EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

山﨑 吾郎

Yamazaki Gorou

COデザインセンター,准教授

keyword 生命倫理学,科学技術社会論,文化人類学

経歴

  • 2017年10月 ~ 継続中,大阪大学,大学院人間科学研究科,准教授(兼任)
  • 2017年05月 ~ 継続中,大阪大学,COデザインセンター,准教授
  • 2016年07月 ~ 2017年04月,大阪大学,COデザインセンター,特任准教授
  • 2015年05月 ~ 2016年06月,大阪大学,未来戦略機構,特任准教授
  • 2012年10月 ~ 2015年04月,大坂大学,未来戦略機構,特任助教
  • 2010年08月 ~ 2012年10月,大阪大学,大学院人間科学研究科,特任研究員
  • 2007年04月 ~ 2010年03月,日本学術振興会,特別研究員(PD)
  • 2008年08月 ~ 2009年10月,フランス社会科学高等研究院,エドガー・モラン・センター,研究員
  • 2005年04月 ~ 2007年03月,日本学術振興会,特別研究員(DC2)

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,哲学、倫理学
  • 人文・社会,科学社会学、科学技術史
  • 人文・社会,文化人類学、民俗学

論文

  • 対話ワークショップを通じた高度汎用力教育:自動運転技術の倫理的側面をテーマとして,工藤充,山崎吾郎,水町衣里,CO* Design,Vol. 6,p. 33-50,2019年07月,研究論文(学術雑誌)
  • The Body with Anonymous Organs: Transformation of the Body and the Social in Organ Transplantation,山崎吾郎,NatureCulture,Vol. 4,p. 59-75,2017年12月
  • 消滅と無為の実践論:自然の人類学における翻訳の問題,山崎吾郎,『思想』,Vol. 1124,p. 92-104,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Project-based learning for a transdisciplinary engagement with social issues - A collaborative approach as part of a doctoral program -,Goro Yamazaki,Yosuke Otani,Yukari Fuchigami,Takuya Ogura,Takuzo Osugi,Kikuo Fujita,Vitae Researcher Development International Conference,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 文理を超えて社会課題に挑むプロジェクト授業の展開 -大学院教育プログラムにおける協働的アプローチ-,山崎 吾郎,大杉 卓三,大谷 洋介,野々村 英彦,藤田 喜久雄,工学教育研究講演会講演論文集,Vol. 64,p. 102-103,2016年,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 意識障害をめぐる部分的な経験:療養型病院における生の人類学,山崎吾郎,『思想』,Vol. 1087,p. 89-105,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Affect and the Economy of Organs,YAMAZAKI Goro,Ecologies of Care: Innovations through Technologies, Collectives and the Senses,p. 31-41,2014年03月
  • 介入と再編:現代医療におけるバロックな身体,山崎吾郎,『情況 別冊思想理論編第3号』(2013年10・11月合併号),p. 100-114,2013年12月
  • From cure to governance: the biopolitical scene after the brain death controversy in Japan,YAMAZAKI Goro,East Asian Science, Technology and Society: An International Journal,Vol. 7,No. 2,p. 243-259,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • 臓器提供に現われる身体と人格:生経済における贈与論のために,山崎吾郎,『文化人類学』,Vol. 76,No. 3,p. 308-329,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • 序 身体のハイブリッド,山崎吾郎,『文化人類学』,Vol. 76,No. 3,p. 257-266,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • ハイブリッドな秩序と人間の行為,山崎吾郎,『Communication-Design』,Vol. 3,p. 56-65,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • 臓器移植における身体認識―身体の部品化に関する一考察,山崎吾郎,『身体と動きの人間学』,p. 55-62,2006年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 映像における『表象の危機』とは何か,山崎吾郎,『映像と思想』,p. 72-79,2005年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 匿名の交換と身体の再構築,山崎吾郎,『年報人間科学』,Vol. 26,p. 259-275,2005年03月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • Effect of Different Types of Messages on Readiness to Indicate Willingness to Register for Organ Donation During Driver's License Renewal in Japan.,Kei Hirai,Fumio Ohtake,Tadashi Kudo,Takashi Ito,Shusaku Sasaki,Goro Yamazaki,Yuichiro Eguchi,Transplantation,2020年02月13日
  • 協働プロジェクトによる社会課題への取り組み,山崎吾郎,マンスリートピックス(社会ソリューションイニシアティブ),2019年11月,記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • 「課題」にどう近づくか?:リサーチをとおした参加と距離化,山崎吾郎,人口減少時代の豊かな暮らしを神戸でデザインするためのテキストブック(KIITO),p. 47-56,2019年07月,講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 【解題】「ディオニュソス的人類学者 : エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロについて」(パトリス・マニグリエ),山崎吾郎,『思想』,Vol. 1124,2017年11月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 【インタビュー】複数の視点に触れ、世界が多様であると知ることで、人間の理解は豊かになる,山崎吾郎,大阪大学COデザインセンター・ホームページ,2017年05月
  • 【授業レポート】社会を考え、動かすプロジェクト,大阪大学超域イノベーション博士課程プログラム・ホームページ,2016年09月
  • 社会論としての臓器移植,山崎吾郎,αシノドス,Vol. 191,2016年03月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 【翻訳】カニバリズム(ベス・A・コンクリン),訳:山崎吾郎,『スクリブナー思想史大事典』(丸善),Vol. 2,p. 544-545,2016年01月
  • 【翻訳】フェティシズム(ロザリンド・C・モーリス),訳:山崎吾郎,『スクリブナー思想史大事典』(丸善),Vol. 8,p. 2932-2938,2016年01月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 【翻訳】贈与(ナタリー・Z・デーヴィス),訳:山崎吾郎,『スクリブナー思想史大事典』(丸善),Vol. 6,p. 2144-2147,2016年01月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 病の共同体,山崎吾郎,『現代家族ぺディア』(比較家族史学会編、弘文堂),2015年11月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • セルフヘルプグループ,山崎吾郎,『現代家族ぺディア』(比較家族史学会編、弘文堂),2015年11月,記事・総説・解説・論説等(その他)
  • Affect and the Economy of Organs,Goro Yamazaki,Ecologies of Care: Innovations through Technologies, Collectives and the Senses,p. 31-41,2014年03月
  • 【インタビュー】人類にとって科学技術とは何か?,山崎吾郎,学際トークCAFE,Vol. 1,p. 9-10,2013年03月
  • 【翻訳・解説】構造主義の生成変化(エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ),訳:山崎吾郎,思想,Vol. 1066,p. 99-129,2013年02月
  • 【翻訳】強度的出自と悪魔的縁組(エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ),訳: 山崎吾郎,現代思想,Vol. 39,No. 16,p. 170-209,2011年11月
  • 【翻訳】レヴィ=ストロースと鳥インフルエンザ:潜在的カタストロフィの構造人類学(フレデリック・ケック),訳: 山崎吾郎,現代思想,Vol. 38,No. 1,p. 239-245,2010年01月
  • 装置,山崎吾郎,Communication-Design,Vol. 1,p. 194-194,2009年03月
  • 埋め込み,山崎吾郎,Communication-Design,Vol. 1,p. 213-213,2008年03月
  • エージェンシー,山崎吾郎,Communication-Design,Vol. 1,p. 212-212,2008年03月
  • 【書評】Lisa Yoneyama, Hiroshima traces: time, space, and the dialectics of memory (University of California Press, 1999),山崎吾郎,年報人間科学,Vol. 24,p. 119-123,2003年03月

著書

  • 共生学宣言,木村友美,藤目ゆき,山本ベバリーアン,澤村信英,稲場圭信,渥美公秀,宮前良平,山崎吾郎,山本晃輔,藤高和輝,志水宏吉,河森正人,栗本英世,檜垣立哉,モハーチ ゲルゲイ,大阪大学出版会,ISBN:4872597087,2020年03月17日
  • 〈つながり〉を創りだす術:続・対話で創るこれからの「大学」,大阪大学COデザインセンター,八木絵香,水町衣里,大阪大学出版会,ISBN:4872597079,2020年03月03日
  • 文化人類学の思考法,松村 圭一郎,中川 理,石井 美保,世界思想社,ISBN:479071733X,2019年04月16日
  • よくわかる哲学・思想 (やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ),納富信留,檜垣立哉,柏端達也,ミネルヴァ書房,ISBN:4623084108,2019年04月12日
  • 医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者,大竹 文雄,平井 啓,大竹 文雄,平井 啓,東洋経済新報社,ISBN:4492315071,2018年07月
  • はじめて学ぶ文化人類学:人物・古典・名著からの誘い,岸上伸啓編著,岸上伸啓,ミネルヴァ書房,ISBN:4623082741,2018年04月
  • 現代家族ペディア,比較家族史学会,弘文堂,ISBN:9784335551703,2015年11月
  • 食人の形而上学: ポスト構造主義的人類学への道,Eduardo Viveiros de Castro,檜垣 立哉,山崎 吾郎,洛北出版,ISBN:4903127230,2015年10月26日
  • 臓器移植の人類学―身体の贈与と情動の経済,山崎 吾郎,世界思想社,ISBN:4790716554,2015年03月02日
  • 生そのものの政治学: 二十一世紀の生物医学、権力、主体性 (叢書・ウニベルシタス),檜垣 立哉,小倉 拓也,佐古 仁志,山崎 吾郎,法政大学出版局,ISBN:4588010174,2014年10月
  • ロボット・身体・テクノロジー,檜垣 立哉,大阪大学出版会,ISBN:4872594231,2013年03月
  • 現実批判の人類学― 新世代のエスノグラフィへ,春日 直樹,春日 直樹,世界思想社,ISBN:4790715493,2011年11月
  • 生権力論の現在―フーコーから現代を読む,檜垣 立哉,勁草書房,ISBN:4326102055,2011年02月
  • 経済からの脱出 (シリーズ来たるべき人類学),織田 竜也,深田 淳太郎,春風社,ISBN:4861102006,2009年11月
  • 人類学で世界をみる―医療・生活・政治・経済,春日 直樹,春日 直樹,ミネルヴァ書房,ISBN:4623051137,2008年08月
  • 病いと〈つながり〉の場の民族誌,浮ヶ谷 幸代,井口 高志,明石書店,ISBN:4750325155,2007年03月

作品

  • 【対話ツール】自動運転のある暮らし:誰もおいていかない移動のデザインとその倫理,山崎吾郎ほか,京都府立京都学・歴彩館,2018年12月 ~

講演・口頭発表等

  • Collaborative project for research and education :a case of autonomous vehicle project,Community Engagement for Teaching and Research,2020年02月14日
  • Automated vehicle systems and hope for the revitalization of a depopulating area in Japan,山崎吾郎,IUAES 2019,2019年08月29日
  • 医療の「現場」を問い直す:ある医療人類学の視点(RTD「医療現場のフィールドワークの新しい視座」),山崎吾郎,日本保健医療社会学会,2019年05月19日
  • Collaborative project on automated vehicle systems in a depopulating area in Japan,山崎吾郎,UCL-OU Kick-off Partnership Event,2019年03月28日
  • 社会の未来を思い描く:プロジェクトにおける時間の人類学,山崎吾郎,ケアの人類学研究会,2019年03月09日
  • イノベーションと/の人類学:大学院プログラムにおけるプロジェクトの事例から,山崎吾郎,第115回現代人類学研究会,2018年10月14日
  • 指定討論者(大会準備委員会企画シンポジウム「がんをめぐる親子のコミュニケーション」),山崎吾郎,日本心理学会第82回大会,2018年09月25日
  • 如何培養社會設計人才?,山崎吾郎,教育部大學社會責任種子型A類計畫工作坊,2018年07月18日
  • Project-based learning for a transdisciplinary engagement with social issues - A collaborative approach as part of a doctoral program -,YAMAZAKI Goro,OTANI Yosuke,FUCHIGAMI Yukari,OGURA Takuya,OSUGI Takuzo,FUJITA Kikuo,Vitae Researcher Development International Conference 2017,2017年09月11日
  • Transformation of the natural process in the depopulating society,YAMAZAKI Goro,Visible and Invisible: Infrastructure & Politics of Cohabitation,2017年05月08日
  • Changing social order under the condition of population decrease in Japan,YAMAZAKI Goro,CASCA/IUAES 2017,2017年05月04日
  • Ambiguous Ontology and the Anthropology of Nature,YAMAZAKI Goro,International Symposium on Viveiros de Castro, Metaphysics and Anthropology.,2017年03月03日
  • グローバリゼーションと臓器移植: 渡航移植の正当性をめぐって(シンポジウム:臓器移植と正義),山崎吾郎,第28回日本生命倫理学会年次大会,2016年12月04日
  • あいまいな存在論と身体の人類学(セッション:現代人類学による思想史の冒険),山崎吾郎,第41回社会思想史学会大会,2016年10月30日
  • 文理を超えて社会課題に挑むプロジェクト授業の展開-大学院教育プログラムにおける協働的アプローチ-,山崎吾郎,大杉卓三,大谷洋介,野々村英彦,藤田喜久雄,日本工学教育協会第64回年次大会,2016年09月05日
  • An Interdisciplinary Approach in Graduate Education for Fostering Innovation: Osaka University's Cross-Boundary Innovation Program,YAMAZAKI Goro,Ivan Brenes,International Conference on Professional Doctorates 2016,2016年03月16日
  • Framing and Reframing Choices: Emerging Forms of Conviviality in Practices of End of Life Care in Japan,YAMAZAKI Goro,IUAES 2015,2015年07月15日
  • 療養型病院におけるケア実践にみられるリスク認識と意思決定,山崎吾郎,日本生命倫理学会第26回年次大会,2014年10月25日
  • Calculating future life: living with the life-sustaining technologies in Japan,YAMAZAKI Goro,The 39th Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science,2014年08月21日
  • Deleuze and Anthropology: Inquiry into new connectivities,YAMAZAKI Goro,International Deleuze Studies in Asia Conference 2014,2014年06月07日
  • Living with comatose patients: the process of articulating experiences in a Japanese hospital,YAMAZAKI Goro,IUAES 2014,2014年05月15日
  • 移植臓器にみられる「部分と全体」:バロック身体論の可能性,山崎吾郎,日本生命倫理学会第25回年次大会,2013年11月30日
  • 制度に埋め込まれた行為を考える:臓器移植の事例から,山崎吾郎,日本生命倫理学会第24回年次大会,2012年10月27日
  • Affection and Economic Action: on the Socio-Economic life of organs,YAMAZAKI Goro,The 11th world congress of the International Association for Semiotic Studies,2012年10月07日
  • Affection and Economic Action: on the Socio-Economic life of organs,YAMAZAKI Goro,The 11th world congress of the International Association for Semiotic Studies,2012年10月07日
  • Technological Interventions and Subjectivity: Toward An Anthropology of Robotics for Medicine,YAMAZAKI Goro,Workshop on Robot Anthropology: Emergent Technologies and Questions of Human Sciences,2012年08月03日
  • Technological Interventions and Subjectivity: Toward An Anthropology of Robotics for Medicine,YAMAZAKI Goro,Workshop on Robot Anthropology: Emergent Technologies and Questions of Human Sciences,2012年08月03日
  • 臓器の経済に現れる「人格」の考察,山崎吾郎,大阪大学最先端ときめき研究推進事業・第9回セミナー,2011年01月08日
  • 臓器移植の人類学からみた生命の経済とその倫理,山崎吾郎,公開ワークショップ「バイオエシックスの人類学×社会学」,2010年12月04日
  • From cure to Governance: a biopolitical scene after the brain death controversy in Japan,YAMAZAKI Goro,The 35th Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science,2010年08月26日
  • From cure to Governance: a biopolitical scene aftere the brain death controversy in Japan,YAMAZAKI Goro,The 35th Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science (4S),2010年08月26日
  • 現代医療における生命のはじまりと終わりの神話:レヴィ=ストロースと自然の再発明,山崎吾郎,超域人類学ワークショップ,2010年07月30日
  • 人格を持たない<身体>の行方: 臓器の経済的調整をめぐって,山崎吾郎,第44回日本文化人類学会研究大会,2010年06月13日
  • 身体のハイブリッド,山崎吾郎,第44回日本文化人類学会研究大会,2010年06月13日
  • 経済と死が交わるとき:脳死論争の閾,山崎吾郎,大阪大学グローバルCOE「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点」研究プロジェクト・「諸価値のコンフリクトと妥協に関する民族誌的研究」ワークショップ,2010年02月11日
  • Making the gift economy work: the case of organ trade,YAMAZAKI Goro,Medical Anthropology at the Intersections: Celebrating 50 Years of Interdisciplinarity,2009年09月26日
  • Making the gift economy work: the case of organ trade,YAMAZAKI Goro,Medical Anthropology at the Intersections: Celebrating 50 Years of Interdisciplinarity,2009年09月26日
  • 死と贈与:臓器提供における聖なるもの,山崎吾郎,第42回日本文化人類学会研究大会,2008年05月31日
  • 擬制(フィクション)としての贈与:臓器移植医療における人体の経済,山崎吾郎,日本文化人類学会関西支部例会,2007年12月15日
  • 臓器の医療/経済人類学,山崎吾郎,第41回日本文化人類学会研究大会,2007年06月02日
  • ネットワークと想像力:臓器移植医療の事例から,山崎吾郎,第40回日本文化人類学会研究大会,2006年06月03日
  • ドナーの身体をめぐる記述の競合:ドナー家族の語りから,山崎吾郎,第39回日本文化人類学会研究大会,2005年05月22日
  • 不可視の制度:臓器移植に関する人類学的研究,山崎吾郎,日本民族学会近畿地区研究懇談会・修士論文発表会,2004年03月19日

学術貢献

  • 【シンポジウム】社会知のエコシステム 〜 生体 × 歴史 × 人工物 〜,大阪大学 国際共創大学院学位プログラム推進機構・ 大学院工学研究科,2020年12月03日 ~
  • 【シンポジウム】社会課題とは、統合とは,大阪大学大学院工学研究科,2020年01月22日 ~

社会貢献

  • +クリエイティブゼミvol.34 リサーチャー養成編「リサーチ・リテラシーを学ぶ」,デザイン・クリエイティブセンター神戸,2020年06月09日 ~ 2020年07月14日
  • +クリエイティブゼミvol.30 リサーチャー育成編「リサーチ・リテラシーを学ぶ」,デザイン・クリエイティブセンター神戸,2019年05月14日 ~ 2019年06月18日
  • 新しい科学技術と共生社会,日本学術会議,「未来からの問い」特設HP,2020年03月 ~
  • 臓器移植はなぜ社会の問題となるのか?:医療人類学の考え方,Handai‐Asahi中之島塾,2019年12月07日 ~
  • 「課題」にどう近づくか? リサーチをとおした参加と距離化,デザイン・クリエイティブセンター神戸、神戸市住宅都市局,+クリエイティブ公開リサーチゼミ Vol.2 「人口減少時代の豊かな暮らしを神戸でデザインする」,2019年03月05日 ~
  • 万博記念公園の活用、提案…大阪万博50周年をにらんで,大阪大学エリアマネジメント研究会,2018年11月17日 ~
  • 社会(地域)の課題を探す:フィールドワーク入門,神戸婦人大学(神戸市),2018年06月27日 ~
  • 地域共創のこれから―地域とつながり、地域と活きる,主催:大阪大学COデザインセンター、協力:株式会社岡村製作所・WORK MILLプロジェクト Open Innovation Biotope "bee",2018年03月26日 ~
  • あたりまえを疑って本質に迫る(ナレッジキャピタル超学校~対話で創るこれからの「大学」~ 超学校シリーズ “とらえなおす” 第2回 ),一般社団法人ナレッジキャピタル、株式会社KMO、大阪大学COデザインセンター,2017年08月30日 ~
  • 臓器移植医療が問いかけること:医療人類学の視点から,山梨県臓器移植推進財団,2016年11月23日 ~
  • 臓器移植は人類に何をもたらしたか?:ドナーファミリー、レシピエントへの聞き取りを重ねて,臓器移植法を問い直す市民ネットワーク 第10回市民講座,2016年09月26日 ~
  • 大阪大学シンポジウム 共創に向けた新しい協奏のかたち ~ オープン化が進む時代の「知」の役割 ~ /パネルディスカッション「オープン化が進む時代の価値創造と知の役割」,大阪大学,2016年03月02日 ~

委員歴

  • 学協会,日本文化人類学会,『文化人類学』第29期編集委員,2020年05月 ~ 継続中
  • 学協会,戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期,自動運転に係わる海外研究機関との共同研究の推進に向けた基礎調査 委員,2018年10月 ~ 2021年05月
  • 学協会,日本生命倫理学会,第30回大会実行委員,2018年01月 ~ 2019年03月
  • 学協会,大阪大学COデザインセンター,雑誌『CO*Design』編集委員,2017年04月 ~ 2018年03月
  • 学協会,戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第1期,自動走行システムの社会的影響に関する検討会 委員,2016年12月 ~ 2018年03月