朝日新聞、産経新聞,2020年04月23日
  • フェイスシールドプロジェクト,Internet Com,2020年04月22日
  • フェイスシールドプロジェクト,毎日新聞デジタル、MONOist、スポーツ報知、朝日新聞デジタル、東大阪経済新聞、fabcross、FNN、プライムオンライン、YAHOO!ニュース、Livedoor NEWS,2020年04月21日
  • フェイスシールドプロジェクト,毎日新聞デジタル、Med IT Tech、 fabcross,2020年04月20日
  • フェイスシールドプロジェクト,読売新聞,2020年04月20日
  • フェイスシールドプロジェクト,信濃毎日新聞,2020年04月17日
  • フェイスシールドプロジェクト,日刊工業新聞 電子版,2020年04月15日
  • フェイスシールドプロジェクト,Mirage News,2020年04月14日
  • フェイスシールドプロジェクト,毎日新聞デジタル,2020年04月11日
  • フェイスシールドプロジェクト,STOCK MARKET 4 EVERYONE, sity, CanIndia New Wire Service, madhyamam.com, Social News XYZ, Hindi News, Newsd, Khaleej Times,2020年04月10日
  • フェイスシールドプロジェクト,読売新聞,2020年04月10日
  • フェイスシールドプロジェクト,Medical press, Bioengineer.org, One News Page, Eurasia Review, SCIENMAG,2020年04月09日
  • フェイスシールドプロジェクト,NHK総合,2020年04月07日
  • フェイスシールドプロジェクト,福井新聞Online、日経BP「Beyond Health」、QLifePro、SankeiBiz,2020年04月07日
  • フェイスシールドプロジェクト,FujiSankei Business-i,2020年04月07日
  • フェイスシールドプロジェクト,How to travel Japan,2020年04月06日
  • フェイスシールドプロジェクト,日本の研究.com,2020年04月06日
  • フェイスシールドプロジェクト,日刊工業新聞 電子版,2020年04月06日
  • フェイスシールドプロジェクト,東京読売新聞,2020年04月06日
  • フェイスシールドプロジェクト,NHK総合,2020年04月05日
  • フェイスシールドプロジェクト,毎日新聞、東京読売新聞,2020年04月05日
  • フェイスシールドプロジェクト,読売オンライン、日経メディカルOnline,2020年04月04日
  • フェイスシールドプロジェクト,産経新聞・大阪読売新聞・佐賀新聞・秋田魁新報、読売新聞、京都新聞,2020年04月04日
  • フェイスシールドプロジェクト,産経WEST,2020年04月03日
  • フェイスシールドプロジェクト,毎日新聞デジタル,2020年04月03日
  • フェイスシールドプロジェクト,産経デジタル,2020年04月03日
  • クリアファイルで新型コロナ対策のフェイスシールドを 阪大が3Dデータ無料公開,THE SANKEI NEWS,2020年04月03日
  • フェイスシールドプロジェクト,Yahooニュース,2020年04月03日
  • フェイスシールドプロジェクト,読売テレビ,2020年04月03日
  • フェイスシールドプロジェクト,関西テレビ,2020年04月03日
  • おはよう関西「大阪発進化する綿棒」,NHK,2019年09月
  • 「Today’s VOICE ニュースな人」,毎日放送「ちちんぷいぷい」,2017年10月
  • 世界最細の外科手術用綿棒 「ものづくり」の底力,毎日新聞,2017年10月
  • Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒,日刊工業新聞,2017年09月
  • Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒,YOMIURI ONLINE,2017年09月
  • CBCラジオ「気分爽快!多田しげおの朝からPON」,CBCラジオ,2017年09月
  • Dr.HUBY micro 3mm医療用綿棒,NHKニュースほっと関西,2017年09月
  • 1人で着られる手術用ガウン、現場での需要は?,日経メディカル,2017年09月
  • 世界首个自动穿衣系统 (World first self-donning system for surgical gowns),datamarket.atman360,2017年05月
  • First came self-lacing trainers – now it's auto-fitting surgical gowns,techradar,2017年05月
  • Scientists have succeeded in developing a safe and easy self-donning and self-adjusting surgical gown called 'Selfgown,' which could also minimize environmental,newsref.ir,2017年05月
  • Researchers develop safe and easy self-donning surgical gowns,New Medical Life Sciences,2017年05月
  • World first self-donning system for surgical gowns,15 minutes news,2017年05月
  • World first self-donning system for surgical gowns,Medical Web Times,2017年05月
  • World first self-donning system for surgical gowns,CRWE World,2017年05月
  • World first self-donning system for surgical gowns,ScienceDaily,2017年05月
  • Japanese researchers develop self-donning surgical gown,OR Manager,2017年05月
  • WHO notes 19 suspected Ebola cases in the DRC,CIDRAP,2017年05月
  • World first self-donning system for surgical gowns,Medical Xpress,2017年05月
  • A safe and easy self-donning and self-adjusting surgical gown,American College of Surgeons Facebook,2017年05月
  • WBS トレたま 一人で着脱できる手術用ガウン,テレビ東京,2017年04月
  • 医療従事者が一人で着脱できる手術用ガウン,Yahoo!ニュース,2017年03月
  • 阪大ら、ひとりで着脱できる手術用ガウンを開発 - 飛沫感染防止の機能も,マイナビニュース,2017年03月
  • 阪大ら、ひとりで着脱できる手術用ガウンを開発 - 飛沫感染防止の機能も,exciteニュース,2017年03月
  • 一人で着脱できるセルフ式の手術ガウンを実用化 感染防止も、大阪大が世界初,産経WEST,2017年03月
  • 手術用ガウン着脱一人で 阪大など実用化、感染防ぐ,日本経済新聞,2017年03月
  • 先端技術 途上国ニーズで開発,日経産業新聞,2017年02月
  • グローバル時代をひらく 「医工連携で世界に対抗」,日本経済新聞,2016年12月
  • 世界の医療現場で必要とされている医療機器とは?,OMETA NEWS No1,2016年09月
  • 常識をひっくり返す「医療、健康、病院」9のトリビア,Forbes JAPAN,2016年08月
  • 田淵電機、阪大と内視鏡を共同開発 電源装置の技術を提供,日本経済新聞,2016年04月
  • 「医出づる国」医療機器にもコストの意識,日本経済新聞,2015年09月
  • インドの医療格差改善、大阪大学が共同開発で貢献,読売新聞,2015年03月
  • 医療機器新興国で開発 阪大と企業 安価・小型普及目指す,読売新聞,2015年01月
  • 使用器具 腰に収納 腹腔鏡手術向け使い捨てホルダー,日刊工業新聞,2014年12月
  • 低コスト医療機器 阪大が国際共同開発,日本経済新聞,2014年12月
  • 腹腔鏡手術のサポート用品 エンドエプロン,日本医療衛生新聞業新聞,2014年11月
  • 印医科大と医療機器開発へ,日刊工業新聞,2014年09月
  • 「SienceView」,NHK World,2014年09月
  • 国立大 中小へ接近,日本経済新聞,2014年08月
  • 「おはよう日本」,NHK総合大阪,2014年06月
  • 「ニューステラス関西」,NHK総合大阪,2014年05月
  • Clinical Topics,Medical Tribute Clinical Topics,2014年05月
  • 波聞風問 医療機器開発 社会貢献できる産学連携を,朝日新聞,2014年03月
  • 超 モノづくり部品大賞,日刊工業,2013年11月
  • 経済全国便 「医療」に風穴開ける,読売新聞,2013年08月
  • 「Bizプラス」,NHK,2012年12月
  • おおさか初プラスα,毎日新聞,2012年11月
  • 医療機器開拓 中小の技術で,日本経済新聞,2012年10月
  • 産学官連携による中小企業の研究開発を支援,産学官連携ジャーナル,2012年10月
  • 中小の医療機器参入 大商、潜在力引き出す,日経産業新聞,2012年10月
  • NEW COMERS,日経メディカル,2012年09月
  • 内視鏡向け機器 2重の弁で空気漏れ防ぐ,日経産業新聞,2012年08月
  • 2重の弁で空気漏れ防ぐ,日経産業新聞,2012年08月
  • ワールドビジネスサテライト,テレビ東京,2012年07月
  • 兵庫の中小製造業 医療分野に相次ぎ参入,神戸新聞,2012年06月
  • 関西イノベーション国際戦略総合特区の医療機器開発事業の採択発表,日本経済新聞、読売新聞、朝日新聞、京都新聞,2012年06月
  • ニューステラス関西,NHK,2012年06月
  • 次世代内視鏡治療機器 実用化へ産学連携,日刊工業新聞,2012年01月
  • 次世代内視鏡治療機器-実用化へ産学連携-,日刊工業新聞,2012年01月
  • NOTES臨床へのチャレンジ,病院の実力,2011年11月
  • 「洗浄吸引カテーテル」,日経ものづくり,2011年11月
  • 「医療ルネッサンス」5000回記念特集,読売新聞,2011年03月
  • ワールドビジネスサテライト,テレビ東京,2010年09月
  • ニッポンの医療機器 成長産業への壁,日本経済新聞,2010年07月
  • がんの最新治療を追う,日本経済新聞,2010年07月
  • がん手術用を開発へ,日経産業新聞,2010年07月
  • ワールドビジネスサテライト,テレビ東京,2010年04月
  • 「カイロスの微笑」第2回-カラダを攻めろ-,テレビ大阪,2010年03月
  • 次世代医療システム産業化フォーラム,朝日新聞,2009年10月
  • 特集号,Surgical Products誌,2009年06月
  • 手術記事,PMI press release 2009,2009年03月
  • くらしナビ特集 「がんを生きる」,毎日新聞,2009年01月
  • トレンドビュー(特集),日経メディカル,2008年10月
  • NOSCAR Research Grants 2008 受賞プレリリース,NOSCAR,2008年09月
  • 手術記事,empower,2008年09月
  • Yahoo!ニュース,Yahoo!,2008年08月
  • 47NEWS,共同通信,2008年08月
  • 手術記事,産経新聞,2008年08月
  • 手術記事,読売新聞,2008年08月
  • 手術記事,毎日新聞,2008年08月
  • 手術記事,日本経済新聞,2008年08月
  • 手術記事,朝日新聞,2008年08月
  • 手術記事,PMI press release 2008,2008年08月
  • フェイスシールドプロジェクト,朝日新聞デジタル、東京中日スポーツ、YAHOO!ニュース

学術貢献

  • 「MEDICAL TAKUMI(匠)JAPAN」プロジェクト,2017年05月 ~ 継続中
  • プロジェクトENGINEhttp://project-engine.org,2008年12月 ~ 継続中
  • ニーズ検討会,大阪大学 医学部附属病院,2019年11月29日 ~
  • 臨床実習,2019年11月 ~
  • セミナー,大阪大学 医学部附属病院,2019年08月23日 ~
  • シンポジウム,大阪大学 医学部附属病院,2019年01月25日 ~
  • シンポジウム,大阪大学 医学部附属病院,2018年02月 ~
  • 座学・セミナー 中級,大阪大学 医学部附属病院,2017年10月 ~
  • ニーズ検討会,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2017年09月 ~
  • 臨床実習,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2017年08月 ~
  • 座学・セミナー 初級,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2017年07月 ~
  • ナレッジキャピタル 木曜サロン,ナレッジキャピタル,2017年05月 ~
  • 近畿財務局×ナレッジキャピタル 地方創生セミナーIN ナレッジサロン,近畿財務局 ナレッジキャピタル,2017年04月 ~
  • HCAP東京大学運営委員会 講演,HCAP東京大学運営委員会,2017年03月 ~
  • シンポジウム,大阪大学医学部付属病院,2017年01月 ~
  • 座学・セミナー 中級,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2016年10月 ~
  • ニーズ検討会,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2016年09月 ~
  • 臨床実習,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2016年08月 ~
  • 座学・セミナー 初級,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2016年07月 ~
  • シンポジウム,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2016年02月 ~
  • 大阪大学×ナレッジキャピタル / 研究ときめき*カフェ 「考える」を考える学校,大阪大学学術研究機構会議,2015年11月 ~
  • 座学・セミナー 中級,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2015年10月 ~
  • 日系研修「起業・後継者のための経営力強化」コース,一般財団法人海外職業訓練協会,2015年10月 ~
  • 臨床実習,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2015年09月 ~
  • ニーズ検討会,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2015年09月 ~
  • 第31回大阪大学医工情報連携シンポジウム,大阪大学国際医工情報センター,2015年08月 ~
  • 座学・セミナー 初級,大阪大学 次世代内視鏡治療学,2015年07月 ~
  • 第7回大阪大学共同研究講座シンポジウム~「Industry on Campus」は何をもたらしたか?~(実践現場から見た成果と課題),大阪大学産学連携本部大学院工学研究科,2014年12月 ~

社会貢献

  • 一般社団法人 UHC機器開発協議会(プロジェクトHEART)(代表理事),2015年06月 ~ 継続中
  • クラウドファンディング事業「新型コロナ:命を守るフルフェイスシールドをいち早く医療現場へ」,READYFOR,新型コロナ:命を守るフルフェイスシールドをいち早く医療現場へ,2020年04月20日 ~ 2020年06月12日

委員歴

  • 政府,内閣府 SIP「AI(人工知能)ホスピタルによる高度診断・治療システム」評価委員会,委員,2018年08月 ~ 継続中
  • 学協会,欧州内視鏡外科学会,Technology Committee 委員,2016年06月 ~ 継続中
  • 学協会,日本消化器外科学会,評議員,2013年05月 ~ 継続中
  • 学協会,日本内視鏡外科学会医工学連携委員会,アドバイザー,2017年10月 ~ 2020年10月
  • 学協会,第13回先進内視鏡治療研究会(J-CASE),当番世話人,2019年08月 ~ 2019年11月
  • 学協会,日本内視鏡外科学会第30回総会,医工連携企画 実行委員長,2017年12月 ~ 2017年12月
  • 政府,Medical TAKUMI Japan project, Kanto Bureau of Economy, Trade and Industry,Advisory Staff,2017年 ~ 2017年
  • 学協会,日本内視鏡外科学会第28回総会,医工連携企画 副実行委員長,2015年12月 ~ 2015年12月