EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

正城 敏博

Toshihiro Masaki

共創機構,教授

keyword 知的財産,ATMを利用した音声通信,CADを利用したVLSI設計,仮想現実

学歴

  • 1995年04月 ~ 1997年03月,大阪大学,大学院工学研究科,情報システム工学
  • 1993年04月 ~ 1995年03月,大阪大学,大学院工学研究科,情報システム工学専攻
  • 1989年04月 ~ 1993年03月,大阪大学,工学部,情報システム工学科

経歴

  • 2020年04月 ~ 継続中,大阪大学 共創機構,教授、渉外部門長
  • 2019年08月 ~ 2020年03月,大阪大学 共創機構 産学共創・渉外本部 渉外部門長,教授
  • 2019年04月 ~ 2019年09月,大阪大学 共創機構 産学共創本部 イノベーション戦略部門 知財戦略室長,教授
  • 2018年01月 ~ 2019年03月,大阪大学 共創機構 産学共創本部 テクノロジー・トランスファー部門長,教授
  • 2017年04月 ~ 2017年12月,大阪大学産学共創本部テクノロジー・トランスファー部門長,教授
  • 2011年04月 ~ 2017年03月,大阪大学産学連携本部(兼任),教授、総合企画推進部長 兼 知的財産部長
  • 2008年04月01日 ~ 2011年03月31日,大阪大学 産学連携推進本部,総合企画部長 兼 知的財産部長
  • 2008年01月01日 ~ 2011年03月31日,大阪大学 先端科学イノベーションセンター,教授
  • 2008年04月 ~ 2011年03月,大阪大学産学連携推進本部 総合企画部長 兼 知的財産部長
  • 2008年01月 ~ 2011年03月,大阪大学先端科学イノベーションセンター 教授
  • 2004年04月 ~ 2008年03月,大阪大学 知的財産本部(兼任),研究財務企画部長
  • 2007年04月 ~ 2007年12月,大阪大学先端科学イノベーションセンター 准教授
  • 2004年04月 ~ 2007年03月,大阪大学先端科学イノベーションセンター 助教授
  • 2002年05月01日 ~ 2004年03月31日,大阪大学 先端科学技術共同研究センター,助教授
  • 2002年05月 ~ 2004年03月,大阪大学先端科学技術共同研究センター 助教授
  • 2000年05月01日 ~ 2002年04月30日,大阪大学 工学研究科,講師
  • 2000年05月 ~ 2002年04月,大阪大学大学院工学研究科 講師
  • 1997年04月 ~ 2000年04月,大阪大学大学院工学研究科 助手
  • 2019年03月01日 ~ 継続中,大阪大学 データビリティフロンティア機構,教授
  • 2017年01月01日 ~ 継続中,大阪大学 先導的学際研究機構,教授
  • 2013年10月 ~ 2017年03月,大阪大学 共同研究・事業化推進グループ
  • 2012年04月 ~ 2014年03月,理事補佐
  • 2005年10月 ~ 2008年03月,大阪大学スーパー産学官連携機構・機構長補佐
  • 2002年04月 ~ 2008年03月,大阪大学大学院情報科学研究科(兼任),准教授

研究内容・専門分野

  • その他,その他
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),通信工学

所属学会

  • 電子情報通信学会
  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers

論文

  • 研究開発型大学等発ベンチャーデータを用いた国内における潜在的医療シーズの可視化,新村和久,NISTEP,正城敏博,山田仁一郎,犬塚隆志,黒木淳,研究・イノベーション学会 年次学術大会 講演要旨集,2019年10月
  • アカデミア発医療系研究シーズの効率的な事業化に向けた検討~欧米バイオ医療産業クラスターの視察を通じて~,大屋知子,花崎喜代治,妹尾八郎,正城敏博,研究・技術計画学会第26回年次学術大会講演要旨集,2011年10月
  • 国際産学連携を志す若手研究者のための実践的英語プレゼンテーション講習会,加藤 浩介,松橋 俊彦,ベーリン クリスチャン,安藤 茂彌,ure Access社長,橋本 千香,Gallasus,In,谷本 親伯,正城 敏博,研究・技術計画学会 第25回年次学術大会,2010年10月
  • An FPGA implementation of 200MBPS CI/OFDM modem for satellite communication systems,T.Izumi,M.Okada,T.Masaki,IEEE World Automation Congress 2010,2010年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 国際産学連携のための英語プレゼンテーション講習会,加藤浩介,島村東世子,大屋知子,山縣友紀,花崎喜代治,松橋俊彦,正城敏博,産学連携学会第7回大会講演予稿集,2009年08月
  • Design and experimental evaluation of a scheme for maximal improvement of end-to-end QoS in heterogeneous IP networks,Dai Yamamoto,Hideki Tode,Toshihiro Masaki,Koso Murakami,IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E91B,No. 3,p. 733-741,2008年03月,研究論文(学術雑誌)
  • デジタルBS/CS用PSK同期復調器の設計,Hatanaka Masahide,Masaki Toshihiro,Okada Minoru,MURAKAMI Koso,映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers,一般社団法人映像情報メディア学会,Vol. 59,No. 1,p. 69-76,2005年01月01日
  • ネットワーク制御ハードウェアのハイブリッド型性能評価システムの提案と実装,甄洪偉,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会技術研究報告, NS2003-292, IN2003-247, March 2004.,(社)電子情報通信学会,2004年03月
  • IPルータにおける遅延保証型QoS制御機構に関する検討,藤田理恵,島原広季,山垣則夫,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会2004年総合大会講演論文集,(社)電子情報通信学会,2004年03月
  • サポート配信機能を有するメタコンテンツのマルチキャスト配信制御,久野和英,高橋潤,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会技術研究報告,NS2003-210, PN2003-38, December 2003.,(社)電子情報通信学会,2003年12月
  • 生物の繁殖過程に基づくフラッディング制御方式の検討,和田真,戸出英樹,木下和彦,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会,2003年12月
  • Narrowband OFDM Receiver Architecture for Partial Reception of ISDB-T Signal,Minoru Okada,Toshihiro Masaki,Toshiya Iwasaki,Nobufumi Ueno,Proceedings of International Conference on Consumer Electronics (ICCE),2003年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Implementation of PSK Demodulator for Digital BS/CS Broadcasting System,M. Hatanaka,T. Masaki,M. Okada,K. Murakami,p. 764-767,2003年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Video Database Retrieval Based on Gestures and its Application,Manabu Kuramoto,Toshihiro Masaki,Yoshifumi Kitamura,Fumio Kishino,IEEE Transactions on Multimedia, Vol.4, No.4, pp.500-508,2002年12月,研究論文(学術雑誌)
  • ISHI: Image Space Human-oriented Interaction 広大な仮想環境における仮想物体の効率的操作,深津真二,北村喜文,正城敏博,岸野文郎,ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.4, No.1, pp.17-24,Vol. 4,No. 1,p. 17-24,2002年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 両手操作による樹木モデルの部分形状選択の効率化,大西克彦,北村喜文,正城敏博,岸野文郎,ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.4, No.1, pp.9-15,Vol. 4,No. 1,p. 9-15,2002年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Two-Handed Manipulation of Tree Models,Katsuhiko Onishi,Yoshifumi Kitamura,Toshihiro Masaki,Fumio Kishino,Proceedings of 11th International Conference on Artificial Reality and Tele-exsistence 2001, pp.73-78,2001年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 磁石のメタファを用いた仮想・実物体操作環境,北村喜文,緒方 進,株式会社,エヌ・ティ・ティ・ドコモ,正城敏博,岸野文郎,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.6, No.4, pp.305-312,Vol. 6,No. 4,p. 305-311,2001年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Intuitive Multiple Viewpoints Control using Interlocked Motion of Coordinate Pairs,Shinji Fukatsu,Yoshifumi Kitamura,Toshihiro Masaki,Fumio Kishino,SIGGRAPH 2001 Conference Abstracts and Applications, pp. 212,2001年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • カメラの位置と姿勢に対する拘束の付加に基づく多様なカメラの動き制御の分析と検討,深津真二,北村喜文,正城敏博,岸野文郎,情報処理学会論文誌, Vol.42, No.6, pp.1311-1319,2001年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 手-道具-物体間のインタラクションを考慮した仮想箸による物体操作,日下志友彦,北村喜文,正城敏博,岸野文郎,電子情報通信学会論文誌, Vol.J84-D-II, No.3, pp.519-528,Vol. 84,No. 3,p. 519-528,2001年03月,研究論文(学術雑誌)
  • IllusionHole: A Stereoscopic Display for Multiple Observers,Yoshifumi Kitamura,Takashige Konishi,Toshihiro Masaki,Fumio Kishino,Proceedings of IS&T/SPIE 13th Symposium Electoronic Imaging 2001,2001年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Study for Real-time Morphing in Virtual Environment,Toshihiro Masaki,Hidetoshi Furuhashi,Yoshifumi Kitamura,Fumio Kishino,Proceedings of International Conference on Control, Automation, Robotics and Vision, Vol.4, (CD-ROM配布),2000年12月
  • Human Interface Technology using Virtual Reality in Advanced Information-oriented Society,Fumio Kishino,Yoshifumi Kitamura,Toshihiro Masaki,Proceedings of the Seminar on Integrated Engineering (Engineering Advances at the Dawn of the 21st Century), pp.270-276,2000年12月
  • Generating Images with Interactive Manipulation and Its Model Capture,Toshihiro Masaki,Toyoki Yamauchi,Yoshifumi Kitamura,Fumio Kishino,Proceedings of International Conference on Pattern Recognition, Vol.4, pp.473-476,2000年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 座標系対連動法による仮想環境内ナビゲーションのための鳥瞰カメラ視点の直感的制御,深津真二,北村喜文,正城敏博,岸野文郎,電子情報通信学会論文誌, Vol.J-83-DII, No.9, pp.1905-1915,Vol. 83,No. 9,p. 1905-1915,2000年09月,研究論文(学術雑誌)
  • ActiveCube: A Bi-directional User Interface using Cubes,Yoshifumi Kitamura,Yuichi Ito,Michihiro Kawai,Masatsugu Asai,Toshihiro Masaki,Fumio Kishino,Proceedings of the 4th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Engineering Systems & Allied Technologies, pp.99-102,2000年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ActiveCube,Yoshifumi Kitamura,Yuichi Ito,Michihiro Kawai,Masatsugu Asai,Toshihiro Masaki,Fumio Kishino,Hideo Kikuchi,System,SIGGRAPH2000 Conference Abstracts and Applications, p. 76,2000年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Efficient Network Architecture for AAL Type 2 and its VLSI Implementation,Masahide Hatanaka,Toshihiro Masaki,Koso Murakami,Proceedings of Euromedia, pp. 123-125,2000年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 医療用監視システムとその通信制御用 LSI の設計,松村謙次,古家 眞,藤田 玄,正城敏博,白川 功,稲田 紘,情報処理学会論文誌, Vol. 41, No. 4, pp. 962-969,2000年04月,研究論文(学術雑誌)
  • An Application of Interactive Video Contents to Augmented Virtuality,Toshihiro Masaki,Tetsuya Yamaguchi,Yoshifumi Kitamura,Fumio Kishino,Proceedings of IEEE International Conference on Image Processing, Vol.2 of 4, pp. 334-337,1999年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • インタラクティブ・ディジタル水槽の構築,正城敏博,山口徹也,北村喜文,岸野文郎,画像ラボ, Vol. 10, No. 6, pp. 27-32,Vol. 10,No. 6,p. 27-31,1999年06月
  • AAL Type2 スイッチの制御方式とアーキテクチャの設計,畠中理英,正城敏博,尾上孝雄,村上孝三,電子情報通信学会 第 12 回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, pp. 427--432,1999年04月
  • Virtual Chopsticks: Object Manipulation using Multiple Exact Interactions,Yoshifumi Kitamura,Tomohiko Higashi,Toshihiro Masaki,Fumio Kishino,Proceedings of IEEE Virtual Reality Conference, pp. 198-204,1999年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Intuitive Navigation in an Enormous Virtual Environment,Yoshifumi Kitamura,Shinji Fukatsu,Toshihiro Masaki,Fumio Kishino,Proceedings of International Conference on Artificial Reality and Tele-existence, pp. 163-169,1998年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Interractive Digital Fishtank Based on Live Video Images,Toshihiro Masaki,Tetsuya Yamaguchi,Yoshifumi Kitamura,Proceedings of Internatinal Conference on Advanced Multimedia Content Processing (AMCP'98), pp. 392-402(Lecture Notes in Computer Science 1554, "Advanced Multimedia Content Processing" pp. 386-396 (1999),1998年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Intuitive Cntrol of ``Bird's Eye Overview Images for Navigation in an Enormous Virtual Environment,Shinji Fukatsu,Yoshifumi Kitamura,Toshihiro Masaki,Fumio Kishino,Proceedings of Virtual Reality Software and Technology, pp. 67-76,1998年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Interactive Manipulation through Augmented Virtuality using Processed Video Contents,Toshihiro Masaki,Tetsuya Yamaguchi,Yoshifumi Kitamura,Fumio Kishino,Proceedings of International Conference on Pattern Recognition, pp. 1219-1222,1998年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Performance Evaluation of Shared VCI Cell for Multimedia ATM Network,Toshihiro Masaki,Yasuhiro Nakatani,Takao Onoye,Koso Murakami,Proceedings of International Seminar on Teletraffic and Network, pp. 482-485,1997年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A 4Mbps Infrared Wireless Communication Link for Mobile Computing,Hiroshi Uno,Keiji Kumatani,Hiroyuki Okuhata,Toshihiro Masaki,Isao Shirakawa,Toru Chiba,Sharp Cor,Proceedings of Workshop on Multi-Dimensional Mobile, pp. 267-271,1996年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Single Chip Implementation of MPEG2 Decoder for HDTV Level Pictures,Takao Onoye,Toshihiro Masaki,Yasuo Morimoto,Yo Sato,Isao Shirakawa,Kenji Matsumura,IEICE Transactions on Fundamentals, Vol.E79-A, No.3, pp.330-338,1996年03月,研究論文(学術雑誌)
  • HDTV Level MPEG2 Video Decoder VLSI,Takao Onoye,Toshihiro Masaki,Yasuo Morimoto,Yo Sato,Isao Shirakawa,Proceedings of the International Conference on Microelectronics and VLSI, pp.468-471,1995年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • HDTV レベル MPEG2 デコーダの VLSI 化設計,森本康夫,正城敏博,尾上孝雄,白川功,電子情報通信学会 第 8 回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, pp. 203-208,1995年04月
  • High-Level Synthesis of a Multithreaded Processor for Image Generation,Takao Onoye,Toshihiro Masaki,Isao Shirakawa,Hiroaki Hirata,Kozo Kimura,Shigeo Asahara,Takayuki Sagishima,IEICE Transactions on Fundamentals, Vol.E78-A, No.3, pp.322-330,Vol. 78,No. 3,p. 322-330,1995年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Design of inverse DCT unit and motion compensator for MPEG2 HDTV decoding,Takao Onoye,Yasuo Morimoto,Toshihiro Masaki,Isao Shirakawa,1994年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Design of multithreaded processor dedicated to image generation: High-level synthesis,Takao Onoye,Toshihiro Masaki,S. Asahara,T. Sagishima,Isao Shirakawa,S. Tsukiyama,S. Shinoda,1994年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • High-level synthesis of a multithreaded processor for image generation: design and simulation,Takao Onoye,Toshihiro Masaki,H. Hirata,Kozo Kimura,S. Asahara,T. Sagishima,Isao Shirakawa,Shuji Tsukiyama,S. Shinoda,1994年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • High-level synthesis of multithreaded processor based image generator,Takao Onoye,Toshihiro Masaki,H. Hirata,Kozo Kimura,S. Asahara,T. Sagishima,Isao Shirakawa,Shuji Tsukiyama,S. Shinoda,Proceedings of IEEE International Symposium on Industrial Electronics pp. 47-52,1994年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 画像生成用多重スレッドプロセッサの高位合成手法による設計,正城敏博,尾上孝雄,平田博章,木村浩三,浅原重夫,鷺島敬之,白川功,電子情報通信学会 第 7 回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, pp. 61-66,1994年04月

MISC

  • Design and Empirical Evaluation of Control Scheme for End-to-End Delay Stabilization and Packet Loss Improvement in Broadband IP Network,D.Yamamoto,H.Tode,T.Masaki,K.Murakami,Proceedings of the 16th International Conference on Computer Communications and Networks (IEEE ICCCN 2007),IEEE,Vol. TP9, Broadband networking and protocols track, 7 pages,p. 549-+,2007年08月
  • Design and Empirical Evaluation of Control Scheme for End-to-End Delay Stabilization and Packet Loss Improvement in Broadband IP Network,Dai Yamamoto,Hideki Tode,Toshihiro Masaki,Koso Murakami,Proceedings of the 16th International Conference on Computer Communications and Networks (IEEE ICCCN 2007),IEEE,Vol. TP9, Broadband networking and protocols track, 7 pages,p. 549-+,2007年
  • ワンセグ用簡易ダイバーシチアンテナの受信特性,佐藤俊一,田中誠一,鬼追一雅,磯田 浩,中嶋春樹,正城敏博,岡田 実,電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,Vol. B-1-194,2006年09月
  • QoS制御型スイッチを用いたEnd-to-End遅延安定化機構の実装,山本大,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会,Vol. NS2006-92,IN2006-72,CS2006-30,2006年09月
  • 高速 CI-OFDM 無線受信器のためのディジタル同期モジュールのFPGA実装,中谷 嵩之,難波 翔一朗,船附 誠弘,泉 知論,岡田 実,正城 敏博,信学技報,Vol. RECONF2006-18,2006年05月
  • 高速 CI-OFDM 無線通信システムのための検証評価環境の構築,山原 陽介,松本 祐樹,正城 敏博,泉 知論,岡田 実,藤田 眞司,松村 謙次,2006年05月
  • 高速 CI-OFDM 無線通信システムのための変復調モジュールのFPGA実装,梅原 直人,松本 祐樹,中谷 嵩之,泉 知論,岡田 実,正城 敏博,信学技法,Vol. 106,No. 50,p. 37-42,2006年05月
  • 200Mbps CI-OFDM 無線通信システムの FPGA による試作,泉 知論,岡田 実,山原 陽介,松本 祐樹,中谷 嵩之,梅原 直人,難波 翔一朗,船附 誠弘,坂井田 稔,正城 敏博,信学技報,Vol. RECONF2006-16,2006年05月
  • 180Mbps CIOFDM 衛星通信システム のハードウェア試作,泉 知論,山原 陽介,松本 祐樹,中谷 嵩之,梅原 直人,難波 翔一朗,船附 誠弘,坂井田 稔,正城 敏博,岡田 実,信学技法,Vol. SAT2005-52,2006年02月
  • CI-OFDM (Carrier Interferometry Orthogonal Frequency Division Multiplex)方式を用いた高速衛星通信システムの検討,岡田 実,Khoirul Anwar,三好寿顕,野瀬浩司,正城敏博,泉 知論,信学技報,Vol. SAT2005-51 (2006-02),2006年02月
  • CI-OFDM (Carrier Interferometry Orthogonal Frequency Division Multiplex)方式を用いた高速衛星通信システムの検討,信学技報,Vol. SAT2005-51 (2006-02),2006年
  • 高速 CI-OFDM 無線通信システムのための検証評価環境の構築,2006年
  • 高速 CI-OFDM 無線受信器のためのディジタル同期モジュールのFPGA実装,信学技報,Vol. RECONF2006-18,2006年
  • 高速 CI-OFDM 無線通信システムのための変復調モジュールのFPGA実装,信学技法,Vol. RECONF2006-17,2006年
  • 200Mbps CI-OFDM 無線通信システムの FPGA による試作,信学技報,Vol. RECONF2006-16,2006年
  • QoS制御型スイッチを用いたEnd-to-End遅延安定化機構の実装,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. NS2006-92,IN2006-72,CS2006-30,2006年
  • A Prototype Implementation of 180Mbps Satellite Communication Systems using CI-OFDM,Vol. SAT2005-52,2006年
  • End-to-End遅延保証のためのルータ間連携法,山本大,藤田理恵,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会技術研究報告,(社)電子情報通信学会,Vol. NS2005-94,2005年09月
  • Enhanced Flooding Algorithms Introducing the Concept of Biotic Growth,Hideki TODE,Makoto WADA,Kazuhiko KINOSHITA,Toshihiro MASAKI,Koso MURAKAMI,IEICE Transactions on Communications Vol. E88-B, No.3, pp. 903-910, March 2005.,IEICE,2005年03月
  • ルータ間連携によるEnd-to-End遅延保証法に関する検討,山本 大,藤田理恵,島原広季,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,2005年電子情報通信学会総合大会, B-6-59, March 2005.,電子情報通信学会,Vol. pp.511-512,p. 511-512,2005年03月
  • フロー単位QoS制御機構の設計・試作および実験的評価,島原広季,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-222,IN2004-222,February 2005,電子情報通信学会,Vol. 104,No. 691,p. 131-134,2005年03月
  • Enhanced Flooding Control Methods based on Biotic Growth,H. Tode,M. Wada,K. Kinoshita,T. Masaki,K. Murakami,Proceedings of the 2005 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2005),Trento, Italy,IEEE,Vol. 13.Network Architecture, pp.304-310,p. 304-310,2005年02月
  • フロー単位QoS制御機構の設計・試作および実験的評価,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-222,IN2004-222,February 2005,2005年
  • Enhanced Flooding Algorithms Introducing the Concept of Biotic Growth,IEICE Transactions on Communications Vol. E88-B, No.3, pp. 903-910, March 2005.,2005年
  • End-to-End遅延保証のためのルータ間連携法,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. NS2005-94,2005年
  • A Method for Guaranteeing End-to-End Delay by Mutual Cooperation between IP Routers,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2005),Vol. pp.511-512,p. 511-512,2005年
  • Enhanced Flooding Control Methods based on Biotic Growth,Proceedings of the 2005 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2005),Trento, Italy,Vol. 13.Network Architecture, pp.304-310/,,p. 304-310,2005年
  • フロー単位QoS制御機構の設計・試作および実験的評価,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-222,IN2004-222,February 2005,2005年
  • End-to-End遅延保証のためのルータ間連携法,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. NS2005-94,2005年
  • Enhanced Flooding Control Methods based on Biotic Growth,Proceedings of the 2005 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2005),Trento, Italy,Vol. 13.Network Architecture, pp.304-310,2005年
  • Design, Trial Production and Experimental Evaluation of Flow Based QoS Control Mechanism,2005年
  • A Method of Mutual Cooperation between IP Routers for End-to-End Delay Guarantee,IEICE Technical Report,Vol. NS2005-94,2005年
  • A Method for Guaranteeing End-to-End Delay by Mutual Cooperation between IP Routers,Dai Yamamoto,Rie Fujita,Hideki Tode,Toshihiro Masaki,Koso Murakami,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2005),Vol. pp.511-512,p. 511-512,2005年
  • Enhanced Flooding Control Methods based on Biotic Growth,Proceedings of the 2005 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2005),Trento, Italy,Vol. 13.Network Architecture, pp.304-310/,,2005年
  • Enhanced Flooding Algorithms Introducing the Concept of Biotic Growth,Hideki Tode,Makoto Wada,Kazuhiko Kinoshita,Toshihiro Masaki,Koso Murakami,IEICE Transactions on Communications Vol. E88-B, No.3, pp. 903-910, March 2005.,Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE,Vol. E88-B,No. 3,p. 903-910,2005年
  • A Method for Guaranteeing End-to-End Delay by Mutual Cooperation between IP Routers,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2005),Vol. pp.511-512,2005年
  • Multi-Server Content Distribution Scheme Using Erasure Codes,T. Fujie,K. Kuno,J. Takahashi,H. Tode,T. Masaki,K. Murakami,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2004),IEEE,Vol. pp.415-416,p. 415-416,2004年11月
  • QoS Control Scheme Guaranteeing the Delay, Jitter and Throughput in the IP Router,R. Fujita,H. Shimabara,H. Tode,T. Masaki,K. Murakami,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2004),IEEE,Vol. pp.413-414,p. 413-414,2004年11月
  • IPルータにおける帯域と遅延の要求を実現するQoS制御機構,藤田理恵,島原広季,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-85,IN2004-44,CS2004-40, September 2004,(社)電子情報通信学会,Vol. NS2004-85,IN2004-44,CS2004-40, September/,,2004年09月
  • Expanded Implementation of Output Buffer Control Mechanism in the Internet Router,H.Shimabara,K.Minami,H.Tode,T.Masaki,K.Murakami,Proc. IEEE ICC 2004,IEEE,Vol. HS07-4,p. 1258-1262,2004年06月
  • 生物の増殖過程に基づくフラッディング制御と伝播特性評価,和田真,鎌田英朗,戸出英樹,木下和彦,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-36, June 2004,(社)電子情報通信学会,2004年06月
  • Erasure codesを用いたマルチサーバ配信制御,藤枝太一,久野和英,高橋潤,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-38,June 2004,電子情報通信学会,2004年06月
  • Erasure codesを用いたマルチサーバ配信方式の検討,藤枝太一,久野和英,高橋 潤,戸出英樹,正城敏博,村上孝三,電子情報通信学会2004年総合大会講演論文集,(社)電子情報通信学会,2004年03月
  • Expanded Implementation of Output Buffer Control Mechanism in the Internet Router,Proc. IEEE ICC 2004,Vol. HS07-4,p. 1258-1262,2004年
  • 生物の増殖過程に基づくフラッディング制御と伝播特性評価,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-36, June 2004,2004年
  • IPルータにおける帯域と遅延の要求を実現するQoS制御機構,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-85,IN2004-44,CS2004-40, September 2004,Vol. NS2004-85,IN2004-44,CS2004-40, September,2004年
  • Multi-Server Content Distribution Scheme Using Erasure Codes,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2004),Vol. pp.415-416,p. 415-416,2004年
  • QoS Control Scheme Guaranteeing the Delay, Jitter and Throughput in the IP Router,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2004),Vol. pp.413-414,p. 413-414,2004年
  • 生物の増殖過程に基づくフラッディング制御と伝播特性評価,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-36, June 2004,2004年
  • Erasure codesを用いたマルチサーバ配信制御,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-38,June 2004,2004年
  • IPルータにおける帯域と遅延の要求を実現するQoS制御機構,電子情報通信学会技術研究報告,NS2004-85,IN2004-44,CS2004-40, September 2004,Vol. NS2004-85,IN2004-44,CS2004-40, September/,,2004年
  • Expanded Implementation of Output Buffer Control Mechanism in the Internet Router,Proc. IEEE ICC 2004,Vol. HS07-4,2004年
  • Multi-Server Content Distribution using Erasure Codes,2004年
  • QoS Control Scheme Realizing the Ideal Throughput and Delay,TECHNICAL REPORT OF IEICE.NS2004-85,IN2004-44,CS2004-40, September 2004,Vol. NS2004-85,IN2004-44,CS2004-40, September,2004年
  • Multi-Server Content Distribution Scheme Using Erasure Codes,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2004),Vol. pp.415-416,2004年
  • QoS Control Scheme Guaranteeing the Delay, Jitter and Throughput in the IP Router,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2004),Vol. pp.413-414,2004年
  • A Flooding Control Method based on a Biotic Growth and the Evaluation of the Spread Characteristics,2004年
  • Expanded Implementation of Output Buffer Control Mechanism in the Internet Router,Proc. IEEE ICC 2004,Vol. HS07-4,2004年
  • Multi-Server Content Distribution Scheme Using Erasure Codes,T Fujie,K Kuno,J Takahasi,H Tode,T Masaki,K Murakami,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2004),IEEE COMPUTER SOC,Vol. pp.415-416,p. 415-416,2004年
  • QoS Control Scheme Guaranteeing the Delay, Jitter and Throughput in the IP Router,R Fujita,H Shimabara,H Tode,T Masaki,K Murakami,Proceedings of the IEEE International Conference on Local Computer Networks (LCN 2004),IEEE COMPUTER SOC,Vol. pp.413-414,p. 413-414,2004年
  • VLSI Architecture of Switching Control for AAL type2 Switch,Masahide Hatanaka,Toshihiro Masaki,Takao Onoye,Koso Murakami,IEICE Transactions on Fundamentals, Vol. E83-A, No. 3, pp. 435-441,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 83,No. 3,p. 435-441,2000年03月
  • Voice Communication on Multimedia ATM Network Using Shared VCI Cell,Toshihiro Masaki,Yasuhiro Nakatani,Takao Onoye,Nariyoshi Yamai,Koso Murakami,IEICE Transactions on Communications, Vol. 81-B, No. 2, pp. 340-346,Vol. 81,No. 2,p. 340-346,1998年02月
  • Fellow Cell Switching for Voice Communication on Multimedia ATM Network and Its VLSI Implementation,Toshihiro Masaki,Yasuhiro Nakatani,Takao Onoye,Koso Murakami,Proceedings of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp. 1219-1222,p. 1219-1222,1997年07月
  • Multimedia ATM Network Using Shared VCI Cell and VLSI Implementation of Rerouting Node,Toshihiro Masaki,Yasuhiro Nakatani,Takao Onoye,Koso Murakami,Proceedings of International Symposium on Circuits and Systems, pp. 2793-2796,p. 2793-2796,1997年06月
  • Voice and Telephony over ATM for Multimedia Network Using Shared VCI Cell,Toshihiro Masaki,Yasuhiro Nakatani,Takao Onoye,Koso Murakami,Journal of Circuits, Systems, and Computers, Vol. 7, No. 2, pp. 93-110,Vol. 7,No. 2,p. 93-110,1997年04月
  • Single-Chip Implementation of MPEG2 Decoder Dedicated to MP@HL,Toshihiro Masaki,Yasuo Morimoto,Yo Sato,Takao Onoye,Isao Shirakawa,Proceedings of the International Conference on VLSI and CAD, pp.25-28,p. 25-28,1995年10月
  • VLSI Implementation of Inverse Discrete Cosine Transformer and Motion Compensator for MPEG2 HDTV Video Decoding,Toshihiro Masaki,Yasuo Morimoto,Takao Onoye,Isao Shirakawa,IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology, Vol.5, No.5, pp.387-395,Vol. 5,No. 5,p. 387-395,1995年10月
  • Single-Chip VLSI Decoder for MPEG2 MP@HL,Toshihiro Masaki,Yasuo Morimoto,Yo Sato,Takao Onoye,Isao Shirakawa,Proceedings of the Workshop on Synthesis and System Integration of Mixed Technologies, pp.211-218,p. 211-218,1995年08月
  • Specific Functional Macrocells for MPEG2 Single-Chip HDTV Decoder,Toshihiro Masaki,Yasuo Morimoto,Takao Onoye,Isao Shirakawa,Proceedings of the 1995 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp.499-502,p. 499-502,1995年07月

特許・実用新案・意匠

  • 中継装置・通信システム・制御回路・接続装置及びコンピュータプログラム,村上孝三,戸出英樹,正城敏博,木下和彦,PCT/JP2005/1831,出願日:2005年02月
  • 中継装置、通信システム、制御回路、接続装置及びコンピュータプログラム,村上孝三,戸出英樹,正城敏博,木下和彦,特願2004-32245,出願日:2004年02月
  • 中継装置、通信システム、制御回路、接続装置及びコンピュータプログラム
  • 中継装置・通信システム・制御回路・接続装置及びコンピュータプログラム (アメリカ)
  • 中継装置・通信システム・制御回路・接続装置及びコンピュータプログラム (アメリカ)

作品

  • 新世代光ネットワークに向けた自律的サービス制御プラットフォームの研究,2008年 ~
  • 自律分散アーキテクチャの研究開発,2007年 ~
  • ユビキタスネットワーク認証・エージェント技術の研究開発,2007年 ~
  • リアルタイム分散協調技術を用いた高信頼マルチメディア情報ネットワークの研究,2007年 ~
  • ブロードバンドネットワークにおける高品質動画像通信技術,2006年 ~
  • リアルタイム分散協調技術を用いた高信頼マルチメディア情報ネットワークの研究,2006年 ~
  • ブロードバンドネットワークにおける高品質動画像通信技術,2005年 ~
  • 自律分散アーキテクチャの研究開発,2005年 ~
  • リアルタイム分散協調技術を用いた高信頼マルチメディア情報ネットワークの研究,2005年 ~
  • 自律分散アーキテクチャの研究開発,2005年 ~
  • リアルタイム分散協調技術を用いた高信頼マルチメディア情報ネットワークの研究,2005年 ~
  • リアルタイムエンタープライズシステム実現にむけてのトラフィック制御(以下略),2004年 ~
  • ブロードバンドインターネットの通信品質(QoS)保証制御ボードの開発,2004年 ~
  • 分散ネットワーク管理のためのエージェントシステムに関する研究,2004年 ~
  • リアルタイムエンタープライズシステム実現にむけてのトラフィック制御(以下略),2004年 ~
  • ブロードバンドインターネットの通信品質(QoS)保証制御ボードの開発,2004年 ~
  • 分散ネットワーク管理のためのエージェントシステムに関する研究,2004年 ~

受賞

  • 電子情報通信学会学術奨励賞,正城 敏博,1998年
  • 丹羽記念賞,正城 敏博,1997年
  • インタラクション2000 インタラクティブ優秀発表賞,北村 喜文,伊藤 雄一,河合 道広,浅井 政嗣,正城 敏博,岸野 文郎,菊池 日出男,情報処理学会,2000年03月
  • 電子情報通信学会交換システム研究賞,正城 敏博,1998年

学術貢献

  • 先導的学際研究機構創薬サイエンス部門シンポジウム,大阪大学先導的学際研究機構創薬サイエンス部門,2018年01月 ~
  • 大阪大学未来戦略機構 第六部門(創薬基盤科学研究部門)シンポジウム 「創薬基盤技術と実用化戦略の最先端」,大阪大学未来戦略機構,2016年01月 ~