EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

原田 研介

Harada Kensuke

基礎工学研究科 システム創成専攻,教授

keyword 操り,ロボットハンド,把持,ヒューマノイドロボット,ヒューマノイド,知能ロボット,マニピュレーション,モーションプランニング,知能ロボティックス,運動制御,インタフェース

学歴

  • 1992年04月 ~ 1997年03月,京都大学,大学院工学研究科,機械工学専攻
  • 1988年04月 ~ 1992年03月,京都大学,工学部,機械工学科

経歴

  • 2016年05月 ~ 継続中,産業技術総合研究所,クロスアポイントメントフェロー(兼務)
  • 2016年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院基礎工学研究科,教授
  • 2014年04月 ~ 2016年03月,広島大学,連携大学院,客員教授(兼務)
  • 2013年10月 ~ 2016年03月,筑波大学,連携大学院,准教授(兼務)
  • 2013年04月 ~ 2016年03月,産業技術総合研究所,知能システム研究部門,研究グループ長
  • 2002年04月 ~ 2013年03月,独立行政法人産業技術総合研究所,研究員
  • 2005年11月 ~ 2006年11月,スタンフォード大学,コンピュータサイエンス学科,訪問研究員
  • 1997年04月 ~ 2002年03月,広島大学,工学部,助手

研究内容・専門分野

  • 情報通信,機械力学、メカトロニクス
  • 情報通信,ロボティクス、知能機械システム
  • 情報通信,知能ロボティクス
  • 情報通信,知覚情報処理
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),制御、システム工学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),制御、システム工学

論文

  • Online Object Searching by a Humanoid Robot in an Unknown Environment,Masato Tsuru,Adrien Escande,Arnaud Tanguy,Kevin Chappellet,Kensuke Harada,IEEE Robotics and Automation Letters,Vol. 6,No. 2,p. 2862-2869,2021年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Selecting and designing grippers for an assembly task in a structured approach,Jingren Xu,Weiwei Wan,Keisuke Koyama,Yukiyasu Domae,Kensuke Harada,Advanced Robotics,Vol. 35,No. 6,p. 381-397,2021年03月19日,研究論文(学術雑誌)
  • Planning Grasps With Suction Cups and Parallel Grippers Using Superimposed Segmentation of Object Meshes,Weiwei Wan,Kensuke Harada,Fumio Kanehiro,IEEE Transactions on Robotics,Vol. 37,No. 1,p. 166-184,2021年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Motion Generation by Learning Relationship between Object Shapes and Human Motions,Tokuo Tsuji,Sho Tajima,Yosuke Suzuki,Tetsuyou Watanabe,Shoko Miyauchi,Ken’ichi Morooka,Kensuke Harada,Hiroaki Seki,2021 International Conference on Artificial Life and Robotics,p. 332-335,2021年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Robotic Picking for Piled Sushi Topping,Kenta Matsuura,Keisuke Koyama,Weiwei Wan,Kensuke Harada,2021 International Conference on Artificial Life and Robotics,p. 328-331,2021年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Using Various Evaluation Standards to Determine an Error Recovery Process in an Automation Plant,Akira Nakamura,Natsuki Yamanobe,Ixchel G. Ramirez-Alpizar,Kensuke Harada,Yukiyasu Domae,2021 International Conference on Artificial Life and Robotics,p. 321-327,2021年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cooking Actions Inference based on Ingredient's Physical Features,,Ixchel Georgina Ramirez-Alpizar,Ryosuke Hiraki,Kensuke Harada,IEEE/SICE International Symposium on System Integration,p. 195-200,2021年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Error Identification and Recovery in Robotic Snap Assembly,,Yusuke Hayami,Weiwei Wan,Keisuke Koyama,Peihao Shi,Juan Rojas,Kensuke Harada,IEEE/SICE International Symposium on System Integration,p. 46-53,2021年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Functionally Divided Manipulation Synergy for Controlling Multi-fingered Hands,Kazuki Higashi,Keisuke Koyama,Ryuta Ozawa,Kazuyuki Nagata,Weiwei Wan,Kensuke Harada,2020 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS),Vol. abs/2003.11699,2020年10月24日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Variable Compliance Control for Robotic Peg-In-Hole Assembly: A Deep-Reinforcement-Learning Approach,Cristian C. Beltran-Hernandez,Damien Petit,Ixchel Georgina Ramirez-Alpizar,Kensuke Harada,Applied Sciences,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Human-in-the-Loop Robotic Manipulation Planning for Collaborative Assembly,Mohamed Raessa,Jimmy Chi Yin Chen,Weiwei Wan,Kensuke Harada,IEEE Transactions on Automation Science and Engineering,Vol. 17,No. 4,p. 1800-1813,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Learning Force Control for Contact-Rich Manipulation Tasks With Rigid Position-Controlled Robots,Cristian Camilo Beltran-Hernandez,Damien Petit,Ixchel Georgina Ramirez-Alpizar,Takayuki Nishi,Shinichi Kikuchi,Takamitsu Matsubara,Kensuke Harada,IEEE Robotics and Automation Letters,Vol. 5,No. 4,p. 5709-5716,2020年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Motion planning of skillful motions in assembly process through human demonstration,Vol. 34,No. 16,p. 1079-1093,2020年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Planning an Efficient and Robust Base Sequence for a Mobile Manipulator Performing Multiple Pick-and-place Tasks,Jingren Xu,Kensuke Harada,Weiwei Wan,Toshio Ueshiba,Yukiyasu Domae,2020 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA),p. 11018-11024,2020年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ヒトの作業特性に基づく複数ステップ力制御の最適化,” 日本ロボット学会誌,福本靖彦,山野辺夏樹,万偉偉,原田研介,日本ロボット学会誌,Vol. 38,No. 4,p. 391-400,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • User Interface and Motion Planner for Task Database,Vol. 6,No. 4,p. 258-261,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ヒトの行動を規範とした山崩しゲームに対する観測・操り行動計画,元田智大,万偉偉,原田研介,日本機械学会論文集,Vol. 86,No. 892,p. 20-00146,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • POMDP-based action planning for the recognition of occluded objects with Humanoid robots,p. 281-284,2020年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Tethered Tool Manipulation Planning With Cable Maneuvering.,Vol. 5,No. 2,p. 2777-2784,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Integrating combined task and motion planning with compliant control.,Vol. 4,No. 2,p. 149-163,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Re-posing Objects Considering Bipedal Stability Constraints: An Approach for Stability Preservation during Humanoid Manipulation,Vol. 17,No. 2,p. 2050005-22,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Team O2AS' approach for the task-board task of the World Robot Challenge 2018,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Real-time Planning Robotic Palletizing Tasks using Reusable Roadmaps.,Vol. 6,No. 4,p. 240-245,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Cost-oriented Planning for Error Recovery in an Automation Plant.,Vol. 6,No. 4,p. 225-230,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Towards tethered tool manipulation planning with the help of a tool balancer,Vol. 9,No. 1,p. 11-11,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Team O2AS at the world robot summit 2018: an approach to robotic kitting and assembly tasks using general purpose grippers and tools,Vol. abs/2003.02427,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Assembly Motion Recognition Framework Using Only Images,Kosuke Fukuda,Natsuki Yamanobe,Ixchel G. Ramirez-Alpizar,Kensuke Harada,2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII),2020年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Probabilistic Action/Observation Planning for Playing Yamakuzushi,Tomohiro Motoda,Weiwei Wan,Kensuke Harada,2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII),2020年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Preparatory manipulation planning using automatically determined single and dual arm,Vol. 16,No. 1,p. 442-453,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Quickly Inserting Pegs into Uncertain Holes using Multi-view Images and Deep Network Trained on Synthetic Data,Joshua C. Triyonoputro,Weiwei Wan,Kensuke Harada,Vol. abs/1902.09157,p. 5792-5799,2019年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A regrasp planning component for object reorientation,Vol. 43,No. 5,p. 1101-1115,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Humanoid walking pattern generation based on model predictive control approximated with basis functions,Vol. 33,No. 9,p. 454-468,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Motion-Data Driven Grasp/Assembly Planner,Vol. 5,No. 4,p. 232-235,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Using Importance Ranks to Derive Suitable Timing of Visual Sensing in Manipulation Task Containing Error Recovery,Vol. 5,No. 4,p. 283-288,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Multi-contact Stability of Humanoids using ZMP and CWC,p. 126-131,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Multi-dimensional Error Identification during Robotic Snap Assembly,Vol. 73,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Two-Stage Picking Method for Piled Shiny Objects,Vol. 73,p. 2049-2058,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Special issue on artificial intelligence and machine learning for robotic manipulation,Vol. 33,No. 22,p. 1155-1155,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Constrained Motion Planning for Flipping Stick-like Objects.,Mohamed Raessa,Weiwei Wan,Kensuke Harada,2020 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII),p. 147-152,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motion-Data Driven Grasp/Assembly Planner,Vol. 5,No. 4,p. 1-4,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Use of Importance Ranks to Derive Suitable Timing of Visual Sensing in Manipulation Task Containing Error Recovery,p. 638-643,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Hand Combining Two Simple Grippers to Pick Up and Arrange Objects for Assembly,Vol. 4,No. 2,p. 958-965,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • ヒトの作業データにおける相関に基づくロボットの力制御設計,福本 靖彦,山野辺 夏樹,万 偉偉,原田 研介,日本機械学会論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 85,No. 874,p. 18-00489-18-00489,2019年
  • タスク指向型ソフトウェアシナジーを実現する多指ハンド制御システムの検証,東 和樹,小澤 隆太,永田 和之,万 偉偉,原田 研介,システム制御情報学会論文誌,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 32,No. 5,p. 218-226,2019年
  • 多指ハンドによるプリミティブ動作の協調に基づく作業記述,永田 和之,花井 亮,山野辺 夏樹,中村 晃,原田 研介,日本機械学会論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 85,No. 870,p. 18-00232-18-00232,2019年
  • Arm Manipulation Planning of Tethered Tools with the Help of a Tool Balancer,Vol. 73,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Tool exchangeable grasp/assembly planner,Vol. 867,p. 799-811,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Learning based industrial bin-picking trained with approximate physics simulator,Vol. 867,p. 786-798,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Special issue on real-world application,Vol. 33,No. 17,p. 853-853,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Motion Planning through Demonstration to Deal with Complex Motions in Assembly Process,Vol. abs/1910.01821,p. 544-550,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Speech-Driven Facial Animation by LSTM-RNN for Communication Use,p. 22-29,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Learning to Grasp with Primitive Shaped Object Policies,p. 468-473,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Recognition of Assembly Tasks Based on the Actions Associated to the Manipulated Objects,p. 193-198,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Visually Guided Extrinsic Manipulation for Assembly Tasks.,p. 202-207,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Speech-Driven Facial Animation by LSTM-RNN for Communication Use.,p. 1-8,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Walking Assist Method for VR Zombie,p. 15-21,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Regrasp Planning Using Stable Object Poses Supported by Complex Structures,Vol. 11,No. 2,p. 257-269,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Designing a Mechanical Tool for Robots with Two-Finger Parallel Grippers,Vol. 4,No. 3,p. 2981-2988,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Teaching a robot to use electric tools with regrasp planning,Vol. 4,No. 1,p. 54-63,2019年,研究論文(学術雑誌)
  • Optimizing the Motion for Robotic Snap Assembly Using FEM,Vol. 5,No. 2,p. 105-109,2018年09月,研究論文(学術雑誌)
  • A Double Jaw Hand Designed for Multi-object Assembly,p. 427-430,2018年07月30日
  • Technique of Recovery Process and Application of AI in Error Recovery Using Task Stratification and Error Classification,Vol. 5,No. 1,p. 56-62,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A regrasp planning component for object reorientation,Weiwei Wan,Hisashi Igawa,Kensuke Harada,Zepei Wu,Hiromu Onda,Kazuyuki Nagata,Natsuki Yamanobe,Autonomous Robots,2018年
  • Design of robot programming software for the systematic reuse of teaching data including environment model,Vol. 5,No. 1,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Human inspired dexterity in robotic manipulation,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Planning dexterous dual-arm manipulation,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Motion selection for 3D robotic snap assembly,p. 490-493,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Double-jaw Hand that Mimics A Mouth of the Moray Eel,p. 1527-1532,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 熟練作業者の動力学特性に基づいた力制御による柔軟なリング状部品の取り付け作業,福本 靖彦,原田 研介,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 36,No. 2,p. 159-167,2018年
  • Assembly sequence planning for motion planning,Vol. 38,No. 2,p. 195-206,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • A simple assembly planner for the insertion of ring-shaped deformable objects,Vol. 38,No. 2,p. 182-194,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Grasp Synergy Analysis Based on Contact Area of Fingers using Thermal Signatures,p. 1386-1392,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Deep Learning Scooping Motion using Bilateral Teleoperations.,Hitoe Ochi,Weiwei Wan,Yajue Yang,Natsuki Yamanobe,Jia Pan,Kensuke Harada,CoRR,Vol. abs/1810.10414,p. 118-123,2018年
  • A Double Jaw Hand Designed for Multi-object Assembly,Vol. abs/1807.11345,p. 403-408,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Learning Based Industrial Bin-picking Trained with Approximate Physics Simulator.,Ryo Matsumura,Kensuke Harada,Yukiyasu Domae,Weiwei Wan,CoRR,Vol. abs/1805.08936,2018年
  • Real Friendship and Virtual Friendship: Differences in Similarity of Contents/People and Proposal of Classification Models on SNS,p. 354-360,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Industry 4.0, intelligent visual assisted picking approach,Vol. 11308 LNAI,p. 205-214,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Obstacle Avoidance Method in Real Space for Virtual Reality Immersion,p. 80-89,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Adaptive Robotic Gripper with L-shape Fingers for Peg-in-hole Tasks,p. 4022-4028,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Deep Learning Scooping Motion using Bilateral Teleoperations,p. 118-123,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Regrasp Planning Considering Bipedal Stability Constraints,p. 271-277,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Force Control Law Selection for Elastic Part Assembly from Human Data and Parameter Optimization,p. 359-365,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A virtual capture framework for assembly tasks,p. 1618-1623,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Experiments on learning-based industrial bin-picking with iterative visual recognition,Vol. 45,No. 4,p. 446-457,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Walking Support in Real Space Using Social Force Model When Wearing Immersive HMD,p. 250-253,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Technique of Recovery Process and Application of AI in Error Recovery Using Task Stratification and Error Classification,Vol. 5,No. 1,p. 485-489,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Special issue on advanced manipulation,Vol. 31,No. 19-20,p. 1029-1029,2017年10月18日,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Teaching robots to do object assembly using multi-modal 3D vision,Vol. 259,p. 85-93,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Estimation and Categorization of Errors in Error Recovery Using Task Stratification and Error Classification,Vol. 4,No. 2,p. 163-167,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • The Suitable Timing of Visual Sensing in Error Recovery Using Task Stratification and Error Classification,Vol. 4,No. 2,p. 134-137,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Human-based framework for the assembly of elastic objects by a dual-arm robot,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,HARADA Kensuke,YOSHIDA Eiichi,ROBOMECH Journal (Web),Vol. 4,No. Aug,2017年08月
  • Regrasp Planning using 10,000s of Grasps,2017 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, IROS 2017, Vancouver, BC, Canada, September 24-28, 2017,p. 1929-1936,2017年05月26日
  • Robot Introspection with Bayesian Nonparametric Vector Autoregressive Hidden Markov Models,17th IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robotics, Humanoids 2017, Birmingham, United Kingdom, November 15-17, 2017,p. 882-888,2017年05月24日
  • Estimation and Categorization of Errors in Error Recovery Using Task Stratification and Error Classification,p. P217-P220,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Suitable Timing of Visual Sensing in Error Recovery Using Task Stratification and Error Classification,p. P221-P224,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Iterative Visual Recognition for Learning Based Randomized Bin-Picking,Vol. 1,p. 646-655,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Regrasp Planning using 10,000s of Grasps,Vol. abs/1705.09400,p. 1921-1928,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Robot Introspection with Bayesian Nonparametric Vector Autoregressive Hidden Markov Models,Vol. abs/1705.08661,p. 882-888,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Online Robot Introspection via Wrench-based Action Grammars.,Juan Rojas,Shuangqi Luo,Dingqiao Zhu,Yunlong Du,Hongbin Lin,Zhengjie Huang,Wenwei Kuang,Kensuke Harada,CoRR,Vol. abs/1702.08695,p. 5429-5436,2017年
  • Online Robot Introspection via Wrench-based Action Grammars,p. 5429-5436,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Extracting grasping, contact points and objects motion from assembly demonstration,p. 1096-1101,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Self-locking Underactuated Mechanism for Robotic Gripper,p. 620-627,2017年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A brief review of affordance in robotic manipulation research,Vol. 31,No. 19-20,p. 1086-1101,2017年
  • Using simplified geometric models in skill-based manipulation for objects used in daily life.,Akira Nakamura,Kazuyuki Nagata,Kensuke Harada,Natsuki Yamanobe,Artif. Intell. Research,Vol. 6,No. 2,2017年
  • Initial experiments on learning-based randomized bin-picking allowing finger contact with neighboring objects,Vol. 2016-,p. 1196-1202,2016年11月14日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Robot Introspection via Wrench-based Action Grammars,Vol. abs/1609.04947,2016年09月16日
  • Robot Contact Task State Estimation via Action Grammars,2016 IEEE-RAS 16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON HUMANOID ROBOTS (HUMANOIDS),p. 249-255,2016年09月16日
  • Special Issue on Recent Advancements on Industrial Robot Technology,Vol. 30,No. 17-18,p. 1087-1087,2016年09月16日,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Assembly Sequence Planning for Motion Planning,Vol. abs/1609.03108,2016年09月11日
  • A Mid-level Planning System for Object Reorientation,Vol. abs/1608.03140,2016年08月10日
  • Iterative Visual Recognition for Learning Based Randomized Bin-Picking,Vol. abs/1608.00334,2016年08月01日
  • Initial Experiments on Learning-Based Randomized Bin-Picking Allowing Finger Contact with Neighboring Objects,Vol. abs/1607.02867,2016年07月11日
  • Teaching Robots to Do Object Assembly using Multi-modal 3D Vision,Vol. abs/1601.06473,2016年01月25日
  • ウォームとウォームホイールとの嵌合と探索について,音田 弘,山野辺 夏樹,植芝 俊夫,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,p. 2P1-08b3,2016年
  • Robot Contact Task State Estimation via Position-based Action Grammars.,Vol. abs/1609.04946,p. 249-255,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Humanoids.,Paul M. Fitzpatrick,Kensuke Harada,Charles C. Kemp,Yoshio Matsumoto,Kazuhito Yokoi,Eiichi Yoshida,Springer Handbook of Robotics,Springer,p. 1789-1818,2016年
  • A Framework for Systematic Accumulation, Sharing and Reuse of Task Implementation Knowledge,p. 434-440,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integrated Single-arm Assembly and Manipulation Planning using Dynamic Regrasp Graphs,p. 174-179,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Iterative Visual Recognition for Learning Based Randomized Bin-Picking.,Kensuke Harada,Weiwei Wan,Tokuo Tsuji,Kohei Kikuchi,Array,Hiromu Onda,International Symposium on Experimental Robotics, ISER 2016, Tokyo, Japan, October 3-6, 2016.,Springer,p. 646-655,2016年
  • An Empirical Comparison Among the Effect of Different Supports in Sequential Robotic Manipulation,p. 2548-2553,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analyzing the Utility of a Support Pin in Sequential Robotic Manipulation,p. 5499-5504,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Rope Caging and Grasping,p. 1980-1986,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motion Generation for Pulling a Fire Hose by a Humanoid Robot,p. 1016-1021,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Proposal of a shape adaptive gripper for robotic assembly tasks,Vol. 30,No. 17-18,p. 1186-1198,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Achieving high success rate in dual-arm handover using large number of candidate grasps, handover heuristics, and hierarchical search,Vol. 30,No. 17-18,p. 1111-1125,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Modeling development process of skill-based system for human-like manipulation robot,Vol. 30,No. 10,p. 676-690,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Integrated assembly and motion planning using regrasp graphs.,Wan W,Harada K,Robotics and biomimetics,Vol. 3,No. 1,2016年
  • Analyzing the Utility of a Support Pin in Sequential Robotic Manipulation,Vol. abs/1512.04891,2015年12月15日
  • Developing and Comparing Single-arm and Dual-arm Regrasp,Vol. 1,No. 1,p. 243-250,2015年09月08日
  • Error Recovery of Pick-and-Place Tasks in Consideration of Reusability of Planning,Vol. 2,No. 1,p. 22-25,2015年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Object Recognition and Planning of Ring-type Caging for Scissors,Makita Satoshi,Tsuji Shinya,Tsuji Tokuo,Harada Kensuke,The Abstracts of the international conference on advanced mechatronics : toward evolutionary fusion of IT and mechatronics : ICAM,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. 140-141,2015年
  • ビンピッキング用ハンドアイシステムの開発:— バラ積み物体位置姿勢推定アルゴリズムの評価手法 —,西 卓郎,佐藤 雄隆,増田 健,高瀬 竜一,永見 武司,河井 良浩,中村 修,岡野 仁,原田 祐次,吉見 隆,原田 研介,喜多 泰代,永田 和之,山野辺 夏樹,植芝 俊夫,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 33,No. 7,p. 538-547,2015年
  • 移動マニピュレータによるピッキング作業のための台車位置計画,原田 研介,辻 徳生,菊地 宏平,永田 和之,音田 弘,河井 良浩,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 33,No. 5,p. 355-361,2015年
  • 知識モデルを用いた日用品のセマンティック把持,永田 和之,新良貴 陽平,原田 研介,山野辺 夏樹,中村 晃,佐藤 大祐,金宮 好和,日本機械学会論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 81,No. 829,p. 15-00227-15-00227,2015年
  • 接触面を考慮したソフトフィンガ型把持の安定性評価,原田 研介,辻 徳生,藤平 祥孝,渡辺 哲陽,宇都 宗一郎,山野辺 夏樹,永田 和之,北垣 高成,計測自動制御学会論文集,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 51,No. 2,p. 83-91,2015年
  • Developing and Comparing Single-arm and Dual-arm Regrasp.,Weiwei Wan,Kensuke Harada,CoRR,Vol. abs/1509.02302,2015年
  • Grasp Stability Evaluation based on Energy Tolerance in Potential Field,p. 2311-2316,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Experimental Investigation of Effect of Fingertip Stiffness on Resistible Force in Grasping,p. 4334-4340,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Base Position Planning for Dual-arm Mobile Manipulators Performing a Sequence of Pick-and-place Tasks,p. 194-201,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reorientating Objects with a Gripping Hand and a Table Surface,p. 101-106,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Optimizing the Parameters of Tilting Surfaces in Robotic Workcells,p. 593-599,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Simulation-based Optimal Motion Planning for Deformable Object,p. 1-6,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Divide-and-conquer Manipulation Planning by Lazily Searching a Weighted Two-layer Manipulation Graph,p. 1-8,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Error Recovery of Pick-and-Place Tasks in Consideration of Reusability of Planning,Vol. 2,No. 1,p. 13-16,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Validating an object placement planner for robotic pick-and-place tasks,Vol. 62,No. 10,p. 1463-1477,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Model-Based Optimization for Robotics,Vol. 21,No. 3,p. 24-161,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Fourier-transform microwave spectroscopy of the H-2-H2O complex,Harada Kensuke,Tanaka Keiichi,Kubota Hirofumi,Okabayashi Toshiaki,CHEMICAL PHYSICS LETTERS,Vol. 605,p. 67-70,2014年06月17日
  • Grasp Stability Analysis for Elastic Fingertips by using Potential Energy,p. 453-458,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Project on Development of a Robot System for Random Picking -Grasp/Manipulation Planner for a Dual-Arm Manipulator-,p. 583-589,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cantilever Snap Assemblies Failure Detection using SVMs and the RCBHT.,p. 384-389,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Strategies, Controllers, and Coordination: Bi-Manual Snap Assembly Automation,p. 1266-1271,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Modeling of Everyday Objects for Semantic Grasp,p. 750-755,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Grasp Planning for Constricted Parts of Objects Approximated with Quadric Surfaces,p. 2447-2453,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Early Failure Characterization of Cantilever Snap Assemblies using the PA-RCBHT.,p. 3370-3377,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Manipulation Motion Planner for Dual-Arm Industrial Manipulators,p. 928-934,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stability of Soft-Finger Grasp under Gravity,p. 883-888,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motion Planning for Dual-arm Assembly of Ring-shaped Elastic Objects,p. 594-600,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Contextualized Early Failure Characterization of Cantilever Snap Assemblies,p. 380-387,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Model-Based Optimization for Robotics [TC Spotlight].,Katja D. Mombaur,Abderrahmane Kheddar,Kensuke Harada,Thomas Buschmann,Chris Atkeson,IEEE Robot. Automat. Mag.,Vol. 21,No. 3,p. 24-25,2014年
  • Introduction to Humanoid Robotics,Vol. 101,p. 1-210,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • ロボットによるピックアンドプレースのための対象物配置計画,原田 研介,辻 徳生,永田 和之,山野辺 夏樹,音田 弘,河井 良浩,計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 49,No. 9,p. 823-831,2013年09月30日
  • Grasp Planning using Quadric Surface Approximation for Parallel Grippers,p. 1611-1616,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Error Recovery Using Task Stratification and Error Classification for Manipulation Robots in Various Fields,p. 3535-3542,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Probabilistic Approach for Object Bin Picking Approximated by Cylinders,p. 3742-3747,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Towards snap sensing.,Juan Rojas,Kensuke Harada,Hiromu Onda,Natsuki Yamanobe,Eiichi Yoshida,Kazuyuki Nagata,Yoshihiro Kawai,IJMA,Vol. 3,No. 2,p. 69-93,2013年
  • 把持面の柔軟性を考慮したパラレルグリッパの把持計画,原田 研介,辻 徳生,永田 和之,山野辺 夏樹,丸山 健一,中村 晃,河井 良浩,計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers,Vol. 48,No. 7,p. 364-372,2012年07月31日
  • A constraint-based motion control strategy for cantilever snap assemblies,p. 1815-1821,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 双腕を有するロボットによるピックアンドプレースの動作計画,原田 研介,Foissotte Torea,辻 徳生,永田 和之,山野辺 夏樹,中村 晃,河井 良浩,日本機械学会論文集 C編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 78,No. 792,p. 2870-2883,2012年
  • Gradient Calibration for the RCBHT Cantilever Snap Verification System.,p. 984-990,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Object Placement Planner for Robotic Pick and Place Tasks,p. 980-985,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Relative-Change-Based Hierarchical Taxonomy for Cantilever-Snap Assembly Verification.,p. 356-363,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Pick and Place Planning for Dual-Arm Manipulators,p. 2281-2286,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Probabilistic State Verification for Snap Assemblies using the Relative-Change-Based Hierarchical Taxonomy.,p. 96-103,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 双腕を有するロボットによるピックアンドプレースの動作計画,原田研介,FOISSOTTE Torea,辻徳生,永田和之,山野辺夏樹,中村晃,河井良浩,日本機械学会論文集 C編(Web),一般社団法人 日本機械学会,Vol. 78,No. 792,p. 2870-2883 (WEB ONLY)-2883,2012年
  • 摩擦円すいの楕円体近似を用いた把持安定性の高速評価,辻 徳生,原田 研介,金子 健二,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 29,No. 3,p. 278-287,2011年04月15日
  • Cybernetic Human HRP-4C: A Humanoid Robot with Human-Like Proportions,Vol. 70,p. 301-314,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cybernetic human HRP-4C: A humanoid robot with human-like proportions,Vol. 70,p. 301-314,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Grasp planning for parallel grippers with flexibility on its grasping surface,p. 1540-1546,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Humanoid robot that achieves bipedal walk, visual recognition, and multiple finger grasp,p. 75-80,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 足裏の滑りを利用した2足歩行ロボットの方向転換 : 滑り現象のモデル化と回転角の予測,三浦 郁奈子,中岡 慎一郎,金広 文男,原田 研介,金子 健二,横井 一仁,梶田 秀司,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 28,No. 10,p. 1232-1242,2010年12月15日
  • Two-Stage Time-Parametrized Gait Planning for Humanoid Robots,Vol. 15,No. 5,p. 694-703,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • サイバネティックヒューマンHRP-4Cの開発 : プロジェクト概要からシステム設計まで,金子 健二,金広 文男,森澤 光晴,三浦 郁奈子,中岡 慎一郎,原田 研介,梶田 秀司,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 28,No. 7,p. 853-864,2010年09月15日
  • SLIP TURN GENERATION OF HUMANOID ROBOTS BASED ON AN ANALYSIS OF FRICTION MODEL,p. 761-768,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 直方体モデルに基づく多指ハンドの把握計画(機械力学,計測,自動制御),原田 研介,辻 徳生,金子 健二,金広 文男,丸山 健一,日本機械学会論文集 C編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 76,No. 762,p. 331-339,2010年
  • Motion Planning for a Humanoid Robot Based on a Biped Walking Pattern Generator,p. 181-204,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Biped Walking Stabilization Based on Linear Inverted Pendulum Tracking,p. 4489-4496,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis on a Friction Based "Twirl" for Biped Robots,p. 4249-4255,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Grasp Planning for a Multifingered Hand with a Humanoid Robot.,Tokuo Tsuji,Kensuke Harada,Kenji Kaneko,Fumio Kanehiro,Kenichi Maruyama,JRM,Vol. 22,No. 2,p. 230-238,2010年
  • Easy and Fast Evaluation of Grasp Stability by using Ellipsoidal Approximation of Friction Cone,p. 1830-1837,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Toward Human-Like Walking Pattern Generator,p. 1071-1077,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Robot motion remix based on motion capture data - Towards human-like locomotion of humanoid robots,p. 596-603,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reactive stepping to prevent falling for humanoids,p. 528-534,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Kinodynamic Planning for Humanoid Robots Walking on Uneven Terrain.,Kensuke Harada,Mitsuharu Morisawa,Shinichiro Nakaoka,Kenji Kaneko,Shuuji Kajita,JRM,Vol. 21,No. 3,p. 311-316,2009年
  • Motion Planning for Legged Robots on Varied Terrain,Vol. 27,No. 11-12,p. 1325-1349,2008年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Predictive factors for survival for out-born infants born between 23 and 24 weeks of gestation in the post-surfactant era: Fourteen years' experience in a single neonatal care unit, 1987-2000,Hosono Shigeharu,Ohno Tsutomu,Kimoto Hirofumi,Shimizu Masaki,Takahashi Shigeru,Harada Kensuke,PEDIATRICS INTERNATIONAL,Vol. 50,No. 5,p. 640-643,2008年10月
  • ヒューマノイドロボットHRP-3の開発,金子 健二,原田 研介,金広 文男,木村 勉,宮森 剛,赤地 一彦,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 26,No. 6,p. 658-666,2008年08月29日
  • 動歩行するヒューマノイドロボットの干渉回避計画,原田 研介,服部 静子,比留川 博久,森澤 光晴,梶田 秀司,吉田 英一,日本機械学会論文集 C編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 74,No. 745,p. 2272-2280,2008年
  • Task autonomy for a teleoperated humanoid robot,Vol. 39,p. 533-+,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Using Motion Primitives in Probabilistic Sample-Based Planning for Humanoid Robots,Vol. 47,p. 507-+,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Task autonomy for a teleoperated humanoid robot,Vol. 39,p. 533-540,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Humanoids.,Charles C. Kemp,Paul M. Fitzpatrick,Hirohisa Hirukawa,Kazuhito Yokoi,Kensuke Harada,Yoshio Matsumoto,Springer Handbook of Robotics,Springer,p. 1307-1333,2008年
  • A Pattern Generator of Humanoid Robots Walking on a Rough Terrain using a Handrail,p. 2617-+,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Humanoid Robot HRP-3,p. 2471-+,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Kinodynamic Gait Planning for Full-Body Humanoid Robots,p. 1544-1550,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Fast grasp planning for hand/arm systems based on convex model,p. 1162-1168,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Friction Based "Twirl" for Biped Robots,p. 279-284,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Selecting a Suitable Grasp Motion for Humanoid Robots with a Multi-Fingered Hand,p. 54-60,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 等身大ヒューマノイド用多指ハンドの開発,金子 健二,原田 研介,金広 文男,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 26,No. 1,p. 98-109,2007年12月30日
  • MDCT evaluation of a double outlet right ventricle after the Rastelli procedure,Vol. 117,No. 3,p. 430-432,2007年05月
  • ヒューマノイドの動作一時停止システム : 実時間動作一時停止判断と実時間パターン修正,金子 健二,金広 文男,森澤 光晴,梶田 秀司,藤原 清司,原田 研介,比留川 博久,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 25,No. 2,p. 289-298,2007年03月01日
  • Urine glucose screening program at schools in Japan to detect children with diabetes and its outcome-incidence and clinical characteristics of childhood type 2 diabetes in Japan,Vol. 61,No. 2,p. 141-145,2007年02月
  • Real-time planning of humanoid robot's gait for force-controlled manipulation,Vol. 12,No. 1,p. 53-62,2007年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Motion planning for walking pattern generation of humanoid robots,p. 4233-4239,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motion planning for walking pattern generation of humanoid robots,p. 4227-4233,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An optimal planning of falling motions of a humanoid robot,p. 462-468,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Experimentation of humanoid walking allowing immediate modification of foot place based on analytical solution,p. 3989-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A pattern generator of humanoid robots walking on a rough terrain,p. 2181-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of multi-fingered hand for life-size humanoid robots,p. 913-920,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Pushing manipulation for multiple objects,Vol. 128,No. 2,p. 422-427,2006年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics and balance of a humanoid robot during manipulation tasks,Vol. 22,No. 3,p. 568-575,2006年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of the Bank of Japan's intervention on yen/dollar exchange rate volatility,Vol. 20,No. 1,p. 99-111,2006年03月,研究論文(学術雑誌)
  • An analytical method for real-time gait planning for humanoid robots,Vol. 3,No. 1,p. 1-19,2006年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Integration of manipulation and locomotion by a humanoid robot,Vol. 21,p. 187-197,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Using Motion Primitives in Probabilistic Sample-Based Planning for Humanoid Robots.,Kris K. Hauser,Timothy Bretl,Kensuke Harada,Jean-Claude Latombe,Algorithmic Foundation of Robotics VII, Selected Contributions of the Seventh International Workshop on the Algorithmic Foundations of Robotics, WAFR 2006, July 16-18, 2006, New York, NY, USA,Springer,p. 507-522,2006年
  • Towards whole arm manipulation by contact state transition,p. 5682-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motion suspension system for humanoids in case of emergency - Real-time motion generation and judgment to suspend humanoid,p. 5496-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Biped walking pattern generator allowing auxiliary ZMP control,p. 2993-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motion planning of emergency stop for humanoid robot by state space approach,p. 2986-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Natural motion generation for humanoid robots,p. 833-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A universal stability criterion of the foot contact of legged robots - Adios ZMP,p. 1976-1983,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A biped pattern generation allowing immediate modification of foot placement in real-time,p. 581-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Towards an optimal falling motion for a humanoid robot,p. 524-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The tele-operation of the humanoid robot - Whole body operation for humanoid robots in contact with environment,p. 333-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 力制御型マニピュレーションに基づくヒューマノイドロボットの実時間歩容計画,原田 研介,梶田 秀司,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,日本機械学会論文集. C編,一般社団法人日本機械学会,Vol. 71,No. 711,p. 3181-3188,2005年11月25日
  • ヒューマノイドロボットの実時間歩容計画における解析的アプローチ,原田 研介,梶田 秀司,森澤 光晴,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,比留川 博久,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 23,No. 6,p. 752-760,2005年09月15日
  • 等身大ヒューマノイドロボットの後方転倒制御の実現,藤原 清司,金広 文男,梶田 秀司,横井 一仁,齋藤 元,原田 研介,比留川 博久,五十棲 隆勝,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 23,No. 4,p. 427-434,2005年05月15日
  • 力制御型マニピュレーションに基づくヒューマノイドロボットの実時間歩容計画,原田 研介,梶田 秀司,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,日本機械学会論文集 C編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 71,No. 711,p. 3181-3188,2005年
  • Emergency stop algorithm for walking humanoid robots,p. 31-37,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Slip observer for walking on a low friction floor,p. 1457-1463,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Pattern generation of biped walking constrained on parametric surface,p. 2405-2410,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Humanoid robot carrying a heavy object,p. 1712-1717,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Whole body locomotion planning of humanoid robots based on a 3D grid map,p. 1072-1078,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Object manipulation under hybrid active/passive closure,p. 1013-1020,2005年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 分解運動量制御 : 運動量と角運動量に基づくヒューマノイドロボットの全身運動生成,梶田 秀司,金広 文男,金子 健二,藤原 清司,原田 研介,横井 一仁,比留川 博久,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 22,No. 6,p. 772-779,2004年08月29日
  • ヒューマノイドロボットの押し操作における歩行動作,原田 研介,梶田 秀司,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 22,No. 3,p. 392-399,2004年04月15日
  • ヒューマノイドの転倒回復機能の実現,金広 文男,金子 健二,藤原 清司,原田 研介,梶田 秀司,横井 一仁,比留川 博久,赤地 一彦,五十棲 隆勝,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 22,No. 1,p. 37-45,2004年01月15日
  • ヒューマノイドロボットの脚腕協調におけるZMP解析,原田 研介,梶田 秀司,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 22,No. 1,p. 28-36,2004年01月15日
  • Biped walking on a low friction floor.,Shuuji Kajita,Kenji Kaneko,Kensuke Harada,Fumio Kanehiro,Kiyoshi Fujiwara,Hirohisa Hirukawa,2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Sendai, Japan, September 28 - October 2, 2004,IEEE,p. 3546-3552,2004年
  • Dynamical balance of a humanoid robot grasping an environment.,Kensuke Harada,Hirohisa Hirukawa,Fumio Kanehiro,Kiyoshi Fujiwara,Kenji Kaneko,Shuuji Kajita,Masaru Nakamura,2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Sendai, Japan, September 28 - October 2, 2004,IEEE,p. 1167-1173,2004年
  • Falling motion control of a humanoid robot trained by virtual supplementary tests,p. 1077-1082,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Real-time planning of humanoid robot's gait for force controlled manipulation,p. 616-622,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Locomotion planning of humanoid robots to pass through narrow spaces,p. 604-609,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An analytical method on real-time gait planning for a humanoid robot,p. 640-655,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 人間型ロボット機構の全身マニピュレーションにおける動作内力解析,原田 研介,金子 真,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 21,No. 6,p. 647-655,2003年09月15日
  • 複数対象物のPushing Manipulation,原田 研介,西山 淳,村上 義博,金子 真,日本機械学會論文集. C編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. C,一般社団法人日本機械学会,Vol. 69,No. 677,p. 195-203,2003年01月25日
  • 複数対象物のPushing Manipulation,原田 研介,西山 淳,村上 義博,金子 真,日本機械学會論文集. C編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. C,一般社団法人日本機械学会,Vol. 69,No. 677,p. 195-203,2003年01月25日
  • Whole body manipulation,p. 190-195,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The first human-size lumanoid that can fall over safely and stand-up again,p. 1920-1926,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Resolved momentum control: Humanoid motion planning based on the linear and angular momentum,p. 1644-1650,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ZMP analysis for arm/leg coordination,p. 75-81,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Experimental evaluation of the dynamic simulation of biped walking of humanoid robots,p. 1640-1645,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The first humanoid robot that has the same size as a human and that can lie down and get up,p. 1633-1639,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Biped walking pattern generation by using preview control of zero-moment point,p. 1620-1626,2003年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A sufficient condition for manipulation of envelope family,Vol. 18,No. 4,p. 597-607,2002年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Rolling based manipulation under neighborhood equilibrium,Vol. 21,No. 5-6,p. 463-474,2002年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 重力平衡する対象物の転がりによる操り,原田 研介,川嶋 大雅,金子 真,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 20,No. 2,p. 42-50,2002年03月15日
  • 触覚微分器,金子 真,佐嶋 俊彦,原田 研介,辻 敏夫,日本機械学會論文集. C編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. C,社団法人日本機械学会,Vol. 68,No. 666,p. 447-453,2002年02月25日
  • Active Force Closure for Multiple Objects,Kensuke Harada,Makoto Kaneko,Toshio Tsuji,Journal of Robotic Systems,Vol. 19,No. 3,p. 133-141,2002年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 対象物の引き剥がし支援動作(DAM)の発見とロボットハンドへの応用,白井 達也,金子 真,原田 研介,辻 敏夫,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 20,No. 1,p. 57-64,2002年01月15日
  • Pushing multiple objects using equivalent friction center,p. 2485-2491,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 触覚微分器,金子 真,佐嶋 俊彦,原田 研介,辻 敏夫,日本機械学会論文集C編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 68,No. 666,p. 447-453,2002年
  • Torque distribution for achieving a Hugging Walk,p. 2613-2618,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Manipulation of 3D enveloped object,p. 1619-1625,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Dynamic friction closure,p. 1584-1589,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 2種類のZMPを考慮したヒューマノイドによる押し操作,原田 研介,梶田 秀司,金子 健二,比留川 博久,計測自動制御学会 部門大会/部門学術講演会資料,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 2002,No. 0,p. 49-49,2002年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Envelope Family 操りの十分条件,金子 真,原田 研介,辻 敏夫,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 19,No. 7,p. 863-873,2001年10月15日
  • Manipulation of enveloped object with elasticity at contact points,p. 190-195,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Gait transition from foot tip to Hugging Walk,p. 179-184,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of frictional forces in indeterminate enveloping grasps,p. 1882-1887,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A neuro-based adaptive training method for robotic rehabilitation aids,p. 3680-3685,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis on Detaching Assist Motion (DAM),p. 3028-3033,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Rolling based manipulation under Neighborhood Equilibrium,p. 2492-2498,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Enveloping grasp feasibility inequality,p. 2210-2216,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Rolling-based manipulation for multiple objects,Vol. 16,No. 5,p. 457-468,2000年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Rolling-based manipulation for multiple objects,Vol. 16,No. 5,p. 457-468,2000年10月,研究論文(学術雑誌)
  • ニューラルネットによる非接触型インピーダンス制御のパラメータ学習,野口 裕史,辻 敏夫,原田 研介,金子 真,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 18,No. 4,p. 561-568,2000年05月15日
  • 複数対象物の操り,原田 研介,中野 慎也,金子 真,辻 敏夫,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 18,No. 2,p. 78-85,2000年03月15日
  • 多角錐物体の平衡把握アルゴリズム,金子 真,沖本 越,原田 研介,辻 敏夫,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 18,No. 1,p. 126-134,2000年01月15日
  • Manipulation of enveloped multiple objects,Vol. 1,p. 422-427,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Grasp and manipulation of multiple objects,p. 33-39,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Experimental approach on grasping and manipulating multiple objects,Vol. 250,p. 47-55,2000年,研究論文(学術雑誌)
  • Grasp Strategy Simplified by Detaching Assist Motion (DAM).,Makoto Kaneko,Tatsuya Shirai,Kensuke Harada,Toshio Tsuji,Experimental Robotics VII [ISER 2000, Waikiki, Hawaii, USA, December 11-13, 2000],Springer,p. 131-140,2000年
  • Neighborhood Equilibrium Grasp for Multiple Objects.,Kensuke Harada,Makoto Kaneko,Proceedings of the 2000 IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2000, April 24-28, 2000, San Francisco, CA, USA,IEEE,p. 2159-2164,2000年
  • A Sufficient Condition for Manipulation of Envelope Family.,Makoto Kaneko,Kensuke Harada,Toshio Tsuji,Proceedings of the 2000 IEEE International Conference on Robotics and Automation, ICRA 2000, April 24-28, 2000, San Francisco, CA, USA,IEEE,p. 1060-1067,2000年
  • ニューラルネットによるロボットインピーダンスのオンライン学習,辻 敏夫,赤松 寛優,原田 研介,金子 真,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 17,No. 2,p. 234-241,1999年03月15日
  • マクロ-マイクロシステムによるフレキシブルアームの動的な位置と力のハイブリッド制御における内部安定化,原田 研介,吉川 恒夫,日本機械学会論文集. C編,一般社団法人日本機械学会,Vol. 64,No. 620,p. 1327-1332,1998年04月
  • マクロ‐マイクロシステムによるフレキシブルアームの動的な位置と力のハイブリッド制御における内部安定化,原田 研介,吉川 恒夫,日本機械学会論文集C編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 64,No. 620,p. 1327-1332,1998年
  • Kinematics and internal force in grasping multiple objects,p. 298-303,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Necessary and sufficient number of fingers for capturing pyramidal-like objects,p. 134-139,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Enveloping grasp for multiple objects,p. 2409-2415,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Grasp and manipulation for multiple objects,Vol. 13,No. 3,p. 353-354,1998年01月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 柔軟関節を持つ直交型ロボット機構の軌道制御,吉川 恒夫,原田 研介,細田 耕,市川 雅司,日本機械学会論文集. C編,一般社団法人日本機械学会,Vol. 63,No. 612,p. 2801-2807,1997年08月
  • Hybrid Position/Force Control of Flexible-Macro/Rigid-Micro Manipulator Systems,Tsuneo Yoshikawa,Kensuke Harada,Atsushi Matsumoto,IEEE Trans. on Robotics and Automation,Vol. 12,No. 4,p. 633-639,1996年08月,研究論文(学術雑誌)
  • フレキシブルアームの動的軌道制御における内部安定化,原田 研介,吉川 恒夫,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 14,No. 3,p. 444-453,1996年04月15日
  • Internal stabilization in dynamic trajectory control of flexible manipulators,Vol. 14,No. 3,p. 252-259,1996年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • マクローマイクロシステムによるフレキシブルアームの位置と力の準静的ハイブリット制御,吉川 恒夫,原田 研介,松本 淳,村上 弘記,計測自動制御学会論文集,計測自動制御学会,Vol. 31,No. 8,p. 1129-1135,1995年08月
  • マクロ-マイクロシステムによるフレキシブルアームの位置と力の準静的ハイブリッド制御,吉川 恒夫,原田 研介,松本 淳,村上 弘記,計測自動制御学会論文集,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 31,No. 8,p. 1129-1135,1995年
  • HYBRID POSITION FORCE CONTROL OF FLEXIBLE MANIPULATORS BY MACRO-MICRO MANIPULATOR SYSTEM,p. 2125-2130,1994年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • TRAJECTORY CONTROL OF CARTESIAN TYPE INDUSTRIAL MANIPULATORS WITH FLEXIBLE JOINTS,p. 14-21,1993年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 柔軟関節を持つ直交型ロボットの軌道制御,吉川恒夫,細田耕,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 10th,No. 3,p. 1167-1170,1992年10月

MISC

  • Robotic Manipulation Research from the Laboratory to the Real World,,Kensuke Harada,Open Access Government,p. 180-182,2020年09月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Robotic Manipulation Research,Kensuke Harada,Impact,Vol. 2020,No. 2,p. 15-17,2020年04月15日
  • ロボティクスと人工知能,長井隆行,原田研介,石黒浩,細田耕,学会誌「人工知能」,Vol. 35,No. 4,p. 558-567,2020年04月,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ロボットによる作業動作の生成 —動作計画とその周辺—,万 偉偉,小山 佳祐,原田 研介,日本ロボット学会誌,Vol. 38,No. 6,p. 511-515,2020年,記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • Special issue on Industrial Robot Technology–Selected Papers from WRS 2018,Watanabe, T.,Harada, K.,Tsuji, T.,Vol. 34,No. 7-8,p. 407-407,2020年
  • ロボットによる組立作業における人工知能 (特集 人間と相互理解できる次世代人工知能技術(第2部)ロボット技術編),万 偉偉,原田 研介,人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence,人工知能学会 ; 2014-,Vol. 35,No. 1,p. 30-33,2020年01月
  • ロボットラーニングによる部品のピッキング (特集 人間と相互理解できる次世代人工知能技術(第2部)ロボット技術編),堂前 幸康,原田 研介,人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence,人工知能学会 ; 2014-,Vol. 35,No. 1,p. 25-29,2020年01月
  • 産業用ロボットへの応用を想定した作業動作計画の研究 (特集 ロボットシステムインテグレーションを変革する AIマニピュレーション・ロボットハンド・協調安全の最前線),原田 研介,機械設計 = Machine design,日刊工業新聞社,Vol. 64,No. 1,p. 19-24,2020年01月
  • 巻頭言:特集号「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」について,原田 研介,野田 哲男,松野 隆幸,計測自動制御学会論文集,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 56,No. 1,p. 1-1,2020年
  • FA バラ積みされた難識別対象物に対する2段階ピッキング手法,佐藤 優也,原田 研介,万 偉偉,酒田 信親,ラミレス イクシェル,画像ラボ,日本工業出版,Vol. 30,No. 12,p. 1-10,2019年12月
  • コミュニケーション利用を目的とした感情を考慮した音声による表情アニメーション生成 (メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎),西村 亮佑,酒田 信親,土方 嘉徳,原田 研介,清川 清,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 119,No. 222,p. 27-31,2019年10月10日
  • テンプレートを利用した光沢物体の姿勢推定,佐藤優也,ラミレス イクシェル,酒田信親,万偉偉,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 37th,2019年09月03日
  • ヒトの作業特性に基づく複数ステップ力制御,福本靖彦,福本靖彦,山野辺夏樹,万偉偉,万偉偉,原田研介,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 37th,2019年09月03日
  • サブシナジー:タスク遂行に必要な関節を考慮したシナジーの実験的検討,東和樹,小澤隆太,永田和之,万偉偉,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 37th,2019年09月03日
  • 多品種少量生産のロボット化の基本的な進め方 (特集 いちから学ぶ,生産工程の自動化の進め方),原田 研介,Cosmetic stage,技術情報協会,Vol. 13,No. 6,p. 25-28,2019年08月
  • A Real‐time Robotic Calibration Method for Vision‐based Bin‐picking,ZHANG Xinyi,PETIT Damien,DOMAE Yukiyasu,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,WAN Weiwei,WAN Weiwei,HARADA Kensuke,HARADA Kensuke,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2019,2019年06月05日
  • ばら積み物体に対する操りと観測の確率的計画手法,元田 智大,万 偉偉,原田 研介,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,システム制御情報学会,Vol. 63,p. 1331-1337,2019年05月22日
  • サブシナジー : タスク遂行に必要な関節を考慮したシナジーによる多指ハンド制御,東 和樹,万 偉偉,原田 研介,小澤 隆太,永田 和之,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,システム制御情報学会,Vol. 63,p. 173-180,2019年05月22日
  • 物体形状と物体軌道の統計情報を用いた動作計画,田島翔,辻徳生,鈴木陽介,渡辺哲陽,宮内翔子,諸岡健一,原田研介,関啓明,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 24th,2019年03月14日
  • Planning Grasps for Assembly Tasks,2019年03月05日,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • Dual-arm Assembly Planning Considering Gravitational Constraints,2019年03月02日,機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • 産業用ロボットの次世代技術について,原田 研介,万 偉偉,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 37,No. 10,p. 915-918,2019年
  • データベースに基づく産業用ロボットの作業動作計画,原田 研介,万 偉偉,ラミレス ・イクシェル,山野辺 夏樹,辻 徳生,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 37,No. 8,p. 679-682,2019年
  • 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)報告,野田 哲男,原田 研介,計測と制御,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 58,No. 7,p. 564-564,2019年
  • 重力バスケットの遷移を考慮した2本の指でのケージングマニピュレーション,藤森 雄大,万 偉偉,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2019,No. 0,p. 1P1-C10,2019年
  • パレタイジングの軌道計画におけるR-PRM(Re-usable Probabilistic Roadmap)手法,坂本 匠,原田 研介,万 偉偉,Ramirez-Alpizar Ixchel G.,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2019,No. 0,p. 2A2-C01,2019年
  • 食材の物理的特徴の学習に基づく実行可能な調理動作の推定,平木 亮輔,ラミレス イクシェル,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2019,No. 0,p. 1P2-C10,2019年
  • ヒューマノイドロボットによる物体探索のための認識行動の計画,都留 将人,Pierre Gergondet,元田 智大,Ixchel Ramirez,Adrien Escande,万 偉偉,吉田 英一,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2019,No. 0,p. 1A1-K07,2019年
  • 双腕による重力を考慮した平板への対象物配置作業の計画,森山 龍太,万 偉偉,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2019,No. 0,p. 1P1-C09,2019年
  • 絡みやすい対象物に対する学習型バラ積みピッキング,松村遼,原田研介,原田研介,堂前幸康,WAN Weiwei,WAN Weiwei,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 19th,2018年12月13日
  • 作業時に発生する音に着目した作業動作の獲得と識別,金岡みづき,福田光佑,RAMIREZ Ixchel,山野辺夏樹,WAN Weiwei,原田研介,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 19th,2018年12月13日
  • 深層学習を用いた把持熱痕跡画像の識別,関英俊,辻徳生,原田研介,関啓明,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 19th,2018年12月13日
  • WRS2018におけるピッキングのフレームワーク,PETIT Damien,堂前幸康,植芝俊夫,高瀬竜一,ZHANG Xinyi,NIE Kaidi,吉岡琢,VON DRIGALSKI Felix,柴田義也,中島千智,小西嘉典,井尻善久,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel,WAN Weiwei,原田研介,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 19th,2018年12月13日
  • 凸分解を用いたロボットによる組立作業のためのツール選択手法,中山賢斗,WAN Weiwei,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,原田研介,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 19th,2018年12月13日
  • 深層学習を用いた入力音声に適した顔表情生成,西村亮佑,酒田信親,冨永登夢,土方嘉徳,原田研介,清川清,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM),Vol. 23rd,2018年09月19日
  • Social Force Modelを適用した没入型HMD装着時の実空間歩行支援,金森浩平,酒田信親,冨永登夢,土方嘉徳,原田研介,清川清,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM),Vol. 23rd,2018年09月19日
  • A Fast Bipedal Gait Pattern Generation Based on Model Predictive Control,ZHANG Ang,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,STASSE Olivier,HARADA Kensuke,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 36th,2018年09月04日
  • ばら積み物体の認識と操りのための確率的行動計画の検証,元田智大,万偉偉,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 36th,2018年09月04日
  • 距離画像へのハンドモデル群の畳み込みによる把持手段と把持位置の同時決定,堂前幸康,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 36th,2018年09月04日
  • 双腕による組立姿勢探索,森山龍太,万偉偉,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 36th,2018年09月04日
  • 把持ツール選択及び交換を含む組立作業計画,中山賢斗,万偉偉,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,原田研介,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 36th,2018年09月04日
  • 多視点の視覚センサフィードバックを用いた深層学習による物体認識と掬い動作の生成,越智仁絵,万偉偉,万偉偉,山野辺夏樹,原田研介,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 36th,2018年09月04日
  • データベースを利用した適応的な組立動作生成システムの提案,池田奎,山野辺夏樹,花井亮,辻徳生,PETIT Damien,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,万偉偉,原田研介,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 36th,2018年09月04日
  • 力覚制御等を組み込んだ高度なロボット制御技術の開発―パッキン取り付け作業における力制御パラメータの最適化―,福本靖彦,原田研介,原田研介,高原茂幸,坂東慎之介,竹中慎,多田幸弘,香川県産業技術センター研究報告,No. 18,2018年06月
  • 産業用ロボットによる組み立て作業の自動化に関する研究動向,原田 研介,精密工学会誌,公益社団法人 精密工学会,Vol. 84,No. 4,p. 299-302,2018年
  • バラ積みされた難識別対象物に対する2段階ピッキング手法,佐藤 優也,原田 研介,酒田 信親,万 偉偉,ラミレス イクシェル,日本機械学会論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 84,No. 861,p. 17-00546-17-00546,2018年
  • ロボットマニピュレーション研究におけるアフォーダンスに関するレビュー,山野辺 夏樹,万 偉偉,ラミレス イクシェル,プティ ダミアン,辻 徳生,秋月 秀一,橋本 学,永田 和之,原田 研介,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 36,No. 5,p. 327-337,2018年
  • 産業用ロボットによる組み立て作業の自動化に関する研究動向,原田研介,精密工学会誌(Web),公益社団法人 精密工学会,Vol. 84,No. 4,p. 299‐302(J‐STAGE)-302,2018年
  • 把持・動作計画システムのミドルウェアによるインテグレーション,原田 研介,辻 徳生,計測と制御,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 57,No. 10,p. 711-714,2018年
  • 物体形状と人動作の学習に基づくアーム動作生成,田島 翔,辻 徳生,鈴木 陽介,渡辺 哲陽,諸岡 健一,原田 研介,疋津 正利,関 啓明,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2018,No. 0,p. 2A1-F14,2018年
  • 操作物体のアフォーダンスに基づく組立動作の認識,福田 光佑,ラミレス イクシェル,山野辺 夏樹,プティ ダミアン,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2018,No. 0,p. 2A1-F17,2018年
  • タスク指向形ソフトウェアシナジーを実現する多指ハンド制御システム,東 和樹,小澤 隆太,永田 和之,万 偉偉,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2018,No. 0,p. 1P2-H15,2018年
  • スナップアセンブリにおけるエラーリカバリシステムの構築,速水 友輔,原田 研介,石 培昊,万 偉偉,ラミレス イクシェル,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2018,No. 0,p. 1A1-D01,2018年
  • 「マニピュレーション・レビュー」特集について,原田 研介,田原 健二,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 36,No. 5,p. 305-305,2018年
  • 物理シミュレータを用いたバラ積みピッキングにおける近似部品モデルの影響評価,松村遼,原田研介,原田研介,堂前幸康,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 18th,2017年12月20日
  • バラ積みピッキングにおける2段階アプローチの効率化,佐藤優也,原田研介,WAN Weiwei,酒田信親,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 18th,2017年12月20日
  • マニピュレーションのためのロボット知能と学習,山口明彦,松原崇充,原田研介,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 18th,2017年12月20日
  • ヒトの動力学特性に基づいたパッキン取り付けロボット―滑降シンプレックス法による取り付け負荷の最小化―,福本靖彦,福本靖彦,原田研介,原田研介,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 18th,2017年12月20日
  • 確率モデルによるばら積み物体の認識と操りのための行動計画,元田智大,原田研介,原田研介,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 18th,2017年12月20日
  • タスク指向形ソフトウェアシナジーを実現する多指ハンド制御システム,東和樹,原田研介,小澤隆太,永田和之,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 18th,2017年12月20日
  • 人間ロボット協働におけるロボットの印象操作の影響 (メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎),多田 昌洋,酒田 信親,原田 研介,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,電子情報通信学会,Vol. 117,No. 252,p. 95-99,2017年10月19日
  • タスクデータを併用した組立作業の自動計画,原田研介,原田研介,山野辺夏樹,万偉偉,永田和之,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 35th,2017年09月11日
  • 組立作業の自動化ロボットシステムの研究開発(第6報)―力制御を用いたパッキン取り付け時の負荷軽減―,福本靖彦,原田研介,原田研介,河井治信,濱田敏弘,坂東慎之介,竹中慎,香川県産業技術センター研究報告,No. 17,2017年06月
  • マニピュレーション革命の兆候と未来,原田 研介,計測と制御,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 56,No. 10,p. 733-735,2017年
  • 人間ロボット協働におけるロボットの印象操作の影響 (第147回ヒューマンインタフェース学会研究会 人工現実感および一般),多田 昌洋,酒田 信親,原田 研介,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,ヒューマンインタフェース学会,Vol. 19,No. 252(MVE2017 24-32),p. 95-99,2017年
  • 持ち替えに基づく難識別物体のバラ積みピッキング手法,佐藤 優也,原田 研介,菊地 宏平,万 偉偉,酒田 信親,ラミレス イクシェル,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2017,No. 0,p. 2P1-A04,2017年
  • バラ積みされた対象物のピッキングに対する物理シミュレータを用いた学習,松村 遼,原田 研介,堂前 幸康,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2017,No. 0,p. 2P1-A02,2017年
  • ロボットの動作データベースにおける検索フレームワークに関する一検討,越智 仁絵,ラミレス イクシェル,土方 嘉徳,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2017,No. 0,p. 2A2-K06,2017年
  • マニピュレーションの現在と将来,原田 研介,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 35,No. 1,p. 2-8,2017年
  • マニピュレーションの現在と将来 (特集 マニピュレーションの最新動向),原田 研介,日本ロボット学会誌 = Journal of the Robotics Society of Japan,日本ロボット学会 ; 1983-,Vol. 35,No. 1,p. 2-8,2017年01月
  • 深層学習によるピッキングのための環境認識,永田和之,西卓郎,山野辺夏樹,原田研介,原田研介,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 17th,2016年12月15日
  • 作業動作生成のためのクラウドデータベースの構築,山野辺夏樹,辻徳生,原田研介,原田研介,永田和之,花井亮,万偉偉,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 34th,2016年09月07日
  • 深層学習によるピッキングのための物体配置パターン識別,永田和之,西卓郎,山野辺夏樹,原田研介,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 34th,2016年09月07日
  • 熟練作業の動力学特性に基づいたパッキン取り付け作業,福本靖彦,原田研介,原田研介,河井治信,坂東慎之介,竹中慎,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 34th,2016年09月07日
  • ツールチエンジ機能を考慮した組立作業の自動計画,原田研介,原田研介,万偉偉,永田和之,山野辺夏樹,辻徳生,RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 34th,2016年09月07日
  • 複数の遠赤外線画像を用いた全周の接触領域検出と把持形態推定への応用,稲田大亮,辻徳生,諸岡健一,田原健二,河村晃宏,倉爪亮,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 34th,2016年09月07日
  • 自己ロック劣駆動機構を応用したロボットハンドの開発,徐睿,吉田英一,吉田英一,原田研介,KHEDDAR Abderrahmane,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 34th,2016年09月07日
  • ダイカスト部品の製造自動化に向けたロボット指の形状設計,石川卓,原田研介,永田和之,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2016,2016年06月08日
  • 組立作業の自動化ロボットシステムの研究開発(第5報)―産業用ロボットのCP制御とシミュレーションに関する検討―,福本靖彦,原田研介,音田弘,山野辺夏樹,濱田敏弘,坂東慎之介,小林宏明,竹中慎,香川県産業技術センター研究報告,No. 16,2016年06月
  • タスクモデルに基づく教示データの再利用と共有のためのフレームワーク,花井 亮,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,p. 2P1-08b4,2016年
  • ダイカスト部品の製造自動化に向けたロボット指の形状設計,石川 卓,原田 研介,永田 和之,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,p. 2P1-09a3,2016年
  • 指の着脱可能なロボットハンド,永田 和之,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,p. 2P2-05a4,2016年
  • ロボットによるバラ積みピッキングのための視覚プランニング,原田 研介,万 偉偉,辻 徳生,菊地 宏平,永田 和之,音田 弘,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2016,No. 0,p. 2P2-05a6,2016年
  • 統計的形状モデルを用いた把持計画,太田悠介,辻徳生,宮内翔子,諸岡健一,田原健二,河村晃宏,原田研介,倉爪亮,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 16th,2015年12月14日
  • 遠赤外線画像の熱痕跡を用いた接触履歴の検出と把持形態推定への応用,稲田大亮,辻徳生,原田研介,田原健二,河村晃宏,諸岡健一,倉爪亮,計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM),Vol. 16th,2015年12月14日
  • 隣接する対象物との干渉を許容した学習型バラ積みビンピッキング,原田研介,万偉偉,辻徳生,菊地宏平,永田和之,音田弘,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 33rd,2015年09月03日
  • 柔軟指先と関節変位によるポテンシャル場の許容外力エネルギーに基づく把持安定性評価,辻徳生,馬場恒星,田原健二,原田研介,諸岡健一,倉爪亮,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 33rd,2015年09月03日
  • 組立作業の自動化ロボットシステムの研究開発(第4報)―PTP制御型ロボツトへのインピーダンス制御の実装―,福本靖彦,原田研介,濱田敏弘,竹中慎,坂東慎之介,小林宏明,香川県産業技術センター研究報告,No. 15,p. 9-12,2015年06月
  • Granular Jammingに基づく組み立て作業用ユニバーサルハンド,原田研介,永田和之,ROJAS Juan,山野辺夏樹,音田弘,辻徳生,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2015,2015年05月16日
  • 包含立体を用いたクリアランスを有する経路の高速生成,辻徳生,原田研介,諸岡健一,倉爪亮,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2015,2015年05月16日
  • 日用品の用途を考慮した物体把持,永田和之,新良貴陽平,佐藤大祐,金宮好和,原田研介,山野辺夏樹,中村晃,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2015,2015年05月16日
  • 2P1-W08 Granular Jammingに基づく組立作業用ユニバーサルハンド,原田 研介,永田 和之,ROJAS Juan,山野辺 夏樹,音田 弘,辻 徳生,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _2P1-W08_1-_2P1-W08_4,2015年
  • 2P1-G05 包含立体を用いたクリアランスを有する経路の高速生成,辻 徳生,原田 研介,諸岡 健一,倉爪 亮,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _2P1-G05_1-_2P1-G05_2,2015年
  • 1P2-R06 日用品の用途を考慮した物体把持,永田 和之,新良貴 陽平,佐藤 大祐,金宮 好和,原田 研介,山野辺 夏樹,中村 晃,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2015,No. 0,p. _1P2-R06_1-_1P2-R06_3,2015年
  • ビンピッキングのためのRGB‐Dカメラを用いた三次元位置姿勢推定,および把持可能性を考慮したスコアリング手法,西卓郎,吉見隆,高瀬竜一,原田研介,永田和之,新良貴陽平,河井良浩,情報処理学会研究報告(Web),Vol. 2014,No. CVIM-194,p. VOL.2014-CVIM-194,NO.2 (WEB ONLY)-6,2014年11月13日
  • ビンピッキングのためのRGB-Dカメラを用いた三次元位置姿勢推定,および把持可能性を考慮したスコアリング手法,西卓郎,吉見隆,高瀬竜一,原田研介,永田和之,新良貴陽平,河井良浩,研究報告グラフィクスとCAD(CG),Vol. 2014,No. 2,p. 1-6,2014年11月13日
  • ビンピッキング用ハンドアイシステムの開発プロジェクト,吉見隆,原田研介,喜多泰代,永田和之,山野辺夏樹,植芝俊夫,佐藤雄隆,増田健,高瀬竜一,西卓郎,永見武司,河井良浩,中村修,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 32nd,2014年09月04日
  • 扱い方を考慮した日用品のモデル化,新良貴陽平,永田和之,佐藤大祐,金宮好和,原田研介,山野辺夏樹,中村晃,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 32nd,2014年09月04日
  • 柔軟指先と把持物体のポテンシャルを用いた把持安定条件の導出,馬場恒星,辻徳生,田原健二,原田研介,諸岡健一,倉爪亮,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 32nd,2014年09月04日
  • 移動マニピュレータによるピッキング作業のための台車位置計画,原田研介,辻徳生,菊地宏平,永田和之,音田弘,河井良浩,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2014年05月24日
  • 爪を有する多指ハンドの把持計画,馬場恒星,辻徳生,PYO Yoonseok,倉爪亮,諸岡健一,長谷川勉,原田研介,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2014年05月24日
  • 転がり動作に基づく大型対象物の持ち上げ計画,原田研介,辻徳生,菊地宏平,永田和之,音田弘,河井良浩,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2014年05月24日
  • イベントベースド遠隔操作による面合わせ操作,安井亮太,永田和之,朱晨騏,赤羽克仁,佐藤誠,原田研介,山野辺夏樹,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2014年05月24日
  • 内力の観察に基づく三本指把持のモデル化,永田和之,山野辺夏樹,原田研介,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 19th,p. 227-232,2014年03月13日
  • 区分的な二次曲面近似に基づく平面と曲面の抽出及び把持姿勢候補の生成,宇都宗一郎,辻徳生,原田研介,倉爪亮,長谷川勉,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 19th,p. 282-287,2014年03月13日
  • ロボットの動作計画における最適化,原田 研介,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 32,No. 6,p. 508-511,2014年
  • 3P2-R01 爪を有する多指ハンドの把持計画(ロボットハンドの機構と把持戦略(2)),馬場 恒星,辻 徳生,ピョ ユンソク,倉爪 亮,諸岡 健一,長谷川 勉,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2014,No. 0,p. _3P2-R01_1-_3P2-R01_4,2014年
  • 3P2-B08 イベントベースド遠隔操作による面合わせ操作(ハプティックインタフェース),安井 亮太,永田 和之,朱 晨騏,赤羽 克仁,佐藤 誠,原田 研介,山野辺 夏樹,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2014,No. 0,p. _3P2-B08_1-_3P2-B08_3,2014年
  • 2A1-V02 転がり動作に基づく大型対象物の持ち上げ計画(製造のロボット化),原田 研介,辻 徳生,菊地 宏平,永田 和之,音田 弘,河井 良浩,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2014,No. 0,p. _2A1-V02_1-_2A1-V02_2,2014年
  • 2A1-V01 移動マニピュレータによるピッキング作業のための台車位置計画(製造のロボット化),原田 研介,辻 徳生,菊地 宏平,永田 和之,音田 弘,河井 良浩,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2014,No. 0,p. _2A1-V01_1-_2A1-V01_4,2014年
  • 1P1-P04 柔軟性を有するリング状部品の組み立て動作計画(動作計画と制御の新展開(1)),ラミレス イクシェル,原田 研介,吉田 英一,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2014,No. 0,p. _1P1-P04_1-_1P1-P04_4,2014年
  • 「ロボット工学における最適化手法」特集について,原田 研介,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 32,No. 6,p. 491-491,2014年
  • 空間インタフェース装置SPIDARを用いた遠隔操作システム,安井亮太,永田和之,赤羽克仁,佐藤誠,原田研介,山野辺夏樹,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM),Vol. 18th,2013年09月18日
  • 応力分布の放物面近似に基づく把持安定性の評価,宇都宗一郎,辻徳生,原田研介,倉爪亮,長谷川勉,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 31st,2013年09月04日
  • 内力による把持分類,永田和之,山野辺夏樹,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 31st,2013年09月04日
  • 日用品モデルデータベースと深度センサを用いた円筒面を含む物体の把持および運搬作業の実現,新良貴陽平,加藤龍一,永田和之,佐藤大祐,金宮好和,原田研介,山野辺夏樹,中村晃,辻徳生,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 31st,2013年09月04日
  • 双腕ロボットに対するマニピュレーション計画手法の統合,原田研介,辻徳生,LAUMOND Jean‐Paul,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 31st,2013年09月04日
  • スナップジョイントを有するパーツの力制御の切り替えに基づく組み立て,原田研介,ROJAS Juan,音田弘,山野辺夏樹,吉田英一,永田和之,河井良浩,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2013,2013年05月21日
  • 多指ハンドを用いた関節角の位置制御に基づく誤差に頑健な物体把持,馬場恒星,辻徳生,河村晃宏,PYO Yoonseok,田原健二,原田研介,長谷川勉,倉爪亮,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2013,2013年05月21日
  • 「マニピュレーション研究の最前線」特集について,原田 研介,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 31,No. 4,p. 319-319,2013年05月15日
  • マニピュレーション研究 : 把持計画を中心とした研究動向,原田 研介,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 31,No. 4,p. 320-325,2013年05月15日
  • graspPlugin for Choreonoid,辻 徳生,原田 研介,日本ロボット学会誌,Vol. 31,No. 3,p. 232-235,2013年04月15日
  • 確率的アプローチに基づく円柱近似された対象物のビンピッキング,原田研介,永田和之,辻徳生,山野辺夏樹,中村晃,河井良浩,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 18th,p. 212-218,2013年03月14日
  • 区分的な二次曲面近似に基づく把持姿勢候補の生成,宇都宗一郎,辻徳生,原田研介,田原健二,長谷川勉,倉爪亮,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 18th,p. 225-230,2013年03月14日
  • 一般物体把持のための把持姿勢変換,辻徳生,原田研介,山野辺夏樹,永田和之,中村晃,長谷川勉,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 18th,p. 219-224,2013年03月14日
  • 空間インタフェース装置SPIDARを用いた遠隔操作システムの開発,安井亮太,永田和之,赤羽克仁,佐藤誠,原田研介,山野辺夏樹,日本バーチャルリアリティ学会研究報告,Vol. 18,No. HDC11,p. 17-20,2013年
  • 2P1-K03 スナップジョイントを有するパーツの力制御の切り替えに基づく組み立て(動作計画と制御の新展開),原田 研介,Rojas Juan,音田 弘,山野辺 夏樹,吉田 英一,永田 和之,河井 良浩,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2013,No. 0,p. _2P1-K03_1-_2P1-K03_2,2013年
  • 1A1-J04 多指ハンドを用いた関節角の位置制御に基づく誤差に頑健な物体把持(ロボットハンドの機構と把持戦略(1)),馬場 恒星,辻 徳生,河村 晃宏,表 允晰,田原 健二,原田 研介,長谷川 勉,倉爪 亮,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2013,No. 0,p. _1A1-J04_1-_1A1-J04_4,2013年
  • graspPlugin for Choreonoid,辻 徳生,原田 研介,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 31,No. 3,p. 232-235,2013年
  • 2012年IEEEロボティクスとオートメーションに関する国際会議,浅野 文彦,原田 研介,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 30,No. 9,p. 869-870,2012年11月15日
  • プリミティブ形状による円筒面を含む日用品の点群データの領域分割と知識モデルによる把持可能領域の決定,加藤龍一,永田和之,佐藤大祐,金宮好和,原田研介,山野辺夏樹,中村晃,辻徳生,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 30th,2012年09月17日
  • 機能パーツの接続による日用品のモデル化,永田和之,山野辺夏樹,原田研介,中村晃,辻徳生,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 30th,2012年09月17日
  • ロボットによる詰込のための仕様・計画・配置技能,音田弘,原田研介,吉見隆,山野辺夏樹,永田和之,中村晃,北垣高成,河井良浩,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 30th,2012年09月17日
  • 移動作業用ロボットプラットフォーム“MobileHIRO”の操作用統合環境の開発,阪口健,花井亮,原田研介,中岡慎一郎,河井良浩,松本吉央,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 30th,2012年09月17日
  • 対象物の円筒近似に基づくビンピッキング,原田研介,永田和之,辻徳生,山野辺夏樹,中村晃,河井良浩,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 30th,2012年09月17日
  • 把持面の柔軟性を考慮したパラレルグリッパの把持計画 (特集 第16回ロボティクスシンポジア),原田 研介,辻 徳生,永田 和之,計測自動制御学会論文集,計測自動制御学会,Vol. 48,No. 7,p. 364-372,2012年07月
  • ロボットハンドによるObject Placement Planner,原田研介,辻徳生,永田和之,山野辺夏樹,音田弘,吉見隆,河井良浩,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2012,2012年05月27日
  • 区分的な楕円体及び楕円柱面近似に基づく把持計画,宇都宗一郎,辻徳生,原田研介,倉爪亮,長谷川勉,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2012,2012年05月27日
  • graspPlugin for Choreonoidの公開,原田研介,辻徳生,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2012,2012年05月27日
  • 物体把持のための日用品のモデル化,永田和之,山野辺夏樹,原田研介,中村晃,辻徳生,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2012,2012年05月27日
  • 双腕ロボットによるピックアンドプレース動作計画,原田研介,FOISSOTTE Torea,辻徳生,永田和之,山野辺夏樹,中村晃,河井良浩,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 17th,p. 406-412,2012年03月13日
  • 2A1-H03 物体把持のための日用品のモデル化(ホーム&オフィスロボット),永田 和之,山野辺 夏樹,原田 研介,中村 晃,辻 徳生,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _2A1-H03_1-_2A1-H03_3,2012年
  • 1P1-J01 graspPlugin for Choreonoidの公開(ロボットハンドの機構と把持戦略(3)),原田 研介,辻 徳生,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _1P1-J01_1-_1P1-J01_2,2012年
  • 1A2-H02 ロボットハンドによるObject Placement Planner(ロボットハンドの機構と把持戦略(2)),原田 研介,辻 徳生,永田 和之,山野辺 夏樹,音田 弘,吉見 隆,河井 良浩,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _1A2-H02_1-_1A2-H02_4,2012年
  • 1A1-L05 区分的な楕円体及び楕円柱面近似に基づく把持計画(ロボットハンドの機構と把持戦略(1)),宇都 宗一郎,辻 徳生,原田 研介,倉爪 亮,長谷川 勉,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2012,No. 0,p. _1A1-L05_1-_1A1-L05_4,2012年
  • 把持面の柔軟性を考慮したパラレルグリッパの把持計画,原田 研介,辻 徳生,永田 和之,山野辺 夏樹,丸山 健一,中村 晃,河井 良浩,計測自動制御学会論文集,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 48,No. 7,p. 364-372,2012年
  • 双腕ロボットによる持ち替えを伴うピックアンドプレース,原田研介,辻徳生,永田和之,山野辺夏樹,中村晃,河井良浩,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 29th,2011年09月07日
  • 手渡しの際の受け手の心地よさを考慮した日用品の把持,山野辺夏樹,久場景太郎,原辰徳,淺間一,新井民夫,永田和之,原田研介,中村晃,河井良浩,辻徳生,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 29th,2011年09月07日
  • 把持計画のための対象物二次曲面近似のグラフ表現,辻徳生,原田研介,山野辺夏樹,永田和之,中村晃,長谷川勉,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 29th,2011年09月07日
  • 複雑な形状の部品に対する接触状態遷移グラフ,原田研介,音田弘,山野辺夏樹,吉田英一,辻徳生,永田和之,河井良浩,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2011,2011年05月26日
  • オブジェクトピッキングのための物体配置モデル,永田和之,原田研介,辻徳生,山野辺夏樹,中村晃,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2011,2011年05月26日
  • 把握面の柔軟性を考慮したパラレルグリッパの把握計画と検証,原田研介,辻徳生,永田和之,山野辺夏樹,丸山健一,河井良浩,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 16th,p. 193-198,2011年03月14日
  • 1A1-I01 オブジェクトピッキングのための物体配置モデル(ロボットハンドの機構と把持戦略),永田 和之,原田 研介,辻 徳生,山野辺 夏樹,中村 晃,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2011,No. 0,p. _1A1-I01_1-_1A1-I01_2,2011年
  • 1A1-L10 複雑な形状の部品に対する接触状態遷移グラフ(動作計画と制御の新展開),原田 研介,音田 弘,山野辺 夏樹,吉田 英一,辻 徳生,永田 和之,河井 良浩,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2011,No. 0,p. _1A1-L10_1-_1A1-L10_3,2011年
  • 川崎病遠隔期・学童期に適した負荷心筋血流SPECTに関する検討,中村隆広,唐澤賢祐,金丸浩,松村昌治,阿部修,宮下理夫,鮎沢衛,住友直方,原田研介,麦島秀雄,Prog Med,Vol. 30,No. 3,p. 983-984,2010年03月10日
  • Preface,p. v-vi,2010年
  • Motion planning for humanoid robots,p. 1-306,2010年
  • ヒューマノイドロボットの全身動作と足の着地位置の同時計画(機械力学,計測,自動制御),原田 研介,森澤 光晴,三浦 郁奈子,中岡 慎一郎,金子 健二,梶田 秀司,日本機械学会論文集 C編,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 76,No. 770,p. 2686-2693,2010年
  • Grasplan:把持計画ツールボックスの開発,辻徳生,原田研介,中岡慎一郎,河井良浩,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 28th,2010年
  • 施設内生活支援ロボット知能の研究開発―作業知能モジュール群の有効性検証(第2報)―,中村高幸,足立勝,村上剛司,長谷川勉,嶋田和孝,大橋健,川端聡,丸山健一,辻徳生,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 28th,2010年
  • 把握面に柔軟性を有するパラレルグリッパの把握計画,原田研介,辻徳生,永田和之,山野辺夏樹,中村晃,河井良浩,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 28th,2010年
  • 接触面曲率情報を用いた多指ハンドの把持計画,辻徳生,原田研介,金子健二,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 27th,2009年09月15日
  • サイバネティックヒューマンHRP‐4Cの開発~プロジェクト概要~,梶田秀司,金子健二,金広文男,原田研介,森澤光晴,中岡慎一郎,三浦郁奈子,藤原清司,NEO Ee Sian,原功,横井一仁,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 27th,2009年09月15日
  • 2足歩行制御のための倒立振子安定化について,梶田秀司,森澤光晴,三浦郁奈子,金子健二,中岡慎一郎,金広文男,原田研介,藤原清司,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 27th,2009年09月15日
  • サイバネティックヒューマンHRP‐4Cの開発~モーションキャプチャからの動作生成~,三浦郁奈子,森澤光晴,金広文男,金子健二,中岡慎一郎,原田研介,梶田秀司,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 27th,2009年09月15日
  • ヒトの歩行動作を規範としたヒューマノイドの歩行パターンジェネレータ,原田研介,三浦郁奈子,森澤光晴,金子健二,中岡慎一郎,金広文男,辻徳生,梶田秀司,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2009,2009年05月24日
  • ヒューマノイドロボットのための多指ハンド把握モジュール,原田研介,辻徳生,金子健二,丸山健一,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2009,2009年05月24日
  • 操作力楕円体と摩擦円錐の楕円近似による把持安定性の高速評価,辻徳生,原田研介,金子健二,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2009,2009年05月24日
  • モーションキャプチャデータに基づくヒューマノイドHRP‐4Cのターン動作,三浦郁奈子,中岡慎一郎,森澤光晴,原田研介,梶田秀司,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2009,2009年05月24日
  • ApolipoproteinA‐V(apoA‐V)はHDL‐コレステロールの強力な調節因子である,井口洋美,岡田知雄,阿部百合子,斉藤恵美子,黒森由紀,宮下理夫,原光彦,岩田富士彦,鮎沢衛,泉裕之,原田研介,麦島秀雄,Lipid,Vol. 20,No. 2,p. 225-226,2009年04月20日
  • 2A1-D15 ヒトの歩行動作を規範としたヒューマノイドの歩行パターンジェネレータ,原田 研介,三浦 郁奈子,森澤 光情,金子 健二,中岡 慎一郎,金広 文男,辻 徳生,梶田 秀司,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2009,No. 0,p. _2A1-D15_1-_2A1-D15_4,2009年
  • 2A1-D22 モーションキャプチャデータに基づくヒューマノイドHRP-4Cのターン動作,三浦 郁奈子,中岡 慎一郎,森澤 光情,原田 研介,梶田 秀司,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2009,No. 0,p. _2A1-D22_1-_2A1-D22_3,2009年
  • 2A2-A19 ヒューマノイドロボットのための多指ハンド把握モジュール,原田 研介,辻 徳生,金子 健二,丸山 健一,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2009,No. 0,p. _2A2-A19_1-_2A2-A19_3,2009年
  • 2A2-B06 操作力楕円体と摩擦円錐の楕円近似による把持安定性の高速評価,辻 徳生,原田 研介,金子 健二,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2009,No. 0,p. _2A2-B06_1-_2A2-B06_4,2009年
  • 動歩行するヒューマノイドロボットの干渉回避計画,原田 研介,服部 静子,比留川 博久,森澤 光晴,梶田 秀司,吉田 英一,日本機械学會論文集. C編 = Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers. C,一般社団法人日本機械学会,Vol. 74,No. 745,p. 2272-2280,2008年09月25日
  • 施設内生活支援ロボット知能の研究開発―作業対象物把持に関する知能モジュール群―,金子健二,原田研介,辻徳生,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 26th,2008年09月09日
  • 両足の滑りを利用したヒューマノイドのターン動作,三浦郁奈子,中岡慎一郎,森澤光晴,原田研介,梶田秀司,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 26th,2008年09月09日
  • 視覚情報に基づく多指ハンドの把握計画,原田研介,辻徳生,金子健二,金広文男,丸山健一,河井良浩,富田文明,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 26th,2008年09月09日
  • 摩擦円錐の楕円近似を用いた把持安定性の高速評価,辻徳生,原田研介,金子健二,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 26th,2008年09月09日
  • 2足歩行ロボットの鉛直軸等速度運動による跳躍動作の一考察,金子健二,金広文男,原田研介,梶田秀司,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 26th,2008年09月09日
  • Bスプラインを用いたヒューマノイド動作計画のための軌道平滑化,原田研介,森澤光晴,三浦郁奈子,藤原清司,梶田秀司,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2008,2008年06月05日
  • 不整地におけるヒューマノイドのKinodynamic Motion Planning,原田研介,森澤光晴,中岡慎一郎,金子健二,梶田秀司,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2008,2008年06月05日
  • 極配置法によるヒューマノイドロボットの両脚期における緊急停止動作生成,森澤 光晴,梶田 秀司,金子 健二,金広 文男,中岡 慎一郎,原田 研介,藤原 清司,比留川 博久,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 26,No. 4,p. 341-350,2008年05月15日
  • (13)力制御型マニピュレーションに基づくヒューマノイドロボットの実時間歩容計画(論文,日本機械学会賞〔2007年度(平成19年度)審査経過報告〕),原田 研介,梶田 秀司,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,日本機械学会誌,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 111,No. 1074,p. 377-377,2008年
  • 2A1-D11 不整地におけるヒューマノイドのKinodynamic Motion Planning(ヒューマノイド),原田 研介,森澤 光晴,中岡 慎一郎,金子 健二,梶田 秀司,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. _2A1-D11_1-_2A1-D11_4,2008年
  • 2P1-F16 Bスプラインを用いたヒューマノイド動作計画のための軌道平滑化(ヒューマノイド),原田 研介,森澤 光晴,三浦 郁奈子,藤原 清司,梶田 秀司,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2008,No. 0,p. _2P1-F16_1-_2P1-F16_4,2008年
  • 実環境で働く人間型ロボット:HRP‐3,金子健二,原田研介,金広文男,比留川博久,赤地一彦,宮森剛,木村勉,五十棲隆勝,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 25th,2007年09月13日
  • サイバネティックヒューマンHRP‐4の開発~自由度構成の予備検討~,三浦郁奈子,中岡慎一郎,森澤光晴,藤原清司,金広文男,原田研介,金子健二,梶田秀司,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 25th,2007年09月13日
  • 動歩行するヒューマノイドの全身による干渉回避,原田研介,服部静子,比留川博久,森澤光晴,梶田秀司,吉田英一,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 25th,2007年09月13日
  • 等身大ヒューマノイドロボット用多指ハンドの基礎実験,金子健二,原田研介,金広文男,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 25th,2007年09月13日
  • 着地位置修正によるヒューマノイドの大きな外力に対する転倒回避,森澤光晴,金子健二,原田研介,梶田秀司,三浦郁奈子,中岡慎一郎,藤原清司,金広文男,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 25th,2007年09月13日
  • 凸包モデルに基づくハンド・アーム系の把握計画,原田研介,金子健二,金広文男,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 25th,2007年09月13日
  • 転倒実験用ヒューマノイドロボットHRP‐2FXの開発,藤原清司,梶田秀司,原田研介,比留川博久,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2007,2007年05月10日
  • 1A1-A09 転倒実験用ヒューマノイドロボットHRP-2FXの開発(ヒューマノイド),藤原 清司,梶田 秀司,原田 研介,比留川 博久,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2007,No. 0,p. _1A1-A09_1-_1A1-A09_4,2007年
  • 能動受動混合拘束下での物体操作,渡辺 哲陽,原田 研介,江 鐘偉,吉川 恒夫,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 25,No. 4,p. 643-650,2007年
  • CWSを接触安定規範とするヒューマノイドの不整地歩行パターン生成法,比留川博久,服部静子,梶田秀司,原田研介,金子健二,金広文男,森澤光晴,中岡慎一郎,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 25th,p. 2181-2187,2007年
  • 自律・遠隔ハイブリッド型ヒューマノイドロボット操作システムの開発(第六報)環境との接触を伴う全身遠隔操作の実現,蓮沼仁志,原田研介,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 24th,2006年09月14日
  • 等身大ヒューマノイドロボット用多指ハンドの開発概要,金子健二,原田研介,金広文男,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 24th,2006年09月14日
  • 最適制御手法を用いたヒューマノイドロボット転倒動作の検討,藤原清司,梶田秀司,原田研介,金子健二,森澤光晴,金広文男,中岡慎一郎,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 24th,2006年09月14日
  • 接触状態遷移を伴うホールアームマニピュレーション,渡辺哲陽,原田研介,JIANG Zhongwei,吉川恒夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 24th,2006年09月14日
  • 接触力凸多面錐に基づくヒューマノイドの動作パターンジェネレータ,比留川博久,服部静子,原田研介,梶田秀司,金子健二,金広文男,藤原清司,森澤光晴,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 24th,2006年09月14日
  • 自律・遠隔ハイブリッド型ヒューマノイドロボット操作システムの開発(第七報)遠隔操作実験結果と全身操作選択方法の提案,蓮沼仁志,原田研介,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 24th,2006年09月14日
  • 能動受動混合拘束の力学,渡辺 哲陽,原田 研介,江 鐘偉,吉川 恒夫,日本ロボット学会誌 = Journal of Robotics Society of Japan,日本ロボット学会,Vol. 24,No. 1,p. 131-139,2006年01月15日
  • リアルタイムに着地位置変更可能な2足歩容生成,森澤光晴,梶田秀司,原田研介,金子健二,金広文男,藤原清司,中岡慎一郎,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 24th,p. 581-586,2006年
  • 未来ZMP調整に基づく適応的な歩行パターン生成,梶田秀司,森沢光晴,原田研介,金子健二,金広文男,藤原清司,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 23rd,2005年09月15日
  • 接触力にもとづくヒューマノイドロボットのマニピュレーション動作生成,原田研介,比留川博久,梶田秀司,金子健二,金広文男,藤原清司,森沢光晴,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 23rd,2005年09月15日
  • 角運動量を用いたヒューマノイドロボットの転倒計画,藤原清司,金広文男,梶田秀司,原田研介,金子健二,森沢光晴,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 23rd,2005年09月15日
  • 接触力凸多面錐に基づくヒューマノイドの弱安定動作の生成,比留川博久,服部静子,原田研介,梶田秀司,金子健二,金広文男,藤原清司,森沢光晴,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 23rd,2005年09月15日
  • ヒューマノイドのための動作一時停止システム,金子健二,金広文男,森沢光晴,梶田秀司,藤原清司,原田研介,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 23rd,2005年09月15日
  • 「機械工学年鑑」18.ロボティクス・メカトロニクス,大築康生,平田泰久,小菅一弘,松野文俊,鎮西清行,本間敬子,新井健生,横井浩史,千葉龍介,原田研介,安藤吉伸,日本機械学会誌,Vol. 108,No. 1041,p. 663-666,2005年08月05日
  • 探査型ヒューマノイドロボットHRP‐2No.10,横井一仁,NEO Ee SIAN,有隅仁,吉田英一,STASSE Olivier,河井良浩,梶田秀司,金広文男,原田研介,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2005,2005年06月09日
  • 接触力凸多面錐に基づくヒューマノイドロボットの動作生成~第1報 接触状態遷移判定法,比留川博久,原田研介,梶田秀司,金子健二,金広文男,藤原清司,森沢光晴,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 10th,p. 139-146,2005年03月14日
  • 接触力凸多面錐に基づくヒューマノイドロボットの動作生成―第2報 マニピュレーション動作の生成―,原田研介,比留川博久,梶田秀司,金子健二,金広文男,藤原清司,森沢光晴,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 10th,p. 147-152,2005年03月14日
  • ALL-N-018 探査型ヒューマノイドロボットHRP-2 No.10(NEDO次世代ロボット実用化プロジェクト(プロトタイプ開発支援事業),生活を支援するロボメカ技術のメガインテグレーション),横井 一仁,NEO Ee Sian,有隅 仁,吉田 英一,STASSE Olivier,河井 良浩,梶田 秀司,金広 文男,原田 研介,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2005,No. 0,p. 9-9,2005年
  • 能動受動混合拘束下における物体の操り,渡辺哲陽,原田研介,JIANG Zhongwei,吉川恒夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 23rd,p. 1013-1020,2005年
  • ヒューマノイドロボットの緊急停止動作生成アルゴリズム,森沢光晴,梶田秀司,原田研介,金子健二,金広文男,藤原清司,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 23rd,p. 31-37,2005年
  • 3Dグリッドマップを用いたヒューマノイドの狭あい部移動,金広文男,吉見隆,梶田秀司,森沢光晴,藤原清司,原田研介,金子健二,比留川博久,富田文明,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 23rd,p. 1072-1078,2005年
  • 18・7 ヒューマノイド(18.ロボティクス・メカトロニクス,<特集>機械工学年鑑),原田 研介,日本機械学会誌,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 108,No. 1041,p. 665-666,2005年
  • 能動受動混合拘束の力学,渡辺哲陽,原田研介,JIANG Z,吉川恒夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 22nd,2004年09月15日
  • 滑り易い路面を歩行するロボットのスリップオブザーバ,金子健二,金広文男,梶田秀司,森沢光晴,藤原清司,原田研介,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 22nd,2004年09月15日
  • ヒューマノイドロボットによる対象物の持ち上げ動作,原田研介,梶田秀司,金子健二,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 22nd,2004年09月15日
  • パラメトリック曲面に拘束された2足歩行パターン生成,森沢光晴,梶田秀司,金子健二,原田研介,金広文男,藤原清司,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 22nd,2004年09月15日
  • 低μ路面での2足歩行のスリップと転倒予測,梶田秀司,金子健二,原田研介,金広文男,藤原清司,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 22nd,2004年09月15日
  • 実時間歩容計画における解析的アプローチ,原田研介,梶田秀司,森沢光晴,金広文男,藤原清司,金子健二,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 22nd,2004年09月15日
  • 等身大ヒューマノイドロボットによる前方転倒時の膝着地,藤原清司,金広文男,原田研介,梶田秀司,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 22nd,2004年09月15日
  • 視覚に基づくヒューマノイドの複雑環境自律移動―ローカルマップを用いた移動様式の選択―,金広文男,河井良浩,富田文明,森沢光晴,藤原清司,原田研介,金子健二,梶田秀司,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 22nd,2004年09月15日
  • 把握を利用したヒューマノイドロボットのバランス維持,原田研介,比留川博久,金広文男,藤原清司,金子健二,梶田秀司,中村優,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2004,2004年06月18日
  • 力制御型マニピュレーションに基づくヒューマノイドロボットの実時間歩容計画,原田研介,梶田秀司,金広文男,藤原清司,金子健二,横井一仁,比留川博久,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 9th,p. 404-410,2004年03月08日
  • 把握を利用したヒューマノイドロボットのバランス維持(ヒューマノイド3),原田 研介,比留川 博久,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,梶田 秀司,中村 優,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2004,No. 0,p. 186-187,2004年
  • ヒューマノイドによる押し操作のための歩行動作,原田研介,梶田秀司,金子健二,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 21st,2003年09月20日
  • HRP-2の運動制御システム―プラグイン群とその実行制御―,金広文男,藤原清司,原田研介,金子健二,梶田秀司,横井一仁,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 21st,2003年09月20日
  • 予見制御を用いたZMP補正用動力学フィルタ,梶田秀司,原田研介,金広文男,金子健二,藤原清司,横井一仁,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 21st,2003年09月20日
  • 接触状態の変化を含むヒューマノイドロボットの脚腕協調動作,原田研介,梶田秀司,金広文男,藤原清司,金子健二,横井一仁,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 21st,2003年09月20日
  • HRP-2の歩行安定化制御,金子健二,金広文男,梶田秀司,横井一仁,藤原清司,原田研介,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 21st,2003年09月20日
  • 等身大ヒューマノイドロボットによる転倒制御,藤原清司,金広文男,梶田秀司,横井一仁,斎藤元,原田研介,比留川博久,五十棲隆勝,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 21st,2003年09月20日
  • ヒューマノイドロボットの脚腕協調におけるZMP解析,原田研介,梶田秀司,金広文男,藤原清司,金子健二,横井一仁,比留川博久,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2003,2003年05月23日
  • ヒューマノイドの転倒回復機能の実現,金広文男,金子健二,藤原清司,原田研介,梶田秀司,横井一仁,比留川博久,赤地和彦,五十棲隆勝,ロボティクスシンポジア予稿集,Vol. 8th,p. 258-263,2003年03月17日
  • 1A1-1F-G8 タクタイルセンサを備えたロボットハンドによる包み込み把握 : 基礎的原理,原田 研介,金子 真,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2003,No. 0,p. 13-13,2003年
  • 2A1-1F-F7 ヒューマノイドロボットの脚腕協調における ZMP 解析,原田 研介,梶田 秀司,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2003,No. 0,p. 69-69,2003年
  • HRPヒューマノイドプラットフォームの運動制御システム,金広文男,藤原清司,原田研介,金子健二,梶田秀司,横井一仁,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 20th,2002年10月12日
  • 手先反力を考慮したヒューマノイドによる押し作業,原田研介,梶田秀司,金子健二,比留川博久,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 20th,2002年10月12日
  • 人間型ロボット機構による全身動作マニピュレーション―足先位置に関する考察―,原田研介,金子真,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 20th,2002年10月12日
  • スプリング・ダンパモデルに基づくヒューマノイドの動作シミュレーション-第2報,比留川博久,金広文男,金子健二,横井一仁,梶田秀司,藤原清司,原田研介,日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM),Vol. 20th,2002年10月12日
  • 1P1-D11 家庭サーバー用赤外線ボールとその応用,金子 真,内田 康弘,原田 研介,辻 敏夫,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2002,No. 0,p. 45-45,2002年
  • 2P2-F03 ヒューマノイドロボットの全身マニピュレーションのための力学解析,原田 研介,金子 真,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2002,No. 0,p. 112-112,2002年
  • ヒューマノイドによる押し操作,原田研介,梶田秀司,金子健二,比留川博久,自動制御連合講演会講演論文集,Vol. 45th,p. 115-116,2002年
  • 2種類のZMPを考慮したヒューマノイドによる押し操作,原田 研介,梶田 秀司,金子 健二,比留川 博久,計測自動制御学会 部門大会/部門学術講演会資料,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 2002,No. 0,p. 49-49,2002年
  • 等価摩擦中心を用いた複数対象物の押し操作,原田 研介,西山 淳,村上 義博,金子 真,計測自動制御学会 部門大会/部門学術講演会資料,公益社団法人 計測自動制御学会,Vol. 2002,No. 0,p. 1-1,2002年
  • 人間型ロボットによる作業時の姿勢選択,原田研介,金子真,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 19th,p. 801-802,2001年09月18日
  • 人間型ロボットによる作業時の姿勢選択,原田研介,金子真,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 19th,2001年09月18日
  • 3次元包み込み把握物体の操り (第6回 知能メカトロニクスワークショップ--人間を支援するメカトロニクス技術) -- (特別セッション ロボットの制御),原田 研介,金子 真,知能メカトロニクスワークショップ講演論文集,〔精密工学会〕,Vol. 6,p. 27-30,2001年08月30日
  • 3次元包み込み把握物体の操り,原田研介,金子真,知能メカトロニクスワークショップ講演論文集,Vol. 6th,p. 27-30,2001年08月30日
  • 複数対象物の押し作業計画,原田研介,西山淳,金子真,日本機械学会年次大会講演論文集,Vol. 2001,No. Vol.6,p. 251-252,2001年08月22日
  • 非接触相を伴うマニピュレーション 連続RAC動作,白井達也,金子真,原田研介,辻敏夫,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 2001,No. Pt.3,2001年06月08日
  • 複数対象物のプッシングマニピュレーションに関する実験的アプローチ,村上義博,金子真,原田研介,辻敏夫,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 2001,No. Pt.4,2001年06月08日
  • 100Gキャプチャリングシステムへの挑戦,金子真,沢田光史,原田研介,辻敏夫,並木明夫,石川正俊,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 2001,No. Pt.1,2001年06月08日
  • 接触剛性と射影行列による包み込み把握の解析,原田研介,PARK J,金子真,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 2001,No. Pt.3,2001年06月08日
  • 複数対象物のPushing Manipulation,原田研介,西山淳,金子真,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 2001,No. Pt.5,2001年06月08日
  • 1A1-A9 100Gキャプチャリングシステムへの挑戦(44. 新しいロボットメカニズムの開発),金子 真,澤田 光史,原田 研介,並木 明夫,石川 正俊,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2001,No. 0,p. 6-6,2001年
  • 2A1-K1 非接触相を伴うマニピュレーション : 連続RAC動作(48. ロボットハンドの機構と把持戦略I),白井 達也,金子 真,原田 研介,辻 敏夫,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2001,No. 0,p. 48-48,2001年
  • 2A1-K2 接触剛性と射影行列による包み込み把握の解析(48. ロボットハンドの機構と把持戦略I),原田 研介,パク ジョンフン,金子 真,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2001,No. 0,p. 48-48,2001年
  • 2P1-K1 複数対象物のPushing Manipulationに関する実験的アプローチ(48. ロボットハンドの機構と把持戦略II),村上 義博,Nishikawa J,原田 研介,金子 真,辻 敏夫,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2001,No. 0,p. 62-62,2001年
  • 2P2-F4 複数対象物のPushing Manipulation(36. ロボットプランニング),原田 研介,西山 淳,金子 真,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2001,No. 0,p. 73-73,2001年
  • F-1204 複数対象物の押し作業計画(J27-1 バイオメカトロニクス・バイオロボットの要素技術・理論とシステム化技術(1))(J27 バイオメカトロニクス・バイオロボットの要素技術・理論とシステム化技術),原田 研介,西山 淳,金子 真,年次大会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 1,No. 0,p. 251-252,2001年
  • 複数対象物のZero Moment Pushing Manipulation,原田研介,西山淳,金子真,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 18th,p. 59-60,2000年09月12日
  • 楕円体の操り,原田研介,川嶋大雅,金子真,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 18th,p. 629-630,2000年09月12日
  • 近傍平衡にある対象物の操りシミュレーション,川嶋大雅,原田研介,金子真,知能メカトロニクスワークショップ講演論文集,Vol. 5th,p. 19-22,2000年08月30日
  • 近傍平衡にある対象物の非ホロノミック軌道計画,原田研介,川嶋大雅,金子真,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 2000,No. Pt.4,2000年05月11日
  • 接触剛性を考慮した包み込み把握物体の操り,原田研介,金子真,川嶋大雅,辻敏夫,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 2000,No. Pt.2,2000年05月11日
  • 1P1-52-083 接触剛性を考慮した包み込み把握物体の操り,原田 研介,川嶋 大雅,金子 真,辻 敏夫,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2000,No. 0,p. 55-55,2000年
  • 2P1-57-093 近傍平衡にある対象物の非ホロノミック軌道計画,原田 研介,川嶋 大雅,金子 真,ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2000,No. 0,p. 88-88,2000年
  • 1423 接触剛性を考慮した包み込み把握物体の操り,原田 研介,金子 真,辻 敏夫,年次大会講演論文集,一般社団法人 日本機械学会,Vol. 2000,No. 0,p. 447-448,2000年
  • ロボットハンドによる把握と操り : 単数から複数対象物へ,原田 研介,金子 真,システム/制御/情報,一般社団法人 システム制御情報学会,Vol. 44,No. 11,p. 647-652,2000年
  • 包み込み歩容のロバスト性の評価,竹下充,金子真,白井達也,原田研介,辻敏夫,計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,Vol. 8th,p. 120-121,1999年11月27日
  • 複数対象物のActive Force Closure,原田 研介,金子 真,古寺 晃二,辻 敏夫,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 17,No. 8,p. 1158-1166,1999年11月15日
  • Tracing型人工能動触角による10μm分解能の実現,金子真,別所良治,原田研介,辻敏夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 17th,p. 577-578,1999年09月09日
  • 拡張自己姿勢変形動作の提案と把握動作への応用,白井達也,金子真,原田研介,辻敏夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 17th,p. 173-174,1999年09月09日
  • 複数対象物の対象物間の接触に関する考察,中野慎也,原田研介,金子真,辻敏夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 17th,p. 387-388,1999年09月09日
  • 近傍平衡にある対象物の転がりによる操作,原田研介,金子真,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 17th,p. 889-890,1999年09月09日
  • 複数対象物のActive Force Closure,原田研介,金子真,古寺晃二,辻敏夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 17th,p. 373-374,1999年09月09日
  • 滑りを利用した複数対象物の操り,金子真,向井健文,原田研介,辻敏夫,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1999,No. Pt.1,1999年06月12日
  • ニューラルネットによる非接触型インピーダンスの学習,野口裕史,辻敏夫,原田研介,金子真,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1999,No. Pt.1,1999年06月12日
  • 転がりを利用した複数対象物の操り 操りのための十分条件の導出,原田研介,古寺晃二,金子真,辻敏夫,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1999,No. Pt.1,1999年06月12日
  • 重力場における複数対象物の平衡把握とそのロバスト性,原田 研介,金子 真,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 17,No. 1,p. pp.133-139,1999年01月15日
  • 複数対象物体の包み込み把握 -運動学とすくい上げ条件-,原田 研介,金子 真,日本ロボット学会誌,一般社団法人 日本ロボット学会,Vol. 16,No. 6,p. 860-867,1998年09月15日
  • 一定トルク制御された包み込み把握物体の操り,原田研介,金子真,辻敏夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 16th,p. 1435-1436,1998年09月
  • 直接把握できないピラミッド型対象物の平衡把握アルゴリズム,沖本越,金子真,原田研介,辻敏夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 16th,p. 879-880,1998年09月
  • 複数対象物体の操り,中野慎也,原田研介,金子真,辻敏夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 16th,p. 1441-1442,1998年09月
  • 包み込み把握された2円柱物体の操りに関する実験的考察,金子真,向井健文,原田研介,辻敏夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 16th,p. 1439-1440,1998年09月
  • Tracing型人工能動触角,金子真,別所良治,原田研介,辻敏夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 16th,p. 877-878,1998年09月
  • 直接把握できないピラミッド型対象物の平衡把握アルゴリズム,沖本越,金子真,原田研介,辻敏夫,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1998,No. Pt.2,1998年06月
  • 重力場における複数対象物の平衡把握とそのロバスト性,原田研介,金子真,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1998,No. Pt.2,1998年06月
  • 包み込み把握物体の操りに向けて,東森充,金子真,原田研介,辻敏夫,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1998,No. Pt.1,1998年06月
  • 指先の柔軟性を利用したロボットハンドのインピーダンス制御,中野慎也,原田研介,辻敏夫,金子真,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1998,No. Pt.1,1998年06月
  • 複数対象物体の把握における内力の解析,原田研介,金子真,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1998,No. Pt.1,1998年06月
  • 複数対象物体の包み込み把握 2対象物系のモデル化と転がりを利用した包み込み把握の実現,原田研介,金子真,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 15th,p. 913-914,1997年09月
  • フレキシブルアームの位置制御と力制御の切り替えを含む軌道計画と制御,吉川恒夫,原田研介,太田篤治,インテリジェントFAシンポジウム講演論文集,Vol. 6th,p. 17-20,1997年07月
  • 柔軟マクロ/剛体マイクロマニピュレータによる位置と力のハイブリッド制御における内部安定化,原田研介,吉川恒夫,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1997,No. Vol.A,p. 227-228,1997年06月
  • 質量配分に着目したフレキシブルアームの軌道制御における安定化,原田研介,吉川恒夫,日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol. 13th,No. 1,p. 69-70,1995年11月
  • フレキシブルアームの動的軌道制御における内部安定化,原田研介,吉川恒夫,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1995-A,p. 129-132,1995年06月
  • フレキシブルアームの動的制御における内部安定性に関する考察,原田研介,吉川恒夫,計測自動制御学会関西支部シンポジウム講演論文集,Vol. 1994,p. 13-18,1994年09月
  • 平面2自由度フレキシブルアームの位置と力の動的ハイブリッド制御,吉川恒夫,原田研介,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,Vol. 1994-A,p. 601-606,1994年06月
  • マクロ‐マイクロシステムによるフレキシブルアームの位置と力の準静的ハイブリッド制御,吉川恒夫,原田研介,松本淳,村上弘記,日本ロボット学会ロボットシンポジウム予稿集,Vol. 4th,p. 275-280,1994年05月

特許・実用新案・意匠

  • ロボット,菊地 宏平,原田 研介,万 偉偉,辻 徳生,永田 和之,音田 弘,特願2016-113714,出願日:2016年06月07日
  • ロボットハンドの爪部交換機構およびこの爪部交換機構を用いた爪部交換方法,永田 和之,原田 研介,特願2016-075957,出願日:2016年04月05日
  • 搬送車の移動経路設定方法,菊地 宏平,原田 研介,辻 徳生,永田 和之,音田 弘,河井 良浩,特願2015-174639,出願日:2015年09月04日
  • 把持可否判定方法,菊地 宏平,原田 研介,万 偉偉,辻 徳生,音田 弘,永田 和之,特願2015-172824,出願日:2015年09月02日
  • ロボット制御装置及びロボット制御方法,原田 研介,辻 徳生,永田 和之,音田 弘,河井 良浩,菊地 宏平,特願2014-105986,出願日:2014年05月22日
  • ロボット制御装置及びロボット制御方法,原田 研介,辻 徳生,永田 和之,音田 弘,河井 良浩,菊地 宏平,特許第6230122号,特願2014-105986,出願日:2014年05月22日
  • 脚式移動ロボットの制御装置,比留川 博久,原田 研介,服部 静子,梶田 秀司,特願2011-168456,出願日:2011年08月01日
  • 脚式移動ロボットの制御装置,比留川 博久,原田 研介,服部 静子,梶田 秀司,特願2007-102012,出願日:2007年04月09日
  • 脚式移動ロボットの制御装置,比留川 博久,原田 研介,服部 静子,梶田 秀司,特許第4915934号,特願2007-102012,出願日:2007年04月09日
  • 脚式ロボットの非常停止装置,金子 健二,金広 文男,森澤 光晴,藤原 清司,原田 研介,梶田 秀司,比留川 博久,特願2005-214346,出願日:2005年07月25日
  • 脚式ロボットの停止装置,金子 健二,金広 文男,森澤 光晴,藤原 清司,原田 研介,梶田 秀司,比留川 博久,特許第4385159号,特願2005-214346,出願日:2005年07月25日
  • 脚式移動ロボットの制御装置,比留川 博久,原田 研介,梶田 秀司,金子 健二,金広 文男,藤原 清司,森澤 光晴,齋藤 元,服部 静子,特願2005-069759,出願日:2005年03月11日
  • 脚式移動ロボットの制御装置,比留川 博久,原田 研介,梶田 秀司,金子 健二,金広 文男,藤原 清司,森澤 光晴,齋藤 元,服部 静子,特許第5099733号,特願2005-069759,出願日:2005年03月11日
  • 人間型ロボットの制御装置,原田 研介,梶田 秀司,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,特願2004-189371,出願日:2004年06月28日
  • 人間型ロボットの制御装置,原田 研介,梶田 秀司,金広 文男,藤原 清司,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,特許第4735927号,特願2004-189371,出願日:2004年06月28日
  • データ送受信処理プログラム,石綿 陽一,谷本 修,片山 修市,木野 桂司,比留川 博久,梶田 秀司,横井 一仁,金子 健二,藤原 清司,金広 文男,原田 研介,齋藤 元,特許第4038574号,特願2004-002234,出願日:2004年01月07日
  • 操作力発生装置,金子 健二,金広 文男,藤原 清司,原田 研介,横井 一仁,梶田 秀司,比留川 博久,特願2003-275873,出願日:2003年07月17日
  • 操作力発生装置,金子 健二,金広 文男,藤原 清司,原田 研介,横井 一仁,梶田 秀司,比留川 博久,特許第4113948号,特願2003-275873,出願日:2003年07月17日
  • 脚式移動ロボット及び制御方法,原田 研介,梶田 秀司,藤原 清司,金広 文男,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,特願2003-002188,出願日:2003年01月08日
  • 脚式移動ロボット及び制御方法,原田 研介,梶田 秀司,藤原 清司,金広 文男,金子 健二,横井 一仁,比留川 博久,特許第4029152号,特願2003-002188,出願日:2003年01月08日
  • 歩行ロボットの歩行歩容生成装置,梶田 秀司,金広 文男,金子 健二,藤原 清司,原田 研介,横井 一仁,比留川 博久,特願2002-281656,出願日:2002年09月26日
  • 歩行ロボットの歩行歩容生成装置,梶田 秀司,金広 文男,金子 健二,藤原 清司,原田 研介,横井 一仁,比留川 博久,特許第3834629号,特願2002-281656,出願日:2002年09月26日

受賞

  • フェロー,日本機械学会,2020年02月
  • 部門貢献表彰,計測自動制御学会SI部門,2019年12月
  • 部門学術業績賞,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門,2019年06月
  • Best Paper Runner-up Award,The 12th Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality,2019年03月
  • 論文賞,FA財団,2018年12月
  • 論文賞・友田賞,計測自動制御学会,2017年09月
  • 計測自動制御学会Si部門,研究奨励賞,2014年12月
  • Robomech表彰,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門,2013年05月
  • 理事長賞(特別貢献),産業技術総合研究所,2010年04月
  • Award for Excellence in Physical Sciences and Mathematics,Professional & Scholarly Publishing Division, Association of American Publishers, Inc.,2008年04月
  • 学会賞(論文),日本機械学会,2008年04月
  • Robomech表彰,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門,2006年05月
  • 論文賞,日本ロボット学会,2005年09月
  • 最優秀論文賞,第10回ロボティクスシンポジア,2005年03月
  • Best Video Award,IEEE International Conference on Robotics and Automation,2004年04月
  • 研究奨励賞,日本ロボット学会,2001年09月
  • Outstanding Paper Award,IEEE International Symposium of Assembly and Task Planning,2001年05月
  • Best Manipulation Paper Award,IEEE International Conference on Robotics and Automation,2000年04月

委員歴

  • 学協会,日本ロボット学会産学連携委員会,委員,2020年04月 ~ 継続中
  • 学協会,計測自動制御学会論文集編集委員会,委員,2019年04月 ~ 継続中
  • 学協会,日本レーザー学会ロボットフォトニクス専門委員会,委員,2018年07月 ~ 継続中
  • 学協会,日本機械学会学術誌編修部会,委員,2018年04月 ~ 継続中
  • 学協会,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門,運営委員会委員,2017年04月 ~ 継続中
  • 学協会,日本機械学会,代議員,2017年04月 ~ 2021年03月
  • 学協会,日本ロボット学会学会価値委員会,委員,2018年04月 ~ 2019年03月
  • 学協会,日本ロボット学会欧文誌編集委員会,委員長,2018年04月 ~ 2019年03月
  • 学協会,日本ロボット学会,理事,2017年04月 ~ 2019年03月
  • 学協会,日本ロボット学会欧文誌編集委員会,副委員長,2017年04月 ~ 2018年03月
  • 計測自動制御学会 SI部門ロボットマニピュレーションに関する技術調査研究委員会,主査,2016年01月 ~ 2017年12月
  • 学協会,日本ロボット学会会誌編集委員会,委員,2012年04月 ~ 2014年03月
  • 学協会,IEEE Robotics and Automation Society, Japan Chapter,Treasurer,2004年04月 ~ 2006年03月
  • 学協会,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門,企画委員会幹事,2004年04月 ~ 2005年03月
  • 学協会,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門,表彰委員会幹事,2004年04月 ~ 2005年03月
  • 学協会,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門,運営員会幹事,2004年04月 ~ 2005年03月
  • 学協会,日本ロボット学会,評議員,2002年04月 ~ 2004年03月
  • 学協会,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会,実行委員長,2021年06月 ~
  • 学協会,計測自動制御学会SI部門講演会,アドバイザリ委員,2019年12月 ~
  • 学協会,日本ロボット学会学術講演会,アドバイザリ委員,2019年09月 ~
  • 学協会,計測自動制御学会SI部門講演会,プログラム委員長,2018年12月 ~
  • 学協会,計測自動制御学会SI部門講演会,プログラム副委員長,2017年11月 ~
  • 計測自動制御学会SI部門講演会,プログラム委員会幹事,2001年12月 ~
  • ロボティクスシンポジア,幹事,1998年03月 ~