EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

難波 康治

Namba Kouji

国際教育交流センター,准教授

keyword 応用言語学,日本語教育

学歴

  • ~ 1987年,広島大学,教育学研究科,教科教育学
  • ~ 1987年,広島大学
  • ~ 1984年,広島大学,教育学部,教科教育学
  • ~ 1984年,広島大学

経歴

  • 1992年 ~ 1998年,千葉大学 専任講師
  • 1992年 ~ 1998年,千葉大学
  • 1989年 ~ 1992年,モナシュ大学 専任講師
  • 1989年 ~ 1992年,Monash University, Lecturer
  • 1987年 ~ 1989年,広島大学教育学部 助手
  • 1987年 ~ 1989年,Faculty of Education, Hiroshima University, Research Associate

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,社会心理学
  • 人文・社会,科学教育

所属学会

  • e-Learning教育学会
  • 社会言語科学会
  • 日本語教育学会

論文

  • OUSカリキュラム開発の現在,西口 光一,竹内 茜,大谷 晋也,大谷 晋也,三牧 陽子,難波 康治,Nishiguchi Koichi,Takeuchi Akane,Otani Shinya,Mimaki Yoko,Muraoka Takako,Namba Koji,ニシグチ コウイチ,タケウチ アカネ,オオタニ シンヤ,ミマキ ヨウコ,ムラオカ タカコ,ナンバ ヨウジ,多文化社会と留学生交流,大阪大学国際教育交流センター,No. 15,p. 11-21,2011年

MISC

  • 日中韓の社会人初対面母語場面における自己開示の様相,社会言語科学会第25回大会発表論文集,Vol. 2010, 54-57,2010年
  • 社会人初対面会話における話題展開のパターン ―日中韓の母語場面の調査をもとに―,社会言語科学会第25回大会発表論文集,Vol. 82-85,2010年
  • 日本語授業におけるコンピュータ支援による協同学習の試み ーMoodleを利用したグルー宇読解作業の観察を通してー,e-Learning教育研究,Vol. 第2巻,2008年
  • 日本語授業におけるコンピュータ支援による協同学習の試み ーMoodleを利用したグルー宇読解作業の観察を通してー,e-Learning教育研究,Vol. 第2巻,2007年
  • 教員研修留学生に対する追跡調査報告,大阪大学留学生センター研究論集 多文化社会と留学生交流,No. 5,2001年
  • The Report of Follow-up Study for Teacher Training Students,No. 5,2001年
  • 「うそ」という行為の分析に関する一考察,千葉大学文学部「人文研究」,No. 26,1997年
  • A Note on the Analysis of "Lying",No. 26,1997年
  • 短期留学生の学習過程と学習ストラテジーの分析,日本語教育研究会誌,Vol. 4,No. 1
  • An Analysis of the Exchange Students' Learning Process and Learning Strategies of Japanese Language,Vol. 4,No. 1

作品

  • 留学生大量受け入れ時代に向けた大学における新たな日本語教育スタンダードの構築,2011年 ~
  • 初対面接触場面における話題管理に関する研究,2010年 ~
  • 留学生大量受け入れ時代に向けた大学における新たな日本語教育スタンダードの構築,2009年 ~
  • 初対面コミュニケーションにおける話題管理スキーマに関する日米中韓対照研究,2007年 ~

受賞

  • 平成18年度国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞,2007年