EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

岡本 行広

Okamoto Yukihiro

基礎工学研究科 物質創成専攻,准教授

keyword 機能性材料を利用した分離分析法

経歴

  • 2008年 ~ 2011年,名古屋大学大学院工学研究科結晶材料工学専攻 助教
  • 2007年 ~ 2008年,名古屋大学工学研究科研究員
  • 2011年 ~ ,- 名古屋大学革新ナノバイオデバイス研究センター 特任講師

研究内容・専門分野

  • ナノテク・材料,ナノバイオサイエンス
  • ナノテク・材料,ナノ材料科学
  • ライフサイエンス,生体材料学
  • ライフサイエンス,生体医工学
  • ナノテク・材料,ナノマイクロシステム
  • ナノテク・材料,ナノ材料科学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学),電子デバイス、電子機器
  • ナノテク・材料,分析化学

所属学会

  • 日本MRS
  • ユーグレナ研究会
  • 日本化学会
  • 化学とマイクロ・ナノシステム
  • 高分子学会
  • 日本分析学会
  • The Materials Research Society of Japan

MISC

  • Aqueous Phase Synthesized CdSe Nanoparticles with Well-Defined Numbers of Constituent Atoms,Vol. 114,No. 44,p. 18834-18840,2010年11月
  • Aqueous Phase Synthesized CdSe Nanoparticles with Well-Defined Numbers of Constituent Atoms,Vol. 114,No. 44,p. 18834-18840,2010年11月
  • DNA separation by cholesterol-bearing pullulan nanogels,Vol. 4,No. 3,2010年09月
  • DNA separation by cholesterol-bearing pullulan nanogels,Vol. 4,No. 3,2010年09月
  • Quantum dots labeling using octa-arginine peptides for imaging of adipose tissue-derived stem cells,Vol. 31,No. 14,p. 4094-4103,2010年05月
  • Quantum dots labeling using octa-arginine peptides for imaging of adipose tissue-derived stem cells,Vol. 31,No. 14,p. 4094-4103,2010年05月
  • Immuno-pillar chip: a new platform for rapid and easy-to-use immunoassay,Vol. 10,No. 24,p. 3335-3340,2010年
  • Size-Selective Growth and Stabilization of Small CdSe Nanoparticles in Aqueous Solution,Vol. 4,No. 1,p. 121-128,2010年01月
  • Immuno-pillar chip: a new platform for rapid and easy-to-use immunoassay,Vol. 10,No. 24,p. 3335-3340,2010年
  • Size-Selective Growth and Stabilization of Small CdSe Nanoparticles in Aqueous Solution,Vol. 4,No. 1,p. 121-128,2010年01月
  • カップ積層型カーボンナノチューブの発光現象とマイクロチップ電気泳動への応用,井上 陽介,岡本 行広,加地 範匡,渡慶次 学,馬場 嘉信,分析化学 = Japan analyst,日本分析化学会,Vol. 58,No. 6,p. 517-521,2009年06月05日
  • Velocity Gap Theory Developed for Magnifying Resolutions without Changing Separation Mechanisms or Separation Lengths,Vol. 81,No. 7,p. 2745-2750,2009年04月
  • Velocity Gap Theory Developed for Magnifying Resolutions without Changing Separation Mechanisms or Separation Lengths,Vol. 81,No. 7,p. 2745-2750,2009年04月
  • Quantum Dots for Labeling Adipose Tissue-Derived Stem Cells,Hiroshi Yukawa,Shogo Mizufune Chiharu Mamori,Yukimasa Kagami,Koichi Oishi,Noritada Kaji,Yukihiro Okamoto,Manabu Takeshi,Hirofumi Noguchi,Yoshinobu Baba,Michinari Hamaguchi,Nobuyuki Hamajima,Shuji Hayashi,Cell Transplantation,Vol. 18,No. 591-599,2009年
  • Quantum Dots for Adipose tissue-derived Stem Cells labeling,Hiroshi Yukawa,Shogo Mizufune,Chiharu Mamori,Yukimasa Kagami,Koichi Oishi,Yukihiro Okamoto,Noritada Kaji,Manabu Tokeshi,Hirofumi Noguchi,Yoshinobu Baba Michinari,Hamaguchi Shuji Hayashi,Cell Transplantation,Vol. in press,2009年
  • *Cell separation by the combination of microfluidics and optical trapping force on a microchip,Masaya Murata,Yukihiro Okamoto,Yeon-Su Park,Noritada Kaji,Manabu Tokeshi,Yoshinobu Baba,Anal. Bioanal. Chem,Vol. 394,p. 517-521,2009年
  • Quantum Dots for Labeling Adipose Tissue-Derived Stem Cells,Vol. 18,No. 591-599,2009年
  • Quantum Dots for Adipose tissue-derived Stem Cells labeling,Vol. in press,2009年
  • *Cell separation by the combination of microfluidics and optical trapping force on a microchip,Vol. 394,p. 517-521,2009年
  • Online concentration and affinity separation of biomolecules using multifunctional particles in capillary electrophoresis under magnetic field,Vol. 79,No. 8,p. 3041-3047,2007年04月
  • *アビジン固定化磁気微粒子を用いたフリット不要電気クロマトグラフィーの開発およびキラル分離の試み,岡本行広,井川由加里,北川文彦,大塚浩二,Journal of Chromatography A,Vol. 1143,No. 1-2,p. 264-269,2007年03月
  • Preparation of fritless capillary using avidin immobilized magnetic particles for electrochromatographic chiral separation,Vol. 1143,No. 1-2,p. 264-269,2007年03月
  • *多機能性微粒子を用いたアフィニティーキャピラリー電気泳動の高性能化,岡本行広,北川文彦,大塚浩二,Analytical Chemistry,Vol. 79,p. 3041-3047,2007年
  • 電気クロマトグラフィー用アビジン固定化キャピラリーを用いたキラル分離,北川文彦,井上敬介,長谷川貴将,神谷正人,岡本行広,川瀬雅哉,大塚浩二,Journal of Chromatography A,Vol. 1130,No. 2,p. 219-226,2006年10月
  • Electrophoretic analysis of proteins and enantiomers using capillaries modified by a successive multiple ionic-polymer layer (SMIL) coating technique,Vol. 386,No. 3,p. 594-601,2006年10月
  • Chiral separation of acidic drug components by open tubular electrochromatography using avidin immobilized capillaries,Vol. 1130,No. 2,p. 219-226,2006年10月
  • Separation of cationic polymer particles and characterization of avidin-immobilized particles by capillary electrophoresis,Vol. 27,No. 5-6,p. 1031-1040,2006年03月
  • 交互浸漬法に内面を修飾されたキャピラリーを用いたタンパク質、光学異性体の電気泳動分析,北川文彦,神谷正人,岡本行広,田地宏美,尾上誠良,津田良子,大塚浩二,Analytical and Bioanalytical Chemistry,Vol. 386,p. 594-601,2006年
  • キャピラリー電気泳動法によるカチオン性微粒子の分離およびアビジン固定化微粒子の同定,岡本行広,北川文彦,大塚浩二,Electrophoresis,Vol. 27,p. 1031-1040,2006年

著書

  • 量子ドットを用いた脂肪組織由来幹細胞のバイオイメージング,Bioindustry,2009年
  • ナノ構造体を用いたDNA解析,New Glass,2009年
  • Nano-fabricated structures for biomolecule analysis,Nova publishers,2009年
  • 医療に貢献するナノバイオ技術遺伝子医学「ますます重要になる細胞周辺環境の科学技術」,2009年
  • Nano-fabricated structures for biomolecule analysis,Nova publishers,2009年
  • 化学のフロンティア「切り拓き,サイエンスを牽引する 分析最前線」,化学同人,2008年
  • マイクロ・ナノ化学チップと医療・環境・バイオ分析,技術教育出版社,2008年

受賞

  • 2012年 日本化学会 優秀講演賞(産業),2012年
  • 名古屋大学材料バックキャストテクノロジー研究センター平成22年度若手研究奨励賞,2010年
  • 東京コンファレンス 優秀賞,2010年
  • 第25回キャピラリー電気泳動シンポジウム 優秀賞,2005年

委員歴

  • 細胞マイクロシステム技術調査専門委員会 幹事補佐,2009年 ~ 2011年