EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

菊池 康

Kikuchi Yasushi

医学系研究科,特任准教授(常勤)

論文

  • Transcriptionally distinct mesenchymal stem/stromal cells circulate in fetus.,Aiko Okada,Takashi Shimbo,Masayuki Endo,Sayuri Iwai,Tomomi Kitayama,Yuya Ouchi,Ryoma Yamamoto,Eiichi Takaki,Sho Yamazaki,Mami Nishida,Xin Wang,Yasushi Kikuchi,Takuji Tomimatsu,Yasufumi Kaneda,Tadashi Kimura,Katsuto Tamai,Biochemical and biophysical research communications,Vol. 512,No. 2,p. 326-330,2019年04月30日,研究論文(学術雑誌)
  • Chromatin accessibility identifies diversity in mesenchymal stem cells from different tissue origins.,Yen-Ting Ho,Takashi Shimbo,Edward Wijaya,Yuya Ouchi,Eiichi Takaki,Ryoma Yamamoto,Yasushi Kikuchi,Yasufumi Kaneda,Katsuto Tamai,Scientific reports,Vol. 8,No. 1,p. 17765-17765,2018年12月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Systemic high-mobility group box 1 administration suppresses skin inflammation by inducing an accumulation of PDGFRα(+) mesenchymal cells from bone marrow.,Eriko Aikawa,Ryo Fujita,Yasushi Kikuchi,Yasufumi Kaneda,Katsuto Tamai,Scientific reports,Vol. 5,p. 11008-11008,2015年06月05日,研究論文(学術雑誌)
  • Endogenous mesenchymal stromal cells in bone marrow are required to preserve muscle function in mdx mice.,Ryo Fujita,Katsuto Tamai,Eriko Aikawa,Keisuke Nimura,Saki Ishino,Yasushi Kikuchi,Yasufumi Kaneda,Stem cells (Dayton, Ohio),Vol. 33,No. 3,p. 962-75,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Transplanted bone marrow-derived circulating PDGFRα+ cells restore type VII collagen in recessive dystrophic epidermolysis bullosa mouse skin graft.,Shin Iinuma,Eriko Aikawa,Katsuto Tamai,Ryo Fujita,Yasushi Kikuchi,Takenao Chino,Junichi Kikuta,John A McGrath,Jouni Uitto,Masaru Ishii,Hajime Iizuka,Yasufumi Kaneda,Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950),Vol. 194,No. 4,p. 1996-2003,2015年02月15日,研究論文(学術雑誌)
  • PDGFRalpha-positive cells in bone marrow are mobilized by high mobility group box 1 (HMGB1) to regenerate injured epithelia.,Katsuto Tamai,Takehiko Yamazaki,Takenao Chino,Masaru Ishii,Satoru Otsuru,Yasushi Kikuchi,Shin Iinuma,Kotaro Saga,Keisuke Nimura,Takashi Shimbo,Noriko Umegaki,Ichiro Katayama,Jun-ichi Miyazaki,Junji Takeda,John A McGrath,Jouni Uitto,Yasufumi Kaneda,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,Vol. 108,No. 16,p. 6609-14,2011年04月19日,研究論文(学術雑誌)
  • Sterile alpha motif containing domain 9 is involved in death signaling of malignant glioma treated with inactivated Sendai virus particle (HVJ-E) or type I interferon.,Masahiko Tanaka,Takashi Shimbo,Yasushi Kikuchi,Masahide Matsuda,Yasufumi Kaneda,International journal of cancer,Vol. 126,No. 8,p. 1982-1991,2010年04月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a novel antimicrobial peptide, AG-30, with angiogenic properties.,Tomoyuki Nishikawa,Hironori Nakagami,Akito Maeda,Ryuichi Morishita,Nobuhiko Miyazaki,Toshihiro Ogawa,Yasuhiko Tabata,Yasushi Kikuchi,Hiroki Hayashi,Yoshiro Tatsu,Noboru Yumoto,Katsuto Tamai,Kazunori Tomono,Yasufumi Kaneda,Journal of cellular and molecular medicine,Vol. 13,No. 3,p. 535-46,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Bone marrow cell transfer into fetal circulation can ameliorate genetic skin diseases by providing fibroblasts to the skin and inducing immune tolerance.,Takenao Chino,Katsuto Tamai,Takehiko Yamazaki,Satoru Otsuru,Yasushi Kikuchi,Keisuke Nimura,Masayuki Endo,Miki Nagai,Jouni Uitto,Yasuo Kitajima,Yasufumi Kaneda,The American journal of pathology,Vol. 173,No. 3,p. 803-14,2008年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Cutaneous gene delivery.,Yasushi Kikuchi,Katsuto Tamai,Yasufumi Kaneda,Journal of dermatological science,Vol. 50,No. 2,p. 87-98,2008年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Cold shock domain protein A represses angiogenesis and lymphangiogenesis via inhibition of serum response element.,Y Saito,H Nakagami,M Kurooka,Y Takami,Y Kikuchi,H Hayashi,T Nishikawa,K Tamai,R Morishita,N Azuma,T Sasajima,Y Kaneda,Oncogene,Vol. 27,No. 13,p. 1821-33,2008年03月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Gene polymorphism of myospryn (cardiomyopathy-associated 5) is associated with left ventricular wall thickness in patients with hypertension.,Hironori Nakagami,Yasushi Kikuchi,Tomohiro Katsuya,Ryuichi Morishita,Hiroshi Akasaka,Shigeyuki Saitoh,Hiromi Rakugi,Yasufumi Kaneda,Kazuaki Shimamoto,Toshio Ogihara,Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension,Vol. 30,No. 12,p. 1239-46,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Ubiquitin carboxyl-terminal hydrolase L1, a novel deubiquitinating enzyme in the vasculature, attenuates NF-kappaB activation.,Yoichi Takami,Hironori Nakagami,Ryuichi Morishita,Tomohiro Katsuya,Tai-Xing Cui,Tomonaga Ichikawa,Yukihiro Saito,Hiroki Hayashi,Yasushi Kikuchi,Tomoyuki Nishikawa,Yoshichika Baba,Osamu Yasuda,Hiromi Rakugi,Toshio Ogihara,Yasufumi Kaneda,Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology,Vol. 27,No. 10,p. 2184-90,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of tissue-targeting hemagglutinating virus of Japan envelope vector for successful delivery of therapeutic gene to mouse skin.,Masako Kawachi,Katsuto Tamai,Kotaro Saga,Takehiko Yamazaki,Hiroshi Fujita,Takashi Shimbo,Yasushi Kikuchi,Keisuke Nimura,Koji Nishifuji,Masayuki Amagai,Jouni Uitto,Yasufumi Kaneda,Human gene therapy,Vol. 18,No. 10,p. 881-94,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Transfection of human hepatocyte growth factor gene ameliorates secondary lymphedema via promotion of lymphangiogenesis.,Yukihiro Saito,Hironori Nakagami,Ryuichi Morishita,Yoichi Takami,Yasushi Kikuchi,Hiroki Hayashi,Tomoyuki Nishikawa,Katsuto Tamai,Nobuyoshi Azuma,Tadahiro Sasajima,Yasufumi Kaneda,Circulation,Vol. 114,No. 11,p. 1177-84,2006年09月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Adipose tissue-derived stromal cells as a novel option for regenerative cell therapy.,Hironori Nakagami,Ryuichi Morishita,Kazuhisa Maeda,Yasushi Kikuchi,Toshio Ogihara,Yasufumi Kaneda,Journal of atherosclerosis and thrombosis,Vol. 13,No. 2,p. 77-81,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Novel autologous cell therapy in ischemic limb disease through growth factor secretion by cultured adipose tissue-derived stromal cells.,Hironori Nakagami,Kazuhisa Maeda,Ryuichi Morishita,Sota Iguchi,Tomoyuki Nishikawa,Yoichi Takami,Yasushi Kikuchi,Yukihiro Saito,Katsuto Tamai,Toshio Ogihara,Yasufumi Kaneda,Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology,Vol. 25,No. 12,p. 2542-7,2005年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Transcriptional regulation of the 230-kDa bullous pemphigoid antigen gene expression by interferon regulatory factor 1 and interferon regulatory factor 2 in normal human epidermal keratinocytes.,Maiko Odanagi,Yasushi Kikuchi,Takehiko Yamazaki,Takahide Kaneko,Hajime Nakano,Katsuto Tamai,Jouni Uitto,Katsumi Hanada,Experimental dermatology,Vol. 13,No. 12,p. 773-9,2004年12月,研究論文(学術雑誌)
  • ラミニン5のγ2鎖遺伝子(LAMC2)のtransforming growth factor-β(TGF-β)による転写調節機構について,菊池 康,今 淳,玉井 克人,澤村 大輔,橋本 功,花田 勝美,弘前医学,弘前大学大学院医学研究科・弘前医学会,Vol. 52,No. 3〜4,p. 100-109,2001年03月
  • Zosteriform metastatic skin cancer: report of three cases and review of the literature.,Y Kikuchi,A Matsuyama,K Nomura,Dermatology (Basel, Switzerland),Vol. 202,No. 4,p. 336-8,2001年,研究論文(学術雑誌)
  • C型肝炎に伴ったannular elastolytic giant cell granulomaの1例,菊池 康,金子 高英,松山 麻子,野村 和夫,松村 和子,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 110,No. 1,p. 68-68,2000年01月
  • 青森県立中央病院皮膚科における転移性皮膚癌の統計的,病理組織学的観察,菊池 康,松山 麻子,野村 和夫,貝森 光大,臨床皮膚科,(株)医学書院,Vol. 53,No. 12,p. 977-981,1999年11月
  • C型肝炎を合併し,抗Scl-70抗体陽性を示したクリオグロブリン血症の1例,菊池 康,金子 高英,会津 隆幸,白石 正彦,野村 和夫,臨床皮膚科,(株)医学書院,Vol. 53,No. 10,p. 812-814,1999年09月
  • 【治療の工夫】血液透析中に発症し,凍結療法を試みたKyrle病様病変の2例,菊池 康,松山 麻子,野村 和夫,村上 秀一,皮膚科の臨床,金原出版(株),Vol. 41,No. 8,p. 1277-1280,1999年07月
  • 自傷性皮膚症の1例,菊池 康,松山 麻子,野村 和夫,平野 喬,秋田 尚見,松村 和子,青森県立中央病院医誌,青森県立中央病院,Vol. 44,No. 1,p. 24-27,1999年03月
  • 食道癌術後に発症した亜鉛欠乏症の1例,菊池 康,松山 麻子,野村 和夫,秋田 尚見,朝倉 靖夫,青森県立中央病院医誌,青森県立中央病院,Vol. 43,No. 3,p. 113-116,1998年09月

MISC

  • HMGB1ペプチドを用いた幹細胞血中動員によるマウス膝関節軟骨修復効果の検討,對馬 誉大,佐々木 英嗣,新保 敬史,菊池 康,玉井 克人,石橋 恭之,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 93,No. 8,p. S1663-S1663,2019年09月
  • 再生誘導医薬HMGB1ペプチドを用いた間葉系幹細胞血中動員によるマウス膝関節軟骨修復効果,對馬 誉大,佐々木 英嗣,石橋 恭太,山内 翔平,新保 敬史,菊池 康,玉井 克人,石橋 恭之,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 93,No. 8,p. S1663-S1663,2019年09月
  • 表皮水疱症に対する治療法開発,玉井 克人,小紫 雄貴,外村 香子,林 美沙,奥田 英右,清原 英司,種村 篤,金田 眞理,室田 浩之,片山 一朗,菊池 康,金田 安史,皮膚の科学,日本皮膚科学会-大阪地方会・京滋地方会,Vol. 17,No. 4,p. 235-235,2018年08月
  • 骨髄由来間葉系幹細胞は末梢血を介して炎症滑膜に集積する,佐々木 英嗣,新保 敬史,菊池 康,石橋 恭之,玉井 克人,日本整形外科学会雑誌,(公社)日本整形外科学会,Vol. 91,No. 8,p. S1605-S1605,2017年08月
  • トランスレーショナル研究と新規治療 皮膚と骨髄のクロストーク 間葉系幹細胞の体内移動メカニズム解明と治療への応用,玉井 克人,菊池 康,相川 恵梨子,金田 安史,片山 一郎,神経免疫学,日本神経免疫学会,Vol. 18,No. 1,p. 56-56,2013年11月
  • トランスレーショナル研究と新規治療 皮膚と骨髄のクロストーク 間葉系幹細胞の体内移動メカニズム解明と治療への応用,玉井 克人,菊池 康,相川 恵梨子,金田 安史,片山 一郎,日本臨床免疫学会会誌,日本臨床免疫学会,Vol. 36,No. 5,p. 299-299,2013年10月
  • 損傷組織の放出するHMGB1は骨髄間葉系幹細胞を動員して損傷組織の再生を誘導する(Injured tissues release HMGB1 to recruit bone marrow mesenchymal stem cells for inducing regeneration of the injury),玉井 克人,菊池 康,飯沼 晋,金田 安史,日本癌学会総会記事,日本癌学会,Vol. 71回,p. 292-292,2012年08月
  • 【最近のトピックス2011 Clinical Dermatology 2011】皮膚疾患の病態 弾力線維性仮性黄色腫のmetabolic hypothesis,菊池 康,玉井 克人,臨床皮膚科,(株)医学書院,Vol. 65,No. 5,p. 60-64,2011年04月
  • 皮膚癌におけるβ1インテグリンの役割と細胞内シグナル伝達機構の解析,菊池 康,Marinkovich Peter,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 120,No. 3,p. 778-778,2010年03月
  • 【角化症診断・治療マニュアル】遺伝性角化症に対する遺伝子治療の展望,菊池 康,玉井 克人,Derma.,(株)全日本病院出版会,No. 142,p. 55-60,2008年08月
  • 骨髄細胞による表皮形成,玉井 克人,山崎 尊彦,菊池 康,知野 剛直,金田 安史,角化症研究会記録集,角化症研究会事務局,Vol. 21,p. 34-37,2007年03月
  • 高齢者の顔面で急速に増大した成人T細胞リンパ腫の1例,横山 祥平,丹 祐夏,梅垣 知子,近藤 直子,菊池 康,金子 高英,水木 大介,原田 研,花田 勝美,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 115,No. 8,p. 1199-1199,2005年07月
  • 遺伝性皮膚疾患の遺伝子治療法開発,玉井 克人,山崎 尊彦,大鶴 聡,知野 剛直,菊池 康,金田 安史,片山 一朗,角化症研究会記録集,角化症研究会事務局,Vol. 19,p. 52-55,2005年03月
  • low dose FP療法と内服PDT(光力学療法)が奏効した進行期乳房外Paget病の1例,菊池 康,秋田 美季,加藤 五月,梅垣 知子,近藤 直子,武田 仁志,水木 大介,原田 研,花田 勝美,木村 淳也,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 114,No. 8,p. 1433-1433,2004年07月
  • 高齢者の顔面で急速に増大した成人T細胞リンパ腫の1例,横山 祥平,丹 祐夏,梅垣 知子,近藤 直子,菊池 康,金子 高英,水木 大介,原田 研,花田 勝美,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 114,No. 3,p. 591-591,2004年03月
  • clear cell hidradenomaの1例,近藤 直子,丹 祐夏,神戸 有希,西澤 綾,菊池 康,原田 研,今 淳,花田 勝美,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 113,No. 8,p. 1294-1294,2003年07月
  • 同一病変内にsyringocystadenocarcinoma papilliferumとsyringomatous carcinomaが混在した頭頂部腫瘍の1例,梅垣 知子,武田 仁志,北村 英夫,原田 研,菊池 康,西澤 綾,近藤 直子,丹 祐夏,今 淳,花田 勝美,漆舘 聡志,木村 鉄宣,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 113,No. 8,p. 1294-1295,2003年07月
  • 先天性表皮水疱症 遺伝子治療法の開発,玉井 克人,菊池 康,花田 勝美,小川 秀興,金田 安史,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 113,No. 4,p. 462-462,2003年04月
  • Syringocystadenocarcinoma papilliferumとSyringomatous carcinomaが混在した頭部腫瘍の1例,武田 仁志,梅垣 知子,原田 研,菊池 康,松崎 康司,今 淳,花田 勝美,木村 鉄宣,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 113,No. 5,p. 746-746,2003年04月
  • 下口唇慢性円盤状エリテマトーデスの病変に繰り返し生じた有棘細胞癌の1例,森次 龍太,梅垣 知子,加藤 五月,北村 英夫,菊池 康,武田 仁志,原田 研,中野 創,玉井 克人,花田 勝美,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 113,No. 1,p. 64-64,2003年01月
  • 右大腿の角化性紅斑局面,水木 大介,横山 祥平,菊池 康,松崎 康司,原田 研,今 淳,玉井 克人,花田 勝美,今田 吏津子,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 112,No. 3,p. 282-282,2002年03月
  • Woringer-Kolopp病の1例,菊池 康,水木 大介,横山 祥平,松崎 康司,原田 研,今 淳,玉井 克人,花田 勝美,今田 吏津子,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 112,No. 3,p. 289-290,2002年03月
  • 丹毒様皮疹を呈した深在性エリテマトーデスの1例,梅垣 知子,菊池 康,板井 恒二,矢口 直,佐々木 千秋,玉井 克人,橋本 功,臨床皮膚科,(株)医学書院,Vol. 55,No. 13,p. 1017-1019,2001年12月
  • 外的因子により再発を繰り返す壊疽性膿皮症の1例,水木 大介,小棚木 麻衣子,佐々木 秀之,菊池 康,熊野 高行,原田 研,玉井 克人,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 111,No. 11,p. 1612-1612,2001年10月
  • IL-1β/AP-1によるVII型コラーゲン遺伝子(COL7A1)の転写調節機構,今 淳,佐々木 秀之,菊池 康,武田 仁志,玉井 克人,澤村 大輔,花田 勝美,橋本 功,藤村 康夫,東 清史,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 111,No. 9,p. 1401-1401,2001年08月
  • 若年者に生じたセンナ末によるGibert型薬疹の1例,梅垣 知子,菊池 康,矢口 直,佐々木 千秋,原田 研,玉井 克人,橋本 功,皮膚科の臨床,金原出版(株),Vol. 43,No. 4,p. 570-571,2001年04月
  • 接触皮膚炎 ケトプロフェン外用剤(モーラステープ)による光接触皮膚炎の1例,松山 麻子,菊池 康,野村 和夫,皮膚科の臨床,金原出版(株),Vol. 42,No. 11,p. 1688-1689,2000年10月
  • 光力学療法が奏効した日光角化症及び菌状息肉症,花田 勝美,浅野 千秋,菊池 康,松山 麻子,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 110,No. 9,p. 1460-1460,2000年08月
  • 著明な白血球増多症及び高カルシウム血症を伴った熱傷瘢痕癌の1例,白石 正彦,松山 麻子,竹本 啓伸,菊池 康,野村 和夫,横山 隆丈,松田 徳也,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 110,No. 9,p. 1466-1466,2000年08月
  • c-Kit遺伝子変異陰性の単発性肥満細胞腫の1例,野村 和夫,菊池 康,松山 麻子,畑山 一郎,成田 竹雄,木村 正方,貝森 光大,臨床皮膚科,(株)医学書院,Vol. 54,No. 7,p. 527-530,2000年06月
  • 青森県立中央病院皮膚科における疥癬の現況について,野村 和夫,竹本 啓伸,菊池 康,鳴海 博美,松山 麻子,白石 正彦,佐々木 由美子,蒔苗 章子,山谷 洋子,中村 かず子,青森県立中央病院医誌,青森県立中央病院,Vol. 45,No. 1,p. 16-22,2000年03月
  • 水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症における表現型の多様性について 軽症の母親はケラチン遺伝子変異の体細胞モザイクと考えられた1家系,野村 和夫,菊池 康,松山 麻子,梅木 薫,黒沼 忠由樹,畑山 一郎,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 110,No. 1,p. 60-60,2000年01月
  • 抗Scl-70抗体陽性を示したモルフィアの小児例,野村 和夫,菊池 康,松山 麻子,高橋 正明,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 110,No. 1,p. 55-55,2000年01月
  • 緑内障を併発した帯状疱疹の2例,松山 麻子,菊池 康,野村 和夫,高橋 弘次,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 110,No. 1,p. 54-54,2000年01月
  • ケトプロフェン外皮用剤(モーラステープ)による光接触皮膚炎の1例,松山 麻子,菊池 康,野村 和夫,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 110,No. 1,p. 61-61,2000年01月
  • 青森県立中央病院皮膚科における転移性皮膚癌の統計的観察,菊池 康,松山 麻子,野村 和夫,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 110,No. 1,p. 52-52,2000年01月
  • 単発性肥満細胞腫の1例とc-kit遺伝子体細胞変異の検索,野村 和夫,菊池 康,松山 麻子,畑山 一郎,成田 竹雄,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 110,No. 1,p. 55-55,2000年01月
  • 遺伝性皮膚疾患患者における責任遺伝子変異の検索,野村 和夫,菊池 康,松山 麻子,梅木 薫,黒沼 忠由樹,畑山 一郎,青森県立中央病院医誌,青森県立中央病院,Vol. 44,No. 4,p. 201-202,1999年12月
  • 虹彩毛様体炎及び続発性緑内障を併発した眼部帯状疱疹の2例,松山 麻子,菊池 康,野村 和夫,高橋 弘次,皮膚科の臨床,金原出版(株),Vol. 41,No. 9,p. 1550-1551,1999年08月
  • 排卵誘発剤humegonによって生じた蕁麻疹型薬疹の1例,菊池 康,鳴海 博美,中野 あおい,岩谷 麻子,玉井 克人,橋本 功,藤井 俊策,日本皮膚科学会雑誌,(公社)日本皮膚科学会,Vol. 109,No. 5,p. 795-795,1999年04月
  • 乳房乳頭部にみられたpagetoid Bowen病の1例,松山 麻子,菊池 康,野村 和夫,福嶋 貴,神 雅彦,三上 幸子,青森県立中央病院医誌,青森県立中央病院,Vol. 43,No. 4,p. 154-157,1998年12月