EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

田村 幸誠

Tamura Yukishige

言語文化研究科 言語文化専攻,准教授

keyword descriptive phonetics,demonstrative system,nominalization,endangered languages,Linguistic Typology,Central Alaskan Yup'ik

学歴

  • 1997年04月 ~ 2004年03月,大阪大学,文学研究科,英語学
  • 1998年01月 ~ 1998年12月,the Australian National University,Department of Linguistics (student exchange program with Osaka University)
  • 1995年04月 ~ 1997年03月,大阪大学,文学研究科

経歴

  • 2014年04月 ~ 継続中,大阪大学,大学院言語文化研究科,准教授
  • 2007年04月 ~ 2014年03月,滋賀大学教育学部,英語教育講座,准教授
  • 2013年01月 ~ 2013年08月,Rice University,Department of Linguistics,Fulbright Visiting Scholar
  • 2004年10月 ~ 2007年03月,滋賀大学,教育学部 英語教育講座,講師
  • 2001年 ~ 2004年,日本学術振興会 特別研究員

研究内容・専門分野

  • 人文・社会,英語学
  • 人文・社会,言語学
  • 人文・社会,ヨーロッパ文学

所属学会

  • 日本英文学会
  • ヨーロッパ言語学会
  • 英国認知言語学会
  • アメリカ言語学会
  • 日本認知言語学会
  • 日本言語学会

論文

  • 日本人英語学習者に観察される 英語の/r/ の調音に関する一考察,田村幸誠,『英米研究』,No. 45,p. 91-101,2021年03月
  • 中央アラスカ・ユピック語からみた体言化理論,田村幸誠,『体言化理論と言語分析』,p. 353-398,2021年02月
  • Grammaticalization and Nominalization in Central Alaskan Yup’ik,Yuki-Shige Tamura,田村幸誠,Nominalization in Languages of the Americas (Typological Studies in Language),Vol. 124,p. 273-299,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • A Supplementary Description of the Use of Demonstratives in Central Alaskan Yup'ik,Yuki-Shige Tamura,認知・機能言語学研究II,Vol. 1,No. 1,p. 31-40,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Epistemicity and Deixis: Perspectives from Central Alaskan Yup’ik,Yuki-Shige Tamura,Proceedings of the 38th Annual Meeting of the Berkeley Linguistics Society,Vol. 38,p. 494-506,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Relative Subjectification and a Semantic Network Model of English Modal Auxiliaries,Yuki-Shige Tamura,English Linguistics 17:1, 80-109,2000年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 使用依拠モデルに基づく言語観,田村幸誠,認知言語学の基礎(認知日本語学講座 第1巻),p. 197-265,2021年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Cross-Indexing View からみた中央アラスカ・ユピック語の人称接辞に関する一考察,田村幸誠,時空と認知の言語学X,Vol. 10,p. 31-40,2021年05月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 地形調和仮説からみた中央アラスカユピック語の指示詞の使用に関する一考察,田村幸誠,時空と認知の言語学IX,p. 11-20,2020年07月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • 中央アラスカユピック語 (CAY)に観察される体言化の特徴,田村幸誠,2018年09月
  • The River Mouth and a Topological Mapping between Global Absolute FoR and Local Absolute FoR: A Perspective from Central Alaskan Yup'ik,Tamura, Yuki-Shige,2017年12月
  • Stable Grammatical Marking and Grammatical Denominalization,Yuki-Shige Tamura,2016年06月
  • Stable Grammatical Marking and Denominalization: A Special Attention to Central Alaskan Yup'ik,Yuki-Shige Tamura,認知・機能言語学研究I,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Independent of change or constitutive of change: Event construal of unstable recipient role in prototypical ditransitive events,Katsunobu Izutsu,Yuki-Shige Tamura,PROCEEDINGS OF THE 11TH HIGH DESERT LINGUISTICS SOCIETY CONFERENCE,p. 175-197,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Metonymic Coercion and Relativization,Yuki-Shige Tamura,時空と認知の言語学 IV,p. 41-50,2015年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Nominalization and Insubordination,Yuki-Shige Tamura,International Workshop on Nominalization in the languages of the Americas,2014年08月
  • 能格性からみた脱従属節化現象,田村幸誠,日本言語学会論文集14,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • エスキモー語の名詞機能にみられる知覚と認知の平行性について,田村幸誠,日本認知言語学会論文集 (JCLA 13, 655-660),2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A Patient-Oriented View of Force Dynamic and the Relationship between Indirect Passives and Causative Construction Revisited,Yuki-Shige Tamura,2012年07月
  • 指示機能とそのスキーマ性について:英語とエスキモー語の対照研究からみた認知類型論研究への含意,田村幸誠,2011年08月
  • A Patient-Oriented View of Force Dynamics and the Relationship between Indirect Passives and Causative Construction,Yuki-Shige Tamura,2010年10月
  • Bridging the Gap between Grammar Instruction and Cross-Cultural Communication: Some Applications of Cognitive Linguistics to EFL Classroom,Yuki-Shige Tamura,『認知言語学論考 No.9』 245-277,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Bridging the Gap between Grammar Instruction and Intercultural Communication: Some Applications of Cognitive Linguistics to EFL Class,Yuki-Shige Tamura,Sadamitsu Miyagi,2009年09月
  • 自動詞様態移動構文に関する通言語的考察: 意味地図の観点から,田村幸誠,日本認知言語学会論文集 (JCLA 8, 641-644),2008年09月,研究論文(学術雑誌)
  • On a Cross-Linguistic Characterization of English Path Construction,Yuki-Shige Tamura,2008年03月
  • 通言語的に見た英語移動構文の特徴,田村幸誠,2008年01月
  • 移動自動詞構文に関する一考察:音放出動詞を中心に,田村幸誠,日本認知言語学会論文集 (JCLA 7, 620-623),2007年09月,研究論文(学術雑誌)
  • On a typological characterization of English sound-emission path construction,Yuki-Shige Tamura,Wasa Atcuko,Chie Fukada,2007年07月
  • Characteristics of English Sound-Emission Path Construction: A Prototype Cross-Linguistic Account,Yuki-Shige Tamura,認知言語学論考No.5 (209-242),2006年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Sound-Emission 構文における意味の拡張限界について:Usage-Based Model Approach の観点から,田村幸誠,日本認知言語学会論文集 (JCLA 6, 117-127),2006年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 移動自動詞構文に関する一考察,田村幸誠,2006年06月
  • 英語補文時制の意味と形式の関係に関する一考察:複合グラウンディングの観点から,田村幸誠,『英語のテンス・アスペクト・モダリティ』 英宝社, 145-160,2005年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 結果構文の周辺的用法について,田村幸誠,2005年03月
  • 「未来」過去時制に関する認知文法的考察,田村幸誠,(『ことばのからくり—河上誓作 教授退官記念論文集』 英宝社, 529-544,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • On Form-Meaning Mismatches in English Modality and Tense: A Cognitive Grammar Perspective,Yuki-Shige Tamura,博士学位論文, 全228 ページ, 大阪大学大学院文学研究科),2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Relative Viewing Arrangement and Complement Tenses in English,Yuki-Shige Tamura,2002年04月
  • Focus Chain and English Tense: Towards the Full Parallelism between Nominals and Clauses,Yuki-Shige Tamura,日本認知言語学会論文集 1, 45-55,2001年09月,研究論文(学術雑誌)
  • On the Grounding Function of the Past Tense in English,Yuki-Shige Tamura,Osaka University Papers in English Linguistics 5, 99-120,2000年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Focus からみた現在完了の意味機能,田村幸誠,貞光宮城,2000年10月
  • On the Interaction between the Temporal Connective Before and Tense: A Cognitive Account,Yuki-Shige Tamura,JELS 17, 221-230,2000年02月,研究論文(学術雑誌)
  • 接続詞と時制の相互作用について:BEFORE 節中の過去と過去完了の交替の場合,田村幸誠,『待兼山論叢第33号文学編』 41-55,1999年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 法助動詞の主体化からみたCAN の特異性について,田村幸誠,(KLS (関西言語学会)17, 45-55),1997年11月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • (エッセイ)英語ではbrother で兄も弟も表せますが、世界にはどのような親族名称パターンがあるでしょうか?,田村幸誠,日本語の大疑問:眠れなくなるほど面白いことばの世界(国立国語研究所編)幻冬社新書,p. 128-134,2021年11月,記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • (コラム)脱カテゴリー化,田村幸誠,認知言語学大辞典 (辻幸夫編 朝倉書院),p. 346-346,2019年10月
  • (コラム)類像性,田村幸誠,認知言語学大辞典(辻幸夫 編 朝倉書院),p. 259-259,2019年10月
  • (コラム)理想認知化モデル,田村幸誠,認知言語学大辞典 (辻幸夫編 朝倉書院),2019年10月
  • (エッセイ)this とthat が30個? 失われていくものと残したいもの(アラスカ・エスキモー),田村幸誠,Teaching English Now (英語教師のための情報誌)三省堂,Vol. 21,p. 1-1,2011年10月
  • (エッセイ)異文化理解は面白い:失われていくものと残したいもの(アラスカ・エスキモー),田村幸誠,Teaching English Now (英語教師のための情報誌) 三省堂,Vol. 19,p. 1-1,2010年10月

著書

  • 認知言語学の基礎,碓井, 智子,田村, 幸誠,安原, 和也,くろしお出版,ISBN:9784874248690,2021年09月
  • 母音と子音 : 音声学の世界に踏み出そう (翻訳書),Ladefoged, Peter,Disner, Sandra Ferrari,田村, 幸誠,貞光, 宮城,開拓社,ISBN:9784758923514,2021年09月
  • そして、僕はOEDを読んだ (翻訳書),Shea, Ammon,田村, 幸誠,三省堂,ISBN:9784385364698,2010年12月