EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

辻 拓也

Tsuji Takuya

工学研究科 機械工学専攻,准教授

keyword テラメカニクス,混相流,粉体力学,離散要素法,granular flow,粒子-流体混相流,数値流体力学

学歴

  • 2001年04月 ~ 2004年03月,九州大学,総合理工学研究科,先端エネルギー理工学専攻 博士後期課程
  • 1998年04月 ~ 2000年03月,九州大学,総合理工学研究科,先端エネルギー理工学専攻 修士課程

経歴

  • 2012年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院工学研究科機械工学専攻,准教授
  • 2015年05月 ~ 2015年09月,Swiss Federal Institute of Technology Zurich,Department of Mechanical and Process Engineering,Guest Professor
  • 2009年05月 ~ 2012年03月,大阪大学,大学院工学研究科機械工学専攻,特任准教授
  • 2005年04月 ~ 2009年04月,大阪大学,大学院工学研究科機械工学専攻,助教
  • 2004年04月 ~ 2005年03月,大阪大学,大学院工学研究科機械システム工学専攻,助教
  • 2000年04月 ~ 2001年01月,住友重機械工業,パワートランスミッション・コントロール事業部

研究内容・専門分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),移動現象、単位操作,粉体工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),流体工学,混相流

所属学会

  • アメリカ化学工学会
  • The International Society for Terrain-Vehicle Systems
  • The society of powder technology, Japan
  • American Physical Society
  • Japan society of multiphase flow
  • Japan society of mechanical engineers
  • The International Society for Terrain-Vehicle Systems
  • 粉体工学会
  • 日本混相流学会
  • 日本機械学会

論文

  • Mechanism of anomalous sinking of an intruder in a granular packing close to incipient fluidization,Takuya Tsuji,Alexander Penn,Taisuke Hattori,Klaas P. Pruessmann,Christoph R. Müller,Jun Oshitani,Kimiaki Washino,Toshitsugu Tanaka,Physical Review Fluids,American Physical Society (APS),Vol. 6,No. 6,2021年06月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Interface control for resolved CFD-DEM with capillary interactions,Giang T. Nguyen,Ei L. Chan,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,Kimiaki Washino,Advanced Powder Technology,Elsevier BV,Vol. 32,No. 5,p. 1410-1425,2021年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Unstable sinking of spheres at higher air velocity in a gas-solid fluidized bed,Jun Oshitani,Toshiki Sasaki,Takuya Tsuji,Shusaku Harada,Hirokazu Kajiwara,Kei Matsuoka,Advanced Powder Technology,Elsevier BV,Vol. 32,No. 4,p. 1300-1304,2021年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Resolved CFD–DEM coupling simulation using Volume Penalisation method,Giang T. Nguyen,Ei L. Chan,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,Kimiaki Washino,Advanced Powder Technology,Elsevier BV,Vol. 32,No. 1,p. 225-236,2021年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Upscaled DEM-CFD model for vibrated fluidized bed based on particle-scale similarities,Zhaohua Jiang,Kenta Rai,Takuya Tsuji,Kimiaki Washino,Toshitsugu Tanaka,Jun Oshitani,Advanced Powder Technology,Elsevier BV,Vol. 31,No. 12,p. 4598-4618,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Dry separation of fine particulate sand mixture based on density-segregation in a vibro-fluidized bed,Jun Oshitani,Ryo Sugo,Yoshihide Mawatari,Takuya Tsuji,Zhaohua Jiang,George V. Franks,Advanced Powder Technology,Elsevier BV,Vol. 31,No. 9,p. 4082-4088,2020年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Interaction between dry granular materials and an inclined plate (comparison between large-scale DEM simulation and three-dimensional wedge model),Murino Kobayakawa,Shinichiro Miyai,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,JOURNAL OF TERRAMECHANICS,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 90,p. 3-10,2020年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Influence of particle size on vertical plate penetration into dense cohesionless granular materials (large-scale DEM simulation using real particle size),Shinichiro Miyai,Murino Kobayakawa,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,GRANULAR MATTER,SPRINGER,Vol. 21,No. 4,2019年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-invasive measurement of floating-sinking motion of a large object in a gas-solid fluidized bed,Wataru Yoshimori,Tomoki Ikegai,Koshi Uemoto,Shohei Narita,Shusaku Harada,Jun Oshitani,Takuya Tsuji,Hirokazu Kajiwara,Kei Matsuoka,GRANULAR MATTER,SPRINGER,Vol. 21,No. 3,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Large-scale dem simulation of plate drag in closely packed dry granular materials (particle size effect),Murino Kobayakawa,Shinichiro Miyai,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,Journal of the Society of Powder Technology, Japan,Vol. 56,p. 211-217,2019年04月10日
  • Dynamic forces on an immersed cylindrical tube and analysis of particle interaction in 2D-gas fluidized beds,Yusumi Nagahashi,Hideki Takeuchi,John R. Grace,Daiki Yoshioka,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,ADVANCED POWDER TECHNOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 29,No. 12,p. 3552-3560,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Local dilation and compaction of granular materials induced by plate drag,Murino Kobayakawa,Shinichiro Miyai,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,PHYSICAL REVIEW E,AMER PHYSICAL SOC,Vol. 98,No. 5,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Real-Time Magnetic Resonance Imaging of Bubble Behavior and Particle Velocity in Fluidized Beds,Alexander Penn,Christopher M. Boyce,Thomas Kovar,Takuya Tsuji,Klaas P. Pruessmann,Christoph R. Muller,INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 57,No. 29,p. 9674-9682,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • DEM study on vertical plate penetration into dry granular materials (influence of particle size),S. Miyai,M. Kobayakawa,T. Tsuji,M. Sato,K. Imamura,T. Tanaka,Proceedings of 10th Asia-Pacific Conference of the ISTVS,2018年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • DEM analysis of interaction between dry granular materials and a plate,M. Kobayakawa,S. Miyai,T. Tsuji,T. Tanaka,Proceedings of 10th Asia-Pacific Conference of the ISTVS,2018年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Exceptional Intruder Sphere Sinking Due to Local Fluidization of Apparently Fixed Powder Bed,Jun Oshitani,Toshiki Sasaki,Takuya Tsuji,Derek Y,C. Chan,2018年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • An Idea of DEM-CFD Coupling Model Decoupling Spatial Averaging Scale from Computational Cell Size,Takuya Tsuji,Yusuke Goto,Kimiaki Washino,Toshitsugu Tanaka,2018年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Lubrication force model for a pendular liquid bridge of power-law fluid between two particles,Kimiaki Washino,Seiji Hashino,Hiroki Midou,Ei L. Chan,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,CHEMICAL ENGINEERING RESEARCH & DESIGN,ELSEVIER,Vol. 132,p. 1030-1036,2018年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Tangential viscous force models for pendular liquid bridge of Newtonian fluid between moving particles,Kimiaki Washino,Ei L. Chan,Hiroki Midou,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 174,p. 365-373,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Real-time probing of granular dynamics with magnetic resonance,Alexander Penn,Takuya Tsuji,David O. Brunner,Christopher M. Boyce,Klaas P. Pruessmann,Christoph R. Muller,SCIENCE ADVANCES,AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE,Vol. 3,No. 9,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Segregation of equal-sized particles of different densities in a vertically vibrated fluidized bed,E. Cano-Pleite,F. Hernandez-Jimenez,A. Acosta-Iborraa,T. Tsuji,C. R. Muller,POWDER TECHNOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 316,p. 101-110,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • DEM-CFDカップリング法による高濃度固気二相流の大規模数値シミュレーション,辻 拓也,田中敏嗣,化学工学,Vol. 81,No. 5,p. 228-231,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Normal viscous force of pendular liquid bridge between two relatively moving particles,Kimiaki Washino,Ei L. Chan,Taku Matsumoto,Seiji Hashino,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 494,p. 255-265,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 粗大な粒子を含む高濃度固気二相流の数値シミュレーション,辻拓也,東田恭平,田中敏嗣,粉体工学会,Vol. 54,No. 2,p. 122-129,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • DEM Analysis of Interaction Between Granular Materials and a Cutting Blade,Murino Kobayakawa,Shinichiro Miyai,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,PROCEEDINGS OF THE 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON DISCRETE ELEMENT METHODS,SPRINGER-VERLAG SINGAPORE PTE LTD,Vol. 188,p. 1201-1208,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • DEM Analysis of Interaction Between Granular Materials and a Cutting Blade,Murino Kobayakawa,Shinichiro Miyai,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,PROCEEDINGS OF THE 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON DISCRETE ELEMENT METHODS,SPRINGER-VERLAG SINGAPORE PTE LTD,Vol. 188,p. 1201-1208,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 相対運動をする2粒子間に形成される液架橋による粘性力モデルの開発 (特集 注目研究in年会2016),橋野 聖志,Chan Ei L,辻 拓也,田中 敏嗣,鷲野 公彰,ながれ : 日本流体力学会誌 = Nagare : journal of Japan Society of Fluid Mechanics,日本流体力学会,Vol. 35,No. 6,p. 461-465,2016年12月
  • Time step criteria in DEM simulation of wet particles in viscosity dominant systems,Kimiaki Washino,Ei L. Chan,Koki Miyazaki,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,POWDER TECHNOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 302,p. 100-107,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic vertical forces working on a large object floating in gas-fluidized bed: Discrete particle simulation and Lagrangian measurement,Kyohei Higashida,Kenta Rai,Wataru Yoshimori,Tomoki Ikegai,Takuya Tsuji,Shusaku Harada,Jun Oshitani,Toshitsugu Tanaka,CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 151,p. 105-115,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Motion of dense solid mixtures with large size difference by fictitious particle method,Takuya Tsuji,Kyohei Higashida,Toshitsugu Tanaka,Springer Proceedings in Physics,2016年08月
  • A new contact liquid dispersion model for discrete particle simulation,Kimiaki Washino,Koki Miyazaki,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,CHEMICAL ENGINEERING RESEARCH & DESIGN,INST CHEMICAL ENGINEERS,Vol. 110,p. 123-130,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Anomalous Sinking of Spheres due to Local Fluidization of Apparently Fixed Powder Beds,Jun Oshitani,Toshiki Sasaki,Takuya Tsuji,Kyohei Higashida,Derek Y. C. Chan,PHYSICAL REVIEW LETTERS,AMER PHYSICAL SOC,Vol. 116,No. 6,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Direct numerical simulations of inertial settling of non-Brownian particles,Ali Abbas Zaidi,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,KOREAN JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING,KOREAN INSTITUTE CHEMICAL ENGINEERS,Vol. 32,No. 4,p. 617-628,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Hindered Settling Velocity & Structure formation during particle settling by Direct Numerical Simulation,Ali Abbas Zaidi,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,NEW PARADIGM OF PARTICLE SCIENCE AND TECHNOLOGY, PROCEEDINGS OF THE 7TH WORLD CONGRESS ON PARTICLE TECHNOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 102,p. 1656-1666,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Direct numerical simulation of finite sized particles settling for high Reynolds number and dilute suspension,Ali Abbas Zaidi,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,INTERNATIONAL JOURNAL OF HEAT AND FLUID FLOW,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 50,p. 330-341,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A new relation of drag force for high Stokes number monodisperse spheres by direct numerical simulation,Ali Abbas Zaidi,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,ADVANCED POWDER TECHNOLOGY,ELSEVIER,Vol. 25,No. 6,p. 1860-1871,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 建設・鉱山機械設計支援のためのテラメカニクスDEMシミュレータの開発 (特集 実粉体プロセスへのシミュレーションの適用),辻 拓也,粉体技術,日本粉体工業技術協会,Vol. 6,No. 6,p. 623-628,2014年06月
  • Fictitious particle method: A numerical model for flows including dense solids with large size difference,Takuya Tsuji,Kyohei Higashida,Yoshitomo Okuyama,Toshitsugu Tanaka,AICHE JOURNAL,WILEY-BLACKWELL,Vol. 60,No. 5,p. 1606-1620,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A heat and mass transfer model for DEM-CFD particle-drying simulations,J. Fujimoto,Y. Nishijima,T. Tsuji,T. Tanaka,2014年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • IBM analysis of a particle motion in near-wall region,K. Uemura,T. Tanaka,T. Tsuji,S. Harada,2013年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • DEM analysis of share flow of adhesive particles,T. Tanaka,Y. Akiyama,T. Tsuji,2013年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Drag force relation by direct numerical simulation for gas-solid flows,Z.A. Ali,T. Tsuji,T. Tanaka,2013年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Microscopic numerical investigation of dense gas-solid flows near a solid wall (Effects of wall on the behavior of particles),S. Fujihara,T. Tsuji,T. Tanaka,2013年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Motion of a large solid in bubbling fluidized bed,T. Tsuji,Y. Okuyama,K. Higashida,T. Tanaka,2013年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Microscopic numerical investigation of dense gas-solid flows near a solid wall (Effects of wall on the behavior of particles),S. Fujihara,T. Tsuji,T. Tanaka,2013年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Motion of a large solid in bubbling fluidized bed,T. Tsuji,Y. Okuyama,K. Higashida,T. Tanaka,2013年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Numerical simulation of liquid behavior in moving granular media using DEM-MPS coupling method,K. Washino,T. Ido,T. Tsuji,T. Tanaka,2013年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The similarity for CFD-DEM simulation of fluidized bed and its numerical and experimental validation,Z. Liu,T. Suda,T. Tsuji,T. Tanaka,2013年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高濃度粒子が存在する流れ場に壁面が与える影響について(粒子が移動を伴う場合),藤原忍,辻拓也,田中敏嗣,混相流,Vol. 26,No. 5,p. 489-497,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of a wall on flow with dense particles,Takuya Tsuji,Eiji Narita,Toshitsugu Tanaka,ADVANCED POWDER TECHNOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 24,No. 2,p. 565-574,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • DEM Study on the Interaction between Wet Cohesive Granular Materials and Tools,Takuya Tsuji,Yu Matsui,Yuta Nakagawa,Yuuichi Kadono,Toshitsugu Tanaka,POWDERS AND GRAINS 2013,AMER INST PHYSICS,Vol. 1542,p. 947-950,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 熱流動層内における個々の粒子の運動と温度の同時計測,辻 拓也,宮内 卓也,王 聡,田中 敏嗣,可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan,社団法人 可視化情報学会,Vol. 32,No. 126,p. 8-13,2012年07月01日
  • 油圧ショベルによる掘削挙動のDEM解析 : 礫粒子のroundnessの影響について,宮井 慎一郎,辻 拓也,高山 武盛,田中 敏嗣,テラメカニックス = Teramechanics,テラメカニックス研究会,Vol. 32,p. 27-32,2012年05月
  • ブルドーザブレードによる押し土作業のためのベンチスケール実験,スパルマン アドリアヌス ノバドリ,辻 拓也,田中 敏嗣,高山 武盛,門野 裕一,テラメカニックス = Teramechanics,テラメカニックス研究会,Vol. 32,p. 43-47,2012年05月
  • 3-D DEM simulation of cohesive soil-pushing behavior by bulldozer blade,T. Tsuji,Y. Nakagawa,N. Matsumoto,Y. Kadono,T. Takayama,T. Tanaka,JOURNAL OF TERRAMECHANICS,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 49,No. 1,p. 37-47,2012年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 液中固体粒子挙動のDEM-MPS解析およびPTV計測,川口 寿裕,萩原 健一郎,乾 真規,辻 拓也,田中 敏嗣,日本機械学会論文集 B編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 78,No. 786,p. 276-290,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • 高濃度粒子を含む流れに壁面が与える影響について,辻 拓也,成田 栄嗣,田中 敏嗣,粉体工学会誌,粉体工学会,Vol. 48,No. 12,p. 847-858,2011年12月10日
  • MPS法による液滴濡れ挙動の数値シミュレーション,井門 孝博,乾 真規,田中 敏嗣,辻 拓也,粉体工学会誌,粉体工学会,Vol. 48,No. 12,p. 822-828,2011年12月10日
  • 高濃度粒子を含む流れに壁面が与える影響について,辻 拓也,成田 栄嗣,田中 敏嗣,粉体工学会誌,Vol. 48,p. 847-858,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Motion and temperature of individual particles in two-dimensional fluidized bed with heat transfer,Takuya Miyauchi,Satoshi Oh,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,ASME-JSME-KSME 2011 Joint Fluids Engineering Conference, AJK 2011,Vol. 1,No. D,p. 3239-3248,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 流動層DEM-CFDシミュレーションの大規模化と高分解能化 (特集 シミュレーションが創る新しい粉体技術),田中 敏嗣,辻 拓也,粉体技術,日本粉体工業技術協会,Vol. 2,No. 12,p. 29-34,2010年12月
  • Simultaneous Measurement of Particle Motion and Temperature in Two-Dimensional Fluidized Bed with Heat Transfer,Takuya Tsuji,Takuya Miyauchi,Satoshi Oh,Toshitsugu Tanaka,KONA POWDER AND PARTICLE JOURNAL,HOSOKAWA POWDER TECHNOL FOUNDATION,No. 28,p. 167-179,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • 粒子層平坦化操作のDEM解析と実験による検証,田中 敏嗣,辻 拓也,小方 康弘,武藤 真一,理論応用力学講演会 講演論文集,日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」,Vol. 59,No. 0,p. 162-162,2010年
  • Simultaneous measurement of particle motion and temperature in two-dimensional fluidized bed with heat transfer,Takuya Tsuji,Takuya Miyauchi,Satoshi Oh,Toshitsugu Tanaka,KONA POWDER AND PARTICLE JOURNAL,HOSOKAWA POWDER TECHNOL FOUNDATION,Vol. 28,No. 28,p. 2-2,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Simultaneous measurement of particle motion and temperature in two-dimensional fluidized bed with heat transfer,Takuya Tsuji,Takuya Miyauchi,Satoshi Oh,Toshitsugu Tanaka,KONA POWDER AND PARTICLE JOURNAL,HOSOKAWA POWDER TECHNOL FOUNDATION,Vol. 28,No. 28,p. 2-2,2010年
  • Interaction between a Burgers vortex and wake vortex structure generated by a settling particle,Yosuke Tanaka,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics,Vol. 9,No. Special Issue,p. 1-6,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • DEMCFD simulation and thermography measurement of fluidized bed with heat transfer,Takuya Sakurai,Toshihiro Minami,Toshihiro Kawaguchi,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,Yutaka Tsuji,Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B,Japan Society of Mechanical Engineers,Vol. 75,No. 753,p. 1041-1048,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • 流動層内熱流動問題のDEM-CFD解析およびサーモグラフィ計測,櫻井拓也,南智博,川口寿裕,辻拓也,田中敏嗣,辻裕,日本機械学会論文集,Vol. 75,No. 753,p. 1041-1048,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • 円錐台型回転ドラムにおける粒子偏析パターンと流動モードの関係,矢田 大貴,川口 寿裕,辻 拓也,田中 敏嗣,可視化情報学会誌. Suppl.,Vol. 28,No. 1,p. 231-232,2008年07月01日
  • 赤外線サーモグラフィを用いた2次元流動層内の粒子温度分布測定,吉川 薫,櫻井 拓也,川口 寿裕,辻 拓也,田中 敏嗣,可視化情報学会誌. Suppl.,Vol. 28,No. 1,p. 429-430,2008年07月01日
  • Spontaneous structures in three-dimensional bubbling gas-fluidized bed by parallel DEM-CFD coupling simulation,Takuya Tsuji,Keizo Yabumoto,Toshitsugu Tanaka,POWDER TECHNOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 184,No. 2,p. 132-140,2008年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 液架橋力を考慮した造粒プロセスの数値解析と検証,岩井章吾,川口寿裕,田中敏嗣,辻拓也,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年03月
  • 渦放出を伴う沈降粒子がバーガース渦に与える影響について,大津一晃,田中洋介,川口寿裕,辻拓也,田中敏嗣,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年03月
  • テーパ付き回転ドラム内粒子偏析のMRI計測(流動モードと偏析パターンの関係について),矢田大貴,江村裕太,川口寿裕,辻拓也,田中敏嗣,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年03月
  • Nest型解適合格子とimmersed boundary法の組み合わせによる分散性混相流れの直接数値計算,田中 大輔,辻 拓也,田中 敏嗣,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年03月
  • 単一沈降粒子が Burgers渦に与える影響,田中 洋介,辻 拓也,田中 敏嗣,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年03月
  • Multi-scale structure of clustering particles,Takuya Tsuji,Akihito Ito,Toshitsugu Tanaka,POWDER TECHNOLOGY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 179,No. 3,p. 115-125,2008年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 重力沈降粒子がBurgers渦に与える影響について,田中 洋介,大津 一晃,辻 拓也,田中 敏嗣,日本機械学会論文集B編,Vol. 73,No. 734,p. 2107-2115,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • DEM-CFDカップリング計算の大規模化,辻 拓 也,中 村 一樹,藪 本 恵 三,田 中 敏 嗣,粉体工学会誌,Vol. 44,No. 3,p. 173-179,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 同じ応答時間を持つ粒子による乱流変調 : 高ストークス数条件での検討,辻 拓也,田中 敏嗣,混相流研究の進展 : 年会講演会論文精選集 = Progress in multiphase flow research,日本混相流学会,Vol. 2007,No. 3,p. 91-99,2007年03月15日
  • Measurement of the interaction between a single particle and a single burgers vortex,Yohsuke Tanaka,Kazuaki Otsu,Takuya Tsuji,Toshitsugu Tanaka,FEDSM 2007: PROCEEDINGS OF THE 5TH JOINT AMSE/JSME FLUIDS ENGINEERING SUMMER CONFERENCE VOL 1, PTS A AND B,AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS,Vol. 1 SYMPOSIA,No. PART A,p. 863-870,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Influence of a gravitationally-settling particle on a burgers vortex,Tanaka Y,Otsu K,Tsuji T,Tanaka T,Nihon Kikai Gakkai Ronbunshu, B Hen/Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers, Part B,Vol. 73,No. 10,p. 2107-2115,2007年
  • Characteristic spatial scales of particle clusters formed in gas-solid flow,T. Tsuji,A. Ito,T. Tanaka,FEDSM 2007: PROCEEDINGS OF THE 5TH JOINT AMSE/JSME FLUIDS ENGINEERING SUMMER CONFERENCE VOL 1, PTS A AND B,AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS,Vol. 1 SYMPOSIA,No. PART A,p. 871-880,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Multi-Scale structure of clustering particles,Tsuji T,Ito A,Tanaka T,AIChE Annual Meeting, Conference Proceedings,2006年
  • Multi-scale structure of clustering particles,伊藤 瑛人,佐合 康弘,田中 敏嗣,辻 拓也,可視化情報学会誌,社団法人 可視化情報学会,Vol. 25,No. 2,p. 281-282,2005年
  • ウェーブレットによる特徴抽出と動的適合型解析,辻 拓也,横峯 健彦,清水 昭比古,可視化情報学会誌. Suppl.,Vol. 24,No. 1,p. 99-100,2004年07月01日
  • Direct numerical simulation of interactions between particles relative larger than Kolmogorov micro scale and isotropic homogeneous turbulence,Takuya Tsuji,Takehiko Yokomine,Akihiko Shimizu,2004年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • DNS study of interactions between clouds of particle and isotropic homogeneous turbulent flow,T Tsuji,H Kanda,T Yokomine,A Shimizu,COMPUTATIONAL METHODS IN MULTIPHASE FLOW II,WIT PRESS,Vol. 37,p. 179-188,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • B112 ウェーブレットによる特徴抽出と動的適合型解析,辻 拓也,横峯 健彦,清水 昭比古,可視化情報学会誌,社団法人 可視化情報学会,Vol. 24,No. 1,p. 99-100,2004年
  • DNS study of interactions between clouds of particle and isotropic homogeneous turbulent flow,Takuya Tsuji,Hiroshi Kanda,Takehiko Yokomine,Akihiko Shimizu,Computational methods in multiphase flow II, pp.179-188,2003年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Dynamically adaptive multi-level incompressible flow simulation standing on lifting wavelet,Takuya Tsuji,Takehiko Yokomine,Akihiko Shimizu,Proceedings of the Fourth International Symposium on Turbulence, Heat and Mass Transfer, pp.351-358,Vol. pp.351-358,2003年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Unsteady three-dimensional simulation of interactions between flow and two particles,T Tsuji,R Narutomi,T Yokomine,S Ebara,A Shimizu,INTERNATIONAL JOURNAL OF MULTIPHASE FLOW,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 29,No. 9,p. 1431-1450,2003年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Applications of weakly compressible model to turbulent flow problem towards adaptive turbulence simulation,Takuya Tsuji,Takehiko Yokomine,Akihiko Shimizu,American Physical Society/Division of Fluid Dynamics 55th Annual meeting,2002年11月
  • Large Eddy Simulationによる平行平板固気混相乱流の数値解析,横峯 健彦,辻 拓也,清水 昭比古,九州大学大学院総合理工学報告 22巻2号203-208頁,Vol. 2 (22) pp.203,2002年06月,研究論文(大学,研究機関等紀要)

MISC

  • 1. Particle characteristics and measurement 1.10 motion of a single particle 1.10.1 fluid force acting on a particle and equation of motion 1.10.2 sedimentation,Toshitsugu Tanaka,Takuya Tsuji,Journal of the Society of Powder Technology, Japan,Vol. 56,p. 82-86,2019年01月01日
  • 「粉体の数値シミュレーション」解説小特集について,黒瀬 良一,辻 拓也,所 千晴,白井 孝,渡邉 哲,粉体工学会誌,一般社団法人 粉体工学会,Vol. 54,No. 2,p. 104-104,2017年
  • 海外混相流事情(第54回)スイス連邦工科大学チューリッヒ校での滞在,辻 拓也,混相流 = Japanese journal of multiphase flow,日本混相流学会,Vol. 29,No. 4,p. 372-374,2015年12月
  • 粒子群乾燥挙動の数値シミュレーションモデル開発,辻 拓也,ホソカワ粉体工学振興財団年報,公益財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団,Vol. 23,No. 0,p. 110-113,2015年
  • 流動層シミュレーションの大規模化高分解能化 (大規模計算機システム利用者研究報告),辻 拓也,田中 敏嗣,サイバーメディアHPCジャーナル,大阪大学サイバーメディアセンター,No. 1,p. 33-37,2011年10月
  • D102 2次元流動層における粒子対流挙動のPTV計測(OS9 混相流動),動力エネルギーシステム部門20周年,次の20年への新展開),王 聡,宮内 卓也,吉川 薫,辻 拓也,川口 寿裕,田中 敏嗣,動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2010,No. 0,p. 121-124,2010年
  • 1018 MPS法による固体球体間に形成される液架橋の数値シミュレーション(OS-5 可変形性境界を含む流れ(1)),乾 真規,田中 敏嗣,辻 拓也,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2010,No. 0,p. _10-18_,2010年
  • 1103 固気二相流中における粒子クラスター構造の時間発展について(GS-5 混相流-粒子),村松 雄毅,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2010,No. 0,p. _11-3_,2010年
  • 高濃度粒子を含む流れ場中に添加された物体の挙動予測,辻 拓也,ホソカワ粉体工学振興財団年報,公益財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団,Vol. 18,No. 0,p. 92-96,2010年
  • 1414 高濃度粒子を含む流れ場の直接数値計算(OS14-3 分散系混相流のダイナミクス,オーガナイズドセッション),矢田 大貴,辻 拓也,川口 寿裕,田中 敏嗣,流体工学部門講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2009,No. 0,p. 453-454,2009年
  • J0502-2-3 固液混相流における液体速度のNMR計測(混相流の多次元ビジュアリゼーション(2)),川口 寿裕,萩原 健一郎,矢田 大貴,辻 拓也,田中 敏嗣,年次大会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2009,No. 0,p. 69-70,2009年
  • 119 マルチスケールPIVによる乱流構造に固体粒子が与える影響の計測(GS-5 流体計測(2)),澤村 和宏,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2009,No. 0,p. _1-19_,2009年
  • 1015 過飽和析出法による微粒子吸着気泡の生成(GS-5 混相流),長野 翔二,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2009,No. 0,p. _10-15_,2009年
  • 1016 粒子クラスターの形成とそれにより誘起される周囲の流れについて(GS-5 混相流),佃 昭寛,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2009,No. 0,p. _10-16_,2009年
  • 1012 テーパ付き回転ドラム内粒子偏析のMRI計測 : 流動モードと偏析パターンの関係について(GS-5 流体計測),矢田 大貴,江村 裕太,川口 寿裕,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. _10-12_,2008年
  • 404 単一沈降粒子がBurgers渦に与える影響(OS-3 複雑流体現象(1)),田中 洋介,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. _4-4_,2008年
  • 1002 液架橋力を考慮した造粒プロセスの数値解析と検証(GS-5 シミュレーション),岩井 章吾,川口 寿裕,田中 敏嗣,辻 拓也,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. _10-2_,2008年
  • 1004 Nest型解適合格子とimmersed boundary法の組み合わせによる分散性混相流れの直接数値計算(GS-5 シミュレーション),田中 大輔,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. _10-4_,2008年
  • 1008 渦放出を伴う沈降粒子がバーガース渦に与える影響について(GS-5 二相流),大津 一晃,田中 洋介,川口 寿裕,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. _10-8_,2008年
  • 1013 テーパ付回転ドラム内における軸方向粒子偏析の発生メカニズムの解明(GS-5 流体計測),江村 裕太,矢田 大貴,川口 寿裕,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. _10-13_,2008年
  • 混相流国際会議(ICMF2007)参加報告,辻 拓也,粉体工学会誌 = Journal of the Society of Powder Technology, Japan,Vol. 44,No. 11,p. 825-826,2007年11月10日
  • DEM-CFDカップリング計算の大規模化,辻 拓也,中村 一樹,藪本 恵三,田中 敏嗣,粉体工学会誌 = Journal of the Society of Powder Technology, Japan,粉体工学会,Vol. 44,No. 3,p. 173-179,2007年03月10日
  • 2512 固気二相流中において粒子群が形成する空間構造(OS25.粒・粉・滴のパターン形成(2),ポスターセッションP-1),辻 拓也,伊藤 瑛人,田中 敏嗣,計算力学講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. 101-102,2007年
  • 2508 三次元気泡流動層中において形成される自発構造(OS25.粒・粉・滴のパターン形成(2),ポスターセッションP-1),籔本 恵三,辻 拓也,田中 敏嗣,計算力学講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. 93-94,2007年
  • 1465 沈降粒子がBurgers渦に与える影響について(S37-1 混相流動のダイナミックス(1),S37 混相流動のダイナミックス),田中 洋介,大津 一晃,辻 拓也,田中 敏嗣,年次大会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. 127-128,2007年
  • 207 噴霧乾燥法による微粒子凝集体の構造形成メカニズムについて(OS-2 マイクロ・ナノ流体工学(2)),佐幸 毅,松本 新,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. _2-7_,2007年
  • 618 壁近傍に存在する粒子が乱流に及ぼす影響について(GS-1 流体解析,個別要素法),田中 大輔,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. _6-18_,2007年
  • 1006 粒子クラスターの空間構造(GS-5 粒子群の挙動),伊藤 瑛人,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. _10-6_,2007年
  • 1007 近接した粒子間および粒子-壁面間流体力相互作用を含む粒子運動の数値解析(GS-5 粒子群の挙動),池田 大輔,佃 昭寛,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. _10-7_,2007年
  • 1013 流動層のDEM計算における相似則モデル(GS-5 粒子群の計測と解析),鷲野 公彰,許 志宏,川口 寿裕,辻 裕,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. _10-13_,2007年
  • 1009 MRIによる高濃度粒子系混相流動の非接触計測(GS-5 粒子群の計測と解析),宮部 昌也,薮本 恵三,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. _10-9_,2007年
  • 917 気泡流動層のスケールアップに伴う流動構造変化について(GS-5 界面の解析),籔本 恵三,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. _9-17_,2007年
  • 混相流国際会議 (ICMF2007) 参加報告,辻 拓也,粉体工学会誌,一般社団法人 粉体工学会,Vol. 44,No. 11,p. 825-826,2007年
  • 3938 ウェーブレットベース数値流体解析と特徴抽出(J08-2 流体情報学と発見科学(2),J08 流体情報学と発見科学),辻 拓也,田中 敏嗣,年次大会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2006,No. 0,p. 157-158,2006年
  • 1013 LBMによる粒子沈降挙動の数値シミュレーション(GS-5 シミュレーション),永浴 竜次,池田 大輔,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2006,No. 0,p. _10-13_,2006年
  • 1014 熱移動を伴う高濃度固気二相流の離散粒子シミュレーション(GS-5 シミュレーション),南 智博,桜井 拓也,辻 拓也,川口 寿裕,田中 敏嗣,辻 裕,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2006,No. 0,p. _10-14_,2006年
  • 1016 散逸粒子動力学法による液中微粒子分散系の数値シミュレーション : レオロジー特性に関する検討(GS-5 シミュレーション),堺 勝洋,辻 拓也,田中 敏嗣,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2006,No. 0,p. _10-16_,2006年
  • AM06-08-004 粒子クラスターの3次元構造(混相流・機能性流体(1),一般講演),辻 拓也,伊藤 瑛人,田中 敏嗣,日本流体力学会年会講演論文集,日本流体力学会,Vol. 2006,2006年
  • 粒子-乱流間相互作用の高性能直接計算,辻 拓也,粉体工学会誌 = Journal of the Society of Powder Technology, Japan,Vol. 42,No. 2,2005年02月10日
  • 1117 固気二相クラスター流動において粒径分布が流動に及ぼす影響(GS-5 混相流(1),研究発表講演),大薮 健一郎,田中 敏嗣,辻 拓也,辻 裕,関西支部講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2005,No. 0,p. _11-33_-_11-34_,2005年
  • ウェーブレット閾値法による壁乱流の特徴抽出(OS11-2ウエーブレット解析の現状と新しい展開),辻 拓也,田中 敏嗣,流体工学部門講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2004,No. 0,2004年
  • 204 リフティングウェーブレットによる非圧縮流体の動的適合型解析,辻 拓也,横峯 健彦,清水 昭比古,計算力学講演会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2003,No. 0,p. 103-104,2003年
  • LargeEddy Simulationによる平行平板固気混相乱流の数値解析,横峯 健彦,辻 拓也,清水 昭比古,九州大学大学院総合理工学報告,九州大学大学院総合理工学府,Vol. 22,No. 2,p. 203-208,2000年09月

受賞

  • 2018 Advanced Powder Technology (APT) Outstanding International Contribution Award (as Editor),辻 拓也,粉体工学会,2019年10月
  • 日本粉体工業技術協会奨励賞技術シーズ賞,辻 拓也,鷲野 公彰,田中 敏嗣,日本粉体工業技術協会,2017年11月
  • 大阪大学総長による表彰,辻 拓也,大阪大学,2015年07月
  • 化学工学会粒子・流体プロセス部会フロンティア賞,Takuya Tsuji,Kyohei Higashida,Yoshitomo Okuyama,Toshitsugu Tanaka,化学工学会,2015年03月
  • 大阪大学総長奨励賞(研究部門),辻 拓也,大阪大学,2014年07月
  • 日本混相流学会奨励賞,辻 拓也,日本混相流学会,2014年07月
  • ホソカワ粉体工学研究奨励賞,辻 拓也,ホソカワ粉体工学振興財団,2013年09月
  • 大阪大学-コマツ産学連携技術賞,辻 拓也,押川 祐士,門野 裕一,(株)小松製作所,2013年05月
  • 第30回粉体工学会論文賞,辻 拓也,成田 栄嗣,田中 敏嗣,粉体工学会,2012年05月
  • ISTVS Best Paper Award,Yuta Nakagawa,Takuya Tsuji,Takemori Takayama,Norishisa Matsumoto,Toshitsugu Tanaka,Yuuichi kadono,The International Society for Terrain-Vehicle Systems,2010年09月

講演・口頭発表等

  • DNS of Dispersed Multiphase flow using Immersed Boundary Method with a Nested-Grid Model,2008年
  • Influence of a settling particle on a Burgers vortex,2008年
  • Numerical Simulation and Validation of Granulation Process Considering Liquid Bridge Force,2008年
  • Influence of Settling Particle on Burgers Vortex,2008年
  • Mechanism of axial segregation in a tapered rotation Drum,2008年
  • MRI measurement of particle segregation in tapered rotating drum(On the relation between flow mode and segregation pattern),2008年
  • 単一沈降粒子が Burgers渦に与える影響,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年
  • 液架橋力を考慮した造粒プロセスの数値解析と検証,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年
  • Nest型解適合格子とimmersed boundary法の組み合わせによる分散性混相流れの直接数値計算,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年
  • テーパ付き回転ドラム内における軸方向粒子偏析の発生メカニズムの解明,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年
  • テーパ付き回転ドラム内粒子偏析のMRI計測(流動モードと偏析パターンの関係について),日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年
  • 渦放出を伴う沈降粒子がバーガース渦に与える影響について,日本機械学会関西支部第83期定時総会講演会講演論文集,2008年
  • Direct numerical simulation of interactions between particles relative larger than Kolmogorov micro scale and isotropic homogeneous turbulence,2004年
  • DNS study of interactions between clouds of particle and isotropic homogeneous turbulent flow,Second International Conference on Computational Methods in Multiphase Flow,2003年

委員歴

  • 学協会,Advanced Powder Technology,Editor,2013年04月 ~ 2021年03月
  • 学協会,粉体工学会,編集委員,2013年04月 ~ 2021年03月
  • 学協会,日本混相流学会,理事・企画部会長,2019年08月 ~ 2020年08月
  • 学協会,日本混相流学会,評議員,2018年08月 ~ 2020年08月
  • 学協会,日本混相流学会,理事・総務部会長,2018年08月 ~ 2019年08月
  • 学協会,日本混相流学会,評議員,2013年08月 ~ 2015年08月