EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

遠藤 誠之

Endou Masayuki

医学系研究科 保健学専攻,教授

経歴

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,大阪大学 医学系研究科 保健学専攻,教授
  • 2014年12月01日 ~ 2019年03月31日,大阪大学 医学系研究科,講師
  • 2014年10月01日 ~ 2014年11月30日,大阪大学 医学部附属病院,助教
  • 2012年09月01日 ~ 2013年06月30日,大阪大学 医学部附属病院,助教

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,産婦人科学
  • ライフサイエンス,胎児医学、小児成育学

所属学会

  • 公益社団法人日本母性衛生学会
  • 公益社団法人日本超音波医学会
  • 一般社団法人日本人類遺伝学会
  • 一般社団法人日本産科婦人科遺伝診療学会

論文

  • Antenatal diagnosis of placenta accreta spectrum after in vitro fertilization-embryo transfer: a systematic review and meta-analysis,Shinya Matsuzaki,Yoshikazu Nagase,Tsuyoshi Takiuchi,Aiko Kakigano,Kazuya Mimura,Misooja Lee,Satoko Matsuzaki,Yutaka Ueda,Takuji Tomimatsu,Masayuki Endo,Tadashi Kimura,Scientific Reports,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 11,No. 1,2021年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Placenta previa with posterior extrauterine adhesion: clinical features and management practice,Yoshikazu Nagase,Shinya Matsuzaki,Masayuki Endo,Takeya Hara,Aiko Okada,Kazuya Mimura,Kosuke Hiramatsu,Aiko Kakigano,Erika Nakatsuka,Tatsuya Miyake,Tsuyoshi Takiuchi,Yutaka Ueda,Takuji Tomimatsu,Tadashi Kimura,BMC Surgery,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 21,No. 1,2021年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Complement activation by an angiogenic imbalance leads to systemic vascular endothelial dysfunction: A new proposal for the pathophysiology of preeclampsia,Tatsuya Matsuyama,Takuji Tomimatsu,Kazuya Mimura,Kazunobu Yagi,Yoko Kawanishi,Aiko Kakigano,Hitomi Nakamura,Masayuki Endo,Tadashi Kimura,Journal of Reproductive Immunology,Elsevier BV,Vol. 145,p. 103322-103322,2021年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Disparity of Cervical Cancer Risk in Young Japanese Women: Bipolarized Status of HPV Vaccination and Cancer Screening,Mariko Taniguchi,Yutaka Ueda,Asami Yagi,Ai Miyoshi,Yusuke Tanaka,Ryoko Minekawa,Masayuki Endo,Takuji Tomimatsu,Kei Hirai,Tomio Nakayama,Tadashi Kimura,Vaccines,MDPI AG,Vol. 9,No. 3,p. 280-280,2021年03月19日,研究論文(学術雑誌)
  • Controlled induction of immune tolerance by mesenchymal stem cells transferred by maternal microchimerism,Sayuri Iwai,Aiko Okada,Kei Sasano,Masayuki Endo,Sho Yamazaki,Xin Wang,Takashi Shimbo,Takuji Tomimatsu,Tadashi Kimura,Katsuto Tamai,Biochemical and Biophysical Research Communications,Elsevier BV,Vol. 539,p. 83-88,2021年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Hysterectomy versus continuing conservative management: which is better for disseminated intravascular coagulation?,Shinya Matsuzaki,Yoshikazu Nagase,Masayuki Endo,Tadashi Kimura,Archives of Gynecology and Obstetrics,Springer Science and Business Media LLC,2021年01月20日,研究論文(学術雑誌)
  • Feasibility and outcomes of fetoscopic endoluminal tracheal occlusion for severe congenital diaphragmatic hernia: A Japanese experience,Seiji Wada,Katsusuke Ozawa,Rika Sugibayashi,Fumio Suyama,Shoichiro Amari,Yushi Ito,Yutaka Kanamori,Hiroomi Okuyama,Noriaki Usui,Jun Sasahara,Tomomi Kotani,Masahiro Hayakawa,Kiyoko Kato,Tomoaki Taguchi,Masayuki Endo,Haruhiko Sago,Journal of Obstetrics and Gynaecology Research,Wiley,Vol. 46,No. 12,p. 2598-2604,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluation of leucine-rich alpha-2 glycoprotein as a biomarker of fetal infection,Etsuko Kajimoto,Masayuki Endo,Minoru Fujimoto,Shinya Matsuzaki,Makoto Fujii,Kazunobu Yagi,Aiko Kakigano,Kazuya Mimura,Takuji Tomimatsu,Satoshi Serada,Makoto Takeuchi,Kiyoshi Yoshino,Yutaka Ueda,Tadashi Kimura,Tetsuji Naka,PLOS ONE,Public Library of Science (PLoS),Vol. 15,No. 11,p. e0242076-e0242076,2020年11月19日,研究論文(学術雑誌)
  • Conservative management for adherent placenta after live birth in angular or interstitial pregnancies: A new entity “angular placenta attachment”,Erika Nakatsuka,Kazuya Mimura,Masayuki Endo,Tatsuya Miyake,Aiko Kakigano,Shinya Matsuzaki,Yoko Kawanishi,Takuji Tomimatsu,Tadashi Kimura,Taiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology,Elsevier BV,Vol. 59,No. 6,p. 975-979,2020年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Sonographic findings after induced medical abortion at 12-21 weeks of gestation: Retrospective cohort study.,Kazuya Mimura,Masayuki Endo,Aiko Kakigano,Shinya Matsuzaki,Yoko Kawanishi,Takuji Tomimatsu,Tadashi Kimura,Contraception,2020年04月28日,研究論文(学術雑誌)
  • The efficacy of uterine artery embolization with gelatin sponge for retained products of conception with bleeding and future pregnancy outcomes.,Yasushi Kimura,Keigo Osuga,Keisuke Nagai,Hidenari Hongyo,Kaishu Tanaka,Yusuke Ono,Hiroki Higashihara,Shinya Matsuzaki,Masayuki Endo,Tadashi Kimura,Noriyuki Tomiyama,CVIR endovascular,Vol. 3,No. 1,p. 13-13,2020年02月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Persistent funic presentation due to velamentous cord insertion adjacent to the internal os but not vasa previa.,Kazuya Mimura,Masayuki Endo,Shinya Matsuzaki,Takuji Tomimatsu,Tadashi Kimura,Taiwanese journal of obstetrics & gynecology,Vol. 59,No. 1,p. 167-168,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Obstetric Outcomes of Pregnancy After Uterine Artery Embolization.,Mariko Jitsumori,Shinya Matsuzaki,Masayuki Endo,Takeya Hara,Takuji Tomimatsu,Satoko Matsuzaki,Tatsuya Miyake,Tsuyoshi Takiuchi,Aiko Kakigano,Kazuya Mimura,Eiji Kobayashi,Yutaka Ueda,Tadashi Kimura,International journal of women's health,Vol. 12,p. 151-158,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • Efficacy of Prophylactic Antibiotics in Bakri Intrauterine Balloon Placement: A Single-Center Retrospective Analysis and Literature Review.,Yoshikazu Nagase,Shinya Matsuzaki,Yoko Kawanishi,Satoshi Nakagawa,Aiko Kakigano,Tsuyoshi Takiuchi,Kazuya Mimura,Takuji Tomimatsu,Masayuki Endo,Tadashi Kimura,AJP reports,Vol. 10,No. 1,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Successful management of fetal hemolytic disease due to strong anti-Rh17 with plasma exchange and intrauterine transfusion in a woman with the D-- phenotype.,Mimura K,Endo M,Takahashi A,Doi Y,Sakuragi M,Kiyokawa T,Taniguchi H,Kitabatake Y,Handa M,Tomimatsu T,Tomiyama Y,Isaka Y,Kimura T,International journal of hematology,Vol. 111,No. 1,p. 149-154,2020年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Horizontal Cervix as a Novel Sign for Predicting Adhesions on the Posterior Extrauterine Wall in Cases of Placenta Previa.,Matsuzaki S,Okada A,Endo M,Nagase Y,Nakagawa S,Hiramatsu K,Kakigano A,Mimura K,Takiuchi T,Tomimatsu T,Ueda Y,Ogita K,Kimura T,Journal of clinical medicine,Vol. 8,No. 12,2019年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Preeclampsia: Maternal Systemic Vascular Disorder Caused by Generalized Endothelial Dysfunction Due to Placental Antiangiogenic Factors.,Takuji Tomimatsu,Kazuya Mimura,Shinya Matsuzaki,Masayuki Endo,Keiichi Kumasawa,Tadashi Kimura,International journal of molecular sciences,Vol. 20,No. 17,2019年08月30日,研究論文(学術雑誌)
  • Cervical cancer screening rate differs by HPV vaccination status: An interim analysis.,Mariko Taniguchi,Yutaka Ueda,Asami Yagi,Sayaka Ikeda,Masayuki Endo,Takuji Tomimatsu,Tomio Nakayama,Masayuki Sekine,Takayuki Enomoto,Tadashi Kimura,Vaccine,Vol. 37,No. 32,p. 4424-4426,2019年07月26日,研究論文(学術雑誌)
  • Nationwide survey of fetal myelomeningocele in Japan: Background for fetal surgery.,Yuka Otera Takahashi,Seiji Wada,Michiko Miya,Rina Akaishi,Rika Sugibayashi,Katsusuke Ozawa,Masayuki Endo,Haruhiko Sago,Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society,Vol. 61,No. 7,p. 715-719,2019年07月,研究論文(学術雑誌)
  • HPVワクチンの接種者と非接種者で子宮頸がん検診受診率に差はあるのか,谷口 茉利子,上田 豊,八木 麻未,池田 さやか,遠藤 誠之,冨松 拓治,中山 富雄,関根 正幸,榎本 隆之,木村 正,日本婦人科腫瘍学会雑誌,(公社)日本婦人科腫瘍学会,Vol. 37,No. 3,p. 472-472,2019年06月
  • Single versus multiple cervical dilation by osmotic dilator before induction of labor for second-trimester abortion.,Misooja Lee,Kazuya Mimura,Masayuki Endoh,Yoko Kawanishi,Tatsuya Miyake,Aiko Kakigano,Tsuyoshi Takiuchi,Shinya Matsuzaki,Takuji Tomimatsu,Tadashi Kimura,The journal of obstetrics and gynaecology research,Vol. 45,No. 5,p. 961-966,2019年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 高力価抗Rh17(抗Hro)を有するD--型の母親からの出生に成功した、胎児・新生児溶血性疾患(HDFN)の一例 当院での対応と工夫,櫻木 美基子,味村 和哉,中山 小太郎純友,細川 美香,中尾 まゆみ,森川 珠世,清川 知子,青地 寛,永峰 啓丞,遠藤 誠之,木村 正,冨山 佳昭,日本輸血細胞治療学会誌,(一社)日本輸血・細胞治療学会,Vol. 65,No. 2,p. 368-368,2019年04月
  • Prenatal findings of serpentine-like syndrome with congenital intrathoracic stomach: differential diagnosis from congenital diaphragmatic hernia.,Kazuya Mimura,Masayuki Endo,Keiko Matsuoka,Takuji Tomimatsu,Yuko Tazuke,Hiroomi Okuyama,Makoto Takeuchi,Tadashi Kimura,Journal of medical ultrasonics (2001),Vol. 46,No. 2,p. 263-266,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • New dedicated blunt straight needles and sutures for uterine compression sutures: a retrospective study and literature review.,Matsuzaki Shinya Endo,M. Tomimatsu,T. Nakagawa,S,Matsuzaki,Satoko Miyake,T. Takiuchi,T. Kakigano,A. Mimura,K. Ueda,Y,Kimura, T,BMC Surg.,Vol. 19,No. 1,p. 33-33,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Classification of factors involved in nonreportable results of noninvasive prenatal testing (NIPT) and prediction of success rate of second NIPT.,Nobuhiro Suzumori,Akihiko Sekizawa,Eri Takeda,Osamu Samura,Aiko Sasaki,Rina Akaishi,Seiji Wada,Haruka Hamanoue,Fumiki Hirahara,Hiroko Kuriki,Hideaki Sawai,Hiroaki Nakamura,Takahiro Yamada,Kiyonori Miura,Hideaki Masuzaki,Takahiro Yamashita,Yoshimasa Kamei,Akira Namba,Jun Murotsuki,Tomohiro Tanemoto,Akimune Fukushima,Kazufumi Haino,Shinya Tairaku,Keiichi Matsubara,Kazutoshi Maeda,Takashi Kaji,Masanobu Ogawa,Hisao Osada,Haruki Nishizawa,Yoko Okamoto,Takeshi Kanagawa,Aiko Kakigano,Masayuki Endo,Michihiro Kitagawa,Masaki Ogawa,Shunichiro Izumi,Yukiko Katagiri,Naoki Takeshita,Yasuyo Kasai,Katsuhiko Naruse,Reiko Neki,Hisashi Masuyama,Maki Hyodo,Yukie Kawano,Takashi Ohba,Kiyotake Ichizuka,Takeshi Nagamatsu,Atsushi Watanabe,Naomi Nishikawa,Naoki Hamajima,Nahoko Shirato,Junko Yotsumoto,Miyuki Nishiyama,Keiko Koide,Tatsuko Hirose,Haruhiko Sago,Prenatal diagnosis,Vol. 39,No. 2,p. 100-106,2019年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical Characteristics of Jra Alloimmunization in Pregnancy: A Case Series.,Takeshi Kanagawa,Eri Fujikawa,Kazuya Mimura,Masayuki Endo,Jun Sasahara,Tadashi Kimura,Nobuaki Mitsuda,Keisuke Ishii,Fetal diagnosis and therapy,Vol. 46,No. 6,p. 433-439,2019年
  • The Children's Hospital of Philadelphia,遠藤誠之,再生医療,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Gross image of vasa previa restored in the postpartum period,Matsuzaki,S. Kakigano,A. Mimura,K. Nagase,Y. Endo,M,Kimura, T,Clin Case Rep,Vol. 7,No. 2,p. 383-384,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Obstetric outcomes and acceptance of alternative therapies to blood transfusion by Jehovah's Witnesses in Japan: a single-center study.,Mie Tanaka,Shinya Matsuzaki,Masayuki Endo,Aiko Kakigano,Kazuya Mimura,Tsuyoshi Takiuchi,Tatsuya Miyake,Takuji Tomimatsu,Yutaka Ueda,Tadashi Kimura,International journal of hematology,Vol. 108,No. 4,p. 432-437,2018年10月,研究論文(学術雑誌)
  • An evident asymmetrical uterus during cesarean delivery,Kakigano,A. Matsuzaki,S. Jitsumori,M. Mimura,K. Endo,M,Kimura, T,Clin Case Rep,Vol. 6,No. 11,p. 2281-2282,2018年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 胎児発育不全の分娩方法:経腟分娩か、帝王切開か?,味村和哉,遠藤誠之,胎児発育不全 (池田智明. 金山尚裕. 関沢明彦編),2018年07月
  • 出生前診断された先天性横隔膜ヘルニア症例における出生時週数と児の予後に関する検討,川西 陽子,遠藤 誠之,甘利 昭一郎,臼井 規朗,内田 恵一,漆原 直人,岡和田 学,金森 豊,田口 智章,照井 慶太,豊島 勝昭,早川 昌弘,古川 泰三,横井 暁子,奥山 宏臣,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 536-536,2018年06月
  • Obstetric outcome in patients with a unicornuate uterus after laparoscopic resection of a rudimentary horn.,Masaaki Sawada,Aiko Kakigano,Shinya Matsuzaki,Tsuyoshi Takiuchi,Kazuya Mimura,Keiichi Kumasawa,Masayuki Endo,Yutaka Ueda,Kiyoshi Yoshino,Tadashi Kimura,The journal of obstetrics and gynaecology research,Vol. 44,No. 6,p. 1080-1086,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Arginase controls soluble vascular endothelial growth factor receptor 1 (sFlt1) to maintain pregnancy homeostasis.,Hiroko Tanaka,Keiichi Kumasawa,Aiko Kakigano,Kazuya Mimura,Masayuki Endo,Takuji Tomimatsu,Tadashi Kimura,Biochemical and biophysical research communications,Vol. 499,No. 2,p. 150-155,2018年05月05日,研究論文(学術雑誌)
  • Conservative management of placenta percreta,Shinya Matsuzaki,Kiyoshi Yoshino,Masayuki Endo,Aiko Kakigano,Tsuyoshi Takiuchi,Tadashi Kimura,International Journal of Gynecology and Obstetrics,John Wiley and Sons Ltd.,Vol. 140,No. 3,p. 299-306,2018年03月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Combination chemotherapy with irinotecan and gemcitabine for taxane/platinum-resistant/refractory ovarian and primary peritoneal cancer: a multicenter phase I/II trial (GOGO-Ov 6),Kiyoshi Yoshino,Shoji Kamiura,Takeshi Yokoi,Ruriko Nakae,Masami Fujita,Masahiko Takemura,Kazushige Adachi,Akinori Wakimoto,Takamichi Nishizaki,Yasuhiko Shiki,Tateki Tsutsui,Yuki Kanda,Eiji Kobayashi,Kae Hashimoto,Seiji Mabuchi,Yutaka Ueda,Kenjiro Sawada,Takuji Tomimatsu,Tadashi Kimura,Cancer Chemotherapy and Pharmacology,Springer Verlag,Vol. 80,No. 6,p. 1239-1247,2017年12月01日,研究論文(学術雑誌)
  • A case of laparoscopic surgery for endometrial cancer in a patient previously treated with a transvaginal mesh procedure for pelvic organ prolapse,Kiyoshi Yoshino,Eiji Kobayashi,Masayuki Endo,Mamoru Kakuda,Aiko Okada,Takuji Tomimatsu,Kenjiro Sawada,Masahiko Takemura,Tadashi Kimura,Gynecology and Minimally Invasive Therapy,Elsevier B.V.,Vol. 6,No. 4,p. 211-213,2017年11月01日,研究論文(学術雑誌)
  • 子宮収縮薬,川西陽子,遠藤誠之,木村 正,ペリネイタルケア,2017年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Investigation of perioperative complications associated with use of uterine compression sutures,Suzuki Y,Matsuzaki S,Mimura K,Kumasawa K,Tomimatsu T,Endo M,Kimura T,International Journal of Gynecology & Obstetrics,Vol. 139,No. 1,p. 28-33,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Pregnancy outcomes in women with different doses of corticosteroid supplementation during labor and delivery.,Owa T,Mimura K,Kakigano A,Matsuzaki S,Kumasawa K,Endo M,Tomimatsu T,Kimura T,Journal of Obstetrics and Gynaecology Research,Vol. 43,No. 7,p. 1132-1138,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • A case of acute Sheehan's syndrome and literature review: a rare but life-threatening complication of postpartum hemorrhage,Matsuzaki S,Endo M,Ueda Y,Mimura K,Kakigano A,Egawa-Takata T,Kumasawa K,Yoshino,BMC pregnancy and childbirth,Vol. 17,No. 1,2017年06月
  • Differential diagnosis of bilateral ovarian masses during pregnancy, and their hormonal effect,Masuda, T,Matsuzaki,S. Takiuchi,T. Endo,M. Tomimatsu,T. Kimura, T,Int J Reprod Contracept Obstet Gynecol,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Differential diagnosis of bilateral ovarian masses during pregnancy, and their hormonal effect,Masuda, T,Matsuzaki,S. Takiuchi,T. Endo,M. Tomimatsu,T. Kimura, T,Int J Reprod Contracept Obstet Gynecol,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Pathophysiology of preeclampsia: an angiogenic imbalance and long-lasting systemic vascular dysfunction.,Tomimatsu T,Mimura K,Endo M,Kumasawa K,Kimura T,Hypertension Research,Vol. 40,No. 4,p. 305-310,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Vasa previa with an intact amniotic membrane,Shinya Matsuzaki,Masayuki Endo,Tadashi Kimura,American Journal of Obstetrics and Gyneclogy,Vol. 216,No. 6,p. 616.e1-616.e2,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Treatment and repair of uterine scar dehiscence during cesarean section.,Sawada M,Matsuzaki S,Nakae R,Iwamiya T,Kakigano A,Kumasawa K,Ueda Y,Endo M,Kimura T,Clinical Case Reports,Vol. 5,No. 2,p. 145-149,2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Successful conservative management of placenta percreta: Investigation by serial magnetic resonance imaging of the clinical course and a literature review,Sawada,M. Matsuzaki,S. Mimura,K. Kumasawa,K. Endo,M. Kimura, T,The journal of obstetrics and gynaecology research,Vol. 42,No. 12,p. 1858-1863,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 妊婦のバルサルバ洞動脈瘤手術において心腔内超音波エコーカテーテルによる胎児モニターが有効であった1症例,安藝 裕子,井浦 晃,遠藤 誠之,大瀧 千代,藤野 裕士,分娩と麻酔,日本産科麻酔学会,No. 98,p. 140-143,2016年11月
  • Expression levels of ABCG2 on cord red blood cells and study of fetal anemia associated with anti-Jr(a).,Satoko Fujita,Hirokazu Kashiwagi,Takuji Tomimatsu,Shoichi Ito,Kazuya Mimura,Takeshi Kanagawa,Masayuki Endo,Tomomitsu Miyoshi,Yasushi Okamura,Yoshihiko Tani,Yoshiaki Tomiyama,Tadashi Kimura,Transfusion,Vol. 56,No. 5,p. 1171-81,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Placenta accreta following hysteroscopic myomectomy,Tanaka,M. Shinya,Matsuzaki Satoko,Matsuzaki Kakigano,A.Kumasawa,K. Ueda,Y. Endo,M. Kimura, T,Clinical case reports,Vol. 4,No. 6,p. 541-544,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Incidence and risk factors for recurrent spontaneous preterm birth: A retrospective cohort study in Japan,Michiko Yamashita,Shusaku Hayashi,Masayuki Endo,Kentaro Okuno,On Fukui,Kazuya Mimura,Yosuke Tachibana,Keisuke Ishii,Nobuaki Mitsuda,Tadashi Kimura,JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH,WILEY-BLACKWELL,Vol. 41,No. 11,p. 1708-1714,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Drug Repositioning for Preeclampsia Therapeutics by In Vitro Screening: Phosphodiesterase-5 Inhibitor Vardenafil Restores Endothelial Dysfunction via Induction of Placental Growth Factor.,Kakigano A,Tomimatsu T,Mimura K,Kanayama T,Fujita S,Minato K,Kumasawa K,Taniguchi Y,Kanagawa T,Endo M,Ishihara T,Namba T,Mizushima T,Kimura T,Reproductive Sciences,Vol. 22,No. 10,p. 1272-1280,2015年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Immune tolerance induction using fetal directed placental injection in rodent models: a murine model,Takahashi,K. Endo,M. Miyoshi,T. Tsuritani,M. Shimazu,Y. Hosoda,H. Saga,K. Tamai,K. Flake,A. W,Yoshimatsu,J,Kimura, T,PLoS One,Vol. 10,No. 4,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Abnormal pressure wave reflection in pregnant women with chronic hypertension: Association with maternal and fetal outcomes,Tomimatsu T,Fujime M,Kanayama T,Mimura K,Koyama S,Kanagawa T,Endo M,Shimoya K,Kimura T,Hypertens Res,Vol. 37,No. 11,p. 989-992,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Three-dimensional ultrasonography in the differential diagnosis of interstitial, angular pregnancy and intrauterine pregnancy in a septate uterus,Tanaka Y,Mimura K,Kanagawa T,Kajimoto E,Takahashi K,Kakigano A,Fujita S,Kinugasa-Taniguchi Y,Endo M,Kimura T,J Ultrasound Med,Vol. 33,No. 11,p. 2031-2035,2014年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Interstitial pregnancy resulting in a viable infant coexistent with massive perivillous fibrin deposition: a case report and literature review.,Yusuke Tanaka,Kazuya Mimura,Takeshi Kanagawa,Masahiro Nakayama,Shinya Matsuzaki,Yukiko Kinugasa-Taniguchi,Masayuki Endo,Tadashi Kimura,AJP reports,Vol. 4,No. 1,p. 29-32,2014年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Imbalance of angiogenic factors and avascular edematous cystic villi in a trisomy 13 pregnancy: A case report,A. Kakigano,K. Mimura,T. Kanagawa,M. Nakayama,T. Kanayama,S. Fujita,Y. Kinugasa-Taniguchi,M. Endo,T. Tomimatsu,T. Kimura,Placenta,Vol. 34,No. 7,p. 628-630,2013年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Hypoxic preconditioning increases triiodothyronine (T3) level in the developing rat brain.,Kenji Minato,Takuji Tomimatsu,Kazuya Mimura,Otgonbaatar Jugder,Aiko Kakigano,Tomoko Kanayama,Satoko Fujita,Yukiko Taniguchi,Takeshi Kanagawa,Masayuki Endo,Tadashi Kimura,Brain research,Vol. 1501,p. 89-97,2013年03月21日,研究論文(学術雑誌)
  • Short-term treatment of caffeine attenuates hypoxic ischemic brain damage in neonatal rats,Jugder O,Kanagawa T,Minato K,Mimura K,Kinugasa-Taniguchi Y,Endo M,Takuji T,Kimura T,Medical Journal of Osaka University,2013年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Normalisation of angiogenic imbalance after intra-uterine transfusion for mirror syndrome caused by parvovirus B19.,Satoko Goa,Kazuya Mimura,Aiko Kakigano,Takuji Tomimatsu,Yukiko Kinugasa-Taniguchi,Masayuki Endo,Takeshi Kanagawa,Tadashi Kimura,Fetal diagnosis and therapy,Vol. 34,No. 3,p. 176-9,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of hypothermia on neonatal hypoxic-ischemic brain injury in the rat: Phosphorylation of Akt, activation of caspase-3-like protease,Takuji Tomimatsu,Hirotsugu Fukuda,Masayuki Endo,Noriyoshi Watanabe,Junwu Mu,Masatomo Kohzuki,Eriko Fujii,Toru Kanzaki,Yuji Murata,Neuroscience Letters,Vol. 312,No. 1,p. 21-24,2001年10月12日,研究論文(学術雑誌)
  • Post-ischemic hypothermia blocks caspase-3 activation in the newborn rat brain after hypoxia-ischemia,Hirotsugu Fukuda,Takuji Tomimatsu,Noriyoshi Watanabe,Jun Wu Mu,Masatomo Kohzuki,Masayuki Endo,Eriko Fujii,Toru Kanzaki,Yuji Murata,Brain Research,Vol. 910,No. 1-2,p. 187-191,2001年08月10日,研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 【胎児発育とwell-beingから見た妊娠・分娩管理 FGR・胎児機能不全を優しく説明できる】胎児治療のいま,原 武也,遠藤 誠之,ペリネイタルケア,(株)メディカ出版,Vol. 38,No. 11,p. 1098-1101,2019年11月
  • アルギナーゼはsFlt1を制御し、妊娠の恒常性を維持する,田中 博子,熊澤 恵一,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 26,p. 66-66,2019年09月
  • sFlt-1/PlGF比の妊娠高血圧腎症鑑別の有用性について,前田 通秀,中川 慧,伊藤 風太,川西 陽子,中塚 えりか,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 26,p. 76-76,2019年09月
  • 当院での産科出血症例に関する検討,大井 和哉,竹川 良介,光山 裕美,吉矢 和久,味村 和哉,遠藤 誠之,小倉 裕司,木村 正,嶋津 岳士,日本救急医学会雑誌,(一社)日本救急医学会,Vol. 30,No. 9,p. 668-668,2019年09月
  • 多職種連携型グリーフケアへの試み 出生前診断のグリーフケア認定遺伝カウンセラーができること,米井 歩,佐藤 友紀,遠藤 誠之,管生 聖子,金井 講治,中本 剛二,安井 眞奈美,高橋 正紀,酒井 規夫,望月 秀樹,日本遺伝カウンセリング学会誌,日本遺伝カウンセリング学会,Vol. 40,No. 2,p. 170-170,2019年07月
  • 当院における凝固因子異常合併妊娠についての後方視的検討,山本 実咲,中川 慧,古谷 毅一郎,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 432-432,2019年06月
  • 複数回の頸管拡張は分娩時間を短縮させるか?妊娠中期の中絶や流産処置を行った238例の検討,味村 和哉,遠藤 誠之,川西 陽子,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 513-513,2019年06月
  • 当院における前置胎盤の止血法の変化に伴う手術成績の変化,原 武也,松崎 慎哉,中川 慧,古谷 毅一郎,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 517-517,2019年06月
  • 内子宮口近傍に臍帯刺入部がある臍帯卵膜付着に臍帯下垂が持続した症例,小和 貴雄,味村 和哉,谷口 茉利子,祝 小百合,岡田 愛子,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 549-549,2019年06月
  • 産褥期に発症した可逆性脳血管攣縮症候群の1例,谷口 茉利子,柿ヶ野 藍子,三宅 達也,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 559-559,2019年06月
  • 胎内診断が可能であった先天性白内障の1例,祝 小百合,遠藤 誠之,谷口 茉利子,川西 陽子,岡田 愛子,小和 貴雄,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 568-568,2019年06月
  • 先天性左横隔膜ヘルニア胎児に対する胎児鏡下気管閉塞術と待期的管理のランダム化比較試験,和田 誠司,杉林 里佳,小澤 克典,佐藤 正規,金森 豊,伊藤 裕司,遠藤 誠之,奥山 宏臣,笹原 淳,臼井 規朗,小谷 友美,早川 昌弘,加藤 聖子,田口 智章,左合 治彦,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 573-573,2019年06月
  • Persistent episiotomy granulation polypに対して焼灼術が著効した一例,岡田 愛子,遠藤 誠之,谷口 茉利子,祝 小百合,川西 陽子,小和 貴雄,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 584-584,2019年06月
  • MRI画像における子宮筋層前壁の静脈うっ滞114症例の検討,來間 愛里,味村 和哉,川西 陽子,中川 慧,古谷 毅一郎,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 673-673,2019年06月
  • 当院での卵子提供妊娠における周産期予後の検討,伴田 美佳,瀧内 剛,谷口 英俊,高橋 直子,三宅 達也,荒堀 仁美,北畠 康司,古谷 毅一郎,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 677-677,2019年06月
  • 胎児輸血と交換輸血によって出生に成功した、高力価抗Rh17(抗Hro)による新生児溶血性疾患(HDFN)の1例,櫻木 美基子,味村 和哉,中山 小太郎純友,細川 美香,中尾 まゆみ,森川 珠世,清川 知子,青地 寛,永峰 啓丞,遠藤 誠之,木村 正,冨山 佳昭,日本輸血細胞治療学会誌,(一社)日本輸血・細胞治療学会,Vol. 65,No. 3,p. 699-699,2019年06月
  • 子宮内胎児発育不全に対するタダラフィル投与の有効性および安全性に関する臨床試験 第2相多施設共同試験,真木 晋太郎,田中 博明,辻 誠,古橋 芙美,真川 祥一,二井 理文,田中 佳世,小谷 友美,遠藤 誠之,関沢 明彦,木村 正,池田 智明,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 442-442,2019年06月
  • 妊娠高血圧症候群に対するタダラフィル治療 多施設ランダム化臨床試験(MIE2試験),古橋 芙美,田中 博明,金田 倫子,二井 理文,田中 佳世,小谷 友美,遠藤 誠之,関沢 明彦,木村 正,池田 智明,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 663-663,2019年06月
  • 胎児期に食道閉鎖症が疑われた先天性咽頭閉鎖症で緊急気管切開を要した1例,當山 千巌,田附 裕子,高間 勇一,辻田 麻友子,谷口 英俊,北畠 康司,遠藤 誠之,奥山 宏臣,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 55,No. 2,p. 538-538,2019年06月
  • 子宮圧迫止血縫合専用針を用いたvertical compression sutureは前置胎盤の手術成績を有意に改善させる,原 武也,松崎 慎哉,中川 慧,中塚 えりか,古谷 毅一郎,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 71,No. 2,p. 206-206,2019年05月
  • 妊娠中に再発性多発軟骨炎を発症し、気管切開を実施の上、正常経腟分娩に至った1例,來間 愛里,柿ヶ野 藍子,川西 陽子,中塚 えりか,古谷 毅一郎,三宅 達也,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 71,No. 2,p. 207-207,2019年05月
  • 経腟分娩後に胎盤剥離困難であった子宮角部妊娠に対し保存的加療を行い子宮温存できた1例,吉野 愛,中塚 えりか,中川 慧,古谷 毅一郎,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 71,No. 2,p. 216-216,2019年05月
  • 産褥期に発症した血栓性微小血管症(TMA)の関与を示唆するHELLP症候群に対し、早期の介入を行い良好な予後を得た1例,小川 美祈,柿ヶ野 藍子,中川 慧,中塚 えりか,古谷 毅一郎,三宅 達也,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 71,No. 2,p. 221-221,2019年05月
  • 子宮内胎児発育不全に対するタダラフィルの経母体投与の有効性・安全性に関する研究 第II相多施設共同試験,真木 晋太郎,田中 博明,辻 誠,古橋 芙美,真川 祥一,二井 理文,田中 佳世,小谷 友美,遠藤 誠之,関沢 明彦,木村 正,池田 智明,日本産婦人科・新生児血液学会誌,日本産婦人科・新生児血液学会,Vol. 29,No. 1,p. S-47,2019年05月
  • 子宮圧迫止血縫合専用針を用いたvertical compression sutureは前置胎盤の手術成績を有意に改善させる,原 武也,松崎 慎哉,中川 慧,中塚 えりか,古谷 毅一郎,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 71,No. 2,p. 206-206,2019年05月
  • 妊娠中に再発性多発軟骨炎を発症し、気管切開を実施の上、正常経腟分娩に至った1例,來間 愛里,柿ヶ野 藍子,川西 陽子,中塚 えりか,古谷 毅一郎,三宅 達也,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 71,No. 2,p. 207-207,2019年05月
  • 経腟分娩後に胎盤剥離困難であった子宮角部妊娠に対し保存的加療を行い子宮温存できた1例,吉野 愛,中塚 えりか,中川 慧,古谷 毅一郎,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 71,No. 2,p. 216-216,2019年05月
  • 産褥期に発症した血栓性微小血管症(TMA)の関与を示唆するHELLP症候群に対し、早期の介入を行い良好な予後を得た1例,小川 美祈,柿ヶ野 藍子,中川 慧,中塚 えりか,古谷 毅一郎,三宅 達也,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 71,No. 2,p. 221-221,2019年05月
  • 【小児脳神経外科】脊髄髄膜瘤胎児手術の現状と展望,遠藤 誠之,香川 尚己,奥山 宏臣,和田 誠司,左合 治彦,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 28,No. 4,p. 205-210,2019年04月
  • 【産婦人科救急・当直対応マニュアル】救急外来・当直に備えた心構え 分娩当直での心得,遠藤 誠之,臨床婦人科産科,(株)医学書院,Vol. 73,No. 4,p. 16-19,2019年04月
  • 高力価抗Rh17(抗Hro)を有するD--型の母親からの出生に成功した、胎児・新生児溶血性疾患(HDFN)の一例 当院での対応と工夫,櫻木 美基子,味村 和哉,中山 小太郎純友,細川 美香,中尾 まゆみ,森川 珠世,清川 知子,青地 寛,永峰 啓丞,遠藤 誠之,木村 正,冨山 佳昭,日本輸血細胞治療学会誌,(一社)日本輸血・細胞治療学会,Vol. 65,No. 2,p. 368-368,2019年04月
  • 【小児脳神経外科】 脊髄髄膜瘤胎児手術の現状と展望,遠藤 誠之,香川 尚己,奥山 宏臣,和田 誠司,左合 治彦,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 28,No. 4,p. 205-210,2019年04月
  • 妊娠高血圧症候群に対するタダラフィル治療の有効性 多施設ランダム化比較試験(MIEII試験),古橋 芙美,池田 智明,田中 博明,辻 誠,真川 祥一,真木 晋太郎,二井 理文,田中 佳世,小谷 友美,遠藤 誠之,関沢 明彦,木村 正,MIE2 Study Group,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 71,No. 臨増,p. S-379,2019年02月
  • 子宮内胎児発育不全に対するタダラフィルの経母体投与の有効性および安全性に関する臨床試験 第II相多施設共同試験(TADAFER II),真木 晋太郎,池田 智明,田中 博明,辻 誠,古橋 芙美,真川 祥一,二井 理文,田中 佳世,小谷 友美,遠藤 誠之,関沢 明彦,木村 正,TADAFER Study Group,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 71,No. 臨増,p. S-477,2019年02月
  • 当産婦人科教室における女性医師の出産,育児と仕事の両立に関する実態調査,岡田 愛子,遠藤 誠之,小玉 美智子,橋本 奈美子,雨宮 京夏,甲村 弘子,中本 剛二,安井 眞奈美,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 71,No. 臨増,p. S-495,2019年02月
  • 妊娠高血圧症候群に対するタダラフィル治療の有効性 多施設ランダム化比較試験(MIEII試験),古橋 芙美,池田 智明,田中 博明,辻 誠,真川 祥一,真木 晋太郎,二井 理文,田中 佳世,小谷 友美,遠藤 誠之,関沢 明彦,木村 正,MIE,Study Group,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 71,No. 臨増,p. S-379,2019年02月
  • 子宮内胎児発育不全に対するタダラフィルの経母体投与の有効性および安全性に関する臨床試験 第II相多施設共同試験(TADAFER II),真木 晋太郎,池田 智明,田中 博明,辻 誠,古橋 芙美,真川 祥一,二井 理文,田中 佳世,小谷 友美,遠藤 誠之,関沢 明彦,木村 正,TADAFER Study Group,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 71,No. 臨増,p. S-477,2019年02月
  • 当産婦人科教室における女性医師の出産,育児と仕事の両立に関する実態調査,岡田 愛子,遠藤 誠之,小玉 美智子,橋本 奈美子,雨宮 京夏,甲村 弘子,中本 剛二,安井 眞奈美,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 71,No. 臨増,p. S-495,2019年02月
  • 全肝脱出型巨大臍帯ヘルニアに横隔膜弛緩症と先天性横隔膜ヘルニアを合併したが人工呼吸器離脱に成功した一例,福井裕香,谷口英俊,辻田麻友子,神原正宜,荒堀仁美,味村和哉,遠藤誠之,田附裕子,北畠康司,木村正,奥山宏臣,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 4,p. 1088-1093,2018年12月
  • 胎児治療 これからの胎児治療 幹細胞移植,遺伝子治療,遠藤 誠之,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 70,No. 11,p. 2404-2407,2018年11月
  • 胎児死亡を合併した常位胎盤早期剥離の10症例について,河田 真由子,味村 和哉,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 25,p. 81-81,2018年11月
  • FGR症例における分娩誘発時のオキシトシン中止についての検討,祝 小百合,味村 和哉,柿ヶ野 藍子,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 25,p. 89-89,2018年11月
  • クアトロテスト陽性でpreeclampsiaを発症した3例の検討,岡田 愛子,味村 和哉,谷口 茉利子,祝 小百合,川西 陽子,小和 貴雄,柿ヶ野 藍子,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 25,p. 90-90,2018年11月
  • 水頭症、胎児発育不全を伴った重症妊娠高血圧腎症・産褥HELLP症候群の一例,小和 貴雄,味村 和哉,谷口 茉利子,川西 洋子,祝 小百合,岡田 愛子,柿ヶ野 藍子,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 25,p. 90-90,2018年11月
  • Breus' moleにHELLP症候群を合併した一例,船内 雅史,古谷 毅一郎,川西 陽子,三宅 達也,中塚 えりか,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,富松 拓治,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 25,p. 91-91,2018年11月
  • 当院での卵子提供妊娠における妊娠高血圧症候群発症に関する検討,伴田 美佳,古谷 毅一郎,瀧内 剛,高橋 直子,三宅 達也,松崎 慎哉,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 25,p. 99-99,2018年11月
  • 新規炎症マーカーであるLRG(leucine richα2 glycoprotein)の子宮内胎児感染における有用性,梶本 恵津子,藤本 穣,松崎 慎哉,遠藤 誠之,世良田 聡,木村 正,仲 哲治,日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集,日本臨床免疫学会,Vol. 46回,p. 132-132,2018年11月
  • 若手による最新知見の紹介 子宮内胎児発育不全に対するタダラフィルの経母体投与による有効性および安全性に関する臨床試験 多施設共同第2相試験(TADAFER II),真木 晋太郎,田中 博明,古橋 芙美,真川 祥一,二井 理文,金田 倫子,田中 世,仲村 将光,小谷 友美,遠藤 誠之,関沢 明彦,木村 正,池田 智明,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 25,p. 44-44,2018年11月
  • 妊娠高血圧症候群に対するタダラフィル治療 多施設ランダム化臨床試験(MIE2試験),古橋 芙美,田中 博明,真川 祥一,真木 晋太郎,田中 佳世,小谷 友美,遠藤 誠之,関沢 明彦,木村 正,池田 智明,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 25,p. 75-75,2018年11月
  • 胎児治療 : Fetus as a patient,遠藤誠之,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 70,No. 3,p. 323-327,2018年09月
  • 【ここまで進んだ胎児治療】先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児鏡下気管閉塞術の適応と実際,和田 誠司,室本 仁,杉林 里佳,小澤 克典,遠藤 誠之,左合 治彦,産科と婦人科,(株)診断と治療社,Vol. 85,No. 9,p. 1063-1067,2018年09月
  • 脊髄髄膜瘤を合併した13トリソミーに対し脳神経外科手術を行なった1例,坂口仁美,谷口英俊,神原正宜,辻田麻友子,荒堀仁美,北畠康司,味村和哉,遠藤誠之,木村 正,香川尚己,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 497-497,2018年07月
  • Uterine compression sutureに伴う周術期合併症の検討,澤田 真明,松崎 慎哉,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,産婦人科手術,(株)メジカルビュー社,No. 29,p. 126-126,2018年06月
  • 骨盤臓器脱に対する腟閉鎖術後の再発防止に対する会陰形成術の効果,竹村 昌彦,脇本 哲,遠藤 誠之,神田 瑞希,伊藤 風太,松山 達也,金森 玲,島津 由起子,田口 貴子,隅蔵 智子,岩宮 正,産婦人科手術,(株)メジカルビュー社,No. 29,p. 130-130,2018年06月
  • 妊娠初期における妊婦のリスク評価と具体的対策,遠藤誠之,週刊日本医事新報,(株)日本医事新報社,No. 4913,p. 28-31,2018年06月
  • 前置胎盤に対する産褥子宮全摘術後の病理組織検査で子宮体癌が判明した1例,塩見 真由,松崎 慎哉,田中 稔恵,澤田 真明,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 521-521,2018年06月
  • 先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児鏡下気管閉塞術の早期安全性試験,和田 誠司,杉林 里佳,小澤 克典,佐藤 正規,金森 豊,伊藤 裕司,遠藤 誠之,奥山 宏臣,笹原 淳,臼井 規朗,小谷 友美,早川 昌弘,加藤 聖子,田口 智章,左合 治彦,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 536-536,2018年06月
  • 当院においてBakriバルーンを用いた症例の後方視的検討,八木 一暢,松崎 慎哉,三宅 達也,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,熊沢 恵一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 557-557,2018年06月
  • 子宮内膜症により子宮背面が癒着した前置胎盤症例はMRI所見で予見できるか?,岡田 愛子,松崎 慎哉,川西 陽子,小和 貴雄,梶本 恵津子,田中 博子,柿ヶ野 藍,味村 和哉,遠藤 誠之,冨松 拓治,荻田 和秀,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 559-559,2018年06月
  • 胎児死亡を合併した常位胎盤早期剥離の9症例について,河田 真由子,味村 和哉,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,富松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 560-560,2018年06月
  • 当院における妊娠中期の中絶や流産処置を行った335例の検討,味村 和哉,遠藤 誠之,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,熊澤 恵一,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 608-608,2018年06月
  • 新規炎症マーカーであるLRG(leucine rich α2 glycoprotein)の子宮内胎児感染における有用性,梶本 恵津子,遠藤 誠之,松崎 慎哉,川西 陽子,岡田 愛子,小和 貴雄,田中 博子,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,冨松 拓治,世良田 聡,藤本 穣,仲 哲治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 639-639,2018年06月
  • 当院における過去10年間に発症した周産期肺水腫の後方視的検討,志村 寛子,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 679-679,2018年06月
  • 妊娠中に初めて診断された巨大腎血管筋脂肪腫合併妊娠の1例,祝 小百合,柿ヶ野 藍子,三宅 達也,瀧内 剛,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 700-700,2018年06月
  • 担癌患者の妊娠症例に関する後方視的検討,柿ヶ野 藍子,三宅 達也,瀧内 剛,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 701-701,2018年06月
  • 前置癒着胎盤の子宮内胎児死亡症例に対して待機療法後経腟分娩を行った1例,谷口 茉利子,松崎 慎哉,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 739-739,2018年06月
  • 当科における児頭陥入後の帝王切開術を安全に行う上での取り組みについて,志村 宏太郎,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科手術,(株)メジカルビュー社,No. 29,p. 126-126,2018年06月
  • 当院においてBakriバルーンを用いた症例の後方視的検討,八木 一暢,松崎 慎哉,三宅 達也,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,熊沢 恵一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 557-557,2018年06月
  • 胎児死亡を合併した常位胎盤早期剥離の9症例について,河田 真由子,味村 和哉,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,富松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 560-560,2018年06月
  • 当院における妊娠中期の中絶や流産処置を行った335例の検討,味村 和哉,遠藤 誠之,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,熊澤 恵一,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 608-608,2018年06月
  • 当院における過去10年間に発症した周産期肺水腫の後方視的検討,志村 寛子,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 679-679,2018年06月
  • 妊娠中に初めて診断された巨大腎血管筋脂肪腫合併妊娠の1例,祝 小百合,柿ヶ野 藍子,三宅 達也,瀧内 剛,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 700-700,2018年06月
  • 担癌患者の妊娠症例に関する後方視的検討,柿ヶ野 藍子,三宅 達也,瀧内 剛,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 54,No. 2,p. 701-701,2018年06月
  • 時間軸に着目した常位胎盤早期剥離の予後決定因子 OGCS共同研究,金川 武司,石井 桂介,中本 收,遠藤 誠之,荻田 和秀,竹村 昌彦,吉松 淳,光田 信明,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 70,No. 2,p. 218-218,2018年05月
  • 卵巣癌術後再発合併妊娠に対し化学療法を実施し、生児を得た1例,伴田 美佳,三宅 達也,澤田 健二郎,中塚 えりか,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 70,No. 2,p. 222-222,2018年05月
  • 分娩後に網膜剥離を発症した妊娠高血圧腎症の1例,角田 紗保里,柿ヶ野 藍子,中塚 えりか,三宅 達也,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 70,No. 2,p. 224-224,2018年05月
  • 当院における無痛分娩の検討,小谷 知紘,橋本 香映,中塚 えりか,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,味村 和也,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 70,No. 2,p. 237-237,2018年05月
  • 大学病院における分娩方法と産褥熱の発症頻度の関連の検討,白川 透,遠藤 誠之,高橋 直子,味村 和哉,三宅 達也,中塚 えりか,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,熊澤 恵一,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 70,No. 2,p. 237-237,2018年05月
  • 常位胎盤早期剥離に関する情報提供および妊婦知識の現状 OGCS共同研究,金川 武司,石井 桂介,中本 收,遠藤 誠之,荻田 和秀,竹村 昌彦,吉松 淳,光田 信明,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 70,No. 2,p. 247-247,2018年05月
  • 妊娠後期のNIPTにてTrisomy13陽性となり、診断確定前の管理方針に苦慮した1例,鈴木 敦子,味村 和哉,三宅 達也,中塚 えりか,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 70,No. 2,p. 253-253,2018年05月
  • 今、専門学会では何が話題なのか?【第5回】日本胎児治療学会第14回日本胎児治療学会学術集会 Extracorporeal Support of the Premature Infant: Extending Fetal Physiology Beyond the Womb,遠藤 誠之,周産期医学,(株)東京医学社,Vol. 48,No. 5,p. 610-611,2018年05月
  • 日本胎児治療学会 第14回日本胎児治療学会学術集会,遠藤誠之,周産期医学,(株)東京医学社,Vol. 48,No. 5,p. 612-613,2018年05月
  • 妊娠中に初めて診断された巨大腎血管筋脂肪腫合併妊娠の1例,祝 小百合,柿ヶ野 藍子,中塚 えりか,三宅 達也,瀧内 剛,松房 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 70,No. 2,p. 222-222,2018年05月
  • これからの胎児治療:幹細胞移植,遺伝子治療,遠藤 誠之,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 70,No. 2,p. 429-429,2018年02月
  • Robson分類による分娩の評価,清水 亜麻,味村 和哉,三宅 達也,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,脇本 哲,田口 貴子,竹村 昌彦,冨松 拓治,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 70,No. 2,p. 883-883,2018年02月
  • 抗Jra抗体による血液型不適合妊娠の臨床的特徴,藤川 恵理,金川 武司,味村 和哉,笹原 淳,石井 桂介,遠藤 誠之,木村 正,光田 信明,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 70,No. 2,p. 899-899,2018年02月
  • Mesenchymal stem cell can induce offspirng's immune tolerance against non-inherited antigens in murine Maternal-to-Fetal microchimeric model,OKADA Aiko,ENDO Masayuki,SASANO Kei,KAWANISHI Yoko,OWA Takao,KAJIMOTO Etsuko,TANAKA Hiroko,KAKIGANO Aiko,MIMURA Kazuya,TOMIMATSU Takuji,TAMAI Katsuto,KIMURA Tadashi,日本産科婦人科学会雑誌,Vol. 70,No. 2,2018年02月01日
  • 常位胎盤早期剥離の搬送、システム 時間軸に着目した常位胎盤早期剥離の予後決定因子 迅速な搬送を目指した大阪府での多施設共同研究,金川 武司,光田 信明,石井 桂介,中本 收,遠藤 誠之,荻田 和秀,竹村 昌彦,吉松 淳,志村 研太郎,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 別冊,p. 26-27,2018年01月
  • 胎児治療,遠藤 誠之,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 3,p. 757-765,2017年09月
  • 加重型妊娠高血圧症候群の予後 多施設後方視的解析,味村 和哉,林 周作,奥野 健太郎,谷口 友基子,前中 隆秀,遠藤 誠之,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 24,p. 70-70,2017年09月
  • 産科医療補償制度に学ぶ 助産師のための妊娠・分娩マネジメント講座(第7回) 子宮収縮薬,川西 陽子,遠藤 誠之,木村 正,ペリネイタルケア,(株)メディカ出版,Vol. 36,No. 8,p. 793-797,2017年08月
  • フィラデルフィア小児病院での脊髄髄膜瘤胎内手術の実際,遠藤誠之,和田誠司,荻原英樹,佐合治彦,小児の脳神経,(一社)日本小児神経外科学会,Vol. 42,No. 3,p. 247-260,2017年07月
  • 胎児期幹細胞移植の現状と将来,遠藤誠之,医学のあゆみ,医歯薬出版(株),Vol. 261,No. 13,p. 1229-1234,2017年06月
  • 子宮底部横切開の安全性・有用性における後方視的検討,澤田 真明,松崎 慎哉,木瀬 康人,松本 有里,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科手術,(株)メジカルビュー社,No. 28,p. 166-166,2017年06月
  • 新規炎症マーカーであるLRG(leucine rich α2 glycoprotein)の周産期領域における有用性の検討,梶本 恵津子,遠藤 誠之,松崎 慎哉,高山 達,茨 聡,世良田 聡,仲 哲治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 512-512,2017年06月
  • 副角子宮における周産期予後および分娩様式の検討,澤田 真明,松崎 慎哉,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 541-541,2017年06月
  • 妊娠28週で深部静脈血栓/肺塞栓/心房内血栓症のため開胸血栓除去術を行い妊娠40週で経腟分娩に至った1例,川西 陽子,味村 和哉,松崎 慎哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 668-668,2017年06月
  • 胎児共存奇胎とその鑑別を要した6症例の検討,味村 和哉,遠藤 誠之,柿ヶ野 藍子,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 694-694,2017年06月
  • 当院で経験した宗教的輸血拒否の親を持つ43例の検討,山本 哲史,荒堀 仁美,神原 正宜,辻田 麻友子,甲斐 明彦,北畠 康司,遠藤 誠之,和田 和子,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 733-733,2017年06月
  • 当院における妊娠中期中絶症例について,遠藤 誠之,松崎 慎哉,熊澤 惠一,味村 和哉,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 659-659,2017年06月
  • 分娩後大量出血に対する子宮動脈塞栓術により内側の大部分が壊死した子宮を温存し、月経が再開した一例,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 687-687,2017年06月
  • 妊娠18週で重症妊娠高血圧腎症を発症し、中期中絶となった巨大絨毛膜下血腫(Breus' mole)の一例,塩見 真由,山下 紗弥,甲村 奈緒子,角田 守,瀧内 剛,味村 和哉,松崎 慎哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 693-693,2017年06月
  • エホバの証人の分娩転帰,田中 稔恵,松崎 慎哉,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 729-729,2017年06月
  • 胎児発育不全の管理と予後予想因子についての検討,小和 貴雄,味村 和哉,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 53,No. 2,p. 739-739,2017年06月
  • 副角子宮の周産期予後および分娩様式の検討,澤田 真明,松崎 慎哉,柿ヶ野 藍子,岩宮 正,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 210-210,2017年05月
  • 妊娠28週に深部静脈血栓・肺塞栓・心房内血栓症で開胸血栓除去術を行った1例,川西 陽子,味村 和哉,岩宮 正,松崎 慎哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 212-212,2017年05月
  • 「医学生のための産婦人科セミナー2017」に参加して,西澤 日花里,勝二 達也,橘 大介,遠藤 誠之,岡本 敦子,劉 昌恵,木戸 健陽,高畑 暁,村上 幸祐,葉 宜慧,徳山 治,柳井 咲花,角田 守,梶本 恵津子,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 241-241,2017年05月
  • 部分胞状奇胎疑いでの人工妊娠中絶後、間葉性異形成胎盤との診断に至った1例,香林 正樹,遠藤 誠之,岩宮 正,瀧内 剛,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 213-213,2017年05月
  • 頸管縫縮術後の前置癒着胎盤に対し一期的子宮摘出術を行ったのちに腟断端膿瘍を呈し保存的に加療しえた症例,増田 達郎,松崎 慎哉,岩宮 正,瀧内 剛,味村 和哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 217-217,2017年05月
  • 双胎妊娠一児無脳症の2症例,中江 彩,味村 和哉,岩宮 正,瀧内 剛,松崎 慎哉,熊澤 恵一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 223-223,2017年05月
  • 当院における胎児染色体異常症例の転帰について,遠藤 誠之,松崎 慎哉,熊澤 惠一,味村 和哉,岩宮 正,瀧内 剛,香林 正樹,甲村 奈緒子,中江 彩,増田 達郎,村上 淳子,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 224-224,2017年05月
  • 遺伝性OTC欠損症に罹患した胎児をもつ妊婦の1例について,国本 沙紀,遠藤 誠之,松崎 慎哉,熊澤 惠一,味村 和哉,岩宮 正,瀧内 剛,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 226-226,2017年05月
  • 産褥出血の子宮内血液貯留に対するMVAキットの使用経験,村上 淳子,松崎 慎哉,甲村 奈緒子,中江 彩,貫井 李沙,増田 達郎,山下 紗弥,岩宮 正,瀧内 剛,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 228-228,2017年05月
  • 大学病院での1ヵ月の産婦人科選択実習を経て,清田 敦子,遠藤 誠之,松崎 慎哉,熊澤 惠一,味村 和哉,岩宮 正,瀧内 剛,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 69,No. 2,p. 241-241,2017年05月
  • 胎児遺伝子治療,遠藤誠之,周産期医学,(株)東京医学社,Vol. 47,No. 4,p. 571-576,2017年04月
  • 胎児期の肺動脈血流波形評価による先天性横隔膜ヘルニア予後予測,金川 武司,臼井 規朗,味村 和哉,笹原 淳,遠藤 誠之,石井 桂介,木村 正,光田 信明,超音波医学,(公社)日本超音波医学会,Vol. 44,No. Suppl.,p. S554-S554,2017年04月
  • 脊髄髄膜瘤の胎児手術,和田 誠司,荻原 英樹,遠藤 誠之,左合 治彦,小児の脳神経,(一社)日本小児神経外科学会,Vol. 42,No. 1,p. 15-20,2017年02月
  • 子宮底部横切開を行った30例の後方視的検討,澤田 真明,松崎 慎哉,木瀬 康人,岩宮 正,味村 和哉,熊澤 惠一,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 69,No. 2,p. 965-965,2017年02月
  • 胎児脊髄髄膜瘤に関する全国実態調査報告,高橋 由佳,和田 誠司,宮 美智子,杉林 里佳,小澤 克典,遠藤 誠之,左合 治彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 69,No. 2,p. 1006-1006,2017年02月
  • 生体肝移植に適したドナー不在であるオルニチントランスカルバミラーゼ(OTC)欠損症罹患男児のプレネイタルカウンセリング,荒堀仁美,荒堀仁美,西尾瞳,西尾瞳,米井歩,米井歩,澁谷与扶子,近藤秀仁,白神美智恵,佐藤友紀,佐藤友紀,味村和哉,別所一彦,遠藤誠之,奥山宏臣,酒井規夫,酒井規夫,酒井規夫,日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集,Vol. 62nd,2017年
  • 産科編 EXIT(Ex Utero Intrapartum Treatment) Procedure,遠藤 誠之,周産期医学,(株)東京医学社,Vol. 46,No. 増刊,p. 476-479,2016年12月
  • 胎児治療最前線,遠藤 誠之,日本臨床麻酔学会誌,日本臨床麻酔学会,Vol. 36,No. 6,p. S131-S131,2016年10月
  • 子宮脱に対するTVM手術既往のある子宮体癌患者に対して腹腔鏡下根治術を行なった1例,吉野 潔,小林 栄仁,遠藤 誠之,角田 守,岡田 愛子,冨松 拓治,澤田 健二郎,竹村 昌彦,木村 正,日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,(一社)日本産科婦人科内視鏡学会,Vol. 32,No. Suppl.I,p. 264-264,2016年08月
  • 先天性横隔膜ヘルニアの胎児診断から再生医療まで 先天性横隔膜ヘルニアの胎児診断と胎児治療,和田 誠司,杉林 里佳,小澤 克典,遠藤 誠之,左合 治彦,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 52,No. 2,p. 468-468,2016年06月
  • 胎児手術の最新の話題 新しい胎児治療法と日本における展開 幹細胞を用いた胎児治療,遠藤 誠之,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 52,No. 2,p. 490-490,2016年06月
  • 当院にて臨床心理士同席でプレネイタルカウンセリングを行った13症例の検討,荒堀 仁美,岡崎 容子,北畠 康司,遠藤 誠之,和田 和子,奥山 宏臣,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 52,No. 2,p. 566-566,2016年06月
  • 心不全を合併した頭蓋外先天性動静脈奇形合併妊娠の1例,山田 光泰,柿ヶ野 藍子,松本 有里,高田 友美,松崎 慎哉,熊澤 惠一,香山 晋輔,遠藤 誠之,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 68,No. 2,p. 177-177,2016年05月
  • 子宮頸部静脈瘤を合併した全前置胎盤の1例,田中 稔恵,松崎 慎哉,鈴木 陽介,柿ヶ野 藍子,松本 有里,高田 友美,熊澤 惠一,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 68,No. 2,p. 188-188,2016年05月
  • 癒着胎盤を合併した子宮間質部妊娠に対し、保存療法にて管理しえた2症例,澤田 真明,松崎 慎哉,味村 和哉,田中 佑典,塩見 真由,柿ヶ野 藍子,松本 有里,高田 友美,熊澤 惠一,香山 晋輔,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 68,No. 2,p. 190-190,2016年05月
  • 臍帯潰瘍からの大量失血により児貧血となった胎児小腸閉鎖の1例,塩見 真由,遠藤 誠之,柿ヶ野 藍子,松本 有里,松崎 慎哉,高田 友美,熊澤 恵一,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 68,No. 2,p. 207-207,2016年05月
  • 【先天性横隔膜ヘルニア最新の治療と今後の課題】胎児治療の現状 世界の趨勢,遠藤 誠之,和田 誠司,左合 治彦,木村 正,新生児先天性横隔膜ヘルニア研究グループ,小児外科,(株)東京医学社,Vol. 48,No. 5,p. 438-444,2016年05月
  • 【先天性横隔膜ヘルニア最新の治療と今後の課題】胎児治療の現状 わが国の現状,左合 治彦,和田 誠司,遠藤 誠之,小児外科,(株)東京医学社,Vol. 48,No. 5,p. 445-449,2016年05月
  • 【先天性横隔膜ヘルニア最新の治療と今後の課題】胎児診断による重症度分類,和田 誠司,杉林 里佳,小澤 克典,遠藤 誠之,左合 治彦,小児外科,(株)東京医学社,Vol. 48,No. 5,p. 450-454,2016年05月
  • 【多胎妊娠を極める-膜性診断から胎児治療、妊婦のサポートまで-】多胎の妊娠管理 無心体双胎に対する治療(侵襲・非侵襲),山田 光泰,遠藤 誠之,柿ヶ野 藍子,杉林 里佳,産婦人科の実際,金原出版(株),Vol. 65,No. 5,p. 533-538,2016年05月
  • 一卵性の二絨毛膜二羊膜双胎妊娠で、両児が軟骨無形成症であった症例,李 享相,瀧内 剛,遠藤 誠之,柿ヶ野 藍子,松本 有里,高田 友美,松崎 慎哉,熊澤 惠一,夫 律子,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 68,No. 2,p. 208-208,2016年05月
  • 巨大気管支動脈瘤合併妊娠の1例,福田 弥生,松本 有里,東原 大樹,新谷 康,柿ヶ野 藍子,高田 友美,松崎 慎哉,熊澤 惠一,香山 晋輔,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 68,No. 2,p. 174-174,2016年05月
  • 頸部筋腫を伴う閉経前骨盤臓器脱に対する腹腔鏡下仙骨腟固定術の1例,田中 あすか,岩宮 正,増田 達郎,川西 陽子,山田 光泰,前中 隆秀,田中 江里子,大山 拓真,遠藤 誠之,竹村 昌彦,日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,(一社)日本産科婦人科内視鏡学会,Vol. 31,No. 2,p. 412-416,2016年03月
  • 非侵襲的出生前遺伝学的検査の実態・問題点と今後の展望,左合 治彦,遠藤 誠之,日本医事新報,(株)日本医事新報社,No. 4763,p. 59-60,2015年08月
  • 妊娠高血圧症候群の早発型は妊娠32週未満か妊娠34週未満か? 多施設後方視的解析,味村 和哉,高岡 幸,橘 陽介,奥野 健太郎,林 周作,福井 温,遠藤 誠之,木村 正,日本妊娠高血圧学会雑誌,日本妊娠高血圧学会,Vol. 22,p. 97-97,2015年08月
  • 胎児治療の現状,金川 武司,遠藤 誠之,日本医事新報,(株)日本医事新報社,No. 4757,p. 58-59,2015年06月
  • 骨盤臓器脱手術の変遷 経腟メッシュ材料変更と腹腔鏡下仙骨腟固定術の開始による影響,竹村 昌彦,増田 達郎,大内 洋子,田中 あすか,山田 光泰,前中 隆秀,田中 江里子,大山 拓真,宇垣 弘美,古元 淑子,遠藤 誠之,産婦人科手術,(株)メジカルビュー社,No. 26,p. 152-152,2015年06月
  • 新生児の気道疾患の初期治療 CHAOSの診断とEXITの適応と実際について,遠藤 誠之,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 51,No. 2,p. 593-593,2015年06月
  • 胎児治療 先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児鏡下胎児気管閉塞術,和田 誠司,杉林 里佳,小澤 克典,遠藤 誠之,左合 治彦,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 51,No. 2,p. 599-599,2015年06月
  • 胎児発育不全が妊娠高血圧症候群の予後に与える影響 多施設後方視的解析,味村 和哉,高岡 幸,山下 美智子,橘 陽介,脇本 哲,奥野 健太郎,林 周作,福井 温,金川 武司,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 51,No. 2,p. 793-793,2015年06月
  • 妊娠中にマイコプラズマ感染による血小板減少をきたした1例 血球貪食症候群との鑑別,西川 愛子,味村 和哉,柿ヶ野 藍子,瀧内 剛,松崎 慎哉,熊澤 恵一,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 51,No. 2,p. 716-716,2015年06月
  • 心臓血管外科手術で人工心肺装置使用中の胎児心拍の評価にICE(心腔内エコー)が有用であった1例,小笹 勝巳,遠藤 誠之,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,熊澤 恵一,金川 武司,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 51,No. 2,p. 812-812,2015年06月
  • 穿通胎盤症例に対する保存的療法と経過観察中に経験した稀な合併症について,小和 貴雄,松崎 慎哉,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,熊澤 恵一,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 51,No. 2,p. 872-872,2015年06月
  • 胎児治療最前線,遠藤 誠之,LiSA 別冊,(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル,Vol. 22,No. 別冊'15,p. 22-32,2015年05月
  • Postpartum hemorrhageに対してBakriバルーンを使用した23症例の検討,橘 陽介,遠藤 誠之,林 周作,味村 和哉,信永 敏克,光田 信明,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 51,No. 1,p. 248-253,2015年05月
  • 我が国における先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児鏡下気管閉塞術,和田 誠司,杉林 里佳,小澤 克典,高橋 正貴,田原 和典,大野 通暢,渡邉 稔彦,渕本 康史,金森 豊,遠藤 誠之,臼井 規朗,左合 治彦,日本小児外科学会雑誌,(一社)日本小児外科学会,Vol. 51,No. 3,p. 472-472,2015年05月
  • 妊娠末期に発症した重症感染症妊婦に対し早期よりA群溶連菌感染症を念頭に置き治療を行い救命し得た1例,海野 ひかり,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,高田 友美,熊澤 恵一,金川 武司,遠藤 誠之,神田 宏治,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 67,No. 2,p. 191-191,2015年05月
  • HBV高ウイルス量妊婦へのテノホビル投与による母子感染予防,中江 瑠璃子,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,高田 友美,熊澤 恵一,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,林 永修,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 67,No. 2,p. 191-191,2015年05月
  • 妊娠15週子宮破裂既往妊婦の癒着胎盤合併妊娠の1例,田中 博子,瀧内 剛,海野 ひかり,柿ヶ野 藍子,松崎 慎哉,高田 友美,熊澤 恵一,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 67,No. 2,p. 204-204,2015年05月
  • 穿通胎盤症例に対する保存的療法と経過観察中に経験した合併症について,小和 貴雄,松崎 慎哉,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,高田 友美,熊澤 恵一,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 67,No. 2,p. 205-205,2015年05月
  • 癒着胎盤症例における術前診断から手術までの工夫,西川 愛子,松崎 慎哉,瀧内 剛,柿ヶ野 藍子,高田 友美,熊澤 惠一,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 67,No. 2,p. 206-206,2015年05月
  • 胎児異常の諸問題 我が国における先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児鏡下気管閉塞術,和田 誠司,杉林 里佳,小澤 克典,笹原 淳,金川 武司,日高 庸博,遠藤 誠之,左合 治彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 528-528,2015年02月
  • マウス胎盤への骨髄細胞移植 胎盤穿刺部位による移植細胞分布の違いについて,島津 由紀子,高橋 恵,遠藤 誠之,三好 剛一,釣谷 充弘,吉松 淳,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 628-628,2015年02月
  • 社会的ハイリスク妊婦の効率的なマネジメントの考察,涌井 菜央,遠藤 誠之,増田 達郎,川西 陽子,田中 あすか,山田 光泰,前中 隆秀,田中 江里子,大山 拓真,宇垣 弘美,古元 淑子,竹村 昌彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 636-636,2015年02月
  • 子宮体部原発扁平上皮癌の2症例,田中 江里子,増田 達郎,川西 陽子,山田 光泰,田中 あすか,前中 隆秀,大山 拓真,宇垣 弘美,古元 淑子,遠藤 誠之,竹村 昌彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 665-665,2015年02月
  • Sarcomatous overgrowthを伴った卵巣原発ミュラー管性腺肉腫の一例,大山 拓真,増田 達郎,川西 陽子,田中 あすか,山田 光泰,前中 隆秀,田中 江里子,宇垣 弘美,遠藤 誠之,竹村 昌彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 686-686,2015年02月
  • 妊娠初期における白血球増加の有無での流産予測について,田中 あすか,遠藤 誠之,川西 陽子,山田 光泰,前中 隆秀,田中 江里子,大山 拓真,宇垣 弘美,古元 淑子,増田 達郎,竹村 昌彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 727-727,2015年02月
  • 周期性嘔吐症の治療から発症した薬剤性高プロラクチン血症に対して安中散が著効した症例,宇垣 弘美,増田 達郎,田中 あすか,川西 陽子,山田 光泰,前中 隆秀,田中 江里子,大山 拓真,古元 淑子,遠藤 誠之,竹村 昌彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 748-748,2015年02月
  • 当院における異所性妊娠の管理法の検討,増田 達郎,涌井 菜央,山田 光泰,田中 あすか,川西 陽子,前中 隆秀,田中 江里子,大山 拓真,宇垣 弘美,古元 淑子,遠藤 誠之,竹村 昌彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 773-773,2015年02月
  • 子宮内外同時妊娠5例の検討,山下 紗弥,信永 敏克,渡邊 慶子,橘 陽介,中江 彩,清水 亜麻,角田 紗保里,味村 和哉,遠藤 誠之,木村 正,奥野 健太郎,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 777-777,2015年02月
  • 徴候発現順序が妊娠高血圧症候群罹患母児における予後に与える影響 多施設後方視的解析,梶本 恵津子,味村 和哉,高岡 幸,山下 美智子,橘 陽介,脇本 哲,奥野 健太郎,林 周作,福井 温,遠藤 誠之,金川 武司,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 915-915,2015年02月
  • 当施設精神科閉鎖病棟入院を経て分娩に至った産科症例の検討,前中 隆秀,遠藤 誠之,増田 達郎,川西 陽子,田中 あすか,山田 光泰,田中 江里子,大山 拓真,宇垣 弘美,古元 淑子,竹村 昌彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 928-928,2015年02月
  • 抗原提示骨髄細胞の妊娠早期胎盤への直接注入法はマウス免疫寛容を誘導する,高橋 恵,遠藤 誠之,島津 由紀子,三好 剛一,釣谷 充弘,吉松 淳,玉井 克人,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 67,No. 2,p. 989-989,2015年02月
  • 3次元超音波装置を用いたラット骨盤底の妊娠による形態学的変化,遠藤 誠之,Feola Andrew,木村 正,竹村 昌彦,Deprest Jan,日本女性骨盤底医学会誌,日本女性骨盤底医学会,Vol. 11,No. 1,p. 137-139,2014年12月
  • 新生児の難治性良性腫瘍の現状と展望 胎児治療、EXIT,遠藤 誠之,周産期学シンポジウム,(一社)日本周産期・新生児医学会,No. 32,p. 21-25,2014年09月
  • 子宮頸部筋腫を合併した若年骨盤臓器脱(POP)に対する子宮頸部を温存した腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)による治療とその短期予後,竹村 昌彦,増田 達郎,田中 あすか,山田 光泰,大内 陽子,前中 隆秀,田中 江里子,大山 拓真,宇垣 弘美,古元 淑子,遠藤 誠之,日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,(一社)日本産科婦人科内視鏡学会,Vol. 30,No. Suppl.I,p. 121-121,2014年08月
  • 子宮体部原発扁平上皮癌の一症例,田中 江里子,宇垣 弘美,山田 光泰,田中 あすか,角張 玲沙,前中 隆秀,小西 恒,金 南孝,古元 淑子,遠藤 誠之,島津 宏樹,伏見 博彰,竹村 昌彦,日本婦人科腫瘍学会雑誌,(公社)日本婦人科腫瘍学会,Vol. 32,No. 3,p. 584-584,2014年06月
  • 日本の自然中期流産・早産既往妊婦における自然流早産反復率とリスク因子の検討,山下 美智子,林 周作,遠藤 誠之,福井 温,奥野 健太郎,味村 和哉,橘 陽介,荻田 和秀,早田 憲司,信永 敏克,光田 信明,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 50,No. 2,p. 724-724,2014年06月
  • 先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児鏡下気管閉塞術を施行した1例,和田 誠司,杉林 里佳,住江 正大,五石 圭司,伊藤 裕司,遠藤 誠之,金川 武司,臼井 規朗,左合 治彦,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 50,No. 2,p. 770-770,2014年06月
  • 初期臨床研修の一環としての中国四川省産科医療センター見学の試み,遠藤 誠之,原 武也,田中 あすか,山田 光泰,角張 玲沙,前中 隆秀,小西 恒,田中 江里子,金 南孝,宇垣 弘美,古元 淑子,竹村 昌彦,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 66,No. 2,p. 222-222,2014年05月
  • 【胎児治療の現在と未来-これからの胎児治療を考える-】先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児治療,和田 誠司,杉林 里佳,住江 正大,遠藤 誠之,左合 治彦,産婦人科の実際,金原出版(株),Vol. 63,No. 5,p. 621-627,2014年05月
  • 【胎児治療の現在と未来-これからの胎児治療を考える-】胎児遺伝子治療の展望,遠藤 誠之,産婦人科の実際,金原出版(株),Vol. 63,No. 5,p. 657-663,2014年05月
  • 先天性横隔膜ヘルニアの臨床と研究における今後の展望 先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児治療(FETO)の現状とわが国における今後の展望,遠藤 誠之,和田 誠司,杉林 里佳,住江 正大,左合 治彦,日本小児外科学会雑誌,(一社)日本小児外科学会,Vol. 50,No. 3,p. 392-392,2014年04月
  • 腹腔鏡術後に試験開腹で発見された腸管損傷の1例,宇垣 弘美,田中 あすか,山田 光泰,角張 玲沙,小西 恒,前中 隆秀,田中 江里子,金 南孝,中島 紗織,古元 淑子,遠藤 誠之,竹村 昌彦,大阪府立急性期・総合医療センター医学雑誌,(地独)大阪府立病院機構大阪急性期・総合医療センター,Vol. 36,No. 1,p. 81-84,2014年02月
  • ラット骨盤底組織の3次元超音波装置を用いた妊娠および出産による形態学的変化の検討,遠藤 誠之,竹村 昌彦,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 66,No. 2,p. 522-522,2014年02月
  • 間質部妊娠で生児を得た1例,田中 佑典,味村 和哉,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 66,No. 2,p. 569-569,2014年02月
  • 当院で2nd trimesterに診断された無羊水症例の検討,高橋 恵,谷口 友基子,島津 由紀子,脇本 哲,藤田 聡子,金山 智子,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 66,No. 2,p. 714-714,2014年02月
  • 既存薬ライブラリーとHUVEC-PlGF産生系を用いた妊娠高血圧症候群の治療薬の網羅的探索,柿ヶ野 藍子,冨松 拓治,島津 由紀子,高橋 恵,脇本 哲,金山 智子,藤田 聡子,味村 和哉,谷口 友基子,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 66,No. 2,p. 766-766,2014年02月
  • 日本の自然早産既往妊婦における自然早産反復率とリスク因子の検討,山下 美智子,林 周作,遠藤 誠之,福井 温,奥野 健太郎,味村 和哉,増原 完治,金川 武司,石井 桂介,光田 信明,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 66,No. 2,p. 787-787,2014年02月
  • 日本の妊娠中期自然流産既往妊婦における妊娠中期自然流産反復率および自然早産率とリスク因子の検討,福井 温,荻田 和秀,林 周作,遠藤 誠之,山下 美智子,奥野 健太郎,味村 和哉,増原 完治,金川 武司,石井 桂介,光田 信明,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 66,No. 2,p. 789-789,2014年02月
  • 当施設において高度救命センターと共観をおこなった産科症例の検討,前中 隆秀,遠藤 誠之,田中 あすか,山田 光泰,角張 玲沙,小西 恒,金 南孝,田中 江里子,宇垣 弘美,古元 淑子,竹村 昌彦,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 66,No. 2,p. 813-813,2014年02月
  • 新生児の難治性良性腫瘍の現状と展望 胎児治療、EXIT,遠藤 誠之,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 49,No. 別冊,p. 8-8,2014年01月
  • 【胎児期・新生児期外科治療の進歩】胎児期のインターベンション 先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児鏡下バルーン気管閉塞術,和田 誠司,杉林 里佳,住江 正大,遠藤 誠之,左合 治彦,周産期医学,(株)東京医学社,Vol. 43,No. 12,p. 1537-1541,2013年12月
  • 【胎児期・新生児期外科治療の進歩】新生児期の外科治療 上気道閉塞とEXIT,遠藤 誠之,周産期医学,(株)東京医学社,Vol. 43,No. 12,p. 1577-1582,2013年12月
  • 会員質問コーナーQ&A ここまできた「胎児治療」!,遠藤 誠之,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 65,No. 4,p. 478-479,2013年11月
  • 超音波装置を用いたラット骨盤底の妊娠による形態学的変化,遠藤 誠之,竹村 昌彦,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 65,No. 4,p. 585-585,2013年11月
  • 当科における骨盤臓器脱に対する選択術式の変遷,竹村 昌彦,山田 光泰,田中 あすか,角張 玲沙,前中 隆秀,小西 恒,田中 江里子,金 南孝,宇垣 弘美,古元 淑子,遠藤 誠之,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 65,No. 4,p. 587-587,2013年11月
  • ANGIOGENIC IMBALANCE AND AVASCULAR EDEMATOUS CYSTIC VILLI IN A TRISOMY 13 PREGNANCY: A CASE REPORT,Aiko Kakigano,Kazuya Mimura,Takeshi Kanagawa,Masahiro Nakayama,Tomoko Kanayama,Satoko Fujita,Yukiko Taniguchi,Masayuki Endo,Takuji Tomimatsu,Tadashi Kimura,PLACENTA,W B SAUNDERS CO LTD,Vol. 34,No. 10,p. A7-A7,2013年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 抗Jra抗体を有する女性の2回の妊娠経過,藤田 聡子,柿ヶ野 藍子,金澤 智子,味村 和哉,谷口 友基子,遠藤 誠之,金川 武司,荒堀 仁美,和田 和子,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 49,No. 2,p. 615-615,2013年06月
  • 第1子新生児同種免疫性血小板減少症(NAIT)であった第2子の周産期管理,高橋 良子,味村 和哉,金川 武司,澤田 真明,谷口 友基子,遠藤 誠之,松浪 桂,谷口 英俊,荒堀 仁美,和田 和子,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 49,No. 2,p. 615-615,2013年06月
  • 先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児治療と我が国のTOTAL trialへの参加について,遠藤 誠之,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 49,No. 2,p. 628-628,2013年06月
  • 母体血清中のangiogenic imbalanceと胎盤のavascular edematous cystic villiを認めたトリソミー13合併妊娠,柿ヶ野 藍子,味村 和哉,金川 武司,中山 雅弘,金山 智子,藤田 聡子,谷口 友基子,遠藤 誠之,冨松 拓治,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 49,No. 2,p. 794-794,2013年06月
  • 当院における超高齢妊娠(Extremely AMA)の予後の後方視的検討,熊澤 惠一,松崎 慎哉,味村 和哉,谷口 友基子,橋本 香映,遠藤 誠之,金川 武司,木村 正,日本周産期・新生児医学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 49,No. 2,p. 894-894,2013年06月
  • 月経随伴性気胸に対して横隔膜被覆術施行後に妊娠し経腟分娩を成しえた1例,新堂 真利子,谷口 友基子,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,橋本 香映,遠藤 誠之,金川 武司,筒井 建紀,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 65,No. 2,p. 205-205,2013年05月
  • 高エネルギー外傷を受傷し、当院救命救急センターに搬送され母体を救命しえた1例,三宅 達也,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,橋本 香映,谷口 友基子,遠藤 誠之,金川 武司,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 65,No. 2,p. 206-206,2013年05月
  • 反応性低血糖合併妊娠の1例,鶴房 聖子,谷口 友基子,味村 和哉,松崎 慎哉,熊澤 恵一,橋本 香映,遠藤 誠之,金川 武司,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 65,No. 2,p. 211-211,2013年05月
  • 当院でのエホバの証人の分娩受け入れについて,繁田 直哉,鶴房 聖子,金 南孝,中川 慧,松崎 慎哉,味村 和哉,熊澤 恵一,谷口 友基子,橋本 香映,磯部 晶,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 65,No. 2,p. 235-235,2013年05月
  • <治療に活かす>胎児治療の次のステップ 治療適応・術後管理に超音波をどのように応用していくか 先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児治療と我が国のTOTAL trialへの参加について,遠藤 誠之,超音波医学,(公社)日本超音波医学会,Vol. 40,No. Suppl.,p. S325-S325,2013年04月
  • 当院におけるTermで分娩になった胎児発育不全症例の転帰,味村 和哉,金川 武司,金山 智子,藤田 聡子,谷口 友基子,遠藤 誠之,川村 菜都美,柿ヶ野 藍子,木村 正,超音波医学,(公社)日本超音波医学会,Vol. 40,No. Suppl.,p. S666-S666,2013年04月
  • 当院におけるSLE合併妊娠分娩症例の検討,高橋 恵,味村 和哉,松崎 慎哉,熊澤 恵一,橋本 香映,谷口 友基子,金川 武司,遠藤 誠之,木村 正,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 65,No. 2,p. 778-778,2013年02月
  • 【胎児治療の最前線】先天性横隔膜ヘルニアに対する胎児治療,高橋 重裕,遠藤 誠之,左合 治彦,医学のあゆみ,医歯薬出版(株),Vol. 244,No. 3,p. 213-218,2013年01月
  • 【胎児治療の最前線】胎児遺伝子治療,遠藤 誠之,Flake Alan W.,医学のあゆみ,医歯薬出版(株),Vol. 244,No. 3,p. 239-244,2013年01月
  • 【胎児治療の最前線と今後の展望】横隔膜ヘルニアに対する胎児治療プログラム作成,遠藤 誠之,柿ヶ野 藍子,木村 正,左合 治彦,小児外科,(株)東京医学社,Vol. 45,No. 1,p. 59-64,2013年01月
  • 胎児治療,遠藤 誠之,超音波医学,(公社)日本超音波医学会,Vol. 35,No. Suppl.,p. S121-S121,2008年04月
  • 週期妊娠での羊水減少時のamnionにおけるaquaporin-8の発現の変化 過期妊娠モデルマウスを用いた検討,塩路 光徳,神崎 徹,下屋 浩一郎,早田 憲司,遠藤 誠之,福井 温,古元 淑子,天満 久美子,林 周作,坪内 弘明,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 56,No. 2,p. 672-672,2004年02月
  • 新生児ラットを用いた反復ステロイドホルモン投与による脳神経幹細胞への影響の検討,金川 武司,林 周作,福井 温,塩路 光徳,遠藤 誠之,早田 憲司,下屋 浩一郎,神崎 徹,村田 雄二,日本新生児学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 39,No. 2,p. 229-229,2003年06月
  • 羊水におけるfractalkine濃度ならびにその産生経路の分析,天満 久美子,下屋 浩一郎,早田 憲司,金川 武司,塩路 光徳,福井 温,林 周作,熊澤 恵一,遠藤 誠之,神崎 徹,村田 雄二,日本新生児学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 39,No. 2,p. 270-270,2003年06月
  • 過期妊娠の羊水減少時における羊膜でのaquaporin-8の発現の変化,塩路 光徳,金川 武司,林 周作,福井 温,遠藤 誠之,早田 憲司,下屋 浩一郎,神崎 徹,村田 雄二,日本新生児学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 39,No. 2,p. 271-271,2003年06月
  • 高体温が低酸素性虚血性脳障害に与える影響 ラット新生仔脳障害モデルを用いて,冨松 拓治,金川 武司,林 周作,福井 温,上月 雅友,塩路 光徳,遠藤 誠之,早田 憲司,下屋 浩一郎,細野 剛良,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 55,No. 2,p. 419-419,2003年02月
  • 羊胎仔を用いた,胎児下大静脈血流波形と胎児中心静脈圧の相関に関する検討,上月 雅友,神崎 徹,林 周作,福井 温,塩路 光徳,金川 武司,遠藤 誠之,冨松 拓治,早田 憲司,下屋 浩一郎,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 55,No. 2,p. 465-465,2003年02月
  • 出生前に胎児痙攣を認めた一症例,塩路 光徳,林 周作,福井 温,金川 武司,上月 雅友,遠藤 誠之,冨松 拓治,早田 憲司,下屋 浩一郎,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 55,No. 2,p. 479-479,2003年02月
  • マイクロバブルを用いた超音波発生装置による胎仔マウスへの遺伝子導入方法の開発,遠藤 誠之,神崎 徹,村田 雄二,日本新生児学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 38,No. 2,p. 415-415,2002年06月
  • 胎仔マウスへの非ウイルスベクターを用いた遺伝子導入方法の開発,遠藤 誠之,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 54,No. 2,p. 263-263,2002年02月
  • 脳低温療法の脳保護効果 長期神経機能学的検討 ラット新生仔HIEモデルを用いて,冨松 拓治,福田 裕償,金川 武司,塩路 光徳,上月 雅友,穆 俊武,遠藤 誠之,藤井 絵里子,細野 剛良,神崎 徹,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 54,No. 2,p. 443-443,2002年02月
  • 治療に難渋した絨毛癌の1例,上田 豊,榎本 隆之,辻江 智子,遠藤 誠之,澤田 健二郎,木村 正,坂田 正博,村田 雄二,佐治 文隆,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 53,No. 4,p. 332-334,2001年07月
  • 超音波造影剤レボビストによる婦人科臓器の観察,上月 雅友,冨松 拓治,福田 裕償,安井 裕美子,穆 俊武,遠藤 誠之,藤井 絵里子,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 53,No. 2,p. 404-404,2001年02月
  • 過期妊娠モデルマウスを用いた胎盤の加齢とアポトーシスとの関係,穆 俊武,安井 裕美子,上月 雅友,遠藤 誠之,冨松 拓治,福田 裕償,藤井 絵里子,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 53,No. 2,p. 353-353,2001年02月
  • ラット新生児低酸素性虚血性脳症におけるアポトーシスの関与とアポトーシスの制御による治療の有効性,冨松 拓治,福田 裕償,安井 裕美子,穆 俊武,上月 雅友,遠藤 誠之,藤井 絵里子,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 53,No. 2,p. 443-443,2001年02月
  • 脳低温療法のcaspase3活性化への影響,福田 裕償,冨松 拓治,安井 裕美子,穆 俊武,上月 雅友,遠藤 誠之,藤井 絵里子,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 53,No. 2,p. 295-295,2001年02月
  • 当院における既往帝王切開症例の分娩様式と予後の比較検討,林 周作,遠藤 誠之,信永 敏克,竹村 昌彦,藤井 絵里子,足立 和繁,福田 裕償,志岐 保彦,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 53,No. 2,p. 290-290,2001年02月
  • 治療に難渋した絨毛癌の1例,上田 豊,榎本 隆之,辻江 智子,遠藤 誠之,澤田 健二郎,木村 正,坂田 正博,佐治 文隆,村田 雄二,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 52,No. 6,p. 869-869,2000年11月
  • 超音波ドプラ法による胎盤内血流計測の基礎的検討,穆 俊武,早田 憲司,福田 裕償,冨松 拓治,遠藤 誠之,藤井 絵里子,細野 剛良,神崎 徹,村田 雄二,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 52,No. 4,p. 651-651,2000年07月
  • 胎児頸部リンパ管腫が自然消失した47XYY症候群の1例,遠藤 誠之,信永 敏克,神崎 徹,村田 雄二,中山 雅弘,清水 卓,日本新生児学会雑誌,(一社)日本周産期・新生児医学会,Vol. 36,No. 2,p. 266-266,2000年06月
  • 当院における帝王切開後経腟分娩(VBAC)症例の検討,林 周作,信永 敏克,早田 憲司,遠藤 誠之,神崎 徹,村田 雄二,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 52,No. 3,p. 619-619,2000年05月
  • ラット行動性体温調節に対するエストロゲンの効果,細野 剛良,福田 裕償,冨松 拓治,遠藤 誠之,早田 憲司,藤井 絵里子,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 52,No. 2,p. 512-512,2000年02月
  • 三次元超音波診断装置を用いた胎児脳室拡大の観察,穆 俊武,冨松 拓治,福田 裕償,遠藤 誠之,早田 憲司,藤井 絵里子,細野 剛良,神崎 徹,村田 雄二,日本産科婦人科学会雑誌,(公社)日本産科婦人科学会,Vol. 52,No. 2,p. 550-550,2000年02月
  • 超音波ドプラ法による胎盤内血流計測の基礎的検討,穆 俊武,早田 憲司,福田 裕償,冨松 拓治,遠藤 誠之,藤井 絵里子,細野 剛良,神崎 徹,村田 雄二,産婦人科の進歩,「産婦人科の進歩」編集室,Vol. 51,No. 6,p. 665-665,1999年11月

著書

  • 学術書,新生児先天性横隔膜ヘルニア(CDH)診療ガイドライン,新生児先天性横隔膜ヘルニア研究グループ(金森豊,左合治彦,遠藤誠之他,株式会社メジカルビュー社,2016年03月

特許・実用新案・意匠

  • 子宮圧迫止血用縫合針,塩野 俊実,古田 真士,松崎 慎哉,木村 正,遠藤 誠之,特願2016-190970,出願日:2016年09月29日
  • 子宮圧迫止血用針,松崎 慎哉,2016-190970,出願日:2016年09月