EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

笠原 健人

Kasahara Kento

基礎工学研究科 物質創成専攻,助教

keyword 混雑環境,生物物理学,ダイナミクス理論,理論化学,物理化学,分子性統計力学,液体の積分方程式理論,溶液化学

学歴

  • 2018年04月 ~ 2020年03月,国立研究開発法人 理化学研究所,生命機能科学研究センター 研究員
  • 2014年04月 ~ 2018年03月,京都大学大学院,工学研究科 分子工学専攻 博士課程
  • 2012年04月 ~ 2014年03月,京都大学大学院,工学研究科 分子工学専攻 修士課程

経歴

  • 2020年09月 ~ 継続中,大阪大学,大学院基礎工学研究科 物質創成専攻 化学工学領域 分子集合系化学工学グループ(松林グループ),助教
  • 2018年04月 ~ 2020年03月,国立研究開発法人 理化学研究所 生命機能科学研究センター,分子機能シミュレーション研究チーム,研究員
  • 2015年04月 ~ 2017年03月,独立行政法人日本学術振興会,特別研究員(DC2)

研究内容・専門分野

  • ナノテク・材料,基礎物理化学
  • 自然科学一般,生物物理、化学物理、ソフトマターの物理

所属学会

  • 日本生物物理学会
  • 蛋白質科学会
  • 溶液化学研究会
  • 分子科学会
  • 日本化学会

論文

  • Reduced Efficacy of a Src Kinase Inhibitor in Crowded Protein Solution,2020年09月17日
  • Encounter complexes and hidden poses of kinase-inhibitor binding on the free-energy landscape,Proceedings of the National Academy of Sciences,2019年09月
  • Time-dependent pair distribution functions based on Smoluchowski equation and application to an electrolyte solution,Vol. 39,No. 20,p. 1491-1497,2018年07月30日,研究論文(学術雑誌)
  • Solvation structure of LiClO4/ethylene carbonate solution near a graphite electrode in lithium-ion batteries: 3D-RISM study,Vol. 47,No. 3,p. 311-314,2018年,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics theory for molecular liquids based on an interaction site model,Vol. 19,No. 41,p. 27917-27929,2017年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Theoretical Study of the Solvation Effect on the Reductive Reaction of Vinylene Carbonate in the Electrolyte Solution of Lithium Ion Batteries,Vol. 121,No. 20,p. 5293-5299,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A theory of diffusion controlled reactions in polyatomic molecule system,Vol. 145,No. 19,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Solvent structure of ionic liquid with carbon dioxide,Vol. 217,p. 12-16,2016年05月,研究論文(学術雑誌)
  • A molecular level study of selective cation capture by a host–guest mechanism for 25,26,27,28-tetramethoxycalix[4]arene in MClO4 solution (M = Na, K),Kentaro Kido,Kento Kasahara,Hirofumi Sato,Shigeyoshi Sakaki,Mol. Simul.,Vol. 41,No. 10-12,p. 881-891,2015年08月,研究論文(学術雑誌)
  • A hybrid framework of first principles molecular orbital calculations and a three-dimensional integral equation theory for molecular liquids: Multi-center molecular Ornstein-Zernike self-consistent field approach,Vol. 143,No. 1,2015年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of three-dimensional site-site Smoluchowski-Vlasov equation and application to electrolyte solutions,Vol. 140,No. 24,2014年06月,研究論文(学術雑誌)

受賞

  • 第10回分子科学討論会 分子科学会優秀講演賞,分子科学会,2016年10月
  • 第19回理論化学討論会 最優秀ポスター賞,理論化学研究会(現 理論化学会),2016年06月
  • 第36回溶液化学シンポジウム ポスター賞,溶液化学研究会,2013年10月

講演・口頭発表等

  • 混雑環境がタンパク質–リガンド結合に及ぼす影響の分子動力学解析,笠原健人,九州大学セミナー,2019年12月05日
  • 拡散律速反応ダイナミクスの分子理論,研究会『化学反応のポテンシャル曲面とダイナミクス』,2017年04月09日
  • Molecular dynamics analysis of the crowding effects on protein-ligand binding mechanism,Kento Kasahara,Suyong Re,Hiraku Oshima,Nawrocki Grzegorz,Michael Feig,Yuji Sugita,第42回日本分子生物学会年会