EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

福田 知弘

FUKUDA Tomohiro

工学研究科 環境エネルギー工学専攻,准教授

keyword 環境設計情報学,人工現実(仮想現実)、拡張現実、複合現実,BIM (ビルディング・インフォメーション・モデリング),計算機援用設計,環境デザイン

学歴

  • 1997年04月 ~ 1999年11月,大阪大学,大学院工学研究科,環境工学専攻 博士後期課程
  • 1994年04月 ~ 1996年03月,大阪大学,大学院工学研究科,環境工学専攻 博士前期課程
  • 1990年04月 ~ 1994年03月,大阪大学,工学部,環境工学科

経歴

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,大阪大学,体育会 ソフトボール部 顧問
  • 2016年11月30日 ~ 継続中,大阪大学 COデザインセンター,兼任教員
  • 2007年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院工学研究科 環境エネルギー工学専攻(旧:環境・エネルギー工学専攻),准教授
  • 2011年04月01日 ~ 2016年06月30日,大阪大学 コミュニケーションデザイン・センター,兼任教員
  • 2008年04月01日 ~ 2010年03月31日,大阪大学 サステイナビリティ・サイエンス研究機構,兼任教員
  • 2004年04月 ~ 2007年03月,大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻,助教授
  • 1996年04月 ~ 2004年04月,松下電工株式会社(現・パナソニック株式会社)

研究内容・専門分野

  • 環境・農学,環境影響評価,景観アセスメント
  • その他,その他,デザイン学関連
  • 社会基盤(土木・建築・防災),建築計画、都市計画
  • 社会基盤(土木・建築・防災),建築環境、建築設備

所属学会

  • CAADRIA (The Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia)
  • eCAADe (education and research in computer aided architectural design in europe
  • 土木学会
  • (社)日本建築学会
  • 日本都市計画学会
  • ASCAAD (Arab Society for Computer Aided Architectural Design)
  • SIGraDi (Sociedad Iberoamericana de Gráfica Digital)

論文

  • Sky View Factor Estimation from Street View Images based on Semantic Segmentation,Yixi Xia,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Urban Climate,Elsevier,Vol. 40,2021年12月,研究論文(学術雑誌)
  • An enhanced 3D model and generative adversarial network for automated generation of horizontal building mask images and cloudless aerial photographs,Kazunosuke Ikeno,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Advanced Engineering Informatics,Elsevier,Vol. 50,2021年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Automated point cloud classification using an image-based instance segmentation for structure from motion,Natthapol Saovana,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Automation in Construction,Vol. 129,p. 103804-103804,2021年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Automatic Object Removal With Obstructed Façades Completion Using Semantic Segmentation and Generative Adversarial Inpainting,Jiaxin Zhang,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,IEEE Access,Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE),Vol. 9,p. 117486-117495,2021年08月19日,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a City-Scale Approach for Façade Color Measurement with Building Functional Classification Using Deep Learning and Street View Images,Jiaxin Zhang,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,ISPRS International Journal of Geo-Information,MDPI,Vol. 10,No. 8,2021年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Virtual reality rendering methods for training deep learning, analysing landscapes, and preventing virtual reality sickness,Tomohiro Fukuda,Marcos Novak,Hiroyuki Fujii,Yoann Pencreach,International Journal of Architectural Computing,Vol. 19,No. 2,2021年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Assessing future landscapes using enhanced mixed reality with semantic segmentation by deep learning,Daiki Kido,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Advanced Engineering Informatics,Elsevier,Vol. 48,2021年04月,研究論文(学術雑誌)
  • ヘルメット装着型端末を用いたOWAS法に基づく建設作業員の姿勢推定システムの開発,田中 陸人,矢吹 信喜,福田 知弘,土木学会論文集F3(土木情報学),Vol. 77,No. 2,p. I_114-I_123,2021年03月15日,研究論文(学術雑誌)
  • 画像解析技術を用いたトンネル切羽の落石監視システムの開発,久保田 恭行,西山 哲,矢吹 信喜,福田 知弘,手塚 仁,尾畑 洋,村上 治,土木学会論文集F3(土木情報学),Vol. 77,No. 2,p. I_77-I_88,2021年03月15日,研究論文(学術雑誌)
  • 橋梁とセンサの連携データモデルに基づくデータベースの構築と検証,小山 誠稀,矢吹 信喜,福田 知弘,土木学会論文集F3(土木情報学),Vol. 77,No. 2,p. I_97-I_113,2021年03月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a system for assessing the quality of urban street-level greenery using street view images and deep learning,Yixi Xia,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Urban Forestry & Urban Greening,Elsevier BV,Vol. 59,p. 126995-126995,2021年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 画像上のコンクリート表面の変状検出に関する複数の深層学習モデルの精度比較,穴井 智史,矢吹 信喜,福田 知弘,土木学会論文集F3(土木情報学),土木学会,2021年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of BIM-based quantity takeoff for light-gauge steel wall framing systems,Chavanont Khosakitchalert,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,ITcon (Journal of Information Technology in Construction),2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 高速点群セグメンテーションと受信者のオブジェクト操作を可能とする3次元実物体の複合現実による遠隔共有手法,石川 大地,福田 知弘,矢吹 信喜,日本建築学会環境系論文集,日本建築学会,Vol. 85,No. 778,p. 1017-1026,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 複合現実による防災行政無線放送シミュレーション可視化システムの開発,池野 和之介,福田 知弘,矢吹 信喜,日本建築学会環境系論文集,日本建築学会,Vol. 85,No. 776,p. 757-765,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an unwanted-feature removal system for Structure from Motion of repetitive infrastructure piers using deep learning,Natthapol Saovana,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Advanced Engineering Informatics,Elsevier,Vol. 46,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Diminished reality system with real-time object detection using deep learning for onsite landscape simulation during redevelopment,Daiki Kido,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Environmental Modelling & Software,Elsevier,Vol. 131,p. 104759-104759,2020年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Performance Assessment of Feature Detector and Descriptor Algorithms for Scaffold Digital Images,Natthapol Saovana,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,応用測量論文集,Elsevier,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Automated modification of compound elements for accurate BIM-based quantity takeoff,Chavanont Khosakitchalert,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Automation in Construction,Elsevier,Vol. 113,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Integrating Animated Computational Fluid Dynamics into Mixed Reality for Building Renovation Design,Yuehan Zhu,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Technologies,MDPI,Vol. 8,No. 1,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Improving the accuracy of BIM-based quantity takeoff for compound elements,Chavanont Khosakitchalert,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Automation in Construction,Elsevier,Vol. 106,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Factors in the development of urban underground space surrounding metro stations: A case study of Osaka, Japan,Jian Peng,Fang-Le Peng,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Tunnelling and Underground Space Technology,Elsevier,Vol. 91,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • An Indoor Thermal Environment Design System for Renovation Using Augmented Reality,Tomohiro Fukuda,Kazuki Yokoi,Nobuyoshi Yabuki,Ali Motamedi,Journal of Computational Design and Engineering,Elsevier,Vol. 6,No. 2,p. 179-188,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Polygonization of Point Cloud of Tunnels Using Lofting Operation,Nao Hidaka,Takashi Michikawa,Ali Motamedi,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,International Journal of Automation Technology (IJAT),Vol. 12,No. 3,p. 356-368,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Optimizing the evaluation of building envelope design for thermal performance using a BIM-based overall thermal transfer value calculation,Worawan Natephra,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Building and Environment,Elsevier,Vol. 136,p. 128-145,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Polygonization of Point Clouds of Repetitive Components in Civil Infrastructure based on Geometric Similarities,Nao Hidaka,Takashi Michikawa,Ali Motamedi,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Automation in Construction,Elsevier,Vol. 86,p. 99-117,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Integrating 4D thermal information with BIM for building envelope thermal performance analysis and thermal comfort evaluation in naturally ventilated environments,Worawan Natephra,Ali Motamedi,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Building and Environment,Elsevier,Vol. 124,p. 194-208,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Integrating building information modeling and virtual reality development engines for building indoor lighting design,Worawan Natephra,Ali Motamedi,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Visualization in Engineering,Elsevier,Vol. 5,No. 1,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Accuracy Improvement of 3D Models Generated by Structure from Motion (SfM) Using Joint Histogram of Oriented Gradients (Joint-HOG),Reika Yamaguchi,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,International Symposium of the 11th Society for Social Management System,Society for Social Management Systems,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Signage Visibility Analysis and Optimization System Using BIM-enabled Virtual Reality (VR) Environments,Motamedi, Ali,Wang, Zhe,Yabuki, Nobuyoshi,Fukuda, Tomohiro,Michikawa, Takashi,Advanced Engineering Informatics,Elsevier,Vol. 32,p. 248-262,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • スケルトンと断面と利用したモノレールのレール部点群のポリゴンモデル化手法の開発,日高菜緒,道川隆士,矢吹信喜,福田知弘,Ali MOTAMEDI,土木学会論文集,土木学会,Vol. 72,No. 2,p. I_156-I_166,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A dynamic physical model based on a 3D digital model for architectural rapid prototyping,T. Fukuda,T. Tokuhara,N. Yabuki,Automation in Construction,Elsevier,Vol. 72,p. 9-17,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 世阿弥以降の能舞台様式の変化と『序破急五段』の関係性の研究,松永直美,矢吹信喜,亀山勇一,福田知弘,日本建築学会計画系論文集,Vol. 81,No. 728,p. 2317-2326,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 建物のエネルギー消費の改善のためのデータマイニング手法と知識システム,矢吹信喜,塚本祥太,中山一希,福田知弘,道川隆士,土木学会論文集,公益社団法人 土木学会,Vol. 70,No. 2,p. I_26-I_33,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 能舞台橋掛り様式の変化と『序破急』の関係性についての研究,松永直美,矢吹信喜,亀山勇一,福田知弘,土木学会論文集,Vol. 70,No. 2,p. I_207-I_213,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • NFC準拠ICタグを用いた街路樹の情報管理システムの開発,矢吹信喜,芦田雄太,福田知弘,道川隆士,土木学会論文集,Vol. 70,No. 2,p. I_177-I_184,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 都市景観検討のための複雑な建物BIMデータからの3Dモデル生成,矢吹信喜,李世一,福田知弘,道川隆士,土木学会論文集,Vol. 70,No. 2,p. I_169-I_176,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Diminished Realityを用いた構造物撤去新設時の景観検討AR実現に関する研究,矢吹信喜,種村貴士,福田知弘,道川隆士,土木学会論文集,Vol. 70,No. 2,p. I_16-I_25,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of registration accuracy of a handheld augmented reality system for urban landscape simulation,Tomohiro Fukuda,Tian Zhang,Nobuyoshi Yabuki,Frontiers of Architectural Research,Elsevier,Vol. 3,No. 4,p. 386-397,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A synchronous distributed cloud-based virtual reality meeting system for architectural and urban design,Lei Sun,Tomohiro Fukuda,Bernd Resch,Frontiers of Architectural Research,Elsevier,Vol. 3,No. 4,p. 348-357,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 複数マーカを用いた拡張現実感技術の施工現場への応用,羽鳥文雄,矢吹信喜,小森絵美,福田知弘,土木学会論文集,公益社団法人 土木学会,Vol. 69,No. 2,p. I_24-I_33,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Differences in Spatial Understanding between Physical and Virtual Models,Lei Sun,Tomohiro Fukuda,Toshihiko Tokuhara,Nobuyoshi Yabuki,Frontiers of Architectural Research,Elsevier,Vol. 3,No. 1,p. 28-35,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 複数マーカを用いた拡張現実感技術の施工現場への応用,羽鳥文雄,矢吹信喜,小森絵美,福田知弘,土木学会論文集,公益社団法人 土木学会,Vol. 69,No. 2,p. I_24-I_33,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A Heatstroke Prediction and Prevention System for Outdoor Construction Workers,Nobuyoshi Yabuki,Takuya Onoue,Tomohiro Fukuda,Shinji Yoshida,Visualization in Engineering,Vol. 1,No. 11,p. 1-16,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 拡張現実感による照明シミュレーションのための色票を用いた光学的整合性の実現手法,福田知弘,林緯政,矢吹信喜,日本建築学会環境系論文集,Vol. 78,No. 690,p. 661-668,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 非凸多角形を含む建築模型に対応した点群からの対話的な3次元モデリングシステムの開発,福田知弘,北川憲佑,矢吹信喜,日本建築学会計画系論文集,日本建築学会,Vol. 78,No. 687,p. 1231-1239,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 積集合演算によるBIMデータからの景観検討用3次元モデル作成手法の開発,矢吹信喜,川口貴之,福田知弘,土木学会論文集F3(土木情報学),2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • RFIDと携帯情報端末を用いた交通結節点における経路案内と意見集約システムの開発,矢吹 信喜,丸橋 温美,福田 知弘,土木学会論文集F3(土木情報学),2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • RFID技術とオントロジーを用いた街路樹管理支援システムの開発,矢吹 信喜,菊重 有輝,福田 知弘,江端 夢歌,土木学会論文集F3(土木情報学),2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 景観検討を対象としたクラウドコンピューティング型VRによる分散同期型検討会議の実現可能性,福田知弘,田口正晴,清水彩子,孫磊,日本建築学会計画系論文集,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 模型とVRとの視点連携による都市プレゼンテーションシステムの開発 - 二つのマーカーによる精度向上と専門家による評価 -,孫磊,福田知弘,徳原俊樹,矢吹信喜,日本建築学会環境系論文集,Vol. 76,No. 668,p. 953-961,2011年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 旅行者発信情報を収集可能な観光マネジメント支援システムの開発,福田知弘,吉川泰代,矢吹信喜,日本建築学会環境系論文集,Vol. 76,No. 662,p. 449-458,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • An invisible height evaluation system for building height regulation to preserve good landscapes using augmented reality,N. Yabuki,K. Miyashita,T. Fukuda,Automation in Construction,Elsevier,Vol. 20,No. 3,p. 228-235,2011年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A Basic Study on Ambient Contrast of a PC Display for Outdoor Use,Tomohiro Fukuda,日本建築学会・技術報告集,Vol. 17,No. 35,p. 389-392,2011年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 夜間住宅地街路の領域性・監視性強化のための照明手法の開発,矢吹信喜,福田知弘,吉田善博,日本建築学会環境系論文集,Vol. 75,No. 650,p. 321-329,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Citizen Participatory Design Method using VR and a Blog as a Media in the Process,T. Fukuda,A. Kaga,H. Izumi,T. Terashima,International Journal of Architectural Computing,Multi-Science,2009年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a High Quality Expression System of Natural Elements using the Real-time Simulation Method,T.Fukuda,K.Sakata,W.H.Yeo,A.Kaga,Journal for Geometry and Graphics,Vol. 11,No. 1,p. 45-57,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 社会基盤整備のためのコミュニケーション形成手法に関する一考察,本井敏雄,加賀有津子,福田知弘,日本建築学会総合論文誌,2006年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Collaboration Support System for City Plans or Community Designs Based on VR/CG Technology,Tomohiro Fukuda,Ryuichiro Nagahama,Atsuko Kaga,Tsuyoshi Sasada,International Journal of Architectural Computing,Vol. 1,No. 4,p. 461-469,2003年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Extension of an autopilot model of shield tunneling machines to curved section using machine learning,Yasuyuki Kubota,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,2021 Proceedings of the 38th International Symposium on Automation and Robotics in Construction,p. 704-711,2021年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Active Early Warning System for Heavy Construction Vehicle Drivers based on Mixed Reality,Tingsong Chen,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proc. of the Conference CIB W78 2021,p. 793-802,2021年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of an Augmented Reality System with Reflection Implementation for Landscape Design Visualization using a Planar Reflection Method in Real-Time Rendering,Hao Chen,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 39th eCAADe Conference,Vol. 2,p. 539-546,2021年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mixed Reality Landscape Visualization Method with Automatic Discrimination Process for Dynamic Occlusion Handling Using Instance Segmentation,Mizuki Nakabayashi,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 39th eCAADe Conference,Vol. 2,p. 539-546,2021年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic Diminished Reality-Based Virtual Demolition Method using Semantic Segmentation and Generative Adversarial Network for Landscape Assessment,Takuya Kikuchi,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 39th eCAADe Conference,Vol. 2,p. 529-538,2021年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Landscape Visualization by Integrating Augmented Reality and Drones with Occlusion Handling to Link Real and Virtual Worlds - Towards city digital twin realization,Naoki Kikuchi,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 39th eCAADe Conference,Vol. 2,p. 521-528,2021年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Motion Vector Visualization Method on a Virtual Reality Screen - Preventing virtual reality sickness for architectural investigation,Tomohiro Fukuda,Hideki Nada,Hiroyuki Fujii,Yoann Pencreach,Proceedings of the 39th eCAADe Conference,Vol. 2,p. 513-520,2021年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Image-based Landscape Simulation with Automatic Object Removal and Facade Inpainting Using SemanticSegmentation and Generative Adversarial Networks: Towards Diminished Reality in Redevelopment,Jiaxin Zhang,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,SimAUD 2021 (Symposium on Simulation for Architecture and Urban Design),2021年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Virtual World 16: Virtual Design Collaboration for the Intersection of Academia and Industry,Marc Aurel Schnabel,Yoshihiro Kobayashi,Amar Bennadji,Dongsoo Choi,Paolo Fiamma,Tomohiro Fukuda,Tian Tian Lo,Marcos Novak,Taro Narahara,Ruth Ron,Yoann Pencreach,Matthew Swarts,Kostas Terzidis,Thomas Tucker,Rebeka Vital,Proceedings of the 26th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2021),Vol. Volume 2,p. 203-212,2021年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Can a Generative Adversarial Network Remove Thin Clouds in Aerial Photographs?: Toward Improving the Accuracy of Generating Horizontal Building Mask Images for Deep Learning in Urban Planning and Design,Kazunosuke Ikeno,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 26th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2021),Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),Vol. 2,p. 377-386,2021年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Large-Scale Measurement and Quantitative Analysis Method of Façade Color in the Urban Street Using Deep Learning,Jiaxin Zhang,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 2020 DigitalFUTURES. CDRF 2020,Springer,p. 93-102,2021年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Integrated Sensor Network Method for Safety Management of Construction Workers,Tingsong Chen,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 37th International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC 2020),2020年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of a Workers' Behavior Estimation System Using Sensing Data and Machine Learning,Rikuto Tanaka,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 37th International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC 2020),2020年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An image feature classification system for piers based on seantic segmenation with deep learning,Natthapol Saovana,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,in: 20th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality,2020年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A big data evaluation of urban street walkability using deep learning and environmental sensors: A case study around Osaka University Suita campus,Yunqin Li,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Jiaxin Zhang,Proceedings of the 38th eCAADe Conference,2020年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Mixed Reality Coordinate System for Multiple HMD Users Manipulating Real-time Point Cloud Objects: Towards virtual and interactive 3D synchronous sharing of physical objects in teleconference during design study,Daichi Ishikawa,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 38th eCAADe Conference,eCAADe (Education and research in Computer Aided Architectural Design in Europe),2020年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integrated Co-designing Using Building Information Modeling and Mixed Reality with Erased Backgrounds for Stock Renovation,Yuehan Zhu,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 38th eCAADe Conference,eCAADe (Education and research in Computer Aided Architectural Design in Europe),2020年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of an urban greenery evaluation system based on Deep Learning and Google Street View,Yixi Xia,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 25th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2020),Vol. 1,p. 783-792,2020年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mobile Mixed Reality for Environmental Design Using Real-Time Semantic Segmentation and Video Communication: Dynamic Occlusion Handling and Green View Index Estimation,Daiki Kido,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 25th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2020),Vol. 1,p. 681-690,2020年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Linkage Between a 3D Bridge Model and an IoT Information Model,Nobuyoshi Yabuki,Seiki Koyama,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the Twelfth International Workshop on Structural Health Monitoring,Vol. 2,p. 2965-2970,2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • As-built detection of bridge structure using deep learning and volume detection system using BIM model,Ryu Izutsu,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 19th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A BIM-based user-specific fire evacuation guidance system using customized earphones,Kayla Manuel,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 19th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Quantitative effect evaluation of the unwanted features removal of infrastructure digital images,Natthapol Saovana,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 19th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic concrete formwork quantity take-off Using building information modelling,Chavanont Khosakitchalert,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 19th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • As-built Detection of Steel Frame Structure Using Deep Learning,Ryu Izutsu,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 4th International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCCBEI 2019),Vol. 75,No. 2,p. I_94-I_105,2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Framework for a BIM-based Real-time Evacuation Guidance System in Smart Buildings,Kayla Manuel,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 4th International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCCBEI 2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Performance Evaluation of Feature Detectors and Descriptors for Unmodified Infrastructure Site Digital Images,Natthapol Saovana,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 4th International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCCBEI 2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • BIM-based Wall Framing Calculation Algorithms for Detailed Quantity Takeoff,Chavanont Khosakitchalert,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 4th International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCCBEI 2019),2019年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of Segmentation-Rendering on Virtual Reality for Training Deep-learning, Simulating Landscapes and Advanced User Experience,Tomohiro Fukuda,Marcos Novak,Hiroyuki Fujii,Proceedings of the 37th eCAADe and 23rd SIGraDi Conference,2019年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of a Semantic Segmentation System for Dynamic Occlusion Handling in Mixed Reality for Landscape Simulation,Daiki Kido,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 37th eCAADe and 23rd SIGraDi Conference,p. 641-648,2019年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Comparison of Deep Learning Model Precision for Detecting Concrete Deterioration Types from Digital Images,Satoshi Anai,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of The 2019 ASCE International Conference on Computing in Civil Engineering,p. 196-203,2019年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic Detection of Positions and Shapes of Various Objects at Construction Sites from Digital Images Using Deep Learning,Naoto Nishimura,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Innovative Production and Construction,2019年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integrating UAV Development Technology with Augmented Reality Toward Landscape Tele-simulation,Liang Yan,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 24th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2019),2019年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Quantifying Visual Environment by Semantic Segmentation Using Deep Learning,Rui Cao,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 24th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2019),2019年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Synthesizing 360-Degree Live Streaming for an Erased Background to Study Renovation Using Mixed Reality,Yuehan Zhu,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 24th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2019),Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),Vol. 2,p. 71-80,2019年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 深層学習を用いた鋼骨組構造における出来形検出に関する基礎的検,井筒 竜宇,矢吹 信喜,福田 知弘,土木学会論文集F3(土木情報学),Vol. 75,No. 2,p. I_94-I_105,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an accurate positioning method for augmented reality using multiple markers,Naoki Ota,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Immersive Virtual Reality Teleconference System with Design Change Tracking and 3D Editing,Atsuhiro Yamamoto,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 18th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (CONVR2018),2018年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis for visualization methods in urban underground space detailed planning: A case study of Tongren Jinjiang Plaza in China,Jian Peng,Fang-Le Peng,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Jing-Wei Zhao,4th Annual International Conference on Urban Planning and Property Development (UPPD2018),2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Point Cloud Stream on Spatial Mixed Reality: Toward Telepresence in Architectural Field,Tomohiro Fukuda,Yuehan Zhu,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 36th eCAADe Conference (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),p. 727-734,2018年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of Real-time Object Detection System with Diminished Reality for Landscape Design Simulation,Daiki Kido,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Asian-Pacific Planning Societies 2018,2018年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Accuracy Enhancement of Architectural Walls Quantity Takeoff for Schematic BIM Models,Chavanont Khosakitchalert,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,The 35th International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC 2018),2018年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Parametric modeling-based BIM for evaluating thermal performance of building envelope with real-time energy feedback visualization,Worawan Natephra,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,17th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE2018),p. 271-278,2018年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic Object Detection from Digital Images by Deep Learning with Transfer Learning,Nobuyoshi Yabuki,Naoto Nishimura,Tomohiro Fukuda,Lecture Notes in Computer Science 10863,Springer,Vol. 10863 LNCS,p. 3-15,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • SLAM-Based MR with Animated CFD for Building Design Simulation,Yuehan Zhu,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 23rd International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2018),Vol. 1,p. 391-400,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Tracking Robustness and Green View Index Estimation of Augmented and Diminished Reality for Environmental Design,Kazuya Inoue,Tomohiro Fukuda,Rui Cao,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 23rd International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2018),Vol. 1,p. 339-348,2018年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Foreword,Tomohiro Fukuda,Weixin Huang,Patrick Janssen,Kristof Crolla,Suleiman Alhadidi,CAADRIA 2018 - 23rd International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia: Learning, Prototyping and Adapting,Vol. 1,p. xiv-vi,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic Detection of Positions and Shapes of Various Objects at Construction Sites from Digital Images Using Deep Learning,Naoto Nishimura,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,International Conference on Innovative Production and Construction (IPC) 2017,Elsevier,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Optical Integrity of Diminished Reality Using Deep Learning,Tomohiro Fukuda,Yasuyuki Kuwamuro,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 35th eCAADe Conference (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),p. 241-250,2017年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • PhotoAR+DR2016: Integrating Automatic Estimation of Green View Index and Augmented and Diminished Reality for Architectural Design Simulation,Tomohiro Fukuda,Kazuya Inoue,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 35th eCAADe Conference (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),p. 495-502,2017年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integration of a Structure from Motion into Virtual and Augmented Reality for Architectural and Urban Simulation: Demonstrated in Real Architectural and Urban Projects,Tomohiro Fukuda,Hideki Nada,Haruo Adachi,Shunta Shimizu,Chikako Takei,Yusuke Sato,Nobuyoshi Yabuki,Ali Motamedi,Future Trajectories of Computation in Design: 17th International Conference CAAD Futures 2017,Vol. 724,p. 60-77,2017年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Extending BIM to Include Defects and Degradations of Buildings and Infrastructure Facilities,Ali Motamedi,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 3rd International Conference on Civil and Building Engineering Informatics in conjunction with 2017 Conference on Computer Applications in Civil and Hydraulic Engineering (ICCBEI & CCACHE 2017),p. 110-113,2017年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Outdoor MarkerLess Augmented Reality - A System for Visualizing Building Models Using Simultaneous Localization and Mapping,MIYAKE Munetoshi,FUKUDA Tomohiro,YABUKI Nobuyoshi,MOTAMEDI Ali,Proceedings of the 22th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2017),p. 95-104,2017年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integrating BIM, CFD and AR for Thermal Assessment of Indoor Greenery,YOKOI Kazuki,FUKUDA Tomohiro,YABUKI Nobuyoshi,MOTAMEDI Ali,Proceedings of the 22th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2017),p. 85-94,2017年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Enriching building information modeling (BIM) with sensor data and thermal images for thermal comfort analysis,Worawan Natephra,Ali Motamedi,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of 33rd PLEA International Conference: Design to Thrive, PLEA 2017,Vol. 1,p. 1235-1242,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Experiment of Psychological Impact of LED Display,Takanori Matsui,Tomohiro Fukuda,Shiho Nagamachi,Proceedings of the 23rd International Display Workshops/Asian Display 2016,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of a Simplified Acoustic Visualization System Using Kinect Sensors,Ryo Yamasaki,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Takashi Michikawa,Proceedings of the 16th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR 2016),2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Polygonization of Point Cloud of Elongated Civil Infrastructures Using Lofting Operation,Nao Hidaka,Takashi Michikawa,Ali Motamedi,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 16th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR 2016),2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Post-Demolition Landscape Assessment Using Photogrammetry-based Diminished Reality (DR),Kazuya Inoue,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Ali Motamedi,Takashi Michikawa,Proceedings of the 16th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR 2016),2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integrating Building Information Modeling and Game Engine for Indoor Lighting Visualization,Worawan Natephra,Ali Motamedi,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 16th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR 2016),2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Experiment of Psychological Impact of LED Display,Takanori Matsui,Tomohiro Fukuda,Shiho Nagamachi,Proceedings of the 23rd International Display Workshops/Asian Display 2016,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of a Simplified Acoustic Visualization System Using Kinect Sensors,Ryo Yamasaki,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Takashi Michikawa,Proceedings of the 16th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR 2016),2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Polygonization of Point Cloud of Elongated Civil Infrastructures Using Lofting Operation,Nao Hidaka,Takashi Michikawa,Ali Motamedi,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 16th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR 2016),2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Post-Demolition Landscape Assessment Using Photogrammetry-based Diminished Reality (DR),Kazuya Inoue,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Ali Motamedi,Takashi Michikawa,Proceedings of the 16th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR 2016),2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integrating Building Information Modeling and Game Engine for Indoor Lighting Visualization,Worawan Natephra,Ali Motamedi,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the 16th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR 2016),2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integrating CFD and AR for Indoor Thermal Environmental Design Feedback,K. Yokoi,T. Fukuda,N. Yabuki,A. Motamedi,Proceedings of the 11th ISAIA (The International Symposium on Architectural Interchanges in Asia),p. 111-114,2016年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Building Envelope Thermal Performance Analysis using BIM-Based 4D Thermal Information Visualization,W. Natephra,A. Motamedi,N. Yabuki,T. Fukuda,T. Michikawa,16th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE2016),p. 1539-1546,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Quality Enhancement Technique for Similarity-based Polygonization from a Point Cloud,N. Hidaka,T. Michikawa,N. Yabuki,T. Fukuda,A. Motamedi,16th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE2016),p. 1452-1459,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic Signage Visibility Checking System Using BIM-enabled VR Environments,A. Motamedi,N. Yabuki,Z. Wang,T. Fukuda,T. Michikawa,16th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE2016),p. 1601-1608,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Outdoor Augmented Reality using Optical see-through HMD System for Visualizing Building Information,M. Miyake,T. Fukuda,N. Yabuki,A. Motamedi,T. Michikawa,16th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE2016),p. 1644-1651,2016年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A MARKER-LESS AUGMENTED REALITY SYSTEM USING IMAGE PROCESSING TECHNIQUES FOR ARCHITECTURE AND URBAN ENVIRONMENT,SATO Yusuke,FUKUDA Tomohiro,YABUKI Nobuyoshi,MICHIKAWA Takashi,MOTAMEDI Ali,Proceedings of the 21th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2016),p. 713-722,2016年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • AUTOMATIC MEASUREMENT SYSTEM OF VISIBLE GREENERY RATIO USING AUGMENTED REALITY,DING Yakui,FUKUDA Tomohiro,YABUKI Nobuyoshi,MICHIKAWA Takashi,MOTAMEDI Ali,Proceedings of the 21th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2016),p. 703-712,2016年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • INTEGRATING CFD AND VR FOR INDOOR THERMAL ENVIRONMENT DESIGN FEEDBACK,HOSOKAWA Masahiro,FUKUDA Tomohiro,YABUKI Nobuyoshi,MICHIKAWA Takashi,MOTAMEDI Ali,Proceedings of the 21th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2016),p. 663-672,2016年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automatic Extraction of Roadside Trees from MMS Data Using Minimum Spanning Tree,Michikawa Takashi,Moriwaki Kento,Yabuki Nobuyoshi,Fukuda Tomohiro,Motamedi Ali,Hara Keishiro,Kurimoto Shuji,The 9th International Symposium on Mobile Mapping Technology (MMT2015),2015年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 計測点群データからの街路樹情報の抽出と維持管理への応用,道川隆士,森脇健斗,矢吹信喜,福田知弘,原圭史郎,栗本修滋,第43回環境システム研究論文発表会講演集,2015年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Integration of CFD, VR, AR and BIM for Design Feedback in a Design Process - An Experimental Study,Fukuda, Tomohiro,Mori, Keisuke,Imaizumi, Jun,Proceedings of the 33rd eCAADe Conference (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),p. 665-672,2015年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of High-Definition Virtual Reality for Historical Architectural and Urban Digital Reconstruction: A Case Study of Azuchi Castle and Old Castle Town in 1581,Tomohiro Fukuda,Hirokazu Ban,Katsuhito Yagi,Junro Nishiie,The Next City: 16th International Conference CAAD Futures 2015,Vol. 527,p. 75-89,2015年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Visualization of Indoor Thermal Conditions Using Augmented Reality for Improving Thermal Environment,Yabuki Nobuyoshi,Hosokawa Masahiro,Fukuda Tomohiro,Michikawa Takashi,Computing in Civil Engineering 2015,p. 339-346,2015年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • CREATING PRODUCT MODELS FROM POINT CLOUD OF CIVIL STRUCTURES BASED ON GEOMETRIC SIMILARITY,Hidaka, N,Michikawa, T,Yabuki, N,Fukuda, T,Motamedi, A,Int. Arch. Photogramm. Remote Sens. Spatial Inf. Sci.,Vol. 40,No. 4W5,p. 137-141,2015年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • WAY-FINDING ASSISTANCE SYSTEM FOR UNDERGROUND FACILITIES USING AUGMENTED REALITY,Yokoi, K,Yabuki, N,Fukuda, T,Michikawa, T,Motamedi, A,Int. Arch. Photogramm. Remote Sens. Spatial Inf. Sci.,Vol. 40,No. 4W5,p. 37-41,2015年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Diminished Realityを用いた構造物撤去新設時の景観検討AR実現に関する研究,矢吹信喜,種村貴士,福田知弘,道川隆士,土木学会論文集,Vol. 70,No. 2,p. I_16-I_25,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A CRIME PREVENTION SYSTEM USING ARDUINO AND COMMUNICATION MODULES,Toshie Hirai,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Takashi Michikawa,Ali Motamedi,Proceedings of the Second International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2015),公益社団法人 土木学会,Vol. 70,No. 2,p. I_34-I_41,2015年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • DEVELOPMENT OF PRODUCT MODEL FOR HARBOR STRUCTURES DEGRADATION,Wenxuan Chen,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Takashi Michikawa,Ali Motamedi,Proceedings of the Second International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2015),2015年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A MEASUREMENT TOOL FOR VISIBLE GREENERY RATIO DERIVED FROM GAUSSIAN BLUR, HUE AND SATURATION FILTERING,Yakui Ding,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Takashi Michikawa,Proceedings of the Second International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2015),2015年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • LOFTING-BASED SHAPE SIMPLIFICATION OF BUILDING MODELS USING VOXELIZATION,Takashi Michikawa,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the Second International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2015),2015年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 建物のエネルギー消費の改善のためのデータマイニング手法と知識システム,矢吹信喜,塚本祥太,中山一希,福田知弘,道川隆士,土木学会論文集,公益社団法人 土木学会,Vol. 70,No. 2,p. I_26-I_33,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • A CRIME PREVENTION SYSTEM USING ARDUINO AND COMMUNICATION MODULES,Toshie Hirai,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Takashi Michikawa,Ali Motamedi,Proceedings of the Second International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2015),公益社団法人 土木学会,Vol. 70,No. 2,p. I_34-I_41,2015年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • DEVELOPMENT OF PRODUCT MODEL FOR HARBOR STRUCTURES DEGRADATION,Wenxuan Chen,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Takashi Michikawa,Ali Motamedi,Proceedings of the Second International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2015),2015年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A MEASUREMENT TOOL FOR VISIBLE GREENERY RATIO DERIVED FROM GAUSSIAN BLUR, HUE AND SATURATION FILTERING,Yakui Ding,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Takashi Michikawa,Proceedings of the Second International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2015),2015年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • LOFTING-BASED SHAPE SIMPLIFICATION OF BUILDING MODELS USING VOXELIZATION,Takashi Michikawa,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Proceedings of the Second International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2015),2015年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • CREATING PRODUCT MODELS FROM POINT CLOUD OF CIVIL STRUCTURES BASED ON GEOMETRIC SIMILARITY,N. Hidaka,T. Michikawa,N. Yabuki,T. Fukuda,A. Motamedi,Indoor-Outdoor Seamless Modelling, Mapping and Navigation,COPERNICUS GESELLSCHAFT MBH,Vol. 44,No. W5,p. 137-141,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • WAY-FINDING ASSISTANCE SYSTEM FOR UNDERGROUND FACILITIES USING AUGMENTED REALITY,K. Yokoi,N. Yabuki,T. Fukuda,T. Michikawa,A. Motamedi,Indoor-Outdoor Seamless Modelling, Mapping and Navigation,COPERNICUS GESELLSCHAFT MBH,Vol. 44,No. W5,p. 37-41,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of high-definition virtual reality for historical architectural and urban digital reconstruction: A case study of Azuchi Castle and old castle town in 1581,Tomohiro Fukuda,Hirokazu Ban,Katsuhito Yagi,Junro Nishiie,Communications in Computer and Information Science,Vol. 527,p. 75-89,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mobile panorama-based virtual reality capability for on-site architectural and urban visualization,Tomohiro Fukuda,Lei Sun,Bernd Resch,第37回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(論文),2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Relocation Design of Power Line and Utility Pole for Landscape Improvement,Ikeno, Kazunosuke,Takashi Koshiba,Yu Shimojo,Hiroki Michida,Hiroyuki Fukumoto,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 19th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2014),p. 921-922,2014年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Synchronous Distributed Design Study Meeting Process with Annotation Function,Fukuda, Tomohiro,Sun Lei,Keisuke Mori,Proceedings of the 19th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2014),p. 749-758,2014年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Relocation Design of Power Line and Utility Pole for Landscape Improvement,Ikeno, Kazunosuke,Takashi Koshiba,Yu Shimojo,Hiroki Michida,Hiroyuki Fukumoto,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 19th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2014),p. 921-922,2014年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Data pipeline from BIM to energy simulator and virtual reality for upgrading interoperability,T. Fukuda,M. Taguchi,Proceedings of the First International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2013),2013年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A data model for checking directional signage at railway stations,S. Furubayashi,N. Yabuki,T. Fukuda,Proceedings of the First International Conference on Civil and Building Engineering Informatics (ICCBEI2013),2013年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Feature of Users' Eye Movements during a Distributed and Synchronised VR Meeting using Cloud Computing,T. Fukuda,M. Taguchi,Proceedings of The 31st eCAADe (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),2013年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Difference between a Physical Model and a Virtual Environment as Regards Perception of Scale,L. Sun,T. Fukuda,T. Tokuhara,Y. Yabuki,Proceedings of the 18th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA2013),p. 457-466,2013年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A synchronous distributed VR meeting with annotation and discussion functions,L. Sun,T. Fukuda,S. Christophe,Proceedings of the 18th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA2013),p. 447-456,2013年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A 4D Model for Maintenance Management of Bridges,Qi Zhou,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,Proceedings of 2012 Australasian Conference on Innovative Technologies in Construction,2012年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Real-time Information Service System using Wi-Fi Location Finding Technology during Water Transportation,T. Fukuda,Y. Q. A. Torres,N. Yabuki,第35回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(論文),2012年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A HEATSTROKE PREVENTION SYSTEM FOR CONSTRUCTION WORKERS USING SIMULATION AND VR,N. Yabuki,T. Onoue,T. Fukuda,S. Yoshida,Proceedings of the 12th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality 2012,2012年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Collaborative Visualization of Environmental Simulation Result and Sensing Data Using Augmented Reality,N. Yabuki,S. Furubayashi,Y. Hamada,T. Fukuda,9th International Conference, CDVE 2012 (Cooperative Design, Visualization, and Engineering),Vol. 7467 LNCS,p. 227-230,2012年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Availability of Mobile Augmented Reality System for Urban Landscape Simulation,T. Fukuda,T. Zhang,Y. Yabuki,9th International Conference, CDVE 2012 (Cooperative Design, Visualization, and Engineering),Vol. 7467 LNCS,p. 231-238,2012年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cooperative Integration of Product Model and Sensor Data Model for Knowledge Discovery,N. Yabuki,Y. Ashida,T. Fukuda,9th International Conference, CDVE 2012 (Cooperative Design, Visualization, and Engineering),Vol. 7467 LNCS,p. 49-52,2012年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of an accurate registration technique for outdoor augmented reality using point cloud data,N. Yabuki,Y. Hamada,T. Fukuda,14th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE2012),2012年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of a 3D Modeling Method of the Real World In Nighttime,L. Sun,T. Fukuda,N. Yabuki,4th International Conference on Communications, Mobility, and Computing (CMC 2012),2012年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • GOAR: GIS Oriented Mobile Augmented Reality for Urban Landscape Assessment,T. Fukuda,T. Zhang,A. Shimizu,M. Taguchi,L. Sun,N. Yabuki,4th International Conference on Communications, Mobility, and Computing (CMC 2012),p. 387-396,2012年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Distributed and Synchronised VR Meeting using Cloud Computing - Availability and application to a spatial design study - (共著),T. Fukuda,M. Taguchi,A. Shimizu,L. Sun,Proceedings of the 17th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),p. 203-210,2012年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Registration of Augmented Reality Using Four-Marker Method for Design and Construction,Nobuyoshi Yabuki,Emi Komori,Tomohiro Fukuda,Proceedings of the 11th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality 2011,2011年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A 3D Modeling for Investigating Landscape of a Wide Urban Area in Virtual Reality Using Building Information Modeling Data,N. Yabuki,T. Kawaguchi,T. Fukuda,Proceedings of the 14th International Conference on Computer-Aided Architectural Design (CAAD Futures 2011),2011年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Data Storage and Data Mining of Building Monitoring Data with Contexts,N. Yabuki,Y. Yoshida,S. Tsukamoto,T. Fukuda,Proceedings of the 28th International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC2011),2011年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Management System of Roadside Trees Using RFID and Ontology,N. Yabuki,Y. Kikushige,T. Fukuda,Proceedings of the 2011 ASCE International Workshop on Computing in Civil Engineering,2011年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Data Storage and Data Mining of Building Monitoring Data with Contexts,N. Yabuki,Y. Yoshida,S. Tsukamoto,T. Fukuda,Proceedings of the 28th International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC2011),p. 377-378,2011年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A STUDY OF VARIATION OF NORMAL OF POLY-GONS CREATED BY POINT CLOUD DATA FOR ARCHITECTURAL RENOVATION FIELD,T. Fukuda,K. Kitagawa,N. Yabuki,Proceedings of the 16th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA2011),p. 321-330,2011年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Texture generation system from point cloud data acquired from a 3D laser scanner,T. Fukuda,K. Kitagawa,N. Yabuki,ALGODE2011,2011年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A management system of roadside trees using RFID and ontology,Nobuyoshi Yabuki,Yuki Kikushige,Tomohiro Fukuda,Congress on Computing in Civil Engineering, Proceedings,p. 307-314,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 自治体Webサイトにおける公共事業情報の横断的比較システムの開発,福田知弘,西村善博,矢吹信喜,吉田善博,日本建築学会・情報システム技術委員会第33回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • VIRTUAL REALITY SIMULATION OF WIND POWER PLANTS USING SOUND AND 3D ANIMATED GRAPHICS,N. Yabuki,K. Sugimura,Y. Yoshimura,T. Matsumoto,T. Fukuda,S. Aono,Proceedings of the 10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR) 2010,2010年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • VISUALIZATION TECHNIQUE OF OUTDOOR THERMAL ENVIRONMENT USING A VR AVATAR,T. Onoue,N. Yabuki,S. Yoshida,T. Fukuda,Proceedings of the 10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR) 2010,2010年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • INVESTIGATION OF THE NOH STAGE SPACE BASED ON THE PLOT ”JO-HA-KYU” USING VR,N. Matsunaga,N. Yabuki,Y. Kameyama,T. Fukuda,Proceedings of the 10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR) 2010,2010年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • OPTIMIZING SYSTEM FROM 3D LASER SCANNER DATA TO A VR MODEL FOR URBAN DESIGN STUDY,K. Kitagawa,T. Fukuda,N. Yabuki,Proceedings of the 10th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR) 2010,2010年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • AR-based visibility evaluation for preserving landscapes of historical buildings,Yabuki, N,Miyashita, K,Fukuda, T,9th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality 2010: Science and Technology, ISMAR 2010 - Proceedings,p. 281-282,2010年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ダブルスキン・ファサードの高層構造物の立面緑化手法に関する基礎的検討,菊重有輝,矢吹信喜,福田知弘,土木情報利用技術論文集,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • VRアバターを用いた屋外温熱環境の仮想体験に関する研究,尾上拓也,矢吹信喜,福田知弘,吉田伸治,土木情報利用技術論文集,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a City Presentation Method by linking Viewpoints of a Physical Scale Model and VR,T. Tokuhara,T. Fukuda,N. Yabuki,Proceedings of The 28th eCAADe (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),p. 747-754,2010年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development and Social Experiment for a Tourism Information Collection System by Tourists,Y. Yoshikawa,T. Fukuda,N. Yabuki,Proceedings of The 28th eCAADe (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),p. 565-573,2010年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Use of a WiFi location estimation service as a tool for presenting real time information during a river cruise,Y. Q. A. Torres,T. Fukuda,N. Yabuki,Proceedings of The 28th eCAADe (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),p. 557-564,2010年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of an accurate positioning method for augmented reality using multiple markers,N. Ota,N. Yabuki,T. Fukuda,Proceedings of the International Conference on Computing in Civil and Building Engineering 2010 (ICCCBE),2010年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • DEVELOPMENT OF USE FLOW OF 3DCAD/VR SOFTWARE FOR CITIZENS WHO ARE NON-SPECIALISTS IN CITY DESIGN,TOMOHIRO FUKUDA,HITOSHI TAKEUCHI,Proceedings of The 15th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia,p. 521-530,2010年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation of Invisible Height for Landscape Preservation Using Augmented Reality,N. Yabuki,K. Miyashita,T. Fukuda,Proceedings of the 9th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR) 2009,2009年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of Display Luminance for Outdoor and Multi-user Use,T. Fukuda,Proceedings of the 9th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality (conVR) 2009,2009年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • VR Simulation for Sustainable Transportation Planning: Public Participation in Sakai City’s LRT Design,T.H. Lorentzen,T. Fukuda,Y. Kobayashi,Y. Ito,Proceedings of the 10th Intelligent Transportation Systems Asia Pacific Forum, (CD-ROM: Public Transportation System Parallel Session),2009年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Development Methodology of Virtual Reality Models for Urban Light Rail Transit Projects,N. Yabuki,T. Kawaguchi,T. Fukuda,2009 ASCE International Workshop on Computing in Civil Engineering,Vol. 346,p. 495-502,2009年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • World8: International working group for new virtual reality applications in architecture,Kobayashi, Yoshihiro,Hawker, Ronald,Terzidis, Kostas,Narahara, Taro,Abdlhameed, Wael,Fukuda, Tomohiro,Labarca, Claudio,Calderon, Carlos,Jemtrud, Michael,CAAD Futures 2009,p. 547-556,2009年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of a Mixed Reality Display for Outdoor and Multi-user Implementation,Tomohiro Fukuda,4th ASCAAD Conference (Arab Society for Computer Aided Architectural Design),2009年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Verification of Possibility of Possibility of Traditional House Use and the Strategy for the Revival of a Historical City,Y. Yoshikawa,K. Miyashita,T. Fukuda,K. Sakai,Proceedings of The 14th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),p. 55-64,2009年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Study of the Virtual Reality Simulation System for LRT Projects towards Sustainable City,T. Kawaguchi,Y. Nishimura,A. Maruhashi,T. Fukuda,N. Yabuki,Proceedings of The 14th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),Vol. pp.23-32,p. 23-32,2009年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 3DCG動画による持続可能なライフスタイル表現に関する研究 小舟木エコ村を対象として,福田知弘,高田洋輔,根津暁子,加賀有津子,日本建築学会・情報システム技術委員会第31回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集,日本建築学会,Vol. pp.31-36,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Consideration of the important matter to utilize a vacant town house stock for sustainable city,T. Fukuda,K. Sakai,K. Miyashita,Y. Yoshikawa,ANZAsCA'08(42nd Annual Conference of the Australian and New Zealand Architectural Science Association),ANZAsCA'08(42nd Annual Conference of the Australian and New Zealand Architectural Science Association),2008年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • LRT事業におけるVRシステムの設計,川口貴之,西村善博,福田知弘,矢吹信喜,土木情報利用技術論文集,土木学会,2008年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 持続的な環境デザインのためのダイナミックな環境情報Webの開発,加賀有津子,咸周亨,横田真樹,福田知弘,日本建築学会・技術報告集,日本建築学会,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • The Japanese and Brazilian Experience Toward Waterfront Redevelopment,Y. Torres,T. Fukuda,Proceedings of the Symposium Brazil-Japan in Economy, Science and Technological Innovation,2008年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Construction of the Design Support System for the Public Space Design in which a Citizen Participates,A. Kaga,Y. Matsunaga,K. Sakai,T. Fukuda,Proceedings of The 13th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 426-432,2008年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Citizen Participatory Design Method using VR and Blog,T. Fukuda,A. Kaga,T. Terashima,Proceedings of The 13th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 271-277,2008年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development and Evaluation of a Representation Method of 3DCG Pre-rendering Animation for Environmental Design,T. Fukuda,A. Kaga,Y. Takada,Proceedings of The 13th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 14-21,2008年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 持続的な環境デザインのための3次元環境情報Webの構築,加賀有津子,咸周亨,福田知弘,日本建築学会・情報システム技術委員会第30回情報・システム・利用技術シンポジウム,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Construction of a Participatory Community Space Design System,A. Kaga,A. Miyagawa,T. Fukuda,25th eCAADe Conference Proceedings, Frankfurt am Main (Germany),2007年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 地域に対する意識向上を目指したまちあるき活動支援システムの構築,横田真樹,福田知弘,加賀有津子,2007年度日本建築学会大会(九州) A-2,2007年07月
  • Simulation of an Historic Building Using a Tablet MR System,A. Kaga,M. Kawaguchi,T. Fukuda,Proceedings of the 12th International Conference on Computer Aided Architectural Design Futures,p. 45-58,2007年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of soil calculation function in a 3-D VR system for environmental design,T. Fukuda,A. Kaga,M. Kawaguchi,W.H. Yeo,Proceedings of The 12th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 593-598,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Construction of a dynamic environmental knowledge web for a sustainable environmental design,A. Kaga,J.Y. Hahm,T. Fukuda,Proceedings of The 12th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 295-300,2007年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 環境情報収集サイトにおけるXMLやKMLの応用,咸周亨,福田知弘,加賀有津子,DEWS2007(電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ/第5回日本データベース学会年次大会),2007年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Consideration of Historical City Area Activation Design Study Method by VR Use: Case Study on Matsue City,T.Fukuda,R.Nagahama,DACH2007 (The 2007 International Conference on Digital Applications in Cultural Heritage),The National Center for Research and Preservation of Cultural Properties,2007年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Psychological Effects on Viewers by Virtual Reality Replication of Cultural Heritage,R.Sato,T.Fukuda,A.Kaga,DACH2007 (The 2007 International Conference on Digital Applications in Cultural Heritage),The National Center for Research and Preservation of Cultural Properties,2007年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Digital Archive And Simulation of Japan in a Historical Building,A.Kaga,T.Fukuda,W.H.Yeo,DACH2007 (The 2007 International Conference on Digital Applications in Cultural Heritage),The National Center for Research and Preservation of Cultural Properties,2007年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 住民参加型ワークショップにおける道路・沿道空間設計支援システムの構築と評価,加賀有津子,呂煜鉉,宮川淳,坂田一宏,福田知弘,日本建築学会・情報システム技術委員会第29回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),日本建築学会,2006年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • VRとブログを用いた住民参加型デザイン手法の提案と評価 ―高松4町パティオ広場デザインを事例として―,福田知弘,泉英明,寺嶋孝典,加賀有津子,日本建築学会・情報システム技術委員会第29回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),日本建築学会,2006年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • オンサイト型環境デザインツール「タブレットMR」の構築,河口将弘,呂煜鉉,加賀有津子,福田知弘,日本建築学会・情報システム技術委員会第29回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),日本建築学会,2006年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 環境デザインを支援する三次元VRシステムでの土量計算機能の開発,福田知弘,加賀有津子,呂煜鉉,河口将弘,土木情報利用技術論文集,(社)土木学会,2006年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Systemization of Architectural Design through Advancement of Information and Communication Technology: Possibilities of a Life-theory Approach,N. Matsunaga,T. Fukuda,A. Kaga,Proceedings of The 24th eCAADe (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),Xourafas ISBN 0-9541183-5-9,2006年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of the Environmental Design Tool "Tablet MR" on-site by Mobile Mixed Reality Technology,T. Fukuda,M. Kawaguchi,W.H. Yeo,A. Kaga,Proceedings of The 24th eCAADe (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),Xourafas, ISBN 0-9541183-5-9,2006年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development and Evaluation of a Close-range View Representation Method of Natural Elements in a Real-time Simulation for Environmental Design,T. Fukuda,K. Sakata,W.H. Yeo,A. Kaga,Proceedings of The 24th eCAADe (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),Xourafas, ISBN 0-9541183-5-9,2006年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of a High Quality Expression System of Natural Elements using the Real-time Simulation Method,T.Fukuda,K.Sakata,W.H.Yeo,A.Kaga,12th International Conference on Geometry and Graphics,2006年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an asynchronous Distributed Type Design Process Support System using a Blog and Real-time Simulation Technologies,T. Fukuda,N. Okamoto,W.H. Yeo,A. Kaga,Proceedings of The 11th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 625-627,2006年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Study of making Network Typed Real-time Simulation using Database,W.H. Yeo,T. Fukuda,A. Kaga,S.Y. Oh,Proceedings of The 11th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 609-611,2006年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Landscape Evaluation System using a 3D Space Model and a Cellular Phone with GPS Camera,A. Kaga,A. Miyagawa,M. Kawaguchi,W.H. Yeo,T. Fukuda,Proceedings of The 11th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 503-512,2006年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • VRによる景観評価手法のための視点検討機能の拡張,河口将弘,呂煜鉉,加賀有津子,福田知弘,門林理恵子,田中克己,日本建築学会 情報システム技術委員会第28回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),2005年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • GPSカメラ付き携帯電話を利用した地域景観評価システムの構築,加賀有津子,宮川淳,河口将弘,呂煜鉉,福田知弘,日本建築学会 情報システム技術委員会第28回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),2005年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Development od 3DBLOG: VR-BLOG System Which Supports Network Collaboration,T. Fukuda,N. Okamoto,A. Kaga,Proceedings of The 9th Iberoamerican Congress of Digital Graphics,2005年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Using an interactive design system based on multi media mixing in the environmental design planning stage,S.Y. Oh,A. Nezu,W.H. Yeo,T. Fukuda,A. Kaga,T. Sasada,Proceedings of the 3rd International Conference on Innovation in Architecture, Engineering and Construction(ACE),2005年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of the CAADRIA Abstract Reviewer System,W.H. Yeo,Y. Yuda,T. Fukuda,A. Kaga,T.Sasada,Proceedings of The 10th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 198-203,2005年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis and Development of Real-time Simulation for Environmental Design,W.H. Yeo,T. Motoi,T. Fukuda,A. Kaga,T.Sasada,Proceedings of The 10th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 5-14,2005年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Research on the Design Technique Begun from “Human Activity” in an Environmental Design,A. Kaga,Y. Yuda,T. Fukuda,S.Y. Oh,Proceedings of The 10th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 26-37,2005年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The world’s Largest VR-Dome for Collaborative Design,T. Fukuda,A. Kaga,R. Nagahama,N. Shibano,T. Sasada,Y.T. Liu,Proceedings of The 10th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,p. 203-213,2005年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 環境設計システムのフレームワークと定義モデルに関する考察,加賀有津子,呉受妍,本井敏雄,福田知弘,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第27回情報・システム・利用・技術シンポジウム(論文),2004年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 環境デザイン企画段階におけるシナリオ・スクリプティング手法に関する研究,湯田靖幸,呉受妍,福田知弘,加賀有津子,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第27回情報・システム・利用・技術シンポジウム(論文),2004年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 社会基盤整備プロジェクト推進のためのコミュニケーション形成に関する研究,本井敏雄,呂煜鉉,宮川淳,加賀有津子,福田知弘,日本建築学会・情報システム技術委員会第27回情報・システム・利用・技術シンポジウム(論文),2004年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 協調設計のためのドーム型等身大・広視野角表示VRシステムの開発と適用,福田知弘,長濱龍一郎,澤田一哉,柴野伸之,加賀有津子,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第27回情報・システム・利用・技術シンポジウム(論文),2004年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • リアルタイムシミュレーションにおけるインターフェース開発に関する研究,呂煜鉉,湯田靖幸,呉受妍,福田知弘,加賀有津子,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第27回情報・システム・利用・技術シンポジウム(論文),2004年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 実空間3次元モデルと活動画像に基づく環境デザイン企画段階のインタラクティブなデザインツール,呉受妍,根津暁子,福田知弘,加賀有津子,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第27回情報・システム・利用・技術シンポジウム(論文),2004年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • イベント画像と実空間3Dモデルに基づくインタラクティブ環境デザインシステム,呉 受妍,笹田 剛史,田中 克己,加賀 有津子,福田 知弘,電子情報通信学会信学技報,2004年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Collaboration Support System for City Plans or Community Designs based on VR/CG Technology,Fukuda, T,Nagahama, R,Kaga, A,Sasada, T,Proceedings of The 7th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,2002年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 環境デザインにおけるリアルタイム・シミュレーションシステムの考察 -道路環境デザインのためのシステム構築方法の検討を通じて-,加賀有津子,赤城慎太郎,福田知弘,廬祥偉,上善恒雄,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第24回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),2001年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 夜間景観デザインのための協調設計支援システム(2) ~照明シミュレーションシステムの機能拡張、新たなVRデバイスの統合~,福田知弘,長濱龍一郎,中西弘泰,加賀有津子,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第24回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),2001年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • まちづくり支援システムの開発と実践,福田知弘,長濱龍一郎,平成13年度第34回照明学会全国大会講演論文集,2001年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Collaboration Support System for Nightscape Design based on VR Technology,T. Fukuda,R. Nagahama,A. Kaga,S. Oh,T. Sasada,Proceedings of The Sixth Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,2001年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 夜間景観デザインのための協調設計支援システム,福田知弘,長濱龍一郎,加賀有津子,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第23回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),2000年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Collaboration Support System for Nightscape Design Based on VR Technologies,T. Fukuda,R. Nagahama,S. Oh,A. Kaga,T. Sasada,Proceedings of The Fifth Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,2000年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 環境デザインにおける添景オブジェクトデータベースに関する考察,加賀有津子,上善恒雄,呉受妍,福田知弘,笹田剛史,情報処理学会第120回データベースシステム研究会,Vol. 2000,No. 10,p. 121-128,2000年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 協調活動のためのCGによる景観シミュレーションの研究(II) ~レンダリングのための反射率データを生成する処理方法~,溝俣洋一,福田知弘,福島隆之,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第22回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),1999年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • パブリックデザインのための協調設計支援システム(4) ~ドーム型VRシステムの統合とシステムの運用~,福田知弘,柴野伸之,長濱龍一郎,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第22回情報・システム・利用技術シンポジウム(論文),1999年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 空間環境設計のための3D-CG部品合成に基づく協調設計支援,上善恒雄,王礼華,福田知弘,笹田剛史,DEWS'99(第10回 データ工学ワークショップ),1999年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 協調活動のためのCGによる夜間の景観シミュレーションの研究,溝俣洋一,福田知弘,塩坂靖彦,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第21回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集,1998年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • パブリックデザインのための協調設計支援システム(3) ~システムの構築と運用~,福田知弘,長濱龍一郎,八鍬朝子,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第21回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集,1998年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • Collaboration Support System for Public Design,T. Fukuda,R. Nagahama,T. Sasada,Proceedings of The Third Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,1998年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • パブリックデザインのための協調設計支援システム(2) ~デザインツールの整備~,福田知弘,長濱龍一郎,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第20回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集,1997年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • パブリックデザインのための協調設計支援システム(1) ~研究の枠組み~,長濱龍一郎,福田知弘,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第20回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集,1997年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • VRML Use in Bridge Environmental Design,S. Woo,T. Fukuda,H. Kusama,T. Sasada,of Civil Engineering Information Processing System,Vol.6,1997年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Networked Interactive 3-D Design System for Collaboration,T. Fukuda,R. Nagahama,T. Sasada,Proceedings of The Second Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,1997年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Networked VR System: Kitchen Layout Design for Customers,T. Fukuda,R. Nagahama,J. Nomura,VRML97 Second Symposium on the Virtual Reality Modeling Language,p. 93-100,1997年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ネットワーク型協調活動支援システム(2) ~World Wide Webによるシステムの運用~,福田知弘,長濱龍一郎,加賀有津子,笹田剛史,日本建築学会・情報システム技術委員会第19回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集,1996年12月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 橋梁環境デザインにおけるVRMLの利用,禹成浩,福田知弘,草間晴幸,笹田剛史,土木情報システム論文集, Vol.5,1996年10月,研究論文(学術雑誌)
  • NODEのコンセプトと橋梁環境デザインへの適用,草間晴幸,福田知弘,李銀珠,笹田剛史,土木情報システム論文集, Vol.5,1996年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Networked CAD System for Designer Group,H. Kusama,T. Fukuda,J. W. Park,T. Sasada,Proceedings of The First Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,1996年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • VR/AR/MR 革新的技術開発(DX)促進のキーテクノロジー,福田知弘,JSSC会誌 2021年夏号,一般社団法人 日本鋼構造協会,No. 46,2021年07月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • BIM/CIMモデルとインスタンスセグメンテーションを用いた建設工事の進捗モニタリング,米田恵弥,矢吹信喜,福田知弘,2021年度 土木学会関西支部 年次学術講演会 講演概要集,2021年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 量子コンピュータを用いた指定廃棄物の輸送計画最適化に関する研究,牧野純也,矢吹信喜,福田知弘,2021年度 土木学会関西支部 年次学術講演会 講演概要集,2021年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • インスタンスセグメンテーションを用いたコンクリートひび割れ検出における 深層学習用学習データの作成に関する研究,芝野敦也,矢吹信喜,福田知弘,2021年度 土木学会関西支部 年次学術講演会 講演概要集,Vol. VI- 4,2021年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • シールドマシンの自動操縦モデルに関する基礎的研究,久保田恭行,矢吹信喜,福田知弘,2021年度 土木学会関西支部 年次学術講演会 講演概要集,Vol. VI- 3,2021年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • AI+DRでより正確な景観の可視化へ,福田 知弘,ArchiFuture Web コラム パラメトリック・ボイス,ArchiFuture 実行委員会 & プロプラン,2021年03月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 3Dモデルを用いたAI学習用サンプル自動生成,福田知弘,ArchiFuture Web コラム パラメトリック・ボイス,ArchiFuture 実行委員会 & プロプラン,2021年01月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 都市とITとが出合うところ 第78回 eCAADe 2020オンライン国際会議,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2021年01月
  • 都市と建築のブログ Vol.52 阿寒摩周:神秘,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2021年01月
  • Augmented Reality landscape Simulation System with Occlusion Handling that Allows free Movement by a Small Drone: Improved hardware dependency,Naoki Kikuchi,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,第43回情報・システム・利用・技術・シンポジウム論文集(報告),2020年12月
  • A Landscape Simulation Method with One-by-one Dynamic Occlusion Using Instance Segmentation in Mixed Reality: Image generation method focusing on the grounding for occlusion,Mizuki Nakabayashi,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,第43回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集(報告),2020年12月
  • A Sharing Method of 3D Physical Objects with Interactive Manipulations in Real-Time over the Internet by Web Real-Time Communication,Daichi Ishikawa,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,第43回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集(報告),2020年12月
  • A Motion Vector Visualization Method on Virtual Reality: A pilot project in civic center complex, Sakaiminato,Tomohiro Fukuda,Hideki Nada,Hiroyuki Fujii,Yoann Pencreach,第43回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2020年12月
  • 安全と景観への影響評価による屋外大型ディスプレイ設置の社会実験 -渋谷スクランブルスクエアを事例として-,福田知弘,福田太郎,久保田勝朗,山田知奈,秋元隆治,角揚一郎,星野一道,第43回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2020年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第77回 VRサマーワークショップ オンライン,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2020年12月
  • Automatic Generation Method of Horizontal Building Mask Images by Using a 3D Model with Aerial Photograph s for Deep Learning: Improvement of training accuracy by removing thin clouds in aerial photographs using Generative Adversarial Network,Kazunosuke Ikeno,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,第43回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集(報告),2020年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第76回 CAADRIA 2020オンライン国際会議(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2020年11月
  • 都市とITとが出合うところ 第75回 CAADRIA 2020オンライン国際会議(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2020年10月
  • 都市と建築のブログ Vol.51 倉敷:町人の力,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2020年10月
  • 建築業界のテレワークの在り方について,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2020年10月
  • 橋梁プロダクトモデルとセンサデータモデルとの連携データモデルの開発,矢吹信喜,有賀貴志,小山誠稀,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,2020年09月
  • 画像解析技術を用いたトンネル切羽の落石監視手法の研究,久保田恭行,矢吹信喜,西山哲,福田知弘,手塚仁,尾畑洋,村上治,土木情報学シンポジウム講演集,2020年09月
  • 加速度データとLSTMを用いた建設作業員の姿勢推定システムに関する基礎的検討,田中陸人,矢吹信喜,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,2020年09月
  • 橋梁とセンサの連携データモデルの関係データベースへの実装,小山誠稀,矢吹信喜,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,2020年09月
  • An On-site Landscape Simulation Method that Enables One-by-one Dynamic Occlusion in Mixed Reality with Instance Segmentation,中林瑞生,福田知弘,矢吹信喜,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集(情報システム技術),2020年09月
  • A Landscape Simulation Method with Free-Viewpoints Using a Small Drone and Web-based Augmented Reality,菊池直樹,福田知弘,矢吹信喜,日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集(情報システム技術),2020年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第74回 国際デザインオンラインワークショップ,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2020年09月
  • 都市と建築のブログ Vol.50 鎌倉:いざ!,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2020年07月
  • 都市とITとが出合うところ 第73回 テレワーク(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2020年07月
  • 都市とITとが出合うところ 第72回 テレワーク(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2020年06月
  • 都市とITとが出合うところ 第71回 経路探索(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2020年05月
  • 環境デザインのためのVR・MR,福田知弘,生産と技術,一般社団法人 生産技術振興協会,Vol. 72,No. 2,p. 67-70,2020年04月
  • 都市と建築のブログ Vol.49 ラスベガス:ネオン,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,Vol. 129,p. 14-17,2020年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第70回 経路探索(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,p. 17-18,2020年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第69回 ハルビン工業大学(深圳)との国際デザインワークショップ(3),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,p. 15-16,2020年03月
  • 都市とITとが出合うところ 第68回 ハルビン工業大学(深圳)との国際デザインワークショップ(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,p. 15-16,2020年01月
  • 都市と建築のブログ Vol.48 深圳:創新,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,Vol. 128,p. 12-15,2020年01月
  • Development of a Telepresence System for Sharing 3D Physical Objects: Sharing real-time point clouds between multi users by using Mixed Reality,石川大地,福田知弘,矢吹信喜,第42回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(インタラクティブ発表),2019年12月
  • Development of a Telepresence System for Sharing 3D Physical Objects: Improving visibility of virtual objects by increasing the density of real-time point clouds,石川大地,福田知弘,矢吹信喜,第42回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2019年12月
  • Automatic Generation Method of Building Mask Images by Using the 3D Model with Aerial Photograph for Deep Learning: Toward authentic optimal placement system of outdoor loudspeaker for communication of disaster prevention information,池野和之介,福田知弘,矢吹信喜,第42回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2019年12月
  • Integration of Real-Time Video Communication and Semantic Segmentation over the Internet Toward Dynamic Occlusion Handling in Mobile Mixed Reality for Landscape Simulation,城戸大輝,福田知弘,矢吹信喜,第42回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2019年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第67回 ハルビン工業大学(深圳)との国際デザインワークショップ(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年12月
  • BIMについて:BIMの基本から最新動向まで,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年11月
  • 都市とITとが出合うところ 第66回 BIMと環境シミュレーション・VR・MRとの融合,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年11月
  • 都市と建築のブログ Vol.47 ウェリントン:世界最南首都,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,Vol. 127,p. 14-17,2019年10月
  • 都市とITとが出合うところ 第65回 BIMについて,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年10月
  • 加速度センサと機械学習を用いた建設作業員の行動分類システムに関する基礎的検討,田中陸人,矢吹信喜,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,2019年09月
  • 橋梁プロダクトモデルとセンサ情報の連携に関する基礎的検討,小山誠稀,矢吹信喜,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,2019年09月
  • Development of a Telepresence System for Sharing 3D Physical Objects Using Real-time Point Clouds,Daichi Ishikawa,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集(情報システム技術),2019年09月
  • 深層学習を用いた鋼骨組構造における出来形検出に関する基礎的検討,井筒竜宇,矢吹信喜,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,土木学会,p. 161-164,2019年09月
  • 建築・都市VR・MR とシミュレーション・AI の融合,福田知弘,2019年度日本建築学会大会(北陸)情報システム技術部門 研究協議会資料「建築・都市分野のVR・MR技術の展望」,日本建築学会 情報システム技術委員会,2019年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第64回 テレプレゼンス(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年09月
  • Development of Visualization System for Sound Environment Simulation of Disaster Administrative Radio Using Mixed Reality,Kazunosuke Ikeno,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集(情報システム技術),日本建築学会,Vol. 85,No. 776,p. 757-765,2019年09月
  • 都市と建築のブログ Vol.46 神山:案山子,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2019年07月
  • 都市とITとが出合うところ 第63回 テレプレゼンス(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年07月
  • 生産性と安全の向上ための加速度センサと機械学習を用いた作業員の行動分析,田中陸人,矢吹信喜,福田知弘,平成31年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2019年05月
  • 橋梁3Dモデルとセンサ情報モデルの連携に関する研究,小山誠稀,矢吹信喜,福田知弘,平成31年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2019年05月
  • 都市とITとが出合うところ 第61回 デジタルサイネージ (2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年05月
  • 都市と建築のブログ Vol.45 アンコール・ワット:見立て,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2019年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第60回 デジタルサイネージ (1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第59回 VRサマーワークショップ イン ウェリントン (2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年03月
  • 都市と建築のブログ Vol.44 ウッチ:文化観光都市へ,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2019年01月
  • 都市とITとが出合うところ 第58回 VRサマーワークショップ イン ウェリントン (1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2019年01月
  • テキストマイニングを用いた建築情報分野の論文タイトル分析 -日本建築学会 情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集を対象として-,福田知弘,第41回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2018年12月
  • A Real-Time Visual Environmental Estimation System Using Image Segmentation: A Prototype for Green View Index,Rui CAO,Tomohiro FUKUDA,Nobuyoshi YABUKI,第41回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2018年12月
  • A Design of Landscape Tele-simulation System Using Unmanned Aerial Vehicle and Augmented Reality,Liang YAN,Tomohiro FUKUDA,Nobuyoshi YABUKI,第41回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2018年12月
  • Augmented Realityの動的オクルージョン解決に向けたリアルタイムセマンティックセグメンテーションシステムの開発,城戸大輝,福田知弘,矢吹信喜,第41回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2018年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第57回 香港中文大学 国際研修プログラム2018(3),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第56回 香港中文大学 国際研修プログラム2018(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年11月
  • 国際VRシンポジウム 第9回サマーワークショップ イン ウェリントン レポート,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2018年10月
  • 都市と建築のブログ Vol.43 ホーチミン:王の法律も村の垣根まで,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2018年10月
  • 都市とITとが出合うところ 第55回 香港中文大学 国際研修プログラム2018(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年10月
  • 橋梁の部材,センシングおよび点検結果の統合化を目的としたデータモデルの構築,大西啓晃,矢吹信喜,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,2018年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第54回 ご来光カフェ,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第53回 CAADRIA 2018(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年08月
  • 都市と建築のブログ Vol.42 沖縄:行逢りば兄弟,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2018年07月
  • 都市とITとが出合うところ 第52回 CAADRIA 2018(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年07月
  • 一様表面構造物のSfMによる3Dモデリングおよび局所画像の探索に関する研究,阪本由佳子,矢吹信喜,福田知弘,平成30年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2018年06月
  • 点群と画像を用いたディープラーニングによる道路柱状物の認識,田中翔,矢吹信喜,福田知弘,平成30年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2018年06月
  • 都市とITとが出合うところ 第51回 水木しげるロード(4),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年06月
  • 都市とITとが出合うところ 第50回 情報シンポ,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年05月
  • 都市と建築のブログ Vol.41 ローマ:一日にして成らず,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2018年04月
  • 建築・都市VR:直感的理解と合意形成に向けて,福田知弘,建築雑誌,日本建築学会,2018年03月
  • 都市とITとが出合うところ 第49回 もうひとつの旅2017,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年03月
  • 都市とITとが出合うところ 第48回 VRサマーワークショップ イン ボストン(3),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年03月
  • 都市とITとが出合うところ 第47回 VRサマーワークショップ イン ボストン(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年02月
  • 都市と建築のブログ Vol.40 南京:多少楼台煙雨中,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2018年01月
  • 都市とITとが出合うところ 第46回 VRサマーワークショップ イン ボストン(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2018年01月
  • Integrating Building Information Modeling, Mixed Reality and Computational Fluid Dynamics for Building Environment Study,ZHU Yuehan,福田知弘,矢吹信喜,第40回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2017年12月
  • 景観面を中心とした建築設計検討用 Augmented / Diminished Reality のトラッキング性能向上,井上和哉,福田知弘,矢吹信喜,大抜久敏,市村剛,第40回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2017年12月
  • 点群ストリームを表示する複合現実感システムの開発と建築・都市分野での可能性,福田知弘,ZHU Yuehan,第40回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2017年12月
  • 人流計測の精度向上を目的とした複合センサの配置計画シミュレータの開発,森本哲郎,上善恒雄,福田知弘,第40回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2017年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第45回 香港中文大学 国際研修プログラム2017(3),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第44回 香港中文大学 国際研修プログラム2017(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年11月
  • 国際VRシンポジウム 第8回サマーワークショップ イン ボストン レポート,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2017年10月
  • 都市と建築のブログ Vol.39 イスタンブール:古今東西,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2017年10月
  • 都市とITとが出合うところ 第43回 香港中文大学 国際研修プログラム2017(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年10月
  • VISUALIZATION ON TRAFFIC INFLUENCE OF PARKING FLOW LINE WITH & WITHOUT UNDERGROUND INNER-ACCESS,Jian PENG,Fang-le PENG,Nobuyoshi YABUKI,Tomohiro FUKUDA,土木情報学シンポジウム講演集,2017年09月
  • CIMモデルと没入型VRを統合した遠隔会議システムの開発,山本敦大,矢吹信喜,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,2017年09月
  • UAVとJoint-HOG特徴量を用いた建設現場3Dモデリングにおける精度向上,山口麗華,矢吹信喜,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,2017年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第42回 情報処理教育プログラム(4),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年09月
  • 大阪大学 工学部 環境・エネルギー工学科での高度情報処理教育の試み,福田知弘,2017年度日本建築学会大会(中国)情報システム技術部門 研究協議会資料「建築学びのイノベーション ―情報がつなぐ教育の未来―」,日本建築学会 情報システム技術委員会,2017年08月
  • 都市とITとが出合うところ 第41回 情報処理教育プログラム(3),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年08月
  • 都市と建築のブログ Vol.38 蘇州:不易流行,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2017年07月
  • 都市とITとが出合うところ 第40回 情報処理教育プログラム(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年07月
  • Development of Mixed Reality System for Building Thermal Environment and Ventilation Visualization based on CFD,ZHU Yuehan,FUKUDA Tomohiro,YABUKI Nobuyoshi,平成29年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2017年06月
  • 都市とITとが出合うところ 第39回 情報処理教育プログラム(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年06月
  • 都市とITとが出合うところ 第38回 水木しげるロード(3),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年05月
  • 都市と建築のブログ Vol.37 ミャンマー:横断中,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2017年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第37回 水木しげるロード(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第36回 水木しげるロード(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年03月
  • 三次元仮想空間(VR)研究の動向と現場実践,福田知弘,都市計画,日本都市計画学会,2017年03月
  • 都市とITとが出合うところ 第35回 VRサマーワークショップ(3),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2017年02月
  • 都市と建築のブログ Vol.36 郡上八幡:水とおどりの都,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2017年01月
  • Structure from Motionにより生成した三次元モデルを含む都市空間Virtual Realityの構築 - 境港市水木しげるロードリニューアル計画を対象として -,福田知弘,灘英樹,足立晴夫,清水駿太,武井千雅子,第39回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2016年12月
  • 建築デザイン検討のためのSLAMを用いた屋外型ARシステムの開発,三宅宗俊,福田知弘,矢吹信喜,Ali Motamedi,第39回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2016年12月
  • 室内温熱環境設計フィードバックのためのCFDとARの統合 - 緑化を対象にして -,横井一樹,福田知弘,矢吹信喜,Ali Motamedi,第39回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2016年12月
  • 環境設計支援手法としての緑視率測定と拡張現実機能を有するDiminished Realityシステム,井上和哉,福田知弘,矢吹信喜,Ali Motamedi,第39回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2016年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第33回 VRサマーワークショップ(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第32回 香港中文大学 国際研修プログラム(3),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年11月
  • 都市と建築のブログ Vol.35 メルボルン:マルチカルチャー,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2016年10月
  • 都市とITとが出合うところ 第31回 香港中文大学 国際研修プログラム(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年10月
  • モノレール路線CIM化のための中心軸と断面を利用したレール点群のポリゴンモデル化,日高菜緒,道川隆士,矢吹信喜,福田知弘,Ali MOTAMEDI,土木情報学シンポジウム講演集,2016年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第30回 香港中文大学 国際研修プログラム(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第29回 建築・都市環境のための画像処理技術を用いたマーカレスARシステム,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年08月
  • 都市とITとが出合うところ 第28回 拡張現実感を用いた緑視率自動測定システム,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年07月
  • 都市と建築のブログ Vol.34 ウィーン:音楽の都,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2016年07月
  • フォトグラメトリによるDiminished Realityを用いた構造物解体撤去後の景観検討システム,井上和哉,福田知弘,矢吹信喜,道川隆士,Motamedi Ali,平成28年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2016年06月
  • Kinectを用いた簡便な音情報可視化システムの開発,山﨑諒,矢吹信喜,福田知弘,道川隆士,Motamedi Ali,平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2016年06月
  • Operation and Maintenance Data Management of Road Facilities based on COBie,Chung Mariana,矢吹信喜,福田知弘,道川隆士,Motamedi Ali,平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2016年06月
  • Arduino基盤を用いた建設現場モニタリングシステムの提案,山口麗華,矢吹信喜,福田知弘,道川隆士,Motamedi Ali,平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2016年06月
  • Feasibility Study of Bluetooth and Wi-Fi Communication Systems in Post-Post-Disaster Management,Alipour Yaser,矢吹信喜,福田知弘,道川隆士,Motamedi Ali,平成28年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2016年06月
  • Green Building Design Support System Based on BIM and LEED,HAN Yuqian,YABUKI Nobuyoshi,FUKUDA Tomohiro,MICHIKAWA Takashi,MOTAMEDI Ali,平成28年度日本建築学会近畿支部研究報告集,p. 41-44,2016年06月
  • 都市とITとが出合うところ 第27回 室内温熱環境設計フィードバックのためのCFDとVRの統合,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年06月
  • 都市とITとが出合うところ 第26回 ビデオ×コミュニケーションメディア,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年05月
  • 都市と建築のブログ Vol.33 ボストン:歴史と新たな刺激が癒合する都市,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2016年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第25回 建築・都市×マッチングビジネス,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第24回 亜洲大学@台中(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年03月
  • 都市とITとが出合うところ 第23回 亜洲大学@台中(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年02月
  • 都市と建築のブログ Vol.32 南砺:合掌造り,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2016年01月
  • 都市とITとが出合うところ 第22回 CAADRIA2015×大邱(3),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2016年01月
  • 局所特徴量による画像マッチング手法を用いた建物維持管理のためのマーカレスARシステムの開発,佐藤佑亮,福田知弘,矢吹信喜,道川隆士,第38回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),p. 157-160,2015年12月
  • 緑視率自動測定のためのテンプレートマッチングを用いた建物領域の認識システム,丁亜奎,福田知弘,矢吹信喜,道川隆士,第38回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),p. 153-156,2015年12月
  • 室内温熱環境設計フィードバックのためのVRを用いたCFD解析結果の3次元可視化,細川雅弘,福田知弘,矢吹信喜,道川隆士,第38回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),p. 149-152,2015年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第21回 CAADRIA2015×大邱(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2015年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第20回 CAADRIA2015×大邱(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2015年11月
  • 国際VRシンポジウム 第6回サマーワークショップ イン ギリシャ レポート,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2015年10月
  • 都市と建築のブログ Vol.31サンパウロ:南半球一のメガシティ,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2015年10月
  • 都市とITとが出合うところ 第19回 ギリシャ×VRサマーワークショップ(2),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2015年10月
  • 局所形状マッチングを用いた繰り返し構造をもった点群データの効率的なポリゴン生成手法,日高菜緒,道川隆士,矢吹信喜,福田知弘,2015年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,2015年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第18回 ギリシャ×VRサマーワークショップ(1),福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2015年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第17回 高野山×3D地図によるAR位置合わせ,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2015年08月
  • 都市と建築のブログ Vol.30ぶんご大野:里の旅,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2015年07月
  • 都市とITとが出合うところ 第16回 醍醐×バーチャル都市モデル,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2015年07月
  • 都市とITとが出合うところ 第15回 茨木×ARで環境モニタリング,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2015年06月
  • AR技術を用いた地下埋設物の半透過透視技術による施工の改善に関する研究,三宅 宗俊,矢吹信喜,福田知弘,道川隆士,平成27年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2015年05月
  • 地下空間からの地上透過ARシステムの開発,横井 一樹,矢吹信喜,福田知弘,道川隆士,Ali Motamedi,平成27年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2015年05月
  • 幾何学的類似性を利用した土木構造物点群からのポリゴン生成,日高菜緒,道川隆士,矢吹信喜,福田知弘,平成27年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2015年05月
  • 都市とITとが出合うところ 第14回 西宮×模型とVRの認識の違い,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2015年05月
  • 都市と建築のブログ vol.29 台中:亜洲現代美術館,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2015年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第13回 山崎×クラウドVR・スケッチ機能,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,p. 6-7,2015年04月
  • 都市とITとが出合うところ 第12回 信楽×遠隔景観デザイン会議,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,p. 10-11,2015年03月
  • デジタルサイネージ景観向上のための光源輝度を指標としたLEDディスプレイの心理的影響評価,福田知弘,松井孝典,長町志穂,日本建築学会東海支部研究報告集,No. 53,p. 321-324,2015年02月
  • 都市とITとが出合うところ 第11回 金勝×クラウドVR,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,p. 6-7,2015年02月
  • 都市と建築のブログ Vol.28京都:CAADRIA2014国際会議,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2015年01月
  • 都市とITとが出合うところ 第10回 西の湖×高精細シアター型VR安土城,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,p. 8-9,2015年01月
  • 緑視率自動測定システムに関する基礎的検討,丁亜奎,福田知弘,矢吹信喜,道川隆士,第37回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),p. 155-158,2014年12月
  • 安土城の3次元デジタル復元を通じた高精細版バーチャルリアリティシステムの構築に関する研究,福田知弘,伴浩和,八木克人,西家淳朗,第37回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),p. 151-154,2014年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第9回 繖山× VR 安土城タイムスコープ,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,p. 6-7,2014年12月
  • 都市とITとが出合うところ 第8回 彦根×点群のポリゴン化システム,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2014年11月
  • 都市と建築のブログ Vol.27 南信:ジビエ料理,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2014年10月
  • 都市とITとが出合うところ 第7回 小谷城と都市プレゼンテーションシステム,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2014年10月
  • NFC準拠 ICタグを用いた街路樹の情報管理システムの開発,矢吹信喜,芦田雄太,福田知弘,道川隆士,土木情報学シンポジウム講演集,Vol. 39,p. 147-148,2014年09月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • Arduinoと通信モジュールを用いた防犯システムの検討,平井利枝,矢吹信喜,福田知弘,道川隆士,土木情報学シンポジウム講演集,2014年09月
  • Diminished Realityを用いた建物新設時の景観検討AR実現に関する研究,矢吹信喜,種村貴士,福田知弘,道川隆士,土木情報学シンポジウム講演集,2014年09月
  • パノラマカメラの高密度グリッド撮影画像を用いたテレイグジスタンスに関する提案,張天豫,矢吹信喜,福田知弘,道川隆士,土木情報学シンポジウム講演集,2014年09月
  • BIMとセンサを活用した既存建築物の環境改善支援システムの開発に関する検討,中山一希,矢吹信喜,福田知弘,道川隆士,土木情報学シンポジウム講演集,2014年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第6回 菅浦,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2014年09月
  • 能舞台橋掛り様式の変化と『序破急』の関係性についての研究,松永直美,矢吹信喜,亀山勇一,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,Vol. 39,p. 195-198,2014年09月
  • 都市景観検討のための複雑な建物BIMデータからの3Dモデル生成,矢吹信喜,李世一,福田知弘,道川隆士,土木情報学シンポジウム講演集,Vol. 39,p. 193-194,2014年09月
  • 都市とITとが出合うところ 第5回 淀川北源,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2014年08月
  • 都市と建築のブログ Vol.26 ドイツ:フライブルクとゴスラー,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2014年07月
  • 都市とITとが出合うところ 第4回 竹生島,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2014年07月
  • 都市とITとが出合うところ 第3回 針江,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2014年06月
  • ARを用いた室内気温等状況の可視化による環境改善手法に関する研究,細川雅弘,矢吹信喜,福田知弘,平成26年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2014年05月
  • 画像マッチング手法を用いたAR技術の構造物点検への応用,佐藤佑亮,矢吹信喜,福田知弘,平成26年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2014年05月
  • 都市とITとが出合うところ 第2回 坂本と堅田,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2014年05月
  • 維持管理のための橋梁3次元プロダクトモデルの最適詳細度に関する基礎的検討,板倉崇理,矢吹信喜,福田知弘,平成26年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,公益社団法人 土木学会,Vol. 70,No. 2,p. I_42-I_49,2014年05月
  • Arduinoと通信モジュールを用いた防犯環境システムに関する研究,平井利枝,矢吹信喜,福田知弘,平成26年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,公益社団法人 土木学会,Vol. 70,No. 2,p. Ⅳ- 9-I_41,2014年05月
  • 都市とITとが出合うところ 第1回 近江八景@大津,福田知弘,まちなみ,大阪府建築士事務所協会,2014年04月
  • 都市と建築のブログ Vol.25 チューリッヒとヴァイル・アム・ライン:スイス北部エリア,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2014年04月
  • 都市と建築のブログ Vol.24 ヴォロスとアテネ:素敵な小広場,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2014年01月
  • 建築情報教育に関する建設業界のニーズ把握の試み -ゼネコンと組織設計事務所を中心としたインタビュー調査-,松本裕司,大西康伸,川角典弘,木村 謙,下川雄一,中澤公伯,福田知弘,前 稔文,村上祐治,第36回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),p. 245-248,2013年12月
  • 国内の高等教育機関における建築情報教育の現状,村上祐治,大西康伸,木村 謙,下川雄一,竹中 司,中澤公伯,中田千彦,福田知弘,前 稔文,松島史朗,第36回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),p. 233-236,2013年12月
  • 都市と建築のブログ Vol.23 オランダ:デルフト・ブルー,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2013年11月
  • 都市と建築のブログ Vol.22 シンガポール:赤道直下の都市国家,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2013年09月
  • 都市と建築のブログ Vol.21 瀬戸内の島々:国際芸術祭,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2013年07月
  • 可視化と自動制御を組合せた省エネルギー化システムの提案,中山一希,矢吹信喜,福田知弘,平成25年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2013年06月
  • 超広帯域通信を用いた建設施工現場における位置情報の取得と利用に関する基礎的実験,立川貴博,矢吹信喜,福田知弘,平成25年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2013年06月
  • 建物の解体、撤去後のARのためのDiminished Realityに関する基礎的研究,種村貴士,矢吹信喜,福田知弘,平成25年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2013年06月
  • 可動型都市模型デバイスの開発,福田知弘,徳原俊樹,矢吹信喜,平成25年度日本建築学会近畿支部研究報告集,p. 241-250,2013年06月
  • 都市と建築のブログ Vol.20 チェンナイ:南インド,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2013年04月
  • 景観VRシステムのフィールド利用に関する考察,福田知弘,孫磊,日本建築学会関東支部 2012年度(第83回)研究報告集,2013年03月
  • 都市と建築のブログ Vol.19 ニューカッスル:地方都市の楽しみ方,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2013年01月
  • 模型とVRを通じた寸法把握特性に関する基礎的研究,福田知弘,徳原俊樹,矢吹信喜,第35回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2012年12月
  • 都市と建築のブログ Vol.18 香港と広州:珠江デルタ,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2012年10月
  • W011002 グラウトコンピューティング型VRによる分散同期型検討会議の実現,福田 知弘,年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan,一般社団法人日本機械学会,Vol. 2012,p. "W011002-1"-"W011002-4",2012年09月09日
  • マルチエージェント・シミュレーションを用いた公共施設の維持管理手法に関する検討,矢吹信喜,小倉正孝,福田知弘,森俊勝,坂上裕信,土木情報学シンポジウム講演集,2012年09月
  • 積集合演算によるBIMデータからの景観検討用3Dモデル作成手法,矢吹信喜,川口貴之,福田知弘,土木情報学シンポジウム講演集,2012年09月
  • 都市と建築のブログ Vol.17 潮来と佐原:ちばらき,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2012年07月
  • ARを用いた照明シミュレーションのための光学的整合性の実現手法に関する研究,福田知弘,林緯政,矢吹信喜,平成24年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2012年06月
  • モバイル型ARを用いた景観予測手法の有効性,張田,福田知弘,矢吹信喜,平成24年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2012年06月
  • 都市・建築模型の幾何的特徴に着目した点群から対話な3次元モデリングシステムの開発,北川憲佑,福田知弘,矢吹信喜,平成24年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2012年06月
  • データマイニングのためのプロダクトモデルとセンサデータモデルの統合化,芦田雄太,矢吹信喜,福田知弘,平成24年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2012年06月
  • 点群データと拡張現実感を用いた環境シミュレーション結果の表示システムの開発,古林修平,矢吹信喜,福田知弘,平成24年度土木学会関西支部年次学術講演会論文集,2012年06月
  • 都市と建築のブログ Vol.16 ブラジル・クリチバ:まちの主人公は人,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2012年04月
  • 都市と建築のブログ Vol.15 ペルー:マチュピチュ,福田知弘,Up and Coming,㈱フォーラムエイト,2012年01月
  • 都市景観アセスメントのためのモバイル型ARシステムの構築(2)~地図情報とジャイロスコープを利用したカメラ位置・角度情報取得~,張田,福田知弘,清水彩子,田口正晴,孫磊,矢吹信喜,第34回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2011年12月
  • 都市景観アセスメントのためのモバイル型ARシステムの構築(1)~ GPSとジャイロスコープを利用したカメラ位置・角度情報取得 ~,張田,福田知弘,清水彩子,田口正晴,孫磊,矢吹信喜,第34回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2011年12月
  • 夜間における実空間からの3Dモデル化手法の開発,孫磊,福田知弘,矢吹信喜,第34回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2011年12月
  • ARを用いた夜間景観シミュレーションのための光学的整合性の実現に向けた基礎的研究,林緯政,福田知弘,矢吹信喜,第34回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2011年12月
  • 想定と対峙するための建築・都市分野の視覚シミュレーション技術,福田知弘,第34回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集,2011年12月
  • 都市と建築のブログ Vol.14 テキサス:キンベル美術館,福田知弘,Up and Coming, No.94,2011年11月
  • 都市と建築のブログ Vol.13 神戸:山も海もあるデザイン都市,福田知弘,Up and Coming,2011年09月
  • 都市と建築のブログ Vol.12 済州島:スマートグリッド・アイランド,福田知弘,Up and Coming,2011年07月
  • 建物の省エネルギー化のためのコンテクストを用いたデータマイニング手法の検討,塚本祥太,矢吹信喜,福田知弘,平成23年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2011年06月
  • 3次元レーザースキャナの点群データを用いた屋外拡張現実感技術の検討,高奥信豪,矢吹信喜,福田知弘,平成23年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2011年06月
  • 都市模型から3次元計測された点群の最適化システムに関する研究 - GUIとテクスチャ生成機能の開発 -,北川憲佑,福田知弘,矢吹信喜,平成23年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2011年06月
  • 港湾施設の現場点検支援システムの開発に関する研究,江端夢歌,矢吹信喜,福田知弘,平成23年度土木学会関西支部年次学術講演会,2011年06月
  • 4点マーカ法による拡張現実感の位置合わせの誤差に関する実験的研究,小森絵未,矢吹信喜,福田知弘,平成23年度土木学会関西支部年次学術講演会,2011年06月
  • マルチエージェント・シミュレーションを用いた公共施設のアセットマネジメント手法に関する検討,小倉正考,矢吹信喜,福田知弘,森俊勝,坂上裕信,平成23年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2011年06月
  • 都市と建築のブログ Vol.11 ハンブルグ:ハーフェンシティ開発,福田知弘,Up and Coming,2011年05月
  • 都市と建築のブログ Vol.10 ストラスブール:トラムとまちづくり,福田知弘,Up and Coming,2011年03月
  • 都市と建築のブログ Vol.9 近江八幡:奥行きのあるまち,福田知弘,Up and Coming,2011年01月
  • スマートフォンでの位置情報取得システムの誤差解析,張田,福田知弘,矢吹信喜,日本建築学会・第33回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2010年12月
  • 都市と建築のブログ Vol.8 ヴェネツィア:水網都市,福田知弘,Up and Coming,2010年11月
  • 都市と建築のブログ Vol.7 ギリシャ・サントリーニ島:エーゲ海に舞い降りた白い集落,福田知弘,Up and Coming,2010年09月
  • 都市と建築のブログ Vol.6 バーレーン:古新織りなす中東の島国,福田知弘,Up and Coming,2010年07月
  • The Current Developments of Green Design in Japan and Applications at Osaka University,Tomohiro Fukuda,包装学報(Packaging Journal),2010年07月
  • Use of WiFi location estimation technology as a tool for real time display of riverside information during sightseeing cruise,福田知弘,Yuri Torres,矢吹信喜,平成22年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2010年06月
  • ICTを用いた観光情報マネジメントシステムの開発,吉川泰代,福田知弘,矢吹信喜,平成22年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2010年06月
  • 3次元レーザースキャナを用いた都市模型のVRモデリングに関する研究,北川憲佑,福田知弘,矢吹信喜,平成22年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2010年06月
  • 模型とVRの視点連携による都市プレゼンテーション手法の開発,徳原俊樹,福田知弘,矢吹信喜,平成22年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2010年06月
  • VRアバターを用いた屋外温熱環境可視化に関する研究,尾上拓也,矢吹信喜,吉田伸治,福田知弘,平成22年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2010年06月
  • 凸レンズと光ファイバーを用いたセンサネットワーク制御型ミラー採光システムの提案,小倉正考,矢吹信喜,福田知弘,平成22年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2010年06月
  • 都市と建築のブログ Vol.5 信濃大町:北アルプスの湧水を活かして,福田知弘,Up and Coming,2010年05月
  • 都市と建築のブログ Vol.4 インド:タージ・マハル,福田知弘,Up and Coming,2010年03月
  • 都市と建築のブログ Vol.3 シドニー:世界一の美港,福田知弘,Up and Coming,2010年01月
  • 都市と建築のブログ Vol.2 台湾:最も訪れている国・地域,福田知弘,Up and Coming,2009年11月
  • 都市と建築のブログ Vol.1 大阪:「水の都」を再び目指して,福田知弘,Up and Coming,2009年09月
  • 夜間住宅地街路における領域性・監視性強化のための私有地の光を利用した照明手法の開発,矢吹信喜,宮本浩明,福田知弘,平成21年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2009年06月
  • 空き町家の体験宿泊施設としての利活用に向けたニーズの把握に関する研究,吉川泰代,椙村一弘,福田知弘,宮下京子,菊重有輝,平成21年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2009年06月
  • 柱グリッド方式を用いた大災害後の応急仮設住宅に関する研究,太田直希,矢吹信喜,福田知弘,平成21年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2009年06月
  • ダブルスキン・ファサードの高層ビルディングの立面緑化手法に関する研究,菊重有輝,矢吹信喜,福田知弘,平成21年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2009年06月
  • VR技術を用いた建築物外壁色彩経年変化のシミュレーションシステムの開発に関する研究,有本慎太郎,矢吹信喜,福田知弘,平成21年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2009年06月
  • 地方自治体の公共事業のWebサイトにおける横断的情報公開システムの開発,西村善博,矢吹信喜,福田知弘,平成21年度土木学会関西支部年次学術講演会,2009年05月
  • アルゴリズミック・アーキテクチャ、パラメトリック・アーキテクチャ作品と環境との関係性に関する考察,松永直美,福田知弘,加賀有津子,日本建築学会・情報システム技術委員会第31回情報・システム・利用技術シンポジウム(報告),日本建築学会,2008年12月
  • おもてなし環境都市・堺へ,福田知弘,Urban,2008年04月
  • 大学研究室めぐり(1)”環境設計情報学領域”,福田知弘,環境技術,2007年10月
  • クリチバに学びませんか,福田知弘,建築ジャーナル,2007年09月
  • 公共建築小委員会の活動報告,福田知弘,2007年度日本建築学会大会(九州)特別研究部門パネルディスカッション資料,2007年08月
  • 空間設計の新たな試み-環境デザイン・アプローチ-,福田知弘,人間生活工学,2007年07月
  • コンピュータを応用した建築デザインとデザインプロセスの体系化 ―生命論的アプローチの可能性―,松永直美,福田知弘,加賀有津子,第29回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集(報告),2006年12月
  • Kobunaki Eco Village,Tomohiro Fukuda,Modern Decoration,Modern Decoration,2006年05月
  • 景観評価手法としてのVRコンテンツ設計の標準化に向けた一考察,福田知弘,菅尾圭二郎,加賀有津子,日本建築学会 情報システム技術委員会第28回情報・システム・利用技術シンポジウム(報告),2005年12月
  • まちづくり支援VRシステムの開発と実践,福田知弘,長濱龍一郎,(社)日本サインデザイン協会 第35回SDA賞特集号・Review合併号,2001年12月

著書

  • 学術書,Resilient and Responsible Smart Cities Volume 2,Hassan Abdalla,Hugo Rodrigues,Vimal Gahlot,Mohammad Salah Uddin,Tomohiro Fukuda,Springer International Publishing,2022年01月
  • 学術書,Resilient and Responsible Smart Cities Volume 1,Norsidah Ujang,Tomohiro Fukuda,Anna Laura Pisello,Dinko Vukadinović,Springer,ISBN:9783030635664,2021年08月
  • 一般書・啓蒙書,都市と建築のブログ 総覧,福田知弘,フォーラムエイトパブリッシング,ISBN:4906608221,2020年11月
  • 学術書,CAADRIA 2019:Proceedings of the 24th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2019) Volume 2,Matthias Hank Haeusler,Marc Aurel Schnabel,Tomohiro Fukuda,The Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),ISBN:9789887891727,2019年04月
  • 学術書,CAADRIA 2019:Proceedings of the 24th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2019) Volume 1,Matthias Hank Haeusler,Marc Aurel Schnabel,Tomohiro Fukuda,The Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),ISBN:9789887891710,2019年04月
  • 学術書,CAADRIA 2018:Proceedings of the 23rd International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2018) Volume 2,Tomohiro Fukuda,Weixin Huang,Patrick Janssen,Kristof Crolla,Suleiman Alhadidi,The Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),ISBN:9789887891703,2018年05月
  • 学術書,CAADRIA 2018:Proceedings of the 23rd International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2018) Volume 1,Tomohiro Fukuda,Weixin Huang,Patrick Janssen,Kristof Crolla,Suleiman Alhadidi,The Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),ISBN:9789881902603,2018年05月
  • 学術書,Integration of a Structure from Motion into Virtual and Augmented Reality for Architectural and Urban Simulation: Demonstrated in Real Architectural and Urban Projects,Tomohiro Fukuda,Hideki Nada,Haruo Adachi,Shunta Shimizu,Chikako Takei,Yusuke Sato,Nobuyoshi Yabuki,Ali Motamedi,Springer (Communications in Computer and Information Science 724),ISBN:9789811051968,2017年07月
  • 学術書,Computer-Aided Architectural Design The Next City - New Technologies and the Future of the Built Environment,Tomohiro Fukuda,Hirokazu Ban,Katsuhito Yagi,Junro Nishiie,Springer (Communications in Computer and Information Science 527),ISBN:9783662473856,2015年07月
  • 教科書・概説・概論,はじめての環境デザイン学,澤木昌典,矢吹信喜,福田知弘,池道彦,下田吉之,惣田訓,松村暢彦,柴田祐,青野正二,上甫木昭春,久隆浩,吉村英祐,宮崎ひろ志,理工図書,ISBN:9784844607762,2011年05月
  • 学術書,VRプレゼンテーションと新しい街づくり,福田知弘,関文夫,伊藤裕二,武井千雅子,エクスナレッジ,ISBN:9784767808383,2008年11月
  • 一般書・啓蒙書,サスティナビリティ・サイエンスとオーストラリア研究 地域性を超えた持続可能な地球社会への展望,宮崎里司,樋口くみ子,編著,堤純,水野哲男,村上雄一,原田容子,多田稔,長友淳,塩原良和,福田知弘,佐和田敬司,小川晃弘,オセアニア出版社,ISBN:9784872031157,2018年06月
  • 学術書,夢のVR世紀 3次元VRソフト「UC-win/Road」とフォーラムエイトの軌跡 VR Design Studio UC-win/Road,川田 宏之,福田 知弘,エーブイシー/PJ総合研究所,2018年05月
  • 一般書・啓蒙書,大阪謎解き散歩,橋爪紳也,大阪検定,級合格者,大阪旅∞チーム,中経出版,ISBN:9784806146964,2013年04月
  • 一般書・啓蒙書,JUDI関西 仕事の軌跡と展望,澤木昌典,都市環境デザイン会議 関西ブロック,2011年06月
  • 学術書,土木建築エンジニアのプログラミング入門,フォーラムエイト,小林佳弘,福田知弘,Kostas Terzidis,楢原太郎,日経BP社,ISBN:9784822266219,2010年11月

特許・実用新案・意匠

  • 空間要素配置設計支援システム,福田 知弘,特許公開2001-101259,出願日:1999年12月,登録日:2001年03月
  • 視点情報表示機能付き設計支援システム,福田 知弘,特許公開2000-172740,出願日:1998年12月,登録日:2000年06月

作品

  • 水木しげるロードリニューアルイメージ映像『妖怪に会えるまち』,境港市役所,福田知弘,株)フォーラムエイト,境港市役所,2017年03月 ~
  • 高松市4町パティオ設計,町パティオ協議会,福田知弘,泉英明,香川県高松市田町,2007年08月 ~
  • 風見鶏の館、萌黄の館、北野町広場、北野中公園地区夜間照明デザイン,福田知弘,最所祐二,兵庫県神戸市中央区,2001年05月 ~
  • 野田阪神駅前通商店会リノベーション基本設計,福田知弘,山本一馬,豊留孝治,大阪市,2010年03月 ~
  • (映像)八幡の匠の今を知る,吉川泰代,椙村一弘,宮下京子,菊重有輝,福田知弘,近江八幡市,2008年09月 ~
  • 3DCGショートフィルム『Next Gene20』,加賀有津子,福田知弘,CG Labo社,AZ co,作曲,押谷沙樹,協力,劉育東研究室,台湾,2008年06月 ~
  • 八幡酒蔵工房リノベーション設計,吉川泰代,宮下京子,坂井健一,福田知弘,近江八幡市仲屋町中7,2007年08月 ~
  • 3DCGショートフィルム『小舟木エコ村』,映像) 福田知弘,環境設計情報学領域所属学生,佐藤賢太郎,ww.wisemanproject.com,大阪大学大学院 工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 共生環境デザイン学講座 環境設計情報学領域,2007年04月 ~
  • 兵庫県加美町大河丘陵ふれあい道路道路公園基本設計監修,加賀有津子,笹田剛史,福田知弘,兵庫県加美町,2005年03月 ~
  • 西淡町丸山漁港魚彩館公園基本設計,笹田剛史,福田知弘,兵庫県西淡町丸山,1999年11月 ~

受賞

  • CAADRIA Fellow,Tomohiro Fukuda,The Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),2019年04月
  • 大阪大学総長奨励賞,福田知弘,大阪大学,2014年07月
  • Best Presentation Award,T. Fukuda,R. Nagahama,A. Kaga,S. Oh,T. Sasada,The Sixth Conference on Computer Aided Architectural Design Research in Asia,2001年04月
  • 「光都・こうべ」照明デザイン設計競技 最優秀賞,福田知弘,最所祐二,KOBEライトスケープフェア2001実行委員会,2001年01月
  • Best Paper Award - Runner Up,Kazunosuke Ikeno,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,26th International Conference of the Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia,2021年03月
  • ICCBEI 2019 Best Paper Award Honorable Mentioned,Ryu Izutsu,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,4th International Conference on Civil and Building Engineering Informatics,2019年11月
  • 第10回国際VRシンポジウム アカデミー奨励賞,福田知弘,(株)フォーラムエイト,2017年11月
  • IPC2017 Best Paper Award,Naoto Nishimura,Nobuyoshi Yabuki,Tomohiro Fukuda,International Conference on Innovative Production and Construction (IPC) 2017,2017年11月
  • 土木情報学論文賞(論文:スケルトンと断面を利用したモノレールのレール部点群のポリゴンモデル化手法の開発),日高菜緒,阪大,道川隆士,理化学研究所,矢吹信喜,福田知弘,Ali MOTAMEDI(以上,公益社団法人 土木学会 第42回土木情報学シンポジウム,2017年09月
  • ICCBEI & CCACHE Best Paper Award,YuQian Han,Nobuyoshi Yabuki,Ali Motamedi,Tomohiro Fukuda,The 3rd International Conference on Civil and Building Engineering Informatics in conjunction with 2017 Conference on Computer Applications in Civil and Hydraulic Engineering (ICCBEI & CCACHE 2017),2017年04月
  • ISAIA Academic Session Award 2016,Kazuki Yokoi,Tomohiro Fukuda,Nobuyoshi Yabuki,Ali Motamedi,11th International Symposium on Architectural Interchange in Asia (ISAIA),2016年09月
  • 第8回国際VRシンポジウム アカデミー奨励賞,福田知弘,(株)フォーラムエイト,2015年11月
  • 第7回国際VRシンポジウム アカデミー奨励賞,福田知弘,(株)フォーラムエイト,2014年11月
  • 第5回国際VRシンポジウム アカデミー奨励賞,福田知弘,(株)フォーラムエイト,2011年11月
  • 続大阪「かくれたええとこ」再発見コンクール 入選,福田知弘,(社)日本建築協会,2010年03月
  • 第3回国際VRシンポジウム アカデミー奨励賞,福田知弘,徳原俊樹,㈱フォーラムエイト,2009年11月
  • 3DVRシミュレーションコンテスト アカデミー奨励賞,2009年
  • 第2回VRシンポジウム アカデミー奨励賞,福田知弘,㈱フォーラムエイト,2008年11月
  • 3DVRシミュレーションコンテスト 優秀賞,川口貴之,丸橋温美,西村善博,福田知弘,泉英明,藤村真也,㈱フォーラムエイト,2008年11月
  • 第12回工学教育賞 文部科学大臣賞「環境リスク管理に関する教学の体系化におけるフロンティア活動」,環境リスク管理のための人材養成」プログラム(担当講義,リスクコミュニケーション論,(社)日本工学教育協会,2008年07月
  • 3DVR Simulation Contest Academy Encouragement Award,2008年
  • 3DVRシミュレーションコンテスト 優秀賞,2008年
  • 3DVRシミュレーションコンテスト アカデミー奨励賞,2008年
  • 松下電工株式会社 特別有功賞,福田知弘,井野川浩,福島隆之,横井裕,松下電工株式会社,2003年04月

講演・口頭発表等

  • いま、土木業界で足りない人材とは?今後必須となる「建設ICT」ではどのような人材・スキルが要求されるのかについて,福田知弘,建設ICTマスター養成講座,2020年06月
  • BIMについて: 建築士事務所による実用・活用例,福田知弘,大阪府建築士事務所協会 研修会,2019年11月
  • 建築・都市VR・MRとシミュレーション・AIの融合,福田知弘,日本建築学会 建築教育委員会 教育手法・技術小委員会 BIM設計教育手法・技術WG,2019年11月
  • デジタル・アーバンデザイン,福田知弘,京都工芸繊維大学 デザイン学特別講義,2019年07月
  • VR, AR, MR and AI in Architectural and Urban Fields Toward Super-Smart Society (Society 5.0),福田知弘,Public lecture for International Study Programme 2019 @ Hong Kong (ISP@HK),2019年04月
  • 都市・建築分野におけるVR・MRの今 より直感的な理解と合意形成に向けて,福田知弘,4K・VR徳島映画祭2018,2018年11月
  • まちは自分たちでつくる,福田知弘,豊中市永楽荘桜自治会 環境講演会,2018年07月
  • 建築・都市・環境MR 直感的理解と合意形成に向けて,福田知弘,報道関係者と大阪大学との懇談会,2018年05月
  • Advanced 3D ICT for Environmental Design Engineering: VR, AR, DR, SfM, AI,福田知弘,2017 Korea-Japan Digital Architecture Symposium: Artificial Intelligence and 3D Information in Architecture,2017年12月
  • まちづくり・教育: VRで夢と未来を,福田知弘,Edvation x Summit 2017,2017年11月
  • Academic Research Trends in Digital Architecture Realm, and How to Write Academic Papers,福田知弘,2017全国建筑院系建筑数字技术教学研讨会|DADA2017数字建筑国际学术研讨会,2017年09月
  • 建築・都市分野におけるVR・AR・DR,福田知弘,京都工芸繊維大学 特別講義,2017年07月
  • 大阪大学へようこそ!,福田知弘,兵庫県立加古川東高等学校PTA研修旅行,2019年10月
  • BIM(ビム)について: BIMの基本から最新動向まで,福田知弘,大阪府建築士事務所協会 研修会,2019年08月
  • Development of Segmentation Rendering on VR for Society 5.0,福田知弘,第11回国際VRシンポジウム,2018年11月
  • 測量・計測技術の現在とその活用 ~新しい都市環境デザインへのアプローチ~,福田知弘,2018年第7回都市環境デザインセミナー,2018年10月
  • VR, AR, MR and AI for 3D Visualization in Architectural and Urban Design Fields,福田知弘,Public Lecture at University of Architecture Ho Chi Minh City,2018年08月
  • Universal Image Processing Framework: VR Segmentation Rendering for Sim and AI,福田知弘,第10回国際VRシンポジウム,2017年11月
  • Recent Advanced Information and Communication Technology for Architectural, Urban and Environmental Design Engineering Realm and Practice,福田知弘,Public Lecture of Center for Housing Innovations, The Chinese University of Hong Kong,2017年10月
  • 高校3年生を迎えるあなたへ,福田知弘,加古川東高等学校 70回生 学年講演会,2017年03月
  • Architectural and Urban Design and Visual Simulation for Sustainability: Virtual, Augmented and Diminished Reality,福田知弘,Public lecture of The Center for Housing Innovations, The Chinese University of Hong Kong (香港中文大学),2017年02月
  • 建築・都市分野におけるVR・AR・DRアプリの今,福田知弘,第11回 ARMO全体レクチャー,2016年12月
  • Recent Virtual, Augmented and Diminished Reality Application in Architectural and Urban Design Field,福田知弘,韓国展示デザイン学会,2016年11月
  • 都市建築分野におけるVR・AR・DRアプリの今,福田知弘,U2A研究会,2016年11月
  • 大阪大学へようこそ,福田知弘,平成28年度兵庫県立加古川東高等学校PTA研修旅行,2016年10月
  • 景観アセスメントとその予測手法の潮流 - より高質で、より参加可能な枠組みのために -,福田知弘,(一社)日本環境アセスメント協会 関西支部 平成28年度第1回公開技術セミナー,2016年09月
  • 駿台予備学校 大阪校 大阪大学工学部説明会,福田知弘,駿台予備学校 大阪校 大阪大学工学部説明会,2016年06月
  • Livable Community in Elderly Society Japan,福田知弘,2015-16 International Study Programmes @ Hong Kong "Envision Age-Friendliness in High-dense Hong Kong",2016年04月
  • Challenges for Livable Physical Environment and Virtual / Augmented Reality as 3D Communication Tool,福田知弘,2015-16 International Study Programmes @ Hong Kong "Envision Age-Friendliness in High-dense Hong Kong",2016年04月
  • 「自主簡易アセス」の取り組みを広めよう,福田知弘,ワークショップ「自主簡易アセス」の取り組みを広めよう,2016年03月
  • 成熟社会における都市づくり: 緑,景観,建築,環境,IT,福田知弘,中国福建省園林緑化研修団 講座,2016年03月
  • New Applications of Virtual / Augmented Reality in Architecture and Urban Field,福田知弘,Design Workshop "The Evolution of Design Thinking", Asia University, Taiwan,2015年11月
  • Recent Projects from Greece to Tokyo,福田知弘,第8回国際VRシンポジウム,2015年11月
  • 都市の鍼治療 -ワタシが見たもの体験したもの,福田知弘,都市の鍼治療 (Urban Acupuncture) 公開対談,2015年09月
  • A Kinematic Physical Model combined with a 3D Model for Building Volume Simulation,福田知弘,International VR Symposium The 6th Summer Workshop in Thessaloniki, Greece,2015年06月
  • Recent Challenges for Acting Aging + Gender Era in Japan: Observations and Experiences,福田知弘,Guest Talk to students of MSc. in Advanced Environmental Planning Technologies and MSSc. in Housing Studies in the "Elderly + Gender Housing" Workshop, Chinese University of Hong Kong (香港中文大学),2015年05月
  • 3D技術を活かしたまちづくり - 国際・観光を意識して -,福田知弘,ひめじまちづくり喫茶,2015年04月
  • 建築・都市分野での3Dビジュアライゼーション研究の今,福田知弘,さつき会 平成27年2月度例会,2015年02月
  • ラボカフェスペシャル「アヴァンギャルド?オオサカ ここは大阪 なかのしま」,福田知弘,ラボカフェスペシャル「アヴァンギャルド?オオサカ ここは大阪 なかのしま」,2015年01月
  • 「マチに学び都市を楽しむ」 NPO法人 もうひとつの旅クラブの取り組み,福田知弘,(一社)ぶんご大野里の旅公社 設立記念シンポジウム,2014年12月
  • 3Dビジュアライゼーション ~都市・建築分野で使いこなす~,福田知弘,第5回 スペース・サロン@kansai,2014年12月
  • 安土城の3次元デジタル復元を通じた高精細版バーチャルリアリティシステムの構築に関する研究,福田知弘,伴浩和,八木克人,西家淳朗,第37回情報・システム・利用技術シンポジウム論文集(報告),2014年12月
  • 景観シミュレーションと景観アセスメント,福田知弘,第4期景観まちづくり推進員養成講座&こうべまちづくり学校,2014年11月
  • A Real-time Architectural and Urban Planning System using VR-Cloud,福田知弘,第7回国際VRシンポジウム,2014年11月
  • Environmental Design Projects for Urban Space, Landscape and Human Integration using ICT,福田知弘,Public Lecture at Chinese University of Hong Kong (香港中文大学),2014年10月
  • 3D Visualization Technologies for Urban Landscape Design,福田知弘,Public Lecture at Chinese University of Hong Kong (香港中文大学),2014年10月
  • 大学教員の仕事,福田知弘,加古川東高等学校 平成26年度キャリアガイダンス「先輩の話を聞こう」,2014年09月
  • これからの参加型環境まちづくりを考えよう,福田知弘,大阪大学21世紀懐徳堂 i-spot講座,2014年08月
  • 都市・建築分野におけるVR/AR,福田知弘,ARのニーズとシーズのマッチング討論会,2014年07月
  • A Distributed Synchronous Design Meeting Process using Cloud-VR Sketch Function,福田知弘,International VR Symposium The 5th Summer Workshop in Hawaii,2014年07月
  • VR安土城プロジェクト,福田知弘,あづち信長まつり30周年記念イベント 高精度シアター型VR安土城上映会,2014年05月
  • 3D・BIM・VR to design project and VR Cloud applied research,福田知弘,Forum8 VR/FEM Engineering Seminar in Taiwan,2014年04月
  • みんなで愉しむ景観まちづくり -実践を通じて-,福田知弘,豊中市景観シンポジウム,2014年03月
  • VR安土城プロジェクト,福田知弘,高精度シアター型VR安土城完成報告会,2014年03月
  • 3D Visualization Technologies for Urban and Architectural Design,福田知弘,Special Lecture at Yonsei University (延世大学校),2014年03月
  • 自治体におけるネットの活用について,福田知弘,平成25年度近江八幡市広報広聴主任研修会,2014年02月
  • 都市・建築分野でのコンピュータ設計研究のいま,福田知弘,平成25年度兵庫県立兵庫高等学校出張講義,2013年12月
  • 景観まちづくりのススメ~景観からはじめる身近なまちづくり~,福田知弘,第8回豊中市まちづくりセミナー,2013年10月
  • 大学教員の仕事,福田知弘,平成25年度進路講演会,2013年10月
  • 大阪大学へようこそ,福田知弘,平成25年度兵庫県立加古川東高等学校PTA研修旅行,2013年10月
  • ビジュアライゼーション:都市・建築分野での試み,福田知弘,第123回 関西建築技術研究会 CAD情報部会,2013年09月
  • 海外研修へ行くあなたへ,福田知弘,加古川東高等学校 平成25年度アメリカ研修講演会,2013年06月
  • これからの参加型環境まちづくり~都市魅力の再発見,福田知弘,平成24年度 吹田市環境研修,2013年01月
  • 景観まちづくりにおけるVR/AR研究の今,福田知弘,S3D産業応用研究シンポジウム (三次元映像のフォーラム・三次元映像学会102回研究会),2012年12月
  • クラウドコンピューティング型VRとSNSの活用と展望,福田知弘,FORUM8 Design Festival 2012 3Days,2012年09月
  • クラウドコンピューティング型VRによる分散同期型検討会議の実現可能性,福田知弘,日本機械学会 2012年度年次大会・オーガナイズドセッション,2012年09月
  • 環境設計ツールの開発とプロジェクト応用,福田知弘,日本建築学会近畿支部 情報システム部会 研究会,2012年03月
  • シンポジウム2012「BIMで設計,教育は変わるのか?-BIMとインターネットを活用した設計コンペからみえたこと」,福田知弘,シンポジウム2012「BIMで設計,教育は変わるのか?-BIMとインターネットを活用した設計コンペからみえたこと」,2012年02月
  • Two Cloud Technologies for Environmental Design: Point Cloud Optimization and Cloud Computing VR,福田知弘,第5回国際VRシンポジウム,2011年11月
  • Developments and Applications of Environmental Design and IT Tools,福田知弘,Korea Electronics Show 2011 (KES2011),2011年10月
  • DESIGN RESEARCH SUPERVISION: A Roundtable Discussion for Students and supervisors, CAADRIA2011,福田知弘,DESIGN RESEARCH SUPERVISION: A Roundtable Discussion for Students and supervisors, CAADRIA2011,2011年04月
  • 魅力ある夜間景観に向けて,福田知弘,平成22年度景観講演会,2010年12月
  • まちは自分たちで創ろう ~環境設計情報学の視点から~,福田知弘,平成22年度中之島講座,2010年12月
  • Development of Optimizing System from 3D Laser Scanner Data to VR for Urban Design Study,福田知弘,第4回国際VRシンポジウム,2010年11月
  • 参加型まちづくりと大阪での取り組み,福田知弘,第4回地域研究報告集会,2010年10月
  • 環境をトータルにデザインし直そう ~環境設計情報学の視点から~,福田知弘,第5回関西エクステリアフェア2010,2010年06月
  • Citizen participatory environmental design process and tools,福田知弘,2010 International Conference on Green Design,2010年05月
  • The current developments green design in Japan and application at Osaka university,福田知弘,2010 International Conference on Green Design,2010年05月
  • “大阪弁”で語り合う“かんきょう,福田知弘,第2回大阪大学21世紀懐徳堂シンポジウム,2010年01月
  • 第1回旅カフェ= OSAKA RPG 報告会!,福田知弘,第1回旅カフェ= OSAKA RPG 報告会!,2009年12月
  • Development of a city presentation method by linking a viewpoint between physical model and VR,福田知弘,第3回国際VRシンポジウム,2009年11月
  • Up & Coming 都市と建築のブログ,福田知弘,FORUM8 デザインフェスティバル2009-3Days,2009年11月
  • 10年後の大阪,福田知弘,サイエンスカフェ,2009年10月
  • ビジュアルコミュニケーションによる街づくり,福田知弘,第15回ビジュアリゼーションカンファレンス,2009年10月
  • 遊びをせんとや生まれけむ ―水都大阪の再生,福田知弘,水都大阪2009記念シンポジウム,2009年09月
  • VR for wide-spread use, for enhancement,福田知弘,International VR Summer Workshop,2009年07月
  • 神戸らしい眺望景観の形成へ向けて,福田知弘,神戸市眺望景観連続セミナー パネルディスカッション,2009年06月
  • 参画型環境共生デザインと3Dコミュニケーション,福田知弘,Otsuka & Autodesk Collaboration Day 2009 in Tokyo,2009年04月
  • LRTと堺のまちづくりへのヒント,福田知弘,堺市LRT導入とまちづくり講座,2009年04月
  • 環境共生型まちづくり・小舟木エコ村の挑戦 ~持続可能社会に向けて~,福田知弘,建築・建材展2009セミナー,2009年03月
  • VRプレゼンテーションと新しい街づくり,福田知弘,関西建築技術研究会 第105回CAD情報部会,2009年02月
  • 地域と人間の共生に向けて~若人たちへ~,福田知弘,全国高専デザイン2008in高松,2008年12月
  • 3DCG/VR for Environmental Design Traffic Simulation, Human Activity, Easy Modeling,福田知弘,第2回国際VRシンポジウム,2008年11月
  • 環境と共生するまちづくり、持続可能な社会の具現化を目指して ~小舟木エコ村プロジェクト(滋賀県近江八幡市小舟木町)~,福田知弘,財団法人 兵庫県まちづくり技術センター,2008年10月
  • 今ある空間をトータルにデザインし直す ~高松4町パティオを中心に~,福田知弘,2008年度JAA(日本オーニング協会)下期合同会議,2008年10月
  • Environmental Design & 3DCG/VR,福田知弘,International VR Summer Workshop,2008年08月
  • まちは自分たちで創ろう,福田知弘,大小路界隈『夢』倶楽部 平成20年度総会,2008年07月
  • 理系学生にとっての海外経験とは,福田知弘,キャリアセミナー2008 part2,2008年05月
  • VRプレゼンテーション技法 ~実プロジェクトを通じて~,福田知弘,第9回 UC-win/Road 協議会,2008年05月
  • 増える空き町家の現状と町家活用の可能性,福田知弘,「にぎわい再生」フォーラム,2008年03月
  • 都市と環境からこれからの企業のあり方を考える,福田知弘,後継者育成推進事業合同セミナー,2008年03月
  • 近江八幡での活動,福田知弘,コミュニティビジネス交流会in近江八幡,2008年03月
  • 近江八幡・町家の現状,福田知弘,第1回はちまん町家活用フォーラム,2008年02月
  • 20年前の私へ ~後輩の君たちに伝えたいこと~,福田知弘,兵庫県立加古川東高等学校SSH(スーパー サイエンス ハイスクール)事業 自然科学出張講義,2008年01月
  • ひとに優しい環境都市、クリチバ - Think Global, Act Local -,福田知弘,茨木市都市計画課研修会,2007年11月
  • Environmental Design & 3DCG/VR,福田知弘,第1回国際VRシンポジウム,2007年11月
  • エコな生活手に入れたい!~日本のエコ村、海外の環境共生の取り組み~,福田知弘,住まいの市民大学・連続セミナー,2007年10月
  • 小舟木エコ村のまちづくり,福田知弘,2007年度第8回都市環境デザインセミナー,2007年09月
  • おうみはちまんリノベーション,福田知弘,八幡酒蔵工房オープニングイベント,2007年08月
  • 民の視点からのまちづくり,福田知弘,交通まちづくり学研究会,2007年08月
  • 環境デザインの実際 ~高校生活は人生でこう役立つ~,福田知弘,兵庫県立北条高等学校進路セミナー,2007年06月
  • 小舟木エコ村,福田知弘,琵琶湖環境科学研究センター 持続可能社会研究会,2007年06月
  • 元気・挑戦・ユーモア,福田知弘,先進三次元研究会8周年記念セミナーin明石,2007年02月
  • 夜間景観とまちづくり,福田知弘,こうべまちづくり学校専修講座,2006年12月
  • VR/CGによる都市空間の創造,福田知弘,Autodesk Visualization Contest 2006 セミナー,2006年07月
  • 17年前の私へ,福田知弘,加古川東高等学校 進路講演,2006年01月
  • 夜間景観の魅力,福田知弘,こうべまちづくり学校専修講座,2005年10月
  • 17年前の私へ,福田知弘,松江北高等学校 進路講演会,2005年10月
  • 都市景観をVR/CGで創造する,福田知弘,都市再生・環境フォーラム2005,2005年08月
  • 3Dを活用した環境デザイン,福田知弘,3Dファン倶楽部6周年記念セミナーin米子,2005年02月
  • 夜間景観の魅力,福田知弘,こうべまちづくり学校専修講座,2004年11月
  • 環境デザイン初期段階での合意形成手法について,福田知弘,JIA技術フォーラム2004,2004年10月
  • サイバードームを活用した事例発表,福田知弘,第3回3Dファン倶楽部セミナーin東京,2004年09月
  • 環境デザイン初期段階での合意形成手法について,福田知弘,IT CITY MESSE in GIFU 第5回全国都市づくり先進情報技術展 まちづくり実務者セミナー,2004年07月
  • 環境計画支援VRの開発と実践,福田知弘,DBWeb2001,2001年12月
  • 設計/施工事例紹介-VRによるデザイン・コラボレーション-,福田知弘,A/E/C SYSTEMS JAPAN 2000,2000年09月
  • VRMLを利用したネットワーク型プランニングシステム,福田知弘,CG/Multimedia Osaka 97 シンポジウム,1997年06月

報道

  • AIで現実のものを消し去る「DR」とは!?,子供の科学 9月号,2020年08月
  • 人・車を映像から除去 阪大、隠消現実システム開発 景観予測を高精度化,日刊工業新聞 電子版,2020年07月
  • 【まちづくりに応用可】大阪大学大学院 仮想空間から移動物体を除去する「DRシステム」開発,建設通信新聞デジタル,2020年07月
  • ドローンで社会問題解決へ 学生向けの体験会,関西テレビ放送,2019年05月
  • 細かな室温差 一目瞭然 阪大、MR活用でシステム,日刊工業新聞,2018年06月
  • 新しい教育の選択肢や教育イノベーターを生み出すための「Edvation × Summit 2017」セッションレポート(2日目),Watch Headline,2018年01月
  • VRは「学校と社会をつなぐ窓」――教育における活用の可能性と課題とは?,エドテックジン,2018年01月
  • テレポート山陰:ゲゲゲ一体120万円から… スポンサーは誰?,山陰放送,2017年04月
  • モーニングスタジオ:スポンサーブロンズ像完成披露,中海テレビ,2017年04月
  • Nスタ:スポンサーブロンズ完成披露,山陰放送,2017年04月
  • 中海テレビニュース:水木しげるロードに新ブロンズ像,中海テレビ,2017年04月
  • NHKとっとりニュース645:水木しげるロードリニューアル計画 スポンサーブロンズ完成セレモニー,NHK,2017年04月
  • ひるブラ:水木しげるロードリニューアル計画,NHK,2017年03月
  • リニューアル後の水木ロード VR使い疑似体験,日本海新聞,2017年03月
  • 中海テレビニュース:水木しげるロードリニューアル計画,中海テレビ,2017年01月
  • ふるさとタイムトリップ:水木しげるロードリニューアル計画,中海テレビ,2016年12月
  • 中海テレビニュース:水木しげるロードリニューアル計画,中海テレビ,2016年11月
  • ニュースエブリ日本海:水木しげるロードリニューアル計画,日本海テレビ,2016年11月
  • 水木ロードのリニューアル イメージVR最優秀賞,日本海新聞,2016年11月
  • テレポート山陰:水木しげるロードリニューアル計画,山陰放送,2016年09月
  • 妖怪文化広めよう フォーラム前夜祭 京極氏が朗読披露,日本海新聞,2016年09月
  • 水木ロードリニューアル設計 車道の蛇行緩やかに,日本海新聞,2016年08月
  • 「信長神の神殿」安土城 神格化の集大成,近江旅の本 信長が見た近江 『信長公記』を歩く,2015年11月
  • 特集グラビア「絢爛 安土城 バーチャルリアリティでよみがえる幻の城」,歴史読本,2015年10月
  • THE歴史列伝『織田信長二時間スペシャル』,BS-TBS,2015年10月
  • お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺 ~織田信長特集~,テレビ朝日,2015年09月
  • 幻の城で信長に会える…CG再現の「VR安土城」公開へ 滋賀,京都新聞,2015年04月
  • VR安土城のシアターオープン,滋賀報知新聞,2015年04月
  • 大画面に安土城再現映像 信長の館でスタート,読売新聞,2015年03月
  • 安土城:VRで見学 大画面シアターで 近江八幡・信長の館 /滋賀,毎日新聞,2015年03月
  • CG安土城、初公開…ファンうなる,読売新聞,2014年06月
  • CG安土城ファンうなる…近江八幡,読売新聞,2014年06月
  • 【CG】安土城を再現,朝日放送テレビ ABCニュース,2014年05月
  • 安土城、映像で再現 近江八幡で31日から一般公開,中日新聞,2014年05月
  • 信長の“夢”がよみがえる… 安土城をCGで再現,MBS 毎日放送テレビ,2014年05月
  • 安土城の立体映像公開へ 近江八幡市,読売新聞,2014年05月
  • CG安土城に決定版 シアター型、より精緻に再現,京都新聞,2014年05月
  • 信長らしい迫力・・・安土城、CGでよみがえる,読売新聞,2014年03月
  • 幻の安土城、CGで巡る,京都新聞,2014年03月
  • 信長の安土城CGで再現 近江八幡市が完成報告会,読売新聞,2014年03月
  • よみがえる「幻の安土城」 CGで天主や髙石垣再現 滋賀・近江八幡市が30日に公開,産経新聞,2014年03月
  • 高精度シアター「VR安土城」完成,滋賀報知新聞,2014年03月
  • CGで優美な安土城 滋賀・近江八幡市公開のアプリ,朝日新聞,2013年08月
  • 世界・ふしぎ発見!~信長と生きた黒人~,TBS,2013年06月
  • 歴史魂 Vol.12,歴史魂 Vol.12,2013年06月
  • 図説 織田信長の城,洋泉社MOOK,2013年05月
  • VR安土城タイムスコープ6日からリリース開始,滋賀報知新聞,2013年04月
  • スマホかざせど安土城現れず アプリ審査で開始遅れる,京都新聞,2013年04月
  • 誰も見たことのない!安土城の立体景観、リアルに描写,滋賀報知新聞,2013年01月
  • スマホかざせば安土城 仮想現実でタイムスリップ,京都新聞,2013年01月
  • iPadとARを活用!幻の安土城を現地で見るバーチャルツアー,建設ITワールド,2012年11月
  • 安土城を画面に再現 30日に小型端末機で鑑賞,中日新聞,2012年10月
  • 安土城をCGで望む モバイルで見るバーチャル画像,滋賀報知新聞,2012年10月
  • 幻の安土城、CGで体験 近江八幡市・観光システム開発,京都新聞,2012年10月
  • 画面に浮かぶ 安土城の天主 情報端末上にCGで“再現”滋賀,産経新聞,2012年10月
  • 安土城をCGで望む モバイルで見るバーチャル画像,滋賀報知新聞,2012年10月
  • iPadで”見る”安土城 30日,体験ツアー,京都新聞,2012年10月
  • バーチャルリアリティ安土城プロジェクト進行中,歴史読本,2012年05月
  • 安土城CG画像で復元へ 「創造会議」が計画,中日新聞,2012年04月
  • 安土城CGで復元 近江八幡市、観光客増に期待,産経新聞,2012年03月
  • VRの臨場感で夢を実現 安土城が眼前に建つ,滋賀報知新聞,2012年03月
  • バーチャル安土城 近江八幡市が再現CG,京都新聞,2012年03月
  • OSAKA旅めがね 水辺の下町 大正ツアー,毎日放送 ちちんぷいぷい,2011年08月
  • 2013年度実用化目指す VR安土城創造会議 研究者ら初会合,中日新聞,2011年05月
  • 地域活動でモチベーション向上,人間的成長を!,ワーク・ライフ・バランス応援ハンドブック(大阪市市民局),2011年03月
  • 都市デザイン研究における3DレーザースキャナーデータからVRデータへの最適化システム,Wrighting Solutions 第4回国際VRシンポジウム (4th International VR Symposium) 報告,2011年03月
  • 下町の味満腹ウォーク,大阪スポーツ,2010年09月
  • 野田阪神ゆったり歩けるみちづくり社会実験,パナソニック電工株式会社デザイン部発行誌「みんなでつくるまちあかり」,2010年07月
  • 模型とVRとの視点リンクによる都市プレゼンテーション手法の開発,橋梁&都市PROJECT, Vol.46, No.3,2010年03月
  • 水都大阪2009「OSAKA旅めがね」,朝日放送 NEWSゆう+,2009年09月
  • 地域へのかけはし 空き町家活用と郷の駅構想・近江八幡,かけはし(滋賀銀行月刊経営情報誌),2009年07月
  • 眺望を生かしたまちづくり 神戸で連続セミナー,神戸新聞,2009年06月
  • 加古川市・寺家町商店街の再活性化に向け独自のデザインを提案する「東校生の描くKAKOGAWAデザイン」,橋梁&都市PROJECT, Vol.45, No.4,2009年04月
  • 環境デザインのための3DCG/VR -動的景観シミュレーションとイージーモデリング-,橋梁&都市PROJECT, Vol.45, No.3,2009年03月
  • 阪大大学院生がプロデュース 町家で匠と活用法探る,滋賀報知新聞,2008年09月
  • 八幡堀、ほんのり幻想散策 近江八幡、筒明かり彩る,京都新聞,2008年09月
  • 空き町家、活用策探る 近江八幡 町並み再生を議論,京都新聞,2008年09月
  • VRプレゼンテーション技法,橋梁&都市PROJECT, Vol.44, No.6,2008年06月
  • 持続可能な社会の具現化目指す「小舟木エコ村」、広場再整備で中心市街地活性化に期待「4町パティオ」,橋梁と都市PROJECT, Vol. 44, No.4,2008年04月
  • 空洞化深刻、旧近江八幡市街 町家の16%空き家,京都新聞,2008年03月
  • 近江八幡市で町家の活用を探る「にぎわい再生フォーラム」,京都新聞,2008年03月
  • 「水都・大阪再生」を 阪大生が大胆プラン,毎日新聞,2008年02月
  • 眠れる「町家」再生へ,滋賀報知新聞,2008年02月
  • 世界の建築分野で広がる3次元VRモデルの多様な活用,橋梁と都市PROJECT, Vol. 44, No.1,2008年01月
  • 竹灯りに照らされ近江八幡の魅力を再発見!~八幡堀まつり17日まで(滋賀・近江八幡市),滋賀ガイド,2007年09月
  • 「4町パティオ」オープン-高松中央商店街,四国新聞,2007年08月
  • パティオで商店街活性化,読売新聞,2007年08月
  • 高松市中心部の活性化期待,産経新聞,2007年08月
  • 市民が憩う広場に…4町パティオ誕生,KSB 瀬戸内海放送,2007年08月
  • 「まちなかオアシス」完成,RNC 西日本放送,2007年08月
  • 香川のニュース,NHK,2007年08月
  • 「酒蔵ギャラリー」誕生 江戸期建物を再利用 近江八幡 26日に開館,京都新聞,2007年08月
  • 古い酒蔵を工房に,朝日新聞あいあい滋賀,2007年08月
  • 資源循環「八幡酒蔵工房」OPEN!10月から竹編み講習会も(滋賀・近江八幡市),滋賀ガイド,2007年08月
  • 100年前の酒蔵が工房に変身 近江八幡で、陶芸体験や講習会も,中日新聞,2007年08月
  • 雑誌「ecocolo」で小舟木エコ村画像紹介,ecocolo,2007年03月
  • 日経新聞で小舟木エコ村画像紹介,日経新聞,2007年02月
  • ニュースジャパン 特集「地球温暖化②削減率「6%」の十字架」で小舟木エコ村映像紹介,フジテレビ,2007年01月
  • 大阪の新都市像阪大学生が提案,読売新聞,2007年01月
  • VR支援による高松4町パティオ協議会広場デザイン,西日本放送,2006年03月
  • VR支援による4町パティオ協議会広場デザイン,高松ケーブルテレビ,2006年03月
  • 建築技術の最先端展示,熊本日日新聞,2006年03月
  • 建築を拓く ~建築・都市・環境を学ぶ次世代オリエンテーション~,日本建築学会編,2004年10月
  • フロントライン 臨場感あふれる仮想現実に酔う?,日経アーキテクチャ,2004年02月
  • 松下電工 土地の再開発や道路・空港など 大規模事業に積極参画 設計・検討作業VR技術で効率化,電波新聞,2004年02月
  • 今度は「飛び出せ」3Dブーム 携帯、パソコン、内視鏡・・・続々登場 映画を立体化のソフトも,朝日新聞,2004年01月
  • 交大建築学院館 虚擬亮相,中国時報(台湾),2004年01月
  • 交大建築館美術館 東京虚擬成形,聡合報(台湾),2004年01月
  • 交大建築館美術館 虚擬賓境預見願景,民生報(台湾),2004年01月
  • 遊覧未来交大建築学院館美術館,自由時報(台湾),2004年01月
  • 松江天神町商店街 アーケード建て替えへ バーチャル技術で設計 電線内蔵化も検討,山陰中央新報,2003年12月
  • ファインダー 仮想技術で新世界(4) 街並み映す巨大ドーム,日本経済新聞,2003年11月
  • 仮想空間で新県都体感 新駅舎、高架、再開発ビル,福井新聞,2003年10月
  • 世界最大級シミュレーション施設「サイバードーム」,島崎由貴子のViewpoint,2003年08月
  • 松下電工が「環境計画支援」 再開発後をVRで表現 日当たりも確認可能,日経産業新聞,2002年02月
  • 松下電工 環境計画支援事業を開始 VR技術を活用,電気新聞,2002年02月
  • 松下電工が支援事業 再開発後を仮想体験 合意形成へVR活用,日刊工業新聞,2002年02月
  • 松下電工 道路や建築物などの空間検討をPC上で VR技術を応用し新事業,電波新聞,2002年02月
  • 松下電工が環境計画支援事業 PCで街並み擬似体験 仮想現実技術を駆使,日本工業新聞,2002年02月
  • 松下電工が新システム 国の大規模プロジェクト バーチャル映像で支援 パソコンで街並み再現,化学工業日報,2002年02月
  • VRで街づくり支援 計画内容を素早く検証 松下電工,日刊建設工業新聞,2002年02月
  • 都市再開発の合意形成に有効 環境計画支援VR展開 松下電工,建設通信新聞,2002年02月
  • 異人館光の宝石箱 ~私たちが照明デザインをしました~,Kobe Walker (神戸ウォーカー),2001年07月
  • 異人館光の宝石箱 ~私たちが照明デザインをしました~,KOBE2001 光のプログラム,2001年07月
  • ライトスケープフェア2001実行委 光都・こうべ照明デザイン設計コンペ 最終優秀に最所祐二氏グループ,建設通信新聞,2001年01月
  • 最優秀「風見鶏の館」最所・福田氏の作品「光都・神戸」照明デザインコンペ,建設工業新聞,2001年01月
  • 「対話型行政推進賞」創設 大賞5、推進賞に25件 建設省(新町川河畔ひかりプロムナード整備事業),不明,2000年12月
  • 計画的な土地利用で活性化を 低・未利用地の活用シンポ開く 松江,建設工業新聞,2000年11月
  • 松下電工、立体映像ソフト 都市計画の景観パソコンで“体感”,日本経済新聞,2000年11月
  • 徳島 新町川ライトアップ事業 住民案基にCG化,朝日新聞,2000年01月
  • Onyx2 Infinite Realityを核とした大ドーム型スクリーンによる都市環境評価体験VRシステム,日本シリコングラフィックス株式会社 Success Story,1999年02月

学術貢献

  • Int’l workshop among Harbin Institute of Technology Shenzen, Victoria University of Wellington, and Osaka University,Harbin Institute of Technology Shenzen, Victoria University of Wellington, and Osaka University,2020年06月 ~
  • 第28回 都市環境デザイン会議フォーラム関西2020,都市環境デザイン会議 関西ブロック,2020年05月 ~
  • 日本建築学会第42回情報・システム・利用・技術シンポジウム,日本建築学会 情報システム技術委員会,2019年12月 ~
  • 関西科学塾:VR・MR(人工現実・複合現実)システムを開発してみよう 環境・エネルギー工学分野を対象として,大阪大学,2019年11月 ~
  • Saturday Afternoon Physics 2019:大阪大学へようこそ!,大阪大学,2019年10月 ~
  • AR/VR Workshop for International Study Programme 2019 @ Hong Kong (ISP@HK),The Center for Housing Innovations, The Chinese University of Hong Kong,2019年04月 ~
  • Editorial Board, Technologies,MDPI,2019年 ~ 継続中
  • Editorial Board, International Journal of Architectural Computing,SAGE Journals,2014年 ~ 継続中
  • ASTI (Advances in Science, Technology & Innovation) Series Editor,Springer,2021年01月 ~ 2022年12月
  • MDPI(Technologies, Special Issue “Computer-aided Architectural Design” Guest Editor),2019年01月 ~ 2019年10月
  • IEREK (International Experts for Research Enrichment and Knowledge Exchange)(Guest Editor),2018年11月 ~ 2019年02月
  • VRサマーワークショップ 受け入れ,2016年07月 ~ 2016年07月
  • 平成26年度土木学会全国大会(大会実行委員会 特別講演・討論会部会 委員),2014年05月 ~ 2015年05月
  • ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)(論文査読者),2014年11月 ~ 2014年12月
  • 2014年度日本建築学会大会(近畿)(大会実行委員会広報部会 委員),2013年08月 ~ 2014年12月
  • 平成26年度土木学会全国大会(大会実行委員会 特別講演・討論会部会 橋梁模型コンテスト 委員),2013年11月 ~ 2014年05月
  • 台湾成功大学MaoLinChu教授来学・特別講演会,2007年11月 ~ 2007年11月
  • 韓国淑明女子大学校来研(禹准教授+学生40名),2007年06月 ~ 2007年06月
  • 韓国淑明女子大学校来研(禹准教授+学生40名),2006年07月 ~ 2006年07月
  • SimAUD 2020 国際会議,SimAUD 2020,2020年05月 ~
  • eCAADe+SIGraDI 2019 国際会議,eCAADe+SIGraDI 2019,2019年09月 ~
  • HITSZ-OU Design Workshop: Shenzhen & Osaka: The New and The Old,ハルビン工業大学深圳, 大阪大学,2019年06月 ~
  • CAAD Futures 2019 国際会議,CAADFutures Foundation,2019年06月 ~
  • 臺灣 国立台中女子高級中学 大阪大学訪問,大阪大学,2019年05月 ~
  • SimAUD 2019 国際会議,SimAUD 2019,2019年05月 ~
  • CAADRIA2019国際会議,CAADRIA (The Association for Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2019年04月 ~
  • 日本建築学会第41回情報・システム・利用・技術シンポジウム,日本建築学会 情報システム技術委員会,2018年12月 ~
  • eCAADe 2018 国際会議,eCAADe 2018 (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),2018年09月 ~
  • 2017-18 International Study Programmes @ Osaka,香港中文大学・大阪大学,2018年05月 ~
  • SimAUD 2018 国際会議,SimAUD 2018,2018年05月 ~
  • CAADRIA2018国際会議,CAADRIA (Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2018年05月 ~
  • 臺灣 国立台中女子高級中学 大阪大学訪問,大阪大学,2018年04月 ~
  • 2018亞洲大學室設系 關西當代設計及經典建築考察,大阪大学,2018年03月 ~
  • 日本建築学会第40回情報・システム・利用・技術シンポジウム,日本建築学会 情報システム技術委員会,2017年12月 ~
  • IPC 2017 国際会議,The Third International Conference on Innovative Production and Construction,2017年11月 ~
  • eCAADe2017国際会議,eCAADe2017 (Education and Research in Computer Aided Architectural Design in Europe),2017年09月 ~
  • CAADFutures2017 国際会議,CAADFutures Foundation,2017年07月 ~
  • 【女子高校生向けイベント】理系進学を考えているあなたへのぞいてみよう!理系女子の「いま」- SciTech Girls in Handai-,大阪大学 男女協働推進センター,2017年06月 ~
  • 2016-17 International Study Programmes @ Osaka,香港中文大学・大阪大学,2017年05月 ~
  • SimAUD 2017 国際会議,SimAUD 2017,2017年05月 ~
  • 臺灣 国立台中女子高級中学 大阪大学訪問,大阪大学,2017年04月 ~
  • CAADRIA2017国際会議,CAADRIA (Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2017年04月 ~
  • 日本建築学会第39回情報・システム・利用技術シンポジウム,日本建築学会・情報システム技術委員会,2016年12月 ~
  • conVR2016 国際会議,conVR (International Conference on Construction Applications of Virtual Reality),2016年12月 ~
  • IPC 2016 国際会議,The Second International Conference on Innovative Production and Construction,2016年10月 ~
  • ICCCBE2016 国際会議,ICCCBE2016,2016年07月 ~
  • 土木学会関西支部年次学術講演会,土木学会関西支部,2016年06月 ~
  • 2015-16 International Study Programmes @ Osaka,大阪大学,2016年05月 ~
  • CAADRIA2016国際会議,CAADRIA(Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2016年04月 ~
  • 日本建築学会第38回情報・システム・利用技術シンポジウム,日本建築学会・情報システム技術委員会,2015年12月 ~
  • IPC 2015 国際会議,The First International Conference on Innovative Production and Construction,2015年07月 ~
  • CAADFutures2015 国際会議,CAADFutures Foundation,2015年07月 ~
  • CAADRIA2015国際会議,CAADRIA(Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2015年05月 ~
  • ICCBEI2015 国際会議,ICCBEI2015,2015年04月 ~
  • 日本建築学会第37回情報・システム・利用技術シンポジウム,日本建築学会・情報システム技術委員会,2014年12月 ~
  • 日本建築学会近畿支部研究発表会,日本建築学会近畿支部,2014年06月 ~
  • CAADRIA2014国際会議,CAADRIA(Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2014年05月 ~
  • 日本建築学会第36回情報・システム・利用技術シンポジウム,日本建築学会・情報システム技術委員会,2013年12月 ~
  • ICCBEI2013 国際会議,ICCBEI2013,2013年11月 ~
  • CAADRIA2013国際会議,CAADRIA(Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2013年05月 ~
  • 日本建築学会第35回情報・システム・利用技術シンポジウム,日本建築学会・情報システム技術委員会,2012年12月 ~
  • ITC2012 (2012 Australasian Conference on Innovative Technologies in Construction)国際会議,ITC2012 (2012 Australasian Conference on Innovative Technologies in Construction),2012年12月 ~
  • CDVE2012 国際学会,CDVE2012,2012年09月 ~
  • 日本建築学会近畿支部研究発表会,日本建築学会近畿支部,2012年06月 ~
  • 第34回情報・システム・利用技術シンポジウム企画集会「想定と対応するための建築情報教育―BIMによる空間情報取得・活用と建築教育」,日本建築学会・情報システム技術委員会,2011年12月 ~
  • 日本建築学会・情報システム技術委員会 第34回情報・システム・利用技術シンポジウム,日本建築学会・情報システム技術委員会,2011年12月 ~
  • EuropIA 13国際会議,EuropIA 13(13th International Conference on Advances in Design Sciences and Technology),2011年06月 ~
  • 日本建築学会近畿支部研究発表会,日本建築学会近畿支部,2011年06月 ~
  • CAADRIA2011国際会議,CAADRIA(Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2011年04月 ~
  • conVR2010国際会議,conVR (International Conference on Construction Applications of Virtual Reality),2010年11月 ~
  • 日本建築学会近畿支部研究発表会,日本建築学会近畿支部,2010年06月 ~
  • CAADRIA2010国際会議,CAADRIA (Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2010年04月 ~
  • 日本建築学会第32回情報・システム・利用技術シンポジウム,日本建築学会・情報システム技術委員会,2009年12月 ~
  • 模型とVRとの視点リンクによる都市プレゼンテーション手法の展示(FORUM8 デザインフェスティバル2009-3Daysでの展示),㈱フォーラムエイト,2009年11月 ~
  • conVR2009国際会議,conVR (International Conference on Construction Applications of Virtual Reality),2009年11月 ~
  • ANZAScA2009国際会議,ANZAScA (Annual conference of the Australian and New Zealand Architectural Science Association),2009年11月 ~
  • 日本建築学会近畿支部研究発表会 (大阪),日本建築学会近畿支部,2009年06月 ~
  • CAADRIA2009国際会議,CAADRIA (Computer Aided Architectural Design Research in Asia),2009年04月 ~
  • ANZAScA2008国際会議,ANZAScA (ANNUAL CONFERENCE OF THE AUSTRALIAN AND NEW ZEALAND ARCHITECTURAL SCIENCE ASSOCIATION),2008年11月 ~
  • 阪大生の描く水都OSAKA再生デザイン展,大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 環境設計情報学領域,2008年02月 ~
  • 八幡堀まつりでの町屋改修と展示企画,近江八幡市観光物産協会,2007年09月 ~
  • 近江八幡市でのまちづくりフォーラム企画『近江八幡に提案します! ~阪大生による環境デザイン』,大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 環境設計情報学領域,2007年08月 ~
  • 阪大生の描く水都OSAKA再生デザイン展,中之島活性化実行委員会、大阪大学 工学部 地球総合工学科 環境工学科目(現 環境・エネルギー工学科),2007年01月 ~
  • CAADRIA2006 Conference Manager (Computer Aided Architectural Design Reaserch In Asia),CAADRIA,2006年03月 ~

社会貢献

  • 橋梁模型製作コンテストならびに注目技術賞審査委員,(一社)近畿建設協会,2020年09月 ~ 2021年03月
  • (一社)近畿建設協会/㈱日刊建設工業新聞社(橋梁模型製作コンテスト 審査委員),2019年10月 ~ 2020年03月
  • (一社)近畿建設協会/㈱日刊建設工業新聞社(橋梁模型製作コンテスト 審査委員),2018年09月 ~ 2019年03月
  • (一社)近畿建設協会/㈱日刊建設工業新聞社(橋梁模型製作コンテスト 審査委員),2017年09月 ~ 2018年03月
  • (一社)近畿建設協会/㈱日刊建設工業新聞社(橋梁模型製作コンテスト 審査委員),2016年09月 ~ 2017年03月
  • (一社)近畿建設協会/㈱日刊建設工業新聞社(橋梁模型製作コンテスト 審査委員),2015年09月 ~ 2016年03月
  • (一財) 最先端表現技術利用推進協会(「合掌造りVRコンテンツ」監修),2015年07月 ~ 2015年10月
  • (一社)近畿建設協会/㈱日刊建設工業新聞社(橋梁模型製作コンテスト 審査委員),2014年10月 ~ 2015年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校受け入れ,2011年03月 ~ 2011年03月
  • NPO法人 もうひとつの旅クラブ(理事),2009年03月 ~ 2011年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校PTA受け入れ,2010年10月 ~ 2010年10月
  • 兵庫県立加古川東高等学校受け入れ,2010年03月 ~ 2010年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校受け入れ,2009年03月 ~ 2009年03月
  • ブラジルクリチバ市・中村ひとし氏(元パラナ州環境・水資源庁長官、元クリチバ市環境局長)特別講演会とワークショップ,2007年11月 ~ 2007年11月
  • ブラジルクリチバ市・中村ひとし氏(元パラナ州環境・水資源庁長官、元クリチバ市環境局長)特別講演会,2007年07月 ~ 2007年07月
  • 兵庫県立加古川東高等学校PTA受け入れ,2006年10月 ~ 2006年10月
  • 第7回学生クラウドプログラミングワールドカップ ~開発キット(SDK)によるクラウドアプリのプログラミング技術を競う!~,Cloud Programming World Cup 実行委員会,2019年11月 ~
  • 都市・建築分野のXRワークショップ,大阪大学,2019年05月 ~
  • 第6回学生クラウドプログラミングワールドカップ ~開発キット(SDK)によるクラウドアプリのプログラミング技術を競う!~,Cloud Programming World Cup 実行委員会,2018年11月 ~
  • 【Tokyo MX1】パックン・河北麻友子・池澤あやか VRフレンズ2 VR探訪 #04,Tokyo MX1,2017年11月 ~
  • 第5回学生クラウドプログラミングワールドカップ ~開発キット(SDK)によるクラウドアプリのプログラミング技術を競う!~,Cloud Programming World Cup 実行委員会,2017年11月 ~
  • 【Tokyo MX1】パックン・河北麻友子・池澤あやか VRフレンズ2 VR探訪 #01,Tokyo MX1,2017年10月 ~
  • 【Tokyo MX1】パックン・河北麻友子・池澤あやか VRフレンズ2 VR探訪 #02,Tokyo MX1,2017年10月 ~
  • 【Tokyo MX1】パックン・河北麻友子・池澤あやか VRフレンズ2 VR探訪 #03,Tokyo MX1,2017年10月 ~
  • 箕面FM まちのラジオ(大阪大学社学連携事業),大阪大学 社学連携事業,2017年07月 ~
  • 第4回学生クラウドプログラミングワールドカップ ~開発キット(SDK)によるクラウドアプリのプログラミング技術を競う!~,Cloud Programming World Cup 実行委員会,2016年11月 ~
  • 第3回学生クラウドプログラミングワールドカップ ~開発キット(SDK)によるクラウドアプリのプログラミング技術を競う!~,Cloud Programming World Cup実行委員会,2015年11月 ~
  • 第2回学生クラウドプログラミングワールドカップ ~開発キット(SDK)によるクラウドアプリのプログラミング技術を競う!~,Cloud Programming World Cup実行委員会,2014年11月 ~
  • 大阪府建築士会 北摂 映像で蘇る安土城と近江八幡の舟旅,大阪府建築士会 北摂,2014年07月 ~
  • FMみのお ゲスト出演,FMみのお,2013年12月 ~
  • 第1回学生クラウドプログラミングワールドカップ ~開発キット(SDK)によるクラウドアプリのプログラミング技術を競う!~,Cloud Programming World Cup実行委員会,2013年11月 ~
  • 第2回学生BIM&VRデザインコンテストオンクラウド ~BIMとVRを駆使して先進の建築土木デザインをクラウドで競う!~,Virtual Design World Cup実行委員会,2012年11月 ~
  • 第1回学生BIM&VRデザインコンテストオンクラウド ~BIMとVRを駆使して先進の建築土木デザインをクラウドで競う!~,Virtual Design World Cup実行委員会,2011年11月 ~
  • クレオ・サミット2010 パネルディスカッション司会,大阪市立男女共同参画センター クレオ大阪東,2010年11月 ~
  • 模型とVRとの視点リンクによる都市プレゼンテーション手法の展示,リード エグジビジョン ジャパン,第19回3D&バーチャルリアリティ展(IVR)FORUM8 ブース,2010年06月 ~
  • 八幡堀まつり2009,近江八幡観光物産協会,2009年09月 ~
  • ちくじん関西環境部会研究会,ちくじん関西環境部会研究会,2009年02月 ~
  • びわ湖放送(BBC)特別シリーズ番組企画,びわ湖放送(BBC),2008年10月 ~
  • la Biennale di Venezia(ヴェネツィア・ビエンナーレ2008),Venezia,2008年09月 ~
  • 八幡堀まつり2008,(社)近江八幡観光物産協会,2008年08月 ~
  • 中村ひとし氏を囲んでの若手プランナーによるワークショップ,大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 環境設計情報学領域、(有)ハートビートプラン,2008年05月 ~
  • JIA建築家大会2007東京,(社)日本建築家協会,2007年10月 ~
  • Graphisoft社展示会への出展,Graphisoft社,2007年08月 ~
  • 環境を考える中村ひとし氏講演会企画,大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻、大阪市立住まい情報センター,2007年07月 ~
  • ダウンタウンフェスタ ~THE春まつり~,4町パティオ協議会,2006年03月 ~
  • 高校生のための『FRC SCIENCESHOP』,阪大フロンティア研究機構(FRC: Frontier Research Center),2004年10月 ~

委員歴

  • 自治体,神戸市 都市景観審議会,委員(副委員長),2020年02月 ~ 2022年01月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術本委員会,幹事,2019年04月 ~ 2021年03月
  • 自治体,吹田市 教育委員会,教育委員,2017年03月 ~ 2021年03月
  • 学協会,日本建築学会,代議員,2014年04月 ~ 2016年03月
  • 学協会,Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),会長,2012年05月 ~ 2014年05月
  • 学協会,Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA),Membership Officer,2010年04月 ~ 2012年04月
  • 自治体,大阪市 都市景観委員会,委員,2020年11月 ~ 2022年11月
  • 自治体,豊中市 都市景観・屋外広告物審議会,委員,2020年07月 ~ 2022年06月
  • 学協会,都市環境デザイン会議 関西ブロック,セミナー副委員長,2020年07月 ~ 2022年06月
  • 自治体,茨木市 みどりの施策推進委員会,委員,2020年12月 ~ 2021年11月
  • 自治体,箕面市 都市景観審議会,委員(会長職務代理),2019年08月 ~ 2021年08月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成実施計画推進委員会,委員,2020年07月 ~ 2021年03月
  • 自治体,令和2年度 県立加古川東高等学校に係るスーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会,委員(副委員長),2020年05月 ~ 2021年03月
  • 自治体,近江八幡市 文化財保存活用地域計画連絡協議会,委員,2019年08月 ~ 2021年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 情報シンポジウムWG,主査,2019年04月 ~ 2021年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 設計・生産の情報化小委員会,委員,2019年04月 ~ 2021年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 情報シンポジウム論文WG,委員,2019年04月 ~ 2021年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 建築・都市VR・MR小委員会,主査,2019年04月 ~ 2021年03月
  • 自治体,豊中市 都市景観・屋外広告物審議会,委員,2018年07月 ~ 2020年06月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成実施計画推進委員会,委員,2019年06月 ~ 2020年03月
  • 加古川東高等学校 SSH運営指導委員会,委員(副委員長),2019年06月 ~ 2020年03月
  • 自治体,神戸市都市景観審議会,委員(副委員長),2018年01月 ~ 2020年01月
  • 自治体,箕面市 都市景観審議会,委員(会長職務代理),2017年08月 ~ 2019年08月
  • 自治体,大阪市 福島区(福島区観光案内版製作・設置業務委託公募型プロポーザル),審査委員,2019年03月 ~ 2019年06月
  • 加古川東高等学校SSH運営指導委員会,委員(副委員長),2018年06月 ~ 2019年03月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成 実施計画推進委員会,委員,2018年05月 ~ 2019年03月
  • 自治体,豊中市,平成30年度まちづくりアドバイザー,2018年04月 ~ 2019年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 情報シンポジウムWG,主査,2017年04月 ~ 2019年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術本委員会,幹事,2017年04月 ~ 2019年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 設計・生産の情報化小委員会,委員,2017年04月 ~ 2019年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 情報シンポジウム論文WG,委員,2017年04月 ~ 2019年03月
  • 自治体,豊中市都市景観・屋外広告物審議会,委員,2016年07月 ~ 2018年06月
  • 自治体,吹田市環境影響評価審査会,委員,2016年05月 ~ 2018年05月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成 実施計画推進委員会,委員,2017年07月 ~ 2018年03月
  • 加古川東高等学校SSH運営指導委員会,委員(副委員長),2017年06月 ~ 2018年03月
  • 自治体,豊中市,平成29年度まちづくりアドバイザー,2017年05月 ~ 2018年03月
  • 自治体,豊中市(仮称)南部コラボセンター情報発信市民懇話会,委員(委員長),2016年07月 ~ 2018年03月
  • 自治体,神戸市都市景観審議会,委員(副会長),2016年01月 ~ 2018年01月
  • 自治体,大阪市 道頓堀通りにおけるデジタルサイネージ委託型公募型プロポーザル方式有識者会議,委員,2017年06月 ~ 2017年11月
  • 自治体,大阪市 建築美観誘導デザイン会議,委員,2016年11月 ~ 2017年09月
  • 自治体,大阪市まちづくり専門家派遣選考委員会,委員長,2015年09月 ~ 2017年08月
  • 自治体,箕面市 都市景観審議会,委員(会長職務代理),2015年08月 ~ 2017年08月
  • 自治体,大阪府河川整備審議会,委員,2016年11月 ~ 2017年03月
  • 自治体,豊中市,平成28年度まちづくりアドバイザー,2016年08月 ~ 2017年03月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成 実施計画推進委員会,委員,2016年07月 ~ 2017年03月
  • 加古川東高等学校SSH運営指導委員会,委員(副委員長),2016年06月 ~ 2017年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 情報シンポジウムWG,委員,2015年04月 ~ 2017年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 設計・生産の情報化小委員会,委員,2015年04月 ~ 2017年03月
  • 自治体,大阪市建築物環境配慮推進委員会,委員,2014年11月 ~ 2016年11月
  • 自治体,大阪府河川整備審議会,委員,2014年11月 ~ 2016年11月
  • 自治体,大阪市 まちづくり専門家派遣選考委員会,委員長,2016年09月 ~ 2016年09月
  • 自治体,豊中市 都市景観・屋外広告物審議会,委員,2014年07月 ~ 2016年06月
  • 学協会,日本建築学会 論文集委員会,委員,2014年06月 ~ 2016年05月
  • 自治体,吹田市環境影響評価審査会,委員,2014年05月 ~ 2016年05月
  • 自治体,豊中市,平成27年度まちづくりアドバイザー,2015年07月 ~ 2016年03月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成 実施計画推進委員会,委員,2015年06月 ~ 2016年03月
  • 加古川東高等学校SSH運営指導委員会,委員(副委員長),2015年06月 ~ 2016年03月
  • 自治体,茨木市 みどりの施策推進委員会,委員(副委員長),2014年11月 ~ 2016年03月
  • 自治体,神戸市都市景観審議会,委員(副会長),2014年02月 ~ 2016年01月
  • 自治体,箕面市 都市景観審議会,委員(会長職務代理),2013年08月 ~ 2015年08月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成 実施計画推進委員会,委員,2014年06月 ~ 2015年03月
  • 加古川東高等学校SSH運営指導委員会,委員(副委員長),2014年05月 ~ 2015年03月
  • 自治体,豊中市 南部地域活性化市民会議,委員(委員長),2013年08月 ~ 2015年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術本委員会,委員,2013年05月 ~ 2015年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術委員会 情報シンポジウムWG,委員,2013年05月 ~ 2015年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会 情報システム技術委員会 設計・生産の情報化小委員会,委員,2013年05月 ~ 2015年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会 情報システム技術委員会 建築情報教育小委員会,委員,2013年05月 ~ 2015年03月
  • 自治体,近江八幡市 VR安土城創造会議,委員およびプロジェクトチームスタッフ,2011年05月 ~ 2015年03月
  • 自治体,大阪府河川整備審議会,委員,2012年11月 ~ 2014年11月
  • 自治体,大阪市建築物環境配慮推進委員会,委員,2012年11月 ~ 2014年11月
  • 自治体,大阪市都市景観委員会,委員,2012年11月 ~ 2014年11月
  • 自治体,大阪市まちづくり専門家派遣選考委員会,委員長,2012年11月 ~ 2014年10月
  • 自治体,豊中市都市景観・屋外広告物審議会,委員,2012年06月 ~ 2014年06月
  • 学協会,日本建築学会 近畿支部,常議員,2012年06月 ~ 2014年05月
  • 自治体,吹田市 環境影響評価審査会,委員,2012年05月 ~ 2014年05月
  • 自治体,財団法人 兵庫県まちづくり技術センター,技術顧問,2011年06月 ~ 2014年05月
  • 自治体,豊中市,平成25年度まちづくりアドバイザー,2013年10月 ~ 2014年03月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成 実施計画推進委員会,委員,2013年06月 ~ 2014年03月
  • 加古川東高等学校SSH営指導委員会,委員(副委員長),2013年05月 ~ 2014年03月
  • 自治体,神戸市都市景観審議会,委員,2012年02月 ~ 2014年01月
  • 自治体,箕面市 都市景観審議会,委員,2011年08月 ~ 2013年08月
  • 吹田市ヒートアイランド対策推進事業検討会,委員,2012年12月 ~ 2013年03月
  • 加古川東高等学校SSH運営指導委員会,委員(副委員長),2012年06月 ~ 2013年03月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成 実施計画推進委員会,委員,2012年06月 ~ 2013年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会 情報システム技術委員会 3次元設計教育小委員会,委員,2011年04月 ~ 2013年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会 情報システム技術委員会 3次元設計教育小委員会教育モデル研究WG,委員,2011年04月 ~ 2013年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会 情報システム技術本委員会,委員,2011年04月 ~ 2013年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会 卒業論文等顕彰事業委員会,委員,2010年12月 ~ 2012年11月
  • 自治体,大阪府河川整備委員会,委員,2012年04月 ~ 2012年10月
  • 自治体,大阪市まちづくり専門家派遣選考委員会,委員,2010年11月 ~ 2012年10月
  • 自治体,大阪市都市景観委員会,委員,2010年10月 ~ 2012年09月
  • 自治体,吹田市環境影響評価審査会,委員,2010年05月 ~ 2012年05月
  • 自治体,吹田市環境情報データ収集解析業務検討会,委員,2011年08月 ~ 2012年03月
  • 自治体,神戸市 夜間景観形成 実施計画検討会,委員,2011年06月 ~ 2012年03月
  • 自治体,大阪府河川整備委員会,委員,2011年05月 ~ 2012年03月
  • 自治体,加古川東高等学校SSH運営指導委員会,委員長代理,2011年04月 ~ 2012年03月
  • 自治体,神戸市都市景観審議会,委員,2010年01月 ~ 2012年01月
  • 自治体,財団法人 兵庫県まちづくり技術センター,技術顧問,2008年06月 ~ 2011年05月
  • 兵庫県立加古川東高等学校スーパーサイエンスハイスクール事業 運営指導委員会,委員,2010年06月 ~ 2011年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校スーパーサイエンスハイスクール事業,地域アドバイザー,2010年04月 ~ 2011年03月
  • 学協会,(一社)日本建築学会 情報システム技術本委員会,委員,2009年04月 ~ 2011年03月
  • (株)全国商店街支援センター,平成22年度公募型研修 講師,2010年07月 ~ 2011年02月
  • 学協会,(社)日本建築学会 建築・都市分野における情報インフラ構築特別研究委員会 都市情報小委員会,委員,2008年06月 ~ 2010年05月
  • 自治体,吹田市環境影響評価審査会,委員,2008年05月 ~ 2010年05月
  • 兵庫県立加古川東高等学校スーパーサイエンスハイスクール事業,地域アドバイザー,2009年09月 ~ 2010年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校 スーパーサイエンスハイスクール事業 運営指導委員会,委員,2009年06月 ~ 2010年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会情報システム技術委員会建築情報マネジメント教育小委員会,委員,2009年04月 ~ 2010年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会情報システム技術委員会建築情報マネジメント教育小委員会ものづくり技術研究WG,委員,2009年04月 ~ 2010年03月
  • 自治体,近江八幡市・近江八幡市地域商業振興計画策定委員会,委員長,2009年01月 ~ 2009年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校 スーパーサイエンスハイスクール事業 運営指導委員会,委員,2008年06月 ~ 2009年03月
  • 自治体,近江八幡市・空き家活用検討委員会,アドバイザー,2008年06月 ~ 2009年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校スーパーサイエンスハイスクール事業,地域アドバイザー,2008年04月 ~ 2009年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会 情報システム技術委員会 建築情報教育小委員会,委員,2007年04月 ~ 2009年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会 情報システム技術委員会 建築情報教育小委員会 建築情報教育モデル研究WG,委員,2007年04月 ~ 2009年03月
  • 高等専門学校機構 高松工業高等専門学校「全国高等専門学校デザインコンペティション」,ものづくりコンペティション 審査委員長,2008年07月 ~ 2008年12月
  • 自治体,近江八幡市・地域商業振興計画策定業務委託業者選定委員会,委員長,2008年10月 ~ 2008年10月
  • 自治体,財団法人 兵庫県まちづくり技術センター,技術顧問,2005年06月 ~ 2008年06月
  • 自治体,近江八幡市・空き家等の活用による地域活性化検討委員会,委員長,2007年12月 ~ 2008年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校スーパーサイエンスハイスクール事業,地域アドバイザー,2007年09月 ~ 2008年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校 スーパーサイエンスハイスクール事業 運営指導委員会,委員,2007年06月 ~ 2008年03月
  • 自治体,大阪府北部地域(彩都地区)における次世代エネルギーパーク整備ビジョン策定委員会,副委員長,2007年09月 ~ 2008年02月
  • 学協会,(社)日本建築学会 情報システム技術委員会 建築情報教育小委員会,委員,2006年11月 ~ 2007年03月
  • 兵庫県立加古川東高等学校 スーパーサイエンスハイスクール事業 運営指導委員会,委員,2006年07月 ~ 2007年03月
  • 学協会,(社)日本建築学会 ユビキタス建築都市特別研究委員会,委員,2006年06月 ~ 2007年03月
  • 学協会,日本建築学会 情報システム技術委員会 eラーニング研究WG,委員,2005年06月 ~ 2007年03月
  • 学協会,Architectural Institute of Japan,Special Committee on Ubiquitous computing/Architecture, cities and environmental space,2006年 ~