EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

小阪田 泰子

Osakada Yasuko

高等共創研究院,准教授

学歴

  • 2006年04月 ~ 2009年03月,大阪大学工学研究科応用化学専攻博士後期課程修了
  • 2004年04月 ~ 2006年03月,大阪大学工学研究科分子化学専攻博士前期課程修了
  • 2000年04月 ~ 2004年03月,大阪大学工学部応用自然科学科応用化学コース卒業
  • 1997年04月 ~ 2000年03月,兵庫県立加古川東高等学校,普通科 卒業

経歴

  • 2020年04月 ~ 継続中,文部科学省,科学技術・学術政策研究所,NISTEP専門調査員
  • 2017年05月 ~ 継続中,大阪大学,高等共創研究院、産業科学研究所,准教授
  • 2014年05月 ~ 2017年04月,大阪大学,産業科学研究所,助教
  • 2013年04月 ~ 2014年04月,京都大学,物質-細胞統合システム拠点(iCeMS),特定拠点助教
  • 2013年04月 ~ 2014年03月,JST さきがけ「光の利用と物質材料・生命機能」兼任研究者
  • 2010年10月 ~ 2013年03月,JST,さきがけ「光の利用と物質材料・生命機能」専任研究者 (スタンフォード大学)
  • 2009年04月 ~ 2010年09月,日本学術振興会海外特別研究員 (スタンフォード大学)
  • 2006年04月 ~ 2009年03月,日本学術振興会特別研究員 (DC1)

研究内容・専門分野

  • ナノテク・材料,分析化学
  • ライフサイエンス,生物有機化学
  • ナノテク・材料,構造有機化学、物理有機化学
  • ナノテク・材料,基礎物理化学
  • ナノテク・材料,ナノマイクロシステム
  • ナノテク・材料,ナノ材料科学
  • ナノテク・材料,ナノバイオサイエンス
  • ナノテク・材料,ナノ材料科学
  • ライフサイエンス,神経科学一般

所属学会

  • 生体機能関連化学部会
  • 光化学協会
  • 日本化学会

論文

  • Synthesis of porphyrin nanodisks from COFs through mechanical stirring and their photocatalytic activity,p. 145720-145720,2020年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Aggregation-induced photocatalytic activity and efficient photocatalytic hydrogen evolution of amphiphilic rhodamines in water,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Hard X-ray excited optical luminescence from protein-directed Au∼20 clusters,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of unsymmetric perylenediimide dye molecule and its photochemical properties on lipid membrane.,Tanaka A,Liu Z,Osakada Y,Bioorganic & medicinal chemistry letters,2019年05月
  • Synthesis and photocatalytic activity of ultrathin two-dimensional porphyrin nanodisks via covalent organic framework exfoliation,Fan Z,Nomura K,Zhu M,Li X,Xue J,Majima T,Osakada Y,Commun. Chem.,Vol. 2,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Black phosphorus: A promising two dimensional visible and near-infrared-activated photocatalyst for hydrogen evolution,Vol. 217,p. 285-292,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Live Cell Imaging Using Photoswitchable Diarylethene-Doped Fluorescent Polymer Dots,Vol. 12,No. 20,p. 2660-2665,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Single-Particle Tracking Reveals a Dynamic Role of Actin Filaments in Assisting Long-Range Axonal Transport in Neurons,Vol. 90,No. 6,p. 714-719,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Iridium oxide nanotube electrodes for sensitive and prolonged intracellular measurement of action potentials,Vol. 5,p. 4206-4210,2014年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Hard X-ray-induced optical luminescence via biomolecule-directed metal clusters,Vol. 50,No. 27,p. 3549-3551,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Kinetics of charge transfer through DNA across guaninecytosine repeats intervened by adeninethymine Base Pair(s),Vol. 86,No. 1,p. 25-30,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • X-ray excitable luminescent polymer dots doped with an iridium(III) complex,Vol. 49,No. 39,p. 4319-4321,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Defective axonal transport of Rab7 GTPase results in dysregulated trophic signaling.,Zhang K,Fishel Ben Kenan R,Osakada Y,Xu W,Sinit RS,Chen L,Zhao X,Chen JY,Cui B,Wu C,J. Neurosci.,Vol. 33,No. 17,p. 7451-7462,2013年
  • Generation of Singlet Oxygen during Photosensitized One-Electron Oxidation of DNA,Vol. 18,No. 4,p. 1060-1063,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Diarylethene doped biocompatible polymer dots for fluorescence switching,Vol. 48,No. 27,p. 3285-3287,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Automated Image Analysis for Tracking Cargo Transport in Axons,Vol. 74,No. 7,p. 605-613,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Charge Separation and Photosensitized Damage in DNA Mediated by Naphthalimide, Naphthaldiimide, and Anthraquinone,Vol. 114,No. 31,p. 10195-10199,2010年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Single-molecule imaging of NGF axonal transport in microfluidic devices,Vol. 10,No. 19,p. 2566-2573,2010年,研究論文(学術雑誌)
  • Importance of Protonation State of Guanine Radical Cation During Hole Transfer in DNA,Vol. 10,No. 11,p. 1766-1769,2009年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Sequence-independent and rapid long-range charge transfer through DNA,Vol. 1,No. 2,p. 156-159,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Kinetics of charge transfer in DNA containing a mismatch,Vol. 36,No. 17,p. 5562-5570,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Charge separation in acridine- and phenothiazine-modified DNA,Vol. 112,No. 7,p. 2144-2149,2008年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Mechanism of charge separation in DNA by hole transfer through consecutive adenines,Vol. 14,No. 12,p. 3721-3726,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Charge transfer in DNA assemblies: effects of sticky ends,No. 23,p. 2656-2658,2008年,研究論文(学術雑誌)
  • Hole transfer in DNA and photosensitized DNA damage: Importance of adenine oxidation,Vol. 111,No. 9,p. 2322-2326,2007年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Hole transfer rates in A-form DNA/2 '-OMeRNA hybrid,Vol. 13,No. 8,p. 2386-2391,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Charge transfer through DNA nanoscaled assembly programmable with DNA building blocks,Vol. 103,No. 48,p. 18072-18076,2006年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of reaction rate of radical anion of a photosensitizer with molecular oxygen on the photosensitized DNA damage,No. 37,p. 3918-3920,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • Consecutive adenine sequences are potential targets in photosensitized DNA damage,Vol. 12,No. 9,p. 1049-1054,2005年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Lifetime regulation of the charge-separated state in DNA by modulating the oxidation potential of guanine in DNA through hydrogen bonding,Vol. 126,No. 40,p. 12843-12846,2004年10月,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 共焦点顕微鏡、2光子励起蛍光顕微鏡,小阪田 泰子,「光と生命の事典」,p. 382-383,2016年
  • 硬X線励起で可視光発光を示すプローブの開発,小阪田 泰子,薬学雑誌,Vol. 136,No. 1,p. 17-20,2016年01月01日,書評論文,書評,文献紹介等
  • 日焼けと光線過敏症,小阪田 泰子,「光化学の事典」,p. 258-259,2014年
  • Real-time visualization of axonal transport in neurons.,Osakada Y,Cui B,Methods Mol. Biol.,Vol. 670,p. 231-243,2011年

特許・実用新案・意匠

  • DNAナノブロックを利用したDNAナノエレクトロニクス,真嶋哲朗,川井清彦,小阪田泰子,藤塚守,特願2006-291734,出願日:2016年10月26日

受賞

  • 守田科学研究奨励賞,一般社団法人 大学女性協会,2020年06月
  • 第8回女性化学者奨励賞,日本化学会,2020年03月
  • RSC publication Chemical Communications Emerging Investigators 2013,小阪田泰子,2013年10月
  • BCSJ賞,小阪田泰子,2013年01月
  • Center for Biomedical Imaging at Stanford (CBIS) Symposium poster award,小阪田泰子,2012年04月
  • 井上研究奨励賞,小阪田泰子,2011年02月
  • 光化学討論会最優秀学生発表賞,2007年09月
  • 日本化学会学生講演賞,2007年03月

講演・口頭発表等

  • 硬X線励起で可視光発光を示すプローブの開発,小阪田 泰子,日本薬学会第135年会, S27 薬学における生命指向型化学〜医薬と異なる小分子を駆使して探る・操る細胞機能研究の新境地,2015年03月26日
  • X線照射によって発光するナノプローブ,小阪田 泰子,2013年光化学討論会、シンポジウム4、輝く若手研究者たち~分子光化学の進化を目指して,2013年09月13日
  • The development of photoswitchable nanoparticles for biological imaging,小阪田 泰子,iCeMS Young Scientist Colloquium,2013年05月17日

社会貢献

  • 夢化学 21,2018年08月 ~
  • 26th IUPAC international symposium on photochemistry, Osaka, Secretary (事務局員),2015年04月 ~
  • 女子中高生のための関西科学塾,2014年03月 ~