EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

大谷 順子

Ootani Junko

人間科学研究科 人間科学専攻,教授

keyword 中央アジア,中国,社会調査研究方法,健康政策,社会学,社会開発,国際保健・人口学

学歴

  • ~ ,Harvard School of Public Health,MPH International Health
  • ~ ,Harvard School of Public Health,MS in Population Science
  • ~ ,London School of Economics and Political Sciences (LSE) & LSHTM, PhD,Social Policy and Administration, Health Policy

経歴

  • 2020年05月 ~ 継続中,公益社団法人 日本WHO協会,理事
  • 2019年04月 ~ 継続中,大阪大学国際教育交流センター,教授(兼任)
  • 2015年04月 ~ 継続中,大阪大学大学院人間科学研究科,教授
  • 2011年04月 ~ 継続中,大阪大学適塾記念センター,教授(兼任)
  • 2011年02月 ~ 継続中,大阪大学総合学術博物館,教授(兼任)
  • 2014年04月 ~ 2017年03月,大阪大学東アジアセンター,センター長
  • 2015年09月 ~ 2016年08月,大阪大学社学連携室,室員(副理事)
  • 2008年10月 ~ 2015年03月,大阪大学大学院人間科学研究科グローバル人間学専攻,准教授
  • 2005年 ~ 2010年,: 九州大学アジア総合政策センター 協力教員(兼任)
  • 2005年 ~ 2010年,: Kyushu University Asia Centre for Policy Studies,

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • 人文・社会,社会学
  • 人文・社会,地域研究

論文

  • 新型コロナウイルス感染防止対策・知識に関する調査研究ー大阪大学における中国人留学生を例にして―,高誉文,大谷順子,大阪大学高等教育研究,Vol. 9,p. 13-30,2021年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Attitudes toward Parental Leave Policies among Physicians Working in Regional Hospitals in Japan,Mizuho A. Kido,Kaoru Araki,Hisako Yoshida,Miho Masuoka,Akiko Matsumoto,Megumi Hara,Junko Otani,Lynne Nakano,APRU Global Health Conference HK 2019,2019年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Community Disaster Risk Reduction during Urbanization of Sichuan ,China,Yixuan CHEN,Junko OTANI,The 15th Association of Pacific Rim Universities (APRU) Multi-Hazards Symposium, Mexico,2019年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Impacts of dark tourism after Sichuan Earthquake in China,Xin GAO,Junko OTANI,The 15th Association of Pacific Rim Universities (APRU) Multi-Hazards Symposium, Mexico,2019年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Effect of natural disasters on perinatal health,Junko Otani,Yixuan Chen,Lisa Gibbs,Christie LaiMing Lam,Xin Gao,The 15th Association of Pacific Rim Universities (APRU) Multi-Hazards Symposium, Mexico,2019年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • “People Gain Nothing. No Safe Houses, Our Government Just Wants to Finish the Project Faster”: Neoliberalism, Human Security and the 2015 Nepal Earthquake Recovery,Lam, Lai Ming Christie,大谷順子,国際開発学会第20回春季大会発表要旨集,2019年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Health support for new mothers facing isolated baby raising in the super ageing Japanese society,Junko Otani,IUHPE 23rd World Conference on Health Promotion, Rotorua, New Zealand,2019年04月
  • Comparison of Early Childhood Development Policy in Hong Kong and Osaka,大谷順子,Nakano Lynne S,日本国際保健医療学会 第37回西日本地方会,2019年03月
  • バングラデシュにおける移動健診システムのビジネスモデル構築,大谷 順子,大杉 卓三,アハメッド・アシㇽ,日本国際保健医療学会 第37回西日本地方会,2019年03月
  • Taking a child to conduct fieldwork: Challenges for female researchers’ mental health and well-being,大谷順子,Lam Lai Ming Christie,日本国際保健医療学会 第37回西日本地方会,2019年03月
  • エイズ・マラリア・結核,大谷順子,国際開発学事典,丸善出版,2018年11月
  • Comparison of Occupational Physicians Roles between Japan and Taiwan,Rie Ogasawara,Ya-wen Cheng,Chung-Yen Chen,Hsi-Chen Liu,Junko Otani,Association of Pacific Rim Universities (APRU) the 12th Global Health Conference, University of Malaya,2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Disaster preparedness in the ageing society: Ten years on from the 2008 Sichuan Earthquake,Yixuan CHEN,Xin GAO,Junko OTANI,Association of Pacific Rim Universities (APRU) the 14th Multi-Hazards Symposium, Australian National University (ANU),2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Comparison of Occupational Physicians Roles between Japan and Taiwan,Rie Ogasawara,Ya-wen Cheng,Chung-Yen Chen,Hsi-Chen Liu,Junko Otani,Association of Pacific Rim Universities (APRU) the 12th Global Health Conference, University of Malaya,2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Disaster preparedness in the ageing society: Ten years on from the 2008 Sichuan Earthquake,Yixuan CHEN,Xin GAO,Junko OTANI,Association of Pacific Rim Universities (APRU) the 14th Multi-Hazards Symposium, Australian National University (ANU),2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Impacts of the Sichuan Earthquake in China on generations and gender across,Jing LI,Yixuan CHEN,Xin GAO,Yumei ZHANG,Yongheng YOU,Jianxin ZHANG,Junko OTANI,XIX ISA World Congress of Sociology, RC39, Sociology of Disaster, Toronto, Canada,2018年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 仕事ストレスに対する産業衛生政策の日本と台湾における比較研究2:台湾の課題,小笠原理恵,陳宗延,劉曦宸,鄭雅文,ノース・スコット,大谷順子,第91回日本産業衛生学会,2018年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 就学前教育における保健活動の地域連携―中国広西チワン族自治区における幼児園保健専門職への調査より―,鍾寧,大谷順子,中村安秀,第36回日本国際保健医療学会西日本大会,2018年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 中国新疆の農村地域におけるマハッラの社会的仕組みとその機能ーー1990年代を中心に,熱孜万,阿布里米提,リズワン・アブリミティ,大谷順子,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 44,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 中国新疆都市部におけるウイグル人女性の言語使用状況に関する調査ーー北新疆のウルムチ市、グルジャ市と南新疆のカシュガル市、ホータン市を事例として,シェリンアイ・マソティ(希日娜依,苏提,大谷順子,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 44,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A Study of Disaster Tourism in Beichuan following the Sichuan Earthquake in China: Focusing on Disaster Education,Xin GAO,Junko OTANI,Osaka Human Sciences,Vol. 4,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Attempts toward Creative Reconstruction using Arts: Relocation and Reconstruction supported by insurance, 2011 New Zealand,Junko Otani,Osaka Human Sciences,Vol. 4,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Financing elderly people’s long-term care needs: Evidence from China,Fengyue Li,Junko Otani,International Journal of Health Planning and Management,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Educational needs of Japan’s dementia care workforce: results of a national online survey,Aneer M,Nagasawa, F,Terawaki, K,Nagarekawa, F,Gao, X,Otani, J,International Journal of Ageing and Later Life,Vol. 11,No. 2,p. 35-60,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Mixed methods for an exploratory study looking at the elderly Earthquake survivors,Junko Otani,2017年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • シルクロードの開発政策「一帯一路」イニシアティブ,大谷順子,日中社会学研究,日中社会学会,Vol. 25,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 仕事ストレスに対する産業衛生政策の日本と台湾における比較研究,小笠原理恵,鄭雅文,大谷順子,近畿産業衛生学会,2017年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 震災復興による商業開発が地域住民に与えた影響ー四川省蘿蔔寨を例にー,陳逸璇,大谷順子,日本災害復興学会2017年兵庫大会予稿集,2017年10月
  • 四川大地震後のツーリズム発展ーチャン羌族文化の復旧―,高欣,大谷順子,日本災害復興学会2017兵庫大会予稿集,2017年10月
  • Japanese-language Dementia Knowledge Assessment Scale: Psychometric performance, and health student and professional understanding,Michael J. Annear,Junko Otani,Jing Li,GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL,WILEY,Vol. 17,No. 10,p. 1746-1751,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Japanese-language Dementia Knowledge Assessment Scale: Psychometric performance, and health student and professional understanding,Michael J. Annear,Junko Otani,Jing Li,GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL,WILEY,Vol. 17,No. 10,p. 1746-1751,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • The Influence of Disaster Risk Reduction Agencies’ Collaboration on Elementary schools in Sichuan, China,Chen, Yixuan,Otani, Junko,The 13th Asia Pacific Rim Universities (APRU) Multi-Hazards Symposium 2017, Beijing University, China,2017年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Discussion on Exhibition Representation in Chinese Disaster Museum,Gao, Xin,Otani, Junko,The 13th Asia Pacific Rim Universities (APRU) Multi-Hazards Symposium 2017, Beijing University, China,2017年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • China’s Pairing Support Method(PSM)as a post-disaster recovery strategy,Jing Li,Junko Otani,China’s Pairing Support Method(PSM)as a post-disaster recovery strategy,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • The power of Art as vital role for creative recovery from disaster: Cases from Christchurch, New Zealand and Melbourne, Australia,Junko Otani,The 13th Asia Pacific Rim Universities (APRU) Multi-Hazards Symposium 2017, Beijing University, China,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 中央アジアのコミュニティづくり,大谷順子,コミュニティ事典,春風社,Vol. 12,No. 19,2017年07月
  • 途上国の女性とコミュニティ,大谷順子,コミュニティ事典,春風社,Vol. 8,No. 18,2017年07月
  • Older Adults during Disasters: Facilitators and Barriers in Less and More Developed Countries,Junko Otani,Lisa Brown,Sally Keeling,Christine Stephens,Fiona Alpass,Denise Eldemire-Shearer,2017年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • シルクロードの開発政策―「一帯一路」イニシアティブ,大谷順子,2017年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Migrant integration policies in Japan and their effect on migrants,Kim, Viktoriya,Streich, Philip,Otani, Junko,2017年06月
  • グローバル化時代のアジアにおける国際キャリア形成に向けた高等教育の比較分析,大谷順子,ノース・スコット,キム・ヴィクトリャ,石川真由美,李鳳月,公益財団法人村田学術振興財団年報2017,Vol. 31,p. 1-8,2017年06月
  • Mental health as a public health issue following the earthquakes: reports from Japan and China,Junko Otani,Jing Li,Xin Gao,Yonghe You,2017年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Mental health as a public health issue following the earthquakes: reports from Japan and China,,Junko Otani,Jing Li,Xin Gao,Yonghe You,2017年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Social Dynamics of Disaster Suffering, Recovery and Reconstruction:Reflection from Gorkha Earthquake 2015 Nepal,Lam, LaiMing Christie,Otani, Junko,2017年03月
  • Social Dynamics of Disaster Suffering, Recovery and Reconstruction:Reflection from Gorkha Earthquake 2015 Nepal,Lam, LaiMing Christie,Otani, Junko,2017年03月
  • Implementation of integration policies in Japan and their effect on migrants: Kokusai kōryū sentā (centers of international exchange) as sources for migrant adaptation,Kim, Viktoriya,Streich, Phili,Otani, Junko,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The rise of "world class" universities and changing scholarship in Asia: competitions, engagements and representations,Ishikawa, Mayumi,Otani, Junko,Annear, Michael,Gao, Xin,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Implementation of integration policies in Japan and their effect on migrants: Kokusai kōryū sentā (centers of international exchange) as sources for migrant adaptation,Kim, Viktoriya,Streich, Phili,Otani, Junko,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The rise of "world class" universities and changing scholarship in Asia: competitions, engagements and representations,Ishikawa, Mayumi,Otani, Junko,Annear, Michael,Gao, Xin,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 中国四川省北川県におけるディザスターツーリズム開発に関する研究―災害教育を中心に―,高欣,大谷順子,『日中社会学研究』日中社会学会,Vol. 24,p. 98-110,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • エイジングと災害脆弱性に対する認識を測る尺度(Perceptions of Ageing and Disaster Vulnerability Scale: PADVS)の開発、日本語版の作成と信頼性・妥当性の検討および質的データを合わせた調査研究,大谷順子,マイケル・アニエー,高欣,日本災害復興学会大会(2016石巻)予稿集,p. 9-10,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • エイジングと災害脆弱性に対する認識を測る尺度(Perceptions of Ageing and Disaster Vulnerability Scale: PADVS)の開発、日本語版の作成と信頼性・妥当性の検討および質的データを合わせた調査研究,大谷順子,マイケル・アニエー,高欣,日本災害復興学会大会(2016石巻)予稿集,p. 9-10,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Japanese perceptions of societal vulnerability to disasters during population ageing: Constitution of a new scale and initial findings,Michael J. Annear,Junko Otani,Xin Gao,Sally Keeling,INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 18,p. 32-40,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Japanese perceptions of societal vulnerability to disasters during population ageing: Constitution of a new scale and initial findings,Michael J. Annear,Junko Otani,Xin Gao,Sally Keeling,INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 18,p. 32-40,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Experiences of Japanese aged care: the pursuit of optimal health and cultural engagement,Annear, M.J,Otani, J,Sun, J,Age and Ageing,Oxford University Press,Vol. 45,No. 4,p. 753-756,2016年08月
  • 中国四川省北川県におけるディザスターツーリズム開発に関する研究―災害教育を中心に―,高欣,大谷順子,『日中社会学研究』日中社会学会,Vol. 24,p. 96-108,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Experiences of Japanese aged care: the pursuit of optimal health and cultural engagement,Annear, M.J,Otani, J,Sun, J,Age and Ageing,Oxford University Press,Vol. 45,No. 4,p. 753-756,2016年08月
  • 中国四川省北川県におけるディザスターツーリズム開発に関する研究ー災害教育を中心にー,高欣,大谷順子,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • The rise of “world class” universities and changing scholarship in Asia: competitions, engagements and representations,Ishikawa, M,Chou, CP,Li, J,Otani, J,Welch, A,AAS in Asia (The Association for Asian Studies (AAS) ),2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 中国における介護保障制度の創設に向けた取り組みと課題,李鳳月,大谷順子,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Disaster preparedness efforts in Japan with super ageing population,Otani, Junko,2016年06月
  • Social isolation among older adults following natural disasters - comparative international experiences Report from Japan,Otani, Junko,2016年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 新疆ウイグル自治区の漢語教育に見る言語とアイデンティティの関係,新井凜子,大谷順子,『21世紀東アジア社会学』日中社会学会,Vol. 8,p. 57-74,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • The rise of “world class” universities and changing scholarship in Asia: competitions, engagements and representations,Ishikawa, M,Chou, CP,Li, J,Otani, J,Welch, A,AAS in Asia (The Association for Asian Studies (AAS) ),2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 中国における介護保障制度の創設に向けた取り組みと課題,李鳳月,大谷順子,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Disaster preparedness efforts in Japan with super ageing population,Otani, Junko,2016年06月
  • Social isolation among older adults following natural disasters - comparative international experiences Report from Japan,Otani, Junko,2016年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 新疆ウイグル自治区の漢語教育に見る言語とアイデンティティの関係,新井凜子,大谷順子,『21世紀東アジア社会学』日中社会学会,Vol. 8,p. 57-74,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Earthquake insurance and post-disaster housing in the case of Canterbury earthquakes in New Zealand,Junko Otani,Osaka Human Sciences,Vol. 2,p. 1-20,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Issues in reconstruction policy of Sichuan Earthquakes in P.R.China,Otani, Junko,Vol. 1,p. 57-78,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Reconceptualising vulnerability, risk, and technology in an ageing society: Evidence-informed psychosocial interventions and participatory urban remediation support recovery.,Annear, M,Otani, J,Keeling, S,2016年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Earthquake insurance and post-disaster housing in the case of Canterbury earthquakes in New Zealand,Junko Otani,Osaka Human Sciences,Vol. 2,p. 1-20,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Issues in reconstruction policy of Sichuan Earthquakes in P.R.China,Otani, Junko,Vol. 1,p. 57-78,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Reconceptualising vulnerability, risk, and technology in an ageing society: Evidence-informed psychosocial interventions and participatory urban remediation support recovery.,Annear, M,Otani, J,Keeling, S,2016年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Dementia Knowledge Assessment Scale (DKAS): A universal measure to assess understanding about the biomedical and psychosocial aspects of an emerging global health challenge and its Japanese version,Otani, J,Annear, M,2016年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Dementia Knowledge Assessment Scale (DKAS): A universal measure to assess understanding about the biomedical and psychosocial aspects of an emerging global health challenge and its Japanese version,Otani, J,Annear, M,2016年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 大阪大学東アジア拠点設立 5 周年,大谷順子,『生産と技術』,Vol. 67,No. 4,p. 117-121,2015年10月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 「新疆维吾尔族女性维汉双语使用情况调查」,希日娜依,買蘇提(シェリンアイ・マイスティ,大谷順子,『21世紀東アジア社会学』日中社会学会,Vol. 7,p. 181-192,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 「新疆维吾尔族女性维汉双语使用情况调查」,希日娜依,買蘇提(シェリンアイ・マイスティ,大谷順子,『21世紀東アジア社会学』日中社会学会,Vol. 7,p. 181-192,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Decisions on schools for Uyghur children in Xinjiang, P.R. China,Ablimit, Rizwa,Otani, Junko,Osaka Human Sciences,Vol. 1,p. 29-56,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Role of post-disaster NGO at the 2008 Wenchuan and 2013 Lushan Earthquakes in Sichuan in P.R. China: Case study of grass-root NGO for mental support,Zhang, Yumei,Otani, Junko,Osaka Human Sciences,Vol. 1,p. 1-28,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Decisions on schools for Uyghur children in Xinjiang, P.R. China,Ablimit, Rizwa,Otani, Junko,Osaka Human Sciences,Vol. 1,p. 29-56,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Role of post-disaster NGO at the 2008 Wenchuan and 2013 Lushan Earthquakes in Sichuan in P.R. China: Case study of grass-root NGO for mental support,Zhang, Yumei,Otani, Junko,Osaka Human Sciences,Vol. 1,p. 1-28,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • The Evolution of Japan’s ODA Disaster Response, with Special Reference to Indonesia and the Philippines,Otani, Junko,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 41,p. 1-20,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • The Evolution of Japan’s ODA Disaster Response, with Special Reference to Indonesia and the Philippines,Otani, Junko,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,Vol. 41,p. 1-20,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Book Review, "Japan copes with Calamity: Ethnographies of the Earthquake, Tsunami and Nuclear Disaster of March 2011", edited by Tom Gill, Brigitte Steger and David H. Slater (Peter Lang 2013).,Junko Otani,Asian Anthropology (Chinese University of Hong Kong),Taylor & Francis,Vol. 13,No. 2,p. 165-167,2015年01月
  • Book Review, "Japan copes with Calamity: Ethnographies of the Earthquake, Tsunami and Nuclear Disaster of March 2011", edited by Tom Gill, Brigitte Steger and David H. Slater (Peter Lang 2013).,Junko Otani,Asian Anthropology (Chinese University of Hong Kong),Taylor & Francis,Vol. 13,No. 2,p. 165-167,2015年01月
  • Social consequences of Canterbury Earthquakes in 2010-2011 in New Zealand,Junko Otani,The 10th APRU(Association of Pacific Rim Universities) Research Symposium on multi-hazards around the Pacific Rim, Universidad de Chile,2014年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「カンタベリー地震の事例に見るニュージーランドの地震保険と被災地住宅の現状分析」,大谷順子,『日本災害復興学会論文集』,日本災害復興学会,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Social consequences of Canterbury Earthquakes in 2010-2011 in New Zealand,Junko Otani,The 10th APRU(Association of Pacific Rim Universities) Research Symposium on multi-hazards around the Pacific Rim, Universidad de Chile,2014年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「カンタベリー地震の事例に見るニュージーランドの地震保険と被災地住宅の現状分析」,大谷順子,『日本災害復興学会論文集』,日本災害復興学会,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 質的データの分析とアイデアの扱い(ミニシンポジウム報告),大谷 順子,大杉 卓三,国際保健医療,JAPAN ASSOCIATION FOR INTERNATIONAL HEALTH,Vol. 28,No. 1,p. 1-4,2013年
  • 中国の災害復興政策 : 四川大地震から三年目の検証,大谷 順子,Otani Junko,オオタニ ジュンコ,大阪大学大学院人間科学研究科紀要,大阪大学大学院人間科学研究科,Vol. 38,p. 39-58,2012年03月30日
  • Health and Welfare in Asian Cities (原著英語、邦訳 アジアの都市の保健と福祉),Junko Otani,Journal of Asian Urbanism (JAU),International Society of Habitat Engineering,Vol. 2,p. 36-39,2010年03月
  • Health and Welfare in Asian Cities (原著英語、邦訳 アジアの都市の保健と福祉),Junko Otani,Journal of Asian Urbanism (JAU),International Society of Habitat Engineering,Vol. 2,p. 36-39,2010年03月
  • Long-term Recovery of Society and Community from the Earthquake,Junko Otani,日本学術振興会(JSPS)機動的国際交流:第2回日中科学フォーラム「ブン川地震と防災科学技術」(3)「被災地社会の復旧・復興(Long-term Recovery of Society and Community)」(北京・四川),2009年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 「中央アジア諸国におけるコミュニティ研究―ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスにおける女性のコミュニティ活動を中心に―」,河野明日香,大杉卓三,大谷順子,『アジア女性研究』,(財)アジア女性交流・研究フォーラム,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 「四川大地震に見る現代中国―阪神淡路大震災と福岡西方沖地震との比較を交えて―」,大谷順子,九州大学アジア総合政策センター紀要,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Women's community activities in Central Asia from gender perspectives,Asuka Kawano,Takuzo Osugi,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,KitaKyushu Forum on Asian Women,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 「人口政策―東アジアの場合」,大谷順子,日本政治学会「東アジアの環境悪化と人口高齢化が国際政治にどのような変化をもたらすか」分野(国際政治:猪口孝),2008年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 「加濃式社会的ニコチン依存度調査表(KTSND)を用いた大学生低学年の喫煙に対する意識調査と禁煙教育の効果―中央アジア諸国(カザフスタン共和国とウズベキスタン共和国)と日本(九州大学)の比較調査研究―」,大谷順子,九州大学大学院人間環境学研究院大学院教育学研究紀要,2008年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 「中央アジア諸国におけるコミュニティー研究―ジェンダーの視点から」,河野明日香,大杉卓三,大谷順子,『アジア女性研究』,財団法人アジア女性交流研究フォーラム,2008年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 「中央アジアの保健医療事情」,大谷順子,『Silk Road』九州シルクロード協会,2007年12月
  • The status of social development in Central Asia from gender perspectives,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,KitaKyushu Forum on Asian Women,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Rapid socio-cultural changes and aging in East Asia,Naotaka Shinfuku,Junko Otani,Plenary Session PL2. Ethno-cultural community psychiatry,The 13th Congress of the International Psychogeriatric Association IPA 2007 Osaka Silver Congress, Active Ageing: Wisdom for Body, Mind and Spirit, October 2007 Osaka Japan,2007年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 「中央アジア諸国の社会開発と国際保健―人間開発指標としてのHIV感染率および喫煙率―」,大谷順子,九州大学アジア総合政策センター紀要,2007年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Mixed methods for an exploratory study looking at the earthquake elderly survivors,Junko Otani,The 3rd Mixed Methods Conference, Cambridge, UK,2007年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 「健康教育と「人間の安全保障」」,大谷順子,九州大学大学院人間環境学研究院大学院教育学研究紀要,2007年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Gender difference in happiness and loneliness in old age,Junko Otani,Research Committee 11: Sociology of Ageing, Session7: Rethinking gender inequalities in later life, Convenor: Prof Sara Arber.,XVI International Sociological Association (ISA) World Congress of Sociology: The Quality of Social Existence in a Globalised Wo,2006年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 「中央アジア・カザフスタンの保健医療とICT分野における社会開発: 人間の安全保障と国連ミレニアム開発目標の観点から」,大谷順子,大杉卓三,九州大学アジア総合政策センター紀要,2006年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Kodokushi (dying alone) among the older survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Kobe,Junko Otani,7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, Japan,2003年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Community generation at the highly aged Post-1995 Kobe Earthquake communities in Japan: Model for Government and Non-Government cooperation,Junko Otani,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Media focus on older people in the Post-Kobe Earthquake communities in Japan,Junko otani,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Gender and HIV/AIDS with special reference to Yunnan Province of China,Junko Otani,Expert meeting on Gender and HIV/AIDS,Asian Women's Fund: Tokyo,2002年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Implications of HIV/AIDS to old people,Junko Otani,HelpAge International Regional Conference in Asia, Beijing, China,2001年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 「阪神大震災後 神戸の高齢者の経験 - ジェンダーの視点から」,大谷順子,アジア女性研究,財団法人アジア女性交流研究フォーラム,2001年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Housing and Healthy Community Living for Urban Ageing Society: Case of Kobe,Junko Otani,United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU/IAS) Working Paper,United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU/IAS),Vol. 111,p. 1-38,2001年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Gendered Dynamics of Community Care Development: The Kobe experience,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,KitaKyushu Forum on Asian Women,2000年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Older people’s experiences after the Kobe Earthquake in Japan; Application of QSR NVivo in a non-English context,Junko Otani,Strategies in qualitative research: issues and results from analysis using QSR NVivo and NUD*IST, London Institute of Education, UK,2000年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Healthy Living for Urban Ageing Society; Case of Kobe,Junko Otani,The World Federation of Public Health Associations’ 9th International Congress, Beijing, China,2000年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • International Sex Tourism in Asia and Vulnerability to HIV/AIDS,Junko Otani,Technology and Development,Japan International Cooperation Agency: JICA Institute of International Cooperation,1998年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 「アジアにおける国際間売買春旅行とエイズ」,大谷順子,『国際協力研究』,国際協力事業団JICA 国際協力総合研修所,1996年10月,研究論文(学術雑誌)
  • CDCのインターンシッププログラムの経験から,大谷順子,『公衆衛生』医学書院 Vol.60,No.7: 514-515,Vol. 60,No. 7,p. 514-515,1996年07月
  • Trends in dentists’ reported treatment of patients with and at risk of HIV and AIDS,Stuart Lockwood,Jennifer L. Cleveland,Barbara Gooch,Junko Otani,Dolores M Malvitz,1995年10月,研究論文(その他学術会議資料等)

MISC

  • Experiences of Japanese aged care: the pursuit of optimal health and cultural engagement,Michael J. Annear,Junko Otani,Joanna Sun,AGE AND AGEING,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 45,No. 6,p. 753-756,2016年11月
  • 『人間科学のための混合手法― 質的・量的アプローチをつなぐ研究デザイン』,北大路書房,2010年09月
  • Women's role at Community in Central Asia,Journal of Asian Women's Studies, Vol.18 pp.83-95,Vol. 第18号83-95頁,2009年
  • Older survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake Five Years On: Implications for a future model of an ageing society with Japanese perspectives (Chinese edition),Chugoku Shoten: Fukuoka and SMC Publishing Inc.:Taiwan,2009年
  • Looking at China with international health policy perspectives,China Century Press Ltd. (Beijing & Hong Kong),2009年
  • Long-term Recovery of Society and Community from the Earthquake,JSPS Japan-China Science Forum Wenchuan Earthquake, Beijing and Sichuan, China,2009年
  • 'Kyrgyz Republic' In: Global Social Welfare Yearbook 2009,Junposha: Tokyo,2009年
  • 'Handling Qualitative Data: a practical guidebook"Lyn Richards (Japanese edition),Kita Oji Shobo: Kyoto,2009年
  • 'Elderly survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Japan:NVivo application to Japanese field research' In: Methods in Practice, Lyn Richards (ed),Sage: London,2009年
  • 'Designing and Conducting Mixed Methods Research' Creswell & Plan Clark (Japanese edition),Kita Oji Shobo: Kyoto,2009年
  • 'Chapter5: ICT improve BOP's health'IN Muhammund Yunnus, Ashir Ahmed & Takuzo Osugi (Eds) "Information and Communication Technology (ICT) revolution to change BOP (Base of the Pyramid): Challenges of Bangladesh",Shukosha,2009年
  • "Issues in modern China highlighted by the 5.12 Wenchuan Earthquake in 2008 with references to the 1995 Great Hanshin Awaji Earthquake and the 2005 West Off Fukuoka Earthquake",Bulletin of Kyushu University Asia Center Vol. 3, pp.23-38, March 2009,Vol. 第3号23-38頁,2009年
  • 「第5章 BOPの保健医療を改善する情報通信技術」『BOPを変革する情報通信技術―バングラデシュの挑戦』ムハマド・ユヌス教授序文・アシルアハメッド・大杉卓三 編著,集広舎,2009年
  • 「四川大地震に見る現代中国―阪神淡路大震災と福岡西方沖地震との比較を交えて―」,九州大学アジア総合政策センター紀要,Vol. 第3号23-38頁,2009年
  • 「四川大地震に見る現代中国―阪神淡路大震災と福岡西方沖地震との比較を交えて―」,大谷順子,九州大学アジア総合政策センター紀要,Vol. 3,2009年
  • 「中央アジア諸国におけるコミュニティ研究―ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスにおける女性のコミュニティ活動を中心に―」,『アジア女性研究』,Vol. 第18号83-95頁,2009年
  • 「中央アジア諸国におけるコミュニティ研究―ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスにおける女性のコミュニティ活動を中心に―」,河野明日香,大杉卓三,大谷順子,『アジア女性研究』,Vol. 18,2009年
  • 「キルギス共和国」『世界の社会福祉年鑑 第9集』,旬報社,2009年
  • 《阪神大地震受災者的五年和高齡化社會―案例研究的創新性方法―》(中文版・単著),中国書店(福岡)・南天書局有限公司(台湾)共同出版,2009年
  • 《通過国際衛生政策看中国》(中文版・単著),中国世紀出版集団有限公司中国社科文献出版社(北京・香港),2009年
  • Long-term Recovery of Society and Community from the Earthquake,日本学術振興会(JSPS)機動的国際交流:第2回日中科学フォーラム「ブン川地震と防災科学技術」(3)「被災地社会の復旧・復興(Long-term Recovery of Society and Community)」(北京・四川),2009年
  • 'Elderly survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Japan:NVivo application to Japanese field research' In: Methods in Practice, Lyn Richards (ed),Sage: London,2009年
  • Women's community activities in Central Asia from gender perspectives,Journal of Asian Women's Studies,Vol. Vol. 17:70-81,2008年
  • Women's community activities in Central Asia from gender perspectives,Asuka Kawano,Takuzo Osugi,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 17,2008年
  • Population policy of East Asia,Japanese Political Science Association (JPSA),2008年
  • Community study in Central Asia with gender perspectives,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 第17号87-96頁,2008年
  • Awareness of college students on health impact of smoking and impact of health education, measured by the Kano Test for Social Nicotine Dependence test (KTSND): Comparative survey of Japan (Kyushu University) and Republic of Kazakhstan and Republic of ・・・,Research Bulletin of Graduate School of Human-Environment Studies, Kyushu University, Fukuoka, Japan,Vol. 第10号(通巻第53集)97-116頁,2008年
  • 'Republic of Tajikistan' In: Global Social Welfare Yearbook 2008,Junposha,Vol. 467-490頁,2008年
  • 「加濃式社会的ニコチン依存度調査表(KTSND)を用いた大学生低学年の喫煙に対する意識調査と禁煙教育の効果―中央アジア諸国(カザフスタン共和国とウズベキスタン共和国)と日本(九州大学)の比較調査研究―」,九州大学大学院人間環境学研究院大学院教育学研究紀要,Vol. 第10号(通巻第53集)97-116頁,2008年
  • 「加濃式社会的ニコチン依存度調査表(KTSND)を用いた大学生低学年の喫煙に対する意識調査と禁煙教育の効果―中央アジア諸国(カザフスタン共和国とウズベキスタン共和国)と日本(九州大学)の比較調査研究―」,大谷順子,九州大学大学院人間環境学研究院大学院教育学研究紀要,Vol. 10,No. 53,p. 97-116,2008年
  • 「人口政策―東アジアの場合」,日本政治学会「東アジアの環境悪化と人口高齢化が国際政治にどのような変化をもたらすか」分野(国際政治:猪口孝),2008年
  • 「中央アジア諸国の社会開発と国際保健―人間開発指標としてのHIV感染率および喫煙率―」,大谷順子,九州大学アジア総合政策センター紀要,Vol. 2,p. 43-56,2008年
  • 「中央アジア諸国におけるコミュニティー研究―ジェンダーの視点から」,『アジア女性研究』,Vol. 第17号87-96頁,2008年
  • 「中央アジア諸国におけるコミュニティー研究―ジェンダーの視点から」,河野明日香,大杉卓三,大谷順子,『アジア女性研究』,Vol. 17,p. 87-96,2008年
  • 「タジキスタン共和国」『世界の社会福祉年鑑 第8集』,旬報社,Vol. 467-490頁,2008年
  • Women's community activities in Central Asia from gender perspectives,Journal of Asian Women's Studies,Vol. Vol. 17:70-81,2008年
  • Women's community activities in Central Asia from gender perspectives,Asuka Kawano,Takuzo Osugi,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 17,2008年
  • The status of social development in Central Asia from gender perspectives,Journal of Asian Women's Studies,Vol. Vol.16,pp.57-66,2007年
  • The status of social development in Central Asia from gender perspectives,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 16,p. 57-66,2007年
  • Social Development and International Health in Central Asia: Prevalence rates of HIV/AIDS and of smoking as Human Development Index (HDI) issues in the Region,Bulletin of Kyushu University Asia Center,Vol. 第2号43-56頁,2007年
  • Rapid socio-cultural changes and aging in East Asia,Plenary Session PL2. Ethno-cultural community psychiatry,The 13th Congress of the International Psychogeriatric Association IPA 2007 Osaka Silver Congress, Active Ageing: Wisdom for Body, Mind and Spirit, October 2007 Osaka Japan,2007年
  • Mixed methods for an exploratory study looking at the earthquake elderly survivors,The 3rd Mixed Methods Conference, Cambridge, UK,2007年
  • Medical and health in Central Asia,Silk Road,Vol. Vol.17: 2-9,2007年
  • Looking at China with International health policy perspectives,Kyushu University Press,Vol. 全236頁,2007年
  • Health Education and Human Security: Review of concept with current stream of international health policy and international organizations,Research Bulletin of Graduate School of Human-Environment Studies, Kyushu University, Fukuoka, Japan,Vol. 第9号(通巻第52集)91-102頁,2007年
  • 「ウズベキスタン共和国」『世界の社会福祉年鑑 第7集』,大谷順子,旬報社,Vol. 337-358頁,p. 337-358,2007年
  • 『国際保健政策からみた中国―政策実施の現場から』九大アジア叢書8巻 (単著),九州大学出版会,Vol. 全236頁,2007年
  • 「健康教育と「人間の安全保障」」,九州大学大学院人間環境学研究院大学院教育学研究紀要,Vol. 第9号(通巻第52集)91-102頁,2007年
  • 「健康教育と「人間の安全保障」」,大谷順子,九州大学大学院人間環境学研究院大学院教育学研究紀要,Vol. 9,No. 52,p. 91-102,2007年
  • 「中央アジア諸国の社会開発と国際保健―人間開発指標としてのHIV感染率および喫煙率―」,九州大学アジア総合政策センター紀要,Vol. 第2号43-56頁,2007年
  • 「中央アジア・カザフスタンの保健医療とICT分野における社会開発: 人間の安全保障と国連ミレニアム開発目標の観点から」,大谷順子,大杉卓三,九州大学アジア総合政策センター紀要,Vol. 創刊号,p. 11-22,2007年
  • 「中央アジアの保健医療事情」,『Silk Road』九州シルクロード協会,Vol. Vol.17: 2-9,2007年
  • The status of social development in Central Asia from gender perspectives,Journal of Asian Women's Studies,Vol. Vol.16,pp.57-66,2007年
  • The status of social development in Central Asia from gender perspectives,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 16,p. 57-66,2007年
  • Rapid socio-cultural changes and aging in East Asia,Plenary Session PL2. Ethno-cultural community psychiatry,The 13th Congress of the International Psychogeriatric Association IPA 2007 Osaka Silver Congress, Active Ageing: Wisdom for Body, Mind and Spirit, October 2007 Osaka Japan,2007年
  • Mixed methods for an exploratory study looking at the earthquake elderly survivors,The 3rd Mixed Methods Conference, Cambridge, UK,2007年
  • Social development needs in Health and ICT sector in the Republic of Kazakhstan: From the views of Human Security and the Millennium Development Goals (MDGs),Bulletin of Kyushu University Asia Center,Vol. 創刊号11-22頁,2006年
  • Innovative method of Case study: Older survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake five years on and a future model of ageing society with Japanese values,Kyushu University Press,Vol. 全356頁,2006年
  • Gender preference to new-born babies: Comparative study of Japan and China,Fukuoka Prefecture Gender equity promotion office,2006年
  • Gender difference in happiness and loneliness in old age,Research Committee 11: Sociology of Ageing, Session7: Rethinking gender inequalities in later life, Convenor: Prof Sara Arber.,XVI International Sociological Association (ISA) World Congress of Sociology: The Quality of Social Existence in a Globalised・・・,2006年
  • 'Republics of Kazakhstan' In: Global Social Welfare Yearbook 2006,Junposha: Tokyjo,Vol. 351-369頁,2006年
  • 'Republic of South Africa' In: Global Social Welfare Yearbook 2006,Junposha: Tokyo,Vol. 449-465頁,2006年
  • 'Natural disaster as a social issue: Comparative review of the 1995 Great Hanshin Earthquake of Kobe-Osaka, Japan, the 1995 Heat Wave of Chicago, USA, and other disasters with referencesd to Tsunami and Hurricane' In: Development and Social Policy,Kyushu University,2006年
  • 『男児選考から女児選考への変容状況と背景原因分析ー日本・中国比較』,福岡県男女共同参画センターあすばる 平成17年度 調査研究活動支援事業報告書(財)福岡県女性財団,2006年
  • 『事例研究の革新的方法―阪神大震災被災高齢者の五年と高齢化社会の未来像―』(単著),大谷順子,九州大学出版会,Vol. 全356頁,2006年
  • 「南アフリカ共和国」『世界の社会福祉年鑑 第6集』,旬報社,Vol. 449-465頁,2006年
  • 「中央アジア・カザフスタンの保健医療とICT分野における社会開発: 人間の安全保障と国連ミレニアム開発目標の観点から」,九州大学アジア総合政策センター紀要,Vol. 創刊号11-22頁,2006年
  • 「カザフスタン共和国」『世界の社会福祉年鑑 第6集』,旬報社,Vol. 351-369頁,2006年
  • Gender difference in happiness and loneliness in old age,Research Committee 11: Sociology of Ageing, Session7: Rethinking gender inequalities in later life, Convenor: Prof Sara Arber.,XVI International Sociological Association (ISA) World Congress of Sociology: The Quality of Social Existence in a Globalised・・・,2006年
  • 'Natural disaster as a social issue: Comparative review of the 1995 Great Hanshin Earthquake of Kobe-Osaka, Japan, the 1995 Heat Wave of Chicago, USA, and other disasters with referencesd to Tsunami and Hurricane' In: Development and Social Policy,Kyushu University,2006年
  • 'UNAIDS' In: Global Social Welfare Yearbook 2005,Junposha: Tokyo,Vol. 403-424頁,2005年
  • 「国連エイズ合同計画(UNAIDS)」『世界の社会福祉年鑑 第5集』,旬報社,Vol. 403-424頁,2005年
  • Kodokushi (dying alone) among the older survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Kobe,7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, Japan,2003年
  • 「ジェンダーと環境」,大谷順子,『アジア女性研究』,Vol. 12,p. 125-127,2003年
  • Kodokushi (dying alone) among the older survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Kobe,7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, Japan,2003年
  • Media focus on older people in the Post-Kobe Earthquake communities in Japan,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年
  • Gender and HIV/AIDS with special reference to Yunnan Province of China,Expert meeting on Gender and HIV/AIDS,Vol. 16-34,2002年
  • Community generation at the highly aged Post-1995 Kobe Earthquake communities in Japan: Model for Government and Non-Government cooperation,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年
  • 「国連機関におけるジェンダー・メインストリーミング - UNICEF中国事務所ワークショップ報告」,大谷順子,前川美湖,山本俊輔,『アジア女性研究』,Vol. 11,p. 121-123,2002年
  • Media focus on older people in the Post-Kobe Earthquake communities in Japan,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年
  • Gender and HIV/AIDS with special reference to Yunnan Province of China,Expert meeting on Gender and HIV/AIDS,Vol. 16-34,2002年
  • Gender and HIV/AIDS with special reference to Yunnan Province of China,Junko Otani,Expert meeting on Gender and HIV/AIDS,p. 16-34,2002年
  • Community generation at the highly aged Post-1995 Kobe Earthquake communities in Japan: Model for Government and Non-Government cooperation,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年
  • Older people's experience in Kobe after the 1995 Great Hanshin Earthquake with gender perspectives,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 第10号32-39頁,2001年
  • Implications of HIV/AIDS to old people,HelpAge International Regional Conference in Asia, Beijing, China,2001年
  • Housing and Healthy Community Living for Urban Ageing Society: Case of Kobe,United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU/IAS) Working Paper,Vol. No.111,2001年
  • 政策形成の道具としてのジェンダーと経済分析 - 書評: 『ジェンダーと開発』世界銀行政策研究リポート 2000年,大谷順子,『アジア女性研究』,Vol. 10,p. 127-128,2001年
  • 「阪神大震災後 神戸の高齢者の経験 - ジェンダーの視点から」,アジア女性研究,Vol. 第10号32-39頁,2001年
  • 「阪神大震災後 神戸の高齢者の経験 - ジェンダーの視点から」,大谷順子,『アジア女性研究』,Vol. 10,p. 32-39,2001年
  • Implications of HIV/AIDS to old people,HelpAge International Regional Conference in Asia, Beijing, China,2001年
  • Housing and Healthy Community Living for Urban Ageing Society: Case of Kobe,United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU/IAS) Working Paper,Vol. No.111,2001年
  • Housing and Healthy Community Living for Urban Ageing Society: Case of Kobe,Junko Otani,United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU/IAS) Working Paper,Vol. 111,2001年
  • Gendered Dynamics of Community Care Development: The Kobe experience,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 19,No. 14,2001年
  • Older people’s experiences after the Kobe Earthquake in Japan; Application of QSR NVivo in a non-English context,Strategies in qualitative research: issues and results from analysis using QSR NVivo and NUD*IST, London Institute of Education, UK,2000年
  • Healthy Living for Urban Ageing Society; Case of Kobe,The World Federation of Public Health Associations’ 9th International Congress, Beijing, China,2000年
  • Gendered Dynamics of Community Care Development: The Kobe experience,Journal of Asian Women's Studies,Vol. Vol.9 pp. 14-29,2000年
  • Gendered Dynamics of Community Care Development: The Kobe experience,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 9,p. 14-29,2000年
  • Combining Gender and Economic Analysis - Book Review: ‘Engendering Development’ The World Bank Policy Research Report on Gender and Development, 2000, Oxford University Press,Junko Otani,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 9,p. 126-127,2000年
  • Older people’s experiences after the Kobe Earthquake in Japan; Application of QSR NVivo in a non-English context,Strategies in qualitative research: issues and results from analysis using QSR NVivo and NUD*IST, London Institute of Education, UK,2000年
  • Healthy Living for Urban Ageing Society; Case of Kobe,The World Federation of Public Health Associations’ 9th International Congress, Beijing, China,2000年
  • Gendered Dynamics of Community Care Development: The Kobe experience,Journal of Asian Women's Studies,Vol. Vol.9 pp. 14-29,2000年
  • Combining Gender and Economic Analysis - Book Review: ‘Engendering Development’ The World Bank Policy Research Report on Gender and Development, 2000, Oxford University Press,Journal of Asian Women's Studies,Vol. 9,p. 126-127,2000年
  • 'Intergenerational contracts and rapidly ageing populations in Japan' In: Ageing and Health: A Global Challenge for the 21st Century,World Health Organization (WHO),Vol. 382-389,1999年
  • 'Intergenerational contracts and rapidly ageing populations in Japan' In: Ageing and Health: A Global Challenge for the 21st Century,World Health Organization (WHO),Vol. 382-389,1999年
  • International Sex Tourism in Asia and Vulnerability to HIV/AIDS,Technology and Development,Vol. No.11, pp. 39-47,1998年
  • International Sex Tourism in Asia and Vulnerability to HIV/AIDS,Junko Otani,Technology and Development,Vol. 11,p. 39-47,1998年
  • Book Review: "War in the Blood; Sex, Politics and AIDS’ by Chris Beyrer,Junko Otani,Health Policy and Planning,Vol. 13,No. 4,p. 465-468,1998年
  • 'International Funding of the Global AIDS Strategy: Official Development Assistance(ODA)'M Laws In: AIDS in the World II, Mann & Tarantola (Harvard), Oxford University Press(Japanese edition),BCASJ: Tokyo,Vol. 331-343,1998年
  • 「世界エイズ戦略に対する国際社会からの財政援助:政府開発援助(ODA)」『エイズ・パンデミック―世界的流行の構造と予防戦略』,財団法人 日本事務学会センター,Vol. 331-343,1998年
  • International Sex Tourism in Asia and Vulnerability to HIV/AIDS,Technology and Development,Vol. No.11, pp. 39-47,1998年
  • International Sex Tourism in Asia and Vulnerability to HIV/AIDS,Junko Otani,Technology and Development (JICA),Vol. 11,p. 39-47,1998年
  • Book Review: "War in the Blood; Sex, Politics and AIDS’ by Chris Beyrer,Junko Otani,Health Policy and Planning(Oxford University Press),Vol. 13,No. 4,p. 465-468,1998年
  • International Sex Tourism and HIV/AIDS in Asia,International Cooperation Studies,Vol. Vol.12 No.2 (通巻24号):19-30,1996年
  • 「アジアにおける国際間売買春旅行とエイズ」,『国際協力研究』,Vol. Vol.12 No.2 (通巻24号):19-30,1996年
  • 「アジアにおける国際間売買春旅行とエイズ」,大谷順子,『国際協力研究』,Vol. 12,No. 2(24),p. 19-30,1996年

著書

  • 『四川大地震から学ぶ ― 復興のなかのコミュニティと「中国式レジリエンス」の構築』,大谷順子,九州大学出版会,2021年08月
  • 事典・辞書,「エイズ・マラリア・結核」『国際開発学事典』国際開発学会(編),大谷順子,丸善出版,ISBN:9784621303405,2018年11月
  • 事典・辞書,「途上国の女性とコミュニティ」『コミュニティ事典』伊藤守,‎ 小泉秀樹,‎ 三本松政之,‎ 似田貝香門,‎ 橋本和孝,‎ 長谷部弘,‎ 日髙昭夫,‎ 吉原直樹 (編集),大谷順子,春風社,ISBN:4861105382,2017年07月
  • 事典・辞書,「中央アジアのコミュニティづくり」『コミュニティ事典』伊藤守,‎ 小泉秀樹,‎ 三本松政之,‎ 似田貝香門,‎ 橋本和孝,‎ 長谷部弘,‎ 日髙昭夫,‎ 吉原直樹 (編集),大谷順子,春風社,ISBN:9784861105388,2017年07月
  • 阪神大地震受灾老人的五年与老龄化社会的未来(中国語),大谷顺子,世界知识出版社,ISBN:9787501251797,2016年05月
  • 阪神大地震受灾老人的五年与老龄化社会的未来(中国語),大谷顺子,世界知识出版社,ISBN:9787501251797,2016年05月
  • 世界大学ランキングと知の序列化 : 大学評価と国際競争を問う,石川, 真由美,Wright, Susan,佐藤, 文隆,苅谷, 剛彦,杉本, 良夫,鈴木, 哲也,Post, David,藤井, 翔太,大谷, 順子,周, 祝瑛,李, 軍,林, 隆之,土屋, 俊,京都大学学術出版会,ISBN:9784814000012,2016年03月
  • 学術書,共生学が創る世界,河森正人,栗本英世,志水宏吉,大阪大学出版会,ISBN:4872595424,2016年03月
  • 学術書,「高等教育グローバル化に目覚めた中国―大学の国際化と海外拠点の活動を通して」(第7章:217-240頁)石川真由美編『世界大学ランキングと知の序列化:大学評価と国際競争を問う』,大谷順子,京都大学学術出版会,2016年03月
  • 教科書・概説・概論,「中国・中央アジアの健康格差と共生」(12章, 169-183頁)河森正人・栗本英世・志水宏吉編著『共生学が創る世界』,大谷順子,大阪大学出版会,2016年03月
  • 学術書,「高等教育グローバル化に目覚めた中国―大学の国際化と海外拠点の活動を通して」(第7章:217-240頁)石川真由美編『世界大学ランキングと知の序列化:大学評価と国際競争を問う』,大谷順子,京都大学学術出版会,2016年03月
  • 教科書・概説・概論,「中国・中央アジアの健康格差と共生」(12章, 169-183頁)河森正人・栗本英世・志水宏吉編著『共生学が創る世界』,大谷順子,大阪大学出版会,2016年03月
  • 学術書,「アートによる創造的復興の企て―保険に支えられた移動/再建―2011ニュージーランド」清水展・木村周平(編)『新しい人間、新しい社会―復興の物語を再創造する』(第9章299-325頁),大谷順子,京都大学学術出版会,ISBN:9784876988990,2015年12月
  • 学術書,「アートによる創造的復興の企て―保険に支えられた移動/再建―2011ニュージーランド」清水展・木村周平(編)『新しい人間、新しい社会―復興の物語を再創造する』(第9章299-325頁),大谷順子,京都大学学術出版会,ISBN:9784876988990,2015年12月
  • 事例研究の革新的方法 : 阪神大震災被災高齢者の五年と高齢化社会の未来像 [新装版],大谷, 順子,九州大学出版会,ISBN:9784798501673,2015年09月
  • 学術書,「医療・保健―ソ連崩壊後の健康悪化とプライマリー・ヘルス・ケア」(Ⅲ 生活・社会、第33章)『カザフスタンを知るための60章』藤本透子・宇山智彦(編集)201-205頁,大谷順子,明石書店,2015年03月
  • 学術書,「医療・保健―ソ連崩壊後の健康悪化とプライマリー・ヘルス・ケア」(Ⅲ 生活・社会、第33章)『カザフスタンを知るための60章』藤本透子・宇山智彦(編集)201-205頁,大谷順子,明石書店,2015年03月
  • Human security and Japan's triple disaster : responding to the 2011 earthquake, tsunami and Fukushima nuclear crisis,Bacon, Paul (Lecturer,in,in,atio,Hobson, Christopher,Professor of political science,Routledge,ISBN:9781138013131,2014年
  • Natural disaster and nuclear crisis in Japan : response and recovery after Japan's 3/11,Kingston, Jeff,Routledge,ISBN:9780415698559,2012年
  • 人間科学のための混合研究法 : 質的・量的アプローチをつなぐ研究デザイン,Creswell, John W.,Plano Clark, Vicki L.,大谷, 順子,北大路書房,ISBN:9784762827310,2010年11月
  • 学術書,《災難後的重生―阪神大震災對高齡化社會的衝撃―》(中文版・単著),原著,中文版監修,大谷順子,翻訳:徐涛,南天書局有限公司(台湾),2010年02月
  • Older people in natural disasters : the Great Hanshin Earthquake of 1995,OTANI, Junko,大谷順子,Kyoto University Press,Trans Pacific Press,ISBN:9784876989324,2010年
  • 学術書,「キルギス共和国」『世界の社会福祉年鑑 第9集』,大谷順子,旬報社,ISBN:9784845111442,2009年12月
  • 学術書,「第5章 BOPの保健医療を改善する情報通信技術」『BOPを変革する情報通信技術―バングラデシュの挑戦』ムハマド・ユヌス教授序文・アシルアハメッド・大杉卓三 編著,大谷順子,集広舎,ISBN:9784904213063,2009年09月
  • 『質的データの取り扱い』,大谷順子,大杉卓三,北大路書房,ISBN:9784762826832,2009年07月
  • 学術書,'Elderly survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Japan: NVivo application to Japanese field research' In: Methods in Practice, Lyn Richards (ed)(http://www.uk.sagepub.com/richards/otani.htm),Junko Otani,Sage: London,2009年04月
  • 学術書,《通過国際衛生政策看中国》(中文版・単著),大谷順子,中国世紀出版集団有限公司中国社科文献出版社(北京・香港),ISBN:9789889974404,2009年02月
  • 'Kyrgyz Republic' IN: Global Social Welfare YearBook 2009,Junposha,2009年
  • “Looking at China with international health policy perspectives"[Chinese],China Century Press Ltd.: HongKong & Beijing,2009年
  • "Older Survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake Five Years On and future model of an Ageing Society"[Chinese],Chugoku Shoten: Fukuoka & SMC Publishing Inc.:Taiwan,2009年
  • 'Elderly survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Japan:NVivo application to Japanese field research' In: Methods in Practice, Lyn Richards (ed),Sage:London,2009年
  • 《阪神大地震受災者的五年和高齡化社會―案例研究的創新性方法―》(中文版・単著),中国書店(福岡)・南天書局有限公司(台湾)共同出版,2009年
  • 《通過国際衛生政策看中国》(中文版・単著),中国世紀出版集団有限公司中国社科文献出版社(北京・香港),2009年
  • 「キルギス共和国」『世界の社会福祉年鑑 第9集』,旬報社,2009年
  • 学術書,「タジキスタン共和国」『世界の社会福祉年鑑 第8集』,大谷順子,旬報社,ISBN:9784845110995,2008年12月
  • 'Republic of Tajikistan' IN: Global Social Welfare YearBook 2008,Junposha,ISBN:9784845110995,2008年
  • 「タジキスタン共和国」『世界の社会福祉年鑑 第8集』』(萩原康生・松村祥子・宇佐美耕一・後藤玲子 編集代表)467―490頁,旬報社,ISBN:9784845110995,2008年
  • 学術書,「ウズベキスタン共和国」『世界の社会福祉年鑑 第7集』,大谷順子,旬報社,ISBN:9784845110520,2007年12月
  • 学術書,『国際保健政策からみた中国―政策実施の現場から』九大アジア叢書8巻 (単著),大谷順子,九州大学出版会,ISBN:9784873789422,2007年05月
  • 'Republic of Uzbekistan' IN: Global Social Welfare YearBook 2007,Junposha,ISBN:9784845110520,2007年
  • “Looking at China with international health policy perspectives"[Japanese],Kyushu University Press,ISBN:9784873789422,2007年
  • 「ウズベキスタン共和国」 『世界の社会福祉年鑑第7巻 2007年』(萩原康生・松村祥子・後藤玲子・宇佐美耕一 編集代表),337-358頁,旬報社,ISBN:9784845110520,2007年
  • 『国際保健政策からみた中国―政策実施の現場から―』(単著),九州大学出版会 九大アジア叢書第8巻,ISBN:9784873789422,2007年
  • 学術書,「南アフリカ共和国」『世界の社会福祉年鑑 第6集』,大谷順子,旬報社,ISBN:4845109999,2006年12月
  • 学術書,「カザフスタン共和国」『世界の社会福祉年鑑 第6集』,大谷順子,旬報社,ISBN:4845109999,2006年12月
  • 学術書,『事例研究の革新的方法―阪神大震災被災高齢者の五年と高齢化社会の未来像―』(単著),大谷順子,九州大学出版会,ISBN:4873789222,2006年11月
  • 学術書,『男児選考から女児選考への変容状況と背景原因分析ー日本・中国比較』,大谷順子,福岡県男女共同参画センターあすばる 平成17年度 調査研究活動支援事業報告書(財)福岡県女性財団,2006年03月
  • 学術書,'Natural disaster as a social issue: Comparative review of the 1995 Great Hanshin Earthquake of Kobe-Osaka, Japan, the 1995 Heat Wave of Chicago, USA, and other disasters with referencesd to Tsunami and Hurricane' In: Development and Social Policy,Junko Otani,Kyushu University,2006年03月
  • 'Republic of South Africa' IN: Global Social Welfare YearBook 2006,Junposha,ISBN:4845109999,2006年
  • 'Republic of Kazakhstan' IN: Global Social Welfare YearBook 2006,Junposha,ISBN:4845109999,2006年
  • "Innovative Methods of Case Study: Older Survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake Five Years On and future model of an Ageing Society"[Japanese],Kyushu University Press,ISBN:4873789222,2006年
  • 「南アフリカ共和国」『世界の社会福祉年鑑 2006年』(萩原康生・松村祥子・後藤玲子・宇佐美耕一 編集代表)449-466頁,旬報社,ISBN:4845109999,2006年
  • 「カザフスタン共和国」『世界の社会福祉年鑑 2006年』(萩原康生・松村祥子・後藤玲子・宇佐美耕一 編集代表)351−369頁,旬報社,ISBN:4845109999,2006年
  • 『事例研究の革新的方法:阪神大震災被災高齢者の五年と高齢化社会の未来像』(単著),九州大学出版会,ISBN:4873789222,2006年
  • 学術書,「国連エイズ合同計画(UNAIDS)」『世界の社会福祉年鑑 第5集』,大谷順子,旬報社,ISBN:4845109697,2005年10月
  • "The Joint United Nations Programme on HIV/AIDS(UNAIDS)" IN: Global Social Welfare YearBook 2005,Junposha,ISBN:4845109697,2005年
  • 「国連エイズ合同計画(UNAIDS)」『世界の社会福祉年鑑 2005年』(仲村優一・阿部志郎・一番ヶ瀬康子 編集代表)403-424頁,旬報社,ISBN:4845109697,2005年
  • 'Intergenerational contracts and rapidly ageing populations in Japan' IN: Ageing and Health: A Global Challenge for the 21st Century,World Health Organization (WHO),1999年
  • 'Intergenerational contracts and rapidly ageing populations in Japan' In: Ageing and Health: A Global Challenge for the 21st Century,World Health Organization (WHO),1999年
  • 学術書,'Intergenerational contracts and rapidly ageing populations in Japan' In: Ageing and Health: A Global Challenge for the 21st Century,Junko Otani,World Health Organization (WHO),1999年01月
  • 「世界エイズ戦略に対する国際社会からの財政援助:政府開発援助(ODA)」『エイズ・パンデミック―世界的流行の構造と予防戦略』,大谷順子,財団法人 日本事務学会センター,ISBN:4930813824,1998年10月
  • AIDS Pandemic,Nippon Jimu Gakkai Center,ISBN:4930813824,1998年
  • 「世界エイズ戦略に対する国際社会からの財政援助:政府開発援助(ODA)」『エイズ・パンデミック―世界的流行の構造と予防戦略』,財団法人 日本事務学会センター,ISBN:4930813824,1998年

作品

  • 現代中央アジア地域における社会開発に関する調査研究,2011年 ~
  • 三菱財団人文科学研究,2010年 ~
  • 現代中央アジア地域における社会開発に関する調査研究,2010年 ~
  • 三菱財団人文科学研究,2009年 ~
  • 研究成果公開促進費学術図書『阪神大地震受災者的五年和高齡化社會―案例研究的創新性方法―』(中文版)出版,2009年 ~
  • 研究成果公開促進費学術図書 "Older People in Natural Disasters"(English英文)出版,2009年 ~
  • 現代中央アジア地域における社会開発に関する調査研究,2009年 ~
  • (財)アジア女性交流・研究フォーラム 客員研究員,代表,「中央アジア諸国におけるコミュニティ研究~ジェンダーの視点から(ウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、キルギスの事例より)」,2008年 ~
  • 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)(B-1:アジア総合研究)「アジア地域における人間の安全保障の観点による社会開発に関する新たなフレームワークの研究」,2008年 ~
  • 質的研究手法の研究ー英語質的データ分析ソフトの日本とアジアコンテクストへの応用,2008年 ~
  • 三菱財団人文科学研究,2008年 ~
  • 現代中央アジア地域における社会開発に関する調査研究,2008年 ~
  • 研究成果公開促進費学術図書『阪神大地震受災者的五年和高齡化社會―案例研究的創新性方法―』(中文版),2008年 ~
  • 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)(B-1:アジア総合研究)「アジア地域における人間の安全保障の観点による社会開発に関する新たなフレームワークの研究」,2007年 ~
  • 質的研究手法の研究ー英語質的データ分析ソフトの日本とアジアコンテクストへの応用,2007年 ~
  • (財)アジア女性交流・研究フォーラム 客員研究員,代表,「中央アジア諸国におけるコミュニティ研究~ジェンダーの視点から(ウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、キルギスの事例より)」,2007年 ~
  • 九州大学創立八十周年記念事業国際学術交流基金による外国人研究者等の招へい援助事業,QSR International (Qualitative Solutions& Research) Director, Prof Lyn Richards オーストラリア国際質的社会学研究所所長リン・リチャーズ教授招聘,2006年 ~
  • 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)(B-1:アジア総合研究)「アジア地域における人間の安全保障の観点による社会開発に関する新たなフレームワークの研究」,2006年 ~
  • 質的研究手法の研究ー英語質的データ分析ソフトの日本とアジアコンテクストへの応用,2006年 ~
  • 九州大学アジア総合政策センターアジア叢書出版助成,2006年 ~
  • 日本学術振興会国際学会等派遣事業,代表,XVI ISA World Congress of Sociology: The Quality of Social Existence in a Globalising World, South Africa, July 2006(和訳)第16回 国際社会学会総会:グローバル化の進む世界の社会的存在の質 学会発表,2006年 ~
  • 研究成果公開促進費,学術図書『事例研究の革新的方法―阪神大震災被災高齢者の五年と高齢化社会の未来像―』出版,2006年 ~
  • 財団法人エイズ予防財団第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議派遣事業,2005年 ~
  • 九州大学アジア総合政策センター 政策提言に対する支援事業,中央アジアの人間開発と人間の安全保障のための地域協力:カザフスタンの保健医療とインターネット・ネットワーク促進の現状把握分析調査,2005年 ~
  • 中国政府教育部漢語橋奨学金,北京語言文化大学2005年夏季中国語研修,2005年 ~
  • 福岡県男女共同参画センター「あすばる」事業推進課 調査研究活動支援事業,代表,男児選好から女児選好への変容状況と背景原因分析 - 日中比較,2005年 ~
  • ユニベール財団,A Study of the Development of Long Term Institutional Care and Its Social Implications in China",2002年 ~

講演・口頭発表等

  • 四川大地震から学ぶ-復興のなかのコミュニティと「中国式レジリエンス」の構築,大谷順子,李婧,陳逸璇,王芸璇,高欣,国際開発学会第32回全国大会 BOOK TALK,2021年11月21日
  • 中国の事例,大谷順子,国際開発学会第32回全国大会 RT「開発レジリエンスと新型コロナ時代のSDGs 」,2021年11月21日
  • Measures for co-medicals in postwar Okinawa: scarcity of the personnel for allocating vaccinations,OgawaS,OtaniJ,CavaliereP,DiniL,14th European Public Health Conference, Ireland,2021年11月
  • 四川大地震から学ぶ,大谷順子,陳逸璇,王芸璇,高誉文,李婧,第六回災後重建歴史社会学及び防災減災教育国際研討会(四川師範大学・専修大学),2021年11月06日
  • The nation's only hope? Contradictions between motherhood and women's experiences in Japan (AnthSoc04),Nakano, Lynne Y,Sun, Lyn,Otani, Junko,Kido, Mizuho,第16回欧州日本学学会(EAJS),2021年08月26日
  • 「女性と子どもと健康:コロナ禍のレジリエンス」,大谷順子,国際開発学会第22回春季大会 RT「開発レジリエンスと新型コロナ時代のSDGs - 「誰一人取り残さない」ための人間の安全保障」,2021年06月12日
  • 新型コロナウイルス感染症に関する知識と感染防止対策および対応能力に関する調査研究 ―大阪大学における中国人留学生を対象としてー,高誉文,大谷順子,日本国際保健医療学会第39回西日本地方会,2021年03月06日
  • Mixed methods for an exploratory study looking at the earthquake elderly survivors,The 3rd Mixed Methods Conference, Cambridge, UK,2007年
  • Mixed methods for an exploratory study looking at the earthquake elderly survivors,The 3rd Mixed Methods Conference, Cambridge, UK,2007年
  • "Gender difference in happiness and loneliness in old age" Research Committee 11: Sociology of Ageing,,XVI International Sociological Association (ISA) World Congress of Sociology: The Quality of Social Existence in a Globalised World,2006.07,2006年
  • "Gender difference in happiness and loneliness in old age" Research Committee 11: Sociology of Ageing,,XVI International Sociological Association (ISA) World Congress of Sociology: The Quality of Social Existence in a Globalised World 第16回国際社会学会総会:グローバル化の進む世界の社会的存在の質、南アフリカ共和国ダーバン,2006.07,2006年
  • Kodokushi (dying alone) among the older survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Kobe,7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, Japan,2003年
  • Kodokushi (dying alone) among the older survivors of the 1995 Great Hanshin Earthquake in Kobe,7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo, Japan,2003年
  • Media focus on older people in the Post-Kobe Earthquake communities in Japan,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年
  • Community generation at the highly aged Post-1995 Kobe Earthquake communities in Japan: Model for Government and Non-Government cooperation,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年
  • Media focus on older people in the Post-Kobe Earthquake communities in Japan,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年
  • Community generation at the highly aged Post-1995 Kobe Earthquake communities in Japan: Model for Government and Non-Government cooperation,Valencia Forum for the 2nd UN World Assembly on Ageing in Madrid, Spain,2002年
  • Implications of HIV/AIDS to old people,HelpAge International Regional Conference in Asia, Beijing, China,2001年
  • Implications of HIV/AIDS to old people,HelpAge International Regional Conference in Asia, Beijing, China,2001年
  • Older people’s experiences after the Kobe Earthquake in Japan; Application of QSR NVivo in a non-English context,Strategies in qualitative research: issues and results from analysis using QSR NVivo and NUD*IST, London Institute of Education, UK,2000年
  • Healthy Living for Urban Ageing Society; Case of Kobe,The World Federation of Public Health Associations’ 9th International Congress, Beijing, China,2000年
  • Older people’s experiences after the Kobe Earthquake in Japan; Application of QSR NVivo in a non-English context,Strategies in qualitative research: issues and results from analysis using QSR NVivo and NUD*IST, London Institute of Education, UK,2000年
  • Healthy Living for Urban Ageing Society; Case of Kobe,The World Federation of Public Health Associations’ 9th International Congress, Beijing, China,2000年