EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

清野 健

Kiyono Ken

基礎工学研究科 機能創成専攻,教授

keyword 生体信号,非線形動力学,時系列解析,生体情報学,非線形物理学

学歴

  • ~ 2003年,東京都立大学,大学院 理学研究科,物理学専攻
  • ~ 1998年,東京都立大学,理学部,物理学専攻

経歴

  • 2017年05月 ~ 継続中,大阪大学大学院,基礎工学研究科,教授
  • 2012年04月 ~ 2017年04月,大阪大学大学院,基礎工学研究科,准教授
  • 2009年04月 ~ 2012年03月,日本大学工学部,総合教育,准教授
  • 2006年04月 ~ 2009年03月,日本大学工学部,総合教育,専任講師
  • 2003年04月 ~ 2006年03月,東京大学大学院,教育学研究科,日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2003年 ~ 2006年,:JSPS research fellow

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,生体材料学
  • ライフサイエンス,生体医工学
  • 情報通信,生命、健康、医療情報学
  • 自然科学一般,数理物理、物性基礎

所属学会

  • 日本繊維機械学会
  • システム制御情報学会
  • 日本循環器学会
  • 日本生体医工学会
  • 日本物理学会
  • 計測自動制御学会
  • Physical Society of Japan
  • Society of Instrument and Control Engineers

論文

  • C. elegans episodic swimming is driven by multifractal kinetics,Vol. 10,No. 1,2020年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Skipping breakfast for 6 days delayed the circadian rhythm of the body temperature without altering clock gene expression in human leukocytes,Vol. 12,No. 9,p. 1-18,2020年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Long-range cross-correlation between heart rate and physical activity in daily life,2020年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation of sleep quality in a disaster evacuee environment,Vol. 17,No. 12,p. 1-12,2020年06月02日,研究論文(学術雑誌)
  • Association between inflammation and skeletal muscle proteolysis, skeletal mass and strength in elderly heart failure patients and their prognostic implications,Vol. 20,No. 1,2020年05月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Infants Show Physiological Responses Specific to Parental Hugs,Vol. 23,No. 4,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Association between PM<inf>2.5</inf> exposure and heart rate variability for the patients with cardiac problems in Japan,Vol. 13,No. 3,p. 339-347,2020年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Non-contact monitoring of heart rate variability using medical radar for the evaluation of dynamic changes in autonomic nervous activity during a head-up tilt test,Vol. 43,No. 7,p. 411-417,2019年10月03日,研究論文(学術雑誌)
  • Detrending moving average analysis of center-of-pressure patterns,p. 130-135,2019年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Generalized theory for detrending moving-average cross-correlation analysis: A practical guide,Vol. 3,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Adequate Energy Intake Prevents Low Bone Mass Under Exercise and Low Intake of Nutrients in Young Female Rats,Yuki Aikawa,Yuya Kakutani,Umon Agata,Satoshi Hattori,Hitomi Ogata,Ken Kiyono,Ikuko Ezawa,Naomi Omi,American Journal of Sports Science,Vol. 7,No. 3,p. 127-135,2019年09月
  • Association between breakfast skipping and postprandial hyperglycaemia after lunch in healthy young individuals,Vol. 122,No. 4,p. 431-440,2019年08月28日,研究論文(学術雑誌)
  • Detrended Fluctuation, Coherence, and Spectral Power Analysis of Activation Rearrangement in EEG Dynamics During Cognitive Workload,Vol. 13,2019年08月08日,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of skipping breakfast for 6 days on energy metabolism and diurnal rhythm of blood glucose in young healthy Japanese males,Vol. 110,No. 1,p. 41-52,2019年07月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 6日連続の朝食欠食が若年健常者の生体リズムに及ぼす影響,緒形 ひとみ,田中 喜晃,萱場 桃子,矢島 克彦,岩山 海渡,清野 健,麻見 直美,佐藤 誠,徳山 薫平,日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,(公社)日本栄養・食糧学会,Vol. 73回,p. 258-258,2019年04月
  • Theoretical foundation of detrending methods for fluctuation analysis such as detrended fluctuation analysis and detrending moving average,Vol. 99,No. 3,2019年03月28日,研究論文(学術雑誌)
  • The presence of late potentials after percutaneous coronary intervention for the treatment of acute coronary syndrome as a predictor for future significant cardiac events resulting in re-hospitalization,Vol. 53,p. 71-78,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Electroencephalograms during mental arithmetic task performance,Vol. 4,No. 1,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Wavelet p-Leader Non Gaussian Multiscale Expansions for Heart Rate Variability Analysis in Congestive Heart Failure Patients,Vol. 66,No. 1,p. 80-88,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • ウェアラブル生体センサを活用した暑熱労働環境の評価と改善,中江悟司,金子美樹,清野健,計測と制御,Vol. 58,No. 2,2019年
  • Analysis of the relationship between amplitude modulation of low frequency heart rate variability and blood pressure variability,Vol. 8,p. 78-84,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • The angiotensin II type 1 receptor blocker azilsartan can overwhelm the sympathetic nerve activation stimulated by coadministration of calcium channel blockers,Vol. 20,No. 1,2019年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A decision tree-based survival analysis of patients with a history of inappropriate implantable cardioverter-defibrillator therapy,Vol. 60,No. 2,p. 318-326,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Prolonged Autonomic Fluctuation Derived from Parasympathetic Hypertonia after Carotid Endarterectomy but not Stenting,Vol. 28,No. 1,p. 10-20,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Relation Between Autonomic Nervous Activity after Pulmonary Vein Isolation and Recurrence in Paroxysmal Atrial Fibrillation Patients,Shigetaka Kanda,Mari Amino,Susumu Sakama,Kengo Ayabe,Tetsuri Sakai,Hirofumi Nagamatsu,Tadashi Hashida,Ken Kiyono,Yuji Ikari,Koichiro Yoshioka,The Tokai journal of experimental and clinical medicine,Vol. 43,No. 4,p. 153-160,2018年12月20日
  • Mortality Prediction in Severe Congestive Heart Failure Patients with Multifractal Point-Process Modeling of Heartbeat Dynamics.,Vol. 65,No. 10,p. 2345-2354,2018年10月
  • Increase in random component of heart rate variability coinciding with developmental and degenerative stages of life.,Vol. 39,No. 5,p. 054004-054004,2018年05月25日
  • Scattering Transform of Heart Rate Variability for the Prediction of Ischemic Stroke in Patients with Atrial Fibrillation.,Vol. 57,No. 3,p. 141-145,2018年05月
  • Association between multiscale entropy characteristics of heart rate variability and ischemic stroke risk in patients with permanent atrial fibrillation,Vol. 19,No. 12,2017年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Multiscale properties of instantaneous parasympathetic activity in severe congestive heart failure: A survivor vs non-survivor study,p. 3761-3764,2017年09月13日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Inappropriate implantable cardioverter defibrillator shocks-incidence, effect, and implications for driver licensing,Vol. 49,No. 3,p. 271-280,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • The development of high-functional innerwear and risk-control systems for heat attack,Hiroyuki Kanai,Ken Kiyono,Taishin Nomura,Akihiko Taguchi,Zen Ichiro Kawase,Yoshinori Fujio,Susumu Katsuen,Suego Kobayashi,Journal of the Japan Research Association for Textile End-Uses,Vol. 58,p. 13-18,2017年08月01日
  • Blunted cyclic variation of heart rate predicts mortality risk in post-myocardial infarction, end-stage renal disease, and chronic heart failure patients.,Vol. 19,No. 8,p. 1392-1400,2017年08月01日
  • Theory and applications of detrending-operation-based fractal-scaling analysis,2017年07月19日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Fast algorithm of long-range cross-correlation analysis using Savitzky-Golay detrending filter and its application to biosignal analysis,2017年07月19日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Sodium balance, circadian BP rhythm, heart rate variability, and intrarenal renin–angiotensin–aldosterone and dopaminergic systems in acute phase of ARB therapy,Vol. 5,No. 11,2017年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Prognostic Importance of Novel Oxygen Desaturation Metrics in Patients With Heart Failure and Central Sleep Apnea,Vol. 23,No. 2,p. 131-137,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 5.高機能インナーウェアと熱中症リスク管理システムの開発,金井 博幸,清野 健,野村 泰伸,田口 晶彦,川瀬 善一郎,藤尾 宜範,勝圓 進,小林 末呉,繊維製品消費科学,一般社団法人 日本繊維製品消費科学会,Vol. 58,No. 8,p. 639-644,2017年
  • Dynamic Determinants of the Uncontrolled Manifold during Human Quiet Stance,Vol. 10,No. DEC2016,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Nonlinear filtering properties of detrended fluctuation analysis,Vol. 462,p. 807-815,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 心拍変動と交感神経活動の関係を探る,清野健,早野順一郎,山本義春,麻酔と蘇生,Vol. 52,No. 3,2016年09月20日
  • Time and frequency domain characteristics of detrending-operation-based scaling analysis: Exact DFA and DMA frequency responses,Vol. 94,No. 1,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Detrending moving average algorithm: Frequency response and scaling performances,Vol. 93,No. 6,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Net clinical benefit of adding aspirin to warfarin in patients with atrial fibrillation: Insights from the J-RHYTHM Registry,Vol. 212,p. 311-317,2016年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Fast algorithm for scaling analysis with higher-order detrending moving average method,Vol. 93,No. 5,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • L/T-type calcium channel blocker reduces non-Gaussianity of heart rate variability in chronic kidney disease patients under preceding treatment with ARB,Vol. 17,No. 2,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Intermittent Feedback-Control Strategy for Stabilizing Inverted Pendulum on Manually Controlled Cart as Analogy to Human Stick Balancing,Vol. 10,No. Apr,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiscale Analysis of Intensive Longitudinal Biomedical Signals and Its Clinical Applications,Vol. 104,No. 2,p. 242-261,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • A Model of Gait Cycle Variability During Human Walking,p. 79-84,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stability and Flexibility During Human Motor Control,p. 67-73,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reinforcement learning for stabilizing an inverted pendulum naturally leads to intermittent feedback control as in human quiet standing,Vol. 2016-October,p. 37-40,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Postural flexibility during quiet standing in healthy elderly and patients with Parkinson's Disease,Vol. 2016-October,p. 29-32,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Long-range correlations in amplitude variability of HF and LF components of Heart Rate Variability,Vol. 2016-October,p. 6218-6221,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Heart rate variability and cardiac diseases,p. 163-178,2016年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Heart rate variability (hrv) and sympathetic nerve activity,p. 147-161,2016年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Exploring the relation between heart rate variability characteristics and sympathetic nervous system activity,Kiyono K,Hayano J,Yamamoto Y,Anesthesia and Resuscitation,Vol. 52,No. 3,p. 103-108,2016年
  • Beat-to-beat T-wave amplitude variability in the risk stratification of right ventricular outflow tract-premature ventricular complex patients,Vol. 18,No. 1,p. 138-145,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Establishing a direct connection between detrended fluctuation analysis and Fourier analysis,Vol. 92,No. 4,2015年10月29日,研究論文(学術雑誌)
  • Multiscale Entropy of the Heart Rate Variability for the Prediction of an Ischemic Stroke in Patients with Permanent Atrial Fibrillation,Vol. 10,No. 9,2015年09月,研究論文(学術雑誌)
  • PROGNOSTIC IMPLICATION OF THE OXYGEN DESATURATION INDEX IN HEART FAILURE AND CENTRAL SLEEP APNEA,Vol. 65,No. 10,p. A829-A829,2015年03月
  • Point-Process High-Resolution Representations of Heartbeat Dynamics for Multiscale Analysis: a CHF Survivor Prediction Study,Vol. 2015-November,p. 1951-1954,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Non-Actively Controlled Double-Inverted-Pendulum-Like Dynamics Can Minimize Center of Mass Acceleration during Human Quiet Standing,Vol. 2015-November,p. 1432-1435,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Intermittent Appearances of Saddle-Type Hyperbolic Dynamics during Human Stick Balancing on a Manually Controlled Cart,Vol. 2015-November,p. 3500-3503,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The effect of nocturnal blue light exposure from light-emitting diodes on wakefulness and energy metabolism the following morning (vol 19, pg 354, 2014),Vol. 20,No. 1,p. 76-77,2015年01月
  • Universal and individual characteristics of postural sway during quiet standing in healthy young adults,Vol. 3,No. 3,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • 安定かつ柔軟なヒト直立姿勢の神経制御仮説,野村 泰伸,鈴木 康之,清野 健,付 春江,吉川 直也,佐古田 三郎,バイオメカニズム学会誌,バイオメカニズム学会,Vol. 39,No. 4,p. 185-195,2015年
  • 検査からみる神経疾患 長期心拍変動からみる自律神経障害,清野 健,早野 順一郎,山本 義春,Clinical Neuroscience,(株)中外医学社,Vol. 32,No. 12,p. 1428-1430,2014年12月
  • An intermittent control model of flexible human gait using a stable manifold of saddle-type unstable limit cycle dynamics,Vol. 11,No. 101,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • The effect of nocturnal blue light exposure from light-emitting diodes on wakefulness and energy metabolism the following morning,Vol. 19,No. 5,p. 354-361,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 非平衡系の非ガウス雑音 : 現象論的モデルとその応用,清野 健,システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌,システム制御情報学会,Vol. 58,No. 5,p. 187-192,2014年05月
  • MultiScale Wavelet p-Leader based Heart Rate Variability Analysis for Survival Probability Assessment in CHF Patients,p. 2809-2812,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 慢性心房細動患者の心電図情報を用いた睡眠時無呼吸症候群の検出法の検討,竹内 公一,清野 健,杉山 裕章,白濱 龍太郎,鈴木 康之,野村 泰伸,山本 義春,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 52,No. 0,p. O-394-O-395,2014年
  • Modeling human postural sway using an intermittent control and hemodynamic perturbations,Vol. 245,No. 1,p. 86-95,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Log-amplitude statistics for Beck-Cohen superstatistics,Vol. 87,No. 5,p. 1-52104,2013年05月06日,研究論文(学術雑誌)
  • Log-amplitude cumulants and parameter estimation for Beck-Cohen superstatistics,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Lack of Negative Correlation in Glucose Dynamics by Nonexercise Activity Thermogenesis Restriction in Healthy Adults,Vol. 45,No. 1,p. 60-66,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • The lack of long-range negative correlations in glucose dynamics is associated with worse glucose control in patients with diabetes mellitus,Vol. 61,No. 7,p. 1041-1050,2012年07月,研究論文(学術雑誌)
  • AUTONOMIC ANTAGONISM UNDERLIES HEART RATE COMPLEXITY,Vol. 5,No. 1,p. 181-190,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Non-Gaussianity of low frequency heart rate variability and sympathetic activation: lack of increases in multiple system atrophy and Parkinson disease,Vol. 3,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Non-gaussian statistics of intermittent fluctuations and its application to heart rate variability analysis,Ken Kiyono,Seimitsu Kogaku Kaishi/Journal of the Japan Society for Precision Engineering,公益社団法人 精密工学会,Vol. 77,No. 2,p. 153-157,2011年02月01日
  • Asymmetric intermittency observed in human heart rate dynamics,Vol. 2011,p. 7743-7746,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Increased non-Gaussianity of heart rate variability predicts cardiac mortality after an acute myocardial infarction,Vol. 2,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • Non-Gaussian statistics and its application to heart rate variability analysis,清野 健,統計数理研究所共同研究リポート,Vol. 242,p. 95-103,2010年
  • Log-amplitude statistics of non-Gaussian fluctuations,Vol. 221,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Log-amplitude statistics of intermittent and non-Gaussian time series,Vol. 79,No. 3,p. 1-31129,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Statistical physics of human heart rate in health and disease,Vol. 2009,p. 139-154,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Updating legacy CAMAC-based data acquisition system for extended pulse duration of JT-60U,Vol. 83,No. 2-3,p. 334-336,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Increased heteroscedasticity of heart rate in fatal heart failure,Vol. 82,No. 2,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-Gaussian heart rate as an independent predictor of mortality in patients with chronic heart failure,Vol. 5,No. 2,p. 261-268,2008年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-Gaussian Statistics of intermittent chaos in Boussinesq magnetoconvection,Naoaki Bekki,Ken Kiyono,Hidetoshi Konno,Pacific Science Review,Vol. 10,No. 2,p. 199-203,2008年
  • On the recurrence time of earthquakes: insight from Vrancea (Romania) intermediate-depth events,Vol. 172,No. 1,p. 395-404,2008年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Estimator of a non-Gaussian parameter in multiplicative log-normal models,Vol. 76,No. 4,p. 1-41113,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Universal scaling law in human behavioral organization,Vol. 99,No. 13,p. 1-138103,2007年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiscale fluctuation analysis revisited,Vol. 922,p. 661-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Long-range correlated glucose fluctuations in diabetes,Vol. 46,No. 2,p. 222-226,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics of behavioral organization and its alteration in major depression,Vol. 922,p. 667-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Characterisation of non-Gaussian fluctuations in multiplicative log-normal models,Vol. 922,p. 635-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Autonomic imbalance induced breakdown of long-range dependence in healthy heart rate,Vol. 46,No. 2,p. 174-178,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Multiscale Fluctuation Analysis of Complex Signals,Ken KIYONO,Zbigniew,R. Struzik,Yoshiharu Yamamoto,AAPPS Bulletin,Vol. 17,No. 2,p. 13-20,2007年
  • Long-range correlated glucose fluctuations in diabetes,Vol. 46,No. 2,p. 222-226,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Autonomic imbalance induced breakdown of long-range dependence in healthy heart rate,Vol. 46,No. 2,p. 174-178,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Long-range negative correlation of glucose dynamics in humans and its breakdown in diabetes mellitus,Vol. 291,No. 6,p. R1638-R1643,2006年12月,研究論文(学術雑誌)
  • ヒトの心拍変動に見られる相転移現象(最近の研究から),清野 健,Struzik Zbigniew R,山本 義春,日本物理學會誌,一般社団法人日本物理学会,Vol. 61,No. 4,p. 268-272,2006年04月
  • Criticality and phase transition in stock-price fluctuations,Vol. 96,No. 6,p. 1-68701,2006年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiscale probability density function analysis: Non-Gaussian and scale-invariant fluctuations of healthy human heart rate,Vol. 53,No. 1,p. 95-102,2006年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Unique very low-frequency heart rate variability during deep sleep in humans,Vol. 53,No. 1,p. 28-34,2006年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 心拍ゆらぎと健康 (特集=リズムが創りだす生命のしくみ),清野 健,山本 義春,科学,岩波書店,Vol. 75,No. 12,p. 1417-1421,2005年12月
  • Phase transition in a healthy human heart rate,Vol. 95,No. 5,p. 1-58101,2005年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 水漏れ蛇口のカオス動力学 (波の非線形現象の数理とその応用),清野 健,数理解析研究所講究録,京都大学,Vol. 1430,p. 136-145,2005年05月
  • Sleep stage dependence of invariance characteristics in fluctuations of healthy human heart rate,Vol. 780,p. 545-548,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Phase transition and 1/f noise in a modified Bak-Tang-Wiesenfeld sand pile model with time-dependent avalanche propagation,Vol. 780,p. 807-810,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Criticality and universality in healthy heart rate dynamics,Vol. 780,p. 549-552,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Changes in the Hurst exponent of heart rate variability during physical activity,Vol. 780,p. 599-602,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Critical scale invariance in a healthy human heart rate,Vol. 93,No. 17,p. 1-178103,2004年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Measurement, analysis, and interpretation of long-term heart rate variability,p. 2598-2605,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Picture of the low-dimensional structure in chaotic dripping faucets,Vol. 320,No. 1,p. 47-52,2003年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 【自律神経評価法の有用性と限界】 統計物理的にみた心拍変動,清野 健,大橋 恭子,青柳 直子,山本 義春,循環制御,日本循環制御医学会,Vol. 24,No. 3,p. 207-214,2003年09月
  • イセエビ心拍間隔ゆらぎのスケーリング解析,勝山 智男,矢澤 徹,清野 健,法政大学多摩研究報告,法政大学多摩研究報告編集委員会,Vol. 18,p. 97-108,2003年03月
  • Scaling analysis of heartbeat fluctuation of spiny lobster, Panulirus japonicus.,Katsuyama Tomoo,Yazawa Toru,Kiyono Ken,Comparative Biochemistry and Physiology Part B Biochemistry & Molecular Biology,Vol. 136B,No. 3,2003年
  • Non-liner cardiac rhythm regulation: Period doubling of heart-beat interval in mutant white crayfish, Procambarus clarkii.,Katsuyama Tomoo,Nagaoka Tomoyuki,Kiyono Ken,Tanaka Katsunori,Nakatani Isamu,Yazawa Toru,Comparative Biochemistry and Physiology Part A Molecular & Integrative Physiology,Vol. 134A,No. 1,2003年
  • 甲殻類心拍の状態空間軌道,田中 克典,清野 健,長岡 知之,吉倉 智子,勝山 智男,村田 浩一,矢澤 徹,バイオイメージング,Vol. 11,No. 3,p. 93-94,2002年10月21日
  • アメリカザリガニにおける心拍間隔の周期倍分岐,矢澤 徹,勝山 智男,清野 健,法政大学多摩研究報告,法政大学多摩研究報告編集委員会,Vol. 17,p. 57-70,2002年03月
  • ウシガエル心拍リズムの力学的解析,田中 克典,矢澤 徹,清野 健,法政大学多摩研究報告,法政大学多摩研究報告編集委員会,Vol. 17,p. 43-56,2002年03月
  • Chaos in a dripping tap,Katsuyama T,Kiyono K,Fuchikami N,Theoretical and Applied Mechanics Japan,Vol. 51,p. 381-385,2002年
  • Chaotic dynamics of a dripping faucet,清野 健,T. Katsuyama,T. Masunaga,K. Kiyono,N .Fuchikami,沼津工業高等専門学校研究報告,Vol. 37,p. 215-219,2002年
  • 水滴落下系カオスとその制御,清野 健,清野 健,渕上 信子,機械の研究,Vol. 54,p. 96-102,2002年
  • Bifurcations induced by periodic forcing and taming chaos in dripping faucets,Vol. 71,No. 1,p. 49-55,2002年01月,研究論文(学術雑誌)
  • ウシガエル心拍リズムの状態空間表示,田中 克典,清野 健,勝山 智男,島田 一平,山田 武範,矢沢 徹,バイオイメージング,Vol. 10,No. 3,p. 124-125,2001年10月01日
  • 水滴落下系のカオス,清野 健,清野 健,勝山 智男,日本物理学会誌,一般社団法人日本物理学会,Vol. 55,No. 4,p. 247-256,2000年04月
  • 水滴落下系のシミュレーションとカオス,清野 健,渕上 信子,微粒化(日本微粒化学会誌),Vol. 25,p. 45-57,2000年
  • Dripping faucet dynamics by an improved mass-spring model,Vol. 68,No. 10,p. 3259-3270,1999年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Simulation of a dripping faucet,Vol. 68,No. 4,p. 1185-1196,1999年04月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Machine Learning for Predicting the Mortality, Thromboses, and Major Bleeding in Patients with Atrial Fibrillation: J-Rhythm Registry Subanalysis(和訳中),渡邉 英一,井上 博,新 博次,奥村 謙,山下 武志,小谷 英太郎,折笠 秀樹,清野 健,日本循環器学会学術集会抄録集,(一社)日本循環器学会,Vol. 83回,p. OJ24-5,2019年03月
  • ヒト・モノ・データを統合した熱中症リスク管理システムの開発,植田隼平,藤田壌,藤尾宜範,田口晶彦,川瀬善一郎,金井博幸,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2017,2018年01月12日
  • ウェアラブル生体センサを用いた労働環境における体調評価指標の開発,植田 隼平,野村 泰伸,清野 健,藤田 壌,西田 直樹,藤尾 宜範,林 洋行,田口 晶彦,川瀬 善一郎,真田 知世,金井 博幸,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 56,No. 0,p. S126-S126,2018年
  • Savitzky‐Golayトレンド除去フィルタを使った生体信号時系列のスケーリング解析,辻本裕,鈴木康之,下野昌宣,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2016,2017年01月13日
  • 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム2016(LE2016,第31回生体・生理工学シンポジウム),野村 泰伸,清野 健,計測と制御,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 56,No. 8,p. 608-608,2017年
  • 心拍変動の大規模データに見られる集団特性の数理構造,清野 健,野村 泰伸,山本 義春,早野 順一郎,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 55,No. 3,p. 211-211,2017年
  • 心拍計測用ウェアの性能評価指標の提案,植田 隼平,有馬 慎之介,藤尾 宜範,勝圓 進,金井 博幸,清野 健,野村 泰伸,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 55,No. 3,p. 241-241,2017年
  • 心拍変動の高周波数および低周波数成分の振幅変調に見られる長時間相関,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,心電図,(一社)日本不整脈心電学会,Vol. 36,No. Suppl.1,p. S-49,2016年02月
  • 多重回帰分析による心臓植込み型デバイスの需要推移予測,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,心電図,(一社)日本不整脈心電学会,Vol. 36,No. Suppl.1,p. S-61,2016年02月
  • 非定常生体信号解析のためのトレンド除去スケーリング解析の高速アルゴリズム,辻本 裕,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S391-S391,2016年
  • 心拍変動の高周波及び低周波成分の振幅変調にみられる長時間相関とその解釈,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 27,p. S217-S217,2016年
  • 心臓植え込み型デバイスの将来需要予測にみられる地域格差,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 54,No. 28,p. S398-S398,2016年
  • CKDにおけるAsilsartan治療急性期/慢性期の血圧日内リズムの検討,佐々木優加子,福田道雄,美浦利幸,不破大祐,佐藤諒,荻山義明,白澤祐一,吉田篤博,清野健,山本義春,早野順一郎,大手信之,日本腎臓学会誌,Vol. 57,No. 3,2015年04月30日
  • 心拍変動解析deceleration capacityが交感神経系の影響を受ける可能性の検証,福田道雄,美浦利幸,荻山義明,不破大祐,佐藤諒,佐々木優加子,白澤祐一,吉田篤博,清野健,山本義春,早野順一郎,大手信之,日本腎臓学会誌,Vol. 57,No. 3,2015年04月30日
  • CKDにおける昼夜別心拍変動と血圧日内リズムの関係,美浦利幸,福田道雄,荻山義明,不破大祐,佐藤諒,佐々木優加子,白澤祐一,吉田篤博,清野健,山本義春,早野順一郎,大手信之,日本腎臓学会誌,Vol. 57,No. 3,2015年04月30日
  • 慢性腎臓病(CKD)診療に心拍変動を活かす,福田道雄,美浦利幸,荻山義明,磯部優加子,佐藤諒,不破大祐,清野健,山本義春,早野順一郎,大手信之,日本内科学会雑誌,Vol. 104,2015年02月20日
  • 睡眠時無呼吸症候群を合併した心疾患患者に対する予後予測指標の開発,松井翔士郎,渡邊英一,鈴木康之,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2015年01月16日
  • 心拍変動特性に基づく発作性心房細動の自動検出法の検討,森脇康貴,渡邊英一,鈴木康之,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2015年01月16日
  • Mellin変換を応用した非ガウス時系列解析:心拍変動解析への応用,藤井翔太,鈴木康之,野村泰伸,渡邊英一,早野順一郎,山本義春,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2015年01月16日
  • 心不全患者の予後予測因子としての心拍変動低周波成分の変調特性,藤井 翔太,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S270_02-S270_02,2015年
  • 心拍変動の時間相関にみられるスケーリングとクロスオーバー特性,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S271_01-S271_01,2015年
  • 心臓植込み型デバイスの国内手術件数分析に基づく将来需要予測モデルの構築,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S175_01-S175_01,2015年
  • 睡眠時無呼吸症候群を合併した心疾患患者における終夜睡眠ポリグラフデータの特性と予後との関係,松井 翔士郎,渡邊 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S223_02-S223_02,2015年
  • 心拍変動に見られる分散不均一構造の解析,森脇 康貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邊 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S270_03-S270_03,2015年
  • 慢性心房細動患者の心電図情報を用いた睡眠時無呼吸症候群の検出法の検討,竹内 公一,清野 健,杉山 裕章,白濱 龍太郎,鈴木 康之,野村 泰伸,山本 義春,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 52,No. 0,p. O-394-O-395,2014年
  • Marker-Less Motion Capture System with Kinect and Foot Pressure Distribution Measurement,Hatta Toshiyuki,Yamamoto Tomohisa,Suzuki Yasuyuki,Kiyono Ken,Nomura Taishin,生体医工学,公益社団法人 日本生体医工学会,Vol. 51,No. 0,p. R-296-R-296,2013年
  • Stability examination of biped model by Floquet theory,FU Chunjiang,SUZUKI Yasuyuki,KIYONO Ken,NOMURA Taishin,生体・生理工学シンポジウム論文集(CD-ROM),Vol. 27th,2012年09月19日
  • R.ショウ著,佐藤譲,津田一郎訳, 水滴系のカオス, 岩波書店, 東京, 2006, x+102p, 21×15cm, 本体2,900円, [専門書], ISBN4-00-005530-5,清野 健,日本物理學會誌,一般社団法人日本物理学会,Vol. 65,No. 1,2010年01月05日
  • Relationships between Long-Range Correlated Glucose Fluctuation and Indices of Glucose Control in Humans,Vol. 58,p. A110-A110,2009年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • RELATIONSHIP BETWEEN LONG-RANGE CORRELATED GLUCOSE FLUCTUATION AND INDICES OF GLUCOSE CONTROL USING CONTINUOUS GLUCOSE MONITORING,Vol. 59,p. 333-333,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • T.ベッドフォード, R.クック著, 金野秀敏訳, 確率論的リスク解析 基礎と方法, シュプリンガー・ジャパン, 東京, 2006, xvii+437p., 21×14.8cm, 本体5,800円, [大学院向],清野 健,日本物理學會誌,一般社団法人日本物理学会,Vol. 62,No. 6,2007年06月05日
  • A novel index for continuous glucose monitoring reveals long-range correlations,Vol. 55,p. A96-A96,2006年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)

著書

  • 生体情報センシングと人の状態推定への応用,清野 健,技術情報協会,ISBN:9784861048005,2020年07月
  • スマートテキスタイルの開発と応用,清野 健,シーエムシー出版,ISBN:9784781314242,2019年07月
  • 学術書,Clinical Assessment of the Autonomic Nervous System,清野 健,Springer Japan,ISBN:9784431560128,2017年
  • 学術書,心臓突然死を予知するための不整脈ノンインベイシブ検査,医学書院,2010年
  • Complex Dynamics in Physiological Systems: From Heart toBrain,Springer Netherland,ISBN:9781402091421,2009年
  • Encyclopedia of Nonlinear Science,Fitzroy Dearborn Pub,2004年
  • ゆらぎの科学と技術-フラクチュオマティクス入門-,東北大学出版会,2004年
  • Encyclopedia of Nonlinear Science,Fitzroy Dearborn Pub,2004年

特許・実用新案・意匠

  • 生体解析装置及びプログラム,曽根 基樹,清野 健,特許第4754447号,特願2006-248931,出願日:2006年09月14日

講演・口頭発表等

  • 非定常生体信号にみられる長時間相互相関の検出,中田 章夫,金子 美樹,重松 大輝,清野 健,日本生体医工学会専門別研究会 生体信号計測・解釈研究会(第61回),2019年12月14日
  • 暑熱環境下での作業リスク管理システムの開発,清野 健,日本繊維機械学会 第26回秋季セミナー,2019年11月15日
  • 心拍変動ニューラルネットワークを用いた心不全の予後予測,野山 駿介,渡邉英一,清野 健,第39回日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会 (JASHNE),2019年06月08日
  • Savitzky‐Golayトレンド除去フィルタを用いたスケーリング解析の理論と応用,志賀樹,中江悟司,金子美樹,清野健,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM),2019年05月15日
  • スマート衣服を活用した実世界データ解析,清野健,中江悟司,金子美樹,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM),2019年05月15日
  • Quasi‐Recurrent Neural Networkを用いた心不全患者の生命予後予測,野山駿介,渡邉英一,金子美樹,中江悟司,清野健,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM),2019年05月15日
  • 生体・環境センサを用いた室内二酸化炭素濃度上昇の生理学的影響評価,金子美樹,中江悟司,中田章夫,清野健,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM),2019年05月15日
  • スマート衣服を活用した工事作業者の暑熱ストレス評価,中江悟司,金子美樹,清野健,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM),2019年05月15日
  • Analysis of multiscale entropy characteristics of heart rate variability in patients with permanent atrial fibrillation for predicting ischemic stroke risk,Ryo Matsuoka,Kohzoh Yoshino,Eiichi Watanabe,Ken Kiyono,Proceedings - 2018 IEEE International Conference on Bioinformatics and Biomedicine, BIBM 2018,2019年01月21日
  • Development of Cyber-Physical System-based Wellness Management for Physical Workers.,Satoshi Nakae,Shumpei Ueda,Jo Fujita,Miki Kaneko,Ken Kiyono,IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies, LifeTech 2019, Osaka, Japan, March 12-14, 2019,2019年
  • 小型加速度センサを用いた呼吸計測の検討,金子美樹,中江悟司,清野健,日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web),2019年
  • Quasi‐Recurrent Neural Networkを用いた心拍変動解析に基づく予後予測,野山駿介,渡邉英一,金子美樹,中江悟司,清野健,日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web),2019年
  • 慢性心房細動患者の脳梗塞発症リスクと心拍変動特性の関係性,松岡亮,吉野公三,清野健,渡邉英一,日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web),2019年
  • ウェアラブル生体センサを用いた暑熱ストレス評価システムの開発,中江悟司,金子美樹,清野健,日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web),2019年
  • 心拍変動の間欠性ゆらぎに見られるフラクタル特性,志賀樹,金子美樹,中江悟司,清野健,日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web),2019年
  • 健常者と心疾患患者の心拍変動指標における分布の差異と類似性,湯田恵美,清野健,木曽原昌也,吉田豊,早野順一郎,情報処理学会研究報告(Web),2018年09月06日
  • 拍動流を用いた体外循環回路の単純化を目的とした検討,小山貴史,松本渉,右田久美子,川上尚樹,井川量太,吉田昂平,男座香恋,清野健太,一條純子,体外循環技術,2018年09月01日
  • 血液透析中の血圧変動と交感神経,美浦利幸,福田道雄,春日井貴久,小湊知,小山勝志,清野健,早野順一郎,大手信之,日本透析医学会雑誌,2018年05月28日
  • 多発性嚢胞腎(ADPKD)に対するトルバプタン投与における交感神経活性評価(pilot study),美浦利幸,福田道雄,小湊知,春日井貴久,佐藤諒,小山勝志,山本清春,清野健,早野順一郎,大手信之,日本腎臓学会誌,2018年04月30日
  • 健康リスク管理のためのスマート衣料「Smartfit」と サイバーフィジカルシステム,清野 健,平成30年度繊維学会北陸支部学術普及講演会,2018年04月18日
  • 機械学習による心不全予後予測能の向上,越川真行,本池雄二,市川智英,川合真由美,原田将英,渡邉英一,尾崎行男,清野健,島谷哲史,心電図,2018年03月12日
  • 水滴落下系カオスの最小ポテンシャルモデル,西田直樹,清野健,電子情報通信学会技術研究報告,2018年03月06日
  • ヒト・モノ・データを統合した熱中症リスク管理システムの開発,植田隼平,藤田壌,藤尾宜範,田口晶彦,川瀬善一郎,金井博幸,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),2018年01月12日
  • 多重スケールSavitzky‐Golayフィルタを用いた生体信号の波形形状解析,藤田壌,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),2018年01月12日
  • Analysis of multiscale entropy characteristics of heart rate variability in patients with permanent atrial fibrillation for predicting ischemic stroke risk,Matsuoka Ryo,Yoshino Kohzoh,Watanabe Eiichi,Kiyono Ken,PROCEEDINGS 2018 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIOINFORMATICS AND BIOMEDICINE (BIBM),2018年
  • Development of innerwear containing function for monitoring wearer's electrocardiogram with acceptable feeling on clothing pressure,Hiroki Takizawa,Hiroyuki Kanai,Ken Kiyono,Yoshinori Fujio,Susumu Katsuen,Textile Bioengineering and Informatics Symposium Proceedings 2018 - 11th Textile Bioengineering and Informatics Symposium, TBIS 2018,2018年01月01日
  • ARB治療急性期における昼夜別心拍変動指標(HRV)の検討,水野晶紫,福田道雄,荻山義明,美浦利幸,佐藤諒,不破大祐,松岡哲平,柴田裕子,伊藤裕之,清野健,山本義春,小堀浩幸,早野順一郎,大手信之,日本腎臓学会誌,2017年04月25日
  • ARB治療急性期における腎内RA系・交感神経系・ドパミン系がNaバランスに及ぼす相互作用の検討,荻山義明,福田道雄,佐藤諒,美浦利幸,不破大祐,水野晶紫,松岡哲平,柴田裕子,伊藤裕之,清野健,小堀浩幸,早野順一郎,大手信之,日本腎臓学会誌,2017年04月25日
  • Savitzky‐Golayトレンド除去フィルタを使った生体信号時系列のスケーリング解析,辻本裕,鈴木康之,下野昌宣,野村泰伸,清野健,計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会若手研究発表会講演論文集(CD-ROM),2017年01月13日
  • 5.高機能インナーウェアと熱中症リスク管理システムの開発,金井博幸,清野健,野村泰伸,田口晶彦,川瀬善一郎,藤尾宜範,勝圓進,小林末呉,繊維製品消費科学,2017年
  • Multiscale properties of instantaneous parasympathetic activity in severe congestive heart failure: A survivor vs non-survivor study,Valenza G,Wendt H,Kiyono K,Hayano J,Watanabe E,Yamamoto Y,Abry P,Barbieri R,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,2017年
  • トレンド推定に基づくランダムウォーク解析の数理と応用,清野健,辻本裕,日本物理学会講演概要集(CD-ROM),2016年09月23日
  • 多重回帰分析による心臓植込み型デバイスの需要推移予測,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,心電図,2016年02月
  • 慢性心房細動の心拍変動特性と予後との関係,清野 健,渡邉 英一,心電図,2016年02月
  • 心不全に伴う中枢性睡眠時無呼吸における呼吸と心拍の同期性と予後の関連,渡邉 英一,清野 健,竹内 公一,原田 将英,市川 智英,山本 真由美,本池 雄二,越川 真行,尾崎 行男,心電図,2016年02月
  • 腎機能低下に伴う交感神経系活動度変化と血圧日内リズムの関係,美浦 利幸,福田 道雄,荻山 義明,佐藤 諒,松岡 哲平,伊藤 裕之,清野 健,山本 義春,早野 順一郎,大手 信之,日本内科学会雑誌,2016年02月
  • 心拍変動ダイナミクスに基づく心血管疾患の予後予測,清野 健,生体医工学,2016年
  • 心拍変動の高周波及び低周波成分の振幅変調にみられる長時間相関とその解釈,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,2016年
  • 非定常生体信号解析のためのトレンド除去スケーリング解析の高速アルゴリズム,辻本 裕,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,2016年
  • Reinforcement learning for stabilizing an inverted pendulum naturally leads to intermittent feedback control as in human quiet standing.,Kenjiro Michimoto,Yasuyuki Suzuki,Ken Kiyono,Yasushi Kobayashi,Pietro Morasso,Taishin Nomura,38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2016, Orlando, FL, USA, August 16-20, 2016,2016年
  • Postural flexibility during quiet standing in healthy elderly and patients with Parkinson's disease.,Kazuyuki Matsuda,Yasuyuki Suzuki,Naoya Yoshikawa,Tomohisa Yamamoto,Ken Kiyono,Takao Tanahashi,Takuyuki Endo,Kei Fukada,Kunihiko Nomura,Saburo Sakoda,Taishin Nomura,38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2016, Orlando, FL, USA, August 16-20, 2016,2016年
  • Long-range correlations in amplitude variability of HF and LF components of heart rate variability.,Yuki Miki,Yasuyuki Suzuki,Eiichi Watanabe,Junichiro Hayano,Yoshiharu Yamamoto,Taishin Nomura,Ken Kiyono,38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2016, Orlando, FL, USA, August 16-20, 2016,2016年
  • Point-process high-resolution representations of heartbeat dynamics for multiscale analysis: A CHF survivor prediction study,G. Valenza,G. Valenza,G. Valenza,H. Wendt,K. Kiyono,J. Hayano,E. Watanabe,Y. Yamamoto,P. Abry,R. Barbieri,R. Barbieri,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,2015年11月04日
  • Non-actively controlled double-inverted-pendulum-like dynamics can minimize center of mass acceleration during human quiet standing,Yasuyuki Suzuki,Hiroki Morimoto,Ken Kiyono,Pietro Morasso,Taishin Nomura,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,2015年11月04日
  • Intermittent appearances of saddle-type hyperbolic dynamics during human stick balancing on a manually controlled cart,Naoya Yoshikawa,Yasuyuki Suzuki,Ken Kiyono,Taishin Nomura,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,2015年11月04日
  • 心拍変動解析deceleration capacityが交感神経系の影響を受ける可能性の検証,荻山 義明,福田 道雄,美浦 利幸,不破 大祐,佐藤 諒,佐々木 優加子,清野 健,山本 義春,早野 順一郎,大手 信之,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,2015年10月
  • CKDにおける血圧日内リズムと心拍変動,美浦 利幸,福田 道雄,松岡 哲平,伊藤 裕之,不破 大祐,佐藤 諒,佐々木 優加子,荻山 義明,吉田 篤博,山本 義春,清野 健,早野 順一郎,大手 信之,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,2015年10月
  • 16aCR-2 Detrended fluctuation analysisの周波数領域特性,清野 健,日本物理学会講演概要集,2015年09月16日
  • CKDにおけるAsilsartan治療急性期/慢性期の血圧日内リズムの検討,佐々木 優加子,福田 道雄,美浦 利幸,不破 大祐,佐藤 諒,荻山 義明,白澤 祐一,吉田 篤博,清野 健,山本 義春,早野 順一郎,大手 信之,日本腎臓学会誌,2015年04月
  • CKDにおける昼夜別心拍変動と血圧日内リズムの関係,美浦 利幸,福田 道雄,荻山 義明,不破 大祐,佐藤 諒,佐々木 優加子,白澤 祐一,吉田 篤博,清野 健,山本 義春,早野 順一郎,大手 信之,日本腎臓学会誌,2015年04月
  • 心拍変動解析deceleration capacityが交感神経系の影響を受ける可能性の検証,福田 道雄,美浦 利幸,荻山 義明,不破 大祐,佐藤 諒,佐々木 優加子,白澤 祐一,吉田 篤博,清野 健,山本 義春,早野 順一郎,大手 信之,日本腎臓学会誌,2015年04月
  • 急性冠症候群における動的心拍変動による予後評価 TWIST study,市川 智英,吉岡 公一郎,清野 健,富田 威,網野 真理,中村 真理,越川 真行,山本 真由美,奥田 健太郎,祖父江 嘉洋,渡邉 英一,心電図,2015年03月
  • 慢性腎臓病(CKD)診療に心拍変動を活かす,福田 道雄,美浦 利幸,荻山 義明,磯部 優加子,佐藤 諒,不破 大祐,清野 健,山本 義春,早野 順一郎,大手 信之,日本内科学会雑誌,2015年02月
  • 心拍変動に見られる分散不均一構造の解析,森脇 康貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邊 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,2015年
  • 睡眠時無呼吸症候群を合併した心疾患患者における終夜睡眠ポリグラフデータの特性と予後との関係,松井 翔士郎,渡邊 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,2015年
  • 心臓植込み型デバイスの国内手術件数分析に基づく将来需要予測モデルの構築,島谷 哲史,渡邉 英一,鈴木 康之,野村 泰伸,清野 健,生体医工学,2015年
  • 心拍変動の時間相関にみられるスケーリングとクロスオーバー特性,三木 裕貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,2015年
  • 心不全患者の予後予測因子としての心拍変動低周波成分の変調特性,藤井 翔太,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邉 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,2015年
  • 心拍変動に見られる分散不均一構造の解析,森脇 康貴,鈴木 康之,野村 泰伸,渡邊 英一,早野 順一郎,山本 義春,清野 健,生体医工学,2015年
  • 心拍変動の非線形特性,清野 健,生体医工学,2015年
  • 血圧の日中/夜間比で補正した脈拍の日中/夜間比は心拍変動Non-Gaussianity Indexと相関する,佐藤 諒,福田 道雄,荻山 義明,美浦 利幸,不破 大祐,磯部 優加子,白澤 祐一,坂田 成一郎,福田 英克,吉田 篤博,山本 義春,清野 健,早野 順一郎,大手 信之,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,2014年10月
  • Azilsartan治療急性期における血圧日内リズム・心拍変動の検討,美浦 利幸,福田 道雄,磯部 優加子,荻山 義明,佐藤 諒,不破 大祐,白澤 祐一,吉田 篤博,山本 義春,清野 健,早野 順一郎,大手 信之,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,2014年10月
  • 慢性腎臓病(CKD)におけるNon-Gaussianity Indexλによる心拍変動評価の意義,福田 道雄,美浦 利幸,荻山 義明,不破 大祐,佐藤 諒,磯部 優加子,白澤 祐一,吉田 篤博,山本 義春,清野 健,早野 順一郎,大手 信之,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,2014年10月
  • 心拍変動指標の混合分布モデルと潜在情報,清野健,計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム論文集(CD-ROM),2014年09月17日
  • Azilsartan治療急性期における血圧日内リズム改善機序の検討,磯部 優加子,福田 道雄,美浦 利幸,荻山 義明,佐藤 諒,不破 大祐,白澤 祐一,吉田 篤博,山本 義春,清野 健,早野 順一郎,大手 信之,日本腎臓学会誌,2014年08月
  • Azelnidipineは心イベント死を予見する心拍変動指標を改善する,福田 道雄,美浦 利幸,荻山 義明,福田 英克,吉田 篤博,山本 義春,清野 健,早野 順一郎,大手 信之,日本腎臓学会誌,2014年05月
  • 心拍変動指標は腎機能低下の関数として心イベント死を増す方向に,荻山 義明,福田 道雄,美浦 利幸,不破 大祐,佐藤 諒,磯部 優加子,太田 圭祐,白澤 祐一,坂田 成一郎,福田 英克,吉田 篤博,山本 義春,清野 健,早野 順一郎,大手 信之,日本腎臓学会誌,2014年05月
  • 30aAR-3 Mellin変換を用いた間欠性ゆらぎの特徴付け : 心拍変動解析への応用(30aAR 確率過程,領域11(物性基礎論・統計力学・流体物理・応用数学・社会経済物理)),遠藤 哲太朗,藤井 翔太,清野 健,日本物理学会講演概要集,2014年03月05日
  • MultiScale wavelet p-leader based heart rate variability analysis for survival probability assessment in CHF patients,H. Wendt,K. Kiyono,P. Abry,J. Hayano,E. Watanabe,Y. Yamamoto,2014 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBC 2014,2014年01月01日
  • Detection of sleep apnea syndrome for atrial fibrillation patients using ECG signal,Koichi Takeuchi,Koichi Takeuchi,Ken Kiyono,Ken Kiyono,Hiroaki Sugiyama,Hiroaki Sugiyama,Ryutaro Shirahama,Ryutaro Shirahama,Ryutaro Shirahama,Yasuyuki Suzuki,Yasuyuki Suzuki,Taishin Nomura,Taishin Nomura,Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering,2014年01月01日
  • Olmesartan/Azelnidipine併用は高血圧合併CKDにおける心拍変動を改善する,福田 道雄,戸川 博之,渡邉 周一,不破 大祐,荻山 義明,磯部 優加子,美浦 利幸,市川 匡,白澤 祐一,吉田 篤博,山本 義春,清野 健,福田 英克,早野 順一郎,木村 玄次郎,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,2013年10月
  • Log-amplitude cumulants and parameter estimation for Beck-Cohen superstatistics,Ken Kiyono,2013 22nd International Conference on Noise and Fluctuations, ICNF 2013,2013年09月16日
  • Marker-Less Motion Capture System with Kinect and Foot Pressure Distribution Measurement,Hatta Toshiyuki,Yamamoto Tomohisa,Suzuki Yasuyuki,Kiyono Ken,Nomura Taishin,生体医工学,2013年
  • ヒューマン・カロリメーターを用いた安静時代謝の日内変動に関する基礎的検討,緒形 ひとみ,小林 芙美,清野 健,徳山 薫平,体力科学,2012年12月
  • 異なる栄養素組成の夕食が睡眠の質とエネルギー代謝に与える影響,矢島 克彦,瀬谷 友美,日比 壮信,中島 雄,播 さや香,清野 健,徳山 薫平,佐藤 誠,緒形 ひとみ,肥満研究,2012年09月
  • 異なる栄養素組成の食事が睡眠の質とエネルギー代謝に与える影響,矢島 克彦,瀬谷 友美,日比 壮信,中島 雄,播 さや香,清野 健,徳山 薫平,佐藤 誠,緒形 ひとみ,日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集,2012年06月
  • 周波数解析を用いた睡眠段階と睡眠時エネルギー消費量に関する基礎的検討,緒形 ひとみ,矢島 克彦,萱場 桃子,瀬谷 友美,清野 健,徳山 薫平,佐藤 誠,日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集,2012年06月
  • Asymmetric intermittency observed in human heart rate dynamics,Ken Kiyono,Zbigniew,R. Struzik,Junihiro Hayano,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,2011年12月26日
  • 28aTB-9 間欠性ゆらぎの対数振幅にみられる長時間相関(28aTB 確率過程・確率モデル(パーコレーションを含む),領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)),清野 健,戸次 直明,日本物理学会講演概要集,2011年03月03日
  • 間欠性ゆらぎの非ガウス統計とその心拍変動解析への応用 (第2回森和英記念計算科学研究会報告書),清野 健,国士館大学情報科学センタ-紀要,2011年03月
  • 間欠性ゆらぎの対数振幅にみられる長時間相関,日本物理学会第66回年次大会,2011年
  • 朝食摂取の有無がエネルギー代謝と覚醒度に及ぼす影響,小林 芙美,佐藤 真樹,片寄 泰子,緒形 ひとみ,清野 健,佐藤 誠,徳山 薫平,日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,2010年05月
  • 連続血糖測定(CGM)によって得られたゆらぎに関する検討 DFA法と自己相関関数を用いた解析,緒形 ひとみ,清野 健,徳山 薫平,長坂 昌一郎,関澤 大輔,宮本 倫聡,槌田 武史,倉科 智行,齋藤 奈緒子,出口 亜希子,安藤 明彦,高橋 仁麗,岡田 健太,草鹿 育代,石橋 俊,鈴木 浩明,山田 信博,浜野 久美子,Struzik Zbigniew,山本 義春,糖尿病,2010年04月
  • Beck-Cohen superstatisticsと極値統計の関係,日本物理学会第65回年次大会,2010年
  • Non-Gaussian statistics of intermittent fluctuations and its application to heart rate variability analysis,The International Symposium for Dynamic Electrocardiography,2010年
  • 非ガウス統計を応用した心拍変動解析,リズム現象の研究会V,2010年
  • 心拍変動にみられる非対称間欠性,医用診断のための応用統計数理の新展開II,2010年
  • 心拍変動の間欠性と非対称性,日本物理学会2010年秋季大会,2010年
  • Non-Gaussian statistics of intermittent fluctuations and its application to heart rate variability analysis,2010年
  • 28aYL-2 磁場対流系カオスの間欠性再帰時間の冪分布(プラズマ基礎(非線形現象・放電物理),領域2,プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理),戸次 直明,清野 健,金野 秀敏,日本物理学会講演概要集,2009年08月18日
  • 30pRC-5 非ガウス分布の対数振幅モーメント推定量(30pRC 確率過程・確率モデルII,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)),清野 健,戸次 直明,日本物理学会講演概要集,2009年03月03日
  • 30aSA-6 磁場対流系間欠性カオスのマルチスケーリング解析(30aSA プラズマ宇宙物理(乱流,輸送,非線形現象),領域2(プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理)),戸次 直明,清野 健,金野 秀敏,日本物理学会講演概要集,2009年03月03日
  • Log-amplitude statistics of non-Gaussian fluctuations,Applications of Physics in Financial Analysis 7,2009年
  • Scale dependence of increment probability density function in S&P500 Index,Applications of Physics in Financial Analysis 7,2009年
  • 磁場対流系間欠性カオスのマルチスケーリング解析,日本物理学会第64回年次大会,2009年
  • 非ガウス分布の対数振幅モーメント推定量,日本物理学会第64回年次大会,2009年
  • Relationships between long-range correlated glucose fluctuation and indices of glucose control in humans,American diabetes association, 69th Scientific Sessions,2009年
  • Long-range negative correlations in glucose dynamics and glucose control in healthy subjects and in patients with diabetes mellitus,IFMBE/IMIA 6th International Workshop on Biosignal Interpretation,2009年
  • Relationship between long-range correlated glucose fluctuation and indices of glucose control using continuous glucose monitoring,36th International Congress of Physiological Sciences,2009年
  • 非ガウス的心拍変動の数理的メカニズム,第24回生体・生理工学シンポジウム,2009年
  • 睡眠中に変動する代謝パラメータに関する検討,第24回生体・生理工学シンポジウム,2009年
  • 磁場対流系カオスの間欠性再帰時間の冪分布,日本物理学会2009年秋季大会,2009年
  • 非ガウス統計の心拍変動解析への応用,医用診断のための応用統計数理の新展開,2009年
  • Log-amplitude statistics of non-Gaussian fluctuations,2009年
  • Scale dependence of increment probability density function in S&P500 Index,2009年
  • Relationships between long-range correlated glucose fluctuation and indices of glucose control in humans,2009年
  • Long-range negative correlations in glucose dynamics and glucose control in healthy subjects and in patients with diabetes mellitus,2009年
  • Relationship between long-range correlated glucose fluctuation and indices of glucose control using continuous glucose monitoring,2009年
  • 25pRE-2 磁場対流系間欠性ゆらぎにみられるガウス分布への冪的収束(プラズマ基礎(乱流・基礎プラズマ),領域2,プラズマ基礎・プラズマ科学・核融合プラズマ・プラズマ宇宙物理),戸次 直明,清野 健,金野 秀敏,日本物理学会講演概要集,2008年02月29日
  • 24pPSA-65 非ガウス統計のリスク解析への応用(ポスターセッション,領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理),清野 健,日本物理学会講演概要集,2008年02月29日
  • 非線形非平衡系の間欠性ゆらぎの統計力学とその応用,非線形現象の数値シミュレーションと解析2008,2008年
  • 非ガウス統計のリスク解析への応用,日本物理学会第63回年次大会,2008年
  • 磁場対流系間欠性ゆらぎにみられるガウス分布への冪的収束,日本物理学会第63回年次大会,2008年
  • 非ガウス型確率過程の対数振幅モーメントの推定,第51回日本大学工学部学術研究報告会,2008年
  • Is complexity of heart rate decreased or increased in congestive heart failure,5th International Conference on Nonlinear Science (Dynamics Days Asia Pacific 5),2008年
  • Non-Gaussian statistics of intermittent fluctuations,5th International Conference on Nonlinear Science (Dynamics Days Asia Pacific 5),2008年
  • 間欠性ゆらぎにおける対数振幅の特徴付け,日本物理学会2008年秋季大会,2008年
  • 非ガウス型乱数と対数振幅モーメント推定量,統計数理研究所共同利用重点型研究「統計科学にお ける乱数」研究会,2008年
  • Is complexity of heart rate decreased or increased in congestive heart failure,2008年
  • Non-Gaussian statistics of intermittent fluctuations,2008年
  • Characterisation of non-Gaussian fluctuations in multiplicative log-normal models,清野 健,Ken Kiyono,Z. R. Struzik,Y. Yamamoto,Noise and Fluctuations,2007年12月01日
  • Multiscale Fluctuation Analysis Revisited,Zbigniew R. Struzik,Ken Kiyono,Yoshiharu Yamamoto,19th International Conference on Noise and Fluctuations,2007年12月01日
  • Dynamics of Behavioral Organization and Its Alteration in Major Depression,Toru Nakamura,Ken Kiyono,Kazuhiro Yoshiuchi,Rika Nakahara,Zbigniew,R. Struzik,Yoshiharu Yamamoto,19th International Conference on Noise and Fluctuations,2007年12月01日
  • 22pTW-6 磁場対流系における磁場エネルギーの間欠性ゆらぎ(乱流・渦運動,領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理),戸次 直明,清野 健,金野 秀敏,日本物理学会講演概要集,2007年08月21日
  • 21pTW-3 間欠性ゆらぎに見られるガウス分布への遅い収束(確率過程・確率モデル(パーコレーションを含む),領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理),清野 健,日本物理学会講演概要集,2007年08月21日
  • 磁場対流系の臨界点近傍における間欠性(宇宙流体(1),一般講演),戸次 直明,清野 健,金野 秀敏,日本流体力学会年会講演論文集,2007年08月06日
  • 20aWD-9 磁場対流系の大自由度カオスと間欠性ゆらぎ(流体物理(複雑流体・物体まわりの流れ・安全性など),領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理),戸次 直明,清野 健,金野 秀敏,日本物理学会講演概要集,2007年02月28日
  • 20aWA-3 対数正規型モデルによる非ガウスゆらぎの記述(確率過程,領域11,統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理),清野 健,日本物理学会講演概要集,2007年02月28日
  • 対数正規型モデルによる非ガウスゆらぎの記述,日本物理学会2007年春季大会,2007年
  • 磁場対流系の大自由度カオスと間欠性ゆらぎ,日本物理学会2007年春季大会,2007年
  • 磁場対流系の臨界点近傍における間欠性,日本流体力学会年会,2007年
  • Characterization of Non-Gaussian Fluctuations in Multiplicative Log-Normal Models,19th International Conference on Noise and Fluctuations,2007年
  • 間欠性ゆらぎに見られるガウス分布への遅い収束,日本物理学会第62回年次大会,2007年
  • 磁場対流系における磁場エネルギーの間欠性ゆらぎ,日本物理学会第62回年次大会プログラム,2007年
  • 乗法的対数正規モデルのパラメータ推定法とその臨床応用,第50回日本大学工学部・学術研究報告会,2007年
  • Temporal Intermittency with Spatially Coherent Rolls in 2D Boussinesq Magnetoconvection,American Geophysical Union (AGU) Fall Meeting,2007年
  • Characterization of Non-Gaussian Fluctuations in Multiplicative Log-Normal Models,2007年
  • Temporal Intermittency with Spatially Coherent Rolls in 2D Boussinesq Magnetoconvection,2007年
  • 超音波のカオス応用 : 新しい超音波医療応用(一般・音波物性),吉川 義博,園山 輝幸,原田 烈光,原田 義文,清野 健,戸次 直明,電子情報通信学会技術研究報告. US, 超音波,2006年10月13日
  • 超音波のカオス応用 : 新しい超音波医療応用,清野 健,吉川 義博,園山 輝幸,原田 烈光,原田 義文,清野 健,戸次 直明,電子情報通信学会技術研究報告,2006年10月
  • 26aPS-30 時間スケールの分離のないBak-Tang-Wiesenfeld砂山モデルにおける相転移と強相関ゆらぎ(26aPS 領域11ポスターセッション,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)),清野 健,日本物理学会講演概要集,2006年08月18日
  • Sleep quality in adolescents evalutated by ecological momentary assessment and its influence on psychological and physical symptoms,American Psychosomatic society 64th Annual scientific meeting,2006年
  • Nonequilibrium phase transition in a modified Bak-Tang-Wiesenfeld sand pile model with time-dependent avalanche propagation,Nonlinear Dynamics in Complex Systems Seminar/Workshop Tsukuba 2006,2006年
  • 時間スケールの分離のないBak-Tang-Wiesenfeld砂山モデルにおける相転移と強相関ゆらぎ,日本物理学会2006年秋季大会,2006年
  • Non-Gaussian Satistics as a Risk Predictor,第21回ゆらぎ現象研究会,2006年
  • Sleep quality in adolescents evalutated by ecological momentary assessment and its influence on psychological and physical symptoms,2006年
  • Nonequilibrium phase transition in a modified Bak-Tang-Wiesenfeld sand pile model with time-dependent avalanche propagation,2006年
  • Non-Gaussian Satistics as a Risk Predictor,2006年
  • Criticality and universality in healthy heart rate dynamics,Zbigniew R. Struzik,Ken Kiyono,Junichiro Hayano,Seiichiro Sakata,Shin Kwak,Yoshiharu Yamamoto,AIP Conference Proceedings,2005年08月25日
  • Phase transition and 1/f noise in a modified Bak-Tang-Wiesenfeld sand pile model with time-dependent avalanche propagation,清野 健,K. Kiyono,Z. R. Struzik,Y. Yamamoto,18th International Conference on Noise and Fluctuations,2005年08月25日
  • Changes in the Hurst exponent of heart rate variability during physical activity,Naoko Aoyagi,Naoko Aoyagi,Ken Kiyono,Zbigniew,R. Struzik,Yoshiharu Yamamoto,18th International Conference on Noise and Fluctuations,2005年08月25日
  • Sleep stage dependence of invariance characteristics in fluctuations of healthy human heart rate,Fumiharu Togo,Ken Kiyono,Zbigniew,R. Struzik,Yoshiharu Yamamoto,18th International Conference on Noise and Fluctuations,2005年08月25日
  • 25pYF-11 心拍変動における相転移(生物・生態系,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)),清野 健,Struzik Zbigniew R,青柳 直子,東郷 史治,坂田 成一郎,早野 順一郎,山本 義春,日本物理学会講演概要集,2005年03月04日
  • Power law and its transition in the slow convergence to a Gaussian in the S&P500 index,清野 健,Proceedings of the third Nikkei econophysics symposium,2005年
  • 心拍変動における相転移,日本物理学会第60回年次大会,2005年
  • Long-range correlated glucose fluctuations in diabetes,5th International Workshop on Biosignal Interpretation,2005年
  • Autonomic imbalance induced breakdown of long-range dependence in healthy heart rate,5th International Workshop on Biosignal Interpretation,2005年
  • Criticality and universality in healthy human heart rate dynamics,18th International Conference on Noise and Fluctuations,2005年
  • 心拍変動の統計的特徴とその転移,平成17年度統計数理研究所共同研究集会「21世紀の診断工学とその周辺」,2005年
  • Long-range correlated glucose fluctuations in diabetes,2005年
  • Autonomic imbalance induced breakdown of long-range dependence in healthy heart rate,2005年
  • Criticality and universality in healthy human heart rate dynamics,2005年
  • Measurement, analysis, and interpretation of long-term heart rate variability,Yoshiharu Yamamoto,Yoshiharu Yamamoto,Ken Kiyono,Ken Kiyono,Zbigniew,R. Struzik,Zbigniew,R. Struzik,SICE Annual Conference 2004,2004年12月01日
  • 27aWD-11 健常人心拍ゆらぎの確率密度関数にみられる不変性(生物系)(領域11),清野 健,Struzik Zbigniew R,青柳 直子,坂田 成一郎,早野 順一郎,山本 義春,日本物理学会講演概要集,2004年03月03日
  • Low dimensional dynamics in chaotic dripping faucets,Dynamics Days 2004,2004年
  • 健常人心拍ゆらぎの確率密度関数にみられる不変性,日本物理学会第59回年次大会,2004年
  • Low-dimensional chaotic dynamics in dripping faucets,21th International Congress of the International Union of Theoretical and Applied Mechanics,2004年
  • 水漏れ蛇口のカオス動力学,波の非線形現象の数理とその応用,2004年
  • Power law and its transition in the slow convergence to a Gaussian in the S&P500 index,Nikkei Workshop & Symposium,2004年
  • Multi-scale Probability Density Function Analysis: Non-Gaussian and Scale-invariant Fluctuations of Healthy Human Heart Rate,第19回ゆらぎ現象研究会,2004年
  • 心拍ゆらぎの確率分布にみられるスケール不変性,第19回生体・生理工学シンポジウム,2004年
  • Low dimensional dynamics in chaotic dripping faucets,2004年
  • Low-dimensional chaotic dynamics in dripping faucets,2004年
  • Power law and its transition in the slow convergence to a Gaussian in the S&P500 index,2004年
  • Multi-scale Probability Density Function Analysis: Non-Gaussian and Scale-invariant Fluctuations of Healthy Human Heart Rate,2004年
  • 29aWE-12 甲殻類心拍変動にみられる冪則と抑制性神経活動との関係,清野 健,矢澤 徹,勝山 智男,渕上 信子,日本物理学会講演概要集,2003年03月06日
  • 甲殻類心拍変動にみられる冪則と抑制性神経活動との関係,日本物理学会第58回年次大会,2003年
  • 長期心拍変動の解剖,第18回生体・生理工学シンポジウム,2003年
  • Dynamics of chaotic dripping faucets,7th Tsukuba International Workshop on Chaos, Turbulence and Complex Systems,2003年
  • Dynamics of chaotic dripping faucets,2003年
  • 変温動物における心拍リズムの非線形現象,清野 健,矢澤 徹,第17回生体・生理工学シンポジウム,2002年09月09日
  • 24pXB-10 液滴落下系カオスの動力学(24pXB 安定性・分岐,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理分野)),清野 健,勝山 智男,増永 拓也,渕上 信子,日本物理学会講演概要集,2002年03月01日
  • 水滴落下のカオス,第51回理論応用力学講演会,2002年
  • 液滴落下系カオスの動力学,日本物理学会第57回年次大会,2002年
  • Low-dimensional chaotic dynamics in dripping taps,Dynamics Days Europe 2002,2002年
  • Heartbeat dynamics in freely moving bullfrog,Dynamics Days Europe 2002,2002年
  • Low-dimensional chaotic dynamics in dripping taps,2002年
  • Heartbeat dynamics in freely moving bullfrog,2002年
  • 水滴落下のカオス,勝山 智男,清野 健,渕上 信子,理論応用力学講演会 講演論文集,2001年
  • Controlling a Chaotic Dripping Faucet with Periodic Perturbations,Dynamics Days 2001,2001年
  • ウシガエル心拍リズムの状態空間表示,バイオイメージング学会学術集会,2001年
  • Controlling a Chaotic Dripping Faucet with Periodic Perturbations,2001年
  • 25aPS-49 水滴落下系アトラクタにおける見かけ上の多重構造,増永 拓也,清野 健,駒井 美知子,勝山 智男,渕上 信子,日本物理学会講演概要集,2000年03月10日
  • 水滴落下系アトラクタにおける見かけ上の多重構造,日本物理学会2000年春の分科会,2000年
  • The dripping faucet as a chaotic dynamical system,20th International Congress of the International Union of Theoretical and Applied Mechanics,2000年
  • 大域分岐を利用した水滴落下系カオスの制御,日本物理学会 第55回年次大会,2000年
  • The dripping faucet as a chaotic dynamical system,2000年
  • 24aV-3 Mass-spring modelによる水滴落下系の解析,清野 健,渕上 信子,勝山 智男,日本物理学会講演概要集,1999年09月03日
  • 水滴落下系のカオス(実験と理論),情報処理研究会,1999年
  • 水滴落下の長時間的振舞い II,日本物理学会第54回年会,1999年
  • Mass-spring model による水滴落下系の解析,日本物理学会1999年度秋の分科会,1999年
  • 25p-G-4 水滴落下の長時間的振舞い : 理論,清野 健,渕上 信子,勝山 智男,日本物理学会講演概要集,1998年09月05日
  • 25p-G-3 水滴落下の長時間的振舞い : 実験,勝山 智男,清野 健,渕上 信子,日本物理学会講演概要集,1998年09月05日
  • 水滴落下の長時間的振舞い ― 理論,日本物理学会1998年秋の分科会,1998年
  • 水滴落下の長時間的振舞い ― 実験,日本物理学会1998年秋の分科会,1998年