EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

宮本 陽一

Miyamoto Youichi

言語文化研究科 言語文化専攻,教授

keyword 生成文法

学歴

  • 1989年09月 ~ 1994年08月,コネチカット州立大学,言語学部,博士課程
  • 1987年09月 ~ 1989年05月,ジョージタウン大学,言語学部,修士課程
  • 1980年04月 ~ 1984年03月,早稲田大学,教育学部,英語英文学科

経歴

  • 2017年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院言語文化研究科 言語文化専攻,教授
  • 2007年04月 ~ 2017年03月,大阪大学,大学院言語文化研究科 言語文化専攻,准教授
  • 2005年04月 ~ 2007年03月,大阪大学,大学院言語文化研究科 言語文化専攻,助教授
  • 2005年03月 ~ 2006年03月,コネチカット州立大学,言語学部,客員研究員
  • 1997年07月 ~ 2005年03月,大阪大学,言語文化部 英語教育講座,助教授
  • 2000年08月 ~ 2001年08月,マサチューセッツ工科大学,言語哲学科,フルブライト客員研究員
  • 1994年09月 ~ 1997年06月,Ohio University

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,言語学

所属学会

  • 関西言語学会
  • 日本言語学会
  • 日本英語学会

論文

  • On Null Arguments and Phi-features in Second Language Acquisition,Yoichi Miyamoto,Kazumi Yamada,Journal of Japanese Linguistics,Vol. 36,No. 2,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • The Relative Scope of Connectives and Negation in Japanese Children,Shuki Otani,Andreea Nicolae,Mana Asano,Yoichi Miyamoto,Kazuko Yatsushiro,Proceedings of the 44th annual Boston University Conference on Language Development,p. 479-491,2020年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Disjunction in L1 Japanese Imperatives,Mana Asano,Yoichi Miyamoto,Proceedings of the International Symposium on Monolingual and Bilingual Speech 2019,p. 193-198,2019年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On the Interpretation of Null Arguments in L2 Japanese by L1 German Speakers,宮本陽一,山田一美,Journal of Monolingual and Bilingual Speech,Vol. 1,No. 2,p. 312-332,2019年11月05日,研究論文(学術雑誌)
  • Japanese Particles WA and GA as Scope Markers of EXH,Nadine Bade,Ryota Nakanishi,Hajime Ono,Yoichi Miyamoto,Uli Sauerland,Proceedings of the 14th Workshop on Altaic Formal Linguistics,p. 21-28,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Rescue MO and KA: the PPI Status of Japanese Connectives,Ayaka Tamura,Yoichi Miyamoto,Uli Sauerland,Proceedings of the 14th Workshop on Altaic Formal Linguistics,p. 329-336,2019年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Notes on Adjuncts: A Study from Ellipsis in Purpose Expression,Mina Sugimura,Yoichi Miyamoto,言語文化研究,No. 7,p. 4-26,2019年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Some Consequences of Simplest Merge and φ-Defectiveness in Japanese,Yohei Oseki,Yoichi Miyamoto,Proceedings of the 10th Workshop on Altaic Formal Linguistics,p. 217-228,2018年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On Indeterminate Pronominal Binding in Double Complement Unaccusatives in (Tokyo) Japanese,宮本陽一,関西英文学研究,No. 11,p. 49-56,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • On the Interpretation of Null Arguments in L2 Japanese by European Non-pro-drop and Pro-drop Language Speakers,山田一美,宮本陽一,Journal of European Second Language Association,Vol. 1,No. 1,p. 73-89,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • On the Unavailability of NP-Ellipsis with Japanese Relative Clauses,Yoichi Miyamoto,Nanzan Linguistics,No. 9,p. 51-83,2013年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • On the Nature of Displacement Operations in Early Child Grammar of Japanese,Nahoko Takahashi,Yoichi Miyamoto,Proceedings of the Third Asian Conference on Education,p. 809-823,2012年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On the Event Argument and Anti-Quantifier Zutsu in Japanese,Yoichi Miyamoto,Nanzan Linguistics,No. 8,p. 47-68,2012年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • The Acquisition of English Articles by Japanese Adult and Child EFL Learners,Kazumi Yamada,Yoichi Miyamoto,Kwansei Gakuin University Humanities Review,No. 15,p. 103-117,2011年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • The Influence of Contexts on Acquisition of “How Many” and Its Implication for English Education: the Case of Japanese Child Learners,Kazumi Yamada,Yoichi Miyamoto,Proceedings of the Second Asian Conference on Education,p. 260-271,2010年12月
  • On the Nominal-internal Distributive Interpretation in Japanese,宮本陽一,Journal of East Asian Linguistics,Vol. 18,No. 3,p. 233-251,2009年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A Subject/Object Asymmetry with Floating Quantifiers in Japanese,Yoichi Miyamoto,Proceedings of the 3rd Workshop on Altaic Formal Linguistics,p. 234-248,2009年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Derivational Approach to WH-QP Scope Interaction,宮本陽一,Canadian Journal of Linguistics,Vol. 53,No. 2/3,p. 219-236,2008年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Where does It Land?,Yoichi Miyamoto,Keiko Okada,Proceedings of the Inaugural Conference on Generative Approaches to Language Acquisition-North America,p. 229-240,2006年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On Scope Interaction,Yoichi Miyamoto,Generative Grammar in a Broader Perspective: Proceedings of the 4th GLOW in Asia,p. 303-325,2004年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On There-Sentences,宮本陽一,Journal of Language and Linguistics,Vol. 2,No. 2,p. 246-260,2003年09月,研究論文(学術雑誌)
  • On the Stage- and Individual-Level Distinction of Predicates,宮本陽一,English Linguistics,Vol. 17,No. 1,p. 134-159,2000年06月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • On Invisible Scrambling in the Grammar of Japanese Intermediate EFL Learners,Vol. Vol. 59, pp.35-52,2004年
  • Specificity Effects in Japanese,Proceedings of the 15th International Symposium on Theoretical ans Applied Linguistics,2003年
  • The Interpretation of Temporal Adverbials and Semantic Partition,Vol. Vol.1 pp37-44,1999年
  • Rigidity effects and the strong/weak WH-features in SLA,Vol. Vol.22 pp511-522,p. 511-522,1998年
  • A Note on the Existential Construction,Vol. Vol.8 pp223-230,1997年
  • Two Properties of the Intransitive Resultative Construction,Vol. Vol.22 pp1-23,1997年
  • Comparative Deletion and VP-Deletion in Japanese,Vol. pp310-326,1997年
  • A Note on Temporal Adverbial Clauses in Japanese,Vol. Vol.7 pp185-196,1996年
  • The Status Change of Japanese Temporal Adverbial Clauses in SLA,Vol. Vol.3 pp69-82,1996年
  • Strong Crossover in SLA,Vol. Vol.6 pp39-56,1996年
  • Morpheme acquisition and the count/mass distinction of nouns,Vol. pp151-168,p. 151-167,1996年
  • Otagai and the Absence of the Count/Mass Distinction of Nouns in Japanese,Vol. pp388-399,1996年
  • L2 Rigidity Effects,Vol. Vol.2 pp.494-505,1996年
  • Floating Quantifiers and the Stage/Individual-Level Distinction,Vol. pp 321-336,1996年
  • Locative Adverbial Clauses in Japanese,Vol. pp210-221,1995年
  • Reciprocals and Island Effects,Vol. Vol.2 pp1380149,1995年
  • Temporal Adverbials in Japanese,Vol. Vol.6 pp291-302,1994年
  • Distributivity and Pro-PP in Japanese,Vol. 15,1993年
  • The Temporal Construction in Japanese,Vol. pp29-44,1993年
  • Interpretation of Noun Phrases,Vol. pp12-15,1993年
  • Numeral Quantifiers and Distributors,Vol. pp63-73,1992年
  • Monitor theory and Its Inadequacies,Vol. 10,1988年

著書

  • 日本語研究から生成文法理論へ,宮本陽一,開拓社,ISBN:9784758922883,2020年09月
  • 第二言語習得研究の波及効果 : コアグラマーから発話まで,宮本陽一,山田一美,くろしお出版,ISBN:9784874248263,2020年03月
  • 言語におけるインターフェイス,菅原彩加,宮本陽一,開拓社,ISBN:9784758922791,2019年11月
  • Crosslinguistic Research in Monolingual and Bilingual Speech,宮本陽一,山田一美,ISMBS,2018年10月
  • Handbook of Japanese Syntax,宮本陽一,De Gruyter Mouton,ISBN:9781614517672,2017年10月
  • Studies in Chinese and Japanese language acquisition : in honor of Stephen Crain,Yoichi Miyamoto,Kazuko Yatsushiro,J. Benjamins Pub. Co.,ISBN:9789027253231,2017年08月
  • 英語教育徹底リフレッシュ : グローバル化と21世紀型の教育,宮本陽一,開拓社,ISBN:9784758922449,2017年04月
  • 日本語文法ハンドブック : 言語理論と言語獲得の観点から,村杉, 恵子,斎藤, 衛,宮本, 陽一,瀧田, 健介,開拓社,ISBN:9784758922302,2016年11月
  • Japanese syntax in comparative perspective,宮本陽一,Oxford University Press,ISBN:9780199945221,2014年06月
  • Deep insights, broad perspectives : essays in honor of Mamoru Saito,宮本, 陽一,高橋, 大厚,牧, 秀樹,越智, 正男,杉崎, 鉱司,内堀, 朝子,開拓社,ISBN:9784758921916,2013年11月
  • Ways of Structure Building,宮本陽一,Oxford University Press,ISBN:9780199644933,2012年07月
  • 最新言語理論を英語教育に活用する,宮本陽一,開拓社,ISBN:9784758921725,2012年03月
  • 言語と文化の展望,Yoichi Miyamoto,英宝社,ISBN:9784269760028,2007年03月
  • EUROSLA Yearbook 3,宮本陽一,飯島優雅,John Benjamins,ISBN:9027254516,2003年09月

受賞

  • JCHAT賞(優秀論文賞),日本言語科学会,2017年07月

委員歴

  • 日本言語学会,編集委員,2021年04月 ~ 継続中
  • 学協会,関西言語学会,編集委員,2020年04月 ~ 継続中
  • Editorial Board,2019年06月 ~ 継続中
  • 日本言語学会,評議員,2018年04月 ~ 継続中
  • Editorial Board,2012年03月 ~ 2020年12月
  • 学協会,日本言語学会,夏期講座委員長,2017年10月 ~ 2019年09月
  • 日本言語学会,夏期講座2016 実行委員長,2015年10月 ~ 2017年09月
  • 学協会,日本言語学会,夏期講座委員,2013年10月 ~ 2017年09月
  • 日本英語学会,学会賞選考委員,2015年08月 ~ 2015年08月
  • 学協会,日本言語学会,大会運営委員,2012年07月 ~ 2015年06月
  • 学協会,日本英語学会,第14期・第15期編集委員,2009年07月 ~ 2013年09月
  • 日本英語学会,第27回大会開催校委員,2009年11月 ~ 2009年11月