EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

大城 理

Osamu OSHIRO

基礎工学研究科 機能創成専攻,教授

keyword CG,VR,医用画像,生体計測,生体医工学

学歴

  • 1987年04月 ~ 1990年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,物理系専攻 制御工学分野 博士後期課程
  • 1985年04月 ~ 1987年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,物理系専攻 制御工学分野 博士前期課程
  • 1981年04月 ~ 1985年03月,大阪大学,基礎工学部,制御工学科

経歴

  • 2003年04月01日 ~ 継続中,大阪大学 基礎工学研究科 機能創成専攻,教授
  • 1994年06月 ~ 2003年03月,奈良先端科学技術大学院大学・先端科学技術研究調査センタ・助教授
  • 1998年04月 ~ 2000年03月,京都大学・大学院情報学研究科・(併)助教授
  • 1993年04月 ~ 1994年06月,奈良先端科学技術大学院大学・情報科学研究科・助手
  • 1992年10月 ~ 1993年03月,岡崎生理学研究所・受託研究員
  • 1990年04月 ~ 1993年03月,住友金属工業株式会社
  • 1990年10月 ~ 1992年01月,北海道大学・応用電気研究所・受託研究員

研究内容・専門分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),計測工学
  • ライフサイエンス,医用システム
  • ライフサイエンス,生体材料学
  • ライフサイエンス,生体医工学

所属学会

  • 日本コンピュータ外科学会
  • 第52回自動制御連合講演会
  • 日本生体医工学会 関西支部
  • バイオメックフォーラム21研究会
  • 日本バーチャルリアリティ学会
  • IEEE
  • 電子情報通信学会
  • 日本医用画像工学会
  • システム制御情報学会
  • 日本生体医工学会
  • IEEE
  • 日本バーチャルリアリティ学会
  • Information and Communication Engineers
  • Institute of Electronics
  • Japan Society of Ultrasonics in Medicine
  • Control amd Information Engineers
  • Institute of Systems
  • Japanese Society of Medical Electronics and Biological Engineering

論文

  • Efficient and Robust Detection of Local Impedance Changes using Selected Electrical Excitation Conditions,p. 1-1,2020年11月16日,研究論文(学術雑誌)
  • Tomographic Approach for Universal Tactile Imaging With Electromechanically Coupled Conductors,Shunsuke, Yoshimoto,Kuroda, Yoshihiro,Oshiro, Osamu,IEEE TRANSACTIONS ON INDUSTRIAL ELECTRONICS,Vol. 67,No. 1,p. 627-636,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 電位の空間走査による筋断裂検知手法の提案,池本尚生,吉元俊輔,石塚裕己,池田聖,黒田嘉宏,大城理,生体医工学,Vol. 57,No. 6,p. 215-223,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-contact Cold Thermal Display by Controlling Low-temperature Air Flow Generated with Vortex Tube,Xu, Jiayi,Kuroda, Yoshihiro,Yoshimoto, Shunsuke,Oshiro, Osamu,Proceedings of IEEE World Haptics Conference 2019,p. 133-138,2019年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Wearable Skin Stretch Device for Lower Limbs: Investigation of Curvature Effect on Slip,Omori, Ryuya,Kuroda, Yoshihiro,Yoshimoto, Yoshimoto,Oshiro, Osamu,Proceedings of IEEE World Haptics Conference 2019,p. 37-42,2019年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Privacy-Aware Human-Detection and Tracking System Using Biological Signals.,Toshihiro Kitajima,Edwardo Arata,Y. Murakami,Shunsuke Yoshimoto,Yoshihiro Kuroda,Osamu Oshiro,IEICE Transactions,Vol. 102-B,No. 4,p. 708-721,2019年04月
  • Privacy-Aware Human-Detection and Tracking System Using Biological Signals,Toshihiro Kitajima,Edwardo Murakami,Yoshimoto Shunsuke,Kuroda Yoshihiro,Oshiro Osamu,The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers TRANSACTIONS on Communications,Vol. E102.B,No. 4,p. 708-721,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Hemodynamic Sensing of 3-D Fingertip Force by Using Nonpulsatile and Pulsatile Signals in the Proximal Part.,Array,Shun Hinatsu,Yoshihiro Kuroda,Osamu Oshiro,IEEE Trans. Biomed. Circuits and Systems,Vol. 12,No. 5,p. 1155-1164,2018年10月
  • Analysis of the tractive force pattern on a knot by force measurement during laparoscopic knot tying.,Takayasu K,Yoshida K,Kinoshita H,Yoshimoto S,Oshiro O,Matsuda T,American journal of surgery,Vol. 216,No. 2,p. 314-318,2018年08月
  • Privacy‐aware face detection using biological signals in camera images,Kitajima, Toshihiro,Murakami,Edwardo Arata Y,Yoshimoto, Shunsuke,Kuroda, Yoshihiro,Oshiro, Osamu,Electronics and Commpunications in Japan,Vol. 101,No. 6,p. 67-79,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Hemodynamic Sensing of 3D Fingertip Force by using Non-pulsatile and Pulsatile Signals in the Proximal Part,S. Yoshimoto,S. Hinatsu,Y. Kuroda,O. Oshiro,IEEE Transactions on Biomedical Circuits and Systems,Vol. 12,No. 5,p. 1155-1164,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • PupilShutter:瞳孔収縮による注釈提示システム,黒田嘉宏,加藤拓実,吉元俊輔,大城 理,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 20,No. 2,p. 221-227,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Privacy‐aware Face Detection Using Biological Signals in Camera Images,T. Kitajima,E. Murakami,S. Yoshimoto,Y. Kuroda,O. Oshiro,Electronics and Communications in Japan,Vol. 101,No. 6,p. 67-79,2018年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Estimation of Object Elasticity by Capturing Fingernail Images during Haptic Palpation,S. Yoshimoto,Y. Kuroda,O. Oshiro,IEEE Transactions on Haptics,Vol. 11,No. 2,p. 204-211,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 生体信号を利用したプライバシー保護画像からの顔検出手法,北島利浩,村上エドワード,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城理,電気学会論文誌C,Vol. 138,No. 3,p. 210-220,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Hemodynamic sensing of 3D fingertip force using PPG device on proximal part,Vol. 2017,p. 3289-3292,2017年09月13日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Oil Bubble Display: 油を投影面とした変形・結合・分裂が可能なディスプレイ,井手口裕太,川口純輝,浦西友樹,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,芸術科学会論文誌,Vol. 16,No. 3,p. 15-28,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Estimation of Finger Joint Angles Based on Electromechanical Sensing of Wrist Shape,Vol. 25,No. 9,p. 1409-1418,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Light Field Convergency: Implicit Photometric Consistency on Transparent Surface,Vol. 2017-,p. 1754-1762,2017年08月22日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 有限要素法による周術期大臀筋・臀部皮膚傷害の発生機序解析のこころみ,服部ゆかり,黒田嘉宏,大城理,宇谷厚志,日本皮膚科学会雑誌,Vol. 127,No. 8,p. 1765-1770,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Deformable Image Registration Method Using Internal Organ Constraint in Cervical Cancer Radiotherapy Case,Nadhifa Ayunisa,Yoshihiro Kuroda,Noriyuki Kadoya,Shunsuke Yoshimoto,Osamu Oshiro,p. 209-212,2017年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Human Detection Using Biological Signals in Camera Images with Privacy Aware,Vol. 557,p. 175-186,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Human Detection Using Biological Signals in Camera Images with Privacy Aware,Vol. 557,p. 175-186,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 基節部における脈波計測を利用した指先接触力推定,日夏 俊,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城 理,生体医工学,Vol. 55,No. 3,p. 115-124,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • 胸部に連動する電磁誘導コイルを用いた呼吸量推定,桑谷達之,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城 理,生体医工学,Vol. 55,No. 2,p. 69-76,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Human detection using biological signals in camera images with privacy aware,Toshihiro Kitajima,Edwardo Murakami,Shunsuke Yoshimoto,Yoshihiro Kuroda,Osamu Oshiro,Vol. 16,No. 29,p. 1-12,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Virtual Reality Forest: Real Measured Trees and Enhanced Experience,Pasi Raumonen,Yuta Ideguchi,Yuki Uranishi,Markku Åkerblom,Mikko Kaasalainen,Shunsuke Yoshimoto,Yoshihiro Kuroda,Osamu Oshiro,Proceedings of the EuroVR Conference 2016, Technical Session III, Athens, Greece,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 5D Estimation of Transparent Object based on Light Field Convergency,Yuta Ideguchi,Yuki Uranishi,Shunsuke Yoshimoto,Yoshihiro Kuroda,Osamu Oshiro,2016年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Noninvasive Simultaneous Measurement of Blood Pressure and Blood Flow Velocity for Hemodynamic Analysis,Y. Kato,S. Yoshimoto,Y. Kuroda,M. Imura,S. Yamashita,T. Ogura,O. Oshiro,In Proceedings of the International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,Vol. 2016,p. 2570-2573,2016年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ライトフィールドからの煙の空間濃度分布推定,井手口裕太,浦西友樹,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,映像情報メディア学会誌,Vol. 70,No. 7,p. J146-J157,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Postoperative gluteal skin damage associated with latent development of gluteal muscle damage,Vol. 43,No. 5,p. 547-552,2016年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Postoperative gluteal skin damage associated with latent development of gluteal muscle damage,Yukari HATTORI,Takashi IKEUCHI,Yoshihiro KURODA,Kiyotomo MATSUGI,Shunsuke MINAMI,Toshihiro HIGUCHI,Masazumi ZAIMA,Satoshi ISHITOYA,Chikako YAMAUCHI,Hiroyuki ONISHI,Junichiro KAWAMURA,Koichi KITOH,Osamu OSHIRO,Yosuke YAMAMOTO,Atsushi UTANI,Noboru HATTORI,Journal of Dermatology,Vol. 43,No. 5,p. 547-552,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Reconstruction of smoke based on light field consistency,Vol. 136,No. 12,p. 522-531,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • 循環動態解析のための非侵襲圧脈波・血流同時計測に関する基礎的研究,加藤雄樹,吉元俊輔,井村誠孝,山下新吾,小椋敏彦,大城 理,生体医工学,Vol. 54,No. 2,p. 66-75,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Finger joint angle estimation from electrical contact resistance according to wrist shape,Vol. 135,No. 11,p. 1314-1321,2015年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 手首形状に応じた電気接触抵抗からの指角度推定,川口純輝,吉元俊輔,井村誠孝,大城 理,電気学会論文誌(論文誌C),Vol. 100,No. 6,p. 35-44,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 視覚障がい者のための色にもとづく服飾選択支援システム,三宅正夫,眞鍋佳嗣,浦西友樹,吉元俊輔,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,生体医工学,Vol. 53,No. 5,p. 255-263,2015年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrotactile Augmentation for Carving Guidance,Shunsuke Yoshimoto,Yoshihiro Kuroda,Masataka Imura,Osamu Oshiro,Kazunori Nozaki,Hiroyuki Machi,Hiroo Tamagawa,IEEE Transactions on Haptics,Vol. 9,No. 1,p. 43-53,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Unobtrusive Tactile Sensing based on Electromechanical Boundary Estimation,Shunsuke Yoshimoto,Masataka Imura,Osamu Oshiro,In Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,Vol. 2015,p. 4375-4378,2015年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Finger Motion Capture from Wrist-Electrode Contact Resistance,Shunsuke Yoshimoto,Junki Kawaguchi,Masataka Imura,Osamu Oshiro,In Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,Vol. 2015,p. 3185-3188,2015年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 視覚障がい者のための誘導音を用いた線図形トレーシングシステム,浦西友樹,瀧澤 洸,吉元俊輔,井村誠孝,大城 理,システム制御情報学会論文誌,Vol. 28,No. 5,p. 205-212,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 嚥下音解析による摂取水分量の推定システム,中藤寛己,井村誠孝,吉元俊輔,大城 理,生体医工学,Vol. 53,No. 2,p. 76-83,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Material Roughness Modulation via Electrotactile Augmentation,S. Yoshimoto,Y. Kuroda,M. Imura,O. Oshiro,IEEE Transactions on Haptics,Vol. 8,No. 2,p. 199-208,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Material Roughness Modulation via Electrotactile Augmentation,S. Yoshimoto,Y. Kuroda,M. Imura,O. Oshiro,IEEE Transactions on Haptics,Vol. 8,No. 2,p. 199-208,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Texture modulation of 3D fabricated object via electrotactile augmentation,Vol. 277,p. 75-80,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Haptic interface with a stylus for a mobile touch panel,Vol. 3,No. 4,p. 279-286,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • 組織の非圧縮性を考慮した舌変形モデルの構築,加藤高浩,井村誠孝,吉元俊輔,大城 理,生体医工学,Vol. 52,No. 6,p. 275-281,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Haptylus: Haptic stylus for interaction with virtual objects behind a touch screen,2014年11月24日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 食道の蠕動運動による食塊の輸送シミュレーション,井村誠孝,豆野裕信,浦西友樹,黒田嘉宏,大城 理,VR 医学,Vol. 12,No. 1,p. 9-14,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Simulation of air flow bronchus caused by lung deformation,Vol. 52,p. 436-O-437,2014年08月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Estimation of fingertip contact force direction based on change in nail color distribution,Vol. 52,p. 155-O-156,2014年08月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Estimation of amount of swallowed water by analysis of swallowing sounds,Vol. 52,p. 11-O-12,2014年08月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Large Deformation with Haptic Interaction by Stepwise Rotation Update of Finite Element Model,Y. Kuroda,Y. Uranishi,M. Imura,O. Oshiro,H. Takemura,Proceedings of International Congress and Exhibition Computer Assisted Radiology and Surgery,Vol. 9,No. suppl.1,p. S127-128,2014年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Tactile Modulator: Roughness Modulation using Electrotactile Augmentation,Shunsuke Yoshimoto,Yoshihiro Kuroda,Yuki Uranishi,Masataka Imura,Osamu Oshiro,Proceedings of Eurohaptics,Vol. 8619,p. 456-+,2014年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Roughness Modulation of Real Materials using Electrotactile Augmentation,Shunsuke Yoshimoto,Yoshihiro Kuroda,Yuki Uranishi,Masataka Imura,Osamu Oshiro,Proceedings of Eurohaptics,Vol. 8618,p. 15-17,2014年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • RFID を用いた消化管用クリップの位置特定~イヌ食道における検討~,高畑裕美,小島史嗣,杉浦忠男,岡田実,佐藤寿彦,角田茂,中村達雄,伊達洋至,大城理,日本コンピュータ外科学会誌,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Pitching Simulation with Musculoskeletal Model of Hand,Ryosuke Yokohata,Masataka Imura,Yuki Uranishi,Shunsuke Yoshimoto,Yoshihiro Kuroda,Osamu Oshiro,Proceedins of Digital Human Modeling Symposium,2014年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • RFID を用いた消化管用クリップの位置特定 〜イヌ食道における検討〜,高畑 裕美,a高畑裕美,小島史嗣,杉浦忠男,岡田 実,佐藤寿彦,角田 茂,中村達雄,伊達洋至,大城 理,日本コンピュータ外科学会誌,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 手の筋骨格モデルを導入した投球シミュレーション,横畑亮輔,井村誠孝,黒田嘉宏,浦西友樹,大城 理,生体医工学,Vol. 52,No. 1,p. 1-10,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a novel marking system for laparoscopic gastrectomy using endoclips with radio frequency identification tags: Feasibility study in a canine model,Vol. 28,No. 9,p. 2752-2759,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • スマートフォン利用による視覚障がい者のための衣類の色および模様認識システム,三宅正夫,眞鍋佳嗣,浦西友樹,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 51,No. 6,p. 342-349,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 力覚提示指向の大変形有限要素法シミュレーション,黒田嘉宏,浦西友樹,井村誠孝,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,日本バーチャルリアリティ学会,Vol. 18,No. 4,p. 497-506,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Pedestrian - traffic Logging Unit with Tailgating Detection using Range Image Sensor,Yuki Uranishi,Yasufumi Moriie,Yoshitsugu Manabe,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,ACEEE International Journal on Information Technology,Vol. 3,No. 3,p. 14-21,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Smart Sensing of Tool/Tissue Interaction by Resistive Coupling,S. Yoshimoto,Y. Kuroda,M. Imura,O. Oshiro,K. Sato,In Proceedings of 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,p. 628-631,2013年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of laparoscopic dissection skill by instrument tip force measurement,Vol. 27,No. 6,p. 2193-2200,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A novel surgical marking system for small peripheral lung nodules based on radio frequency identification technology: Feasibility study in a canine model,Fumitsugu Kojima,Toshihiko Sato,Hiromi Takahata,Minoru Okada,Tadao Sugiura,Osamu Oshiro,Hiroshi Date,Tatsuo Nakamura,Thoracic and Cardiovascular Surgery,Vol. 147,No. 4,p. 1384-1389,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 凍結手術における温度依存性を考慮した一次血栓形成モデリング,八木明日華,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,生体医工学,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • HAPTIC GLOVE USING COMPRESSION-INDUCED FRICTION TORQUE,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Electrically Multiplexed Tactile Interface: Fusion of Smart Tactile Sensor and Display,Yoshimoto Shunsuke,Kuroda Yoshihiro,Imura Masataka,Oshiro Osamu,Sato Kosuke,2013 WORLD HAPTICS CONFERENCE (WHC),p. 151-156,2013年
  • Automatic Cropping Method of Chest Radiographs Based on Adaptive Binarization,p. 6494-6497,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Work Step Indication with Grid-pattern Projection for Demented Senior People,p. 4698-4701,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Voice response system of color and pattern on clothes for visually handicapped person,p. 4694-4697,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Novel Algorithm for Real-Time Onset Detection of Surface Electromyography in Step-Tracking Wrist Movements,p. 2056-2059,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 3D simulation of platelet aggregation in cryosurgery,p. 1891-1894,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 多視点観察可能なインタラクティブフォグディスプレイ,井村誠孝,八木明日華,黒田嘉宏,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,2012年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 極小 RFID タグを用いた内視鏡手術支援用微小腫瘍マーキングシステム,高畑裕美,杉浦忠男,岡田 実,佐藤寿彦,小島史嗣,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 50,No. 6,p. 658-665,2012年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Spatially Transparent Tactile Sensor Utilizing Electromechanical Properties of Skin,Shunsuke YOSHIMOTO,Yoshihiro KURODA,Masataka IMURA,Osamu OSHIRO,Advanced Biomedical Engineering,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 1,p. 89-97,2012年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 歯科模型の可触化による切削訓練システムの構築,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,東 寛子,八木雅和,高田健治,Medical Imaging Technology,2012年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Smart sensing of cardiovascular physiological information from soles without direct skin contact.,Kato Y,Nambu M,Imura M,Kuroda Y,Oshiro O,p. 5806-5809,2012年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 組織牽引支援のための歪計測に基づく電気触 覚フィードバック,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,生体医工学,2012年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 足底からの心血管系生理情報計測によるヘルスケア機器実現に向けた基礎的検討,加藤雄樹,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,南部雅幸,生体医工学,Vol. 50,No. 1,p. 23-30,2012年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Real-time Rendering Method of Virtual Liquid in Mixed Reality Environment with Automatic Generation of Sound Effect,Vol. 19,p. 1557-1558,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Thoracoscopic surgery support system using passive RFID marker,p. 183-186,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Superimposed skin pressure sensor,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Prior Estimation of Motion Using Recursive Perceptron with sEMG: A Case of Wrist Angle,p. 5270-5273,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 加速度センサによる斜視内視鏡の回転量推定,黒田,嘉宏,森口,裕樹,滝内,秀和,井村,誠孝,山本,新吾,大城,理,VR医学,日本VR医学会,Vol. 10,No. 1,p. 1-10,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • 平城京ウォークスルー ~多様な環境に対応したバーチャル空間散策システム~,井村誠孝,浦西友樹,池田聖,眞鍋佳嗣,大城理,千原國宏,芸術科学会論文誌,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Haptic Canvas:ダイラタント流体を用いた力触覚の生成と調合,吉元俊輔,濱田友貴,徳井隆博,末竹哲也,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,芸術科学会論文誌,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Cross-Reference Dental Images with Haptic Feedback for Dentist-Patient Mutual Communication,Y. Kuroda,S. Yoshimoto,E. Shigeeda,M. Imura,O. Oshiro,H. Azuma,M. Yagi,K. Takada,In Proceedings of the 4th Global COE International Symposium on Physiome and Systems Biology,2011年11月
  • STELET Display: Tactile Augmentation with Handheld Tool,S. Yoshimoto,N. Matsuzaki,Y. Kuroda,M. Imura,O. Oshiro,The 21st International Conference on Artificial Reality and Telexistence,2011年11月
  • T2緩和時間の角度依存性を用いたコラーゲン線維のMRイメージング,井村誠孝,徳井隆博,大口 諒,田畑慶人,石垣陸太,黒田嘉宏,藤原一央,大城 理,MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 対話的相互参照のための可触歯科画像の構成手法,吉元俊輔,重枝 慧,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,東 寛子,八木雅和,高田健治,MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • ダイラタント流体を用いた媒体制御型力触覚提示装置,吉元俊輔,濱田友貴,徳井隆博,末竹哲也,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 皮膚接触面積の計測と制御による視触覚タッチパネル,繁田 悠,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a Spatially Transparent Electrotactile Display and Its Performance in Grip Force Control,S. Yoshimoto,Y. Kuroda,M. Imura,O. Oshiro,In Proceedings of 33rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,p. 3463-3466,2011年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 360-degree fog projection interactive display,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Electrical-Thermal-Structural Coupling Simulation for Electrosurgery Simulators,p. 322-325,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Haptic Interface Protocol for FEM-based Deformable Model and Effects on Fineness of Force Feedback and Perceived Hardness,p. 1121-1124,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Visual and haptic augmentation technologies for surgical navigation,p. 71-76,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Force reflecting porous media with dynamic elasticity change,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mesh Fusion based Neurosurgical Simulation with Force Feedback,Vol. 25,p. 57-60,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Haptic canvas: Dilatant fluid based haptic interaction,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Elasticity change model by liquid flow in porous media,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A generic real-time rendering approach for structural colors,p. 95-102,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 体内術中計測に基づくレジストレーション手法の適用可能性検討,金守 恒志,黒田 嘉宏,滝内 秀和,田ノ岡 征雄,井村 誠孝,黒田 知宏,山本 新吾,大城 理,日本VR医学会学術大会プログラム・抄録集,日本VR医学会,Vol. 2009,No. 0,p. 15-15,2009年
  • 押込型タンジブルディスプレイの提案,福塚 大介,黒田 嘉宏,黒田 知宏,大城 理,日本VR医学会学術大会プログラム・抄録集,日本VR医学会,Vol. 2008,No. 0,p. 32-32,2008年
  • CROSS-SAMPLING MEASUREMENT OF VOCAL-FOLD VIBRATION USING ULTRASOUND,Vol. 29,p. 101-106,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Haptic rate for surgical manipulations with fingers and instruments.,Vol. 132,p. 230-2,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • 用指的手技の訓練VRシステムに要するHaptics更新周期に関する実験的検討,黒田 嘉宏,中尾 恵,黒田 知宏,大城 理,日本VR医学会学術大会プログラム・抄録集,日本VR医学会,Vol. 2007,No. 0,p. 25-25,2007年
  • 腎臓部分摘除術を対象とした手術計画支援システムの提案,山崎 直継,吉村 耕治,黒田 嘉宏,中尾 恵,伊藤 哲之,黒田 知宏,大城 理,賀本 敏行,小川 修,日本VR医学会学術大会プログラム・抄録集,日本VR医学会,Vol. 2007,No. 0,p. 32-32,2007年
  • Construction of training environment for surgical exclusion with a basic study of multi-finger haptic interaction,p. 525-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 加齢による変化が陽電子放出断層画像に及ぼす影響の検討-ガウス混合モデルによる FDG PET 画像の自動セグメンテーション-,増田 泰,木村 裕一,長縄 美香,千原 國宏,大城 理,2005年09月
  • Projection-based augmented reality with automated shape scanning,Vol. 5664,p. 555-562,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Wearable ulytrasound device for ubiqutious medical care environments,Vol. 1268,p. 265-270,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 没入型VRシステムを用いた無拘束視野検査装置の開発,菅 幹生,田畑 慶人,湊 小太郎,大城 理,千原 國宏,永田 啓,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 22回,p. 614-615,2002年11月
  • 252 MRI を用いた生体組織の力学特性計測,大城 理,菅 幹生,湊 小太郎,千原 國宏,年次大会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2002,No. 0,p. 123-124,2002年
  • A modified frontal 3-D imaging for intravascular ultrasound with sparse synthetic ring array,Vol. 26,p. 485-492,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Obstacle detection by three dimensional frontal imaging with laser-induced breakdown,Vol. 26,p. 477-484,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 通信・放送機構 奈良リサーチセンターの研究紹介 : 没入型仮想融合空間の構築・提示技術に関する研究開発,清原 聡,桑田 貴徳,Korpipaa Tomi,眞鍋 佳嗣,大城 理,黒田 知宏,湊 小太郎,武田 晴夫,横矢 直和,千原 國宏,画像電子学会誌,画像電子学会,Vol. 30,No. 3,p. 316-319,2001年05月25日
  • A tele-instruction system for ultrasound probe operation based on shared AR technology,Vol. 23,p. 3765-3768,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integration and immersive presentation of various head information,Vol. 23,p. 3761-3764,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Blood flow visualization in immersive environment based on color Doppler images,Vol. 23,p. 3167-3170,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Shared Augmented Reality for remote work support,p. 357-361,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Surgical cockpit system and effectiveness of its immersive environment,Vol. 1230,p. 1160-1160,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Measurement of In-vivo Local Shear Modulus by Combining Multiple Phase Offsets MR Elastography.,Vol. 84,p. 933-937,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 【Sensible Human Project】局所生体弾性率のMR Elastography法を用いた計測と評価,菅 幹生,湊 小太郎,松田 哲也,大城 理,千原 國宏,太田 信,堤 定美,小森 優,高橋 隆,岡本 淳,滝沢 修,MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY,日本医用画像工学会,Vol. 18,No. 6,p. 769-776,2000年11月
  • Digital archiving of Kamegata-Ishi (Turtle Shape Stone) using heterogeneous measurement methods,p. 89-96,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A tele-instruction system for real-time telemedicine,Vol. 1214,p. 498-503,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 3D brain vessel visualization on an immersive projection system,p. 498-506,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Sensible human projects: Haptic modeling and surgical simulation based on measurements of practical patients with MR elastography - Measurement of elastic modulus,Vol. 70,p. 334-340,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MRE画像を用いた局所組織弾性率解析手法の評価,菅 幹生,大城 理,湊 小太郎,松田 哲也,小森 優,高橋 隆,岡本 淳,滝沢 修,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 19回,p. 526-527,1999年11月
  • Measurement of local wavelength using MR elastography with multiple phase offsets,p. 1574-1577,1999年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Frontal 3-D Imaging for PTCA using Ultrasonic Ring Array Probe,M. Nambu,A. Matani,O. Oshiro,K. Chihara,Computers in Cardiology,Vol. 25,p. 353-358,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • MRIを用いた組織弾性率の測定,松田 哲也,小森 優,岡本 淳,菅 幹生,滝沢 修,大城 理,湊 小太郎,高橋 隆,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 18回,p. 150-151,1998年11月
  • 3D echocardiography using a 3D positioner,Vol. 20,p. 783-784,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 超音波画像診断装置とディジタイザを用いた3次元心臓表示システム,大城 理,南部雅幸,眞溪 歩,千原國宏,Medical Imaging Technology,Vol. 16,No. 1,p. 43-50,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Lock control system based on face identification,Vol. 28,No. 13,p. 1-7,1997年11月30日,研究論文(学術雑誌)
  • A method for intravascular ultrasound frontal viewing,Vol. 23,p. 193-196,1997年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A system for superimposing a medical image within the subject,Vol. 18,p. 637-638,1997年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 3D visualization of myocardial motion and blood flow using cine-MR images,Vol. 18,p. 658-659,1997年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 3D ultrasound imaging with echocardiogram and a 3D positioner,Vol. 19,p. 835-836,1997年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 3-DIMENSIONAL DYNAMIC IMAGING BY SPHERICAL PULSED WAVE OF ULTRASOUND,Vol. 34,No. 5B,p. 2857-2860,1995年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Anatomical analysis of the sources of somatosensory evoked fields (SEFs) using 3D-MRI,Vol. 44,No. 3,p. 265-270,1992年,研究論文(学術雑誌)
  • Structures and Characteristics of Planar-Transformers,Vol. 4,No. 5,p. 332-338,1989年,研究論文(学術雑誌)
  • Structures and Characteristics of Planar Transformers,Vol. 3,No. 7,p. 543-544,1988年,研究論文(学術雑誌)
  • A Wide Frequency Planar Inductor,Vol. 2,No. 4,p. 331-332,1987年,研究論文(学術雑誌)
  • A Closed-Type Planar Inductor,Vol. 2,No. 4,p. 329-330,1987年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 有限要素法に基づく顔の表情シミュレーションのための粘弾性モデリング,黒田嘉宏,加藤弘樹,谷川千尋,谷川千尋,吉元俊輔,大城理,高田健治,高田健治,日本VR医学会学術大会(CD-ROM),Vol. 19th,2019年08月31日
  • 動作計測による顔の粘弾性シミュレーション,黒田 嘉宏,加藤 弘樹,谷川 千尋,吉元 俊輔,大城 理,高田 健治,日本医用画像工学会大会予稿集,日本医用画像工学会,Vol. 38回,p. 596-598,2019年07月
  • Composite Visco-elastic Model for Replaying Facial Expression,Yoshihiro Kuroda,Hiroki Kato,Chihiro Tanikawa,Shunsuke Yoshimoto,Osamu Oshiro,Kenji Takada,日本生体医工学会 専門別研究会 生体画像と医用人工知能研究会,2019年03月
  • 柔軟感再現のための指腹部の接触面積と力の計測と提示手法の検討,坂口真央,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城理,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2018,2019年01月21日
  • 下肢の動作誘導を目的とした皮膚せん断力の基礎評価実験,大森隆哉,黒田嘉宏,吉元俊輔,大城理,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 19th,2018年12月13日
  • 非接触冷覚提示のためのボルテックスチューブを用いた冷気生成システム,XU Jiayi,黒田嘉宏,吉元俊輔,大城理,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 19th,2018年12月13日
  • 眼球運動によるカメラ視野方向の制御,澤井智紀,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城理,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 19th,2018年12月13日
  • 筋肉の電気特性変化に基づく筋内脂肪量推定,田畑亮,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城理,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2018,2018年11月25日
  • 電位分布解析に基づく筋断裂可視化手法の検討,池本尚生,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城理,計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2018,2018年11月25日
  • ハプティックデバイスを用いた人工股関節手術におけるステム手術計画支援システム,鍵山善之,LEE Wonbin,黒田嘉宏,吉元俊輔,大城理,伊藤安海,自動制御連合講演会(CD-ROM),Vol. 61st,2018年11月16日
  • 時分割二波長計測に基づく尿糖濃度計測方法の検討,夏目翔太,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城理,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 321(MBE2018 36-49)(Web),2018年11月15日
  • 可視光通信による触感再生のためのシステム同定,北川湧麻,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城理,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM),Vol. 23rd,2018年09月19日
  • 整形外科人工股関節全置換術におけるハプティックデバイスを用いたステム術前計画支援システムの開発,長澤直祐,鍵山善之,LEE Wonbin,黒田嘉宏,吉元俊輔,大城理,伊藤安海,日本機械学会関東支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 24th,2018年03月12日
  • 顔面皮膚の粘弾性・水分量・色彩の加齢変化,谷川千尋,谷川千尋,岡本圭子,築野喜和子,中村裕行,柏田紘明,高田定樹,黒田嘉宏,大城理,高田健治,高田健治,日本顔学会誌,Vol. 17,No. 1,2017年08月24日
  • 動作駆動による顔の粘弾性シミュレーション,黒田嘉宏,加藤弘樹,谷川千尋,谷川千尋,吉元俊輔,大城理,高田健治,高田健治,日本顔学会誌,Vol. 17,No. 1,2017年08月24日
  • 皮膚性状の分布を考慮した表情表出シミュレーションを目的とした有限要素解析,加藤弘樹,黒田嘉宏,谷川千尋,吉元俊輔,大城理,高田健治,日本VR医学会学術大会(CD-ROM),Vol. 16th,2016年09月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 深度センサを用いた簡易な笑顔表出運動計測,加藤弘樹,黒田嘉宏,谷川千尋,吉元俊輔,大城理,高田健治,日本口蓋裂学会雑誌,(一社)日本口蓋裂学会,Vol. 41,No. 2,p. 168-168,2016年04月30日
  • ボクセル空間における煙霧のボケ除去のGPUを用いた高速化,井手口裕太,浦西友樹,吉元俊輔,井村誠孝,大城理,第58回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集,2014年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • シーンの色と形状に基づく高視認面へのプロジェクション,團原佑壮,浦西友樹,吉元俊輔,井村誠孝,大城理,第58回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集,2014年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 伸縮および振動制御による力触覚提示可能なスタイラス,長坂信吾,浦西友樹,吉元俊輔,井村誠孝,大城理,第58回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集,2014年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 爪側からの光計測による指先の押下力推定,豆野裕信,井村誠孝,浦西友樹,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城理,平成26年電気学会全国大会,2014年03月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 気管内圧を考慮した肺変形シミュレーション,和田章宏,井村誠孝,黒田嘉宏,浦西友樹,大城理,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集,p. 89-92,2014年01月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 話者の非言語情報によるプレゼンテーション装飾システム,籏岡亮,井村誠孝,浦西友樹,大城理,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集,p. 125-128,2014年01月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 屋外プロジェクションのための視認性に基づく投影面選択,團原佑壮,浦西友樹,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,山本豪志朗,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集,p. 121-124,2014年01月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • リフォーカス画像におけるボケを用いた煙霧の空間濃度分布推定,井手口裕太,浦西友樹,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 113,No. 402,p. 287-292,2014年01月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • タブレット端末と伸縮かつ振動可能なペンを用いた質感提示,長坂信吾,浦西友樹,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,電気関係学会関西支部連合大会 予稿集,p. 437-438,2013年11月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 摂取水分量計測のための嚥下音の解析,中藤寛己,井村誠孝,黒田嘉宏,浦西友樹,大城理,自動制御連合講演会 講演予稿集,2013年11月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 力覚提示によるドローイング支援システム,和田章宏,井村誠孝,黒田嘉宏,浦西友樹,大城理,日本バーチャルリアリティ学会 研究報告,Vol. 18,No. HDC11,p. 21-24,2013年11月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 立体音響のための骨伝導の振動伝播解析,松崎成敏,黒田嘉宏,浦西友樹,井村誠孝,大城理,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 113,No. 241,p. 25-30,2013年10月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • Connected Component Labeling on GPU based on Raster Segment Pair Approach,Masataka Imura,Yuki Uranishi,Yoshihiro Kuroda,Osamu Oshiro,第16回画像の認識・理解シンポジウム 論文集,2013年08月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 入力音声に応じた文字装飾が可能な電子黒板,籏岡亮,井村誠孝,浦西友樹,黒田嘉宏,大城理,2013年映像情報メディア学会年次大会 予稿集,2013年08月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 食道の蠕動運動による食塊輸送シミュレーション,豆野裕信,井村誠孝,浦西友樹,黒田嘉宏,大城理,第32回日本医用画像工学会大会 予稿集,2013年08月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 食道の蠕動輸送シミュレーション,井村誠孝,豆野裕信,黒田嘉宏,浦西友樹,大城理,第13回日本VR医学会学術大会 プログラム・抄録集,2013年08月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 軽度認知症を伴う高齢者のための深度センサとプロジェクタを用いた対話的な遠隔作業教示,浦西友樹,山本豪志朗,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,第13回日本VR医学会学術大会 プログラム・抄録集,2013年08月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 視体積とリフォーカス画像群を併用した煙霧の空間濃度分布推定,井手口裕太,浦西友樹,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,第16回画像の認識・理解シンポジウム 論文集,2013年07月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • Estimation of Bone Conduction Frequency Characteristics with Variation in Ear Canal,Naritoshi Matsuzaki,Yuki Uranishi,Yoshihiro Kuroda,Masataka Imura,Osamu Oshiro,Proceedings of 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2013),2013年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 画像連結領域ラベリングのCUDAによる並列化,井村誠孝,浦西友樹,黒田嘉宏,大城理,第7回新画像システム・情報フォトニクス研究討論会 予稿集,p. 44-45,2013年06月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • バーチャル空間に挿入可能な三次元スケッチペン (マルチメディア・仮想環境基礎),長坂 信吾,浦西 友樹,黒田 嘉宏,井村 誠孝,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 51,p. 1-6,2013年05月17日
  • 聴覚フィードバックを用いた歌唱時の音程操作 (マルチメディア・仮想環境基礎),井手口 裕太,横畑 亮輔,井村 誠孝,浦西 友樹,黒田 嘉宏,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 113,No. 51,p. 51-55,2013年05月17日
  • 手の力学的特徴を反映した統合型投球シミュレーション,横畑亮輔,井村誠孝,浦西友樹,黒田嘉宏,大城理,第57回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集,システム制御情報学会,Vol. 57,2013年05月15日,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 聴覚フィードバックを用いた歌唱時の音程操作,井手口裕太,横畑亮輔,井村誠孝,浦西友樹,黒田嘉宏,大城理,情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会,一般社団法人情報処理学会,Vol. 2013-EC-28,No. 10,p. 51-56,2013年05月10日,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • バーチャル空間に挿入可能な三次元スケッチペン,長坂信吾,浦西友樹,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,情報処理学会エンタテインメントコンピューティング研究会,一般社団法人情報処理学会,Vol. 2013-EC-28,No. 1,p. 1-7,2013年05月10日,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • ライトフィールドカメラを用いた煙の空間濃度分布推定,井手口裕太,浦西友樹,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,第57回システム制御情報学会研究発表講演会 講演論文集,2013年05月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 音像定位のための骨伝導の周波数特性推定,松崎成敏,浦西友樹,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集,p. 57-58,2013年01月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • リフォーカス画像群からの煙の空間濃度分布推定,井手口裕太,浦西友樹,黒田嘉宏,井村誠孝,大城理,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会 講演論文集,p. 77-80,2013年01月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 表面筋電図を用いた運動予測に基づく力覚提示に関する研究,黒田嘉宏,Ilana Nisky,田中岳,浦西友樹,井村誠孝,Allison M. Okamura,大城理,日本バーチャルリアリティ学会 研究報告,Vol. 17,No. HDC09,p. 11-14,2012年11月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • アームレスト型コンテキストアウェアな無拘束心電計測装置の試作,山本 祐也,黒田 知宏,大星 直樹,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 111,No. 379,p. 377-380,2012年01月12日
  • アームレスト型コンテキストアウェアな無拘束心電計側装置の試作,山本 祐也,黒田 知宏,大星 直樹,大城 理,研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM),Vol. 2012,No. 68,p. 1-4,2012年01月12日
  • SKILL ANALYSIS IN A LAPAROSCOPIC DISSECTION MANEUVER,Vol. 25,p. A30-A30,2011年11月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Multimodal Neurosurgery Force Feedback System Based on Mesh Fusion Modeling,Yoshihiro Kuroda,Kyousuke Kamada,Yoshimitsu Hayashi,Masataka Imura,Osamu Oshiro,Biocybernetics and Biomedical Engineering,Vol. 31,No. 2,p. 33-50,2011年06月
  • MR 画像を用いた筋収縮統計解析,堀尾秀之,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,生体医工学,Vol. 49,No. 1,p. 207-211,2011年02月
  • ハプティックデバイスを用いた三次元人工股関節カップ手術計画支援システムの開発,鍵山善之,濱田友貴,黒田嘉宏,音丸 格,横田 太,井村誠孝,多田幸生,大城 理,生体医工学,Vol. 49, 1, pp.191-199,2011年02月
  • 空間透明型電気触覚ディスプレイの開発と道具操作支援への応用,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,鍵山善之,大城 理,生体医工学,Vol. 49,No. 1,p. 54-61,2011年02月
  • コンテキストアウェアな無拘束心電計測装置の開発,角野真之,大星直樹,黒田知宏,大城理,ヒューマンインタフェース学会研究報告集(CD-ROM),Vol. 13,2011年
  • Method to Develop Pseudo Three-dimensional Dental Image from Dental Panoramic Radiograph,Vol. 31,No. 2,p. 59-70,2011年
  • Method to Develop Pseudo Three-dimensional Dental Image from Dental Panoramic Radiograph,Vol. 31,No. 2,p. 59-70,2011年
  • Multimodal Neurosurgery Force Feedback System Based on Mesh Fusion Modeling,Vol. 31,No. 2,p. 33-50,2011年
  • 液体を含む多孔質体の力覚表現,芦田洋敏,黒田嘉宏,井村誠孝,鍵山善之,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 15,No. 4,p. 633-641,2010年12月
  • 診断を支援するバーチャル環境構築技術 -可視化から可覚化へ-,井村誠孝,大城 理,千原國宏,Medical Imaging Technology,Vol. vol.28, no.5, pp.307-311,2010年11月
  • 複数メッシュによる脳神経外科シミュレーション,黒田嘉宏,鎌田恭輔,鍵山善之,井村誠孝,大城 理,VR医学,Vol. 8,No. 1,p. 1-10,2010年11月
  • 抗力の非対称性に着目した流れ場可触化システム,黒田 嘉宏,亀井 俊智,黒田 知宏,河原 源太,大城 理,ヒューマンインタフェース学会論文誌,ヒューマンインタフェース学会,Vol. 12,No. 2,p. 139-146,2010年05月25日
  • 歯列パノラマ断層画像と表面形状情報の統合による擬似的三次元歯列形状情報の構成手法,井村 誠孝,黒田 知宏,鍵山 善之,黒田 嘉宏,大城 理,東 寛子,八木 雅和,高田 健治,生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME,日本エム・イー学会,Vol. 48,No. 1,p. 75-82,2010年02月10日
  • 歯列パノラマ断層画像と表面形状情報の統合による擬似的三次元歯列形状情報の構成手法,井村 誠孝,黒田 知宏,鍵山 善之,黒田 嘉宏,大城 理,東 寛子,八木 雅和,高田 健治,生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME,日本エム・イー学会,Vol. 48,No. 1,p. 75-82,2010年02月10日
  • 腹腔鏡手術用鉗子先端に加わる作用力の計測と剥離操作における技能分析,吉田健志,黒田嘉宏,鍵山善之,井村誠孝,木下秀文,松田公志,大城 理,生体医工学,Vol. 48,No. 1,p. 25-32,2010年02月
  • Analysis of Cardiac Torsion with Strain Tensor,Vol. 25,p. 304-307,2010年
  • 複数メッシュによる脳神経外科シミュレーション,VR医学,Vol. 8, pp.1-10,2010年
  • 液体を含む多孔質体の力覚表現,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 15, 4, pp.633-642,2010年
  • 抗力の非対称性に着目した流れ場可触化システム,ヒューマンインタフェース学会誌・論文誌,Vol. 12, pp.139-146,2010年
  • 診断を支援するバーチャル環境構築技術 -可視化から可覚化へ-,Medical Imaging Technology,Vol. vol.28, no.5, pp.307-311,2010年
  • 腹腔鏡手術用鉗子先端に加わる作用力の計測と剥離操作における技能分析,生体医工学,Vol. 48, pp.25-32,2010年
  • 局所化と記録再生に基づくトポロジ変化実時間処理手法,荒井 良祐,黒田 嘉宏,鍵山 善之,黒田 知宏,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会,Vol. 15,No. 1,p. 93-100,2010年
  • 局所化と記録再生に基づくトポロジ変化実時間処理手法,荒井 良祐,黒田 嘉宏,鍵山 善之,黒田 知宏,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会,Vol. 15,No. 1,p. 93-100,2010年
  • 人体型ディスプレイにおける断層面の決定,福塚 大介,黒田 知宏,鍵山 善之,井村 誠孝,黒田 嘉宏,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 109,No. 270,p. 29-32,2009年11月04日
  • 体内術中計測に基づくレジストレーション手法の臨床評価への試み,金守 恒志,黒田 嘉宏,滝内 秀和,田ノ岡 征雄,井村 誠孝,黒田 知宏,山本 新吾,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 109,No. 270,p. 7-12,2009年11月04日
  • 自己回帰モデルを用いた呼吸音解析システム,山田 和広,黒田 知宏,井村 誠孝,黒田 嘉宏,鍵山 善之,村上 佳津美,土生川 千珠,和田 成生,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 109,No. 258,p. 5-8,2009年10月22日
  • リストモードデータを用いたRIトレーサの時空間動態抽出,谷本 達昭,渡部 浩司,黒田 嘉宏,黒田 知宏,大城 理,Medical imaging technology,日本医用画像工学会,Vol. 27,No. 4,p. 237-242,2009年09月25日
  • 透磁率分布を考慮した静磁場補正,堀尾秀之,黒田嘉宏,黒田知宏,大城理,日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM),日本医用画像工学会,Vol. 28th,No. Suppl.,p. ROMBUNNO.OP5-06-6,2009年08月
  • 無線LAN位置計測ソリューションを用いた医療機器管理の有効性検討,黒田 知宏,長嶋 剛志,アラサルミ アンティ,粂 直人,竹村 匡正,マルティカイネン オッリ,大星 直樹,堀 謙太,吉原 博幸,黒田 嘉宏,大城 理,医療情報学 = Japan journal of medical informatics,一般社団法人 日本医療情報学会,Vol. 28,No. 3,p. 139-146,2009年06月12日
  • 体内術中計測を用いたレジストレーション手法,金守 恒志,黒田 嘉宏,滝内 秀和,田ノ岡 征雄,黒田 知宏,大城 理,ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface,ヒュ-マンインタフェ-ス学会,Vol. 11,No. 3,p. 113-118,2009年06月08日
  • 体内術中計測を用いたレジストレーション手法,金守 恒志,黒田 嘉宏,滝内 秀和,田ノ岡 征雄,黒田 知宏,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 109,No. 75,p. 113-118,2009年06月01日
  • 人工股関節手術計画における骨盤側および大腿骨側計画の関節機能評価に基づく自動統合法,鍵山 善之,高尾 正樹,中本 将彦,菅野 伸彦,吉川 秀樹,大城 理,多田 幸生,佐藤 嘉伸,生体医工学,Vol. 47,No. 1,p. 88-98,2009年02月
  • MR Phase-contrast 画像からの心臓の捻転解析,堀尾 秀之,黒田 嘉宏,黒田 知宏,大城 理,和田 成生,原口 亮,中沢 一雄,電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 108,No. 385,p. 337-342,2009年01月12日
  • 術中ナビゲーションを目的とした拡張術野映像の動的透過度制御法,黒田 嘉宏,金守 恒志,滝内 秀和,田ノ岡 征雄,黒田 知宏,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 108,No. 385,p. 495-498,2009年01月12日
  • Error reduction in 3D gaze point estimation for advanced medical annotations,Vol. 25,No. 4,p. 2117-2119,2009年
  • Context-based filtering for unconstrained electrocardiograph,p. 43-47,2009年
  • Tactile Mapping Approach using Electrical Stimulus Pattern,p. 151-+,2009年
  • 人体型ディスプレイ環境のためのマルチタッチインタフェースの構築,福塚 大介,鍵山 善之,黒田 嘉宏,黒田 知宏,大城 理,システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 9,No. 0,p. 231-231,2009年
  • 体内術中計測を用いたレジストレーション手法(人工現実感、及び一般),金守 恒志,黒田 嘉宏,滝内 秀和,田ノ岡 征雄,黒田 知宏,大城 理,映像情報メディア学会技術報告,一般社団法人 映像情報メディア学会,Vol. 33,No. 0,p. 113-118,2009年
  • 相変化モデリングによる流体・固体連成シミュレーション,芦田 洋敏,黒田 嘉宏,鍵山 善之,黒田 知宏,大城 理,システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 9,No. 0,p. 549-549,2009年
  • トポロジ変化の実時間力視覚レンダリング,荒井 良祐,黒田 嘉宏,鍵山 善之,黒田 知宏,大城 理,システム制御情報学会 研究発表講演会講演論文集,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 9,No. 0,p. 677-677,2009年
  • 電子聴診器の周波数特性の計測,山田和広,黒田知宏,花田英輔,鍵山善之,黒田嘉宏,大城理,和田成生,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 48th,2009年
  • 腹腔鏡手術用鉗子先端に加わる圧計測と剥離操作における技能分析,吉田健志,黒田嘉宏,鍵山善之,黒田知宏,木下秀文,松田公志,大城理,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 48th,2009年
  • マルチスケールな人体モデル閲覧システムの試作,鍵山善之,福塚大介,黒田嘉宏,黒田知宏,大城理,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 48th,2009年
  • AN EXTENSION TO THE INSILICO ML AND INSILICO IDE TO SUPPORT SURGICAL SIMULATION AND PREOPERATIVE PLANNING,KAGIYAMA Yoshiyuki,NAKAMOTO Masahiko,ASAI Yoshiyuki,OKADA Toshiyuki,TAKAO Masaki,SUGANO Nobuhiko,YOSHIKAWA Hideki,OSHIRO Osamu,SATO Yoshinobu,NOMURA Taishin,J Physiol Sci,Vol. 59,No. Supplement 1,2009年
  • 人工股関節手術計画における骨盤側および大腿骨側計画の関節機能評価に基づく自動統合法,生体医工学,Vol. 47, 1,2009年
  • AR手術のための直線対応体内レジストレーション(<特集>臨床現場のVR),黒田 嘉宏,金守 恒志,滝内 秀和,田ノ岡 征雄,井村 誠孝,黒田 知宏,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,日本バーチャルリアリティ学会,Vol. 14,No. 4,p. 435-444,2009年
  • コードブックマッピングによる骨導音声の音質改善,山田 和広,黒田 嘉宏,黒田 知宏,大城 理,生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME,社団法人日本生体医工学会,Vol. 46,No. 6,p. 621-628,2008年12月10日
  • コードブックマッピングによる骨導音声の音質改善,山田 和広,黒田 嘉宏,黒田 知宏,大城 理,生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 = Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering : BME,社団法人日本生体医工学会,Vol. 46,No. 6,p. 621-628,2008年12月10日
  • 応力状態を考慮した破壊操作が可能な有限要素モデルの構築,荒井 良祐,黒田 嘉宏,鍵山 善之,黒田 知宏,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 108,No. 270,p. 41-46,2008年10月23日
  • 応力状態による破壊進行を考慮した有限要素モデルの構築,荒井良祐,黒田嘉宏,鍵山善之,黒田知宏,大城理,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM),Vol. 13th,2008年09月24日
  • 視覚・力覚統合VR環境を目的とした空間位置合わせ手法,芦田洋敏,黒田嘉宏,鍵山善之,増谷健,黒田知宏,大城理,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM),Vol. 13th,2008年09月24日
  • 日本語-手話辞典の自然言語処理による分析,黒田知宏,岡本和也,竹村匡正,大星直樹,黒田嘉宏,大城 理,手話学研究,Vol. vol.17, pp.85-92,2008年09月
  • 位置情報に基づく動的透視内視鏡画像の作成,金守恒志,黒田嘉宏,滝内秀和,田ノ岡征雄,黒田知宏,大城理,日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM),日本医用画像工学会,Vol. 27th,No. Suppl.,p. ROMBUNNO.B1-04-04,2008年08月
  • MR位相コントラスト法による左室心筋の局所ひずみ速度解析,原口 亮,堀尾 秀之,黒田 嘉宏,増田 泰,黒田 知宏,大城 理,内藤 博昭,東 将浩,中沢 一雄,電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition),一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 91,No. 7,p. 1818-1828,2008年07月01日
  • 角膜反射像の間隔による注視点奥行き推定と注釈提示,黒田嘉宏,森下裕太,増田 泰,黒田知宏,大城 理,ヒューマンインタフェース学会,Vol. 10,No. 2,p. 161-168,2008年05月
  • 手形を認識するデータグローブ StrinGlove^【○!R】,黒田 知宏,田畑 慶人,後藤 忠敏,生田 裕樹,對馬 英二,黒田 嘉宏,大城 理,情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア],一般社団法人情報処理学会,Vol. 161,No. 3,p. 343-344,2008年01月17日
  • 抗力分布の非対称性に着目した流れ場の可触化システム,亀井俊智,黒田嘉宏,黒田知宏,大城理,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 47th,2008年
  • いつでもどこでも超音波診断を実現するユビキタス・エコープロジェクト,末永貴俊,佐々木博史,増田泰,黒田知宏,眞鍋佳嗣,大城理,千原國宏,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 47th,2008年
  • リストモードデータの時空間解析によるRIトレーサの可視化,谷本達昭,渡部浩司,黒田嘉宏,黒田知宏,大城理,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 47th,2008年
  • 破壊力学的手法を用いた生体軟組織の破壊進行シミュレーション,荒井良祐,黒田嘉宏,黒田知宏,大城理,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 47th,2008年
  • MR Phase-contrast画像からのひずみ算出に基づく心臓の捻転解析,黒田 嘉宏,堀尾 秀之,増田 泰,黒田 知宏,大城 理,和田 成生,原口 亮,中沢 一雄,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 46,No. 2,p. 246-253,2008年
  • 仮想生体膜のき裂進展シミュレーション,荒井良祐,黒田嘉宏,黒田知宏,大城理,電気関係学会関西支部連合大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2007,2007年11月07日
  • 体腔鏡下腎部分切除に対する手術計画支援システムを使用したシミュレーション,吉村 耕治,黒田 嘉宏,山崎 直継,中尾 恵,伊藤 哲之,黒田 知宏,大城 理,賀本 敏行,小川 修,Japanese Journal of Endourology and ESWL,(一社)日本泌尿器内視鏡学会,Vol. 20,No. 3,p. 126-126,2007年11月
  • リストモードデータを用いたRIトレーサ動態軌跡の抽出,谷本 達昭,渡部 浩司,黒田 嘉宏,黒田 知宏,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 107,No. 248,p. 39-42,2007年10月04日
  • 手話アニメーションに適した座標形生成の試み,黒田知宏,岡本和也,竹村匡正,大星直樹,黒田嘉宏,大城理,ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM),Vol. 2007,2007年09月03日
  • 3次元音響イメージングのための光ファイバによるレーザブレークダウン音源システム,安室喜弘,杉浦忠男,大城 理,千原國宏,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門誌,Vol. 127,No. 5,p. 284-289,2007年05月
  • 肝臓圧排訓練を目的とした体感型VRシミュレータの試作と評価,黒田嘉宏,平井真,中尾恵,佐藤寿彦,黒田知宏,増田泰,大城理,日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM),Vol. 46th,2007年
  • 単数指・複数指による力覚インタラクションに求められる更新周期の変化,黒田嘉宏,中尾恵,黒田知宏,大城理,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM),Vol. 12th,2007年
  • 流れ場理解のための力覚ナビゲーションシステム,亀井俊智,黒田嘉宏,黒田知宏,大城理,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM),Vol. 12th,2007年
  • Ubiquitous Tele-Echography System:Downsized Wearable Ultrasound Probe with Distributed Processors and Displays,Vol. 27,2007年
  • 遠隔超音波診断支援環境「テレエコーシステム」,末永貴俊,黒田知宏,大城理,千原國宏,医療情報学連合大会論文集,Vol. 26th,p. 51-52,2006年10月30日
  • 加齢傾向検討のためのガウス混合モデルによる脳PET画像の自動セグメンテーション,増田 泰,木村裕一,長縄美香,千原國宏,大城 理,生体医工学,Vol. 44, pp.207-212,2006年03月
  • 生体血流情報の近赤外線センシングシステム,大城 理,堀尾秀之,増田 泰,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門誌,Vol. 126,No. 3,p. 114-118,2006年03月
  • 生体血流情報の近赤外線センシングシステム,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門誌,Vol. 126, pp.114-118,2006年
  • 人物追跡と転倒検知による独居高齢者遠隔見守りシステム,土居元紀,井上博司,青木優太郎,大城 理,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門誌,一般社団法人 電気学会,Vol. 126,No. 8,p. 457-463,2006年
  • 生体血流情報の近赤外線センシングシステム,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門誌,Vol. 126, pp.114-118/,,2006年
  • The blood beat measurement with near infrared ray,Vol. 126, pp.114-118,2006年
  • 血管内低侵襲治療のための前方視血管内超音波イメージャーの開発,陳 俊傑,江刺正喜,大城 理,千原國宏,芳賀洋一,生体医工学,Vol. 43, pp.553-559/,,2005年12月
  • UBIQUITOUS TELE-ECHOGRAPHY SYSTEM- DOWNSIZED WEARABLE ULTRASOUND PROBE WITH DISTRIBUTED PROCESSORS AND DISPLAYS -,Mika Naganawa,Yasushi Masuda,Hiroshi Sasaki,Takatoshi Suenaga,Akira Yutani,Yoshihiro Yasumuro,Masataka Imura,Yoshitsugu Manabe,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Biocybernetics and Biomedical Engineering,Vol. 27,2005年09月
  • Measurement and visualization of three-dimensional vertebra shape by freehand ultrasound scanning,Vol. 44,No. 6B,p. 4637-4641,2005年06月
  • Measurement and visualization of three-dimensional vertebra shape by freehand ultrasound scanning,Vol. 44,No. 6B,p. 4637-4641,2005年06月
  • Measurement and Visualization of Three-Dimensional Vertebra Shape by Freehand Ultrasound Scanning,Kazuhiro Kohyama,Yoshihiro Yasumuro,Masataka Imura,Yoshitsugu Manabe,Osamu Oshiro,Keishichiro Morio,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,44, pp.4637-4641,Vol. 44,No. 6,p. 4637-4641,2005年06月
  • Measurement and visualization of three-dimensional vertebra shape by freehand ultrasound scanning,Vol. 44,No. 6B,p. 4637-4641,2005年06月
  • Forward-looking ultrasound imager using convex-shaped 1-3composite transducer for intravascular treatment,Vol. 2005,p. 345-348,2005年
  • Projection-Based Assistance for Ultrasonic Diagnosis,Vol. 125,No. 4,p. 176-181,2005年
  • 骨梁中波伝搬による骨の機能情報センシング,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門, 125, pp.165-169,2005年
  • 血管内低侵襲治療のための前方視血管内超音波イメージャーの開発,生体医工学,Vol. 43, pp.553-559,2005年
  • Projection-Based Assistance for Ultrasonic Diagnosis,Vol. 125,No. 4,p. 176-181,2005年
  • 骨梁中波伝搬による骨の機能情報センシング,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門, 125, pp.165-169,2005年
  • 血管内低侵襲治療のための前方視血管内超音波イメージャーの開発,生体医工学,Vol. 43, pp.553-559/,,2005年
  • An Ultrasound Catheter using LIB phenomenon,Vol. 124,No. 12,p. 459-463,2005年
  • Projection-Based Assistance for Ultrasonic Diagnosis,Vol. 125,No. 4,p. 176-181,2005年
  • 骨梁中波伝搬による骨の機能情報センシング,大城 理,勝原慎介,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門, 125, pp.165-169,Vol. 125,No. 4,p. 165-169,2005年
  • Development of a Forward-looking Ultrasound Imager for Intravascular Treatment,Vol. 43, pp.553-559,2005年
  • Projection-Based Assistance for Ultrasonic Diagnosis,Vol. 125,No. 4,p. 176-181,2005年
  • The Functional Sensing of a Bone with Wave Propagation in Tabescular Structure,Vol. 125,No. 4,p. 165-169,2005年
  • An Ultrasound Catheter using LIB phenomenon,Vol. 124,No. 12,p. 459-463,2005年
  • P3-36 フリーハンド超音波スキャニングによる脊椎の3次元形状計測と可視化(ポスターセッション3(概要講演)),神山 和宏,安室 喜弘,井村 誠孝,眞鍋 佳嗣,大城 理,諸井 慶七郎,千原 國宏,超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集,超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会,No. 25,p. 409-410,2004年10月27日
  • 大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻 生体工学領域 大城研究室,大城 理,電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン準部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A publication of Sensors and Micromachines Society,Vol. 124,No. 9,2004年09月01日
  • ウェアラブル超音波診断装置を用いたユビキタス超音波診断環境の構築(イメージング技術及び機器の開発)(関連学会との共催によるバイオメディカルイメージング連合フォーラム),佐々木 博史,末永 貴俊,増田 泰,井村 誠孝,安室 喜弘,油谷 曉,眞鍋 佳嗣,大城 理,千原 國宏,電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像,社団法人電子情報通信学会,Vol. 103,No. 598,p. 31-34,2004年01月17日
  • 音線情報を伝送するユビキタステレエコーシステムの構築(イメージング技術及び機器の開発)(関連学会との共催によるバイオメディカルイメージング連合フォーラム),増田 泰,佐々木 博史,末永 貴俊,井村 誠孝,安室 喜弘,眞鍋 佳嗣,大城 理,千原 國宏,電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像,社団法人電子情報通信学会,Vol. 103,No. 598,p. 35-38,2004年01月17日
  • 鏡型提示装置を用いた遠隔超音波プローブ操作教示システム(イメージング技術及び機器の開発)(関連学会との共催によるバイオメディカルイメージング連合フォーラム),末永 貴俊,佐々木 博史,増田 泰,井村 誠孝,安室 喜弘,眞鍋 佳嗣,大城 理,千原 國宏,電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像,社団法人電子情報通信学会,Vol. 103,No. 598,p. 39-42,2004年01月17日
  • Fabrication of low directional acoustic transducers for intravascular forward-looking imaging,p. 857-860,2004年
  • Biological Imaging and Sensing, Chapter 2 Imaiging of Tissue/Organs with Ultrasound,Springer-Verlag,2004年
  • Biological Imaging and Sensing, Chapter 2 Imaiging of Tissue/Organs with Ultrasound,2004年
  • 全方位カメラ Hyper Omni Vision 用CMOSイメージセンサ,太田 淳,若狭 博資,香川 景一郎,布下 正宏,菅 幹生,土居 元紀,大城 理,湊 小太郎,千原 國宏,電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン準部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A publication of Sensors and Micromachines Society,一般社団法人 電気学会,Vol. 123,No. 11,p. 470-476,2003年11月01日
  • 全方位カメラ Hyper Omni Vision 用CMOSイメージセンサ,太田 淳,若狭 博資,香川 景一郎,布下 正宏,菅 幹生,土居 元紀,大城 理,湊 小太郎,千原 國宏,電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン準部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A publication of Sensors and Micromachines Society,一般社団法人 電気学会,Vol. 123,No. 11,p. 470-476,2003年11月01日
  • Kidney Glomerulus Observation in Interactive VR Space,Osamu Oshiro,Kumi Kamada,Masataka Imura,Kunihiro Chihara,Eiji Toyota,Yasuo Ogasawara,Fumihiko Kajiya,International Journal of Image and Graphics,3,pp.629-637(2003).,Vol. 3,pp.629-637/,,2003年10月
  • ALTAIR: アクティブIRタグを用いた複数ユーザ位置固定システム,坂田宗之,安室喜弘,井村誠孝,眞鍋佳嗣,大城 理,千原國宏,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門,123,pp.279-284(2003).,Vol. 123,No. 8,p. 279-284,2003年08月
  • Measurement of in vivo local shear modulus using MR elastography multiple-phase patchwork offsets,Vol. 50,No. 7,p. 908-915,2003年07月
  • Measurement of in vivo local shear modulus using MR elastography multiple-phase patchwork offsets,Vol. 50,No. 7,p. 908-915,2003年07月
  • Measurement of in vivo local shear modulus using MR elastography multiple-phase patchwork offsets,Vol. 50,No. 7,p. 908-915,2003年07月
  • AR 技術を用いた遠隔超音波診断のための患部情報共有,大城 理,井村誠孝,安室喜弘,眞鍋佳嗣,湊小太郎,千原國宏,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,8,pp.131-136(2003).,Vol. 8,No. 2,p. 131-135,2003年06月
  • An ultrasound catheter using laser-induced breakdown,Vol. 42,No. 5B,p. 3233-3236,2003年05月
  • An ultrasound catheter using laser-induced breakdown,Vol. 42,No. 5B,p. 3233-3236,2003年05月
  • An ultrasound catheter using laser-induced breakdown,Vol. 42,No. 5B,p. 3233-3236,2003年05月
  • An Ultrasound Catheter Using Laser-Induced Breakdown,Osamu Oshiro,Kentaro Kato,Yoshihiro Yasumuro,Tadao Sugiura,Kunihiro Chihara,Satoshi Kawata,Japanese Journal of Applied Physics,42,pp.3233-3236(2003).,Vol. 42,No. 5,p. 3233-3236,2003年05月
  • Kidney Glomerulus Observation in Interactive VR Space,International Journal of Image and Graphics,3,pp.629-637(2003).,Vol. 3,pp.629-637,2003年
  • AR 技術を用いた遠隔超音波診断のための患部情報共有,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,8,pp.131-136(2003).,Vol. 8,pp.131-136,2003年
  • Measurement of in vivo local shear modulus using MR elastography multiple-phase patchwork offsets.,Vol. 50,No. 7,p. 908-915,2003年
  • ALTAIR: アクティブIRタグを用いた複数ユーザ位置固定システム,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン準部門,123,pp.279-284(2003).,Vol. 123,pp.279-284,2003年
  • Kidney Glomerulus Observation in Interactive VR Space,Vol. 3,pp.629-637,2003年
  • Kidney Glomerulus Observation in Interactive VR Space,Vol. 3,pp.629-637/,,2003年
  • スマートハウスの現状と将来 特集号を企画して(<特集>「スマートハウスの現状と将来」),大城 理,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 47,No. 3,2003年
  • 没入型提示装置を利用した周辺視野検査システム,菅 幹生,田畑 慶人,湊 小太郎,大城 理,千原 國宏,永田 啓,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 102,No. 387,p. 9-12,2002年10月11日
  • Hyper Omni Vision 用CMOSカメラ,大城 理,香川 景一郎,太田 淳,菅 幹生,土居 元紀,湊 小太郎,布下 正宏,千原 國宏,電気学会研究会資料. PHS, フィジカルセンサ研究会,Vol. 2002,No. 7,p. 1-5,2002年09月20日
  • GRAPE : 没入型環境を用いた房状物体の計量支援システム,井村 誠孝,鎌田 久美,黒田 知宏,大城 理,眞鍋 佳嗣,千原 國宏,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference,日本バ-チャルリアリティ学会,Vol. 7,p. 253-256,2002年09月18日
  • 没入型ディスプレイにおける遠景・近景同時表示,鎌田久美,黒田知宏,真鍋佳嗣,大城理,千原国宏,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. 46th,p. 397-398,2002年05月15日
  • 没入型環境における超音波カラードプラ像に基く血流の3次元可視化,井村誠孝,黒田知宏,大城理,千原国宏,日本ME学会大会論文集,Vol. 41st,2002年05月09日
  • Three-dimensional ultrasound image presentation on an immersive projection system,Vol. 41,No. 5B,p. 3590-3591,2002年05月
  • Three-dimensional ultrasound image presentation on an immersive projection system,Vol. 41,No. 5B,p. 3590-3591,2002年05月
  • Three-dimensional Ultrasound Image Presentation on an Immersive Projection System,Osamu Oshiro,Masataka Imura,Kunihiro Chihara,Taisei Mikami,Akira Kitabatake,Japanese Journal of Applied Physics,41,pp.3590-3591(2002).,Vol. 41,No. 5B,p. 3590-3591,2002年05月
  • Three-dimensional ultrasound image presentation on an immersive projection system,Vol. 41,No. 5B,p. 3590-3591,2002年05月
  • 奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科千原研究室,大城 理,電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン準部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A publication of Sensors and Micromachines Society,Vol. 122,No. 4,2002年04月01日
  • Interactive observation of kidney glomeruli using immersive projection system,p. 150-151,2002年
  • Real-time 3D Ultrasound Imaging Using Laser-induced Breakdown,Biocybernetics and Biomedical Engineering, 22, pp.3-16(2002).,Vol. 22, pp.3-16,2002年
  • Real-time 3D Ultrasound Imaging Using Laser-induced Breakdown,Yoshihiro Yasumuro,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Motonori Doi,Tadao Sugiura,Satoshi Kawada,Biocybernetics and Biomedical Engineering, 22, pp.3-16(2002).,Vol. 22, pp.3-16/,,2002年01月
  • Real-time 3D Ultrasound Imaging Using Laser-induced Breakdown,Vol. 22, pp.3-16,2002年
  • Real-time 3D Ultrasound Imaging Using Laser-induced Breakdown,Vol. 22, pp.3-16/,,2002年
  • 没入型提示装置を用いた3次元医用画像の能動的表示システム,大城 理,井村誠孝,千原國宏,三神大世,北畠 顕,医療情報学,21,pp.325-332(2001).,Vol. 21,No. 5,p. 325-332,2001年12月
  • 没入型提示装置を用いたMRA血管3次元像表示,大城 理,井村 誠孝,菅 幹生,湊 小太郎,千原 國宏,浦山 慎一,佐久間 利治,山田 直明,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 101,No. 406,p. 43-48,2001年11月02日
  • MRE を用いた剛性率と粘性率の計測,大城 理,菅 幹生,太田 信,松田 哲也,堤 定美,湊 小太郎,千原 國宏,高橋 隆,Medical imaging technology,日本医用画像工学会,Vol. 19,No. 5,p. 389-399,2001年09月25日
  • Digital Archiving of Kamegata-Ishi (Turtle-shaped Stone),Masataka Imura,Yoshito Tabata,Ichiroh Kanaya,Tomohiro Kuroda,Yoshitsugu Manabe,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Asian Journal of Geoinformatics,Vol.2, No.1, pp.49-54 (2001).,Vol. Vol.2, No.1, pp.49-54,2001年09月
  • Ultrasound Imaging using Laser Induced Breakdown,Osamu Oshiro,Atsunori Machida,Motonori Doi,Kunihiro Chihara,Daisuke Ueda,Tadao Sugiura,Satoshi Kawata,The Transaction of IEEJ,A Publication of Sensors and Micromachines Society,121,pp.479-483(2001).,Vol. 121,No. 9,p. 479-483,2001年09月
  • MRE を用いた剛性率と粘性率の計測,大城 理,菅 幹生,太田 信,松田哲也,堤 定美,湊小太郎,千原國宏,高橋 隆,Medical Imaging Technology,19,pp.389-399(2001).,日本医用画像工学会,Vol. 19,No. 5,p. 389-399,2001年09月
  • 共有AR技術を用いた遠隔超音波診断支援システム,末永貴俊,黒田知宏,大城理,千原国宏,日本ME学会大会論文集,Vol. 40th,2001年05月09日
  • 腎臓糸球体の没入型インタラクティブ観測システム,鎌田久美,井村誠孝,黒田知宏,大城理,千原国宏,小笠原康夫,豊田英嗣,梶谷文彦,日本ME学会大会論文集,Vol. 40th,2001年05月09日
  • 流体可触化デバイスの試作,井村誠孝,黒田知宏,真鍋佳嗣,大城理,千原国宏,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. 45th,p. 205-206,2001年05月08日
  • Three-Dimensional(3D) High Frequency Ultrasound Images of Skin and an Eye,Kumi Kamada,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Wojciech Secomski,Andrzej Nowicki,Japanese Journal of Applied Physics,40,pp.3931-3932(2001).,Vol. 40,No. 5,p. 3931-3932,2001年05月
  • Three-dimensional imaging using spherical ultrasound wave generated by laser-induced breakdown,Vol. 40,No. 5B,p. 3877-3881,2001年05月
  • Three-dimensional (3D) high-frequency ultrasound images of skin and an eye,Vol. 40,No. 5B,p. 3931-3932,2001年05月
  • Three-Dimensional Imaging Using Spherical Ultrasound Wave Generated by Laser-Induced Breakdown,Yoshihiro Yasumuro,Atsunori Machida,Motonori Doi,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Daisuke Ueda,Tadao Sugiura,Satoshi Kawata,Japanese Journal of Applied Physics,40,pp.3877-3881(2001).,Vol. 40,No. 5,p. 3877-3881,2001年05月
  • Three-dimensional imaging using spherical ultrasound wave generated by laser-induced breakdown,Vol. 40,No. 5B,p. 3877-3881,2001年05月
  • Three-dimensional (3D) high-frequency ultrasound images of skin and an eye,Vol. 40,No. 5B,p. 3931-3932,2001年05月
  • Three-dimensional imaging using spherical ultrasound wave generated by laser-induced breakdown,Vol. 40,No. 5B,p. 3877-3881,2001年05月
  • 遠隔ロボット手術実施環境における全周囲型モニターの有効性,尾崎 安彦,津田 健,堀 謙太,小山 博史,末永 貴俊,菅 幹生,黒田 知宏,小森 優,大城 理,湊 小太郎,千原 國宏,高橋 隆,電子情報通信学会技術研究報告,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 100,No. 597,p. 81-86,2001年01月26日
  • ロボットを用いた遠隔超音波診断実験,大城 理,土居 元紀,馬場 始三,木村 映善,桝田 晃司,石原 謙,日本超音波医学会基礎技術研究部会資料,Vol. BT-2001-5,p. 23-28,2001年
  • Hand manipulation of virtual objects in wearable augmented reality,p. 463-469,2001年
  • Blood flow visualization in immersive environment based on color Doppler images,Vol. 4,p. 3167-3170,2001年
  • A tele-instruction system for ultrasound probe operation based on shared AR technology,Vol. 4,p. 3765-3768,2001年
  • 24-8 HYPER OMNI VISION用CMOSイメージセンサ,若狭 博資,太田 淳,菅 幹生,土居 元紀,大城 理,湊 小太郎,布下 正宏,千原 国宏,映像情報メディア学会年次大会講演予稿集,一般社団法人 映像情報メディア学会,Vol. 2001,No. 0,p. 364-364,2001年
  • 没入型提示装置を用いた3次元医用画像の能動的表示システム,医療情報学,21,pp.325-332(2001).,Vol. 21,pp.325-332,2001年
  • 凸形表面送波子を用いたリングアレイプローブ,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン部門,121,pp.107-112(2001).,Vol. 121,No. 3,p. 107-112,2001年
  • 凸形表面送波子を用いたリングアレイプローブ,南部雅幸,大城 理,土居元紀,千原國宏,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン部門,121,pp.107-112(2001).,Vol. 121,No. 3,p. 107-112,2001年
  • Digital Archiving of Kamegata-Ishi (Turtle-shaped Stone),Asian Journal of Geoinformatics,Vol.2, No.1, pp.49-54 (2001).,Vol. Vol.2, No.1, pp.49-54/,,2001年
  • Ultrasound Imaging using Laser Induced Breakdown,The Transaction of IEEJ,A Publication of Sensors and Micromachines Society,121,pp.479-483(2001).,Vol. 121,pp.479-483/,,2001年
  • Three-Dimensional(3D) High Frequency Ultrasound Images of Skin and an Eye,Vol. 40,pp.3931-3932,2001年
  • Digital Archiving of Kamegata-Ishi (Turtle-shaped Stone),Vol. Vol.2, No.1, pp.49-54,2001年
  • Ultrasound Imaging using Laser Induced Breakdown,Vol. 121,pp.479-483,2001年
  • Digital Archiving of Kamegata-Ishi (Turtle-shaped Stone),Vol. Vol.2, No.1, pp.49-54/,,2001年
  • Ultrasound Imaging using Laser Induced Breakdown,Vol. 121,pp.479-483/,,2001年
  • 没入空間における血管内walk-through,須田 淳一,菅 幹生,大城 理,湊 小太郎,千原 國宏,医療情報学連合大会論文集,Vol. 20,p. 534-535,2000年11月23日
  • フォースフィードバックデバイスに対する力覚閾の周波数特性 : PHANToMを用いた手術シミュレーション構築に当たっての基礎実験,馬場 新悟,菅 幹生,大城 理,湊 小太郎,松田 哲也,小森 優,高橋 隆,徳富 義宏,医療情報学連合大会論文集,Vol. 20,p. 544-545,2000年11月23日
  • MR Elastographyを用いた生体組織弾性率の定量測定,菅 幹生,大城 理,湊 小太郎,松田 哲也,高橋 隆,太田 信,堤 定美,岡本 淳,滝沢 修,医療情報学連合大会論文集,Vol. 20,p. 532-533,2000年11月23日
  • 遠隔ロボット手術のための通信システムおよび情報支援システム,堀 謙太,津田 健,末永 貴俊,黒田 知宏,菅 幹生,小山 博史,大城 理,湊 小太郎,千原 國宏,小森 優,高橋 隆,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 20,No. Supplement 2,p. 816-817,2000年11月23日
  • 遠隔ロボット手術のための通信システムおよび情報支援システム,堀 謙太,津田 健,末永 貴俊,黒田 知宏,菅 幹生,小山 博史,大城 理,湊 小太郎,千原 國宏,小森 優,高橋 隆,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 20,p. 816-817,2000年11月23日
  • 全周囲型VR装置を用いた遠隔手術環境の共有,津田 健,堀 謙太,末永 貴俊,黒田 知宏,菅 幹生,小山 博史,大城 理,湊 小太郎,千原 國宏,小森 優,高橋 隆,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 20,p. 712-713,2000年11月23日
  • AR技術を用いた腎臓糸球体の3次元表示,鎌田 久美,井村 誠孝,黒田 知宏,大城 理,千原 國宏,小笠原 康夫,豊田 英嗣,梶谷 文彦,電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 100,No. 464,p. 17-20,2000年11月15日
  • 局所生体弾性率の MR Elastography 法を用いた計測と評価,菅 幹生,湊 小太郎,松田 哲也,大城 理,千原 國宏,太田 信,堤 定美,小森 優,高橋 隆,岡本 淳,滝沢 修,Medical imaging technology,日本医用画像工学会,Vol. 18,No. 6,p. 769-776,2000年11月01日
  • 局所生体弾性率のMR Elastography法を用いた計測と評価,菅 幹生,湊小太郎,松田哲也,大城 理,千原國宏,太田 信,堤 定美,小森 優,高橋 隆,岡本 淳,滝沢 修,Medical Imaging Technology,18,pp.769-776(2000).,日本医用画像工学会,Vol. 18,No. 6,p. 769-776,2000年11月
  • 遠隔超音波画像診断支援における環境情報提示に関する一考察,末永貴俊,黒田知宏,大城理,千原国宏,電子情報通信学会技術研究報告,(一社)電子情報通信学会,Vol. 100,No. 350(MBE2000 67-84),p. 115-120,2000年10月13日
  • MREで取得される弾性情報を反映した弾性モデルを用いた生体組織の力覚提示,佐藤 恭子,菅 幹生,大城 理,湊 小太郎,千原 國宏,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 100,No. 350,p. 17-22,2000年10月06日
  • ハプティックデバイスに対する力覚閾の測定,馬場 新悟,菅 幹生,大城 理,湊 小太郎,松田 哲也,小森 優,高橋 隆,徳富 義宏,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 100,No. 350,p. 23-27,2000年10月06日
  • Dynamic Three-Dimensional Echocardiography,Katsuhiko Matsusaka,Motonori Doi,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,39,pp.5028-5031(2000).,Vol. 39,No. 8,p. 5028-5031,2000年08月
  • Dynamic three-dimensional echocardiography,Vol. 39,No. 8,p. 5028-5031,2000年08月
  • Dynamic three-dimensional echocardiography,Vol. 39,No. 8,p. 5028-5031,2000年08月
  • MRE画像からの弾性率と減衰係数の推定,大城 理,菅 幹生,湊 小太郎,岡本 淳,滝沢 修,松田 哲也,小森 優,高橋 隆,Medical imaging technology,Vol. 18,No. 4,p. 387-388,2000年07月25日
  • MR Elastography 法を用いた局所弾性率の計測と評価,菅 幹生,大城 理,湊 小太郎,松田 哲也,太田 信,堤 定美,高橋 隆,岡本 淳,滝沢 修,Medical imaging technology,Vol. 18,No. 4,p. 385-386,2000年07月25日
  • MREの取得値を反映した弾性モデルと実物体の力覚提示,佐藤 恭子,菅 幹生,大城 理,湊 小太郎,千原 國宏,電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 100,No. 172,p. 25-30,2000年07月10日
  • 超音波を用いた3次元画像計測,大城 理,光学,応用物理学会分科会日本光学会,Vol. 29,No. 6,p. 360-365,2000年06月10日
  • 超音波カラードプラ像の3次元可視化法の提案,井村誠孝,黒田知宏,大城理,千原国宏,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. 44th,p. 165-166,2000年05月16日
  • 実時間遠隔超音波診断のための遠隔教示システム,末永貴俊,黒田知宏,大城理,千原国宏,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. 44th,p. 437-438,2000年05月16日
  • Compression and transmission of RF signals for telediagnosis,Vol. 39,No. 5B,p. 3242-3245,2000年05月
  • 3-D flow visualization for construction of the model of the blood flow in the heart,Vol. 39,No. 5B,p. 3246-3251,2000年05月
  • A real-time telemedicine system using a medical ultrasound image sequence on a low bit-rate network,Vol. 39,No. 5B,p. 3236-3241,2000年05月
  • Three dimensional endoscopic image of a blood vessel using high frequency ultrasound,Vol. 39,No. 5B,p. 3216-3219,2000年05月
  • Compression and Transmission of RF Signals for Telediagnosis,Toshihiro Seko,Motonori Doi,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,39,pp.3242-3245(2000).,Vol. 39,No. 5,p. 3242-3245,2000年05月
  • 3-D Visualization for Construction of the Model of the Blood Flow in the Heart,Masataka Imura,Tomohiro Kuroda,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Joakim Brandberg,Per Ask,Japanese Journal of Applied Physics,39,pp.3246-3251(2000).,Vol. 39,No. 5B,p. 3246-3251,2000年05月
  • A real-time telemedicine system using a medical ultrasound image sequence on a low bit-rate network,Vol. 39,No. 5B,p. 3236-3241,2000年05月
  • Three Dimensional Endoscopic Image of a Blood Vessel using High Frequency Ultrasound,Osamu Oshiro,Kumi Kamada,Kunihiro Chihara,Wojciech Secomski,Andrzej Nowicki,Japanese Journal of Applied Physics,39,pp.3216-3219(2000).,Vol. 39,No. 5,p. 3216-3219,2000年05月
  • 高解像イメージング用超音波リングアレイプローブ,大城 理,南部雅幸,中塚盛雄,土居元紀,千原國宏,システム制御情報学会論文誌,13,pp.244-249(2000).,Vol. 13,No. 5,p. 244-249,2000年05月
  • 3-D flow visualization for construction of the model of the blood flow in the heart,Vol. 39,No. 5B,p. 3246-3251,2000年05月
  • Compression and transmission of RF signals for telediagnosis,Vol. 39,No. 5B,p. 3242-3245,2000年05月
  • Three dimensional endoscopic image of a blood vessel using high frequency ultrasound,Vol. 39,No. 5B,p. 3216-3219,2000年05月
  • 3-D flow visualization for construction of the model of the blood flow in the heart,Vol. 39,No. 5B,p. 3246-3251,2000年05月
  • A Real-Time Telemedicine System Using a Medical Ultrasound Image Sequence on a Low Bit-Rate Network,Toshiyuki Umeda,Takatoshi Suenaga,Tomohiro Kuroda,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,39,pp.3236-3241(2000).,Vol. 39,No. 5,p. 3236-3241,2000年05月
  • Three dimensional endoscopic image of a blood vessel using high frequency ultrasound,Vol. 39,No. 5B,p. 3216-3219,2000年05月
  • Three dimensional endoscopic image of a blood vessel using high frequency ultrasound,Vol. 39,No. 5B,p. 3216-3219,2000年05月
  • 瞬時周波数法を用いたMR Elastographyにおける局所弾性率の解析,大城 理,菅 幹生,湊 小太郎,岡本 淳,滝沢 修,松田 哲也,小森 優,高橋 隆,Medical imaging technology,日本医用画像工学会,Vol. 18,No. 2,p. 158-166,2000年03月25日
  • 瞬時周波数法を用いたMR Elastographyにおける局所弾性率の解析,大城 理,菅 幹生,湊 小太郎,岡本 淳,滝沢 修,松田 哲也,小森 優,高橋 隆,MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY,日本医用画像工学会,Vol. 18,No. 2,p. 158-166,2000年03月
  • 瞬時周波数法を用いたMR Elastographyにおける局所弾性率の解析,大城 理,菅 幹生,湊 小太郎,岡本 淳,滝沢 修,松田 哲也,小森 優,高橋 隆,MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY,日本医用画像工学会,Vol. 18,No. 2,p. 158-166,2000年03月
  • カラードプラ像を用いた流れの3次元可視化 (可視化情報学会 全国講演会(札幌2000)講演論文集) -- (可視化手法の応用(2)),井村 誠孝,黒田 知宏,大城 理,可視化情報学会誌,可視化情報学会,Vol. 20,No. 2,p. 33-36,2000年
  • A110カラードプラ像を用いた流れの3次元可視化法,井村 誠孝,黒田 知宏,大城 理,千原 國宏,可視化情報学会誌,社団法人 可視化情報学会,Vol. 20,No. 2,p. 33-36,2000年
  • 遠隔超音波画像診断におけるプローブ操作教示システム,電子情報通信学会論文誌,J83-D-II,1,pp.324-334(2000).,Vol. 1,pp.324-334,2000年
  • Tele-echo system: A real-time telemedicine system using medical ultrasound image sequence,Vol. 6,No. 1,p. 63-67,2000年
  • 高解像イメージング用超音波リングアレイプローブ,システム制御情報学会論文誌,13,pp.244-249(2000).,Vol. 13,pp.244-249,2000年
  • 遠隔超音波画像診断におけるプローブ操作教示システム,末永貴俊,飯野恵秋,黒田知宏,大城 理,千原國宏,電子情報通信学会論文誌,J83-D-II,1,pp.324-334(2000).,Vol. 1,pp.324-334/,,2000年01月
  • Tele-echo system: A real-time telemedicine system using medical ultrasound image sequence,Vol. 6,No. 1,p. 63-67,2000年
  • Dynamic Three-Dimensional Echocardiography,Japanese Journal of Applied Physics,39,pp.5028-5031(2000).,Vol. 39,pp.5028-5031/,,2000年
  • 高解像度イメージ用超音波リングアレイプローブ,システム制御情報学会論文誌,Vol. 13,p. 244-249,2000年
  • Tele-echo system: A real-time telemedicine system using medical ultrasound image sequence,Vol. 6,No. 1,p. 63-67,2000年
  • A Real-Time Telemedicine System Using a Medical Ultrasound Image Sequence on a Low Bit-Rate Network,Vol. 39,pp.3236-3241,2000年
  • Tele-echo system: A real-time telemedicine system using medical ultrasound image sequence,Vol. 6,No. 1,p. 63-67,2000年
  • Compression and Transmission of RF Signals for Telediagnosis,Vol. 39,pp.3242-3245/,,2000年
  • 強調現実の遠隔画像診断への導入,黒田知宏,末永貴俊,大城理,千原国宏,医療情報学連合大会論文集,Vol. 19th,p. 40-41,1999年11月25日
  • 実時間医用超音波動画像伝送システムの提案,楳田 敏之,黒田 知宏,大城 理,千原 國宏,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 99,No. 392,p. 1-6,1999年10月27日
  • 没入型提示装置を用いた脳内血管像表示,大城 理,須田 淳一,菅 幹生,湊 小太郎,千原 國宏,電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 99,No. 392,p. 29-34,1999年10月27日
  • 遠隔超音波画像診断のためのRF信号伝送,世古 登志洋,土居 元紀,大城 理,電子情報通信学会技術研究報告,電子情報通信学会,Vol. 99,No. 392,p. 7-11,1999年10月27日
  • 遠隔超音波診断のための遠隔教示システムの構築,末永貴俊,楳田敏之,黒田知宏,大城理,千原国宏,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol. 4th,p. 129-130,1999年09月29日
  • A High-Speed Image Acquisition Using Ultrasonic Ring Array Probe,Masayuki Nambu,Motonori Doi,Ayumu Matani,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Computers in Cardiology 1999, Vol.26, pp.355-358 (1999).,Vol. 26,p. 355-358,1999年09月
  • Wavelet解析を用いたMRE弾性率分布のSegmentation,小森 優,松岡 弥生,松田 哲也,高橋 隆,大城 理,菅 幹生,湊 小太郎,岡本 淳,滝沢 修,Medical imaging technology,Vol. 17,No. 4,p. 513-514,1999年07月01日
  • MR拡散テンソル画像を用いた神経束の強調と抽出,佐藤 哲大,菅 幹生,大城 理,湊 小太郎,定藤 規弘,米倉 義晴,椛沢 宏之,Medical imaging technology,Vol. 17,No. 4,p. 515-516,1999年07月01日
  • DDSにおける薬物濃度の超音波画像計測,大城 理,岡崎哲三,眞溪 歩,大江洋介,大塚博紀,千原國宏,石原 謙,システム制御情報学会論文誌,12,pp.344-348(1999).,Vol. 12,No. 6,p. 344-348,1999年06月
  • 遠隔超音波診断のための遠隔教示システムの構築,末永貴俊,黒田知宏,大城理,千原国宏,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. 43rd,p. 497-498,1999年05月19日
  • 実時間医用超音波動画像伝送システム,楳田敏之,黒田知宏,大城理,千原国宏,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. 43rd,p. 495-496,1999年05月19日
  • A real-time medical ultrasound image sequence transmission system with narrow integrated service digital network,Vol. 38,No. 5B,p. 3409-3411,1999年05月
  • A Real-Time Medical Ultrasound Image Sequence Transmission System with Narrow Integrated Service Digital Network,Toshiyuki Umeda,Tomohiro Kuroda,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,38,pp.3409-3411(1999).,Vol. 38,No. 5,p. 3409-3411,1999年05月
  • A real-time medical ultrasound image sequence transmission system with narrow integrated service digital network,Vol. 38,No. 5B,p. 3409-3411,1999年05月
  • AR instruction system to manipulate US probe in tele-echo,Vol. 2,1999年
  • PG-8 カラードプラ像の3次元再構成による血流の可視化,井村 誠孝,黒田 知宏,大城 理,千原 國宏,Brandberg Joakim,Ask Per,超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演予稿集,特定非営利活動法人 超音波エレクトロニクス協会,Vol. 20,No. 0,p. 171-172,1999年
  • PG-4 狭帯域回線に適応した実時間医用超音波動画像伝送システムの提案 : 日・タイ国際遠隔医療実験,楳田 敏之,黒田 知宏,大城 理,千原 國宏,超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演予稿集,特定非営利活動法人 超音波エレクトロニクス協会,Vol. 20,No. 0,p. 163-164,1999年
  • 超音波診断装置と超音波プローブ位置ディジタイザを用いた3次元心臓表示システム,Medical Imaging Technology,17,pp.165-171(1999).,Vol. 17,pp.165-171,1999年
  • DDSにおける薬物濃度の超音波画像計測,システム制御情報学会論文誌,12,pp.344-348(1999).,Vol. 12,pp.344-348,1999年
  • A high-speed image acquisition using ultrasonic ring array probe,Vol. 26,p. 355-358,1999年
  • 超音波診断装置と超音波プローブ位置ディジタイザを用いた3次元心臓表示システム,Medical Imaging Technology,17,pp.165-171(1999).,Vol. 17,pp.165-171/,,1999年
  • DDSにおける薬物濃度の超音波画像計測,システム制御情報学会論文誌,12,pp.344-348(1999).,Vol. 12,pp.344-348/,,1999年
  • 超音波診断装置と超音波プローブ位置ディジタイザを用いた3次元心臓表示システム,大城 理,南部雅幸,眞溪 歩,千原國宏,Medical Imaging Technology,17,pp.165-171(1999).,Vol. 17,No. 2,p. 165-171,1999年01月
  • A Real-Time Medical Ultrasound Image Sequence Transmission System with Narrow Integrated Service Digital Network,Vol. 38,pp.3409-3411,1999年
  • A high-speed image acquisition using ultrasonic ring array probe,Vol. 26,p. 355-358,1999年
  • A high-speed image acquisition using ultrasonic ring array probe,Vol. 26,p. 355-358,1999年
  • 「高度道路交通システム特集号」を編集して (高度道路交通システム特集号),大城 理,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 43,No. 6,1999年
  • 遠隔画像診断のための超音波Bモード画像の圧縮手法の提案,北出雅央,黒田知宏,真渓歩,大城理,千原国宏,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 18th,p. 356-357,1998年11月
  • ARを用いた遠隔超音波診断教示システム,飯野恵秋,黒田知宏,真渓歩,大城理,千原国宏,医療情報学連合大会論文集,(一社)日本医療情報学会,Vol. 18th,p. 338-339,1998年11月
  • ARを用いた遠隔超音波診断教示システム,飯野恵秋,黒田知宏,真渓歩,大城理,千原国宏,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol. 3rd,p. 237-238,1998年08月
  • 3D dynamic echocardiography with a digitizer,Vol. 37,No. 5B,p. 3097-3100,1998年05月
  • 3D dynamic echocardiography with a digitizer,Vol. 37,No. 5B,p. 3097-3100,1998年05月
  • 3D Dynamic Echocardiography with a Digitizer,Osamu Oshiro,Ayumu Matani,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,37,pp.3097-3100(1998).,Vol. 37,No. 5,p. 3097-3100,1998年05月
  • "MREを用いた剛性率と粘性率の計測",Medical Imaging Technology,大城 理,菅 幹生,太田 信,松田 哲也,堤 定美,湊 小太郎,千原 國宏,高橋 隆,1998年
  • ディジタイザを用いた医用超音波画像の3次元再構成システム,Medical Imaging Technology,16,pp.43-50(1998).,Vol. 16,pp.43-50,1998年
  • マイクロモータによる超音波イメージング,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン部門,118,pp.193-197(1998).,Vol. 118,No. 3,p. 193-197,1998年
  • ディジタイザを用いた医用超音波画像の3次元再構成システム,Medical Imaging Technology,16,pp.43-50(1998).,Vol. 16,pp.43-50/,,1998年
  • マイクロモータによる超音波イメージング,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン部門,118,pp.193-197(1998).,Vol. 118,No. 3,p. 193-197,1998年
  • マイクロモータによる超音波イメージング,大城 理,Md.Salimuzzaman,眞溪 歩,千原國宏,浅生雅人,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン部門,118,pp.193-197(1998).,Vol. 118,No. 3,p. 193-197,1998年
  • ディジタイザを用いた医用超音波画像の3次元再構成システム,大城 理,田野島英司,眞溪 歩,千原國宏,Medical Imaging Technology,16,pp.43-50(1998).,Vol. 16,No. 1,p. 43-50,1998年01月
  • 3D Dynamic Echocardiography with a Digitizer,Vol. 37,pp.3097-3100/,,1998年
  • 3D Dynamic Echocardiography with a Digitizer,Vol. 37,No. 5B,p. 3097-3100,1998年
  • 血管内前方視型超音波イメージングシステム.,眞溪 歩,藤本直登志,南部雅幸,近藤敦士,大城 理,千原國宏,浅生雅人,Medical Imaging Technology,15,pp.757-763(1997).,Vol. 15,pp.757-763,1997年11月
  • 骨梁構造の定量評価システム,眞溪 歩,細井 聖,大城 理,千原國宏,Medical Imaging Technology,15,pp.625-630(1997).,Vol. 15,No. 5,p. 625-630,1997年11月
  • 顔画像照合による解鍵制御システム,土居元紀,陳 謙,眞溪 歩,大城 理,佐藤宏介,千原國宏,電子情報通信学会論文誌,J80-D-II,8,pp.2203-2208(1997).,Vol. 8,pp.2203-2208,1997年08月
  • A method for 3D measurement with high resolution using ultrasound spherical waves,Vol. 36,No. 5B,p. 3255-3259,1997年05月
  • Blood Vessel Visualization Using a Micromotor Type Intravascular Ultrasound Endoscope,Md.Salimuzzaman,Ayumu Matani,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Masato Asao,Japanese Journal of Applied Physics,36,pp.3250-3254(1997).,Vol. 36,No. 5,p. 3250-3254,1997年05月
  • Three dimensional echocardiography with a reconstructed B-mode image,Vol. 36,No. 5B,p. 3221-3225,1997年05月
  • A Method of 3D Measurement with High Resolution Using Ultrasound Spherical Waves,Ayumu Matani,Masayuki Nambu,Atsushi Kondo,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,36,pp.3255-3259(1997).,Vol. 36,No. 5B,p. 3255-3259,1997年05月
  • Blood vessel visualization using a micromotor type intravascular ultrasound endoscope,Vol. 36,No. 5B,p. 3250-3254,1997年05月
  • Three dimensional echocardiography with a reconstructed B-mode image,Vol. 36,No. 5B,p. 3221-3225,1997年05月
  • A method for 3D measurement with high resolution using ultrasound spherical waves,Vol. 36,No. 5B,p. 3255-3259,1997年05月
  • Blood vessel visualization using a micromotor type intravascular ultrasound endoscope,Vol. 36,No. 5B,p. 3250-3254,1997年05月
  • Three dimensional echocardiography with a reconstructed B-mode image,Vol. 36,No. 5B,p. 3221-3225,1997年05月
  • A method for 3D measurement with high resolution using ultrasound spherical waves,Vol. 36,No. 5B,p. 3255-3259,1997年05月
  • Blood vessel visualization using a micromotor type intravascular ultrasound endoscope,Vol. 36,No. 5B,p. 3250-3254,1997年05月
  • Three Dimensional Echocardiography with the reconstructed B-mode image,Osamu Oshiro,Ayumu Matani,Kunihiro Chihara,Taisei Mikami,Akira Kitabatake,Japanese Journal of Applied Physics,36,pp.3221-3225(1997).,Vol. 36,No. 5B,p. 3221-3225,1997年05月
  • 骨梁構造の3次元可視化システム,眞溪 歩,細井 聖,大城 理,千原國宏,Medical Imaging Technology,15,pp.222-227(1997).,Vol. 15,No. 3,p. 222-227,1997年04月
  • Cine-MR画像を用いた心筋の動態および血流の3次元可視化,大城 理,眞溪 歩,千原國宏,三神大世,北畠 顕,Medical Imaging Technology,15,pp.248-254(1997).,Vol. 15,No. 3,p. 248-254,1997年04月
  • Cine-MR画像を用いた心筋の動態および血流の3次元可視化,Medical Imaging Technology,15,pp.248-254(1997).,Vol. 15,pp.248-254,1997年
  • 骨梁構造の3次元可視化システム,Medical Imaging Technology,15,pp.222-227(1997).,Vol. 15,pp.222-227,1997年
  • 超音波マイクロリングアレイプローブを用いた前方3次元可視化,眞溪 歩,藤本直登志,南部雅幸,近藤敦士,大城 理,千原國宏,浅生雅人,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン部門,117,pp.359-363(1997).,Vol. 117,No. 7,p. 359-363,1997年
  • 血管内前方視型超音波イメージングシステム.,Medical Imaging Technology,15,pp.757-763(1997).,Vol. 15,pp.757-763/,,1997年
  • 骨梁構造の定量評価システム,Medical Imaging Technology,15,pp.625-630(1997).,Vol. 15,pp.625-630/,,1997年
  • Cine-MR画像を用いた心筋の動態および血流の3次元可視化,Medical Imaging Technology,15,pp.248-254(1997).,Vol. 15,pp.248-254/,,1997年
  • 骨梁構造の3次元可視化システム,Medical Imaging Technology,15,pp.222-227(1997).,Vol. 15,pp.222-227/,,1997年
  • 超音波マイクロリングアレイプローブを用いた前方3次元可視化,電気学会論文誌E,センサ・マイクロマシン部門,117,pp.359-363(1997).,Vol. 117,No. 7,p. 359-363,1997年
  • 顔画像照合による解鍵制御システム,電子情報通信学会論文誌,J80-D-II,8,pp.2203-2208(1997).,Vol. 8,pp.2203-2208/,,1997年
  • 3D Echocardiography with the Reconstructed B-mode Images,Vol. 36,p. 3221-3225,1997年
  • Doppler signal processing of blood flow using a wavelet transform,Vol. 35,No. 5B,p. 3131-3134,1996年05月
  • A system for superimposing a 3-dimensional stereoscopic motion echo image of the heart onto the chest,Vol. 35,No. 5B,p. 3121-3125,1996年05月
  • Doppler signal processing of blood flow using a wavelet transform,Vol. 35,No. 5B,p. 3131-3134,1996年05月
  • A system for superimposing a 3-dimensional stereoscopic motion echo image of the heart onto the chest,Vol. 35,No. 5B,p. 3121-3125,1996年05月
  • A system for superimposing a 3-dimensional stereoscopic motion echo image of the heart onto the chest,Vol. 35,No. 5B,p. 3121-3125,1996年05月
  • Doppler Signal Processing of Blood Flow Using a Wavelet Transform,Ayumu Matani,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,35,pp.3131-3125(1996).,Vol. 35,No. 5,p. 3131-3134,1996年05月
  • A system for superimposing a 3-dimensional stereoscopic motion echo image of the heart onto the chest,Vol. 35,No. 5B,p. 3121-3125,1996年05月
  • A System for Superimposing a 3-Dimensional Motion Echo Image of the Heart onto the Chest,Ayumu Matani,Yoshihiro Ban,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,35,pp.3121-3134(1996).,Vol. 35,No. 5B,p. 3121-3125,1996年05月
  • Doppler Signal Processing of Blood Flow Using a Wavelet Transform,Vol. 35,pp.3131-3125,1996年
  • Doppler Signal Processing of Blood Flow Using a Wavelet Transform,Vol. 35,p. 3121-3125,1996年
  • 経食道超音波断層像より作成した3次元心臓動画像,大城 理,黒住正顕,眞溪 歩,千原國宏,三神大世,北畠 顕,Medical Imaging Technology,13,pp.845-852(1995).,Vol. 13,No. 6,p. 845-852,1995年11月
  • Visualization of a Blood Flow with Two-Dimensional Moving Target Indication,Tsuyoshi Kimura,Ayumu Matani,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,34,pp.5006-5010(1995).,Vol. 34,No. 9A,p. 5006-5010,1995年10月
  • VISUALIZATION OF BLOOD-FLOW WITH 2-DIMENSIONAL MOVING TARGET INDICATION,Vol. 34,No. 9A,p. 5006-5010,1995年09月
  • VISUALIZATION OF BLOOD-FLOW WITH 2-DIMENSIONAL MOVING TARGET INDICATION,Vol. 34,No. 9A,p. 5006-5010,1995年09月
  • VISUALIZATION OF BLOOD-FLOW WITH 2-DIMENSIONAL MOVING TARGET INDICATION,Vol. 34,No. 9A,p. 5006-5010,1995年09月
  • 超音波アレイプローブを用いた3次元可視化システム,大城 理,東條博史,千原國宏,システム制御情報学会論文誌,8,pp.344-349(1995).,Vol. 8,No. 8,p. 344-349,1995年08月
  • INTRAVASCULAR ULTRASONIC-IMAGING WITH A MICROMOTOR,Vol. 34,No. 5B,p. 2865-2868,1995年05月
  • VISUALIZATION AND ANALYSIS OF MYOCARDIAL TRANSITION BY CARDIAC ULTRASOUND IMAGES,Vol. 34,No. 5B,p. 2844-2848,1995年05月
  • INTRAVASCULAR ULTRASONIC-IMAGING WITH A MICROMOTOR,Vol. 34,No. 5B,p. 2865-2868,1995年05月
  • Visualization and Analysis of Myocardial Transition by Cardiac Ultrasound Images,Naohiro Amamoto,Osamu Oshiro,Kosuke Sato,Kunihiro Chihara,Japanese Journal of Applied Physics,34,pp.2844-2848(1995).,Vol. 34,No. 5,p. 2844-2848,1995年05月
  • 骨の3次元構造の可視化,大城 理,千原國宏,Medical Imaging Technology,13,pp.246-250(1995).,Vol. 13,No. 3,p. 246-250,1995年05月
  • VISUALIZATION AND ANALYSIS OF MYOCARDIAL TRANSITION BY CARDIAC ULTRASOUND IMAGES,Vol. 34,No. 5B,p. 2844-2848,1995年05月
  • Intravascular Ultrasonic Imaging with a Micromotor,Seiji Matsumoto,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,Atsuo Iida,Kenji Kawabe,Takaki Shimura,Masato Asao,Toshiyuki Furukawa,Japanese Journal of Applied Physics,34,pp.2865-2868(1995).,Vol. 34,No. 5,p. 2865-2868,1995年05月
  • VISUALIZATION AND ANALYSIS OF MYOCARDIAL TRANSITION BY CARDIAC ULTRASOUND IMAGES,Vol. 34,No. 5B,p. 2844-2848,1995年05月
  • INTRAVASCULAR ULTRASONIC-IMAGING WITH A MICROMOTOR,Vol. 34,No. 5B,p. 2865-2868,1995年05月
  • 経食道超音波断層像より作成した3次元心臓動画像,Medical Imaging Technology,13,pp.845-852(1995).,Vol. 13,pp.845-852,1995年
  • Three-dimensional dynamic imaging by spherical pulsed wave of ultrasound,Vol. 34,No. 5S,p. 2857-2860,1995年
  • Three-dimensional display of human heart motion using medical ultrasonic images,Vol. 34,No. 5S,p. 2861-2864,1995年
  • 骨の3次元構造の可視化,Medical Imaging Technology,13,pp.246-250(1995).,Vol. 13,pp.246-250,1995年
  • 超音波アレイプローブを用いた3次元可視化システム,システム制御情報学会論文誌,8,pp.344-349(1995).,Vol. 8,pp.344-349,1995年
  • Three-dimensional dynamic imaging by spherical pulsed wave of ultrasound,Vol. 34,No. 5S,p. 2857-2860,1995年
  • Three-dimensional display of human heart motion using medical ultrasonic images,Vol. 34,No. 5S,p. 2861-2864,1995年
  • 骨の3次元構造の可視化,Medical Imaging Technology,13,pp.246-250(1995).,Vol. 13,pp.246-250/,,1995年
  • 経食道超音波断層像より作成した3次元心臓動画像,Vol. 13,No. 845-852,1995年
  • 超音波アレイプローブ を開いた3次元可視化システム,システム制御情報学会誌,Vol. 8,No. 344-349,1995年
  • Three-dimensional display of human heart motion using medical ultrasonic images,Vol. 34,No. 5S,p. 2861-2864,1995年
  • Three-dimensional dynamic imaging by spherical pulsed wave of ultrasound,Vol. 34,No. 5S,p. 2857-2860,1995年
  • Three-dimensional display of human heart motion using medical ultrasonic images,Vol. 34,No. 5S,p. 2861-2864,1995年
  • Three-dimensional dynamic imaging by spherical pulsed wave of ultrasound,Vol. 34,No. 5S,p. 2857-2860,1995年
  • A three dimensional visualization system using an ultrasonic array probe,Vol. 8,p. 344-349,1995年
  • DEVELOPMENT OF CATHETER-TIPPED 3-DIMENSIONAL ULTRASONIC FRONT VIEW SYSTEM TO VISUALIZE VASCULAR STENOSIS AND CARDIAC LUMEN,Vol. 90,No. 4,p. 276-276,1994年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Three-dimensional echography by a spherical pulsed wave,Vol. 33,No. 5S,p. 3162-3167,1994年
  • Three-dimensional echography by a spherical pulsed wave,Vol. 33,No. 5S,p. 3162-3167,1994年
  • Three-dimensional echography by a spherical pulsed wave,Vol. 33,No. 5S,p. 3162-3167,1994年
  • Three-dimensional echography by a spherical pulsed wave,Vol. 33,No. 5S,p. 3162-3167,1994年
  • FUNCTIONAL NEUROSURGICAL SIMULATION WITH BRAIN SURFACE MAGNETIC-RESONANCE IMAGES AND MAGNETOENCEPHALOGRAPHY,Vol. 33,No. 2,p. 269-273,1993年08月
  • FUNCTIONAL NEUROSURGICAL SIMULATION WITH BRAIN SURFACE MAGNETIC-RESONANCE IMAGES AND MAGNETOENCEPHALOGRAPHY,Vol. 33,No. 2,p. 269-273,1993年08月
  • FUNCTIONAL NEUROSURGICAL SIMULATION WITH BRAIN SURFACE MAGNETIC-RESONANCE IMAGES AND MAGNETOENCEPHALOGRAPHY,Vol. 33,No. 2,p. 269-273,1993年08月
  • FUNCTIONAL NEUROSURGICAL SIMULATION WITH BRAIN SURFACE MAGNETIC-RESONANCE IMAGES AND MAGNETOENCEPHALOGRAPHY,Vol. 33,No. 2,p. 269-273,1993年08月
  • IDENTIFICATION OF CENTRAL SULCUS BY USING SOMATOSENSORY EVOKED MAGNETIC-FIELDS AND BRAIN SURFACE MR IMAGES - 3-DIMENSIONAL PROJECTION ANALYSIS,Vol. 116,No. 1,p. 29-33,1993年05月
  • IDENTIFICATION OF CENTRAL SULCUS BY USING SOMATOSENSORY EVOKED MAGNETIC-FIELDS AND BRAIN SURFACE MR IMAGES - 3-DIMENSIONAL PROJECTION ANALYSIS,Vol. 116,No. 1,p. 29-33,1993年05月
  • IDENTIFICATION OF CENTRAL SULCUS BY USING SOMATOSENSORY EVOKED MAGNETIC-FIELDS AND BRAIN SURFACE MR IMAGES - 3-DIMENSIONAL PROJECTION ANALYSIS,Vol. 116,No. 1,p. 29-33,1993年05月
  • IDENTIFICATION OF CENTRAL SULCUS BY USING SOMATOSENSORY EVOKED MAGNETIC-FIELDS AND BRAIN SURFACE MR IMAGES - 3-DIMENSIONAL PROJECTION ANALYSIS,Vol. 116,No. 1,p. 29-33,1993年05月
  • Functional Neurosurgical Simulation with Brain Surface Magnetic Resonance Image and Magnetoencephalography,Kyosuke Kamada,Fumiya Takeuchi,Shin-ya Kuriki,Osamu Oshiro,Kiyohiro Houkin,Yoshinobu Iwasaki,Hiroshi Abe,Neurosurgery,33,pp.269-273(1993).,Vol. 33,No. 2,p. 269-273,1993年02月
  • Identification of central sulcus by using somatosensory evoked magnetic fields and brain surface MR images: Three dimensional projection analysis,Vol. 116,No. 1,p. 29-33,1993年
  • Multiple Dipole Estimation by Parameter Search Method,Osamu Oshiro,Manabu Mukai,Fumiya Takeuchi,Shin-ya Kuriki,Advances in Biomagnetism '91:Clinical Aspects,Elsevier,Amsterdam,pp.693-697(1992).,Vol. 988,p. 693-697,1992年11月
  • Analysis of Errors in Neuromagnetic Localization of Multiple Current Dipole Sources,Osamu Oshiro,Manabu Mukai,Fumiya Takeuchi,Shin-ya Kuriki,Physics in Medicine and Biology,37,pp.845-852(1992).,Vol. 37,pp.845-852,1992年06月
  • 3次元MRIを用いた体性感覚誘発脳磁界源の検討,鎌田恭輔,大城 理,竹内文也,栗城真也,宝金清博,阿部 弘,脳と神経,44,pp.265-270(1992).,Vol. 44,pp.265-270,1992年05月
  • ANALYSIS OF ERRORS IN NEUROMAGNETIC LOCALIZATION OF MULTIPLE CURRENT DIPOLE SOURCES,Vol. 37,No. 4,p. 845-852,1992年04月
  • ANALYSIS OF ERRORS IN NEUROMAGNETIC LOCALIZATION OF MULTIPLE CURRENT DIPOLE SOURCES,Vol. 37,No. 4,p. 845-852,1992年04月
  • ANALYSIS OF ERRORS IN NEUROMAGNETIC LOCALIZATION OF MULTIPLE CURRENT DIPOLE SOURCES,Vol. 37,No. 4,p. 845-852,1992年04月
  • MULTIPLE DIPOLE ESTIMATION BY PARAMETER SEARCH METHOD,Vol. 988,p. 693-697,1992年
  • MULTIPLE DIPOLE ESTIMATION BY PARAMETER SEARCH METHOD,Vol. 988,p. 693-697,1992年
  • 3次元MRIを用いた体性感覚誘発脳磁界源の検討,脳と神経,44,pp.265-270(1992).,Vol. 44,pp.265-270/,,1992年
  • MULTIPLE DIPOLE ESTIMATION BY PARAMETER SEARCH METHOD,Vol. 988,p. 693-697,1992年
  • Analysis of errors in neuromagnetic localization of multiple current dipole sources,Vol. 37,No. 4,p. 845-852,1992年
  • プレーナ・インダクタの高周波特性と薄膜型磁気制御素子,大城 理,辻本浩章,白江公輔,日本応用磁気学会誌,14,pp.411-414(1990).,Vol. 14,pp.411-414/,,1990年12月
  • プレーナ・インダクタの高周波特性と薄膜型磁気制御素子,日本応用磁気学会誌,14,pp.411-414(1990).,Vol. 14,pp.411-414,1990年
  • プレーナ・インダクタの高周波特性と薄膜形磁気制御素子(共著),日本応用磁気学会誌,Vol. 14,411-414/,,1990年
  • High Frequency Characteristics of A Planar Inductor and A Magnetic Coupling Control Device,Vol. 14,411-414/,,1990年
  • 磁性薄膜トランスの構造と諸特性,大城 理,辻本浩章,白江公輔,日本応用磁気学会誌,12,pp.385-388(1987).,Vol. 12,pp.385-388,1987年12月
  • A Novel Planar Inductor,Osamu Oshiro,Hiroaki Tsujimoto,Kimisuke Shirae,IEEE Trans. on Magn.,MAG-23,pp.3759-3761(1987).,Vol. MAG-23,pp.3759-3761,1987年11月
  • A NOVEL MINIATURE PLANAR INDUCTOR,Vol. 23,No. 5,p. 3759-3761,1987年09月
  • A NOVEL MINIATURE PLANAR INDUCTOR,Vol. 23,No. 5,p. 3759-3761,1987年09月
  • A NOVEL MINIATURE PLANAR INDUCTOR,Vol. 23,No. 5,p. 3759-3761,1987年09月
  • 磁性薄膜トランスの構造と諸特性,日本応用磁気学会誌,12,pp.385-388(1987).,Vol. 12,pp.385-388/,,1987年

著書

  • 教科書・概説・概論,医療に活かす生体医工学,コロナ社,ISBN:9784339072471,2020年11月30日
  • 学術書,生体情報センシングと ヘルスケアへの最新応用,大城 理,技術情報協会,ISBN:9784861046612,2017年06月
  • 学術書,現代電子情報通信選書 知識の森 画像入力とカメラ,寺西信一,オーム社,ISBN:9784274212093,2012年06月
  • 学術書,Biological Imaging and Sensing, Chapter 2 Imaiging of Tissue/Organs with Ultrasound,Matatsugu HORI,Toru MASUYAMA,Kazunori BABA,Osamu OSHIRO,Ken ISHIHARA,Hiroya KONDO,Springer-Verlag,2004年06月
  • 学術書,生体計測の機器とシステム,岡田正彦編著,執筆者大城,コロナ社,2000年12月

特許・実用新案・意匠

  • 空間透明型触覚提示装置および道具操作支援システム,黒田嘉宏,吉元俊輔,大城 理,5549979,特願2010-143074,出願日:2010年06月,登録日:2014年05月
  • ULTRASONIC ANGIOSCOPE SYSTEM,Satoshi Kawata,Tadao Sugiura,Osamu Oshiro,Kunihiro Chihara,United States Patent Patent No.: US 6,858,009 B2,10/333,134,出願日:2001年05月,登録日:2005年02月
  • 顔色計測装置,大城 理,千原國宏,村上満佳子,南 広一,石橋伸之,2004-008632,特願2002-168566,出願日:2002年06月,登録日:2004年01月
  • 超音波血管内視鏡システム,河田 聡,杉浦忠男,大城 理,千原國宏,2002-028161,特願2000-216862,出願日:2000年07月,登録日:2004年01月
  • 形状情報伝達システム,安室喜弘,大城 理,千原國宏,2003-281672,特願2002-083042,出願日:2002年03月,登録日:2003年10月
  • 視野検査装置,視野検査方法およびプログラム,菅 幹生,大城 理,湊小太郎,千原國宏,永田 啓,2003-000542,特願2001-188927,出願日:2001年06月,登録日:2003年01月
  • 全方位カメラ,湊小太郎,太田 淳,土居元紀,菅 幹生,大城 理,2002-290807,特願2001-091487,出願日:2001年03月,登録日:2002年10月
  • 骨画像処理方法及び骨強度評価方法,大松浩一郎,眞溪 歩,大城 理,千原國宏,2000-126168,出願日:1998年10月,登録日:2000年05月
  • 生体内複数電流双極子推定用の初期パラメータ設定方法,大城 理,栗城真也,平6-311975,出願日:1993年04月,登録日:1994年11月
  • 生体内複数電流双極子推定用の初期パラメータ設定方法,大城 理,栗城真也,平6-121776,出願日:1992年10月,登録日:1994年05月
  • 生体内複数電流双極子推定の演算方法,大城 理,栗城真也,平6-114022,出願日:1992年10月,登録日:1994年04月
  • 生体情報測定装置、生体情報測定方法、及び生体情報測定プログラム,加藤雄樹,山下新吾,小椋敏彦,吉元俊輔,井村誠孝,大城理,2015-183269,出願日:2015年09月
  • 電極付きゴム手袋とその製造方法、及び電極付きゴム手袋の製造用手型,吉元 俊輔,黒田 嘉宏,大城 理,丸山 輝純,楠田 泰文,特願2014-201283,出願日:2014年09月30日
  • 空間透明型触覚提示装置および道具操作支援システム,黒田 嘉宏,吉元 俊輔,大城 理,特願2010-143074,出願日:2010年06月23日
  • 歯列3次元像生成方法および装置,黒田 知宏,加賀 徹郎,八木 雅和,大城 理,高田 健治,特願2009-031808,出願日:2009年02月13日
  • 触覚センサ,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城理,2018-054266,出願日:2018年03月
  • 電極付きゴム手袋とその製造方法,及び手型,吉元 俊輔,黒田 嘉宏,大城 理,丸山 輝純,楠田 泰文,2014-201283,出願日:2014年09月
  • 歯列の3次元像生成方法及び装置,黒田知宏,加賀徹郎,八木雅和,大城 理,高田健治,特願 2009-31808 (K20080373),出願日:2009年02月
  • 骨画像処理方法及び骨強度評価方法
  • ULTRASONIC ANGIOSCOPE SYSTEM (アメリカ)
  • ULTRASONIC ANGIOSCOPE SYSTEM (America)

作品

  • 脳内インシリコモデル構築と脳外科手術支援への応用,2009年 ~
  • PET画像からの高次診断情報抽出手法の構築,2005年 ~
  • ウェアラブル・エコー診断システムの開発,2004年 ~

受賞

  • ヒューマンインタフェース学会 論文賞,黒田嘉宏,加藤拓実,吉元俊輔,大城 理,ヒューマンインタフェース学会,2020年03月
  • 芸術科学会 論文賞,井手口 裕太,川口 純輝,浦西 友樹,吉元 俊輔,黒田 嘉宏,井村 誠孝,大城 理,芸術科学会,2018年11月
  • 論文賞,井手口裕太,川口純輝,浦西友樹,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,芸術科学会,2018年11月
  • SSI 優秀発表賞,田畑 亮,吉元俊輔,黒田嘉宏,大城 理,計測自動制御学会,2018年11月
  • 日本コンピュータ外科学会 論文賞 (医学賞),高畑裕美,小島史嗣,杉浦忠男,岡田 実,佐藤寿彦,角田 茂,中村達雄,伊達洋至,大城 理,日本コンピュータ外科学会,2015年11月
  • 論文賞 (医学賞),高畑裕美,小島史嗣,杉浦忠男,岡田 実,佐藤寿彦,角田 茂,中村達雄,伊達洋至,大城 理,日本コンピュータ外科学会,2015年11月
  • 日本バーチャルリアリティ学会 論文賞,黒田 嘉宏,浦西 友樹,井村 誠孝,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会,2014年09月
  • 論文賞,黒田嘉宏,浦西友樹,井村誠孝,大城 理,日本バーチャルリアリティ学会,2014年09月
  • インタラクティブ発表賞,Masataka Imura,Yuki Uranishi,Yoshihiro Kuroda,Osamu Oshiro,画像の認識・理解シンポジウム MIRU2013,2013年08月
  • インタラクティブ発表賞,MIRU2013,2013年08月
  • 日本コンピュータ外科学会 2012年度講演論文賞,小島史嗣,佐藤寿彦,高畑裕美,岡田 実,杉浦忠男,大城 理,伊達洋至,中村達雄,日本コンピュータ外科学会,2013年03月
  • 2012年度講演論文賞,小島史嗣,佐藤寿彦,高畑裕美,岡田 実,杉浦忠男,大城 理,伊達洋至,中村達雄,日本コンピュータ外科学会,2013年03月
  • 講演論文賞,小島 史嗣,佐藤 寿彦,高畑 裕美,岡田 実,杉浦 忠男,大城 理,伊達 洋至,中村 達雄,日本コンピュータ外科学会,2012年11月
  • 生体医工学シンポジウム ベストリサーチアワード,Shunsuke Yoshimoto,Yoshihiro Kuroda,Masataka Imura,Osamu Oshiro,生体医工学シンポジウム 2012,2012年09月
  • ベストリサーチアワード,生体医工学シンポジウム,2012年09月
  • 日本医用画像工学会 論文賞,井村誠孝,徳井隆博,大口 諒,田畑慶人,石垣陸太,黒田嘉宏,藤原一央,大城 理,日本医用画像工学会,2012年08月
  • 論文賞,井村誠孝,徳井隆博,大口 諒,田畑慶人,石垣陸太,黒田嘉宏,藤原一央,大城 理,日本医用画像工学会,2012年08月
  • 第6回新画像システム・情報フォトニクス研究討論会 ベストデモンストレーション賞,井村誠孝,八木明日華,黒田嘉宏,大城 理,応用物理学会/日本光学会 情報フォトニクス研究グループ,2012年06月
  • ベストデモンストレーション賞,井村誠孝,八木明日華,黒田嘉宏,大城 理,第 6 回新画像システム・情報フォトニクス研究討論会,2012年06月
  • 大阪大学総長による表彰,大城 理,大阪大学,2012年05月
  • 総長による表彰,大阪大学,2012年05月
  • ICAT 2011 Best Demo Award,Masataka Imura,Asuka Yagi,Yoshihiro Kuroda,Osamu Oshiro,The Virtual Reality Society of Japan,2011年11月
  • Best Demo Award,ICAT 2011,2011年11月
  • エンタテイメントコンピューティング2011 論文賞,井村誠孝,八木明日華,黒田嘉宏,大城 理,情報処理学会,2011年10月
  • 論文賞,井村誠孝,八木明日華,黒田嘉宏,大城 理,エンタテイメントコンピューティング 2011,2011年10月
  • 生体医工学シンポジウム ベストリサーチアワード,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,日本生体医工学会甲信越支部,北海道支部,関東支部,関西支部,2011年09月
  • ベストリサーチアワード,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,大城 理,生体医工学シンポジウム,2011年09月
  • インタラクティブ発表賞,八木明日華,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,インタラクション2011,2011年03月
  • インタラクション2011 インタラクティブ発表賞,八木明日華,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,情報処理学会,2011年03月
  • エンタテイメントコンピューティング2010 童司賞,吉元俊輔,濱田友貴,徳井隆博,末竹哲也,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,情報処理学会,2010年10月
  • 童司賞,吉元俊輔,濱田友貴,徳井隆博,末竹哲也,井村誠孝,黒田嘉宏,大城 理,エンタテイメントコンピューティング 2010,2010年10月
  • 生体医工学シンポジウム ベストリサーチアワード,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,鍵山善之,大城 理,日本生体医工学会北海道支部,甲信越支部,関西支部,関東支部,2010年09月
  • ベストリサーチアワード,吉元俊輔,黒田嘉宏,井村誠孝,鍵山善之,大城 理,生体医工学シンポジウム,2010年09月
  • 日本生体医工学会論文賞・阪本賞,陳 俊傑,江刺正喜,大城 理,千原國宏,芳賀洋一,日本生体医工学会,2007年04月
  • 論文賞・阪本賞,陳 俊傑,江刺正喜,大城 理,千原國宏,芳賀洋一,日本生体医工学会,2007年04月
  • ベストリサーチアワード,大城 理,安室喜弘,杉浦忠男,千原國宏,河田 聡,生体医工学シンポジウム,2003年09月
  • 生体医工学シンポジウム ベストリサーチアワード,大城 理,安室喜弘,杉浦忠男,千原國宏,河田 聡,日本エム・イー学会,2003年09月
  • Best Research Award, Medical and Biological Engineering Symposium,2003年
  • テレコムシステム技術学生賞,末永貴俊,飯野恵秋,黒田知宏,大城 理,千原國宏,第 15 回 電気通信普及財団,2000年03月
  • 表彰,中谷電子計測技術振興財団,2000年02月
  • 中谷電子計測技術振興財団表彰,大城 理,中谷電子計測技術振興財団,2000年02月
  • Nakatani Award,2000年
  • 論文賞,大城 理,東條博史,千原國宏,システム制御情報学会,1997年05月
  • システム制御情報学会論文賞,大城 理,東條博史,千原國宏,システム制御情報学会,1997年05月
  • 奨励賞,日本エム・イー学会大会,1997年04月
  • 日本エム・イー学会大会奨励賞,大城 理,日本エム・イー学会,1997年04月
  • Paper Award,1997年
  • Young Researcher Award,1997年
  • ガレーヌス賞(機能脳神経外科分野),鎌田恭輔,大城 理,竹内文也,栗城真也,宝金清博,岩崎喜信,阿部 弘,脳神経外科学会,1994年10月
  • 脳神経外科学会ガレーヌス賞,鎌田恭輔,大城 理,竹内文也,栗城真也,宝金清博,岩崎喜信,阿部 弘,脳神経外科学会,1994年10月

報道

  • えみスマイル!2016年5月号 iPhoneアプリ「衣服の色調べ」,YouTube,2016年05月
  • 空間に映像が出現? フォグディスプレイ,読売テレビ,2012年07月
  • フォグディスプレイ,NTV,2011年05月
  • 3Dフォグディスプレイ,テレビ朝日,2011年05月
  • 多視点観察可能なフォグディスプレイ,DIGINFO TV, http://jp.diginfo.tv/2011/03/20/11-0070-r-jp.php,2011年03月

学術貢献

  • システム制御情報学会(理事),2018年05月 ~ 継続中
  • 生体医用画像研究会(幹事),2013年10月 ~ 継続中
  • Advanced Biomedical Engineering(副編集長),2012年05月 ~ 継続中
  • システム制御情報学会(評議員),2011年05月 ~ 継続中
  • 日本生体医工学会 関西支部(支部長),2008年03月 ~ 継続中
  • バイオメクフォーラム21研究会(世話人),2006年04月 ~ 継続中
  • 日本生体医工学会(論文誌編修委員),1999年04月 ~ 継続中
  • SEEDS,2015年04月 ~ 2016年03月
  • システム制御情報学会(事業委員会 委員長),2012年05月 ~ 2014年05月
  • 日本超音波医学会関西地方会(運営委員),2010年10月 ~ 2012年10月
  • 日本生体医工学会 関西支部(幹事),2006年03月 ~ 2008年03月
  • 電子情報通信学会(医用画像研究専門委員会 専門委員),2005年04月 ~ 2007年04月
  • 電気学会(論文委員会主査),2004年04月 ~ 2005年03月
  • システム制御情報学会(会誌・編修委員),2001年05月 ~ 2003年05月
  • システム制御情報学会(事業委員),1997年05月 ~ 2001年05月
  • 電子情報通信学会(超音波研究会幹事),1997年04月 ~ 2001年03月
  • 日本超音波医学会(基礎研究部会幹事),1996年04月 ~ 1998年03月
  • 第63回システム制御情報学会研究発表講演会,システム制御情報学会,2019年05月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2018,日本生体医工学会 他,2018年09月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2017,日本生体医工学会 他,2017年09月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2016,日本生体医工学会,2016年09月 ~
  • 12th International Conference on Ubiquitous Healthcare (u-Healthcare 2015),SICE,2015年11月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2015,日本生体医工学会 中四国支部,北海道支部,甲信越支部,関西支部,九州支部,関東支部,2015年09月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2014,日本生体医工学会 九州支部,関東支部,中四国支部,北海道支部,甲信越支部,関西支部,2014年09月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2013,日本生体医工学会 九州支部,関東支部,北海道支部,甲信越支部,関西支部,2013年09月 ~
  • 35回 IEEE EMBS 国際会議,IEEE EMBS,2013年07月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2012,日本生体医工学 関西,北海道,関東,甲信越,九州支部,2012年09月 ~
  • 日本機械学会 第24回バイオエンジニアリング講演会,日本機械学会 バイオエンジニアリング部門,2012年01月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2011,日本生体医工学会 北海道支部,関東支部,甲信越支部,関西支部,2011年09月 ~
  • 第26回生体・生理工学シンポジウム,計測自動制御学会 システム・情報部門,2011年09月 ~
  • 平成23年電気学会全国大会,電気学会,2011年03月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2010,日本生体医工学会 北海道支部,関東支部,甲信越支部,関西支部,2010年09月 ~
  • 日本超音波医学会第83回学術集会,日本超音波医学会,2010年05月 ~
  • 第52回自動制御連合講演会,システム制御情報学会,2009年11月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2008,日本生体医工学会 関西支部,甲信越支部,北海道支部,2008年09月 ~
  • 第47回日本生体医工学大会,日本生体医工学会,2008年05月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2007,日本生体医工学会 北海道支部,関西支部,甲信越支部,2007年09月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2006,日本生体医工学会 関西支部,甲信越支部,北海道支部,2006年09月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2005,日本生体医工学会 関西支部,北海道支部,甲信越支部,2005年09月 ~
  • 生体医工学シンポジウム2004,日本エム・イー学会 北海道支部,関西支部,2004年09月 ~
  • 第17回日本エム・イー学会秋季大会,日本エム・イー学会,2003年10月 ~

社会貢献

  • 公益社団法人東洋紡バイオテクノロジ研究財団(理事),2016年06月 ~ 継続中
  • 日本生体医工学会(理事),2011年04月 ~ 継続中
  • 日本生体医工学会(理事会 幹事),2010年06月 ~ 2011年04月

委員歴

  • 学協会,システム制御情報学会,評議員,2011年 ~
  • 学協会,日本超音波医学会関西地方会,運営委員,2010年 ~
  • 学協会,第52回自動制御連合講演会,プログラム委員,2009年 ~
  • 学協会,日本生体医工学会 関西支部,理事,2007年 ~
  • 学協会,バイオメックフォーラム21研究会,世話人代表,2006年 ~
  • 学協会,日本生体医工学会 関西支部,幹事,2005年 ~
  • 学協会,電子情報通信学会,医用画像研究専門委員会 専門委員,2005年 ~
  • 学協会,電気学会,論文委員会主査,2004年 ~