EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

上田 貴洋

Ueda Takahiro

総合学術博物館,教授

keyword 核磁気共鳴分光学,ナノ空間科学,物理化学

学歴

  • ~ 1995年06月,大阪大学 博士(理学)
  • ~ 1991年,大阪大学,理学研究科,無機及び物理化学
  • ~ 1991年,大阪大学
  • ~ 1988年,信州大学,理学部,化学
  • ~ 1988年,信州大学

経歴

  • 2020年04月 ~ 継続中,大阪大学,総合学術博物館
  • 2018年01月 ~ 2020年03月,大阪大学共創機構社学共創本部・教授
  • 2017年09月 ~ 2018年12月,大阪大学社学共創本部・教授
  • 2012年04月 ~ 2017年08月,大阪大学総合学術博物館・教授
  • 2010年04月 ~ 2012年03月,東洋大学理工学部応用化学科・教授
  • 2007年04月 ~ 2010年03月,大阪大学総合学術博物館・准教授
  • 2002年04月 ~ 2007年03月,大阪大学総合学術博物館助教授
  • 2001年09月 ~ 2002年08月,文部科学省在外研究員(長期・若手)
  • 1997年07月 ~ 2002年03月,大阪大学大学院理学研究科助手
  • 1991年04月 ~ 1997年06月,通商産業技官 工業技術院物質工学工業技術研究所 研究員
  • 1991年 ~ 1997年,National Institute of Materials and Chemical
  • ~ ,Research, Researcher

研究内容・専門分野

  • ナノテク・材料,機能物性化学
  • ナノテク・材料,基礎物理化学

所属学会

  • 日本吸着学会
  • 近畿化学協会
  • 分子科学会
  • 日本核磁気共鳴学会
  • 日本化学会
  • Japan Society of Molecular Science

論文

  • Structural Dynamics of An ELM-11 Framework Transformation Accompanied with Double-Step CO2 Gate sorption: An NMR Spin Relaxation Study,Kazuki Ohazama,Takahiro Ueda,Kazuki Ukai,Manami Ichikawa,Hyuma Masu,Hiroshi Kajiro,Hirofumi Kanoh,Crystals,MDPI AG,Vol. 10,No. 4,p. 328-328,2020年04月22日,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic Gate Opening of ZIF‑8 for Bulky Molecule Adsorption as Studied by Vapor Adsorption Measurements and Computational Approach,上田 貴洋,山谷 達也,奥村 光隆,J. Phys. Chem. C,Vol. 123,No. 45,p. 27542-27553,2019年11月,研究論文(学術雑誌)
  • The first evaluation of the dynamic hydration number of hydrated ions con-fined in mesoporous silica MCM-41,小倉 涼太,上田 貴洋,Adsorption,Vol. 25,No. 6,p. 1057-1066,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Transition in Longgu Surface Associated with Decoction Process of <i>Keishikaryukotsuboreito</i>,Kazuki Oguri,Takahiro Ueda,Kyoko Takahashi,Chemical and Pharmaceutical Bulletin,Pharmaceutical Society of Japan,Vol. 67,No. 7,p. 693-698,2019年07月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Structure and Dynamic Behavior of the Na–Crown Ether Complex in the Graphite Layers Studied by DFT and 1H NMR,Kazuma Gotoh,Shinya Kunimitsu,Hanyang Zhang,Michael M. Lerner,Keisuke Miyakubo,Takahiro Ueda,Hyung-Jin Kim,Young-Kyu Han,Hiroyuki Ishida,J. Phys. Chem. C,Vol. 122,No. 20,p. 10963-10970,2018年05月24日,研究論文(学術雑誌)
  • A solid-state H-1-NMR study of the dynamic structure of ZIF-8 and its role in the adsorption of bulky molecules,Takahiro Ueda,Masako Nakai,Tatsuya Yamatani,ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY,SPRINGER,Vol. 23,No. 6,p. 887-901,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Molecular Motion of Alcohols Adsorbed in ACF Hydrophobic Nanoslits as Studied by Solid-State NMR,Hiroaki Omichi,Takahiro Ueda,Taro Eguchi,Adsorption,Vol. 21,No. 4,p. 273-282,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • NMRで見るナノ制約分子-微小空間を舞台にした分子科学-,上田貴洋,オレオサイエンス,Vol. 14,No. 6,p. 253-260,2014年06月
  • Melting Point Elevation of Tetramethylsilane Confined in a Zn-Based Metal Organic Framework,Takehiko Ushimi,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Takahiro Ueda,CHEMISTRY LETTERS,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 43,No. 4,p. 423-425,2014年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Local structure and dynamics of benzene confined in the IRMOF-1 nanocavity as studied by molecular dynamics simulation,Kohei Takakura,Takahiro Ueda,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 15,No. 1,p. 279-290,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • H-1 NMR Study of Molecular Motion of Benzene and n-Decane Confined in the Nanocavities of Metal-Organic Frameworks,Takahiro Ueda,Kenji Kurokawa,Yoshiki Kawamura,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 116,No. 1,p. 1012-1019,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • NMRでみるナノ制約分子のダイナミクス,上田貴洋,表面,Vol. 49,No. 7,p. 245-254,2011年07月
  • H-2 NMR study of 2D melting and dynamic behaviour of CDCl3 confined in ACF nanospace,Takahiro Ueda,Hiroaki Omichi,Yu Chen,Hirokazu Kobayashi,Osamu Kubota,Keisuke Miyakuboa,Taro Eguchi,PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 12,No. 32,p. 9222-9229,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Two-dimensional melting and phase change of binary mixtures of CCl 4 and CHCl3 confined in ACF nanospace studied using solid-state 1HNMR,Takahiro Ueda,Hiroaki Omichi,Yu Chen,Hirokazu Kobayashi,Osamu Kubota,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Bulletin of the Chemical Society of Japan,Vol. 83,No. 11,p. 1323-1332,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Pore Structure of Hard Carbon Made from Phenolic Resin Studied by Xe-129 NMR,Kazuma Gotoh,Takahiro Ueda,Taro Eguchi,Koji Kawabata,Kenji Yamamoto,Yuki Murakami,Satoshi Hayakawa,Hiroyuki Ishida,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 82,No. 10,p. 1232-1239,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • C-13 CP/MAS NMR study of accommodation of various organic molecules in (+/-)-[Co(en)(3)]Cl-3 ionic crystal and their local structure,Takahiro Ueda,Naomi Nagaoka,Taro Eguchi,Nobuo Nakamura,MICROPOROUS AND MESOPOROUS MATERIALS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 117,No. 1-2,p. 185-192,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and Characterization of Inclusion Compounds Using TEMPOL and an Organic 1-D Nanochannel as a Template,Hirokazu Kobayashi,Takahiro Ueda,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Atsushi Tani,MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS,TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 506,p. 150-167,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • 高圧129Xe NMRでみるナノ細孔に吸着したキセノンの分子間相互作用と局所構造,上田貴洋,尾身洋典,江口太郎,ゼオライト,Vol. 25,No. 3,p. 109-116,2008年09月
  • Observation of micropores in hard-carbon using Xe-129 NMR porosimetry,Kazuma Gotoh,Takahiro Ueda,Hironori Omi,Taro Eguchi,Mariko Maeda,Michihisa Miyahara,Aisaku Nagai,Hiroyuki Ishida,JOURNAL OF PHYSICS AND CHEMISTRY OF SOLIDS,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 69,No. 1,p. 147-152,2008年01月,研究論文(学術雑誌)
  • ESR study of molecular dynamics and orientation of TEMPO included in organic 1-D nanochannel,Hirokazu Kobayashi,Takahiro Ueda,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Atsushi Tani,PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 10,No. 9,p. 1263-1269,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Gas-conforming transformability of an ionic single-crystal host consisting of discrete charged components,Satoshi Takamizawa,Takamasa Akatsuka,Takahiro Ueda,ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION,WILEY-V C H VERLAG GMBH,Vol. 47,No. 9,p. 1689-1692,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Specific molecular motion of adamantane induced by hydrophobic nanoslits in ACF as studied using solid-state H-1, H-2, and C-13 NMR,Hiroaki Omichi,Takahiro Ueda,Yu Chen,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS,TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 490,p. 91-105,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Phase transition and molecular motion of cyclohexane confined in metal-organic framework, IRMOF-1, as studied by H-2 NMR,Takahiro Ueda,Kenji Kurokawa,Hiroaki Omichi,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,CHEMICAL PHYSICS LETTERS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 443,No. 4-6,p. 293-297,2007年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of nanometer-scale droplets in a ternary o/w microemulsion using SAXS and Xe-129 NMR,Hiroshi Kataoka,Takahiro Ueda,Daisuke Ichimei,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Nobuhiko Takeichi,Hiroyuki Kageyama,CHEMICAL PHYSICS LETTERS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 441,No. 1-3,p. 109-114,2007年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Spin-spin interaction of TEMPO molecular chains formed in an organic one-dimensional nanochannel as studied by electron spin resonance (ESR),Hirokazu Kobayashi,Takahiro Ueda,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Atsushi Tani,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 80,No. 4,p. 711-720,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Solid-state H-2 NMR study of nanocrystal formation of D2O and their dynamic aspects in ACF hydrophobic nanospaces,Hiroaki Omichi,Takahiro Ueda,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,CHEMISTRY LETTERS,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 36,No. 2,p. 256-257,2007年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Local structure and xenon adsorption behavior of metal-organic framework system [M-2(O2CPh)(4)(pyz)](n) (M = Rh and Cu) as studied with use of single-crystal X-ray diffraction, adsorption isotherm, and xenon-129 NMR,Ueda, Takahiro,Kurokawa, Kenji,Eguehit, Taro,Kachi-Terajima, Chihiro,Takamizawa, Satoshi,JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 111,No. 3,p. 1524-1534,2007年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Grand Canonical Monte Carlo Simulations of the 129Xe NMR Line Shapes of Xenon Adsorbed in (±)-[Co(en)3]Cl3,J. Phys. Chem. B,Vol. 110,No. 23,p. 11120-11127,2006年06月,研究論文(学術雑誌)
  • High-pressure Xe-129 NMR study of the intermolecular interaction of xenon confined in activated carbon fiber (ACF),T Ueda,H Omi,T Yukioka,T Eguchi,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 79,No. 2,p. 237-246,2006年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Local structure of xenon adsorbed in the nanospaces of zeolites as studied by high-pressure Xe-129 NMR,Hironori Omi,Takahiro Ueda,Noriko Kato,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 8,No. 33,p. 3857-3866,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics of CO2 molecules confined in the micropores of solids as studied by C-13 NMR,H Omi,T Ueda,K Miyakubo,T Eguchi,APPLIED SURFACE SCIENCE,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 252,No. 3,p. 660-667,2005年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and characterization of a new inclusion compound with a 1D molecular arrangement of organic radicals using a one-dimensional organic homogeneous nanochannel template,H Kobayashi,T Ueda,K Miyakubo,J Toyoda,T Eguchi,A Tani,JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 15,No. 8,p. 872-879,2005年,研究論文(学術雑誌)
  • Investigation of intermolecular interaction in molecular complex of tryptamine and benzoic acid by solid-state 2D NMR,A Terakita,H Matsunaga,T Ueda,T Eguchi,M Echigoya,K Umemoto,M Godo,CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 52,No. 5,p. 546-551,2004年05月,研究論文(学術雑誌)
  • High-pressure Xe-129 NMR study of supercritical xenon confined in the mesopores of FSM-16,H Omi,B Nagasaka,K Miyakubo,T Ueda,T Eguchi,PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 6,No. 6,p. 1299-1303,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of adsorbed xenon in Zeolite-A, X, and Y by high-pressure Xe-129 NMR spectroscopy,N Kato,T Ueda,H Omi,K Miyakubo,T Eguchi,PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 6,No. 23,p. 5427-5434,2004年,研究論文(学術雑誌)
  • 129Xe NMR Spectroscopy and 129Xe Chemical Shift Tensor as a Probe to examine Physico-chemical Properties of NaonSpace,T. Ueda,H. Nakayama,T. Eguchi,Trends in Applied Spectroscopy,Vol. 5,p. 83-97,2004年,研究論文(学術雑誌)
  • Intermolecular interactions of Xe atoms confined in one-dimensional nanochannels of tris(o-phenylenedioxy)cyclotriphosphazene as studied by high-pressure Xe-129 NMR,H Kobayashi,T Ueda,K Miyakubo,T Eguchi,ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION A-A JOURNAL OF PHYSICAL SCIENCES,WALTER DE GRUYTER GMBH,Vol. 58,No. 12,p. 727-734,2003年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 1H MAS NMR study of local structure and dynamics of water molecule in (±)-[Co(en)3]Cl3?nD2O,T. Ueda,N. Nakamura,J. Phys. Chem. B,Vol. 107,No. 49,p. 13681-13687,2003年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Cobalt-59 NMR and X-Ray Diffraction Studies of Hydrated and Dehydrated (±)Tris(Ethylenediamine) Cobalt(III) Chloride,T. Ueda,G. M. Bernard,R. McDonald,R. E. Wasylishen,Solid State Nucl. Magn. Reson.,Vol. 24,p. 163-183,2003年11月,研究論文(学術雑誌)
  • High-pressure 129Xe NMR study of xenon confined in the nanochannels of solid (±)-[Co(en)3]Cl3,Takahiro Ueda,Taro Eguchi,Nobuo Nakamura,Roderick E. Wasylishen,Journal of Physical Chemistry B,Vol. 107,No. 1,p. 180-185,2003年01月09日,研究論文(学術雑誌)
  • High-Pressure 129Xe NMR study of Xenon Confined in the Nanochannels of Solid (±)-[Co(en)3]Cl3,T. Ueda,T. Eguchi,N. Nakamura,R. E. Wasylishen,J. Phys. Chem. B,Vol. 107,No. 1,p. 180-185,2003年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics of some n-alkanes adsorbed in the micropore of (±)-[Co(en)3]Cl3 as studied by 2H NMR,N. Nagaoka,T. Ueda,N. Nakamura,Z. Naturforsch. A,Vol. 57,No. 6-7,p. 435-440,2002年06月,研究論文(学術雑誌)
  • One- and two-dimensional N-15 exchange CP/MAS NMR studies of the structure and electronic properties of the intermolecular N-H center dot center dot center dot N hydrogen bond in imidazole crystal,T Ueda,H Masui,N Nakamura,SOLID STATE NUCLEAR MAGNETIC RESONANCE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 20,No. 3-4,p. 145-155,2001年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Structure and properties of acidic protons in anhydrous dodecatungstophosphoric acid, H3PW12O40, as studied by solid-state H-1, H-2 NMR, and H-1-P-31 SEDOR NMR,T Ueda,T Tatsumi,T Eguchi,N Nakamura,JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B,AMER CHEMICAL SOC,Vol. 105,No. 23,p. 5391-5396,2001年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Nature of Hydration Water in (±)-Tris(ethylenediamine)cobalt(III) Chloride Hydrate, (±)-[Co(en)3]Cl3?nH2O, as Studied by 1H, 2H, and 17O Solid State NMR,T. Ueda,N. Nakamura,Z. Naturforsch. A,Vol. 55,No. 1-2,p. 362-368,2000年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Na-23 NMR study of NASICON-type compounds, Na1+xScxTi2-x(PO4)(3),H Masui,T Ueda,K Miyakubo,T Eguchi,N Nakamura,ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION A-A JOURNAL OF PHYSICAL SCIENCES,VERLAG Z NATURFORSCH,Vol. 55,No. 1-2,p. 348-352,2000年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of intermolecular hydrogen bonding on the nuclear quadrupole interaction in imidazole and its derivatives as studied by ab initio molecular orbital calculations,N Nakamura,H Masui,T Ueda,ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION A-A JOURNAL OF PHYSICAL SCIENCES,VERLAG Z NATURFORSCH,Vol. 55,No. 1-2,p. 315-322,2000年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Interlayer reaction of polyamine/alpha-zirconium phosphate intercalation compounds with some aldehydes,M Kaneno,S Yamaguchi,H Nakayama,K Miyakubo,T Ueda,T Eguchi,N Nakamura,MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS,GORDON BREACH SCI PUBL LTD,Vol. 341,p. 1365-1370,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • Syntheses of Intercalation Compounds of Tetraamine in α-Zr(HPO4)2・H2O and the Structures of Guest Molecules by Solid State NMR,M. Kaneno,S. Yamaguchi,H. Nakayama,K. Miyakubo,T. Ueda,T. Eguchi,N. Nakamura,J. Inorg. Mater,Vol. 1,No. 5-6,p. 379-384,1999年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 59Co Nuclear Quadrupole Interaction in Crystalline Δ-Tris[trans-(1R,2R)-1,2-diaminocyclohexane]cobalt (III) Chloride Trihyderate,T. Ueda,N. Nakamura,M. Iida,Bull. Chem. Soc. Jpn.,Vol. 72,No. 9,p. 2029-2031,1999年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Hydrogen bonds in crystalline imidazoles studied by N-15 NMR and ab initio MO calculations,T Ueda,S Nagatomo,H Masui,N Nakamura,S Hayashi,ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION A-A JOURNAL OF PHYSICAL SCIENCES,VERLAG Z NATURFORSCH,Vol. 54,No. 6-7,p. 437-442,1999年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Response properties of a platinum electrode coated with an oxo(phthalocyaninato)vanadium(IV) conjugate polymer to various anions in nonaqueous solutions,T Nakamura,T Ueda,T Yanagisawa,H Watanabe,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 72,No. 2,p. 235-238,1999年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Air oxidation of carbon soot generated by laser ablation,Y Nagano,M Gouali,H Monjushiro,T Eguchi,T Ueda,N Nakamura,T Fukumoto,T Kimura,Y Achiba,CARBON,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 37,No. 10,p. 1509-1515,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • C-13 CP/MAS NMR study of motion and local structure of phenethylammonium ion in [C6H5CH2CH2NH3](2)PbX4 (X = Cl, Br, I),T Ueda,K Shimizu,H Ohki,T Okuda,ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION A-A JOURNAL OF PHYSICAL SCIENCES,VERLAG Z NATURFORSCH,Vol. 53,No. 12,p. 983-988,1998年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Ionic motion of phenethylammonium ion [C6H5CH2CH2NH3](2)PbX4 (X=Cl, Br, I) as studied by H-1 NMR,T Ueda,M Omo,K Shimizu,H Ohki,T Okuda,ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION A-A JOURNAL OF PHYSICAL SCIENCES,VERLAG Z NATURFORSCH,Vol. 52,No. 6-7,p. 502-508,1997年06月,研究論文(学術雑誌)
  • H-1 NMR study of the spin dynamics in layered perovskite paramagnets [R-NH3](2)CuCl4 (R=C6H5, p-nitro-C6H5, C6H5CH2CH2),T Ueda,S Hayashi,CHEMICAL PHYSICS LETTERS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 271,No. 1-3,p. 55-60,1997年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Deuteron dynamics and its isotope effect in β-Ti1-yVyDx as studied by 2H NMR,T. Ueda,S. Hayashi,J. Alloys and Compounds,Vol. 256,p. 145-150,1997年05月,研究論文(学術雑誌)
  • C-13 CP/MAS NMR study of the layered compounds [C6H5CH2CH2NH3](2)[CH3NH3]n-1PbnI3n+1 (n =1, 2),T Ueda,K Shimizu,H Ohki,T Okuda,ZEITSCHRIFT FUR NATURFORSCHUNG SECTION A-A JOURNAL OF PHYSICAL SCIENCES,VERLAG Z NATURFORSCH,Vol. 51,No. 8,p. 910-914,1996年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 121Sb NMR and SCF-MS-Xα studies of quadrupole interaction and the electronic structure of mixed-valence compound, Cs2SbCl6,T. Ueda,N. Nakamura,Z. Naturforsch. A,Vol. 51,No. 5-6,p. 672-676,1996年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Formation and optical absorption spectra of mixed valence state of Tl in Tl2Nb2O6+x with pyrochlore structure,H Mizoguchi,H Kawazoe,T Ueda,S Hayashi,H Hosono,N Ueda,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 69,No. 1,p. 111-115,1996年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 1H NMR study of local structure and proton dynamics in β-Ti1-yVyHx,T. Ueda,S. Hayashi,J. Alloys and Compd,Vol. 231,No. 1-2,p. 226-232,1995年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Local structure in β-Ti1-yVyHx studied by Inelastic neutron scattering,T. Ueda,S. Hayashi,Y. Nakai,S. Ikeda,Phys. Rev. B,Vol. 51,No. 9,p. 5725-5731,1995年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Hydrogen motion and local structure of metals in β-Ti1-yVyHx as studied by 1H NMR,T. Ueda,S. Hayashi,K. Hayamizu,Phys. Rev. B,Vol. 48,No. 9,p. 5837-5843,1993年09月,研究論文(学術雑誌)
  • HYDROGEN CONCENTRATION-DEPENDENCE OF H-1 KNIGHT-SHIFT IN NBHX STUDIED BY H-1 MAS NMR,T UEDA,S HAYASHI,K HAYAMIZU,SOLID STATE COMMUNICATIONS,PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 87,No. 5,p. 429-434,1993年08月,研究論文(学術雑誌)
  • THE CRYSTAL-STRUCTURE OF TETRAETHYLENE GLYCOL COMPLEX OF SODIUM TETRAPHENYLBORATE,T UEDA,N NAKAMURA,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 65,No. 11,p. 3180-3182,1992年11月,研究論文(学術雑誌)
  • NMR study of kaolinite. 2. 1H, 27Al, and 29Si spin-lattice relaxations,S. Hayashi,T. Ueda,K. Hayamizu,E. Akiba,J. Phys. Chem.,Vol. 96,No. 26,p. 10928-10933,1992年06月,研究論文(学術雑誌)
  • NMR study of kaolinite. 1. 29Si, 27Al, and 1H spectra,S. Hayashi,T. Ueda,K. Hayamizu,E. Akiba,J. Phys. Chem.,Vol. 96,No. 26,p. 10922-10928,1992年06月,研究論文(学術雑誌)
  • SELECTIVE ION-TRANSPORT IN ACETONITRILE ACROSS THE IONOPHORE-IMMOBILIZED POLYMER MEMBRANES USED AS THE SENSOR OF THE ION-SELECTIVE ELECTRODES,T NAKAMURA,T UEDA,K FUJIMORI,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 65,No. 1,p. 19-22,1992年01月,研究論文(学術雑誌)
  • HIGH-RESOLUTION SOLID-STATE NMR-STUDY OF MICROSTRUCTURES IN LAYERED ALUMINOSILICATE,S HAYASHI,T UEDA,K HAYAMIZU,E AKIBA,BULLETIN OF MAGNETIC RESONANCE, VOL 14, NOS 1-4, OCTOBER 1992,INT SOC MAGNETIC RESONANCE,Vol. 14,p. 282-284,1992年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • LOCAL-STRUCTURE OF POLYETHYLENE GLYCOL-NAI SOLID POLYELECTROLYTE AS STUDIED BY C-13 AND NA-23 NMR,T UEDA,H OHKI,N NAKAMURA,H CHIHARA,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 64,No. 8,p. 2416-2421,1991年08月,研究論文(学術雑誌)
  • MOLECULAR-MOTION AND PHASE-CHANGES IN LONG-CHAIN SOLID NORMAL ALKANES AS STUDIED BY H-1 AND C-13 NMR,T UEDA,S TAKEDA,N NAKAMURA,H CHIHARA,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 64,No. 4,p. 1299-1304,1991年,研究論文(学術雑誌)
  • PRECIPITATION OF TRACES OF COPPER, CADMIUM, AND LEAD WITH 6-ANILINO-1,3,5-TRIAZINE-2,4-DITHIOL AND ITS APPLICATION TO X-RAY-FLUORESCENCE SPECTROMETRY,H WATANABE,T UEDA,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,CHEMICAL SOC JAPAN,Vol. 53,No. 2,p. 411-415,1980年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 1次元および2次元ナノ空間における水分子の特異な動的挙動,上田貴洋,材料表面,Vol. 6,No. 1,p. 1-10,2021年03月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 金属有機複合体IRMOF-1が提供するミクロ空間における有機分子の動的挙動と相転移現象,上田貴洋,熱測定,Vol. 47,No. 2,p. 64-69,2020年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 吸着基礎シリーズ;核磁気共鳴(NMR)分光法の基礎と吸着系への応用,上田貴洋,Adsorption News,Vol. 31,No. 4,p. 19-28,2018年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 嵩高い分子の吸着がZIF-8の動的構造に及ぼす影響,中井雅子,山谷達也,上田貴洋,大阪大学低温センター研究報告書(平成28年度),p. 28-31,2017年,速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • NMRでみる多孔性配位高分子ZIF-8の動的細孔構造,中井雅子,山谷達也,上田貴洋,大阪大学低温センター研究報告書(平成27年度),p. 29-32,2017年,速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • Interface(8) スリット状ナノ空間における凝縮相の特異な融解現象,上田貴洋,C&I Commun.,Vol. 36,No. 4,p. 30-32,2011年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • IRMOF-1([Zn4O(BDC)3]n)に吸着したゲスト分子が示す相転移現象と分子運動,河村好紀,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,大阪大学低温センター研究報告書(平成19年度),p. 25-28,2008年,速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • NMRによるメソ細孔内に生成した氷の融解現象の追跡,森 孝則,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,大阪大学低温センターだより,Vol. 141,p. 11-15,2008年,速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • Thermal Anomaly and Molecular Motion of Organic Molecules Confined in the Nanocavity of Metal-Organic Frameworks IRMOF-1,Takahiro Ueda,Kenji Kurokawa,Yoshiki Kawamura,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Proceedings of the 5th International Symposium,p. 445-455,2008年,記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Erratum to 'Phase transition and molecular motion of cyclohexane confined in metal-organic framework, IRMOF-1, as studied by H-2 NMR' [Chem. Phys. Lett. 443 (2007) 293-297],Takahiro Ueda,Kenji Kurokawa,Hiroaki Omichi,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,CHEMICAL PHYSICS LETTERS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 446,No. 4-6,p. 403-403,2007年10月
  • 固体NMRによる疎水性ナノスリットに吸着した重水の動的構造の研究,大道弘明,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,大阪大学低温センター研究報告書(平成18年度),2007年10月,速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • SAXSおよび<sup>129</sup>Xe‐NMRによるミセルサイズ評価法の検討,片岡弘,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,竹市信彦,蔭山博之,コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集,Vol. 60th,2007年09月03日
  • 支部だより 近畿支部 大学博物館と化学教育,上田貴洋,化学と工業,Vol. 60,No. 5,2007年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 細孔物質に吸着したキセノンの局所構造と動態の高圧NMRによる研究,尾身洋典,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,大阪大学低温センター研究報告書(平成16年度),2005年,速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • 2003年の化学 Xe NMRポロシメトリー,上田貴洋,化学(化学同人),Vol. 58,No. 5,2003年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 2次元空間におけるスピン拡散,上田貴洋,大阪大学低温センターだより,Vol. 7,1998年,速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
  • Proton dynamics and local structure in Ti-V-H system,T. Ueda,物質工学工業技術研究所報告,Vol. 5,No. 1,1997年,記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • Hydrogen Absorption and Diffusion in Vanadium-Based Alloys,S. Hayashi,E. Akiba,T. Ueda,K. Nomura,Proceedings of the International Symposium on Material Chemistry in Nuclear Environment '96,1996年,記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Crystal structure and hydrogen diffusion in hydrogen absorbing alloys,E.Akiba,S. Hayashi,H. Hayakawa,K. Nomura,T. Ueda,K. Hayamizu,Proceedings of the International Symposium on Material Chemistry in Nuclear Environment '92,1992年,記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)
  • Chemotherapy of the malignancies from the viewpoint of pharmacology and biochemistry of cytosine arabinoside (ara-C) and its derivatives,T. Nakamura,T. Ueda,Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy,Vol. 9,No. 8,p. 1339-1351,1982年,書評論文,書評,文献紹介等

著書

  • 学術書,PCP/MOFおよび各種多孔質材料の 作り方,使い方,評価解析,上田 貴洋,技術情報協会,ISBN:9784861047695,2019年10月
  • アトキンス物理化学(下)第10版,上田 貴洋,2017年09月
  • アトキンス物理化学(上)第10版,上田 貴洋,2017年03月
  • 学術書,みず学への誘い,上田 貴洋,大阪大学出版会,2008年02月

講演・口頭発表等

  • 金属有機複合体IRMOF-1に吸着された有機分子集団の動的挙動と相転移現象」,上田貴洋,第56回熱測定討論会・ミニシンポジウム「微小空間への吸着・包接に関わる化学・物理現象」,2020年10月28日
  • 1次元ナノチャンネルに取り込まれた水分子集団のテラヘルツ分光スペクトル,上田 貴洋,安田 敬史,第33回日本吸着学会研究発表会,2019年11月14日
  • メソ孔内に生成した水和イオンのNMR法による動的構造評価,上田 貴洋,小倉 涼太,第33回日本吸着学会研究発表会,2019年11月14日
  • Transient dynamic pore expansion in ZIF-8 -The unique mechanism of adsorption for bulky molecules-,上田 貴洋,中井 雅子,山谷 達也,Okinawa Colloids 2019,2019年11月07日
  • In-situ X-ray Diffraction Evidenced GO/H2O Concerted Nanoporosity,Ryusuke Futamura,Taku Iiyama,Takahiro Ueda,Katsumi Kaneko,13th International Conference on Fundamentals of Adsorption (#13FOA),2019年05月30日
  • Kinetic Study of Adsorption Behavior of ZIF-8 for Bulky Molecules,Takahiro Ueda,Tatsuya Yamatani,13th International Conference on Fundamentals of Adsorption (#13FOA),2019年05月26日
  • NMR Study of the Dynamic Structure of Hydrated Ions Formed in Mesoporous Silica MCM-41,Ryota Ogura,Takahiro Ueda,Japan adsorption 2019,2019年05月21日
  • Subnanometer Scale gaps between graphene oxide layers with Water adsorption,Ryusuke Futamura,Taku Iiyama,Takahiro Ueda,Katsumi Kaneko,日本化学会第99春季年会,2019年03月19日
  • メソ孔内に生成した水和イオンのNMR法による動的構造評価,小倉涼太,上田貴洋,日本化学会第99春季年会,2019年03月19日
  • NMR Study of Dynamic Hydration Structure of Ions Confined in Nanospace,Ryota Ogura,Takahiro Ueda,the 8th Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology (PBAST-8),2018年09月04日
  • Dynamic Structural Characterization of Porous Materials and Adsorbed Molecules Using Solid-State NMR,Takahiro Ueda,2018 Nanospace Sci. Eng. Seminar,2018年03月02日
  • ナノ細孔内におけるイオンの動的水和構造のNMR研究,小倉涼太,上田貴洋,日本化学会第98春季年会,2018年03月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8に対する嵩高い分子の吸着挙動―吸着速度と活性化エネルギーによる考察―,山谷達也,上田貴洋,第31回日本吸着学会研究発表会,2017年11月
  • メソ孔内におけるイオンの動的水和構造のNMR研究に向けた実験条件の検討,小倉涼太,上田貴洋,第31回日本吸着学会研究発表会,2017年11月
  • 固体NMRで見るZIF-8の動的構造と嵩高い分子吸着に対するその役割,上田 貴洋,中井 雅子,山谷達也,第68 回コロイドおよび界面化学討論会,2017年09月
  • 2H and 1H NMR study for dynamics of glyme and crown ethersco-intercalated with alkali metals in graphite layers,K. Gotoh,S. Kunimitsu,M. Mizuno,T. Miyatou,M.M. Lerner,H. Zhang,K. Miyakubo,T. Ueda,H. Ishida,ISMAR 2017,2017年07月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8への嵩高い分子の吸着に対する速度論的考察,山谷達也,上田貴洋,日本化学会第97春季年会,2017年03月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8のリンカーダイナミクスに及ぼす分子吸着の影響,中井雅子,山谷達也,上田貴洋,第30回日本吸着学会研究発表会,2016年11月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8 の速度論的アプローチによる蒸気吸着挙動の解明,山谷達也,中井雅子,上田貴洋,第30回日本吸着学会研究発表会,2016年11月
  • Adsorption kinetics of ZIF-8 and its temperature dependence for some large molecules,Tatsuya Yamatani,Masako Nakai,Takahiro Ueda,12th International Symposium on the Fundamentals of Adsorption (FOA12),2016年05月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8の蒸気吸着速度とその温度依存性,山谷達也,中井雅子,上田貴洋,日本化学会 第96春季年会,2016年03月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8のリンカーダイナミクスに及ぼす分子吸着の影響,中井雅子,山谷達也,上田貴洋,日本化学会 第96春季年会,2016年03月
  • 固体NMR で見る多孔性配位高分子ZIF-8 のリンカーダイナミクス,中井雅子,山谷達也,上田貴洋,第29 回日本吸着学会研究発表会,2015年11月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8 の蒸気吸着速度とその温度依存性,山谷達也,中井雅子,上田貴洋,第29 回日本吸着学会研究発表会,2015年11月
  • Phase transition of molecular assembly confined in metal-organic frameworks―Approach from the dynamic aspect of molecules―,Takahiro Ueda,7th The Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology (PBAST-7),2015年09月24日
  • Solid-state NMR study of Structure and Dynamics of 2-Methylimidazolate linkers triggered by Molecular Adsorption,Masako Nakai,Tatsuya Yamatani,Takahiro Ueda,7th The Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology (PBAST-7),2015年09月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8の分子吸着による構造変化とリンカーダイナミクスの固体NMRによる研究,中井 雅子,山谷 達也,上田 貴洋,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8の蒸気吸着速度とその温度依存性,山谷 達也,中井 雅子,上田 貴洋,日本化学会第95春季年会,2015年03月
  • 多孔性配位高分子ZIF-8 への蒸気吸着挙動とリンカーダイナミクス,中井雅子,山谷達也,上田貴洋,第28回日本吸着学会研究発表会,2014年10月
  • 化石由来生薬「竜骨」の固体NMRによる分析,宮久保 圭祐,小栗 一輝,高橋 京子,上田 貴洋,第53回NMR討論会,2014年10月
  • Substituent Effect on Phase Transition of Guest Molecules Confined in Porous Coordination Polymers,Keisuke Miyakubo,Saori Kohno,Taro Eguchi,Takahiro Ueda,4th International Conference on Metal-Organic Frameworks and Open Framework Compounds (MOF2014),2014年09月
  • セルロース加水分解過程の計算化学的研究,豊田二郎,上田貴洋,日本化学会第94春季年会,2014年03月
  • NMRで見るナノ制約分子‐微小空間を舞台にした分子科学‐,上田貴洋,物理化学インターカレッジセミナー(兼 日本油化学会界面科学部会九州地区講演会),2014年01月11日
  • Molecular Motion of Alcohols Adsorbed in ACF Hydrophobic Nanoslits as Studied by Solid State NMR,Hiroaki Omichi,Takahiro Ueda,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,11th International Symposium on the Fundamentals of Adsorption (FOA11),2013年05月
  • 配位高分子亜鉛錯体IRMOF-1に吸着したテトラメチルシランの熱異常,牛見建彦,宮久保圭祐,江口太郎,上田貴洋,日本化学会第93春季年会,2013年03月
  • IRMOF-1に吸着したテトラメチルシランが示す熱異常,牛見建彦,宮久保圭祐,江口太郎,上田貴洋,第26回日本吸着学会研究発表会,2012年11月
  • 配位高分子亜鉛錯体に吸蔵されたベンゼン分子集団の局所構造とその吸着量依存性ー分子動力学法による検討ー,上田貴洋,高倉康平,宮久保圭祐,江口太郎,MARTIN Bodo,COMBA Peter,第25回日本吸着学会研究発表会,2011年11月
  • 配位高分子亜鉛錯体に吸着されたゲスト分子集団の相転移挙動と動的構造,上田貴洋,河村好紀,高倉康平,宮久保圭祐,江口 太郎,第63回コロイドおよび界面化学討論会,2011年09月
  • 分子動力学法による配位高分子亜鉛錯体IRMOF-1に吸着されたベンゼン分子集団の相転移挙動と局所構造,上田貴洋,高倉康平,宮久保圭祐,江口太郎,MARTIN,Bodo,COMBA, Pete,第5回分子科学討論会,2011年09月
  • 分子動力学法による亜鉛配位高分子錯体に吸着されたベンゼン分子集団の相転移挙動とダイナミクスに関する研究,高倉康平,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,MARTIN Bodo,COMBA Peter,日本化学会第5回関東支部大会,2011年08月
  • 分子動力学法による亜鉛配位高分子錯体に吸着されたベンゼン分子集団の相転移挙動とダイナミクスに関する研究,高倉 康平,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,MARTIN,Bodo、COMBA,Pete,日本化学会第91春季年会,2011年03月
  • シクロヘキサンを吸蔵させたテレフタル酸亜鉛錯体における相転移機構の熱力学的研究,平野 大輝,川路 均,上田 貴洋,日本化学会第91春季年会,2011年03月
  • Solid-state NMR study of Dynamic behavior for Guest molecules Confined in the Nanocavity of Metal-Organic Frameworks IRMOF-1,Takahiro Ueda,Kenji Kurokawa,Yoshiki Kawamura,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010),2010年12月
  • Molecular dynamics simulations on the phase transitions and molecular motions of benzene molecules confined in IRMOF-1,Kohei TAKAKURA,Takahiro UEDA,Keisuke MIYAKUBO,Taro EGUCHI,Bodo MARTIN,Peter COMBA,2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010),2010年12月
  • 一次元ナノチャンネルに吸着された水分子の水素結合ネットワークとプロトンダイナミクス,上田 貴洋,中西 亨,小林 広和,宮久保 圭祐,石丸 臣一,江口 太郎,第24回日本吸着学会研究発表会,2010年11月
  • 一次元ナノチャンネルに吸着された水分子の水素結合ネットワーク形成とプロトンダイナミクス,上田 貴洋,中西 亨,小林 広和,宮久保 圭祐,石丸 臣一,江口 太郎,第4回分子科学討論会,2010年09月
  • 分子動力学法による多孔性高分子亜鉛錯体に吸蔵されたベンゼンの動的挙動に関する研究,高倉 康平,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,Martin Bodo,Comba Pete,第4回分子科学討論会,2010年09月
  • Two-dimensional Melting of Binary Mixture of CCl4 and CHCl3 Confined in ACF Nanospace Studied by Solid-state 1H NMR,T. Ueda,H. Omichi,Y. Chen,H. Kobayashi,O. Kubota,K. Miyakubo,T. Eguchi,International Conference on Nanoscopic colloid and surface science 2010 (NCSS2010),2010年09月
  • Molecular Dynamics simulations on the phase transitions and molecular motions of benzene molecules confined in IRMOF-1,K. Takakura,T. Ueda,K. Miyakubo,T. Eguchi,B. Martin,P. Comba,International Conference on Nanoscopic colloid and surface science 2010 (NCSS2010),2010年09月
  • テレフタル酸亜鉛錯体における相転移機構の熱力学的研究,平野 大輝,川路 均,阿竹 徹,上田 貴洋,第46回熱測定討論会,2010年09月
  • トリスエチレンジアミンコバルト(III)塩化物結晶に吸着されたゲスト分子の動的構造と物性,上田貴洋,第23回日本吸着学会研究発表会,2009年11月
  • Local Structure and Xenon Adsorption Behavior of Metal-Organic Frameworks as Studied by X-ray Diffraction, Adsorption Isotherm, and Xenon-129 NMR,Takahiro Ueda,Kenji Kurokawa,T. Eguchi,C. Kachi-Terajima,S. Takamizawa,XEMAT-2009,2009年09月
  • ACFナノ空間におけるCHCl3/CCl4混合分子系の動的構造と物性,上田 貴洋,陳 瑜,小林 広和,窪田 統,大道 弘明,宮久保 圭祐,江口 太郎,第62回コロイドおよび界面化学討論会,2009年09月
  • 多孔性金属錯体がつくるナノ空間への電解質溶液の吸蔵に関する研究,水谷安里人,高倉康平,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,第3回分子科学討論会,2009年09月
  • 配位高分子亜鉛錯体IRMOF-1に吸着したゲスト分子が示す動的構造と相転移現象,上田 貴洋,河村 好紀,宮久保 圭祐,江口 太郎,第3回分子科学討論会,2009年09月
  • FSM-16のメソ細孔内に形成される不凍水の分子運動と局所構造の固体NMRによる研究,中村 麻由美,森 孝則,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,第3回分子科学討論会,2009年09月
  • 疎水性ナノチャンネルに吸着した水分子の水素結合ネットワーク形成とプロトン伝導,中西 亨,上田 貴洋,小林 広和,森 孝則,宮久保 圭祐,石丸 臣一,江口 太郎,第3回分子科学討論会,2009年09月
  • NMR測定の基礎と吸着現象への応用,上田貴洋,第19回吸着シンポジウム(吸着夏の学校),2009年08月
  • テレフタル酸を架橋配位子にもつ亜鉛錯体に吸蔵されたゲスト分子の動的挙動の1H NMRによる研究,河村 好紀,上田 貴洋,宮久保圭祐,江口 太郎,日本化学会第89春季年会,2009年03月
  • 固体NMRによるFSM-16のメソ細孔内に生成する不凍水のダイナミクスに関する研究,中村麻由美,森孝則,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第89春季年会,2009年03月
  • Zeoliticな性質を有するトリスエチレンジアミンコバルト(III)塩化物結晶の気体吸着挙動と吸着分子の物理化学的性質に関する研究,上田 貴洋,第24回ゼオライト研究発表会,2008年11月
  • テレフタル酸を架橋配位子とする亜鉛錯体IRMOF-1に吸着したゲスト分子が示す相転移現象と動的構造,上田貴洋,河村好紀,黒川健二,宮久保圭祐,江口太郎,第61回コロイドおよび界面化学討論会,2008年09月
  • 129Xe NMRポロシメトリーによるフェノール樹脂焼成炭の構造解析,後藤 和馬,上田 貴洋,江口 太郎,塩見 仁郎,山本 賢治,早川 聡,石田 祐之,第2回分子科学討論会,2008年09月
  • IRMOF-1([Zn4O(BDC)3]n)に吸着したn-デカンが示す相転移現象と分子運動,河村 好紀,上田 貴洋,黒川 健二,宮久保 圭祐,江口 太郎,第2回分子科学討論会,2008年09月
  • 疎水性ナノチャンネルにおける水分子の一次元水素結合鎖の構築とプロトン伝導,中西 亨,上田 貴洋,小林 広和,森 孝則,飯嶋 彩,宮久保 圭祐,石丸 臣一,江口 太郎,第2回分子科学討論会,2008年09月
  • Thermal Anomaly and Molecular Motion of Organic Molecules Confined in the Nanocavity of Metal-Organic Frameworks IRMOF-1,Takahiro Ueda,Kenji Kurokawa,Yoshiki Kawamura,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Symposium on Future Challenges for Carbon-Based Nanoporous Materials,2008年07月11日
  • Thermal Anomaly and Molecular Motion of Organic Molecules Confined in the Nanocavity of Metal-Organic Frameworks IRMOF-1,Takahiro Ueda,Kenji Kurokawa,Yoshiki Kawamura,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Symposium on Future Challenges for Carbon-Based Nanoporous Materials,2008年07月
  • Molecular Dynamics of Adsorbed Molecules in ACF Hydrophobic Nanoslits as Studied by Solid-state NMR,H. Omichi,T. Ueda,K. Miyakubo,T. Eguchi,Symposium on Future Challenges for Carbon-Based Nanoporous Materials,2008年07月
  • NMRでみるナノ制約分子の動的構造と物性,上田貴洋,岡山大学次世代研究者・異分野研究連携コア育成支援事業・多孔性無機材料の応用利用連携セミナー,2008年06月10日
  • Thermal Anomaly and Molecular Motion of Organic Molecules Confined in the Nanocavity of Metal-Organic Frameworks IRMOF-1,Takahiro Ueda,Kenji Kurokawa,Yoshiki Kawamura,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,International symposium of NANOPOROUS MATERIALS - V (NANO-5),2008年05月
  • One-dimensional hydrogen bonding formation of water in organic zeolite and their proton conductivity,Koh Nakanishi,Takahiro Ueda,Hirokazu Kobayashi,Takanori Mori,Aya Ijima,Keisuke Miyakubo,Shinichi Ishimaru,Taro Eguchi,International symposium of NANOPOROUS MATERIALS - V (NANO-5),2008年05月
  • 有機ゼオライトを用いた水分子の一次元水素結合鎖の構築とプロトン伝導,中西 亨,上田貴洋,小林広和,森 孝則,宮久保圭祐,飯嶋 彩,石丸臣一,江口太郎,日本化学会第88春季年会,2008年03月
  • NMRによるメソ細孔内に生成した氷の融解現象の追跡,森 孝則,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第88春季年会,2008年03月
  • 1Hおよび2H固体NMRでみる疎水性ナノスリット細孔での水素結合性分子集合体の動的構造,大道弘明,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第88春季年会,2008年03月
  • テレフタル酸を架橋配位子とする亜鉛錯体(IRMOF-1)に吸着したゲスト分子の相転移現象と分子間相互作用に関するDTAおよびNMR研究,河村好紀,上田貴洋,黒川健二,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第88春季年会,2008年03月
  • Xeを用いた多孔質炭素材料の作製と細孔構造解析,後藤和馬,上田貴洋,森田育弘,江口太郎,前田真理子,宮原道寿,永井愛作,早川聡,森俊謙,黒田泰重,石田祐之,日本化学会西日本大会,2007年11月
  • 疎水性ナノスリット細孔に吸着したアルコール分子の固体NMRによる動的構造の研究,大道 弘明,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,第60回コロイドおよび界面化学討論会,2007年11月
  • NMRで見るメソ細孔内に生成した氷の融解過程の追跡,森 孝則,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,第60回コロイドおよび界面化学討論会,2007年11月
  • SAXSおよび129Xe-NMRによるミセルサイズ評価法の検討,片岡 弘,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,竹市 信彦,蔭山 博之,第60回コロイドおよび界面化学討論会,2007年11月
  • X線回折およびXe-129 NMRで見る配位高分子錯体[M2(O2CPh)4(pyz)]n (M = Rh and Cu)のキセノン吸着挙動と局所構造,上田 貴洋,黒川 健二,江口 太郎,加知 千裕,高見澤 聡,第60回コロイドおよび界面化学討論会,2007年11月
  • ナノ細孔におけるキセノン吸着構造と分子間相互作用の高圧129Xe NMRによる研究,上田 貴洋,江口 太郎,第23回ゼオライト研究発表会,2007年11月
  • トリメシン酸(TMA)を架橋配位子とする銅錯体[Cu3(TMA)2(H2O)3]nへのキセノン吸着挙動と分子間相互作用のin situ高圧129Xe NMR法による研究,森田育宏,上田貴洋,宮久保圭祐,Ru-Qiang Zou,徐 強,江口太郎,第23回ゼオライト研究発表会,2007年11月
  • Xeを用いた多孔質炭素材料の作製と細孔構造解析,後藤和馬,上田貴洋,森田育弘,江口太郎,前田真理子,宮原道寿,永井愛作,早川聡,森俊謙,黒田泰重,石田祐之,第21回日本吸着学会研究発表会,2007年09月
  • テレフタル酸を架橋配位子とする亜鉛錯体IRMOF-1に吸着したシクロヘキサンが示す相転移と動的挙動の1H及び2H NMRによる研究,上田 貴洋,黒川 健二,宮久保 圭祐,江口 太郎,第1回分子科学討論会,2007年09月
  • テレフタル酸を架橋配位子とする亜鉛錯体(IRMOF-1)に吸着した種々のゲスト分子の相転移のDTAによる検出,河村 好紀,上田 貴洋,黒川 健二,宮久保 圭祐,江口 太郎,第1回分子科学討論会,2007年09月
  • 一次元ナノチャンネルテンプレートに包接されたニトロキシドラジカルの示す物性およびその分子配向とダイナミクスのESRによる研究,小林 広和,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,谷 篤史,第11回ESRフォーラム研究会,2007年06月
  • イオン伝導材料Li-ケニヤアイトの7Liおよび2HNMR,石丸臣一,太田達史,江口太郎,上田貴洋,日本化学会第87春季年会,2007年03月
  • メソ細孔中に生成した氷の融解現象の1Hおよび2H NMRによる研究,森 孝則,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第87春季年会,2007年03月
  • 1H および2H固体NMRによる疎水性ナノスリット細孔に吸蔵したアダマンタンの動的構造の研究,大道弘明,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第87春季年会,2007年03月
  • ナノ細孔によって制御されたアセチルアセトンによる一次元水素結合鎖の構築,森 孝則,上田貴洋,小林広和,宮久保圭祐,江口 太郎,日本化学会第87春季年会,2007年03月
  • Xe-129 NMRポロシメトリーによるACFナノスリットに物理吸着したゲスト分子の吸着構造に関する研究,大道弘明,高北昌美,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第87春季年会,2007年03月
  • 有機一次元細孔内に形成されたTEMPO分子一次元鎖が示すスピン間相互作用のESRによる研究,小林 広和,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,谷 篤史,第23回ESR応用計測研究会,2007年03月
  • ESRによる有機一次元細孔中のTEMPOラジカルの分子配向評価,小林 広和,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,谷 篤史,第23回ESR応用計測研究会,2007年03月
  • 129Xe NMRポロシメトリーによるハードカーボン内の空孔の観測,後藤和馬,石田祐之,前田真理子,永井愛作,上田貴洋,尾身洋典,江口太郎,第47回電池討論会,2006年12月
  • 固体NMRによるIRMOF-1に吸着したシクロヘキサン分子の動的挙動に関する研究,黒川健二,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,第22回ゼオライト研究発表会,2006年12月
  • 129Xe NMRによるハードカーボンの細孔の観測,後藤 和馬,石田 祐之,上田 貴洋,江口 太郎,尾身 洋典,永井 愛作,分子構造総合討論会2006,2006年09月
  • ACF疎水性ナノ細孔に吸着したゲスト分子の固体NMRによる動的構造研究,大道 弘明,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,分子構造総合討論会2006,2006年09月
  • 固体NMRによるACFナノ細孔でのCHCl3およびCCl4の局所構造とダイナミクス,上田 貴洋,陳 瑜,窪田 統,小林 広和,宮久保 圭祐,江口 太郎,分子構造総合討論会2006,2006年09月
  • メソ細孔内に生成した氷の融解現象の1Hおよび2H NMRによる研究,森 孝則,上田 貴洋,宮久保 圭祐,辻井 歩,江口 太郎,分子構造総合討論会2006,2006年09月
  • Local structure of xenon adsorbed in the nanospaces of zeolites as studied by high-pressure 129Xe NMR,Takahiro Ueda,Hironori Omi,Noriko Kato,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,XEMAT-III,2006年05月
  • 1H NMR-MOUSEによる紙材に含有される水の状態分析,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,日本化学会第86春季年会,2006年03月
  • 1Hおよび17O NMRで見るメソ細孔内における氷の融解現象,上田 貴洋,江口 太郎,日本化学会第86春季年会,2006年03月
  • High-Pressure 129Xe NMR Study of Local Structure of Xenon Confined in Porous Materials,Takahiro Ueda,Hironori Omi,Noriko Kato,Hirokazu Kobayashi,Takanori Yukioka,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Pacifichem 2005,2005年12月15日
  • High-Pressure 129Xe NMR Study of Local Structure of Xenon Confined in Porous Materials,Takahiro Ueda,Hironori Omi,Noriko Kato,Hirokazu Kobayashi,Takanori Yukioka,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Pacifichem 2005,2005年12月
  • Constraction of one-dimensional spin chain using organic zeolite as a template and their magnetic properties,Hirokazu Kobayashi,Takahiro Ueda,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,Atsushi Tani,Pacifichem 2005,2005年12月
  • Effect of Chemical Exchange of Xenon in Zeolite NaY on 129Xe Chemical Shift measured by High-pressure in situ NMR Probe,akahiro Ueda,Hironori Omi,Kuniyoshi Maezawa,Noriko Kato,Keisuke Miyakubo,Taro Eguchi,The 44 Annual NMR Meeting of the NMR Society of Japan and The 1st Asian-Pacific NMR Symposium,2005年11月
  • 有機一次元ナノチャンネル中に孤立した有機ラジカルのダイナミクスと磁気的性質のESRによる研究,小林広和,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,谷 篤史,2005年 日本化学西日本大会,2005年10月
  • 有機一次元ナノ空間に包接された有機ラジカル分子のダイナミクスと磁気的性質のESRによる研究,小林 広和,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,谷 篤史,2005分子構造総合討論会,2005年09月
  • C12E5/D2O/デカン三成分系ラメラ液晶相の2H-および129Xe-NMRによる検討,片岡 弘,一明 大輔,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,2005分子構造総合討論会,2005年09月
  • 1H NMRによる活性炭素繊維ACFに吸着したクロロホルムの動的構造の研究,陳 瑜,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第85春季年会,2005年03月
  • 高圧129Xe NMRによるナノ細孔内に吸着したキセノンの局所構造に関する研究,上田貴洋,尾身洋典,雪岡孝規,江口太郎,日本化学会第85春季年会,2005年03月
  • 有機ゼオライト結晶内に構築された有機ラジカルの一次元分子鎖におけるスピン相互作用,小林広和,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,谷 篤史,日本化学会第85春季年会,2005年03月
  • ZSM-5に吸着されたXeの局所構造の高圧129Xe NMRによる研究,尾身洋典,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第85春季年会,2005年03月
  • 129Xe NMRによるC12E5系マイクロエマルジョンL3相微細構造の検討,片岡 弘,一明大輔,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第85春季年会,2005年03月
  • HYゼオライトにおけるキセノンの吸着挙動の高圧129Xe NMRの研究,前澤国芳,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,第43回NMR討論会,2004年11月
  • 129Xe NMRによるC12E5系マイクロエマルジョン微細構造の検討,片岡 弘,一明大輔,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,2004分子構造総合討論,2004年09月
  • ナノ細孔内に構築された一次元有機ラジカルスピン鎖の示すスピン間相互作用のESRによる研究,小林広和,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,谷 篤史,池谷元伺,2004分子構造総合討論,2004年09月
  • イオン交換Y型ゼオライトにおけるキセノンの吸着挙動の高圧129Xe NMRによる研究,前澤国芳,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,2004分子構造総合討論,2004年09月
  • 1次元ナノチャンネルに吸着したキセノンが示す129Xe化学シフトと分子間相互作用,上田貴洋,小林広和,江口太郎,2004分子構造総合討論会,2004年09月
  • DYNAMICS OF CO2 MOLECULES CONFINED IN THE MICROPORE OF SOME POROUS MATERIALS AS STUDIED BY 13C NMR,H. Omi,T. Ueda,K. Miyakubo,T. Eguchi,ISSHAC 5,2004年08月
  • 高圧129Xe NMRによる細孔材料の研究―ミクロ細孔に高圧条件下で吸着したキセノンが示す化学シフト値の吸着量依存性,上田貴洋,尾身洋典,雪岡孝規,江口太郎,日本化学会第84春季年会,2004年03月
  • 有機一次元細孔物質を用いた有機ラジカルの分子配列制御とその構造に関する研究,小林広和,上田貴洋,宮久保圭祐,豊田二郎,江口太郎,日本化学会第84春季年会,2004年03月
  • Dynamics of CO2 molecules confined in the micropore of activated carbon fiber as studied by 13C NMR,H. Omi,T. Ueda,K. Miyakubo,T. Eguchi,COEIEC III,2004年01月
  • イオン交換型ゼオライトに対するキセノンの吸着挙動の高圧129Xe NMRによる研究,前澤国芳,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,第42回NMR討論会,2003年11月
  • 有機テンプレートを用いた層状リン酸アルミニウムとリン酸鉄の合成と評価,有機テンプレートを用いた層状リン酸アルミニウムとリン酸鉄の合成と評価,第15回無機リン化学討論会,2003年10月
  • 細孔物質に吸着されたCO2の高圧13C NMR,尾身洋典,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,分子構造総合討論会2003,2003年09月
  • High pressure NMR study of CO2 confined in porous materials,H. Omi,T. Ueda,K. Miyakubo,T. Eguchi,COEIEC II,2003年07月
  • 固体NMRによる疎水性スリット状ナノ細孔における吸着分子の研究,大道 弘明,上田 貴洋,宮久保 圭祐,江口 太郎,2006年ナノ学会,2003年06月
  • High pressure 129Xe NMR study on the adsorption behavior and local structure of Xe in activated carbon fiber(ACF),T. Ueda,H. Omi,T. Eguchi,XEMAT 2003,2003年05月
  • 有機一次元細孔性物質内でのXe分子間相互作用とXeガスの吸着挙動の高圧129Xe NMR法による研究,小林広和,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,ナノ学会創立大会,2003年05月
  • 高圧129Xe NMR法による、トリス(o-フェニレンジオキシ)シクロトリフォスファゼンの一次元細孔でのXe分子間相互作用についての研究,小林広和,上田貴洋,宮久保圭祐,江口太郎,日本化学会第83春季年会,2003年03月
  • High-pressure 129Xe NMR study of the intermolecular interaction of Xe atoms confined in one-dimensional nanochannels of tris(o-phenylenedioxy) cycrotriphosphazene,H. Kobayashi,T. Ueda,K. Miyakubo,T. Eguchi,COEIEC I,2003年02月
  • 高圧129Xe NMRによる各種ゼオライトの吸着と化学交換の研究,加藤範子,尾身洋典,宮久保圭祐,上田貴洋,江口太郎,第41回NMR討論会,2002年11月
  • High pressure 129Xe NMR study of Supercritical Xe confined in the micropore of ZSM-5,H. Omi,N. Kato,K. Miyakubo,T. Ueda,T. Eguchi,ICCC 35,2002年07月
  • High pressure 129Xe NMR study on the porosity of molecular sieves 5A and 13X,N. Kato,H. Omi,K. Miyakubo,T. Ueda,T. Eguchi,ICCC 35,2002年07月
  • 59Co NMR study of Hydrated and Dehydrated Single Crystal and Powder Samples of Tris(ethylenediamine)Cobalt(III) chloride,T. Ueda,W. E. Wasylishen,CSC2002,2002年06月
  • Dynamics of some n-alkanes adsorbed in the micropore of (±)-[Co(en)3]Cl3 as studied by 2H NMR,N. Nagaoka,T. Ueda,N. Nakamura,NQI2001,2001年09月
  • Para-hydrogen induced polarization NMR study of the mechanism of homogeneous hydrogenation of unsaturated hydrocarbons catalyzed by IrCl{(S)-BINAP}(PPh3),N. Takahashi,T. Ueda,N. Nakamura,K. Nakajima,K. Tani,2001 ISMAR,2001年07月
  • 活性炭素繊維へのXe原子の吸着挙動の129Xe NMRによる研究,上田貴洋,江口太郎,中村亘男,日本化学会第79春季年会,2001年03月
  • パラ水素信号増強核磁気共鳴法によるIrCl{(S)-BINAP}(PPh3)の水素化反応における新しいジヒドリドイリジウム錯体の検出,高橋信幸,上田貴洋,中村亘男,中島康二,谷 一英,日本化学会第79春季年会,2001年03月
  • [Co(en)3]Cl3結晶のミクロポアに吸蔵されたn-アルカンの動的挙動の2H NMRによる研究,長岡直美,上田貴洋,中村亘男,日本化学会第79春季年会,2001年03月
  • Solid state NMR study of structure and dynamics of small molecules confined in the micropore of (±)-[Co(en)3]Cl3 crystal,T. Ueda,N. Nagaoka,T. Eguchi,N. Nakamura,Pacifichem 2000,2000年12月
  • 129Xe高圧NMRによる(±)-[Co(en)3]Cl3結晶のミクロ細孔のキャラクタリゼーション,上田貴洋,江口太郎,中村亘男,第39回NMR討論会,2000年11月
  • in situパラ水素信号増強NMR法を用いたRhCl(CO)(PPh3)2の水素化反応の研究,高橋信幸,増井大二,上田貴洋,中村亘男,第39回NMR討論会,2000年11月
  • パラ水素信号増強NMR法を用いた[Rh(CH3COO)2]2によるフェニルアセチレンの水素化反応の研究,高橋信幸,上田貴洋,中村亘男,2000 分子構造総合討論会,2000年09月
  • (±)-[Co(en)3]Cl3結晶への鎖状有機分子の吸着挙動についての13C CP/MAS NMRによる研究,長岡直美,上田貴洋,中村亘男,2000 分子構造総合討論会,2000年09月
  • 1H MAS NMR法による(±)-[Co(en)3]Cl3・nD2Oにおける結晶水の動的挙動の研究,上田貴洋,中村亘男,2000 分子構造総合討論会,2000年09月
  • High Pressure 129Xe NMR in Heteropolyoxometalate Salts,T. Eguchi,H. Omi,T. Tatsumi,T. Ueda,K. Miyakubo,N. Nakamura,34th International Conference on Coordination Chemistry,2000年07月
  • (±)-塩化トリスエチレンジアミンコバルト(III)水和物、(±)- [Co(en)3]Cl3・nH2O、における脱水過程の1H MAS NMRによる研究,上田貴洋,中村亘男,日本化学会第76春季年会,2000年03月
  • Effect of intermolecular hydrogen bonding on the nuclear quadrupole interaction in Imidazole and its derivatives as studied by ab initio molecular orbital calculations,N. Nakamura,H. Masui,T. Ueda,the XVth International Symposium on Nuclear Quadrupole Interactions,1999年07月
  • 23Na NMR study of NASICON-type compounds, Na1+xScxTi2-x(PO4)3,H. Masui,T. Ueda,K. Miyakubo,T. Eguchi,N. Nakamura,the XVth International Symposium on Nuclear Quadrupole Interactions,1999年07月
  • Nature of Hydration Water in (±)-Tris(ethylenediamine)cobalt(III) Chloride Hydrate, (±)-[Co(en)3]Cl3?nH2O, as Studied by 1H, 2H, and 17O Solid State NMR,Takahiro UEDA,Nobuo NAKAMURA,the XVth International Symposium on Nuclear Quadrupole Interactions,1999年07月
  • Interlayer Reaction of Polyamine Intercalation Compounds of α-Zirconium Phosphate with Some Aldehydes,Motoki Kaneno,Shunro Yamaguchi,Hirokazu Nakayama,Keisuke Miyakubo,Takahiro Ueda,Taro Eguchi,Nobuo Nakamura,ISIC10,1999年05月
  • CsxH3-xPMo12O40(x=1-3)のキャラクタリゼーション,辰巳奉正,上田貴洋,江口太郎,中村亘男,日本化学会第75春季年会,1999年03月
  • 高分子中に吸着されたXenonの動的挙動と高分子鎖の分子運動,永阪文惣,上田貴洋,中山尋量,江口太郎,中村亘男,第37回NMR討論会,1998年11月
  • 1H-31P SEDOR NMR法による12タングストリン酸無水物(H3PW12O40)のプロトンサイトの研究,上田貴洋,辰巳奉正,中村亘男,第37回NMR討論会,1998年11月
  • イミダゾール結晶中における水素結合の15N固体NMRによる研究,上田貴洋,増井大二,長友重紀,中村亘男,第37回NMR討論会,1998年11月
  • ナトリウムイオン伝導体Na1+xScxTi2-x(PO4)3における電気伝導とイオンのダイナミクス,増井大二,斎藤唯理亜,上田貴洋,宮久保圭佑,江口太郎,中村亘男,1998 分子構造総合討論会,1998年09月
  • パルス磁場勾配(PFG)NMR法による固体へテロポリ酸中における水分子の拡散挙動の研究,辰巳奉正,増井大二,上田貴洋,江口太郎,中村亘男,日本化学会第74春季年会,1998年03月
  • 白金ジオキシム錯体を用いた1次元超格子の作成と固体NMR法による構造評価,金久保光央,山本薫,牛島洋史,上田貴洋,鎌田俊英,水上富士夫,太田俊明,第36回NMR討論会,1997年10月
  • 129Xe-、2H-NMRによるポリカーボネートのダイナミクスの研究,永阪文惣,中山尋量,上田貴洋,江口太郎,中村亘男,第36回NMR討論会,1997年10月
  • 固体状態におけるイミダゾール類の水素結合と15N化学シフト,上田貴洋,林 繁信,長友重紀,増井大二,中村亘男,第36回NMR討論会,1997年10月
  • 層状化合物[C6H5(CH2)mNH3]2(CH3NH3)n-1PbX3n+1(m=1,2,3;n=1,2;X=Cl,Br,I)の動的構造,清水勝之,尾茂麻里子,渡辺友紀子,大木 寛,奥田 勉,上田貴洋,1997 分子構造総合討論会,1997年10月
  • 層状化合物[C6H5(CH2)2NH3]2PbX4(X=Cl, Br, I)の分子運動と局所構造の13C CP/MAS NMRによる研究,上田貴洋,林 繁信,清水勝之,大木 寛,奥田 勉,日本化学会第72春季年会,1997年03月
  • 2次元層状ペロブスカイト強磁性体[R-NH3]2CuCl4におけるスピンダイナミクスの固体NMRによる研究,上田 貴洋,林 繁信,第35回NMR討論会,1996年11月
  • 層状化合物[C6H5(CH2)2NH3]2[CH3NH3]n-1PbnI3n+1(n=1,2)の構造,清水勝之,大木 寛,奥田 勉,上田貴洋,林 繁信,1996分子構造総合討論会,1996年10月
  • 層状化合物[C6H5(CH2)2NH3]2PbX4(X=Cl,Br,I)におけるフェネチルアンモニウムイオンの動的挙動,上田貴洋,林 繁信,清水勝之,大木 寛,奥田 勉,1996分子構造総合討論会,1996年10月
  • 重原子の四極核のMASスペクトル,林 繁信,上田貴洋,第34回NMR討論会,1995年10月
  • 層状化合物[C6H5(CH2)2NH3]2[CH3NH3]n-1PbnI3n+1(n=1,2)の構造,清水勝之,大木 寛,奥田 勉,上田貴洋,林 繁信,日本化学会中国四国・同九州支部合同大会,1995年10月
  • 層状化合物[C6H5(CH2)2NH3]2[CH3NH3]n-1PbnI3n+1(n=1,2)の動的構造,上田貴洋,林 繁信,清水勝之,大木 寛,奥田 勉,1995分子構造総合討論会,1995年09月
  • 121Sb NMR and SCF-MS-Xα studies of quadrupole interaction and the electronic structure of mixed-valence compound, Cs2SbCl6,上田貴洋,中村亘男,XIII th International Symposium on Nuclear Quadrupole Interactions,1995年07月
  • 207Pb NMRによる層状化合物[C6H5(CH2)2NH3]2[CH3NH3]n-1PbnI3n+1(n=1,2)の動的構造,上田貴洋,林 繁信,日本化学会第69春季年会,1995年03月
  • 1H NMR study of local structure and proton dynamics in β-Ti1-yVyHx,上田貴洋,林 繁信,International Symposium on Metal-hydrogen system,1994年11月
  • 固体NMRによる無機層状化合物の層間におけるゲスト分子のダイナミクス,林 繁信,上田貴洋,秋葉悦男,日本化学会第68秋季年会,1994年10月
  • 1H NMRによるβ-Ti1-yVyHxの局所構造とプロトンダイナミクス,上田貴洋,林 繁信,1994分子構造総合討論会,1994年09月
  • カオリナイト-ジメチルスルホキシド層間化合物におけるゲスト分子の挙動,林 繁信,上田貴洋,秋葉悦男,1994分子構造総合討論会,1994年09月
  • 金属水素化物β-Ti1-yVyDxにおける重水素拡散と局所構造の重水素NMRによる研究,上田貴洋,林 繁信,早水紀久子,日本化学会第67春季年会,1994年03月
  • Torchiaの方法とInversion Recovery法により測定したT1について,林 繁信,上田貴洋,第33回NMR討論会,1993年11月
  • マジック角回転がスピンー格子緩和に及ぼす影響,林 繁信,上田貴洋,早水紀久子,第32回NMR討論会,1993年11月
  • 四極核のスピンロック/MAS NMRスペクトルの線形,林 繁信,上田貴洋,早水紀久子,1993分子構造総合討論会,1993年10月
  • 中性子非弾性散乱によるβ-Ti1-yVyHxの局所構造の研究,上田貴洋,中井祐輔,林 繁信,早水紀久子,池田 進,日本物理学会第48回春季年会,1993年03月
  • 重水素カオリナイトにおける2H NMRスペクトル,林 繁信,上田貴洋,早水紀久子,秋葉悦男,宮脇律郎,渡村信治,日本化学会第65春季年会,1993年03月
  • 中性子非弾性散乱によるβ-Ti1-yVyHxの局所構造の研究,上田貴洋,中井祐輔,林 繁信,早水紀久子,池田 進,第1回中性子シンポジウム,1992年12月
  • 核四極子を持つ核のCP/MASスペクトルにおける線形,林 繁信,上田貴洋,早水紀久子,第31回NMR討論会,1992年11月
  • 層間に空間を有する物質の構造解析ーカオリナイトを例として(2)固体高分解能NMR,林 繁信,上田貴洋,早水紀久子,秋葉悦男,日本化学会第64秋季年会,1992年10月
  • 層状アルミノケイ酸塩における1H、27Al、29Siの核磁気緩和,林 繁信,上田貴洋,早水紀久子,秋葉悦男,1992分子構造総合討論会,1992年09月
  • 2H NMRによるMg2NiD4の動的挙動,上田貴洋,林 繁信,早水紀久子,秋葉悦男,1992分子構造総合討論会,1992年09月
  • High-resolution solid-state NMR study of microstructures in layered alminosilicate,林 繁信,上田貴洋,早水紀久子,秋葉悦男,The 11th Meeting of the International Society for Magnetic Resonance,1992年07月
  • 電気粘性効果に及ぼす分散質の吸着水構造の影響,川合章子,内田邦夫,神谷国男,後藤昭博,伊ヶ崎文和,上田貴洋,林 繁信,日本化学会第63春季年会,1992年04月
  • 混合原子価化合物Cs2SbCl6における核四極子相互作用,上田貴洋,中村亘男,日本化学会第63春季年会,1992年03月
  • NbHxにおける1H Knight shiftの水素濃度依存性,上田貴洋,林 繁信,早水紀久子,日本化学会第63春季年会,1992年03月
  • 1H CRAMPSによるカオリナイトの構造の研究ー天然物と合成物の比較,林 繁信,上田貴洋,早水紀久子,秋葉悦男,第30回NMR討論会,1991年11月
  • Ti-V-H系のβ相における水素拡散と1Hスピン-格子緩和,上田貴洋,林 繁信,早水紀久子,1991分子構造総合討論会,1991年11月
  • 磁気共鳴法によるアルカリ金属塩-ポリエチレングリコール固体電解質の局所構造,上田貴洋,大木 寛,中村亘男,千原秀昭,日本化学会第60秋季年会,1990年10月
  • NaI・ポリエチレングリコール固体電解質の局所構造,上田貴洋,大木 寛,中村亘男,千原秀昭,第28回NMR討論会,1989年11月
  • NMRによる超長鎖n-アルカン結晶における折りたたみ構造と分子運動の研究,上田貴洋,中村亘男,千原秀昭,日本化学会第58春季年会,1989年04月

委員歴

  • 学協会,日本吸着学会,運営委員長,2019年04月 ~ 継続中
  • 学協会,日本吸着学会,理事,2017年04月 ~ 継続中
  • 自治体,豊中市,学校教育審議会委員,2015年06月 ~ 継続中
  • 学協会,日本吸着学会,運営委員会委員,2013年04月 ~ 2019年03月
  • 学協会,日本吸着学会,評議員,2015年04月 ~ 2017年03月
  • 学協会,日本化学会近畿支部,支部常任幹事,2006年 ~
  • 学協会,日本化学会近畿支部,支部幹事,2005年 ~