EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

西野 邦彦

Kunihiko Nishino

産業科学研究所,教授

keyword トランスポーター,化学療法,病原性,薬剤耐性,細菌学

経歴

  • 2015年02月 ~ 継続中,大阪大学,産業科学研究所(薬学研究科・薬学部 兼任),教授
  • 2009年01月 ~ 2015年02月,大阪大学,産業科学研究所,准教授(感染制御学研究分野主宰)
  • 2006年10月 ~ 2010年03月,国立研究開発法人科学技術振興機構,JST,さきがけ研究者(兼任)
  • 2007年06月 ~ 2009年01月,大阪大学,産業科学研究所,助教
  • 2007年04月 ~ 2007年05月,大阪大学,産業科学研究所,特任助教
  • 2005年11月 ~ 2007年03月,大阪大学,産業科学研究所,特任助手
  • 2003年04月 ~ 2005年10月,日本学術振興会,特別研究員(PD)
  • 2001年04月 ~ 2003年03月,日本学術振興会,特別研究員(DC)

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,細菌学
  • ライフサイエンス,薬理学
  • ライフサイエンス,薬系衛生、生物化学
  • ライフサイエンス,分子生物学
  • ナノテク・材料,生物分子化学
  • ライフサイエンス,システムゲノム科学
  • ライフサイエンス,ゲノム生物学
  • 情報通信,生命、健康、医療情報学

所属学会

  • 日本化学療法学会
  • 日本薬学会
  • American Society for Microbiology
  • 日本細菌学会
  • American Association for the Advancement of Science (AAAS)
  • American Society for Biochemistry and Molecular Biology
  • 腸内細菌学会
  • 日本感染症学会
  • 日本生化学会

論文

  • Function and inhibitory mechanisms of multidrug efflux pumps,Kunihiko Nishino,Seiji Yamasaki,Ryosuke Nakashima,Martijn Zwama,Mitsuko Hayashi-Nishino,Frontiers in Microbiology,Vol. (in press),2021年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Ever-Adapting RND Efflux Pumps in Gram-Negative Multidrug-Resistant Pathogens: A Race against Time,Martijn Zwama,Kunihiko Nishino,Antibiotics,Vol. 10,No. 7,p. 774-774,2021年06月25日,研究論文(学術雑誌)
  • An efflux inhibitor of the MacAB pump in Salmonella enterica serovar Typhimurium,Ami Yamagishi,Sohei Nakano,Seiji Yamasaki,Kunihiko Nishino,MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY,WILEY,Vol. 64,No. 3,p. 182-188,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic and functional characterisation of the Haemophilus influenzae multidrug efflux pump AcrB,Martijn Zwama,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,Communications Biology,Vol. 2,No. 1,2019年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Native CRISPR-Cas-Mediated Genome Editing Enables Dissecting and Sensitizing Clinical Multidrug-Resistant P. aeruginosa,Zeling Xu,Ming Li,Yanran Li,Huiluo Cao,Lu Miao,Zhaochao Xu,Yusuke Higuchi,Seiji Yamasaki,Kunihiko Nishino,Patrick C. Y. Woo,Hua Xiang,Aixin Yan,CELL REPORTS,CELL PRESS,Vol. 29,No. 6,p. 1707-+,2019年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Crystal structure of the multidrug resistance regulator RamR complexed with bile acids,Suguru Yamasaki,Ryosuke Nakashima,Keisuke Sakurai,Sylvie Baucheron,Etienne Giraud,Benoit Doublet,Axel Cloeckaert,Kunihiko Nishino,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 9,No. 1,p. 177-177,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Multiple entry pathways within the efflux transporter AcrB contribute to multidrug recognition,Martijn Zwama,Seiji Yamasaki,Ryosuke Nakashima,Keisuke Sakurai,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,NATURE COMMUNICATIONS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 9,No. 1,p. 124-124,2018年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Alternative explanation for indole-induced antibiotic tolerance in Salmonella,Jessica M. A. Blair,Axel Cloeckaert,Kunihiko Nishino,Laura J. V. Piddock,PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA,NATL ACAD SCIENCES,Vol. 110,No. 48,p. E4569-E4569,2013年11月
  • Structural basis for the inhibition of bacterial multidrug exporters,Ryosuke Nakashima,Keisuke Sakurai,Seiji Yamasaki,Katsuhiko Hayashi,Chikahiro Nagata,Kazuki Hoshino,Yoshikuni Onodera,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,NATURE,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 500,No. 7460,p. 102-U131,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • The crystal structure of multidrug-resistance regulator RamR with multiple drugs.,Suguru Yamasaki,Eiji Nikaido,Ryosuke Nakashima,Keisuke Sakurai,Daisuke Fujiwara,Ikuo Fujii,Kunihiko Nishino,Nature communications,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 4,p. 2078-2078,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Structures of the multidrug exporter AcrB reveal a proximal multisite drug-binding pocket,Ryosuke Nakashima,Keisuke Sakurai,Seiji Yamasaki,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,NATURE,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 480,No. 7378,p. 565-U199,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • AcrAB multidrug efflux pump regulation in Salmonella enterica serovar Typhimurium by RamA in response to environmental signals.,Eiji Nikaido,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,The Journal of biological chemistry,Vol. 283,No. 35,p. 24245-53,2008年08月29日,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of the lipopolysaccharide modifications controlled by the Salmonella PmrA/PmrB system mediating resistance to Fe(III) and Al(III),Kunihiko Nishino,Fong-Fu Hsu,John Turk,Michael J. Cromie,Marc M. S. M. Wosten,Eduardo A. Groisman,MOLECULAR MICROBIOLOGY,WILEY,Vol. 61,No. 3,p. 645-654,2006年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Virulence and drug resistance roles of multidrug efflux systems of Salmonella enterica serovar Typhimurium,Kunihiko Nishino,Tammy Latifi,Eduardo A. Groisman,Molecular Microbiology,Vol. 59,No. 1,p. 126-141,2006年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Dissecting the PhoP regulatory network of Escherichia coli and Salmonella enterica,Igor Zwir,Dongwoo Shin,Akinori Kato,Kunihiko Nishino,Tammy Latifi,Felix Solomon,Janelle M. Hare,Henry Huang,Eduardo A. Groisman,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,Vol. 102,No. 8,p. 2862-2867,2005年02月22日,研究論文(学術雑誌)
  • Analysis of a complete library of putative drug transporter genes in Escherichia coli,K. Nishino,A. Yamaguchi,Journal of Bacteriology,Vol. 183,No. 20,p. 5803-5812,2001年,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of Genetic Variants via Bacterial Respiration Gas Analysis,Naoki Koga,Takuro Hosomi,Martijn Zwama,Chaiyanut Jirayupat,Takeshi Yanagida,Kunihiko Nishino,Seiji Yamasaki,Frontiers in Microbiology,Vol. 11,2020年11月16日,研究論文(学術雑誌)
  • 13-(2-Methylbenzyl) Berberine Is a More Potent Inhibitor of MexXY-Dependent Aminoglycoside Resistance than Berberine,Kenta Kotani,Mio Matsumura,Yuji Morita,Junko Tomida,Ryo Kutsuna,Kunihiko Nishino,Shuji Yasuike,Yoshiaki Kawamura,ANTIBIOTICS-BASEL,MDPI,Vol. 8,No. 4,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a structure determination method using a multidrug-resistance regulator protein as a framework,Takashi Matsumoto,Ryosuke Nakashima,Akihito Yamano,Kunihiko Nishino,BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 518,No. 2,p. 402-408,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Phylogenetic and functional characterisation of the Haemophilus influenzae multidrug efflux pump AcrB,Martijn Zwama,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,COMMUNICATIONS BIOLOGY,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 2,p. 340-340,2019年09月,研究論文(学術雑誌)
  • The Golgin Protein Giantin Regulates Interconnections Between Golgi Stacks,Ayano Satoh,Mitsuko Hayashi-Nishino,Takuto Shakuno,Junko Masuda,Mayuko Koreishi,Runa Murakami,Yoshimasa Nakamura,Toshiyuki Nakamura,Naomi Abe-Kanoh,Yasuko Honjo,Joerg Malsam,Sidney Yu,Kunihiko Nishino,FRONTIERS IN CELL AND DEVELOPMENTAL BIOLOGY,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 7,No. AUG,p. 160-160,2019年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 抗菌薬耐性に寄与する細菌多剤排出トランスポーターの変異解析 (研究者の最新動向),山崎 聖司,Zwama Martijn,中島 良介,山口 明人,西野 邦彦,Precision medicine = プレシジョンメディシン,北隆館,Vol. 2,No. 9,p. 856-861,2019年08月
  • The Salmonella Enteritidis TolC outer membrane channel is essential for egg white survival,R. Raspoet,V. Eeckhaut,K. Vermeulen,L. De Smet,Y. Wen,K. Nishino,F. Haesebrouck,R. Ducatelle,B. Devreese,F. Van Immerseel,Poultry Science,Vol. 98,No. 5,p. 2281-2289,2019年05月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Crystal structures of multidrug efflux pump MexB bound with high-molecular-mass compounds,Keisuke Sakurai,Seiji Yamasaki,Kaori Nakao,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Ryosuke Nakashima,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 9,No. 1,p. 4359-4359,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Discriminating drug-resistant bacteria using AI analysis on fine current changes from inner ION leakages,Aomi Yoshikawa,Takao Yasui,Taisuke Shimada,Seiji Yamasaki,Kunihiko Nishino,Takeshi Yanagida,Kazuki Nagashima,Takashi Washio,Tomoji Kawai,Yoshinobu Baba,23rd International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2019,p. 852-853,2019年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Large-scale femtoliter droplet array for single cell efflux assay of bacteria,Ryota Iino,Shouichi Sakakihara,Yoshimi Matsumoto,Kunihiko Nishino,Methods in Molecular Biology,Vol. 1700,p. 331-341,2018年,論文集(書籍)内論文
  • Regulation of the Expression of Bacterial Multidrug Exporters by Two-Component Signal Transduction Systems,Kunihiko Nishino,Methods in Molecular Biology,Vol. 1700,p. 239-251,2018年,論文集(書籍)内論文
  • Hoisting-Loop in Bacterial Multidrug Exporter AcrB Is a Highly Flexible Hinge That Enables the Large Motion of the Subdomains,Martijn Zwama,Katsuhiko Hayashi,Keisuke Sakurai,Ryosuke Nakashima,Kimie Kitagawa,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,FRONTIERS IN MICROBIOLOGY,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 8,No. OCT,p. 2095-2095,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Phenotype microarray analysis of the drug efflux systems in Salmonella enterica serovar Typhimurium,Seiji Yamasaki,Takuma Fujioka,Katsuhiko Hayashi,Suguru Yamasaki,Mitsuko Hayashi-Nishino,Kunihiko Nishino,JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 22,No. 11,p. 780-784,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Berberine Is a Novel Type Efflux Inhibitor Which Attenuates the MexXY-Mediated Aminoglycoside Resistance in Pseudomonas aeruginosa,Yuji Morita,Ken-ichi Nakashima,Kunihiko Nishino,Kenta Kotani,Junko Tomida,Makoto Inoue,Yoshiaki Kawamura,FRONTIERS IN MICROBIOLOGY,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 7,No. AUG,p. 1223-1223,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A Microfluidic Channel Method for Rapid Drug-Susceptibility Testing of Pseudomonas aeruginosa,Yoshimi Matsumoto,Shouichi Sakakihara,Andrey Grushnikov,Kazuma Kikuchi,Hiroyuki Noji,Akihito Yamaguchi,Ryota Iino,Yasushi Yagi,Kunihiko Nishino,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 11,No. 2,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Single-cell detection and collection of persister bacteria in a directly accessible femtoliter droplet array,Ryota Iino,Shouichi Sakakihara,Yoshimi Matsumoto,Kunihiko Nishino,Methods in Molecular Biology,Vol. 1333,p. 101-109,2016年,論文集(書籍)内論文
  • AcrB-AcrA Fusion Proteins That Act as Multidrug Efflux Transporters,Katsuhiko Hayashi,Ryosuke Nakashima,Keisuke Sakurai,Kimie Kitagawa,Seiji Yamasaki,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,JOURNAL OF BACTERIOLOGY,AMER SOC MICROBIOLOGY,Vol. 198,No. 2,p. 332-342,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Multidrug efflux pumps contribute to Escherichia coli biofilm maintenance,Seiji Yamasaki,Li-Yuan Wang,Takahiro Hirata,Mitsuko Hayashi-Nishino,Kunihiko Nishino,INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 45,No. 4,p. 439-441,2015年04月
  • Mechanisms of antibiotic resistance,Jun Lin,Kunihiko Nishino,Marilyn C. Roberts,Marcelo Tolmasky,Rustam I. Aminov,Lixin Zhang,FRONTIERS IN MICROBIOLOGY,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 6,No. FEB,p. 34-34,2015年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Bile-mediated activation of the acrAB and tolC multidrug efflux genes occurs mainly through transcriptional derepression of ramA in Salmonella enterica serovar Typhimurium,Sylvie Baucheron,Kunihiko Nishino,Isabelle Monchaux,Sylvie Canepa,Marie-Christine Maurel,Franck Coste,Alain Roussel,Axel Cloeckaert,Etienne Giraud,JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 69,No. 9,p. 2400-2406,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • AcrB, AcrD, and MdtABC Multidrug Efflux Systems Are Involved in Enterobactin Export in Escherichia coli,Tsukasa Horiyama,Kunihiko Nishino,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 9,No. 9,2014年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Salmonella enterica serovar Typhimurium multidrug efflux pumps EmrAB and AcrEF support the major efflux system AcrAB in decreased susceptibility to triclosan,Ulrike Rensch,Kunihiko Nishino,Guenter Klein,Corinna Kehrenberg,INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 44,No. 2,p. 179-180,2014年08月
  • Effect of methylglyoxal on multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa,Katsuhiko Hayashi,Aiko Fukushima,Mitsuko Hayashi-Nishino,Kunihiko Nishino,FRONTIERS IN MICROBIOLOGY,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 5,No. APR,p. 180-180,2014年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Erratum: Streptococcus pneumoniae Invades Erythrocytes and Utilizes Them to Evade Human Innate Immunity (PLoS ONE (2014) 9:1 (10.1371/annotation/de14e562- d899-48da-b677-ca61cca2cf5b)),Masaya Yamaguchi,Yutaka Terao,Yuka Mori-Yamaguchi,Hisanori Domon,Yuuki Sakaue,Tetsuya Yagi,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Victor Nizet,Shigetada Kawabata,PLoS ONE,Vol. 9,No. 1,2014年01月15日,研究論文(学術雑誌)
  • 2SEA-06 細菌多剤排出トランスポーターの制御と生理機能(2SEA ポンプとチャネルはどちらが偉いのか,シンポジウム,第52回日本生物物理学会年会(2014年度)),西野 邦彦,生物物理,一般社団法人 日本生物物理学会,Vol. 54,No. 1,2014年
  • Streptococcus pneumoniae Invades Erythrocytes and Utilizes Them to Evade Human Innate Immunity,Masaya Yamaguchi,Yutaka Terao,Yuka Mori-Yamaguchi,Hisanori Domon,Yuuki Sakaue,Tetsuya Yagi,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Victor Nizet,Shigetada Kawabata,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 8,No. 10,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Design of a large-scale femtoliter droplet array for single-cell analysis of drug-tolerant and drug-resistant bacteria,Ryota Iino,Yoshimi Matsumoto,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Hiroyuki Noji,FRONTIERS IN MICROBIOLOGY,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 4,No. OCT,p. 300-300,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Cooperation of the multidrug efflux pump and lipopolysaccharides in the intrinsic antibiotic resistance of Salmonella enterica serovar Typhimurium,Seiji Yamasaki,Saya Nagasawa,Aiko Fukushima,Mitsuko Hayashi-Nishino,Kunihiko Nishino,JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 68,No. 5,p. 1066-1070,2013年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of Natural Mutations in the ramRA Locus on Invasiveness of Epidemic Fluoroquinolone-Resistant Salmonella enterica Serovar Typhimurium Isolates,Etienne Giraud,Sylvie Baucheron,Isabelle Virlogeux-Payant,Kunihiko Nishino,Axel Cloeckaert,JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES,OXFORD UNIV PRESS INC,Vol. 207,No. 5,p. 794-802,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 1P035 RND型薬剤排出トランスポーターの阻害活性の構造的基礎(01B. 蛋白質:構造機能相関,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度)),Sakurai Keisuke,Nakashima Ryosuke,Yamasaki Seiji,Hayashi Katsuhiko,Nishino Kunihiko,Yamaguchi Akihito,生物物理,一般社団法人 日本生物物理学会,Vol. 53,No. 1,2013年
  • 1P102 大腸菌多剤排出トランスポーター複合体AcrABの結合比決定(03.膜蛋白質,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度)),Hayashi Katsuhiko,Nakashima Ryosuke,Sakurai Keisuke,Yamasaki Seiji,Nishino Kunihiko,Yamaguchi Akihito,生物物理,一般社団法人 日本生物物理学会,Vol. 53,No. 1,2013年
  • Effects of indole on drug resistance and virulence of Salmonella enterica serovar Typhimurium revealed by genome-wide analyses.,Eiji Nikaido,Etienne Giraud,Sylvie Baucheron,Suguru Yamasaki,Agnès Wiedemann,Kousuke Okamoto,Tatsuya Takagi,Akihito Yamaguchi,Axel Cloeckaert,Kunihiko Nishino,Gut pathogens,BMC,Vol. 4,No. 1,p. 5-5,2012年05月25日,研究論文(学術雑誌)
  • Covalently linking the Escherichia coli global anaerobic regulator FNR in tandem allows it to function as an oxygen stable dimer,Yue Shan,Qing Pan,Junyan Liu,Feijuang Huang,Hongzhe Sun,Kunihiko Nishino,Aixin Yan,BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 419,No. 1,p. 43-48,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 1PT117 結晶構造に基づくグラム陰性菌多剤排出ポンプ阻害剤開発に向けた研究(日本生物物理学会第50回年会(2012年度)),Hayashi Katsuhiko,Nakashima Ryosuke,Sakurai Keisuke,Yamasaki Seiji,Nagata Chikahiro,Hoshino Kazuki,Onodera Yoshikuni,Nishino Kunihiko,Yamaguchi Akihito,生物物理,一般社団法人 日本生物物理学会,Vol. 52,2012年
  • 3PT115 大腸菌異物排出タンパクAcrBのペリスタポンプ機構の解明(日本生物物理学会第50回年会(2012年度)),Sakurai Keisuke,Nakashima Ryosuke,Yamasaki Seiji,Nishino Kunihiko,Yamaguchi Akihito,生物物理,一般社団法人 日本生物物理学会,Vol. 52,2012年
  • A single-cell drug efflux assay in bacteria by using a directly accessible femtoliter droplet array,Ryota Iino,Kohei Hayama,Hiromi Amezawa,Shouichi Sakakihara,Soo Hyeon Kim,Yoshimi Matsumono,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Hiroyuki Noji,LAB ON A CHIP,ROYAL SOC CHEMISTRY,Vol. 12,No. 20,p. 3923-3929,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Antibacterial and antifungal activities of new acylated derivatives of epigallocatechin gallate,Yoshimi Matsumoto,Kunihiro Kaihatsu,Kunihiko Nishino,Miho Ogawa,Nobuo Kato,Akihito Yamaguchi,FRONTIERS IN MICROBIOLOGY,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 3,No. FEB,p. 53-53,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of Hfq on the intrinsic drug resistance of Salmonella enterica serovar Typhimurium,Mitsuko Hayashi-Nishino,Aiko Fukushima,Kunihiko Nishino,FRONTIERS IN MICROBIOLOGY,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 3,No. JUN,p. 205-205,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • A microfluidic device for simple and rapid evaluation of multidrug efflux pump inhibitors,Ryota Iino,Kunihiko Nishino,Hiroyuki Noji,Akihito Yamaguchi,Yoshimi Matsumoto,FRONTIERS IN MICROBIOLOGY,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 3,No. FEB,p. 40-40,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • The Multidrug Efflux Pump MdtEF Protects against Nitrosative Damage during the Anaerobic Respiration in Escherichia coli,Yiliang Zhang,Minfeng Xiao,Tsukasa Horiyama,Yinfeng Zhang,Xuechen Li,Kunihiko Nishino,Aixin Yan,JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY,AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC,Vol. 286,No. 30,p. 26576-26584,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • AcrA dependency of the AcrD efflux pump in Salmonella enterica serovar Typhimurium,Seiji Yamasaki,Saya Nagasawa,Mitsuko Hayashi-Nishino,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,JOURNAL OF ANTIBIOTICS,JAPAN ANTIBIOTICS RESEARCH ASSOC,Vol. 64,No. 6,p. 433-437,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of Multidrug Efflux Pump Inhibitors by a New Method Using Microfluidic Channels,Yoshimi Matsumoto,Kohei Hayama,Shouichi Sakakihara,Kunihiko Nishino,Hiroyuki Noji,Ryota Iino,Akihito Yamaguchi,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 6,No. 4,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of the AcrAB multidrug efflux pump in Salmonella enterica serovar Typhimurium in response to indole and paraquat.,Eiji Nikaido,Ikue Shirosaka,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,Microbiology (Reading, England),Vol. 157,No. Pt 3,p. 648-655,2011年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of overexpression of small non-coding DsrA RNA on multidrug efflux in Escherichia coli,Kunihiko Nishino,Seiji Yamasaki,Mitsuko Hayashi-Nishino,Akihito Yamaguchi,JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 66,No. 2,p. 291-296,2011年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Small RNA による多剤耐性制御,西野 邦彦,山崎 聖司,西野 林 美都子,山口 明人,日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy,(公社)日本化学療法学会,Vol. 59,No. 1,p. 1-7,2011年01月10日
  • Roles of Salmonella multidrug efflux pumps in tigecycline resistance.,Tsukasa Horiyama,Eiji Nikaido,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,The Journal of antimicrobial chemotherapy,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 66,No. 1,p. 105-10,2011年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Indole enhances acid resistance in Escherichia coli,Hidetada Hirakawa,Mitsuko Hayashi-Nishino,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,MICROBIAL PATHOGENESIS,ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD,Vol. 49,No. 3,p. 90-94,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • TolC dependency of multidrug efflux systems in Salmonella enterica serovar Typhimurium,Tsukasa Horiyama,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 65,No. 7,p. 1372-1376,2010年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of NlpE Overproduction on Multidrug Resistance in Escherichia coli,Kunihiko Nishino,Seiji Yamasaki,Mitsuko Hayashi-Nishino,Akihito Yamaguchi,ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY,AMER SOC MICROBIOLOGY,Vol. 54,No. 5,p. 2239-2243,2010年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Impact of the RNA chaperone Hfq on multidrug resistance in Escherichia coli,Junko Yamada,Seiji Yamasaki,Hidetada Hirakawa,Mitsuko Hayashi-Nishino,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY,OXFORD UNIV PRESS,Vol. 65,No. 5,p. 853-858,2010年05月,研究論文(学術雑誌)
  • H-NS Modulates Multidrug Resistance of Salmonella enterica Serovar Typhimurium by Repressing Multidrug Efflux Genes acrEF,Kunihiko Nishino,Mitsuko Hayashi-Nishino,Akihito Yamaguchi,ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY,AMER SOC MICROBIOLOGY,Vol. 53,No. 8,p. 3541-3543,2009年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Regulation and physiological function of multidrug efflux pumps in Escherichia coli and Salmonella.,Kunihiko Nishino,Eiji Nikaido,Akihito Yamaguchi,Biochimica et biophysica acta,Vol. 1794,No. 5,p. 834-43,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Role of the AraC-XylS family regulator YdeO in multi-drug resistance of Escherichia coli,Kunihiko Nishino,Yasuko Senda,Mitsuko Hayashi-Nishino,Akihito Yamaguchi,JOURNAL OF ANTIBIOTICS,JAPAN ANTIBIOTICS RESEARCH ASSOC,Vol. 62,No. 5,p. 251-257,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • AcrS/EnvR represses expression of the acrAB multidrug efflux genes in Escherichia coli,Hidetada Hirakawa,Asuka Takumi-Kobayashi,Ulrike Theisen,Takahiro Hirata,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,JOURNAL OF BACTERIOLOGY,AMER SOC MICROBIOLOGY,Vol. 190,No. 18,p. 6276-6279,2008年09月,研究論文(学術雑誌)
  • CRP regulator modulates multidrug resistance of Escherichia coli by repressing the mdtEF multidrug efflux genes,Kunihiko Nishino,Yasuko Senda,Akihito Yamaguchi,JOURNAL OF ANTIBIOTICS,JAPAN ANTIBIOTICS RESEARCH ASSOC,Vol. 61,No. 3,p. 120-127,2008年03月,研究論文(学術雑誌)
  • The AraC-family regulator GadX enhances multidrug resistance in Escherichia coli by activating expression of mdtEF multidrug efflux genes,Kunihiko Nishino,Yasuko Senda,Akihito Yamaguchi,Journal of Infection and Chemotherapy,Vol. 14,No. 1,p. 23-29,2008年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Identification of a spermidine excretion protein complex (MdtJl) in Escherichia coli,Kyohei Higashi,Hiroyuki Ishigure,Risa Demizu,Takeshi Uemura,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Keiko Kashiwagi,Kazuei Igarashil,JOURNAL OF BACTERIOLOGY,AMER SOC MICROBIOLOGY,Vol. 190,No. 3,p. 872-878,2008年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Resistome analysis of bacterial transportsome,Kunihiko Nishino,Eiji Nikaido,Hiroki Sakata,Tomoyuki Nakano,Manami Tanaka,Tamami Ueda,Ikue Shirosaka,Mitsuko Nishino,Akihito Yamaguchi,YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 128,p. 73-74,2008年
  • Regulation of multidrug efflux systems involved in multidrug and metal resistance of Salmonella enterica serovar Typhimurium.,Kunihiko Nishino,Eiji Nikaido,Akihito Yamaguchi,Journal of bacteriology,AMER SOC MICROBIOLOGY,Vol. 189,No. 24,p. 9066-75,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • N-acetyl-d-glucosamine induces the expression of multidrug exporter genes, mdtEF, via catabolite activation in Escherichia coli,Hidetada Hirakawa,Yoshihiko Inazumi,Yasuko Senda,Asuka Kobayashi,Takahiro Hirata,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,JOURNAL OF BACTERIOLOGY,AMER SOC MICROBIOLOGY,Vol. 188,No. 16,p. 5851-5858,2006年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Growth phase-dependent expression of drug exporters in Escherichia coli and its contribution to drug tolerance,Asuka Kobayashi,Hidetada Hirakawa,Takahiro Hirata,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,JOURNAL OF BACTERIOLOGY,AMER SOC MICROBIOLOGY,Vol. 188,No. 16,p. 5693-5703,2006年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of drug transporter genes on cysteine export and overproduction in Escherichia coli,Satoshi Yamada,Naoki Awano,Kyoko Inubushi,Eri Maeda,Shigeru Nakamori,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Hiroshi Takagi,APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY,AMER SOC MICROBIOLOGY,Vol. 72,No. 7,p. 4735-4742,2006年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Genome-wide analyses of Escherichia coli gene expression responsive to the BaeSR two-component regulatory system,Kunihiko Nishino,Takeshi Honda,Akihito Yamaguchi,Journal of Bacteriology,Vol. 187,No. 5,p. 1763-1772,2005年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of efflux transporter genes on susceptibility of Escherichia coli to tigecycline (GAR-936),Takahiro Hirata,Asami Saito,Kunihiko Nishino,Norihisa Tamura,Akihito Yamaguchi,Antimicrobial Agents and Chemotherapy,Vol. 48,No. 6,p. 2179-2184,2004年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Role of Histone-Like Protein H-NS in Multidrug Resistance of Escherichia coli,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Journal of Bacteriology,Vol. 186,No. 5,p. 1423-1429,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • β-Lactam resistance modulated by the overexpression of response regulators of two-component signal transduction systems in Escherichia coli,Hidetada Hirakawa,Kunihiko Nishino,Junko Yamada,Takahiro Hirata,Akihito Yamaguchi,Journal of Antimicrobial Chemotherapy,Vol. 52,No. 4,p. 576-582,2003年10月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Roles of TolC-dependent multidrug transporters of Escherichia coli in resistance to β-lactams,Kunihiko Nishino,Junko Yamada,Hidetada Hirakawa,Takahiro Hirata,Akihito Yamaguchi,Antimicrobial Agents and Chemotherapy,Vol. 47,No. 9,p. 3030-3033,2003年09月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Membrane topology of ABC-type macrolide antibiotic exporter MacB in Escherichia coli,Nobuyoshi Kobayashi,Kunihiko Nishino,Takahiro Hirata,Akihito Yamaguchi,FEBS Letters,Vol. 546,No. 2-3,p. 241-246,2003年07月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Global analysis of genes regulated by EvgA of the two-component regulatory system in Escherichia coli,Kunihiko Nishino,Yoshihiko Inazumi,Akihito Yamaguchi,Journal of Bacteriology,Vol. 185,No. 8,p. 2667-2672,2003年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Comprehensive studies of drug resistance mediated by overexpression of response regulators of two-component signal transduction systems in Escherichia coli,Hidetada Hirakawa,Kunihiko Nishino,Takahiro Hirata,Akihito Yamaguchi,Journal of Bacteriology,Vol. 185,No. 6,p. 1851-1856,2003年03月,研究論文(学術雑誌)
  • EvgA of the two-component signal transduction system modulates production of the YhiUV multidrug transporter in Escherichia coli,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Journal of Bacteriology,Vol. 184,No. 8,p. 2319-2323,2002年,研究論文(学術雑誌)
  • The putative response regulator BaeR stimulates multidrug resistance of Escherichia coli via a novel multidrug exporter system, MdtABC,Satoshi Nagakubo,Kunihiko Nishino,Takahiro Hirata,Akihito Yamaguchi,Journal of Bacteriology,Vol. 184,No. 15,p. 4161-4167,2002年,研究論文(学術雑誌)
  • Overexpression of the response regulator evgA of the two-component signal transduction system modulates multidrug resistance conferred by multidrug resistance transporters,K. Nishino,A. Yamaguchi,Journal of Bacteriology,Vol. 183,No. 4,p. 1455-1458,2001年,研究論文(学術雑誌)
  • Novel macrolide-specific ABC-type efflux transporter in Escherichia coli,N. Kobayashi,K. Nishino,A. Yamaguchi,Journal of Bacteriology,Vol. 183,No. 19,p. 5639-5644,2001年,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 抗菌薬刺激と単一細菌検出による薬剤耐性の識別,吉川碧海,嶋田泰佑,安井隆雄,安井隆雄,長島一樹,長島一樹,山崎聖司,西野邦彦,柳田剛,柳田剛,馬場嘉信,馬場嘉信,電気学会研究会資料(Web),No. BMS-21-019-032,2021年
  • アシネトバクターのキノロン化合物間の不完全交差耐性機構,山岸 純一,川井 眞好,山岸 亜美,山崎 聖司,西野 邦彦,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 140年会,p. 28P-am068,2020年03月
  • タンパク質構造情報を利用した細菌多剤排出トランスポーターの機能解析,山崎 聖司,Zwama Martijn,中島 良介,山口 明人,西野 邦彦,BIO Clinica,(株)北隆館,Vol. 35,No. 2,p. 155-160,2020年02月
  • 耐性菌パンデミックの回避に向けた細菌多剤排出トランスポーターの解析と阻害剤開発,山崎 聖司,中島 良介,山口 明人,西野 邦彦,BIO Clinica,(株)北隆館,Vol. 34,No. 2,p. 202-206,2019年02月
  • サルモネラにおける薬剤排出ポンプMacABの阻害剤に関する研究,山岸 亜美,山崎 聖司,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 67,No. 1,p. 129-129,2019年01月
  • 電子顕微鏡画像における薬剤耐性菌株の識別と形態的特徴の比較,長野 章宏,青木 工太,西野 美都子,福島 愛子,岩崎 憲治,古澤 力,グルシニコフ アンドレイ,越後 富夫,西野 邦彦,八木 康史,情報処理学会 cvim 研究報告,Vol. 118,p. 165-172,2019年01月
  • キノロン耐性アシネトバクターのゲンタマイシン超感受性メカニズム,山岸 純一,山崎 聖司,西野 邦彦,賀来 満夫,石巻 理奈,中村 澪沙,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 66,No. Suppl.A,p. 314-314,2018年04月
  • 微生物との飽くなき戦いと共存・有効活用による新たな創薬戦略 多剤耐性菌の脅威と新たな創薬戦略,西野 邦彦,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 138年会,No. 1,p. 243-243,2018年03月
  • アシネトバクターのキノロン化合物間の不完全交差耐性機構,津之浦 穂野香,中村 澪沙,石巻 理奈,山崎 聖司,西野 邦彦,山岸 純一,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 138年会,No. 3,p. 181-181,2018年03月
  • いま、細菌学者は何をやっている?-バクテリアの病理と生理と分子生物学- グラム陰性菌の薬剤排出トランスポーターと多剤耐性における役割,西野 邦彦,生命科学系学会合同年次大会,生命科学系学会合同年次大会運営事務局,Vol. 2017年度,p. [1PS04-2],2017年12月
  • 排出機能を持つ緑膿菌の多剤排出トランスポーターMexB-MexY、MexA-MexXキメラ複合体,林 克彦,櫻井 啓介,中島 良介,西野 邦彦,山口 明人,生命科学系学会合同年次大会,生命科学系学会合同年次大会運営事務局,Vol. 2017年度,p. [2P-0096],2017年12月
  • グラム陰性菌の薬剤排出トランスポーター (特集 病原性細菌の制御),山崎 聖司,林 克彦,櫻井 啓介,中島 良介,山口 明人,西野 邦彦,細胞,ニューサイエンス社,Vol. 49,No. 11,p. 533-537,2017年10月
  • マイクロ流路チップ(DSTM)と顕微鏡による迅速感受性測定法を用いたESBL迅速検出法,松本 佳巳,御子柴 孝晃,西野 邦彦,JARMAM,臨床微生物迅速診断研究会,Vol. 27,No. 2,p. 101-101,2017年08月
  • 畳み込みニューラルネットワークを用いた電子顕微鏡画像における薬剤耐性菌株の識別,長野 章宏,青木 工太,武内 優奈,西野 美 都子,西野 邦彦,古澤 力,岩崎 憲治,越後 富夫,八木 康史,情報処理学会 cvim 研究報告,Vol. 2017-CVIM-207,2017年05月
  • 若手が拓く微生物薬学 多剤耐性菌と闘う 耐性菌感染症の克服に向けた薬剤排出ポンプの構造解析と新規治療薬開発,山崎 聖司,中島 良介,櫻井 啓介,山口 明人,西野 邦彦,薬学雑誌,(公社)日本薬学会,Vol. 137,No. 4,p. 377-382,2017年04月
  • 【"One Health時代"の耐性菌対策・研究】薬剤耐性における薬剤排出ポンプの役割,西野 邦彦,化学療法の領域,(株)医薬ジャーナル社,Vol. 33,No. 5,p. 1029-1039,2017年04月
  • Frontier of Pharmaceutical Microbiology: To Combat Multidrug-resistant Bacterial Pathogens Foreword,Yuji Morita,Kunihiko Nishino,YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 137,No. 4,p. 371-372,2017年04月
  • Structural Analysis and New Drug Development against Multidrug Efflux Pumps,Seiji Yamasaki,Ryosuke Nakashima,Keisuke Sakurai,Akihito Yamaguchi,Kunihiko Nishino,YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 137,No. 4,p. 377-382,2017年04月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 創薬ターゲットとしての細菌異物排出ポンプ,山崎 聖司,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 65,No. 2,p. 258-259,2017年03月
  • Acinetobacter baumanniiのキノロン薬間の不完全交差耐性機構,山岸 純一,神野 実桜,石川 麻衣,山崎 聖司,西野 邦彦,賀来 満夫,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 137年会,No. 3,p. 170-170,2017年03月
  • 多剤排出トランスポーターの多面的理解と耐性を克服する阻害剤開発 耐性菌多剤排出トランスポーターの生化学的解析と新規阻害剤開発,山崎 聖司,林 克彦,井上 雄太,樋口 雄介,櫻井 啓介,中島 良介,加藤 修雄,山口 明人,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 72,No. 1,p. 51-51,2017年02月
  • アシネトバクターのキノロン薬間の不完全交差耐性機構,山岸 純一,石川 麻衣,神野 実桜,山崎 聖司,西野 邦彦,賀来 満夫,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 72,No. 1,p. 139-139,2017年02月
  • Analysis of the Dynamics of a Multi-Drug Exporter AcrB in the Absence and Presence of Substrates,Tomoki Matsuda,Seiji Yamasaki,Kunihiko Nishino,Takeharu Nagai,Akihito Yamaguchi,BIOPHYSICAL JOURNAL,CELL PRESS,Vol. 112,No. 3,p. 509A-509A,2017年02月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 抗微生物薬効果の新しいアプローチ 多方面からの創薬をめざして コンペティションセッション 耐性菌異物排出ポンプに着目した新規治療薬の開発,山崎 聖司,中島 良介,櫻井 啓介,林 克彦,井上 雄太,樋口 雄介,加藤 修雄,山口 明人,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 64,No. Suppl.A,p. 143-144,2016年05月
  • マイクロ流路と顕微鏡による迅速感受性測定法を用いたメチシリン耐性ブドウ球菌の迅速検出法,松本 佳巳,西野 邦彦,榊原 昇一,野地 博行,山口 明人,飯野 亮太,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 64,No. Suppl.A,p. 168-168,2016年05月
  • 無核細胞検出系を用いた多剤耐性菌に有効な新規抗菌剤の探索,山岸 純一,川井 眞好,西野 邦彦,賀来 満夫,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 64,No. Suppl.A,p. 205-205,2016年05月
  • アカデミア発の抗感染症薬開発の可能性 細菌の抗菌薬排出機構と阻害剤の開発,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 64,No. 3,p. 582-582,2016年05月
  • アカデミア発の抗感染症薬開発の可能性 細菌の抗菌薬排出機構と阻害剤の開発,西野 邦彦,感染症学雑誌,(一社)日本感染症学会,Vol. 90,No. 3,p. 372-372,2016年05月
  • 顕微鏡を用いた簡易迅速感受性測定法への画像解析ソフトウェアの導入,松本 佳巳,西野 邦彦,Grushnikov Andrey,菊池 和馬,Yan Aixin,八木 康史,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 64,No. 2,p. 347-347,2016年03月
  • 若手が拓く微生物薬学 多剤耐性菌と闘う 耐性菌感染症の克服に向けた薬剤排出ポンプの構造解析と新規治療薬開発,山崎 聖司,中島 良介,櫻井 啓介,山口 明人,西野 邦彦,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 136年会,No. 1,p. 280-280,2016年03月
  • 大腸菌AcrB-AcrA融合タンパクの解析とAcrAB-TolC構成比の決定,林 克彦,中島 良介,櫻井 啓介,北川 公惠,山崎 聖司,西野 邦彦,山口 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 136年会,No. 3,p. 96-96,2016年03月
  • 多剤耐性菌自動判別技術開発に向けた耐性株の形態学的解析,武内 優奈,西野 美都子,古澤 力,西野 邦彦,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 136年会,No. 3,p. 194-194,2016年03月
  • アシネトバクターにおけるキノロン薬間の不完全交差耐性機構,栗原 ちなみ,小久保 佳苗,西野 邦彦,賀来 満夫,山岸 純一,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 136年会,No. 3,p. 195-195,2016年03月
  • アシネトバクターのレボフロキサシン高度耐性機構,小久保 佳苗,栗原 ちなみ,西野 邦彦,賀来 満夫,山岸 純一,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 136年会,No. 3,p. 195-195,2016年03月
  • 無核細胞検出系を用いた多剤耐性菌に有効な新規抗菌薬の探索,鈴木 更,三輪 輝夏,西野 邦彦,賀来 満夫,山岸 純一,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 136年会,No. 3,p. 195-195,2016年03月
  • 多剤耐性菌自動判別技術開発に向けた耐性株の形態学的解析,武内 優奈,西野 美都子,古澤 力,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 71,No. 1,p. 90-90,2016年02月
  • 大腸菌バイオフィルム形成における薬剤排出ポンプの役割(Multidrug efflux pumps contribute not to produce but to maintain the biofilm of Escherichia coli),山崎 聖司,王 麗媛,平田 隆弘,西野 美都子,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 71,No. 1,p. 90-90,2016年02月
  • 迅速感受性測定法を用いたメチシリン耐性ブドウ球菌の迅速検出法,松本 佳巳,榊原 昇一,野地 博行,山口 明人,飯野 亮太,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 71,No. 1,p. 108-108,2016年02月
  • 機能するAcrB-AcrA融合蛋白質によるAcrAB-TolCシステムの結合量比決定(The Stoichiometry Determination of the AcrAB-ToIC system with AcrB-AcrA Fusion Proteins),林 克彦,中島 良介,櫻井 啓介,北川 公惠,山崎 聖司,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 71,No. 1,p. 142-142,2016年02月
  • サルモネラ多剤排出システムAcrAB-TolCの発現制御因子による胆汁酸認識機構,山崎 優,中島 良介,櫻井 啓介,Baucheron Sylvie,Giraud Etienne,Doublet Benoit,Cloeckaert Axel,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 71,No. 1,p. 143-143,2016年02月
  • グラム陰性菌の異物認識と排出機構,西野 邦彦,緑膿菌感染症研究会講演記録,緑膿菌感染症研究会,Vol. 49回,p. 13-16,2015年12月
  • Drug Susceptibility Testing Microfluidic device(DSTM)を用いた迅速感受性測定法への画像解析ソフトウェアの導入,松本 佳巳,Grushnikov Andrey,菊池 和馬,金出 武雄,西野 邦彦,八木 康史,日本臨床微生物学雑誌,(一社)日本臨床微生物学会,Vol. 26,No. Suppl.,p. 282-282,2015年12月
  • AcrB-AcrA融合蛋白質によるAcrAB-TolC機能複合体の構成比の決定,林 克彦,中島 良介,櫻井 啓介,北川 公惠,山崎 聖司,西野 邦彦,山口 明人,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 88回・38回,p. [2P0392]-[2P0392],2015年12月
  • 簡易迅速感受性測定法「DSTM法」によるESBL/MBL検出法,松本 佳巳,西野 邦彦,榊原 昇一,飯野 亮太,Yan Aixin,野地 博行,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 63,No. Suppl.A,p. 170-170,2015年05月
  • Acinetobacter baumanniiのレボフロキサシン耐性機構,住本 千明,西野 邦彦,賀来 満夫,山岸 純一,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 63,No. Suppl.A,p. 221-221,2015年05月
  • Acinetobacter baumanniiのレボフロキサシン耐性獲得機構,山岸 純一,住本 千明,西野 邦彦,賀来 満夫,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 135年会,No. 3,p. 145-145,2015年03月
  • 【薬剤トランスポーター研究の最新動向と化学療法剤の動態】薬剤排出トランスポーターの分子生物学,山崎 聖司,西野 邦彦,化学療法の領域,(株)医薬ジャーナル社,Vol. 31,No. 3,p. 433-439,2015年02月
  • サルモネラ薬剤自然抵抗性における薬剤排出ポンプとLPSの関係(Cooperation of the multidrug efflux pump and LPS in the intrinsic drug resistance of S. enterica),山崎 聖司,長澤 沙弥,福島 愛子,西野 美都子,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 70,No. 1,p. 189-189,2015年02月
  • 新しいマイクロデバイスと顕微鏡を用いる迅速感受性測定法による腸内細菌科のESBL産生株の検出(Rapid Detection of ESBL Producer in Enterobacteriaceae by the New Susceptibility Testing Method),松本 佳巳,山口 明人,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 70,No. 1,p. 201-201,2015年02月
  • 顕微鏡を用いた簡易迅速感受性測定法によるESBL産生菌の検出法,松本 佳巳,西野 邦彦,榊原 昇一,飯野 亮太,Yan Aixin,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 63,No. 1,p. 122-122,2015年01月
  • 基礎から展開する感染症研究 多剤耐性制御因子の構造解析,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 62,No. 3,p. 416-416,2014年05月
  • 専用のマイクロ流路チップ(DSTM)と顕微鏡を用いた簡易迅速MIC測定法,松本 佳巳,西野 邦彦,榊原 昇一,飯野 亮太,野地 博行,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 62,No. 3,p. 441-442,2014年05月
  • 基礎から展開する感染症研究 多剤耐性制御因子の構造解析,西野 邦彦,感染症学雑誌,(一社)日本感染症学会,Vol. 88,No. 3,p. 335-335,2014年05月
  • 顕微鏡を用いた簡易迅速MIC測定法による緑膿菌の評価,松本 佳巳,西野 邦彦,榊原 昇一,飯野 亮太,Yan Aixin,野地 博行,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 62,No. Suppl.A,p. 277-277,2014年05月
  • 無核細胞検出系を用いた生薬由来DNAジァイレース阻害化合物の探索,山岸 純一,川井 眞好,西野 邦彦,山田 作夫,賀来 満夫,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 62,No. Suppl.A,p. 322-322,2014年05月
  • Acinetobacter baumanniiのレボフロキサシン高度耐性獲得機構,住本 千明,西野 邦彦,山田 作夫,賀来 満夫,山岸 純一,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 62,No. Suppl.A,p. 399-399,2014年05月
  • 顕微鏡判定を用いた感受性測定法の迅速化,松本 佳巳,西野 邦彦,榊原 昇一,飯野 亮太,野地 博行,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 62,No. 2,p. 274-274,2014年03月
  • 微生物感染症に対抗する薬学的アプローチ 薬剤耐性克服への最前線 細菌による異物認識と排出制御,西野 邦彦,Yan Aixin,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 134年会,No. 1,p. 250-250,2014年03月
  • 無核細胞検出系を用いた生薬由来DNAジャイレース阻害剤の探索,徳永 亮,川井 眞好,西野 邦彦,賀来 満夫,山岸 純一,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 134年会,No. 3,p. 187-187,2014年03月
  • アシネトバクターのキノロン薬耐性メカニズム,照沼 修,西野 邦彦,賀来 満夫,山岸 純一,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 134年会,No. 3,p. 187-187,2014年03月
  • 抗菌薬耐性メカニズムのUp to date 多剤排出トランスポーターの阻害剤結合様式と阻害メカニズムの解明(Up to date on antibiotic resistance Structural basis for the inhibition of multidrug efflux transporters),山崎 聖司,中島 良介,櫻井 啓介,林 克彦,長田 親広,星野 一樹,小野寺 宜郷,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 69,No. 1,p. 116-116,2014年02月
  • 細菌の環境シグナル受容体と遺伝子調節ネットワーク サルモネラ薬剤排出制御因子RamRによる異物認識機構(Bacterial signal receptors and networks for gene regulation Xenobiotic sensing by the drug efflux regulator RamR in Salmonella enterica),西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 69,No. 1,p. 125-125,2014年02月
  • 多剤排出トランスポーターの阻害剤結合様式と阻害メカニズムの解明(Structural basis for the inhibition of multidrug efflux transporters),山崎 聖司,中島 良介,櫻井 啓介,林 克彦,長田 親広,星野 一樹,小野寺 宜郷,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 69,No. 1,p. 133-133,2014年02月
  • 無核細胞検出系を用いた生薬由来DNAジャイレース阻害剤のスクリーニング,山岸 純一,川井 眞好,西野 邦彦,賀来 満夫,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 69,No. 1,p. 135-135,2014年02月
  • Acinetobacter baumanniiのキノロン耐性機構の解明,酒寄 夏希,西野 邦彦,賀来 満夫,山岸 純一,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 69,No. 1,p. 195-195,2014年02月
  • 新しい工夫を施して顕微鏡により抗生物質感受性を決定する新規の迅速な方法(The new rapid method to determine antibiotic susceptibility via microscopy with a novel tip),松本 佳巳,山口 明人,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 69,No. 1,p. 202-202,2014年02月
  • サルモネラ薬剤排出制御因子RamRによる異物認識機構(Xenobiotic sensing by the drug efflux regulator RamR in Salmonella enterica),西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 69,No. 1,p. 219-219,2014年02月
  • Small RNAによる抗菌薬排出蛋白質発現制御機構の解明,西野 邦彦,上原記念生命科学財団研究報告集,(公財)上原記念生命科学財団,Vol. 27,p. 1-5,2013年12月
  • RND型多剤排出トランスポーターAcrB、MexBと阻害剤の複合体結晶構造,林 克彦,中島 良介,櫻井 啓介,山崎 聖司,西野 邦彦,山口 明人,日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 86回,p. 1LBA-026,2013年09月
  • トランスポーターと疾患の最前線 サルモネラ多剤排出トランスポーターAcrAB制御因子RamRと基質の相互作用,西野 邦彦,日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 86回,p. 3S03p-1,2013年09月
  • 薬剤排出ポンプの生理機能解明,西野 邦彦,薬学研究の進歩,(公財)薬学研究奨励財団,No. 29,p. 27-31,2013年03月
  • RND型多剤排出ポンプ阻害剤開発の基本概念,林 克彦,中島 良介,櫻井 啓介,山崎 聖司,長田 親弘,小野寺 宜郷,西野 邦彦,山口 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 133年会,No. 3,p. 60-60,2013年03月
  • 細菌多剤耐性化に関与する転写制御因子RamRと多剤との共結晶構造解析,山崎 優,二階堂 英司,中島 良介,櫻井 啓介,西野 邦彦,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 133年会,No. 3,p. 76-76,2013年03月
  • 薬剤排出トランスポーターが細菌膜上で極局在する培養条件の検討,松本 なるみ,二又 美智子,西野 邦彦,山口 明人,北村 昭夫,平田 隆弘,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 133年会,No. 3,p. 134-134,2013年03月
  • 大腸菌マクロライド排出たん白質MacBの増殖時間に依存した膜上極局在(Growth time-dependent polar localization of a drug efflux transporter, MacB, in Escherichia coli),北村 昭夫,西野 邦彦,山口 明人,平田 隆弘,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 68,No. 1,p. 149-149,2013年02月
  • サルモネラ多剤排出ポンプAcrABの発現制御機構(Regulation of the AcrAB multidrug efflux pump in Salmonella enterica serovar Typhimurium),西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 68,No. 1,p. 194-194,2013年02月
  • マイクロデバイスを用いた簡易迅速感受性測定法,松本 佳巳,山口 明人,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 68,No. 1,p. 214-214,2013年02月
  • 【細菌の病原遺伝子の発現調節機構】薬剤排出トランスポーターの機能と制御,西野 邦彦,化学療法の領域,(株)医薬ジャーナル社,Vol. 29,No. 1,p. 81-89,2012年12月
  • 外膜透過性亢進薬としてのPhe-Arg-β-naphtylamide(PAN),松本 佳巳,西野 邦彦,山口 明人,緑膿菌感染症研究会講演記録,緑膿菌感染症研究会,Vol. 46回,p. 114-117,2012年12月
  • サルモネラの薬剤排出ポンプAcrABの転写調節因子RamRのX線結晶構造解析及び機能解析,山崎 優,二階堂 英司,中島 良介,櫻井 啓介,山口 明人,西野 邦彦,日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 85回,p. 3T08-06,2012年12月
  • マイクロデバイスを用いた簡易迅速多剤耐性緑膿菌(MDRP)検出法,葉山 浩平,松本 佳巳,西野 邦彦,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 60,No. 2,p. 265-265,2012年03月
  • つぶやいて(twitterで)広がる感染症研究 新たな共結晶構造から明らかになった多剤排出タンパクAcrBの多剤認識機構(Structures of the multidrug exporter AcrB reveal a proximal multisite drug-binding pocket),山崎 聖司,中島 良介,櫻井 啓介,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 67,No. 1,p. 63-63,2012年02月
  • Phe-Arg-β-Naphthylamide(PAN)の緑膿菌に対する外膜透過性亢進作用(Outer Membrane Permeabilizing Effects of Phe-Arg-beta-Naphthylamide on Pseudomonas aeruginosa),松本 佳巳,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 67,No. 1,p. 91-91,2012年02月
  • 新たな共結晶構造から明らかになった多剤排出タンパクAcrBの多剤認識機構(Structures of the multidrug exporter AcrB reveal a proximal multisite drug-binding pocket),山崎 聖司,中島 良介,櫻井 啓介,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 67,No. 1,p. 135-135,2012年02月
  • 環境シグナルによるAcrAB異物排出トランスポーターの制御機構(Regulation of the AcrAB xenobiotic transport system in response to environmental signals),西野 邦彦,二階堂 英司,城阪 郁江,山崎 聖司,櫻井 啓介,中島 良介,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 67,No. 1,p. 137-137,2012年02月
  • サルモネラの多剤排出ポンプ局在のImmuno-Electron Tomographyによる解明(Immuno-Electron Tomography for Elucidation of Localization of the Mutidrug Efflux Pump in Salmonella),西野 美都子[林],山口 明人,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 67,No. 1,p. 163-163,2012年02月
  • マイクロデバイスを用いた迅速多剤耐性緑膿菌(MDRP)検出法,葉山 浩平,松本 佳巳,西野 邦彦,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 60,No. 1,p. 101-101,2012年01月
  • 細菌の薬剤排出タンパクと生存戦略,西野 邦彦,感染・炎症・免疫,鳥居薬品(株),Vol. 41,No. 4,p. 335-338,2012年01月
  • 多剤排出ポンプによる細菌機能制御,西野 邦彦,薬学雑誌,(公社)日本薬学会,Vol. 132,No. 1,p. 45-50,2012年01月
  • Physiological Role of Bacterial Multidrug Efflux Pumps,Kunihiko Nishino,YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 132,No. 1,p. 45-50,2012年01月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 排出ポンプ阻害剤Phe-Arg-β-naphthylamide(PAN)の作用メカニズム,松本 佳巳,葉山 浩平,飯野 亮太,西野 邦彦,野地 博行,山口 明人,緑膿菌感染症研究会講演記録,緑膿菌感染症研究会,Vol. 45回,p. 49-52,2011年12月
  • Laboratory Practice 微生物 抗菌薬排出トランスポーター,西野 邦彦,検査と技術,(株)医学書院,Vol. 39,No. 9,p. 677-684,2011年09月
  • Small RNAによる細菌多剤耐性化メカニズムの解明,山崎 聖司,西野 美都子[林],山口 明人,西野 邦彦,日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 84回,p. 4T16a-9,2011年09月
  • 排出ポンプ阻害薬と外膜透過性亢進薬の有用性,松本 佳巳,西野 邦彦,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 59,No. Suppl.A,p. 139-139,2011年06月
  • 私達の研究 薬剤排出ポンプによる細菌多剤耐性化・病原性発現制御,西野 邦彦,化学療法の領域,(株)医薬ジャーナル社,Vol. 27,No. 6,p. 1495-1503,2011年05月
  • SPI-1 III型分泌装置はサルモネラオートファジーに重要である(SPI-1 type three secretion system is important for Salmonella xenophagy),田中 敦史,蔭山 俊,西野 邦彦,野田 健司,吉森 保,日本細胞生物学会大会講演要旨集,(一社)日本細胞生物学会,Vol. 63回,p. 134-134,2011年05月
  • サルモネラ薬剤排出ポンプAcrDの機能におけるAcrAの役割,山崎 聖司,長澤 沙弥,西野 美都子,山口 明人,西野 邦彦,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 131年会,No. 3,p. 75-75,2011年03月
  • 新しい抗感染症剤研究の最前線 発見、ケミカルバイオロジーそして創薬へ 多剤排出ポンプによる細菌機能制御,西野 邦彦,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 131年会,No. 1,p. 133-133,2011年03月
  • 大腸菌を用いた緑膿菌のRND型排出ポンプMexABおよびMexXYの活性測定,松本 佳巳,葉山 浩平,西野 邦彦,飯野 亮太,野地 博行,山口 明人,緑膿菌感染症研究会講演記録,緑膿菌感染症研究会,Vol. 44回,p. 104-109,2010年12月
  • Streptococcus pneumoniaeは赤血球に侵入し好中球免疫を回避する,山口 雅也,寺尾 豊,八木 哲也,西野 邦彦,山口 明人,川端 重忠,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 83回・33回,p. 1T11-2,2010年12月
  • サルモネラ異物排出トランスポーターAcrABの発現制御に関与するRamRの解析,二階堂 英司,櫻井 啓介,中島 良介,城阪 郁江,山口 明人,西野 邦彦,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 83回・33回,p. 3P-0287,2010年12月
  • RNAシャペロンは大腸菌の多剤輸送体AcrBを制御する(RNA chaperone regulates the multidrug transporter AcrB in Escherichia coli),山崎 聖司,山田 純子,平川 秀忠,西野 美都子,山口 明人,西野 邦彦,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 83回・33回,p. 3P-0289,2010年12月
  • エピジェネティクスと細菌の多剤耐性化制御,西野 邦彦,表面,広信社,Vol. 48,No. 11,p. 365-374,2010年11月
  • サルモネラ多剤排出トランスポーターの生理機能解明,西野 邦彦,松本 佳巳,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 58,No. 3,p. 318-318,2010年05月
  • 薬剤排出ポンプの多彩な機能,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 58,No. Suppl.A,p. 188-188,2010年04月
  • 大腸菌薬剤排出ポンプ制御におけるNlpEの役割,山崎 聖司,西野 美都子,山口 明人,西野 邦彦,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 130年会,No. 3,p. 80-80,2010年03月
  • 大腸菌マクロライド排出蛋白質の膜局在,平田 隆弘,北村 昭夫,西野 邦彦,山田 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 130年会,No. 3,p. 193-193,2010年03月
  • 大腸菌に発現させたMexB/MexYに対するPyridopyrimidineおよびPhe-Arg-β-naphthylamideの阻害効果(Pyridopyrimidine(PP) and Phe-Arg-beta-naphthylamide(PAN) on MexB & MexY in Escherichia coli),松本 佳巳,葉山 浩平,飯野 亮太,西野 邦彦,野地 博行,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 65,No. 1,p. 174-174,2010年02月
  • Green Microbiology: Development of novel therapeutic strategies to tackle multidrug-resistant pathogens.,2010年
  • Regulation of multidrug efflux pumps in Escherichia coli,2010年
  • Green Microbiology: Development of novel therapeutic strategies to tackle multidrug-resistant pathogens.,2010年
  • Regulation of multidrug efflux pumps in Escherichia coli,2010年
  • Physiological functions of multidrug efflux pumps in Salmonella,2010年
  • Regulation of multidrug efflux pumps in Escherichia coli,2010年
  • 緑膿菌におけるmexB、mexYおよびoprDの発現量と薬剤感受性,松本 佳巳,葉山 浩平,西野 邦彦,飯野 亮太,野地 博行,山口 明人,緑膿菌感染症研究会講演記録,緑膿菌感染症研究会,Vol. 43回,p. 70-73,2009年12月
  • 外部シグナルによるRamAを介したサルモネラ遺伝子発現制御機構の解析,二階堂 英司,城阪 郁江,中島 良介,山口 明人,西野 邦彦,日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 82回,p. 4T5p-14,2009年09月
  • サルモネラ菌の多剤耐性に関する生体異物トランスポーターの誘導に対してリポ蛋白過剰産生が与える影響(Effects of lipoprotein overproduction on the induction of xenobiotic transporters involved in multidrug resistance in Salmonella enterica),城阪 郁江,二階堂 英司,山口 明人,西野 邦彦,日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 82回,p. 2P-501,2009年09月
  • 異物排出トランスポーターによる宿主免疫回避機構の解明,上田 珠美,西野 美都子,山口 明人,西野 邦彦,日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 82回,p. 2P-502,2009年09月
  • 細菌の薬物抵抗性と毒性に関する生体異物トランスポーターの役割(Roles of xenobiotic transporters in bacterial drug resistance and virulence),西野 邦彦,山口 明人,日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 82回,p. 2P-500,2009年09月
  • サルモネラ多剤耐性化に関与する多剤排出トランスポーターAcrAB誘導機構の解析,二階堂 英司,城阪 郁江,山口 明人,西野 邦彦,臨床薬理の進歩,(公財)臨床薬理研究振興財団,No. 30,p. 77-84,2009年07月
  • 薬剤輸送と病原性発現に関与する膜蛋白質機能の解明,西野 邦彦,表面,広信社,Vol. 47,No. 7,p. 235-245,2009年07月
  • 化学療法学の学際的融合 新しい抗菌薬標的の探索 新たな創薬ターゲットとしての薬剤排出ポンプ,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 57,No. Suppl.A,p. 81-81,2009年04月
  • 排出ポンプ阻害活性と膜障害作用の分離評価,松本 佳巳,西野 邦彦,飯野 亮太,野地 博行,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 57,No. Suppl.A,p. 225-225,2009年04月
  • 多剤耐性細菌感染症の新規化学療法開発,西野 邦彦,山口 明人,大和証券ヘルス財団研究業績集,(公財)大和証券ヘルス財団,No. 32,p. 136-141,2009年03月
  • 薬剤耐性菌アップデイト 宿主免疫回避におけるサルモネラ薬剤排出ポンプの生理的役割,西野 邦彦,坂田 博樹,二階堂 英司,城阪 郁江,西野 美都子,松本 佳巳,松本 靖彦,垣内 力,関水 和久,山口 明人,上田 珠美,田中 真奈美,中濃 知志,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 64,No. 1,p. 91-91,2009年02月
  • サルモネラ異物排出トランスポーターAcrAB発現制御機構の解析,二階堂 英司,城阪 郁江,山口 明人,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 64,No. 1,p. 110-110,2009年02月
  • インドールによるサルモネラ異物排出トランスポーターAcrAB発現制御機構の解析,城阪 郁江,二階堂 英司,山口 明人,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 64,No. 1,p. 111-111,2009年02月
  • 細胞侵入と細胞内増殖におけるサルモネラ異物排出トランスポーターの役割,坂田 博樹,西野 邦彦,西野 美都子,寺尾 豊,川端 重忠,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 64,No. 1,p. 111-111,2009年02月
  • AcrAB-TolC排出エネルギーに依存性のフルオレセイン-di-β-D-ガラクトピラノシドの透過(AcrAB-TolC exported energy-dependently permeated Fluorescein-di-β-D-galactopyranoside),松本 佳巳,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 64,No. 1,p. 130-130,2009年02月
  • Unexpected role of multidrug efflux pumps in Salmonella virulence,2009年
  • Function and regulation of multidrug efflux pumps in E. coli and Salmonella,2009年
  • Membrane-damaging activity of Phe-Arg-b-Naphthylamide in Escherichia col,2009年
  • Membrane-damaging activity of Phe-Arg-b-Naphthylamide in Escherichia col,2009年
  • Physiological functions of multi-drug efflux systems in S. enterica,2009年
  • Regulation of the AcrAB multidrug efflux pump in Salmonella enterica serovar Typhimurium,Recent Advances in Clinical Pharmacology,Vol. in press,2009年
  • Unexpected role of multidrug efflux pumps in Salmonella virulence,2009年
  • Function and regulation of multidrug efflux pumps in E. coli and Salmonella,2009年
  • Membrane-damaging activity of Phe-Arg-b-Naphthylamide in Escherichia col,2009年
  • Roles of xenobiotic transporters in bacterial drug resistance and virulence,2009年
  • Roles of xenobiotic transporters in bacterial drug resistance and virulence,2009年
  • Membrane-damaging activity of Phe-Arg-b-Naphthylamide in Escherichia col,2009年
  • Roles of drug efflux pumps in bacterial multidrug resistance and virulence,2009年
  • Physiological functions of multi-drug efflux systems in S. enterica,2009年
  • Regulation of the AcrAB multidrug efflux pump in Salmonella enterica serovar Typhimurium,Recent Advances in Clinical Pharmacology,Vol. in press,2009年
  • 多剤耐性緑膿菌(MDRP)におけるmexB、mexYおよびoprDの発現量,松本 佳巳,西野 邦彦,飯野 亮太,野地 博行,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 56,No. Suppl.B,p. 150-150,2008年11月
  • サルモネラの薬剤感受性に対する多剤排出ポンプインヒビターPhe-Arg β-naphthylamide(PAN)の影響,小川 美保,市村 禎宏,霜島 正浩,西野 邦彦,松本 佳巳,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 56,No. Suppl.B,p. 157-157,2008年11月
  • トランスポーターが拓く新しい生物システム(細胞応答分野) 多剤輸送体の制御ネットワークによるサルモネラビルレンスの生理学的役割の解明(Regulatory network of multidrug transporters reveals their physiological role in Salmonella virulence),西野 邦彦,山口 明人,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 81回・31回,p. 3S21-2,2008年11月
  • 膜傷害保護における異物排出トランスポーターの役割,坂田 博樹,西野 邦彦,上田 珠美,山口 明人,日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,(公社)日本生化学会,Vol. 81回・31回,p. 4T20-7,2008年11月
  • 耐性機構研究のUpdate 疫学・症例から耐性メカニズムまで 排出機構 多剤耐性化と病原因子のキー・プレイヤー,西野 邦彦,感染症学雑誌,(一社)日本感染症学会,Vol. 82,No. 5,p. 494-494,2008年09月
  • Role of xenobiotic transporters in bacterial drug resistance and virulence,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,IUBMB LIFE,JOHN WILEY & SONS INC,Vol. 60,No. 9,p. 569-574,2008年09月,書評論文,書評,文献紹介等
  • グラム陰性菌における薬剤排出システムの役割,西野 邦彦,山口 明人,日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy,Vol. 56,No. 4,p. 443-452,2008年07月10日
  • グラム陰性菌における薬剤排出システムの役割,西野 邦彦,山口 明人,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 56,No. 4,p. 443-452,2008年07月
  • サルモネラ菌多剤排出トランスポーターの生理機能解明,西野 邦彦,松本 佳巳,山口 明人,二階堂 英司,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 56,No. 3,p. 387-387,2008年05月
  • フェムトリッターチャンバーを用いた薬剤排出ポンプの活性測定,松本 佳巳,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 56,No. 3,p. 387-387,2008年05月
  • フェムトリッター(fL)-チャンバーを用いた薬剤排出活性測定法を用いたインヒビターの評価,松本 佳巳,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 56,No. Suppl.A,p. 124-124,2008年05月
  • 細菌多剤耐性化と病原性発現における薬剤排出ポンプの役割に関する研究 : 多剤耐性化と病原性を軽減させる新薬ターゲットの解析,西野 邦彦,The Japanese journal of antibiotics,日本抗生物質学術協議会,Vol. 61,No. 2,p. 105-113,2008年04月25日
  • 大腸菌とサルモネラにおける薬剤排出ポンプ役割解明に関する研究,西野 邦彦,腸内細菌学雑誌,(公財)腸内細菌学会,Vol. 22,No. 2,p. 63-64,2008年04月
  • 細菌多剤耐性化と病原性発現における薬剤排出ポンプの役割に関する研究 多剤耐性化と病原性を軽減させる新薬ターゲットの解析,西野 邦彦,The Japanese Journal of Antibiotics,(公財)日本感染症医薬品協会,Vol. 61,No. 2,p. 105-113,2008年04月
  • 耐性機構研究のUpdate 疫学・症例から耐性メカニズムまで 排出機構 多剤耐性化と病原因子のキー・プレイヤー,西野 邦彦,感染症学雑誌,(一社)日本感染症学会,Vol. 82,No. 臨増,p. 111-112,2008年03月
  • 金属耐性におけるサルモネラ菌多剤排出トランスポーターの役割,西野 邦彦,二階堂 英司,山口 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 128年会,No. 3,p. 16-16,2008年03月
  • サルモネラ菌異物排出トランスポーターAcrAB制御因子の同定,二階堂 英司,西野 邦彦,山口 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 128年会,No. 3,p. 17-17,2008年03月
  • サルモネラ菌異物排出トランスポーターEmrABの機能解析,坂田 博樹,西野 邦彦,山口 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 128年会,No. 3,p. 17-17,2008年03月
  • 大腸菌薬剤排出たん白質の細胞内局在,平田 隆弘,北村 昭夫,西野 邦彦,山口 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 128年会,No. 3,p. 76-76,2008年03月
  • 病原微生物の宿主内生存戦略におけるトランスポータの役割 サルモネラ菌薬剤排出ポンプの生理機能 多剤耐性および病原性発現における役割について,西野 邦彦,山口 明,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 63,No. 1,p. 62-62,2008年02月
  • 細菌排出システムの生理的機能 サルモネラ菌異物排出トランスポーターAcrAB生理的役割と発現誘導機構の解析,二階堂 英司,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 63,No. 1,p. 71-71,2008年02月
  • 異物排出蛋白質発現抑制因子AcrSの機能解明とAcrAB,AcrEFの発現制御,平川 秀忠,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,小林 あすか,Theisen Ulrike,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 63,No. 1,p. 104-104,2008年02月
  • サルモネラ菌異物排出トランスポーターEmrABの機能解析,坂田 博樹,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 63,No. 1,p. 151-151,2008年02月
  • 【難治性感染症の現状と対策 菌側・宿主側要因からの考察】難治化の菌側要因 病原性発現と薬剤耐性化における排出ポンプの役割,西野 邦彦,化学療法の領域,(株)医薬ジャーナル社,Vol. 24,No. 3,p. 354-362,2008年02月
  • Role of multidrug efflux pumps in protection of cell membrane,Hiroki Sakata,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 128,p. 123-124,2008年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Electron tomographic reconstruction of clathrin coated endocytic intermediates in nerve terminals that lack dynamin 1,Mitsuko Nishino-Hayashi,Eileen O'Toole,Shawn Ferguson,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Pietro De Camilli,YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 128,p. 143-144,2008年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Regulatory network of multidrug efflux pumps reveals their physiological role in Salmonella virulence,2008年
  • Regulatory Network of Multidrug Transporters Reveals their Physiological Role in Salmonella Virulence,2008年
  • Virulence and Drug Resistance Roles of Multidrug Efflux Pumps in Escherichia coli and Salmonella,Bioscience and Microflora,Vol. 27 3 75-85,2008年
  • Physiological functions of bacterial multidrug efflux pumps,2008年
  • Physiological functions of bacterial multidrug efflux pumps,2008年
  • Regulatory network of AcrAB multidrug efflux pump in Salmonella and its role in response to metabolites,2008年
  • Roles of multidrug efflux pumps in antimicrobial peptide resistance of Salmonella enterica,2008年
  • Regulatory network of AcrAB multidrug efflux pump in Salmonella and its role in response to metabolites,2008年
  • Roles of multidrug efflux pumps in antimicrobial peptide resistance of Salmonella enterica,2008年
  • Phenotypic analysis of multidrug efflux pumps - not just for multidrug resistance,2008年
  • Physiological functions of drug efflux systems in Gram-negative bacteria: Their roles in bacterial drug resistance and virulence,Jpn. J. Chemother.,Vol. 56, 443-452,2008年
  • Virulence and drug resistance roles of multidrug efflux pumps in Escherichia coli and Salmonella,Bioscience and Microflora,Vol. 27, 75-85,2008年
  • Regulatory network of multidrug efflux pumps reveals their physiological role in Salmonella virulence,2008年
  • Regulatory Network of Multidrug Transporters Reveals their Physiological Role in Salmonella Virulence,2008年
  • Physiological functions of drug efflux systems in Gram-negative bacteria: Their roles in bacterial drug resistance and virulence,Jpn. J. Chemother.,Vol. 56 4 443-452,2008年
  • Virulence and Drug Resistance Roles of Multidrug Efflux Pumps in Escherichia coli and Salmonella,Bioscience and Microflora,Vol. 27 3 75-85,2008年
  • Physiological functions of bacterial multidrug efflux pumps,2008年
  • Physiological functions of bacterial multidrug efflux pumps,2008年
  • Regulatory network of AcrAB multidrug efflux pump in Salmonella and its role in response to metabolites,2008年
  • Roles of multidrug efflux pumps in antimicrobial peptide resistance of Salmonella enterica,2008年
  • Phenotypic analysis of multidrug efflux pumps - not just for multidrug resistance,2008年
  • Regulatory network of AcrAB multidrug efflux pump in Salmonella and its role in response to metabolites,2008年
  • Roles of multidrug efflux pumps in antimicrobial peptide resistance of Salmonella enterica,2008年
  • Roles of efflux pumps in bacterial virulence and multidrug resistance,Antibiotics & Chemotherapy,Vol. 24, 354-362,2008年
  • Physiological functions of drug efflux systems in Gram-negative bacteria: Their roles in bacterial drug resistance and virulence,Jpn. J. Chemother.,Vol. 56, 443-452,2008年
  • Virulence and drug resistance roles of multidrug efflux pumps in Escherichia coli and Salmonella,Bioscience and Microflora,Vol. 27, 75-85,2008年
  • フェムトリッターチャンバーを用いたトランスポーター蛋白質輸送活性の1細胞計測(Single Cell Measurement of Efflux Activity of Multidrug Transporters Enclosed in Femtoliter Chamber Array),仲田 昌義,飯野 亮太,西野 邦彦,二階堂 英司,松本 佳巳,榊原 昇一,竹内 昌治,山口 明人,野地 博行,生物物理,(一社)日本生物物理学会,Vol. 47,No. Suppl.1,p. S110-S110,2007年11月
  • マイクロチャンバーを利用した1細胞計測による異物排出トランスポーター遺伝子の網羅的スクリーニング,飯野 亮太,西野 邦彦,仲田 昌義,二階堂 英司,榊原 昇一,竹内 昌治,山口 明人,野地 博行,電気学会研究会資料. BMS, バイオ・マイクロシステム研究会 = The papers of Technical Meeting on Bio Micro Systems, IEE Japan,Vol. 2007,No. 7,p. 55-58,2007年07月02日
  • 細菌オーファン輸送体の生理機能解明,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 55,No. Suppl.A,p. 157-157,2007年04月
  • フェムトリッター(fL)チャンバーを用いた薬剤排出ポンプ阻害薬の評価法,松本 佳巳,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 55,No. Suppl.A,p. 151-151,2007年04月
  • Roles of xenobiotic transporters in bacterial drug resistance and virulence,Kunihiko Nishino,Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine,Vol. 65 Suppl 2 Pt. 1,p. 407-414,2007年02月28日,書評論文,書評,文献紹介等
  • オーファン輸送体による細菌多剤耐性および病原性制御機構の解明,西野 邦彦,二階堂 英司,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 62,No. 1,p. 52-52,2007年02月25日
  • 異種細菌間センシングによるサルモネラ菌異物排出トランスポーター発現制御の解析,二階堂 英司,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 62,No. 1,p. 56-56,2007年02月25日
  • オーファン輸送体による細菌多剤耐性および病原性制御機構の解明,西野 邦彦,二階堂 英司,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 62,No. 1,p. 147-147,2007年02月25日
  • 異種細菌間センシングによるサルモネラ菌異物排出トランスポーター発現制御の解析,二階堂 英司,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 62,No. 1,p. 148-148,2007年02月25日
  • PTS system による大腸菌異物排出蛋白質MdtEF発現誘導機構,千田 靖子,平田 隆弘,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 62,No. 1,p. 151-151,2007年02月25日
  • 薬剤耐性化と対策 薬剤耐性化 薬剤耐性と病原性発現における異物排出トランスポーターの役割 (新感染症学(上)新時代の基礎・臨床研究) -- (抗菌薬),西野 邦彦,日本臨床,日本臨床社,Vol. 65,No. 0,p. 407-414,2007年02月
  • 1P348 フェムトリッターチャンバーを用いたトランスポーター蛋白質輸送活性の1細胞計測(計測,ポスター発表,第45回日本生物物理学会年会),仲田 昌義,飯野 亮太,西野 邦彦,二階堂 英司,松本 佳巳,榊原 昇一,竹内 昌治,山口 明人,野地 博行,生物物理,一般社団法人 日本生物物理学会,Vol. 47,No. 0,2007年
  • Metabolites of Escherichia coli Induce the Expression of Multidrug Efflux Pumps in Salmonella enterica,2007年
  • Single Cell Measurement of Bacterial Drug Efflux in Femtoliter Chamber Array,2007年
  • Metabolites of Escherichia coli Induce the Expression of Multidrug Efflux Pumps in Salmonella enterica,2007年
  • Visualization of Escherichia coli AcrAB-TolC efflux pump activity using ultra small chambers,2007年
  • Visualization of Escherichia coli AcrAB-TolC efflux pump activity using ultra small chambers,2007年
  • Regulatory network of multidrug transporters reveals their physiological role in Salmonella virulence,2007年
  • Regulatory network of multidrug transporters reveals their physiological role in Salmonella virulence,2007年
  • Regulation mechanisms of the acrAB multidrug efflux pump in Salmonella enterica in response to bacterial metabolites,2007年
  • Regulation mechanisms of the acrAB multidrug efflux pump in Salmonella enterica in response to bacterial metabolites,2007年
  • Regulatory network of multidrug transporters reveals their physiological role in Salmonella virulence,2007年
  • Regulatory network of multidrug transporters reveals their physiological role in Salmonella virulence,2007年
  • Roles of indole signaling and intercellular signal transduction on type III secretion system-dependent pathogenicity in EHEC,2007年
  • Rapid detection of drug efflux from single bacterial cell enclosed in femtoliter chamber array,2007年
  • Rapid detection of drug efflux from single bacterial cell enclosed in femtoliter chamber array,Micro Total Analysis Systems,Vol. 1, 757-759,2007年
  • Regulation mechanism of Salmonella AcrAB-ToIC xenobitotic transport system in response to bacterial metabolites,Eiji Nikaido,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 127,p. 27-28,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 薬剤耐性と病原性発現における異物排出トランスポーターの役割,日本臨牀 新感染症学 上巻 -新時代の基礎・臨床研究-,Vol. 65 (2), 407-414,2007年
  • Metabolites of Escherichia coli Induce the Expression of Multidrug Efflux Pumps in Salmonella enterica,2007年
  • Single Cell Measurement of Bacterial Drug Efflux in Femtoliter Chamber Array,2007年
  • Metabolites of Escherichia coli Induce the Expression of Multidrug Efflux Pumps in Salmonella enterica,2007年
  • Single Cell Measurement of Bacterial Drug Efflux in Femtoliter Chamber Array,2007年
  • Regulatory network of multidrug transporters reveals their physiological role in Salmonella virulence,2007年
  • Regulatory network of multidrug transporters reveals their physiological role in Salmonella virulence,2007年
  • Regulatory network of multidrug transporters reveals their physiological role in Salmonella virulence,2007年
  • Visualization of Escherichia coli AcrAB-TolC efflux pump activity using ultra small chambers,2007年
  • Regulation mechanisms of the acrAB multidrug efflux pump in Salmonella enterica in response to bacterial metabolites,2007年
  • Visualization of Escherichia coli AcrAB-TolC efflux pump activity using ultra small chambers,2007年
  • Regulation mechanisms of the acrAB multidrug efflux pump in Salmonella enterica in response to bacterial metabolites,2007年
  • Regulatory network of multidrug transporters reveals their physiological role in Salmonella virulence,2007年
  • Roles of indole signaling and intercellular signal transduction on type III secretion system-dependent pathogenicity in EHEC,2007年
  • Rapid detection of drug efflux from single bacterial cell enclosed in femtoliter chamber array,Ryota Iino,Kunihiko Nishino,Masayoshi Nakata,Eiji Nikaido,Yoshimi Matsumoto,Shouichi Sakakihara,Shoji Takeuchi,Akihito Yamaguchi,Hiroyuki Noji,Proceedings of the 11th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, uTAS 2007,p. 757-759,2007年
  • Rapid detection of drug efflux from single bacterial cell enclosed in femtoliter chamber array,Micro Total Analysis Systems,Vol. 1, 757-759,2007年
  • Regulation mechanism of Salmonella AcrAB-ToIC xenobitotic transport system in response to bacterial metabolites,Eiji Nikaido,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN,PHARMACEUTICAL SOC JAPAN,Vol. 127,p. 27-28,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Physiological roles of bacterial orphan transporters,Jpn. J. Chemother.,Vol. 55(A), 157,2007年
  • Biological evaluation of multidrug efflux inhibitors by femtoliter chamber,Jpn. J. Chemother.,Vol. 55(A), 151,2007年
  • フェムトリットルチャンバーを用いたトランスポーター蛋白質輸送活性の1細胞測定,仲田 昌義,飯野 亮太,西野 邦彦,榊原 昇一,山口 明人,野地 博行,電気学会研究会資料. BMS, バイオ・マイクロシステム研究会 = The papers of Technical Meeting on Bio Micro Systems, IEE Japan,Vol. 2006,No. 15,p. 11-14,2006年10月31日
  • 抗菌薬耐性および病原性発現における多剤排出トランスポーターの役割,西野 邦彦,日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy,(公社)日本化学療法学会,Vol. 54,No. Suppl.A,p. 53-53,2006年04月20日
  • 大腸菌ポリアミン排出蛋白質の同定,石榑 裕之,東 恭平,植村 武史,柏木 敬子,西野 邦彦,山口 明人,五十嵐 一衛,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 126年会,No. 3,p. 19-19,2006年03月
  • LPS修飾調節による細菌のFe(III)およびAl(III)耐性機構,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 61,No. 1,p. 101-101,2006年02月
  • Bacterial Multidrug Exporters: Insights into Acquisition of Multidrug Resistance,Science,Vol. Vol. 307. no. 5711, p. 864,2005年
  • Bacterial Multidrug Exporters: Insights into Acquisition of Multidrug Resistance,Science,Vol. Vol. 307. no. 5711, p. 864,2005年
  • 二成分情報伝達系EvgASシステムによる遺伝子転写調節機構の解析,稲角 嘉彦,西野 邦彦,平川 秀忠,平田 隆弘,山口 明人,生化学,(公社)日本生化学会,Vol. 76,No. 3,p. 293-293,2004年03月
  • 異物排出トランスポーターによるβ-ラクタム耐性と発現制御機構 (第25回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム--ダイナミックインターフェイスとしての生体膜 講演要旨集),山田 純子,西野 邦彦,平川 秀忠,薬学雑誌,日本薬学会,Vol. 123,No. 0,p. 117-120,2003年11月13日
  • 薬剤排出蛋白質遺伝子資源の解析に関する研究,西野 邦彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 58,No. 4,p. 581-594,2003年11月
  • Whole genome approach of drug exporter genes and their regulatory networks,Kunihiko Nishino,Nippon saikingaku zasshi. Japanese journal of bacteriology,Vol. 58,No. 4,p. 581-594,2003年11月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 大腸菌異物排出蛋白質による薬剤耐性制御ネットワークの解析,平川 秀忠,稲角 嘉彦,山田 純子,西野 邦彦,正木 猛,平田 隆弘,山口 明人,薬剤耐性菌シンポジウム講演記録,薬剤耐性菌研究会,Vol. 32回,p. 48-49,2003年08月
  • 大腸菌二成分情報伝達系による薬剤耐性化機構の解析,平川 秀忠,西野 邦彦,山田 純子,平田 隆弘,山口 明人,稲角 嘉彦,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 58,No. 1,p. 197-197,2003年02月
  • 大腸菌ヒストン様蛋白質H-NSによる薬剤排出蛋白質発現制御機構の解析,西野 邦彦,小林 伸好,平川 秀忠,平田 隆弘,本田 武司,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 58,No. 1,p. 197-197,2003年02月
  • β-ラクタム剤を輸送する大腸菌多剤排出蛋白質を検索と解析,山田 純子,西野 邦彦,平川 秀忠,平田 隆弘,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 58,No. 1,p. 198-198,2003年02月
  • 大腸菌ABC型マクロライド排出輸送体MacBのトポロジー解析,小林 伸好,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 58,No. 1,p. 358-358,2003年02月
  • Analysis of Beta-lactam Resistance and Expression Control System of Multidrug Exporters in E. coli,Journal of the Pharmaceutical Society of Japan,Vol. 123 (4), 117-120,2003年
  • Analysis of Beta-lactam Resistance and Expression Control System of Multidrug Exporters in E. coli,Journal of the Pharmaceutical Society of Japan,Vol. 123 (4), 117-120,2003年
  • 大腸菌の二成分情報伝達系レスポンスレギュレーター完全ライブラリ構築と薬剤耐性発現解析,平川 秀忠,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,生化学,(公社)日本生化学会,Vol. 74,No. 11,p. 1399-1399,2002年11月
  • 大腸菌多剤排出タンパクAcrBの機能残基検索と解析,齋藤 麻美,田村 憲久,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,生化学,(公社)日本生化学会,Vol. 74,No. 11,p. 1399-1399,2002年11月
  • 二成分情報伝達系による薬剤耐性発現制御,西野 邦彦,平川 秀忠,山田 純子,稲角 嘉彦,小林 伸好,平田 隆弘,山口 明人,薬剤耐性菌シンポジウム講演記録,薬剤耐性菌研究会,Vol. 31回,p. 62-64,2002年08月
  • 大腸菌二成分情報伝達系を介した薬剤耐性化メカニズムの解析,平川 秀忠,西野 邦彦,山田 純子,平田 隆弘,山口 明人,生化学,(公社)日本生化学会,Vol. 74,No. 8,p. 963-963,2002年08月
  • 大腸菌多剤排出タンパク質AcrBの機能残基検索と解析,齋藤 麻美,田村 憲久,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,生化学,(公社)日本生化学会,Vol. 74,No. 8,p. 1025-1025,2002年08月
  • 大腸菌ABC型マクロライド排出体MacBの耐性化因子としての役割とそのトポロジーの決定,小林 伸好,西野 邦彦,田村 憲久,平田 隆弘,山口 明人,生化学,(公社)日本生化学会,Vol. 74,No. 8,p. 1025-1025,2002年08月
  • 細菌ゲノムに潜む薬剤耐性因子,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 57,No. 2,p. 453-464,2002年05月10日
  • Postgenomic approach for bacterial drug resistance factors based on drug exporters and two-component signal transduction systems,Kunihiko Nishino,Akihito Yamaguchi,Nippon saikingaku zasshi. Japanese journal of bacteriology,Vol. 57,No. 2,p. 453-464,2002年05月,書評論文,書評,文献紹介等
  • 薬剤耐性への新しいアプローチ 情報伝達と薬剤耐性,西野 邦彦,日本化学療法学会雑誌,(公社)日本化学療法学会,Vol. 50,No. Suppl.A,p. 73-73,2002年04月
  • 二成分情報伝達系による多剤排出蛋白遺伝子発現調節,西野 邦彦,平川 秀忠,山口 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 122年会,No. 3,p. 137-137,2002年03月
  • 大腸菌新規マクロライド特異的ABC型排出システムMacABの構造機能解析,小林 伸好,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 122年会,No. 3,p. 137-137,2002年03月
  • 大腸菌新規RND型多剤排出タンパクYegMNOの発現調節と解析,長久保 聡,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,日本薬学会年会要旨集,(公社)日本薬学会,Vol. 122年会,No. 3,p. 137-137,2002年03月
  • 情報伝達による薬剤排出蛋白発現制御機構の解析,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 57,No. 1,p. 113-113,2002年02月
  • 大腸菌推定二成分情報伝達系遺伝子発現ライブラリ構築と解析,平川 秀忠,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 57,No. 1,p. 113-113,2002年02月
  • 大腸菌多剤排出タンパクAcrBの機能残基検索と解析,齋藤 麻美,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 57,No. 1,p. 114-114,2002年02月
  • 大腸菌新規ABC型マクロライド特異的排出系YbjY/Zの解析,小林 伸好,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,生化学,(公社)日本生化学会,Vol. 73,No. 11,p. 1361-1361,2001年11月
  • 注目される耐性機構 大腸菌ゲノム配列に基づく薬剤排出蛋白遺伝子資源の解析と二成分情報伝達系による多剤排出システムの制御,西野 邦彦,長久保 聡,小林 伸好,平田 隆弘,山口 明人,薬剤耐性菌シンポジウム講演記録,薬剤耐性菌研究会,Vol. 30回,p. 18-21,2001年08月
  • 大腸菌二成分情報伝達系BaeS/Rにより制御される新規RND型多剤排出タンパク質YegMNO,長久保 聡,西野 邦彦,平田 隆弘,山口 明人,薬剤耐性菌シンポジウム講演記録,薬剤耐性菌研究会,Vol. 30回,p. 66-67,2001年08月
  • 大腸菌における新規薬剤排出型ABCトランスポーターYbjY/Zの解析,小林 伸好,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 56,No. 1,p. 288-288,2001年02月
  • 大腸菌二成分情報伝達系BaeS/Rによる多剤耐性遺伝子の発現制御機構,長久保 聡,西野 邦彦,名田 茂之,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 56,No. 1,p. 288-288,2001年02月
  • 大腸菌全薬剤排出タンパク強制発現ライブラリ構築と情報伝達を介した多剤排出システム制御の解析,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 56,No. 1,p. 289-289,2001年02月
  • 二成分情報伝達系EvgA/Sによる大腸菌多剤耐性制御機構,西野 邦彦,山口 明人,薬剤耐性菌シンポジウム講演記録,薬剤耐性菌研究会,Vol. 29回,p. 52-53,2000年08月
  • 薬剤排出タンパク質とゲノム創薬への応用,山口 明人,西野 邦彦,バイオサイエンスとインダストリー,(一財)バイオインダストリー協会,Vol. 58,No. 5,p. 313-318,2000年05月
  • 薬剤排出タンパク質とゲノム創薬への応用,山口 明人,西野 邦彦,バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry,バイオインダストリ-協会,Vol. 58,No. 5,p. 11-16,2000年05月01日
  • 大腸菌におけるHis-Asp情報伝達を介する多剤耐性化機構,西野 邦彦,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 55,No. 2,p. 406-406,2000年04月
  • 大腸菌異物排出蛋白候補遺伝子ORFのクローニングライブラリ構築と解析,西野 邦彦,染谷 雄一,山口 明人,日本細菌学雑誌,日本細菌学会,Vol. 54,No. 1,p. 271-271,1999年02月

特許・実用新案・意匠

  • オートインデューサー-2受容体のモデュレーター
  • L-システイン生産菌及びL-システインの製造法
  • L-cysteine producing microorganism and method for producing L-cysteine (アメリカ)
  • 細胞検体の異物排出活性検出方法、及びその利用
  • Modulators for the Receptor of Autoinducer-2
  • L-cysteine producing microorganism and method for producing L-cysteine (America)

受賞

  • 第17回 日本学術振興会賞,西野邦彦,日本学術振興会,2020年
  • 文部科学大臣表彰 若手科学者賞,西野邦彦,文部科学省,2008年
  • Biotechnology Award,西野邦彦,Nature誌,2006年
  • Young Scientist Award,西野邦彦,Science誌・AAAS(米国科学振興協会),2005年
  • 2020年度「物質・デバイス共同研究賞」,佐藤あやの,西野美都子,西野邦彦,物質・デバイス領域共同研究拠点/ダイナミック・アライアンス,2020年
  • 若手奨励賞,山岸亜美,中野草平,山崎聖司,西野邦彦,第31回微生物シンポジウム,2019年08月
  • 総長奨励賞(研究部門),西野邦彦,国立大学法人 大阪大学,2015年
  • 総長による表彰,西野邦彦,国立大学法人 大阪大学,2015年
  • 総長顕彰(研究部門),西野邦彦,国立大学法人 大阪大学,2014年
  • 平成25年度 特別研究員等審査会専門委員 表彰,西野邦彦,日本学術振興会,2014年
  • 総長顕彰(研究部門),西野邦彦,国立大学法人 大阪大学,2013年
  • 功績賞(研究部門),西野邦彦,国立大学法人 大阪大学,2011年
  • 最優秀理事長賞,西野邦彦,アステラス病態代謝研究会,2009年
  • 教育・研究功績賞,西野邦彦,国立大学法人 大阪大学,2009年
  • 花王研究奨励賞,西野邦彦,花王芸術・科学財団,2009年
  • 日本化学療法学会西日本支部支部長賞,西野邦彦,日本化学療法学会,2008年
  • 研究奨励賞,西野邦彦,腸内細菌学会・日本ビフィズス菌センター,2008年
  • 上田泰記念感染症・化学療法研究奨励賞,西野邦彦,日本化学療法学会,2008年
  • 日本抗生物質学術協議会奨励賞,西野邦彦,日本抗生物質学術協議会,2007年
  • 井上研究奨励賞,西野邦彦,井上科学振興財団,2006年
  • 黒屋奨学賞,西野邦彦,日本細菌学会,2003年
  • Student Grant Award,西野邦彦,米国微生物学会,2002年

委員歴

  • 学協会,薬学教育協議会,微生物教科担当教員会議委員,2018年04月 ~ 継続中
  • 日本薬学会関西支部委員,日本薬学会関西支部委員,2016年04月 ~ 継続中
  • 学協会,薬剤耐性菌研究会,運営委員,2015年 ~ 継続中
  • Frontiers in Microbiology,編集次長,2010年10月 ~ 継続中
  • 学協会,米国微生物学会,プログラム諮問委員,2010年11月 ~ 2012年06月
  • 学協会,日本細菌学会,シンポジウム企画委員,2018年04月 ~ 2020年12月
  • 日本細菌学会,評議員,2018年01月 ~ 2020年12月
  • JPIAMR(薬剤耐性に関するプログラム連携イニシアティブ),プログラム諮問委員,2019年 ~ 2019年
  • City University of Hong Kong,教員昇任審査委員,2019年 ~ 2019年
  • パスツール研究所(フランス),研究ユニット長 採用審査委員,2015年 ~ 2015年
  • 日本学術振興会,特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員,2012年08月 ~ 2014年07月
  • ベルギー・ゲント大学,Research Professor 継続 外部審査員,2013年 ~ 2013年
  • School of Biological Sciences, University of Hong Kong,External Examiner for the degree of Ph.D.,2013年 ~ 2013年
  • 学協会,第85回 日本細菌学会総会,コンビーナ,2012年 ~ 2012年
  • Department of Microbiology, University of Hong Kong,External Examiner for the degree of Ph.D.,2010年 ~ 2010年
  • 学協会,第31回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム,実行委員,2009年 ~ 2009年
  • 学協会,第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会,演題編成委員,2007年 ~ 2007年
  • イスラエル Israel Science Foundation,研究助成審査委員,2020年 ~
  • 英国 Medical Research Council,Research Grant 研究助成審査委員,2018年 ~
  • 英国 Medical Research Council,Research Grant 研究助成審査委員,2017年 ~
  • 英国 wellcome trust,Intermediate Fellowship 審査委員,2012年 ~