EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

Hiroshi Morita

Morita Hiroshi

情報科学研究科 情報数理学専攻,教授

keyword 統計的品質管理,データ科学,オペレーションズ・リサーチ,DEA,システム最適化

学歴

  • 1985年04月 ~ 1988年03月,大阪大学,大学院工学研究科博士後期課程,応用物理学専攻
  • 1983年04月 ~ 1985年03月,大阪大学,大学院工学研究科博士前期課程,応用物理学専攻
  • 1979年04月 ~ 1983年03月,大阪大学,工学部,応用物理学科

経歴

  • 2005年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院情報科学研究科 情報数理学専攻,教授
  • 2007年06月 ~ 2015年03月,政策研究大学院大学,客員教授
  • 2002年04月 ~ 2005年03月,大阪大学,大学院情報科学研究科 情報数理学専攻,助教授
  • 2001年06月 ~ 2002年03月,大阪大学,大学院工学研究科応用物理学専攻,助教授
  • 1999年04月 ~ 2001年05月,神戸大学,大学院自然科学研究科システム機能科学専攻,助教授
  • 1996年01月 ~ 1999年03月,神戸大学,工学部 情報知能工学科,助教授
  • 1996年12月 ~ 1997年09月,University of Massachusetts at Amherst,客員研究員
  • 1993年04月 ~ 1995年12月,神戸大学,工学部 情報知能工学科,講師
  • 1991年04月 ~ 1993年03月,大阪市立大学,商学部,講師
  • 1988年04月 ~ 1991年03月,大阪府立大学,総合科学部,助手

研究内容・専門分野

  • 情報通信,数理情報学,システム最適化
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),制御、システム工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災),社会システム工学,オペレーションズリサーチ
  • 情報通信,統計科学

所属学会

  • 日本経営工学会
  • The Institute for Management Science and Operations Research
  • スケジューリング学会
  • 日本品質管理学会
  • 日本機械学会
  • システム制御情報学会
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会

論文

  • Measuring the efficiency of energy planning under uncertainty,Sudlop Ratanakuakangwan,Hiroshi Morita,Energy Reports,Elsevier BV,2021年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Hybrid stochastic robust optimization and robust optimization for energy planning – A social impact-constrained case study,Sudlop Ratanakuakangwan,Hiroshi Morita,Applied Energy,Elsevier BV,Vol. 298,p. 117258-117258,2021年09月,研究論文(学術雑誌)
  • The Block Relocation Problem with Appointment Scheduling,Ahmed Azab,Hiroshi Morita,European Journal of Operational Research,Elsevier BV,2021年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Energy efficiency of power plants meeting multiple requirements and comparative study of different carbon tax scenarios in Thailand,Sudlop Ratanakuakangwan,Hiroshi Morita,Cleaner Engineering and Technology,Elsevier BV,Vol. 2,p. 100073-100073,2021年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Estimating stochastic production frontiers: A one-stage multivariate semiparametric Bayesian concave regression method,José Luis Preciado Arreola,Andrew L. Johnson,Xun C. Chen,Hiroshi Morita,European Journal of Operational Research,Elsevier BV,Vol. 287,No. 2,p. 699-711,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • The measurement of productive performance with consideration for allocative efficiency,Yu Zhao,Hiroshi Morita,Yukihiro Maruyama,OMEGA-INTERNATIONAL JOURNAL OF MANAGEMENT SCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 89,p. 21-39,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Optimal planning of air-conditioner configuration by local search using sparse estimation and extreme statistics,Haruki Inoue,Yuta Izumi,Hiroshi Morita,Proceedings of International Symposium on Scheduling 2019,Vol. CD-ROM,2019年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of essential facilities and occupancy class for earthquake preparedness in Dhaka City,Md. Sohel Ahmed,Hiroshi Morita,International Journal of Earthquake and Impact Engineering,Vol. 2,No. 4,p. 339-358,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Efficient product design using functional equations,Shingo Yamaguchi,Hiroshi Morita,JOURNAL OF ADVANCED MECHANICAL DESIGN SYSTEMS AND MANUFACTURING,JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS,Vol. 12,No. 6,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Universal oscillator fuzzy differential equations,Rui Dai,Minghao Chen,Hiroshi Morita,Fuzzy Sets and Systems,Elsevier B.V.,Vol. 347,No. 15,p. 89-104,2018年09月15日,研究論文(学術雑誌)
  • An analysis of housing structures' earthquake vulnerability in two parts of Dhaka city,Md Sohel Ahmed,Hiroshi Morita,Sustainability (Switzerland),MDPI AG,Vol. 10,No. 4,2018年04月07日,研究論文(学術雑誌)
  • Earthquake disaster management analysis in Dhaka,Md Sohel Ahmed,Hiroshi Morita,IHTC 2017 - IEEE Canada International Humanitarian Technology Conference 2017,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,Vol. CD-ROM,p. 46-50,2017年10月04日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Efficient product design using functional equations,Shingo Yamaguchi,Hiroshi Morita,Proceedings of International Conference on Design and Concurrent Engineering 2017 & Manufacturing Systems Conference 2017,2017年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A linear programming based heuristic algorithm for charge and discharge scheduling of electric vehicles in a building energy Management system,Shunji Umetani,Yuta Fukushima,Hiroshi Morita,OMEGA-INTERNATIONAL JOURNAL OF MANAGEMENT SCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 67,p. 115-122,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 複合システムにおける基本機能の数理的基礎付け,山口 新吾,森田 浩,生産システム部門講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2017,p. 404-404,2017年
  • Dynamic project scheduling with reduction of activity durations,Toshihisa Fujiwara,Hiroshi Morita,Haruhiko Suwa,International Journal of Project Organisation and Management,Inderscience Enterprises Ltd.,Vol. 8,No. 3,p. 259-274,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • National culture, organisational culture, total quality management implementation, and performance: An empirical investigation,R.Z. Abdul Aziz,Hiroshi Morita,International Journal of Productivity and Quality Management,Inderscience Enterprises Ltd.,Vol. 19,No. 2,p. 139-159,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Global Optimization with Gaussian Regression Under the Finite Number of Evaluation,Naoya Takimoto,Hiroshi Morita,Proceedings of the 5th International Conference on Simulation and Modeling Methodologies, Technologies and Applications (SIMULTECH2015),p. 192-198,2015年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Column Generation Model for the Electric and Fuel-engined Vehicle Routing Problem,Keisuke Murakami,Hiroshi Morita,2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC 2015): BIG DATA ANALYTICS FOR HUMAN-CENTRIC SYSTEMS,IEEE COMPUTER SOC,p. 1986-1991,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Comparative Study of Culture and Performance in TQM and Non-TQM Firms,RZ Abdul Aziz,Hiroshi Morita,Proceedings of International Conference on Quality 2014,2014年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Organizational culture, TQM implementation and performance: A Comparative Study between TQM and TQM-ISO Firms,RZ Abdul Aziz,Hiroshi Morita,Proceedings of The 12th Asian Network for Quality Congress,2014年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Study on CPM-based Dynamic Multi-project Scheduling,Toshihisa Fujiwara,Haruhiko Suwa,Hiroshi Morita,Proceedings of 2014 International Symposium on Flexible Automation,2014年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Relationship between national culture, organizational culture, TQM implementation and performance in Indonesia,RZ Abdul Aziz,Hiroshi Morita,Proceedings ofnThe 11th Asian Network for Quality Congress,2013年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Dynamic Scheduling Using Rescheduling Strategy and Reduction Processing Time,Toshihisa Fujiwara,Haruhiko Suwa,Hiroshi Morita,Proceedings of International Symposium on Scheduling 2013 (ISS2013),p. 32-36,2013年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Efficiency improvement from multiple perspectives: An application to Japanese banking industry,Xiaopeng Yang,Hiroshi Morita,OMEGA-INTERNATIONAL JOURNAL OF MANAGEMENT SCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 41,No. 3,p. 501-509,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A COMBINED APPROACH FOR PRODUCTION SCHEDULING AND ROUTING OF AUTOMATED GUIDED VEHICLES WITH LAYERED TIME-SPACE NETWORK,Yuta Hara,Shunji Umetani,Hiroshi Morita,PROCEEDINGS OF THE ASME/ISCIE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION, ISFA 2012,AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS,p. 569-572,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • OPTIMAL ELECTRIC POWER MANAGEMENT IN A RESIDENTIAL BUILDING USING PHOTOVOLTAIC AND STORAGE BATTERY,Tsukasa Demizu,Shunji Umetani,Hiroshi Morita,PROCEEDINGS OF THE ASME/ISCIE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION, ISFA 2012,AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS,p. 621-624,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A DEA model with identical weight assignment based on multiple perspectives,Xiaopeng Yang,Hiroshi Morita,International Journal of Applied Management Science,Vol. 4,No. 1,p. 18-35,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Robust energy management system with electric vehicles,Yuta Fukushima,Shunji Umetani,Hiroshi Morita,Susumu Iida,Misayo Kobayashi,Proceedings of International Symposium on Scheduling 2011 (ISS2011),2011年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A two-probe routing model and an algorithm for MCM substrates testing,Keisuke Murakami,Sshunji Umetani,Hiroshi Morita,Proceedings of International Symposium on Scheduling 2011 (ISS2011),2011年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The approach for skill up in five-why for investigating root cause of quality problems,Kousei Sugitani,Hiroshi Morita,International Journal of Data Analysis Techniques and Strategies,Vol. 3,No. 3,p. 221-240,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Benchmarking firm performance from a multiple-stakeholder perspective with an application to Chinese banking,Necmi K. Avkiran,Hiroshi Morita,OMEGA-INTERNATIONAL JOURNAL OF MANAGEMENT SCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 38,No. 6,p. 501-508,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 時間枠と不確実性を同時に考慮した配送計画問題のモデル化と解法,村上 啓介,森田 浩,日本機械学会論文集 C編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 76,No. 772,p. 3220-3229,2010年12月
  • Predicting Japanese bank stock performance with a composite relative efficiency metric: A new investment tool,Necmi K. Avkiran,Hiroshi Morita,PACIFIC-BASIN FINANCE JOURNAL,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 18,No. 3,p. 254-271,2010年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 顧客の需要量が不確実な状況下におけるロバスト配送計画,村上 啓介,森田 浩,日本経営工学会論文誌,公益社団法人 日本経営工学会,Vol. 60,No. 6,p. 289-296,2010年02月
  • A Method for Generating Robust Schedule under Uncertainty in Processing Time(<Special Issue>TOTAL OPERATIONS MANAGEMENT),MURAKAMI Keisuke,MORITA Hiroshi,International Journal of Biomedical Soft Computing and Human Sciences: the official journal of the Biomedical Fuzzy Systems Association,バイオメディカル・ファジィ・システム学会,Vol. 15,No. 1,p. 45-50,2010年
  • Hybrid model for the vehicle routing problem with stochastic demand,Keisuke Murakami,Hiroshi Morita,International Journal of Applied Management Science,Vol. 2,No. 3,p. 224-238,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Two-prove routing in inspection of circuit boards,Visappeka Virtanen,Shunji Umetani,Hiroshi Morita,Proceedings of International Symposium on Scheduing 2009 (ISS2009),Vol. 52-57,p. 52-57,2009年07月
  • SELECTING INPUTS AND OUTPUTS IN DATA ENVELOPMENT ANALYSIS BY DESIGNING STATISTICAL EXPERIMENTS,Hiroshi Morita,Necmi K. Avkiran,JOURNAL OF THE OPERATIONS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN,ELSEVIER SCI LTD,Vol. 52,No. 2,p. 163-173,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • OPTIMIZATION BY COMBINING EXPERIMENTS WITH SAMPLES OF VARYING PRECISION,Koji Tsuchiya,Hiroshi Morita,PACIFIC JOURNAL OF OPTIMIZATION,YOKOHAMA PUBL,Vol. 5,No. 2,p. 283-296,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 冷凍機システムの効率的運用法に関する研究,森田浩,結城直也,寺野真明,小林美佐世,システム制御情報学会論文誌,Vol. 22,No. 2,p. 83-88,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Robustness of DEA Efficiency by Probabilistic Distance Model,Jun Matsushita,Hiroshi Morita,Proceedings of DEA Symposium 2009,p. 112-115,2009年01月
  • Predicting stock performance by guided generalized data envelopment analysis,Hiroshi Morita,Necmi K. Avkiran,Proceedings of DEA Symposium 2009,p. 123-128,2009年01月
  • Models for measuring and benchmarking olympics achievements,Yongjun Li,Liang Liang,Yao Chen,Hiroshi Morita,OMEGA-INTERNATIONAL JOURNAL OF MANAGEMENT SCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 36,No. 6,p. 933-940,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Predicting bank stock performance with fundamental relative analysis: Simultaneous multi dimen-sional benchmarking as an investment tool,Necmi K. Avkiran,Hiroshi Morita,Proceedings of The 21st Australasian Finance and Banking Conference 2008,Vol. CD-ROM,2008年11月
  • Efficient operation scheduling for refrigeration system,Hiroshi Morita,Naoya Yuki,Masaaki Terano,Misayo Kobayashi,Proceedings of 2008 International Symposium on Flexible Automation,2008年06月
  • Selection of inputs and outputs in data envelopment analysis and its application to evaluation of manage-rial efficiency,Hiroshi Morita,Proceedings of DEA Symposium 2008,p. 102-107,2008年02月
  • Optimal factor-level condition in parameter design by using static SN ratio,Kenzou Hanada,Hiroshi Morita,Asia Pacific Management Review,Vol. 12,No. 5,p. 291-297,2007年10月
  • Context-dependent data envelopment analysis and its use,Hiroshi Morita,Joe Zhu,Modeling Data Irregularities and Structural Complexities in Data Envelopment Analysis,Springer US,p. 241-259,2007年,論文集(書籍)内論文
  • 精度の異なるデータによる予測の効率化,土屋 耕治,森田 浩,システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集,システム制御情報学会,Vol. 6,p. 141-141,2006年
  • Seven Tools of Operation Standardization for Mass Production of a New Product,Kosei Sugitani,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Knowledge Sharing in the Integrated Enterprise,p. 437-446,2005年12月
  • Variable Selection in Data Envelopment Analysis Based on External Evaluation,Hiroshi Morita,Yusuke Haba,Proceedings of the eighth Czech-Japan Seminar 2005 on Data Analysis and Decision Making under Uncertainty,p. 181-187,2005年09月
  • Context-dependent DEA with an application to Tokyo public libraries,Y Chen,H Morita,J Zhu,INTERNATIONAL JOURNAL OF INFORMATION TECHNOLOGY & DECISION MAKING,WORLD SCIENTIFIC PUBL CO PTE LTD,Vol. 4,No. 3,p. 385-394,2005年09月,研究論文(学術雑誌)
  • A slack-based measure of efficiency in context-dependent data envelopment analysis,H Morita,K Hirokawa,J Zhu,OMEGA-INTERNATIONAL JOURNAL OF MANAGEMENT SCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 33,No. 4,p. 357-362,2005年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Hybrid branch and bound method with genetic algorithm for flexible flowshop scheduling problem,H Morita,N Shio,JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES C-MECHANICAL SYSTEMS MACHINE ELEMENTS AND MANUFACTURING,JAPAN SOC MECHANICAL ENGINEERS,Vol. 48,No. 1,p. 46-52,2005年03月,研究論文(学術雑誌)
  • An estimation method of the parameters of a linear regression system subject to inefficiency,Ilyes Bellamine,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Asia Pacific Management Review,Vol. 9,No. 4,p. 583-593,2004年10月
  • Performance Analysis of Linear Regression Systems Subject to Inefficiency,Ilyes Bellamine,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Asia Pacific Management Review,Vol. 9,No. 3,p. 379-390,2004年07月
  • Branch and bound method with genetic algorithm for flexible flowshop scheduling,Hiroshi Morita,Naoki Shio,Proceedings of International Symposium on Scheduling 2004,p. 220-223,2004年05月
  • シート生産工程における遺伝的アルゴリズムと動的計画法によるハイブリッド多目的スケジューリング法,森田 浩,鬼頭 繁彦,システム制御情報学会論文誌,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 17,No. 4,p. 155-161,2004年04月15日
  • Multiplier bounds in DEA via strong complementary slackness condition solution,Yao Chen,Hiroshi Morita,Joe Zhu,International Journal of Production Economics,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 86,No. 1,p. 11-19,2003年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Inefficiency and model simplification in quality control,Ilyes Bellamine,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Proceedings of the 5th International Industrial Engineering Conference,Vol. CD-ROM,2003年10月
  • サプライチエインの効率性の測定と最適化のためのモデル,森田 浩,ZHU Joe,システム制御情報学会論文誌,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 16,No. 8,p. 388-396,2003年08月15日
  • On the decomposition of DEA inefficiency,Yao Chen,Hiroshi Morita,Joe Zhu,Multi-objective Programming and Goal Programming,p. 99-104,2003年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Approach for Determining DEA Efficiency Bounds,Y Chen,H Morita,J Zhu,Multi-Objective Programming and Goal-Programming,SPRINGER-VERLAG BERLIN,p. 105-110,2003年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of economies of scope by data envelopment analysis: Comparison of efficient frontiers,Hiroshi Morita,International Transactions in Operational Research,Vol. 10,No. 4,p. 393-402,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Solution of pattern matching inspection problem for grainy metal layers,Koichi Sakurai,Ayumu Onoyama,Tastuya Fujii,Ken-Ichiro Yamanishi,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,IEEE Transactions on Semiconductor Manufacturing,Vol. 15,No. 1,p. 118-126,2002年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Economic analysis of a high-volume flexible manufacturing system by high-speed processing,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Yasuto Tatsuta,Yoshiharu Takata,International Transactions in Operational Research,Vol. 9,No. 2,p. 235-245,2002年,研究論文(学術雑誌)
  • 分散型仮想工場の構築 (第1報, 生産管理法の特性評価),藤井 進,貝原 俊也,森田 浩,日本機械学会論文集. C編,一般社団法人日本機械学会,Vol. 67,No. 658,p. 2070-2076,2001年06月25日
  • ASIC製造ラインにおける欠陥検査法に関する基礎的研究,櫻井 光一,藤井 進,森田 浩,電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌,一般社団法人 電気学会,Vol. 121,No. 2,p. 231-238,2001年02月01日
  • Resource constrained planning of multiple projects with separable activities,S. Fujii,H. Morita,T. Kanawa,JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing,Vol. 44,No. 1,p. 261-266,2001年,研究論文(学術雑誌)
  • A distributed virtual factory in agile manufacturing environment,S Fujii,T Kaihara,H Morita,INTERNATIONAL JOURNAL OF PRODUCTION RESEARCH,TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 38,No. 17,p. 4113-4128,2000年11月,研究論文(学術雑誌)
  • The Virtual Factory Based Factory Management with Activity Based Costing in Agile Manufacturing Environment,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Toshiya Kaihara,Hajime Usui,Proceedings of the 2000 Japan-USA Symposium on Flexible Automation,Vol. CD-ROM,2000年04月
  • Performance Evaluation of Push and Pull Methods in a Large and Complex Manufacturing System using a Distributed Virtual Factory,Susumu Fujii,Toshiya Kaihara,Hiroshi Morita,Proceedings of 2000 International Conference on Advanced Manufacturing Systems and Manufacturing Automation,p. 741-744,2000年04月
  • A Study on Machine Characterization at High Volume Flexible Manufacturing System,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Hiroyuki Iio,Yasuto Tatsuta,Yoshiharu Takata,Proceedings of the 2000 Japan-USA Symposium on Flexible Automation,Vol. CD-ROM,2000年04月
  • A Study on Distributed Virtual Factory under Heterogeneous Simulation Environment,Susumu Fujii,Toshiya Kaihara,Hiroshi Morita,Tomohiro Kishigami,Proceedings of Pacific Conference on Manufacturing 2000,p. 727-732,2000年04月
  • Effectiveness of High Speed Machining Cells in High Volume FMS,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Yasuto Tatsuta,Yoshiharu Takata,Proceedings of Pacific Conference on Manufacturing 2000,p. 745-750,2000年04月
  • HIPARMS; Highly Productive And Reconfigurable Manufacturing System,S. Fujii,H. Morita,Y. Kakino,Y. Ihara,Y. Takata,D. Murakami,T. Miki,Y. Tatsuta,Proceedings of Pacific Conference on Manufacturing 2000,p. 970-980,2000年04月
  • A basic study on autonomous characterization of square array machining cells for agile manufacturing,S Fujii,H Morita,T Tanaka,PROCEEDINGS OF THE 2000 WINTER SIMULATION CONFERENCE,IEEE,p. 1282-1289,2000年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Modeling Formalism for Distributed Manufacturing Simulator,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Toshiya Kaihara,Atsushi Ouchi,Proceedings of the IFIP International Conference on Advances in Production Management Systems (APMS’99),p. 171-176,1999年09月
  • 多目的資源分割問題とFMSにおける工具と部品割り当てへの適用,森田 浩,藤井 進,河崎 利信,システム制御情報学会論文誌,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 12,No. 6,p. 326-333,1999年06月15日
  • Scheduling Rules Induction in Jobshop Scheduling Based on a Bottleneck Machine,Haruhiko Suwa,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of Second World Manufacturing Congress (WMC’99),p. 96-101,1999年06月
  • Efficiency Evaluation of Manufacturing System by Data Envelopment Analysis,Hiroshi Morita,Hideo Michida,Susumu Fujii,Proceedings of Second World Manufacturing Congress (WMC’99),p. 351-356,1999年06月
  • Economical analysis of high volume flexible manufacturing system for agile manufacturing,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Masahiro Imada,Hiroyuki Iio,Yasuto Tatsuta,Yoshiharu Takata,Strategic Management of the Manufacturing Value Chain,p. 160-166,1999年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • CHARACTERISTICS ON STOCHASTIC DEA EFFICIENCY : RELIABILITY AND PROBABILITY BEING EFFICIENT,Morita Hiroshi,Seiford Lawrence M.,日本オペレーションズ・リサーチ学会論文誌,公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 42,No. 4,p. 389-404,1999年04月
  • 帰納的学習法によるスケジューリング・ルールの自動獲得とルールに基づく近傍探索スケジューリング-ジョブショップ総所要時間最小化問題への適用,諏訪 晴彦,森田 浩,藤井 進,システム制御情報学会論文誌,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 12,No. 3,p. 152-160,1999年03月15日
  • An optimization study on man-machine assignment for multifunction workforce utilization,P Ghinato,S Fujii,H Morita,ANALYSIS, DESIGN AND EVALUATION OF MAN-MACHINE SYSTEMS 1998,ELSEVIER SCIENCE BV,p. 437-442,1999年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Distributed Virtual Factory and Cost Analysis,Susumu Fujii,Toshiya Kaihara,Hiroshi Morita,Proc. of the International Conference on Advances in Materials and Processing Technologies,Vol. 3,p. 1755-1763,1999年
  • FMSにおけるジョブと工具の機械割り当て法に関する研究,藤井 進,森田 浩,松本 博忠,高田 芳治,龍田 康登,日本機械学会論文集. C編,一般社団法人日本機械学会,Vol. 64,No. 623,p. 2639-2646,1998年07月
  • A Heuristic Approach to Solve the Multifunction Worker Assignment Problem in U-shaped Production Lines,Paulo Ghinato,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of the 5th International Conference on Automation Technology,p. 176-183,1998年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Basic Study on the Multifunction Worker Assignment Problem in U-shaped Production Lines,Paulo Ghinato,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Memoirs of Graduate School of Science and Technology, Kobe University,Kobe University,Vol. A,No. 16,p. 143-150,1998年04月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Learning of Scheduling Rules by Induction and Its Application to Job Shop Problems Minimizing Makespan,Haruhiko Suwa,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of 1998 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation,p. 1385-1391,1998年04月
  • A Modeling Methodology of Distributed Manufacturing Simulation Based on Object-Oriented Paradigm,Susumu Fujii,Toshiya Kaihara,Hiroshi Morita,Tetsuya Miyamato,Proceedings of 1998 JAPAN-U.S.A. SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION,p. 139-146,1998年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Analysis of the Performance of a Solution Method Based on the Spacefilling Curve Technique for the Man-Machine Assignment Problem,Paulo Ghinato,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of Conference on Manufacturing and Service Operations Management,p. 107-112,1998年04月
  • A Basic Study on Efficiency Analysis of Manufacturing System,Hiroshi Morita,Susumu Fujii,Naoya Hada,Hiroshi Iwanaga,CIRP Journal of Manufacturing Systems,Vol. 27,No. 2,p. 215-220,1998年04月
  • Autonomous Assignment of Jobs and Tools in Flexible Manufacturing System,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of the 1998 Pacific Conference on Manufacturing,p. 52-57,1998年04月
  • Two effective methods for workforce reduction under lean production principles,Paulo Ghinato,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of the 8th International Conference on Flexible Automation and Intelligent Manufacturing,p. 703-714,1998年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Allocation of Multifunctional Workers in U-shaped Production Lines : A Multi-objective Approach,Paulo Ghinato,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of the 1998 Pacific Conference on Manufacturing,p. 652-657,1998年04月
  • Acquisition and refinement of scheduling rules for job shop problems,H Suwa,S Fujii,H Morita,IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL ELECTRONICS (ISIE 98) - PROCEEDINGS, VOLS 1 AND 2,IEEE,p. 720-725,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A study on the worker assignment problem under lean production principles,P Ghinato,S Fujii,H Morita,1998 JAPAN-U.S.A. SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION - PROCEEDINGS,INSTITUTE SYSTEMS, CONTROL & INFORMATION ENGINEERS,p. 917-924,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 帰納的学習法によるスケジューリング・ルールの自動獲得-フローショップ総所要時間最小化問題への適用,諏訪 晴彦,森田 浩,藤井 進,システム制御情報学会論文誌,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 10,No. 9,p. 463-469,1997年09月15日
  • A Basic Approach to the Multi-function Workers Assignment Problem in U-shaped Production Lines,Paulo Ghinato,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of the 3rd International Congress of Industrial Engineering,Vol. CD-ROM,1997年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Acquisition of Scheduling Rules for Job Shop Problems,Haruhiko Suwa,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of Conference on Management and Control of Production and Logistics,Vol. 1,p. 117-122,1997年04月
  • On Resource Constrained Planning of Multiple Projects with Separable Activities,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Takuya Kanawa,Proceedings of International Conference on Manufacturing Milestones toward the 21st Century,p. 531-536,1997年04月
  • Structural Analysis of High Volume Flexible Manufacturing for Agile Manufacturing,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Hiroyuki Iio,Yasuto Tatsuta,Yoshihara Takata,Proceedings of International Symposium on Manufacturing Systems (S. Nahavandi and M. Saadat eds.),p. 34-39,1997年04月
  • フローショプ問題におけるスケジューリング・ルールの帰納的獲得とタブー探索法への適用,諏訪 晴彦,藤井 進,森田 浩,神戸大学大学院自然科学研究科紀要. B,神戸大学,Vol. 15,p. 119-126,1997年03月01日
  • A Basic Study on a Flexible Manufacturing System for High Volume Manufacturing,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Hirotada Matsumoto,Yasuto Tatsuta,Yoshiharu Takata,Proceedings on Pacific Conference on Manufacturing ’96,p. 338-343,1996年04月
  • Two-objective Set Division Problem and its Application to Production Cell Problem,Hiroshi Morita,Toshinobu Kawasaki,Susumu Fujii,Proceedings of 1996 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation,Vol. pp. 1297-1300,p. 1297-1300,1996年04月
  • An Acquisition of Scheduling Rules for Flow Shop Problems,Haruhiko Suwa,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of the IFIP International Conference on Advances in Production Management Systems (APMS’96),p. 631-636,1996年04月
  • Heuristic Rule Acquisition for Flow-Shop Scheduling,Haruhiko Suwa,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of 1996 Japan-U. S. A. Symposium on Flexible Automation,p. 1345-1352,1996年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 2仕事入換えによるスケジューリング・ルールの帰納的学習,藤井 進,森田 浩,諏訪 晴彦,計測自動制御学会論文集,計測自動制御学会,Vol. 32,No. 2,p. 261-270,1996年02月29日
  • 時間制約付きプロジェクト計画法,藤井 進,森田 浩,金田 健一,正岡 良規,システム制御情報学会論文誌,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 9,No. 1,p. 34-40,1996年01月15日
  • A Basic Study on High Volume Flexible Manufacturing System for Agile Manufacturing,Advances in Production Management Systems, Chapman & Hall,p. 67-78,1996年
  • ファジィカテゴリー入力による効率性分析,森田 浩,システム制御情報学会論文誌,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 8,No. 4,p. 149-156,1995年04月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Stochastic Variations in Data Envelopment Analysis,Hiroshi Morita,Susumu Fujii,Toshiyuki Kajihara,Proceedings of APORS'94,p. 549-556,1995年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • フロー・ショップ問題における帰納的学習によるルール獲得技法の検討,藤井 進,諏訪 晴彦,森田 浩,神戸大学大学院自然科学研究科紀要. B,神戸大学,Vol. 13,No. B,p. 99-106,1995年03月01日,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • EFFICIENCY ANALYSIS BY STOCHASTIC DATA,森田 浩,Asano Hiroki,藤井 進,神戸大學工學部研究報告,神戸大学,Vol. 41,No. 41,p. 79-86,1994年11月
  • Fuzzy Categorical Variables in Data Envelopment Analysis,Hiroshi Morita,Shinya Nose,Proceedings of 1994 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation,p. 913-916,1994年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On Autonomous Planning of Tool and Job Assignment in FMS,Susumu Fujii,Hiroshi Morita,Proceedings of 1994 Pacific Conference on Manufacturing,p. 652-659,1994年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Efficient Algorithm for a Stochastic Linear Knapsack Problem with a Single Index Model,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Mathematica Japonica,Vol. 38,No. 1,p. 17-25,1993年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Value of Information in Stochastic Programming,Hiroshi Morita,Osaka City University Business Review,No. 4,p. 35-43,1993年,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • A stochastic improvement method for stochastic programming,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Computational Statistics & Data Analysis,Vol. 14,No. 4,p. 477-487,1992年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Portfolio Selection Problems by Stochastic Programming: An Efficient Algorithm for a Stochastic Linear Knapsack Problem,Hiroshi Morita,Osaka City University Business Review,No. 3,p. 67-73,1992年04月
  • Stochastic Linear Programming Problem with Partially Estimated Constraint,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Toshio Nishida,Mathematica Japonica,Vol. 35,No. 3,p. 551-559,1990年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Discrete variable stochastic approximation procedures and recursive autoregressive model identification,Katsuji Uosaki,Hiroshi Morita,International Journal of Systems Science,Vol. 21,No. 10,p. 1951-1963,1990年,研究論文(学術雑誌)
  • Stochastic Linear Knapsack Programming Problem and Its Application to a Portfolio Selection Problem,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Toshio Nishida,Vol. 40,No. 3,p. 329-336,1989年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Stochastic Programming with Estimated Objective,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Toshio Nishida,Technology Reports of the Osaka University,Vol. 39,No. 1947,p. 1-7,1989年04月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • An Approach to the Infeasibility for a Stochastic Programming Problem Using a Distance Function,Hiroshi Morita,Hiroaki Ishii,Toshio Nishida,Proceedings of International Conference on Optimization Technique and Application,p. 865-871,1987年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 確率計画問題における信頼域によるアプローチ,森田 浩,石井 博昭,西田 俊夫,日本オペレーションズ・リサーチ学会論文誌,公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 30,No. 2,p. 218-231,1987年,研究論文(学術雑誌)
  • 離散点における確率近似法による極大値探索,Katsuji Uosaka,Hiroshi Morita,計測自動制御学会論文集,Vol. 22,No. 3,p. 270-274,1986年
  • Stochastic approximation procedure on a discrete lattice and its application to recursive time series Identification,Hiroshi Morita,Katsuji Uosaki,Proceedings of IFAC Identification and System Parameter Estimation 1985,p. 885-890,1985年

MISC

  • 移動体追跡問題の推定結果に対する評価方法,田原 大地,梅谷 俊治,森田 浩,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,システム制御情報学会,Vol. 61,2017年05月23日
  • 大規模な推薦商品最適化問題に対する価格法と確率的劣勾配法の併用,菅 貴博,梅谷 俊治,森田 浩,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,システム制御情報学会,Vol. 61,2017年05月23日
  • 高校定期試験監督割当問題に対する最小費用流モデルによる下界の導出,松本 隆太郎,梅谷 俊治,森田 浩,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,システム制御情報学会,Vol. 61,2017年05月23日
  • ラスタ表現された図形の詰込み問題に対する局所探索法 (新時代を担う最適化 : モデル化手法と数値計算 : RIMS研究集会報告集),村上 祥平,梅谷 俊治,中野 雄介,森田 浩,数理解析研究所講究録,京都大学,No. 1981,p. 5-26,2016年01月
  • ハイブリッド電気自動車を用いた最適経路計画,村上 啓介,森田 浩,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,システム制御情報学会,Vol. 59,2015年05月20日
  • 1-B-9 ラスタ表現された図形の詰込み問題に対する局所探索法(学生セッション:離散最適化(2)),村上 祥平,梅谷 俊治,中野 雄介,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 2015,p. 30-31,2015年03月26日
  • 観測データに基づく人の移動履歴の推定 (最適化アルゴリズムの進展 : 理論・応用・実装 : RIMS研究集会報告集),梅谷 俊治,熊野 徹,蓮池 隆,森田 浩,数理解析研究所講究録,京都大学数理解析研究所,No. 1931,p. 31-36,2015年01月
  • 電気自動車とガソリン自動車を併用した配送計画問題に対する解法,村上 啓介,森田 浩,研究報告数理モデル化と問題解決(MPS),一般社団法人情報処理学会,Vol. 2014,No. 8,p. 1-6,2014年12月02日
  • 1-D-1 時間制約と充電を考慮した電気自動車の最適経路モデルと解法(スケジューリング(1)),村上 啓介,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 2014,p. 56-57,2014年08月28日
  • 1-A-3 太陽光発電と複数台の電気自動車を有する状況下での電力最適運用計画(電力運用(1)),濱田 直樹,梅谷 俊治,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 2014,p. 8-9,2014年03月06日
  • 1-H-4 ラスタ表現された図形の詰込み問題(最適化(3)),高屋 定尚,梅谷 俊治,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 2014,p. 142-143,2014年03月06日
  • 1-F-3 観測データに基づく人の移動履歴の推定(輸送・交通(1)),熊野 徹,蓮池 隆,梅谷 俊治,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 2014,p. 100-101,2014年03月06日
  • 1-D-3 太陽光発電・蓄電池を用いた住宅規模での電力運用最適化(スケジューリング),出水 宰,梅谷 俊治,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 2013,p. 64-65,2013年03月05日
  • 2-B-8 ネットワーク容量を考慮した時間枠付き経路計画問題に対する解法(離散最適化(6)),原 勇太,梅谷 俊治,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 2013,p. 160-161,2013年03月05日
  • 太陽光発電・蓄電池を用いた住宅規模での電力最適運用計画 (最適化手法の理論と応用の繋がり : RIMS研究集会報告集),出水 宰,梅谷 俊治,森田 浩,数理解析研究所講究録,京都大学,No. 1829,p. 64-71,2013年03月
  • 電気自動車インフラの効率的な運用と設計(<特集>社会インフラの設計と運用-数理計画から制度設計まで),森田 浩,小林 美佐世,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 56,No. 8,p. 427-432,2012年08月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ガウス型メンバシップ関数における重み付きTSファジイ逆推論,宮島 洋文,蓮池 隆,森田 浩,IEEE SMC Hiroshima Chapter Young Researchers' Workshop proceedings = IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会講演論文集,IEEE SMC Hiroshima Chapter,p. 57-60,2011年
  • 研究発表講演会SCI'11を開催して(学会活動),森田 浩,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 55,No. 9,p. 400-400,2011年
  • INFORMS Annual Meeting 2008 Washington 参加報告,森田 浩,小出 武,経営システム,Vol. 18,No. 6,p. 314-315,2009年02月15日,会議報告等
  • 資源制約付きプロジェクト・スケジューリング問題に関する基礎的研究 (21世紀の数理計画--最適化モデルとアルゴリズム--RIMS研究集会報告集),藤原 稔久,諏訪 晴彦,森田 浩,数理解析研究所講究録,京都大学数理解析研究所,No. 1629,p. 125-130,2009年02月
  • 最適化のための効率的なサンプリングに関する考察 (数値最適化の理論と実際--RIMS研究集会報告集),土屋 耕治,森田 浩,数理解析研究所講究録,京都大学数理解析研究所,No. 1584,p. 122-131,2008年02月
  • DEAの図解,森田 浩,オペレーションズ・リサーチ,公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 52,No. 9,p. 563-566,2007年09月01日,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • SN比を用いた最適条件探索に関する考察 (モデリングと最適化の理論--RIMS研究集会報告集),花田 憲三,森田 浩,数理解析研究所講究録,京都大学数理解析研究所,No. 1526,p. 102-110,2006年12月
  • 異なる精度のデータを用いた予測法に関する考察 (モデリングと最適化の理論--RIMS研究集会報告集),土屋 耕治,森田 浩,数理解析研究所講究録,京都大学数理解析研究所,No. 1526,p. 111-119,2006年12月
  • 公平な社会の数理モデル特集号を企画して(<特集>公平な社会の数理モデル),森田 浩,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 49,No. 3,p. 77-77,2005年
  • スケジューリング問題のハイブリッド解法,森田 浩,生産と技術,生産技術振興協会,Vol. 57,No. 4,p. 51-54,2005年
  • 効率性の評価と品質管理手法への応用,森田 浩,生産と技術,生産技術振興協会,Vol. 54,No. 1,p. 43-45,2002年01月,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • 機械工学年鑑(2000年)ファクトリーオートメーション(FA),森田 浩,松田 三知子,木村 利明,日本機械学會論文集. C編,一般社団法人日本機械学会,Vol. 67,No. 660,p. 2421-2425,2001年08月25日,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 確率的DEA法,森田 浩,オペレーションズ・リサーチ,公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 46,No. 6,p. 296-301,2001年06月01日,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 平成11年度 第3回企業事例交流会ルポ,一森 哲男,森田 浩,オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学,公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会,Vol. 44,No. 7,p. 385-385,1999年07月01日,会議報告等
  • DEA(包絡分析法)の理論と応用,森田 浩,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 42,No. 10,p. 529-534,1998年10月
  • 確率的効率性に関する一考察 (決定理論とその関連分野),森田 浩,数理解析研究所講究録,京都大学数理解析研究所,No. 1043,p. 32-40,1998年04月
  • 確率的計画法とサンプル情報,森田浩,オペレーションズ・リサーチ,Vol. 37,No. 2,p. 88-92,1992年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Stochastic Programming と Reverse Convex Programming(最適化理論とその関連分野),森田 浩,石井 博昭,数理解析研究所講究録,京都大学数理解析研究所,No. 747,p. 62-72,1991年04月
  • 確率計画におけるサンプル情報の役割,森田浩,BASIC数学,p. 54-58,1991年,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • Estimated Stochastic Linear Programming(Mathematical Programming and its Related Field),森田 浩,石井 博昭,西田 俊夫,数理解析研究所講究録,京都大学数理解析研究所,No. 680,p. 164-173,1989年02月,記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

著書

  • TQMの基本と進め方 : 持続的成長のために,細谷, 克也,岩崎, 日出男,太田, 雅晴,北廣, 和雄,久保田, 洋志,佐藤, 真人,武石, 健嗣,竹士, 伊知郎,西, 敏明,森田, 浩,日科技連出版社,ISBN:9784817196828,2019年10月
  • よくわかる最新実験計画法の基本と仕組み : 実験の効率化と解析の全手法を解説,森田, 浩,秀和システム,ISBN:9784798059877,2019年09月
  • 一般書・啓蒙書,これだけ!実験計画法,森田, 浩,秀和システム,ISBN:9784798043395,2015年07月
  • 教科書・概説・概論,工学系の数学解析,八木, 厚志,森田, 浩,大阪大学出版会,ISBN:9784872594935,2015年02月
  • 一般書・啓蒙書,Excelでここまでできる統計解析 : ヒストグラムから重回帰分析まで,今里, 健一郎,森田, 浩,日本規格協会,ISBN:9784542601116,2015年02月
  • 一般書・啓蒙書,多変量解析の基本と実践がよ~くわかる本 : データ解析の手法を図解で説明!,森田, 浩,秀和システム,ISBN:9784798040615,2014年03月
  • 学術書,データ包絡分析法 : バランスの取れたベンチマーキング,森田, 浩,ITSC静岡学術出版事業部,ISBN:9784864740302,2014年02月
  • 一般書・啓蒙書,Excelでここまでできる実験計画法 : 一元配置実験から直交配列表実験まで,森田, 浩,今里, 健一郎,奥村, 清志,日本規格協会,ISBN:9784542601086,2011年09月
  • 一般書・啓蒙書,よくわかる最新実験計画法の基本と仕組み : 実験の効率化とデータ解析の全手法を解説 : 実験計画手法入門,森田, 浩,秀和システム,ISBN:9784798027852,2010年11月
  • 一般書・啓蒙書,Excelでここまでできる統計解析 : パレート図から重回帰分析まで,今里, 健一郎,森田, 浩,日本規格協会,ISBN:9784542601062,2007年09月
  • 学術書,Modeling Data Irregularities and Structural Complexities in Data Envelopment Analysis,Joe Zhu,Wade D. Cook,Hiroshi Morita,Springer Science & Business Media,2007年06月
  • 学術書,不確実・不確定性の数理,石井, 博昭,森田, 浩,斎藤, 誠慈,大阪大学出版会,ISBN:4872591453,2004年06月
  • 学術書,経営効率評価ハンドブック : 包絡分析法の理論と応用,刀根, 薫,上田, 徹,森田浩,他,朝倉書店,ISBN:9784254270143,2000年02月

特許・実用新案・意匠

  • 建物と空調モデルを連成させた空調機の選定システム,森田浩,芝田拓真,泉裕太,西村忠史,特願2021-113373,出願日:2021年07月08日
  • 組合せ決定システム,泉裕太, 西村忠史, 森田浩, 井上晴貴,特願2020-163960,出願日:2020年09月29日
  • 組合せ解決定システム,泉裕太,西村忠史,森田浩,井上晴貴,特願2019-125449,出願日:2019年07月
  • 運転スケジュール作成方法及び運転スケジュール作成システム,小林美佐世,森田浩,特願2007-038578,出願日:2007年02月

受賞

  • Best Paper Award for Scheduling Practice,Haruki Inoue,Yuta Izumi,Hiroshi Morita,Scheduling Society of Japan,2019年07月
  • 学会賞学術賞,前田慎一,森田浩,スケジューリング学会,2018年09月
  • フェロー,日本オペレーションズ・リサーチ学会,2009年03月
  • 工作機械技術振興賞 論文賞,公益財団法人 工作機械技術振興財団,1999年07月

講演・口頭発表等

  • 深層学習による時間減衰を考慮したインフィード広告のCTR予測,出水宰,深澤佑介,森田浩,情報処理学会第91回MBL研究会,2019年05月
  • Iterative S-shape Estimation,Daisuke Yagi,Andrew L. Johnson,Hiroshi Morita,15th European Workshop on Efficiency and Productivity Analysis,2017年06月
  • 2-E-7 重み付きTSファジィ推論における逆推論(意思決定),宮島 洋文,蓮池 隆,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2011年09月13日
  • 1-A-9 制約付き直方体詰込み問題による立体詰込みの近似解法(離散最適化(1)),弘中 諒,梅谷 俊治,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2011年03月17日
  • 2-E-6 建設機械の作業効率最適化支援に関する研究(予測),神藤 啓太,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2011年03月17日
  • 304 不確実な状況下において時間枠を考慮した配送計画問題(OS3-1 環境変化に強いシステム),村上 啓介,森田 浩,生産システム部門講演会講演論文集,2010年
  • Efficiency Estimation and Improvement under the Circumstance of Multiple Perspectives,Proceedings of 4th Symposium on Data Envelopment Analysis 2010,2010年01月
  • 1-G-3 ネットワークDEAを用いた機械操作における効率性評価(DEA(1)),森田 浩,中辻 一浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2009年09月09日
  • Critical Path Methodに基づくリアクティブ・プロジェクト・スケジューリングに関する基礎的研究,藤原 稔久,諏訪 晴彦,森田 浩,システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集,2009年
  • 2-A-15 不良の原因設備および工程の特定に関する研究(生産管理),倉谷 超,梅谷 俊治,森田 浩,藤平 雅信,福島 高司,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2008年09月10日
  • 2-D-2 顧客の需要量が不確実な状況下における配送計画問題の研究(整数計画),村上 啓介,梅谷 俊治,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2008年09月10日
  • 1-S-8 冷凍機システムの効率的運用法に関する研究(企業事例交流会),小林 美佐世,結城 直也,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2008年09月10日
  • 2201 資源制約付きプロジェクト・スケジューリング問題に対するリアクティブ戦略に関する基礎的研究(OS2-2 スケジューリングII),藤原 稔久,諏訪 晴彦,森田 浩,生産システム部門講演会講演論文集,2008年
  • 1-B-6 確率的変動に対する効率的評価の安定性(評価のOR(1)),松下 潤,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2007年09月27日
  • 1-C-11 分枝限定法を用いたロバストスケジューリングの研究(離散最適化(2)),村上 啓介,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2006年09月12日
  • 4-7 パラメータ設計におけるSN比の基本挙動に関する一考察(4.研究発表会の要旨,(社)日本品質管理学会 第80回研究発表会),花田 憲三,森田 浩,品質,2006年07月15日
  • 競合環境下における競争力の評価(意思決定(2)),森田 浩,廣川 耕一郎,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2005年03月16日
  • 7101 処理時間の不確実性を含むフレキシブルフローショップ問題の解法(OS7 学生研究課題発表),森田 浩,村上 啓介,生産システム部門講演会講演論文集,2005年
  • 競合環境下における効率性に関する一考察(DEA(1)),森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2004年09月08日
  • Combined Model for Clustering Observations of Systems Subject to Inefficiency(DEA(2)),BELLAMINE Ilyes,森田 浩,石井 博昭,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2004年03月17日
  • さまざまな評価基準が存在する上での選抜方法の考察(DEA(2)),廣川 耕一郎,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2004年03月17日
  • 2105 設備切り替えのあるシート生産工程におけるハイブリッド多目的スケジューリング法,森田 浩,鬼頭 繁彦,石井 博昭,生産システム部門講演会講演論文集,2003年
  • ノンパラメトリック確率分布による確率的DEA法(DEA(2)),森田 浩,羽場 洋介,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2002年09月11日
  • 確率的DEAによる技術変化と効率性の評価に関する研究(DEA(2)),林 崇文,森田 浩,藤井 進,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2002年03月27日
  • 「数理的意思決定とその応用」研究部会最終活動報告(ペーパフェア),森田 浩,伊藤 健,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2002年03月27日
  • 1201 作業ネットワークにおける多目的配置問題に関する研究,森田 浩,宮後 謙太郎,藤井 進,生産システム部門講演会講演論文集,2002年
  • サプライウエップ環境下における企業間商取引アルゴリズム : 経済学的マルチエージェントによるアプローチ(統合オペレーション),貝原 俊也,藤井 進,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2001年05月01日
  • 「モデル化と最適化」研究部会最終活動報告および「数理的意思決定とその応用」研究部会中間活動報告(ペーパーフェア),塩出 省吾,森田 浩,伊藤 健,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2001年05月01日
  • F-0620 FMSにおける工具室を考慮した工具とジョブの配分計画法に関する基礎研究(S42-3 生産システムにおけるソフトウェア技術(3))(S42 生産システムにおけるソフトウェア技術),藤井 進,森田 浩,張 小明,年次大会講演論文集,2001年
  • ASIC製造ラインにおける欠陥検査法に関する基礎的研究,電気学会論文誌,2001年
  • 確率的フロンティアと包絡分析法による技術変化の評価とその比較(評価のOR),林 崇文,森田 浩,藤井 進,中山 徳良,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2000年09月27日
  • サプライウェブ環境下のバーチャルエンタープライズ構成に関する一考察(統合オペレーション),藤井 進,貝原 俊也,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,2000年09月27日
  • 多段階並列機械群の自律的専用化,森田 浩,藤井 進,飯尾 啓之,年次大会講演論文集,2000年04月
  • オープン環境下における分散仮想工場に関する研究,藤井 進,貝原 俊也,森田 浩,岸上 智広,指尾 健太郎,年次大会講演論文集,2000年04月
  • 舞台空間の照明計画法に関する数理的考察(数理計画法(2)),藤井 進,森田 浩,十河 知也,吉田 稔,米田 さつき,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,2000年03月27日
  • 1317 分散型仮想工場を用いた製品コスト分析 : 特急品の影響について(FM-3 生産システム(2)),藤井 進,貝原 俊也,森田 浩,臼井 肇,赤瀬 有美,関西支部講演会講演論文集,2000年
  • 不確実性による非効率性を考慮した確率的DEAモデル(DEA(2)),道田 英雄,森田 浩,藤井 進,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,1999年09月20日
  • 照明空間デザインと官能評価のモデル化 : RBFネットワークによる印象評価と照明要因のモデル化((5)照明計画),米田 さつき,吉田 稔,田渕 義彦,藤井 進,森田 浩,池見 憲一,照明学会全国大会講演論文集,1999年07月22日
  • 要求照度からの照明設計アプローチ : 遺伝的アルゴリズムによる重点照明設計問題の解法((5)照明計画),吉田 稔,米田 さつき,藤井 進,森田 浩,十河 知也,照明学会全国大会講演論文集,1999年07月22日
  • スポットライトの最適照射条件の自動決定,吉田 稔,藤井 進,森田 浩,安田 貴義,浜本 幸治,照明学会全国大会講演論文集,1995年03月31日
  • 確率的DEAモデルにおけるウェイト付けの方法(DEA(2)),森田 浩,麻野 浩樹,藤井 進,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,1995年03月27日
  • 「システムと最適化」研究部会報告(ペーパーフェア),一森 哲男,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,1995年03月27日
  • タスクの位置情報に基づくスケジューリング・ルールの獲得,藤井 進,諏訪 晴彦,森田 浩,情報処理学会研究報告. 人工知能研究会報告,1995年01月18日
  • ジョブ・ショップ問題におけるルールの学習 : タスクの位置特性に基づくルール抽出に関する基礎的研究(知識獲得),藤井 進,森田 浩,諏訪 晴彦,シンポジウム,1994年10月11日
  • FMSにおけるジョブと工具の機械割り当て法に関する研究(スケジューリング(1)),藤井 進,森田 浩,松本 博忠,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,1994年10月09日
  • 「システムと最適化」研究部会報告(ペーパーフェア),一森 哲男,森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,1994年05月25日
  • 2仕事入れ換えに基づくスケジューリング・ルールの獲得(特別セッション(3)スケジューリング),藤井 進,森田 浩,諏訪 晴彦,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,1994年05月25日
  • 確率的変動とDEA効率性(意思決定(3)),森田 浩,梶原 俊之,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,1994年05月25日
  • 工具交換を考慮したオークション方式によるジョブの割り当て問題に関する基礎研究(スケジューリング),藤井 進,森田 浩,杉谷 浩成,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,1993年10月23日
  • 確率的DEAモデルについて(DEA),森田 浩,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,1993年10月23日
  • 確率的最適化における情報について(数理計画),森田 浩,石井 博昭,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,1992年09月09日
  • 確率計画における逐次サンプリングについて(数理計画),森田 浩,石井 博昭,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,1991年10月16日
  • 機会制約条件問題に対する推定と一致性について(数理計画),森田 浩,石井 博昭,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,1991年05月08日
  • Stochastic Programming と Reverse Convex Programming(最適化理論とその関連分野),森田 浩,石井 博昭,数理解析研究所講究録,1991年04月
  • 未知の係数を含んだ制約式をもつ線形計画問題(数理計画),森田 浩,石井 博昭,日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集,1990年09月23日
  • 確率的線形ナップザック問題とポートフォリオ選択問題(II)(ポートフォリオ),森田 浩,石井 博昭,西田 俊夫,日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集,1990年05月19日
  • Estimated Stochastic Linear Programming(Mathematical Programming and its Related Field),森田 浩,石井 博昭,西田 俊夫,数理解析研究所講究録,1989年02月

委員歴

  • 日経品質管理文献賞選考委員会,副委員長,2021年01月 ~ 継続中
  • 学協会,日本品質管理学会,論文誌編集委員長,2020年11月 ~ 継続中
  • 学協会,日本品質管理学会,理事,2017年10月 ~ 継続中
  • 学協会,DEA International Conference,Advisory Committee,2016年07月 ~ 継続中
  • デミング賞委員会,審査委員,2010年01月 ~ 継続中
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会,関西支部運営委員,1993年 ~ 継続中
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会,理事,2019年04月 ~ 2021年04月
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会,関西支部長,2017年03月 ~ 2019年03月
  • 学協会,日本品質管理学会,関西支部幹事長,2011年10月 ~ 2017年10月
  • 学協会,スケジューリング学会,会長,2014年10月 ~ 2016年09月
  • 学協会,スケジューリング学会,副会長,2012年10月 ~ 2014年09月
  • 学協会,システム制御情報学会,理事,2010年05月 ~ 2012年05月
  • 学協会,日本機械学会,生産システム部門運営委員,2000年 ~ 2004年
  • 学協会,日本オペレーションズ・リサーチ学会,春季研究発表会実行委員長,2014年03月 ~
  • 学協会,International Symposium on Scheduling 2011,Executive Committee Chair,2011年07月 ~
  • 学協会,DEA Symposium 2009,Chair,2009年01月 ~
  • 学協会,DEA Symposium 2008,Chair,2008年02月 ~
  • 学協会,DEA Symposium 2007,Chair,2007年02月 ~