EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

戸谷 吉博

Toya Yoshihiro

情報科学研究科 バイオ情報工学専攻,准教授

keyword システム生物学,微生物,細胞シミュレーション,代謝フラックス解析,ゲノムスケール代謝モデル,代謝工学

学歴

  • 2007年03月 ~ 2010年03月,慶応義塾大学,政策メディア研究科
  • 2005年04月 ~ 2007年03月,慶応義塾大学,政策メディア研究科
  • 2001年04月 ~ 2005年03月,慶応義塾大学,環境情報学部

経歴

  • 2018年07月 ~ 継続中,大阪大学,大学院情報科学研究科,准教授
  • 2015年04月 ~ 2018年07月,大阪大学,大学院情報科学研究科,助教
  • 2011年11月 ~ 2015年04月,大阪大学,大学院情報科学研究科,特任助教
  • 2010年04月 ~ 2011年10月,慶応義塾大学,大学院政策メディア研究科,特任助教
  • 2008年04月 ~ 2010年03月,日本学術振興会,特別研究員 (DC2)

研究内容・専門分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),バイオ機能応用、バイオプロセス工学

所属学会

  • 日本農芸化学会
  • 化学工学会
  • 日本生物工学会

論文

  • Reactor control system in bacterial co-culture based on fluorescent proteins using an Arduino-based home-made device.,Minori Kusuda,Hiroshi Shimizu,Yoshihiro Toya,Biotechnology journal,2021年09月23日,研究論文(学術雑誌)
  • Recent advances in metabolic engineering-integration of in silico design and experimental analysis of metabolic pathways.,Hiroshi Shimizu,Yoshihiro Toya,Journal of bioscience and bioengineering,2021年09月08日,研究論文(学術雑誌)
  • Proteome analysis of response to different spectral light irradiation in Synechocystis sp. PCC 6803.,Masakazu Toyoshima,Masumi Sakata,Yoshifumi Ueno,Yoshihiro Toya,Fumio Matsuda,Seiji Akimoto,Hiroshi Shimizu,Journal of proteomics,Vol. 246,p. 104306-104306,2021年08月30日,研究論文(学術雑誌)
  • Soft-sensor development for monitoring the lysine fermentation process.,Kento Tokuyama,Yoshiki Shimodaira,Yohei Kodama,Ryuzo Matsui,Yasuhiro Kusunose,Shunsuke Fukushima,Hiroaki Nakai,Yuichiro Tsuji,Yoshihiro Toya,Fumio Matsuda,Hiroshi Shimizu,Journal of bioscience and bioengineering,Vol. 132,No. 2,p. 183-189,2021年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Mutations in hik26 and slr1916 lead to high-light stress tolerance in Synechocystis sp. PCC6803.,Katsunori Yoshikawa,Kenichi Ogawa,Yoshihiro Toya,Seiji Akimoto,Fumio Matsuda,Hiroshi Shimizu,Communications biology,Vol. 4,No. 1,p. 343-343,2021年03月16日,研究論文(学術雑誌)
  • Role of type I NADH dehydrogenase in Synechocystis sp. PCC 6803 under phycobilisome excited red light.,Masakazu Toyoshima,Chiaki Yamamoto,Yoshifumi Ueno,Yoshihiro Toya,Seiji Akimoto,Hiroshi Shimizu,Plant science : an international journal of experimental plant biology,Vol. 304,p. 110798-110798,2021年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Estimation of linear and cyclic electron flows in photosynthesis based on 13C-metabolic flux analysis.,Chiaki Yamamoto,Masakazu Toyoshima,Sayaka Kitamura,Yoshifumi Ueno,Seiji Akimoto,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Journal of bioscience and bioengineering,2020年11月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of a rate-limiting step in a metabolic pathway using the kinetic model and in vitro experiment.,Sayaka Kitamura,Hiroshi Shimizu,Yoshihiro Toya,Journal of bioscience and bioengineering,2020年11月07日,研究論文(学術雑誌)
  • Flux controlling technology for central carbon metabolism for efficient microbial bio-production.,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Current opinion in biotechnology,Vol. 64,p. 169-174,2020年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Data science-based modeling of the lysine fermentation process.,Kento Tokuyama,Yoshiki Shimodaira,Takahiro Terawaki,Yasuhiro Kusunose,Hiroaki Nakai,Yuichiro Tsuji,Yoshihiro Toya,Fumio Matsuda,Hiroshi Shimizu,Journal of bioscience and bioengineering,2020年07月21日,研究論文(学術雑誌)
  • Transcription Factor ArcA is a Flux Sensor for the Oxygen Consumption Rate in Escherichia coli.,Naoya Nochino,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Biotechnology journal,Vol. 15,No. 6,2020年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Flux balance analysis of cyanobacteria reveals selective use of photosynthetic electron transport components under different spectral light conditions.,Toyoshima M,Toya Y,Shimizu H,Photosynthesis research,Vol. 143,No. 1,p. 31-43,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Light-inducible flux control of triosephosphate isomerase on glycolysis in Escherichia coli.,Sachie Senoo,Sebastian Tommi Tandar,Sayaka Kitamura,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Biotechnology and bioengineering,Vol. 116,No. 12,p. 3292-3300,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • High-yielding rice Takanari has superior photosynthetic response to a commercial rice Koshihikari under fluctuating light.,Shunsuke Adachi,Yu Tanaka,Atsuko Miyagi,Makoto Kashima,Ayumi Tezuka,Yoshihiro Toya,Shunzo Kobayashi,Satoshi Ohkubo,Hiroshi Shimizu,Maki Kawai-Yamada,Rowan F Sage,Atsushi J Nagano,Wataru Yamori,Journal of experimental botany,Vol. 70,No. 19,p. 5287-5297,2019年10月15日,研究論文(学術雑誌)
  • In vitro production of cysteine from glucose.,Yohei Hanatani,Makoto Imura,Hironori Taniguchi,Kenji Okano,Yoshihiro Toya,Ryo Iwakiri,Kohsuke Honda,Applied microbiology and biotechnology,Vol. 103,No. 19,p. 8009-8019,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Optogenetic switch for controlling the central metabolic flux of Escherichia coli.,Sebastian Tommi Tandar,Sachie Senoo,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Metabolic engineering,Vol. 55,p. 68-75,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of Rate-Limiting Reactions for Growth-Associated Production Using a Constraint-Based Approach.,Kento Tokuyama,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Biotechnology journal,Vol. 14,No. 9,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Theophylline-inducible riboswitch accurately regulates protein expression at low level in Escherichia coli.,Rikuto Kamiura,Yoshihiro Toya,Fumio Matsuda,Hiroshi Shimizu,Biotechnology letters,Vol. 41,No. 6-7,p. 743-751,2019年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of precise control of flux ratio between the glycolytic pathways on mevalonate production in Escherichia coli.,Kentaro Kamata,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Biotechnology and bioengineering,Vol. 116,No. 5,p. 1080-1088,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Magnesium starvation improves production of malonyl-CoA-derived metabolites in Escherichia coli.,Kento Tokuyama,Yoshihiro Toya,Fumio Matsuda,Brady F Cress,Mattheos A G Koffas,Hiroshi Shimizu,Metabolic engineering,Vol. 52,p. 215-223,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 13C-Metabolic Flux Analysis Reveals Effect of Phenol on Central Carbon Metabolism in Escherichia coli.,Sayaka Kitamura,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Frontiers in microbiology,Vol. 10,p. 1010-1010,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Transcriptome analysis of the cyanobacterium Synechocystis sp. PCC 6803 and mechanisms of photoinhibition tolerance under extreme high light conditions.,Kenichi Ogawa,Katsunori Yoshikawa,Fumio Matsuda,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Journal of bioscience and bioengineering,Elsevier B.V.,Vol. 126,No. 5,p. 596-602,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of oil-producing yeast Lipomyces starkeyi on glycerol carbon source based on metabolomics and 13C-labeling.,Yuki Maruyama,Yoshihiro Toya,Hiroshi Kurokawa,Yuka Fukano,Atsushi Sato,Hiroyasu Umemura,Kaoru Yamada,Hideaki Iwasaki,Norio Tobori,Hiroshi Shimizu,Applied microbiology and biotechnology,Vol. 102,No. 20,p. 8909-8920,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Metabolic flux of the oxidative pentose phosphate pathway under low light conditions in Synechocystis sp. PCC 6803.,Kentaro Ueda,Tsubasa Nakajima,Katsunori Yoshikawa,Yoshihiro Toya,Fumio Matsuda,Hiroshi Shimizu,Journal of bioscience and bioengineering,Elsevier B.V.,Vol. 126,No. 1,p. 38-43,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Application of adaptive laboratory evolution to overcome a flux limitation in an Escherichia coli production strain.,Kento Tokuyama,Yoshihiro Toya,Takaaki Horinouchi,Chikara Furusawa,Fumio Matsuda,Hiroshi Shimizu,Biotechnology and bioengineering,John Wiley and Sons Inc.,Vol. 115,No. 6,p. 1542-1551,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Metabolic engineering of mevalonate-producing Escherichia coli strains based on thermodynamic analysis.,Hikaru Nagai,Ami Masuda,Yoshihiro Toya,Fumio Matsuda,Hiroshi Shimizu,Metabolic engineering,Academic Press Inc.,Vol. 47,p. 1-9,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Optimal 13C-labeling of glycerol carbon source for precise flux estimation in Escherichia coli.,Yoshihiro Toya,Shugo Ohashi,Hiroshi Shimizu,Journal of bioscience and bioengineering,Elsevier B.V.,Vol. 125,No. 3,p. 301-305,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Metabolic impact of nutrient starvation in mevalonate-producing Escherichia coli.,Ami Masuda,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Bioresource technology,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 245,No. Pt B,p. 1634-1640,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Learning from quantitative data to understand central carbon metabolism.,Fumio Matsuda,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Biotechnology advances,Elsevier Inc.,Vol. 35,No. 8,p. 971-980,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Metabolic engineering of Synechocystis sp. PCC 6803 for enhanced ethanol production based on flux balance analysis.,Katsunori Yoshikawa,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Bioprocess and biosystems engineering,SPRINGER,Vol. 40,No. 5,p. 791-796,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Metabolic Flux Analysis of the Synechocystis sp. PCC 6803 ΔnrtABCD Mutant Reveals a Mechanism for Metabolic Adaptation to Nitrogen-Limited Conditions.,Nakajima T,Yoshikawa K,Toya Y,Matsuda F,Shimizu H,Plant & cell physiology,Vol. 58,No. 3,p. 537-545,2017年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 13C-metabolic flux analysis for mevalonate-producing strain of Escherichia coli.,Keisuke Wada,Yoshihiro Toya,Satomi Banno,Katsunori Yoshikawa,Fumio Matsuda,Hiroshi Shimizu,Journal of bioscience and bioengineering,SOC BIOSCIENCE BIOENGINEERING JAPAN,Vol. 123,No. 2,p. 177-182,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of alcohol stress tolerance genes of Synechocystis sp. PCC 6803 using adaptive laboratory evolution.,Takuya Matsusako,Yoshihiro Toya,Katsunori Yoshikawa,Hiroshi Shimizu,Biotechnology for biofuels,BIOMED CENTRAL LTD,Vol. 10,p. 307-307,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Combinatorial deletions of glgC and phaCE enhance ethanol production in Synechocystis sp. PCC 6803.,Katsunori Namakoshi,Tubasa Nakajima,Katsunori Yoshikawa,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Journal of biotechnology,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 239,p. 13-19,2016年12月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Investigation of useful carbon tracers for 13C-metabolic flux analysis of Escherichia coli by considering five experimentally determined flux distributions.,Kousuke Maeda,Nobuyuki Okahashi,Yoshihiro Toya,Fumio Matsuda,Hiroshi Shimizu,Metabolic engineering communications,Vol. 3,p. 187-195,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • SSDesign: Computational metabolic pathway design based on flux variability using elementary flux modes.,Yoshihiro Toya,Takanori Shiraki,Hiroshi Shimizu,Biotechnology and bioengineering,WILEY-BLACKWELL,Vol. 112,No. 4,p. 759-68,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced dipicolinic acid production during the stationary phase in Bacillus subtilis by blocking acetoin synthesis.,Yoshihiro Toya,Takashi Hirasawa,Shu Ishikawa,Onuma Chumsakul,Takuya Morimoto,Shenghao Liu,Kenta Masuda,Yasushi Kageyama,Katsuya Ozaki,Naotake Ogasawara,Hiroshi Shimizu,Bioscience, biotechnology, and biochemistry,TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 79,No. 12,p. 2073-80,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Integrating Kinetic Model of E. coli with Genome Scale Metabolic Fluxes Overcomes Its Open System Problem and Reveals Bistability in Central Metabolism.,Ahmad A Mannan,Yoshihiro Toya,Kazuyuki Shimizu,Johnjoe McFadden,Andrzej M Kierzek,Andrea Rocco,PloS one,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 10,No. 10,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Construction of a Genome-Scale Metabolic Model of Arthrospira platensis NIES-39 and Metabolic Design for Cyanobacterial Bioproduction.,Katsunori Yoshikawa,Shimpei Aikawa,Yuta Kojima,Yoshihiro Toya,Chikara Furusawa,Akihiko Kondo,Hiroshi Shimizu,PloS one,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 10,No. 12,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • 13C-metabolic flux analysis in heterologous cellulase production by Bacillus subtilis genome-reduced strain.,Yoshihiro Toya,Takashi Hirasawa,Takuya Morimoto,Kenta Masuda,Yasushi Kageyama,Katsuya Ozaki,Naotake Ogasawara,Hiroshi Shimizu,Journal of biotechnology,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 179,p. 42-9,2014年06月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Flux analysis and metabolomics for systematic metabolic engineering of microorganisms.,Yoshihiro Toya,Hiroshi Shimizu,Biotechnology advances,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 31,No. 6,p. 818-26,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Time-resolved metabolomics of a novel trebouxiophycean alga using (CO2)-C-13 feeding,Takuro Ito,Masahiro Sugimoto,Yoshihiro Toya,Yoshitaka Ano,Norihide Kurano,Tomoyoshi Soga,Masaru Tomita,JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING,SOC BIOSCIENCE BIOENGINEERING JAPAN,Vol. 116,No. 3,p. 408-415,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Glycogen is the primary source of glucose during the lag phase of E. coli proliferation.,Tomoaki Yamamotoya,Hitomi Dose,Zhongyuan Tian,Adrien Fauré,Yoshihiro Toya,Masayuki Honma,Kaori Igarashi,Kenji Nakahigashi,Tomoyoshi Soga,Hirotada Mori,Hiroshi Matsuno,Biochimica et biophysica acta,Vol. 1824,No. 12,p. 1442-8,2012年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Metabolic regulation analysis of wild-type and arcA mutant Escherichia coli under nitrate conditions using different levels of omics data.,Yoshihiro Toya,Kenji Nakahigashi,Masaru Tomita,Kazuyuki Shimizu,Molecular bioSystems,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 8,No. 10,p. 2593-604,2012年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Metabolic flux analysis and visualization.,Yoshihiro Toya,Nobuaki Kono,Kazuharu Arakawa,Masaru Tomita,Journal of proteome research,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 10,No. 8,p. 3313-23,2011年08月05日,研究論文(学術雑誌)
  • 13C-Metabolic Flux Analysis for Batch Culture of Escherichia coli and Its pyk and pgi Gene Knockout Mutants Based on Mass Isotopomer Distribution of Intracellular Metabolites,Yoshihiro Toya,Nobuyoshi Ishii,Kenji Nakahigashi,Takashi Hirasawa,Tomoyoshi Soga,Masaru Tomita,Kazuyuki Shimizu,BIOTECHNOLOGY PROGRESS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 26,No. 4,p. 975-992,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Systematic phenome analysis of Escherichia coli multiple-knockout mutants reveals hidden reactions in central carbon metabolism.,Kenji Nakahigashi,Yoshihiro Toya,Nobuyoshi Ishii,Tomoyoshi Soga,Miki Hasegawa,Hisami Watanabe,Yuki Takai,Masayuki Honma,Hirotada Mori,Masaru Tomita,Molecular systems biology,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 5,p. 306-306,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Direct measurement of isotopomer of intracellular metabolites using capillary electrophoresis time-of-flight mass spectrometry for efficient metabolic flux analysis.,Yoshihiro Toya,Nobuyoshi Ishii,Takashi Hirasawa,Miki Naba,Kenta Hirai,Kaori Sugawara,Saori Igarashi,Kazuyuki Shimizu,Masaru Tomita,Tomoyoshi Soga,Journal of chromatography. A,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1159,No. 1-2,p. 134-41,2007年08月03日,研究論文(学術雑誌)
  • Multiple high-throughput analyses monitor the response of E. coli to perturbations.,Nobuyoshi Ishii,Kenji Nakahigashi,Tomoya Baba,Martin Robert,Tomoyoshi Soga,Akio Kanai,Takashi Hirasawa,Miki Naba,Kenta Hirai,Aminul Hoque,Pei Yee Ho,Yuji Kakazu,Kaori Sugawara,Saori Igarashi,Satoshi Harada,Takeshi Masuda,Naoyuki Sugiyama,Takashi Togashi,Miki Hasegawa,Yuki Takai,Katsuyuki Yugi,Kazuharu Arakawa,Nayuta Iwata,Yoshihiro Toya,Yoichi Nakayama,Takaaki Nishioka,Kazuyuki Shimizu,Hirotada Mori,Masaru Tomita,Science (New York, N.Y.),AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE,Vol. 316,No. 5824,p. 593-7,2007年04月27日,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Synechocystis sp.PCC6803のΔndhD1/D2株を用いたレドックスバランス感知フィコビリソーム分解制御機構の解析,豊島正和,阪田真澄,山本千晶,植野嘉文,戸谷吉博,秋本誠志,清水浩,日本植物生理学会年会(Web),Vol. 62nd,2021年
  • 連続培養を用いた指向性進化実験による大腸菌のメバロン酸取り込み能力の強化,村上茉奈美,川井隆太郎,前田智也,堀之内貴明,古澤力,戸谷吉博,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2021,2021年
  • 蛍光タンパク質を利用した共培養のための菌体比率制御技術の開発,楠田みのり,戸谷吉博,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 86th,2021年
  • フラックス解析のいろいろ,戸谷吉博,生物工学会誌,Vol. 99,No. 1,2021年
  • 代謝経路の動的モデルを使ったin vitroの酵素反応系による複数酵素Vmaxの予測,北村さや香,戸谷吉博,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2020,2020年
  • in silico代謝デザインに基づく非酸化的解糖系依存の大腸菌株の創出,三吉健太,川井隆太郎,堀之内貴明,戸谷吉博,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2020,2020年
  • シアノバクテリアのカルビン回路の反応速度論モデルの開発,田島遼太郎,池原万由,戸谷吉博,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 85th,2020年
  • デルタロドプシンの変異体解析,佐藤良樹,弘埜陽子,石井純,柘植謙爾,松田史生,戸谷吉博,原清敬,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2020,2020年
  • デルタロドプシンによるATP再生を伴う物質生産性の向上,塩澤優稀,弘埜陽子,石井純,柘植謙爾,松田史生,戸谷吉博,原清敬,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2020,2020年
  • 試験管内反応系を利用した代謝経路の律速段階の同定,北村さや香,戸谷吉博,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 51st,2020年
  • 微生物物質生産の代謝デザインと細胞性能評価,清水浩,戸谷吉博,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 51st,2020年
  • 相利共生関係を利用した増殖連動型の有用物質生産株の代謝設計,川井隆太郎,戸谷吉博,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 51st,2020年
  • 実験室進化実験による大腸菌の非酸化的解糖経路のフラックス増強,三吉健太,川井隆太郎,堀之内貴明,前田智也,古澤力,戸谷吉博,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 51st,2020年
  • 光誘導スイッチを利用した代謝フラックスの動的な調節技術の開発,塚本雅士,戸谷吉博,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 51st,2020年
  • 光照射により代謝フラックスをコントロールする技術の開発,戸谷吉博,清水浩,バイオサイエンスとインダストリー,Vol. 78,No. 1,2020年
  • 植物生理学から生物工学へ(From plant physiology to biotechnology)シアノバクテリア由来の光応答スイッチの大腸菌代謝工学への利用,戸谷吉博,生物工学会誌,Vol. 98,No. 11,2020年
  • 光合成誘導反応のイネ品種間差に関わる生理的要因の解析,安達俊輔,田中佑,宮城敦子,鹿島誠,手塚あゆみ,戸谷吉博,小林俊造,大久保智司,清水浩,川合真紀,永野惇,矢守航,日本作物学会講演会要旨集,Vol. 247th,2019年
  • 生物工学分野におけるバイオインフォマティクス技術の利活用の現状と展望 代謝工学におけるバイオインフォマティクスの利用,戸谷吉博,松田史生,生物工学会誌,Vol. 97,No. 5,2019年
  • オプトジェネティックスイッチによる代謝フラックス制御技術の開発,タンダル セバスティアントミ,妹尾幸枝,戸谷吉博,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 84th,2019年
  • 光照射による大腸菌の中心代謝経路のフラックス制御,TANDAR Sebastian Tommi,妹尾幸枝,戸谷吉博,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2019,2019年
  • 解糖系とペントースリン酸経路のフラックス比がメバロン酸の生産に及ぼす影響,鎌田健太郎,戸谷吉博,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2019,2019年
  • 大腸菌イソプレノール合成フラックス強化のための代謝工学,川井隆太郎,戸谷吉博,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 84th,2019年
  • <sup>13</sup>C代謝フラックス解析に基づくシアノバクテリアの単波長光照射下に対する応答解析,山本千晶,北村さや香,豊島正和,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 71st,2019年
  • 大腸菌の共培養によるイソプレノール合成経路のボトルネックの解消,川井隆太郎,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 71st,2019年
  • 光を利用した微生物の代謝の制御と可視化,戸谷吉博,TANDAR Sebastian Tommi,妹尾幸枝,鎌田健太郎,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 71st,2019年
  • FBAシミュレーションによる単波長光照射下におけるシアノバクテリアの光合成電子伝達経路のフラックス状態の解析,豊島正和,山本千晶,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 71st,2019年
  • 蛍光タンパク質を指標としたリアクター制御プロセスの開発,楠田みのり,戸谷吉博,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 84th,2019年
  • 光駆動ATP再生系を導入したVmax細胞の開発,弘埜陽子,戸谷吉博,石井純,柘植謙爾,松田史生,原清敬,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2019,2019年
  • デルタロドプシン発現が出芽酵母の代謝に及ぼす影響,大塚健介,弘埜陽子,石井寛子,石井純,岡橋伸幸,戸谷吉博,原清敬,松田史生,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 71st,2019年
  • ロドプシンを利用した大腸菌における光駆動ATP再生の物質生産への応用,田中涼,鎌田健太郎,戸谷吉博,松田史生,石井純,柘植謙爾,弘埜陽子,原清敬,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 71st,2019年
  • 大腸菌による物質生産への光駆動ATP再生の利用に向けて,田中涼,鎌田健太郎,戸谷吉博,松田史生,石井純,柘植謙爾,弘埜陽子,原清敬,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 84th,2019年
  • 大腸菌共培養に向けたリアクター制御プロセスの開発,楠田みのり,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 71st,2019年
  • 増殖連動型物質生産のin silico解析における反応律速点の同定法の開発と実験検証,清水浩,徳山健斗,戸谷吉博,松田史生,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 50th,2018年09月18日
  • 大腸菌によるメバロン酸高生産のための流加培養条件の評価,前田健仁,戸谷吉博,松田史生,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 50th,2018年09月18日
  • フェノールが大腸菌の中枢代謝に及ぼす影響の解析,北村さや香,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 70th,2018年08月07日
  • ロドプシンを利用した大腸菌における光駆動ATP再生,鎌田健太郎,戸谷吉博,弘埜陽子,原清敬,松田史生,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 70th,2018年08月07日
  • 代謝工学による光合成の統合解析と工学応用,豊島正和,戸谷吉博,松田史生,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 70th,2018年08月07日
  • 様々な波長の光照射下におけるシアノバクテリアの解析,豊島正和,阪田真澄,戸谷吉博,松田史生,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 70th,2018年08月07日
  • 大腸菌のArcAによる酸素消費速度の感知システム,後野直哉,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 70th,2018年08月07日
  • 代謝工学に基づく大腸菌フェノール生産株の育種,北村さや香,戸谷吉博,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 83rd,2018年03月13日
  • 安定同位体非定常の<sup>13</sup>C代謝フラックス解析およびプロテオーム解析によるn‐ブタノールを生産するSynechococcus elongatus PCC7942の代謝状態の推定,和田圭介,植林希代加,戸谷吉博,傳寶雄大,PUTRI Sastia,松田史生,福崎英一郎,LIAO James C,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 83rd,2018年03月13日
  • 光照射による大腸菌の中枢代謝経路のフラックス制御,妹尾幸枝,戸谷吉博,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 83rd,2018年03月13日
  • 酸素レベルに応答した大腸菌の代謝制御の可視化と解明,後野直哉,戸谷吉博,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 83rd,2018年03月13日
  • FBAを用いた出芽酵母のメバロン酸経路強化遺伝子破壊の探索と評価,神田義貴,戸谷吉博,松田史生,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2018,2018年03月05日
  • 大腸菌中枢代謝経路のフラックス制御が物質生産に及ぼす影響の解析,戸谷吉博,鎌田健太郎,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 50th,2018年
  • 光駆動ATP再生系によるVmax細胞の創製,弘埜陽子,戸谷吉博,YE Xiaoting,石井純,柘植謙爾,松田史生,原清敬,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 70th,2018年
  • <sup>13</sup>C代謝フラックス解析による細胞の生理状態の理解と工学応用,清水浩,松田史生,戸谷吉博,岡橋伸幸,前田昂亮,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 49th,2017年09月20日
  • 光による遺伝子発現制御系を利用した大腸菌代謝制御の検討,妹尾幸枝,戸谷吉博,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 49th,2017年09月20日
  • 光合成微生物の代謝モデルの開発と応用,豊島正和,戸谷吉博,吉川勝徳,松田史生,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 49th,2017年09月20日
  • 中枢代謝のフラックス制御がメバロン酸経路に及ぼす影響の解析,鎌田健太郎,増田亜美,和田圭介,戸谷吉博,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 49th,2017年09月20日
  • Synechocystis sp.PCC6803の中心代謝経路と光化学系の制御メカニズムの解析,和田圭介,戸谷吉博,吉川勝徳,松田史生,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 49th,2017年09月20日
  • 出芽酵母のメバロン酸経路強化遺伝子破壊の探索と評価,神田義貴,戸谷吉博,松田史生,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 69th,2017年08月08日
  • 枯草菌中枢代謝経路における酵素発現レベルとフラックス分布の関係,戸谷吉博,富田淳美,松田史生,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 69th,2017年08月08日
  • <sup>13</sup>C代謝フラックス解析およびプロテオーム解析を用いたn‐ブタノール生産シアノバクテリア株の代謝解析,和田圭介,植林希代加,戸谷吉博,傳寶雄大,PUTRI Sastia,松田史生,福崎英一郎,LIAO James,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 69th,2017年08月08日
  • シアノバクテリアSynechocystis sp.PCC6803の光化学反応を精緻化したゲノムスケールモデルを用いた様々な光条件における代謝シミュレーション,豊島正和,戸谷吉博,松田史生,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 69th,2017年08月08日
  • 代謝シミュレーションに基づいた有用発酵微生物の育種,徳山健斗,戸谷吉博,松田史生,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 69th,2017年08月08日
  • 任意の栄養要求生変異株構築に向けた代謝シミュレーション法の開発,徳山健斗,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 69th,2017年08月08日
  • 出芽酵母のメバロン酸経路の強化に有効な遺伝子破壊の探索,神田義貴,戸谷吉博,松田史生,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 82nd,2017年03月06日
  • 定常期における大腸菌メバロン酸生産株の<sup>13</sup>C代謝フラックス解析,増田亜美,徳山健斗,戸谷吉博,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 82nd,2017年03月06日
  • 実験室進化実験に基づく大腸菌の高コハク酸生産に有効な変異同定,徳山健斗,戸谷吉博,堀之内貴明,古澤力,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 82nd,2017年03月06日
  • 計算機シミュレーションを利用した代謝デザイン技術 効率的に基質から目的物質に変換するための代謝経路の改変,戸谷吉博,化学と生物,Vol. 55,No. 2,2017年01月20日
  • 計算機シミュレーションを利用した代謝デザイン技術 効率的に基質から目的物質に変換するための代謝経路の改変,戸谷 吉博,化学と生物,(公社)日本農芸化学会,Vol. 55,No. 2,p. 83-84,2017年01月
  • in silico代謝設計と実験室進化実験の統合によるコハク酸高生産大腸菌の構築,徳山健斗,戸谷吉博,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 48th,2016年09月06日
  • 大腸菌による効率的なメバロン酸生産のための代謝解析,戸谷吉博,和田圭介,増田亜美,徳山健斗,坂野聡美,吉川勝徳,松田史生,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 48th,2016年09月06日
  • 蛍光タンパク質を利用した大腸菌の酸素レベルに応じた代謝解析,後野直哉,戸谷吉博,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 48th,2016年09月06日
  • n‐ブタノールを生産するSynechococcus elongatusの<sup>13</sup>C代謝フラックス解析,和田圭介,戸谷吉博,松田史生,LIAO James C,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 48th,2016年09月06日
  • メバロン酸生産大腸菌の細胞内代謝状態の定量的な評価,永井暉,戸谷吉博,松田史生,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 68th,2016年08月25日
  • メバロン酸生産大腸菌株の定常期における代謝状態の解明,増田亜美,戸谷吉博,徳山健斗,坂野聡美,吉川勝徳,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 68th,2016年08月25日
  • in silico代謝シミュレーションと実験室進化実験の統合によるコハク酸高生産大腸菌の構築,徳山健斗,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 68th,2016年08月25日
  • 代謝経路解析に基づく定常期にコハク酸を生産する大腸菌の開発,戸谷吉博,白木孝典,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 68th,2016年08月25日
  • 細胞増殖定常期の制限基質による3‐ヒドロキシプロピオン酸生産大腸菌への影響,徳山健斗,戸谷吉博,松田史生,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 81st,2016年03月13日
  • 蛍光タンパク質を利用した細胞内代謝状態の可視化と評価,戸谷吉博,渡辺祥,後野直哉,増田亜美,徳山健斗,松田史生,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 81st,2016年03月13日
  • 代謝フラックスを基盤とする物質生産法の開発,清水浩,松田史生,戸谷吉博,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2016,2016年03月05日
  • 代謝フラックス解析に基づいた枯草菌ゲノム縮小株MGB874のジピコリン酸生産性の向上,LIU Shenghao,増田健太,戸谷吉博,平沢敬,平沢敬,森本拓也,影山泰,吉田健一,清水浩,小笠原直毅,尾崎克也,萩原浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2016,2016年03月05日
  • 枯草菌ゲノム縮小株における代謝工学によるポリグルタミン酸の生産性向上,増田健太,LIU Shenghao,戸谷吉博,平沢敬,平沢敬,森本拓也,影山泰,吉田健一,清水浩,小笠原直毅,尾崎克也,萩原浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2016,2016年03月05日
  • 解糖系フラックスセンサーを利用した高効率物質生産のための代謝制御手法の開発,戸谷吉博,渡辺祥,徳山健斗,吉川勝徳,松田史生,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2016,2016年03月05日
  • 3‐ヒドロキシプロピオン酸生産大腸菌の定常期におけるメタボローム解析,徳山健斗,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 67th,2015年09月25日
  • 蛍光タンパク質を用いた代謝フラックスの可視化とその応用,戸谷吉博,渡辺祥,後野直哉,増田亜美,徳山健斗,吉川勝徳,松田史生,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 67th,2015年09月25日
  • 微生物がもたらす未来,板谷光泰,柘植謙爾,MURRAY Douglas B,戸谷吉博,中東憲治,Keio SFC J,Vol. 15,No. 1,p. 284-301,2015年09月15日
  • <sup>13</sup>Cフラックス解析に基づくグリセロール炭素源における大腸菌の中枢代謝の理解,戸谷吉博,大橋秀伍,清水浩,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 47th,2015年09月09日
  • 代謝工学的アプローチに基づく枯草菌のジピコリン酸生産の強化,戸谷吉博,平沢敬,劉生浩,増田健太,森本拓也,影山泰,尾崎克也,萩原浩,小笠原直毅,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 80th,2015年03月19日
  • 大腸菌を用いた定常期におけるメバロン酸生産,増田亜美,戸谷吉博,徳山健斗,坂野聡美,吉川勝徳,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2015,2015年03月05日
  • グリセロール炭素源における大腸菌中枢代謝経路の<sup>13</sup>Cフラックス解析,大橋秀伍,戸谷吉博,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2015,2015年03月05日
  • 代謝デザインと<sup>13</sup>C同位体標識を用いた代謝フラックス解析の物質生産への応用,清水浩,松田史生,戸谷吉博,化学と生物,Vol. 53,No. 7,2015年
  • 微生物の代謝を観測・デザインするための技術とその応用,戸谷吉博,日本ゲノム微生物学会年会要旨集,Vol. 9th,2015年
  • 2P-118 メバロン酸を生産する大腸菌の増殖期における^<13>C 代謝フラックス解析(代謝工学,一般講演),和田 圭介,戸谷 吉博,松田 史生,清水 浩,日本生物工学会大会講演要旨集,日本生物工学会,Vol. 67,p. 204-204,2015年
  • SSDesiga:エレメンタリーモード解析を利用した解空間に基づく代謝経路デザイン,戸谷吉博,白木孝典,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 66th,2014年08月05日
  • グリセロール単一炭素源における正確な代謝フラックス推定のための<sup>13</sup>C標識条件の検討,大橋秀伍,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 66th,2014年08月05日
  • 枯草菌ゲノム縮小株によるケミカル代替素材の生産,増田健太,森本拓也,戸谷吉博,平沢敬,ONUMA Chumsakul,石川周,影山泰,清水浩,小笠原直毅,尾崎克也,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2014,2014年03月05日
  • 定常期の枯草菌によるジピコリン酸生産における<sup>13</sup>C代謝フラックス解析,戸谷吉博,平沢敬,増田健太,森本拓也,影山泰,尾崎克也,小笠原直毅,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2014,2014年03月05日
  • フラックスバランス解析に基づく有用物質生産微生物の構築,清水浩,吉川勝徳,古澤力,平沢敬,戸谷吉博,松田史生,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 46th,2014年
  • エレメンタリーモード解析を利用した有用物質生産のための代謝経路デザイン,白木孝典,戸谷吉博,清水浩,日本ゲノム微生物学会年会要旨集,Vol. 8th,2014年
  • 定常期における有用物質生産を目的としたElementary mode analysisに基づく代謝デザイン,白木孝典,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 65th,2013年08月25日
  • 枯草菌ゲノム縮小株を用いた組換えタンパク質生産における<sup>13</sup>C代謝フラックス解析,戸谷吉博,平沢敬,増田健太,森本拓也,影山泰,尾崎克也,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 65th,2013年08月25日
  • メタボロミクスデータを用いた代謝フラックス解析,清水浩,松田史生,平沢敬,吉川勝徳,戸谷吉博,小野直亮,古澤力,化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 45th,2013年08月16日
  • 枯草菌ゲノム縮小株を用いた組換えタンパク質生産における転写,代謝フラックス解析,戸谷吉博,河崎優樹,平沢敬,増田健太,森本拓也,ONUMA Chumsakul,石川周,大島拓,影山泰,尾崎克也,小笠原直毅,清水浩,日本農芸化学会大会講演要旨集(Web),Vol. 2013,2013年03月05日
  • 高効率なバイオプロセスを実現する宿主細胞の創製に向けた枯草菌の代謝解析,平沢敬,戸谷吉博,河崎優樹,白木孝典,清水浩,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),Vol. 78th,2013年02月17日
  • ダイナミックモデルを用いたメタボロミクスの評価系の構築,小野直亮,犬石浩嗣,戸谷吉博,清水浩,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 64th,2012年09月25日
  • 代謝工学 代謝工学の創成と発展-代謝解析とオミクス研究との融合,清水浩,古澤力,古澤力,平沢敬,吉川勝徳,小野直亮,戸谷吉博,白井智量,生物工学会誌,Vol. 90,No. 10,2012年
  • 複数炭素源における枯草菌の13C代謝フラックス解析,河崎優樹,戸谷吉博,平沢敬,清水浩,日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),Vol. 35th,2012年
  • Ribosome profilingと抗生物質の特性を利用した大腸菌翻訳開始部位の再アノテーション,中東憲治,戸谷吉博,中屋敷徹,志波優,吉川博文,森浩禎,冨田勝,日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),Vol. 35th,2012年
  • 汎用的高効率バイオプロセス細胞の創製を目的とした枯草菌の代謝デザインと評価,戸谷吉博,河崎優樹,白木孝典,平沢敬,清水浩,CHATSURACHAI Sunisa,日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web),Vol. 35th,2012年
  • <sup>13</sup>CO<sub>2</sub>を用いた経時的メタボローム解析によるオイル産生微細藻の代謝解析,伊藤卓朗,戸谷吉博,杉本昌弘,阿野嘉孝,藏野憲秀,曽我朋義,冨田勝,藻類,Vol. 59,No. 1,2011年03月10日
  • 大腸菌多重遺伝子欠損株の解析によって明らかになった中心炭素代謝の新経路,中東憲治,戸谷吉博,石井伸佳,曽我朋義,長谷川美紀,渡辺寿美,高井幸,本間雅之,森浩禎,冨田勝,日本ゲノム微生物学会年会要旨集,Vol. 4th,2010年03月04日
  • 栄養欠乏状態におけるがん細胞のメタボロミクス,紙健次郎,冨塚江利子,戸谷吉博,北潔,江角浩安,曽我朋義,冨田勝,生化学,2010年
  • 栄養欠乏状態におけるがん細胞のメタボロミクス,紙健次郎,冨塚江利子,戸谷吉博,北潔,江角浩安,曽我朋義,冨田勝,生化学,2010年
  • 増殖,非増殖状態におけるタンパク質ターンオーバーの環境変化に伴う変化,中東憲治,石濱泰,戸谷吉博,冨田勝,生化学,2010年
  • メタボローム解析による栄養飢餓状態におけるがん細胞のエネルギー代謝の解明,紙健次郎,冨塚江利子,戸谷吉博,北潔,江角浩安,曽我朋義,生化学,2009年09月25日
  • 生命に係わる化学物質・反応 細胞のエネルギー代謝(解糖系,クエン酸回路,電子伝達系),戸谷吉博,化学と教育,Vol. 57,No. 9,p. 434-437,2009年09月20日
  • CE‐TOFMSを利用した<sup>13</sup>C代謝流束解析と回分培養での代謝の時間変化解析,戸谷吉博,石井伸佳,中東憲治,平沢敬,曽我朋義,冨田勝,清水和幸,日本生物工学会大会講演要旨集,Vol. 61st,2009年08月25日
  • メタボローム解析による栄養欠乏状態におけるがん細胞の新奇エネルギー代謝機構の解明,紙健次郎,冨塚江利子,戸谷吉博,北潔,江角浩安,曽我朋義,冨田勝,日本分子生物学会年会講演要旨集,Vol. 32nd,No. Vol.2,2009年
  • システムバイオロジー―解析データ応用の第2ステージへ―微生物代謝のシステムバイオロジー―オミックス解析からシミュレーションへ―,戸谷吉博,石井伸佳,冨田勝,Bio Ind,Vol. 25,No. 12,p. 44-51,2008年12月12日
  • CE‐TOF/MSを利用した<sup>13</sup>C代謝流束解析の回分培養への応用,戸谷吉博,石井伸佳,平沢敬,曽我朋義,冨田勝,清水和幸,生化学,2008年
  • メタボローム解析による新規抗腫瘍性物質キガマイシンの毒性作用機序の解明,紙健次郎,戸谷吉博,冨塚江利子,金原左京,北潔,江角浩安,曽我朋義,冨田勝,生化学,2008年
  • マルチオミクスによる大腸菌の遺伝・環境変化に対する応答解析,石井伸佳,中東憲治,馬場知哉,ROBERT Martin,曽我朋義,金井昭夫,平沢敬,那波幹,平井健太,HOQUE Aminul,HO Pei Yee,嘉数勇二,菅原香織,五十嵐沙織,原田諭,増田豪,杉山直幸,柚木克之,荒川和晴,岩田那由太,戸谷吉博,中山洋一,西岡孝明,清水和幸,森浩禎,冨田勝,生化学,2008年
  • 多重変異株のフェノーム解析による中心炭素代謝経路の未知ネットワーク探索,中東憲治,石井伸佳,戸谷吉博,曽我朋義,長谷川美紀,渡辺寿美,森浩禎,冨田勝,生化学,2008年
  • 大腸菌代謝ネットワークのmulti‐omics解析,石井伸佳,中東憲治,馬場知哉,ROBERT Martin,曽我朋義,金井昭夫,平沢敬,那波幹,平井健太,HOQUE Aminul,HO Pei Yee,嘉数勇二,菅原香織,五十嵐沙織,原田諭,増田豪,杉山直幸,富樫貴,長谷川美紀,高井幸,柚木克之,柚木克之,荒川和晴,岩田那由太,戸谷吉博,中山洋一,高度好熱菌丸ごと一匹プロジェクト 第6回連携研究会 理研シンポジウム 平成19年,p. 12-13,2007年
  • 網羅的ハイスループット解析による大腸菌の遺伝的・環境的変動への応答の観測,石井伸佳,中東憲治,馬場知哉,ROBERT Martin,曽我朋義,金井昭夫,平沢敬,那波幹,平井健太,HOQUE Aminul,HO Pei Yee,嘉数勇二,菅原香織,五十嵐沙織,原田諭,増田豪,杉山直幸,柚木克之,荒川和晴,岩田那由太,戸谷吉博,中山洋一,西岡孝明,清水和幸,生化学,2007年
  • 大腸菌ダイナミックモデル構築に向けての代謝スナップショットの網羅的収集,石井伸佳,馬場知哉,曽我朋義,金井昭夫,中東憲治,富樫貴,平沢敬,那波幹,平井健太,HOQUE Aminul,嘉数勇二,菅原香織,五十嵐沙織,原田諭,増田豪,杉山直幸,ROBERT Martin,柚木克之,荒川和晴,岩田那由太,戸谷吉博,中山洋一,萩谷聡子,吉野昌孝,西岡孝明,清水和幸,森浩禎,冨田勝,日本分子生物学会年会講演要旨集,Vol. 28th,2005年11月25日
  • 同位体標識を利用した代謝流束解析のためのソフトウェアシステムの開発,戸谷吉博,石井伸佳,清水和幸,冨田勝,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,Vol. 27th,2004年11月25日
  • 動的/静的ハイブリッドシミュレーションアルゴリズムを用いた大腸菌主要代謝経路のモデリング,石井伸佳,戸谷吉博,落海雅仁,中山洋一,冨田勝,日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集,Vol. 26th,2003年11月25日

特許・実用新案・意匠

  • 枯草菌変異株及びその利用,増田 健太,劉 生浩,影山 泰,清水 浩,戸谷 吉博,特許第6760757号,特願2016-091787,出願日:2016年04月28日,登録日:2020年09月07日
  • 枯草菌変異株及びそれを用いたジピコリン酸の製造方法,劉 生浩,森本 拓也,清水 浩,戸谷 吉博,平沢 敬,特許第6527669号,特願2014-098228,出願日:2014年05月12日,登録日:2019年05月17日
  • 発酵プロセス利用による有用物質の製造方法,原 清敬,原 陽子,戸谷 吉博,松田 史生,鎌田 健太郎,田中 涼,WO2020-050113,JP2019033690,出願日:2019年08月28日
  • 組み換え体及びスクアレンの製造方法,浅野 真菜,久野 斉,永久保 雅夫,清水 浩,松田 史生,戸谷 吉博,神田 義貴,特願2017-170236,出願日:2017年09月05日
  • 藻類及び藻類の製造方法,戸谷 吉博,清水 浩,吉川 勝徳,松迫 卓也,松田 史生,永久保 雅夫,特願2016-147580,出願日:2016年07月27日
  • 枯草菌変異株及びそれを用いたジピコリン酸の製造方法,劉 生浩,増田 健太,影山 泰,清水 浩,戸谷 吉博,特願2016-091786,出願日:2016年04月28日
  • 藻類及び藻類の製造方法,永久保 雅夫,清水 浩,吉川 勝徳,小川 健一,戸谷 吉博,松田 史生,特願2016-077510,出願日:2016年04月07日
  • 枯草菌変異株及びそれを用いたポリ−γ−グルタミン酸の製造方法,増田 健太,森本 拓也,清水 浩,戸谷 吉博,平沢 敬,特願2014-097919,出願日:2014年05月09日
  • 枯草菌変異株及びそれを用いたジピコリン酸の製造方法,森本 拓也,増田 健太,清水 浩,戸谷 吉博,平沢 敬,特願2014-034291,出願日:2014年02月25日

受賞

  • 第29回生物工学論文賞,Tokuyama K,Shimodaira Y,Terawaki T,Kusunose Y,Nakai H,Tsuji Y,Toya Y,Matsuda F,Shimizu H,日本生物工学会,2021年
  • 大阪大学賞(若手教員部門),戸谷吉博,大阪大学,2019年
  • 第26回生物工学論文賞,Wada K,Toya Y,Banno S,Yoshikawa K,Matsuda F,Shimizu H,日本生物工学会,2018年

講演・口頭発表等

  • 光誘導スイッチによる細胞の代謝の流れのコントロール,戸谷 吉博,"未来へのバイオ技術" 勉強会「遠隔・自動化・制御」 JBAバイオインダストリー協会主催,2021年06月28日
  • 微生物の中枢代謝経路フラックスを制御するための技術,戸谷 吉博,関西スマートセルフォーラム2021,2021年03月10日
  • Optogenetic control of the central carbon metabolism in Escherichia coli,Toya Y,The 22nd Academic Exchange Seminar Between Shanghai Jiao Tong University and Osaka University,2020年11月27日
  • フラックスバランス解析を利用した増殖連動型物質生産のための代謝設計とその応用,戸谷 吉博,2020年09月02日
  • Light-inducible flux control of the central carbon metabolism in Escherichia coli,Toya Y,ASBA2019,2019年10月29日
  • 大腸菌の代謝経路のフラックス比が物質生産に及ぼす影響,戸谷 吉博,鎌田 健太郎,妹尾 幸枝,Tandar Sebastian Tommi,清水 浩,第12回メタボロームシンポジウム,2018年10月19日
  • 13C代謝フラックス解析に基づくメバロン酸生産大腸菌の評価,戸谷 吉博,増田 亜美,和田 圭介,徳山 健斗,坂野 聡美,吉川 勝徳,松田 史生,清水 浩,第11回メタボロームシンポジウム,2017年11月14日

報道

  • 微細藻類シアノバクテリアが強い光でも生育できる遺伝子,2021年04月09日
  • 微細藻類、強い光でも生育,2021年03月18日
  • 大腸菌の反応 光で調節,2019年09月06日
  • 大腸菌の代謝経路 光で制御可能に,2019年07月08日
  • 微生物の代謝 光で制御,2019年07月04日
  • 大腸菌の代謝経路 光でオン・オフ,2019年06月25日