EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

谷川 千尋

Tanikawa Chihiro

歯学部附属病院,講師

keyword 機械学習,加齢,口唇裂・口蓋裂,数理モデル,歯科,QOL,睡眠,表情,顔,三次元,人工知能,医工学,歯科矯正学

学歴

  • 2014年12月 ~ 2014年12月,Royal College of Surgeons,Membership in Orthodontics
  • 2001年03月 ~ 2005年04月,大阪大学大学院,歯学研究科

経歴

  • 2010年05月 ~ 継続中,大阪大学歯学部附属病院,矯正科,講師
  • 2010年01月 ~ 2010年04月,大阪大学歯学研究科,矯正科,助教
  • 2008年06月 ~ 2009年03月,メリーランド大学歯学部,矯正科,助教
  • 2007年08月 ~ 2008年05月,ノースカロライナ大学歯学部,矯正科,客員研究員
  • 2006年02月 ~ 2007年03月,国立大阪大学歯学研究科,顎顔面口腔矯正学教室,助手
  • 2005年04月 ~ 2006年01月,大阪大学歯学部附属病院,矯正科,医員
  • 2001年04月 ~ 2005年03月,大阪大学大学院,顎顔面口腔矯正学教室,大学院生
  • 2001年 ~ 2002年,Graduate School Student, University of Osaka
  • 2000年06月 ~ 2001年03月,大阪大学歯学部附属病院,矯正科,研修医

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,成長、発育系歯学,矯正

所属学会

  • 日本メディカルAI学会
  • American Association of Orthodontists
  • World Federation of Orthodontists
  • 日本歯科医学教育学会
  • 日本顎口腔機能学会
  • 日本顔学会
  • 日本顎変形症学会
  • 日本口蓋裂学会
  • 国際歯科研究学会日本部会
  • 近畿東海矯正歯科学会
  • 日本矯正歯科学会

論文

  • Population affinity and variation of sexual dimorphism in three-dimensional facial forms: comparisons between Turkish and Japanese populations.,Chihiro Tanikawa,M Okan Akcam,Hatice Gokalp,Edlira Zere,Kenji Takada,Scientific reports,Vol. 11,No. 1,p. 16634-16634,2021年08月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Development of novel artificial intelligence systems to predict facial morphology after orthognathic surgery and orthodontic treatment in Japanese patients.,Chihiro Tanikawa,Takashi Yamashiro,Scientific reports,Vol. 11,No. 1,p. 15853-15853,2021年08月04日,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical applicability of automated cephalometric landmark identification: Part II - Number of images needed to re-learn various quality of images.,Chihiro Tanikawa,Ayaka Oka,Jaeyoen Lim,Chonho Lee,Takashi Yamashiro,Orthodontics & craniofacial research,2021年06月19日,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical applicability of automated cephalometric landmark identification: Part I-Patient-related identification errors.,Chihiro Tanikawa,Chonho Lee,Jaeyoen Lim,Ayaka Oka,Takashi Yamashiro,Orthodontics & craniofacial research,2021年05月22日,研究論文(学術雑誌)
  • Determination of prognostic factors for orthognathic surgery in children with cleft lip and/or palate.,Jaeyeon Lim,Chihiro Tanikawa,Mikihiko Kogo,Takashi Yamashiro,Orthodontics & craniofacial research,2021年02月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Impairment in facial expression generation in patients with repaired unilateral cleft lip: Effects of the physical properties of facial soft tissues.,Donghoon Lee,Chihiro Tanikawa,Takashi Yamashiro,PloS one,Vol. 16,No. 4,2021年,研究論文(学術雑誌)
  • Surface-based 3-dimensional cephalometry: An objective analysis of cranio-mandibular morphology.,Yosuke Tsukiboshi,Chihiro Tanikawa,Takashi Yamashiro,American journal of orthodontics and dentofacial orthopedics : official publication of the American Association of Orthodontists, its constituent societies, and the American Board of Orthodontics,Vol. 158,No. 4,p. 535-546,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Facial morphospace: a clinical quantitative analysis of the three-dimensional face in patients with cleft lip and palate,Chihiro Tanikawa,Plastic and Aesthetic Research,Vol. 2020,2020年09月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Quantifying faces three-dimensionally in orthodontic practice.,Chihiro Tanikawa,M Okan Akcam,Kenji Takada,Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery,Vol. 47,No. 6,p. 867-875,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Facial Appearance-Related Quality of Life in Young Japanese Patients With Cleft Lip and/or Palate.,Ayaka Oka,Chihiro Tanikawa,Yukako Isogai,Kiyomi Mihara,Takashi Yamashiro,The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association,p. 10556656211023243-10556656211023243,2021年06月16日,研究論文(学術雑誌)
  • 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による外出制限下における歯学部学部学生に対する遠隔実習,谷川 千尋,岡 綾香,大原 春香,伊藤 慎将,黒坂 寛,犬伏 俊博,村田 有香,山城 隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 55,No. 1,p. 18-25,2020年12月
  • 口蓋単独裂に起因する重度叢生を伴うハイアングル骨格性1級症例に対し長期的一貫歯科治療を行った一治験例,上村 夢,谷川 千尋,山城 隆,大阪大学歯学雑誌,大阪大学歯学会,Vol. 65,No. 1,p. 1-8,2020年12月
  • Three-dimensional changes in the craniofacial complex associated with soft-diet feeding.,Kana Kono,Chihiro Tanikawa,Yuka Murata,Takeshi Yanagita,Hiroshi Kamioka,Takashi Yamashiro,European journal of orthodontics,Vol. 42,No. 5,p. 509-516,2020年11月03日,研究論文(学術雑誌)
  • 当院における矯正歯科治療後に補綴歯科治療を必要とする口唇裂口蓋裂患者の割合,富田 章子[森田],権田 知也,谷川 千尋,山城 隆,池邉 一典,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 45,No. 2,p. 167-167,2020年05月
  • 片側性唇顎口蓋裂を有する混合歯列期患者の三次元歯列形態の特徴,谷村 百和子,谷川 千尋,Lim Jae Yeon,山城 隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 45,No. 2,p. 188-188,2020年05月
  • 口唇裂・口蓋裂を有する患者の側面位頭部X線規格写真の解剖学的特徴点を自動認識するAIシステムの開発,谷川 千尋,Lee Chonho,Lim Jae-Yeon,山城 隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 45,No. 2,p. 195-195,2020年05月
  • MACHINE LEARNING IN ORTHODONTICS: APPLICATION REVIEW,Ching-Chang Ko,Chihiro Tanikawa,Tai-Hsien Wu,Matthew Pastewait,Christina Bonebreak Jackson,Jane Jungeun Kwon,Yan-Ting Lee,Chunfeng Lian,Li Wang,Dinggang Shen,EMBRACING NOVEL TECHNOLOGIES IN DENTISTRY AND ORTHODONTICS,Vol. 45,p. 125-135,2020年02月26日,研究論文(学術雑誌)
  • デジタルサージェリーにより効率的に顎矯正手術準備を行った右側唇顎口蓋裂および外胚葉異形成症を伴う骨格性3級症例,吉川 浩史,谷川 千尋,黒坂 寛,山城 隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 54,No. 1,p. 59-59,2019年12月
  • 日本人における三次元セファロ分析 標準値の作製と顎変形症患者の手術前後の変化,吉川 浩史,谷川 千尋,伊藤 慎将,月星 陽介,石井 瞳,嘉ノ海 龍三,山城 隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 78回,p. 194-194,2019年11月
  • The Elimination of Dental Crowding and Development of a Proper Dental Arch by Maxillary Anterior Segmental Distraction Osteogenesis for a Patient With UCLP.,Chihiro Tanikawa,Donghoon Lee,Yuri Yamamoto Oonishi,Seiji Haraguchi,Tomonao Aikawa,Mikihiko Kogo,Seiji Iida,Takashi Yamashiro,The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association,Vol. 56,No. 7,p. 978-985,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Using Natural Language Processing to Develop an Automated Orthodontic Diagnostic System.,Tomoyuki Kajiwara,Chihiro Tanikawa,Yuujin Shimizu,Chenhui Chu,Takashi Yamashiro,Hajime Nagahara,CoRR,Vol. abs/1905.13601,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Deep Learning based Cephalometric Landmark Identification using Landmark-dependent Multi-scale Patches.,Chonho Lee,Chihiro Tanikawa,Jae-Yeon Lim,Takashi Yamashiro,CoRR,Vol. abs/1906.02961,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Functional decline in facial expression generation in older women: A cross-sectional study using three-dimensional morphometry.,Chihiro Tanikawa,Sadaki Takata,Ruriko Takano,Haruna Yamanami,Zere Edlira,Kenji Takada,PloS one,Vol. 14,No. 7,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Adult patient with bilateral cleft lip and palate treated using bone graft followed by lateral distraction: A case report,Oka Ayaka,Tanikawa Chihiro,Kurosaka Hiroshi,Yamashiro Takashi,ORTHODONTIC WAVES,Vol. 77,No. 4,p. 232-239,2018年12月
  • Efficacy of Maxillary Anterior Segmental Distraction Osteogenesis in Patients With Cleft Lip and Palate.,Chihiro Tanikawa,Kae Hirata,Tomonao Aikawa,Jun Maeda,Mikihiko Kogo,Seiji Iida,Takashi Yamashiro,The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association,Vol. 55,No. 10,p. 1375-1381,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 骨格性2級患者における三次元気道形態のパターン化,谷川 千尋,白石 優季,加藤 隆史,山城 隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 77回,p. 211-211,2018年10月
  • Dentofacial characteristics in a patient with Aarskog–Scott syndrome,Chihiro Tanikawa,Hiroshi Kurosaka,Kohei Nakatsugawa,Takashi Yamashiro,Orthodontic Waves,Elsevier Ltd,Vol. 77,No. 2,p. 150-155,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Test-retest reliability of smile tasks using three-dimensional facial topography.,Chihiro Tanikawa,Kenji Takada,The Angle orthodontist,Allen Press Inc.,Vol. 88,No. 3,p. 319-328,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Adult patient with bilateral cleft lip and palate treated using bone graft followed by lateral distraction: A case report,Orthodontic Waves,,Ayaka Oka,Chihiro Tanikawa,Hiroshi Kurosaka,Takashi Yamashiro,Orthodontic Waves,No. 0,p. 0-0,2018年
  • Towards a fully automated diagnostic system for orthodontic treatment in dentistry,Seiya Murata,Chonho Lee,Chihiro Tanikawa,Susumu Date,Proceedings - 13th IEEE International Conference on eScience, eScience 2017,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,p. 1-8,2017年11月14日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 過去13年間の大阪大学歯学部附属病における矯正患者の動向,谷川 千尋,西村 佳世,竹内 優斗,社 浩太郎,山城 隆,Orthodontic Waves-Japanese Edition,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 76,No. 2,p. 119-129,2017年09月
  • Improvement in three-dimensional facial configuration and jaw motion following surgical orthodontic treatment of a case with jaw deviation,Yoko Takigawa,Chihiro Tanikawa,Kohtaro Yashiro,Kenji Takada,Orthodontic Waves,Elsevier Ltd,Vol. 76,No. 3,p. 184-196,2017年09月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 食餌性状がマウス下顎骨の三次元的形態変化に及ぼす影響,河野 加奈,谷川 千尋,柳田 剛志,上岡 寛,山城 隆,中・四国矯正歯科学会雑誌,中・四国矯正歯科学会,Vol. 29,No. 1,p. 79-79,2017年08月
  • Towards a smart dental healthcare: an automated assessment of orthodontic treatment need,Murata S,Ishigaki K,Lee C,Tanikawa C,Date S,Yoshikawa T,Proc. of International Conference on Informatics and Assistive Technologies for Health-Care,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Novel Method to Detect 3D Mandibular Changes Related to Soft-Diet Feeding.,Kana Kono,Chihiro Tanikawa,Takeshi Yanagita,Hiroshi Kamioka,Takashi Yamashiro,Frontiers in physiology,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 8,p. 567-567,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Asymmetric Anterior Distraction for Transversely Distorted Maxilla and Midfacial Anteroposterior Deficiency in a Patient With Cleft Lip/Palate: Two-Stage Surgical Approach,Kae Hirata,Chihiro Tanikawa,Tomonao Aikawa,Kohji Ishihama,Mikihiko Kogo,Seiji Iida,Takashi Yamashiro,CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL,ALLIANCE COMMUNICATIONS GROUP DIVISION ALLEN PRESS,Vol. 53,No. 4,p. 491-498,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Asymmetric Anterior Distraction for Transversely Distorted Maxilla and Midfacial Anteroposterior Deficiency in a Patient With Cleft Lip/Palate: Two-Stage Surgical Approach.,Kae Hirata,Chihiro Tanikawa,Tomonao Aikawa,Kohji Ishihama,Mikihiko Kogo,Seiji Iida,Takashi Yamashiro,The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association,American Cleft Palate Craniofacial Association,Vol. 53,No. 4,p. 491-8,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Sexual dimorphism in the facial morphology of adult humans: A three-dimensional analysis,C. Tanikawa,E. Zere,K. Takada,HOMO-JOURNAL OF COMPARATIVE HUMAN BIOLOGY,ELSEVIER GMBH, URBAN & FISCHER VERLAG,Vol. 67,No. 1,p. 23-49,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Maxillary Expansion and Midline Correction by Asymmetric Transverse Distraction Osteogenesis in a Patient With Unilateral Cleft Lip/Palate: A Case Report,Yuko Shintaku,Chihiro Tanikawa,Seiji Iida,Tomonao Aikawa,Mikihiko Kogo,Takashi Yamashiro,CLEFT PALATE-CRANIOFACIAL JOURNAL,ALLIANCE COMMUNICATIONS GROUP DIVISION ALLEN PRESS,Vol. 52,No. 5,p. 618-624,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Maxillary Expansion and Midline Correction by Asymmetric Transverse Distraction Osteogenesis in a Patient With Unilateral Cleft Lip/Palate: A Case Report.,Yuko Shintaku,Chihiro Tanikawa,Seiji Iida,Tomonao Aikawa,Mikihiko Kogo,Takashi Yamashiro,The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association,American Cleft Palate Craniofacial Association,Vol. 52,No. 5,p. 618-24,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Objective classification of nose-lip-chin profiles and their relation to dentoskeletal traits,C. Tanikawa,K. Takada,ORTHODONTICS & CRANIOFACIAL RESEARCH,WILEY-BLACKWELL,Vol. 17,No. 4,p. 226-238,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Wassmund osteotomy for excessive gingival display: a case report with three-dimensional facial evaluation.,Yuri Yamamoto,Chihiro Tanikawa,Kenji Takada,Australian orthodontic journal,AUSTRALIAN SOC ORTHODONTISTS INC,Vol. 30,No. 1,p. 81-8,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Early dentofacial orthopedic treatment of a patient with maxillary hypoplasia and congenital central hypoventilation syndrome,Mika Shibata,Chihiro Tanikawa,Kohtaro Yashiro,Yuko Shintaku,Mikihiko Kogo,Takashi Yamashiro,Orthodontic Waves,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 73,No. 1,p. 29-33,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Nonextraction treatment of open-bite by sequential uses of tongue crib, temporary anchorage devices and myofunctional therapy: A case report of an adolescent,Ayaka Oka,Chihiro Tanikawa,Yoko Takigawa,Kohtaro Yashiro,Orthodontic Waves,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 72,No. 3,p. 112-118,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Skeletal Class III malocclusion with thin symphyseal bone: a case report.,Eriko Hikida,Chihiro Tanikawa,Australian orthodontic journal,AUSTRALIAN SOC ORTHODONTISTS INC,Vol. 28,No. 2,p. 250-7,2012年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Objective three-dimensional assessment of lip form in patients with repaired cleft lip.,Chihiro Tanikawa,Kenji Takada,John van Aalst,Carroll Ann Trotman,The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association,ALLIANCE COMMUNICATIONS GROUP DIVISION ALLEN PRESS,Vol. 47,No. 6,p. 611-22,2010年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Automatic recognition of anatomic features on cephalograms of preadolescent children.,Chihiro Tanikawa,Taku Yamamoto,Masakazu Yagi,Kenji Takada,The Angle orthodontist,E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC,Vol. 80,No. 5,p. 812-20,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Automated cephalometry: system performance reliability using landmark-dependent criteria.,Chihiro Tanikawa,Masakazu Yagi,Kenji Takada,The Angle orthodontist,E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC,Vol. 79,No. 6,p. 1037-46,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Lip vermilion profile patterns and corresponding dentoskeletal forms in female adults.,Chihiro Tanikawa,Kayoko Nakamura,Masakuzu Yagi,Kenji Takada,The Angle orthodontist,E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC,Vol. 79,No. 5,p. 849-58,2009年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 歯科医の知識を実装した知的情報処理システム,八木 雅和,谷川 千尋,山本 卓,中村 佳世子,堀口 依里子,大野 弘子,高田 健治,電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 107,No. 288,p. 25-30,2007年10月19日
  • Knowledge-dependent pattern classification of human nasal profiles.,Chihiro Tanikawa,Yasuhiro Kakiuchi,Masakazu Yagi,Kayoko Miyata,Kenji Takada,The Angle orthodontist,E H ANGLE EDUCATION RESEARCH FOUNDATION, INC,Vol. 77,No. 5,p. 821-30,2007年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Dependable systems for decisions in clinical dentistry- how electronics implements what dentists know,Takada K,Yagi M,Tanikawa C,“Secure-Life Electronics” for Quality Life and Society, The University of Tokyo COE 21,p. 15-21,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A robust medical image recognition system employing edge-based feature vector representation,M Yagi,T Shibata,C Tanikawa,K Takada,IMAGE ANALYSIS, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 2749,p. 534-540,2003年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Retest reliability of ultrasonic geniohyoid muscle measurement at rest and tongue up status,Keiko Okamoto,Chihiro Tanikawa,Takashi Yamashiro,The 9th Internatinal Orthodontic Congress (9th IOC), Online,2020年10月
  • Three-Dimensional Time-Sequential Smile Analysis,Miyuki Nakamura,Chihiro Tanikawa,Namiki Nagata,Takashi Yamashiro,The 9th Internatinal Orthodontic Congress (9th IOC), Online,2020年10月
  • 3D time-sequential mastication analysis with facial surfaces,Namiki Nagata,Chihiro Tanikawa,Miyuki Nakamura,Takashi Yamashiro,The 9th Internatinal Orthodontic Congress (9th IOC), Online,2020年10月
  • Orthodontic management of a patient with pseudohypoparathyroidism: a case report,Shinnosuke Kusano,Chihiro Tanikawa,Yousuke Tsukiboshi,Chisato Morita,Takashi Yamashiro,The 9th Internatinal Orthodontic Congress (9th IOC), Online,2020年10月
  • 3D Analysis of Characteristics in Class II Patients,Hiroshi Yoshikawa,Chihiro Tanikawa,Jae Yoen Lim,Toshihiro Inubushi,Yosuke Tsukiboshi,Takashi Yamashiro,The 9th Internatinal Orthodontic Congress (9th IOC), Online,2020年10月
  • Patterning of orthodontic diagnoses and treatment planning,Yuujin Shimizu,Chihiro Tanikawa,Takashi Yamashiro,The 9th Internatinal Orthodontic Congress (9th IOC), Online,2020年10月
  • Three-dimensional airway morphology in Class II patients,Chihiro Tanikawa,Yuki Shiraishi,Takafumi Kato,Takashi Yamashiro,The 9th Internatinal Orthodontic Congress (9th IOC), Online,2020年10月
  • 骨形態計測とAIの共生 骨形態計測分野におけるAIの応用,谷川 千尋,日本骨形態計測学会雑誌,日本骨形態計測学会,Vol. 30,No. 1,p. S60-S60,2020年05月
  • 当院における矯正歯科治療後に補綴歯科治療を必要とする口唇裂口蓋裂患者の割合,富田 章子[森田],権田 知也,谷川 千尋,山城 隆,池邉 一典,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 45,No. 2,p. 167-167,2020年05月
  • 片側性唇顎口蓋裂を有する混合歯列期患者の三次元歯列形態の特徴,谷村 百和子,谷川 千尋,Lim Jae Yeon,山城 隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 45,No. 2,p. 188-188,2020年05月
  • 口唇裂・口蓋裂を有する患者の側面位頭部X線規格写真の解剖学的特徴点を自動認識するAIシステムの開発,谷川 千尋,Lee Chonho,Lim Jae-Yeon,山城 隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 45,No. 2,p. 195-195,2020年05月
  • 3D craniofacial shape characteristics in class II patients: Part II – Surface based analysis of the mandibular shape,Yosuke Tsukiboshi,Chihiro Tanikawa,Hiroshi Yoshikawsa,Takashi Yamashiro,International Association for Dental Research IADR/AADR/CADR General Session – Washington, D.C. USA,2020年03月
  • Landmark-based analysis of 3D CBCT in Class II Patients,Hiroshi Yoshikawa,Chihiro Tanikawa,Jae Yoen Lim,Shinsuke Ito,Toshihiro Inubushi,Yosuke Tsukiboshi,Takashi Yamashiro,International Association for Dental Research IADR/AADR/CADR General Session – Washington, D.C. USA,2020年03月
  • Three-dimensional Airway Morphology in Class II Patients,Chihiro Tanikawa,Yuki Shiraishi,Takafumi Kato,Takashi Yamashiro,International Association for Dental Research IADR/AADR/CADR General Session – Washington, D.C. USA,2020年03月
  • Three-Dimensional Markerless Time-Sequential Smile Analysis,Chihiro Tanikawa,Miyuki Nakamura,Namiki Nagata,Carroll Ann Trotman,Takashi Yamashiro,International Association for Dental Research IADR/AADR/CADR General Session – Washington, D.C. USA,2020年03月
  • Morphometric Measurements and Shape Analysis of Unilateral Palatal Cleft,Tai-Hsien Wu,Chihiro Tanikawa,Yuko Shintaku,Te-Ju Wu,Takashi Yamashiro,Ching-Chang Ko,International Association for Dental Research IADR/AADR/CADR General Session – Washington, D.C. USA,2020年03月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 矯正歯科治療における治療計画を自動立案する人工知能システムの開発,梶原智之,谷川千尋,清水優仁,Chenhui Chu,長原一,第2回日本メディカルAI学会学術集会,2020年01月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 矯正歯科治療における所見文を自動要約する人工知能システムの開発,清水優仁,梶原智之,谷川千尋,Chenhui Chu,長原一,第2回日本メディカルAI学会学術集会,2020年01月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 有限要素法に基づく顔の表情シミュレーションのための粘弾性モデリング,黒田嘉宏,加藤弘樹,谷川千尋,谷川千尋,吉元俊輔,大城理,高田健治,高田健治,日本VR医学会学術大会(CD-ROM),Vol. 19th,2019年08月31日
  • 動作計測による顔の粘弾性シミュレーション,黒田 嘉宏,加藤 弘樹,谷川 千尋,吉元 俊輔,大城 理,高田 健治,日本医用画像工学会大会予稿集,日本医用画像工学会,Vol. 38回,p. 596-598,2019年07月
  • 唇顎口蓋裂患者に対して一貫治療を行った1症例,村田有香,谷川千尋,上村夢,三原聖美,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,Vol. 44,No. 2,2019年04月30日
  • 片側性唇顎口蓋裂患者における長期予後因子の検討,谷川 千尋,Lim Jae Yeon,古郷 幹彦,山城 隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 44,No. 2,p. 112-112,2019年04月
  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第1報) 資料採得環境について,丹原 惇,内野 夏子,吉田 章太,朝日藤 寿一,石渡 靖夫,岩田 敏男,金高 弘恭,佐藤 友紀,谷川 千尋,中納 治久,春山 直人,真野 樹子,渡邉 佳一郎,齋藤 功,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 44,No. 2,p. 111-111,2019年04月
  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第2報) 資料採得時期について,内野 夏子,丹原 惇,吉田 章太,朝日藤 寿一,石渡 靖夫,岩田 敏男,大久保 和美,金高 弘恭,佐藤 友紀,谷川 千尋,中納 治久,春山 直人,真野 樹子,渡邉 佳一郎,星 和人,齋藤 功,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 44,No. 2,p. 111-111,2019年04月
  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第3報) 共通プロトコール策定への意見,吉田 章太,丹原 惇,内野 夏子,大久保 和美,朝日藤 寿一,石渡 靖夫,岩田 敏男,金高 弘恭,佐藤 友紀,谷川 千尋,中納 治久,春山 直人,真野 樹子,渡邉 佳一郎,齋藤 功,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 44,No. 2,p. 112-112,2019年04月
  • 唇顎口蓋裂患者に対して一貫治療を行った1症例,村田 有香,谷川 千尋,上村 夢,三原 聖美,山城 隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 44,No. 2,p. 109-109,2019年04月
  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第1報) 資料採得環境について,丹原 惇,内野 夏子,吉田 章太,朝日藤 寿一,石渡 靖夫,岩田 敏男,金高 弘恭,佐藤 友紀,谷川 千尋,中納 治久,春山 直人,真野 樹子,渡邉 佳一郎,齋藤 功,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 44,No. 2,p. 111-111,2019年04月
  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第2報) 資料採得時期について,内野 夏子,丹原 惇,吉田 章太,朝日藤 寿一,石渡 靖夫,岩田 敏男,大久保 和美,金高 弘恭,佐藤 友紀,谷川 千尋,中納 治久,春山 直人,真野 樹子,渡邉 佳一郎,星 和人,齋藤 功,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 44,No. 2,p. 111-111,2019年04月
  • 矯正歯科領域の口唇裂・口蓋裂治療に関する資料採得の実態調査(第3報) 共通プロトコール策定への意見,吉田 章太,丹原 惇,内野 夏子,大久保 和美,朝日藤 寿一,石渡 靖夫,岩田 敏男,金高 弘恭,佐藤 友紀,谷川 千尋,中納 治久,春山 直人,真野 樹子,渡邉 佳一郎,齋藤 功,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 44,No. 2,p. 112-112,2019年04月
  • 片側性唇顎口蓋裂患者における長期予後因子の検討,谷川 千尋,Lim Jae Yeon,古郷 幹彦,山城 隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 44,No. 2,p. 112-112,2019年04月
  • Composite Visco-elastic Model for Replaying Facial Expression,Yoshihiro Kuroda,Hiroki Kato,Chihiro Tanikawa,Shunsuke Yoshimoto,Osamu Oshiro,Kenji Takada,日本生体医工学会 専門別研究会 生体画像と医用人工知能研究会,2019年03月
  • 三次元顎顔面硬組織形態の客観的評価手法の確立と信頼性の検討,月星 陽介,谷川 千尋,山城 隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 77回,p. 262-262,2018年10月
  • 矯正歯科治療における顔面画像所見記述文生成を行うArtificial intelligence(AI)の開発,清水 優仁,谷川 千尋,村田 征矢,リー・チョンホ,山城 隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 77回,p. 263-263,2018年10月
  • 優性栄養障害型表皮水疱症に起因した右側臼歯部交叉咬合を呈する1症例,森田 知里,谷川 千尋,山城 隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 77回,p. 348-348,2018年10月
  • 矯正歯科治療後の三次元顔形態を予測する人工知能システムの開発,谷川 千尋,山城 隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 77回,p. 263-263,2018年10月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 矯正歯科治療における顔面画像所見記述文生成を行うArtificial intelligence(AI)の開発,清水 優仁,谷川 千尋,村田 征矢,リー・チョンホ,山城 隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 77回,p. 263-263,2018年10月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 側面位頭部X線規格写真における計測点の自動認識を行うAIシステムの開発,谷川 千尋,リー・チョンホ,林 在娟,山城 隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 77回,p. 261-261,2018年10月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 大阪大学歯学部附属歯科技工士学校における3Dデジタルサージェリー実習の取り組み,谷川千尋,犬伏俊博,相川友直,新宅優子,町博之,野崎一徳,南部恵理子,中本将嗣,岡綾香,古郷幹彦,山城隆,日本顎変形症学会雑誌,(NPO)日本顎変形症学会,Vol. 28,No. 2,p. 158-158,2018年05月25日
  • 大阪大学歯学部附属歯科技工士学校における3Dデジタルサージェリー実習の取り組み,谷川 千尋,犬伏 俊博,相川 友直,新宅 優子,町 博之,野崎 一徳,南部 恵理子,中本 将嗣,岡 綾香,古郷 幹彦,山城 隆,日本顎変形症学会雑誌,(NPO)日本顎変形症学会,Vol. 28,No. 2,p. 158-158,2018年05月
  • 上下顎移動術を行った顎変形症患者における三次元顔面形態変化のパターン化,新宅 優子,谷川 千尋,相川 友直,山城 隆,古郷 幹彦,日本顎変形症学会雑誌,(NPO)日本顎変形症学会,Vol. 28,No. 2,p. 190-190,2018年05月
  • 症候群頭蓋縫合早期癒合症を有する患者における軟・硬組織の三次元評価手法の確立,谷川千尋,月星陽介,Lee Dong Hoon,山城 隆,第41回日本口蓋裂学会総会・学術大会、2017年5月18日、東京,2018年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • Quantifying faces three-dimensionally in orthodontic practice: two cases of Class III and jaw deviation underwent orthognathic surgeries,Tanikawa C,Akcam MO,Takada K,2018 AAO Annual Session, Walter E. Washington Convention Center, Washington, DC, May 3-8, 2018.,2018年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 先天異常症例、難症例への対応 口唇裂・口蓋裂治療における外科矯正手術について,田中 晋,相川 友直,新宅 優子,伊藤 慎将,谷川 千尋,山城 隆,古郷 幹彦,日本顎変形症学会雑誌,(NPO)日本顎変形症学会,Vol. 28,No. 2,p. 68-69,2018年05月
  • 上下顎移動術を行った顎変形症患者における三次元顔面形態変化のパターン化,新宅優子,谷川千尋,相川友直,山城隆,古郷幹彦,日本顎変形症学会雑誌,(NPO)日本顎変形症学会,Vol. 28,No. 2,p. 190-190,2018年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 先天異常症例、難症例への対応 口唇裂・口蓋裂治療における外科矯正手術について,田中 晋,相川 友直,新宅 優子,伊藤 慎将,谷川 千尋,山城 隆,古郷 幹彦,日本顎変形症学会雑誌,(NPO)日本顎変形症学会,Vol. 28,No. 2,p. 68-69,2018年05月
  • 片側性唇顎口蓋裂児に対するPNAM治療おける顔面および歯槽形態の3次元的変化,松川 誠,谷川 千尋,大槻 浩一,西尾 崇弘,中川 記世子,青海 哲也,磯村 恵美子,田中 晋,山城 隆,古郷 幹彦,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 43,No. 2,p. 167-167,2018年04月
  • 口唇裂・口蓋裂を有する患者の顎顔面成長の長期評価,谷川 千尋,Lim Jae-Yeon,山城 隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 43,No. 2,p. 166-166,2018年04月
  • 口唇裂・口蓋裂を有する患者において皮膚の物理特性が笑顔表出機能に与える影響,谷川 千尋,李 東勲,山城 隆,日本顎口腔機能学会雑誌,日本顎口腔機能学会,Vol. 24,No. 2,p. 124-125,2018年
  • 大阪大学歯学部附属歯科技工士学校におけるデジタルデンティストリーおよび三次元プリンター実習の満足度調査,谷川 千尋,岡 綾香,町 博之,野崎 一徳,中本 将嗣,山城 隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 52,No. 1,p. 50-50,2017年12月
  • 上顎前突を伴うAarskog-Scott症候群の一症例,中津川 昂平,谷川 千尋,岡 綾香,山城 隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 52,No. 1,p. 51-51,2017年12月
  • エッジワイズ装置装着患者における口腔衛生指導の効果について,瀧本 真弥,谷川 千尋,磯貝 由佳子,山城 隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 52,No. 1,p. 53-53,2017年12月
  • BiPAP使用に起因した上顎骨の劣成長が疑われる先天性中枢性肺胞低換気症候群の一治験例,森田 知里,谷川 千尋,上村 夢,山城 隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 52,No. 1,p. 53-53,2017年12月
  • 上下顎の空隙歯列および前歯部開咬を伴うCoffin-Lowry症候群の一症例,虫明 仁,岡 綾香,谷川 千尋,山城 隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 52,No. 1,p. 52-52,2017年12月
  • 口唇裂・口蓋裂を有する患者において皮膚の物理特性が笑顔表出機能に与える影響,谷川千尋,LEE Donghoon,山城隆,日本顎口腔機能学会学術大会プログラム・事前抄録集,Vol. 59th,p. 30‐31-30,2017年11月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • Artificial intelligence(AI)を用いた矯正歯科治療における顔面像特徴記述文生成の試み,谷川 千尋,村田 征矢,Lee Chonho,清水 優仁,野崎 一徳,山城 隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 76回,p. 210-210,2017年10月
  • 食餌性状がマウス上顎骨の三次元形態に及ぼす影響,河野加奈,谷川千尋,柳田剛志,上岡寛,山城隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 76th,p. 138-138,2017年10月
  • 異なる年齢群における顔面皮膚の粘弾性・色彩の違いについて,谷川千尋,谷川千尋,岡本圭子,中村裕行,高田定樹,高田健治,高田健治,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 76th,p. 270-270,2017年10月
  • 3次元画像解析の基礎と矯正歯科治療への応用,谷川千尋,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 76th,p. 115-115,2017年10月
  • 矯正歯科治療要否を判定するartificial intelligence(AI)システム,谷川千尋,石垣光昴,LEE Chonho,竹内優斗,清水優仁,野崎一徳,山城隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 76th,p. 142-142,2017年10月
  • 咬筋および口唇に運動負荷を加えた場合の血流動態の変化,岡本圭子,谷川千尋,谷川千尋,中村裕行,高田定樹,高田健治,高田健治,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 76th,p. 170-170,2017年10月
  • 過去13年間の大阪大学歯学部附属病院における矯正患者の動向,谷川千尋,西村佳世,竹内優斗,社浩太郎,山城隆,Orthodontic Waves-Japanese Edition,Vol. 76,No. 2,2017年09月25日
  • 顔面皮膚の粘弾性・水分量・色彩の加齢変化,谷川千尋,谷川千尋,岡本圭子,築野喜和子,中村裕行,柏田紘明,高田定樹,黒田嘉宏,大城理,高田健治,高田健治,日本顔学会誌,Vol. 17,No. 1,2017年08月24日
  • 動作駆動による顔の粘弾性シミュレーション,黒田嘉宏,加藤弘樹,谷川千尋,谷川千尋,吉元俊輔,大城理,高田健治,高田健治,日本顔学会誌,Vol. 17,No. 1,2017年08月24日
  • 食餌性状がマウス下顎骨の三次元的形態変化に及ぼす影響,河野 加奈,谷川 千尋,柳田 剛志,上岡 寛,山城 隆,中・四国矯正歯科学会雑誌,中・四国矯正歯科学会,Vol. 29,No. 1,p. 79-79,2017年08月
  • 上顎前方部骨延長術後に歯科矯正用アンカースクリューを利用して矯正歯科治療を行った口唇口蓋裂の一症例,伊藤慎将,谷川千尋,相川友直,古郷幹彦,山城隆,日本顎変形症学会雑誌,(NPO)日本顎変形症学会,Vol. 27,No. 2,p. 158-158,2017年05月25日
  • 片側性口唇口蓋裂を有する患者において口蓋裂手術法が矯正歯科治療法に与える影響,谷川千尋,岡綾香,黒坂寛,西村佳世,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 42,No. 2,p. 157-157,2017年04月30日,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 症候群頭蓋縫合早期癒合症を有する患者における軟・硬組織の三次元評価手法の確立,谷川千尋,月星陽介,LEE Donghoon,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 42,No. 2,p. 172-172,2017年04月
  • Changes in Facial Morphology after Presurgical Nasoalveolar Molding in Patients with Unilateral Cleft Lip and Palate,Matsukawa M,Tanikawa C,Yamashiro T,Kogo M,Cleft Congress 2017, Chennai, India, Feb, 8-11, 2017.,2017年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Effects of Maxillary Anterior Segmental Distraction Osteogenesis in Patients with a Cleft Lip and Palate,Tanikawa C,Hirata K,Aikawa T,Yamashiro T,International Cleft Congress 2017, Chennai, India, Feb, 8-11, 2017.,2017年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Artificial intelligence(AI)を用いた矯正歯科治療における顔画像特徴記述文生成の試み,谷川千尋,村田征矢,LEE Chonho,清水優仁,野崎一徳,山城隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,Vol. 76th,2017年
  • 両側性口唇口蓋裂を伴う上顎骨の著明な後方位に対して,上顎骨前方部骨延長術を施行した成人患者の一症例,伊藤慎将,黒坂寛,谷川千尋,山城隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 51,No. 1,p. 62-62,2016年12月15日
  • 口蓋形成術後成人期まで未治療の両側性唇顎口蓋裂患者の一症例,岡綾香,谷川千尋,黒坂寛,山城隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 51,No. 1,p. 54-54,2016年12月15日
  • 矯正歯科卒後臨床実習の満足度・ストレス・モチベーションに影響する要因,谷川千尋,三原聖美,黒坂寛,伊藤慎将,原口誠自,岡綾香,社浩太郎,留和香子,山城隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 51,No. 1,p. 61-61,2016年12月15日
  • 口唇裂・口蓋裂を有する患者の10年間の通院頻度パターンの解析,西村佳世,谷川千尋,社浩太郎,山城隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 75th,p. 228-228,2016年11月
  • 偏側性口唇口蓋裂を有する患者の顔面軟組織の粘弾性,LEE D,谷川千尋,古郷幹彦,山城隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 75th,p. 150-150,2016年11月
  • 食餌性状がマウス下顎骨の三次元形態に及ぼす影響,河野加奈,谷川千尋,柳田剛志,上岡寛,山城隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 75th,p. 149-149,2016年11月
  • 皮膚性状の分布を考慮した表情表出シミュレーションを目的とした有限要素解析,加藤弘樹,黒田嘉宏,谷川千尋,吉元俊輔,大城理,高田健治,日本VR医学会学術大会(CD-ROM),Vol. 16th,2016年09月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • アンケート調査に基づいた矯正科卒後臨床研修プログラムの検討,谷川千尋,三原聖美,黒坂寛,原口誠自,留和香子,山城隆,日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集,日本歯科医学教育学会,Vol. 35th,p. 129-129,2016年07月
  • How do incisor inclination changes following orthodontic treatment influence the 3D configuration of the face?,Tanikawa C,Takada K,Kakuno E,Kanomi R,Europ Orthod Soc Meeting, Stockholm, Sweden, June, 2016.,2016年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Reproducibility of the changes in facial topography associated with smiling and viscoelasticity of the face.,Tanikawa C,Takada K,IADR/APR General Session & Exhibition, Seoul, Republic of Korea. 22-25 June, 2016,2016年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Viscoelasticity of the face in adult patients with a repaired unilateral cleft lip/palate.,LeeDH,Tanikawa C,Kogo M,Yamashiro T,IADR/APR General Session & Exhibition-Seoul, Republic of Korea. 22-25 June, 2016,2016年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 顔の皮膚および皮下組織の物理性状と血流動態の加齢による変化:方法論の検討,築野喜和子,谷川千尋,谷川千尋,岡本圭子,中村裕行,柏田紘明,高田定樹,高田定樹,高田健治,高田健治,日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集,(一社)日本抗加齢医学会,Vol. 16th,p. 203-203,2016年06月
  • 片側性口唇裂を有する日本人男性患者における安静時および笑顔表出時の顔面軟組織形態の三次元的評価,LEE Dong Hoon,谷川千尋,高田健治,古郷幹彦,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 41,No. 2,p. 167-167,2016年04月30日
  • 上顎骨前方部骨延長術を行った,成人両側性口唇口蓋裂の一治験例―骨延長後の早期空隙閉鎖―,伊藤慎将,谷川千尋,相川友直,古郷幹彦,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 41,No. 2,p. 127-127,2016年04月30日
  • MRI画像を用いて下顎骨形態を評価する場合の有用性について,前田純,谷川千尋,村上秀明,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 41,No. 2,p. 166-166,2016年04月30日
  • 片側性口唇裂を有する日本人患者の鼻の三次元的評価,谷川千尋,高田健治,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 41,No. 2,p. 168-168,2016年04月30日
  • 深度センサを用いた簡易な笑顔表出運動計測,加藤弘樹,黒田嘉宏,谷川千尋,吉元俊輔,大城理,高田健治,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 41,No. 2,p. 168-168,2016年04月30日
  • Effects of incisor inclination changes after orthodontic treatment on facial profiles,Chihiro Tanikawa,Tzen Jen Tan,Eriko Kakuno,Ryuzo Kanomi,Kenji Takada,10th Asia Pacific Orthodontic Conference,2016年,会議報告等
  • Sexual dimorphism in facial morphology of Turkish adults – A three-dimensional analysis.,Akcam MO,Gokalp H,Tanikawa C,Zere E,Takada K,European Orthodontic Society (EOS), Reykjavik, 26-29 June, 2013.,Vol. 67,No. 1,p. 23-49,2016年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Sexual dimorphism in the facial morphology of adult humans: A three-dimensional analysis,C. Tanikawa,E. Zere,K. Takada,HOMO-JOURNAL OF COMPARATIVE HUMAN BIOLOGY,ELSEVIER GMBH, URBAN & FISCHER VERLAG,Vol. 67,No. 1,p. 23-49,2016年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 研究室紹介 数理学的手法による客観的な矯正歯科の臨床診断,社 浩太郎,谷川 千尋,生産と技術,生産技術振興協会,Vol. 68,No. 1,p. 45-47,2016年
  • 過去14年間の大阪大学歯学部附属病院における矯正患者の動向,西村佳世,谷川千尋,社浩太郎,山城隆,近畿東海矯正歯科学会学術大会・総会,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 57th,No. 1,p. 21-45,2015年12月
  • 上顎歯列弓形態の改善を目的とした上顎骨前方部延長術の有用性に関する歯科矯正学的考察:口唇裂・口蓋裂を有する骨格性3級の一症例,井上小百合,谷川千尋,平田佳永,山城隆,近畿東海矯正歯科学会学術大会・総会,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 57th,No. 1,p. 20-45,2015年12月
  • Effects of maxillary anterior segmental distraction osteogenesis in patients with a cleft lip and palate,Tanikawa Chihiro,Hirata Kae,Aikawa Tomonao,Maeda Jun,Kogo Mikihiko,Yamashiro Takashi,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 74回,p. 145-145,2015年11月
  • Do incisor inclination changes following orthodontic treatment influence the 3D configuration of the face?,Tanikawa Chihiro,Takada Kenji,Kakuno Eriko,Kanomi Ryuzo,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 74回,p. 324-324,2015年11月
  • I期治療を行わなかった重度の上顎歯列狭窄および前歯部反対咬合を認める片側性唇顎口蓋裂患者の一治療例,磯貝由佳子,谷川千尋,社浩太郎,山城隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 74th,p. 306-306,2015年11月
  • 外科的矯正治療により顎運動機能および顔の歪みを改善した顎偏位症例,滝川陽子,谷川千尋,日本顎変形症学会雑誌,(NPO)日本顎変形症学会,Vol. 25,No. 2,p. 185-185,2015年05月15日
  • 外科的矯正治療により咬合を改善した片側性唇顎口蓋裂の2症例―三次元顔画像評価を加えて―,新宅優子,谷川千尋,相川友直,清水英孝,古郷幹彦,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 40,No. 2,p. 175-175,2015年04月30日
  • 上顎骨前方部延長術にて得られたスペースを矯正歯科治療で閉鎖した骨格性III級片側性唇裂・口蓋裂の症例,谷川千尋,山元有理,LEE Dong Hoon,相川友直,古郷幹彦,飯田征二,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 40,No. 2,p. 177-177,2015年04月30日
  • Dietary conditions and corresponding facial characteristics in young women,Tanikawa C,Takada K,Kurata M,Tanizaki N,Takeuchi M, Fukuo,IADR Boston, 2015 March.,2015年03月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Decision making in the case of borderline Class III patients based on the results of an inference modelof sagittal jaw-base relationship,Tanikawa C,Okamoto K,Takada K,WFO, London, 2015.,2015年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 口唇裂・口蓋裂・口腔顔面育成治療のための矯正歯科治療情報基盤システムの構築,谷川 千尋,野崎 一徳,玉川 裕夫,留 和香子,伊藤 慎将,磯貝 由佳子,社 浩太郎,上松 節子,阪井 丘芳,古郷 幹彦,山城 隆,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 49,No. 1,p. 63-63,2014年12月
  • 若年成人女性における食生活パターンと体脂肪の関係,鞍田三貴,谷川千尋,谷崎典子,武内海歌,福尾惠介,高田健治,肥満研究,(一社)日本肥満学会,Vol. 20,No. Supplement,p. 219-219,2014年10月10日
  • 口唇裂・口蓋裂患者における上顎骨前方部延長術後1年の顎顔面形態の変化,平田佳永,谷川千尋,相川友直,社浩太郎,古郷幹彦,山城隆,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 73rd,p. 281-281,2014年10月
  • 上顎骨の後方位を伴う骨格性下顎前突症を有する成人女性における顔面軟組織形態の三次元的評価,谷川千尋,高田健治,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 73rd,p. 166-166,2014年10月
  • 非対称な上顎骨前方部延長術を行った骨格性3級の片側性唇裂および口蓋裂の症例,平田佳永,谷川千尋,森田知里,相川友直,石濱孝二,古郷幹彦,飯田征二,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 39,No. 2,p. 168-168,2014年04月30日
  • 成人期に矯正歯科治療を開始した両側性唇顎口蓋裂の一症例:水平的仮骨延長術による咬合の改善,岡綾香,上松節子,谷川千尋,社浩太郎,清水英孝,岩井聡一,由良義明,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 39,No. 2,p. 165-165,2014年04月30日
  • 口唇裂・口蓋裂患者における上顎骨前方部延長術前後の顎顔面形態の変化,谷川千尋,平田佳永,相川友直,石濱孝二,吉田千秋,社浩太郎,古郷幹彦,飯田征二,山城隆,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 39,No. 2,p. 192-192,2014年04月30日
  • 口唇裂・口蓋裂・口腔顔面成育治療のための矯正歯科治療情報基盤システムの構築,谷川千尋,野崎一徳,留和香子,伊藤慎将,磯貝由佳子,社浩太郎,上松節子,玉川裕夫,山城隆,近畿東海矯正歯科学会学術大会・総会,Vol. 56th,2014年
  • 骨格性2級の偽性副甲状腺機能低下症の一症例,平田佳永,谷川千尋,森田知里,山城隆,近畿東海矯正歯科学会学術大会・総会,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 55th,No. 1,p. 13-66,2013年12月
  • Difference in facial morphology between Japanese and Turkish women- A three-dimensional study,Takada K,Tanikawa C,Gokalp H,Gocer R,Akcam MO,uropean Orthodontic Society (EOS), Reykjavik, 26-29 June, 2013.,2013年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • BIPAPの使用に起因した上顎骨の劣成長が疑われる先天性中枢性肺胞低換気症候群の一症例,柴田美佳,新宅優子,谷川千尋,高田健治,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 47,No. 1,p. 48-48,2012年12月25日
  • 上顎骨側方拡大および下顎枝矢状分割骨切り術を施行した片側性唇顎口蓋裂患者の一治験例,新宅優子,谷川千尋,高田健治,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 47,No. 1,p. 49-49,2012年12月25日
  • 大学院博士課程における高度専門歯科医師の育成プログラムの構成,実施および成果について,高田健治,飯田千絵,谷川千尋,社浩太郎,上松節子,吉田千秋,留和香子,松崎聖美,垣内康弘,嘉ノ海龍三,中川浩一,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 46,No. 1,p. 58-58,2011年12月25日
  • 上顎歯列の狭窄を伴う骨格性3級下顎骨左方偏位症例,新宅優子,谷川千尋,高田健治,近畿東海矯正歯科学会雑誌,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 46,No. 1,p. 64-64,2011年12月25日
  • Three-dimensional facial soft tissue surface changes during smiling in patients with a unilateral repaired cleft lip/palate,Tanikawa C,Zere E,Iida C,Trotman CA,Takada K,European Orthodontic Society (EOS), Istanbul, Turkey, Jun. 19-23, 2011,2011年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Three-dimensional analysis of cheek morphology at rest and during smile in skeletal Class III orthognathic patients,Tanikawa C,Watabe H,Yagi M,Kitai N,Takada K,Eueopean Orthodontic Society (EOS), Istanbul, Turkey, Jun. 19-23, 2011.,2011年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 骨格性下顎前突症を有する成人女性における中顔面軟組織形態の三次元的評価,谷川千尋,黒柳ふみ,大野弘子,八木雅和,ZERE Edlira,北井則行,高田健治,近畿東海矯正歯科学会学術大会・総会,近畿東海矯正歯科学会,Vol. 52nd,No. 1,p. 11-57,2010年12月
  • Three-dimensional (3D) changes in nasal morphology after revision surgery,Tanikawa C,Duffy E,Takada K,Trotman CA,International Association for Dental Research (IADR), Barcelona, Spain, Jul. 14-17, 2010.,2010年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Three-dimensional (3D) changes in lip morphology after revision surgery,Tanikawa C,Trotman CA,American Cleft Palate Craniofacial Association (ACPA), Fort Worth, USA, Mar. 19, 2010,2010年03月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Classification of human lip contours based on vector quantization method,Miyata K,Yagi M,Tanikawa C,Takada K,the 82nd Congress of the Europ. Orthod. Soc. 2006 (EOS 2006), Vienna, Austria, Jul. 4-8, 2006.,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Patterns of lip vermilions and associations with underlying dentoskeletal forms in female adults,Nakamura K,Tanikawa C,Yagi M,Takada K,he Mouth and Face Forum (MFF 2008), Osaka, Japan, Jan. 14-15, 2008.,2008年06月,記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Three-dimensional nasal shape classification in patients with cleft lip,Tanikawa C,Takada K,Trotman CA,e Mouth and Face Forum (MFF 2008), Osaka, Japan, Jan. 14-15, 2008.,2008年06月,記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Objective classification of lip in children with repaired cleft lip-palate,Tanikawa C,Trotman CA,IADR 86th General Session & Exhibition, Toronto, Canada, Jul. 2-5, 2008,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Three-dimensional nasal shape classification in patients with repaired cleft lip,Tanikawa C,Driskill DW,Trotman CA,IADR 86th General Session & Exhibition, Toronto, Canada, Jul. 2-5, 2008.,2008年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Parameterization of the curve for dental arch,Ko CC,Cao Y,Tanikawa C,Ford D,Mayhew M,The Mouth and Face Forum (MFF 2008), Osaka, Japan, Jan. 14-15, 2008.,2008年01月,記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • 著しく薄い下顎結合部を有する骨格性3級症例,堀口依里子,谷川千尋,社浩太郎,高田健治,近畿東海矯正歯科学会雑誌,Vol. 42,No. 1,2007年12月25日
  • 歯科医の知識を実装した知的情報処理システム,八木 雅和,谷川 千尋,山本 卓,中村 佳世子,堀口 依里子,大野 弘子,高田 健治,電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 107,No. 286,p. 25-30,2007年10月19日
  • 歯科医の知識を実装した知的情報処理システム,八木 雅和,谷川 千尋,山本 卓,中村 佳世子,堀口 依里子,大野 弘子,高田 健治,電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 107,No. 290,p. 25-30,2007年10月19日
  • 知識記述に基づき特徴抽出を行ったヒトのオトガイ部側面像の分類,谷川千尋,中村佳世子,八木雅和,高田健治,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 66th,p. 249-249,2007年09月
  • Automatic recognition of anatomic features on cephalograms of children,Tanikawa C,Yamamoto T,Yagi M,Takada, K,the 83rd Congress of the Europ. Orthod. Soc. 2006 (EOS 2007), Berlin, German, Jul. 20-24, 2007.,2007年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 舌前突癖を伴う骨格性2級開咬症例,大野弘子,八木孝起,谷川千尋,高田健治,近畿東海矯正歯科学会雑誌,Vol. 41,No. 1,2006年12月25日
  • Classification of human naso-lip profiles,Tanikawa Chihiro,Miyata Kayoko,Yagi Masakazu,Takada Kenji,日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,(公社)日本矯正歯科学会,Vol. 65回,p. 325-325,2006年09月
  • Biological variances of the normative-representative smile in the 3-D space,Montero EC,Yagi M,Haraguchi S,Tanikawa C,Takada K,the 84th General Sess. of the International Assoc. for Dent. Research 2006. (IADR 2006), Brisbane, Australia, Jun. 28- Jul. 1, 2006.,2006年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Automatic recognition of anatomic features on cephalograms,Tanikawa C,Yagi M,Shibata T,Takada K,the 84th General Sess. of the International Assoc. for Dent. Research 2006 (IADR 2006), Brisbane, Australia, Jun. 28- Jul. 1, 2006.,2006年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Automatic identification of cephalometric soft tissue landmarks,Yamamoto T,Tanikawa C,Yagi M,Takada K,the 84th General Sess. of the International Assoc. for Dent. Research 2006 (IADR 2006), Brisbane, Australia, Jun. 28- Jul. 1, 2006.,2006年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 舌前突癖を伴う骨格性2級開咬症例,大野弘子,八木孝起,谷川千尋,高田健治,近畿東海矯正歯科学会学術大会・総会,Vol. 48th,2006年
  • Class III open-bite with severe long face: A case report of surgical orthodontic treatment,Tanikawa Chihiro,Haraguchi Seiji,Yashiro Kohtaro,Takada Kenji,Orthodontic Waves,日本矯正歯科学会,Vol. 64,No. 3,p. 94-100,2005年09月
  • Classification of nasal forms based on vector quantization,Kakiuchi Y,Tanikawa C,Rong GQ,Yagi M,Shibata T,Takada K,the 82nd General Sess. of the International Assoc. for Dent. Research 2004 (IADR 2004), Honolulu, HI, Mar. 10-13, 2004.,2004年03月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Automatic recognition of cephalometric landmarks.,C. Tanikawa,M. Yagi,T. Shibata,K. Takada,JOURNAL OF DENTAL RESEARCH,INT AMER ASSOC DENTAL RESEARCHI A D R/A A D R,Vol. 82,p. B166-B166,2003年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Hemodynamic changes in the perioral muscles before and after exercise load – A discussion of the methodology,Okamoto K,Tanikawa C,Takada K,International Cleft Congress 2017, Chennai, India, Feb, 8-11, 2017.

著書

  • Parameterization of the curve for dental arc,Ko CC,Cao Y,Tanikawa C,Ford D,Mathew M,Osaka University Press,2013年04月
  • Patterns of lip vermilions and associations with underlying dentoskeletal forms in female adults,Nakamura K,Tanikawa C,Yagi M,Takada K,Osaka University Press,2013年04月
  • Contemporary orthodontics (Translation of Contemporary orthodontics: W. R. Proffit, H. W. Fields, Jr., Mosby, Inc., 2000),Takada K,Su,ato,Kitai N,Yamashiro T,Yamashita K,Ohno H,Demizu M,Miyata K,Kakimoto K,Tanikawa C,Haraguchi S,Uematsu S,Torii M,Sakai A,Kageyama A,Wada K,Kakiuchi Y,Nakagawa K,Yasuda Yh,Fujita K,Kakiuchi K,Yasuda Yt,Namamura H,Yamamoto C,Fukuda T,Quintessence Pub. Co.,2004年
  • The strategic construction of dental research for the 21st century-creation of frontier biodentistryategic construction of dental research for the 21st century-creation of frontier biodentistry,Takada K,Yashiro K,Yagi M,Tanikawa C,Osaka University Press,2004年

特許・実用新案・意匠

  • 三次元ランドマーク自動認識を用いた人体の三次元表面形態評価方法及び三次元表面形態評価システム,塩見 千尋,山城 隆,中邨 博之,特願2019-163518,出願日:2019年09月09日
  • 人体における治療後の形態予測方法及びシステム,谷川 千尋,高田 健治,JP2016081236,出願日:2016年10月21日
  • 顔形態の評価システム及び評価方法,高田健治,塩見千尋,特願2014-215823,出願日:2014年10月22日
  • 治療後の表情表出時の顔面形態予測方法,谷川 千尋,特願2019-46443,出願日:2019年03月13日
  • セファロ画像における計測点の自動認識方法,谷川 千尋,特願2018-181619,出願日:2018年09月27日

受賞

  • 2019 IADR INNOVATINO AWARD FOR EXCELLENCE IN ORTHODONTICS RESEARCH,谷川 千尋,IADR,2019年06月
  • 優秀ポスター賞,谷川 千尋,日本口蓋裂学会,2019年05月
  • 優秀賞,谷川千尋,山城 隆,日本矯正歯科学会,2018年11月
  • Front Cover,Tanikawa C,Hirata K,Aikawa T,Maeda J,Kogo M,Iida S,Yamashiro T,The Cleft palate-craniofacial journal,2018年08月
  • ポスター賞,松川誠,谷川千尋,大槻浩一,西尾崇弘,中川記世子,青海哲也,磯村恵美子,田中晋,山城隆,古郷幹彦,日本口蓋裂学会,2018年06月
  • ポスター賞,新宅優子,谷川千尋,相川友直,山城隆,古郷幹彦,日本顎変形症学会,2018年
  • 優秀賞,河野加奈,谷川千尋,柳田剛志,上岡 寛,山城 隆,日本矯正歯科学会,2016年11月
  • Award of excellence,谷川千尋,山城 隆,Japanese Orthodontic Society,2015年11月
  • ポスター賞,谷川千尋,山城 隆,口蓋裂学会,2015年05月
  • JOS Best Academic Presentation Award,谷川千尋,高田健治,Knowledge-dependent pattern classification of human chin profiles,2007年09月
  • IADR Hatton Travel Award,谷川千尋,八木雅和,高田健治,International Association for Dental Research (IADR),2006年01月

講演・口頭発表等

  • 骨形態計測とAIの共生 骨形態計測分野におけるAIの応用,谷川 千尋,日本骨形態計測学会雑誌,2020年05月
  • 三次元解析と人工知能の矯正歯科治療への応用,谷川 千尋,岡山大学バイオフォーラム,2018年06月
  • 矯正歯科治療における三次元およびAI技術の発展,谷川 千尋,大阪府歯科医師平成30年度学術講演会,2018年04月21日
  • 3次元画像解析の基礎と矯正歯科治療への応用,谷川千尋,日本矯正歯科学会大会(サテライトセミナー),2017年10月
  • Effects of Maxillary Anterior Segmental Distraction Osteogenesis in Patients with a Cleft Lip and Palate,Tanikawa C,Hirata K,Aikawa T,Yamashiro T,International Cleft Congress 2017, Chennai, India, Feb, 8-11, 2017.,2017年02月09日
  • エビデンスに基づいた学童期の咬合誘導,谷川 千尋,兵庫県篠山市歯科医師会学術講演会,2016年10月26日
  • Three-dimensional facial soft tissue surface differences between Japanese and Turkish,トルコ国営放送(https://www.youtube.com/watch?v=4vIcz62Z0DA),2011年07月
  • Three-dimensional facial soft tissue surface changes during smiling in patients with a unilateral repaired cleft lip/palate,Tanikawa C,Zere E,Iida C,Trotman CA,Takada K,European Orthodontic Society (EOS), Istanbul, Turkey, Jun. 19-23, 2011,2011年06月19日
  • Three-dimensional (3D) changes in nasal morphology after revision surgery,Tanikawa C,Duffy E,Takada K,Trotman CA,International Association for Dental Research (IADR), Barcelona, Spain, Jul. 14-17, 2010.,2010年07月14日
  • Three-dimensional analysis of facial morphology in skeletal Class III orthognathic patients.,Tanikawa C,Kuroyanagi F,Ohno H,Yagi M,Zere E,Kitai N,Takada K,53th Annual Meeting of the Kinki Tokai Orthod. Soc., Osaka, Jun, 5th, 2010.,2010年06月05日
  • Three-dimensional (3D) changes in lip morphology after revision surgery,Tanikawa C,Trotman CA,American Cleft Palate Craniofacial Association (ACPA), Fort Worth, USA, Mar. 19, 2010,2010年03月19日
  • Physiome and Systems Biology for Integrated Life Sciences and Predictive Medicine,谷川 千尋,he 3rd MEI International Symposium "Physiome and Systems Biology for Integrated Life Sciences and Predictive Medicine", Nov. 30-Dec. 2, 2008, San Francisco, California, USA.,2008年11月30日
  • 画像 半導体ですぐ照合,日本経済新聞,2006年07月31日
  • Automatic recognition of anatomic features on cephalograms,Tanikawa C,Yamamoto T,Yagi M,Takada K,the 84th General Sess. of the International Assoc. for Dent. Research 2006 (IADR 2006), Brisbane, Australia, Jun. 28- Jul. 1, 2006.,2006年06月28日
  • A e-Learning System for Cephalometric Landmark Identification,谷川 千尋,the 82nd General Session and Exhibition of the International, American, and Canadian Associations for Dental Research (IADR), the Hawaii Convention Center in Honolulu, Hawaii, March 10-13, 2004.,2004年03月10日
  • Automatic cephalometry- What can we do today and future possibilities,Yagi M,Tanikawa C,Takada K,Craniofac. Biol. and 3D Medical Imaging, Univ. of Copenhagen,2003年06月27日
  • Automatic Recognition of Cephalometric Landmarks,Tanikawa C,Yagi M,Takada K,the 81st General Session of the International Association for Dental Research 2003 (IADR2003), Jun. 25-28, 2003, Goteborg, Sweden,2003年06月25日

報道

  • 三次元解析と人工知能の矯正歯科治療への応用,岡山大学バイオフォーラム,2018年06月08日
  • 矯正歯科治療における三次元およびAI技術の発展,大阪府歯科医師平成30年度学術講演会,2018年04月21日
  • 上顎骨前方部骨延長術(MASDO)の効果と矯正歯科臨床,つくば毛利矯正歯科 2017 年度第7回年度末 セミナー,2018年01月13日
  • エビデンスに基づいた学童期の咬合誘導,兵庫県篠山市歯科医師会学術講演会,2016年10月23日
  • 各施設での外科矯正治療の考え方大阪大学,H27年度 夏の口唇裂・口蓋裂矯正治療勉強会,2015年08月27日

学術貢献

  • 矯正歯科治療のウソ・ホント,大阪大学歯学部附属病院第13回市民フォーラム,2015年11月14日 ~

社会貢献

  • 口唇裂・口蓋裂治療のグローバル・スタンダードに向けて(教育セミナー),平成30年度若手のための夏の口蓋裂・口唇裂矯正治療勉強会,平成30年度若手のための夏の口蓋裂・口唇裂矯正治療勉強会,2018年08月23日 ~
  • 三次元画像解析の基礎と矯正歯科治療への応用,東京医科歯科大学顎顔面補綴学分野,東京医科歯科大学顎顔面補綴学分野,2018年07月11日 ~

委員歴

  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,イノベーティブ・デンティストリー戦略室専門委員,2018年10月 ~ 継続中
  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,外来医長,2018年04月 ~ 継続中
  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,診療科・診療施設等連絡協議会,2017年04月 ~ 継続中
  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,薬事委員,2017年04月 ~ 継続中
  • 学協会,大阪大学歯学会,評議員,2017年04月 ~ 継続中
  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,ハラスメント防止等委員会委員,2017年 ~ 継続中
  • 学協会,日本矯正歯科学会,認定委員会,2016年04月 ~ 継続中
  • 学協会,大阪大学歯学研究科,矯正科ライター長,2016年 ~ 継続中
  • 学協会,近畿東海矯正歯科学会,常任理事,2016年01月 ~ 継続中
  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,医療情報委員会,2008年04月 ~ 継続中
  • 学協会,近畿東海矯正歯科学会,学術理事,2017年01月 ~ 2017年12月
  • 学協会,近畿東海矯正歯科学会,庶務委員,2016年01月 ~ 2017年12月
  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,保険管理委員,2013年12月 ~ 2014年12月
  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,中央手術室運営委員,2013年04月 ~ 2014年03月
  • 学協会,近畿東海矯正歯科学会,編集理事,2012年01月 ~ 2013年12月
  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,院内感染防止対策委員会委員,2011年03月 ~ 2012年02月
  • 学協会,大阪大学歯学部附属病院,病棟医長,2010年04月 ~ 2011年08月
  • 学協会,近畿東海矯正歯科学会,学術委員,2006年01月 ~ 2007年12月