EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

紀ノ岡 正博

Kinooka Masahiro

工学研究科 生物工学専攻,教授

keyword 化学工学

学歴

  • 1989年04月 ~ 1991年06月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,化学系専攻化学工学分野
  • 1985年04月 ~ 1989年03月,大阪大学,基礎工学部,化学工学科

経歴

  • 2020年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院工学研究科生物工学専攻,教授
  • 2007年04月01日 ~ 2009年03月31日,大阪大学 基礎工学研究科 物質創成専攻,准教授
  • 2003年04月01日 ~ 2007年03月31日,大阪大学 基礎工学研究科 物質創成専攻,助教授
  • 2000年02月01日 ~ 2003年03月31日,大阪大学 基礎工学研究科 物質創成専攻,講師
  • 1991年06月 ~ 2000年01月,大阪大学,基礎工学部,助手

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,生体医工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),バイオ機能応用、バイオプロセス工学

論文

  • Model-based assessment of temperature profiles in slow freezing for human induced pluripotent stem cells,Vol. 144,2021年01月04日,研究論文(学術雑誌)
  • The impact of culture dimensionality on behavioral epigenetic memory contributing to pluripotent state of iPS cells.,2020年12月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a kinetic model expressing anomalous phenomena in human induced pluripotent stem cell culture.,2020年11月29日,研究論文(学術雑誌)
  • Apoptosis-based method for determining lot sizes in the filling of human-induced pluripotent stem cells,Vol. 14,No. 11,p. 1641-1651,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Cell jamming, stratification and p63 expression in cultivated human corneal epithelial cell sheets.,Vol. 10,No. 1,p. 9282-9282,2020年06月09日,研究論文(学術雑誌)
  • The Numerical Estimation of Mass Transfer Coefficient of Oxygen in the Large-Scale Suspension Culture of iPS Cells,Vol. 778,No. 1,p. 012030-012030,2020年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Muscle lineage switching by migratory behaviour-driven epigenetic modifications of human mesenchymal stem cells on a dendrimer-immobilized surface,Vol. 106,p. 170-180,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Kinetics on aggregate behaviors of human induced pluripotent stem cells in static suspension and rotating flow cultures,Vol. 129,No. 4,p. 494-501,2020年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Suppression of time-dependent decay by controlling the redox balance of human induced pluripotent stem cells suspended in a cryopreservation solution,Masashi Kagihiro,Kazuhiro Fukumori,Ikki Horiguchi,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Biochemical Engineering Journal,Vol. 155,No. 107465,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Co-culturing Fibroblasts in Human Skeletal Muscle Cell Sheet on Angiogenic Cytokine Balance and Angiogenesis.,Vol. 8,p. 578140-578140,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • 再生医療に資する細胞製造性に関する研究,紀ノ岡 正博,生物工学会誌,日本生物工学会,Vol. 98,No. 1,p. 14-21,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Slow freezing process design for human induced pluripotent stem cells by modeling intracontainer variation,Hayashi Yusuke,Horiguchi Ikki,Kino-oka Masahiro,Sugiyama Hirokazu,COMPUTERS & CHEMICAL ENGINEERING,Vol. 132,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Bioengineering Considerations for A Nurturing Way to Enhance Scalable Expansion of Human Pluripotent Stem Cells.,Kim MH,Kino-Oka M,Biotechnology journal,2020年01月
  • Understanding the formation and behaviors of droplets toward consideration of changeover during cell manufacturing.,Vol. 12,p. 36-42,2019年12月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Variation in the manufacturing reproducibility of autologous cell-based products depending on raw material shipment conditions.,Vol. 12,p. 102-107,2019年12月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Preface of the special issue "Cell Manufacturability".,Kino-Oka M,Sakai Y,Regenerative therapy,Vol. 12,2019年12月
  • Effect of liquid flow by pipetting during medium change on deformation of hiPSC aggregates,Yuma Kato,Takuya Matsumoto,MasahiroKino-oka,Regenerative Therapy,Vol. 12,p. 20-26,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Kinetic modeling of human induced pluripotent stem cell expansion in suspension culture,Vytautas Galvanauskas,Rimvydas Simutis,Suman Chandra Nath,Masahiro Kino-oka,Regenerative Therapy,Vol. 12,p. 88-93,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A distribution-based approach for determining lot sizes in the filling of human-Induced pluripotent stem cells,Hirokazu Suigyama,Masaki Shiokaramatsu,Masahiro Kino-oka,Regenerative Therapy,Vol. 12,p. 94-101,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Designing a blueprint for next-generation stem cell bioprocessing development.,Kim MH,Kino-Oka M,Biotechnology and bioengineering,2019年11月
  • Cell manufacturability,Masahiro Kino-oka,Manabu Mizutani,Nicholas Medcalf,Cell & Gene Therapy Insights,Vol. 5,No. 10,p. 1347-1359,2019年10月
  • Alterations in Nuclear Lamina and the Cytoskeleton of Bone Marrow-derived Human Mesenchymal Stem Cells Cultured Under Simulated Microgravity Conditions,Chaiyong Koaykul,Mee-Hae Kim,Yumi Kawahara,Louis Yuge,Masahiro Kino-oka,Stem Cells and Development,Mary Ann Liebert, Inc.,Vol. 28,No. 17,p. 1167-1176,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Maintenance of Neurogenic Differentiation Potential in Passaged Bone Marrow-Derived Human Mesenchymal Stem Cells Under Simulated Microgravity Conditions,Chaiyong Koaykul,Mee-Hae Kim,Yumi Kawahara,Louis Yuge,Masahiro Kino-oka,Stem Cells and Development,Mary Ann Liebert, Inc.,Vol. 28,No. 23,p. 1552-1561,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Numerical investigation of particle dispersion in the preprocessing stage for a static cell cultivation,Atsushi Sekimoto,Yoshiki Kanemaru,Yasunori Okano,Kei Kanie,Ryuji Kato,Masahiro Kino-Oka,Regenerative Therapy,Vol. 12,p. 83-87,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Maintenance of an undifferentiated state of human-induced pluripotent stem cells through botulinum hemagglutinin-mediated regulation of cell behavior,Eri Shuzui,MeeHae Kim,Keisuke Azuma,Yukako Fujinaga,Masahiro Kino-oka,Journal of Bioscience and Bioengineering,Vol. 127,No. 6,p. 744-751,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 再生医療に資する無菌操作と細胞製造の現状,水谷 学,紀ノ岡 正博,クリーンテクノロジー,Vol. 29,No. 5,p. 1-4,2019年05月
  • Elucidation of human induced pluripotent stem cell behaviors in colonies based on a kinetic model.,Vol. 127,No. 5,p. 625-632,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of migratory behaviors on human induced pluripotent stem cell colony formation on different extracellular matrix proteins,Jessica Chang,Mee Hae Kim,Eviryanti Agung,Sho Senda,Masahiro Kino-oka,Regenerative Therapy,Vol. 10,p. 27-35,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Role of cell-secreted extracellular matrix formation in aggregate formation andstability of human induced pluripotent stem cells in suspension culture,Mee-Hae Kim,Kazuhiro Takeuchi,Masahiro Kino-oka,Journal of bioscience and bioengineering,Vol. 127,No. 3,p. 372-380,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Anomalous cell migration triggers a switch to deviation from the undifferentiated state in colonies of human induced pluripotent stems on feeder layers,Eri Shuzui,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Journal of bioscience and bioengineering,Elsevier {BV},Vol. 127,No. 2,p. 246-255,2019年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Integrated white-box models for designing freezing processes of human induced pluripotent stem cells considering diversity within a container,Vol. 46,p. 877-882,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A novel, flexible and automated manufacturing facility for cell-based health care products: Tissue Factory.,Vol. 9,p. 89-99,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of residual H2O2 on the growth of MSCs after decontamination.,Vol. 9,p. 111-115,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 細胞製品製造過程における細胞劣化の解析 ロットサイズ決定への応用,水谷 学,紀ノ岡 正博,バイオサイエンスとインダストリー,(一財)バイオインダストリー協会,Vol. 76,No. 6,p. 484-485,2018年11月
  • ヘマグルチニンを用いるヒトiPS細胞の高密度培養法,金 美海,紀ノ岡 正博,B&I バイオサイエンスとインダストリー,(一財)バイオインダストリー協会,Vol. 76,No. 6,p. 481-483,2018年11月
  • 再生医療等製品に特有の細胞製造性 (特集 再生医療GCTP省令への実務対応),小川 祐樹,水谷 学,紀ノ岡 正博,Pharm stage,技術情報協会,Vol. 18,No. 7,p. 8-13,2018年10月
  • バリデーション,ベリフィケーションの考え方と実務への落とし込み,水谷学,紀ノ岡正博,PHARMSTAGE,Vol. 18,No. 5,p. 19-24,2018年10月
  • Comparison of growth kinetics between static and dynamic cultures of human induced pluripotent stem cells,Vol. 125,No. 6,p. 736-740,2018年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A Novel Strategy for Simple and Robust Expansion of Human Pluripotent Stem Cells Using Botulinum Hemagglutinin.,Kim MH,Kino-Oka M,Advances in experimental medicine and biology,Vol. 1077,p. 19-29,2018年04月
  • Botulinum hemagglutinin-mediated in situ break-up of human induced pluripotent stem cell aggregates for high-density suspension culture,Vol. 115,No. 4,p. 910-920,2018年04月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Maintenance of human chondrogenic phenotype on a dendrimer-immobilized surface for an application of cell sheet engineering,Vol. 18,No. 1,2018年03月14日,研究論文(学術雑誌)
  • Kinetic analysis of cell decay during the filling process: Application to lot size determination in manufacturing systems for human induced pluripotent and mesenchymal stem cells,Vol. 131,p. 31-38,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Large-scale culture of a megakaryocytic progenitor cell line with a single-use bioreactor system,Vol. 34,No. 2,p. 362-369,2018年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A Simple and Robust Method for Culturing Human-Induced Pluripotent Stem Cells in an Undifferentiated State Using Botulinum Hemagglutinin,Vol. 13,No. 2,2018年02月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A Simple and Robust Method for Culturing Human-Induced Pluripotent Stem Cells in an Undifferentiated State Using Botulinum Hemagglutinin,Mee-Hae Kim,Yoshifumi Matsubara,Yukako Fujinaga,Masahiro Kino-oka,Biotechnology Jounal,Vol. 13,No. 2,p. 1700384 (1)-1700384(10),2018年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Numerical investigation for the movement of cell colonies in bioreactors: Stirring and orbital shaking tanks,Vol. 51,No. 5,p. 423-430,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Bioprocessing Strategies for Pluripotent Stem Cells Based on Waddington's Epigenetic Landscape,Vol. 36,No. 1,p. 89-104,2018年01月01日
  • Numerical study of fluid dynamics and particle behavior in an iPS cell culture tank,M. Yano,T. Yamamoto,Y. Okano,T. Kanamori,M. Kino-oka,AJChE,Vol. 17,p. 29-36,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an automated chip culture system with integrated on-line monitoring for maturation culture of retinal pigment epithelial cells,Mee-Hae Kim,Masakazu Inamori,Masakazu Akechi,Hirohisa Abe,Yoshiki Yagi,Masahiro Kino-oka,AIMS Bioengineering,Vol. 4,No. 4,p. 402-417,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Size- and time-dependent growth properties of human induced pluripotent stem cells in the culture of single aggregate.,Nath SC,Horie M,Nagamori E,Kino-Oka M,Journal of bioscience and bioengineering,Elsevier {BV},Vol. 124,No. 4,p. 469-475,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Chondrogenesis and hypertrophy in response to aggregate behaviors of human mesenchymal stem cells on a dendrimer-immobilized surface.,Wongin S,Ogawa Y,Kim MH,Viravaidya-Pasuwat K,Kino-Oka M,Biotechnology letters,Vol. 39,No. 8,p. 1253-1261,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Phenotypic heterogeneity of human retinal pigment epithelial cells in passaged cell populations,Rie Sonoi,Mee-Hae Kim,Kenta Yamada,Masahiro Kino-oka,Journal of bioscience and bioengineering,Vol. 124,No. 2,p. 227-233,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Degradation of endothelial network in disordered tumor-containing cell sheet,Menglu Li,Masahiro Kino-oka,Journal of bioscience and bioengineering,Vol. 123,No. 6,p. 748-753,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Current state and perspectives in modeling and control of human pluripotent stem cell expansion processes in stirred-tank bioreactors.,Galvanauskas V,Grincas V,Simutis R,Kagawa Y,Kino-Oka M,Biotechnology progress,Vol. 33,No. 2,p. 355-364,2017年03月
  • Botulinum hemagglutinin-mediated selective removal of cells deviating from the undifferentiated state in hiPSC colonies.,Kim MH,Sugawara Y,Fujinaga Y,Kino-Oka M,Scientific reports,Springer Nature,Vol. 7,No. 1,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • コトづくりに資する活動,紀ノ岡 正博,再生医療,(株)メディカルレビュー社,Vol. 16,No. 1,p. 1-1,2017年02月
  • Effect of suspension time on growth potential in cryopreservation process of human mesenchymal stem cells,Ungkulpasvich U,Ungkulpasvich U,Fukumori K,Viravaidya-Pasuwat K,Viravaidya-Pasuwat K,Kino-Oka M,BMEiCON 2016 - 9th Biomedical Engineering International Conference,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Disruption of myoblast alignment by highly motile rhabdomyosarcoma cell in tissue structure.,Li M,Nagamori E,Kino-Oka M,Journal of bioscience and bioengineering,Elsevier {BV},Vol. 123,No. 2,p. 259-264,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Numerical study of fluid dynamics in suspension culture of ips cells,Yano M,Yamamoto T,Okano Y,Kanamori T,Kino–Oka M,ASEAN Journal of Chemical Engineering,Vol. 17,No. 1,p. 73-81,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Culture medium refinement by dialysis for the expansion of human induced pluripotent stem cells in suspension culture.,Nath SC,Nagamori E,Horie M,Kino-Oka M,Bioprocess and biosystems engineering,Vol. 40,No. 1,p. 123-131,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of gene expression profiles of Lactobacillus paracasei induced by direct contact with Saccharomyces cerevisiae through recognition of yeast mannan,Shino Yamasaki-Yashiki,Hiroshi Sawada,Masahiro Kino-oka,Yoshio Katakura,Bioscience of Microbiota, Food Health,BMFH Press,Vol. 36,No. 1,p. 17-25,2017年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Experience of contamination during autologous cell manufacturing in cell processing facility under the Japanese Medical Practitioners Act and the Medical Care Act,Manabu Mizutani,Manabu Mizutani,Hazuki Samejima,Hiroshi Terunuma,Masahiro Kino-oka,Regenerative Therapy,Vol. 5,p. 25-30,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Migration-driven aggregate behaviors of human mesenchymal stem cells on a dendrimer-immobilized surface direct differentiation toward a cardiomyogenic fate commitment,Yuuki Ogawa,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Journal of Bioscience and Bioengineering,Elsevier,Vol. 122,No. 5,p. 627-632,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • An in silico prediction tool for the expansion culture of human skeletal muscle myoblasts,Yuki Kagawa,Masahiro Kino-oka,Royal Society Open Science,The Royal Society,Vol. 3,No. 10,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Investigation of particle behavior in a stirred tank for optimization of suspension culture of iPS cell,M. Yano,T. Yamamoto,Y. Okano,T. Kanamori,M. Kino-oka,Proceedings of the 27th International Symposium on Transport Phenomena,2016年09月20日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 製造のモニタリング評価 (特集 再生医療のための細胞加工物の評価技術),水谷 学,紀ノ岡 正博,Bio industry = バイオインダストリー,シーエムシー出版,Vol. 33,No. 9,p. 49-57,2016年09月
  • Facilitation of uniform maturation of human retinal pigment epithelial cells through collective movement in culture.,Sonoi R,Kim MH,Kino-Oka M,Journal of bioscience and bioengineering,Elsevier {BV},Vol. 121,No. 2,p. 220-226,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Pump-free perfusion tissue culture plate for large-scale production of liver bud,Ohkubo T,Kanai M,Abe H,Ayano S,Taniguchi H,Kino-Oka M,20th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2016,p. 427-428,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Changes in human mesenchymal stem cell behaviors on dendrimer-immobilized surfaces due to mediation of fibronectin adsorption and assembly,Vol. 120,No. 6,p. 709-714,2015年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Numerical modeling of iPS cell culture based on mass transfer in a culture environment,H. Suzuki,T. Yamamoto,Y. Takagi,Y. Okano,S. Sugiura,K. Sumaru,T. Kanamori,M. Kino-oka,Proceedings of Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress 2015,2015年09月27日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 再生医療等製品に係るGCTP省令の解釈とその実務対応,水谷 学,紀ノ岡正博,GMPeople,Vol. 1,No. 5,p. 62-68,2015年08月
  • Maintenance of an undifferentiated state of human induced pluripotent stem cells through migration-dependent regulation of the balance between cell-cell and cell-substrate interactions,Vol. 119,No. 6,p. 617-622,2015年06月
  • 再生医療等製品においてGCTP省令に適合するには?,水谷 学,紀ノ岡 正博,Pharm stage,技術情報協会,Vol. 15,No. 1,p. 7-11,2015年04月
  • 再生医療を支援する産業化に向けたコトづくり,紀ノ岡 正博,大阪大学工業会誌 TECHNO NET,大阪大学工業会,No. 567,p. 27-30,2015年01月
  • Locational heterogeneity of maturation by changes in migratory behaviors of human retinal pigment epithelial cells in culture,Vol. 119,No. 1,p. 107-112,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Maintenance of undifferentiated state of human induced pluripotent stem cells through cytoskeleton-driven force acting to secreted fibronectin on a dendrimer-immobilized surface,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Journal of Bioscience and Bioengineering,Elsevier,Vol. 118,No. 6,p. 716-722,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a simulation code for iPS cell culture considering concentration profiles in a culture medium,H. Suzuki,Y. Nashiki,T. Yamamoto,Y. Takagi,Y. Okano,S. Sugiura,K. Sumaru,T. Kanamori,M. Kino-oka,Proceedings of the 25th International Symposium on Transport Phenomena,2014年11月05日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 新法施行後の再生医療等製品の製造及び品質管理 (特集 薬事法改正・再生医療安全性確保法を踏まえた再生医療製品の開発戦略),水谷 学,紀ノ岡 正博,田中 雅教,Pharm stage,技術情報協会,Vol. 14,No. 7,p. 11-16,2014年10月
  • 細胞培養加工施設紹介,水谷 学,紀ノ岡正博,クリーンテクノロジー,日本工業出版,Vol. 24,No. 7,p. 24-27,2014年07月
  • In vitro models for angiogenesis research: a review,Trung Xuan Ngo,Eiji Nagamori,Tatsuya Shimizu,Teruo Okano,Masahito Taya,Masahiro Kino-oka,International Journal of Tissue Regeneration,Vol. 5,No. 2,p. 37-45,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Kinetic analysis of deviation from the undifferentiated state in colonies of human induced pluripotent stem cells on feeder layers,Mee-Hae Kim,Eri Masuda,Masahiro Kino-oka,Vol. 111,No. 6,p. 1128-1138,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Influence of Surface Topography on the Human Epithelial Cell Response to Micropatterned Substrates with Convex and Concave Architectures,Mee-Hae Kim,Yoshiko Sawada,Masahito Taya,Masahiro Kino-oka,Journal of Biological Engineering,Vol. 8,No. 1,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 再生医療製品の改正薬事法における製造承認と再生医療新法における製造 (特集 新規制を見据えた再生医療の開発・申請のコツ),水谷 学,紀ノ岡 正博,Pharm stage,技術情報協会,Vol. 13,No. 12,p. 30-35,2014年03月
  • Directed differentiation of human mesenchymal stem cells toward a cardiomyogenic fate commitment through formation of cell aggregates,Mee Hae Kim,Yuuki Ogawa,Koji Yamada,Masahito Taya,Masahiro Kino-oka,Biochemical Engineering Journal,Vol. 84,p. 53-58,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Spatial habitation of heterogeneous cell population in a multi-layered myoblast sheet due to the differences in their behaviors of migration and cell-cell connection,Eiji Nagamori,Masashi Oda,Tadashi Nakamura,Tatsuya Shimizu,Teruo Okano,Masahiro Kino-Oka,Current Nanoscience,Vol. 10,No. 2,p. 173-178,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Switching between self-renewal and lineage commitment of human induced pluripotent stem cells via cell-substrate and cell-cell interactions on a dendrimer-immobilized surface,Mee Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Biomaterials,Vol. 35,No. 22,p. 5670-5678,2014年01月,研究論文(学術雑誌)
  • ヒト細胞培養のための基材設計と細胞シートの活用,紀ノ岡 正博,超精密,精密工学会 超精密加工専門委員会,2013年12月
  • 細胞培養装置の動向,紀ノ岡正博,大阪大学医学部 学友会会誌,医学振興銀杏会,2013年12月
  • 細胞加工施設(cell processing facility ; CPF),紀ノ岡 正博,再生医療,(株)メディカルレビュー社,2013年11月
  • Endothelial cell behavior inside myoblast sheets with different thickness,Trung Xuan Ngo,Eiji Nagamori,Tetsutaro Kikuchi,Tatsuya Shimizu,Teruo Okano,Masahito Taya,Masahiro Kino-oka,Biotechnology letters,Springer,Vol. 35,No. 7,p. 1001-1008,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Preferential growth of skeletal myoblasts and fibroblasts in co-culture on a dendrimer-immobilized surface,Masahiro K,Kim J,Kurisaka K,Kim M,Seibutsu-kogaku Kaishi,Vol. 115,No. 1,p. 96-99,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ASTM international における再生医療分野の標準化動向,廣瀬 志弘,紀ノ岡 正博,SQ 標準化と品質管理,日本規格協会,2013年03月
  • Modulation of chondrocyte migration and aggregation by insulin-like growth factor-1 in cultured cartilage,Masrina Mohd Nadzir,Masahiro Kino-oka,Katsura Sugawara,Masahito Taya,Biotechnology letters,Springer,Vol. 35,No. 2,p. 295-300,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Cell tracking under high confluency conditions by candidate cell region detection-based association approach,p. 554-561,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of automated 3-dimensional tissue fabrication system similar to Tissue Factory - Automated cell isolation from tissue for regenerative medicine similar to,p. 358-361,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • “板状細胞集塊の作製とその利用”, 「細胞工学 ~ My Technology」,紀ノ岡 正博,学研メディカル秀潤社,2013年01月
  • Network formation through active migration of human vascular endothelial cells in a multilayered skeletal myoblast sheet,Eiji Nagamori,Trung Xuan Ngo,Yasunori Takezawa,Atsuhiro Saito,Yoshiki Sawa,Tatsuya Shimizu,Teruo Okano,Masahito Taya,Masahiro Kino-oka,Biomaterials,Vol. 34,No. 3,p. 662-668,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Preferential growth of skeletal myoblasts and fibroblasts in co-culture on a dendrimer-immobilized surface,Vol. 115,No. 1,p. 96-99,2013年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Preservation Conditions of Collagen Substrate on Its Fibril Formation and Rabbit Chondrocyte Morphology,Masrina Mohd Nadzir,Masahiro Kino-oka,Katsura Sugawara,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng,Vol. 114,No. 3,p. 360-363,2012年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of Locality of Early-Stage Maturation in Confluent State of Human Retinal Pigment Epithelial Cells,Mee-Hae Kim,Rie Sonoi,Kenta Yamada,Masakazu Inamori,Masahiro Kino-oka,J. Biosci. Bioeng,Vol. 113,No. 6,p. 778-781,2012年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 細胞シート再生治療を支援する自動培養三次元化システム,水谷 学,紀ノ岡 正博,清水 達也,岡野 光夫,日本臨床検査自動化学会会誌,(一社)日本臨床検査自動化学会,Vol. 37,No. 2,p. 182-186,2012年04月
  • Laboratory of BioProcess Systems Engineering-Osaka University of Japan,Masahiro Kino-oka,InterLink (Linking the international community of TERMIS),2012年03月
  • Evaluation of vertical cell fluidity in a multilayered sheet of skeletal myoblasts,Masahiro Kino-oka,Trung Xuan Ngo,Eiji Nagamori,Yasunori Takezawa,Yasuki Miyake,Yoshiki Sawa,Atsuhiro Saito,Tatsuya Shimizu,Teruo Okano,Masahito Taya,Journal of Bioscience and Bioengineering,Vol. 113,No. 1,p. 128-131,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Embryonic Stem Cells Maintain an Undifferentiated State on Dendrimer-Immobilized Surface with D-Glucose Display,Shohreh Mashayekhan,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Jun-ichi Miyazaki,Masahito Taya,Polymers,Vol. 3,No. 4,p. 2078-2087,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Comprehension of Terminal Differentiation and Dedifferentiation of Chondrocytes During Passage Cultures,Masrina Mohd Nadzir,Masahiro Kino-oka,Nao Maruyama,Yasuaki Sato,Mee-Hae Kim,Katsura Sugawara,Masahito Taya,Journal of Bioscience and Bioengineering,Vol. 112,No. 4,p. 395-401,2011年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Comprehension of terminal differentiation and dedifferentiation of chondrocytes during passage cultures,Vol. 112,No. 4,p. 395-401,2011年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 培養面を利用した細胞骨格の制御と分化誘導,金美海,紀ノ岡正博,医学のあゆみ,2011年09月
  • 板状細胞集塊の魅力,紀ノ岡正博,HAB Newsletter,2011年09月
  • Characterization of spatial cell distribution in multilayer sheet of human keratinocytes through a stereoscopic cell imaging system,Mee-Hae Kim,Naoki Tsubakino,Shogo Kagita,Masahito Taya,Masahiro Kino-oka,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 112,No. 3,p. 289-291,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • ヒト角化細胞の細胞寿命の進行に伴う細胞状態の評価指標,尾島由紘,芦田知亮,楠田綾子,紀ノ岡正博,田谷正仁,化学工学論文集,公益社団法人 化学工学会,Vol. 37,No. 3,p. 351-355,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 細胞を育てるための環境の重要性とそのコスト,紀ノ岡正博,きんか,2011年06月
  • Strategy for preventing bacterial contamination by adding exogenous ethanol in solid-state semi-continuous bioethanol production,Yoshio Katakura,Yoshio Katakura,Churairat Moukamnerd,Satoshi Harashima,Masahiro Kino-oka,Journal of Bioscience and Bioengineering,Vol. 111,No. 3,p. 343-345,2011年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Novel method for quality control of myoblast sheet toward clinical transplantation,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 移植用組織生産における細胞挙動シミュレーション,浦栃信吾,大野翔太,紀ノ岡正博,田谷正仁,ケミカルエンジニヤリング,Vol. 55,p. 6-10,2010年11月
  • Cardiomyogenic Induction of Human Mesenchymal Stem Cells by Altered Rho Family GTPase Expression on Dendrimer-Immobilized Surface with D-Glucose Display,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Nao Maruyama,Atsuhiro Saito,Yoshiki Sawa,Masahito Taya,Biomaterial,Vol. 31,No. 30,p. 7666-7677,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Ethanol production from biomass by repetitive solid-state fed-batch fermentation with continuous recovery of ethanol,Vol. 88,No. 1,p. 87-94,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Direct Measurement of Oxygen Concentration inside Cultured Cartilage for Relating to Spatial Growth of Rabbit Chondrocytes,Masahiro Kino-oka,Shogo Kagita,Masrina Mohd Nadzir,Hirofumi Inoue,Katsura Sugawara,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 110,No. 3,p. 363-366,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Growth and Differentiation Potentials in Confluent State of Culture of Human Skeletal Muscle Myoblasts,Shiplu Roy Chowdhury,Yuichi Muneyuki,Yasunori Takezawa,Masahiro Kino-oka,Atsuhiro Saito,Yoshiki Sawa,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 109,No. 3,p. 310-313,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Designing Culture Surfaces Based on Cell Anchoring Mechanisms to Regulate Cell Morphologies and Functions,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Biotechnol. Adv.,Vol. 28,No. 1,p. 7-16,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Myogenic Induction of Human Mesenchymal Stem Cells by Culture on Dendrimer-Immobilized Surface with D-Glucose Display,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Atsuhiro Saito,Yoshiki Sawa,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 109,No. 1,p. 55-61,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Dendrimer-Immobilized Culture Surface as a Tool to Promote Aggregate Formation of Anchorage-Dependent Cells,Vol. 16,p. 57-63,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Automating the expansion process of human skeletal muscle myoblasts with suppression of myotube formation,Masahiro Kino-Oka,Shiplu Roy Chowdhury,Shiplu Roy Chowdhury,Yuichi Muneyuki,Yuichi Muneyuki,Masafumi Manabe,Masafumi Manabe,Atsuhiro Saito,Yoshiki Sawa,Masahito Taya,Masahito Taya,Tissue Engineering - Part C: Methods,Vol. 15,No. 4,p. 717-728,2009年12月,研究論文(学術雑誌)
  • BM-P14 Cell migration in multilayer cell sheet(Section III Biomedical Engineering),Kino-oka Masahiro,Takezawa Yasunori,Trung Ngo Xuan,Taya Masahito,Journal of bioscience and bioengineering,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 108,No. 1,2009年11月
  • Recent Developments in Processing Systems for Cell and Tissue Cultures toward Therapeutic Application,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 108,No. 4,p. 267-276,2009年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Synergic stimulation of laminin and epidermal growth factor facilitates the myoblast growth through promoting migration,Shiplu Roy Chowdhury,Yuichi Muneyuki,Yasunori Takezawa,Masahiro Kino-oka,Atsuhiro Saito,Yoshiki Sawa,Masahito Taya,Masahito Taya,Journal of Bioscience and Bioengineering,Vol. 108,No. 2,p. 174-177,2009年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A Collagen-coated Surface Enables Quantitative Evaluation of Morphological Behaviors of Rabbit Chondrocytes Relating to Cell Differentiation in an Early Culture Phase,Ali Baradar Khoshfetrat,Masahiro Kino-oka,Katsura Sugawara,Masahito Taya,Biochem. Eng. J.,Vol. 45,No. 1,p. 60-68,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • ヒト細胞自動培養装置,紀ノ岡正博,細胞医療 Update,医学のあゆみ,医師薬出版,2009年05月
  • Morphological Evaluation of Chondrogenic Potency in Passaged Cell Populations,Masahiro Kino-oka,Yoshikatsu Maeda,Yasuaki Sato,Nao Maruyama,Yasunori Takezawa,Ali Baradar Khoshfetrat,Katsura Sugawara,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 107,No. 5,p. 544-551,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Quality Control of Cultured Tissues Requires Tools for Quantitative Analyses of Heterogeneous Features Developed in Manufacturing Process,Masahiro Kino-oka,Yasunori Takezawa,Masahito Taya,Cell and Tissue Bank,Vol. 10,No. 1,p. 63-74,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Morphological Regulation and Aggregate Formation of Rabbit Chondrocytes on Dendrimer-Immobilized Surface with D-Glucose Display,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Yoshiki Morinaga,Yoshiko Sawada,Masaya Kawase,Kiyohito Yagi,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 107,No. 2,p. 196-205,2009年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Seeding Density Modulates Migration and Morphology of Rabbit Chondrocytes Cultured in Collagen Gels,Ali Baradar Khoshfetrat,Masahiro Kino-oka,Yasunori Takezawa,Takeyuki Yamamoto,Katsura Sugawara,Masahito Taya,Biotechnol. Bioeng.,Vol. 102,No. 1,p. 294-302,2009年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Transforming Growth Factor-β1 on Morphological Characteristics Relating to Migration and Differentiation of Rabbit Chondrocytes Cultured in Collagen Gels,Ali Baradar Khoshfetrat,Masahiro Kino-oka,Yasunori Takezawa,Yasuaki Sato,Takeyuki Yamamoto,Katsura Sugawara,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 106,No. 6,p. 547-553,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Enrichment of Undifferentiated Mouse Embryonic Stem Cells on a Culture Surface with a Glucose-Displaying Dendrimer,Shohreh Mashayekhana,Mee-Hae Kim,Satsuki Miyazakia,Fumi Tashiro,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Jun-ichi Miyazaki,Biomaterials,Vol. 29,No. 31,p. 4236-4243,2008年11月,研究論文(学術雑誌)
  • アスパラガス不定胚の同調化と長期継代培養時における不定胚の安定性評価,尾島由紘,岩本 嗣,西岡 求,紀ノ岡正博,金谷 忠,浅田雅宣,田谷正仁,植物環境工学,日本植物工場学会,Vol. 20,No. 3,p. 176-183,2008年07月,研究論文(学術雑誌)
  • セルプロセッシングにおける増殖シミュレータ,紀ノ岡正博,田谷正仁,再生医療,2008年05月
  • Cell behavior analysis to evaluate proliferative potentials of human lymphocytes expanded and activated for therapeutic use,Norihiko Hata,Hidemasa Jinguji,Masahiro Kino-Oka,Masahito Taya,Journal of Bioscience and Bioengineering,Vol. 105,No. 5,p. 566-569,2008年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Glucose Transporter Mediation Responsible for Morphological Changes of Human Epithelial Cells on Glucose-Displayed Surface,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Masaya Kawase,Kiyohito Yagi,Masahito TayaSugawara,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 105,No. 4,p. 319-326,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of Spatial Growth and Distribution of Chondrocyte Cells Embedded in Collagen Gels through a Stereoscopic Cell Imaging System,Masahiro Kino-oka,Yoshikatsu Maeda,Yasuaki Sato,Ali Baradar Khoshfetrat,Takeyuki Yamamoto,Katsura Sugawara,Masahito Taya,Biotechnol. Bioeng.,Vol. 99,No. 5,p. 1230-1240,2008年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Synergistic Effect of D-glucose and EGF Display on Dynamic Behaviors of Human Epithelial Cells,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Masaya Kawase,Kiyohito Yagi,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 104,No. 5,p. 428-431,2007年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 未来医療に向けたセルプロセッシングとインフォマティックスの利用-特集によせて,紀ノ岡正博,高木睦,井藤彰,生物工学会誌,2007年10月
  • Observational Examination of Aggregation and Migration in Early Phase of Neurosphere Culture of Mouse Neural Stem Cells,Hideki Mori,Toshika Fujitani,Yonehiro Kanemura,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 104,No. 3,p. 231-234,2007年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Collagen Vitrigel Membrane Useful for Paracrine Assays in Vitro and Drug Delivery Systems in Vivo,Toshiaki Takezawa,Tomoyo Takeuchi,Aya Nitani,Yoshiharu Takayama,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Shin Enosawa,J. Biotechnol.,Vol. 131,No. 1,p. 76-83,2007年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Image Cytometry for Analyzing Regional Distribution of Cells Inside Human Neurospheres,Hideki Mori,Kazuaki Ninomiya,Yonehiro Kanemura,Mami Yamasaki,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 103,No. 4,p. 384-387,2007年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Response of Human Epithelial Cells to Culture Surfaces with Varied Roughnesses Prepared by Immobilizing Dendrimers with/without D-Glucose Display,Mee-Hae Kim,Masahiro Kino-oka,Masaya Kawase,Kiyohito Yagi,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 103,No. 2,p. 192-199,2007年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Morphological Regulation of Rabbit Chondrocytes on Glucose-Displayed Surface,Masahiro Kino-oka,Yoshiki Morinaga,Mee-Hae Kim,Yoshinori Takezawa,Masaya Kawase,Kiyohito Yagi,Masahito Taya,Biomaterials,Vol. 28,No. 9,p. 1680-1688,2007年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Neurosphere Size on the Growth Rate of Human Neural Stem/progenitor Cells,Hideki Mori,Kazuaki Ninomiya,Masahiro Kino-oka,Tomoko Shofuda,Mohammed Omedul Islam,Mami Yamasaki,Hideyuki Okano,Masahito Taya,Yonehiro Kanemura,J. Neurosci. Res.,Vol. 84,No. 8,p. 1682-1691,2006年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Monitoring of monolayer and multilayer growth for epithelial sheet formation,Masahiro Kino-oka,Natsuki Ogawa,Koji Murai,Masafumi Manabe,Masahito Taya,Biochem. Eng. J.,Vol. 32,No. 1,p. 49-55,2006年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Observation of individual cell behaviors to analyze mitogenic effects of sericin,p. 155-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 移植を前提とした組織培養工程における細胞評価,紀ノ岡正博,田谷正仁,医工学治療,2005年12月
  • Relations between Individual Cellular Motions and Proliferative Potentials in Successive Cultures of Human Keratinocytes,Norihiko Hata,Yuka Agatahama,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Cytotechnology,Vol. 47,No. 1-3,p. 127-131,2005年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 化学工学系2回生へのPBL教育に対するアウトカムズの持続的評価,久保井 亮一,島田 彌,江頭 靖幸,海老谷 幸喜,紀ノ岡 正博,高橋 英明,佐藤 博,馬越 大,白石 康浩,芝 定孝,島内 寿徳,工学教育,公益社団法人 日本工学教育協会,Vol. 53,No. 6,p. 52-57,2005年11月
  • Long-Term Subcultures of Human Keratinocytes under an Anoxic Condition,Masahiro Kino-oka,Yuka Agatahama,Yuki Haga,Masukazu Inoie,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng., Vol.100, No.1, pp. 119-122 (2005),Vol. 100,No. 1,p. 119-122,2005年07月,研究論文(学術雑誌)
  • テーマの自主設定に特に注力した化学工学系2回生へのPBL教育とその効果,久保井 亮一,島田 彌,江頭 靖幸,海老谷 幸喜,紀ノ岡 正博,高橋 英明,佐藤 博,馬越 大,白石 康浩,芝 定孝,工学教育,公益社団法人 日本工学教育協会,Vol. 53,No. 4,p. 18-22,2005年07月
  • Subculture of Chondrocytes on a Collagen Ttype-I Coated Substrate with Suppressed Cellular Dedifferentiation,Masahiro Kino-oka,Shino Yashiki,Yuka Ota,Yuko Mushiaki,Katsura Sugawara,Takeyuki Yamamoto,Toshiaki Takezawa,Masahito Taya,Tissue Eng.,Vol. 11,No. 3-4,p. 597-608,2005年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Bioreactor Design for Successive Culture of Anchorage-Dependent Cells Operated in an Automated Manner,Masahiro Kino-oka,Natsuki Ogawa,Ryota Umegaki,Masahito Taya,Tissue Eng.,Vol. 11,No. 3-4,p. 535-545,2005年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A Kinetic Modeling of Chondrocyte Culture for Manufacture of Tissue-Engineered Cartilage,Masahiro Kino-oka,Yoshikatsu Maeda,Takeyuki Yamamoto,Katsura Sugawara,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,Vol. 99,No. 3,p. 197-207,2005年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Process Design of Chondrocyte Cultures with Monolayer Growth for Cell Expansion and Subsequent Three-Dimensional Growth for Production of Cultured Cartilage,Masahiro Kino-oka,Yoshikatsu Maeda,Yuka Ota,Shino Yashiki,Takeyuki Yamamoto,Katsura Sugawara,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng., Vol.100, No.1, pp. 67-76 (2005).,Vol. 100,No. 1,p. 67-76,2005年,研究論文(学術雑誌)
  • Differences in Responses of Plant Hairy Roots to Chemical Toxicity Compared between Primary and Ramified Roots,Kazuaki Ninomiya,Motomu Nishioka,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Environ. Sci., 11(5), 283-291,Vol. 11,No. 5,p. 283-291,2004年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 軟骨細胞のコラーゲンゲル包埋培養を対象とした3次元増殖モデル,屋敷思乃,原由之,紀ノ岡正博,田谷正仁,化学工学論文集,公益社団法人 化学工学会,Vol. 30,No. 4,p. 515-521,2004年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Comprehension of Attachment and Multiplication Properties by Observing Individual Cell Behaviors in Anchorage-Dependent Culture,Norihiko Hata,Hiroyuki Hirai,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Biochem. Eng. J., 20(2-3), p.197-202,Vol. 20,No. 2-3,p. 197-202,2004年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A three-dimensional growth model for chondrocytes embedded in collagen gel,Vol. 30,No. 4,p. 515-521,2004年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Growth Potential of Human Epithelial Cells by Motion Analysis of Pairwise Rotation under Glucose-Limited Condition,Masahiro Kino-oka,Yuka Agatahama,Norihiko Hata,Masahito Taya,Biochem. Eng. J.,19(2), p.109-117,Vol. 19,No. 2,p. 109-117,2004年07月,研究論文(学術雑誌)
  • スイッチ機能を持つ組織培養 -細胞剥離を制御できる温度感受性ポリマー-,紀ノ岡正博,化学,59(5), p.62-63,化学同人,2004年05月
  • Acute responses of cell individuals observed after calcium administration in human keratinocyte culture,Norihiko Hata,Koji Murai,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Biochem. Eng. J.,18(2), p.155-158,Vol. 18,No. 2,p. 155-158,2004年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Bioengineering study on manufacturing process of human cultured tissues available for transplantation - Monograph,Kino-oka M,Seibutsu-kogaku Kaishi,Vol. 82,No. 3,p. 93-100,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Dendrimer-Immobilized Culture Surface as a Tool to Evaluate Formation of Cellular Cytoskeleton of Anchorage-Dependent Cells,Norihiko Hata,Mee-Hae Kim,Katsuhiro Isoda,Masahiro Kino-oka,Masaya Kawase,Kiyohito Yagi,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,97(4), p.233-238,Vol. 97,No. 4,p. 233-238,2004年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Dendrimer-immobilized culture surface as a tool to evaluate formation of cellular cytoskeleton of anchorage-dependent cells,Norihiko Hata,Mee Hae Kim,Katsuhiro Isoda,Masahiro Kino-Oka,Masaya Kawase,Kiyohito Yagi,Masahito Taya,Masahito Taya,Journal of Bioscience and Bioengineering,Vol. 97,No. 4,p. 233-238,2004年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of cell detachment and growth potential of human keratinocyte based on observed changes in individual cell area during trypsinization,Ryota Umegaki,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Biochem. Eng. J.,17(1), p.49-55,Vol. 17,No. 1,p. 49-55,2004年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of culture techniques of keratinocytes for skin graft production.,Vol. 91,p. 135-169,2004年
  • Characterization of elongating potentials of root tips in terms of ATP contents in heterotrophic and photoautotrophic hairy roots of pak-bung,Kazuaki Ninomiya,Yuki Tsushima,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Chem. Eng. Japan,36(6), p.725-729,Vol. 36,No. 6,p. 725-729,2003年07月,研究論文(学術雑誌)
  • An Automatic Image Analyzing System for Evaluation of Elongating Behavior of Plant Hairy Roots Exposed to Herbicidal Stimuli,Kazuaki Ninomiya,Yuki Tsushima,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,96(1), p.98-101,Vol. 96,No. 1,p. 98-101,2003年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of elongating potentials of root tips in terms of ATP contents in heterotropic and photoautotrophic hairy roots of pak-bung,Vol. 36,No. 6,p. 725-729,2003年06月,研究論文(学術雑誌)
  • トリプシンおよびトリプシンインヒビター処理を伴うヒト角化細胞の継代培養操作,梅垣良太,紀ノ岡正博,田谷正仁,化学工学論文集,29(3), p.432-438,公益社団法人 化学工学会,Vol. 29,No. 3,p. 432-438,2003年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Subculture operation with trypsin and trypsin inhibitor in successive passages of human keratinocytes,Vol. 29,No. 3,p. 432-438,2003年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of Herbicidal Toxicity Based on Non-Destructive Measurement of Local Chlorophyll Content in Photoautotrophic Hairy Roots,Kazuaki Ninomiya,Yoshihiro Oogami,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,95(3), p.264-270,Vol. 95,No. 3,p. 264-270,2003年03月,研究論文(学術雑誌)
  • An automatic image analyzing system for evaluation of elongating behavior of plant hairy roots exposed to herbicidal stimuli,Kazuaki Ninomiya,Yuki Tsushima,Masahiro Kino-Oka,Masahito Taya,Journal of Bioscience and Bioengineering,Vol. 96,No. 1,p. 98-101,2003年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Assessment of herbicidal toxicity based on non-destructive measurement of local chlorophyll content in photoautotrophic hairy roots,Vol. 95,No. 3,p. 264-270,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of Cellular Motions through Direct Observation of Individual Cells at Early Stage in Anchorage-Dependent Culture,Hiroyuki Hirai,Ryota Umegaki,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng.,94(4), p.351-356,Vol. 94,No. 4,p. 351-356,2002年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Correlation of cellular life span with growth parameters observed in successive cultures of human keratinocytes,Ryota Umegaki,Koji Murai,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng., Vol.94, No.3, pp.231-236,Vol. 94,No. 3,p. 231-236,2002年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Elongating responses to herbicides of heterotrophic and photoahtotrophic hairy roots derived from pak-bung plant,Kazuaki Ninomiya,Yoshihiro Oogami,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng., Vol.93, No.5, pp.505-508,Vol. 93,No. 5,p. 505-508,2002年05月,研究論文(学術雑誌)
  • (99)テーマの自主設定に特に注力した化学工学系2回生へのPBL教育とその効果(第27セッション 工学教育の個性化・活性化システム(II)):: テーマの自主設定と表示・討論スキルに注力した2回生へのPBL教育(第1報),久保井 亮一,江頭 靖幸,海老谷 幸喜,紀ノ岡 正博,高橋 英明,島田 彌,工学教育研究講演会講演論文集,公益社団法人 日本工学教育協会,Vol. 2002,No. 0,p. 317-320,2002年04月
  • Segmental distribution in potentials of lateral root budding and oxygen uptake of plant hairy roots,Kazuaki Ninomiya,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,Biochem. Eng. J., Vol.10, No.1, pp.73-76,Vol. 10,No. 1,p. 73-76,2002年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of growth properties through morphological observation in culture of anchorage-dependent cells,p. 121-125,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Characterization of cellular motions through direct observation of individual cells at early stage in anchorage-dependent culture,Vol. 94,No. 4,p. 351-356,2002年,研究論文(学術雑誌)
  • Elongating responses to herbicides of heterotrophic and photoautotrophic hairy roots derived from pak-bung plant,Vol. 93,No. 5,p. 505-508,2002年,研究論文(学術雑誌)
  • Correlation of cellular life span with growth parameters observed in successive cultures of human keratinocytes,Vol. 94,No. 3,p. 231-236,2002年,研究論文(学術雑誌)
  • Elongating potential of pak-bung hairy roots under photoautotrophic culture condition,Kazuaki Ninomiya,Hirofumi Nagatome,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Chem. Eng. Japan, Vol.34, No.11, pp.1396-1401,Vol. 34,No. 11,p. 1396-1401,2001年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of attachment and growth of anchorage-dependent cells on culture surfaces with type I collagen coating,Shino Yashiki,Ryota Umegaki,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng., Vol.92, No.4, pp.385-388,Vol. 92,No. 4,p. 385-388,2001年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of growth property of red beet hairy roots depending on condition of inocula and its application to culture control with fuzzy logic theory,Yusuke Takahashi,Yoshio Hitaka,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,Biochem. Eng. J., Vol.8, No.2, pp.121-127,Vol. 8,No. 2,p. 121-127,2001年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of attachment and growth of anchorage-dependent cells on culture surfaces with type I collagen coating,Vol. 92,No. 4,p. 385-388,2001年,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization and application of plant hairy roots endowed with photosynthetic functions.,Vol. 72,p. 183-218,2001年
  • 二酸化チタン固定化粒子を用いた光殺菌におけるリアクター性能の評価,古泉善行,白波瀬直孝,紀ノ岡正博,田谷正仁,東稔節治,日本防菌防黴学会誌, 28巻, 12号, pp.763-766,日本防菌防黴学会,Vol. 28,No. 12,p. 763-766,2000年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Culture of red beet hairy roots by considering variation in sensitivity of tip meristems to hydraulic stress,Yoshio Hitaka,Yusuke Takahashi,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,Biochem. Eng. J., Vol.6, No.1, pp.1-6,Vol. 6,No. 1,p. 1-6,2000年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an on-line monitoring system of human keratinocyte growth by image analysis and its application to bioreactor culture,Kino-Oka M,Prenosil J.E,Biotechnology and Bioengineering,Vol. 67,No. 2,p. 234-239,2000年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Valuation of growth parameters in monolayer keratinocyte cultures based on a two-dimensional cell placement model,Masahiro Kino-oka,Ryota Umegaki,Masahito Taya,Setsuji Tone,Jiri E. Prenosil,J. Biosci. Bioeng., 89(3), p.285-287,Vol. 89,No. 3,p. 285-287,2000年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Development and characterization of a photoautotrophic cell line of pak-bung hairy roots,Hirofumi Nagatome,Masaki Tsutsumi,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,J. Biosci. Bioeng., Vol.89, No.2, pp.151-156,Vol. 89,No. 2,p. 151-156,2000年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Valuation of growth parameters in monolayer keratinocyte cultures based on a two-dimensional cell placement model,Vol. 89,No. 3,p. 285-287,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • Development and characterization of a photoautotrophic cell line of pak- bung hairy roots,Hirofumi Nagatome,Masaki Tsutsumi,Masahiro Kino-Oka,Masahito Taya,Journal of Bioscience and Bioengineering,Vol. 89,No. 2,p. 151-156,2000年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an on-line monitoring system of human keratinocyte growth by image analysis and its application to bioreactor culture,Vol. 67,No. 2,p. 234-239,2000年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Segmentation of Plant Hairy Roots Promotes Lateral Root Emergence and Subsequent Growth,Masahiro Kino-oka,Yoshio Hitaka,Kazuaki Ninomiya,Masahito Taya,Setsuji Tone,J. Biosci. Bioeng.,88(6), p.690-692,Vol. 88,No. 6,p. 690-692,1999年09月,研究論文(学術雑誌)
  • High Density Culture of Red Beet Hairy Roots by Considering Medium Flow Condition in a Bioreactor,Masahiro Kino-oka,Yoshio Hitaka,Masahito Taya,Setsuji Tone,Chem. Eng. Sci.,54(15), p.3179-3186,Vol. 54,No. 15-16,p. 3179-3186,1999年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Cultured Epithelial Autografts for the Management of a Chronic Pretibial Leg Ulcer due to Congenital Valvular Aplasia,Veronika Slonkova,Masahiro Kino-oka,Sabina Mazza,Carmen Nievergelt,Jiri E. Prenosil,Gunter Burg,Jurg Hafner,Dermatology,198(1), p.101-103,Vol. 198,No. 1,p. 101-103,1999年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Segmentation of plant hairy roots promotes lateral root emergence and subsequent growth,Vol. 88,No. 6,p. 690-692,1999年,研究論文(学術雑誌)
  • Computer controlled bioreactor for large-scale production of cultured skin grafts,J. E. Prenosil,J. E. Prenosil,M. Kino-Oka,Annals of the New York Academy of Sciences,Vol. 875,p. 386-397,1999年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Liquid Flow on Pigment Formation of Red Beet Hairy Roots,Yoshio Hitaka,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,J. Chem. Eng. Japan,32(3), p.370-373,Vol. 32,No. 3,p. 370-373,1999年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of glucose concentration, medium osmotic pressure and light intensity on the growth of Marchantia paleacea var. diptera cells in photomixotrophic culture,Kino-Oka M,Miya-Oka M,Miya-Oka M,Taya M,Tone S,Ono K,Kagaku Kogaku Ronbunshu,Vol. 24,No. 4,1998年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Automated culture of human keratinocytes in bioreactor with image analysis for production of autologous skin grafts,p. 473-478,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 光混合栄養培養におけるフタバネゼニゴケ細胞の増殖に及ぼすグルコース濃度,培地浸透圧と光強度の効果,紀ノ岡正博,宮岡正夫,田谷正仁,東稔節治,小野莞爾,化学工学論文集,24(4), p.692-695,公益社団法人 化学工学会,Vol. 24,No. 4,p. 695-695,1998年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Growth of Human Keratinocytes on Hydrophilic Film Support and Application to Bioreactor Culture,Vol. 31,No. 5,p. 856-859,1998年,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of liquid flow on culture of red beet hairy roots in single column reactor,Vol. 30,No. 6,p. 1070-1075,1997年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Liquid Flow on Culture of Red Beet Hairy Roots in Single Column Reactor,Yoshio Hitaka,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,J. Chem. Eng. Japan,30(6), p.1070-1075,Society of Chemical Engineers,Vol. 30,No. 6,p. 1070-1075,1997年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of light irradiation on growth and chlorophyll formation of pak-bung green hairy roots,Vol. 29,No. 6,p. 1050-1054,1996年,研究論文(学術雑誌)
  • Extracellular Production of Pigment from Red Beet Hairy Roots Accompanied by Oxygen Starvation,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,J. Chem. Eng. Japan,29(3), p.488-493,Vol. 29,No. 3,p. 488-493,1996年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Oxygen transfer in bioreactor for culture of plant hairy roots,Vol. 29,No. 3,p. 531-534,1996年,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Light Irradiatin on Growth and Chlorophyll Formation of Pak-Bung Green Hairy Roots,Masahiro Kino-oka,Hirofumi Nagatome,Masahito Taya,Setsuji Tone,J. Chem. Eng. Japan,29(6), p.1050-1054,Vol. 29,No. 6,p. 1050-1054,1996年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Growth Characteistics of Liverwort Cells, Marchantia paleacea var. diptera, in a Photoautotrophic Suspension Culture,Masahito Taya,Masao Miyaoka,Yoshimasa Toyo-oka,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,Kanji Ono,J. Ferment. Biotechnol.,80(6), p.580-585,Vol. 80,No. 6,p. 580-585,1995年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Kinetic Expression for Pigment Production in Culture of Red Beet Hairy Roots,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,J. Chem. Eng. Japan,28(6), p.772-778,Vol. 28,No. 6,p. 772-778,1995年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Culture of Red Beet Hairy Roots in a Column-Type Reactor Associated with Pigment Release,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,Plant Tissue Culture Lett.,12(2), p.201-204,日本植物細胞分子生物学会,Vol. 12,No. 2,p. 201-204,1995年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 色素の漏出を伴うカラム型リアクターを用いたレッドビート毛状根の培養,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,東稔 節治,植物組織培養,日本植物細胞分子生物学会,Vol. 12,No. 2,p. 201-204,1995年04月
  • Kinetic Expression for Pigment Production in Culture of Red Beet Hairy Roots,Masahiro Kino-Oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,Journal of Chemical Engineering of Japan,Vol. 28,No. 6,p. 772-778,1995年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Growth characteristics of liverwort cells, Marchantia paleacea var. diptera, in a photoautotrophic suspension culture,Masahito Taya,Masao Miya-Oka,Yoshimasa Toyo-Oka,Masahiro Kino-Oka,Setsuji Tone,Kanji Ono,Journal of Fermentation and Bioengineering,Vol. 80,No. 6,p. 580-585,1995年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of Pak-Bung Green Hairy Roots Cultivated under Light Irradation,Masahito Taya,Hitoshi Sato,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,J. Ferment. Bioeng.,78(1), p.42-48,Vol. 78,No. 1,p. 42-48,1994年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Influence of Medium Constituents on Enhancement of Pigment Production by Batch Culture of Red Beet Hairy Roots,Masahito Taya,Ken Yakura,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,J. Ferment. Bioeng.,77(2), p.215-217,Vol. 77,No. 2,p. 215-217,1994年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Production and Release of Anthraquinone Pigments by Hairy Roots of Madder (Rubia tinctorum L.) under Improved Culture Conditions,Masahiro Kino-oka,Koji Mine,Masahito Taya,Setsuji Tone,Takahito Ichi,J. Ferment. Bioeng.,77(1), p.103-106,Vol. 77,No. 1,p. 103-106,1994年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Inhibitory Effect of Ammonium Ion on Cultures of Plant Hairy Roots,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setuji Tone,J. Chem. Eng. Japan,26(5), p.578-580,Vol. 26,No. 5,p. 578-580,1993年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of inhibitory effect of ammonium ion on cultures of plant hairy roots,Vol. 26,No. 5,p. 578-580,1993年,研究論文(学術雑誌)
  • Reversible Morphology Change of Horseradish Hairy Roots Cultivated in Phytohormone-Containing Media,Vez Pagara Repunte,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,J. Ferment. Bioeng.,75(4), p.271-275,Vol. 75,No. 4,p. 271-275,1993年01月,研究論文(学術雑誌)
  • CULTURE OF RED BEET HAIRY ROOT IN BIOREACTOR AND RECOVERY OF PIGMENT RELEASED FROM THE CELLS BY REPEATED TREATMENT OF OXYGEN STARVATION,Vol. 25,No. 5,p. 490-495,1992年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Culture of Red Beet Hairy Root in Bioreactor and Recovery of Pigment Released from The Cells by Repeated Treatment of Oxygen Starvation,Masahiro Kino-oka,Yasuhiro Hongo,Masahito Taya,Setsuji Tone,J. Chem. Eng. Japan,25(5), p.490-495,Vol. 25,No. 5,p. 490-495,1992年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Production and Release of Pigments by Culture of Transformed Hairy Root of Red Beet,Masahito Taya,Koji Mine,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,Takahito Ichi,J. Ferment. Bioeng.,73(1), p.31-36,Vol. 73,No. 1,p. 31-36,1992年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 植物毛状根培養における窒素源の効果を考慮 した superoxide dismutase の生産,紀ノ岡正博,田谷正仁,東稔節治,化学工学論文集,17(5), p.1012-1018,公益社団法人 化学工学会,Vol. 17,No. 5,p. 1012-1018,1991年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Conductometric Estimation of Main Inorganic Nutrients in Plant Cell Cultures,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,J. Chem. Eng. Japan,24(3), p.381-384,Vol. 24,No. 3,p. 381-384,1991年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A Kinetic Model of Branching Growth of Plant Hairy Root,Masahito Taya,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,Takeshi Kobayashi,J. Chem. Eng. Japan,22(6), p.698-700,Vol. 22,No. 6,p. 698-700,1989年12月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 幹細胞を用いた再生医療実現に向けた最新動向(前編)ボツリヌス菌由来ヘマグルチニンを用いたヒトiPS細胞の大量増幅のための培養操作法の開発,KIM M.‐H,紀ノ岡正博,生物工学会誌,Vol. 96,No. 6,2018年06月25日
  • 再生医療等製品の製造における無菌操作と無菌操作環境,水谷 学,紀ノ岡 正博,クリーンテクノロジー,日本工業出版,Vol. 28,No. 4,p. 1-4,2018年04月
  • コトづくりの実現に向けた細胞製造システム 再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発,水谷 学,紀ノ岡 正博,クリーンテクノロジー,日本工業出版,Vol. 28,No. 3,p. 49-53,2018年03月
  • 細胞製造コトづくりPJの概略 : 細胞製造サイエンスの必要性 (特集 幹細胞を用いた再生医療実現に向けた最新動向(前編)),水谷 学,紀ノ岡 正博,生物工学会誌,日本生物工学会,Vol. 96,No. 6,p. 317-319,2018年
  • MANUFACTURING OF IPS CELLS BASED ON FLEXIBLE MODULAR PLATFORM,Vol. 19,No. 5,p. S76-S77,2017年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • INFLUENCE OF THE STORAGE PERIOD Ab I ER COLLECTION OF RAW MATERIALS IN THE AUTOLOGOTJS CELL-BASED CANCER IMMUNOTHERAPY ON THE GROWTH RATES AT THE MANUFACTURING,Vol. 19,No. 5,p. S83-S83,2017年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • CELL MANTJFACTURABILITY AND IPS STABILITY IN SUSPENSION,Vol. 19,No. 5,p. S77-S77,2017年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Cell Production System Based on Flexible Modular Platform,p. 161-169,2016年07月25日
  • Quantitative Evaluation of Human Culture Operation for the Design of Automated Cell Production System,Vol. 21,p. S402-S402,2015年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • An Aseptic Processing Assessment of Autologous Cell-based Manufacturing for Immunotherapy: Experiences of a Facility Operating under the Medical Practitioners Act in Japan,Vol. 21,p. S395-S395,2015年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Development of A Novel Modular System for Preparing Regenerative Medicine Products,Vol. 20,p. S118-S118,2014年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Culture Surface Design to Direct Commitment of Human Mesenchymal Stem Cells to Myogenic Lineage,Vol. 20,p. S127-S127,2014年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Kinetic Model for Expansion Culture of iPS Cells by Considering the Deviation from Undifferentiated State on Feeder Layers,Vol. 20,p. S118-S118,2014年12月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 用語解説 バリデーションとベリフィケーション,田中 雅教,水谷 学,紀ノ岡 正博,再生医療 : 日本再生医療学会雑誌,メディカルレビュー社,Vol. 13,No. 4,p. 444-447,2014年11月
  • Understanding dynamic cell migration inside multilayered cell sheet using a kinetic model,Vol. 8,p. 490-491,2014年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Endothelial cell behavior inside myoblast sheets with different thickness,Vol. 8,p. 209-210,2014年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • “デンドリマー培養面を利用したヒトiPS細胞の未分化維持” ~特集 iPS細胞とバイオマテリアル,金 美海,紀ノ岡 正博,バイオマテリアル-生体材料-,日本バイオマテリアル学会,Vol. 31,No. 3,p. 154-157,2013年08月
  • 再生医療用途の製造設備と培養装置,紀ノ岡 正博,再生医療,(株)メディカルレビュー社,Vol. 11,No. 4,p. 361-366,2012年11月
  • Development of automated 3-dimensional tissue fabrication system (Tissue Factory) 3-1: automated cell isolation system from tissue for regenerative medicine,Vol. 6,p. 333-333,2012年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Development of automated 3-dimensional tissue fabrication system (T-Factory) 3-2: Real-time Multi Sensing System,Vol. 6,p. 334-334,2012年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Development of automated 3-dimensional tissue fabrication system (Tissue Factory) 1: automation system toward clinical practice in regenerative medicine,Vol. 6,p. 333-333,2012年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Development of a manufacturing system for cell sheet production,Vol. 6,p. 384-384,2012年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Development of automated 3-dimensional tissue fabrication system (Tissue Factory)-2: Confirmation of an aseptic process,Vol. 6,p. 332-333,2012年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Development of automated 3-dimensional tissue fabrication system (Tissue Factory) 4(1): development of large scale expansion culture system,Vol. 6,p. 339-339,2012年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Development of automated 3-dimensional tissue fabrication system (Tissue Factory)-5: cell sheet assembly process,Vol. 6,p. 333-333,2012年09月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 細胞・組織培養工学の体系化を目指して,長森英二,紀ノ岡正博,未来医学,東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 所長 教授 岡野光夫,Vol. 0,No. 26,p. 47-53,2011年12月
  • 組織ファクトリーの産業化への課題,紀ノ岡 正博,水谷 学,医療機器学 = The Japanese journal of medical instrumentation,日本医療機器学会,Vol. 81,No. 6,p. 434-438,2011年12月01日
  • “7.再生医療における工学の重要性”, 「医薬ジャーナル~特集 再生医療の将来展望」,紀ノ岡 正博,医薬ジャ-ナル,(株)医薬ジャーナル社,Vol. 47,No. 10,p. 97-101,2011年10月
  • 培養面を利用した細胞骨格の制御と分化誘導 (AYUMI 医工学からみたヒト多能性幹細胞(iPS細胞,ES細胞)マテリアル戦略) -- (ヒトES細胞,iPS細胞の未分化増殖),金 美海,紀ノ岡 正博,医学のあゆみ,医歯薬出版,Vol. 238,No. 13,p. 1176-1180,2011年09月24日
  • Bioreactors for Animal Cell Cultures,Taya M,Kino-oka M,Comprehensive Biotechnology, Second Edition,Vol. 2,p. 373-382,2011年09月
  • 移植用組織生産における細胞挙動シミュレーション (特集 注目されるシミュレーションの新展開),浦栃 信吾,大野 翔太,紀ノ岡 正博,ケミカルエンジニヤリング,化学工業社,Vol. 55,No. 11,p. 814-818,2010年11月
  • 臨床応用を目的とした細胞・組織生産における培養工学の役割,紀ノ岡正博,化学工学,化学工学会,Vol. 74,No. 6,p. 284-287,2010年06月
  • 1Fp15 乳酸菌と炭水化物の接着機構の解析(発酵生理学・発酵工学,一般講演),橋本 高志,植松 亜弥,仁宮 一章,塩谷 捨明,紀ノ岡 正博,片倉 啓雄,日本生物工学会大会講演要旨集,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 21,2009年08月25日
  • 2Ha12 固体連続併行複発酵によるバイオエタノールの生産(バイオマス・資源・エネルギー工学,一般講演),岸本 淳平,MOUKAMNERD Churairat,大道 徹太郎,平尾 桂一,仁宮 一章,塩谷 捨明,紀ノ岡 正博,片倉 啓雄,日本生物工学会大会講演要旨集,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 21,2009年08月25日
  • 2Kp12 ヒト間葉系幹細胞の骨格形成変化に伴う分化現象(セル&ティッシュエンジニアリング,一般講演),圓山 尚,金 美海,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,齋藤 充弘,澤 芳樹,日本生物工学会大会講演要旨集,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 21,2009年08月25日
  • ヒト細胞自動培養装置 (第5土曜特集 細胞医療Update) -- (幹細胞の基礎研究),紀ノ岡 正博,医学のあゆみ,医歯薬出版,Vol. 229,No. 9,p. 726-731,2009年05月30日
  • 再生医学のいま--基礎研究から臨床への展開に向けて(21)自動培養装置の構築,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,治療,南山堂,Vol. 90,No. 8,p. 2284-2391,2008年08月
  • Application of confocal laser scanning microscopy to estimate spatial cell distribution in cultured tissues,Vol. 14,No. 5,p. 808-808,2008年05月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • セルプロセッシングにおける増殖シミュレータ (特集 再生医工学のための材料工学・加工技術の最前線 生殖医療と再生医療における倫理) -- (再生医工学のための材料工学・加工技術の最前線),紀ノ岡 正博,田谷 正仁,再生医療,メディカルレビュー社,Vol. 7,No. 2,p. 126-130,2008年05月
  • 特集によせて,紀ノ岡 正博,高木 睦,井藤 彰,生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi,日本生物工学会,Vol. 85,No. 10,2007年10月25日
  • 1I09-3 ヒト神経幹細胞の分化率の評価(動物細胞工学・動物組織培養,一般講演),森 英樹,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,山崎 麻美,金村 米博,日本生物工学会大会講演要旨集,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 19,2007年08月02日
  • Design of an automated culture system for serial passages of human myoblast cells,Vol. 13,No. 7,p. 1666-1666,2007年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Migration promotes myoblast proliferation by reducing myotube formation,Vol. 13,No. 7,p. 1727-1727,2007年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Morphological evaluation of potential for differentiation in passaged chondrocyte populations,Vol. 13,No. 7,p. 1730-1731,2007年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Enhancement of cell migration in culture of human epithelial cells on surface with EGF and D-glucose display,Vol. 13,No. 7,p. 1689-1690,2007年07月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 未来医療に向けたセルプロセッシングとシステオームの融合,高木 睦,紀ノ岡 正博,井藤 彰,生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi,日本生物工学会,Vol. 85,No. 2,2007年02月25日
  • 3K09-4 ヒト神経幹細胞集塊内の細胞分布の解析(生体医用工学,人工臓器/動物細胞工学,動物組織培養,一般講演),森 英樹,仁宮 一章,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,金村 米博,日本生物工学会大会講演要旨集,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 18,2006年08月03日
  • Cellular morphology associated with the formation of extracellular matrix in the serial subculture of chondrocyte cells,Vol. 12,No. 4,p. 1013-1013,2006年04月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Design and operation of a radial flow bioreactor for reconstruction of cultured tissues,Kino-Oka M,Taya M,Bioreactors for Tissue Engineering: Principles, Design and Operation,p. 115-133,2005年12月
  • 1H15-4 ヒト神経幹細胞の集塊形成による増殖促進メカニズムの解析(動物細胞工学・動物組織培養,一般講演),森 英樹,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,金村 米博,日本生物工学会大会講演要旨集,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 17,2005年09月25日
  • 1H15-3 神経幹細胞培養における遊走性と集塊形成の解析(動物細胞工学・動物組織培養,一般講演),藤谷 登史佳,森 英樹,金村 米博,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,日本生物工学会大会講演要旨集,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 17,2005年09月25日
  • 継代培養におけるヒト角化細胞の寿命評価,紀ノ岡正博,井家益和,田谷正仁,生物工学会誌,日本生物工学会,Vol. 83,No. 9,p. 430-432,2005年09月
  • 2F14-4 ヒト神経幹細胞の細胞集塊形成を伴う増殖過程の検討と効率的培養技術の開発(動物細胞工学・動物組織培養・生体医用工学・人工臓器,一般講演),森 英樹,仁宮 一章,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,金村 米博,三宅 淳,日本生物工学会大会講演要旨集,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 16,2004年08月25日
  • 2F14-3 神経幹細胞培養における集塊形成特性の把握(動物細胞工学・動物組織培養・生体医用工学・人工臓器,一般講演),藤谷 登史佳,森 英樹,仁宮 一章,金村 米博,三宅 淳,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,日本生物工学会大会講演要旨集,公益社団法人日本生物工学会,Vol. 16,2004年08月25日
  • 移植を前提としたヒト培養組織に生産に関する生物化学工学的研究,紀ノ岡正博,生物工学会誌,82(3), p.93-100,日本生物工学会,Vol. 82,No. 3,p. 93-100,2004年03月
  • Development of culture techniques of keratinocytes for skin graft production.,Vol. 91,p. 135-169,2004年,書評論文,書評,文献紹介等
  • Chapter 13 Development of Culture Techniques of Keratinocytes for Skin Graft Production,Advances in Biochemical Engineering/Biotechnology (Recent Progress of Biochemical and Biomedical Engineering in Japan II) (Ed. by T. Kobayashi), Vol.91, pp.135-169,2004年
  • Design and Operation of Radial Flow Bioreactor for Reconstruction of Cultured Tissues,2004年
  • ものづくりから見た再生医療―培養組織の生産―,紀ノ岡正博,田谷正仁,バイオサイエンスとバイオインダストリー,61(8), p.554-555,Vol. 61,No. 8,p. 554-555,2003年08月
  • Masahiro Kino-oka and Masahito Taya : 'Design and Operation of Radial Flow Bioreactor for Reconstruction of Cultured Tissues', Bioreactors for Tissue Engineering : Principles, Design and Operation, in press,2003年
  • Masahiro Kino-oka and Masahito Taya : 'Chapter 13 Development of Culture Techniques of Keratinocytes for Skin Graft Production', Advances in Biochemical Engineering/Biotechnology (Recent Progress of biochemical and biomedical engineering in Japan) (Ed.・・・,2003年
  • 再生医療のための細胞培養システムの開発,紀ノ岡正博,田谷正仁,BME(日本エム・イー学会雑誌), 16巻, 2号, pp.10-17,Vol. 16,No. 2,p. 10-17,2002年02月
  • Masahiro Kino-oka, Hiroyuki Hirai, Ryota Umegaki and Masahito Taya : 'Characterization of Growth Properties through Morphological Observation in Culture of Anchorage-Dependent Cells', Animal Cell Technology : Basic & Applied Aspects Volume 12 (Ed. ・・・,p. 121-126,2002年
  • Characterization and application of plant hairy roots endowed with photosynthetic functions.,Kino-oka M,Nagatome H,Taya M,Advances in biochemical engineering/biotechnology,Vol. 72,p. 183-218,2001年01月,書評論文,書評,文献紹介等
  • Masahiro Kino-oka, Hirofumi Nagatome, Masahito Taya : 'Characterization and Application of Plant Hairy Roots Endowed with Photosynthetic Functions', Advances in Biochemical Engineering/Biotechnology(Ed. by Th. Scheper),Vol. 72,p. 183-218,2001年
  • Masahiro Kino-oka and Setsuji Tone : 'Genetic Transformation of Beet Root (Beta vulgaris L.)', Biotechnology in Agriculture and Forestry 47 Transgenic Crops II (Ed. by Y.P.S.Bajaj),p. 55-68,2001年
  • Development of On-Line Monitoring System of Human Keratinocyte Growth by Image Analysis and Its Application to Bioreactor Culture,Masahiro Kino-oka,Jiri E. Prenosil,Biotechnol. Bioeng.,67(2), p.234-239,2000年01月
  • Development of Integrated Process with Production and Recovery of Pigments Originated from Red Beet Hairy Roots,Vol. 3,p. 21-36,1999年
  • 培養工学の再生医学への貢献-皮膚移植技術の現状,紀ノ岡 正博,生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi,日本生物工学会,Vol. 76,No. 4,1998年04月25日
  • Genetic Transformation of Beet Root(Beta uulgaris L. ),1998年
  • "Influence of root hairs of hairy roots on uptake of dissolved oxygen"(共著),p. 135-139,1998年
  • [9706]皮膚細胞培養の現状と化学工学の寄与,紀ノ岡 正博,化学工学,Vol. 61,No. 2,1997年02月
  • Production of human skin grafts in membrane bioreactor and their clinical application,Vol. 74,p. 131-131,1997年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • "Alteration of Metabolite Formation and Morphological Properties of Hairy Roots by Environmental Stimuli"(共著),p. 65-72,1997年
  • "Estimation of Pressure Drop in Bioreactor by Considering Surface Area of Hairy Roots"(共著),p. 170-174,1997年
  • "Effect of Liquid Flow Rate in Bioreactor on Cell Growth of Plant Hairy Roots"(共著),p. 59-64,1995年
  • Norihiko Hata, Hiroyuki Hirai, Masahiro Kino-oka, Masahito Taya : 'Comprehension of Attachment and Multiplication Properties by Observing Individual Cell Behaviors in Anchorage-Dependent Culture',Vol. in press.
  • Norihiko Hata, Koji Murai, Masahiro Kino-oka and Masahito Taya : 'Acute Responses of Cell Individuals Observed after Calcium Administration in Human Keratinocyte Culture',Vol. in press.
  • Ryota Umegaki, Masahiro Kino-oka and Masahito Taya : 'Assessment of Cell Detachment and Growth Potential of Human Keratinocyte Based on Observed Changes in Individual Cell Area during Trypsinization',Vol. in press.

著書

  • ゼロから学ぶGMP,秋本義雄,紀ノ岡正博,木村和子,櫻井信豪,佐々木次雄,長嶋孝司,水谷学,株式会社 じほう,2020年05月31日
  • 学術書,再生医療・細胞治療の細胞製造のための指針・ガイドラインの動向と実務解釈,水谷学,紀ノ岡正博,池松靖人,小川祐樹,江副幸子,北島英樹,株式会社情報機構,ISBN:9784865021677,2019年03月
  • 学術書,第8章4節細胞培養加工施設の設計とプロセスバリデーション,再生医療の開発戦略と最新研究事例集,水谷 学,紀ノ岡 正博,株式会社技術情報協会,ISBN:9784861047374,2019年02月
  • 学術書,第5章第1節 GCTPで求められるバリデーション及びベリフィケーションの基本,細胞培養加工施設の構築と運営管理の省力・省コスト化,水谷学,紀ノ岡正博,株式会社技術情報協会,ISBN:9784861047275,2018年10月
  • 学術書,第3章 第1節 再生医療(無菌細胞製造)の動向と今後の展望,紀ノ岡 正博,(株)技術情報協会,ISBN:9784861047220,2018年07月
  • 学術書,第3章 2.1.アイソレータシステムを活用した自動培養装置,紀ノ岡 正博,日本医学出版,ISBN:9784865770308,2018年07月
  • 再生医療・創薬のための3次元細胞培養技術 (バイオテクノロジーシリーズ),紀ノ岡 正博,シーエムシー出版,ISBN:4781313302,2018年05月01日
  • 学術書,第1章 総論:立体的な組織をつくることとその活用,紀ノ岡 正博,株式会社 シーエムシー出版,2018年04月
  • 学術書,はじめに,紀ノ岡 正博,シーエムシー出版,ISBN:9784781313306,2018年04月
  • 細胞培養加工施設における 無菌操作に関する考え方,澤 芳樹,紀ノ岡正博,池松靖人,伊藤経夫,江副幸子,大須賀俊裕,大脇敏之,岡崎利彦,小川祐樹,北島英樹,院真家未妃,曽根大二郎,高野忠夫,高見太郎,田中雅教,千葉俊明,飛田護邦,中村浩章,三浦孝典,水谷 学,水野 満,一般社団法人日本再生医療学会,2018年03月
  • 学術書,第1章 E 再生医療における細胞製造と培養技術の重要性,紀ノ岡 正博,(株)三輪書店,ISBN:9784895906289,2018年03月
  • 学術書,第1章 第6節 細胞操作のチェンジオーバーに関するガイドラインの実務解釈,バイオロジカルクリーンルームの設計・維持管理と作業員教育,水谷 学,小川 祐樹,紀ノ岡 正博,廣瀬 志弘,(株)技術情報協会,2018年02月
  • 学術書,動物細胞培養・自動化におけるトラブル発生原因と対策,田村磨聖,杉浦慎治,渋田真結,加藤竜司,金森敏幸,柳沢真澄,技術情報協会株式会社,ISBN:9784861046841,2017年11月
  • 学術書,“第7章 第22節 リスクベースアプローチに基づく細胞加工施設加工施設設計”,次世代医薬品工場のGMP適合と設備保全,水谷 学,紀ノ岡 正博,(株)技術情報協会,ISBN:9784861046513,2017年03月
  • 学術書,“第2章 産業化の見地から”,バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線,水谷 学,紀ノ岡 正博,㈱シーエムシー・リサーチ,ISBN:9784904482322,2016年12月
  • 学術書,"第11章 製造のモニタリング評価",再生医療・細胞治療のための細胞加工物評価技術,水谷 学,紀ノ岡 正博,株式会社 シーエムシー出版,ISBN:9784781311852,2016年10月
  • 学術書,"第5章 GCTP省令下における構造設備・製造管理~従来無菌管理との相違点~",再生医療等製品の承認取得要件への対応と実務戦略,水谷 学,紀ノ岡正博,サイエンス&テクノロジー株式会社,ISBN:9784864281447,2016年09月
  • 再生医療等製品の承認取得要件への対応と実務戦略,嶽北 和宏,丸山 良亮,佐藤 陽治,草川 森士,岡田 潔,澤 芳樹,山口 照英,水谷 学,紀ノ岡 正博,貞 勝利,土田 敦之,木村 徹,毛利 善一,奥村 浩也,増岡 国久,高崎 宏之,猪野 美里,サイエンス&テクノロジー,ISBN:4864281440,2016年09月
  • 学術書,”第12章第3節 治験薬GMPレベルに準拠した細胞培養加工施設の設計とコスト”,治験薬GMPに対応した製造・品質管理のコツ,水谷 学,紀ノ岡 正博,株式会社 技術情報協会,ISBN:9784861046278,2016年08月
  • 学術書,”Chapter 7 – Cell Production System Based on Flexible Modular Platform“,Stem Cell Manufacturing,Masahiro Kino-oka,Manabu Mizutani,Elsevier,ISBN:9780444632654,2016年07月
  • 細胞治療・再生医療のための培養システム 《普及版》 (バイオテクノロジーシリーズ),紀ノ岡 正博,酒井 康行,シーエムシー,ISBN:4781311075,2016年05月09日
  • 再生医療のための細胞製造ハンドブック (バイオテクノロジー),紀ノ岡 正博,シーエムシー,ISBN:4781310931,2015年09月29日
  • 学術書,はじめに,紀ノ岡 正博,シーエムシー出版,ISBN:9784781310930,2015年09月
  • 学術書,”第11章 再生医療の展開と技術開発の考え方”,再生医療規制の動向と製品開発および産業化の注意点,紀ノ岡正博,金 美海,(株)情報機構,ISBN:9784865020816,2015年03月
  • 学術書,”Novel Design of Manufacturing Bioreactor and Facility of Cell-Based Health Care Products for Regenerative Medicine”,Innovative Strategies in Tissue Engineering,Masahiro Kino-oka,River Publishers,ISBN:9788793237094,2015年01月
  • 学術書,"第6章 コスト", 再生医療の細胞培養技術と産業展開,神谷卓郎,水谷学,紀ノ岡正博,江上美芽,岡野光夫,株式会社 シーエムシー出版,2014年06月
  • 学術書,"第1章 コトづくり―再生医療の将来展望", 再生医療の細胞培養技術と産業展開,紀ノ岡 正博,シーエムシー出版,2014年06月
  • 再生医療の細胞培養技術と産業展開 (バイオテクノロジーシリーズ),紀ノ岡 正博,シーエムシー出版,ISBN:4781309488,2014年06月01日
  • 学術書,"Protocol of Cardiomyogenic Induction of hMSCs on Dendrimer-Immobilized Surfaces Displaying with D-Glucose", A Manual for Differentiation of Bone Marrow-Derived Stem Cells to Specific Cell Types,金美海,紀ノ岡正博,World Scientific Publishing Co. Pte. LtWorld Scientific Publishing Co. Pte. Ltd,2014年04月
  • 学術書,第1章, 第3節 細胞治療・再生医療における継代培養, ≪最新≫動物細胞培養の手法と細胞死・増殖不良・細胞変異を防止する技術,紀ノ岡 正博,技術情報協会,2014年03月
  • 学術書,特集2. 3.再生医療製品の改正薬事法における製造承認と再生医療新法における製造,水谷 学,紀ノ岡 正博,技術情報協会,2014年03月
  • 学術書,第4章 細胞3次元組織化培養のための周辺技術 4. 細胞増殖シミュレータ 1) 培養組織内における不均一細胞特性解析,紀ノ岡正博,(株)メディカルドゥ,2014年02月
  • 学術書,”第1章 再生医療・細胞培養の開発動向”, 再生医療・細胞培養の開発と市場,紀ノ岡 正博,シーエムシー出版,2013年08月
  • 学術書,“細胞シート内での血管内皮ネットワーク形成”,幹細胞医療の実用化技術と産業展望,紀ノ岡 正博,長森 英二,シーエムシー出版,2013年03月
  • 学術書,"3. 支援技術:培養工学の貢献”,再生医療叢書2 組織工学,紀ノ岡 正博,朝倉書店,2013年03月
  • 学術書,“2.5 幹細胞の製造と培養装置の役割”, 幹細胞技術の標準化 - 再生医療への期待,紀ノ岡 正博,日本規格協会,2012年10月
  • 学術書,”組織ファクトリーの産業化への課題”,医療機器学,紀ノ岡正博,水谷 学,日本医療機器学会,2011年12月
  • 学術書,“第8章 再生医療のための研究に有用な培養装置・実験器具の開発”, ものづくり技術からみる再生医療 - 細胞研究・創薬・治療 -,紀ノ岡 正博,シーエムシー出版,2011年11月
  • 細胞治療・再生医療のための培養システム (バイオテクノロジーシリーズ),紀ノ岡 正博,シーエムシー出版,ISBN:4781301843,2010年02月
  • 学術書,“第24章 培地成分測定に基づく細胞培養モニタリング”,細胞治療・再生医療のための培養システム,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,シーエムシー出版,2010年01月
  • 学術書,“第1章 細胞治療・再生医療における培養システムの役割”,細胞治療・再生医療のための培養システム,紀ノ岡正博,シーエムシー出版,2010年01月
  • 学術書,“第6章培養機器, 1. ヒト細胞を加工するための自動培養装置の現状と展望”,“iPS細胞の際業的応用技術”,pp. 109-117,紀ノ岡正博,シーエムシー出版,2009年09月
  • 学術書,4章-8培養工程における増殖シミュレータ”,遺伝子医学MOOK別冊「ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術」(田畑泰彦編),紀ノ岡正博,田谷正仁,メディカルドゥ,2009年08月
  • 学術書,再生医療のためのバイオリアクター”,治療学,Vol.43, No.6, pp. 660-664,紀ノ岡正博,ライフサイエンス出版,2009年06月
  • 学術書,5. 培養装置(セルプロセッシング装置)”,遺伝子医学MOOK別冊「進みつづける細胞移植治療の実際」(田畑泰彦編),pp.195-198,紀ノ岡正博,田谷正仁,メディカルドゥ,2008年04月
  • 学術書,バイオプロダクション「9.3 組織工学製品の製造(pp.166-170)」,紀ノ岡正博,田谷正仁,コロナ社,2006年05月
  • 学術書,Animal Cell Technology: Basic Applied Aspects Volume 12,Observation of Individual Cell Behaviors to Analyze Mitogenic Effects of Sericin,Tomohiro Toyosawa,Satoshi Terada,Masahiro Sasaki,Hideyuki Yamada,Masahiro Kino-oka,Springer,2006年03月
  • 学術書,Design and Operation of Radial Flow Bioreactor for Reconstruction of Cultured Tissues,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Kluwer Academic Publishers,2005年12月
  • 事典・辞書,化学工学辞典(一部担当)(化学工学会編),紀ノ岡正博,丸善,2005年08月
  • 生物工学ハンドブック「7.1.3 細胞増殖速度式,7.1.4 基質消費速度,生産物生成速度」(日本生物工学会編),紀ノ岡正博,田谷正仁,コロナ社,2005年06月
  • 学術書,Chapter 13 Development of Culture Techniques of Keratinocytes for Skin Graft Production,Advances in Biochemical Engineering/Biotechnology (Recent Progress of Biochemical and Biomedical Engineering in Japan II) (Ed. by T. Kobayashi), Vol.91, pp.135-169,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Springer-Verlag,2004年08月
  • 学術書,再生医療実用化にむけた生物工学研究,大政健史,小山純弘,上平正道,川瀬雅也,紀ノ岡正博,黒澤 尋,酒井康行,新海政重,高木 睦,寺田 聡,原 正之,棟方正信,森山 剛,八木清仁,山地秀樹,山本進二郎,王 碧昭,日本生物工学会セル&ティッシュエンジニアリング研究部会編,編集代表,高木睦,大政健史,三恵社,2003年03月
  • 学術書,ティッシュエンジニアリングにおけるモデリングとその利用 -細胞特性評価のための増殖モデル-,紀ノ岡正博,田谷正仁,シーエムシー出版,2002年11月
  • 学術書,バイオプロセスシステムエンジニアリング,部分分担塩谷捨明,シーエムシー出版,2002年11月
  • 学術書,Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects Volume 12 , Characterization of Growth Properties through Morphological Observation in Culture of Anchorage-Dependent Cells,Masahiro Kino-oka,Hiroyuki Hirai,Ryota Umegaki,Masahito Taya,Kluwer Academic Publishers,2002年06月
  • 学術書,ティッシュエンジニアリングの展望 -再生医療関連の産業化動向・日米比較-,編集代表,紀ノ岡正博,大政健史,高木睦,著者,大政健史,荻野千秋,小山純弘,上平正道,川瀬雅也,紀ノ岡正博,黒沢尋,酒井康行,新海政重,高木睦,山本進二郎,王碧昭,三恵社,2002年03月
  • 学術書,Advances in Biochemical Engineering/ Biotechnology Vol.72, Plant CellsCharacterization and application of plant hairy roots endowed with photosynthetic functions (pp.183-218),Masahiro Kino-oka,Hirofumi Nagatome,Masahito Taya,Ed. by,J.-J. Zhon,Springer,2001年08月
  • 学術書,Genetic Transformation of Beet Root (Beta vulgaris L.),Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,Springer-Verlag,2001年02月
  • 学術書,Computer Controlled Bioreactor for Large Scale Production of Cultured Skin Grafts,Jiri E.. Prenosil,Masahiro Kino-oka,The New York Academy of Sciences,1999年12月
  • 学術書,Effect of Cuttings on Branching Growth of Plant Hairy Roots,Yoshio Hitaka,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,The Soc. of Chem. Engrs.,1999年12月
  • 学術書,Hairy Root Culture Accompanied with Regulation of Liquid Flow Rate,Yoshio Hitaka,Yusuke Takahashi,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,The Soc. of Chem. Engrs.,1999年12月
  • 学術書,Establishment of On-Line Growth Monitoring in Human Keratinocyte Culture and Its Application to Bioreactor Culture,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,Jiri E. Prenosil,The Soc. of Chem. Engrs.,1999年12月
  • 学術書,Development of Integrated Process with Production and Recovery of Pigments Originated from Red Beet Hairy Roots,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,Recent Res. Devel. in Chemical Engg., Vol.3, pp.21-36 (1999),1999年01月
  • 学術書,Oxugen Uptake of Hairy Roots on the Basis of Surface Area,Yoshio Hitaka,Masahiro Kino-oka,Setsuji Tone,The Soc. of Chem. Engrs.,1998年01月
  • 学術書,Alteration of Metabolite Formation and Morphological Properties of Hairy Roots by Environmental Stimuli,Setsuji Tone,Masahito Taya,Masahiro Kino-oka,Harwood Academic Publishers,1997年01月
  • 学術書,Estimation of Pressure Drop in Bioreactor by Considering Surface Area of Hairy Roots,Yoshio Hitaka,Masahiro Kino-oka,Masahito Taya,Setsuji Tone,The Soc. of Chem. Engrs. Japan,1997年01月
  • 学術書,Effect of Liquid Flow Rate in Bioreactor on Cell Growth of Plant Hairy Roots,Masahiro Kino-oka,Satoshi Tsutsumi,Setsuji Tone,The Soc. of Chem. Engrs.Japan,1995年03月
  • 学術書,西洋アカネ毛状根のアントラキノン系色素生成に及ぼす培地浸透圧の影響,矢倉 健,紀ノ岡正博,田谷正仁,東稔節治,化学工学会,1994年02月
  • 学術書,パックブン緑色毛状根のスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)生産に及ぼす光照射の影響,佐藤 仁,紀ノ岡正博,田谷正仁,東稔節治,化学工学会,1994年02月
  • 学術書,植物毛状根の増殖および生産物生成に及ぼすアンモニウムイオンの影響,紀ノ岡正博,田谷正仁,東稔節治,化学工学会,1991年02月

特許・実用新案・意匠

  • 培養液の培養状態解析システム及び培養状態解析方法、並びに、プログラム,前田 賀隆,備瀬 竜馬,紀ノ岡 正博,松浦 勝久,特許第6512593号,特願2015-032572,出願日:2015年02月,登録日:2019年04月
  • 培養容器及びそれを利用した複数の積層細胞シートの作製方法,水谷学,紀ノ岡正博,清水達也,岡野光夫,6468714,2014-73325,出願日:2014年03月,登録日:2019年01月
  • マイクロチップ反応装置,明地将一,阿部浩久,紀ノ岡正博,金 美海,稲森雅和,特許第6366226号,特願2013-109712,出願日:2013年05月,登録日:2018年07月
  • 細胞培養デバイス,明地将一,阿部浩久,田窪健二,紀ノ岡正博,金 美海,稲森雅和,特許第6120314号,特願2013-043424,出願日:2013年03月,登録日:2017年04月
  • 細胞挙動解析装置,細胞挙動解析方法,及びプログラム,備瀬竜馬,前田賀隆,紀ノ岡正博,金美海,特許第6116044号,特願2012-236054,出願日:2012年10月,登録日:2017年03月
  • 多能性(pluripotency)を有する幹細胞の培養方法,紀ノ岡 正博,金 美海,藤永 由佳子,菅原 庸,特許第6112514号,特願2014-554553,出願日:2013年12月,登録日:2017年03月
  • 細胞挙動解析装置、細胞挙動解析方法、及びプログラム,備瀬 竜馬,前田 賀隆,紀ノ岡 正博,金 美海,特許第6090770号,特願2012-236056,出願日:2012年10月,登録日:2017年02月
  • 培養容器、培養システム及び培養装置,菅 和俊,小林豊茂,宮崎泰三,紀ノ岡正博,清水達也,岡野光夫,特許第6057214号,特願2013-116708,出願日:2013年06月,登録日:2016年12月
  • 複数点照明による培養細胞観察システム,幡多徳彦,野口展士,船久保昭夫,紀ノ岡正博,特許第582594号,特願2012-011839,出願日:2012年01月,登録日:2016年03月
  • 間葉系幹細胞の分化誘導方法,紀ノ岡正博,金美海,田谷正仁,特許第5641468号,特願2009-185191,出願日:2009年08月,登録日:2014年11月
  • 水質評価方法および水質評価システム,田谷正仁,紀ノ岡正博,谷本秀夫,古川真,中村謙治,永田優育,特許第4730786号,特願2006-227429,出願日:2006年08月,登録日:2011年04月
  • 光合成機能を用いたバイオアッセイ法,田谷正仁,紀ノ岡正博,永留博文,仁宮一章,特許第3923358号,特願2002-123874,出願日:2002年04月,登録日:2007年03月
  • 多能性幹細胞の増殖を促進するための組成物、及び多能性幹細胞の増殖促進方法,紀ノ岡 正博,金 美海,藤永 由佳子,特願2016-247064,出願日:2016年12月
  • 幹細胞の分化誘導方法及びそれに用いられる分化誘導培養用基材,紀ノ岡正博,小川祐樹,今泉 賜,三木 大輔,特願2016-128654,出願日:2016年06月
  • 培養状態解析システム及び培養状態解析方法、並びに、プログラム,前田 賀隆,備瀬 竜馬,紀ノ岡 正博,松浦 勝久,特願2016-025081,出願日:2016年02月
  • 細胞の培養方法,紀ノ岡 正博,長森 英二,特願2016-010050,出願日:2016年01月
  • 細胞培養装置、及び弁機構部材,小林豊茂,加藤美登里,紀ノ岡正博,清水達也,岡野光夫,特願2015-093033,出願日:2015年04月
  • 積層型培養容器,加藤美登里,小林豊茂,紀ノ岡正博,清水達也,岡野光夫,特願2014-242892,出願日:2014年01月
  • サイトカイン産生細胞シートとその利用方法,紀ノ岡 正博,齋藤 充弘,澤 芳樹,清水 達也,岡野 光夫,特願2015-181070,出願日:2015年09月14日
  • 変異型ヘマグルチニン複合体タンパク質、及びそれを用いた多能性を有する幹細胞の培養方法,紀ノ岡正博,金 美海,藤永由佳子,菅原 庸,PCT/JP2015/068715,出願日:2015年06月
  • マイクロプレート処理装置、及びマイクロプレート処理方法,八木 良樹,紀ノ岡 正博,特願2013-164817,出願日:2013年08月
  • 培養容器、培養システム及び培養装置,菅 和俊,小林 豊茂,宮崎 泰三,紀ノ岡 正博,清水 達也,岡野 光夫,特願2013-116708,出願日:2013年06月03日
  • 細胞培養デバイス,明地 将一,阿部 浩久,田窪 健二,紀ノ岡 正博,金 美海,稲森 雅和,特願2013-043424,出願日:2013年03月05日
  • 多能性(pluripotency)を有する幹細胞の培養方法,紀ノ岡 正博,金 美海,藤永 由佳子,菅原 庸,JP2013084932,出願日:2013年12月26日
  • 細胞挙動解析装置、細胞挙動解析方法、及びプログラム,備瀬 竜馬,前田 賀隆,紀ノ岡 正博,金 美海,特願2012-236054,出願日:2012年10月25日
  • 細胞挙動解析装置、細胞挙動解析方法、及びプログラム,備瀬 竜馬,前田 賀隆,紀ノ岡 正博,金 美海,特願2012-236056,出願日:2012年10月25日
  • 複数点照明による培養細胞観察システム,幡多 徳彦,野口 展士,舟久保 昭夫,紀ノ岡 正博,特許第5892594号,特願2012-011839,出願日:2012年01月24日
  • 細胞品質管理方法及び細胞の生産方法,梶浦 圭一,加藤竜司,本多裕之,紀ノ岡正博,金 美海,特願2011-179975,出願日:2011年08月
  • サイトカイン産生細胞シートとその利用方法,紀ノ岡正博,齋藤 充弘,澤 芳樹,清水 達也,岡野光夫,特願2011-043198,出願日:2011年02月
  • 間葉系幹細胞の分化誘導方法,紀ノ岡 正博,金 美海,田谷 正仁,特願2009-185191,出願日:2009年08月07日
  • 細胞シートを利用した細胞評価システム及びその利用方法,紀ノ岡 正博,武澤 康範,田谷 正仁,齋藤 充弘,澤 芳樹,清水 達也,岡野 光夫,JP2010053580,出願日:2010年03月04日
  • 水質評価方法および水質評価システム,田谷 正仁,紀ノ岡 正博,谷本 秀夫,古川 真,中村 謙治,永田 優育,特願2006-227429,出願日:2006年08月24日
  • 細胞培養容器及び培養方法,金村 米博,森 英樹,三宅 淳,仁宮 一章,紀ノ岡 正博,特願2004-240261,出願日:2004年08月20日
  • 細胞培養容器及び培養方法,金村 米博,森 英樹,三宅 淳,仁宮 一章,紀ノ岡 正博,特許第4543212号,特願2004-240261,出願日:2004年08月20日
  • 培養容器、軟骨細胞培養方法および軟骨細胞評価方法,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,JP2005006707,出願日:2005年03月30日
  • 細胞固定化方法,細胞評価方法および細胞培養方法,田谷正仁,紀ノ岡正博,八木清仁,川瀬雅也,幡多徳彦,金美海,特願2004-056774,出願日:2004年03月
  • デンドリマー高分子化合物を用いた細胞固定方法,細胞培養方法および細胞評価方法,田谷正仁,紀ノ岡正博,幡多徳彦,八木清仁,川瀬雅也,特願2003-434962,出願日:2003年03月
  • 上皮細胞の培養方法及び上皮細胞の三次元構造体の作製方法,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特願2003-413177,出願日:2003年12月11日
  • 細胞増殖能評価装置及びその方法,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特願2003-143881,出願日:2003年05月21日
  • 細胞増殖能評価装置及びその方法,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特許第4394376号,特願2003-143881,出願日:2003年05月21日
  • 重層化判定方法及び重層化判定装置,小川 夏樹,梅垣 良太,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特願2003-007049,出願日:2003年01月15日
  • 重層化判定方法及び重層化判定装置,小川 夏樹,梅垣 良太,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特許第4252319号,特願2003-007049,出願日:2003年01月15日
  • 細胞保存方法及びその装置,阿潟浜 由香,幡多 徳彦,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特願2002-309700,出願日:2002年10月24日
  • 細胞培養液評価方法及びその装置,阿潟浜 由香,幡多 徳彦,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特願2002-309699,出願日:2002年10月24日
  • 細胞保存方法及びその装置,阿潟浜 由香,幡多 徳彦,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特許第4230750号,特願2002-309700,出願日:2002年10月24日
  • 細胞培養液評価方法及びその装置,阿潟浜 由香,幡多 徳彦,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特許第4230749号,特願2002-309699,出願日:2002年10月24日
  • 三次元培養組織の増殖シミュレーションシステム、その方法及びそのプログラム,屋敷 思乃,虫明 裕子,原 由之,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特許第4426156号,特願2002-186122,出願日:2002年06月26日
  • 継代培養限界判定方法、その装置及びコンピュータプログラム,梅垣 良太,村井 弘二,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特願2002-186134,出願日:2002年06月26日
  • 継代培養限界判定方法、その装置及びコンピュータプログラム,梅垣 良太,村井 弘二,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特許第4230723号,特願2002-186134,出願日:2002年06月26日
  • 接着細胞選別装置、細胞増殖能評価装置、それらのプログラム及びそれらの方法,平井 博之,梅垣 良太,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特願2001-205602,出願日:2001年07月06日
  • 接着細胞選別装置、細胞増殖能評価装置、それらのプログラム及びそれらの方法,平井 博之,梅垣 良太,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特許第4535645号,特願2001-205602,出願日:2001年07月06日
  • 細胞培養基材,田谷 正仁,紀ノ岡 正博,白石 文子,岡田 隆雄,今村 由賀里,特願2000-260966,出願日:2000年08月30日
  • 細胞培養方法、細胞培養装置及び記録媒体,紀ノ岡 正博,梅垣 良太,田谷 正仁,特願2000-099684,出願日:2000年03月31日
  • 細胞培養方法、細胞培養装置及び記録媒体,紀ノ岡 正博,梅垣 良太,田谷 正仁,特許第4402249号,特願2000-099684,出願日:2000年03月31日
  • 培養細胞評価方法、培養細胞増殖予測方法及び培養細胞増殖制御方法,紀ノ岡 正博,梅垣 良太,田谷 正仁,東稔 節治,特願2000-038711,出願日:2000年02月16日
  • 培養細胞評価方法、培養細胞増殖予測方法及び培養細胞増殖制御方法,紀ノ岡 正博,梅垣 良太,田谷 正仁,東稔 節治,特許第4436518号,特願2000-038711,出願日:2000年02月16日
  • 毛状根を用いたアカネ色素の製造方法,川瀬 三雄,東稔 節治,田谷 正仁,紀ノ岡 正博,峯 浩二,小竹 欣之輔,市 隆人,特願平3-239735,出願日:1991年09月19日
  • 毛状根を用いたアカネ色素の製造方法,川瀬 三雄,東稔 節治,田谷 正仁,紀ノ岡 正博,峯 浩二,小竹 欣之輔,市 隆人,特許第3049126号,特願平3-239735,出願日:1991年09月19日
  • 毛状根を用いた有用物質の生産方法,東稔 節治,田谷 正仁,紀ノ岡 正博,峯 浩二,特願平3-020302,出願日:1991年01月22日
  • サンプル貯留装置,牧野 穂高,久保 寛嗣,小川 徹也,紀ノ岡 正博,特願2018-199369,出願日:2018年10月
  • 細胞培養容器,大久保 知樹,叶井 正樹,阿部 浩久,谷口 英樹,紀ノ岡 正博,小林 悟朗,武部 貴則,特願2018-505152,出願日:2018年08月
  • 粒子の分配方法,紀ノ岡 正博,特願2018-153635,出願日:2018年08月
  • 培養容器の収容体および培養処理システム,紀ノ岡 正博,越田 一郎,谷本 和仁,特願2018-125391,出願日:2018年06月
  • 除染パスボックス,野田 武史,坂井 一郎,山田 紘義,紀ノ岡 正博,特願2018-116800,出願日:2018年06月
  • 無菌サンプリング流路キット及びそれを用いた細胞培養装置,牧野 穂高,久保 寛嗣,紀ノ岡 正博,特願2018-024393,出願日:2018年02月
  • 無菌サンプリング装置,及びそれを用いたサンプリング方法,牧野 穂高,久保 寛嗣,小川 徹也,紀ノ岡 正博,特願2018-024419,出願日:2018年02月
  • 多能性幹細胞の継代培養方法,綾野 賢,紀ノ岡 正博,金 美海,特願2018-012353,出願日:2018年01月
  • ヘマグルチニン複合体タンパク質及びその用途,紀ノ岡 正博,藤永 由佳子,阿松 翔,特願2017-226370,出願日:2017年11月
  • 細胞シートを利用した細胞評価システム及びその利用方法,紀ノ岡正博,武澤康範,田谷正仁,斎藤充弘,澤芳樹,清水達也,岡野光夫,特許第5725560号,2009-080378,出願日:2009年03月
  • 培養容器製造方法,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,特許第4825666号,特願2006-511874,出願日:2005年03月30日
  • 平井博之,梅垣良太,紀ノ岡正博,田谷正仁:細胞増殖評価方法,装置およびプログラム
  • 平井博之,梅垣良太,紀ノ岡正博,田谷正仁:接着細胞選別装置,細胞増殖能評価装置,それらのプログラム及びそれらの方法
  • 梅垣良太,村井弘二,紀ノ岡正博,田谷正仁:継代培養限界判定方法,その装置及びコンピュータプログラム
  • 田谷正仁,紀ノ岡正博,永留博文,仁宮一章:光合成機能を用いたバイオアッセイ法
  • 平井博之, 梅垣良太, 紀ノ岡正博, 田谷正仁:細胞増殖能評価法,2001年7月6日国際特許出願
  • 田谷正仁, 紀ノ岡正博, 白石文子:細胞培養基材
  • 紀ノ岡正博, 梅垣良太, 田谷正仁:細胞培養方法,細胞培養装置および記録媒体2001年3月29日国際特許出願(PCT/JP01/02646)「細胞培養方法及び装置」,国際公開番号WO 01/75070 A1
  • 紀ノ岡正博, 梅垣良太, 田谷正仁, 東稔節治:培養細胞評価方法,培養細胞増殖予測方法および培養細胞増殖制御法
  • 東稔節治, 田谷正仁, 紀ノ岡正博, 峯浩二:毛状根を用いたアカネ色素製造方法
  • 東稔節治, 田谷正仁, 紀ノ岡正博, 峯浩二:毛状根を用いた有用物質生産方法

作品

  • 非線形フォトニクスによるリアルタイム生体分子イメージング顕微鏡群の開発と応用,2008年 ~
  • 無染色・生体分子イメージング顕微鏡の開発と培養細胞の品質制御への応用,2005年 ~

受賞

  • 日本生物工学会第13回生物工学功績賞「再生医療に資する細胞製造性に関する研究」,紀ノ岡 正博,日本生物工学会,2019年09月
  • 日本生物工学会2018年度(第26回)論文賞,Suman C. Nath,堀江 正信,長森 英二,紀ノ岡 正博,日本生物工学会,2018年09月
  • 第7回モノづくり連携大賞日刊工業新聞社賞 「再生医療の産業化と世界普及に向けた細胞培養自動化システム『組織ファクトリー』の開発」,東京女子医科大学先端生命医科学研究所,大阪大学大学院工学研究科,日本光電荻野記念研究所,日立製作所中央研究所,エイブル,セルシード,澁谷工業,科学技術振興機構FIRST,岡野プロジェクト,日刊工業新聞社,2012年12月
  • APBioChEC’09 Best Presentation Award,Masahiro Kino-oka,APBioChEC’09 Committee,2009年11月
  • 平成17年化学工学会研究賞「移植用細胞・組織の培養生産に関するバイオプロセス工学的研究」,田谷正仁,紀ノ岡正博,化学工学会,2006年03月
  • 化学工学会化学工学論文集「2004年度優秀論文賞」「軟骨細胞のコラーゲンゲル包埋培養を対象とした3次元増殖モデル」,屋敷思乃,原由之,紀ノ岡正博,田谷 正仁,化学工学会,2005年03月
  • 日本生物工学会第26回照井賞「移植を前提としたヒト培養組織生産に関する生物化学工学的研究」,紀ノ岡正博,日本生物工学会,2003年09月
  • 日本動物細胞工学会2003年度大会 優秀賞(応用研究部門),「細胞挙動観察に基づく培養環境の制御」,阿潟浜由香,幡多徳彦,紀ノ岡正博,田谷正仁,日本動物細胞工学会,2003年06月
  • 日本生物工学会平成15年度照井賞(生物工学)(2003年9月16日) 「移植を前提としたヒト培養組織生産に関する生物化学工学的研究」,2003年
  • 日本動物細胞工学会2003年度大会(JAACT2003) 優秀賞(応用研究部門)2003年6月27日 「細胞挙動観察に基づく培養環境の制御」 阿潟浜由香,幡多徳彦,紀ノ岡正博,田谷正仁 p.54,2003年

講演・口頭発表等

  • iPS細胞の分化能に対するフローサイトメトリー法の考察,藤本舜,岡野健太郎,KIM Mee‐Hae,紀ノ岡正博,日本生物工学会大会講演要旨集,2018年08月07日
  • iPS細胞の分化能に対するフローサイトメトリー法の考察,藤本舜,岡野健太郎,KIM Mee‐Hae,紀ノ岡正博,日本生物工学会大会講演要旨集,2018年08月07日
  • タッピング剥離操作におけるヒトiPS細胞の応答評価,山本航平,澤川史明,堀口一樹,越田一朗,紀ノ岡正博,日本生物工学会大会講演要旨集,2018年08月07日
  • タッピング剥離操作におけるヒトiPS細胞の応答評価,山本航平,澤川史明,堀口一樹,越田一朗,紀ノ岡正博,日本生物工学会大会講演要旨集,2018年08月07日
  • 細胞製造性について考える,紀ノ岡正博,日本生物工学会大会講演要旨集,2018年08月07日
  • 細胞製造性について考える,紀ノ岡正博,日本生物工学会大会講演要旨集,2018年08月07日
  • iPS細胞の産業化に向けた凍結・解凍プロセス設計,林勇佑,紀ノ岡正博,堀口一樹,平尾雅彦,杉山弘和,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),2018年03月13日
  • iPS細胞の産業化に向けた凍結・解凍プロセス設計,林勇佑,紀ノ岡正博,堀口一樹,平尾雅彦,杉山弘和,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),2018年03月13日
  • 数値解析を用いたiPS細胞振とう培養における最適化条件の探索,金丸尚紀,矢野雅貴,関本敦,岡野泰則,紀ノ岡正博,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),2018年03月13日
  • 数値解析を用いたiPS細胞振とう培養における最適化条件の探索,金丸尚紀,矢野雅貴,関本敦,岡野泰則,紀ノ岡正博,化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM),2018年03月13日
  • 質の高い細胞製造と移植組織の設計,紀ノ岡正博,日本眼科学会雑誌,2018年03月09日
  • 質の高い細胞製造と移植組織の設計,紀ノ岡正博,日本眼科学会雑誌,2018年03月09日
  • Effect of suspension time on growth potential in cryopreservation process of human mesenchymal stem cells,Umbhorn Ungkulpasvich,Umbhorn Ungkulpasvich,Kazuhiro Fukumori,Kwanchanok Viravaidya-Pasuwat,Kwanchanok Viravaidya-Pasuwat,Masahiro Kino-Oka,BMEiCON 2016 - 9th Biomedical Engineering International Conference,2017年02月21日
  • Effect of suspension time on growth potential in cryopreservation process of human mesenchymal stem cells,Umbhorn Ungkulpasvich,Umbhorn Ungkulpasvich,Kazuhiro Fukumori,Kwanchanok Viravaidya-Pasuwat,Kwanchanok Viravaidya-Pasuwat,Masahiro Kino-Oka,BMEiCON 2016 - 9th Biomedical Engineering International Conference,2017年02月21日
  • Pump-free perfusion tissue culture plate for large-scale production of liver bud,T. Ohkubo,M. Kanai,H. Abe,S. Ayano,H. Taniguchi,M. Kino-Oka,20th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2016,2016年01月01日
  • Pump-free perfusion tissue culture plate for large-scale production of liver bud,T. Ohkubo,M. Kanai,H. Abe,S. Ayano,H. Taniguchi,M. Kino-Oka,20th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2016,2016年01月01日
  • Development of automated 3-dimensional tissue fabrication system Tissue factory - Automated cell isolation from tissue for regenerative medicine,H. Kubo,T. Shioyama,M. Oura,A. Suzuki,T. Ogawa,H. Makino,S. Takeda,M. Kino-Oka,T. Shimizu,T. Okano,S. Yamamori,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,2013年10月31日
  • Development of automated 3-dimensional tissue fabrication system Tissue factory - Automated cell isolation from tissue for regenerative medicine,H. Kubo,T. Shioyama,M. Oura,A. Suzuki,T. Ogawa,H. Makino,S. Takeda,M. Kino-Oka,T. Shimizu,T. Okano,S. Yamamori,Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS,2013年10月31日
  • Cell tracking under high confluency conditions by candidate cell region detection-based association approach,Ryoma Bise,Yoshitaka Maeda,Mee Hae Kim,Masahiro Kino-Oka,Proceedings of the IASTED International Conference on Biomedical Engineering, BioMed 2013,2013年09月18日
  • Cell tracking under high confluency conditions by candidate cell region detection-based association approach,Ryoma Bise,Yoshitaka Maeda,Mee Hae Kim,Masahiro Kino-Oka,Proceedings of the IASTED International Conference on Biomedical Engineering, BioMed 2013,2013年09月18日
  • 9C-18 第二高調波発生顕微鏡による培養軟骨の非侵襲的品質評価(OS-10 ティッシュエンジニアリング(3)),前原 鈴子,福島 修一郎,紀ノ岡 正博,荒木 勉,バイオエンジニアリング講演会,2011年
  • 9C-18 第二高調波発生顕微鏡による培養軟骨の非侵襲的品質評価(OS-10 ティッシュエンジニアリング(3)),前原 鈴子,福島 修一郎,紀ノ岡 正博,荒木 勉,バイオエンジニアリング講演会,2011年
  • A208 第2高調波発生顕微鏡による培養軟骨の品質評価(A2-2 組織・器官のバイオメカニクス2),前原 鈴子,福島 修一郎,紀ノ岡 正博,荒木 勉,バイオフロンティア講演会,2009年
  • A208 第2高調波発生顕微鏡による培養軟骨の品質評価(A2-2 組織・器官のバイオメカニクス2),前原 鈴子,福島 修一郎,紀ノ岡 正博,荒木 勉,バイオフロンティア講演会,2009年
  • 309 培養下における分裂回数が軟骨細胞の粘弾性に及ぼす影響(OS4-1:細胞のバイオメカニクス(1),OS4:細胞のバイオメカニクス),陶山 裕史,宮崎 浩,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,和田 成生,バイオエンジニアリング講演会,2008年
  • 309 培養下における分裂回数が軟骨細胞の粘弾性に及ぼす影響(OS4-1:細胞のバイオメカニクス(1),OS4:細胞のバイオメカニクス),陶山 裕史,宮崎 浩,紀ノ岡 正博,田谷 正仁,和田 成生,バイオエンジニアリング講演会,2008年
  • (360)化学工学PBLアウトカムズの持続的評価(その1)(セッション106 工学教育の個性化・活性化VII):: テーマの自主設定と表示・討論スキルに注力した2回生へのPBL教育 (第5報),江頭 靖幸,海老谷 幸喜,紀ノ岡 正博,馬越 大,久保井 亮一,島田 彌,工学教育研究講演会講演論文集,2004年
  • (360)化学工学PBLアウトカムズの持続的評価(その1)(セッション106 工学教育の個性化・活性化VII):: テーマの自主設定と表示・討論スキルに注力した2回生へのPBL教育 (第5報),江頭 靖幸,海老谷 幸喜,紀ノ岡 正博,馬越 大,久保井 亮一,島田 彌,工学教育研究講演会講演論文集,2004年
  • 99 化学工学PBLにおける相互評価・自己評価の導入(工学教育の個性化・活性化V,第25セッション):: テーマの自主設定と表示・討論スキルに注力した2回生へのPBL教育(第3報),馬越 大,江頭 靖幸,海老谷 幸喜,紀ノ岡 正博,久保井 亮一,島田 彌,工学教育研究講演会講演論文集,2003年
  • 99 化学工学PBLにおける相互評価・自己評価の導入(工学教育の個性化・活性化V,第25セッション):: テーマの自主設定と表示・討論スキルに注力した2回生へのPBL教育(第3報),馬越 大,江頭 靖幸,海老谷 幸喜,紀ノ岡 正博,久保井 亮一,島田 彌,工学教育研究講演会講演論文集,2003年
  • 1M1145 ケラチノサイトの温度感受性応答(15.神経・感覚,一般演題,日本生物物理学会第40回年会),河崎 綾,田谷 正仁,紀ノ岡 正博,幡多 徳彦,中岡 保夫,生物物理,2002年
  • 1M1145 ケラチノサイトの温度感受性応答(15.神経・感覚,一般演題,日本生物物理学会第40回年会),河崎 綾,田谷 正仁,紀ノ岡 正博,幡多 徳彦,中岡 保夫,生物物理,2002年

学術貢献

  • Tissue Engineering & Regenerative Medicine International Society-Asian Chapter(The council of Tissue Engineering & Regenerative Medicine International Society-Asian Chapter),2016年09月 ~ 継続中
  • 日本再生医療学会(理事),2015年03月 ~ 継続中
  • 日本動物細胞工学会(評議員),2014年04月 ~ 継続中
  • 日本動物細胞工学会(評議員),2006年04月 ~ 継続中
  • 日本再生医療学会(理事),2019年06月 ~ 2021年03月
  • ECI: Advancing Manufacture of Cell and Gene Therapies VII Organizing Committee(Organising Committee member),2019年09月 ~ 2021年02月
  • 日本生物工学会(理事),2013年05月 ~ 2019年05月
  • 日本再生医療学会(実行委員),2017年10月 ~ 2019年03月
  • 第12回 大阪大学共同研究講座シンポジウム ~"医・工連携”の展開~ 講演,2018年10月 ~ 2018年10月
  • Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society(第5回国際組織工学・再生医療学会世界会議2018-京都 プログラム委員),2017年06月 ~ 2018年09月
  • 日本再生医療学会(「細胞培養加工施設ならびに運用に関する考え方」WG委員),2017年05月 ~ 2018年03月
  • 第3回 再生医療 産業化展 基調講演,2017年02月 ~ 2017年02月
  • 幹細胞搬送システム開発コンソーシアム(BioL)研究室見学会,2017年02月 ~ 2017年02月
  • H28年度 AMED再生医療公開シンポジウム 講演,2017年02月 ~ 2017年02月
  • Biotechnology and Pharmaceutical Industries Promotion Office, MOEA, TAIWAN 研究室見学会,2016年12月 ~ 2016年12月
  • 日本再生医療学会(臨床培養士認定制度委員会委員),2014年05月 ~ 2016年04月
  • 日本再生医療学会(委員),2013年04月 ~ 2015年03月
  • 化学工学会(論文誌編集委員),2007年04月 ~ 2012年03月
  • Tissue Engineering & Regenerative Medicine International Society-Asian Chapter(The council of Tissue Engineering & Regenerative Medicine International Society-Asian Chapter),2009年09月 ~ 2011年08月
  • 日本生物工学会(英文誌(Journal of Bioscience and Bioengineering)編集委員),2007年04月 ~ 2011年05月
  • 日本生物工学会(評議員),2010年04月 ~ 2011年03月
  • 日本生物工学会「セル&ティッシュエンジニアリング」研究部会(幹事),2000年04月 ~ 2010年03月
  • 日本生物工学会(代議員),2006年04月 ~ 2009年03月
  • 化学工学会(関西支部 常任幹事),2005年04月 ~ 2007年03月
  • 未来研究ラボ「移植用培養組織のポテンシャル評価 ―品質評価領域のイニシアチブを目指して―」,2002年11月 ~ 2007年03月
  • Tissue Engineering Concern Osaka (TECO),2002年05月 ~ 2004年03月
  • 化学工学会関西支部CES21(副代表),2001年04月 ~ 2003年04月
  • 日本生物工学会 関西支部 「研究指導法を考えるワーキンググループ」(委員),2002年04月 ~ 2003年03月
  • 日本生物工学会(日本生物工学会バイオメディア委員),2001年04月 ~ 2002年09月
  • 基礎工学部公開講座,2002年08月 ~ 2002年08月
  • 化学工学会(関西支部 CES21 運営委員),2000年04月 ~ 2001年03月
  • 化学工学会(関西支部 OA化推進委員),1999年04月 ~ 2000年03月
  • 「幹細胞の培養法・培養工学のためのコンソーシアム」第四回シンポジウム,幹細胞の培養法・培養工学のためのコンソーシアム,2019年12月 ~
  • 「幹細胞の培養法・培養工学のためのコンソーシアム」第三回シンポジウム,幹細胞の培養法・培養工学のためのコンソーシアム,2018年10月 ~
  • AMED再生医療産業化プロジェクト(紀ノ岡グループ)第4回ユーザーフォーラム,紀ノ岡 正博,2018年02月 ~
  • 第4回再生医療とリハビリテーション研究会,再生医療とリハビリテーション研究会,2017年11月 ~
  • 「幹細胞の培養法・培養工学のためのコンソーシアム」第二回シンポジウム,幹細胞の培養法・培養工学のためのコンソーシアム,2017年10月 ~
  • AMED再生医療産業化プロジェクト(紀ノ岡・阿久津グループ)第3回ユーザーフォーラム,紀ノ岡 正博, 阿久津 英憲,2017年02月 ~
  • 「幹細胞の培養法・培養工学のためのコンソーシアム」第一回シンポジウム,幹細胞の培養法・培養工学のためのコンソーシアム,2016年10月 ~