EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

平田 雅之

Hirata Masayuki

医学系研究科,特任教授(常勤)

keyword 嚥下機能,筋萎縮性側索硬化症,ALS,BMI,ブレインマシンインターフェース,運動機能,電気生理学的モニタリング,脳皮質インプラント,脊髓損傷,電気刺激,硬膜下電極,言語機能局在,脳信号復号化,機能局在,言語機能,ブレイン・コンピュータ・インターフェース,経頭蓋磁気刺激,脳律動,機能再建,脳磁図,eloquent area,脳神経外科学

学歴

  • ~ 2001年03月,大阪大学,大学院医学系研究科,脳神経外科学専攻 医学博士
  • ~ 1994年,大阪大学,医学部,医学科
  • ~ 1987年03月,東京大学,大学院工学系研究科,精密機械工学専攻 工学修士
  • ~ 1985年03月,東京大学,工学部,精密機械工学科

経歴

  • 2019年04月 ~ 継続中,大阪大学大学院医学系研究科,脳機能診断再建学共同研究講座,特任教授
  • 2016年04月 ~ 2020年03月,大阪大学国際医工情報センター臨床神経医工学,寄附研究部門,教授
  • 2009年10月 ~ 2016年03月,大阪大学大学院医学系研究科,脳神経外科学,特任准教授
  • 2003年09月 ~ 2009年09月,大阪大学大学院医学系研究科,機能診断科学,助教

研究内容・専門分野

  • ライフサイエンス,脳神経外科学
  • ライフサイエンス,医療福祉工学
  • ライフサイエンス,生体医工学
  • ライフサイエンス,神経科学一般

所属学会

  • 日本臨床脳磁図コンソーシアム
  • 日本嚥下医学会
  • IEEE Engineering in Medicine and Biology Society
  • 日本脳神経減圧術学会
  • 日本ライフサポート学会
  • 日本リハビリテーション工学協会
  • 日本メディカルAI学会
  • 日本ボツリヌス治療学会
  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本生体磁気学会
  • 日本臨床神経生理学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本脳神経血管内治療学会
  • 日本脳神経CI学会
  • 日本再生医療学会
  • 日本定位・機能神経外科学会
  • 日本てんかん外科学会
  • 日本てんかん学会
  • 日本生体医工学会
  • 北米神経科学会
  • 国際臨床脳磁図学会
  • 日本ヒト脳機能マッピング学会

論文

  • High-density mapping of primate digit representations with a 1152-channel µECoG array,Taro Kaiju,Masato Inoue,Masayuki Hirata,Takafumi Suzuki,Journal of Neural Engineering,IOP Publishing,Vol. 18,No. 3,p. 036025-036025,2021年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Minimal Tissue Reaction after Chronic Subdural Electrode Implantation for Fully Implantable Brain–Machine Interfaces,Tianfang Yan,Seiji Kameda,Katsuyoshi Suzuki,Taro Kaiju,Masato Inoue,Takafumi Suzuki,Masayuki Hirata,Sensors,MDPI AG,Vol. 21,No. 1,p. 178-178,2020年12月29日,研究論文(学術雑誌)
  • ALS患者に対する体内埋込型BMIによる機能再建,平田雅之,週刊 医学のあゆみ,Vol. 275,No. 12/13,p. 1275-1279,2020年12月
  • Why brain-controlled neuroprosthetics matter: mechanisms underlying electrical stimulation of muscles and nerves in rehabilitation.,Matija Milosevic,Cesar Marquez-Chin,Kei Masani,Masayuki Hirata,Taishin Nomura,Milos R. Popovic,Kimitaka Nakazawa,BioMedical Engineering OnLine,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 19,No. 1,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Left hemispheric α band cerebral oscillatory changes correlate with verbal memory,Toshihiko Araki,Yoshiyuki Watanabe,Masayuki Hirata,Scientific Reports,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 10,No. 1,2020年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Distance- and speed-informed kinematics decoding improves M/EEG based upper-limb movement decoder accuracy,Reinmar J Kobler,Andreea I Sburlea,Valeria Mondini,Masayuki Hirata,Gernot R Müller-Putz,Journal of Neural Engineering,IOP Publishing,Vol. 17,No. 5,p. 056027-056027,2020年11月04日,研究論文(学術雑誌)
  • A Swallowing Decoder Based on Deep Transfer Learning: AlexNet Classification of the Intracranial Electrocorticogram,Hiroaki Hashimoto,Seiji Kameda,Hitoshi Maezawa,Satoru Oshino,Naoki Tani,Hui Ming Khoo,Takufumi Yanagisawa,Toshiki Yoshimine,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,International Journal of Neural Systems,World Scientific Pub Co Pte Lt,p. 2050056-2050056,2020年09月16日,研究論文(学術雑誌)
  • Corneo-retinal-dipole and eyelid-related eye artifacts can be corrected offline and online in electroencephalographic and magnetoencephalographic signals,Reinmar J. Kobler,Andreea I. Sburlea,Catarina Lopes-Dias,Andreas Schwarz,Masayuki Hirata,Gernot R. Müller-Putz,NeuroImage,Elsevier BV,Vol. 218,p. 117000-117000,2020年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Coupling between infraslow activities and high‐frequency oscillations precedes seizure onset,Vol. 5,No. 3,p. 501-506,2020年08月08日,研究論文(学術雑誌)
  • Nationwide survey of 780 Japanese patients with amyotrophic lateral sclerosis: their status and expectations from brain-machine interfaces,Yu Kageyama,Xin He,Toshio Shimokawa,Jinichi Sawada,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Osamu Sakura,Haruhiko Kishima,Hideki Mochizuki,Toshiki Yoshimine,Masayuki Hirata,Journal of Neurology,Springer Science and Business Media LLC,2020年06月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Neural Processing Mechanism of Mental Calculation Based on Cerebral Oscillatory Changes: A Comparison Between Abacus Experts and Novices,Abdelkader Nasreddine Belkacem,Kanako Kiso,Etsuko Uokawa,Tetsu Goto,Shiro Yorifuji,Masayuki Hirata,Frontiers in Human Neuroscience,Frontiers Media SA,Vol. 14,2020年04月15日,研究論文(学術雑誌)
  • 頭蓋内電極留置術イラスト作成の工夫,橋本洋章,山本祥太,クー・ウイミン,谷直樹,藤田祐也,栁澤琢史,押野悟,平田雅之,貴島晴彦,脳神経外科ジャーナル,Vol. 29,No. 3,p. 216-220,2020年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Entrainment of chewing rhythm by gait speed during treadmill walking in humans,Hitoshi Maezawa,Satoko Koganemaru,Masao Matsuhashi,Masayuki Hirata,Makoto Funahashi,Tatsuya Mima,Neuroscience Research,Elsevier BV,2020年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of bilateral anodal transcranial direct current stimulation over the tongue primary motor cortex on corticalexcitability of the tongue and tongue motor functions,Maezawa H,Vicario CM,Kuo M,Hirata M,Mima T,Nitsche MA,Brain Stimulation,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Long-term implantable, flexible, and transparent neural interface based on Ag/Au core-shell nanowires,Araki T,Yoshida F,Uemura T,Noda Y,Yoshimoto S,Kaiju T,Suzuki T,Hamanaka H,Baba K,Hayakawa H,Yabumoto T,Mochizuki H,Kobayashi S,Tanaka M,Hirata M,Sekitani T,Advanced Healthcare Materials,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • MarmoDetector: A Novel 3D Automated System for the Quantitative Assessment of Marmoset Behavior.,Yabumoto T,Yoshida F,Miyauchi H,Baba K,Tsuda H,Ikenaka K,Hayakawa H,Koyabu N,Hamanaka H,Papa SM,Hirata M,Mochizuki H,Journal of Neuroscience Methods,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 頭蓋内脳波を用いた嚥下時脳機能の可視化:嚥下BMIへの応用を目指して,橋本 洋章,平田 雅之,吉田 史章,亀田 成司,栁澤 琢史,押野 悟,吉峰 俊樹,貴島 晴彦,CI研究 (日本脳神経CI学会機関誌),Vol. 40,No. 3・4,p. 127-133,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • ヒト頭蓋内電極を用いた嚥下関連 High γ 帯域活動の解析,橋本 洋章,平田 雅之,亀田 成司,吉田 史章,栁澤 琢史,押野 悟,吉峰 俊樹,貴島 晴彦,臨床神経生理学,Vol. 47,No. 1,p. 9-16,2019年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Using a BCI Prosthetic Hand to Control Phantom Limb Pain.,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Ben Seymour,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Takeshi Shimizu,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,Youichi Saitoh,Brain-Computer Interface Research - A State-of-the-Art Summary 7,Springer,p. 43-52,2019年
  • MEG–BMI to control phantom limb pain,Yanagisawa T,Fukuma R,Seymor B,Hosomi K,Kishima H,Shimizu T,Yokoi H,Hirata M,Yoshimine T,Kamitani Y,Saito Y,2018年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Abnormal cortical activation during silent reading in adolescents with autism spectrum disorder,Ogawa R,Kagitani-Shimono K,Matsuzaki J,Tanigawa J,Hanaie R,Yamamoto T,Tominaga K,Hirata M,Mohri I,Taniike M,Brain and Development,2018年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 前頭葉てんかん?全般性てんかん?,谷 直樹,押野 悟,Hui Ming Khoo,柳澤 琢史,山本 祥太,橋本 洋章,平田 雅之,貴島 晴彦,2018年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 高齢化社会での脳深部刺激療法の存在意義,谷 直樹,田中 將貴,押野 悟,細見 晃一,HuiMing Khoo,栁澤 琢史,山本 祥太,橋本 洋章,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,2018年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Fully Implantable Wireless ECoG 128-Channel Recording Device for Human Brain-Machine Interfaces: W-HERBS,Kojiro Matsushita,Masayuki Hirata,Takafumi Suzuki,Hiroshi Ando,Takeshi Yoshida,Yuki Ota,Fumihiro Sato,Shayne Morris,Hisato Sugata,Tetsu Goto,Takufumi Yanagisawa,Toshiki Yoshimine,FRONTIERS IN NEUROSCIENCE,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 12,No. 512,2018年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Training in use of brain-machine interface-controlled robotic hand improves accuracy decoding two types of hand movements,Fukuma R,Yanagisawa T,Yokoi H,Hirata M,Yoshimine T,Saitoh Y,Kamitani Y,Kishima H,Frontiers in Neuroscience,Vol. 12,p. 478-478,2018年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Neuromagnetic decoding of simultaneous bilateral hand movements for multidimensional brain-machine interfaces.,Belkacem A,Nishio S,Suzuki T,Ishiguro H,Hirata M,IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering,Vol. 26,No. 6,p. 1301-1310,2018年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Effect of local coil density on blood flow stagnation in densely coiled cerebral aneurysms: a computational study using a cartesian grid method.,Otani T,Sindo T,Ii S,Hirata M,Wada S,Journal of Biomechanical Engineering,Vol. 140,No. 4,2018年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Independent component analysis (ICA) features for electro-corticographic (ECoG) brain-machine interfaces (BMIs).,Palmer J,Hirata M,Japanese Journal of Clinical Neurophysiology,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-invasive quantification of human swallowing using a simple motion tracking system.,Hashimoto H,Hirata M,Takahashi K,Kameda S,Katsuta Y,Yoshida F,Hattori N,Yanagisawa T,Palmer J,Oshino S,Yoshimine T,Kishima H,Scientific Reports,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Frequency-specific genetic influence on inferior parietal lobule activation commonly observed during action observation and execution,Toshihiko Araki,Mai Onishi,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Yoshiyuki Watanabe,Soshiro Ogata,Kazuo Hayakawa,Chika Honda,Mikio Watanabe,Yoshinori Iwatani,Shiro Yorifuji,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 7,No. 1,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 頭蓋内脳波を用いた嚥下時脳機能解析:ニューロモデュレーションのよる嚥下障害克服を目指して,橋本洋章,平田雅之,吉田史章,亀田成司,栁澤琢史,押野悟,吉峰俊樹,貴島晴彦,機能的脳神経外科,Vol. 56,p. 51-56,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Subthalamic nucleus detects unnatural android movement,Takashi Ikeda,Masayuki Hirata,Masashi Kasaki,Maryam Alimardani,Kojiro Matsushita,Tomoyuki Yamamoto,Shuichi Nishio,Hiroshi Ishiguro,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 7,2017年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Non-invasive detection of language-related prefrontal high gamma band activity with beamforming MEG,Hiroaki Hashimoto,Yuka Hasegawa,Toshihiko Araki,Hisato Sugata,Takufumi Yanagisawa,Shiro Yorifuji,Masayuki Hirata,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 7,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Delayed Mismatch Field Latencies in Autism Spectrum Disorder with Abnormal Auditory Sensitivity: A Magnetoencephalographic Study,Junko Matsuzaki,Kuriko Kagitani-Shimono,Hisato Sugata,Ryuzo Hanaie,Fumiyo Nagatani,Tomoka Yamamoto,Masaya Tachibana,Koji Tominaga,Masayuki Hirata,Ikuko Mohri,Masako Taniike,FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 11,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療,柳澤琢史,福間良平,ベン シーモア,細見晃一,貴島晴彦,平田雅之,横井浩史,吉峰俊樹,神谷之康,齋藤洋一,Pain Research,日本疼痛学会,Vol. 32,No. 2,p. 104-104,2017年06月
  • Noninvasive spatiotemporal imaging of neural transmission in the subcortical visual pathway,Fumiaki Yoshida,Masayuki Hirata,Ayako Onodera,Tetsu Goto,Hisato Sugata,Shiro Yorifuji,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 7,No. 1,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Computational study for the effects of coil configuration on blood flow characteristics in coil-embolized cerebral aneurysm,Tomohiro Otani,Satoshi Ii,Tomoyoshi Shigematsu,Toshiyuki Fujinaka,Masayuki Hirata,Tomohiko Ozaki,Shigeo Wada,MEDICAL & BIOLOGICAL ENGINEERING & COMPUTING,SPRINGER HEIDELBERG,Vol. 55,No. 5,p. 697-710,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • High Spatiotemporal Resolution ECoG Recording of Somatosensory Evoked Potentials with Flexible Micro-Electrode Arrays,Taro Kaiju,Keiichi Doi,Masashi Yokota,Kei Watanabe,Masato Inoue,Hiroshi Ando,Kazutaka Takahashi,Fumiaki Yoshida,Masayuki Hirata,Takafumi Suzuki,Frontiers in Neural Circuits,Frontiers Media SA,Vol. 11,2017年04月11日,研究論文(学術雑誌)
  • Mapping ECoG channel contributions to trajectory and muscle activity prediction in human sensorimotor cortex,Yasuhiko Nakanishi,Takufumi Yanagisawa,Duk Shin,Hiroyuki Kambara,Natsue Yoshimura,Masataka Tanaka,Ryohei Fukuma,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Yasuharu Koike,Scientific Reports,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 7,No. 1,2017年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Computational Study of the Non-Newtonian Effect of Blood on Flow Stagnation in a Coiled Cerebral Aneurysm,Tomohiro Otani,Satoshi Ii,Masayuki Hirata,Shigeo Wada,NIHON REOROJI GAKKAISHI,SOC RHEOLOGY, JAPAN,Vol. 45,No. 5,p. 243-249,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • Navigation-assisted trans-inferotemporal cortex selective amygdalohippocampectomy for mesial temporal lobe epilepsy; preserving the temporal stem,Haruhiko Kishima,Amami Kato,Satoru Oshino,Naoki Tani,Tomoyuki Maruo,Hui Ming Khoo,Takufumi Yanagisawa,Kotaro Edakawa,Maki Kobayashi,Masataka Tanaka,Koichi Hosomi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,NEUROLOGICAL RESEARCH,TAYLOR & FRANCIS LTD,Vol. 39,No. 3,p. 223-230,2017年,研究論文(学術雑誌)
  • 中枢性脳卒中後疼痛の治療戦略:神経刺激療法を中心に,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,吉田史章,柳澤琢史,眞野智生,枝川光太朗,後藤雄子,小林真紀,田中將貴,清水豪士,橋本洋章,吉峰俊樹,齋藤洋一,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 55,p. 9-16,2016年12月
  • 神経変性疾患に対するバクロフェン髄腔内持続投与治療,押野悟,貴島晴彦,細見晃一,枝川光太朗,後藤雄子,小林真紀,田中將貴,清水豪士,Khoo Hui Ming,柳澤琢史,谷直樹,圓尾知之,平田雅之,齋藤洋一,吉峰俊樹,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 55,p. 55-61,2016年12月
  • Wireless Multichannel Neural Recording With a 128-Mbps UWB Transmitter for an Implantable Brain-Machine Interfaces,H. Ando,K. Takizawa,T. Yoshida,K. Matsushita,M. Hirata,T. Suzuki,IEEE Transactions on Biomedical Circuits and Systems,Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE),Vol. 10,No. 6,p. 1068-1078,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Wireless Multichannel Neural Recording With a 128-Mbps UWB Transmitter for an Implantable Brain-Machine Interfaces,H. Ando,K. Takizawa,T. Yoshida,K. Matsushita,M. Hirata,T. Suzuki,IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL CIRCUITS AND SYSTEMS,IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC,Vol. 10,No. 6,p. 1068-1078,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Cortical activation for reading semantic words in children with Autism Spectrum Disorder: A magnetoencephalography study.,Ogawa R,Kagitani-Shimono K,Matsuzaki J,Tanigawa,J,Hanaie R,Yamamoto T,Tominaga T,Hirata M,Mohri I,Taniike M,2016年11月
  • Electrical stimulation of the parahippocampal gyrus for prediction of posthippocampectomy verbal memory decline,Naoki Tani,Haruhiko Kishima,Hui Ming Khoo,Takufumi Yanagisawa,Satoru Oshino,Tomoyuki Maruo,Koichi Hosomi,Masayuki Hirata,Hiroaki Kazui,Keiko Tokumasu Nomura,Mohamed M. Aly,Amami Kato,Toshiki Yoshimine,JOURNAL OF NEUROSURGERY,AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS,Vol. 125,No. 5,p. 1053-1060,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Language-related cerebral oscillatory changes are influenced equally by genetic and environmental factors,Toshihiko Araki,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Hisato Sugata,Mai Onishi,Yoshiyuki Watanabe,Soshiro Ogata,Chika Honda,Kazuo Hayakawa,Shiro Yorifuji,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 142,p. 231-237,2016年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Mu rhythm suppression reflects mother-child face-to-face interactions: a pilot study with simultaneous MEG recording.,Chiaki Hasegawa,Takashi Ikeda,Yuko Yoshimura,Hirotoshi Hiraishi,Tetsuya Takahashi,Naoki Furutani,Norio Hayashi,Yoshio Minabe,Masayuki Hirata,Minoru Asada,Mitsuru Kikuchi,Scientific reports,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 6,No. 1,p. 34977-34977,2016年10月10日,研究論文(学術雑誌)
  • Implantable wireless 64-channel system with flexible ECoG electrode and optogenetics probe.,Yoshimoto S,Araki T,Yoshida F,Uemura T,Nezu T,Suzuki T,Hirata M,Sekitani T,Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS),p. 476-479,2016年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Real-Time Control of a Neuroprosthetic Hand by Magnetoencephalographic Signals from Paralysed Patients (vol 6, 21781, 2016),Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Youichi Saitoh,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Takeshi Shimizu,Hisato Sugata,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 6,2016年10月
  • Induced sensorimotor brain plasticity controls pain in phantom limb patients,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Ben Seymour,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Takeshi Shimizu,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,Youichi Saitoh,NATURE COMMUNICATIONS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 7,2016年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Erratum: Corrigendum to “Proceedings of the Seventh International Workshop on Advances in Electrocorticography” (Epilepsy and Behavior (2015) 51 (312–320) (S1525505015004606) (10.1016/j.yebeh.2015.08.002)),Anthony Ritaccio,Riki Matsumoto,Martha Morrell,Kyousuke Kamada,Mohamad Koubeissi,David Poeppel,Jean Philippe Lachaux,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Christoph Guger,Gerwin Schalk,Epilepsy and Behavior,Vol. 62,p. 313-313,2016年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Respiratory Function Under Intrathecal Baclofen Therapy in Patients With Spastic Tetraplegia,Haruhiko Kishima,Takufumi Yanagisawa,Yuko Goto,Satoru Oshino,Tomoyuki Maruo,Naoki Tani,Hui Ming Khoo,Koichi Hosomi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,NEUROMODULATION,WILEY-BLACKWELL,Vol. 19,No. 6,p. 650-653,2016年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Common neural correlates of real and imagined movements contributing to the performance of brain–machine interfaces,Sugata H,Hirata M,Yanagisawa T,Matsushita K,Yorifuji S,Yoshimine T,Sci Rep,Vol. 6,2016年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Real-Time Control of a Neuroprosthetic Hand by Magnetoencephalographic Signals from Paralysed Patients,Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Youichi Saitoh,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Takeshi Shimizu,Hisato Sugata,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,SCIENTIFIC REPORTS,NATURE PUBLISHING GROUP,Vol. 6,No. 6,2016年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Brain machine-interfaces for motor and communication control,Masayuki Hirata,Cognitive Neuroscience Robotics B: Analytic Approaches to Human Understanding,Springer Japan,p. 227-251,2016年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Oscillation and cross-frequency coupling,Masayuki Hirata,Clinical Applications of Magnetoencephalography,Springer Japan,p. 319-330,2016年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • A Computational Approach for Blood Flow Analysis in the Densely Coiled Cerebral Aneurysm,Tomohiro Otani,Satoshi Ii,Shigeo Wada,Tomoyoshi Shigematsu,Toshiyuki Fujinaka,Tomohiko Ozaki,Masayuki Hirata,2016 IEEE 16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIOINFORMATICS AND BIOENGINEERING (BIBE),IEEE,p. 342-345,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Identification of fragmented letters through minimum-distance interpolation,Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Youichi Saitoh,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Takeshi Shimizu,Hisato Sugata,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,Therapeutic Research,Vol. 37,No. 8,p. 795-802,2016年,研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between spatial pattern of P300 and performance of P300-based braincomputer interface in amyotrophic lateral sclerosis,Sugata H,Hirata M,Kageyama Y,Kishima H,Sawada J,Yoshimine T,Brain-Computer Interfaces,Vol. 3,No. 1,p. 1-8,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrical stimulation of the parahippocampal gyrus for prediction of post-hippocampectomy verbal memory decline,Tani N,Kishima H,Khoo HM,Yanagisawa T,Oshino S,Maruo T,Hosomi K,Hirata M,Kazui H,Tokumasu-Nomura K,Ali M,Kato A,Yoshimine T,J Neurosurg,Vol. 15,No. 1,p. 1-8,2016年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Categorical discrimination of human body parts by magnetoencephalography,Misaki Nakamura,Takufumi Yanagisawa,Yumiko Okamura,Ryohei Fukuma,Masayuki Hirata,Toshihiko Araki,Yukiyasu Kamitani,Shiro Yorifuji,FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE,FRONTIERS MEDIA SA,Vol. 9,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Proceedings of the Seventh International Workshop on Advances in Electrocorticography,Anthony Ritaccio,Riki Matsumoto,Martha Morrell,Kyousuke Kamada,Mohamad Koubeissi,David Poeppel,Jean-Philippe Lachaux,Yakufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Christoph Guger,Gerwin Schalk,EPILEPSY & BEHAVIOR,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 51,p. 312-320,2015年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Multichannel neural recording with a 128 Mbps UWB wireless transmitter for implantable brain-machine interfaces,H Ando,K Takizawa,T Yoshida,K Matsushita,M Hirata,T Suzuki,2015 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC),p. 4097-4100,2015年08月25日,研究論文(学術雑誌)
  • Closed-Loop Control of a Neuroprosthetic Hand by Magnetoencephalographic Signals,Ryohei Fukuma,Takufumi Yanagisawa,Shiro Yorifuji,Ryu Kato,Hiroshi Yokoi,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 10,No. 7,p. e0131547-e0131547,2015年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Patient-Specific Cortical Electrodes for Sulcal and Gyral Implantation,Shayne Morris,Masayuki Hirata,Hisato Sugata,Tetsu Goto,Kojiro Matsushita,Takufumi Yanagisawa,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Toshiki Yoshimine,IEEE TRANSACTIONS ON BIOMEDICAL ENGINEERING,IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC,Vol. 62,No. 4,p. 1034-1041,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Temporospatial identification of language-related cortical function by a combination of transcranial magnetic stimulation and magnetoencephalography,Misako Shinshi,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Hisato Sugata,Toshihiko Araki,Yumiko Okamura,Yuka Hasegawa,Aya S. Ihara,Shiro Yorifuji,BRAIN AND BEHAVIOR,WILEY,Vol. 5,No. 3,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrocorticographic brain–machine interfaces for motor and communication control,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Clinical Systems Neuroscience,Springer Japan,p. 83-100,2015年01月01日,論文集(書籍)内論文
  • Multichannel Neural Recording with a 128 Mbps UWB Wireless Transmitter for Implantable Brain-Machine Interfaces,H. Ando,K. Takizawa,T. Yoshida,K. Matsushita,M. Hirata,T. Suzuki,2015 37TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY (EMBC),IEEE,p. 4097-4100,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Computational model of coil placement in cerebral aneurysm with using realistic coil properties,Tomohiro Otani,Satoshi Ii,Tomoyoshi Shigematsu,Toshiyuki Fujinaka,Masayuki Hirata,Tomohiko Ozaki,Shigeo Wada,Journal of Biomechanical Science and Engineering,Vol. 10,No. 4,p. 1-15,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Facilitated Lexical Ambiguity Processing by Transcranial Direct Current Stimulation over the Left Inferior Frontal Cortex,Aya S. Ihara,Takanori Mimura,Takahiro Soshi,Shiro Yorifuji,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Toshiki Yoshinime,Hiroaki Umehara,Norio Fujimaki,JOURNAL OF COGNITIVE NEUROSCIENCE,MIT PRESS,Vol. 27,No. 1,p. 26-34,2015年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Alternation of cross frequency coupling in the pre-ictal iEEG of epileptic patients.,Kohtaroh Edakawa,Haruhiko Kishima,Takufumi Yanagisawa,Satoru Oshino,Yoh Inoue,Hui Ming Khoo,Tomoyuki Maruo,Maki Kobayashi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,2014年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Cerebral oscillatory activity during simulated driving using MEG,Kotoe Sakihara,Masayuki Hirata,Kazutoshi Ebe,Kenji Kimura,Seong Yi Ryu,Yoshiyuki Kono,Nozomi Muto,Masako Yoshioka,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 8,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Differential oscillatory responses to aversive sound in autism spectrum disorder with auditory hypersensitivity,Kagitani-Shimono K,Matsuzaki J,Sugata H,Hirata M,Hirata I,Hanaie R,Nagatani F,Tachibana M,Tominaga K,Mohri I,Taniike M,2014年11月
  • Frameless Image-Guided Stereotactic Implantation of Depth Electrodes via Craniotomy for Presurgical Evaluation of Pharmacoresistant Epilepsy,Hui Ming Khoo,Haruhiko Kishima,Satoru Oshino,Naoki Tani,Tomoyuki Maruo,Takufumi Yanagisawa,Kohtarou Edagawa,You Inoue,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,2014年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Development of ECoG based multi-channel recording BMI system using UWB wireless communications,Hiroshi Ando,Kenichi Takizawa,Takeshi Yoshida,Hirohito Sawahata,Keisuke Kawasaki,Isao Hasegawa,Kojiro Matsushita,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Takafumi Suzuki,Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering,Japan Soc. of Med. Electronics and Biol. Engineering,Vol. 52,p. 78-SY-79,2014年08月17日,研究論文(学術雑誌)
  • Super multi-channel recording systems with UWB wireless transmitter for BMI,Takafumi Suzuki,Hiroshi Ando,Takeshi Yoshida,Hirohito Sawahata,Keisuke Kawasaki,Isao Hasegawa,Kojiro Matsushita,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Kenichi Takizawa,2014 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,IEEE,p. 5208-5211,2014年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Patient-specific contour-fitting sheet electrodes for electrocorticographic brain machine interfaces,Masayuki Hirata,Shayne Morris,Hisato Sugata,Kojiro Matsushita,Takufumi Yanagisawa,Haruhiko Kishima,Toshiki Yoshimine,2014 36th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,IEEE,2014年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Severely affected ALS patients have broad and high expectations for brain-machine interfaces,Kageyama Y,Hirata M,Yanagisawa T,Shimokawa T,Sawada J,Shayne Morris,Mizushima N,Kishima H,Sakura O,Yoshimine T,Amyotrophic Lateral Sclerosis and Frontotemporal Degeneration,Vol. 15,No. 7-8,p. 513-519,2014年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Decoding fingertip trajectory from electrocorticographic signals in humans,Yasuhiko Nakanishi,Takufumi Yanagisawa,Duk Shin,Chao Chen,Hiroyuki Kambara,Natsue Yoshimura,Ryohei Fukuma,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Yasuharu Koike,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 85,p. 20-27,2014年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Alpha band functional connectivity correlates with the performance of brain-machine interfaces to decode real and imagined movements,Hisato Sugata,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Kojiro Matsushita,Tetsu Goto,Shiro Yorifuji,Toshiki Yoshimine,FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 8,2014年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Neural decoding and brain machine interfaces based on electromagnetic oscillatory activities: A challenge for MEG,Masayuki Hirata,Magnetoencephalography: From Signals to Dynamic Cortical Networks,Springer-Verlag Berlin Heidelberg,Vol. 9783642330452,p. 503-505,2014年07月01日,論文集(書籍)内論文
  • Progressively Increased M50 Responses to Repeated Sounds in Autism Spectrum Disorder with Auditory Hypersensitivity: A Magnetoencephalographic Study,Junko Matsuzaki,Kuriko Kagitani-Shimono,Hisato Sugata,Masayuki Hirata,Ryuzo Hanaie,Fumiyo Nagatani,Masaya Tachibana,Koji Tominaga,Ikuko Mohri,Masako Taniike,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 9,No. 7,2014年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Genetic and environmental influences on motor function: a magnetoencephalographic study of twins,Toshihiko Araki,Masayuki Hirata,Hisato Sugata,Takufumi Yanagisawa,Mai Onishi,Yoshiyuki Watanabe,Kayoko Omura,Chika Honda,Kazuo Hayakawa,Shiro Yorifuji,FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE,FRONTIERS RESEARCH FOUNDATION,Vol. 8,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Cerebellar-related long latency motor response in upper limb musculature by transcranial magnetic stimulation of the cerebellum,Sachiyo Hosokawa,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Takufumi Yanagisawa,Hisato Sugata,Toshihiko Araki,Yumiko Okamura,Yuka Hasegawa,Misako Shinshi,Shiro Yorifuji,NEUROREPORT,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 25,No. 6,p. 353-357,2014年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Hyperscanning MEG for understanding mother–child cerebral interactions,Hirata M,Ikeda T,Kikuchi M,Kimura T,Hiraishi H,Yoshimura Y,Asada M,Front Hum Neurosci,Vol. 8,2014年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrocorticographic control of a prosthetic hand in paralyzed patients ecog control of a prosthetic hand,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Kojiro Matsushita,Tetsu Goto,Ryohei Fukuma,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,Biosystems and Biorobotics,Springer International Publishing,Vol. 6,p. 95-103,2014年,論文集(書籍)内論文
  • Blood flow analysis in patient-specific cerebral aneurysm models with realistic configuration of embolized coils,T. Otani,S. Ii,T. Fujinaka,M. Hirata,J. Kuroda,K. Shibano,Shigeo Wada,IFMBE Proceedings,Springer Verlag,Vol. 43,p. 343-346,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 8-GHz Band Implantable UWB Communications for Wireless Brain-Machine Interfaces,Kenichi Takizawa,Hiroshi Ando,Takafumi Suzuki,Kamya Yekeh Yazdandoost,Kojiro Matsushita,Masayuki Hirata,2014 8TH EUROPEAN CONFERENCE ON ANTENNAS AND PROPAGATION (EUCAP),IEEE,p. 3370-3373,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • DEVELOPMENT OF A VIRTUAL COIL MODEL FOR BLOOD FLOW SIMULATION IN COIL-EMBOLIZED ANEURYSMS,Tomohiro Otani,Satoshi Ii,Toshiyuki Fujinaka,Masayuki Hirata,Junko Kuroda,Katsuhiko Shibano,Shigeo Wada,PROCEEDINGS OF THE ASME INTERNATIONAL MECHANICAL ENGINEERING CONGRESS AND EXPOSITION, 2013, VOL 3A,AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 磁気刺激検査・脳磁図の現状と新たな展開,依藤 史郎,荒木 俊彦,平田 雅之,臨床検査,Vol. 57,No. 10,p. 1085-1089,2013年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Which is the most appropriate disconnection surgery for refractory epilepsy in childhood?,Kishima H,Oshino S,Tani N,Maruo Y,Morris S,Hui Ming Khoo,Yanagisawa T,Shimono K,Okinaga T,Hirata M,Kato A,Yoshimine T,Neurol Med Chir (Tokyo),Vol. 53,No. 11,p. 814-820,2013年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Brain-machine interface using brain surface electrodes: Real-time robotic control and a fully implantable wireless system,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Kojiro Matsushita,Hisato Sugata,Yukiyasu Kamitani,Takafumi Suzuki,Hiroshi Yokoi,Tetsu Goto,Morris Shayne,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Mitsuo Kawato,Toshiki Yoshimine,Assistive Technologies: Concepts, Methodologies, Tools, and Applications,IGI Global,p. 1535-1548,2013年08月31日,論文集(書籍)内論文
  • Computational fluid dynamics of blood flow in coil-embolized aneurysms: effect of packing density on flow stagnation in an idealized geometry,Tomohiro Otani,Masanori Nakamura,Toshiyuki Fujinaka,Masayuki Hirata,Junko Kuroda,Katsuhiko Shibano,Shigeo Wada,Medical & Biological Engineering & Computing,Springer Science and Business Media LLC,Vol. 51,No. 8,p. 901-910,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Cortical excitability changes after high-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation for central poststroke pain.,Hosomi K,Kishima H,Oshino S,Hirata M,Tani N,Maruo T,Yorifuji S,Yoshimine T,Saitoh Y,Pain,Vol. 154,No. 8,p. 1352-1357,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of Three-Dimensional Arm Trajectories Based on ECoG Signals Recorded from Human Sensorimotor Cortex,Yasuhiko Nakanishi,Takufumi Yanagisawa,Duk Shin,Ryohei Fukuma,Chao Chen,Hiroyuki Kambara,Natsue Yoshimura,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Yasuharu Koike,PLOS ONE,PUBLIC LIBRARY SCIENCE,Vol. 8,No. 8,2013年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of an Implantable Wireless ECoG 128ch Recording Device for Clinical Brain Machine Interface,Matsushita K,Hirata M,Suzuki T,Ando H,Ota Y,Sato F,Morris S,Yoshida T,Matsuki H,Yoshimine T,Proc of 35th Annual intern. conf. IEEE EMBS,,p. 1867-1870,2013年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 合成開口脳磁図解析法のてんかん外科への応用,加藤天美、二宮宏智、齋藤洋一、平田雅之、谷口理章、吉峰俊樹,精神神経学雑誌,Vol. 105,No. 4,p. 425-432,2013年04月
  • Altered extrafocal iomazenil activity in mesial temporal lobe epilepsy.,Hosomi K,Kishima H,Oshino S,Hirata M,Tani N,Maruo T,Khoo HM,Shimosegawa E,Hatazawa J,Kato A,Yoshimine T,Epilepsy research,Vol. 103,No. 2-3,p. 195-204,2013年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Clinical application of neuromagnetic recordings: From functional imaging to neural decoding,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,IEICE Transactions on Electronics,Institute of Electronics, Information and Communication, Engineers, IEICE,Vol. E96-C,No. 3,p. 313-319,2013年
  • EFFECTS OF THE EXTENT OF COIL EMBOLIZATION ON FLOW STAGNATION IN CEREBRAL ANEURYSMS,Tomohiro Otani,Masanori Nakamura,Toshiyuki Fujinaka,Masayuki Hirata,Junko Kuroda,Katsuhiko Shibano,Shigeo Wada,INTERNATIONAL MECHANICAL ENGINEERING CONGRESS AND EXPOSITION - 2012, VOL 2: BIOMEDICAL AND BIOTECHNOLOGY,AMER SOC MECHANICAL ENGINEERS,p. 175-176,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Possible roles of the dominant uncinate fasciculus in naming objects: A case report of intraoperative electrical stimulation on a patient with a brain tumour,Keiko Nomura,Hiroaki Kazui,Hiromasa Tokunaga,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Yuko Goto,Naoya Hashimoto,Toshiki Yoshimine,Masatoshi Takeda,BEHAVIOURAL NEUROLOGY,IOS PRESS,Vol. 27,No. 2,p. 229-234,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • [Brain-machine interface (BMI) - application to neurological disorders].,Yoshimine T,Yanagisawa T,Hirata M,Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology,Vol. 53,No. 11,p. 962-965,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • [Communication with ALS patients: neurosurgical approach].,Yoshimine T,Yanagisawa T,Sawada J,Hazama T,Mochizuki H,Hirata M,Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology,Vol. 53,No. 11,p. 1405-1407,2013年,研究論文(学術雑誌)
  • Publication criteria for evoked magnetic fields of the human brain: A proposal,Isamu Ozaki,Hideaki Shiraishi,Kyousuke Kamada,Shigeki Kameyama,Naohiro Tsuyuguchi,Masato Yumoto,Yutaka Watanabe,Masayuki Hirata,Ryouhei Ishii,Yoshinobu Iguchi,Tomoaki Kimura,Ryosuke Takino,Isao Hashimoto,Clinical Neurophysiology,Elsevier BV,Vol. 123,No. 11,p. 2116-2121,2012年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Regulation of Motor Representation by Phase-Amplitude Coupling in the Sensorimotor Cortex,Takufumi Yanagisawa,Okito Yamashita,Masayuki Hirata,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Tetsu Goto,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,SOC NEUROSCIENCE,Vol. 32,No. 44,p. 15467-15475,2012年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 15. Predictive factors of pain relief with repetitive transcranial magnetic stimulation in patients with neuropathic pain,Koichi Hosomi,Tomoyuki Maruo,Haruhiko Kishima,Satoru Oshino,Naoki Tani,Yu Kageyama,Shayne Morris,Taiga Matsuzaki,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Hui Ming Khoo,Toshiki Yoshimine,Youichi Saitoh,Clinical Neurophysiology,Elsevier {BV},Vol. 123,No. 9,2012年09月
  • Present status and future development of neurophysiological examination in laboratory medicine.,Yorifuji S,Hirata M,Goto T,Okazaki A,Takahashi A,Sugata H,Onodera A,Hosokawa S,The Japanese journal of clinical pathology,9,Vol. 60,p. 900-903,2012年09月
  • Neural decoding of unilateral upper limb movements using single trial MEG signals,Hisato Sugata,Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Kojiro Matsushita,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifujia,BRAIN RESEARCH,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1468,p. 29-37,2012年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrocorticographic Control of a Prosthetic Arm in Paralyzed Patients,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Kojiro Matsushita,Tetsu Goto,Ryohei Fukuma,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,ANNALS OF NEUROLOGY,WILEY-BLACKWELL,Vol. 71,No. 3,p. 353-361,2012年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Movement-related neuromagnetic fields and performances of single trial classifications,Hisato Sugata,Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Kojiro Matsushita,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,NEUROREPORT,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 23,No. 1,p. 16-20,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Motor Restoration Based on the Brain-Machine Interface Using Brain Surface Electrodes: Real-Time Robot Control and a Fully Implantable Wireless System,Masayuki Hirata,Kojiro Matsushita,Takufumi Yanagisawa,Tetsu Goto,Shayne Morris,Hiroshi Yokoi,Takafumi Suzuki,Takeshi Yoshida,Fumihiro Sato,Osamu Sakura,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,ADVANCED ROBOTICS,VSP BV,Vol. 26,No. 3-4,p. 399-408,2012年,研究論文(学術雑誌)
  • Differential responses of primary auditory cortex in autistic spectrum disorder with auditory hypersensitivity,Junko Matsuzaki,Kuriko Kagitani-Shimono,Tetsu Goto,Wakako Sanefuji,Tomoka Yamamoto,Saeko Sakai,Hiroyuki Uchida,Masayuki Hirata,Ikuko Mohri,Shiro Yorifuji,Masako Taniike,NEUROREPORT,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 23,No. 2,p. 113-118,2012年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 認知脳ロボティクスにおけるBMI・情動研究,山本知幸,平田雅之,池田尊司,西尾修一,松下光次郎,Alimardani Maryam,石黒浩,日本ロボット学会学術講演会予稿集,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Fully-Implantable Wireless System for Human Brain-Machine Interfaces Using Brain Surface Electrodes: W-HERBS,Masayuki Hirata,Kojiro Matsushita,Takafumi Suzuki,Takeshi Yoshida,Fumihiro Sato,Shayne Morris,Takufumi Yanagisawa,Tetsu Goto,Mitsuo Kawato,Toshiki Yoshimine,IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E94B,No. 9,p. 2448-2453,2011年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Real-time control of a prosthetic hand using human electrocorticography signals,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Tetsu Goto,Haruhiko Kishima,Ryohei Fukuma,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,JOURNAL OF NEUROSURGERY,AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS,Vol. 114,No. 6,p. 1715-1722,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Corrigendum to "Frequency-dependent spatiotemporal distribution of cerebral oscillatory changes during silent reading: A magnetoencephalographic group analysis" [NeuroImage 54/1 (2011) 560-567],Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Yuka Umekawa,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shirou Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NeuroImage,Vol. 55,No. 3,2011年04月01日,研究論文(学術雑誌)
  • Frequency-dependent spatiotemporal distribution of cerebral oscillatory changes during silent reading: A magnetoencephalographic group analysis (vol 54, pg 560, 2011),Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Yuka Umekawa,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shirou Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 55,No. 3,p. 1407-1407,2011年04月
  • A High-Linearity Low-Noise Amplifier with Variable Bandwidth for Neural Recoding Systems,Takeshi Yoshida,Katsuya Sueishi,Atsushi Iwata,Kojiro Matsushita,Masayuki Hirata,Takafumi Suzuki,JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS,JAPAN SOC APPLIED PHYSICS,Vol. 50,No. 4,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Deep brain stimulation of the subthalamic nucleus improves temperature sensation in patients with Parkinson's disease,Tomoyuki Maruo,Youichi Saitoh,Koichi Hosomi,Haruhiko Kishima,Toshio Shimokawa,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Shayne Morris,Yu Harada,Takufumi Yanagisawa,Mohamed M. Aly,Toshiki Yoshimine,PAIN,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 152,No. 4,p. 860-865,2011年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Single trial classification of phonemes for electrocorticographic brain-machine interfaces,Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Kojiro Matsushita,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shayne Morris,Hisato Sugata,Shiro Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E97-E97,2011年
  • Gamma amplitude coupled with alpha phase represents motor information before actual movements,Takufumi Yanagisawa,Okito Yamashita,Masayuki Hirata,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Tetsu Goto,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E98-E98,2011年
  • 3D designed high-density electrodes matching individual brain surface,Shayne Morris,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Koujiro Matsushita,Takufumi Yanagisawa,Takafumi Suzuki,Naotaka Fujii,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E99-E99,2011年
  • Frequency-dependent spatiotemporal distribution of cerebral oscillatory changes during silent reading: A magnetoencephalograhic group analysis,Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Yuka Umekawa,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shirou Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 54,No. 1,p. 560-567,2011年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Language dominance and mapping based on neuromagnetic oscillatory changes: comparison with invasive procedures,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Gareth Barnes,Yuka Umekawa,Takufumi Yanagisawa,Amami Kato,Satoru Oshino,Haruhiko Kishima,Naoya Hashimoto,Youichi Saitoh,Naoki Tani,Shiro Yorifuji,Toshiki Yoshimine,JOURNAL OF NEUROSURGERY,AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS,Vol. 112,No. 3,p. 528-538,2010年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Modulation of neuronal activity after spinal cord stimulation for neuropathic pain; (H2O)-O-15 PET study,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Satoru Oshino,Koichi Hosomi,Mohamed Ali,Tomoyuki Maruo,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Takufumi Yanagisawa,Masahiko Sumitani,Yasuhiro Osaki,Jun Hatazawa,Toshiki Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 49,No. 3,p. 2564-2569,2010年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Integrative BMI approach for functional restoration using human electrocorticograms,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Tetsu Goto,Kojiro Matsushita,Takafumi Suzuki,Hiroshi Yokoi,Osamu Sakura,Naotaka Fujii,Junichi Ushiba,Takeshi Yoshida,Fumihiro Sato,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E40-E40,2010年
  • Prosthetic arm control by paralyzed patients using electrocorticograms,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Tetsu Goto,Ryohei Fukuma,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E83-E83,2010年
  • Single trial classification of phonemes for electrocorticographic brain-machine interfaces,Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Takufumi Yanagisawa,Kojiro Matsushita,Shayne Morris,Hisao Sugata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shiro Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E215-E215,2010年
  • Neuroimaging study on brain asymmetries in situs inversus totalis,Aya Ihara,Masayuki Hirata,Norio Fujimaki,Tetsu Goto,Yuka Umekawa,Norihiko Fujita,Yasushi Terazono,Ayumu Matani,Qiang Wei,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,Tsutomu Murata,JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 288,No. 1-2,p. 72-78,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Movement induces suppression of interictal spikes in sensorimotor neocortical epilepsy,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Haruhiko Kishima,Tetsu Goto,Youichi Saitoh,Satoru Oshino,Koichi Hosomi,Amami Kato,Toshiki Yoshimine,EPILEPSY RESEARCH,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 87,No. 1,p. 12-17,2009年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Neural decoding using gyral and intrasulcal electrocorticograms,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Amami Kato,Daisuke Shibuya,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 45,No. 4,p. 1099-1106,2009年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Cortical oscillatory power changes during auditory oddball task revealed by spatially filtered magnetoencephalography,Ryouhei Ishii,Leonides Canuet,Anthony Herdman,Atsuko Gunji,Masao Iwase,Hidetoshi Takahashi,Takayuki Nakahachi,Masayuki Hirata,Stephen E. Robinson,Christo Pantev,Masatoshi Takeda,CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 120,No. 3,p. 497-504,2009年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Real time cortical control of a prosthetic hand using electrocorticogram (ECoG),Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Tetsu Goto,Ryohei Fukuma,Haruhiko Kishima,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S49-S49,2009年
  • ECoG-based Brain-Machine Interface,Toshiki Yoshimine,Masayuki Hirata,Takuhumi Yanagisawa,Tetsu Goto,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Hiroshi Yokoi,Yukiyasu Kamitani,Ryohei Fukuma,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S33-S33,2009年
  • Diffusion tensor fiber tracking in patients with central post-stroke pain; correlation with efficacy of repetitive transcranial magnetic stimulation,Tetsu Goto,Youichi Saitoh,Naoya Hashimoto,Masayuki Hirata,Haruhiko Kishima,Satoru Oshino,Naoki Tani,Koichi Hosomi,Ryusuke Kakigi,Toshiki Yoshimine,PAIN,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 140,No. 3,p. 509-518,2008年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Ipsilateral motor-related hyperactivity in patients with cerebral occlusive vascular disease,Satoru Oshino,Amami Kato,Masayuki Hirata,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Toshiyuki Fujinaka,Toshiki Yoshimine,STROKE,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 39,No. 10,p. 2769-2775,2008年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Combined harpoonlike jagged microneedles imitating mosquito's proboscis and its insertion experiment with vibration,Hayato Izumi,Tsubasa Yajima,Seiji Aoyagi,Norio Tagawa,Yasuhiko Arai,Masayuki Hirata,IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING,WILEY,Vol. 3,No. 4,p. 425-431,2008年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Electrical stimulation of primary motor cortex within the central sulcus for intractable neuropathic pain,Koichi Hosomi,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Satoru Oshino,Masayuki Hirata,Naoki Tani,Toshio Shimokawa,Toshiki Yoshimine,CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 119,No. 5,p. 993-1001,2008年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Brain-computer interface based on gyral and intrasulcal electrocorticograms,Takufumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Amami Kato,Ryohei Fukuma,Yukiyasu Kamitani,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 61,p. S54-S54,2008年
  • Reduction of intractable deafferentation pain due to spinal cord or peripheral lesion by high-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation of the primary motor cortex,Youichi Saitoh,Azuma Hirayama,Haruhiko Kishima,Toshio Shimokawa,Satoru Oshino,Masayuki Hirata,Naoki Tani,Amami Kato,Toshiki Yoshimine,Journal of Neurosurgery,Journal of Neurosurgery Publishing Group (JNSPG),Vol. 107,No. 3,p. 555-559,2007年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Late response evoked by cerebellar stimuli: effect of optokinetic stimulation.,Kotoe Sakihara,Masayuki Hirata,Seiji Nakagawa,Nobuko Fujiwara,Masaki Sekino,Shoogo Ueno,Aya Ihara,Shiro Yorifuji,Neuroreport,9,Vol. 18,No. 9,p. 891-4,2007年06月11日,研究論文(学術雑誌)
  • Effects of the emotional connotations in words on the frontal areas - A spatially filtered MEG study,Masayuki Hirata,Syunsuke Koreeda,Kotoe Sakihara,Amami Kato,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 35,No. 1,p. 420-429,2007年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Magnetoencephalographic analysis of cortical oscillatory activity in patients with brain tumors: Synthetic aperture magnetometry (SAM) functional imaging of delta band activity,Satoru Oshino,Amami Kato,Akatsuki Wakayama,Masaaki Taniguchi,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 34,No. 3,p. 957-964,2007年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Primary motor cortex stimulation for intractable neuropathic pain,Y. Saitoh,K. Hosorni,H. Kishima,S. Oshino,M. Hirata,N. Tani,T. Shimokawa,T. Yoshimine,PROCEEDINGS OF THE 13TH EUROPEAN CONGRESS OF NEUROSURGERY,MEDIMOND S R L,p. 669-672,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MEG neuroimaging of delusions in episodic interictal psychosis of epilepsy,Ishii R,Canuet L,Iwase M,Kurimoto R,Ikezawa K,Robinson S.E,Ukai S,Shinosaki K,Hirata M,Yoshimine T,Takeda M,International Congress Series,Vol. 1300,p. 649-652,2007年,研究論文(学術雑誌)
  • Intensity and localization of eddy currents in transcranial magnetic stimulation to the cerebellum,Masaki Sekino,Masayuki Hirata,Kotoe Sakihara,Shiro Yorifuji,Shoogo Ueno,IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS,IEEE-INST ELECTRICAL ELECTRONICS ENGINEERS INC,Vol. 42,No. 10,p. 3575-3577,2006年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Right parietal activation during delusional state in episodic interictal psychosis of epilepsy: A report of two cases,R. Ishii,L. Canuet,M. Iwase,R. Kurimoto,K. Ikezawa,S. E. Robinson,S. Ukai,K. Shinosaki,M. Hirata,T. Yoshimine,M. Takeda,EPILEPSY & BEHAVIOR,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 9,No. 2,p. 367-372,2006年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Reduction of intractable deafferentation pain by navigation-guided repetitive transcranial magnetic stimulation of the primary motor cortex,A Hirayama,Y Saitoh,H Kishima,T Shimokawa,S Oshino,M Hirata,A Kato,T Yoshimine,PAIN,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 122,No. 1-2,p. 22-27,2006年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 機能温存を目的に覚醒下手術とガンマナイフで治療した悪性神経膠腫の1例,和田 晃一,瀧 琢有,都築 貴,谷口 理章,大西 諭一郎,熊谷 哲也,平田 雅之,谷 直樹,兵庫県全外科医会会誌,兵庫県外科医会,Vol. 40,No. 2,p. 38-38,2006年02月
  • Stimulation of primary motor cortex for intractable deafferentation pain,Y. Saitoh,A. Hirayama,H. Kishima,S. Oshino,M. Hirata,A. Kato,T. Yoshimine,ADVANCES IN FUNCTIONAL AND REPARATIVE NEUROSURGERY,SPRINGER-VERLAG WIEN,Vol. 99,p. 57-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Multi-channel recording from rat visual cortex with a micro multi-electrode: comparison between photic retinal stimulation and electrical cortical stimulation,Hirata M,Kato A,Satake S, Kishima,Miyoshi T,Sawai H,Fukuda Y,Yorifuji S,Yoshimine T,Proceedings of The First International Conference on Complex Medical Engineering CME2005,Vol. 645-648,2005年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Long latency response in soleus muscle evoked by magnetic stimulation at the foramen magnum,NeuroReport,Vol. 15,No. 18,p. 2779-2782,2004年12月
  • Bilateral cortical stimulation for deafferentation pain after spinal cord injury - Case report,N Tani,Y Saitoh,M Hirata,A Kato,T Yoshimine,JOURNAL OF NEUROSURGERY,AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS,Vol. 101,No. 4,p. 687-689,2004年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Determination of language dominance with synthetic aperture magnetometry: comparison with the Wada test,M Hirata,A Kato,M Taniguchi,Y Saitoh,H Ninomiya,A Ihara,H Kishima,S Oshino,T Baba,S Yorifuji,T Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 23,No. 1,p. 46-53,2004年09月
  • Cerebral motor control in patients with gliomas around the central sulcus studied with spatially filtered magnetoencephalography,M Taniguchi,A Kato,H Ninomiya,M Hirata,D Cheyne,SE Robinson,M Maruno,Y Saitoh,H Kishima,T Yoshimine,JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY,B M J PUBLISHING GROUP,Vol. 75,No. 3,p. 466-471,2004年03月,研究論文(学術雑誌)
  • The late response in the soleus muscle evoked by transcranial magnetic stimulation at the foramen magnum level,K Sakihara,A Ihara,Y Takahashi,S Koreeda,A Sakagami,M Hirata,S Yorifuji,FRONTIERS IN HUMAN BRAIN TOPOGRAPHY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1270,p. 146-148,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 椎骨脳底動脈系動脈瘤治療困難例の解析,中島 義和,藤中 俊之,平田 雅之,山中 一功,西尾 雅実,富島 隆裕,秋山 智洋,豊田 真吾,谷口 理章,吉峰 俊樹,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 25,No. 1,p. 151-151,2003年03月
  • Gamma-band desynchronization in language areas reflects syntactic process of words,A Ihara,M Hirata,K Sakihara,H Izumi,Y Takahashi,K Kono,H Imaoka,Y Osaki,A Kato,T Yoshimine,S Yorifuji,NEUROSCIENCE LETTERS,ELSEVIER SCI IRELAND LTD,Vol. 339,No. 2,p. 135-138,2003年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Neuromagnetic gamma-band activity in the primary and secondary somatosensory areas,A Ihara,M Hirata,K Yanagihara,H Ninomiya,K Imai,R Ishii,Y Osaki,K Sakihara,H Izumi,H Imaoka,A Kato,T Yoshimine,S Yorifuji,NEUROREPORT,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 14,No. 2,p. 273-277,2003年02月,研究論文(学術雑誌)
  • [Application of synthetic aperture magnetometry for epilepsy surgery].,Amami Kato,Hirotomo Ninomiya,Youichi Saitoh,Masayuki Hirata,Masaaki Taniguchi,Toshiki Yoshimine,Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica,Vol. 105,No. 4,p. 425-32,2003年,研究論文(学術雑誌)
  • Carotid Endarterectomy in Chronic Renal Failure Patients: Report of Two Cases,No Shinkei Geka,Vol. 30,No. 8,p. 869-873,2002年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 【神経 最新の脳画像診断と治療機器 New Technologyの臨床応用】脳機能はMEGでどこまで見える?,加藤 天美,齋藤 洋一,二宮 宏,平田 雅之,谷口 理章,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,Mebio,(株)メジカルビュー社,Vol. 19,No. 1,p. 30-35,2002年01月
  • Frequency-dependent spatial distribution of human somatosensory evoked neuromagnetic fields,M Hirata,A Kato,M Taniguchi,H Ninomiya,D Cheyne,SE Robinson,M Maruno,E Kumura,R Ishii,N Hirabuki,H Nakamura,T Yoshimine,NEUROSCIENCE LETTERS,ELSEVIER SCI IRELAND LTD,Vol. 318,No. 2,p. 73-76,2002年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Motor cortex stimulation for deafferentation pain.,Saitoh Y,Hirano S,Kato A,Kishima H,Hirata M,Yamamoto K,Yoshimine T,Neurosurg Focus,Vol. 2001; 11: 1-5,p. 1-5,2001年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 【てんかん 最近の病態解明と治療】脳磁図(MEG)のてんかん外科への応用,加藤 天美,二宮 宏智,平田 雅之,谷口 理章,貴島 晴彦,今井 克美,吉峰 俊樹,脳21,(株)金芳堂,Vol. 4,No. 3,p. 256-262,2001年07月
  • Whole-genome analysis of human astrocytic tumors by comparative genomic hybridization,Motohiko Maruno,Hirotomo Ninomiya,A.K.M. Ghulam Muhammad,Masayuki Hirata,Amami Kato,Toshiki Yoshimine,Brain tumor Pathol,Vol. 2000; 17: 21-27,No. 1,p. 21-27,2000年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Movement-related desynchronization of the cerebral cortex studied with spatially filtered magnetoencephalography,M Taniguchi,A Kato,N Fujita,M Hirata,H Tanaka,T Kihara,H Ninomiya,N Hirabuki,H Nakamura,SE Robinson,D Cheyne,T Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 12,No. 3,p. 298-306,2000年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Motor cortex stimulation for central and peripheral deafferentation pain - Report of eight cases,Y Saitoh,M Shibata,S Hirano,M Hirata,T Mashimo,T Yoshimine,JOURNAL OF NEUROSURGERY,AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS,Vol. 92,No. 1,p. 150-155,2000年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Application of a rigid endoscope to the microsurgical management of 54 cerebral aneurysms: results in 48 patients,Taniguchi M,Takimoto H,Yoshimine T,Shimada N,Miyao Y,Hirata M,Maruno M,Kato A,Kohmura E,Hayakawa T,J Neurosurg,Vol. 91: 231-237,No. 2,p. 231-237,1999年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Retrograde temporal order amnesia resulting from damage to the fornix.,Yasuno F,Hirata M,Takimoto H,Taniguchi M,Ikejiri Y,Nakagawa Y,Nishikawa T,Tanabe H,Takeda M,Suigita Y,J Neurol Neurosurg Psychiatry,Vol. 67,No. 1,p. 102-105,1999年01月,研究論文(学術雑誌)
  • Translucence stereoscopy of distribution of interictal magnetoencephalographic epileptiform discharges.,Yoshimine T,Kato A,Taniguchi M,Ninomiya H,Hirata M,Nii Y,Maruno M,Hirabuki N,Nakamura H,Hayakawa T,Neurol Res,Vol. 1998; 20: 572-576,No. 7,p. 572-576,1998年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Mobile fluoroscopic open stereotaxy for MRI-negative angiographic microlesions,A Kato,T Yoshimine,M Hirata,S Nakajima,M Maruno,M Taneda,T Hayakawa,NEUROLOGICAL RESEARCH,FOREFRONT PUBL GROUP,Vol. 20,No. 8,p. 713-718,1998年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Neoromagnetic fields preceding unilateral movements in dextrals and sinistrals.,Taniguchi M,Yoshimine T,Cheyne D,Kato A,Kihara T,Ninomiya H,Hirata M,Hirabuki N,Nakamura H,Hayakawa T,Neuroreport,Vol. 1998; 9: 1497-1502,1998年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Discrepancy between surgeon's binocular parallax perception and manipulation in the neurosurgical operation,A Kato,M Hirata,T Yoshimine,S Tamura,F Kishino,T Hayakawa,NEUROLOGICAL SURGERY,IGAKU-SHOIN LTD,Vol. 26,No. 6,p. 517-522,1998年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Glioblastoma following radiotherapy in a patient with tuberous sclerosis,Hirotaka Matsumura,Hiroshi Takimoto,Nobumitsu Shimada,Masayuki Hirata,Takanori Ohnishi,Toru Hayakawa,Neurologia Medico-Chirurgica,Vol. 38,No. 5,p. 287-291,1998年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Glioblastoma following radiotherapy in a patient with tuberous sclerosis - Case report,H Matsumura,H Takimoto,N Shimada,M Hirata,T Ohnishi,T Hayakawa,NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA,JAPAN NEUROSURGICAL SOC,Vol. 38,No. 5,p. 287-291,1998年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Spatial perception in macroscopic and microscopic surgical manipulations: Difference between the experienced and inexperienced surgeons.,Hirata M,Kato A,T Yoshimine,Nakajima S,Maruno M,Tamura S,Kishino F,Hayakawa T,Neurological Research,Vol. 20,No. 6,p. 509-512,1998年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Computational imaging of cerebral perfusion by real time processing of DSA images. Clinical applications.,Hirata M,Yoshimine T,Kato A,Ito M,Hirabuki N,Taniguchi M,Nakamura H,Hayakawa T,Neurological Research,1998年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Metastatic meningial hemangiopericytoma of thoracic spine.,Nonaka M,Kohmura E,Hirata M,Hayakawa T,Clin Neurol Neurosurg,Vol. 1998; 100 (3): 228-230,No. 3,p. 228-230,1998年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Neurosurgery with CANS Navigator - Relevance of successive localization and surgical track,A Kato,T Yoshimine,M Hirata,M Taniguchi,N Hirabuki,T Okumura,T Hayakawa,CAR '98 - COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1165,p. 955-955,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • ブレインマシンインターフェースを用いた嚥下機能の再建,平田雅之,橋本洋章,The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine,Vol. 58,p. 34-40,2021年01月18日
  • 人工知能を用いた神経疾患診療の展望,平田雅之,平野諒司,プレシジョンメディシン,Vol. 3,No. 11,p. 30-33,2020年10月25日
  • ブレイン・マシン・インターフェースによる脳機能再建 ―体内埋込と嚥下機能再建に向けて―,平田雅之,The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine,Vol. 57,p. 425-430,2020年05月18日
  • 舌運動による舌・口蓋刺激誘発20-Hz脳磁場活動の変化,前澤 仁志,柳生 一自,白石 秀明,橋本 洋章,平田 雅之,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 32,No. 1,p. 196-197,2019年
  • 高齢者における言語関連脳磁界の時空間解析,荒木 俊彦,渡邉 嘉之,平田 雅之,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 46,No. 5,p. 436-436,2018年10月
  • 処方件数からみた抗てんかん薬の使用状況―診療科による違い―,押野悟,押野悟,谷直樹,柳澤琢史,柳澤琢史,クー ウィミン,クー ウィミン,山本祥太,山本祥太,橋本洋章,橋本洋章,平田雅之,平田雅之,貴島晴彦,貴島晴彦,てんかん研究,Vol. 36,No. 2,2018年09月12日
  • Real-Time MEG-Based Brain-Geminoid Control Using Single-trial SVM Classification,Abdelkader Nasreddine Belkacem,Hiroshi Ishiguro,Shuichi Nishio,Masayuki Hirata,Takafumi Suzuki,2018 3rd International Conference on Advanced Robotics and Mechatronics (ICARM),2018年07月
  • 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,横井 浩史,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 1,p. 26-31,2018年03月
  • 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,横井 浩史,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 33,No. 1,p. 26-31,2018年03月
  • Induction of cortical plasticity reveals the mechanism of the phantom limb pain and develops novel treatment,Takufumi Yanagisawa,Ryohei Fukuma,Seymour Ben,Koichi Hosomi,Takeshi Shimizu,Kishima Haruhiko,Masayuki Hirata,Hiroshi Yokoi,Toshiki Yoshimine,Yukiyasu Kamitani,Yoichi Saitoh,PAIN RESEARCH,JAPANESE ASSOC STUDY PAIN,Vol. 33,No. 1,p. 26-31,2018年,書評論文,書評,文献紹介等
  • ヒト頭蓋内電極による嚥下関連脳律動解析とマルチモーダル嚥下計測 (第57回日本定位・機能神経外科学会優秀演題),橋本 洋章,平田 雅之,亀田 成司,吉田 史章,栁澤 琢史,押野 悟,吉峰 俊樹,貴島 晴彦,機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,日本定位・機能神経外科学会事務局,Vol. 57,p. 11-17,2018年
  • BMIによる幻肢痛の病態解明と新たな治療法開発,柳澤 琢史,福間 良平,Seymour Ben,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,横井 浩史,吉峰 俊樹,神谷 之康,齋藤 洋一,機能的脳神経外科,日本定位・機能神経外科学会,Vol. 56,p. 41-45,2017年12月
  • BMIによる幻肢痛の病態解明と新たな治療法開発,柳澤琢史,福間良平,Ben Seymour,細見晃一,清水豪士,貴島晴彦,平田雅之,横井浩史,吉峰俊樹,神谷之康,齋藤洋一,日本定位・機能神経外科学会機関誌,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 56,p. 74-78,2017年12月
  • MEGによるEvidence‐based physical therapyの確立,菅田陽怜,平田雅之,臨床神経生理学,Vol. 45,No. 5,2017年10月
  • 頭蓋内脳波の現状と成果,押野悟,柳澤琢史,田中將貴,橋本洋章,山本祥太,平田雅之,貴島晴彦,てんかん研究,Vol. 35,No. 2,2017年09月29日
  • A computational framework to analyze the extent of blood flow stagnation in densely coiled cerebral aneurysms.,Otani T,Ii S,Hirata M,Wada S,5th Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics 2017 (SJB2017),2017年09月
  • 前頭葉てんかんに対する外科治療の工夫,貴島 晴彦,押野 悟,柳澤 琢史,枝川 光太朗,小林 真紀,田中 將貴,橋本 洋章,山本 祥太,平田 雅之,細見 晃一,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 35,No. 2,p. 487-487,2017年09月
  • 小児難治性てんかんに対する半球・多脳葉離断術の長期機能予後,押野悟,貴島晴彦,枝川光太朗,柳澤琢史,小林真紀,田中將貴,平田雅之,下野久里子,青天目信,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 40th,2017年
  • MEG MEGを用いたネットワーク診断とDecodingによる治療,柳澤 琢史,福間 良平,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,平田 雅之,田中 将貴,小林 真紀,清水 豪志,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 44,No. 5,p. 342-342,2016年10月
  • 幻肢痛に対するMEG-DecNef,柳澤 琢史,福間 良平,べん せいもあ,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 44,No. 5,p. 371-371,2016年10月
  • 同時脳磁界計測による親子同期タッピング課題遂行中の脳活動の検討,池田 尊司,平田 雅之,平石 博敏,長谷川 千秋,吉村 優子,高橋 哲也,菊知 充,浅田 稔,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 29,No. 1,p. 110-111,2016年06月
  • 脳磁図の小児への応用 自閉症スペクトラム障害児の感覚特異性に関する神経基盤,下野 九理子,松嵜 順子,菅田 陽怜,花家 竜三,永谷 文代,山本 知加,橘 雅弥,富永 康仁,平田 雅之,毛利 郁子,谷池 雅子,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 29,No. 1,p. 42-43,2016年06月
  • てんかんのネットワーク診断:imaginary coherenceの描出が有用であった1例,柳澤琢史,貴島晴彦,谷直樹,枝川光太朗,押野悟,MING Khoo Hui,平田雅之,圓尾知之,井上洋,菅田陽怜,影山悠,細見晃一,清水豪士,吉峰俊樹,CI研究,Vol. 37,No. 3/4,p. 125‐128-1310,2016年03月
  • 脳磁図(MEG)を利用した脳機能計測とその応用,菅田 陽怜,平田 雅之,理学療法学,日本理学療法士学会,Vol. 43,No. 6,p. 514-519,2016年
  • 運動模倣の神経基盤,菅田陽怜,平田雅之,田村友一,依藤史郎,日本基礎理学療法学雑誌,Vol. 19,No. 1,p. 49-1310,2016年01月
  • 皮質脳波を用いた体内埋込型ブレイン・マシン・インターフェース,平田雅之,柳澤琢史,亀田成司,菅田陽怜,福間良平,鈴木隆文,安藤博士,神谷之康,横井浩史,吉峰俊樹,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 18th,2016年
  • ブレイン・マシン・インターフェイス (BMI) が切り開く新しいニューロテクノロジー,吉峰 俊樹,平田 雅之,栁沢 琢史,貴島 晴彦,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 25,No. 12,p. 964-972,2016年
  • 頭蓋内電極留置のpitfallと工夫,押野悟,貴島晴彦,柳澤琢史,枝川光太朗,小林真紀,田中將貴,平田雅之,MING Khoo Hui,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 39th,2015年12月
  • 傍海馬回電気刺激による海馬切除術後言語性記憶障害予測,谷直樹,谷直樹,貴島晴彦,MING Khoo Hui,柳澤琢史,押野悟,圓尾知之,圓尾知之,細見晃一,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 39th,2015年12月
  • low γ帯域のERDにおける遺伝性と言語能力との関連性,荒木俊彦,平田雅之,柳澤琢史,菅田陽怜,大西舞,本多智佳,岩谷良則,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 43,No. 5,p. 451-1310,2015年10月01日
  • ALS患者におけるP300‐ブレイン・マシン・インターフェースの成績と神経生理学的特徴との関連性,菅田陽怜,平田雅之,影山悠,澤田甚一,吉峰俊樹,臨床神経生理学,Vol. 43,No. 5,p. 451-1310,2015年10月
  • 半球・多脳葉離断術の長期機能予後,押野悟,貴島晴彦,下野九理子,青天目信,枝川光太朗,柳澤琢史,小林真紀,平田雅之,田中將貴,大薗恵一,吉峰俊樹,押野悟,貴島晴彦,下野九理子,青天目信,枝川光太朗,柳澤琢史,小林真紀,平田雅之,田中將貴,大薗恵一,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 33,No. 2,2015年09月17日
  • Decoded Neurofeedbackによる幻肢痛に対する新たなニューロモジュレーション,柳澤琢史,福間良平,清水豪士,細見晃一,貴島晴彦,押野 悟,平田雅之,神谷之康,吉峰俊樹,齋藤洋一,機能的脳神経外科,Vol. 54,p. 12-16,2015年09月
  • 母子対面中の脳活動に反映される自閉症特性:母子同時MEG研究から,長谷川 千秋,池田 尊司,平田 雅之,吉村 優子,平石 博敏,高橋 哲也,三邉 義雄,浅田 稔,菊知 充,日本発達神経科学学会第4回学術集会,p. 20-20,2015年09月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 脳卒中後疼痛の機能的結合と反復磁気刺激に伴う機能的結合の変化 複数の解析ソフトによる画像解析,清水 豪士,細見 晃一,圓尾 知之,後藤 雄子,クウ・ウイミン,柳澤 琢史,押野 悟,平田 雅之,貴島 晴彦,渡邊 嘉之,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 30,No. 2,p. 101-101,2015年07月
  • Real-time MEGを用いたDecoded Neurofeedbackによる幻肢痛の病態解明,柳澤 琢史,齋藤 洋一,福間 良平,細見 晃一,清水 豪士,貴島 晴彦,平田 雅之,神谷 之康,吉峰 俊樹,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 28,No. 1,p. 84-85,2015年06月
  • 言語機能に関する脳活動の遺伝と環境の影響,荒木 俊彦,平田 雅之,柳澤 琢史,菅田 陽怜,大西 舞,大村 佳代子,本多 智佳,早川 和生,依藤 史郎,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 28,No. 1,p. 100-101,2015年06月
  • 自閉症スペクトラム障害児における聴覚過敏性とミスマッチフィールドの関係について,松嵜 順子,下野 九理子,平田 郁子,花家 竜三,永谷 文代,山本 知加,橘 雅弥,富永 康仁,平田 雅之,毛利 育子,谷池 雅子,脳と発達,(一社)日本小児神経学会,Vol. 47,No. Suppl.,p. S314-S314,2015年05月
  • 運動関連機能接続性は現実と想像した動きを解釈する脳-機械インターフェースの性能と相関する(Movement-related functional connectivity correlates with the performance of brain-machine interfaces to decode real and imagined movements),Sugata Hisato,Hirata Masayuki,Yorifuji Shiro,Yoshimine Toshiki,理学療法学,(公社)日本理学療法士協会,Vol. 42,No. Suppl.2,p. O-0358,2015年04月
  • ヒト大脳皮質のECoG信号による指先の3次元軌道推定 (ニューロコンピューティング),中西 康彦,栁澤 琢史,辛 徳,神原 裕行,吉村 奈津江,福間 良平,貴島 晴彦,平田 雅之,小池 康晴,電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 114,No. 515,p. 195-198,2015年03月16日
  • 脳動脈瘤治療用コイルの挿入条件が瘤内コイル分布に与える影響:計算力学モデルによる試行実験,大谷智仁,伊井仁志,重松朋芳,藤中俊之,平田雅之,尾崎友彦,和田成生,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 27th,p. 77-78,2015年01月08日
  • 親子間社会的相互作用の神経ダイナミクス計測のためのMEGハイパースキャニングシステム,池田 尊司,平田 雅之,菊知 充,木村 友哉,平石 博敏,吉村 優子,浅田 稔,研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),一般社団法人情報処理学会,Vol. 2015,No. 1,p. 1-4,2015年01月07日
  • 舌の一次感覚野から摘出した難治性てんかん・海綿状血管腫の一例,押野悟,貴島晴彦,柳澤琢史,小林真紀,田中將貴,枝川光太朗,平田雅之,浅井克則,数井裕光,鐘本英輝,吉峰俊樹,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 17th,2015年
  • 小児難治性てんかんに対する半球・多脳葉離断術の機能予後,押野悟,貴島晴彦,枝川光太朗,柳澤琢史,小林真紀,谷直樹,圓尾知之,クー ウイミン,細見晃一,平田雅之,下野九里子,青天目信,大薗惠一,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 38th,2015年01月
  • 皮質脳波を用いたブレイン・マシン・インターフェース:臨床研究にむけた研究開発,平田 雅之,鈴木 隆文,横井 浩史,柳澤 琢史,菅田 陽怜,松下 光次郎,シェイン モリス,安藤 博士,森下 壮一郎,關 達也,福間 良平,生体医工学,一般社団法人 日本生体医工学会,Vol. 53,No. 0,p. S145_02-S145_02,2015年
  • 言語活動に関与する事象関連脱同期(ERD)の遺伝率,荒木俊彦,平田雅之,柳澤琢史,菅田陽怜,大西舞,本多智佳,岩谷良則,依藤史郎,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 17th,p. 69-1310,2015年
  • 安静時脳磁図によるてんかんネットワークの評価,柳澤琢史,貴島晴彦,枝川光太朗,小林真紀,押野悟,井上洋,菅田陽怜,平田雅之,細見晃一,清水豪士,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 38th,p. 91-1310,2015年01月
  • 実運動と運動想起との脳活動の共通点と相違点:埋込BMI治療の術前評価法確立に向けて,平田雅之,菅田陽怜,柳澤琢史,貴島晴彦,吉峰俊樹,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 17th,2015年
  • 電気刺激による海馬切除後の記憶低下の予測,貴島晴彦,谷直樹,谷直樹,クー ウイミン,柳澤琢史,押野悟,圓尾知之,細見晃一,平田雅之,数井裕光,加藤天美,吉峰俊樹,日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集,Vol. 17th,2015年
  • ニューロモデユレーション技術の新展開 一次運動野刺激による難治性神経疾患治療の可能性,齋藤 洋一,細見 晃一,清水 豪士,圓尾 知之,横江 勝,後藤 雄子,松崎 大河,増村 成嗣,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 42,No. 5,p. 254-254,2014年10月
  • 双生児法を用いた言語活動時の脳機能における遺伝的影響の検討,荒木俊彦,平田雅之,柳澤琢史,菅田陽怜,大西舞,谷山歩,大村佳代子,本多智佳,早川和生,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 42,No. 5,2014年10月01日
  • 小児てんかん外科領域における臨床神経生理学 小児難治性てんかんに対する外科手術と機能予後,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,細見 晃一,柳澤 琢史,枝川 光太朗,下野 九理子,青天目 信,沖永 剛志,加藤 天美,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 42,No. 5,p. 245-245,2014年10月
  • 側頭葉てんかんの外科治療:最近の話題,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,細見晃一,柳澤琢史,枝川光太朗,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 342-342,2014年09月10日
  • 脳動脈瘤に留置された治療用コイル分布に関する計算力学的検討,大谷智仁,大谷智仁,重松朋芳,伊井仁志,藤中俊之,平田雅之,尾崎友彦,和田成生,日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2014,2014年09月06日
  • てんかんの病態からみた頭蓋内脳波の有用性について,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,柳澤 琢史,枝川 光太朗,クー・ウィミン,井上 洋,谷 直樹,圓尾 知之,細見 晃一,小林 真紀,清水 豪士,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 378-378,2014年09月
  • 大阪大学医学部附属病院における脳磁図利用実績,平田 雅之,柳澤 琢史,井上 洋,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,下野 九理子,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 380-380,2014年09月
  • 周術期てんかん患者におけるCross-Frequency Couplingの観点からの発作時頭蓋内脳波解析,枝川 光太朗,貴島 晴彦,柳澤 琢史,井上 洋,小林 真紀,Khoo Hui Ming,細見 晃一,圓尾 知之,平田 雅之,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 412-412,2014年09月
  • Imaginary coherenceを用いた脳磁図によるてんかんのネットワーク診断(Diagnosis of epileptic network using magnetoencepharography with imaginary coherence),柳澤 琢史,貴島 晴彦,枝川 光太朗,谷 直樹,押野 悟,平田 雅之,井上 洋,菅田 陽怜,細見 晃一,小林 真紀,清水 豪士,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 32,No. 2,p. 410-410,2014年09月
  • RECOVERY OF MEMORY FUNCTION FOLLOWING SELECTIVE AMYGDALOHIPPOCAMPECTOMY VIA THE INFERIOR TEMPORAL GYRUS,H. Kishima,S. Oshino,N. Tani,H. M. Khoo,T. Yanagisawa,T. Maruo,Y. Inoue,M. Hirata,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL,Vol. 55,p. 245-245,2014年06月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 脳磁図を用いた親子同時脳計測装置の開発,池田 尊司,平田 雅之,菊知 充,木村 友哉,平石 博敏,吉村 優子,浅田 稔,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 27,No. 1,p. 168-169,2014年05月
  • ブレイン・マシン・インターフェースへの新展開 MEGでここまでできる リアルタイムMEGを用いた中枢性疼痛の病態解明と新たなニューロモジュレーション,柳澤 琢史,福間 良平,清水 豪士,加藤 龍,關 達也,平田 雅之,横井 浩史,神谷 之康,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,日本生体磁気学会誌,日本生体磁気学会,Vol. 27,No. 1,p. 10-11,2014年05月
  • 脳律動とクロスフリクエンシーカップリングに関する体系的考察,平田雅之,柳澤琢史,後藤哲,菅田陽怜,吉峰俊樹,日本生体磁気学会誌,Vol. 27,No. 1,p. 32-33,2014年05月
  • 高齢一卵性双生児における言語活動時の脳律動変化の類似性,荒木俊彦,平田雅之,柳澤琢史,菅田陽怜,大西舞,大村佳代子,本多智佳,早川和生,依藤史郎,日本生体磁気学会誌,Vol. 27,No. 1,p. 154-155,2014年05月
  • 脳磁図によるてんかんのネットワーク診断,柳澤琢史,貴島晴彦,枝川光太郎,谷直樹,押野悟,MING Khoo Hui,平田雅之,圓尾知之,井上洋,菅田陽怜,影山悠,細見晃一,清水豪士,吉峰俊樹,日本生体磁気学会誌,Vol. 27,No. 1,p. 18-19,2014年05月
  • 実運動および運動イメージの運動野脳活動の共通神経基盤,菅田陽怜,平田雅之,柳澤琢史,依藤史郎,吉峰俊樹,日本生体磁気学会誌,Vol. 27,No. 1,p. 140-141,2014年05月
  • ヒトとジェミノイドの表情が与える印象の神経科学的検討,池田 尊司,平田 雅之,Maryam Alimardani,松下 光次郎,山本 知幸,西尾 修一,石黒 浩,基礎心理学研究,日本基礎心理学会,Vol. 32,No. 2,2014年03月,研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • ニューロリハビリテーションにおけるサイエンス―臨床と研究の進歩 脳・脊髄疾患へのBMIの応用,菅田陽怜,平田雅之,柳澤琢史,岩月幸一,吉峰俊樹,脊椎脊髄ジャーナル,Vol. 27,No. 2,p. 121-127,2014年02月25日
  • てんかんの病態からみた頭蓋内脳波の有用性,押野悟,貴島晴彦,クー ウイミン,平田雅之,圓尾知之,柳澤琢史,枝川光太郎,井上洋,清水豪,谷直樹,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 37th,2014年01月
  • 実運動および運動イメージの一次運動野脳活動の神経相関,菅田陽怜,平田雅之,柳澤琢史,依藤史郎,吉峰俊樹,日本理学療法学術大会(Web),Vol. 49th,2014年
  • バクロフェン髄腔内投与療法の呼吸機能に及ぼす影響,貴島 晴彦,柳澤 琢史,押野 悟,後藤 雄子,圓尾 知之,Ming Khoo Hui,谷 直樹,平田 雅之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 52,p. 145-148,2013年12月
  • 経頭蓋磁気刺激(TMS)と脳磁図(MEG)の組み合わせによる言語優位半球判定法,進士美沙子,柳澤琢史,平田雅之,後藤哲,菅田陽怜,荒木俊彦,岡村友美子,長谷川侑香,井原綾,梅原広明,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 41,No. 5,2013年10月01日
  • 動詞想起課題の言語活動時における脳律動変化,長谷川侑香,平田雅之,柳澤琢史,後藤哲,石澤望,菅田陽怜,荒木俊彦,岡村友美子,進士美沙子,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 41,No. 5,2013年10月01日
  • 高齢一卵性双生児における言語活動時の脳律動変化の類似性,荒木俊彦,平田雅之,柳澤琢史,菅田陽怜,大西舞,大村佳代子,本多智佳,早川和生,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 41,No. 5,2013年10月01日
  • 脳磁界信号を用いた体部位特異的な視覚認知反応N190の解読,岡村友美子,柳沢琢史,平田雅之,菅田陽怜,荒木俊彦,進士美沙子,長谷川侑香,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 41,No. 5,2013年10月01日
  • てんかんセンターへの紹介目的からみたてんかん診療の問題点,押野悟,貴島晴彦,平田雅之,圓尾知之,クー ウイミン,柳澤琢史,枝川光太朗,沖永剛志,下野九理子,石井良平,高橋正紀,大薗恵一,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 31,No. 2,2013年09月30日
  • 脳磁図による記憶関連脳活動の計測―記憶機能の臨床検査法の開発をめざして―,依藤史郎,神山みずほ,岸栄理子,平田雅之,柳澤琢史,菅田陽怜,荒木俊彦,岡村友美子,進士美沙子,長谷川侑香,臨床病理,Vol. 61,2013年09月30日
  • 脳動脈瘤コイル塞栓術の適用事例における瘤内血流動態の流体力学的検討,大谷智仁,伊井仁志,藤中俊之,平田雅之,黒田淳子,芝野克彦,和田成生,日本機械学会年次大会講演論文集(CD-ROM),Vol. 2013,2013年09月07日
  • 新皮質てんかんの診断検査から手術まで,貴島 晴彦,押野 悟,クー・ウイミン,柳澤 琢史,谷 直樹,圓尾 知之,枝川 光太朗,平田 雅之,青天目 信,下野 九理子,沖永 剛志,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 31,No. 2,p. 320-321,2013年09月
  • 側頭葉てんかん脳における機能的結合の変化(Altered functional connectivity in patients with temporal lobe epilepsy),谷 直樹,貴島 晴彦,クー・ウイミン,押野 悟,圓尾 知之,細見 晃一,柳澤 琢史,平田 雅之,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 31,No. 2,p. 437-437,2013年09月
  • 脳磁図を用いたてんかん診断の臨床応用:最近の動向と将来展望,平田雅之,亀山茂樹,柳澤琢史,貴島晴彦,押野 悟,吉峰俊樹,井口義信,石井良平,尾崎 勇,鎌田恭輔,白石秀明,露口尚弘,渡辺裕貴,中里信和,橋本 勲,第28回日本生体磁気学会,2013年06月
  • ブレイン・マシン・インターフェースの基礎と臨床応用,平田 雅之,柳澤 琢史,松下 光次郎,菅田 陽怜,シェイン モリス,神谷 之康,鈴木 隆文,古田 毅,佐藤 文博,森脇 崇,梅垣 昌士,齋藤 洋一,貴島 晴彦,影山 悠,川人 光男,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery,The Japanese Congress of Neurological Surgeons,Vol. 22,No. 3,p. 192-199,2013年03月20日
  • 脳磁図の臨床応用に関する文献レビュー (第5報) : 脳腫瘍,鎌田 恭輔,露口 尚弘,中里 信和,尾﨑 勇,池田 英敏,井口 義信,平田 雅之,亀山 茂樹,石井 良平,白石 秀明,渡辺 裕貴,橋本 勲,臨床神経生理学,一般社団法人 日本臨床神経生理学会,Vol. 41,No. 1,p. 46-53,2013年02月
  • 塞栓治療用コイルの三次元幾何形状を考慮した脳動脈瘤内血流解析,大谷智仁,伊井仁志,藤中俊之,平田雅之,黒田淳子,芝野克彦,和田成生,バイオエンジニアリング講演会講演論文集,Vol. 25th,p. 303-304,2013年01月08日
  • Prediction of arm 3d-trajectory from human electrocorticograms,Yasuhiko Nakanishi,Takafumi Yanagisawa,Duk Shin,Chao Chen,Hiroyuki Kambara,Natsue Yoshimura,Masayuki Hirata,Toshiki Yoshimine,Yasuharu Koike,ISHF2013,2013年
  • Prediction of three-dimensional arm trajectory using ECoG signals in patient's cortical cortex,Yasuhiko Nakanishi,Takafumi Yanagisawa,Masayuki Hirata,Chao Chen,Duk Shin,Toshiki Yoshimine,Yasuharu Koike,Neuro 2013,2013年
  • 患者の大脳皮質におけるECoG信号を用いた腕の三次元軌跡の推定,中西康彦,柳沢琢史,平田雅之,陳超、 辛徳,吉峰俊樹,小池康晴,第36回日本神経科学大会,2013年
  • 脳磁図の臨床応用に関する文献レビュー (第6報) : 神経変性・脱髄疾患と神経リハビリテーション,尾﨑 勇,橋本 勲,井口 義信,白石 秀明,石井 良平,平田 雅之,露口 尚弘,鎌田 恭輔,渡辺 裕貴,亀山 茂樹,臨床神経生理学,一般社団法人 日本臨床神経生理学会,Vol. 41,No. 2,p. 57-70,2013年
  • 脳磁図の臨床応用に関する文献レビュー (第4報) : 精神科疾患・認知症,石井 良平,亀山 茂樹,中里 信和,橋本 勲,武田 雅俊,渡辺 裕貴,青木 保典,平田 雅之,白石 秀明,尾﨑 勇,井口 義信,露口 尚弘,鎌田 恭輔,臨床神経生理学,一般社団法人 日本臨床神経生理学会,Vol. 41,No. 1,p. 29-45,2013年
  • 限局した皮質病変に対するてんかん手術の工夫,貴島晴彦,押野悟,クー ウイミン,細見晃一,圓尾知之,谷直樹,柳澤琢史,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 36th,2012年12月20日
  • 感覚運動野の皮質脳波におけるPhase-amplitude couplingとBMIへの応用,柳澤 琢史,山下 宙人,平田 雅之,貴島 晴彦,齋藤 洋一,後藤 哲,吉峰 俊樹,神谷 之康,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 51,p. 33-37,2012年12月
  • 記憶に関する脳磁図計測―記憶障害のスクリーニング検査法をめざして―,依藤史郎,村岡美由起,後藤哲,平田雅之,柳澤琢史,岡村友美子,長谷川侑香,進士美沙子,細川祥代,菅田陽怜,荒木俊彦,臨床病理,Vol. 60,2012年10月20日
  • 神経難病への脳神経外科的アプローチ,吉峰俊樹,平田雅之,柳澤琢史,松下光次郎,菅田陽怜,貴島晴彦,齋藤洋一,脳21,Vol. 15,No. 4,2012年10月20日
  • 小脳への経頭蓋磁気刺激(TMS)により上肢筋に誘発される長潜時筋電位,細川祥代,柳澤琢史,平田雅之,菅田陽怜,岡村友美子,長谷川侑香,進士美沙子,荒木俊彦,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 40,No. 5,2012年10月01日
  • 動詞想起課題の言語活動時におけるhighγ帯域の事象関連同期,長谷川侑香,後藤哲,平田雅之,柳澤琢史,石澤望,菅田陽怜,荒木俊彦,細川祥代,岡村友美子,進士美沙子,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 40,No. 5,2012年10月01日
  • 経頭蓋磁気刺激を用いた言語優位半球の同定,進士美沙子,後藤哲,柳澤琢史,平田雅之,菅田陽怜,荒木俊彦,細川祥代,岡村友美子,長谷川侑香,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 40,No. 5,2012年10月01日
  • 脳磁界信号を用いた体部位特異的な視覚認知反応の解読,岡村友美子,柳澤琢史,平田雅之,菅田陽怜,荒木俊彦,細川祥代,進士美沙子,長谷川侑香,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 40,No. 5,2012年10月01日
  • 高齢一卵性双生児における運動関連脳磁界の比較,荒木俊彦,後藤哲,菅田陽怜,平田雅之,柳澤琢史,秋山明子,林知里,本多智佳,加藤憲司,早川和生,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 40,No. 5,2012年10月01日
  • 下側頭回経由での選択的海馬扁桃核切除術の記憶機能に及ぼす影響,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,谷直樹,圓尾知之,クー ウイミン,柳澤琢史,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 390-390,2012年09月30日
  • 神経領域の生理機能検査の現状と展開,依藤史郎,平田雅之,後藤哲,岡崎亜佐子,高橋あゆみ,菅田陽怜,小野寺絢子,細川祥代,臨床病理,Vol. 60,No. 9,p. 900-903,2012年09月25日
  • 腫瘍切除により二次性てんかん源が消失した側頭葉てんかんの一例,Khoo Hui Ming,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,圓尾 知之,後藤 哲,平田 雅之,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 30,No. 2,p. 440-440,2012年09月
  • 脳磁図の臨床応用に関する文献レビュー(第3報) : 小児疾患,白石 秀明,尾崎 勇,井口 義信,石井 良平,鎌田 恭輔,亀山 茂樹,露口 尚弘,中里 信和,平田 雅之,渡辺 裕貴,橋本 勲,臨床神経生理学 : Japanese journal of clinical neurophysiology,一般社団法人 日本臨床神経生理学会,Vol. 40,No. 4,p. 203-208,2012年08月01日
  • 脳磁図の臨床応用に関する文献レビュー(第2報) : 虚血性脳血管障害,露口 尚弘,鎌田 恭輔,中里 信和,宇田 武弘,池田 英敏,坂本 真一,尾崎 勇,井口 義信,平田 雅之,亀山 茂樹,石井 良平,白石 秀明,渡辺 裕貴,橋本 勲,臨床神経生理学 : Japanese journal of clinical neurophysiology,一般社団法人 日本臨床神経生理学会,Vol. 40,No. 4,p. 195-202,2012年08月01日
  • 脳律動変化にもとづいた脳電磁イメージングとブレイン・マシン・インターフェース,平田雅之,柳澤琢史,菅田陽怜,貴島晴彦,吉峰俊樹,認知神経科学,Vol. 14,No. 2,2012年08月
  • ブレイン・マシン・インターフェースによる機能支援 : リアルタイムロボットアーム制御とワイヤレス完全体内埋込装置の開発(<特集>ニューロリハビリテーションの進歩),平田 雅之,柳澤 琢史,松下 光次郎,Shayne Morris,神谷 之康,鈴木 隆文,吉田 毅,佐藤 文博,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,影山 悠,川人 光男,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 21,No. 7,p. 541-549,2012年07月20日
  • 【てんかん学の新展開】 てんかん脳のfunctional connectivity(機能的接続性),谷 直樹,貴島 晴彦,Khoo Hui Ming,平田 雅之,吉峰 俊樹,脳21,(株)金芳堂,Vol. 15,No. 3,p. 294-298,2012年07月
  • ニューロリハの最前線 Brain‐machine interfaceの進歩,平田雅之,柳澤琢史,松下光次郎,後藤哲,菅田陽怜,SHAYNE Morris,影山悠,貴島晴彦,齋藤洋一,吉峰俊樹,分子脳血管病,Vol. 11,No. 3,p. 252-259,2012年07月01日
  • 本邦における脳磁図検査施行の実態とその問題点,白石 秀明,尾崎 勇,井口 義信,石井 良平,鎌田 恭輔,亀山 茂樹,露口 尚弘,中里 信和,長峯 隆,平田 雅之,湯本 真人,渡辺 裕貴,橋本 勲,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 40,No. 3,p. 119-130,2012年06月
  • 脳磁図の臨床応用に関する文献レビュー(第1報) : てんかん,平田 雅之,亀山 茂樹,後藤 哲,柳澤 琢史,貴島 晴彦,押野 悟,吉峰 俊樹,井口 義信,石井 良平,尾崎 勇,鎌田 恭輔,白石 秀明,露口 尚弘,渡辺 裕貴,橋本 勲,臨床神経生理学 : Japanese journal of clinical neurophysiology,Japanese Society of Clinical Neurophysiology,Vol. 40,No. 3,p. 140-146,2012年06月01日
  • てんかん診療最前線 てんかん治療におけるbrain machine interfaceの可能性,平田 雅之,柳澤 琢史,貴島 晴彦,Epilepsy : てんかんの総合学術誌,メディカルレビュー社,Vol. 6,No. 1,p. 37-42,2012年05月
  • 麻痺患者における感覚運動野皮質脳波の変化とBMIへの応用,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,横井 浩史,神谷 之康,吉峰 俊樹,認知神経科学,認知神経科学会,Vol. 13,No. 3,p. 255-260,2012年03月
  • 脳磁図を用いた非侵襲型ブレイン・マシン・インターフェースのリハビリテーションへの応用可能性に関する研究,菅田陽怜,平田雅之,後藤哲,柳澤琢史,モリス シェイン,松下光次郎,吉峰俊樹,依藤史郎,理学療法学,Vol. 39,2012年
  • 皮質脳波を用いたブレイン・マシン・インターフェースの臨床応用,平田雅之,柳澤琢史,松下光次郎,影山悠,モリス シェイン,菅田陽怜,貴島晴彦,押野悟,森脇崇,梅垣昌士,吉峰俊樹,日本脊髄障害医学会プログラム・抄録集,Vol. 47th,2012年
  • 麻痺患者における感覚運動野皮質脳波の変化とBMIへの応用,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,横井 浩史,神谷 之康,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 2,p. 124-128,2011年12月15日
  • ブレイン・マシン・インターフェースによる運動・意思疎通機能再建のためのワイヤレス完全体内埋込装置の開発,平田 雅之,松下 光次郎,モリス シェイン,後藤 哲,柳澤 琢史,鈴木 隆文,吉田 毅,佐藤 文博,齋藤 洋一,貴島 晴彦,影山 悠,川人 光男,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 2,p. 155-159,2011年12月15日
  • 経頭蓋磁気刺激による大脳運動野刺激療法,細見 晃一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,圓尾 知之,MORRIS Shayne,影山 悠,松崎 大河,MING Khoo Hui,吉峰 俊樹,斎藤 洋一,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 2,p. 185-191,2011年12月15日
  • 神経領域の生理機能検査の現状と展開,依藤史郎,平田雅之,後藤哲,菅田陽怜,臨床病理,Vol. 59,2011年10月15日
  • 自閉症スペクトラム障害児の聴覚過敏性の神経基盤に関する研究 一次聴覚野における反応相違について,松嵜 順子,下野 九理子,後藤 哲,實藤 和佳子,山本 知加,酒井 佐枝子,平田 雅之,毛利 育子,依藤 史郎,谷池 雅子,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 39,No. 5,p. 405-405,2011年10月
  • ここまで進んだ日本のブレイン・マシン・インタフェース(BMI)研究 皮質脳波を用いたワイヤレス埋込型ブレイン・マシン・インタフェースによる運動・言語機能再建,平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,松下 光次郎,齋藤 洋一,貴島 晴彦,影山 悠,モリス・シェイン,鈴木 隆文,横井 浩史,吉田 毅,佐藤 文博,澤田 甚一,佐倉 統,神谷 之康,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 39,No. 5,p. 339-339,2011年10月
  • 神経障害性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激の効果予測因子,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,圓尾 知之,影山 悠,Shayne Morris,小金丸 聡子,松崎 大河,平田 雅之,後藤 哲,Khoo Hui Ming,吉峰 俊樹,齋藤 洋一,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 39,No. 5,p. 461-461,2011年10月
  • 半視野刺激視覚誘発磁場計測による脳白質神経線維活動の可視化,小野寺絢子,後藤哲,平田雅之,菅田陽怜,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 39,No. 5,2011年10月01日
  • 脳磁図を用いた実運動および運動イメージの復号化,菅田陽怜,後藤哲,平田雅之,柳澤琢史,モリスシェイン,松下光次郎,小野寺絢子,細川祥代,吉峰俊樹,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 39,No. 5,2011年10月01日
  • 皮質脳波を用いた発声関連電位と単一施行内容推定,後藤哲,平田雅之,柳澤琢史,松下光次郎,モリス シェイン,菅田陽怜,齋藤洋一,貴島晴彦,依藤史郎,吉峰俊樹,臨床神経生理学,Vol. 39,No. 5,2011年10月01日
  • 脳虚血に対する臨床神経生理学的アプローチ 脳虚血性疾患における運動時の皮質律動変化,押野 悟,平田 雅之,貴島 晴彦,齋藤 洋一,加藤 天美,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 39,No. 5,p. 334-334,2011年10月
  • 内側側頭葉てんかんにおける中枢性ベンゾジアゼピン受容体と糖代謝分布の相違,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,木下学,平田雅之,後藤哲,圓尾知之,KHOO Hui Ming,下野九理子,沖永剛志,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 2,p. 283-283,2011年09月30日
  • テレビ会議システムを用いたてんかん外科診療ネットワークの構築,加藤天美,中野直樹,貴島晴彦,沖永剛志,下野九理子,LIN Suwen,岡田理恵,岡田理恵,平田雅之,押野悟,後藤哲,柳田英彦,二宮宏智,露口尚弘,吉峰俊樹,てんかん治療研究振興財団研究年報,Vol. 22,p. 105-112,2011年09月30日
  • 新皮質てんかんに対する外科治療の予後予測因子の検討,貴島晴彦,押野悟,細見晃一,平田雅之,圓尾知之,谷直樹,クー ウイミン,柳澤琢史,下野九理子,沖永剛志,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 2,p. 347-347,2011年09月30日
  • 内側側頭葉と近時記憶 : 深部電極刺激検査からの知見,数井 裕光,吉田 哲彦,貴島 晴彦,平田 雅之,吉峰 俊樹,武田 雅俊,高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research,一般社団法人 日本高次脳機能障害学会,Vol. 31,No. 3,p. 285-293,2011年09月30日
  • フレームレス定位手術システムを用いて深部電極を留置した側頭葉てんかんの1例,クー・ウイミン,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,圓尾 知之,後藤 哲,平田 雅之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 2,p. 317-317,2011年09月
  • BMIのリハビリテーション医療への応用を探る BMIによるロボットアーム制御と脳損傷後皮質脳波変化の定量的解析,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,松下 光次郎,横井 浩,神谷 之康,吉峰 俊樹,認知神経科学,認知神経科学会,Vol. 13,No. 2,p. 172-172,2011年09月
  • 海馬電極刺激を用いた海馬扁桃核切除後の記憶障害の予測(Provocative memory test for amygdalohippocampectomy using depth electrodes implanted in the entorhinal area),谷 直樹,貴島 晴彦,アリ・モハメド,押野 悟,細見 晃一,クー・ウイミン,圓尾 知之,平田 雅之,齋藤 洋一,加藤 天美,数井 裕光,吉田 哲彦,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 29,No. 2,p. 296-296,2011年09月
  • 脳表電極を用いたブレイン・マシン・インタフェースの展望,平田 雅之,松下 光次郎,柳澤 琢史,後藤 哲,モリス シェイン,影山 悠,齋藤 洋一,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface,ヒューマンインターフェース学会,Vol. 13,No. 3,p. 131-136,2011年08月25日
  • NAVIGATION GUIDED LESS INVASIVE SELECTIVE AMYGDALOHIPPOCAMPECTOMY VIA INFERIOR TEMPORAL GYRUS,H. Kishima,S. Oshino,M. Hirata,N. Tani,K. Hosomi,T. Maruo,Y. Saitoh,A. Kato,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL,Vol. 52,p. 202-203,2011年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • PROVOCATIVE MEMORY TEST FOR AMYGDALOHIPPOCAMPECTOMY USING DEPTH ELECTRODES IMPLANTED IN THE ENTORHINAL AREA,N. Tani,H. Kishima,M. Ali,S. Oshino,K. Hosomi,Hui K. Ming,T. Maruo,Y. Saitoh,M. Hirata,A. Kato,H. Kazui,T. Yoshida,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL,Vol. 52,p. 198-199,2011年08月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Local field potential から考えるパーキンソン病に対するSTN-DBSの展望,貴島 晴彦,柳澤 琢史,押野 悟,平田 雅之,細見 晃一,圓尾 知之,谷 直樹,ALI Mohamed,後藤 哲,原田 悠,SHANE Morris,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 1,p. 2-3,2011年06月15日
  • パーキンソン病に対する反復的経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の有効性の検討,圓尾 知之,齋藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,後藤 哲,MORRIS Shayne,原田 悠,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 1,p. 5-7,2011年06月15日
  • 経頭蓋磁気刺激による大脳運動野刺激療法の確立,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,圓尾 知之,MORRIS Shayne,原田 悠,柳澤 琢史,ALI Mohamed,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 50,No. 1,p. 10-11,2011年06月15日
  • 機能神経外科における新たなBrain Machine Interface機器の開発 ブレイン・マシン・インターフェースによる運動・意思疎通機能再建のためのワイヤレス完全体内埋込装置の開発,平田 雅之,松下 光次郎,後藤 哲,モリス・シェイン,柳澤 琢史,鈴木 隆文,吉田 毅,佐藤 文博,齋藤 洋一,貴島 晴彦,原田 悠,川人 光男,吉峰 俊樹,機能的脳神経外科,(一社)日本定位・機能神経外科学会,Vol. 50,No. 1,p. 16-17,2011年06月
  • 多脳葉皮質形成異常に伴う難治てんかんに対する脳葉離断術の有用性,貴島晴彦,加藤天美,平田雅之,押野悟,谷直樹,香川直己,千葉泰良,齋藤洋一,下野九理子,青天目信,沖永剛志,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 445-445,2011年01月31日
  • 海綿状血管腫のてんかんの1例,岩倉倫裕,中野直樹,渡邉啓,中西欣弥,加藤天美,平田雅之,後藤哲,豊島晴彦,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 454-454,2011年01月31日
  • 脳磁図によるてんかん性異常波の伝播様式推定,押野悟,貴島晴彦,平田雅之,沖永剛志,下野九里子,富永康仁,細見晃一,後藤哲,柳澤琢史,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 450-450,2011年01月31日
  • MEGによるてんかん伝播の解析―難治てんかんを伴う弁蓋部症候群の手術適応決定―,谷直樹,加藤天美,齋藤洋一,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 434-435,2011年01月31日
  • 多病変を有する結節性硬化症の2手術例,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,後藤哲,圓尾知之,柳澤琢史,MOHAMED Ali,北井征宏,富永康仁,下野九理子,沖永剛志,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 457-458,2011年01月31日
  • Spatiotemporal profiles of neuromagnetic oscillatory changes related to the human mirror neuron system,Masayuki Hirata,Yuichi Tamura,Tetsu Goto,Hisao Onishi,Hisato Sugata,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 71,p. E104-E104,2011年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • てんかん関連精神病状態を有する左側頭葉海綿状血管腫の一例,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,圓尾 知之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 472-473,2011年01月
  • 広汎性発達障害を伴う全般性てんかんに対して脳梁離断術を施行した2例,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,細見 晃一,後藤 哲,圓尾 知之,富永 康二,下野 九理子,沖永 剛志,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 3,p. 479-479,2011年01月
  • Quantitative analysis of phosphenes induced by navigation-guided repetitive transcranial magnetic stimulation,Naoki Tani,Masayuki Hirata,Yu Motoki,Youichi Saitoh,Takufumi Yanagisawa,Tetsu Goto,Koichi Hosomi,Ayako Kozu,Haruhiko Kishima,Shiro Yorifuji,Toshiki Yoshimine,BRAIN STIMULATION,ELSEVIER SCIENCE INC,Vol. 4,No. 1,p. 28-37,2011年01月
  • Frequency-dependent spatiotemporal distribution of cerebral oscillatory changes during silent reading: A magnetoencephalograhic group analysis,Tetsu Goto,Masayuki Hirata,Yuka Umekawa,Takufumi Yanagisawa,Morris Shayne,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Shirou Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 54,No. 1,p. 560-567,2011年01月
  • イオマゼニルSPECTを用いた側頭葉てんかんにおける側頭葉外の抑制系障害の検討,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,谷直樹,後藤哲,圓尾知之,SHAYNE Morris,原田悠,柳澤琢史,MOHAMED Ali,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 34th,2010年12月22日
  • 学童期以降の新皮質てんかんに対する外科治療のピットホール,貴島晴彦,押野悟,細見晃一,平田雅之,柳澤琢史,圓尾知之,谷直樹,下野九理子,沖永剛志,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 34th,2010年12月22日
  • 皮質脳波の生理学的特徴を用いて患者の訓練なく制御できるロボットハンドBMI,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,細見 晃一,横井 浩史,神谷 之康,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 49,No. 2,p. 161-166,2010年12月15日
  • 視床下核刺激療法(STN-DBS)が温冷覚に及ぼす影響についての検討,圓尾 知之,齋藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,平田 雅之,後藤 哲,SHAYNE Morris,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 49,No. 2,p. 217-221,2010年12月15日
  • BMIとリハビリテーション 侵襲型BMIの進歩,平田雅之,柳澤琢史,松下光次郎,後藤哲,菅田陽怜,吉峰俊樹,総合リハビリテーション,Vol. 38,No. 11,p. 1037-1044,2010年11月10日
  • 発作間欠期MEGのmoving dipoleがてんかん焦点決定に有用であった結節性硬化症の一例,貴島晴彦,押野悟,細見晃一,MOHAMED Ali,平田雅之,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,脳神経外科速報,(株)メディカ出版,Vol. 20,No. 10,p. 1179-1183,2010年10月10日
  • 疼痛の種類による反復経頭蓋磁気刺激の除痛効果の相違,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,圓尾 知之,Morris Shayne,原田 悠,平田 雅之,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 38,No. 5,p. 335-335,2010年10月
  • 言語記憶課題遂行時の脳律動変化の側方性―言語記憶優位半球の非侵襲的評価法への応用―,乾瑞起,平田雅之,後藤哲,松井葵,菅田陽怜,田村友一,佐織友子,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 38,No. 5,2010年10月01日
  • 足の運動模倣時における局所脳律動変化,佐織友子,平田雅之,後藤哲,菅田陽怜,田村友一,乾瑞起,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 38,No. 5,2010年10月01日
  • 側頭葉てんかんにおけるIomazenil SPECTとFDG PETの定量的比較,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,ALI Mohamed,後藤哲,原田悠,圓尾知之,MORRIS Shayne,柳澤琢史,下野九理子,沖永剛志,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 2,p. 268-268,2010年09月30日
  • てんかん手術後の社会的予後の検討,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,細見晃一,圓尾知之,ALI Mohamed,下野九理子,沖永剛志,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 2,p. 291-291,2010年09月30日
  • 神経疾患に対するもう一つのEBM―Engineering Based Medicine 3 侵襲型ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)を用いた運動・コミュニケーション機能再建,平田雅之,柳澤琢史,後藤哲,松下光次郎,齋藤洋一,貴島晴彦,菅田陽怜,SHAYNE Morris,原田悠,吉峰俊樹,Brain Med,Vol. 22,No. 3,p. 223-230,2010年09月15日
  • 海馬傍回に留置した深部電極の刺激による記憶機能の評価(Evaluation of memory function with depth electrodes in the parahippocampal gyrus),Ali Mohamed,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,細見 晃一,吉田 哲彦,数井 裕光,加藤 天美,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 28,No. 2,p. 370-370,2010年09月
  • BMI研究の最前線 基礎-臨床、医学-工学の連携 ヒト皮質脳波を用いたBMI臨床応用への統合的アプローチ(Frontier of Brain-machine Interface: Collaboration between Basic and Clinical Neuroscience Integrative BMI approach for functional restoration using human electrocorticograms),平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,松下 光次郎,鈴木 隆文,横井 浩史,佐倉 統,藤井 直敬,牛場 潤一,吉田 毅,佐藤 文博,齋藤 洋一,貴島 晴彦,神谷 之康,吉峰 俊樹,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 463-463,2010年08月
  • 皮質脳波を用いた麻痺患者による電動義手制御(Prosthetic arm control by paralyzed patients using electrocorticograms),柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,後藤 哲,福間 良平,横井 浩,神谷 之康,吉峰 俊樹,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 497-497,2010年08月
  • 皮質脳波を用いた単音発声時の単一施行推定(Single trial classification of phonemes for electrocorticographic brain-machine interfaces),後藤 哲,平田 雅之,柳澤 琢史,松下 光次郎,Morris Shayne,菅田 陽怜,齋藤 洋一,貴島 晴彦,依藤 史郎,吉峰 俊樹,神経化学,日本神経化学会,Vol. 49,No. 2-3,p. 598-598,2010年08月
  • 視床下核刺激療法(STN-DBS)がパーキンソン病患者の温度覚に及ぼす影響,圓尾 知之,齊藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,Morris Shayne,平田 雅之,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 25,No. 2,p. 114-114,2010年07月
  • 引き抜き損傷に対する運動野電気刺激術と脊髄後根侵入帯破壊術の除痛効果の相違(Differential effect of electrical motor cortex stimulation and DREZ-otomy on pain due to brachial plexus avulsion),Ali Mohamed,齋藤 洋一,細見 晃一,Morris Shayne,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,柴田 政彦,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 25,No. 2,p. 89-89,2010年07月
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法(Spinal cord stimulation for central post-stroke pain),Ali Mohamed,齋藤 洋一,細見 晃一,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 25,No. 2,p. 90-90,2010年07月
  • 神経疾患に対する非侵襲的中枢神経刺激療法 : 反復経頭蓋磁気刺激,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,ALI Mohamed,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 49,No. 1,p. 2-3,2010年06月15日
  • 痙性対麻痺に対するバクロフェン髄腔内投与療法,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,圓尾 知之,平田 雅之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 49,No. 1,p. 8-9,2010年06月15日
  • 臨床検査は脳科学に迫れるか 3.脳生理学的検査から,依藤史郎,平田雅之,後藤哲,菅田陽怜,医療と検査機器・試薬,Vol. 33,No. 3,p. 289-294,2010年06月10日
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序,細見 晃一,齋藤 洋一,後藤 哲,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,圓尾 知之,柳澤 琢史,ALI Mohamed,吉峰 俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 25,No. 1,p. 1-8,2010年03月15日
  • 低侵襲的Brain Machine Interface--リハビリテーションに何をもたらすか (第46回日本リハビリテーション医学会学術集会 先端シンポジウム Brain Machine Interfaceはリハビリテーションに何をもたらすか),吉峰俊樹,平田雅之,柳澤琢史,リハビリテーション医学,Vol. 47,No. 2,p. 83-88,2010年02月
  • Functional and anatomical brain asymmetries in situs inversus totalis: A neuroimaging study,Aya Ihara,Masayuki Hirata,Norio Fujimaki,Tetsu Goto,Yuka Umekawa,Norihiko Fujita,Yasushi Terazono,Ayumu Matani,Qiang Wei,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,Tsutomu Murata,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E409-E409,2010年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Neuromagnetic motor fields reflecting performance of brain-machine interface,Hisato Sugata,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Takufumi Yanagisawa,Tomoko Saori,Yuichi Tamura,Mizuki Inui,Kojiro Matsushita,Shayne Morris,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 68,p. E327-E327,2010年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 先端医療シリーズ40、リハ医とコメディカルのための最新リハビリテーション医学、皮質脳波を用いたBMIによる運動機能再建,先端医療技術研究所,2010年
  • 器質性病変を有する側頭葉てんかんに対する病変切除,海馬温存手術の長期予後,貴島晴彦,押野悟,細見晃一,平田雅之,後藤哲,圓尾知之,柳澤琢史,アリ ムハメッド,下野九理子,沖永剛,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 33rd,2009年12月25日
  • 側頭葉てんかんにおける側頭葉外の抑制系障害―Iomazenil‐SPECTを用いて―,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,後藤哲,圓尾知之,柳澤琢史,ALI Mohamed,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本てんかん外科学会プログラム・抄録集,Vol. 33rd,2009年12月25日
  • 中枢性脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法,アリ モハメド,齋藤 洋一,細見 晃一,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 48,No. 2,p. 139-146,2009年12月12日
  • 難治性神経障害性疼痛に対する脳神経外科的治療の長期成績,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,ALI Mohamed,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 48,No. 2,p. 157-162,2009年12月12日
  • 体幹部の痙性症状に対する髄腔内バクロフェン投与療法の効果,押野 悟,貴島 晴彦,細見 晃一,齋藤 洋一,平田 雅之,アリ モハメド,圓尾 知之,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 48,No. 2,p. 163-167,2009年12月12日
  • 脳磁図,皮質脳波,ファイバートラッキング,経頭蓋磁気刺激を用いた術前・術中視覚機能評価 (視覚機能),平田雅之,後藤哲,谷直樹,臨床脳波,Vol. 51,No. 12,p. 721-728,2009年12月
  • PREOPERATIVE 123I-IOMAZENIL SPECT AND 18F-FLUORODEOXYGLUCOSE PET IN TEMPORAL LOBE EPILEPSY,K. Hosomi,H. Kishim,Y. Saitoh,M. Hirata,S. Oshino,T. Goto,T. Maruo,T. Yanagisawa,M. Ali,A. Kato,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC,Vol. 50,p. 132-132,2009年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • FUNCTIONAL RESTORATION AFTER SURGICAL TREATMENT FOR INTRACTABLE EPILEPSY RELATING SENSORIMOTOR SYSTEM STUDIED BY SYNTHETIC APERTURE MAGNETOMETRY,A. Kato,H. Kishima,M. Hirata,S. Oshino,N. Nakano,Y. Lin,H. Ninomiya,T. Okinaga,K. Shimono,T. Yoshimine,EPILEPSIA,WILEY-BLACKWELL PUBLISHING, INC,Vol. 50,p. 122-122,2009年10月,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • てんかん研究の最前線 てんかん原性への機能的アプローチ てんかん治療への機能的アプローチ 脳機能の制御メカニズムの活用,平田 雅之,柳澤 琢史,貴島 晴彦,後藤 哲,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 37,No. 5,p. 265-265,2009年10月
  • Neuropathic painの病態と治療 大脳一次運動野磁気刺激による除痛効果とメカニズム,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 37,No. 5,p. 293-294,2009年10月
  • 指運動模倣時における局所脳律動変化の時空間的解析,田村友一,平田雅之,大西久男,乾瑞起,菅田陽怜,佐織友子,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 37,No. 5,2009年10月01日
  • 言語性記憶における局所脳律動変化―言語記憶優位半球の非侵襲的評価法への応用―,乾瑞起,平田雅之,松井葵,後藤哲,田村友一,菅田陽怜,佐織友子,依藤史郎,臨床神経生理学,Vol. 37,No. 5,p. 399-400,2009年10月01日
  • 当科における小児期発症の側頭葉てんかん症例の臨床的検討,富永康仁,池田妙,岩谷祥子,北井征宏,橋本奈津子,新谷研,木村志保子,下野九理子,沖永剛志,平田雅之,貴島晴彦,加藤天美,永井利三郎,大薗恵一,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 243-243,2009年09月30日
  • 側頭葉てんかんにおける123I-iomazenil SPECTの定量解析の試み(Quantitative analysis of 123 I-iomazenil SPECT in temporal lobe epilepsy),細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,Ali Mohamed,下野 九理子,沖永 剛志,加藤 天美,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 241-241,2009年09月
  • 前方脳梁離断術後の発作間欠期脳磁図の変化(Alteration of interictal epileptic discharge after anterior corpus callosotomy),押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,圓尾 知之,齋藤 洋一,下野 九理子,沖永 剛志,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 276-276,2009年09月
  • 側頭葉病変による難治性てんかんに対し扁桃-海馬切除術の追加は必要か?(Is the additional amygdalo-hippocampectomy necessary for intractable epilepsy associated with temporal lesion?),貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,Ali Mohamed,下野 九理子,沖永 剛志,加藤 天美,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 288-288,2009年09月
  • 感覚運動野の新皮質てんかんにおける発作間欠期てんかん波の自発的運動による抑制効果(Movement induces suppression of interictal spikes in sensorimotor neo-cortical epilepsy),柳澤 琢史,平田 雅之,貴島 晴彦,後藤 哲,齋藤 洋一,押野 悟,細見 晃一,加藤 天美,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 27,No. 2,p. 331-331,2009年09月
  • ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の開発 (特集 長期的展望に立つ脳科学研究の基本的構想及び推進方策) -- (文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム--社会に貢献する脳科学を目指して),川人光男,平田雅之,吉峰俊樹,文部科学時報,No. 1604,p. 18-20,2009年09月
  • 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法,押野 悟,齋藤 洋一,細見 晃一,モハメド・アリ,貴島 晴彦,平田 雅之,柴田 政彦,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 24,No. 2,p. 63-63,2009年07月
  • 脳卒中後疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序,細見 晃一,齋藤 洋一,後藤 哲,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,圓尾 知之,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 24,No. 2,p. 79-79,2009年07月
  • てんかん性異常波伝播の脳磁図解析 (てんかん外科),加藤天美,押野悟,平田雅之,臨床脳波,Vol. 51,No. 7,p. 410-417,2009年07月
  • 難治性神経因性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS),細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,圓尾 知之,柳澤 琢史,ALI Mohamed,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 48,No. 1,p. 4-5,2009年06月15日
  • 脳信号解読技術を用いた脳機能再建,平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,齋藤 洋一,貴島 晴彦,福間 良平,横井 浩史,鈴木 隆文,佐倉 統,神谷 之康,吉峰 俊樹,医工学治療,(NPO)日本医工学治療学会,Vol. 21,No. Suppl.,p. 99-99,2009年04月
  • 脳表面においた電極から脳波を瞬時に解読して義手を動かす (未来をひらく脳科学のススメ(第7回)),平田雅之,柳澤琢史,吉峰俊樹,バイオインダストリー,Vol. 26,No. 4,p. 89-94,2009年04月
  • 経頭蓋磁気刺激(TMS)による幻肢痛患者の運動野マッピング,柳澤琢史,齋藤洋一,細見晃一,平田雅之,貴島晴彦,押野悟,後藤哲,吉峰俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 24,No. 1,p. 31-36,2009年02月28日
  • 高頻度反復的経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序 : 電気生理学的検討,細見晃一,齋藤洋一,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,谷直樹,後藤哲,柳澤琢史,ALIMohamed,吉峰俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 24,No. 1,p. 23-29,2009年02月28日
  • Approach to neural processing of calculation based on cerebral oscillation: comparison between abacus experts and non-experts,Masayuki Hirata,Kanako Kiso,Tetsu Goto,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 65,p. S59-S59,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 重度障害者用ブレイン・マシン・インターフェースの開発新しいかたちの人生への復帰支援,平田雅之,柳澤琢史,後藤哲,福間良平,齋藤洋一,貴島晴彦,横井浩史,牛場潤一,鈴木隆文,神谷之康,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 68th,2009年
  • 皮質脳波の生理学的特徴を利用したロボット制御用BMIの開発,柳澤琢史,平田雅之,齋藤洋一,貴島晴彦,後藤哲,福間良平,細見晃一,横井浩史,神谷之康,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 68th,2009年
  • FUNCTIONAL ALTERATIONS OF CORTICES AFTER NEUROSURGICAL TREATMENT FOR SENSORIMOTOR LESIONS,Amami Kato,Yoshinobu Hara,Masayuki Hirata,Satoru Oshino,Haruhiko Kishima,Naokii Nakano,Takufumi Yanagisawa,Takeshi Okinaga,Masaaki Taniguchi,Toshiki Yoshimine,Sadao Shiosaka,Jun Ohta,JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES,SPRINGER TOKYO,Vol. 59,No. Supplement 1,p. 112-112,2009年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 側頭葉てんかんにおけるイオマゼニルSPECTの統計画像解析の有用性,細見晃一,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,後藤哲,圓尾知之,柳澤琢史,MOHAMED Ali,加藤天美,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 68th,2009年
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた脳機能解析とその医療応用 (解説特集 脳の電気活動推定における現実的解決策),平田雅之,依藤史郎,吉峰俊樹,生体医工学,Vol. 47,No. 2,p. 136-141,2009年
  • ナビゲーション誘導下反復的経頭蓋磁気刺激による誘発視覚の定量的解析 (経頭蓋磁気刺激),平田雅之,谷直樹,元木優,臨床脳波,Vol. 51,No. 1,p. 12-18,2009年01月
  • 皮質脳波を用いた脳・コンピュータ連結,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,福間 良平,後藤 哲,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,神谷 之康,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 47,No. 2,p. 130-134,2008年12月25日
  • 神経因性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,谷 直樹,平山 東,下川 敏雄,押野 悟,平田 雅之,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 47,No. 2,p. 135-140,2008年12月25日
  • 脳主幹動脈閉塞性疾患における運動時の皮質律動変化,押野 悟,加藤 天美,平田 雅之,貴島 晴彦,齋藤 洋一,藤中 俊之,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 20,No. 1,p. 147-147,2008年11月
  • 脳波・筋電図の臨床 小脳TMSによりヒラメ筋に誘発される長潜時筋電位に対する前庭系賦活の効果--視運動性眼振を用いて,崎原ことえ,藤原暢子,平田雅之,臨床脳波,Vol. 50,No. 11,p. 669-673,2008年11月
  • 磁気刺激の現状と今後 基礎と治療 難治性神経因性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 36,No. 5,p. 446-446,2008年10月
  • 視覚機能の評価 脳磁図、皮質電位、ファイバートラッキング、経頭蓋磁気刺激を用いた術前術中視覚機能評価,平田 雅之,後藤 哲,谷 直樹,甲津 彩子,元木 優,齋藤 洋一,橋本 直哉,柳澤 琢史,細見 晃一,依藤 史郎,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 36,No. 5,p. 489-489,2008年10月
  • 難治性神経因性疼痛に対する高頻度反復経頭蓋磁気刺激 皮質興奮性の検討,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,柳澤 琢史,依藤 史郎,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 36,No. 5,p. 575-575,2008年10月
  • 脳律動変化を用いた言語機能の動的マッピング 皮質脳波と脳磁図の比較,後藤 哲,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,柳沢 琢史,細見 晃一,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 2J-01,2008年10月
  • 難治性神経因性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の有用性の検討,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平山 東,谷 直樹,平田 雅之,押野 悟,後藤 哲,柳澤 琢史,Mohamed Ali,下川 敏雄,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 2D-O08,2008年10月
  • 特発性正常圧水頭症に対する治療法の選択,貴島 晴彦,押野 悟,齋藤 洋一,平田 雅之,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,数井 裕光,木藤 友実子,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 2E-O30,2008年10月
  • Brain-machine interface(BMI)の脳神経外科への応用 機能的脳疾患に対する中枢神経刺激療法 現状と今後の展望,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,細見 晃一,柳澤 琢史,後藤 哲,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 1E-S04,2008年10月
  • 側頭葉てんかん手術の就業状況に及ぼす影響,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,齋藤 洋一,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,沖永 剛志,下野 九理子,加藤 天美,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 3B-O21,2008年10月
  • 皮質脳波を用いたBrain-machine interface(BMI)による運動機能再建,柳澤 琢史,平田 雅之,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,後藤 哲,福間 良平,細見 晃一,加藤 天美,横井 浩史,神谷 之康,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 2J-01,2008年10月
  • Brain-machine interface(BMI)の脳神経外科への応用 皮質脳波を用いたBrain machine interfaceによるリアルタイムロボット制御 現状と今後の展望,平田 雅之,柳澤 琢史,後藤 哲,齋藤 洋一,福間 良平,貴島 晴彦,押野 悟,細見 晃一,加藤 天美,横井 浩史,鈴木 隆文,佐倉 統,神谷 之康,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 1E-S04,2008年10月
  • Brain-machine interface(BMI)の脳神経外科への応用 BMI臨床応用における本邦の脳神経外科医の役割,加藤 天美,原 嘉信,露口 尚弘,中野 直樹,平田 雅之,塩坂 貞夫,太田 淳,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 67回,p. 1E-S04,2008年10月
  • O2-57 てんかん外科のための脳波律動変化を用いた脳機能マッピング(脳波・脳磁図3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),平田雅之,後藤哲,柳澤琢史,貴島晴彦,齋藤洋一,押野悟,細見晃一,加藤天美,依藤史郎,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O2-28 側頭葉てんかん手術の社会生活状況に及ぼす影響(経過・予後3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),貴島晴彦,押野悟,齋藤洋一,平田雅之,細見晃一,後藤哲,柳澤琢史,沖永剛志,下野九理子,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O2-25 テレビ会議システムを用いたてんかん外科診療ネットワークの構築(経過・予後3,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),加藤天美,中野直樹,貴島晴彦,沖永剛志,下野九理子,林淑文,平田雅之,押野悟,柳田英彦,二宮宏智,齋藤洋一,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O2-20 前方脳梁離断術前後での発作間欠期脳磁図の変化(経過・予後1,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),押野悟,貴島晴彦,平田雅之,細見晃一,後藤哲,柳澤琢史,齋藤洋一,沖永剛志,下野九理子,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • O1-1 てんかん焦点診断におけるI-123 iomazenil SPECTとFDG-PETの比較(画像1,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会),細見晃一,貴島晴彦,齋藤洋一,平田雅之,押野悟,後藤哲,柳澤琢史,AliMohamed,下野九理子,沖永剛志,下瀬川恵久,畑澤順,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 26,No. 2,2008年09月30日
  • 脳表脳波計測に基づく運動制御の実時間復号化,平田雅之,柳澤琢史,後藤哲,齋藤洋一,福間良平,横井浩史,神谷之康,吉峰俊樹,生体・生理工学シンポジウム論文集,Vol. 23rd,p. 45-46,2008年09月28日
  • 中心溝内皮質脳波を用いたBrain machine interfaceによる運動機能再建,柳澤琢史,平田雅之,齋藤洋一,福間良平,後藤哲,加藤天美,横井浩史,神谷之康,吉峰俊樹,日本神経回路学会全国大会講演論文集,Vol. 18th,p. 14-15,2008年09月24日
  • 経頭蓋磁気刺激(TMS)による幻肢痛患者の運動野マッピング,柳澤 琢史,齋藤 洋一,細見 晃一,平田 雅之,貴島 晴彦,押野 悟,後藤 哲,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 23,No. 2,p. 77-77,2008年07月
  • 高頻度反復的経頭蓋磁気刺激療法の除痛機序 電気生理学的検討,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,Ali Mohamed,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 23,No. 2,p. 84-84,2008年07月
  • 難治性求心路遮断痛に対する反復的経頭蓋磁気刺激療法のphase II臨床治験,齋藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,柳澤 琢史,後藤 哲,平田 雅之,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 23,No. 2,p. 85-85,2008年07月
  • サイボーグ医療 : 《第3回》頭蓋内電極を用いたブレイン・マシン・インタフェースの現状,平田雅之,計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers,Vol. 47,No. 6,p. 537-541,2008年06月10日
  • 複雑な手指運動に伴う局所脳律動変化の脳磁図解析,崎原ことえ,平田雅之,柳星伊,加藤天美,吉峰俊樹,依藤史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 36,No. 3,p. 168-169,2008年06月01日
  • 脳表脳波を用いたブレイン・コンピュータ・インターフェース,平田雅之,柳澤琢史,後藤哲,福間良平,齋藤洋一,加藤天美,神谷之康,吉峰俊樹,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM),Vol. 52nd,p. 59-60,2008年05月16日
  • SAM/BESAを併用した暗算時の脳内局所律動変化の解析--そろばん熟練者と非熟練者の比較 (脳波・筋電図の臨床),魚川江津子,平田雅之,木曽加奈子,臨床脳波,Vol. 50,No. 5,p. 291-296,2008年05月
  • ブレイン・マシン・インターフェイス ブレイン・マシン・インターフェイスの臨床応用:皮質脳波を用いた運動機能再建,平田雅之,柳澤琢史,齋藤洋一,後藤哲,加藤天美,横井浩史,神谷之康,吉峰俊樹,脳21,(株)金芳堂,Vol. 11,No. 2,p. 187-192,2008年04月20日
  • 求心路遮断性疼痛に対する運動野刺激療法, 脊髄刺激療法の作用機序,貴島晴彦,齋藤洋一,平山東,平田雅之,押野悟,谷直樹,細見晃一,加藤天美,吉峰俊樹,CI研究 : progress in computed imaging,Vol. 29,No. 3,p. 153-158,2008年03月31日
  • 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法の治療成績,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 30,No. 2,p. 316-316,2008年03月
  • 脳卒中後の運動関連磁界の変化とその回復過程,押野 悟,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,大江 洋史,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,藤中 俊之,吉峰 俊樹,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 30,No. 2,p. 354-354,2008年03月
  • 幻肢痛に対する大脳皮質刺激療法のメカニズム解析,柳澤琢史,齋藤洋一,平田雅之,山下宙人,神谷之康,押野悟,貴島晴彦,谷直樹,細見晃一,後藤哲,佐藤雅昭,柿木隆介,吉峰俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 23,No. 1,p. 27-34,2008年01月31日
  • 反復的経頭蓋磁気刺激による難治性神経因性疼痛の治療,細見晃一,齋藤洋一,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,谷直樹,後藤哲,柳澤琢史,吉峰俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 23,No. 1,p. 19-26,2008年01月31日
  • 21世紀の脳科学をみすえて 再生・再建 ヒト脳の可塑性と再生・再建,吉峰俊樹,岩月幸一,平田雅之,貴島晴彦,加藤天美,種子田護,脳21,(株)金芳堂,Vol. 11,No. 1,p. 130-142,12-14-142,2008年01月20日
  • Neural processing of mental calculation: comparison between abacus experts and nonexperts,Masayuki Hirata,Etsuko Uokawa,Tetsu Goto,Kanako Kiso,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 61,p. S61-S61,2008年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ブレインマシンインターフェースを用いた運動機能再建,平田雅之,柳澤琢史,齋藤洋一,福間良平,後藤哲,貴島晴彦,横井浩史,神谷之康,吉峰俊樹,情報処理学会関西支部支部大会講演論文集,Vol. 2008,p. 216-217,2008年
  • 求心路遮断性疼痛に対する運動野刺激療法, 脊髄刺激療法による脳内活動変化,貴島晴彦,齋藤洋一,平山東,平田雅之,押野悟,谷直樹,細見晃一,加藤天美,吉峰俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 2,p. 149-153,2007年12月25日
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピングと脳機能再建への応用,平田雅之,柳澤琢史,後藤哲,澁谷大輔,加藤天美,齋藤洋一,神谷之康,吉峰俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 2,p. 129-134,2007年12月25日
  • 脳卒中後疼痛に対する治療戦略 : 大脳運動野刺激療法と脊髄刺激療法の長期予後,齋藤洋一,細見晃一,貴島晴彦,押野悟,谷直樹,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 2,p. 119-124,2007年12月25日
  • 皮質脳波を用いたbrain mappingとneural decoding(脳インタフェース(感覚応答など),脳インタフェースの技術と応用,一般),平田雅之,柳澤琢史,澁谷大輔,齋藤洋一,加藤天美,神谷之康,吉峰俊樹,電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング,Vol. 107,No. 263,p. 105-108,2007年10月11日
  • 神経機能回復を目指した経頭蓋磁気刺激法の応用 ナビゲーション誘導下反復的経頭蓋刺激による誘発視覚の定量的解析,平田 雅之,谷 直樹,元木 優,甲津 彩子,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,依藤 史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 35,No. 5,p. 310-310,2007年10月
  • 難治性疼痛に対する脳神経外科的治療と治療成績,押野 悟,齋藤 洋一,細見 晃一,谷 直樹,貴島 晴彦,平田 雅之,後藤 哲,柳澤 琢史,岩月 幸一,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 2D-S11,2007年10月
  • 脳深部刺激療法におけるimage fusionによる電極留置部位の検討,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 3K-P60,2007年10月
  • 脳・コンピュータ連結による神経機能修正・代行技術の成績,柳澤 琢史,平田 雅之,加藤 天美,神谷 之康,澁谷 大輔,貴島 晴彦,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 2K-P38,2007年10月
  • 皮質形成異常による難治性てんかんに対する手術術式とその結果,貴島 晴彦,加藤 天美,齋藤 洋一,平田 雅之,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,後藤 哲,柳澤 琢史,沖永 剛志,下野 九理子,富永 康仁,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 3G-O50,2007年10月
  • 長期経過よりみた小児難治てんかんの外科治療,加藤 天美,貴島 晴彦,平田 雅之,沖永 剛志,数井 裕光,中野 直樹,渡邉 啓,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 1A-S05,2007年10月
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピングと脳機能再建への応用,後藤 原,平田 雅之,柳沢 拓史,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,細見 晃一,橋本 直哉,加藤 天美,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 1K-P04,2007年10月
  • 開口合成脳磁図を用いた言語優位半球、言語機能局在の術前評価 侵襲的検査法との比較検証,平田 雅之,加藤 天美,齋藤 洋一,貴島 晴彦,橋本 直哉,後藤 哲,柳澤 琢史,谷 直樹,押野 悟,細見 晃一,依藤 史郎,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 66回,p. 3A-S21,2007年10月
  • MEG,IMZ‐SPECTを用いたてんかん術前診断,二宮宏智,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,今井克巳,加藤天美,吉峰俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 35,No. 5,p. 392-393,2007年10月01日
  • てんかん外科とニューロネットワーク てんかん性異常波伝播の脳磁図解析,加藤 天美,押野 悟,平田 雅之,下野 九理子,貴島 晴彦,沖永 剛志,中野 直樹,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 35,No. 5,p. 354-355,2007年10月
  • O2-43 てんかん焦点診断におけるI-123 iomazenil SPECT統計画像解析の有用性(画像2,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),細見晃一,貴島晴彦,齋藤洋一,平田雅之,押野悟,谷直樹,後藤哲,柳澤琢史,下野九里子,沖永剛志,下瀬川恵久,畑澤順,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • O2-31 脳磁図によるてんかん性異常波の伝播様式推定(脳波5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),押野悟,貴島晴彦,平田雅之,谷直樹,後藤哲,細見晃一,柳澤琢史,齋藤洋一,沖永剛志,下野九里子,加藤天美,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • O2-30 開口合成脳磁図を用いた言語優位半球、言語機能局在の術前評価(脳波5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),平田雅之,加藤天美,齋藤洋一,貴島晴彦,押野悟,後藤哲,谷直樹,柳澤琢史,細見晃一,依藤史郎,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • O1-55 皮質形成異常に伴う難治性てんかんに対する手術(外科治療5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),加藤天美,貴島晴彦,下野九理子,沖永剛志,中野直樹,平田雅之,押野悟,数井裕光,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • O1-54 中心溝近傍の限局性皮質形成異常による難治性てんかんの外科治療(外科治療5,一般演題(口演),てんかん制圧:新たなステージに向けて,第41回日本てんかん学会),貴島晴彦,加藤天美,齋藤洋一,平田雅之,押野悟,谷直樹,細見晃一,後藤哲,柳澤琢史,下野九里子,沖永剛志,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 25,No. 3,2007年09月30日
  • 幻肢痛における大脳皮質再構築の経頭蓋磁気刺激, 脳磁図, 感覚誘発電位による検討,柳澤琢史,齋藤洋一,押野悟,貴島晴彦,平田雅之,谷直樹,住谷昌彦,加藤天美,吉峰俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 22,No. 3,p. 143-146,2007年08月06日
  • 脳卒中後疼痛に対する脊髄電気刺激療法の有効性,齋藤洋一,住谷昌彦,押野悟,貴島晴彦,谷直樹,平田雅之,細見晃一,真下節,吉峰俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 22,No. 3,p. 123-126,2007年08月06日
  • 脳波・筋電図の臨床 シークエンス運動に伴う局所的脳律動変化の脳磁図解析--習熟運動と非習熟運動の違い,崎原ことえ,平田雅之,加藤天美,臨床脳波,Vol. 49,No. 8,p. 497-500,2007年08月
  • 脊髄・脊髄神経根由来の難治性疼痛に対する脳神経外科的治療,押野悟,齋藤洋一,貴島晴彦,平田雅之,谷直樹,加藤天美,岩月幸一,住谷昌彦,真下節,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 2,p. 98-98,2007年07月07日
  • 反復的経頭蓋磁気刺激による難治性神経因性疼痛の治療,齋藤 洋一,柳澤 琢史,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 2,p. 72-72,2007年07月
  • 難治性疼痛に対する硬膜下電極による大脳一次運動野刺激術の治療成績,細見 晃一,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,谷 直樹,後藤 哲,柳澤 琢史,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 2,p. 72-72,2007年07月
  • 幻肢痛に対する大脳皮質刺激療法のメカニズム解析,柳澤 琢史,齋藤 洋一,平田 雅之,押野 悟,貴島 晴彦,谷 直樹,細見 晃一,後藤 哲,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 22,No. 2,p. 85-85,2007年07月
  • Alteration of motor related field in patients with occlusive vascular diseases,Satoru Oshino,Amami Kato,Masayuki Hirata,Masaaki Taniguchi,Naoki Tani,Haruhiko Kishima,Youichi Saitoh,Toshiyuki Fujinaka,Toshiki Yoshimine,International Congress Series,Vol. 1300,p. 353-356,2007年06月01日
  • Cerebral motor control in patients with brain tumors around the central sulcus studied with synthetic aperture magnetometry,Amami Kato,Satoru Oshino,Masayuki Hirata,Masaaki Taniguchi,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Naoki Tani,Toshiki Yoshimine,International Congress Series,Vol. 1300,p. 713-716,2007年06月01日
  • Temporal dynamics of wakefulness during simulated driving,Seong Yi Ryu,Masayuki Hirata,Masayuki Hirata,Kotoe Sakihara,Kenji Kimura,Kazutoshi Ebe,Masako Yoshioka,Amami Kato,Toshiki Yoshimine,Shiro Yorifuji,International Congress Series,Vol. 1300,p. 429-432,2007年06月01日
  • 脳卒中後疼痛に対する治療戦略 : 大脳運動野刺激療法と脊髄刺激療法の長期予後,齋藤 洋一,細見 晃一,貴島 晴彦,押野 悟,谷 直樹,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 12-13,2007年05月10日
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピングと脳機能再建への応用,平田 雅之,加藤 天美,柳澤 琢史,後藤 哲,谷 直樹,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,依藤 史郎,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 86-87,2007年05月10日
  • 上肢痙縮に対する selective musculocutaneous neurotomy の有用性,細見晃一,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,谷直樹,齋藤洋一,加藤天美,吉峰俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 48-49,2007年05月10日
  • 痙性斜頸に対する反復的経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)の試み,谷直樹,齋藤洋一,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,細見晃一,後藤哲,加藤天美,吉峰俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 22-23,2007年05月10日
  • 脊髄由来の難治性疼痛に対する脳神経外科的治療,押野悟,齋藤洋一,貴島晴彦,谷直樹,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 14-15,2007年05月10日
  • 求心路遮断性疼痛に対する運動野刺激療法、脊髄刺激療法による脳内活動変化,貴島晴彦,齋藤洋一,平山東,加藤天美,平田雅之,押野悟,谷直樹,畑澤順,吉峰俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 46,No. 1,p. 70-71,2007年05月10日
  • 2. 小児てんかん外科手術 : 日々の脳外科手術にも応用できる手術手技の実際(MS3-4 てんかん外科の基礎と応用, 第27回 日本脳神経外科コングレス総会),加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,齋藤洋一,吉峰俊樹,脳神経外科ジャーナル,Vol. 16,No. 4,2007年04月20日
  • 【てんかん外科 てんかん治療の現状と将来】 Key words ナビゲーション手術,加藤 天美,貴島 晴彦,平田 雅之,押野 悟,吉峰 俊樹,カレントテラピー,(株)ライフメディコム,Vol. 25,No. 4,p. 320-321,2007年04月
  • てんかん外科の基礎と応用 小児てんかん外科手術 日々の脳外科手術にも応用できる手術手技の実際,加藤 天美,貴島 晴彦,平田 雅之,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 16,No. 4,p. 337-337,2007年04月
  • 脳磁図を用いた脳虚血性疾患における潜在的機能異常の検出,押野悟,加藤天美,平田雅之,谷直樹,齋藤洋一,貴島晴彦,藤中俊之,吉峰俊樹,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 29,No. 2,p. 411-411,2007年03月01日
  • より豊かな生活に貢献する医療技術に関する研究 難治性求心路遮断痛に対する反復的高頻度経頭蓋磁気刺激療法の開発,齋藤 洋一,加藤 天美,貴島 晴彦,平山 東,押野 悟,平田 雅之,吉峰 俊樹,医科学応用研究財団研究報告,(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団,Vol. 24,p. 53-56,2007年02月
  • Stereotactic radiofrequency ablation for hypothalamic hamartoma,N. Tani,A. Kato,H. Kishima,M. Hirata,S. Oshino,Y. Saitoh,T. Okinaga,K. Shimono,T. Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 48,p. 120-120,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Less invasive selective amygdalohippocampectomy using navigation system via inferior temporal gyrus,H. Kishima,A. Kato,M. Hirata,S. Oshino,N. Tani,Y. Saitoh,T. Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 48,p. 118-118,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Surgical treatment for intractable paediatric epilepsy with widespread or multilobar cortical dysplasia,A. Kato,H. Kishima,T. Okinaga,M. Hirata,S. Oshino,K. Shimono,N. Tani,N. Kagawa,H. Ninomiya,Y. Saitoh,T. Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 48,p. 123-123,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Noninvasive evaluation of language dominance and localisation using synthetic aperture mag-netometry: Comparison with the wada test and stimulation mapping,M. Hirata,A. Kato,H. Kishima,S. Oshino,N. Tani,T. Goto,Y. Saitoh,N. Hashimoto,Y. Shiro,T. Yorifuji,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING,Vol. 48,p. 134-135,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Analysis of cortical reorganization (CR) of the patients with phantom-limb pain and the mechanism of motor cortex stimulation,Youichi Saitoh,Takufumi Yanagisawa,Satoru Oshino,Masayuki Hirata,Tetsu Goto,Koichi Hosomi,Naoki Tani,Tashiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 58,p. S29-S29,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • The diffusion tensor image and tractography of the patients with post-stroke pain,Tetsu Goto,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Satoru Oshino,Naoki Tani,Naoya Hashimoto,Amami Kato,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 58,p. S55-S55,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Subclinical alteration of motor related magnetic field in patients with cerebral vascular occlusive disease,Satoru Oshino,Amami Kato,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Haruhiko Kishima,Toshiyuki Fujinaka,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 58,p. S50-S50,2007年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 脳切裁による脳機能回復,加藤天美,貴島晴彦,沖永剛志,平田雅之,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本医学会総会総会会誌,Vol. 27th,2007年
  • 脳虚血性疾患に対する脳磁図を用いた神経機能評価 主幹動脈閉塞性疾患における運動関連磁界の変調,押野 悟,加藤 天美,平田 雅之,谷口 理章,谷 直樹,貴島 晴彦,齋藤 洋一,藤中 俊之,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 18,No. 3,p. 132-132,2006年11月
  • 事象関連脳律動変化を用いた脳機能マッピング,平田雅之,加藤天美,谷直樹,後藤哲,柳澤琢史,齋藤洋一,貴島晴彦,押野悟,崎原ことえ,梅川夕佳,金森慶子,依藤史郎,吉峰俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 34,No. 5,p. 432-432,2006年10月01日
  • 単語黙読に伴う局所脳律動変化のSAM・BESA解析,梅川夕佳,平田雅之,崎原ことえ,加藤天美,吉峰俊樹,依藤史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 34,No. 5,p. 430-430,2006年10月01日
  • 開口合成脳磁図を用いた長時間運転時の覚醒度の計測,柳星伊,平田雅之,崎原ことえ,木村賢治,江部和俊,吉岡雅子,加藤天美,吉峰俊樹,依藤史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 34,No. 5,p. 448-448,2006年10月01日
  • SAM/BESAを併用した暗算時の脳内局所律動変化の解析~そろばん熟練者と非熟練者の比較~,魚川江津子,平田雅之,三木理恵子,加藤天美,吉峰俊樹,依藤史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 34,No. 5,p. 428-429,2006年10月01日
  • 複雑な手指運動に伴う局所的脳律動変化のSAM解析,崎原ことえ,平田雅之,柳星伊,加藤天美,吉峰俊樹,依藤史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 34,No. 5,p. 415-416,2006年10月01日
  • O2-11 機能的大脳半球離断術の周術期管理の工夫(基礎疾患・外科治療,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),香川尚己,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,齋藤洋一,橋本直哉,谷直樹,沖永剛志,富永康仁,星野奈津子,今井克美,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-55 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピング(脳波・脳磁図,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),平田雅之,加藤天美,貴島晴彦,押野悟,齋藤洋一,橋本直哉,依藤史郎,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-51 MEGによる発作間欠期スパイクの伝播様式解析とてんかん発作焦点の比較(脳磁図,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),押野悟,加藤天美,平田雅之,貴島晴彦,谷直樹,齋藤洋一,橋本直哉,沖永剛志,今井克美,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-31 多脳葉にわたる皮質形成異常症に起因する小児難治性てんかんに対する外科治療(外科治療5,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),貴島晴彦,加藤天美,押野悟,平田雅之,谷直樹,齋藤洋一,今井克美,沖永剛志,下野九理子,青天目信,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • O1-28 視床下部過誤腫に対する定位的体積計測焼灼術(外科治療4,一般演題(口演),第40回 日本てんかん学会),谷直樹,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,齋藤洋一,梶田泰一,沖永剛志,下野九理子,青天目信,田中順子,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • S2-2 小児難治てんかんの外科治療(てんかん臨床のトピックス,シンポジウム2,第40回 日本てんかん学会),加藤天美,貴島晴彦,沖永剛志,下野九理子,齋藤洋一,平田雅之,数井裕光,二宮宏智,押野悟,谷直樹,橋本直哉,今井克美,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 24,No. 3,2006年08月31日
  • 求心路遮断痛に対する一次運動野刺激療法の除痛機序,貴島晴彦,齋藤洋一,加藤天美,平山東,押野悟,平田雅之,大崎康宏,畑澤順,吉峰俊樹,Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌,Vol. 21,No. 3,p. 111-115,2006年08月20日
  • てんかん臨床のトピックス 小児難治てんかんの外科治療,加藤 天美,貴島 晴彦,沖永 剛志,下野 九理子,齋藤 洋一,平田 雅之,数井 裕光,二宮 宏智,押野 悟,谷 直樹,橋本 直哉,今井 克美,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 24,No. 3,p. 176-176,2006年08月
  • 脊髄神経根引き抜き損傷後の難治性疼痛に対する外科的治療,押野悟,齋藤洋一,貴島晴彦,加藤天美,平山東,平田雅之,谷直樹,岩月幸一,住谷昌彦,真下節,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 21,No. 2,p. 55-55,2006年07月14日
  • 求心路遮断性疼痛に対する脊髄刺激療法の作用機序,貴島晴彦,齋藤洋一,平山東,加藤天美,押野悟,平田雅之,畑澤順,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 21,No. 2,p. 55-55,2006年07月14日
  • 脳卒中後疼痛に対する脊髄刺激療法の有効性,齋藤 洋一,住谷 昌彦,押野 悟,貴島 晴彦,平田 雅之,真下 節,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 21,No. 2,p. 54-54,2006年07月
  • 脊髄神経根引き抜き損傷後疼痛に対する外科的治療,押野悟,齋藤洋一,貴島晴彦,加藤天美,平山東,平田雅之,谷直樹,岩月幸一,吉峰俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 45,No. 1,p. 24-25,2006年06月05日
  • 難治性求心路遮断痛に対する一次運動野電気・磁気刺激療法,齋藤洋一,貴島晴彦,平山東,平田雅之,押野悟,加藤天美,吉峰俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 45,No. 1,2006年06月05日
  • 無茎性視床下部過誤腫に対する画像誘導焼灼術,香川尚己,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,沖永剛志,二宮宏智,齋藤洋一,押野悟,谷直樹,下野九理子,青天目信,吉峰俊樹,小児の脳神経,日本小児神経外科学会,Vol. 31,No. 2,p. 173-173,2006年04月30日
  • 脳波・筋電図の臨床 仮名および漢字黙読時の局所脳律動変化,平田雅之,阪上愛,崎原ことえ,臨床脳波,Vol. 48,No. 4,p. 225-229,2006年04月
  • 機能的大脳半球切除術,加藤天美,貴島晴彦,沖永剛志,二宮宏智,橋本直哉,押野悟,平田雅之,齋藤洋一,香川尚己,今井克美,吉峰俊樹,脳神経外科ジャーナル,Vol. 15,No. 3,p. 203-209,2006年03月20日
  • 医療界のマルチプレイヤーを育てる : 臨床検査技師の活躍の場を広げる,依藤史郎,岩谷良則,川野淳,稲垣忍,杉山治夫,松浦成昭,山村卓,山本容正,東照正,堀尾勝,尾路祐介,山口博之,渡邉幹夫,河口直正,大岡嘉治,平田雅之,石神眞人,江口寛,濱田吉之輔,臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE,Vol. 54,No. 3,p. 295-298,2006年03月20日
  • 主幹動脈閉塞及び狭窄による慢性脳虚血に伴う運動関連磁界の変調,押野悟,加藤天美,平田雅之,谷口理章,藤中俊之,豊田真吾,谷直樹,吉峰俊樹,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 28,No. 1,p. 227-227,2006年03月01日
  • The application of navigation-guided repetitive transcranial magnetic stimulation for intractable deaf-ferentation pain,Naoki Tani,Yoichi Saitoh,K. Haruhiko,Satoru Oshino,Masayuki Hirata,Amami Katoh,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S63-S63,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • MEG revealed subclinical functional alteration caused by chronic cerebral ischemia,Satoru Oshino,Amami Kato,Masayuki Hirata,Youichi Saitoh,Masaaki Taniguchi,Toshiyuki Fujinaka,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S64-S64,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Reconstruction of brain function: Theoretical and technical backgrounds,Toshiki Yoshimine,Amami Kato,Koichi Iwatsuki,Haruhiko Kishima,Masayuki Hirata,Naoya Hashimoto,Yoichi Saitoh,Satoru Oshino,Masanori Aoki,Toshihide Yamashita,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S37-S37,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Hierarchical network in the human sensorimotor cortex: coherence analysis using supragyral and intra-sulcal surface electrodes,Masayuki Hirata,Amami Kato,Takuji Yanagisawa,Kotoe Sakihara,Youichi Saitoh,Naoki Tani,Shiro Yorifuji,Toshiki Yoshimine,NEUROSCIENCE RESEARCH,ELSEVIER IRELAND LTD,Vol. 55,p. S60-S60,2006年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 視覚経路の病変による脳内視覚情報処理過程の変化,谷直樹,平田雅之,加藤天美,齋藤洋一,貴島晴彦,押野悟,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 選択的海馬切除術‐低侵襲的下側頭回アプローチ,貴島晴彦,加藤天美,平田雅之,押野悟,谷直樹,齋藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 局所脳律動変化にもとづいた脳機能マッピング,平田雅之,加藤天美,谷直樹,押野悟,齋藤洋一,橋本直哉,貴島晴彦,後藤哲,柳澤琢史,依藤史郎,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 反復的経頭蓋磁気刺激(rTMS)による難治性求心路遮断痛の治療:刺激条件と適応疾患の検討,柳澤琢史,齋藤洋一,平山東,貴島晴彦,押野悟,平田雅之,湯口貴導,森信太郎,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 主幹動脈閉塞性疾患による慢性脳虚血が神経機能に与える影響脳磁図を用いた運動関連磁界の検討,押野悟,加藤天美,平田雅之,貴島晴彦,谷直樹,齋藤洋一,谷口理章,藤中俊之,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 小児難治てんかんの外科治療とその成績,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,齋藤洋一,沖永剛志,下野九理子,押野悟,谷直樹,橋本直哉,数井裕光,二宮宏智,今井克美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 65th,2006年
  • 中枢性疼痛に対する大脳皮質電気, 磁気刺激療法,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平山 東,押野 悟,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 44,No. 2,p. 144-146,2005年12月12日
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球, 言語機能局在の非侵襲的同定,平田 雅之,加藤 天美,齋藤 洋一,橋本 直哉,押野 悟,貴島 晴彦,谷 直樹,谷口 理章,二宮 宏智,平山 東,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 44,No. 2,p. 171-175,2005年12月12日
  • 開口合成脳磁図を用いた覚醒度の定量的計測,柳星伊,平田雅之,崎原ことえ,梅渓祥子,是枝俊介,阪上愛,加藤天美,吉峰俊樹,依藤史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 33,No. 5,p. 446-447,2005年10月01日
  • 【ニューロモデュレーション 疼痛の治療とその周辺】 疼痛 磁気刺激 難治性求心路遮断痛に対する経頭蓋磁気刺激療法,平山 東,齋藤 洋一,貴島 晴彦,押野 悟,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,ペインクリニック,真興交易(株)医書出版部,Vol. 26,No. 別冊秋,p. S322-S330,2005年09月
  • 求心路遮断痛に対する一次運動野刺激療法のメカニズム解析,貴島晴彦,斎藤洋一,加藤天美,平山東,押野悟,平田雅之,大崎康宏,畑沢順,吉峰俊樹,Pain Res,日本疼痛学会,Vol. 20,No. 2,p. 64-64,2005年07月27日
  • 単語黙読に伴う局所的脳律動変化のSAM・BESA解析,平田雅之,加藤天美,押野悟,谷直樹,斎藤洋一,崎原ことえ,柳星いん,梅渓祥子,依藤史郎,認知神経科学,認知神経科学会,Vol. 7,No. 2,p. 146-146,2005年07月
  • 腕神経叢引き抜き損傷後・難治性疼痛に対する外科的治療,押野 悟,齋藤 洋一,貴島 晴彦,加藤 天美,平山 東,平田 雅之,岩月 幸一,吉峰 俊樹,PAIN RESEARCH,日本疼痛学会,Vol. 20,No. 2,p. 65-65,2005年07月
  • 脳波・筋電図の臨床 視覚課題への注意が体性感覚処理に及ぼす影響,高橋優子,平田雅之,井原綾,臨床脳波,Vol. 47,No. 7,p. 435-440,2005年07月
  • 【前頭前野をめぐって-何故いま前頭前野なのか】 臨床的側面 前頭前野の腫瘍,平田 雅之,加藤 天美,丸野 元彦,吉峰 俊樹,Clinical Neuroscience,(株)中外医学社,Vol. 23,No. 6,p. 661-663,2005年06月
  • 脳波・筋電図の臨床 単語黙読に伴う局所的脳律動変化のSAM・BESA解析とその臨床応用,平田雅之,加藤天美,依藤史郎,臨床脳波,Vol. 47,No. 5,p. 307-312,2005年05月
  • 中枢性とう痛に対する大脳皮質電気・磁気刺激療法,斎藤洋一,貴島晴彦,平山東,平田雅之,押野悟,加藤天美,吉峰俊樹,機能的脳神経外科,Vol. 44,No. 1,2005年04月20日
  • 中枢性疼痛に対する大脳皮質電気・磁気刺激療法,齋藤 洋一,貴島 晴彦,平山 東,平田 雅之,押野 悟,加藤 天美,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 44,No. 1,2005年04月20日
  • Selective tibial neurotomy 前後の足底圧分布の変化,貴島 晴彦,加藤 天美,押野 悟,平田 雅之,齋藤 洋一,佐藤 睦美,橋田 剛一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 44,No. 1,p. 42-43,2005年04月20日
  • ブレインマッピング 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球,言語機能局在の非侵襲的同定,平田 雅之,加藤 天美,齋藤 洋一,押野 悟,平山 東,貴島 晴彦,谷口 理章,二宮 宏智,吉峰 俊樹,機能的脳神経外科,日本定位・機能神経外科学会,Vol. 44,No. 1,p. 12-13,2005年04月
  • 運動関連皮質脳波解析による運動意図判定,加藤天美,平田雅之,押野悟,斎藤洋一,江田英雄,貴島晴彦,真渓歩,柳田敏雄,吉峰俊樹,再生医療,Vol. 4,2005年02月10日
  • 微小多極電極を用いたラット視覚野神経活動の同時多点計測:網膜光刺激と後頭葉電気刺激との比較,平田雅之,加藤天美,佐竹真,三好智満,沢井元,貴島晴彦,依藤史郎,福田淳,吉峰俊樹,再生医療,Vol. 4,2005年02月10日
  • Determination of language dominance with synthetic aperture magnetometry: Comparison with Wada test and degree of handedness.,A Kato,M Hirata,Y Saitoh,H Ninomiya,K Imai,M Taniguchi,H Kishima,T Baba,Y Nii,H Nakamura,T Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING INC,Vol. 46,p. 74-75,2005年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 脳腫ようにおけるFiber tracking imageの応用,橋本直哉,加藤天美,羽柴哲夫,中村元,平山東,平田雅之,泉本修一,丸野元彦,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • Brain computer interfaceを用いた視覚再建,平田雅之,加藤天美,佐竹真,貴島晴彦,谷直樹,三好智満,沢井元,斎藤洋一,依藤史郎,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 引き抜き損傷後とう痛に対する外科的治療選択,二宮貢士,斉藤洋一,押野悟,貴島晴彦,平山東,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 体積計測画像治療,加藤天美,橋本直哉,平田雅之,斎藤洋一,貴島晴彦,谷口理章,平山東,谷直樹,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • MEGによるてんかん伝播の解析―難治てんかんを伴う弁蓋部症候群の手術適応決定―,谷直樹,加藤天美,斎藤洋一,貴島晴彦,平田雅之,押野悟,今井克美,沖永剛志,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 大脳運動野の手術,吉峰俊樹,加藤天美,丸野元彦,泉本修一,橋本直哉,貴島晴彦,平田雅之,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 運動関連磁界よりみた脳虚血性運動障害の回復過程,押野悟,加藤天美,平田雅之,谷口理章,平山東,貴島晴彦,斎藤洋一,谷直樹,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 傍海馬深部電極刺激で優位側海馬切除後の言語・記憶機能が予測できるか?,貴島晴彦,加藤天美,平田雅之,押野悟,斎藤洋一,谷直樹,橋本直哉,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM),Vol. 64th,2005年
  • 人工視覚 大脳皮質刺激型電極 (眼科における最新医工学) -- (視機能再生工学),平田雅之,加藤天美,三好智満,臨床眼科,Vol. 59,No. 11,p. 142-146,2005年
  • 計算関連脳活動の生理学的解析,依藤史郎,泉裕美,崎原ことえ,井原綾,加藤天美,吉峰俊樹,平田雅之,臨床神経学,(一社)日本神経学会,Vol. 44,No. 12,p. 1172-1172,2004年12月01日
  • 脳-コンピュータインターフェイス (特集 第39回脳のシンポジウム) -- (脳神経外科領域の先端医療),加藤天美,平田雅之,江田英雄,神経研究の進歩,Vol. 48,No. 6,p. 872-882,2004年12月
  • Selective soleus neurotomy により, 歩行時の足底重心移動の改善を認めた1例,貴島 晴彦,加藤 天美,押野 悟,平田 雅之,高垣 匡寿,齋藤 洋一,佐藤 睦美,橋田 剛一,吉峰 俊樹,Functional neurosurgery : proceedings of the annual meeting of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 43,No. 3,p. 261-264,2004年11月20日
  • 中枢神経損傷後のけい性麻ひのテーラーメード治療,貴島晴彦,加藤天美,押野悟,平田雅之,斎藤洋一,平山東,馬場貴仁,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • 難治性不随意運動に対するボツリヌス毒素治療:針筋電図モニター下選択的運動点注入法,押野悟,加藤天美,貴島晴彦,斎藤洋一,平田雅之,平山東,馬場貴仁,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • 開口合成脳磁図(SAM)を用いた言語優位半球,言語機能局在の非侵襲的同定,平田雅之,加藤天美,斎藤洋一,押野悟,平山東,谷口理章,二宮宏智,貴島晴彦,馬場貴仁,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • Eloquent領域の手術におけるfiber tracking imageの役割と限界,橋本直哉,加藤天美,木下学,平田雅之,押野悟,藤本康倫,泉本修一,丸野元彦,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 63rd,No. CD-ROM Abstracts,2004年10月06日
  • 情動語の感情的要素が言語関連領野に及ぼす影響 開口合成脳磁図による解析,是枝 俊介,平田 雅之,崎原 ことえ,高橋 優子,阪上 愛,加藤 天美,吉峰 俊樹,依藤 史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 32,No. 5,p. 567-567,2004年10月
  • 仮名および漢字黙読時における脳律動変化の解析,阪上 愛,平田 雅之,崎原 ことえ,是枝 俊介,押野 悟,平山 東,加藤 天美,吉峰 俊樹,依藤 史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 32,No. 5,p. 578-579,2004年10月
  • 単語黙読に伴う局所的脳律動変化のSAM/BESA解析,平田 雅之,加藤 天美,崎原 ことえ,是枝 俊介,阪上 愛,押野 悟,平山 東,馬場 貴仁,依藤 史郎,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 32,No. 5,p. 589-589,2004年10月
  • 病変にともなった症候性てんかん発作時MEG,二宮 宏智,加藤 天美,今井 克美,平田 雅之,若山 暁,吉峰 暁,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 32,No. 5,p. 601-601,2004年10月
  • 小脳への経頭蓋磁気刺激でヒラメ筋に誘発される長潜時の筋電位,崎原 ことえ,中川 誠司,是枝 俊介,阪上 愛,井原 綾,平田 雅之,外池 光雄,依藤 史郎,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 32,No. 5,p. 604-604,2004年10月
  • Bilateral cortical stimulation for deafferentation pain after spinal cord injury - Case report,N Tani,Y Saitoh,M Hirata,A Kato,T Yoshimine,JOURNAL OF NEUROSURGERY,AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS,Vol. 101,No. 4,p. 687-689,2004年10月
  • Selective soleus neurotomy により, 歩行時の足底重心移動の改善を認めた一例,貴島晴彦,加藤天美,押野悟,平田雅之,高垣匡寿,齋藤洋一,佐藤睦美,橋田剛一,吉峰俊樹,機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 43,No. 2,p. 168-169,2004年07月20日
  • 脳血管血流速度の定量的画像化法の開発・実用化,中島 義和,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,INNERVISION,(株)インナービジョン,Vol. 19,No. 7,p. 35-35,2004年06月
  • 開口合成法を用いたMEGによる言語関連領野の時空間・周波数解析,平田雅之,加藤天美,井原綾,依藤史郎,吉峰俊樹,臨床神経生理学 : Japanese journal of clinical neurophysiology,Vol. 32,No. 3,p. 192-197,2004年06月01日
  • 計算関連脳活動の生理学的解析,依藤史郎,泉裕美,崎原ことえ,井原綾,加藤天美,吉峰俊樹,平田雅之,日本神経学会総会プログラム・抄録集,Vol. 45th,2004年04月01日
  • 携帯型PCによるDSA画像データの解析,中島義和,平田雅之,藤中俊之,豊田真吾,富島隆裕,秋山智洋,出原誠,伊藤守,加藤天美,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 26,No. 1,p. 182-182,2004年03月01日
  • 空間フィルタリング法(SAM)による脳活動の解析 (MEGの逆問題解法),加藤 天美,谷口 理章,平田 雅之,臨床脳波 = Clinical electroencephalography : 脳波・筋電図と臨床神経生理,永井書店,Vol. 46,No. 2,p. 72-78,2004年02月
  • 平田 雅之、加藤 天美、井原 綾、依藤史郎、吉峰 俊樹 特集「Modalityの違いによる脳機能解析:言語機能を中心に」開口合成法を用いたMEGによる言語関連領野の時空間・周波数解析,平田 雅之,加藤 天美,井原 綾,齊藤 洋一,谷口 理章,二宮 宏智,依藤 史郎,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 32(3): 192-197,No. 2,p. 94-94,2004年
  • 小脳への経頭蓋磁気刺激によりヒラメ筋に出現する長潜時誘発電位,崎原ことえ,井原綾,高橋優子,是枝俊介,阪上愛,平田雅之,依藤史郎,臨床脳波,Vol. 46,No. 4,p. 204-209,2004年
  • 加藤天美、谷口理章、平田雅之、二宮宏智、押野悟、貴島晴彦、齋藤洋一、吉峰俊樹 空間フィルタリング法(SAM)による脳活動の解析,臨床脳波,Vol. 46:72-78,2004年
  • 「てんかん・機能外科(1)」てんかんの術前評価における脳磁図解析の有用性‐術後成績との相関‐,二宮宏智,加藤天美,谷口理章,平田雅之,斎藤洋一,馬場貴仁,押野悟,若山暁,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 62nd,No. CD-ROM Abstracts,2003年10月01日
  • 「モニタリング(3)」脳磁図・開口合成法解析による占拠性病変に伴う大脳皮質機能障害の局在診断,押野悟,若山暁,馬淵英一郎,二宮宏智,沖田典子,谷口理章,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 62nd,No. CD-ROM Abstracts,2003年10月01日
  • 「画像診断(1)」運動関連脳活動の視覚化―BCIの開発を目指して,馬場貴仁,加藤天美,斎藤洋一,谷口理章,平田雅之,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 62nd,No. CD-ROM Abstracts,2003年10月01日
  • 「モニタリング(3)」Brain Computer Interfaceの開発:運動関連脳活動の解析,加藤天美,馬場貴仁,斎藤洋一,谷口理章,平田雅之,二宮宏智,押野悟,岩月幸一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 62nd,No. CD-ROM Abstracts,p. 329-330,2003年10月01日
  • 「脳血管障害画像診断(3)」虚血性脳血管障害患者における自発脳磁界の検討,谷口理章,加藤天美,二宮宏智,平田雅之,押野悟,馬場貴仁,斎藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 62nd,No. CD-ROM Abstracts,2003年10月01日
  • 「画像診断(1)」開口合成法を用いた脳磁図による言語優位半球同定:laterality ndexの導入とWada test・利き手との比較,平田雅之,加藤天美,斎藤洋一,谷口理章,二宮宏智,押野悟,馬場貴仁,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 62nd,No. CD-ROM Abstracts,2003年10月01日
  • 求心路遮断痛に対する大脳一次運動野刺激術,齋藤洋一,加藤天美,二宮宏智,平田雅之,谷直樹,吉峰俊樹,機能的脳神経外科 : 日本定位・機能神経外科学会機関誌 = Functional neurosurgery : official journal of the Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery,Vol. 42,No. 1,p. 36-38,2003年08月11日
  • 虚血性脳血管障害患者における自発および運動誘発脳磁界,谷口理章,加藤天美,二宮宏智,平田雅之,馬場貴仁,喜多村祐里,斎藤洋一,中島義和,吉峰俊樹,脳循環代謝,Vol. 15,No. 2,p. 71-72,2003年06月30日
  • 椎骨脳底動脈系脳動脈りゅうの外科治療に伴う脳潅流動態変化の解析,中島義和,藤中俊之,平田雅之,谷口理章,西尾雅実,秋山正博,久村英嗣,加藤天美,吉峰俊樹,脳循環代謝,Vol. 15,No. 2,p. 75-76,2003年06月30日
  • 体性感覚及び言語処理時におけるγ帯域脳律動変化の時空間的解析,井原 綾,崎原 ことえ,泉 裕美,高橋 優子,依藤 史郎,平田 雅之,加藤 天美,大崎 康弘,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 31,No. 3,p. 327-327,2003年06月
  • 合成開口脳磁図解析法のてんかん外科への応用,加藤天美,二宮宏智,齋藤洋一,平田雅之,谷口理章,吉峰俊樹,精神神經學雜誌 = Psychiatria et neurologia Japonica,Vol. 105,No. 4,p. 425-432,2003年04月25日
  • MEG逆問題解法の検討 MEG空間フィルタリング法(SAM)による脳活動の解析 双極子法との比較,加藤 天美,平田 雅之,谷口 理章,二宮 宏智,眞渓 歩,齋藤 洋一,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 31,No. 2,p. 96-96,2003年04月
  • 尖度解析を加えた合成開口脳磁図(SAM)仮想センサー法解析,二宮 宏智,加藤 天美,今井 克美,Robinson Stephan E,谷口 理章,平田 雅之,馬場 貴仁,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 31,No. 2,p. 183-183,2003年04月
  • Gamma-band desynchronization in language areas reflects syntactic process of words,A Ihara,M Hirata,K Sakihara,H Izumi,Y Takahashi,K Kono,H Imaoka,Y Osaki,A Kato,T Yoshimine,S Yorifuji,NEUROSCIENCE LETTERS,ELSEVIER SCI IRELAND LTD,Vol. 339,No. 2,p. 135-138,2003年03月
  • The elucidation of the propagation of epileptic activity between bilateral hemispheres analyzed by synthetic aperture magnetometry (SAM)<MEG>,二宮宏智,加藤天美,今井克美,平田雅之,谷口理章,馬場貴仁,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 21,No. 1,p. 48-49,2003年02月28日
  • 開口合成脳磁図解析法による言語関連領域の画像化 : Wada test、利き手側との比較<脳磁図>,加藤天美,平田雅之,二宮宏智,今井克美,齋藤洋一,谷口理章,貴島晴彦,馬場貴仁,中村仁信,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 21,No. 1,p. 47-48,2003年02月28日
  • Neuromagnetic gamma-band activity in the primary and secondary somatosensory areas,A Ihara,M Hirata,K Yanagihara,H Ninomiya,K Imai,R Ishii,Y Osaki,K Sakihara,H Izumi,H Imaoka,A Kato,T Yoshimine,S Yorifuji,NEUROREPORT,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 14,No. 2,p. 273-277,2003年02月
  • Analysis of ictal magnetoencephalography with novel spatial filter: Three intractable temporal lobe epilepsy cases,H Ninomiya,A Kato,K Imai,M Taniguchi,M Hirata,A Wakayama,T Yoshimine,EPILEPSIA,BLACKWELL PUBLISHING INC,Vol. 44,p. 196-196,2003年,研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 一側大脳半球完全離断後の神経機能発達基盤としての皮質機能再組織化の解明,吉峰俊樹,加藤天美,斉藤洋一,丸野元彦,二宮宏智,貴島晴彦,平田雅之,馬場貴仁,新居康夫,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 61st,No. CD-ROM Abstracts,2002年10月02日
  • 側頭葉外てんかんの術前評価における脳磁図解析の有用性 -合成開口法解析の応用-,二宮宏智,加藤天美,平田雅之,谷口理章,新居康夫,今井克美,馬場貴仁,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 61st,No. CD-ROM Abstracts,2002年10月02日
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)よる言語優位半球同定: laterality indexの導入とWada testとの比較,平田雅之,加藤天美,斎藤洋一,二宮宏智,谷口理章,安部倉信,久村英嗣,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 61st,No. CD-ROM Abstracts,2002年10月02日
  • 腫よう摘出術へのナビゲーションシステムの有用性,山田淳二,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,谷口理章,斎藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 61st,No. CD-ROM Abstracts,2002年10月02日
  • 開口合成脳磁図解析法による言語関連領域の画像化 : Wada test、利き手側との比較,加藤天実,平田雅之,二宮宏智,齋藤洋一,谷口理章,貴島晴彦,馬場貴仁,中村仁信,吉峰俊樹,日本てんかん学会プログラム・予稿集,日本てんかん学会,No. 36,p. 161-161,2002年09月11日
  • クモ膜下出血急性期における脳循環動態の解析,中島 義和,横田 順一朗,坂下 恵治,久村 英嗣,平田 雅之,加藤 天美,藤中 俊之,西尾 雅実,秋山 正博,甲村 英二,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 14,No. 3,p. 238-239,2002年09月
  • Spatiotemporal distributions of brain oscillation during silent reading,Masayuki Hirata,Amami Kato,Hirotomo Ninomiya,Masaaki Taniguchi,Haruhiko Kishima,Toshiki Yoshimine,International Congress Series,Elsevier BV,Vol. 1232,p. 35-39,2002年04月
  • The application of SAM virtual sensor method for analysis of epileptic discharges: comparison with simultaneously recorded ECoG,Amami Kato,Hirotomo Ninomiya,Masayuki Hirata,Yasuo Nii,Masaaki Taniguchi,Shunichirou Hirano,K Imai,N Hirabuki,S.E Robinson,T Yoshimine,International Congress Series,Elsevier BV,Vol. 1232,p. 303-310,2002年04月
  • Synthetic aperture magnetometry analysis of epileptic fast oscillation of MEG,Hirotomo Ninomiya,Amami Kato,Masayuki Hirata,Masaaki Taniguchi,Haruhiko Kijima,Junji Yamada,Shunichiro Hirano,Katsumi Imai,Toshiki Yoshimine,International Congress Series,Elsevier BV,Vol. 1232,p. 587-591,2002年04月
  • 胎児仮死のともなった2ヵ所の孔脳症をもつ難治性てんかんの1手術例(外科治療),二宮宏智,加藤天美,平田雅之,山田淳二,貴島晴彦,平野俊一郎,今井克美,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 20,No. 1,2002年02月28日
  • Hirata M, Kato A, Saitoh Y, Taniguchi M, Ninomiya H, Robinson ES, Yoshimine T. Spatiotemporal distribution of brain function using synthetic aperture magnetometry.,In Tachibana E, Furukawa T, Mukai Y, Ma H, (ed.): Proceedings of international symposium for young researchers on modeling and their applications. Bandoh Printing & Pakage Ltd., Osaka,p. 57-64,2002年
  • The results of image guided surgery with magnetic and optical hybrid navigation system,A Kato,J Yamada,M Hirata,N Hirabuki,T Yoshimine,CARS 2002: COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,p. 1070-1070,2002年
  • Yamada J, Kato A, Kishima H, Hirata M, Yoshimine T. A hybrid navigation system for reliable navigation surgery ・Microscopic optical tracking and electromagnetic suction tube tracking.,In CARS 2002 in H.U. Lemke, M.W. Vannier, K. Inamura, A.G. Farman, K.Doi, J.H.C. Reiber (ed.): Springer Publishers, Heidelberg,p. 1068-1068,2002年
  • Kato A, Ninomiya H, Hirata M, Taniguchi M, Saitoh Ym Imai K, Nii Y, Yoshimine T. Application of SAM virtual sensor method for licalization of origins and propagation of epileptic discharges inrefractory frontal lobe epilepsy.,In Nowak H, Haeisen J, Giessler F, Huonker R, (ed.): Biomag 2002, Proceedings of 13th international conference on biomagnetism. VDE verlag GMBH, Berlin,p. 254-256,2002年
  • Ninomiya H, Kato A, Imai K, Taniguchi M, Nii Y, hirata M, Yanagihara, K Kishima H, Yoshimine T. Synthetic aperture magnetometry virtual sensor (SAM-VS) analysis of epileptic gamma activity of MEG.,In Nowak H, Haeisen J, Giessler F, Huonker R, (ed.): Biomag 2002, Proceedings of 13th international conference on biomagnetism. VDE verlag GMBH, Berlin,p. 257-259,2002年
  • Ihara A, Hirata M, Yanagihara K, Ninomiya H, Imai K, Ishii R, Sakihara K, Izumi H, Imaoka H, Kato A, Yoshimine Tm Yorifuji S. Spatio-temporal distribution in gamma oscillations related to somatosensory processing.,In Nowak H, Haeisen J, Giessler F, Huonker R, (ed.): Biomag 2002, Proceedings of 13the international conference on biomagnetism. VDE verlag GMBH, Berlin,p. 326-328,2002年
  • 平田雅之、加藤天美、吉峰俊樹 脳磁図による言語野の解析,Clinical Neuroscience,Vol. 20,No. 3,p. 354-355,2002年
  • 二宮宏智、中島義和、加藤天美、今井克美、谷口理章、平田雅之、馬場貴仁、斎藤洋一、若山暁、吉峰俊樹 後頭葉部てんかんの発作時脳時図(magnetoencephalography:MEG)の一例,二宮 宏智,中島 義和,加藤 天美,今井 克美,谷口 理章,平田 雅之,馬場 貴仁,斉藤 洋一,若山 暁,吉峰 俊樹,臨床脳波,(株)永井書店,Vol. 44,No. 12,p. 805-809,2002年
  • 加藤天美、二宮宏智、新居康夫、今井克美、谷口理章、貴島晴彦、斎藤洋一、平田雅之、山田淳二、平野俊一朗、吉峰俊樹 前頭葉てんかんの1手術からみた症候学的メカニズム−合成開口脳磁図による解析−,臨床脳波,Vol. 44,No. 3,p. 193-200,2002年
  • 新しい脳磁界計測法による難治性てんかんの非侵襲的病態解明と外科的治療,加藤天美,二宮宏智,平田雅之,新居康夫,谷口理章,今井克美,中村仁信,Stephen E Robinson,吉峰俊樹,てんかん治療研究振興財団研究年報,No. 14,p. 161-167,2002年
  • 加藤天美、斎藤洋一、二宮宏、平田雅之、谷口理章、貴島晴彦、吉峰俊樹 脳機能はMEGでどこまで見える?,Mebio,Vol. 19,No. 1,p. 30-35,2002年
  • 吉峰俊樹、加藤天美、新居康夫、貴島晴彦、二宮宏智、平田雅之 機能的大脳半球切除術,先端医療シリーズ16・脳神経外科 機能的脳神経外科の最先端、監修:高倉公朋、菊池晴彦、編集顧問:大本堯史、堀智勝、田中達也、吉峰俊樹、片山容一、編集委員:榊寿右、平孝臣、山本隆充、加藤天美,p. 93-101,2002年
  • 加藤天美、谷口理章、平田雅之、斎藤洋一、二宮宏智、貴島晴彦、平吹度夫、吉峰俊樹 脳磁図解析法SAM,先端医療シリーズ16・脳神経外科 機能的脳神経外科の最先端、監修:高倉公朋、菊池晴彦、編集顧問:大本堯史、堀智勝、田中達也、吉峰俊樹、片山容一、編集委員:榊寿右、平孝臣、山本隆充、加藤天美,p. 293-296,2002年
  • HirataM, Kato A, Saitoh Y, Taniguchi M, Ninomiya H, Robinson ES, Yoshimine T. Spatioetemoral distribution of brain function using synthetic aperture magnetometry,International Symposium Young Rsearchers on Modeling and their Applications 2002, Osaka (Japan),2002年
  • DSA画像解析によるクモ膜下出血の重症度評価と予後予測,中島伸,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 13,No. 4,p. 376-377,2001年12月31日
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析,平田雅之,加藤天美,谷口理章,二宮宏智,山田淳二,押野悟,貴島晴彦,吉峰俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 13,No. 4,p. 356-357,2001年12月31日
  • くも膜下出血急性期における脳循環動態の解析,中島義和,横田順一朗,坂下恵治,久村英嗣,平田雅之,加藤天美,藤中雅之,西尾雅実,吉峰俊樹,日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集,Vol. 13th,2001年10月18日
  • Synthetic aperture magnetometry(SAM)による脳機能の同定,加藤天美,谷口理章,平田雅之,貴島晴彦,二宮宏智,斎藤洋一,中村仁信,STEPHAN R,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • グリオーマ摘出術における統合型ナビゲーションシステムの有用性,山田淳二,加藤天美,貴島晴彦,平田雅之,二宮宏智,斉藤洋一,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • 運動野グリオーマの肉眼的全摘術,斎藤洋一,加藤天美,平田雅之,貴島晴彦,山田淳二,谷口理章,二宮宏智,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • 難治性側頭葉外てんかんの外科治療 SAM解析によるてんかん性異常波発生源の同定,二宮宏智,加藤天美,平田雅之,谷口理章,新居康夫,山田淳二,平野俊一朗,今井克美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • 松果体部腫ようへのoccipital transtentorial approach 手術技法の工夫,加藤天美,平田雅之,丸野元彦,斎藤洋一,貴島晴彦,山田淳二,福島祐治,岩本文徳,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • 21世紀の脳神経外科手術システム 手術台の高機能化,平田雅之,加藤天美,斉藤洋一,貴島晴彦,二宮宏智,山田淳二,谷口理章,赤木功人,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,Vol. 60th,No. Abstract,2001年10月15日
  • クモ膜下出血急性期における脳灌流不全病態の解析,中島 義和,加藤 天美,平田 雅之,久村 英嗣,湯口 貴導,甲村 英二,坂下 恵治,横田 順一朗,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 13,No. 3,p. 148-149,2001年10月
  • G-3 胎児仮死にともなった2ヶ所の孔脳症をもつ難治性てんかんの1手術例,二宮宏智,加藤天美,平田雅之,山田淳二,貴島晴彦,平野俊一郎,今井克美,吉峰俊樹,日本てんかん学会プログラム・予稿集,No. 35,2001年09月27日
  • 脳虚血の診断 CT,その他 脳動脈瘤患者における脳灌流不全による虚血病態の解明,中島 義和,加藤 天美,平田 雅之,久村 英嗣,渡部 貴士,湯口 貴導,甲村 英二,吉峰 俊樹,坂下 恵治,横田 順一朗,The Mt. Fuji Workshop on CVD,(株)にゅーろん社,Vol. 19,p. 64-66,2001年07月
  • Functional brain mapping using synthetic aperture magnetometry(SAM),M. Hirata,A. Kato,M. Taniguchi,T. Yoshimine,Brain and Nerve,Vol. 53,No. 2,p. 117-122,2001年04月02日
  • 前頭葉てんかんの1手術例からみた症候学的メカニズム,二宮 宏智,加藤 天美,平田 雅之,山田 淳二,新居 康夫,久村 英嗣,平野 俊一朗,谷口 理章,今井 克美,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 29,No. 2,p. 200-200,2001年04月
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析,平田 雅之,加藤 天美,谷口 理章,二宮 宏智,貴島 晴彦,吉峰 俊樹,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 29,No. 2,p. 170-170,2001年04月
  • 脳卒中診療における脳血管内血流速度マッピング法の応用,中島義和,平田雅之,加藤天美,久村英嗣,秋山智洋,藤中雅之,湯口貴導,横田順一朗,吉峰俊樹,脳卒中,(一社)日本脳卒中学会,Vol. 23,No. 1,p. 127-127,2001年03月25日
  • 手術計画のための機能診断と外科解剖 : 前頭葉言語領野周辺,吉峰俊樹,平田雅之,二宮宏智,谷口理章,山田淳二,貴島晴彦,加藤天美,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 10,No. 3,p. 142-147,2001年03月20日
  • グリオーマ update 手術治療の現況 ニューロナビゲーター,貴島晴彦,加藤天美,山田淳二,平田雅之,吉峰俊樹,Clin Neurosci,(株)中外医学社,Vol. 19,No. 3,p. 329-332,2001年03月01日
  • Eloquent areaのてんかん外科(外科治療),二宮宏智,加藤天美,沖永剛志,今井克美,新居康夫,平田雅之,谷口理章,押野悟,平野俊一朗,吉峰俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 19,No. 1,p. 59-59,2001年02月28日
  • てんかん手術におけるsynthetic aperture magnetometry(SAM)の有用性(外科治療),加藤天美,二宮宏智,新居康夫,平田雅之,谷口理章,平野俊一朗,今井克美,押野悟,吉峰俊樹,てんかん研究,Vol. 19,No. 1,2001年02月28日
  • てんかん手術におけるsynthetic aperture magnetometry(SAM)の有用性,加藤 天美,二宮 宏智,新居 康夫,平田 雅之,谷口 理章,平野 俊一朗,今井 克美,押野 悟,吉峰 俊樹,てんかん研究,(一社)日本てんかん学会,Vol. 19,No. 1,p. 56-56,2001年02月
  • Surgical and functional anatomy for presurgical planning: The frontal language areas,T. Yoshimine,M. Hirata,H. Ninomiya,M. Taniguchi,J. Yamada,H. Kishima,A. Kato,Japanese Journal of Neurosurgery,日本脳神経外科コングレス,Vol. 10,No. 3,p. 142-147,2001年01月01日
  • Hirata M, Kato A, Taniguchi M, Ninomiya H, Cheyne D, Robinson SE, Maruno M, Hirabuki N, Nakamura H, and Yoshimine T. Frequency-dependent volumetric distribution of somatosensory evoked magnetis fields,In: Nenonen J, Ilmoniemi RJ, Katila T (ed.): Biomag2000, Proc. 12<sup>th</sup> Int.Conf. on Biomagnetism, Espoo: Helsinki Univ. of Technology,p. 259-262,2001年
  • Usefulness of sysnthetic aperture magnetometry for presurgical evaluation in the epilepsy surgery.,Kato A,Ninomiya Hm,Hirata M,Taniguchi M,Hirano S,Mano K,Imi K,Kumura E,Nakamura H,Robinson SE,Yoshimine T,In: Nenonen J, Ilmoniemi RJ, Katila T, (ed.):. Biomag2000, Proc. 12<sup>th</sup> Int.Conf. on Biomagnetism, Espoo: Helsinki Univ. of Technology,p. 463-466,2001年
  • Kato A, Ninomiya H, Hirata M, Nii Y, Taniguchi M, Hirano S, Mano K, Imai K, Nakamura H, Robinson SE, and Yoshimine T. Currentodensitogram of SAM virtual sensors compared with simultaneously recorded EcoG..,In: Nenonen J, Ilmoniemi RJ, Katila T, (ed.):. Bimag2000, Proc. 12<sup>th</sup> Int.Conf. on Biomagnetism, Espoo: Helsinki Univ. of Technology,p. 467-470,2001年
  • Ninomiya H, Kato A, Imai K, Nii Y, Taniguchi M, Hirata M, Hirano S, Mano T, Robinson SE, and Yoshimine T. SAM analysis in frontal lobe epilepsy for the surgical strategy.,In: Nenonen J, Ilmoniemi RJ, Katila T, (ed.):. Biomag2000, Proc. 12<sup>th</sup> Int.Conf. on Biomagnetism, Espoo: Helsinki Univ. of Technology,p. 459-462,2001年
  • 脳磁図による高次脳機能解析,平田雅之,加藤天美,谷口理章,吉峰俊樹,脳と神経,Vol. 53,No. 2,p. 117-122,2001年
  • 脳磁図と硬膜下電極刺激による言語・運動・感覚領野 mapping,平田雅之,加藤天美,谷口理章,二宮宏智,貴島晴彦,山田淳二,吉峰俊樹,臨床脳波,Vol. 43,No. 4,p. 205-211,2001年
  • 貴島晴彦、加藤天美、山田淳二、平田雅之、吉峰俊樹 ニューロナビゲーター,Clinical Neuroscience,Vol. 19,No. 3,p. 75-78,2001年
  • 中島義和、加藤天美、平田雅之、久村英詞、渡部貴士、湯口貴導、甲村英二、吉峰俊樹、坂下恵治、横田順一朗 脳動脈瘤患者における脳灌流不全による虚血病態の解明,The Mt. Fuji Workshop on CDV,No. 19,p. 64-66,2001年
  • 吉峰俊樹、平田雅之、二宮宏智、谷口理章、山田淳二、貴島晴彦、加藤天美 手術計画のための機能診断と外科解剖−前頭葉言語領野周辺−,吉峰 俊樹,平田 雅之,二宮 宏智,谷口 理章,山田 淳二,貴島 晴彦,加藤 天美,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 10,No. 3,p. 142-147,2001年
  • 加藤天美、二宮宏智、平田雅之、谷口理章、貴島晴彦、今井克美、吉峰俊樹 脳磁図(MEG)のてんかん外科への応用,脳21,Vol. 4,No. 3,p. 256-262,2001年
  • 山田淳二、加藤天美、貴島晴彦、平田雅之、吉峰俊樹 ハイブリッド型ナビゲーションシステムの手術応用,寺本 明 編、脳神経外科 Advanced Prctice 4 コンピュータ支援手術、メジカルビュー社,p. 14-19,2001年
  • HirataM, Kato A, Ninomiya H, Taniguchi M, Kishima T and Yoshimine T. Department of Neurosurgery, Osaka University Graduate School of Medicine Spatiotemporal distributions of brain oscillation during silent reading,ISBET 2001 Jpan, Utsunomiya (Japan),2001年
  • くも膜下出血急性期における脳潅流不全病態の解析,中島義和,加藤天美,平田雅之,久村英嗣,湯口貴導,藤中俊之,西尾雅実,横田順一朗,吉峰俊樹,日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集,Vol. 12th,2000年12月05日
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語活動領野の解析,平田雅之,加藤天美,谷口理章,二宮宏智,山田淳二,押野悟,貴島晴彦,吉峰俊樹,日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集,Vol. 12th,2000年12月05日
  • DSA画像解析によるクモ膜下出血症例の重症度評価と予後予測,中島伸,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集,Vol. 12th,2000年12月05日
  • ニューロサイエンスの新しい研究方法 新しい脳磁気解析法SAM,加藤天美,二宮宏智,平田雅之,谷口理章,中村仁信,吉峰俊樹,Clin Neurosci,(株)中外医学社,Vol. 18,No. 12,p. 1360-1361,2000年12月01日
  • 入力値のみ保持する変数をもつEFSM群に対する動的性質の検証,平田雅之,岡野浩三,谷口健一,電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス,Vol. 100,No. 471,p. 9-16,2000年11月20日
  • あゆみ コンピュータ支援外科手術の進歩 (術中ナビゲーションシステムの進歩),加藤天美,平田雅之,山田淳二,医学のあゆみ,Vol. 195,No. 4,p. 233-236,2000年10月28日
  • 重症くも膜下出血急性期の低体温療法の適応と有用性の再評価,中島義和,横田順一朗,久村英嗣,平田雅之,沢田憲治,藤中俊之,湯口貴導,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59th,No. Abstract,p. 280-280,2000年10月24日
  • 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析,平田雅之,加藤天美,谷口理章,二宮宏智,山田淳二,押野悟,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59th,No. Abstract,p. 101-101,2000年10月24日
  • 人工的神経機能構築装置の研究 人工視覚,加藤天美,佐々木仁,山田淳二,平野俊一朗,平田雅之,二宮宏智,久村英嗣,福田淳,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59th,No. Abstract,p. 35-35,2000年10月24日
  • 術中連続ナビゲーションによるてんかん手術の実際,吉峰俊樹,加藤天美,二宮宏智,平田雅之,谷口理章,山田淳二,平野俊一朗,新居康夫,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59th,No. Abstract,p. 55-55,2000年10月24日
  • 発作間欠期のMEG,MRS,FDG‐PETならびに病理所見との関連,二宮宏智,加藤天美,丸野元彦,平田雅之,谷口理章,山田淳二,押野悟,今井克美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59th,No. Abstract,p. 308-308,2000年10月24日
  • グリオーマ患者におけるMEGによる運動機能局在の解析,谷口理章,加藤天美,平田雅之,丸野元彦,CHEYNE D,ROBINSON S E,平吹度夫,森信太郎,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59th,No. Abstract,p. 101-101,2000年10月24日
  • DSA画像処理によるクモ膜下出血の重症度評価,中島伸,都築貴,平田雅之,加藤天美,田伏久之,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59th,No. Abstract,p. 72-72,2000年10月24日
  • 脳神経外科手術室の進化と分化,平田雅之,加藤天美,山田淳二,二宮宏智,谷口理章,押野悟,甲村英二,大西丘倫,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59th,No. Abstract,p. 59-59,2000年10月24日
  • 大動脈炎症候群に対する超低体温麻酔下における血行再建術,中島義和,埜中正博,山田淳二,平田雅之,西尾雅実,藤中俊之,湯口貴導,加藤天美,吉峰俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59th,No. Abstract,p. 72-72,2000年10月24日
  • 測定法 MEG SAM解析,平田 雅之,加藤 天美,谷口 理章,二宮 宏智,中村 仁信,吉峰 俊樹,脳と循環,(株)メディカルレビュー社,Vol. 5,No. 4,p. 377-382,2000年10月
  • 一次運動・一次感覚野グリオーマの肉眼的全摘出術,加藤 天美,平田 雅之,山田 淳二,平野 俊一朗,二宮 宏智,谷口 理章,丸野 元彦,大西 丘倫,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59回,p. 70-70,2000年10月
  • 統合型ナビゲーションを利用した脳腫瘍の摘出手術,山田 淳二,加藤 天美,平田 雅之,二宮 宏智,谷口 理章,平野 俊一郎,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59回,p. 321-321,2000年10月
  • 体積塞栓率(VER)を指標とした計画的脳動脈瘤塞栓術 実際と治療成績,藤中 俊之,平田 雅之,中島 義和,湯口 貴導,加藤 天美,甲村 英二,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 59回,p. 104-104,2000年10月
  • F-20 手術ナビゲータとMEGを活用したeloquent areaのてんかん手術,二宮宏智,加藤天美,沖永剛志,今井克美,新居康夫,平田雅之,谷口理章,押尾悟,平野俊一朗,吉峰俊樹,日本てんかん学会プログラム・予稿集,日本てんかん学会,No. 34,p. 172-172,2000年09月21日
  • B-24 てんかん手術におけるSynthetic aperture magnetometryの有用性,加藤天美,二宮宏智,新居康夫,平田雅之,谷口理章,平野俊一朗,今井克美,押尾悟,吉峰俊樹,日本てんかん学会プログラム・予稿集,日本てんかん学会,No. 34,p. 121-121,2000年09月21日
  • 新しいneuroimaging MRIの進歩 Functional MRI 運動野,言語野のマッピング,平田雅之,加藤天美,谷口理章,吉峰俊樹,平吹度夫,渡辺嘉之,Clin Neurosci,(株)中外医学社,Vol. 18,No. 9,p. 1024-1026,2000年09月01日
  • 脳賦活時の局所脳電気生理活動変化 空間フィルタリング法による脳磁界解析,吉峰俊樹,加藤天美,甲村英二,谷口理章,平田雅之,二宮宏智,若山暁,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 12,No. 3,p. 213-214,2000年09月01日
  • Movement-related desynchronization of the cerebral cortex studied with spatially filtered magnetoencephalography,M Taniguchi,A Kato,N Fujita,M Hirata,H Tanaka,T Kihara,H Ninomiya,N Hirabuki,H Nakamura,SE Robinson,D Cheyne,T Yoshimine,NEUROIMAGE,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 12,No. 3,p. 298-306,2000年09月
  • 光学式/磁場式ハイブリッド型ナビゲーション顕微鏡システムの開発,加藤天美,平田雅之,吉峰俊樹,早川徹,平吹度夫,中田精三,松村泰志,日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology,Vol. 21,No. 3,p. 282-285,2000年08月31日
  • DSA画像処理による脳灌流解析の理論と留意点,加藤 天美,平田 雅之,渡部 貴士,藤中 俊之,甲村 英二,平吹 度夫,吉峰 俊樹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 12,No. 2,p. 146-147,2000年06月
  • 2.CANSナビゲーターの基本操作について,加藤天美,平田雅之,山田淳二,谷口理章,吉峰俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 9,No. 4,p. 324-324,2000年04月20日
  • 2.CANSナビゲータの基本操作について,平田雅之,加藤天美,山田淳二,吉峰俊樹,奥村武志,脳神経外科ジャーナル,Vol. 9,No. 4,2000年04月20日
  • イメージガイディッドニューロサージェリー CANSナビゲータの基本操作について,平田 雅之,加藤 天美,山田 淳二,吉峰 俊樹,奥村 武志,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 9,No. 4,p. 321-321,2000年04月
  • イメージガイディッドニューロサージャリー CANSナビゲーターの基本操作について,加藤 天美,平田 雅之,山田 淳二,谷口 理章,吉峰 俊樹,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 9,No. 4,p. 324-324,2000年04月
  • 脳磁図解析及び硬膜下電極刺激による言語,運動,感覚領野のマッピング,吉峰 俊樹,加藤 天美,谷口 理章,二宮 宏智,平田 雅之,臨床神経生理学,(一社)日本臨床神経生理学会,Vol. 28,No. 2,p. 89-89,2000年04月
  • 平田雅之、加藤天美、谷口理章、吉峰俊樹、平吹度夫、渡辺嘉之 大阪大学脳神経外科、同放射線科 Functional MRI 運動野、言語野のマッピング,Clinical Neuroscience,Vol. 18,No. 9,p. 42-44,2000年
  • 平田雅之、加藤天美、谷口理章、二宮宏智、中村仁信、吉峰俊樹 大阪大学脳神経外科 MEG SAM 分析,脳と循環,Vol. 5,No. 4. 85-90,2000年
  • 平田雅之 大阪大学大学院神経機能制御科学 CANS(磁気式)ナビゲーション,医学のあゆみ,Vol. 195,No. 4,p. 253-254,2000年
  • 中島義和、横田順一朗、坂下恵治、久村英嗣、湯口貴導、平田雅之、加藤天美、甲村英二、吉峰俊樹 くも膜下出血急性期における脳循環パラメーターの解析,Neurosurgical Emergency,Vol. 5,No. 1,p. 25-28,2000年
  • 加藤天美、平田雅之、山田淳二、吉峰俊樹 大阪大学大学院医学系研究科脳神経外科学 コンピュータ支援外科手術の進歩,医学のあゆみ,Vol. 195,No. 4,p. 233-236,2000年
  • 加藤天美、二宮宏智、平田雅之、谷口理章、中村仁信、吉峰俊樹 新しい脳磁気解析法SAM,Clinical Neuroscience,No. 18,p. 1306-1,2000年
  • 手術ナビゲーションシステム,加藤天美,平田雅之,山田淳二,吉峰俊樹,高倉公明 編 図説脳神経外科 New approach−機能的疾患−、メジカルビュー社,p. 166-171,2000年
  • 加藤天美、平田雅之、山田淳二、谷口理章、甲村英二、吉峰俊樹 手術ナビゲーションにおける微小脳神経外科解剖 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖 ??−解剖から理解する脳神経外科手術の基本−,サイメッドパブリケーション,p. 169-180,2000年
  • HirataM<sup>1</sup>, Kato A<sup>1</sup>, Taniguch Mi<sup>1</sup>, Ninomiya H<sup>1</sup>, Cheyne D<sup>3,4</sup>,Rbinson SE<sup>4</sup>, Maruno M<sup>1</sup>, Hirabuki N<sup>2</sup>, Nakamura H<sup>2</sup>, and Yoshimine T<sup>1</sup>. Departments of <・・・,Frequency-dependent volumetric distribution of somatosensory evoked magnetic fields Biomag 2000, Esop (Finland),2000年
  • Movement‐related desynchronizationの脳磁界計測,谷口理章,平田雅之,加藤天美,ROBINSON S E,CHEYNE D,二宮宏智,丸野元彦,吉峰俊樹,生理学研究所年報,Vol. 20,p. 424-425,1999年12月01日
  • Synthetic aperture magnetometry(SAM)を用いたてんかん性異常波の解析,二宮宏智,谷口理章,加藤天美,平田雅之,丸野元彦,新居康夫,ROBINSON S E,吉峰俊樹,生理学研究所年報,Vol. 20,p. 430-431,1999年12月01日
  • 体性感覚誘発磁界の時空間・周波数解析,平田雅之,加藤天美,谷口理章,二宮宏智,丸野元彦,ROBINSON S E,CHEYNE D,吉峰俊樹,生理学研究所年報,Vol. 20,p. 426-427,1999年12月01日
  • DSA画像処理による脳灌流イメージのリアルタイムモニタリング,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,藤中 俊之,丸野 元彦,谷口 理章,二宮 宏智,平吹 度夫,中村 仁信,早川 徹,脳循環代謝,日本脳循環代謝学会,Vol. 11,No. 3,p. 280-281,1999年12月
  • DSA画像処理による脳潅流解析の理論と留意点,加藤天美,平田雅之,藤中俊之,甲村英二,渡部貴士,平吹度夫,吉峰俊樹,日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集,Vol. 11th,1999年10月04日
  • 脳賦活時の局所脳電気生理活動変化 空間フィルタリング法による脳磁界解析,吉峰俊樹,加藤天美,甲村英二,谷口理章,平田雅之,若山暁,日本脳循環代謝学会総会プログラム・抄録集,Vol. 11th,1999年10月04日
  • 光学式/磁場式ハイブリッド型ナビゲーション顕微鏡システムの開発,加藤 天美,平田 雅之,吉峰 俊樹,平吹 度夫,中田 精三,松村 泰志,早川 徹,日本手術医学会誌,日本手術医学会,Vol. 20,No. 臨時,p. 47-47,1999年10月
  • Suboccipital midline approachによる脳幹実質病変の直視下手術,加藤 天美,平田 雅之,丸野 元彦,平野 俊一朗,有田 憲生,清水 恵司,谷口 理章,二宮 宏智,早川 徹,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 58回,p. 160-160,1999年10月
  • 脳機能画像 新しい三次元脳機能解析法synthetic aperture magnetometry(SAM),吉峰 俊樹,加藤 天美,谷口 理章,二宮 宏智,平田 雅之,平野 俊一朗,丸野 元彦,新居 康夫,若山 暁,Robinson Se,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 58回,p. 36-36,1999年10月
  • 脳機能画像 開口合成法を用いた脳磁図(SAM)による言語領野の解析,平田 雅之,加藤 天美,谷口 理章,丸野 元彦,久村 英嗣,二宮 宏智,平野 俊一朗,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 58回,p. 36-36,1999年10月
  • Anterior Sylvian lesionならびに眼窩病変に対するtransfacial transorbital approach,加藤 天美,谷口 理章,平田 雅之,松本 勝美,藤中 俊之,丸野 元彦,早川 徹,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 58回,p. 103-103,1999年10月
  • 神経内視鏡 血管障害 内視鏡支援顕微鏡下脳動脈瘤手術 その有用性の検証,谷口 理章,瀧本 洋司,嶋田 延光,宮尾 泰慶,平田 雅之,中島 義和,加藤 天美,甲村 英二,早川 徹,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 58回,p. 173-173,1999年10月
  • 側頭葉てんかんの焦点及び伝播様式の解析 Synthetic aperture magnetometry(SAM)を用いて,二宮 宏智,谷口 理章,新居 康夫,加藤 天美,平田 雅之,平野 俊一朗,久村 英嗣,丸野 元彦,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 58回,p. 265-265,1999年10月
  • 脳動脈瘤塞栓術における術中塞栓率評価,藤中 俊之,平田 雅之,加藤 天美,甲村 英二,吉峰 俊樹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 58回,p. 357-357,1999年10月
  • MEG、統合型顕微鏡を利用したeloquent area の手術,平田雅之,加藤天美,山田淳二,谷口理章,二宮宏智,丸野元彦,平野俊一朗,吉峰俊樹,VIDEO JOURNAL of Japan Neurosurgery,Vol. 2000:7,1999年10月
  • 画像支援脳神経外科手術,中島 伸,若山 暁,安田 恵多良,吉峰 俊樹,加藤 天美,平田 雅之,佐藤 嘉伸,脇田 修二,田村 進一,Kikinis Ron,日本外科系連合学会誌,日本外科系連合学会,Vol. 24,No. 3,p. 325-325,1999年06月
  • 光学方式/磁場方式ハイブリッド型顕微鏡ナビゲーションシステム(<特集>手術機器としてのコンピュータ),加藤天美,平田雅之,吉峰俊樹,早川徹,医科器械学,Vol. 69,No. 6,p. 279-285,1999年06月01日
  • 【脳磁計 臨床応用の可能性を探る】 脳磁計による脳機能測定の現状,加藤 天美,吉峰 俊樹,平田 雅之,谷口 理章,二宮 宏智,丸野 元彦,早川 徹,平吹 度夫,中村 仁信,西村 恒彦,木原 泰三,Robinson SE,新医療,(株)エムイー振興協会,Vol. 26,No. 5,p. 95-98,1999年05月01日
  • 1.統合型顕微鏡手術支援,加藤天美,平田雅之,吉峰俊樹,脳神経外科ジャーナル,Vol. 8,No. 4,1999年04月20日
  • 1.MEG, 硬膜下電極による脳機能局在同定,吉峰俊樹,加藤天美,谷口理章,二宮宏智,平田雅之,平野俊一朗,斉藤洋一,丸野元彦,脳神経外科ジャーナル,日本脳神経外科コングレス,Vol. 8,No. 4,p. 281-281,1999年04月20日
  • 【画像診断でどこまでわかってきたか】 脳の機能イメージング 脳磁図による高次脳機能の解析,吉峰 俊樹,加藤 天美,谷口 理章,平田 雅之,二宮 宏智,丸野 元彦,早川 徹,平吹 度夫,中村 仁信,西村 恒彦,若山 暁,木原 泰三,Robinson Stephen E,Pharma Medica,(株)メディカルレビュー社,Vol. 17,No. 1,p. 33-39,1999年01月
  • Kato T, Yoshimene T, Taniguchi M, Robinson SE, Hirata M, Ninomiya H, Kihara T, Cheyne D, Hirabuki N, Nakamura H, Hayakawa T. Event-related desynchronization analized with SAM-SPM for functional brain mapping,In Yoshimoto T, Kotani M, Karibe H, Nakasato N (ed.): Recent Advances in Biomagnetism. Tohoku University Press, Sendai,p. 244-247,1999年
  • Ninomiya H, Yoshimine T, Nii Y, Kato T, Taniguchi M, Hirata M, Maruno M, Kihara T, Cheyne D, Robinson SE, Imai K, Hirabuki N, Nakamura H, Hayakawa T. MEG study of temporal epilepsy - dipole analysis and synthetic aperture magnetometry(SAM),In Yoshimoto T, Kotani M, Karibe H, Nakasato N (ed.): Recent Advances in Biomagnetism. Tohoku University Press, Sendai,p. 786-789,1999年
  • Ishii R, Shinosaki K, Ukai S, Mizuno-Matsunoto Y, Hirabuki N, Kihara T, Robinson SE, Yoshimine T, Hirata M, Takeda M. Tomographical visualization of current source density of human brain rhythms in MEG,In Yoshimoto T, Kotani M, Karibe H, Nakasato N (ed.): Recent Advances in Biomagnetism. Tohoku University Press, Sendai,p. 232-235,1999年
  • Taniguchi M, Yoshimine T, kato T, Maruno M, Ninomiya H, Hirata M, Hirabuki N, Nakamura H, Kihara T, Cheyne D, Robinson SE, Hayakawa T. Neuromagnetic fields preceding unilateral finger movements in dextrals and sinistrals: analyses with ECD and SAM methods,In Yoshimoto T, Kotani M, Karibe H, Nakasato N (ed.): Recent Advances in Biomagnetism. Tohoku University Press, Sendai,p. 478-481,1999年
  • A hybrid navigational microscope system combining optical and electromagnetic trackings,A Kato,M Hirata,T Yoshimine,T Hayakawa,CARS '99: COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 1191,p. 1031-1031,1999年
  • 脳外科手術ナビゲータ:光学方式/磁場方式ハイブリッド型顕微鏡ナビゲーションシステム,平田雅之,加藤天美,渡辺貴士,澤田憲治,谷口理章,二宮宏智,丸野元彦,早川 徹,吉峰俊樹,脳21,Vol. 2,No. 4,p. 393-396,1999年
  • 加藤天美、平田雅之、吉峰俊樹、早川 徹 大阪大学脳神経外科 脳神経外科とマイクロナビゲータ−特にCANSナビゲータとナビゲーション顕微鏡システムについて,Clinical Engineering,Vol. 10,No. 1,p. 45-51,1999年
  • 光学方式/磁場方式ハイブリッド型顕微鏡ナビゲーションシステムについて,加藤天美,平田雅之,吉峰俊樹,早川 徹,医科器械学,Vol. 69,No. 6,p. 27-33,1999年
  • HirataM, Kato A, Yoshimene T, Taniguchi T, Hirabuki N*, Nakamura H*, Hayakawa T. Department of Neurosurgery and Radiology*, Osaka University Medical School Real time imaging of cerebral perfusion by processing DSA images.,INTT, Osaka (Japan),1999年
  • DSA 画像処理による脳潅流イメージのリアルタイムモニタリング,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,伊藤守,平吹度夫,中島伸,早川徹,CI研究 : progress in computed imaging,Vol. 20,No. 3,p. 171-175,1998年12月31日
  • 脳神経外科手術操作における顕微鏡下空間知覚のひずみ (特集 医療応用),加藤天美,平田雅之,吉峰俊樹,日本バ-チャルリアリティ学会論文誌,Vol. 3,No. 4,p. 203-206,1998年12月
  • CASのための先端メカトロニクス 脳神経外科医の立場より,加藤天美,平田雅之,吉峰俊樹,谷口理章,コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集,Vol. 8th-7th,1998年09月
  • 手術顕微鏡下における奥行知覚の歪み 顕微鏡視野内へのナビゲーション画像表示による補正,平田雅之,加藤天美,丸野元彦,谷口理章,二宮宏智,吉峰俊樹,コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集,Vol. 8th-7th,1998年09月
  • 脳磁気計測(MEG)に基づく脳神経外科手術,吉峰 俊樹,加藤 天美,谷口 理章,二宮 宏智,平田 雅之,新居 康夫,平野 俊一朗,斉藤 洋一,伊藤 守,丸野 元彦,Cheyne Douglas,平吹 度夫,中村 仁信,早川 徹,外科治療,(株)永井書店,Vol. 79,No. 3,p. 376-377,1998年09月
  • Spatial perception in macroscopic and microscopic surgical manipulations: Differences between experienced and inexperienced surgeons,M Hirata,A Kato,T Yoshimine,S Nakajima,M Maruno,S Tamura,F Kishino,T Hayakawa,NEUROLOGICAL RESEARCH,FOREFRONT PUBL GROUP,Vol. 20,No. 6,p. 509-512,1998年09月
  • Metastatic meningeal hemangiopericytoma of thoracic spine,M Nonaka,E Kohmura,M Hirata,T Hayakawa,CLINICAL NEUROLOGY AND NEUROSURGERY,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 100,No. 3,p. 228-230,1998年09月
  • Computational imaging of cerebral perfusion by real time processing of DSA images. Clinical applications,M Hirata,T Yoshimine,A Kato,M Ito,N Hirabuki,M Taniguchi,H Nakamura,T Hayakawa,NEUROLOGICAL RESEARCH,FOREFRONT PUBL GROUP,Vol. 20,No. 4,p. 327-332,1998年06月
  • Neuromagnetic fields preceding unilateral movements in dextrals and sinistrals,M Taniguchi,T Yoshimine,D Cheyne,A Kato,T Kihara,H Ninomiya,M Hirata,N Hirabuki,H Nakamura,T Hayakawa,NEUROREPORT,LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS,Vol. 9,No. 7,p. 1497-1502,1998年05月
  • Mixed pineocytoma-pineoblastoma例の腫瘍増殖能 pineocytoma例との比較,丸野 元彦,吉峰 俊樹,二宮 宏智,平田 雅之,加藤 天美,早川 徹,Brain Tumor Pathology,日本脳腫瘍病理学会,Vol. 15,No. Suppl.,p. 95-95,1998年03月
  • 脳神経外科手術における感覚と手術操作間ギャップの分析 (文部省S),加藤天美,平田雅之,吉峰俊樹,田村進一,岸野文郎,早川徹,人工現実感に関する基礎的研究 平成9年度 仮想空間の生成と人間との相互作用に関する研究,p. 125-126,1998年
  • 加藤天美、平田雅之、吉峰俊樹、丸野元彦、田村進一、岸野文郎、早川 徹.脳神経外科手術操作における顕微鏡下空間知覚のひずみ.,日本バーチャルリアリティー学会論文誌,Vol. 3,No. 4,p. 203-206,1998年
  • 吉峰俊樹、加藤 天美、丸野元彦、谷口理章、二宮宏智、平田雅之、早川 徹 術中ナビゲーションによるグリオーマの低侵襲最大摘出手術,柴田尚武編、グリオーマの外科、メディカ出版,p. 228-234,1998年
  • 加藤 天美、平田 雅之、吉峰 俊樹、田村 進一、岸野 文郎、早川 徹 脳神経外科における感覚と手術操作間ギャップの分析,脳神経外科,No. 26,p. 517-522,1998年
  • 加藤天美、平田雅之、吉峰俊樹、中島伸、清水 恵司、早川 徹、中村仁信、石田浩二、小谷川政治、海野一則、長谷部勝彦 顕微鏡手術支援システムの開発,機能的脳神経外科,No. 37,p. 19-20,1998年
  • Ninomiya H, Yoshimine T, Kato A, Nii Y, Tanaguchi M, Hirata M, Maruno M, Hirabuki N, Nakamura H, Kihara T, Robinson SE, Cheyne D, Hayakawa T. Dipole analysis and synthetic aperture magnetometry (SAM) of epileptic discharges,Journal of Japan Biomagnetism and Bioelectromagnetics Society,No. 11,1998年
  • Yoshimine T, Kato A, Tanaguchi M, Hirata M, Ninomiya H, Maruno M, Hirabuki N, Nakamura H, Wakayama A, Kihara T, Cheyne D, Robinson SE, Hayakawa T. Intracerebral mechanism of voluntary movements Analysis postoperative symptoms and neuromagnetic fields,Journal of Japan Biomagnetism and Bioelctromagnetics Society 4,No. 11,1998年
  • 脳神経外科手術におけるメカトロニクス,加藤 天美,平田雅之,谷口理章,吉峰俊樹,ICBME/ISBMRE/JCCCAS'98 合同論文集,p. 59-60,1998年
  • HirataM<sup>1</sup>, Yoshimine T<sup>1</sup>, Kato A<sup>1</sup>, Taniguchi M<sup>1</sup>, Ninomiya H<sup>1</sup>, Maruno M<sup>1</sup>, Saito Y<sup>1</sup>, Hirabuki N<sup>2</sup>, Nakamura H<sup>2</sup>, Ishii R<sup>3</sup>, Cheyne DC<sup>4</sup>, Ro・・・,98 Biomagnetism, Sendai (Japan),1998年
  • DSA画像処理による脳灌流イメージのリアルタイムモニタリング,平田 雅之,加藤 天美,吉峰 俊樹,早川 徹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 56回,p. 157-157,1997年10月
  • 随意運動の脳内メカニズム MEGによる時空的解析,吉峰 俊樹,谷口 理章,加藤 天美,二宮 宏智,平田 雅之,丸野 元彦,新居 康夫,若山 暁,早川 徹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 56回,p. 232-232,1997年10月
  • 内視鏡支援顕微鏡下手術における術野モニターの工夫,加藤 天美,吉峰 俊樹,谷口 理章,平田 雅之,瀧本 洋司,早川 徹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 56回,p. 130-130,1997年10月
  • 全頭型脳磁界計測装置によるてんかん性異常波の解析,谷口 理章,吉峰 俊樹,加藤 天美,二宮 宏智,平田 雅之,平野 俊一朗,新居 康夫,若山 暁,早川 徹,日本脳神経外科学会総会抄録集,(一社)日本脳神経外科学会,Vol. 56回,p. 314-314,1997年10月
  • 内視鏡下脳室内手術におけるKTPレーザーの使用経験,瀧本洋司,嶋田延光,松村博隆,平田雅之,早川徹,吉峰俊樹,加藤天美,谷口理章,埜中正博,日本レーザー医学会誌 = The Journal of Japan Society for Laser Medicine,Japan Society for Laser Surgery and Medicine,Vol. 18,No. 2,p. 43-46,1997年06月28日
  • CANS navigator for skull base surgery: Usefulness of successive localizations and surgical track,A Kato,T Yoshimine,M Taniguchi,M Hirata,T Fujinaka,N Hirabuki,T Okumura,T Hayakawa,COMPUTER-ASSISTED NEUROSURGERY,SPRINGER-VERLAG TOKYO,p. 175-189,1997年
  • 加藤天美、吉峰俊樹、谷口理章、平田雅之、平吹度夫、早川徹 ニューロナビゲーションによる低侵襲手術,先端医療,Vol. 4,No. 1,p. 26-28,1997年
  • ニューロナビゲーションシステムの現在、CANS Navigator の利用,加藤天美,吉峰俊樹,谷口理章,平田雅之,早川徹,新医療,Vol. 24,No. 4,p. 101-104,1997年
  • 瀧本洋司、嶋田延光、松村博隆、平田雅之、早川徹、加藤天美、谷口理章、埜中正博 内視鏡下脳室内手術におけるKTPレーザーの使用経験,瀧本 洋司,嶋田 延光,松村 博隆,平田 雅之,早川 徹,吉峰 俊樹,加藤 天美,谷口 理章,埜中 正博,日本レーザー医療学会誌、第18巻第2号,Japan Society for Laser Surgery and Medicine,Vol. 18,No. 2,p. 43-46,1997年
  • 吉峰俊樹、加藤天美、中島伸、谷口理章、平田雅之、早川徹 手術ナビゲーターの術前利用,脳神経外科速報,No. 7,p. 959-961,1997年
  • 顕微鏡下ナビゲーション手術におけるマンマシンインターフェースの工夫:ナビゲーション画像の picture in picture 表示,平田雅之、加藤天美、吉峰俊樹、長谷部勝美、早川 徹,第6回日本コンピュータ外科学会大会論文集,p. 117-118,1997年
  • CANS navigator for skull base surgery: Usefulness of successive localizations and surgical track,A Kato,T Yoshimine,M Taniguchi,M Hirata,T Fujinaka,N Hirabuki,T Okumura,T Hayakawa,COMPUTER-ASSISTED NEUROSURGERY,SPRINGER-VERLAG TOKYO,Vol. 175-189,p. 175-189,1997年
  • DSA画像処理による脳潅流モニタリング法の開発,加藤天美,平田雅之,吉峰俊樹,伊藤守,早川徹,第5回日本コンピュータ外科学会論文集,1996年
  • 内視鏡下脳室内手術における KTP レーザーの使用経験,瀧本 洋司,嶋田 延光,松村 博隆,平田 雅之,早川 徹,加藤 天美,谷口 理章,埜中 正博,日本レーザー医学会誌,特定非営利活動法人 日本レーザー医学会,Vol. 16,No. 0,p. 87-92,1995年
  • 超小型ジャイロスコープを用いた手術顕微鏡用位置方向検出アダプターの開発,平田雅之,加藤天美,大隅久,瀧本洋司,吉峰俊樹,早川徹,第4回コンピュータ外科研究会論文集,p. 67-68,1995年
  • 加藤天美、吉峰俊樹、平田雅之、松本勝美、藤中俊之、早川 徹 コンピュータ支援による脳機能領域への低侵襲手術,第4回日本コンピュータ外科学会論文集,p. 29-30,1995年
  • INSITU DNA-PROTEIN BINDING - A NOVEL METHOD FOR DETECTING DNA-BINDING ACTIVITY OF TRANSCRIPTION FACTOR IN BRAIN,XB WANG,Y WATANABE,T OSUGI,M IKEMOTO,M HIRATA,N MIKI,NEUROSCIENCE LETTERS,ELSEVIER SCI IRELAND LTD,Vol. 146,No. 1,p. 25-28,1992年10月
  • 平田雅之、加藤 天美、丸野元彦、谷口理章、二宮宏智、吉峰俊樹 顕微鏡下手術における奥行知覚の歪み:顕微鏡視視野内へのナビゲーション画像表示による補正,ICBME/ISBMRE/JCCCAS'98 合同論文集
  • Hirata M, Yoshimine T, Kato A, Taniguchi M, Ninomiya H, Saitoh Y, Maruo M, Hirabuki N, Nakamura H, Kihara T, Cheyne D, Robinson S.E, Hayakawa T. Dipole tracing and synthetic aperture magnetometry (SAM) of pain-related SEF,Journal of Japan Biomagnetism and Bioelectromanetics Society
  • 加藤 天美、甲村 英二、平田 雅之、清水 恵司、早川 徹 汎用データベースによる第56回日本脳神経外科学会総会プログラムの編成作業,On-line journal of applied computer technology in neurosurgery (http://www.soc.nacsis.ac.jp/jcn/journal/vol1/kato/text.html),Vol. 1
  • Kato A, Yoshimine T, Hirata M, Taniguchi M, Hirabuki N, Okumura T, Hayakawa T. Neurosurgery with CANS Navigator -Relevance of successive localization and surgical track-.,In Lemke HU. Vannier MW, Inamura K, Farman AG (ed.): Computer assited radiology and surgery. Elsevier, Amsterdoom,Vol. 199

著書

  • Using a BCI prosthetic hand to control phantom limb pain,2019年07月09日
  • 学術書,Oscillation and Cross-Frequency Coupling,Hirata M,Springer,2016年03月
  • 学術書,Cognitive Neuroscience Robotics: Interdisciplinary Approaches to Human Understanding. Vol. II. Analytic Approaches, Chapter11. Brain Machine-Interfaces for Motor and Communication Control,Hirata M,Springer,2015年12月
  • 学術書,Systems Neuroscience: From Laboratory to Clinical Practice, Electrocorticographic brain machine-interfaces for motor and communication control,Hirata M,Yoshimine T,Springer,2015年04月
  • 学術書,Clinical Systems Neuroscience: From Laboratory to Clinical Practice, Electrocorticographic brain machine-interfaces for motor and communication control,Hirata M,Yoshimine T,Springer,2015年04月
  • 学術書,Neural decoding and brain machine interfaces based on electromagnetic oscillatory activities: a challenge for MEG,Hirata M,Springer,2014年08月
  • 学術書,Magnetoencephalography: From Signals to Dynamic Cortical Networks: Neural decoding and brain machine interfaces based on electromagnetic oscillatory activities: a challenge for MEG,Hirata M,Springer,2014年08月
  • 学術書,【次世代】ヘルスケア機器の新製品開発: 第4節 皮質脳波を用いたブレイン・マシン・インターフェースによる体内埋込型運動・意思伝達支援装置の開発,平田雅之,技術情報協会,2014年05月
  • 学術書,Annual Review 神経 2014: 脳表電極を用いたブレイン・マシン・インターフェース,平田雅之,澤?史,吉峰俊樹,中外医学社,2014年01月
  • 学術書,Brain Machine Interface Using Brain Surface Electrodes: Real-Time Robotic Control and a Fully Implantable Wireless System. In Biomedical Engineering and Cognitive Neuroscience for Healthcare; Interdisciplinary Applications,Hirata M,Yanagisawa T,Matsushita K,Sugata H,Kamitani Y,Suzuki T,Yokoi H,Goto T,Morris S,Saitoh Y,Kishima H,Kawato M,Yoshimine T,IGI Global,2012年05月
  • 学術書,生命と倫理の原理論―バイオサイエンスの時代における人間の未来 ブレイン・マシン・インターフェースの脳神経倫理:臨床研究の観点からの論考,平田雅之,大阪大学出版会,2012年03月
  • 教科書・概説・概論,ナースのための脳神経外科,平田雅之,吉峰俊樹,メディカ出版,2010年08月
  • 学術書,先端医療シリーズ40、リハ医とコメディカルのための最新リハビリテーション医学、皮質脳波を用いたBMIによる運動機能再建,柳澤琢史,平田雅之,吉峰俊樹,先端医療技術研究所,2010年04月
  • 脳神経外科学大系,中山書店,2005年
  • 教科書・概説・概論,脳神経外科の最新治療,平田雅之,加藤天美,吉峰俊樹,先端医療技術研究所,2004年07月
  • 平田雅之、加藤天美、吉峰俊樹 MEGの進歩:装置の多チャンネル化と新しい信号源解析法、先端医療シリーズ29・脳神経外科 脳神経外科の最新医療、監修: 菊池晴彦、編集顧問: 吉田純、橋本信夫、榊寿右、片山容一 編集委員: 兵頭明夫、宝金清博、平孝臣、伊達勲,先端医療技術研究所,2004年
  • 教科書・概説・概論,手術ナビゲーションシステム,加藤天美,平田雅之,山田淳二,吉峰俊樹,メジカルビュー社,2000年04月
  • 手術ナビゲーションにおける微小脳神経外科解剖 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XIII-解剖から理解する脳神経外科手術の基本-,サイメッドパブリケーション,2000年
  • 脳腫瘍の外科 : 胎生期組織由来腫瘍,吉峰俊樹,丸野元彦,平野俊一郎,平田雅之,二宮宏智,谷口理章,加藤天美,鎌田振吉,岡田 正,玉木紀彦,メディカ出版,ISBN:4895737152,1999年09月
  • 教科書・概説・概論,脳神経外科の最先端-QOLの向上のために- ハイブリッド型ナビゲーション,加藤天美,平田雅之,吉峰俊樹,谷口理章,平吹度夫,中田精三,松村泰志,早川 徹,厚徳社,1999年04月
  • Recent Advances in Biomagnetism,Hirata M,Yoshimine T,Kato T,Taniguchi M,Ninomiya H,Maruno M,Saito Y,Hirabuki N,Nakamura H,Ishii R,Cheyne D,Robinson SE,Kihara T,Hayaka,Tohoku University Press, Sendai,,1999年
  • 学術書,CANS Navigator for skull base surgery: Usefulness of Successive Localizations and Surgical Track.,Kato A,Yoshimine T,Taniguchi M,Hirata M,Fujinaka T,Hirabuki N,Okumura T,Hayakawa T,Springer Verlag,1997年12月
  • 平田雅之、加藤天美、吉峰俊樹 第3章 神経機能のマッピングとモニタリング A. 言語機能 脳神経外科学大系, 第10巻 機能脳神経外科,中山書店

受賞

  • Healthy Longevity Global Grand Challenge, Catalyst Award,全米医学アカデミー,2020年
  • 大阪大学総長顕彰,大阪大学,2014年
  • 大阪大学総長顕彰,大阪大学,2013年
  • Mimics Innovation Awards,Materialise,2012年

報道

  • 喝破神髄 大阪大学医学部 産学連携・クロスイノベーションイニシアチブ編,BSジャパン,2018年08月
  • 工学と医学の経験から、脳と機械をつなぐ革新的なBMI技術により脳機能再建に挑戦,2018年04月
  • BMIの記事,2018年01月
  • ポスト平成の未来学 第一部若者たちの新地平 脳が世界を動かす 会話や移動念じるだけで,2017年11月
  • 脳を読み取るBMI,テルモ生命科学振興財団,2017年02月
  • 考えるだけで機器を操作する「サイボーグ」技術の急進展,2017年01月
  • ALS患者 脳波でパソコン操作,2016年12月14日
  • 耳より講座 SFを現実に2 脳の活動から夢を解読,2016年01月21日
  • さらなる脳科学,NHK,2015年12月17日
  • ニュース 夕 にて脳磁図を用いた暗算時の脳内処理過程について紹介,読売テレビ,2004年
  • バンキシャ にて脳磁図を用いた暗算時の脳内処理過程について紹介,日本テレビ,2004年

学術貢献

  • 日本学術振興会 卓越大学院プログラム プログラムオフィサー,2018年 ~ 継続中
  • Brain Computer Interfaces, Review Board,2014年 ~ 継続中

社会貢献

  • 脳で機械を動かす(BMI 低侵襲型),千葉県立現代産業科学館,企画展「最先端ネットワークのかたち」に展示,2015年10月17日 ~ 2015年12月06日
  • 滋賀県立守山高等学校「総合的な探究の時間」への取材協力,2020年11月 ~
  • 竹本直一 内閣府特命担当大臣来訪、研究紹介,2019年12月15日 ~
  • JSTさくらサイエンスプラン タイ・スワンクラーブ高校生訪問団 訪問 2,2019年12月04日 ~
  • JSTさくらサイエンスプラン タイ・スワンクラーブ高校生訪問団 訪問 1,2019年05月20日 ~
  • 東大阪市中学生の研究室見学,2018年08月01日 ~
  • 山形県立新庄北高等学校「総合的な探求」への取材協力,2018年07月26日 ~
  • 経済産業省 佐藤文一大臣官房審議官(産業技術環境局担当)に研究紹介,2017年08月 ~
  • FDA審議官Dr. Kenneth Cavanaugh研究室見学,2017年06月16日 ~
  • 鶴保庸介 内閣府特命担当大臣来訪、研究紹介,2017年01月17日 ~
  • 大阪ガス㈱ 取締役常務執行役員宮川様、陸上競技朝原宣治選手 来訪、研究紹介,2016年11月29日 ~

委員歴

  • 学協会,日本生体磁気学会,副理事長,2019年 ~ 継続中
  • 学協会,Brain-Computer Interface Society,Board member,2019年 ~ 継続中
  • 学協会,The International Society for the Advancement of Clinical Magnetoencephalography (ISACM),President,2019年 ~ 継続中
  • 日本臨床脳磁図コンソーシアム,世話人,2018年 ~ 継続中
  • 学協会,日本嚥下医学会,評議員,2018年 ~ 継続中
  • 学協会,日本生体医工学会,理事,2018年 ~ 継続中
  • 学協会,脳神経外科BMI研究会,世話人,2014年 ~ 継続中
  • 学協会,日本脳神経外科学会近畿支部,学術評議員,2012年 ~ 継続中