EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

綿村 英一郎

Watamura Eiichirou

人間科学研究科 人間科学専攻,准教授

経歴

  • 2017年04月 ~ 継続中,大阪大学大学院,大学院人間科学研究科,准教授
  • 2014年04月 ~ 2017年03月,東京大学大学院,人文社会系研究科,助教
  • 2012年04月 ~ 2014年03月,慶応義塾大学,文学部,大学訪問研究員

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,社会心理学

論文

  • Testing can facilitate forgetting of tested items,Toshihiro Wakebe,Eiichiro Watamura,Tomomi Sato,JOURNAL OF GENERAL PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Effective forewarning requires central route processing: Theoretical improvements on the counterargumentation hypothesis and practical implications for scam prevention,Yasuhiro Daiku,Naoki Kugihara,Tsukasa Teraguchi,Eiichiro Watamura,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 15,No. 3,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 刑事司法と心理学─よりリアルなフィクションを求めて─,綿村 英一郎,罪と罰,Vol. 54,No. 4,p. 35-47,2017年09月
  • Effects of place attachment and perceived benefit-cost of community involvement on participation in crime prevention activities in a Japanese urban community,Kaori Enomoto,Atsushi Kawada,Kanta Uematsu,Shuma Iwatani,Tomoya Kawajiri,Eiichiro Watamura,Yukiko Muramoto,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 300-300,2016年07月
  • Japanese People's Attitude towards Death Penalty and Criminal Justice,Eiichiro Watamura,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 1046-1046,2016年07月
  • How is the Death Penalty System Seen by Young People in Japan? ―An analysis of a survey of university students―,Watamura.E,Saeki. M,Niioka. K,Wakebe. T,Advances in Applied Sociology,Vol. 6,No. 2,p. 29-35,2016年02月
  • 裁判員研究の現状とこれから,伊東裕司,綿村英一郎,荒川歩,白取祐司,小原健司,法と心理,Vol. 16,No. 1,p. 94-99,2016年
  • RESOURCE-INDEPENDENT NEGATIVE EFFECTS OF FOREIGN LANGUAGE ON ANALOGICAL PROBLEM SOLVING,Toshihiro Wakebe,Sho Hidaka,Eiichiro Watamura,PSYCHOLOGICAL REPORTS,AMMONS SCIENTIFIC, LTD,Vol. 116,No. 1,p. 207-218,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 系列学習によって形成された表象に記憶の固定化がもたらす変化,渡辺晃,分部利紘,分部利紘,綿村英一郎,高野陽太郎,認知心理学研究(Web),Vol. 13,No. 1,p. 23-30,2015年
  • 『裁判員への説得技法:法廷で人の心を動かす心理学』を超えて,石崎千景,荒川歩,菅原郁夫,北村英哉,四宮啓,綿村英一郎,法と心理,Vol. 15,No. 1,p. 68-76,2015年
  • The Influence of Improper Information on Japanese Lay Judges’ Determination of Punishment,Watamura, E,Wakebe, T,Karasawa, K,Asian Journal of Criminology,Vol. 9,No. 4,p. 285-300,2014年11月19日,研究論文(学術雑誌)
  • The Automatic Activation of Retributive Motive When Determining Punishment,Eiichiro Watamura,Toshihiro Wakebe,Miyuki Fujio,Yuji Itoh,Kaori Karasawa,Psychological Studies,Springer India,Vol. 59,No. 3,p. 236-240,2014年09月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 量刑分布グラフによるアンカリング効果についての実験的検証,綿村英一郎,分部利紘,佐伯昌彦,社会心理学研究,Vol. 30,No. 1,p. 11-20,2014年08月
  • 自由意志・決定論尺度(The Free Will and Determinism Plus Scale; FAD+)日本語版の作成,渡辺匠,櫻井良祐,綿村英一郎,唐沢かおり,パーソナリティ研究,Vol. 23,No. 1,p. 53-56,2014年07月
  • 書評 『「裁判員」の形成、その心理学的解明』,綿村英一郎,法と心理,Vol. 14,No. 1,p. 122-124,2014年
  • 日本在住の韓国人における「ふるさとの記憶」~動的文化差理解の実践から見えてきたこと~,竹尾和子,南潤珍,綿村英一郎,東京理科大学紀要,No. 46,p. 187-201,2014年
  • 裁判員裁判における審理・評議の在り方を巡る心理学的研究の意義,佐伯昌彦,松尾加代,浅井暢子,綿村英一郎,村山綾,笹倉香奈,裁判員経験者,法と心理,Vol. 14,No. 1,p. 77-81,2014年
  • 犯罪被害者をとりまく問題― 臨床心理学、法社会学、法心理学からの検討 ―,安田裕子,林久美子,佐伯昌彦,山﨑優子,福井厚,綿村英一郎,法と心理,Vol. 14,No. 1,p. 56-62,2014年
  • 死刑判断に関する実証的考察,綿村英一郎,板山昂,山﨑優子,佐伯昌彦,吉井匡,法と心理,Vol. 13,No. 1,p. 98-103,2013年
  • Risk aversion in information seeking,Toshihiro Wakebe,Tomomi Sato,Eiichiro Watamura,Yohtaro Takano,JOURNAL OF COGNITIVE PSYCHOLOGY,PSYCHOLOGY PRESS,Vol. 24,No. 2,p. 125-133,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Risk aversion in information seeking,Toshihiro Wakebe,Tomomi Sato,Eiichiro Watamura,Yohtaro Takano,European Journal of Cognitive Psychology,Vol. 24,No. 2,p. 125-133,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Law and Society Association, 2010 Annual Meetingに参加して①,綿村英一郎,法と心理,Vol. 11,No. 1,p. 125-126,2011年
  • 心理的インパクトの強い証拠が素人の法的判断に与える影響,綿村英一郎,法と心理,Vol. 10,No. 1,p. 47-54,2011年
  • Can Jurors Free Themselves from Retributive Objectives?,Watamura, E,Wakebe, T,Maeda, T,sychological Studies,Vol. 56,No. 2,p. 32-40,2011年
  • 量刑判断にはたらく応報的動機の認知プロセス,綿村英一郎,分部利紘,藤尾未由紀,高野陽太郎,法と心理,Vol. 11,No. 1,p. 68-72,2011年
  • 犯罪事実とは無関係な情報が一般市民の量刑判断に及ぼす影響,綿村英一郎,応用心理学研究,Vol. 38,No. 2,p. 145-146,2011年
  • Information seeking in a non-hypothesis testing task.,Wakebe, T,Sato, T,Watamura, E,Takano, Y,Psychological Studies,Vol. 55,No. 4,p. 386-389,2010年12月
  • 一般市民の量刑判断―応報のため?それとも再犯抑止やみせしめのため?,綿村英一郎,分部利紘,高野陽太郎,法と心理,Vol. 9,No. 1,p. 98-108,2010年

MISC

  • 自由意志・決定論尺度(The Free Will and Determinism Plus Scale:FAD+)日本語版の作成,渡辺匠,渡辺匠,櫻井良祐,綿村英一郎,綿村英一郎,唐沢かおり,パーソナリティ研究,Vol. 23,No. 1,2014年

著書

  • 行動政策学ハンドブック : 応用行動科学による公共政策のデザイン,Shafir, Eldar,白岩, 祐子,荒川, 歩,福村出版,ISBN:9784571410635,2019年09月
  • 感じる,入戸野, 宏,綿村, 英一郎,大阪大学出版会,ISBN:9784872596205,2019年03月
  • テキスト司法・犯罪心理学,越智, 啓太,桐生, 正幸,北大路書房,ISBN:9784762829758,2017年07月
  • 自ら実感する心理学 : こんなところに心理学,土肥, 伊都子,常深, 浩平,益谷, 真,余語, 真夫,小口, 孝司,森田, 喜治,蓑毛, 良助,保育出版社,ISBN:9784905493211,2016年02月
  • Psychology of Punishment: New Research (Psychology of Emotions, Motivations and Actions),Nicolas Castro,2013年11月
  • 法と心理学,藤田, 政博,法律文化社,ISBN:9784589035370,2013年09月
  • 法と心理学の事典 : 犯罪・裁判・矯正,越智, 啓太,藤田, 政博,渡邉, 和美,朝倉書店,ISBN:9784254520163,2011年05月

講演・口頭発表等

  • 児童虐待事件に対する一般人の態度 —大学生をサンプルとした調査結果から—,綿村英一郎,法と心理学会オンライン研究会,2020年12月03日
  • 対人過程における視点取得 視点取得と葛藤,井奥智大,綿村英一郎,日本社会心理学会第61回大会,2020年11月07日
  • どうすれば真実が明らかになるのか?―手続的公正の観点から―,綿村英一郎,日本心理学会第84回大会,2020年09月08日
  • 死の顕現化が量刑判断および死刑制度に対する考えに及ぼす影響,綿村英一郎,法卉,日本心理学会第84回大会,2020年09月08日
  • 仮称「法と心理学会・オンライン研究会」の立ち上げについて,綿村英一郎,法と心理学会 第21回大会,2020年10月25日
  • 量刑判断における裁判官と一般人の違い,綿村英一郎,分部利紘,法と心理学会 第21回大会,2020年10月24日
  • Perspective taking and conflict in teams,Ioku Tomohiro,Watamura Eiichiro,The 59th Annual Convention of the Taiwan Psychological Association
  • A mediating role of moral judgment in jurors’ decision-making processes.,Yamagata, M,Watamura, E,Society for Personality and Social Psychology,2019年02月
  • 日本人のための道徳基盤尺度作成の試み,山縣芽生,綿村英一郎,法と心理学会第19回大会,2018年10月
  • Impact of mortality salience on pro-environmental behavior in Japan and China: A cross-cultural study,Hui Fa,Eiichiro Watamura,Naoki Kugihara,日本グループ・ダイナミックス学会第65回大会,2018年09月
  • ST-IATを用いた欺瞞性認知の測定と妥当性の検討,大工泰裕,綿村英一郎,釘原直樹,第85回日本応用心理学会大会,2018年08月
  • 奇抜な名付けに影響を及ぼすパーソナリティの検討,佐々木小巻,大工泰裕,綿村英一郎,寺口司,第85回日本応用心理学会大会,2018年08月
  • 個人と集団全体の死の顕現化が内集団批判者の評価に与える影響:集団的死の顕現化操作による検討,法卉,釘原直樹,綿村英一郎,寺口司,日本社会心理学学会第58回大会,2017年10月
  • SNS依存に関する心理学的研究,綿村英一郎,東京法と心理研究会,2017年
  • 刑罰の心理学,綿村英一郎,東洋大学,2016年10月
  • Japanese People's Attitude towards Death Peanalty and Criminal Justice,綿村英一郎,31st international Congress of Psychology,2016年07月
  • 死刑判断の評議研究,綿村英一郎,2015年10月
  • 一般市民の量刑感覚についての心理学的検証,綿村英一郎,2015年05月
  • 一般市民の死刑制度に対する態度に関する心理学的検証,綿村英一郎,新岡陽光,2014年10月
  • 失敗から学んでます・・・今こうしてます,綿村英一郎,日本心理学会チュートリアル「裁判員研究のABC」,2014年09月
  • 個人レベルの判断,綿村英一郎,日本心理学会シンポジウム「一般市民はどのように法的判断を行うのか?-個人・集団による判断に着目して-」,2014年09月
  • 量刑判断に関する心理学的研究,綿村英一郎,第25回CAPSインタラクション研究会,2013年11月
  • 人は不祥事の責任をどう考えるか?―責任の対象と種類による分析―,綿村英一郎,渡辺匠,唐沢かおり,2013年11月
  • 量刑相場グラフが裁判員の量刑判断に与える影響,綿村英一郎,法と心理学会第14回大会,2013年10月
  • 相場が量刑判断に与える影響,綿村英一郎,新学術領域 法と人間科学 公開シンポジウム,2013年03月
  • 犯罪事実とは関係のない情報が一般市民の量刑判断に及ぼす影響,綿村英一郎,第85回心理コロキウム,2012年11月
  • 一般市民の死刑判断に関する実証的研究,綿村英一郎,法と心理学会第13回大会,2012年10月
  • Implicit and explicit process for making judgments about punishment,綿村英一郎,日本心理学会第76回大会,2012年09月
  • 潜在レベルの応報的動機およびその量刑判断に対する影響,綿村英一郎,第7回社会認識研究会,2012年07月
  • The process of ordinary citizens’ determination of punishment ―From the research on retributive motive―,綿村英一郎,2012年06月
  • Activation domain in cued recall: An examination with hypermnesia.,Watamura, E,Wakebe, T,Sato, T,The 17th Annual Conference Object, Perception, Attention and Memory,2011年11月
  • 応報的動機の潜在性と公正世界観,綿村英一郎,法と心理学会第12回大会,2011年10月
  • 素人が直感で行う量刑判断の本質的目的とは?―応報的正義と公正世界観との関連性―,綿村英一郎,藤尾未由希,高野陽太郎,日本心理学会第75回大会,2011年09月
  • 素人の量刑判断プロセス,綿村英一郎,日本心理学会第75回大会,2011年09月
  • 一般市民の量刑判断にはたらく応報的動機の潜在性,綿村英一郎,白井美穂,高野陽太郎,日本社会心理学会第52回大会,2011年09月
  • Retributive motive in sentencing decision,綿村英一郎,The 16th World Congress of the International Society for Criminology,2011年08月
  • The automatic activation of retributive emotion when determining punishment,綿村英一郎,The International Society for Research on Emotion 2011,2011年07月
  • The automatic activation of retributive motive in determination of punishment,綿村英一郎,The 9th Meetings of the Society for Applied Research in Memory and Cognition,2011年06月
  • 素人の量刑判断における潜在的プロセスの検証,綿村英一郎,分部利紘,藤尾未由希,高野陽太郎,日本認知心理学会第9回大会,2011年05月
  • The Activation of Retributive Motive observed as Changes in Semantic Memory,Watamura, E,Wakebe, T,Fujio, M,Takano, Y,The 9th Tsukuba International Conference on Memory,2011年03月
  • 報復(応報)的公正の自動性と量刑判断との関係性,綿村英一郎,法と心理学会第11回大会,2010年10月
  • 量刑判断にはたらく応報的動機の潜在性,綿村英一郎,藤尾未由希,分部利紘,高野陽太郎,法と心理学会第11回大会,2010年10月
  • Implicit effects of negative bias on juror decisions.,The 118th Annual American Psychological Association Convention,2010年08月
  • Can jurors evaluate evidence of criminal cases without bias?,Watamura, E,Wakebe, T,The 27th International Congress of Applied Psychology,2010年07月
  • Implicit effects of negative bias on juror decisions,綿村英一郎,2010 Law and Society Association Annual Meeting,2010年05月
  • 一般市民の量刑判断についての心理学的研究,綿村英一郎,第10回刑事制裁・量刑法研究会,2010年02月
  • 裁判員の直感的な量刑判断‐不適切な情報の影響‐,綿村英一郎,日本認知心理学会・慶應義塾大学GCOE共催 認知心理学のフロンティア:公開シンポジウムⅠ,2010年01月
  • The effects of second thought on decision about punishment,Watamura, E,Wakebe, T,Takano, Y,The 2009 Meeting of American Society of Criminology,2009年11月
  • 心理的インパクトの強い証拠が素人の法的判断に与える影響,綿村英一郎,法と心理学会第10回大会,2009年10月
  • 不適切な情報が量刑判断に及ぼす影響に関する実験的検討,綿村英一郎,分部利紘,常岡充子,高野陽太郎,法と心理学会第10回大会,2009年10月
  • 量刑判断における主観的手がかり,綿村英一郎,分部利紘,高野陽太郎,日本心理学会第73回大会,2009年08月
  • 様々な情報への注意喚起が量刑判断に与える影響,綿村英一郎,分部利紘,高野陽太郎,日本認知心理学会 第7回大会,2009年07月
  • Can laypeople decide punishment severity independently of irrelevant information?,Watamura, E,Wakebe, T,Tsuneoka, M,Takano, Y,The 8th Biennial Meetings of the Society for Applied Research in Memory and Cognition,2009年07月
  • 一般市民の量刑判断方略に関する心理学的研究,綿村英一郎,第125目撃証言研究会,2009年02月
  • 新しく付け加わった誤情報が本来の記憶に与える効果―中心的刺激は付加的誤情報による事後情報効果を受けにくい?,綿村英一郎,高野陽太郎,法と心理学会第9回大会,2008年10月
  • 法の素人の量刑判断は応報的か?―新しい実験方法による応報的動機の検証―,綿村英一郎,高野陽太郎,日本応用心理学会第75回大会,2008年09月
  • 刑事事件における量刑判断―結果の重大さ、再犯可能性、および社会的脅威が量刑に及ぼす効果―,綿村英一郎,高野陽太郎,日本心理学会第72回大会,2008年09月
  • An Investigation on Retributive Motive in Determination of Punishment,綿村英一郎,International Workshop for Young Scholars