EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

馬場口 登

Babaguchi Noboru

工学研究科 電気電子情報通信工学専攻,教授

keyword マルチメディアコミュニケーション,パターン認識,画像解析,映像メディア処理

学歴

  • 1981年04月 ~ 1982年03月,大阪大学,大学院工学研究科,通信工学専専攻
  • 1979年04月 ~ 1981年03月,大阪大学,大学院工学研究科,通信工学専攻
  • 1975年04月 ~ 1979年03月,大阪大学,工学部,通信工学科

経歴

  • 2020年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院工学研究科電気電子情報通信工学専攻・教授(改組のため)
  • 2019年08月 ~ 継続中,大阪大学,大学院工学研究科長/工学部長
  • 2017年10月 ~ 継続中,日本学術会議,第24期連携会員
  • 2013年01月 ~ 継続中,国立情報学研究所・客員教授
  • 2005年04月 ~ 2020年03月,大阪大学大学院工学研究科電気電子情報工学専攻・教授(改組のため)
  • 2015年08月 ~ 2019年08月,大阪大学教育研究評議会・評議員
  • 2018年01月 ~ 2018年03月,大阪大学・総長特命補佐
  • 2014年04月 ~ 2015年08月,大阪大学大学院工学研究科・副研究科長
  • 2011年10月 ~ 2015年08月,大阪大学大学院工学研究科・役員(情報広報室長)
  • 2005年04月 ~ 2009年03月,国際電気通信基礎技術研究所(ATR)知能ロボティクス研究所・客員室長
  • 2007年10月 ~ 2008年03月,東北大学電気通信研究所・共同研究員
  • 2002年12月 ~ 2005年03月,大阪大学大学院工学研究科通信工学専攻・教授
  • 1993年04月 ~ 2002年12月,大阪大学産業科学研究所・助教授
  • 1996年09月 ~ 1997年09月,カリフォルニア大学サンディエゴ校・文部省在外研究員
  • 1990年10月 ~ 1993年03月,大阪大学工学部通信工学科・講師
  • 1987年02月 ~ 1990年09月,大阪大学工学部通信工学科・助手
  • 1982年04月 ~ 1987年01月,愛媛大学工学部電子工学科・助手

研究内容・専門分野

  • 情報通信,知能ロボティクス
  • 情報通信,知覚情報処理
  • 情報通信,知能情報学
  • 情報通信,ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • 情報通信,データベース

所属学会

  • 日本工学アカデミー
  • 映像情報メディア学会
  • IEEE
  • ACM
  • 人工知能学会
  • 情報処理学会
  • 電子情報通信学会

論文

  • Model Inversion Attack: Analysis under Gray-box Scenario on Deep Learning based Face Recognition System,M. Khosravy,K. Nakamura,Y. Hirose,N. Nitta,N. Babaguchi,KSII Transactions on Internet and Information Systems,Vol. 15,No. 3,p. 1100-1118,2021年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Semi-Supervised Outdoor Image Generation Conditioned on Weather Signals,S. Kawakami,K. Okada,N. Nitta,K. Nakamura,N. Babaguchi,Proc. of International Conference on Pattern Recognition (ICPR2021),p. 4268-4275,2021年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Generation and Detection of Media Clones,I. Echizen,N. Babaguchi,J. Yamagishi,N. Nitta,Y. Nakashima,K. Nakamura,K. Kono,F. Fang,S. Myojin,Z. Kuang,H. H. Nguyen,N-D. T. Tieu,IEICE Transactions on Information and Systems,Vol. E104-D,No. 1,p. 12-23,2021年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Preventing Fake Information Generation Against Media Clone Attacks,N. Babaguchi,I. Echizen,J. Yamagishi,N. Nitta,Y. Nakashima,K. Nakamura,K. Kono,F. Fang,S. Myojin,Z. Kuang,H. H. Nguyen,N-D. T. Tieu,IEICE Transactions on Information and Systems,Vol. E104-D,No. 1,p. 2-11,2021年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Deep Face Recognizer Privacy Attack: Model Inversion Initialization by a Deep Generative Adversarial Data Space Discriminator,M. Khosravy,K. Nakamura,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of a-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2020),p. 1400-1405,2020年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Detection of Cloned Recognizers: A Defending Method against Recognizer Cloning Attack,Y. Mori,K. Nakamura,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of a-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2020),p. 1375-1380,2020年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]工学研究科アップデート,馬場口登,生産と技術、巻頭言,Vol. 72,No. 3,p. 1-2,2020年08月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • [招待インタラクティブ発表]画像認識モデルからの情報流出の可能性とその対処法に関する検討,中村和晃,森勇登,廣瀬雄基,M. Khosravy,新田直子,馬場口登,第26回画像センシングシンポジウム(SSII),2020年06月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Constructing Geospatial Concept Graphs from Tagged Images for Geo-Aware Fine-Grained Image Recognition,N. Nitta,K. Nakamura,N. Babaguchi,Vol. 9,No. 6,p. Article No. 354-23 pages,2020年05月27日,研究論文(学術雑誌)
  • Probabilistic Stone’s Blind Source Separation with application to channel estimation and multi-node identification in MIMO IoT green communication and multimedia systems,M. Khosravy,N. Gupta,N. Patel,N. Dey,N. Nitta,N. Babaguchi,Computer Communications, Elsevier,Elsevier BV,Vol. 157,p. 423-433,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]時をかけるメディア,馬場口登,映像情報メディア学会誌、ふぉーかす,Vol. 74,No. 3,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A logical consideration on fraudulent email communication,S. Myojin,N. Babaguchi,ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS,SPRINGER,Vol. 25,No. 3,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]REALかFAKEか,馬場口登,情報・システムソサエティ誌、巻頭言,Vol. 24,No. 4,p. 3-3,2020年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Speech-driven Face Reenactment for a Video Sequence,Y. Nakashima,T. Yasui,L. Nguyen,N. Babaguchi,ITE Transactions on Media Technology and Applications,Vol. 8,No. 1,p. 60-68,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • [招待講演]メディアクローン攻撃,馬場口登,大阪大学工学研究科テクノアリーナ いきもの - AI共創工学、大阪大学吹田キャンパス,2019年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Generating Spoofing Tweets considering Points of Interest of Target User,J. Lim,N. Nitta,K. Nakamura,N. Babaguchi,Proc. of Asia-Pacific Signal and Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Discrimination between Handwritten and Computer-Generated Texts using a Distribution of Patch-Wise Font Features,N. Hamasaki,K. Nakamura,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of Asia-Pacific Signal and Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Anonymization of Gait Silhouette Video by Perturbing Its Phase and Shape Components,Y. Hirose,K. Nakamura,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc.of Asia-Pacific Signal and Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC 2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]認識サービスの運用:認識器クローンに対する防御法,中村和晃,新田直子,馬場口登,MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY,Vol. 37,No. 4,p. 188-193,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Discrimination between Genuine and Cloned Gait Silhouette Videos via Autoencoder-based Training Data Generation,Y. Hirose,K. Nakamura,N. Nitta,N. Babaguchi,IEICE Transactions on Information and Systems,Vol. E102.D,No. 12,p. 2535-2546,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]内心プライバシー情報の流出を防ぐ画像認識フレームワークの開発,中村和晃,新田直子,馬場口登,画像ラボ,Vol. 30,No. 6,p. 12-19,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Constructing Geographic Dictionary from Streaming Geotagged Tweets,J. Lim,N. Nitta,K. Nakamura,N. Babaguchi,ISPRS International Journal on Geo-Information,Vol. 8,No. 5,p. Article No. 216-24 pages,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Encryption-Free Framework of Privacy-Preserving Image Recognition for Photo-Based Information Services,K. Nakamura,N. Nitta,N. Babaguchi,IEEE Transactions on Information Forensics and Security,Vol. 14,No. 5,p. 1264-1279,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A logical consideration on deceived person's thinking,S. Myojin,N. Babaguchi,ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS,SPRINGER,Vol. 24,No. 1,p. 114-118,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Semiotic and Logical Approach for Analysis of Augmented World,S. Myojin,N. Babaguchi,Proc. of 12th Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR2019),2019年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Comic-Style Chat System with Japanese Expression Techniques for More Expressive Communication.,J. Itou,K. Matsumura,J. Munemori,N. Babaguchi,p. 172-187,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Modeling deceptive communication based on information flow,S. Myojin,N. Babaguchi,Proc. of International Symposium on Artificial Life and Robotics, AROB 24th 2019,2019年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • TRAINING-FREE METHOD FOR GENERATING MOTION VIDEO CLONES FROM A STILL IMAGE CONSIDERING SELF-OCCLUSION OF HUMAN BODY,T. Tsutsumi,K. Nakamura,S. Myojin,N. Nitta,N. Babaguchi,2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING (ICIP),IEEE,p. 509-513,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]メディアクローンによるサイバー/フィジカル攻撃-情報トラストの新しい道-,馬場口登,2018年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Passive Video Forgery Detection Considering Spatio-Temporal Consistency,K. Kono,T. Yoshida,S. Ohshiro,N. Babaguchi,Proceedings of 14th International Conference on Information Assurance and Security,2018年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Initial Consideration on Human Factor in Security Incident,S. Myojin,N. Babaguchi,Proc. of The 13th International Workshop on Security,2018年09月
  • Generating Handwritten Character Clones from an Incomplete Seed Character Set using Collaborative Filtering,K. Nakamura,E. Miyazaki,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of International Conference on Frontiers in Handwriting Recognition,p. 68-73,2018年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • マイクロブログからの関連実世界観測情報の抽出,新田直子,吉武真人,中村和晃,馬場口登,日本データベース学会和文論文誌,Vol. vol.16-J,p. Article No. 22-8 pages,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Formulating what a deceived person thinks,S. Myojin,N. Babaguchi,23rd International Symposium on Artificial Life and Robotics, AROB 23rd 2018,2018年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of a Stroll Support System Using Route Display on a Map and Photograph Sharing Service.,J. Itou,T. Mori,J. Munemori,N. Babaguchi,Proc. of 10th International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech2018),p. 48-55,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On-line Geospatial Term Extraction from Streaming Geotagged Tweets,T. Kamimura,N. Nitta,K. Nakamura,N. Babaguchi,Proceedings - 2017 IEEE 3rd International Conference on Multimedia Big Data, BigMM 2017,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,p. 322-329,2017年06月30日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Constructing Geospatio-Temporal Concept Graphs from Tagged Images,H. Honjo,N. Nitta,K. Nakamura,N. Babaguchi,Proceedings - 2017 IEEE 3rd International Conference on Multimedia Big Data, BigMM 2017,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,p. 169-176,2017年06月30日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Extracting Real-World Observations from Microblog,M. Yoshitake,Naoko Nitta,Kazuaki Nakamura,Noboru Babaguchi,Proceedings - 2017 IEEE 3rd International Conference on Multimedia Big Data, BigMM 2017,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,p. 232-237,2017年06月30日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]グループごとの行動状態を考慮した群衆映像からのグループ検出,中村和晃,馬場口登,画像ラボ,Vol. 28,No. 5,p. 1-10,2017年05月
  • Detection of groups in crowd considering their activity state,K. Nakamura,T. Ono,N. Babaguchi,Proceedings - International Conference on Pattern Recognition,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,p. 277-282,2017年04月13日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [特別招待講演]メディアクローン攻撃を防御するコミュニケーション系-構想・チャレンジ・アプローチ-,馬場口登,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 116,No. 497, CQ2016-115,p. 25-30,2017年03月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Effect of Junk Images on Inter-concept Distance Measurement: Positive or Negative?,Y. Nagasawa,K. Nakamura,N. Nitta,N. Babaguchi,MULTIMEDIA MODELING, MMM 2017, PT II,SPRINGER INTERNATIONAL PUBLISHING AG,Vol. 10133,p. 173-184,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Framework of Privacy-Preserving Image Recognition for Image-Based Information Services,K. Fujii,K. Nakamura,N. Nitta,N. Babaguchi,MULTIMEDIA MODELING (MMM 2017), PT I,SPRINGER INTERNATIONAL PUBLISHING AG,Vol. 10132,p. 40-52,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Tag Chat: A Tag-Based Past Topics Recollection Support System.,J. Itou,R. Tanaka,J. Munemori,N. Babaguchi,Proc. of 9th International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech 2017),Vol. LNCS 10397,p. 29-36,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Long-term people reidentification using anthropometric signature,M. Hasan,N. Babaguchi,2016 IEEE 8th International Conference on Biometrics Theory, Applications and Systems, BTAS 2016,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,2016年12月19日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Hierarchical detection of rectangles in images,M. Hasan,M. Abdellatif,N. Babaguchi,First International Workshop on Pattern Recognition,SPIE,2016年07月11日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Privacy Protection for Social Video via Background Estimation and CRF-based Videographer’s Intention Modeling,Y. Nakashima,N. Babaguchi,J. Fan,IEICE Transactions on Information and Systems,Vol. E99D,No. 4,p. 1221-1233,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluating Protection Capability for Visual Privacy Information,Y. Nakashima,T. Ikeno,N. Babaguchi,IEEE Security and Privacy,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,Vol. 14,No. 1,p. 55-61,2016年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Real-World Observation Extraction from Microblog based on Word Associative Relations,Masato Yoshitake,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,2016 IEEE SECOND INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA BIG DATA (BIGMM),IEEE,p. 450-455,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Facial expression preserving privacy protection using image melding,Yuta Nakashima,Tatsuya Koyama,Naokazu Yokoya,Noboru Babaguchi,Proceedings - IEEE International Conference on Multimedia and Expo,IEEE Computer Society,Vol. 2015-,p. 1-6,2015年08月04日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Owner authentication for mobile devices using motion gestures based on multi-owner template update,Shigeki Karita,Kumi Nakamura,Kazuhiro Kono,Yoshimichi Ito,Noboru Babaguchi,2015 IEEE International Conference on Multimedia and Expo Workshops, ICMEW 2015,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,2015年07月28日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Temporal Spotting of Human Actions from Videos Containing Actor's Unintentional Motions,K. Hara,K. Nakamura,N. Babaguchi,Proc. IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME2015),2015年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]視覚的プライバシー情報の保護と利用-顔を写されて大丈夫?-,馬場口登,2015年05月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Inter-Concept Distance Measurement with Adaptively Weighted Multiple Visual Features,Kazuaki Nakamura,Noboru Babaguchi,COMPUTER VISION - ACCV 2014 WORKSHOPS, PT III,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 9010,p. 56-70,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Protection and Utilization of Privacy Information via Sensing,Noboru Babaguchi,Yuta Nakashima,IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E98D,No. 1,p. 2-9,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]スポーツ放送2020年の夢,馬場口登,NHK技研 R&D,No. 149,p. 2-3,2015年01月
  • Real-Time People Counting across Spatially Adjacent Non-Overlapping Camera Views,R. Akai,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of International Conference on Multimedia Modeling (MMM2015),p. 71-82,2015年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Digital diorama: Privacy-preserving and intelligible sensing-based real-world content,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,ITE Transactions on Media Technology and Applications,Institute of Image Information and Television Engineers,Vol. 3,No. 3,p. 184-193,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Real-Time Local Word Database Construction from Twitter,Takuya Kamimura,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SMART CITY/SOCIALCOM/SUSTAINCOM (SMARTCITY),IEEE,p. 299-306,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 単語間の関係性の経時変化を考慮したマイクロブログからの実世界観測情報の抽出,新田直子,角谷直人,馬場口登,日本データベース学会論文誌,Vol. vol.13-J,No. no.1,p. 7-12,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • [招待講演]空間軸を限定したプライバシー情報保護活用基盤,馬場口登,2014年09月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [招待講演]空間を限定したプライバシー情報保護・活用基盤,馬場口登,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]センシングにおけるプライバシー情報の保護と利用,馬場口登,画像ラボ,Vol. 25,No. 1,p. 1-6,2014年01月
  • Real-world event detection using Flickr images,Naoko Nitta,Yusuke Kumihashi,Tomochika Kato,Noboru Babaguchi,Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),Vol. 8326,No. 2,p. 307-314,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Dynamic feature detection using virtual correction and camera oscillations,Mohamed Heshmat,Mohamed Abdellatif,Kazuaki Nakamura,A. A. Abouelsoud,Noboru Babaguchi,2014 International Conference on 3D Imaging, IC3D 2014 - Proceedings,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Camera oscillation pattern for VSLAM: Translational versus rotational,Mohamed Heshmat,Mohamed Abdellatif,Kazuaki Nakamura,A. A. Abouelsoud,Noboru Babaguchi,2014 International Conference on 3D Imaging, IC3D 2014 - Proceedings,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]センシングにおけるプライバシー情報の保護と利用,馬場口登,2013年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Special Issue on Intelligent Video Surveillance for Public Security and Personal Privacy,Noboru Babaguchi,Andrea Cavallaro,Rama Chellappa,Frederic Dufaux,Liang Wang,IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION FORENSICS AND SECURITY,IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC,Vol. 8,No. 10,p. 1559-1561,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]プライバシー考,馬場口登,特別寄稿, NTT Docomo テクニカル・ジャーナル,Vol. 21,No. 3,p. 4-5,2013年08月
  • [Keynote Speech] Example-Based Remixing of Multimedia Contents,N. Babaguchi,1st International Workshop on Media Fragment Creation and reMIXing (MMIX'13, Co-located WS at ICME2013),2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • [招待講演]プライバシー情報保護活用基盤「開示と利益が調和する知的空間」,馬場口登,2013年07月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [Invited Speech] Protection and Utilization of Privacy Information,N. Babaguchi,2013年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]センシングで得られるプライバシー情報の保護と利用,馬場口登,PRMU2013-22,Vol. PRMU2013,No. 22,p. 17-22,2013年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [Invited Speech] Protection and Utilization of Privacy Information,N. Babaguchi,2013年03月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [パネル討論]ロードマップ作成から見えてきた情報処理研究分野の将来,馬場口登,鈴木陽一,越前功,日置尋久,青木直史,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. EMM2012-95,112,No. 420,p. 25-30,2013年01月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Depth-estimation-free condition for projective factorization and its application to 3D reconstruction,Yohei Murakami,Takeshi Endo,Yoshimichi Ito,Noboru Babaguchi,Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),Vol. 7727,No. 4,p. 150-162,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Content analysis for home videos,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,ITE Transactions on Media Technology and Applications,Institute of Image Information and Television Engineers,Vol. 1,No. 2,p. 91-100,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Real-time privacy protection system for social videos using intentionally-captured persons detection,Tatsuya Koyama,Yuta Nakashima,Noboru Babaguchi,Proceedings - IEEE International Conference on Multimedia and Expo,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Efficient DC term encoding scheme based on double prediction algorithms and Pareto probability models,Ting-Yu Ko,Chi-Jung Tseng,Hsin-Hui Chen,Jian-Jiun Ding,Noboru Babaguchi,Proceedings - IEEE International Conference on Multimedia and Expo,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • People counting across spatially disjoint cameras by flow estimation between foreground regions,Naoko Nitta,Takayuki Nakazaki,Kazuaki Nakamura,Ryota Akai,Noboru Babaguchi,2013 10th IEEE International Conference on Advanced Video and Signal Based Surveillance, AVSS 2013,IEEE Computer Society,p. 414-419,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [特別講演]マルチメディア処理とプライバシー保護-実フィールドにおけるプライバシー情報開示と新たなサービスに向けて-,馬場口登,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. EMM2012-61,112,No. 226,p. 33-38,2012年10月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [招待講演]映像メディアとプライバシー保護,馬場口登,2012年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Intended human object detection for automatically protecting privacy in mobile video surveillance,Yuta Nakashima,Noboru Babaguchi,Jianping Fan,MULTIMEDIA SYSTEMS,SPRINGER,Vol. 18,No. 2,p. 157-173,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A hybrid mobile-fixed surveillance system, a new solution for public security Case study: abandoned objects' owner alert system(共著),K.Masui,M.-S.Dao,N.Babaguchi,IEICE Technical Report,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]事例に基づく映像シーンに対する音楽ミキシング,新田直子,馬場口登,画像ラボ,Vol. 23,No. 1,p. 7-13,2012年01月
  • Classification based group photo retrieval with Bag of People features,Kazuya Shimizu,Yujiro Nakai,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,Proceedings of the 2nd ACM International Conference on Multimedia Retrieval, ICMR 2012,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Extracting Context Information from Microblog based on Analysis of Online Reviews,Takumi Takehara,Shohei Miki,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO WORKSHOPS (ICMEW),IEEE,p. 248-253,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Abandoned Object’s Owner Detection: A Case Study of Hybrid Mobile-fixed Video Surveillance System,M.-S. Dao,R. Mattivi,F. G.B. De Natale,K. Masui,N. Babaguchi,Proc. of 9th IEEE International Conference on Advanced Video and Signal-Based Surveillance(AVSS2012),p. 404-409,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MARKOV RANDOM FIELD-BASED REAL-TIME DETECTION OF INTENTIONALLY-CAPTURED PERSONS,Tatsuya Koyama,Yuta Nakashima,Noboru Babaguchi,2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING (ICIP 2012),IEEE,p. 1377-1380,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • DELIVERY METHOD FOR VIEWER-SPECIFIC PRIVACY PROTECTED VIDEO USING DISCRETE WAVELET TRANSFORM,Naoya Fukuoka,Yoshimichi Ito,Noboru Babaguchi,2012 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING (ICIP 2012),IEEE,p. 2285-2288,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Tablet Owner Authentication Based on Behavioral Characteristics of Multi-Touch Actions,Kumi Nakamura,Kazuhiro Kono,Yoshimichi Ito,Noboru Babaguchi,2012 21ST INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION (ICPR 2012),IEEE,p. 3431-3434,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Indoor Positioning System Using Digital Audio Watermarking,Yuta Nakashima,Ryosuke Kaneto,Noboru Babaguchi,IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E94D,No. 11,p. 2201-2211,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • [招待講演]権利保護のためのマルチメディア処理,馬場口登,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. EMM2011-3,111,No. 74,p. 11-16,2011年05月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Anonymous Communication System Based on Multiple Loopbacks,K. Kono,S. Nakano,Y. Ito,N. Babaguchi,Journal of Information Assurance and Security,Vol. 6,No. 2,p. 124-131,2011年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 【フェロー記念講演】セマンティックギャップに架ける橋,馬場口登,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. PRMU2010-184,2011年01月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Example-based video remixing,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,MULTIMEDIA TOOLS AND APPLICATIONS,SPRINGER,Vol. 51,No. 2,p. 649-673,2011年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Content-preserving zoom-in view generation for surveillance videos,Kenji Watanabe,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,COMPUTATIONAL IMAGING IX,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 7873,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Image Retrieval Considering People Co-occurrence Relations Using Relevance Feedback,Kazuya Shimizu,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,MULTIMEDIA ON MOBILE DEVICES 2011 AND MULTIMEDIA CONTENT ACCESS: ALGORITHMS AND SYSTEMS V,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 7881,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Learning people co-occurrence relations by using relevance feedback for retrieving group photos,Kazuya Shimizu,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,Proceedings of the 1st ACM International Conference on Multimedia Retrieval, ICMR'11,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Example-based video remixing for home videos,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,Proceedings - IEEE International Conference on Multimedia and Expo,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic generation of privacy-protected videos using background estimation,Yuta Nakashima,Noboru Babaguchi,Jianping Fan,Proceedings - IEEE International Conference on Multimedia and Expo,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Three-Level Privacy Control for Sensing-Based Real-World Content Digital Diorama(共著),T. Takehara,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of Third International Conference on Internet Multimedia Computing and Service (ICIMCS2011),p. 17-20,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Extracting intentionally captured regions using point trajectories,Yuta Nakashima,Noboru Babaguchi,MM'11 - Proceedings of the 2011 ACM Multimedia Conference and Co-Located Workshops,p. 1417-1420,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Example-based video remixing support system,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,MM'11 - Proceedings of the 2011 ACM Multimedia Conference and Co-Located Workshops,p. 563-572,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 不均衡データからのランダムフォレストを利用した高速高次特徴抽出,河合吉彦,住吉英樹,藤井真人,柴田正啓,馬場口登,映像情報メディア学会誌,Vol. 64,No. 12,p. 1951-1955,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • [Invited Speech] Visual Processing for Privacy-Sensitive Information,Noboru Babaguchi,2010年10月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • A new spatio-temporal method for event detection and personalized retrieval of sports video,Minh-Son Dao,Noboru Babaguchi,MULTIMEDIA TOOLS AND APPLICATIONS,SPRINGER,Vol. 50,No. 1,p. 227-248,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical Analysis of the Performance of Anonymous Communication System 3-Mode Net,Kazuhiro Kono,Shinnosuke Nakano,Yoshimichi Ito,Noboru Babaguchi,IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E93A,No. 7,p. 1338-1345,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Constructing Distributed Hippocratic Video Databases for Privacy-Preserving Online Patient Training and Counseling,Jinye Peng,Noboru Babaguchi,Hangzai Luo,Yuli Gao,Jianping Fan,IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION TECHNOLOGY IN BIOMEDICINE,IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC,Vol. 14,No. 4,p. 1014-1026,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]視覚的なプライバシー・センシティブ情報とその処理,馬場口 登,「監視社会における プライバシー保護のあり方特集号」, システム/制御/情報,Vol. 54,No. 6,p. 242-247,2010年06月
  • [招待講演]センサ情報に基づく実世界コンテンツ,馬場口登,2010年03月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • A Consideration on the Numbers of Relay Nodes and Encryption Required for Anonymous Communication System 3-Mode Net,K. Kono,S. Nakano,Y. Ito,N. Babaguchi,Journal of Information Assurance and Security,Vol. 5,No. 3,p. 276-283,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 番組紹介テキストの特徴に基づく番組紹介スポットの自動生成,河合吉彦,住吉英樹,柴田正啓,八木伸行,馬場口登,映像情報メディア学会誌,Vol. 64,No. 1,p. 85-93,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]マルチメディア検索の技術動向,馬場口登,映像情報メディア学会誌, 講座:マルチメディア検索の最前線(第1回),Vol. 64,No. 1,p. 58-63,2010年01月
  • Face Image Retrieval across Age Variation Using Relevance Feedback,Naoko Nitta,Atsushi Usui,Noboru Babaguchi,ADVANCES IN MULTIMEDIA MODELING, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 5916,p. 152-162,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Recoverable Privacy Protection for Video Content Distribution,Guangzhen Li,Yoshimichi Ito,Xiaoyi Yu,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,EURASIP Journal on Information Security,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 2009,p. Article No. 293031-11 pages,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Detecting intended human objects in human-captured videos,Yuta Nakashima,Noboru Babaguchi,Jianping Fan,2010 IEEE Computer Society Conference on Computer Vision and Pattern Recognition - Workshops, CVPRW 2010,p. 33-40,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Digital diorama: Sensing-based real-world visualization,Takumi Takehara,Yuta Nakashima,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,Communications in Computer and Information Science,Vol. 81,p. 663-672,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Modeling visual information by spatio-temporal patterns to analyze event tactic in sports video,Keita Masui,Minh-Son Dao,Noboru Babaguchi,2010 2nd European Workshop on Visual Information Processing, EUVIP2010,p. 198-203,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Discriminating intended human objects in consumer videos,Hiroshi Uegaki,Yuta Nakashima,Noboru Babaguchi,Proceedings - International Conference on Pattern Recognition,p. 4380-4383,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Real-time user position estimation in indoor environments using digital watermarking for audio signals,Ryosuke Kaneto,Yuta Nakashima,Noboru Babaguchi,Proceedings - International Conference on Pattern Recognition,p. 97-100,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Hierarchical anomality detection based on situation,Shuichi Nishio,Hiromi Okamoto,Noboru Babaguchi,Proceedings - International Conference on Pattern Recognition,p. 1108-1111,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • EVENT TACTIC ANALYSIS IN SPORTS VIDEO USING SPATIO-TEMPORAL PATTERN,Minh-Son Dao,Keita Masui,Noboru Babaguchi,2010 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING,IEEE,p. 1497-1500,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatically protecting privacy in consumer generated videos using intended human object detector,Yuta Nakashima,Noboru Babaguchi,Jianping Fan,MM'10 - Proceedings of the ACM Multimedia 2010 International Conference,p. 1135-1138,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]グランドチャレンジ,馬場口登,映像情報メディア学会誌, ふぉーかす,Vol. 63,No. 12,2009年12月
  • NHK STRL at TRECVID 2009: Surveillance Event Detection and High-Level Feature Extraction,M. Takahashi,Y. Kawai,M. Fujii,M. Shibata,N. Babaguchi,S. Satoh,Proc. of TREC Video Retrieval Evaluation (TRECVID) Workshop,2009年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Security Analysis of Anonymous Communication System 3-Mode Net Against Collaborating Nodes,K. Kono,S. Nakano,Y. Ito,N. Babaguchi,Proc. of 2009 APSIPA Annual Summit Conference(APSIPA ASC 2009),p. 105-110,2009年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Digital Diorama: Real-Time Adaptive Visualization of Public Spaces,T. Takehara,Y. Nakashima,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of 1st International Conference on Security Camera Network, Privacy Protection and Community Safety (SPC2009),2009年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]映像サーベイランスとプライバシ保護,馬場口登,2009年09月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [解説]パターン認識・メディア理解の10大チャレンジテーマ,鷲見和彦,内田誠一,佐藤真一,佐藤洋一,日浦慎作,福井和広,馬場口登,電子情報通信学会誌,Vol. 92,No. 8,p. 665-675,2009年08月
  • [解説]今なぜグランドチャレンジか,馬場口登,鷲見和彦,電子情報通信学会誌,Vol. 92,No. 8,p. 640-642,2009年08月
  • User and Device Adaptation in Summarizing Sports Videos,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E92D,No. 6,p. 1280-1288,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • [招待講演]センシングウェブにおける観測型実世界コンテンツ,馬場口登,2009年06月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [解説]特集「センシングウェブ」にあたって,馬場口登,美濃導彦,人工知能学会誌,Vol. 24,No. 2,p. 177-178,2009年03月
  • [招待講演]超大規模ヘテロセンサネットワーキング技術の応用-センシングWebプロジェクト-,馬場口登,2009年02月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Psychological study for designing privacy protected video surveillance system: PriSurv,Noboru Babaguchi,Takashi Koshimizu,Ichiro Umata,Tomoji Toriyama,Protecting Privacy in Video Surveillance,Springer London,p. 147-164,2009年,論文集(書籍)内論文
  • [招待講演]映像サーベイランスとプライバシー保護,馬場口登,2009年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Performance Analysis of Anonymous Communication System 3-Mode Net,Kazuhiro Kono,Shinnosuke Nakano,Yoshimichi Ito,Noboru Babaguchi,FIFTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFORMATION ASSURANCE AND SECURITY, VOL 2, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 593-596,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A New Linguistic-Perceptual Event Model for Spatio-Temporal Event Detection and Personalized Retrieval of Sports Video,Minh-Son Dao,Sharma Ishan Nath,Noboru Babaguichi,IMAGE ANALYSIS AND PROCESSING - ICIAP 2009, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 5716,p. 594-603,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Preserving topological information in sub-trajectories-based representation for spatio-temporal trajectories indexing and retrieval,Minh-Son Dao,Ishan Nath Sharma,Noboru Babaguchi,MM'09 - Proceedings of the 2009 ACM Multimedia Conference, with Co-located Workshops and Symposiums,p. 641-644,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Matrix-based algorithm for integrating inheritance relations of access rights for policy generation,Kazuhiro Kono,Yoshimichi Ito,Akihito Aoyama,Hiroaki Kamoda,Noboru Babaguchi,Journal of Information Processing,Information Processing Society of Japan,Vol. 17,p. 318-327,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Digital Diorama: Adaptive 3D Visualization System for Indoor Environment,R. Yamaguchi,Y. Yamamoto,N. Nitta,Y. Ito,N. Babaguchi,Proc. of International Workshop on Sensig Web,p. 17-24,2008年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Breaking the YASS Algorithm via Pixels and DCT Coefficients Analysis,X. Yu,N. Babaguchi,Proc. of International Conference on Pattern Recognition (ICPR2008),2008年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]個人的選好獲得システムの構築:興味区間抽出・興味度推定・プロファイル作成,新田直子,馬場口登,画像ラボ,Vol. vol.19,No. no.11,p. 58-64,2008年11月
  • NHK STRL at TRECVID 2008: High-Level Feature Extraction and Surveillance Event Detection,Y. Kawai,M. Takahashi,M. Sano,M. Fujii,M. Shibata,N. Yagi,N. Babaguchi,Proc. of TREC Video Retrieval Evaluation (TRECVID) Workshop,Vol. 1,p. 358-365,2008年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 部分映像挿入による時間軸上の映像補完,庄司竜太,新田直子,馬場口登,映像情報メディア学会誌,Vol. 62,No. 10,p. 1633-1640,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 多重暗号化と確率的動作選択に基づく双方向通信可能な匿名通信方式:3-Mode Net,三宅直貴,伊藤義道,馬場口登,電子情報通信学会論文誌A,Vol. J91-A,No. 10,p. 949-956,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Mining Temporal Information and Web-Casting Text for Automatic Sports Event Detection,M. S. Dao,N. Babaguchi,Proc. of IEEE International Workshop on Multimedia Signal Processing (MMSP2008),p. 616-621,2008年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]映像サーベイランスとプライバシー,馬場口登,2008年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • [解説]テレビ視聴者の好みを推定しよう,馬場口登,新田直子,放送文化基金報,No. no.71,p. 28-29,2008年09月
  • Sensing Web Project - How to handle privacy information in sensor data -,M. Minoh,K. Kakusho,N. Babaguchi,Proc. of 12th Intl. Conf. Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-based Systems(IPMU08),p. 863-869,2008年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]ネットワークロボットのセンシングとプライバシー保護技術,馬場口登,西尾修一,電子情報通信学会誌,Vol. 91,No. 5,p. 380-386,2008年05月
  • AUTOMATIC PERSONAL PREFERENCE ACQUISITION FROM TV VIEWER'S BEHAVIORS,Makoto Yamamoto,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO, VOLS 1-4,IEEE,p. 1165-1168,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • _Privacy Protected Video Surveillance System Using Adaptive visual Abstraction,K. Chinomi,N. Nitta,Y. Ito,N. Babaguchi,Proc. of Multimedia Modeling Conference (MMM2008),p. 144-154,2008年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Isotropy-Based Steganalysis in Multiple Least Significant Bits,X. Yu,N. Babaguchi,Y. Wang,_Security and Watermarking of Multimedia Contents X,Vol. 6819,p. 681913-681922,2008年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Fast and Effective Method to Detect Multiple Least Significant Bits Steganography,Xiaoyi Yu,Noboru Babaguchi,APPLIED COMPUTING 2008, VOLS 1-3,ASSOC COMPUTING MACHINERY,p. 1443-1447,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • WEIGHTED STEGO-IMAGE BASED STEGANALYSIS IN MULTIPLE LEAST SIGNIFICANT BITS,Xiaoyi Yu,Noboru Babaguchi,2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO, VOLS 1-4,IEEE,p. 265-268,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • RUN LENGTH BASED STEGANALYSIS FOR LSB MATCHING STEGANOGRAPHY,Xiaoyi Yu,Noboru Babaguchi,2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO, VOLS 1-4,IEEE,p. 353-356,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An improved steganalysis method of LSB matching,Xiaoyi Yu,Noboru Babaguchi,2008 FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT INFORMATION HIDING AND MULTIMEDIA SIGNAL PROCESSING, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 557-560,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A DISCRETE WAVELET TRANSFORM BASED RECOVERABLE IMAGE PROCESSING FOR PRIVACY PROTECTION,Guangzhen Li,Yoshimichi Ito,Xiaoyi Yu,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,2008 15TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING, VOLS 1-5,IEEE,p. 1372-1375,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Sports event detection using temporal patterns mining and web-casting text,Minh-Son Dao,Noburu Babaguchi,MM'08 - Proceedings of the 2008 ACM International Conference on Multimedia, with co-located Symposium and Workshops,p. 33-40,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]個人的選好獲得システムの構築:テレビ視聴者の同定と興味区間の推定,新田直子,馬場口登,画像ラボ,Vol. vol.18,No. no.12,p. 1-6,2007年12月
  • Automatic prosody labeling using multiple models for Japanese,Ryuki Tachibana,Tohru Nagano,Gakuto Kurata,Masafumi Nishimura,Noboru Babaguchi,IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E90D,No. 11,p. 1805-1812,2007年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Personalization of Video Contents,Noboru Babaguchi,Conversational Informatics: An Engineering Approach,John Wiley & Sons, Ltd,p. 233-248,2007年10月31日,論文集(書籍)内論文
  • Preliminary Experiments toward Automatic Generation of New TTS Voices From Recorded Speech Alone,R. Tachibana,T. Nagano,G. Kurata,M. Nishimura,N. Babaguchi,Proc. Interspeech,p. 1917-1920,2007年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 個人的選好獲得のための特定人物のテレビ視聴時における興味区間推定,山本誠,谷本浩昭,新田直子,馬場口登,電子情報通信学会論文誌,Vol. J90-D,No. 8,p. 2202-2211,2007年08月,研究論文(学術雑誌)
  • テロップ消去のための時空間特徴を用いた映像修復,庄司竜太,新田直子,馬場口登,映像メディア学会誌,Vol. 61,No. 1,p. 91-97,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Determining recording location based on synchronization positions of audio watermarking,Yuta Nakashima,Ryuki Tachibana,Masafumi Nishimura,Noboru Babaguchi,ICASSP, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing - Proceedings,Vol. 2,No. 2,p. II253-II256,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Audio-based estimation of speakers directions for multimedia meeting logs,Yuki Yokoe,Yoshimichi Ito,Noboru Babaguchi,2007 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO, VOLS 1-5,IEEE,p. 212-215,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]プライバシーを考慮した映像サーベイランス,馬場口登,情報処理, 特集 安全と安心のための画像処理技術,Vol. 48,No. 1,p. 30-36,2007年01月
  • [招待講演]安心な映像サーベイランスのためのプライバシー保護処理,馬場口登,情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会技術研究報告,Vol. 2007-CVIM-157,p. 85-92,2007年01月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • User and device adaptation for sports video content,Yoshimasa Takahashi,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,2007 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO, VOLS 1-5,IEEE,p. 1051-1054,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Steganography using sensor noise and linear prediction synthesis filter,Xiaoyi Yu,Xinshan Zhu,Noboru Babaguchi,Proceedings - International Conference on Image Processing, ICIP,Vol. 2,p. II157-II160,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Maximum-likelihood estimation of recording position based on audio watermarking,Yuta Nakashima,Ryuki Tachibana,Noboru Babaguchi,Proceedings - 3rd International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, IIHMSP 2007.,Vol. 2,No. 2,p. 255-258,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Privacy preserving: Hiding a face in a face,Xiaoyi Yu,Noboru Babaguchi,COMPUTER VISION - ACCV 2007, PT II, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 4844,p. 651-661,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Estimating Intervals of Interest During TV Viewing for Automatic Personal Preference Acquisition,M. Yamamoto,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of the 7th IEEE Pacific-Rim Conference on Multimedia(PCM2006),p. 615-623,2006年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of Audio-Visual Synchronous Patterns in Edited Videos - Towards an Aid for Attractive Video Editing -,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. the 1st Korea-Japan Joint Workshop on Pattern Recognition(KJPR),2006年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]映像サーベイランスとプライバシー保護処理,馬場口登,2006年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Estimation of recording location using audio watermarking,Y. Nakashima,R. Tachibana,M. Nishimura,N. Babaguchi,Proc. of ACM Multimedia and Security Workshop 2006,p. 108-113,2006年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On Sensitivity Reduction Problems of Sampled-Data Systems - Performance Limitations and the Properties of Aliasing Factors -,Y. Ito,H. Shirahama,N. Babaguchi,Proc. of International Symposium on the Mathematical Theory of Networks and Systems (MTNS2006),p. 1788-1792,2006年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Personal identification in unconscious sensing by video and GPS positioning,S. Nishio,N. Babaguchi,T. Akimoto,N. Hagita,Proc. of 2nd Korea-Japan Joint Symposium on Network Robot Systems,p. 19-24,2006年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [パネルディスカッション]再び右肩上がりの成長に向けた西からの提言,井口征士,大西良一,野村淳二,馬場口登,堀江多賀雄,山本裕之,Vol. FM06-1-4,p. 16-19,2006年05月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [招待講演]視覚サーベイランスに関する最近の話題,馬場口登,2006年04月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [パネル討論]アンコンシャスロボットによるビジュアルサーベイランス技術,馬場口登,2006年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • [解説]会話環境メディア,美濃導彦,馬場口登,谷口倫一郎,角所考,人工知能学会誌,Vol. 21,No. 2,p. 156-161,2006年03月
  • TV viewing interval estimation for personal preference acquisition,Hiroaki Tanimoto,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,2006 IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2006 - Proceedings,Vol. 2006,p. 889-892,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Factors on the sense of privacy in video surveillance,Takashi Koshimizu,Tomoji Toriyama,Noboru Babaguchi,Proceedings of the ACM International Multimedia Conference and Exhibition,p. 35-44,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Video Scene Retrieval with Symbol Sequence Based on Integrated Audio and Visual Features,K.Morisawa,N.Nitta,N.Babaguchi,Proc. of SPIE-IS&T Electronic Imaging,Vol. 6073,p. 607307-1-607307-10,2006年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]アンコンシャス型ロボットの技術的課題,馬場口登,2005年11月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 適合性フィードバックを用いた映像パケットのインタラクティブクラスタリング,木下幸裕,新田直子,馬場口登,電子情報通信学会論文誌(D-II),Vol. J86-D-II,No. 8,p. 1702-1711,2005年08月,研究論文(学術雑誌)
  • [招待講演]映像メディアのセマンティック処理,馬場口登,2005年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • MediaTray: The Cafeteria-style Viewing Environment for Digital Contents and Its Evaluation,K.Tanaka,T.Sasaki,Y.Tonomura,T.Nakanishi,N.Babaguchi,Proceedings of 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2005),2005年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Meeting Recording System via Multimodal Sensing,S. Tokunaga,Y. Ito,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of Japanese Society for Artificial Inteligence 2005, Workshop on Conversational Informatics,p. 19-24,2005年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Media Tray:ユーザが構成可能なカフェテリア型コンテンツ視聴環境,田中清,佐々木努,外村佳伸,仲西正,馬場口登,電子情報通信学会論文誌(D-II),Vol. J86-D-II,No. 6,p. 1056-1066,2005年06月,研究論文(学術雑誌)
  • [Panel Discussion] Mobile Multimedia Services,Behzad Shahraray,Wei-Ying Ma,Avideh Zakhor,Noboru Babaguchi,Proc. of WWW2005 Special Interest Tracks and Posters,2005年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]長時間映像メディアのセマンティック処理,馬場口登,2005年03月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [解説][招待講演]映像メディアのセマンティック処理について,馬場口登,VIRI Activity Report 2004,Vol. 3,p. 61-67,2005年03月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Playwatch: Chart-style video playback interface,Kiyoshi Tanaka,Tsutomu Sasaki,Yoshinobu Tonomura,Tadashi Nakanishi,Noboru Babaguchi,IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2005,Vol. 2005,p. 731-734,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Generating semantic descriptions of broadcasted sports videos based on structures of sports games and TV programs,N Nitta,N Babaguchi,T Kitahashi,MULTIMEDIA TOOLS AND APPLICATIONS,SPRINGER,Vol. 25,No. 1,p. 59-83,2005年01月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]映像要約とメタデータ・ハイディング,馬場口登,生産と技術,Vol. 57,No. 1,p. 52-55,2005年01月
  • Interactive clustering of video segments formedia structuring,Y. Kinoshita,N. Nitta,N. Babaguchi,IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2005,Vol. 2005,p. 630-633,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Video summarization for large sports video archives,Yoshimasa Takahashi,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2005,Vol. 2005,p. 1170-1173,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic parsing of American football videos by intermodal collaboration based on transition rules,Naoko Nitta,Noboru Babaguchi,IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2005,Vol. 2005,p. 1114-1117,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic Video Summarization of Sports Videos Using Metadata,Y.Takahashi,N.Nitta,N.Babaguchi,Proc. of Fifth IEEE Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2004),p. 272-280,2004年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Video Scene Retrieval with Sign Sequence Matching Based on Audio Features,K. Morisawa,N. Nitta,N. Babaguchi,Proc. of Fifth IEEE Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2004),p. 121-129,2004年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Clustering of Video Packets Using Interactive Refinement by Relevance Feedback,Y.Kinoshita,N.Nitta,N. Babaguchi,Proc. of Fifth IEEE Pacific-Rim Conference on Multimedia (PCM2004),p. 626-633,2004年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Embedding MPEG-7 Description in MPEG Video Data by Focusing on DCT-coefficients and Motion Vectors,S. Taniguchi,N.Nitta,N.Babaguchi,Proc. of Pacific Rim Workshop on Digital Steganography 2004 (STEG'04),p. 80-88,2004年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Constructive Inductive Learning based on Meta-Attributes,K. Ohara,Y. Onishi,N. Babaguchi,H. Motoda,Proc. of the 7th International Conference on Discovery Science,2004年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Properties of Aliasing Factors in Sensitivity Reduction Problems of Sampled-Data Systems,Yoshimichi Ito,Hiroshi Shirahama,Noboru Babaguchi,Proc. of IFAC Workshop on Periodic Control Systems,p. 141-144,2004年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]インターモーダル協調の薦め−マルチモダリティに着目したメディアのセマンティック解析−,馬場口登,2004年09月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Personalized abstraction of broadcasted American football video by highlight selection,N Babaguchi,Y Kawai,T Ogura,T Kitahashi,IEEE TRANSACTIONS ON MULTIMEDIA,IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC,Vol. 6,No. 4,p. 575-586,2004年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Scene retrieval with sign sequence matching based on video and audio features,N Babaguchi,T Ishida,K Morisawa,2004 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXP (ICME), VOLS 1-3,IEEE,Vol. 2,p. 1107-1110,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • LMI-based stability condition for 2-D discrete systems described by the Fornasini-Marchesini second model,Y Ito,W Date,N Babaguchi,2004 47TH MIDWEST SYMPOSIUM ON CIRCUITS AND SYSTEMS, VOL II, CONFERENCE PROCEEDINGS,IEEE,p. 557-560,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motion estimation and detection of complex object by analyzing resampled movements of parts,P Piamsa-nga,N Babaguchi,ICIP: 2004 INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING, VOLS 1- 5,IEEE,p. 365-368,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Fault-Tolerant Control Using Time-Sharing Multirate Controllers,H. Kawahara,Y. Ito,N. Babaguchi,Proc. of the 1st International Symposium on Systems & Human Science - For Safety, Security, and Dependability,p. 178-183,2003年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Intermodal Collaboration: A Strategy for Semantic Content Analysis for Broadcasted Sports Video,N. Babaguchi,N. Nitta,Proc. of 2003 IEEE International Conference on Image Processing (ICIP2003),2003年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 放送型スポーツ映像の意味内容獲得のためのストーリー分割法,新田直子,馬場口登,電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J86-D-II, No.8, pp.1222-1233,Vol. 86,No. 8,p. 1222-1233,2003年08月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]スポーツ映像におけるハイライトシーン検出 −インターモーダル協調による映像インデクシング−,馬場口登,画像ラボ,Vol. 14,No. 7,p. 25-29,2003年07月
  • [招待講演]映像メディアの要約について,馬場口登,2003年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • [パネル討論」映像処理はもう古い?そんなことはありません!?---映像処理研究の学術的意義と将来展望,相澤清晴,美濃導彦,馬場口登,佐藤真一,中村裕一,2003年07月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 固定長の時空間画像に基づく映像シーンのクラスタリング,岡本啓嗣,八杉将伸,馬場口登,電子情報通信学会論文誌(D-II),Vol. 86,No. 6,p. 877-885,2003年06月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]マルチメディア情報の高次処理,馬場口登,上原邦昭,有木康雄,人工知能学会誌,Vol. 18,No. 3,p. 307-316,2003年05月
  • [特別講演]映像メディアの自動要約について,馬場口登,2003年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • On personalizing video portal system with metadata,K Ohara,T Ogura,N Babaguchi,KNOWLEDGE-BASED INTELLIGNET INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, PT 2, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 2774,p. 1062-1069,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of personalization on retrieval and summarization of sports video,Noboru Babaguchi,Kouzou Ohara,Takehiro Ogura,ICICS-PCM 2003 - Proceedings of the 2003 Joint Conference of the 4th International Conference on Information, Communications and Signal Processing and 4th Pacific-Rim Conference on Multimedia,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,Vol. 2,No. 2,p. 940-944,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [招待講演]映像要約とインデキシング,馬場口登,2003年01月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [解説]放送型映像のインデクシングと要約,馬場口登,システム/制御/情報,Vol. 46,No. 12,p. 732-737,2002年12月,研究論文(学術雑誌)
  • [解説]映像メディアの検索と要約,馬場口登,マテリアルインテグレーション,Vol. 15,No. 8,p. 72-76,2002年08月,研究論文(学術雑誌)
  • [招待講演]放送型映像メディアの構造化と要約について,馬場口登,2001年07月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [招待講演]スポーツTV映像の自動要約と検索,馬場口登,p. 73-76,2001年07月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • [解説]MIRU2000若手プログラムについて-若手CVPR研究者による若手研究者のためのイベント-,馬場口登,清川清,島田伸敬,日浦慎作,椋木雅之,森健策,画像ラボ,Vol. 12,No. 4,p. 35-39,2001年04月,研究論文(学術雑誌)
  • [招待講演]情報検索研究の新たな展開(その2)~マルチメディア情報の構造化と検索への応用~,馬場口登,2000年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • [招待講演]インターモーダル協調による放送型スポーツ映像の構造化と要約生成,馬場口登,人工知能学会研究会資料,Vol. SIG-CII-NOV-7,p. 26-34,2000年11月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Towards abstracting sports video by highlights,N Babaguchi,2000 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO, PROCEEDINGS VOLS I-III,IEEE,p. 1519-1522,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [特別講演]メディア理解による映像メディアの構造化,馬場口登,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. PRMU99-42/IE99-18/MVE99-38,p. 39-46,1999年07月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Detecting events from continuous media by intermodal collaboration and knowledge use,N Babaguchi,S Sasamori,T Kitahashi,R Jain,IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA COMPUTING AND SYSTEMS, PROCEEDINGS VOL 1,IEEE COMPUTER SOC,p. 782-786,1999年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Solving contradiction in knowledge-base without interaction,K Katsurada,M Koyama,K Ohara,N Babaguchi,T Kitahashi,1998 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS, VOLS 1-5,IEEE,p. 1546-1551,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]文書画像の記号化と表現メディアの変換-グラフ領域への応用-,北橋忠宏,馬場口登,角所考,画像ラボ,Vol. 7,No. 9,p. 21-24,1996年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Generation of sketch map image and its instructions to support the understanding of geographical information,Noboru Babaguchi,Seiichiro Dan,Tadahiro Kitahashi,Proceedings - International Conference on Pattern Recognition,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,Vol. 3,p. 274-278,1996年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • [解説]地図理解支援のための略地図生成について-地図デフォルメのシステム化-,馬場口登,上田俊弘,淡誠一郎,北橋忠宏,画像ラボ,Vol. 6,No. 7,p. 23-26,1995年07月,研究論文(学術雑誌)
  • REPRESENTING, UTILIZING AND ACQUIRING KNOWLEDGE FOR DOCUMENT IMAGE UNDERSTANDING,K KISE,N BABAGUCHI,IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,IEICE-INST ELECTRON INFO COMMUN ENG,Vol. E77D,No. 7,p. 770-777,1994年07月,研究論文(学術雑誌)
  • GENERATION OF SKETCH MAP DRAWING FROM VECTORIZED IMAGE,N BABAGUCHI,K TANAKA,T KITAHASHI,ICIP-94 - PROCEEDINGS, VOL III,I E E E, COMPUTER SOC PRESS,p. 207-211,1994年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 非単調推論,馬場口登,日本ファジィ学会誌,Vol. 4,No. 4,p. 608-619,1992年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Curvedness of a line picture,Noboru Babaguchi,Tsunehiro Aibara,Pattern Recognition,Vol. 20,No. 3,p. 273-280,1987年,研究論文(学術雑誌)

著書

  • 学術書,人工機能の基礎 第2版,馬場口登,山田誠二,オーム社,ISBN:9784274216152,2015年02月
  • 学術書,電子情報通信学会100年史,馬場口登,越前功,電子情報通信学会,2017年09月
  • 学術書,Human Behavior Understanding in Networked Sensing- Theory and Applications of Networks of Sensors,N. Nitta,R. Akai,N. Babaguchi,Editors,Spagnolo, Paolo,Mazzeo,Pier Luigi,Distante,Cosimo,Springer Verlag,ISBN:9783319108070,2014年11月
  • 学術書,Encyclopedia of Database Systems,N. Babaguchi,N. Nitta,Springer Verlag,ISBN:9780387399409,2009年09月
  • 学術書,Protecting Privacy in Video Surveillance,N. Babaguchi,T. Koshimizu,I. Umata,T. Toriyama (Editor,Andrew Senior,Springer Verlag,ISBN:9781848823006,2009年06月
  • 学術書,Encyclopedia of Multimedia (2nd Edition),N. Babaguchi,N. Nitta,Springer Verlag,ISBN:9780387784144,2008年12月
  • 学術書,Conversational Informatics: An Engineering Approach,N. Babaguchi,John Wiley & Sons,ISBN:9780470026991,2007年03月
  • 学術書,新編 画像解析ハンドブック,馬場口登,高木幹雄,下田陽久監,東京大学出版会,ISBN:9784130611190,2004年09月
  • 学術書,教育システムハンドブック,馬場口登,教育システム情報学会編,実教出版,ISBN:9784407051186,2001年10月
  • 教科書・概説・概論,情報メディア工学 (新世代工学シリーズ),馬場口登,美濃導彦,西田正吾共,オーム社,ISBN:9784274131844,1999年06月
  • 学術書,人工知能の基礎(情報系教科書シリーズ第15巻),馬場口登,山田誠二,昭晃堂,ISBN:9784785620486,1999年03月
  • 学術書,日本ファジィ学会編:ソフトコンピューティング用語集(坂和正敏他編),馬場口登,朝倉書店,ISBN:9784254210002,1996年05月
  • 学術書,知識科学の展開,馬場口登,オーム社,ISBN:9784274078378,1996年02月
  • 学術書,人工知能入門講座第1分冊 AIのコンセプト(人工知能概説),馬場口登,工学研究社,1989年04月
  • 学術書,人工知能入門講座第4分冊 AIのテクニカルベース(人工知能の基礎),馬場口登,工学研究社,ISBN:4876463271,1989年04月
  • 学術書,知識情報処理ハンドブック,馬場口登,オーム社,ISBN:9784274074332,1988年08月

特許・実用新案・意匠

  • 計測システム、計測方法および計測プログラム,田中宏徳,安達馨,三宅直子,馬場口登,中村和晃,特願2016-162269,出願日:2016年08月22日
  • 音取得位置特定方法、音取得位置特定システム、特定装置及びコンピュータプログラム,馬場口登,中島悠太,特願2006-241925,出願日:2006年09月06日
  • 映像編集支援装置,馬場口登,新田直子,秋月達人,特願2006-164045,出願日:2006年06月13日
  • 画像通信システム、画像通信方法、画像送信装置、画像受信装置及びコンピュータプログラム,馬場口登,新田直子,山本勇樹,特願2006-127812,出願日:2006年05月01日
  • ユーザ異常検出装置、及びユーザ異常検出方法,西尾修一,谷口英,馬場口登,鳥山朋二,萩田紀博,特願2006-41320,出願日:2006年02月17日
  • プライバシー保護画像生成装置,鳥山朋二,小清水隆,馬場口登,西尾修一,萩田紀博,特願2006-30569,出願日:2006年02月08日
  • 広域モニタシステム,馬場口登,横矢直和,萩田紀博,特願2005-147766,出願日:2005年05月20日

受賞

  • フェロー称号 マルチメディアの知的処理に関する研究及び教育,馬場口登,電子情報通信学会,2009年11月
  • 第8回情報科学技術フォーラム(FIT2009)FIT論文賞,金壯一,情報処理学会,2009年09月
  • 2009 Fifth International Conference on Information Assurance and Security (IAS2009) Best Paper Award,K. Kono,IEEE,2009年08月
  • Best Paper Award,M.Yamamoto,The 7th IEEE Pacific-Rim Conference on Multimedia(PCM2006),2006年11月
  • R2年度学術奨励賞受賞,河津勘介,電子情報通信学会,2021年03月
  • EMM研究会優秀学生発表賞受賞,大迫勇太郎,電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会,2021年03月
  • 研究奨励賞,執行雄樹,電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会,2020年03月
  • 平成28年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当),馬場口登,日本学術振興会,2017年07月
  • 学生プレゼンテーション賞,吉武真人,日本データベース学会(第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM Forum 2017)),2017年03月
  • 学生プレゼンテーション賞,上村卓也,日本データベース学会(第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM Forum 2017)),2017年03月
  • Best paper runner-up,K. Fujii,23rd International Conference on Multimedia Modeling (MMM2017),2017年01月
  • H28年度学術奨励賞受賞,本庄紘士,電子情報通信学会,2016年03月
  • 学生プレゼンテーション賞,上村卓也,日本データベース学会(第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM Forum 2017)),2015年03月
  • 学生研究賞,苅田成樹,電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会,2014年07月
  • 学術奨励賞受賞,苅田成樹,電子情報通信学会,2014年03月
  • 学生プレゼンテーション賞,角谷直人,日本データベース学会(第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM Forum 2014)),2014年03月
  • 学生研究賞,倉元雅樹,電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究会,2013年09月
  • 第2回大阪大学総長顕彰 研究部門,馬場口登,大阪大学,2013年08月
  • Recognition of Service Award,N. Babaguchi,ACM,2012年10月
  • 学術奨励賞,市原良平,電子情報通信学会,2012年03月
  • FITヤングリサーチャー賞受賞,福岡直也,情報処理学会,2011年09月
  • Best paper runner-up,T. takehara,3rd International Conference on Internet Multimedia Computing and Service (ICIMCS2011),2011年08月
  • Quality Reviewer,N. Babaguchi,Intl. Conf. on Multimedia and Expo (ICME2011),2011年07月
  • 学術奨励賞,兼頭亮介,電子情報通信学会,2010年03月
  • 第6回IEEE関西支部学生研究奨励賞,K. Kono,IEEE,2010年02月
  • 2010年度 IPSJ論文船井若手奨励賞受賞,K. Kono,情報処理学会,2009年12月
  • FIT ヤングリサーチャー賞,渡邊健司,情報処理学会,2009年09月
  • Osaka University 100 Papers Selection (Annual Report of Osaka University -Academic Achievement- 2009-2010),Y. Nakashima,Osaka University,2009年04月
  • 優秀ポスター賞,中嶋大介,電子情報通信学会2008年総合大会,2008年03月
  • Osaka University 100 Papers Selection,N. Babaguch,大阪大学,2007年08月
  • 平成18年度国立学校法人大阪大学教育・研究功績賞,馬場口登,大阪大学,2007年02月
  • 情報システムソサイエティ活動功労賞,馬場口登,電子情報通信学会,2006年12月
  • 優秀論文賞(1996 JSAI Convention Award),安村禎明,人工知能学会(1996年度人工知能学会全国大会(第10回)),1996年06月
  • テレコムシステム技術学生賞(入賞論文),大原剛三,電気通信普及財団,1996年03月

講演・口頭発表等

  • [招待講演]REALそれともFAKE,馬場口登,EMM研究会,2021年03月04日
  • [招待講演]大阪大学工学研究科の戦略とテクノアリーナ,馬場口登,大阪大学大学院工学研究科 テクノアリーナ「インキュベーション部門:連携融合型」「デジタル造形工学」分野 第1回フォーラム、WEB公演形式,2020年10月12日
  • [招待講演]メディアクローン攻撃,馬場口登,大阪大学工学研究科テクノアリーナ いきもの - AI共創工学、大阪大学吹田キャンパス,2019年12月
  • [招待講演]メディアクローンによるサイバー/フィジカル攻撃-情報トラストの新しい道-,馬場口登,2018年12月
  • [招待講演]視覚的プライバシー情報の保護と利用-顔を写されて大丈夫?-,馬場口登,2015年05月
  • [招待講演]空間軸を限定したプライバシー情報保護活用基盤,馬場口登,2014年09月
  • [招待講演]空間を限定したプライバシー情報保護・活用基盤,馬場口登,2014年02月
  • [招待講演]センシングにおけるプライバシー情報の保護と利用,馬場口登,2013年12月
  • [Invited Speech] Protection and Utilization of Privacy Information,N. Babaguchi,2013年07月
  • [招待講演]プライバシー情報保護活用基盤「開示と利益が調和する知的空間」,馬場口登,2013年07月
  • [招待講演]映像メディアとプライバシー保護,馬場口登,2012年04月
  • [Invited Speech] Visual Processing for Privacy-Sensitive Information,Noboru Babaguchi,2010年10月
  • [招待講演]センサ情報に基づく実世界コンテンツ,馬場口登,2010年03月
  • [招待講演]映像サーベイランスとプライバシ保護,馬場口登,2009年09月
  • [招待講演]センシングウェブにおける観測型実世界コンテンツ,馬場口登,2009年06月
  • [招待講演]超大規模ヘテロセンサネットワーキング技術の応用-センシングWebプロジェクト-,馬場口登,2009年02月
  • [招待講演]映像サーベイランスとプライバシー保護,馬場口登,2009年01月
  • [招待講演]映像サーベイランスとプライバシー,馬場口登,2008年09月
  • [招待講演]映像サーベイランスとプライバシー保護処理,馬場口登,2006年11月
  • [パネルディスカッション]再び右肩上がりの成長に向けた西からの提言,井口征士,大西良一,野村淳二,馬場口登,堀江多賀雄,山本裕之,2006年05月
  • [招待講演]視覚サーベイランスに関する最近の話題,馬場口登,2006年04月
  • [パネル討論]アンコンシャスロボットによるビジュアルサーベイランス技術,馬場口登,2006年03月
  • [招待講演]アンコンシャス型ロボットの技術的課題,馬場口登,2005年11月
  • [招待講演]映像メディアのセマンティック処理,馬場口登,2005年07月
  • [招待講演]長時間映像メディアのセマンティック処理,馬場口登,2005年03月
  • [招待講演]インターモーダル協調の薦め−マルチモダリティに着目したメディアのセマンティック解析−,馬場口登,2004年09月
  • [パネル討論」映像処理はもう古い?そんなことはありません!?---映像処理研究の学術的意義と将来展望,相澤清晴,美濃導彦,馬場口登,佐藤真一,中村裕一,2003年07月
  • [招待講演]映像メディアの要約について,馬場口登,2003年07月
  • [特別講演]映像メディアの自動要約について,馬場口登,2003年05月
  • [招待講演]映像要約とインデキシング,馬場口登,2003年01月
  • [招待講演]スポーツTV映像の自動要約と検索,馬場口登,2001年07月
  • [招待講演]放送型映像メディアの構造化と要約について,馬場口登,2001年07月
  • [招待講演]情報検索研究の新たな展開(その2)~マルチメディア情報の構造化と検索への応用~,馬場口登,2000年12月

委員歴

  • 学協会,映像情報メディア学会,副会長,2019年06月 ~ 継続中
  • 学協会,ACM Multimedia 2012,General Co-Chair,2012年 ~
  • 学協会,14th International MultiMedia Modeling Conference(MMM2008),General Co-Chair,2008年01月 ~
  • 学協会,公益財団法人船井奨学会,理事,2015年06月 ~ 継続中
  • 学協会,独立行政法人日本学術振興会,特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員,2015年08月 ~ 2016年07月
  • 独立行政法人産業技術総合研究所,研究ユニット評価委員会 (知能システム研究部門)委員(再任),2014年04月 ~ 2015年03月
  • 政府,総務省情報通信国際戦略局,戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)専門評価委員,2014年04月 ~ 2015年03月
  • 学協会,独立行政法人大学評価・学位授与機構,学位審査会専門委員,2013年04月 ~ 2015年03月
  • 独立行政法人日本学術振興会,科学研究費委員会専門委員,2013年12月 ~ 2014年11月
  • 学協会,映像情報メディア学会 英語論文誌編集委員 ITE Transactions on Media Technology and Applications,2012年01月 ~ 2014年05月
  • 独立行政法人産業技術総合研究所,研究ユニット評価委員会 (知能システム研究部門)委員,2012年09月 ~ 2014年03月
  • 独立行政法人日本学術振興会,科学研究費委員会専門委員,2012年12月 ~ 2013年11月
  • 学協会,電子情報通信学会,マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究専門委員会委員長,2011年04月 ~ 2013年05月
  • 学協会,映像情報メディア学会,関西支部長,2012年04月 ~ 2013年04月
  • 政府,文部科学省科学技術政策研究所,科学技術動向センター 専門調査員,2012年09月 ~ 2013年03月
  • 独立行政法人国際協力機構,「エジプト日本科学技術大学(E-Just)設立プロジェクト」 に係る国内支援委員会委員,2012年04月 ~ 2013年03月
  • 学協会,独立行政法人日本学術振興会,特別研究員等審査会専門委員及び 国際事業委員会書面審査員,2011年08月 ~ 2012年07月
  • 独立行政法人産業技術総合研究所,人間由来の情報を利用する情報処理研究の審査の あり方の検討会 委員,2010年12月 ~ 2011年03月
  • 独立行政法人日本学術振興会,科学研究費委員会専門委員,2010年01月 ~ 2010年11月
  • 独立行政法人日本学術振興会,科学研究費委員会専門委員,2008年12月 ~ 2009年11月
  • 学協会,電子情報通信学会パターン認識・メディア理解,研究専門委員会委員長,2007年04月 ~ 2009年05月
  • 学協会,電子情報通信学会和文論文誌,画像の認識・理解 特集号 編集委員,2008年05月01日 ~ 2009年
  • 学協会,人工知能学会,評議員,2004年06月 ~ 2008年06月
  • 学協会,映像情報メディア学会,評議員,2005年06月 ~ 2006年05月
  • 学協会,情報処理学会 論文誌編集委員会委員,2002年05月 ~ 2006年05月
  • 学協会,電子情報通信学会論文誌D(画像の認識・理解)特集号 編集委員長,2004年10月 ~ 2005年10月
  • 学協会,1st IEEE International Workshop on Managing Data for Emerging Multimedia Applications (EMMA) Technical Program Committee Members,2004年10月 ~ 2005年04月
  • 学協会,電子情報通信学会パターン認識・メディア理解 研究専門委員会副委員長,2002年05月 ~ 2004年05月
  • 学協会,人工知能学会,評議員,1998年06月 ~ 2002年06月
  • 学協会,情報処理学会関西支部 幹事(役員),1999年05月 ~ 2001年05月
  • 学協会,電子情報通信学会,パターン認識・メディア理解研究専門委員会幹事,1998年05月 ~ 2000年05月
  • 学協会,電子情報通信学会 2000年総合大会プログラム編成委員,2000年01月 ~ 2000年03月
  • 学協会,電子情報通信学会1999年ソサイエティ大会プログラム編成委員,1999年06月 ~ 1999年09月
  • 学協会,情報処理学会,人工知能(知能と複雑系)研究連絡会連絡委員,1995年04月 ~ 1999年04月
  • 学協会,電子情報通信学会1999年総合大会プログラム編成委員,1999年01月 ~ 1999年03月
  • 学協会,電子情報通信学会1998年ソサイエティ大会プログラム編成委員,1998年07月 ~ 1998年10月
  • 電子情報通信学会ソサイエティ大会併催事業 パターン認識・メディア理解アルゴリズムコンテスト実行委員,1998年04月 ~ 1998年10月
  • 学協会,電子情報通信学会,クラスルームビジョン研究会(第3種研究会)専門委員会,1996年05月 ~ 1998年03月
  • 学協会,電子情報通信学会,英文論文特集(文字認識と文書理解)特集編集委会,1995年06月 ~ 1996年05月
  • (財)大阪科学技術センター,熟達マシンシステム開発研究委員会(先導研究)幹事会委員,1994年09月 ~ 1995年03月
  • 自治体,和歌山県,近畿地域戦略的地域技術形成事業推進委員会和歌山県分科会委員,1992年12月 ~ 1995年03月
  • 学協会,電子情報通信学会,英文論文特集(文書図面の解析と理解)特集編集委員会,1993年05月 ~ 1994年07月
  • 1994年度人工知能学会全国大会プログラム委員,1993年10月 ~ 1994年06月
  • (財)大阪科学技術センター・新機械情報産業振興委員会,熟達マシンシステム研究に関する委員会委員,1993年10月 ~ 1994年03月
  • (財)大阪科学技術センター,近畿機械情報産業振興調査分科会委員,1993年07月 ~ 1994年03月
  • 第2回文書解析と認識国際会議(ICDAR93)プログラム委員,1993年04月 ~ 1993年11月
  • 学協会,コンピュータビジョンアジア会議(ACCV93)実行委員,1993年04月 ~ 1993年11月
  • (財)大阪科学技術センター,快適工場推進調査委員会委員,1992年09月 ~ 1993年03月
  • 学協会,画像電子学会20周年記念国際セッション実行委員,1991年02月 ~ 1992年06月
  • (財)新世代コンピュータ技術開発機構(ICOT),「知的データベースワーキンググループ」委員,1991年04月 ~ 1992年03月
  • (財)大阪科学技術センター,近畿新生産環境システム構築調査委員会特別協力委員,1990年09月 ~ 1992年03月
  • 学協会,平成3年電気関係学会関西支部連合大会プログラム構成委員,1991年07月 ~ 1991年11月
  • 学協会,ACM International Conference on Multimedia Retrieval(ICMR2018),Honorary Co-Chairs,2018年06月 ~
  • 学協会,映像情報メディア学会,2014年年次大会関西支部実行副委員長,2014年08月 ~
  • 学協会,2013 IEEE International Conference on Multimedia & Expo(ICME2013),Area Chair,2013年07月 ~
  • 学協会,IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION FORENSICS AND SECURITY Special Issue on Intelligent Video Surveillance for Public Security & Personal Privacy,Guest Editor,2012年09月 ~
  • 学協会,2012 IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME2012) Technical Program Committee Members,2012年07月 ~
  • 学協会,International Conference on Patter Recognition(ICPR2012),Track Co-Chair(Pattern Recognition and Applications Track),2012年 ~
  • 学協会,2011 IEEE International Conference on Multimedia & Expo(ICME2011),Technical Program Committee Members,2011年07月 ~
  • 学協会,ACM Multimedia 2011,Program Committee Members(Media analysis and search Track),2011年 ~
  • 学協会,ACM Multimedia 2010,Technical Program Committee Members & Meta-Reviewer(Content Track),2010年 ~
  • 学協会,ACM International Conference on Image and Video Retrieval(CIVR2010),Special Session Co-Chair,2010年 ~
  • 学協会,2009 IEEE International Conference on Image Processing(ICIP2009),Program Committee Members(Reviewer),2009年11月 ~
  • 学協会,ACM Multimedia 2009,Technical Program Committee Members(Content Track),2009年10月 ~
  • 学協会,2009 APSIPA Annual Summit and Conference(APSIPA ASC 2009),Sub-Track Chair(Image, video, and multimedia signal processing),2009年10月 ~
  • 学協会,The Ninth Asian Conference on Computer Vision(ACCV2009),Area Chair,2009年09月 ~
  • 学協会,The 2009 International Conference on Multimedia, Information Technology and its Applications (MITA2009),General Vice Chair,2009年08月 ~
  • 学協会,2008 IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME2008),Program Committee Members,2009年06月 ~
  • 学協会,Advances in Multimedia,Editorial Board,2009年01月 ~
  • 学協会,3rd Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology(PSIVT2009),Workshop/Tutorial Chairs,2009年01月 ~
  • 学協会,19th International Conference on Pattern Recognition (ICPR 2008),Track: 4 - Multimedia and Video Analysis Technical Committee (TC) Member,2008年12月 ~
  • 学協会,International Workshop on Sensing Web in conjunction with the 19th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2008),Workshop Chair,2008年12月 ~
  • 学協会,2008 IEEE International Conference on Image Processing(ICIP2008),Program Committee Members(Reviewer),2008年10月 ~
  • 学協会,ACM Multimedia 2008,Technical Program Committee Members(Content Track),2008年10月 ~
  • 学協会,画像の認識・理解シンポジウム2008,実行委員長,2008年07月 ~
  • 学協会,2008 IEEE International Conference on Multimedia & Expo(ICME2008),Program Committee Members,2008年06月 ~
  • 学協会,PCM 2007 (Pacific-Rim Conference on Multimedia) technical program committee member Multimedia Analysis and Retrieval track,2007年11月 ~
  • (財)大阪科学技術センター,関西安全・安心を支える科学技術推進会議 暮らしの安全安心研究会 学識委員,2007年10月 ~
  • 学協会,2nd Korea-Japan Joint Workshop on Pattern Recognition (KJPR2007) Workshop Co-Chairs,2007年10月 ~
  • 学協会,WWW2008 (17th International World Wide Web Conference) Rich Media track programme committee member,2007年08月 ~
  • 学協会,IEEE Senior Member,2007年04月 ~
  • 学協会,International Workhsop on Multimedia Content Analysis and Mining(MCAM'07) Technical Program Committee Members,2007年01月 ~
  • 学協会,ACM Multimedia 2007 Technical Program Committee Members,2007年01月 ~
  • 学協会,画像の認識・理解シンポジウム2007,実行委員長,2007年 ~
  • 14th International MultiMedia Modeling Conference (MMM2008) General Co-chair,2006年08月 ~
  • 学協会,International MultiMedia Modeling Conference (MMM) 2007 program committee (PC) member,2006年05月 ~
  • 学協会,1st International Conference on Signal Processing and Multimedia Applications (SIGMAP) Program Committee Members,2006年01月 ~
  • 学協会,ACM Multimedia 2006 Technical Program Committee Members,2006年01月 ~
  • 学協会,2006 IEEE International Conference on Multimedia & Expo Track Chair (Multimedia Applications),2005年12月 ~
  • 学協会,ACM Multimedia 2005 Technical Program Committee Members,2005年10月 ~
  • 学協会,Asian Conference on Computer Vision(ACCV2006) Program Committee Member,2005年07月 ~
  • 学協会,2005 IEEE International Conference on Multimedia & Expo Program Committee Members,2005年07月 ~
  • 学協会,IS&T, SPIE 17th Annual Symposium Electronic Imaging 2005, Storage and Retrieval Methods and Applications for Multimedia Conference Co-chair,2005年01月 ~
  • 学協会,2004 Pacific-Rim Conference on Multimedia Publicity Co-Chair,2004年12月 ~
  • 学協会,ACM Multimedia 2004 Technical Program Committee Members,2004年10月 ~
  • 画像の認識・理解シンポジウム2004 プログラム委員長・MIRU長尾賞選考委員長,2004年07月 ~
  • 学協会,ACM SIGMM MIR Steering Committee members,2004年04月 ~
  • 学協会,9th International Conference on Computer Vision(ICCV2003) Program Committee Members,2003年10月 ~
  • 学協会,2003 IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME2003). Technical Program Committee Members,2003年07月 ~
  • (財)イメージ情報科学研究所,研究企画小委員会委員,2003年05月 ~
  • 学協会,Editorial Board, Multimedia Tools and Applications,2003年05月 ~
  • 4th International Workshop on Multimedia Information Retrieval (MIR2002) Program Committee Members,2002年12月 ~
  • 学協会,8th International Workshop on Multimedia Information Systems (MIS 2002). Program Committee Members,2002年10月 ~
  • 学協会,International Workshop on Intelligent Media Technology for Communicative Reality in conjunction with PRICAI-02 Program Committee Members,2002年08月 ~
  • 学協会,3rd International Workshop on Multimedia Information Retrieval (MIR2001) Workshop Co-chair,2001年10月 ~
  • 学協会,Sixth International Conference on Document Analysis and Recognition (ICDAR2001) Program Committee Members,2001年09月 ~
  • 学協会,平成12年電気関係学会関西支部連合大会実行委員,2000年11月 ~
  • International Workshop on Multimedia Information Retrieval Program Committee Members,2000年11月 ~
  • 学協会,画像の認識と理解シンポジウム(MIRU2000) 実行委員 若手プログラムWG主査,2000年07月 ~
  • Editorial Board, New Generation Computing,1999年12月 ~
  • 電子情報通信学会パターン認識メディア理解研究会 評価用映像メディアDB作成に関する検討部会(VDB-WG)主査,1999年09月 ~
  • 学協会,電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究専門委員会,委員,1996年 ~
  • 学協会,電子情報通信学会知能情報メディア研究会(第2種研究会)専門委員会,委員,1996年 ~
  • EAGL事業推進機構,EAGL協力研究者会員,1994年06月 ~
  • 学協会,情報処理学会,論文査読委員,1988年04月 ~