EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

兒玉 拓也

Kodama Takuya

工学研究科 応用化学専攻,助教

keyword 有機金属化学,構造有機化学,π電子系,有機ラジカル,光レドックス触媒

学歴

  • 2015年04月 ~ 2018年03月,大阪大学,理学研究科,化学専攻
  • 2013年04月 ~ 2018年03月,大阪大学,理学研究科,化学専攻
  • 2009年04月 ~ 2013年03月,大阪大学,理学部,化学科

経歴

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,大阪大学 工学研究科 応用化学専攻,助教
  • 2015年04月01日 ~ 2018年03月31日,大阪大学 理学研究科 化学専攻,大学院生(博士後期課程)

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,生物有機化学,構造有機化学
  • ナノテク・材料,構造有機化学、物理有機化学,構造有機化学
  • ライフサイエンス,生物有機化学,反応有機化学
  • ナノテク・材料,構造有機化学、物理有機化学,反応有機化学

所属学会

  • 近畿化学協会
  • 電子スピンサイエンス学会
  • 基礎有機化学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本化学会

論文

  • Phenylene-bridged bis(benzimidazolium) (BBIm(2+)): a dicationic organic photoredox catalyst,Vol. 11,No. 44,p. 12109-12117,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of 4,5-Benzotropone π Complexes of Iron, Rhodium, and Iridium and Their Potential Use in Catalytic Borrowing-Hydrogen Reactions,Takuya Kodama,Yuki Kawashima,Zhirong Deng,Mamoru Tobisu,Inorganic Chemistry,2021年03月26日,研究論文(学術雑誌)
  • Phosphine-Catalyzed Intermolecular Acylfluorination of Alkynes via a P(V) Intermediate,Vol. 142,No. 41,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Chiral cyclic [n]spirobifluorenylenes: carbon nanorings consisting of helically arranged quaterphenyl rods illustrating partial units of woven patterns,Vol. 11,No. 35,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Nickel-Catalyzed Decarbonylation of Acylsilanes,Vol. 85,No. 11,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Aryne-Induced S<inf>N</inf>Ar/Dearylation Strategy for the Synthesis of Fluorinated Dibenzophospholes from Triarylphosphines via a P(V) Intermediate,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Three-dimensional graphene nanoribbons as a framework for molecular assembly and local probe chemistry,Vol. 6,No. 9,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Novel development of umpolung at main group element: Synthesis, structure and reactivity of nucleophilic aluminyl anion,Vol. 77,No. 12,2019年,論文集(書籍)内論文
  • Nickel-catalyzed decarbonylation of: N -acylated N-heteroarenes,Vol. 10,No. 27,p. 6666-6671,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Cyclization of Bisphosphines to Phosphacycles via the Cleavage of Two Carbon-Phosphorus Bonds by Nickel Catalysis,Vol. 21,No. 11,p. 4177-4181,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Thiolate-Initiated Synthesis of Dibenzothiophenes from 2,2′-Bis(methylthio)-1,1′-Biaryl Derivatives through Cleavage of Two Carbon-Sulfur Bonds,Vol. 30,No. 17,p. 1995-1999,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Electronic Properties of Triperyleno[3.3.3]Propellanes: Towards Two-Dimensional Electronic Structures,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Serendipitous Rediscovery of the Facile Cyclization of Z,Z-3,5-Octadiene-1,7-diyne Derivatives to Afford Stable, Substituted Naphthocyclobutadienes,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Catalytic synthesis of heterocycles via the cleavage of carbonheteroatom bonds,Vol. 76,No. 11,p. 1185-1196,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Direct quantitative measurement of the C==O···H-C bond by atomic force microscopy,Kawai S,Nishiuchi T,Kodama T,Spijker P,Pawlak R,Meier T,Tracey J,Kubo T,Meyer E,Foster A.S,Science Advances,American Association for the Advancement of Science ({AAAS}),Vol. 3,No. 5,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Elucidation of Intramolecular Through-Space Electronic Communication in a Propeller-Shaped Molecule,Vol. 82,No. 7,p. 1006-1009,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Nonplanar Butterfly-Shaped π-Expanded Pyrrolopyrroles,Krzeszewski M,Kodama T,Espinoza E.M,Vullev V.I,Kubo T,Gryko D.T,Chemistry - A European Journal,Vol. 22,No. 46,p. 16478-16488,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • A facile synthesis of trinaphtho[3.3.3]propellane and its π-extension and the formation of a two-dimensional honeycomb molecular assembly,Kubo T,Miyazaki S,Kodama T,Aoba M,Hirao Y,Kurata H,Chemical Communications,Vol. 51,No. 18,p. 3801-3803,2015年,研究論文(学術雑誌)

特許・実用新案・意匠

  • 液晶組成物及び液晶素子,木田 紀行,兒玉 拓也,特願2017-52952,出願日:2017年03月

受賞

  • 第28回基礎有機化学討論会 RSC Advances Prize,兒玉 拓也,基礎有機化学会,2017年09月
  • ISNA-17 Poster Prize,兒玉 拓也,2017年07月
  • 第97春季年会 学生講演賞,兒玉 拓也,日本化学会,2017年04月

講演・口頭発表等

  • ニッケル触媒を用いたトロポン誘導体の炭素-炭素結合切断反応,斉藤 加奈子,兒玉 拓也,鳶巣 守,日本化学会第101春季年会,2021年03月20日
  • ジカチオン型有機光レドックス触媒を用いたカルボン酸の脱炭酸反応の反応機構解析,宍道 航,久保 真依子,兒玉 拓也,大久保 敬,鳶巣 守,日本化学会第101春季年会,2021年03月21日
  • ベンゾトロポン類縁体およびその遷移金属錯体の合成と反応性,川島 裕貴,兒玉 拓也,鳶巣 守,日本化学会第100春季年会,2020年03月23日
  • ジカチオン型イミダゾリウム塩を触媒としたカルボン酸の光脱炭酸二量化反応の開発,宍道 航,久保 真依子,兒玉 拓也,大久保 敬,鳶巣 守,日本化学会第100春季年会,2020年03月23日
  • イミダゾリウム骨格を有するジカチオン性有機光レドックス触媒の開発,2019年度有機光化学研究会,2019年11月19日
  • 新規フェニレン架橋ビスイミダゾリウム塩を光レドックス触媒として用いるカルボン酸の光脱炭酸を経る変換反応,久保 真依子,兒玉 拓也,大久保 敬,鳶巣 守,日本化学会第99春季年会,2019年03月16日
  • Synthesis, Properties and Self-Assemblies of π- Extended Trinaphtho[3.3.3]Propellanes,兒玉 拓也,2nd Joint Symposium on Materials Research - Diverse Aspects of Future Chemistry -,2018年12月03日
  • ニッケル触媒によるアルケンのアリールアミド化,伊東 優理,中谷 駿,兒玉 拓也,鳶巣 守,日本化学会第101春季年会,2021年03月19日
  • ホスフィン触媒による酸フルオリド、シリルエノールエーテルを用いるアルキンのヒドロビニル化反応,草野 百香,藤本 隼斗,兒玉 拓也,鳶巣 守,日本化学会第101春季年会,2021年03月21日
  • パラジウム触媒によるアシルシランの炭素-ケイ素結合切断を経るオレフィン類への付加反応,櫻井 駿,稲垣 徹哉,兒玉 拓也,鳶巣 守,日本化学会第101春季年会,2021年03月21日
  • 五配位ホスホラン中間体を経る触媒的アシルフルオロ化反応,藤本 隼斗,兒玉 拓也,山中 正浩,鳶巣 守,第47有機典型元素化学討論会,2020年12月03日
  • Synthesis, structure, and properties of chiral cyclic [n]spirobifluorenylene with Penrose stairs motif,日本化学会第100春季年会,2020年03月23日
  • フッ素置換ホスフィンとアラインとの反応によるホスホール誘導体の合成,草野 百香,藤本 隼斗,兒玉 拓也,鳶巣 守,日本化学会第100春季年会,2020年03月22日
  • 五配位ホスホラン中間体を経るアルキンの触媒的カルボフルオロ化反応,藤本 隼斗,兒玉 拓也,山中 正浩,鳶巣 守,日本化学会第101春季年会,2021年03月22日