EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

清水 章弘

Shimizu Akihiro

基礎工学研究科 物質創成専攻,准教授

keyword π電子系,レドックス,有機ラジカル,双性イオン

学歴

  • 2007年04月 ~ 2009年12月,大阪大学,大学院理学研究科,化学専攻 博士後期課程
  • 2005年04月 ~ 2007年03月,大阪大学,大学院理学研究科,化学専攻 博士前期課程
  • 2001年04月 ~ 2005年03月,大阪大学,理学部,化学科

経歴

  • 2017年11月 ~ 継続中,大阪大学大学院基礎工学研究科,物質創成専攻,准教授
  • 2011年05月 ~ 2017年10月,京都大学大学院工学研究科,合成・生物化学専攻,助教
  • 2010年01月 ~ 2011年04月,大阪大学大学院基礎工学研究科,物質創成専攻,助教(任期付)
  • 2007年04月 ~ 2009年12月,日本学術振興会,特別研究員(DC1)
  • 2007年11月 ~ 2008年02月,ベルギー、ノートルダム・ド・ラペ大学,訪問研究員(Benoit Champagne主任研究員 (3ヶ月間)

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,生物有機化学
  • ナノテク・材料,構造有機化学、物理有機化学

所属学会

  • 電気化学会
  • 基礎有機化学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本化学会

論文

  • Azoniadibenzo[ a , j ]phenalenide: A Polycyclic Zwitterion with Singlet Biradical Character,Vol. 58,No. 19,p. 6415-6419,2019年05月06日,研究論文(学術雑誌)
  • Metal- and Oxidant-Free Alkenyl C−H/Aromatic C−H Cross-Coupling Using Electrochemically Generated Iodosulfonium Ions,Ryutaro Hayashi,Akihiro Shimizu,Jonathan,A. Davies,Yu Ishizaki,Chris Willis,Jun-ichi Yoshida,Angewandte Chemie International Edition,Wiley,Vol. 57,No. 39,2018年09月
  • Electrogenerated Cationic Reactive Intermediates: The Pool Method and Further Advances,Vol. 118,No. 9,p. 4702-4730,2018年05月09日
  • Generation and reactions of thiirenium ions by the Cation Pool method,p. 97-113,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Liquid Quinones for Solvent-Free Redox Flow Batteries,Vol. 29,No. 41,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • New Approach to 1,4-Benzoxazin-3-ones by Electrochemical C-H Amination,Vol. 23,No. 50,p. 12096-12099,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Fluoreno[2,3-b]fluorene vs Indeno[2,1-b]fluorene: Unusual Relationship between the Number of pi Electrons and Excitation Energy in m-Quinodimethane-Type Singlet Diradicaloids,Vol. 82,No. 3,p. 1380-1388,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Metal-Free Benzylic C-H Amination via Electrochemically Generated Benzylaminosulfonium Ions,Vol. 23,No. 1,p. 61-64,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • The Stabilized Cation Pool Method: Metal- and Oxidant-Free Benzylic C-H/Aromatic C-H Cross-Coupling,Vol. 138,No. 27,p. 8400-8403,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Generation, Characterization, and Reactions of Thionium Ions Based on the Indirect Cation Pool Method,Vol. 89,No. 1,p. 61-66,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 有機レドックス・フロー電池材料の開発 (特集 低炭素化技術開発の展望),清水 章弘,吉田 潤一,ケミカルエンジニヤリング = Chemical engineering,化学工業社,Vol. 61,No. 3,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • PPV Polymerization through the Gilch Route: Diradical Character of Monomers,Vol. 21,No. 52,p. 19176-19185,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Computational insight into the polymerization of conjugated electroluminescent polymer PPV: Diradical character of monomers and dimers,Durdevic Jelena,Wouters Sebastian,Romanova Julia,Shimizu Akihiro,Champagne Benoit,Junkers Thmoas,Vanderzande Dirk,Van Neck Dimitri,Waroquier Michel,Van Speybroeck Veronique,Catak Saron,ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY,Vol. 250,2015年08月16日
  • Heterocyclization Approach for Electrooxidative Coupling of Functional Primary Alkylamines with Aromatics,Vol. 137,No. 31,p. 9816-9819,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Reaction Integration Using Electrogenerated Cationic Intermediates,Vol. 88,No. 6,p. 763-775,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Automated Electrochemical Assembly of the Protected Potential TMG-chitotriomycin Precursor Based on Rational Optimization of the Carbohydrate Building Block,Vol. 17,No. 6,p. 1525-1528,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Switching the reaction pathways of electrochemically generated beta-haloalkoxysulfonium ions - synthesis of halohydrins and epoxides,Vol. 11,No. Feb,p. 242-248,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrochemical Intramolecular C-H Amination: Synthesis of Benzoxazoles and Benzothiazoles,Vol. 21,No. 8,p. 3211-3214,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Tetracyclopenta[def,jkl,pqr,vwx]tetraphenylene: A Potential Tetraradicaloid Hydrocarbon,Vol. 54,No. 7,p. 2090-2094,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-alternant non-benzenoid kekulenes: the birth of a new kekulene family,Vol. 44,No. 18,p. 6560-6577,2015年
  • Redox active dendronized polystyrenes equipped with peripheral triarylamines,Vol. 10,p. 3097-3103,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Transformation of octadehydrodibenzo[12]annulene to benzonaphthopentalene by successive nucleophilic and electrophilic transannular cyclizations,Vol. 70,No. 45,p. 8474-8479,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Introduction of two lithiooxycarbonyl groups enhances cyclability of lithium batteries with organic cathode materials,Vol. 260,p. 211-217,2014年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Indenofluorene congeners: Biradicaloids and beyond,Vol. 86,No. 4,p. 517-528,2014年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Direct C-N Coupling of Imidazoles with Aromatic and Benzylic Compounds via Electrooxidative C-H Functionalization,Vol. 136,No. 12,p. 4496-4499,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Nitrogen-Containing Polycyclic Quinones as Cathode Materials for Lithium-ion Batteries with Increased Voltage,Vol. 2,No. 2,p. 155-158,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 4. キノンを基本骨格とする正極活物質を用いる有機二次電池,清水 章弘,野上 敏材,吉田 潤一,Electrochemistry,The Electrochemical Society of Japan,Vol. 82,No. 8,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • キノンを基本骨格とする正極活物質を用いる有機二次電池 (特集 有機化合物を用いる二次電池の現状と将来展望),清水 章弘,野上 敏材,吉田 潤一,電気化学および工業物理化学,電気化学会,Vol. 82,No. 8,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Benz[c] indeno[2,1-a] fluorene: a 2,3-naphthoquinodimethane incorporated into an indenofluorene frame,Vol. 5,No. 1,p. 163-168,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and physical properties of zethrene derivatives bearing donor/acceptor substituents at 7,14-positions,Vol. 11,No. 47,p. 8256-8261,2013年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Halogen and Chalcogen Cation Pools Stabilized by DMSO. Versatile Reagents for Alkene Difunctionalization,Vol. 135,No. 43,p. 16070-16073,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Automated Solution-Phase Synthesis of Oligosaccharides via Iterative Electrochemical Assembly of Thioglycosides,Vol. 15,No. 17,p. 4520-4523,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrochemical C-H amination: Synthesis of aromatic primary amines via N -arylpyridinium ions,Vol. 135,No. 13,p. 5000-5003,2013年04月03日,研究論文(学術雑誌)
  • Oxidative and Cyclodimerization of Dehydrobenzo[14]annulenes Induced by Alkyllithium.,S. Nobusue,A. Shimizu,K. Hori,I. Hisaki,M. Miyata,Y. Tobe,Angew.Chem.Int.Ed.,,Vol. 52,p. 1-6,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Oxidative Cyclodimerization After Tandem Cyclization of Dehydrobenzo[14]annulenes Induced by Alkyllithium,Vol. 52,No. 15,p. 4184-4188,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Indeno[2,1-b]fluorene: A 20-pi-Electron Hydrocarbon with Very Low-Energy Light Absorption,Vol. 52,No. 23,p. 6076-6079,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Polymer-Bound Pyrene-4,5,9,10-tetraone for Fast-Charge and -Discharge Lithium-Ion Batteries with High Capacity,Vol. 134,No. 48,p. 19694-19700,2012年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Metal- and Chemical-Oxidant-Free C-H/C-H Cross-Coupling of Aromatic Compounds: The Use of Radical-Cation Pools,Vol. 51,No. 29,p. 7259-7262,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Aromaticity and pi-bond covalency: prominent intermolecular covalent bonding interaction of a Kekule hydrocarbon with very significant singlet biradical character,Vol. 48,No. 45,p. 5629-5631,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical Consideration of Singlet Open-Shell Character of Polyperiacenes Using Clar's Aromatic Sextet Valence Bond Model and Quantum Chemical Calculations,Vol. 1504,p. 399-405,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Theoretical Aspects on the Evaluation and Interpretation of the Third-Order Nonlinear Optical Properties of Diradical Compounds,Vol. 1504,p. 844-847,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Singlet Open-Shell Character of Conjugated Kekule Molecules,Vol. 1504,p. 883-886,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Experimental consideration of covalent-bonding interactions in stacks of singlet biradicals having Kekule structures,Vol. 24,No. 10,p. 876-882,2011年10月
  • Synthesis, Crystal Structure, and Physical Properties of Sterically Unprotected Hydrocarbon Radicals,Vol. 133,No. 36,p. 14240-14243,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • ChemInform Abstract: Experimental Consideration of Covalent Bonding Interactions in Stacks of Singlet Biradicals Having Kekule Structures,Akihiro Shimizu,Masayoshi Nakano,Yasukazu Hirao,Takashi Kubo,ChemInform,Wiley-Blackwell,Vol. 43,No. 2,2011年
  • Singlet open-shell character of polyperiacenes,p. 45-57,2011年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Indeno[2,1-a]fluorene: An Air-Stable ortho-Quinodimethane Derivative,Vol. 50,No. 30,p. 6906-6910,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Electronic structure of delocalized singlet biradical Ph2-IDPL solid film,Vol. 12,No. 39,p. 12570-12577,2010年10月21日,研究論文(学術雑誌)
  • Alternating Covalent Bonding Interactions in a One-Dimensional Chain of a Phenalenyl-Based Singlet Biradical Molecule Having Kekule Structures,Vol. 132,No. 41,p. 14421-14428,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Characterization of Teranthene: A Singlet Biradical Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Having Kekule Structures,Vol. 132,No. 32,p. 11021-11023,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Signature of multiradical character in second hyperpolarizabilities of rectangular graphene nanoflakes,Vol. 489,No. 4-6,p. 212-218,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Singlet Diradical Character from Experiment,Vol. 1,No. 6,p. 937-940,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Chemistry of Phenalenyl-based Delocalized Singlet Biradicals,Vol. 68,No. 1,p. 64-74,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis, Structure, and Photophysical Properties of Dibenzo[de,mn]naphthacenes,Vol. 49,No. 39,p. 7059-7062,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Third-order nonlinear optical properties of trigonal, rhombic and bow-tie graphene nanoflakes with strong structural dependence of diradical character,Vol. 480,No. 4-6,p. 278-283,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Resonance Balance Shift in Stacks of Delocalized Singlet Biradicals,Akihiro Shimizu,Mikio Uruichi,Kyuya Yakushi,Hiroyuki Matsuzaki,Hiroshi Okamoto,Masayoshi Nakano,Yasukazu Hirao,Kouzou Matsumoto,Hiroyuki Kurata,Takashi Kubo,Angewandte Chemie,Wiley-Blackwell,Vol. 121,No. 30,2009年07月
  • Scanning Tunneling Microscopy Study of a Phenalenyl-Based Singlet Biradical on Graphite,Vol. 113,No. 4,p. 1515-1519,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Resonance Balance Shift in Stacks of Delocalized Singlet Biradicals,Vol. 48,No. 30,p. 5482-5486,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical study of third-order nonlinear optical properties in square nanographenes with open-shell singlet ground states,Vol. 467,No. 1-3,p. 120-125,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Ambipolar organic field-effect transistors based on a low band gap semiconductor with balanced hole and electron mobilities,Vol. 91,No. 4,2007年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Strong two-photon absorption of singlet diradical hydrocarbons,Vol. 46,No. 19,p. 3544-3546,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Singlet biradical character of phenalenyl-based Kekule hydrocarbon with naphthoquinoid structure,Vol. 9,No. 1,p. 81-84,2007年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis, intermolecular interaction, and semiconductive behavior of a delocalized singlet biradical hydrocarbon,Vol. 44,No. 40,p. 6564-6568,2005年10月14日,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • スチレンのフローアニオン重合を用いた分岐ポリマーの合成,宅見正浩,清水章弘,野上敏材,永木愛一郎,吉田潤一,日本化学会講演予稿集,Vol. 93rd,No. 4,2013年03月08日

著書

  • Singlet Open-Shell Character of Polyperiacenes,Akihiro Shimizu,Akihito Konishi,Yasukazu Hirao,Takashi Kubo,World Scientific Publisher,2011年

特許・実用新案・意匠

  • 光起電力素子用化合物、光起電力素子用材料および光起電力素子,戸部 義人,信末 俊平,清水 章弘,北澤 大輔,山本 修平,特願2013-035113,出願日:2013年02月25日
  • 二光子吸収材料,中野 雅由,久保 孝史,鎌田 賢司,太田 浩二,山口 兆,中筋 一弘,森田 靖,岸 亮平,清水 章弘,特願2005-267913

受賞

  • 進歩賞 (佐野賞),清水 章弘,電気化学会,2018年03月
  • 第97春季年会 第31回若い世代の特別講演証,清水 章弘,日本化学会,2017年03月
  • 有機電子移動化学奨励賞,清水 章弘,電気化学会 有機電子移動化学研究会,2016年06月
  • 旭化成ファーマ研究企画賞,清水 章弘,有機合成化学協会,2015年12月
  • 第92春季年会 優秀講演賞,清水 章弘,日本化学会,2012年04月
  • 第89春季年会 学生講演賞,清水 章弘,日本化学会,2009年04月

講演・口頭発表等

  • 窒素原子を導入したキノン誘導体の電気化学特性,清水 章弘,矢三 勇介,辻井 豊,野上 敏材,稲富 友,北條 伸彦,鈴木 拡哲,吉田潤一,第39回有機電子移動化学討論会,2015年06月
  • 電気化学的手法により発生させたスルホニウムイオンを用いる分子変換,林 竜太朗,芦刈 洋祐,野上 敏材,清水 章弘,吉田 潤一,第39回有機電子移動化学討論会,2015年06月
  • 電解酸化によるチイレニウムイオンの発生・蓄積とその分子変換,堀内 俊,林 竜太朗,清水 章弘,吉田 潤一,第39回有機電子移動化学討論会,2015年06月
  • 溶液系二次電池用のキノン系有機活物質の開発,竹中 啓祐,清水 章弘,吉田 潤一,第39回有機電子移動化学討論会,2015年06月
  • 活性種の安定化に基づく有機電子移動化学,清水 章弘,近畿大学 平成27年度 第1回 光エネルギーセミナー,2015年05月
  • o- and p-Quinones Containing Nitrogen Atoms as Cathode Materials for Lithium Batteries,Akihiro Shimizu,Yutaka Tsujii,Hiroki Kuramoto,Toshiki Nokami,Yuu Inatomi,Nobuhiko Hojo,Jun-ichi Yoshida,227th ECS Meeting,2015年05月
  • Alkene Difunctionalization via b-Haloalkoxysulfonium Ions,Ryutaro Hayashi,Yosuke Ashikari,Toshiki Nokami,Akihiro Shimizu,Jun-ichi Yoshida,227th ECS Meeting,2015年05月
  • Synthesis and Properties of a Fluoreno[2,3-b]fluorene Derivative Having an Anomalous Optical Property,Hirokazu Miyoshi,Masahito Miki,Shintaro Hirano,Akihiro Shimizu,Ryohei Kishi,Masayoshi Nakano,Yoshito Tobe,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • 電気化学的手法により発生させたチオニウムイオンのNMRによる観測と安定性の評価,清水 章弘,武田 圭史,齊藤 巧泰,金 松希,野上 敏材,吉田 潤一,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • テトラアザピレンテトラオンの電気化学特性,辻井 豊,清水 章弘,矢三 勇介,野上 敏材,稲富 友,北條 伸彦,鈴木 拡哲,吉田 潤一,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • インダイレクトカチオンフロー法により発生させたオキソニウムイオンの安定性評価,三島 翔太,清水 章弘,吉田 潤一,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • 5,8-ジアザ-1,4-ナフトキノン誘導体の電気化学特性,矢三 勇介,清水 章弘,辻井 豊,野上 敏材,稲富 友,北條 伸彦,鈴木 拡哲,吉田 潤一,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • 溶液系二次電池用のキノン系有機活物質の開発,竹中 啓祐,清水 章弘,吉田 潤一,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • 電子移動を利用した芳香族化合物の分子内C-Hアミノ化,諸藤 達也,清水 章弘,吉田 潤一,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • トリフラートで安定化されたハロゲン・カルコゲンカチオンの電気化学的発生・蓄積とアルキンとの反応,堀内 俊,林 竜太朗,清水 章弘,吉田 潤一,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • 電気化学的手法によるアミノスルホニウムイオンを経由するベンジル位のC-Hアミノ化,林 竜太朗,芦刈 洋祐,野上 敏材,清水 章弘,吉田 潤一,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • 電気化学的手法による芳香族化合物の分子内C-Hアミノ化,諸藤 達也,清水 章弘,吉田 潤一,2015年 電気化学会第82回大会,2015年03月
  • Observation and Reactions of Thionium Ions Generated by Indirect Cation Pool Method,清水 章弘,武田 圭史,齊藤 巧泰,金 松希,野上 敏材,吉田 潤一,ISIS-9,2014年12月
  • Integrated Synthesis of Halohydrines and Epoxides by Bromine and Iodine Cation Pools,Ryutaro Hayashi,Yosuke Ashikari,Akihiro Shimizu,Toshiki Nokami,Jun-ichi Yoshida,ISIS-9,2014年12月
  • 量子化学計算を用いた二次電池有機正極材料の設計と開発,清水 章弘,辻井 豊,倉本 拓樹,野上 敏材,稲富 友,北條 伸彦,鈴木 拡哲,吉田 潤一,2014年 電気化学秋季大会,2014年09月
  • Nitrogen-Containing Polycyclic Quinones as Cathode Materials for Lithium Batteries,Akihiro Shimizu,Yutaka Tsujii,Hiroki Kuramoto,Toshiki Nokami,Yuu Inatomi,Nobuhiko Hojo,Jun-ichi Yoshida,Electrochemistry 2014,2014年09月
  • インダイレクトカチオンプール法によるチオニウムイオンの発生と反応,武田 圭史,齊藤 巧泰,金 松希,清水 章弘,野上 敏材,吉田 潤一,2014年 電気化学秋季大会,2014年09月
  • キノンを正極材料に用いる有機電池のサイクル特性の向上と高電圧化,清水 章弘,倉本 拓樹,辻井 豊,矢三 勇介,野上 敏材,稲富 友,北條 伸彦,鈴木 拡哲,吉田 潤一,第38回有機電子移動化学討論会,2014年06月
  • Reaction Integration Using Electrochemically Generated Cationic Reactive Intermediates,Ryutaro Hayashi,Yosuke Ashikari,Toshiki Nokami,Akihiro Shimizu,Jun-ichi Yoshida,225th ECS Meeting,2014年05月
  • C-H Amination of Aromatic Compounds Based on Electrochemical Oxidation,Tatsuya Morofuji,Akihiro Shimizu,Jun-ichi Yoshida,225th ECS Meeting,2014年05月
  • 電解酸化による芳香族化合物への窒素官能基導入,諸藤 達也,清水 章弘,吉田 潤一,日本化学会第94春季年会,2014年03月
  • 含窒素多環式キノンの電気化学特性,辻井 豊,清水 章弘,野上 敏材,倉本 拓樹,稲富 友,北條 伸彦,鈴木 拡哲,吉田 潤一,日本化学会第94春季年会,2014年03月
  • ハロゲン・カルコゲンカチオンプール法によるアルケンの二官能基化,林 竜太朗,芦刈 洋祐,清水 章弘,吉田 潤一,日本化学会第94春季年会,2014年03月
  • リチオオキシカルボニル基を二つ有するキノン類の充放電特性,日本化学会第94春季年会,2014年03月
  • リチウムカルボキシ基を導入したキノン誘導体を正極活物質に用いた有機電池,清水 章弘,倉本 拓樹,辻井 豊,野上 敏材,稲富 友,北條 伸彦,鈴木 拡哲,吉田 潤一,2014年 電気化学会第81回大会,2014年03月
  • Polymer-Bound Pyrene-4,5,9,10-tetraone as a Cathode Material for Lithium-Ion Batteries,Akihiro Shimizu,Toshiki Nokami,Hiroki Kuramoto,Yutaka Tsujii,Jun-ichi Yoshida,ISOR-11,2013年11月
  • Development of Cathode Materials Based on o-Quinones for Lithium-Ion Batteries,Hiroki Kuramoto,Akihiro Shimizu,Toshiki Nokami,Yutaka Tsujii,Takahiro Matsuo,Yuu Inatomi,Nobuhiko Hojo,Takafumi Tsukagoshi,Hiroshi Yoshizawa,Jun-ichi Yoshida,GJSE-4,2013年10月
  • Electrochemical Properties of Cyclic 1,2-Diketones,Yutaka Tsujii,Akihiro Shimizu,Toshiki Nokami,Hiroki Kuramoto,Takahiro Matsuo,Yu Inatomi,Nobuhiko Hojo,Takafumi Tsukagoshi,Hiroshi Yoshizawa,Jun-ichi Yoshida,GJSE-4,2013年10月
  • 窒素原子を導入したキノン誘導体の酸化還元特性の評価,辻井 豊,清水 章弘,倉本 拓樹,野上 敏材,稲富 友,北條 伸彦,吉田 潤一,2013年電気化学秋季大会,2013年09月
  • 1,2-ジケトンを基本構造とするリチウムイオン二次電池正極用有機レドックスポリマーの開発,清水 章弘,倉本 拓樹,辻井 豊,野上 敏材,吉田 潤一,第62回高分子討論会,2013年09月
  • Electrochemical C?H/C?H Cross-Coupling of Aromatic Compounds Using Radical Cation Pools,Tatsuya Morofuji,Akihiro Shimizu,Jun-ichi Yoshida,223rd ECS Meeting,2013年05月
  • Polymer-Bound Pyrene-4,5,9,10-Tetraone for Fast-Charge and -Discharge Lithium-ion Batteries with High Capacity,Jun-ichi Yoshida,Toshiki Nokami,Takahiro Matsuo,Yuu Inatomi,Nobuhiko Hojo,Takafumi Tsukagoshi,Hiroshi Yoshizawa,Hiroki Kuramoto,Akihiro Shimizu,223rd ECS Meeting,2013年05月
  • Design, Synthesis, and Electrochemical Properties of Cyclic 1,2-Diketones as Organic Cathode Materials for Lithium-ion Batteries,Akihiro Shimizu,Takahiro Matsuo,Hiroki Kuramoto,Toshiki Nokami,Yuu Inatomi,Nobuhiko Hojo,Takafumi Tsukagoshi,Hiroshi Yoshizawa,Jun-ichi Yoshida,223rd ECS Meeting,2013年05月
  • 2,3-ナフトキノジメタン構造を有するベンゾ[c]インデノ[2,1-a]フルオレンの異常な反応性,三好 宏和,信末 俊平,清水 章弘,戸部 義人,日本化学会第93春季年会,2013年03月
  • スチレンのフローアニオン重合を用いた分岐ポリマーの合成,宅見 正浩,清水 章弘,野上 敏材,永木 愛一郎,吉田 潤一,日本化学会第93春季年会,2013年03月
  • 多環芳香族化合物をコアに有するデンドリマーの電解合成,武田 圭史,清水 章弘,野上 敏材,吉田 潤一,日本化学会第93春季年会,2013年03月
  • 電解酸化による芳香族第一級アミンの合成,諸藤 達也,清水 章弘,吉田 潤一,日本化学会第93春季年会,2013年03月
  • ピレン-4,5,9,10-テトラオンを有するポリマーの充放電特性,倉本 拓樹,清水 章弘,野上 敏材,辻井 豊,松尾 隆宏,稲富 友,北條 伸彦,塚越 貴史,芳澤 浩司,吉田 潤一,日本化学会第93春季年会,2013年03月
  • ピレン-4,5,9,10-テトラオンとそのポリマーの合成と電気化学特性,辻井 豊,清水 章弘,野上 敏材,倉本 拓樹,松尾 隆宏,稲富 友,北條 伸彦,塚越 貴史,芳澤 浩司,吉田 潤一,日本化学会第93春季年会,2013年03月
  • 電気化学的手法に基づく自動合成装置を用いたオリゴグルコサミン合成,林 竜太朗,劉 知岳,蒙 国光,清水 章弘,野上 敏材,吉田 潤一,日本化学会第93春季年会,2013年03月
  • フェニルエチニル基を含むゼトレン誘導体の二光子吸収およびジラジカル性についての研究,南出 秀,鎌田 賢司,太田 浩二,米田 京平,岸 亮平,重田 育照,中野 雅由,WU,Tsun-Cheng, WU,Yao-Ting,北林 賢一,日比 大治郎,清水 章弘,戸部 義人,日本化学会第93春季年会,2013年03月
  • C-H/C-H Cross-Coupling of Aromatic Compounds Using Electrochemically Generated "Radical Cation Pools",Akihiro Shimizu,The 1st Bristol-Kyoto Symposium,2013年01月
  • Tetracyclopenta[def,jkl,pqr,vwx]tetraphenyene: Synthesis and Properties of Conjugated Macrocyclic System Consisting of as-indacene Substructure,Shunpei Nobusue,Akihiro Shimizu,Yoshito Tobe,2012年11月
  • C-H/C-H Cross-Coupling of Aromatic Compounds Based on the “Radical-Cation Pool” Method,Tatsuya Morofuji,Akihiro Shimizu,Jun-ichi Yoshida,IKCOC-12,2012年11月
  • ラジカルカチオンプール法による非対称ビアリール化合物の直接合成,清水 章弘,諸藤 達也,吉田 潤一,第10回京都大学福井謙一記念研究センターシンポジウム,2012年11月
  • ラジカルカチオンプール法による芳香族化合物の脱水素型クロスカップリング,諸藤 達也,清水 章弘,吉田 潤一,第36回有機電子移動化学討論会,2012年06月
  • インデノフルオレンの特徴的な電子構造の解明,清水 章弘,岸 亮平,中野 雅由,塩見 大輔,佐藤 和信,工位 武治,戸部 義人,日本化学会第92春季年会,2012年03月
  • 環状ビシナルジケトン類の電気化学特性,松尾 隆宏,清水 章弘,野上 敏材,吉田 潤一,日本化学会第92春季年会,2012年03月
  • ジゼトレニルアセチレンの合成,北林 賢一,日比 大治郎,清水 章弘,戸部 義人,日本化学会第92春季年会,2012年03月
  • 電子移動による芳香族化合物の酸化的クロスカップリング,諸藤 達也,清水 章弘,吉田 潤一,日本化学会第92春季年会,2012年03月
  • Indenofluorenes: Polycyclic Hydrocarbons with Singlet Biradical Character,Yoshito Tobe,Akihiro Shimizu,ISNA-14,2011年07月

委員歴

  • 学協会,電気化学会 有機電子移動化学研究会,幹事, ~ 継続中