EN

基本情報

研究

社会活動

その他の活動

竹村 治雄

Haruo Takemura

サイバーメディアセンター,教授

学歴

  • ~ 1987年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,物理系専攻情報工学分野 博士後期課程
  • ~ 1984年03月,大阪大学,大学院基礎工学研究科,物理系専攻情報工学分野 博士前期課程
  • ~ 1982年03月,大阪大学,基礎工学部,情報工学科

経歴

  • 2003年04月 ~ 継続中,大阪大学情報科学研究科,情報システム工学専攻,教授(兼任)
  • 2001年04月 ~ 継続中,大阪大学・サイバーメディアセンター・教授
  • 2001年04月01日 ~ 継続中,大阪大学 サイバーメディアセンター,教授
  • 2012年04月 ~ 2019年03月,大阪大学 クリエイティブユニット,副ユニット長
  • 2015年08月26日 ~ 2017年08月25日,大阪大学,副理事
  • 2012年04月 ~ 2017年03月,大阪大学 未来戦略機構,第一部門 兼任教員
  • 2013年06月01日 ~ 2016年03月31日,大阪大学 教育学習支援センター,センター長
  • 2012年04月01日 ~ 2015年03月31日,大阪大学 全学教育推進機構,企画開発部長
  • 2011年08月26日 ~ 2013年03月31日,大阪大学 サイバーメディアセンター,副センター長
  • 2008年04月01日 ~ 2012年03月31日,大阪大学 ウェブデザインユニット,ユニット長
  • 2008年04月01日 ~ 2011年08月25日,大阪大学 教育・情報室,室員
  • 2007年08月26日 ~ 2011年08月25日,大阪大学 サイバーメディアセンター,サイバーメディアセンター長
  • 2005年08月25日 ~ 2007年08月26日,大阪大学 サイバーメディアセンター,副センター長
  • 1994年04月 ~ 2001年03月,奈良先端科学技術大学院大学・情報科学研究科・助教授
  • 1991年04月 ~ 1994年03月,(株)国際電気通信基礎技術研究所・主任研究員
  • 1987年04月 ~ 1992年03月,(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATRI)・研究員

研究内容・専門分野

  • 情報通信,学習支援システム
  • 情報通信,ヒューマンインタフェース、インタラクション

所属学会

  • 大学教育学会
  • 映像情報メディア学会
  • 電子情報通信学会
  • ヒューマンインタフェース学会
  • 日本バーチャルリアリティ学会
  • Association for Computing Machinery (ACM)
  • Institute for Electric and Electronics Engineers (IEEE)
  • 情報処理学会

論文

  • Detecting Learner Drowsiness Based on Facial Expressions and Head Movements in Online Courses,Shogo Terai,Shizuka Shirai,Mehrasa Alizadeh,Ryosuke Kawamura,Noriko Takemura,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,Hajime Nagahara,Proceedings of the 25th International Conference on Intelligent User Interfaces Companion,ACM,2020年03月17日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • MomentViz: An Interactive 3D Vision Augmentation Framework For Rapid Motion,Tao Tao,Ratsamee Photchara,Orlosky Jason,Uranishi Yuki,Takemura Haruo,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会,Vol. 25,No. 2,p. 158-168,2020年
  • The Effect of the Presence of an Embodied Agent in an AR Guiding System,Techasarntikul Nattaon,Ratsamee Photchara,Orlosky Jason,Mashita Tomohiro,Uranishi Yuki,Kiyokawa Kiyoshi,Takemura Haruo,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会,Vol. 25,No. 1,p. 68-77,2020年
  • Guidance and Visualization of Optimized Packing Solutions,Techasarntikul Nattaon,Ratsamee Photchara,Orlosky Jason,Mashita Tomohiro,Uranishi Yuki,Kiyokawa Kiyoshi,Takemura Haruo,Journal of Information Processing,一般社団法人 情報処理学会,Vol. 28,No. 0,p. 193-202,2020年,研究論文(学術雑誌)
  • 大阪大学における反転学習的アプローチを用いた一般情報教育科目の開発,白井詩沙香,長瀧寛之,アリザデメラサ,竹村治雄,大学ICT推進協議会2019年度年次大会論文集,p. 90-94,2019年12月
  • 摩擦力提示のためのハプティックデバイス,目黒 僚,Photchara Ratsamee,間下 以大,浦西 友樹,竹村 治雄,2019年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 情報のディジタル化の理解をめざす反転学習的アプローチの授業の設計,長瀧寛之,白井詩沙香,Mehrasa Alizadeh,竹村治雄,情報教育シンポジウム論文集,Vol. 2019,p. 313-316,2019年08月
  • “3D Gesture Interface: Japan-Brazil Perceptions”,,Anna Carolina,Soares Medeiros,Photchara Ratsamee,Yuki Uranishi,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,Tatiana Aires Tavares,1st International Conference on Human-computer Interaction,2019年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 写実的拡張現実環境に向けた構造色パターンからの学習ベース光源分布推定,浦西 友樹,伊藤 澄美,間下 以大,ラサミー ポチャラ,竹村 治雄,2019年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 機械学習に基づくEpipolar Plane Imagesからの透明物体の屈折率推定,浦西 友樹,ホールドクロフト トレバー,間下 以大,ラサミー ポチャラ,竹村 治雄,2019年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Comparison of Adaptive View Techniques for Exploratory 3D Drone Teleoperation,John Thomason,Photchara Ratsamee,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,ACM Transactions on Interactive Intelligent Systems,Vol. 9,No. 2-3,p. 17:1-17:19,2019年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Evaluating a Blended Course for Japanese Learners of English: Why Quality Matters,Mehrasa Alizadeh,Parisa Mehran,Ichiro Koguchi,Haruo Takemura,International Journal of Educational Technology in Higher Education,Vol. 16,No. 6,p. 1-21,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 拡張現実感におけるRGBカメラ画像に整合した陰影付け,小川敬也,間下以大,浦西友樹,ラサミーポチャラ,竹村治雄,2019年03月
  • 天井裏における偏光情報を用いた特徴点対応の評価,小川和樹,間下以大,浦西友樹,Ratsamee Photchara,竹村治雄,2019年03月
  • Multimodal Learning Analytics: Society 5.0 project in Japan,Shizuka Shirai,Noriko Takemura,Yuta Nakashima,Hajime Nagahara,Haruo Takemura,Companion Proceedings of the 9th International Conference on Learning Analytics & Knowledge,2019年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation of Pointing Interfaces with an AR Agent for Multi-section Information Guidance,,Nattaon Techasarntikul,Photchara Ratsamee,Jason Orlosky,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2019 26TH IEEE CONFERENCE ON VIRTUAL REALITY AND 3D USER INTERFACES (VR),IEEE,p. 1185-1186,2019年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 透明感操作のためのcGANsによる集光模様の実時間生成,岡本 拓朗,浦西 友樹,間下 以大,Photchara Ratsamee,竹村 治雄,2018年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 構造色パターンから光源方向を推定可能なARマーカ,伊藤 澄美,浦西 友樹,Photchara Ratsamee,間下 以大,竹村 治雄,2018年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Illumination invariant camera localization using synthetic images,Sota Shoman,Tomohiro Mashita,Alexander Plopski,Photchara Ratsamee,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,2018年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 気流の可視化に伴い変化する温度感の評価,金山哲也,間下以大,浦西友樹,Photchara Ratsamee,竹村治雄,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 映像監視空間の構築を支援するHMDを用いた3Dユーザインタフェース,駒走友哉,小池正英,Photchara Ratsamee,間下以大,浦西友樹,竹村治雄,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 気流の可視化に伴い変化する温度感の評価,金山哲也,間下以大,浦西友樹,Photchara Ratsamee,竹村治雄,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 映像監視空間の構築を支援するHMDを用いた3Dユーザインタフェース,駒走友哉,小池正英,Photchara Ratsamee,間下以大,浦西友樹,竹村治雄,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 気流の可視化に伴い変化する温度感の評価,金山哲也,間下以大,浦西友樹,Photchara Ratsamee,竹村治雄,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 映像監視空間の構築を支援するHMDを用いた3Dユーザインタフェース,駒走友哉,小池正英,Photchara Ratsamee,間下以大,浦西友樹,竹村治雄,2018年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 携帯端末による屋内構造の計測と直方体モデルのフィッティング,土田 知実,間下 以大,浦西 友樹,Ratsamee Photchara,竹村 治雄,2018年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 断続的に撮影された点群間の位置合わせ,田又 健士朗,間下 以大,浦西 友樹,ラサミー ポチャラ,竹村 治雄,2018年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 携帯端末による屋内構造の計測と直方体モデルのフィッティング,土田 知実,間下 以大,浦西 友樹,Ratsamee Photchara,竹村 治雄,2018年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 断続的に撮影された点群間の位置合わせ,田又 健士朗,間下 以大,浦西 友樹,ラサミー ポチャラ,竹村 治雄,2018年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 携帯端末による屋内構造の計測と直方体モデルのフィッティング,土田 知実,間下 以大,浦西 友樹,Ratsamee Photchara,竹村 治雄,2018年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 断続的に撮影された点群間の位置合わせ,田又 健士朗,間下 以大,浦西 友樹,ラサミー ポチャラ,竹村 治雄,2018年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Language Needs Analysis and the Internationalization of Higher Education: The Unaddressed Factor in Japan,Mehrasa Alizadeh,Parisa Mehran,Ichiro Koguchi,Haruo Takemura,JACET関西支部紀要,Vol. 20,p. 156-173,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Force Rendering and Its Evaluation of a Friction-based Walking Sensation Display for a Seated User,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (TVCG),2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Force Rendering and Its Evaluation of a Friction-based Walking Sensation Display for a Seated User,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (TVCG),2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Force Rendering and Its Evaluation of a Friction-based Walking Sensation Display for a Seated User,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (TVCG),IEEE Computer Society,Vol. 24,No. 4,p. 1506-1514,2018年03月,研究論文(学術雑誌)
  • An Interactive 4D Vision Augmentation of Rapid Motion,Tao Tao,Photchara Ratsamee,Yuki Uranishi,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2018年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Interactive 4D Vision Augmentation of Rapid Motion,Tao Tao,Photchara Ratsamee,Yuki Uranishi,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2018年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Interactive 4D Vision Augmentation of Rapid Motion,Tao Tao,Photchara Ratsamee,Yuki Uranishi,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2018年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • HapStep: A novel method to sense footsteps while remaining seated using longitudinal friction on the sole of the foot,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Lecture Notes in Electrical Engineering,Springer Verlag,Vol. 432,p. 105-111,2018年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Learning by Design: Bringing Poster Carousels to Life through Augmented Reality in a Blended English Course,Mehrasa Alizadeh,Parisa Mehran,Ichiro Koguchi,Haruo Takemura,CALL in a climate of change: Adapting to turbulent global conditions Short papers from EUROCALL 2017,p. 7-12,2017年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Designing and Developing a Blended Course: Toward Best Practices for Japanese Learners,Parisa Mehran,Mehrasa Alizadeh,Ichiro Koguchi,Haruo Takemura,CALL in a climate of change: Adapting to turbulent global conditions Short papers from EUROCALL 2017,p. 205-210,2017年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Mutual Motion Capture System for Face-to-face Collaboration,Atsuyuki Nakamura,Kiyoshi Kiyokawa,Photchara Ratsamee,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,2017年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Mutual Motion Capture System for Face-to-face Collaboration,Atsuyuki Nakamura,Kiyoshi Kiyokawa,Photchara Ratsamee,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,2017年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Exploring Proxemics for Human-Drone Interaction,Alexander Yeh,Photchara Ratsamee,Kiyoshi Kiyokawa,Yuki Uranishi,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,Morten Fjeld,Mohammad Obaid,2017年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mouse vs Gesture: Interface Perceptions in Japan,ソアレス メデイロス,アンナ カロリナ,ラサミー ポチャラ,浦西友樹,間下以大,竹村治雄,2017年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Realtime Generation of Caustic Images Using a Deep Neural Network,Takurou Okamoto,Yuki Uranishi,Tomohiro Mashita,Photchara Ratsamee,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2017年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • VisMerge: Light Adaptive Vision Augmentation via Spectral and Temporal Fusion of Non-visible Light,Jason Orlosky,Peter Kim,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Photchara Ratsamee,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,2017年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Bone marrow cavity segmentation using graph-cuts with wavelet-based texture feature.,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Junichi Kikuta,Shigeto Seno,Haruo Takemura,Masaru Ishii,Hideo Matsuda,Journal of bioinformatics and computational biology,IMPERIAL COLLEGE PRESS,Vol. 15,No. 5,p. 1740004-1740004,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Exploring Proxemics for Human-Drone Interaction,Alexander Yeh,Photchara Ratsamee,Kiyoshi Kiyokawa,Yuki Uranishi,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,Morten Fjeld,Mohammad Obaid,2017年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mouse vs Gesture: Interface Perceptions in Japan,ソアレス メデイロス,アンナ カロリナ,ラサミー ポチャラ,浦西友樹,間下以大,竹村治雄,2017年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Realtime Generation of Caustic Images Using a Deep Neural Network,Takurou Okamoto,Yuki Uranishi,Tomohiro Mashita,Photchara Ratsamee,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2017年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • VisMerge: Light Adaptive Vision Augmentation via Spectral and Temporal Fusion of Non-visible Light,Jason Orlosky,Peter Kim,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Photchara Ratsamee,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,2017年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Bone marrow cavity segmentation using graph-cuts with wavelet-based texture feature,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Junichi Kikuta,Shigeto Seno,Haruo Takemura,Masaru Ishii,Hideo Matsuda,JOURNAL OF BIOINFORMATICS AND COMPUTATIONAL BIOLOGY,IMPERIAL COLLEGE PRESS,Vol. 15,No. 5,p. 1740004-1-1740004-16,2017年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 湿度制御による蒸し暑さディスプレイ,鋒山 健太,黒田 嘉宏,清川 清,浦西 友樹,竹村 治雄,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ドローンを用いた非接地遭遇型力覚ディスプレイ,山口 孝太郎,黒田 嘉宏,Photchara Ratsamee,清川 清,竹村 治雄,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • An Interactive 4D Visualization of Dynamic 3D Information,Tao Tao,Photchara Ratsamee,Yuki Uranishi,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Segmentation of Reflection and Iris Pattern in Human Corneal Images,Anshi Liu,Photchara Ratsamee,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • HapStep: 前後方向の足裏への摩擦を利用した座位姿勢での足ふみ感提示装置,加藤 銀河,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,第21回日本バーチャルリアリティ学会大会講演論文集,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 湿度制御による蒸し暑さディスプレイ,鋒山 健太,黒田 嘉宏,清川 清,浦西 友樹,竹村 治雄,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ドローンを用いた非接地遭遇型力覚ディスプレイ,山口 孝太郎,黒田 嘉宏,Photchara Ratsamee,清川 清,竹村 治雄,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • An Interactive 4D Visualization of Dynamic 3D Information,Tao Tao,Photchara Ratsamee,Yuki Uranishi,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Segmentation of Reflection and Iris Pattern in Human Corneal Images,Anshi Liu,Photchara Ratsamee,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • シミュレーションと自己符号化器を用いた光源変化に頑健なカメラ位置姿勢推定,正満 創太,間下 以大,Photchara Ratsamee,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • HapStep: 前後方向の足裏への摩擦を利用した座位姿勢での足ふみ感提示装置,加藤 銀河,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,第21回日本バーチャルリアリティ学会大会講演論文集,2017年09月,研究論文(学術雑誌)
  • シミュレーションと自己符号化器を用いた光源変化に頑健なカメラ位置姿勢推定,正満 創太,間下 以大,Photchara Ratsamee,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,2017年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • シミュレーションと自己符号化器を用いた光源変化に頑健なカメラ位置姿勢推定,正満 創太,間下 以大,Photchara Ratsamee,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 深層学習による集光模様の実時間生成,岡本 拓朗,浦西 友樹,間下 以大,ラサミー ポチャラ,清川 清,竹村 治雄,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • シミュレーションと自己符号化器を用いた光源変化に頑健なカメラ位置姿勢推定,正満 創太,間下 以大,Photchara Ratsamee,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 深層学習による集光模様の実時間生成,岡本 拓朗,浦西 友樹,間下 以大,ラサミー ポチャラ,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会研究報告, Vol. 2017,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 深層学習による集光模様の実時間生成,岡本 拓朗,浦西 友樹,間下 以大,ラサミー ポチャラ,清川 清,竹村 治雄,2017年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Automated Backlight Modulation of Optical See-through Head Mounted Displays Based on Users' Visibility Evaluation,Chang Liu,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2017年07月
  • Image Matching between Cameras for Vision Augmentation HMDs,Ryosuke Goto,Jason Orlosky,Photchara Ratsamee,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2017年07月
  • Design and Psychophysical Evaluation of the HapSticks: A Novel Non-Grounded Mechanism for Presenting Tool-Mediated Vertical Forces,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Ilana Nisky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE TRANSACTIONS ON HAPTICS,IEEE COMPUTER SOC,Vol. 10,No. 3,p. 338-349,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Automated Backlight Modulation of Optical See-through Head Mounted Displays Based on Users' Visibility Evaluation,Chang Liu,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2017年07月
  • Image Matching between Cameras for Vision Augmentation HMDs,Ryosuke Goto,Jason Orlosky,Photchara Ratsamee,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2017年07月
  • Design and Psychophysical Evaluation of the HapSticks: A Novel Non-grounded Mechanism for Presenting Tool-mediated Vertical Forces,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Ilana Nisky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE Transactions on Haptics,IEEE COMPUTER SOC,Vol. 10,No. 3,p. 338-349,2017年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Hybrid Object and Screen Stabilized Visualization Techniques for an AR Assembly Support System,Bui Minh Khuong,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,Transactions of the Virtual Reality Society of Japan,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Camera Localization under a Variable Lighting Environment using Parametric Feature Database based on Lighting Simulation,Tomohiro Mashita,Alexander Plopski,Akira Kudo,Tobias Hollerer,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Transactions of the Virtual Reality Society of Japan,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Mugginess sensation: Exploring its Principle and Prototype Design,Kenta Hokoyama,Yoshihiro Kuroda,Ginga Kato,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,p. 563-568,2017年06月
  • 対面協調作業に適した相互モーションキャプチャシステムの開発,中村 淳之,清川 清,Photchara Ratsamee,間下 以大,浦西 友樹,竹村 治雄,2017年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 補助視点推薦機能を有するAR家具配置システム,森 磨美,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Hybrid Object and Screen Stabilized Visualization Techniques for an AR Assembly Support System,Bui Minh Khuong,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,Transactions of the Virtual Reality Society of Japan,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Camera Localization under a Variable Lighting Environment using Parametric Feature Database based on Lighting Simulation,Tomohiro Mashita,Alexander Plopski,Akira Kudo,Tobias Hollerer,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Transactions of the Virtual Reality Society of Japan,2017年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Mugginess sensation: Exploring its Principle and Prototype Design,Kenta Hokoyama,Yoshihiro Kuroda,Ginga Kato,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,p. 563-568,2017年06月
  • 対面協調作業に適した相互モーションキャプチャシステムの開発,中村 淳之,清川 清,Photchara Ratsamee,間下 以大,浦西 友樹,竹村 治雄,2017年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大域照明の内挿による光源操作可能なARシステム,井手 絢香,間下 以大,清川 清,浦西 友樹,Photchara Ratsamee,竹村 治雄,情報処理学会研究報告, Vol. 2017,2017年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 光源変化シミュレーションと深層学習による特徴量変換を用いたカメラ位置姿勢推定,正満 創太,間下 以大,ラサミー ポチャラ,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会研究報告, Vol. 2017,2017年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Non-grounded Haptic Display by Controlling Wind Direction,Yoshihiro Kuroda,Kazuteru Seki,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEJ Trans. on Electrial AND Electronic Engineering,WILEY,Vol. 12,No. 3,p. 404-411,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 大域照明の内挿による光源操作可能なARシステム,井手 絢香,間下 以大,清川 清,浦西 友樹,Photchara Ratsamee,竹村 治雄,情報処理学会研究報告, Vol. 2017,2017年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 光源変化シミュレーションと深層学習による特徴量変換を用いたカメラ位置姿勢推定,正満 創太,間下 以大,ラサミー ポチャラ,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会研究報告, Vol. 2017,2017年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 深層学習による集光模様の実時間生成,岡本 拓朗,浦西 友樹,間下 以大,ラサミー ポチャラ,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会研究報告, Vol. 2017,2017年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Non-grounded Haptic Display by Controlling Wind Direction,Yoshihiro Kuroda,Kazuteru Seki,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING,WILEY,Vol. 12,No. 3,p. 404-411,2017年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Adaptive view management for drone teleoperation in complex 3D structures,John Thomason,Photchara Ratsamee,Kiyoshi Kiyokawa,Pakpoom Kriangkomol,Jason Orlosky,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,International Conference on Intelligent User Interfaces, Proceedings IUI,Association for Computing Machinery,p. 419-426,2017年03月07日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Are Japanese Digital Natives Ready for Learning English Online? A Preliminary Case Study at Osaka University,Parisa Mehran,Mehrasa Alizadeh,Ichiro Koguchi,Haruo Takemura,International Journal of Educational Technology in Higher Education,Vol. 14,No. 8,p. 1-17,2017年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Behind You!:湿度制御による弱感覚ディスプレイ,鋒山健太,加藤銀河,黒田嘉宏,清川清,竹村治雄,2017年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Behind You!:湿度制御による弱感覚ディスプレイ,鋒山健太,加藤銀河,黒田嘉宏,清川清,竹村治雄,2017年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Adaptive View Management for Drone Teleoperation in Complex 3D Structures,John Thomason,Photchara Ratsamee,Kiyoshi Kiyokawa,Pakpoom Kriangkomol,Jason Orlosky,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,International Conference on Intelligent User Interfaces, Proceedings IUI,Association for Computing Machinery,p. 419-426,2017年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Virtual and augmented reality on the 5G highway,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Journal of Information Processing,Information Processing Society of Japan,Vol. 25,p. 133-141,2017年02月15日,研究論文(学術雑誌)
  • Virtual and Augmented Reality on the 5G HighwayVirtual and Augmented Reality on the 5G Highway,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Journal of Information Processing, Special Issue on "Network and Distributed Processing",2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Virtual and Augmented Reality on the 5G HighwayVirtual and Augmented Reality on the 5G Highway,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Journal of Information Processing, Special Issue on "Network and Distributed Processing",2017年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of Scalability in Sharing Visualization Contents for Heterogeneous Display Environments,Arata ENDO,Yoshiyuki Kido,Susumu Date,Yasuhiro Watashiba,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Shinji Shimojo,Proceedings of International Symposium on Grids and Clouds (ISGC) 2016 — PoS(ISGC 2016),Sissa Medialab,2017年01月11日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 狭帯域多波長画像ピラミッドを用いた生体マッチング方法の検討,田村 祐樹,間下 以大,黒田 嘉宏,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,2017年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 狭帯域多波長画像ピラミッドを用いた生体マッチング方法の検討,田村 祐樹,間下 以大,黒田 嘉宏,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,2017年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • The Need for Establishing an English Self-Access Center at Osaka University: Practical Suggestions and Overall Guidelines,Parisa Mehran,Mehrasa Alizadeh,Ichiro Koguchi,Haruo Takemura,Studies in Self-Access Learning,Vol. 7,No. 4,p. 365-378,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • タイルドディスプレイのためのタブレット端末を用いたシームレスな操作手法の開発,鈴木 拓馬,清川 清,竹村 治雄,大学ICT推進協議会 2016年度年次大会 講演論文集,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic View Expansion for Improving Visual Search in Video See-through AR,Yuki Yano,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Bone Marrow Cavity Segmentation Method Using Wavelet-Based Texture Feature,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Junichi Kikuta,Shigeto Seno,Haruo Takemura,Hideo Matsuda,Masaru Ishii,2016 23RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION (ICPR),IEEE COMPUTER SOC,p. 2133-2138,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Simulation based Camera Localization under a Variable Lighting Environment,Tomohiro Mashita,Alexander Plopski,Akira Kudo,Tobias Hoellerer,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Feature detection in biological tissues using multi-band and narrow-band imaging,Yuki Tamura,Tomohiro Mashita,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY,SPRINGER HEIDELBERG,Vol. 11,No. 12,p. 2173-2183,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • タイルドディスプレイのためのタブレット端末を用いたシームレスな操作手法の開発,鈴木 拓馬,清川 清,竹村 治雄,大学ICT推進協議会 2016年度年次大会 講演論文集,2016年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic View Expansion for Improving Visual Search in Video See-through AR,Yuki Yano,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Simulation based Camera Localization under a Variable Lighting Environment,Tomohiro Mashita,Alexander Plopski,Akira Kudo,Tobias Hoellerer,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2016年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • EmotoPet: Exploring Emotion with an Environment-sensing Virtual Pet,Qifan Wu,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2016年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • EmotoPet: Exploring Emotion with an Environment-sensing Virtual Pet,Qifan Wu,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2016年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Non-grounded and Encountered-type Haptic Display Using a Drone,Kotaro Yamaguchi,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proceedings of ACM Spatial User Interaction (SUI '16),ASSOC COMPUTING MACHINERY,p. 43-46,2016年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 投影型拡張現実によるパッキング支援システム,テチャサラトーン ナタオン,ラサミー ポチャラ,間下 以大,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Hybrid Flying and Walking Robot For Steel Bridge Inspection,Photchara Ratsamee,Pakpoom Kriengkomol,Tatsuo Arai,Kazuto Kamiyama,Yasushi Mae,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,Proceedings of the 2016 IEEE International Symposium on Safety, Security and Rescue Robotics,IEEE,p. 62-67,2016年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 投影型拡張現実によるパッキング支援システム,テチャサラトーン ナタオン,ラサミー ポチャラ,間下 以大,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,2016年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 湿度制御による弱存在感ディスプレイ,鋒山健太,加藤銀河,黒田嘉宏,清川清,竹村治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム2016論文集,p. 391-396,2016年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Improving Localization under Varying Illumination,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Akira Kudo,Tobias Hoellerer,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,ADJUNCT PROCEEDINGS OF THE 2016 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR-ADJUNCT),IEEE,p. 19-20,2016年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 光学シースルーHMDのバックライト自動調光のための視認性評価における個人差の検証,劉 暢,プロプスキ アレクサンダー,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2016年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 湿度制御による弱存在感ディスプレイ,鋒山健太,加藤銀河,黒田嘉宏,清川清,竹村治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム2016論文集,p. 391-396,2016年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Transitional AR Furniture Arrangement System with Automatic View Recommendation,Mami Mori,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,ADJUNCT PROCEEDINGS OF THE 2016 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR-ADJUNCT),IEEE,p. 158-159,2016年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 光学シースルーHMDのバックライト自動調光のための視認性評価における個人差の検証,劉 暢,プロプスキ アレクサンダー,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2016年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 屋外拡張現実における自己位置推定のためのマハラノビス距離を用いた特徴点マッチング手法,間下 以大,Plopski Alexander,工藤 彰,Höllerer Tobias,清川 清,竹村 治雄,2016年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 屋外拡張現実における自己位置推定のためのマハラノビス距離を用いた特徴点マッチング手法,間下 以大,Plopski Alexander,工藤 彰,H?llerer Tobias,清川 清,竹村 治雄,2016年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Feature detection in biological tissues using multi-band and narrow-band imaging,Y. Tamura,T. Mashita,Y. Kuroda,K. Kiyokawa,H. Takemura,2016年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ウェーブレット特徴量を用いた生体骨組織の骨髄腔の領域分割手法,繁田浩功,間下以大,菊田順一,瀬尾茂人,竹村治雄,松田秀雄,石井優,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • アメーバ状細胞の動態のモデル化とそのための画像処理,深野淳,間下以大,白崎舞,菊田順一,石井優,竹村治雄,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Feature detection in biological tissues using multi-band and narrow-band imaging,Y. Tamura,T. Mashita,Y. Kuroda,K. Kiyokawa,H. Takemura,INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY,SPRINGER HEIDELBERG,Vol. 11,No. 12,p. 2173-2183,2016年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Feature detection in biological tissues using multi-band and narrow-band imaging,Y. Tamura,T. Mashita,Y. Kuroda,K. Kiyokawa,H. Takemura,2016年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ウェーブレット特徴量を用いた生体骨組織の骨髄腔の領域分割手法,繁田浩功,間下以大,菊田順一,瀬尾茂人,竹村治雄,松田秀雄,石井優,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • アメーバ状細胞の動態のモデル化とそのための画像処理,深野淳,間下以大,白崎舞,菊田順一,石井優,竹村治雄,2016年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Automated Backlight Adjustment of Optical See-through HMDs for Improved Visibility,Chang Liu,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2016年04月
  • Automated Backlight Adjustment of Optical See-through HMDs for Improved Visibility,Chang Liu,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2016年04月
  • 補助視点推薦機能を有するAR家具配置システム,森 磨美,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 補助視点推薦機能を有するAR家具配置システム,森 磨美,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • タイルドディスプレイのためのタブレット端末を用いたシームレスな操作手法の提案,鈴木 拓馬,清川 清,竹村 治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • スマートフォンの複数センサを用いた大型ディスプレイのためのポインティング手法の実装と評価,望月 祐希,清川 清,竹村 治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • スマートフォンの複数センサを用いた大型ディスプレイのためのポインティング手法の実装と評価,望月 祐希,清川 清,竹村 治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ビデオシースルーHMDを用いた実環境における動的視野拡張手法の検討,矢野裕季,ジェーソン オーロスキ,清川 清,竹村治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 情報視認性向上のための光学シースルーHMDにおけるバックライト輝度の自動調整,劉 暢,アレクサンダー プロプスキ,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • SAGE-based Tiled Display Wall Enhanced with Dynamic Routing Functionality Triggered by User Interaction,Yoshiyuki Kido,Kohei Ichikawa,Susumu Date,Yasuhiro Watashiba,Hirotake Abe,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Haruo Takemura,Shinji Shimojo,Future Generation Computer Systems,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 56,p. 303-314,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • Consistency Perception in Optical- and Video-See-Through Head-Mounted Augmentations,Alexander Plopski,Kenneth R. Moser,Kiyoshi Kiyokawa,J. Edwar,Swan II,Haruo Takemura,2016年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Improvement of Scalability in Sharing Visualization Contents for Heterogeneous Display Environments,Arata Endo,Yoshiyuki Kido,Susumu Date,Yasuhiro Watashiba,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Shinji Shimojo,Proceedings of International Symposium on Grids and Clouds (ISGC) 2016 — PoS(ISGC 2016),Sissa Medialab,2016年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 補助視点推薦機能を有するAR家具配置システム,森 磨美,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • タイルドディスプレイのためのタブレット端末を用いたシームレスな操作手法の提案,鈴木 拓馬,清川 清,竹村 治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • スマートフォンの複数センサを用いた大型ディスプレイのためのポインティング手法の実装と評価,望月 祐希,清川 清,竹村 治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ビデオシースルーHMDを用いた実環境における動的視野拡張手法の検討,矢野裕季,ジェーソン オーロスキ,清川 清,竹村治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 情報視認性向上のための光学シースルーHMDにおけるバックライト輝度の自動調整,劉 暢,アレクサンダー プロプスキ,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2016年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • SAGE-based Tiled Display Wall enhanced with dynamic routing functionality triggered by user interaction,Yoshiyuki Kido,Kohei Ichikawa,Susumu Date,Yasuhiro Watashiba,Hirotake Abe,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Haruo Takemura,Shinji Shimojo,FUTURE GENERATION COMPUTER SYSTEMS-THE INTERNATIONAL JOURNAL OF ESCIENCE,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 56,p. 303-314,2016年03月,研究論文(学術雑誌)
  • A Non-grounded and Encountered-type Haptic Display Using a Drone,Kotaro Yamaguchi,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,SUI'16: PROCEEDINGS OF THE 2016 SYMPOSIUM ON SPATIAL USER INTERACTION,ASSOC COMPUTING MACHINERY,p. 43-46,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Transitional AR Furniture Arrangement System with Automatic View Recommendation,Mami Mori,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,ADJUNCT PROCEEDINGS OF THE 2016 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR-ADJUNCT),IEEE,p. 158-159,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Spatial Consistency Perception in Optical and Video See-Through Head-Mounted Augmentations,Alexander Plopski,Kenneth R. Moser,Kiyoshi Kiyokawa,J. Edward Swan,Haruo Takemura,2016 IEEE VIRTUAL REALITY CONFERENCE (VR),IEEE,p. 265-266,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Bone Marrow Cavity Segmentation Method using Wavelet-based Texture Feature,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Junichi Kikutat,Shigeto Seno,Haruo Takemura,Hideo Matsuda,Masaru Ishii,2016 23RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION (ICPR),IEEE COMPUTER SOC,p. 2133-2138,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Non-grounded and Encountered-type Haptic Display Using a Drone,Kotaro Yamaguchi,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,SUI'16: PROCEEDINGS OF THE 2016 SYMPOSIUM ON SPATIAL USER INTERACTION,ASSOC COMPUTING MACHINERY,p. 43-46,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Hybrid Flying and Walking Robot For Steel Bridge Inspection,Photchara Ratsamee,Pakpoom Kriengkomol,Tatsuo Arai,Kazuto Kamiyama,Yasushi Mae,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Yuki Uranishi,Haruo Takemura,2016 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SAFETY, SECURITY, AND RESCUE ROBOTICS (SSRR),IEEE,p. 62-67,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Improving Localization under Varying Illumination,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Akira Kudo,Tobias Hollerer,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,ADJUNCT PROCEEDINGS OF THE 2016 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR-ADJUNCT),IEEE,p. 19-20,2016年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 大型可視化装置における可視化事業の事例について,東野秋二,木戸善之,安福健祐,伊達進,清川清,下條真司,竹村治雄,2015年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大型可視化装置における可視化事業の事例について,東野秋二,木戸善之,安福健祐,伊達進,清川清,下條真司,竹村治雄,2015年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • HapSticks: Tool-mediated interaction with grounding-free haptic interface,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Ilana Nisky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,SIGGRAPH Asia 2015 Haptic Media and Contents Design, SA 2015,Association for Computing Machinery, Inc,2015年11月02日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 光源環境の変化にロバストな自己位置推定のための画像特徴データベースの構築,工藤 彰,アレクサンダー,プロプスキ,トビアス ヘレガ―,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会研究報告,2015年11月,研究論文(学術雑誌)
  • An Implementation of SAGE Bridge for Sharing Visualized Contents on Multiple Tiled Display Wall Systems,Arata Endo,Yoshiyuki Kido,Susumu Date,Yasuhiro Watashiba,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Shinji Shimojo,2015年10月
  • An Implementation of SAGE Bridge for Sharing Visualized Contents on Multiple Tiled Display Wall Systems,Arata Endo,Yoshiyuki Kido,Susumu Date,Yasuhiro Watashiba,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Shinji Shimojo,2015年10月
  • HapSticks: A Novel Method to Present Vertical Forces in Tool-Mediated Interactions by a Non-Grounded Rotation Mechanism,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Ilana Nisky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2015 IEEE WORLD HAPTICS CONFERENCE (WHC),IEEE,p. 400-407,2015年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 生体トラッキングのための多波長計測システムの実装と評価,田村 祐樹,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2015年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 指差し動作における利き手および利き目の影響に関する調査,間下 以大,新谷 晃一,清川 清,竹村 治雄,2015年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 生体トラッキングのための多波長計測システムの実装と評価,田村 祐樹,間下 以大,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2015年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 指差し動作における利き手および利き目の影響に関する調査,間下 以大,新谷 晃一,清川 清,竹村 治雄,2015年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Corneal-Imaging Calibration for Optical See-Through Head-Mounted Displays,Alexander Plopski,Yuta Itoh,Christian Nitschke,Kiyoshi Kiyokawa,Gudrun Klinker,Haruo Takemura,IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics,IEEE Computer Society,Vol. 21,No. 4,p. 481-490,2015年04月18日,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of Scalability in Sharing Application Screens between Tiled Display Walls,Arata Endo,Yasuhiro Watashiba,Yoshiyuki Kido,Susumu Date,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2015年04月
  • Corneal-Imaging Calibration for Optical See-Through Head-Mounted Displays,Alexandor Plopski,Yuta Itoh,Christian Nitschke,Kiyoshi Kiyokawa,Gudrun Klinker,Haruo Takemura,IEEE Transaction on Visualization and Computer Graphics,IEEE Computer Society,Vol. 21,No. 4,p. 481-490,2015年04月,研究論文(学術雑誌)
  • Improvement of Scalability in Sharing Application Screens between Tiled Display Walls,Arata Endo,Yasuhiro Watashiba,Yoshiyuki Kido,Susumu Date,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2015年04月
  • グラフカットを用いた骨髄腔画像の領域分割,宇佐見 潤,繁田 浩功,間下 以大,黒田 嘉宏,菊田 順一,瀬尾 茂人,石井 優,松田 秀雄,竹村 治雄,情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用,Vol. 8,No. 1,p. 18-27,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • INSPECT - Extending Plane-Casting for 6-DOF Control,Nicholas Katzakis,Robert Tether,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2015年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Bone Marrow Recognition Method for Bone Tissue Images using Wavelet Transform,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Takeshi Kaneko,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Haruo Takemura,Hideo Matsuda,Masaru Ishii,2015年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • グラフカットを用いた骨髄腔画像の領域分割,宇佐見 潤,繁田 浩功,間下 以大,黒田 嘉宏,菊田 順一,瀬尾 茂人,石井 優,松田 秀雄,竹村 治雄,情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用,Vol. 8,No. 1,p. 18-27,2015年03月,研究論文(学術雑誌)
  • INSPECT - Extending Plane-Casting for 6-DOF Control,Nicholas Katzakis,Robert Tether,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2015年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Bone Marrow Recognition Method for Bone Tissue Images using Wavelet Transform,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Takeshi Kaneko,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Haruo Takemura,Hideo Matsuda,Masaru Ishii,2015年03月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • SRU: Stepwise rotation update of finite element model for large deformation,Yoshihiro Kuroda,Haruo Takemura,Lecture Notes in Electrical Engineering,Springer Verlag,Vol. 277,p. 173-175,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stiffness Matrix Representation of Hyper-elasticity for Surgical Simulation and Navigation,Shuhei Nishiyama,Yoshihiro Kuroda,Haruo Takemura,2015 37TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY (EMBC),IEEE,p. 905-908,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • HapSticks: A Novel Method to Present Vertical Forces in Tool-Mediated Interactions by a Non-Grounded Rotation Mechanism,Ginga Kato,Yoshihiro Kuroda,Ilana Nisky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2015 IEEE WORLD HAPTICS CONFERENCE (WHC),IEEE,p. 400-407,2015年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 風向制御による非接地型力覚提示デバイスの試作,関 一輝,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2015年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 生体骨組織における骨髄腔画像のウェーブレット変換を用いた骨髄腔領域の認識手法,繁田 浩功,間下 以大,金子 雄,菊田 順一,瀬尾 茂人,竹村 治雄,松田 秀雄,石井 優,2015年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 広視野アイマークレコーダにおける顕著性マップを用いた視線推定結果の補正手法,重野 孝明,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,2015年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 異なる光源環境における画像特徴の頑健性の調査,工藤 彰,Alexander Plopski,Tobias Hollerer,間下以大,清川 清,竹村 治雄,2015年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 風向制御による非接地型力覚提示デバイスの試作,関 一輝,黒田 嘉宏,清川 清,竹村 治雄,2015年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 生体骨組織における骨髄腔画像のウェーブレット変換を用いた骨髄腔領域の認識手法,繁田 浩功,間下 以大,金子 雄,菊田 順一,瀬尾 茂人,竹村 治雄,松田 秀雄,石井 優,2015年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 広視野アイマークレコーダにおける顕著性マップを用いた視線推定結果の補正手法,重野 孝明,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,2015年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 異なる光源環境における画像特徴の頑健性の調査,工藤 彰,Alexander Plopski,Tobias Hollerer,間下以大,清川 清,竹村 治雄,2015年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Parallel Lighting and Reflectance Estimation based on Inverse Rendering,Tomohiro Mashita,Hiroyuki Yasuhara,Alexander Plopski,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2014年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 大阪大学サイバーメディアセンターにおける大規模可視化サービスの現状と課題,木戸善之,下條真司,伊達進,安福健祐,清川清,竹村治雄,大学ICT推進協議会 2014年度年次大会 論文集,2014年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Efficacy Analysis of a SDN-enhanced Resource Management System through NAS Parallel Benchmarks,Yasuhiro Watashiba,Susumu Date,Hirotake Abe,Yoshiyuki Kido,Kohei Ichikawa,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Shinji Shimojo,Haruo Takemura,The Review of Socionetwork Strategies,Springer,Vol. 8,No. 2,p. 69-84,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Performance Characteristics of an SDN-enhanced Job Management System for Cluster Systems with Fat-tree Interconnect,Yasuhiro Watashiba,Susumu Date,Hirotake Abe,Yoshiyuki Kido,Kohei Ichikawa,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Shinji Shimojo,Haruo Takemura,Proceedings of 6th IEEE International Conference on Cloud Computing Technology and Science (CloudCom2014),IEEE,p. 781-786,2014年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Investigation of Dynamic View Expansion for Head-Mounted Displays with Head Tracking in Virtual Environments,Yuki Yano,Kiyoshi Kiyokawa,Andrei Sherstyuk,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2014年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 大阪大学サイハ?ーメテ?ィアセンターにおける大規模可視化サーヒ?スの現状と課題,木戸善之,下條真司,伊達進,安福健祐,清川清,竹村治雄,大学ICT推進協議会 2014年度年次大会 論文集,2014年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Efficacy Analysis of a SDN-enhanced Resource Management System through NAS Parallel Benchmarks,Yasuhiro Watashiba,Susumu Date,Hirotake Abe,Yoshiyuki Kido,Kohei Ichikawa,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Shinji Shimojo,Haruo Takemura,The Review of Socionetwork Strategies,Springer,Vol. 8,No. 2,p. 69-84,2014年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Investigation of Dynamic View Expansion for Head-Mounted Displays with Head Tracking in Virtual Environments,Yuki Yano,Kiyoshi Kiyokawa,Andrei Sherstyuk,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2014年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • SAGE-based Tiled Display Wall Enhanced with Dynamic Routing Funcitonality Triggered by User Interaction,Yoshiyuki Kido,Kohei Ichikawa,Yasuhiro Watashiba,Hirotake Abe,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Haruo Takemura,Shinji Shimojo,2014年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • SAGE-based Tiled Display Wall Enhanced with Dynamic Routing Funcitonality Triggered by User Interaction,Yoshiyuki Kido,Kohei Ichikawa,Yasuhiro Watashiba,Hirotake Abe,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Haruo Takemura,Shinji Shimojo,2014年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Fisheye vision: Peripheral spatial compression for improved field of view in head mounted displays,Jason Orlosky,Qifan Wu,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Christian Nitschke,SUI 2014 - Proceedings of the 2nd ACM Symposium on Spatial User Interaction,Association for Computing Machinery, Inc,p. 54-61,2014年10月04日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Fisheye Vision: Peripheral Spatial Compression for Improved Field of View in Head Mounted Displays,Jason Orlosky,Qifan Wu,Kiyoshi Kiyokawa,Christian Nitschke,Haruo Takemura,SUI 2014 - Proceedings of the 2nd ACM Symposium on Spatial User Interaction,Association for Computing Machinery, Inc,p. 54-61,2014年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 広視野アイカメラのためのK近傍法による視線推定手法,森 弘樹,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電気学会論文誌C,Vol. 134,No. 10,p. 1464-1472,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • インバースレンダリングに基づく拡張現実感のための光源環境と反射特性のオンライン推定,間下 以大,安原 広幸,プロプスキ アレクサンダー,清川 清,竹村, 治雄,電気学会論文誌C,Vol. 134,No. 10,p. 1473-1480,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 広視野アイカメラのためのK近傍法による視線推定手法,森 弘樹,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電気学会論文誌C,Vol. 134,No. 10,p. 1464-1472,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • インバースレンダリングに基づく拡張現実感のための光源環境と反射特性のオンライン推定,間下 以大,安原 広幸,プロプスキ アレクサンダー,清川 清,竹村, 治雄,電気学会論文誌C,Vol. 134,No. 10,p. 1473-1480,2014年10月,研究論文(学術雑誌)
  • Analysing the Effects of a Wide Field of View Augmented Reality Display on Search Performance in Divided Attention Tasks,Naohiro Kishishita,Kiyoshi Kiyokawa,Ernst Kruijff,Jason Orlosky,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 177-+,2014年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Segmentation Method for Bone Marrow Cavity Image Using Graph-Cuts,Tomohiro Mashita,Jun Usami,Hironori Shigeta,Yoshihiro Kuroda,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Masaru Ishii,Hideo Matsuda,Haruo Takemura,2014年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Graph Cuts Image Segmentation Method for Quantifying Barrier Permeation in Bone Tissue,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Takeshi Kaneko,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Haruo Takemura,Hideo Matsuda,Masaru Ishii,2014年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysing the Effects of a Wide Field of View Augmented Reality Display on Search Performance in Divided Attention Tasks,Naohiro Kishishita,Kiyoshi Kiyokawa,Ernst Kruijff,Jason Orlosky,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 177-186,2014年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Graph Cuts Image Segmentation Method for Quantifying Barrier Permeation in Bone Tissue,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Takeshi Kaneko,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Haruo Takemura,Hideo Matsuda,Masaru Ishii,p. 16-19,2014年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Segmentation Method for Bone Marrow Cavity Image Using Graph-Cuts,Tomohiro Mashita,Jun Usami,Hironori Shigeta,Yoshihiro Kuroda,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Masaru Ishii,Hideo Matsuda,Haruo Takemura,p. 20-23,2014年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Segmentation Method for Bone Marrow Cavity Image Using Graph-Cuts,Tomohiro Mashita,Jun Usami,Hironori Shigeta,Yoshihiro Kuroda,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Masaru Ishii,Hideo Matsuda,Haruo Takemura,2014年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Graph Cuts Image Segmentation Method for Quantifying Barrier Permeation in Bone Tissue,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Takeshi Kaneko,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Haruo Takemura,Hideo Matsuda,Masaru Ishii,2014年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Graph Cuts Image Segmentation Method for Quantifying Barrier Permeation in Bone Tissue,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Takeshi Kaneko,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Haruo Takemura,Hideo Matsuda,Masaru Ishii,p. 16-19,2014年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Segmentation Method for Bone Marrow Cavity Image Using Graph-Cuts,Tomohiro Mashita,Jun Usami,Hironori Shigeta,Yoshihiro Kuroda,Junichi Kikuta,Shigeto Senoo,Masaru Ishii,Hideo Matsuda,Haruo Takemura,p. 20-23,2014年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Visualization System to Raise Awareness of Electricity Conservation in a University Building,Jun Usami,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,p. 20-23,2014年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 身体装着型QWERTYキーボードのモバイル環境における入力速度評価,オーロスキ・ジェーソン,重野孝明,清川清,竹村治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 広視野シースルーHMDを用いた情報提示における周辺視野の影響の調査,岸下 直弘,オーロスキ ジェーソン,清川 清,間下 以大,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Implementation and Evaluation of Pinch-n-Paste:Direct Texture Transfer Interaction in Augmented Reality,Atsushi Umakatsu,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Context-related Visualization Modes of an AR-based Context-Aware Assembly Support System in Object Assembly,Minh-Khuong Bui,Kiyoshi Kiyokawa,Andrew Miller,Joseph J. LaViola Jr,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Large Deformation with Haptic Interaction by Stepwise Rotation Update of Finite Element Model,Y. Kuroda,Y. Uranishi,M. Imura,O. Oshiro,H. Takemura,Proceedings of International Congress and Exhibition Computer Assisted Radiology and Surgery,Vol. 9,No. suppl.1,p. S127-128,2014年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 再帰性半透過スクリーンを用いた広視野頭部搭載プロジェクタの実装と評価,グェン ヴァン ドゥック,清川 清,間下 以大,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. 19,No. 2,p. 163-172,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 屋外ARのための広視野シースルーHMDにおける周辺視野の影響の調査,岸下 直弘,オーロスキ ジェーソン,エドワード,清川 清,間下 以大,竹村治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. 19,No. 2,p. 121-130,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • プロジェクション型ARによる遠隔協調作業支援のためのベルト装着型ProCamシステム,森島 茂貴,清川 清,間下 以大,竹村, 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. 19,No. 2,p. 153-162,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Context-related visualization modes of an AR-based Context-Aware Assembly Support System in Object Assembly,Min Khuong Bui,Kiyoshi Kiyokawa,Andrew Miller,Joseph J. LaViola Jr,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,Transactions of Virtual Reality Society of Japan,Vol. 19,No. 2,p. 195-205,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 計算資源とネットワーク資源を考慮した割当ポリシを配備可能とするジョブ管理フレームワーク,渡場康弘,木戸善之,伊達進,阿部洋丈,市川昊平,山中広明,河合栄治,竹村治雄,電子情報通信学会論文誌,Vol. J97-D,No. 6,p. 1082-1093,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 身体装着型QWERTYキーボードのモバイル環境における入力速度評価,オーロスキ・ジェーソン,重野孝明,清川清,竹村治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会,Vol. 19,No. 2,p. 117-120,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 広視野シースルーHMDを用いた情報提示における周辺視野の影響の調査,岸下 直弘,オーロスキ ジェーソン,清川 清,間下 以大,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Implementation and Evaluation of Pinch-n-Paste:Direct Texture Transfer Interaction in Augmented Reality,Atsushi Umakatsu,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Large Deformation with Haptic Interaction by Stepwise Rotation Update of Finite Element Model,Y. Kuroda,Y. Uranishi,M. Imura,O. Oshiro,H. Takemura,Proceedings of International Congress and Exhibition Computer Assisted Radiology and Surgery,Vol. 9,No. suppl.1,p. S127-128,2014年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 再帰性半透過スクリーンを用いた広視野頭部搭載プロジェクタの実装と評価,グェン ヴァン ドゥック,清川 清,間下 以大,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. 19,No. 2,p. 163-172,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 屋外ARのための広視野シースルーHMDにおける周辺視野の影響の調査,岸下 直弘,オーロスキ ジェーソン,エドワード,清川 清,間下 以大,竹村治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. 19,No. 2,p. 121-130,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • プロジェクション型ARによる遠隔協調作業支援のためのベルト装着型ProCamシステム,森島 茂貴,清川 清,間下 以大,竹村, 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. 19,No. 2,p. 153-162,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Context-related visualization modes of an AR-based Context-Aware Assembly Support System in Object Assembly,Min Khuong Bui,Kiyoshi Kiyokawa,Andrew Miller,Joseph J. LaViola Jr,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,Transactions of Virtual Reality Society of Japan,Vol. 19,No. 2,p. 195-205,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Pinch-n-Paste: Direct Texture Transfer Interaction in Augmented Reality,Atsushi Umakatsu,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,Transactions of Virtual Reality Society of Japan,Vol. 19,No. 2,p. 141-151,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 計算資源とネットワーク資源を考慮した割当ポリシを配備可能とするジョブ管理フレームワーク,渡場康弘,木戸善之,伊達進,阿部洋丈,市川昊平,山中広明,河合栄治,竹村治雄,電子情報通信学会論文誌,Vol. J97-D,No. 6,p. 1082-1093,2014年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A Menu-based Content Search System based on Relationships between Mobile User Context and Information Needs,Mayu Iwata,Hiroki Miyamoto,Takahiro Hara,Kentaro Shimatani,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Shojiro Nishio,Haruo Takemura,Proc. of International Workshop on Data Management for Wireless and Pervasive Communications (DMWPC 2014),IEEE,p. 197-202,2014年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reflectance and Lightsource Estimation for Indoor AR Applications,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2014年04月
  • Managing Mobile Text in Head Mounted Displays: Studies on Visual Preference and Text Placement,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Mobile Computing and Communications Review,ACM,2014年04月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Reflectance and Lightsource Estimation for Indoor AR Applications,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2014年04月
  • Managing Mobile Text in Head Mounted Displays: Studies on Visual Preference and Text Placement,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Mobile Computing and Communications Review,2014年04月,研究論文(大学,研究機関等紀要)
  • Pinch-n-Paste: Direct Texture Transfer Interaction in Augmented Reality,Atsushi Umakatsu,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Transactions of Virtual Reality Society of Japan,Vol. 19,No. 2,p. 141-151,2014年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Pinch-n-Paste: Direct Texture Transfer Interaction in Augmented Reality,Atsushi Umakatsu,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2014年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • The Effectiveness of an AR-based Context-Aware Assembly Support System in Object Assembly,Bui Minh Khuong,Kiyoshi Kiyokawa,Andrew Miller,Joseph J. LaViola Jr,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2014 IEEE VIRTUAL REALITY (VR),IEEE,p. 57-62,2014年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Pinch-n-Paste: Direct Texture Transfer Interaction in Augmented Reality,Atsushi Umakatsu,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2014年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reflectance and Light Source Estimation for Indoor AR Applications,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2014 IEEE VIRTUAL REALITY (VR),IEEE,p. 103-104,2014年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Gaze estimation method with K-NN for wide-view eye camera,Hiroki Mori,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems,Institute of Electrical Engineers of Japan,Vol. 134,No. 10,p. 1464-1472,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • Corneal Imaging in Localization and HMD Interaction,Alexander Plopski,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Christian Nitschke,2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 397-+,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On-line lighting and reflectance estimation for ar systems based on inverse rendering,Tomohiro Mashita,Hiroyuki Yasuhara,Plopski Alexander,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems,Institute of Electrical Engineers of Japan,Vol. 134,No. 10,p. 1473-1480,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • A Menu-based Content Search System based on Relationships between Mobile User Context and Information Needs,Mayu Iwata,Hiroki Miyamoto,Takahiro Hara,Kentaro Shimatani,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Shojiro Nishio,Haruo Takemura,2014 28TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCED INFORMATION NETWORKING AND APPLICATIONS WORKSHOPS (WAINA),IEEE,p. 197-202,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Reflectance and light source estimation for indoor AR Applications,Alexander Plopski,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proceedings - IEEE Virtual Reality,IEEE Computer Society,p. 103-104,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 工場内巡回ロボットにおける広域実環境再構築システムのための自己位置回復手法,古都 知哉,阿部 哲朗,Alexander Plopski,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,福田 登仁,2014年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 工場内巡回ロボットにおける広域実環境再構築システムのための自己位置回復手法,古都 知哉,阿部 哲朗,Alexander Plopski,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,福田 登仁,2014年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Performance Characteristics of an SDN-enhanced Job Management System for Cluster Systems with Fat-Tree Interconnect,Yasuhiro Watashiba,Susumu Date,Hirotake Abe,Yoshiyuki Kido,Kohei Ichikawa,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Shinji Shimojo,Haruo Takemura,2014 IEEE 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON CLOUD COMPUTING TECHNOLOGY AND SCIENCE (CLOUDCOM),IEEE,p. 781-786,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • On-line lighting and reflectance estimation for ar systems based on inverse rendering,Tomohiro Mashita,Hiroyuki Yasuhara,Plopski Alexander,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems,Institute of Electrical Engineers of Japan,Vol. 134,No. 10,p. 1473-1480,2014年,研究論文(学術雑誌)
  • The Effectiveness of an AR-based Context-Aware Assembly Support System in Object Assembly,Bui Minh Khuong,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Andrew Miller,Haruo Takemura,Joseph J. LaViola,2014 IEEE VIRTUAL REALITY (VR),IEEE,p. 57-62,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysing the Effects of a Wide Field of View Augmented Reality Display on Search Performance in Divided Attention Tasks,Naohiro Kishishita,Kiyoshi Kiyokawa,Jason Orlosky,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,Ernst Kruijff,2014 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 177-+,2014年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 大阪大学サイバーメディアセンターでの可視化サービスに向けた取り組み,下條真司,伊達進,清川清,安福健祐,竹村治雄,東田学,大学ICT推進協議会 2013年度年次大会 論文集,2013年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Prototyping and Evaluation of a Network-aware Job Management System on a Cluster System Leveraging OpenFlow,Yasuhiro Watashiba,Yoshiyuki Kido,Susumu Date,Hirotake Abe,Kohei Ichikawa,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Haruo Takemura,2013 19TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON NETWORKS (ICON),IEEE,p. 1-6,2013年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 大阪大学サイバーメディアセンターでの可視化サービスに向けた取り組み,下條真司,伊達進,清川清,安福健祐,竹村治雄,東田学,大学ICT推進協議会 2013年度年次大会 論文集,2013年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • In-situ Lighting and Reflectance Estimation for indoor AR systems,Tomohiro Mashita,Hiroyuki Yasuhara,Alexander Plopski,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2013 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 275-276,2013年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • OpenFlow 連携ジョブ管理システムの実装と評価,渡場康弘,木戸善之,伊達進,阿部洋丈,市川昊平,山中広明,河合栄治,竹村治雄,情報処理学会研究報告,Vol. 2013,No. 11,p. 1-6,2013年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • OpenFlow連携ジョブ管理システムの実装と評価,渡場康弘,木戸善之,伊達進,阿部洋丈,市川昊平,山中広明,河合栄治,竹村治雄,情報処理学会研究報告,Vol. 2013,No. 11,p. 1-6,2013年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Corneal imaging revisited: An overview of corneal reflection analysis and applications,Christian Nitschke,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications,Vol. 5,p. 1-18,2013年07月
  • ユーザインタラクションと連動したフロー制御を行う大規模可視化,木戸善之,古都知哉,渡場康弘,伊達進,阿部洋丈,市川昊平,山中広明,河合栄治,下條真司,竹村治雄,情報処理学会研究報告 (2013-HPC-140),Vol. 2013,No. 22,p. 1-6,2013年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • OpenFlow Network Visualization Software with Flow Control Interface,Yasuhiro Watashiba,Seiichiro Hirabara,Susumu Date,Hirotake Abe,Kohei Ichikawa,Yoshiyuki Kido,Shinji Shimojo,Haruo Takemura,Proceedings of the 37th Annual Conference on Computer Software and Applications Conference (COMPSAC),IEEE,p. 475-477,2013年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Architectural Design of a Job Management System Leveraging Software Defined Network,Yasuhiro Watashiba,Susumu Date,Hirotake Abe,Kohei Ichikawa,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Haruo Takemura,2013 IEEE 37TH ANNUAL COMPUTER SOFTWARE AND APPLICATIONS CONFERENCE WORKSHOPS (COMPSACW),IEEE,p. 724-729,2013年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ユーザインタラクションと連動したフロー制御を行う大規模可視化,木戸善之,古都知哉,渡場康弘,伊達進,阿部洋丈,市川昊平,山中広明,河合栄治,下條真司,竹村治雄,情報処理学会研究報告 (2013-HPC-140),Vol. 2013,No. 22,p. 1-6,2013年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Content Search System Considering the Activity and Context of a Mobile User,Mayu Iwata,Hiroki Miyamoto,Takahiro Hara,Daijiro Komaki,Kentaro Shimatani,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Toshiaki Uemukai,Gen Hattori,Shojiro Nishio,Haruo Takemura,Personal and Ubiquitous Computing,Springer,Vol. 17,No. 5,p. 1035-1050,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A content search system considering the activity and context of a mobile user,Mayu Iwata,Hiroki Miyamoto,Takahiro Hara,Daijiro Komaki,Kentaro Shimatani,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Toshiaki Uemukai,Gen Hattori,Shojiro Nishio,Haruo Takemura,PERSONAL AND UBIQUITOUS COMPUTING,SPRINGER LONDON LTD,Vol. 17,No. 5,p. 1035-1050,2013年06月,研究論文(学術雑誌)
  • A Visualization System to Raise Awareness of Electricity Conservation in a University Building,Jun Usami,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2013 IEEE GREEN TECHNOLOGIES CONFERENCE,IEEE,p. 380-385,2013年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Dynamic text management for see-through wearable and heads-up display systems,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,International Conference on Intelligent User Interfaces, Proceedings IUI,p. 363-370,2013年03月19日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Investigation on the Peripheral Visual Field for Information Display with Real and Virtual Wide Field-of-view See-through HMDs,Naohiro Kishishita,Jason Orlosky,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2013 IEEE SYMPOSIUM ON 3D USER INTERFACES (3DUI),IEEE COMPUTER SOC,p. 143-144,2013年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Next Location Prediction Method for Smartphones Using Blockmodels,Jun Fukano,Tomohiro Mashita,Takahiro Hara,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Shojiro Nishio,Proc. of IEEE Virtual Reality (VR 2013),IEEE,2013年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • スマートフォン利用者のコンテキストログを用いたアプリケーション推薦システム,嶋谷 健太郎,間下 以大,原 隆浩,清川 清,竹村 治雄,西尾 章治郎,情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティング研究会),情報処理学会,2013年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • スマートフォン利用者のコンテキストログを用いたアプリケーション推薦システム,嶋谷 健太郎,間下 以大,原 隆浩,清川 清,竹村 治雄,西尾 章治郎,情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティング研究会),2013年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Plane-casting: 3D cursor control with A SmartPhone,Nicholas Katzakis,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,ACM International Conference Proceeding Series,Association for Computing Machinery,p. 199-200,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mesh-Grab and Arcball-3D: Ray-based 6-DOF object manipulation,Nicholas Katzakis,Kazuteru Seki,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,ACM International Conference Proceeding Series,Association for Computing Machinery,p. 129-136,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Management and manipulation of text in dynamic mixed reality workspaces,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2013 IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality, ISMAR 2013,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Towards Intelligent View Management: A Study of Manual Text Placement Tendencies in Mobile Environments Using Video See-Through Displays,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2013 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 281-282,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ARGoTrainer - Learning Go in an Augmented-Reality Environment,Samping Chuang,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,PROCEEDINGS OF 2013 23RD INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL REALITY AND TELEXISTENCE (ICAT 2013),IEEE,p. 72-77,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Prototyping and Evaluation of a Network-aware Job Management System on a Cluster System,Yasuhiro Watashiba,Yoshiyuki Kido,Susumu Date,Hirotake Abe,Kohei Ichikawa,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Haruo Takemura,2013 19TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON NETWORKS (ICON),IEEE,p. 1-6,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Visualization System to Raise Awareness of Electricity Conservation in a University Building,Jun Usami,Hironori Shigeta,Tomohiro Mashita,Haruo Takemura,2013 IEEE GREEN TECHNOLOGIES CONFERENCE,IEEE,p. 380-385,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Poster: Investigation on the Peripheral Visual Field for Information Display with Real and Virtual Wide Field-of-view See-through HMDs,Naohiro Kishishita,Jason Orlosky,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2013 IEEE SYMPOSIUM ON 3D USER INTERFACES (3DUI),IEEE COMPUTER SOC,p. 143-144,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • In-situ Lighting and Reflectance Estimations for Indoor AR Systems,Tomohiro Mashita,Hiroyuki Yasuhara,Alexander Plopski,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2013 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 275-276,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Next Location Prediction Method for Smartphones using Blockmodels,Jun Fukano,Tomohiro Mashita,Takahiro Hara,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Shojiro Nishio,2013 IEEE VIRTUAL REALITY CONFERENCE (VR),IEEE,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • OpenFlow Network Visualization Software with Flow Control Interface,Yasuhiro Watashiba,Seiichiro Hirabara,Susumu Date,Hirotake Abe,Kohei Ichikawa,Yoshiyuki Kido,Shinji Shimojo,Haruo Takemura,2013 IEEE 37TH ANNUAL COMPUTER SOFTWARE AND APPLICATIONS CONFERENCE (COMPSAC),IEEE,p. 475-477,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An Architectural Design of a Job Management System Leveraging Software Defined Network,Yasuhiro Watashiba,Susumu Date,Hirotake Abe,Kohei Ichikawa,Hiroaki Yamanaka,Eiji Kawai,Haruo Takemura,2013 IEEE 37TH ANNUAL COMPUTER SOFTWARE AND APPLICATIONS CONFERENCE WORKSHOPS (COMPSACW),IEEE,p. 724-729,2013年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • SDNを用いたジョブ管理システムの提案,渡場康弘,伊達進,阿部洋丈,市川昊平,山中広明,河合栄治,竹村治雄,情報処理学会研究報告 計算機アーキテクチャ研究会報告,2012年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大阪大学の事例:教育のグローバル化に対応したFD支援事業でのICT応用,伊達 進,大塚ルリ子,竹村治雄,大学ICT推進協議会 2012年度年次大会 論文集,2012年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • SDNを用いたジョブ管理システムの提案,渡場康弘,伊達進,阿部洋丈,市川昊平,山中広明,河合栄治,竹村治雄,情報処理学会研究報告 計算機アーキテクチャ研究会報告,2012年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大阪大学の事例:教育のグローバル化に対応したFD支援事業でのICT応用,伊達 進,大塚ルリ子,竹村治雄,大学ICT推進協議会 2012年度年次大会 論文集,2012年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大阪大学での大学教育のグローバル化にむけたFD支援事業(GFD)での取り組み,伊達 進,大塚ルリ子,竹村治雄,研究報告教育学習支援情報システム(CLE),2012年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大阪大学での大学教育のグローバル化にむけたFD支援事業(GFD)での取り組み,伊達 進,大塚ルリ子,竹村治雄,研究報告教育学習支援情報システム(CLE),2012年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大学施設におけるウェブサイトを用いた消費電力の可視化の検討,繁田 浩功,間下 以大,竹村 治雄,電子情報通信学会(D),Vol. J95-D,No. 5,p. 1123-1132,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • 大学施設におけるウェブサイトを用いた消費電力の可視化の検討,繁田 浩功,間下 以大,竹村 治雄,電子情報通信学会(D),Vol. J95-D,No. 5,p. 1123-1132,2012年05月,研究論文(学術雑誌)
  • Virtual interaction surface: Decoupling of interaction and view dimensions for flexible indirect 3D interaction,Takayuki Ohnishi,Nicholas Katzakis,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE Symposium on 3D User Interfaces 2012, 3DUI 2012 - Proceedings,p. 113-116,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Touch-n-Paste: Direct Texture Transfer Interaction in AR Environments,Atsushi Umakatsu,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2012 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 325-326,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Subjective Evaluations on Perceptual Depth of Stereo Image and Effective Field of View of a Wide-View Head Mounted Projective Display with a Semi-Transparent Retro-Reflective Screen,Duc Nguyen Van,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2012 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 327-328,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Waist-Mounted ProCam System for Remote Collaboration,Shigeki Morishima,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2012 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY (ISMAR) - SCIENCE AND TECHNOLOGY,IEEE,p. 301-302,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Content Search System for Mobile Devices based on User Context Recognition,Tomohiro Mashita,Daijiro Komaki,Mayu Iwata,Kentaro Shimatani,Hiroki Miyamoto,Takahiro Hara,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Shojiro Nishio,IEEE VIRTUAL REALITY CONFERENCE 2012 PROCEEDINGS,IEEE,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Human Activity Recognition for a Content Search System Considering Situations of Smartphone Users,Tomohiro Mashita,Kentaro Shimatani,Mayu Iwata,Hiroki Miyamoto,Daijiro Komaki,Takahiro Hara,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Shojiro Nishio,IEEE VIRTUAL REALITY CONFERENCE 2012 PROCEEDINGS,IEEE,2012年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Multi-Application Controller for SAGE-enabled Tiled Display Wall on Wide-area Distributed Computing Environment,Yuki Fujiwara,Susumu Date,Kohei Ichikawa,Haruo Takemura,Journal of Information Processing Systems,2011年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 消費電力可視化システムの構築 ~大阪大学 CMC グリーン ITプロジェクト~,繁田 浩功,間下 以大,竹村 治雄,2011年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Wide-view Parallax-free Eye-mark Recorder with a Hyperboloidal Half-silvered Mirror and Appearance-based Gaze Estimation,Hiroki Mori,Erika Sumiya,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE Transaction on Visualization and Computer Graphics,IEEE Computer Society,Vol. 17,No. 7,p. 900-912,2011年11月,研究論文(学術雑誌)
  • 大学施設における消費電力可視化システムの試作とその評価,繁田 浩功,間下 以大,竹村 治雄,2011年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ARジオラマにおける四面体カービングを用いた三次元形状復元手法,安原 広幸,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, MVE2011,2011年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 再帰性半透過スクリーンを用いた広視野頭部搭載プロジェクタにおける映像品質の主観評価,グェン ヴァン ドゥック,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,2011年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Menu-based Content Search Support System Considering Mobile User’s Situations,Hiroki Miyamoto,Daijiro Komaki,Takahiro Hara,Kentaro Shimatani,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Toshiaki Uemukai,Shojiro Nishio,Haruo Takemura,Proc. of International Conference on Ambient Systems, Networks and Technologies (ANT 2011),Elsevier B.V.,Vol. 5,p. 434-441,2011年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Location-Based Content Search System Considering Situations of Mobile Users,Mayu Iwata,Takahiro Hara,Kentaro Shimatani,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Shojiro Nishio,Haruo Takemura,Proc. of International Conference on Ambient Systems, Networks and Technologies (ANT 2011),Elsevier B.V.,Vol. 5,p. 426-433,2011年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • スマートフォンを用いたコンテンツ検索支援のためのモバイルコンテキスト認識,嶋谷 健太郎,間下 以大,宮本 大樹,岩田 麻佑,原 隆浩,清川 清,竹村 治雄,西尾 章治郎,情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム論文集,情報処理学会,2011年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • モバイルユーザの状況を考慮した候補提示型コンテンツ検索支援システム,宮本 大樹,小牧 大治郎,原 隆浩,嶋谷 健太郎,間下 以大,清川 清,上向 俊晃,西尾 章治郎,竹村 治雄,情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム論文集,情報処理学会,2011年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • モバイルユーザの状況を考慮した位置依存コンテンツ検索支援システム,岩田 麻佑,原 隆浩,嶋谷 健太郎,間下 以大,清川 清,西尾 章治郎,竹村 治雄,情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム論文集,情報処理学会,2011年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ARジオラマにおける領域分割に基づく三次元形状復元手法,馬勝 淳史,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,2011年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Camera-based In-situ 3D Modeling Techniques for AR Diorama in Ubiquitous Virtual Reality,Atsushi Umakatsu,Hiroyuki Yasuhara,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,the 14th Intl. Conf. on Human-Computer Interaction (HCII2011),Vol. 6773,No. 1,p. 113-122,2011年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Wide-View Parallax-Free Eye-Mark Recorder with a Hyperboloidal Half-Silvered Mirror and Appearance-Based Gaze Estimation,Hiroki Mori,Erika Sumiya,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE TRANSACTIONS ON VISUALIZATION AND COMPUTER GRAPHICS,IEEE COMPUTER SOC,Vol. 17,No. 7,p. 900-912,2011年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Display-camera calibration using eye reflections and geometry constraints,Christian Nitschke,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,COMPUTER VISION AND IMAGE UNDERSTANDING,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 115,No. 6,p. 835-853,2011年06月,研究論文(学術雑誌)
  • ARジオラマにおける前景抽出インタフェースを用いた三次元形状復元手法,馬勝淳史,間下以大,清川清,竹村治雄,2011年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A 3D Reconstruction Method based on Region Segmentation for AR Diorama Systems,Atsushi Umakatsu,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2011年04月
  • 広視野アイマークレコーダのためのK近傍法による視線推定手法,森弘樹,間下以大,清川清,竹村治雄,2011年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大学施設における消費電力の可視化~大阪大学CMCグリーンITプロジェクト~,繁田浩功,間下以大,竹村治雄,2011年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Practical Display-Camera Calibration from Eye Reflections using Coded Illumination,Christian Nitschke,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,2011 FIRST ASIAN CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION (ACPR),IEEE COMPUTER SOC,p. 550-554,2011年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • モバイル環境におけるコンテクスト認識とスケジュール予測に基づくマルチメディアコンテンツの動的再生制御,西川 知宏,間下 以大,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会論文誌(D),2011年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 遠隔協調作業支援のための装着型ProCamシステムを用いた三次元再構築,森島 茂貴,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2011年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大規模ボリュームデータ可視化システムを用いたデータマイニングのための携帯情報端末によるユーザインタフェース,老田 健太郎,繁田 浩功,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2011年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 双曲面ハーフミラーを用いた広視野頭部搭載プロジェクタのための再帰性半透過スクリーンの検討,グェン ヴァン ドゥック,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2011年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 指差し動作における身体の左右差に関する調査,新谷 晃市,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 Human Communication Group (HCG) Symposium,2010年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウェアラブル学習システムのための複数センサを用いた移動経路上での利用者コンテキスト認識機構,中村 友宣,間下 以大,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,メディア教育研究,2010年10月,研究論文(学術雑誌)
  • 全方位視覚センサとLEDを用いた円筒形入力デバイスのための手指姿勢推定法,國貞 智治,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム2010講演論文集,2010年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Multi-Application Controller for a Tiled Display Wall for Wide-area Distributed Computing,Yuki Fujiwara,Susumu Date,Kohei Ichikawa,Haruo Takemura,Proceedings of HumanCom2010 (CDROM),2010年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 新たな飛躍に向けて, いま何をなすべきか? : SIG-MR, ISMARの10余年を振り返って,竹村, 治雄,大田, 友一,田村, 秀行,横矢, 直和,日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan,Vol. 15,No. 2,p. 78-85,2010年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 作業者視点映像の全方位レンジデータへの投影による遠隔協調作業支援システム,森島 茂貴,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2010年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Context-Awareness for Real-time Web Browsing in an Ambient Environment,シング・クムド・ビラハム,清川 清,竹村 治雄,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,2010年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 身体情報に基づき提示情報を切り替えるコンテキストアウェアなウェアラブル拡張現実感システム,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,2010年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Context-Aware Wearable AR System with Dynamic Information Detail Control based on Body Motion,Daisuke Takada,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. 3rd Korean Japanese Workshop on Mixed Reality (KJMR),2010年04月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Control Mechanism of Multiple Visualization Applications on SAGE-enabled TDW,Yuki Fujiwara,Kohei Ichikawa,Susumu Date,Haruo Takemura,The 18th PRAGMA Workshop, San Diego, USA, Mar. 2010.,2010年03月
  • Evaluation of a pointing interface for a large screen based on regression model with image features,Koichi Shintani,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2010 3rd International Conference on Human-Centric Computing, HumanCom 2010,2010年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 身体動作に基づき提示情報を切り替えるコンテキストアウェアなウェアラブルARシステム,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 12,No. 1,p. 47-56,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • A Context-Aware Web Browsing Framework for an Ambient Environment,Kumud Brahm Singh,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 12,No. 1,p. 35-46,2010年01月,研究論文(学術雑誌)
  • 広視野アイマークレコーダのための線型回帰モデルによる視線推定手法,森 弘樹,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,第52回自動制御連合講演会,2009年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 全方位視覚センサとLEDを用いた3Dインタラクションのための指先位置検出法,国貞 智治,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,第52回自動制御連合講演会,2009年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 双曲面ハーフミラーを用いた超広視野頭部搭載型プロジェクタによる投影映像の輝度補正の検討,竹田 夏木,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2009年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 3D Interface for Ultra-Scale Visualization System with Tiled Displays Wall,Hironori Shigeta,Yasuo Ebara,Kazunori Nozaki,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. of ASIAGRAPH 2009 in Tokyo,2009年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • タイルドディスプレイを用いた大規模ボリューム可視化システム向け3次元ユーザインタフェースの提案,繁田 浩功,桑野 浩,河村 拓馬,坂本 尚久,野崎 一徳,江原 康生,清川 清,小山田 耕二,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2009年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • マルチビューポートにおけるフレーム描画領域の自動拡張手法,中嶋 拓野,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2009年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大画面ポインティングシステムのための単眼画像からの指差し位置の推定手法の評価,新谷 晃市,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2009年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ARコンテンツのための単眼カメラとペン入力を用いた実環境モデリングシステムの試作,立石 昂裕,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2009年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • アンビエント環境における状況適応型ウェブ閲覧システムに関する研究,シング クムド ビラハム,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2009年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • GPSと加速度センサを用いた移動スケジュール予測によるマルチメディアコンテンツの再生順序制御,西川 知宏,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)論文集,2009年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 双曲面ハーフミラーを用いた視点一致型広視野アイマークレコーダ,間下 以大,住谷 英里佳,清川 清,竹村 治雄,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)講演論文集,2009年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大画面ポインティングシステムのための回帰モデルによる単眼画像からの指差し位置の推定,新谷 晃市,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会研究報告,2009年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Device-Context Awareness for Content Adaptation,Kumud Brahm SINGH,Kiyoshi KIYOKAWA,Haruo TAKEMURA,Proc. 2nd Korean Japanese Workshop on Mixed Reality,2009年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 双曲面ハーフミラーを用いた超広視野頭部搭載型プロジェクタの設計と実装,竹田夏木,清川 清,竹村 治雄,映像情報メディア学会論文誌,Vol. 63,No. 6,p. 794-800,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 複数の仮想空間を操作するマルチビューポートインタフェースのフレームワークに関する評価,廣瀬 康一,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2009年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 加速度センサを利用したコンテキストアウェアな拡張現実感ナビゲーションシステム,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,第53回システム制御情報学会研究発表講演会,2009年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 既存GUI部品の選択と連携によるアダプタブルユーザインタフェース,宮本 琢也,清川 清,竹村 治雄,第53回システム制御情報学会研究発表講演会,2009年05月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • EYE REFLECTION ANALYSIS AND APPLICATION TO DISPLAY-CAMERA CALIBRATION,Christian Nitschke,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,2009 16TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING, VOLS 1-6,IEEE,p. 3449-3452,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Display-Camera Calibration from Eye Reflections,Christian Nitschke,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,2009 IEEE 12TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER VISION (ICCV),IEEE,p. 1226-1233,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • LARGE-SCALE 3D SCENE MODELING BY REGISTRATION OF LASER RANGE DATA WITH GOOGLE MAPS IMAGES,Anuraag Agrawal,Miki Matsumura,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,2009 16TH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING, VOLS 1-6,IEEE,p. 589-592,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A wide-view parallax-free eye-mark recorder with a hyperboloidal half-silvered mirror,Erika Sumiya,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proceedings of the ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology, VRST,p. 19-22,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Context-Aware AR Navigation System Using Wearable Sensors,Daisuke Takada,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,HUMAN-COMPUTER INTERACTION, PT III,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 5612,p. 793-+,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Implementation and evaluation of a magic lens interface using a handheld device in an immersive virtual environment,Miguel Miranda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers,Vol. 63,No. 6,p. 816-821,2009年,研究論文(学術雑誌)
  • Poster: A Virtual Walkthrough System with a Wide Field-of-view Stereo Head Mounted Projective Display,Natsuki Takeda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,3DUI : IEEE SYMPOSIUM ON 3D USER INTERFACES 2009, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 149-+,2009年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 双曲面ハーフミラーを用いた超広視野頭部搭載型プロジェクタのためのレンダリング手法,竹田 夏木,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2009年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大規模仮想環境における共同注意を支援する視覚化手法の実装,湯本 貢司,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2009年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • GPSと加速度センサを用いたウェアラブル学習システムのための移動スケジュール予測,西川 知宏,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2009年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Study on Designing Adaptive User Interfaces for Different Screen Sizes,Kumud Brahm Singh,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,電子情報通信学会 技術研究報告,2009年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Optimized Rendering for a Three-Dimensional Videoconferencing System,Rachel Chu,Daniel Tenedorio,Jurgen Schulze,Susumu Date,Seiki Kuwabara,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,Fang-Pang Lin,Proceedings of 4th IEEE International Conference on e-Science 2008,p. 540-546,2008年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • PRIUS: An Educational Framework on PRAGMA Fostering Globally-Leading Researchers in Integrated Sciences,Susumu Date,Shoji Miyanaga,Kohei Ichikawa,Shinji Shimojo,Haruo Takemura,Toru Fujiwara,Proceedings of 4th IEEE International Conference on e-Science 2008,p. 576-581,2008年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Hierarchical Annotation Database and a Dynamic Priority Control Technique of Annotation Information for a Networked Wearable Augmented Reality System,Daisuke Takada,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. Int. Conf. on Artificial Reality and Telexistence (ICAT),2008年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • テーブルトップ型協調作業環境における動的なグループ構成に対応した情報共有手法の実装,四宮 龍,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大規模仮想環境における共同注意を支援する視覚化手法の提案,湯本 貢司,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Implementation and Evaluation of a See-through the lens interface in an Immersive Virtual Environment,Miguel Miranda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 超広視野頭部搭載型プロジェクタによる VR ウォークスルー,竹田 夏木,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2008年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Implementing a See-through the lens interface for enhancing interaction in a CAVE,Miguel Miranda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2008年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • テーブルトップ型協調作業環境における動的なグループ構成に対応した情報共有手法,四宮 龍,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2008年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 分散仮想環境のミドルウェアを用いた動的再構成可能なアプリケーションの実装と評価,繁田 浩功,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2008年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 移動経路上での利用者コンテキスト認識機構を備えたウェアラブル学習システム,西川 知宏,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2008年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • An Evaluation of Reconfigurable Ubiquitous System Development based on a Middleware for Distributed Virtual Environments,Hironori Shigeta,Eduardo Veas,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. 1st Korean Japanese Workshop on Mixed Reality,2008年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ネットワーク型拡張現実感システムのための階層的注釈情報データベースと動的優先度制御手法,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2008年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Diskless Linux を用いた情報教育システムの開発とその評価,桝田 秀夫,小川 剛史,町田 貴史,中澤 篤志,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会論文誌,一般社団法人情報処理学会,Vol. 49,No. 3,p. 1239-1248,2008年03月
  • 二酸化炭素センサによる鉄道車内混雑度推定を用いた ウェアラブル学習システムのための利用者コンテキスト認識,中村 友宣,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 全方位視覚センサを用いた指先動作検出による円筒型ユーザインタフェースの提案,林 豊,間下 以大,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 歩行動作の速度に依存した 自動非線形スケーリングによる仮想空間ナビゲーション手法,中嶋 拓野,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 複数の仮想空間を操作するマルチビューポートインタフェースの多人数対応に関する検討,立石 昂裕,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2008年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • マルチビューポートインタフェースにおける座標系間の階層構造のユーザパフォーマンスへの影響,廣瀬 康一,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 研究報告,2008年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Evaluation of an approach for remote object manipulation utilizing dynamic magnifying lenses,Anuraag Agrawal,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,3DUI: IEEE SYMPOSIUM ON 3D USER INTERFACES 2008, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 169-170,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mutual occlusions on table-top displays in mixed reality applications,Daniel Kurz,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proceedings of the ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology, VRST,p. 227-230,2008年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ライブビデオと3次元実環境モデルを用いた遠隔協調作業支援システム,足立 智章,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • 移動ロボットの遠隔操縦インタフェースのための全方位映像と三次元形状モデルを用いた情報提示手法,齋藤 研作,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2007年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A 2D-3D Integrated Interface for Mobile Robot Control Using Omnidirectional Images and 3D Geometric Models,清川 清,齋藤 研作,町田 貴史,竹村 治雄,ASIAGRAPH 2007 in Tokyo,2007年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • テーブルトップ型協調設計環境における三次元モデルの比較検討用インタフェース,四宮 龍,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2007年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Real-time space carving using graphics hardware,Christian Nitschke,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E90D,No. 8,p. 1175-1184,2007年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 利用者コンテキスト認識における電車内外判定に関する検討,中村 友宣,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)論文集,2007年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 三次元物体の比較検討が可能な個人・共有空間連携型協調作業支援システム,四宮 龍,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. 9,No. 3,p. 31-36,2007年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 複数の仮想空間を操作するマルチビューポートインタフェースのフレームワーク ~複数の3次元仮想空間をシームレスに接続~,廣瀬 康一,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,画像ラボ,2007年04月
  • A PDA-based See-through Interface for Extending Interaction Functionality in a CAVE Display,ミランダ・ミランダ ミゲル,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,2007年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 個人・共有作業空間を連携した協調作業支援システムについて,四宮 龍,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2007年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウェアラブル学習システムのためのユーザのコンテキストを考慮した出題順序制御機構,森川 友加里,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2007年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 遠隔ロボット操縦のための全方位映像・形状情報の複合提示手法,齋藤 研作,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2007年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • マルチビューポートインタフェースにおける座標系間の階層構造のユーザパフォーマンスへの影響,廣瀬 康一,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 研究報告,2007年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A 2D-3D integrated tabletop environment for multi-user collaboration,Kousuke Nakashima,Takashi Machida,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,COMPUTER ANIMATION AND VIRTUAL WORLDS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 18,No. 1,p. 39-56,2007年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Development of a Software Framework for a Networked Wearable Augmented Reality System,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,The First International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication,2007年02月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Human pose estimation from volume data and topological graph database,Hidenori Tanaka,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,COMPUTER VISION - ACCV 2007, PT I, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 4843,p. 618-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A PDA-based see-through interface within an immersive environment,Miranda Miranda Miguel,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,17TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL REALITY AND TELEXISTENCE, ICAT 2007, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,Vol. 9,No. 3,p. 113-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A PDA-based see-through interface within an immersive environment,Miranda Miranda Miguel,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,17TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL REALITY AND TELEXISTENCE, ICAT 2007, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 113-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A PDA-based see-through interface within an immersive environment,Miranda Miranda Miguel,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,17TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARTIFICIAL REALITY AND TELEXISTENCE, ICAT 2007, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,Vol. 9,No. 3,p. 113-+,2007年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 連続的なウェアラブル学習システムのための利用者コンテキスト認識機構の実装と評価,中村 友宣,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2006年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • マルチビューポートインタフェースにおける座標系間の関係の変更機構の試作と評価,廣瀬 康一,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2006年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 仮想空間でのナビゲーションと文字入力をシームレスに行う入力デバイスの試作と評価,林 豊,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2006年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 階層化3次元データを扱う対話的なコンテンツマネジメントシステム,木村 洋介,間下 以大,中澤 篤志,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2006年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 複数の仮想空間を操作するマルチビューポートインタフェースのフレームワークの構築,廣瀬 康一,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2006年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 連続的なウェアラブル学習システムのための利用者コンテキスト認識機構の設計と実装,中村 友宣,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,2006年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ネットワーク型拡張現実感システムのための注釈情報の階層的管理と動的優先度制御,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2006年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 遠隔ロボット操縦のための映像・形状情報を用いた複合現実型インタフェース,齋藤 研作,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2006年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 遠隔ロボット操縦のための映像・形状情報の複合提示手法の提案と評価,齋藤 研作,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2006年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • モバイル端末向け注釈付加機能付き大規模三次元データ高速描画用Javaアプレット,木村 洋介,中澤 篤志,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)論文集,2006年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • インバースレンダリングによる物体表面反射特性の推定,町田貴史,竹村治雄,横矢直和,情報処理学会論文,CVIM14,Vol.47,No.SIG9,pp.69-86,Jun,2006.,2006年06月,研究論文(学術雑誌)
  • 仮想空間内でのナビゲーションと文字入力をシームレスに行う入力手法の提案,林豊,小川剛史,清川清,竹村治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2006年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウェアラブル学習システムのための利用者コンテキスト認識機構,中村 友宣,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2006年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • モバイル端末用大規模三次元データ提示手法のJavaアプレットによる実装,木村 洋介,中澤 篤志,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2006年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Interactive Reconfiguration Technique of Rederence Frame Hierarchy in the Multi-viewport Interface,Kouichi Hirose,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. of The 1st IEEE Symposium on 3D User Interfaces 2006,2006年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Surface Reflectance Modeling of Real Objects with Interreflections for Augmented Virtuality,Takashi Machida,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,Color Research and Application,2006年03月,研究論文(学術雑誌)
  • 移動ロボットによる災害地の三次元再構築のためのポテンシャル場を用いた経路計画,河合 克哉,中澤 篤志,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2006年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • GPU accelerated inverse photon mapping for real-time surface reflectance modeling,Takashi Machida,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,2006 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO - ICME 2006, VOLS 1-5, PROCEEDINGS,IEEE,p. 645-648,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Dense estimation of surface reflectance property by combining multiple illumination conditions,T Machida,H Takemura,N Yokoya,ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE,SCRIPTA TECHNICA-JOHN WILEY & SONS,Vol. 89,No. 3,p. 59-69,2006年,研究論文(学術雑誌)
  • マルチビューポートインタフェースにおける座標系間の従属関係の対話的更新手法,廣瀬 康一,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, MVE2005-67,2006年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Middleware Architecture for On-the-fly Application Modification in Ubiquitous Augmented Reality,Eduardo Veas,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,電子情報通信学会 技術研究報告, PRMU2005-142,2006年01月
  • Hierarchical 3D data rendering system synchronizing with HTML,Yousuke Kimura,Tomohiro Mashita,Atsushi Nakazawa,Takashi Machida,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Tamekura,ADVANCES IN ARTIFICIAL REALITY AND TELE-EXISTENCE, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 4282,p. 1212-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Hierarchical 3D data rendering system synchronizing with HTML,Yousuke Kimura,Tomohiro Mashita,Atsushi Nakazawa,Takashi Machida,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Tamekura,ADVANCES IN ARTIFICIAL REALITY AND TELE-EXISTENCE, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 4282,p. 1212-+,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A 2D-3D integrated interface for mobile robot control using omnidirectional images and 3D geometric models,Kensaku Saitoh,Takashi Machida,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2006 IEEE/ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY,IEEE,p. 178-181,2006年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Self-Aware Framework for Adaptive Augmented Reality,Eduardo Veas,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. Int. Conf. on Artificial Reality and Telexistence (ICAT),Vol. 157,p. 70-77,2005年12月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ウェアラブル拡張現実感のための赤外マーカのステレオ計測と姿勢センサを用いた位置・姿勢推定,前田 真希,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,2005年12月,研究論文(学術雑誌)
  • A 2D-3D Integrated Environment for Cooperative Work,K. Nakashima,T. Machida,K. Kiyokawa,H. Takemura,2005年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A 2D-3D Integrated Environment for Cooperative Work,K. Nakashima,T. Machida,K. Kiyokawa,H. Takemura,Proc. Int. Conf. on Artificial Reality and Telexistence (ICAT),2005年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Hybrid Image-based and Model-based Telepresence System Using Two-Pass Video Projection onto a 3D Scene Model,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. IEEE and ACM Int. Symp. on Mixed Augmented Reality (ISMAR),IEEE COMPUTER SOC,p. 202-203,2005年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 半球面ディスプレイを用いた移動ロボットの遠隔操縦システム,齋藤 研作,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,日本ロボット学会 学術講演会予稿集,2005年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 災害地の3次元再構築のための移動ロボット制御システムの開発,河合 克哉,中澤 篤志,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, MVE2005-29,2005年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Display Table for Strategic Collaboration Preserving Private and Public Information,Yoshifumi Kitamura,Wataru Osawa,Tokuo Yamaguchi,Haruo Takemura,Fumio Kishino,Lecture Note in Computer Science (Proc. of IFIP 4th International Conference on Entertainment Computing),SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 3711,p. 167-179,2005年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 拡張現実環境における奥行きを考慮した注釈提示手法の評価,浦谷 謙吾,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,2005年09月,研究論文(学術雑誌)
  • 全方位映像と3次元形状モデルを用いた移動ロボットの遠隔操縦インタフェース,齋藤研作,町田貴史,清川 清,竹村治雄,電子情報通信学会 技術研究報告 MVE,2005年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 複数の仮想空間をシームレスに操作する汎用マルチビューポートフレームワーク,廣瀬康一,町田貴史,清川 清,竹村治雄,電子情報通信学会 技術研究報告 MVE,2005年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 実物体のモデル化のための相互反射を考慮した表面反射特性の推定,町田 貴史,竹村 治雄,横矢 直和,電子情報通信学会論文誌分冊D2,2005年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 移動ロボットを用いた3次元再構築のための計測・提示システムの開発,河合 克哉,齋藤 研作,町田 貴史,中澤 篤志,清川 清,竹村 治雄,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)講演論文集,2005年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ネットワーク共有型拡張現実感システムにおける注釈情報の効率的な配信・提示手法,浦谷 謙吾,高田 大輔,小川 剛史,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)講演論文集,2005年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Tunnel Window and Its Variations: Seamless Teleportation Techniques in a Virtual Environment,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. Int. Conf. on Human-Computer Interaction (HCI International),2005年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 効率的なフォトメトリックステレオ法による3次元形状と表面反射特性の推定,沈黎,町田貴史,竹村治雄,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005),2005年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 距離画像からの自然二次曲面表面群のパラメータ推定,中澤篤志,清川清,竹村治雄,山本国士,画像の認識と理解シンポジウム,2005年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Telepresence System by Using Live Video Projection of Wearable Camera onto a 3D Scene Model,Tomoaki Adachi,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. of The 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2005),2005年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ウェアラブル拡張現実感システム開発用ライブラリの構築,高田 大輔,浦谷 謙吾,小川 剛史,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,ウェアラブルコンピューティング研究会,2005年06月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Inverse global illumination rendering for dense estimation of surface reference properties,Takashi Machida,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,Proc. 14th Scandinavian Conf. on Image Analysis (SCIA2005),2005年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Efficient Photometric Stereo Technique for Three-Dimensional Surfaces with Unknown BRDF,L. Shen,T. Machida,H. Takemura,Proceedings of the 5th International Conference on 3-D Digital Imaging and Modeling,IEEE CS Press,p. 326-333,2005年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • インバースレンダリングに基づく物体表面反射特性の密な推定,町田 貴史,横矢 直和,竹村 治雄,情報処理学会 研究報告 CVIM149-33,2005年05月
  • A Metamodel Based Rapid Prototyping Framework For Distributed Virtual Environments,Eduardo Veas,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2005年03月
  • ジェスチャ入力を用いた携帯端末用 3 次元グラフィックスビューアの試作,宮崎 洋,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2005年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 複数の仮想空間をシームレスに操作する汎用マルチビューポートインタフェースの提案,廣瀬 康一,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2005年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウェアラブル機器を用いた学内学習システムの定量評価に関する検討,斧 麻衣,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2005年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 移動ロボットの遠隔操縦のための三次元情報提示システムの提案,齋藤 研作,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2005年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Study of Depth Visualization Techniques for Virtual Annotations in Augmented Reality,Kengo Uratani,Takashi Machida,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. IEEE Virtual Reality (IEEE VR),IEEE CS Press,p. 295-296,2005年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ハフ変換と期待値最大化法による距離画像からの自然二次曲面の抽出,山本国士,中澤篤志,清川清,竹村治雄,電子情報通信学会技術報告PRMU2004-188,2005年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 多関節 CG モデルと距離画像による上半身の姿勢推定,平尾 公男,中澤 篤志,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2005年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Inverse global illumination rendering for dense estimation of surface reflectance properties,T Machida,N Yokoya,H Takemura,IMAGE ANALYSIS, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 3540,p. 790-801,2005年,研究論文(学術雑誌)
  • ライブ映像の3次元実環境モデルへの投影によるテレプレゼンスシステム,足立 智章,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2004年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ハフ変換と期待値最大化法による距離画像からの二次曲面モデルのパラメータ推定,山本 国士,中澤 篤志,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,2004年12月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A High Presence Shared Space Communication System Using 2D Background and 3D Avatar,K. Yoshikawa,T. Machida,K. Kiyokawa,H. Takemura,Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers,IEEE COMPUTER SOC,p. 50-55,2004年12月,研究論文(学術雑誌)
  • Pose Estimation of Human Upper Body Using Multi-joint CG Model and Stereo Video Images,Kimio Hirao,Atsushi Nakazawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. Int. Conf. on Artificial Reality and Telexistence (ICAT),2004年11月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Object Shape and Reflectance Modeling from a Sparse Set of Images,S. Li,T. Machida,H. Takemura,画像電子学会 技術研究報告,2004年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 単眼カメラとモーションキャプチャデータによる両腕の姿勢推定,平尾 公男,中澤 篤志,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム講演論文集,2004年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Nara palace site navigator, A wearable tour guide system based on augmented reality,M. Kanbara,R. Tenmoku,T. Ogawa,T. Machida,M. Koeda,Y. Matsumoto,K. Kiyokawa,H. Takemura,T. Ogasawara,N. Yokoya,3rd CREST/ISWC Workshop on Advanced Computing and Communicating Techniques for Wearable Information Playing,2004年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Wearable Augmented Reality System with Annotation Visualization Techniques using Networked Annotation Database,Kengo Uratani,Daisuke Takada,Takefumi Ogawa,Takashi Machida,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,3rd CREST Workshop on Advanced Computing and Communicating Techniques for Wearable Information Playing,2004年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 装着型カメラによるビデオモザイキングを用いたテレプレゼンスシステムの実現,足立智章,小川剛史,清川清,竹村治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム講演論文集,2004年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • レーザスキャナと回転台を用いた遠隔地の 3 次元環境伝送システム,河合 克哉,中澤 篤志,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2004年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ネットワーク共有型ウェアラブル AR システム開発用ライブラリの構築,高田 大輔,浦谷 謙吾,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2004年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Dense estimation of surface reflectance properties based on inverse global illumination rendering,T. Machida,H. Takemura,N. Yokoya,PROCEEDINGS OF THE 17TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOL 2,IEEE COMPUTER SOC,p. 895-898,2004年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Camera parameter estimation from a long image sequence by tracking markers and natural features,Tomokazu Sato,Masayuki Kanbara,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,Systems and Computers in Japan,Vol. 35,No. 8,p. 12-20,2004年07月,研究論文(学術雑誌)
  • Object Shape and Reflectance Estimation from a Sparse Set of Images,S. Li,T. Machida,H. Takemura,2004年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 実物体の仮想化のための相互反射を考慮した表面反射特性の推定,町田 貴史,横矢 直和,竹村 治雄,2004年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 多関節 CG モデル画像と人物画像の残差マッチングによる両腕の姿勢推定,平尾 公男,中澤 篤志,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集, D-12-125, Mar. 2004.,2004年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 位置情報を伴う屋外遠隔地映像の収集・検索システムの提案,松岡 弘樹,清川 清,竹村 治雄,大野 浩之,電子情報通信学会 総合大会講演論文集, D-11-79, Mar. 2004.,2004年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 実時間レンジファインダと回転台を用いた遠隔地環境の三次元伝送システムの提案,河合 克哉,清川 清,中澤 篤志,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集, D-11-78, Mar. 2004.,2004年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 拡張現実感における音声注釈情報取得のための仮想マイクロフォンの提案,馬渡 隆行,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集, A-16-37, Mar. 2004.,2004年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ネットワーク共有型ウェアラブル拡張現実感システム開発用ライブラリ,高田 大輔,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 総合大会講演論文集, A-16-36, Mar. 2004.,2004年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A Software Approach to Improve VE Interfaces, Unification of Interaction Techniques for Object Manipulation and Navigation,Y. Tomozoe,T. Machida,K. Kiyokawa,H. Takemura,2004年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Unified Gesture-Based Interaction Techniques for Object Manipulation and Navigation in a Large-Scale Virtual Environment,Y. Tomozoe,T. Machida,K. Kiyokawa,H. Takemura,IEEE VIRTUAL REALITY 2004, PROCEEDINGS,IEEE,p. 259-260,2004年03月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ウェアラブル AR による屋内ナビゲーションのための赤外線を用いたビジョンベーストラッキング,前田 真希,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, ITS2003-54, Feb. 2004.,Vol. 28,No. 6,p. 29-34,2004年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウェアラブル PC のための画像マーカを用いた広域屋内位置検出機構,羽原 寿和,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, IE2003-211, Feb. 2004.,Vol. 28,No. 7,p. 77-82,2004年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 協調モデリングのための 2 次元と 3 次元の統合作業環境,中島 康輔,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, IE2003-191, Feb. 2004.,Vol. 28,No. 6,p. 41-46,2004年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 遠隔仮想物体操作と仮想空間ナビゲーションのためのジェスチャを用いた統一的操作手法,友添 雄亮,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, ITS2003-55, Feb. 2004.,Vol. 28,No. 6,p. 35-40,2004年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • AR 環境における奥行き曖昧性と視認性を考慮した注釈提示手法とその評価,浦谷 謙吾,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, ITS2003-57, Feb. 2004.,Vol. 28,No. 6,p. 47-52,2004年02月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 赤外線を用いたビジョンベーストラッキングによるウェアラブル AR ナビゲーションシステム,前田 真希,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, PRMU2003-196, Jan. 2004.,2004年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 低解像度レンジファインダと高解像度カメラを併用した高臨場感空間共有通信,吉川 恭平,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,大野 浩之,2004年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • A High Presence Shared Space Communication System Using 2D Background and 3D Avatar,K. Yoshikawa,T. Machida,K. Kiyokawa,H. Takemura,SAINT,IEEE COMPUTER SOC,p. 50-55,2004年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Tracking of user position and orientation by stereo measurement of infrared markers and orientation sensing,M Maeda,T Ogawa,K Kiyokawa,H Takemura,EIGHTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 77-84,2004年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • SharedHole: 個人情報と公共情報を共存表示できる対面型協調作業ディスプレイ,北村喜文,大澤渉,竹村治雄,岸野文郎,情報処理学会論文誌, Vol. 44, No. 11, pp. 2598-2607,2003年11月,研究論文(学術雑誌)
  • Surface reflectance modeling of real objects with interreflections,T. Machida,N. Yokoya,H. Takemura,NINTH IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER VISION, VOLS I AND II, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 170-177,2003年10月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of a High Immersive Tele-directing system Using CyberDome,Tomoaki Adachi,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. Interact, Sep. 2003.,2003年09月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 多人数協調型モデリングのための 2 次元と 3 次元の統合環境,中島 康輔,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集, 3B2-4, Sep. 2003.,2003年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • AR 環境における奥行きの明示的表現を用いた注釈提示手法とその評価,浦谷 謙吾,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,Vol. 103,No. 208,p. 77-82,2003年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 大規模仮想環境における遠隔仮想物体の操作と仮想空間ナビゲーションのための統一的ジェスチャコマンド,友添 雄亮,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, IE2003-39, Jul. 2003.,2003年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 背景領域の 2 次元表示と人物領域の 3 次元表示を併用した高臨場感空間共有通信,吉川 恭平,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告, IE2003-24, Jul. 2003.,2003年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Indoor Localization and Navigation using IR Markers for Augmented Reality,M. Maeda,T. Ogawa,T. Machida,K. Kiyokawa,H. Takemura,Adjunct Proceedings of the 10th International Conference on Human-Computer Interaction,2003年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Memory-based self-localization using omnidirectional images,Hidehiko Iwasa,Nobuhiro Aihara,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,Systems and Computers in Japan,Vol. 34,No. 5,p. 56-68,2003年05月,研究論文(学術雑誌)
  • ウェアラブルARインタフェース,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェース学会誌, May 2003.,Vol. 5,No. 2,p. 113-118,2003年05月
  • 動画像からの三次元復元 マルチベースラインステレオ法を用いた屋外環境の三次元モデル化,佐藤智和,神原誠之,横矢直和,竹村治雄,画像ラボ, Vol. 14, No. 4, pp. 1-5,日本工業出版,2003年04月
  • ウェアラブルシステムのための赤外線識別子を用いた三次元ユーザ位置・方向検出手法の提案,前田真希,小川剛史,清川清,竹村治雄,2003年03月
  • ウェアラブルPCのための画像マーカを用いた屋内位置検出手法とその評価,羽原寿和,町田貴史,清川清,竹村治雄,情報処理学会春季全国大会予稿集,2003年03月
  • 背景領域の2次元表示と人物領域の3次元表示を併用した空間共有通信,吉川恭平,清川清,竹村治雄,大野浩之,電子情報通信学会総合大会予稿集A分冊,2003年03月
  • ボクセルデータからの簡易なポリゴン変換の一手法,山本国士,町田貴史,清川清,竹村治雄,電子情報通信学会総合大会予稿集D分冊,2003年03月
  • 奥行き情報を考慮した注釈表示手法の提案,浦谷謙吾,町田貴史,清川清,竹村治雄,電子情報通信学会総合大会予稿集A分冊,2003年03月
  • 遠隔仮想物体の操作と仮想空間ナビゲーションのための統一的ジェスチャコマンド,友添雄亮,清川清,竹村治雄,電子情報通信学会総合大会予稿集A分冊,2003年03月
  • IllusionHole マスクへの投影画像を利用した協調作業環境,中島康輔,町田貴史,清川清,竹村治雄,電子情報通信学会総合大会予稿集A分冊,2003年03月
  • CyberDome とレーザポインタを用いた高没入感遠隔指示システム,足立智章,小川剛史,清川清,竹村治雄,電子情報通信学会総合大会予稿集A分冊,2003年03月
  • Indoor Localization using IR Markers for Augmented Reality,H. Takemura,M. Maeda,T. Habara,T. Ogawa,T. Machida,2002年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • WebCTによる授業支援システムの利用と評価,町田貴史,桝田秀夫,菅野剛,原田章,中西通雄,竹村治雄,平成14年度(2002年)情報処理教育研究集会論文集,2002年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • フラクタル符号化による仮想視点画の像生成,沈黎,町田貴史,竹村治雄,第7回日本VR学会大会論文集,2002年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウェアラブルPCのための画像マーカを用いた屋内位置検出,羽原寿和,町田貴史,小川剛史,竹村治雄,第7回日本VR学会大会論文集,2002年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • ウェアラブルシステムのための赤外線識別子を用いたユーザ位置検出,前田 真希,小川剛史,町田貴史,竹村治雄,第7回日本VR学会大会論文集,2002年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • マーカと自然特徴点を併用した広範囲見回し可能なステレオビデオシースルー拡張現実感,神原誠之,横矢直和,竹村治雄,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 7, No. 3, pp. 367-373.,Vol. 7,No. 3,p. 367-373,2002年10月,研究論文(学術雑誌)
  • マーカと自然特徴点の追跡による動画像からのカメラパラメータの推定と三次元復元,佐藤智和,神原誠之,横矢直和,竹村治雄,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2002)講演論文集,2002年08月
  • 3-D modeling of an Outdoor Scene by Multi-baseline Stereo Using a Long Sequence of Images,Tomokazu Sato,Masayuki Kanbara,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,Proceedings of the 16th IAPR International Conference on Pattern Recognition (ICPR2002), Vol. III, pp. 581-584,IEEE COMPUTER SOC,p. 581-584,2002年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Registration for stereo vision-based augmented reality based on extendible tracking of markers and natural features",,Masayuki Kanbara,Nokazu Yokoya,Haruo Takemura,16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOL II, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 1045-1048,2002年08月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Interactive Media-oriented Applications of an Omnidirectional Video Camera,Naokazu Yokoya,Kazumasa Yamazawa,Haruo Takemura,MULTIMEDIA, IMAGE PROCESSING AND SOFT COMPUTING: TRENDS, PRINCIPLES AND APPLICATIONS,TSI PRESS,Vol. 13,p. 11-16,2002年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • マルチベースラインステレオ法を利用した動画像からの屋外環境の三次元モデル化,佐藤智和,神原誠之,横矢直和,竹村治雄,日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 7, No. 2, pp. 275-282,Vol. 7,No. 2,p. 275-282,2002年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 拡張現実感によるナビゲーション支援のための赤外線識別子を用いたユーザ位置検出,前田 真希,小川 剛史,町田 貴史,竹村 治雄,2002年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 画像マーカを用いた屋内位置検出機構とその評価,羽原 寿和,町田 貴史,小川 剛史,竹村 治雄,Vol. 102,No. 216,p. 65-70,2002年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Dense 3-D Reconstruction of an Outdoor Scene by Hundreds-baseline Stereo using a Hand-held Video Camera,Tomokazu Sato,Masayuki Kanbara,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,International Journal of Computer Vision, Vol. 47, No. 1-3, pp. 119-129, April 2002.,SPRINGER,Vol. 47,No. 1,p. 119-129,2002年04月,研究論文(学術雑誌)
  • 赤外線マーカーを利用した複合現実感のための位置合わせと情報伝達法,竹村 治雄,小川 剛史,2001年10月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 複数の照明条件の組合せによる物体の表面反射特性の密な推定,町田 貴史,竹村 治雄,横矢 直和,電子情報通信学会,2001年08月,研究論文(学術雑誌)
  • 全周パノラマステレオ画像とCGモデルの合成による複合現実環境の構築,島村 潤,山澤 一誠,竹村 治雄,横矢 直和,情報処理学会論文誌 :コンピュータビジョンとイメージメディア,Vol. 42,No. SIG6(CVIM2),p. 44-53,2001年06月,研究論文(学術雑誌)
  • Dense Estimation of Surface Reflectance Parameters by Selecting Optimum Illumination Conditions,Takashi Machida,Haruo Takemura,Naokazu Yokoya,2001年06月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Dense 3-D reconstruction of an outdoor scene by hundreds-baseline stereo using a hand-held video camera,T Sato,M Kanbara,N Yokoya,H Takemura,IEEE WORKSHOP ON STEREO AND MULTI-BASELINE VISION, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 57-61,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A stereo vision-based augmented reality system with marker and natural feature tracking,M Kanbara,N Yokoya,H Takemura,VSMM 2001: SEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON VIRTUAL SYSTEMS AND MULTIMEDIA, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 455-462,2001年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Dense Estimation of Surface Reflectance Parameters from Registered Range and Color Images by Determining Illumination Conditions,T. Machida,H. Takemura,N. Yokoya,THREE-DIMENSIONAL IMAGE CAPTURE AND APPLICATIONS IV,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 4298,p. 127-134,2001年01月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 首振りカメラを用いた人物位置に追従するビデオアバタ表示,中北健二,町田貴史,竹村治雄,横矢直和,Vol. 25,No. 9,p. 31-36,2001年01月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • An immersive modeling system for 3D free-form design using implicit surfaces,Masatoshi Matsumiya,Haruo Takemura,Naokazu Yokoya,Proceedings of the ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology, VRST,Association for Computing Machinery,Vol. 129135,p. 67-74,2000年10月22日,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 共有仮想環境における協調作業のためのビデオアバタ提示,中北健二,町田貴史,竹村治雄,横矢直和,2000年09月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 複数の照明条件による物体表面反射特性の推定,町田貴史,竹村治雄,横矢直和,2000年08月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Real-time tracking of multiple moving object contours in a moving camera image sequence,S Araki,T Matsuoka,N Yokoya,H Takemura,IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG,Vol. E83D,No. 7,p. 1583-1591,2000年07月,研究論文(学術雑誌)
  • 3次元レンジファインダと複数の照明条件の組み合わせによる物体表面反射特性の推定,町田貴史,岩佐英彦,竹村治雄,横矢直和,2000年07月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • 影の影響を考慮した物体の反射特性の推定,町田貴史,岩佐英彦,竹村治雄,横矢直和,2000年03月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • Real-time camera parameter estimation from images for a mixed reality system,T Okuma,K Sakaue,H Takemura,N Yokoya,15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOL 4, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 482-486,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Real-time generation and presentation of view-dependent binocular stereo images using a sequence of omnidirectional images,K Yamaguchi,H Takemura,K Yamazawa,N Yokoya,15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOL 4, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 589-593,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Construction and presentation of a virtual environment using panoramic stereo images of a real scene and computer graphics models,J Shimamura,H Takemura,N Yokoya,K Yamazawa,15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOL 4, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 463-467,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Image-based construction of 3D virtual environments from a sequence of omnidirectional images,K Yamaguchi,K Yamazawa,H Takemura,N Yokoya,IECON 2000: 26TH ANNUAL CONFERENCE OF THE IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY, VOLS 1-4,IEEE,p. 2565-2570,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Construction of an immersive mixed environment using an omnidirectional stereo image sensor,J Shimamura,N Yokoya,H Takemura,K Yamazawa,IEEE WORKSHOP ON OMNIDIRECTIONAL VISION, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 62-69,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A stereo vision-based augmented reality system with an inertial sensor,M Kanbara,H Fujii,H Takemura,N Yokoya,IEEE AND ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON AUGMENTED REALITY, PROCEEDING,IEEE COMPUTER SOC,p. 97-100,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A stereo vision-based augmented reality system with a wide range of registration,M Kanbara,H Iwasa,H Takemura,N Yokoya,15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOL 4, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 147-151,2000年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stereoscopic video see-through augmented reality system based on real-time vision-based registration,Kanbara Masayuki,Okuma Takashi,Takemura Haruo,Yokoya Naokazu,Proceedings - Virtual Reality Annual International Symposium,p. 255-262,2000年
  • 複数の照明条件下での全周計測レンジファインダを用いた物体の反射係数の推定,町田貴史,岩佐英彦,竹村治雄,横矢直和,Vol. 99,No. 450,p. 85-92,1999年11月,研究論文(その他学術会議資料等)
  • レンジファインダと複数の照明条件を用いた物体の反射係数の推定,町田貴史,岩佐英彦,竹村治雄,横矢直和,1999年09月
  • Real-time tracking of multiple moving objects using split-and-merge contour models based on crossing detection,Shoichi Araki,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,Systems and Computers in Japan,Scripta Technica Inc,Vol. 30,No. 9,p. 25-33,1999年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Content-based similarity retrieval of images based on spatial color distributions,Hidenori Yamamoto,Hidehiko Iwasa,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,Proceedings - International Conference on Image Analysis and Processing, ICIAP 1999,p. 951-956,1999年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Stereo vision based video see-through mixed reality,N Yokoya,H Takemura,T Okuma,M Kanbara,MIXED REALITY,OHMSHA LTD,p. 131-+,1999年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • SeamlessDesign: A face-to-face collaborative virtual/augmented environment for rapid prototyping of geometrically constrained 3-D objects,K Kiyokawa,H Takemura,N Yokoya,IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA COMPUTING AND SYSTEMS, PROCEEDINGS VOL 2,IEEE COMPUTER SOC,p. 447-453,1999年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An immersive modeler for curved objects using implicit surfaces,M Matsumiya,K Kiyokawa,H Takemura,N Yokoya,INTELLIGENT SYSTEMS IN DESIGN AND MANUFACTURING II,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 3833,p. 109-120,1999年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Real-time composition of stereo images for video see-through augmented reality,M Kanbara,T Okuma,H Takemura,N Yokoya,IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA COMPUTING AND SYSTEMS, PROCEEDINGS VOL 1,IEEE COMPUTER SOC,Vol. 1,p. 213-219,1999年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • VLEGO: A simple two-handed 3D modeler in a virtual environment,K Kiyokawa,H Takemura,Y Katayama,H Iwasa,N Yokoya,ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN PART III-FUNDAMENTAL ELECTRONIC SCIENCE,SCRIPTA TECHNICA-JOHN WILEY & SONS,Vol. 81,No. 11,p. 18-28,1998年11月,研究論文(学術雑誌)
  • A real-time algorithm for accurate collision detection for deformable polyhedral objects,Y Kitamura,A Smith,H Takemura,F Kishino,PRESENCE-TELEOPERATORS AND VIRTUAL ENVIRONMENTS,MIT PRESS,Vol. 7,No. 1,p. 36-52,1998年02月,研究論文(学術雑誌)
  • Imposing geometric constraints on virtual 3-D objects within an immersive modeler,N Hiraki,K Kiyokawa,H Takemura,N Yokoya,INTELLIGENT SYSTEMS IN DESIGN AND MANUFACTURING,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 3517,p. 215-226,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Memory-based self-localization using omnidirectional images,N Aihara,H Iwasa,N Yokoya,H Takemura,FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOLS 1 AND 2,IEEE COMPUTER SOC,p. 1799-1803,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Collaborative immersive workspace through a shared augmented environment,K Kiyokawa,H Iwasa,H Takemura,N Yokoya,INTELLIGENT SYSTEMS IN DESIGN AND MANUFACTURING,SPIE-INT SOC OPTICAL ENGINEERING,Vol. 3517,p. 2-13,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Real-time tracking of multiple moving objects in moving camera image sequences using robust statistics,S Araki,T Matsuoka,H Takemura,N Yokoya,FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOLS 1 AND 2,IEEE COMPUTER SOC,p. 1433-1435,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Generation of high-resolution stereo panoramic images by omnidirectional imaging sensor using hexagonal pyramidal mirrors,T Kawanishi,K Yamazawa,H Iwasa,H Takemura,N Yokoya,FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOLS 1 AND 2,IEEE COMPUTER SOC,p. 485-489,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A factorization method using 3-D linear combination for shape and motion recovery,KC Hwang,N Yokoya,H Takemura,K Yamazawa,FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOLS 1 AND 2,IEEE COMPUTER SOC,p. 959-963,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Visual surveillance and monitoring system using an omnidirectional video camera,Y Onoe,N Yokoya,K Yamazawa,H Takemura,FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOLS 1 AND 2,IEEE COMPUTER SOC,p. 588-592,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An augmented reality system using a real-time vision based registration,T Okuma,K Kiyokawa,H Takemura,N Yokoya,FOURTEENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOLS 1 AND 2,IEEE COMPUTER SOC,p. 1226-1229,1998年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 両手操作を用いた仮想物体モデラ VLEGO,清川清,竹村治雄,片山喜章,岩佐英彦,横矢直和,電子情報通信学会論文誌 電子情報通信学会,Vol. J80-A,No. 9,p. 280-288,1997年09月,研究論文(学術雑誌)
  • Acquisition of three-dimensional information using omnidirectional stereo vision,Atsushi Chaen,Kazumasa Yamazawa,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics),Springer Verlag,Vol. 1351,p. 288-295,1997年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Splitting of active contour models based on crossing detection for extraction of multiple objects,Shoichi Araki,Naokazu Yokoya,Hidehiko Iwasa,Haruo Takemura,Systems and Computers in Japan,John Wiley and Sons Inc.,Vol. 28,No. 11,p. 34-42,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • Acquisition of three-dimensional information by omnidirectional stereo vision,Atsushi Chaen,Kazumasa Yamazawa,Naokazu Yokoya,Haruo Takemura,Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers,Inst. of Image Information and Television Engineers,Vol. 51,No. 10,p. 1745-1753,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • Manipulation aid for assembling multiple virtual objects,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Hidehiko Iwasa,Naokazu Yokoya,Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers,Inst. of Image Information and Television Engineers,Vol. 51,No. 7,p. 1079-1085,1997年,研究論文(学術雑誌)
  • Tracking of multiple moving objects using split-and-merge contour models based on crossing detection,S Araki,N Yokoya,H Takemura,VISION INTERFACE '97, PROCEEDINGS,CANADIAN INFORMATION PROCESSING SOC,p. 65-72,1997年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Manipulation aid for two-handed 3-D designing within a shared virtual environment,K Kiyokawa,H Takemura,N Yokoya,DESIGN OF COMPUTING SYSTEMS: SOCIAL AND ERGONOMIC CONSIDERATIONS,ELSEVIER SCIENCE BV,Vol. 21,p. 937-940,1997年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • VLEGO: A Simple Two-handed Modeling Environment Based on Toy Blocks,K. Kiyokawa,H. Takemura,Y. Katayama,H. Iwasa,N. Yokoya,ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology 1996 (VRST '96),p. 27-34,1996年07月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A Two-Handed Immersive Modeler: VLEGO,K. Kiyokawa,H. Takemura,Y. Katayama,H. Iwasa,N. Yokoya,Advances in Applied Ergonomics: Proceedings of the first International Conference on Applied Ergonomics (ICAE '96),p. 1-4,1996年05月,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Facial component extraction by cooperative active nets with global constraints,Ryuji Funayama,Naokazu Yokoya,Hidehiko Iwasa,Haruo Takemura,Proceedings - International Conference on Pattern Recognition,Institute of Electrical and Electronics Engineers Inc.,Vol. 2,p. 300-304,1996年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • octree と多面体表現を用いた三次元物体間の衝突面検出,北村喜文,竹村治雄,アフジャ・ナレンドラ,岸野文郎,日本ロボット学会誌,Vol. 14,No. 5,p. 121-130,1996年,研究論文(学術雑誌)
  • 並列計算機による3次元物体の実時間衝突面検出,北村喜文,アンドリュー・スミス,竹村治雄,岸野文郎,電子情報通信学会論文誌,Vol. J78-DI,No. 8,p. 788-797,1995年08月,研究論文(学術雑誌)
  • Parallel algorithms for real-time colliding face detection,Y Kitamura,A Smith,H Takemura,F Kishino,RO-MAN'95 TOKYO: 4TH IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN COMMUNICATION, PROCEEDINGS,I E E E,p. 211-218,1995年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A SIMPLE AND EFFICIENT METHOD FOR ACCURATE COLLISION DETECTION AMONG DEFORMABLE POLYHEDRAL OBJECTS IN ARBITRARY MOTION,A SMITH,Y KITAMURA,H TAKEMURA,F KISHINO,VIRTUAL REALITY ANNUAL INTERNATIONAL SYMPOSIUM '95, PROCEEDINGS,I E E E, COMPUTER SOC PRESS,p. 136-145,1995年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Virtual space teleconferencing: Real-time reproduction of 3d human images,Jun Ohya,Yasuichi Kitamura,Fumio Kishino,Nobuyoshi Terashima,Haruo Takemura,Hirofumi Ishii,Journal of Visual Communication and Image Representation,Vol. 6,No. 1,p. 1-25,1995年,研究論文(学術雑誌)
  • 仮想現実環境における物体配置タスクの一操作補助手法,竹村治雄,北村喜文,アラン・シャネゾン,岸野文郎,テレビジョン学会誌,Vol. 48,No. 10,p. 1312-1317,1994年10月,研究論文(学術雑誌)
  • EFFICIENT COLLISION DETECTION AMONG OBJECTS IN ARBITRARY MOTION USING MULTIPLE SHAPE REPRESENTATIONS,Y KITAMURA,H TAKEMURA,N AHUJA,F KISHINO,PROCEEDINGS OF THE 12TH IAPR INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION - CONFERENCE A: COMPUTER VISION & IMAGE PROCESSING,I E E E, COMPUTER SOC PRESS,p. 390-396,1994年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A STUDY OF AN OPERATOR ASSISTANT FOR VIRTUAL SPACE,A CHANEZON,H TAKEMURA,Y KITAMURA,F KISHINO,IEEE VIRTUAL REALITY ANNUAL INTERNATIONAL SYMPOSIUM,I E E E,p. 492-498,1993年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • REAL-TIME REPRODUCTION OF 3D HUMAN IMAGES IN VIRTUAL SPACE TELECONFERENCING,J OHYA,Y KITAMURA,H TAKEMURA,F KISHINO,N TERASHIMA,IEEE VIRTUAL REALITY ANNUAL INTERNATIONAL SYMPOSIUM,I E E E,p. 408-414,1993年,研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • REAL-TIME HAND SHAPE-RECOGNITION USING PIPE-LINE IMAGE-PROCESSOR,K ISHIBUCHI,H TAKEMURA,F KISHINO,IEEE INTERNATIONAL WORKSHOP ON ROBOT AND HUMAN COMMUNICATION : PROCEEDINGS,I E E E,p. 111-116,1992年,研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • コメディドラマにおける字幕と表情を用いた笑い予測,萓谷勇太,大谷まゆ,Chenhui Chu,中島悠太,竹村治雄,2019年度人工知能学会全国大会,2019年06月
  • Virtual and Augmented Reality on the 5G Highway,Jason Orlosky,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,情報処理学会論文誌,Vol. 58,No. 2,2017年02月15日
  • Virtual and Augmented Reality on the 5G Highway,Orlosky Jason,Kiyokawa Kiyoshi,Takemura Haruo,Information Processing Society of Japan,2017年02月15日
  • Object Search Framework based on Gaze Interaction,Photchara Ratsamee,Yasushi Mae,Kazuto Kamiyama,Mitsuhiro Horade,Masaru Kojima,Kiyoshi Kiyokawa,Tomohiro Mashita,Yoshihiro Kuroda,Haruo Takemura,Tatsuo Arai,2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND BIOMIMETICS (ROBIO),IEEE,p. 1997-2002,2015年
  • 大阪大学サイバーメディアセンターでの可視化サービス,下條 真司,伊達 進,清川 清,安福 健祐,竹村 治雄,サイバーメディアHPCジャーナル,大阪大学サイバーメディアセンター,No. 4,p. 3-9,2014年07月
  • Human-computer dance interaction with realtime accelerometer control,Takuya Yasunaga,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,MM 2012 - Proceedings of the 20th ACM International Conference on Multimedia,p. 1157-1160,2012年
  • A Wide-View Parallax-Free Eye-Mark Recorder with a Hyperboloidal Half-Silvered Mirror and Appearance-Based Gaze Estimation,Hiroki Mori,Erika Sumiya,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE TRANSACTIONS ON VISUALIZATION AND COMPUTER GRAPHICS,IEEE COMPUTER SOC,Vol. 17,No. 7,p. 900-912,2011年07月
  • Image-based Eye Pose and Reflection Analysis for Advanced Interaction Techniques and Scene Understanding,Christian Nitschke,Atsushi Nakazawa,Haruo Takemura,研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM),Vol. 2011,No. 31,p. 1-16,2011年05月12日
  • 遠隔協調作業支援のための装着型ProCamシステムを用いた三次元再構築,森島 茂貴,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2010-75,2011年01月
  • 大規模ボリュームデータ可視化システムを用いたデータマイニングのための携帯情報端末によるユーザインタフェース,老田 健太郎,繁田 浩功,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2010-85,2011年01月
  • 双曲面ハーフミラーを用いた広視野頭部搭載プロジェクタのための再帰性半透過スクリーンの検討,グェン ヴァン ドゥック,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2010-119,2011年01月
  • 指差し動作における身体の左右差に関する調査,新谷 晃市,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 Human Communication Group (HCG) Symposium,2010年12月
  • A Wide-view Parallax-free Eye-mark Recorder with a Hyperboloidal Half-silvered Mirror and Appearance-based Gaze Estimation,Hiroki Mori,Erika Sumiya,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,IEEE Transaction on Visualization and Computer Graphics,IEEE COMPUTER SOC,Vol. 17,No. 7,p. 900-912,2010年11月
  • 全方位視覚センサとLEDを用いた円筒形入力デバイスのための手指姿勢推定法,國貞 智治,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム2010講演論文集,Vol. 3423,2010年09月
  • 眼球の表面反射を用いたディスプレイ・カメラキャリブレーション(幾何学的解析・最適化,<特集>画像の認識・理解論文),ニチュケ クリスティアン,中澤 篤志,竹村 治雄,電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 93,No. 8,p. 1450-1460,2010年08月01日
  • Evaluation of a Pointing Interface for a Large Screen Based on Regression Model with Image Features,Koichi Shintani,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Int. Conf. on Human-centric Computing (HumanCom),2010年08月
  • 作業者視点映像の全方位レンジデータへの投影による遠隔協調作業支援システム,森島 茂貴,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2010-46,2010年06月
  • 身体情報に基づき提示情報を切り替えるコンテキストアウェアなウェアラブル拡張現実感システム,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. F253,2010年05月
  • Context-Awareness for Real-time Web Browsing in an Ambient Environment,シング・クムド・ビラハム,清川 清,竹村 治雄,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. F154,2010年05月
  • A Context-Aware Wearable AR System with Dynamic Information Detail Control based on Body Motion,Daisuke Takada,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. 3rd Korean Japanese Workshop on Mixed Reality (KJMR),2010年04月
  • 眼球の表面反射を用いたディスプレイ・カメラキャリブレーション(テーマ関連,顔・人物・ジェスチャ・行動),ニチュケ クリスティアン,中澤 篤志,竹村 治雄,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 109,No. 470,p. 205-210,2010年03月08日
  • D-12-88 レーザセンサと単眼カメラを用いた台車型3次元計測センサ(D-12.パターン認識・メディア理解,一般セッション),大西 崇之,ニチュケ クリスティアン,中澤 篤志,竹村 治雄,電子情報通信学会総合大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 2010,No. 2,2010年03月02日
  • Evaluation of a pointing interface for a large screen based on regression model with image features,Koichi Shintani,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2010 3rd International Conference on Human-Centric Computing, HumanCom 2010,2010年
  • Context-Awareness for Real-time Web Browsing in an Ambient Environment,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. F154,2010年
  • A Context-Aware Web Browsing Framework for an Ambient Environment,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. Vol.12, No.1, pp. 35-46,2010年
  • A Context-Aware Wearable AR System with Dynamic Information Detail Control based on Body Motion,Proc. 3rd Korean Japanese Workshop on Mixed Reality (KJMR),2010年
  • 身体動作に基づき提示情報を切り替えるコンテキストアウェアなウェアラブルARシステム,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. Vol.12, No.1, pp. 47-56,2010年
  • A Context-Aware Web Browsing Framework for an Ambient Environment,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. Vol.12, No.1, pp. 35-46,2010年
  • 広視野アイマークレコーダのための線型回帰モデルによる視線推定手法,森 弘樹,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,第52回自動制御連合講演会,Vol. F6-1,2009年11月
  • 全方位視覚センサとLEDを用いた3Dインタラクションのための指先位置検出法,国貞 智治,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,第52回自動制御連合講演会,Vol. F6-2,2009年11月
  • A Wide-view Parallax-free Eye-mark Recorder with a Hyperboloidal Half-silvered Mirror,Erika Sumiya,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. ACM Symp. on Virtual Reality Software and Technology (VRST),Vol. pp. 19-22,2009年11月
  • 双曲面ハーフミラーを用いた超広視野頭部搭載型プロジェクタによる投影映像の輝度補正の検討,竹田 夏木,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2009-44,2009年10月
  • 3D Interface for Ultra-Scale Visualization System with Tiled Displays Wall,Hironori Shigeta,Yasuo Ebara,Kazunori Nozaki,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. of ASIAGRAPH 2009 in Tokyo,Vol. Vol.3, No.1, pp.65-66,2009年10月
  • 大画面ポインティングシステムのための単眼画像からの指差し位置の推定手法の評価,新谷 晃市,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. 1112,2009年09月
  • マルチビューポートにおけるフレーム描画領域の自動拡張手法,中嶋 拓野,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,Vol. Vol. 14, 2B4-3,2009年09月
  • タイルドディスプレイを用いた大規模ボリューム可視化システム向け3次元ユーザインタフェースの提案,繁田 浩功,桑野 浩,河村 拓馬,坂本 尚久,野崎 一徳,江原 康生,清川 清,小山田 耕二,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,Vol. Vol. 14, 2B3-4,2009年09月
  • アンビエント環境における状況適応型ウェブ閲覧システムに関する研究,シング クムド ビラハム,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. 1443,2009年09月
  • ARコンテンツのための単眼カメラとペン入力を用いた実環境モデリングシステムの試作,立石 昂裕,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. 1122,2009年09月
  • A Context-Aware AR Navigation System using Wearable Sensors,Daisuke Takada,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. Int. Conf. on Human-Computer Interaction (HCI International),2009年07月
  • 双曲面ハーフミラーを用いた視点一致型広視野アイマークレコーダ,間下 以大,住谷 英里佳,清川 清,竹村 治雄,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)講演論文集,Vol. pp. 1721-1728,2009年07月
  • GPSと加速度センサを用いた移動スケジュール予測によるマルチメディアコンテンツの再生順序制御,西川 知宏,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)論文集,Vol. Vol. 2009, No. 1, pp. 1395-140,2009年07月
  • Implementation and Evaluation of a Magic-lens Interface using a Handheld Device in an Immersive Virtual Environment,Miguel Miranda Miranda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,映像情報メディア学会論文誌,Vol. 63,No. 6,p. 816-821,2009年06月
  • 複数の仮想空間を操作するマルチビューポートインタフェースのフレームワークに関する評価,廣瀬 康一,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. Vol. 14, No. 2, pp. 203-211,2009年06月
  • 大画面ポインティングシステムのための回帰モデルによる単眼画像からの指差し位置の推定,新谷 晃市,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,情報処理学会研究報告,Vol. CVIM 167-34,2009年06月
  • Device-Context Awareness for Content Adaptation,Kumud Brahm SINGH,Kiyoshi KIYOKAWA,Haruo TAKEMURA,Proc. 2nd Korean Japanese Workshop on Mixed Reality,2009年06月
  • 既存GUI部品の選択と連携によるアダプタブルユーザインタフェース,宮本 琢也,清川 清,竹村 治雄,第53回システム制御情報学会研究発表講演会,2009年05月
  • 加速度センサを利用したコンテキストアウェアな拡張現実感ナビゲーションシステム,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,第53回システム制御情報学会研究発表講演会,2009年05月
  • Poster: A Virtual Walkthrough System with a Wide Field-of-view Stereo Head Mounted Projective Display,Natsuki TAKEDA,Kiyoshi KIYOKAWA,Haruo TAKEMURA,IEEE Symposium on 3D User Interface 2009 (3DUI 2009),IEEE COMPUTER SOC,Vol. pp. 149-150,p. 149-+,2009年03月
  • Poster: A virtual walkthrough system with a wide field-of-view stereo head mounted projective display,Natsuki Takeda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,3DUI - IEEE Symposium on 3D User Interfaces 2009 - Proceedings,Vol. pp. 149-150,p. 149-150,2009年
  • Device-Context Awareness for Content Adaptation,Proc. 2nd Korean Japanese Workshop on Mixed Reality,2009年
  • A wide-view parallax-free eye-mark recorder with a hyperboloidal half-silvered mirror,Erika Sumiya,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proceedings of the ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology, VRST,Vol. pp. 19-22,p. 19-22,2009年
  • A Study on Designing Adaptive User Interfaces for Different Screen Sizes,The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers(IEICE), Technical Report,Vol. MVE2008-109,2009年
  • 3D Interface for Ultra-Scale Visualization System with Tiled Displays Wall,Proc. of ASIAGRAPH 2009 in Tokyo,Vol. Vol.3, No.1, pp.65-66,2009年
  • 大規模仮想環境における共同注意を支援する視覚化手法の実装,湯本 貢司,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2008-108,2009年01月
  • 双曲面ハーフミラーを用いた超広視野頭部搭載型プロジェクタの設計と実装,Natsuki Takeda,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,映像情報メディア学会論文誌,Vol. 63,No. 6,p. 794-800,2009年
  • 双曲面ハーフミラーを用いた超広視野頭部搭載型プロジェクタのためのレンダリング手法,竹田 夏木,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2008-107,2009年01月
  • Implementation and Evaluation of a Magic-lens Interface using a Handheld Device in an Immersive Virtual Environment,映像情報メディア学会論文誌,Vol. Vol.63, No.6, pp. 816-821,2009年
  • GPSと加速度センサを用いたウェアラブル学習システムのための移動スケジュール予測,西川 知宏,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2008-98,2009年01月
  • A Study on Designing Adaptive User Interfaces for Different Screen Sizes,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2008-109,2009年
  • A Context-Aware AR Navigation System Using Wearable Sensors,Daisuke Takada,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,HUMAN-COMPUTER INTERACTION, PT III,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 5612,p. 793-+,2009年
  • A Hierarchical Annotation Database and a Dynamic Priority Control Technique of Annotation Information for a Networked Wearable Augmented Reality System,Daisuke Takada,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. Int. Conf. on Artificial Reality and Telexistence (ICAT),Vol. pp. 226-233,2008年12月
  • Mutual Occlusions on Table-top Displays in Mixed Reality Applications,Daniel Kurz,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. ACM Symp. on Virtual Reality Software and Technology (VRST),Vol. pp. 227-230,2008年10月
  • 大規模仮想環境における共同注意を支援する視覚化手法の提案,湯本 貢司,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2008-59,2008年10月
  • テーブルトップ型協調作業環境における動的なグループ構成に対応した情報共有手法の実装,四宮 龍,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2008-58,2008年10月
  • 超広視野頭部搭載型プロジェクタによる VR ウォークスルー,竹田 夏木,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,Vol. T9,2008年09月
  • 移動経路上での利用者コンテキスト認識機構を備えたウェアラブル学習システム,西川 知宏,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. 3325,2008年09月
  • 分散仮想環境のミドルウェアを用いた動的再構成可能なアプリケーションの実装と評価,繁田 浩功,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. 3324,2008年09月
  • テーブルトップ型協調作業環境における動的なグループ構成に対応した情報共有手法,四宮 龍,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. 3114,2008年09月
  • 眼球の表面反射を用いたディスプレイカメラキャリブレーション,ニチュケ クリスティアン,中澤 篤志,竹村 治雄,情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア],一般社団法人情報処理学会,Vol. 164,p. 115-122,2008年08月29日
  • 眼球の表面反射を用いたディスプレイカメラキャリブレーション(テーマ関連セッション,手,顔,身体表現の認識,理解),ニチュケ クリスティアン,中澤 篤志,竹村 治雄,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 108,No. 198,p. 113-120,2008年08月29日
  • ネットワーク型拡張現実感システムのための階層的注釈情報データベースと動的優先度制御手法,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. Vol. 13, No. 2, pp. 279-287,2008年06月
  • An Evaluation of Reconfigurable Ubiquitous System Development based on a Middleware for Distributed Virtual Environments,Hironori Shigeta,Eduardo Veas,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. 1st Korean Japanese Workshop on Mixed Reality,2008年06月
  • ISMAR 2007報告,竹村 治雄,加藤 博一,佐藤 清秀,黒田 知宏,大隈 隆史,亀田 能成,情報処理学会研究報告. CVIM, [コンピュータビジョンとイメージメディア],一般社団法人情報処理学会,Vol. 161,p. 229-236,2008年01月17日
  • ISMAR 2007報告,竹村 治雄,加藤 博一,佐藤 清秀,黒田 知宏,大隈 隆史,亀田 能成,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 107,No. 427,p. 261-268,2008年01月10日
  • User Context Recognition for Use in Wearable Learning Systems Based on Congestion Level Estimation of the Inside of a Train Using a Carbon Dioxide Sensor,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. Vol.107 No.554 pp.49-54,2008年
  • Multi-user Support for the Multi-viewport Interface using Multiple Virtual Environments,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2008年
  • Implementing a See-through the lens interface for enhancing interaction in a CAVE,Human Interface Symposium 2008,Vol. 2314,2008年
  • Implementation and Evaluation of a See-through the lens interface in an Immersive Virtual Environment,The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers(IEICE), Technical Report,Vol. MVE2008-50,2008年
  • An Evaluation of Reconfigurable Ubiquitous System Development based on a Middleware for Distributed Virtual Environments,Proc. 1st Korean Japanese Workshop on Mixed Reality,2008年
  • A Virtual Space Navigation Technique using Automatic Nonlinear Scaling Depending on Walking Speed,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年
  • A User Performance Analysis on an Impact of Transformation Hierarchies in a Multi-viewport Interface,日本バーチャルリアリティ学会 研究報告,2008年
  • A Proposal of Tubular User Interface by Finger-Motion Detection using an Omni-Directional Sensor,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年
  • A Hierarchical Annotation Database and a Dynamic Priority Control Technique of Annotation Information for a Networked Wearable Augmented Reality System,Proc. Int. Conf. on Artificial Reality and Telexistence (ICAT),Vol. pp. 226-233,2008年
  • 複数の仮想空間を操作するマルチビューポートインタフェースの多人数対応に関する検討,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2008年
  • 歩行動作の速度に依存した自動非線形スケーリングによる仮想空間ナビゲーション手法,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年
  • 全方位視覚センサを用いた指先動作検出による円筒型ユーザインタフェースの提案,電子情報通信学会 技術研究報告,2008年
  • 二酸化炭素センサによる鉄道車内混雑度推定を用いた ウェアラブル学習システムのための利用者コンテキスト認識,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. Vol.107 No.554 pp.49-54,2008年
  • マルチビューポートインタフェースにおける座標系間の階層構造のユーザパフォーマンスへの影響,日本バーチャルリアリティ学会 研究報告,2008年
  • Mutual occlusions on table-top displays in mixed reality applications,Daniel Kurz,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proceedings of the ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology, VRST,Vol. pp. 227-230,p. 227-230,2008年
  • Implementing a See-through the lens interface for enhancing interaction in a CAVE,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. 2314,2008年
  • Implementation and Evaluation of a See-through the lens interface in an Immersive Virtual Environment,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. MVE2008-50,2008年
  • 高等教育機関における次世代コース管理システムの構築に向けて(<特集>学習オブジェクト・学習データの活用と集約),梶田 将司,角所 考,中澤 篤志,竹村 治雄,美濃 導彦,間瀬 健二,日本教育工学会論文誌,日本教育工学会,Vol. 31,No. 3,p. 297-305,2007年12月20日
  • 高等教育機関における次世代教育学習 支援プラットフォームの構築に向けて,梶田 将司,角所 考,中澤 篤志,竹村 治雄,美濃 導彦,間瀬 健二,日本教育工学会論文誌,Vol. 31,No. 3,2007年12月,速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • A PDA-based See-through Interface within an Immersive Environment,ミランダ ミランダ,清川 清,竹村 治雄,Vol. 9,No. 3,p. 37-42,2007年11月
  • A 2D-3D Integrated Interface for Mobile Robot Control Using Omnidirectional Images and 3D Geometric Models,清川 清,齋藤 研作,町田 貴史,竹村 治雄,ASIAGRAPH 2007 in Tokyo,Vol. Vol.1 No.2 pp.35-40,2007年10月
  • A PDA-based See-through User Interface within an Immersive Environment,ミランダ ミランダ,清川 清,竹村 治雄,2007年09月
  • Real-Time Space Carving Using Graphics Hardware(<Special Section>Image Recognition and Understanding),NITSCHKE Christian,NAKAZAWA Atsushi,TAKEMURA Haruo,IEICE transactions on information and systems,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 90,No. 8,p. 1175-1184,2007年08月01日
  • A PDA-based See-through Interface for Extending Interaction Functionality in a CAVE Display,ミランダ・ミランダ ミゲル,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,2007年03月
  • A 2D-3D Integrated Tabletop Environment for Multi-user Collaboration,中島 康輔,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,Computer Animation and Virtual Worlds,WILEY-BLACKWELL,Vol. 18,No. 1,p. 39-56,2007年02月
  • Development of a Software Framework for a Networked Wearable Augmented Reality System,高田 大輔,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,The First International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication,Vol. pp.206-215,2007年02月
  • A 2D-3D integrated tabletop environment for multi-user collaboration,Kousuke Nakashima,Takashi Machida,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,COMPUTER ANIMATION AND VIRTUAL WORLDS,WILEY-BLACKWELL,Vol. 18,No. 1,p. 39-56,2007年02月
  • User Context Recognition for Distinguishing Standing Inside or Outside a Train,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)論文集,Vol. Vol.2007 No.1 pp.1496-1501,2007年
  • Development of a Software Framework for a Networked Wearable Augmented Reality System,The First International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication,Vol. pp.206-215,2007年
  • An Omnidirectional 2D-3D Visualization Technique for Mobile Robot Control,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. Vol.106 No.611 pp.13-18,2007年
  • An Interface for Comparison and Discussion of 3D Models in a Tabletop Collaborative Design Environment,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. Vol.107 No.242 pp.97-102,2007年
  • A Visualization Technique Using Omnidirectional Images and Geometric Models for a Remote Robot Operation Interface,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. Vol.12 No.4 pp.537-547,2007年
  • A User Performance Analysis on an Impact of Transformation Hierarchies in a Multi-viewport Interface,日本バーチャルリアリティ学会 研究報告,2007年
  • A Remote Collaboration System using Live Video and 3D Scene Model,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. Vol.12 No.4 pp.549-558,2007年
  • A Question Sequence Management Mechanism Considering User's Context for Wearable Learning Systems,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2007年
  • A PDA-based See-through User Interface within an Immersive Environment,2007年
  • A PDA-based see-through interface within an immersive environment,Miranda Miranda Miguel,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proceedings 17th International Conference on Artificial Reality and Telexistence, ICAT 2007,p. 113-118,2007年
  • A PDA-based See-through Interface within an Immersive Environment,Vol. pp.113-118,2007年
  • A PDA-based See-through Interface for Extending Interaction Functionality in a CAVE Display,2007年
  • A Collaboration Support System using Personal and Shared Working Spaces Provided with a Comparision System of 3D Objects,電子情報通信学会 技術研究報告,2007年
  • A Collaboration Support System Coordinating Personal and Shared Workspaces,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2007年
  • A 2D-3D Integrated Interface for Mobile Robot Control Using Omnidirectional Images and 3D Geometric Models,ASIAGRAPH 2007 in Tokyo,Vol. Vol.1 No.2 pp.35-40,2007年
  • 遠隔ロボット操縦のための全方位映像・形状情報の複合提示手法,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. Vol.106 No.611 pp.13-18,2007年
  • 移動ロボットの遠隔操縦インタフェースのための全方位映像と三次元形状モデルを用いた情報提示手法,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. Vol.12 No.4 pp.537-547,2007年
  • 利用者コンテキスト認識における電車内外判定に関する検討,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)論文集,Vol. Vol.2007 No.1 pp.1496-1501,2007年
  • 個人・共有作業空間を連携した協調作業支援システムについて,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2007年
  • 三次元物体の比較検討が可能な個人・共有空間連携型協調作業支援システム,電子情報通信学会 技術研究報告,2007年
  • ライブビデオと3次元実環境モデルを用いた遠隔協調作業支援システム,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. Vol.12 No.4 pp.549-558,2007年
  • マルチビューポートインタフェースにおける座標系間の階層構造のユーザパフォーマンスへの影響,日本バーチャルリアリティ学会 研究報告,2007年
  • テーブルトップ型協調設計環境における三次元モデルの比較検討用インタフェース,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. Vol.107 No.242 pp.97-102,2007年
  • ウェアラブル学習システムのためのユーザのコンテキストを考慮した出題順序制御機構,電子情報通信学会 総合大会講演論文集,2007年
  • A PDA-based see-through interface within an immersive environment,Miranda Miranda Miguel,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proceedings 17th International Conference on Artificial Reality and Telexistence, ICAT 2007,p. 113-118,2007年
  • A Hierarchical 3D Data Rendering System Synchronized with HTML,木村 洋介,間下 以大,中澤 篤志,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,The International Journal of Virtual Reality,Vol. Vol.5 No.2 pp.67-72,2006年12月
  • Hierarchical 3D Data Rendering System Synchronizing with HTML,木村 洋介,間下 以大,中澤 篤志,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,Vol. pp.1212-1222,2006年11月
  • A 2D-3D Integrated Interface for Mobile Robot Control Using Omnidirectional Images and 3D Geometric Models,齋藤 研作,町田 貴史,清川 清,竹村 治雄,Vol. pp.173-176,2006年10月
  • ユビキタス 環境下における高等教育機関向けコース管理システム,間瀬健二,梶田将司,Seiie Jang,上田真由美,Zhiwen Yu,Norman Lin,美濃導彦,壇辻正剛,中村裕 一,角所考,元木環,正司哲朗,竹村治雄,中澤篤志,真下以大,浦真吾,鐘ヶ江力,岩澤亮祐,ULAN プロジェクト 成果報告,文部科学省 研究委託事業「知的資産の電子的な保存・活用を支援するソフトウェア技術基盤の構築」平成18 年 度研究概要CC-society,2006年
  • Implemention and Evaluation of a User Context Recognition Mechanism for Continuous Wearable Learning Systems,電子情報通信学会 技術研究報告,2006年
  • Development of a General Framework for a Multi-viewport Interface Using Multiple Virtual Environments,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. Vol.11 No.3 pp.363-370,2006年
  • An MR Mobile Robot Control Interface Using Images and Geometric Models,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2006年
  • An Interactive Content Management System with Hierarchized 3D Data,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. pp.201-206,2006年
  • A Study of 2D-3D Integrated Visualization Technique for Mobile Robot Control,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. Vol.106 No.234 pp.49-54,2006年
  • A Prototyping and Evaluation of Control technique for Reference Frame Hierarchy in a Multi-viewport Interface,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2006年
  • A Proposal and Evaluation of an Input Method for User Navigation and Text Input in a Virtual Space,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. pp.617-622,2006年
  • A Large 3D Data Rendering Java Applet with appending annotations,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)論文集,Vol. Vol.2006 No.6 pp.145-148,2006年
  • A Hierarchical 3D Data Rendering System Synchronized with HTML,The International Journal of Virtual Reality,Vol. Vol.5 No.2 pp.67-72,2006年
  • A Dynamic Priority Control Technique of Annotation Informations for a Networked AR System,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2006年
  • A Design and Implementation of a User Context Recognition Mechanism for Continuous Wearable Learning Systems,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. pp.979-984,2006年
  • 階層化3次元データを扱う対話的なコンテンツマネジメントシステム,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. pp.201-206,2006年
  • 遠隔ロボット操縦のための映像・形状情報を用いた複合現実型インタフェース,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2006年
  • 遠隔ロボット操縦のための映像・形状情報の複合提示手法の提案と評価,電子情報通信学会 技術研究報告,Vol. Vol.106 No.234 pp.49-54,2006年
  • 連続的なウェアラブル学習システムのための利用者コンテキスト認識機構の設計と実装,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. pp.979-984,2006年
  • 連続的なウェアラブル学習システムのための利用者コンテキスト認識機構の実装と評価,電子情報通信学会 技術研究報告,2006年
  • 複数の仮想空間を操作するマルチビューポートインタフェースのフレームワークの構築,日本バーチャルリアリティ学会 論文誌,Vol. Vol.11 No.3 pp.363-370,2006年
  • 仮想空間でのナビゲーションと文字入力をシームレスに行う入力デバイスの試作と評価,ヒューマンインタフェースシンポジウム,Vol. pp.617-622,2006年
  • モバイル端末向け注釈付加機能付き大規模三次元データ高速描画用Javaアプレット,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)論文集,Vol. Vol.2006 No.6 pp.145-148,2006年
  • マルチビューポートインタフェースにおける座標系間の関係の変更機構の試作と評価,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2006年
  • ネットワーク型拡張現実感システムのための注釈情報の階層的管理と動的優先度制御,日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集,2006年
  • Hierarchical 3D data rendering system synchronizing with HTML,Yousuke Kimura,Tomohiro Mashita,Atsushi Nakazawa,Takashi Machida,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Tamekura,ADVANCES IN ARTIFICIAL REALITY AND TELE-EXISTENCE, PROCEEDINGS,SPRINGER-VERLAG BERLIN,Vol. 4282,p. 1212-+,2006年
  • A 2D-3D integrated interface for mobile robot control using omnidirectional images and 3D geometric models,Kensaku Saitoh,Takashi Machida,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,2006 IEEE/ACM INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY,IEEE,Vol. pp.173-176,p. 178-181,2006年
  • A Telepresence System by Using Live Video Projection of Wearable Camera onto a 3D Scene Model,Tomoaki Adachi,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. of The 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2005),2005年07月
  • 語学教育教材を利用した大学合同による実証実験,間瀬健二,梶田将司,Seiie Jang,上田真由美,杉浦達樹,佐々木順子,美濃導彦,壇辻正剛,中村 裕一,角所考,元木環,正司哲朗,竹村治雄,中澤篤志,浦真吾,鐘ヶ江力,岩澤亮祐,文部科学省研究委託事業『知的資産の電子的な保存・活用を 支援するソフトウェア技術基盤の構築』平成17 年度研究概要, pp. 27–34, 2005-12.,2005年
  • A Telepresence System by Using Live Video Projection of Wearable Camera onto a 3D Scene Model,Proc. of The 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2005),2005年
  • A Telepresence System by Using Live Video Projection of Wearable Camera onto a 3D Scene Model,Proc. of The 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2005),2005年
  • A Telepresence System by Using Live Video Projection of Wearable Camera onto a 3D Scene Model,Proc. of The 11th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2005),2005年
  • Tracking of User Position and Orientation by Stereo Measument of Infrared Markers and Orientation Sensing,Masaki Maeda,Takefumi Ogawa,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Proc. of The 8th IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC'04),2004年10月
  • Tracking of User Position and Orientation by Stereo Measument of Infrared Markers and Orientation Sensing,Proc. of The 8th IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC'04),2004年
  • Tracking of User Position and Orientation by Stereo Measument of Infrared Markers and Orientation Sensing,Proc. of The 8th IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC'04),2004年
  • Realization of the Tele-Presence System with Video Mosaicing using a Wearable Camera,2004年
  • Realization of the Tele-Presence System with Video Mosaicing using a Wearable Camera,2004年
  • 装着型カメラによるビデオモザイキングを用いたテレプレゼンスシステムの実現,ヒューマンインタフェースシンポジウム講演論文集,2004年
  • 装着型カメラによるビデオモザイキングを用いたテレプレゼンスシステムの実現,ヒューマンインタフェースシンポジウム講演論文集,2004年
  • Tracking of user position and orientation by stereo measurement of infrared markers and orientation sensing,M Maeda,T Ogawa,K Kiyokawa,H Takemura,EIGHTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON WEARABLE COMPUTERS, PROCEEDINGS,IEEE COMPUTER SOC,p. 77-84,2004年
  • 全方位画像を用いた記憶に基づく位置推定,岩佐英彦,粟飯原述宏,横矢直和,竹村治雄,電子情報通信学会論文誌,Vol. J84-D-(]G0002[),No. 2,p. 310-320,2001年
  • SeamlessDesign for 3D object creation,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,Naokazu Yokoya,IEEE Multimedia,IEEE,Vol. 7,No. 1,p. 22-33,2000年01月
  • 拡張現実感システムのための画像からの実時間カメラ位置姿勢推定,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-パターン処理,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 82,No. 10,p. 1784-1792,1999年10月25日
  • ビデオシースルー型拡張現実感のためのステレオ画像合成,神原 誠之,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 677,p. 33-40,1999年03月18日
  • 多視点ステレオ画像を用いた屋外環境構造の再構成,横光 澄男,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 98,No. 677,p. 65-72,1999年03月18日
  • 6)複合現実感のための実時間ステレオ画像合成(ヒューマンインフォメーション研究会),神原 誠之,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア,一般社団法人映像情報メディア学会,Vol. 52,No. 10,1998年10月20日
  • 実時間ステレオ画像合成を用いた複合現実感システムの試作,神原 誠之,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 1998,1998年09月07日
  • Telepresence by real-time view-dependent image generation from omnidirectional video streams,Y Onoe,K Yamazawa,H Takemura,N Yokoya,COMPUTER VISION AND IMAGE UNDERSTANDING,ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE,Vol. 71,No. 2,p. 154-165,1998年08月
  • 多視点ステレオ実画像を用いた仮想空間の構築に関する一検討,横光澄男,大隈隆史,竹村治雄,横矢直和,日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,Vol. 3rd,p. 223-224,1998年08月
  • 15)汎用3次元ユーザインタフェースツールキットの実装(3次元画像処理および一般)(〔情報ディスプレイ研究会 ヒューマンインフォメーション研究会 マルチメディア情報処理研究会 ネットワーク映像メディア研究会 画像情報システム研究会〕合同),世利 至彦,大隈 隆史,清川 清,竹村 治雄,横失 直和,映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア,一般社団法人映像情報メディア学会,Vol. 52,No. 6,p. 831-832,1998年06月20日
  • 汎用3次元ユーザインタフェースツールキットの実装,世利 至彦,大隈 隆史,清川 清,竹村 治雄,横矢 直和,電子情報通信学会技術研究報告. EID, 電子ディスプレイ,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 97,No. 526,p. 95-100,1998年02月04日
  • Spiral Tree 順序付き階層構造の3次元視覚化手法,大隈隆史,竹村治雄,岩佐英彦,片山喜章,横矢直和,電子情報通信学会論文誌 A,Vol. J81-A,No. 2,p. 280-288,1998年02月
  • AR 環境における情報の生成・管理手法の一考察,仲村 元亨,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,情報処理学会研究報告.IM, [情報メディア],一般社団法人情報処理学会,Vol. 98,No. 9,p. 31-36,1998年01月29日
  • 複合現実感のための実時間ステレオ画像合成,神原 誠之,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,映像情報メディア学会技術報告,一般社団法人 映像情報メディア学会,Vol. 22,No. 0,p. 31-36,1998年
  • 4)ビデオシースルーHMDにおける表示時間遅れの影響の検討(ヒューマンインフォメーション研究会),竹村 治雄,大隈 隆史,横矢 直和,映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア,一般社団法人映像情報メディア学会,Vol. 51,No. 12,1997年12月20日
  • ビデオシースルー型拡張現実のための実画像からのカメラパラメータの実時間推定,大隈 隆史,清川 清,竹村 治雄,横矢 直和,電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解,一般社団法人電子情報通信学会,Vol. 97,No. 324,p. 13-20,1997年10月16日
  • 汎用3次元ユーザインタフェースツールキットの試作,世利 至彦,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,全国大会講演論文集,Vol. 55,No. 0,p. 189-190,1997年09月24日
  • 透過型HMDとCRTの併用による重畳表示環境の有効性の一検討,大隈 隆史,竹村 治雄,岩佐 英彦,片山 喜章,横矢 直和,全国大会講演論文集,Vol. 55,No. 0,p. 199-200,1997年09月24日
  • AR環境を用いたカード型情報管理システムの試作,仲村 元亨,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,全国大会講演論文集,Vol. 55,No. 0,p. 201-202,1997年09月24日
  • 1)重畳表示環境による作業領域拡大の実験評価(〔情報ディスプレイ研究会 ヒューマンインフォメーション研究会 マルチメディア情報処理研究会 ネットワーク映像メディア研究会 画像情報システム研究会〕合同),大隈 隆史,竹村 治雄,片山 喜章,岩佐 英彦,横矢 直和,映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア,一般社団法人映像情報メディア学会,Vol. 51,No. 6,1997年06月20日
  • 重畳表示環境による作業領域拡大の実験評価,大隈隆史,竹村治雄,片山喜章,岩佐英彦,横矢直和,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 96,No. 507(IE96 109-122),p. 1-8,1997年02月03日
  • 重畳表示環境による作業領域拡大の実験評価,大隈隆史,竹村治雄,片山喜章,岩佐英彦,横矢直和,映像情報メディア学会技術報告,Vol. 21,No. 6(IDY97 35-48/HIR97 1-14/MIP97 1-14/...,p. 1-8,1997年02月
  • 交差判定により分裂・統合する動的輪郭モデルによる複数移動物体の実時間追跡,荒木昭一,横矢直和,竹村治雄,電子情報通信学会論文誌,Vol. J80-D-(]G0002[),No. 11,p. 2940-2948,1997年
  • AR環境におけるカード型情報管理システム,仲村元亨,大隈隆史,竹村治雄,横矢直和,ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集,Vol. 13th,p. 353-358,1997年
  • 小型カメラを用いたAR空間における仮想付箋の試作,仲村元亨,大隈 隆史,竹村 治雄,横矢 直和,信学総大会, 1997,一般社団法人電子情報通信学会,1997年
  • ビデオシースル-HMDにおける表示時間遅れの影響の検討,竹村 治雄,大隈 隆史,横矢 直和,映像情報メディア学会技術報告,一般社団法人 映像情報メディア学会,Vol. 21,No. 0,p. 19-24,1997年
  • 透過型HMDを用いた重畳表示による三次元ユーザインタフェース,大隈 隆史,竹村 治雄,片山 喜章,岩佐 英彦,横矢 直和,全国大会講演論文集,Vol. 53,No. 0,p. 387-388,1996年09月04日
  • 三次元視覚化における奥行き提示方法の効果に関する実験的評価,土本光一,大隈隆史,竹村治雄,片山喜章,岩佐英彦,横矢直和,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 95,No. 504(IE95 121-132),p. 67-74,1996年02月02日
  • 三次元視覚化における奥行き提示方法の効果に関する実験的評価,土本光一,大隈隆史,竹村治雄,片山喜章,岩佐英彦,横矢直和,テレビジョン学会技術報告,Vol. 20,No. 5(IDY96 10-21/HIR96...),p. 67-74,1996年02月
  • 三次元視覚化手法Spiral Treeによる情報のブラウジング支援,大隈隆史,竹村治雄,岩佐英彦,片山喜章,横矢直和,システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,Vol. 40th,p. 101-102,1996年
  • 順序付き階層構造情報の三次元視覚化の一手法,大隈 隆史,竹村 治雄,片山 喜章,岩佐 英彦,横矢 直和,情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI),一般社団法人情報処理学会,Vol. 1995,No. 104,p. 13-18,1995年11月02日
  • 順序つき階層構造の三次元視覚化手法の提案と評価,大隈 隆史,竹村 治雄,片山 喜章,岩佐 英彦,横矢 直和,全国大会講演論文集,Vol. 51,No. 0,p. 263-264,1995年09月20日
  • 三次元視覚化における奥行き提示方法の効果について,大隈隆史,竹村治雄,片山喜章,横矢直和,電子情報通信学会大会講演論文集,Vol. 1995,No. Sogo Pt 1,1995年03月
  • Spiral Tree:順序付き階層構造情報の三次元視覚化,大隈隆史,竹村治雄,片山喜章,岩佐英彦,横矢直和,ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集,Vol. 11th,p. 369-374,1995年
  • 仮想空間表示における奥行き知覚誤差の要因について,内海章,ミルグラム ポール,竹村治雄,岸野文郎,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 94,No. 77(HC94 1-15),p. 63-70,1994年05月27日
  • 仮想空間表示における奥行き知覚誤差の要因について,内海章,MILGRAM P,竹村治雄,岸野文郎,Hum Interface News Rep,Vol. 9,No. 3,p. 295-302,1994年05月

受賞

  • 日本バーチャルリアリティ学会 SIG-MR賞,岡本 拓朗,浦西 友樹,間下 以大,Photchara Ratsamee,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会,2019年10月
  • 日本バーチャルリアリティ学会 SIG-MR賞,田村 祐樹,間下 以大,黒田 嘉宏,浦西 友樹,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会,2018年10月
  • 大学ICT推進協議会 2016年度年次大会 優秀論文賞,鈴木拓馬,清川清,竹村治雄,大学ICT推進協議会,2017年12月
  • MIRU2017 学生奨励賞,正満 創太,電子情報通信学会,2017年08月
  • ヒューマンインタフェース学会 第18回学術奨励賞,鋒山 健太,ヒューマンインタフェース学会,2017年03月
  • 日本バーチャルリアリティー学会フェロー,竹村治雄,日本バーチャルリアリティー学会,2011年03月
  • ヒューマンインタフェース学会 学術奨励賞,國貞 智治,間下 以大,清川 清,竹村 治雄,ヒューマンインタフェース学会,2011年03月
  • 日本バーチャルリアリティ学会 学術奨励賞,竹田 夏木,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会,2009年03月
  • ACM VRST 2009 Best Short Paper Award,Erika Sumiya,Tomohiro Mashita,Kiyoshi Kiyokawa,Haruo Takemura,ACM,2008年10月
  • 日本バーチャルリアリティ学会 サイバースペース賞,廣瀬 康一,小川 剛史,清川 清,竹村 治雄,日本バーチャルリアリティ学会サイバースペースと仮想都市研究委員会,2007年02月
  • MIRU2004優秀論文賞,町田貴史,横矢直和,竹村治雄,電子情報通信学会,2004年07月
  • Int. Symp. on Applications and the Internet (SAINT2004), Best Paper Award,K. Yoshikawa,T. Machida,K. Kiyokawa,H. Takemura,IEEE,2004年01月
  • テレコムシステム技術学生賞,町田 貴史,竹村 治雄,横矢 直和,電気通信普及財団,2002年03月
  • 学術奨励賞,町田 貴史,竹村 治雄,横矢 直和,電気関係学会関西支部連合大会,2001年04月

学術貢献

  • ヒューマンインタエース学会(評議員),2018年04月 ~ 継続中
  • ヒューマンインタフェース学会(理事(監事)),2014年04月 ~ 2018年03月
  • ヒューマンインタフェース学会(会長),2012年03月 ~ 2014年03月
  • 一般社団法人 情報処理学会(CLE研究会主査),2010年04月 ~ 2014年03月
  • 一般社団法人 情報処理学会(代表会員),2011年06月 ~ 2013年05月
  • 日本バーチャルリアリティ学会(評議員),2008年06月 ~ 2013年03月
  • AXIES大学ICT推進協議会2016年度年次大会 企画セッション,一般社団法人大学ICT推進協議会,2016年12月 ~
  • オープンエデュケーションが拓く教育改革 ー世界の最先端事例から学ぶー,大阪大学教育学習支援センター,2015年12月 ~
  • AXIES大学ICT推進協議会2015年度年次大会,大学ICT推進協議会,2015年12月 ~
  • AXIES大学ICT推進協議会2014年度年次大会,2014年12月 ~
  • AXIES大学ICT推進協議会2014年度年次大会,2014年12月 ~
  • AXIES大学ICT推進協議会2014年度年次大会,2014年12月 ~
  • ICAT 2011,日本バーチャルリアリティ学会・大阪大学,2011年12月 ~
  • IEEE Virtual Reality 2006,IEEE Computer Society,2006年03月 ~
  • SAINT 2006,IPSJ / IEEE Computer Society,2006年01月 ~
  • インタラクション2005,情報処理学会,2005年03月 ~
  • IEEE Virtual Reality 2005,IEEE Computer Society,2005年03月 ~
  • IEEE Virutal Reality 2003,IEEE Computer Society,2003年03月 ~

社会貢献

  • 日本オープンコースウェアコンソーシアム(代表幹事),2011年07月 ~ 2017年11月
  • Board Member(OpenCourseWare Consortium),2011年05月 ~ 2015年04月