EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

山口 勇太郎

Yutaro YAMAGUCHI

情報科学研究科 情報数理学専攻,准教授

学歴

  • 2013年04月 ~ 2016年03月,東京大学,大学院情報理工学系研究科,数理情報学専攻
  • 2011年04月 ~ 2013年03月,京都大学,大学院理学研究科,数学・数理解析専攻(数理解析系)
  • 2008年04月 ~ 2011年03月,京都大学,工学部,情報学科
  • 2005年04月 ~ 2008年03月,大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎

経歴

  • 2021年09月 ~ 継続中,大阪大学,大学院情報科学研究科 情報数理学専攻,准教授
  • 2020年03月 ~ 2021年08月,九州大学,大学院システム情報科学研究院 情報学部門,准教授
  • 2020年06月 ~ 2020年10月,特定国立研究開発法人理化学研究所,革新知能統合研究センター 離散最適化ユニット,客員研究員
  • 2017年08月 ~ 2020年02月,特定国立研究開発法人理化学研究所,革新知能統合研究センター 離散最適化ユニット,客員研究員
  • 2016年04月 ~ 2020年02月,大阪大学,大学院情報科学研究科 情報数理学専攻,助教

研究内容・専門分野

  • 情報通信,情報学基礎論
  • 自然科学一般,応用数学、統計数学
  • 情報通信,数理情報学

論文

  • An $O(n^2)$-Time Algorithm for Computing a Max-Min 3-Dispersion on a Convex Polygon,Yasuaki Kobayashi,Shin-ichi Nakano,Kei Uchizawa,Takeaki Uno,Yutaro Yamaguchi,Katsuhisa Yamanaka,IEICE Transactions on Information and Systems,2021年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Finding a Shortest Non-zero Path in Group-Labeled Graphs,Yoichi Iwata,Yutaro Yamaguchi,Combinatorica,2021年12月,研究論文(学術雑誌)
  • List Coloring of Two Matroids through Reduction to Partition Matroids,Kristóf Bérczi,Tamás Schwarcz,Yutaro Yamaguchi,SIAM Journal on Discrete Mathematics,2021年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic Programming Approach to the Generalized Minimum Manhattan Network Problem,Yuya Masumura,Taihei Oki,Yutaro Yamaguchi,Algorithmica,2021年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Approximation by Lexicographically Maximal Solutions in Matching and Matroid Intersection Problems,Kristóf Bérczi,Tamás Király,Yutaro Yamaguchi,Yu Yokoi,arXiv preprint,2021年07月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Max-Min 3-dispersion on a Convex Polygon,Yasuaki Kobayashi,Shin-ichi Nakano,Kei Uchizawa,Takeaki Uno,Yutaro Yamaguchi,Katsuhisa Yamanaka,EuroCG 2021,2021年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Tight Approximation for Unconstrained XOS Maximization,Yuval Filmus,Yasushi Kawase,Yusuke Kobayashi,Yutaro Yamaguchi,Mathematics of Operations Research,2021年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiple Knapsack-Constrained Monotone DR-Submodular Maximization on Distributive Lattice — Continuous Greedy Algorithm on Median Complex —,Takanori Maehara,So Nakashima,Yutaro Yamaguchi,Mathematical Programming (Series A),2021年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Finding a Path with Two Labels Forbidden in Group-Labeled Graphs,Yasushi Kawase,Yusuke Kobayashi,Yutaro Yamaguchi,Journal of Combintorial Theory, Series B,Vol. 143,p. 65-122,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic Programming Approach to the Generalized Minimum Manhattan Network Problem,Yuya Masumura,Taihei Oki,Yutaro Yamaguchi,ISCO 2020,p. 237-248,2020年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Strongly Polynomial Algorithm for Finding a Shortest Non-zero Path in Group-Labeled Graphs,Yutaro Yamaguchi,SODA 2020,p. 1923-1932,2020年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Subgame Perfect Equilibria of Sequential Matching Games,Yasushi Kawase,Yutaro Yamaguchi,Yu Yokoi,ACM Transactions on Economics and Computation,Vol. 7,No. 4,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • クエリ可能な確率的組合せ最適化に対する統一的枠組み,前原 貴憲,山口 勇太郎,応用数理,Vol. 29,No. 2,p. 2-9,2019年07月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Stochastic Monotone Submodular Maximization with Queries,Takanori Maehara,Yutaro Yamaguchi,arXiv preprints,2019年07月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Antimatroids Induced by Matchings,Yasushi Kawase,Yutaro Yamaguchi,Discrete Applied Mathematics,Vol. 257,p. 342-349,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Stochastic Packing Integer Programs with Few Queries,Takanori Maehara,Yutaro Yamaguchi,Mathematical Programming (Series A),Vol. In press,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 0/1/all CSPs, Half-Integral $A$-path Packing, and Linear-Time FPT Algorithms,Yoichi Iwata,Yutaro Yamaguchi,Yuichi Yoshida,FOCS 2018,p. 462-473,2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Computing a Subgame Perfect Equilibrium of a Sequential Matching Game,Yasushi Kawase,Yutaro Yamaguchi,Yu Yokoi,EC 2018,p. 131-148,2018年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Making Bipartite Graphs DM-irreducible,Kristóf Bérczi,Satoru Iwata,Jun Kato,Yutaro Yamaguchi,SIAM Journal on Discrete Mathematics,Vol. 32,No. 1,p. 560-590,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Stochastic Packing Integer Programs with Few Queries,Takanori Maehara,Yutaro Yamaguchi,SODA 2018,p. 293-310,2018年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On Applications of Weighted Linear Matroid Parity,Yusuke Kobayashi,Yutaro Yamaguchi,The 10th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications,2017年05月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Shortest Disjoint ${\cal S}$-paths via Weighted Linear Matroid Parity,Yutaro Yamaguchi,ISAAC 2016,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Packing Non-zero $A$-paths via Matroid Matching,Shin-ichi Tanigawa,Yutaro Yamaguchi,Discrete Applied Mathematics,Vol. 214,No. 11,p. 169-178,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 因子化漸近ベイズ推論による区分疎線形判別,藤巻 遼平,山口 勇太郎,江藤 力,人工知能学会論文誌,Vol. 31,No. 6,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Maximizing Time-decaying Influence in Social Networks,Naoto Ohsaka,Yutaro Yamaguchi,Naonori Kakimura,Ken-ichi Kawarabayashi,ECML-PKDD 2016,p. 132-147,2016年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Realizing Symmetric Set Functions as Hypergraph Cut Capacity,Yutaro Yamaguchi,Discrete Mathematics,Vol. 339,No. 8,p. 2007-2017,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Packing $A$-paths in Group-Labelled Graphs via Linear Matroid Parity,Yutaro Yamaguchi,SIAM Journal on Discrete Mathematics,Vol. 30,No. 1,p. 474-492,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Parametric Maxflows for Structured Sparse Learning with Convex Relaxations of Submodular Functions,Yoshinobu Kawahara,Yutaro Yamaguchi,arXiv preprints,2015年09月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Cyber Security Analysis of Power Networks by Hypergraph Cut Algorithms,Yutaro Yamaguchi,Anna Ogawa,Akiko Takeda,Satoru Iwata,IEEE Transactions on Smart Grid,Vol. 6,No. 5,p. 2189-2199,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Finding a Path in Group-Labeled Graphs with Two Labels Forbidden,Yasushi Kawase,Yusuke Kobayashi,Yutaro Yamaguchi,ICALP 2015,p. 797-809,2015年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cyber Security Analysis of Power Networks by Hypergraph Cut Algorithms,Yutaro Yamaguchi,Anna Ogawa,Akiko Takeda,Satoru Iwata,SmartGridComm 2014,p. 830-835,2014年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Packing $A$-paths in Group-Labelled Graphs via Linear Matroid Parity,Yutaro Yamaguchi,SODA 2014,p. 562-569,2014年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)

受賞

  • 人工知能学会創立30周年記念論文賞(優秀論文),藤巻 遼平,山口 勇太郎,江藤 力,人工知能学会,2016年11月

講演・口頭発表等

  • グラフにおける組合せ最適化 ―マッチング・最短経路―,山口 勇太郎,第23回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2020),2020年11月26日
  • 群ラベル付きグラフにおける組合せ最適化,山口 勇太郎,第32回RAMP数理最適化シンポジウム,2020年10月26日
  • クエリ可能な確率的組合せ最適化,山口 勇太郎,第18回情報科学技術フォーラム (FIT 2019),2019年09月04日
  • マッチング, パス詰め込みとマトロイド,山口 勇太郎,第15回組合せ論若手研究集会,2019年02月22日
  • 配電損失最小化 ―実グラフに潜む性質の活用―,山口 勇太郎,第17回情報科学技術フォーラム (FIT 2018),2018年09月19日
  • クエリ可能な確率的重み付き詰め込み問題,前原 貴憲,山口 勇太郎,電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 (COMP),2018年03月05日
  • クエリ可能な確率的詰め込み問題,前原 貴憲,山口 勇太郎,日本OR学会 「離散アルゴリズムの応用と理論」研究部会 第10回研究会,2018年02月09日
  • マッチングとパス詰め込み,山口 勇太郎,日本OR学会 「最適化の基盤とフロンティア」研究部会 (WOO) 第11回研究会,2017年03月14日
  • 代数的マッチングアルゴリズム,山口 勇太郎,日本OR学会 関西支部 2016年度 若手研究発表会,2016年10月29日

学術貢献

  • The 32nd International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2021) Local Organizer,2021年12月06日 ~ 2021年12月08日
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2020年春季研究発表会 実行委員,日本オペレーションズ・リサーチ学会,2020年03月11日 ~ 2020年03月13日
  • RIMS共同研究 "International Workshop on Combinatorial Optimization and Algorithmic Game Theory" Organizer,2020年01月13日 ~ 2020年01月14日
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部シンポジウム 「ビッグデータ研究とは何か」 実行委員,日本オペレーションズ・リサーチ学会,2018年11月17日 ~ 2018年11月17日
  • 第2回 JST 数学領域 未解決問題ワークショップ 運営代表,2018年09月07日 ~ 2018年09月09日
  • 日本応用数理学会 2018年 研究部会連合発表会 実行委員,日本応用数理学会,2018年03月15日 ~ 2018年03月16日

社会貢献

  • 情報科学の達人 メンター,国立情報学研究所,グローバルサイエンスキャンパス (GSC),2020年03月01日 ~ 継続中

委員歴

  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会 「超スマート社会のシステムデザインのための理論と応用」研究部会,幹事,2019年03月 ~ 継続中
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部,運営委員,2018年03月 ~ 2020年02月