EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

安福 健祐

Yasufuku Kensuke

サイバーメディアセンター,准教授

keyword 避難シミュレーション,図形科学,建築形態工学

学歴

  • 2004年04月 ~ 2007年03月,大阪大学,大学院工学研究科,建築工学専攻博士後期課程
  • 1999年04月 ~ 2001年03月,大阪大学,大学院工学研究科,建築工学専攻博士前期課程

研究内容・専門分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災),建築計画、都市計画

所属学会

  • 照明学会
  • 日本火災学会
  • 情報処理学会
  • International Society for Geometry and Graphics
  • 日本図学会
  • 日本建築学会
  • International Society for Geometry and Graphics
  • Japan Society for Graphic Science
  • Architectural Institute of Japan

論文

  • リアルタイムレンダリングによる群集密度変化の可視化手法検討,安福健祐,日本図学会2021年度大会(オンライン)大会学術講演論文集,p. 111-114,2021年11月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 建築家小嶋一浩の言説にみられる「アクティビティを喚起する空間」についての研究,岡崎あかね,阿部浩和,安福健祐,高橋彰,日本図学会2021年度大会(オンライン)大会学術講演論文集,p. 59-64,2021年11月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • EVALUATION OF UNDERGROUND SPACE FOR TSUNAMI EVACUATION SAFETY BY AGENT-BASED SIMULATION,Akira Takahashi,Kensuke Yasufuku,Hirokazu Abe,proceedings of 11th Int. Conf. on Geotechnique, Construction Materials & Environment,p. 597-604,2021年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • EVALUATION OF THE VISIBILITY OF STAIRCASES IN UMEDA UNDERGROUND STREET BY USING DEPTHMAP,Yuanhang Song,Akira Takahashi,Kensuke Yasufuku,Hirokazu Abe,proceedings of 11th Int. Conf. on Geotechnique, Construction Materials & Environment,p. 463-470,2021年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A COMPARATIVE STUDY ON THE CHANGE OF TOWNSCAPE IN HISTORICAL BLOCKS BETWEEN XI'AN AND KYOTO,Kun Yuan,Hirokazu Abe,Kensuke Yasufuku,Akira Takahashi,proceedings of 11th Int. Conf. on Geotechnique, Construction Materials & Environment,p. 625-631,2021年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • IMPACT OF THE GREAT EAST JAPAN EARTHQUAKE AND NUCLEAR ACCIDENT ON LAND PRICE FLUCTUATIONS,Takato Azegami,Akira Takahashi,Kensuke Yasufuku,Noriko Otsuka,Tomoko Miyagawa,Hirokazu Abe,proceedings of 11th Int. Conf. on Geotechnique, Construction Materials & Environment,p. 654-661,2021年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Comparing daylight brightness perception in real and immersive virtual environments using perceptual light maps,Muhammad Hegazy,Ken Ichiriyama,Kensuke Yasufuku,Hirokazu Abe,Automation in Construction,Elsevier BV,Vol. 131,p. 103898-103898,2021年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 大規模商業施設における新型コロナウイルス影響下での買い回り行動の変化と密空間の分析,大阪直也,安福健祐,高橋彰,阿部浩和,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 55-56,2021年09月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • The Change of Street Space Morphology in Historical Capital Cities – Comparing between Xi’an and Kyoto,袁坤,阿部浩和,安福健祐,高橋彰,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 169-170,2021年09月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 避難シミュレーションを用いた大規模地下街津波浸水対策の避難誘導計画の評価,高橋彰,安福健祐,阿部浩和,日本建築学会計画系論文集,Vol. 86,No. 786,p. 2104-2114,2021年08月30日,研究論文(学術雑誌)
  • スペース・シンタックスを用いた西安と京都の市街地変化における類似性と差異,袁坤,阿部浩和,安福健祐,高橋彰,令和3年度日本建築学会近畿支部研究報告集,Vol. 61,p. 321-324,2021年06月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 大規模商業施設におけるデータ駆動型買い回り行動モデルの開発,安福健祐,泉本淳一,阿部浩和,日本建築学会計画系論文集,Vol. 86,No. 783,p. 1358-1366,2021年05月30日,研究論文(学術雑誌)
  • An interactive approach to investigate brightness perception of daylighting in Immersive Virtual Environments: Comparing subjective responses and quantitative metrics,Muhammad Hegazy,Kensuke Yasufuku,Hirokazu Abe,Building Simulation,Springer Science and Business Media LLC,2021年05月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Development of Data-Driven Agent Model for Consumer Shopping Behavior in Commercial Facility,Kensuke Yasufuku,Junichi Izumoto,Hirokazu Abe,Proceedings of the 19th International Conference on Geometry and Graphics,Springer International Publishing,p. 175-185,2021年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Perceptual Light Map: A Visualization Approach to Brightness Perception in Daylit Immersive Virtual Environments,Muhammad Hegazy,Kensuke Yasufuku,Hirokazu Abe,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 1143-1144,2020年09月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 建築系大学生による大規模複合商業施設の改修実施プロジェクトの取り組み,堀江誠哉,阿部浩和,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 1361-1362,2020年09月,研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • マルチエージェントシステムを用いた津波による地下空間浸水時の避難シミュレーション その2 避難誘導計画に基づく避難安全性の評価,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 93-94,2020年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • マルチエージェントシステムを用いた津波による地下空間浸水時の避難シミュレーション その1 時間帯別の滞留者分布予測に基づく避難安全性の評価,弘中昇太,安福健祐,阿部浩和,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 91-92,2020年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Evaluating and visualizing perceptual impressions of daylighting in immersive virtual environments,Muhammad Hegazy,Kensuke Yasufuku,Hirokazu Abe,Journal of Asian Architecture and Building Engineering,Informa UK Limited,p. 1-17,2020年08月11日,研究論文(学術雑誌)
  • An Interactive Visual Analytics Tool for Air Traffic Flow,Kensuke Yasufuku,IEEE VIS 2019,2019年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • マルチエージェントシステムによる複数の災害を考慮した地下空間最適避難誘導の検討,安福健祐,阿部浩和,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 331-332,2019年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 避難安全性からみた非構造材のキーエレメントデザイン,永野康行,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 497-498,2019年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • DEVELOPMENT OF INTERACTIVE VISUALIZATION SYSTEM FOR TRAJECTORY ANALYSIS OF AIR TRAFFIC,Kensuke Yasufuku,Proceedings of The 12th Asian Forum on Graphic Science 2019,2019年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • AN EXPERIMENT TO EVALUATE DAYLIGHT PERCEPTION IN GAMIFIED VIRTUAL ENVIRONMENTS,Muhammad Hegazy,Kensuke Yasufuku,Hirokazu Abe,Proceedings of The 12th Asian Forum on Graphic Science 2019,2019年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Immersive Gamified Environments (IGE) as an Approach to Assess Subjective Qualities of Daylighting in Architectural Space,Muhammad Hegazy,Kensuke Yasufuku,Hirokazu Abe,Proceedings of the 26th IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces,2019年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Spatial Recognition Affected by Color and Texture in Architectural Space,Kensuke Yasufuku,Takuro Enomoto,Hirokazu Abe,図学研究,Vol. 52,No. 4,p. 19-26,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 街路に設置する津波避難誘導灯の有効性に関する検討,秋月有紀,北後明彦,高嶋彰,松井俊成,武内芳夫,アベウ タイチ,コンノ ピニェイロ,鈴木広隆,安福健祐,日本建築学会環境系論文集,Vol. 83,No. 754,p. 945-953,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 建築物非構造材のキーエレメントデザインのための避難リスク評価,安福健祐,永野康行,日本図学会2018年度秋季大会(東京)大会学術講演論文集,p. 61-64,2018年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 学生の性格パタンと設計課題の作業プロセスに関する考察,阿部浩和,廣畑佑樹,安福健祐,日本建築学会建築教育研究論文報告集,Vol. 18,p. 15-22,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • マルチエージェントシステムを用いた最適避難経路選択の検討,安福健祐,阿部浩和,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 139-140,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Interactive Visualization for Analysis of Air Traffic Model,Kensuke Yasufuku,Shinsuke Nagaoka,Proceedings of the 18th International Conference on Geometry and Graphics, Digital Proceedings,p. 1161-1166,2018年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Study of “Deconstructivism” in the Field of Architecture,Masanao Kitamura,Kensuke Yasufuku,Hirokazu Abe,Proceedings of the 18th International Conference on Geometry and Graphics,p. 1984-1993,2018年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Study on Site Planning of Mountain Temples Through Scene Transition Along the Visiting Route by MOTATION: Case Study of Muroji, Hasedera, and Kinpusenji Temples in Japan,Momoko Kato,Hirokazu Abe,Kensuke Yasufuku,Proceedings of the 18th International Conference on Geometry and Graphics,p. 1972-1983,2018年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • シャルロット・ペリアンの作品にみる「unity」の精神とその変遷,平岡志織,安福健祐,阿部浩和,日本図学会関西支部第102回例会学術講演会,2018年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大学の設計課題における建築デザインの指導方法に対する考察 -学生のパーソナリティと設計プロセス及びそれらの関連調査を通して-,廣畑佑樹,安福健祐,阿部浩和,日本図学会関西支部第102回例会学術講演会,2018年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 避難行動シミュレーションを用いた最適経路避難選択に関する研究,卞雄洙,安福健祐,阿部浩和,日本図学会関西支部第102回例会学術講演会,2018年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 航空機渋滞モデルのインタラクティブ可視化,安福健祐,長岡慎介,日本図学会2017年度秋季大会(京都)大会学術講演論文集,p. 65-66,2017年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 空力音響シミュレーションと大規模可視化システムを用いた摩擦音発音の可視化,吉永 司,野崎 一徳,安福 健祐,木戸 善之,下條 真司,和田成生,NICOGRAPH2017,p. 56-59,2017年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 津波避難誘導の新たな試み,安福健祐,照明学会誌,Vol. 101,No. 9,p. 437-440,2017年09月
  • マルチエージェントシステムによる複数の経路障害を考慮した避難解析,安福健祐,永野康行,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 387-388,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 「近代化産業遺産」における炭鉱遺産の現状と保存・活用についての研究,畠山望,阿部浩和,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 121-122,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • SPATIAL RECOGNITION AFFECTED BY COLOR AND TEXTURE IN ARCHITECTURAL SPACE,Kensuke YASUFUKU,Takuro ENOMOTO,Hirokazu ABE,Proceedings of The 11th Asian Forum on Graphic Science 2017,2017年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Noticeability of illuminated route signs for tsunami evacuation,Kensuke Yasufuku,Yuki Akizuki,Akihiko Hokugo,Yoshio Takeuchi,Akira Takashima,Toshinari Matsui,Hirotaka Suzuki,Abel Taiti,Konno Pinheiro,FIRE SAFETY JOURNAL,Vol. 91,p. 926-936,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 光学的流動に基づく建築空間分析ツールの開発,安福健祐,図学研究,Vol. 51,No. 2,p. 3-10,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • VRウォークスルーシステムによる視覚的シークエンス分析ツールの開発,安福健祐,日本建築学会技術報告集,Vol. 23,No. 54,p. 637-641,2017年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 私の研究開発ツール -第94回- ゲームエンジン(Unity, Unreal Engine),安福健祐,加藤銀河,正満創太,映像情報メディア学会誌,Vol. 71,No. 3,p. 353-357,2017年05月
  • 津波避難誘導照明の仕様に関する基礎的研究 その2 実大の誘導照明を用いた検証実験,秋月有紀,安福健祐,北後明彦,鈴木広隆,ピニェイロ アベウ,タイチ コンノ,高嶋彰,松井俊成,武内芳夫,日本火災学会平成29年度研究発表会梗概集,p. 130-131,2017年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 津波避難誘導照明の仕様に関する基礎的研究 その1 CG画像を用いた誘導照明の誘目性評価実験,安福健祐,秋月有紀,北後明彦,鈴木広隆,ピニェイロ アベウ,タイチ コンノ,高嶋彰,松井俊成,武内芳夫,日本火災学会平成29年度研究発表会梗概集,p. 128-129,2017年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大規模可視化システムを用いた津波避難誘導灯の誘目性検証実験,安福健祐,高嶋彰,松井俊成,武内芳夫,秋月有紀,北後明彦,日本図学会2016年度秋季大会(東京)大会学術講演論文集,p. 51-54,2016年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 街路空間評価におけるディープラーニングの適用可能性,阿部浩和,李ロウン,安福健祐,日本図学会2016年度秋季大会(東京)大会学術講演論文集,p. 85-90,2016年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 照明による津波避難誘導の効果に関する研究(その3)GPSを用いた避難行動特性分析,秋月有紀,橋谷嘉明,高嶋彰,北後明彦,鈴木広隆,ピニェイロ,アベウ,タイチ コンノ,安福健祐,田中健一,平成28年度(第49回)照明学会全国大会講演論文集,2016年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 照明による津波避難誘導の効果に関する研究(その2)住民と想定観光客の避難行動特性分析,安福健祐,高嶋彰,武内芳夫,秋月有紀,北後明彦,ピニェイロ アベウ,タイチ コンノ,鈴木広隆,田中健一,平成28年度(第49回)照明学会全国大会講演論文集,2016年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 照明による津波避難誘導の効果に関する研究(その1)実験概要と実験環境,高嶋彰,北後明彦,秋月有紀,鈴木広隆,安福健祐,ピニェイロ,アベウ,タイチ コンノ,田中健一,平成28年度(第49回)照明学会全国大会講演論文集,2016年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • DEVELOPMENT OF AN ANALYSIS TOOL FOR OPTICAL FLOW ON ARCHITECTURAL WALK-THROUGH SYSTEM,Kensuke YASUFUKU,Proceedings of the 17th International Conference on Geometry and Graphics,2016年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • STUDY ON BOUNDARY AND BORDER IN THE CITY USING SPACE SYNTAX THEORY,Junpei HIGASHIGAKI,Kensuke YASUFUKU,Hirokazu ABE,Proceedings of the 17th International Conference on Geometry and Graphics,2016年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • SPACE RECOGNITION BY THE IMAGE MAP TEST USING A PARAGRAPH WITH ARCHITECTURAL DEPICTIONS,Shoko EDAMOTO,Kensuke YASUFUKU,Hirokazu ABE,Proceedings of the 17th International Conference on Geometry and Graphics,2016年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 照明による津波避難誘導の社会実験〜南あわじ市福良地区の事例(その3)想定観光客の夜間避難行動分析,武内芳夫,北後明彦,安福健祐,秋月有紀,ピニェイロ,アベウ,タイチ コンノ,鈴木広隆,高嶋彰,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 319-320,2016年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 照明による津波避難誘導の社会実験〜南あわじ市福良地区の事例(その2)住民の避難行動分析,秋月有紀,高嶋彰,ピニェイロ,アベウ,タイチ コンノ,北後明彦,武内芳夫,鈴木広隆,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 317-318,2016年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 照明による津波避難誘導の社会実験〜南あわじ市福良地区の事例(その1)実験概要と実験環境,北後明彦,高嶋彰,秋月有紀,田中健一,ピニェイロ,アベウ,タイチ コンノ,鈴木広隆,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,p. 315-316,2016年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 光学的流動に基づく建築空間分析ツールの開発,安福健祐,日本図学会2016年度春季大会学術講演論文集,p. 113-118,2016年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • マルチエージェントシステムによる歩行者行列の再現と追従行動が及ぼす群集流動の分析,安福健祐,日本建築学会計画系論文集,Vol. 81,No. 722,p. 821-829,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 大型可視化装置における可視化事業の事例について,東野秋二,木戸善之,安福健祐,伊達進,清川清,下條真司,竹村治雄,大学ICT推進協議会2015年度年次大会論文集,2015年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • スペースシンタックス理論を用いた都市の境界に関する研究 −オリンピックパーク跡地を事例として−,東垣純平,安福健祐,阿部浩和,日本図学会2015年度秋季大会(大阪)学術講演論文集,p. 13-18,2015年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Deep Learningを用いた景観評価の手法に関する基礎的研究,矢吹和也,安福健祐,阿部浩和,日本図学会2015年度秋季大会(大阪)学術講演論文集,p. 23-28,2015年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • スケーラブルな避難解析システムの開発と大規模避難の可視化,安福健祐,Proceedings of International Symposium on Disaster Simulation,2015年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 自己駆動粒子による群集流動モデルの特性と建物避難安全性評価,安福健祐,混相流,Vol. 29,No. 1,p. 27-34,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Designing of lampshade with 3D CG application and manufacturing of designed shape in graphic science education,Hirotaka Suzuki,Ai Sakaki,Kensuke Yasufuku,Takashi Matsumoto,International Journal of Computer Applications in Technology,Inderscience Enterprises Ltd.,Vol. 51,No. 1,p. 9-14,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • Designing of lampshade with 3D CG application and manufacturing of designed shape in graphic science education,Hirotaka Suzuki,Ai Sakaki,Kensuke Yasufuku,Takashi Matsumoto,International Journal of Computer Applications in Technology,Inderscience Enterprises Ltd.,Vol. 51,No. 1,p. 9-14,2015年,研究論文(学術雑誌)
  • 大阪大学サイバーメディアセンターにおける大規模可視化サービスの現状と課題,木戸善之,下條真司,伊達進,安福健祐,清川清,竹村治雄,大学ICT推進協議会 2014年度年次大会 論文集,2014年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高精細タイルドディスプレイを用いた大規模地下街避難の3次元可視化,安福健祐,瀧澤重志,木尚哉,谷口与史也,日本図学会2014年度秋季大会(東京)学術講演論文集,p. 139-142,2014年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ANALYSIS ON SEQUENCE OF ARCHITECTURAL SPACE BY USING VR WALK-THROUGH SYSTEM,Kensuke YASUFUKU,Proceedings 16th International Conference on Geometry and Graphics,p. 38-44,2014年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • EVALUATION OF PASSING PERFORMANCE OF SELF-DRIVEN PARTICLE THROUGH BUILDING,Takuya MATSUMOTO,Kensuke YASUFUKU,Hirokazu ABE,Proceedings 16th International Conference on Geometry and Graphics,p. 355-362,2014年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • COMPUTATIONAL ANALYSIS OF ARCHITECTURAL VISUAL SPACE ALONG WALKING PATH BY USING VIRTUAL REALITY DISPLAY,Kensuke Yasufuku,Proceedings of the 19th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2014),p. 709-718,2014年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 遺伝的アルゴリズムを用いた建物内の避難施設配置システムの開発と群集流動を考慮した避難安全性の評価,安福健祐,柏木俊弥,阿部浩和,日本建築学会計画系論文集,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Scalable Evacuation Simulation and Visualization Using GPU Computing,Kensuke YASUFUKU,Pedestrian and Evacuation Dynamics 2012,Springer,2014年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 避難行動シミュレーションの現状と課題,安福健祐,計算工学,2014年01月
  • 大阪大学サイバーメディアセンターでの可視化サービスに向けた取り組み,下條真司,伊達進,清川清,安福健祐,竹村治雄,東田学,大学ICT推進協議会 2013年度年次大会 論文集,2013年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • VR技術を用いた群集流動のインタラクティブ可視化,安福健祐,日本図学会2013年度秋季大会(盛岡)学術講演論文集,2013年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウォークスルー時の空間の遮蔽構造変化の定量化 -コーリン・ロウの虚の透明性についての考察-,牧真太朗,安福健祐,阿部浩和,日本図学会2013年度秋季大会(盛岡)学術講演論文集,2013年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 歴史的社寺庭園の見学ルートに見られる場面展開の記述法,林恭平,安福健祐,阿部浩和,日本図学会2013年度秋季大会(盛岡)学術講演論文集,2013年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • VISUALIZATION OF CROWD FLOW IN LARGE-SCALE FACILITY USING AGENT-BASED SIMULATION,Kensuke YASUFUKU,Proceedings of the 13th International Conference on Construction Applications of Virtual Reality,p. 547-555,2013年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • マルチエージェントシステムによる群集行列歩行の再現,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,2013年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウォークスルーシステムによる歩行経路に沿った視野空間変化の3次元分析,安福健祐,日本図学会2013年度春季大会(兵庫)学術講演論文集,2013年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウォークスルーシステムによる歩行経路に沿った視野空間分析ツールの開発と適用,安福健祐,出来佑也,阿部浩和,日本建築学会計画系論文集,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • ウォークスルーシステムを用いた動的空間の定量化に関する研究-isovist理論の視覚範囲を限定した垂直視野への展開として-,山出翔太,安福健祐,阿部浩和,日本図学会2012年度秋季大会(東京)学術講演論文集,2012年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大規模集客施設における群集行列シミュレーション,安福健祐,日本図学会2012年度秋季大会(東京)学術講演論文集,2012年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 遺伝的アルゴリズムを用いたシネマコンプレックス平面形状の避難安全性最適化,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,2012年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • DEVELOPMENT OF A TOOL FOR ANALYZING ARCHITECTURAL SPACE BASED ON AMBULATORY VISION,Kensuke YASUFUKU,Yuya DEKI,Hirokazu ABE,Proceedings 15th International Conference on Geometry and Graphics,2012年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MOPHOLOGICAL COMPOSITION OF ARCHITECTURE AND URBAN SPACE BASED ON A CONCEPT OF BIOMIMICRY,Shintaro MAKI,Kensuke YASUFUKU,Hirokazu ABE,Proceedings 15th International Conference on Geometry and Graphics,2012年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • バイオミミクリによる建築と都市の形態構成についての研究,牧真太朗,安福健祐,阿部浩和,平成24年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2012年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Turing Patternを用いた建築の形態構成についての試み,牧真太朗,安福健祐,阿部浩和,日本図学会2012年度春季大会(名古屋)学術講演論文集,2012年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • バイオミミクリによる建築と都市の形態構成についての研究,牧真太朗,安福健祐,阿部浩和,日本図学会2011年度秋季大会(大阪)学術講演論文集,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 遺伝的アルゴリズムを用いたシネマコンプレックスの平面計画の最適化に関する研究,柏木俊弥,安福健祐,阿部浩和,日本図学会2011年度秋季大会(大阪)学術講演論文集,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Isovistを用いたウォークスルー型可視空間分析ツールの開発,安福健祐,日本図学会2011年度秋季大会(大阪)学術講演論文集,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • The Study on the Evaluation of Urban Disaster Prevention Performance Using an Agent-based Crowd Simulation,Kensuke Yasufuku,UIA2011 TOKYO Academic Program Research Papers and Design Works,2011年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • DEVELOPMENT OF LARGE-SCALE EVACUATION SIMULATION SYSTEM USING GPGPU,Kensuke YASUFUKU,Proceedings of International Symposium on Disaster Simulation & Structural Safety in the Next Generation 2011,2011年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • GPUを利用した大規模避難シミュレーションシステムの開発,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,2011年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 複数アングルの静止画像による空間把握能力の現状と課題,山出翔太,安福健祐,阿部浩和,日本建築学会大会学術講演梗概集,2011年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 複数アングルの静止画像による空間把握能力の現状と課題,山出翔太,安福健祐,阿部浩和,平成23年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2011年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Development of Pedestrian Simulation on GPU and Interactive Visualization of Crowd Flow in Large-scale Underground Shopping Mall,Kensuke YASUFUKU,Proceedings of the International Symposium on Algorithmic Design for Architecture and Urban Design,2011年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 楕円型RVOモデルを用いた高密度群集流動の再現,安福健祐,日本建築学会技術報告集,Vol. 17,No. 35,p. 187-190,2011年,研究論文(学術雑誌)
  • 3D-CGツールのパラメトリックモデリングを用いた建築設計演習の試行,安福健祐,阿部浩和,建築教育研究論文報告集,Vol. No.11, pp.37-42,2011年01月
  • 楕円型RVOモデルによる高密度群集シミュレーションの開発,安福健祐,日本図学会2010年度秋季大会(東京)学術講演論文集,2010年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • マルチエージェントシステムを用いた避難行動モデルの分析Social Force モデルとRVO モデルの比較,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 避難行動フレームワークを用いた群集歩行モデルの比較分析と避難安全検証への適用性,安福健祐,日本建築学会計画系論文集,Vol. 第75巻 第655号, pp.2081-2088,2010年09月,研究論文(学術雑誌)
  • TENDENCY OF SPATIAL ABILITY IN CG ANIMATION OF BUILDING,Yuya DEKI,Kensuke YASUFUKU,Hirokazu ABE,Proceedings 14th International Conference on Geometry and Graphics,2010年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • THREE-DIMENSIONAL FORMATION PROCESS OF BIM,Toshiya KASHIWAGI,Kensuke YASUFUKU,Hirokazu ABE,Proceedings 14th International Conference on Geometry and Graphics,2010年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • DEVELOPMENT OF STORE ARRANGEMENT SYSTEM BY CROWD SIMULATION,Junya SUGIE,Takeomi NAKATA,Kensuke YASUFUKU,Hirokazu ABE,Proceedings 14th International Conference on Geometry and Graphics,2010年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • VISUALIZATION OF CROWD BEHAVIOR USING EVACUATION SIMULATION FRAMEWORK,Kensuke YASUFUKU,Proceedings 14th International Conference on Geometry and Graphics,Vol. DVD (ISBN 978-4-9900967-1-7),2010年08月
  • 大阪市西部地区における工場跡地の土地利用転換の現状,中野舞,安福健祐,阿部浩和,平成22年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2010年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 建築物のCGアニメーションにおける空間把握の傾向,出来佑也,安福健祐,阿部浩和,平成22年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2010年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Social Force型避難行動モデルの開発と地図データベースを用いた広域避難への適用,安福健祐,日本建築学会第32回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集,Vol. pp.73-78,2009年12月
  • 避難行動フレームワークの開発と群集流動の可視化,安福健祐,日本図学会2009年度秋季大会(東京)学術講演論文集,Vol. pp.75-80,2009年11月
  • 地図データベースを用いた広域避難シミュレーションシステムの開発,安福健祐,日本建築学会大会学術講演梗概集,2009年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 設計支援ツールとしてのアルゴリズミック・デザインの現状について,中田武臣,安福健祐,阿部浩和,日本建築学会大会学術講演梗概集,日本建築学会,2009年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • VRを用いた場所認識の決定要因に関する研究-梅田地下階の3Dモデルにおける経路探索実験の分析ー,大島康徳,安福健祐,阿部浩和,日本建築学会近畿支部研究報告集,日本建築学会,2009年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 文科系学生を対象としたCG教育の取り組み,安福健祐,日本図学会2009年度春季大会(筑波)学術講演論文集,Vol. pp.147-152,2009年05月
  • 没入型ウォークスルーシステムを用いた建築設計演習の試行,安福健祐,阿部浩和,建築教育研究論文報告集,Vol. No.9, pp.13-18,2009年01月
  • 高精細没入型避難シミュレータの開発と避難経路選択に関する分析,安福健祐,日本建築学会計画系論文集,Vol. 74,No. 640,p. 1265-1270,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • 音声情報のない避難シミュレータにおける空間把握,知花弘吉,亀谷義浩,安福健祐,日本図学会2008年度本部例会学術講演論文,2008年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 没入型避難シミュレータによる避難経路把握の分析,安福健祐,日本図学会2008年度本部例会学術講演論文集,Vol. pp.71-76,2008年11月
  • 没入型建築ウォークスルーシミュレーションシステムの開発,安福健祐,日本建築学会技術報告集,Vol. 14,No. 28,p. 645-650,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 没入型ウォークスルーシステムの開発と建築設計評価への適用性,安福健祐,阿部浩和,日本建築学会大会学術講演梗概集,Vol. No.11009, pp.431-432,2008年09月
  • A STUDY ON THE ARCHITECT’S AWARENESS OF INTRODUCTION OF 3D-CAD AND EFFECT ON ARCHITECTURAL FORM BY 3D-CAD,Takeomi NAKATA,Kensuke YASUFUKU,Hirokazu ABE,PROCEEDINGS13th INTERNATIONAL CONFERENCE ON GEOMETRY AND GRAPHICS,International Society for Geometry and Graphics,2008年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • VISUALIZATION OF EVACUATION SIMULATOR ON A HIGH-DEFINISION IMMERSIVE PROJECTION DISPLAY,Kensuke YASUFUKU,PROCEEDINGS 13th INTERNATIONAL CONFERENCE ON GEOMETRY AND GRAPHICS,Vol. p.273,2008年08月
  • 没入型ウォークスルーシステムを用いた建築設計の可能性,安福健祐,第32回CAVE研究会,2008年07月
  • 3次元CAD導入に対する設計者の現状意識と建築形態に及ぼす影響に関する研究,中田武臣,安福健祐,阿部浩和,日本建築学会大会学術講演梗概集,Vol. No.11010, pp.433-434,2008年06月
  • 高精細没入型ディスプレイ装置による災害避難の可視化,安福健祐,日本図学会2008年度大会(北海道)学術講演論文集,Vol. pp.57-60,2008年05月
  • 避難シミュレーションシステムの経路障害発生時への適用,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,日本建築学会計画系論文集,Vol. 第626号, pp.721-727,2008年04月
  • 透視図ベースの3DCGによる図学教育,安福健祐,阿部浩和,日本図学会2007年度本部例会学術講演論文集,2007年12月
  • HOPEを用いた避難シミュレータと図学教育への展開,安福健祐,図学研究,Vol. 第118号, pp.25-26,2007年12月
  • HOPE-高精細没入型周壁面ディスプレイの開発,清川清,ミランダ・ミランダ・ミゲル,野崎 一徳,安福 健祐,伊藤 一男,岩田 恭典,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,Vol. Vol.12,2007年09月
  • 透視図ベースの3DCGモデリングによる図学教育,安福 健祐,阿部 浩和,図学研究,日本図学会,Vol. 41,No. 2,p. 125-130,2007年
  • ウォークスルーシステムによる避難シミュレータの開発と地下空間浸水時の避難行動に関する分析,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,日本建築学会計画系論文集,2006年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 体験型避難シミュレータの開発と地下空間浸水時の避難行動に関する分析,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,2006年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 体験型避難シミュレータによる地下空間浸水時の避難行動実験-避難誘導支援システムの開発 その2-,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,平成18年度日本建築学会近畿支部研究報告集,2006年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • リアルタイムCGを用いた建築空間の空間認識力を測定するテストCGIMTの開発,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,図学研究,Vol. 40,No. 2,p. 9-14,2006年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 体験型避難シミュレータの開発と地下空間浸水時の避難への適用,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,日本図学会関西支部2005年度学術論文集,2006年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 防災教育のための避難訓練シミュレータ(EDS)の開発,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,日本建築学会第6回建築教育シンポジウム論文集,2006年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 避難行動シミュレータEBSの開発,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,日本図学会2005年度本部例会学術講演論文集,2005年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 避難シミュレーションにおける家具配置の影響 -避難誘導支援システムの開発-,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,2005年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ラオス人学生の建築図読図能力に関する分析,シッティワンソムチット,阿部浩和,安福健祐,図学研究,Vol. 39,No. 3,p. 21-26,2005年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of Architectural Visualization Ability Test Using Real-Time CG,Kensuke YASUFUKU,Hirokazu ABE,Katsuyuki YOSHIDA,Proceedings of the 7th China-Japan Joint Conference on Graphics Education,2005年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 家具配置を考慮した避難経路選択モデル-避難誘導支援システムの開発 その1-,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,平成17年度日本建築学会近畿支部研究報告集第45号計画系,2005年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • メッシュモデルによる避難シミュレーションシステムの開発と地下空間浸水時の避難に対する適用性,安福健祐,阿部浩和,山内一晃,吉田勝行,日本建築学会計画系論文集,No. 第589号,p. 123-128,2005年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ラオス人学生の建築読図能力に関する分析,シッティワンソムチット,阿部浩和,安福健祐,日本図学会関西支部2004年度学術論文集,2005年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • リアルタイムCGによる汎用可視化システムの開発とVR装置への適用性,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,日本図学会関西支部2004年度学術論文集,2005年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • リアルタイムCGによる汎用可視化システムの開発 -マルチエージェント型建築避難シミュレーションへの適用-,安福健祐,阿部浩和,吉田勝行,日本図学会2004年度本部例会学術講演論文集,2004年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 避難シミュレーションシステムの開発と地下空間浸水時の避難に対する適用性,安福健祐,阿部浩和,山内一晃,吉田勝行,日本建築学会大会学術講演梗概集E-1,2004年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • APPLICATION OF NEW METHOD FOR GRAPHIC SCIENCE EDUCATION,Hirokazu ABE,Somchith SITTHIVAN,Kensuke YASUFUKU,Katsuyuki YOSHIDA,Proceedings of The 11th International Conference on Geometry and Graphics,2004年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • メッシュ表現による避難シミュレーションシステムの開発と地下空間浸水時の避難に対する適用性,安福健祐,山内一晃,吉田勝行,平成12年度日本建築学会近畿支部研究報告集第40号計画系,2000年06月,研究論文(その他学術会議資料等)

著書

  • 実用図学,阿部, 浩和,榊, 愛,鈴木, 広隆,橋寺, 知子,安福, 健祐,共立出版,ISBN:9784320114326,2020年03月
  • 学術書,火災便覧 第4版,日本火災学会編,共立出版,ISBN:9784320077218,2018年11月
  • 学術書,行動、安全、文化、「BeSeCu」増補・日本版~緊急時、災害時の人間行動と欧州文化相互調査~,エドウィン・ガリア,今村文彦,佐野友紀,安福健祐,足達嘉信,傘木宏夫,フォーラムエイトパブリッシング,ISBN:9784906608065,2014年11月
  • 学術書,先端グラフィックス言語入門~OpenGL ver4.0 & CUDA~,安福健祐,FORUM,VR開発グループ,フォーラムエイトパブリッシング,ISBN:9784906608003,2011年11月

特許・実用新案・意匠

  • 描画用計算装置, コンピュータプログラム及び記録媒体,安福健祐,山口誠,特許3938915,特願2003-330612

受賞

  • 第14回日本図学会論文賞 研究論文賞,安福 健祐,日本図学会,2019年05月
  • 大阪大学賞 若手教員部門,大阪大学,2017年11月
  • 日本図学会2016年度春季大会優秀研究発表賞,日本図学会,2016年11月
  • 大阪大学総長奨励賞,大阪大学,2014年07月
  • 日本図学会2012年度秋季大会優秀研究発表賞,日本図学会,2013年05月
  • 第6回デジタルモデリングコンテスト奨励賞,日本図学会,2012年12月
  • 日本図学会2007年度大会研究奨励賞,日本図学会,2007年10月