EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

権藤 恭之

Gondou Yasuyuki

人間科学研究科 人間科学専攻,教授

keyword 長寿と長寿社会,地域社会,疫学,幸福感,認知加齢

学歴

  • ~ 1994年03月,関西学院大学,文学研究科,心理学専攻
  • ~ 1991年03月,関西学院大学,文学研究科,心理学専攻
  • ~ 1989年03月,関西学院大学,文学部,心理学科
  • ~ ,関西学院大学
  • ~ ,Kwanseigakuin University

経歴

  • 2020年10月 ~ 継続中,The Gerontological Society of America
  • 2018年10月01日 ~ 継続中,大阪大学 人間科学研究科 人間科学専攻,教授
  • 2018年07月 ~ 継続中,日本老年社会科学会
  • 2010年11月 ~ 継続中,日本応用老年学会
  • 2007年10月 ~ 継続中,大阪大学人間科学研究科 准教授
  • 2007年10月01日 ~ 2018年09月30日,大阪大学 人間科学研究科 人間科学専攻,准教授
  • 2008年04月 ~ 2011年03月,財団法人高齢者研究・福祉振興財団老人総合研究所 福祉と生活ケア研究グループ 非常勤研究員
  • 2005年04月 ~ 2007年09月,財団法人高齢者研究・福祉振興財団 老人総合研究所 福祉と生活ケア研究グループ 研究員
  • 2002年04月 ~ 2005年03月,財団法人高齢者研究・福祉振興財団 老人総合研究所 痴呆介入研究グループ 研究員
  • 1992年07月 ~ 2002年03月,(財)東京都老人総合研究所心理学部門 研究助手

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,教育心理学,加齢発達、健康

所属学会

  • Gerontology Society of America
  • 日本発達心理学会
  • 日本応用老年学会
  • 日本老年医学会
  • 日本老年社会科学会
  • 日本性格心理学会
  • 日本心理学会

論文

  • CBSI as a Social Innovation to Promote the Health of Older People in Japan,Saori Yasumoto,Yasuyuki Gondo,International Journal of Environmental Research and Public Health,MDPI AG,Vol. 18,No. 9,p. 4970-4970,2021年05月07日,研究論文(学術雑誌)
  • Association between physical function and onset of coronary heart disease in a cohort of community-dwelling older populations: The SONIC study.,Nonglak Klinpudtan,Mai Kabayama,Kayo Godai,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Yuya Akagi,Werayuth Srithumsuk,Eri Kiyoshige,Ken Sugimoto,Hiroshi Akasaka,Yoichi Takami,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Kazunori Ikebe,Saori Yasumoto,Madoka Ogawa,Hiroki Inagaki,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Hiromi Rakugi,Kei Kamide,Archives of gerontology and geriatrics,Vol. 95,p. 104386-104386,2021年03月04日,研究論文(学術雑誌)
  • Association between uric acid and atherosclerosis in community-dwelling older people: The SONIC study.,Kentaro Tanaka,Mai Kabayama,Ken Sugimoto,Hiroshi Akasaka,Yoichi Takami,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Toshiaki Sekiguchi,Eri Kiyoshige,Yuya Akagi,Kayo Godai,Saori Yasumoto,Yukie Masui,Yasuyuki Gondo,Kazunori Ikebe,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Hiromi Rakugi,Kei Kamide,Geriatrics & gerontology international,Vol. 21,No. 1,p. 94-101,2021年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Age Verification of Three Japanese Supercentenarians Who Reached Age 115,Yasuyuki Gondo,Nobuyoshi Hirose,Saori Yasumoto,Yoshiko Lily Ishioka,Hiroki Inagaki,Yukie Masui,Yasumichi Arai,Yasuhiko Saito,Demographic Research Monographs,Springer International Publishing,p. 297-316,2021年,論文集(書籍)内論文
  • The Psychometric Properties of the Montreal Cognitive Assessment (MoCA),Giovanni Sala,Hiroki Inagaki,Yoshiko Ishioka,Yukie Masui,Takeshi Nakagawa,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Kazunori Ikebe,Kei Kamide,Yasuyuki Gondo,Swiss Journal of Psychology,Hogrefe Publishing Group,Vol. 79,No. 3-4,p. 155-161,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • The association of blood pressure with physical frailty and cognitive function in community-dwelling septuagenarians, octogenarians, and nonagenarians: the SONIC study.,Mai Kabayama,Kei Kamide,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Takeshi Nakagawa,Madoka Ogawa,Saori Yasumoto,Hirochika Ryuno,Yuya Akagi,Eri Kiyoshige,Kayo Godai,Ken Sugimoto,Hiroshi Akasaka,Yoichi Takami,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Kazunori Ikebe,Hiroki Inagaki,Peter Martin,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Hiromi Rakugi,Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 43,No. 12,p. 1421-1429,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Association between physical function and long-term care in community-dwelling older and oldest people: the SONIC study.,Werayuth Srithumsuk,Mai Kabayama,Kayo Godai,Nonglak Klinpudtan,Ken Sugimoto,Hiroshi Akasaka,Yoichi Takami,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Saori Yasumoto,Yasuyuki Gondo,Yasumichi Arai,Yukie Masui,Tatsuro Ishizaki,Hiroshi Shimokata,Hiromi Rakugi,Kei Kamide,Environmental health and preventive medicine,Vol. 25,No. 1,p. 46-46,2020年09月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Association of anemia and SRH in older people: the SONIC study.,Tomoko Noma,Mai Kabayama,Yasuyuki Gondo,Saori Yasumoto,Yukie Masui,Ken Sugimoto,Hiroshi Akasaka,Kayo Godai,Atsuko Higuchi,Yuya Akagi,Yoichi Takami,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Kazunori Ikebe,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Hiromi Rakugi,Kei Kamide,Geriatrics & gerontology international,Vol. 20,No. 7,p. 720-726,2020年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Understanding help-seeking behaviour in relation to psychosocial support services among Japanese cancer patients,Tomoko Matsui,Kei Hirai,Yasuyuki Gondo,Shinichi Sato,Japanese Journal of Clinical Oncology,Oxford University Press (OUP),2020年06月22日,研究論文(学術雑誌)
  • A Cultural Comparison of Personality Profiles of U.S. and Japanese Centenarians.,Grace D da Rosa,Peter Martin,Joseph Kim,Daniel Russell,W Todd Abraham,Yasuyuki Gondo,Nobuyoshi Hirose,Yukie Masui,Leonard W Poon,International journal of aging & human development,p. 91415020920002-91415020920002,2020年05月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Day-to-day blood pressure variability is associated with lower cognitive performance among the Japanese community-dwelling oldest-old population: the SONIC study.,Kayo Godai,Mai Kabayama,Yasuyuki Gondo,Saori Yasumoto,Toshiaki Sekiguchi,Tomoko Noma,Kentaro Tanaka,Eri Kiyoshige,Yuya Akagi,Ken Sugimoto,Hiroshi Akasaka,Yoichi Takami,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Yasumichi Arai,Yukie Masui,Tatsuro Ishizaki,Kazunori Ikebe,Michihiro Satoh,Kei Asayama,Takayoshi Ohkubo,Hiromi Rakugi,Kei Kamide,Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension,Vol. 43,No. 5,p. 404-411,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Prevalence and Correlates of Falls Among Centenarians: Results from the Five-Country Oldest Old Project (5-COOP).,Tuo-Yu Chen,Angelique Chan,Karen Andersen-Ranberg,Marie Herr,Stefan Fors,Bernard Jeune,François R Herrmann,Jean-Marie Robine,Yasuyuki Gondo,Yasuhiko Saito,The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences,Vol. 75,No. 5,p. 974-979,2020年04月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Occlusal force predicted cognitive decline among 70- and 80-year-old Japanese: A 3-year prospective cohort study.,Kodai Hatta,Yasuyuki Gondo,Kei Kamide,Yukie Masui,Hiroki Inagaki,Takeshi Nakagawa,Ken-Ichi Matsuda,Chisato Inomata,Hajime Takeshita,Yusuke Mihara,Motoyoshi Fukutake,Masahiro Kitamura,Shinya Murakami,Mai Kabayama,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Ken Sugimoto,Hiromi Rakugi,Yoshinobu Maeda,Kazunori Ikebe,Journal of prosthodontic research,Vol. 64,No. 2,p. 175-181,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • The importance of stroke as a risk factor of cognitive decline in community dwelling older and oldest peoples: the SONIC study.,Werayuth Srithumsuk,Mai Kabayama,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Yuya Akagi,Nonglak Klinpudtan,Eri Kiyoshige,Kayo Godai,Ken Sugimoto,Hiroshi Akasaka,Yoichi Takami,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Kazunori Ikebe,Madoka Ogawa,Hiroki Inagaki,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Hiromi Rakugi,Kei Kamide,BMC geriatrics,Vol. 20,No. 1,p. 24-24,2020年01月22日,研究論文(学術雑誌)
  • Centenarians,Yasuyuki Gondo,Yoshiko Lily Ishioka,Encyclopedia of Gerontology and Population Aging,Springer International Publishing,p. 1-10,2020年,論文集(書籍)内論文
  • 【老年社会科学研究のための研究倫理】高齢者心理学における研究倫理の諸課題,権藤 恭之,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 41,No. 4,p. 440-448,2020年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Occlusal support predicts tooth loss in older Japanese people,Mihara Y,Matsuda K,Takahashi T,Hatta K,Fukutake M,Sato H,Gondo Y,Masui Y,Kamide K,Sugimoto K,Kabayama M,Ishizaki T,Arai Y,Maeda Y,Ikebe K,Community Dentistry and Oral Epidemiology,Vol. 48,No. 2,p. 163-170,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Age group differences in association between IADL decline and depressive symptoms in community-dwelling elderly.,Eri Kiyoshige,Mai Kabayama,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Hiroki Inagaki,Madoka Ogawa,Takeshi Nakagawa,Saori Yasumoto,Hiroshi Akasaka,Ken Sugimoto,Kazunori Ikebe,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Hiromi Rakugi,Kei Kamide,BMC geriatrics,Vol. 19,No. 1,p. 309-309,2019年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Working memory training does not enhance older adults' cognitive skills: A comprehensive meta-analysis,Giovanni Sala,N. Deniz Aksayli,K. Semir Tatlidil,Yasuyuki Gondo,Fernand Gobet,Intelligence,Vol. 77,2019年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Age is influencing on the relationship between CVD risk factors and cognitive function among in community dwelling old peoples: The SONIC study.,Sawayama Y,Kabayama M,Gondo Y,Masui Y,Sugimoto K,Ikebe K,Arai Y,Ishizaki T,Rakugi H,Kamide K,2019年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Serum albumin/globulin ratio is associated with cognitive function in community-dwelling older people: The Septuagenarians, Octogenarians, Nonagenarians Investigation with Centenarians study.,Satomi Maeda,Yasushi Takeya,Ryosuke Oguro,Hiroshi Akasaka,Hirochika Ryuno,Mai Kabayama,Serina Yokoyama,Motonori Nagasawa,Taku Fujimoto,Masao Takeda,Miyuki Onishi-Takeya,Norihisa Itoh,Yoichi Takami,Koichi Yamamoto,Ken Sugimoto,Hiroki Inagaki,Madoka Ogawa,Takeshi Nakagawa,Saori Yasumoto,Yukie Masui,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Kazunori Ikebe,Yasuyuki Gondo,Kei Kamide,Hiromi Rakugi,Geriatrics & gerontology international,Vol. 19,No. 10,p. 967-971,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Age-related differences in valence and arousal ratings of International Affective Picture System (IAPS) in Japanese individuals.,Ueno, D,Masumoto, K,Sato, S,Gondo, Y,Experimental Aging Research,Vol. 45,No. 4,p. 331-345,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Age-related differences in the International Affective Picture System (IAPS) valence and arousal ratings among Japanese individuals.,Daisuke Ueno,Kouhei Masumoto,Shinichi Sato,Yasuyuki Gondo,Experimental Aging Research,p. 1-12,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Serum albumin/globulin ratio is associated with cognitive function in community-dwelling elderly people: The SONIC study.,Maeda S,Takeya Y,Oguro R,Akasaka H,Ryuno H,Kabayama M,Yokoyama S,Nagasawa M,Fujimoto T,Takeda M,Takeya M,Itoh N,Takami Y,Yamamoto K,Sugimoto K,Inagaki H,Ogawa M,Nakagawa T,Yasumoto S,Masui Y,Arai Y,Ishizaki T,Ikebe K,Gondo Y,Kamide K,Rakugi H,Geriatr Gerontol Int.,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Lack of posterior occlusal support predicts the reduction in walking speed in 80-year-old Japanese adults: A 3-year prospective cohort study with propensity score analysis by the SONIC Study Group,Kodai Hatta,Kazunori Ikebe,Yusuke Mihara,Yasuyuki Gondo,Kei Kamide,Yukie Masui,Ken Sugimoto,Kenichi Matsuda,Motoyoshi Fukutake,Mai Kabayama,Ayumi Shintani,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Hiromi Rakugi,Yoshinobu Maeda,Gerodontology,Vol. 36,No. 2,p. 156-162,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Hyperglycemia in non‐obese patients with type 2 diabetes is associated with low muscle mass: The Multicenter Study for Clarifying Evidence for Sarcopenia in Patients with Diabetes Mellitus,Sugimoto Ken,Tabara Yasuharu,Ikegami Hiroshi,Takata Yasunori,Kamide Kei,Ikezoe Tome,Kiyoshige Eri,Makutani Yukako,Onuma Hiroshi,Gondo Yasuyuki,Ikebe Kazunori,Ichihashi Noriaki,Tsuboyama Tadao,Matsuda Fumihiko,Kohara Katsuhiko,Kabayama Mai,Fukuda Masahiro,Katsuya Tomohiro,Osawa Haruhiko,Hiromine Yoshihisa,Rakugi Hiromi,Journal of Diabetes Investigation,Vol. 10,No. 6,p. 1471-1479,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Cardiovascular health and cognitive functioning among centenarians: a comparison between the Tokyo and Georgia centenarian studies.,Peter Martin,Yasuyuki Gondo,Yasumichi Arai,Yoshiko Ishioka,Mary Ann Johnson,L Stephen Miller,John L Woodard,Leonard W Poon,Nobuyoshi Hirose,International psychogeriatrics,Vol. 31,No. 4,p. 455-465,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • The impact of leisure activities on older adults' cognitive function, physical function, and mental health.,Sala G,Jopp D,Gobet F,Ogawa M,Ishioka Y,Masui Y,Inagaki H,Nakagawa T,Yasumoto S,Ishizaki T,Arai Y,Ikebe K,Kamide K,Gondo Y,PloS one,Vol. 14,No. 11,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 情動記憶検索に保持期間が及ぼす影響―高齢者を対象に顕在記憶指標と潜在記憶指標を用いた検討―,上野大介,増本康平,佐藤眞一,権藤恭之,生老病死の行動科学,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Association between long-term care and chronic and lifestyle-related disease modified by social profiles in community-dwelling people aged 80 and 90; SONIC study.,Kiyoshige, E,Kabayama, M,Gondo, Y,Masui, Y,Ryuno, H,Sawayama, Y,Inoue, T,Akagi, Y,Sekiguchi, T,Tanaka, K,Nakagawa, T,Yasumoto, S,Ogawa, M,Inagaki, H,Oguro, R,Sugimoto, K,Akasaka, H,Yamamoto, K,Takeya, Y,Takami, Y,Itoh, N,Takeda, M,Nagasawa, M,Yokoyama, S,Maeda, S,Ikebe, K,Arai, Y,Ishizaki, T,Rakugi, H,Kamide, K,Archives of Gerontology and Geriatrics,Vol. 81,p. 176-181,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Hardness of the habitual diet and its relationship with cognitive function among 70-year-old Japanese elderly: Findings from the SONIC Study.,Okubo H,Murakami K,Inagaki H,Gondo Y,Ikebe K,Kamide K,Masui Y,Arai Y,Ishizaki T,Sasaki S,Nakagawa T,Kabayama M,Sugimoto K,Rakugi H,Maeda Y,Ogawa M,Ishioka Y,Inomatae C,Ogawa T,Matsuda K,Ryuno H,Oguro R,Yamamoto K,Takeya Y,Takami Y,Ito N,Journal of Oral Rehabilitation,Vol. 46,No. 2,p. 151-160,2019年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Near and Far Transfer in Cognitive Training: A Second-Order Meta- Analysis,Sala, G,Aksayli, N. D,Tatlidil, K. S,Tatsumi, T,Gondo, Y,Gobet, F,Collabra: Psychology,2019年02月,研究論文(学術雑誌)
  • The association of the measuring blood pressure at home with cognitive functioning among community-dwelling elderly.,Godai K,Kabayama M,Yamamoto K,Sugimoto K,Arai Y,Ishizaki T,Ikebe K,Gondo Y,Rakugi H,Kamide K,2019年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Fukutake M, Ikebe K, Okubo H, Matsuda KI, Enoki K, Inomata C, Takeshita H, Mihara Y, Hatta K, Gondo Y, Kamide K, Masui Y, Ishizaki T, Arai Y, Maeda Y.,Fukutake M,Ikebe K,Okubo H,Matsuda KI,Enoki K,Inomata C,Takeshita H,Mihara Y,Hatta K,Gondo Y,Kamide K,Masui Y,Ishizaki T,Arai Y,Maeda Y,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 地域高齢者の精神的健康の縦断変化に及ぼす老年的超越の影響の検討 : 疾患罹患・死別イベントに対する緩衝効果に注目して,増井 幸恵,権藤 恭之,中川 威,小川 まどか,石岡 良子,稲垣 宏樹,蔡 羽淳,安元 佐織,栗延 孟,小野口 航,髙山 緑,新井 康通,池邉 一典,神出 計,石崎 達郎,老年社会科学 = Japanese journal of gerontology,日本老年社会科学会 ; 1979-,Vol. 41,No. 3,p. 247-258,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between oral stereognostic ability and dietary intake in older Japanese adults with complete dentures.,Fukutake M,Ikebe K,Okubo H,Matsuda KI,Enoki K,Inomata C,Takeshita H,Mihara Y,Hatta K,Gondo Y,Kamide K,Masui Y,Ishizaki T,Arai Y,Maeda Y,Journal of Prosthodontic Research,Vol. 63,No. 1,p. 105-109,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 系列位置曲線の加齢変化に対するモデルベースアプローチ──SONIC研究の縦断データへのSIMPLEモデルの適用──,武藤 拓之,権藤 恭之,増井 幸恵,稲垣 宏樹,中川 威,石岡 良子,沼田 恵太郎,小野口 航,2018年12月
  • A klotho gene single nucleotide polymorphism is associated with the onset of stroke and plasma klotho concentration,Yokoyama S,Oguro R,Yamamoto K,Akasaka H,Ito N,Kawai T,Kusunoki H,Takeya Y,Takeya-Onishi M,Yamamoto-Hanasaki H,Sugimoto K,Ikebe K,Gondo Y,Ohishi M,Kamide K,Rakugi H,Vol. 11,No. 1,p. 104-114,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Caregiving centenarians: Cross-national comparison in Caregiver-Burden between the United States and Japan,Jinmyoung Cho,Takeshi Nakagawa,Peter Martin,Yasuyuki Gondo,Leonard Poon,Nobuyoshi Hirose,Aging and Mental Health,Vol. 29,p. 1-10,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Physical, sensory, and cognitive functioning among centenarians: a comparison between the Tokyo and Georgia centenarian studies,Peter Martin,Yasuyuki Gondo,Yasumichi Arai,Yoshiko Ishioka,John L. Woodard,Leonard W. Poon,Nobuyoshi Hirose,Quality of Life Research,Vol. 27,No. 11,p. 3037-3046,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical course of the longest lived man in the world,Nobuyoshi Hirose,Ysuyuki Gondo,Saori Yasumoto,Yasuhiro Saito,Yasumichi Arai,Masahiro Yasuhara,2018年11月
  • Influence of lack of posterior occlusal support on cognitive decline among 80-year-old Japanese people in a 3-year prospective study.,Kodai Hatta,Kazunori Ikebe,Yasuyuki Gondo,Kei Kamide,Yukie Masui,Hiroki Inagaki,Takeshi Nakagawa,Ken‐ichi Matsuda,Taiji Ogawa,Chisato Inomata,Hajime Takeshita,Yusuke Mihara,Motoyoshi Fukutake,Masahiro Kitamura,Shinya Murakami,Mai Kabayama,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Ken Sugimoto,Hiromi Rakugi,Yoshinobu Maeda,Geriatrics & Gerontology International,Vol. 18,No. 10,p. 1439-1446,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者の国際共同研究の目的と成果,権藤恭之,日本老年医学学会雑誌,Vol. 55,No. 4,p. 570-577,2018年10月
  • 嗜好品の継続摂取が高齢者の心身の機能に与える影響に関する縦断的検討,権藤恭之,増井幸恵,平成29年度公益財団法人たばこ総合研究センター助成研究報告,p. 43-58,2018年10月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Interpersonal exchanges and Leisure activities are associated with Hypertension and Diabetes in community-dwelling old Japanese: the SONIC study.,Wada N,Kabayama M,Gondo Y,Masui Y,Yasumoto S,Sugimoto K,Arai Y,Ishizaki T,Rakugi H,Kamide K,Hypertension Beijing 2018 Final programme.,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Relationship between serum lipid profiles and carotid arteriosclerosis in community dwelling old population: SONIC study.,Higuchi A,KabayamaM,Kiyoshige E,Akagi Y,Akasaka H,Sugimoto K,Ikebe K,Gondo Y,Rakugi H,Kamide K,Hypertension Beijing 2018 Final programme.,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • The Association of the blood pressure level with the cognitive decline after 3 years among community-dwelling older people:SONIC study.,Kabayama M,Kamide K,Gondo Y,Yamamoto K,Sugimoto K,Masui Y,Inagaki H,Arai T,Ishizaki T,Rakugi H,Hypertension Beijing 2018 Final programme.,p. 90-90,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Gene polymorphisms of fraility are associated with Atherosclerosis in old Japanese:The SONIC study.,Akagi Y,Kamide K,Kabayama M,Akasaka H,Sugimoto K,Yamamoto K,Gondo Y,Ikebe K,Masui Y,Ishizaki T,Arai Y,Rakugi H,Hypertension Beijing 2018 Final programme.,p. 208-208,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Relationship between gerotranscendence and oral health-related quality of life.,Yusuke Mihara,Kenichi Matsuda,Koudai Hatta,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Takeshi Nakagawa,Kei Kamide,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Yoshinobu Maeda,Kazunori Ikebe,Journal of Oral Rehabilitation,Vol. 45,No. 10,p. 805-809,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 心理的加齢と脳の加齢の関係,権藤恭之,老年精神医学雑誌,Vol. 29,No. 7,p. 742-748,2018年07月
  • 生活の質や人生の価値の測定と評価,権藤恭之,健康心理学の測定法・アセスメント,ナカニシヤ出版,p. 173-192,2018年07月
  • 高齢者の「こころ」と「からだ」の健康に関する要因の探索―SONIC研究の成果から―,権藤恭之,SONIC 研究グループ,心身医学,Vol. 58,No. 5,p. 397-402,2018年07月
  • Valuation of life among old and very old adults: Comparison between Germany and Japan,Nakagawa, T,Jopp,D. S,Gondo, Y,Lehrfeld, J,Rott, C,Oswald, F,Innovation in Aging,Vol. 2,No. 2,p. 1-10,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 生活の質や人生の価値の測定と評価,権藤恭之,健康心理学の測定法・アセスメント,ナカニシヤ出版,p. 173-192,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者の主観的幸福感の関連要因についての検討,蔡羽淳,権藤恭之,安元佐織,2018年06月
  • 超高齢社会における生きがいと健康―就労・地域参加を考える―,廣川空美,藤原佳典,安元佐織,権藤恭之,2018年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • High plasma adiponectin levels are associated with frailty in a general old-old population: The Septuagenarians, Octogenarians, Nonagenarians Investigation with Centenarians study.,Motonori Nagasawa,Yoichi Takami,Hiroshi Akasaka,Mai Kabayama,Satomi Maeda,Serina Yokoyama,Taku Fujimoto,Yoichi Nozato,Yuki Imaizumi,Masao Takeda,Norihisa Itoh,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Ken Sugimoto,Takeshi Nakagawa,Yukie Masui,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Kazunori Ikebe,Yasuyuki Gondo,Kei Kamide,Hiromi Rakugi,Geriatrics & gerontology international,Vol. 18,No. 6,p. 839-846,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高齢社会における生きがいと健康―就労・地域参加を考える―,廣川空美,藤原佳典,安元佐織,権藤恭之,2018年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 老化・長寿に関する疫学研究 健康長寿研究(SONIC)からの研究,権藤恭之,日本臨牀増刊号 老年医学上,日本臨牀社,Vol. 76,No. 増刊号5,p. 200-204,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Association of handgrip strength with various oral functions in 82- to 84-year-old community-dwelling Japanese,Yusuke Mihara,Ken ichi Matsuda,Kazunori Ikebe,Koudai Hatta,Motoyoshi Fukutake,Kaori Enoki,Taiji Ogawa,Hajime Takeshita,Chisato Inomata,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Kei Kamide,Ken Sugimoto,Mai Kabayama,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Yoshinobu Maeda,Gerodontology,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Defining successful aging based on the oldest-old,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Hiroki Inagaki,Yoshiko Ishioka,Takeshi Nakagawa,Saori Yasumoto,2018年05月
  • Oldest Old,Daniela S. Jop,Dario S. Spini,Yasuyuki Gondo,The SAGE Encyclopedia of Lifespan Human Development,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of cognitive function on oral perception in independently living older people.,Fukutake M,Ogawa T,Ikebe K,Mihara Y,Inomata C,Takeshita H,Matsuda K,Hatta K,Gondo Y,Masui Y,Inagaki H,Arai Y,Kamide K,Ishizaki T,Maeda Y,Clinical oral investigations,Vol. 23,No. 1,p. 267-271,2018年04月,研究論文(学術雑誌)
  • ANRIL in Chromosome 9p21 may be Contributing to Human Aging and Modulates Gene Expression in Vascular Endothelial Cells,Ada Congrains,Kei Kamide,Ryousuke Oguro,Chikako Nakama,Yuki Imaizumi,Tatsuo, Kawai,Hiroshi Kusunoki,Hiroko Yamamoto,Miyuki Onishi-Takeya,Yasushi Takeya,Mai Kabayama,Koichi Yamamoto,Ken Sugimoto,Kazunori Ikebe,Yasuyuki Gondo,Hiromi Rakugi,American Journal of Gerontology and Geriatrics,Vol. 1,No. 1,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 長寿時代の高齢者の幸福のありかた,権藤恭之,2018年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 次世代への関心が高齢者の潜在的認知に与える影響,沼田恵太郎,橋本裕美,堀麻佑子,権藤恭之,2018年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 自己調節方略のライフコース(5)―中高年期における自己調節―,岡林秀樹,竹村明子,西田裕紀子,権藤恭之,宮川真純,2018年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「老い」と生きる―長寿社会における「老いる」ことの意味と共生を考える―,権藤恭之,鈴木宏幸,宇良千秋,目黒謙一,2018年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Prevalence of frailty among community-dwellers and outpatients in Japan as defined by the Japanese version of the Cardiovascular Health Study criteria,Shosuke Satake,Hiroyuki Shimada,Minoru Yamada,Hunkyung Kim,Hideyo Yoshida,Yasuyuki Gondo,Kozo Matsubayashi,Eiji Matsushita,Masafumi Kuzuya,Koichi Kozaki,Ken Sugimoto,Kazuyoshi Senda,Mayumi Sakuma,Naoto Endo,Hidenori Arai,Geriatrics Gerontology International,2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 1C1-2 長寿者の福祉用具利用調査からみた支援機器開発の課題,江原 望,二瓶 美里,鎌田 実,菅原 育子,権藤 恭之,増井 幸恵,稲垣 宏樹,井上 剛伸,人間工学,一般社団法人 日本人間工学会,Vol. 54,No. 0,p. 1C1-2-1C1-2,2018年
  • Occlusal force is correlated with cognitive function directly as well as indirectly via food intake in community-dwelling older Japanese: From the SONIC study,Kazunori Ikebe,Yasuyuki Gondo,Kei Kamide,Yukie Masui,Taturo Ishizaki,Yasumichi Arai,Hiroki Inagaki,Takeshi Nakagawa,Mai Kabayama,Hirochika Ryuno,Hitomi Okubo,Hajime Takeshita,Chisato Inomata,Yuko Kurushima,Yusuke Mihara,Kohdai Hatta,Motoyoshi Fukutake,Kaori Enoki,Taiji Ogawa,Kenichi Matsuda,Ken Sugimoto,Ryosuke Oguro,Yoichi Takami,Norihisa Itoh,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Hiromi Rakugi,Shinya Murakami,Masahiro Kitamura,Yoshinobu Maeda,PLoS ONE,Vol. 13,No. 1,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者が動けば社会が変わる: NPO法人大阪府高齢者大学校の挑戦,権藤恭之,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 39,No. 4,p. 476-476,2018年01月
  • 百寿者からのメッセージ 長寿時代を生きるためのヒント,権藤恭之,2017年12月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 超高齢者における空間認知能力と運動機能の結びつき――SONIC研究の85―87歳調査から得られたretrogenesis説の証拠――,武藤 拓之,松本 清明,沼田 恵太郎,権藤 恭之,関西心理学会第129回大会発表論文集,p. 48-48,2017年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 百寿者の世界,権藤恭之,2017年10月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 百寿者にとっての幸福感の構成要素,安元佐織,権藤恭之,中川威,増井幸恵,老年社会科学,Vol. 39,No. 3,p. 365-373,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Association between dietary patterns and cognitive function among 70-year-old Japanese elderly: a cross-sectional analysis of the SONIC study,Hitomi Okubo,Hiroki Inagaki,Yasuyuki Gondo,Kei Kamide,Kazunori Ikebe,Yukie Masui,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Satoshi Sasaki,Takeshi Nakagawa,Mai Kabayama,Ken Sugimoto,Hiromi Rakugi,Yoshinobu Maeda,SONIC Study Group,Nutrition Journal,Vol. 16,No. 1,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者におけるソーシャルキャピタルの地域差と年代差―SONIC研究の横断的データから―,小野口航,福川康之,樺山舞,権藤恭之,増井幸恵,石崎達郎,安元佐織,松本清明,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • The Influence of Physical Capacity on Subjective Well-being among Japanese Oldest-Olds,Tsai Yu-Chun,Yasuyuki Gondo,Saori Yasumoto,Marina Kozono,Yoshiko Ishioka,Aya Toyoshima,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 地域在住前期高齢者における老年的超越の発達―SONIC研究70歳コホート6年間の縦断データを用いた検討―,増井幸恵,権藤恭之,中川威,小川まどか,石岡良子,小園 麻里菜,蔡羽淳,安元佐織,小野口航,稲垣宏樹,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • サクセスフルエイジングの枠組みに基づいた高齢期の役割に関する考察,権藤恭之,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • より良い加齢のために重要な心理的資源とは:人生後半期を対象とする学際的研究から,西田裕紀子,唐澤真弓,増井幸恵,権藤恭之,氏家達夫,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 熟達化とサクセスフルエイジング―誰もがプロダクティヴに過ごせる社会への示唆―,楠見孝,高橋雅延,権藤恭之,佐藤眞一,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 人生を見つめる脳,大場健太郎,伊藤友一,権藤恭之,杉浦義典,日本心理学会大会発表論文集,公益社団法人 日本心理学会,Vol. 81,No. 0,p. SS-004-SS-004,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Relationship between atherosclerosis and occlusal support of natural teeth with mediating effect of atheroprotective nutrients: From the SONIC study,Tada S,Ikebe K,Kamide K,Gondo Y,Inomata C,Takeshita H,Matsuda KI,Kitamura M,Murakami S,Kabayama M,Oguro R,Nakama C,Kawai T,Yamamoto K,Sugimoto K,Shintani A,Ishihara T,Arai Y,Masui Y,Takahashi R,Rakugi H,Maeda Y,PLoS ONE,Vol. 12,No. 8,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Age verification of the longest lived man in the world,Yasuyuki Gondo,Nobuyoshi Hirose,Saori Yasumoto,Yasumichi Arai,Yasuhiko Saito,Experimental Gerontorogy,Vol. 99,p. 7-17,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Investigation about Associated Illness with Disability in Community-Dwelling Older Population.,Kiyoshige E,Kabayama M,Sugimoto K,Arai Y,Ishizaki T,Gondo Y,Rakugi H,Kamide K,The 21ST IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics Program Book.,p. 80-80,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • The Association of Blood Pressure with Frailty among Community-Dwelling Older People.,Kabayama M,Kamide K,Gondo Y,Sugimoto K,Masui Y,Ishizaki Y,Arai Y,Rakugi H,The 21ST IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics Program Book.,p. 250-250,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Urinary Albumin-to-Creatinine Ratio and Carotid Atherosclerosis in the Very Old.,Arai Y,Hirata T,Takayama M,Abe Y,Ishizaki T,Masui Y,Kamide K,Gondo Y,The 21ST IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics Program Book.,p. 188-188,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Association between Protein Intake and Change in Renal Function Among Japanese General Old Subjects.,Sekiguchi T,Kamide K,Ikebe K,Kabayama M,Arai Y,Ishizaki T,Gondo Y,Rakugi H,The 21ST IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics Program Book.,p. 148-148,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Is Daily Physical Activity Pleasant for Older Adults? Between-and Within-Person Associations.,Nakagawa T,Kabayama M,Matsuda K,Yasumoto S,Gondo Y,Kamide K,Ikebe K,The 21ST IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics Program Book.,p. 136-136,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Premorbid Personality and the Occurrences of the Risk of MCI after 3 Years in Japanese Elderly.,Masui Y,Inagaki H,Gondo Y,Kurinobu T,Ikebe K,Kamide K,Arai Y,Ishizaki T,The 21ST IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics Program Book.,p. 109-109,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Association of Genetic Variation of TOMM40 with Cognitive Decline in Older Adults: The SONIC Study.,Ryuno H,Kamide K,Kabayama M,Sugimoto K,Ishizaki T,Arai Y,Gondo Y,Rakugi H,The 21ST IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics Program Book.,p. 193-193,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Longitudinal association of hypertension and diabetes mellitus with cognitive functioning in a general 70-year-old population: the SONIC study.,Hirochika Ryuno,Kei Kamide,Yasuyuki Gondo,Mai Kabayama,Ryosuke Oguro,Chikako Nakama,Serina Yokoyama,Motonori Nagasawa,Satomi Maeda-Hirao,Yuki Imaizumi,Miyuki Takeya,Hiroko Yamamoto,Masao Takeda,Yoichi Takami,Norihisa Itoh,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Ken Sugimoto,Takeshi Nakagawa,Saori Yasumoto,Kazunori Ikebe,Hiroki Inagaki,Yukie Masui,Michiyo Takayama,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Ryutaro Takahashi,Hiromi Rakugi,Hypertention Research,Vol. 40,No. 7,p. 665-670,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Criteria for extracting independent centenarians in a rural area: Using data from a local government,Toyoshima Aya,Gondo Yasuyuki,Yasumoto Saori,Ishioka Yoshiko,Masui Yukie,Nakagawa Takeshi,Kozono Marina,Yu-chun Tsai,2017年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Subjective well-being in centenarians: a comparison of Japan and the United States,Takeshi Nakagawa,Jinmyoung Cho,Yasuyuki Gondo,Peter Martin,Mary Ann Johnson,Leonard,W. Poon,Nobuyoshi Hirose,Aging & Mental Health,Vol. 22,No. 10,p. 1313-1320,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 心理学的視点からの報告―健康長寿の要因の探求―,増井幸恵,権藤恭之,歯界展望,Vol. 30,No. 1,p. 49-54,2017年07月
  • 健康長寿の延伸には何がどの程度重要となるのか?はじめに~企画概要~,池邉一典,権藤恭之,神出計,増井幸恵,石崎達郎,新井康通,村上伸也,前田芳信,歯界展望,Vol. 130,No. 1,p. 28-31,2017年07月
  • 高齢者の主観的幸福感に影響を与える要因に関する研究ー感謝感情に注目してー,蔡羽淳,権藤恭之,中川威,増井幸恵,安元佐織,神出計,池邉一典,石崎達郎,高橋龍太郎,新井康通,2017年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 百寿者の心理-幸福感からのアプローチ-,権藤恭之,2017年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢者の「こころ」と「からだ」の健康に関連する要因の探索―SONIC研究の成果から―,権藤恭之,2017年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 老いと闘うか?老いと共生するか?―こころのアンチエイジングはありうるのか,権藤恭之,中川威,石岡良子,医学の歩み,Vol. 26,No. 6,p. 668-672,2017年05月
  • Dietary intake is associated with occlusal force rather than number of teeth in 80-y-old Japanese,Inomata Chisato,Ikebe Kazunori,Takeshita Hajime,Mihara Yusuke,Hatta Kohdai,Tada Sayaka,Enoki Kaori,Ogawa Taiji,Matsuda Kenichi,Gondo Yasuyuki,Masui Yukie,Kamide Kei,Takahashi Ryutaro,Arai Yasumichi,Maeda Yoshinobu,JDR Clinical & Translational Research,Vol. 2,No. 2,p. 187-197,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Age, Emotion Rehulation, and Affect in Adulthood: The Mediating Role of Cognitive Reapprasial,Nakagawa Takeshi,Gondo Yasuyuki,Ishioka Yoshiko,Masui Yukie,Japanese Psychological Research,Vol. 59,No. 4,p. 301-308,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者研究,権藤恭之,老年社会科学,Vol. 39,No. 1,p. 31-31,2017年04月
  • Reply to 'Differences in the association between high blood pressure and cognitive functioning among the general Japanese population aged 70 and 80 years',Ryuno Hirochika,Kamide Kei,Gondo Yasuyuki,Kabayama Mai,Sugimoto Ken,Ikebe Kazunori,Ishizaki Tatsuro,Arai Yasumichi,Rakugi Hiromi,HYPERTENSION RESEARCH,Vol. 40,No. 3,p. 302-303,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 自己調節方略のライフコース(4)―将来の研究の展望―,権藤恭之,2017年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 百寿者研究から見た望ましい老いのあり方,権藤恭之,環境と健康,公益財団法人 体質研究会,Vol. 30,No. 1,p. 14-23,2017年03月
  • Longitudinal Association of Hypertension and Diabetes Mellitus with Cognitive Functioning in a General 70-year-old Population: The SONIC Study,Hirochika Ryuno,Kei Kamide,Yasuyuki Gondo,Mai Kabayama,Ryosuke Oguro,Chikako Nakama,Serina Yokoyama,Motonori Nagasawa,Satomi Maeda-Hirao,Yuki Imaizumi,Miyuki Takeya,Hiroko Yamamoto,Masao Takeda,Yoichi Takami,Norihisa Itoh,Yasushi Takeya,Koichi Yamamoto,Ken Sugimoto,Takeshi Nakagawa,Saori Yasumoto,Kazunori Ikebe,Hiroki Inagaki,Yukie Masui,Michiyo Takayama,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Ryutaro Takahashi,Hiromi Rakugi,Hypertension Research,Vol. 40,p. 665-670,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 老年的超越の発達を促す社会的側面―社会的ネットワークと社会的活動に関する考察,権藤恭之,Geriatric Medicine(老年医学),株式会社ライフ・サイエンス,Vol. 55,No. 2,p. 151-154,2017年02月
  • 成人期にわたる感情調整の発達に関する横断的研究:改訂版感情調整尺度を用いて,中川 威,権藤恭之,増井幸恵,石岡良子,パーソナリティ研究,Vol. 26,No. 3,p. 205-216,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • 日本の読者へのメッセージ,権藤恭之,老年的超越―歳を重ねる幸福感の世界,晃洋書房,p. ⅲ-ⅳ,2017年01月
  • Longitudinal study of factors affecting taste sense decline in old-old individuals,Taiji Ogawa,Masahiro Uota,Kazunori Ikebe,Yoshinori Arai,Kei Kamide,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Tatsuro Ishizaki,Chisato Inomata,Hajime Takeshita,Yusuke Mihara,Kohdai Hatta,Yoshinobu Maeda,Journal of Oral Rehabilitation,Vol. 44,No. 1,p. 22-29,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Tokyo Centenarian Study and Japan Semi-supercentenarian Study,Inagaki Hiroki,Arai Yasumichi,Gondo Yasuyuki,Hirose Nobuyoshi,Encyolopedia of Geropsychology,Springer Singapore,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Cognition,Ishioka Yoshiko,Gondo Yasuyuki,Encyolopedia of Geropsychology,Springer Singapore,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • SONIC Study:A longitudinal Cohort Study of the Older People as Part of a Centenarian Study,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Kei Kamide,Kazunori Ikebe,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Encyolopedia of Geropsychology,Springer Singapore,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Factors related to taste sensitivity in elderly: cross-sectional findings from SONIC study.,Uota Masahiro,Ogawa Taiji,Ikebe Kazunori,Arai Yasumichi,Kamide Kei,Gondo Yasuyuki,Masui Yukie,Ishizaki Tatsuro,Inomata Chisato,Takeshita Hajime,Mihara Yusuke,Maeda Yoshinobu,Journal of Oral Rehabilitation,Vol. 43,No. 12,p. 943-952,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of the APOE ε4 allele and education on cognitive function in Japanese centenarians,Yoshiko Lily Ishioka,Yasuyuki Gondo,Noriyuki Fuku,Hiroki Inagaki,Yukie Masui,Michiyo Takayama,Yukiko Abe,Yasumichi Arai,Nobuyoshi Hirose,Age (Dordrecht, Netherlands),Vol. 38,No. 5-6,p. 495-503,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Case Study of the Longest Lived Man in Japan,Yasuyuki Gondo,2016年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Maintaining Well-Being is Key to Successful Ageing Among Centenarians,Yasuyuki Gondo,2016年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Introduction to Centenarian Studies in Asia and the US,Yasuyuki Gondo,2016年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • BUFFERING EFFECTS OF GEROTRANSCENDENCE ON MENTAL HEALTH WHEN EXPERIENCING PHYSICAL FUNCTION DECLINE,Y. Masui,Y. Gondo,T. Nakagawa,Y. L. Ishioka,Y. Arai,K. Kamide,K. Ikebe,T. Ishizaki,GERONTOLOGIST,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 56,p. 88-88,2016年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 百寿者から学ぶ健康長寿とは,権藤恭之,超高齢社会を生きる―老いに寄り添う心理学,誠信書房,p. 37-52,2016年11月
  • 性格傾向と長寿の関係を食行動は媒介するのか。―高齢期における性格特性と食品摂取パターンとの関連―,権藤恭之,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 超高齢期の心理的特徴―幸福感に関する知見,権藤恭之,Aging & Health,公益社団法人 長寿科学振興財団,Vol. 25,No. 3,p. 28-31,2016年10月
  • Technology and old age in Japan,Gondo Yasuyuki,Angewandte GERONTOLOGIE Appliquée,Vol. 1,p. 28-30,2016年10月
  • The Association of The Blood Pressure with Frailty Indications among Community-Dwelling Older Man with or Without Antihypertensive Treatment.,Kabayama M,Kamide K,Gondo Y,Masui Y,Ryuno H,Nakaga T,Yamamoto K,Sugimoto K,Ikebe K,Arai Y,Ishizaki T,Rakuki H,The 26th Scientific Meeting of the International Society of Hypertention,2016年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • OS 34-01 ASSOCIATION OF COMBINATION OF HYPERTENSION AND DIABETES WITH COGNITIVE FUNCTION AMONG THE 70-YEARS-OLD JAPANESE GENERAL POPULATION FROM LONGITUDINAL OBSERVATION IN THE SONIC STUDY.,Ryuno H,Kamide K,Gondo Y,Kabayama M,Sugimoto K,Nakagawa T,Ikebe K,Inagaki H,Masui Y,Arai Y,Ishizaki T,Rakugi H,Suppl,ISH,Abstract Book,Vol. 34 Suppl 1 - ISH 2016 Abstract Book,2016年09月
  • 私の学際研究経験,権藤恭之,2016年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Stability and Change of Valuation of Life in Old Age,Takeshi Nakagawa,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Yoshiko Ishioka,Madoka Ogawa,Hiroki Inagaki,Megumi Tabuchi,Marina Kozono,Saori Yasumoto,Keitaro Numata,Takeshi Kurinobu,Ujyun Tsai,Fumika Goto,Midori Takayama,Kazunori Ikebe,Kei Kamide,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Ryutaro Takahashi,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 32-32,2016年07月
  • Effects of negative life events and gerotranscendence on changes in mental health over three years among the 80+population: The SONIC study,Yukie Masui,Yasuyuki Gondo,Takeshi Nakagagawa,Yoshiko Ishioka,Madoka Ogawa,Marina Kozono,Hiroki Inagaki,Midori Takayama,Keiko Katagiri,Saori Yasumoto,Tabuchi Megumi,Takeshi Kurinobu,Yasumichi Arai,Kazunori Ikebe,Kei Kamide,Ryutaro Takahashi,Tatsuro Ishizaki,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 47-47,2016年07月
  • The association between mental, physical, and social components in leisure activities and cognitive function in octogenarian -findings from the SONIC study-,Marina Kozono,Yasuyuki Gondo,Madoka Ogawa,Yoshiko Ishioka,Takeshi Nakagawa,Yukie Masui,Hiroki Inagaki,Megumi Tabuchi,Kazunori Ikebe,Kei Kamide,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Ryutaro Takahashi,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 46-46,2016年07月
  • Mid-life Occupational and Household Work Complexity, and Late-life Cognitive Function in Japanese Women,Yoshiko Ishioka,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Takeshi Nakagawa,Madoka Ogawa,Hiroki Inagaki,Megumi Tabuchi,Marina Kozono,Saori Yasumoto,Takeshi Kurinobu,Midori Takayama,Keiko Katagiri,Yasumichi Arai,Kei Kamide,Kazunori Ikebe,Tatsuro Ishizaki,Ryutaro Takahashi,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 45-45,2016年07月
  • The Psycho-Social Characteristics of Homebound Older People in Japan,Fumika Goto,Yasuyuki Gondo,Takeshi Nakagawa,Saori Yasumoto,Yukie Masui,Madoka Ogawa,Ryutaro Takahashi,Tatsuro Ishizaki,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 51-52,2016年07月
  • Differences in the association between high blood pressure and cognitive functioning among the general Japanese population aged 70 and 80 years: The SONIC study,Ryuno Hirochika,Kamide Kei,Gondo Yasuyuki,Nakama Chikako,Oguro Ryosuke,Kabayama Mai,Kawai Tatsuo,Kusunoki Hiroshi,Yokoyama Serina,Imaizumi Yuki,Takeya Miyuki,Yamamoto Hiroko,Takeda Masao,Takami Yoichi,Itoh Norihisa,Yamamoto Koichi,Takeya Yasushi,Sugimoto Ken,Nakagawa Takeshi,Ikebe Kazunori,Inagaki Hiroki,Masui Yukie,Ishizaki Tatsuro,Takayama Michiyo,Arai Yasumichi,Takahashi Ryutaro,Rakugi Hiromi,HYPERTENSION RESEARCH,Vol. 39,No. 7,p. 557-563,2016年07月,研究論文(学術雑誌)
  • こころのフレイルを超えて:高齢期の老年的超越の発達,権藤恭之,増井幸恵,石崎達郎,神出計,池邉一典,新井康通,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 百寿者研究の勧め,権藤恭之,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知機能の低下に対する補償理論,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 50-51,2016年06月
  • 認知加齢の個人差に関する理論,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 48-49,2016年06月
  • 加齢低下が少ない認知機能,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 46-47,2016年06月
  • 全般的速度低下理論,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 42-43,2016年06月
  • 選択最適化補償理論(SOC理論),権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 34-35,2016年06月
  • 社会の中の高齢者,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 16-17,2016年06月
  • 年齢とは何か,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 12-13,2016年06月
  • 感覚器の老化の特徴,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 8-9,2016年06月
  • 脳の老化の特徴,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 6-7,2016年06月
  • 身体の老化の特徴,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 4-5,2016年06月
  • 生物の老化,権藤恭之,よくわかる高齢者心理学,ミネルヴァ書房,p. 2-3,2016年06月
  • 高齢者の健康を高める、実践知の集約―健康長寿達成者の生活から健康長寿の方略を学ぶ―,権藤恭之,安元佐織,中川威,池邊一典,神出計,小園麻里菜,大阪ガスグループ福祉財団 調査・研究報告集,公益財団法人 大阪ガスグループ福祉財団,No. 29,2016年06月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 要介護認定とメタボリックシンドローム及び疾患の関連性の検討(SONIC研究),清重 映里,樺山 舞,龍野 洋慶,井上 貴子,杉本 研,新井 康通,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 53,No. Suppl.,p. 84-84,2016年05月
  • 90歳前後の地域高齢者の身体計測における身体機能と栄養状態との関連(SONIC研究),井上 貴子,樺山 舞,龍野 洋慶,杉本 研,新井 康通,石崎 達郎,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 53,No. Suppl.,p. 102-103,2016年05月
  • 地域一般高齢者における腎機能とたんぱく質摂取量との関連について SONIC studyを用いた横断研究,関口 敏彰,神出 計,池邉 一典,龍野 洋慶,樺山 舞,杉本 研,新井 康通,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 53,No. Suppl.,p. 134-134,2016年05月
  • 高齢期におけるTOMM40遺伝子の認知機能低下への関与(SONIC研究3年間の追跡による知見),龍野 洋慶,神出 計,樺山 舞,杉本 研,稲垣 宏樹,石崎 達郎,新井 康通,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 53,No. Suppl.,p. 138-138,2016年05月
  • 一般住民高齢者における喫煙が認知機能に及ぼす影響 SONIC研究,澤山 泰佳,樺山 舞,清重 映里,井上 貴子,龍野 洋慶,関口 敏彰,杉本 研,権藤 恭之,池邉 一典,稲垣 宏樹,増井 幸恵,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 51,No. 2,p. 133-133,2016年05月
  • Association of Occlusal Force with Cognition in Independent Older Japanese People,Takeshita Hajime,Ikebe Kazunori,Gondo Yasuyuki,Inagaki Hiroki,Masui Yukie,Inomata Chisato,Mihara Yusuke,Uota Masahiro,Matsuda Kenichi,Kamide Kei,Takahashi Ryutaro,Arai Yasumichi,Maeda Yoshinobu,JDR Clinical & Translational Research,Vol. 1,No. 1,p. 69-76,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 余暇活動と認知機能の関連-地域在住高齢者を対象として,小園麻里菜,権藤恭之,小川まどか,石岡良子,増井幸恵,中川威,田渕恵,立平起子,池邉一典,神出計,新井康通,石崎達郎,高橋龍太郎,老年社会科学,Vol. 38,No. 1,p. 32-44,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • We must make use of the wisdom of our senior citizens,Yasuyuki Gondo,My Vision,NIRA,No. 20,2016年04月
  • ICC-dementia (International Centenarian Consortium - dementia): an international consortium to determine the prevalence and incidence of dementia in centenarians across diverse ethnoracial and sociocultural groups,Henry Brodaty,Claudia Woolf,Stacy Andersen,Nir Barzilai,Carol Brayne,Karen Siu,Lan Cheung,Maria M. Corrada,John,D. Crawford,Catriona Daly,Yasuyuki Gondo,Bo Hagberg,Nobuyoshi Hirose,Henne Holstege,Claudia Kawas,Jeffrey Kaye,Nicole A. Kochan,Bobo Hi Po Lau,Ugo Lucca,Gabriella Marcon,Peter Martin, Leonar,W. Poon,Robyn Richmond,Jean Marie Robine,Ingmar Skoog,Melissa J. Slavin,Jan Szewieczek,Mauro Tettamanti,José Viña,Thomas Perls,Perminder S. Sachdev,BMC Neurology,Vol. 16,No. 1,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Correlation between valance and arousal ratings of emotional pictures in Japanese elderly adults.,Ueno, D,Masumoto, K,Sato, S,Gondo, Y,2016年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 高齢者における共生の重要性,権藤恭之,共生学が創る世界,大阪大学出版会,p. 131-142,2016年03月
  • Developing a new successful model for super-aging society: The example of Japan,Yasuyuki Gondo,2016年01月
  • Lower Protein Intake Mediates Association Between Lower Occlusal Force and Slower Walking Speed: From the Septuagenarians, Octogenarians, Nonagenarians Investigation with Centenarians Study,Okada, T,Ikebe, K,Kagawa, R,Inomata, C,Takeshita, H,Gondo, Y,Ishioka, Y,Okubo, H,Kamide, K,Masui, Y,Takahashi, R,Arai, Y,Thomson, W.M,Maeda, Y,Journal of American Geriatric Society,Vol. 63,No. 11,p. 2382-2387,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者のこころ、認知から感情まで,権藤恭之,最新精神医学,Vol. 20,No. 6,p. 465-471,2015年11月
  • Association Analysis of FOXO3 Longevity Variants With Blood Pressure and Essential Hypertension,Morris, B.J,Chen, R,Donlon, T.A,Evans, D.S,Tranah, G.J,Parimi, N,Ehret, G.B,Newton-Cheh, C,Seto, T,Willcox, D.C,Masaki, K.H,Kamide, K,Ryuno, H,Oguro, R,Nakama, C,Kabayama, M,Yamamoto, K,Sugimoto, K,Ikebe, K,Masui, Y,Arai, Y,Ishizaki, T,Gondo, Y,Rakugi, H,Willcox, B.J,American Journal of Hypertension,Vol. 29,No. 11,p. 1292-1300,2015年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Age and sex differences in the taste sensitivity of young adult, young-old and old-old Japanese,Yoshinaka, M,Ikebe, K,Uota, M,Ogawa, T,Okada, T,Inomata, C,Takeshita, H,Mihara, Y,Gondo, Y,Masui, Y,Kamide, K,Arai, Y,Takahashi, R,Maeda, Y,Geriatrics & Gerontology International,Vol. 16,No. 12,p. 1281-1288,2015年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 情動を喚起する画像(IAPS)の評価に関する年齢差―情動価ごとの覚醒度に関する年齢差の検討―,上野大介,増本康平,佐藤眞一,権藤恭之,2015年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • [Occupational complexity and late-life memory and reasoning abilities].,Yoshiko Ishioka,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Takeshi Nakagawa,Megumi Tabuchi,Madoka Ogawa,Kei Kamide,Kazunori Ikebe,Yasumichi Arai,Tatsuro Ishizaki,Ryutaro Takahashi,Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology,Vol. 86,No. 3,p. 219-29,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 仕事の複雑性と高齢期の記憶および推論能力との関連,石岡良子,権藤恭之,増井幸恵,中川威,田渕恵,小川まどか,神出計,池邉一典,新井康通,石崎達郎,髙橋龍太郎,心理学研究,Vol. 86,No. 3,p. 219-229,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者における飲酒と血圧の関連(SONIC研究),福崎 円香,神出 計,樺山 舞,龍野 洋慶,奈古 由美子,清重 映里,中間 千香子,小黒 亮輔,杉本 研,池邉 一典,石崎 達郎,新井 康通,権藤 恭之,樂木 宏実,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 50,No. 2,p. 131-131,2015年06月
  • 高齢者における血圧と認知機能との関連性 服薬アドヒアランスの影響 SONIC研究,龍野 洋慶,神出 計,権藤 恭之,小黒 亮輔,中間 千香子,横山 世理奈,中川 威,樺山 舞,杉本 研,池邉 一典,新井 康通,増井 幸恵,石崎 達郎,樂木 宏実,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 50,No. 2,p. 147-147,2015年06月
  • 塩分チェックシートを用いた高齢期における高血圧と塩分摂取状況との関連(SONIC研究),龍野 洋慶,神出 計,樺山 舞,渡邉 智絵,奈古 由美子,福崎 円香,清重 映里,小黒 亮輔,中間 千香子,横山 世理奈,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 4回,p. 116-116,2015年05月
  • 高齢者における高血圧と認知機能との関連性 服薬アドヒアランスの影響 SONIC研究,龍野 洋慶,神出 計,権藤 恭之,小黒 亮輔,中間 千香子,樺山 舞,池邉 一典,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 52,No. Suppl.,p. 61-61,2015年05月
  • 高齢者における飲酒と血圧の関連(SONIC研究),福崎 円香,神出 計,樺山 舞,龍野 洋慶,奈古 由美子,池邉 一典,石崎 達郎,新井 康通,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 52,No. Suppl.,p. 89-89,2015年05月
  • 高齢者高血圧治療における降圧薬感受性遺伝子の関与 SONIC研究,神出 計,小黒 亮輔,中間 千香子,横山 世理奈,龍野 洋慶,樺山 舞,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 52,No. Suppl.,p. 90-90,2015年05月
  • Association between Hypertension and Cognitive Function in Age 70 and 80 Years from Japanese SONIC Study,Hirochika Ryuno,Kei Kamide,Yasuyuki Gondo,Ryosuke Oguro,Chikako Nakama,Mai Kabayama,Kazunori Ikebe,Yukie Masui,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Hiromi Rakugi,IAGG-ER 8th Congress Abstracts,Vol. 1,p. 208-209,2015年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Effects of Anti-hypertensive Medication on Cognitive Function in Older Subjects: The SONIC Study,Hirochika Ryuno,Kei Kamide,Yasuyuki Gondo,Chikako Nakama,Ryosuke Oguro,Mai Kabayama,Kazunori Ikebe,Yukie Masui,Hiroki Inagaki,Tatsuro Ishizaki,Yasumichi Arai,Hiromi Rakugi,IAGG-ER 8th Congress Abstracts,Vol. 1,p. 216-216,2015年04月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 後期高齢者の精神的健康に及ぼす老年的超越の影響の縦断的検討-ネガティブイベントの悪影響に対する緩衝効果の検討-,増井幸恵,権藤恭之,中川威,稲垣宏樹,髙山緑,公益財団法人明治安田こころの健康財団研究助成論文集, 50(2014年度),Vol. 50,p. 168-175,2015年04月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Association of personality traits with oral health-related quality of life independently of objective oral health status: a study of community-dwelling elderly Japanese,Takeshita, H,Ikebe, K,Kagawa, R,Okada, T,Gondo, Y,Nakagawa, T,Ishioka, Y,Inomata, C,Tada, S,Matsuda, K,Kurushima, Y,Enoki, K,Kamide, K,Masui, Y,Takahashi, R,Arai, Y,Maeda, Y,Journal of Dentistry,Vol. 43,No. 3,p. 342-349,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Centenarian studies: An interdisciplinary research on healthy longevity,Yasumichi Arai,Michiyo Takayama,Hiroki Inagaki,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Nobuyoshi Hirose,Aging Mechanisms: Longevity, Metabolism, and Brain Aging,Springer Japan,p. 31-49,2015年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • 顕在記憶指標と潜在記憶指標を用いたポジティヴ優位性に関する研究,上野大介,権藤恭之,佐藤眞一,増本康平,認知心理学研究,Vol. 12,p. 13-22,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Association of periodontal status with occlusal force and food acceptability in 70-year-old adults: from SONIC Study.,Okada T,Ikebe K,Inomata C,Takeshita H,Uota M,Mihara Y,Matsuda K,Kitamura M,Murakami S,Gondo Y,Kamide K,Masui Y,Takahashi R,Arai Y,Maeda Y,Journal of oral rehabilitation.,Vol. 41,No. 12,p. 912-919,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Disease-associated polymorphisms in 9p21 are not associated with extreme longevity.,Congrains A,Kamide K,Hirose N,Arai Y,Oguro R,Nakama C,Imaizumi Y,Kawai T,Kusunoki H,Yamamoto H,Onishi-Takeya M,Takeya Y,Yamamoto K,Sugimoto K,Akasaka H,Saitoh S,Miura T,Awata N,Kato N,Katsuya T,Ikebe K,Gondo Y,Rakugi H,Geriatr Gerontol Int.,Vol. 15,No. 6,p. 797-803,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者における生活習慣病と認知機能障害との関連(SONIC研究),龍野 洋慶,神出 計,権藤 恭之,小黒 亮輔,中間 千香子,樺山 舞,池邉 一典,新井 康通,増井 幸恵,樂木 宏実,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 49,No. 2,p. 151-151,2014年07月
  • Examination of important life experiences of the oldest-old: cross-cultural comparisons of U.S. and Japanese centenarians.,da Rosa G,Martin P,Gondo Y,Hirose N,Ishioka Y,Poon LW,Georgia Centenarian Study,J Cross Cult Gerontol.,Vol. 29,No. 2,p. 109-130,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者における生活習慣病と認知機能障害との関連(SONIC研究),龍野 洋慶,神出 計,権藤 恭之,小黒 亮輔,中間 千香子,樺山 舞,竹屋 泰,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,新井 康通,増井 幸恵,高橋 龍太郎,楽木 宏実,日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 3回,p. 119-119,2014年05月
  • 高齢者における降圧コントロール別にみた認知機能障害との関連(SONIC研究),龍野 洋慶,神出 計,権藤 恭之,小黒 亮輔,中間 千香子,樺山 舞,池邉 一典,新井 康通,増井 幸恵,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 51,No. Suppl.,p. 87-87,2014年05月
  • 高齢者心理学の研究動向―認知加齢に着目して―,権藤恭之,石岡良子,日本老年医学会雑誌,Vol. 51,No. 3,p. 195-202,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Significance of occlusal force for dietary fibre and vitamin intakes in independently living 70-year-old Japanese: from SONIC Study.,Inomata C,Ikebe K,Kagawa R,Okubo H,Sasaki S,Okada T,Takeshita H,Tada S,Matsuda K,Kurushima Y,Kitamura M,Murakami S,Gondo Y,Kamide K,Masui Y,Takahashi R,Arai Y,Maeda Y,J Dent.,Vol. 42,No. 5,p. 556-564,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高齢者の精神的健康の維持に寄与する対人関係のあり方に関する研究-老年的超越の発達を指標として-,増井幸恵,権藤恭之,中川威,小川まどか,高橋龍太郎,日本興亜福祉財団平成24年度ジェロントロジー研究報告,Vol. 11,p. 37-47,2014年04月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 老年心理学の先駆者 橘覚勝の足跡,中川 威,山本浩市,権藤恭之,佐藤眞一,生老病死の行動科学,2014年03月
  • 顕在記憶指標・洗剤記憶指標を用いたポジティブ優位性に関する研究,上野大介,権藤恭之,佐藤眞一,増本康平,認知心理学研究,Vol. 11,No. 2,p. 71-80,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 学際研究による老年社会科学からの健康長寿へのアプローチ,権藤恭之,日本老年医学会雑誌,Vol. 51,No. 1,p. 35-38,2014年01月
  • Generativity and Interaction Between the Old and Young: The Role of Perceived Respect and Perceived Rejection,Megumi Tabuchi,Takeshi Nakagawa,Asako Miura,Yasuyuki Gondo,The Gerontologist,Vol. 55,No. 4,p. 537-547,2013年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者における高血圧と認知機能障害との関連性 SONIC研究,龍野 洋慶,神出 計,権藤 恭之,小黒 亮輔,中間 千香子,樺山 舞,竹屋 泰,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,新井 康通,増井 幸恵,高橋 龍太郎,樂木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 36回,p. 395-395,2013年10月
  • 中高年期における感情調整の発達に関する横断的研究−年齢,身体機能,感情調整,精神的健康の関係に注目して,中川威,権藤恭之,石岡良子,田渕恵,増井幸恵,呉田陽一,髙山緑,冨澤公子,高橋龍太郎,パーソナリティ研究,Vol. 22,No. 1,p. 13-22,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • The relationship between usual memory compensation behaviors and prospective memory performances with using memo papers among elderly people.,Nozomi Renge,Yasuyuki Gondo,Yoshiko Ishioka,Ikuyo Kurokawa,Madoka Kawasaki,Peter Rendell,p. S370-S371,2013年06月
  • 米国版Well-being Picture Scaleの我が国における高齢者用改訂版作成の検討―軽度認知障害,健康障害を持ついわゆる虚弱高齢者への活用に向けて―,中野雅子,佐藤眞一,権藤恭之,中川 威,石岡良子,2013年06月
  • 日本語版Valuation of Life(VOL)尺度の作成,中川威,権藤恭之,増井幸恵,石岡良子,田渕恵,神出計,池邉一典,新井康通,高橋龍太郎,心理学研究,Vol. 84,No. 1,p. 37-46,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 日本版老年的超越質問紙改訂版の妥当性および信頼性の検討,増井幸恵,中川威,権藤恭之,小川まどか,石岡良子,立平起子,池邉一典,神出計,新井康通,高橋龍太郎,老年社会科学,Vol. 35,No. 1,p. 49-59,2013年04月,研究論文(学術雑誌)
  • How do we measure cognitive function in the oldest old?: A new framework for questionnaire assessment of dementia prevalence in centenarians,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Hiroki Inagaki,Nobuyoshi Hirose,Dementia and Memory,Taylor and Francis,p. 97-109,2013年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Variations of the angiotensin II type 1 receptor gene are associated with extreme human longevity.,Benigni A,Orisio S,Noris M,Iatropoulos P,Castaldi D,Kamide K,Rakugi H,Arai Y,Todeschini M,Ogliari G,Imai E,Gondo Y,Hirose N,Mari D,Remuzzi G,Age (Dordr),Vol. 35,No. 3,p. 993-1005,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者における世代性(Generativity)と次世代との関わり行動の因果関係-性差に着目した検討-,田渕恵,三浦麻子,中川威,権藤恭之,日本世代間交流学会誌,Vol. 3,No. 1,p. 35-40,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • A New Concept of Successful Aging in the Oldest Old: Development of Gerotranscendence and Its Influence on the Psychological Well-Being,Yasuyuki Gondo,Takeshi Nakagawa,Yukie Masui,Annual Review of Gerontology and Geriatrics,Vol. 33,No. 1,p. 109-132,2013年
  • 高齢者を対象とした聴力の主観評価尺度の作成,石岡良子,権藤恭之,黒川育代,連花のぞみ,老年社会科学,Vol. 34,No. 3,p. 317-324,2012年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 感情価が潜在記憶に及ぼす影響の年代差に関する研究,上野大介,権藤恭之,佐藤眞一,2012年09月
  • 百寿者からみたしあわせのかたち (特集 Happy People Live Longer!),権藤恭之,広瀬信義,Anti-aging medicine,2012年08月
  • 高齢者による地域の子育て支援の受領・提供バリアに関する質的研究,田渕恵,中原淳,権藤恭之,高齢者のケアと行動科学.,Vol. 17,p. 64-74,2012年08月,研究論文(学術雑誌)
  • The relationship between self-reported memory compensation behaviors and prospective memory performance in elderly people.,Nozomi Renge,Yasuyuki Gondo,Yoshiko Ishioka,Ikuyo Kurokawa,Madoka Kawasaki,Peter Rendell,2012年06月
  • Exploring the impact of climate on human longevity.,Robine, J.-M,Herrmann, F. R,Arai, Y,Willcox, D. C,Gondo, Y,Hirose, N,Suzuki, M,Experimental gerontology,Vol. 47,No. 9,p. 660-671,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者における短縮版Generativity尺度の作成と信頼性・妥当性の検討,田渕恵,中川威,権藤恭之,小森昌彦,厚生の指標,Vol. 59,No. 3,p. 1-7,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者の世代性及び世代性行動と心理的Well-beingの関係−若年者からのフィードバックに着目した検討−,田渕恵,中川威,石岡良子,権藤恭之,日本世代間交流学会誌,Vol. 1,p. 19-24,2012年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Health care system and policy implications for older adults in Japan,Takeshi Nakagawa,Yasuyuki Gondo,Healthy Aging in Sociocultural Context,Taylor and Francis,p. 53-61,2012年,論文集(書籍)内論文
  • Direct and Indirect Effects of Hearing Loss on Mental Health in Older Adults,Yoshiko Ishioka,Yasuyuki Gondo,Ikuyo Kurokawa,Nozomi Renge,Madoka Kawasaki,2011年11月
  • Genetic variants at the 9p21 locus contribute to atherosclerosis through modulation of ANRIL and CDKN2A/B.,Congrains A,Kamide K,Oguro R,Yasuda O,Miyata K,Yamamoto E,Kawai T,Kusunoki H,Yamamoto H,Takeya Y,Yamamoto K,Onishi M,Sugimoto K,Katsuya T,Awata N,Ikebe K,Gondo Y,Oike Y,Ohishi M,Rakugi H,Atherosclerosis,Vol. 220,No. 2,p. 449-455,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 米国The Well-Being Picture Scaleの我が国における使用可能性の検討―日本人学生による信頼性・妥当性の検証―,中野雅子,江頭典江,中川 威,石岡良子,権藤恭之,佐藤眞一,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知症スクリーニング・ツールにおける記憶課題の比較 -Enhanced cued recall(ECR)の有効性に関する検討-,伊集院睦雄,本間 昭,川合嘉子,今井幸充,権藤恭之,老年精神医学雑誌,Vol. 22,p. 1062-1070,2011年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者の次世代に対する利他的行動意欲における世代性の影響,田渕 恵,権藤 恭之,心理学研究,日本心理学会,Vol. 82,No. 4,p. 392-398,2011年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 遺族の「意味の再構成」と「心理的適応」との関連性について,中里和弘,川村 諒,平井 啓,権藤恭之,佐藤眞一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 認知加齢研究の最前線―メタ記憶からのアプローチ―(ワークショップ),佐藤眞一,増本康平,権藤恭之,金城 光,島内 晶,清水寛之,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 超高齢社会への心理学の貢献―高齢者研究における縦断研究―(シンポジウム),内藤佳津雄,佐藤眞一,小林江里香,権藤恭之,加藤伸司,長嶋紀一,日本心理学会第75回大会論文集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢世代が若者世代からポジティブなフィードバックを受け取る場面に関する研究,田渕恵,権藤恭之,日本世代間交流学会誌,Vol. 1,No. 1,p. 81-87,2011年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高齢者の語りにみる生(life)の意味,中川 威,増井幸恵,呉田陽一,高山 緑,高橋龍太郎,権藤恭之,老年社会科学,Vol. 32,No. 4,p. 422-433,2011年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者介護へのソーシャル・サポート―三者モデルによる考察―,島内 晶,佐藤眞一,権藤恭之,増井幸恵,稲垣宏樹,広瀬信義,高齢者のケアと行動科学,日本老年行動科学会,2010年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Assessing physical performance in centenarians: norms and an extended scale from the georgia centenarian study.,Cress ME,Gondo Y,Davey A,Anderson S,Kim SH,Poon LW,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Reliability and validity of the Prospective and Retrospective Memory Questionnaire (PRMQ) in young and old people: A Japanese study,Gondo, Y,Renge, N,Ishioka, Y,Kurokawa,I,Ueno, D,Rendell, P,Japanese Psychological Research,Vol. 52,No. 3,p. 175-185,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者研究の現状と臨床発達心理学の役割,権藤恭之,臨床発達心理実践研究,2010年07月
  • The Tokyo Oldest Old Survey on Total Health (TOOTH): A longitudinal cohort study of multidimensional components of health and well-being,Arai Y,Iinuma T,Takayama M,Takayama M,Abe Y,Fukuda R,Ando J,Ohta K,Hanabusa H,Asakura K,Nishiwaki Y,Gondo Y,Akiyama H,Komiyama K,Gionhaku N,Hirose N,Vol. 10,2010年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 心理的well-being が高い虚弱超高齢者における老年的超越の特徴― 新しく開発した日本版老年的超越質問紙を用いて ―,増井幸恵,権藤恭之,河合千恵子,呉田陽一,高山 緑,中川 威,高橋龍太郎,藺牟田洋美,老年社会科学,Vol. 32,No. 1,p. 33-47,2010年04月,研究論文(学術雑誌)
  • RNA editing genes associated with extreme old age in humans and with lifespan in C. elegans.,Sebastiani P,Montano M,Puca A,Solovieff N,Kojima T,Wang MC,Melista E,Meltzer M,Fischer SE,Andersen S,Hartley SH,Sedgewick A,Arai Y,Bergman A,Barzilai N,Terry DF,Riva A,Anselmi CV,Malovini A,Kitamoto A,Sawabe M,Arai T,Gondo Y,Steinberg MH,Hirose N,Atzmon G,Ruvkun G,Baldwin CT,Perls TT,PLoS One,Vol. 4,No. 12,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Age related differences in the factors which influence on prospective memory,Nozomi Renge,Yasuyuki Gondo,Daisuke Ueno,Yoshiko Ishioka,Ikuyo Kurokawa,Ayako Fujita,p. 127-127,2009年11月
  • 認知加齢(Cognitive Aging)に対する有効な介入方略の検討―生理的介入か,認知的介入か―,佐藤眞一,権藤恭之,2009年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Searching for sources of aging paradox in prospective memory,Yasuyuki Gondo,Nozomi Renge,Ikuyo Kurokawa,Yoshiko Ishioka,Daisuke Ueno,2009年07月
  • Cognitive function in Japanese centenarians according to the Mini-Mental State Examination.,Inagaki H,Gondo Y,Hirose N,Masui Y,Kitagawa K,Arai Y,Ebihara Y,Yamamura K,Takayama M,Nakazawa S,Shimizu K,Homma A,Dement Geriatr Cogn Disord.,Vol. 28,No. 1,p. 6-12,2009年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Relation of evaluator’s attribute to self-reported visual and/or hearing difficulties,Yoshiko Ishioka,Yasuyuki Gondo,Daisuke Ueno,Nozomi Renge,Ikuyo Kurokawa,Ayako Fujita,p. 19-19,2009年06月
  • Personality and participation in mass health checkups among Japanese community-dwelling elderly,H Iwasa,Y Masui,Y Gondo,Y Yoshida,H Inagaki,C Kawaai,H Kim,H Yoshida,T Suzuki,Journal of Psychosomatic Research,Vol. 66,No. 2,p. 155-159,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 軽度アルツハイマー型認知症例に対するMIS(Memo1ylnlpaiImentScreen)の適用可能性,伊集院睦雄,本間昭,川合嘉子,今井幸充,権藤恭之,老年精神医学雑誌,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between physical and cognitive function, blood pressure and serum lipid concentration in centenarians,Shimizu K,Hirose Takayama M,N,Arai Y,Gondo Y,Wakida Y,Ebihara Y,Yamamura K,Nakazawa S,Inagaki H,Masui Y,Kitagawa K,Geriatrics & Gerontology International,Vol. 8,No. 4,p. 300-302,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Adipose endocrine function, insulin-like growth factor-1 axis, and exceptional survival beyond 100 years of age.,Arai Y,Takayama M,Gondo Y,Inagaki H,Yamamura K,Nakazawa S,Kojima T,Ebihara Y,Shimizu K,Masui Y,Kitagawa K,Takebayashi T,Hirose N,Vol. 63,No. 11,p. 1209-1218,2008年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Cognitive performance as a predictor of functional decline among the non-disabled elderly dwelling in a Japanese community: a 4-year population-based prospective cohort study.,H. Iwasa,Y. Gondo,Y. Yoshida,J. Kwon,H. Inagaki,C. Kawaai,Y. Masui,H. Kim,H. Yoshida,T. Suzuki,Archives of gerontology and geriatrics,Vol. 47,No. 1,p. 139-149,2008年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Validation of the 7-Minute Screen for the Detection of Early-Stage Alzheimer's Disease.,M. Ijuin,A. Homma,M. Mimura,S. Kitamura,Y. Kawai,Y. Imai,Y. Gondo,Dement Geriatr Cogn Disord,Vol. 25,No. 3,p. 248-255,2008年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高齢者研究の現在,佐藤 眞一,権藤 恭之,長田 久雄,髙山 緑,増井 幸恵,日下 菜穂子,山本 浩市,日本心理学会大会発表論文集,公益社団法人 日本心理学会,Vol. 72,No. 0,p. WS040-WS040,2008年
  • 軽度アルツハイマー型認知症例に対するMIS(Memory Impairment Screen)の適用可能性,伊集院睦雄,本間昭,川合嘉子,今井幸充,権藤恭之,老年精神医学雑誌,Vol. 19,No. 12,p. 1349-1356,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者研究の現状と展望,権藤恭之,老年社会科学,Vol. 45,No. 3,p. 259-265,2007年04月
  • 日本語版Alzheimer’s Disease Assessment Scale(ADAS-J cog.)「単語記憶課題拡張版」の信頼性の検討,呉田陽一,権藤恭之,稲垣宏樹,伏見貴夫,佐久間尚子,本間昭,老年精神医学雑誌,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Morbidity of Tokyo-area Centenarians and its Relationship to Functional Status,M. Takayama,N. Hirose,Y. Arai,Y. Gondo,K. Shimizu,Y. Ebihara,K. Yamamura,S. Nakazawa,H. Inagaki,Y. Masui,K. Kitagawa,J Gerontol A Biol Sci Med Sci,Vol. 62,No. 7,p. 774-782,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • High adiponectin concentration and its role for longevity in female centenarians,Yasumichi Arai,Susumu Nakazawa,Toshio Kojima,Michiyo Takayama,Yoshinori Ebihara,Ken-ichirou Shimizu,Ken Yamamura,Satoki Homma,Yasunori Osono,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Hiroki Inagaki,Kohji Kitagawa,Nobuyoshi Hirose,Geriatrics & Gerontology International,Vol. 6,No. 1,p. 32-39,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of growth hormone receptor polymorphism in Japanese semisuper centenarians,Yuchen Du,Nobuyoshi Hirose,Jing Ping,Yoshiyuki Ishida,Toshio Kojima,Yasumichi Arai,Hiroki Inagaki,Yasuyuki Gondo,Yoshiyuki Sakaki,Masataka Haneda,Sachiko Ito,Ken-ichi Isobe,Geriatrics & Gerontology International,Vol. 6,No. 2,p. 82-86,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • How successful are centenarians? Findings from the Tokyo Centenarian study.,Y. Gondo,N. Hirose,Global Ageing: Issues and action,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Functional status of centenarians in Tokyo, Japan: developing better phenotypes of exceptional longevity,Y. Gondo,N. Hirose,Y. Arai,H. Inagaki,Y. Masui,K. Yamamura,K. Shimizu,M. Takayama,Y. Ebihara,S. Nakazawa,K. Kitagawa,J Gerontol A Biol Sci Med Sci,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Do personality characteristics predict longevity? Findings from the Tokyo Centenarian Study.,Y. Masui,Y. Gondo,H. Inagaki,N. Hirose,AGE,2006年04月,研究論文(学術雑誌)
  • [Anti-aging mechanism in centenarians].,Hirose N,Arai Y,Takayama M,Nakazawa S,Ebehara Y,Yamamura K,Gondo Y,Kojima T,Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine,Vol. 95,No. 3,p. 447-452,2006年03月
  • Usage of IT and electronic devices, and its structure, for community-dwelling elderly,Madoka Ogawa,Hiroki Inagaki,Yasuyuki Gondo,COMPUTERS HELPING PEOPLE WITH SPECIAL NEEDS, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 4061,p. 752-758,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • [Genetics of centenarian].,Hirose N,Arai Y,Kojima T,Gondo Y,Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics,Vol. 42,No. 6,p. 664-665,2005年11月
  • Contribution of an affect-associated gene to human longevity: prevalence of the long-allele genotype of the serotonin transporter-linked gene in Japanese centenarians,Y. Gondo,N. Hirose,Y. Arai,K. Yamamura,K. Shimizu,M. Takayama,Y. Ebihara,S. Nakazawa,H. Inagaki,Y. Masui,K. Kitagawa,Mech Ageing Dev,2005年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Cognitive function among physically independent very old people in an urban Japanese community.,H. Iwasa,Y. Gondo,T. Furuna,E. Kobayashi,H. Inagaki,M. Sugiura,Y. Masui,T. Abe,H. Imuta,A. Homma,T. Suzuki,Geriatric Gerontol Int.,Vol. 5,No. 4,p. 248-253,2005年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者の遺伝背景,広瀬信義,小島俊男,権藤恭之,新井康通,日老医誌,2005年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高齢者用認知機能評価尺度の開発,増井幸恵,権藤恭之,稲垣宏樹,広瀬信義,老年精神医学雑誌,Vol. 16,No. 7,p. 837-845,2005年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Tokyo Centenarian Study: Aging inflammation hypothesis,N. Hirose,Y. Arai,Y. Gondo,S. Nakazawa,M. Takayama,Y. Ebihara,K. Shimizu,H. Inagaki,Y. Masui,K. Kitagawa,T. kojima,Geriatrics and Gerontology International,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Association analysis between longevity in the Japanese population and polymorphic variants of genes involved in insulin and insulin-like growth factor 1 signaling pathways,T. Kojima,H. Kamei,T. Aizu,Y. Arai,M. Takayama,S. Nakazawa,Y. Ebihara,H. Inagaki,Y. Masui,Y. Gondo,Y. Sakaki,N. Hirose,Exp Gerontol,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Blood type B might imply longevity,K. Shimizu,N. Hirose,Y. Ebihara,Y. Arai,M. Hamamatsu,S. Nakazawa,Y. Masui,H. Inagaki,Y. Gondo,J. Fujimori,Y. Kanno,K. Konishi,K. Kitagawa,Exp Gerontol,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 老化の科学ー百寿者が私たちに教えてくれるもの,権藤恭之,働く人の安全と健康12月号,2004年04月
  • 百寿者の認知機能,権藤恭之,稲垣宏樹,広瀬信義,日本臨床62巻増刊号,2004年04月
  • 百寿者研究からわかった長寿者 の現状と要因,権藤恭之,広瀬信義,増井幸恵,日本の科学者,2004年04月
  • 日本語版Alzheimer’s Disease Assessment Scale(ADAS-J cog.)の単語記憶課題拡張版の作成,権藤恭之,伏見貴夫,佐久間尚,天野成昭,辰巳格,本間昭,老年精神医学雑誌,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Association analysis of the SHC1 gene locus with longevity in the Japanese population,H. Kamei,N. Adati,Y. Arai,K. Yamamura,M. Takayama,S. Nakazawa,Y. Ebihara,Y. Gondo,M. Akechi,T. Noguchi,N. Hirose,Y. Sakaki,T. Kojima,J Mol Med,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Possible model for successful care: burden of caregivers of centenarians,K. Nishikawa,Y. Harada,J. Fujimori,Y. Ebihara,Y. Arai,M. Takayama,K. Yamamura,S. Nakazawa,N. Hirose,Y. Gondo,H. Inagaki,K. Masui,K. Kitagawa,J Am Geriatr Soc,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Dietary patterns and further survival in Japanese centenarians,K. Shimizu,S. Takeda,H. Noji,N. Hirose,Y. Ebihara,Y. Arai,M. Hamamatsu,S. Nakazawa,Y. Gondo,K. Konishi,J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo),Vol. 49,No. 2,p. 133-138,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者のバイオメカニズム-機能的側面とサクセスフル・エイジング-,稲垣宏樹,権藤恭之,バイオメカニズム学会誌,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 高齢者を支えるヒント-東京都百寿者研究から-.,権藤恭之,看護,2003年04月
  • 高齢者・障害者支援とバリアフリー技術の動向,長嶋祐二,安村通晃,猪木誠二,市川熹,岡本明,権藤恭之,手嶋教之,畠山卓朗,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 5,No. 4,p. 397-412,2003年04月
  • Deficiency of choresteryl ester transfer protein and gene polymorphisms of lipoprotein lipase and hepatic lipase are not associated with longevity,Y. Arai,N. Hirose,K. Yamamura,S. Nakazawa,K. Shimizu,M. Takayama,Y. Ebihara,S. Homma,Y. Gondo,Y. Masui,H. Inagaki,J Mol Med,Vol. 81,No. 1,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Dietary preferences in Japanese centenarians favoring dairy foods.,K. Shimizu,H. Noji,S. Takeda,N. Hirose,Y. Gondo,K. Konishi,Geriatrics and Gerontology International,2002年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 超高齢者の認知機能の特徴,権藤恭之,老年精神医学雑誌,2002年04月
  • 老年期の心理(認知機能面),権藤恭之,北海道理学療法士会誌,2002年04月
  • 長生きはしあわせか-東京百寿者調査からの知見-,権藤恭之,行動科学,Vol. 41,No. 1,p. 35-44,2002年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者の多面的検討,新井康通,権藤恭之,西川佳之子,広瀬信義,生体の科学-加齢の克服-21世紀の課題,2002年04月
  • 不老長寿の夢はかなうか-東京都百寿者調査より-,広瀬信義,新井康通,権藤恭之,西川佳之子,日本高齢消化器医学会議会誌,Vol. 4,2002年04月,研究論文(学術雑誌)
  • The influence of aging on short-term and long-term memory in the continuous recognition paradigm,Osamu Ishihara,Yasuyuki Gondo,Leonard W. Poon,Shinrigaku Kenkyu,Japanese Psychological Association,Vol. 72,No. 6,p. 516-521,2002年,研究論文(学術雑誌)
  • 短期・長期記憶に及ぼす加齢の影響について,石原治,権藤恭之,Leonard W. Poon,心理学研究,2001年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 不老長寿への道‐百寿者調査より‐,広瀬信義,新井康通,権藤恭之,西川佳之子,基礎老化研究,Vol. 25,2001年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Determinants of further survival in centenarians.,K. Shimizu,N. Hirose,Y. Arai,Y. Gondo,Y. Wakida,Geriatrics and Gerontology International,Vol. 1,2001年04月,研究論文(学術雑誌)
  • The role of the prefrontal cortex in the go/no-go task in humans: a positron emission tomography study.,Y. Gondo,Y. Shimonaka,M. Senda,M. Mishina,H. Toyama,Japanese Psychological Research,Vol. 42,No. 1,p. 36-44,2000年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 百寿者の心理・精神機能-特集:わが国における百寿者,権藤恭之,本間昭,老年医学,2000年04月
  • 知恵の測定法の日本語版に関する信頼性と妥当性の検討ーBaltesの人生計画課題と人生回顧課題を用いて,高山緑,下仲順子,中里克治,権藤恭之,性格心理学研究,2000年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 中高年期における職業生活からの完全な引退と失業への心理的適応プロセス,中里克治,下仲順子,河合千恵子,石原治,権藤恭之,稲垣宏樹,老年社会科学,Vol. 22,No. 1,p. 37-45,2000年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 5年間における改訂PGCモラールスケール得点の安定性,石原治,下仲順子,中里克治,河合千恵子,権藤恭之,老年社会科学,1999年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 日本版NEO-PI-R人格検査の作成とその因子的妥当性の検討,下仲順子,中里克治,権藤恭之,高山緑,性格心理学研究,1998年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 孫の誕生とその心理的影響,河合千恵子,下仲順子,中里克治,石原治,権藤恭之,老年社会科学,Vol. 20,No. 1,p. 32-41,1998年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 心的回転課題による高齢者の認知処理速度遅延の検討,権藤恭之,石原治,下仲順子,中里克治,Poon、L.W,心理学研究,Vol. 69,No. 5,p. 393-400,1998年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 選択的注意課題における抑制過程の加齢変化,権藤恭之,石原治,下仲順子,中里克治,Poon、L.W,老年社会科学,Vol. 20,No. 2,p. 120-131,1998年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 四則演算の処理:成人に老人を加えての検討,石原治,権藤恭之,下仲順子,中里克治,発達心理学研究,1998年04月,研究論文(学術雑誌)
  • An investigation of age related slowing in cognitive processing speed in a mental rotation task,Yasuyuki Gondo,Osamu Ishihara,Katsuharu Nakazato,Yoshiko Shimonaka,Leonard W. Poon,Shinrigaku Kenkyu,Japanese Psychological Association,Vol. 69,No. 5,p. 393-400,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • 中高年期に体験するストレスフル、ライフイベントと精神的健康.,下仲順子,中里克治,河合千恵子,佐藤真一,石原治,権藤恭之,老年精神医学雑誌,1996年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 認知加齢研究における研究の枠組み.,権藤恭之,宮田洋,関西学院大学人文論究,1996年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 中高年期におけるライフイベントの主観的評価・予測性と心理的適応との関連:家族関係と職業ライフイベントを中心にして,藺牟田洋美,下仲順子,中里克治,河合千恵子,佐藤真一,石原治,権藤恭之,老年社会科学,1996年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 中高年期におけるライフイベントとその影響に関する心理学的研究,下仲順子,中里克治,河合千恵子,佐藤真一,石原治,権藤恭之,老年社会科学,1995年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 特別養護老人ホーム入所と心理的適応,中里克治,下仲順子,豊島せつ子,水野秀夫,権藤恭之,社会老年学,1994年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 睡眠に関する生活習慣調査,権藤恭之,宮田洋,関西学院大学人文論究,1992年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Personality and Body Mass Index in Elderly People Living in the Community in Japan

MISC

  • 翻訳後修飾が生み出す疾患のからくり仕掛け 血しょうタンパク質糖鎖修飾の健康寿命延伸を目指すバイオマーカーとしての可能性,三浦 ゆり,川上 恭司郎,井出野 佑太,増井 幸恵,稲垣 宏樹,小野口 航,津元 裕樹,梅澤 啓太郎,新井 康通,池邉 一典,石崎 達郎,神出 計,権藤 恭之,遠藤 玉夫,電気泳動,日本電気泳動学会,Vol. 64,No. Suppl.,p. s16-s16,2020年11月
  • 地域在住高齢者における視覚機能と転倒の関連の検討SONIC Study70歳データを用いて,堀 紀子,増井 幸恵,石岡 良子,吉田 祐子,石崎 達郎,神出 計,権藤 恭之,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 79回,p. 257-257,2020年10月
  • 地域在住高齢者における体格指数の変化で分類した肥満と頸動脈硬化の縦断的検討 SONIC研究,車 千鶴,樺山 舞,呉代 華容,赤木 優也,赤坂 憲,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. 4,p. 512-512,2020年10月
  • 地域在住高齢者における性格特性と食品摂取パターンの認知機能に対する影響の検討 SONIC study70歳データを用いた横断分析,増井 幸恵,中川 威,権藤 恭之,吉田 祐子,小川 まどか,稲垣 宏樹,小野口 航,石岡 良子,蔡 羽淳,松本 清明,安元 佐織,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 84回,p. 11-11,2020年08月
  • 高齢者の記憶と唾液中テストステロン濃度の関連における性差,廣川 空美,春日 彩花,権藤 恭之,大森 慈子,増井 幸恵,中川 威,小川 まどか,石岡 良子,稲垣 宏樹,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 84回,p. 181-181,2020年08月
  • 百寿者研究はどこから来て、どこへ行くのか 百寿者研究のこれまでとこれから。我が国における百寿者研究50年の歴史とこれからの50年,権藤 恭之,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. Suppl.,p. 47-47,2020年07月
  • 地域在住高齢者における認知機能別に見た血糖コントロール状況に関する検討 SONIC研究,井口 真由香,樺山 舞,権藤 恭之,増井 幸恵,杉本 研,赤坂 憲,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. Suppl.,p. 69-69,2020年07月
  • 地域在住の高齢者ならびに超高齢者の身体機能と要介護認定との関連 SONIC研究,シートゥムンクウィアラユ,樺山 舞,呉代 華容,クリンプタンノンラツク,杉本 研,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,下方 浩史,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. Suppl.,p. 79-79,2020年07月
  • 血清高感度CRPと認知機能低下の関連 SONIC研究,細川 真梨子,樺山 舞,権藤 恭之,安元 佐織,杉本 研,赤坂 憲,池邉 一典,北村 正博,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. Suppl.,p. 87-88,2020年07月
  • FOXO3A SNPと心血管疾患の関連性の検討,クリンプタンノンラツク,樺山 舞,赤木 優也,シートゥムンクウィアラユ,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,Allsopp Richard,Willcox Bradley,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. Suppl.,p. 91-91,2020年07月
  • 地域在住一般住民高齢者における血圧手帳で判断した白衣現象及び白衣高血圧の実態と関連因子の検討 SONIC研究,卜 進梅,樺山 舞,杉本 研,赤坂 憲,権藤 恭之,新井 康通,増井 幸恵,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. Suppl.,p. 103-103,2020年07月
  • 地域在住高齢者における糖尿病の血糖コントロール状況と精神的健康状態に関する検討 SONIC研究,前山 友理恵,樺山 舞,杉本 研,赤坂 憲,権藤 恭之,増井 幸恵,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 57,No. Suppl.,p. 108-108,2020年07月
  • Human-body analogy improves mental rotation performance in people aged 86 to 97 years,Hiroyuki Muto,Yasuyuki Gondo,Hiroki Inagaki,Yukie Masui,Takeshi Nakagawa,Madoka Ogawa,Wataru Onoguchi,Yoshiko Ishioka,Keitaro Numata,Saori Yasumoto,PsyArXiv,Vol. submitted,2020年04月,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • 高齢者における体格指数で分類した肥満と頸動脈硬化との関連,車 千鶴,樺山 舞,赤木 優也,樋口 温子,和田 直子,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. 4,p. 561-561,2019年10月
  • 地域在住高齢者における長寿関連遺伝子サーチュイン遺伝子 塩基多型と骨粗鬆症の関連,田中 健太,赤木 優也,樺山 舞,赤坂 憲,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. 4,p. 558-559,2019年10月
  • 地域在住高齢者における貧血と主観的健康感の関連性 SONIC研究,野間 智子,樺山 舞,樋口 温子,杉本 研,権藤 恭之,新井 康通,石崎 達郎,池邉 一典,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. 4,p. 560-560,2019年10月
  • 高齢者における体格指数で分類した肥満と頸動脈硬化との関連,車 千鶴,樺山 舞,赤木 優也,樋口 温子,和田 直子,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. 4,p. 561-561,2019年10月
  • がん患者の心理社会的サポートサービスの利用を促進するチラシ開発の試み2.,松井智子,平井啓,権藤恭之,佐藤眞一,日本健康心理学会第32回大会,2019年09月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • Characteristics of stages of help-seeking behavior to psychosocial support services among Japanese cancer patients,Matsui, T,Hirai, K,Gondo, Y,Sato, S,7th Asian Congress of Health Psychology International Conference,2019年09月,記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Understanding the use of psychosocial support services among cancer patients,Matsui, T,Hirai, K,Gondo, Y,Sato, S,33rd Annual Conference of the European Health Psychology Society,2019年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 地域在住の超高齢者の暮らしと支援 生活支援サービス利用およびソーシャルサポートの実態,菅原 育子,二瓶 美里,江原 望,権藤 恭之,増井 幸恵,稲垣 宏樹,井上 剛伸,MacLachlan Malcolm,McAuliffe Eilish,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 41,No. 2,p. 206-206,2019年06月
  • 地域在住の超高齢者の暮らしと支援 柏市における長寿者の支援機器の利活用の実態,二瓶 美里,菅原 育子,江原 望,権藤 恭之,増井 幸恵,稲垣 宏樹,井上 剛伸,MacLachlan Malcolm,McAuliffe Eilish,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 41,No. 2,p. 207-207,2019年06月
  • 地域高齢者における多剤服用の状況とその関連要因の検討,吉田 祐子,増井 幸恵,稲垣 宏樹,小川 まどか,小野口 航,樺山 舞,神出 計,池邉 一典,新井 康通,権藤 恭之,石崎 達郎,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 41,No. 2,p. 220-220,2019年06月
  • 地域在住高齢者におけるAPOE遺伝子型と認知機能に関する検討,綱井 仁美,赤木 優也,樺山 舞,杉本 研,増井 幸恵,新井 康通,権藤 恭之,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. Suppl.,p. 94-94,2019年05月
  • 地域在住高齢者におけるIADL経時変化の類型化とその特徴(SONIC研究),清重 映里,樺山 舞,増井 幸恵,権藤 恭之,杉本 研,池邉 一典,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. Suppl.,p. 106-106,2019年05月
  • 地域在住高齢者における心疾患と身体的フレイルの関連性の検討 SONIC研究,ノンラック・クリンプタン,樺山 舞,赤木 優也,和田 直子,清重 映里,杉本 研,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. Suppl.,p. 121-121,2019年05月
  • 地域在住高齢者における飲酒と認知機能の関連 SONIC研究,赤木 優也,樺山 舞,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. Suppl.,p. 122-123,2019年05月
  • 地域在住高齢者における脳卒中既往と認知機能低下の関連の関連性 SONIC研究,シートゥムンク・ウィアラユ,樺山 舞,赤木 優也,樋口 温子,清重 映里,杉本 研,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. Suppl.,p. 123-123,2019年05月
  • 地域在住高齢者における薬剤処方パターンの分析 SONIC研究,石崎 達郎,吉田 祐子,小野口 航,増井 幸恵,樺山 舞,神出 計,新井 康通,池邊 一典,権藤 恭之,樂木 宏美,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 56,No. Suppl.,p. 150-150,2019年05月
  • 後期高齢者・超高齢者における腹囲測定の意義 SONIC研究,神出 計,樺山 舞,杉本 研,赤坂 憲,池邉 一典,新井 康通,増井 幸恵,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 94,No. 4,p. 1561-1561,2018年12月
  • 喫煙と糖尿病が地域在住男性高齢者の握力に及ぼす影響について SONIC研究,澤山 泰佳,樺山 舞,権藤 恭之,増井 幸恵,杉本 研,池邉 一典,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. 4,p. 729-729,2018年10月
  • 超高齢者の空間的視点取得能力を測る──SONIC研究におけるラインマップテストの実施──,武藤 拓之,権藤 恭之,稲垣 宏樹,増井 幸恵,小川 まどか,沼田 恵太郎,小野口 航,石岡 良子,内芝 綾女,田渕 恵,日本心理学会第82回大会発表論文集,Vol. 82nd,p. 771-771,2018年09月
  • 高齢期において日々の感情は年を経ても安定している 測定バースト日誌調査,中川 威,安元 佐織,樺山 舞,松田 謙一,権藤 恭之,神出 計,池邉 一典,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 82回,p. 794-794,2018年08月
  • 前期高齢者における老年的超越の発達に対する介護経験の影響―SONIC研究70歳コホート6年間の縦断データを用いた検討―,増井幸恵,権藤恭之,中川威,中川威,小川まどか,石岡良子,TSAI Yu Chun,安元佐織,小野口航,小野口航,高山緑,稲垣宏樹,日本心理学会大会発表論文集,Vol. 82nd,2018年08月
  • 地域在住高齢者における寝室の環境と睡眠の質との関係―SONIC研究の結果から―,小川まどか,田坂英理子,権藤恭之,増井幸恵,石崎達郎,池邉一典,神出計,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 40,No. 2 (Web),p. 252 (WEB ONLY)-252,2018年06月10日
  • 前期高齢者における「家族の大きな疾患」を経験した時の精神的健康の悪化と関連要因―SONIC研究70歳コホートによる縦断的検討―,増井幸恵,権藤恭之,石崎達郎,小野口航,小川まどか,稲垣宏樹,石岡良子,安元佐織,池邉一典,神出計,新井康通,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 40,No. 2 (Web),p. 215 (WEB ONLY)-215,2018年06月10日
  • 高齢者の孤食の地域特徴と精神的健康および社会的活動度との関連,木村 友美,権藤 恭之,池邉 一典,神出 計,石崎 達郎,増井 幸恵,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 102-102,2018年05月
  • 地域在住高齢者における年代別血圧値と3年後調査脱落率との関連性 SONIC研究,樺山 舞,神出 計,権藤 恭之,山本 浩一,杉本 研,赤坂 憲,増井 幸恵,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 53,No. 2,p. 179-179,2018年05月
  • 地域在住高齢者の生活習慣病と対人交流・余暇活動との関連についての検討 SONIC研究,和田 直子,樺山 舞,権藤 恭之,増井 幸恵,安元 佐織,杉本 研,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 53,No. 2,p. 184-184,2018年05月
  • 地域在住高齢者における血清脂質プロファイルと頸動脈硬化との関連 SONIC研究,樋口 温子,樺山 舞,清重 映里,赤木 優也,赤坂 憲,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 53,No. 2,p. 185-185,2018年05月
  • 地域在住高齢者における血清脂質プロファイルと認知機能との関連性 SONIC研究,樋口 温子,樺山 舞,山本 浩一,杉本 研,新井 康通,石崎 達郎,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 96-96,2018年05月
  • 70歳前後の地域在住高齢者における認知機能の経時変化(SONIC研究),清重 映里,神出 計,樺山 舞,増井 幸恵,稲垣 宏樹,池邉 一典,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,権藤 恭之,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 97-98,2018年05月
  • 地域在住高齢者におけるフレイル関連遺伝子多型と握力の縦断比較 SONIC研究,赤木 優也,神出 計,樺山 舞,龍野 洋慶,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 106-106,2018年05月
  • 高齢者における血圧値と3年後認知機能低下の年代別関連性の検討(SONIC研究),樺山 舞,神出 計,権藤 恭之,山本 浩一,杉本 研,増井 幸恵,稲垣 宏樹,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 111-111,2018年05月
  • 地域在住高齢者における糖尿病管理と社会的要因との関連,和田 直子,樺山 舞,権藤 恭之,増井 幸恵,安元 沙織,杉本 研,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 130-131,2018年05月
  • 地域一般住民高齢者を対象にした血清尿酸と頸動脈アテローム性動脈硬化症との関連について SONIC研究,田中 健太郎,樺山 舞,杉本 研,赤坂 憲,池邉 一典,新井 康通,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 55,No. Suppl.,p. 135-135,2018年05月
  • 高齢者におけるフレイルと血中アディポネクチン濃度についての検討 SONIC研究,永澤 元規,鷹見 洋一,赤坂 憲,竹屋 泰,杉本 研,山本 浩一,池邉 一典,権藤 恭之,神出 計,楽木 宏実,日本内分泌学会雑誌,(一社)日本内分泌学会,Vol. 93,No. 4,p. 1385-1385,2017年12月
  • 高齢者の縦断調査血液サンプルを用いた初期の認知機能低下に関するプロテオミクス解析,三浦 ゆり,岩本 真知子,稲垣 宏樹,増井 幸恵,石岡 良子,津元 裕樹,樺山 舞,杉本 研,阿部 由紀子,新井 康通,神出 計,池邉 一典,石崎 達郎,権藤 恭之,高橋 龍太郎,遠藤 玉夫,電気泳動,日本電気泳動学会,Vol. 61,No. Suppl.,p. s24-s24,2017年11月
  • 高齢者における血中アディポネクチン濃度についての加齢性疾患に対するバイオマーカーとしての役割 SONIC研究,永澤 元規,鷹見 洋一,竹屋 泰,杉本 研,山本 浩一,池邉 一典,権藤 恭之,樺山 舞,神出 計,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. 4,p. 621-621,2017年10月
  • 高齢地域住民におけるA/G比と認知機能との関連(SONIC研究),前田 聡美,竹屋 泰,赤坂 憲,武田 朱公,鷹見 洋一,樺山 舞,神出 計,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,Dementia Japan,(一社)日本認知症学会,Vol. 31,No. 4,p. 619-619,2017年10月
  • 地域在住高齢者における長寿関連遺伝子SIRT1、FOXO3A遺伝子多型と動脈硬化の関連性の検討 SONIC研究,赤木 優也,神出 計,樺山 舞,龍野 洋慶,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,増井 幸恵,石崎 達郎,新井 康通,権藤 恭之,楽木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 40回,p. 406-406,2017年10月
  • 高齢者における血圧値と認知機能の関連性(SONIC研究) 年代およびフレイル別検討,樺山 舞,神出 計,龍野 洋慶,権藤 恭之,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,稲垣 宏樹,増井 幸恵,新井 康通,石崎 達郎,楽木 宏実,日本高血圧学会総会プログラム・抄録集,(NPO)日本高血圧学会,Vol. 40回,p. 412-412,2017年10月
  • 会場招待型調査を脱落した後期高齢者の身体機能と精神的健康の縦断的変化―訪問調査データを用いた80歳参加者と90歳参加者の比較―,増井幸恵,池邉一典,権藤恭之,神出計,新井康通,栗延孟,小川まどか,稲垣宏樹,石崎達郎,前田芳信,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 39,No. 2 (CD-ROM),p. 182-182,2017年06月10日
  • 肯定的感情と炎症反応の関連への社会的ネットワークの調整効果 3年間の縦断分析による検討,中川 威,権藤 恭之,龍野 洋慶,石岡 良子,神出 計,池邉 一典,樺山 舞,杉本 研,北村 正博,楽木 宏実,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 39,No. 2,p. 190-190,2017年06月
  • 生活習慣病を有する地域一般住民高齢者における喫煙が認知機能に与える影響について SONIC研究,澤山 泰佳,樺山 舞,龍野 洋慶,杉本 研,権藤 恭之,増井 幸恵,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 143-143,2017年05月
  • 高齢者におけるフレイルと血中アディポネクチン濃度についての検討 SONIC研究,永澤 元規,鷹見 洋一,竹屋 泰,杉本 研,山本 浩一,樺山 舞,池邉 一典,権藤 恭之,神出 計,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 161-161,2017年05月
  • 高齢者におけるフレイル関連遺伝子多型と握力の関連性 SONIC研究,赤木 優也,神出 計,樺山 舞,龍野 洋慶,赤坂 憲,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 162-162,2017年05月
  • 地域一般高齢者における腎機能保持とたんぱく質摂取量との関連について SONIC studyを用いた縦断研究,関口 敏彰,神出 計,池邉 一典,龍野 洋慶,樺山 舞,杉本 研,新井 康通,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 170-170,2017年05月
  • 高齢者における血圧値と認知機能の年代別関連性の検討 SONIC研究,樺山 舞,神出 計,龍野 洋慶,権藤 恭之,山本 浩一,杉本 研,増井 幸恵,新井 康通,石崎 達郎,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 171-172,2017年05月
  • 地域一般住民高齢者を対象にした尿酸と心血管病との関連について SONIC研究,田中 健太郎,樺山 舞,龍野 洋慶,杉本 研,池邉 一典,新井 康通,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 172-172,2017年05月
  • 地域在住高齢者における要介護認定と生活習慣病・慢性疾患の関連性の検討 SONIC研究,清重 映里,樺山 舞,龍野 洋慶,杉本 研,池邉 一典,新井 康通,石崎 達郎,権藤 恭之,樂木 宏実,神出 計,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 54,No. Suppl.,p. 174-175,2017年05月
  • 地域一般住民高齢者における喫煙と認知機能 生活習慣病の関与 SONIC研究,澤山 泰佳,樺山 舞,権藤 恭之,龍野 洋慶,関口 敏彰,清重 映里,赤木 優也,山本 浩一,杉本 研,池邉 一典,新井 康通,増井 幸恵,石崎 達郎,楽木 宏実,神出 計,日本循環器病予防学会誌,(一社)日本循環器病予防学会,Vol. 52,No. 2,p. 209-209,2017年05月
  • 介護経験が高齢期の老年的超越とwell‐beingに及ぼす影響,栗延孟,増井幸恵,権藤恭之,小川まどか,稲垣宏樹,石岡良子,中川威,小園麻里菜,高山緑,片桐恵子,日本発達心理学会大会プログラム(CD-ROM),Vol. 28th,2017年
  • 70歳程度の前期高齢者における高血圧と認知機能低下との関連 SONIC研究3年間の追跡調査からの知見,龍野 洋慶,神出 計,権藤 恭之,樺山 舞,小黒 亮輔,中間 千香子,横山 世理奈,杉本 研,池邉 一典,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 53,No. 4,p. 457-457,2016年10月
  • Development of gerotranscendence: A key concept to explain the higher subjective well-being of older people.,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Takeshi Nakagawa,Kei Kamide,Kazunori Ikebe,Yasumiti Arai,Teturo Ishizaki,Ryutaro Takahashi,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 40-40,2016年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Relationship between cognitive function and well-being of oldest old people,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Takeshi Nakagawa,Kei Kamide,Kazunori Ikebe,Saori Yasumoto,Yasumichi Arai,Teturo Ishizaki,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 32-32,2016年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Well-Being in the Oldest-Old: Developmental Change or Characteristic of Survivors?,Yasuyuki Gondo,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY,ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 51,p. 32-32,2016年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 中高年期における職業性ストレスと高齢期の認知機能との関連 SONIC study70歳コホートの結果から,石岡良子,権藤恭之,増井幸恵,稲垣宏樹,中川威,小川まどか,小園麻里菜,高橋龍太郎,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 79th,p. 1061-1061,2015年08月
  • 地域在住高齢者におけるMoCA‐Jの3年間の変化に関する報告 SONIC Study70歳コホート,80歳コホート追跡調査の結果から,稲垣宏樹,権藤恭之,増井幸恵,石岡良子,中川威,小園麻里菜,小川まどか,高橋龍太郎,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 79th,p. 1054-1054,2015年08月
  • 高齢者の歯と口腔機能が健康長寿に及ぼす影響:文理融合型前向きコホート研究より,池邉一典,岡田匡史,猪俣千里,武下肇,三原佑介,魚田真弘,松田謙一,榎木香織,多田紗弥夏,前田芳信,村上伸也,北村正博,権藤恭之,神出計,樂木宏実,増井幸恵,石崎達郎,新井康通,大久保公美,佐々木敏,新谷歩,日本歯科医学会誌,Vol. 34,2015年03月31日
  • 後期高齢者及び超高齢者における精神的健康の地域差の検討―SONIC study 80歳,90歳調査におけるWHO‐5‐Jの結果から―,稲垣宏樹,増井幸恵,権藤恭之,石岡良子,中川威,小園麻里菜,小川まどか,高山緑,高橋龍太郎,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 78th,p. 1095-1095,2014年08月
  • 高齢者の余暇活動における認知的,身体的,社会的要素と認知機能との関連 SONIC研究における70歳調査結果より,小園麻里菜,権藤恭之,小川まどか,石岡良子,増井幸恵,稲垣宏樹,中川威,立平起子,田渕恵,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 78th,p. 1064-1064,2014年08月
  • 年齢差・性差・地域差から見る高齢者の世代性(Generativity)―SONIC研究70歳,80歳,90歳調査から―,田渕恵,権藤恭之,中川威,増井幸恵,小川まどか,石岡良子,神出計,池邉一典,新井康通,石崎達郎,高橋龍太郎,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 36,No. 2,p. 230-230,2014年06月10日
  • 超高齢期における健康と幸福感―SONIC研究70歳,80歳,90歳調査から―,中川威,権藤恭之,増井幸恵,石岡良子,小川まどか,立平起子,神出計,池邉一典,新井康通,石崎達郎,高橋龍太郎,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 36,No. 2,p. 254-254,2014年06月10日
  • コホートおよびジェンダーによる高齢者の職業経験の相違―SONIC研究70歳,80歳,90歳調査から―,石岡良子,権藤恭之,増井幸恵,中川威,小川まどか,立平起子,神出計,池邉一典,新井康通,石崎達郎,高橋龍太郎,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 36,No. 2,p. 229-229,2014年06月10日
  • 高齢者における唾液分泌と栄養摂取との関連 SONIC STUDYより,三原 佑介,池邉 一典,松田 謙一,香川 良介,岡田 匡史,猪俣 千里,武下 肇,魚田 真弘,権藤 恭之,神出 計,石崎 達郎,増井 幸恵,新井 康通,前田 芳信,日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集,(一社)日本老年歯科医学会,Vol. 25回,p. 97-97,2014年06月
  • 90歳の歯数、咬合力とBMIとの関係,魚田 真弘,池邉 一典,松田 謙一,香川 良介,岡田 匡史,猪俣 千里,武下 肇,三原 佑介,権藤 恭之,神出 計,高橋 龍太郎,増井 幸恵,新井 康通,前田 芳信,日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集,(一社)日本老年歯科医学会,Vol. 25回,p. 112-112,2014年06月
  • 咬合力と歩行の速さとの関連 タンパク質摂取の媒介の検証 SONIC studyより,岡田 匡史,池邉 一典,香川 良介,武下 肇,猪俣 千里,多田 紗弥夏,魚田 真弘,三原 佑介,前田 芳信,権藤 恭之,神出 計,佐々木 敏,大久保 公美,石崎 達郎,増井 幸恵,新井 康通,日本補綴歯科学会誌,(公社)日本補綴歯科学会,Vol. 6,No. 特別号,p. 110-110,2014年05月
  • Eichner B1-B2群の義歯使用の有無と栄養摂取との関係 SONIC研究より,猪俣 千里,池邉 一典,香川 良介,岡田 匡史,武下 肇,多田 紗弥夏,魚田 真弘,三原 佑介,吉備 政仁,前田 芳信,権藤 恭之,神出 計,佐々木 敏,大久保 公美,石崎 達郎,増井 幸恵,新井 康通,日本補綴歯科学会誌,(公社)日本補綴歯科学会,Vol. 6,No. 特別号,p. 277-277,2014年05月
  • 地域高齢者における認知機能とアルブミン/グロブリン比との関連(SONIC研究),小黒 亮輔,神出 計,中間 千香子,龍野 洋慶,樺山 舞,稲垣 宏樹,増井 幸恵,池邉 一典,権藤 恭之,樂木 宏実,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 51,No. Suppl.,p. 101-101,2014年05月
  • 高齢者における咬合力と軽度認知機能低下との関係―SONIC STUDYより―,武下肇,池邉一典,香川良介,岡田匡史,猪俣千里,多田紗弥夏,魚田真弘,三原佑介,権藤恭之,神出計,高橋龍太郎,増井幸恵,新井康通,前田芳信,老年歯科医学,(一社)日本老年歯科医学会,Vol. 28,No. 2,p. 99-100,2013年09月30日
  • 咬合力の低下は栄養摂取を介し運動機能ならびにADLの低下に関連する―SONIC研究より―,岡田匡史,池邉一典,香川良介,武下肇,猪俣千里,多田紗弥夏,魚田真弘,三原佑介,権藤恭之,神出計,高橋龍太郎,増井幸恵,新井康通,前田芳信,老年歯科医学,(一社)日本老年歯科医学会,Vol. 28,No. 2,p. 98-99,2013年09月30日
  • 70歳における口腔機能と栄養摂取・歯周病との関連についての共分散構造分析 SONIC Studyより,猪俣千里,香川良介,池邉一典,岡田匡史,武下肇,多田紗弥夏,魚田真弘,三原佑介,北村正博,村上伸也,権藤恭之,高橋龍太郎,増井幸恵,新井康通,前田芳信,老年歯科医学,(一社)日本老年歯科医学会,Vol. 28,No. 2,p. 93-94,2013年09月30日
  • 行動チェックリストによる超高齢者の認知機能評価―SONIC study 90歳調査における超高齢者用認知機能評価尺度の結果から―,稲垣宏樹,権藤恭之,増井幸恵,小川まどか,中川威,石岡良子,立平起子,高橋龍太郎,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 77th,p. 956-956,2013年08月
  • 心理的well‐beingに及ぼす老年的超越の影響の年齢差 前期高齢者から超高齢者に渡る検討―SONICデータを用いて,増井幸恵,中川威,権藤恭之,小川まどか,石岡良子,立平起子,小園麻里菜,田渕恵,稲垣宏樹,高橋龍太郎,日本心理学会大会発表論文集,Vol. 77th,2013年08月
  • 前期・後期高齢者の認知機能と仕事の複雑性との関連―SONIC研究の結果より―,石岡良子,権藤恭之,増井幸恵,稲垣宏樹,小川まどか,中川威,立平起子,神出計,池邉一典,新井康通,高橋龍太郎,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 35,No. 2,p. 258-258,2013年06月10日
  • 高齢者の余暇活動と精神的健康の関連―SONIC研究における70歳調査結果より―,小園麻里菜,権藤恭之,小川まどか,石岡良子,増井幸恵,中川威,立平起子,神出計,池邉一典,新井康通,高橋龍太郎,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 35,No. 2,p. 226-226,2013年06月10日
  • 70歳における口腔機能と栄養摂取・歯周病との関連についての共分散構造分析SONIC Studyより,猪俣 千里,香川 良介,池邉 一典,岡田 匡史,武下 肇,多田 紗弥夏,魚田 真弘,三原 佑介,北村 正博,村上 伸也,権藤 恭之,高橋 龍太郎,増井 幸恵,新井 康通,前田 芳信,日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集,(一社)日本老年歯科医学会,Vol. 24回,p. 96-96,2013年06月
  • 咬合力の低下は栄養摂取を介し運動機能ならびにADLの低下に関連する SONIC STUDYより,岡田 匡史,池邉 一典,香川 良介,武下 肇,猪俣 千里,多田 紗弥夏,魚田 真弘,三原 佑介,権藤 恭之,神出 計,高橋 龍太郎,増井 幸恵,新井 康通,前田 芳信,日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集,(一社)日本老年歯科医学会,Vol. 24回,p. 99-99,2013年06月
  • 高齢者における咬合力と軽度認知機能低下との関係 SONIC STUDYより,武下 肇,池邉 一典,香川 良介,岡田 匡史,猪俣 千里,多田 紗弥夏,魚田 真弘,三原 佑介,権藤 恭之,神出 計,高橋 龍太郎,増井 幸恵,新井 康通,前田 芳信,日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集,(一社)日本老年歯科医学会,Vol. 24回,p. 99-99,2013年06月
  • 高齢者の余暇活動のパターンの検討 SONIC研究70歳調査および80歳調査から,小川 まどか,権藤 恭之,石岡 良子,小園 麻里菜,増井 幸恵,中川 威,立平 起子,神出 計,池邉 一典,新井 康通,高橋 龍太郎,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 35,No. 2,p. 225-225,2013年06月
  • 高齢者の認知機能と最長職の経験との関連,石岡良子,権藤恭之,神出計,高橋龍太郎,池邉一典,増井幸恵,新井康通,小川まどか,中川威,立平起子,日本老年医学会雑誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 49,No. 6,p. 821-821,2012年11月25日
  • Subjective well-being and six-year survival among very old people living in a Japanese community,Hajime Iwasa,Yasuyuki Gondo,Yukie Masui,Hiroki Inagaki,QUALITY OF LIFE RESEARCH,SPRINGER,Vol. 21,p. 93-93,2012年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 認知機能が展望的記憶の遂行と外的記憶補助の利用に及ぼす影響に関する研究,山根裕樹,権藤恭之,蓮花のぞみ,石岡良子,日本心理学会大会発表論文集,Vol. 76th,2012年08月
  • 高齢者の余暇活動と認知機能の関連 SONIC研究における70歳調査結果より,小園麻里菜,権藤恭之,小川まどか,石岡良子,石岡良子,高橋龍太郎,増井幸恵,中川威,田渕恵,立平起子,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 76th,p. 951-951,2012年08月
  • 地域在住高齢者を対象とした2つの認知機能検査間の関連 SONIC80歳調査におけるMoCAおよびMMSEの比較,稲垣宏樹,稲垣宏樹,権藤恭之,増井幸恵,小川まどか,中川威,石岡良子,立平起子,高橋龍太郎,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 76th,p. 954-954,2012年08月
  • Subjective age and well-being among Japanese Elderly.,Toyoshima,A,Sato, S,Gondo, Y,Furuna, T,Watanabe, S,Hirano, H,Hirabayashi,K,Shimanouchi, A,Ohara, Y,Vol. 47,p. 652-652,2012年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 高齢者における認知機能と記憶補償の関係,蓮花のぞみ,権藤恭之,石岡良子,山根裕樹,日本発達心理学会大会論文集23巻,Vol. 23rd,p. 162-162,2012年03月
  • 運動習慣の有無に影響を与える生活習慣要因の検討―中年者と高齢者との比較および相違―,水本淳,古名丈人,井平光,村瀬裕志,大國美佳,安田圭佑,佐藤眞一,権藤恭之,渡辺修一郎,理学療法学,Vol. 39,2012年
  • 中高年者における性格が生命予後に及ぼす影響 神経症傾向と外向性の組み合わせ解析,岩佐 一,甲斐 一郎,増井 幸恵,権藤 恭之,河合 千恵子,稲垣 宏樹,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 75回,p. 1029-1029,2011年08月
  • Big Five性格検査はどこまで短縮できるか? 地域在住高齢者の日本版NEO Five Factor Inventory(NEO-FFI)データを用いた検討,増井 幸恵,権藤 恭之,小川 まどか,中川 威,石岡 良子,田淵 恵,稲垣 宏樹,新井 康道,高橋 龍太郎,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 75回,p. 71-71,2011年08月
  • 高齢者の余暇活動の選択に及ぼす性格傾向の影響―SONIC Studyにおける70歳調査の結果から―,小川まどか,石岡良子,権藤恭之,増井幸恵,中川威,田渕恵,新井康通,高橋龍太郎,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 75th,p. 1044-1044,2011年08月
  • 日本語版Valuation of Lifeの反転項目に誤反応を示した高齢者の特徴,中川威,権藤恭之,石岡良子,田渕恵,黒川育代,蓮花のぞみ,河崎円香,老年社会科学,Vol. 33,No. 2,2011年06月10日
  • 地域在住高齢者を対象とした心身の健康状態に関する追跡調査―「中年からの老化予防」長期縦断研究心理学的調査の結果から―,稲垣宏樹,増井幸恵,小川まどか,権藤恭之,岩佐一,岩佐一,河合千恵子,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 33,No. 2,p. 238-238,2011年06月10日
  • 地域高齢者における性格と体格指数(Body Mass Index)の関連,岩佐 一,甲斐 一郎,増井 幸恵,権藤 恭之,河合 千恵子,稲垣 宏樹,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 33,No. 2,p. 234-234,2011年06月
  • 高齢期における記憶補償方略の使用と記憶の失敗の関係―日本語版Memory Compensation Questionnaireを用いて―,蓮花のぞみ,石岡良子,黒川育代,河崎円香,権藤恭之,老年社会科学会第53回大会報告要旨号,Vol. 33,No. 2,p. 298-298,2011年06月
  • 日本語版Valuation of Lifeの反転項目に誤反応を示した高齢者の特徴,中川威,権藤恭之,石岡良子,田渕恵,黒川育代,蓮花のぞみ,河崎円香,日本老年医学会雑誌,Vol. 48,p. 130-131,2011年05月15日
  • 高齢者のIT機器利用に及ぼす心理的特性の影響(1)―認知機能および生活機能との関連の検討―,稲垣宏樹,増井幸恵,権藤恭之,小川まどか,日本発達心理学会大会論文集,Vol. 22nd,2011年02月01日
  • 高齢者のIT機器利用に及ぼす心理的特性の影響(2)―高齢期における携帯電話・ビデオ機器の利用開始とBig Five性格特性との関連―,増井幸恵,稲垣宏樹,権藤恭之,小川まどか,日本発達心理学会大会論文集,Vol. 22nd,2011年02月01日
  • 前期高齢期におけるサクセスフル・エイジング:SONIC Studyの横断調査の結果から,中川威,権藤恭之,増井幸恵,小川まどか,小川まどか,田渕恵,石岡良子,日本応用老年学会年次総会報告要旨,Vol. 6th,2011年
  • 女性の家事の複雑性と高齢期の認知機能との関係:SONICにおける70歳の結果から,石岡良子,権藤恭之,増井幸恵,小川まどか,中川威,田渕恵,立平起子,日本応用老年学会年次総会報告要旨,Vol. 6th,2011年
  • 郵送法により実施した日本語版「WHO-5精神的健康状態表」の信頼性・妥当性の検討,増井 幸恵,稲垣 宏樹,岩佐 一,権藤 恭之,粟田 主一,日本公衆衛生学会総会抄録集,日本公衆衛生学会,Vol. 69回,p. 416-416,2010年10月
  • 地域高齢者における性格が精神的健康の悪化に及ぼす影響 5年間の縦断調査結果から,岩佐 一,増井 幸恵,権藤 恭之,河合 千恵子,稲垣 宏樹,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 74回,p. 415-415,2010年08月
  • 地域高齢者の身体機能の悪化による主観的幸福感の低下とソーシャル・サポートの効果 パネルデータを用いた解析,小川 まどか,権藤 恭之,増井 幸恵,岩佐 一,稲垣 宏樹,杉澤 秀博,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 74回,p. 1139-1139,2010年08月
  • 超高齢者における健康関連QOLとADLに対する自己効力感の関連,小川まどか,増井幸恵,権藤恭之,高山緑,呉田陽一,中川威,高橋龍太郎,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 32,No. 2,p. 209-209,2010年06月10日
  • 在宅超高齢者の健康関連QOLに対する高次生活機能と老年的超越の影響 虚弱超高齢者の健康関連QOL低下に対する老年的超越の緩衝効果の可能性,増井 幸恵,権藤 恭之,呉田 陽一,高山 緑,中川 威,高橋 龍太郎,藺牟田 洋美,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 32,No. 2,p. 202-202,2010年06月
  • The Structure of Life in Narratives of the Oldest Old: A Phenomenological Study,Takeshi Nakagawa,Yukie Masui,Yoichi Kureta,Midori Takayama,Ryutaro Takahashi,Yasuyuki Gondo,INTERNATIONAL JOURNAL OF QUALITATIVE METHODS,UNIV ALBERTA, INT INST QUALITATIVE METHODOLOGY,Vol. 9,No. 4,p. 420-420,2010年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 地域高齢者における性格特性と高次生活機能低下の関連,岩佐一,増井幸恵,権藤恭之,河合千恵子,稲垣宏樹,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 31,No. 4,p. 449-457,2010年01月
  • 地域高齢者における性格5因子モデルと生活習慣病発症の関連 5年間の縦断調査の結果から,岩佐 一,増井 幸恵,権藤 恭之,河合 千恵子,稲垣 宏樹,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 73回,p. 354-354,2009年08月
  • 仕事/家事の複雑性尺度の信頼性・妥当性の検討,石岡良子,権藤恭之,蓮花のぞみ,黒川育代,上野大介,藤田綾子,老年社会科学,Vol. 31,No. 2,2009年06月10日
  • 身体的要因と社会的要因の変化が高齢者の主観的幸福感に与える影響―8年間の縦断データを用いた潜在曲線モデルによる検討―,小川まどか,権藤恭之,増井幸恵,岩佐一,河合千恵子,稲垣宏樹,長田久雄,鈴木隆雄,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 31,No. 2,p. 217-217,2009年06月10日
  • 地域高齢者における性格特性とボランティア活動の関連 性格5因子モデルによる検討,岩佐 一,増井 幸恵,権藤 恭之,河合 千恵子,稲垣 宏樹,鈴木 隆雄,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 31,No. 2,p. 188-188,2009年06月
  • Well-beingが高い虚弱超高齢者のGerotransendence特性の検討,増井 幸恵,権藤 恭之,河合 千恵子,呉田 陽一,高山 緑,中川 威,高橋 龍太郎,藺牟田 洋美,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 31,No. 2,p. 221-221,2009年06月
  • 老年期における死に対する態度尺度(DAP)短縮版の信頼性ならびに妥当性,針金まゆみ,河合千恵子,増井幸恵,岩佐一,稲垣宏樹,権藤恭之,小川まどか,鈴木隆雄,厚生の指標,(一財)厚生労働統計協会,Vol. 56,No. 1,p. 33-38,2009年01月
  • 日本語版Continuing Bonds Scale(「故人との絆の継続」評価尺度)の作成,中里 和弘,塩崎 麻里子,恒藤 暁,平井 啓,増本 康平,権藤 恭之,藤田 綾子,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 72回,p. 376-376,2008年07月
  • Personality and all-cause mortality among older adults dwelling in a Japanese community: a five-year population-based prospective cohort study.,H. Iwasa,Y. Masui,Y. Gondo,H. Inagaki,C. Kawaai,T. Suzuki,Am J Geriatr Psychiatry,Vol. 16,p. 399-405,2008年04月
  • 地域高齢者を対象とした心理的・社会的・身体的側面からの類型化の試み.,小川まどか,権藤恭之,増井幸恵,岩佐一,河合千恵子,稲垣宏樹,長田久雄,鈴木隆雄,老年社会科学,,日本老年社会科学会,Vol. 30,No. 1,p. 3-14,2008年02月
  • 地域在住高齢者のIT・電気機器の利用実態(その2),権藤恭之,岡田有司,坂井敬子,稲垣宏樹,増井幸恵,岩佐一,河合千恵子,小川まどか,鈴木隆雄,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 29,No. 2,p. 182-182,2007年06月10日
  • 職業からの引退が夫婦関係に及ぼす影響―縦断データによる検討―,片桐恵子,権藤恭之,増井幸恵,稲垣宏樹,岩佐一,河合千恵子,小川まどか,鈴木隆雄,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 29,No. 2,p. 228-228,2007年06月10日
  • 地域高齢者における性格特性と生命予後の関連 5因子性格モデルによる検討,岩佐 一,増井 幸恵,権藤 恭之,河合 千恵子,稲垣 宏樹,鈴木 隆雄,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 29,No. 2,p. 300-300,2007年06月
  • 地域在宅超高齢者における廃用症候群の予防を目指した訪問型介入プログラム(「自分史くらぶ」)の開発~予備的検討~,岩佐一,権藤恭之,増井幸恵,稲垣宏樹,鈴木隆雄,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 29,No. 1,p. 75-83,2007年04月
  • 日本語版「ソーシャル・サポート尺度」の信頼性ならびに妥当性―中高年者を対象とした検討―,岩佐一,権藤恭之,増井幸恵,稲垣宏樹,河合千恵子,大塚理加,小川まどか,髙山緑,藺牟田洋美,鈴木隆雄,厚生の指標,(一財)厚生労働統計協会,Vol. 54,No. 6,p. 26-33,2007年04月
  • 日本語版「WHO-5こころの健康状態表」の信頼性ならびに妥当性―地域高齢者を対象とした検討―,岩佐一,権藤恭之,増井幸恵,稲垣宏樹,河合千恵子,大塚理加,小川まどか,髙山緑,藺牟田洋美,鈴木隆雄,厚生の指標,(一財)厚生労働統計協会,Vol. 54,No. 8,p. 48-55,2007年04月
  • 高齢者におけるIT・電気機器の利用実態と特徴,小川 まどか,権藤 恭之,稲垣 宏樹,映像情報メディア学会技術報告,映像情報メディア学会,Vol. 30,No. 36,p. 71-76,2006年07月06日
  • 高齢者におけるIT・電気機器の利用実態と特徴,小川まどか,権藤恭之,稲垣宏樹,電子情報通信学会技術研究報告,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 106,No. 144(WIT2006 17-30),p. 71-76,2006年06月29日
  • 地域在住高齢者のIT・電気機器の利用実態,小川まどか,権藤恭之,稲垣宏樹,増井幸恵,大塚理加,岩佐一,河合千恵子,鈴木隆雄,老年社会科学,Vol. 28,No. 2,2006年06月10日
  • 超高齢期における身体的機能の低下と心理的適応、板橋区超高齢者訪問悉皆調査の結果から,権藤恭之,小林江里香,岩佐一,稲垣宏樹,増井幸恵,藺牟田洋美,老年社会科学,日本老年社会科学会,Vol. 27,No. 3,p. 327-338,2006年04月
  • Subjective well-being as a predictor of all-cause mortality among middle-aged and elderly people living in an urban Japanese community: a 7-year prospective cohort study.,H. Iwasa,C. Kawaai,Y. Gondo,H. Inagaki,T. Suzuki,Geriatric Gerontol Int.,Vol. 6,No. 4,p. 216-222,2006年04月
  • 地域高齢者における高次生活機能低下に及ぼす認知機能の影響:4年間の縦断調査の結果から,岩佐 一,権藤 恭之,増井 幸恵,稲垣 宏樹,河合 千恵子,小川 まどか,髙山 緑,藺牟田 洋美,鈴木 隆雄,日本心理学会大会発表論文集,公益社団法人 日本心理学会,Vol. 70,No. 0,p. 1EV134-1EV134,2006年
  • 超高齢期における身体的機能の低下と心理的適応 板橋区超高齢者訪問悉皆調査の結果から,権藤 恭之,小林 江里香,岩佐 一,稲垣 宏樹,増井 幸恵,藺牟田 洋美,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 69回,p. 1222-1222,2005年09月
  • 都市部在宅中高年者における7年間の生命予後に及ぼす主観的幸福感の影響,岩佐一,河合千恵子,権藤恭之,稲垣宏樹,鈴木隆雄,日老医誌,(一社)日本老年医学会,Vol. 42,No. 6,p. 677-683,2005年04月
  • 都市部在宅超高齢者の心身機能の実態:~板橋区超高齢者悉皆訪問調査の結果から【第1報】~,権藤恭之,古名丈人,小林江里香,岩佐一,稲垣宏樹,増井幸恵,杉浦美穂,藺牟田洋美,本間昭,鈴木隆雄,日老医誌,日本老年医学会,Vol. 42,No. 2,p. 199-208,2005年04月
  • 身体的に自立した都市部在宅超高齢者における認知機能の特徴:~板橋区超高齢者悉皆訪問調査から【第2報】~,岩佐一,権藤恭之,古名丈人,小林江里香,稲垣宏樹,杉浦美穂,増井幸恵,阿部勉,藺牟田洋美,本間昭,鈴木隆雄,日老医誌,日本老年医学会,Vol. 42,No. 2,p. 214-220,2005年04月
  • 痴呆スクリーニング検査を利用した超高齢者の認知機能評価 PASにおける再生課題と再認課題実施の違い,稲垣 宏樹,権藤 恭之,増井 幸恵,岩佐 一,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 68回,p. 1120-1120,2004年09月
  • 性格関連遺伝子多型性の長寿への影響 百寿者の5HTTgeneregulatory region 及び DopamineD4 receptor exon III多型性,権藤恭之,稲垣宏樹,大野 裕,日本老年医学会雑誌,Vol. 39,No. 臨時増刊号,2002年
  • 痴呆予防セルフ・エフィカシー尺度の作成,杉山 美香,矢冨 直美,石原 治,権藤 恭之,岩佐 一,増井 幸恵,日本心理学会大会発表論文集,(公社)日本心理学会,Vol. 65回,p. 1020-1020,2001年11月

著書

  • 学術書,日本の読者へのメッセージ,権藤恭之,晃洋書房,2017年01月
  • 学術書,よくわかる高齢者心理学,佐藤眞一,権藤恭之,ミネルヴァ書房,ISBN:9784623076550,2016年06月
  • 学術書,アンチエイジング医学の基礎と臨床,本抗加齢医学会,専門医,指導士認定委員会編,メジカルビュ―社,ISBN:9784758304917,2015年09月
  • 学術書,高齢者のこころとからだ辞典(大川一郎代表編集),権藤恭之,中央法規出版, 東京,2014年09月
  • 学術書,健康長寿の社会文化的文脈,中川 威,風間書房,ISBN:9784759919974,2013年10月
  • 学術書,Annual Review of Gerontology and Geriatrics Volume 33,Gondo, Y,Nakagawa, T,Masui, Y,Springer Publishing Company,ISBN:9780826109941,2013年02月
  • 学術書,Healthy aging in sociocultural context,Nakagawa, T,Gondo, Y,Routledge,ISBN:0415636213,2012年10月
  • 教科書・概説・概論,発達科学入門3,権藤恭之,東京大学出版,ISBN:9784130151436,2012年04月
  • 学術書,生命と倫理の原理論 - バイオサイエンスの時代における人間の未来,権藤恭之,大阪大学出版会.,2012年04月
  • 学術書,現代の認知心理学7 認知の個人差,権藤恭之,石岡良子,北大路書房,2011年03月
  • 事典・辞書,新老年学[第3判],権藤恭之,東京大学出版,2010年02月
  • 学術書,学びの認知科学辞典(老人のまなび),権藤恭之,大修館書店,2010年02月
  • ヒトのエイジングの認知心理学における構成概念としての処理速度の役割,藤田綾子,山本浩市,北大路書店,2008年07月
  • 学術書,情報福祉の基礎知識―障害者・高齢者が使いやすいインタフェース―,情報福祉の基礎研究会,ジアース教育新社,ISBN:9784921124908,2008年04月
  • 学術書,記憶の生涯発達心理学,太田信夫,多鹿秀継,北大路書房,2008年01月
  • 教科書・概説・概論,高齢者心理学,権藤恭之,朝倉書店,2008年01月
  • 学術書,Annual Review of Gerontology And Geriatrics: Biopsychosocial Approaches to Longevity,Poon,L.W,Perls, T,Springer Pub Co,2007年12月
  • 教科書・概説・概論,エイジングの心理学,谷口幸一,佐藤眞一,北大路書房,2007年09月

受賞

  • 第3回日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞奨励賞,小林淳一,橋本由起子,幡野由夏,松尾知,永田たくみ,権藤恭之,金子未佳,日本認知症ケア学会,2006年10月
  • 日本老年精神医学会 優秀論文賞,増井幸恵,権藤恭之,稲垣宏樹,広瀬信義,日本老年精神医学会,2006年06月
  • 日本老年医学会 優秀論文賞,権藤恭之,古名丈人,小林江里香,稲垣宏樹,杉浦美穂,増井幸恵,岩佐一,阿部勉,藺牟田洋美,本間昭,鈴木隆雄,日本老年医学会,2006年06月

報道

  • 最も幸福感が高いのは「90代女性」 阪大、老年学研究会シンポで報告,産經新聞,2013年05月
  • 但馬の長寿の秘訣は,神戸新聞,2012年03月
  • 但馬の100歳に学ぶ,毎日新聞,2012年02月
  • シンポジウム 健康長寿の秘密に迫る,読売新聞,2011年12月

学術貢献

  • 応用老年学会(理事),2010年11月 ~ 継続中
  • 認知心理学会(分科会会長),2008年05月 ~ 継続中
  • 第147回老年学・老年医学公開講座 高齢期こころ豊かに,地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター,2017年10月 ~
  • 2016年度 日本人間工学会関西支部春季講演会,日本人間工学会関西支部,2017年03月 ~
  • 日本人間工学会関西支部春季講演会,2017年03月 ~
  • 第20回公開シンポジウム 健やかに老いる,羽曳野市、羽曳野市教育委員会、四天王寺大学、四天王寺大学短期大学部,2017年02月 ~
  • 「いのちの科学フォーラム」市民公開講座,(公財)体質研究会,2016年08月 ~
  • 健康フォーラム2015 in あさご 生き方上手で健康長寿,朝来市,2015年07月 ~
  • 第30回日本霊長類学会大会 公開シンポジウム「老化を考える」―霊長類学から現代社会へのアプローチ―,日本霊長類学会,2014年07月 ~
  • 健康長寿フォーラム in 但馬~海外、日本そして但馬の百寿者からの学び~,兵庫県但馬長寿の郷,2014年05月 ~
  • Handai‐Asahi中之島塾,朝日カルチャーセンター 大阪大学,2012年03月 ~
  • 特別講演,神戸市シルバーカレッジ,2012年01月 ~
  • 読売テクノ・フォーラム「健康長寿の秘密に迫る~元気でぼけない105歳になるには」,読売新聞,2011年11月 ~
  • ラスタ教養大学:講義,伊丹市ラスタホール,2011年10月 ~
  • 兵庫県阪神シニアカレッジ:講義,兵庫県阪神シニアカレッジ,2011年04月 ~
  • ラスタ教養大学:講義,伊丹市ラスタホール,2011年02月 ~
  • 泉北教養セミナー:講演,泉北教養講座,2010年10月 ~
  • 兵庫県阪神シニアカレッジ:講義,兵庫県阪神シニアカレッジ,2010年05月 ~
  • Handai‐Asahi中之島塾,朝日カルチャーセンター 大阪大学,2010年02月 ~
  • 兵庫県阪神シニアカレッジ講義,兵庫県阪神シニアカレッジ,2009年06月 ~

社会貢献

  • 東京都長寿医療研究センター研究所(非常勤研究員),2009年04月 ~ 2011年03月
  • 中央労働災害防止協会(高年齢老土砂の身体的特性の変化による災害リスク低減推進の手法等検討委員会委員),2009年06月 ~ 2010年03月