EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

北沢 美帆

Kitazawa Miho

全学教育推進機構,助教

kitazawa celas.osaka-u.ac.jp

keyword 形態形成,ばらつき,キンポウゲ科,花発生

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,発生生物学
  • ライフサイエンス,植物分子、生理科学

所属学会

  • 日本植物生理学会
  • European Society for Evolutionary Developmental Biology
  • 日本植物学会
  • 日本生物物理学会
  • 日本進化学会
  • 日本発生生物学会
  • 日本植物形態学会

論文

  • Discovery of spatial pattern of prickles on stem of Rosa hybrida ‘Red Queen’ and mathematical model of the pattern,Kazuaki Amikura,Hiroshi Ito,Miho S. Kitazawa,Scientific Reports,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 11,No. 1,2021年07月05日,研究論文(学術雑誌)
  • Developmental stochasticity and variation in floral phyllotaxis,Miho S. Kitazawa,Journal of Plant Research,Springer Science and Business Media LLC,2021年04月05日,研究論文(学術雑誌)
  • Perianth Phyllotaxis Is Polymorphic in the Basal Eudicot Anemone and Eranthis Species,Miho S. Kitazawa,Koichi Fujimoto,Frontiers in Ecology and Evolution,Frontiers Media SA,Vol. 8,2020年03月27日,研究論文(学術雑誌)
  • A design principle for floral organ number and arrangement in flowers with bilateral symmetry.,Aiko Nakagawa,Miho S Kitazawa,Koichi Fujimoto,Development (Cambridge, England),Vol. 147,No. 3,2020年02月04日,研究論文(学術雑誌)
  • 花の器官数を決める数理,北沢 美帆,藤本 仰一,生物物理,Vol. 59,No. 5,p. 266-270,2019年10月
  • ばらつきから見えること:キンポウゲ科の花被片数を例に,北沢美帆,植物科学の最前線,Vol. 10,No. A,2019年05月
  • Spiral phyllotaxis underlies constrained variation in Anemone (Ranunculaceae) tepal arrangement,Miho S. Kitazawa,Koichi Fujimoto,Journal of Plant Research,Springer Tokyo,Vol. 131,No. 3,p. 459-468,2018年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 花びらが7枚の花はなぜ少ないか:数理でひも解くメタモルフォーゼ,北沢美帆,藤本仰一,物理科学雑誌パリティ,Vol. 31,No. 12,p. 4-10,2016年12月
  • Relationship between the species-representative phenotype and intraspecific variation in Ranunculaceae floral organ and Asteraceae flower numbers,Miho S. Kitazawa,Koichi Fujimoto,ANNALS OF BOTANY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 117,No. 5,p. 925-935,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Stochastic occurrence of trimery from pentamery in floral phyllotaxis of Anemone (Ranunculaceae),Miho S. Kitazawa,Koichi Fujimoto,ACTA SOCIETATIS BOTANICORUM POLONIAE,POLSKIE TOWARZYSTWO BOTANICZNE,Vol. 85,No. 4,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • A Dynamical Phyllotaxis Model to Determine Floral Organ Number,Miho S. Kitazawa,Koichi Fujimoto,PLOS COMPUTATIONAL BIOLOGY,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 11,No. 5,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A developmental basis for stochasticity in floral organ numbers,Miho S. Kitazawa,Koichi Fujimoto,FRONTIERS IN PLANT SCIENCE,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 5,2014年11月,研究論文(学術雑誌)

受賞

  • 大阪大学賞,北沢 美帆,大阪大学,2018年11月
  • 若手奨励賞,北沢 美帆,日本植物学会,2016年09月

講演・口頭発表等

  • A phyllotaxis model for intra- and inter-specific variation in floral ontogeny,北沢 美帆,日本植物学会 第83回大会,2019年09月16日
  • 突撃!理論生物学研究室 YOUはどうしてC言語?,北沢 美帆,第3回数理モデル勉強会(日本植物学会第83 回年会関連集会),2019年09月15日
  • 発生過程からみる花器官配置のゆらぎと多様化,北沢 美帆,日本進化学会 第21回大会,2019年08月
  • 形の空間に見る制約された揺らぎと多様性:花器官配置の数理解析,北沢 美帆,日本植物学会 第82回大会,2018年09月
  • 形の空間にみる制約された揺らぎと多様性:花器官の数理解析,北沢 美帆,日本進化学会 第20回大会,2018年08月
  • 花器官配置の進化過程の解明に向けた数理モデルの構築,北沢 美帆,第15 回生物数学の理論とその応用:次世代の数理科学への展開,2018年08月
  • A mathematical model with dorsoventral asymmetry for inter-specificdiversity of floral ontogeny,北沢 美帆,7th Meeting of the European Society for European Developmental Biology,2018年06月27日
  • Constrained variation in organ arrangements of basal eudicot flowers,北沢 美帆,The 1st AsiaEvo Conference,2018年04月
  • パタン形成からみる花器官の数と配置の進化,北沢 美帆,明治大学MIMS 現象数理学研究拠点共 同研究集会\時空間ダイナミクス~生命現象における時間変化を伴う空間秩序",2017年06月
  • Plasticity of developmental process that determines floral organ number,北沢 美帆,第54回 生物物理学会年会,2016年11月
  • 花器官の配置のばらつきを表す数理モデル,北沢 美帆,近畿植物学会,2016年11月
  • Statistical analysis for variation in floral organ numbers and arrangements,北沢 美帆,日本植物学会 第80回年会,2016年09月
  • 花器官数の安定性をうみだす発生過程の理論研究(若手奨励賞受賞講演),北沢 美帆,日本植物学会 第80回年会,2016年09月
  • 花器官数のばらつきに見られる統計則と数性の進化,北沢 美帆,第8回 Evo-Devo 青年の会,2015年06月
  • 花器官の数の決まり方:Douady & Couder の数理モデルの発展,北沢 美帆,第55回日本植物生理学会年会,2014年03月
  • 花器官の数と配置を決める発生過程のダイナミクス,北沢 美帆,日本植物学会 第 76 回大会,2012年09月